教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

岡 昌吾

オカ シヨウゴ

医学研究科 人間健康科学系専攻基礎系医療科学講座 教授

岡 昌吾
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 日本糖質学会
    • 日本神経科学学会
    • 日本薬学会
    • 日本生化学会

    学位

    • 薬学修士(京都大学)
    • 薬学博士(京都大学)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        糖鎖に内在される生体情報の解読
      • 研究概要

        ヒトの体は60兆ともいわれる数の細胞から成り立っています。それぞれの細胞は互いに相互作用し、外界からの刺激に対し正しく応答することにより個体の形成、維持が図られています。このような生命現象を分子レベルで理解するために私たちの分野では主に糖鎖を研究対象として、生化学的、分子生物学的手法を用いて様々な角度から研究を進めています。糖鎖は、核酸、タンパク質に次ぐ第三の生命情報鎖としての注目されており、糖鎖に内在されている生物情報の解読は今後の生命科学分野における重要な研究テーマです。

      研究キーワード

      • 糖鎖生物学
      • グルクロン酸転移酵素
      • HNK-1
      • 神経糖鎖生物学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学
      • ライフサイエンス, 神経科学一般

      論文

      • Tissue-Specific Regulation of HNK-1 Biosynthesis by Bisecting GlcNAc.
        Haruka Kawade; Jyoji Morise; Sushil K Mishra; Shuta Tsujioka; Shogo Oka; Yasuhiko Kizuka
        Molecules (Basel, Switzerland), 2021年08月26日
      • Distinct Cell Surface Expression Patterns of N-Glycosylation Site Mutants of AMPA-Type Glutamate Receptor under the Homo-Oligomeric Expression Conditions.
        Jyoji Morise; Saki Yamamoto; Ryosuke Midorikawa; Kogo Takamiya; Motohiro Nonaka; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        International journal of molecular sciences, 2020年07月19日
      • Monitoring the glycosylation of α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole-propionate-type glutamate receptors using specific antibodies reveals a novel regulatory mechanism of N-glycosylation occupancy by molecular chaperones in mice.
        Ryosuke Midorikawa; Daisuke Takakura; Jyoji Morise; Yoshihiko Wakazono; Nana Kawasaki; Shogo Oka; Kogo Takamiya
        Journal of neurochemistry, 2020年06月, 査読有り
      • Association of variability in antibody binding affinity with a clinical course of anti-MAG neuropathy.
        Taro Matsui; Yukihiro Hamada; Motoi Kuwahara; Jyoji Morise; Shogo Oka; Kenichi Kaida; Susumu Kusunoki
        Journal of neuroimmunology, 2020年02月15日, 査読有り
      • AMPA receptors in the synapse turnover by monomer diffusion.
        Jyoji Morise; Kenichi G N Suzuki; Ayaka Kitagawa; Yoshihiko Wakazono; Kogo Takamiya; Taka A Tsunoyama; Yuri L Nemoto; Hiromu Takematsu; Akihiro Kusumi; Shogo Oka
        Nature communications, 2019年11月20日, 査読有り
      • Galactosyl carbohydrate residues on hematopoietic stem/progenitor cells are essential for homing and engraftment to the bone marrow.
        Soichiro Takagaki; Rieko Yamashita; Noriyoshi Hashimoto; Kazushi Sugihara; Kanako Kanari; Keisuke Tabata; Toshikazu Nishie; Shogo Oka; Masanori Miyanishi; Chie Naruse; Masahide Asano
        Scientific reports, 2019年05月09日, 査読有り
      • Technologies to elucidate functions of glycans
        Koichi Furukawa; Yuhsuke Ohmi; Yuji Kondo; Yuki Ohkawa; Orie Tajima; Keiko Furukawa; Koichi Honke; Jin Ichi Inokuchi; Jianguo Gu; Kenji Kadomatsu; Satomi Nadanaka; Hiroshi Kitagawa; Shoko Nishihara; Kazuya Nomura; Shogo Oka; Makoto Ito; Ken Kitajima; Shunji Natsuka; Motoi Kanagawa; Takeshi Ishimizu; Kazuhito Fujiyama; Yasunori Chiba; Hiroyuki Osada
        Glycoscience: Basic Science to Applications: Insights from the Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology (JCGG), 2019年01月01日
      • Site-specific HNK-1 epitope on alternatively spliced fibronectin type-III repeats in tenascin-C promotes neurite outgrowth of hippocampal neurons through contactin-1.
        Ayasa Nakamura; Jyoji Morise; Keiko Yabuno-Nakagawa; Yuki Hashimoto; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        PloS one, 2019年, 査読有り
      • N-glycosylation of the AMPA-type glutamate receptor regulates cell surface expression and tetramer formation affecting channel function.
        Munal Babu Kandel; Saki Yamamoto; Ryosuke Midorikawa; Jyoji Morise; Yoshihiko Wakazono; Shogo Oka; Kogo Takamiya
        Journal of neurochemistry, 2018年12月, 査読有り
      • Ribosomal protein uS7/Rps5 serine-223 in protein kinase-mediated phosphorylation and ribosomal small subunit maturation.
        Makoto Tomioka; Mitsugu Shimobayashi; Makoto Kitabatake; Mutsuhito Ohno; Yasunori Kozutsumi; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        Scientific reports, 2018年01月19日, 査読有り
      • The role of human natural killer-1 (HNK-1) carbohydrate in neuronal plasticity and disease.
        Morise J; Takematsu H; Oka S
        Biochimica et biophysica acta, 2017年10月, 査読有り
      • MiR30-GALNT1/2 Axis-Mediated Glycosylation Contributes to the Increased Secretion of Inactive Human Prohormone for Brain Natriuretic Peptide (proBNP) From Failing Hearts.
        Yasuaki Nakagawa; Toshio Nishikimi; Koichiro Kuwahara; Aoi Fujishima; Shogo Oka; Takayoshi Tsutamoto; Hideyuki Kinoshita; Kazuhiro Nakao; Kosai Cho; Hideaki Inazumi; Hiroyuki Okamoto; Motohiro Nishida; Takao Kato; Hiroyuki Fukushima; Jun K Yamashita; Wino J Wijnen; Esther E Creemers; Kenji Kangawa; Naoto Minamino; Kazuwa Nakao; Takeshi Kimura
        Journal of the American Heart Association, 2017年02月10日, 査読有り
      • Reduced intake of carbohydrate prevents the development of obesity and impaired glucose metabolism in ghrelin O-acyltransferase knockout mice.
        Tetsuya Kouno; Nobuteru Akiyama; Kumiko Fujieda; Isamu Nanchi; Tomohiko Okuda; Takanori Iwasaki; Shogo Oka; Hideo Yukioka
        Peptides, 2016年12月, 査読有り
      • [Dystroglycan glycosylation: structure, synthetic pathway, and in vivo role in the brain development].
        Naoki Nakagawa; Shogo Oka
        Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 2016年08月, 査読有り
      • Psychosine-triggered endomitosis is modulated by membrane sphingolipids through regulation of phosphoinositide 4,5-bisphosphate production at the cleavage furrow.
        Hiroshi Watanabe; Kyohei Okahara; Yuko Naito-Matsui; Mitsuhiro Abe; Shinji Go; Jinichi Inokuchi; Toshiro Okazaki; Toshihide Kobayashi; Yasunori Kozutsumi; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        Molecular biology of the cell, 2016年07月01日, 査読有り
      • Ghrelin O-acyltransferase knockout mice show resistance to obesity when fed high-sucrose diet.
        Tetsuya Kouno; Nobuteru Akiyama; Takahito Ito; Tomohiko Okuda; Isamu Nanchi; Mitsuru Notoya; Shogo Oka; Hideo Yukioka
        The Journal of endocrinology, 2016年02月, 査読有り
      • Loss of α1,6-Fucosyltransferase Decreases Hippocampal Long Term Potentiation: IMPLICATIONS FOR CORE FUCOSYLATION IN THE REGULATION OF AMPA RECEPTOR HETEROMERIZATION AND CELLULAR SIGNALING.
        Gu W; Fukuda T; Isaji T; Hang Q; Lee HH; Sakai S; Morise J; Mitoma J; Higashi H; Taniguchi N; Yawo H; Oka S, Gu J
        The Journal of biological chemistry, 2015年07月10日, 査読有り
      • Ectopic clustering of Cajal-Retzius and subplate cells is an initial pathological feature in Pomgnt2-knockout mice, a model of dystroglycanopathy.
        Naoki Nakagawa; Hirokazu Yagi; Koichi Kato; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        Scientific reports, 2015年06月10日, 査読有り
      • Major glycan structure underlying expression of the Lewis X epitope in the developing brain is O-mannose-linked glycans on phosphacan/RPTPβ
        Shohei Yaji; Hiroshi Manya; Naoki Nakagawa; Hiromu Takematsu; Tamao Endo; Reiji Kannagi; Toru Yoshihara; Masahide Asano; Shogo Oka
        Glycobiology, 2015年04月, 査読有り
      • Binding specificity of anti-HNK-1 IgM M-protein in anti-MAG neuropathy: possible clinical relevance.
        Yukihiro Hamada; Makito Hirano; Motoi Kuwahara; Makoto Samukawa; Kazuo Takada; Jyoji Morise; Keiko Yabuno; Shogo Oka; Susumu Kusunoki
        Neuroscience research, 2015年02月, 査読有り
      • HNK-1 Glyco-Epitope: Complex machinery for biosynthesis
        Naoki Nakagawa; Shogo Oka
        Glycoscience: Biology and Medicine, 2015年01月01日, 査読有り
      • Role of Site-Specific N-Glycans Expressed on GluA2 in the Regulation of Cell Surface Expression of AMPA-Type Glutamate Receptors.
        Yusuke Takeuchi; Jyoji Morise; Ippei Morita; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        PloS one, 2015年, 査読有り
      • A Sulfated Glycosaminoglycan Linkage Region is a Novel Type of Human Natural Killer-1 (HNK-1) Epitope Expressed on Aggrecan in Perineuronal Nets.
        Keiko Yabuno; Jyoji Morise; Yasuhiko Kizuka; Noritaka Hashii; Nana Kawasaki; Satoru Takahashi; Shinji Miyata; Tomomi Izumikawa; Hiroshi Kitagawa; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        PloS one, 2015年, 査読有り
      • A novel HNK-1 epitope in perineuronal nets
        Yabuno Keiko; Izumikawa Tomomi; Takematsu Hiromu; Kitagawa Hiroshi; Oka Shogo
        GLYCOBIOLOGY, 2014年11月, 査読有り
      • 神経回路形成期におけるホスファカン上の特徴的なO-マンノース型HNK-1糖鎖構造の解析
        森瀬 譲二; 木塚 康彦; 藪野 景子; 殿山 泰弘; 橋井 則貴; 川崎 ナナ; 萬谷 博; 鈴木 友子; 武田 伸一; 遠藤 玉夫; 前田 信明; 竹松 弘; 岡 昌吾
