Researchers Information System

日本語に切り替えるswitch to english

Tanaka, Masao

Graduate School of Medicine Program-Specific Associate Professor

Tanaka, Masao
list
    Last Updated :2022/07/02

    Basic Information

    Professional Memberships

    • アメリカリウマチ学会
    • 日本免疫学会
    • 日本内科学会
    • 日本リウマチ学会

    Academic Degree

    • Ph.D.(Kyoto University)

    Academic Resume (Graduate Schools)

    • Kyoto University, Graduate School of Medicine, Medicine and Clinical Scinence, 修了

    Academic Resume (Undergraduate School/Majors)

    • Kyoto University, Faculty of Medicine, 卒業

    High School

    • High School

      岡山県立倉敷青陵高等学校

    Research History

    • From 2000, To 2006
      Kyoto University, Graduate School of Medicine
    • Kyoto University
    • Kanazawa Medical University School of Medicine, Department of Hematology and Immunology, Associate Professor

    ID,URL

    Website(s) (URL(s))

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/07/02

      Research

      Research Topics, Overview of the research

      • Research Topics

        Analyses of autoantibody and autoantigen molecule functions in rheumatoid arthritis and examination of their pathological significance in persistent arthritis
      • Overview of the research

        In rheumatoid arthritis, which is an autoimmune disease, synovial autoantigens are thought to promote arthritis by stimulating T and B cells. Therefore, we performed molecular cloning of synovial autoantigens and identified a soluble splice variant of IL-6 signal transducer gp130 (gp130-RAPS) and follistatin-related protein (FSTL1). In further analysis on the function of FSTL1, CD14 and DIP2 were identified as its binding molecules. We currently analyze the function of DIP2 in synovium mainly.

      Research Interests

      • ホリスタチン関連蛋白(FRP/TSC-36/FSTL1)
      • 可溶型gp130 (gp130-RAPS)
      • 自己抗原
      • follistatin-related protein(FRP/TSC-36/FSTL1)
      • soluble gp130(gp130-RAPS)
      • autoantigen

