教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

川本 卓男

カワモト タクオ

環境安全保健機構 放射線管理部門 教授

川本 卓男
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 人間・環境学研究科, 相関環境学専攻 生命環境相関論分野 分子・生命環境論講座, 教授

    学内兼務

    • 人間・環境学研究科, 相関環境学専攻 分子・生命環境論講座, 協力教員(教授)

    所属学協会

    • 医用高分子研究会
    • 日本再生医療学会
    • 酵素工学研究会
    • 日本生物工学会
    • 日本農芸化学会
    • 日本化学会
    • Research Group on Biomedical Polymers
    • The Japanese Society for Regenerative Medicine
    • Japanese Society of Enzyme Engineering
    • the Society for Biotechnology, Japan
    • and Agrochemistry
    • Biotechnology
    • Japan Society for Bioscience
    • The Chemical Society of Japan

    学位

    • 工学修士(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        細胞生物学、生物工学、再生医学、放射線安全管理学など
      • 研究概要

        現在、放射線の細胞への影響、胚性幹(ES)細胞の利用、膵島移植の効率化,筋芽細胞の利用
        などの研究を行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), バイオ機能応用、バイオプロセス工学
      • ライフサイエンス, 生体材料学
      • ライフサイエンス, 生体医工学

      論文

      • Effect of cell-extracellular matrix interaction on myogenic characteristics and artificial skeletal muscle tissue
        Ran Ding; Masanobu Horie; Sumire Nagasaka; Saki Ohsumi; Kazunori Shimizu; Hiroyuki Honda; Eiji Nagamori; Hideaki Fujita; Takuo Kawamoto
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2020年08月08日, 査読有り, 最終著者
      • Environmentally friendly measurement of airborne radon using a non-volatile liquid scintillation absorbent
        Takahisa Kato; Miroslaw Janik; Reiko Kanda; Tetsuo Ishikawa; Masaya Kawase; Takuo Kawamoto
        Health Physics Journal, 2018年08月, 査読有り, 最終著者
      • The CDK-PLK1 axis targets the DNA damage checkpoint sensor protein RAD9 to promote cell proliferation and tolerance to genotoxic stress
        Takeshi Wakida; Masae Ikura; Kenji Kuriya; Shinji Ito; Yoshiharu Shiroiwa; Toshiyuki Habu; Takuo Kawamoto; Katsuzumi Okumura; Tsuyoshi Ikura; Kanji Furuya
        ELIFE, 2017年12月, 査読有り
      • Measurement of radon in air using a radon-Po-218 calibration curve determined by an absorptive non-volatile liquid scintillator
        Takahisa Kato; Miroslaw Janik; Reiko Kanda; Tetsuo Ishikawa; Masaya Kawase; Takuo Kawamoto
        RADIATION MEASUREMENTS, 2016年12月, 査読有り
      • Simultaneous disruption of two DNA polymerases, Polη and Polζ, in Avian DT40 cells unmasks the role of Polη in cellular response to various DNA lesions.
        Kouji Hirota; Eiichiro Sonoda; Takuo Kawamoto; Akira Motegi; Chikahide Masutani; Fumio Hanaoka; Dávid Szüts; Shigenori Iwai; Julian E Sale; Alan Lehmann; Shunichi Takeda
        PLoS genetics, 2010年10月07日, 査読有り
      • Microencapsulation of Islets with Living Cells Using PolyDNA-PEG-Lipid Conjugate
        Yuji Teramura; Luan Nguyen Minh; Takuo Kawamoto; Hiroo Iwata
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2010年04月, 査読有り
