教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

恒藤 暁

ツネトウ サトル

医学研究科 人間健康科学系専攻先端中核看護科学講座 教授

恒藤 暁
list
    Last Updated :2024/04/23

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 日本緩和医療学会
    • 日本Whole Person Care研究会
    • 日本ホスピス緩和ケア協会
    • 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団

    学位

    • 博士(医学)(筑波大学)

    プロフィール

    • プロフィール


      緩和ケアの診療、教育、研究に励んでいる。診療は京大病院での緩和ケアチームのコンサルテーションを中心に行っている。教育は医学生や人間健康科学科の学生に緩和ケアの理念を伝えている。研究は全国での多施設共同研究を計画・実施している。また、Whole Person Careの普及・啓発に励んでいる。

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/04/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        主な研究テーマは、1)遺族調査、2)緩和ケア病棟の全国調査、3)身体・精神症状のマネジメントである。
      • 研究概要

        1) 遺族調査
         緩和ケア病棟を利用した遺族663名を対象として、終末期がん患者の家族の希望を支え、将来に備えるための望ましいケアについて質問紙調査を実施した。「希望を持ちながらも、同時に心残りのないように準備しておくことができた」と回答した遺族は73%であった。

        2) 緩和ケア病棟の全国調査
         わが国の緩和ケア病棟203施設を対象として、終末期がん患者における事前指示と蘇生処置拒否指示について後ろ向きにカルテ調査を実施した。回答率は49%であり、対象患者は297名であった。意思決定能力を有している患者自身が、蘇生処置拒否指示に関与した割合は68%であった。

        3) がん疼痛のマネジメント
         がん患者の神経障害性疼痛に対してNMDA(N-methyl-D-aspartate)受容体拮抗薬であるケタミンが使用されているが、精神異常作用(幻覚、悪夢、錯覚など)が時にみられる。ケタミンの緩徐な投与調節(gradual dose titration)が、精神異常作用の予防になるかを検討した。ケタミンの緩徐な投与調整は、精神異常作用の予防になることが示唆された。

      研究キーワード

      • 精神的支援
      • がん性疼痛・症状マネジメント
      • 緩和ケア
      • 緩和医療
      • psychological support
      • management of cancer pain and symptom
      • palliative care
      • palliative medicine
      • 遺族調査
      • Whole Person Care
      • 症状マネジメント

