教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

青山 卓史

アオヤマ タカシ

化学研究所 生体機能化学研究系 教授

青山 卓史
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 生体分子情報学講座, 教授

    所属学協会

    • 日本植物生理学会
    • 日本分子生物学会
    • Plant Physiology
    • Molecular Biology

    学位

    • 理学修士(京都大学)
    • 理学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程生物物理学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部, 卒業

    経歴

    • 自 2009年, 至 現在
      京都大学・教授
    • 自 1994年, 至 2009年
      京都大学・助教授
    • 自 1988年, 至 1994年
      京都大学・助手
    • 自 1991年, 至 1993年
      ロックフェラー大学・研究員
    • 自 1985年, 至 1988年
      京都大学・教務職員

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        植物分子生物学
        主に細胞分化制御、細胞形態形成、リン脂質シグナルなど
      • 研究概要

        根毛細胞の発生・分化における遺伝子発現制御、根毛形態形成における細胞極性の確立・維持、リン脂質シグナルによる細胞内情報伝達などを、主にシロイヌナズナを用いた遺伝学的および逆遺伝学的手法により研究している。

      研究キーワード

      • 分子生物学
      • Molecular Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • A novel superior factor widely controlling the rice grain quality
        Kao-Chih She; Hiroaki Kusano; Kazuyoshi Koizumi; Hiromoto Yamakawa; Makoto Hakata; Tomohiro Imamura; Masato Fukuda; Natsuka Naito; Yumi Tsurumaki; Ken'ichiro Matsumoto; Mari Kudoh; Eiko Itoh; Shoshi Kikuchi; Naoki Kishimoto; Junshi Yazaki; Tsuyu Ando; Masahiro Yano; Takashi Aoyama; Tadamasa Sasaki; Hikaru Satoh; Hiroaki Shimada
        Nature Precedings, 2009年05月26日
      • Author Correction: PtdIns(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis.
        Tomoko Hirano; Hiroki Konno; Seiji Takeda; Liam Dolan; Mariko Kato; Takashi Aoyama; Takumi Higaki; Hisako Takigawa-Imamura; Masa H Sato
        Nature plants, 2019年04月
      • Functional Differentiation among the Arabidopsis Phosphatidylinositol 4-Phosphate 5-Kinase Genes PIP5K1, PIP5K2 and PIP5K3
        Machiko Watari; Mariko Kato; Romain Blanc-Mathieu; Tomohiko Tsuge; Hiroyuki Ogata; Takashi Aoyama
        Plant and Cell Physiology, 2022年05月16日
      • CFI 25 Subunit of Cleavage Factor I is Important for Maintaining the Diversity of 3MODIFIER LETTER PRIME UTR Lengths in Arabidopsis thaliana (L.) Heynh.
        Xiaojuan Zhang; Mika Nomoto; Marta Garcia-Leon; Naoki Takahashi; Mariko Kato; Kei Yura; Masaaki Umeda; Vicente Rubio; Yasuomi Tada; Tsuyoshi Furumoto; Takashi Aoyama; Tomohiko Tsuge
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2022年03月
      • Arabidopsis PLDζ1 and PLDζ2 localize to post-Golgi membrane compartments in a partially overlapping manner
        Ryota Shimamura; Yohei Ohashi; Yukimi Yamamoto Taniguchi; Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama
        Plant Molecular Biology, 2021年10月02日
      • Arabidopsis phosphatidylinositol 4‐phosphate 5‐kinase genes PIP5K7 , PIP5K8 , and PIP5K9 are redundantly involved in root growth adaptation to osmotic stress
        Ryo Kuroda; Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama
        The Plant Journal, 2021年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • SAP130 and CSN1 interact and regulate male gametogenesis in Arabidopsis thaliana
        Shiori S. Aki; Kei Yura; Takashi Aoyama; Tomohiko Tsuge
        Journal of Plant Research, 2021年03月, 査読有り
      • Arabidopsis PCaP2 modulates the phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate signal on the plasma membrane and attenuates root hair elongation
        Kato Mariko; Tsuge Tomohiko; Maeshima Masayoshi; Aoyama Takashi
        PLANT JOURNAL, 2019年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • PtdIns(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis
        Hirano T; Konno H; Takeda S; Sakamoto S; Mitsuda N; Dolan L; Kato M; Aoyama T; Higaki T; Takigawa-Imamura H; Sato MH
        Nature Plants, 2018年11月, 査読有り
      • SRPP, a Cell Wall Protein is Involved in Development and Protection of Seeds and Root Hairs in Arabidopsis thaliana
        Natsuki Tanaka; Hiroshi Uno; Shohei Okuda; Shizuka Gunji; Ali Ferjani; Takashi Aoyama; Masayoshi Maeshima
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2017年04月, 査読有り
      • Characterization of Shikonin Derivative Secretion in Lithospermum erythrorhizon Hairy Roots as a Model of Lipid-Soluble Metabolite Secretion from Plants
        Kanade Tatsumi; Mariko Yano; Kenta Kaminade; Akifumi Sugiyama; Mayuko Sato; Kiminori Toyooka; Takashi Aoyama; Fumihiko Sato; Kazufumi Yazaki
        FRONTIERS IN PLANT SCIENCE, 2016年07月, 査読有り
      • RNA Binding Proteins RZ-1B and RZ-1C Play Critical Roles in Regulating Pre-mRNA Splicing and Gene Expression during Development in Arabidopsis
        Zhe Wu; Danling Zhu; Xiaoya Lin; Jin Miao; Lianfeng Gu; Xian Deng; Qian Yang; Kangtai Sun; Danmeng Zhu; Xiaofeng Cao; Tomohiko Tsuge; Caroline Dean; Takashi Aoyama; Hongya Gu; Li-Jia Qu
        PLANT CELL, 2016年01月, 査読有り
      • GLABRA2 Directly Suppresses Basic Helix-Loop-Helix Transcription Factor Genes with Diverse Functions in Root Hair Development
        Qing Lin; Yohei Ohashi; Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Hongya Gu; Li-Jia Qu; Takashi Aoyama
        PLANT CELL, 2015年10月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Phosphatidylinositol phosphate 5-kinase genes respond to phosphate deficiency for root hair elongation in Arabidopsis thaliana
        Yukika Wada; Hiroaki Kusano; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama
        PLANT JOURNAL, 2015年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Auxin transport sites are visualized in planta using fluorescent auxin analogs
        Ken-Ichiro Hayashi; Shouichi Nakamura; Shiho Fukunaga; Takeshi Nishimura; Mark K. Jenness; Angus S. Murphy; Hiroyasu Motose; Hiroshi Nozaki; Masahiko Furutani; Takashi Aoyama
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2014年08月, 査読有り, 最終著者
      • Characteristics of a root hair-less line of Arabidopsis thaliana under physiological stresses
        Natsuki Tanaka; Mariko Kato; Rie Tomioka; Rie Kurata; Yoichiro Fukao; Takashi Aoyama; Masayoshi Maeshima
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY, 2014年04月, 査読有り
