教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

下赤 卓史

シモアカ タカフミ

化学研究所 環境物質化学研究系 助教

下赤 卓史
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 化学専攻 物質化学講座, 助教

    学位

    • 修士(理学)(広島大学)
    • 博士(理学)(広島大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ①高分子薄膜中の分子構造・配向におよぼす微量水の影響,②水面上の単分子膜の分子構造・配向解析,③高分子の有機溶媒への溶解性と微量水の関係,④水素結合の協同性を考慮した水・アルコールの赤外吸収バンドの解析

      研究キーワード

      • 物理化学
      • 振動分光学
      • 界面化学
      • 溶液化学

      研究分野

      • ナノテク・材料, 分析化学
      • ナノテク・材料, 基礎物理化学

      論文

      • Formation of trans-Poly(thienylenevinylene) Thin Films by Solid-State Thermal Isomerization
        Masayuki Wakioka; Natsumi Yamashita; Hiroki Mori; Richard Murdey; Takafumi Shimoaka; Nobutaka Shioya; Atsushi Wakamiya; Yasushi Nishihara; Takeshi Hasegawa; Fumiyuki Ozawa
        Chemistry of Materials, 2021年07月13日
      • Substrate-Independent Control of Polymorphs in Tetraphenylporphyrin Thin Films by Varying the Solvent Evaporation Time Using a Simple Spin-Coating Technique
        Kazutaka Tomita; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Koji K. Okudaira; Hiroyuki Yoshida; Tomoyuki Koganezawa; Takeshi Hasegawa
        Crystal Growth & Design, 2021年07月02日
      • Monitoring of Crystallization Process in Solution-Processed Pentacene Thin Films by Chemical Conversion Reactions
        Nobutaka Shioya; Ryoi Fujiwara; Kazutaka Tomita; Takafumi Shimoaka; Koji K. Okudaira; Hiroyuki Yoshida; Tomoyuki Koganezawa; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2021年02月
      • Supramolecular double-stranded Archimedean spirals and concentric toroids
        Norihiko Sasaki; Mathijs F. J. Mabesoone; Jun Kikkawa; Tomoya Fukui; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa; Hideaki Takagi; Rie Haruki; Nobutaka Shimizu; Shin-ichi Adachi; E. W. Meijer; Masayuki Takeuchi; Kazunori Sugiyasu
        Nature Communications, 2020年12月, 査読有り
      • In vivo characterization of the structures of films of a fatty acid and an alcohol adsorbed on the skin surface
        Tetsuya Hama; Akira Kouchi; Naoki Watanabe; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        Biophysical Chemistry, 2020年11月, 査読有り
      • Quantitative Anisotropic Analysis of Molecular Orientation in Amorphous N2O at 6 K by Infrared Multiple-Angle Incidence Resolution Spectrometry
        Tetsuya Hama; Atsuki Ishibashi; Akira Kouchi; Naoki Watanabe; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        The Journal of Physical Chemistry Letters, 2020年09月08日
      • Hidden thin-film phase of dinaphthothienothiophene revealed by high-resolution X-ray diffraction
        Nobutaka Shioya; Kazuo Eda; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        Applied Physics Express, 2020年08月18日, 査読有り
      • Mechanistic Study of Silane Alcoholysis Reactions with Self-Assembled Monolayer-Functionalized Gold Nanoparticle Catalysts
        Katsuhiro Isozaki; Tomoya Taguchi; Kosuke Ishibashi; Takafumi Shimoaka; Wataru Kurashige; Yuichi Negishi; Takeshi Hasegawa; Masaharu Nakamura; Kazushi Miki
        Catalysts, 2020年08月09日, 査読有り
      • Infrared active surface modes found in thin films of perfluoroalkanes reveal the dipole–dipole interaction and surface morphology
        Aki Fukumi; Takafumi Shimoaka; Nobutaka Shioya; Naoto Nagai; Takeshi Hasegawa
        The Journal of Chemical Physics, 2020年07月28日, 査読有り
      • Simultaneous Analysis of Molecular Orientation and Quantity Change of Constituents in a Thin Film Using pMAIRS
        Nobutaka Shioya; Ryoi Fujiwara; Kazutaka Tomita; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        J. Phys. Chem. A, 2020年03月, 査読有り
      • Controlling the concentration gradient in sequentially deposited bilayer organic solar cells via rubbing and annealing
        Mohd Zaidan Abdul Aziz; Koichi Higashimine; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa; Heisuke Sakai; Varun Vohra; Hideyuki Murata
        RSC Advances, 2020年
      • pMAIRS Analysis on Chain-End Functionalization of Densely Grafted, Concentrated Polymer Brushes
        Sakakibara, Keita; Nishiumi, Kosuke; Shimoaka, Takafumi; Hasegawa, Takeshi; Tsujii, Yoshinobu
        MACROMOLECULES, 2019年09月, 査読有り
