教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

岡 敏弘

オカ トシヒロ

公共政策連携研究部 公共政策第一講座 教授

岡 敏弘
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 経済学部

    所属学協会

    • 日本経済学会 環境経済・政策学会 Society for Risk Analysis 進化経済学会 地域公共政策学会
    • Society for Environmental Economics and Policy Studies
    • Japanese Economic Association
    • Society for Risk Analysis

    学位

    • 経済学修士(京都大学)
    • 博士(経済学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都大学, 公共政策大学院・大学院経済学研究科, 教授
    • 自 2000年04月, 至 2019年03月
      - 福井県立大学大学院経済・経営学研究科教授
    • 自 1993年, 至 2000年
      福井県立大学経済学部助教授, Faculty of Economics
    • 自 1993年, 至 2000年
      Associate Professor, Faculty of Economics, Fukui Prefectural University
    • 自 2000年
      - Professor, Graduate School of Economics and Administration, Fukui Prefectural University
    • 自 1988年, 至 1993年
      滋賀県琵琶湖研究所研究員
    • 自 1988年, 至 1993年
      Researcher, Lake Biwa Research Institute

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • スラッファ
      • 国際価値論
      • 放射線リスク
      • 費用効果分析
      • 費用便益分析
      • リスク論
      • 政策評価
      • 環境政策
      • 環境経済学
      • 理論経済学
      • 厚生経済学
      • Environmental Economics
      • Welfare Economics
      • Theoretical Economics

      研究分野

      • 人文・社会, 理論経済学
      • 環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
      • 環境・農学, 環境影響評価

