教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

生方 志浦

ウブカタ シホ

医学研究科 メディカルイノベーションセンター 特定助教

生方 志浦
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    所属学協会

    • 作業療法神経科学研究会
    • 日本神経科学学会
    • 日本神経心理学会
    • 日本高次脳機能障害学会

    学位

    • 修士(保健学)(神戸大学)
    • 博士(保健学)(神戸大学)

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学大学院, 医学研究科メディカルイノベーションセンター, 特定助教
    • 自 2017年10月, 至 2018年03月
      California Institute of Technology, Visiting Scientist
    • 自 2014年04月, 至 2018年03月
      京都大学大学大学院, 医学研究科脳病態生理学講座, 研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        高次脳機能障害 神経心理学 脳外傷後遺症の神経心理学研究
      • 研究概要

        脳損傷後に生じる様々な神経心理学的後遺症について、その症候学的検討と、MRIやPETを用いた神経基盤についての研究を行っている。

      研究キーワード

      • 高次脳機能障害
      • PET
      • MRI
      • 精神疾患
      • 脳損傷

      研究分野

      • ライフサイエンス, リハビリテーション科学
      • ライフサイエンス, 精神神経科学
      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 神経科学一般

      論文

      • Extracting Apathy From Depression Syndrome in Traumatic Brain Injury by Using a Clustering Method
        Shiho Ubukata; Keita Ueda; Gaku Fujimoto; Senkei Ueno; Toshiya Murai; Naoya Oishi
        The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences, 2022年04月
      • 外傷性脳損傷後の社会機能に関連する認知機能障害・抑うつ症状の検討
        生方 志浦; 種村 留美; 吉住 美保; 上田 敬太; 村井 俊哉
        高次脳機能研究, 2012年03月
      • 右側脳室内腫瘍摘出術後に同時失認と考えられる症状を呈した1例に対する視線計測の試み
        田畑 阿美; 植野 司; 生方 志浦; 加藤 寿宏; 村井 俊哉; 上田 敬太
        高次脳機能研究, 2022年03月
      • Spatial Patterns of Amyloid Deposition in Patients with Chronic Focal or Diffuse Traumatic Brain Injury Using 18F-FPYBF-2 PET