      • Control of cell attachment through polyDNA hybridization
        Yuji Teramura; Hao Chen; Takuo Kawamoto; Hiroo Iwata
        BIOMATERIALS, 2010年03月, 査読有り
      • 色素性乾皮症バリアント群の責任遺伝子がコードするDNAポリメラーゼηの相同DNA組換えにおける役割
        川本卓男
        酵素工学ニュ-ス, 2008年10月
      • 放射性物質濃度測定の全学実施体制について
        加藤隆久; 宮武秀男; 石塚史彦; 戸崎充男; 倉橋和義; 川本卓男; 佐治英郎
        日本放射線安全管理学会誌. 2007; 6(2):9, 2007年, 査読有り
      • A novel Rad18 function involved in protection of the vertebrate genorne after exposure to camptothecin
        Akari Yoshimura; Katsuaki Nishino; Jun Takezawa; Shusuke Tada; Takayuki Kobayashi; Eiichiro Sonoda; Takuo Kawamoto; Shunichi Takeda; Yutaka Ishii; Kouichi Yamada; Takemi Enomoto; Masayuki Seki
        DNA REPAIR, 2006年11月, 査読有り
      • Genetic dissection of vertebrate 53BP1: A major role in non-homologous end joining of DNA double strand breaks
        K Nakamura; W Sakai; T Kawamoto; RT Bree; NF Lowndes; S Takeda; Y Taniguchi
        DNA REPAIR, 2006年06月, 査読有り
      • Critical roles for polymerase zeta in cellular tolerance to nitric oxide-induced DNA damage
        XH Wu; K Takenaka; E Sonoda; H Hochegger; S Kawanishi; T Kawamoto; S Takeda; M Yamazoe
        CANCER RESEARCH, 2006年01月, 査読有り
      • Dual roles for DNA polymerase eta in homologous DNA recombination and translesion DNA synthesis.
        Takuo Kawamoto; Kasumi Araki; Eiichiro Sonoda; Yukiko M Yamashita; Kouji Harada; Koji Kikuchi; Chikahide Masutani; Fumio Hanaoka; Kazuhiko Nozaki; Nobuo Hashimoto; Shunichi Takeda
        Molecular cell, 2005年12月09日, 査読有り
      • Multiple repair pathways mediate tolerance to chemotherapeutic cross-linking agents in vertebrate cells
        K Nojima; H Hochegger; A Saberi; T Fukushima; K Kikuchi; M Yoshimura; BJ Orelli; DK Bishop; S Hirano; M Ohzeki; M Ishiai; K Yamamoto; M Takata; H Arakawa; JM Buerstedde; M Yamazoe; T Kawamoto; K Araki; JA Takahashi; N Hashimoto; S Takeda; E Sonoda
        CANCER RESEARCH, 2005年12月, 査読有り
      • 海外におけるヒトES細胞の研究―米国ウィスコンシン大学
        川本 卓男
        日本再生医療学会雑誌 再生医療,3(1),93-95, 2004年, 査読有り
      • Bioconversion of organosilicon compounds by horse liver alcohol dehydrogenase: the role of the silicon atom in enzymatic reactions
        Min-Hua Zong; Toshiaku Fukui; Takuo Kawamoto; Atsuo Tanaka
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2004年, 査読有り
      • Human Embryonic Stem Cells and Their Differentiation in Vitro.
        川本卓男
        細胞工学, 2002年08月, 査読有り
      • Efficient repeated use of alcohol dehydrogenase with NAD(+) regeneration in an aqueous-organic two-phase system
        SI Suye; K Kamiya; T Kawamoto; A Tanaka
        BIOCATALYSIS AND BIOTRANSFORMATION, 2002年02月
      • ヒトES細胞研究の最前線
        川本 卓男
        分子細胞治療,1, 23-30, 2002年, 査読有り
      • Preparation of an organic solvent-tolerant strain from baker's yeast
        T Kawamoto; T Kanda; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2001年05月, 査読有り
