教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

黒田 浩一

クロダ コウイチ

農学研究科 応用生命科学専攻応用生化学講座 准教授

黒田 浩一
list
    Last Updated :2022/08/17

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • American Society for Microbiology
    • 日本生物工学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本農芸化学会

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/17

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        生命現象の理解・有用微生物の創出・新規バイオツールの開発
      • 研究概要

        生命現象を化学分子のつながりとして捉え、分子の言葉で説明しようとする基礎ならびに応用研究を展開している。オミックス解析により有用機能の根底にある未知のメカニズムを分子レベルで解明しつつ、ストレス耐性の向上など様々な有用機能を付与した微生物を創出している。ゲノム情報に基づいて細胞表層機能を自在にデザインする「細胞表層工学」技術を確立するとともに、代謝工学・合成生物学・分子耐性工学に基づき広範な分野への応用を展開している。また、ほとんど全ての生命現象にとって重要な役割を果たす転写の人工的制御技術の開発、ゲノムDNAだけでなくミトコンドリアDNAをターゲットとした新規核酸編集技術の開発に取り組んでいる。

      研究キーワード

      • 合成生物学
      • ストレス耐性
      • オミックス解析
      • 代謝工学
      • 生物学的窒素固定
      • 共生生物学
      • 適応進化
      • バイオレメディエーション
      • 細胞表層工学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用生物化学
      • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
      • ライフサイエンス, ゲノム生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 応用微生物学