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2014年10月
      • α-Klothoの欠損によって生じる非硫酸化HNK-1糖鎖の蓄積
        赤阪 啓子[萬谷]; 萬谷 博; 木塚 康彦; 岡 昌吾; 遠藤 玉夫
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2014年10月
      • α-Klotho mice demonstrate increased expression of the non-sulfated N-glycan form of the HNK-1 glyco-epitope in kidney tissue
        Keiko Akasaka-Manya; Hiroshi Manya; Yasuhiko Kizuka; Shogo Oka; Tamao Endo
        J Biochem, 2014年08月, 査読有り
      • Fpk1/2 kinases regulate cellular sphingoid long-chain base abundance and alter cellular resistance to LCB elevation or depletion
        Yukari Yamane-Sando; Etsuko Shimobayashi; Mitsugu Shimobayashi; Yasunori Kozutsumi; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        MICROBIOLOGYOPEN, 2014年04月, 査読有り
      • Structural and biochemical characterization of O-mannose-linked human natural killer-1 glycan expressed on phosphacan in developing mouse brains
        Jyoji Morise; Yasuhiko Kizuka; Keiko Yabuno; Yasuhiro Tonoyama; Noritaka Hashii; Nana Kawasaki; Hiroshi Manya; Yuko Miyagoe-Suzuki; Shin'ichi Takeda; Tamao Endo; Nobuaki Maeda; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • Functional Evaluation of Activation-dependent Alterations in the Sialoglycan Composition of T Cells
        Yuko Naito-Matsui; Shuhei Takada; Yoshinobu Kano; Tomonori Iyoda; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Kayo Inaba; Lars Nitschke; Takeshi Tsubata; Shogo Oka; Yasunori Kozutsumi; Hiromu Takematsu
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年01月, 査読有り
      • IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーにおけるHNK-1抗体活性と臨床特徴の関連
        濱田 征宏; 寒川 真; 桑原 基; 藪野 景子; 森瀬 譲二; 高田 和男; 宮本 勝一; 岡 昌吾; 楠 進
        臨床神経学, 2013年12月
      • AGO61-dependent GlcNAc modification primes the formation of functional glycans on α-dystroglycan
        H. Yagi; N. Nakagawa; T. Saito; H. Kiyonari; T. Abe; T. Toda; S.-W. Wu; K.-H. Khoo; S. Oka; K. Kato
        Scientific Reports, 2013年11月21日, 査読有り
      • HNK-1 sulfotransferase-dependent sulfation regulating laminin-binding glycans occurs in the post-phosphoryl moiety on α-dystroglycan
        N. Nakagawa; H. Takematsu; S. Oka
        Glycobiology, 2013年09月, 査読有り
      • Regulated expression and neural functions of human natural killer-1 (HNK-1) carbohydrate
        Yasuhiko Kizuka; Shogo Oka
        CELLULAR AND MOLECULAR LIFE SCIENCES, 2012年12月, 査読有り
      • Human natural killer-1 sulfotransferase (HNK-1ST)-induced sulfate transfer regulates laminin-binding glycans on α-dystroglycan
        N. Nakagawa; H. Manya; T. Toda; T. Endo; S. Oka
        Journal of Biological Chemistry, 2012年08月, 査読有り
      • Role of interaction of mannan-binding protein with meprins at the initial step of complement activation in ischemia/reperfusion injury to mouse kidney
        Makoto Hirano; Bruce Y. Ma; Nobuko Kawasaki; Shogo Oka; Toshisuke Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • Sulfation of glucuronic acid in the linkage tetrasaccharide by HNK-1 sulfotransferase is an inhibitory signal for the expression of a chondroitin sulfate chain on thrombomodulin
        Naoki Nakagawa; Tomomi Izumikawa; Hiroshi Kitagawa; Shogo Oka
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年11月, 査読有り
      • Specific Enzyme Complex of beta-1,4-Galactosyltransferase-II and Glucuronyltransferase-P Facilitates Biosynthesis of N-linked Human Natural Killer-1 (HNK-1) Carbohydrate
        Tetsuya Kouno; Yasuhiko Kizuka; Naoki Nakagawa; Toru Yoshihara; Masahide Asano; Shogo Oka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年09月, 査読有り
      • Specific enzyme complex of β-1,4-galactosyltransferase-II and glucuronyltransferase-P facilitates biosynthesis of N-linked human natural killer-1 (HNK-1) carbohydrate
        T. Kouno; Y. Kizuka; N. Nakagawa; T. Yoshihara; M. Asano; S. Oka
        Journal of Biological Chemistry, 2011年09月, 査読有り
      • HNK-1糖鎖抗原と神経突起の形成
        中川直樹; 森田一平; 岡 昌吾
        脳21, 14(1), 37-43, 2011年
      • HNK-1糖鎖によるグルタミン酸受容体の発現レベルの調節
        森瀬譲二; 森田一平; 岡 昌吾
        生化学 83(3), 205-211, 2011年
      • Requirement of acidic amino acids in the Glucuronyltransferase-P (GlcAT-P) flexible loop for its enzyme activity.
        Y. Kizuka; N. Nakagawa; I. Morita; S. Oka
        Glycans: Biochemistry, Characterization and Applications, 2011年, 査読有り
      • HNK-1糖鎖の生合成過程におけるbeta4-galactosyltransferase-IIの役割
        河野 哲也; 木塚 康彦; 吉原 亨; 浅野 雅秀; 岡 昌吾
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月
      • Regulation of HNK-1 (Human Natural Killer-1) Carbohydrate Expression: Multiple Control Mechanisms of Biosynthetic Enzyme Activity
        Yasuhiko Kizuka; Shogo Oka
        TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY, 2010年07月, 査読有り
      • 記憶学習に関与する糖鎖
        岡 昌吾
        臨床化学, 39(4), 381-382, 2010年, 査読有り
      • HNK-1糖鎖合成酵素(グルクロン酸転移酵素)
        岡 昌吾
        生物機能モデルと新しいリソース・リサーチツール(series モデル動物利用マニュアル), pp321-326, 2010年
      • HNK-1 (HUMAN NATURAL KILLER-1) GLYCO-EPITOPE IS ESSENTIAL FOR NORMAL SPINE MORPHOGENESIS IN DEVELOPING HIPPOCAMPAL NEURONS
        I. Morita; S. Kakuda; Y. Takeuchi; T. Kawasaki; S. Oka
        NEUROSCIENCE, 2009年12月, 査読有り
      • HNK-1 Glyco-epitope Regulates the Stability of the Glutamate Receptor Subunit GluR2 on the Neuronal Cell Surface
        Ippei Morita; Shinako Kakuda; Yusuke Takeuchi; Satsuki Itoh; Nana Kawasaki; Yasuhiko Kizuka; Toshisuke Kawasaki; Shogo Oka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年10月, 査読有り
      • Regulated expression of the HNK-1 carbohydrate is essential for medaka (Oryzias latipes) embryogenesis
        Daisuke Anzai; Yasuhiro Tonoyama; Atsushi Ikeda; Toshisuke Kawasaki; Shogo Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2009年08月, 査読有り
      • Essential role of beta-1,4-galactosyltransferase 2 during medaka (Oryzias latipes) gastrulation
        Yasuhiro Tonoyama; Daisuke Anzai; Atsushi Ikeda; Shinako Kakuda; Masato Kinoshita; Toshisuke Kawasaki; Shogo Oka
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2009年07月, 査読有り
      • Learning/memory impairment and reduced expression of the HNK-1 carbohydrate in β4-galactosyltransferase-II-deficient mice
        T. Yoshihara; K. Sugihara; Y. Kizuka; S. Oka; M. Asano
        Journal of Biological Chemistry, 2009年05月, 査読有り
      • Distinct Transport and Intracellular Activities of Two GlcAT-P Isoforms
        Yasuhiko Kizuka; Yasuhiro Tonoyama; Shogo Oka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年04月, 査読有り
      • Highly fucosylated N-glycan ligands for mannan-binding protein expressed specifically on CD26 (DPPVI) isolated from a human colorectal carcinoma cell line, SW1116
        Nobuko Kawasaki; Chia-Wei Lin; Risa Inoue; Kay-Hooi Khoo; Nana Kawasaki; Bruce Yong Ma; Shogo Oka; Masaji Ishiguro; Toshihiko Sawada; Hideharu Ishida; Tomohiro Hashimoto; Toshisuke Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2009年04月, 査読有り
      • Cell trace experiment with a caged fluorescent dye during medaka gastrulation.
        Tonoyama Y; Oka S
        Biology, Management, and Experimental Protocols, pp382-388, Wiley-Blackwell (M. Kinoshita, K. Murata, K. Naruse, and M. Tanaka Eds.), 2009年, 査読有り
      • Functional Enzyme Complex Involved in HNK-1 Carbohydrate Biosynthesis. Glycobiology
        Y. Kizuka; Y. Tonoyama; S. Oka
        Research Trends, pp173-187, Nova Science Publishers (G. Powell and O. McCabe Eds.), 2009年, 査読有り
      • Expression and function of the HNK-1 carbohydrate
        Ippei Morita; Yasuhiko Kizuka; Shinako Kakuda; Shogo Oka
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2008年06月, 査読有り
      • Laminin-1 is a novel carrier glycoprotein for the nonsulfated HNK-1 epitope in mouse kidney
        Yasuhiko Kizuka; Kyoko Kobayashi; Shinako Kakuda; Yukari Nakajima; Satsuki Itoh; Nana Kawasaki; Shogo Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • GlcAT-P遺伝子欠損マウスにおける残存HNK-1糖鎖発現に関する研究
        山下 彩貴; 木塚 康彦; 角田 品子; 岡 昌吾
        日本薬学会年会要旨集, 2008年03月
      • Glucuronyltransferase(GlcAT-P)Gene-Deficient Mice.
        I. Morita; S. Oka
        Experimental Glycoscience (Glycobiology), pp180-181, 2008年, 査読有り
      • Functional Roles of the HNK-1 Carbohydrate and Polysialic Acid in the Nervous System.
        Y. Kizuka; S. Oka
        Experimental Glycoscience (Glycobiology), pp180-181, 2008年, 査読有り
      • Glucuronyltransferases Involved in the HNK-1 Biosynthesis.
        S. Kakuda; T. Kawasaki; S. Oka
        Experimental Glycoscience (Glycobiology), pp47-49, 2008年, 査読有り
      • Development and application of high performance liquid chromatography map of glucuronyl N-glycans.
        H. Yagi; K. Yamada; E. Ohno; M. Utsumi; Y. Yamaguchi; E. Kurimoto; N. Takahashi; S. Oka; T. Kawasaki; K. Kato
        Open Glycoscience, 1, 8-18, 2008年, 査読有り
