教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

成子 篤

ナルコ アツシ

基礎物理学研究所 極限構造研究部門 特定助教

成子 篤
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • 日本物理学会
    • 理論天文学宇宙物理学懇談会
    • Japan Gravitational-Wave Community B 会員
    • 日本 Square Kilometre Array コンソーシアム
    • International Society on General Relativity and Gravitation

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2014年04月, 至 2017年03月
      東京工業大学理学院, 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
    • 自 2012年04月, 至 2014年03月
      パリ第七大学 APC研究所, 研究員 日本学術振興会海外特別研究員

    使用言語

    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        宇宙論、重力理論
      • 研究概要

        A.Einstein による一般相対性理論の提唱から約100年が経ち、2016年2月についに、一般相対論がその存在を予想した重力波が初めて観測されたことが報告されました。重力波は「時空のさざ波」と比喩され、我々が住む時空自体を動力学の対象として扱った帰結の1つです。重力波が観測された事実は、そのような取り扱いの正当性を強く支持するものであり、時空の動力学を扱う重力理論の研究は、今後ますます発展していくものと期待されます。

        他方、宇宙マイクロ波背景輻射や超新星爆発などの観測によると、現在の宇宙の膨張速度は増大している、つまり宇宙は加速度的に膨張していることが強く示唆されています。重力が常に引力的に働くとすると、仮に宇宙が膨張期にあっても、時空が引き合うためにその膨張速度は減少する。つまり、宇宙は常に減速的に膨張することになります。それゆえ、宇宙が加速膨張しているという事実は、少なくとも宇宙膨張が関係するような長いスケールにおいて、重力が斥力的に振る舞う、つまり重力の法則が Einstein のそれから修正されていることを暗示しているのかもしれません。

        我々の宇宙を支配する重力法則がどのようになっているのか、様々な観測を用いて重力理論を検証することを目標に、いわゆる線形摂動理論の範疇を超えて、非線形・非摂動的な解析手法を用いることにより、これまで未知の理論予言を明らかにする研究に取り組みます。

