教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

久保 拓也

クボ タクヤ

工学研究科 材料化学専攻有機材料化学講座 准教授

久保 拓也
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    学内兼務

    • 学際融合教育研究推進センター, スーパーグローバルコース 化学系ユニット

    所属学協会

    • 日本分析化学会第59年会
    • 日本分析化学会東北支部
    • 日本分析化学会
    • クロマトグラフィー科学会
    • 高分子学会
    • 日本環境化学会
    • アメリカ化学会
    • 日本分析化学会第59年会
    • 日本分析化学会東北支部
    • 日本分析化学会
    • クロマトグラフィー科学会
    • The Society of Polymer Sience
    • 日本環境化学会
    • American Chemical Society

    学位

    • 修士(工学)(京都工芸繊維大学)
    • 博士(工学)(京都工芸繊維大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都工芸繊維大学, 大学院工芸科学研究科博士前期課程高分子学専攻, 修了
    • 京都工芸繊維大学, 大学院工芸科学研究科博士後期課程機能科学専攻, 修了

    経歴

    • 自 2012年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院工学研究科, 准教授
    • 自 2004年04月, 至 2011年03月
      東北大学 大学院環境科学研究科 環境科学専攻 資源循環プロセス学講座 循環生態系計画学分野, 大学院環境科学研究科, 助教
    • 自 2010年, 至 2011年
      ポートランド州立大学 研究員
    • 自 2010年, 至 2011年
      Portland State University
    • 自 2001年, 至 2004年
      独立行政法人 国立環境研究所 NIES リサーチアシスタント

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        分子認識化学,機能性高分子化学,表面化学,クロマトグラフィー
      • 研究概要

        機能性高分子を用いて,人工分子認識媒体,光活性インターフェイス,クロマトグラフィー担体,等へ応用している.

      研究キーワード

      • クロマトグラフィー
      • 分子鋳型
      • 分子認識
      • Chromatography
      • Molecular Imprinting
      • Molecular Recognition