      • TRANSLUCENT GREEN, an ERF Family Transcription Factor, Controls Water Balance in Arabidopsis by Activating the Expression of Aquaporin Genes
        Danling Zhu; Zhe Wu; Guangyu Cao; Jigang Li; Jia Wei; Tomohiko Tsuge; Hongya Gu; Takashi Aoyama; Li-Jia Qu
        MOLECULAR PLANT, 2014年04月, 査読有り
      • ADP1 Affects Plant Architecture by Regulating Local Auxin Biosynthesis
        Ruixi Li; Jieru Li; Shibai Li; Genji Qin; Ondřej Novák; Aleš Pěnčík; Karin Ljung; Takashi Aoyama; Jingjing Liu; Angus Murphy; Hongya Gu; Tomohiko Tsuge; Li-Jia Qu
        PLoS Genetics, 2014年01月, 査読有り
      • Secretion of miraculin through the function of a signal peptide conserved in the Kunitz-type soybean trypsin inhibitor family
        Ayako Takai; Makiko Satoh; Tomomi Matsuyama; Akane Ito; Rieko Nakata; Takashi Aoyama; Hiroyasu Inoue
        FEBS LETTERS, 2013年06月, 査読有り
      • The Ca2+-binding protein PCaP2 located on the plasma membrane is involved in root hair development as a possible signal transducer
        Mariko Kato; Takashi Aoyama; Masayoshi Maeshima
        Plant Journal, 2013年05月, 査読有り
      • Pathways for Epidermal Cell Differentiation via the Homeobox Gene GLABRA2: Update on the Roles of the Classic Regulator
        Lin Qing; Takashi Aoyama
        JOURNAL OF INTEGRATIVE PLANT BIOLOGY, 2012年10月, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Design and synthesis of photolabile caged cytokinin
        Ken-ichiro Hayashi; Naoyuki Kusaka; Kazuki Ando; Taichi Mitsui; Takashi Aoyama; Hiroshi Nozaki
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2012年09月, 査読有り
      • AtSAP130/AtSF3b-3 Function is Required for Reproduction in Arabidopsis thaliana
        Shiori Aki; Hideto Nakai; Takashi Aoyama; Atsuhiro Oka; Tomohiko Tsuge
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2011年08月, 査読有り
      • D-myo-Inositol-3-Phosphate Affects Phosphatidylinositol-Mediated Endomembrane Function in Arabidopsis and Is Essential for Auxin-Regulated Embryogenesis
        Yu Luo; Genji Qin; Jun Zhang; Yuan Liang; Yingqi Song; Meiping Zhao; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama; Jingjing Liu; Hongya Gu; Li-Jia Qu
        PLANT CELL, 2011年04月, 査読有り
      • A Novel Factor FLOURY ENDOSPERM2 Is Involved in Regulation of Rice Grain Size and Starch Quality
        Kao-Chih She; Hiroaki Kusano; Kazuyoshi Koizumi; Hiromoto Yamakawa; Makoto Hakata; Tomohiro Imamura; Masato Fukuda; Natsuka Naito; Yumi Tsurumaki; Mitsuhiro Yaeshima; Tomohiko Tsuge; Ken'ichiro Matsumoto; Mari Kudoh; Eiko Itoh; Shoshi Kikuchi; Naoki Kishimoto; Junshi Yazaki; Tsuyu Ando; Masahiro Yano; Takashi Aoyama; Tadamasa Sasaki; Hikaru Satoh; Hiroaki Shimada
        PLANT CELL, 2010年10月, 査読有り
      • Control of endoreduplication of trichome by RPT2a, a subunit of the 19S proteasome in Arabidopsis
        Kaori Sako; Yuko Maki; Kumiko K. Imai; Takashi Aoyama; Derek B. Goto; Junji Yamaguchi
        JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 2010年09月, 査読有り
      • Involvement of Arabidopsis thaliana phospholipase Dζ2 in root hydrotropism through the suppression of root gravitropism
        Taniguchi YY; Taniguchi M; Tsuge T; Oka A; Aoyama T
        Planta, 2010年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Functional Expression of Miraculin, a Taste-Modifying Protein in Escherichia Coli
        Tomomi Matsuyama; Makiko Satoh; Rieko Nakata; Takashi Aoyama; Hiroyasu Inoue
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2009年04月, 査読有り
      • A Genetic Framework for the Control of Cell Division and Differentiation in the Root Meristem
        Raffaele Dello Ioio; Kinu Nakamura; Laila Moubayidin; Serena Perilli; Masatoshi Taniguchi; Miyo T. Morita; Takashi Aoyama; Paolo Costantino; Sabrina Sabatini
        SCIENCE, 2008年11月, 査読有り
      • Targeted degradation of the cyclin-dependent kinase inhibitor ICK4/KRP6 by RING-type E3 ligases is essential for mitotic cell cycle progression during Arabidopsis gametogenesis
        Jingjing Liu; Yiyue Zhang; Genji Qin; Tomohiko Tsuge; Norihiro Sakaguchi; Guo Luo; Kangtai Sun; Dongqiao Shi; Shiori Aki; Nuoyan Zheng; Takashi Aoyama; Atsuhiro Oka; Weicai Yang; Masaaki Umeda; Qi Xie; Hongya Gu; Li-Jia Qu
        PLANT CELL, 2008年06月, 査読有り
      • The possible action mechanisms of indole-3-acetic acid methyl ester in Arabidopsis
        Linchuan Li; Xianhui Hou; Tomohiko Tsuge; Maoyu Ding; Takashi Aoyama; Atsuhiro Oka; Hongya Gu; Yunde Zhao; Li-Jia Qu
        PLANT CELL REPORTS, 2008年03月, 査読有り
      • The Arabidopsis phosphatidylinositol phosphate 5-kinase PIP5K3 is a key regulator of root hair tip growth
        Hiroaki Kusano; Christa Testerink; Joop E. M. Vermeer; Tomohiko Tsuge; Hiroaki Shimada; Atsuhiro Oka; Teun Munnik; Takashi Aoyama
        PLANT CELL, 2008年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • SPOROCYTELESS modulates YUCCA expression to regulate the development of lateral organs in Arabidopsis
        Lin-Chuan Li; Gen-Ji Qin; Tomohiko Tsuge; Xian-Hui Hou; Mao-Yu Ding; Takashi Aoyama; Atsuhiro Oka; Zhangliang Chen; Hongya Gu; Yunde Zhao; Li-Jia Qu
        NEW PHYTOLOGIST, 2008年, 査読有り
      • ARR1 directly activates cytokinin response genes that encode proteins with diverse regulatory functions
        Masatoshi Taniguchi; Naokazu Sasaki; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama; Atsuhiro Oka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2007年02月, 査読有り, 責任著者
      • The A-type cyclin CYCA2;3 is a key regulator of ploidy levels in Arabidopsis endoreduplication
        KK Imai; Y Ohashi; T Tsuge; T Yoshizumi; M Matsui; A Oka; T Aoyama
        PLANT CELL, 2006年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Cytokinin signal transduction in plant cells
        T Aoyama; A Oka
        JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 2003年06月, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Modulation of phospholipid signaling by GLABRA2 in root-hair pattern formation