      論文

      • 自己利子率をめぐるケインズとスラッファ
        岡敏弘
        経済論叢, 2021年11月, 招待有り
      • Interpretation of Chapter 17 of The General Theory and reconciliation between the endogenous money supply and the liquidity preference theory
        Tosihiro Oka
        The Japanese Political Economy, 2021年10月14日, 査読有り
      • Appraisal of the measures to avert health risks caused by the Fukushima nuclear disaster: from the perspectives of costs and effects of the policies
        岡敏弘
        The Kyoto Economic Review, 2020年12月
      • 池田町の経済を測る―町民経済計算計測の概要と結果―
        岡 敏弘
        地域公共政策研究, 2018年10月
      • Cost-effectiveness of the policy measures to reduce human health risks from radiological contamination due to the Fukushima daiichi nuclear accident
        岡 敏弘
        ЭКОНОМИЧЕСКАЯ ТЕОРИЯ И ХОЗЯЙСТВЕННАЯ ПРАКТИКА: ГЛОБАЛЬНЫЕ ВЫЗОВЫ Международная конференция «Эволюция международной торговой системы: проблемы и перспективы—2017», 2017年10月
      • 解説:放射線リスクの特性に基づいた防災
        岡 敏弘
        地域公共政策研究, 2017年03月
      • Was the Risk from Nursing-Home Evacuation after the Fukushima Accident Higher than the Radiation Risk?
        Michio Murakami; Kyoko Ono; Masaharu Tsubokura; Shuhei Nomura; Tomoyoshi Oikawa; Tosihiro Oka; Masahiro Kami; Taikan Oki
        PLOS ONE, 2015年09月, 査読有り
      • リカード・スラッファ・塩沢貿易経済の意義と課題
        岡 敏弘
        福井県立大学経済経営研究, 2015年, 査読有り
      • 福島第一原発事故1年目の食品放射性物質規制の費用便益分析―野菜と米の放射性セシウム汚染の場合―
        岡敏弘
        日本リスク研究学会誌, 2014年10月, 査読有り
      • エントロピー経済学の成果と課題
        岡 敏弘
        経済学論叢(同志社大学), 2014年03月, 招待有り
      • A GIS-based evaluation of the effect of decontamination on effective doses due to long-term external exposures in Fukushima
        Yasutaka, T.; Iwasaki, Y.; Hashimoto, S.; Naito, W.; Ono, K.; Kishimoto, A.; Yoshida, K.; Murakami, M.; Kawaguchi, I.; Oka, T.; Nakanishi, J.
        Chemosphere, 2013年, 査読有り
      • エズラ・ジョシュア・ミシャン---成長の弊害見据え独自の環境経済学(温経知世56
        岡 敏弘
        エコノミスト, 2012年11月
      • 食品中放射性物質規制への費用便益分析の適用
        岡 敏弘
        保健物理 : hoken buturi, 2012年09月, 査読有り
      • TFPは何を測るか―90年代不況に関する生産性低下説批判―
        岡敏弘
        福井県立大学経済経営研究, 2012年03月, 査読有り
      • LCAを支える理論と手法―Part 12 費用便益分析とLCA
        岡敏弘
        日本LCA学会誌, 2009年10月
      • 中期政策としての排出権取引制度の意味
        岡 敏弘
        Business & Economic Review (日本総研), 2009年02月
      • 排出権取引における初期配分が効率性に与える影響---EU排出権取引制度(EUETS)の現実から考える---
        岡敏弘; 畔上泰尚; 山口光恒
        環境経済・政策研究(環境経済・政策学会), 2009年01月, 査読有り
      • 排出権取引は中核的政策手段にはなり得ない
        岡 敏弘
        世界(岩波書店), 2008年09月
      • 菱山泉とマルクスの問題
        岡 敏弘
        鹿児島経済論集, 2008年06月, 招待有り
      • 国内排出権取引制度が選ぶ未来
        岡 敏弘
        科学(岩波書店), 2008年05月
      • 地球温暖化の経済学(キーワードで見る経済思想)
        岡 敏弘
        経済セミナー, 2007年12月
      • 排出権取引の幻想
        岡 敏弘
        世界(岩波書店), 2007年11月
      • 政策評価における確率的生命の価値の利用‐その可能性と不必要性‐
        岡敏弘
        日本リスク研究学会誌, 2007年09月, 査読有り
      • The maximum abatement cost method for assessing environmental cost-effectiveness
        Tosihiro Oka
        Journal of Industrial Ecology, 2005年09月, 査読有り
