教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

杉田 昌彦

スギタ マサヒコ

医生物学研究所 ウイルス感染研究部門 教授

杉田 昌彦
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    協力講座

    • 生命科学研究科, 高次生命科学専攻 高次細胞制御学, 教授
    • 医学研究科, 医学専攻 免疫分子機構学, 教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 免疫分子機構学, 教授

    所属学協会

    • 日本内科学会
    • 日本免疫学会
    • The Japanese Society of Internal Medicine
    • Japanese Society for Immunology

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程内科系専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2001年, 至 2004年
      日本医科大学 微生物学免疫学講座 教授
    • 自 2001年, 至 2004年
      Professor, Nippon Medical School
    • 自 2004年
      - 京都大学ウイルス研究所 教授
    • 自 2004年
      - Professor, Institute for Virus Research,
    • 自 1999年, 至 2001年
      ハーバード大学医学部 助教授
    • 自 1999年, 至 2001年
      Assistant Professor, Harvard Medical School
    • 自 1995年, 至 1998年
      ハーバード大学医学部 講師
    • 自 1995年, 至 1998年
      Instructor, Harvard Medical School
    • 京都大学

    プロフィール

    • プロフィール

      京都大学医学部卒業

      博士(医学)

      日本内科学会・総合内科専門医


      研究テーマ

      MHCとCD1の細胞生物学 (ハーバード大学医学部 1991年〜2001年)

      脂質免疫のモデル構築、病態論 (日本医科大学・京都大学 2001年〜)

      リポペプチド免疫の発見と分子機構 (京都大学 2004年〜)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        脂質を標的とした免疫応答の研究
      • 研究概要

        私が大学院生だった頃(1980年代後半)は、タンパク質に特異的な免疫応答の分子機構の解明が飛躍的に進んだ時期でした。タンパク質断片であるペプチドがMHC分子と結合した複合体の結晶構造やそれを認識するT細胞抗原受容体の遺伝子構造がセンセーショナルに発表され、免疫の最大の特長である抗原特異性の分子基盤がすべて解明された感がありました。私は、それらの研究を目の当たりにして、免疫の神秘が解き明かされてゆく感動を覚えるとともに、臨床内科医として素朴な疑問を感じていました。「免疫系が特異的に認識する抗原は、タンパク質だけなのだろうか?」と。肺炎球菌に感染すると、菌が産生する多糖に対する免疫応答が惹起されます。また、カンピロバクターと呼ばれる細菌に感染すると、糖脂質に対する免疫応答が起こります。さらに、全身性エリテマトーデスという自己免疫病では、核酸に対する自己抗体が産生されます。つまり、私たちの免疫系は、タンパク質だけでなく、多糖や脂質、核酸に対しても特異的に応答する機構を有していると考えられますが、その詳細なメカニズムは不明でした。このような背景から、私たちの研究室では、微生物やがん細胞が産生する脂質に対して特異的に応答する免疫システムの解明と、それを利用した脂質ワクチンの開発を進めています。若い人たちとともにこの新しい免疫システムを探求し、将来的な生命科学ならびに医療への貢献を目指したいと考えています。

      研究キーワード

      • 結核
      • ワクチン
      • 脂質
      • 生体防御
      • cancer
      • tuberculosis
      • vaccine
      • lipid
      • Host defense

      研究分野

      • ライフサイエンス, 膠原病、アレルギー内科学
      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 細菌学