        Shiho Ubukata; Naoya Oishi; Tatsuya Higashi; Shinya Kagawa; Hiroshi Yamauchi; Chio Okuyama; Hiroyuki Watanabe; Masahiro Ono; Hideo Saji; Toshihiko Aso; Toshiya Murai; Keita Ueda
        Neuropsychiatric Disease and Treatment, 2020年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Reply: A transvenous pressure gradient mechanism behind ventriculomegaly
        Toshihiko Aso; Genichi Sugihara; Toshiya Murai; Shiho Ubukata; Shin-ichi Urayama; Tsukasa Ueno; Gaku Fujimoto; Dinh Ha Duy Thuy; Hidenao Fukuyama; Keita Ueda
        Brain, 2020年09月01日, 招待有り
      • びまん性軸索損傷の慢性期における認知機能障害と脳幹体積の関連
        藤本 岳; 生方 志浦; 杉原 玄一; 大石 直也; 麻生 俊彦; 村井 俊哉; 上田 敬太
        日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集, 2020年08月
      • A venous mechanism of ventriculomegaly shared between traumatic brain injury and normal ageing.
        Toshihiko Aso; Genichi Sugihara; Toshiya Murai; Shiho Ubukata; Shin-Ichi Urayama; Tsukasa Ueno; Gaku Fujimoto; Dinh Ha Duy Thuy; Hidenao Fukuyama; Keita Ueda
        Brain : a journal of neurology, 2020年06月01日, 査読有り
      • Reduced Enhancement of Memory for Faces Encoded by Semantic and Socioemotional Processes in Patients with Parkinson's Disease.
        Paeksoon Park; Hodaka Yamakado; Ryosuke Takahashi; Shikiho Dote; Shiho Ubukata; Toshiya Murai; Takashi Tsukiura
        Journal of the International Neuropsychological Society : JINS, 2020年04月, 査読有り
      • [Social Behavioral Problems after Brain Injury].
        Shiho Ubukata; Keita Ueda; Toshiya Murai
        Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2019年10月
      • Transcallosal Fiber Disruption and its Relationship with Corresponding Gray Matter Alteration in Patients with Diffuse Axonal Injury.
        Shiho Ubukata; Naoya Oishi; Genichi Sugihara; Toshihiko Aso; Hidenao Fukuyama; Toshiya Murai; Keita Ueda
        Journal of neurotrauma, 2019年04月01日, 査読有り
      • びまん性軸索損傷の急性期重症度と慢性期脳幹萎縮との関連
        藤本 岳; 生方 志浦; 大石 直也; 杉原 玄一; 麻生 俊彦; 村井 俊哉; 上田 敬太
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • Facial emotion recognition in patients with focal and diffuse axonal injury
        Walid Yassin; Brandy L. Callahan; Shiho Ubukata; Genichi Sugihara; Toshiya Murai; Keita Ueda
        BRAIN INJURY, 2017年, 査読有り
      • Discriminating autism spectrum disorders from schizophrenia by investigation of mental state attribution on an on-line mentalizing task: A review and meta-analysis
        Vibeke Bliksted; Shiho Ubukata; Katja Koelkebeck
        SCHIZOPHRENIA RESEARCH, 2016年03月, 査読有り
      • 社会的認知障害を呈した高次脳機能障害患者に対するSCITを用いたグループ治療―予備的研究―.
        塚越千尋; 俵あゆみ; 松岡慧; 生方志浦; 納谷敦夫
        高次脳機能研究, 2016年, 査読有り
      • Corpus Callosum Pathology as a Potential Surrogate Marker of Cognitive Impairment in Diffuse Axonal Injury.
        Shiho Ubukata; Keita Ueda; Genichi Sugihara; Walid Yassin; Toshihiko Aso; Hidenao Fukuyama; Toshiya Murai
        The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences, 2016年, 査読有り
      • Insular Gray Matter Volume and Objective Quality of Life in Schizophrenia
        Teruhisa Uwatoko; Miho Yoshizumi; Jun Miyata; Shiho Ubukata; Hironobu Fujiwara; Ryosaku Kawada; Manabu Kubota; Akihiko Sasamoto; Genichi Sugihara; Toshihiko Aso; Shinichi Urayama; Hidenao Fukuyama; Toshiya Murai; Hidehiko Takahashi
        PLoS One, 2015年11月, 査読有り
      • Hypothalamic-Amygdalar-Brainstem Volume Reduction in a Patient with Narcolepsy Secondary to Diffuse Axonal Injury
        Walid Yassin; Genichi Sugihara; Naoya Oishi; Manabu Kubota; Shiho Ubukata; Toshiya Murai; Keita Ueda
        JOURNAL OF CLINICAL SLEEP MEDICINE, 2015年, 査読有り
      • Cognitive Function of Patients with Adult Moyamoya Disease
        Yoshio Araki; Yasushi Takagi; Keita Ueda; Shiho Ubukata; Junko Ishida; Takeshi Funaki; Takayuki Kikuchi; Jun C. Takahashi; Toshiya Murai; Susumu Miyamoto
        JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 2014年08月, 査読有り
      • Social cognition and its relationship to functional outcomes in patients with sustained acquired brain injury
        Shiho Ubukata; Rumi Tanemura; Miho Yoshizumi; Genichi Sugihara; Toshiya Murai; Keita Ueda
        NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT, 2014年, 査読有り
      • Impact of gray matter reductions on theory of mind abilities in patients with schizophrenia
        Katja Koelkebeck; Kazuyuki Hirao; Jun Miyata; Ryosaku Kawada; Teruyasu Saze; Udo Dannlowski; Shiho Ubukata; Patricia Ohrmann; Jochen Bauer; Anya Pedersen; Hidenao Fukuyama; Nobukatsu Sawamoto; Hidehiko Takahashi; Toshiya Murai
        SOCIAL NEUROSCIENCE, 2013年11月, 査読有り
      • Regional gray matter reduction correlates with subjective quality of life in schizophrenia
        Shiho Ubukata; Jun Miyata; Miho Yoshizumi; Teruhisa Uwatoko; Kazuyuki Hirao; Hironobu Fujiwara; Ryosaku Kawada; Shinsuke Fujimoto; Yusuke Tanaka; Manabu Kubota; Akihiko Sasamoto; Nobukatsu Sawamoto; Hidenao Fukuyama; Hidehiko Takahashi; Toshiya Murai
        JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 2013年04月, 査読有り
      • Cognitive Impairments in Patients with Diffuse Axonal Injury
        Ubukata S; Tanemura R; Ueda K; Murai T
        Bulletin of Health science Kobe, 2013年03月, 査読有り
      • 右後大脳動脈梗塞 (内側後頭側頭葉領域) による街並失認の一例.
        生方志浦; 磯野理; 種村留美
        高次脳機能研究, 2011年01月, 査読有り
      • Transcultural differences in brain activation patterns during theory of mind (ToM) task performance in Japanese and Caucasian participants
        Katja Koelkebeck; Kazuyuki Hirao; Ryousaku Kawada; Jun Miyata; Teruyasu Saze; Shiho Ubukata; Shoji Itakura; Yasuhiro Kanakogi; Patricia Ohrmann; Jochen Bauer; Anya Pedersen; Nobukatsu Sawamoto; Hidenao Fukuyama; Hidehiko Takahashi; Toshiya Murai
        SOCIAL NEUROSCIENCE, 2011年, 査読有り