      研究分野

      • ライフサイエンス, 内科学一般

      論文

      • どの位のがん患者が補完代替医療を受け、どんな思いと経験をしているのか?
        赤木 秀子; 勝俣 範之; 鈴木 梢; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2023年10月
      • 遺族調査のアウトカムに対する患者背景・遺族背景の寄与度
        宮下 光令; 舘脇 怜奈; 青山 真帆; 五十嵐 尚子; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 靖夫
        Palliative Care Research, 2023年06月
      • 緩和ケア病棟における質改善活動の実態と遺族調査におけるアウトカムとの関連
        田口 菜月; 升川 研人; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2023年06月
      • 緩和ケア病棟に入院した終末期がん患者の家族の予期悲嘆と死別後反応への影響
        宮下 光令; 後藤 玲凪; 清水 陽一; 林 章敏; 前田 一石; 三浦 智史; 井上 彰; 高野 真優子; 石垣 和美; 升川 研人; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 靖夫
        Palliative Care Research, 2023年06月
      • Preferences of bereaved family members on communication with physicians when discontinuing anticancer treatment: referring to the concept of nudges
        Saran Yoshida; Kei Hirai; Fumio Ohtake; Kento Masukawa; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Japanese Journal of Clinical Oncology, 2024年03月28日
      • Factors associated with the preparedness for bereavement in families of patients with cancer: A secondary analysis of a nationwide bereaved family survey.
        Sakiko Matsuzaka; Akiho Ohba; Kento Masukawa; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Psycho-oncology, 2024年01月
      • How different are accuracies of clinicians’ prediction of survival by assessment methods?
        Yusuke Hiratsuka; Sang-Yeon Suh; Seok Joon Yoon; Sung-Eun Choi; Sun Hyun Kim; David Hui; Shao-Yi Cheng; Hsien-Liang Huang; Ping-Jen Chen; Jen-Kuei Peng; Masanori Mori; Takashi Yamaguchi; Isseki Maeda; Satoru Tsuneto; Tatsuya Morita
        Annals of Palliative Medicine, 2023年01月
      • Continuous Electrocardiographic Monitoring for 24 Hours Before Death in Patients with Terminal Cancer.
        Ko Sato; Mika Baba; Tatsuya Morita; Kento Masukawa; Yasuo Shima; Satoru Tsuneto; Yoshiyuki Kizawa; Mitsunori Miyashita
        The American journal of hospice & palliative care, 2023年12月13日
      • 緩和ケア病棟における質改善活動の実態と遺族調査におけるアウトカムとの関連
        田口 菜月; 升川 研人; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2023年07月
      • Need for Improvement in Death Pronouncements in Palliative Care Units.
        Jun Hamano; Kento Masukawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Mitsunori Miyashita
        Palliative medicine reports, 2023年
      • 緩和ケア病棟に入院した終末期がん患者の家族の予期悲嘆と死別後反応への影響
        宮下 光令; 後藤 玲凪; 清水 陽一; 林 章敏; 前田 一石; 三浦 智史; 井上 彰; 高野 真優子; 石垣 和美; 升川 研人; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 靖夫
        Palliative Care Research, 2023年06月
      • Improved Symptom Change Enhances Quality of Dying in Patients With Advanced Cancer: An East Asian Cross-Cultural Study
        Hsien-Liang Huang; Ping-Jen Chen; Masanori Mori; Sang-Yeon Suh; Chien-Yi Wu; Jen-Kuei Peng; Chih-Yuan Shih; Chien-An Yao; Jaw-Shiun Tsai; Tai-Yuan Chiu; Yusuke Hiratsuka; Sun-Hyun Kim; Tatsuya Morita; Takashi Yamaguchi; Satoru Tsuneto; David Hui; Shao-Yi Cheng
        The Oncologist, 2023年09月27日
      • Novel method for predicting nonvisible symptoms using machine learning in cancer palliative care.
        Kazuki Shimada; Satoru Tsuneto
        Scientific reports, 2023年07月26日
      • Defining "Continuous Deep Sedation" Using Treatment Protocol: A Proposal Article.
        Tatsuya Morita; Kengo Imai; Masanori Mori; Naosuke Yokomichi; Satoru Tsuneto
        Palliative medicine reports, 2022年
      • The degree of coincidence between medical staffs and bereaved families regarding the presence or absence of terminal delirium, and its related factors
        Megumi Uchida; Tasuo Akechi; Tatsuya Morita; Kento Masukawa; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Masaki Mori; Mitsunori Miyashita
        ASIA-PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2021年11月
      • Continuous Deep Sedation at the End of Life in Children with Cancer
        Sayaka Maeda; Itaru Kato; Katsutsugu Umeda; Hidefumi Hiramatsu; Souichi Adachi; Junko Takita; Satoru Tsuneto
        PEDIATRIC BLOOD & CANCER, 2018年11月
      • End-of-life discussions with advanced cancer patients and their effects on bereaved families' mental health.
        Takashi Yamaguchi; Isseki Maeda; Yutaka Hatano; Masanori Mori; Yasuo Shima; Satoru Tsuneto; Yoshiyuki Kizawa; Tatsuya Morita; Takuhiro Yamaguchi; Maho Aoyama; Mitsunori Miyashita
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2016年10月
      • [Present situation and challenges of palliative care in Japan].
        Nao Okishiro; Satoru Tsuneto
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2010年04月
      • [Palliative therapy: the current status in Japan].
        Satoru Tsuneto
        Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 2004年07月10日
      • Careful conversation about care at the end of life.
        Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        Annals of internal medicine, 2002年12月17日
      • Development of a Consensus Syllabus for Undergraduate Palliative Medicine in Japan Using a Modified Delphi Method
        Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Kaichiro Tamba
        JOURNAL OF PALLIATIVE CARE, 1970年01月
      • Continuous Deep Sedation for Psycho-Existential Suffering: A Multicenter Nationwide Study.
        Sayaka Maeda; Tatsuya Morita; Naosuke Yokomichi; Kengo Imai; Satoru Tsuneto; Isseki Maeda; Tomofumi Miura; Hiroto Ishiki; Hiroyuki Otani; Yutaka Hatano; Masanori Mori
        Journal of palliative medicine, 2023年06月07日
      • Validation of Modified Models of Objective Prognostic Score in Patients With Advanced Cancer
        Seok-Joon Yoon; Sang-Yeon Suh; Yusuke Hiratsuka; Sung-Eun Choi; Sun-Hyun Kim; Su-Jin Koh; Shin Ae Park; Ji-Yeon Seo; Jung Hye Kwon; Jeanno Park; Youngmin Park; Sun Wook Hwang; Eon Sook Lee; Hong-Yup Ahn; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Takashi Yamaguchi; Satoru Tsuneto; Masanori Mori; Tatsuya Morita
        Journal of Palliative Medicine, 2023年05月17日
      • Cross-cultural comparison of continuous deep sedation for advanced cancer patients in East Asian countries: prospective cohort study.
        Chiu-Hsien Yang; Ping-Jen Chen; Masanori Mori; Tatsuya Morita; Shao-Yi Cheng; Sang-Yeon Suh; Sun-Hyun Kim; Naosuke Yokomichi; Kengo Imai; Satoko Ito; Takashi Yamaguchi; Yusuke Hiratsuka; Satoru Tsuneto; Sayaka Maeda
        Japanese journal of clinical oncology, 2023年04月27日
      • Nationwide Survey on Caregiver Burden When Supporting Terminal Cancer Patients with Dementia: Bereaved Family Members' Perspective.
        Ayumi Takao; Harue Arao; Sena Yamamoto; Miwa Aoki; Katsuyasu Kouda; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita
        Journal of palliative care, 2023年04月17日
      • Clinicians' Prediction of Survival and Prognostic Confidence in Patients with Advanced Cancer in Three East Asian Countries
        Eon Sook Lee; Yusuke Hiratsuka; Sang-Yeon Suh; Seon-Hye Won; Sun-Hyun Kim; Seok-Joon Yoon; Sung-Eun Choi; Hana Choi; Hong-Yup Ahn; Yoonjoo Kim; David Hui; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Chien-Yi Wu; Masanori Mori; Tatsuya Morita; Takashi Yamaguchi; Satoru Tsuneto
        Journal of Palliative Medicine, 2023年03月08日
      • 持続的鎮静によって患者がコミュニケーションできる機会は失われるか
        横道 直佑; 山口 拓洋; 森田 達也; 羽多野 裕; 今井 堅吾; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志摩 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令; 森 雅紀
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • Effects of artificial nutrition and hydration on survival in patients with head and neck cancer and esophageal cancer admitted to palliative care units
        Sayuri Yokota; Koji Amano; Shunsuke Oyamada; Hiroto Ishiki; Isseki Maeda; Tomofumi Miura; Yutaka Hatano; Yu Uneno; Tetsuo Hori; Yosuke Matsuda; Hiroyuki Kohara; Kozue Suzuki; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Satoshi Inoue; Naosuke Yokomichi; Kengo Imai; Hiroaki Tsukuura; Toshihiro Yamauchi; Akemi Shirado Naito; Akira Yoshioka; Shuji Hiramoto; Ayako Kikuchi; Keiko Tanaka; Tina Kamei; Yukari Azuma; Teruaki Uno; Jiro Miyamoto; Hirofumi Katayama; Hideyuki Kashiwagi; Eri Matsumoto; Kiyofumi Oya; Takeya Yamaguchi; Tomonao Okamura; Hoshu Hashimoto; Shunsuke Kosugi; Nao Ikuta; Yaichiro Matsumoto; Takashi Ohmori; Takehiro Nakai; Takashi Ikee; Yuto Unoki; Kazuki Kitade; Shu Koito; Nanao Ishibashi; Masaya Ehara; Kosuke Kuwahara; Shohei Ueno; Shunsuke Nakashima; Yuta Ishiyama; Akihiro Sakashita; Ryo Matsunuma; Hana Takatsu; Takashi Yamaguchi; Satoko Ito; Toru Terabayashi; Jun Nakagawa; Tetsuya Yamagiwa; Akira Inoue; Takuhiro Yamaguchi; Mitsunori Miyashita; Saran Yoshida; Yusuke Hiratsuka; Keita Tagami; Hiroaki Watanabe; Takuya Odagiri; Tetsuya Ito; Masayuki Ikenaga; Keiji Shimizu; Akira Hayakawa; Rena Kamura; Takeru Okoshi; Tomohiro Nishi; Kazuhiro Kosugi; Yasuhiro Shibata; Takayuki Hisanaga; Takahiro Higashibata; Ritsuko Yabuki; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Satoshi Miyake; Junko Nozato; Specially Appointed; Tetsuji Iriyama; Keisuke Kaneishi; Mika Baba; Yoshihisa Matsumoto; Ayumi Okizaki; Yuki Sumazaki Watanabe; Yuko Uehara; Eriko Satomi; Kaoru Nishijima; Junichi Shimoinaba; Ryoichi Nakahori; Takeshi Hirohashi; Jun Hamano; Natsuki Kawashima; Takashi Kawaguchi; Megumi Uchida; Ko Sato; Yoichi Matsuda; Satoru Tsuneto; Sayaka Maeda; Yoshiyuki Kizawa; Hiroyuki Otani
        Clinical Nutrition Open Science, 2022年02月
      • The prevalence of artificially administered nutrition and hydration in different age groups among patients with advanced cancer admitted to palliative care units
        Koji Amano; Eriko Satomi; Shunsuke Oyamada; Hiroto Ishiki; Akihiro Sakashita; Tomofumi Miura; Isseki Maeda; Yutaka Hatano; Toshihiro Yamauchi; Kiyofumi Oya; Jun Nakagawa; Yusuke Hiratsuka; Takeshi Hirohashi; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Satoshi Inoue; Naosuke Yokomichi; Kengo Imai; Hiroaki Tsukuura; Akemi Shirado Naito; Yu Uneno; Akira Yoshioka; Shuji Hiramoto; Ayako Kikuchi; Tetsuo Hori; Yosuke Matsuda; Hiroyuki Kohara; Hiromi Funaki; Keiko Tanaka; Kozue Suzuki; Tina Kamei; Yukari Azuma; Teruaki Uno; Jiro Miyamoto; Hirofumi Katayama; Hideyuki Kashiwagi; Eri Matsumoto; Takeya Yamaguchi; Tomonao Okamura; Hoshu Hashimoto; Shunsuke Kosugi; Nao Ikuta; Yaichiro Matsumoto; Takashi Ohmori; Takehiro Nakai; Takashi Ikee; Yuto Unoki; Kazuki Kitade; Shu Koito; Nanao Ishibashi; Masaya Ehara; Kosuke Kuwahara; Shohei Ueno; Shunsuke Nakashima; Yuta Ishiyama; Ryo Matsunuma; Hana Takatsu; Takashi Yamaguchi; Satoko Ito; Toru Terabayashi; Tetsuya Yamagiwa; Akira Inoue; Takuhiro Yamaguchi; Mitsunori Miyashita; Saran Yoshida; Keita Tagami; Hiroaki Watanabe; Takuya Odagiri; Tetsuya Ito; Masayuki Ikenaga; Keiji Shimizu; Akira Hayakawa; Rena Kamura; Takeru Okoshi; Tomohiro Nishi; Kazuhiro Kosugi; Yasuhiro Shibata; Takayuki Hisanaga; Takahiro Higashibata; Ritsuko Yabuki; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Satoshi Miyake; Junko Nozato; Tetsuji Iriyama; Keisuke Kaneishi; Mika Baba; Yoshihisa Matsumoto; Ayumi Okizaki; Yuki Sumazaki Watanabe; Yuko uehara; Kaoru Nishijima; Junichi Shimoinaba; Ryoichi Nakahori; Jun Hamano; Natsuki Kawashima; Takashi Kawaguchi; Megumi Uchida; Ko Sato; Yoichi Matsuda; Satoru Tsuneto; Sayaka Maeda; Yoshiyuki Kizawa; Hiroyuki Otani
        Clinical Nutrition Open Science, 2021年12月
      • The impact of stressful life events after bereavement: a nationwide cross-sectional survey.
        Yoichi Shimizu; Kento Masukawa; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2022年12月27日
      • Comparative study of clinicians' and family members' perceptions of patients' end-of-life experiences.
        Kozue Suzuki; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Yukari Azuma; Hiromi Funaki; Koji Amano; Kengo Imai; Keiko Tanaka; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita
        BMJ supportive & palliative care, 2022年10月11日
      • Association of the RASS Score with Intensity of Symptoms, Discomfort, and Communication Capacity in Terminally Ill Cancer Patients Receiving Palliative Sedation: Is RASS an Appropriate Outcome Measure?
        Kengo Imai; Tatsuya Morita; Naosuke Yokomichi; Masanori Mori; Akemi Shirado Naito; Toshihiro Yamauchi; Hiroaki Tsukuura; Yu Uneno; Satoru Tsuneto; Satoshi Inoue
        Palliative Medicine Reports, 2022年04月01日
      • 肺がんによる死別が遺族に与える肯定的影響について
        嶋田 和貴; 恒藤 暁; 坂口 幸弘; 森田 達也; 木澤 義之; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        日本呼吸器学会誌, 2022年04月
      • 機械学習を用いた肺がんにおける緩和ケアの特徴分析
        嶋田 和貴; 恒藤 暁
        日本呼吸器学会誌, 2021年04月
      • How Do We Taper and Discontinue Opioids in Cancer Patients? Considerations from the Activities of a Palliative Care Team at a University Hospital.
        Ayumi Kihara; Kazuki Shimada; Satoru Tsuneto
        Palliative medicine reports, 2021年
      • Anticholinergic drugs for death rattle in dying patients with cancer: multicentre prospective cohort study.
        Takashi Yamaguchi; Naosuke Yokomichi; Takuhiro Yamaguchi; Isseki Maeda; Ryo Matsunuma; Yukako Tanaka-Yagi; Asami Akatani; Kozue Suzuki; Hiroyuki Kohara; Tomohiko Taniyama; Yosuke Matsuda; Nobuhisa Nakajima; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori
        BMJ supportive & palliative care, 2022年11月10日, 査読有り
      • Effects of parenteral nutrition and hydration on survival in advanced cancer patients with malignant bowel obstruction: secondary analysis of a multicenter prospective cohort study
        Sayaka Arakawa; Koji Amano; Shunsuke Oyamada; Isseki Maeda; Hiroto Ishiki; Tomofumi Miura; Yutaka Hatano; Akemi Shirado Naito; Mamiko Sato; Tetsuya Ito; Kazuhiro Kosugi; Satoshi Miyake; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Satoshi Inoue; Naosuke Yokomichi; Kengo Imai; Hiroaki Tsukuura; Toshihiro Yamauchi; Yu Uneno; Akira Yoshioka; Shuji Hiramoto; Ayako Kikuchi; Tetsuo Hori; Yosuke Matsuda; Hiroyuki Kohara; Hiromi Funaki; Keiko Tanaka; Kozue Suzuki; Tina Kamei; Yukari Azuma; Teruaki Uno; Jiro Miyamoto; Hirofumi Katayama; Hideyuki Kashiwagi; Eri Matsumoto; Kiyofumi Oya; Takeya Yamaguchi; Tomonao Okamura; Hoshu Hashimoto; Shunsuke Kosugi; Nao Ikuta; Yaichiro Matsumoto; Takashi Ohmori; Takehiro Nakai; Takashi Ikee; Yuto Unoki; Kazuki Kitade; Shu Koito; Nanao Ishibashi; Masaya Ehara; Kosuke Kuwahara; Shohei Ueno; Shunsuke Nakashima; Yuta Ishiyama; Akihiro Sakashita; Ryo Matsunuma; Hana Takatsu; Takashi Yamaguchi; Satoko Ito; Toru Terabayashi; Jun Nakagawa; Tetsuya Yamagiwa; Akira Inoue; Takuhiro Yamaguchi; Mitsunori Miyashita; Saran Yoshida; Yusuke Hiratsuka; Keita Tagami; Hiroaki Watanabe; Takuya Odagiri; Masayuki Ikenaga; Keiji Shimizu; Akira Hayakawa; Rena Kamura; Takeru Okoshi; Tomohiro Nishi; Yasuhiro Shibata; Takayuki Hisanaga; Takahiro Higashibata; Ritsuko Yabuki; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Junko Nozato; Tetsuji Iriyama; Keisuke Kaneishi; Mika Baba; Yoshihisa Matsumoto; Ayumi Okizaki; Yuki Sumazaki Watanabe; Yuko Uehara; Eriko Satomi; Kaoru Nishijima; Junichi Shimoinaba; Ryoichi Nakahori; Takeshi Hirohashi; Jun Hamano; Natsuki Kawashima; Takashi Kawaguchi; Megumi Uchida; Ko Sato; Yoichi Matsuda; Satoru Tsuneto; Sayaka Maeda; Yoshiyuki Kizawa; Hiroyuki Otani
        Supportive Care in Cancer, 2021年06月10日
      • Tasks perceived as necessary for hospice and palliative care unit bereavement services in Japan
        Yukihiro Sakaguchi; Satoru Tsuneto; Keiko Takayama; Keiko Tamura; Masayuki Ikenaga; Tetsuo Kashiwagi
        Journal of Palliative Care, 2004年
      • Factors related to suicidal ideation among bereaved family members of patients with cancer: Results from a nationwide bereavement survey in Japan.
        Maho Aoyama; Mitsunori Miyashita; Kento Masukawa; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Tatsuo Akechi
        Journal of affective disorders, 2022年11月01日
      • 持続的鎮静によって患者がコミュニケーションできる機会は失われるか
        横道 直佑; 山口 拓洋; 森田 達也; 羽多野 裕; 今井 堅吾; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志摩 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令; 森 雅紀
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • ホスピス・緩和ケア病棟患者における専門職によるリハビリテーションの満足度と関連要因 J-HOPE4付帯研究
        長谷川 貴昭; 明智 龍男; 大佐賀 智; 辻 哲也; 奥山 徹; 桜井 春香; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • がん患者の遺族による終末期呼吸困難のケアに対する満足度 併存する苦痛症状との関連
        山本 瀬奈; 荒尾 晴惠; 青木 美和; 森 雅紀; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 宗教ががん患者遺族の複雑性悲嘆・うつ・ケアの質評価に与える影響
        青山 真帆; 多田 恵里香; 坂口 幸弘; 高橋 原; 金田 諦晃; 升川 研人; 平山 英幸; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 緩和ケア病棟のケアの質および遺族の悲嘆・抑うつの施設間差とベンチマーキングの検討
        関澤 麻菜香; 青山 真帆; 升川 研人; 平山 英幸; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 肺がんによる死別が遺族に与える肯定的影響について
        嶋田 和貴; 恒藤 暁; 坂口 幸弘; 森田 達也; 木澤 義之; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        日本呼吸器学会誌, 2022年04月
      • How Successful Is Parenteral Oxycodone for Relieving Terminal Cancer Dyspnea Compared With Morphine? A Multicenter Prospective Observational Study
        Masanori Mori; Takashi Kawaguchi; Kengo Imai; Naosuke Yokomichi; Takashi Yamaguchi; Kozue Suzuki; Ryo Matsunuma; Hiroaki Watanabe; Isseki Maeda; Yuko Uehara; Tatsuya Morita; Satoshi Inoue; Hiroaki Tsukuura; Toshihiro Yamauchi; Akemi Shirado Naito; Yu Uneno; Akira Yoshioka; Shuji Hiramoto; Ayako Kikuchi; Tetsuo Hori; Yosuke Matsuda; Hiroyuki Kohara; Hiromi Fanaki; Keiko Tanaka; Tina Kamei; Yukari Azuma; Koji Amano; Teruaki Uno; Jiro Miyamoto; Hirofumi Katayama; Hideyuki Kashiwagi; Eri Matsumoto; Kiyofumi Oya; Takeya Yamaguchi; Tomonao Okamura; Hoshu Hashimoto; Shunsuke Kosugi; Nao Ikuta; Yaichiro Matsumoto; Takashi Ohmori; Takehiro Nakai; Takashi Ikee; Yuto Unoki; Kazuki Kitade; Shu Koito; Nanao Ishibashi; Masaya Ehara; Kosuke Kuwahara; Shohei Ueno; Shunsuke Nakashima; Yuta Ishiyama; Akihiro Sakashita; Hana Takatsu; Satoko Ito; Toru Terabayashi; Jun Nakagawa; Tetsuya Yamagiwa; Akira Inoue; Takuhiro Yamaguchi; Mitsunori Miyashita; Saran Yoshida; Yusuke Hiratsuka; Keita Tagami; Takuya Odagiri; Tetsuya Ito; Masayuki Ikenaga; Keiji Shimizu; Akira Hayakawa; Rena Kamura; Takeru Okoshi; Tomohiro Nishi; Kazuhiro Kosugi; Yasuhiro Shibata; Takayuki Hisanaga; Takahiro Higashibata; Ritsuko Yabuki; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Satoshi Miyake; Junko Nozato; Hiroto Ishiki; Tetsuji Iriyama; Keisuke Kaneishi; Mika Baba; Tomofumi Miura; Yoshihisa Matsumoto; Ayumi Okizaki; Yuki Sumazaki Watanabe; Eriko Satomi; Kaoru Nishijima; Junichi Shimoinaba; Ryoichi Nakahori; Takeshi Hirohashi; Jun Hamano; Natsuki Kawashima; Megumi Uchida; Ko Sato; Yoichi Matsuda; Yutaka Hatano; Satoru Tsuneto
        Journal of Pain and Symptom Management, 2021年08月
      • フェンタニルの持続皮下注入による癌性疼痛の治療
        恒藤 暁; 前野 宏; 林 章敏
        ペインクリニック, 1994年02月
      • モルヒネを使いこなそう モルヒネ長期使用(6年7ヵ月)の1症例
        山本 一成; 恒藤 暁; 林 章敏
        ターミナルケア, 1993年01月
      • 癌性疼痛の出現時期からの生存期間
        恒藤 暁; 林 章敏; 山本 一成
        ペインクリニック, 1992年08月
      • ターミナルケアにおける大量皮下注の有用性について
        林 章敏; 恒藤 暁; 山本 一成
        死の臨床, 1992年07月
      • ブプレノルフィンの経口投与および持続皮下注入による癌性疼痛の治療
        恒藤 暁; 林 章敏; 宮崎 麻知子
        ペインクリニック, 1991年08月
      • ホスピスにおける末期患者のQOLの評価
        恒藤 暁; 林 章敏; 宮崎 麻知子; 山本 一成; 柏木 哲夫
        心身医学, 1991年05月
      • 癌性疼痛に対する大量モルヒネ療法 5000mg/日以上を必要とした2症例
        林 章敏; 恒藤 暁; 山本 一成
        治療学, 1990年08月
      • ターミナルケアにおけるステロイド剤の有用性について ホスピスでの経験から
        林 章敏; 恒藤 暁; 山本 一成
        死の臨床, 1990年07月
      • P29-4 An exploratory study of challenges to delivering palliative care from the time of cancer diagnosis
        Hisashi Suyama; Hiroshi Sunada; Yu Uneno; Yoshiki Horie; Akemi Naito; Shunsuke Oyamada; Junko Nozato; Yasuyuki Kojima; Masanori Mori; Takako Nakajima; Chikako Shimizu; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Manabu Muto
        Annals of Oncology, 2021年07月
      • Current status of integrating oncology and palliative care in Japan: a nationwide survey
        Y. Uneno; K. Sato; T. Morita; M. Nishimura; S. Ito; M. Mori; C. Shimizu; Y. Horie; M. Hirakawa; T. E. Nakajima; S. Tsuneto; M. Muto
        BMC Palliative Care, 2020年12月
      • 緩和ケア病棟におけるケアの質および遺族の悲嘆・抑うつの地域差 全国調査の結果から
        米永 裕紀; 青山 真帆; 森谷 優香; 五十嵐 尚子; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • Talking About Death With Terminally-Ill Cancer Patients: What Contributes to the Regret of Bereaved Family Members?
        Mori M; Yoshida S; Shiozaki M; Baba M; Morita T; Aoyama M; Kizawa Y; Tsuneto S; Shima Y; Miyashita M
        Journal of pain and symptom management, 2017年12月, 査読有り
      • The relationship between cancer patients' place of death and bereaved caregivers' mental health status.
        Hatano Y; Aoyama M; Morita T; Yamaguchi T; Maeda I; Kizawa Y; Tsuneto S; Shima Y; Miyashita M
        Psycho-oncology, 2017年11月, 査読有り
      • Meaningful Communication Before Death, but Not Present at the Time of Death Itself, Is Associated With Better Outcomes on Measures of Depression and Complicated Grief Among Bereaved Family Members of Cancer Patients.
        Otani H; Yoshida S; Morita T; Aoyama M; Kizawa Y; Shima Y; Tsuneto S; Miyashita M
        Journal of pain and symptom management, 2017年09月, 査読有り
      • The Japan HOspice and Palliative Care Evaluation Study 3: Study Design, Characteristics of Participants and Participating Institutions, and Response Rates.
        Aoyama M; Morita T; Kizawa Y; Tsuneto S; Shima Y; Miyashita M
        The American journal of hospice & palliative care, 2017年08月, 査読有り
      • Effects of End-of-Life Discussions on the Mental Health of Bereaved Family Members and Quality of Patient Death and Care.
        Yamaguchi T; Maeda I; Hatano Y; Mori M; Shima Y; Tsuneto S; Kizawa Y; Morita T; Yamaguchi T; Aoyama M; Miyashita M
        Journal of pain and symptom management, 2017年07月, 査読有り
      • Decision Making Regarding the Place of End-of-Life Cancer Care: The Burden on Bereaved Families and Related Factors.
        Yamamoto S; Arao H; Masutani E; Aoki M; Kishino M; Morita T; Shima Y; Kizawa Y; Tsuneto S; Aoyama M; Miyashita M
        Journal of pain and symptom management, 2017年05月, 査読有り
      • Desirable Information of Opioids for Families of Patients With Terminal Cancer.
        Okamoto Y; Tsuneto S; Morita T; Takagi T; Shimizu M; Miyashita M; Uejima E; Shima Y
        The American journal of hospice & palliative care, 2017年04月, 査読有り
      • A randomized, double-blind study of hydromorphone hydrochloride extended-release tablets versus oxycodone hydrochloride extended-release tablets for cancer pain: efficacy and safety in Japanese cancer patients (EXHEAL: a Phase III study of EXtended-release HydromorphonE for cAncer pain reLief)
        Satoshi Inoue; Yoji Saito; Satoru Tsuneto; Etsuko Aruga; Azusa Ide; Yasuyuki Kakurai
        JOURNAL OF PAIN RESEARCH, 2017年, 査読有り
      • Continuous Deep Sedation: A Proposal for Performing More Rigorous Empirical Research
        Tatsuya Morita; Kengo Imai; Naosuke Yokomichi; Masanori Mori; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2017年01月, 査読有り
      • Eating-related distress and need for nutritional support of families of advanced cancer patients: a nationwide survey of bereaved family members.
        Amano K; Maeda I; Morita T; Okajima Y; Hama T; Aoyama M; Kizawa Y; Tsuneto S; Shima Y; Miyashita M
        Journal of cachexia, sarcopenia and muscle, 2016年12月, 査読有り
      • 終末期がん患者の家族が、患者の死を前提として 行いたいことを達成するための望ましいケア
        高尾鮎美; 荒尾晴惠; 山下亮子; 升谷英子; 森田也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 青山真帆; 宮下光令
        第1回関西緩和医療研究会 プログラム抄録集, 2016年11月
      • The Burden of Decision Making Regarding the Place of End-of-Life Cancer Care on Bereaved Families
        Yamamoto Sena; Arao Harue; Aoki Miwa; Kishino Megumi; Masutani Eiko; Morita Tatsuya; Kizawa Yoshiyuki; Tsuneto Satoru; Shima Yasuo; Aoyama Maho; Miyashita Mitsunori
        CANCER NURSING, 2016年11月, 査読有り
      • End-of-Life Medical Treatments in the Last Two Weeks of Life in Palliative Care Units in Japan, 2005-2006: A Nationwide Retrospective Cohort Survey.
        Sato K; Miyashita M; Morita T; Tsuneto S; Shima Y
        Journal of palliative medicine, 2016年11月, 査読有り
      • Nationwide Japanese Survey About Deathbed Visions: "My Deceased Mother Took Me to Heaven".
        Morita T; Naito AS; Aoyama M; Ogawa A; Aizawa I; Morooka R; Kawahara M; Kizawa Y; Shima Y; Tsuneto S; Miyashita M
        Journal of pain and symptom management, 2016年11月, 査読有り
      • Interspecialty Differences in Physicians' Attitudes, Beliefs, and Reasons for Withdrawing or Withholding Hypercalcemia Treatment in Terminally Ill Patients
        Ichiro Mori; Akira Shimada; Isseki Maeda; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2016年09月, 査読有り
      • Family caregivers require mental health specialists for end-of-life psychosocial problems at home: a nationwide survey in Japan.
        Kobayakawa M; Okamura H; Yamagishi A; Morita T; Kawagoe S; Shimizu M; Ozawa T; An E; Tsuneto S; Shima Y; Miyashita M
        Psycho-oncology, 2016年06月, 査読有り
      • 超高齢がん患者の緩和ケアの特徴に関する研究
        坂下明大; 森田達也; 青山真帆; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 宮下光令
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2016年
      • Development and validation of the Comprehensive Quality of Life Outcome (CoQoLo) inventory for patients with advanced cancer.
        Miyashita M; Wada M; Morita T; Ishida M; Onishi H; Tsuneto S; Shima Y
        BMJ supportive & palliative care, 2015年10月, 査読有り
      • A Cross-Cultural Study on Behaviors When Death Is Approaching in East Asian Countries: What Are the Physician-Perceived Common Beliefs and Practices?
        Cheng SY; Suh SY; Morita T; Oyama Y; Chiu TY; Koh SJ; Kim HS; Hwang SJ; Yoshie T; Tsuneto S
        Medicine, 2015年09月, 査読有り