      • Calculating cost-effectiveness for activities with multiple environmental effects using the maximum abatement cost method
        Tosihiro Oka; Masanobu Ishikawa; Yoshifumi Fujii; Gjalt Huppes
        Journal of Industrial Ecology, 2005年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • 政策手法としての環境税の意義
        岡 敏弘
        経済セミナー, 2005年05月
      • Why is environmental policy not market-based?'
        岡 敏弘
        Evolutionary and Institutional Economic Review, 2005年, 査読有り
      • 環境リスク管理と経済分析
        岡 敏弘
        思想(岩波書店), 2004年07月
      • 福井県公共事業事前評価基準の意義
        岡 敏弘
        地域公共政策研究, 2004年06月
      • The cost-effectiveness of life-saving interventions in Japan - Do chemical regulations cost too much?
        A Kishimoto; T Oka; J Nakanishi
        CHEMOSPHERE, 2003年10月, 査読有り
      • Ranking the risks of 12 major environmental pollutants that occur in Japan
        M Gamo; T Oka; J Nakanishi
        CHEMOSPHERE, 2003年10月, 査読有り
      • Cost-effectiveness analyses of chemical risk control policies in Japan
        T Oka
        CHEMOSPHERE, 2003年10月, 査読有り
      • 廃棄物抑制における拡大生産者責任(EPR)の意義
        岡 敏弘
        月刊自治フォーラム, 2003年07月
      • Effectiveness and limitations of cost-benefit analysis in policy appraisal
        OKA, Tosihiro
        Government Auditing Review, 2003年
      • 拡大生産者責任(EPR)の経済理論的根拠と現実──家電リサイクルの場合──
        岡敏弘; 小藤めぐみ; 山口光恒
        三田学会雑誌, 2003年
      • 政策評価における費用便益分析の意義と限界
        岡敏弘
        会計検査研究, 2002年
      • リスク便益分析と倫理
        岡敏弘
        科学, 2002年
      • 忘れられた経済成長理論──カルドアの非新古典派的経済成長モデル──
        岡敏弘
        福井県立大学経済経営研究, 2002年, 査読有り
      • Ecological risk-benefit analysis of a wetland development based on risk assessment using "expected loss of biodiversity"
        T Oka; H Matsuda; Y Kadono
        RISK ANALYSIS, 2001年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • 温暖化国内政策手段の比較と評価──排出権取引の可能性──
        岡敏弘
        三田学会雑誌, 2001年
      • Cost effectiveness of reducing dioxin emissions from municipal solid waste incineration in Japan
        Atsuo Kishimoto; Tosihiro Oka; Kikuo Yoshida; Junko Nakanishi
        Environmental Science and Technology, 2001年, 査読有り
      • 地球温暖化国内政策手段論──環境税は規制に帰着する──
        岡敏弘
        福井県立大学経済経営研究, 2000年10月, 査読有り
      • 地方自治体の公共事業評価における費用便益分析の活用――福井市林道西部四号線の場合――
        岡敏弘; 近藤克己; 森下三郎
        地域公共政策研究, 2000年06月
      • The importance of risk-benefit analysis in risk management decision making: case study of a mercury pollution prevention measure in Japan
        中西準子; 岡敏弘
        OECD Environmental Health and Safety Publications: Series on Risk Management, 1999年09月
      • オランダ排水課徴金---その『成功』の意味---
        諸富 徹; 岡 敏弘
        エコノミア, 1999年02月
      • Risk/benefit analysis of prohibition of the mercury electrode process in caustic soda production
        Junko Nakanishi; Tosihiro Oka; Masashi Gamo
        Environmental Engineering and Policy, 1998年07月, 査読有り
      • Risk/benefit analysis of the prohibition of chlordane in Japan: an estimate based on risk assessment integrating the cancer risk and the noncancer risk
