教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

三好 知一郎

ミヨシ トモイチロウ

生命科学研究科 統合生命科学専攻遺伝機構学講座 准教授

三好 知一郎
list
    Last Updated :2022/05/23

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 日本がん学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本遺伝学会

    学位

    • 修士(理学)(東京工業大学)
    • 博士(理学)(東京工業大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京工業大学, 大学院生命理工学研究科修士課程生命情報専攻, 修了
    • 東京工業大学, 大学院生命理工学研究科博士後期課程生命情報専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東京工業大学, 生命理工学部生命理学科, 卒業

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        染色体テロメアの機能構造、ヒトレトロトランスポゾンLINE-1の転移機構
      • 研究概要

        トランスポゾン(転移因子)は、ゲノム上を移動する可動性の因子であり、大きく分けてカット&ペーストで動くDNAトランスポゾンと、コピー&ペーストで移動するレトロトランスポゾンに大別される。我々はヒトゲノムで唯一自律的に転移することが可能なLong INterspersed Element-1 (LINE-1またはL1)と呼ばれる因子に着目し、どのようにゲノム上を伝播していくのか、その分子機構と細胞に与える影響について研究を行っている。

      研究キーワード

      • 老化
      • テロメア
      • 自然免疫応答
      • DNA修復
      • LINE-1
      • レトロトランスポゾン
      • 染色体
      • 進化
      • ゲノム