      • Second Generation of Multiple-Angle Incidence Resolution Spectrometry
        Shioya Nobutaka; Tomita Kazutaka; Shimoaka Takafumi; Hasegawa Takeshi
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2019年08月, 査読有り
      • Two-Dimensional Film Growth of Zinc Tetraphenylporphyrin with the Aid of Solvent Coordination
        Tomita Kazutaka; Shioya Nobutaka; Shimoaka Takafumi; Eda Kazuo; Hasegawa Takeshi
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2019年08月, 査読有り
      • Probing the Molecular Structure and Orientation of the Leaf Surface of Brassica oleracea L. by Polarization Modulation-Infrared Reflection-Absorption Spectroscopy
        Hama, Tetsuya; Seki, Kousuke; Ishibashi, Atsuki; Miyazaki, Ayane; Kouchi, Akira; Watanabe, Naoki; Shimoaka, Takafumi; Hasegawa, Takeshi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2019年07月, 査読有り
      • Raman Optical Activity on a Solid Sample: Identification of Atropisomers of Perfluoroalkyl Chains Having a Helical Conformation and No Chiral Center
        Shimoaka Takafumi; Sonoyama Masashi; Amii Hideki; Takagi Toshiyuki; Kanamori Toshiyuki; Hasegawa Takeshi
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2019年05月, 査読有り
      • Rational Method of Monitoring Molecular Transformations on Metal-Oxide Nanowire Surfaces
        Wang Chen; Hosomi Takuro; Nagashima Kazuki; Takahashi Tsunaki; Zhang Guozhu; Kanai Masaki; Zeng Hao; Mizukami Wataru; Shioya Nobutaka; Shimoaka Takafumi; Tamaoka Takehiro; Yoshida Hideto; Takeda Seiji; Yasui Takao; Baba Yoshinobu; Aoki Yuriko; Terao Jun; Hasegawa Takeshi; Yanagida Takeshi
        NANO LETTERS, 2019年04月, 査読有り
      • Fluorous Property of a Short Perfluoroalkyl-Containing Compound Realized by Self-Assembled Monolayer Technique on a Silicon Substrate
        Kise Ryuma; Fukumi Aki; Shioya Nobutaka; Shimoaka Takafumi; Sonoyama Masashi; Amii Hideki; Takagi Toshiyuki; Kanamori Toshiyuki; Eda Kazuo; Hasegawa Takeshi
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2019年04月, 査読有り
      • Molecular Orientation Change in Naphthalene Diimide Thin Films Induced by Removal of Thermally Cleavable Substituents
        Nakamura Tomoya; Shioya Nobutaka; Shimoaka Takafumi; Nishikubo Ryosuke; Hasegawa Takeshi; Saeki Akinori; Murata Yasujiro; Murdey Richard; Wakamiya Atsushi
        CHEMISTRY OF MATERIALS, 2019年03月, 査読有り
      • Analyzing peptide adsorption states via nanowire-employed infrared spectrometry
        Hiroki Naito; Takao Yasui; Taisuke Shimada; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Masayoshi Tanaka; Kazuki Nagasima; Mina Okochi; Takeshi Yanagida; Takeshi Hasegawa; Yoshinobu Baba
        23rd International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2019, 2019年
      • Alternative Face-on Thin Film Structure of Pentacene
        Shioya Nobutaka; Murdey Richard; Nakao Kazuto; Yoshida Hiroyuki; Koganezawa Tomoyuki; Eda Kazuo; Shimoaka Takafumi; Hasegawa Takeshi
        SCIENTIFIC REPORTS, 2019年01月, 査読有り
      • Structure control of a zinc tetraphenylporphyrin thin film by vapor annealing using fluorine containing solvent
        Tomita Kazutaka; Shioya Nobutaka; Kise Ryuma; Shimoaka Takafumi; Yoshida Hiroyuki; Koganezawa Tomoyuki; Eda Kazuo; Hasegawa Takeshi
        THIN SOLID FILMS, 2018年11月, 査読有り
      • Amyloid- fibrils assembled on ganglioside-enriched membranes contain both parallel -sheets and turns
        Matsubara Teruhiko; Yasumori Hanaki; Ito Koichiro; Shimoaka Takafumi; Hasegawa Takeshi; Sato Toshinori
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2018年09月, 査読有り
      • Molecular Aggregation of Perfluoroalkyl Groups Can Win the Hydrogen Bonding between Amides
        Shimoaka Takafumi; Ukai Hironori; Kurishima Kana; Takei Koutaro; Yamada Norihiro; Hasegawa Takeshi
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2018年09月, 査読有り
      • Robust Surface Plasmon Resonance Chips for Repetitive and Accurate Analysis of Lignin-Peptide Interactions
        Isozaki Katsuhiro; Shimoaka Takafumi; Oshiro Satoshi; Yamaguchi Asako; Pincella Francesca; Ueno Ryo; Hasegawa Takeshi; Watanabe Takashi; Takaya Hikaru; Nakamura Masaharu
        ACS OMEGA, 2018年07月, 査読有り