        Y Ohashi; A Oka; R Rodrigues-Pousada; M Possenti; Ruberti, I; G Morelli; T Aoyama
        SCIENCE, 2003年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The role of PopCel1 and PopCel2 in poplar leaf growth and cellulose biosynthesis
        Y Ohmiya; T Nakai; YW Park; T Aoyama; A Oka; F Sakai; T Hayashi
        PLANT JOURNAL, 2003年03月, 査読有り
      • Entopically additive expression of GLABRA2 alters the frequency and spacing of trichome initiation
        Y Ohashi; A Oka; Ruberti, I; G Morelli; T Aoyama
        PLANT JOURNAL, 2002年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • ARR1, a transcription factor for genes immediately responsive to cytokinins
        H Sakai; T Honma; T Aoyama; S Sato; T Kato; S Tabata; A Oka
        SCIENCE, 2001年11月, 査読有り
      • An upstream region of the Arabidopsis thaliana CDKA;1 (CDC2aAt) gene directs transcription during trichome development
        Y Imajuku; Y Ohashi; T Aoyama; K Goto; A Oka
        PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 2001年05月, 査読有り, 責任著者
      • Negative autoregulation of the Arabidopsis homeobox gene ATHB-2
        M Ohgishi; A Oka; G Morelli; Ruberti, I; T Aoyama
        PLANT JOURNAL, 2001年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Arabidopsis ARR1 and ARR2 response regulators operate as transcriptional activators
        H Sakai; T Aoyama; A Oka
        PLANT JOURNAL, 2000年12月, 査読有り
      • Shade avoidance responses are mediated by the ATHB-2 HD-Zip protein, a negative regulator of gene expression
        C Steindler; A Matteucci; G Sessa; T Weimar; M Ohgishi; T Aoyama; G Morelli; Ruberti, I
        DEVELOPMENT, 1999年10月, 査読有り
      • Two-component response regulators from Arabidopsis thaliana contain a putative DNA-binding motif
        H Sakai; T Aoyama; H Bono; A Oka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 1998年11月, 査読有り
      • Glucocorticoid-inducible expression of a bacterial avirulence gene in transgenic Arabidopsis induces hypersensitive cell death
        TW McNellis; MB Mudgett; K Li; T Aoyama; D Horvath; NH Chua; BJ Staskawicz
        PLANT JOURNAL, 1998年04月, 査読有り
      • Structural characterization of the vir B operon on the hairy-root-inducing plasmid A4
        Yajie Liang; Takashi Aoyama; Atsuhiro Oka
        DNA Research, 1998年, 査読有り
      • A glucocorticoid-mediated transcriptional induction system in transgenic plants
        T Aoyama; NH Chua
        PLANT JOURNAL, 1997年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • Characterization of novel calmodulin-binding peptides with distinct inhibitory effects on calmodulin-dependent enzymes
        LT Nevalainen; T Aoyama; M Ikura; A Crivici; H Yan; NH Chu; AC Nairn
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 1997年01月, 査読有り
      • ECTOPIC EXPRESSION OF THE ARABIDOPSIS TRANSCRIPTIONAL ACTIVATOR ATHB-1 ALTERS LEAF CELL FATE IN TOBACCO
        T AOYAMA; CH DONG; Y WU; M CARABELLI; G SESSA; RUBERTI, I; G MORELLI; NH CHUA
        PLANT CELL, 1995年11月, 査読有り, 筆頭著者
      • TRANSCRIPTION IN-VITRO PROMOTED BY THE AGROBACTERIUM VIRG PROTEIN
        H ENDOH; T AOYAMA; A OKA
        FEBS LETTERS, 1993年11月, 査読有り
      • Transcriptional control of the Agrobacterium virulence genes by two proteins VirA and VirG.
        Oka A; Aoyama T; Endoh H
        Bulletin of the Institute for Chemical Research Kyoto University, 1993年10月, 査読有り
      • DNA signal architecture for transcriptional activation by the regulatory protein VirG.
        Aoyama T; Endoh H; Takanami M; Oka A
        Bulletin of the Institute for Chemical Research Kyoto University, 1993年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • ACTIVATION OF DNA CLEAVAGE BY DYNEMICIN-A IN A B-Z CONFORMATIONAL JUNCTION
        A ICHIKAWA; T KUBOYA; T AOYAMA; Y SUGIURA
        BIOCHEMISTRY, 1992年07月, 査読有り
      • CROSS-TALK BETWEEN THE VIRULENCE AND PHOSPHATE REGULONS OF AGROBACTERIUM-TUMEFACIENS CAUSED BY AN UNUSUAL INTERACTION OF THE TRANSCRIPTIONAL ACTIVATOR WITH A REGULATORY DNA ELEMENT
        T AOYAMA; M TAKANAMI; K MAKINO; A OKA
        MOLECULAR & GENERAL GENETICS, 1991年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • BINDING OF THE REGULATORY PROTEIN VIRG TO THE PHASED SIGNAL SEQUENCES UPSTREAM FROM VIRULENCE GENES ON THE HAIRY-ROOT-INDUCING PLASMID
        S TAMAMOTO; T AOYAMA; M TAKANAMI; A OKA
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1990年10月, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF THE VIR-A GENE OF THE AGROPINE-TYPE PLASMID PRIA4 OF AGROBACTERIUM-RHIZOGENES
        H ENDOH; T HIRAYAMA; T AOYAMA; A OKA
        FEBS LETTERS, 1990年10月, 査読有り
      • A COMMON MECHANISM OF TRANSCRIPTIONAL ACTIVATION BY THE 3 POSITIVE REGULATORS, VIRG, PHOB, AND OMPR
        T AOYAMA; A OKA
        FEBS LETTERS, 1990年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • SIGNAL STRUCTURE FOR TRANSCRIPTIONAL ACTIVATION IN THE UPSTREAM REGIONS OF VIRULENCE GENES ON THE HAIRY-ROOT-INDUCING PLASMID A4
        T AOYAMA; M TAKANAMI; A OKA
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1989年11月, 査読有り, 筆頭著者
      • PUTATIVE START CODON TTG FOR THE REGULATORY PROTEIN VIRG OF THE HAIRY-ROOT-INDUCING PLASMID PRIA4
        T AOYAMA; T HIRAYAMA; S TAMAMOTO; A OKA
        GENE, 1989年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • SUPERCOILING RESPONSE OF ESCHERICHIA-COLI PROMOTERS WITH DIFFERENT SPACER LENGTHS
        T AOYAMA; M TAKANAMI
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1988年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • EFFECTS OF PROSTAGLANDINS ON PERILYMPHATIC OXYGENATION - ENHANCEMENT OF COCHLEAR AUTO-REGULATION BY PROSTACYCLIN
        K NAGAHARA; T AOYAMA; S FUKUSE; O NOI
        ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 1988年, 査読有り
      • TISSUE OXYGEN-TENSION IN THE STRIA VASCULARIS
        K NAGAHARA; Y MIYAKE; T AOYAMA; F OGINO
        ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 1988年, 査読有り
      • Essential structure of E.coli promoter
        Aoyama T
