教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

潘 東青

ハン トウセイ

薬学研究科 薬科学専攻薬品機能統御学講座 助教

潘 東青
list
    Last Updated :2022/08/05

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • 日本薬学会
    • 日本生化学会

    学位

    • 修士(理学)(名古屋大学)
    • 博士(薬学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 名古屋大学, 大学院理学研究科修士課程生命理学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院薬学研究科博士後期課程創薬科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 名古屋大学, 理学部生命理学科, 卒業

    経歴

    • 自 2019年09月, 至 現在
      京都大学大学院薬学研究科, 構造生物薬学分野, 助教
    • 自 2014年04月, 至 2019年09月
      Max-Planck Institute of Molecular Physiology, Department of Mechanistic Cell Biology, Postdoctral fellow
    • 自 2013年04月, 至 2014年03月
      京都大学大学院薬学研究科, 構造生物薬学分野, 特定研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/05

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        真核生物に共通して存在する細胞小器官ペルオキシソームへ、どのようにタンパク質が取り込まれるのか、その分子機構の解

      研究キーワード

      • 生化学、構造生物学、タンパク質複合体, 膜タンパク質, X線結晶構造解析、細胞小器官、ペルオキシソーム、キネトコア、化学架橋質量分析

      研究分野

      • ライフサイエンス, 構造生物化学

      論文

      • Luciferin-regenerating enzyme solved by SIRAS using XFEL (refined against Hg derivative data)
        Yamashita K; Pan D; Okuda T; Sugahara M; Kodan A; Yamaguchi T; Murai T; Gomi K; Kajiyama N; Mizohata E; Suzuki M; Nango E; Tono K; Joti Y; Kameshima T; Park J; Song C; Hatsui T; Yabashi M; Iwata S; Kato H; Ago H; Yamamoto M; Nakatsu T
        Worldwide Protein Data Bank, 2015年, 査読有り
      • Luciferin-regenerating enzyme solved by SAD using synchrotron radiation at room temperature
        Yamashita K; Pan D; Okuda T; Sugahara M; Kodan A; Yamaguchi T; Murai T; Gomi K; Kajiyama N; Mizohata E; Suzuki M; Nango E; Tono K; Joti Y; Kameshima T; Park J; Song C; Hatsui T; Yabashi M; Iwata S; Kato H; Ago H; Yamamoto M; Nakatsu T
        Worldwide Protein Data Bank, 2015年, 査読有り
      • Crystal structure of CmABCB1 multi-drug exporter in lipidic mesophase revealed by LCP-SFX
        Dongqing Pan; Ryo Oyama; Tomomi Sato; Takanori Nakane; Ryo Mizunuma; Keita Matsuoka; Yasumasa Joti; Kensuke Tono; Eriko Nango; So Iwata; Toru Nakatsu; Hiroaki Kato
        IUCrJ, 2022年01月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • Targeted substrate loop insertion by VCP/p97 during PP1 complex disassembly
        Johannes van den Boom; Anja F. Kueck; Bojana Kravic; Helen Müschenborn; Maike Giesing; Dongqing Pan; Farnusch Kaschani; Markus Kaiser; Andrea Musacchio; Hemmo Meyer
        Nature Structural & Molecular Biology, 2021年11月25日, 査読有り
      • Assembly principles and stoichiometry of a complete human kinetochore module
        Kai Walstein; Arsen Petrovic; Dongqing Pan; Birte Hagemeier; Dorothee Vogt; Ingrid R. Vetter; Andrea Musacchio
        Science Advances, 2021年06月, 査読有り
      • Biochemical and functional characterization of a meiosis-specific Pch2/ORC AAA+ assembly
        María Ascensión Villar-Fernández; Richard Cardoso da Silva; Magdalena Firlej; Dongqing Pan; Elisabeth Weir; Annika Sarembe; Vivek B Raina; Tanja Bange; John R Weir; Gerben Vader
        Life Science Alliance, 2020年11月, 査読有り