      • Long-term repeated biodesulfurization by immobilized Rhodococcus erythropolis KA2-5-1 cells
        M Naito; T Kawamoto; K Fujino; M Kobayashi; K Maruhashi; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2001年04月, 査読有り
      • Long-term repeated biodesulfurization by immobilized Rhodococcus erythropolis KA2-5-1 cells
        M Naito; T Kawamoto; K Fujino; M Kobayashi; K Maruhashi; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2001年04月, 査読有り
      • Enzymatic preparation of optically active silicon-containing amino acids and their application
        T Kawamoto; H Yamanaka; A Tanaka
        APPLIED BIOCHEMISTRY AND BIOTECHNOLOGY, 2000年07月, 査読有り
      • Inhibition of thermolysin by 3-trimethylsilalanine derivatives
        H Ishikawa; H Yamanaka; T Kawamoto; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1999年12月, 査読有り
      • Efficient enzymatic synthesis of amide with (aminomethyl)trimethylsilane
        T Kawamoto; RS So; Y Masuda; A Tanaka
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 1999年05月, 査読有り
      • Enzymatic synthesis of silicon-containing dipeptides with 3-trimethylsilylalanine
        H Ishikawa; H Yamanaka; T Kawamoto; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1999年04月, 査読有り
      • Doubly entrapped baker's yeast survives during the long-term stereoselective reduction of ethyl 3-oxobutanoate in an organic solvent
        T Kanda; N Miyata; T Fukui; T Kawamoto; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1998年04月, 査読有り
      • Enzymatic preparation of D-p-trimethylsilylphenylalanine
        Y Tsuji; H Yamanaka; T Fukui; T Kawamoto; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1997年02月, 査読有り
      • Comparison of Acid Anhydrides with Carboxylic Acids in Enantioselective Enzymatic Esterification of Racemic Menthol.
        XU J; ZHU J; KAWAMOTO T; TANAKA A; HU Y
        Chin J Biotechnol, 1997年, 査読有り
      • Efficient preparation of optically active p-trimethylsilylphenylalanine by using cell-free extract of Blastobacter sp. A17p-4
        H Yamanaka; T Kawamoto; A Tanaka
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1997年, 査読有り
      • Enzymatic preparation of optically active 3-trimethylsilylalanine
        H Yamanaka; T Fukui; T Kawamoto; A Tanaka
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1996年03月, 査読有り
      • Long-term enantioselective esterification of menthol in a CSTR constructed with free lipase and acid anhydride in organic solvent 'jointly worked'
        川本 卓男
        Journal of Chemical Engineering of Chinese University,10/3,291, 1996年, 査読有り
      • Enzymatic preparation of optically active silicon-containing amino acids
        A Tanaka; H Yamanaka; T Kawamoto
        ENZYME ENGINEERING XIII, 1996年, 査読有り
      • 含ケイ素有機化合物の生化学変換
        川本 卓男
