教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

惠莊 裕嗣

エソウ ユウジ

医学部附属病院 消化器内科 特定病院助教

惠莊 裕嗣
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    所属学協会

    • 日本内科学会
    • 日本消化器病学会
    • 日本肝臓学会
    • 日本超音波医学会
    • 日本消化器内視鏡学会
    • 日本病態栄養学会
    • 日本肝癌研究会
    • 日本肝がん分子標的治療研究会
    • 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
    • 関西肝癌局所療法研究会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程医学専攻, Gastroenterology and Hepatology, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2020年07月, 至 現在
      京都大学, 消化器内科, 特定病院助教
    • 自 2019年11月, 至 2020年06月
      京都大学医学部附属病院, 消化器内科, 院内助教
    • 自 2015年04月, 至 2019年10月
      京都大学, 消化器内科, 医員
    • 自 2011年04月, 至 2015年03月
      京都大学大学院, 医学研究科消化器内科学, 大学院生
    • 自 2012年04月, 至 2014年03月
      京都大学大学院, 医学研究科, グローバルCOEリサーチ・アシスタント
    • 自 2006年04月, 至 2011年03月
      大阪赤十字病院, 消化器科, 医師
    • 自 2004年05月, 至 2006年03月
      大阪赤十字病院, 臨床研修医

    プロフィール

    • プロフィール

      京都大学博士(医学)
      日本内科学会(内科指導医・総合内科専門医・認定内科医)
      日本消化器病学会(学会評議員・近畿支部評議員、消化器病指導医・専門医)
      日本肝臓学会(評議員、西部会評議員、肝臓指導医・専門医)
      日本消化器内視鏡学会(消化器内視鏡専門医)
      日本超音波医学会(代議員、超音波指導医・専門医)
      日本病態栄養学会(病態栄養指導医・専門医・NSTコーディネーター)


      日本肝癌研究会
      日本肝がん分子標的治療研究会
      日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
      関西肝癌局所療法研究会(世話人)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究キーワード

      • 超音波医学
      • 肝臓病学
      • 消化器内科学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学
      • ライフサイエンス, 消化器内科学, 超音波医学
      • ライフサイエンス, 消化器内科学, 肝臓病学
      • ライフサイエンス, 消化器内科学, Gastroenterology