      Research Areas

      • Life sciences, Allergies and connective tissue disease

      Papers

      • Machine learning-based prediction of relapse in rheumatoid arthritis patients using data on ultrasound examination and blood test
        Hidemasa Matsuo; Mayumi Kamada; Akari Imamura; Madoka Shimizu; Maiko Inagaki; Yuko Tsuji; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Yasutomo Fujii
        Scientific Reports, Dec. 2022
      • Fatostatin ameliorates inflammation without affecting cell viability.
        Shuhe Ma; Kosaku Murakami; Kazune Tanaka; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Koichiro Ohmura; Akio Morinobu; Tsuneyo Mimori
        FEBS open bio, Mar. 2022
      • Differential efficacy of TNF inhibitors with or without the immunoglobulin fragment crystallizable (Fc) portion in rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.
        Yoichi Nakayama; Ryu Watanabe; Kosaku Murakami; Koichi Murata; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Wataru Yamamoto; Kosuke Ebina; Kenichiro Hata; Yuri Hiramatsu; Masaki Katayama; Yonsu Son; Hideki Amuro; Kengo Akashi; Akira Onishi; Ryota Hara; Keiichi Yamamoto; Koichiro Ohmura; Shuichi Matsuda; Akio Morinobu; Motomu Hashimoto
        Rheumatology international, 10 Mar. 2022
      • 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER cohortでの検討
        村田 浩一; 橋本 求; 蛯名 耕介; 大西 輝; 原 良太; 山本 渉; 藤井 貴之; 田中 真生; 伊藤 宣; 森信 暁雄; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2022
      • Clinical Profile and Outcome of Large-Vessel Giant Cell Arteritis in Japanese Patients: A Single-Center Retrospective Cohort Study.
        Eriho Yamaguchi; Keiichiro Kadoba; Ryu Watanabe; Takeshi Iwasaki; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Akio Morinobu; Hajime Yoshifuji
        Modern rheumatology, 09 Feb. 2022
      • LSD1 metabolically integrates osteoclast differentiation and inflammatory bone resorption through HIF-1α and E2F1.
        Kohei Doi; Koichi Murata; Shuji Ito; Akari Suzuki; Chikashi Terao; Shinichiro Ishie; Akio Umemoto; Yoshiki Murotani; Kohei Nishitani; Hiroyuki Yoshitomi; Takayuki Fujii; Ryu Watanabe; Motomu Hashimoto; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Kyung-Hyun Park-Min; Lionel B Ivashkiv; Akio Morinobu; Shuichi Matsuda
        Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.), 25 Jan. 2022
      • Autoantibody profiles associated with morbidity and mortality in scleroderma renal crisis.
        Hideaki Tsuji; Nobuo Kuramoto; Tsuneo Sasai; Mirei Shirakashi; Hideo Onizawa; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Ran Nakashima; Ryu Watanabe; Akira Onishi; Kosaku Murakami; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Motomu Hashimoto; Koichiro Ohmura; Akio Morinobu
        Rheumatology (Oxford, England), 25 Jan. 2022
      • Perceptions and behaviours related to COVID-19 in patients with rheumatoid arthritis: a cross-sectional study.
        Takahiro Itaya; Mie Torii; Motomu Hashimoto; Kazuaki Jindai; Wataru Yamamoto; Kyosuke Tanigawa; Yuki Urai; Ayae Kinoshita; Kazuko Nin; Ryu Watanabe; Koichi Murata; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Shuichi Matsuda; Akio Morinobu
        Clinical rheumatology, Jan. 2022
      • The clinical features of pulmonary artery involvement in Takayasu arteritis and its relationship with ischemic heart diseases and infection.
        Hiroki Mukoyama; Mirei Shirakashi; Nozomi Tanaka; Takeshi Iwasaki; Toshiki Nakajima; Hideo Onizawa; Hideaki Tsuji; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Ran Nakashima; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Akio Morinobu; Hajime Yoshifuji
        Arthritis research & therapy, 03 Dec. 2021
      • Correction to: Factors associated with anxiety and depression in rheumatoid arthritis patients: a cross-sectional study.
        Miyabi Uda; Motomu Hashimoto; Ryuji Uozumi; Mie Torii; Takao Fujii; Masao Tanaka; Moritoshi Furu; Hiromu Ito; Chikashi Terao; Wataru Yamamoto; Genichi Sugihara; Yukako Nakagami; Tsuneyo Mimori; Kazuko Nin
        Advances in rheumatology (London, England), 02 Dec. 2021
      • Pain catastrophizing hinders Disease Activity Score 28 - erythrocyte sedimentation rate remission of rheumatoid arthritis in patients with normal C-reactive protein levels.
        Tamami Yoshida; Motomu Hashimoto; Go Horiguchi; Kosaku Murakami; Koichi Murata; Kohei Nishitani; Ryu Watanabe; Wataru Yamamoto; Masao Tanaka; Akio Morinobu; Hiromu Ito; Shuichi Matsuda; Ritei Uehara
        International journal of rheumatic diseases, Dec. 2021
      • Serum vitamin D status inversely associates with a prevalence of severe sarcopenia among female patients with rheumatoid arthritis.
        Hiroto Minamino; Masao Katsushima; Mie Torii; Wataru Yamamoto; Yoshihito Fujita; Kaori Ikeda; Emi Okamura; Kosaku Murakami; Ryu Watanabe; Koichi Murata; Hiromu Ito; Masao Tanaka; Hidenori Arai; Shuichi Matsuda; Akio Morinobu; Nobuya Inagaki; Motomu Hashimoto
        Scientific reports, 14 Oct. 2021
      • Phenotypic landscape of systemic lupus erythematosus: An analysis of the Kyoto Lupus Cohort.
        Takeshi Iwasaki; Hiroshi Doi; Hideaki Tsuji; Yuya Tabuchi; Motomu Hashimoto; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Wataru Yamamoto; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Akio Morinobu
        Modern rheumatology, 12 Aug. 2021
      • The real-world effectiveness of anti-RANKL antibody denosumab on the clinical fracture prevention in patients with rheumatoid arthritis: The ANSWER cohort study.
        Koichi Murata; Ryuji Uozumi; Motomu Hashimoto; Kosuke Ebina; Kengo Akashi; Akira Onishi; Koji Nagai; Ayaka Yoshikawa; Masaki Katayama; Yonsu Son; Hideki Amuro; Ryota Hara; Wataru Yamamoto; Ryu Watanabe; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Akio Morinobu; Shuichi Matsuda
        Modern rheumatology, 12 Aug. 2021
      • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチ患者に対するトシリズマブ治療開始1ヵ月後の好中球数低下は1年以内の臨床的寛解を予測しうる
        中島 友也; 渡部 龍; 橋本 求; 村田 浩一; 村上 孝作; 田中 真生; 伊藤 宣; 北郡 宏次; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 松田 秀一; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • リハビリテーション 関節リウマチ患者におけるロコモティブシンドロームの併存状況とロコモ25の評価
        伊藤 宣; 鳥井 美江; 橋本 求; 村田 浩一; 谷河 杏介; 浦井 祐希; 板谷 崇央; 田中 真生; 村上 孝作; 渡部 龍; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床):臓器障害 ループス腎炎の重症化・難治化リスク因子の検索・遅発性腎炎合併の影響
        土井 啓史; 大村 浩一郎; 稲葉 竜太; 門場 啓一郎; 中島 友也; 中山 洋一; 岩崎 毅; 上月 友寛; 谷口 雅司; 田淵 裕也; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 再発性多発軟骨炎・TAFROなどの希少疾患 TAFRO症候群と特発性多中心性キャッスルマン病の臨床的特徴の比較
        西田 優理; 白柏 魅怜; 吉藤 元; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • JAK2 V617遺伝子変異を伴う慢性骨髄単球性白血病に伴う腸管ベーチェット病様病変がJAK阻害薬であるルキソリチニブにより改善を認めた一例
        土井 啓史; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 田中 真生; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 運動・スポーツ習慣のある関節リウマチ患者への関節の誤使用および過使用に関するセルフケアマネジメント支援の必要性
        吉田 玉美; 伊藤 宣; 村田 浩一; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 渡部 龍; 西谷 江平; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • ANCA関連血管炎における再発に関わるリスク因子の同定
        福田 啓樹; 門場 啓一郎; 渡部 龍; 吉藤 元; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 全身性エリテマトーデス患者において不可逆的臓器障害がQuality of Lifeに与える影響 Kyoto Lupus Cohortでの検討
        高瀬 雄大; 岩崎 毅; 土井 啓史; 辻 英輝; 橋本 求; 上野 健太郎; 稲葉 竜太; 上月 友寛; 谷口 雅司; 田淵 裕也; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 板谷 崇央; 山本 渉; 魚住 龍史; 田中 真生; 大村 浩一郎; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • ECG Changes Through Immunosuppressive Therapy Indicate Cardiac Abnormality in Anti-MDA5 Antibody-Positive Clinically Amyopathic Dermatomyositis.
        Takashi Matsuo; Tsuneo Sasai; Ran Nakashima; Yoshihiro Kuwabara; Eri Toda Kato; Isao Murakami; Hideo Onizawa; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Akio Morinobu; Tsuneyo Mimori
        Frontiers in immunology, 2021
      • Increased Ratio of CD14++CD80+ Cells/CD14++CD163+ Cells in the Infrapatellar Fat Pad of End-Stage Arthropathy Patients.
        Shuhe Ma; Kosaku Murakami; Rintaro Saito; Hiromu Ito; Koichi Murata; Kohei Nishitani; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Masahi Taniguchi; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Koichiro Ohmura; Akio Morinobu; Tsuneyo Mimori