      論文

      • TREM2 is a receptor for non-glycosylated mycolic acids of mycobacteria that limits anti-mycobacterial macrophage activation.
        Ei'ichi Iizasa; Yasushi Chuma; Takayuki Uematsu; Mio Kubota; Hiroaki Kawaguchi; Masayuki Umemura; Kenji Toyonaga; Hideyasu Kiyohara; Ikuya Yano; Marco Colonna; Masahiko Sugita; Goro Matsuzaki; Sho Yamasaki; Hiroki Yoshida; Hiromitsu Hara
        Nature communications, 2021年04月16日
      • Crystal structure of the ternary complex of TCR, MHC class I and lipopeptides.
        Daisuke Morita; Chieri Iwashita; Tatsuaki Mizutani; Naoki Mori; Bunzo Mikami; Masahiko Sugita
        International immunology, 2020年11月23日, 査読有り
      • Crystal structures of lysophospholipid-bound MHC class I molecules.
        Yoko Shima; Daisuke Morita; Tatsuaki Mizutani; Naoki Mori; Bunzo Mikami; Masahiko Sugita
        The Journal of biological chemistry, 2020年05月15日, 査読有り
      • Identification and Structure of an MHC Class I-Encoded Protein with the Potential to Present N-Myristoylated 4-mer Peptides to T Cells.
        Yukie Yamamoto; Daisuke Morita; Yoko Shima; Akihiro Midorikawa; Tatsuaki Mizutani; Juri Suzuki; Naoki Mori; Takashi Shiina; Hidetoshi Inoko; Yoshimasa Tanaka; Bunzo Mikami; Masahiko Sugita
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2019年06月15日, 査読有り
      • Neutrophils and the S100A9 protein critically regulate granuloma formation.
        Yuya Yoshioka; Tatsuaki Mizutani; Satoshi Mizuta; Ayumi Miyamoto; Satoru Murata; Toshiaki Ano; Hiroshi Ichise; Daisuke Morita; Hiroyuki Yamada; Yoshihiko Hoshino; Tatsuaki Tsuruyama; Masahiko Sugita
        Blood advances, 2016年12月27日, 査読有り
      • Lipopeptides: a novel antigen repertoire presented by major histocompatibility complex class I molecules
        Daisuke Morita; Masahiko Sugita
        IMMUNOLOGY, 2016年10月, 査読有り
      • CD1a on Langerhans cells controls inflammatory skin disease
        Ji Hyung Kim; Yu Hu; Tang Yongqing; Jessica Kim; Victoria A. Hughes; Jerome Le Nours; Elsa A. Marquez; Anthony W. Purcell; Qi Wan; Masahiko Sugita; Jamie Rossjohn; Florian Winau
        NATURE IMMUNOLOGY, 2016年10月, 査読有り
      • Lipopeptides: a novel antigen repertoire presented by MHC class I molecules.
        Morita D; Sugita M
        Immunology, 2016年, 査読有り, 招待有り
      • Crystal structure of the N-myristoylated lipopeptide-bound MHC class I complex
        Daisuke Morita; Yukie Yamamoto; Tatsuaki Mizutani; Takeshi Ishikawa; Juri Suzuki; Tatsuhiko Igarashi; Naoki Mori; Takashi Shiina; Hidetoshi Inoko; Hiroaki Fujita; Kazuhiro Iwai; Yoshimasa Tanaka; Bunzo Mikami; Masahiko Sugita
        NATURE COMMUNICATIONS, 2016年01月, 査読有り
      • Glycerol Monomycolate Is a Novel Ligand for the Human, but Not Mouse Macrophage Inducible C-type Lectin, Mincle
        Yuki Hattori; Daisuke Morita; Nagatoshi Fujiwara; Daiki Mori; Takashi Nakamura; Hideyoshi Harashima; Sho Yamasaki; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年05月, 査読有り
      • Th1-skewed tissue responses to a mycolyl glycolipid in mycobacteria-infected rhesus macaques
        Daisuke Morita; Ayumi Miyamoto; Yuki Hattori; Takaya Komori; Takashi Nakamura; Tatsuhiko Igarashi; Hideyoshi Harashima; Masahiko Sugita
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2013年11月, 査読有り
      • Major T Cell Response to a Mycolyl Glycolipid Is Mediated by CD1c Molecules in Rhesus Macaques
        Daisuke Morita; Yuki Hattori; Takashi Nakamura; Tatsuhiko Igarashi; Hideyoshi Harashima; Masahiko Sugita
        INFECTION AND IMMUNITY, 2013年01月, 査読有り
      • Molecular Requirements for T Cell Recognition of N-Myristoylated Peptides Derived from the Simian Immunodeficiency Virus Nef Protein
        Daisuke Morita; Yukie Yamamoto; Juri Suzuki; Naoki Mori; Tatsuhiko Igarashi; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Identification of a novel tetrapeptide structure of the Mycobacterium avium glycopeptidolipid that functions as a specific target for the host antibody response
        Isamu Matsunaga; Takaya Komori; Naoki Mori; Masahiko Sugita
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2012年03月, 査読有り
      • GM-CSF-Independent CD1a Expression in Epidermal Langerhans Cells: Evidence from Human CD1A Genome-Transgenic Mice
        Chisa Kobayashi; Takashi Shiina; Atsuko Tokioka; Yuki Hattori; Takaya Komori; Mikiko Kobayashi-Miura; Toshihiro Takizawa; Kazuhiko Takahara; Kayo Inaba; Hidetoshi Inoko; Motohiro Takeya; Glenn Dranoff; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • Mycoketide: A CD1c-Presented Antigen with Important Implications in Mycobacterial Infection
        Isamu Matsunaga; Masahiko Sugita
        CLINICAL & DEVELOPMENTAL IMMUNOLOGY, 2012年, 査読有り
      • Cutting Edge: T Cells Monitor N-Myristoylation of the Nef Protein in Simian Immunodeficiency Virus-Infected Monkeys
        Daisuke Morita; Tatsuhiko Igarashi; Mariko Horiike; Naoki Mori; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2011年07月, 査読有り
      • Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs
        Yuki Hattori; Isamu Matsunaga; Takaya Komori; Tetsuo Urakawa; Takashi Nakamura; Nagatoshi Fujiwara; Kenji Hiromatsu; Hideyoshi Harashima; Masahiko Sugita
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年06月, 査読有り
      • A Microbial Glycolipid Functions as a New Class of Target Antigen for Delayed-type Hypersensitivity
        Takaya Komori; Takashi Nakamura; Isamu Matsunaga; Daisuke Morita; Yuki Hattori; Hirotaka Kuwata; Nagatoshi Fujiwara; Kenji Hiromatsu; Hideyoshi Harashima; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年05月, 査読有り
      • New insights into lipidic secondary metabolites in mycobacteria
        Isamu Matsunaga; Masahiko Sugita
        Current Chemical Biology, 2011年, 査読有り
      • Mycolyltransferase from Mycobacterium leprae Excludes Mycolate-containing Glycolipid Substrates
        Hitomi Nakao; Isamu Matsunaga; Daisuke Morita; Takako Aboshi; Toshiyuki Harada; Yoshiaki Nakagawa; Naoki Mori; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2009年11月, 査読有り