      論文

      • 学会・家事・SNSに関するアンケート調査結果―肝臓学会会員285名の回答―
        藤井 英樹; 田中 聡司; 山田 涼子; 野村 貴子; 恵荘 裕嗣; 石井 隆道; 飯島 尋子; 日本肝臓学会キャリア支援; ダイバーシティ推進委員西部会ワーキンググループ
        肝臓, 2022年06月, 査読有り
      • レンバチニブ治療による肝切除を目指したconversion surgeryの可能性の検証
        西尾太宏; 小山幸法; 小木曾聡; 楊知明; 福光剣; 石井隆道; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 瀬尾智; 田浦康二朗; 妹尾浩; 波多野悦朗
        肝胆膵, 2022年
      • Mutational spectrum of hepatitis C virus in patients with chronic hepatitis C determined by single molecule real-time sequencing.
        Fumiyasu Nakamura; Haruhiko Takeda; Yoshihide Ueda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yuji Eso; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Takahiro Shimizu; Masako Mishima; Ken Kumagai; Taiki Yamashita; Shinji Uemoto; Nobuyuki Kato; Hiroyuki Marusawa; Akihiro Sekine; Hiroshi Seno
        Scientific reports, 2022年04月30日
      • アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の初期治療成績と奏効予測因子
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2022年04月28日, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Questionnaire-based approach to sleep-wake disturbance in patients with chronic liver disease.
        Yuji Eso
        Hepatology Research, 2022年04月, 査読有り, 招待有り
      • Clinical and Molecular Basis of Hepatocellular Carcinoma after Hepatitis C Virus Eradication
        Natsumi Oe; Haruhiko Takeda; Yuji Eso; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa
        Pathogens, 2022年04月01日, 査読有り
      • Expansion of gastric intestinal metaplasia with copy number aberrations contributes to field cancerization.
        Ken Kumagai; Takahiro Shimizu; Atsushi Takai; Nobuyuki Kakiuchi; Yasuhide Takeuchi; Tomonori Hirano; Haruhiko Takeda; Aya Mizuguchi; Mari Teramura; Takahiko Ito; Eriko Iguchi; Mitsuhiro Nikaido; Yuji Eso; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Shin-Ichi Miyamoto; Kazutaka Obama; Seishi Ogawa; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Cancer Research, 2022年04月01日, 査読有り
      • Ultrasound-guided polidocanol foam sclerotherapy for symptomatic giant hepatic cyst: a single-center experience.
        Yuji Eso; Hironori Shimizu; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Hepatology Research, 2022年03月31日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Genetic Landscape of Multistep Hepatocarcinogenesis.
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Yuji Eso; Ken Takahashi; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Cancers, 2022年01月23日, 査読有り
      • Does immune checkpoint inhibitor exhibit limited efficacy against non‐viral hepatocellular carcinoma?: A review of clinical trials
        Yuji Eso; Kojiro Taura; Hiroshi Seno
        Hepatology Research, 2022年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • MET amplification as a potential therapeutic target against hepatocellular carcinoma
        Yuji Eso
        Hepatology Research, 2021年11月, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Pretreatment neutrophil-to-lymphocyte ratio as a predictive marker of response to atezolizumab plus bevacizumab for hepatocellular carcinoma
        Yuji Eso; Haruhiko Takeda; Kojiro Taura; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Current Oncology, 2021年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Optimization of immunotherapy for patients with hepatobiliary cancer.
        Yuji Eso; Hiroshi Seno
        Hepatobiliary surgery and nutrition, 2021年10月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synergistic effects of anti-angiogenesis and immune checkpoint blockade - a new era of systemic chemotherapy for hepatocellular carcinoma
        Yuji Eso; Hiroshi Seno
        Hepatobiliary & Pancreatic Diseases International, 2021年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Author Correction: DNA methyltransferase 3B plays a protective role against hepatocarcinogenesis caused by chronic inflammation via maintaining mitochondrial homeostasis.
        Eriko Iguchi; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Ken Kumagai; Soichi Arasawa; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Scientific reports, 2021年07月01日, 査読有り
      • A simplified method to quantitatively predict the effect of lenvatinib on hepatocellular carcinoma using contrast-enhanced ultrasound with perfluorobutane microbubbles
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Quantitative Imaging in Medicine and Surgery, 2021年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Mac‐2 binding protein glycosylation isomer predicts tolerability and clinical outcome of lenvatinib therapy for hepatocellular carcinoma
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Kojiro Taura; Hiroshi Seno
        Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, 2021年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Oncogenic transcriptomic profile is sustained in the liver after the eradication of the hepatitis C virus.
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Eriko Iguchi; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Ken Kumagai; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Etsuro Hatano; Hiroko Iijima; Haruyo Aoyagi; Hideki Aizaki; Hiroyuki Marusawa; Takaji Wakita; Hiroshi Seno
        Carcinogenesis, 2021年05月28日, 査読有り
      • Laparoscopic liver resection versus percutaneous radiofrequency ablation for small hepatocellular carcinoma.
        Satoshi Ogiso; Satoru Seo; Yuji Eso; Tomoaki Yoh; Takayuki Kawai; Shinya Okumura; Takamichi Ishii; Ken Fukumitsu; Kojiro Taura; Hiroshi Seno; Shinji Uemoto
        HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association, 2021年04月, 査読有り
      • Targeting Angiogenesis for Advanced Hepatocellular Carcinoma.
        Yuji Eso
        Internal medicine (Tokyo, Japan), 2021年02月01日, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • DNA methyltransferase 3B plays a protective role against hepatocarcinogenesis caused by chronic inflammation via maintaining mitochondrial homeostasis.
        Eriko Iguchi; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Ken Kumagai; Soichi Arasawa; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Scientific reports, 2020年12月04日, 査読有り
      • (Session 1-3)結節内結節型肝癌の全ゲノムシーケンス解析を用いた新規標的分子同定の試み
        竹田 治彦; 高井 淳; 藤本 明洋; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 田浦 康二朗; 上本 伸二; 喜多 竜一; 大崎 往夫; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        Pharma Medica, 2020年12月, 招待有り
      • Branched-chain amino acid to tyrosine ratio is an essential pre-treatment factor for maintaining sufficient treatment intensity of lenvatinib in patients with hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 2020年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Multiregional whole-genome sequencing of hepatocellular carcinoma with nodule-in-nodule appearance reveals stepwise cancer evolution.
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Kumagai; Eriko Iguchi; Soichi Arasawa; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Shinji Uemoto; Ryuichi Kita; Hironori Haga; Hiroyuki Marusawa; Akihiro Fujimoto; Hiroshi Seno
        The Journal of pathology, 2020年12月, 査読有り
      • Microsatellite instability analysis using multiplex polymerase chain reaction with fluorescently labeled primers for amplification of five mononucleotide repeat markers.
        Yuji Eso
        Hepatology Research, 2020年12月, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • 【肝細胞癌治療のパラダイムチェンジ-進化する薬物療法2020 Update Part II-(分子標的治療)】レンバチニブ レンバチニブのreal-world data 至適RDIの検討
        恵荘 裕嗣
        肝胆膵, 2020年11月, 招待有り, 筆頭著者
      • 【薬物療法がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy】肝細胞癌に対する個別化医療の現況と展望
        恵荘 裕嗣
        臨床消化器内科, 2020年07月, 招待有り
      • Hepatitis-associated Aplastic Anemia with Rapid Progression of Liver Fibrosis Due to Repeated Hepatitis.
        Kenji Sawada; Atsushi Takai; Tomoyo Yamada; Osamu Araki; Yuki Yamauchi; Yuji Eso; Ken Takahashi; Takero Shindo; Takaki Sakurai; Yoshihide Ueda; Hiroshi Seno
        Internal medicine (Tokyo, Japan), 2020年04月15日, 査読有り
      • Recent Advances in Immunotherapy for Hepatocellular Carcinoma.
        Shigeharu Nakano; Yuji Eso; Hirokazu Okada; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Cancers, 2020年03月25日, 査読有り, 筆頭著者
      • Intermediate-stage HCCに対するTACE後のChild-Pugh grade悪化予測
        恵荘裕嗣
        Pharma Medica, 2020年, 招待有り, 筆頭著者
      • Current status of treatment with immune checkpoint inhibitors for gastrointestinal, hepatobiliary, and pancreatic cancers.
        Yuji Eso; Hiroshi Seno
        Therapeutic advances in gastroenterology, 2020年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Microsatellite instability and immune checkpoint inhibitors: toward precision medicine against gastrointestinal and hepatobiliary cancers.
        Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa
        Journal of gastroenterology, 2020年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Dose Intensity/Body Surface Area Ratio is a Novel Marker Useful for Predicting Response to Lenvatinib against Hepatocellular Carcinoma.
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Fumiyasu Nakamura; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Kojiro Taura; Hiroshi Seno
        Cancers, 2019年12月22日, 査読有り, 筆頭著者
      • Association Between Preanalytical Factors and Tumor Mutational Burden Estimated by Next‐Generation Sequencing‐Based Multiplex Gene Panel Assay
        Pham Nguyen Quy; Masashi Kanai; Keita Fukuyama; Tadayuki Kou; Tomohiro Kondo; Yoshihiro Yamamoto; Junichi Matsubara; Akinori Hiroshima; Hiroaki Mochizuki; Tomohiro Sakuma; Mayumi Kamada; Masahiko Nakatsui; Yuji Eso; Hiroshi Seno; Toshihiko Masui; Kyoichi Takaori; Sachiko Minamiguchi; Shigemi Matsumoto; Manabu Muto
        The Oncologist, 2019年12月, 査読有り
      • 【C型肝炎の治療-最終章を迎えて】肝移植例での治療
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        消化器・肝臓内科, 2019年06月28日
      • Utility of ultrasound-guided liver tumor biopsy for next-generation sequencing-based clinical sequencing.
        Yuji Eso; Tadayuki Kou; Hiroki Nagai; Young Hak Kim; Masashi Kanai; Shigemi Matsumoto; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Fumiyasu Nakamura; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Manabu Muto; Hiroshi Seno
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2019年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 慢性肝疾患における肝線維化マーカーMac-2 binding protein glycosylation isomersと各種栄養関連マーカーの相関性
        恵荘 裕嗣
        日本病態栄養学会誌, 2019年04月, 査読有り
      • Combination of Mac-2 Binding Protein Glycosylation Isomer and Up-To-Seven Criteria as a Useful Predictor for Child-Pugh Grade Deterioration after Transarterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Cancers, 2019年03月22日, 査読有り
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化リスク予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2019年01月
      • B型肝炎の新たな展開-進化を続ける基礎と臨床-HBV再活性化 HBV関連肝移植と再活性化対策
        上田佳秀; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2019年
      • Post SVR時代のC型肝炎診療 Special Populationに対するDAA治療 肝移植後症例に対する治療成績
        上田佳秀; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2019年, 査読有り
      • Accelerated Progression of Hepatocellular Carcinoma during Immunosuppressive Therapy with Abatacept for Rheumatoid Arthritis.
        Satoshi Yoshiji; Ken Takahashi; Kenji Sawada; Masako Mishima; Yuji Eso; Masahiro Morita; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa; Yoshihide Ueda; Tsuneyo Mimori; Hiroshi Seno
        Internal medicine (Tokyo, Japan), 2019年01月01日, 査読有り
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        Liver Cancer Journal, 2019年, 招待有り, 筆頭著者
      • Ultrasound-guided microfoam sclerotherapy with polidocanol for symptomatic giant hepatic cyst: Initial experience.
        Yuji Eso; Akihiro Furuta; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2018年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The Oncogenic Potential of Regenerative Nodules in Cirrhotic Liver Confirmed By Total Transcriptome Analysis.
        Takeda Haruhiko; Takai Atsushi; Kim Soo-Ki; Eso Yuji; Ohtsuru Shigeru; Takahashi Ken; Ueda Yoshihide; Marusawa Hiroyuki; Seno Hiroshi
        HEPATOLOGY, 2018年10月, 査読有り
      • トランスクリプトーム解析を用いた肝硬変再生結節の発癌ポテンシャルの評価(The oncogenic potential of regenerative nodules in cirrhotic liver confirmed by total transcriptome analysis)
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • B型肝炎線維化非進行例からの肝発癌とゲノム異常の特徴(Genetic features of hepatocellular carcinoma developed in non-cirrhotic liver infected with hepatitis B virus)
        荒澤 壮一; 竹田 治彦; 井口 恵里子; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 上田 佳秀; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • Choledochoduodenal Fistula during Chemotherapy with Brentuximab Vedotin for Methotrexate-associated Lymphoproliferative Disorder.
        Yuji Eso; Norimitsu Uza; Kotaro Shirakawa; Kenji Sawada; Kentaro Katsuragi; Minoru Matsuura; Hiroshi Seno
        Internal medicine (Tokyo, Japan), 2018年08月01日, 査読有り
      • Novel approaches for molecular targeted therapy against hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Hiroyuki Marusawa
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2018年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • Gastrointestinal: Lanthanum phosphate deposition in the gastroduodenal mucosa: An unusual cause of epigastric discomfort
        Y. Eso; M. Yoshioka; H. Seno
        Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia), 2018年06月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Association of Mac-2-binding protein glycosylation isomer level with nutritional status in chronic liver disease.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Kojiro Taura; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Journal of gastroenterology and hepatology, 2018年02月22日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Acute Anorectal Thrombophlebitis Caused by a Protein C Deficiency.
        Yuji Eso; Satoshi Yoshiji; Yuto Nakakubo; Minoru Matsuura; Hiroshi Seno
        Internal medicine (Tokyo, Japan), 2018年01月15日, 査読有り
      • Utility of KRAS mutational analysis in the preoperative diagnosis of synchronous pancreatic cancer and intrahepatic cholangiocarcinoma: A case report.
        Yuji Eso; Norimitsu Uza; Hiroko Yamagishi; Kazuaki Imada; Yuto Kimura; Toshihiko Masui; Yuzo Kodama; Hiroshi Seno
        Medicine, 2017年12月, 査読有り
      • Proliferating EpCAM-Positive Ductal Cells in the Inflamed Liver Give Rise to Hepatocellular Carcinoma.
        Tomonori Matsumoto; Atsushi Takai; Yuji Eso; Kazuo Kinoshita; Toshiaki Manabe; Hiroshi Seno; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        Cancer research, 2017年11月15日, 査読有り, 筆頭著者
      • An Unusual Cause of Hepatic Dysfunction.
        Yuji Eso; Masako Mishima; Akihisa Fukuda
        Gastroenterology, 2017年10月, 査読有り
      • 起源細胞の違いに基づいた肝癌の腫瘍特性の同定
        松本 知訓; 高井 淳; 恵荘 裕嗣; 木下 和生; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2017年09月
      • Skull metastasis from cholangiolocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Satoshi Yoshiji; Yuzo Kodama; Hiroshi Seno
        Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver, 2017年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Hepatobiliary and Pancreatic: Granulomatous hepatitis due to disseminated bacillus Calmette-Guérin disease.
        Eso Y; Takai A; Arasawa S; Ueda Y; Seno H
        Journal of Gastroenterology and Hepatology, 2017年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 播種性bacillus Calmette-Guérin(BCG)症に随伴したgranulomatous hepatitisの2例
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        肝臓, 2017年, 査読有り
      • Sonazoid-enhanced ultrasonography guidance improves the quality of pathological diagnosis in the biopsy of focal hepatic lesions.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Tomonori Matsumoto; Minami Lee; Tadashi Inuzuka; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        European journal of gastroenterology & hepatology, 2016年12月, 査読有り
      • Gastrointestinal: Ultrasound-guided iatrogenic hydrothorax to permit drainage of a postoperative left subdiaphragmatic abscess
        Y. Eso; S. Hisamori; S. Tsunoda
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 2016年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Follicular lymphoma of the caecum resected endoscopically.
        Yuji Eso; Yoshitaka Nishikawa; Atsushi Takai
        Arab journal of gastroenterology : the official publication of the Pan-Arab Association of Gastroenterology, 2016年09月, 査読有り
      • MSH2 Dysregulation Is Triggered by Proinflammatory Cytokine Stimulation and Is Associated with Liver Cancer Development.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Tomonori Matsumoto; Tadashi Inuzuka; Takahiro Horie; Koh Ono; Shinji Uemoto; Kyeryoung Lee; Winfried Edelmann; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        Cancer research, 2016年08月01日, 査読有り
      • Activation-Induced Cytidine Deaminase Contributes to Pancreatic Tumorigenesis by Inducing Tumor-Related Gene Mutations.
        Yugo Sawai; Yuzo Kodama; Takahiro Shimizu; Yuji Ota; Takahisa Maruno; Yuji Eso; Akira Kurita; Masahiro Shiokawa; Yoshihisa Tsuji; Norimitsu Uza; Yuko Matsumoto; Toshihiko Masui; Shinji Uemoto; Hiroyuki Marusawa; Tsutomu Chiba
        Cancer research, 2015年08月15日, 査読有り
      • Hepatic inflammation facilitates transcription-associated mutagenesis via AID activity and enhances liver tumorigenesis.
        Tomonori Matsumoto; Takahiro Shimizu; Norihiro Nishijima; Atsuyuki Ikeda; Yuji Eso; Yuko Matsumoto; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        Carcinogenesis, 2015年08月, 査読有り
      • Leptin receptor somatic mutations are frequent in HCV-infected cirrhotic liver and associated with hepatocellular carcinoma.
        Atsuyuki Ikeda; Takahiro Shimizu; Yuko Matsumoto; Yosuke Fujii; Yuji Eso; Tadashi Inuzuka; Aya Mizuguchi; Kazuharu Shimizu; Etsuro Hatano; Shinji Uemoto; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        Gastroenterology, 2014年01月, 査読有り
      • Platelet plays a role in the pathogenesis of hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Hiroyuki Marusawa; Tsutomu Chiba
        Gastroenterology, 2013年05月, 査読有り
      • 肝癌に対するバイポーラ電極針を用いたラジオ波熱凝固療法~当院における初期使用経験~
        恵荘 裕嗣; 大﨑 往夫; 犬塚 義; 金 秀基; 坂本 梓; 齋藤 澄夫; 池田 敦之; 西川 浩樹; 喜多 竜一; 木村 達
        肝臓, 2013年, 査読有り
      • Novel mouse models of hepatocarcinogenesis with stepwise accumulation of genetic alterations.
        Soo Ki Kim; Hiroyuki Marusawa; Yuji Eso; Tsutomu Chiba; Masatoshi Kudo
        Digestive diseases (Basel, Switzerland), 2013年, 査読有り
      • Endoscopic ultrasonography-guided transgastric drainage of infectious biloma following radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Hiroyuki Marusawa; Takehiko Tsumura; Yoshihiro Okabe; Yukio Osaki
        Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 2012年09月, 査読有り
      • Decrease in alpha-fetoprotein levels predicts reduced incidence of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection receiving interferon therapy: a single center study.
        Yukio Osaki; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Jun Nakajima; Toru Kimura; Ryuichi Kita; Hiroki Nishikawa; Sumio Saito; Shinichiro Henmi; Azusa Sakamoto; Yuji Eso; Tsutomu Chiba
        Journal of gastroenterology, 2012年04月, 査読有り
      • Hepatobiliary and Pancreatic: Detection of early hepatocellular carcinoma by enhanced magnetic resonance imaging
        Y. Eso; H. Marusawa; Y. Osaki
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 2012年02月, 査読有り
      • Percutaneous radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma: a proposed new grading system for the ablative margin and prediction of local tumor progression and its validation.
        Hiroki Nishikawa; Tadashi Inuzuka; Haruhiko Takeda; Jun Nakajima; Azusa Sakamoto; Sinichiro Henmi; Fumihiro Matsuda; Yuji Eso; Tetsuro Ishikawa; Sumio Saito; Ryuichi Kita; Toru Kimura; Yukio Osaki
        Journal of gastroenterology, 2011年12月, 査読有り
      • 肝細胞癌に対する外科切除とラジオ波凝固療法―治療法選択の現状と選択の基準―
        大崎往夫; 木村達; 西川浩樹; KIM Sugi; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 齋藤澄夫; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 犬塚義; 竹田治彦; 邊見慎一郎; 石川哲朗; 喜多竜一
        J Microw Surg, 2011年08月30日
      • State of the Art 粘液産生胆管内乳頭状腺癌の1例
        松田 史博; 岡部 純弘; 赤穂 宗一郎; 越川 頼光; 竹田 治彦; 犬塚 義; 中島 潤; 金坂 卓; 恵荘 裕嗣; 坂本 梓; 邊見 慎一郎; 金 秀基; 石川 哲朗; 齊藤 澄夫; 波多野 貴昭; 西川 浩樹; 関川 昭; 津村 剛彦; 喜多 竜一; 圓尾 隆典; 木村 達; 大崎 往夫; 若狭 朋子
        肝胆膵画像, 2011年05月
      • Clinical characteristics of non-B non-C hepatocellular carcinoma: a single-center retrospective study.
        Soo Ki Kim; Hiroyuki Marusawa; Yuji Eso; Hiroki Nishikawa; Yoshihide Ueda; Ryuichi Kita; Toru Kimura; Tsutomu Chiba; Yukio Osaki; Masatoshi Kudo
        Digestion, 2011年, 査読有り
      • De novo hepatitis B virus infection in hepatocellular carcinoma following eradication of hepatitis C virus by interferon therapy.
        Akihiro Nasu; Hiroyuki Marusawa; Yoshihide Ueda; Yuji Eso; Makoto Umeda; Tsutomu Chiba; Yukio Osaki
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2010年06月, 査読有り
      • 血流所見と病理組織を対比検討できた中間型肝癌の1例
        喜多 竜一; 中島 収; 坂本 梓; 永田 嘉昭; 南 晶洋; 恵荘 裕嗣; 松尾 裕央; 斎藤 澄夫; 中辻 正人; 池田 敦之; 西川 浩樹; 木村 達; 大崎 往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2010年03月, 査読有り
      • 肝細胞癌に対するTAI,TACE後治療効果判定におけるソナゾイド造影超音波の有用性
        坂本 梓; 大崎 往夫; 木村 達; 池田 敦之; 谷口 敏勝; 金坂 卓; 松田 史博; 中島 潤; 永田 嘉昭; 南 晶洋; 恵荘 裕嗣; 川上 尚人; 波多野 貴昭; 松尾 裕央; 齋藤 澄夫; 中辻 正人; 西川 浩樹; 岡部 純弘; 喜多 竜一
        肝臓, 2010年, 査読有り
      • 臨床症状と内視鏡所見に乖離のみられた潰瘍性大腸炎の疑診例
        金坂卓; 津村剛彦; 中辻正人; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 齋藤澄夫; 西島規浩; 波多野貴昭; 松尾裕央; 松村真生子; 池田敦之; 西川浩樹; 岡部純弘; 喜多竜一; 圓尾隆典; 木村達; 大崎往夫
        Prog Med, 2009年07月10日
      • ソナゾイド造影超音波による肝細胞癌のRFA後治療効果判定-造影CTとの比較-
        池田敦之; 木村達; 坂本梓; 永田嘉昭; 恵荘裕嗣; 川上尚人; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 松尾裕央; 西島規浩; 中辻正人; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 谷口敏勝; 大崎往夫
        肝臓, 2009年
      • 肝細胞癌に対するRFAにおける効果判定基準の提唱〜局所再発率の検討から〜
        西島規浩; 大崎往夫; 喜多竜一; 恵荘裕嗣; 山中伸一; 川上尚人; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 松尾裕央; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達
        肝臓, 2008年, 査読有り