      • Impact of Kinetically Restricted Structure on Thermal Conversion of Zinc Tetraphenylporphyrin Thin Films to the Triclinic and Monoclinic Phases
        Shioya Nobutaka; Hada Miyako; Shimoaka Takafumi; Murdey Richard; Eda Kazuo; Hasegawa Takeshi
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2018年03月, 査読有り
      • In Situ Nondestructive Analysis of Kalanchoe pinnata Leaf Surface Structure by Polarization-Modulation Infrared Reflection Absorption Spectroscopy
        Tetsuya Hama; Akira Kouchi; Naoki Watanabe; Shinichi Enami; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 2017年12月, 査読有り
      • Study of Perfluoroalkyl Chain-Specific Band Shift in Infrared Spectra on the Chain Length
        Takafumi Shimoaka; Masashi Sonoyama; Hideki Amii; Toshiyuki Takagi; Toshiyuki Kanamori; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2017年11月, 査読有り
      • Controlling Mechanism of Molecular Orientation of Poly(3-alkylthiophene) in a Thin Film Revealed by Using pMAIRS
        Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Kazuo Eda; Takeshi Hasegawa
        MACROMOLECULES, 2017年07月, 査読有り
      • Accurate Molecular Orientation Analysis Using Infrared p-Polarized Multiple-Angle Incidence Resolution Spectrometry (pMAIRS) Considering the Refractive Index of the Thin Film Sample
        Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Richard Murdey; Takeshi Hasegawa
        APPLIED SPECTROSCOPY, 2017年06月, 査読有り
      • Optimal Experimental Condition of IR pMAIRS Calibrated by Using an Optically Isotropic Thin Film Exhibiting the Berreman Effect
        Nobutaka Shioya; Shingo Norimoto; Naoki Izumi; Miyako Hada; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        APPLIED SPECTROSCOPY, 2017年05月, 査読有り
      • Isolation of the simplest hydrated acid
        Rui Zhang; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa; Yasujiro Murata
        SCIENCE ADVANCES, 2017年04月, 査読有り
      • Fringe and Noise Reductions of pMAIRS Spectra Using Principal Component Analysis
        Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        ANALYTICAL SCIENCES, 2017年01月, 査読有り
      • Surface properties of a single perfluoroalkyl group on water surfaces studied by surface potential measurements
        Takafumi Shimoaka; Yuki Tanaka; Nobutaka Shioya; Kohei Morita; Masashi Sonoyama; Hideki Amii; Toshiyuki Takagi; Toshiyuki Kanamori; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 2016年12月, 査読有り
      • Comprehensive Understanding of Structure-Controlling Factors of a Zinc Tetraphenylporphyrin Thin Film Using pMAIRS and GIXD Techniques
        Miyako Hada; Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Kazuo Eda; Masahiko Hada; Takeshi Hasegawa
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2016年11月, 査読有り
      • Molecular structural analysis of hydrated ethylene glycol accounting for the antifreeze effect by using infrared attenuated total reflection spectroscopy
        Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 2016年11月, 査読有り
      • Synthesis of a distinct water dimer inside fullerene C-70
        Rui Zhang; Michihisa Murata; Tomoko Aharen; Atsushi Wakamiya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa; Yasujiro Murata
        NATURE CHEMISTRY, 2016年05月, 査読有り
      • Synthesis of a distinct water dimer inside fullerene C70
        Rui Zhang; Michihisa Murata; Tomoko Aharen; Atsushi Wakamiya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa; Yasujiro Murata
        Nature Chemistry, 2016年05月01日, 査読有り
      • Characterization of Adsorbed Molecular Water on the Surface of a Stretched Polytetrafluoroethylene Tape Analyzed by H-1 NMR
        Chihiro Wakai; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 2016年03月, 査読有り
      • In Situ Observation of a Self-Assembled Monolayer Formation of Octadecyltrimethoxysilane on a Silicon Oxide Surface Using a High Speed Atomic Force Microscope
        Junji Iwasa; Kazuhisa Kumazawa; Kazumasa Aoyama; Hiroshi Suzuki; Shingo Norimoto; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2016年02月, 査読有り
      • Nafion膜中に存在する束縛水の発見と水和構造の解明
        下赤卓史; 長谷川 健
        Jasco Report, 2015年08月, 招待有り
      • H-1 NMR Analysis of Water Freezing in Nanospace Involved in a Nafion Membrane