      論文

      • Construction of recombinant Escherichia coli producing nitrogenase-related proteins from Azotobacter vinelandii
        Yuki Tatemichi; Takeharu Nakahara; Mitsuyoshi Ueda; Kouichi Kuroda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, in press, 2021年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Simultaneous display of multiple kinds of enzymes on the yeast cell surface for multistep reactions
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Methods in Molecular Biology, in press, 2021年07月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Small-scale hypoxic cultures for monitoring the spatial reorganization of glycolytic enzymes in Saccharomyces cerevisiae.
        Yuki Yoshimura; Reina Hirayama; Natsuko Miura; Ryotaro Utsumi; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Michihiko Kataoka
        Cell Biology International, in press, 2021年04月29日, 査読有り
      • Development of a mito-CRISPR system for generating mitochondrial DNA-deleted strain in Saccharomyces cerevisiae.
        Takamitsu Amai; Tomoka Tsuji; Mitsuyoshi Ueda; Kouichi Kuroda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2021年03月24日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • CRISPR Nickase-mediated base editing in yeast.
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Methods in Molecular Biology, 2021年, 査読有り, 筆頭著者
      • 窒素飢餓ストレス応答の制御による酵母のイソブタノール耐性・生産能の強化
        黒田浩一
        クリーンエネルギー, 2020年12月, 招待有り, 責任著者
      • Efficient ammonia production from food by-products by engineered Escherichia coli.
        Yuki Tatemichi; Kouichi Kuroda; Takeharu Nakahara; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2020年08月18日, 査読有り
      • 酵母の分岐鎖アルコール耐性強化によるバイオ燃料生産の向上 -窒素飢餓ストレス応答の制御による耐性獲得と物質生産への応用-
        黒田浩一
        配管技術, 2020年06月, 招待有り, 責任著者
      • 酵母の窒素代謝制御遺伝子破壊株におけるイソブタノール耐性・生産能の向上
        黒田浩一
        バイオサイエンスとインダストリー, 2020年05月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Construction of engineered yeast producing ammonia from glutamine and soybean residues (okara).
        Yukio Watanabe; Kouichi Kuroda; Yuki Tatemichi; Takeharu Nakahara; Wataru Aoki; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2020年04月15日, 査読有り
      • Critical roles of the pentose phosphate pathway and GLN3 in isobutanol-specific tolerance in yeast.
        Kouichi Kuroda; Sarah K Hammer; Yukio Watanabe; José Montaño López; Gerald R Fink; Gregory Stephanopoulos; Mitsuyoshi Ueda; José L Avalos
        Cell Systems, 2019年12月18日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Temporal proteome dynamics of Clostridium cellulovorans cultured with major plant cell wall polysaccharides.
        Shunsuke Aburaya; Wataru Aoki; Kouichi Kuroda; Hiroshi Minakuchi; Mitsuyoshi Ueda
        BMC Microbiology, 2019年06月03日, 査読有り
      • Direct bioethanol production from brown macroalgae by co-culture of two engineered Saccharomyces cerevisiae strains.
        Yusuke Sasaki; Toshiyuki Takagi; Keisuke Motone; Toshiyuki Shibata; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2018年08月, 査読有り
      • Cas9ニッカーゼを用いたオフターゲットのない新しいゲノム編集法(CRISPR Nickaseシステム)の開発
        黒田浩一; 植田充美
        化学と生物, 2018年04月, 査読有り, 筆頭著者
      • Xylanase B from Clostridium cellulovorans 743B: Overexpression, purification, crystallization and X-ray diffraction analysis
        Daichi Nakajima; Akihiko Nagano; Toshiyuki Shibata; Reiji Tanaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Hideo Miyake
        Acta Crystallographica Section F: Structural Biology Communications, 2018年02月01日, 査読有り
      • Platform construction of molecular breeding for utilization of brown macroalgae
        Toshiyuki Takagi; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2018年01月01日, 査読有り
      • Engineering of global regulators and cell surface properties toward enhancing stress tolerance in Saccharomyces cerevisiae
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2017年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Characterization of the cellulosomal scaffolding protein CbpC from Clostridium cellulovorans 743B
        Daichi Nakajima; Toshiyuki Shibata; Reiji Tanaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Hideo Miyake
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2017年10月, 査読有り
      • Construction of bioengineered yeast platform for direct bioethanol production from alginate and mannitol
        Toshiyuki Takagi; Yusuke Sasaki; Keisuke Motone; Toshiyuki Shibata; Reiji Tanaka; Hideo Miyake; Tetsushi Mori; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2017年09月, 査読有り
      • Enhanced direct ethanol production by cofactor optimization of cell surface-displayed xylose isomerase in yeast
        Yusuke Sasaki; Toshiyuki Takagi; Keisuke Motone; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Biotechnology Progress, 2017年07月, 査読有り
      • Development of an analysis method for 4-deoxy-L-erythro-5-hexoseulose uronic acid by LC/ESI/MS with selected ion monitoring
        Toshiyuki Shibata; Reona Fujii; Hideo Miyake; Reiji Tanaka; Tetsushi Mori; Mami Takahashi; Toshiyuki Takagi; Hiroyuki Yoshikawa; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Natural Product Communications, 2017年06月, 査読有り
      • Precise genome-wide base editing by the CRISPR Nickase system in yeast
        Atsushi Satomura; Ryosuke Nishioka; Hitoshi Mori; Kosuke Sato; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Scientific Reports, 2017年05月, 査読有り
      • Recovery of platinum(0) through the reduction of platinum ions by hydrogenase-displaying yeast
        Rio Ito; Kouichi Kuroda; Haruka Hashimoto; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2016年10月, 査読有り
      • Characteristic strategy of assimilation of various saccharides by Clostridium cellulovorans
        Takako Inamori; Shunsuke Aburaya; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2016年09月, 査読有り
      • Direct ethanol fermentation of the algal storage polysaccharide laminarin with an optimized combination of engineered yeasts
        Keisuke Motone; Toshiyuki Takagi; Yusuke Sasaki; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Biotechnology, 2016年08月, 査読有り
      • Potentiality of bacterial metagenomes in biorefinery enzyme isolation for brown macroalgae degradation
        Tetsushi Mori; Mami Takahashi; Yumiko Yamada; Toshiyuki Shibata; Toshiyuki Takagi; Reiji Tanaka; Hideo Miyake; Seinen Chow; Kouichi Kuroda; Haruko Takeyama; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Platform of direct ethanol production from macroalgae by engineered Saccharomyces cerevisiae
        Keisuke Motone; Toshiyuki Takagi; Yusuke Sasaki; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Proposed alginate utilization process of the macroalgae-assimilating Saccharophagus degradans 2-40 based on quantitative proteomic analysis
        Toshiyuki Takagi; Hironobu Morisaka; Shunsuke Aburaya; Yohei Tatsukami; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Ethanol production from hemicellulose using xylose isomerase-displaying yeast
        Yusuke Sasaki; Toshiyuki Takagi; Keisuke Motone; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Falsirhodobacter sp alg1 harbors single homologs of endo and exo-type alginate lyases efficient for alginate depolymerization
        Tetsushi Mori; Mami Takahashi; Reiji Tanaka; Hideo Miyake; Toshiyuki Shibata; Seinen Chow; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Haruko Takeyama
        PLOS ONE, 2016年05月, 査読有り
      • Reconstruction of thermotolerant yeast by one-point mutation identified through whole-genome analyses of adaptively-evolved strains
        Atsushi Satomura; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Scientific Reports, 2016年03月, 査読有り
      • Putative alginate assimilation process of the marine bacterium Saccharophagus degradans 2-40 based on quantitative proteomic analysis
        Toshiyuki Takagi; Hironobu Morisaka; Shunsuke Aburaya; Yohei Tatsukami; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Marine Biotechnology, 2016年02月, 査読有り
      • Engineered yeast whole-cell biocatalyst for direct degradation of alginate from macroalgae and production of non-commercialized useful monosaccharide from alginate
        Toshiyuki Takagi; Takahiro Yokoi; Toshiyuki Shibata; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2016年02月, 査読有り
      • Cellular and molecular engineering of yeast Saccharomyces cerevisiae for advanced biobutanol production
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FEMS Microbiology Letters, 2016年02月, 査読有り
      • 酵母の熱適応進化戦略
        里村淳; 黒田浩一; 植田充美
        バイオサイエンスとインダストリー, 2016年, 査読有り
      • Rapid preparation of mutated influenza hemagglutinins for influenza virus pandemic prevention
        Ryosuke Nishioka; Atsushi Satomura; Junki Yamada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2016年01月, 査読有り
      • Genome sequence of Formosa haliotis strain MA1, a brown alga-degrading bacterium isolated from the gut of abalone Haliotis gigantea
        Reiji Tanaka; Yukino Mizutani; Toshiyuki Shibata; Hideo Miyake; Shunpei Iehata; Tetsushi Mori; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Genome Announcements, 2016年, 査読有り
      • Screening of randomly mutagenized glucagon-like peptide-1 library by using an integrated yeast-mammalian assay system
        Tomohiro Shigemori; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Biotechnology, 2015年09月, 査読有り
      • Quantitative time-course proteome analysis of Mesorhizobium loti during nodule maturation
        Mami Nambu; Yohei Tatsukami; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Proteomics, 2015年07月, 査読有り
      • Description of the interaction between Candida albicans and macrophages by mixed and quantitative proteome analysis without isolation
        Nao Kitahara; Hironobu Morisaka; Wataru Aoki; Yumiko Takeda; Seiji Shibasaki; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2015年07月, 査読有り
      • Activation of the mitochondrial signaling pathway in response to organic solvent stress in yeast
        Nao Nishida-Aoki; Hitoshi Mori; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Current Genetics, 2015年05月, 査読有り
      • Generation of a functionally distinct Rhizopus oryzae lipase through protein folding memory
        Atsushi Satomura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        PLOS ONE, 2015年05月, 査読有り
      • Functional screening system for yeast-secreted peptides acting on G-protein coupled receptors
        Tomohiro Shigemori; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2015年05月, 査読有り
      • Elucidation of the recognition mechanisms for hemicellulose and pectin in Clostridium cellulovorans using intracellular quantitative proteome analysis
        Shunsuke Aburaya; Kohei Esaka; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2015年05月, 査読有り
      • Enhanced butanol production by eukaryotic Saccharomyces cerevisiae engineered to contain an improved pathway
        Hiroshi Sakuragi; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2015年02月, 査読有り
      • 高効率物質生産に向けた転写因子デザインによるストレス耐性工学
        里村淳; 黒田浩一; 植田充美
        日本生物工学会誌, 2015年, 査読有り
      • Proximity effect among cellulose-degrading enzymes displayed on the Saccharomyces cerevisiae
        Jungu Bae; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied and Environmental Microbiology, 2015年01月, 査読有り
      • Exoproteome analysis of Clostridium cellulovorans in natural soft-biomass degradation
        Kohei Esaka; Shunsuke Aburaya; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2015年01月, 査読有り
      • Enzyme evolution by yeast cell surface engineering.
        Miura N; Kuroda K; Ueda M
        Methods in Molecular Biology, 2015年, 査読有り
      • Single-cell heterogeneity in suppression of PC12 differentiation by direct microinjection of a differentiation inhibitor, U0126
        Jihye Chung; Natsuko Miura; Akio Ito; Munetaka Sawada; Shigemichi Nishikawa; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 2014年10月, 査読有り
      • Activation of signaling pathways related to cell wall integrity and multidrug resistance by organic solvent in Saccharomyces cerevisiae
        Nao Nishida; Dongyu Jing; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Current Genetics, 2014年08月, 査読有り
      • Evaluation of chitosan-binding amino acid residues of chitosanase from Paenibacillus fukuinensis
        Danya Isogawa; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Hideo Kusaoke; Hisashi Kimoto; Shin-ichiro Suye; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2014年07月, 査読有り
      • Enhanced adsorption and recovery of uranyl ions by NikR mutant-displaying yeast.
        Kuroda K; Ebisutani K; Iida K; Nishitani T; Ueda M
        Biomolecules, 2014年04月, 査読有り
      • A design for the control of apoptosis in genetically modified Saccharomyces cerevisiae
        Nao Nishida; Misa Noguchi; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2014年02月, 査読有り
      • 細胞表層工学による多彩な金属イオンの吸着・回収リサイクル (特集 微生物を利用した水中からの金属類の除去・回収技術)
        植田 充美; 黒田 浩一
        用水と廃水, 2014年01月, 査読有り
      • アーミング酵母による多様なレアメタルの選択的回収
        植田充美; 黒田浩一
        BIO INDUSTRY, 2014年, 査読有り
      • Generation of arming yeasts with active proteins and peptides via cell surface display system: cell surface engineering, bio-arming technology.
        Kuroda K; Ueda M
        Methods in Molecular Biology, 2014年, 査読有り
      • Draft genome sequence of Falsirhodobacter sp. strain alg1, an alginate-degrading bacterium isolated from fermented brown algae
        Tetsushi Mori; Mami Takahashi; Reiji Tanaka; Toshiyuki Shibata; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Haruko Takeyama
        Genome Announcements, 2014年, 査読有り
      • Detection of Candida albicans by using a designed fluorescence-quenched peptide
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Aika Fujita; Seiji Shibasaki; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2013年11月, 査読有り
      • Exoproteome profiles of Clostridium cellulovorans grown on various carbon sources
        Kazuma Matsui; Jungu Bae; Kohei Esaka; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied and Environmental Microbiology, 2013年11月, 査読有り
      • Elucidation of potentially virulent factors of Candida albicans during serum adaptation by using quantitative time-course proteomics
        Wataru Aoki; Yohei Tatsukami; Nao Kitahara; Kazuma Matsui; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Proteomics, 2013年10月, 査読有り
      • Development of surface-engineered yeast cells displaying phytochelatin synthase and their application to cadmium biosensors by the combined use of pyrene-excimer fluorescence
        Hideyuki Matsuura; Yosuke Yamamoto; Misa Muraoka; Kenji Akaishi; Yasuhisa Hori; Kanoko Uemura; Naoki Tsuji; Kazuo Harada; Kazumasa Hirata; Takeshi Bamba; Hitoshi Miyasaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Biotechnology Progress, 2013年09月, 査読有り
      • Acquisition of thermotolerant yeast Saccharomyces cerevisiae by breeding via stepwise adaptation
        Atsushi Satomura; Yoshiaki Katsuyama; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Ayako Tomio; Takeshi Bamba; Eiichiro Fukusaki; Mitsuyoshi Ueda
        Biotechnology Progress, 2013年09月, 査読有り
      • Spatial reorganization of Saccharomyces cerevisiae enolase to alter carbon metabolism under hypoxia
        Natsuko Miura; Masahiro Shinohara; Yohei Tatsukami; Yasuhiko Sato; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Eukaryotic Cell, 2013年08月, 査読有り
      • Cellulosome complexes: Natural biocatalysts as arming microcompartments of enzymes
        Jungu Bae; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Molecular Microbiology and Biotechnology, 2013年08月, 査読有り
      • Disclosure of the differences of Mesorhizobium loti under the free-living and symbiotic conditions by comparative proteome analysis without bacteroid isolation
        Yohei Tatsukami; Mami Nambu; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        BMC Microbiology, 2013年07月, 査読有り
      • 包括的転写制御による効率的物質生産に向けたストレス耐性育種
        黒田 浩一; 植田 充美
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2013年06月25日
      • Effect of sterol composition on the activity of the yeast G-protein-coupled receptor Ste2
        Sanae Morioka; Tomohiro Shigemori; Keisuke Hara; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2013年05月, 査読有り
      • Mutant firefly luciferases with improved specific activity and dATP discrimination constructed by yeast cell surface engineering
        Tatsuya Fushimi; Natsuko Miura; Hideya Shintani; Hiroyuki Tsunoda; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2013年05月, 査読有り
      • ABC transporters related to organic-solvent-tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae
        Nao Nishida; Naoki Ozato; Ken Matsui; Kouichi Kuroda; Mitusyoshi Ueda
        Journal of Biotechnology, 2013年05月, 査読有り
      • Display of Clostridium cellulovorans xylose isomerase on the cell surface of Saccharomyces cerevisiae and its direct application to xylose fermentation
        Miki Ota; Hiroshi Sakuragi; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        Biotechnology Progress, 2013年04月, 査読有り
      • Time-course proteomic profile of Candida albicans during adaptation to a fetal serum
        Wataru Aoki; Tomomi Ueda; Yohei Tatsukami; Nao Kitahara; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Pathogens and Disease, 2013年02月, 査読有り
      • Arming technology in yeast -Novel strategy for whole-cell biocatalyst and protein engineering
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Biomolecules, 3: 632-650, 2013年, 査読有り
      • 多様なベースメタルやレアメタルを選別・回収できるバイオ技術の展開 : アーミング微生物の構築 (特別講演(第130回例会 技術のブレークスルー : レアメタル分離とバイオ技術))
        植田 充美; 黒田 浩一
        環境資源工学 : 資源処理技術, 2013年
      • Construction of a convenient system for easily screening inhibitors of mutated influenza virus neuraminidases
        Tomohiro Shigemori; Mitsuru Nagayama; Junki Yamada; Natsuko Miura; Suganya Yongkiettrakul; Kouichi Kuroda; Tohoru Katsuragi; Mitsuyoshi Ueda
        FEBS Open Bio, 2013年, 査読有り
      • Fixation of CO2 in Clostridium cellulovorans analyzed by C-13-isotopomer-based target metabolomics
        Masahiro Shinohara; Hiroshi Sakuragi; Hironobu Morisaka; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Eiichiro Fukusaki; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2013年, 査読有り
      • Design of a novel antimicrobial peptide activated by virulent proteases
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Chemical Biology & Drug Design, 2012年11月, 査読有り
      • Next generation of antimicrobial peptides as molecular targeted medicines
        Wataru Aoki; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2012年10月, 査読有り
      • Specific adsorption of tungstate by cell surface display of the newly designed ModE mutant
        Kouichi Kuroda; Takashi Nishitani; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2012年10月, 査読有り
      • Direct fermentation of newspaper after laccase-treatment using yeast codisplaying endoglucanase, cellobiohydrolase, and β-glucosidase
        A. Nakanishi; K. Kuroda; M. Ueda
        Renewable Energy, 2012年08月, 査読有り