      • Trans-species activation of human T cells by rhesus macaque CD1b molecules
        Daisuke Morita; Kumiko Katoh; Toshiyuki Harada; Yoshiaki Nakagawa; Isamu Matsunaga; Tomoyuki Miura; Akio Adachi; Tatsuhiko Igarashi; Masahiko Sugita
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年12月, 査読有り
      • Trehalose Dimycolate Elicits Eosinophilic Skin Hypersensitivity in Mycobacteria-Infected Guinea Pigs
        Atsushi Otsuka; Isamu Matsunaga; Takaya Komori; Kadusa Tomita; Yoshinobu Toda; Toshiaki Manabe; Yoshiki Miyachi; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年12月, 査読有り
      • Identification of antibody responses to the serotype-nonspecific molecular species of glycopeptidolipids in Mycobacterium avium infection
        Isamu Matsunaga; Takaya Komori; Akihito Ochi; Naoki Mori; Masahiko Sugita
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年12月, 査読有り
      • Induction of allergic contact dermatitis by astigmatid mite-derived monoterpene, alpha-acaridial
        Toshio Sasai; Yunosuke Hirano; Sayaka Maeda; Isamu Matsunaga; Atsushi Otsuka; Daisuke Morita; Ritsuo Nishida; Hideo Nakayama; Yasumasa Kuwahara; Masahiko Sugita; Naoki Mori
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年10月, 査読有り
      • Mycolyltransferase-mediated Glycolipid Exchange in Mycobacteria
        Isamu Matsunaga; Takashi Naka; Rahul S. Talekar; Matthew J. McConnell; Kumiko Katoh; Hitomi Nakao; Atsushi Otsuka; Samuel M. Behar; Ikuya Yano; D. Branch Moody; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り
      • Evasion of peptide, but not lipid antigen presentation, through pathogen-induced dendritic cell maturation
        David L. Hava; Nicole van der Wel; Nadia Cohen; Christopher C. Dascher; Diane Houben; Luis Leon; Sandeep Agarwal; Masahiko Sugita; Maaike van Zon; Sally C. Kent; Homayoun Shams; Peter J. Peters; Michael B. Brenner
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2008年08月, 査読有り
      • Cutting edge: Guillain-barre syndrome-associated IgG responses to gangliosides are generated independently of CD1 function in mice
        Yukie Matsumoto; Nobuhiro Yuki; Luc Van Kaer; Koichi Furukawa; Koichi Hirata; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年01月, 査読有り
      • Allergic contact dermatitis with mite-derived lidpids
        N. MORI; I .MATSUNAGA; A. OTSUKA; D. MORITA; M. SUGITA
        (1) Graduate School of Agriculture, Kyoto University Biiochem. Biophys. Res. Commun. 375:336, 2008, 2008年, 査読有り
      • Antibody responses to the biosynthetic precursor of glycopeptidolipids in Mycobacterium avium infection
        I. MATSUNAGA; T. KOMORI; A. OCHI; N. MORI; M. SUGITA
        (1)Graduate School of Agriculture, Kyoto University Biochem. Biophys. Res. Commun. 377: 165, 2008, 2008年, 査読有り
      • Genes, proteins and function of monkey group 1 CD1
        D. MORITA; K. KATOH; I. MATSUNAGA; T. MIURA; T. IGARASHI; M. SUGITA
        (1) Laboratory of Primate Model, IVR Biochem. Biophys. Res. Commun. 377:889, 2008, 2008年, 査読有り
      • Cutting edge: Guillain-barre syndrome-associated IgG responses to gangliosides are generated independently of CD1 function in mice
        Yukie Matsumoto; Nobuhiro Yuki; Luc Van Kaer; Koichi Furukawa; Koichi Hirata; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年01月, 査読有り
      • Lipid-specific immune responses against tuberculosis: From basic science to medical applications
        Isamu Matsunaga; Masahiko Sugita
        Current Immunology Reviews, 2007年05月, 査読有り
      • Pathways of CD1 and lipid antigen delivery, trafficking, processing, loading, and presentation
        M. Sugita; D. C. Barral; M. B. Brenner
        T CELL ACTIVATION BY CD1 AND LIPID ANTIGENS, 2007年, 査読有り
      • BCG vaccine elicits both T-cell mediated and humoral immune responses directed against mycobacterial lipid components
        Yoshiyuki Watanabe; Eiji Watari; Isamu Matsunaga; Kenji Hiromatsu; Christopher C. Dascher; Tetsuo Kawashima; Yoshihiko Norose; Kazuo Shimizu; Hidemi Takahashi; Ikuya Yano; Masahiko Sugita
        VACCINE, 2006年07月, 査読有り
      • Temperature-dependent biosynthesis of glucose monomycolate and its recognition by CD1-restricted T cells
        Y Enomoto; M Sugita; Matsunaga, I; T Naka; A Sato; T Kawashima; K Shimizu; H Takahashi; Y Norose; Yano, I
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2005年11月, 査読有り
      • Endogenously expressed HIV-1 nef down-regulates antigen-presenting molecules, not only class I MHC but also CD1a, in immature dendritic cells
        E Shinya; A Owaki; M Shimizu; J Takeuchi; T Kawashima; C Hidaka; M Satomi; E Watari; M Sugita; H Takahashi
        VIROLOGY, 2004年08月, 査読有り
      • Mechanisms of v delta 1 gamma delta T cell activation by microbial components
        H Das; M Sugita; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2004年06月, 査読有り
      • Mechanisms of v delta 1 gamma delta T cell activation by microbial components
        H Das; M Sugita; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2004年06月, 査読有り
      • Saposin C is required for lipid presentation by human CD1b
        F Winau; Schwierzeck, V; R Hurwitz; N Remmel; PA Sieling; RL Modlin; SA Porcelli; Brinkmann, V; M Sugita; K Sandhoff; SHE Kaufmann; UE Schaible
        NATURE IMMUNOLOGY, 2004年02月, 査読有り
      • New insights into pathways for CD1-mediated antigen presentation
        M Sugita; M Cernadas; MB Brenner
        CURRENT OPINION IN IMMUNOLOGY, 2004年02月, 査読有り
      • Effect of mutated transporters associated with antigen-processing 2 on characteristic major histocompatibility complex binding peptides: analysis using electrospray ionization tandem mass spectrometry
        G Kageyama; S Kawano; S Kanagawa; S Kondo; M Sugita; T Nakanishi; A Shimizu; S Kumagai
        RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY, 2004年, 査読有り
      • Lysosomal localization of murine CD1d mediated by AP-3 is necessary for NK T cell development
        M Cernadas; M Sugita; N van der Wel; XC Cao; JE Gumperz; S Maltsev; GS Besra; SM Behar; PJ Peters; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2003年10月, 査読有り
