教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

西村 剛

ニシムラ タケシ

ヒト行動進化研究センター 准教授

西村 剛
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類学講座, 准教授

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      nishimura.takeshi.2rkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本進化学会
    • 米国自然人類学会
    • 日本霊長類学会
    • 日本人類学会

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科生物科学専攻博士後期課程, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科生物科学専攻修士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部理学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      三田学園高等学校, さんだがくえんこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2022年04月, 至 現在
      京都大学, ヒト行動進化研究センター, 准教授
    • 自 2019年09月, 至 現在
      椙山女学園大学, 国際コミュニケーション学部, 非常勤講師
    • 自 2007年04月, 至 2022年03月
      京都大学, 霊長類研究所, 准教授
    • 自 2013年10月, 至 2014年09月
      ウィーン大学, 認知生物学部, 客員研究員
    • 自 2004年04月, 至 2007年03月
      京都大学, 大学院理学研究科 生物科学専攻, 日本学術振興会特別研究員(PD)
    • 自 2003年04月, 至 2004年03月
      京都大学, 霊長類研究所, 非常勤研究員

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        サル類の音声生成に関する研究、骨格の比較形態学的・古生物学的研究、ヒトを含む霊長類の鼻腔機能に関する工学的研究、CT画像データベースの構築
      • 研究概要

        ヒトの話しことばの進化やホモ属の鼻の進化を解明するために、サル類の音声生成や鼻腔機能などに関する生理学的機構について、CTやMRIなど医用画像法を用いた比較形態学や工学的アプローチを併用して研究している。また、ミャンマーにおける化石発掘調査や、霊長類化石や現生種骨格のCT画像分析などを通じて、ユーラシアにおける旧世界ザルの進化プロセスに関する古生物学的研究も展開している。その為に必要となるサル類を含む哺乳類の骨格CT画像のデータベースを整備し、研究者はもちろん一般にも開放して、バーチャル博物館計画を推進している。