      • Tracing putative trafficking of the glycolytic enzyme enolase via SNARE-driven unconventional secretion
        Natsuko Miura; Aya Kirino; Satoshi Endo; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Masahiro Takagi; Mitsuyoshi Ueda
        Eukaryotic Cell, 2012年08月, 査読有り
      • Profiling of adhesive properties of the agglutinin-like sequence (ALS) protein family, a virulent attribute of Candida albicans
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FEMS Immunology and Medical Microbiology, 2012年06月, 査読有り
      • Mutated intramolecular chaperones generate high-activity isomers of mature enzymes
        Mitsuru Nagayama; Haruko Maeda; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Biochemistry, 2012年05月, 査読有り
      • Effect of pretreatment of hydrothermally processed rice straw with laccase-displaying yeast on ethanol fermentation
        Akihito Nakanishi; Jun Gu Bae; Kotaro Fukai; Naoki Tokumoto; Kouichi Kuroda; Jun Ogawa; Masato Nakatani; Sakayu Shimizu; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2012年05月, 査読有り
      • Membrane-displayed peptide ligand activates the pheromone response pathway in Saccharomyces cerevisiae
        Keisuke Hara; Takuya Ono; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Biochemistry, 2012年05月, 査読有り
      • Chimeric yeast G-protein α subunit harboring a 37-residue C-terminal gustducin-specific sequence is functional in saccharomyces cerevisiae
        K. Hara; Y. Inada; T. Ono; K. Kuroda; Y. Yasuda-Kamatani; M. Ishiguro; T. Tanaka; T. Misaka; K. Abe; M. Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2012年03月, 査読有り
      • Candida albicans Possesses Sap7 as a Pepstatin A-Insensitive Secreted Aspartic Protease
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Yoshihiro Yamamoto; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        PLOS ONE, 2012年02月, 査読有り
      • Identification of interaction site of propeptide toward Mature carboxypeptidase Y (mCPY) based on the similarity between propeptide and CPY inhibitor (I-C)
        Mitsuru Nagayama; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2012年01月, 査読有り
      • Bio-pretreatment technology for the efficient biorefinery and resistant breeding strategy
        B. Jungu; A. Nakanishi; M. Ueda; K. Kuroda
        Seibutsu-kogaku Kaishi, 2012年, 査読有り
      • Membrane-displayed somatostatin activates somatostatin receptor subtype-2 heterologously produced in Saccharomyces cerevisiae
        Keisuke Hara; Tomohiro Shigemori; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2012年, 査読有り
      • Construction of a novel selection system for endoglucanases exhibiting carbohydrate-binding modules optimized for biomass using yeast cell-surface engineering
        Akihito Nakanishi; Jungu Bae; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2012年, 査読有り
      • Profile of native cellulosomal proteins of Clostridium cellulovorans adapted to various carbon sources
        Hironobu Morisaka; Kazuma Matsui; Yohei Tatsukami; Kouichi Kuroda; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        AMB Express, 2012年, 査読有り
      • Comprehensive characterization of secreted aspartic proteases encoded by a virulence gene family in Candida albicans
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Yoshihiro Yamamoto; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Biochemistry, 2011年10月, 査読有り
      • Putative role of cellulosomal protease inhibitors in Clostridium cellulovorans based on gene expression and measurement of activities
        Hirokazu Meguro; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bacteriology, 2011年10月, 査読有り
      • Estimation of Enzyme Kinetic Parameters of Cell Surface-displayed Organophosphorus Hydrolase and Construction of a Biosensing System for Organophosphorus Compounds
        Katsumi Takayama; Shin-ichiro Suye; Yoshikazu Tanaka; Ashok Mulchandani; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Analytical Sciences, 2011年08月, 査読有り
      • ROS Production and Apoptosis Induction by Formation of Gts1p-Mediated Protein Aggregates
        Mitsuaki Sanada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2011年08月, 査読有り
      • Molecular design of the microbial cell surface toward the recovery of metal ions
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Current Opinion in Biotechnology, 2011年06月, 査読有り
      • GTS1 Induction Causes Derepression of Tup1-Cyc8-Repressing Genes and Chromatin Remodeling through the Interaction of Gts1p with Cyc8p
        Mitsuaki Sanada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2011年04月, 査読有り
      • Inhibition of Heat Tolerance and Nuclear Import of Gts1p by Ssa1p and Ssa2p
        Mitsuaki Sanada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2011年02月, 査読有り
      • Yeast biosorption and recycling of metal ions by cell surface engineering cell surface engineering
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Microbial Biosorption of Metals, 2011年, 査読有り
      • QUANTITATIVE INTRODUCTION OF A CELL DIFFERENTIATION INHIBITING AGENT BY THE USE OF AN AUTOMATED MICROINJECTION SYSTEM
        Jihye Chung; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        PROGRESS ON POST-GENOME TECHNOLOGIES AND MODERN NATURAL PRODUCTS, 2011, 2011年, 査読有り
      • MOLECULAR BREEDING OF LUCIFERASE SUITABLE FOR PYROSEQUENCING BY CELL SURFACE ENGINEERING
        Tatsuya Fushimi; Hideya Shintani; Natsuko Miura; Hiroyuki Tsunoda; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        PROGRESS ON POST-GENOME TECHNOLOGIES AND MODERN NATURAL PRODUCTS, 2011, 2011年, 査読有り
      • INVESTIGATION OF THE MOLECULAR BASIS OF MOONLIGHTING PROTEIN, ENOLASE, IN THE POST-GENOME STUDY
        Natsuko Miura; Kazuma Matsui; Satoshi Endo; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Masahiro Takagi; Mitsuyoshi Ueda
        PROGRESS ON POST-GENOME TECHNOLOGIES AND MODERN NATURAL PRODUCTS, 2011, 2011年, 査読有り
      • Comparison of the mesophilic cellulosome-producing Clostridium cellulovorans genome with other cellulosome-related clostridial genomes
        Yutaka Tamaru; Hideo Miyake; Kouichi Kuroda; Akihito Nakanishi; Chiyuki Matsushima; Roy H. Doi; Mitsuyoshi Ueda
        Microbial Biotechnology, 2011年01月, 査読有り
      • High-throughput screening of improved protease inhibitors using a yeast cell surface display system and a yeast cell chip
        Wataru Aoki; Yuichi Yoshino; Hironobu Morisaka; Keiji Tsunetomo; Hirotaka Koyo; Shinji Kamiya; Noriyuki Kawata; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2011年01月, 査読有り
      • Cell surface engineering of yeast for applications in white biotechnology
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Biotechnology Letters, 2011年01月, 査読有り
      • Construction of yeast bioadsorbent by cell surface engineering
        K. Kuroda; M. Ueda
        Handbook of Metal Biotechnology: Applications for Environmental Conservation and Sustainability, 2011年, 査読有り
      • Cell surface design for selective recovery of rare metal ions
        K. Kuroda; M. Ueda
        Handbook of Metal Biotechnology: Applications for Environmental Conservation and Sustainability, 2011年, 査読有り
      • Molecular breeding of advanced microorganisms for biofuel production
        Hiroshi Sakuragi; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Biomedicine and Biotechnology, 2011年, 査読有り
      • 細胞表層の改良による有害重金属の吸着・回収が可能な環境浄化酵母の創製
        黒田浩一
        Inst Ferment Osaka Res Commun, 2010年12月25日, 査読有り
      • バイオリファイナリーに向けたリグニンのバイオ処理技術(<特集>地球環境問題へのバイオテクノロジーの貢献の新時代)
        黒田 浩一; 植田 充美
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2010年07月25日
      • Yeast co-displaying enhanced green fluorescent protein and organophosphorus hydrolase in combination with a cell chip for detection of organophosphorus compounds
        T. Fukuda; K. Tsuchiyama; H. Makishima; A. Mulchandani; K. Kuroda; M. Ueda; S. Suye
        Biotechnology Journal, 2010年07月, 査読有り
      • ソフトバイオマス完全糖化の新バイオ技術〈ソフトバイオマスを完全分解・糖化する新しい微生物前処理技術〉
        植田充美; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩
        配管技術, 2010年06月01日
      • Engineering of microorganisms towards recovery of rare metal ions
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2010年06月, 査読有り
      • バイオマスを完全分解・糖化する革新的微生物前処理技術に向けて
        植田充美; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩
        ブレインテクノニュース, 2010年05月15日
      • Organophosphorus compound detection on a cell chip with yeast coexpressing hydrolase and eGFP
        Takeshi Fukuda; Keiji Tsuchiya; Hirokazu Makishima; Kouta Tsuchiyama; Ashok Mulchandani; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Shin-ichiro Suye
        Biotechnology Journal, 2010年05月, 査読有り
      • Enhancement of β-glucosidase activity on the cell-surface of sake yeast by disruption of SED1
        A. Kotaka; H. Sahara; K. Kuroda; A. Kondo; M. Ueda; Y. Hata
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2010年05月, 査読有り
      • Synthesis of functional dipeptide carnosine from nonprotected amino acids using carnosinase-displaying yeast cells
        Chiaki Inaba; Shinsuke Higuchi; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2010年05月, 査読有り
      • Improvement in organophosphorus hydrolase activity of cell surface-engineered yeast strain using Flo1p anchor system
        Takeshi Fukuda; Kouta Tsuchiyama; Hirokazu Makishima; Katsumi Takayama; Ashok Mulchandani; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Shin-ichiro Suye
        Biotechnology Letters, 2010年05月, 査読有り
      • Molecular design of yeast cell surface for adsorption and recovery of molybdenum, one of rare metals
        Takashi Nishitani; Mariko Shimada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2010年03月, 査読有り
      • Genome sequence of the cellulosome-producing mesophilic organism Clostridium cellulovorans 743B
        Yutaka Tamaru; Hideo Miyake; Kouichi Kuroda; Akihito Nakanishi; Yujiro Kawade; Kousuke Yamamoto; Masaaki Uemura; Yasuhiro Fujita; Roy H. Doi; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bacteriology, 2010年02月, 査読有り
      • エネルギー:バイオマス
        植田充美; 黒田浩一
        酵素利用技術大系(エヌ・テイー・エス 2010.4.16刊行)867-872, 2010年
      • 酵素の細胞表層デイスプレイーアーミング技術
        植田充美; 黒田浩一
        酵素利用技術大系(エヌ・テイー・エス 2010.4.16刊行)552-559., 2010年
      • 第2世代バイオエタノール(セルロース・バイオエタノール)の効率的生産―CBP法の 展開―
        黒田浩一; 植田充美
        セルロース系バイオエタノール製造技術集成―食糧クライシス回避のためにー (エヌ・テイー・エス)229-241, 2010年
      • Biofuel production from cellulosic biomass by cell surface engineering-development of arming technology to design biocatalyst for consolidated bioprocessing (CBP) system
        K. Kuroda; M. Ueda
        Cellulose: Structure and Properties, Derivatives and Industrial Uses, 2010年, 査読有り
      • Comparative genomics of the mesophilic cellulosome-producing Clostridium cellulovorans and its application to biofuel production via consolidated bioprocessing
        Yutaka Tamaru; Hideo Miyake; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Roy H. Doi
        Environmental Technology, 2010年, 査読有り
      • Characterization of secreted aspartic proteases of Candida albicans
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Hironobu Morisaka; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2009年11月, 査読有り
      • 酵母に有機溶媒耐性を与える転写因子の同定と耐性の再現
        黒田浩一; 植田充美
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2009年11月01日
      • Demonstration of catalytic proton acceptor of chitosanase from Paenibacillus fukuinensis by comprehensive analysis of mutant library
        Danya Isogawa; Takeshi Fukuda; Kouichi Kuroda; Hideo Kusaoke; Hisashi Kimoto; Shin-ichiro Suye; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2009年11月, 査読有り
      • アーミング技術によるメタルバイオテクノロジー--レアメタル資源の選別回収への展開 (特集総説 資源リサイクル社会構築のための環境バイオテクノロジー)
        植田 充美; 黒田 浩一
        環境バイオテクノロジー学会誌, 2009年07月
      • Efficient synthesis of enantiomeric ethyl lactate by Candida antarctica lipase B (CALB)-displaying yeasts
        Chiaki Inaba; Kenjiro Maekawa; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2009年07月, 査読有り
      • Regulation of the display ratio of enzymes on the Saccharomyces cerevisiae cell surface by the immunoglobulin G and cellulosomal enzyme binding domains
        Junji Ito; Akihiko Kosugi; Tsutomu Tanaka; Kouichi Kuroda; Seiji Shibasaki; Chiaki Ogino; Mitsuyoshi Ueda; Hideki Fukuda; Roy H. Doi; Akihiko Kondo
        Applied and Environmental Microbiology, 2009年06月, 査読有り
      • Purification of inactive precursor of carboxypeptidase Y using selective cleavage method coupled with molecular display
        Haruko Maeda; Mitsuru Nagayama; Kouichi Kuroda; Mitsupshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2009年03月, 査読有り
      • Enhancement of display efficiency in yeast display system by vector engineering and gene disruption
        Kouichi Kuroda; Ken Matsui; Shinsuke Higuchi; Atsushi Kotaka; Hiroshi Sahara; Yoji Hata; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2009年03月, 査読有り
      • Cell-surface modification of non-GMO without chemical treatment by novel GMO-coupled and -separated cocultivation method
        Natsuko Miura; Wataru Aoki; Naoki Tokumoto; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2009年02月, 査読有り
      • Creation of a novel peptide endowing yeasts with acid tolerance using yeast cell-surface engineering
        Ken Matsui; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2009年02月, 査読有り
      • 植物生育促進への新しい育種法の開発
        植田充美; 石川峻士; 黒田浩一
        第二世代バイオ燃料の開発と応用展開(シーエムシー), 39-46, 2009年
      • 多様なレアメタル・レアアースを個別に選別して特異的に回収することを可能にするアーミング技術の戦略
        植田充美; 黒田浩一
        メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収―新元素戦略の新しいキーテクノロジー (シーエムシー), 201-207, 2009年
      • 細胞表層工学による新しいバイオアドソーベントー細胞表層工学を利用した金属イオンの吸着・回収リサイクルー
        黒田浩一; 植田充美
        メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収―新元素戦略の新しいキーテクノロジー (シーエムシー), 97-103, 2009年
      • Surface coat proteins of the pine wood nematode, Bursaphelenchus xylophilus: profiles of stage- and isolate-specific characters
        Ryoji Shinya; Yuko Takeuchi; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Kazuyoshi Futai
        Nematology, 2009年, 査読有り
      • アーミング技術による細胞表層デザインの展開 : 環境浄化からレアメタル・レアアース資源の選択回収へ(<特集(2)>環境・資源保全のためのメタルバイオテクノロジー)
        植田 充美; 黒田 浩一
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2008年12月25日
      • 糖アルコール・エリスリトールによる植物の生育促進作用
        黒田浩一; 進士和典; 鈴木雅之; 植田充美
        Foods & Food Ingred J Jpn, 2008年08月01日
      • Discovery of a modified transcription factor endowing yeasts with organic-solvent tolerance and reconstruction of an organic-solvent-tolerant Saccharomyces cerevisiae strain
        Ken Matsui; Shinya Teranishi; Shohei Kamon; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied and Environmental Microbiology, 2008年07月, 査読有り
      • 金属イオン吸着・回収に向けた細胞表層デザインと吸着分子の創製(<特集>コンビバイオとナノバイオのコラボによる新しい世界の開拓-バイオテクノロジーの未来のかたち-)
        黒田 浩一; 三浦 夏子
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2008年06月25日
      • Direct ethanol production from barley β-glucan by sake yeast displaying Aspergillus oryzae β-glucosidase and endoglucanase
        A. Kotaka; H. Bando; M. Kaya; M. Kato-Murai; K. Kuroda; H. Sahara; Y. Hata; A. Kondo; M. Ueda
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2008年06月, 査読有り
      • Isoflavone aglycones production from isoflavone glycosides by display of β-glucosidase from Aspergillus oryzae on yeast cell surface
        Atsushi Kotaka; Hiroshi Sahara; Yoji Hata; Yasuhisa Abe; Akihiko Kondo; Michiko Kato; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2008年05月, 査読有り
      • Efficient and direct fermentation of starch to ethanol by sake yeast strains displaying fungal glucoamylases
        Atsushi Kotaka; Hiroshi Sahara; Yoji Hata; Yasuhisa Abe; Akihiko Kondo; Michiko Kato-Murai; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2008年05月, 査読有り
      • 植物バイオマスデザイン―統合バイオリファイナリーの実現に向けて―バイオマスデザインに向けた細胞育種の新発想
        黒田浩一; 三浦夏子; 植田充美
        Bio Ind, 2008年04月12日
      • バイオマスデザインに向けた植物育種の新発想
        黒田浩一; 三浦夏子; 植田充美
        BIOINDUSTRY, 25(4), 20-24, 2008年
      • Improvement in enzymatic desizing of starched cotton cloth using yeast codisplaying glucoamylase and cellulose-binding domain
        Takeshi Fukuda; Michiko Kato-Murai; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Shin-ichiro Suye
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2008年01月, 査読有り
      • Growth acceleration of plants and mushroom by erythritol
        Kouichi Kuroda; Shuji Hirakawa; Masayuki Suzuki; Kazunori Shinji; Kazuo Ogasa; Tatsuya Uraji; Teruo Amachi; Mitsuyoshi Ueda
        Plant Biotechnology, 2008年, 査読有り
      • Application of the arming system for the expression of the 380R antigen from red sea bream iridovirus (RSIV) on the surface of yeast cells: A first step for the development of an oral vaccine
        Yutaka Tamaru; Masanori Ohtsuka; Keitaro Kato; Sadao Manabe; Kouichi Kuroda; Mitsuaki Sanada; Mitsuyoshi Ueda
        Biotechnology Progress, 2006年08月, 査読有り
      • Systems for the detection and analysis of protein-protein interactions
        Kouichi Kuroda; Michiko Kato; Joji Mima; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2006年06月, 査読有り
      • Screening for candidate genes involved in tolerance to organic solvents in yeast
        Ken Matsui; Takashi Hirayama; Kouichi Kuroda; Katsuhiko Shirahige; Toshihiko Ashikari; Mitsuyoshi Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2006年06月, 査読有り
      • Detection of protein-protein interactions by a combination of a novel cytoplasmic membrane targeting system of recombinant proteins and fluorescence resonance energy transfer
        S Shibasaki; K Kuroda; HD Nguyen; T Mori; W Zou; M Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2006年04月, 査読有り
      • Effective display of metallothionein tandem repeats on the bioadsorption of cadmium ion
        K Kuroda; M Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2006年04月, 査読有り
      • Bioadsorption of cadmium ion by cell surface-engineered yeasts displaying metallothionein and hexa-His
        K Kuroda; M Ueda
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2003年12月, 査読有り
      • An arming yeast with the ability to entrap fluorescent 17β-estradiol on the cell surface
        M. Yasui; S. Shibasaki; K. Kuroda; M. Ueda; N. Kawada; J. Nishikawa; T. Nishihara; A. Tanaka
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2002年07月, 査読有り
      • Cell surface-engineered yeast with ability to bind, and self-aggregate in response to, copper ion
        K Kuroda; M Ueda; S Shibasaki; A Tanaka
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2002年07月, 査読有り
      • Cell surface-engineered yeast displaying a histidine oligopeptide (hexa-His) has enhanced adsorption of and tolerance to heavy metal ions
        K Kuroda; S Shibasaki; M Ueda; A Tanaka
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2001年12月, 査読有り
      • A critical role of an oxygen-responsive gene for aerobic nitrogenase activity in Azotobacter vinelandii and its application to Escherichia coli.
        Ren Takimoto; Yuki Tatemichi; Wataru Aoki; Yuishin Kosaka; Hiroyoshi Minakuchi; Mitsuyoshi Ueda; Kouichi Kuroda
        Scientific reports, 2022年03月09日