      • Epidermal Langerhans cells efficiently mediate CD1a-dependent presentation of microbial lipid antigens to T cells
        Pena-Cruz, V; S Ito; CC Dascher; MB Brenner; M Sugita
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2003年09月, 査読有り
      • CD1 and major histocompatibility complex II molecules follow a different course during dendritic cell maturation
        NN van der Wel; M Sugita; DM Fluitsma; XC Cao; G Schreibelt; MB Brenner; PJ Peters
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2003年08月, 査読有り
      • CD1 and major histocompatibility complex II molecules follow a different course during dendritic cell maturation
        NN van der Wel; M Sugita; DM Fluitsma; XC Cao; G Schreibelt; MB Brenner; PJ Peters
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2003年08月, 査読有り
      • Down-regulation of Toll-like receptor expression in monocyte-derived Langerhans cell-like cells: implications of low-responsiveness to bacterial components in the epidermal Langerhans cells
        J Takeuchi; E Watari; E Shinya; Y Norose; M Matsumoto; T Seya; M Sugita; S Kawana; H Takahashi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年07月, 査読有り
      • Cutting edge: major CD8 T cell response to live bacillus Calmette-Guérin is mediated by CD1 molecules.
        Kawashima T; Norose Y; Watanabe Y; Enomoto Y; Narazaki H; Watari E; Tanaka S; Takahashi H; Yano I; Brenner MB; Sugita M
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2003年06月, 査読有り
      • Perforin-dependent killing of tumor cells by V gamma 1V delta 1-bearing T-cells
        H Narazaki; E Watari; M Shimizu; A Owaki; H Das; Y Fukunaga; H Takahashi; M Sugita
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2003年03月, 査読有り
      • Perforin-dependent killing of tumor cells by V gamma 1V delta 1-bearing T-cells
        H Narazaki; E Watari; M Shimizu; A Owaki; H Das; Y Fukunaga; H Takahashi; M Sugita
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2003年03月, 査読有り
      • Breast milk macrophages spontaneously produce granulocyte-macrophage colony-stimulating factor and differentiate into dendritic cells in the presence of exogenous interleukin-4 alone
        M Ichikawa; M Sugita; M Takahashi; M Satomi; T Takeshita; T Araki; H Takahashi
        IMMUNOLOGY, 2003年02月, 査読有り
      • CD1-mediated gamma/delta T cell maturation of dendritic cells
        DS Leslie; MS Vincent; FM Spada; H Das; M Sugita; CT Morita; MB Brenner
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2002年12月, 査読有り
      • Conservation of CD1 intracellular trafficking patterns between mammalian species
        CC Dascher; K Hiromatsu; XW Xiong; M Sugita; JE Buhlmann; IL Dodge; SY Lee; C Roura-Mir; GF Watts; CJ Roy; SM Behar; DL Clemens; SA Porcelli; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2002年12月, 査読有り
      • CD1-mediated gamma/delta T cell maturation of dendritic cells
        DS Leslie; MS Vincent; FM Spada; H Das; M Sugita; CT Morita; MB Brenner
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2002年12月, 査読有り
      • CD1 molecules efficiently present antigen in immature dendritic cells and traffic independently of MHC class II during dendritic cell maturation
        XC Cao; M Sugita; N van der Wel; J Lai; RA Rogers; PJ Peters; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2002年11月, 査読有り
      • Induction of CD1-restricted immune responses in guinea pigs by immunization with mycobacterial lipid antigens
        K Hiromatsu; CC Dascher; KP LeClair; M Sugita; ST Furlong; MB Brenner; SA Porcelli
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2002年07月, 査読有り
      • Characterization of guinea-pig group 1 CD1 proteins
        K Hiromatsu; CC Dascher; M Sugita; C Gingrich-Baker; SM Behar; KP LeClair; MB Brenner; SA Porcelli
        IMMUNOLOGY, 2002年06月, 査読有り
      • Failure of trafficking and antigen presentation by CD1 in AP-3-deficient cells
        M Sugita; XC Cao; GFM Watts; RA Rogers; JS Bonifacino; MB Brenner
        IMMUNITY, 2002年05月, 査読有り
      • 【免疫疾患 state of arts】免疫疾患をめぐる基礎的研究の進歩 CD1 感染免疫のあらたなパラダイム
        楢崎 秀彦; 杉田 昌彦
        医学のあゆみ, 2002年03月
      • Influence of Mycobacterium bovis bacillus Calmette Guérin on in vitro induction of CD1 molecules in human adherent mononuclear cells.
        Giuliani A; Prete SP; Graziani G; Aquino A; Balduzzi A; Sugita M; Brenner MB; Iona E; Fattorini L; Orefici G; Porcelli SA; Bonmassar E
        Infection and immunity, 2001年12月, 査読有り
      • Extraction of human Langerhans cells: a method for isolation of epidermis-resident dendritic cells
        Pena-Cruz, V; S Ito; M Oukka; K Yoneda; CC Dascher; F Von Lichtenberg; M Sugita
        JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS, 2001年09月, 査読有り
      • MICA engagement by human V gamma 2V delta 2 T cells enhances their antigen-dependent effector function
        H Das; Groh, V; C Kuijl; M Sugita; CT Morita; T Spies; JF Bukowski
        IMMUNITY, 2001年07月, 査読有り
      • Low expression level but potent antigen presenting function of CD1d on monocyte lineage cells
        FM Spada; F Borriello; M Sugita; GFM Watts; Y Koezuka; SA Porcelli
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2000年12月, 査読有り
      • T lymphocyte recognition of human group 1 CD1 molecules: Implications for innate and acquired immunity
        M Sugita; MB Brenner
        SEMINARS IN IMMUNOLOGY, 2000年12月, 査読有り
      • CD1c molecules broadly survey the endocytic system
        M Sugita; N van der Wel; RA Rogers; PJ Peters; MB Brenner
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2000年07月, 査読有り
      • Pathways for lipid antigen presentation by CD1 molecules: Nowhere for intracellular pathogens to hide
        M Sugita; PJ Peters; MB Brenner
        TRAFFIC, 2000年04月, 査読有り
      • Self-recognition of CD1 by gamma/delta T cells: Implications for innate immunity
        FM Spada; EP Grant; PJ Peters; M Sugita; A Melian; DS Leslie; HK Lee; E van Donselaar; DA Hanson; AM Krensky; O Majdic; SA Porcelli; CT Morita; MB Brenner