      研究分野

      • ナノテク・材料, 分析化学

      論文

      • Development of a database strategy based on liquid chromatography–quadrupole time‐of‐flight mass spectrometry for the screening of 75 estrogenic chemicals from treated sewage effluent
        Mayuko Yagishita; Takuya Kubo; Koji Otsuka; Shoji F. Nakayama; Daisuke Nakajima
        SEPARATION SCIENCE PLUS, 2021年07月04日
      • Simple chemical detection based on a surface-modified electroosmotic pump
        Toyohiro NAITO; Hiroki Inoue; Takuya KUBO; Koji OTSUKA
        Analytical Methods, 2021年04月, 査読有り
      • Rational Strategy for Space-Confined Seeded Growth of ZnO Nanowires in Meter-Long Microtubes
        Ryoma Kamei; Takuro Hosomi; Eisuke KANAO; Masaki Kanai; Kazuki Nagashima; Tsunaki Takahashi; Guozhu Zhang; Takao Yasui; Jun Terao; Koji OTSUKA; Yoshinobu Baba; Takuya KUBO; Takeshi Yanagida
        ACS Applied Materials & Interfaces, 2021年03月, 査読有り
      • Substituted meso-Vinyl-BODIPY as Thiol-Selective Fluorogenic Probes for Sensing Unfolded Proteins in the Endoplasmic Reticulum
        Huiying Mu; Koji Miki; Takuya KUBO; Koji OTSUKA; Kouichi Ohe
        Chemical Communications, 2021年02月, 査読有り
      • Recent developments of point-of-care (POC) testing platform for biomolecules
        Yanawut Manmana; Takuya KUBO; Koji OTSUKA
        TrAC Trends in Analytical Chemistry, 2021年02月, 査読有り
      • Fluorescent detection of target proteins via a molecularly imprinted hydrogel
        Takuya Kubo; Naoki Watanabe; Seiji Ikari; Chenchen Liu; Eisuke Kanao; Toyohiro Naito; Tomoharu Sano; Koji Otsuka
        Analytical Methods, 2021年
      • Poly(ethylene glycol) Hydrogels with a Boronic Acid Monomer via Molecular Imprinting for Selective Removal of Quinic Acid Gamma-Lactone in Coffee
        Eisuke KANAO; Yuko Tsuchiya; Kei Tanaka; Yusuke Masuda; Tetsuya Tanigawa; Toyohiro NAITO; Tomoharu Sano; Takuya KUBO; Koji OTSUKA
        ACS Applied Polymer Materials, 2020年12月, 査読有り
      • エクソソームのサブクラス分離へ向けたレクチン固定化スポンジ基材の開発
        久保 拓也; Seiya KATO; Asako SHIMODA; Raga ISHIKAWA; Shin-ichi SAWADA; Yoshihiro SASAKI; Kazunari AKIYOSHI; 大塚 浩二
        分析化学, 2020年12月, 査読有り
      • Hydrogels in electrophoresis: applications and advances
        Chenchen LIU; Takuya KUBO; Koji OTSUKA
        Analytical Sciences, 2020年10月, 査読有り
      • Separation of saccharides using fullerene-bonded silica monolithic columns via π interactions in liquid chromatography
        Hiroshi Kobayashi; Kazuya Okada; Shinnosuke Tokuda; Eisuke Kanao; Yusuke Masuda; Toyohiro NAITO; Hikaru Takaya; Mingdi Yan; Takuya KUBO; Koji OTSUKA
        Scientific Reports, 2020年08月, 査読有り
      • Isotopic Separations Indicating the Efficiency and Selectivity of HPLC Columns and Stationary Phases
        Kazuhiro Kimata; Eisuke Kanao; Takuya Kubo; Kodai Kozuki; Tohru Ikegami; Masahiro Furuno; Koji Otsuka; Nobuo Tanaka
        Advances in Chromatography Volume 57, 2020年07月25日
      • Controllable Molecular Sieving by
        Chenchen Liu; Takuya Kubo; Toyohiro Naito; Koji Otsuka
        ACS Applied Polymer Materials, 2020年07月, 査読有り
      • Recognition of Polymer Terminus by Metal-Organic Frameworks Enabling Chromatographic Separation of Polymers
        Nagi Mizutani; Nobuhiko Hosono; Benjamin Le Ouay; Takashi Kitao; Ryoichirou Matsuura; Takuya Kubo; Takashi Uemura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2020年02月, 査読有り
      • Recycle Reversed-Phase Liquid Chromatography to Achieve Separations Based on One H/D Substitution on Aromatic Hydrocarbons
        Kazuhiro Kimata; Tsunehisa Hirose; Eisuke Kanao; Takuya Kubo; Koji Otsuka; Ken Hosoya; Kohei Yoshikawa; Eiichiro Fukusaki; Nobuo Tanaka
        LC GC NORTH AMERICA, 2019年06月, 査読有り
      • Differentiating π interactions by constructing concave/convex surfaces using a bucky bowl molecule, corannulene in liquid chromatography
        Eisuke KANAO; Takuya KUBO; Toyohiro NAITO; Takatoshi Matsumoto; Tomoharu Sano; Mingdi Yan; Koji OTSUKA
        ANALYTICAL CHEMISTRY, 2019年02月, 査読有り
      • Efficient extraction of estrogen receptor–active compounds from environmental surface water via a receptor-mimic adsorbent, a hydrophilic PEG-based molecularly imprinted polymer
        Mayuko Yagishita; Takuya Kubo; Tomohiko Nakano; Fujio Shiraishi; Tetsuya Tanigawa; Toyohiro Naito; Tomoharu Sano; Shoji F. Nakayama; Daisuke Nakajima; Koji Otsuka
        Chemosphere, 2019年02月, 査読有り
      • Detection of Molecular Adsorbate in Aqueous Solution Based on Electroosmosis
        Toyohiro Naito; Hiroki Inoue; Shunta Futagami; Akihiro Kunisawa; Takuya Kubo; Koji Otsuka
        Sensors and Materials, 2019年01月, 査読有り
      • 第38回研究会 優秀研究賞 多分散型構造体配列による流路内分子拡散の評価
        内藤 豊裕; 岩場 剛志; 安達 天輝; 久保 拓也; 大塚 浩二
        化学とマイクロ・ナノシステム = Journal of the Society for Chemistry and Micro-Nano Systems : 化学とマイクロ・ナノシステム研究会誌, 2019年01月
      • LC/QTofMSを用いた女性ホルモン様物質の網羅的分析法とその応用 (環境計測)
        柳下 真由子; 久保 拓也; 中山 祥嗣; 中島 大介
        地球環境, 2019年, 査読有り
      • Magnetic-field stimuli-sensitive drug release using a magnetic thermal seed coated with thermal-responsive molecularly imprinted polymer
        Takuya KUBO; Kaname TACHIBANA; Toyohiro NAITO; Sada-atsu MUKAI; Kazunari AKIYOSHI; Jeyadevan BALACHANDRAN; Koji OTSUKA
        ACS Biomaterials Science & Engineering, 2018年12月, 査読有り
      • Suppression of Hydrophobicity and Optimizations of a Ligand-Immobilization for Effective Affinity Chromatography Using a Spongy Monolith
        Naoki NISHIMURA; Toyohiro NAITO; Takuya KUBO; Koji OTSUKA
        CHROMATOGRAPHY, 2018年10月, 査読有り
      • Isotope Effects on Hydrogen Bonding and CH/CD−π Interaction
        Eisuke KANAO; Takuya KUBO; Toyohiro NAITO; Takatoshi Matsumoto; Tomoharu Sano; Mingdi Yan; Koji OTSUKA