        Bulletin of the Institute for Chemical Research Kyoto University, 1986年, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • EVALUATION OF STATOKINESIGRAM USING 3-D PLOTTING AND DISCRIMINANT FUNCTION
        K NAGAHARA; Y MIYAKE; Y NAITO; T YOZA; H FUKUSHIMA; T AOYAMA
        ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 1985年, 査読有り, 最終著者
      • ESSENTIAL STRUCTURE OF ESCHERICHIA-COLI PROMOTER .2. EFFECT OF THE SEQUENCES AROUND THE RNA START POINT ON PROMOTER FUNCTION
        T AOYAMA; M TAKANAMI
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1985年, 査読有り, 筆頭著者
      • ESSENTIAL STRUCTURE OF ESCHERICHIA-COLI PROMOTER - EFFECT OF SPACER LENGTH BETWEEN THE 2 CONSENSUS SEQUENCES ON PROMOTER FUNCTION
        T AOYAMA; M TAKANAMI; E OHTSUKA; Y TANIYAMA; R MARUMOTO; H SATO; M IKEHARA
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1983年, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • イノシトールリン脂質が制御する根毛の形態形成
        平野朋子; 武田征士; 加藤真理子; 青山卓史; 桧垣匠; 今村寿子; 佐藤雅彦
        日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 2017年
      • イノシトールリン脂質が制御する根毛の形態形成
        平野朋子; 紺野宏記; 武田征士; 加藤真理子; 青山卓史; 檜垣匠; 今村寿子; 佐藤雅彦
        日本植物学会大会研究発表記録, 2018年
      • シロイヌナズナを用いた組換えミラクリンの発現と大腸菌を用いた組換え体との比較評価
        佐藤 麻紀子; 松山 友美; 中田 理恵子; 青山 卓史; 井上 裕康
        日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research, 2008年12月01日
      • シロイヌナズナにおけるミラクリン-YFP融合タンパク質の発現系構築
        佐藤 麻紀子; 中田 理恵子; 青山 卓史; 井上 裕康
        日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research, 2009年12月01日
      • シロイヌナズナPLDζ1およびPLDζ2の細胞内局在
        島村亮太; 谷口(山本)幸美; 加藤真理子; 柘植知彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会(Web), 2018年
      • Analysis of shikonin secretion from epidermal cells using hairy roots of Lithospermum erythrorhizon
        Kanade Tatsumi; Kenta Kaminade; Kojiro Takanashi; Sato Mayuko; Kiminori Toyooka; Takashi Aoyama; Kazufumi Yazaki
        第58回植物生理学会, 2017年03月
      • ムラサキ毛状根の表皮細胞におけるシコニン分泌機構の解析
        巽 奏; 上撫健太; 高梨功次郎; 佐藤繭子; 豊岡公徳; 青山卓史; 矢崎一史
        第58回植物生理学会, 2017年03月
      • Biochemical analysis of shikonin transport machinery using hairy roots of Lithospermum erythrorhizon
        Kanade Tatsumi; Kenta Kaminade; Kojiro Takanashi; Takashi Aoyama; Mayuko Sato; Kiminori Toyooka; Kazufumi Yazaki
        Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science, 2017年02月
      • 薬用植物ムラサキを用いたシコニン分泌機構の解析
        巽 奏; 岡咲洋三; 斉藤和季; 青山卓史; 杉山暁史; 矢崎一史
        第11回トランスポーター研究会, 2016年07月
      • PIP5K3と他のタイプB PIP5K遺伝子との機能重複に関する解析
        齊藤涼; 和田悠貴香; 加藤真理子; 柘植知彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2015年03月09日
      • シロイヌナズナ根毛におけるCa2+結合タンパク質PCaP2とホスファチジルイノシトール‐4,5二リン酸の細胞内動態
        加藤真理子; 柘植知彦; 前島正義; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2015年03月09日
      • COP9シグナロソーム結合因子AtPrp43の機能解析
        後藤翔; 野元美佳; 多田安臣; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2015年03月09日
      • 側方根冠におけるシロイヌナズナPLDζ2の役割
        島村亮太; 谷口(山本)幸美; 谷口雅俊; 加藤真理子; 柘植知彦; 林謙一郎; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2015年03月09日
      • Control of endoreduplication of trichome by RPT2a, a subunit of the 19S proteasome in Arabidopsis (vol 123, pg 701, 2010)
        Kaori Sako; Yuko Maki; Takashi Aoyama; Derek B. Goto; Junji Yamaguchi
        JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 2014年05月
      • COP9シグナロソームと相互作用するTrihelix proteinの機能解析
        中井秀人; 安喜史織; HEYL Alexander; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2014年03月11日
      • シロイヌナズナPLDzeta1による細胞内情報伝達
        島村亮太; 安斎尚子; 加藤真理子; 谷口雅俊; 大橋洋平; 柘植知彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2014年03月11日
      • スプライソソーム構成因子群とCSNは植物形態形成に重要な働きを担う
        張俊; 安喜史織; 後藤翔; 中井秀人; 青山卓史; 嘉瞿礼; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2014年03月11日
      • AtPrp43RNAヘリカーゼの機能解析
        後藤翔; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2014年03月11日
      • 過酷な土壌環境への適応のための根系機能の基礎的研究
        青山卓史; 柘植知彦; 矢崎一史
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2014年03月06日
      • COP9シグナロソームと結合するPrp43RNAヘリカーゼの機能解析
        後藤翔; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • COP9シグナロソームとスプライソソーム構成因子群は植物形態形成に重要な役割を担う
        安喜史織; 張俊; 後藤翔; 中井秀人; 岡穆宏; 青山卓史; 瞿礼嘉; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • COP9シグナロソームと相互作用するTrihelix proteinの機能解析
        中井秀人; 安喜史織; HEYL Alexander; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • COP9シグナロソームと相互作用するTrihelix proteinの機能解析
        中井秀人; 安喜史織; HEYL Alexander; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2012年03月09日
      • リン酸欠乏に応答した根毛伸長におけるPIP5Kの機能
        和田悠貴香; 安田敬子; 柘植知彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2012年03月09日
      • 植物の根系形成における生残り戦略の研究~効率的な土壌リン吸収を支える根毛の形態と機能~
        青山卓史; 柘植知彦; 矢崎一史
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2012年02月28日
      • COP9シグナロソームと相互作用するTrihelix proteinの機能解析
        中井秀人; 安喜史織; HEYL Alexander; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2011年03月11日
      • COP9シグナロソーム結合因子SAP130はシロイヌナズナの花粉形成において重量な役割を担う
        安喜史織; 中井秀人; 岡穆宏; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2011年03月11日
      • シロイヌナズナ・ホスホリパーゼDζ1遺伝子の遺伝学的解析
        安齋尚子; 大橋洋平; 谷口雅俊; 柘植知彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2011年03月11日
      • 効率的な土壌リン吸収を支える根毛の形態と機能
        青山卓史; 柘植知彦; 矢崎一史
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2010年09月10日
      • COP9シグナロソームと相互作用する植物固有の転写因子の機能解析
        中井秀人; 安喜史織; HEYL Alexander; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2010年03月12日
      • 環境刺激に応答した根毛伸長におけるPIP5K遺伝子の機能
        和田悠貴香; 草野博彰; 安田敬子; 柘植知彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2010年03月12日
      • 植物におけるCOP9シグナロソーム結合因子の探索
        片岡麻由子; 安喜史織; 堂前直; 岡穆宏; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2009年03月16日
      • COP9シグナロソームと相互作用する転写因子の機能解析
        中井秀人; 安喜史織; HEYL Alexander; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2009年03月16日
      • COP9シグナロソームとSAP130の相互作用の機能解析
        安喜史織; 岡穆宏; 青山卓史; 柘植知彦
        日本植物生理学会年会要旨集, 2009年03月16日
      • イネOsCEO1遺伝子は胚乳形質に関する上位の調節因子である
        島田浩章; シャクタカシ; 草野博彰; 今村智弘; 佐々木忠将; 佐藤光; 青山卓史; 羽方誠; 山川博幹