      • [Talking about home hospices with terminally ill cancer patients -- a multicenter survey of bereaved families].
        Yamagishi A; Morita T; Kawagoe S; Shimizu M; Ozawa T; An E; Kobayakawa M; Tsuneto S; Shima Y; Miyashita M
        Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2015年03月15日, 査読有り
      • Value of religious care for relief of psycho-existential suffering in Japanese terminally ill cancer patients: the perspective of bereaved family members
        Ando M; Kawamura R; Morita T; Hirai K; Miyahashi M; Okamoto T; Tsuneto S; Shima Y
        Psycho-oncology, 2010年07月, 査読有り
      • Palliative care in Japan: shifting from the stage of disease to the intensity of suffering.
        Morita T; Miyashita M; Tsuneto S; Shima Y
        Journal of pain and symptom management, 2008年12月, 査読有り
      • Measuring the regret of bereaved family members regarding the decision to admit cancer patients to palliative care units
        Mariko Shiozaki; K. Hirai; R. Dohke; T. Morita; M. Miyashita; K. Sato; S. Tsuneto; Y. Shima; Y. Uchitomi
        Psycho-Oncology, 2008年09月01日
      • The Japan HOspice and Palliative care Evaluation study (J-HOPE study): Study design and characteristics of participating institutions.
        Miyashita M; Morita T; Tsuneto S; Sato K; Shima Y
        Am J Hosp Palliat Med., 2008年06月01日
      • A retrospective chart review of the antiemetic effectiveness of risperidone in refractory opioid-induced nausea and vomiting in advanced cancer patients.
        Okamoto Y; Tsuneto S; Matsuda Y; Inoue T; Tanimukai H; Tazumi K; Ono Y; Kurokawa N; Uejima E
        Journal of pain and symptom management, 2007年08月, 査読有り
      • Barriers to providing palliative care and priorities for future actions to advance palliative care in Japan. A nationwide expert opinion survey.
        Miyashita M; Sanjo M; Morita T; Hirai K; Kizawa Y; Shima Y; Shimoyama N; Tsuneto S; Hiraga K; Sato K; Uchitomi Y
        J Palliat Med., 2007年04月01日
      • Why are bereaved family members dissatisfied with specialised inpatient palliative care service? A nationwide qualitative study.
        Shiozaki M; Morita T; Hirai K; Sakaguchi Y; Tsuneto S; Shima Y
        Palliative medicine, 2005年06月, 査読有り
      • Measuring the quality of structure and process in end-of-life care from the bereaved family perspectives
        Morita T; Hirai K; Sakaguchi Y; Maeyama E; Tsuneto S; Shima Y
        Journal of Pain and Symptom Management, 2004年06月, 査読有り
      • Family-perceived distress from delirium-related symptoms of terminally ill cancer patients
        Morita T; Hirai K; Sakaguchi Y; Tsuneto S; Shima Y
        Psychosomatics, 2004年03月, 査読有り
      • Desire for death and requests to hasten death of Japanese terminally ill cancer patients receiving specialized inpatient palliative care
        Morita T; Sakaguchi Y; Hirai K; Tsuneto S; Shima Y
        Journal of Pain and Symptom Management, 2004年01月, 査読有り
      • The Relationship between the Balance of Mutual Support and Negative Emotion among Japanese Aged Cancer and Spouse
        Shiozaki M; Hirai K; Tsuneto S; Kashiwagi T
        2003年04月, 査読有り
      • PB76 児童の死の概念及び意識調査(測定・評価,ポスター発表B)
        赤澤 正人; 平井 哲; 恒籐 暁; 柏木 哲夫
        日本教育心理学会総会発表論文集, 2003年
      • 末期がん患者のセルフ・エフィイカシーと心理的適応の時系列変化に関する研究
        平井 啓; 鈴木 要子; 恒藤 暁; 池永 昌之; 柏木 哲夫
        心身医学, 2002年02月01日
      • 末期癌患者のセルフ・エフィカシー尺度開発の試み
        平井 啓; 鈴木 要子; 恒藤 暁; 池永 昌之; 茅根 義和; 川辺 圭一; 柏木 哲夫
        心身医学, 2001年01月01日, 査読有り
      • 末期がん患者の身体症状と日常生活動作からみた予後予測
        恒藤 暁; 平井 啓; 池永昌之; 茅根義和; 川辺圭一; 柏木哲夫
        緩和医療学, 2000年05月
      • 末期がん患者の認知的過程に対する身体的状況の影響
        平井 啓; 柏木 哲夫; 恒藤 暁; 坂口 幸宏; 鈴木 要子
        心身医学, 2000年04月01日, 査読有り
      • 配偶者喪失後の時間経過と精神的問題との関連
        坂口幸弘; 柏木哲夫; 恒藤暁; 平井 啓; 池永昌之; 田村恵子
        ターミナルケア, 2000年01月
      • 末期がん患者の認知的過程の評価
        平井 啓; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 1998年08月01日
      • Malignant intestinal obstruction
        S Tsuneto; M Ikenaga; J Hosoi; T Kashiwagi
        CURRENT PERSPECTIVES AND FUTURE DIRECTIONS IN PALLIATIVE MEDICINE, 1998年, 査読有り
      • 日本版注意回復尺度の開発:その信頼性と妥当性
        尾崎 勝彦; 増本 康平; 平井 啓; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        日本森林学会大会発表データベース, 2007年
      • 延命処置の限界と緩和医療の進歩
        池永 昌之; 恒藤 暁
        日本内科学会雑誌, 1996年12月10日
      • IH-18 配偶者との死別後の精神的健康と家族タイプ(ターミナルケア)
        坂口 幸弘; 平井 啓; 鈴木 要子; 山本 惠子; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 1998年
      • IH-17 末期がん患者の認知的過程の評価(II)(ターミナルケア)
        平井 啓; 坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁; 鈴木 要子; 山本 恵子
        心身医学, 1998年
      • 247. がん患者の精神的援助 : 不安と抑うつの実態とその対処(ターミナルケア)
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        心身医学, 1994年
      • 8. 末期がん患者と家族の精神的問題(第2報) : 家族の「死の受容」とその援助(第17回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        山本 一成; 恒藤 暁; 林 章敏; 柏木 哲夫
        心身医学, 1994年
      • 19.末期癌患者と家族の精神的問題(第16回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        心身医学, 1993年
      • 30.ホスピスにおける末期患者の精神症状とその成因(第14回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        恒藤 暁; 林 章敏; 山本 一成; 柏木 哲夫
        心身医学, 1991年
      • 31.ターミナルケアにおける音楽療法の試み(第14回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        山本 一成; 林 章敏; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        心身医学, 1991年
      • 配偶者喪失後の対処パターンと精神健康との関連
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 2001年
      • 家族機能認知に基づく死別後の適応・不適応家族の検討
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 1999年
      • 12.末期がん患者はどのように死に向かい合っているのか?(一般演題)(第24回 日本心身医学会近畿地方会 演題抄録)
        平井 啓; 坂口 幸弘; 山本 恵子; 山本 一成; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 1998年
      • 13.死別後の「立ち直り」と精神的健康-配偶者と子どもの比較-(一般演題)(第24回 日本心身医学会近畿地方会 演題抄録)
        坂口 幸弘; 平井 啓; 山本 恵子; 山本 一成; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 1998年
      • C-12-31 末期がん患者の認知的過程の評価(1)(メンタルヘルス)
        平井 啓; 坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        心身医学, 1997年
      • 9.死別後の体験、支え、立ち直り(第20回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        山本 一成; 柏木 哲夫; 平井 啓; 恒藤 暁
        心身医学, 1996年
      • 30. がん患者の精神的援助 : 不安と抑うつの実態とその対処(第18回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        心身医学, 1995年
      • 31.死亡直前に出現するせん妄にいかに対処するか(第19回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
        池永 昌之; 前野 宏; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        心身医学, 1995年
      • Nationwide survey on family caregiver-perceived experiences of patients with cancer of unknown primary site.
        Kyoko Ishida; Kazuki Sato; Hirokazu Komatsu; Tatsuya Morita; Tatsuo Akechi; Megumi Uchida; Kento Masukawa; Naoko Igarashi; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita; Shoko Ando
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2022年07月
      • Is spiritual well-being related to survival time of inpatients with advanced cancer? An East Asian cohort study
        Yusuke Hiratsuka; Sang-Yeon Suh; Seon Hye Won; Sung Eun Choi; Sun-Hyun Kim; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Seok-Joon Yoon; Su-Jin Koh; Shin Ae Park; Ji-Yeon Seo; David Hui; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori; Akira Inoue
        Palliative and Supportive Care, 2022年06月27日
      • Prevalence and severity of symptoms and signs in patients with advanced cancer in the last days of life: the East Asian collaborative cross-cultural study to elucidate the dying process (EASED).
        Yusuke Hiratsuka; Sang-Yeon Suh; Seon-Hye Won; Sun-Hyun Kim; Seok-Joon Yoon; Su-Jin Koh; Jung Hye Kwon; Jeanno Park; Hong-Yup Ahn; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori; Akira Inoue
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2022年06月
      • Comparison of the quality of death between primary malignant brain tumor patients and other cancer patients: results from a nationwide bereavement survey in Japan.
        Maho Aoyama; Kento Masukawa; Ikuko Sugiyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of neuro-oncology, 2022年05月
      • Experience of the temporary discharge from the inpatient palliative care unit: A nationwide post-bereavement survey for end-of-life cancer patients.
        Go Sekimoto; Sakiko Aso; Naoko Hayashi; Keiko Tamura; Chieko Yamamoto; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Asia-Pacific journal of oncology nursing, 2022年05月
      • Family experience of palliative sedation therapy: proportional vs. continuous deep sedation.
        Kengo Imai; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Naosuke Yokomichi; Toshihiro Yamauchi; Satoru Miwa; Satoshi Inoue; Akemi Shirado Naito; Kento Masukawa; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Hiroyuki Otani; Mitsunori Miyashita
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2022年05月
      • Association between the amount of artificial hydration and quality of dying among terminally ill patients with cancer: The East Asian Collaborative Cross-Cultural Study to Elucidate the Dying Process.
        Chien-Yi Wu; Ping-Jen Chen; Shao-Yi Cheng; Sang-Yeon Suh; Hsien-Liang Huang; Wen-Yuan Lin; Yusuke Hiratsuka; Sun-Hyun Kim; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori
        Cancer, 2022年04月15日
      • Assessment of Changes in Symptoms Is Feasible and Prognostic in the Last Weeks of Life: An International Multicenter Cohort Study.
        Sang-Yeon Suh; Seon-Hye Won; Yusuke Hiratsuka; Sung-Eun Choi; Shao-Yi Cheng; Masanori Mori; Ping-Jen Chen; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Thomas W LeBlanc; Sun-Hyun Kim; Seok-Joon Yoon; Eon Sook Lee; Sun Wook Hwang
        Journal of palliative medicine, 2022年03月
      • Comparison of the accuracy of clinicians' prediction of survival and Palliative Prognostic Score: an East Asian cross-cultural study.
        Yusuke Hiratsuka; Seok-Joon Yoon; Sang-Yeon Suh; Sung-Eun Choi; David Hui; Sun-Hyun Kim; Eon Sook Lee; Sun Wook Hwang; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Masanori Mori; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Akira Inoue
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2022年03月
      • Does Urinary Catheterization Affect the Quality of Death in Patients with Advanced Cancer? A Secondary Analysis of a Multicenter Prospective Cohort Study.
        Takahiro Higashibata; Jun Hamano; Takayuki Hisanaga; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Ritsuko Yabuki; Naosuke Yokomichi; Junichi Shimoinaba; Rena Kamura; Mika Baba; Hiromi Funaki; Masanori Mori; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yoshiyuki Kizawa
        Journal of palliative medicine, 2022年02月
      • Are family relationships associated with family conflict in advanced cancer patients?
        Jun Hamano; Kento Masukawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Mitsunori Miyashita
        Psycho-oncology, 2022年02月
      • Bathing in Terminal Care of Cancer Patients and Its Relation to Perceptions of a "Good Death": A Nationwide Bereavement Survey in Japan.
        Eriko Hayashi; Maho Aoyama; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        Palliative medicine reports, 2022年
      • Comparison of Objective Prognostic Score and Palliative Prognostic Score performance in inpatients with advanced cancer in Japan and Korea
        Yusuke Hiratsuka; Daye Kim; Sang-Yeon Suh; Sun-Hyun Kim; Seok-Joon Yoon; Su-Jin Koh; Shin Ae Park; Ji-Yeon Seo; Jung Hye Kwon; Jeanno Park; Youngmin Park; Sun Wook Hwang; Eon Sook Lee; Hana Choi; Hong-Yup Ahn; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori; Akira Inoue
        Palliative and Supportive Care, 2021年10月05日
      • The impact of death rattle on bereaved families: not the sound itself, but the resonance with their feelings.
        Takashi Yamaguchi; Masanori Mori; Isseki Maeda; Ryo Matsunuma; Yukako Tanaka-Yagi; Tomohiro Nishi; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita
        Japanese journal of clinical oncology, 2022年04月22日
      • Association between experiences of advanced cancer patients at the end of life and depression in their bereaved caregivers.
        Yutaka Hatano; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Maho Aoyama; Saran Yoshida; Koji Amano; Toru Terabayashi; Kiyofumi Oya; Hiroaki Tsukuura; Yusuke Hiratsuka; Isseki Maeda; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita
        Psycho-oncology, 2022年03月07日
      • Association between temporary discharge from the inpatient palliative care unit and achievement of good death in end-of-life cancer patients: A nationwide survey of bereaved family members.
        Sakiko Aso; Naoko Hayashi; Go Sekimoto; Naoko Nakayama; Keiko Tamura; Chieko Yamamoto; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Japan journal of nursing science : JJNS, 2022年02月17日
      • Common elements of service delivery models that optimise quality of life and health service use among older people with advanced progressive conditions: a tertiary systematic review.
        Joanne Bayly; Anna E Bone; Clare Ellis-Smith; India Tunnard; Shuja Yaqub; Deokhee Yi; Kennedy B Nkhoma; Amelia Cook; Sarah Combes; Sabrina Bajwah; Richard Harding; Caroline Nicholson; Charles Normand; Shalini Ahuja; Pamela Turrillas; Yoshiyuki Kizawa; Tatsuya Morita; Nanako Nishiyama; Satoru Tsuneto; Paul Ong; Irene J Higginson; Catherine J Evans; Matthew Maddocks
        BMJ open, 2021年12月01日
      • Development of a Scoring System to Determine Proportional Appropriateness of Continuous Deep Sedation: A Concept-of-Proof Study.
        Akemi Shirado Naito; Tatsuya Morita; Kengo Imai; Masayuki Ikenaga; Jun Hamano; Hirofumi Abo; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto
        Journal of palliative medicine, 2021年09月
      • がん患者の遺族の死別後の生活に関連した社会的苦痛の実態とその関連因子(J-HOPE4)
        清水 陽一; 升川 研人; 青山 真帆; 志真 泰夫; 恒藤 暁; 木澤 義之; 森田 達也; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2021年06月
      • 専門的な緩和ケアサービスの適切な受診・相談時期に関する遺族調査(J-HOPE4研究)
        田上 恵太; 升川 研人; 井上 彰; 森田 達也; 平塚 裕介; 佐藤 麻美子; 木幡 桂; 佐竹 宣明; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2021年06月
      • 緩和ケア病棟における呼吸困難のケア 遺族からみた呼吸困難の強さとケアの実践状況
        山本 瀬奈; 荒尾 晴惠; 青木 美和; 森 雅紀; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        日本がん看護学会学術集会, 2021年02月
      • Diagnostic models for impending death in terminally ill cancer patients: A multicenter cohort study.
        Masanori Mori; Takuhiro Yamaguchi; Isseki Maeda; Yutaka Hatano; Takashi Yamaguchi; Kengo Imai; Ayako Kikuchi; Yosuke Matsuda; Kozue Suzuki; Satoru Tsuneto; David Hui; Tatsuya Morita
        Cancer medicine, 2021年09月29日
      • Care needs level in long-term care insurance system and family caregivers’ self-perceived time-dependent burden in patients with home palliative care for cancer: a cross-sectional study
        Naoko Otsuki; Ryohei Yamamoto; Yukihiro Sakaguchi; Kento Masukawa; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Sakiko Fukui; Mitsunori Miyashita
        Supportive Care in Cancer, 2021年09月20日
      • Appropriate referral timing to specialized palliative care service: survey of bereaved families of cancer patients who died in palliative care units.
        Keita Tagami; Kento Masukawa; Akira Inoue; Tatsuya Morita; Yusuke Hiratsuka; Mamiko Sato; Katsura Kohata; Noriaki Satake; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2021年08月21日
      • Differences between dedicated and not dedicated hospice physicians in symptoms and signs improvement among advanced cancer patients.
        Jae Ho Chung; Sun Hyun Kim; Sang-Yeon Suh; Shao-Yi Cheng; Masanori Mori; Takashi Yamaguchi; Ping-Jen Chen; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto
        Medicine, 2021年08月13日
      • Changes in depressive symptoms among family caregivers of patients with cancer after bereavement and their association with resilience: A prospective cohort study.
        Yoichi Shimizu; Akitoshi Hayashi; Isseki Maeda; Tomofumi Miura; Akira Inoue; Mayuko Takano; Maho Aoyama; Yutaka J Matsuoka; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita
        Psycho-oncology, 2021年08月03日
      • Unmet need for palliative rehabilitation in inpatient hospices/palliative care units: a nationwide post-bereavement survey.
        Takaaki Hasegawa; Tatsuo Akechi; Satoshi Osaga; Tetsuya Tsuji; Toru Okuyama; Haruka Sakurai; Kento Masukawa; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Japanese journal of clinical oncology, 2021年08月01日
      • Physical and psychological symptoms and signs in dying digestive tract cancer patients: the East Asian collaborative cross-cultural Study to Elucidate the Dying process (EASED).
        Jinyoung Shin; Sun Hyun Kim; Sang-Yeon Suh; Shao-Yi Cheng; Ping-Jen Chen; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2021年07月
      • Factors related to spiritual well-being in the last days of life in three East Asian countries: An international multicenter prospective cohort study.
        Yusuke Hiratsuka; Sang-Yeon Suh; Sun-Hyun Kim; Shao-Yi Cheng; Seok-Joon Yoon; Su-Jin Koh; Shin Ae Park; Ji-Yeon Seo; Jung Hye Kwon; Jeanno Park; Youngmin Park; Sun Wook Hwang; Eon Sook Lee; Hong-Yup Ahn; David Hui; Ping-Jen Chen; Takashi Yamaguchi; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori; Akira Inoue
        Palliative medicine, 2021年06月21日
      • The Association of Family Functioning With Possible Major Depressive Disorders and Complicated Grief Among Bereaved Family Members of Patients With Cancer: Results From the J-HOPE4 Study, a Nationwide Cross-Sectional Follow-Up Survey in Japan.
        Ryoko Hiratsuka; Maho Aoyama; Kento Masukawa; Yoichi Shimizu; Jun Hamano; Yukihiro Sakaguchi; Miwa Watanabe; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2021年06月10日
      • 専門的な緩和ケアサービスの適切な受診・相談時期に関する遺族調査(J-HOPE4研究)
        田上 恵太; 升川 研人; 井上 彰; 森田 達也; 平塚 裕介; 佐藤 麻美子; 木幡 桂; 佐竹 宣明; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2021年06月
      • がん患者の遺族の死別後の生活に関連した社会的苦痛の実態とその関連因子(J-HOPE4)
        清水 陽一; 升川 研人; 青山 真帆; 志真 泰夫; 恒藤 暁; 木澤 義之; 森田 達也; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2021年06月
      • Are cancer patients living alone more or less likely to achieve a good death? Two cross-sectional surveys of bereaved families.
        Naoko Igarashi; Maho Aoyama; Kento Masukawa; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of advanced nursing, 2021年05月24日
      • C-Reactive Protein and Its Relationship with Pain in Patients with Advanced Cancer Cachexia: Secondary Cross-Sectional Analysis of a Multicenter Prospective Cohort Study
        Koji Amano; Hiroto Ishiki; Tomofumi Miura; Isseki Maeda; Yutaka Hatano; Shunsuke Oyamada; Naosuke Yokomichi; Keita Tagami; Takuya Odagiri; Tetsuya Ito; Mika Baba; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Satoshi Inoue; Kengo Imai; Hiroaki Tsukuura; Toshihiro Yamauchi; Akemi Shirado Naito; Yu Uneno; Akira Yoshioka; Shuji Hiramoto; Ayako Kikuchi; Tetsuo Hori; Yosuke Matsuda; Hiroyuki Kohara; Hiromi Funaki; Keiko Tanaka; Kozue Suzuki; Tina Kamei; Yukari Azuma; Teruaki Uno; Jiro Miyamoto; Hirofumi Katayama; Hideyuki Kashiwagi; Eri Matsumoto; Kiyofumi Oya; Takeya Yamaguchi; Tomonao Okamura; Hoshu Hashimoto; Shunsuke Kosugi; Nao Ikuta; Yaichiro Matsumoto; Takashi Ohmori; Takehiro Nakai; Takashi Ikee; Yuto Unoki; Kazuki Kitade; Shu Koito; Nanao Ishibashi; Masaya Ehara; Kosuke Kuwahara; Shohei Ueno; Shunsuke Nakashima; Yuta Ishiyama; Akihiro Sakashita; Ryo Matsunuma; Hana Takatsu; Takashi Yamaguchi; Satoko Ito; Toru Terabayashi; Jun Nakagawa; Tetsuya Yamagiwa; Akira Inoue; Takuhiro Yamaguchi; Mitsunori Miyashita; Saran Yoshida; Yusuke Hiratsuka; Hiroaki Watanabe; Masayuki Ikenaga; Keiji Shimizu; Akira Hayakawa; Rena Kamura; Takeru Okoshi; Tomohiro Nishi; Kazuhiro Kosugi; Yasuhiro Shibata; Takayuki Hisanaga; Takahiro Higashibata; Ritsuko Yabuki; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Satoshi Miyake; Junko Nozato; Tetsuji Iriyama; Keisuke Kaneishi; Yoshihisa Matsumoto; Ayumi Okizaki; Yuki Sumazaki Watanabe; Yuko Uehara; Eriko Satomi; Kaoru Nishijima; Junichi Shimoinaba; Ryoichi Nakahori; Takeshi Hirohashi; Jun Hamano; Natsuki Kawashima; Takashi Kawaguchi; Megumi Uchida; Ko Sato; Yoichi Matsuda; Satoru Tsuneto; Sayaka Maeda; Yoshiyuki Kizawa
        Palliative Medicine Reports, 2021年05月01日
      • Care Associated With Satisfaction of Bereaved Family Members of Terminally Ill Cancer Patients With Dyspnea: A Cross-sectional Nationwide Survey.
        Sena Yamamoto; Harue Arao; Miwa Aoki; Masanori Mori; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Kento Masukawa; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2021年04月10日
      • Differences among institutions in the prevalence of and indications for urinary catheterization of advanced cancer patients at palliative care units: A multicenter prospective cohort study (EASED).
        Takahiro Higashibata; Takayuki Hisanaga; Shingo Hagiwara; Miho Shimokawa; Ritsuko Yabuki; Takuya Odagiri; Tetsuya Ito; Rena Kamura; Isseki Maeda; Kazuhiro Kosugi; Masanori Mori; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Jun Hamano
        Palliative medicine, 2021年04月
      • Physician's Communication in Code Status Discussions for Terminally Ill Cancer Patients in Inpatient Hospice/Palliative Care Units in Japan: A Nationwide Post-Bereavement Survey.
        Yoshiyuki Kizawa; Takashi Yamaguchi; Akihiro Sakashita; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2021年03月21日
      • Complexity of desire for hastened death in terminally ill cancer patients: A cluster analysis.
        Yutaka Hatano; Tatsuya Morita; Masanori Mori; Isseki Maeda; Shunsuke Oyamada; Akemi Shirado Naito; Kiyofumi Oya; Akihiro Sakashita; Satoko Ito; Yusuke Hiratsuka; Satoru Tsuneto
        Palliative & supportive care, 2021年03月01日
      • 緩和ケア病棟における呼吸困難のケア 遺族からみた呼吸困難の強さとケアの実践状況
        山本 瀬奈; 荒尾 晴惠; 青木 美和; 森 雅紀; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        日本がん看護学会学術集会, 2021年02月
      • Communication and Behavior of Palliative Care Physicians of Patients With Cancer Near End of Life in Three East Asian Countries.
        Takashi Yamaguchi; Isseki Maeda; Yutaka Hatano; Sang-Yeon Suh; Shao-Yi Cheng; Sun Hyun Kim; Ping-Jen Chen; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Masanori Mori
        Journal of pain and symptom management, 2021年02月, 査読有り
      • Predicting models of depression or complicated grief among bereaved family members of patients with cancer.
        Maho Aoyama; Mitsunori Miyashita; Kento Masukawa; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Tatsuo Akechi
        Psycho-oncology, 2021年01月18日
      • Rehabilitation for Cancer Patients in Inpatient Hospices/Palliative Care Units and Achievement of a Good Death: Analyses of Combined Data From Nationwide Surveys Among Bereaved Family Members.
        Takaaki Hasegawa; Ryuichi Sekine; Tatsuo Akechi; Satoshi Osaga; Tetsuya Tsuji; Toru Okuyama; Haruka Sakurai; Kento Masukawa; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2020年12月, 査読有り
      • Insomnia and changes in alcohol consumption: Relation between possible complicated grief and depression among bereaved family caregivers.
        Maho Aoyama; Yukihiro Sakaguchi; Daisuke Fujisawa; Tatsuya Morita; Asao Ogawa; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of affective disorders, 2020年10月01日, 査読有り
      • がん患者におけるがんの治癒や進行抑制のための補完代替医療の使用実態及び遺族の抑うつや悲嘆との関連についての調査
        鈴木 梢; 森田 達也; 田中 桂子; 大宜見 由奈; 高橋 幸江; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • がん患者の遺族のアドバンス・ケア・プランニング(ACP)が他者との関係性や死生観に与える影響
        宮地 由佳; 塩崎 麻里子; 恒藤 暁; 森田 達也; 木澤 義之; 升川 研人; 宮下 光令; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • がん患者の遺族の家族機能とうつ・複雑性悲嘆との関連 全国調査(J-HOPE4付帯研究)
        平塚 良子; 青山 真帆; 升川 研人; 清水 陽一; 浜野 淳; 坂口 幸弘; 渡邉 美和; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 遺族が評価した患者・家族間のEnd of Life Discussion実施の実態(第2報)
        辰巳 有紀子; 荒尾 晴惠; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 遺族からみたホスピス・緩和ケア病棟による望ましい遺族ケアの提供に関する研究
        北得 美佐子; 角甲 純; 小林 成光; 森川 みはる; 月山 淑; 川俣 知之; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志摩 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • Beliefs and Perceptions About Parenteral Nutrition and Hydration by Family Members of Patients With Advanced Cancer Admitted to Palliative Care Units: A Nationwide Survey of Bereaved Family Members in Japan.
        Koji Amano; Isseki Maeda; Tatsuya Morita; Kento Masukawa; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2020年08月, 査読有り
      • Continuous deep sedation at the end of life in children with cancer: experience at a single center in Japan.
        Sayaka Maeda; Itaru Kato; Katsutsugu Umeda; Hidefumi Hiramatsu; Junko Takita; Souichi Adachi; Satoru Tsuneto
        Pediatric hematology and oncology, 2020年08月, 査読有り
      • The Bereaved Families' Preferences for Individualized Goals of Care for Terminal Dyspnea: What Is an Acceptable Balance between Dyspnea Intensity and Communication Capacity?
        Masanori Mori; Tatsuya Morita; Kengo Imai; Naosuke Yokomichi; Takashi Yamaguchi; Kento Masukawa; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Palliative medicine reports, 2020年
      • Japanese physicians' experiences of terminally ill patients voluntarily stopping eating and drinking: a national survey.
        Takuya Shinjo; Tatsuya Morita; Daisuke Kiuchi; Masayuki Ikenaga; Hirofumi Abo; Sayaka Maeda; Satoru Tsuneto; Yoshiyuki Kizawa
        BMJ supportive & palliative care, 2019年06月, 査読有り
      • Changes in opinions on palliative sedation of palliative care specialists over 16 years and their effects on clinical practice.
        Sayaka Maeda; Tatsuya Morita; Masayuki Ikenaga; Hirofumi Abo; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2019年06月, 査読有り
      • Achievement of a good death among young adult patients with cancer: analyses of combined data from three nationwide surveys among bereaved family members.