        The Journal of Physical Chemistry C, 2018年07月, 査読有り
      • Tunable separations based on a molecular size effect for biomolecules by poly(ethylene glycol) gel-based capillary electrophoresis
        Takuya Kubo; Naoki Nishimura; Hayato Furuta; Kei Kubota; Toyohiro Naito; Koji Otsuka
        JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 2017年11月, 査読有り
      • Competitive ELISA-like Label-free Detection of Lysozyme by Using a Fluorescent Monomer-doped Molecularly Imprinted Hydrogel
        Takuya Kubo; Shunsuke Arimura; Toyohiro Naito; Tomoharu Sano; Koji Otsuka
        ANALYTICAL SCIENCES, 2017年11月, 査読有り
      • Selective adsorption of carbohydrates and glycoproteins via molecularly imprinted hydrogels: application to visible detection by a boronic acid monomer
        Takuya Kubo; Hayato Furuta; Toyohiro Naito; Tomoharu Sano; Koji Otsuka
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2017年07月, 査読有り
      • Identification and characterization of a thermally cleaved fragment of monoclonal antibody-A detected by sodium dodecyl sulfate-capillary gel electrophoresis
        Kei Kubota; Naoki Kobayashi; Masayuki Yabuta; Motomu Ohara; Toyohiro Naito; Takuya Kubo; Koji Otsuka
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS, 2017年06月, 査読有り
      • New platform for simple and rapid protein-based affinity reactions
        Kei Kubota; Takuya Kubo; Tetsuya Tanigawa; Toyohiro Naito; Koji Otsuka
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年03月, 査読有り
      • Development of a C-70-Fullerene Bonded Silica-Monolithic Capillary and Its Retention Characteristics in Liquid Chromatography
        Eisuke Kanao; Toyohiro Naito; Takuya Kubo; Koji Otsuka
        CHROMATOGRAPHY, 2017年, 査読有り
      • Specific Intermolecular Interactions by the Localized π-Electrons in C70-fullerene
        Takuya KUBO; Eisuke Kanao; Takatoshi Matsumoto; Toyohiro NAITO; Tomoharu Sano; Mingdi Yan; Koji OTSUKA
        ChemistrySelect, 2016年11月, 査読有り
      • Recent progress for the selective pharmaceutical analyses using molecularly imprinted adsorbents and their related techniques: A review
        Takuya Kubo; Koji Otsuka
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS, 2016年10月, 査読有り
      • ナノ炭素材料の新展開
        久保 拓也
        材料, 2015年01月, 査読有り
      • Hydrophilic interaction electrokinetic chromatography using bio-based nanofillers
        Takayuki Kawai; Masato Watanabe; Kojiro Uetani; Yudai Fukushima; Kenji Sueyoshi; Takuya Kubo; Fumihiko Kitagawa; Hiroyuki Yano; Koji Otsuka
        ELECTROPHORESIS, 2014年08月, 査読有り
      • Quantitative Ligand Immobilization Using Alginate Hydrogel Formed in a Capillary: Application for Online Affinity Concentration
        Yudai Fukushima; Toyohiro Naito; Kenji Sueyoshi; Takuya Kubo; Fumihiko Kitagawa; Koji Otsuka
        ANALYTICAL CHEMISTRY, 2014年06月, 査読有り
      • Solvent induced nanostructure formation in polymer thin films: The impact of oxidation and solvent
        Takuya Kubo; Jisun Im; Xin Wang; James E. Whitten; Koji Otsuka; Mingdi Yan
        COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 2014年03月, 査読有り
      • 和紙繊維の物質吸着能に関する基礎的検討
        大泉 百合香; 酒井 由太郎; 久保 拓也; 細矢 憲
        高分子論文集, 2014年01月, 査読有り
      • 水素結合に起因するスポンジモノリスの分離選択性の変化
        細矢 憲; 谷口 亜紀; 谷川 哲也; 久保 拓也
        CHROMATOGRAPHY, 2014年01月, 査読有り
      • Molecularly Imprinted Adsorbents for Selective Separation and/or Concentration of Environmental Pollutants
        Takuya Kubo; Ken Hosoya; Koji Otsuka
        ANALYTICAL SCIENCES, 2014年01月, 査読有り
      • 硝酸性窒素吸着能をもつハイブリッド型ポリマーの開発
        岡本 みずき; 横山 理英; 久保 拓也; 細矢 憲
        高分子論文集, 2014年, 査読有り
      • Basic Study on Dye Adsorption of Textiles Made from Japanese Paper (Wa-shi)
        Yurika Ohizumi; Yoshitaro Sakai; Takuya Kubo; Ken Hosoya
        KOBUNSHI RONBUNSHU, 2014年
      • Synthesis of poly(ethylene glycol)-based hydrogels and their swelling/shrinking response to molecular recognition
        Yuichi Tominaga; Takuya Kubo; Kenji Sueyoshi; Ken Hosoya; Koji Otsuka
        JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 2013年08月, 査読有り
      • Antibacterial activities effectuated by co-continuous epoxy-based polymer materials
        Takuya Kubo; Koji Yasuda; Yuichi Tominaga; Koji Otsuka; Ken Hosoya
        COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES, 2013年07月, 査読有り
      • Hybridization of a Macroporous Sponge and Spherical Microporous Adsorbents for High Throughput Separation of Ionic Solutes
        Takuya Kuso; Koji Yasuda; Yuichi Tominaga; Ken Hosoya; Koji Otsuka
        ANALYTICAL SCIENCES, 2013年04月, 査読有り
      • Trace level determination of polycyclic aromatic hydrocarbons in river water with automated pretreatment HPLC
        Yoshiyuki Watabe; Takuya Kubo; Tetsuya Tanigawa; Yoshihiro Hayakawa; Koji Otsuka; Ken Hosoya
        JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE, 2013年03月, 査読有り
      • Efficient total analyses for bromine type flame retardants by simple NICI-GC/MS
        Atsushi Kobayashi; Takuya Kubo; Tomoyuki Sato; Yusuke Kitahara; Shinichiro Amita; Masahiro Mori; Shigeru Suzuki; Koji Otsuka; Ken Hosoya
        ANALYTICAL METHODS, 2013年, 査読有り
      • Specific Chromatographic Retentions on Polymer Pore Surface of Macroporous Spongy Monoliths
        Tetsuya Tanigawa; Takuya Kubo; Ken Hosoya
        CHEMISTRY LETTERS, 2012年10月, 査読有り
      • Development of Application Techniques Based on Molecular Imprinting for Molecular Selective Pretreatments
        Takuya Kubo
        BUNSEKI KAGAKU, 2012年05月, 査読有り
      • 分子選択的前処理を目的とした分子インプリント法の応用技術開発
        久保 拓也
        分析化学 = Japan analyst, 2012年01月, 査読有り