        Frontiers in immunology, 2021
      • 大型血管炎 肺動脈病変を有する高安動脈炎の臨床的特徴
        向山 宙希; 田中 望美; 白柏 魅怜; 吉藤 元; 北郡 宏次; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) SLEにおける医師と患者による病勢評価の解離とそれに関連する因子の解析
        稲葉 竜太; 土井 啓史; 谷口 雅司; 橋本 求; 上月 友寛; 岩崎 毅; 田淵 裕也; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスの新規疾患特異的Patient Reported Outcome測定ツールの作成 日本語版SLE Symptom Checklist
        土井 啓史; 田淵 裕也; 橋本 求; 稲葉 竜太; 上月 友寛; 岩崎 毅; 谷口 雅司; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデス患者の低疾患活動性・寛解達成がQOLに与える影響
        上月 友寛; 土井 啓史; 田淵 裕也; 山本 渉; 橋本 求; 稲葉 竜太; 岩崎 毅; 谷口 雅司; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • リウマチ性疾患の画像 AIによる関節リウマチ患者の骨びらん評価法の開発
        橋本 求; 村上 孝作; 藤崎 稔晃; 山本 渉; 山本 景一; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 松田 秀一; 株式会社シーエーシーヘルスケアITグループ
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチの治療評価と予測 高力価RF関節リウマチに対するFcを持たないTNF阻害薬の有効性 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討
        中山 洋一; 橋本 求; 山本 渉; 蛯名 耕介; 秦 健一郎; 平松 ゆり; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 明石 健吾; 大西 輝; 原 良太; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチの治療評価と予測 炎症反応が生物学的製剤の継続率に及ぼす影響 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討
        中山 洋一; 橋本 求; 山本 渉; 蛯名 耕介; 秦 健一郎; 平松 ゆり; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 明石 健吾; 大西 輝; 原 良太; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 看護 痛みの破局的思考を有する関節リウマチ患者の臨床的特徴と臨床的寛解との関係
        吉田 玉美; 橋本 求; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 田中 真生; 伊藤 宣; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスに対するベリムマブ投与でのステロイド減量効果の検討 抗DNA抗体の有無で効果は異なるか?
        笹井 恒雄; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • デノスマブの使用は関節温存足趾形成術において骨癒合を遷延させうる
        村田 浩一; 伊藤 宣; 西谷 江平; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 多発性筋炎に対する免疫抑制療法中に多発肝腫瘤と血球貪食症候群を認め、リンパ増殖性疾患と診断した一例
        辻 英輝; 吉藤 元; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチ患者において、上肢の機能破壊に対して関節症状が与える影響の検討
        土井 浩平; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 富澤 琢也; 石江 慎一郎; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • Bone and joint 関節リウマチ患者の骨折整復に対するデノスマブのリアルワールドでの有効性 ANSWER cohort study(Real-world effectiveness of denosumab on clinical fracture reduction in patients with rheumatoid arthritis-ANSWER cohort study)
        Murata Koichi; Hashimoto Motomu; Ebina Kosuke; Akashi Kengo; Onishi Akira; Nagai Koji; Yoshikawa Ayaka; Katayama Masaki; Son Yonsu; Amuro Hideki; Hara Ryota; Yamamoto Wataru; Murakami Kosaku; Tanaka Masao; Ito Hiromu; Matsuda Shuichi
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • リウマチ性疾患の合併症 関節リウマチ患者の不安・抑うつの予測因子の検討 KURAMAコホートを用いた検討
        宇多 雅; 任 和子; 橋本 求; 鳥井 美江; 田中 真生; 藤井 隆夫; 布留 守敏; 伊藤 宣; 山本 渉; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • Factors associated with anxiety and depression in rheumatoid arthritis patients: a cross-sectional study.
        Miyabi Uda; Motomu Hashimoto; Ryuji Uozumi; Mie Torii; Takao Fujii; Masao Tanaka; Moritoshi Furu; Hiromu Ito; Chikashi Terao; Wataru Yamamoto; Genichi Sugihara; Yukako Nakagami; Tsuneyo Mimori; Kazuko Nin
        Advances in rheumatology (London, England), 29 Oct. 2021
      • A susceptibility locus in the IL12B but not LILRA3 region is associated with vascular damage in Takayasu arteritis.
        Keiichiro Kadoba; Ryu Watanabe; Takeshi Iwasaki; Toshiki Nakajima; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Akio Morinobu; Chikashi Terao; Hajime Yoshifuji
        Scientific reports, 01 Jul. 2021
      • 尿中ナトリウム/カリウム比の上昇は、関節リウマチ患者において疾患活動性の上昇と相関する KURAMAデータベースを用いた検討
        磯村 望; 南野 寛人; 藤田 義人; 勝島 將夫; 橋本 求; 吉田 玉美; 池田 香織; 小栗 靖生; 村上 孝作; 渡部 龍; 村田 浩一; 田中 真生; 森信 暁雄; 稲垣 暢也
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Jul. 2021
      • 関節リウマチ患者において、血中ビタミンD濃度が重症サルコペニアや身体能力に与える影響についての検討
        南野 寛人; 鳥井 美江; 勝島 將夫; 藤田 義人; 池田 香織; 岡村 絵美; 渡部 龍; 村上 孝作; 村田 浩一; 田中 真生; 荒井 秀典; 森信 暁雄; 稲垣 暢也; 橋本 求
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Jul. 2021
      • 関節リウマチ患者に対するデノスマブ使用による骨折低減効果 ANSWER cohortデータでの検討
        村田 浩一; 橋本 求; 蛯名 耕介; 大西 輝; 永井 孝治; 片山 昌紀; 安室 秀樹; 原 良太; 山本 渉; 田中 真生; 伊藤 宣; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2021
      • 関節リウマチの治療:生物学的製剤 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER Cohortでの検討
        村田 浩一; 橋本 求; 蛯名 耕介; 沖田 康孝; 大西 輝; 神野 定男; 永井 孝治; 武内 徹; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 原 良太; 山本 渉; 渡部 龍; 村上 孝作; 田中 真生; 伊藤 宣; 森信 暁雄; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • JAK阻害薬は貧血合併関節リウマチ患者において良好な継続性を示す 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討
        中山 洋一; 橋本 求; 山本 渉; 蛯名 耕介; 平野 亨; 小谷 卓矢; 斯波 秀行; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 大西 輝; 神野 定男; 原 良太; 渡部 龍; 村上 孝作; 村田 浩一; 伊藤 宣; 田中 真生; 松田 秀一; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • Potential application of measuring serum infliximab levels in rheumatoid arthritis management: A retrospective study based on KURAMA cohort data.
        Kazuto Nakae; Sho Masui; Atsushi Yonezawa; Motomu Hashimoto; Ryu Watanabe; Koichi Murata; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Kotoko Yokoyama; Noriko Iwamoto; Takashi Shimada; Miyuki Nakamura; Masaya Denda; Kotaro Itohara; Shunsaku Nakagawa; Yasuaki Ikemi; Satoshi Imai; Takayuki Nakagawa; Makoto Hayakari; Kazuo Matsubara
        PloS one, 2021
      • Favorable clinical response and drug retention of anti-IL-6 receptor inhibitor in rheumatoid arthritis with high CRP levels: the ANSWER cohort study.
        Y Nakayama; M Hashimoto; R Watanabe; K Murakami; K Murata; M Tanaka; H Ito; W Yamamoto; K Ebina; K Hata; Y Hiramatsu; M Katayama; Y Son; H Amuro; K Akashi; A Onishi; R Hara; K Yamamoto; K Ohmura; S Matsuda; A Morinobu
        Scandinavian journal of rheumatology, 13 Sep. 2021
      • Neutrophil count reduction 1 month after initiating tocilizumab can predict clinical remission within 1 year in rheumatoid arthritis patients.
        Tomoya Nakajima; Ryu Watanabe; Motomu Hashimoto; Koichi Murata; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Wataru Yamamoto; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Koichiro Ohmura; Shuichi Matsuda; Akio Morinobu
        Rheumatology international, 09 Jul. 2021
      • 尿中ナトリウム/カリウム比の上昇は、関節リウマチ患者において疾患活動性の上昇と相関する KURAMAデータベースを用いた検討
        磯村 望; 南野 寛人; 藤田 義人; 勝島 將夫; 橋本 求; 吉田 玉美; 池田 香織; 小栗 靖生; 村上 孝作; 渡部 龍; 村田 浩一; 田中 真生; 森信 暁雄; 稲垣 暢也
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Jul. 2021
      • 関節リウマチ患者において、血中ビタミンD濃度が重症サルコペニアや身体能力に与える影響についての検討
        南野 寛人; 鳥井 美江; 勝島 將夫; 藤田 義人; 池田 香織; 岡村 絵美; 渡部 龍; 村上 孝作; 村田 浩一; 田中 真生; 荒井 秀典; 森信 暁雄; 稲垣 暢也; 橋本 求
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Jul. 2021
      • Correlation between irreversible organ damage and the quality of life of patients with systemic lupus erythematosus: The Kyoto Lupus Cohort survey
        Yudai Takase; Takeshi Iwasaki; Hiroshi Doi; Hideaki Tsuji; Motomu Hashimoto; Kentaro Ueno; Ryuta Inaba; Tomohiro Kozuki; Masashi Taniguchi; Yuya Tabuchi; Ryu Watanabe; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Takahiro Itaya; Wataru Yamamoto; Ryuji Uozumi; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Akio Morinobu
        Lupus, 14 Jun. 2021
      • Validation and verification of the Japanese version of the systemic lupus erythematosus symptom checklist for patient quality of life.
        Hiroshi Doi; Koichiro Ohmura; Yuya Tabuchi; Motomu Hashimoto; Yudai Takase; Ryuta Inaba; Tomohiro Kozuki; Takeshi Iwasaki; Masashi Taniguchi; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Wataru Yamamoto; Masao Tanaka; Morinobu Akio
        Lupus, Jun. 2021
      • Prevalence and predictive factors of difficult-to-treat rheumatoid arthritis: the KURAMA cohort.
        Ryu Watanabe; Motomu Hashimoto; Koichi Murata; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Hiromu Ito; Shuichi Matsuda
        Immunological medicine, 25 May 2021
      • Conflict between efficacy and economy in rheumatoid arthritis treatment: Iguratimod is found at a compromise
        Masao Tanaka
        The Lancet Regional Health - Western Pacific, May 2021, Lead author