        Oka, Tosihiro; Gamo, Masashi; Nakanishi, Junko
        Japanese Journal of Risk Analysis, 1997年08月, 査読有り
      • Benefit from improvement of organic contamination of Tokyo Bay
        M Kawabe; T Oka
        MARINE POLLUTION BULLETIN, 1996年11月, 査読有り
      • 発がん性物質への曝露がもたらす発がんリスクの損失余命による表現 : 生命表を用いた換算
        蒲生 昌志; 岡 敏弘; 中西 準子
        環境科学会誌 = Environmental science, 1996年02月, 査読有り
      • 環境政策の経済学8 直接規制
        岡 敏弘
        経済セミナー, 1995年11月
      • 環境政策の経済学5 環境税
        岡敏弘; 植田和弘
        経済セミナー, 1995年08月
      • 環境政策の経済学3 ドイツ排水課徴金
        岡敏弘; 諸富徹
        経済セミナー, 1995年06月
      • 環境の経済的評価
        岡 敏弘
        水環境学会誌, 1995年05月, 査読有り
      • 環境政策の経済学2 環境政策の経済学の理論的基礎
        岡 敏弘
        経済セミナー, 1995年05月
      • A METHOD EVALUATING POPULATION RISKS FROM CHEMICAL-EXPOSURE - A CASE-STUDY CONCERNING PROHIBITION OF CHLORDANE USE IN JAPAN
        M GAMO; T OKA; J NAKANISHI
        REGULATORY TOXICOLOGY AND PHARMACOLOGY, 1995年02月, 査読有り
      • 飲料水リスク削減に対する支払意思調査に基づいた統計的生命の価値を推定
        山本秀一; 岡敏弘
        環境科学会誌, 1994年10月, 査読有り
      • 特集 経済的インセンティブによる環境管理 現に実施された例からいかに学ぶか OECD諸国における経済的手段の実際
        岡敏弘
        廃棄物学会誌, 1993年07月, 査読有り
      • 倫理的厚生経済学の可能性
        岡 敏弘
        学位論文(京都大学), 1992年03月
      • グリーンGNPは何のために必要か
        岡 敏弘
        経済セミナー, 1992年
      • 森嶋通夫氏のスラッファ・スラッフィアン批判のどこが間違っているか (森嶋経済学)
        岡 敏弘
        経済評論, 1991年10月
      • Applying the Transaction Cost Economics Approach to Water Use Conflicts in Osaka Metropolitan Region
        岡 敏弘
        Regional Development Dialog, 1991年
      • Is Transaction Cost Analysis Applicable to Water-Use Conflicts?
        岡 敏弘
        Regional Development Dialog, 1991年
      • 森嶋通夫氏のリカードとスラッファのリカード
        岡 敏弘
        経セミ, 1990年08月
      • 費用便益分析の厚生経済学的基礎---「ボードウェイ・パラドックス」は費用便益分析の障害にはならない
        岡 敏弘
        経済論叢(京都大学経済学会), 1990年07月, 査読有り
      • 標準商品の考え方をマルクスの問題に応用する可能性について(2)
        岡 敏弘
        経済論叢(京都大学経済学会), 1990年06月, 査読有り
      • 環境問題への費用便益分析適用の限界---WTPとWTAとの乖離について---
        岡 敏弘
        経済論叢(京都大学経済学会), 1990年04月, 査読有り
      • 標準商品の考え方をマルクスの問題に応用する可能性について(1)
        岡 敏弘
        経済論叢(京都大学経済学会), 1990年03月, 査読有り
      • E.J.ミシャンの経済学-下-
        岡 敏弘
        経済評論, 1990年03月
      • E.J.ミシャンの経済学-上-
        岡 敏弘
        経済評論, 1990年02月
      • コースのピグー批判と責任ルール
        岡 敏弘
        環境科学会誌, 1990年01月, 査読有り
      • スラッフィアン経済学入門-7完-マルクス経済学を見る--搾取理論の再構築
        岡 敏弘
        経セミ, 1988年01月
      • スラッフィアン経済学入門-6-一般均衡体系との対置--スラッフィアン体系は新古典派体系に包摂されるか
        岡 敏弘
        経セミ, 1987年12月
      • スラッフィアン経済学入門-5-資本論争--再切換えと新古典派の寓話
        岡 敏弘
        経セミ, 1987年11月
      • スラッフィアン経済学入門-4-多数の技術とその切換え
        岡 敏弘
        経セミ, 1987年10月
      • スラッファ経済学を読む--メインウェアリング「資本制経済における価値と分配--スラッファ経済学入門」(レヴュ-ア-ティクル)
        岡 敏弘
        経済評論, 1987年08月
      • スラッフィアン経済学入門-3-標準商品--価値から独立の分配
        岡 敏弘
        経セミ, 1987年08月
      • スラッフィアン経済学入門-2-2商品経済における価格と分配
        岡 敏弘
        経セミ, 1987年07月
      • スラッフィアン経済学入門-1-米と鉄からなる経済
        岡 敏弘
        経セミ, 1987年06月