      MISC

      • C.cellulovorans由来セルロソーム骨格タンパク質CbpB,CbpC遺伝子のクローニングと発現
        中島大地; 山本康介; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美; 田丸浩; 田丸浩; 田丸浩; 三宅英雄; 三宅英雄; 三宅英雄
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年
      • 酵母によるバイオレメディエーション--重金属イオン検知・吸着・回収リサイクリングシステム
        黒田 浩一; 植田 充美
        バイオインダストリ-, 2003年02月
      • 細胞表層デザインによる金属の高効率回収バイオ技術 (特集 レアメタルをめぐる動向--逼迫問題対策と最新技術を探る)
        黒田 浩一; 島田 まり子; 植田 充美
        工業材料, 2007年08月
      • 2F16-4 GTS1 遺伝子発現によって誘起される凝集現象の遺伝子発現プロファイリング
        黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2003年
      • 金属のバイオアドソープション(バイオミディア)
        黒田 浩一
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2006年
      • 166 重金属イオン回収インテリジェント酵母の機能評価
        黒田 浩一; 植田 充美; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2001年
      • 548 タバコBY2細胞におけるRhizopus oryzae由来の分泌シグナルの機能
        上森 健至; 黒田 浩一; 植田 充美; 仲山 英樹; 吉田 和哉; 新名 惇彦; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2001年
      • 423 環境汚染重金属イオンを検知・捕捉し自己凝集するアーミング酵母の創製
        黒田 浩一; 芝崎 誠司; 植田 充美; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2000年
      • 日本農芸化学会大会
        安藤 晃規; 奥 公秀; 岸野 重信; 黒田 浩一; 渡辺 文太; 宮下 正弘; 桝田 哲哉; 小林 敬; 伊福 健太郎; 木岡 紀幸; 芦田 久; 寺本 陽彦
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2009年07月01日
      • 1Ap01 キシロースイソメラーゼ細胞表層提示酵母によるキシロース発酵(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演)
        太田 美希; 櫻木 大志; 黒田 浩一; 三宅 英雄; 田丸 浩; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年
      • 1Ap03 ラッカーゼI提示酵母を用いた新規リグニン分解・前処理による発酵系の構築(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演)
        BAE Jungu; 中西 昭仁; 黒田 浩一; 小川 順; 仲谷 端人; 清水 昌; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年
      • 2La15 日和見感染真菌Candida albicansの細胞壁プロテオーム解析(分類・系統・遺伝学,一般講演)
        上田 知美; 青木 航; 北原 奈緒; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年
      • 2Ia12 酵母の有機溶媒耐性に関与するABCトランスポーターの分類(生物化学工学,一般講演)
        西田 奈央; 大里 直樹; 松井 健; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年
      • 2Ea04 Clostridium cellulovorans 743B由来セルロソーム骨格タンパク質CbpB遺伝子のクローニングと発現(タンパク質工学,一般講演)
        中島 大地; 山本 康介; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年
      • 2P-1058 繊維加工への応用を目指したリパーゼ変異体ライブラリーの構築と高機能変異体の取得(2a酸素学,酵素工学,一般講演,酵素学,タンパク質工学および酵素工学,伝統の技と先端科学技術の融合)
        末 信一朗; 倉田 誠一; 岩崎 絵梨; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年
      • 3P-2034 Clostridium cellulovoransセルロソームにおけるペプチダーゼインヒビターの機能と役割(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        目黒 裕和; 黒田 浩一; 三宅 英雄; 田丸 浩; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年
      • 2P-2074 Clostridium cellulovorans全ゲノム解析と糖質関連酵素遺伝子の全容解明(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        田丸 浩; 三宅 英雄; 黒田 浩一; ドリ ロイ; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年
      • 2P-2039 多様なバイオマスに対する最適化CBM選抜技術の構築(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        中西 昭仁; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年
      • MN-O2 Single cell analysis for organophosphorus compounds sensing using organophosphorus hydrolase and EGFP displayed arming yeast(Section X Micro/Nano Technology for Analysis and Cell Manipulation)
        Suye Shin-ichiro; Tsuchiya Keiji; Makishima Hirokazu; Mulchandani Ashok; Kuroda Kouichi; Enami Yasufumi; Ueda Mitsuyoshi
        Journal of bioscience and bioengineering, 2009年11月
      • EP-P35 Characterization of secreted aspartic proteases of Candida albicans(Section VII Enzyme and Protein Engineering)
        Aoki Wataru; Kitahara Nao; Morisaka Hironobu; Miura Natsuko; Kuroda Kouichi; Ueda Mitsuyoshi
        Journal of bioscience and bioengineering, 2009年11月
      • 1P-036 Rhodobacteraceae科に属するFalsirhodobacter sp. alg1の新規アルギン酸リアーゼAlyFRBの特性評価(酵素学,酵素工学,一般講演)
        モリ テツシ; 高橋 真美; 田中 礼士; 柴田 敏行; 成年 張; 黒田 浩一; 植田 充美; 竹山 春子
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 3P-187 ブタノール生産菌Clostridium beijerinckiiを用いたClostridium cellulovorans由来ミニセルロソーム発現 : 骨格タンパク質とセルロソーム形成酵素の影響(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        平松 愛子; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 3P-186 Clostridium cellulovoransのセルロソーム構築に関する研究(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        長屋 千晶; 石川 岳; 田中 礼士; 柴田 敏行; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 2P-165 バイオリファイナリーに向けたベトナム産ホンダワラ類の成分分析(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        牧野 沙紀; Duy Vo Triet; 寺田 竜太; 川口 栄男; 田中 礼士; 三宅 英雄; 田丸 浩; モリ テツシ; 吉川 裕之; 黒田 浩一; 植田 充美; 柴田 敏行
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 1P-128 新規共存プロテオーム解析法による病原性真菌Candida albicansの免疫細胞マクロファージの相互作用解析(オミクス解析,一般講演)
        北原 奈緒; 青木 航; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 1P-183 大型藻類有効利用に向けたラミナリン発酵酵母の分子育種(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        元根 啓佑; 高木 俊幸; 佐々木 勇輔; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 3P-098 アラメ属・カジメ属褐藻類に含まれるフロロタンニン類の組成と抗酸化性の解析(食品科学,食品工学,一般講演)
        杉浦 真悟; 長山 公紀; 田中 礼士; 三宅 英雄; 田丸 浩; 川口 栄男; 黒田 浩一; 植田 充美; 柴田 敏行
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 3P-147 ランダムペプチドライブラリー提示酵母を基にしたレアアース選択吸着回収酵母のスクリーニング法(環境工学,廃水処理技術,一般講演)
        伊藤 理央; 橋本 遙; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年
      • 2Dp04 セルロース資源有効利用を目指したセルロース結合ドメイン及びセルラーゼ共発現アーミング酵母(酵素学・酵素工学,一般講演)
        田中 育恵; 小川 万理子; 福田 剛士; 佐原 弘師; 黒田 浩一; 植田 充美; 末 信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 2Ip13 Photinus pyralisルシフェラーゼの酵母表層ディスプレイ(バイオセンシング・分析化学,一般講演)
        新谷 英也; 三浦 夏子; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 2Ja04 モリブデンの選別集積回収をめざした酵母の分子育種(環境浄化・修復・保全技術,一般講演)
        西谷 崇; 島田 まり子; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 2La06 各種有機溶媒耐性に関与するトランスポーターの同定と機能解析(生物化学工学,一般講演)
        大里 直樹; 松井 健; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 2Ha01 リグニンのバイオリファイナリーをめざしたラッカーゼアイソザイムの酵母細胞表層提示(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演)
        深井 恒太朗; 中西 昭仁; 徳本 直紀; 黒田 浩一; 仲谷 端人; 小川 順; 清水 昌; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 1Hp23 ラッカーゼの酵母細胞表層提示による新規リグニン分解・前処理系の構築(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演)
        中西 昭仁; 深井 恒太朗; 徳本 直紀; 黒田 浩一; 小川 順; 仲谷 端人; 清水 昌; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 3S15a03 転写因子デザインによる包括的な遺伝子転写制御と細胞設計(システムバイオテクノロジーが拓く生命工学,シンポジウム)
        黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • 2Ga02 Non-coding RNA解析のためのRNA選択分子キャッチャーの構築(酵素学,酵素工学,タンパク質工学,一般講演)
        林 絵理; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年
      • 3S3a07 細胞表層を利用した金属イオンの吸着・回収 : アーミング技術による細胞表層デザイン(資源・環境保全分野におけるメタルバイオテクノロジーの可能性,シンポジウム)
        植田 充実; 黒田 浩一
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年
      • 2Fp16 バイオリファイナリーによる乳酸エチルの合成(酵素学,酵素工学,タンパク質工学,一般講演)
        稲葉 千晶; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年
      • 2Ap05 酵素処理と電子線照射を組み合わせたセルローストリアセテート繊維の減量加工(生物化学工学,一般講演)
        倉田 誠一; 山崎 博貴; 高山 勝己; 石垣 智基; 馬場 俊之; 関 隆之; 田中 勉; 近藤 昭彦; 黒田 浩一; 植田 充美; 末 信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年
      • 2B16-2 バイオリファイナリーをめざした酵母の分子育種(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演)
        徳本 直紀; 黒田 浩一; 小川 順; 蓑田 正史; 清水 昌; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2007年
      • 1L11-1 DNAマイクロアレイ解析に基づいた有機溶媒耐性関連遺伝子の機能解析(生物化学工学,一般講演)
        松井 健; 寺西 真也; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2006年
      • 2J11-1 エリスリトールによる生育促進作用とその解析(光合成微生物/植物細胞工学,植物組織培養,植物育種工学/動物細胞工学,動物組織培養,一般講演)
        平川 修司; 黒田 浩一; 鈴木 雅之; 進士 和典; 小笠 一雄; 裏地 達哉; 天知 輝夫; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2006年
      • 3A-AM6 ポストSNPs研究とケミカルバイオロジー研究の接点からの視点 : 変異タンパク質が主役となる新しい世界(ライフサーベイヤー構築をめざしたナノバイオとコンビバイオの融合の新しい展開,シンポジウム)
        植田 充美; 加藤 倫子; 黒田 浩一
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2006年
      • 1E17-1 有機溶媒耐性酵母の耐性関連遺伝子の解析(生物化学工学,一般講演)
        黒田 浩一; 松井 健; 寺西 真也; 平山 尚; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2005年
      • 3E09-4 有機リン系毒物検出のためのFlavobacterium由来有機リン加水分解酵素の酵母表層発現(環境浄化・修復・保全技術,一般講演)
        土山 耕大; 北口 哲也; 福田 剛士; 黒田 浩一; 堀 照夫; 高山 勝己; Ashok Mulchandani; 末 信一朗; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2004年
      • 912 重金属資源リサイクル型バイオレメディエーション酵母の機能化分子育種(環境浄化・修復・保全技術,一般講演)
        黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2002年
      • Construction of a novel system for developing inhibitors of influenza virus neuraminidase by yeast cell surface engineering
        Tomohiro Shigemori; Mitsuru Nagayama; Junki Yamada; Natsuko Miura; Suganya Yongkiettakul; Kouichi Kuroda; Tohoru Katsuragi; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2013年04月
      • Spatial reorganization of yeast moonlighting protein, enolase, in hypoxia to alter carbon metabolism
        Natsuko Miura; Masahiro Shinohara; Yohei Tatsukami; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2013年04月
      • Modification of sterol composition in yeast cell membrane from ergosterol to cholesterol and its effect on Ste2 signaling
        Kouichi Kuroda; Sanae Morioka; Tomohiro Shigemori; Keisuke Hara; Hironobu Morisaska; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2013年04月
      • Modification of enzymes by protein folding memory
        Atsushi Satomura; Mitsuru Nagayama; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2013年04月
      • 1P-090 タンパク質フォールディングメモリーによるリパーゼの改変(タンパク質工学,一般講演)
        里村 淳; 永山 充; 三浦 夏子; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 1P-166 アルギン酸分解細菌からのエキソ型アルギン酸リアーゼの探索(一般講演(バイオマス,資源,エネルギー工学))
        モリ テツシ; 高橋 真美; 緑川 直子; 柴田 敏行; 黒田 浩一; 植田 充美; 竹山 春子
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 1P-181 大型藻類の有効利用に向けたSaccharophagus degradans由来アルギン酸分解酵素提示酵母の育種(一般講演(バイオマス,資源,エネルギー工学))
        横井 貴大; 高木 俊幸; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 3P-014 カンジダ症の発病機構解明をめざした時系列共存プロテオーム解析
        北原 奈緒; 森坂 裕信; 青木 航; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 3P-016 バイオマスに応じたClostridium cellulovoransの構成酵素プロファイルの解析
        江坂 康平; 松井 一真; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 三宅 英雄; 田丸 浩; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 3P-017 新規比較プロテオーム解析を用いたミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium lotiの動態
        南部 真実; 立上 陽平; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 2P-135 Clostridium cellulovoransのセルロソームとノンセルロソーム遺伝子にフォーカスしたRNA-seqトランスクリプトーム解析(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        三宅 英雄; 高嶋 和也; 石川 卓; 柴田 敏行; 田中 礼士; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 2P-134 Clostridium cellulovoransが生産するセルロソーム形成マンナナーゼの酵素学的諸性質と新規骨格タンパク質CbpBとの相互作用解析(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        石川 岳; 中島 大地; 原 浩美; 田中 礼士; 柴田 敏行; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 'Moonlighting protein', a multifunctional biomolecule in the cell and its suggestion to design of artificial proteins
        Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2012年09月
      • ABC transporters and cell wall proteins involved in yeast organic solvent tolerance
        Nao Nishida; Naoki Ozato; Jing Dongyu; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2012年09月
      • Yeast cell surface display of xylose isomerase from C. cellulovorans toward efficient xylose fermentation
        Kouichi Kuroda; Miki Ota; Hironobu Morisaka; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2012年09月
      • Focused proteome analysis of cellulosome of Clostridium cellulovorans
        Kazuma Matsui; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Yutaka Tamaru; Hideo Miyake; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2012年09月
      • Design of a novel antimicrobial peptide activated by virulent proteases
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        NEW BIOTECHNOLOGY, 2012年09月
      • Interesting effects including apoptosis induced by protein aggregation of Gts1p with polyQ-tail in yeast
        Kouichi Kuroda; Mitsuaki Sanada; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2012年04月
      • Candida albicans exhibits a pepstatin A-insensitive secreted aspartic protease as a virulence factor
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Yoshihiro Yamamoto; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2012年04月
      • A-9-3 微生物反応による金属構造物保守の可能性(A-9.信頼性,一般セッション)
        植田 充美; 黒田 浩一; 齋藤 博之; 澤田 孝
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年03月06日
      • 効率的バイオリファイナリーに向けたバイオ前処理技術と耐性育種戦略(バイオリファイナリーの今,そして未来,<特集>バイオ技術10年の軌跡,創立90周年記念特別企画)
        Jungu Bae; 中西 昭仁; 植田 充美; 黒田 浩一
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2012年
      • 4Hp01 褐藻アラメから単離したフロロタンニン類のスペクトル解析(生物化学工学/バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        藤井 陽平; 柴田 敏行; 田中 礼士; 三宅 英雄; 川口 栄男; 田丸 浩; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年
      • 3Gp04 共生窒素固定細菌Mesorhizobium lotiのプロテオーム解析(オミクス解析/生合成,天然物化学/環境工学,廃水処理技術,一般講演)
        立上 陽平; 松井 一真; 青木 航; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年
      • 3Gp02 高温適応酵母のオミクス解析による耐熱性獲得機構の考察(オミクス解析/生合成,天然物化学/環境工学,廃水処理技術,一般講演)
        勝山 義明; 黒田 浩一; 冨尾 紋子; 馬場 健史; 福崎 英一郎; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年
      • 2Da12 土壌メタゲノムからの新規キシロースイソメラーゼ遺伝子の獲得および細胞表層提示の検討(遺伝子工学,一般講演)
        濱本 勇磨; ヌルディアニ ディニ; モリ テツシ; 黒田 浩一; 植田 充美; 竹山 春子
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年
      • 4Cp26 Clostridium cellulovorans 743Bが生産する新規セルロソーム骨格タンパク質CbpBの機能解析(タンパク質工学/核酸工学,一般講演)
        三宅 英雄; 中島 大地; 永野 彰彦; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年
      • Functional analysis of Pdr1p in multidrug resistance and organic-solvent tolerance in yeast
        Nao Nishida; Naoki Ozato; Mitsuaki Sanada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2011年04月
      • Discovery of unconventional secretion of proteins in budding yeast
        Natsuko Miura; Tatsuya Fushimi; Ji-Hye Chung; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2011年04月
      • Derepression of Tup1-Cyc8-repressing genes through the interaction of Gts1p with Cyc8p
        Kouichi Kuroda; Mitsuaki Sanada; Mitsuyoshi Ueda
        FASEB JOURNAL, 2011年04月
      • 酵母表層ディスプレイを利用した環境汚染重金属イオンの吸着と排水処理への応用
        止原正博; 西谷崇; 黒田浩一; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年09月25日, 査読有り
      • Arming-yeast displaying laccase I from Trametes sp Ha1 for utilization of lignocellulosic biomass
        Akihito Nakanishi; Koutarou Fukai; Naoki Tokumoto; Kouichi Kuroda; Jun Ogawa; Masato Nakatani; Sakayu Shimizu; Mitsuyoshi Ueda
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2009年11月
      • Molecular analysis of organic-solvent-tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae based on DNA microarray analysis
        Naoki Ozato; Ken Matsui; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2009年11月, 査読有り
      • Challenge of conversion of waste crab shells to functional materials with bioactivities
        Danya Isogawa; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2009年11月, 査読有り
      • 光導波路デバイスとアーミング酵母を組み合わせた有機リン蛍光センシングシステム
        土屋圭司; 牧島央和; 黒田浩一; MULCHANDANI Ashok; 植田充美; 榎波康文; 末信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年
      • CONSTRUCTION OF HIGH-THROUGHPUT SINGLE CELL-BASED SYSTEM FOR SCREENING OF INTERACTIVE MOLECULES
        Wataru Aoki; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        IFPT'6: PROGRESS ON POST-GENOME TECHNOLOGIES, PROCEEDINGS, 2009年
      • MODEL SCREENING SYSTEM FOR MEMBRANE RECEPTOR LIGANDS IN COMBINATION WITH GPCR FLUORESCENCE ASSAY USING A SINGLE CELL, HROMYCESSACCA CEREVISIAE
        Keisuke Hara; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        IFPT'6: PROGRESS ON POST-GENOME TECHNOLOGIES, PROCEEDINGS, 2009年
      • CONSTRUCTION OF MOLECULAR CATCHERS FOR SHORT NON-CODING RNA (SHORT NCRNA) USING MUTANT RIBONUCLEASE 1-AND PAZ DOMAIN-DISPLAYING YEASTS
        Natsuko Miura; Eri Hayashi; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        IFPT'6: PROGRESS ON POST-GENOME TECHNOLOGIES, PROCEEDINGS, 2009年
      • Organophosphorus compounds sensing system using organophosphorus hydrolase and EGFP displayed arming yeast
        H. Makiasima; T. Fukuda; K. Kuroda; A. Mulchandani; K. Takayama; S. Suye; M. Ueda
        Biosensor 2008, 2008年
      • 微生物育種の未来開拓-細胞分子育種に変革をもたらす細胞表層工学の開拓- (第10章)
        植田充美; 黒田浩一; 加藤倫子
        生物資源から考える21世紀の農学 第6巻 微生物機能の開発(京都大学学術出版会), 275-314, 2008年
      • Construction of Recombinant Yeast Displayed Organophosphorus Hydrolase and Enhanced Green Fluorescent Protein on the Cell Surface for Detection of Organophosphorus Compounds
        K.Tsuchiyama; T.Kitaguchi; T.Fukuda; K.Kuroda; K.Takayama; A.Mulchandani; S.Suye; M. Ueda
        The 2nd International Meeting on Microsensors and Microsystems, PC25 Tainan, Taiwan, 2006年
      • 1P-197 褐藻バイオマスを構成する糖質の定量分析(一般講演(バイオマス,資源,エネルギー工学))
        柴田 敏行; 松岡 いづみ; 田中 礼士; 三宅 英雄; 田丸 浩; モリ テツシ; 吉川 裕之; 川口 栄男; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • ゾルゲル光導波路を用いた有機リン化合物の検出
        谷屋早紀; 土屋圭司; 里村武範; 中根幸治; 黒田浩一; 植田充美; MULCHANDANI Ashok; 榎波康文; 末信一朗
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年
      • 有機リン化合物検出を目指した蛍光センシングシステムのためのゾルゲル光導波路デバイス
        土屋圭司; 中根幸治; 黒田浩一; 植田充美; MULCHANDANI Ashok; 榎波康文; 末信一朗
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年