      • Region specificity of rheumatoid foot symptoms associated with ultrasound-detected synovitis and joint destruction
        Shinichiro Ishie; Hiromu Ito; Shuichiro Nakabo; Hideaki Tsuji; Toshiki Nakajima; Yuko Tsuji; Maiko Inagaki; Moritoshi Furu; Motomu Hashimoto; Koichi Murata; Kosaku Murakami; Kohei Nishitani; Masao Tanaka; Yasutomo Fujii; Shuichi Matsuda
        Modern Rheumatology, 14 Apr. 2021
      • Clinicopathological characteristics of lymphoproliferative disorders in 232 patients with rheumatoid arthritis in Japan: A retrospective, multicenter, descriptive study
        Hideto Takada; Yuko Kaneko; Kazuhisa Nakano; Masao Tanaka; Takao Fujii; Kazuyoshi Saito; Naoki Sugimoto; Shoh Sasaki; Shuntaro Saito; Rintaro Saito; Nobuo Kuramoto; Masayoshi Harigai; Yasuo Suzuki
        Modern Rheumatology, 06 Apr. 2021, Peer-reviewed
      • Prevalence of anxiety and depression in patients with rheumatoid arthritis before and during the COVID-19 pandemic
        Takahiro Itaya; Mie Torii; Motomu Hashimoto; Kyosuke Tanigawa; Yuki Urai; Ayae Kinoshita; Kazuko Nin; Kazuaki Jindai; Ryu Watanabe; Koichi Murata; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Shuichi Matsuda; Akio Morinobu
        Rheumatology, 06 Apr. 2021, Peer-reviewed
      • Urinary sodium-to-potassium ratio associates with hypertension and current disease activity in patients with rheumatoid arthritis: a cross-sectional study.
        Hiroto Minamino; Masao Katsushima; Motomu Hashimoto; Yoshihito Fujita; Tamami Yoshida; Kaori Ikeda; Nozomi Isomura; Yasuo Oguri; Wataru Yamamoto; Ryu Watanabe; Kosaku Murakami; Koichi Murata; Kohei Nishitani; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Koichiro Ohmura; Shuichi Matsuda; Nobuya Inagaki; Akio Morinobu
        Arthritis research & therapy, 27 Mar. 2021
      • Characteristics of rheumatoid arthritis with immunodeficiency-associated lymphoproliferative disorders to regress spontaneously by the withdrawal of methotrexate and their clinical course: A retrospective, multicenter, case–control study
        Nobuo Kuramoto; Shuntaro Saito; Takao Fujii; Yuko Kaneko; Rintaro Saito; Masao Tanaka; Hideto Takada; Kazuhisa Nakano; Kazuyoshi Saito; Naoki Sugimoto; Sho Sasaki; Masayoshi Harigai; Yasuo Suzuki
        Modern Rheumatology, 08 Mar. 2021, Peer-reviewed
      • Habitual fish intake negatively correlates with prevalence of frailty among patients with rheumatoid arthritis.
        Hiroto Minamino; Masao Katsushima; Mie Torii; Motomu Hashimoto; Yoshihito Fujita; Kaori Ikeda; Wataru Yamamoto; Ryu Watanabe; Kosaku Murakami; Koichi Murata; Kohei Nishitani; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Koichiro Ohmura; Hidenori Arai; Nobuya Inagaki; Shuichi Matsuda
        Scientific reports, 03 Mar. 2021
      • 関節リウマチ患者におけるmHAQとロコモ25の比較検討
        小林 雅典; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2021
      • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチ患者に対するトシリズマブ治療開始1ヵ月後の好中球数低下は1年以内の臨床的寛解を予測しうる
        中島 友也; 渡部 龍; 橋本 求; 村田 浩一; 村上 孝作; 田中 真生; 伊藤 宣; 北郡 宏次; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 松田 秀一; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 関節リウマチの治療:生物学的製剤 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER Cohortでの検討
        村田 浩一; 橋本 求; 蛯名 耕介; 沖田 康孝; 大西 輝; 神野 定男; 永井 孝治; 武内 徹; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 原 良太; 山本 渉; 渡部 龍; 村上 孝作; 田中 真生; 伊藤 宣; 森信 暁雄; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • リハビリテーション 関節リウマチ患者におけるロコモティブシンドロームの併存状況とロコモ25の評価
        伊藤 宣; 鳥井 美江; 橋本 求; 村田 浩一; 谷河 杏介; 浦井 祐希; 板谷 崇央; 田中 真生; 村上 孝作; 渡部 龍; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床):臓器障害 ループス腎炎の重症化・難治化リスク因子の検索・遅発性腎炎合併の影響
        土井 啓史; 大村 浩一郎; 稲葉 竜太; 門場 啓一郎; 中島 友也; 中山 洋一; 岩崎 毅; 上月 友寛; 谷口 雅司; 田淵 裕也; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 再発性多発軟骨炎・TAFROなどの希少疾患 TAFRO症候群と特発性多中心性キャッスルマン病の臨床的特徴の比較
        西田 優理; 白柏 魅怜; 吉藤 元; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • JAK阻害薬は貧血合併関節リウマチ患者において良好な継続性を示す 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討
        中山 洋一; 橋本 求; 山本 渉; 蛯名 耕介; 平野 亨; 小谷 卓矢; 斯波 秀行; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 大西 輝; 神野 定男; 原 良太; 渡部 龍; 村上 孝作; 村田 浩一; 伊藤 宣; 田中 真生; 松田 秀一; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • JAK2 V617遺伝子変異を伴う慢性骨髄単球性白血病に伴う腸管ベーチェット病様病変がJAK阻害薬であるルキソリチニブにより改善を認めた一例
        土井 啓史; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 田中 真生; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 運動・スポーツ習慣のある関節リウマチ患者への関節の誤使用および過使用に関するセルフケアマネジメント支援の必要性
        吉田 玉美; 伊藤 宣; 村田 浩一; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 渡部 龍; 西谷 江平; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • ANCA関連血管炎における再発に関わるリスク因子の同定
        福田 啓樹; 門場 啓一郎; 渡部 龍; 吉藤 元; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 全身性エリテマトーデス患者において不可逆的臓器障害がQuality of Lifeに与える影響 Kyoto Lupus Cohortでの検討
        高瀬 雄大; 岩崎 毅; 土井 啓史; 辻 英輝; 橋本 求; 上野 健太郎; 稲葉 竜太; 上月 友寛; 谷口 雅司; 田淵 裕也; 渡部 龍; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 板谷 崇央; 山本 渉; 魚住 龍史; 田中 真生; 大村 浩一郎; 森信 暁雄
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2021
      • 関節リウマチ患者に対するデノスマブ使用による骨折低減効果 ANSWER cohortデータでの検討
        村田 浩一; 橋本 求; 蛯名 耕介; 大西 輝; 永井 孝治; 片山 昌紀; 安室 秀樹; 原 良太; 山本 渉; 田中 真生; 伊藤 宣; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2021
      • Overall survival and post-spontaneous regression relapse-free survival of patients with lymphoproliferative disorders associated with rheumatoid arthritis: a multi-center retrospective cohort study
        Rintaro Saito; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Nobuo Kuramoto; Takao Fujii; Shuntaro Saito; Yuko Kaneko; Kazuhisa Nakano; Kazuyoshi Saito; Hideto Takada; Naoki Sugimoto; Sho Sasaki; Masayoshi Harigai; Yasuo Suzuki
        Modern Rheumatology, 15 Feb. 2021, Peer-reviewed, Corresponding author
      • Primary hepatic lymphoma as other iatrogenic immunodeficiency-related lymphoproliferative disorders: a case report and review of the literature
        Hideaki Tsuji; Hajime Yoshifuji; Takero Shindo; Masakatsu Hishizawa; Ayami Ishida; Masakazu Fujimoto; Koji Kitagori; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura
        Modern Rheumatology Case Reports, 02 Jan. 2021, Peer-reviewed
      • Influence of dietary habits on depression among patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study using KURAMA cohort database.
        Hiroto Minamino; Masao Katsushima; Motomu Hashimoto; Yoshihito Fujita; Mie Torii; Kaori Ikeda; Nozomi Isomura; Yasuo Oguri; Wataru Yamamoto; Ryu Watanabe; Kosaku Murakami; Koichi Murata; Kohei Nishitani; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Miyabi Uda; Kazuko Nin; Hidenori Arai; Shuichi Matsuda; Akio Morinobu; Nobuya Inagaki
        PloS one, 2021
      • Treatment of rheumatoid arthritis after regression of lymphoproliferative disorders in patients treated with methotrexate: a retrospective, multi-center descriptive study
        Kazuhisa Nakano; Yoshiya Tanaka; Kazuyoshi Saito; Yuko Kaneko; Shuntaro Saito; Masao Tanaka; Rintaro Saito; Takao Fujii; Nobuo Kuramoto; Naoki Sugimoto; Hideto Takada; Masayoshi Harigai; Sho Sasaki; Yasuo Suzuki
        Modern Rheumatology, 07 Dec. 2020, Peer-reviewed
      • Fluctuation in anti-cyclic citrullinated protein antibody level predicts relapse from remission in rheumatoid arthritis: KURAMA cohort
        Koichi Murata; Hiromu Ito; Motomu Hashimoto; Kosaku Murakami; Ryu Watanabe; Masao Tanaka; Wataru Yamamoto; Shuichi Matsuda
        Arthritis Research & Therapy, Dec. 2020, Peer-reviewed
      • Association of anti-NR2 and U1RNP antibodies with neurotoxic inflammatory mediators in cerebrospinal fluid from patients with neuropsychiatric systemic lupus erythematosus
        Seiko Kondo-Ishikawa; Takao Fujii; Nozomi Ishigooka; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Tsuneyo Mimori
        Lupus, Nov. 2020, Peer-reviewed
      • 強皮症腎クリーゼにおける自己抗体に関する後ろ向き研究
        辻 英輝; 藏本 伸生; 白柏 魅怜; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, Oct. 2020
      • 関節リウマチ患者における血清アディポネクチン増加は独立した疾患活動性マーカーである KURAMAコホートを用いた横断研究
        勝島 將夫; 南野 寛人; 吉田 玉美; 橋本 求; 藤田 義人; 白柏 魅怜; 山本 渉; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 田中 真生; 伊藤 宣; 稲垣 暢也; 松田 秀一