      研究キーワード

      • 鼻腔
      • 音声
      • 霊長類
      • 医療画像法
      • 言語

      研究分野

      • 自然科学一般, 地球生命科学, 霊長類、人類、進化
      • ライフサイエンス, 自然人類学

      論文

      • Evolutionary loss of complexity in human vocal anatomy as an adaptation for speech
        Takeshi Nishimura; Isao T. Tokuda; Shigehiro Miyachi; Jacob C. Dunn; Christian T. Herbst; Kazuyoshi Ishimura; Akihisa Kaneko; Yuki Kinoshita; Hiroki Koda; Jaap P. P. Saers; Hirohiko Imai; Tetsuya Matsuda; Ole Næsbye Larsen; Uwe Jürgens; Hideki Hirabayashi; Shozo Kojima; W. Tecumseh Fitch
        Science, 2022年08月12日
      • 日本人類学会進化人類学分科会第25回シンポジウム葉山杉夫先生追悼記念シンポジウム「サルとヒトの研究から見えるもの」
        西村 剛; 中務 真人; 平崎 鋭矢; 竹本 浩典; 清水 大輔; 國松 豊; 石田 英實; 岡田 守彦
        Anthropological Science (Japanese Series), 2011年
      • Human shoulder development is adapted to obstetrical constraints.
        Mikaze Kawada; Masato Nakatsukasa; Takeshi Nishimura; Akihisa Kaneko; Naomichi Ogihara; Shigehito Yamada; Walter Coudyzer; Christoph P E Zollikofer; Marcia S Ponce de León; Naoki Morimoto
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2022年04月19日
      • Analyzing and visualizing morphological features using machine learning techniques and non‐big data: A case study of macaque mandibles
        Takashi Morita; Tsuyoshi Ito; Hiroki Koda; Hikaru Wakamori; Takeshi Nishimura
        American Journal of Biological Anthropology, 2022年05月
      • Ontogenetic differences in mandibular morphology of two related macaque species and its adaptive implications
        Naoto Toyoda; Tsuyoshi Ito; Tamaki Sato; Takeshi Nishimura
        The Anatomical Record, 2022年04月15日
      • テナガザル類における声門の形態比較とその機能適応について
        西村 剛; 今井 宏彦; 松田 哲也
        霊長類研究 Supplement, 2016年
      • サルとワニのヘリウム音声研究
        西村剛
        霊長類研究, 2021年06月, 筆頭著者
      • Computational fluid dynamics simulation wall model predicting air temperature of the nasal passage for nonhuman primates.
        Futoshi Mori; Akihisa Kaneko; Teruo Matsuzawa; Takeshi Nishimura
        American journal of physical anthropology, 2021年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Covariation of fetal skull and maternal pelvis during the perinatal period in rhesus macaques and evolution of childbirth in primates.
        Mikaze Kawada; Masato Nakatsukasa; Takeshi Nishimura; Akihisa Kaneko; Naoki Morimoto
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2020年09月01日, 査読有り
      • Sesamoids of the pollical metacarpophalangeal joint and the evolution of hominoid hands
        NAKATSUKASA Masato; Morimoto Naoki; Nishimura Takeshi
        Anthropological Science, 2019年12月, 査読有り
      • Shape variation in the facial part of the cranium in macaques and African papionins using geometric morphometrics.
        Takeshi Nishimura; Naoki Morimoto; Tsuyoshi Ito
        Primates; journal of primatology, 2019年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Temperature profile of the nasal cavity in Japanese macaques.
        Takeshi Nishimura; Akihisa Kaneko
        Primates; journal of primatology, 2019年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Phenotypic plasticity in the mandibular morphology of Japanese macaques: captive-wild comparison.
        Siti Norsyuhada Kamaluddin; Mikiko Tanaka; Hikaru Wakamori; Takeshi Nishimura; Tsuyoshi Ito
        Royal Society open science, 2019年07月, 査読有り
      • Bovidae (Mammalia, artiodactyla) from the neogene Irrawaddy beds, Myanmar
        Yuichiro Nishioka; Masanaru Takai; Takehisa Tsubamoto; Naoko Egi; Takeshi Nishimura; Reiko Kono; Shinkai Ogino; Thaung-Htike; Zin-Maung-Maung-thein; Chavalit Vidthayanon
        Palaeontographica, Abteilung A: Palaozoologie - Stratigraphie, 2019年05月, 査読有り
      • From hand to mouth: Monkeys require greater effort in motor preparation for voluntary control of vocalization than for manual actions
        Hiroki Koda; Takumi Kunieda; Takeshi Nishimura
        Royal Society Open Science, 2018年11月, 査読有り, 最終著者
      • Phylogenetic relationship of a fossil macaque (Macaca cf. robusta) from the Korean Peninsula to extant species of macaques based on zygomaxillary morphology
        Tsuyoshi Ito; Yung-jo Lee; Takeshi D. Nishimura; Mikiko Tanaka; Jong-yoon Woo; Masanaru Takai
        Journal of Human Evolution, 2018年06月01日, 査読有り
      • Japanese macaque phonatory physiology.
        Herbst CT; Koda H; Kunieda T; Suzuki J; Garcia M; Fitch WT; Nishimura T
        The Journal of experimental biology, 2018年06月, 査読有り, 最終著者
      • Preface to the featured reviews: New studies for understanding the evolutionary process of human speech
        Takeshi Nishimura
        Anthropological Science, 2018年, 筆頭著者, 責任著者
      • The descended larynx and the descending larynx
        Takeshi Nishimura
        Anthropological Science, 2018年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 教育講演 嚥下と話しことばの進化
        西村剛
        バイオインテグレーション学会誌, 2016年09月, 招待有り
      • Enigmatic Diversity of the Maxillary Sinus in Macaques and Its Possible Role as a Spatial Compromise in Craniofacial Modifications
        Tsuyoshi Ito; Takeshi D. Nishimura
        EVOLUTIONARY BIOLOGY, 2016年09月, 査読有り
      • Impaired Air Conditioning within the Nasal Cavity in Flat-Faced Homo
        Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Shigeru Ishikawa; Kaouthar Samarat; Takako Miyabe-Nishiwaki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Teruo Matsuzawa
        PLOS Computational Biology, 2016年03月24日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Minor contributions of the maxillary sinus to the air-conditioning performance in macaque monkeys
        Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Teruo Matsuzawa; Takeshi D. Nishimura
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY, 2015年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • A Chinese alligator in heliox: formant frequencies in a crocodilian
        Stephan A. Reber; Takeshi Nishimura; Judith Janisch; Mark Robertson; W. Tecumseh Fitch
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • First discovery of colobine fossils from the Late Miocene/Early Pliocene in central Myanmar
        Masanaru Takai; Thaung-Htike; Zin-Maung-Maung-Thein; Aung Naing Soe; Maung Maung; Takehisa Tsubamoto; Naoko Egi; Takeshi D. Nishimura; Yuichiro Nishioka
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2015年07月, 査読有り
      • Maxillary sinus variation in hybrid macaques: implications for the genetic basis of craniofacial pneumatization
        Tsuyoshi Ito; Yoshi Kawamoto; Yuzuru Hamada; Takeshi D. Nishimura
        BIOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY, 2015年06月, 査読有り, 最終著者
      • The source-filter theory of whistle-like calls in marmosets: Acoustic analysis and simulation of helium-modulated voices
        Hiroki Koda; Isao T. Tokuda; Masumi Wakita; Tsuyoshi Ito; Takeshi Nishimura
        JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA, 2015年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Late Pliocene rodents from the Irrawaddy sediments of central Myanmar and their palaeogeographical significance
        Yuichiro Nishioka; Masanaru Takai; Takeshi Nishimura; Thaung-Htike; Zin-Maung-Maung-Thein; Naoko Egi; Takehisa Tsubamoto; Maung-Maung
        JOURNAL OF SYSTEMATIC PALAEONTOLOGY, 2015年04月, 査読有り
      • Let bone and muscle talk together: a study of real and virtual dissection and its implications for femoral musculoskeletal structure of chimpanzees
        Naoki Morimoto; Gen Suwa; Takeshi Nishimura; Marcia S. Ponce de Leon; Christoph P. E. Zollikofer; C. Owen Lovejoy; Masato Nakatsukasa
        JOURNAL OF ANATOMY, 2015年03月, 査読有り
      • Contribution of the maxillary sinus to the modularity and variability of nasal cavity shape in Japanese macaques
        Tsuyoshi Ito; Takeshi D. Nishimura; Yuzuru Hamada; Masanaru Takai
        PRIMATES, 2015年01月, 査読有り
      • Aplasia of the maxillary sinus in a Tibetan macaque (Macaca thibetana) with implications for its evolutionary loss and reacquisition
        Takeshi D. Nishimura; Tsuyoshi Ito
        PRIMATES, 2014年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Nasal architecture in Procynocephalus wimani (Early Pleistocene, China) and implications for its phyletic relationship with Paradolichopithecus
        Takeshi D. Nishimura; Tsuyoshi Ito; Wataru Yano; Jan Ove R. Ebbestad; Masanaru Takai
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2014年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Computed tomography examination of the face of Macaca anderssoni (Early Pleistocene, Henan, northern China): Implications for the biogeographic history of Asian macaques
        Tsuyoshi Ito; Takeshi D. Nishimura; Jan Ove R. Ebbestad; Masanaru Takai
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2014年07月, 査読有り
      • Ecogeographical and phylogenetic effects on craniofacial variation in macaques
        Tsuyoshi Ito; Takeshi Nishimura; Masanaru Takai
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2014年05月, 査読有り
      • Intracranial arachnoid cysts in a chimpanzee (Pan troglodytes)
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Takaaki Kaneko; Tomoko Sakai; Akihisa Kaneko; Akino Watanabe; Shohei Watanabe; Norihiko Maeda; Kiyonori Kumazaki; Juri Suzuki; Reina Fujiwara; Haruyuki Makishima; Takeshi Nishimura; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Akichika Mikami
        PRIMATES, 2014年01月, 査読有り
      • 人類の呼吸機能の進化と第一次出アフリカに関する研究
        西村剛
        2013年旭硝子財団研究助成成果報告書, 2013年09月
      • 化石から探る話しことばの起源
        西村剛
        生物科学, 2013年04月, 査読有り
      • Soprano singing in gibbons
        Hiroki Koda; Takeshi Nishimura; Isao T. Tokuda; Chisako Oyakawa; Toshikuni Nihonmatsu; Nobuo Masataka
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2012年11月, 査読有り
      • Reassessment of Dolichopithecus (Kanagawapithecus) leptopostorbitalis, a colobine monkey from the Late Pliocene of Japan
        Takeshi D. Nishimura; Masanaru Takai; Brigitte Senut; Hajime Taru; Evgeny N. Maschenko; Abel Prieur
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2012年04月, 査読有り
      • Femoral Morphology and Femoropelvic Musculoskeletal Anatomy of Humans and Great Apes: A Comparative Virtopsy Study
        Naoki Morimoto; Marcia S. Ponce De Leon; Takeshi Nishimura; Christoph P. E. Zollikofer
        ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY, 2011年09月, 査読有り
      • 話しことばの霊長類的起源~葉山コレクションをもとに
        西村剛
        日本人類学会進化人類分科会ニュースレター, 2011年09月, 査読有り
      • Allometry and interspecific differences in the facial cranium of two closely related macaque species.
        Ito T; Nishimura T; Takai M
        Anatomy Research International, 2011年04月, 査読有り
      • Stable isotope analysis of the tooth enamel of Chaingzauk mammalian fauna (late Neogene, Myanmar) and its implication to paleoenvironment and paleogeography
        Zin-Maung-Maung-Thein; Masanaru Takai; Hikaru Uno; Jonathan G. Wynn; Naoko Egi; Takehisa Tsubamoto; Thaung-Htike; Aung-Naing-Soe; Maung-Maung; Takeshi Nishimura; Minoru Yoneda
        PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY, 2011年02月, 査読有り
      • バーチャルな目で実体に迫る
        西村剛
        生き物たちのつづれ織り 京都大学グローバルCOE「生物の多様性と進化研究のための拠点形成-ゲノムから生態系まで-」, 2011年02月
      • NEW HYSTRIX (MAMMALIA, RODENTIA) FROM THE LATE MIOCENE/EARLY PLIOCENE OF MYANMAR
        Yuichiro Nishioka; Zin-Maung-Maung-Thein; Naoko Egi; Takehisa Tsubamoto; Takeshi Nishimura; Tsuyoshi Ito; Thaung-Htike; Masanaru Takai
        JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY, 2011年, 査読有り
      • A new anthracotheriid artiodactyl from the Eocene Pondaung Formation of Myanmar
        Tsubamoto,T; Zin-Maung-Maung-Thein; Egi, N; Nishimura, T; Thaung-Htike; Takai, M
        Vertebrata PalAsiatica 49(1):85-114, 2011年, 査読有り
      • 霊長類の音声器官の比較発達-ことばの系統発生
        西村剛
        動物心理学研究, 2010年06月, 査読有り
      • A review of fossil rhinoceroses from the Neogene of Myanmar with description of new specimens from the Irrawaddy Sediments
        Zin-Maung-Maung-Thein; Masanaru Takai; Takehisa Tsubamoto; Naoko Egi; Thaung-Htike; Takeshi Nishimura; Maung-Maung; Zaw-Win
        JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES, 2010年01月, 査読有り
      • Nasal Anatomy of Paradolichopithecus gansuensis (Early Pleistocene, Longdan, China) with Comments on Phyletic Relationships among the Species of this Genus
        Takeshi D. Nishimura; Yingqi Zhang; Masanaru Takai
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2010年, 査読有り
      • Longitudinal development of volumetric cerebral asymmetries of chimpanzees
        Makishima H; Sakai T; Mikami A; Hirai D; Nishimura T; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe T; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        XXIII Congress of the International Promatological Society (2010/09/12-18, Kyoto)., 2010年, 査読有り
      • チンパンジーの声道について
        西村剛
        日本音響学会誌, 2009年12月, 査読有り
      • Reappraisal of Macaca speciosa subfossilis from the Late Pleistocene of Northern Vietnam Based on the Analysis of Cranial Anatomy
        Tsuyoshi Ito; Takeshi D. Nishimura; Brigitte Senut; Thomas Koppe; Jacque Treil; Masanaru Takai
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2009年10月, 査読有り
      • 言語圏α「言語は身振りから進化した-進化心理学が探る言語の起源」(マイケル・コーバリス著, 大久保街亜訳)
        西村剛
        言語, 2009年08月
      • Nasal architecture of Paradolichopithecus arvernensis (late Pliocene, Senèze, France) and its phyletic implications
        Nishimura TD; Senut B; Prieur A; Treil J; Takai M
        Journal of Human Evolution, 2009年02月, 査読有り
      • Meaning of the Canine Sexual Dimorphism in Fossil Owl Monkey, Aotus dindensis from the Middle Miocene of La Venta, Colombia
        Masanaru Takai; Takeshi Nishimura; Nobuo Shigehara; Takeshi Setoguchi
        COMPARATIVE DENTAL MORPHOLOGY, 2009年, 査読有り
      • 話しことばの起源と霊長類の音声 : 古人類学と生物音響学
        西村剛
        Anthropological science (Japanese series), 2008年06月, 査読有り
      • Phylogenetic relationships and biogeographic history of Paradolichopithecus sushkini Trofimov 1977, a large-bodied cercopithecine monkey from the Pliocene of Eurasia
        Masanaru Takai; Evgeny N. Maschenko; Takeshi D. Nishimura; Tomoko Anezaki; Tomoki Suzuki
        QUATERNARY INTERNATIONAL, 2008年03月, 査読有り
      • Development of the supralaryngeal vocal tract in Japanese macaques: Implications for the evolution of the descent of the larynx
        Takeshi Nishimura; Takao Oishi; Juri Suzuki; Keiji Matsuda; Toshimitsu Takahashi
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2008年02月, 査読有り
      • グローバルCOE生物多様性・霊長類学ジュニア教室「この手でサワッテみよう霊長類の化石たち」
        井正成; 西村剛; 江木直子
        京都大学総合博物館 京都, 2008年, 査読有り
      • 言語圏α「言葉を使うサル-言語の起源と進化」(ロビンズ・バーリング著 松浦俊輔 訳).
        西村剛
        言語, 2007年08月
      • チンパンジーとニホンザルにおける声道形状の成長変化に関する研究
        西村剛
        京都大学霊長類研究所年報, 2007年07月
      • The maxillary sinus of Paradolichopithecus sushkini (late Pliocene, southern Tajikistan) and its phyletic implications
        Takeshi D. Nishimura; Masanaru Takai; Evgeny N. Maschenko
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2007年06月, 査読有り
      • Development of the laryngeal air sac in chimpanzees
        Takeshi Nishimura; Akichika Mikami; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2007年04月, 査読有り
      • Descent of the hyoid in chimpanzees: evolution of face flattening and speech
        Takeshi Nishimura; Akichika Mikami; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2006年09月, 査読有り
      • チンパンジーとニホンザルにおける声道形状の成長変化に関する研究
        西村剛
        京都大学霊長類研究所年報, 2006年07月
      • 書評空間「心とことばの起源を探る-文化と認知」(マイケル・トマセロ著 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多啓 訳)
        西村剛
        言語, 2006年07月
      • 真猿類の上顎洞形態の変異とその系統分析への応用
        西村剛
        霊長類研究, 2006年06月, 査読有り
      • A summary of the Pondaung fossil expeditions.
        Tsubamoto T; Egi, N; Takai M; Shigehara N; Suzuki H; Nishimura T; Ugai H; Maung-Maung; Chit-Sein; Soe Thura Tun; Aung Naing Soe; Aye Ko Aung; TinThein.,Thaung-Htike; Zin-Maung-Maung-Thein
        Asian Paleoprimatology, 2006年05月
      • Three-dimensional imaging of the maxillary sinus in anthropoid primates.
        Takeshi D. Nishimura
        Asian Paleoprimatology, 2006年05月
      • Postcranial materials of Pondaung mammals (middle Eocene, Myanmar)
        Egi N; Tsubamoto T; Nishimura T; Shigehara N
        Asian Paleoprimatology, 2006年05月
      • Erratum: Descent of the larynx in chimpanzee infants (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (June 10, 2003) 100, 12 (6930-6933))
        T. Nishimura; A. Mikami; J. Suzuki; T. Matsuzawa
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2005年10月, 査読有り
      • Variation in maxillary sinus anatomy among platyrrhine monkeys
        TD Nishimura; M Takai; T Tsubamoto; N Egi; N Shigehara
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2005年09月, 査読有り
      • チンパンジーにおける声道形状の成長変化
        西村剛
        京都大学霊長類研究所年報, 2005年08月
      • Developmental changes in the shape of the supralaryngeal vocal tract in chimpanzees
        T Nishimura
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2005年02月, 査読有り
      • チンパンジーのことば、ヒトのことば
        西村剛
        大航海, 2004年10月
      • 人間はいつから話し始めたのか
        西村剛
        言語, 2004年06月
      • チンパンジー乳幼児の喉頭下降
        西村剛
        京都大学21世紀COEプログラム「生物多様性研究の統合のための拠点形成」NEWSLETTER 2: 24-26, 2003年12月
      • 形態特性からみたサル・類人猿・ヒト
        西村剛; 濱田穣
        心理学評論, 2003年12月, 査読有り
      • Descent of the larynx in chimpanzee infants
        T Nishimura; A Mikami; J Suzuki; T Matsuzawa
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2003年06月, 査読有り
      • A case report of a novel type of stick use by wild chimpanzees
        T Nishimura; N Okayasu; Y Hamada; J Yamagiwa
        PRIMATES, 2003年04月, 査読有り
      • Rapport concernant l'usage original de bâtons par les chimpanzés sauvages.
        Nishimura T; Okayasu N; Hamada Y; Yamagiwa J
        Etudes Socio-écologique sur les Primates dans les Forêts d’Afrique Tropicale: Rapport de Recherches effectuées à la réserve de Moukalaba, Gabon. Juillet 2002-Mars 2003, 2003年04月
      • Comparative morphology of the hyo-laryngeal complex in anthropoids: two steps in the evolution of the descent of the larynx
        T Nishimura
        PRIMATES, 2003年01月, 査読有り
      • 小児保健 進化論的にみたヒト乳児の話しことばの獲得
        西村 剛; 濱田 穣
        小児科, 2002年10月, 査読有り
      • Comparison qualitative entre Cercopithecoides arboricoles: observation par enregistrement video
        Hamada Y; Chatani K; Nishimura T; Yamagiwa J
        Etudes Socio-ecologiques sur les Primates dans les Forets d'Afrique Tropicale: Rapport de Recherches effetuees a la reserve de Moukalaba, Gabon. Septembre 2001-Mars 2002, 2002年05月
      • ニホンザルの空間的変異 -生体メスの頭蓋計測-
        毛利俊雄; 西村剛
        Asian Paleoprimatology, 2002年05月
      • 屋久島・幸島・金華山の成体オス・ニホンザルの頭蓋計測
        毛利 俊雄; 西村 剛
        霊長類研究 = Primate research, 2002年05月01日
      • Analysé de dinnées son de tambourin des gorriles
        Nishimura T
        Etudes Socio-écologique sur les Primates dans les Forêts d’Afrique Tropicale: Rapport de Recherches effectuées à la réserve de Moukalaba, Gabon. Septembre 2001-Mars 2002, 2002年05月
      • Recherche comparative sur le locomotion arboricole dans les forets pluviales tropicales
        Hamada Y; Nishimura T; Okayasu N
        Etudes Socio-écologique sur les Primates dans les Forêts d’Afrique Tropicale: Rapport de Recherches effectuées à la réserve de Moukalaba, Gabon. Septembre 2001-Mars 2002, 2001年05月
      • Collecte de donnees vocals chez les primates
        Nishimura T
        Etudes Socio-écologique sur les Primates dans les Forêts d’Afrique Tropicale: Rapport de Recherches effectuées à la réserve de Moukalaba, Gabon. Septembre 2001-Mars 2002, 2001年05月
      • チンパンジーの腰椎仙骨にみられる特徴 MRIによる研究(Morphological features of the lumbosacral region in chimpanzees: A study using MRI)
        松村 秋芳; 高橋 裕; 西村 剛; 濱田 穣; 猪口 清一郎; 岡田 守彦
        Anthropological Science, 2001年01月
      • 類人猿に関する形態学的研究 -侵襲性を減らす方法-
        西村剛; 菊池泰弘; 清水大輔; 濱田穣
        霊長類研究, 1999年10月, 査読有り