        Chihiro Wakai; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 2015年06月, 査読有り
      • An Origin of Complicated Infrared Spectra of Perfluoroalkyl Compounds Involving a Normal Alkyl Group
        Takeshi Hasegawa; Takafumi Shimoaka; Yuki Tanaka; Nobutaka Shioya; Kohei Morita; Masashi Sonoyama; Hideki Amii; Toshiyuki Takagi; Toshiyuki Kanamori
        CHEMISTRY LETTERS, 2015年06月, 査読有り
      • A new schematic for poly(3-alkylthiophene) in an amorphous film studied using a novel structural index in infrared spectroscopy
        N. Shioya; T. Shimoaka; K. Eda; T. Hasegawa
        PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 2015年, 査読有り
      • Hydration structure of strongly bound water on the sulfonic acid group in a Nafion membrane studied by infrared spectroscopy and quantum chemical calculation
        T. Shimoaka; C. Wakai; T. Sakabe; S. Yamazaki; T. Hasegawa
        PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 2015年, 査読有り
      • Stratified Dipole-Arrays Model Accounting for Bulk Properties Specific to Perfluoroalkyl Compounds
        Takeshi Hasegawa; Takafumi Shimoaka; Nobutaka Shioya; Kohei Morita; Masashi Sonoyama; Toshiyuki Takagi; Toshiyuki Kanamori
        CHEMPLUSCHEM, 2014年10月, 査読有り
      • Analysis of Molecular Orientation and Conformation of Poly(3-hexylthiophene) Thin Films on Silicon by Infrared p-Polarized Multiple-angle Incidence Resolution Spectrometry
        Nobutaka Shioya; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        CHEMISTRY LETTERS, 2014年08月, 査読有り
      • Transient Reciprocating Motion of a Self-Propelled Object Controlled by a Molecular Layer of a N-Stearoyl-p-nitroaniline: Dependence on the Temperature of an Aqueous Phase
        Satoshi Nakata; Tomoaki Ueda; Tatsuya Miyaji; Yui Matsuda; Yukiteru Katsumoto; Hiroyuki Kitahata; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2014年07月, 査読有り
      • Surface Selection Rule of Infrared Diffuse Reflection Spectrometry for Analysis of Molecular Adsorbates on a Rough Surface of a Nonabsorbing Medium
        Seiya Morimine; Shingo Norimoto; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        ANALYTICAL CHEMISTRY, 2014年05月, 査読有り
      • Infrared spectroscopic study of stereo-controlled poly(N-isopropylacrylamide) with an extended chain conformation induced by adsorption on a gold surface
        Takafumi Shimoaka; Kazuaki Rikiyama; Yukiteru Katsumoto; Takeshi Hasegawa
        ANALYTICAL AND BIOANALYTICAL CHEMISTRY, 2013年11月, 査読有り
      • Analysis of the Surface Coverage of a Self-Assembled Monolayer of Octadecyl Silane on a Si(100) Surface by Infrared External-Reflection Spectroscopy
        Shingo Norimoto; Seiya Morimine; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        ANALYTICAL SCIENCES, 2013年10月, 査読有り
      • Analysis of the Hydration Process and Rotational Dynamics of Water in a Nafion Membrane Studied by H-1 NMR Spectroscopy
        Chihiro Wakai; Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa
        ANALYTICAL CHEMISTRY, 2013年08月, 査読有り
      • Correlation between the local OH stretching vibration wavenumber and the hydrogen bonding pattern of water in a condensed phase: Quantum chemical approach to analyze the broad OH band
        Takafumi Shimoaka; Takeshi Hasegawa; Keiichi Ohno; Yukiteru Katsumoto
        JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 2012年12月, 査読有り
      • Dynamic Rearrangement of Stearic Acid Molecules Adsorbed on a Gold Surface Induced by Ambient Water Molecules Studied by Infrared Spectroscopy
        Takafumi Shimoaka; Yuki Itoh; Takeshi Hasegawa
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2012年08月, 査読有り
      • Blue Shift of the Isolated CD Stretching Band of CH2DOH in Water Induced by Changes in the Hydrogen-Bonding Pattern
        Takafumi Shimoaka; Yukiteru Katsumoto
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2010年11月, 査読有り
      • Relationship between the broad OH stretching band of methanol and hydrogen-bonding patterns in the liquid phase
        Keiichi Ohno; Takafumi Shimoaka; Nobuyuki Akai; Yukiteru Katsumoto
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2008年08月, 査読有り