      • Distributions of glucuronyltransferases, GlcAT-P and GlcAT-S, and their target substrate, the HNK-1 carbohydrate epitope in the adult mouse brain with or without a targeted deletion of the GlcAT-P gene
        Mitsuhiro Inoue; Keiko Kato; Hitomi Matsuhashi; Yasuhiko Kizuka; Toshisuke Kawasaki; Shogo Oka
        BRAIN RESEARCH, 2007年11月, 査読有り
      • 学習・記憶の制御における糖鎖の役割
        浅野 雅秀; 吉原 亨; 杉原 一司; 木塚 康彦; 岡 昌吾; 成瀬 智恵; 阿部 可奈恵
        金沢大学十全医学会雑誌, 2007年09月
      • LPS suppresses expression of asialoglycoprotein-binding protein through TLR4 in thioglycolate-elicited peritoneal macrophages
        Bruce Yong Ma; Mio Kaihama; Motohiro Nonaka; Shogo Oka; Nobuko Kawasaki; Toshisuke Kawasaki
        GLYCOCONJUGATE JOURNAL, 2007年07月, 査読有り
      • Isolation, cloning, and characterization of a novel phosphomannan-binding lectin from porcine serum
        Bruce Yong Ma; Natsuko Nakamura; Vladimir Dlabac; Haruna Naito; Shinsuke Yamaguchi; Makiko Ishikawa; Motohiro Nonaka; Masaji Ishiguro; Nobuko Kawasaki; Shogo Oka; Toshisuke Kawasaki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2007年04月, 査読有り
      • The HNK-1 Carbohydrate in the Nervous System
        T. Kawasaki; S. Oka; Y. Kizuka
        Comprehensive Glycoscience: From Chemistry to Systems Biology, 2007年01月01日, 査読有り
      • 神経機能と糖鎖
        岡 昌吾
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2007年01月01日
      • 糖タンパク質による神経調節
        岡 昌吾; 木塚康彦; 角田品子
        実験医学 増刊 Vol.25, No.7, 110-114, 2007年
      • Crystal structure of GlcAT-S, a human glucuronyltransferase, involved in the biosynthesis of the HNK-1 carbohydrate epitope
        Tomoo Shiba; Shinako Kakuda; Masaji Ishiguro; Ippei Morita; Shogo Oka; Toshisuke Kawasaki; Soichi Wakatsuki; Ryuichi Kato
        PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 2006年11月, 査読有り
      • Physical and functional association of glucuronyltransferases and sulfotransferase involved in HNK-1 biosynthesis
        Y Kizuka; T Matsui; H Takematsu; Y Kozutsumi; T Kawasaki; S Oka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年05月, 査読有り
      • Mannan-binding protein blocks the activation of metalloproteases meprin α and β
        M. Hirano; B.Y. Ma; N. Kawasaki; K. Okimura; M. Baba; T. Nakagawa; K. Miwa; N. Kawasaki; S. Oka; T. Kawasaki
        Journal of Immunology, 2005年09月, 査読有り
      • 記憶学習機能における糖鎖修飾の関与
        岡 昌吾; 角田品子; 川嵜敏祐
        生化学, 2005年06月25日
      • A non-sulfated form of the HNK-1 carbohydrate is expressed in mouse kidney
        H Tagawa; Y Kizuka; T Ikeda; S Itoh; N Kawasaki; H Kurihara; ML Onozato; A Tojo; T Sakai; T Kawasaki; S Oka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年06月, 査読有り
      • Involvement of carbohydrate-modification in learning and memory
        S Oka; S Kakuda; T Kawasaki
        SEIKAGAKU, 2005年06月, 査読有り
      • Characterization of oligosaccharide ligands expressed on SW1116 cells recognized by mannan-binding protein - A highly fucosylated polylactosamine type N-glycan
        M Terada; KH Khoo; R Inoue; CI Chen; K Yamada; H Sakaguchi; N Kadowaki; BY Ma; S Oka; T Kawasaki; N Kawasaki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年03月, 査読有り
      • Different acceptor specificities of two glucuronyltransferases involved in the biosynthesis of HNK-1 carbohydrate
        S Kakuda; Y Sato; Y Tonoyama; S Oka; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2005年02月, 査読有り
      • HNK-1糖鎖の生合成に必須な糖転移酵素GlcAT-Pの糖鎖基質認識機構
        志波智生; 角田品子; 岡 昌吾; 石黒正路; 川嵜敏祐; 若槻壮市; 加藤龍一
        生化学 77, 153-158, 2005年, 査読有り
      • 糖鎖科学の新展開(機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて) HNK-1糖鎖と高次神経機能
        田川秀樹; 岡 昌吾; 川嵜敏祐; 谷口直之; 伊藤幸成監修
        pp208-215, 2005年
      • 遺伝子医学(病気と糖鎖)
        岡 昌吾; 田川秀樹; 川嵜敏祐; 谷口直之編
        メディカルドゥ 175-179, 2005年
      • HNK-1糖鎖欠損マウスにおける学習障害 (神経糖鎖生物学) -- (遺伝子改変マウスを用いた機能解析)
        角田 品子; 岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        蛋白質核酸酵素, 2004年11月
      • Structural basis for acceptor substrate recognition of a human glucuronyltransferase, GlcAT-P, an enzyme critical in the biosynthesis of the carbohydrate epitope HNK-1
        S Kakuda; T Shiba; M Ishiguro; H Tagawa; S Oka; Y Kajihara; T Kawasaki; S Wakatsuki; R Kato
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年05月, 査読有り
      • Purification and characterization of two recombinant human glucuronyltransferases involved in the biosynthesis of HNK-1 carbohydrate in Escherichia coli
        S Kakuda; S Oka; T Kawasaki
        PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 2004年05月, 査読有り
      • 神経系ネットワーク形成における糖鎖シグナルの役割
        井上満博; 岡 昌吾; 川嵜敏祐
        実験医学,22巻 946-950, 2004年
      • Superoxide production from human polymorphonuclear leukocytes by human mannan-binding protein (MBP)
        K Uemura; H Yamamoto; T Nakagawa; K Nakamura; N Kawasaki; S Oka; BY Ma; T Kawasaki
        GLYCOCONJUGATE JOURNAL, 2004年, 査読有り
      • Role of mannan-binding protein, MBP, in innate immunity
        T Nakagawa; BY Ma; K Uemura; S Oka; N Kawasaki; T Kawasaki
        ANTICANCER RESEARCH, 2003年11月, 査読有り
      • 疾患との関連,治療への応用 レクチン経路の癌免疫への応用
        沖村一満; 岡昌吾; 川崎敏祐
        医学のあゆみ, 2003年04月05日
      • Mixed lineage kinase LZK and antioxidant protein-1 activate NF-κB synergistically
        M. Masaki; A. Ikeda; E. Shiraki; S. Oka; T. Kawasaki
        European Journal of Biochemistry, 2003年01月, 査読有り
      • Involvement of acidic carbohydrates in learning and memory
        S. Yamamoto; S. Oka; T. Kawasaki
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2003年, 査読有り
      • 酸性糖鎖の記憶学習への関与
        山本昌司; 岡 昌吾; 川嵜敏祐
        蛋白質核酸酵素,48巻 934-939, 2003年
      • CDNA cloning, genomic structure and chromosomal mapping of the mouse glucuronyltransferase-S involved in the biosynthesis of the HNK-1 carbohydrate epitope
        K Imiya; T Ishizaki; T Seiki; F Saito; J Inazawa; S Oka; T Kawasaki
        GENE, 2002年08月, 査読有り
      • Mice deficient in nervous system-specific carbohydrate epitope HNK-1 exhibit impaired synaptic plasticity and spatial learning
        S Yamamoto; S Oka; M Inoue; M Shimuta; T Manabe; M Takahashi; M Miyamoto; M Asano; J Sakagami; K Sudo; Y Iwakura; K Ono; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年07月, 査読有り
      • Genomic organization and fine-mapping of the human leucine zipper-bearing kinase (LZK) gene
        A. Ikeda; H. Sakuma; M. Masaki; Y. Kozutsumi; S. Oka; J. Inazawa; T. Kawasaki
        Journal of Biochemistry, Molecular Biology and Biophysics, 2002年04月, 査読有り
      • Molecular cloning and genomic analysis of mouse glucuronyltransferase involved in biosynthesis of the HNK-1 epitope
        S Yamamoto; S Oka; F Saito-Ohara; J Inazawa; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2002年03月, 査読有り
      • Mixed lineage kinase LZK forms a functional signaling complex with JIP-1, a scaffold protein of the c-Jun NH2-terminal kinase pathway
        A Ikeda; K Hasegawa; M Masaki; T Moriguchi; E Nishida; Y Kozutsumi; S Oka; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2001年12月, 査読有り
      • 神経系特異的糖鎖抗原HNK-1の役割
        岡 昌吾; 川嵜敏祐
        日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 2001年09月25日
      • Glucuronyltransferases involved in the HNK-1 carbohydrate epitope biosynthesis
        S Yamamoto; S Oka
        TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY, 2001年03月, 査読有り
      • Expression of macrophage asialoglycoprotein-binding protein is induced through MAPK classical pathway
        R Katsuyama; A Morioka; S Oka; T Kawasaki
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年02月, 査読有り
      • Identification and characterization of functional domains in a mixed lineage kinase LZK
        A Ikeda; M Masaki; Y Kozutsumi; S Oka; T Kawasaki
        FEBS LETTERS, 2001年01月, 査読有り
      • Roles of the HNK-1 carbohydrate epitope in the nervous system
        T. Kawasaki; S. Oka
        Japanese Journal of Psychopharmacology, 2001年, 査読有り
      • 神経系における糖鎖の役割糖鎖リモデリングによるHNK-1糖質の解析を中心に
        川嵜敏祐; 岡 昌吾
        細胞工学,20/2,187-192, 2001年
      • The N-glycan acceptor specificity of a glucuronyltransferase, GlcAT-P, associated with biosynthesis of the HNK-1 epitope
        S Oka; K Terayama; K Imiya; S Yamamoto; A Kondo; Kato, I; T Kawasaki
        GLYCOCONJUGATE JOURNAL, 2000年12月, 査読有り
      • Studies on the structure-function relationship of the HNK-1 associated glucuronyltransferase, GlcAT-P, by computer modeling and site-directed mutagenesis
        K Ohtsubo; S Imajo; M Ishiguro; T Nakatani; S Oka; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年08月, 査読有り
      • Cloning and chromosomal mapping of human glucuronyltransferase involved in biosynthesis of the HNK-1 carbohydrate epitope
        Y Mitsumoto; S Oka; H Sakuma; J Inazawa; T Kawasaki
        GENOMICS, 2000年04月, 査読有り
      • Characterization of human serum mannan-binding protein promoter
