教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

竹元 博幸

タケモト ヒロユキ

野生動物研究センター 特定研究員

竹元 博幸
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        チンパンジーおよびボノボの進化生態学的研究(採食生態、生息地比較等)、中央アフリカ地域の生物地理

      論文

      • 大地の変動と生物地理から探るボノボの歴史
        竹元 博幸
        霊長類研究, 2018年
      • Acquisition of terrestrial life by human ancestors influenced by forest microclimate
        Hiroyuki Takemoto
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年07月, 査読有り
      • The mitochondrial ancestor of bonobos and the origin of their major haplogroups
        Hiroyuki Takemoto; Yoshi Kawamoto; Shoko Higuchi; Emiko Makinose; John A. Hart; Terese B. Hart; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; Gay E. Reinartz; Patrick Guislain; Jef Dupain; Amy K. Cobden; Mbangi N. Mulavwa; Kumugo Yangozene; Serge Darroze; Celine Devos; Takeshi Furuichi
        PLOS ONE, 2017年05月, 査読有り
      • Epidemiological Surveillance of Lymphocryptovirus Infection in Wild Bonobos
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Yoshi Kawamoto; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Munehiro Okamoto; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • How did bonobos come to range south of the congo river? Reconsideration of the divergence of Pan paniscus from other Pan populations
        Hiroyuki Takemoto; Yoshi Kawamoto; Takeshi Furuichi
        EVOLUTIONARY ANTHROPOLOGY, 2015年09月, 査読有り
      • Human proximity and habitat fragmentation are key drivers of the rangewide bonobo distribution
        Jena R. Hickey; Janet Nackoney; Nathan P. Nibbelink; Stephen Blake; Aime Bonyenge; Sally Coxe; Jef Dupain; Maurice Emetshu; Takeshi Furuichi; Falk Grossmann; Patrick Guislain; John Hart; Chie Hashimoto; Bernard Ikembelo; Omari Ilambu; Bila-Isia Inogwabini; Innocent Liengola; Albert Lotana Lokasola; Alain Lushimba; Fiona Maisels; Joel Masselink; Valentin Mbenzo; Norbert Mbangia Mulavwa; Pascal Naky; Nicolas Mwanza Ndunda; Pele Nkumu; Valentin Omasombo; Gay Edwards Reinartz; Robert Rose; Tetsuya Sakamaki; Samantha Strindberg; Hiroyuki Takemoto; Ashley Vosper; Hjalmar S. Kühl
        Biodiversity and Conservation, 2013年12月, 査読有り
      • Genetic Structure of Wild Bonobo Populations: Diversity of Mitochondrial DNA and Geographical Distribution
        Yoshi Kawamoto; Hiroyuki Takemoto; Shoko Higuchi; Tetsuya Sakamaki; John A. Hart; Terese B. Hart; Nahoko Tokuyama; Gay E. Reinartz; Patrick Guislain; Jef Dupain; Amy K. Cobden; Mbangi N. Mulavwa; Kumugo Yangozene; Serge Darroze; Celine Devos; Takeshi Furuichi
        PLOS ONE, 2013年03月, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonotic pathogens by screening of IgA antibodies in wild great apes in Africa.
        Yoshida T; Takemoto H; Sato E; Sakamaki T; Miyabe-Nishiwaki T; Ikoma T; Watanabe A; Kaneko A; Watanabe S; Hayakawa T; Suzuki J; Okamoto M; Matsuzawa T; Akari H; Furuichi T
        International Primatological Society XXIV Congress (2012/08, Cancun, Mexico)., 2012年, 査読有り
      • Difference in terrestriality between chimpanzees and bonobos influenced by air temperature inside forest.
        Takemoto H
        International Primatological Society 23rd Congress (2010/09, Kyoto)., 2010年, 査読有り
      • The foraging behavior of Japanese macaques Macaca fuscata in a forested enclosure: Effects of nutrient composition, energy and its seasonal variation on the consumption of natural plant foods
        M.F. Jaman; M.A. Huffman; H. Takemoto
        Current Zoology, 2010年, 査読有り
      • The formation of the brush-sticks: modification of chimpanzees or the by-product of folding?
        H Takemoto; S Hirata; Y Sugiyama
        PRIMATES, 2005年07月
      • The formation of the brush-sticks: modification of chimpanzees or the by-product of folding?
        H Takemoto; S Hirata; Y Sugiyama
        PRIMATES, 2005年07月, 査読有り
      • Seasonal change in terrestriality of chimpanzees in relation to microclimate in the tropical forest
        H Takemoto
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Phytochemical determination for leaf food choice by wild chimpanzees in Guinea, Bossou
        H Takemoto
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2003年11月, 査読有り
      • 野外調査におけるチンパンジーの「道具使用」の発見
        竹元 博幸; 平田 聡
        霊長類研究 = Primate research, 2002年12月01日
      • ギニア共和国・ボッソウにおけるチンパンジー研究小史
        山越 言; 竹元 博幸; 松沢 哲郎; 杉山 幸丸
        霊長類研究 = Primate research, 1999年10月01日
      • 飼育チンパンジーによる植栽樹の採食にみられる選択性
        竹元 博幸; 熊崎 清則; 松沢 哲郎
        霊長類研究 = Primate research, 1996年04月01日