      MISC

      • 日本語を破壊する政治家
        岡敏弘
        エネルギーレビュー, 2021年02月, 招待有り, 筆頭著者
      • しきい値問題を考える---合理的な規制の視点から---
        岡敏弘
        エネルギーレビュー, 2020年10月, 招待有り, 筆頭著者
      • 敦賀市水需要管理政策の15年
        岡 敏弘
        地域公共政策研究, 2018年03月
      • 環境リスク管理の政策評価―人健康リスクから生物多様性リスクまで―
        岡敏弘
        日本雑草学会大会講演要旨集, 2015年
      • 絶滅危惧IB類雑草アゼオトギリの人に依存したリスク分散と丸岡個体群保全のための費用効果分析
        吉岡俊人; 中山祥平; 林裕太; 岡敏弘
        日本雑草学会大会講演要旨集, 2015年
      • リスク・コミュニケーションの手法を活用した地域保健医療福祉分野での原子力災害対策の実践的な活動の展開とその検証に関する研究 厚生経済学的手法の適用可能性
        岡敏弘
        リスク・コミュニケーションの手法を活用した地域保健医療福祉分野での原子力災害対策の実践的な活動の展開とその検証に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 2014年
      • 事故後1年間の食品放射性物質規制の費用と効果
        岡敏弘
        日本リスク研究学会年次大会講演論文集, 2012年
      • 放射線リスクへの対処を間違えないために
        岡敏弘
        生物科学, 2011年09月01日
      • 放射線リスクへの対処を間違えないために
        岡 敏弘
        生物科学, 2011年09月
      • 放射性物質汚染食品規制のリスク便益分析
        岡敏弘
        日本リスク研究学会年次大会講演論文集, 2011年
      • 排出権取引を考える 予想される抑制効果の確実性と効率性の放棄
        岡敏弘
        エネルギーレビュー, 2008年07月20日
      • 政策決定における費用便益分析と費用効果分析
        岡敏弘
        日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, 2006年11月10日
      • 拡大生産者責任(EPR)に関する費用便益・リスク便益分析(廃棄物適正処理研究)
        山口光恒; 岡敏弘
        第3回廃棄物処理科学研究発表会成果発表抄録集 平成15年度 廃棄物処理対策研究推進事業, 2003年
      • 「生命の質」の環境リスク評価への適用試験
        岡敏弘
        水情報, 2000年10月15日
      • インタビューへの解説 フォン・ノイマン,モルゲンシュテルンの効用理論とQOL
        岡敏弘
        水情報, 2000年10月15日
      • 「健康な生存年」指標と環境リスク評価 久繁哲徳さんに聞く
        久繁哲徳; 岡敏弘
        水情報, 2000年10月15日
      • 環境安全管理 リスクと便益を考慮した環境政策の考え方
        岡敏弘
        日本エネルギー学会誌, 2000年09月20日
      • リスク評価・管理における健康リスクの定量化 考え方と適用
        蒲生昌志; 岡敏弘; 中西準子
        環境と測定技術, 2000年08月20日
      • 絶滅リスクを用いた植物への影響評価と便益評価
        松田裕之; 岡敏弘; 角野康郎
        日本生態学会大会講演要旨集, 2000年03月21日
      • 温室効果ガスの排出権取引 CO2の排出権利がすでに取引されている 浜岡泰介さんに聞く
        岡敏弘; 浜岡泰介
        水情報, 2000年01月15日
      • 温室効果ガスの排出権取引 温暖化国内政策としての排出権取引 イギリスCBI/ACBEの提案は参考になるか
        岡敏弘
        水情報, 2000年01月15日
      • 温室効果ガスの排出権取引 自動車関係諸税のグリーン化を評価する
        岡敏弘
        水情報, 2000年01月15日
      • 技術情報 リスク評価・管理における健康リスクの定量化--考え方と適用
        蒲生 昌志; 岡 敏弘; 中西 準子
        環境と測定技術, 2000年
      • 温暖化国内政策としての排出権取引--イギリスCBI/ACBEの提案は参考になるか (特集:温室効果ガスの排出権取引)
        岡 敏弘
        水情報, 2000年01月
      • 自動車関係諸税のグリーン化を評価する (特集:温室効果ガスの排出権取引)
        岡 敏弘
        水情報, 2000年01月
      • <インタビュー>イギリス環境政策における経済的視点--環境交通地域省、環境庁、安全衛生庁、規制改革室の官僚に聞く (特集:イギリスの環境政策)
        岸本 充生; 竹内 憲司; 岡 敏弘
        水情報, 1999年10月
      • 日本の直接規制 琵琶湖における富栄養化防止対策を例として (滋賀県琵琶湖研究所S)
        岡敏弘
        政策分析手法研究会報告書 琵琶湖の富栄養化防止のための環境経済学ワークショップ プロジェクト研究報告 ノンポイント負荷削減対策の費用と効果に関する研究 平成10年, 1998年
      • 種の絶滅確率を尺度とする生態系への環境リスク評価手法の研究 (文部省S)
        中西準子; 岡敏弘; 宮本健一; BARTELL S M
        人間地球系研究広報 平成8年度研究成果報告 A08-E00, 1997年
      • ドイツ排水課徴金制度の特徴と評価 (滋賀県琵琶湖研究所S)
        岡敏弘
        政策分析手法研究会報告書 環境政策における経済的手法の実効性 プロジェクト研究報告 ノンポイント負荷削減対策の費用と効果に関する研究 平成9年, 1997年
      • ドイツの排水課徴金制度 排出者の実績からみる排水課徴金の効果
        岡敏弘
        水情報, 1996年06月
      • 排出者の実績からみる排水課徴金の効果 (特集:ドイツの排水課徴金制度)
        岡 敏弘
        水情報, 1996年06月
      • 地球環境問題への経済的視点かりのアプローチ 環境の経済的評価
        岡敏弘
        水環境学会誌, 1995年05月
      • 湖沼・集水域管理をめぐる環境政策の新展開 【環境リスク管理と環境行政】環境行政が当面するリスク課題と対応 リスク・ベネフィットによるリスク管理 統計的生命の価値の推計とその意義 (滋賀県琵琶湖研究所S)
        岡敏弘
        琵琶湖研究シンポジウム記録集, 1994年
      • 環境税は効率的か 実例から見えること
        岡敏弘
        水情報, 1993年11月
      • 生活排水処理システムの効率性評価の試み (滋賀県琵琶湖研究所S)
        岡敏弘
        琵琶湖研究シンポジウム記録集, 1993年10月
      • クロルデン(しろあり駆除剤)禁止によるリスク削減とその費用 発がんと非がんとの統一的なリスク評価に基づいた研究
        岡敏弘; 蒲生昌志; 中西準子
        環境科学シンポジウム講演要旨集, 1992年
      • 生活排水からの汚濁負荷削減対策の費用と効果 平成3年度 (滋賀県琵琶湖研究所S)
        岡敏弘
        生活排水からの汚濁負荷削減対策の費用と効果 平成3年度, 1992年
      • 「環境政策の分析手法と応用に関する研究」 環境政策の経済学的分析に関する研究報告書 (滋賀県琵琶湖研究所S)
        植田和弘; 新沢秀則; 岡敏弘; 山本秀一
        環境政策の経済学的分析に関する研究報告書 平成1年度, 1990年