      講演・口頭発表等

      • 窒素飢餓応答の制御・細胞表層改変による酵母セルファクトリーの構築
        黒田 浩一
        第199回 酵母細胞研究会例会, 2021年07月16日, 招待有り
      • Identification of O2-responsive gene enhancing nitrogenase activity under aerobic conditions in Azotobacter vinelandii
        Ren Takimoto; Yuki Tatemichi; Mitsuyoshi Ueda; Kouichi Kuroda
        World Microbe Forum 2021, 2021年06月
      • Development of artificial technology for euchromatin induction in Saccharomyces cerevisiae
        Ryota Yamamato; Takamitsu Amai; Mitsuyoshi Ueda; Kouichi Kuroda
        2021 World Microbe Forum, 2021年06月
      • ミトコンドリアゲノム編集(mito-CRISPR)システムの開発とその応用
        天井貴光; 辻知佳; 植田充美; 黒田浩一
        日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月20日
      • 窒素飢餓ストレス応答の制御による酵母の分岐鎖アルコール耐性の向上と耐性機構の解明
        黒田浩一; 渡邉幸夫; Gerald R. Fink; Gregory Stephanopoulos; 植田充美; Jose L. Avalos
        日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月19日
      • 好気性窒素固定細菌Azotobacter vinelandiiにおけるニトロゲナーゼを酸素から保護する機構の解明に向けたトランスクリプトーム解析
        滝本廉; 立道祐輝; 植田充美; 黒田浩一
        日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月19日
      • 出芽酵母におけるクロマチン構造の人工制御システムの開発
        山本凌大; 天井貴光; 植田充美; 黒田浩一
        日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月19日
      • スマートセル創出に向けた生命現象の理解と新規バイオツールの開発
        黒田 浩一
        関西スマートセルフォーラム2021, 2021年03月10日, 招待有り
      • 分岐鎖アルコールによる酵母生育阻害の新たな分子メカニズムの発見とイソブタノール生産への応用
        黒田 浩一、渡邉 幸夫、Gerald R. Fink、Gregory Stephanopoulos、植田 充美、Jose L. Avalos
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月
      • L-アミノ酸オキシダーゼ提示酵母による細胞外での高効率なアンモニア生産
        渡邉 幸夫、黒田 浩一、植田 充美
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月
      • 出芽酵母ミトコンドリアゲノム編集技術の開発
        天井 貴光、辻 知佳、黒田 浩一、植田 充美
        第42回 日本分子生物学会年会, 2019年12月03日
      • SDGsに重要なアンモニアを生産する酵母セルファクトリーの構築
        渡邉 幸夫、黒田 浩一、立道 祐輝、仲原 丈晴、植田 充美
        日本農芸化学会2019年度大会, 2019年03月24日
      • Development of single cell-based reduction technology for recycling of rare metals (biomineralization)
        Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        Single cell biology meets diagnostics - 12th International workshop on approaches to single cell analysis, 2019年03月04日
      • Enhancing stress tolerance in yeast for efficient bioproduction
        Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        i-BioN 2018 The Symposium on Biorefinery and Bioprocess Topics, 2018年11月11日, 招待有り
      • Molecular breeding of surface-engineered yeast for efficient biorefinery of alginate and mannitol
        Kouichi Kuroda, Toshiyuki Takagi, Mitsuyoshi Ueda
        118th General Meeting ASM2018, 2018年06月10日
      • 大型藻類主要多糖であるアルギン酸を直接資化する酵母の分子育種
        黒田 浩一; 高木 俊幸; 佐々木 勇輔; 元根 啓佑; 植田 充美
        日本農芸化学会大会 2018年度大会, 2018年03月
      • 広範なゲノム領域を正確に編集可能なゲノム編集技術の開発
        黒田 浩一; 里村 淳; 植田 充美
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 生命科学系学会合同年次大会運営事務局
      • Adaptive evolution of yeast under heat stress
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        21st Evolutionary Biology Meeting at Marseilles, 2017年09月26日, 招待有り
      • 広範なゲノム領域を正確に編集する新開発CRISPR Nickaseシステムの構築
        黒田 浩一; 里村 淳; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2017年08月, (公社)日本生物工学会
      • 酵母ディスプレイ法の開発と細胞表層を利用したバイオテクノロジーの開拓
        黒田 浩一
        第80回 埼玉大学脳科学セミナー, 2017年07月12日, 招待有り
      • 細胞内レドックスバランスを維持できるキシロース資化酵母の性能向上
        佐々木 勇輔; 高木 俊幸; 元根 啓佑; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2017年度大会, 2017年03月
      • インフルエンザウイルスの高頻度変異膜タンパク質に対する新規阻害剤スクリーニング系の考案
        西岡 良将; 里村 淳; 青木 航; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2017年度大会, 2017年03月
      • Xylose fermentation of xylose isomerase-displaying yeast
        Yusuke Sasaki, Toshiyuki Takagi, Keisuke Motone, Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        The 1st International Conference on Applied Microbiology (iCAM), 2016年12月08日
      • Yeast cell surface engineering for molecular design of biocatalyst and protein engineering
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        The 1st International Conference on Applied Microbiology (iCAM), 2016年12月08日, 招待有り
      • LC-MSならびにHPLC-ELSDを用いたアルギン酸不飽和オリゴ糖とDEHの検出
        藤井 玲央奈; 三宅 英雄; モリ テツシ; 田中 礼士; 高木 俊幸; 吉川 裕之; 黒田 浩一; 植田 充実; 柴田 敏行
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2016年08月, (公社)日本生物工学会
      • Precise genome editing at single-base resolution by novel CRISPR-nickase system
        Atsushi Satomura, Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        17th European Congress on Biotechnology (ECB2016), 2016年07月06日
      • Platform of direct ethanol production from macroalgae by engineered Saccharomyces cerevisiae
        Keisuke Motone, Toshiyuki Takagi, Yusuke Sasaki, Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        17th European Congress on Biotechnology (ECB2016), 2016年07月06日
      • The mechanism of organic-solvent tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae triggered by a mutated transcription factor
        Kouichi Kuroda, Nao Nishida, Mitsuyoshi Ueda
        17th European Congress on Biotechnology (ECB2016), 2016年07月06日
      • Proposed alginate utilization process of the macroalgae-assimilating Saccharophagus degradans 2-40 based on quantitative proteomic analysis
        Toshiyuki Takagi, Hironobu Morisaka, Shunsuke Aburaya, Yohei Tatsukami, Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        17th European Congress on Biotechnology (ECB2016), 2016年07月05日
      • Ethanol production from hemicellulose using xylose isomerase-displaying yeast
        Yusuke Sasaki, Toshiyuki Takagi, Keisuke Motone, Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        17th European Congress on Biotechnology (ECB2016), 2016年07月04日
      • Tailor-made construction of yeast adsorbing rare earth elements through screening from yeast library displaying random peptides
        Kouichi Kuroda, Rio Ito, Haruka Hashimoto, Mitsuyoshi Ueda
        116th General Meeting ASM2016, 2016年06月17日
      • Molecular analysis of adaptational strategies under heat stress by whole-genome sequencing of laboratory-evolved Saccharomyces cerevisiae
        Atsushi Satomura, Natsuko Miura, Kouichi Kuroda, Mitsuyoshi Ueda
        Experimental Biology 2016, 2016年04月03日
      • Integrated yeast-mammalian assay system for screening of novel peptides activating glucagon-like peptide-1 receptor
        Kouichi Kuroda, Tomohiro Shigemori, Mitsuyoshi Ueda
        Experimental Biology 2016, 2016年04月03日
      • 全ゲノム解析による実験室進化Saccharomyces cerevisiaeの熱適応戦略の分子解析
        里村 淳; 三浦 夏子; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会大会 2016年度大会, 2016年03月
      • 新規共存プロテオーム解析法による病原性真菌Candida albicansの免疫細胞マクロファージとの相互作用解析
        北原 奈緒; 青木 航; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2016年度大会, 2016年03月
      • 細胞内・分泌系の同時経時的プロテオーム解析によるClostridum cellulovoransのバイオマス分解に関する考察
        油屋 駿介; Shin Jungwon; 青木 航; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月, (公社)日本生化学会
      • ブタノール生産菌Clostridium beijerinckiiを用いたClostridium cellulovorans由来ミニセルロソーム発現 骨格タンパク質とセルロソーム形成酵素の影響
        平松 愛子; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年09月, (公社)日本生物工学会
      • Clostridium cellulovoransのセルロソーム構築に関する研究
        長屋 千晶; 石川 岳; 田中 礼士; 柴田 敏行; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年09月, (公社)日本生物工学会
      • アラメ属・カジメ属褐藻類に含まれるフロロタンニン類の組成と抗酸化性の解析
        杉浦 真悟; 長山 公紀; 田中 礼士; 三宅 英雄; 田丸 浩; 川口 栄男; 黒田 浩一; 植田 充美; 柴田 敏行
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年09月, (公社)日本生物工学会
      • 新規共存プロテオーム解析法による病原性真菌Candida albicansの免疫細胞マクロファージの相互作用解析
        北原 奈緒; 青木 航; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2015年09月, (公社)日本生物工学会
      • 海洋バイオマス資化酵母の合成生物学的育種
        佐々木 勇輔; 高木 俊幸; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • シュガープラットホーム創製に向けたClostridium cellulovoransの分子育種 Molecular breeding of Clostridium cellulovorans for establishment of sugar platform
        稲森 貴子; 石高 彰人; 油屋 駿介; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • ブタノール生産菌Clostridium beijerinckiiを宿主としたClostridium cellulovoransのセルロソーム遺伝子クラスターの発現
        平松 愛子; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • インフルエンザウイルスの高頻度変異タンパク質ヘマグルチニンに対するハイスループットな新規阻害剤スクリーニングの系の構築
        西岡 良将; 山田 純希; 三浦 夏子; 重盛 智大; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • コヘシン-ドックリン相互作用解析を基にしたClostridium cellulovoransのセルロソームの評価
        長屋 千晶; 石川 岳; 田中 礼士; 柴田 敏行; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • Clostridium cellulovoransが生産するセルロソームを構成する酵素群の同定
        石川 岳; 長屋 千晶; 江坂 康平; 田中 礼士; 柴田 敏行; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • 白金還元酵母の分子育種
        伊藤 理央; 橋本 遥; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • ミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium lotiによる共生時特異的なジベレリンの生合成
        立上 陽平; 南部 真実; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2015年度大会, 2015年03月
      • 感染症研究における生化学的イノベーションの最前線 新規共存プロテオーム解析法による病原性真菌Candida albicansの免疫細胞マクロファージの破壊機構の解析
        北原 奈緒; 森坂 裕信; 青木 航; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2014年10月, (公社)日本生化学会
      • 根粒形成過程におけるミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium lotiの時系列プロテオーム解析
        南部 真実; 立上 陽平; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • Saccharophagus degradans由来アルギン酸分解酵素群の基質特異性の解析
        横井 貴大; 高木 俊幸; 柴田 敏行; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • アルギン酸からのエタノール生産を目指した酵母の合成生物学的育種
        高木 俊幸; 横井 貴大; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • 酵母細胞表層工学によるセルラーゼの集積と共役・相乗効果の解析
        BAE Jungu; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • Clostridium cellulovoransを基にしたセルロソームの酵母細胞表層工学による構築の試み
        石高 彰人; BAE Jungu; 三宅 英雄; 田丸 浩; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • ソフトバイオマス分解を目指したClostridium cellulovoransのエキソプロテオーム解析
        江坂 康平; 松井 一真; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 三宅 英雄; 田丸 浩; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • Clostridium cellulovorans の基質認識の解析
        油屋 駿介; 江坂 康平; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • アーミング酵母によるレアアース回収のためのテーラーメードスクリーニング法の開発
        橋本 遥; 戎谷 一輝; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • Clostridium cellulovoransが生産するセルロソーム形成マンナナーゼの酵素学的諸性質と新規骨格タンパク質CbpBとの相互作用解析
        石川 岳; 中島 大地; 原 浩美; 柴田 敏行; 田中 礼士; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩; 三宅 英雄
        日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年03月
      • 細胞表層工学を用いたハイスループットスクリーニング系によるニューロテンシン受容体の新規リガンドの探索
        加藤悠; 重盛智大; 黒田浩一; 植田充美
        第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月05日
      • 13C安定同位体を用いたターゲットメタボミクス解析によるClostridium cellulovoransの代謝解析
        櫻木大志; 篠原昌宏; 松井一真; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月05日
      • Clostridium cellulovoransのセルロソームとノンセルロソーム遺伝子にフォーカスしたRNA-seqトランスクリプトーム解析
        三宅英雄; 高嶋和也; 石川卓; 柴田敏行; 田中礼士; 黒田浩一; 植田充美
        第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月04日
      • 酵母の多剤耐性と有機溶媒耐性機構の共通性と違いについて
        西田奈央; 黒田浩一; 植田充美
        第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月03日
      • ペプチド分泌酵母を用いたGLP-1受容体アゴニストスクリーニング系の構築
        重盛智大; 黒田浩一; 植田充美
        第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月03日
      • 根粒菌Mesorhizobium lotiのスーパープロテオーム解析による新たな代謝経路の推測
        立上陽平; 南部真実; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月03日
      • Identification of exolytic alginate lyase gene from marine environmental samples
        Mami Takahashi; Tetsushi Mori; Naoko Midorikawa; Toshiyuki Shibata; Kouichi Kuroda; Seinen Chow; Mitsuyoshi Ueda; Haruko Takeyama
        International Marine Biotechnology Conference (IMBC), 2013年11月13日
      • バイオマスに応じたClostridium cellulovoransの構成酵素プロファイルの解析
        江坂康平; 松井一真; 森坂裕信; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        第65回 日本生物工学会大会, 2013年09月20日
      • 新規比較プロテオーム解析を用いたミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium lotiの動態
        南部真実; 立上陽平; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第65回 日本生物工学会大会, 2013年09月20日
      • 大型藻類の有効利用に向けたSaccharophagus degradans由来アルギン酸分解酵素提示酵母の育種
        横井貴大; 高木俊幸; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第65回 日本生物工学会大会, 2013年09月18日
      • 酵母-哺乳類細胞共培養系を用いたGPCRアゴニストスクリーニング系の創製
        重盛智大; 黒田浩一; 植田充美
        第86回 日本生化学会大会, 2013年09月12日, (公社)日本生化学会
      • インフルエンザウイルスの高頻度変異に対応できる新手法の展開
        山田純希; 三浦夏子; 重盛智大; 桂樹徹; Suganya Yongkiettakul; 黒田浩一; 植田充美
        第86回 日本生化学会大会, 2013年09月12日, (公社)日本生化学会
      • 酵母表層工学を用いた創薬に向けたGPCRの新規リガンドのハイスループットスクリーニング系の開発
        加藤 悠; 重盛 智大; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2013年09月, (公社)日本生化学会
      • カンジダ症の発病機構解明をめざした時系列共存プロテオーム解析
        北原奈緒; 森坂裕信; 青木航; 黒田浩一; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年08月25日
      • Optimal enzyme combinations for biomass degradation
        Jungu Bae; Kazuma Matsui; Hironobu Morisaska; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        日韓バイオマスシンポジウム(KMB), 2013年07月04日
      • Best natural combination of biomass-degrading proteins determined from super-proteome analysis of Clostridium cellulovorans
        Jungu Bae; Kazuma Matsui; Hironobu Morisaska; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        World Biotechnology Congress, 2013年06月03日
      • Evaluation of proteomic analysis of cellulosomal and noncellulosomal proteins in Clostridium cellulovorans
        Kouichi Kuroda; Kazuma Matsui; Kohei Esaka; Hironobu Morisaka; Hideo Miyake; Mitsuyoshi Ueda
        113th General Meeting ASM2013, 2013年05月20日
      • Comparative RNA-seq analysis of cellulosome-producing Clostridium cellulovorans cultivated in different sugar media
        Kazuya Takashima; Taku Ishikawa; Reiji Tanaka; Toshiyuki Shibata; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Hideo Miyake
        113th General Meeting ASM2013, 2013年05月20日
      • Target metabolome analysis of anaerobic Clostridium cellulovorans useful for cellulose degradation
        Hironobu Morisaka; Masahiro Shinohara; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        113th General Meeting ASM2013, 2013年05月20日
      • Proteomic profiling of proteins associated with symbiotic conditions in Mesorhizobium loti