        育種学研究, 2009年03月
      • Functional Expression of Miraculin, a Taste-Modifying Protein in Arabidopsis thaliana and Escherichia coli
        Makiko Satoh; Tomomi Matsuyama; Rieko Nakata; Takashi Aoyama; Hiroyasu Inoue
        CHEMICAL SENSES, 2009年02月
      • 無機栄養素吸収における機能単位としての根毛の形態形成および機能分化
        青山卓史; 柘植知彦; 矢崎一史
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2008年06月30日
      • シロイヌナズナのホスファチジルイノシトールリン酸5‐キナーゼPIP5K3は根毛先端伸長の鍵調節因子である
        草野博彰; TESTERINK Christa; VERMEER Joop E. M; 安田敬子; 柘植知彦; 島田浩章; 岡穆宏; MUNNIK Teun; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2008年03月15日
      • リン酸欠乏下におけるシロイヌナズナ・ホスホリパーゼD(PLDz2)の機能解析
        谷口幸美; 柘植知彦; 岡穆宏; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2008年03月15日
      • Arabidopsis AtPIP5K3 gene controlling root-hair morphogenesis
        Hiroaki Kusano; Keiko Yasuda; Hiroaki Shimada; Atsuhiro Oka; Takashi Aoyama
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2007年
      • サイトカイニン初発応答遺伝子上流に存在するARR1認識配列のサイトカイニン応答への寄与
        谷口雅俊; 青山卓史; 柘植知彦; 岡穆宏
        日本植物生理学会年会要旨集, 2006年03月19日, 査読有り
      • In vitro contribution of the ARR1 in vitro recognition sequence in an ARR6 promotor recognition to transactivation by ARR1.
        Taniguchi M; Taniguchi M; Aoyama T; Tsuge T; Oka A
        The 47th Annual meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists ,Tsukuba University, Tsukuba IBARAKI, 2006年03月19日, 査読有り
      • 担子菌Pleurotus ostreatusのパーティクルガンを用いた一過性形質転換
        酒徳尚文; 本田与一; 青山卓史; 渡邊崇人; 渡辺隆司
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月
      • 植物サイクリンA2によるendoreduplicationの終了制御
        今井久美子; 大橋洋平; 柘植知彦; 吉積毅; 松井南; 岡穆彦; 青山卓史
        日本植物生理学会年会要旨集, 2006年03月
      • Regulation of endoreduplication by plant A2 type cyclin
        K Imai; Y Ohashi; T Tsuge; T Yoshizumi; M Matsui; A Oka; T Aoyama
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • Involvement of Arabidopsis AtPIPK3 gene in root-hair morphogenesis
        H Kusano; K Yasuda; S Aki; Y Ohashi; H Shimada; A Oka; T Aoyama
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • 無機栄養素吸収における機能単位としての根毛の形態形成および機能分化
        青山卓史; 柘植知彦; 矢崎一史
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2006年
      • AtCYCA2;3, is a key regulator in the termination of endoreduplication rounds in Arabidopsis.
        Imai K; Imai K; Ohashi Y; Tsuge T; Yoshizumi T; Matsui M; Oka A; Aoyama T
        The 16th International Conference on Arabidopsis Research ,University of Wisconsin Madison, Wisconsin Madison, WI USA, 2005年06月15日, 査読有り
      • Screening for genes directly regulated by ARR1
        M Taniguchi; T Aoyama; A Oka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2005年
      • 動物のステロイドホルモンを用いたタンパク質機能誘導系
        青山卓史
        改訂3版、モデル植物の実験プロトコール、植物細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ, 2005年, 招待有り
      • シロイヌナズナAtCycA2;3はendoreduplicationの終了において主要な働きをする
        今井 久美子; 今井 久美子; 大橋 洋平; 吉積 毅; 松井 南; 柘植 知彦; 岡 穆宏; 青山 卓史
        第27回日本分子生物学会年会 ,神戸ポートアイランド、兵庫県神戸市, 2004年12月08日, 査読有り
      • Arabidopsis AtCycA2;3 is a key regulator of termination system of endoreduplication.
        Imai K; Imai K; Ohashi Y; Yoshizumi T; Matsui M; Tsuge T; Oka A; Aoyama T
        The 27th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan ,Kobe Port Island, Kobe HYOGO, 2004年12月08日, 査読有り
      • Sequence structure recognized by the Arabidopsis response regulator ARR1
        M Taniguchi; T Aoyama; A Oka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2004年
      • Expression analysis of the AtPLD zeta 2 gene in Arabidopsis thaliana.
        Y Yamamoto; Y Ohashi; A Oka; T Aoyama
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2004年
      • Analysis of function of CDKA expressed in Arabidopsis trichome
        K Imai; Y Ohashi; T Aoyama; A Oka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2003年
      • The trascription factor-type response regulator ARR1 is involved in an early step of cytokinin signal transduction
        A Oka; T Aoyama; T Honma; H Sakai
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2002年
      • BookReview: 植物ゲノム機能のダイナミズム 転写因子による発現制御
        青山卓史
        蛋白質・核酸・酵素, 2002年, 招待有り
      • 一気呵成か? 植物ホルモン・サイトカイニンのシグナル伝達機構の解明
        青山卓史
        化学, 2001年, 招待有り
      • ステロイドホルモンを用いたタンパク質機能誘導系
        青山卓史
        新版、モデル植物の実験プロトコール 植物細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ, 2001年, 招待有り
      • 遺伝子の発現を見る:レポーター遺伝子の活用
        村本拓也; 青山卓史
        モデル植物ラボマニュアル, 2000年, 招待有り
      • Artifical regulation of transcription factors in transgenic plants
        T. Aoyama; M. Ohgishi; T. Muramoto; M. Tukuda; A. Oka
        Proceedings of the second BRAIN seminar: Cytochrome P450 and Plant Genetic engineering, 1999年
      • ステロイドホルモンを用いたタンパク質機能誘導系
        青山卓史
        モデル植物の実験プロトコール 植物細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ, 1996年, 招待有り
      • THE EXPRESSION AND FUNCTION OF THE ARABIDOPSIS-ATHB-1 GENE DURING PLANT DEVELOPMENT
        G MORELLI; T AOYAMA; CH DONG; S LUCCHETTI; M CARABELLI; G SESSA; RUBERTI, I; NH CHUA
        JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 1995年03月
      • SIGNAL STRUCTURE OF THE CIS-ACTING ELEMENT RECOGNIZED BY VIRG PROTEIN, A POSITIVE REGULATOR IN AGROBACTERIUM
        T AOYAMA; M TAKANAMI; A OKA
        SIXTEENTH SYMPOSIUM ON NUCLEIC ACIDS CHEMISTRY, 1989年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Regulatory mechanism for plant cell morphogenesis
        T. Aoyama
        NSFC-CAS-JSPS International Workshop on Frontier of Science and Technology 2013, 2013年12月06日, NSFC-CAS-JSPS, 招待有り
      • Function of the Root System for Adapting to Severe Soil Conditions
        T. Aoyama
        The International Symposium "Cycle annd Span of Sustainability", 2012年10月27日, Institute for Sustainability Science, Kyoto University, 招待有り
      • Role of Phospholipid Signaling in Plant Cell Morphogenesis
        T. Aoyama
        Special Lecture in "Aim for the Top University Project" NCKU(Tainan, Taiwan),, 2011年12月06日, National Cheng Kung University, 招待有り
      • 植物細胞形態形成におけるリン脂質シグナルの役割