      MISC

      • パーフルオロアルキル鎖特有のねじれ構造に起因するアトロプ異性体のラマン分光イメージング法による識別
        下赤卓史; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        日本分析化学会年会講演要旨集, 2018年08月29日
      • ラマン分光法によるパーフルオロアルキル鎖のねじれ構造解析
        下赤卓史; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年03月06日
      • 高効率ペロブスカイト太陽電池のための有機半導体の分子配向制御
        若宮淳志; 中村智也; 塩谷暢貴; 下赤卓史; 長谷川健; 村田靖次郎
        応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 2018年03月05日
      • ビチオフェン含有高分子ナノシートの構造解析
        山本俊介; 池元智拾; 下赤卓史; 長谷川健; 小金澤智之; 宮下徳治; 三ツ石方也
        応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • フッ素系自己組織化単分子膜の構造が表面撥水性に与える影響
        黄瀬隆磨; 塩谷暢貴; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 枝和男; 長谷川健
        フッ素化学討論会講演要旨集, 2017年11月14日
      • pMAIRS法による濃厚ポリマーブラシ末端の反応追跡
        西海洸介; 黄瀬雄司; 榊原圭太; 辻井敬亘; 塩谷暢貴; 下赤卓史; 長谷川健
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2017年09月06日
      • 部分フッ素化ミリスチン酸単分子膜の構造が表面撥水性に与える影響
        黄瀬隆磨; 塩谷暢貴; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 枝和男; 長谷川健
        分析化学討論会講演要旨集, 2017年05月13日
      • パーフルオロアルキル化合物が示す鎖長に依存するCF伸縮振動バンド特有のシフト
        下赤卓史; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年03月03日
      • 部分フッ素化ミリスチン酸単分子膜の分子パッキングが表面撥水性に与える影響
        黄瀬隆磨; 塩谷暢貴; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 枝和男; 長谷川健
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年03月03日
      • リグニン固定化自己組織化単分子膜を利用したSPRセンサーの開発
        磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 下赤卓史; 大城理志; 山口亜佐子; PINCELLA Francesca; PINCELLA Francesca; 上野亮; 上野亮; 長谷川健; 渡辺隆司; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2017年
      • 単一のパーフルオロアルキル基が示す界面物性
        下赤卓史; 田中悠基; 森田康平; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        フッ素化学討論会講演要旨集, 2016年09月29日
      • 部分フッ素化ミリスチン酸の分子凝集に与えるカドミウムイオン添加の影響
        黄瀬隆磨; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        フッ素化学討論会講演要旨集, 2016年09月29日
      • パーフルオロアルキル鎖特有の連成振動を考慮したラマンバンドの帰属
        下赤卓史; 泉直毅; 田中悠基; 園山正史; 網井秀樹; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        フッ素化学討論会講演要旨集, 2016年09月29日
      • pMAIRS法による濃厚ポリマーブラシ末端のアジド基の解析
        西海洸介; 黄瀬雄司; 榊原圭太; 辻井敬亘; 塩谷暢貴; 下赤卓史; 長谷川健
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2016年08月24日
      • 振動分光法で見る溶液
        下赤卓史; 長谷川 健
        海洋化学研究, 2016年
      • パーフルオロアルキル化合物のバルク物性を説明するSDAモデルの表面電位測定による検証
        田中悠基; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        日本化学会講演予稿集, 2015年03月11日
      • パーフルオロアルキル化合物の2次元自己集合とバルク物性発現機構
        長谷川健; 田中悠基; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 高木俊之; 金森敏幸
        フッ素化学討論会講演要旨集, 2014年10月30日
      • パーフルオロアルキル化合物の特異な物性起源に関する界面化学的考察
        長谷川健; 下赤卓史; 塩谷暢貴; 森田康平; 園山正史; 高木俊之; 金森敏幸
        ナノ学会大会講演予稿集, 2014年05月22日
      • パーフルオロアルキル鎖が示す親水性と双極子相互作用の界面化学および赤外分光法による検討
        長谷川健; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 高木俊之; 金森敏幸
        日本化学会講演予稿集, 2014年03月12日
      • パーフルオロアルキル化合物の疎水性の起源
        長谷川健; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 高木俊之; 金森敏幸
        日本分光学会年次講演会, 2014年
      • パーフルオロアルキル化合物のバルク物性を説明するモデルの界面化学・分光学的考察
        田中悠基; 下赤卓史; 森田康平; 園山正史; 高木俊之; 金森敏幸; 長谷川健
        分子科学討論会講演プログラム&要旨(Web), 2014年