      研究分野

      • ライフサイエンス, ゲノム生物学

      論文

      • Fission yeast Stn1 maintains stability of repetitive DNA at subtelomere and ribosomal DNA regions.
        Io Yamamoto; Hidenori Nakaoka; Masahiro Takikawa; Sanki Tashiro; Junko Kanoh; Tomoichiro Miyoshi; Fuyuki Ishikawa
        Nucleic acids research, 2021年09月14日, 責任著者
      • ヒトレトロトランスポゾンと宿主因子との間で繰り広げられる攻防と連携
        三好知一郎
        生化学, 2020年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Poly(ADP-Ribose) Polymerase 2 Recruits Replication Protein A to Sites of LINE-1 Integration to Facilitate Retrotransposition.
        Tomoichiro Miyoshi; Takeshi Makino; John V Moran
        Molecular cell, 2019年09月19日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Local potentiation of stress-responsive genes by upstream noncoding transcription.
        Naomichi Takemata; Arisa Oda; Takatomi Yamada; Josephine Galipon; Tomoichiro Miyoshi; Yutaka Suzuki; Sumio Sugano; Charles S Hoffman; Kouji Hirota; Kunihiro Ohta
        Nucleic acids research, 2016年06月20日, 査読有り
      • LEAP: L1 Element Amplification Protocol.
        Huira C Kopera; Diane A Flasch; Mitsuhiro Nakamura; Tomoichiro Miyoshi; Aurélien J Doucet; John V Moran
        Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2016年, 査読有り
      • A 3’ poly(A) tract is required for LINE-1 retrotransposition
        Aurélien J Doucet; Jeremy E Wilusz; Tomoichiro Miyoshi; Ying Liu; John V Moran
        Molecular Cell, 2015年12月03日, 査読有り
      • Dynamic transition of transcription and chromatin landscape during fission yeast adaptation to glucose starvation.
        Arisa Oda; Naomichi Takemata; Yoshito Hirata; Tomoichiro Miyoshi; Yutaka Suzuki; Sumio Sugano; Kunihiro Ohta
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2015年05月, 査読有り
      • Spatiotemporal regulation of meiotic recombination by Liaisonin
        Tomoichiro Miyoshi; Masaru Ito; Kunihiro Ohta
        Bioarchitecture, 2013年, 査読有り, 筆頭著者
      • A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S phase checkpoint.
        Tomoichiro Miyoshi; Masaru Ito; Kazuto Kugou; Shintaro Yamada; Masaki Furuichi; Arisa Oda; Takatomi Yamada; Kouji Hirota; Hisao Masai; Kunihiro Ohta
        Molecular cell, 2012年09月14日, 査読有り, 筆頭著者
      • ゲノムの“ダークマター”長鎖ncRNAが制御する多彩な生命現象 長鎖ncRNAによるクロマチン・転写活性化の制御
        太田邦史; 太田邦史; 小田有沙; GALIPON Josephine; 竹俣直道; 三好知一郎; 廣田耕志
        実験医学, 2011年, 招待有り
      • Fission yeast Ku protein is required for recovery from DNA replication stress.
        Tomoichiro Miyoshi; Junko Kanoh; Fuyuki Ishikawa
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2009年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • Stepwise chromatin remodelling by a cascade of transcription initiation of non-coding RNAs.
        Kouji Hirota; Tomoichiro Miyoshi; Kazuto Kugou; Charles S Hoffman; Takehiko Shibata; Kunihiro Ohta
        Nature, 2008年11月06日, 査読有り
      • [Conserved telomeric-end structures among fission yeast and humans].
        Tomoichiro Miyoshi; Fuyuki Ishikawa
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2008年11月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Fission yeast Pot1-Tpp1 protects telomeres and regulates telomere length.
        Tomoichiro Miyoshi; Junko Kanoh; Motoki Saito; Fuyuki Ishikawa
        Science, 2008年06月06日, 査読有り, 筆頭著者
      • 分裂酵母Pot1-Tpp1による染色体末端保護とテロメア長制御
        三好 知一郎; 石川 冬木
        実験医学, 2008年, 招待有り, 筆頭著者
      • ヒトと分裂酵母で保存されたテロメアの最末端構造
        三好知一郎; 石川冬木
        蛋白質 核酸 酵素, 2008年, 招待有り, 筆頭著者
      • Telomeric DNA ends are essential for the localization of Ku at telomeres in fission yeast.
        Tomoichiro Miyoshi; Mahito Sadaie; Junko Kanoh; Fuyuki Ishikawa
        The Journal of biological chemistry, 2003年01月17日, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 多元的ゲノム変化を引き起こすヒトLINE-1レトロトランスポゾンの転移機構
        三好知一郎; 三好知一郎
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ミトコンドリア一本鎖DNA結合タンパク質SSBP1によるレトロトランスポゾンL1の転移制御機構の解明
        杉野海斗; 杉野海斗; 渡邉祐三; 牧野竹志; ABDUL FATAH Ahmad Luqman; 石川冬木; 三好知一郎
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 胎内で診断に至ったTAPVC症例における胎児診断の有用性の検討