      MISC

      • Atezolizumab+Bevacizumab奏効後根治的にTACEを追加した一例
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • 多段階発癌におけるミスマッチ修復異常関連体細胞変異シグネチャーの抽出
        竹田治彦; 高井淳; 恵荘裕嗣; 高橋健; 田浦康二朗; 波多野悦朗; 喜多竜一; 丸澤宏之; 藤本明洋; 妹尾浩
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の初期治療成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • レンバチニブ治療による肝切除を目指したconversion therapyの可能性の検証
        西尾太宏; 小山幸法; 小木曾聡; 楊知明; 福光剣; 石井隆道; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 瀬尾智; 田浦康二朗; 妹尾浩; 波多野悦朗
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシークエンスの現況とSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2019年
      • 造影超音波による肝細胞癌に対する分子標的薬Lenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2019年
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 丸澤宏之; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2018年
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の治療成績と既存治療とのCombination
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年09月
      • 肝硬変に伴う難治性皮膚そう痒症に対するナローバンドUVB療法
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年09月
      • 急性膵炎と血球貪食症候群を合併した急性肝不全昏睡型の1例
        萬川 和; 高井 淳; 濱田 健輔; 桑田 威; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • Lenvatinib治療経過バイオマーカーとしてのMac-2 binding glycosylation isomer
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 肝硬変に伴う皮膚そう痒症に対するナローバンドUVB療法の初期経験
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 有症状肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた穿刺吸引硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • ポリドカノールフォームを用いた超音波ガイド下肝嚢胞硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        超音波医学, 2021年04月
      • 肝予備能の評価法:検体検査と画像検査 肝予備能評価およびLenvatinib治療経過予測におけるM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 【肝・胆道系症候群(第3版)-その他の肝・胆道系疾患を含めて-肝臓編(下)】肝腫瘍 Fibrolamellar carcinoma
        恵荘 裕嗣
        日本臨床, 2021年02月
      • ポリドカノールフォームを用いた超音波ガイド下肝嚢胞硬化療法の長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵理子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        超音波医学 Supplement, 2021年
      • 肝腫瘍 線維層板型肝腫瘍
        恵荘裕嗣
        日本臨床, 2021年
      • 肝細胞癌に対する分子標的薬LenvatinibのRelative dose intensityに着目した栄養管理の重要性
        恵荘裕嗣; 妹尾浩
        日本病態栄養学会誌(Web), 2021年
      • メサラジン製剤投与開始10年後に不耐症状が出現した潰瘍性大腸炎の一例
        北田智也; 山本修司; 石田万菜; 松浦賢史; 松森友昭; 恵荘裕嗣; 清水孝洋; 本澤有介; 妹尾浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年
      • 治療前M2BPGi値によるLenvatinib治療適否予測
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年
      • 肝線維化マーカーMac-2binding protein glycosylation isomers(M2BPGi)による肝細胞癌治療後の肝予備能低下予測
        恵荘裕嗣
        日本病態栄養学会誌(Web), 2021年
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2021年
      • 肝予備能評価およびLenvatinib治療経過予測におけるM2BPGiの有用性
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2021年
      • 体表面積補正Dose intensity(DBR;DI/BSA ratio)に着目した肝細胞癌に対するレンバチニブ導入の最適化
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        Pharma Medica, 2021年
      • (Session 1-1)Intermediate-stage HCCに対するTACE後のChild-Pugh grade悪化予測
        恵荘 裕嗣
        Pharma Medica, 2020年12月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        超音波医学, 2020年11月
      • 【肝細胞癌治療のパラダイムチェンジ-進化する薬物療法2020 Update Part II-(分子標的治療)】レンバチニブ レンバチニブのreal-world data 至適RDIの検討
        恵荘 裕嗣
        肝・胆・膵, 2020年11月
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年09月
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年09月
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井 達基; 高井 淳; 村上 高志; 米田 真知; 松本 慎平; 中西 祐貴; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • B型肝炎ウイルスのゲノム構造異常クローンの長期的観察
        荒澤 壮一; 高井 淳; 中野 重治; 寺村 茉利; 熊谷 健; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • Dose intensity/BSA ratio(DBR)によるLenvatinib治療強度評価とその活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • 1分子ロングリードシーケンサーによる変異解析はC型肝炎ウイルスクローンの動態解析に有用である
        中村 文保; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • Lenvatinib治療におけるRelative dose intensityの問題点と体表面積補正dose intensity(DI/BSA ratio;DBR)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年03月
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2020年
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2020年
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵理子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        超音波医学 Supplement, 2020年
      • 肝細胞癌に対する分子標的薬LenvatinibのRelative Dose Intensityに着目した栄養管理の重要性
        恵荘 裕嗣; 中村 文保; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2020年01月
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 造影超音波による肝細胞癌に対する分子標的薬Lenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年11月
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 腸上皮化生を伴う慢性胃炎粘膜を構成する一腺管あたりの遺伝子異常の解析(Genomic abnormality in single crypts of chronic inflamed gastric mucosa with intestinal metaplasia)
        熊谷 健; 清水 孝洋; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 宮本 心一; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 炎症性肝発癌過程におけるDNAメチル化酵素DNMT3Bの役割(The role of DNA methyltransferase(DNMT) 3B in regulating inflammation-associated hepatocarcinogenesis)
        井口 恵里子; 高井 淳; 熊谷 健; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 【B型肝炎の新たな展開-進化を続ける基礎と臨床-】HBV再活性化 HBV関連肝移植と再活性化対策
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝・胆・膵, 2019年06月, 査読有り
      • 【C型肝炎の治療-最終章を迎えて】肝移植例での治療
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        消化器・肝臓内科, 2019年06月, 査読有り
      • がんゲノム医療における肝生検の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        肝臓, 2019年04月20日
      • Sonazoid造影超音波による肝細胞癌に対するLenvatinibの早期治療効果予測の試み
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        超音波医学, 2019年04月15日
      • 進行肝癌に対する新たな治療戦略 肝癌TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘 裕嗣; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年03月
      • 消化器疾患におけるPrecision medicineへの対応 肝腫瘍生検によるクリニカルシークエンスの現況とSonazoid造影の役割
        恵荘 裕嗣; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年03月
      • 進行肝癌に対する新たな治療戦略 肝癌TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘 裕嗣; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年03月
      • 消化器疾患におけるPrecision medicineへの対応 肝腫瘍生検によるクリニカルシークエンスの現況とSonazoid造影の役割
        恵荘 裕嗣; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年03月
      • がんゲノム医療における肝腫瘍生検の意義
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本内科学会雑誌, 2019年02月28日
      • 肝癌TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2019年
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        肝臓, 2019年
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化リスク予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2019年01月
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的薬の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        肝臓, 2019年
      • 肝幹/前駆細胞を起源とした肝発癌メカニズムの解明
        高井淳; 恵荘裕嗣; 丸澤宏之
        肝臓, 2019年
      • 肝嚢胞固定術に対するpolidocanol foamの初期使用経験
        清水大功; 古田昭寛; 染矢祐子; 濱田彩; 佐藤敏之; 中井浩嗣; 光野重芝; 徳永幸史; 大野亜矢子; 大野豪; 今峰倫平; 川原清哉; 有薗茂樹; 磯田裕義; 角田洋平; 篠塚健; 恵荘裕嗣; 富樫かおり
        IVR, 2018年11月25日
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣; 古田 昭寛; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年10月
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣; 古田 昭寛; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年10月
      • トランスクリプトーム解析を用いた肝硬変再生結節の発癌ポテンシャルの評価(The oncogenic potential of regenerative nodules in cirrhotic liver confirmed by total transcriptome analysis)
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • B型肝炎線維化非進行例からの肝発癌とゲノム異常の特徴(Genetic features of hepatocellular carcinoma developed in non-cirrhotic liver infected with hepatitis B virus)
        荒澤 壮一; 竹田 治彦; 井口 恵里子; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 上田 佳秀; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(Oncoprime)の現況とSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年09月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年04月20日
      • 肝腫瘍生検による癌関連遺伝子変異解析におけるSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        超音波医学, 2018年04月15日
      • 肝線維化:診断・治療の基礎と臨床 慢性肝疾患における肝線維化マーカーM2BPGiと各種栄養関連マーカーの相関性
        恵荘 裕嗣; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年04月
      • 糖鎖マーカーMac‐2‐binding protein glycosylation isomer(M2BPGi)による肝疾患患者の低栄養リスク評価
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        日本内科学会雑誌, 2018年02月20日
      • Characterization of hepatocellular carcinoma based on cellular origins
        Matsumoto Tomonori; Takai Atsushi; Eso Yuji; Kinoshita Kazuo; Chiba Tsutomu; Seno Hiroshi; Marusawa Hiroyuki
        CANCER SCIENCE, 2018年01月, 査読有り
      • 慢性肝疾患における肝線維化マーカーM2BPGiと各種栄養関連マーカーの相関性
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        日本病態栄養学会誌(Web), 2018年
      • 慢性肝疾患における肝線維化マーカーM2BPGiと各種栄養関連マーカーの相関性
        恵荘裕嗣; 丸澤宏之; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2018年
      • 肝線維化マーカーM2BPGiの他マーカーとの比較および慢性肝疾患患者の低栄養リスク評価への応用
        恵荘裕嗣; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年
      • 肝硬変患者における胸腹水貯留の治療に伴う食事摂取量とQOLについての検討
        井田 めぐみ; 恵荘 裕嗣; 辻 秀美; 登 由紀子; 幣 憲一郎; 丸澤 宏之; 稲垣 暢也
        日本病態栄養学会誌, 2018年01月
      • 播種性bacillus Calmette‐Guerin(BCG)症に随伴したgranulomatous hepatitisの2例
        三嶋眞紗子; 恵荘裕嗣; 荒澤壮一; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年11月05日
      • KRAS変異解析が術前診断に貢献した同時性膵癌肝内胆管癌の一例
        恵荘裕嗣; 増井俊彦; 妹尾浩
        肝臓, 2017年11月05日
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールフォームを用いた泡状硬化療法
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 澤田賢治; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年11月05日
      • 起源細胞の違いに基づいた肝癌の腫瘍特性の同定
        松本 知訓; 高井 淳; 恵荘 裕嗣; 木下 和生; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2017年09月
      • 肝生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘裕嗣; 荒澤壮一; 中村文保; 竹田治彦; 松本知訓; 李宗南; 犬塚義; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年04月20日
      • 肝腫瘤生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 松本知訓; LEE Minami; 船越真木子; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        超音波医学, 2017年04月15日
      • Sonazoid-Enhanced Ultrasonography Guidance Improves the Quality of Pathological Diagnosis in the Biopsy of Focal Hepatic Lesions
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Ultrasound in Medicine {\&} Biology, 2017年, 査読有り
      • 急速な腫瘍の顕在化と進行にT細胞共刺激阻害薬アバタセプトの関与が推察された肝細胞癌の1例
        高橋健; 上田佳秀; 恵荘裕嗣; 李宗南; 盛田真弘; 児玉裕三; 丸澤宏之; 三森経世; 妹尾浩
        日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集, 2017年
      • EpCAM-positive hepatic stem/progenitor cells give origin to hepatocellular carcinomas
        Tomonori Matsumoto; Atsushi Takai; Yuji Eso; Tsutomu Chiba; Hiroshi Seno; Hiroyuki Marusawa
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 2016年11月, 査読有り
      • 肝炎症発癌におけるDNAミスマッチ修復遺伝子MSH2の発現低下と変異パターンの関連性