      書籍等出版物

      • A New Construction of Ricardian Theory of International Values: Analytical and Historical Approach
        塩沢由典; 岡敏弘; 田淵太一編, 共編者(共編著者), Preface, Chapter 2, Chapter 3
        Springer, 2017年04月, 査読無し
      • 古典から読み解く経済思想史
        井上琢智; 堂目卓生; 若田部昌澄; 佐藤方宣; 栗田啓子; 田村信一; 平井俊顕; 服部正治; 岡敏弘; 新村聡(編者; 小峯敦; 藤田菜々子; 坂本達哉, 分担執筆, 担当部分: 第8章「経済学は環境をどう捉えてきたか---ピグー、制度派、エントロピー---」
        ミネルヴァ書房, 2012年05月, 査読無し
      • 拡大生産者責任の環境経済学---循環型社会形成にむけて---
        植田和弘; 山川肇(編者; 岡敏弘; 小谷めぐみ; 山口光恒他多数, 分担執筆, 第11章 収穫逓増下の環境政策としての拡大生産者責任---家電リサイクルを例に---
        昭和堂, 2010年10月, 査読無し
      • 回想の都留重人---資本主義、社会主義、そして環境
        尾高煌之助; 西沢保(編者; 水田洋; 伊東光晴; 塩野谷祐一; 鈴村興太郎; 西村可明; 宮崎勇; 丸山英人; 永井進; 寺西俊一; 岡敏弘; R.ドーア; 石川滋; 宮本憲一; 小宮隆太郎; 和田昭允; 塚本文一; 鶴見俊輔, 分担執筆, 「公害の政治経済学を他の方法から分かつものは何か---都留理論を現代に生かす道」p188〜204
        勁草書房, 2010年04月, 査読無し
      • 東アジアと地域経済2009
        葉山滉; 編; 服部茂幸; 大鹿隆; 邵永裕; 岡敏弘; 荘貴陽; 中里弘穂; 山本潤; 坂田幹男; 鄭海東, 分担執筆, 第3章「発展途上国における温室効果ガス排出削減」(p47〜66) (総頁数319頁)
        京都大学学術出版会, 2009年07月, 査読無し
      • 世界同時不況と地域経済(大学連携リーグ双書1)
        岡敏弘(編者; 服部茂幸; 廣瀬弘毅; 新宮晋; 清水葉子; 大鹿隆; 岡崎英一; 手塚広一郎, 編者(編著者), 第1章「景気変動を理解するための経済学」、第9章「公共支出の在り方」(p1〜37) (p241〜266) (総頁数272頁)
        福井県, 2009年07月, 査読無し
      • 地球温暖化と経済発展---持続可能な成長を考える---(Economic Affairs 9)
        宇沢弘文; 細田裕子; 守田敏也; 関良基; 緒方俊雄; 内山勝久; 大沼あゆみ; 赤木昭夫; 岡敏弘; 日引聡; 有村俊秀, 分担執筆, 第8章「排出権取引制度の射程---2010年代に向けての機能と限界---」(p237〜255) (総頁数320頁)
        東京大学出版会, 2009年03月, 査読無し
      • リスク学入門2 経済から見たリスク
        橘木俊詔; 駒村康平; 太田聡一; 阿部彩; 岡敏弘; 永瀬伸子; 広田真一, 分担執筆, 第4章「環境リスク削減とその経済的影響」(p95〜121) (総頁数188頁)
        岩波書店, 2007年10月, 査読無し
      • Quantified Eco-Efficiency: An Introduction with Applications
        Huppes, G; Ishikawa, M; 岡敏弘; 藤井義文; 松野裕; 須佐美周, 分担執筆, Maximum abatement costs for calculating cost-effectiveness of green activities with multiple environmental effects (p41-78)
        Springer, 2007年, 査読無し
      • 環境経済学
        岡 敏弘, 単著
        岩波書店, 2006年04月, 査読無し
      • 岩波現代経済学事典
        伊東光晴編; 岡敏弘他多数, 分担執筆, 229項目
        岩波書店, 2004年09月, 査読無し
      • 環境リスクマネジメントハンドブック