      研究キーワード

      • 重力理論
      • 宇宙論

      研究分野

      • 自然科学一般, 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

      論文

      • Unified approach to secondary effects on the CMB B-mode polarization
        Toshiya Namikawa; Atsushi Naruko; Ryo Saito; Atsushi Taruya; Daisuke Yamauchi
        Journal of Cosmology and Astroparticle Physics, 2021年10月01日
      • On Lorentz-invariant spin-2 theories
        Atsushi Naruko; Rampei Kimura; Daisuke Yamauchi
        Physical Review D, 2018年12月
      • Stable cosmological solutions in degenerate theory of gravity
        Ryotaro Kase; Rampei Kimura; Atsushi Naruko; Daisuke Yoshida
        Physics Letters B, 2018年08月, 査読有り
      • Extended vector-tensor theories
        Rampei Kimura; Atsushi Naruko; Daisuke Yoshida
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2017年01月, 査読有り
      • Gravitational scalar–tensor theory
        Atsushi Naruko; Daisuke Yoshida; Shinji Mukohyama
        Classical and Quantum Gravity, 2016年05月, 査読有り
      • Derivative-dependent metric transformation and physical degrees of freedom
        Guillem Domènech; Shinji Mukohyama; Ryo Namba; Atsushi Naruko; Rio Saitou; Yota Watanabe
        Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology, 2015年10月13日, 査読有り
      • Derivative-dependent metric transformation and physical degrees of freedom
        Guillem Domenech; Shinji Mukohyama; Ryo Namba; Atsushi Naruko; Rio Saitou; Yota Watanabe
        PHYSICAL REVIEW D, 2015年10月, 査読有り
      • Cosmological disformal invariance
        Guillem Domenech; Atsushi Naruko; Misao Sasaki
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2015年10月, 査読有り
      • Multi-disformal invariance of non-linear primordial perturbations
        Yuki Watanabe; Atsushi Naruko; Misao Sasaki
        EPL, 2015年08月, 査読有り
      • Probing small-scale non-Gaussianity from anisotropies in acoustic reheating
        Atsushi Naruko; Atsuhisa Ota; Masahide Yamaguchi
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2015年05月, 査読有り
      • Anisotropic inflation reexamined: upper bound on broken rotational invariance during inflation
        Atsushi Naruko; Eiichiro Komatsu; Masahide Yamaguchi
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2015年04月, 査読有り
      • Geodesic curve-of-sight formulae for the cosmic microwave background: a unified treatment of redshift, time delay, and lensing
        Ryo Saito; Atsushi Naruko; Takashi Hiramatsu; Misao Sasaki
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2014年10月, 査読有り
      • Cosmology in rotation-invariant massive gravity with non-trivial fiducial metric
        David Langlois; Shinji Mukohyama; Ryo Namba; Atsushi Naruko
        CLASSICAL AND QUANTUM GRAVITY, 2014年09月, 査読有り
      • Bouncing cosmologies in massive gravity on de Sitter
        David Langlois; Atsushi Naruko
        Classical and Quantum Gravity, 2013年10月01日, 査読有り
      • Second-order Boltzmann equation: gauge dependence and gauge invariance
        Atsushi Naruko; Cyril Pitrou; Kazuya Koyama; Misao Sasaki
        CLASSICAL AND QUANTUM GRAVITY, 2013年08月, 査読有り
      • Beyond δN formalism
        Atsushi Naruko; Yu-ichi Takamizu; Misao Sasaki
        Progress of Theoretical and Experimental Physics, 2013年04月, 査読有り
      • Cosmological solutions of massive gravity on de Sitter
        David Langlois; Atsushi Naruko
        CLASSICAL AND QUANTUM GRAVITY, 2012年10月, 査読有り
      • A general proof of the equivalence between the δN and covariant formalisms
        Atsushi Naruko
        Europhysics Letters, 2012年06月, 査読有り
      • Evolutionary effects in one-bubble open inflation for string landscape
        D. Yamauchi; A. Linde; A. Naruko; M. Sasaki; T. Tanaka
        12th Marcel Grossmann Meeting on Recent Dev. in Theoretical and Experimental General Relativity, Astrophysics and Relativistic Field Theories - Proc. of the MG 2009 Meeting on General Relativity, 2012年, 査読有り
      • Open inflation in the landscape
        Daisuke Yamauchi; Andrei Linde; Atsushi Naruko; Misao Sasaki; Takahiro Tanaka
        PHYSICAL REVIEW D, 2011年08月, 査読有り
      • Conservation of the nonlinear curvature perturbation in generic single-field inflation
        Atsushi Naruko; Misao Sasaki
        CLASSICAL AND QUANTUM GRAVITY, 2011年04月, 査読有り
      • Skewness in CMB temperature fluctuations from curved cosmic (super-) strings
        Daisuke Yamauchi; Yuuiti Sendouda; Chul-Moon Yoo; Keitaro Takahashi; Atsushi Naruko; Misao Sasaki
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2010年05月, 査読有り
      • Non-Gaussianity in the Cosmic Microwave Background temperature fluctuations from cosmic (super-)strings
        Keitaro Takahashi; Atsushi Naruko; Yuuiti Sendouda; Daisuke Yamauchi; Chul-Moon Yoo; Misao Sasaki
        JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 2009年10月, 査読有り
      • Large Non-Gaussianity from Multi-Brid Inflation
        Atsushi Naruko; Misao Sasaki
        PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 2009年01月, 査読有り