        青山 卓史
        静岡大学・若手グローバル研究リーダー育成プログラムシンポジウム, 2011年09月15日, 招待有り
      • Regulatory mechanism for shaping plant cells
        T. Aoyama
        International Symposium on “Young Researcher Global Leader Training Program” Shizuoka University, 2010年10月07日, Shizuoka University, 招待有り
      • 植物細胞の極性制御に関わるリン脂質シグナル
        青山 卓史
        静岡大学・若手グローバル研究リーダー育成プログラムシンポジウム, 2009年11月11日, 招待有り
      • 植物細胞形態形成におけるリン脂質シグナルの役割
        青山卓史
        第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会、合同大会、シンポジウム, 2008年12月10日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 招待有り
      • Phospholipid Signaling in Root Hair Development
        T. Aoyama
        The 9th International Congress on Cell Biology, 2008年10月08日, International Society on Cell Biology, 招待有り
      • 植物細胞の形態分化を制御するシグナル伝達系
        青山卓史
        特定領域研究シンポジウム「分化全能性研究の新機軸」, 2006年01月28日, 特定領域研究, 招待有り
      • Phospholipid signaling in root-hair cell morphogenesis
        T. Aoyama
        The 21st Symposium in Conjunction with Award of International Prize for Biology Awardee: Prof. Nam-Hai Chua (Rockefeller University), 2005年12月01日, Award of International Prize for Biology, 招待有り
      • Targets of ARR1
        T. Aoyama
        International Symposium on Cytokinin Metabolism, Signaling and Function, 2004年07月10日, Freie Universität Berlin, 招待有り
      • 植物細胞形態形成におけるフォスフォリパーゼDの役割
        青山卓史
        第5回日本分子生物学会春期シンポジウム, 2004年05月19日, 日本分子生物学会, 招待有り
      • 根毛形成におけるリン脂質シグナルの役割
        青山卓史
        第7回けいはんな地区植物懇談会, 2003年12月19日, 招待有り
      • 植物転写因子と標的遺伝子との相互作用
        青山卓史
        第26回日本分子生物学会年会・ワークショップ, 2003年12月10日, 日本分子生物学会, 招待有り
      • 根毛形態形成におけるホスホリパーゼDの役割
        青山卓史
        第16回植物脂質シンポジウム, 2003年11月28日, 日本植物脂質科学研究会, 招待有り
      • サイトカイニン応答を制御する転写因子ARR1、ARR2
        青山卓史
        特定領域研究「His・Aspリン酸リレー型シグナル伝達ネットワークの普遍性と多様性」理化学研究所 植物科学研究センター (PSC) 共催シンポジウム「高等植物におけるシグナル受容と情報伝達」, 2002年04月26日, 和光市理化学研究所鈴木梅太郎ホール, 招待有り
      • DNAチップを用いた、シロイヌナズナ転写因子ATHB-1の標的遺伝子の検索
        青山卓史
        基生研・形質統御実験施設・ワークショップ, 2002年03月14日, 岡崎市 (基礎生物学研究所), 招待有り
      • 「シロイヌナズナのホメオボックス遺伝子ATHB-10/GL2の機能解析」Entopically additive expression of ATHB-10/GL2 alters the frequency and spacing of trichome initiation
        青山卓史
        第24回日本分子生物学会2002年度年会・ワークショップ「植物表皮細胞の分化と機能」 オーガナイザー:和田拓治、町田泰則, 2001年12月09日, 横浜市 (パシフィコ横浜), 招待有り
      • サイトカイニンに応答した遺伝子発現制御
        青山卓史
        第12回シロイヌナズナワークショップ・シンポジウム, 2001年09月10日, 名古屋大学, 招待有り
      • 「シロイヌナズナのHD-Zip型転写因子による転写制御ネットワーク」 Transcriptional networks regulated by Arabidopsis HD-Zip proteins
        青山卓史
        日本植物生理学会2001年度年会・第41回シンポジウム「ポストゲノム時代の植物転写因子研究」 オーガナイザー:青山卓史、柳澤修一, 2001年03月23日, 福岡市(九州産業大学)
      • Artificial regulation of transcription factors in transgenic plants
        T. Aoyama
        2nd BRAIN Seminar “Cytochrome P450 and Plant Genetic Engineering, 1999年11月24日, Kobe University, Kobe Japan, 招待有り
      • 転写誘導系のオルガネラ研究への利用
        青山卓史
        日本植物生理学会1999年度年会サテライトシンポジウム「植物オルガネラ研究における新展開」, 1999年03月27日, 仙台(東北大学), 招待有り
      • Plant Cell Wall Patterning and Cell Shape
        Kusano, H; Tominaga, R; Wada, T; Kato, M; Aoyama, T, 共著, Phosphoinositide signaling in root hair tip growth
        Wiley-Blackwell, 2014年, 査読無し
      • 根毛形成における極性の確立・維持機構:リン脂質シグナルに焦点を当てて
        草野博彰; 青山卓史, 共著
        蛋白質・核酸・酵素 54: 649-655, 2009年
      • シロイヌナズナにおけるミラクリンーYFP融合タンパク質の発現系
        中田 理恵子; 佐藤麻紀子; 青山卓史; 井上裕康, 共著
        日本味と匂学会誌 16: 293-294, 2009年
      • Root Hairs, Excellent Tools for the Study of Plant Molecular Cell Biology
        Aoyama, T, 共著, Phospholipid signaling in root hair development
        Springer, Berlin Heidelberg New York, 2009年, 査読無し
      • シロイヌナズナを用いた組換えミラクリンの発現と大腸菌を用いた組換え体との比較評価
        佐藤麻紀子; 松山友美; 田中理恵子; 青山卓史; 井上裕康, 共著
        日本味と匂学会誌 15: 517-520, 2008年
      • サイトカイニンの細胞内シグナル伝達
        青山卓史, 共著
        新版 植物ホルモンのシグナル伝達、植物細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ20: pp70-76, 2004年
      • 植物の環境応答と形態形成のクロストーク
        大橋洋平; 青山卓史, 共著, 細胞形態形成とリン脂質シグナル
        シュプリンガー・フェアラーク, 2004年, 査読無し
      • ホメオドメインタンパク質GLABRA2のホスホリパーゼD遺伝子を介した根毛発生制御
        大橋洋平; 青山卓史, 共著
        細胞工学 22: 1102-1103, 2003年
      • サイトカイニンシグナル伝達におけるARR1の関与
        酒井啓江; 青山卓史, 共著
        植物の形づくり、遺伝子から見た分子メカニズム、蛋白質・核酸・酵素2002年9月号増刊 pp1682-1683, 2002年
      • Molecular Plant Biology, Volume Two, Practical Approach
        Ohgishi, M; Aoyama, T, 共著, Inducible gene expression in plants
        Oxford University Press, Oxford, 2002年, 査読無し
      • ステロイドホルモンを用いたタンパク質機能誘導系
        青山卓史, 共著
        新版、モデル植物の実験プロトコール 植物細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ15 pp125-128, 2001年
      • 一気呵成か? 植物ホルモン・サイトカイニンのシグナル伝達機構の解明
        青山卓史, 共著
        化学 56: 57-58, 2001年
      • 遺伝子の発現を見る:レポーター遺伝子の活用
        共著
        モデル植物ラボマニュアル pp194-203, 2000年
      • 基礎生化学実験法、第4巻、核酸・遺伝子実験 I. 基礎編
        青山卓史, 共著, 遺伝子操作のための各種酵素の利用法
        東京化学同人, 2000年, 査読無し
      • Inducible Gene Expression in Plants
        Aoyama, T, 共著, Glucocorticoid-inducible gene expression in Plants
        CAB International, Wallingford, 1998年, 査読無し
      • プロテインホスファターゼと植物細胞内シグナル伝達
        岡 穆宏; 青木幹雄; 青山卓史, 共著
        蛋白質・核酸・酵素 42: 736-743, 1997年
      • 高等植物におけるグルココルチコイド転写誘導系
        青山卓史, 共著
        蛋白質・核酸・酵素 41: 2559-2563, 1996年
      • ステロイドホルモンを用いたタンパク質機能誘導系
        共著
        モデル植物の実験プロトコール 植物細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ4 pp125-128, 1996年
      • Methods in Arabidopsis Research
        Gash, A; Aoyama, T; Foster, R; Chua, N.-H, 共著, Gene isolation with the polymerase chain reaction
        World Scientific Publishing Co., New Jersey, 1992年, 査読無し
      • 新生化学実験講座2・核酸III 組換えDNA技術
        青山卓史; 高浪 満; 小原 収, 共著, 組換えDNAに用いる酵素
        東京化学同人, 1992年, 査読無し
      • 新生化学実験講座2・核酸II 構造と性質
        青山卓史; 高浪 満; 小原 収, 共著, DNA配列決定
        東京化学同人, 1991年, 査読無し
      • シリーズ分子生物学の進歩1・DNAの構造と動態
        青山卓史; 高浪 満, 共著, DNAシグナルの認識
        東京化学同人, 1989年, 査読無し
      • 続生化学実験講座1・遺伝子研究法II
        青山卓史; 高浪 満, 共著, 組換えDNAに用いる酵素
        東京化学同人, 1986年, 査読無し
      • 続生化学実験講座1・遺伝子研究法I
        青山卓史; 高浪 満, 共著, ジデオキシ法によるDNAの塩基配列決定
        東京化学同人, 1986年, 査読無し