      • Human Condensin I and II Drive Extensive ATP-Dependent Compaction of Nucleosome-Bound DNA.
        Muwen Kong; Erin E Cutts; Dongqing Pan; Fabienne Beuron; Thangavelu Kaliyappan; Chaoyou Xue; Edward P Morris; Andrea Musacchio; Alessandro Vannini; Eric C Greene
        Molecular cell, 2020年07月02日, 査読有り
      • Mechanism of centromere recruitment of the CENP-A chaperone HJURP and its implications for centromere licensing
        Dongqing Pan; Kai Walstein; Annika Take; David Bier; Nadine Kaiser; Andrea Musacchio
        Nature Communications, 2019年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Simplified Protocol for Cross-linking Mass Spectrometry Using the MS-Cleavable Cross-linker DSBU with Efficient Cross-link Identification.
        Pan D; Brockmeyer A; Mueller F; Musacchio A; Bange T
        Analytical chemistry, 2018年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Experimental phase determination with selenomethionine or mercury-derivatization in serial femtosecond crystallography
        Keitaro Yamashita; Naoyuki Kuwabara; Takanori Nakane; Tomohiro Murai; Eiichi Mizohata; Michihiro Sugahara; Dongqing Pan; Tetsuya Masuda; Mamoru Suzuki; Tomomi Sato; Atsushi Kodan; Tomohiro Yamaguchi; Eriko Nango; Tomoyuki Tanaka; Kensuke Tono; Yasumasa Joti; Takashi Kameshima; Takaki Hatsui; Makina Yabashi; Hiroshi Manya; Tamao Endo; Ryuichi Kato; Toshiya Senda; Hiroaki Kato; So Iwata; Hideo Ago; Masaki Yamamoto; Fumiaki Yumoto; Toru Nakatsu
        IUCRJ, 2017年09月, 査読有り
      • CDK-regulated dimerization of M18BP1 on a Mis 18 hexamer is necessary for CENP-A loading
        Dongqing Pan; Kerstin Klare; Arsen Petrovic; Annika Take; Kai Walstein; Priyanka Singh; Arnaud Rondelet; Alexander W. Bird; Andrea Musacchio
        ELIFE, 2017年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Insights from biochemical reconstitution into the architecture of human kinetochores
        John R. Weir; Alex C. Faesen; Kerstin Klare; Arsen Petrovic; Federica Basilico; Josef Fischboeck; Satyakrishna Pentakota; Jenny Keller; Marion E. Pesenti; Dongqing Pan; Doro Vogt; Sabine Wohlgemuth; Franz Herzog; Andrea Musacchio
        NATURE, 2016年09月, 査読有り
      • An isomorphous replacement method for efficient de novo phasing for serial femtosecond crystallography
        Keitaro Yamashita; Dongqing Pan; Tomohiko Okuda; Michihiro Sugahara; Atsushi Kodan; Tomohiro Yamaguchi; Tomohiro Murai; Keiko Gomi; Naoki Kajiyama; Eiichi Mizohata; Mamoru Suzuki; Eriko Nango; Kensuke Tono; Yasumasa Joti; Takashi Kameshima; Jaehyun Park; Changyong Song; Takaki Hatsui; Makina Yabashi; So Iwata; Hiroaki Kato; Hideo Ago; Masaki Yamamoto; Toru Nakatsu
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年09月, 査読有り
      • Grease matrix as a versatile carrier of proteins for serial crystallography
        Michihiro Sugahara; Eiichi Mizohata; Eriko Nango; Mamoru Suzuki; Tomoyuki Tanaka; Tetsuya Masudala; Rie Tanaka; Tatsuro Shimamura; Yoshiki Tanaka; Chiyo Suno; Kentaro Ihara; Dongqing Pan; Keisuke Kakinouchi; Shigeru Sugiyama; Michio Murata; Tsuyoshi Inoue; Kensuke Tono; Changyong Song; Jaehyun Park; Takashi Kameshima; Takaki Hatsui; Yasumasa Joti; Makina Yabashi; So Iwata