      MISC

      • 特集:「摂動論を考える」
        佐々木 節; 成子 篤
        数理科学, 2016年09月

      講演・口頭発表等

      • On Lorentz-invariant massive spin-2 theories
        成子 篤
        Winter Mini Workshop on Gravity and Cosmology, 2019年01月, 招待有り
      • 縮退理論と計量の変換と宇宙論
        成子 篤
        新学術領域「加速宇宙」合同コアミーティング, 2018年12月
      • ベクトル場とベクトル型ゆらぎと宇宙論
        成子 篤
        第七回観測的宇宙論ワークショップ, 2018年11月, 招待有り
      • Degenerate theory and its applications to cosmology
        成子 篤
        JCAP-CGRRA 2018, 2018年06月, 招待有り
      • New massive spin-2 theories
        成子 篤
        Essential next steps for gravity and cosmology, 2018年06月
      • 最近の観測結果を考慮した暗黒エネルギーモデル
        成子 篤
        日本物理学会第 73 回年次大会, 2018年03月
      • Stable cosmological solutions in extended vector-tensor theory
        成子 篤
        重力・宇宙論研究会 2018, 2018年03月
      • Extended vector-tensor theory
        34th Pacific Coast Gravity Meeting, 2018年03月
      • Long-wavelength perturbations around homogeneous but anisotropic spacetime
        YKIS2018a Symposium, 2018年02月
      • Stable cosmological solutions in extended vector-tensor theory
        Kasoku symposium 2018, 2018年02月
      • GW 170817 以降の重力理論の現状
        成子 篤
        日本SKAパルサー・突発天体研究会, 2018年01月
      • vGW = 1 の修正重力理論
        成子 篤
        新学術「重力波物理学・天文学:創世記」A班合宿研究会, 2017年12月
      • Dark energy model after detection of gravitational waves
        Issues on Large Scale Perturbations from Inflation, 2017年10月
      • 修正重力関連
        成子 篤
        新学術領域「加速宇宙」合同コアミーティング, 2017年09月
      • 宇宙論的ニ次摂動における渦度
        成子 篤
        日本物理学会 2017 年秋季大会, 2017年09月
      • Extended Vector-Tensor theories
        COSMO 17, 2017年08月
      • Extended Vector-Tensor theories
        ICGAC-XIII and IK15, 2017年07月
      • Dark Energy & Modified Gravity
        Rencontres du Vietnam: Cosmology 2017, 2017年07月
      • 一般的なスカラー・テンソル理論とその宇宙論への応用
        成子 篤
        日本物理学会第 72 回年次大会, 2017年03月
      • Extended Vector-Tensor theories
        新学術領域「加速宇宙」シンポジウム, 2017年03月
      • Extended Vector-Tensor theories
        Workshop on gravity and cosmology, 2017年03月
      • Extended Vector-Tensor theories
        New perspectives on cosmology, 2017年02月
      • Extended Vector-Tensor theories
        JGRG 26, 2016年10月
      • Some thoughts on Horndeski's hair
        Workshop on Particle Physics, Cosmology, and Gravitation, 2016年09月
      • Gravitational scalar-tensor theory
        GR 21, 2016年07月
      • Geodesic curve-of-sight formulae for the cosmic microwave background
        New perspective on theory and observation of large-scale structure, 2016年06月
      • On Horndeski’s hair
        Relativistic cosmology, 2016年05月
      • Gravitational scalar-tensor theory
        New perspectives on cosmology, 2016年01月
      • Gravitational scalar-tensor theory
        JGRG 25, 2015年12月
      • Gravitational scalar-tensor theory
        2nd mini-workshop on gravity and cosmology, 2015年10月
      • Towards testing gravity theory with a pulsar-BH system
        パルサー・突発天体に関するミニワーク ショップ, 神戸市教育会館, 2015年09月
      • CMB beyond linear order
        Miniworkshop on cosmology, 2014年12月
      • Cosmology in rotation-invariant massive gravity with non-trivial fiducial metric
        JGRG 24, 2014年11月
      • Geodesic curve-of-sight formulae for the cosmic microwave background
        Relativistic Cosmology, 2014年09月
      • Primordial perturbations from anisotropic inflation revisited
        Mini-Workshop on Gravitation and Cosmology, 2014年02月
      • New conformal symmetry for gauge field
        APC mini-seminars, 2013年11月
      • Gauge (observer) dependence of CMB temperature anisotropies at second order
        Present and future of 2nd order CMB, 2013年11月
      • Second order Boltzmann equation : gauge dependence and gauge invariance
        Nishinomiya Yukawa Symposium : New Waves in Gravity and Cosmology, 2012年12月
      • 2nd order Boltzmann equation - gauge dependence and invariance
        Gravity and Cosmology 2012, 2012年12月
      • Beyond δN formalism
        Critical tests of Inflation using Non-Gaussianity, 2012年11月
      • Beyond δN formalism
        Japan in Paris, 2012年10月
      • On the equivalence between the δN and covariant formalisms
        Asia Pacific School/Workshop on Cosmology and Gravitation, 2012年03月
      • Beyond δN formalism
        Informal Workshop on Theoretical Cosmology, 2011年09月
      • Beyond δN formalism
        JGRG 21, 2011年09月
      • Conservation of the non-linear curvature perturbation in generic single-field inflation
        COSMO 11, 2011年08月
      • Conservation of the non-linear curvature perturbation in generic single-field inflation
        Cosmological Perturbation and Cosmic Microwave Background, 2011年03月
      • Gauge invariance of Boltzmann equation with polarization
        JGRG 20, 2010年09月
      • Gauge invariance of Boltzmann equation with polarization
        COSMO/CosPA 2010, 2010年09月
      • Gauge invariance of Boltzmann equation at second order
        YKIS symposium 2010, 2010年06月
      • Gauge invariance of Boltzmann equation at second order
        Gravity and Cosmology 2010, 2010年06月
      • Non-Gaussianity in the CMB temperature fluctuations from Cosmic Strings
        JGRG 19, 2009年12月
      • Non-Gaussianity in the CMB temperature fluctuations from Cosmic Strings
        COSMO 9, 2009年09月
      • Non-Gaussianity in the CMB temperature fluctuations from Cosmic Strings
        Challenges in Theoretical Cosmology, 2009年09月
      • Large non-Gaussianity from multi-brid inflation
        JGRG 18, 2008年11月
      • Large non-Gaussianity from multi-brid inflation
        Cosmology and Particle Astrophysics, 2008年10月