        日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, Oct. 2020
      • 強皮症腎クリーゼにおける自己抗体に関する後ろ向き研究
        辻 英輝; 藏本 伸生; 白柏 魅怜; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, Oct. 2020
      • 大型血管炎 肺動脈病変を有する高安動脈炎の臨床的特徴
        向山 宙希; 田中 望美; 白柏 魅怜; 吉藤 元; 北郡 宏次; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) SLEにおける医師と患者による病勢評価の解離とそれに関連する因子の解析
        稲葉 竜太; 土井 啓史; 谷口 雅司; 橋本 求; 上月 友寛; 岩崎 毅; 田淵 裕也; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスの新規疾患特異的Patient Reported Outcome測定ツールの作成 日本語版SLE Symptom Checklist
        土井 啓史; 田淵 裕也; 橋本 求; 稲葉 竜太; 上月 友寛; 岩崎 毅; 谷口 雅司; 北郡 宏次; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデス患者の低疾患活動性・寛解達成がQOLに与える影響
        上月 友寛; 土井 啓史; 田淵 裕也; 山本 渉; 橋本 求; 稲葉 竜太; 岩崎 毅; 谷口 雅司; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • リウマチ性疾患の画像 AIによる関節リウマチ患者の骨びらん評価法の開発
        橋本 求; 村上 孝作; 藤崎 稔晃; 山本 渉; 山本 景一; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 松田 秀一; 株式会社シーエーシーヘルスケアITグループ
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 看護 痛みの破局的思考を有する関節リウマチ患者の臨床的特徴と臨床的寛解との関係
        吉田 玉美; 橋本 求; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 田中 真生; 伊藤 宣; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスに対するベリムマブ投与でのステロイド減量効果の検討 抗DNA抗体の有無で効果は異なるか?
        笹井 恒雄; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • デノスマブの使用は関節温存足趾形成術において骨癒合を遷延させうる
        村田 浩一; 伊藤 宣; 西谷 江平; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチ患者において、上肢の機能破壊に対して関節症状が与える影響の検討
        土井 浩平; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 富澤 琢也; 石江 慎一郎; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチの治療評価と予測 高力価RF関節リウマチに対するFcを持たないTNF阻害薬の有効性 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討
        中山 洋一; 橋本 求; 山本 渉; 蛯名 耕介; 秦 健一郎; 平松 ゆり; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 明石 健吾; 大西 輝; 原 良太; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチの治療評価と予測 炎症反応が生物学的製剤の継続率に及ぼす影響 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討
        中山 洋一; 橋本 求; 山本 渉; 蛯名 耕介; 秦 健一郎; 平松 ゆり; 片山 昌紀; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 明石 健吾; 大西 輝; 原 良太; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 多発性筋炎に対する免疫抑制療法中に多発肝腫瘤と血球貪食症候群を認め、リンパ増殖性疾患と診断した一例
        辻 英輝; 吉藤 元; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Aug. 2020
      • 関節リウマチ患者における血清アディポネクチン値と体組成の疾患活動度・治療抵抗性指標としての有用性の検討
        南野 寛人; 藤田 義人; 勝島 將夫; 橋本 求; 吉田 玉美; 白柏 魅怜; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 田中 真生; 伊藤 宣; 稲垣 暢也
        日本内分泌学会雑誌, Aug. 2020
      • Severe joint deformity and patient global assessment of disease are associated with discrepancies between sonographic and clinical remission: A cross-sectional study of rheumatoid arthritis patients.
        Shuichiro Nakabo; Yuko Tsuji; Maiko Inagaki; Hideaki Tsuji; Toshiki Nakajima; Kosaku Murakami; Chikashi Terao; Motomu Hashimoto; Moritoshi Furu; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori; Yasutomo Fujii
        Modern rheumatology, 05 May 2020, Peer-reviewed
      • Predicting factors for disappearance of anti-mutated citrullinated vimentin antibodies in sera of patients with rheumatoid arthritis.
        Nozomi Ishigooka; Takao Fujii; Hiroyasu Abe; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Koichiro Ohmura; Satoshi Morita; Tsuneyo Mimori
        Modern rheumatology, May 2020, Peer-reviewed
      • 関節リウマチの家族歴は病初期の疾患活動性や治療の反応性に影響するか ANSWER Cohort
        村田 浩一; 橋本 求; 蛯名 耕介; 原 良太; 山本 渉; 村上 孝作; 田中 真生; 伊藤 宣; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2020
      • 関節リウマチのロコモ対策 関節リウマチにおけるフレイルの実態
        伊藤 宣; 布留 守敏; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2020
      • 関節リウマチ患者の足部超音波検査の臨床的意義
        石江 慎一郎; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 富澤 琢也; 土井 浩平; 梅本 啓央; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2020
      • 関節リウマチ患者においてMMP-3値に各関節の症状がどれだけ寄与するか
        梅本 啓央; 伊藤 宣; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2020
      • Multicenter Prospective Study of the Efficacy and Safety of Combined Immunosuppressive Therapy With High-Dose Glucocorticoid, Tacrolimus, and Cyclophosphamide in Interstitial Lung Diseases Accompanied by Anti-Melanoma Differentiation-Associated Gene 5-Positive Dermatomyositis.
        Hideaki Tsuji; Ran Nakashima; Yuji Hosono; Yoshitaka Imura; Masato Yagita; Hajime Yoshifuji; Shintaro Hirata; Takaki Nojima; Eiji Sugiyama; Kazuhiro Hatta; Yoshio Taguchi; Masaki Katayama; Kiminobu Tanizawa; Tomohiro Handa; Ryuji Uozumi; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Tsuneyo Mimori
        Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.), Mar. 2020, Peer-reviewed
      • Activated neutrophil carbamylates albumin via the release of myeloperoxidase and reactive oxygen species regardless of NETosis.
        Shuichiro Nakabo; Koichiro Ohmura; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori
        Modern rheumatology, Mar. 2020, Peer-reviewed
      • SLEコホートを用いた症状・検査所見の関連解析と症状発現予測
        岩崎 毅; 土井 啓史; 田淵 裕也; 橋本 求; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本内科学会雑誌, Feb. 2020
      • The family history of rheumatoid arthritis in anti-cyclic citrullinated peptide antibody-positive patient is not a predictor of poor clinical presentation and treatment response with modern classification criteria and treatment strategy: the ANSWER cohort study
        Koichi Murata; Motomu Hashimoto; Wataru Yamamoto; Yonsu Son; Hideki Amuro; Koji Nagai; Tohru Takeuchi; Masaki Katayama; Yuichi Maeda; Kosuke Ebina; Ryota Hara; Sadao Jinno; Akira Onishi; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Tsuneyo Mimori; Shuichi Matsuda
        Rheumatology International, Feb. 2020, Peer-reviewed
      • SpAモデルであるβ-1、3-グルカン誘導SKGマウスの腸管においてCTLA4-Ig投与でTh17は減少しうるがILC3は維持される
        田淵 裕也; 橋本 求; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 村上 孝作; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本脊椎関節炎学会誌, 2020
      • Increased circulating adiponectin is an independent disease activity marker in patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study using the KURAMA database.
        Hiroto Minamino; Masao Katsushima; Tamami Yoshida; Motomu Hashimoto; Yoshihito Fujita; Mirei Shirakashi; Wataru Yamamoto; Kosaku Murakami; Koichi Murata; Kohei Nishitani; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Nobuya Inagaki; Shuichi Matsuda
        PloS one, 2020, Peer-reviewed
      • Intake frequency of vegetables or seafoods negatively correlates with disease activity of rheumatoid arthritis
        Isao Murakami; Kosaku Murakami; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Takao Fujii; Mie Torii; Kaori Ikeda; Akiko Kuwabara; Kiyoshi Tanaka; Akiko Yoshida; Shuji Akizuki; Ran Nakashima; Hajime Yoshifuji; Koichiro Ohmura; Takashi Usui; Satoshi Morita; Tsuneyo Mimori
        PLoS ONE, 2020, Peer-reviewed
      • Real World Data解析に基づく関節リウマチ患者における血中インフリキシマブ濃度と疾患活動性との関連
        増井 翔; 米澤 淳; 傳田 将也; 中江 一統; 橋本 求; 田中 真生; 伊藤 宣; 岩本 典子; 嶋田 崇史; 中川 俊作; 早狩 誠; 松原 和夫
        臨床薬理, Nov. 2019
      • 炎症性免疫疾患治療用バイオ医薬の治療薬物モニタリング実現化を目的としたLC-MS/MS一斉定量法の開発
        米澤 淳; 岩本 典子; 横山 琴子; 嶋田 崇史; 傳田 将也; 橋本 求; 田中 真生; 伊藤 宣; 松浦 稔; 山本 修司; 本澤 有介; 松原 和夫
        臨床薬理, Nov. 2019
      • Shared epitope defines distinct associations of cigarette smoking with levels of anticitrullinated protein antibody and rheumatoid factor.
        Yuki Ishikawa; Katsunori Ikari; Motomu Hashimoto; Koichiro Ohmura; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Atsuo Taniguchi; Hisashi Yamanaka; Tsuneyo Mimori; Chikashi Terao
        Annals of the rheumatic diseases, Nov. 2019, Peer-reviewed
      • Oral steroid decreases the progression of joint destruction of large joints in the lower extremities in rheumatoid arthritis
        K. Doi; H. Ito; T. Tomizawa; K. Murata; M. Hashimoto; M. Tanaka; K. Murakami; K. Nishitani; M. Azukizawa; A. Okahata; M. Saito; T. Mimori; S. Matsuda
        Medicine (United States), 01 Nov. 2019, Peer-reviewed
      • Feasibility of patient-oriented ultrasound joint selection: Cross-sectional observational study on rheumatoid arthritis.