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 1995年11月01日, 査読有り
      • HIGH-PERFORMANCE CONTINUOUS OPERATION FOR ENANTIOSELECTIVE ESTERIFICATION OF MENTHOL BY USE OF ACID ANHYDRIDE AND FREE LIPASE IN ORGANIC-SOLVENT
        JH XU; T KAWAMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1995年08月, 査読有り
      • EFFICIENT KINETIC RESOLUTION OF DL-MENTHOL BY LIPASE-CATALYZED ENANTIOSELECTIVE ESTERIFICATION WITH ACID ANHYDRIDE IN FED-BATCH REACTOR
        JH XU; T KAWAMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1995年07月, 査読有り
      • Structure, function, production and reactivity of lipase and esterase.Biochemical reaction for substrate organic silicon compounds.
        田中渥夫; 川本卓男; 福居俊昭
        生物工学会誌, 1994年05月, 査読有り
      • ENANTIOSELECTIVE DEHYDROGENATION OF BETA-HYDROXYSILANES BY HORSE LIVER ALCOHOL-DEHYDROGENASE WITH A NOVEL IN-SITU NAD(+) REGENERATION SYSTEM
        Y TSUJI; T FUKUI; T KAWAMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1994年04月, 査読有り
      • ORGANOSILICON BIOCHEMISTRY
        川本 卓男
        CHIMICA OGGI,12/7-8,63-69, 1994年, 査読有り
      • PEPTIDE-SYNTHESIS WITH HALOPHENYLALANINES BY THERMOLYSIN
        Y IMAOKA; T KAWAMOTO; M UEDA; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1994年01月, 査読有り
      • Enzymatic preparation of optically active silylmethanol derivatives having a stereogenic silicon atom by hydrolase-catalyzed enantioselective esterification
        Toshiaki Fukui; Takuo Kawamoto; Atsuo Tanaka
        Tetrahedron: Asymmetry, 1994年, 査読有り
      • ENANTIOSELECTIVE BIOCONVERSION OF NONNATURAL COMPOUNDS
        A TANAKA; T FUKUI; T KAWAMOTO
        BIOCATALYSIS, 1994年, 査読有り
      • EFFICIENT KINETIC RESOLUTION OF ORGANOSILICON COMPOUNDS BY STEREOSELECTIVE ESTERIFICATION WITH HYDROLASES IN ORGANIC-SOLVENT
        A UEJIMA; T FUKUI; E FUKUSAKI; T OMATA; T KAWAMOTO; K SONOMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1993年01月, 査読有り
      • Efficient amide bond formation of organosilicon compound by hydrolases in an organic solvent
        川本 卓男
        Annual Reports of ICBiotech,16/,510-514, 1993年
      • BIOCONVERSION OF NONNATURAL ORGANIC-COMPOUNDS - ESTERIFICATION AND DEHYDROGENATION OF ORGANOSILICON COMPOUNDS
        A TANAKA; T FUKUI; A UEJIMA; MH ZONG; T KAWAMOTO
        ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES, 1992年11月, 査読有り
      • KINETIC RESOLUTION OF ORGANOSILICON COMPOUNDS BY STEREOSELECTIVE DEHYDROGENATION WITH HORSE LIVER ALCOHOL-DEHYDROGENASE
        T FUKUI; MH ZONG; T KAWAMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1992年11月, 査読有り
      • 生体触媒の固定化
        川本 卓男
        現代化学,7/256,24-30, 1992年, 査読有り
      • BIOCONVERSION OF ORGANOSILICON COMPOUNDS BY HORSE LIVER ALCOHOL-DEHYDROGENASE - THE ROLE OF THE SILICON ATOM IN ENZYMATIC-REACTIONS
        MH ZONG; T FUKUI; T KAWAMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1991年10月, 査読有り