        桑鶴知一郎; 釣谷充弘; 北野正尚; 大門篤史; 澤田雅美; 佐藤浩; 堀内縁; 三好剛一; 神谷千津子; 岩永直子; 黒嵜健一; 吉松淳
        日本産科婦人科学会雑誌, 2016年
      • 過去1年間の当院における産褥晩期出血の症例の検討
        桑鶴知一郎; 佐藤浩; 澤田雅美; 永易洋子; 井出哲弥; 舟田里奈; 堀内縁; 三好剛一; 釣谷充弘; 吉田昌史; 神谷千津子; 岩永直子; 吉松淳
        産婦人科の進歩, 2015年
      • ポリADPリボース合成酵素を介したヒトレトロトランスポゾンL1の転移機構の解析
        三好知一郎
        日本応用酵素協会誌, 2021年
      • E3ユビキチンリガーゼHUWE1によるヒトLINE-1レトロトランスポジションの促進
        牧野竹志; 石川冬木; 三好知一郎
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • ヒトLINE-1レトロトランスポゾンの転移を制御する宿主因子の同定とその機能解析
        三好知一郎; 杉野海斗; 牧野竹志; 石川冬木
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • 宿主DNA修復因子を介したヒトL1レトロトランスポゾンの転移機構
        三好知一郎; MORAN John V.
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2018年
      • 宿主因子によるヒト転移因子LINE-1のゲノム伝播制御機構の解明
        三好知一郎
        かなえ医薬振興財団研究業績集(Web), 2016年
      • ヒトLINE-1ORF2タンパク質と相互作用する宿主因子の同定とその転移における役割
        三好知一郎; MORAN John V.
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2016年
      • lncRNAによるストレス種特異的な遺伝子発現の制御
        岡崎賢吾; 竹俣直道; 小田有沙; 山田貴富; ガリポン ジョゼフィーヌ; 三好知一郎; 鈴木穣; 菅野純夫; HOFFMAN Charles S.; 廣田耕志; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2016年
      • センス及びアンチセンスlong noncoding RNAによる遺伝子発現の切り替え制御
        小田有沙; 竹俣直道; 平田祥人; 石井智子; ガリポン ジョゼフィーヌ; 三好知一郎; 鈴木穣; 菅野純夫; HOFFMAN Charlie; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2014年
      • 長鎖ノンコーディングRNAの転写はクロマチン制御因子の呼び込みをポジティブフィードバック的に促進する
        竹俣直道; 廣田耕志; 山田貴富; 小田有沙; JOSEPHINE Galipon; 三好知一郎; HOFFMAN Charles; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • 分裂酵母のグルコース飢餓応答性long noncoding RNAの発現制御
        小田有沙; 竹俣直道; 三好知一郎; 鈴木穣; 菅野純夫; 太田邦史; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S-phase checkpoint
        Masaru Ito; Tomoichiro Miyoshi; Kazuto Kugou; Shintaro Yamada; Masaki Furuichi; Arisa Oda; Takatomi Yamada; Kouji Hirota; Hisao Masai; Kunihiro Ohta
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2012年12月
      • 複製チェックポイントと染色体高次構造を仲介する新規因子による遺伝的組換え開始制御
        伊藤将; 三好知一郎; 久郷和人; 山田真太郎; 山田真太郎; 古市真樹; 小田有沙; 小田有沙; 山田貴富; 廣田耕志; 廣田耕志; 正井久雄; 太田邦史; 太田邦史
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2012年
      • Directional RNA-seq及びChIP-seqによるグルコース飢餓応答性長鎖ノンコーディングRNAのゲノムワイド解析
        小田有沙; 竹俣直道; 三好知一郎; 鈴木穣; 菅野純夫; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 染色体高次構造とS期チェックポイントを減数分裂期組換えの開始と連係させるリエゾン因子
        伊藤将; 三好知一郎; 三好知一郎; 久郷和人; 山田真太郎; 古市真樹; 小田有沙; 山田貴富; 廣田耕志; 廣田耕志; 正井久雄; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • ヒストン修飾酵素Gcn5およびSet1はlncRNAの転写と協調してグルコース飢餓応答に働く
        竹俣直道; 廣田耕志; GALIPON Josephine; 小田有沙; 三好知一郎; 山田貴富; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 長鎖ノンコーディングRNAによるグルコース飢餓応答時の転写制御のDirectional RNA-seqによるゲノムワイド解析
        小田有沙; 三好知一郎; 鈴木穣; 菅野純夫; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2011年
      • 長鎖ノンコーディングRNAの転写によるヒストン修飾制御と遺伝発現制御
        竹俣直道; 廣田耕志; GALIPON Josephine; 三好知一郎; HOFFMAN Charles; 太田邦史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2011年
      • Stable maintenance of genomic information and its failure in development of malignancies and diseases 染色体軸関連タンパク質・接着因子による減数分裂期組換え開始制御(Stable maintenance og genomic information and its failure in development of malignancies and diseases Control of recombination-initiating DNA double strand breaks by cohesin and chromsomal axis proteins)
        太田 邦史; 三好 知一郎; 久郷 和人; 伊藤 将; 笹沼 博之
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月
      • グルコース飢餓時におけるmRNA型長鎖非翻訳RNA発現のゲノムワイド解析
        小田有沙; 三好知一郎; 久郷和人; 廣田耕志; 太田邦史
        生化学, 2010年
      • 減数分裂期DNA組換え開始機構の解析
        三好知一郎; 太田邦史
        生化学, 2010年
      • ノンコーディングRNAの転写を介したクロマチン再編成・ヒストン修飾の制御と遺伝子活性化機構
        竹俣直道; 廣田耕志; 廣田耕志; JOSEPHINE Galipon; 三好知一郎; 太田邦史
        生化学, 2010年
      • The extreme terminus of chromosomes
        Tomoichiro Miyoshi; Motoki Saito; Junko Kanoh; Fuyuki Ishikawa
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2007年12月
      • テロメアの最末端構造
        三好知一郎; 齊藤基輝; 加納純子; 石川冬木
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2007年
      • Ku蛋白質のS期におけるゲノム維持機構の解析
        三好知一郎; 加納純子; 石川冬木
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2004年

