教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

原 崇裕

ハラ タカヒロ

医生物学研究所 ウイルス感染研究部門 助教

原 崇裕
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 免疫細胞学, 助教
    • 医学研究科, 医科学専攻 免疫細胞学, 助教
    • 薬学研究科, 薬科学専攻 免疫制御学, 助教

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • 日本免疫学会

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        免疫細胞の発生・維持に必須な生理活性物質を産生する微小環境の解析。生体内微小環境の構築異常と、癌および血液・造血器疾患との関わり。
      • 研究概要

        免疫細胞の発生・維持・遊走を支持する微小環境の仕組み(生理活性物質を産生するストローマ細胞ネットワーク)を研究している。また、微小環境のネットワーク構造の異常と、癌および血液・造血器疾患との因果関係について研究し、疾患発症機序の解明を目指している。

      研究キーワード

      • 機能形態学
      • 免疫システム、医薬品
      • 生化学、分子生物学
      • ストローマ細胞
      • 微小環境・骨髄
      • 生理活性物質
      • 癌、血液・造血器疾患

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医化学
      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 生理学

      論文

      • T細胞におけるIL-7レセプターの転写制御と機能
        谷一 靖江; 原 崇裕; 生田 宏一
        臨床免疫・アレルギー科, 2014年04月
      • 【胸腺におけるT細胞の分化とその機序】胸腺上皮細胞が産生するサイトカインとT細胞の分化
        生田 宏一; 原 崇裕; 谷一 靖江
        臨床免疫・アレルギー科, 2011年09月
      • リンパ節細網線維芽細胞が発現するケモカインCXCL16を介したリンパ球の動態制御
        原 崇裕; 片貝 智哉; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2004年11月
      • リンパ節由来細網線維芽細胞の細網ネットワーク構築におけるリンフォトキシンシグナル経路の関与
        片貝 智哉; 原 崇裕; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2004年11月
      • リンパ節細網線維芽細胞は免疫系細胞との接触により細網構造を構築し,「免疫プラットホーム」を提供する
        片貝 智哉; 原 崇裕; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2003年11月
      • 二次リンパ組織において免疫反応の場を提供する細網線維芽細胞(FRC)
        片貝 智哉; 原 崇裕; 菅井 学; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2001年12月
      • The Roles of IL-7 and IL-15 in Niches for Lymphocyte Progenitors and Immune Cells in Lymphoid Organs.
        Koichi Ikuta; Takahiro Hara; Shinya Abe; Takuma Asahi; Daichi Takami; Guangwei Cui
        Current topics in microbiology and immunology, 2021年, 査読有り
      • Innate-like CD27+CD45RBhigh γδ T Cells Require TCR Signaling for Homeostasis in Peripheral Lymphoid Organs.
        Shizue Tani-Ichi; Keisuke Wagatsuma; Takahiro Hara; Guangwei Cui; Shinya Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2020年05月15日, 査読有り
      • Intestinal epithelial cell-derived IL-15 determines local maintenance and maturation of intra-epithelial lymphocytes in the intestine.
        Yuanbo Zhu; Guangwei Cui; Eiji Miyauchi; Yuki Nakanishi; Hisa Mukohira; Akihiro Shimba; Shinya Abe; Shizue Tani-Ichi; Takahiro Hara; Hiroshi Nakase; Tsutomu Chiba; Atsuko Sehara-Fujisawa; Hiroshi Seno; Hiroshi Ohno; Koichi Ikuta
        International immunology, 2020年05月08日, 査読有り
      • IL-7R-Dependent Phosphatidylinositol 3-Kinase Competes with the STAT5 Signal to Modulate T Cell Development and Homeostasis.
        Guangwei Cui; Akihiro Shimba; Guangyong Ma; Kazuhiko Takahara; Shizue Tani-Ichi; Yuanbo Zhu; Takuma Asahi; Akifumi Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Takahiro Hara; Jun-Ichirou Yasunaga; Hirotsugu Suwanai; Hisakata Yamada; Masao Matsuoka; Kohjiro Ueki; Yasunobu Yoshikai; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2020年02月15日, 査読有り
      • Mesenchymal stromal cells in bone marrow express adiponectin and are efficiently targeted by an adiponectin promoter-driven Cre transgene.
        Hisa Mukohira; Takahiro Hara; Shinya Abe; Shizue Tani-Ichi; Atsuko Sehara-Fujisawa; Takashi Nagasawa; Kazuyuki Tobe; Koichi Ikuta