        Rie Kawahara; Shuichiro Nakabo; Madoka Shimizu; Hiroko Yamamoto; Tsuneo Sasai; Yuri Nishida; Sohei Funakoshi; Yoshie Gon; Masashi Taniguchi; Toshiki Nakajima; Ryosuke Hiwa; Motomu Hashimoto; Takuya Tomizawa; Masayuki Azukizawa; Kohei Nishitani; Koichi Murata; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Tsuneyo Mimori; Yasutomo Fujii
        Modern rheumatology, 28 Oct. 2019, Peer-reviewed
      • 難治性不整脈と心筋機能異常を伴った抗ミトコンドリア抗体陽性多発性筋炎の一例
        石橋 茉実; 内藤 遼太; 笹井 蘭; 村上 孝作; 秋月 修治; 吉藤 元; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, Oct. 2019
      • 抗MDA5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎における、寛解期治療の検討 ドラッグフリー寛解は可能か?
        笹井 恒雄; 中嶋 蘭; 三森 経世; 辻 英輝; 秋月 修治; 村上 孝作; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎
        日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, Oct. 2019
      • 関節リウマチ患者においてMMP-3値に各関節の症状がどれだけ寄与するか
        梅本 啓央; 伊藤 宣; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 松田 秀一
        日本関節病学会誌, Oct. 2019
      • RA肘の関節破壊に関わる因子の同定
        富澤 琢也; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 梅本 啓央; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 松田 秀一
        日本関節病学会誌, Oct. 2019
      • Anti-nuclear antibody development is associated with poor treatment response to biological disease-modifying anti-rheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis.
        Yuki Ishikawa; Motomu Hashimoto; Hiromu Ito; Masao Tanaka; Naoichiro Yukawa; Takao Fujii; Wataru Yamamoto; Tsuneyo Mimori; Chikashi Terao
        Seminars in arthritis and rheumatism, Oct. 2019, Peer-reviewed
      • 関節リウマチの骨密度管理における解剖学的部位ごとのバイオマーカー
        富澤 琢也; 伊藤 宣; 村田 浩一; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 松田 秀一
        日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, Sep. 2019
      • Multiplexed monitoring of therapeutic antibodies for inflammatory diseases using Fab-selective proteolysis nSMOL coupled with LC-MS.
        Noriko Iwamoto; Megumi Takanashi; Kotoko Yokoyama; Atsushi Yonezawa; Masaya Denda; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Minoru Matsuura; Shuji Yamamoto; Yusuke Honzawa; Kazuo Matsubara; Takashi Shimada
        Journal of immunological methods, Sep. 2019, Peer-reviewed
      • Persistent anemia and hypoalbuminemia in rheumatoid arthritis patients with low serum triiodothyronine level.
        Hideaki Tsuji; Motomu Hashimoto; Takanari Harada; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Kosaku Murakami; Koichiro Ohmura; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori
        Modern rheumatology, 08 Aug. 2019, Peer-reviewed
      • Soluble Lectin-like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor 1 Predicts the Changes of Rheumatoid Factor Titers in Rheumatoid Arthritis.
        Akinori Okahata; Hiromu Ito; Moritoshi Furu; Masahiro Ishikawa; Takayuki Fujii; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Yugo Morita; Masayuki Azukizawa; Takuya Tomizawa; Kohei Doi; Kohei Nishitani; Koichi Murata; Hiroyuki Yoshitomi; Tsuneyo Mimori; Shuichi Matsuda
        Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases, 06 Aug. 2019, Peer-reviewed
      • Distinct biomarkers for different bones in osteoporosis with rheumatoid arthritis
        T. Tomizawa; H. Ito; K. Murata; M. Hashimoto; M. Tanaka; K. Murakami; K. Nishitani; M. Azukizawa; A. Okahata; K. Doi; M. Saito; M. Furu; M. Hamaguchi; T. Mimori; S. Matsuda
        Arthritis Research and Therapy, 15 Jul. 2019, Peer-reviewed
      • Elderly onset of early rheumatoid arthritis is a risk factor for bone erosions, refractory to treatment: KURAMA cohort.
        Koichi Murata; Hiromu Ito; Motomu Hashimoto; Kohei Nishitani; Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Wataru Yamamoto; Tsuneyo Mimori; Shuichi Matsuda
        International journal of rheumatic diseases, Jun. 2019, Peer-reviewed
      • Strain-Specific Manifestation of Lupus-like Systemic Autoimmunity Caused by Zap70 Mutation.
        Takashi Matsuo; Motomu Hashimoto; Shimon Sakaguchi; Noriko Sakaguchi; Yoshinaga Ito; Masaki Hikida; Tatsuaki Tsuruyama; Kaoru Sakai; Hideki Yokoi; Mirei Shirakashi; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Hajime Yoshifuji; Koichiro Ohmura; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 01 Jun. 2019, Peer-reviewed
      • Impaired expression of innate immunity-related genes in IgG4-related disease (IgG4-RD): A possible mechanism in the pathogenesis of IgG4-RD.
        Nakamura T; Satoh-Nakamura T; Nakajima A; Kawanami T; Sakai T; Fujita Y; Iwao H; Miki M; Masaki Y; Okazaki T; Ishigaki Y; Kawano M; Yamada K; Matsui S; Saeki T; Kamisawa T; Yamamoto M; Hamano H; Origuchi T; Hirata S; Yoshiya T; Tsuboi H; Sumida T; Okazaki K; Tanaka M; Chiba T; Mimori T; Umehara H
        Modern rheumatology, May 2019, Peer-reviewed
      • Interleukin-18 is associated with the presence of interstitial lung disease in rheumatoid arthritis: a cross-sectional study
        T Matsuo; M Hashimoto; I Ito; T Kubo; R Uozumi; M Furu; H Ito; T Fujii; M Tanaka; C Terao; H Kono; M Mori; M Hamaguchi; W Yamamoto; K Ohmura; S Morita; T Mimori
        Scandinavian Journal of Rheumatology, 04 Mar. 2019, Peer-reviewed
      • 関節リウマチの家族歴は病初期の疾患活動性や治療の反応性に影響するか ANSWER Cohortデータでの検討
        村田 浩一; 橋本 求; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 永井 孝治; 武内 徹; 片山 昌紀; 蛯名 耕介; 前田 悠一; 原 良太; 大西 輝; 神野 定男; 山本 渉; 村上 孝作; 田中 真生; 伊藤 宣; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 関節リウマチ患者における膝関節機能障害に関与する因子の検討
        小豆澤 勝幸; 伊藤 宣; 西谷 江平; 村田 浩一; 岡畠 章憲; 富澤 琢也; 土井 浩平; 橋本 求; 田中 真生; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2019
      • 関節リウマチ患者において足部超音波所見はDAS28と関係しない KURAMAコホートより
        石江 慎一郎; 伊藤 宣; 小豆澤 勝幸; 富澤 琢也; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2019
      • 高齢発症の関節リウマチの病初期において臨床的寛解でも骨破壊を完全には抑制できない
        村田 浩一; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2019
      • 関節リウマチ患者における膝関節破壊に対する予後不良因子の検討 KURAMAコホートにおける4年間の縦断解析
        土井 浩平; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 岡畠 章憲; 石江 慎一郎; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2019
      • 関節リウマチの肘関節障害における機能障害のリスク因子はなにか
        伊藤 宣; 富澤 琢也; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2019
      • 関節リウマチの治療評価と予測-1 肥満度が関節リウマチにおける生物学的製剤の治療効果に及ぼす影響 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討
        村上 孝作; 橋本 求; 松尾 崇史; 村田 浩一; 山本 渉; 原 良太; 片山 昌紀; 大西 輝; 神野 定男; 武内 徹; 小谷 卓矢; 孫 瑛洙; 安室 秀樹; 平野 亨; 蛯名 耕介; 西谷 江平; 田中 真生; 伊藤 宣; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 関節リウマチの手術:下肢-2 患者立脚型スコアであるNew Knee Society Scoreを用いた関節リウマチと変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術の比較検討
        西谷 江平; 伊藤 宣; 中村 伸一郎; 村田 浩一; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 関節リウマチの治療評価と予測-3 関節リウマチ患者における股関節破壊に対する予後不良因子の検討 KURAMAコホートにおける4年間の縦断解析より
        土井 浩平; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 石江 慎一郎; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 光超音波イメージングによる関節リウマチ手指関節滑膜の可視化
        村田 浩一; 布留 守敏; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 関節リウマチ患者の非炎症状態下の疼痛と破局的思考pain catastrophizingの関連
        吉田 玉美; 橋本 求; 田中 真生; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 乾癬患者での関節エコーを用いたDoppler評価による無症候性乾癬性関節炎所見の検出頻度とその臨床的意義の検討
        田淵 裕也; 本田 哲也; 橋本 求; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 村上 孝作; 吉藤 元; 田中 真生; 西谷 江平; 村田 浩一; 伊藤 宣; 大村 浩一郎
        日本脊椎関節炎学会誌, 2019
      • 関節リウマチ患者における膝関節機能障害に影響を及ぼす因子の検討
        小豆澤 勝幸; 伊藤 宣; 西谷 江平; 村田 浩一; 富澤 琢也; 岡畠 章憲; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本関節病学会誌, Oct. 2018
      • Non-obese visceral adiposity is associated with the risk of atherosclerosis in Japanese patients with rheumatoid arthritis: a cross-sectional study.
        Tamami Yoshida; Motomu Hashimoto; Rie Kawahara; Hiroko Yamamoto; Masao Tanaka; Hiromu Ito; Izuru Masuda; Kiminori Hosoda; Wataru Yamamoto; Ryuji Uozumi; Satoshi Morita; Yasutomo Fujii; Tsuneyo Mimori; Kazuko Nin
        Rheumatology international, Sep. 2018, Peer-reviewed
      • Factors associated with the achievement of biological disease-modifying antirheumatic drug-free remission in rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.
        Motomu Hashimoto; Moritoshi Furu; Wararu Yamamoto; Takanori Fujimura; Ryota Hara; Masaki Katayama; Akira Ohnishi; Kengo Akashi; Shuzo Yoshida; Koji Nagai; Yonsu Son; Hideki Amuro; Toru Hirano; Kosuke Ebina; Ryuji Uozumi; Hiromu Ito; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori
        Arthritis research & therapy, 03 Aug. 2018, Peer-reviewed
      • 関節リウマチ患者の骨密度変化予測に有用なバイオマーカーの解析 解剖学的部位ごとの解析より
        富澤 琢也; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 小豆澤 勝幸; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Aug. 2018
      • Suppressor of TCR signaling-2 (STS-2) suppresses arthritis development in mice.
        Namiko Okabe; Koichiro Ohmura; Masaki Katayama; Shuji Akizuki; Nick Carpino; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Yoshitaka Imura; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori
        Modern rheumatology, Jul. 2018, Peer-reviewed
      • Autoimmune Th17 Cells Induced Synovial Stromal and Innate Lymphoid Cell Secretion of the Cytokine GM-CSF to Initiate and Augment Autoimmune Arthritis.
        Keiji Hirota; Motomu Hashimoto; Yoshinaga Ito; Mayumi Matsuura; Hiromu Ito; Masao Tanaka; Hitomi Watanabe; Gen Kondoh; Atsushi Tanaka; Keiko Yasuda; Manfred Kopf; Alexandre J Potocnik; Brigitta Stockinger; Noriko Sakaguchi; Shimon Sakaguchi
        Immunity, 19 Jun. 2018, Peer-reviewed
      • Clinical practice guideline for Sjögren’s syndrome 2017
        Takayuki Sumida; Naoto Azuma; Masafumi Moriyama; Hiroyuki Takahashi; Hiromitsu Asashima; Fumika Honda; Saori Abe; Yuko Ono; Tomoya Hirota; Shintaro Hirata; Yoshiya Tanaka; Toshimasa Shimizu; Hideki Nakamura; Atsushi Kawakami; Hajime Sano; Yoko Ogawa; Kazuo Tsubota; Koufuchi Ryo; Ichiro Saito; Akihiko Tanaka; Seiji Nakamura; Etsuko Takamura; Masao Tanaka; Katsuya Suzuki; Tsutomu Takeuchi; Noriyuki Yamakawa; Tsuneyo Mimori; Akiko Ohta; Susumu Nishiyama; Toshio Yoshihara; Yasunori Suzuki; Mitsuhiro Kawano; Minako Tomiita; Hiroto Tsuboi
        Modern Rheumatology, 04 May 2018, Peer-reviewed
      • 関節リウマチにおける下肢大関節破壊を規定するものはなにか KURAMAコホートにおける4年間の縦断解析より
        土井 浩平; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2018
      • 関節リウマチの発症年齢は病初期の疾患活動性や薬剤の反応性に影響する
        村田 浩一; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2018
      • リウマチ性疾患の画像1:関節エコーRA 関節リウマチ患者における肘関節エコーの重要性 KURAMAコホートを用いた研究
        中島 俊樹; 橋本 求; 中坊 周一郎; 富澤 琢也; 西谷 江平; 村田 浩一; 山本 渉; 田中 真生; 伊藤 宣; 藤井 康友; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 妊娠・その他 クレアチニン/シスタチンC比を用いた関節リウマチ患者の筋量・筋力の評価 KURAMAコホートを用いた検討
        竹内 悠介; 橋本 求; 鳥井 美江; 田中 真生; 村上 孝作; 村田 浩一; 西谷 江平; 伊藤 宣; 山本 渉; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 関節リウマチの病因・病態2 関節リウマチの発症年齢は病初期の疾患活動性やTNF阻害剤の反応性に影響する
        村田 浩一; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • リウマチ性疾患の疫学2 リウマチ患者の肘関節破壊に対する因子解析
        富澤 琢也; 伊藤 宣; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 中坊 周一郎; 中島 俊樹; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 看護 関節リウマチ患者において服薬、坐薬使用、自己注射の困難さに寄与する因子はなにか KURAMAコホート研究より
        村瀬 綾; 山本 理瑚; 本城 千春; 竹内 千裕; 永田 早津紀; 山脇 陽子; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 村田 浩一; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 関節リウマチ患者における膝関節機能障害に関与する因子の検討
        小豆澤 勝幸; 伊藤 宣; 西谷 江平; 村田 浩一; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 服薬における困難さに薬剤による違いはあるか KURAMAコホート研究より
        本城 千春; 村瀬 綾; 山本 理瑚; 竹内 千裕; 永田 早津紀; 山脇 陽子; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 村田 浩一; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • Factors influencing spinal sagittal balance, bone mineral density, and Oswestry Disability Index outcome measures in patients with rheumatoid arthritis.
        Kazutaka Masamoto; Bungo Otsuki; Shunsuke Fujibayashi; Koichiro Shima; Hiromu Ito; Moritoshi Furu; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Stephen Lyman; Hiroyuki Yoshitomi; Shimei Tanida; Tsuneyo Mimori; Shuichi Matsuda
        European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society, Feb. 2018, Peer-reviewed
      • Anti-EJ, anti-MDA5 double-positive chronic clinically amyopathic dermatomyositis: a case report.
        Yusuke Takeuchi; Motomu Hashimoto; Ran Nakashima; Masao Tanaka; Nobuo Kuramoto; Kosaku Murakami; Hajime Yoshifuji; Koichiro Ohmura; Tsuneyo Mimori
        Rheumatology advances in practice, 2018, Peer-reviewed
      • Factors affecting walking ability in female patients with rheumatoid arthritis.
        Yugo Morita; Hiromu Ito; Mie Torii; Akiko Hanai; Moritoshi Furu; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Masayuki Azukizawa; Hidenori Arai; Tsuneyo Mimori; Shuichi Matsuda
        PloS one, 2018, Peer-reviewed
      • Control of articular synovitis for bone and cartilage regeneration in rheumatoid arthritis.
        Hiromu Ito; Furu Moritoshi; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Shuichi Matsuda
        Inflammation and regeneration, 2018, Peer-reviewed
      • Effect of medication adherence on disease activity among Japanese patients with rheumatoid arthritis.
        Shunsaku Nakagawa; Mayumi Nakaishi; Motomu Hashimoto; Hiromu Ito; Wataru Yamamoto; Ran Nakashima; Masao Tanaka; Takao Fujii; Tomohiro Omura; Satoshi Imai; Takayuki Nakagawa; Atsushi Yonezawa; Hirohisa Imai; Tsuneyo Mimori; Kazuo Matsubara
        PloS one, 2018, Peer-reviewed
      • Anti-carbamylated Protein Antibodies Are Detectable in Various Connective Tissue Diseases
        Shuichiro Nakabo; Hajime Yoshifuji; Motomu Hashimoto; Yoshitaka Imura; Ran Nakashima; Kosaku Murakami; Nobuo Kuramoto; Shinji Ito; Junko Satoh; Masao Tanaka; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori; Koichiro Ohmura
        JOURNAL OF RHEUMATOLOGY, Sep. 2017, Peer-reviewed
      • A novel susceptibility locus in the IL12B region is associated with the pathophysiology of Takayasu arteritis through IL-12p40 and IL-12p70 production
        Toshiki Nakajima; Hajime Yoshifuji; Masakazu Shimizu; Koji Kitagori; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Yoshitaka Imura; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Fumihiko Matsuda; Chikashi Terao; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, Sep. 2017, Peer-reviewed
      • Carbamylated albumin is one of the target antigens of anti-carbamylated protein antibodies
        Shuichiro Nakabo; Motomu Hashimoto; Shinji Ito; Moritoshi Furu; Hiromu Ito; Takao Fujii; Hajime Yoshifuji; Yoshitaka Imura; Ran Nakashima; Kosaku Murakami; Nobuo Kuramoto; Masao Tanaka; Junko Satoh; Akihito Ishigami; Satoshi Morita; Tsuneyo Mimori; Koichiro Ohmura
        RHEUMATOLOGY, Jul. 2017, Peer-reviewed
      • 頸動脈エコーによる関節リウマチ患者の動脈硬化関連因子の検討 KURAMAコホート
        山本 博子; 河原 理恵; 中島 俊樹; 中坊 周一郎; 橋本 求; 布留 守敏; 伊藤 宣; 田中 真生; 藤井 康友
        超音波医学, Apr. 2017
      • 関節リウマチの治療 病理・病態・バイオマーカー オステオポンチンは関節エコーによる残存滑膜炎評価と相関する
        橋本 求; 中坊 周一郎; 布留 守敏; 辻 英輝; 中島 俊樹; 伊藤 宣; 田中 真生; 藤井 隆夫; 山本 渉; 森 将人; 大村 浩一郎; 藤井 康友; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • リウマチ性疾患の画像 日本人関節リウマチ患者における動脈硬化に関連する因子 KURAMAコホートを用いた検討
        中島 俊樹; 中坊 周一郎; 橋本 求; 布留 守敏; 田中 真生; 伊藤 宣; 山本 渉; 藤井 康友; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • その他 関節リウマチ患者における内臓脂肪が動脈硬化に及ぼす影響の検討
        吉田 玉美; 任 和子; 橋本 求; 布留 守敏; 伊藤 宣; 田中 真生; 山本 渉; 藤井 康友; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • Correlation in the Coronal Angle between Knee and Hindfoot Was Observed in Patients with Rheumatoid Arthritis Unless Talocrural Joint Was Destroyed
        Kohei Nishitani; Hiromu Ito; Yoshiharu Shimozono; Moritoshi Furu; Masayuki Azukizawa; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori; Shuichi Matsuda
        BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2017, Peer-reviewed
      • Isolation of vascular smooth muscle antigen-reactive CD4(+)alpha beta Th1 clones that induce pulmonary vasculitis in MRL/Mp-Fas(+/+) mice
        Yoshimasa Fujita; Takao Fujii; Hironori Shimizu; Tomomi Sato; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Takafumi Kawanami; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara; Tsuneyo Mimori
        CELLULAR IMMUNOLOGY, May 2016, Peer-reviewed
      • 進行期関節リウマチでは患者全般評価以外の指標がBoolean寛解基準を満たしても、関節エコーで多くの活動性滑膜炎が認められる KURAMAコホートからの検討
        中坊 周一郎; 辻 英輝; 中島 俊樹; 橋本 求; 布留 守敏; 伊藤 宣; 田中 真生; 藤井 隆夫; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 康友; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2016