      MISC

      • びまん性軸索損傷における認知機能障害とstructural connectivity
        生方 志浦; 大石 直也; 杉原 玄一; 麻生 俊彦; 福山 秀直; 塚越 千尋; 村井 俊哉; 上田 敬太
        形態・機能, 2016年08月
      • 統合失調症における脳形態異常とBACSで評価される認知機能との関連
        松河理子; 宮田淳; 藤野純也; 廣瀬公人; 生方志浦; 佐々木仁; 孫樹洛; 麻生俊彦; 福山秀直; 杉原玄一; 高橋英彦; 村井俊哉
        統合失調症研究, 2014年
      • 社会的行動障害・前頭葉症候群
        生方志浦, 上田敬太; 村井俊哉
        Clinical Neuroscience, 2020年02月, 招待有り, 筆頭著者
      • 社会的行動障害
        生方志浦, 上田敬太, 村井俊哉
        Brain and Neurve, 2019年10月, 招待有り, 筆頭著者
      • 前頭葉と遂行機能
        生方志浦; 上田敬太
        脳神経内科, 2019年05月, 招待有り
      • TBI後の社会的行動障害
        生方志浦; 上田敬太
        臨床精神医学, 2019年04月, 招待有り
      • 社会的行動障害のリハビリテーションの原点とトピック
        村井俊哉; 生方志浦; 上田敬太
        高次脳機能研究, 2019年03月, 招待有り
      • びまん性軸索損傷の患者における脳幹と大脳の慢性期の体積減少と急性期重症度との相関について
        藤本岳; 生方志浦; 大石直也; 杉原玄一; 麻生俊彦; 村井俊哉; 上田敬太
        第39回 日本生物学的精神医学会, 2017年09月, 査読有り
      • びまん性軸索損傷における日常記憶に関連する要素的認知機能の障害
        村岡ひかる; 朴 白順; 生方志浦; 上田敬太; 村井俊哉; 月浦 崇
        第41回日本神経心理学会学術集会,東京, 2017年09月, 査読有り
      • 前脳基底部手術例における時間情報処理の特徴に関する検討
        岩田沙恵子; 中村あゆみ; 朴 白順; 松本 昇; 藤山雄一; 末廣栄一; 上田敬太; 生方志浦; 鈴木倫保; 村井俊哉; 月浦 崇
        第41回日本神経心理学会学術集会,東京, 2017年09月, 査読有り
      • Relationship between cognitive functions and processes of time information in patients with surgery of the anterior communicating artery (ACoA) aneurysm
        Iwata S; Nakamura A; Park P; Matsumoto N; Fujiyama Y; Suehiro E; Ueda K; Ubukata S; Suzuki M; Murai T; Tsukiura T
        The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time, Nara, Japan, 2017年09月
      • 社会認知障害・前頭葉症候群
        生方志浦; 村井俊哉
        精神科治療学, 2017年, 招待有り
      • 精神科の立場からみた高次脳機能障害:アパシー、脱抑制、遂行機能障害.
        村井俊哉; 生方志浦
        認知神経科学, 2017年, 招待有り
      • 高次脳機能障害の臨床
        生方志浦; 村井俊哉
        公益財団法人豊郷病院附属臨床精神医学研究所年報, 2017年, 招待有り
      • 高次脳機能障害にける社会的行動障害への対応
        村井 俊哉; 生方 志浦
        日本医師会雑誌, 2016年09月, 招待有り
      • びまん性軸索損傷患者における日常記憶の検討
        村岡ひかる; 朴 白順; 生方志浦; 上田敬太; 村井俊哉; 月浦 崇
        第40回日本神経心理学会学術集会,熊本, 2016年09月, 査読有り
      • 情動, 記憶, 共感.ブロードマン領野の現在地.
        上田敬太; 藤本岳; 生方志浦; 村井俊哉
        BRAIN and NERVE, 2016年, 招待有り
      • 認知機能障害と社会機能
        生方 志浦; 村井俊哉
        精神科治療学, 2015年11月, 招待有り
      • Impaired recognition of faces encoded by emotional and semantic processes in patients with Parkinson disease
        Park P; Yamakado H; Takahashi R; Dote S; Ubukata S; Murai T; Tsukiura T
        International Neuropsychological Society 2014 Mid-Year Meeting, Jerusalem, Israel, 2014年07月, 査読有り
      • 社会脳
        生方志浦; 村井俊哉
        総合リハビリテーション, 2014年01月, 招待有り
      • 顔に由来する社会的報酬が顔の記憶に及ぼす効果:パーキンソン病例を対象とした検討
        朴 白順; 山門穂高; 高橋良輔; 土手しきほ; 生方志浦; 村井俊哉; 月浦 崇
        第37回日本神経心理学会総会,札幌, 2013年09月, 査読有り
      • 幸福感と抑うつ感の神経回路網
        上床輝久; 生方志浦; 高橋英彦
        最新精神医学, 2012年07月