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • EpCAM陽性肝幹/前駆細胞は肝細胞癌の起源となる
        松本 知訓; 高井 淳; 恵荘 裕嗣; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • 炎症によるmicroRNA‐21発現誘導を介したゲノム不安定性と肝発癌
        恵荘裕嗣; 高井淳; 丸澤宏之
        日本消化器がん検診学会雑誌, 2016年09月15日
      • マイクロRNAと消化器疾患 炎症によるmicroRNA-21発現誘導を介したゲノム不安定性と肝発癌
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 丸澤 宏之
        日本消化器病学会雑誌, 2016年09月
      • 肝癌の病態解明を見据えた新戦略 慢性炎症からの肝癌発生の分子機構 DNAミスマッチ修復遺伝子の発現異常
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 丸澤 宏之
        日本消化器病学会雑誌, 2016年03月
      • InBodyを用いた肝性胸腹水貯留に対するトルバプタンの治療効果判定
        恵荘 裕嗣; 登 由紀子; 丸澤 宏之
        日本病態栄養学会誌, 2015年12月
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRIを参照画像としたRVSによる肝細胞癌治療の発展
        元田博子; 恵荘裕嗣; 福山宏樹; 上畠和仁; 村田充子; 鈴木加奈子; 米田智也; 上田佳秀
        超音波医学, 2013年01月15日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRIを参照画像としたRVSによる肝細胞癌治療の発展
        元田博子; 恵荘裕嗣; 福山宏樹; 上畠和仁; 村田充子; 鈴木加奈子; 米田智也; 上田佳秀; 一山智
        臨床病理, 2012年10月20日
      • 肝細胞癌診療におけるRVS(Real‐time Virtual Sonography)の有用性
        坂本梓; 木村達; 谷口敏勝; 恵荘裕嗣; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 大崎往夫
        超音波医学, 2012年04月15日
      • ボリュームデータとしての超音波診断と治療ナビゲーション 肝細胞癌診療におけるRVS(Real-time Virtual Sonography)の有用性
        坂本 梓; 木村 達; 谷口 敏勝; 恵荘 裕嗣; 齋藤 澄夫; 西川 浩樹; 喜多 竜一; 岡部 純弘; 大崎 往夫
        超音波医学, 2012年04月
      • バイオマーカー 新規PIVKA-II測定試薬"NX-PVKA-R"の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘 裕嗣; 金 秀基; 丸澤 宏之; 千葉 勉; 木村 達; 大崎 往夫
        肝臓, 2012年04月
      • 改良型PIVKA‐II測定試薬「NX‐PVKA‐R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘裕嗣; 金秀基; 丸澤宏之; 大崎往夫; 千葉勉
        日本消化器病学会雑誌, 2012年03月15日
      • 新規PIVKA-II測定試薬“NX-PVKA-R”の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘裕嗣; 金秀基; 丸澤宏之; 千葉勉; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2012年
      • 非B非C肝細胞癌の臨床的特徴~アルコール群と非アルコール群の比較~
        金秀基; 丸澤宏之; 恵荘裕嗣; 西川浩樹; 上田佳秀; 喜多竜一; 木村達; 千葉勉; 大崎往夫
        肝臓, 2011年11月05日
      • 改良型PIVKA‐II測定試薬「NX‐PVKA‐R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘裕嗣; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 金秀基; 邊見慎一郎; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 千葉勉
        肝臓, 2011年11月05日
      • 改良型PIVKA‐II測定試薬「NX‐PVKA‐R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘裕嗣; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 金秀基; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 千葉勉
        肝臓, 2011年09月10日
      • 当院の肝細胞癌治療に対するSorafenibの位置付け及び治療成績
        邉見慎一郎; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 金秀基; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年04月25日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRI肝細胞相画像を軸とした診断構築の可能性
        喜多竜一; 坂本梓; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 金坂卓; 松田史博; 石川哲郎; 恵荘裕嗣; 邊見慎一郎; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年04月25日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRI肝細胞相画像を軸とした非多血性好細胞結節に対する治療戦略
        坂本梓; 喜多竜一; 犬塚義; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 金秀基; 邊見慎一郎; 石川哲郎; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年04月25日
      • EOB‐MRI肝細胞相をリファレンスとしたRVSの肝細胞癌診療における有用性
        坂本梓; 木村達; 恵荘裕嗣; 齋藤澄夫; 岡部純弘; 喜多竜一; 大崎往夫
        超音波医学, 2011年04月15日
      • EOB-MRI肝細胞相をリファレンスとしてRVSの肝細胞癌診療における有用性
        坂本 梓; 木村 達; 恵荘 裕嗣; 齋藤 澄夫; 岡部 純弘; 喜多 竜一; 大崎 往夫
        超音波医学, 2011年04月
      • NBNC型肝細胞癌 最近の動向と予後 当院におけるNBNC型肝細胞癌の現状と特徴
        金 秀基; 犬塚 義; 竹田 治彦; 金坂 卓; 中島 潤; 松田 史博; 恵荘 裕嗣; 坂本 梓; 邉見 慎一郎; 石川 哲朗; 齋藤 澄夫; 波多野 貴昭; 西川 浩樹; 津村 剛彦; 喜多 竜一; 圓尾 隆典; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫
        肝臓, 2011年04月
      • 肝癌画像診断の進歩 Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相画像を軸とした非多血性肝細胞結節に対する治療戦略
        坂本 梓; 喜多 竜一; 犬塚 義; 竹田 治彦; 金坂 卓; 中島 潤; 松田 史博; 恵荘 裕嗣; 金 秀基; 邊見 慎一郎; 石川 哲郎; 齋藤 澄夫; 西川 浩樹; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫
        肝臓, 2011年04月
      • 維持透析中の高齢C型慢性肝炎患者に対する透析中IFN‐β投与の有用性
        恵荘裕嗣; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 邉見慎一郎; 金秀基; 石川哲朗; 波多野貴昭; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 関川昭; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 南方保
        日本消化器病学会雑誌, 2011年03月15日
      • EOB MRI肝細胞相をリファレンスとしたRVSの肝細胞癌診療における有用性,特に乏血性肝結節の描出に関して
        木村達; 大崎往夫; 岡部純弘; 喜多竜一; 西川浩樹; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 斎藤澄夫; 松田史博; 谷口敏勝
        超音波医学, 2011年03月15日
      • Sorafenibが著効した肝癌の多発肺転移症例の1例
        犬塚義; 赤穂宗一郎; 越川頼光; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 金秀基; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲郎; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2011年03月15日
      • RVSの進歩とGd‐EOB‐MRI時代における新しい臨床応用
        大崎往夫; 恵荘裕嗣; 喜多竜一; 坂本梓; 木村達; 西川浩樹
        Medix, 2011年03月10日
      • 肝細胞癌に対する経カテーテル的動脈塞栓術(TACE)施行例における分岐鎖アミノ酸製剤(リーバクト)投与の意義
        西川浩樹; 恵荘祐嗣; 坂本梓; 辺見慎一郎; 金秀基; 石川哲朗; 斎藤澄夫; 喜多竜一; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年
      • 当院におけるNBNC型肝細胞癌の現状と特徴
        金秀基; 犬塚義; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年
      • 大阪赤十字病院におけるSorafenibの使用経験
        邉見慎一郎; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 金秀基; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 齋藤澄夫; 石川哲郎; 西川浩樹; 喜多竜一; 若狭朋子; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年
      • 肝細胞癌経カテーテル的動脈塞栓術(TACE)施行例におけるBCAA製剤(リーバクト)投与の意義
        西川浩樹; 大崎往夫; 辺見慎一郎; 竹田治彦; 犬塚義; 中島潤; 金坂卓; 松田史博; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 金秀基; 石川哲朗; 斎藤澄夫; 波多野貴昭; 関川昭; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達
        日本消化器病学会雑誌, 2011年
      • 多血性胆管細胞癌についての検討
        喜多竜一; 竹田治彦; 赤穂宋一郎; 越川頼光; 犬塚義; 中島潤; 金坂卓; 松田史博; 石川哲郎; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 金秀基; 邊見慎一郎; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2011年
      • 当院におけるバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)症例の検討
        西川浩樹; 大崎往夫; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 金坂卓; 松田史博; 金秀基; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 辺見慎一郎; 石川哲朗; 斎藤澄夫; 波多野貴昭; 喜多竜一; 木村達
        肝臓, 2011年
      • 肝細胞癌破裂に対する緊急TAE症例の検討
        恵荘裕嗣; 犬塚義; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 坂本梓; 金秀基; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 西川浩樹; 関川昭; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2011年
      • 当院におけるソラフェニブの位置付けおよび使用経験
        邉見慎一郎; 竹田治彦; 犬塚義; 松田史博; 中島潤; 金坂卓; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 金秀基; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        新薬と臨床, 2010年12月10日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRI画像のDICOM dataを用いたReal‐Time Virtual Sonography併用RFAの検討
        恵荘裕嗣; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 波多野貴昭; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2010年09月15日
      • 胃ESDを前庭部ガイドライン病変から経験することの妥当性
        金坂卓; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 西川浩樹; 喜多竜一; 津村剛彦; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        Gastroenterol Endosc, 2010年09月10日
      • 肝血管筋脂肪腫の5症例~HCCとの鑑別における造影USの有用性
        竹田治彦; 木村達; 犬塚義; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 辺見慎一郎; 石川哲朗; 斎藤澄夫; 波多野貴昭; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 大崎往夫; 若狭朋子
        肝臓, 2010年09月10日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRIの肝細胞相にて低信号を呈する乏血性肝腫瘤症例の検討
        坂本梓; 喜多竜一; 恵荘裕嗣; 辺見慎一郎; 石川哲郎; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 若狭朋子; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2010年09月10日
      • HCV陽性肝癌根治後のPEG/RBV併用療法の有用性について―AFP値の変動と再発との関連を中心に―
        齋藤澄夫; 竹田治彦; 犬塚義; 金坂卓; 松田史博; 中島潤; 邉見慎一郎; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 波多野貴昭; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 大崎往夫
        肝臓, 2010年09月10日
      • 消化管粘膜下腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺生検法(EUS‐FNAB)の検討
        松田史博; 岡部純弘; 竹田治彦; 犬塚義; 中島潤; 金坂卓; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邊見慎一郎; 石川哲郎; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 津村嗣彦; 喜多竜一; 木村達; 大崎往夫; 若狭朋子
        Gastroenterol Endosc, 2010年09月10日
      • 肝癌に対するバイポーラ電極針を用いたRFAの経験
        恵荘裕嗣; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2010年09月10日
      • 胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)4例の検討
        松田史博; 岡部純弘; 中島潤; 金坂卓; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 波多野貴昭; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 津村剛彦; 園尾隆典; 大崎往夫; 若狭朋子
        胆道, 2010年08月31日
      • C型慢性肝炎に対するRBV併用IFN療法による肝発癌抑制の検討―AFPは肝発癌抑制のsurrogateマーカーとなり得るか―
        中島潤; 竹田治彦; 犬塚義; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 邉見慎一郎; 石川哲郎; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 津村剛彦; 圓尾隆典; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2010年04月30日
      • 肝癌に対するRVS併用RFAにおけるマーキング機能の有効性についての検討
        恵荘裕嗣; 犬塚義; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲朗; 波多野貴昭; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2010年04月30日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRIの肝細胞相にて高~等信号を呈する肝腫瘤症例の検討
        喜多竜一; 坂本梓; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 金坂卓; 松田史博; 石川哲郎; 恵荘裕嗣; 邊見慎一郎; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2010年04月30日
      • 当院における直近10年間の劇症肝炎症例23例の検討
        犬塚義; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲郎; 川上尚人; 斎藤澄夫; 波多野貴昭; 松尾裕央; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 橋本まち子
        肝臓, 2010年04月30日
      • Gd‐EOB‐DTPA造影MRIの肝細胞相にて低信号を呈する乏血性肝腫瘤症例の検討
        坂本梓; 喜多竜一; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 金坂卓; 松田史博; 恵荘裕嗣; 邊見慎一郎; 石川哲郎; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2010年04月30日
      • 当院における肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA)10年間の治療成績
        木村達; 大崎往夫; 喜多竜一; 西川浩樹; 斎藤澄夫; 松尾裕央; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 中島潤; 松田史博; 邉見慎一郎; 竹田治彦; 犬塚義; 川上尚人; 石川哲朗; 波多野貴昭; 岡部純弘
        肝臓, 2010年04月30日
      • B型慢性肝疾患の初回肝癌根治後症例に対する核酸アナログ投与の有無と全生存期間・無再発期間・無再発生存率についての検討
        犬塚義; 大崎往夫; 竹田治彦; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邉見慎一郎; 石川哲郎; 川上尚人; 斎藤澄夫; 波多野貴昭; 松尾裕央; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達
        肝臓, 2010年04月30日
      • 肝細胞癌RFAにおけるSonazoid造影超音波及びMRVS併用の有用性
        恵荘裕嗣; 坂本梓; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        超音波医学, 2010年04月15日
      • 肝癌に対するRVS併用RFAにおけるマーキング機能の有効性についての検討
        恵荘裕嗣; 坂本梓; 石川哲朗; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        超音波医学, 2010年04月15日
      • インジゴカルミン撒布で認識できず拡大内視鏡観察で発見し得たESD後早期胃癌2症例
        金坂卓; 犬塚義; 竹田治彦; 中島潤; 松田史博; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邊見慎一郎; 石川哲朗; 川上尚人; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 松尾裕央; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 圓尾隆典; 大崎往夫; 若狭朋子
        Gastroenterol Endosc, 2010年04月10日
      • 悪性十二指腸狭窄に対するステント留置術に関する検討
