教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

皆川 栄子

ミナカワ エイコ

医学部附属病院 脳神経内科 特定助教

皆川 栄子
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 神経内科学

      論文

      • Protein Aggregation Inhibitors as Disease-Modifying Therapies for Polyglutamine Diseases
        Eiko N. Minakawa; Yoshitaka Nagai
        Frontiers in Neuroscience, 2021年02月12日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Arginine is a disease modifier for polyQ disease models that stabilizes polyQ protein conformation.
        Eiko N Minakawa; Helena Akiko Popiel; Masayoshi Tada; Toshiaki Takahashi; Hiroshi Yamane; Yuji Saitoh; Yasuo Takahashi; Daisaku Ozawa; Akiko Takeda; Toshihide Takeuchi; Yuma Okamoto; Kazuhiro Yamamoto; Mari Suzuki; Hiromi Fujita; Chiyomi Ito; Hiroko Yagihara; Yuko Saito; Kei Watase; Hiroaki Adachi; Masahisa Katsuno; Hideki Mochizuki; Kentaro Shiraki; Gen Sobue; Tatsushi Toda; Keiji Wada; Osamu Onodera; Yoshitaka Nagai
        Brain : a journal of neurology, 2020年06月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • Human iPS cell-derived mural cells as an in vitro model of hereditary cerebral small vessel disease.
        Yumi Yamamoto; Katsutoshi Kojima; Daisuke Taura; Masakatsu Sone; Kazuo Washida; Naohiro Egawa; Takayuki Kondo; Eiko N Minakawa; Kayoko Tsukita; Takako Enami; Hidekazu Tomimoto; Toshiki Mizuno; Raj N Kalaria; Nobuya Inagaki; Ryosuke Takahashi; Mariko Harada-Shiba; Masafumi Ihara; Haruhisa Inoue
        Molecular brain, 2020年03月19日, 査読有り
      • Sleep Disturbance as a Potential Modifiable Risk Factor for Alzheimer's Disease.
        Minakawa EN; Wada K; Nagai Y
        International journal of molecular sciences, 2019年02月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • E46K mutant α-synuclein is more degradation resistant and exhibits greater toxic effects than wild-type α-synuclein in Drosophila models of Parkinson's disease.
        Sakai R; Suzuki M; Ueyama M; Takeuchi T; Minakawa EN; Hayakawa H; Baba K; Mochizuki H; Nagai Y
        PloS one, 2019年, 査読有り
      • [Sleep abnormality as a potential target of disease-modifying therapy for neurodegenerative diseases].
        Eiko N. Minakawa
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2019年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Mutant UBQLN2 promotes toxicity by modulating intrinsic self-assembly.
        Sharkey LM; Safren N; Pithadia AS; Gerson JE; Dulchavsky M; Fischer S; Patel R; Lantis G; Ashraf N; Kim JH; Meliki A; Minakawa EN; Barmada SJ; Ivanova MI; Paulson HL
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2018年10月, 査読有り
      • Chronic sleep fragmentation exacerbates amyloid β deposition in Alzheimer's disease model mice.
        Minakawa EN; Miyazaki K; Maruo K; Yagihara H; Fujita H; Wada K; Nagai Y
        Neuroscience letters, 2017年07月13日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Transgenic Monkey Model of the Polyglutamine Diseases Recapitulating Progressive Neurological Symptoms
        Ikuo Tomioka; Hidetoshi Ishibashi; Eiko N. Minakawa; Hideyuki H. Motohashi; Osamu Takayama; Yuko Saito; H. Akiko Popiel; Sandra Puentes; Kensuke Owari; Terumi Nakatani; Naotake Nogami; Kazuhiro Yamamoto; Satoru Noguchi; Takahiro Yonekawa; Yoko Tanaka; Naoko Fujita; Hikaru Suzuki; Hisae Kikuchi; Shu Aizawa; Seiichi Nagano; Daisuke Yamada; Ichizo Nishino; Noritaka Ichinohe; Keiji Wada; Shinichi Kohsaka; Yoshitaka Nagai; Kazuhiko Seki
        ENEURO, 2017年03月, 査読有り
      • Differential recruitment of UBQLN2 to nuclear inclusions in the polyglutamine diseases HD and SCA3
        Li Zeng; Bo Wang; Sean A. Merillat; Eiko N. Minakawa; Matthew D. Perkins; Biswarathan Ramani; Sara J. Tallaksen-Greene; Maria do Carmo Costa; Roger L. Albin; Henry L. Paulson