      講演・口頭発表等

      • Multilayered host mechanisms that control human LINE-1 retrotransposition
        三好知一郎
        第44回 日本分子生物学会, 2021年12月, 招待有り
      • The interferon-stimulated gene protein HELZ2 inhibits human LINE-1 retrotransposition
        Abdul Fatah A.L; Watanabe Y; Ishikawa F; Moran J.V; Miyoshi T
        Genetics Society of AustralAsia 2021 Online Conference, 2021年10月
      • 宿主因子による転移因子LINE-1の転移制御機構
        三好知一郎
        第93回 日本遺伝学会, 2021年09月, 招待有り
      • 宿主因子によるヒトLINE-1の制御メカニズム
        三好知一郎
        第5回 転移因子研究会「転移因子と宿主の相互作用による生命機能と進化」, 2021年08月, 招待有り
      • 長鎖ノンコーディングRNAの転写を介したヒストンアセチル化制御機構
        竹俣直道; 廣田耕志; 山田貴富; 三好知一郎; 太田邦史
        酵母遺伝学フォーラム 第46回研究報告会, 2013年09月
      • 染色体高次構造とS期チェックポイントを減数分裂期組換えの開始と連係させるリエゾン因子
        伊藤将; 三好知一郎; 久郷和人; 山田真太郎; 古市真樹; 小田有沙; 山田貴富; 廣田耕志; 正井久雄; 太田邦史
        第35回 日本分子生物学会, 2012年12月
      • 染色体高次構造と複製チェックポイントの連係を介した減数分裂組換え開始制御
        伊藤将; 三好知一郎; 久郷和人; 山田真太郎; 古市真樹; 小田有沙; 山田貴富; 廣田耕志; 正井久雄; 太田邦史
        第30回 染色体ワークショップ•第11回 核ダイナミクス研究会, 2012年12月
      • A novel mediator for meiotic recombination initiation that links chromosome architecture to S-phase checkpoint
        Ito M; Miyoshi T. Kugou K; Yamada S; Furuichi M; Oda A; Yamada T; Hirota K; Masai H; Ohta K
        The 8th 3R symposium, 2012年11月
      • 複製チェックポイントと染色体高次構造を仲介する新規因子による遺伝的組換え開始制御
        伊藤将; 三好知一郎; 久郷和人; 山田真太郎; 古市真樹; 小田有沙; 山田貴富; 廣田耕志; 正井久雄; 太田邦史
        第84回 日本遺伝学会, 2012年09月
      • Gene regulation by lncRNAs in response to low glucose stress
        太田邦史; 小田有沙; Galipon J; 竹俣直道; 三好知一郎; 廣田耕志
        第34回 日本分子生物学会, 2011年12月
      • 減数分裂期DNA組換え開始機構の解析
        三好知一郎; 太田邦史
        第33回 日本分子生物学会, 2010年12月
      • Control of recombination-initiating DNA double strand breaks by cohesion and chromosomal axis proteins
        太田邦史; 三好知一郎; 久郷和人; 伊藤将; 笹沼博之
        第33回 日本分子生物学会, 2010年12月
      • Conservation and diversification of yeast Spo11-accessory proteins
        Miyoshi T; Furuichi J; Masai H; Ohta K
        Gordon Research Conferences, 2010年06月
      • Fission yeast POT1-TPP1 protects telomeres and regulates telomere length via novel effectors
        Miyoshi T; Kanoh J; Motoki S; Ishikawa F
        International Symposium on Chromosome Dynamics, 2008年05月, 招待有り
      • テロメアの最末端構造
        三好知一郎
        第79回 日本遺伝学会, 2007年09月, 招待有り
      • The Pot1 complex maintains telomere integrity in fission yeast
        Miyoshi T; Saito M; Ishikawa F
        TELOMERES & TELOMERASE, Cold Spring Harbor, 2007年07月, 招待有り
      • The extreme terminus of chromosomes
        Miyoshi T; Saito M; Ishikawa F
        The fourth international fission yeast meeting, 2007年06月, 招待有り
      • The Pot1 complex maintains telomere integrity in fission yeast
        Miyoshi T; Motoki S; Ishikawa F
        The 5th International Student Seminar, 2007年03月
      • テロメア保護因子Pot1複合体の解析
        三好知一郎; 齋藤基輝; 石川冬木
        第24回 染色体ワークショップ, 2007年01月
      • The Pot1 complex maintains telomere integrity in fission yeast
        三好知一郎; 齋藤基輝; 石川冬木
        第18回 がん若手研究者ワークショップ, 2006年08月
      • 分裂酵母KuおよびRecQファミリー蛋白質のS期におけるゲノム維持機構の解析
        三好知一郎
        第77回 日本遺伝学会, 2005年05月, 招待有り
      • Kuタンパク質のS期におけるゲノム維持機構の解析
        三好知一郎; 加納純子; 石川冬木
        第27回 日本分子生物学会, 2004年12月
      • 分裂酵母におけるpku70+およびpku80+の機能解析
        三好知一郎; 加納純子; 石川冬木
        第34回 酵母遺伝学フォーラム, 2001年07月
      • Mechanisms of human LINE-1 retrotransposition
        三好 知一郎
        第43回 日本分子生物学会年会, 2020年12月, 招待有り
      • HELZ2 inhibits human LINE-1 retrotoransposition
        Ahmad Luqman Abdul Fatah; Yuzo Watanabe; Fuyuki Ishikawa; Tomoichiro Miyoshi
        2020 NTU-KU-UT Virtual-Physical students mini-symposium on Cancer Biology and Medicine, 2020年12月
      • Poly(ADP-Ribose) polymerase 2 (PARP2) recruits replication protein A to sites of LINE-1 integration to facilitate retrotransposon
        Tomoichiro Miyoshi; Takeshi Makino; John V. Moran
        Transposable Elements, CSHL Meetings & Courses Program, 2020年10月, 招待有り
      • ヒトLINE-1レトロトランスポゾンの転移を制御する宿主因子の同定とその機能解析
        三好 知一郎; 杉野 海斗; 牧野 竹志; 石川 冬木
        第42回 日本分子生物学会年会, 2019年12月04日
      • “動く”DNA配列を制御する宿主因子の同定
        三好 知一郎
        第21回京都大学生命科学研究科シンポジウム, 2019年06月, 招待有り
      • ヒト転移因子LINE-1の転移機構の解析
        三好 知一郎
        染色体研究の最前線, 2019年03月, 招待有り
      • Control of meiotic recombination initiation via high-order chromosomal architecture
        仮屋園遼、伊藤将、三好知一郎、山田真太郎、山田貴富、太田邦史
        第90回 日本遺伝学会, 2018年09月
      • 宿主DNA修復因子を介したヒトL1レトロトランスポゾンの転移機構
        三好 知一郎
        第90回 日本遺伝学会, 2018年09月, 招待有り
      • HUWE1, an E3 ubiquitin ligase, promotes LINE-1 retrotransposition in human genome
        Takeshi Makino; Fuyuki Ishikawa; Tomoichiro Miyoshi
        The 17th International Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology, 2018年06月
      • ヒトL1 レトロトランスポゾンの転移機構
        三好 知一郎
        第35回 染色体ワークショップ 第16回 核ダイナミクス研究会, 2017年11月20日
      • Identification and Characterization of Host Proteins that Regulate Human LINE-1 Retrotransposition
        Tomoichiro Miyoshi
        The 14th International Student Seminar, 2016年03月09日, 招待有り
      • 宿主因子による哺乳類レトロトランスポゾンLINE-1 の転移制御機構
        三好 知一郎
        国際高等研究所 研究プロジェクト 「クロマチン・デコーディング」, 2015年12月19日, 招待有り
      • Identification and Characterization of Host Proteins that Interact with the Human LINE-1 ORF2-encoded Protein
        Tomoichiro Miyoshi; John V. Moran
        EMBL Symposium: The Mobile Genome: Genetic and Physiological Impacts of Transposable Elements, 2015年09月16日