        Yohei Tatsukami; Mami Nambu; Kazuma Matsui; Wataru Aoki; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        113th General Meeting ASM2013, 2013年05月20日
      • Fundamental analysis of synergistic saccharification of cellulose by three types of cellulases displayed on yeast cell surface
        Jungu Bae; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        113th General Meeting ASM2013, 2013年05月19日
      • Modification of sterol composition in yeast cell membrane from ergosterol to cholesterol and its effect on Ste2 signaling
        Kouichi Kuroda; Sanae Morioka; Tomohiro Shigemori; Keisuke Hara; Hironobu Morisaka; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2013, 2013年04月23日
      • Effects of recognition sequence variations on transcription regulation of multidrug resistance regulator Pdr1p in yeast
        Nao Nishida; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2013, 2013年04月23日
      • Modification of enzymes by protein folding memory
        Atsushi Satomura; Mitsuru Nagayama; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2013, 2013年04月22日
      • Construction of a novel system for developing inhibitors of influenza virus neuraminidase by yeast surface display
        Tomohiro Shigemori; Mitsuru Nagayama; Junki Yamada; Natsuko Miura; Suganya Yongkiettakul; Kouichi Kuroda; Tohoru Katsuragi; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2013, 2013年04月22日
      • Spatial reorganization of yeast moonlighting protein, enolase, in hypoxia to alter carbon metabolism
        Natsuko Miura; Masahiro Shinohara; Yohei Tatsukami; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2013, 2013年04月22日
      • Spatial reorganization of yeast moonlighting protein, enolase, in hypoxia to alter carbon metabolism
        Miura, Natsuko; Shinohara, Masahiro; Tatsukami, Yohei; Morisaka, Hironobu; Kuroda, Kouichi; Ueda, Mitsuyoshi
        FASEB JOURNAL, 2013年04月
      • バイオマス分解のためのClostridium cellulovoransの定量的セクレトーム解析
        松井一真; 江坂康平; 森坂裕信; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        日本農芸化学会 2013年度大会, 2013年03月27日
      • ターゲットメタボロミクスに基づくClostridium cellulovoransの代謝経路の解明
        篠原昌宏; 森坂裕信; 松井一真; 高嶋和也; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        日本農芸化学会 2013年度大会, 2013年03月27日
      • 分化阻害剤の細胞内へのダイレクト・インジェクションによるPC12細胞の神経分化の定量的制御
        鄭 智恵; 三浦夏子; 伊藤昭夫; 沢田宗孝; 西川茂道; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2013年度大会, 2013年03月26日
      • モノリスカラムを用いた共存プロテオーム解析
        北原奈緒; 森坂裕信; 青木航; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2013年度大会, 2013年03月25日
      • 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeの生死制御系の構築
        野口允佐; 西田奈央; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2013年度大会, 2013年03月25日
      • 異なる糖で培養したセルロソーム生産菌Clostridium cellulovorans 743Bの比較RNA-seq解析
        高嶋和也; 石川卓; 黒田浩一; 植田充美; 三宅英雄
        日本農芸化学会 2013年度大会, 2013年03月25日
      • 3P-014 カンジダ症の発病機構解明をめざした時系列共存プロテオーム解析
        北原 奈緒; 森坂 裕信; 青木 航; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年, 日本生物工学会
      • 1P-090 タンパク質フォールディングメモリーによるリパーゼの改変(タンパク質工学,一般講演)
        里村 淳; 永山 充; 三浦 夏子; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年, 日本生物工学会
      • C. cellulovoransのCO2固定に関するターゲットメタボローム解析
        篠原昌宏; 森坂裕信; 松井一真; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩
        第35回 日本分子生物学会年会, 2012年12月14日
      • 時間分解プロテオームによる病原性真菌Candida albicansの血清適応メカニズムの解明
        青木航; 立上陽平; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第35回 日本分子生物学会年会, 2012年12月12日
      • 1-butanol生産酵母Saccharomyces cerevisiaeの分子育種
        櫻木大志; 森坂裕信; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        第35回 日本分子生物学会年会, 2012年12月11日
      • Quantitative inhibition of PC12 differentiation by direct injection of an inhibiting agent
        Ji-hye Chung; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        International Joint Symposium on Single-Cell Analysis, 2012年11月27日
      • Time-course proteomic profile of Candida albicans with a long monolithic silica capillary column
        Wataru Aoki; Yohei Tatsukami; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        International Joint Symposium on Single-Cell Analysis, 2012年11月27日
      • 褐藻アラメから単離したフロロタンニン類のスペクトル解析
        藤井陽平; 柴田敏行; 田中礼士; 三宅英雄; 川口栄男; 田丸浩; 黒田浩一; 植田充美
        第64回 日本生物工学会大会, 2012年10月26日
      • 高温適応酵母のオミクス解析による耐熱性獲得機構の考察
        勝山義明; 黒田浩一; 冨尾紋子; 馬場健史; 福崎英一郎; 植田充美
        第64回 日本生物工学会大会, 2012年10月25日
      • 共生窒素固定細菌Mesorhizobium lotiのプロテオーム解析
        立上陽平; 松井一真; 青木航; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第64回 日本生物工学会大会, 2012年10月25日
      • タンパク質フォールディングメモリーによる酵素の改変
        里村淳; 永山充; 三浦夏子; 黒田浩一; 植田充美
        第64回 日本生物工学会大会, 2012年10月25日
      • ABC transporters and cell wall proteins involved in yeast organic solvent tolerance
        Nao Nishida; Naoki Ozato; Jing Dongyu; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        15th ECB, 2012年09月26日
      • "Moonlighting protein", a multifunctional biomolecule in the cell and its suggestion to design of artificial proteins
        Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        15th ECB, 2012年09月26日
      • Design of a novel antimicrobial peptide activated by virulent proteases
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        15th ECB, 2012年09月26日
      • 土壌メタゲノムからの新規キシロースイソメラーゼ遺伝子の獲得および細胞表層提示の検討
        濱本勇磨; NURDIANI Dini; MORI Tetsushi; 黒田浩一; 植田充美; 竹山春子
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年09月25日
      • Yeast cell surface display of xylose isomerase from C. cellulovorans toward efficient xylose fermentation
        Kouichi Kuroda; Miki Ota; Hironobu Morisaka; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        15th ECB, 2012年09月24日
      • Focused proteome analysis of cellulosome of Clostridium cellulovorans
        Kazuma Matsui; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Yutaka Tamaru; Hideo Miyake; Mitsuyoshi Ueda
        15th ECB, 2012年09月24日
      • 効率的バイオリファイナリーに向けたバイオ前処理技術と耐性育種戦略
        Jungu Bae; 中西 昭仁; 植田 充美; 黒田 浩一
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2012年07月25日, 日本生物工学会
      • Direct fermentation of lignocellulosic biomass by cellulase- and laccase I-displaying yeast
        Jungu Bae; Akihito Nakanishi; Kotaro Fukai; Naoki Tokumoto; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2012, 2012年06月19日
      • Display of peptide ligand on yeast plasma membrane for activation of GPCR signaling
        Kouichi Kuroda; Keisuke Hara; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2012, 2012年06月18日
      • Molecular breeding of yeast strains with ability to adsorb uranyl ion by cell surface engineering
        Kazuki Ebisutani; Katsuya Iida; Takashi Nishitani; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2012, 2012年06月17日
      • Candida albicans exhibits a pepstatin A-insensitive secreted aspartic protease as virulence factor
        Wataru Aoki; Nao Kitahara; Natsuko Miura; Hironobu Morisaka; Yoshihiro Yamamoto; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2012, 2012年04月22日
      • Interesting effects including apoptosis induced by protein aggregation of Gts1p with polyQ-tail in yeast
        Kuroda, Kouichi; Sanada, Mitsuaki; Ueda, Mitsuyoshi
        FASEB JOURNAL, 2012年04月
      • 原料バイオマスに最適なCBMを持つセルラーゼカクテルのスクリーニング系の構築
        BAE Jungu; 中西昭仁; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2012年度大会, 2012年03月24日
      • 酵母細胞表層工学を用いたバイオツールに適した新規ルシフェラーゼの創出
        伏見達也; 三浦夏子; 新谷英也; 角田弘之; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2012年度大会, 2012年03月24日
      • 酵母を用いたGタンパク質共役受容体アッセイと細胞膜提示ペプチドリガンドの開発
        原圭祐; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2012年度大会, 2012年03月24日
      • Clostridium cellulovoransが生産するセルロソーム骨格タンパク質CbpBの機能解析
        中島大地; 永野彰彦; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美; 田丸浩; 三宅英雄
        日本農芸化学会 2012年度大会, 2012年03月24日
      • 適応育種による耐熱性酵母の取得と耐熱性機構の考察
        勝山義明; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2012年度大会, 2012年03月23日
      • A-9-3 微生物反応による金属構造物保守の可能性(A-9.信頼性,一般セッション)
        植田 充美; 黒田 浩一; 齋藤 博之; 澤田 孝
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年03月06日, 一般社団法人電子情報通信学会
      • ファイトケラチン合成酵素を用いたカドミウムバイオセンサーの開発
        山本陽介; 松浦秀幸; 村岡未彩; 植村佳乃子; 堀恭久; 赤石健児; 原田和生; 黒田浩一; 植田充美; 平田收正
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日
      • ゾルゲル光導波路を用いた有機リン化合物の検出
        谷屋早紀; 土屋圭司; 里村武範; 中根幸治; 黒田浩一; 植田充美; MULCHANDANI Ashok; 榎波康文; 末信一朗
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日
      • 4Cp26 Clostridium cellulovorans 743Bが生産する新規セルロソーム骨格タンパク質CbpBの機能解析(タンパク質工学/核酸工学,一般講演)
        三宅 英雄; 中島 大地; 永野 彰彦; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美; 田丸 浩
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年, 日本生物工学会
      • 3Hp03 タンパク質フォールディングメモリーによる酵素の改変(タンパク質工学/生物化学工学/有機化学,高分子化学,一般講演)
        里村 淳; 永山 充; 三浦 夏子; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年, 日本生物工学会
      • Gts1タンパク質凝集体形成によるアポトーシスの誘導
        黒田浩一; 真田光彰; 植田充美
        第34回 日本分子生物学会年会, 2011年12月16日
      • 細胞膜提示ペプチドリガンド:酵母を用いたヒトGタンパク質共役受容体研究への応用
        原圭祐; 黒田浩一; 植田充美
        第34回 日本分子生物学会年会, 2011年12月16日
      • 低酸素条件下における解糖系酵素の細胞内局在変化
        三浦夏子; 黒田浩一; 植田充美
        第34回 日本分子生物学会年会, 2011年12月15日
      • 酵母細胞表層工学を利用したP. fukuinensis由来キトサナーゼの基質結合に関わるアミノ酸残基の評価とその応用
        五十川團哉; 黒田浩一; 木元久; 草桶秀夫; 末信一郎; 植田充美
        第34回 日本分子生物学会年会, 2011年12月13日
      • 酵母の細胞表層デザインによる金属イオンの吸着・回収
        日本菌学会関東支部 第26回シンポジウム, 2011年12月10日, 招待有り
      • Investigation of the molecular basis of moonlighting protein, enolase, in the post-genome study
        Natsuko Miura; Kazuma Matsui; Satoshi Endo; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Masahiro Takagi; Mitsuyoshi Ueda
        The 7'th International Forum On Post-Genome Technologies (IFPT2011), 2011年10月
      • Quantitative introduction of a cell differentiation inhibiting agent by the use of an automated microinjection system
        Ji-hye Chung; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        The 7'th International Forum On Post-Genome Technologies (IFPT2011), 2011年10月
      • Molecular breeding of luciferase suitable for pyrosequencing by cell surface engineering
        Tatsuya Fushimi; Hideya Shintani; Natsuko Miura; Hiroyuki Tsunoda; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        The 7'th International Forum On Post-Genome Technologies (IFPT2011), 2011年10月
      • Clostridium cellulovoransのセルロソームに焦点を当てたプロテオーム解析
        松井一真; 森坂裕信; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        第63回 日本生物工学会大会, 2011年09月27日
      • 日和見感染真菌Candida albicansの細胞壁プロテオーム解析
        上田知美; 青木航; 北原奈緒; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第63回 日本生物工学会大会, 2011年09月27日
      • 日和見病原性真菌Candida albicans由来ALS接着タンパク質の特性解析
        青木航; 三浦夏子; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第84回 日本生化学会, 2011年09月24日
      • プロテアーゼ前駆体を自在に作製できる分子ディスプレイ法によるプロテインフォールディングメモリーの解析
        永山充; 前田治子; 黒田浩一; 植田充美
        第84回 日本生化学会, 2011年09月24日
      • Gts1pとの相互作用因子の同定による多面的効果の解析
        黒田浩一; 真田光彰; 植田充美
        第84回 日本生化学会, 2011年09月22日
      • ラッカーゼI提示酵母を用いた新規リグニン分解・前処理による発酵系の構築
        BAE Jungu; 中西昭仁; 黒田浩一; 小川順; 仲谷端人; 清水昌; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年08月25日
      • キシロースイソメラーゼ細胞表層提示酵母によるキシロース発酵
        太田美希; 櫻木大志; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年08月25日
      • 酵母分子ディスプレイ法を用いたインフルエンザウイルス特有のノイラミニダーゼの作製とその応用展開
        永山充; 桂樹徹; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年08月25日
      • 転写因子の改変による有機溶媒耐性酵母の分子育種と耐性機構の解析
        第2回 有機溶媒耐性微生物利用技術研究部会シンポジウム, 2011年07月13日, 招待有り
      • Functional analysis of peptidase inhibitors in cellulosome from Clostridium cellulovorans
        Kouichi Kuroda; Hirokazu Meguro; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2011, 2011年05月22日
      • Properties of xylose isomerase from Clostridium cellulovorans
        Miki Ota; Kazuma Matsui; Chiyuki Matsushima; Hiroshi Sakuragi; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2011, 2011年05月22日
      • Construction of the selection system of the optimal carbohydrate binding module (CBM) for each biomass
        Akihito Nakanishi; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2011, 2011年05月22日
      • Characterization of ALS isozymes of Candida albicans, an opportunistic pathogen
        Wataru Aoki; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2011, 2011年05月22日
      • Cloning and protein expression of the cellulosomal scaffolding protein CbpB from Clostridium cellulovorans 743B
        Hideo Miyake; Daichi Nakajima; Kousuke Yamamoto; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda; Yutaka Tamaru
        ASM2011, 2011年05月22日
      • Discovery of unconventional secretion of proteins in budding yeast
        Natsuko Miura; Tatsuya Fushimi; Ji-Hye Chung; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2011, 2011年04月11日
      • Derepression of Tup1-Cyc8-repressing genes through the interaction of Gts1p with Cyc8p
        Kouichi Kuroda; Mitsuaki Sanada; Mitsuyoshi Ueda
        ASBMB annual meeting 2011, 2011年04月11日
      • Functional analysis of Pdr1p in multidrug resistance and organic-solvent tolerance in yeast
        Nishida, Nao; Ozato, Naoki; Sanada, Mitsuaki; Kuroda, Kouichi; Ueda, Mitsuyoshi
        FASEB JOURNAL, 2011年04月
      • Gts1pが引き起こすクロマチンリモデリングとタンパク質凝集
        真田光彰; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2011年度大会, 2011年03月27日
      • 酵母の有機溶媒耐性におけるABCトランスポーターの役割
        西田奈央; 大里直樹; 松井健; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2011年度大会, 2011年03月27日
      • 全ゲノム解析により推定されたClostridium cellulovorans由来セルロソーム中のペプチダーゼインヒビターの機能解析
        黒田浩一; 目黒裕和; 松嶋千幸; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        日本農芸化学会 2011年度大会, 2011年03月26日
      • モノリスカラムを用いた酵母表層タンパク質のプロテオーム解析
        森坂裕信; 桐野彩; 水口博義; 中西和樹; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • C. cellulovorans由来セルロソーム骨格タンパク質CbpB、CbpC遺伝子のクローニングと発現
        中島大地; 山本康介; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美; 田丸浩; 三宅英雄