      MISC

      • 系統発生分野(III.研究活動)
        高井 正成; 西村 剛; 江木 直子; 荻野 慎太郎; 伊藤 毅; 西岡 佑一郎
        霊長類研究所年報, 2011年10月21日
      • 系統発生分野(III.研究活動)
        高井 正成; 西村 剛; 江木 直子; 荻野 慎太郎; Zin Maung Maung Thein; 伊藤 毅; 西岡 佑一郎
        霊長類研究所年報, 2010年09月21日
      • 系統発生分野(III.研究活動)
        高井 正成; 西村 剛; 荻野 慎太郎; 伊藤 毅; Htike Thaung; Thein Zin Maung Maung
        霊長類研究所年報, 2008年08月31日
      • ヨウ素造影CTによる霊長類の声帯の比較形態学的研究
        西村剛; Dunn J. C; Sears J. P. P; 新宅勇太
        第36回日本霊長類学会大会 (2020/12, 中部大学, 春日井), 2020年12月, 筆頭著者
      • ヨウ素造影CTによる霊長類の声帯の比較形態学的研究
        西村剛; Dunn J. C; Sears J. P. P; 新宅勇太
        第74回日本人類学会 (2020/11, 山梨大学玉穂キャンパス, 甲府), 2020年11月, 筆頭著者
      • 霊長類における出生前後の肩幅の成長様式
        川田美風; 中務真人; 西村剛; 兼子明久; 荻原直道; 山田重人; 森本直記
        第73回日本人類学会大会 (2019/10, 佐賀大学本庄キャンパス, 佐賀), 2019年10月
      • テナガザルの発声メカニズムに関する機能形態学的研究
        西村剛; 徳田功; 後藤遼佑; ヘルブスト・クリスチャン; 中野良彦
        第73回日本人類学会大会 (2019/10, 佐賀大学本庄キャンパス, 佐賀), 2019年10月, 筆頭著者
      • テナガザルの発声メカニズムに関する実験的研究
        西村剛; 後藤遼佑; ヘルブスト・クリスチャン; 中野良彦
        第35回日本霊長類学会大会 (2019/7, 熊本市国際交流会館, 熊本), 2019年07月14日
      • ニホンザルにおける吸啜窩の存在の検討
        齋藤慈子; 小平理恵子; 吉田早佑梨; 西村剛
        第35回日本霊長類学会大会 (2019/7, 熊本市国際交流会館, 熊本), 2019年07月14日
      • 甲状軟骨引張装置を用いた摘出喉頭の吹鳴実験
        王海洋; 本岡昌憲; 石村憲意; Herbst C.; 西村剛; 徳田功
        日本音響学会2019年春季研究発表会 (2019/5, 電気通信大学, 調布), 2019年05月06日
      • 現生大型類人猿の中手指節関節種子骨とその進化的意味
        中務真人; 森本直記; 西村剛
        第72回日本人類学会大会 (2018/10, 三島市民文化会館, 三島), 2018年10月21日
      • マカクザルの発声メカニズムの特徴について
        西村剛; クリスチャン・ヘルブスト; 香田啓貴; 國枝匠; 鈴木樹理; 兼子明久; マキシム・ガルシア; 徳田功; W・テカムセ・フィッチ
        第72回日本人類学会大会 (2018/10, 三島市民文化会館, 三島), 2018年10月21日
      • マカクザルの発声メカニズムに関する実験的研究
        西村剛; クリスチャン・ヘルブスト; 香田啓貴; 國枝匠; 鈴木樹理; 兼子明久; マキシム・ガルシア; 徳田功; W・テカムセ・フィッチ
        第34回日本霊長類学会大会 (2018/7, 武蔵大学江古田キャンパス, 東京), 2018年07月15日
      • 現生大型類人猿の中手指節関節種子骨とその進化的意味
        中務真人; 森本直記; 西村剛
        第34回日本霊長類学会大会 (2018/7, 武蔵大学江古田キャンパス, 東京), 2018年07月15日
      • Comparative morphology of the laryngeal muscles in hylobatids using a high-resolution MRI
        Nishimura, T; Nomura, Y; Imai, H; Matsuda, T
        The 12th Evolution of Language International Conference (2018/4, Toru_, Poland), 2018年04月27日, 査読有り
      • Computed fluid dynamics of air conditioning in the nasal cavity in primates
        T. Nishimura
        The Swiss-Kyoto Symposium: Recent Advancement in Physical Anthropology (2018/03, Irchel Campus, University of Zurich), 2018年03月21日
      • Sesamoids of the metacrpophalangeal joints in hominoid
        M. Nakatsukasa; N. Morimoto; T Nishimura
        The Swiss-Kyoto Symposium: Recent Advancement in Physical Anthropology (2018/03, Irchel Campus, University of Zurich), 2018年03月21日
      • テナガザルの声帯の機能適応に関する三次元形態学的分析
        野村嘉孝; 西村剛; 今井宏彦; 松田哲也
        第71回日本人類学会大会. (2017/11, 東京大学, 東京), 2017年11月
      • ヒト科における生後の四肢相対成長
        小林諭史; 森本直記; 西村剛; 山田重人; 中務真人
        第71回日本人類学会大会. (2017/11, 東京大学, 東京), 2017年11月
      • 霊長類における鼻腔の形態進化と温度・湿度調節機能の適応
        西村剛
        第19回日本進化学会大会 (2017/08, 京都大学, 京都), 2017年08月, 招待有り
      • ヒヒ族の顔面形状の系統間差異について
        西村剛; 森本直記; 伊藤毅
        第33回日本霊長類学会大会 (2017/07, コラッセふくしま, 福島), 2017年07月
      • ヒトおよび現生大型類人猿の四肢の相対成長
        小林諭史; 森本直記; 西村剛; 山田重人; 中務真人
        第33回日本霊長類学会大会. (2017/07, コラッセふくしま, 福島), 2017年07月
      • Zygomaxillary morphology of Macaca cf. robusta (Middle Pleistocene, Korea) and its phylogenetic and evolutionary implications.
        Ito T; Lee Y-J; Nishimura TD; Takai M
        The 86th Annual Meeting of American Association of Physical Anthropologists. (2017/4, New Orleans Marriott, New Orleans, Louisiana, USA), 2017年04月
      • ヒトの話しことばとサルの音声
        西村剛
        日本音響学会2017年春季研究発表会 (2017年3月, 明治大学生田キャンパス, 川崎), 2017年03月, 招待有り
      • Voice physiology and its flexibility in macaques
        T. Nishimura
        SPIRITS Program workshop “Biology and Evolution of Speech” (2017/2, Kyoto University, Kyoto), 2017年02月
      • 大型類人猿情報ネットワークGAIN第3期の5年間:非侵襲的類人猿研究の推進.
        綿貫宏史朗; 岩原真利; 西村剛; 今井啓雄; 平田聡; 友永雅己; 松沢哲郎
        第19回SAGAシンポジウム、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園, 2016年11月
      • ラミダス猿人における手根中央関節の形態学的研究
        中務真人; 森本直記; 小林諭史; 西村剛; 荻原直道; 諏訪元
        第70回日本人類学会大会 (2016/10, NSG学生総合プラザSTEP, 新潟), 2016年10月
      • ヒヒ族の顔面形状のアロメトリーと系統間差異
        西村剛; 森本直記; 伊藤毅
        第70回日本人類学会大会 (2016/10, NSG学生総合プラザSTEP, 新潟), 2016年10月
      • ヒトとチンパンジーの四肢プロポーション成長比較
        小林諭史; 森本直記; 西村剛; 山田重人; 中務真人
        第70回日本人類学会大会 (2016/10, NSG学生総合プラザSTEP, 新潟), 2016年10月
      • Computed fluid dynamics of air conditioning in the nasal passage of chimpanzee
        T. Nishimura
        The 2nd Kyoto-Swiss Symposium 2016 (2016/10, Kyoto University, Kyoto), 2016年10月, 招待有り
      • Comparative morphology of the larynx in the hylobatids using a high-resolution MRI
        T. Nishimura; H. Imai; T. Matsuda
        Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists (2016/8, Navy Pier, Chicago), 2016年08月
      • Phylogenetic and ecological aspects of craniofacial diversity in macaques
        T. Ito; T. Nishimura
        Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists (2016/8, Navy Pier, Chicago), 2016年08月
      • 外鼻形態異常の感受期は他器官より延長している
        勝部 元紀; 山田 重人; 上部 千賀子; 巻島 美幸; 石山 華; 大坂 美穂; 宮崎 伶菜; 山口 豊; 釜谷 美翔子; 山本 憲; 森本 直記; 西村 剛; 今井 宏彦; 松田 哲也; 伊藤 毅; 鈴木 茂彦
        第56回日本先天異常学会学術集会, 2016年07月
      • 嚥下と話しことばの進化〜霊長類の嚥下メカニズムを探る〜
        西村剛
        日本薬剤学会第31年会 (2016年5月, 長良川国際会議場, 岐阜), 2016年05月20日, 招待有り
      • Comparative morphology of the glottis in the hylobatids using a high-resolution MRI
        T. Nishimura; H. Imai; T. Matsuda
        The 85th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists (2016/4, Atlanta Marriott Marquis, Atlanta, GA), 2016年04月
      • ヒト胎児期初期において、鼻中隔の前方への成長が前鼻棘を形成する
        勝部 元紀; 山田 重人; 上部 千賀子; 巻島 美幸; 大坂 美穂; 釜谷 美翔子; 宮崎 伶菜; 山口 豊; 山本 憲; 森本 直記; 西村 剛; 今井 宏彦; 松田 哲也; 伊藤 毅; 鈴木 茂彦
        第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年03月
      • 嚥下と話しことばの進化
        西村剛
        バイオインテグレーション学会第6回学術大会 (2016年3月, 大阪医科大学,大阪市中央区), 2016年03月, 招待有り
      • Electroglottographic assessment of in vivo Japanese Macaque sound production
        Herbst, C.T; Koda, H; Kunieda, T; Suzuki, J; Garcia, M; Fitch, T; Nishimura, T
        The 10th International Conference on Voice Physiology and Biomechanics (2016/3, Viña del Mar, Chile), 2016年03月, 査読有り
      • Vocal inhibition enhances to decouple the vocalizations from emotion
        Koda, H; Kunieda, T; Nishimura, T
        Workshop " The Evolution of Speech", The 11th Evolution of Language International Conference (2016/3, New Orleans, LA, USA), 2016年03月
      • Primate voice physiology: similarities and differences between humans and non-human primates
        NISHIMURA Takeshi
        Workshop " The Evolution of Speech", The 11th Evolution of Language International Conference (2016/3, New Orleans, LA, USA), 2016年03月
      • 7T MRIを用いたヒト胎児期初期における鼻中隔および前鼻棘成長過程の解析
        勝部 元紀; 山田 重人; 上部 千賀子; 巻島 美幸; 大坂 美穂; 釜谷 美翔子; 宮崎 伶菜; 山口 豊; 山本 憲; 森本 直記; 西村 剛; 今井 宏彦; 松田 哲也; 伊藤 毅; 鈴木 茂彦
        医用画像研究会メディカルイメージング連合フォーラム, 2016年01月
      • 高解像度MRI によるテナガザル類の声門形態の比較分析
        西村剛; 今井宏彦; 松田哲也
        第69回日本人類学会大会 (2015年10月. 産業技術総合研究所臨海副都心センター, 東京), 2015年10月
      • マーモセットの音声生成の生理学的メカニズム
        西村剛; 香田啓貴; 徳田功; 脇田真清; 伊藤毅
        第31回日本霊長類学会大会 (2015年7月. 京都大学, 京都), 2015年07月
      • ヒト上科の中手指節関節に見られる種子骨について
        中務真人; 森本直記; 西村剛
        第31回日本霊長類学会大会 (2015年7月. 京都大学, 京都), 2015年07月
      • Quantification analysis of cranial bones development among primates species using geometric morphometrics method.
        Yano W; Nishimura T; Watanabe R; Satoh K; Ejiri S
        The 13th Congress of the International Society of Bone Morphometry (2015/4, Tokyo), 2015年04月
      • Helium experiment and vocal physiology of the phee calls in common marmosets
        Takeshi Nishimura; Hiroki Koda; Isao T. Tokuda; Masumi Wakita; Tsuyoshi Ito
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2015年03月
      • マーモセットにおけるホイッスル様音声の生成メカニズム
        西村剛; 香田啓貴; 徳田功; 脇田真清; 伊藤毅
        第68回日本人類学会大会 (2014年11月, アクトシティ浜松, 浜松). Anthropological Science 122: 176., 2014年11月
      • Few contributions of the maxillary sinus to air-conditioning in macaques.
        Nishimura TD; Mori F; Hanida S; Kumahata K; Miyabe-Nishiwaki T; Suzuki J; Matsuzawa T
        The 25th Congress of the International Primatological Society. (2014/8, Melia Hotel, Hanoi)., 2014年08月
      • マカクの種間雑種における上顎洞変異:顔面頭蓋の空洞化に寄与する遺伝的基盤に関する示唆.
        伊藤毅; 川本芳; 濱田穣; 西村剛
        第30回日本霊長類学会大会, 大阪市. (2014/07/05), 2014年07月