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2000年03月, 査読有り
      • Self-recognition of CD1 by gamma/delta T cells: Implications for innate immunity
        FM Spada; EP Grant; PJ Peters; M Sugita; A Melian; DS Leslie; HK Lee; E van Donselaar; DA Hanson; AM Krensky; O Majdic; SA Porcelli; CT Morita; MB Brenner
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2000年03月, 査読有り
      • Murine CD1d-restricted T cell recognition of cellular lipids
        JE Gumperz; C Roy; A Makowska; D Lum; M Sugita; T Podrebarac; Y Koezuka; SA Porcelli; S Cardell; MB Brenner; SM Behar
        IMMUNITY, 2000年02月, 査読有り
      • Separate pathways for antigen presentation by CD1 molecules
        M Sugita; EP Grant; E van Donselaar; VW Hsu; RA Rogers; PJ Peters; MB Brenner
        IMMUNITY, 1999年12月, 査読有り
      • The CD1 family of lipid antigen-presenting molecules
        SA Porcelli; BW Segelke; M Sugita; IA Wilson; MB Brenner
        IMMUNOLOGY TODAY, 1998年08月, 査読有り
      • CD1 - A new paradigm for antigen presentation and T cell activation
        M Sugita; DB Moody; RM Jackman; EP Grant; JP Rosat; SM Behar; PJ Peters; SA Porcelli; MB Brenner
        CLINICAL IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 1998年04月, 査読有り
      • Rifampin increases cytokine-induced expression of the CD1b molecule in human peripheral blood monocytes
        L Tentori; G Graziani; SA Porcelli; M Sugita; MB Brenner; R Madaio; E Bonmassar; A Giuliani; A Aquino
        ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 1998年03月, 査読有り
      • The tyrosine-containing cytoplasmic tail of CD1b is essential for its efficient presentation of bacterial lipid antigens
        RM Jackman; S Stenger; A Lee; DB Moody; RA Rogers; KR Niazi; M Sugita; RL Modlin; PJ Peters; SA Porcelli
        IMMUNITY, 1998年03月, 査読有り
      • New insights into interactions between the human PTH/PTHrP receptor and agonist/antagonist binding
        S Fukayama; M Royo; M Sugita; A Imrich; M Chorev; LJ Suva; M Rosenblatt; AH Tashjian
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM, 1998年02月, 査読有り
      • Assembly and retention of CD1b heavy chains in the endoplasmic reticulum
        M Sugita; SA Porcelli; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1997年09月, 査読有り
      • Cytokine-induced expression of CD1b molecules by peripheral blood monocytes: Influence of 3'-azido-3'-deoxythymidine
        A Giuliani; L Tentori; R Pepponi; SA Porcelli; A Aquino; L Orlando; M Sugita; MB Brenner; E Bonmassar; G Graziani
        PHARMACOLOGICAL RESEARCH, 1997年02月, 査読有り
      • The CD1-restricted T-cell response to mycobacteria
        DB Moody; M Sugita; PJ Peters; MB Brenner; SA Porcelli
        RESEARCH IN IMMUNOLOGY, 1996年10月, 査読有り
      • Cytoplasmic tail-dependent localization of CD1b antigen-presenting molecules to MIICs
        M Sugita; RM Jackman; E vanDonselaar; SM Behar; RA Rogers; PJ Peters; MB Brenner; SA Porcelli
        SCIENCE, 1996年07月, 査読有り
      • ASSOCIATION OF THE INVARIANT CHAIN WITH MAJOR HISTOCOMPATIBILITY COMPLEX CLASS-I MOLECULES DIRECTS TRAFFICKING TO ENDOCYTIC COMPARTMENTS
        M SUGITA; MB BRENNER
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1995年01月, 査読有り
      • AN UNSTABLE BETA-2-MICROGLOBULIN - MAJOR HISTOCOMPATIBILITY COMPLEX CLASS-I HEAVY-CHAIN INTERMEDIATE DISSOCIATES FROM CALNEXIN AND THEN IS STABILIZED BY BINDING PEPTIDE
        M SUGITA; MB BRENNER
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1994年12月, 査読有り
      • AN UNSTABLE BETA-2-MICROGLOBULIN - MAJOR HISTOCOMPATIBILITY COMPLEX CLASS-I HEAVY-CHAIN INTERMEDIATE DISSOCIATES FROM CALNEXIN AND THEN IS STABILIZED BY BINDING PEPTIDE
        M SUGITA; MB BRENNER
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1994年12月, 査読有り
      • CLONAL V-ALPHA-12.1+ T-CELL EXPANSIONS IN THE PERIPHERAL-BLOOD OF RHEUMATOID-ARTHRITIS PATIENTS
        H DERSIMONIAN; M SUGITA; DN GLASS; AL MAIER; ME WEINBLATT; T REME; MB BRENNER
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1993年06月, 査読有り
      • ENHANCING EFFECT OF 17-BETA-ESTRADIOL ON HUMAN NK CELL-ACTIVITY
        K SORACHI; S KUMAGAI; M SUGITA; J YODOI; H IMURA
        IMMUNOLOGY LETTERS, 1993年04月, 査読有り
      • ENHANCING EFFECT OF 17-BETA-ESTRADIOL ON HUMAN NK CELL-ACTIVITY
        K SORACHI; S KUMAGAI; M SUGITA; J YODOI; H IMURA
        IMMUNOLOGY LETTERS, 1993年04月, 査読有り
      • INVITRO INDUCTION OF IGG ANTI-DNA ANTIBODY FROM HIGH-DENSITY B-CELLS OF SYSTEMIC LUPUS-ERYTHEMATOSUS PATIENTS BY AN HLA DR-RESTRICTED T-CELL CLONE
        M MURAKAMI; S KUMAGAI; M SUGITA; K IWAI; H IMURA
        CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 1992年11月, 査読有り
      • DEMONSTRATION OF THE REQUIREMENT FOR SELF ANTIGEN IN THE ACTIVATION OF AUTOREACTIVE T-CELLS
        M SUGITA; S KUMAGAI; M OTA; H INOKO; K TSUJI; H IMURA
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1992年02月, 査読有り
      • Functionally different DR- and DQ-specific autoreactive T cells are activated in autologous mixed lymphocyte reactions
        M. Sugita; S. Kumagai; H. Imura
        Japanese Journal of Rheumatology, 1991年, 査読有り
      • HLA-DQ-SPECIFIC AUTOREACTIVE T-CELL CLONE WITH HELPER AND CYTOTOXIC FUNCTIONS
        M SUGITA; S KUMAGAI; H UMEHARA; K IWAI; K SORACHI; H IMURA
        IMMUNOLOGY LETTERS, 1990年12月, 査読有り
      • IMMUNOREACTIVE GROWTH-HORMONE (GH) SECRETION BY HUMAN-LYMPHOCYTES - AUGMENTED RELEASE BY EXOGENOUS GH
        N HATTORI; A SHIMATSU; M SUGITA; S KUMAGAI; H IMURA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1990年04月, 査読有り
      • Immunological abnormalities in diabetes mellitus
        M. Sugita; S. Kumagai; H. Imura
        Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 1990年, 査読有り
      • EXPRESSION OF DIFFERENT COMBINATIONS OF INTERLEUKINS BY HUMAN T-CELL LEUKEMIC-CELL LINES THAT ARE CLONALLY RELATED
        T NOMA; H NAKAKUBO; M SUGITA; S KUMAGAI; M MAEDA; A SHIMIZU; T HONJO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1989年05月, 査読有り