        NEUROBIOLOGY OF DISEASE, 2015年10月, 査読有り
      • F-box Only Protein 2 (Fbxo2) Regulates Amyloid Precursor Protein Levels and Processing
        Graham Atkin; Jack Hunt; Eiko Minakawa; Lisa Sharkey; Nathan Tipper; William Tennant; Henry L. Paulson
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年03月, 査読有り
      • Chicken DT40 cell line lacking DJ-1, the gene responsible for familial Parkinson's disease, displays mitochondrial dysfunction
        Eiko N. Minakawa; Hodaka Yamakado; Atsushi Tanaka; Kengo Uemura; Shunichi Takeda; Ryosuke Takahashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2013年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Topiramate add-on therapy for adult patients with refractory epilepsy in Japan
        Yasukiyo Araki; Eiko N. Minakawa; Miki Ono; Riki Matsumoto; Masako Kinoshita
        Epilepsy and Seizure, 2013年, 査読有り
      • A Case of Follicular Lymphoma Associated with Paraneoplastic Cerebellar Degeneration
        Yayoi Shimazu; Eiko N. Minakawa; Momoko Nishikori; Masafumi Ihara; Yuichiro Hashi; Hirofumi Matsuyama; Masakatsu Hishizawa; Sonoyo Yoshida; Toshiyuki Kitano; Tadakazu Kondo; Takayuki Ishikawa; Ryosuke Takahashi; Akifumi Takaori-Kondo
        INTERNAL MEDICINE, 2012年, 査読有り, 筆頭著者
      • Topiramate induced agranulocytosis
        Eiko N. Minakawa; Riki Matsumoto; Masako Kinoshita
        BMJ Case Reports, 2009年06月05日, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • Glymphatic仮説
        宮崎将行; 皆川栄子
        睡眠医療, 2021年, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • 認知症予防のための睡眠習慣
        皆川栄子
        脳神経内科, 2021年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 認知症病態と睡眠の質の双方向的関係性
        皆川栄子
        Dementia Japan(日本認知症学会誌), 2021年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 「睡眠の質の低下」と認知症
        皆川栄子; 和田圭司; 永井義隆
        Dementia Japan(日本認知症学会誌), 2020年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • レビー小体病早期症状としてのレム睡眠行動障害
        皆川 栄子
        医学のあゆみ, 2019年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 神経変性疾患の病態と睡眠にまつわる最近のトピックス
        皆川栄子; 齊藤勇二; 和田圭司
        国立医療学会誌 医療, 2019年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 「良質な睡眠」による神経変性疾患の病態制御の可能性
        皆川 栄子
        日本薬理学会誌, 2019年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 睡眠障害と認知症
        皆川 栄子
        Clinical Neuroscience, 2018年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 睡眠負債と神経変性疾患の双方向的関係性―動物モデルによる検証をまじえて
        皆川 栄子
        ストレス科学(日本ストレス学会誌), 2018年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 神経変性疾患の新たな病態修飾因子としての睡眠
        皆川 栄子
        BIO Clinica, 2018年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 神経変性疾患(アルツハイマー病以外)の動物モデルの作製手法
        皆川栄子; 永井義隆
        動物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法, 2017年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 良質な睡眠を通じた認知症の発症・進展予防の可能性
        皆川栄子; 和田圭司; 永井義隆
        実験医学, 2017年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • ALSとUBQLN2
        皆川 栄子; Henry L. Paulson
        神経内科, 2015年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 女性ホルモンはパーキンソン病発症の防御因子になるか?『Yes』の立場から
        皆川 栄子
        Frontiers in Parkinson Disease, 2015年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • iPS細胞モデルによるLRRK2 12020T変異パーキンソン病の研究
        小芝 泰; 森實 飛鳥; 菊地 哲弘; 山門 穂高; 陣上 直人; 土井 大輔; 西村 周泰; 皆川 栄子; 江川 斉宏; 井上 治久; 高橋 淳; 高橋 良輔
        臨床神経学, 2014年12月
      • 疾患特異的iPS細胞モデルによる遺伝性パーキンソン病の研究
        小芝 泰; 森實 飛鳥; 山門 穂高; 菊地 哲宏; 皆川 栄子; 土井 大輔; 西村 周泰; 江川 斉宏; 井上 治久; 高橋 淳; 高橋 良輔
        臨床神経学, 2013年12月
      • ニワトリBリンパ細胞株DT40における家族性パーキンソン病モデルの樹立
        皆川 栄子; 堀本 賢; 廣田 耕志; 田中 敦; 武田 俊一; 高橋 良輔
        臨床神経学, 2011年12月