        日本農芸化学会 2011年度大会, 2011年03月
      • 合成生物学によるコレステロール合成酵母の分子育種
        森岡早苗; 原圭祐; 黒田浩一; 植田充美
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2011年
      • 2La15 日和見感染真菌Candida albicansの細胞壁プロテオーム解析(分類・系統・遺伝学,一般講演)
        上田 知美; 青木 航; 北原 奈緒; 森坂 裕信; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年, 日本生物工学会
      • 2Ia12 酵母の有機溶媒耐性に関与するABCトランスポーターの分類(生物化学工学,一般講演)
        西田 奈央; 大里 直樹; 松井 健; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年, 日本生物工学会
      • 1Ap03 ラッカーゼI提示酵母を用いた新規リグニン分解・前処理による発酵系の構築(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演)
        BAE Jungu; 中西 昭仁; 黒田 浩一; 小川 順; 仲谷 端人; 清水 昌; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2011年, 日本生物工学会
      • Proteome analysis of yeast cell surface proteins using monolithic 2D-HPLC system
        Aya Kirino; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Pacifichem 2010, 2010年12月18日
      • Characterization of moonlighting protein in post-genomic research
        Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Pacifichem 2010, 2010年12月18日
      • Functional analysis of physiologically dangerous stress-response proteins related to organic-solvent-tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae
        Naoki Ozato; Ken Matsui; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Pacifichem 2010, 2010年12月18日
      • Molecular analysis of XBD in Pdr1p mutants leading to multidrug resistance and organic-solvent tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae
        Nao Nishida; Naoki Ozato; Mitsuaki Sanada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Pacifichem 2010, 2010年12月18日
      • High throughput peptide ligand screening for G protein-coupled receptor in combination with membrane-displayed ligand using a single yeast cell
        Keisuke Hara; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Pacifichem 2010, 2010年12月18日
      • Transcriptional activation of global repressor target genes through chromatin remodeling by GTS1 overexpression
        Kouichi Kuroda; Mitsuaki Sanada; Mitsuyoshi Ueda
        Pacifichem 2010, 2010年12月18日
      • 疎水性・親水性有機溶媒に関与する酵母ABCトランスポーターの分類
        大里直樹; 西田奈央; 松井健; 黒田浩一; 植田充美
        第62回 日本生物工学会大会, 2010年12月09日
      • 味覚受容体発現酵母の構築をめざした試み
        原圭祐; 安田好美; 石黒正路; 田中隆治; 三坂巧; 阿部啓子; 黒田浩一; 植田充美
        第62回 日本生物工学会大会, 2010年12月07日
      • Clostridium cellulovoransセルロソームにおけるペプチダーゼインヒビターの機能と役割
        目黒裕和; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        第62回 日本生物工学会大会, 2010年10月29日
      • 多様なバイオマスに対する最適化CBM選抜技術の構築
        中西昭仁; 黒田浩一; 植田充美
        第62回 日本生物工学会大会, 2010年10月28日
      • 酵母表層ディスプレイを利用した環境汚染重金属イオンの吸着と排水処理への応用
        止原正博; 西谷崇; 黒田浩一; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年09月25日
      • バイオリファイナリーに向けたリグニンのバイオ処理技術
        黒田 浩一; 植田 充美
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2010年07月25日, 日本生物工学会
      • ソフトバイオマス完全糖化の新バイオ技術--ソフトバイオマスを完全分解・糖化する新しい微生物前処理技術
        植田 充美; 黒田 浩一; 三宅 英雄
        配管技術, 2010年06月, 日本工業出版
      • Construction of bioadsorbent for rare metal ion recovery by cell surface design
        Kouichi Kuroda; Takashi Nishitani; Katsuya Iida; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2010, 2010年05月26日
      • Comparative genomics of Clostridium cellulovorans with other Clostridia
        Hideo Miyake; Yutaka Tamaru; Kouichi Kuroda; Roy H. Doi; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2010, 2010年05月25日
      • Genome sequence of the cellulosome-producing mesophilic organism Clostridium cellulovorans 743B
        Yutaka Tamaru; Hideo Miyake; Kouichi Kuroda; Roy H. Doi; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2010, 2010年05月25日
      • Construction of whole-cell biocatalyst for utilization of chitosan by yeast cell surface engineering of chitosanase from Paenibacillus fukuinensis
        Danya Isogawa; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        ASM2010, 2010年05月24日
      • プロテオミクスのための多次元HPLCを目指したワイドポアモノリスシリカカラムによるタンパク質分離
        森坂裕信; 桐野彩; 水口博義; 中西和樹; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年03月29日
      • Clostridium cellulovoransのゲノム解析を基盤としたセルロソームの酵母細胞表層工学による解析
        松嶋千幸; 中西昭仁; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年03月28日
      • C. cellulovoransのセルロソーム由来ペプチダーゼインヒビターの機能解析
        目黒裕和; 黒田浩一; 三宅英雄; 田丸浩; 植田充美
        日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年03月28日
      • 酵母細胞表層ディスプレイ法による分子内シャペロン作用機構の解明
        前田治子; 永山充; 中西陽子; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年03月28日
      • 酵母カルボキシペプチダーゼの立体構造形成機構の解析
        永山充; 前田治子; 黒田浩一; 植田充美
        日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年03月28日
      • タンパク質分子改変により選択的吸着能を付与したレアメタル吸着・回収酵母の創製
        黒田浩一; 西谷崇; 島田まり子; 植田充美
        日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年03月28日
      • 3P-2034 Clostridium cellulovoransセルロソームにおけるペプチダーゼインヒビターの機能と役割(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        目黒 裕和; 黒田 浩一; 三宅 英雄; 田丸 浩; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年, 日本生物工学会
      • 2P-2074 Clostridium cellulovorans全ゲノム解析と糖質関連酵素遺伝子の全容解明(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        田丸 浩; 三宅 英雄; 黒田 浩一; ドリ ロイ; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年, 日本生物工学会
      • 2P-2039 多様なバイオマスに対する最適化CBM選抜技術の構築(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        中西 昭仁; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年, 日本生物工学会
      • 2P-2013 酵母表層ディスプレイを利用した環境汚染重金属イオンの吸着と排水処理への応用(5a 環境浄化,修復,保全技術,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合)
        止原 正博; 西谷 崇; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年, 日本生物工学会
      • 2P-1058 繊維加工への応用を目指したリパーゼ変異体ライブラリーの構築と高機能変異体の取得(2a酸素学,酵素工学,一般講演,酵素学,タンパク質工学および酵素工学,伝統の技と先端科学技術の融合)
        末 信一朗; 倉田 誠一; 岩崎 絵梨; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2010年, 日本生物工学会
      • Analysis of transcriptional regulation of growth acceleration of plants by erythritol
        Takashi Ishikawa
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月12日
      • Multidrug resistance and organic-solvent tolerance in yeast by one-point mutation of transcription factor Pdr1p
        Nao Nishida; Naoki Ozato; Mitsuaki Sanada; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月11日
      • 転写因子Pdr1pの変異による酵母の多剤耐性と有機溶媒耐性 (Multidrug resistance and organic-solvent tolerance in yeast by one-point mutation of transcription factor Pdr1p)
        西田奈央; 大里直樹; 真田光彰; 黒田浩一; 植田充美
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月11日
      • 生理活性ジペプチド・カルノシンのwhole-cell biocatalystによる新規合成法の開発 (Synthesis of bioactive dipeptide, carnosine, with whole-cell biocatalyst)
        樋口信介; 稲葉千晶; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月11日
      • モノリス系2D-HPLCシステムを用いた酵母細胞表層タンパク質のプロテオーム解析 (Proteome analysis of yeast cell surface proteins using monolithic 2D-HPLC system)
        桐野彩; 森坂裕信; 黒田浩一; 植田充美
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月09日
      • 酵母細胞膜上への新規ペプチドディスプレイ法を用いた細胞膜受容体リガンドスクリーニング系の基盤構築 (Novel screening system for membrane receptor ligands in combination with yeast GPCR fluorescence assay)
        原圭祐; 黒田浩一; 植田充美
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月09日
      • ラッカーゼ提示酵母を用いたリグニンバイオリファイナリーにおけるメディエーターの効果 (Effect of mediator in lignin biorefinery using laccase-displaying yeast)
        黒田浩一; 中西昭仁; 深井恒太郎; 仲谷端人; 小川順; 清水昌; 植田充美
        第32回 日本分子生物学会年会, 2009年12月09日
      • Characterization of secreted aspartic proteases of Candida albicans
        Wataru Aoki; Hironobu Morisaka; Natsuko Miura; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        APBioChEC 2009, 2009年11月27日
      • Arming-yeast displaying laccase I from Trametes sp. Ha1 for utilization of lignocellulosic biomass
        Akihito Nakanishi; Koutarou Fukai; Naoki Tokumoto; Kouichi Kuroda; Jun Ogawa; Masato Nakatani; Sakayu Shimizu; Mitsuyoshi Ueda
        APBioChEC 2009, 2009年11月25日
      • Molecular analysis of organic-solvent-tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae based on DNA microarray analysis
        Naoki Ozato; Ken Matsui; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        APBioChEC 2009, 2009年11月25日
      • Challenge of conversion of waste crab shells to functional materials with bioactivities
        ISOGAWA Danya; KURODA Kouichi; UEDA Mitsuyoshi
        J Biosci Bioeng, 2009年11月
      • 酵母に有機溶媒耐性を与える転写因子の同定と耐性の再現
        黒田 浩一; 植田 充美
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2009年11月01日, バイオインダストリー協会
      • Gts1タンパク質と直接相互作用する因子の探索と相互作用による表現型への影響 (Screening of direct interaction partners with Gts1p and the effects of interactions on the phenotype)
        真田光彰; 黒田浩一; 植田充美
        第82回 日本生化学会大会, 2009年10月24日
      • プロテアーゼ活性阻害機構から迫る立体構造形成の解析
        永山充; 前田治子; 黒田浩一; 植田充美
        生化学, 2009年09月25日
      • 転写因子デザインによる包括的な遺伝子転写制御と細胞設計
        第61回 日本生物工学会大会(シンポジウム), 2009年09月25日, 招待有り
      • 各種有機溶媒耐性に関与するトランスポーターの同定と機能解析
        大里直樹; 松井健; 黒田浩一; 植田充美
        第61回 日本生物工学会大会, 2009年09月24日
      • Photinus pyralisルシフェラーゼの酵母表層ディスプレイ
        新谷英也; 三浦夏子; 黒田浩一; 植田充美
        第61回 日本生物工学会大会, 2009年09月24日
      • リグニンのバイオリファイナリーをめざしたラッカーゼアイソザイムの酵母細胞表層提示
        深井恒太郎; 中西昭仁; 徳本直紀; 黒田浩一; 仲谷端人; 小川順; 清水昌; 植田充美
        第61回 日本生物工学会大会, 2009年09月24日
      • Construction of whole cell biocatalyst for biorefinery by cell surface display of laccase
        Kouichi Kuroda; Akihito Nakanishi; Jun Ogawa; Masato Nakatani; Sakayu Shimizu; Mitsuyoshi Ueda
        Enzyme Engineering XX, 2009年09月23日
      • ラッカーゼの酵母細胞表層提示による新規リグニン分解・前処理系の構築
        中西昭仁; 深井恒太郎; 徳本直紀; 黒田浩一; 小川順; 仲谷端人; 清水昌; 植田充美
        第61回 日本生物工学会大会, 2009年09月23日
      • モノリス系2D-HPLCシステムの酵母細胞表層タンパク質プロテオーム解析への応用
        Aya Kirino; Hironobu Morisaka; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        クロマトグラフィー化学会, 2009年09月
      • セルロース資源有効利用を目指したセルロース結合ドメイン及びセルラーゼ共発現アーミング酵母
        田中育恵; 小川万理子; 福田剛士; 佐原弘師; 黒田浩一; 植田充美; 末信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年08月25日
      • モリブデンの選別集積回収をめざした酵母の分子育種
        西谷崇; 島田まり子; 黒田浩一; 植田充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年08月25日
      • 光導波路デバイスとアーミング酵母を組み合わせた有機リン蛍光センシングシステム
        土屋圭司; 牧島央和; 黒田浩一; MULCHANDANI Ashok; 植田充美; 榎波康文; 末信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2009年08月25日
      • アーミング技術によるメタルバイオテクノロジー:レアメタル資源の選別回収への展開
        日本農芸化学会 2008年度大会(シンポジウム), 2009年03月28日, 招待有り
      • 第2世代バイオ燃料への分子生物学の貢献
        BMB2007, 2008年12月11日, 招待有り
      • 細胞表層を利用した金属イオンの吸着・回収 -アーミング技術による細胞表層デザイン-
        第60回 日本生物工学会(シンポジウム), 2008年08月29日, 招待有り
      • 作物促進栽培へのチャレンジ
        薮田セミナー, 2008年05月09日, 招待有り
      • 石油代替への未来型バイオ -分子耐性工学による微生物機能の強化-
        日本農芸化学会 2007年度大会(シンポジウム), 2008年03月29日, 招待有り
      • クロマチンリモデリングの定量化に向けて ~真核生物における転写に先立つ遺伝子活性化動態~
        ライフサーベイヤ若手の会, 2008年01月31日, 招待有り
      • 細胞表層を利用した金属イオンの吸着・回収 -アーミング技術による細胞表層デザイン-
        メタルバイオテクノロジー研究部会シンポジウム, 2008年01月18日, 招待有り
      • 糖アルコール・エリスリトールによる植物の生育促進作用
        黒田 浩一; 進士 和典; 鈴木 雅之
        食品・食品添加物研究誌, 2008年, FFIジャーナル編集委員会
      • 3S3a07 細胞表層を利用した金属イオンの吸着・回収 : アーミング技術による細胞表層デザイン(資源・環境保全分野におけるメタルバイオテクノロジーの可能性,シンポジウム)
        植田 充実; 黒田 浩一
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年, 日本生物工学会
      • 2Ap05 酵素処理と電子線照射を組み合わせたセルローストリアセテート繊維の減量加工(生物化学工学,一般講演)
        倉田 誠一; 山崎 博貴; 高山 勝己; 石垣 智基; 馬場 俊之; 関 隆之; 田中 勉; 近藤 昭彦; 黒田 浩一; 植田 充美; 末 信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年, 日本生物工学会
      • 持続可能な環境保全をめざした分子耐性工学の展開
        分生会・生化会合同年会(フォーラム), 2007年12月13日, 招待有り
      • GMOからNon-GMOへ - 細胞育種の発展
        分生会・生化会合同年会(フォーラム), 2007年12月13日, 招待有り
      • 細胞表層デザインによる金属の高効率回収バイオ技術 (特集 レアメタルをめぐる動向--逼迫問題対策と最新技術を探る)
        黒田 浩一; 島田 まり子; 植田 充美
        工業材料, 2007年08月, 日刊工業新聞社
      • 2B15-5 有機リンヒドラーゼ及びEGFPを提示したアーミング酵母を用いた有機リン化合物検出システム(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演)
        牧島 央和; 福田 剛士; 黒田 浩一; MULCHANDANI Ashok; 高山 勝巳; 植田 充美; 末 信一朗
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2007年, 日本生物工学会
      • 2B16-2 バイオリファイナリーをめざした酵母の分子育種(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演)
        徳本 直紀; 黒田 浩一; 小川 順; 蓑田 正史; 清水 昌; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2007年, 日本生物工学会
      • 金属のバイオアドソープション
        黒田 浩一
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 2006年09月25日, 日本生物工学会
      • ポストSNPs研究とケミカルバイオロジー研究の接点からの視点-変異タンパク質が主役となる新しい世界-
        第58回 日本生物工学会(シンポジウム), 2006年09月13日, 招待有り
      • 3A-AM6 ポストSNPs研究とケミカルバイオロジー研究の接点からの視点 : 変異タンパク質が主役となる新しい世界(ライフサーベイヤー構築をめざしたナノバイオとコンビバイオの融合の新しい展開,シンポジウム)
        植田 充美; 加藤 倫子; 黒田 浩一
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2006年, 日本生物工学会
      • 1L11-1 DNAマイクロアレイ解析に基づいた有機溶媒耐性関連遺伝子の機能解析(生物化学工学,一般講演)
        松井 健; 寺西 真也; 黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2006年, 日本生物工学会
      • 2J11-1 エリスリトールによる生育促進作用とその解析(光合成微生物/植物細胞工学,植物組織培養,植物育種工学/動物細胞工学,動物組織培養,一般講演)
        平川 修司; 黒田 浩一; 鈴木 雅之; 進士 和典; 小笠 一雄; 裏地 達哉; 天知 輝夫; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2006年, 日本生物工学会
      • 1E17-1 有機溶媒耐性酵母の耐性関連遺伝子の解析(生物化学工学,一般講演)
        黒田 浩一; 松井 健; 寺西 真也; 平山 尚; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2005年, 日本生物工学会
      • 3E09-4 有機リン系毒物検出のためのFlavobacterium由来有機リン加水分解酵素の酵母表層発現(環境浄化・修復・保全技術,一般講演)
        土山 耕大; 北口 哲也; 福田 剛士; 黒田 浩一; 堀 照夫; 高山 勝己; Ashok Mulchandani; 末 信一朗; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2004年, 日本生物工学会
      • 酵母によるバイオレメディエーション--重金属イオン検知・吸着・回収リサイクリングシステム
        黒田 浩一; 植田 充美
        バイオインダストリ-, 2003年02月, シ-エムシ-
      • 2F16-4 GTS1 遺伝子発現によって誘起される凝集現象の遺伝子発現プロファイリング
        黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2003年, 日本生物工学会
      • 912 重金属資源リサイクル型バイオレメディエーション酵母の機能化分子育種(環境浄化・修復・保全技術,一般講演)
        黒田 浩一; 植田 充美
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2002年, 日本生物工学会
      • 548 タバコBY2細胞におけるRhizopus oryzae由来の分泌シグナルの機能
        上森 健至; 黒田 浩一; 植田 充美; 仲山 英樹; 吉田 和哉; 新名 惇彦; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2001年, 日本生物工学会
      • 166 重金属イオン回収インテリジェント酵母の機能評価
        黒田 浩一; 植田 充美; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2001年, 日本生物工学会
      • 423 環境汚染重金属イオンを検知・捕捉し自己凝集するアーミング酵母の創製
        黒田 浩一; 芝崎 誠司; 植田 充美; 田中 渥夫
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2000年, 日本生物工学会