      MISC

      • 結核肉芽腫形成を制御する好中球機能の解明
        水谷 龍明; 吉岡 祐弥; 大内 結貴; 森田 大輔; 杉田 昌彦
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • 免疫学 肉芽腫形成を制御するS100A9陽性好中球
        水谷 龍明; 杉田 昌彦
        医学のあゆみ, 2017年11月
      • 【非結核性抗酸菌症の今日的問題】 脂質免疫の新視点から見た非結核性抗酸菌感染症
        水谷 龍明; 杉田 昌彦
        化学療法の領域, 2016年07月
      • 脂質免疫:結核菌やエイズウイルスに対抗する新しい獲得免疫システム
        杉田 昌彦
        第89回日本感染症学会総会 京都 2015年4月16-17日, 2015年04月
      • 脂質免疫を基盤にした新しい遅延型アレルギー応答
        吉岡佑弥; 杉田昌彦
        臨床免疫・アレルギー科, 2014年, 査読有り, 招待有り
      • ミコール酸糖脂質を標的としたCD1依存的T細胞応答
        杉田昌彦; 宮本歩己
        THE LUNG perspectives, 2014年, 査読有り, 招待有り
      • Lipopeptide Ag presentation by MHC class I molecules: evidence from SIV-infected monkeys.
        森田 大輔; 杉田 昌彦
        第42回日本免疫学会学術集会 千葉 2013年12月11-13日, 2013年12月
      • CD1と獲得免疫
        杉田 昌彦
        第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 東京 2013年11月28-30日, 2013年11月
      • ミコール酸糖脂質の生化学と免疫学
        一瀬大志; 杉田昌彦
        医学のあゆみ, 2013年, 査読有り, 招待有り
      • Lipid-specific adaptive immunity in tuberculosis and AIDS.
        杉田 昌彦; 森田 大輔; 五十嵐 樹彦
        The 19th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research. Seoul, Korea. August 23-24., 2012年08月
      • ウイルス蛋白質のミリスチン酸修飾を検知する新たなT細胞応答
        杉田 昌彦
        第23回日本生体防御学会学術集会 東京 2012年7月9日-11日, 2012年07月
      • 脂質を標的にした新しい皮膚遅延型アレルギー応答 (特集 皮膚の炎症メカニズムと抗炎症の最新研究)
        山本 侑枝; 杉田 昌彦
        フレグランスジャーナル, 2011年08月, 査読有り
      • [Molecular and cellular biology of mycobacteria].
        Hattori Y; Sugita M
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2011年08月, 査読有り
      • 結核菌と結核を巡る新たな知見 4.結核菌細胞壁糖脂質の生合成と免疫認識
        服部祐季; 杉田昌彦
        化学療法の領域, 2011年05月25日, 査読有り
      • A mycobacteria-derived glycolipid, glucose monomycolate, functions as a new class of \ntarget antigen for delayed-type hypersensitivity.
        Sugita M
        46th Tuberculosis and Leprosy Research Conference. Saitama, Japan, December 7-9, 2011., 2011年, 査読有り
      • Lipid-specific adaptive immunity in tuberculosis and AIDS.
        Sugita M
        The 6th International Symposium of Institute Network. Tokyo, Japan. June 9-10, 2011., 2011年, 査読有り
      • マイコバクテリアのポリケチド 合成酵素Pks12によるポリメチル脂肪酸の産生
        松永勇; 前田伸司; 中田昇; 中崇; 藤原永年; 杉田昌彦
        第84 回日本生化学会大会、京都、 2011 年9 月21日-24 日, 2011年, 査読有り
      • 結核菌および抗酸菌の細菌学
        服部祐季; 杉田昌彦
        日本臨林69: 1356-1360, 2011., 2011年, 査読有り
      • Mycolyltransferase from Mycobacterium leprae excludes mycolate-containing glycolipid substrates.
        杉田 昌彦
        45th Tuberculosis and Leptrosy Research Conference. Boston, USA, July 13-15, 2010, 2010年07月
      • Mycobacterium avium の血清型非特異的糖ペプ チド脂質に対する抗体産生
        松永勇; 小森崇矢; 藤原永年; 杉田昌彦
        第33 回日本分子生物学会年会・第83 回日本生化学会大会 合同大会 神戸 2010年12月7- 10日, 2010年, 査読有り
      • 結核菌脂質を標的とした新しい免疫応答
        杉田昌彦
        第53 回日本感染症学会中日本地方会学術集会 京都 20 10年11 月12-13日, 2010年, 査読有り
      • ミコール酸含有糖脂質の生合成と免疫認識~ 抗酸菌バイオロジーの新たな世界 ~
        杉田昌彦
        第85 回日本結核病学術集会 京都 2010年5 月20-21日, 2010年, 査読有り
      • リポペプチド: エイズ免疫の新たな標的分子
        森田大輔; 堀池麻理子; 三浦智行; 森直樹; 五十嵐樹彦; 杉田昌彦
        第13回京都免疫ワークショップ学術集会 大阪2010 年2 月13日, 2010年, 査読有り
      • 新しい結核免疫
        杉田昌彦
        綜合臨床59: 117-119, 2010, 2010年, 査読有り
      • らい菌のミコール酸転移酵素によるミコール酸糖脂質の産生
        松永勇; 中尾瞳; 森田大輔; 杉田昌彦
        第82 回日本生化学会総会 神戸 平成21年10月21-24 日, 2009年, 査読有り
      • ことばのカルテCD1a
        杉田昌彦
        Medical Tribune 42: 2009, 2009年, 査読有り
      • Eosinophilic skin reactions to glycolipids in mycobacterial infection represent a novel form of delayed-type hypersensitivity
        A. Otsuka; I. Matsunaga; T. Komori; K. Tomita; Y. Toda; T. Manabe; Y. Miyachi; M. Sugita
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • Eosinophilic skin hypersensitivity to glycolipids in mycobacteria-infected guinea pigs.
        Sugita M
        43rd Tuberculosis and Leprosy Research Conference. Baltimore, USA, July 8-10, 2008., 2008年, 査読有り
      • Eosinophilic DTH を標的とした新しい皮 アレルギー応答
        大塚篤司; 松永勇; 小森崇矢; 冨田和沙; 戸田好信; 真 俊明; 宮地 樹; 杉田昌彦
        第11回京 免 疫ワークショップ、平成20 年3 月22 日, 2008年, 査読有り
      • 脂質を標的にした新しい免疫システム
        杉田昌彦
        福井大学大学院セミナー 福井 平成 19 年6 月27 日, 2007年, 査読有り
      • 感染防御と脂質免疫
        杉田昌彦
        第81 回日本感染症学会教育講演 京都 平成19 年4 月 10 日, 2007年, 査読有り
      • CD1:抗原提示の新たなパラダイム
        杉田昌彦
        「免疫応答と免疫病態の統合的分子理解 」 135-143, 2007, 2007年, 査読有り
      • 抗酸菌脂質を標的にした新しい感染防御機構
        杉田昌彦; 森田大輔
        BIO Clinica 22 巻 921-925, 2007, 2007年, 査読有り
      • [Immune recognition of mycobacteria-derived lipid components].
        Sugita M
        Nihon saikingaku zasshi. Japanese journal of bacteriology, 2006年11月, 査読有り
      • Lipid-specific immune responses induced by BCG.
        Sugita M
        US-Japan Cooperative Medical Science Program. The 41st Tuberculosis and Leprosy Research Conference. Kagoshima, July 19-21, 2006., 2006年, 査読有り
      • 脂質抗原の細胞内輸送と免疫認識
        杉田昌彦
        実験医学 24 巻936-940, 2006年, 査読有り
      • 基礎医学から 結核菌脂質に応答する新しい免疫システム
        杉田 昌彦
        日本医事新報, 2005年10月29日, 査読有り