        NATURE METHODS, 2015年01月, 査読有り
      • Crystal structure of peroxisomal targeting signal-2 bound to its receptor complex Pex7p-Pex21p
        Dongqing Pan; Toru Nakatsu; Hiroaki Kato
        NATURE STRUCTURAL & MOLECULAR BIOLOGY, 2013年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Structures of the pleckstrin homology domain of Saccharomyces cerevisiae Avo1 and its human orthologue Sin1, an essential subunit of TOR complex 2
        Dongqing Pan; Yoshiyuki Matsuura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2012年04月, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 親和性標識によるP糖タンパク質CmABCB1の基質結合部位の多様性の解析
        小田島圭; PAN Dongqing; 三和空知; 水沼諒; 瀧川紘; 高須清誠; 加藤博章; 加藤博章
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • XFELを用いた創薬ターゲット蛋白質の迅速構造解析法の開発
        南後恵理子; 田中智之; 鈴木守; 鈴木守; 桝田哲哉; 桝田哲哉; 山下鮎美; 田中里枝; 登野健介; 城地保昌; 亀島敬; PARK Jaehyun; SONG Changyong; 初井宇記; 矢橋牧名; PAN Dongqing; 島村達郎; 溝端栄一; 北郷悠; 石谷隆一郎; 湯本史明; 岩田想; 岩田想
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2014年
      • ローダミン誘導体の合成とP糖タンパク質CmABCB1との構造活性相関研究
        瀧川紘; 三和空知; 竹内莉奈; 山岡庸介; PAN Dongqing; 中津亨; 加藤博章; 高須清誠
        複素環化学討論会講演要旨集, 2020年
      • 好熱性P糖タンパク質CmABCB1における膜貫通第4ヘリックス(TM4)の役割
        水沼諒; 井上善貴; 松岡敬太; Pan Dongqing; 中津亨; 中津亨; 加藤博章; 加藤博章
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • ペルオキシソームへのタンパク質輸送に関わる Pex1p:Pex6p:Pex15p複合体の再構成
        中村 優作; 加藤 博章; 潘 東青
        日本生化学会 第94回日本生化学会大会, 2021年11月
      • ABC 多剤排出トランスポーター薬物複合体の X 線結晶構造解析
        水沼諒; 小田島圭; 三和空知; 潘東青; 瀧川紘; 中津亨; 高須清誠; 加藤博章
        第 42 回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2021年10月
      • 多剤排出トランスポーターCmABCB1と基質アナログの結晶構造解析
        水沼 諒; 小田島 圭; 三和 空知; 潘 東青; 瀧川 紘; 中津 亨; 高須 清誠; 加藤 博章
        日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月
      • 親和性標識によるP糖タンパク質CmABCB1の基質結合様式の同定
        小田島 圭; 潘 東青; 三和 空知; 水沼 諒; 瀧川 紘; 高須 清誠; 加藤 博章
        日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月
      • ナノディスクに挿入したP糖タンパク質CmABCB1のATPase活性に対する脂質成分の影響
        陳 月; 潘 東青; 加藤 博章
        日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月
      • Candida albicansの多剤排出型ABCトランスポーターCdr1pの精製と機能解析
        筒井 隼一; 陳 月; 中津 亨; 加藤 博章; 潘 東青
        日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月, 最終著者
      • ヒト CENP-A補填複合体の形成におけるHJURPとMis18複合体の相互作用機構
        潘 東青; Kai Walstein; Annika Take; David Bier; Nadine Kaiser; Andrea Musacchio
        第93回日本生化学会大会, 2020年09月, 筆頭著者
      • Dynamic process of CDK-regulated assembly of the CENP-A deposition machinery
        Dongqing Pan; Kerstin Klare、Arsen Petrovic、Annika Take; Kai Walstein; Priyanka Singh; Arnaud Rondelet、Alexander Bird; Andrea Musacchio
        2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 筆頭著者
      • X線自由電子レーザーを用いた新規タンパク質の立体構造決定
        山下 恵太郎; 潘 東青; 奥田 智彦; 菅原 道泰; 小段 篤史; 山口 知宏; 村井 智洋; 溝端 栄一; 鈴木 守; 南後 恵理子; 登野 健介; 城地 保昌; 亀島 敬; 初井 宇記; 矢橋 牧名; 岩田 想; 加藤 博章; 吾郷 日出夫; 山本 雅貴; 中津 亨
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • シリアル結晶学における重原子誘導体を用いた位相決定
        山下恵太郎; 潘東青; 長谷川和也; 菅原道泰; 村井智洋; 小段篤史; 溝端栄一; 鈴木守; 鈴木守; 桝田哲哉; 桝田哲哉; 平田邦生; 加藤博章; 吾郷日出夫; 熊坂崇; 山本雅貴; 中津亨