        中島潤; 犬塚義; 竹田治彦; 松田史博; 金坂卓; 石川哲郎; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 邉見慎一郎; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 木村達; 津村剛彦; 圓尾隆典; 岡部純弘; 大崎往夫
        Gastroenterol Endosc, 2010年04月10日
      • 当科における胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)3例の検討
        松田史博; 岡部純弘; 中島潤; 金坂卓; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 邊見慎一郎; 石川哲郎; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 木村達; 大崎往夫; 若狭朋子
        Gastroenterol Endosc, 2010年04月10日
      • 肝画像診断におけるEOB MRIの有用性と課題 Gd-EOB-DTPA造影MRIの肝細胞相にて高〜等信号を呈する肝腫瘤症例の検討
        喜多 竜一; 坂本 梓; 犬塚 義; 竹田 治彦; 中島 潤; 金坂 卓; 松田 史博; 石川 哲郎; 恵荘 裕嗣; 邊見 慎一郎; 松尾 裕央; 斎藤 澄夫; 西川 浩樹; 木村 達; 大崎 往夫
        肝臓, 2010年04月
      • 消化器疾患におけるInterventional Sonography 肝細胞癌RFAにおけるSonazoid造影超音波及びMRVS併用の有用性
        恵荘 裕嗣; 坂本 梓; 石川 哲朗; 齋藤 澄夫; 西川 浩樹; 喜多 竜一; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫
        超音波医学, 2010年04月
      • 当院におけるsorafenibの使用経験.その現状と問題点
        邉見慎一郎; 大崎往夫; 木村達; 岡部純弘; 圓尾隆典; 喜多竜一; 津村剛彦; 西川浩樹; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 波多野貴昭; 川上尚人; 石川哲朗; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 中嶋潤; 松田史博; 金坂卓; 犬塚義; 竹田治彦
        日本消化器病学会雑誌, 2010年03月15日
      • ゲムシタビンによる薬剤性肺障害が疑われた膵胆道癌の9例
        津村剛彦; 松尾裕央; 圓尾隆典; 川上尚人; 波多野貴昭; 坂本梓; 邉見慎一郎; 恵荘裕嗣; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 網谷良一; 大崎往夫
        日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集, 2010年
      • 肝臓原発と思われるOsteosarcomaの一例
        邉見慎一郎; 若狭朋子; 竹田治彦; 犬塚義; 松田史博; 金坂卓; 中島潤; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 川上尚人; 斎藤澄夫; 波多野貴昭; 松尾裕央; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2009年11月05日
      • 病理組織により血行動態を裏付けできた中間型肝癌の1例
        坂本梓; 喜多竜一; 竹田治彦; 犬塚義; 金坂卓; 松田史博; 中島潤; 邊見慎一郎; 恵荘裕嗣; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 中島収
        肝臓, 2009年11月05日
      • Sonazoid造影USの門脈優位相で染影像を呈した高分化肝細胞癌の一例
        齋藤澄夫; 喜多竜一; 竹田治彦; 犬塚義; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 坂本梓; 邊見慎一郎; 恵荘裕嗣; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 西川浩樹; 津村剛彦; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 若狭朋子
        肝臓, 2009年11月05日
      • 肝細胞癌に対するRFAに際してSonazoid造影が有用でなかった症例の検討
        恵荘裕嗣; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2009年11月05日
      • ウイルス肝炎診療の基本 劇症肝炎をみたら
        恵荘裕嗣
        臨床研修プラクティス, 2009年10月10日
      • 肝細胞癌に対するRFAに際してSonazoid造影が有用でなかった症例の検討
        恵荘 裕嗣; 中島 潤; 松田 史博; 金坂 卓; 坂本 梓; 松尾 裕央; 齋藤 澄夫; 西川 浩樹; 喜多 竜一; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫
        肝臓, 2009年10月
      • Sonazoid造影USの門脈優位相で染影像を呈した高分化肝細胞癌の一例
        齋藤 澄夫; 喜多 竜一; 竹田 治彦; 犬塚 義; 金坂 卓; 中島 潤; 松田 史博; 坂本 梓; 邊見 慎一郎; 恵荘 裕嗣; 川上 尚人; 波多野 貴昭; 松尾 裕央; 西川 浩樹; 津村 剛彦; 圓尾 隆典; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫; 若狭 朋子
        肝臓, 2009年10月
      • 病理組織により血行動態を裏付けできた中間型肝癌の1例
        坂本 梓; 喜多 竜一; 竹田 治彦; 犬塚 義; 金坂 卓; 松田 史博; 中島 潤; 邊見 慎一郎; 恵荘 裕嗣; 松尾 裕央; 齋藤 澄夫; 西川 浩樹; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫; 中島 収
        肝臓, 2009年10月
      • 肝臓原発と思われるOsteosarcomaの一例
        邉見 慎一郎; 若狭 朋子; 竹田 治彦; 犬塚 義; 松田 史博; 金坂 卓; 中島 潤; 坂本 梓; 恵荘 裕嗣; 川上 尚人; 斎藤 澄夫; 波多野 貴昭; 松尾 裕央; 西川 浩樹; 喜多 竜一; 岡部 純弘; 木村 達; 大崎 往夫
        肝臓, 2009年10月
      • S‐1+CDDPが有効であった膵原発が疑われる腹腔内腫瘍多発肝転移の1例
        川上尚人; 松田史博; 金坂卓; 中島潤; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 波多野貴昭; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2009年09月15日
      • ソナゾイド造影超音波検査による肝癌TACE治療効果判定に関する検討
        坂本梓; 池田敦之; 恵荘裕嗣; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 津村剛彦; 圓尾隆典; 岡部純弘; 喜多竜一; 木村達; 若狭朋子; 大崎往夫
        肝臓, 2009年09月10日
      • 胃ESD後潰瘍からの後出血は予防できるか
        圓尾隆典; 金坂卓; 波多野貴昭; 津村剛彦; 大崎往夫; 松田史博; 中島潤; 川上尚人; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 岡部純弘; 木村達
        Gastroenterol Endosc, 2009年09月10日
      • Collagenous colitis7例の検討―縦走潰瘍はcollagenous colitisの特徴か―
        齋藤澄夫; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 南晶洋; 川上尚人; 松尾裕夫; 波多野貴昭; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 若狭朋子
        Gastroenterol Endosc, 2009年09月10日
      • 肝癌治療前後における腫瘍マーカーの変化およびRFA後治療効果判定との関連性の検討
        恵荘裕嗣; 中島潤; 松田史博; 金坂卓; 坂本梓; 川上尚人; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2009年09月10日
      • ソナゾイド造影超音波検査による肝癌TACE後の治療効果判定に関する検討
        坂本 梓; 池田 敦之; 恵荘 裕嗣; 松尾 裕央; 齋藤 澄夫; 西川 浩樹; 津村 剛彦; 圓尾 隆典; 岡部 純弘; 喜多 竜一; 木村 達; 若狭 朋子; 大崎 往夫
        肝臓, 2009年09月
      • 1115: Utility of Sonazoid-Enhanced Ultrasonography and Real-Time Virtual Sonography in the Treatment of Hepatocellular Carcinoma
        Yuji Eso; Azusa Sakamoto; Atsuyuki Ikeda; Hiroki Nishikawa; Ryuichi Kita; Sumihiro Okabe; Tohru Kimura; Yukio Osaki
        Ultrasound in Medicine {\&} Biology, 2009年08月, 査読有り
      • 1130: Assessment of Therapeutic Effects of Interventional Radiology on Hepatocellular Carcinoma with Sonazoid-Enhanced Ultrasound
        Azusa Sakamoto; Yuji Eso; Atsuyuki Ikeda; Hiroki Nishikawa; Yoshihiro Okabe; Ryuichi Kita; Toru Kimura; Yukio Osaki
        Ultrasound in Medicine {\&} Biology, 2009年08月, 査読有り
      • 肝細胞癌根治後のC型慢性肝疾患に対するPEG‐IFNα2b/Ribavirin併用療法の有用性に関する検討
        齋藤澄夫; 木村達; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 南晶洋; 永田嘉昭; 山中伸一; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 岡部純弘; 圓尾隆典; 大崎往夫
        肝臓, 2009年04月30日
      • 腫瘍流出血流域の厚みからみたRFA施行時に必要なablative marginの検討
        喜多竜一; 坂本梓; 永田嘉昭; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 南晶洋; 恵荘裕嗣; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2009年04月30日
      • C型慢性肝炎に対するRibavirin併用IFN療法による肝発癌率の検討―SBRは肝発癌を抑制するか―
        中島潤; 池田敦之; 金坂卓; 松田史博; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2009年04月30日
      • ソナゾイド造影超音波検査によるIVR後肝癌の壊死効果判定に関する検討
        坂本梓; 池田敦之; 谷口敏勝; 恵荘裕嗣; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        超音波医学, 2009年04月15日
      • 肝細胞癌に対するRFAに際してSonazoid造影が有用でなかった症例の検討
        恵荘裕嗣; 坂本梓; 齋藤澄夫; 池田敦之; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        超音波医学, 2009年04月15日
      • RFA後に生じた感染性bilomaに対してEUS下経胃的穿刺ドレナージ術を施行した一例
        恵荘裕嗣; 中島潤; 岡部純弘; 津村剛彦; 大崎往夫
        Gastroenterol Endosc, 2009年04月15日
      • 悪性消化管閉塞に対するオクトレオチドの使用状況と問題点
        圓尾隆典; 津村剛彦; 波多野貴昭; 松田史博; 中島潤; 金坂卓; 南晶洋; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 川上尚人; 永田嘉昭; 中辻正人; 池田敦之; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2009年03月20日
      • 小腸がん術後再発が疑われたCrohn病患者の止血困難な下血に対しInfliximabを投与し急激ながんの増悪を認めた1例
        川上尚人; 金坂卓; 中島潤; 松田史博; 永田嘉昭; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 南晶洋; 波多野貴昭; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純広; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2009年03月20日
      • 【症例からみた「消化器病」の診断と治療の進め方】 肝臓疾患 肝不全が進行し生体肝移植に至った肝細胞癌合併B型肝硬変
        木村 達; 恵荘 裕嗣; 大崎 往夫
        月刊レジデント, 2008年12月
      • IVRにおけるFPD(Flat Panel Detecter)を用いたCLI(Low Contrast Imaging)の有用性
        山中 伸一; 坂本 梓; 恵荘 裕嗣; 永田 嘉昭; 川上 尚人; 松村 真生子; 波多野 貴昭; 西島 規浩; 松尾 裕央; 斎藤 澄夫; 中辻 正人; 池田 敦之; 西川 浩樹; 津村 剛彦; 岡部 純弘; 岡田 光正; 芦田 信示; 圓尾 隆典; 喜多 竜一; 木村 達; 大崎 往夫
        IVR: Interventional Radiology, 2008年10月
      • IVRにおけるFPD(Flat Panel Detecter)を用いたLCI(Low Contrast Imaging)の有用性
        山中伸一; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 川上尚人; 松村真生子; 波多野貴昭; 西島規浩; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 岡部純弘; 岡田光正; 芦田信示; 圓尾隆典; 喜多竜一; 木村達; 大崎往夫
        IVR, 2008年10月01日
      • ゲムシタビン治療中に肺障害を発症した膵胆道癌の4症例
        津村剛彦; 松尾裕央; 圓尾隆典; 川上尚人; 波多野貴昭; 齋藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 坂本梓; 永田嘉昭; 恵荘裕嗣; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2008年09月15日
      • 胃静脈瘤破裂に対する3D‐DSAの検討
        山中伸一; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 塩崎俊城; 津村剛彦; 圓尾隆典; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2008年09月15日
      • 血清hTERT mRNA発現量測定の肝癌患者における臨床的有用性についての検討
        恵荘裕嗣; 坂本梓; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 波多野貴昭; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 汐田剛史
        肝臓, 2008年09月05日
      • 胃癌に対する粘膜下層剥離術(ESD)の現況と問題点
        圓尾隆典; 波多野貴昭; 津村剛彦; 松田史博; 中島潤; 金坂卓; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 永田嘉昭; 南晶洋; 川上尚人; 山中伸一; 中辻正人; 西川浩樹; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 大崎往夫
        日赤医学, 2008年09月01日
      • C型慢性肝炎に対するPEG‐IFNα2b+Ribavirin併用療法におけるSVR・SBRに寄与する因子の検討
        池田敦之; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 山中伸一; 川上尚人; 波多野貴昭; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 西島規浩; 中辻正人; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2008年04月30日
      • 経鼻内視鏡による直視胆道鏡下に砕石できた総胆管大結石の一例
        坂本梓; 圓尾隆典; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 齋藤澄夫; 西島規浩; 波多野貴昭; 松尾裕央; 池田敦之; 中辻正人; 西川浩樹; 津村剛彦; 岡部純弘; 喜多竜一; 木村達; 大崎往夫
        Gastroenterol Endosc, 2008年04月15日
      • RFA施行時におけるMulti‐phase Real‐time Virtual Sonographyの有用性
        西島規浩; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 松村真生子; 波多野貴昭; 斉藤澄夫; 松尾裕央; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 圓尾隆典; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        日本消化器病学会雑誌, 2008年03月20日
      • 肝細胞癌に対する血管内治療における,FPDを用いたLCI(Cone‐Beam CT)の有用性並びに今後についての検討
        山中伸一; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 川上尚人; 波多野貴昭; 西島規浩; 松尾裕央; 齋藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 岡部純弘; 岡田光正; 芦田信示; 喜多竜一; 圓尾隆典; 木村達; 大崎征夫
        日本消化器病学会雑誌, 2008年03月20日
      • EMR後再発胃癌のESD後に肝被膜下膿瘍を発症した1例
        圓尾隆典; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 波多野貴昭; 西島規浩; 松尾裕央; 斉藤澄夫; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 津村剛彦; 喜多竜一; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫; 辻賢太郎
        日本消化器病学会雑誌, 2008年03月20日
      • 当院における非B非C型肝細胞癌の検討
        木村達; 大崎往夫; 喜多竜一; 西川浩樹; 池田敦之; 岡部純弘; 中辻正人; 齋藤澄夫; 西島規浩; 波多野貴昭; 松尾裕央; 川上尚人; 山中伸一; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 永田嘉昭
        新薬と臨床, 2007年11月10日
      • 肝細胞癌におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性
        池田敦之; 木村達; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 山中伸一; 川上尚人; 斉藤澄夫; 西島規浩; 松尾裕央; 波多野貴昭; 中辻正人; 西川浩樹; 喜多竜一; 岡部純弘; 大崎往夫
        肝臓, 2007年11月05日
      • 腫瘤血洞から直接類洞に流出する血行路とコロナ様濃染の出現についての考察
        喜多竜一; 西島規浩; 中辻正人; 恵荘裕嗣; 坂本梓; 山中伸一; 永田嘉昭; 川上尚人; 松尾裕央; 斎藤澄夫; 池田敦之; 西川浩樹; 木村達; 大崎往夫; 中島収
        肝臓, 2007年11月05日
      • 血行動態の異なる大型結節が混在し,その経過を長期観察しえた肝細胞癌の1症例
        齋藤澄夫; 喜多竜一; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 西島規浩; 松尾裕央; 波多野貴昭; 中辻正人; 池田敦之; 西川浩樹; 岡部純弘; 木村達; 大崎往夫
        肝臓, 2007年11月05日
      • 慢性B型肝障害に対するLamivudine長期投与によりHBs Agが陰性化した三例
        松尾裕央; 大崎往夫; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 永田嘉昭; 川上尚人; 山中伸一; 波多野貴昭; 齋藤澄夫; 西島規浩; 池田敦之; 中辻正人; 西川浩樹; 喜多竜一; 木村達
        肝臓, 2007年11月05日
      • SASPによる薬剤誘発性ループスが疑われたSLEの1症例
        竹内孝男; 岸史; 恵荘裕嗣; 増田憲彦
        日本臨床免疫学会会誌, 2004年08月31日
      • SASPによる薬剤誘発性ループスが疑われたSLEの1症例
        竹内 孝男; 岸 史; 惠莊 裕嗣; 増田 憲彦
        日本臨床免疫学会総会抄録集, 2004年