      講演・口頭発表等

      • Bidirectional Relationship between sleep abnormality and Parkinson's disease
        Minakawa EN
        "Takamatsu" International Symposium for Parkinson's Disease and Movement Disorders 2022, 2022年03月12日, 招待有り
      • L-アルギニンによるタンパク質立体構造安定化を応用したポリグルタミン病の疾患修飾療法の開発
        皆川栄子
        日本人類遺伝学会第66回大会 第28回日本遺伝子診療学会大会 合同開催 シンポジウム6「遺伝性神経疾患における研究と臨床の進歩」, 2021年10月14日, 招待有り
      • タンパク質凝集阻害薬を用いたポリグルタミン病の疾患修飾療法の開発
        皆川栄子
        第62回日本神経学会学術大会 ホットトピックス05「運動失調症の克服に向けて」, 招待有り
      • 睡眠からみた認知症研究
        皆川栄子
        第43回日本神経科学大会 シンポジウム3S05「デジタルアプローチによる認知症の医学・生物学」, 2020年07月31日, 招待有り
      • Why and how to study sleep in Parkinson’s disease
        Eiko N Minakawa
        International Parkinson and Movement Disorder Society Asia-Oceania Section, Symposium for Young Neurologists and Emerging Researchers Grooming for Interaction and Excellence in Science (SYNERGIES), 2019年12月07日, 招待有り
      • 認知症病態と「睡眠の質」の双方向的関係性
        皆川 栄子
        第38回日本認知症学会学術集会 シンポジウム14「睡眠障害と認知症」, 2019年11月08日, 招待有り
      • プロテオスタシスと睡眠-「良い眠り」による神経変性疾患の疾患修飾治療の可能性-
        皆川 栄子
        第11回日本臨床睡眠医学会 イブニングセミナー, 2019年10月11日, 招待有り
      • アルツハイマー病におけるアミロイドβおよびタウの蓄積と睡眠-覚醒
        皆川 栄子
        日本睡眠学会第44回定期学術集会 シンポジウム13「精神神経疾患研究の突破口としての睡眠」, 2019年06月17日, 招待有り
      • 神経変性疾患の疾患修飾療法の新たな標的候補としての睡眠異常
        皆川 栄子
        第92回日本薬理学会年会 シンポジウム29「若手研究者による難治性神経変性疾患克服への新たなアプローチ」, 2019年03月16日, 招待有り
      • 神経変性疾患と睡眠・覚醒の双方向的関係性
        皆川 栄子
        第28回日本臨床精神神経薬理学会第48回日本神経精神薬理学会合同年会 シンポジウム2「精神神経疾患と睡眠の新たな関係」, 2018年11月14日, 招待有り
      • 「睡眠の質の低下」と認知症
        皆川栄子; 和田圭司; 永井義隆
        第37回日本認知症学会学術集会 シンポジウム21「睡眠・生体リズムと認知症」, 2018年10月13日, 招待有り
      • 神経変性疾患の病態修飾因子としての睡眠
        皆川 栄子
        第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス シンポジウム1「睡眠とMovement Disorders」, 2018年07月06日, 招待有り
      • Sleep abnormality as a novel candidate of modifiable risk factor for neurodegenerative diseases
        Minakawa EN; Nagai Y; Wada K
        NCNP-MPI-LMU Joint Workshop, 2017年10月17日, 招待有り
      • 良質な睡眠による神経変性疾患の発症進展抑制の可能性
        皆川 栄子
        第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会 シンポジウム8「睡眠・生体リズムの神経機構解明による神経精神疾患へのアプローチ」, 2017年09月28日, 招待有り

      書籍等出版物

      • Annual Review 神経 2020
        皆川栄子, 分担執筆, 睡眠と神経変性疾患
        中外医学社, 2020年04月
      • Neurodegenerative Disorders as Systemic Diseases
        Yoshitaka Nagai; Eiko N. Minakawa, 分担執筆, Drug Development for Neurodegenerative Diseases
        Springer Publishers, Inc., 2015年, 査読無し

      産業財産権

      • 医薬用組成物
        永井義隆; ポピエルヘレナ明子; 皆川栄子

      外部資金:科学研究費補助金

      • 「睡眠の質の低下」が惹起する多臓器円環の変容の指標となるバイオマーカー分子の探索
        基盤研究(C)
        小区分59040:栄養学および健康科学関連
        国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
        皆川 栄子
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        睡眠の質;多臓器円環;バイオマーカー;認知症;神経変性疾患
      • 発達期ダイオキシンと老年期の高次認知機能低下の関係性解明
        基盤研究(A)
        中区分63:環境解析評価およびその関連分野
        早稲田大学
        掛山 正心
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        環境医科学;環境脳科学;トランスレーショナルリサーチ;トランスレーショナル・リサーチ
      • 「睡眠の質」の改善を通じたパーキンソン病の病態制御法の解明
        若手研究
        小区分52020:神経内科学関連
        国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
        皆川 栄子
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        パーキンソン病;睡眠の質;中途覚醒;α-シヌクレイン;睡眠;神経変性疾患
      • タンパク質恒常性維持機構の変容に着目した神経変性疾患の診断治療法開発
        基盤研究(B)
        小区分47060:医療薬学関連
        大阪大学;近畿大学
        武内 敏秀
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        エクソソーム;神経変性疾患;バイオマーカー;プロテオスターシス;環境因子;環境要因
      • 睡眠-覚醒リズムの異常が神経変性疾患の病態を修飾する機構の探索的研究
        若手研究(B)
        国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
        皆川 栄子
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        睡眠障害;中途覚醒;神経変性疾患;認知症;アルツハイマー病

      ページ上部へ戻る