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2015年10月
      • De novo structure determination for serial femtosecond crystallography using heavy atom derivatives
        YAMASHITA Keitaro; PAN Dongqing; SUGAHARA Michihiro; AGO Hideo; YAMAMOTO Masaki; NAKATSU Toru; NAKATSU Toru
        生物物理(Web), 2015年08月18日
      • シリアルフェムト秒X線結晶構造解析のための試料調製方法
        田中智之; 菅原道泰; 山下鮎美; 小林淳; 田中里枝; 登野健介; 城地保昌; 亀島敬; PARK Jaehyun; SONG Changyong; 初井宇記; 矢橋牧名; 潘東青; 島村達郎; 溝端栄一; 岩田想; 南後恵理子
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2015年05月26日
      • X 線自由電子レーザーを用いたタンパク質 X 線結晶 構造解析
        潘東青; 中津亨; 山口知宏; 小段篤史; 小川和浩; 松嶌一樹; 山下恵太郎; 城地保昌; 登野健介; 矢橋牧名; 鈴木守; 南後恵理子; 岩田想; 加藤博章
        日本薬学会第135年会, 2015年03月27日
      • SACLAによるABCトランスポーターおよびホタル・ルシフェラーゼのX線結晶構造解析(第2報)
        潘東青; 中津亨; 山口知宏; 小段篤史; 小川和浩; 松嶌一樹; 山下恵太郎; 城地保昌; 登野健介; 矢橋牧名; 鈴木守; 南後恵理子; 岩田想; 加藤博章
        平成26年度日本結晶学会年会, 2014年11月01日
      • 創薬ターゲット蛋白質の迅速構造解析法の開発~SACLAにおけるシリアルフェムト秒X線結晶構造解析~
        南後恵理子; 鈴木守; 田中里枝; 登野健介; 城地保昌; 亀島敬; PARK Jaehyun; SONG Changyong; 初井宇記; 矢橋牧名; 潘東青; 小段篤史; 山口知宏; 中津亨; 加藤博章; 田中良樹; 寿野千代; 伊原健太郎; 豊田洋輔; 島村達郎; 溝端栄一; 北郷悠; 高木淳一; 石谷隆一郎; 濡木理; GALLAT Francois‐Xavier; 山田悠介; 松垣直宏; 湯本史明; CHAVAS Leonar; M. G; 岩田想
        日本結晶学会年会講演要旨集,2013,92, 2013年
      • ペルオキシソーム局在化シグナルPTS2とPex7,Pex21の三者複合体の結晶構造
        PAN Dongqing; 中津亨; 加藤博章
        日本生化学会大会(Web),85th,3T05-03 (WEB ONLY), 2012年

      外部資金:科学研究費補助金

      • ペルオキシソームタンパク質取込機構におけるAAA-ATPase複合体の機能と構造
        若手研究
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        潘 東青
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ペルオキシソーム;タンパク質輸送;AAA-ATPase
      • 膜脂質中のABC多剤排出ポンプの交互アクセス機構の立体構造基盤
        基盤研究(B)
        小区分43040:生物物理学関連
        京都大学
        加藤 博章
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        多剤耐性;膜タンパク質;トランスポーター;立体構造解析;ATP;ATP
      • ペルオキシンリサイクル複合体の構造と制御機構の解明
        基盤研究(C)
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        潘 東青
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        ペルオキシソーム;タンパク質;AAA-ATPase;構造解析
      list
        Last Updated :2022/08/05

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品機能統御学実験
          3202, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習1
          A901, 前期, 薬学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品機能統御学演習
          2302, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習 I
          C901, 前期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品機能統御学実習
          4202, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習 I 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習1
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤物理化学特論Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品機能統御学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品機能統御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品機能統御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習 I 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習1
          前期, 薬学部
        list
          Last Updated :2022/08/05

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            環境・安全衛生委員会 委員

          ページ上部へ戻る