        Masanori Mori; Tomoyo Sasahara; Tatsuya Morita; Maho Aoyama; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2019年04月, 査読有り
      • Development and validation of the Comprehensive Quality of Life Outcome (CoQoLo) inventory for patients with advanced cancer.
        Miyashita M; Wada M; Morita T; Ishida M; Onishi H; Tsuneto S; Shima Y
        BMJ Support Palliat Care, 2019年03月, 査読有り
      • Difference in Opinions About Continuous Deep Sedation Among Cancer Patients, Bereaved Families, and Physicians.
        Tatsuya Morita; Daisuke Kiuchi; Masayuki Ikenaga; Hirofumi Abo; Sayaka Maeda; Maho Aoyama; Takuya Shinjo; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2019年03月, 査読有り
      • Efficacy of immediate-release oxycodone for dyspnoea in cancer patient: cancer dyspnoea relief (CDR) trial.
        Takashi Yamaguchi; Yoshinobu Matsuda; Hiromichi Matsuoka; Takayuki Hisanaga; Iwao Osaka; Hiroaki Watanabe; Isseki Maeda; Kengo Imai; Satoru Tsuneto; Yukiko Wagatsuma; Yoshiyuki Kizawa
        Japanese journal of clinical oncology, 2018年12月01日, 査読有り
      • ホスピス・緩和ケア病棟における患者と家族間の思いの言語化を支える家族支援 遺族調査による家族支援と「患者と家族との良好な関係性」および「ケアの全般的満足度」との関連性の検討
        中里 和弘; 塩崎 麻里子; 平井 啓; 森田 達也; 多田羅 竜平; 市原 香織; 佐藤 眞一; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2018年09月
      • Families' Sense of Abandonment When Patients Are Referred to Hospice.
        Takuya Odagiri; Tatsuya Morita; Maho Aoyama; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        The oncologist, 2018年09月, 査読有り
      • Bereaved Family Members' Perceptions of the Distressing Symptoms of Terminal Patients With Cancer.
        Yoshiaki Okamoto; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Maho Aoyama; Yoshiyuki Kizawa; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        The American journal of hospice & palliative care, 2018年07月, 査読有り
      • A randomized, double-blind, non-inferiority study of hydromorphone hydrochloride immediate-release tablets versus oxycodone hydrochloride immediate-release powder for cancer pain: efficacy and safety in Japanese cancer patients.
        Satoshi Inoue; Yoji Saito; Satoru Tsuneto; Etsuko Aruga; Hiroshi Takahashi; Mitsutoshi Uemori
        Japanese journal of clinical oncology, 2018年06月01日, 査読有り
      • A double-blind, randomized comparative study to investigate the morphine to hydromorphone conversion ratio in Japanese cancer patients.
        Satoshi Inoue; Yoji Saito; Satoru Tsuneto; Etsuko Aruga; Takeshi Ogata; Mitsutoshi Uemori
        Japanese journal of clinical oncology, 2018年05月01日, 査読有り
      • The Japan hospice and palliative evaluation study 4: a cross-sectional questionnaire survey.
        Kento Masukawa; Maho Aoyama; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        BMC palliative care, 2018年04月20日, 査読有り
      • Communication Disparity Between the Bereaved and Others: What Hurts Them and What Is Unhelpful? A Nationwide Study of the Cancer Bereaved.
        Mayumi Ishida; Hideki Onishi; Tatsuya Morita; Yosuke Uchitomi; Megumi Shimizu; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2018年04月, 査読有り
      • End-of-life care and discussions in Japanese geriatric health service facilities: A nationwide survey of managing directors' viewpoints.
        Kanoh A; Kizawa Y; Tsuneto S; Yokoya S
        Am J Hosp Palliat Care, 2018年03月, 査読有り
      • Factors associated with possible complicated grief and major depressive disorders.
        Maho Aoyama; Yukihiro Sakaguchi; Tatsuya Morita; Asao Ogawa; Daisuke Fujisawa; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Psycho-oncology, 2018年03月, 査読有り
      • "What I Did for My Loved One Is More Important than Whether We Talked About Death": A Nationwide Survey of Bereaved Family Members.
        Masanori Mori; Saran Yoshida; Mariko Shiozaki; Tatsuya Morita; Mika Baba; Maho Aoyama; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of palliative medicine, 2018年03月, 査読有り
      • Which Research Questions Are Important for the Bereaved Families of Palliative Care Cancer Patients? A Nationwide Survey.
        Akihiro Sakashita; Tatsuya Morita; Megumi Kishino; Maho Aoyama; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        Journal of pain and symptom management, 2018年02月, 査読有り
      • Are Bereaved Family Members Satisfied With Information Provision About Palliative Care Units in Japan?
        Makiko Sanjo; Tatsuya Morita; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Kiyoko Kamibeppu; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        American Journal of Hospice and Palliative Medicine, 2018年02月01日, 査読有り
      • Verbal communication of families with cancer patients at end of life: A questionnaire survey with bereaved family members
        Kazuhiro Nakazato; Mariko Shiozaki; Kei Hirai; Tatsuya Morita; Ryuhei Tatara; Kaori Ichihara; Shinichi Sato; Megumi Simizu; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyasita
        Psycho-Oncology, 2018年01月, 査読有り
      • End-of-life experiences of family caregivers of deceased patients with cancer: A nation-wide survey
        Kayo Hirooka; Hiroyuki Otani; Tatsuya Morita; Tomofumi Miura; Hiroki Fukahori; Maho Aoyama; Yoshiyuki Kizawa; Yasuo Shima; Satoru Tsuneto; Mitsunori Miyashita
        Psycho-Oncology, 2018年01月01日, 査読有り
      • Psychological and psychiatric symptoms of terminally ill patients with cancer and their family caregivers in the home-care setting: A nation-wide survey from the perspective of bereaved family members in Japan.
        Makoto Kobayakawa; Asao Ogawa; Michiko Konno; Akiko Kurata; Jun Hamano; Tatsuya Morita; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Maho Aoyama; Mitsunori Miyashita
        Journal of psychosomatic research, 2017年12月, 査読有り
      • Unfinished Business in Families of Terminally Ill With Cancer Patients
        Ryoko Yamashita; Harue Arao; Ayumi Takao; Eiko Masutani; Tatsuya Morita; Yasuo Shima; Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Maho Aoyama; Mitsunori Miyashita
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2017年12月, 査読有り
      • がん患者遺族の終末期における治療中止の意思決定に対する後悔と心理的対処 家族は治療中止の何に、どのような理由で後悔しているのか?
        塩崎 麻里子; 三條 真紀子; 吉田 沙蘭; 平井 啓; 宮下 光令; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2017年10月
      • Memorial Symptom Assessment Scale(MSAS)を使用した日本における一般市民を対象とした身体症状・精神症状の有症率と強度、苦痛の程度の現状
        伊藤 怜子; 清水 恵; 内藤 明美; 佐藤 一樹; 藤澤 大介; 恒藤 暁; 森田 達也; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2017年10月
      • 宗教的背景のある施設において患者の望ましい死の達成度が高い理由 全国のホスピス・緩和ケア病棟127施設の遺族調査の結果から
        青山 真帆; 斎藤 愛; 菅井 真理; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2017年04月
      • Palliative care development in the Asia-Pacific region: an international survey from the Asia Pacific Hospice Palliative Care Network (APHN)
        Takashi Yamaguchi; Meiko Kuriya; Tatsuya Morita; Meera Agar; Youn Seon Choi; Cynthia Goh; K. B. Lingegowda; Richard Lim; Rico K. Y. Liu; Roderick MacLeod; Rhodora Ocampo; Shao-Yi Cheng; Temsak Phungrassami; Yen-Phi Nguyen; Satoru Tsuneto
        BMJ SUPPORTIVE & PALLIATIVE CARE, 2017年03月, 査読有り
      • 遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する多施設遺族調査における結果のフィードバックの活用状況
        五十嵐 尚子; 青山 真帆; 佐藤 一樹; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2017年01月
      • 遺族による終末期がん患者への緩和ケアの質の評価のための全国調査 the Japan Hospice and Palliative Care Evaluation 2 study(J-HOPE2 study)
        清水 恵; 青山 真帆; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2016年10月
      • 終末期がん患者の家族が「もっと話しておけばよかった」「もっとあれをしておけばよかった」と思う原因は何か?
        森 雅紀; 吉田 沙蘭; 塩崎 麻里子; 馬場 美華; 森田 達也; 青山 真帆; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 終末期がん患者の家族が患者の死を前提として行いたい事に関する研究 緩和ケア病棟を利用した遺族に対する調査より
        山下 亮子; 荒尾 晴惠; 高尾 鮎美; 升谷 英子; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • Japanese Bereaved Family Members' Perspectives of Palliative Care Units and Palliative Care: J-HOPE Study Results
        Satomi Kinoshita; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Kazuki Sato; Ayaka Shoji; Yurika Chiba; Tamana Miyazaki; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2016年06月, 査読有り
      • Changes in Perceptions of Opioids Before and After Admission to Palliative Care Units in Japan: Results of a Nationwide Bereaved Family Member Survey
        Satomi Kinoshita; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Kazuki Sato; Tamana Miyazaki; Ayaka Shoji; Yurika Chiba; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2016年06月, 査読有り
      • Shock Index and Decreased Level of Consciousness as Terminal Cancer Patients' Survival Time Predictors: A Retrospective Cohort Study
        Ko Sato; Hideto Yokoi; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2016年02月, 査読有り
      • Efficacy of corticosteroids for cancer-related fatigue: A pilot randomized placebo-controlled trial of advanced cancer patients.
        Kenji Eguchi; Michitaka Honda; Tatusji Kataoka; Taketo Mukouyama; Satoru Tsuneto; Junichi Sakamoto; Koji Oba; Shigetoyo Saji
        Palliative & supportive care, 2015年10月, 査読有り
      • ホスピス・緩和ケア病棟で行われているご遺体へのケアに関する遺族の体験と評価 自由記述における内容分析
        山脇 道晴; 森田 達也; 清原 恵美; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2015年09月
      • 遺体へのケアを看護師が家族と一緒に行うことについての家族の体験と評価
        山脇 道晴; 森田 達也; 清原 恵美; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        がん看護, 2015年09月
      • Palliative Care Physicians' Attitudes Toward Patient Autonomy and a Good Death in East Asian Countries
        Tatsuya Morita; Yasuhiro Oyama; Shao-Yi Cheng; Sang-Yeon Suh; Su Jin Koh; Hyun Sook Kim; Tai-Yuan Chiu; Shinn-Jang Hwang; Akemi Shirado; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2015年08月, 査読有り
      • Association between depressive symptoms and changes in sleep condition in the grieving process
        Hitoshi Tanimukai; Hiroyoshi Adachi; Kei Hirai; Tomoko Matsui; Megumi Shimizu; Mitsunori Miyashita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2015年07月, 査読有り
      • A Nationwide Survey of Quality of End-of-Life Cancer Care in Designated Cancer Centers, Inpatient Palliative Care Units, and Home Hospices in Japan: The J-HOPE Study
        Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2015年07月, 査読有り
      • ホスピス・緩和ケア病棟におけるご遺体へのケアに関する遺族の評価と評価に関する要因
        山脇 道晴; 森田 達也; 清原 恵美; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2015年06月
      • Independent Validation of the Modified Prognosis Palliative Care Study Predictor Models in Three Palliative Care Settings
        Mika Baba; Isseki Maeda; Tatsuya Morita; Takayuki Hisanaga; Tatsuhiko Ishihara; Tomoyuki Iwashita; Keisuke Kaneishi; Shohei Kawagoe; Toshiyuki Kuriyama; Takashi Maeda; Ichiro Mori; Nobuhisa Nakajima; Tomohiro Nishi; Hiroki Sakurai; Satofumi Shimoyama; Takuya Shinjo; Hiroto Shirayama; Takeshi Yamada; Shigeki Ono; Taketoshi Ozawa; Ryo Yamamoto; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2015年05月, 査読有り
      • Independent Validation of the Japanese Version of the EORTC QLQ-C15-PAL for Patients With Advanced Cancer
        Mitsunori Miyashita; Makoto Wada; Tatsuya Morita; Mayumi Ishida; Hideki Onishi; Yasutsuna Sasaki; Masaru Narabayashi; Tomomi Wada; Mei Matsubara; Chizuko Takigawa; Takuya Shinjo; Akihiko Suga; Satoshi Inoue; Masayuki Ikenaga; Hiroyuki Kohara; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2015年05月, 査読有り
      • Length of home hospice care, family-perceived timing of referrals, perceived quality of care, and quality of death and dying in terminally ill cancer patients who died at home
        Akemi Yamagishi; Tatsuya Morita; Shohei Kawagoe; Megumi Shimizu; Taketoshi Ozawa; Emi An; Makoto Kobayakawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2015年02月, 査読有り
      • Why People Accept Opioids: Role of General Attitudes Toward Drugs, Experience as a Bereaved Family, Information From Medical Professionals, and Personal Beliefs Regarding a Good Death
        Takuya Shinjo; Tatsuya Morita; Kei Hirai; Mitsunori Miyashita; Megumi Shimizu; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2015年01月, 査読有り
      • 緩和ケア病棟で死亡したがん患者の遺族による緩和ケアの質の評価と施設要因の関連 遺族5,810名の全国調査から
        竹内 真帆; 清水 恵; 森田 達也; 佐藤 一樹; 三浦 世理佳; 今野 美咲; 佐藤 香織; 内山 美里; 高橋 なつき; 泉 佳那; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2014年12月
      • Progressive Development and Enhancement of Palliative Care Services in Japan: Nationwide Surveys of Designated Cancer Care Hospitals for Three Consecutive Years
        Isseki Maeda; Satoru Tsuneto; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Megumi Umeda; Miwa Motoyama; Fumie Kosako; Yoshihisa Hama; Yoshiyuki Kizawa; Tomoyo Sasahara; Kenji Eguchi
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2014年09月, 査読有り
      • What Bereavement Follow-Up Does Family Members Request in Japanese Palliative Care Units? A Qualitative Study
        Rieko Muta; Makiko Sanjo; Mitsunori Miyashita; Rieko Wakabayashi; Etsuko Ando; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2014年08月, 査読有り
      • Care strategy for death rattle in terminally ill cancer patients and their family members: recommendations from a cross-sectional nationwide survey of bereaved family members' perceptions.
        Yoichi Shimizu; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        Journal of pain and symptom management, 2014年07月, 査読有り
      • Care Evaluation Scale-Patient Version: Measuring the Quality of the Structure and Process of Palliative Care From the Patient's Perspective
        Mitsunori Miyashita; Makoto Wada; Tatsuya Morita; Mayumi Ishida; Hideki Onishi; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2014年07月, 査読有り
      • Hepatic Portal Venous Gas: A Rare Complication of Malignant Bowel Obstruction During the Administration of Octreotide
        Isseki Maeda; Satoru Tsuneto; Yuuri Yasui; Yutaka Ueda; Tadashi Kimura
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2014年02月, 査読有り
      • ホスピス・緩和ケア病棟で死亡した患者の遺族における遺族ケアサービスの評価とニーズ
        坂口 幸弘; 宮下 光令; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2013年12月
      • ホスピス・緩和ケア病棟で近親者を亡くした遺族の複雑性悲嘆、抑うつ、希死念慮
        坂口 幸弘; 宮下 光令; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2013年12月
      • Advance Directives and Do-Not-Resuscitate Orders Among Patients With Terminal Cancer in Palliative Care Units in Japan: A Nationwide Survey
        Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Jun Hamano; Hiroka Nagaoka; Takami Maeno; Yasuo Shima
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2013年11月, 査読有り
      • Practices and evaluations of prognostic disclosure for Japanese cancer patients and their families from the family's point of view
        Saran Yoshida; Mariko Shiozaki; Makiko Sanjo; Tatsuya Morita; Kei Hirai; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        PALLIATIVE & SUPPORTIVE CARE, 2013年10月, 査読有り
      • Specialized Palliative Care Services in Japan: A Nationwide Survey of Resources and Utilization by Patients With Cancer
        Yoshiyuki Kizawa; Tatsuya Morita; Jun Hamano; Hiroka Nagaoka; Mitsunori Miyashita; Satoru Tsuneto
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2013年09月, 査読有り
      • Can Gradual Dose Titration of Ketamine for Management of Neuropathic Pain Prevent Psychotomimetic Effects in Patients With Advanced Cancer?
        Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Hitoshi Tanimukai; Yoichi Matsuda; Yumiko Ohno; Mamiko Tsugane; Etsuko Uejima
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2013年08月, 査読有り
      • An Observational Study of Insomnia and Nightmare Treated With Trazodone in Patients With Advanced Cancer
        Hitoshi Tanimukai; Tasuku Murai; Namiko Okazaki; Yoichi Matsuda; Yoshiaki Okamoto; Yasunobu Kabeshita; Yumiko Ohno; Satoru Tsuneto
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2013年06月, 査読有り
      • Both Maintaining Hope and Preparing for Death: Effects of Physicians' and Nurses' Behaviors From Bereaved Family Members' Perspectives
        Akemi Shirado; Tatsuya Morita; Terukazu Akazawa; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2013年05月, 査読有り
      • Pros and Cons of Prognostic Disclosure to Japanese Cancer Patients and Their Families from the Family's Point of View
        Saran Yoshida; Mariko Shiozaki; Makiko Sanjo; Tatsuya Morita; Kei Hirai; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2012年12月, 査読有り
      • A Retrospective Chart Review of Terminal Patients with Cancer with Agitation and Their Risk Factors
        Mie Nagase; Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Hitoshi Tanimukai; Yoichi Matsuda; Nao Okishiro; Yumiko Oono; Mamiko Tsugane; Tatsuya Takagi; Etsuko Uejima
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2012年11月, 査読有り
      • Development of a nationwide consensus syllabus of palliative medicine for undergraduate medical education in Japan: A modified Delphi method
        Yoshiyuki Kizawa; Satoru Tsuneto; Kaichiro Tamba; Yusuke Takamiya; Tatsuya Morita; Seiji Bito; Junji Otaki
        PALLIATIVE MEDICINE, 2012年07月, 査読有り
      • Making the Decision for Home Hospice: Perspectives of Bereaved Japanese Families who had Loved Ones in Home Hospice
        Ji Eun Choi; Mitsunori Miyashita; Kei Hirai; Kazuki Sato; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Boon Han Kim
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2012年06月, 査読有り
      • Family member perspectives of deceased relatives' end-of-life options on admission to a palliative care unit in Japan
        Kazuki Sato; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2012年05月, 査読有り
      • The Current Status and Issues Regarding Hospital-based Specialized Palliative Care Service in Japanese Regional Cancer Centers: A Nationwide Questionnaire Survey
        Yoko Nakazawa; Mitsunori Miyashita; Tatsuya Morita; Tomoyo Misawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2012年05月, 査読有り
      • 主治医による死亡確認や臨終の立ち会いが、家族の心理に及ぼす影響についての調査研究
        新城 拓也; 森田 達也; 平井 啓; 宮下 光令; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • Can Milnacipran Used for Neuropathic Pain in Patients with Advanced Cancer Cause Neuromuscular and Somatosensory Disorders?
        Sari Nakagawa; Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Hitoshi Tanimukai; Sho Goya; Yoichi Matsuda; Yumiko Oono; Mamiko Tsugane; Etsuko Uejima
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2011年04月, 査読有り
      • がん診療連携拠点病院における緩和ケア提供に関する薬剤業務等の全国調査
        杉浦 宗敏; 宮下 光令; 佐藤 一樹; 森田 達也; 佐野 元彦; 的場 元弘; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療薬学雑誌, 2011年03月
      • Experience with Prognostic Disclosure of Families of Japanese Patients with Cancer
        Saran Yoshida; Kei Hirai; Tatsuya Morita; Mariko Shiozaki; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2011年03月, 査読有り
      • Can "Steroid Switching" Improve Steroid-Induced Musical Hallucinations in a Patient with Terminal Cancer?
        Seitetsu Kanemura; Hitoshi Tanimukai; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2010年12月, 査読有り
      • The Care Strategy for Families of Terminally Ill Cancer Patients Who Become Unable to Take Nourishment Orally Recommendations from a Nationwide Survey of Bereaved Family Members' Experiences
        Akemi Yamagishi; Tatsuya Morita; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2010年11月, 査読有り
      • Preference of place for end-of-life cancer care and death among bereaved Japanese families who experienced home hospice care and death of a loved one
        JiEun Choi; Mitsunori Miyashita; Kei Hirai; Kazuki Sato; Tatsuya Morita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2010年11月, 査読有り
      • A retrospective chart review of opioid-induced nausea and somnolence on commencement for cancer pain treatment
        Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Mamiko Tsugane; Tatsuya Takagi; Etsuko Uejima
        Journal of Opioid Management, 2010年11月, 査読有り
      • Self-Perceived Burden in Terminally Ill Cancer Patients: A Categorization of Care Strategies Based on Bereaved Family Members' Perspectives
        Terukazu Akazawa; Tatsuo Akechi; Tatsuya Morita; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Toshiaki A. Furukawa
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2010年08月, 査読有り
      • Analysis of Factors Related to the Use of Opioid Analgesics in Regional Cancer Centers in Japan
        Munetoshi Sugiura; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Motohiro Matoba; Motohiko Sano; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2010年07月, 査読有り
      • Can Anti-Infective Drugs Improve the Infection-Related Symptoms of Patients with Cancer during the Terminal Stages of Their Lives?
        Sari Nakagawa; Yoshie Toya; Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Sho Goya; Hitoshi Tanimukai; Yoichi Matsuda; Yumiko Ohno; Hiroshi Eto; Mamiko Tsugane; Tatsuya Takagi; Etsuko Uejima
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2010年05月, 査読有り
      • Care for the Bodies of Deceased Cancer Inpatients in Japanese Palliative Care Units
        Takuya Shinjo; Tatsuya Morita; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2010年01月, 査読有り
      • Care for Imminently Dying Cancer Patients: Family Members' Experiences and Recommendations
        Takuya Shinjo; Tatsuya Morita; Kei Hirai; Mitsunori Miyashita; Kazuki Sato; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2010年01月, 査読有り
      • Late Referrals to Palliative Care Units in Japan: Nationwide Follow-Up Survey and Effects of Palliative Care Team Involvement After the Cancer Control Act
        Tatsuya Morita; Mitsunori Miyashita; Satoru Tsuneto; Kazuki Sato; Yasuo Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2009年08月, 査読有り
      • Can "Steroid Switching'' Improve Steroid-Induced Psychosis in a Patient with Advanced Cancer?
        Nao Okishiro; Hitoshi Tanimukai; Satoru Tsuneto; Noriyuki Ito
        JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 2009年05月, 査読有り
      • The Japan HOspice and Palliative Care Evaluation Study (J-HOPE Study): Views About Legalization of Death With Dignity and Euthanasia Among the Bereaved Whose Family Member Died at Palliative Care Units
        Nao Okishiro; Mitsunori Miyashita; Satoru Tsuneto; Kazuki Sato; Yasuo Shima
        AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 2009年04月, 査読有り
      • A clinical survey of gabapentin for cancer pain management in a university hospital.
        Eto H; Okamoto Y; Tsuneto S; Goya S; Matsuda Y; Tanimukai H; Ohno Y; Tpya Y; Yasuda S; Uejima E
        Jpn J Pharm Palliat Care Sci, 2009年, 査読有り
      • Reactivation of physical motor information in the memory of action events
        Kouhei Masumoto; Masahiko Yamaguchi; Kouichi Sutani; Satoru Tsuneto; Ayako Fujita; Mitsuo Tonoike
        BRAIN RESEARCH, 2006年07月, 査読有り
      • PA105 デス・エデュケーションの実践にあたっての課題 : 実践者への面接調査を用いた探索的検討(ポスター発表A,研究発表)
        赤澤 正人; 平井 啓; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        日本教育心理学会総会発表論文集, 2005年
      • Influence of motoric encoding on forgetting function of memory for action sentences in patients with Alzheimer's disease
        K Masumoto; T Takai; S Tsuneto; T Kashiwagi
        PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 2004年02月, 査読有り
      • Family-perceived distress about appetite loss and bronchial secretion in the terminal phase
        T Morita; K Hirai; Y Sakaguchi; S Tsuneto; Y Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2004年02月, 査読有り
      • Coping strategies and its effects on depression among caregivers of impaired elders in Japan
        K Abe; T Kashiwagi; S Tsuneto
        AGING & MENTAL HEALTH, 2003年05月, 査読有り
      • 希望に関する概念の整理 ─心理学的観点から─
        柏木 哲夫; 大橋 明; 恒藤 暁; KASHIWAGI Tetsuo; TSUNETO Satoru; OHASHI Akira; カシワギ テツオ; オオハシ アキラ; ツネトウ サトル
        大阪大学大学院人間科学研究科紀要, 2003年03月
      • Definition of sedation for symptom relief: A systematic literature review and a proposal of operational criteria
        T Morita; S Tsuneto; Y Shima
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2002年10月, 査読有り
      • A structural model of the relationships among self-efficacy psychological adjustment, and physical condition in Japanese advanced cancer patients
        K Hirai; Y Suzuki; S Tsuneto; M Ikenaga; T Hosaka; T Kashiwagi
        PSYCHO-ONCOLOGY, 2002年05月, 査読有り
      • Pain control with morphine for vertebral metastasis and sciatica in advanced cancer patients.
        Yoshioka H; Tsuneto S; Kashiwagi T
        J Palliat Care, 1994年, 査読有り
      • A CLINICAL SURVEY OF CONTROLLED-RELEASE MORPHINE-SULFATE FOR CANCER PAIN RELIEF IN A JAPANESE HOSPICE
        S TSUNETO; A HAYASHI; M MIYAZAKI; T KASHIWAGI
        POSTGRADUATE MEDICAL JOURNAL, 1991年, 査読有り
      • THIOPENTAL FOR PHANTOM LIMB PAIN DURING SPINAL-ANESTHESIA
        K KOYAMA; S WATANABE; S TSUNETO; H TAKAHASHI; H NAITO
        ANESTHESIOLOGY, 1988年10月, 査読有り
      • Effect of pH-adjustment and concentration of local anesthetics on the onset of epidural anesthesia
        T. Fukuda; S. Sato; N. Okubo; S. Tsuneto; T. Endo
        Japanese Journal of Anesthesiology, 1988年, 査読有り
      • Dependence of the dose-response curve on incision site for intrathecal morphine
        Satoru Tsuneto; Seiji Watanabe; Kanji Koyama; Taeko Fukuda; Hiroshi Yamaguchi; Hiroshi Naito
        Journal of Anesthesia, 1987年03月, 査読有り
      • NORMAC FALSELY RECOGNIZES FRUIT EXTRACT AS AN ANESTHETIC AGENT
        M YAMASHITA; S TSUNETO
        ANESTHESIOLOGY, 1987年01月, 査読有り
      • ANESTHESIA FOR AN INFANT WITH SEVERE HYPERINSULINISM TREATED BY PANCREATECTOMY
        M YAMASHITA; S TSUNETO
        ANESTHESIOLOGY, 1987年12月, 査読有り
      • TRACHEOBRONCHIAL ANGLES IN NEONATES
        S TSUNETO; M YAMASHITA; Y MIYAMOTO
        ANESTHESIOLOGY, 1987年07月, 査読有り