      講演・口頭発表等

      • Clinical severity in the acute phase and brainstem volume reduction in the chronic phase in diffuse axonal injury
        Gaku Fujimoto; Shiho Ubukata; Naoya Oishi; Toshihiko Aso; Genichi Sugihara; Toshiya Murai; Keita Ueda
        47th ANNUAL MEETING NEUROSCIENCE 2017, 2017年11月
      • 社会脳とその障害
        生方 志浦
        第3回区中央部高次脳機能障害合同研修会, 2017年09月, 招待有り
      • Predictors of social function and quality of life in patients with traumatic brain injury.
        Ubukata S; Sugihara G; Murai T; Ueda K
        The 25th European Contress of Psychiatry, 2017年04月
      • Neural basis of cognitive impairments in patients with diffuse axonal injury
        Shiho Ubukata; Naoya Oishi; Genichi Sugihara; Walid Yassin; Toshihiko Aso; Hidenao Fukuyama; Toshiya Murai; Keita Ueda
        46th ANNUAL MEETING NEUROSCIENCE 2016, 2016年11月
      • Neural basis of cognitive impairments in patients with diffuse axonal injury.
        Ubukata S; Oishi N; Sugihara G; Yassin W; Aso T; Fukuyama H; Murai T; Ueda K
        Neuroscience 2016, 2016年11月
      • びまん性軸索損傷における認知機能障害とstructural connectivity
        生方志浦; 大石直也; 杉原玄一; 麻生俊彦; 福山秀直; 塚越千尋; 村井俊哉; 上田敬太
        第15回コメディカル学術集会, 2016年09月17日
      • びまん性軸索損傷患者における日常記憶の検討
        村岡ひかる; 朴 白順; 生方志浦; 上田敬太; 村井俊哉; 月浦 崇
        第40回日本神経心理学会学術集会, 2016年09月15日
      • Structural connectivity and cognitive Impairment in patients with diffuse axonal injury
        生方 志浦
        第39回日本神経科学大会, 2016年07月20日
      • Creative thinking and personality trait in parkinson`s desease
        Saito N; Ubukata S; Saito S; Yamakado H; Sawamoto N; Takahashi R; Murai T; Takahashi H
        第39回日本神経科学大会, 2016年07月20日
      • Abnormal corpus callosum connectivity in patients with diffuse axonal injury
        Ubukata S; Oishi N; Sugihara G; Yassin W; Aso T; Fukuyama H; Murai T; Ueda K
        OHBM2016, 2016年06月27日
      • Emotion recognition under cultural context (Islamic veil). Japanese- Syric research collaboration
        Shiho Ubukata
        Brain and culture workshop, Interacting Minds Centre AU, 2015年09月21日, 招待有り
      • Discriminating autism spectrum disorders from schizophrenia by investigation of mental state attribution: a review and meta-analysis
        Shiho Ubukata; Vibeke Bliksted
        Brain and culture workshop, Interacting Minds Centre AU, 2015年09月21日, 招待有り
      • 外傷性脳損傷後の社会機能に関連する認知機能障害・抑うつ症状の検討
        生方志浦; 種村留美; 吉住美保; 上田敬太; 村井俊哉
        第35回日本高次脳機能障害学会学術総会 鹿児島市 鹿児島市民文化ホール (優秀ポスター賞受賞), 2011年11月11日