      MISC

      • Functional polymers for the efficient fabrication of carbohydrate microarrays
        M. Yan; Q. Tong; T. Kubo; H. Wang
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年
      • 分子インプリント技術を応用した環境分析技術・浄化材料の開発
        久保拓也; 渡部悦幸; 細矢憲
        月刊ファインケミカルズ CMC, 2010年
      • Selective concentration of water-soluble natural toxins using polymer based materials
        T. Kubo; K. Hosoya
        6th International Workshop on WATER DYNAMICS, 2009年
      • 多バルブカラムスイッチング液体クロマトグラフィー/質量分析計を用いる河川水中ビスフェノールAおよび17β-エストラジオール分析における前処理の自動化
        小倉泰朗; 渡部悦幸; 藤田登美雄; 細矢憲; 久保拓也; 彼谷邦光
        分析化学, 2009年
      • Effective pretreatment for Saxitoxins using novel adsorption medium prepared by interval immobilization technique
        T. Kubo; Y. Tominaga; K. Kaya; K. Hosoya
        21st PREP 2008, 2008年
      • 環境分析に寄与する新規分離媒体
        久保拓也
        産業と環境, 2008年
      • Effective molecular recognition for ionic compounds by the interval immobilization technique
        T. Kubo; Y. Tominaga; K. Hosoya
        MIP 2008, 2008年
      • Novel Hydrophilic Polymer Monolith for Liquid Chromatography
        T. Kubo; N. Kimura; K. Hosoya
        Eastern Analytical Symposium 2008, 2008年
      • Selective Adsorption of Water-soluble Ionic Compounds by an Interval
        T. Kubo; F. Watanabe; K. Kaya; K. Hosoya
        Anal. Sci., 2008年
      • High Throughput On-line Concentration by Novel Separation Media, Named “Spongy-monolith”
        T. Kubo; F. Watanabe; K. Hosoya
        HPLC2008 KYOTO, 2008年
      • The effective preparation and quantitative analysis method for cylindrospermopsin as a cyanobacterial toxin
        T. Kubo; S. Kikuchi; K. Kaya
        XII International IUPAC Symposium on Mycotoxins and Phycotoxins, Istanbul, 2007年
      • 環境分析・浄化における問題点と対応技術
        久保拓也
        産業と環境, 2007年
      • SELECTIVE SEPARATION OF HYDROXYLATED PCBS USING THE MOLECULARLY IMPRINTED POLYMERS
        T. Kubo; H. Matsumoto; F. Shiraishi; K. Hosoya; K. Kaya
        ICAS 2006, 2006年
      • Direct Selective Separation of Domoic acid by the Molecularly Imprinted Polymers
        T. Kubo; T. Sano; K. Kaya
        12th International Conference on Harmful Algae, 2006年
      • Development of a highly sensitive determination method for cylindrospermopsin using LC/ESI-MS
        S. Kikuchi; T. Kubo; K. Kaya
        12th International Conference on Harmful Algae, 2006年
      • Preparation of the molecular imprinted polymer using the water-soluble crosslinking agent and water
        T. Kubo; K. Hosoya; N. Tanaka; M. Nomachi; K. Kaya
        29th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2005年
      • Selective extraction polymers for melatonin using molecular imprinting
        M. Nomachi; T. Kubo; K. Kaya
        HPLC 2005, 2005年
      • 分析前処理の重要性,問題点と対応技術
        久保拓也
        産業と環境, 2005年
      • Selective Separation of Domoic Acid Using a Novel Polymer Prepared by Molecular Imprinting Technique
        Takuya KUBO; Tomoharu SANO; Ken HOSOYA; Koji NEMOTO; Makoto NOMACHI; Kunimitsu KAYA
        Pacifichem 2005, 2005年
      • Interval immobilization technique for concentration and/or separation of highly hydrophilic compounds
        A Miyawaki; N. Tanaka; T. Kubo; Y. Watabe; K. Hosoya
        1st International Workshop on Water Dynamics, 2004年
      • Separation of the Microcystin fraction from Cyanobacterial extracts through novel polymer-based separation media
        T. Kubo; K. Hosoya; N. Tanaka; T. Sano; K. Kaya
        1st International Workshop on Water Dynamics, 2004年
      • Development of novel separation medium for Cylindrospermopsin through the Interval Immobilization Technique
        T. Kubo; K. Hosoya; T. Sano; H. Takagi; K. Kaya
        Toxic cyanobacteria, 2004年
      • 環境測定分析技術・機器の動向,微量化学物質の分析の現状と課題
        久保拓也
        産業と環境, 2004年
      • Toxicity recognition of hepatotoxins, homologues of Microcystin with artificial trapping devices
        T. Kubo; K. Hosoya; Y. Watabe; N. Tanaka; T. Sano; K. Kaya
        J. Environ. Sci. Health. Part A, 2004年
      • Interval Immobilization Technique for Highly Hydrophilic Compounds with Hydrophilic Solvent as Polymerization Porogen
        T. Kubo; K. Hosoya; T. Sano; K. Kaya
        MIP 2004, 2004年
      • High Selective Adsorption Media for Cyanobacterium Toxins in the Environmental Water
        Takuya KUBO; Ken HOSOYA; Nobuo TANAKA; Tomoharu SANO; Kunimitsu KAYA
        PITTOCON 2003, 2003年
      • HPLC Determination of ppt Level Bisphenol A in Environmental Water Utilizing Molecularly Imprinted Polymer as an On-Line Pretreatment Device
        Yoshiyuki Watabe; Ken Hosoya; Nobuo Tanaka; Takuya Kondo; Hiroe Imai; Masastoshi Morita
        27th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2003年
      • Interval Immobilization Technique" for Molecular Recognition toward Highly Hydrophilic Cyanobacterium Toxins
        Takuya KUBO; Ken HOSOYA; Nobuo TANAKA; Tomoharu SANO; Kunimitsu KAYA
        27th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2003年
      • Fragment imprinting effect for endocrine disrupter and cyanobacterium toxin
        Kubo; K. Hosoya; T. Ikegami; N. Tanaka; K. Kaya
        26th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2002年
      • On column multi-dimensional molecular recognition mechanism with selectively surface-modified polymer-based separation media
        K. Hosoya; K. Takahashi; T. Kubo; T. Ikegami; N. Tanaka
        26th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2002年
      • An effective on-column concentration method of bisphenol A with complete one-step purification from humic matters in environmental water
        K. Hosoya; T. Kubo; T. Ikegami; N. Tanaka; T. Sano; K. Kaya
        41st Eastern Analytical Symposium & Exposition, 2002年
      • Preparation strategies of polymer-based HPLC stationary phases for IT revolution
        K. Hosoya; T. Kubo; M. Teramachi; T. Ikegami; N. Tanaka
        25th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2001年
      • Diversity of nano-size specific molecular recognition sites on the micro-scale surface of separation devices
        K. Hosoya; T. Ohkubo; K. Takahashi; T. Kubo; T. Ikegami; N. Tanaka
        International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2001年
      • ミクロシスチンの認識
        久保 拓也; 細矢 憲; 池上 亨; 田中 信男; 彼谷 邦光
        Chromatography : journal of separation and detection sciences = クロマトグラフィー : 分離・検出科学, 2000年10月31日
      • Recognition for Microcystins through fragment imprinting effect
        K. Hosoya; T. Kubo; T. Ikegami; N. Tanaka; K. Kaya
        Chromatography, 2000年
      • Molecular Imprinting without the Template
        K. Hosoya; H. Sasaki; T. Kubo; T. Ikegami; K. Kimata; N. Tanaka
        23rd International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 1999年
      • Development of novel recognition and evaluation procedure for structurally similar compounds based on spatial multi-points interaction
        K. Hosoya; H. Sasaki; M. Teramachi; T. Kubo; T. Ikegami; N. Tanaka
        Chromatography, 1999年