      MISC

      • がん診療連携拠点病院 緩和ケア提供機能に関する薬剤業務の実態調査(1)
        杉浦宗敏; 宮下光令; 佐藤一樹; 森田達也; 恒藤暁; 的場元弘; 佐野元彦; 志真泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2008年
      • がん診療連携拠点病院の緩和ケア提供機能に関する薬剤業務の実態調査(2)
        佐野元彦; 宮下光令; 佐藤一樹; 森田達也; 恒藤暁; 的場元弘; 杉浦宗敏; 志真泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2008年
      • 【苦悩する患者と向き合うための医療者教育はどう実現するか?】マギル大学医学部のカリキュラム開発の歴史と"Healer(癒し人)"の役割を担う医療者の育成
        土屋 静馬; 恒藤 暁; 三好 智子
        医学教育, 2022年08月
      • 【苦悩する患者と向き合うための医療者教育はどう実現するか?】"マインドフルネス"は医療者教育でどう活かされうるのか? マインドフルネスを活用した医療者教育の世界の潮流
        土屋 静馬; 恒藤 暁; 三好 智子
        医学教育, 2022年08月
      • 【苦悩する患者と向き合うための医療者教育はどう実現するか?】Whole Person Care教育の目的と方法
        恒藤 暁; 土屋 静馬; 三好 智子
        医学教育, 2022年08月
      • 【苦悩する患者と向き合うための医療者教育はどう実現するか?】マインドフルネスにある深い気づきと臨床的調和を育む
        恒藤 暁; 土屋 静馬; 三好 智子
        医学教育, 2022年08月
      • 【苦悩する患者と向き合うための医療者教育はどう実現するか?】患者の苦悩へどのように応答するか
        三好 智子; 恒藤 暁; 土屋 静馬
        医学教育, 2022年08月
      • 今の日本で死について語ることができるか?(Are we really prepared to talk about death in Japan?)
        恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • がん患者の遺族による終末期呼吸困難のケアに対する満足度 併存する苦痛症状との関連
        山本 瀬奈; 荒尾 晴惠; 青木 美和; 森 雅紀; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 宗教ががん患者遺族の複雑性悲嘆・うつ・ケアの質評価に与える影響
        青山 真帆; 多田 恵里香; 坂口 幸弘; 高橋 原; 金田 諦晃; 升川 研人; 平山 英幸; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 緩和ケア病棟のケアの質および遺族の悲嘆・抑うつの施設間差とベンチマーキングの検討
        関澤 麻菜香; 青山 真帆; 升川 研人; 平山 英幸; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 東アジア3カ国における臨死期のSpiritual well-beingに関連する因子の探索
        平塚 裕介; Suh Sang-Yeon; Kim Sun-Hyun; Cheng Shao-Yi; Hui David; Chen Ping-Jen; 山口 崇; 森田 達也; 恒藤 暁; 森 雅紀; 井上 彰
        Palliative Care Research, 2021年06月
      • 【産婦人科患者説明ガイド-納得・満足を引き出すために】悪性腫瘍 積極的ながん治療を中止するときの患者説明
        木原 歩美; 恒藤 暁
        臨床婦人科産科, 2021年04月
      • 緩和ケアの現状と呼吸ケア・リハビリテーションへの期待
        恒藤 暁
        日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2021年02月
      • 死の臨床に向き合い、受けとめるために 「死にゆく人と共にあること」プロジェクトからの学び(第16回) Whole Person Careとしての緩和ケア
        恒藤 暁
        エンド・オブ・ライフケア, 2020年05月
      • 死に関する情報を含む映像に対する関心・死別体験と情動変化の関連
        尾崎 勝彦; 恒藤 暁
        死の臨床, 2004年11月
      • 当院におけるフェンタニルパッチとモルヒネの併用症例の検討
        池永 昌之; 川辺 圭一; 諏訪 直子; 大橋 洋平; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年10月
      • わが国のホスピス・緩和ケア病棟における遺族ケア提供体制の現状
        坂口 幸弘; 高山 圭子; 田村 恵子; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年10月
      • がん患者の配偶者が患者から受け取ったサポート 夫婦のセルフケアとは
        塩崎 麻里子; 平井 啓; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年10月
      • 終末期における生命維持治療を中止する医師の意向に関連する要因の探索
        舩原 徹雄; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年10月
      • 日本人にとっての"Good Death"の構成概念に関する研究
        江畑 喜和; 平井 啓; 恒藤 暁; 森田 達也; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年10月
      • 大学生への介入プログラムによるデス・エデュケーションが及ぼす効果
        赤澤 正人; 平井 啓; 恒藤 暁
        死の臨床, 2003年10月
      • ホスピスにおける遺族への教育的介入の試み
        坂口 幸弘; 高山 圭子; 青木 英恵; 坂本 麻由; 飯田 和子; 玉田 陽子; 田村 恵子; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        ターミナルケア, 2003年07月
      • 末期がん患者のホスピス入院期間と急変による死が遺族の精神的健康に及ぼす影響
        坂口 幸弘; 池永 昌之; 田村 恵子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        ターミナルケア, 2003年05月
      • 一般病院における末期がん患者へのソーシャルワーク 円滑な自宅への退院援助についての考察
        本家 裕子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        医療と福祉, 2003年03月
      • ホスピス入院患者の一時外泊と遺族の心理的適応との関係
        坂口 幸弘; 池永 昌之; 田村 恵子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        緩和医療学, 2003年01月
      • 小学生の死の意識と概念に影響を及ぼす要因に関する研究
        赤澤 正人; 平井 啓; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2002年10月
      • オピオイドによる治療が困難ながん性疼痛に対するケタミン内服投与の検討
        大山 直子; 新田 美鈴; 川辺 圭一; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2002年10月
      • 気道分泌過多に対するスコポラミン持続皮下注入の有効性の検討
        池永 昌之; 新田 美鈴; 大山 直子; 川辺 圭一; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2002年10月
      • ホスピスにおける遺族のサポートグループの現状分析
        坂口 幸弘; 恒藤 暁; 柏木 哲夫; 高山 圭子; 青木 英恵; 田村 恵子; 池永 昌之
        死の臨床, 2002年10月
      • 死別体験と死生観ががん告知に対する態度に与える影響
        舩原 徹雄; 平井 啓; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2002年10月
      • 日本人にとって"Good Death"の構成要素に関する探索的研究
        江畑 喜和; 平井 啓; 恒藤 暁; 柏木 哲夫; 森田 達也
        死の臨床, 2002年10月
      • 一週一話 フェンタニルパッチによる癌性疼痛治療
        恒藤 暁
        日本医事新報, 2002年09月
      • 遺族の感情表出が精神的健康に及ぼす影響 感情表出は本当に有効な対処方法なのか?
        坂口 幸宏; 恒藤 暁; 柏木 哲夫; 池永 昌之; 田村 恵子
        死の臨床, 2002年09月
      • がん疼痛治療の動向 新しい貼付型オピオイド鎮痛薬フェンタニルパッチ
        恒藤 暁
        ペインクリニック, 2002年08月
      • がん性疼痛治療におけるフェンタニル貼付剤(デュロテップパッチ)の使用法と臨床的有用性
        水口 公信; 平賀 一陽; 恒藤 暁
        薬理と治療, 2001年12月
      • 死別後の対処行動 感情表出は本当に悲しみを癒すのか?
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        死の臨床, 2001年10月
      • 緩和医療における腎瘻造設の臨床的検討
        大山 直子; 新田 美鈴; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2001年10月
      • 末期がん患者に対する輸血の有効性
        新田 美鈴; 大山 直子; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2001年10月
      • 癌疼痛治療 モルヒネ注射薬の臨床
        大山 直子; 恒藤 暁
        Pharma Medica, 2001年10月
      • フェノバルビタールのconscious sedationにおける使用法
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 2001年10月
      • 【わかる できる がんの症状マネジメント】がん患者の痛みの特徴
        大山 直子; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 2001年10月
      • 【わかる できる がんの症状マネジメント】痛み以外の症状の理解とマネジメント 終末期の倦怠感 倦怠感の薬物治療
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 2001年10月
      • 【わかる できる がんの症状マネジメント】痛み以外の症状の理解とマネジメント 鎮静(セデーション) 鎮静の適応と注意すべき問題点
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 2001年10月
      • 【わかる できる がんの症状マネジメント】がんの痛みの理解とマネジメント モルヒネが効きにくい痛み オピオイドが効きにくい痛みの治療
        新田 美鈴; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 2001年10月
      • 【ペインコントロール 癌及び非癌性疼痛緩和研究の進歩】癌疼痛治療におけるインフォームドコンセント
        池永 昌之; 恒藤 暁
        日本臨床, 2001年09月
      • 緩和医療の目指すもの
        恒藤 暁
        和歌山医学, 2001年09月
      • 症状緩和のためのエッセンシャルドラッグ
        恒藤 暁
        死の臨床, 2001年09月
      • 配偶者喪失後の精神的健康に関連する死別前要因に関する予備的研究
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        死の臨床, 2001年09月
      • 死別経験による遺族の人間的成長
        東村 奈緒美; 坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        死の臨床, 2001年09月
      • 癌性疼痛に対するフェンタニルパッチ(KJK-4263)の臨床評価(1) 安全性・有効性・体内動態についての検討
        水口 公信; 山村 秀夫; 武田 文和; 平賀 一陽; 有吉 寛; 恒藤 暁
        医薬ジャーナル, 2001年08月
      • 癌性疼痛に対するフェンタニルパッチ(KJK-4263)の臨床評価(2) 換算表に基づいた切り替え及び継続投与時の検討
        水口 公信; 山村 秀夫; 武田 文和; 平賀 一陽; 阿部 力哉; 戸澤 隆司; 有吉 寛; 恒藤 暁; 大橋 靖雄
        医薬ジャーナル, 2001年08月
      • 末期がん患者の心理的適応におけるソーシャルサポートの影響に関する研究
        平井 啓; 鈴木 要子; 坂口 幸弘; 恒藤 暁; 池永 昌之; 田村 恵子; 柏木 哲夫
        ターミナルケア, 2001年07月
      • 【緩和ケアとリハビリテーション】呼吸困難への対応
        池永 昌之; 恒藤 暁
        Journal of Clinical Rehabilitation, 2001年07月
      • 【内科医のためのがん性疼痛治療】がん性疼痛治療の実際 モルヒネの効きにくいがん性疼痛に対する鎮痛補助薬の使い方
        池永 昌之; 恒藤 暁
        臨床医, 2001年03月
      • 【がん患者に起こる痛みの治療におけるモルヒネの使い方】鎮痛補助薬の使い方
        新田 美鈴; 恒藤 暁
        実験治療, 2000年12月
      • 淀川キリスト教病院ホスピスにおける癌末期治療におけるオピオイドの使用状況
        小野 彪; 恒藤 暁
        化学療法の領域, 2000年11月
      • 症状緩和のためのエッセンシャルドラッグ
        恒藤 暁
        死の臨床, 2000年10月
      • 末期咽頭・喉頭がん患者の臨床症状と緩和ケア
        池永 昌之; 恒藤 暁; 新田 美鈴; 大山 直子; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2000年10月
      • 病床で洗礼を受けた末期患者における宗教的ケアの役割
        新田 美鈴; 恒藤 暁; 大山 直子; 池永 昌之; 藤井 理恵; 玄元 清子; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2000年10月
      • 末期がん患者の主観的症状・障害と心理的適応
        鈴木 要子; 平井 啓; 恒藤 暁; 池永 昌之; 田村 恵子; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2000年10月
      • 末期がん患者のソーシャルサポートと心理的適応
        平井 啓; 鈴木 要子; 恒藤 暁; 池永 昌之; 田村 恵子; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2000年10月
      • 【がんの外来治療】外来診療におけるホスピス・緩和ケア
        池永 昌之; 恒藤 暁
        癌と化学療法, 2000年10月
      • 【最新の緩和医療・在宅医療】当院ホスピスにおける在宅医療の現状と課題
        恒藤 暁
        日本癌治療学会誌, 2000年09月
      • 骨盤内悪性腫瘍に伴うがん性疼痛の特徴と治療の有効性
        池永 昌之; 恒藤 暁; 茅根 義和; 川辺 圭一; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2000年08月
      • がん疼痛治療におけるモルヒネの問題点
        恒藤 暁
        がん患者と対症療法, 2000年05月
      • 【21世紀の注目される医学医療動向のキーワード】緩和医療(ホスピス)
        恒藤 暁
        クリニシアン, 2000年01月
      • 緩和医療 終末期医療における緩和ケアの現状と将来 緩和医療の現状
        恒藤 暁
        日本医学会総会会誌, 1999年12月
      • 骨盤内腫瘍に伴うがん性疼痛の現状と治療成績
        池永 昌之; 恒藤 暁; 茅根 義和; 川辺 圭一; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1999年08月
      • 末期がん患者に対する睡眠確保としてのミダゾラムの使用状況
        川辺 圭一; 恒藤 暁; 池永 昌之; 茅根 義和; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1999年08月
      • ホスピスと訪問看護ステーションの連携 合同カンファレンスを通して
        寺下 幸子; 高沢 洋子; 恒藤 暁; 池永 昌之; 茅根 義和; 田村 恵子
        死の臨床, 1999年08月
      • 神経症候群II 中毒性疾患(薬物・化学物質) 薬物(副作用を含む) モルヒネ
        池永 昌之; 恒藤 暁
        日本臨床, 1999年07月
      • 末期がん患者における少量フェノバルビタールの持続皮下注入によるconscious sedation
        茅根 義和; 恒藤 暁; 池永 昌之; 林 博文; 藤井 勇一; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1999年07月
      • 症状コントロール困難な患者のQOLを考える 終末期に一時退院を試みた症例を通して
        恒藤 暁; 長谷川 朝子
        死の臨床, 1999年07月
      • 癌患者の心理とケアー ホスピス医の立場から
        恒藤 暁
        日本外科系連合学会誌, 1999年06月
      • 【ここまで進んでいる症状緩和の技術 中枢及び末梢神経の障害と緩和ケア】がん患者の末梢神経障害 骨盤内がん浸潤による末梢神経障害の症状をコントロールする 直腸がん,子宮がんによる骨盤内神経叢への浸潤の病態,診断,治療
        池永 昌之; 恒藤 暁
        がん看護, 1999年05月
      • 遺族が抱える精神的問題の実態 故人との続柄別での検討
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁; 平井 啓; 池永 昌之; 田村 恵子
        ターミナルケア, 1999年05月
      • 【癌性疼痛管理をめぐるチーム医療】緩和医療におけるチーム医療の意義と実践
        池永 昌之; 恒藤 暁
        がん患者と対症療法, 1999年04月
      • 緩和医療入門 家族のケア
        恒藤 暁
        最新医学, 1999年02月
      • がん性疼痛に対する鎮痛補助薬の使い方
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ペインクリニック, 1998年10月
      • 末期がん患者における少量フェノバルビタールの持続皮下注入によるconscious sedation
        茅根 義和; 恒藤 暁; 池永 昌之; 藤井 勇一; 林 博文; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1998年10月
      • 末期がん患者の食欲不振に対するメドロキシプロゲステロンの効果
        池永 昌之; 恒藤 暁; 茅根 義和; 藤井 勇一; 林 博文; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1998年10月
      • 悪性腫瘍の脊椎転移による症状の出現時期と放射線治療の有効性に関する検討
        林 博文; 恒藤 暁; 池永 昌之; 茅根 義和; 藤井 勇一; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1998年10月
      • 「死生観の共有体験」としての在宅ホスピスケア 家族の「支え」の視点から
        松山 奏; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1998年10月
      • がん患者が医療に求めることの変化 ホスピスケア受療にいたる迄の過程において
        鈴木 要子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1998年10月
      • 死別後の不適応家族に関する探索的研究
        坂口 幸弘; 高田 智子; 平井 啓; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        死の臨床, 1998年10月
      • ターミナルケアにおけるセデーションの現状と課題
        恒藤 暁
        死の臨床, 1998年09月
      • 消化管閉塞のある末期がん患者の特徴とその管理
        池永 昌之; 恒藤 暁; 茅根 義和; 細井 順; 柏木 哲夫
        死の臨床, 1998年09月
      • 【モルヒネの効かない癌疼痛の治療】抗不整脈薬による癌疼痛の治療
        橋本 典夫; 恒藤 暁
        ペインクリニック, 1998年08月
      • 末期がん患者の死への対応に関する研究
        平井 啓; 柏木 哲夫; 恒藤 暁; 池永 昌之; 細井 順; 坂口 幸弘; 山本 一成; 山本 惠子
        ターミナルケア, 1998年08月
      • 【輸液を考える】末期がん患者の輸液の現状と課題
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1998年08月
      • 【痛みを直接対象とした薬物療法と看護ケア】がん性疼痛と鎮痛補助薬 モルヒネの効く痛み,効きにくい痛み
        池永 昌之; 恒藤 暁
        がん看護, 1998年07月
      • 【痛みを直接対象とした薬物療法と看護ケア】Neuropathic Painの治療の実際
        池永 昌之; 恒藤 暁
        がん看護, 1998年07月
      • 【難治疾患の緩和医療】病態の診断と治療目標 末期癌患者における消化管閉塞
        池永 昌之; 恒藤 暁
        カレントテラピー, 1998年06月
      • 【在宅で診るがんの痛み】モルヒネ以外の鎮痛薬によるがん性疼痛管理
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 1998年03月
      • 【癌性疼痛治療】塩酸モルヒネ注射剤の癌疼痛に対する適応と限界 持続皮下注射
        細井 順; 恒藤 暁; 池永 昌之
        がん患者と対症療法, 1998年03月
      • ターミナルケアにおけるセデーションの現状と課題
        恒藤 暁
        死の臨床, 1997年10月
      • フェンタニルの持続皮下注入によるがん性疼痛の治療
        細井 順; 恒藤 暁; 池永 昌之
        死の臨床, 1997年09月
      • がんの症状マネジメント モルヒネによる疼痛マネジメント モルヒネによる疼痛マネジメントとは
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1997年06月
      • がんの症状マネジメント コルチコステロイドによるマネジメント コルチコスチロイドを使いこなす
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 1997年06月
      • がんの症状マネジメント 神経症状・その他のマネジメント 高カルシウム血症に対応するには
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 1997年06月
      • 緩和医療における全身倦怠感と食欲不振に対するステロイドの有効性と副作用
        池永 昌之; 恒藤 暁; 前野 宏
        ターミナルケア, 1997年03月
      • モルヒネを有効に使用するための7箇条 癌性疼痛患者における抗うつ薬の使い方
        池永 昌之; 恒藤 暁
        がん患者と対症療法, 1997年02月
      • ターミナルケア 医師の立場から
        恒藤 暁
        心身医学, 1997年02月
      • 副作用でモルヒネが使用できない場合には ブプレノルフィンとフェンタニルの使い方
        池永 昌之; 恒藤 暁; 細井 順
        ターミナルケア, 1997年01月
      • 精神医学・心理学的アプローチ がん患者・家族へのアプローチ
        恒藤 暁
        クリニシアン, 1997年01月
      • 末期がん患者の現状に関する研究
        恒藤 暁; 池永 昌之; 細井 順
        ターミナルケア, 1996年11月
      • 末期癌患者の消化管閉塞に対するオクトレオチドの効果
        前野 宏; 池永 昌之; 恒藤 暁
        死の臨床, 1996年09月
      • がん患者の痛みのマネジメント 薬による痛み治療 鎮痛補助薬の使い方
        恒藤 暁
        JJNスペシャル, 1996年07月
      • セデーションの現状と課題
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1996年07月
      • スピリチュアルケアとは何か ホスピスにおけるスピリチュアルケアの実際
        中西 美知江; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 1996年05月
      • 末期がん患者の全身倦怠感への対応
        恒藤 暁
        ホスピスケア, 1996年02月
      • がん性疼痛に対するNSAIDsの選択と投与量
        恒藤 暁; 加藤 佳子; 志真 泰夫
        ターミナルケア, 1996年01月
      • 外科医のための緩和ケア 緩和ケアにおける各種身体症状のコントロール
        前野 宏; 恒藤 暁
        臨床外科, 1995年12月
      • 患者さんを癌の痛みから解放する モルヒネが効かない痛みにどう対応するか モルヒネ以外の鎮痛対策
        恒藤 暁
        Expert Nurse, 1995年10月
      • 整形外科領域におけるターミナルケア ホスピスの現状と展望
        恒藤 暁
        骨・関節・靱帯, 1995年09月
      • 死亡直前における末期癌患者の耐え難い苦痛にいかに対処するか? 鎮静の必要性
        池永 昌之; 恒藤 暁; 前野 宏
        死の臨床, 1995年09月
      • 薬剤師の病棟実務 患者指導の実際 癌患者への服薬指導
        内山 ひとみ; 保田 静枝; 恒藤 暁
        医薬ジャーナル, 1995年09月
      • 進行がんの治療 QOLの向上を目指して 癌の疼痛対策 モルヒネを中心に
        恒藤 暁
        綜合臨床, 1995年08月
      • こんな時ステロイド その使用の実際 ターミナルケアにおけるステロイドの有効性と課題
        池永 昌之; 恒藤 暁
        ターミナルケア, 1995年07月
      • モルヒネの効きにくい痛みへの対応 鎮痛補助薬の使用法
        恒藤 暁
        治療学, 1995年06月
      • モルヒネの効かない痛み 鎮痛補助薬としての抗不整脈薬の使い方
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1995年03月
      • 症状緩和治療の進歩 モルヒネに抵抗するがん性疼痛に対するリドカインの持続皮下注入法の試み
        前野 宏; 恒藤 暁; 池永 昌之
        ターミナルケア, 1994年05月
      • 世界のホスピス・PCUその現状 イギリスのホスピスの現状
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1993年11月
      • 末期癌患者の余命 症状やADL障害との関係について
        恒藤 暁
        死の臨床, 1993年10月
      • 地域におけるターミナルケア イギリスにおけるターミナルケア
        恒藤 暁
        公衆衛生, 1993年09月
      • がん末期患者の呼吸困難の緩和について
        恒藤 暁
        ホスピスケア, 1993年07月
      • 抗癌剤の併用薬 作用増強・副作用軽減をめざして 末期医療における精神的援助 精神症状への対応と向精神薬の使用法
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        医学のあゆみ, 1993年01月
      • モルヒネを使いこなそう 経口モルヒネのフローチャート式副作用対策
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1993年01月
      • 末期がんにおける症状コントロールの要点
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1992年03月
      • ターミナルケアと痛み
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        健康と環境, 1991年12月
      • 癌患者の心の痛みと薬物治療
        恒藤 暁
        がん患者と対症療法, 1991年09月
      • 痛みとターミナルケア 疼痛コントロールにおける鎮痛補助薬の使用法
        恒藤 暁
        ターミナルケア, 1991年07月
      • Palliative careをめぐる最近の話題 ホスピスにおける痛み
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        Pharma Medica, 1991年06月
      • ホスピスにおけるチームアプローチ ホスピス医の立場から
        恒藤 暁
        日本病院会雑誌, 1991年03月
      • 癌患者のパリアティブ・ケアにおける薬物療法の知恵(9) 痛みのコントロール モルヒネの副作用対策(8) 発汗
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        最新医学, 1990年12月
      • 癌患者のパリアティブ・ケアにおける薬物療法の知恵(8) 痛みのコントロール モルヒネの副作用対策(7) 排尿障害
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        最新医学, 1990年11月
      • 癌在宅療法におけるモルヒネの使い方 モルヒネ製剤使い方の実験 モルヒネ製剤の副作用の防止・処置・軽減化 中枢系,その他
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        臨床と薬物治療, 1990年11月
      • ターミナルケアにおける向精神薬の役割
        恒藤 暁
        死の臨床, 1990年09月
      • 癌末期の疼痛
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        日本医事新報, 1990年07月
      • 癌患者のパリアティブ・ケアにおける薬物療法の知恵(4) 痛みのコントロール モルヒネの副作用対策(3) 眠気
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        最新医学, 1990年07月
      • 生きかえるターミナル・ケア ホスピスの立場から ターミナル・ケアでどんな失敗をするか
        恒藤 暁
        看護実践の科学, 1990年04月
      • ホスピスにおける持続皮下注入法
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        ペインクリニック, 1990年04月
      • 麻薬 医師の立場から
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        医薬ジャーナル, 1989年09月
      • 〔再発胃癌の治療〕再発胃癌のターミナルケア
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        消化器外科, 1989年09月
      • 〔癌のターミナルケア〕末期癌患者の疼痛対策
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        癌と化学療法, 1989年04月
      • ホスピスにおける症状コントロール 持続皮下注入法の有用性について
        恒藤 暁
        死の臨床, 1988年11月
      • ブラント麻酔用気管内チューブカフの内圧変化
        恒藤 暁; 渡辺 誠治
        臨床麻酔, 1988年09月
      • ヤマカガシ
        渡辺 誠治; 恒藤 暁; 松本 雄二郎
        救急医学, 1988年04月
      • 新生児の気管気管支分岐角
        恒藤 暁
        麻酔, 1987年09月
      • ソフトフィット耳栓の偏耳聴診器への応用
        山下 正夫; 恒藤 暁; Hugin Werner
        臨床麻酔, 1987年07月
      • くも膜下腔超微量モルヒネ投与の効果(第一報) 胸部・上腹部手術後疼痛対策
        福田 妙子; 渡辺 誠治; 恒藤 暁
        日本臨床麻酔学会誌, 1987年05月
      • 局所麻酔薬(キシロカイン(R))の容器に混入したグルコン酸クロールヘキシジン(ヒビテン(R))によると思われるアナフィラキシーショックの一例
        恒藤 暁; 渡辺 誠治; 小山 完二
        日本臨床麻酔学会誌, 1987年05月
      • 〔小児の集中治療〕急性薬物および化学物質中毒のIntensive Care
        渡辺 誠治; 恒藤 暁
        小児内科, 1986年11月
      • 癌末期患者におけるケタミン睡眠の分析
        恒藤 暁
        日本臨床麻酔学会誌, 1986年10月
      • 髄腔内超微量モルヒネ投与による術後疼痛対策 各皮節レベルにおける投与量と有効率
        恒藤 暁
        麻酔, 1986年09月
      • ヤマカガシの頸腺毒による眼損傷の1症例
        恒藤 暁
        薬事, 1986年08月
      • McMaster大学医学部における留学体験
        恒藤暁
        医学教育, 1981年12月
      • Integration of Oncology and Palliative Careの展望 がん診断時からの緩和ケアを提供するための患者のアンメットニーズに関する研究
        内藤 明美; 釆野 優; 森田 達也; 堀江 良樹; 小山田 隼佑; 野里 洵子; 小島 康幸; 陶山 久司; 森 雅紀; 中島 貴子; 清水 千佳子; 恒藤 暁; 武藤 学
        Palliative Care Research, 2020年08月, 査読有り
      • Integration of Oncology and Palliative Careの展望 「がんと診断されたときからの緩和ケア」の推進に関わる厚生労働行政への提言の策定
        釆野 優; 堀江 良樹; 森田 達也; 内藤 明美; 小山田 隼佑; 陶山 久司; 小島 康幸; 野里 洵子; 森 雅紀; 中島 貴子; 清水 千佳子; 恒藤 暁; 武藤 学
        Palliative Care Research, 2020年08月, 査読有り
      • Perspectives and attitudes toward the integration of oncology and palliative care in Japan: Qualitative analysis of a nationwide survey.
        Yu Uneno; Mayumi Nishimura; Satoko Ito; Tatsuya Morita; Kazuki Sato; Masanori Mori; Chikako Shimizu; Yoshiki Horie; Mami Hirakawa; Takako Eguchi Nakajima; Satoru Tsuneto; Manabu Muto
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2018年12月
      • がん緩和ケア患者への機械学習を応用した新しい視点“Lifeome(ライフオーム)”の提案
        嶋田和貴; 恒藤暁
        Palliative Care Research (Web), 2022年
      • 肺がんによる死別が遺族に与える肯定的影響について
        嶋田和貴; 恒藤暁; 坂口幸弘; 森田達也; 木澤義之; 志真泰夫; 升川研人; 宮下光令
        日本呼吸器学会誌(Web), 2022年
      • 機械学習によるがん緩和ケアの包括的補助ツール作成についての基盤的検討
        嶋田和貴; 恒藤暁
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2022年
      • 機械学習によるがん緩和ケアの包括的補助ツール作成についての基盤的検討
        嶋田和貴; 恒藤暁
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 機械学習を用いた肺がんにおける緩和ケアの特徴分析
        嶋田和貴; 恒藤暁
        日本呼吸器学会誌(Web), 2021年
      • ホスピス・緩和ケア病棟患者における専門職によるリハビリテーションの満足度と関連要因 J-HOPE4付帯研究
        長谷川 貴昭; 明智 龍男; 大佐賀 智; 辻 哲也; 奥山 徹; 桜井 春香; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2022年07月
      • 質の高い緩和ケアを日本全国に普及させるために取り組むべき課題-日本緩和医療学会,日本ホスピス緩和ケア協会会員を対象とした調査-
        宮下光令; 三條真紀子; 森田達也; 木澤義之; 志真泰夫; 下山直人; 恒藤暁; 平賀一陽; 平井啓; 佐藤一樹; 内富庸介
        日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集, 2006年
      • 末期心不全患者に対する緩和ケアの現状と課題
        助石有沙美; 北田徳昭; 赤澤麻衣子; 池見泰明; 米澤淳; 中川貴之; 加藤貴雄; 木村剛; 恒藤暁; 松原和夫
        日本病院薬剤師会近畿学術大会, 2020年02月16日
      • Authors' Reply to Twycross
        Tatsuya Morita; Hamamatsu Shizuoka; Judith A. Rietjens; Kengo Imai; Masanori Mori; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2017年06月
      • Authors' Reply to Rady and Verheijde
        Tatsuya Morita; Judith A. Rietjens; Kengo Imai; Masanori Mori; Satoru Tsuneto
        JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 2017年06月
      • Family caregivers require mental health specialists for end-of-life psychosocial problems: A nation-wide survey from the Japan Hospice and Palliative care Evaluation study (JHOPE2)
        Makoto Kobayakawa; Hitoshi Okamura; Akemi Yamagishi; Tatsuya Morita; Shohei Kawagoe; Megumi Shimizu; Taketoshi Ozawa; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima; Mitsunori Miyashita
        PSYCHO-ONCOLOGY, 2016年10月
      • Uniform definition of continuous-deep sedation
        Tatsuya Morita; Isseki Maeda; Masanori Mori; Kengo Imai; Satoru Tsuneto
        LANCET ONCOLOGY, 2016年06月
      • Past, present, and future of palliative care in Japan
        Satoru Tsuneto
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2013年01月
      • J-HOPE study: Evaluation of end-of-life cancer care in Japan from the perspective of bereaved family members
        M. Miyashita; T. Morita; K. Sato; S. Tsuneto; Y. Shima
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2009年05月
      • Reductive effects of social support and caregiving mastery on caregiver's stress
        K Abe; S Tsuneto; A Fujita
        GERONTOLOGIST, 2005年10月
      • Varieties of caregiving services and family caregiver's stress
        K Abe; S Tsuneto; A Fujita
        GERONTOLOGIST, 2004年10月
      • An adaptation of the two-factor model of caregiving appraisal and psychological well-being to Japanese family caregivers
        K Abe; S Tsuneto; T Kashiwagi
        GERONTOLOGIST, 2003年10月
      • ホスピス・緩和ケア病棟を検証する
        恒藤暁
        病院, 2002年
      • どのような緩和ケアが求められているか (特集 外科医のための緩和ケア・マニュアル)
        恒藤 暁
        外科治療 = Surgical therapy : 外科系臨床雑誌, 2001年11月
      • Proposed definitions for terminal sedation
        T Morita; S Tsuneto; Y Shima
        LANCET, 2001年07月
      • Self-efficacy and psychological adjustment of advanced cancer patients in Japan
        K Hirai; Y Suzuki; T Kashiwagi; S Tsuneto; T Hosaka
        PSYCHO-ONCOLOGY, 2000年09月
      • 緩和医療入門-8完-緩和医療の展望
        恒藤 暁
        最新医学, 1999年03月
      • がん悪疫質症候群
        恒藤暁
        最新緩和医療学, 1999年
      • 霊的苦痛の緩和
        恒藤暁
        最新緩和医療学, 1999年
      • 身体苦痛の緩和 鎮痛補助薬
        恒藤暁
        最新緩和医療学, 1999年
      • 精神的苦痛の緩和
        恒藤暁
        最新緩和医療学, 1999年
      • 講座 緩和医療入門シリ-ズ(8)緩和医療総論--コミュニケ-ション(その2)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年05月
      • 講座<緩和医療入門>シリ-ズ(7)緩和医療総論--コミュニケ-ション(その1)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年04月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(6)緩和医療総論--タ-ミナルステ-ジ