      書籍等出版物

      • 高次脳機能障害ビジュアル大事典 : ナース・PT・OT・ST必携!
        生方志浦, 村井俊哉, 分担執筆, 社会的行動障害とは 社会的行動障害の診断と評価の概説
        メディカ出版, 2020年09月
      • 高次脳機能障害ビジュアル大辞典
        生方志浦; 村井俊哉, 分担執筆, 社会的行動障害とは 社会的行動障害の診断と評価の概説
        メディカ出版, 2020年09月
      • やさしい高次脳機能障害用語辞典
        生方 志浦, 分担執筆, 共同注意、空間性注意、全般性注意、方向性注意、社会脳
        2018年12月, 査読無し
      • 高次脳機能障害のリハビリテーションVer.3
        生方 志浦; 上田敬太, 分担執筆, 情動と意欲の障害
        医歯薬出版株式会社, 2018年12月, 査読無し
      • 頭部外傷と高次脳機能障害
        生方 志浦; 上田敬太, 分担執筆, 頭部外傷後の社会行動障害
        新興医学出版社, 2017年, 査読無し
      • 高次脳機能障害の考えかたと画像診断
        村井俊哉; 生方 志浦, 分担執筆, 社会的行動障害
        2016年, 査読無し

      受賞

      • 2015年07月
        作業療法神経科学研究会, 奨励賞臨床研究部門
      • 2014年03月
        日本ヒト脳機能マッピング学会, 若手奨励賞
      • 2011年11月
        高次脳機能障害学会, 優秀ポスター賞
      • 2019年10月
        日本神経精神医学会学術集会, 学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 7TMRI・アミロイド・タウPETを用いた外傷性脳損傷後遺症・脳萎縮機序の解明
        基盤研究(B)
        小区分51020:認知脳科学関連
        京都光華女子大学
        上田 敬太
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        外傷性脳損傷;脳萎縮;MRI;PET;神経心理学
      • 外傷性脳損傷慢性期における脳萎縮・後遺症へのアミロイド蛋白沈着の影響
        若手研究
        小区分52030:精神神経科学関連
        京都大学
        生方 志浦
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        外傷性脳損傷;PET;アミロイド;MRI;局在損傷;びまん性軸索損傷;後遺症;脳萎縮;PET;MRI
      • 高次脳機能患者の社会復帰を促進する認知リハビリテーションの有効性と作用機序の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        生方 志浦
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        高次脳機能障害;外傷性脳損傷;認知リハビリテーション;社会認知;社会機能;神経画像;コネクトーム;SCIT;心の理論;表情認知;社会的認知;リハビリテーション;生活習慣;MRI
      • 統合失調症の脳構造異常進行のパターンとそれに促進的・保護的に関与する因子の探索
        基盤研究(C)
        京都大学
        杉原 玄一
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        統合失調症;脳画像
      • 超高磁場MRIを用いた外傷性脳損傷における後遺症の神経基盤の解明
        基盤研究(C)
        小区分52030:精神神経科学関連
        京都大学
        生方 志浦
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択後辞退

      外部資金:その他

      • 外傷性脳損傷慢性期における脳萎縮へのアミロイド・Tau蛋白沈着の影響
        JA共済交通事故医療研究助成
        自 2019年, 至 2020年
        上田敬太
      • 超高磁場MRI計測による外傷性脳損傷のびまん性軸索損傷の予後推定
        JA共済 交通事故医療研究助成
        自 2020年, 至 2021年
        上田敬太
      list
        Last Updated :2022/08/06

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2017年12月, 至 現在
          代議員, 一般社団法人日本高次脳機能障害学会

        ページ上部へ戻る