      • T-lymphocyte recognition of lipid antigens presented by CD1 molecules
        Sugita M
        The 12th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Shao χing, China, Nov. 20-23, 2005, 2005年, 査読有り
      • CD1: A new paradigm for infection control and vaccine development
        Sugita M
        International Workshop on Animal Genome Analysis 2005, Tokyo, Japan, Nov. 9, 2005, 2005年, 査読有り
      • 「樹状細胞の新しい機能:CD1 分子による脂質抗原提示」
        杉田昌彦
        第16 回日本樹状細 胞研究会 特別講演(福岡) 2005 年7 月13-15 日, 2005年, 査読有り
      • 結核菌脂質を認識する新しい免疫システム
        杉田昌彦
        呼吸 24 巻 97-98, 2005年, 査読有り
      • 結核免疫の新しい考え方-結核菌脂質に対する免疫応答-
        杉田昌彦
        綜合臨床 54 巻 621-622, 2005年, 査読有り
      • CD1:結核菌脂質に応答する新しい感染防御システム 免疫と疾患(前篇)
        杉田昌彦
        -自 然・獲得免疫と疾患- 519-528, 2005年, 査読有り
      • CD1:結核菌感染防御を担う新しい免疫システム
        杉田昌彦
        感染症を制御する 87-97, 2005年, 査読有り
      • Mechanisms of v delta 1 gamma delta T cell activation by microbial components (vol 172, pg 6578, 2004)
        H Das; M Sugita; MB Brenner
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2004年08月
      • Saposin C orchestrates lipids and CD1b for antigen presentation to human T cells
        F Winau; Schwierzeck, V; R Hurwitz; N Remmel; PA Sieling; RL Modlin; SA Porcelli; Brinkmann, V; M Sugita; K Sandhoff; SHE Kaufmann; UE Schaible
        FASEB JOURNAL, 2004年05月
      • Saposin C is required for lipid presentation by human CD1b (vol 5, pg 169, 2004)
        F Winau; Schwierzeck, V; R Hurwitz; N Remmel; PA Sieling; RL Modlin; SA Porcelli; Brinkmann, V; M Sugita; K Sandhoff; SHE Kaufmann; UE Schaible
        NATURE IMMUNOLOGY, 2004年03月
      • 「CD1:糖脂質抗原をターゲットにした新しい免疫システム」
        杉田昌彦
        第64 回日本癌学 会学術総会 シンポジウム(札幌) 2004 年9 月14-16 日, 2004年, 査読有り
      • Epidermal Langerhans cells efficiently mediate CD1a-dependent presentation of microbial lipid antigen to T cells
        Pena-Cruz, V; S Ito; CC Dascher; MB Brenner; M Sugita
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2003年11月
      • Down-regulation of Toll-like receptor expression in monocyte-derived Langerhans cell-like cells: Implications of low-responsiveness to bacterial components in epidermal Langerhans cells
        J Takeuchi; E Watari; E Shinya; Y Norose; M Matsumoto; T Seya; M Sugita; S Kawana; H Takahashi
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2003年11月
      • Influence of Mycobacterium bovis bacillus Calmette Guerin on in vitro induction of CD1 molecules in human adherent mononuclear cells (vol 69, pg 7461, 2001)
        A Giuliani; SP Prete; G Graziani; A Aquino; A Balduzzi; M Sugita; MB Brenner; E Iona; L Fattorini; G Orefici; SA Porcelli; E Bonmassar
        INFECTION AND IMMUNITY, 2002年05月
      • [CD1: A new paradigm for antigen presentation].
        Sugita M
        Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi, 2001年12月, 査読有り
      • Antigen presentation by CD1 in dendritic cell maturation.
        XC Cao; M Sugita; M Brenner
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2000年12月
      • Antigen presentation by CD1: a special role for CD1a on Langerhans cells
        MB Brenner; M Sugita; Hsu, V; P Peters
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2000年01月
      • Extraction of human epidermal Langerhans cells enrichment
        Pena-Cruz, V; M Sugita; S Ito; M Oukka; F Von Lichtenberg
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2000年01月
      • Major tissue gamma delta T cell subset recognizes CD1c on professional antigen presenting cells.
        CT Morita; F Spada; EP Grant; PJ Peters; HK Lee; M Sugita; A Melian; AM Krensky; SA Porcelli; MB Brenner
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 1999年09月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 「脂質免疫」の賦活化を基軸とした、新たなワクチン戦略の構築
        基盤研究(B)
        小区分54030:感染症内科学関連
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        ワクチン;脂質免疫
      • リポペプチド提示HLAクラスI分子の同定~感染防御と自己免疫の新機序解明へ~
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分54:生体情報内科学およびその関連分野
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2020年07月30日, 至 2023年03月31日, 交付
        HLA;リポペプチド;感染防御;自己免疫
      • 「リポペプチド」抗原提示機構の解明~分子構造、細胞機能そして個体へ~
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        抗原提示;MHC;リポペプチド
      • ヒトリポペプチド提示分子の同定~ウイルス感染と自己免疫の新機序解明を目指して~
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分54:生体情報内科学およびその関連分野
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2018年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        ウイルス;免疫;ワクチン;細胞傷害性T細胞;リポペプチド;MHC;抗原提示;自己免疫
      • 「脂質免疫」に着目した新ワクチンコンセプトの確立~結核とエイズをモデルとして~
        基盤研究(B)
        小区分54030:感染症内科学関連
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        リポペプチド;MHC;脂質免疫;ワクチン;結核;エイズ
      • 好中球によるマクロファージ変容機序の解明~癌と結核の共通分子基盤を切り口にして~
        基盤研究(C)
        京都大学
        水谷 龍明
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        慢性炎症;好中球;マクロファージ;がん;免疫学;結核;S100;慢性炎症病態;感染症;癌
      • 新たな抗原レパートリー「リポペプチド」の生成・認識機構の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        抗原提示;MHC;リポペプチド;脂質免疫;免疫学