      講演・口頭発表等

      • The basic study of spongy monoliths and its applications
        IUPAC International Congress on Analytical Science 2011, 2011年
      • Basic study of macroporous spongy monolith on HPLC separation and its application for effective concentration of PAHs
        HPLC2011, 2011年
      • The basic study of spongy monoliths and its applications
        IUPAC International Congress on Analytical Science 2011, 2011年
      • Basic study of macroporous spongy monolith on HPLC separation and its application for effective concentration of PAHs
        HPLC2011, 2011年
      • 循環型社会実現へ向けた汎用材料の有効利用~環境浄化の低コスト化~
        第3回SFTEEセミナー, 2010年
      • 分子インプリント技術を応用した環境分析技術・浄化材料の開発
        第10回GSCシンポジウム, 2010年
      • 新着想スポンジモノリスの開発と分析前処理への応用
        日本分析化学会第59年会, 2010年
      • 循環型社会実現へ向けた汎用材料の有効利用~環境浄化の低コスト化~
        第3回SFTEEセミナー, 2010年
      • 分子インプリント技術を応用した環境分析技術・浄化材料の開発
        第10回GSCシンポジウム, 2010年
      • 新着想スポンジモノリスの開発と分析前処理への応用
        日本分析化学会第59年会, 2010年
      • Selective concentration of water-soluble natural toxins using polymer based materials
        6th International Workshop on WATER DYNAMICS, 2009年
      • 分子認識材料の開発と環境分析の高効率化への応用
        第11回機能構造と分析化学シンポジウム, 2009年
      • ハイスループット分離・分析を目指したスポンジ様カラムの開発
        第70回分析化学討論会, 2009年
      • 新規ポリマーモノリスを用いた自発吸水能および吸着特性評価
        第16回クロマトグラフィーシンポジウム, 2009年
      • 高速送液用スポンジ状モノリス型カラムの基礎評価
        第16回クロマトグラフィーシンポジウム, 2009年
      • Spontaneous water cleanup phenomenon of polymer-based monoliths having co-continuous structure
        TENTH tetrahedron symposium, 2009年
      • エポキシ系モノリスにおける微細構造と毛管現象による自発的吸水および水質浄化
        日本分析化学会第58年回, 2009年
      • スポンジモノリスの固相抽出剤への応用
        第20回クロマトグラフィー科学会議, 2009年
      • Selective Adsorption and Degradation of Toxic Compounds by Organic-Inorganic Hybrid Material
        The Second French Research Organizations-Tohoku University Joint Workshop on Frontier Materials, 2009年
      • Selective concentration of water-soluble natural toxins using polymer based materials
        6th International Workshop on WATER DYNAMICS, 2009年
      • 分子認識材料の開発と環境分析の高効率化への応用
        第11回機能構造と分析化学シンポジウム, 2009年
      • ハイスループット分離・分析を目指したスポンジ様カラムの開発
        第70回分析化学討論会, 2009年
      • 新規ポリマーモノリスを用いた自発吸水能および吸着特性評価
        第16回クロマトグラフィーシンポジウム, 2009年
      • 高速送液用スポンジ状モノリス型カラムの基礎評価
        第16回クロマトグラフィーシンポジウム, 2009年
      • Spontaneous water cleanup phenomenon of polymer-based monoliths having co-continuous structure
        TENTH tetrahedron symposium, 2009年
      • エポキシ系モノリスにおける微細構造と毛管現象による自発的吸水および水質浄化
        日本分析化学会第58年回, 2009年
      • スポンジモノリスの固相抽出剤への応用
        第20回クロマトグラフィー科学会議, 2009年
      • Selective Adsorption and Degradation of Toxic Compounds by Organic-Inorganic Hybrid Material
        The Second French Research Organizations-Tohoku University Joint Workshop on Frontier Materials, 2009年
      • Simple and Effective 3D Recognition of Domoic Acid Using a Molecularly Imprinted Polymer
        PITTCON 2008, 2008年
      • 分子インプリント法を用いた構造柔軟性化合物の三次元認識
        第69回分析化学討論会, 2008年
      • Novel hydrophilic polymer monolith for capillary chromatography
        32th International Symposium of Capillary Chromatography, 2008年
      • 高速分析に適した新規カラムの開発
        第15回クロマトグラフィーシンポジウム, 2008年
      • Effective pretreatment for Saxitoxins using novel adsorption medium prepared by
        21st International Symposium, Preparative / Process Chromatography, 2008年
      • 新規親水性ポリマーモノリス型カラムの分離特性評価
        第57回高分子討論会, 2008年
      • Effective molecular recognition for ionic compounds by the interval immobilization technique
        5th International Workshop on Molecularly Imprinted Polymers, 2008年
      • Novel Hydrophilic Polymer Monolith for Liquid Chromatography
        Eastern Analytical Symposium 2008, 2008年
      • High Throughput On-line Concentration by Novel Separation Media, Named “Spongy-monolith”
        HPLC 2008 Kyoto, 2008年
      • Simple and Effective 3D Recognition of Domoic Acid Using a Molecularly Imprinted Polymer
        PITTCON 2008, 2008年
      • 分子インプリント法を用いた構造柔軟性化合物の三次元認識
        第69回分析化学討論会, 2008年
      • Novel hydrophilic polymer monolith for capillary chromatography
        32th International Symposium of Capillary Chromatography, 2008年
      • 高速分析に適した新規カラムの開発
        第15回クロマトグラフィーシンポジウム, 2008年
      • Effective pretreatment for Saxitoxins using novel adsorption medium prepared by
        21st International Symposium, Preparative / Process Chromatography, 2008年
      • 新規親水性ポリマーモノリス型カラムの分離特性評価
        第57回高分子討論会, 2008年
      • Effective molecular recognition for ionic compounds by the interval immobilization technique
        5th International Workshop on Molecularly Imprinted Polymers, 2008年
      • Novel Hydrophilic Polymer Monolith for Liquid Chromatography
        Eastern Analytical Symposium 2008, 2008年
      • High Throughput On-line Concentration by Novel Separation Media, Named “Spongy-monolith”
        HPLC 2008 Kyoto, 2008年
      • Novel Polymer Monolith Prepared from a Water-Soluble Crosslinking Agent
        HPLC2007, 2007年
      • 機能性高分子を用いたハロゲン化芳香族類の選択的分離
        みちのく分析科学シンポジウム, 2007年
      • 選択的タンパク質分離を目的とした新規分離媒体開発
        日本分析化学会第56年会, 2007年
      • フラグメントインプリント法の開発と応用
        第18回クロマトグラフィー科学会議, 2007年
      • 高親水性ポリマーモノリスの開発とその応用
        第16回ポリマー材料フォーラム, 2007年
      • ポリマーポーラスマテリアルによるみぢかな環境対策
        ネイチャーテクノロジー&グリーンプロセスルネッサンス “連携シンポジウム”, 2007年
      • Novel Polymer Monolith Prepared from a Water-Soluble Crosslinking Agent
        HPLC2007, 2007年
      • 機能性高分子を用いたハロゲン化芳香族類の選択的分離
        みちのく分析科学シンポジウム, 2007年
      • 選択的タンパク質分離を目的とした新規分離媒体開発
        日本分析化学会第56年会, 2007年
      • フラグメントインプリント法の開発と応用
        第18回クロマトグラフィー科学会議, 2007年
      • 高親水性ポリマーモノリスの開発とその応用
        第16回ポリマー材料フォーラム, 2007年
      • ポリマーポーラスマテリアルによるみぢかな環境対策