        H Naito; A Ikeda; K Hasegawa; S Oka; K Uemura; N Kawasaki; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Characterization of recombinant human glucuronyltransferase I involved in the biosynthesis of the glycosaminoglycan-protein linkage region of proteoglycans
        Y Tone; H Kitagawa; K Imiya; S Oka; T Kawasaki; K Sugahara
        FEBS LETTERS, 1999年10月, 査読有り
      • 細胞接着分子に発現するHNK-1糖鎖抗原の生物学的機能 (特集 糖鎖硫酸基のバイオシグナリング)
        岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        細胞工学, 1999年03月
      • Molecular cloning and expression of a second glucuronyltransferase involved in the biosynthesis of the HNK-1 carbohydrate epitope
        T Seiki; S Oka; K Terayama; K Imiya; T Kawasaki
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1999年02月, 査読有り
      • Antitumor activity of mannan-binding protein in vivo as revealed by a virus expression system: Mannan-binding protein-dependent cell-mediated cytotoxicity
        Y Ma; K Uemura; S Oka; Y Kozutsumi; N Kawasaki; T Kawasaki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1999年01月, 査読有り
      • Purification and characterization of a glucuronyltransferase involved in the biosynthesis of the HNK-1 epitope on glycoproteins from rat brain
        K Terayama; T Seiki; A Nakamura; K Matsumori; S Ohta; S Oka; M Sugita; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年11月, 査読有り
      • Molecular biological approach to functions of telencephalin, a cell adhesion molecule and HNK-1 carbohydrate epitope, which is commonly expressed on cell adhesion molecules in the nervous system
        S Oka
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 1998年10月, 査読有り
      • Biological functions of the neural specific carbohydrate antigen, HNK-1
        T Kawasaki; S Oka; K Terayama; T Seiki; A Nakamura; Y Mitumoto; K Ohtsubo; S Yamamoto
        FASEB JOURNAL, 1998年04月, 査読有り
      • Molecular cloning and expression of glucuronyltransferase I involved in the biosynthesis of the glycosaminoglycan-protein linkage region of proteoglycans
        H Kitagawa; Y Tone; J Tamura; KW Neumann; T Ogawa; S Oka; T Kawasaki; K Sugahara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年03月, 査読有り
      • Biological roles of HNK-1 carbohydrate epitope in the nervous system
        K. Ohtsubo; T. Seiki; S. Oka; T. Kawasaki
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1998年, 査読有り
      • 神経系におけるHNK-1糖鎖抗原の生物学的役割
        大坪和明; 生木尚志; 岡 昌吾; 川嵜敏祐
        蛋白質核酸酵素,43/16,2366-2372, 1998年
      • Expression cloning of a cDNA encoding a sulfotransferase involved in the biosynthesis of the HNK-1 carbohydrate epitope
        H Bakker; Friedmann, I; S Oka; T Kawasaki; N Nifantev; M Schachner; N Mantei
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年11月, 査読有り
      • Molecular cloning and functional expression of a cDNA encoding a new member of mixed lineage protein kinase from human brain
        H Sakuma; A Ikeda; S Oka; Y Kozutsumi; JP Zanetta; T Kawasaki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年11月, 査読有り
      • 神経系における細胞接着分子
        岡 昌吾; 川嵜敏祐
        ファルマシア, 1997年11月01日
      • A monoclonal antibody recognizing nestin and the phosphorylated form of neurofilament-M
        H Sakuma; T Itoh; S Oka; T Kawasaki
        DEVELOPMENTAL NEUROSCIENCE, 1997年07月
      • Cloning and functional expression of a novel glucuronyltransferase involved in the biosynthesis of the carbohydrate epitope HNK-1
        K Terayama; S Oka; T Seiki; Y Miki; A Nakamura; Y Kozutsumi; K Takio; T Kawasaki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1997年06月, 査読有り
      • Renal expression of serum-type mannan-binding protein in rat
        H Morio; H Kurata; R Katsuyama; S Oka; Y Kozutsumi; T Kawasaki
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年02月, 査読有り
      • Expression and function of neural cell adhesion molecule (NCAM) and its polysialic acid moiety in the nervous system
        S. Oka; K. Ono
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1997年, 査読有り
      • NCAM-Associated polysialic acid on ciliary ganglion neurons is regulated by polysialyltransferase levels and interaction with muscle
        JL Bruses; S Oka; U Rutishauser
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 1995年12月, 査読有り
      • PROPERTIES AND DEVELOPMENTAL REGULATION OF POLYSIALYLTRANSFERASE ACTIVITY IN THE CHICKEN-EMBRYO BRAIN
        S OKA; JL BRUSES; RW NELSON; U RUTISHAUSER
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1995年08月, 査読有り
      • AN ICAM-RELATED NEURONAL GLYCOPROTEIN, TELENCEPHALIN, WITH BRAIN SEGMENT-SPECIFIC EXPRESSION
        Y YOSHIHARA; S OKA; Y NEMOTO; Y WATANABE; S NAGATA; H KAGAMIYAMA; K MORI
        NEURON, 1994年03月, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF A GLUCURONOSYLTRANSFERASE - NEOLACTOTETRAOSYLCERAMIDE GLUCURONOSYLTRANSFERASE FROM RAT-BRAIN
        C KAWASHIMA; K TERAYAMA; MASAYUKI; S OKA; T KAWASAKI
        GLYCOCONJUGATE JOURNAL, 1992年12月, 査読有り
      • A NOVEL GLUCURONOSYLTRANSFERASE IN NERVOUS-SYSTEM PRESUMABLY ASSOCIATED WITH THE BIOSYNTHESIS OF HNK-1 CARBOHYDRATE EPITOPE ON GLYCOPROTEINS
        S OKA; K TERAYAMA; C KAWASHIMA; T KAWASAKI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年11月, 査読有り
      • Carbohydrate antigens expressed on the insect neuronal cells
        A. Kurosaka; S. Oka; K. Wakimoto; T. Kawasaki
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1992年, 査読有り
      • Deletion and modification of carbohydrate chains using gene engineering
        S. Oka; T. Kawasaki; H. Nakada; I. Yamashina
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1992年, 査読有り
      • DEVELOPMENTALLY AND SPATIALLY REGULATED EXPRESSION OF HNK-1 CARBOHYDRATE ANTIGEN ON A NOVEL PHOSPHATIDYLINOSITOL-ANCHORED GLYCOPROTEIN IN RAT-BRAIN
        Y YOSHIHARA; S OKA; Y WATANABE; K MORI
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1991年11月, 査読有り
      • NOVEL PROLIFERATIVE EFFECT OF PHOSPHOLIPASE-A2 IN SWISS 3T3 CELLS VIA SPECIFIC BINDING-SITE
        H ARITA; K HANASAKI; T NAKANO; S OKA; H TERAOKA; K MATSUMOTO
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年10月, 査読有り
      • ULTRASTRUCTURAL-LOCALIZATION OF TELENCEPHALIN, A TELENCEPHALON-SPECIFIC MEMBRANE GLYCOPROTEIN, IN RABBIT OLFACTORY-BULB
        F MURAKAMI; Y TADA; K MORI; S OKA; H KATSUMARU
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 1991年07月, 査読有り
      • INFLAMMATORY FACTORS STIMULATE EXPRESSION OF GROUP-II PHOSPHOLIPASE-A2 IN RAT CULTURED ASTROCYTES - 2 DISTINCT PATHWAYS OF THE GENE-EXPRESSION
        S OKA; H ARITA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年05月, 査読有り
      • IMMUNOGLOBULIN SUPERFAMILY MOLECULES IN THE NERVOUS-SYSTEM
        Y YOSHIHARA; S OKA; J IKEDA; K MORI
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 1991年03月, 査読有り
      • MACROPHAGE-ACTIVATING FACTOR EXTRACTED FROM MYCOPLASMAS
        M TAKEMA; S OKA; K UNO; S NAKAMURA; H ARITA; K TAWARA; K INABA; S MURAMATSU
        CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY, 1991年03月, 査読有り
      • Synthesis of 13N labeled L-tyrosine.
        Y. Watanabe; K. Suzuki; H. Tsukada; S. Oka; T. Nagasawa; H. Yamada; P. Bjurling; B. Långström; O. Inoue
        Acta Radiologica, Supplement, 1991年, 査読有り
      • VARIATIONS BY LAYERS AND DEVELOPMENTAL-CHANGES IN EXPRESSION OF TELENCEPHALIN IN THE VISUAL-CORTEX OF CAT
        K IMAMURA; K MORI; S OKA; Y WATANABE
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1990年10月, 査読有り
      • MULTIENZYMATIC SYNTHESIS OF BETA-C-11-LABELED L-TYROSINE AND L-DOPA
        P BJURLING; Y WATANABE; S OKA; T NAGASAWA; H YAMADA; B LANGSTROM
        ACTA CHEMICA SCANDINAVICA, 1990年02月, 査読有り
      • MAMMALIAN TELENCEPHALIC NEURONS EXPRESS A SEGMENT-SPECIFIC MEMBRANE GLYCOPROTEIN, TELENCEPHALIN
        S OKA; K MORI; Y WATANABE
        NEUROSCIENCE, 1990年, 査読有り
      • A COLUMNAR ARRANGEMENT OF DENDRITIC PROCESSES OF ENTORHINAL CORTEX NEURONS REVEALED BY A MONOCLONAL-ANTIBODY
        J IKEDA; K MORI; S OKA; Y WATANABE
        BRAIN RESEARCH, 1989年12月, 査読有り
      • E-SERIES PROSTAGLANDINS ACTIVATE CAMP-MEDIATED POTASSIUM CURRENTS IN FOLLICLE-ENCLOSED XENOPUS OOCYTE
        K MORI; S OKA; A TANI; S ITO; Y WATANABE
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1989年08月, 査読有り
      • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF 2 DISTINCT MANNAN-BINDING PROTEINS FROM RAT SERUM
        S OKA; K IKEDA; T KAWASAKI; YAMASHINA, I
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 1988年01月, 査読有り
      • PRIMARY STRUCTURE OF RAT-LIVER MANNAN-BINDING PROTEIN DEDUCED FROM ITS CDNA SEQUENCE
        S OKA; N ITOH; T KAWASAKI; YAMASHINA, I
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1987年01月, 査読有り
      • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF MANNAN-BINDING PROTEINS FROM CHICKEN LIVER
        S OKA; T KAWASAKI; YAMASHINA, I
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 1985年, 査読有り