        中西準子; 蒲生昌志; 岸本充生; 宮本健一; 岡敏弘, 分担執筆, 「6-3 健康影響の指標」(p253〜261)、「第3部 リスクを管理する はじめに」(p368〜371)、「9-2 費用効果分析」(p378〜382) (総頁数579頁)
        朝倉書店, 2003年06月, 査読無し
      • 行政評価を支える経済理論──ニュー・パブリック・マネジメントは新制度派経済学に基づいているのか
        岡敏弘, 編者(編著者), 第5章「行政評価を支える経済理論---ニュー・パブリック・マネジメントは新制度派経済学に基づいているのか」117-145
        福井県立大学地域経済研究所, 2003年03月, 査読無し
      • 岩波講座環境経済・政策学第1巻 環境の経済理論
        佐和隆光; 植田和弘; 宮本憲一; 寺西俊一; 岡敏弘; 大沼あゆみ; 工藤秀明; 間宮陽介; 斎藤修, 分担執筆, 第4章「外部負経済論」
        岩波書店, 2002年09月, 査読無し
      • 環境政策論
        岡敏弘, 単著
        岩波書店, 1999年12月, 査読無し
      • 環境政策の経済学---理論と現実
        植田和弘; 岡敏弘; 新澤秀則, 共編者(共編著者)
        日本評論社, 1997年07月, 査読無し
      • 厚生経済学と環境政策
        岡敏弘, 単著
        岩波書店, 1997年04月, 査読無し
      • 経済学88物語
        根井雅弘; 岡敏弘; 他多数, 分担執筆, 79経済学の神話 N.ジョージェスク-レーゲン(p168〜169) (総頁数204頁)
        新書館, 1997年02月, 査読無し
      • 大都市の社会基盤整備(大阪市立大学経済研究所所報第45集)
        田口芳明; 藤井輝明; 生田真人; 鈴木洋太郎; 成田孝三; 植田政孝; 児玉徹; 松澤俊雄; 綿貫伸一郎; 岡敏弘; 濱田学昭; 大西一嘉, 分担執筆, X.大都市の環境問題---新しい問題への政策原理を求めて---(p179〜192) (総頁数236頁)
        東京大学出版会, 1996年10月, 査読無し
      • Cleaner production for green productivity: Asian perspectives
        Kunitoshi Sakurai; Cheung Pak-Shing; Lin Chaan-Ming; S.P.Chandak; N.K.Kuttiapan; P.K.Gupta; Roestamsjah; Erni Mardjuni; S.Cahyaningsih; Tosihiro Oka; Chung Hak Lee; Oyunerdene Nataagiin; Pushkar Bajracharya; Tay Joo Hwa; Prasert Tapaneeyangkul, 分担執筆, 5. Japan (p246〜282)
        Asian Productivity Organization, 1995年10月, 査読無し
      • 経済学のパラダイム: 経済学の歴史と思想から
        根岸隆; 八木紀一郎; 岡敏弘; 井上琢智; 間宮陽介; 伊藤元重; 猪木武徳; 池尾愛子; 平山朝治, 分担執筆, 3 市場の体系と労働の価値(p55〜78)(総頁数258頁)
        有斐閣, 1995年01月, 査読無し
      • 地球環境キーワード:環境経済学で読み解く
        植田和弘; 岡敏弘; 他多数, 分担執筆, 43 環境倫理と環境の経済的価値、56 日本経済と熱帯雨林伐採との関係、71 環境保全に経済的手段はどこまで有効か、74 現在世代は将来世代をどのように配慮すればよいのか、77 環境の価値は金銭的に評価可能か、78 環境政策の目標は持続可能性か、79 環境税の効果は、87 環境問題に費用便益分析は有効か(p92〜93、p122〜123、p156〜157、p162〜163、p168〜173、p188〜189) (総頁数243)
        有斐閣, 1994年09月, 査読無し
      • 現代経済学の再検討
        伊東光晴; 浅野栄一; 青木達彦; 渡会勝義; 根井雅弘; 井上義朗; 永井進; 山田浩之; 岡敏弘; 西村周三; 武蔵武彦; 中村達也, 分担執筆, 第2部第4章 経済政策における厚生経済学の適用と限界(p159〜188) (総頁数300頁)
        日本評論社, 1992年01月, 査読無し