      書籍等出版物

      • Delta N Formalism in Cosmological Perturbation Theory
        成子 篤; 佐々木 節, 共著
        World Scientific, 2019年01月, 査読無し

      受賞

      • 2016年01月
        Europhysics Letters, Highlight Articles 2015
      • 2015年08月
        Europhysics Letters, Editor's Choice Articles 2015
      • 2014年02月
        井上科学振興財団, 第30回井上研究奨励賞
      • 2013年11月
        Classical and Quantum Gravity, CQG Highlights of 2012 - 2013
      • 2011年10月
        Classical and Quantum Gravity, CQG Highlights of 2010 - 2011
      • 2011年05月
        IOP publishing, IOP select

      外部資金:科学研究費補助金

      • マルチメッセンジャーで探る重いダークマター
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        村瀬 孔大
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        宇宙物理(理論);素粒子(理論);宇宙線(理論);理論天文学
      • 超精密観測時代における次世代相対論的宇宙論の構築
        基盤研究(B)
        小区分15010:素粒子、原子核、宇宙線および宇宙物理に関連する理論
        京都大学
        成子 篤
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        相対論的宇宙論;宇宙マイクロ波背景放射;宇宙大規模構造;重力波
      • 新しい重力理論の探求と修正重力理論の観測的検証に関する理論研究
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        東北大学;東京工業大学
        成子 篤
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        暗黒エネルギー;縮退した運動項;ベクトル場;宇宙物理
      list
        Last Updated :2022/05/14

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
          談話会委員会委員

        ページ上部へ戻る