      MISC

      • 人とサルの体力と運動能力
        竹元博幸
        「ヒトとサルの違いがわかる本」(杉山幸丸編著),p.86-100 オーム社., 2010年, 査読有り
      • ヒトとサルの食と住
        竹元博幸
        「ヒトとサルの違いがわかる本」 (杉山幸丸編) p.46-62 オーム社, 2010年, 査読有り
      • 施設6 チンパンジーによる房付き掘り棒の製作と使用(X.共同利用研究 2.共同利用研究成果)
        竹元 博幸
        霊長類研究所年報, 2004年09月30日
      • ENVIS Bulletin: Wildlife & Protected Areas, Non-human Primates of India
        Takemoto H
        Gupta, A. K. (editor): ENVIS Bulletin: Wildlife & Protected Areas, Non-human Primates of India. Vol.1, no. 1. Wildlife Institute of India, Dehra Dun. Primates 45 (1): 79-80., 2004年, 査読有り
      • 自由集会記録:「信号と情報の伝達:個体から個体
        香田啓貴; 竹元博幸; 山根明弘
        世代から世代,種から種へ」. 哺乳類科学 43 (2): 153-154, 2003年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 地上にいるときは一緒にいる個体数が増える
        竹元 博幸
        霊長類研究 Supplement, 2017年
      • 大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹元博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 齊藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会(2012/05/24-26, 別府), 2012年
      • 大型類人猿における糞便サンプルを用いた人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田 友教; 早川 敏之; 鈴木 樹理; 岡本 宗裕; 松沢 哲郎; 古市 剛史; 明里 宏文; 宮部 貴子; 郡山 尚紀; 竹元 博幸; 生駒 智子; 渡邉 朗野; 兼子 明久; 渡邊 祥平; 齊藤 暁
        霊長類研究 Supplement, 2012年
      • チンパンジーとボノボ:地上性の比較
        竹元博幸
        第25回日本霊長類学会 (2009/07, 各務原), 2009年
      • ニホンザルによる放飼場内植生の樹皮食と選択性
        竹元博幸; 大沼学; 山内志乃; 千田友和; 須田直子; 松林清明
        第55回日本生態学会 (2008/03, 福岡), 2008年
      • ボノボの空間利用と森林内微気象
        竹元 博幸
        霊長類研究 Supplement, 2007年
      • 放飼場内植生にあたえるニホンザル樹皮食の影響
        竹元博幸; 大沼 学; 山内志乃; 千田友和; 松林清明
        第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷市) 霊長類研究 21(Supplement): 19., 2005年
      • 人工的な餌環境がヤクシマザルの咬耗程度に及ぼす影響
        阿部 操; 竹元 博幸
        霊長類研究 Supplement, 2005年
      • Feeding responses of chimpanzees to seasonal changes in food supply in the forest analyzed by fecal samples in Bossou, Guinea
        Takemoto H
        An International Symposium: African Great Apes. Evolution, Diversity and Conservation (Mar. 2004, Kyoto, Japan)., 2004年
      • カメルーン・カンポ地域におけるチンパンジーのシロアリ採食のための複合道具使用
        竹元 博幸
        霊長類研究 Supplement, 2004年
      • 森林内微気象の垂直構造がチンパンジーの空間利用に及ぼす効果
        竹元博幸
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 仙台), 2003年
      • チンパンジーによる房付き掘り棒の製作と使用
        竹元博幸; 平田聡; 杉山幸丸
        第18回日本霊長類学会大会 (2002年7月, 東京) 霊長類研究 18(3): 373., 2002年
      • チンパンジーによる種子散布
        竹元博幸
        種子散布研究会-種子散布研究:日本から世界へ- (2002年12月, 大阪), 2002年

      書籍等出版物

      • 人とサルの違いがわかる本 : 知力から体力、感情力、社会力まで全部比較しました
        杉山 幸丸; 相見 満; 藤田 志歩; 明和 政子; 中村 徳子; 竹元 博幸
        オーム社, 2010年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • ヒトの地上性の起源と後期中新世の気候変動
        基盤研究(C)
        京都大学
        竹元 博幸
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        ボノボ;チンパンジー;森林気象;地上性;樹上性;熱帯季節林;体温調節;後期中新世;捕食リスク;ウガンダ,カリンズ森林;森林内微気象;コンゴ,ワンバ森林;林内利用高度;地上利用;季節変化;進化;古環境;霊長類;人類進化;温度環境
      • 人類の地上生活の獲得と森林内微気象-野生PAN属の空間利用からのアプローチ-
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        竹元 博幸
        完了
        人類学;進化;生態;類人猿;ホミニゼーション;熱帯林;果実量;気温

      ページ上部へ戻る