      産業財産権

      • 特許第6061052号, 赤外分光法による含フッ素重合体の分析
        高橋 可奈子; 山本 育男; 長谷川 健; 下赤 卓史

      受賞

      • 2019年09月12日
        日本分析化学会, 2019年度日本分析化学会 奨励賞
      • 2019年05月15日
        日本分光学会, 2019年度日本分光学会 奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • パーフルオロアルキル化合物の物性の徹底理解に向けた異種分子との相互作用機構の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        下赤 卓史
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        有機フッ素材料;パーフルオロアルキル化合物;赤外分光法;ラマン分光法;アトロプ異性;分子配向;SDA理論;ダイポールインタラクティブ;赤外外部反射(ER)法;表面モード;パーフルオロアルカン;有機フッ素化合物;赤外外部反射法;表面圧-表面積曲線;ラマン光学活性(ROA);フッ素化学;パーフルオロアルキル鎖;ラマン分光イメージング法;ねじれ構造;アトロプ異性体;ガス吸着;凝集ダイナミクス
      • 高分子薄膜に含まれる微量水が高分子構造や機能性に与える影響の解析手法の確立
        若手研究(B)
        京都大学
        下赤 卓史
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ナフィオン膜;燃料電池;吸着水;フッ素化学;高分子;赤外分光法;ラマン分光法;Nafion膜;パーフルオロアルキル鎖;高分子溶液;刺激応答性高分子;立体規則性;ダイポールインタラクティブ;表面電位測定;量子化学計算;NMR;パーフルオロアルキル化合物;不凍効果;Nafion
      • 粗面および微粒子表面の吸着分子配向を解明する新しい拡散反射測定・解析法の開拓
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        長谷川 健
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        粗表面;表面選択律;吸着分子;分子配向;赤外分光法;表面粗さ;分子配向解析;拡散反射;表面吸着種;微粒子;微粒子表面
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIVD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IVA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IVB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IVC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IVD
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/05/13

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2021年04月, 至 現在
              Analytical Sciences誌 編集委員, 日本分析化学会
            • 自 2019年08月, 至 現在
              幹事, 日本分析化学会近畿支部
            • 自 2018年09月, 至 現在
              運営委員, 日本分析化学会・溶液反応化学研究懇談会
            • 自 2018年04月, 至 現在
              幹事, 日本分光学会関西支部
            • 自 2015年07月, 至 現在
              幹事, 日本分光学会・スペクトル解析部会

            ページ上部へ戻る