        ネイチャーテクノロジー&グリーンプロセスルネッサンス “連携シンポジウム”, 2007年
      • 分子インプリントポリマーを用いたドウモイ酸の選択的分離
        第67回分析化学討論会, 2006年
      • 分子鋳型を用いたハロゲン化芳香族類の選択的分離
        ナノ学会第4回大会, 2006年
      • 水酸化PCBの選択的分離
        第13回クロマトグラフィーシンポジウム, 2006年
      • 分子インプリントポリマーを用いた水酸化PCBの選択的分離
        第15回環境化学討論会, 2006年
      • SELECTIVE SEPARATION OF HYDROXYLATED PCBS USING THE MOLECULARLY IMPRINTED POLYMERS
        ICAS 2006, 2006年
      • インプリントポリマーを用いた水酸化PCBの選択的分離手法の開発
        日本分析化学会第55年会, 2006年
      • Direct Selective Separation of Domoic acid by the Molecularly Imprinted Polymers
        12th International Conference on Harmful Algae, 2006年
      • 高親水性ポリマーモノリス開発のための基礎的研究
        第15回ポリマー材料フォーラム, 2006年
      • Development of novel separation media having selective recognition ability
        2006 MRS Fall Meeting, 2006年
      • 分子インプリントポリマーを用いたドウモイ酸の選択的分離
        第67回分析化学討論会, 2006年
      • 分子鋳型を用いたハロゲン化芳香族類の選択的分離
        ナノ学会第4回大会, 2006年
      • 水酸化PCBの選択的分離
        第13回クロマトグラフィーシンポジウム, 2006年
      • 分子インプリントポリマーを用いた水酸化PCBの選択的分離
        第15回環境化学討論会, 2006年
      • SELECTIVE SEPARATION OF HYDROXYLATED PCBS USING THE MOLECULARLY IMPRINTED POLYMERS
        ICAS 2006, 2006年
      • インプリントポリマーを用いた水酸化PCBの選択的分離手法の開発
        日本分析化学会第55年会, 2006年
      • Direct Selective Separation of Domoic acid by the Molecularly Imprinted Polymers
        12th International Conference on Harmful Algae, 2006年
      • 高親水性ポリマーモノリス開発のための基礎的研究
        第15回ポリマー材料フォーラム, 2006年
      • Development of novel separation media having selective recognition ability
        2006 MRS Fall Meeting, 2006年
      • 選択的分子認識能を有する高分子媒体の開発
        ナノ学会第3回大会, 2005年
      • 生体関連物質の選択的分子認識を目的とした高分子媒体の開発
        第2回バイオサイエンスシンポジウム, 2005年
      • 分子インプリント法を利用したハロゲン化芳香族類の選択的分離
        第12回クロマトグラフィーシンポジウム, 2005年
      • 水溶性架橋剤を用いた分子インプリントポリマーの開発
        第54回高分子学会年次大会, 2005年
      • ハロゲン化ビスフェノールAの選択的分離
        第14回環境化学討論会, 2005年
      • Preparation of the molecular imprinted polymer using the water-soluble crosslinking agent and water
        29th International Sym-posium on High Perf-ormance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2005年
      • 水溶性架橋剤を用いた新規分子インプリントポリマーの開発
        第16回クロマトグラフィー科学会議, 2005年
      • Selective Separation of Domoic Acid Using a Novel Polymer Prepared by Molecular Imprinting Technique
        Pacifichem 2005, 2005年
      • 分子インプリント法と医薬品分野応用への可能性
        「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会, 2005年
      • 選択的分子認識能を有する高分子媒体の開発
        ナノ学会第3回大会, 2005年
      • 生体関連物質の選択的分子認識を目的とした高分子媒体の開発
        第2回バイオサイエンスシンポジウム, 2005年
      • 分子インプリント法を利用したハロゲン化芳香族類の選択的分離
        第12回クロマトグラフィーシンポジウム, 2005年
      • 水溶性架橋剤を用いた分子インプリントポリマーの開発
        第54回高分子学会年次大会, 2005年
      • ハロゲン化ビスフェノールAの選択的分離
        第14回環境化学討論会, 2005年
      • Preparation of the molecular imprinted polymer using the water-soluble crosslinking agent and water
        29th International Sym-posium on High Perf-ormance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2005年
      • 水溶性架橋剤を用いた新規分子インプリントポリマーの開発
        第16回クロマトグラフィー科学会議, 2005年
      • Selective Separation of Domoic Acid Using a Novel Polymer Prepared by Molecular Imprinting Technique
        Pacifichem 2005, 2005年
      • 分子インプリント法と医薬品分野応用への可能性
        「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会, 2005年
      • 分析前処理に寄与する新規分離媒体の開発
        第17回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2004年
      • イオン交換基の距離固定化による高親水性化合物の選択的認識
        第17回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2004年
      • Development of novel separation medium for Cylindrospermopsin through the Interval Immobilization Technique
        Sixth international conf-erence on toxic cyano-bacteria, 2004年
      • 環境ホルモンの分析前処理に寄与する新規分離媒体の開発
        第13回環境化学討論会, 2004年
      • Interval immobilization technique for highly hydrophilic compounds with hydrophilic solvent as polymerization porogen
        Third International Wor-kshop on Molecular Imprinted Polymers, 2004年
      • 分析前処理に寄与する高分子媒体の開発
        第13回ポリマー材料フォーラム, 2004年
      • 分析前処理に寄与する新規分離媒体の開発
        第17回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2004年
      • イオン交換基の距離固定化による高親水性化合物の選択的認識
        第17回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2004年
      • Development of novel separation medium for Cylindrospermopsin through the Interval Immobilization Technique
        Sixth international conf-erence on toxic cyano-bacteria, 2004年
      • 環境ホルモンの分析前処理に寄与する新規分離媒体の開発
        第13回環境化学討論会, 2004年
      • Interval immobilization technique for highly hydrophilic compounds with hydrophilic solvent as polymerization porogen
        Third International Wor-kshop on Molecular Imprinted Polymers, 2004年
      • 分析前処理に寄与する高分子媒体の開発
        第13回ポリマー材料フォーラム, 2004年
      • High selective adsorption media for cyanobacterium toxins in the environmental water
        Pittsburgh Conference 2003, 2003年
      • ミクロシスチンに対する選択的吸着剤の開発
        第12回環境化学討論会, 2003年
      • Interval Immobilization Techni-que for molecular recognition toward highly hydrophilic cyanobacterium toxins
        27th International Sym-posium on High Perf-ormance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2003年
      • 環境天然毒の効率的な分析前処理技術および除去に寄与する選択的濃縮能を有した新規分離媒体の開発
        第14回クロマトグラフィー科学会議, 2003年
      • High selective adsorption media for cyanobacterium toxins in the environmental water
        Pittsburgh Conference 2003, 2003年
      • ミクロシスチンに対する選択的吸着剤の開発
        第12回環境化学討論会, 2003年
      • Interval Immobilization Techni-que for molecular recognition toward highly hydrophilic cyanobacterium toxins
        27th International Sym-posium on High Perf-ormance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2003年
      • 環境天然毒の効率的な分析前処理技術および除去に寄与する選択的濃縮能を有した新規分離媒体の開発
        第14回クロマトグラフィー科学会議, 2003年