      • CONSTRUCTION OF A NON-SUPPORT BIOREACTOR - OPTICAL RESOLUTION OF 2-(4-CHLOROPHENOXY)PROPANOIC ACID IN AN ORGANIC-SOLVENT SYSTEM
        T FUKUI; T KAWAMOTO; K SONOMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1991年08月, 査読有り
      • 生体触媒の固定化とバイオリアクターへの応用
        田中渥夫; 川本卓男
        表面(表面談話会・コロイド懇話会), 1991年05月, 査読有り
      • EFFICIENT OPTICAL RESOLUTION OF 2-(4-CHLOROPHENOXY)PROPANOIC ACID WITH LIPASE BY THE USE OF ORGANOSILICON COMPOUNDS AS SUBSTRATE - THE ROLE OF SILICON ATOM IN ENZYMATIC RECOGNITION
        T KAWAMOTO; K SONOMOTO; A TANAKA
        JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 1991年04月, 査読有り
      • Bioconversion of organosilicon compounds by horse liver alcohol dehydrogenase 'jo
        川本 卓男
        Annual Reports of ICBiotech,14/,155-166, 1991年, 査読有り
      • 酵素による有機溶媒中での光学分割 (有機溶媒系における酵素反応)
        田中 渥夫; 川本 卓男
        日本農芸化学会誌, 1991年, 査読有り
      • ORGANOSILICON BIOCHEMISTRY
        A TANAKA; T KAWAMOTO; K SONOMOTO
        ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES, 1990年12月, 査読有り
      • LONG-TERM CONTINUOUS PRODUCTION OF OPTICALLY-ACTIVE 2-(4-CHLOROPHENOXY)PROPANOIC ACID BY YEAST LIPASE IN AN ORGANIC-SOLVENT SYSTEM
        T FUKUI; T KAWAMOTO; K SONOMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1990年12月, 査読有り
      • STEREOSELECTIVE ESTERIFICATION OF HALOGEN-CONTAINING CARBOXYLIC-ACIDS BY LIPASE IN ORGANIC-SOLVENT - EFFECTS OF ALCOHOL CHAIN-LENGTH
        SH PAN; T KAWAMOTO; T FUKUI; K SONOMOTO; A TANAKA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1990年10月, 査読有り
      • Continuous optical resolution of a carboxylic acid by yeast lipase in organic solvents
        川本 卓男
        Microbial Utilization of Renewable Resources,7/,32-37, 1990年, 査読有り
      • Bioconversion of thiol compounds in organic solvents
        川本 卓男
        Annual Reports of ICBiotech,13/,259-261, 1990年, 査読有り
      • NOVEL PHOTOCATALYTIC NAD+ RECYCLING SYSTEM WITH A SEMICONDUCTOR IN ORGANIC-SOLVENT
        T KAWAMOTO; A AOKI; K SONOMOTO; A TANAKA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1989年, 査読有り
      • フッ素化合物の生化学的変換
        川本 卓男
        発酵と工業,46,118-119, 1988年, 査読有り
      • NOVEL REARRANGEMENT OF CHLOROMETHYLVINYLSILANES INTO ALLYLSILANES - STEREOSELECTIVE SYNTHESIS OF METALLATED ALLYLSILANES FROM 1-ALKYNES
        H SHIRAGAMI; T KAWAMOTO; K IMI; S MATSUBARA; K UTIMOTO; H NOZAKI
        TETRAHEDRON, 1988年, 査読有り
      • Esterification in organic solvents: Selection of hydrolases and effects of reaction conditions
        Takuo Kawamoto; Kenji Sonomoto; Atsuo Tanaka
        Biocatalysis and Biotransformation, 1987年, 査読有り
      • STEREOSELECTIVE SYNTHESIS OF ALLYLSILANES FROM CHLOROMETHYLSILYLALKYNES
        H SHIRAGAMI; T KAWAMOTO; K UTIMOTO; H NOZAKI
        TETRAHEDRON LETTERS, 1986年, 査読有り