      MISC

      • AMPA受容体におけるN型糖鎖修飾の神経可塑性メカニズムの電気生理学的解析
        若園 佳彦; 緑川 良介; 岡 昌吾; 高宮 考悟
        日本生理学雑誌, 2020年05月
      • N型糖鎖修飾を介したAMPA受容体のチャンネル機能制御
        緑川 良介; 若園 佳彦; 高倉 大輔; 森瀬 譲二; 川崎 ナナ; 岡 昌吾; 高宮 考悟
        日本生理学雑誌, 2020年05月
      • AMPA型グルタミン酸受容体の細胞膜表面発現に関わるN型糖鎖の解析
        森瀬 譲二; Kandel Munal Babu; 山本 采季; 緑川 良介; 若園 佳彦; 高宮 考悟; 岡 昌吾
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 神経細胞培養培地中への糖鎖切断酵素の添加による神経細胞形態への影響の解析
        河村 大己; 森瀬 譲二; 岡 昌吾
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 窒素源飢餓時におけるプロテインキナーゼの選択的オートファジー分解の基質
        植野 汐里; 佐藤 亜純; 岡 昌吾; 内藤 裕子; 竹松 弘
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • AMPA型グルタミン酸受容体の糖鎖修飾解析から明らかになったN型糖鎖修飾部位への分子シャペロン結合という新規制御メカニズム(Monitoring the glycosylation of AMPA-type glutamate receptors using specific antibodies reveals a novel regulatory mechanism of N-glycosylation occupancy by molecular chaperones)
        緑川 良介; 高倉 大輔; 森瀬 譲二; 川崎 ナナ; 岡 昌吾; 高宮 考悟
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 腎障害に伴った非硫酸化型HNK-1糖鎖抗原の腎臓内発現変化と早期疾患マーカーとしての可能性の解析
        森瀬 譲二; 北野 仁望; 岡 昌吾
        臨床化学, 2019年08月
      • サイコシンによるエンドマイトーシス誘導機構の解明
        井谷 有希; 渡邉 寛; 岡 昌吾; 竹松 弘
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2018年09月
      • ヒト特異的に生じる異種自己抗原に対する免疫応答のマウスモデル樹立
        佐藤 弓奈; 中島 英規; Laine Roger A.; 岡 昌吾; 竹松 弘
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2018年09月
      • 糖尿病性腎症に伴う腎臓内の非硫酸化型HNK-1糖鎖発現変化の解析
        北野 仁望; 森瀬 譲二; 岡 昌吾
        臨床化学, 2018年07月
      • 抗MAG抗体ニューロパチーにおける抗体affinityと臨床経過の比較
        松井 太郎; 濱田 征宏; 桑原 基; 森瀬 譲二; 岡 昌吾; 楠 進
        末梢神経, 2017年12月
      • 抗MAG抗体ニューロパチーにおける抗体affinityと臨床経過の比較
        松井 太郎; 濱田 征宏; 桑原 基; 森瀬 譲二; 岡 昌吾; 楠 進
        末梢神経, 2017年12月
      • The role of human natural killer-1 (HNK-1) carbohydrate in neuronal plasticity and disease.
        Jyoji Morise; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        Biochimica et biophysica acta. General subjects, 2017年10月, 査読有り
      • 末梢神経 抗MAG抗体ニューロパチーにおける抗体affinityの経時的変化と臨床経過の比較
        松井 太郎; 濱田 征宏; 桑原 基; 森瀬 譲二; 岡 昌吾; 楠 進
        神経免疫学, 2017年10月
      • ストレプトゾトシン誘導性腎機能障害マウスにおける非硫酸化型HNK-1糖鎖の発現解析
        北野 仁望; 森瀬 譲二; 岡 昌吾
        臨床化学, 2017年09月
      • 遠藤玉夫先生の日本学士院賞受賞を祝う
        岡 昌吾
        ファルマシア, 2017年
      • HNK-1エピトープを認識するIgM M蛋白を伴うニューロパチー抗体affinityの変化と臨床経過の関連
        濱田 征宏; 桑原 基; 寒川 真; 森瀬 譲二; 堀内 恵美子; 岡 昌吾; 楠 進
        末梢神経, 2016年12月
      • 抗MAG抗体ニューロパチー 抗体affinityの変動と臨床経過
        濱田 征宏; 桑原 基; 寒川 真; 森瀬 譲二; 堀内 惠美子; 岡 昌吾; 楠 進
        臨床神経学, 2016年12月
      • AMPA型グルタミン酸受容体サブユニットは神経細胞膜表面上を単量体で拡散する
        森瀬 譲二; 鈴木 健一; 北川 英佳; 若園 佳彦; 高宮 考悟; 楠見 明弘; 竹松 弘; 岡 昌吾
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2016年09月
      • リゾスフィンゴ糖脂質サイコシンは、分裂溝におけるPIP2の産生を抑制することでエンドマイトーシスを誘導する
        渡邉 寛; 小林 俊秀; 岡 昌吾; 竹松 弘
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2016年09月
      • 胎生期におけるTenascin-C上に発現するHNK-1糖鎖の機能解析
        中村 綾沙; 森瀬 譲二; 竹松 弘; 岡 昌吾
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2016年09月
      • POMGNT1とB3GALNT2は協同的にalpha-ジストログリカン上の部位特異的なリガンド結合糖鎖の発現を制御する
        東 良柄; 中川 直樹; 竹松 弘; 岡 昌吾
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • シグナル伝達を制御する糖・糖鎖 リゾ型スフィンゴ糖脂質サイコシンによる多倍体細胞の形成
        渡邉 寛; 小林 俊秀; 岡崎 俊朗; 岡 昌吾; 竹松 弘
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Glycosphinglipid CD77 specifically attenuates the CD19-PI3K-Akt pathway of the B cell receptor signaling in model germinal center B cells
        Taishi Yuasa; Kumiko Hamano; Ryosuke Seki; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        GLYCOBIOLOGY, 2014年11月
      • Functional evaluation of sialoglycans expressed in activated T cells
        Hiromu Takematsu; Yuko Naito-Matsui; Takeshi Tsubata; Shogo Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2014年11月
      • Molecular mechanisms underlying the formation of laminin-binding glycans displayed on alpha-dystroglycan
        Hirokazu Yagi; Naoki Nakagawa; Shogo Oka; Koichi Kato
        GLYCOBIOLOGY, 2014年11月
      • HNK-1 carbohydrate regulates the cell surface expression level of AMPA-type glutamate receptors
        Jyoji Morise; Yusuke Takeuchi; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2014年11月
      • Polyploidization triggered by psychosine is modulated by cellular glycosphingolipids and sphingomyelin
        Hiroshi Watanabe; Kyohei Okahara; Yasunori Kozutsumi; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        GLYCOBIOLOGY, 2014年11月
      • Beta-1,3-glucuronyltransferase 1 (Glucuronosyltransferase P); beta-1,3- glucuronyltransferase 2 (B3GAT1,2)
        Yasuhiko Kizuka; Shogo Oka
        Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes, Second Edition, 2014年01月01日
      • 糖鎖がもたらす生命科学の可能性
        門松健治; 遠藤玉夫; 岡昌吾; 北川裕之
        実験医学, 2013年06月10日
      • Anti-phosphacan antibody in CIDP
        Kusunoki Susumu; Aomatsu Hiromi; Morise Jyoji; Oka Shogo
        JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY, 2010年11月
      • The Expression and Function of HNK-1 Glyco-Epitope on a Glutamate Receptor Subunit Glur2
        Ippei Morita; Shinako Kakuda; Yusuke Takeuchi; Itoh Satsuki; Nana Kawasaki; Shogo Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2009年11月
      • Learning/memory impairment and reduced expression of the HNK-1 carbohydrate in beta-1,4-Galactosyltransferase-II-deficient mice
        Toru Yoshihara; Kazushi Sugihara; Yasuhiko Kiduka; Shogo Oka; Masahide Asano