      産業財産権

      • 特許US6784340-B1, Chemical inducible promoter used to obtain transgenic plants with a silent marker
        Aoyama, T; Zuo, J; Chua, N.-H
      • 特許WO200134821-A; EP1242604-A; WO200134821-A2; AU200114856-A; EP1, New nucleic acid comprising a chemically inducible promoter for selecting transgenic lettuce plants having a silent selectable marker and for screening for mutations in a gene of an organism or cell
        Zuo, J; Chuan, N; Aoyama, T; Jianru, Z; Chua N.-H
      • 特許WO9938988-A; WO9938988-A2; US6063985-A; JP2002501754-W, Selection of transgenic plants using a silent promoter
        Chua, N.-H; Aoyama, T

      外部資金:科学研究費補助金

      • 植物細胞形態形成におけるホスホイノシチドシグナルの役割
        基盤研究(B)
        小区分44030:植物分子および生理科学関連
        京都大学
        青山 卓史
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        脂質シグナル;細胞形態形成;細胞極性;PI(4,5)P2;PIP5K;膜脂質シグナル
      • 植物細胞形態形成における平面内極性の確立機構
        基盤研究(C)
        京都大学
        青山 卓史
        自 2016年07月19日, 至 2019年03月31日, 完了
        細胞極性;細胞形態形成;植物細胞;リン脂質シグナル;PIP5K;PIP2;低分子Gタンパク質;ROP;ROP GTPase;植物細胞形態形成;ROP-GTPase;植物;発生・分化;シグナル伝達;脂質;蛋白質
      • 脂溶性物質の細胞外分泌に関わる「脂質のバルク輸送」の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        矢崎 一史
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        二次代謝;脂質分泌;植物細胞;二次代謝産物
      • 転写因子GL2が統御する植物表皮細胞機能分化機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        青山 卓史
        自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        植物細胞分化;表皮細胞;転写制御ネットワーク;脂質シグナル;細胞内局在性;根毛;オーキシン;細胞分化;転写制御;細胞内シグナル伝達;細胞形態形成;形態形成;植物ホルモン
      • UV-B受容体と超短パルスレーザーを用いた遺伝子発現誘導系の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        転写誘導系;紫外線;シロイヌナズナ;UVレーザー;UV-B受容体;誘導系;形質転換植物;転写因子;UV;植物転写因子;超短パルスレーザー
      • 植物における細胞内局所的タンパク質機能誘導系の構築
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        植物;細胞組織;誘導系;ケージド化合物;細胞・組織
      • 根の形態変化を介した植物の成長戦略
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        植物;組織・細胞;生体分子;環境;根
      • 植物細胞形態形成におけるリン脂質シグナルの役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        植物;組織・細胞;生体分子;形態形成;リン脂質
      • レスポンスレギュレーターARR1によるサイトカイニンシグナル伝達機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        青山 卓史
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        植物ホルモン;転写因子;シグナル伝達;細胞分化;サイトカイニン;オーキシン;転写誘導;標的遺伝子;細胞増殖;転写;2成分制御系
      • 植物細胞形態形成におけるリン脂質シグナルの役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        根毛;ホスホイノシタイド;ホスファチジン酸;細胞形態形成;ホスホリパーゼD;PIPキナーゼ;細胞極性;G-タンパク質;ホスホイノシチド
      • 土壌環境条件から根毛形態制御に至るシグナル伝達機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日, 完了
        根毛;ホスホイノシチド;ホスファチジン酸;細胞形態形成;ホスホリパーゼD;PIPキナーゼ;ABA;水分屈性
      • 細胞内情報解析のための光分子スイッチの開発
        萌芽研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        植物;細胞・組織;生体分子;発現誘導
      • 土壌環境シグナルから根毛形成制御に至る情報伝達機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        根毛;細胞形態形成;ホスホリパーゼD;ホスホイノシチド;PIP2;PIPキナーゼ;リン酸;細胞内シグナル伝達
      • 根毛形成におけるリン脂質シグナルの役割陰
        基盤研究(B)
        京都大学
        青山 卓史
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        シロイヌナズナ;根毛;リン脂質;細胞形態形成;PLD;PIPK;PIP2;シグナル伝達;ホスホリパーゼD;PIPキナーゼ;Rho-GTPase;ホスファチジン酸;先端伸長;細胞内シグナル伝達, Arabidopsis thaliana;root hair;phospholipid;cell morphogenesis;PLD;PIPK;PIP2;signal transduction
      • 植物のサイトカイニン応答における分子基盤
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        岡 穆宏
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        サイトカイニン;二成分制御系;形態形成;ヒスチジンキナーゼ;転写因子型応答因子;細胞内シグナル伝達;維管束形成;非転写因子型応答因子
      • シロイヌナズナのHis-Aspリン酸リレー型シグナル伝達が支配する環境応答機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 2000年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        二成分制御系;リン酸リレー;レスポンスレギュレーター;転写因子;サイトカイニン;標的遺伝子;逆遺伝学;細胞内シグナル伝達;誘導系;転写活性化;情報伝達;DNA結合;核移行;レシーバードメイン
      • 植物メリステムにおける細胞周期調節機構
        特定領域研究(A)
        生物系
        京都大学
        青山 卓史
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        シロイヌナズナ;表層細胞;細胞形態;GL2;ATHB-10;転写調節;CDC2;誘導系
      • 植物形態の環境刺激応答におけるホメオドメイン蛋白質の役割
        基盤研究(C)
        京都大学
        青山 卓史
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        転写因子;植物形態形成;シロイヌナズナ;形質転換植物;ATHB-1;ATHB-2;標的遺伝子;形態形成;グルココルチコイド;誘導系;ATHB, transcription factor;plant morphogenesis;Arabidopsis;transgenic plants;ATHB-1;ATHB-2
      • 葉の形態形成における遺伝子発現制御ダイナミクス
        重点領域研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 1997年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        シロイヌナズナ;ATHB-1;ATHB-2;形質転換植物;転写因子;標的遺伝子;誘導系;グルココルチコイド
      • 植物ホメオドメイン蛋白質を中心とした転写制御ネットワーク
        基盤研究(C)
        京都大学
        青山 卓史
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        Athb-1;Athb-2;シロイヌナズナ;形質転換植物;グルココルチコイド;転写誘導;環境刺激応答;標的遺伝子
      • 葉の形態形成における遺伝子発現制御ダイナミクス
        重点領域研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        Athb‐1;Athb‐2;シロイヌナズナ;形質転換植物;グルココルチコイド;転写誘導;環境刺激応答;標的遺伝子
      • リガンド模倣ペプチドの検索と生体内系への応用
        基盤研究(B)
        京都大学
        青山 卓史
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        形質転換植物;カルモデュリン;CaMキナーゼI;CaMキナーゼII;グルココルチコイド;転写誘導系;CDPK;ランダムペプチド・ライブラリー;模倣ペプチド;CDPKキナーゼI;cAMP・レセプター蛋白質;G蛋白質, Transgenic Plant;Calmodulin;CaM Kinase I;CaM Kinase II;Glucocorticoid;Transcriptional Induction System;CDPK;Random Peptide Library
      • 葉の形態形成における遺伝子発現制御ダイナミクス
        重点領域研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        Athb-1;転写因子;パーティクルガン;葉の展開;光シグナル;活性誘導系;グルココルチコイド;標的遺伝子
      • 葉の形態形成における遺伝子発現制御ダイナミクス
        重点領域研究
        京都大学
        青山 卓史
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        ホメオドメイン蛋白質;転写制御;光形態形成
      • 長距離DNAシ-クエンジング技術の開発
        試験研究(B)
        京都大学
        椙崎 弘幸
        自 1988年04月01日, 至 1991年03月31日, 完了
        IIS型制限修飾系;DNAメチラ-ゼ;制限エンドヌクレア-ゼ;遺伝子構造;DNAシ-クエンシング;塩基配列の認識;II型制限酵素;HgaI制限修飾係;5ーメチルシトシンメチラ-ゼ;非対称塩基配列の認識;8塩基対認識の制限酵素;放線菌;蛋白質デザイン;FokI制限修飾系;アデニンメチラ-ゼ;活性ドメイン;DNAシークエンシング;Taq DNAポリメラーゼ;制限酵素;修飾酵素;ドメイン構造, Type IIS Restriction-Modification System;DNA Methylase;Endonuclease;Gene Structure.;DNA Sequencing;Sequence Recognition