        International immunology, 2019年10月16日, 査読有り
      • Glucocorticoids Drive Diurnal Oscillations in T Cell Distribution and Responses by Inducing Interleukin-7 Receptor and CXCR4.
        Akihiro Shimba; Guangwei Cui; Shizue Tani-Ichi; Makoto Ogawa; Shinya Abe; Fumie Okazaki; Satsuki Kitano; Hitoshi Miyachi; Hisakata Yamada; Takahiro Hara; Yasunobu Yoshikai; Takashi Nagasawa; Günther Schütz; Koichi Ikuta
        Immunity, 2018年02月20日, 査読有り
      • Hematopoietic Stem Cell Niches Produce Lineage-Instructive Signals to Control Multipotent Progenitor Differentiation.
        (* Co-first author, # Corresponding author) Cordeiro Gomes A*, Hara T* #, Lim VY*, Herndler-Brandstetter D, Nevius E, Sugiyama T, Tani-Ichi S, Schlenner S, Richie E, Rodewald HR, Flavell RA, Nagasawa T, Ikuta K, Pereira JP #
        Immunity, 2016年12月20日, 査読有り, 責任著者
      • Thy1+IL-7+ lymphatic endothelial cells in iBALT provide a survival niche for memory T-helper cells in allergic airway inflammation.
        Kenta Shinoda; Kiyoshi Hirahara; Tomohisa Iinuma; Tomomi Ichikawa; Akane S Suzuki; Kaoru Sugaya; Damon J Tumes; Heizaburo Yamamoto; Takahiro Hara; Shizue Tani-Ichi; Koichi Ikuta; Yoshitaka Okamoto; Toshinori Nakayama
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2016年05月17日, 査読有り
      • An Enhancer of the IL-7 Receptor α-Chain Locus Controls IL-7 Receptor Expression and Maintenance of Peripheral T Cells.
        Abe A; Tani-ichi S; Shitara S; Cui G; Yamada H; Miyachi H; Kitano S; Hara T; Abe R; Yoshikai Y; Ikuta K
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2015年10月01日, 査読有り
      • STAT5 Orchestrates Local Epigenetic Changes for Chromatin Accessibility and Rearrangements by Direct Binding to the TCRγ Locus.
        Wagatsuma K; Tani-ichi S; Liang B; Shitara S; Ishihara K; Abe M; Miyachi H; Kitano S; Hara T; Nanno M; Ishikawa H; Sakimura K; Nakao M; Kimura H; Ikuta K
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2015年08月15日, 査読有り
      • Characterization of the IL-15 niche in primary and secondary lymphoid organs in vivo.
        Guangwei Cui; Takahiro Hara; Szandor Simmons; Keisuke Wagatsuma; Akifumi Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Masaru Ishii; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2014年02月04日, 査読有り
      • Environments of B cell development
        Motokazu Tsuneto; Ekaterina Kajikhina; Katharina Seiler; Andreas Reimer; Julia Tornack; Corinne Bouquet; Szandor Simmons; Marko Knoll; Ingrid Wolf; Koji Tokoyoda; Anja Hauser; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta; Joachim R. Gruen; Andreas Gruetzkau; Niklas Engels; Juergen Wienands; Yuki Yanagisawa; Kazuo Ohnishi; Fritz Melchers
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2014年01月, 査読有り
      • B-cell progenitors and precursors change their microenvironment in fetal liver during early development.
        Motokazu Tsuneto; Koji Tokoyoda; Ekaterina Kajikhina; Anja E Hauser; Takahiro Hara; Shizue Tani-Ichi; Koichi Ikuta; Fritz Melchers
        Stem cells (Dayton, Ohio), 2013年12月, 査読有り
      • CD49b-dependent establishment of T helper cell memory.
        Asami Hanazawa; Koji Hayashizaki; Kenta Shinoda; Hideo Yagita; Ko Okumura; Max Löhning; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta; Beate Eckes; Andreas Radbruch; Koji Tokoyoda; Toshinori Nakayama