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • Involvement of HNK-1 glyco-epitope in the spine morphogenesis
        Ippei Morita; Shinako Kakuda; Yusuke Takeuchi; Shogo Oka
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • Role of the HNK-1 carbohydrate in spine formation
        Shogo Oka
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • 【波及・深化する糖鎖研究 糖鎖のもつ多彩な機能の解析と疾患研究に与えるインパクト】脳・神経・筋 糖タンパク質による神経調節
        岡 昌吾; 木塚 康彦; 角田 品子
        実験医学, 2007年05月
      • 神経機能と糖鎖
        岡 昌吾
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2007年01月01日
      • Intracellular mannan-binding protein and its physiological significance
        M Nonaka; BY Ma; M Ohtani; K Miwa; A Yamamoto; M Murata; Y Ito; N Kawasaki; S Oka; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2005年11月
      • Characterization of carbohydrate ligands recognized by mannan-binding protein on SW1116 cells
        N Kawasaki; R Inoue; M Terada; KH Khoo; N Kawasaki; BY Ma; S Oka; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2005年11月
      • HNK-1糖鎖の生合成に必須な糖転移酵素GlcAT-Pのユニークな糖鎖基質認識機構
        志波 智生; 角田 品子; 岡 昌吾; 石黒 正路; 川嵜 敏祐; 若槻 壮市; 加藤 龍一
        生化学, 2005年02月
      • Expression of the HNK-1 carbohydrate epitope without sulfate in mouse kidney
        H Tagawa; T Ikeda; D Anzai; N Kawasaki; S Oka; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2004年11月
      • Biochemical and structural studies on two glucuronyltransferases involved in the biosynthesis of HNK-1 carbohydrate epitope
        S Kakuda; T Shiba; Y Tonoyama; Y Kizuka; S Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2004年11月
      • Functional implication of intracellular mannan-binding protein
        M Nonaka; BY Ma; M Ohtani; K Miwa; T Nakagawa; S Oka; N Kawasaki; A Yamamoto; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2004年11月
      • Mechanism of inhibition of the metalloprotease meprin alpha and beta by mannan-binding protein
        M Hirano; BY Ma; M Baba; R Murai; N Kawasaki; S Oka; N Kawasaki; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2004年11月
      • M6749 antibody, which has similar specificity to HNK-1 antibody, recognizes a subpopulation of mouse lymphocytes
        Y Kiyama; T Jinnouchi; S Oka; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2004年11月
      • HNK-1糖鎖欠損マウスにおける学習障害 (神経糖鎖生物学) -- (遺伝子改変マウスを用いた機能解析)
        角田 品子; 岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        蛋白質核酸酵素, 2004年11月
      • The presence of the HNK-1 epitope without sulfate in mouse kidney
        T Kawasaki; H Tagawa; S Kakuta; S Oka
        GLYCOBIOLOGY, 2003年11月
      • 酸性糖鎖の記憶・学習への関与 (糖鎖機能--第3の生命鎖) -- (糖鎖機能の証明)
        山本 昌司; 岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        蛋白質核酸酵素, 2003年06月
      • レクチン経路の癌免疫への応用 (第1土曜特集 自然免疫と疾患) -- (疾患との関連,治療への応用)
        沖村 一満; 岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        医学のあゆみ, 2003年04月05日
      • Requirement of the HNK-1 carbohydrate for synaptic plasticity and spatial learning
        S Yamamoto; S Oka; M Shimuta; T Manabe; H Takahashi; M Miyamoto; T Kawasaki
        GLYCOBIOLOGY, 2002年10月
      • 神経系における糖鎖の役割:糖鎖リモデリングによるHNK-1糖鎖の解析を中心に (特集 糖鎖リモデリングが明らかにする糖鎖の機能)
        岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        細胞工学, 2001年02月
      • 神経系特異的糖鎖抗原HNK-1の役割
        川嵜 敏祐; 岡 昌吾
        日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 2001年
      • The HNK-1 carbohydrate epitope on neural cell adhesion molecules reduces cell-cell adhesive interactions
        T Kawasaki; K Ohtsubo; S Oka
        FASEB JOURNAL, 2000年05月
      • 細胞接着分子に発現するHNK-1糖鎖抗原の生物学的機能 (特集 糖鎖硫酸基のバイオシグナリング)
        岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        細胞工学, 1999年03月
      • Anti-tumor activity of mannan-binding protein through MBP dependent cell mediated cytotoxicity (MDCC)
        T Kawasaki; Y Ma; S Oka; Y Kozutumi; K Uemura
        GLYCOBIOLOGY, 1998年11月
      • 神経系における細胞接着分子とこれに特異的に発現する糖鎖の分子生物学的研究
        岡 昌吾
        藥學雜誌 = Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 1998年10月01日
      • 神経系における細胞接着分子
        岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        ファルマシア, 1997年11月01日
      • NCAMの発現と機能--神経系におけるNCAMとポリシアル酸 (脳における情報伝達--神経機能素子と素過程) -- (細胞間情報伝達 細胞接着蛋白質)
        岡 昌吾; 小野 勝彦
        蛋白質核酸酵素, 1997年02月
      • HNK1糖鎖の生合成に関与するグルクロン酸転移酵素の活性調節因子に関する研究
        中村 朱美; 松森 佳苗; 太田 聡; 生木 尚志; 寺山 浩司; 岡 昌吾; 杉田 陸海; 川嵜 敏佑
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • HNK-1糖鎖抗原の生合成に関与するグルクロン酸転移酵素に関する研究
        生木 尚志; 寺山 浩司; 三木 ゆかり; 岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • 組換え型ヒトMBPのヒト肝細胞系による大量発現系の構築及び補体活性化分子形成機序の解析
        馬 永; 志田 壽利; 小堤 保則; 岡 昌吾; 川嵜 敏祐
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A NOVEL GLUCURONOSYLTRANSFERASE ASSOCIATED WITH THE BIOSYNTHESIS OF HNK-1 EPITOPE
        K TERAYAMA; T SEIKI; S OKA; T KAWASAKI
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1995年
      • GLUCURONOSYLTRANSFERASES IN NERVOUS-SYSTEM ASSOCIATED WITH THE BIOSYNTHESIS OF HNK-1 CARBOHYDRATE EPITOPE
        T KAWASAKI; K TERAYAMA; S OKA
        GLYCOCONJUGATE JOURNAL, 1993年08月
      • 細胞間のコミュニケ-ションと糖--セレクチンとN-CAMを中心に (糖--その多様性を探る) -- (糖と生物)
        川嵜 敏祐; 岡 昌吾
        化学 増刊, 1992年12月
      • 脳への分子生物学的アプロ-チ (大脳/神経科学からのアプロ-チ<特集>)
        森 憲作; 岡 昌吾
        生体の科学, 1989年04月