      • Formant tuning techinique in vocalizations of non-human primates.
        Hiroki Koda; Isao Tokuda; Chisako Oyakawa; Toshikuni Nihonmatus; Masumi Wakita; Nobuo Masataka; Takeshi Nishimura
        The 10th International Conference on the Evolution of Language. (2014/4, Vienna, Austria)., 2014年04月
      • Computed fluid dynamics of the air-conditioning through the nasal passage in humans, chimpanzees, and macaques.
        Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Shigeru Ishikawa; Takako Miyabe-Nishiwaki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Teruo Matsuzawa
        The 83rd Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists (2014/4, Calgary, Canada) American Journal of Physical Anthropology 153 (Suppl. 58): 196., 2014年04月
      • A Chinese alligator in heliox: investigating the potential of honest acoustic signals in crocodilians.
        Stephan Reber; Takeshi Nishimura; Judith Janisch; Mark Robertson; Tecumseh Fitch
        The 9th Topical Meeting of the Ethologische Gesellschaft e. V. - Function and Mechanisms of Animal Behaviour - (2014/2, Tutzing, Germany)., 2014年02月
      • マカク属における上顎洞形態と顔面形態の関係.
        伊藤毅; 西村剛; 河部壮一郎; 高井正成
        第67回日本人類学会大会 (2013年11月, 国立科学博物館, 東京). Anthoropological Science 121(3): 248., 2013年11月
      • Digital archives of medical imaging scans for non-human primates: contributions to comparative anatomy.
        Takeshi Nishimura
        Swiss-Kyoto Symposium (2013/11, Zurich, Switzerland)., 2013年11月
      • 哺乳類の肩甲骨の形態学的研究
        和田直己; 谷大輔; 中村仁美; 大木順司; 西村剛; 藤田志歩
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 (2013年9月, 岡山理科大学, 岡山). 霊長類研究 29(Suppl.): 80., 2013年09月
      • 霊長類マカク属における鼻腔形状の地理的変異
        伊藤毅; 西村剛; 高井正成
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 (2013年9月, 岡山理科大学, 岡山). 霊長類研究 29(Suppl.): 77., 2013年09月
      • 島嶼小型化によるニホンザルの頭蓋形状変異は島嶼間で共通か
        矢野航; 西村剛; 河部壮一郎; 江木直子; 高野智; 荻原直道; 小萱康徳; 佐藤和彦; 渡邉 竜太; 江尻貞一
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 (2013年9月, 岡山理科大学, 岡山). 霊長類研究 29(Suppl.): S162., 2013年09月
      • ヒトとサル類における鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的シミュレーション
        西村剛; 森太志; 埴田翔; 熊畑清; 石川滋; 宮部貴子; 林美里; 友永雅己; 鈴木樹理; 松沢哲郎; 松澤照男
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 (2013年9月, 岡山理科大学, 岡山). 霊長類研究 29(Sup. ): 158., 2013年09月
      • 人類の呼吸機能の進化と第一次出アフリカに関する研究
        西村剛
        旭硝子財団助成研究発表会 (2013年, 市ヶ谷グランドホテル, 東京)., 2013年07月
      • チンパンジー乳様突起部周辺の肉眼解剖的観察.
        矢野航; 長岡朋人; 西村剛; 江尻貞一; 平田和明
        第118回日本解剖学会全国学術集会 (2013年3月,サンポートホール高松・かがわ国際会議場, 高松). 日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集: 110., 2013年03月
      • 大型類人猿情報ネットワーク(GAIN)の活動紹介:WEBによる情報発信と遺体の有効活用
        綿貫宏史朗; 落合知美; 西村剛; 今井啓雄; 伊谷原一; 友永雅己; 松沢哲郎
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2013年
      • ヒト幼児およびアカゲザルの示指皮膚の押し込み変形挙動計測
        川口哲司; 坂本二郎; 宮崎祐介; 多田充徳; 西村剛
        日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会 (2013年1月, 産業技術総合研究所つくばセンター, つくば)., 2013年01月
      • Application of computational fluid dynamics to simulate a steady airflow in all regions of chimpanzee's nasal cavity
        Kaouthar Samarat; Kiyoshi Kumahata; Sho Hanida; Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Shigeru Ishikawa; Teruo Matsuzawa
        Procedia Engineering, 2013年
      • 大型類人猿情報ネットワーク(GAIN)の活動紹介
        落合知美; 綿貫宏史朗; 西村剛; 郷康広; 今井啓雄; 伊谷原一; 友永雅己; 松沢哲郎
        第 35 回日本分子生物学会年会 特別企画 NBRP 実物つきパネル展示「バイオリソース勢ぞろい」(2012年12月, マリンメッセ福岡, 福岡), 2012年12月
      • 霊長類 3 種の頭蓋顔面形態形成の比較研究
        矢野航; 江木直子; 高野智; 荻原直道; 西村剛
        日本人類学会大会(2012年11月, 横浜), 2012年11月
      • 類人猿の飼育履歴:GAIN ウェブサイトの紹介
        落合知美; 綿貫宏史朗; 今井啓雄; 郷康広; 西村剛; 伊谷原一; 友永雅己; 松沢哲郎
        第15 回 SAGA シンポジウム (2012年11月, 札幌市立大学, 札幌)., 2012年11月
      • ヒヒ族霊長類における上顎洞の形成について
        西村剛; 矢野航; 伊藤毅
        第 66 回日本人類学会大会 (2012年11月, 慶應義塾大学日吉キャンパス, 横浜). Anthoropological Science 120(3): 263., 2012年11月
      • チンパンジーにおける鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的研究
        西村剛; 森太志; 埴田翔; 熊畑清; 石川滋; 鈴木樹理; 宮部貴子; 林美里; 友永雅己; 松沢哲郎; 松澤照男
        第15 回SAGA シンポジウム (2012年11月, 札幌市立大学, 札幌円山動物園, 札幌)., 2012年11月
      • Anatomical variation of the hyo-laryngeal complex in hylobatids and its acoustic implication
        Nishimura T; Matsui K
        International Primatological Society XXV Congress Cancun 2012 (2012/8, Cancun, Mexico)., 2012年08月
      • 大型類人猿情報ネットワーク(GAIN)の10年の活動を振り返って
        落合知美; 綿貫宏史朗; 西村剛; 今井啓雄; 郷康広; 伊谷原一; 友永雅己; 松沢哲郎
        第28回日本霊長類学会大会 (2012年7月, 椙山女学園大学, 名古屋). 霊長類研究 28(Suppl.): S30., 2012年07月
      • 大型ヒヒ族 Procynocephalus wimani(中期更新世、中国)の鼻腔構造とその系統的位置について
        西村剛; 矢野航; 伊藤毅; Jan Ove; R. Ebbestad; V. Berg-Madsen; 高井正成
        第28回日本霊長類学会大会 (2012年7月, 椙山女学園大学, 名古屋). 霊長類研究 28(Suppl.): S18-19., 2012年07月
      • 準標識点を用いたマントヒヒとニホンザルの性差を形成する頭蓋骨形成異時性の比較研究
        矢野航; Philipp Gunz; Philipp Mitteroecker; 高野智; 江木直子; 荻原直道; 西村剛
        第28回日本霊長類学会大会 (2012年7月, 椙山女学園大学, 名古屋). 霊長類研究 28(Suppl.): S15., 2012年07月
      • 原人に生理的早産はあったか?−ホモ・フロレシエンシスの頭骨化石からの示唆
        海部陽介; 金子剛; 清水大輔; 矢野航; 西村剛
        第28回日本霊長類学会大会 (2012年7月, 椙山女学園大学, 名古屋). 霊長類研究 28(Suppl.): S20., 2012年07月
      • マカク属霊長類における顔面頭蓋形状のアロメトリーと地理的多様性
        伊藤毅; 西村剛; 高井正成
        第28回日本霊長類学会大会 (2012年7月, 椙山女学園大学, 名古屋). 霊長類研究 28(Suppl.): S15-16., 2012年07月
      • 東アジアにおける霊長類マカク属の進化史:頭骨内部構造の変異と系統的意義
        伊藤毅; 西村剛; 高井正成
        日本地球惑星科学連合2012年大会, (2012年5月, 幕張メッセ国際会議場 , 千葉)., 2012年05月
      • チンパンジー口腔内から分離されたStreptococcus mutans様菌株について
        岡本 公彰; 今井 奬; 花田 信弘; 阿保 備子; 宮之原 真由; 齋藤 渉; 山口 貴央; 井川 知子; 小川 匠; 野村 義明; 桃井 保子; 西村 剛; 宮部 貴子; 藤澤 道子; 友永 雅己
        日本細菌学雑誌, 2012年02月
      • Great ape virtopsy as a tool for musculoskeletal structure-function analysis.
        Naoki Morimoto; Marcia S. Ponce De Leon; Takeshi Nishimura; Christoph P. E. Zollikofer
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2012年
      • Paleobiogeography of Macaca (Mammalia: Primates)
        Ito T; Nishimura T; Takai M
        Second International Symposium on East Asian Vertebrate Species Diversity (2012/07/27-29, Kyoto)., 2012年, 査読有り
      • GAINウェブサイトの紹介:類人猿に関する情報収集
        落合知美; 打越万喜子; 今井啓雄; 郷康広; 西村剛; 伊谷原一; 松沢哲郎
        第14回SAGAシンポジウム (2011年11月, 熊本市動植物園, 熊本市)., 2011年11月
      • 大型類人猿情報ネットワーク(GAIN) の活動:ウェブサイトでの情報管理
        落合-大平知美; 打越万喜子; 今井啓雄; 郷康広; 西村剛; 伊谷原一; 松沢哲郎
        第27回日本霊長類学会大会 (2011年7月, 犬山国際観光センター, 犬山)., 2011年07月
      • マカクザルにおける上顎洞の生理学的機能に関する数値流体力学的研究
        西村剛; 森太志; 熊畑清志; 松澤照男
        第27回日本霊長類学会大会 (2011年7月, 犬山国際観光センター, 犬山). 霊長類研究 27(Suppl.): 31-32., 2011年07月
      • チンパンジー歯垢より単離したレンサ球菌の性状に関する研究
        宮之原 真由; 今井 奬; 齋藤 渉; 山口 貴央; 小川 匠; 井川 知子; 岡本 公彰; 阿保 備子; 野村 義明; 西村 剛; 宮部 貴子; 藤澤 道子; 友永 雅己; 桃井 保子; 花田 信弘
        鶴見歯学, 2011年05月
      • 話しことばの霊長類的起源~葉山コレクションをもとに
        西村剛
        日本人類学会進化人類学分科会第25 回シンポジウム 葉山杉夫先生追悼記念シンポジウム「サルとヒトの研究から見えるもの」(2011年5月, 京都大学, 京都)., 2011年05月
      • ユーラシアにおける大型オナガザル亜科化石の進化史:頭骨内部構造の形質と拡散経路
        西村剛; 高井正成
        日本地球惑星科学連合2011年大会, (2011年5月, 幕張メッセ国際会議場 , 千葉)., 2011年05月
      • アジアの霊長類マカク類における頭骨顔面部のアロメトリーと種間差違
        伊藤毅; 西村剛; 高井正成
        日本地球惑星科学連合2011年大会, (2011年5月, 幕張メッセ国際会議場 , 千葉)., 2011年05月
      • Morphological variation of the paranasal sinuses in strepsirrhines.
        Takeshi D. Nishimura; Renaud Lebrun; Marcia Ponce De Leon; Christoph P. E. Zollikofer
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2011年
      • Activity of the Great Ape Information Network (GAIN): a web site promoting animal welfare.
        Ochiai-Ohira T; Uchikoshi M; Imai H; Go Y; Nishimura T; Idani G; Matsuzawa T
        International Conference on Environmental Enrichment (2011/08/14-19, Benson Hotel, Oregon, USA)., 2011年, 査読有り
      • 話しことばの霊長類的基盤.
        西村剛
        第64回日本人類学会大会 (2010年10月, だて歴史の杜カルチャーセンター, 伊達). Anthropological Scienece 118(3): 228., 2010年10月
      • 曲鼻猿類における副鼻腔形態の変異について
        西村剛; Renaud Lebrun; Marcia Ponce de Leon; Christoph P. E. Zollikofer
        第64回日本人類学会大会 (2010年10月, だて歴史の杜カルチャーセンター, 伊達). Anthropological Scienece 118(3): 228., 2010年10月
      • Primate foundations and origins of human speech.
        Takeshi Nishimura
        The 4th International Symposium of the Biodiversity Global COE Project “Formation of a strategic base for biodiversity and evolutionary research: -from genome to ecosystem” (2010/9, Kyoto) Program and Abstracts: 20., 2010年09月
      • Evolution of large cercopithecines Procynocephalus/Paradolichopithecus from the Middle Pliocene and Early Pleistocene of Eurasia.
        Takeshi D. Nishimura; Masanaru Takai
        International Primatology Society XXIII Congress Kyoto 2010 (2010/9, Kyoto) Primate Research 26 (Suppl.): 452., 2010年09月