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年03月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(5)緩和医療総論--末期がん患者の特徴(その3)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年02月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(4)緩和医療総論--末期がん患者の特徴(その2)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年01月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(3)緩和医療総論--末期がん患者の特徴(その1)
        恒藤 暁
        最新医学, 1996年12月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(2)緩和医療総論--全人的苦痛とチ-ム医療
        恒藤 暁
        最新医学, 1996年11月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(1)緩和医療総論--緩和医療の歴史と現状
        恒藤 暁
        最新医学, 1996年10月
      • 末期医療における精神的援助と向精神薬の使用法
        恒藤暁
        泌尿器外科, 1994年
      • 柏木哲夫:ターミナルケアと末期がん患者のQOL
        恒藤暁
        こころの科学, 1993年
      • AN ADAPTER FOR THE DINAMAP-1846 CUFF CONNECTOR
        M YAMASHITA; K MOTOKAWA; S TSUNETO
        ANESTHESIOLOGY, 1987年05月
      • ALCOHOL VAPOR AND THE NORMAC ANALYZER
        M YAMASHITA; S TSUNETO
        ANAESTHESIA, 1987年02月
      • ターミナルステージにおける予後推定と医師の対応
        竹中 裕昭; 恒藤 暁; 伴 信太郎
        プライマリ・ケア = Japanese journal of primary care, 2001年09月15日
      • 臨床 在宅ケアのためのがん疼痛マネジメント最前線(2)オピオイドの使用法
        合屋 将; 恒藤 暁
        MD : medical doctor : 明日を創る医療総合誌, 2007年09月
      • 在宅ケアのためのがん疼痛マネジメント最前線(1)がん患者の痛みの評価と治療
        合屋 将; 恒藤 暁
        MD, 2007年08月
      • 1L-09 自然観と死生観および実存的満足度との関連(環境教育・STS教育・総合的学習,一般研究発表(口頭発表),日本理科教育学会第57回全国大会)
        尾崎 勝彦; 増本 康平; 平井 啓; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        日本理科教育学会全国大会要項, 2007年
      • 1H-14「自然に親しむこと」と「科学」の心理的乖離(環境教育・STS教育・総合的学習, 日本理科教育学会 第56回全国大会)
        尾崎 勝彦; 増本 康平; 平井 啓; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        日本理科教育学会全国大会要項, 2006年
      • 臨床 在宅ケアのためのがん疼痛マネジメント最前線(3・最終回)非オピオイド性鎮痛薬、鎮痛補助薬の使用法
        合屋 将; 恒藤 暁
        MD : medical doctor : 明日を創る医療総合誌, 2007年10月
      • Adaptive/maladaptive Bereaved Families based on Perceptions of Family Functioning
        SAKAGUCHI Yukihiro; KASHIWAGI Tetsuo; TSUNETO Satoru
        心身医学, 2001年01月
      • Total Pain に対する緩和ケアの実践と研究
        恒藤 暁
        The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌, 2003年06月25日
      • がん疼痛マネジメントにおけるフェンタニルパッチの使用経験と課題
        恒藤 暁; 志真 泰夫
        The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌, 2003年06月25日
      • B-10 一般成人の科学に関する意識調査 : 第3報:無作為抽出標本による調査
        尾崎 勝彦; 平井 啓; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        日本理科教育学会近畿支部大会(大阪大会)発表要旨集, 2004年
      • 家族の死に関連して生じるストレッサー--「二次的ストレッサー」に関する探索的検討
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        家族心理学研究, 1999年11月
      • 1H-15 自然観の構成と尺度化の試み(環境・STS・総合的学習,一般研究,日本理科教育学会第55回全国大会)
        尾崎 勝彦; 平井 啓; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        日本理科教育学会全国大会要項, 2005年
      • 老年期における配偶者との死別後の精神的健康と家族環境
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        老年精神医学雑誌, 1999年09月
      • 緩和ケア病棟における終末期呼吸困難のケアの評価と終末期ケアの評価の関連:多施設遺族調査からの報告
        山本瀬奈; 荒尾晴恵; 青木美和; 森雅紀; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 升川研人; 宮下光令
        日本がんサポーティブケア学会学術集会プログラム・抄録集, 2021年
      • 看取り前の病院での終末期がん患者の入浴の実態と遺族による評価:遺族調査より
        林ゑり子; 林ゑり子; 林ゑり子; 青山真帆; 升川研人; 宮下光令; 森田達也; 志真泰夫; 木澤義之; 恒藤暁
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 持続的深い鎮静の適応を評価する客観的指標の開発に関する研究
        内藤明美; 森田達也; 今井堅吾; 池永昌之; 浜野淳; 安保博文; 木澤義之; 恒藤暁
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • がん患者遺族のうつ・複雑性悲嘆の予測モデルの開発
        青山真帆; 宮下光令; 升川研人; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 明智龍男
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 日本と英国のホスピス・緩和ケア病棟における死亡前2日間と死亡後のケアの質比較
        石田美空; 五十嵐尚子; 升川研人; 青山真帆; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 宮下光令
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • がん患者遺族の希死念慮と関連要因
        青山真帆; 宮下光令; 升川研人; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 明智龍男
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 医療者と遺族の終末期せん妄の有無に関する認識の一致度とその関連要因
        内田恵; 内田恵; 明智龍男; 明智龍男; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 升川研人; 森雅紀; 宮下光令
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 独居がん患者と同居家族がいるがん患者の望ましい死の達成度の死亡場所別の比較:多施設遺族調査の二次解析
        五十嵐尚子; 青山真帆; 升川研人; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 宮下光令
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 認知機能低下のあるがん患者への家族の介護体験と介護負担感の関連-緩和ケア病棟で患者を看取った家族への遺族調査結果より-
        青木美和; 荒尾晴惠; 高尾鮎美; 山本瀬奈; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 升川研人; 宮下光令
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 原発不明がん患者の検査・診断に伴う苦悩-3大がんとの比較-
        石田京子; 石田京子; 石田京子; 安藤詳子; 小松弘和; 森田達也; 佐藤一樹; 内田恵; 明智龍男; 佐橋朋代; 足立珠美; 古川陽介; 古川陽介; 村田有希; 升川研人; 五十嵐尚子; 志真康夫; 木澤義之; 恒籐暁; 宮下光令
        Palliative Care Research (Web), 2021年
      • 原発不明がん患者の家族の苦悩と患者の望ましい死の達成および遺族の抑うつとの関連:J-HOPE付帯調査
        石田京子; 石田京子; 石田京子; 安藤詳子; 小松弘和; 森田達也; 佐藤一樹; 内田恵; 明智龍男; 佐橋朋代; 足立珠美; 村田有希; 古川陽介; 古川陽介; 升川研人; 五十嵐尚子; 志真泰夫; 木澤義之; 恒藤暁; 宮下光令
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2021年
      • ホスピス・緩和ケア病棟の遺族が療養を振り返って希望する緩和的リハビリテーションの内容:J-HOPE4付帯研究
        長谷川貴昭; 明智龍男; 明智龍男; 大佐賀智; 辻哲也; 奥山徹; 奥山徹; 桜井春香; 升川研人; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 宮下光令
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2021年
      • 原発性悪性脳腫瘍患者における終末期ケアの質の評価-ホスピス・緩和ケア病棟での多施設遺族調査-
        杉山育子; 青山真帆; 佐藤一樹; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 宮下光令
        日本がん看護学会誌(Web), 2017年
      • 在宅がん患者の精神症状と介護者の精神的つらさの関連について
        小早川誠; 小川朝生; 金野倫子; 倉田明子; 青山真帆; 森田達也; 木澤義之; 恒藤暁; 志真泰夫; 宮下光令
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2016年
      • 希望する療養場所と実際の療養場所の一致が患者のquality of life,遺族の悲嘆・抑うつへ与える影響
        首藤真理子; 首藤真理子; 森田達也; 森田達也; 青山真帆; 青山真帆; 木澤義之; 木澤義之; 恒藤暁; 恒藤暁; 志真泰夫; 志真泰夫; 宮下光令; 宮下光令
        日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 2016年
      • 在宅癌患者の疼痛管理法 (第一線の在宅医療<特集>) -- (技術・内容別にみた在宅医療の実際)
        恒藤 暁
        治療, 1995年01月
      • 緩和ケアの現状と呼吸ケア・リハビリテーションへの期待
        恒藤 暁
        日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2021年02月
      • 機械学習によるがん患者の主観的症状の評価
        嶋田 和貴; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 緩和ケア病棟における認知機能低下を有する終末期がん患者の家族の体験
        高尾 鮎美; 荒尾 晴惠; 青木 美和; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 臨死期の心電図モニター使用の有無が遺族の看取る心理に及ぼす影響に関する研究
        佐藤 香; 馬場 美華; 森田 達也; 升川 研人; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • ホスピス・緩和ケア病棟患者におけるリハビリテーションの実施とGood Deathとの関連:J-HOPE3・J-HOPE4付帯研究の統合解析
        長谷川 貴昭; 関根 龍一; 明智 龍男; 大佐賀 智; 辻 哲也; 奥山 徹; 桜井 春香; 升川 研人; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 遺族からみたホスピス・緩和ケア病棟による望ましい遺族ケアの提供に関する研究
        北得 美佐子; 角甲 純; 小林 成光; 森川 みはる; 月山 淑; 川俣 知之; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志摩 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • プロトコルに基づく調節型鎮静と持続的深い鎮静を受けた遺族の体験の違い
        今井 堅吾; 森田 達也; 森 雅紀; 横道 直佑; 山内 敏宏; 三輪 聖; 井上 聡; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 緩和ケア病棟で終末期がん患者にみられる「故人やあの世をみた体験」などの終末期体験および遺族の抑うつや悲嘆との関連についての調査
        鈴木 梢; 森田 達也; 田中 桂子; 大宜見 由奈; 高橋 幸江; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 一般病院で死亡したがん患者の家族が経験した意思決定困難感に関する遺族調査
        高野 みなみ; 清水 恵; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • がん患者の家族介護者のレジリエンスと死別後の抑うつとの関連(J-HOPE4付帯研究)
        清水 陽一; 前田 一石; 林 章敏; 三浦 智史; 井上 彰; 志真 泰夫; 恒藤 暁; 木澤 義之; 森田 達也; 升川 研人; 石垣 和美; 高野 真優子; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 死別が遺族に与える肯定的影響
        嶋田 和貴; 坂口 幸弘; 恒藤 暁; 森田 達也; 木澤 義之; 升川 研人; 宮下 光令; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 遺族が評価した患者・家族間のEnd-of-Life Discussion実施の実態(第1報)
        辰巳 有紀子; 荒尾 晴惠; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • がん患者の介護者の介護中の離職および死亡
        宮地 由佳; 塩崎 麻里子; 恒藤 暁; 森田 達也; 木澤 義之; 升川 研人; 宮下 光令; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • デブリーフィングを活用したデスカンファレンス
        木原 歩美; 川勝 和子; 前滝 栄子; 平松 英文; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 大学病院における長期間の緩和ケアチーム診療の特徴
        嶋田 和貴; 前滝 栄子; 杉田 智子; 赤澤 麻衣子; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 診断期にある原発不明がん患者の家族の体験に関する検討 膵がんとの比較から
        石田 京子; 安藤 詳子; 小松 弘和; 森田 達也; 佐藤 一樹; 内田 恵; 明智 龍男; 古川 陽介; 佐橋 朋代; 升川 研人; 五十嵐 尚子; 志真 泰夫; 木澤 義之; 恒藤 暁; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 死亡直前期の病状説明が「不十分」と感じることと関連する因子の検討 J-HOPE4付帯研究
        前田 一石; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 死亡直前期の病状説明に対する遺族の満足度と医療者の取るべき態度 J-HOPE4付帯研究
        前田 一石; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 終末期せん妄の治療とケアの質は遺族のうつ病と関連する
        内田 恵; 明智 龍男; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 終末期せん妄評価尺度短縮版の開発
        内田 恵; 明智 龍男; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 升川 研人; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 死の臨床に向き合い、受けとめるために 「死にゆく人と共にあること」プロジェクトからの学び(第16回) Whole Person Careとしての緩和ケア
        恒藤 暁
        エンド・オブ・ライフケア, 2020年05月
      • 小児緩和ケアの目ざすもの
        恒藤 暁
        日本小児血液・がん学会雑誌, 2019年09月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第6回) ストレスマネジメント
        伊達 泰彦; 嶋田 和貴; 谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2019年07月
      • ヒドロモルフォンによるがん疼痛マネジメント
        恒藤 暁; 松井 大樹; 高橋 浩
        Therapeutic Research, 2019年06月
      • がん患者家族の死別に対する心の準備の関連要因
        大庭 秋穂; 青山 真帆; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • 望ましい死の達成度尺度Good Death Inventoryは全般的なGood Deathをどの程度捉えることができているのか? 全国遺族調査より
        升川 研人; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • 【緩和ケア、エンドオブライフケアにおける食のケアの可能性】(Part 2)がん患者に出現する症状と緩和ケアにおける治療・ケアの概略 終末期がん患者に出現する症状
        諏訪 直子; 恒藤 暁
        臨床栄養, 2019年05月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第5回) コンフリクト・マネジメント
        嶋田 和貴; 伊達 泰彦; 谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2019年05月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第4回) コミュニケーションスタイル
        伊達 泰彦; 嶋田 和貴; 谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2019年03月
      • がん患者の呼吸困難の診断におけるディープラーニングの可能性の検討
        嶋田 和貴; 恒藤 暁
        日本呼吸器学会誌, 2019年03月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第3回)人間関係論
        伊達 泰彦; 嶋田 和貴; 谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2019年01月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第2回) リーダーシップ論
        恒藤 暁; 伊達 泰彦; 嶋田 和貴; 谷向 仁
        緩和ケア, 2018年11月
      • 当院緩和ケアチームにおける難治性がん疼痛に対するメサドンの使用状況
        木原 歩美; 恒藤 暁
        肺癌, 2018年10月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第1回) チームビルディングとチームワーク
        谷向 仁; 伊達 泰彦; 嶋田 和貴; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2018年09月
      • 緩和ケア病棟のケアの質および遺族の悲嘆・うつの地域差 全国遺族調査の結果から
        米永 裕紀; 青山 真帆; 森谷 優香; 五十嵐 尚子; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2018年09月
      • マインドフルネスを医療現場に活かす
        恒藤 暁
        新薬と臨牀, 2018年07月
      • 緩和ケア病棟におけるケアの質および遺族の悲嘆・抑うつの地域差 全国調査の結果から
        米永 裕紀; 青山 真帆; 森谷 優香; 五十嵐 尚子; 升川 研人; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • 死期を早めるために、自発的に飲食の停止を行った終末期患者についての、医師を対象とした調査研究
        新城 拓也; 森田 達也; 木内 大佑; 池永 昌之; 安保 博文; 前田 紗耶架; 恒藤 暁; 木澤 義之
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • オピオイド誘発性痛覚過敏(opioid-induced hyperalgesia:OIH)が疑われた1症例
        木原 歩美; 寺尾 真琴; 前滝 栄子; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • 緩和ケアが生存期間に与える効果
        嶋田 和貴; 伊達 泰彦; 木原 歩美; 諏訪 直子; 谷向 仁; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • J-HOPE研究の10年 2007年〜2016年のわが国の緩和ケアの質の推移
        宮下 光令; 五十嵐 尚子; 青山 真帆; 清水 恵; 佐藤 一樹; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • 【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】わが国のがん医療 総論 がん緩和ケアの進展
        木原 歩美; 恒藤 暁
        日本臨床, 2018年03月
      • 苦痛緩和のための鎮静の実態と鎮静に対する在宅医の考え方に関する調査
        木内 大佑; 里見 絵理子; 池永 昌之; 安保 博文; 恒藤 暁; 新城 拓也; 森田 達也
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • 全国大規模遺族調査に基づく緩和ケア病棟入院後1週間未満で死亡した患者の特徴
        赤堀 初音; 齊藤 英一; 青山 真帆; 佐藤 一樹; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • ヒドロモルフォン即放錠第III相臨床試験 オキシコドン塩酸塩散との比較試験
        大坂 巌; 齊藤 洋司; 恒藤 暁; 有賀 悦子; 高橋 浩
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • ヒドロモルフォン即放錠第II相臨床試験 モルヒネとの効力比検討試験
        下山 理史; 齊藤 洋司; 恒藤 暁; 有賀 悦子; 緒方 健
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • ヒドロモルフォン徐放錠第III相臨床試験 オキシコドン塩酸塩徐放錠との比較試験
        所 昭宏; 齊藤 洋司; 恒藤 暁; 有賀 悦子; 井出 梓
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • がん患者におけるオピオイド中止により退薬症状を呈した2例
        木原 歩美; 諏訪 直子; 前田 紗耶架; 谷向 仁; 市原 香織; 角 裕子; 井沢 知子; 尾崎 幹子; 寺尾 真琴; 石橋 直哉; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • Whole Person Careによる臨床と教育のパラダイムシフト 心を整え、心を開き、心を込める
        恒藤 暁
        死の臨床, 2017年06月
      • 原発性悪性脳腫瘍患者における終末期ケアの質の評価 ホスピス・緩和ケア病棟での多施設遺族調査
        杉山 育子; 青山 真帆; 佐藤 一樹; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        日本がん看護学会誌, 2017年01月
      • Whole Person Careによる臨床と教育のパラダイムシフト 心を整え、心を開き、心を込める
        恒藤 暁
        死の臨床, 2016年09月
      • JHOPE-3研究から分かった遺族がつらいと感じる身体症状
        岡本 禎晃; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        死の臨床, 2016年09月
      • 【苦痛緩和のための鎮静についてのアドバンスドな知識-質の高い実践の土台を得る】鎮静の適応と意思決定過程
        前田 紗耶架; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2016年07月
      • 傷ついた癒し人
        恒藤 暁
        死の臨床, 2016年06月
      • 遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する研究3(J-HOPE3) 遺族からみた研究プライオリティに関する研究
        坂下 明大; 森田 達也; 青山 真帆; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する研究(J-HOPE3研究)の調査報告書の活用状況の実態
        五十嵐 尚子; 青山 真帆; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • ホスピス・緩和ケア病棟の遺族ケアに関する研究
        北得 美佐子; 水雲 京; 石井 京子; 月山 淑; 川股 知之; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • ホスピス・緩和ケア病棟の遺族ケアの改善点に関する研究
        北得 美佐子; 水雲 京; 石井 京子; 月山 淑; 川股 知之; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • がん患者遺族の複雑性悲嘆とうつの混合とその関連要因
        青山 真帆; 坂口 幸弘; 小川 朝生; 藤澤 大介; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • がん患者遺族の睡眠・飲酒の実態と悲嘆や抑うつとの関連
        青山 真帆; 坂口 幸弘; 小川 朝生; 藤澤 大介; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • J-HOPE3研究の回収率に関わる要因
        宮下 光令; 青山 真帆; 塚田 成美; 新山 裕仁; 升川 研人; 山田 瀬奈; 渡部 夏織; 佐藤 一樹; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 未成年の子どもを持つがん患者の遺族の体験とサポートニーズに関する調査 J-HOPE3
        廣岡 佳代; 大谷 弘行; 三浦 智史; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 康夫; 青山 真帆; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 緩和ケア病棟紹介時の家族の見捨てられ感の研究(J-HOPE 3)
        小田切 拓也; 森田 達也; 青山 真帆; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 最期の療養場所を決定するときに重要視した要因
        首藤 真理子; 森田 達也; 青山 真帆; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 日本人遺族における死後観と悲嘆、抑うつとの関連
        坂口 幸弘; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 宗教的背景のある施設において患者の望ましい死の達成度が高い理由
        青山 真帆; 齊藤 愛; 菅井 真理; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 家族が患者の臨終に間に合わないことは、その後の複雑性悲嘆につながるか? J-HOPE3
        大谷 弘行; 森田 達也; 吉田 沙蘭; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 在宅がん患者のQOLに影響を与える医療者の関わり J-HOPE3附帯研究
        浜野 淳; 森田 達也; 福井 小紀子; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 終末期がん患者へのリハビリテーションに関する家族の体験に関する研究
        関根 龍一; 森田 達也; 前田 一石; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 青山 真帆; 宮越 浩一; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 傾向スコア法によって調整した最期の療養場所とクオリティ・オブ・ケア、クオリティ・オブ・デスとの関連 J-HOPE study 3
        羽多野 裕; 青山 真帆; 山口 拓洋; 森田 達也; 木澤 義之; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令; J-HOPE3研究グループ
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • がん患者の療養生活における意思決定に関する家族の困難感
        清水 恵; 柳原 一広; 青山 真帆; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 緩和医療2015 皮膚腫瘍の避けて通れない特異な症状・そのQOLを高めるために 緩和ケアの目ざすもの
        恒藤 暁
        Skin Cancer, 2015年11月
      • 傷ついた癒し人
        恒藤 暁
        死の臨床, 2015年09月
      • ホスピス・緩和ケア病棟で行われているご遺体へのケアに関する遺族の体験と評価 自由記述における内容分析
        山脇 道晴; 清原 恵美; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        死の臨床, 2015年09月
      • がん疼痛に対するタペンタドールの有効性と安全性の検討
        木原 歩美; 角 裕子; 市原 香織; 山際 岳朗; 恒藤 暁
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 緩和医療2015 皮膚腫瘍の避けて通れない特異な症状・そのQOLを高めるために 緩和ケアの目ざすもの
        恒藤 暁
        日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年07月
      • Whole Person Careの目ざすもの
        恒藤 暁
        死の臨床, 2015年06月
      • Whole Person Careの実践 マインドフルネスと傷ついた癒し人
        恒藤 暁
        日本ペインクリニック学会誌, 2015年06月
      • 日本・台湾・韓国の緩和ケア医が考える望ましい最期の違い
        森田 達也; 大山 泰宏; Cheng Shao-Yi; Suh Sang-Yeon; Koh Su-Jin; Kim Hyun Sook; Chiu Tai-Yuan; Hwang Shinn-Jang; 白土 明美; 恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年06月
      • 苦痛緩和のための鎮静に関する家族への説明・ケアについての検討
        池永 昌之; 恒藤 暁; 平井 啓; 宮下 光令; 森田 達也
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年06月
      • リハビリテーションは終末期がん患者のADLとQOLを改善させるか
        木原 歩美; 相良 亜木子; 岡田 努; 宝持 裕見子; 田村 恵子; 杉田 智子; 清水 啓二; 池永 昌之; 恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年06月
      • フェンタニル口腔粘膜吸収剤の使用実態調査
        原 伸輔; 前田 一石; 松田 陽一; 大野 由美子; 谷向 仁; 恒藤 暁; 門脇 裕子; 竹上 学; 三輪 芳弘
        Palliative Care Research, 2015年03月
      • 終末期がん患者に在宅療養移行を勧める時の望ましいコミュニケーション 多施設遺族研究
        山岸 暁美; 森田 達也; 川越 正平; 清水 恵; 小澤 竹俊; 安 恵美; 小早川 誠; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 宮下 光令
        癌と化学療法, 2015年03月
      • Whole Person Careの目ざすもの
        恒藤 暁
        死の臨床, 2014年09月
      • 【がんの痛みと作業療法】がん患者の痛みとは
        前田 一石; 恒藤 暁
        作業療法ジャーナル, 2014年04月
      • 【最新がん薬物療法学-がん薬物療法の最新知見-】がん緩和医療 我が国の緩和ケアの現状と課題
        前田 一石; 恒藤 暁
        日本臨床, 2014年02月
      • がん疼痛治療におけるメサドン導入に際しての地域がん診療連携拠点病院の取り組み
        原 伸輔; 松田 陽一; 前田 一石; 大迫 正一; 大野 由美子; 谷向 仁; 門脇 裕子; 竹上 学; 三輪 芳弘; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2013年11月
      • GPのためのセミナー 先端医学トレンド 緩和ケアとWhole Person Care
        恒藤 暁
        クリニシアン, 2013年10月
      • Practices and evaluations of prognostic disclosure for Japanese cancer patients and their families from the family's point of view (vol 11, pg 383, 2013)
        Saran Yoshida; Mariko Shiozaki; Makiko Sanjo; Tatsuya Morita; Kei Hirai; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        PALLIATIVE & SUPPORTIVE CARE, 2013年10月
      • 緩和医療 緩和医療における身体症状のマネジメント
        恒藤 暁
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • がん疼痛症候群患者のオピオイドに関する異常薬物関連行動
        松田 陽一; 鈴木 史子; 恒藤 暁; 前田 一石; 谷向 仁; 大野 由美子; 原 伸輔; 船奥 あゆみ; 楠 寿子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • ご遺体へのケアを看護師が家族と一緒に行うことについての家族の体験・評価
        山脇 道晴; 森田 達也; 清原 恵美; 宮下 光令; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • 遺族によるケアの質の評価に関する研究J-HOPE2-study 日本ホスピス緩和ケア協会会員施設で亡くなった患者の遺族を対象とした全国的大規模質問紙調査
        清水 恵; 宮下 光令; 恒藤 暁; 志真 泰夫; J-HOPE2運営委員会
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • 医療用麻薬の使用に対する遺族の体験に基づいた認識と意向
        新城 拓也; 森田 達也; 平井 啓; 宮下 光令; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • 悲嘆を経験する遺族の睡眠障害の実態調査
        谷向 仁; 足立 浩祥; 平井 啓; 松井 智子; 宮下 光令; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • 緩和ケア病棟入院中に患者と家族が交わす思いと言葉に関する量的研究(J-HOPE2) 果たして思いは言葉にしないと伝わらないのか?
        中里 和弘; 塩崎 麻里子; 平井 啓; 森田 達也; 多田羅 竜平; 市原 香織; 清水 恵; 宮下 光令; 恒藤 暁; 志真 泰夫; J-HOPE2研究運営委員会
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • 日本における緩和ケア卒前教育シラバスの全国共同開発 : デルファイ法の変法を用いて
        木澤 義之; 恒藤 暁; 丹波 嘉一郎; 高宮 有介; 森田 達也; 尾藤 誠司; 大滝 純司
        北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia, 2013年04月01日
      • 【子宮体がん、子宮頸がんの薬物治療】緩和ケアの進め方とその要点
        前田 一石; 恒藤 暁
        臨床腫瘍プラクティス, 2013年02月
      • 大学病院における終末期がん患者に対する持続的鎮静の施行状況
        野澤 孝子; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 谷向 仁; 津金 麻実子; 上島 悦子
        日本緩和医療薬学雑誌, 2012年12月
      • これからのペインクリニック 私の期待 緩和ケアにおけるトータルペインと全人ケア
        恒藤 暁
        日本ペインクリニック学会誌, 2012年06月
      • 日本の緩和医療の将来像 日本緩和医療学会の活動の現状と展望
        恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2012年06月
      • 緩和ケア病棟で提供される終末期がん医療の施設間差と施設背景の関連 多施設診療記録調査
        佐藤 一樹; 宮下 光令; 森田 達也; 嶋崎 朱美; 鈴木 里奈; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2012年06月
      • 緩和ケア病棟で提供される終末期がん医療の施設間差による緩和ケアの質評価への影響
        佐藤 一樹; 宮下 光令; 森田 達也; 鈴木 里奈; 嶋崎 朱美; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2012年06月
      • 迷惑をかけてつらいと訴える終末期がん患者への緩和ケア 遺族への質的調査からの示唆
        古村 和恵; 森田 達也; 赤澤 輝和; 三條 真紀子; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2012年06月
      • 終末期がん患者の不眠や苦痛の緩和のためのミダゾラム舌下投与の有効性と安全性
        村井扶; 村井扶; 恒藤暁; 恒藤暁; 岡崎凡子; 岡崎凡子; 松田陽一; 松田陽一; 谷向仁; 谷向仁; 大野由美子; 大野由美子; 上田要一; 大石雅子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2012年
      • がん診療連携拠点病院における緩和ケア提供体制と薬剤業務の困難感
        杉浦 宗敏; 宮下 光令; 佐藤 一樹; 森田 達也; 佐野 元彦; 的場 元弘; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療薬学雑誌, 2011年12月
      • 日本の専門医制度 大きく変わるコンセプトと新たな方向性 日本緩和医療学会専門医制度と新制度
        恒藤 暁
        日本癌治療学会誌, 2011年09月
      • 【ことばは難しい-緩和ケアに関するさまざまな用語とその概念】緩和医療と緩和ケア 理論と実践の統合を目指して
        恒藤 暁
        緩和ケア, 2011年07月
      • 四肢領域のがん性痛症候群に対するInterventional Pain Therapyの適応
        松田 陽一; 井上 潤一; 恒藤 暁; 田村 岳士; 溝渕 敦子; 植松 弘進; 中江 文; 井上 隆弥; 柴田 政彦; 眞下 節
        日本ペインクリニック学会誌, 2011年06月
      • 緩和医療を深める 緩和医療を高める
        恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • 緩和ケア病棟の遺族の「医療用麻薬」「緩和ケア」「緩和ケア病棟」に対する認識の関連要因 J-HOPE study
        宮下 光令; 森田 達也; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • J-HOPE studyにおける遺族による緩和ケアの質評価とそれに関連する施設要因
        宮下 光令; 佐藤 一樹; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • 緩和ケア病棟で提供された終末期鎮静の関連要因と遺族による緩和ケアの質評価への影響
        佐藤 一樹; 宮下 光令; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • ミルタザピンが重粒子線治療による神経障害性疼痛に有効であった一症例
        熊倉 康友; 沖代 奈央; 大野 由美子; 岡本 禎晃; 松田 陽一; 谷向 仁; 恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • 緩和ケア病棟の遺族による質の評価は、死亡後の経過期間の影響を受けるか? J-HOPE study
        宮下 光令; 佐藤 一樹; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • 緩和ケア病棟における医療者-家族間の説明/話し合いのあり方
        清水 恵; 宮下 光令; 白井 由紀; 吉田 沙蘭; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • トリアムシノロン水懸注の腹腔内投与が悪性腹水の症状緩和に有効であった4症例
        長瀬 未恵; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 中川 左理; 松田 陽一; 谷向 仁; 沖代 奈央; 大野 由美子; 田川 高巳; 津金 麻実子; 上島 悦子
        緩和ケア, 2011年05月
      • がん疼痛治療におけるトラマドールの臨床的位置と使用方法
        岡本 禎晃; 恒藤 暁
        ペインクリニック, 2010年12月
      • 主治医による死亡確認や臨終の立ち会いが、家族の心理に及ぼす影響についての調査研究