      書籍等出版物

      • 4章,8章「薄層クロマトグラフィー」
        分析化学便覧
        日本分析化学会, 2011年09月, 査読無し
      • 第3章 3-9 鋳型樹脂”
        図解 最先端イオン交換技術のすべて
        工業調査会, 2009年03月, 査読無し
      • 第0章 濃縮・抽出・分離を用いた機器分析法の基礎
        ベーシック 機器分析化学
        化学同人, 2008年05月, 査読無し

      産業財産権

      • 高分子材料および環境試料の処理方法
      • 対象物質を選択的に捕捉する特性を有する高分子材料、分離方法、分離材および選択的固相抽出法
      • 対象化合物を捕捉することができるモレキュラーインプリンテッドポリマー、その調製方法、およびモレキュラーインプリンテッドポリマーにより対象試料中の対象化合物を捕捉する方法
      • シリンドロスパーモプシンの簡易精製法
      • 高分子材料および環境試料の処理方法
      • 対象物質を選択的に捕捉する特性を有する高分子材料、分離方法、分離材および選択的固相抽出法
      • 対象化合物を捕捉することができるモレキュラーインプリンテッドポリマー、その調製方法、およびモレキュラーインプリンテッドポリマーにより対象試料中の対象化合物を捕捉する方法
      • シリンドロスパーモプシンの簡易精製法