      • Climatic influences on cranial variation in Macaca fascicularis and M. fuscata.
        Tsuyoshi Ito; Takeshi Nishimura; Masanaru Takai
        The 23rd Congress of International Primatological Society (2010/9, Kyoto)., 2010年09月
      • サルの進化,ヒトの進化
        西村剛
        第6回生体工学と流体工学に関するシンポジウム. (2010年2月, 石川県立生涯学習センター, 金沢)., 2010年02月
      • タンビンカン哺乳類相(中期中新世・ミャンマー)の解析とその古環境
        ジンマウンマウンテイン; 高井正成; 鵜野光; 三枝春生; タウンタイ; 江木直子; 鍔本武久; 西村剛; Jonathan Wynn; 米田穣
        日本古生物学会予稿集, 2010年01月
      • ヒトの話しことばとサルの音声
        西村剛
        日本音響学会2017年春季研究発表会 (2017/3, 明治大学生田キャンパス, 川崎), 2010年, 招待有り
      • Nasal anatomy of Paradolichopithecus gansuensis (early Pleistocene, Longdan, China) and its phyletic relationships with the other species of this genus.
        Takeshi D. Nishimura; Zhangxian Qiu; Masanaru Takai; Yingqi Zhang; Changhzu Jin
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2010年
      • 東南アジア最古のコロブス類化石
        高井正成; タウンタイ・アウンナインスー; 江木直子; 西村剛; ジンマウンマウンテイン
        日本哺乳類学会2009年度台北大会プログラム・講演要旨集, 2009年11月
      • Paleobiogeography of large cercopithecines from the Pliocene and Pleistocene of Asia.
        Takeshi Nishimura
        The Satellite Symposium "Field Studies on Primate Diversity and Conservation", The 3rd International Congress on the Future of Animal Research "Biomedical and Field Research with Non-human Primates" (2009/11, Nakhon Pathom, Thailand)., 2009年11月
      • ミャンマーでみつかった東南アジア最古のコロブス化石
        高井正成; タウンタイ; アウンナインスー; 江木直子; 西村剛; ジンマウンマウンテイン
        第63回日本人類学会大会 (2009年10月, 東京)., 2009年10月
      • ニホンザルの音声生成・操作に関する実験的研究
        西村剛; 香田啓貴; 加藤朱美
        第63回日本人類学会大会 (2009年10月, 東京). Anthoropological Science 117(3): 201., 2009年10月
      • 霊長類の音声器官の比較発達 ―ことばの系統発生
        西村剛
        日本動物心理学会第69回大会シンポジウム"ことばの獲得の背景にあるもの". (2009年9月, 岐阜大学, 岐阜)., 2009年09月
      • 数値シミュレーションによるヒトとチンパンジーの鼻腔機能の比較
        熊畑清; 森太志; 西村剛; 松澤照男
        日本機械学会2009年度年次大会 (2009年9月, 岩手大学, 盛岡)., 2009年09月
      • 愛媛県肱川町敷水の後期更新世の堆積物から見つかったニホンザル頭骨化石の再検討
        伊藤毅; 高井正成; 西村剛; T.コッペ; 岩本光雄
        第25回霊長類学会大会 (2009年7月, 中部学院大学, 各務原)., 2009年07月
      • ミャンマーの鮮新世の地層からみつかった旧世界ザル類化石
        高井正成; タウンタイ・ジンマウンマウンテイン; アウンナイスー; 江木直子; 西村剛
        第25回日本霊長類学会大会 (2009年7月, 中部学院大学, 各務原). 霊長類研究 25 (Suppl.) : S10., 2009年07月
      • ニホンザルにおける腰椎椎体海綿骨の加齢変化
        陳華岳; 西村剛; 高井正成
        第25回日本霊長類学会大会 (2009年7月, 中部学院大学, 各務原). 霊長類研究 25 (Suppl.) : S9., 2009年07月
      • チンパンジーにおける脳の発達過程
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 平井大地; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子; 友永雅己; 田中正之; 松沢哲郎
        第25回霊長類学会大会 (2009年7月, 中部学院大学, 各務原)., 2009年07月
      • Paradolichopithecus gansuensis(前期更新世,中国甘粛省龍担)の鼻腔内部構造と同属の分類学的検討
        西村剛; 邱占祥; 高井正成; 張穎奇; 金昌柱
        第25回日本霊長類学会大会 (2009年7月, 中部学院大学, 各務原). 霊長類研究 25 (Suppl.) : S10., 2009年07月
      • Enigmatic specimen of an anthracotheriid artiodactyl from the Eocene of Myanmar.
        Tsubamoto T; Zin-Maung-Maung-Thein; Egi N; Nishimura TD; Takai M
        International Symposium on Paleogene Biota and Stratigraphy of Eastern Asia Abstract and Guidebook, 2009年06月, 査読有り
      • 話しことばの霊長類的基盤とその起源
        西村剛
        第11回情報科学研究科セミナー. (2009年2月, 北陸先端科学技術大学院大学, 能美)., 2009年02月
      • Maturation of the prefrontal area in chimpanzees
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Takeshi Nishimura; Daichi Hirai; Juri Suzuki; Yuzuru Hamada; Tetsuro Matsuzawa
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • ミャンマー中部の下部イラワジ層から産出した後期中新世ヤマアラシ化石の新種
        西岡佑一郎; ジンマウンマウンティン; 高井正成; 江木直子; 鍔本武久; 西村剛; 伊藤毅; タウンタイ
        日本古生物学会第158回例会 (2009年1月, 琉球大学, 那覇). 例会予稿集 : 14., 2009年01月
      • Paleoenvironmental analysis of the Late Neogene Chaingzauk Fauna of Myanmar using state isotope of tooth enamel.
        Zin-Maung-Maung-Thein; Masanaru Takai; Hikaru Uno; Jonathan Wynn; Naoko Egi; Takehisa Tsubamoto; Takeshi D. Nishimura; Haruo Saegusa; Thaung-Htike; Tsuyohi Ito
        The 158th Regular Meeting of the Paleontological Society of Japan (2009/1, Okinawa), 2009年01月
      • Brain development in chimpanzees: A longitudinal MRI study.
        Sakai T; Mikami A; Hirai D; Nishimura T; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe T; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (2009/12, 犬山, 京都大学霊長類研究所)., 2009年, 査読有り
      • Paleoenvironmental analysis of the late Neogene Chaingzauk fauna of Myanmar using stable isotope of tooth enamel.
        Zin-Maung-Maung-Thein; Takai M; Uno H; Wynn J; Egi N; Tsubamoto T; Nishimura T; Saegusa H; Thaung-Htike; Ito T
        日本古生物学会第158回例会 (2009/01-02, 那覇)., 2009年, 査読有り
      • チンパンジー乳幼児の扁桃体の発達
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 豊田浩士; 松沢哲郎; 友永雅己; 田中正之; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子
        第62回日本人類学会大会 (2008年11月, 愛知学院大学, 名古屋). Anthoropological Science 116(3): 267., 2008年11月
      • アジア東部の鮮新世の化石コロブス類とその進化史について
        高井正成; 西村剛; 小薮大輔; カルミコフ N; マシェンコ E
        第62回日本人類学会大会 (2008年11月, 愛知学院大学, 愛知). Anthoropological Science 116(3): 274., 2008年11月
      • CTを用いたParadolichopithecus (オナガザル亜科,ヒヒ族)の鼻腔内部構造の分析
        西村剛; 高井正成
        第62回日本人類学会大会 (2008年11月, 愛知学院大学, 名古屋). Anthoropological Science 116(3): 263., 2008年11月
      • マカク属における鼻腔と上顎洞の形態変異とその系統解析への応用
        伊藤毅; 高井正成; 西村剛
        第24回日本霊長類学会大会 (2008年7月, 明治学院大学, 東京). 霊長類研究 24(Suppl.): S3., 2008年07月
      • Paradolichopithecus arvernensis(後期鮮新世, フランスSeneze産)の鼻腔内部構造とその系統的位置について
        西村剛; 高井正成; Senut B; Prieur A; Treil J
        第24回日本霊長類学会大会 (2008年7月, 明治学院大学, 東京). 霊長類研究 24 (Suppl.) : S8-S9., 2008年07月
      • Mapping of prefrontal development during infancy and childhood in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Miyabe T
        The 85th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan (2008/3, Kyoto)., 2008年03月
      • CT examinations of the fossil macaque cranium from the Pleistocene of northern Vietnam.
        Tsuyoshi Ito; Masanaru Takai; Takeshi Nishimura; Thomas Koppe; Brigitte Senut; Jose Braga; Arnaud Beck; Jacques Treil
        The 1st International Symposium of the Biodiversity Global COE Project “Formation of a strategic base for biodiversity and evolutionary research: -from genime to ecosystem” (2008/3, Kyoto) Program and Abstracts: 55., 2008年03月
      • ベトナム北部の更新世マカク頭骨化石の再検討
        伊藤毅; 高井正成; 西村剛; T.コッペ; B.スニュー; J.ブラガ; A.ベック; J.トレイユ
        日本古生物学会第157回例会 (2008年2月, 宇都宮). 研究発表要旨集: 4., 2008年02月
      • Preliminary analysis on the late Miocene/early Pliocene Chaingzauk fauna, Myanmar.
        Zin-Maung-Maung-Thein; Masanaru Takai; Thaung-Htike; Takehisa Tsubamoto; Naoko Egi; Takeshi D. Nishimura
        The 157th Regular Meeting of the Paleontological Society of Japan (2008/2, Utsunomiya), 2008年02月
      • Understanding the dynamics of primate vocalization and its implications for the evolution of human speech
        Takeshi Nishimura
        The Origins of Language: Unraveling Evolutionary Forces, 2008年
      • Maturation of the amygdala in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Matsuzawa T; Tomonaga M; Tanaka M; Hamada Y; Suzuki J; Miyabe T
        The 2nd International Symposium of the Global COE Project (2008/11, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • Development of brain and temporalis in chimpanzees First step: Development of brain in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Miyabe T
        (2008)The 1st International Symposium of the Global COE Project “from Genome to Ecosystem” (2008/03, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • ユーラシア大陸における絶滅したオナガザル類の進化史について
        高井正成; エフジェニー; マシェンコ; 西村剛; 名取真人
        第61回日本人類学会大会 (2007年10月, 日本大学新潟歯学部, 新潟). Anthoropological Science 115(3): 244., 2007年10月
      • テナガザルの音声生成・操作に関する実験的研究.
        西村剛; 香田啓貴; 親川千紗子; 正高信男; 二本松俊邦
        第61回日本人類学会大会 (2007年10月, 日本大学新潟歯学部, 新潟). Anthoropological Science 113(3): 251., 2007年10月
      • 神奈川県産後期鮮新世コロブス類の頭蓋骨化石のCT分析
        西村剛; 高井正成; 樽創; Brigitte SENUT; Jacques TREIL; Arnaud BECK; Jos BRAGA
        第23回日本霊長類学会大会 (2007年7月, 滋賀県立大学, 彦根). 霊長類研究 23(Suppl.): S-17., 2007年07月
      • ベトナム北部の前期更新世の堆積物から見つかっていたマカク頭骨化石の再検討
        高井正成; 西村剛; B.スニュー; J.ブラガ; A.ベック; J. トレイユ
        第23回日本霊長類学会大会 (2007年7月, 滋賀県立大学, 彦根). 霊長類研究 23(Suppl.): S-16-17., 2007年07月
      • チンパンジーの前頭前野の発達過程; 核磁気共鳴断層画像法(MRI)を用いて
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 豊田浩士; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 渡邊朗野; 松林清明; 後藤俊二; 宮部貴子
        第23回日本霊長類学会大会 (2007年7月, 滋賀県立大学, 彦根)., 2007年07月