        Immunology and cell biology, 2013年09月, 査読有り
      • IL-7 produced by thymic epithelial cells plays a major role in the development of thymocytes and TCRγδ+ intraepithelial lymphocytes.
        (* Co-first author) Shitara S*, Hara T*, Liang B, Wagatsuma K, Zuklys S, Holländer GA, Nakase H, Chiba T, Tani-ichi S, Ikuta K.
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2013年06月15日, 査読有り
      • Interleukin-7 receptor controls development and maturation of late stages of thymocyte subpopulations.
        Shizue Tani-ichi; Akihiro Shimba; Keisuke Wagatsuma; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Kumiko Imai; Takahiro Hara; Koichi Ikuta
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2013年01月08日, 査読有り
      • Role of hepatocyte-derived IL-7 in maintenance of intrahepatic NKT cells and T cells and development of B cells in fetal liver.
        Bingfei Liang; Takahiro Hara; Keisuke Wagatsuma; Jia Zhang; Kazushige Maki; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Chihiro Yabe-Nishimura; Shizue Tani-Ichi; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2012年11月01日, 査読有り
      • Identification of IL-7-producing cells in primary and secondary lymphoid organs using IL-7-GFP knock-in mice.
        Takahiro Hara; Soichiro Shitara; Kumiko Imai; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Hisayuki Yao; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2012年08月15日, 査読有り
      • A transmembrane chemokine, CXC chemokine ligand 16, expressed by lymph node fibroblastic reticular cells has the potential to regulate T cell migration and adhesion.
        Takahiro Hara; Tomoya Katakai; Jong-Hwan Lee; Yukiko Nambu; Natsuki Nakajima-Nagata; Hiroyuki Gonda; Manabu Sugai; Akira Shimizu
        International immunology, 2006年02月, 査読有り
      • Roles of p-ERM and Rho-ROCK signaling in lymphocyte polarity and uropod formation.
        Jong-Hwan Lee; Tomoya Katakai; Takahiro Hara; Hiroyuki Gonda; Manabu Sugai; Akira Shimizu
        The Journal of cell biology, 2004年10月25日, 査読有り
      • Lymph node fibroblastic reticular cells construct the stromal reticulum via contact with lymphocytes.
        Tomoya Katakai; Takahiro Hara; Manabu Sugai; Hiroyuki Gonda; Akira Shimizu
        The Journal of experimental medicine, 2004年09月20日, 査読有り
      • A novel reticular stromal structure in lymph node cortex: an immuno-platform for interactions among dendritic cells, T cells and B cells.
        Tomoya Katakai; Takahiro Hara; Jong-Hwan Lee; Hiroyuki Gonda; Manabu Sugai; Akira Shimizu
        International immunology, 2004年08月, 査読有り
      • Th1-biased tertiary lymphoid tissue supported by CXC chemokine ligand 13-producing stromal network in chronic lesions of autoimmune gastritis.
        Tomoya Katakai; Takahiro Hara; Manabu Sugai; Hiroyuki Gonda; Akira Shimizu
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2003年10月15日, 査読有り
      • Chemokine-independent preference for T-helper-1 cells in transendothelial migration.
        Tomoya Katakai; Takahiro Hara; Manabu Sugai; Hiroyuki Gonda; Yukiko Nambu; Eishou Matsuda; Yasutoshi Agata; Akira Shimizu
        The Journal of biological chemistry, 2002年12月27日, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Identification of bone marrow IL-7 niche critical for B lymphopoiesis