      Works(作品等)

      • 疑似分子鋳型を用いた環境汚染物質の選択的捕捉技術の開発
        自 2011年, 至 2013年
      • 疑似分子鋳型を用いた環境汚染物質の選択的捕捉技術の開発
        自 2011年, 至 2013年
      • 特定タンパク質の選択的分離を可能とする新規高分子媒体の開発
        自 2007年, 至 2008年
      • イオン交換能を有する高分子粒子の研究
        自 2007年, 至 2008年
      • 吸着性樹脂に関する研究
        自 2007年, 至 2008年
      • カーボン材料を利用した新規分離メディアの開発
        自 2007年, 至 2008年
      • 特定タンパク質の選択的分離を可能とする新規高分子媒体の開発
        自 2007年, 至 2008年
      • イオン交換能を有する高分子粒子の研究
        自 2007年, 至 2008年
      • 吸着性樹脂に関する研究
        自 2007年, 至 2008年
      • カーボン材料を利用した新規分離メディアの開発
        自 2007年, 至 2008年
      • ナノテクノロジーを活用した環境技術開発推進事業
        自 2003年, 至 2008年
      • ナノテクノロジーを活用した環境技術開発推進事業
        自 2003年, 至 2008年

      受賞

      • 2007年03月
        日本分析化学会東北支部, 平成18年度東北分析化学奨励賞
      • 2007年11月
        クロマトグラフィー科学会, クロマトグラフィー科学会 平成19年度奨励賞
      • 2010年03月
        NPO法人環境エネルギー技術研究所, 第1回研究奨励賞
      • 2011年09月
        日本分析化学会, 日本分析化学会 2011年度奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 表面化学構造に基づくエクソソームのサブクラス分離
        挑戦的研究(開拓)
        中区分37:生体分子化学およびその関連分野
        京都大学
        久保 拓也
        自 2020年07月30日, 至 2023年03月31日, 交付
        エクソソーム;スポンジモノリス;糖鎖;ヘリックスペプチド;分離;表面化学
      • 分子認識を基礎とする高性能クロマトグラフィーによる環境分析手法の構築
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        大塚 浩二
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        環境分析;分子認識;分子インプリント;ナノ炭素材料;クロマトグラフィー;キャピラリー;フラーレン
      • カーボン材料による内壁コート型分離カラムの開発と分離特性評価
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        久保 拓也
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        クロマトグラフィー;ナノ炭素材料;表面化学;フラーレン;多環式芳香族類;πスタッキング;HPLC;炭素材料
      • キャピラリー/マイクロチップ分離検出システムによる高性能バイオ分析法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        大塚 浩二
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        分離科学;キャピラリー;マイクロチップ;電気泳動;クロマトグラフィー;バイオ分析;分離検出;糖鎖
      • 新発想アフィニティ担体によるケミカルバイオロジーの推進
        基盤研究(B)
        東北大学
        細矢 憲
        完了
        アフィニティ担体;ケミカルバイオロジー;環境技術;生理活性;タンパク質;モノリス;ソフト界面;標的タンパク質;非特異的タンパク吸着;リガンド;創薬研究;キャピラリカラム;ポリエチレングリコール
      • 高親水性ポリマーモノリスの開発と分子鋳型法によるタンパク質分離への応用
        若手研究(A)
        東北大学
        久保 拓也
        完了
        モノリス;高親水性;クロマトグラフィー;分子認識;水溶性高分子;選択的分離;タンパク質

      外部資金:その他

      • 高通水性高分子基材を用いた疾患マーカー迅速スクリーニングデバイスに関する研究開発 (2021年度分)
        経済産業省, 医療研究開発推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • 擬似分子鋳型を用いた環境汚染物質の選択的捕捉技術の開発
        環境研究総合推進費
        自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
        細矢憲
      • '活性特異的濃縮基材と精密質量数による内分泌かく乱化学物質のスクリーニング法開発
        環境研究総合推進費
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日
        中島大介
      • 光活性インターフェイスを用いたカーボン材料固定化法の開発とミクロ分離場への応用
        融合チーム研究プログラム-SPIRITS-
        自 2013年12月20日, 至 2015年03月31日
        久保拓也
      • 高通水性高分子基材を用いた疾患マーカー迅速スクリーニングデバイスに関する研究開発 (2020年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        久保 拓也
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創成化学実験II(創成化学)
          7136, 後期, 工学部, 7
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          材料解析化学
          H025, 前期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創成化学実験I(創成化学)
          7135, 前期, 工学部, 7
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          機器分析化学(創成化学)
          7122, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分析化学(創成化学)
          7114, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          最先端機器分析(創成化学)
          7126, 後期, 工学部, 2
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          材料解析化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          材料解析化学II
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          材料解析化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          材料解析化学II
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          材料解析化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          材料解析化学II
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          材料解析化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          材料解析化学II
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          材料解析化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分析化学(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創成化学実験Ⅰ(創成化学)
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創成化学実験Ⅱ(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          最先端機器分析(創成化学)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          材料解析化学II
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          機器分析化学(創成化学)
          前期, 工学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2010年, 至 2010年
            実行委員, 日本分析化学会第59年会
          • 自 2010年, 至 2010年
            実行委員, 日本分析化学会第59年会
          • 自 2009年, 至 2010年
            庶務幹事, 日本分析化学会東北支部
          • 自 2009年, 至 2010年
            庶務幹事, 日本分析化学会東北支部
          • 自 2007年, 至 2007年
            東北環境化学研究会 幹事
          • 自 2007年, 至 2007年
            東北環境化学研究会 幹事

          ページ上部へ戻る