      MISC

      • 有機溶媒中での加水分解酵素による立体選択的エステル合成 : 酸の光学分割(生物化学工学-固定化酵素-)
        潘 士皓; 川本 卓男; 田中 渥夫
        日本農藝化學會誌, 1988年03月15日
      • 403 酵素法による含ケイ素アミノ酸含有ペプチドの創製
        石川 豪生; 山中 勇人; 福居 俊昭; 川本 卓男; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 1995年
      • 353 有機ケイ素化合物を用いた加水分解酵素のアミド結合形成反応の高効率化
        川本 卓男; So Rosario S.; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 1993年
      • 369. 有機ケイ素化合物の生化学的変換 : ケイ素原子をキラル中心とする1級アルコールの加水分解酵素による光学分解
        福居 俊昭; 川本 卓男; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 1992年
      • 579 有機ケイ素化合物の生化学的変換 : アルコール脱水素酵素による有機ケイ素化合物の立体選択的変換
        宗 敏華; 福居 俊昭; 川本 卓男; 田中 渥夫
        日本醗酵工学会大会講演要旨集, 1991年
      • 854 有機溶媒中での連続反応バイオリアクターの構築 : リパーゼを用いた光学活性有機酸の連続生産
        福居 俊昭; 川本 卓男; 園元 謙二; 田中 渥夫
        日本醗酵工学会大会講演要旨集, 1989年
      • 226 有機ケイ素化合物の生化学的変換 : 酵素の活性および立体選択性に与えるケイ素の影響
        川本 卓男; 園元 謙二; 田中 渥夫
        日本醗酵工学会大会講演要旨集, 1988年
      • 「Po-210 マイクロα線源を用いた一細胞照射影響観察系の開発」
        角山雄一; 笹健太郎; 加藤晃弘; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会第11 回学術大会 平成24 年12 月4 日(大阪), 2012年, 査読有り
      • Development of bactericidal air filter with immobilized enzymes
        K Isomae; M Gokano; R Matsuoka; S Yamazaki; T Kawamoto; A Tanaka
        INSTITUTE OF ENVIRONMENTAL SCIENCES AND TECHNOLOGY, 1998 PROCEEDINGS - CONTAMINATION CONTROL, 1998年, 査読有り
      • OPTICAL RESOLUTION BY ENZYME IN ORGANIC-SOLVENT
        A TANAKA; T KAWAMOTO
        NIPPON NOGEIKAGAKU KAISHI-JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND AGROCHEMISTRY, 1991年07月
      • Immobilized lipases in organic solvents
        川本 卓男
        Proceedings of World Conference on Biotechnology for the Fats and Oils Industry,/,123-130, 1988年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Self-organization of mouse myoblast cells mediated by soft substrates and improvement of myotube formations in artificial skeletal muscle
        丁然; 堀江正信; 川本卓男
        TERMIS, 2019年04月
      • 自己組織化現象を用いた人工骨格筋組織の構築
        丁然; 堀江正信; 川本卓男
        日本化学工学会 第50回秋季大会, 2018年09月19日
      • 細胞と細胞外マトリックスの相互作用が筋分化と人工筋組織張力に与える影響
        丁 然; 堀江 正信; 長坂 すみれ; 大隅 早紀; 清水 一憲; 本多 裕之; 川本 卓男
        化学工学会 第83年会, 2018年03月14日, 化学工学会
      • DNAチェックポイントタンパク質Rad9はPLK1依存的に分解をうける
        郡司未佳; 白岩義治; 井倉毅; 土生敏行; 川本卓男; 古谷寛治
        第37回分子生物学会年会, 2014年11月
      • 「Po-210 マイクロα線源を用いた一細胞照射影響観察系の開発」
        角山雄一; 笹健太郎; 加藤晃弘; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会第11 回学術大会 平成24 年12 月4 日(大阪), 2012年
      • α線銃を用いた一細胞ライブイメージングシステムの開発
        角山雄一; 加藤晃弘; 村上順一; 笹健太郎; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会 第10回学術大会, 2011年12月
      • Po-210α線を用いた細胞照射影響観察システムの開発
        角山雄一; 村上順一; 川本卓男; 戸崎充男
        第48回アイソトープ・放射線研究発表会, 2011年07月
      • Po-210α線照射細胞におけるDNA損傷修復関連蛋白質の挙動変化の観察
        村上順一; 角山雄一; 大迫清子; 戸崎充男; 川本卓男
        第48回アイソトープ・放射線研究発表会, 2011年07月
      • シングルイオン卓上顕微照射装置の開発
        極限粒子ビームシンポジウム, 2011年06月30日, 独立行政法人 理化学研究所 基幹研究所
      • 主任者をとりまく環境―京都から新しい半世紀への発進―
        平成22年度主任者部会年次大会, 2010年11月, (社)日本アイソトープ協会
      • 社会に開かれた京都大学放射性同位元素総合センターの取り組み
        平成22年度主任者部会年次大会, 2010年11月, (社)日本アイソトープ協会
      • :細胞間相互作用の解析を可能とする細胞の表面修飾
        寺村裕治; 山本英樹; 川本卓男; 岩田博夫
        第31回日本バイオマテリアル学会(2009.11.16-17京都), 2009年
      • 細胞間相互作用を利用した膵ランゲルハンス島のカプセル化
        寺村裕治; 川本卓男; 岩田博夫
        第31 回日本バイ オマテリアル学会(2009.11.16-17 京都), 2009年