      書籍等出版物

      • ゲノム4
        Brown T.A, 共訳
        メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2018年08月, 査読無し
      • 研究留学のすゝめ! : 渡航前の準備から留学後のキャリアまで
        海外日本人研究者ネットワーク; カガクシャ・ネット, 分担執筆, 第10章 私の留学体験記
        羊土社, 2016年12月

      外部資金:科学研究費補助金

      • ノンコーディング配列Aluレトロトランスポゾンの転移制御因子の探索
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        三好 知一郎
        自 2021年07月09日, 至 2024年03月31日, 交付
        レトロトランスポゾン;SINE;ゲノム
      • ヒトLINE-1レトロトランスポゾンのゲノム伝播機構の解明
        基盤研究(C)
        小区分43050:ゲノム生物学関連
        京都大学
        三好 知一郎
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ゲノム;DNA損傷;レトロトランスポゾン;転移因子;LINE-1;DNA修復;トランスポゾン;ゲノム維持;L1
      • ヒト転移因子LINE-1のゲノム伝播機構の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        三好 知一郎
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ヒトゲノム;転移因子;LINE-1;DNA修復;ゲノム恒常性;L1;レトロトランスポゾン;ゲノム;転移;遺伝学;進化
      • ゲノム破壊と創生サイクルを生み出すヒトLINE-1の制御機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分43050:ゲノム生物学関連
        京都大学
        三好 知一郎
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 採択
      list
        Last Updated :2022/05/23

        教育

        担当科目

        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          染色体生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学実習E
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生物学実験I
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生物学実験III
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          染色体生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学実習E
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学セミナ-B (11)
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学実習E (1)
          後期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学セミナ-B (11)
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学実習E (1)
          後期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞と分子の基礎生物学実験
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞周期学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/23

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年08月01日, 至 2021年03月31日
            放射線障害防止委員会5号(先端棟)委員(放射線管理責任者)
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            放射線管理責任者

          ページ上部へ戻る