      講演・口頭発表等

      • Lenvatinib+TACE逐次療法により病勢制御を試みた当院での経験
        恵荘裕嗣
        免疫療法時代におけるTKIを考える会, 2022年07月22日, 招待有り
      • 肝細胞癌に対する複合免疫療法のRationaleと奏効予測因子
        恵荘裕嗣
        京都肝臓サミット, 2022年06月04日, 招待有り
      • 好中球リンパ球比(NLR)を活用した切除不能肝細胞癌治療戦略の最適化
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第58回日本肝臓学会, 2022年06月03日
      • Sonazoid造影超音波を用いた簡便で汎用性の高い腫瘍血流定量評価法の提唱
        恵荘裕嗣; 中野重治; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本超音波医学会第95回学術集会, 2022年05月20日, 招待有り
      • 肝腫瘍生検の今日的意義と質の高い組織採取のための工夫
        恵荘裕嗣
        第58回日本肝癌研究会, 2022年05月12日, 招待有り
      • 非代償性肝硬変に伴う治療抵抗性皮膚掻痒症に対するナローバンドUVB療法
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第108回日本消化器病学会総会, 2022年04月22日
      • Atezolizumab+Bevacizumab奏効予測因子としての好中球リンパ球比(NLR)を活用した肝癌治療戦略の最適化
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第108回日本消化器病学会総会, 2022年04月22日
      • Atezolizumab+Bevacizumab奏効予測因子としての好中球リンパ球比(NLR)の有用性
        恵荘 裕嗣; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        第25回日本肝がん分子標的治療研究会, 2022年01月08日
      • 肝細胞癌に対する複合免疫療法のRationaleと奏効予測因子
        恵荘裕嗣
        Gilead Liver Future Forum, 2021年12月16日, 招待有り
      • 分子標的治療既往およびEtiologyに着目したAtezolizumab+Bevacizumab療法の治療成績
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第44回日本肝臓学会西部会, 2021年12月09日
      • 肝硬変に伴う治療抵抗性皮膚掻痒症に対するナローバンドUVB療法
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        第44回日本肝臓学会西部会, 2021年12月09日
      • 肝硬変に伴う難治性皮膚掻痒症に対するナローバンドUVB療法
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        第25回日本肝臓学会大会(JDDW2021), 2021年11月05日
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の治療成績と既存治療とのCombination
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        第25回日本肝臓学会大会(JDDW2021), 2021年11月04日
      • 肝細胞癌におけるAtezolizumab+Bevacizumab療法の併用意義を考える
        恵荘 裕嗣
        第59回日本癌治療学会学術集会 学術セミナー34, 2021年10月23日, 招待有り
      • 有症状巨大肝嚢胞に対する超音波ガイド下ポリドカノール注入療法の長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本超音波医学会第48回関西地方会学術集会, 2021年10月16日
      • 肝予備能維持を考慮した肝細胞癌治療戦略~Non-viral HCCに対するICIの是非も含めて~
        恵荘 裕嗣
        Meet the Expert on Hepatocellular Carcinoma, 2021年10月14日, 招待有り
      • レンバチニブの効果を引き出す最適解〜Non-viral HCCに対するICIの是非も含めて〜
        恵荘 裕嗣
        第2回 4大学若手Lenvatinib勉強会 in 四国, 2021年09月09日, 招待有り
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の初期治療成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第24回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年08月28日
      • Atezolizumab+Bevacizumab奏効後根治的にTACEを追加した一例
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第24回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年08月28日
      • Lenvatinib忍容性/治療経過予測による肝癌薬物治療選択の最適化
        恵荘 裕嗣
        第57回日本肝癌研究会, 2021年07月22日
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の治療成績と既存治療とのコンビネーション
        恵荘 裕嗣
        第57回日本肝癌研究会, 2021年07月22日
      • 肝硬変・肝線維化の非侵襲的診断Update
        恵荘 裕嗣
        肝硬変 Update Seminar in 京滋, 2021年06月25日, 招待有り
      • Non-viral HCCに免疫チェックポイント阻害剤は奏効しにくいのか?
        恵荘 裕嗣
        東福寺-深草エキスパートカンファレンス on Hepatocellular Carcinoma, 2021年06月24日, 招待有り
      • 有症状肝囊胞に対するポリドカノールを用いた穿刺吸引硬化療法の長期成績
        恵荘裕嗣, 中野重治, 井口恵里子, 竹田治彦, 高井淳, 高橋健, 妹尾浩
        第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月18日
      • 肝硬変に伴う皮膚掻痒症に対するナローバンドUVB療法の初期経験
        恵荘裕嗣; 中野重治; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月18日
      • Lenvatinib治療経過バイオマーカーとしてのMac-2 binding glycosylation isomer
        恵荘裕嗣; 中野重治; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日
      • 特別企画4 第1部 建石道場 臨床研究ことはじめ
        恵荘 裕嗣
        第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日, 招待有り
      • 肝線維化診断・腹水治療Update~肝硬変診療ガイドライン2020を踏まえて~
        恵荘 裕嗣
        第69回日本輸血・細胞治療学会学術総会, 2021年06月05日, 招待有り
      • ポリドカノールフォームを用いた超音波ガイド下肝嚢胞硬化療法の長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本超音波医学会第94回学術集会 口演 消化器「肝/治療」, 2021年05月22日
      • 肝予備能評価およびLenvatinib治療経過予測におけるM2BPGiの有用性
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第107回日本消化器病学会総会 パネルディスカッション6 肝予備能の評価法: 検体検査と画像検査, 2021年04月17日
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第107回日本消化器病学会総会 一般演題(口演), 2021年04月15日
      • 肝がん薬物療法の新展開と当院における治療成績
        恵荘 裕嗣
        京都消化器医会 定例学術講演会, 2021年04月10日, 招待有り
      • 腹水治療UpToDate ~サムスカ使用実態からの考察~
        恵荘 裕嗣
        Otsuka Web Seminar ~肝硬変診療ガイドライン2020を踏まえ~, 2021年03月25日, 招待有り
      • 治療前M2BPGi値によるLenvatinib治療適否予測
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会近畿支部第114回例会 ワークショップ1 「肝細胞癌診療の最前線」, 2021年02月27日
      • Lenvatinib治療効果予測におけるM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣、中野 重治、三嶋 眞紗⼦、荒澤 壮一、井⼝ 恵⾥⼦、⽵⽥ 治彦、⾼井 淳、⾼橋 健、妹尾 浩
        第23回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年01月23日
      • 肝細胞癌における分子標的治療のTopics
        恵荘 裕嗣
        第17回京都胆道カンファレンス, 2021年01月21日, 招待有り
      • 肝臓内科におけるソナゾイド造影超音波の積極的活用
        恵荘 裕嗣
        肝臓内科・外科における造影超音波の有効な活用法(Webセミナー), 2021年01月14日, 招待有り
      • 高齢者に対する肝癌Lenvatinib治療におけるDose intensity維持の介入可能要件
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第56回日本肝癌研究会, 2020年12月23日
      • HCCにおける分子標的治療のTopics
        恵荘 裕嗣
        HCC Web Meeting, 2020年12月18日, 招待有り
      • Intermediate-stage HCC治療の最適化戦略
        恵荘 裕嗣
        消化器内科医のための HCC Up-date Webカンファレンス, 2020年12月10日, 招待有り
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本超音波医学会第93回学術集会, 2020年12月01日
      • Lenvatinib治療のDose intensity維持における治療前栄養介入の意義
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第22回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年11月14日
      • Treatment strategy for unresectable hepatocellular carcinoma with a focus on maintaining hepatic reserve
        Yuji Eso
        The 4th Joint Session between JDDW-KDDW-TDDW “Changing Paradigm in Treatment Strategy for HCC: 2020 Update”, 2020年11月05日, 招待有り
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        JDDW2020(第24回日本肝臓学会大会), 2020年11月05日
      • 切除不能肝癌治療の最適化戦略
        恵荘裕嗣
        第三回神戸消化器懇話会, 2020年10月08日, 招待有り
      • C型慢性肝疾患の肝予備能指標としての M2BPGiの意義
        恵荘裕嗣
        関西肝疾患カンファレンス, 2020年09月19日, 招待有り
      • 当院におけるTACE不適症例の治療戦略
        恵荘裕嗣
        HCC Expert Meeting, 2020年09月16日, 招待有り
      • TACE不適症例におけるLenvatinib治療戦略
        恵荘裕嗣
        HCC Up-date Web Seminar in 京都, 2020年09月03日, 招待有り
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波検査を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘裕嗣; 中野重治; 井口恵里子; 荒澤壮一; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第56回日本肝臓学会総会, 2020年08月28日
      • Dose intensity/BSA ratio(DBR)によるLenvatinib治療強度評価とその活用
        恵荘裕嗣; 中野重治; 井口恵里子; 荒澤壮一; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第56回日本肝臓学会総会, 2020年08月28日
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第106回日本消化器病学会総会, 2020年08月13日
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第106回日本消化器病学会総会, 2020年08月13日
      • Lenvatinib治療における造影超音波の役割
        恵荘裕嗣
        エコー医の集い, 2020年01月30日, 招待有り
      • 肝細胞癌に対する分子標的薬LenvatinibのRelative Dose Intensityに着目した栄養管理の重要性
        恵荘裕嗣; 中村文保; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年01月24日
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(DBR; DI/BSA ratio)の有用性
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年01月11日
      • 体表面積補正Dose intensity(DBR; DI/BSA ratio)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年01月11日
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月13日
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月13日
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日
      • 造影超音波による肝細胞癌に対する分子標的薬Lenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        JDDW2019(第61回日本消化器病学会大会), 2019年11月22日
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        JDDW2019(第23回日本肝臓学会大会), 2019年11月22日
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本超音波医学会第46回関西地方会学術集会, 2019年10月26日
      • 肝臓領域における造影超音波の積極的活用〜診断・治療・がんゲノム医療〜
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第46回関西地方会学術集会 第23回関西地方会講習会, 2019年10月26日, 招待有り
      • 当院におけるレンバチニブの適応判断と肝癌診療の現況
        恵荘 裕嗣
        第2回 肝がん治療セミナー, 2019年10月24日, 招待有り
      • セッション2 肝線維化、肝癌の病理
        恵荘 裕嗣
        School of Hepatology in Ehime, 2019年09月28日, 招待有り
      • Utility of Sonazoid-enhanced ultrasound-guided liver tumor biopsy for next-generation sequencing-based clinical sequencing
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroshi Seno
        WFUMB 2019 (The 17th World Congress of Ultrasound in Medicine and Biology Congress), 2019年09月07日, Australian Society for Ultrasound and Medicine
      • Sonazoid-enhanced ultrasound for predicting therapeutic effect of lenvatinib against hepatocellular carcinoma
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroshi Seno
        WFUMB 2019 (The 17th World Congress of Ultrasound in Medicine and Biology Congress), 2019年09月06日, Australian Society for Ultrasound and Medicine
      • 当院におけるintermediate HCC治療の実際
        恵荘 裕嗣
        Sys-Loco therapyを考えるin関西, 2019年09月03日, 招待有り
      • 症例ディスカッション
        恵荘 裕嗣
        LENVIMA Meet The Expert~次世代TKI時代の治療を考えるin京都~, 2019年08月08日, 招待有り
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        第19回関西肝血流・動態イメージ研究会, 2019年07月06日
      • TACE後のChild-Pugh grade悪化予測に基づいた分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        第55回日本肝癌研究会, 2019年07月05日
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        第55回日本肝癌研究会, 2019年07月04日
      • Intermediate-stage HCCに対するTACE後のChild-Pugh grade悪化予測
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        第20回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年06月29日
      • Sonazoid造影超音波によるLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        第20回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年06月29日
      • 当院におけるLenvatinibの適応判断と治療の現況
        恵荘 裕嗣
        Lenvatinib Meet The Expert in Kyoto, 2019年06月22日, 招待有り
      • 肝性腹水貯留に対する利尿剤とアルブミン製剤の活用
        恵荘 裕嗣
        日本血液製剤機構勉強会, 2019年06月17日, 招待有り
      • がんゲノム医療における肝生検の役割
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月31日
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的薬の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月30日
      • Sonazoid造影超音波による肝細胞癌に対するLenvatinibの早期治療効果予測の試み
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第92回学術総会, 2019年05月25日
      • 肝癌TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月10日
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシークエンスの現況とSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 上田佳秀; 妹尾浩
        第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日
      • がんゲノム医療における肝腫瘍生検の意義
        恵荘 裕嗣
        第116回日本内科学会総会・講演会, 2019年04月28日
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘 裕嗣