      • 東部ユーラシア地域から見つかっている鮮新世のコロブス類化石の系統的位置に関する予備的考察
        高井正成; 西村剛; 樽創; E. マシェンコ; N. カルミコフ; B.スニュー; J.トレイユ; A. ベック; J. ブラガ
        日本古生物学会2007年年会 (2007年6月, 大阪), 2007年06月
      • Dicerorhinus (Perissodactyla, Rhinocerotidae) from the early Pleistocene of Myanmar.
        Zin-Maung-Maung-Thein; Masanaru Takai; Thaung-Htike; Haruo Saegusa; Takehisa Tsubamoto; Naoko Egi; Takeshi D. Nishimura
        2007 Annual Meeting of the Paleontological Society of Japan (2007/6, Osaka), 2007年06月
      • 話しことばの形態学的基盤の霊長類的起源
        西村剛
        葉山セミナー 総合研究大学院大学 (2007年5月, 葉山)., 2007年05月
      • ユーラシア大陸の鮮新統から出土するParadolichopithecus (霊長目オナガザル科)の系統的位置と拡散経路について
        高井正成; E. N. マシェンコ; 西村剛; 名取真人; 鈴木智起; 姉崎智子
        日本古生物学会第156回例会 (2007年2月, 徳島県立大学 , 徳島). 例会予稿集: A14., 2007年02月
      • テナガザル類の舌骨喉頭器官の形態変異について
        西村剛
        京都大学霊長類研究所共同利用研究会「アジア霊長類の生物多様性と進化」 (2007年, 京都大学霊長類研究所, 犬山)., 2007年
      • テナガザル類の舌骨喉頭器官の変異
        西村剛
        第60回日本人類学会大会 (2006年11月, 高知工科大学, 香美). Anthoropological Science 114(3): 239., 2006年11月
      • Mosaic and multiple-step evolution of the anatomical foundations for human speech.
        Takeshi Nishimura
        The 4th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan (2006/11, Honolulu, USA)., 2006年11月
      • Philogenetic Relationships and Biogeographic History of Paradolichopithecus, A Large-Bodied Cercopithecine Monkey from the Pliocene of Eurasia.
        Takai M; Maschenko E.N; Nishimura T
        INQUA “Stratigraphy, paleontology and paleoeonvironment of Pliocene-Pleistcene of Transbaikalia and interregional correlations” (2006/8, Ulan-Ude, Russia) Program and Abstracts: 88., 2006年08月
      • 話しことばと顔の進化−形態と運動制御−
        西村剛
        第22回日本霊長類学会大会自由集会「遺体科学が行く」, 2006年07月
      • ニホンザルにおける上喉頭声道形状の成長変化
        西村剛; 大石高生; 國枝匠; 矢野航; 松田圭司; 高橋俊光
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪大学, 吹田). 霊長類研究 22(Suppl.): S-5., 2006年07月
      • チンパンジーにおける喉頭下降:話しことばの形態学的基盤の進化
        西村剛
        第22回日本霊長類学会大会自由集会「大型類人猿情報ネットワーク(GAIN) 〜大型類人猿研究支援と情報整備、および研究と施設の現状〜」(2006年7月, 大阪大学, 吹田)., 2006年07月
      • チンパンジー4頭の脳形態の発達
        三上章允; 西村剛; 三輪隆子; 松井三枝; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 後藤俊二; 橋本ちひろ
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪大学, 吹田). 霊長類研究 22(Suppl.): S-30., 2006年07月
      • Paradolichopithecusは上顎洞を持つか.
        高井正成; 西村剛; Evgeny M
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田) 霊長類研究 22(Suppl.): S-6., 2006年07月, 査読有り
      • An allometric approach to maxillary sinus growth in Pan troglodytes.
        Thomas Koppe; C. Weigel; M. Toepke; Takeshi Nishimura
        The 101st Annual Meeting of Anatomische Gesellschaft (2006/4, Freiburg, Germany)., 2006年04月
      • 体肢骨は哺乳類の系統位置推定に有用か?--始新世アジアのアンフィピテクス科霊長類の例
        江木直子; 高井正成; Soe Thura Tun; 鍔本武久; 茂原信生; 西村剛
        日本古生物学会第155回例会 (2006年2月, 京都大学, 京都). 例会予稿集 : 98., 2006年02月
      • 形態進化と言語の起源
        西村剛
        京都大学霊長類研究所共同利用研究会「見る、聞く、話すの進化」(2006年, 京都大学霊長類研究所, 犬山)., 2006年
      • Paradolichopithecus sushkiniは上顎洞を持つか
        高井正成; 西村剛; 森本直記; Evgeny Maschenko
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年, 大阪大学, 吹田). 霊長類研究 22 (Suppl.) : S-6., 2006年
      • Mosaic evolution of the growth patterns in the morphological foundations for human speech.
        Takeshi Nishimura
        The SOKENDAI Seminar, The Graduate University for Advanced Studies (2006, Hayama)., 2006年
      • Descent of the larynx in chimpanzees: Mosaic and multiple-step evolution of the foundations for human speech
        Takeshi Nishimura
        Cognitive Development in Chimpanzees, 2006年
      • Descent of the larynx in chimpanzee infants (vol 100, pg 6930, 2003)
        T Nishimura; A Mikami; J Suzuki; T Matsuzawa
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2005年11月
      • チンパンジー大腿部筋骨格系の成長加齢
        松村秋芳; 西村剛; 高橋裕; 濱田穣
        第59回日本人類学会大会 (2005年11月, 横浜開港記念会館, 横浜). Anthoropological Science 113(3): 310., 2005年11月
      • チンパンジーにおける舌骨の下降
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎
        第59回日本人類学会大会 (2005年11月, 横浜開港記念会館, 横浜). Anthoropological Science 113(3): 324., 2005年11月
      • Development of the brain in infant chimpanzees.
        Mikami A; Nishimura T; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Hashimoto C
        The 28th Annual Meeting of The Japan Neuroscience Society (2005/7, Yokohama) Neuroscience Research 52(Suppl.): S53., 2005年07月
      • Three-dimensional analysis on the variation in maxillary sinus anatomy among platyrrhine monkeys.
        T Nishimura; M Takai; T Tsubamoto; N Egi; N Shigehara
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2005年
      • Growth and aging of the thigh musculo-skeletal system in chimpanzees
        Matsumura, A; Nishimura, T; Takahashi, Y; Hamada, Y
        (2005) 第59回日本人類学会大会 シンポジウム2 “Growth, Aging and Motor Performance” (Nov. 2005, Yokohama, Japan) Anthropological Science 113(3): 310., 2005年, 査読有り
      • 新世界ザルにおける上顎洞形状の変異に関する三次元的分析
        西村剛; 茂原信生; 高井正成; 鍔本武久; 江木直子
        第58回日本人類学会 (2004年11月, 長崎大学, 長崎). Anthoropological Science 112(3): 300., 2004年11月
      • Developmental changes in the shape of the vocal tract in chimpanzees.
        Takeshi Nishimura
        The 20th Congress of the International Primatological Society (2004/8, Torino, Italy) Folia Primatologica 75 (Suppl.1): 401-402., 2004年08月
      • ミャンマーの中期始新世末の地層から見つかった新しい霊長類化石について.
        高井正成; 鍔本武久; 茂原信生; 江木直子; 西村剛; タウンタイ
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月,犬山国際観光センター, 犬山) 霊長類研究 20(suppl):20-21., 2004年07月
      • ニホンザル胎生初期に高頻度で発現している遺伝子群の網羅的解析
        浅岡一雄; 飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 西村剛; 脇田真清; 渡辺邦夫
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山国際観光センター, 犬山). 霊長類研究 20(Sup. ): 43., 2004年07月
      • ニホンザルの胎生初期に高頻度で発現している遺伝子群の網羅的解析
        浅岡一雄; 飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 西村剛; 脇田真清; 渡辺邦夫
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山国際観光センター, 犬山)., 2004年07月
      • チンパンジーにおける喉頭嚢の成長.
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山国際観光センター, 犬山) 霊長類研究 20(Sup. ): 13-14., 2004年07月
      • アンフィピテクス科(始新世東南アジア)の系統位置:体肢骨格形態からの示唆
        江木直子; 高井正成; Soe Thura Tun; 茂原信生; 鍔本武久; 西村剛
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山国際観光センター, 犬山). 霊長類研究 20(suppl): 15-16., 2004年07月
      • Descent of the larynx in chimpanzees.
        Takeshi Nishimura
        The 1st HOPE international workshop "Evolutionary neighbors: from genes to mind", (2004/4, Kyoto)., 2004年04月
      • New specimens of Aotus dindensis from the Middle Miocene of La Venta, Colombia: the first osteomorphological evidence for the diurnal ancestry of owl monkey, Aotus.
        Masanaru Takai; Takeshi Nishimura; Nobuo Shigehara; Takeshi Setoguchi
        International Mammalian Symposium: Evolution, Systematics, Development (2004/2, Hayama)., 2004年02月
      • The first osteomorphological evidence for the diurnal ancestry of the owl monkey, Aotus
        M. Takai; T. Nishimura; N. Shigehara; T. Setoguchi
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2004年
      • Developmental changes in the shape of the vocal tract in chimpanzees
        T. Nishimura
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2004年
      • Development of the brain structures in chimpanzee infants
        A. Mikami; T. Nishimura; T. Miwa; M. Matsui; M. Tanaka; M. Tomonaga; T. Matsuzawa; J. Suzuki; A. Kato; K. Matsubayashi; S. Goto; C. Hashimoto
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2004年
      • New specimen of Aotus dindensis from the Middle Miocene of La Venta, Colombia: the first osteomorphological evidence for the diurnal ancestry of owl monkey, Aotus.
        Takai M; Nishimura T; Shigehara N; Setoguchi T
        (2004)International Mammalian Symposium: Evolution, Systematics, Development. (Feb. 2004, Hayama, Japan), 2004年, 査読有り
      • 焼却場などの周辺大気汚染とサルモデルによるモニタリング方法の構築
        浅岡一雄; 飯田景子; 渡辺邦夫; 鈴木樹理; 脇田真清; 西村剛; 郷田浩志; 安田峯生; 久保田俊一郎
        第6回日本内分泌攪乱化学物質学会年会 (2003年12月, 仙台市). 講演要旨集 : 429, 2003年12月
      • ヒトとマカクサルに発現する遺伝子の類似性を用いたエコトキシコゲノミックス
        飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 脇田真清; 西村剛; 渡辺邦夫; 森千里; 浅岡一雄
        第6回日本内分泌攪乱化学物質学会年会 (2003年12月, 仙台市). 講演要旨集 : 428, 2003年12月
      • Variations in the shape of the maxillary sinus in platyrrhines
        T Nishimura; N Shigehara; M Takai; T Tsubamoto; N Egi
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2003年11月
      • チンパンジーの音声器官の成長
        西村剛