      • ヒトリポペプチド抗原提示分子の同定~新たなウイルス制御パラダイムの確立を目指して
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ウイルス;生体防御;抗原提示;MHC;リポペプチド;感染症防御学;MHC分子;結晶構造
      • アカゲザル脂質免疫研究を基盤にした、新たな抗結核ワクチンの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        結核;脂質ワクチン;感染症;細菌;脂質;ワクチン;マクロファージ;好中球
      • ウイルスタンパク質の翻訳後修飾を起点とした病原体宿主相克の機構解明と制御
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ウイルス;脂質;免疫学
      • 新たなエイズウイルス免疫標的分子「リポペプチド」の研究~アカゲザルからヒトへ~
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        細胞・組織;ウイルス;免疫学;脂質;エイズ;リポペプチド
      • リポペプチドを提示するMHCクラス1分子の同定
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        細胞・組織;免疫学;脂質;リポペプチド;MHC;T細胞
      • 新たなキラーT細胞標的分子「リポペプチド」に着目した、ヒトエイズ制御の新戦略
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        エイズ;リポペプチド;キラーT細胞
      • 糖脂質に対するサルT細胞応答の実証に基づく、新たな抗結核ワクチンの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        杉田 昌彦
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        結核;ワクチン;脂質
      • CD1・脂質免疫応答に着目した、エイズワクチン開発の新戦略
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        感染症防御学;リポペプチド;エイズ;ワクチン;CD1
      • MHCとCD1の機能連関による免疫制御の新戦略
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        免疫制御;MHC;CD1;リポペプチド
      • 糖脂質特異的免疫応答に着目した、新たな抗結核ワクチンノ開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        細菌;感染症;脂質;免疫学;結核;糖脂質
      • がん糖脂質を標的にした免疫治療法の確立
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        癌;脂質;免疫学;細胞・組織
      • 多様な生物活性脂質の生合成を担うミコール酸転移酵素の機能解析と改変
        基盤研究(C)
        京都大学
        松永 勇
        完了
        マイコバクテリア;糖脂質;ミコール酸転移酵素;生合成;生物活性;脂質合成酵素;生理活性;ミコール酸;酵素;細菌;脂質;ミコール酸糖脂質
      • ランゲルハンス細胞に発現したCD1a分子の新しい機能の解明
        萌芽研究
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        生体分子;脂質;免疫学;細胞・組織
      • 脂質をベースにした、新しい抗結核ワクチンの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        感染症学;結核;脂質;ワクチン;細菌;感染症;免疫学
      • がん糖脂質を標的にした免疫治療法の開発
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        癌;脂質;免疫学;細胞・組織;癌免疫;糖脂質;CD1a分子;キラーT細胞;トランスジェニックマウス
      • 脂質に応答するCD1依存性獲得免疫の成立基盤の解明とその賦活法の開発
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        免疫学;脂質;生体分子;細胞・組織;CD1;免疫応答;獲得免疫;ワクチン;抗体
      • 自己脂質および細菌脂質に応答する、CD1依存性獲得免疫システムの構築基盤の解明
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        CD1;脂質;T細胞
      • グループ1CD1トランスジエニックマウスを用いた結核菌感染防御生体反応の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        杉田 昌彦
        完了
        CD1;脂質;抗酸菌;免疫応答;トランスジェニックマウス;結核菌
      • CD1・脂質抗原提示系に着目した、新しい抗結核ワクチンの開発
        基盤研究(B)
        京都大学;日本医科大学
        杉田 昌彦
        完了
        CD1;脂質;結核菌;ワクチン;脂質抗原;モルモット;BCG, CD1;lipid;Mycobacterium tuberculosis;vaccine
      • 結核菌脂質をターゲットにした免疫応答とその制御
        特定領域研究
        生物系
        日本医科大学
        杉田 昌彦
        完了
        CD1;脂質抗原;結核菌;BCG;トランスジェニックマウス
      • 病原性及び非病原性結核菌感染防御における、CD1を介した脂質抗原提示の重要性
        特定領域研究
        生物系
        日本医科大学
        杉田 昌彦
        完了
        結核菌;BCG;CD1;脂質抗原;樹状細胞
      • 結核菌感染樹状細胞における、CD1分子を介した脂質抗原提示経路の解明
        特定領域研究(C)
        生物系
        日本医科大学
        杉田 昌彦
        完了
        結核菌;CD1;脂質抗原;樹状細胞

      外部資金:その他

      • 持続性結核菌感染の病原性や発症に関わる分子機構の解明及び治療・予防の基礎研究
        厚労科研
        自 2011年, 至 2011年
        分担
      • 潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究
        厚労科研
        自 2012年, 至 2012年
        分担
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医科学特論
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学特論J
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学概論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第1
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          高次生命科学特別演習
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫学II
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫学II
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (高次細胞制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫学II
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (高次細胞制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2011年07月01日, 至 2013年06月30日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2011年07月01日, 至 2013年06月30日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            吉田キャンパス整備専門委員会 3号委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2020年04月01日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2020年04月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            予算委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日
            教育委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            職員等配置検討委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            自己点検・評価委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            広報委員会 委員長
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            職員等配置検討委員会 委員
          • 自 2017年04月01日
            医の倫理委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            広報委員会 委員長
          • 自 2018年04月01日
            (旧ウイルス研)予算委員会
          • 自 2021年04月01日
            自己点検・評価委員会 委員

          ページ上部へ戻る