        第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年01月26日
      • がんゲノム医療における肝生検の役割と現況
        恵荘 裕嗣
        第15回京都胆道カンファレンス, 2019年01月24日, 招待有り
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化予測
        恵荘 裕嗣
        第22回日本病態栄養学会年次学術集会, 2019年01月11日
      • Utility of Sonazoid-enhanced ultrasound for liver tumor biopsy and RFA
        Yuji Eso
        Sonazoid Visit Meeting, 2018年11月15日, Samsung Medical Center, 招待有り
      • OS延長を目指した肝癌治療を考える~TACE・TKIを中心に~
        恵荘 裕嗣
        LENVIMA Meet The Expert~TACEを再考する in 京都~, 2018年11月09日, 招待有り
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(Oncoprime)の現況とSonazoid造影の役割
        恵荘 裕嗣
        JDDW2018(第22回日本肝臓学会大会), 2018年11月01日
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣
        JDDW2018(第60回日本消化器病学会大会), 2018年11月01日
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(癌関連遺伝子変異解析)の現況とソナゾイド造影の役割
        恵荘 裕嗣
        造影剤と放射線シンポジウム2018, 2018年10月17日, 招待有り
      • 慢性肝疾患・肝細胞癌患者の低栄養リスクマネジメントにおけるM2BPGi測定の有用性
        恵荘 裕嗣
        第109回日本消化器病学会近畿支部例会, 2018年09月29日
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(癌関連遺伝子変異解析)の現況とSonazoid造影の役割
        恵荘 裕嗣
        第65回大阪肝穿刺生検治療研究会, 2018年07月27日
      • Intermediate-stage HCC治療におけるレンバチニブ至適症例の選択
        恵荘 裕嗣
        MR実践研修, 2018年07月20日, 招待有り
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(Oncoprime)の現況
        恵荘 裕嗣
        第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日
      • 肝線維化マーカーM2BPGiの従来マーカーとの比較および慢性肝疾患患者の低栄養リスク評価への応用
        恵荘 裕嗣
        第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月15日, 日本肝臓学会
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣
        第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月14日
      • 肝腫瘍生検による癌関連遺伝子変異解析におけるSonazoid造影の役割
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第91回学術総会, 2018年06月10日
      • Next-generation sequencing-based clinical sequencing of hepatic tumors by sonazoid-enhanced ultrasound-guided biopsy
        恵荘 裕嗣
        AFSUMB 2018 (The 13th Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology), 2018年05月23日, AFSUMB
      • Next-generation sequencing-based clinical sequencing of hepatic tumors by sonazoid-enhanced ultrasound-guided biopsy
        恵荘 裕嗣
        APASL (The Asian Pacific Association for the Study of the Liver) Single Topic Conference 2018, 2018年05月11日, APASL
      • 慢性肝疾患における肝線維化マーカーM2BPGiと各種栄養関連マーカーの相関性
        恵荘 裕嗣
        第104回日本消化器病学会総会, 2018年04月19日
      • 糖鎖マーカーMac-2-binding protein glycosylation isomer(M2BPGi)による慢性肝疾患患者の低栄養リスク評価
        恵荘 裕嗣
        第115回日本内科学会総会・講演会, 2018年04月15日
      • 肝腫瘍生検による癌関連遺伝子変異解析におけるSonazoid造影の役割
        恵荘 裕嗣
        第31回日本造影エコー・ドプラ診断研究会, 2018年03月31日
      • 転移性肝腫瘍の生検診断における適応とその工夫
        恵荘 裕嗣
        再生検について考える会(第1回), 2018年01月18日, 招待有り
      • 慢性肝疾患における肝線維化マーカーM2BPGiと各種栄養関連マーカーの相関性
        恵荘 裕嗣
        第21回日本病態栄養学会年次学術集会, 2018年01月12日
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールフォームを用いた泡状硬化療法
        恵荘 裕嗣
        第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月30日
      • KRAS変異解析が術前診断に貢献した同時性膵癌肝内胆管癌の一例
        恵荘 裕嗣
        第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月30日
      • 頭骨転移を来した細胆管細胞癌の1例
        恵荘 裕嗣
        第64回大阪肝穿刺生検治療研究会, 2017年10月27日
      • Sonazoid-Enhanced Ultrasonography Guidance Improves the Quality of Pathological Diagnosis in the Biopsy of Focal Hepatic Lesions
        恵荘 裕嗣
        WFUMB 2017 (The 16th World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology Congress in 2017), 2017年10月14日
      • 症例
        恵荘 裕嗣
        第53回日本肝癌研究会, 2017年07月06日
      • 肝生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘 裕嗣
        第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月08日
      • 肝腫瘤生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第90回学術総会, 2017年05月27日
      • 慢性肝炎におけるDNAミスマッチ修復異常と肝発癌
        恵荘 裕嗣
        Kansai Liver Club 2017, 2017年04月01日
      • 炎症によるmicroRNA-21発現誘導を介したゲノム不安定性と肝発癌
        恵荘 裕嗣
        JDDW2016(第58回日本消化器病学会大会), 2016年11月03日
      • 肝生検におけるSonazoid造影の積極的な併用は病理診断の精度向上に繋がる
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第43回関西地方会学術総会, 2016年10月29日
      • Inflammation-mediated MSH2 downregulation enhances genetic susceptibility to mutagenesis during hepatocarcinogenesis
        恵荘 裕嗣
        第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 日本癌学会
      • InBodyを用いた肝性胸腹水貯留に対するトルバプタンの治療効果判定
        恵荘 裕嗣
        第52回日本肝癌研究会, 2016年07月02日
      • 慢性炎症からの肝癌発生の分子機構~DNAミスマッチ修復遺伝子の発現異常~
        恵荘 裕嗣
        第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月23日
      • InBodyを用いた肝性胸腹水貯留に対するトルバプタンの治療効果判定
        恵荘 裕嗣
        第19回日本病態栄養学会年次学術集会, 2016年01月09日
      • An improved assay of des-gamma-carboxyl prothrombin with a high degree of specificity in diagnosis of hepatocellular carcinoma
        恵荘 裕嗣
        ILCA (International Liver Cancer Association) 2012, 2012年09月15日
      • 新規PIVKA-II測定試薬「NX-PVKA-R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘 裕嗣
        第48回日本肝臓学会総会, 2012年06月07日
      • 新規PIVKA-II測定試薬「NX-PVKA-R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘 裕嗣
        第98回日本消化器病学会総会, 2012年04月20日
      • 肝細胞癌に対する肝動注化学塞栓療法 (TACE) におけるBCAA製剤投与の有用性
        恵荘 裕嗣
        第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年01月14日
      • NSTおよび嚥下・口腔ケアチームの協働が良好な経過に繋がった急性腎不全の一例
        恵荘 裕嗣
        第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年01月14日
      • 新規PIVKA-II測定試薬「NX-PVKA-R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘 裕嗣
        第39回日本肝臓学会西部会, 2011年12月09日
      • 新規PIVKA-II測定試薬「NX-PVKA-R」の肝細胞癌診断における有用性
        恵荘 裕嗣
        JDDW2011(第15回日本肝臓学会大会), 2011年10月20日
      • The third generation of real-time virtual sonography for navigation in the treatment of hepatocellular carcinoma
        恵荘 裕嗣
        WFUMB 2011 (The 13rd World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology Congress in 2011), 2011年08月30日
      • 肝細胞癌破裂に対して緊急TAEを施行した症例の検討
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第95回例会, 2011年08月20日
      • 肝細胞癌破裂に対して緊急TAEを施行した症例の検討
        恵荘 裕嗣
        第47回日本肝癌研究会, 2011年07月29日
      • 肝細胞癌に対するバイポーラ針を用いたRFAの経験
        恵荘 裕嗣
        第47回日本肝癌研究会, 2011年07月29日
      • 維持透析中のC型慢性肝炎患者に対する透析中IFN-β投与
        恵荘 裕嗣
        日本内科学会第194回近畿地方会, 2011年06月11日
      • 肝細胞癌破裂に対して緊急TAEを施行した症例の検討
        恵荘 裕嗣
        第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日
      • 維持透析中の高齢C型慢性肝炎患者に対する透析中IFN-β投与の有用性
        恵荘 裕嗣
        第97回日本消化器病学会総会, 2011年05月14日
      • 肝癌に対するバイポーラ電極針を用いたRFAの経験
        恵荘 裕嗣
        第13回関西肝癌局所療法研究会, 2011年03月05日
      • 透析患者に対するC型肝炎治療〜当院の症例報告を含めて〜
        恵荘 裕嗣
        透析患者におけるC型肝炎治療を考える会, 2011年02月05日, 招待有り
      • 肝癌に対するバイポーラ電極針を用いたRFAの経験
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第94回例会, 2011年02月05日
      • 維持透析中のC型慢性肝炎患者に対する透析中IFN-β投与の有用性
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第94回例会, 2011年02月05日
      • 血流異常を基盤に増大傾向を呈する、多発限局性結節性過形成(FNH)および多発FNH様過形成結節の2症例
        恵荘 裕嗣
        第17回肝血流動態イメージ研究会, 2011年01月29日
      • 肝細胞癌の治療には造影剤が必須か?
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第37回関西地方会, 2010年10月23日, 招待有り
      • Gd-EOB-DTPA造影MRI画像のDICOM dataを用いたRVS下RFAの検討
        恵荘 裕嗣
        JDDW2010(第52回日本消化器病学会大会), 2010年10月14日
      • 肝癌に対するバイポーラ電極針を用いたRFAの経験
        恵荘 裕嗣
        JDDW2010(第14回日本肝臓学会大会), 2010年10月14日
      • 肝癌に対するRVS併用RFAにおけるマーキング機能の有用性
        恵荘 裕嗣
        第46回日本肝癌研究会, 2010年07月08日
      • 肝癌に対するRVS併用RFAにおけるマーキング機能の有用性
        恵荘 裕嗣
        第10回関西肝血流動態イメージ研究会, 2010年07月03日
      • 肝癌に対するRVS併用RFAにおけるマーキング機能の有効性についての検討
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第83回学術総会, 2010年05月30日
      • 肝細胞癌RFAにおけるSonazoid造影超音波及びMRVS併用の有用性
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第83回学術総会, 2010年05月29日
      • 肝癌に対するRVS併用RFAにおけるマーキング機能の有用性
        恵荘 裕嗣
        第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日
      • 肝癌RFAにおけるSonazoid造影超音波/MRVS併用の有用性と治療成績向上のための工夫
        恵荘 裕嗣
        第23回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2010年04月03日
      • 肝癌RFAにおけるSonazoid造影超音波とMRVS併用の有用性と問題点
        恵荘 裕嗣
        第12回関西肝癌局所療法研究会, 2010年03月06日
      • 肝細胞癌に対するRFAに際してSonazoid造影が有用でなかった症例の検討
        恵荘 裕嗣
        第38回日本肝臓学会西部会, 2009年12月05日
      • 肝癌治療前後における腫瘍マーカーの変化およびRFA後治療効果判定との関連性の検討
        恵荘 裕嗣
        JDDW2009(第13回日本肝臓学会大会), 2009年10月15日
      • RFAにおけるSonazoid造影超音波およびMRVSの有用性
        恵荘 裕嗣
        第4回肝癌治療シミュレーション研究会, 2009年09月19日
      • RFA後に生じた感染性bilomaに対してEUS下経胃的穿刺ドレナージ術を施行した一例
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第91回例会, 2009年09月12日
      • Utility of Sonazoid-Enhanced Ultrasonography and Real-Time Virtual Sonography in the Treatment of Hepatocellular Carcinoma
        恵荘 裕嗣
        WFUMB 2009 (The 12th World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology Congress in 2009), 2009年09月01日
      • 肝癌治療前後における腫瘍マーカーの変化およびRFA後治療効果判定との関連性の検討
        恵荘 裕嗣
        第45回日本肝癌研究会, 2009年07月04日
      • 肝癌初回診断から10年以上生存し得た98症例の検討
        恵荘 裕嗣
        第45回日本肝癌研究会, 2009年07月03日
      • 肝細胞癌に対するRFAに際してSonazoid造影が有用でなかった症例の検討
        恵荘 裕嗣
        日本超音波医学会第82回学術総会, 2009年05月24日
      • RFA後に生じた感染性bilomaに対してEUS下経胃的ドレナージ術を施行した一例
        恵荘 裕嗣
        第77回日本消化器内視鏡学会総会 附置研究会 第5回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会, 2009年05月23日
      • ノロウイルス
        恵荘 裕嗣
        第24回なにわ消化器フォーラム, 2009年01月17日
      • 肝・胆・膵領域における腫瘍マーカー
        恵荘 裕嗣
        第23回日赤フォーラム, 2008年12月20日
      • Entecavir投与にてHBV DNA量が感度以下となっていたにも拘らず肝不全に至り生体肝移植にて救命し得たB型肝硬変の一例
        恵荘 裕嗣
        第25回京大消化器症例検討会, 2008年12月13日
      • 血清hTERT mRNA発現量測定の肝癌患者における臨床的有用性の検討
        恵荘 裕嗣
        JDDW2008(第12回日本肝臓学会大会), 2008年10月01日
      • Entecavir投与にてHBV DNA量が感度以下となったにも関わらず遅発性肝不全に至り生体肝移植にて救命し得た1例
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第89回例会, 2008年09月27日
      • B型肝硬変を背景とした肝不全に対する生体肝移植症例の経験
        恵荘 裕嗣
        第23回なにわ消化器フォーラム, 2008年07月19日
      • 血清hTERT mRNA発現量測定の肝癌患者における臨床的有用性についての検討
        恵荘 裕嗣
        第44回日本肝癌研究会, 2008年05月22日
      • 大腸EMR組織診断から前立腺癌の結腸粘膜下転移が疑われた一例
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第88回例会, 2008年02月16日
      • 経過中に初期肝細胞癌を併発したB型肝硬変の一例
        恵荘 裕嗣
        第20回上本町肝臓懇話会, 2007年11月
      • NASHを背景とした発癌が疑われた肝細胞癌の一例
        恵荘 裕嗣
        日本消化器病学会近畿支部第87回例会, 2007年09月
      • NASHを背景とした発癌が疑われた肝悪性腫瘍の一例
        恵荘 裕嗣
        第44回大阪肝穿刺生検治療研究会, 2007年06月08日
      • 巨大なHemorrhagic duodenal lipomaを胃内に引き上げ切除した一例
        恵荘 裕嗣
        第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会, 2006年09月23日
      • 一過性間質性肺炎、好酸球増多症、高sIL-2R血症、高Ca血症、高PTH-rP血症を呈した1症例
        恵荘 裕嗣
        第23回腎と骨代謝研究会学術集会, 2004年09月25日, 腎と骨代謝研究会