        新城 拓也; 森田 達也; 平井 啓; 宮下 光令; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        Palliative Care Research, 2010年12月
      • ステロイド・ローテーションにより精神症状の改善を認めたがん患者3例
        沖代 奈央; 恒藤 暁
        死の臨床, 2010年10月
      • 緩和ケア医が目指す望ましい緩和ケアとは
        吉松 由貴; 荒尾 晴惠; 恒藤 暁
        死の臨床, 2010年10月
      • 緩和ケア病棟で死亡したがん患者の遺族の「緩和ケア」に対するイメージ J-HOPE Study
        宮下 光令; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        死の臨床, 2010年10月
      • 日本のがん専門医 緩和医療専門医の現状と課題
        恒藤 暁
        日本癌治療学会誌, 2010年09月
      • がん性疼痛におけるアセトアミノフェンの臨床的位置と使用方法
        岡本 禎晃; 恒藤 暁
        ペインクリニック, 2010年06月
      • 高用量オピオイド投与または多剤併用の薬物治療を必要とした難治性がん性痛患者の特徴
        松田 陽一; 恒藤 暁; 花田 留美; 松岡 英子; 植松 弘進; 中江 文; 阪上 学; 井上 隆弥; 柴田 政彦; 眞下 節
        日本ペインクリニック学会誌, 2010年06月
      • ことばはむずかしい! 緩和ケアに関する様々な用語とその概念について 緩和医療と緩和ケア 理論と実践の統合を目指して
        恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 「希望をもちながらも、同時にこころ残りのないように準備しておく」ために医師や看護師は何ができるのか J-HOPE study
        白土 明美; 森田 達也; 宮下 光令; 赤澤 輝和; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 遺族から見た死前喘鳴に対する望ましいケア J-HOPE STUDY
        清水 陽一; 宮下 光令; 森田 達也; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 緩和ケア病棟で提供された終末期がん医療の実態に関する多施設診療記録調査 J-HOPE study
        佐藤 一樹; 宮下 光令; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 家族の視点からみた望ましい緩和ケアシステム J-HOPE Study
        三條 真紀子; 森田 達也; 宮下 光令; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 終末期のがん患者を介護した遺族の介護経験の評価および健康関連QOL 7994名の全国調査 J-HOPE Study
        三條 真紀子; 宮下 光令; 森田 達也; 佐藤 一樹; 上別府 圭子; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • EORTC-QLQ-C 15PAL日本語版の信頼性と妥当性の検討
        和田 信; 宮下 光則; 森田 達也; 志真 泰夫; 恒藤 暁; 和田 知未; 和田 芽衣; 石田 真弓; 佐々木 康綱; 奈良林 至; 大西 秀樹
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • がん患者に対する緩和ケアの構造・プロセスを評価する尺度(患者版Care Evaluation Scale)の信頼性と妥当性の検討
        宮下 光令; 和田 信; 森田 達也; 的場 元弘; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • がん患者に対する包括的QOLを測定する尺度の信頼性と妥当性の検討
        宮下 光令; 和田 信; 森田 達也; 的場 元弘; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 在宅ホスピスケアを受けたがん患者の遺族の在宅療養開始時の意思決定過程 J-HOPE Study
        宮下 光令; 平井 啓; Choi Ji Eun; 森田 達也; 佐藤 一樹; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 「終末期がん患者の家族が大事にしたいと思うこと」の構成要素 家族と遺族を対象とした面接調査の結果から
        三條 真紀子; 宮下 光令; 森田 達也; 栗原 幸江; 出野 美那子; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 平井 啓
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 緩和ケア病棟の遺族は追悼会や死別後の手紙をどうとらえているか? 44名のインタビュー調査
        牟田 理恵子; 三條 真紀子; 宮下 光令; 若林 理恵子; 安藤 悦子; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 新規抗がん薬第一相臨床試験に関する患者心理の研究
        和田 信; 宮下 光則; 森田 達也; 志真 泰夫; 恒藤 暁; 和田 知未; 和田 芽衣; 石田 真弓; 大西 秀樹; 奈良林 至; 佐々木 康綱
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 患者に対する予後告知が家族におよぼす影響の探索 遺族への面接調査の結果から
        吉田 沙蘭; 塩崎 麻里子; 三條 真紀子; 平井 啓; 森田 達也; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • ホスピス・緩和ケア病棟への入院検討時の家族のつらさと望ましい支援に関する質的研究 遺族への面接調査の結果から
        三條 真紀子; 塩崎 麻里子; 吉田 沙蘭; 森田 達也; 宮下 光令; 上別府 圭子; 恒藤 暁; 志真 泰夫; 平井 啓
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2010年06月
      • 我が国の緩和ケアの現状と課題
        沖代 奈央; 恒藤 暁
        日本臨床, 2010年04月
      • セザリー症候群の皮膚病変による痛みに対してケタミン持続静注が奏功した1症例
        森尾佳代子; 森尾佳代子; 恒藤暁; 岡本禎晃; 松田陽一; 谷向仁; 谷向仁; 大野由美子; 沖代奈央; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • 終末期がん患者にみられる精神運動興奮状態に関する後ろ向き調査
        長瀬未恵; 岡本禎晃; 恒藤暁; 谷向仁; 松田陽一; 沖代奈央; 熊倉康友; 大野由美子; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • 大学病院における死亡前72時間の終末期がん患者に対する持続的鎮静の施行状況
        野澤孝子; 岡本禎晃; 恒藤暁; 谷向仁; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • 【患者目線のがん医療 プライマリ・ケア医が知っておきたい最新治療と周辺情報】緩和ケア がん性疼痛の薬物療法
        恒藤 暁
        治療, 2009年10月
      • がんプロフェッショナルの検証と提言 2年間を振り返る 緩和医療専門医の養成 大阪大学、和歌山県立医科大学がんプロフェッショナル養成プラン
        恒藤 暁
        日本癌治療学会誌, 2009年09月
      • 緩和ケア病棟のがん患者の遺族の医療用麻薬に対する認識 J-HOPE study
        中野 貴美子; 宮下 光令; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        死の臨床, 2009年09月
      • 緩和ケア病棟で家族を亡くした遺族の死別後の支え 遺族への面接調査から
        牟田 理恵子; 宮下 光令; 若林 理恵子; 安藤 悦子; 恒藤 暁
        死の臨床, 2009年09月
      • 【外科医が知っておくべき症状緩和のエッセンス】症状マネジメントの考え方
        沖代 奈央; 恒藤 暁
        外科治療, 2009年08月
      • 当院における末期癌患者に対する緩和医療チームの取り組み
        松崎 慎哉; 宮武 崇; 藤田 征巳; 宇垣 弘美; 金 雅子; 高田 友美; 連 美穂; 横山 拓平; 大野 由美子; 恒藤 暁; 榎本 隆之; 木村 正
        産婦人科の進歩, 2009年08月
      • 神経障害性疼痛に対するガバペンチン投与後早期の鎮痛効果
        衛藤 広士; 松田 陽一; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 谷向 仁; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 津金 麻実子; 上島 悦子
        ペインクリニック, 2009年08月
      • 【いかに精神症状に対応するか 適応障害とうつ病を中心に】うつ病の理解とケア がん医療におけるうつ病
        谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2009年05月
      • 【消化器癌〜診断・治療のすべて】緩和ケア 癌性疼痛に対する薬物療法
        沖代 奈央; 恒藤 暁
        消化器外科, 2009年04月
      • ガバペンチンの使用動向および鎮痛効果・有害事象に関する検討
        衛藤 広士; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 津金 麻実子; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2009年03月
      • 末期がん患者における感染症治療薬の適正使用
        戸谷 良江; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 中川 左理; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 衛藤 広士; 安田 宗一郎; 津金 麻実子; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2009年03月
      • 多発性骨髄腫患者におけるボルテゾミブによる末梢性ニューロパシーの発現状況とその治療実態
        中川左理; 中川左理; 岡本禎晃; 岡本禎晃; 恒藤暁; 恒藤暁; 合屋将; 合屋将; 松田陽一; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 衛藤広士; 戸谷良江; 安田宗一郎; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2009年
      • トリアムシノロン水懸注の腹腔内投与が悪性腹水の改善に有効であった4症例
        長瀬未恵; 岡本禎晃; 恒藤暁; 中川佐里; 松田陽一; 谷向仁; 沖代奈央; 大野由美子; 田川高巳; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2009年
      • 【癌終末期の心のケアと鎮痛剤の使い方】精神科医に相談すべきがん患者の心理・精神的症状
        谷向 仁; 恒藤 暁
        外科治療, 2008年12月
      • 【オピオイド研究とその臨床応用の課題】オピオイドおよび関連製剤の解説 硫酸モルヒネ徐放錠(MSコンチン)
        岡本 禎晃; 恒藤 暁
        ペインクリニック, 2008年10月
      • 【臨床と研究に役立つ緩和ケアのアセスメント・ツール】総論 緩和ケアにおける多次元的アセスメント(multidimensional assessment in palliative care)
        恒藤 暁
        緩和ケア, 2008年10月
      • 緩和医療の現状と課題 均てん化と専門化
        恒藤 暁
        肺癌, 2008年10月
      • 【肺がん がん津波への備え】肺がん患者と向き合う 進行肺癌患者における症状緩和の実際
        合屋 将; 恒藤 暁
        綜合臨床, 2008年09月
      • 日本語版Continuing Bonds Scale(「故人との絆の継続」評価尺度)の作成
        中里 和弘; 塩崎 麻里子; 恒藤 暁; 平井 啓; 増本 康平; 権藤 恭之; 藤田 綾子
        日本心理学会大会発表論文集, 2008年07月
      • 終末期患者の意思決定を支える関わり 鎮静導入に際し意見相違が生じた家族を通して学んだこと
        廣瀬 真理子; 本山 麗子; 恒藤 暁; 柿川 房子
        死の臨床, 2008年06月
      • ホスピスで家族を亡くした遺族の心残りに関する探索的検討
        坂口 幸弘; 池永 昌之; 田村 恵子; 恒藤 暁
        死の臨床, 2008年06月
      • フェンタニルパッチによるがん疼痛治療の実際
        恒藤 暁
        BIO Clinica, 2008年05月
      • 大阪大学医学部附属病院における緩和ケアチームの活動について
        谷向 仁; 合屋 将; 松田 陽一; 松村 陽子; 岡本 禎晃; 大野 由美子; 工藤 喬; 恒藤 暁; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2008年05月
      • 高用量フェンタニルパッチによるがん性疼痛治療の有効性
        岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 田墨 惠子; 井上 達也; 安田 宗一郎; 衛藤 広士; 戸谷 良江; 黒川 信夫; 上島 悦子
        ペインクリニック, 2008年03月
      • がん疼痛治療におけるオピオイド併用療法 フェンタニルと少量モルヒネ併用による鎮痛効果増強と副作用の検討
        岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 衛藤 広士; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 黒川 信夫; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2008年03月
      • 鎮痛補助薬としてのガバペンチンの有効性と安全性
        衛藤 広士; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 黒川 信夫; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2008年03月
      • 死亡前6カ月間の後ろ向き調査からみた末期がん患者の悪心の発現状況と治療効果
        岡本禎晃; 恒藤暁; 合屋将; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 戸谷良江; 衛藤広士; 安田宗一郎; 黒川信夫; 上島悦子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2008年
      • 死亡前6カ月間の後ろ向き調査からみた末期がん患者の便秘の発現状況と治療効果
        戸谷良江; 岡本禎晃; 恒藤暁; 合屋将; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 衛藤広士; 安田宗一郎; 黒川信夫; 上島悦子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2008年
      • 死に関する情報に接した際の高齢者の情動変化
        尾崎 勝彦; 恒藤 暁
        死の臨床, 2007年10月
      • 学校の授業で命の尊さを学んだ経験と死生観の関連
        赤澤 正人; 恒藤 暁
        死の臨床, 2007年10月
      • 死に関する情報を含む映像が高齢者の情動変化に及ぼす影響 映像に対する関心の高さ、死別体験の影響
        尾崎 勝彦; 恒藤 暁
        死の臨床, 2007年09月
      • がん緩和医療 身体症状と精神症状へのアプローチ がん患者の身体症状マネジメント がん疼痛治療を中心に
        恒藤 暁
        臨床精神薬理, 2007年08月
      • 遺族の後悔と精神的健康との関連 行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔
        塩崎 麻里子; 中里 和弘; 岸良 美絵; 山鹿 しのぶ; 高浪 博美; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        老年社会科学, 2007年06月
      • がん性疼痛治療におけるガバペンチンの効果
        松田 陽一; 恒藤 暁; 井上 隆弥; 阪上 学; 住谷 昌彦; 安部 剛志; 松田 留美子; 上林 卓彦; 柴田 政彦; 真下 節
        日本ペインクリニック学会誌, 2007年06月
      • 【知っておきたい癌緩和ケアの進歩】末期がん患者の臨床経過
        松岡 洋人; 恒藤 暁
        外科治療, 2007年05月
      • 【がん疼痛治療をめぐる薬物療法の最近の話題】がん性疼痛に使用する鎮痛補助薬
        恒藤 暁
        MEDICO, 2007年04月
      • 緩和ケアの実践
        恒藤 暁
        PTM: 最新の疾患別治療マニュアル, 2007年02月
      • がん性疼痛に対するフェンタニルパッチの用量と有効性との関係
        岡本禎晃; 恒藤暁; 松岡洋人; 松田陽一; 安部剛志; 谷向仁; 田墨惠子; 大野由美子; 熊野かおり; 黒川信夫; 上島悦子
        日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集, 2007年
      • 大学病院における緩和ケアチームの活動 化学療法サポートの視点から
        田墨惠子; 恒藤暁; 大野由美子; 谷向仁; 松岡洋人; 阪上学; 井上隆弥; 松田陽一; 安部剛; 岡本禎晃; 水木満佐央
        日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集, 2007年
      • 【薬物療法の最近の進歩】フェンタニル貼付剤によるがん疼痛治療
        恒藤 暁
        MEDICO, 2007年01月
      • 養護教諭を対象としたデス・エデュケーションに関する意識調査 学校現場で生と死を教えることについて
        赤澤 正人; 西牧 真里; 坂口 幸弘; 恒藤 暁
        ホスピスケアと在宅ケア, 2006年12月
      • 緩和ケアについて 基礎その他 緩和医療の課題
        恒藤 暁
        肺癌, 2006年11月
      • 遺族向けの悲嘆パンフレットの開発
        黒川 雅代子; 米虫 圭子; 坂口 幸弘; 西牧 真里; 岡本 双美子; 瀬良 信勝; 森田 敬史; 舩原 徹雄; 恒藤 暁
        死の臨床, 2006年10月
      • サポート源の違いによる受けているサポートの相違について
        岡本 双美子; 坂口 幸弘; 恒藤 暁
        死の臨床, 2006年10月
      • 辛く悲しいけれども前向きに生きていく
        尾崎 勝彦; 恒藤 暁
        死の臨床, 2006年10月
      • がん性疼痛に対して2枚のフェンタニル貼付剤を24時間の時間差で48時間ごとに貼付することにより鎮痛効果と副作用が改善した一症例
        岡本 禎晃; 恒藤 暁; 松田 陽一; 金村 誠哲; 井上 隆弥; 田墨 惠子; 入江 由美子; 黒川 信夫; 上島 悦子
        緩和医療学, 2006年07月
      • リエゾン精神医学 他科で見られる精神症状への対応 がん緩和医療における精神的援助
        恒藤 暁
        臨床精神薬理, 2006年05月
      • 遺族のリスク評価法の開発 死別後の不適応を予測する因子の探索
        坂口 幸弘; 池永 昌之; 田村 恵子; 恒藤 暁
        死の臨床, 2005年10月
      • 死別を体験した児童・生徒への支援-養護教諭を対象としたアンケート調査から
        赤澤 正人; 森田 敬史; 恒藤 暁; 西牧 真里; 坂口 幸弘; 岡本 双美子; 黒川 雅代子; 瀬良 信勝
        死の臨床, 2005年10月
      • 在宅ケアにおける遺族支援に関する研究(1)-訪問看護ステーションに勤務する看護師を対象として
        岡本 双美子; 黒川 雅代子; 赤澤 正人; 森田 敬史; 恒藤 暁; 坂口 幸弘; 西牧 真里; 瀬良 信勝
        死の臨床, 2005年10月
      • 在宅ケアにおける遺族支援に関する研究(2)-訪問看護ステーションに勤務する看護師を対象として
        黒川 雅代子; 赤澤 正人; 森田 敬史; 恒藤 暁; 岡本 双美子; 坂口 幸弘; 西牧 真里; 瀬良 信勝
        死の臨床, 2005年10月
      • 実態調査からみた僧侶(仏教)による遺族支援の現状
        森田 敬史; 赤澤 正人; 恒藤 暁; 瀬良 信勝; 坂口 幸弘; 西牧 真里; 岡本 双美子; 黒川 雅代子
        死の臨床, 2005年10月
      • 高齢者のlocus of controlに関する日中比較研究 スピリチュアリティについての探索的試み
        森田 敬史; 王 健; 大橋 陽; 舩原 徹雄; 安部 幸志; 恒藤 暁; 藤田 綾子
        老年社会科学, 2005年06月
      • ICU患者家族のニーズの抽出とニーズ測定尺度の開発
        辰巳 有紀子; 羽尻 充子; 中村 尚美; 当目 雅代; 恒藤 暁; 柏木 哲夫; 橋本 悟; 藤田 綾子
        日本集中治療医学会雑誌, 2005年04月
      • 【先生!ご存知ですか?知って得する各科の"ノウハウ" 日常診療で役立つ,各専門領域のコツや定石を集めました!】コミュニケーション 悪い知らせを伝える
        恒藤 暁
        治療, 2005年04月
      • 【コンセンサス 癌の症状緩和医療】癌による症状への対策 癌性疼痛に対する薬物療法
        恒藤 暁
        コンセンサス癌治療, 2004年11月
      • 死の臨床の教育 デス・エデュケーションの学校現場における実践にあたってのニーズ
        赤澤 正人; 恒藤 暁
        死の臨床, 2004年11月
      • 死別後の不適応を予測する因子の探索 遺族の自己評価に基づく検討
        坂口 幸弘; 池永 昌之; 高山 圭子; 田村 恵子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2004年11月
      • 役割認識を喪失した患者の性を最期まで支えるケアを考える
        道渕 路子; 恒藤 暁; 鈴木 正子
        死の臨床, 2004年10月
      • わが国のホスピス・緩和ケア病棟における遺族ケアの実施方法(2) 遺族のサポートグループの現状
        坂口 幸弘; 高山 圭子; 田村 恵子; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2004年10月
      • ホスピスとは何か
        恒藤 暁
        痛みと臨床, 2004年09月
      • わが国のホスピス・緩和ケア病棟における遺族ケアの提供体制の現状
        坂口 幸弘; 恒藤 暁; 柏木 哲夫; 高山 圭子; 田村 恵子; 池永 昌之
        心身医学, 2004年09月
      • 医学と医療の最前線 緩和医療 わが国の現状
        恒藤 暁
        日本内科学会雑誌, 2004年07月
      • 【緩和医療の現状と展望】緩和医療の特徴と問題 緩和ケア病棟の活動と展望
        恒藤 暁
        現代医療, 2004年06月
      • 実存的側面からみた老年期における向社会的行動に関する検討
        森田 敬史; 藤田 綾子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        老年社会科学, 2004年06月
      • 【緩和医療の最前線】緩和医療における"Total Pain"の考え方
        恒藤 暁
        臨床麻酔, 2004年03月
      • がんの終末期ケアにおけるソーシャルワーク 実態調査及び専門的役割についての検証
        本家 裕子; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        医療と福祉, 2004年01月
      • 【専門医と家庭医】専門医紹介の時期 がん緩和ケア
        恒藤 暁
        綜合臨床, 2003年12月
      • 死に関する情報を含む映像に対する関心と情動変化の関連
        尾崎 勝彦; 平井 啓; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年10月
      • わが国のホスピス・緩和ケア病棟における遺族ケアの実施方法 カード送付と追悼会はどのように行われているのか?
        坂口 幸弘; 高山 圭子; 田村 恵子; 池永 昌之; 恒藤 暁; 柏木 哲夫
        死の臨床, 2003年09月
      • 調査報告 配偶者/親喪失後の精神健康と家族の関係性
        坂口 幸弘; 柏木 哲夫; 恒藤 暁
        公衆衛生, 2000年02月
      • <緩和医療入門>シリーズ(29)家族のケア
        恒藤 暁
        最新医学, 1999年02月
      • 緩和医療入門(28)6 苦痛緩和のための鎮静
        恒藤 暁
        最新医学, 1999年01月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(27)霊的苦痛の緩和
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年12月
      • <緩和医療入門> シリ-ズ(26)社会的苦痛の緩和
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年11月
      • 講座<緩和医療入門> シリ-ズ(25)精神的苦痛の緩和--せん妄
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年10月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(24)精神的苦痛の緩和(3)抑うつ
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年09月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(23)(3)精神的苦痛の緩和(2)不安
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年08月
      • 緩和医療入門 シリ-ズ(22)精神的苦痛の緩和(1)精神症状と精神的援助
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年07月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(21)身体的苦痛の緩和--内分泌異常
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年06月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(20)身体的苦痛の緩和--神経症状(その2)
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年05月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(19)身体的苦痛の緩和--神経症状(その1)
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年04月
      • 講座<緩和医療入門>シリ-ズ(18)身体的苦痛の緩和--泌尿器症状
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年03月
      • 緩和医療入門 シリ-ズ(17)身体的苦痛の緩和--呼吸器症状
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年02月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(16)身体的苦痛の緩和--消化器症状(その3)
        恒藤 暁
        最新医学, 1998年01月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(15)身体的苦痛の緩和--消化器症状(その2)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年12月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(14)身体的苦痛の緩和-4-消化器症状(その1)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年11月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(13)身体的苦痛の緩和--がん悪液質症候群
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年10月
      • 緩和医療入門シリ-ズ(12)身体的苦痛の緩和--全身倦怠感
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年09月
      • 講座<緩和医療入門>シリ-ズ(11)身体的苦痛の緩和--がん性疼痛(その3)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年08月
      • <緩和医療入門>シリ-ズ(10)身体的苦痛の緩和--がん性疼痛(その2)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年07月
      • 講座<緩和医療入門>シリ-ズ(9)身体的苦痛の緩和--がん性疼痛(その1)
        恒藤 暁
        最新医学, 1997年06月
      • ホスピスにおける末期患者のQOLの評価
        恒藤 暁; 林 章敏; 宮崎 麻知子; 山本 一成; 柏木 哲夫
        心身医学, 1991年05月
      • 癌末期の疼痛 (痛みの臨床<特集>)
        恒藤 暁; 柏木 哲夫
        日本医師会雑誌, 1990年07月01日
      • アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の概念と実践への取り組み
        木澤, 義之; 志真, 泰夫; 高宮, 有介; 恒藤, 暁; 宮下, 光令
        青海社, 2023年04月
      • Whole person care教育編 : マインドフルネスにある深い気づきと臨床的調和
        Liben,Stephen; Hutchinson,Tom A.; 恒藤, 暁; 土屋, 静馬; 三好, 智子
        日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団,三輪書店(発売), 2022年03月
      • がんのリハビリテーションと緩和ケア : その人らしさを大切に
        木澤, 義之; 志真, 泰夫; 高宮, 有介; 恒藤, 暁; 宮下, 光令
        青海社, 2021年04月
      • 緩和ケア
        恒藤, 暁; 田村, 恵子; 新幡, 智子
        医学書院, 2020年02月
      • 緩和ケアエッセンシャルドラッグ
        恒藤, 暁; 岡本, 禎晃
        医学書院, 2014年10月
      • 緩和ケア
        恒藤, 暁; 内布, 敦子; 明智, 龍男
        医学書院, 2014年01月
      • 緩和ケアエッセンシャルドラッグ
        恒藤, 暁; 岡本, 禎晃
        医学書院, 2008年06月
      • がんの疼痛緩和について
        武田, 文和; 卯木, 次郎; 志真, 泰夫; 恒藤, 暁; 平賀, 一陽; 山室, 誠; 山本, 達郎; 渡辺, 孝子
        社会保険出版社, 1997年03月
      • Whole person care実践編 : 医療AI時代に心を調え、心を開き、心を込める
        Hutchinson, Tom A.; 恒藤, 暁
        日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団,三輪書店 (発売), 2020年06月
      • 心不全の緩和ケア : 心不全のパンデミックに備えて
        木澤, 義之; 志真, 泰夫; 高宮, 有介; 恒藤, 暁; 宮下, 光令; 山崎, 章郎; 菅野, 康夫; 山口, 崇
        青海社, 2020年03月
      • ホスピス緩和ケアにおける看護 : 教育・制度の現状と展望を中心に
        志真, 泰夫; 恒藤, 暁; 細川, 豊史; 宮下, 光令; 山崎, 章郎
        青海社, 2019年04月
      • 緩和ケアエッセンシャルドラッグ : 症状アセスメント&マネジメント
        恒藤, 暁; 岡本, 禎晃
        医学書院, 2019年04月
      • がん対策基本法 : これまでの10年これからの10年
        志真, 泰夫; 恒藤, 暁; 細川, 豊史; 宮下, 光令; 山崎, 章郎
        青海社, 2018年04月
      • 小児緩和ケアの現状と展望
        志真, 泰夫; 恒藤, 暁; 細川, 豊史; 宮下, 光令; 山崎, 章郎; 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団; 日本ホスピス緩和ケア協会
        青海社, 2017年04月
      • 新たな全人的ケア : 医療と教育のパラダイムシフト
        Hutchinson, Tom A.; 恒藤, 暁
        日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団,青海社 (発売), 2016年05月, 査読無し
      • ホスピス緩和ケアを支える専門家・サポーター
        志真, 泰夫; 恒藤, 暁; 森田, 達也; 宮下, 光令
        青海社, 2015年04月
      • Textbook of Palliative Medicine and Supportive Care
        恒藤 暁
        CRC Press, 2015年, 査読無し
      • がんプロフェッショナル養成基盤推進プランと学会・学術団体の緩和ケアへの取り組み
        恒藤, 暁; 森田, 達也; 宮下, 光令
        青海社, 2014年03月
      • 緩和ケアエッセンシャルドラッグ(第3版)
        恒藤 暁; 岡本禎晃
        医学書院, 2014年, 査読無し
      • 系統緩和医療学講座 : 身体症状のマネジメント
        恒藤, 暁
        最新医学社, 2013年06月
      • 緩和ケアエッセンシャルドラッグ
        恒藤, 暁; 岡本, 禎晃
        医学書院, 2011年09月, 査読無し
      • 緩和ケアチームの立ち上げ方・進め方
        恒藤 暁
        青海社, 2008年, 査読無し
      • がんをどう治すか
        恒藤 暁
        中山書店, 2008年, 査読無し
      • 看護のための最新医学講座[第2版]第24巻 腫瘍の臨床
        恒藤 暁
        中山書店, 2008年, 査読無し
      • 臨床緩和医療薬学
        恒藤 暁
        真興交易, 2008年, 査読無し
      • 緩和ケア
        恒藤, 暁; 内布, 敦子; 明智, 龍男
        医学書院, 2007年03月
      • 遺族支援サービスのニーズと効果に関する実証的研究
        恒藤, 暁
        [恒藤暁], 2007年03月
      • 緩和ケアマニュアル (第5版)
        恒藤 暁
        最新医学社, 2007年, 査読無し
      • 系統看護学講座別巻10 緩和ケア (第1版)
        恒藤 暁
        医学書院, 2007年, 査読無し
      • 実践的研究のすすめ: 人間科学のリアリティ
        恒藤 暁
        有斐閣, 2007年, 査読無し
      • がん性疼痛
        恒藤 暁
        医薬ジャーナル, 2007年, 査読無し
      • 緩和ケアマニュアル
        淀川キリスト教病院ホスピス; 池永, 昌之; 柏木, 哲夫; 恒藤, 暁
        最新医学社, 2007年01月
      • ホスピス・緩和ケア専従医のための自己学習プログラム
        恒藤 暁
        (財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団, 2006年, 査読無し
      • 家族を看とるとき
        日野原, 重明; 石垣, 靖子; 山折, 哲雄; 村上, 和雄; 恒藤, 暁; 窪寺, 俊之; 沖原, 由美子; 田村, 里子; 錦織, 葆; 斎藤, 龍生; 川越, 厚; 沼野, 尚美; 永井, 照代; 松島, たつ子
        春秋社, 2005年05月
      • 一般病棟における緩和ケアマニュアル
        恒藤 暁
        ヘルス出版, 2005年, 査読無し
      • がん緩和ケアに関するマニュアル:がん末期医療に関するケアのマニュアル改訂第2版
        恒藤 暁
        (財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団, 2005年, 査読無し
      • がん緩和ケアに関するマニュアル
        恒藤 暁
        日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団, 2002年, 査読無し
      • 緩和マニュアル
        恒藤 暁
        最新医学社, 2001年, 査読無し
      • 真実を伝える : コミュニケーション技術と精神的援助の指針
        Buckman, Robert; 前野, 宏; 平井, 啓; 坂口, 幸弘; 恒藤, 暁
        診断と治療社, 2000年02月
      • 最新緩和医療学
        恒藤, 暁
        最新医学社, 1999年06月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • ビッグデータを用いてランダム化試験に代わる終末期ケアのエビデンスを構築する研究
        挑戦的研究(開拓)
        中区分58:社会医学、看護学およびその関連分野
        京都大学
        恒藤 暁
        自 2021年07月09日, 至 2026年03月31日, 交付
        緩和ケア;呼吸困難;せん妄;腹水;終末期ケア;ランダム化試験;リアルワールドデータ
      • 死亡直前期の呼吸困難と不穏が和らいだと家族も実感・納得できる緩和ケアの検証
        基盤研究(B)
        小区分52010:内科学一般関連
        一般社団法人コミュニティヘルス研究機構
        井上 聡
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        緩和ケア;呼吸困難;せん妄;症状緩和;アルゴリズム;終末期
      • 苦痛なく心残りのないお別れができるためのグッドデス・ケアパスウエイの検証
        基盤研究(B)
        小区分58010:医療管理学および医療系社会学関連
        一般社団法人コミュニティヘルス研究機構
        森田 達也
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 完了
        緩和ケア;クリニカルパス;終末期;看取りのパス;苦痛緩和;終末期ケア;クリにカルパス
      • 終末期の鎮静の生命倫理学的・医学的位置づけに関するアジア・ヨーロッパ国際共同研究
        基盤研究(B)
        小区分58010:医療管理学および医療系社会学関連
        京都大学
        恒藤 暁
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        緩和ケア;鎮静;終末期;苦痛緩和;安楽死;国際共同研究;国際研究
      • 東アジアにおける終末期医療の倫理的・法的問題に関する国際共同研究
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分1:思想、芸術およびその関連分野
        京都大学
        児玉 聡
        自 2018年10月09日, 至 2024年03月31日, 交付
        終末期;東アジア;生命倫理学;ACP;自己決定;終末期医療
      • 麻薬と鎮静薬は命を縮めるのか?全国データベースと周辺構造モデルを用いた大規模研究
        挑戦的研究(萌芽)
        神戸大学
        坂下 明大
        自 2017年06月30日, 至 2021年03月31日, 完了
        がん;がん疼痛;麻薬;ナショナルデータベース;DPC;予後;レセプトデータ;DPCデータ;鎮静薬;終末期;DPCデータ;コホート研究
      • 高齢者の終末期の緩和できない苦痛と尊厳死・安楽死の希望に関する国際共同研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        恒藤 暁
        自 2016年07月19日, 至 2020年03月31日, 完了
        緩和ケア;希死念慮;安楽死;尊厳死;治療抵抗性の苦痛;鎮静
      • 終末期の鎮静の生命倫理学的・医学的位置づけに関する東アジア大規模研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        恒藤 暁
        自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        鎮静;終末期;緩和ケア;安楽死;治療抵抗性の苦痛;バイオエシックス;医療;緩和医療;癌
      • 救急医療における遺族支援のための実践モデル開発
        基盤研究(C)
        龍谷大学短期大学部
        黒川 雅代子
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        ソーシャルワーク;遺族支援;グリーフケア;医療ソーシャルワーカー;救急医療;実践モデル;心肺停止;外来死;救命救急センター;救急外来
      • 遺族支援サービスのニーズと効果に関する実証的研究
        基盤研究(C)
        大阪大学
        恒藤 暁
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        死別;悲嘆;遺族支援;訪問看護;養護教論;僧侶;葬儀産業;サポートグループ;ニーズ;効果;葬儀社;質問紙調査;訪問看護師;養護教諭;遺族支援サービス;遺族のニーズ;介入効果;ホスピス;喪失体験, bereavement;grief;bereavement care;visiting nursing;school nurse;Buddhist priest;funeral business;support group
      • 終末期の鎮静と安楽死のグレーゾーンに関する大規模国際共同研究
        基盤研究(B)
        小区分58010:医療管理学および医療系社会学関連
        京都大学
        恒藤 暁
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        緩和ケア;鎮静;安楽死;終末期;苦痛緩和
      • がん患者のヘルスリテラシーと補完代替医療の関連性、および意思決定支援技法の開発
        基盤研究(C)
        小区分58010:医療管理学および医療系社会学関連
        京都大学
        大沢 恭子
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        ヘルスリテラシー;補完代替医療;がん;コミュニケーション
      • 苦痛なく心残りのないお別れがどこでもできるためのグッドデス・ケアパスウエイの検証
        基盤研究(B)
        小区分58010:医療管理学および医療系社会学関連
        一般社団法人コミュニティヘルス研究機構
        森田 達也
        自 2023年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        緩和ケア;終末期ケア;パスウエイ
      list
        Last Updated :2024/04/23