      講演・口頭発表等

      • Monomers of AMPA-type glutamate receptor subunits diffuse in and out of spines; unraveling by single-molecule tracking
        Jyoji Morise; Kenichi G.N. Suzuki; Ayaka Kitagawa; Yoshihiko Wakazono; Kogo Takamiya; Taka A. Tsunoyama; Hiromu Takematsu; Akihiro Kusumi; Shogo Oka
        Biophysical Society 63rd Annual Meeting (BPS19), 2019年03月06日
      • ヒト特異的に生じる異種自己抗原に対する免疫応答のマウスモデル樹立
        佐藤 弓奈; 中島 英規; Roger A. Laine; 岡 昌吾; 竹松 弘
        第91回日本生化学会大会, 2018年09月24日
      • サイコシンによるエンドマイトーシス誘導機構の解明
        井谷 有希; 渡邉 寛; 岡 昌吾; 竹松 弘
        第91回日本生化学会大会, 2018年09月24日
      • HNK-1糖鎖はTenascin-CとContactin-1を介した神経軸索伸長を促進させる
        森瀬譲二; 中村綾沙; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第37回日本糖質学会年会, 2018年08月28日
      • 糖尿病性腎症に伴う腎臓内の非硫酸化型HNK-1糖鎖発現変化の解析
        北野仁望; 森瀬譲二; 岡 昌吾
        第58回日本臨床化学会年次学術集会, 2018年08月25日
      • Temporal variability of the binding specificity of IgM M-proteins in anti-MAG neuropathy.
        Susumu Kusunoki; Taro Matsui; Yukihiro Hamada; Motoi Kuwahara; Jyoji Morise; ndOKA Shogo
        Peripheral Nerve Society annual meeting 2018, 2018年07月24日
      • スフィンゴ脂質を介した熱ストレス細胞での転写制御メカニズム
        糸瀬邦之; 岡昌吾; 竹松弘
        2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月08日
      • イオンチャネル型グルタミン酸受容体に観察される糖鎖の厳密な発現制御
        岡 昌吾
        2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月07日
      • ストレプトゾトシン誘導性腎機能障害マウスにおける非硫酸化型HNK-1糖鎖の発現解析
        北野仁望; 森瀬譲二; 岡昌吾
        第57回日本臨床化学会年次学術集会, 2017年10月08日
      • 抗MAG抗体ニューロパチーにおける抗体affinityの継時的変化と臨床経過の比較
        松井太郎; 濱田征宏; 桑原基; 森瀬譲二; 岡昌吾; 楠 進
        第29回日本神経免疫学会学術集会, 2017年10月06日
      • AMPA型グルタミン酸受容体のN型糖鎖修飾は、4量体形成と細胞表面への移送を制御する
        Kandel Babu Munal; 緑川 良介; 岡 昌吾; 川崎 ナナ; 髙倉 大輔; 髙宮 考悟
        第40回日本神経科学大会, 2017年07月20日
      • N型糖鎖欠損体によるAMPA型グルタミン酸受容体の機構の解析
        森瀬譲二; 鈴木健一; 北川 英佳; 山本 采季; 竹内祐介; 楠見明弘; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第18回関西グライコサイエンスフォーラム, 2017年05月13日
      • AMPA受容体のN型糖鎖修飾は受容体の細胞膜の分布とチャネル特性を制御する
        若園 佳彦; 緑川 良介; カンデル バブ; ムナール; 岡 昌吾; 高宮 考悟
        第94回日本生理学会大会, 2017年03月30日
      • AMPA型グルタミン酸受容体サブユニットは神経細胞膜表面上を単量体で拡散する
        森瀬 譲二; 鈴木 健一; 北川 英佳; 若園 佳彦; 髙宮 考悟; 楠見 明弘; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第89回日本生化学会大会, 2016年09月26日
      • 胎生期にTenascin-C上に発現するHNK-1糖鎖の機能解析
        中村 綾沙; 森瀬 譲二; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第89回日本生化学会大会, 2016年09月26日
      • 特定のN型糖鎖がAMPA型グルタミン酸受容体サブユニットGluA1の細胞内輸送を制御する
        山本 采季; 森瀬 譲二; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第35回日本糖質学会年会, 2016年09月02日
      • Specific N-glycans regulate cell surface expression of AMPA-type glutamate receptors
        Jyoji Morise; Saki Yamamoto; Noritaka Hashii; Nana Kawasaki; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        ICS 2016 (XXVIII Inernatinal Carbohydrate Symposium), 2016年07月19日
      • Identification of modifier genes that modulate cell surface P-selectin ligand expression.
        Hiromu Hakematsu; H. kitagawa; R. Kannagi; S. Oka
        ICS 2016 (XXVIII Inernatinal Carbohydrate Symposium), 2016年07月18日
      • Psychosine-triggered endomitosis to produce multiploid cells
        Hiroshi Watanabe; Toshihide Kobayashi; Jin-ichi Inokuchi; Toshiro Okazaki; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        2016 Korea-Japan Bioactive Lipid Joint Symposium, 2016年05月12日, 招待有り
      • 神経初期発生期における特徴的なHNK-1糖鎖発現に関する研究
        石川 明香里; 籔野 景子; 中川 直樹; 岡 昌吾
        日本薬学会第136年会, 2016年03月28日
      • AMPA受容体のN型糖鎖修飾はシナプス可塑性において重要な役割を担う
        若園 佳彦; 緑川 良介; カンデル ムナール バブ; 岡 昌吾; 高宮 考悟
        第93回日本生理学会大会, 2016年03月23日
      • Single fluorescent molecule tracking approach for AMPA-type glutamate receptor subunits diffusing in cell plasma membranes
        Jyoji Morise; Kenichi G.N. Suzuki; Ayaka Kitagawa; Yoshihiko Wakazono; Kogo Takamiya; Akihiro Kusumi; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        The 3rd International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2016年01月15日
      • N-glycosylation of AMPA receptor play a key role in synaptic plasticity
        Yoshihiko Wakazono; Ryosuke Midorikawa; Munal B. Kandel; Shogo Oka; Kogo Takamiya
        The 3rd International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2016年01月15日
      • Membrane glycosphingolipid modulate psychosine-triggered multiploid cell formation
        Hiroshi Watanabe; Toshiro Okazaki; Toshihide Kobayashi; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        The 3rd International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2016年01月15日
      • リゾ型スフィンゴ糖脂質サイコシンによる多倍体細胞の形成
        渡邉 寛; 小林 俊秀; 岡崎 俊朗; 岡 昌吾; 竹松 弘
        第88回日本生化学会大会、第38回日本分子生物学会年会合同大会, 2015年12月04日
      • POMGNT1とB3GALNT2は協同的にalpha-ジストログリカン上の部位特異的なリガンド結合糖鎖の発現を制御する
        東 良柄; 中川 直樹; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第88回日本生化学会大会、第38回日本分子生物学会年会合同大会, 2015年12月02日
      • 老化に伴って増加する非硫酸化グルクロン酸によるCD13の活性変化
        赤阪-萬谷啓子; 萬谷 博; 岡 昌吾; 遠藤玉夫
        第34回日本糖質学会年会, 2015年08月02日
      • NMDA型グルタミン酸受容体サブユニットGluN1の糖鎖付加におけるC-末端領域の役割
        小山詩織; 黒田真由美; 森瀬譲二; 岡 昌吾
        第34回日本糖質学会年会, 2015年08月01日
      • HNK-1 carbohydrate regulates the cell surface expression level of AMPA-type glutamate receptors
        Jyoji Morise; Yusuke Takeuchi; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanease Society of Carbohydrate Research, 2014年11月
      • Polyploidization triggered by psychosine is modulated by cellular glycosphingolipids and sphingomyelin
        Hiroshi Watanabe; Kyohei Okahara; Yasunori Kozutsumi; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanease Society of Carbohydrate Research, 2014年11月
      • A novel HNK-1 epitope in perineuronal nets
        Keiko Yabuno; Tomomi Izumikawa; Hiromu Takematsu; Hiroshi Kitagawa; Shogo Oka
        Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanease Society of Carbohydrate Research, 2014年11月
      • Molecular mechanisms underlying the formation of laminin-binding glycans displayed on α-dystroglycan
        Hirokazu Yagi; Naoki Nakagawa; Shogo Oka; Koichi Kato
        Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanease Society of Carbohydrate Research, 2014年11月
      • 神経回路形成期におけるホスファカン上の特徴的なO-マンノース型HNK-1糖鎖構造の解析
        森瀬 譲二; 木塚 康彦; 藪野 景子; 殿山 泰弘; 橋井 則貴; 川崎 ナナ; 萬谷 博; 鈴木 友子; 武田 伸一; 遠藤 玉夫; 前田 信明; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第87回日本生化学会大会, 2014年10月
      • Study on the trafficking and lateral movement of AMPA-type glutamate receptor through using mutants of N-linked glycansglycosylation sites
        Jyoji Morise; Kenichi G.N. Suzuki; Ayaka Kitagawa; Yusuke Takeuchi; Kogo Takamiya; Akihiro Kusumi; Hiromu Takematsu; Shogo Oka
        第37回日本神経科学大会, 2014年09月
      • Increased expression of the non-sulfated HNK-1 in α-Klotho mouse kidney
        赤阪-萬谷啓子; 萬谷 博; 木塚康彦; 岡 昌吾; 遠藤玉夫
        第33回日本糖質学会, 2014年08月
      • 神経系に発現するLewis X抗原のキャリアタンパク質および生合成酵素の解析
        中川直樹; 家治翔平; 萬谷 博; 竹松 弘; 遠藤玉夫; 神奈木玲児; 吉原 亨; 浅野雅秀; 岡 昌吾
        第33回日本糖質学会, 2014年08月
      • AGO61はラミニン結合性糖鎖の初期構造の形成に関与する
        矢木宏和; 中川直樹; 齋藤拓也; 戸田達史; Sz-Wei Wu; Kay-Hooi Khoo; 岡 昌吾; 加藤晃
        第33回日本糖質学会, 2014年08月
      • スフィンゴ糖脂質サイコシンによって誘導される多倍体化は、細胞に発現するスフィンゴ糖脂質により正に、スフィンゴミエリンにより負に調節される
        渡邉 寛; 岡原 京平; 小堤 保則; 岡 昌吾; 竹松 弘
        第56回 日本脂質生化学会, 2014年06月
      • B細胞抗原受容体シグナル伝達におけるスフィンゴ糖脂質CD77の機能解析
        湯浅大史; 濱野久美子; 関亮祐; 岡昌吾; 竹松弘
        第61回日本生化学会近畿支部例会, 2014年05月17日
      • AGO61-dependent GlcNAc modification primes the formation of functional glycans on α-dystroglycan
        Hirokazu Yagi; Naoki Nakagawa; Takuya Saito; Tatsushi Toda; Sz-Wei Wu; Kay-Hooi Khoo; Shogo Oka; Koichi Kato
        International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2014年01月
      • O-glycosylation analysis at Thr379 of α-dystroglycan from COS-1 cells by liquid chromatography/mass spectrometry
        Noritaka Hashii; Naoki Nakagawa; Daisuke Takakura; Shogo Oka; Nana Kawasaki
        International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2014年01月
      • N-glycosylation modulates AMPA receptor channel properties
        Ryosuke Midorikawa; Munal B. Kandel; Yoshihiro Wakazono; Nana Kawasaki; Shogo Oka; Kogo Takamiya
        International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2014年01月
      • The specific expression and functional effects of HNK-1 glyco-epitope on AMPA-type glutamate receptor subunit, GluA2
        岡 昌吾
        International Symposium on Glyco-Neuroscience, 2014年01月, 招待有り
      • 構造の多様性に立脚した糖鎖機能の解明に向けて
        岡 昌吾
        2013年度 生理学研究所研究会, 2013年11月, 招待有り
      • グルタミン酸受容体に発現するN型糖鎖とその役割
        岡 昌吾
        第11回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム, 2013年10月, 招待有り
      • ペリニューロナルネットに存在するaggrecanには新規HNK-1糖鎖抗原が発現する
        藪野景子; 岡 昌吾
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月
      • HNK-1 sulfotransferaseとLARGEによる競合的なα-ジストログリカンの糖鎖付加制御
        中川 直樹; 竹松 弘; 岡 昌吾
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月
      • 硫酸基転移酵素HNK-1STによるα-ジストログリカン上の機能性糖鎖発現制御
        岡 昌吾
        第32回日本糖質学会, 2013年08月, 招待有り
      • Regulation of the cell surface expression level of AMPA-type glutamate receptor by N-linked glycans
        Jyoji Morise; Yusuke Takeuchi; Shogo Oka
        22nd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco22), 2013年06月
      • 細胞の発現するスフィンゴ糖脂質はサイコシンの細胞質分裂に対する阻害活性を促進する
        渡邉 寛; 岡原京平; 小堤保則; 岡 昌吾; 竹松 弘
        第14回関西グライコサイエンスフォーラム, 2013年05月25日
      • Functional evaluation of sialoglycans expressed in activated T cells
        Hiromu Takematsu; Yuko Naito-Matsui; Takeshi Tsubata; Shogo Oka
        Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanease Society of Carbohydrate Research
      • Glycosphingolipid CD77 specifically attenuates the CD19-PI3K-Akt pathway of the B cell receptor signaling in model germinal center B cells
        Taishi Yuasa; Kumiko Hamano; Ryosuke Seki; Shogo Oka; Hiromu Takematsu
        Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanease Society of Carbohydrate Research