      書籍等出版物

      • Fibrolamellar carcinoma
        恵荘裕嗣, 分担執筆, P185-189
        別冊 日本臨牀 領域別症候群シリーズNo.14 肝・胆道系症候群(第3版) 肝臓編(下) 日本臨牀社, 2021年02月28日
      • レンバチニブのreal-world data -至適RDIの検討-
        恵荘裕嗣, 分担執筆
        肝胆膵 Vol.81 No.5 Nov. 2020 アークメディア, 2020年11月28日
      • 肝細胞癌に対する個別化医療の現況と展望
        恵荘裕嗣, 分担執筆
        臨牀消化器内科 第35巻第8号 日本メディカルセンター, 2020年07月20日
      • Intermediate-stage HCCに対するTACE後のChild-Pugh grade悪化予測
        恵荘 裕嗣, 分担執筆
        第20回日本肝がん分子標的治療研究会記録集, 2019年10月, 査読無し
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的薬の至適導入時期の検討
        恵荘 裕嗣, 共著
        第55回日本肝臓学会記録集, 2019年09月, 査読無し
      • TACE後の肝予備能悪化予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘 裕嗣, 分担執筆
        第19回日本肝がん分子標的治療研究会記録集, 2019年04月, 査読無し
      • 炎症発癌とマイクロRNAはどのようにかかわっているのか?~消化器癌を中心に~
        恵荘裕嗣; 千葉勉, 分担執筆
        分子消化器病 2015年12月号(Vol.12 no.4) 先端医学社, 2015年12月, 査読無し
      • 慢性炎症と発癌のメカニズム
        恵荘裕嗣; 千葉勉, 分担執筆
        専門医のための消化器病学(第2版) 医学書院, 2013年, 査読無し
      • RVSの進歩とGd-EOB-MRI時代における新しい臨床応用
        大崎往夫; 坂本梓; 恵荘裕嗣; 木村達; 喜多竜一; 西川浩樹, 分担執筆, MEDIX Vol.54
        株式会社日立製作所, 2011年, 査読無し
      • 劇症肝炎をみたら
        恵荘 裕嗣, 分担執筆, 臨床研修プラクティス
        文光堂, 2009年, 査読無し
      • 肝不全が進行し生体肝移植に至った肝細胞癌合併B型肝硬変
        木村達; 恵荘裕嗣; 大崎往夫, 分担執筆, 月刊レジデント2008年12月号
        医学出版, 2008年12月, 査読無し

      受賞

      • 2021年08月28日
        第24回日本肝がん分子標的治療研究会, 優秀演題
      • 2021年06月17日
        日本肝臓学会, Hepatology Research Citation Award
      • 2020年11月05日
        The 4th Joint Session between JDDW-KDDW-TDDW, Rising Star
      • 2020年08月28日
        日本肝臓学会, 日本肝臓学会 研究奨励賞
      • 2020年01月11日
        第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 優秀演題
      • 2019年07月06日
        第19回関西肝血流・動態イメージ研究会, 最優秀演題賞
      • 2019年06月29日
        第20回日本肝がん分子標的治療研究会, 優秀演題
      • 2019年01月26日
        第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 優秀演題
      • 2019年01月13日
        第22回日本病態栄養学会年次学術集会, YIA(若手研究賞)
      • 2018年05月23日
        The 13rd Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology, International Grant Award
      • 2017年10月14日
        The 16th World Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology, Best Poster Award
      • 2017年10月13日
        日本肝臓学会, 日本肝臓学会 冠Award 第2回AbbVie Award 優秀研究賞
      • 2017年08月30日
        Kansai Liver Club 2017(肝疾患・肝病態学術研究会), 最優秀演題賞
      • 2012年01月14日
        第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 優秀ポスター賞
      • 2011年08月26日
        The 13rd World Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology, Certificate of Merit (Best Poster Award)

      外部資金:科学研究費補助金

      • DNA修復異常を有する肝細胞癌の発生機序と免疫チェックポイント阻害治療反応性
        基盤研究(C)
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        恵荘 裕嗣
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        肝細胞癌;DNA修復異常;免疫チェックポイント阻害
      • 消化器発癌過程におけるRegnase-1による炎症制御メカニズムの関与
        若手研究
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        恵荘 裕嗣
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        Regnase-1;大腸癌;RNA-seq;慢性炎症;消化器発癌
      • 慢性炎症からの肝発癌過程における塩基除去修復異常の解析
        若手研究(B)
        京都大学
        恵荘 裕嗣
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        肝細胞癌;DNA修復;microRNA;慢性肝炎;肝硬変;肝発癌
      list
        Last Updated :2022/08/06

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2022年04月, 至 現在
          評議員, 日本肝臓学会
        • 自 2022年01月, 至 現在
          学会評議員, 日本消化器病学会
        • 自 2019年04月, 至 現在
          男女共同参画・キャリア支援委員会 西部会ワーキンググループ, 日本肝臓学会
        • 自 2018年04月, 至 現在
          代議員, 日本超音波医学会
        • 自 2018年01月, 至 現在
          近畿支部評議員, 日本消化器病学会
        • 自 2017年11月, 至 現在
          西部会評議員, 日本肝臓学会
        • 自 2018年07月, 至 2020年06月
          国際交流委員会委員, 日本超音波医学会

        学術貢献活動

        • 第58回日本肝癌研究会 ワークショップ1 肝腫瘍生検の今日的意義と適応
          パネル司会・セッションチェア等, 査読
          自 2022年05月12日, 至 2022年05月13日
        • 第119回日本内科学会総会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2022 京都 医学生・研修医向けのスキルアップセミナー〜文献検索から学会発表・英語論文の書き方まで〜
          企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
          自 2022年04月15日, 至 2022年04月17日
        • 第44回日本肝臓学会西部会
          パネル司会・セッションチェア等
          日本肝臓学会, 自 2021年12月09日, 至 2021年12月09日
        • 第22回日本肝がん分子標的治療研究会
          パネル司会・セッションチェア等
          日本肝がん分子標的治療研究会, 自 2020年11月14日, 至 2020年11月14日
        • 第43回日本肝臓学会西部会
          パネル司会・セッションチェア等
          日本肝臓学会, 自 2019年12月12日, 至 2019年12月12日
        • 第21回関西肝癌局所療法研究会
          パネル司会・セッションチェア等
          関西肝癌局所療法研究会, 自 2019年03月09日, 至 2019年03月09日

        ページ上部へ戻る