        京都大学霊長類研究所共同利用研究会「チンパンジー認知研究の25年と今後の展望」 (2003年11月, 京都大学霊長類研究所, 犬山)., 2003年11月
      • 新世界ザルにおける上顎洞形状の変異
        西村剛; 茂原信夫; 高井正成; 鍔本武久; 江木直子
        第57回日本人類学会大会 (2003年10月, だて歴史の杜カルチャーセンター, 伊達). Anthropological Scienece 111(4): 401., 2003年10月
      • MRI動画撮像法を用いた輪状披裂関節運動の分析
        西村剛; 本多清志; 竹本浩典; 島田育廣; 藤本一郎; 正木信夫
        CREST シンポジウム「MRI 技術と音声研究」(2003年8月, 国際電気通信基礎技術研究所, 京都府精華町). プログラム・予稿集: 6., 2003年08月
      • チンパンジー乳幼児の喉頭下降
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 宮城教育大学・仙台市戦災復興記念館, 仙台). プログラム・予稿集: 35., 2003年06月
      • コロンビアの中期中新世の地層から見つかった新しいヨザル類の化石
        高井正成; 西村剛; 茂原信生; 瀬戸口烈司
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 宮城教育大学・仙台市戦災復興記念館, 仙台). プログラム・予稿集: 32., 2003年06月
      • Comprehensive analysis of gene expression in monkey tissues and development of DNA microarray for the detection of environmental chemical affection.
        Kazuo Asaoka; H. Iida; Juri Suzuki; Takeshi Nishimura; Masumi Wakita; M Ohba; H Okamura; S. Kubota
        The 5th International Workshop on Advanced Genetics (2003/6, Yokohama)., 2003年06月
      • チンパンジーにおける喉頭下降
        西村剛
        京都大学霊長類研究所共同利用研究会「ヒトを含む霊長類の聴覚と音声」 (2003年3月, 京都大学霊長類研究所, 犬山)., 2003年03月
      • Structure of the two maxillae of Pondaungia cotteri from central Myanmar.
        Nobuo Shigehara; Masanaru Takai; Takehisa Tsubamoto; Takeshi Nishimura; Naoko Egi
        International Symposium "Evolution of the Tertiary Primates in Asia" (2003/1, Inuyama) Asian Paleoprimatology 3: 68-69., 2003年01月
      • Gene expression resemblance between Macaca monkey and human, and its application for environmental toxicogenomics.
        Kazuo Asaoka; H. Iida; Y. Kamanaka; Takeshi Nishimura; Masumi Wakita; Juri Suzuki; Kunio Watanabe; Y. Ishikawa; S. Kawashima; C. Mori; M. Yasuda; S. Kubota
        The 5th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (2003, Kyoto) AIMECS 03 Abstracts: 179., 2003年
      • MRIで見たチンパンジー幼児の脳の発達
        三上章允; 松井三枝; 西村剛; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 後藤俊二; 橋本ちひろ
        第5回SAGAシンポジウム (2002年11月, 犬山国際観光センター, 犬山). 研究発表要旨集:130., 2002年11月
      • Functional morphology of the femur in apes and human beings.
        Akiyoshi Matsumura; Takeshi. Nishimura; Yutaka Takahashi; Yuzuru Hamada; Seiichiro Inokuchi; Morihiko Okada
        The 2nd COE International Symposium "Evolution of the Apes and the Origin of the Human Beings" (2002/11, Inuyama) Program and Abstracts: 102., 2002年11月
      • A MRI study of brain structures in infant chimpanzees.
        Akichika Mikami; Mitsue Matsui; Takeshi Nishimura; Masayuki Tanaka; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Juri Suzuki; Akino Kato; Kiyoaki Matsubayashi; Shunji Goto; Chihiro Hashimoto
        The 2nd COE International Symposium "Evolution of the Apes and the Origin of the Human Beings" (2002/11, Inuyama) Program and Abstracts: 63., 2002年11月
      • Functional morphology of the femur in chimpanzees and humans
        Matsumura A; Takahashi Y; Nishimura T; Hamada Y; Inokuchi S; Okada M
        Inter-Congress of IUAES 2002 (2002/9, Tokyo). Anthropological Science 111:71, 2002年09月
      • MRI motion imaging on the cricoarytenoid joint action.
        Takeshi Nishimura; Kiyoshi Honda; Hironori Takemoto; Yasuhiro Shimada; Ichiro Fujimoto; Shinobu Masaki
        The 3rd Biennial International Conference on Voice Physiology and Biomechanics, The Pinnacle Club (2002/9, Denver, USA)., 2002年09月
      • チンパンジーにおける声道形状の成長変化
        西村剛
        第18回日本霊長類学会大会 (2002年7月, 東京大学, 東京). 霊長類研究 18 (3) : 376., 2002年07月
      • Development of the brain in baby chimpanzees.
        Akichika Mikami; Mitsue Matsui; Takeshi Nishimura; Masayuki Tanaka; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Juri Suzuki; Akino Kato; Kiyoaki Matsubayashi; Shunji Goto; Chihiro Hashimoto
        The 3rd Congress of the Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies (2002/6, Seoul, Korea)., 2002年06月
      • 樹上性オナガザル類ロコモーションの運動学的比較
        濱田穣; 西村剛; 茶谷薫; 山極寿一
        第39回日本アフリカ学会 (2002年5月, 東北大学, 仙台) アフリカ学会アブストラクト集 p.76, 2002年05月
      • High possibility of the great ape habituation in the Moukalaba Reserve, Gabon.
        N Okayasu; T Nishimura; Y Hamada
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • A preliminary report on the developmental change of the vocal apparatus in chimpanzee infants.
        T Nishimura; A Mikami; S Hayakawa; Y Hamada
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • 喉の霊長類化
        西村剛
        日本哺乳類学会2001年度大会(2001年10月, 琉球大学・沖縄国際大学, 那覇)., 2001年10月
      • ヒト化(Hominization)におけるヘテロクロニー
        濱田穣; 西村剛
        日本進化学会第3回大会 (2001年10月, 京都大学, 京都)., 2001年10月
      • 成体オスの頭蓋計測値からみたニホンザルの地域変異
        毛利俊雄; 西村剛
        第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 (2001年7月, 京都国際会議場, 京都). 霊長類研究 17(2): 145., 2001年07月
      • 呼吸、嚥下、そして発話の進化
        西村剛
        第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 (2001年7月, 京都国際会館, 京都). Anthoropological Science 110 (1): 41, 霊長類研究 17(1): 106., 2001年07月
      • チンパンジー脳形態の生後発達
        三上章允; 西村剛; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 後藤俊二; 橋本ちひろ
        第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 (2001年7月, 京都国際会館, 京都). Anthoropological Science 110 (1): 97, 霊長類研究 17(1): 145., 2001年07月
      • チンパンジー乳児における音声器官形態の成長変化(予報)
        西村剛; 三上章允; 早川清治; 濱田穣
        第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 (2001年7月, 京都国際会館, 京都). Anthoropological Science 110 (1): 97, 霊長類研究 17(1): 146., 2001年07月
      • ガボン・モカラバリザーブにおける類人猿の人付けの可能性について
        岡安直比; 西村剛; 濱田穣
        第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 (2001年7月, 京都国際会館, 京都). Anthoropological Science 110 (1): 65, 霊長類研究 17(1): 123., 2001年07月
      • 霊長類の樹上四足歩行パターンの比較
        濱田穣; 西村剛; 岡安直比
        日本アフリカ学会第38回学術大会(2001年5月, 名古屋大学, 名古屋). 研究発表要旨集 p.122., 2001年05月
      • Two-step hypothesis on the descent of the larynx.
        Takeshi Nishimura
        COE International Symposium “Development and aging of primates” (2000/12, Inuyama) Program and Abstracts: 57., 2000年12月
      • 喉頭下降二段階仮説
        西村剛
        第54回日本人類学会(2000年11月, 東京大学, 東京). Anthoropological Science 109(1): 90., 2000年11月
      • ニホンザル(Macaca fuscata)の身体成熟年齢
        濱田穣; 西村剛; 早川清治
        第54回日本人類学会 (2000年11月, 東京大学, 東京). Anthropological Science 109 (1) : 90., 2000年11月
      • チンパンジー幼児の成長:Progress report
        濱田穣; 西村剛; 早川清治
        第3回SAGAシンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護−現状と未来−」 (2000年11月, 犬山国際観光センター, 犬山)., 2000年11月
      • チンパンジー新生児における喉頭器官形態(予報)
        西村剛; 早川清治; 濱田穣
        第3回SAGAシンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護−現状と未来−」 (2000年11月, 犬山国際観光センター, 犬山)., 2000年11月
      • チンパンジーの腰椎仙骨にみられる特徴: MRIによる研究
        松村秋芳; 西村剛; 濱田穣; 猪口清一郎; 岡田守彦
        第54回日本人類学会 (2000年11月, 東京大学, 東京). Anthropological Science 109 (1) : 63, 2000年11月
      • MRIによるチンパンジー脳形態の発達過程の検討
        三上章允; 西村剛; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野
        第3回SAGAシンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護−現状と未来−」 (2000年11月, 犬山国際観光センター, 犬山)., 2000年11月
      • MRIによるチンパンジー大腿部運動器の機能形態学的研究 −3次元解析の試み−
        松村秋芳; 高橋裕; 西村剛; 濱田穣
        京都大学霊長類研究所共同利用研究会「霊長類形態の3次元解析」 (2000年11月, 京都大学霊長類研究所, 犬山)., 2000年11月
      • Functional morphology of the larynx in humans and primates.
        Takeshi Nishimura
        International Mini Workshop “The Origin and Morphological Researches of Human Language”, ATR Human Information Laboratory (2000, Seika, Kyoto)., 2000年08月
      • X線テレビを用いた音声器官の運動研究
        西村剛
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 東海学園大学, 名古屋)., 2000年07月
      • MRIによるチンパンジー大腿部運動器の機能形態学的分析
        松村秋芳; 高橋裕; 西村剛; 濱田穣; 菊池正嘉; 伊藤純治; 猪口清一郎
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 東海学園大学, 名古屋). 霊長類研究 16 (3) : 237., 2000年07月
      • ヒトを含む狭鼻猿類における頭蓋底の比較形態学的分析
        西村剛
        第53回日本人類学会大会 (1999年, 東京都立大学, 東京). Anthoropological Science 108(1): 96., 1999年11月
      • Comparative study on the basicranial morphology among anthropoids.
        Takeshi Nishimura
        COE International Symposium “Evolution of the Apes and the Origin of the Human Beings” (1999/11, Inuyama) Program and Abstracts: 46., 1999年11月
      • 真猿類甲状軟骨の形態と機能 −誤嚥防止機構と喉頭の位置−
        西村剛
        第15回日本霊長類学会大会 (1999年, 宮崎大学, 宮崎). 霊長類研究 15(3): 431., 1999年06月
      • チンパンジー大腿部運動器の機能解剖学的分析
        松村秋芳; 高橋裕; 菊地正嘉; 西村剛; 濱田穣
        第15回日本霊長類学会大会 (1999年6月, 宮崎大学, 宮崎)., 1999年06月
      • 類人猿に関する形態学的研究−侵襲性を極力減らす方法論−
        濱田穣; 西村剛; 菊池泰弘
        第1回SAGAシンポジウム (1998年11月, 犬山国際観光センター, 犬山)., 1998年11月