      書籍等出版物

      • オフターゲット変異を軽減した次世代ゲノム編集技術の開発(第3章, 第3節)
        黒田浩一
        ゲノム編集技術を応用した製品開発とその実用化 (技術情報協会) , 193-199, 2021年02月
      • 細胞表層デザインによる酵母耐性工学の確立
        黒田浩一
        細胞表層工学の進展 (シーエムシー出版), p.232-238, 2020年04月
      • 細胞表層デザインによるレアメタル・レアアース回収酵母の創製
        黒田浩一
        細胞表層工学の進展 (シーエムシー出版), p.68-77, 2020年04月
      • アーミング酵母による重金属・環境ホルモン汚染水環境の浄化
        黒田浩一
        細胞表層工学の進展 (シーエムシー出版), p.59-67, 2020年04月
      • 細胞表層工学によるデンプンやセルロースを利用したバイオエネルギー生産
        渡邉幸夫; 黒田浩一
        細胞表層工学の進展 (シーエムシー出版), p.10-21, 2020年04月
      • Preparation of functional cells: improvement of stress tolerance
        Kouichi Kuroda
        Yeast Cell Surface Engineering (Springer), p.85-92, 2019年04月
      • Recovery of rare metal ions
        Kouichi Kuroda
        Yeast Cell Surface Engineering (Springer), p.73-83, 2019年04月
      • Cleanup of pollution: heavy metal ions and environmental hormones
        Kouichi Kuroda
        Yeast Cell Surface Engineering (Springer), p.63-72, 2019年04月
      • Energy production: biomass – starch, cellulose, and hemicellulose
        Kouichi Kuroda
        Yeast Cell Surface Engineering (Springer), p.17-28, 2019年04月
      • オフターゲットのない新しいゲノム編集法の開発
        黒田浩一
        バイオイノベーションに向けて: バイオテクノロジーの新技術からの新しい視点 (シーエムシー出版), p.50-57, 2019年03月
      • ゲノム編集の礎からの展開
        天井貴光、黒田浩一
        バイオイノベーションに向けて: バイオテクノロジーの新技術からの新しい視点 (シーエムシー出版), p.35-42, 2019年03月
      • Adaptive evolution of yeast under heat stress and genetic reconstruction to generate thermotolerant yeast
        Kouichi Kuroda, 単著
        Origin and Evolution of Biodiversity (Springer), p.23-36, 2018年08月
      • セルファクトリーから真のスマートセル構築に向けて
        黒田浩一; 植田充美
        人工細胞の創製とその応用 (シーエムシー出版), p.207-215, 2017年01月, 査読無し
      • 第8章 物質循環(3.金属と微生物, 4.生態系の維持)
        黒田浩一
        応用微生物学 第3版 (文永堂出版), p.272-276, 2016年08月, 査読無し
      • アーミング酵母による多様なレアメタルの選択的回収 (第1編, 第4章)
        黒田浩一; 植田充美
        バイオベース資源確保戦略-都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル等の分離・回収技術- (シーエムシー), p.28-36, 2015年07月, 査読無し
      • Application of cell surface engineered yeast for the development of drugs against influenza virus infection
        Junki Yamada; Natsuko Miura; Tomohiro Shigemori; Kouchi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Influenza and RNA Viruses: Emergence, Classification and Management (Nova Science Publishers, Inc.), p.91-110, 2014年12月, 査読無し
      • 酵母の細胞表層デザインによるレアメタル吸着・回収システム
        黒田浩一; 植田充美
        地球を救うメタルバイオテクノロジー (成山堂書店), p.47-55, 2014年, 査読無し
      • アーミング酵母によるリグニン変換技術とその利用 (第6章, 第2節)
        Bae Jungu; 黒田浩一; 植田充美
        リグニン利用の最新動向 (シーエムシー出版), p.219-225, 2013年07月, 査読無し
      • 細胞表層工学によるレアメタル・ウランの選択的回収 (第10章)
        戎谷一輝; 黒田浩一; 植田充美
        リサイクルバイオテクノロジーの最前線 (シーエムシー出版), p.215-223, 2013年05月, 査読無し
      • カニ廃棄物からの有用オリゴ糖生産技術 (第3章, 第5節)
        五十川團哉; 黒田浩一; 植田充美
        リサイクルバイオテクノロジーの最前線 (シーエムシー出版), p.150-157, 2013年05月, 査読無し
      • 大型藻類からのバイオエタノール生産 (第1章, 第7節)
        松井一真; 横井貴大; 黒田浩一; 植田充美
        リサイクルバイオテクノロジーの最前線 (シーエムシー出版), p.50-56, 2013年05月, 査読無し
      • 転写因子デザインによる有機溶媒耐性酵母の分子育種と耐性機構の解析 (第7章)
        黒田浩一
        合成生物工学の隆起-有用物質の新たな生産法構築をめざして- (シーエムシー出版), p.124-130, 2012年04月, 査読無し
      • 細胞表層工学を利用した最適なセルラーゼカクテルの構築 (第5編, 第18章)
        中西昭仁; Bae Jungu; 黒田浩一; 植田充美
        バイオマス分解関連酵素研究の最前線 (シーエムシー出版), p.202-207, 2012年03月, 査読無し
      • リグニン分解酵素表層提示酵母を用いたバイオマス変換 (第7編, 第29章)
        Bae Jungu; 中西昭仁; 黒田浩一; 植田充美
        バイオマス分解関連酵素研究の最前線 (シーエムシー出版), p.272-277, 2012年03月, 査読無し
      • Cell surface design for selective recovery of rare metal ions
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Handbook of Metal Biotechnology (Pan Stanford Publishing), p.195-205, 2011年12月, 査読無し
      • Construction of yeast bioadsorbent by cell surface engineering (Chapter 8)
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Handbook of Metal Biotechnology (Pan Stanford Publishing), p.89-99, 2011年12月, 査読無し
      • Whole-cell biocatalyst for utilization of chitosan by yeast cell surface engineering of chitosanase
        Danya Isogawa; Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Handbook of Chitosan Research and Applications (Nova Science Publishers, Inc.), p.425-434, 2011年11月, 査読無し
      • Yeast biosorption and recycling of metal ions by cell surface engineering
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Microbial Biosorption of Metals (Springer), p.235-247, 2011年02月, 査読無し
      • バイオリファイナリーからのフェノールプラットフォーム -フェノール化合物への変換- (第7章, 第11節)
        中西昭仁; Bae Jungu; 黒田浩一
        エコバイオリファイナリー -脱石油社会へ移行するための環境ものづくり戦略- (シーエムシー出版), p.229-236, 2010年12月, 査読無し
      • 第2世代バイオエタノール(セルロース・バイオエタノール)の効率的生産-CBP法の展開 (第3編, 第1章)
        黒田浩一; 植田充美
        セルロース系バイオエタノール製造技術-食料クライシス回避のために- (NTS), 229-241, 2010年, 査読無し
      • 植物生育促進への新しい育種法の開発 (第4章, 第1節)
        植田充美; 石川峻士; 黒田浩一
        第二世代バイオ燃料の開発と応用展開 (シーエムシー出版), p.39-46, 2009年04月, 査読無し
      • 細胞表層工学による新しいバイオアドソーベント-細胞表層を利用した金属イオンの吸着・回収リサイクル- (第4章, 第1節)
        黒田浩一; 植田充美
        メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収 (シーエムシー出版), p.97-103, 2009年03月, 査読無し
      • 多様なレアメタル・レアアースを個別に選別して特異的に回収することを可能にするアーミング技術の戦略 (第6章, 第1節)
        植田充美; 黒田浩一
        メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収 (シーエムシー出版), p.201-207, 2009年03月, 査読無し
      • Biofuel production from cellulosic biomass by cell-surface engineering - development of arming technology to design biocatalyst for consolidated bioprocessing (CBP) system
        Kouichi Kuroda; Mitsuyoshi Ueda
        Cellulose: Structure and Properties, Derivatives and Industrial Uses (Nova Science Publishers, Inc.), p.369-383, 2009年, 査読無し
      • レアメタルや重金属を吸着・回収するバイオアドソーベント (第6章, 第5節)
        黒田浩一
        微生物によるものづくり-化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て- (シーエムシー出版), p.324-332, 2008年06月, 査読無し
      • バイオリファイナリーによるリグニンの有用物質への変換 (第5章, 第8節)
        中西昭仁; 黒田浩一
        微生物によるものづくり-化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て- (シーエムシー出版), p.288-294, 2008年06月, 査読無し
      • 有機溶媒耐性を賦与した酵母を用いたエステル合成 (第5章, 第6節)
        松井健; 黒田浩一
        微生物によるものづくり-化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て-(シーエムシー出版), p.275-280, 2008年06月, 査読無し
      • 微生物育種の未来開拓-細胞分子育種に変革をもたらす細胞表層工学の開拓- (第10章)
        植田充美; 黒田浩一; 加藤倫子
        生物資源から考える21世紀の農学 第6巻 微生物機能の開発 (京都大学学術出版会), p.275-314, 2008年05月, 査読無し
      • 細胞表層工学による新しいモリブデン回収バイオ技術とその展開 (第2編, 第3章, 第5.2節)
        黒田浩一; 植田充美
        貴金属・レアメタルのリサイクル技術集成 (NTS出版), p.305-313, 2007年10月, 査読無し
      • アーミング酵母によるバイオエタノール製造技術(プロトタイプ) (第1章, 第3節)
        植田充美; 加藤倫子; 黒田浩一
        エコバイオエネルギーの最前線 -ゼロエミッション型社会を目指して- (シーエムシー出版), p.35-40, 2005年09月, 査読無し
      • 環境浄化への新しい戦略 (第2編, 第4章, 第3節)
        黒田浩一; 植田充美
        コンビナトリアル・バイオエンジニアリングの最前線(シーエムシー出版), p.110-119, 2004年08月, 査読無し
      • 酵母によるバイオレメデイエ-ションー重金属イオン検知、吸着、回収リサイクルシステム (第9章)
        黒田浩一; 植田充美
        環境修復と有用物質生産 (シーエムシー出版), p.120-125, 2003年05月, 査読無し

      産業財産権

      • WO 2021/062082 A1, PCT/US2020/052619, System and Method for Increased Alcohol Tolerance and Production in Yeast
        Jose L. Avalos; Sarah K. Hammer; Kouichi Kuroda; Gerald R. Fink; Gregory Stephanopoulos
      • 特開2013-216585, 特願2012-86107, ウラン吸着ペプチド
        植田充美; 黒田浩一; 戎谷一輝; 西岡弘雅; 福谷耕司
      • 特開2010-116355, 特願2008-291325, 酸耐性を酵母に付与するペプチド
        植田充美; 黒田浩一; 松井健
      • WO 2008/004707 A1, PCT/JP2007/063776, Organic solvent-resistant gene
        Mitsuyoshi Ueda; Kouichi Kuroda
      • 特願2008-523774, 有機溶媒耐性遺伝子
        植田充美; 黒田浩一

      受賞

      • 2021年03月31日
        日本農芸化学会, 日本農芸化学会2021年度大会 トピックス賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • セルロソーム生産菌の多糖類認識・応答による酵素発現最適化機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        黒田 浩一
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        応用微生物;発現制御;シグナル伝達;プロテオーム解析
      • 酵母の転写因子変異により獲得した有機溶媒耐性の耐性メカニズム解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        黒田 浩一
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        有機溶媒耐性;転写因子;ABCトランスポーター;細胞壁タンパク質;パン酵母
      • タンパク質の金属認識デザインによる次世代型レアメタルバイオキャッチャーの創製
        若手研究(B)
        京都大学
        黒田 浩一
        完了
        レアメタル;金属認識;バイオキャッチャー;応用微生物;バイオテクノロジー;酵母;細胞表層工学;ModE
      • ソフトバイオマス完全糖化を目指したデザイナブルセルロソームの基盤研究
        基盤研究(C)
        三重大学
        三宅 英雄
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        cellulosome;Clostridium cellulovoran;proteome;セルロソーム;バイオマス;セルラーゼ;Clostridium;プロテオーム;相互作用;セルロソーム骨格タンパク質;Clostridium cellulovorans;CbpA;CbpB;キシラナーゼ;Clostridium acetobutylicum
      • レアメタル・レアアース選択回収バイオキャッチャーのデザインと創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        植田 充美
        完了
        レアメタル;レアアース;バイオキャッチャー;細胞表層工学;アーミング技術;モリブデン;インジウム;酵母
      • 染色体活性化ダイナミクスの制御によるストレス耐性細胞の分子育種
        若手研究(B)
        京都大学
        黒田 浩一
        完了
        微生物遺伝;育種;クロマチンリモデリング;GTS1;タンパク質間相互作用;tandem affinity purification;ストレス耐性
      • 細胞表層の改良によるレアメタル選択的吸着・回収能をもつ資源リサイクル細胞の創製
        若手研究(スタートアップ)
        京都大学
        黒田 浩一
        完了
        細胞表層工学;レアメタル;資源リサイクル細胞;モリブデン;ModE
      • 分岐鎖アルコールによるアミノ酸代謝制御機構と細胞間情報伝達の解明
        基盤研究(B)
        小区分38020:応用微生物学関連
        京都大学
        黒田 浩一
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        分岐鎖アルコール;窒素飢餓;アミノ酸代謝;細胞間情報伝達;Saccharomyces cerevisiae

      外部資金:その他

      • ミトコンドリアDNA編集によるミトコンドリア病モデルiPS細胞の作製
        異分野融合型研究開発推進支援事業 異分野融合型研究
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        黒田浩一
      • クロマチン構造を人工的に変換する新規バイオ技術の開発
        一般財団法人 杉山産業化学研究所 2021年度 研究助成
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        黒田浩一
      • 分岐鎖アルコール認識機構とその生理的意義の解明
        公益財団法人 発酵研究所 2021年度 一般研究助成
        自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
        黒田浩一
      • 新規細胞制御・治療法の開拓に向けたミトコンドリアDNA編集技術の確立
        一般財団法人 杉山産業化学研究所 2020年度 研究助成
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        黒田浩一
      • 水処理とレアメタルリサイクルに向けた次世代型バイオ還元回収技術の開発
        財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 2016年度 研究助成
        自 2016年10月01日, 至 2017年09月30日
        黒田浩一
      • 高効率バイオ燃料生産に向けたセルロソーム再構築微生物の基盤研究
        農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 シーズ創出ステージ
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
        三宅英雄
      • 高効率バイオ燃料生産に向けたセルロソーム再構築微生物の基盤研究
        農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業(若手研究者育成枠)
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日
        三宅英雄
      • 有機溶媒耐性酵母の耐性機構解明による耐性機能を強化した生体触媒の創製
        JST シーズ発掘試験B(発展型)
        自 2009年04月01日, 至 2010年03月31日
        黒田浩一
      • 酵母の有機溶媒耐性賦与のメカニズム解明と生体触媒開発への応用
        JST シーズ発掘試験A(発掘型)
        自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
        黒田浩一
      • 細胞表層の改良による有害重金属の吸着・回収が可能な環境浄化酵母の創製
        財団法人 発酵研究所 平成19年度研究助成
        自 2007年04月01日, 至 2010年03月31日
        黒田浩一
      list
        Last Updated :2022/08/17

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子構造論
          5635, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻演習1
          CB19, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          一般生体高分子化学
          5633, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻実験2
          CC20, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学講義
          CA21, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生化学実験
          5669, 通年集中, 農学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学 III
          CA03, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻演習2
          CB20, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻実験1
          CC19, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体高分子化学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体高分子化学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体高分子化学
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物のゲノム情報・ゲノム科学を考える
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体高分子化学講義
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体高分子化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体高分子化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体高分子化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体高分子化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          情報基礎演習[農学部]
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体高分子化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体高分子化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体高分子構造論
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体高分子構造論
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体高分子化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体高分子化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体高分子構造論
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体高分子化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体高分子化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体高分子構造論
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Advanced Applied Biochemistry
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          一般生体高分子化学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体高分子化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体高分子化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体高分子構造論
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学実験
          通年集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Advanced Applied Biochemistry
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          一般生体高分子化学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体高分子化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体高分子化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体高分子化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体高分子化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体高分子化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体高分子構造論
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学実験
          通年集中, 農学部

        博士学位審査

        • Construction of genetically-engineered Escherichia coli for sustainable ammonia production (持続可能なアンモニア生産のための遺伝子組換え大腸菌の構築)
          立道 祐輝, 農学研究科, 副査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2022/08/17

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2013年04月01日, 至 2019年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2023年03月31日
            情報セキュリティ・システム委員会 委員

          ページ上部へ戻る