      受賞

      • 1998年
        日本薬学会奨励賞
      • 1998年
        日本糖質学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 糖鎖の視点を導入したシナプス可塑性制御機構の解析
        基盤研究(B)
        小区分47030:薬系衛生および生物化学関連
        京都大学
        岡 昌吾
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        AMPA受容体;N型糖鎖;HNK-1糖鎖;NMDA受容体;シナプス可塑性
      • Klothoを介したFGF23の機能発現に重要な新規糖鎖に関する研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        岡 昌吾
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        αKlotho;FGF23;HNK-1糖鎖;腎臓;グルクロン酸転移酵素;糖鎖;αKlothoタンパク質;O型糖鎖
      • 先天性筋ジストロフィーに関わるαジストログリカン上の機能性糖鎖に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡 昌吾
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ジストログリカン;先天性筋ジストロフィー;O-マンノース型糖鎖;糖転移酵素;ラミニン結合性糖鎖;ラミニン;POMGnT2/AGO61;神経初期発生;ポストリン酸糖鎖
      • 先天性筋ジストロフィーに関わる機能性糖鎖の発現制御機構に関する研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        岡 昌吾
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        生体分子医学;機能糖鎖;ジストログリカン;硫酸基転移酵素;糖鎖;筋ジストロフィー;ラミニン
      • 神経活動制御におけるHNK-1を中心としたN型糖鎖機能の解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        岡 昌吾
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        HNK-1糖鎖;AMPA型グルタミン酸受容体;N型糖鎖;ペリニューロナルネット;質量分析;1分子イメージング;NMDA型グルタミン酸受容体;Lewis X抗原;シナプス可塑性;AMPA受容体;O-マンノース型糖鎖;グルタミン酸受容体;ガラクトース転移酵素;グルクロン酸転移酵素
      • 統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        名古屋大学
        門松 健治
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        糖鎖;神経可塑性;受容体;軸索再生;記憶・学習;神経科学;再生医学;神経;融合;機能ドメイン;経験依存的神経可塑性;シナプス可塑性;神経損傷
      • 神経特異的な糖鎖による神経可塑性の調節機構の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        糖鎖生物学;神経可塑性;HNK-1糖鎖;グルタミン酸受容体;N型糖鎖;グルクロン酸転移酵素;flexible loop;細胞内輸送;遺伝子欠損マウス;グルクロン酸転移酸素;ガラクトース転移酵素;スパイン
      • 糖鎖生物学と神経科学の融合による神経糖鎖生物学領域の創成
        学術創成研究費
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        糖鎖生物学;神経発生;神経回路形成;メダカ;糖鎖遺伝子;HNK-1糖鎖;グルクロン酸転移酵素;硫酸基転移酵素;遺伝子欠損マウス;アンチセンスオリゴヌクレオチド;質量分析;硫酸基転移酸素;2次元マップ
      • HNK-1糖鎖合成遺伝子を分子プローブとした神経系特異的糖鎖の機能解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        HNK-1糖鎖;グルクロン酸転移酵素;細胞接着分子;遺伝子欠損マウス;基質特異性;結晶構造解析
      • 神経系特異的糖鎖シグナルおよび生体防御因子としての動物レクチンの機能解析
        特定領域研究
        生物系
        立命館大学;京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;HNK-1糖鎖欠損マウス;Morris水迷路課題;動物レクチン;マンナン結合タンパク質;生体防御;がん関連糖鎖抗原;糖鎖;パターン認識;補体活性化;免疫学;がん;発生・分化;分子認識;脳・神経;NHK-1;酵素;MBP;HNK-1糖鎖;硫酸基転移酵素;腎臓上皮細胞;PCR;ホスホマンナン;マンノース6-リン酸;マクロファージ;C型レクチン;LPS;TLR4;NF-κB, HNK-1 carbohydrate antigen;Glucuronyltransferase;HNK-1 deficient mouse;Morris water maze test;Animal lectin;Mannan-binding protein;Host defence;Tumor associated carbohydrate antigen
      • 先天性免疫における糖鎖認識機構の役割に関する研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        血清マンナン結合タンパク質(MBP);血液型糖鎖抗原;ルイスa;質量分析;小腸上皮細胞
      • 神経系特異的糖鎖による細胞接着分子の機能調節に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        HNK-1糖鎖;グルクロン酸転移酵素;細胞接着分子;遺伝子欠損マウス;長期増強(LTP);水迷路;硫酸基転移酵素;HNK-1糖鎖抗原;L1;NCAM, HNK-1 carbohydrate;glucuronyltransferase;cell adhesion molecule;gene-deficient mice;long-term potentiation;water maze test
      • 先天性免疫における糖鎖認識機構の役割に関する研究
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        血清マンナン結合タンパク質(MBP);MBP依存的細胞性細胞傷害作用(MDCC);血小板活性化因子(PAF);多形核白血球
      • HNK-1抗原の生合成に関与するグルクロン酸転移酵素とその機能に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;GlcAT-P;GlcAT-S;N-アセチルラクトサミン;N-グリコシド型糖鎖;細胞接着分子;遺伝子欠損マウス;細胞凝集;免疫組織染色;HNK-1抗原;mRNA;染色体遺伝子, HNK-1 epitope;glucuronyltransferase;GlcAT-P;GlcAT-S;N-acetyllactosamine;complex type sugar chain
      • 細胞質分裂に関与するスフィンゴ脂質シグナリング
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        小堤 保則
        完了
        サイコシン;多核;細胞内小器官;細胞質分裂;スフィンゴ脂質;MSS4;PI4,5P2;Rom2;リソソーム;初期エンドソーム;アセチル化;Krabbe病;Globoid cell;glactosylsphimgosine;多核細胞;酵母;ISP-1;krabbe病;Globoid cells;galactosylsphingosine;COS細胞;プロテインキナーゼ;リン酸化
      • 神経系における細胞接着分子特異的糖鎖抗原の役割
        特定領域研究(A)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;細胞接着分子;遺伝子欠損マウス;NCAM
      • 分子生物学的手法を用いた神経系特異的糖鎖の機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;細胞接着分子;遺伝子欠損マウス;L1;硫酸基転移酵素;C6グリオーマ細胞;小脳, HNK-1 epitope;glucuronyltransferase;cell adhesion molecule;gene-deficient mice;L1;sulfotransferase
      • ジーンターゲッティング法を用いたHNK-1糖鎖抗原の機能解析
        特定領域研究(A)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;細胞接着分子;遺伝子欠損マウス;GFAP
      • 細胞相互作用におけるHNK-1糖鎖抗原の役割に関する研究
        特定領域研究(A)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;細胞接着分子;C6グリオーマ細胞
      • 神経筋接合部におけるNCAMポリシアル酸の発現調節機構の分析
        基盤研究(C)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        ポリシアル酸;ニワトリ;HNK-1糖鎖抗原;グルクロン酸転移酵素;ポリシアル酸転移酵素;細胞接着分子;グルタロン酸転移酵素;NCAM, polysialic acid;chick;HNK-1carbohydrateepitope;glucuronyltransferase;polysialyltransferase;cell adhesion molecule
      • HNK-1糖鎖抗原に関する分子生物学的研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;3-スルホ-グルクロン酸;グルクロン酸転移酵素;神経細胞接着因子;COS細胞;硫酸基転移酵素;細胞外マトリックス;C6グリオ-マ細胞;基質特異性;スフィンゴミエリン;ホスファチジルイノシトール;N-グリコシド型糖鎖;cDNAクローニング;II型膜貫通タンパク質;ラット脳;NCAM;細胞間相互作用, HNK-1 epitope;3-sulfoglucuronic acid;glucuronyltransferase;cell adhesion molecule;COS-1 cells;sulfotransferase;Extra Cellular Matrix;C6 glioma
      • 神経回路形成における神経系特異的糖鎖の役割
        重点領域研究
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        HNK-1糖鎖抗原;硫酸基転移酵素;グルクロン酸転移酵素
      • 神経細胞に特異的な糖タンパク質に関する分子生物学的研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        神経細胞;糖鎖抗原;西洋ワサビペルオキシダーゼ;昆虫
      • 昆虫神経細胞に特異的に発現する糖鎖に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        糖タンパク質;HRP;神経細胞;昆虫;ピリジルアミノ化;糖鎖構造
      • 糖脂質性HNK-1抗原の生合成に関する糖転移酵素の研究
        重点領域研究
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        HNK-1抗原;グルクロン酸;糖転移酵素;ラクトサミン;脳;糖脂質
      • 神経細胞特異的な糖鎖を含む糖タンパク質に関する研究
        一般研究(C)
        京都大学
        小堤 保則
        完了
        西洋ワサビペルオキシダーゼ(HRP);イナゴ;昆虫神経細胞;糖鎖;ピリジルアミノ化;昆虫;神経細胞;西洋ワサビペルオキシダ-ゼ(HRP);マンノ-ス;コンカナバリンA;アフィニティ-カラム, HRP;Grasshopper;Neurons of insects;Carbohydrate chain
      • 神経細胞特異的なガングリオシド様糖脂質抗原の生合成に関する研究
        重点領域研究
        京都大学
        川嵜 敏祐
        完了
        神経細胞;ガングリオシド;糖転移酵素;グルクロン酸;パラグロボシド;大脳;胎児;坐骨神経繊維
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          卒業研究
          8046, 通年, 医学部, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床化学II
          8023, 後期, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子生命基礎医療科学特講演習
          D426, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子生命基礎医療科学特別研究
          D427, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子生命基礎医療科学特講
          D425, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床化学実習
          8024, 後期, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床化学I
          8022, 前期, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          総合医療科学特別研究
          M456, 通年, 医学研究科, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子生命基礎医療科学演習
          M427, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子生命基礎医療科学特論
          M426, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生化学実習
          8008, 後期, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生化学
          8007, 後期, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子生命基礎医療科学実習
          M428, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬剤・薬理学概論
          3219, 前期後半, 医学部, 1
        • 生化学
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬剤・薬理学総論
          前期後半, 医学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学
          通年, 医学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学実習
          後期, 医学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療有機生物化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          人間健康科学概論(A群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          人間健康科学概論(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          人間健康科学概論(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療有機生物化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学
          通年, 医学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学実習
          後期, 医学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬剤・薬理学総論
          前期後半, 医学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬剤・薬理学総論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎検査展開学実習
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療有機生物化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬剤・薬理学総論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療有機生物化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療有機生物化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床検査精度管理学
          後期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療有機生物化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床検査精度管理学
          後期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床検査精度管理学
          後期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          先端医療技術セミナー
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床化学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床検査精度管理学
          後期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          検査技術科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          総合医療特別セミナーI
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床化学I
          前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床化学II
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床化学実習
          後期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床病態情報解析学演習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎検査展開学実習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎検査展開学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎検査展開学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎検査展開学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎検査展開学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎検査展開学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          検査技術科学特別研究(岡)
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          総合医療特別セミナーII
          前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          総合医療特別セミナーI
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床化学I
          前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床化学II
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床検査精度管理学
          後期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子生命基礎医療科学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子生命基礎医療科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子生命基礎医療科学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子生命基礎医療科学特講
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子生命基礎医療科学特講演習
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          総合医療特別セミナーII
          前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          総合医療特別セミナーI
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          総合医療科学特別研究(岡)
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床化学I
          前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床化学II
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床化学実習
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬剤・薬理学概論
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            放射性同位元素等管理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2021年03月31日
            京都大学放射性同位元素専門委員会 委員
          • 自 2015年05月01日, 至 2017年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 化学部会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年10月01日, 至 2023年09月30日
            動物実験施設管理委員会委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            学術委員会・委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            施設管理委員会
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            医学研究科動物実験委員会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年09月30日
            味覚分子構造科学講座 運営委員会
          • 自 2017年10月01日
            総合医療科学コースカリキュラムWG
          • 自 2017年03月01日
            機能強化WG
          • 自 2016年07月14日
            共通機器TF
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            動物実験委員会
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            動物実験委員会
          • 自 2019年10月01日, 至 2021年09月30日
            動物実験施設管理委員会

          ページ上部へ戻る