      講演・口頭発表等

      • ヘリウムを吸ったワニとサルから見る音声コミュニケーションの進化
        西村剛
        京大生物学教室 (オンライン), 2021年07月, 招待有り
      • ヘリウムを吸ったワニとサル
        西村剛
        神戸市シルバーカレッジ (2021/6, しあわせの村, 神戸), 2021年06月12日, 招待有り
      • 鳴き声はどう変わる? 〜ワニとヘリウムの研究〜
        西村剛
        はまぎんキッズ・サイエンストークイベントVol.8 ユーモアと科学のイグ・ノーベル賞 (2021/3, はまぎんこども宇宙科学館, 横浜), 2021年03月08日, 招待有り
      • ヘリウムを吸ったワニとサル
        西村剛
        南山中学校文化委員会特別講演会 (2021/1, 南山中学校, 名古屋), 2021年01月19日, 招待有り
      • ヘリウムを吸ったワニとサル
        西村剛
        第66回京大モンキー日曜サロン (2020/12, 公益財団法人日本モンキーセンター, 犬山), 2020年12月12日, 招待有り
      • ヒトの理解: 話しことばの進化から
        西村 剛
        株式会社IHI「人と文化を理解するフォーラム」(2018/11, 株式会社IHI横浜エンジニアリングセンター横浜ゲストハウス, 横浜), 2018年11月29日, 招待有り
      • サルのことば、ヒトのことば
        西村 剛
        2018年度京大モンキーキャンパス (2018/7, 日本モンキーセンター, 犬山), 2018年07月01日, 招待有り
      • ヘリウム音声実験で探るサルの発声のしくみ
        西村 剛
        第45回京大モンキー日曜サロン (2018/4, 日本モンキーセンター, 犬山), 2018年04月08日
      • 霊長類の進化とコミュニケーション
        西村剛
        立命館大学付属高校講義 (2017/05, 京都大学霊長類研究所, 犬山), 2017年05月
      • 霊長類の進化とコミュニケーション
        西村剛
        奈良県立奈良青翔中学校講義 (2016/11, 京都大学霊長類研究所, 犬山), 2016年11月07日
      • 話しことばの起源と進化
        西村剛
        京都大学サマースクール2016 (2016/8, 京都大学, 京都市左京区), 2016年08月19日
      • 骨からサルを見てみよう
        西村剛
        日本霊長類学会「サルのなぜ?なに?!授業」 (2016/7, 鹿児島市立伊敷中学校, 鹿児島), 2016年07月15日, 招待有り
      • サルのことば
        西村剛
        ウィーン日本人学校講義, オーストリア・ウィーン日本人学校, 2014年07月16日
      • Paleobiogeography of large cercopithecines from the Pliocene and Pleistocene of Asia
        Nishimura T
        Lecture at the University of Mandalay, Myanmar, 2013年01月25日
      • 人類化石から探ることばの起源
        西村剛
        平成20年度大学出張講義. 静岡県立沼津東高等学校, 2008年10月25日
      • グローバルCOE生物多様性・霊長類学ジュニア教室「この手でサワッテみよう霊長類の化石たち」
        高井正成; 西村剛; 江木直子
        京都大学総合博物館, 京都, 2008年06月
      • Primate vocal anatomy and physiology: similarities and differences between humans and nonhuman primates
        Takeshi Nishimura, 分担執筆
        The Origins of Language Revisited: Differentiation from Music and the Emergence of Neurodiversity and Autism (ed. N. Masataka), Springer, Tokyo, pp. 25-53., 2020年
      • 「行動生物学辞典」項目執筆
        西村剛, 分担執筆
        東京化学同人, 東京, 2013年05月, 査読無し
      • 発話の進化と嚥下
        西村剛, 分担執筆
        別冊 Quintessence 臨床家のための矯正 YEAR BOOK ’12 矯正臨床の多角的な視点を養う, クインテッセンス出版, 東京, pp.20-24, 2012年09月, 査読無し
      • コンピュターの目で読み解くサルの進化
        西村剛, 分担執筆
        京大人気講義シリーズ 新・霊長類学のすすめ (京都大学霊長類研究所編), 丸善出版, 東京, pp. 1-18, 2012年04月, 査読無し
      • 話しことばの生物学的基盤
        西村剛, 分担執筆
        シリーズ朝倉 言語の可能性 4.言語と生物学 (長谷川寿一編), 朝倉書店, 東京, pp.70-96, 2010年11月, 査読無し
      • 「生物学辞典」項目執筆
        西村剛, 分担執筆
        生物学辞典, 東京化学同人編 東京化学同人, 東京, 2010年04月, 査読無し
      • 霊長類の分類リスト
        伊藤毅; 西村剛, 分担執筆
        新しい霊長類学 (京都大学霊長類研究所編), 講談社, 東京, pp. 351-362, 2009年09月, 査読無し
      • 霊長類は全部合わせて何種類ぐらいいますか?
        西村剛, 分担執筆
        新しい霊長類学 (京都大学霊長類研究所編), 講談社, 東京, pp. 59-63, 2009年09月, 査読無し
      • ヒトの体には、なぜ毛が生えていない?
        西村剛, 分担執筆
        新しい霊長類学 (京都大学霊長類研究所編), 講談社, 東京, pp. 36-40, 2009年09月, 査読無し
      • Understanding the dynamics of primate vocalization and its implications for the evolution of human speech
        Takeshi Nishimura, 分担執筆
        The Origins of Language (N. Masataka ed.), Springer-Verlag, Tokyo, pp.111-130, 2008年08月, 査読無し
      • Descent of the larynx in chimpanzees: mosaic and multiple-step evolution of the foundations for human speech.
        Takeshi Nishimura, 分担執筆
        Cognitive Development in Chimpanzees (T. Matsuzawa, M. Tomonaga & M. Tanaka, eds.), Springer-Verlag, Tokyo, pp. 75-95, 2006年07月, 査読無し
      • 声道形状の成長変化
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎, 分担執筆
        チンパンジーの認知と行動の発達 (友永雅己・田中正之・松沢哲郎編), 京都大学学術出版会, 京都, pp. 310-316., 2003年02月, 査読無し
      • 呼吸、嚥下、そして発話の進化
        西村 剛, 分担執筆
        人類学と霊長類学の新展開 (石田英實・中務真人・荻原直道編), 金星舎, 京都, pp. 63-68., 2002年06月, 査読無し
      • 霊長類の四足歩行について-オナガザル類を主として-
        濱田穣; 西村剛; 茶谷薫, 分担執筆
        歩行の進化と老化 (木村賛編), てらぺいあ社, 東京, pp. 89-128, 2002年04月, 査読無し

      受賞

      • 2004年07月03日
        日本霊長類学会, 高島賞
      • 2015年10月11日
        日本人類学会, Anthropological Science 論文奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 実体模型および摘出喉頭による仮声帯振動機構の解明と歌唱、医療、言語進化への展開
        基盤研究(C)
        小区分61010:知覚情報処理関連
        立命館大学
        徳田 功
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        仮声帯振動;嗄声;喉歌;実体模型;摘出喉頭吹鳴実験
      • サル類の声帯振動特性に関する実験的研究による話しことばの進化プロセスの解明
        基盤研究(A)
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        京都大学
        西村 剛
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        霊長類;話しことば;声帯振動;音声;喉頭;進化プロセス;生態振動
      • ヒト発話コミュニケーションの進化と成立:前駆体能力に関する実験的研究
        基盤研究(B)
        小区分90030:認知科学関連
        京都大学
        香田 啓貴
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        発声制御;霊長類;発話進化;コミュニケーション;発話;進化;身体運動;呼吸;発声;身体動作;発声訓練;運動可視化;認知相互作用;発声進化;発話創発;呼吸運動;知覚運動相互作用
      • ヒト以外の哺乳類における鼻腔の生理学的機能に関するシミュレーションモデルの開発
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        西村 剛
        自 2017年06月30日, 至 2020年03月31日, 完了
        鼻腔;温度調整;数値流体力学;シミュレーション;霊長類;鼻腔内温度;環境適応;生物・生体工学;加温;高解像度MRI;温度と湿度
      • 霊長類の発声メカニズムの多様性とヒト発声の進化プロセスに関する医工生物学融合研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        西村 剛
        自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        人類学;行動学;進化;動物;生物・生体工学;声帯振動;音声生理;サル類;生物・生工学;ヘリウム音声;喉頭;吹鳴実験
      • 音声の情動伝染:音声模倣の起源に関する実験的検討
        基盤研究(C)
        京都大学
        香田 啓貴
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        発声運動;霊長類;発話進化;霊長類発声;情動;条件づけ;ニホンザル;音声;伝染
      • 化石と現生霊長類の類縁関係を推定する数理形態学的手法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        西村 剛
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        霊長類;CT;幾何学的形態計測;三次元可視化;ヒヒ族;上顎洞
      • アジア地域の霊長類相の成立に関する古生物学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        高井 正成
        自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        霊長類;化石;第三紀;第四紀;東南アジア;ターンオーバー現象;ホミノイド;古生物学;ミャンマー;後期中新世;Sivapithecus;化石霊長類;進化史;東アジア;ホミノイド化石
      • 音声生成運動能力のサルモデルの創出と話しことばの霊長類的基盤に関する総合的研究
        若手研究(A)
        京都大学
        西村 剛
        自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        音声;霊長類;ヘリウム音声;話しことば;音声シミュレーション;国際研究者交流;へリウム音声;社会学習;国際情報交換;音声言語
      • ヒトの生理的早産の進化をさぐる新手法
        挑戦的萌芽研究
        独立行政法人国立科学博物館
        海部 陽介
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        進化;ライフヒストリー;人類学
      • 眼窩の真猿化に関わる顔面内部構造の変化に関する研究
        若手研究(B)
        京都大学
        西村 剛
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        霊長類;曲鼻猿類;副鼻腔;CT;眼窩面の正面化;上顎洞;幾何学的形態計測;原猿類;眼窩軸の収斂;コンピユーター断層画像法;鼻腔;系統進化
      • ヒト以外の霊長類における音声器官の運動の随意性に関する実験的研究
        若手研究(スタートアップ)
        京都大学
        西村 剛
        自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        音声学;系統進化;解剖学;行動学;音響分析;ニホンザル;ヘリウム音声;聴覚フィードバック
      • 霊長類における三叉神経の頭蓋内経路の変異
        基盤研究(C)
        愛知学院大学
        近藤 信太郎
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        三叉神経;正円孔;卵円孔;眼窩下孔;オトガイ孔;下顎孔;眼神経;上顎神経;下顎神経;棘孔;蝶形骨;側頭骨;pterygoalar foramen;翼状突起外側板
      • 東ユーラシアにおける新生代後半の霊長類進化に関する古生物学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        高井 正成
        自 2008年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        東ユーラシア;新生代後半;オナガザル科;化石;進化;霊長類;新第三紀;東アジア;古環境;ユーラシア;ユーラシア大陸;同位体分析;CT解析;頭骨内部構造
      • アジア地域におけるオナガザル上科の進化に関する古生物学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        高井 正成
        自 2004年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        オナガザル上科;コロブス亜科;オナガザル亜科;哺乳類化石;ミャンマー;進化;トランスバイカル地域;拡散経路;ユーラシア大陸;鮮新世;シベリア;モンゴル;タジキスタン;東アジア;洞窟化石;ニホンザル;微少咬耗痕;食性;ロシア, Cercopithecoidea;Colobinae;Cercopithecinae;mammal fossils;Myanmar;evolution;Transbaikal area;dispersal route
      • 霊長類の音声制御に関する神経解剖学的研究
        特別研究員奨励費
        京都大学
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        話しことば;人類進化;音声器官;チンパンジー;ニホンザル;喉頭下降現象;言語の起源;成長;言語の進化;磁気共鳴画像法;音声言語;声道の二共鳴管構造

      外部資金:その他

      • X線CTによるヨーロッパ産旧世界ザル化石の頭蓋内部構造の比較分析
        京都大学教育研究振興財団海外研究者派遣(短期)
        自 2008年08月, 至 2008年09月
        西村剛
      • 原猿類における上顎洞構造の比較研究
        京都大学若手研究者スタートアップ研究費
        自 2007年07月, 至 2008年03月
        西村剛
      • 原猿類における副鼻腔形態の比較研究
        伊藤科学振興会研究助成
        自 2008年10月, 至 2009年03月
        西村剛
      • 人類の呼吸機能の進化と第一次出アフリカに関する研究
        旭硝子財団研究奨励
        自 2011年06月, 至 2013年03月
        西村剛
      • 話しことばの進化プロセスの解明に向けた国際共同研究
        文部科学省研究大学強化促進事業 京都大学融合チーム研究プログラム(SPIRITS)国際型
        自 2015年04月, 至 2017年03月
        西村剛
      • サル類の生物音響学的研究に関する研究打ち合わせと声帯振動の吹鳴実験実施
        京都大学研究連携基盤次世代研究者支援
        自 2018年04月14日, 至 2018年04月26日
        西村剛
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類進化系統学基礎論
          9638, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類系統発生学特論
          9645, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学特別講義1
          7740, 前期集中, 理学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          9662, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          解剖学・骨学実習
          9654, 後期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          9665, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          9664, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          9663, 後期, 理学研究科, 2
        • ポケゼミ「霊長類古生物学」
        • 系統発生学特論
        • 生物学特殊講義12
        • 霊長類学概論
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          化石霊長類学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          化石霊長類学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          霊長類学の現在
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          化石霊長類学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学特別講義1
          後期集中, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類進化形態学・系統発生学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学特殊講義12
          通年集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          化石霊長類学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物科学特別講義1
          後期集中, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物科学特殊講義12
          通年集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類進化形態学・系統発生学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物科学特別講義1
          前期集中, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物科学特殊講義12
          通年集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学特別講義1
          前期集中, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学特殊講義12
          通年集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物科学特別講義1
          前期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学特別講義1
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:化石霊長類学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学特別講義1
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          解剖学・骨学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類学総合ゼミナール
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:化石霊長類学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学特別講義1
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          解剖学・骨学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類学総合ゼミナール
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類系統発生学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類系統発生学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員

          ページ上部へ戻る