      外部資金:その他

      • 植物の生産性制御に係る共通基盤技術の開発/植物における代謝産物の蓄積機構の制御技術の開発
        植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発(NEDO)
        自 2016年09月01日, 至 2021年03月31日
        矢崎一史
      • 植物の機能的な形を生み出すための制御メカニズム (平成26年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日
        青山 卓史
      • 植物形態形成の可変生を支配するホメオドメイン蛋白質の機能解析
        生研機構・新技術新分野創出のための基礎研究推進事業
        自 1998年04月01日, 至 2003年03月31日
        高辻博志
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIC
          9091, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIID
          9096, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          9094, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIB
          9090, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          9093, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールID
          9092, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学特論A
          9011, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIA
          9089, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          形質発現学概論
          9008, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子遺伝学I
          2704, 後期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          9095, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子情報学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          遺伝子の分子生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          現代分子生物学の基礎
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          現代分子生物学の基礎
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          遺伝子の分子生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          遺伝子の分子生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          現代分子生物学の基礎
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          遺伝子の分子生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          遺伝子の分子生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          植物科学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          植物科学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          形質発現学概論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          植物科学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          形質発現学概論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          植物科学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          形質発現学概論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          植物科学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学特論A
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          形質発現学概論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学特論A
          前期, 理学研究科

        博士学位審査

        • シロイヌナズナにおけるPIP5K7,PIP5K8およびPIP5K9の機能解析
          黒田 凌, 理学研究科, 主査
          2021年05月24日
        • シロイヌナズナζクラスホスホリパーゼDの細胞生物学的研究
          島村 亮太, 理学研究科, 主査
          2022年01月24日

        非常勤講師

        • 自 2022年10月01日, 至 2023年03月31日
          分子遺伝学Ⅰ
          週2時間 合計14時間, 理学部
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会常置委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 委員
          • 自 2022年04月01日
            京都大学産学共同実用化促進事業実施委員会 委員
          • 自 2022年04月01日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2022年04月01日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            人事制度検討会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            部局長会議
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            統合化学系 学系長
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            化学研究所 所長
          • 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2014年10月31日
            大学評価委員会大学評価小委員会 委員
          • 自 2014年11月01日
            大学評価委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治おうばくプラザ運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            宇治キャンパス環境安全保健センター運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            宇治キャンパス危機管理委員会委員
          • 自 2022年04月01日
            宇治総合研究実験1号棟運営連絡協議会協議員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治総合研究実験1号棟運営連絡協議会専門部会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            宇治地区インキュベーション支援室運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日
            宇治地区先端イノベーション拠点施設運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            宇治地区部局長会議委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会 委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所建物管理委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所広報委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2022年04月01日
            核燃料物質専門委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            京都大学宇治事業場衛生委員会委員
          • 自 2022年04月01日
            京都大学研究公正委員会委員
          • 自 2022年04月01日
            京都大学創立百二十五周年記念事業委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            研究連携基盤 基盤運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            原子力研究整備委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            産学共同実用化促進事業実施委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            産官学連携本部運営協議会協議員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            人事制度検討会委員
          • 自 2022年04月01日
            全学情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会常置委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            総括安全衛生管理者
          • 自 2022年04月01日
            附属図書館宇治分館運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            福井謙一記念研究センター協議員会協議員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究所・センター長懇談会構成員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究基盤運営委員会
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治4研究所長会議
          • 自 2013年04月01日
            宇治研究所本館共同RI実験施設運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所広報委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット企画戦略ディレクター
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            放射線障害予防小委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所建物管理委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所人権委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2014年09月30日
            化学研究所副所長
          • 自 2014年08月01日, 至 2016年03月31日
            宇治URA運営支援委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            化学研究所副所長
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所建物管理委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員長
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員長
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員
          • 自 2015年12月21日, 至 2017年03月31日
            宇治地区実験系廃棄物処理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            グルーバル生存基盤展開ユニット運営ディレクター会議 運営ディレクター
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            グルーバル生存基盤展開ユニット連携推進委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所建物管理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            宇治地区実験系廃棄物処理委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所建物管理委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員長
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員長
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2017年12月25日, 至 現在
            宇治地区共用設備サポート拠点設置検討WG 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区DNAシークエンスコア運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 副委員長
          • 自 2018年07月10日, 至 2020年03月31日
            宇治地区共用設備サポート拠点運営委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 副委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治地区設備サポート拠点運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所建物管理委員会委員

          ページ上部へ戻る