      書籍等出版物

      • 大学等における放射線安全管理の実際 2016年改訂版
        大学等放射線施設協議会; 編集委員会, その他
        株式会社 アドスリー, 2016年08月, 査読無し
      • 「つれづれ草」第八百二十段 「定説」なるもの
        川本 卓男
        酵素工学研究会, 2015年10月, 査読無し
      • Organosilicon compoundss, Enzymatic modification, Encyclopedia of Industrial Biotechnology, M. C. Flickinger (ed.)
        M.-H. Zong; A. Tanaka; T. Kawamoto
        John Wiley and Sons, Inc, 2010年, 査読無し
      • Handbook of Food Enzymology 'join
        川本 卓男
        Marcel Dekker. Inc.,, 2002年, 査読無し
      • Methods in Biotechnology vol.15
        川本 卓男
        Humana Press Inc,, 2001年, 査読無し
      • Manual of Industrial Microbiology and Biotechnology
        川本 卓男
        American Society for Microbiology,, 1999年, 査読無し
      • ENCYCLOPEDIA OF BIOPROCESS TECHNOLOGY : FERMENTATION, BIOCATALYSIS, AND BIOSEPARATION
        川本 卓男
        John Wiley & Sons, Inc,, 1999年, 査読無し
      • Cell immobilization
        川本 卓男
        John Wiley and Sons, Inc.,, 1999年, 査読無し
      • Immobilized Enzymes in Organic Solvents
        川本 卓男
        MARCEL DEKKER, INC.,, 1991年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 幹細胞の医療工学的応用に関する研究
        自 2000年, 至 2001年
      • Studies on the application of stem cells from a viewpoint of medical engineering
        自 2000年, 至 2001年
      • 固定化菌体による石油脱硫の評価
        自 1996年, 至 1999年
      • Biodesulfurization by immobilized microorganisms
        自 1996年, 至 1999年
      • 生体触媒に関する応用研究
        自 1996年
      • Studies on the application of biocatalysts
        自 1996年
      • 酵素による有機溶媒中での光学分割
        自 1992年, 至 1993年
      • Optical resolution by enzymes in organic solvents
        自 1992年, 至 1993年

      受賞

      • 2010年12月
        日本放射線安全管理学会, 優秀プレゼンテーション賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • ES細胞の機能強化とその利用による人工多能性幹細胞の調製
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分90:人間医工学およびその関連分野
        京都大学
        川本 卓男
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        人工多能性幹細胞;ES細胞
      • ES細胞の脱核とその利用による多能性幹細胞の作製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        川本 卓男
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        ES細胞;多能性幹細胞;iPS細胞;初期化;ES細胞
      • シングルイオン卓上顕微照射装置の開発とその利用による放射線生物影響の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        川本 卓男
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        α線;放射線生物影響;照射装置;DNA 修復;飛程;DNA修復
      • 移植後膵島の生存率向上のための膵島表面修飾
        基盤研究(A)
        京都大学
        岩田 博夫
        完了
        細胞・組織工学;バイオ人工膵臓;糖尿病;ランゲルハンス氏島;移植;セルトリ細胞;リン脂質;オリゴDNA;表面修飾;拒絶反応;PEG;膵ランゲルハンス島;マイクロカプセル;ウロキナーゼ;皮下;セリルトリ細胞
      • DNA修復欠損動物細胞を用いた環境化学物質のDNA損傷性の高感度評価
        萌芽研究
        京都大学
        川本 卓男
        完了
        DNA損傷;DNA修復;環境化学物質;動物細胞;解析・評価;DT40細胞;DNAポリメラーゼη;色素性乾皮症;REV1;REV3
      • フラーレンの生命科学への導入:フラーレンの生化学的変換
        萌芽的研究
        京都大学
        田中 渥夫
        完了
        フラーレン;生命科学;生化学的変換;フラーレン誘導体
      • 生体触媒新利用法の開発:有機ケイ素化合物の導入と新機能性物質の創製
        奨励研究(A)
        京都大学
        川本 卓男
        完了
        生体触媒;加水分解酵素;有機ケイ素化合物;エナンチオ選択的エスチル化;光学分割;新機能性物質;キラルビルディングブロック;含ケイ素医薬
      • 有機溶媒と非天然型基質導入による生体触媒の新利用法の開拓
        一般研究(B)
        京都大学
        田中 渥夫
        完了
        生体触媒;非天然アミノ酸;有機ケイ素化合物;酸無水物;ペプチド合成;エステル化;脱水素反応;有機溶媒;非天然型アミノ酸;ハロフェニルアラニン;生化学反応, Biocatalyst;Non-natural amino acid;Organosilicon compound;Acid anhydride;Peptide synthesis;Esterification;Dehydrogenation;Organic solvent