        HARA Takahiro
        The 7th International Workshop of Kyoto T Cell Conference, Kyoto, 2017年03月15日
      • Identification and characterization of IL-7 niche in vivo
        Hara T; Ikuta K
        The 11th International Symposium of the Institute Network, Tokushima, 2017年01月26日
      • Identification of IL-15 niche for NK cells in bone marrow
        阿部真也; 原 崇裕; 崔 広為; 生田宏一
        第45回日本免疫学会学術集会、宜野湾, 2016年12月07日
      • Identification of IL-7 and IL-15 niche in lymphoid organs
        HARA Takahiro
        The 56th Annual Meeting and International Symposium of Korean Society of Life Science, 2016年08月27日, 招待有り
      • 腸管関連リンパ組織におけるIL-7 ニッチの同定と特徴
        阿部真也; 原崇裕; 生田宏一
        第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月01日
      • Distribution and function of IL-7- and IL-15-expressing cells in intestines
        Hara T; Cui G; Ikuta K
        第43 回日本免疫学会学術集会, 2014年12月12日
      • Differential roles of J promoters and E enhancers in controlling chromatin accessibility of the TCR locus by STAT5.
        Wagatsuma, K; Tani-ichi, S; Shimba, A; Liang, B; Shitara, S; Hara, T; Ikuta, K
        The 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2013, 2013年06月13日
      • Visualization and characterization of IL-7- and IL-15-expressing cells in vivo
        Hara T; Cui G; Shitara S; Tani-ichi S; Ikuta K
        The 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference, 2013年06月04日
      • Interleukin-7 produced by thymic epithelial cells controls development and maturation of thymocytes
        設楽宗一朗; 原 崇裕; 生田宏一
        第41 回日本免疫学会学術集会、神戸、2012 年12 月6 日, 2012年
      • Visualization and characterization of IL-15-expressing cells in vivo by IL-15-CFP knock-in mice
        崔広為; 原 崇裕; 我妻慶祐; 生田宏一
        第41 回日本免疫学会学術集会、神戸、2012 年12 月5 日, 2012年
      • リンパ管内皮細胞が産生するIL-7 は末梢T 細胞の組織分布を制御する
        原 崇裕; 生田宏一
        第40回日本免疫学会学術集会、千葉, 2011年11月28日
      • 小腸上皮内γδT 細胞は胸腺に由来する
        設楽宗一朗; 梁 冰霏; 原 崇裕; 生田宏一
        第21 回Kyoto T Cell Conference 、京都、2011 年6 月11 日, 2011年
      • 肝細胞が産生するIL-7 は肝臓でのリンパ球の分化と維持を制御する
        梁 冰霏; 原 崇裕; 我妻慶祐; 設楽宗一朗; 谷一靖江; 生田宏一
        第40 回日本免疫学会学術集会、千葉、 2011 年11 月28 日, 2011年
      • IL-7 産生細胞の体内分布と局所機能
        原 崇裕; 梁 冰霏; 生田宏一
        第20 回Kyoto T Cell Conference 、京都,6 月4 日,20 10., 2010年
      • Distribution and function of IL-7-producing stromal cells.
        Ikuta K; Hara T; Liang B; Tani-ichi S
        the 5th International Workshop of Kyoto T Cell Conference, Kyoto, June 3, 2009・, 2009年
      • 胸線上皮細胞が産生するIL-7 の局所的役割
        生田宏一; 原 崇裕; 梁 冰霏; 谷一靖江
        第 39 回日本免疫学会学術集会、大阪、12 月2 日、2009., 2009年
      • IL-7 産生ストローマ細胞のリンパ組織内分布
        原 崇裕; 谷一靖江; 梁 冰霏; 生田宏一
        第39 回日本免疫学会学術集会、大阪、12 月3 日、2009., 2009年
      • リンパ節由来細網線維芽細胞の細網ネットワーク構築におけるリンフォトキシンシグナル経路の関与
        片貝 智哉; 原 崇裕; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2004年11月, (NPO)日本免疫学会
      • リンパ節細網線維芽細胞が発現するケモカインCXCL16を介したリンパ球の動態制御
        原 崇裕; 片貝 智哉; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2004年11月, (NPO)日本免疫学会
      • リンパ節細網線維芽細胞は免疫系細胞との接触により細網構造を構築し,「免疫プラットホーム」を提供する
        片貝 智哉; 原 崇裕; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2003年11月, (NPO)日本免疫学会
      • 二次リンパ組織において免疫反応の場を提供する細網線維芽細胞(FRC)
        片貝 智哉; 原 崇裕; 菅井 学; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2001年12月, (NPO)日本免疫学会