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          多職種連携医療体験実習
          C407, 前期, 薬学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨床疾病論D
          C321, 前期後半, 薬学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医療倫理・生命倫理概論
          3234, 前期前半, 医学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨床疾病論D
          3226, 前期後半, 医学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人間健康科学II
          3202, 前期, 医学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          早期体験実習
          3239, 前期集中, 医学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          コンサルテーション
          M042, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          がん看護学演習I
          M303, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          緩和ケア特論I
          M301, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          病態生理学
          M044, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          慢性看護学特論VI
          M316, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          緩和医療学(がんプロ)
          R303, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          緩和ケア看護学特論
          M363, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          緩和ケア論
          4315, 前期前半, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          緩和ケア特論I
          M301, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          大学院教育コース(実習)
          M053, 通年, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          大学院教育コース(演習)
          M052, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          早期体験実習
          3239, 前期集中, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          緩和ケア看護学特論
          M363, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療倫理・生命倫理概論
          3234, 前期前半, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          慢性看護学特論VI
          M316, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          病態生理学
          M044, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論D
          3226, 前期後半, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          多職種連携医療体験実習
          C407, 前期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          緩和ケア論
          4315, 前期前半, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          がん看護学演習I
          M303, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論D
          C321, 前期後半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          緩和医療学(がんプロ)
          R303, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          健康科学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          健康科学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          健康科学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療倫理・生命倫理概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          健康科学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          健康科学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療倫理・生命倫理概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          病態生理学
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          緩和医療学(がんプロ)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          健康科学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          健康科学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療倫理・生命倫理概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          早期体験実習
          前期集中, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          病態生理学
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          がん看護学演習I
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          緩和医療学(がんプロ)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          緩和ケア特論I
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          緩和ケア・老年看護学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療倫理・生命倫理概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          早期体験実習
          前期集中, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          病態生理学
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          がん看護学演習I
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          緩和医療学(がんプロ)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          緩和ケア特論I
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          緩和ケア看護学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部

        博士学位審査

        • Changes in Kihon Checklist items and new Certification of long-term care needs among Japanese community-dwelling elders(日本の地域在住高齢者における基本チェックリスト各項目の経年変化と新規要介護認定について)
          石川 信仁, 医学研究科, 副査
          2022年05月23日
        list
          Last Updated :2024/04/23

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 病院協議会
          • 至 2017年03月31日
            医療問題対策・臨床倫理委員会
          • 至 2017年03月31日
            がんセンター運営委員会
          • 至 2017年03月31日
            地域ネットワーク医療部運営委員会
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            図書委員会(委員長)
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            医学図書館運営委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            学生厚生支援委員会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            多職種教育・合同教育TF
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            医学図書館運営委員会

          ページ上部へ戻る