      Works(作品等)

      • 環境影響と効用の比較評価に基づいた化学物質の管理原則
        自 1996年, 至 2001年

      外部資金:科学研究費補助金

      • リカード貿易論の現代的意義
        基盤研究(C)
        小区分07020:経済学説および経済思想関連
        同志社大学
        服部 茂幸
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        リカード貿易理論;国際価値論;グローバル・バリュー・チェーン;貿易理論;国際経済学
      • 放射線被ばくへの効果的な対策に資する問題解決型リスク評価手法・過程の検討と実践
        基盤研究(B)
        国立研究開発法人産業技術総合研究所
        内藤 航
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        個人被ばく線量;福島原発事故;リスクコミュニケーション;線量予測;費用効果分析;食品基準;福島;避難地域;被ばくリスク;基準値;費用対効果;リスク管理;リスク対策;個人線量;健康リスク;除染費用;リスク評価;外部被ばく;解析・評価;環境政策;放射線
      • 食品放射能規制政策のリスク便益分析
        基盤研究(C)
        福井県立大学
        岡 敏弘
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        福島第一原発;放射性セシウム;発がんリスク;損失余命;費用便益分析;食品安全;規制;食品基準値;リスク;水田吸収抑制策;果樹除染;福島第一原発事故;食品規制;柿除染;あんぽ柿;米セシウム吸収抑制策;放射線リスク;食品;リスク便益分析;米
      • 種の絶滅確率を尺度とする生態系への環境リスク評価手法の研究
        重点領域研究
        横浜国立大学
        中西 準子
        完了
        リスク;生態系;PCP;食物連鎖;湖
      • 種の絶滅確率を尺度とする生態系への環境リスク評価手法の研究
        重点領域研究
        横浜国立大学
        中西 順子
        完了
        環境リスク;生態系;生態リスク;魚毒性;半数致死濃度;種の絶滅
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          公共政策論B
          前期, 公共政策教育部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          公共政策論
          前期, 経済学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          経済政策
          後期, 公共政策教育部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          公共政策論B
          前期, 公共政策教育部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          公共政策論
          前期, 経済学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          政策課題研究
          後期, 公共政策教育部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          演習(4回生)
          前期, 経済学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          演習(3回生)
          前期, 経済学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          演習(4回生)
          後期, 経済学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          演習(3回生)
          後期, 経済学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特殊講義-厚生経済学
          後期, 経済学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          現代経済事情
          前期, 経済学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          経済政策
          後期, 公共政策教育部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          グループワーク
          後期, 経済学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          公共政策論B
          前期, 公共政策教育部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          公共政策論
          前期, 経済学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          厚生経済学
          後期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          2回生演習
          前期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          2回生演習
          後期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          政策課題研究
          後期, 公共政策教育部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          演習(4回生)
          前期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          演習(3回生)
          前期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          演習(4回生)
          後期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          演習(3回生)
          後期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          現代経済事情
          前期, 経済学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          経済政策
          後期, 公共政策教育部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            教育制度委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            教育制度委員会共同学位プログラム専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            学生生活委員会第三小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            学生生活委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            経済学研究科 図書委員会 委員
          • 自 2019年07月01日, 至 2020年06月30日
            経済学研究科 経済学会委員会 副主任
          • 自 2020年07月01日, 至 2021年06月30日
            経済学研究科 経済学会委員会 主任
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            経済学研究科 同窓会学内企画委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            経済学研究科 学生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            経済学研究科 部局人権委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            公共政策連携研究部 施設・設備委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            公共政策連携研究部 教育課程評価委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            公共政策連携研究部 教務委員会 副主任
          • 自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 入試委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            公共政策連携研究部 FD委員会 主任
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 副研究部長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 人事委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 評価委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 広報委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 企画・財務委員会 主任
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 制度委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 人権委員会 主任
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 部局情報公開実施委員会 主任
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            公共政策連携研究部 兼業・兼職委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2002年
              環境経済・政策学会理事, 日本経済学会 環境経済・政策学会 Society for Risk Analysis 進化経済学会 地域公共政策学会

            ページ上部へ戻る