      書籍等出版物

      • 多能造血前駆細胞からリンパ球までの分化を方向付ける骨髄IL-7ニッチの同定
        原 崇裕, 単著
        医学のあゆみ, 2017年06月, 査読無し
      • 生体内リンパ器官におけるサイトカインニッチの解明
        生田宏一; 崔 広為; 原 崇裕, 共著
        感染・炎症・免疫, 2015年, 査読無し
      • T細胞における IL-7レセプターの転写制御と機能
        谷一靖江; 原 崇裕; 生田宏一
        臨床免疫・アレルギー科, 2014年, 査読無し
      • 肝臓IL-7 の新たな機能
        生田宏一; 原 崇裕; 谷一靖江, 共著
        感染・炎症・免疫, 2013年, 査読無し
      • IL-7産生細胞のリンパ組織内分布
        原 崇裕; 生田 宏一
        医学のあゆみ, 2013年, 査読無し
      • 胸腺上皮細胞が産生するサイトカインとT細胞の分化 (特集 胸腺におけるT細胞の分化とその機序)
        生田 宏一; 原 崇裕; 谷一 靖江
        臨床免疫・アレルギー科, 2011年, 査読無し
      • リンパ節細網線維芽細胞によるT細胞の動態制御
        原 崇裕; 片貝 智哉; 清水 章
        臨床免疫, 2006年02月, 査読無し

      受賞

      • BioLegend/ Tomy Digital Biology 若手研究者 Research Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • 自然免疫系を構築する骨微小環境の新規同定
        基盤研究(C)
        小区分49070:免疫学関連
        京都大学
        原 崇裕
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        骨髄;ストローマ細胞;微小環境
      • 2型自然リンパ球の分化・機能獲得を制御する免疫微小環境の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        原 崇裕
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        免疫微小環境;骨髄微小環境;骨髄;ストローマ細胞;ILC
      • IL-7産生ストローマ細胞が形成する骨髄微小環境の機能解明
        若手研究(B)
        京都大学
        原 崇裕
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        骨髄;ストローマ細胞;IL-7
      • IL-15産生細胞の生体内における分布と機能
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        免疫細胞;微小環境;サイトカイン;ストローマ細胞;IL-15;免疫組織
      • 内皮細胞由来IL-7によるB細胞分化、末梢T細胞維持の機構
        若手研究(B)
        京都大学
        原 崇裕
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        サイトカイン;IL-7;内皮細胞;T細胞;B細胞;B細胞
      • IL-7産生細胞の生体内における分布と機能
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        完了
        サイトカイン;IL-7;ストローマ細胞;小腸上皮内リンパ球;γδ T細胞;インターロイキン7;リンパ組織;遺伝子改変マウス;胸腺;NKT細胞;胸腺上皮細胞;GFP;T細胞

      外部資金:その他

      • 自然免疫系を構築する骨微小環境の新規同定
        一般財団法人 清水免疫学・神経科学振興財団 助成金
        原 崇裕
      • IL-7産生ストローマ細胞が形成する骨髄微小環境の機能解明
        一般財団法人 清水免疫学・神経科学振興財団 助成金
        原 崇裕
      • 藤原記念財団 奨励金 
        原 崇裕
      • BioLegend/ Tomy Digital Biology 若手研究者 Research Award
        原 崇裕
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2019年03月
          ウイルスと生命科学の最前線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命科学(医学・生物学)研究の最前線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月01日, 至 2019年03月31日
          免疫・アレルギー・感染
          通年, 医学研究科
        • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
          感染防御学II
          後期, 薬学部

        非常勤講師

        • 自 2016年04月, 至 2019年03月
          免疫と生体防御
          福井大学, 医学部
        • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
          免疫と生体防御
          福井大学, 医学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            医学図書館図書連絡委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学物質管理委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            化学物質管理委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/08/06

            学術・社会貢献

            社会貢献活動

            • 研究室体験講座
              その他
              京都府立南陽高等学校 京都府

            ページ上部へ戻る