      外部資金:その他

      • 高等真核細胞で標的組み換えの効率を上昇させる方法の開発
        CREST
        自 2002年, 至 2005年
        武田俊一
      • 大学等放射線施設による緊急モニタリングプラットフォーム構築のための教育研究プログラム
        平成28年度「原子力規制人材育成事業」
        自 2016年, 至 2021年
        松田尚樹
      • 健全な放射線防護実現のためのアイソトープ総合センターをベースとした放射線教 育と安全管理ネットワーク
        平成29年度規制庁・放射線防護研究ネットワーク推進事業
        自 2017年, 至 2021年
        篠原 厚
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子・生命環境論特別セミナー
          Q018, 通年, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命環境相関論演習2
          L017, 後期, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体機能相関論
          L018, 後期, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関環境学研究I
          3001, 通年, 人間・環境学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          放射線概論
          U133, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命環境相関論特別演習1
          Q007, 前期, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命環境相関論特別演習2
          Q008, 後期, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関環境学特別研究I
          Q001, 通年, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関環境学特別研究II
          Q002, 通年, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関環境学研究II
          3002, 通年, 人間・環境学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命環境相関論演習1
          L016, 前期, 人間・環境学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関環境学特別研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関環境学特別研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命環境相関論特別演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命環境相関論特別演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子・生命環境論特別セミナー
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子・生命環境論特別セミナー
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命環境相関論特別演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命環境相関論特別演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関環境学特別研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関環境学特別研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子・生命環境論特別セミナー
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命環境相関論特別演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命環境相関論特別演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関環境学特別研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関環境学特別研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子・生命環境論特別セミナー
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命環境相関論特別演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命環境相関論特別演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関環境学特別研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関環境学特別研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子・生命環境論特別セミナー
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命環境相関論特別演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命環境相関論特別演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関環境学特別研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関環境学特別研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子・生命環境論特別セミナー
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命環境相関論特別演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命環境相関論特別演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関環境学特別研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関環境学特別研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子・生命環境論特別セミナー(博士科目)
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命環境相関論特別演習2(博士科目)
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命環境相関論特別演習1(博士科目)
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関環境学特別研究II(博士科目)
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関環境学特別研究I(博士科目)
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子・生命環境論特別セミナー(博士科目)
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体機能相関論
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命環境相関論演習1
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命環境相関論演習2
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命環境相関論特別演習2(博士科目)
          後期, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命環境相関論特別演習1(博士科目)
          前期, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関環境学特別研究II(博士科目)
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関環境学特別研究I(博士科目)
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関環境学研究II
          通年, 人間・環境学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関環境学研究I
          通年, 人間・環境学研究科

        博士学位審査

        • The Study on Neutralization of Human Immunodeficiency Virus and SARS CoV-2 - Neutralization Resistance of SHIV and Neutralization Assay for SARS CoV-2 - (ヒト免疫不全ウイルスと新型コロナウイルスの中和に関する研究 - SHIVの中和抵抗性と新型コロナウイルスの中和測定法 -)
          YALCIN PISIL, 人間・環境学研究科, 副査
          2021年05月24日
        • ヒト正常細胞における低線量放射線のミトコンドリアおよび微小核誘導に及ぼす影響の解明
          孟 慶梅, 人間・環境学研究科, 副査
          2021年11月24日
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            吉田キャンパス整備専門委員会委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            放射性同位元素等管理委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            放射線障害予防小委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2010年10月01日, 至 2012年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2012年10月01日, 至 2014年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2012年10月01日, 至 2014年09月30日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2019年04月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2011年04月01日
            放射性同位元素等専門委員会
          • 自 2011年04月01日
            放射性障害予防小委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年12月01日, 至 2023年11月30日
            医学研究科等防犯カメラ設置運用委員会/委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            医学図書館運営委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            附属放射性同位元素総合センター長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年09月30日
            放射線管理部門長
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            放射性同位元素総合センター長

          ページ上部へ戻る