      • Prospective clinical study of R-CMD therapy for indolent B cell lymphoma and mantle cell lymphoma from the Hokuriku Hematology Oncology Study Group
        Tomoyuki Sakai; Yasufumi Masaki; Nozomi Otsuki; Ippei Sakamaki; Shinji Kishi; Takayoshi Miyazono; Yoshimasa Urasaki; Jun Murakami; Tomomi Satoh; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Takafumi Kawanami; Miyuki Miki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Toshiro Okazaki; Takanori Ueda
        MEDICAL ONCOLOGY, Sep. 2015, Peer-reviewed
      • Decreased expression of innate immunity-related genes in peripheral blood mononuclear cells from patients with IgG4-related disease
        Akio Nakajima; Yasufumi Masaki; Takuji Nakamura; Takafumi Kawanami; Yasuhito Ishigaki; Tsutomu Takegami; Mitsuhiro Kawano; Kazunori Yamada; Norifumi Tsukamoto; Shoko Matsui; Takako Saeki; Kazuichi Okazaki; Terumi Kamisawa; Taiichiro Miyashita; Yoshihiro Yakushijin; Keita Fujikawa; Motohisa Yamamoto; Hideaki Hamano; Tomoki Origuchi; Shintaro Hirata; Hiroto Tsuboi; Takayuki Sumida; Hisanori Morimoto; Tomomi Sato; Haruka Iwao; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        PLoS ONE, 14 May 2015, Peer-reviewed
      • CD14(+) follicular dendritic cells in lymphoid follicles may play a role in the pathogenesis of IgG4-related disease
        Tomomi Satoh-Nakamura; Nozomu Kurose; Takafumi Kawanami; Takuji Nakamura; Haruka Iwao-Kawanami; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Yoshimasa Fusita; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Yasufumi Masaki
        BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, Apr. 2015, Peer-reviewed
      • IgG4-related disease and its pathogenesis-cross-talk between innate and acquired immunity
        Hisanori Umehara; Akio Nakajima; Takuji Nakamura; Takafumi Kawanami; Masao Tanaka; Lingli Dong; Mitsuhiro Kawano
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, Nov. 2014, Peer-reviewed
      • Long-term Heat Exposure Prevents Hypoxia-Induced Apoptosis in Mouse Fibroblast Cells
        Naotoshi Sugimoto; Osamu Shido; Kentaro Matsuzaki; Masanori Katakura; Yoshiaki Hitomi; Masao Tanaka; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Takafumi Kawanami; Yasufumi Masaki; Toshiro Okazaki; Hiroyuki Nakamura; Shoichi Koizumi; Akihiro Yachie; Hisanori Umehara
        CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, Sep. 2014, Peer-reviewed
      • Deficient Leptin Signaling Ameliorates Systemic Lupus Erythematosus Lesions in MRL/Mp-Fas(lpr) Mice
        Yoshimasa Fujita; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori; Tomomi Sato; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Takafumi Kawanami; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, Feb. 2014, Peer-reviewed
      • IgG4-related disease: diagnostic methods and therapeutic strategies in Japan.
        Masaki Y; Shimizu H; Sato Nakamura T; Nakamura T; Nakajima A; Iwao Kawanami H; Miki M; Sakai T; Kawanami T; Fujita Y; Tanaka M; Fukushima T
        Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH, 2014, Peer-reviewed
      • Upregulation of aquaporin expression in the salivary glands of heat-acclimated rats
        Naotoshi Sugimoto; Kentaro Matsuzaki; Hiroaki Ishibashi; Masao Tanaka; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Takafumi Kawanami; Yasufumi Masaki; Toshiro Okazaki; Joji Sekine; Shoichi Koizumi; Akihiro Yachie; Hisanori Umehara; Osamu Shido
        SCIENTIFIC REPORTS, Aug. 2013, Peer-reviewed
      • Japanese variant of multicentric castleman's disease associated with serositis and thrombocytopenia--a report of two cases: is TAFRO syndrome (Castleman- Kojima disease) a distinct clinicopathological entity?
        Masaki Y; Nakajima A; Iwao H; Kurose N; Sato T; Nakamura T; Miki M; Sakai T; Kawanami T; Sawaki T; Fujita Y; Tanaka M; Fukushima T; Okazaki T; Umehara H
        Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH, 2013, Peer-reviewed
      • IgG4-related disease-a new clinical entity established by all Japan lgG4 team in 21 th century
        Hisanori Umehara; Tomomi Sato; Takuji Nakamura; Masao Tanaka
        Japanese Journal of Allergology, 2013, Peer-reviewed
      • Daily 500 mg Valacyclovir Is Effective for Prevention of Varicella Zoster Virus Reactivation in Patients with Multiple Myeloma Treated with Bortezomib
        Toshihiro Fukushima; Tomomi Sato; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Takafumi Kawanami; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Toshiro Okazaki; Hideo Nakajima; Yoshiharu Motoo; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, Dec. 2012, Peer-reviewed
      • Skewed Production of IL-6 and TGF beta by Cultured Salivary Gland Epithelial Cells from Patients with Sjogren's Syndrome
        Takafumi Kawanami; Toshioki Sawaki; Tomoyuki Sakai; Miyuki Miki; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Takuji Nakamura; Tomomi Sato; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Yuko Hirose; Makoto Taniguchi; Naotoshi Sugimoto; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        PLOS ONE, Oct. 2012, Peer-reviewed
      • Interleukin-27 Priming of T Cells Controls IL-17 Production In trans via Induction of the Ligand PD-L1
        Kiyoshi Hirahara; Kamran Ghoreschi; Xiang-Ping Yang; Hayato Takahashi; Arian Laurence; Golnaz Vahedi; Giuseppe Sciume; Aisling O'Hara Hall; Christopher D. Dupont; Loise M. Francisco; Qian Chen; Masao Tanaka; Yuka Kanno; Hong-Wei Sun; Arlene H. Sharpe; Christopher A. Hunter; John J. O'Shea
        IMMUNITY, Jun. 2012, Peer-reviewed
      • IL-27 priming of T cells controls IL-17-production in trans via induction of PD-L1
        Hirahara Kiyoshi; Ghoreschi Kamran; Yang Xiang-Ping; Takahashi Hayato; Laurence Arian; Vahedi Golnaz; Sciume Giuseppe; Hall Aisling; Dupont Christopher; Francisco Loise; Chen Qian; Tanaka Masao; Kanno Yuka; Sun Hong-Wei; Sharpe Arlene; Hunter Christopher; O'Shea John
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 01 May 2012, Peer-reviewed
      • CD4+T-cell dysfunctions through the impaired lipid rafts ameliorate concanavalin A-induced hepatitis in sphingomyelin synthase 1-knockout mice
        Lingli Dong; Ken Watanabe; Mari Itoh; Cheng-Ri Huan; Xiao-Peng Tong; Takuji Nakamura; Miyuki Miki; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Tomoyuki Sakai; Takafumi Kawanami; Toshioki Sawaki; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Masato Yano; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, May 2012, Peer-reviewed
      • Low-dose Cytarabine plus Aclarubicin for Patients with Previously Untreated Acute Myeloid Leukemia or High-risk Myelodysplastic Syndrome Ineligible for Standard-dose Cytarabine plus Anthracycline
        Toshihiro Fukushima; Hiroshi Kawabata; Toshioki Sawaki; Tomomi Satoh; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Tomoyuki Sakai; Miyuki Miki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Takafumi Kawanami; Yasufumi Masaki; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, Apr. 2012, Peer-reviewed
      • Follistatin-related protein/follistatin-like 1 evokes an innate immune response via CD14 and toll-like receptor 4
        Kosaku Murakami; Masao Tanaka; Takashi Usui; Daisuke Kawabata; Aoi Shiomi; Mikiko Iguchi-Hashimoto; Masakazu Shimizu; Naoichiro Yukawa; Hajime Yoshifuji; Takaki Nojima; Koichiro Ohmura; Takao Fujii; Hisanori Umehara; Tsuneyo Mimori
        FEBS LETTERS, Feb. 2012, Peer-reviewed
      • Once-weekly bortezomib plus dexamethasone therapy induced complete response, reducing severe gastrointestinal adverse events for a patient with relapsed multiple myeloma - A case report
        Toshihiro Fukushima; Haruka Iwao; Tomoyuki Sakai; Tomomi Sato; Takuji Nakamura; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Hisanori Umehara
        Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 2012, Peer-reviewed
      • Cutoff values of serum IgG4 and histopathological IgG4+ plasma cells for diagnosis of patients with IgG4-related disease
        Yasufumi Masaki; Nozomu Kurose; Motohisa Yamamoto; Hiroki Takahashi; Takako Saeki; Atsushi Azumi; Shinji Nakada; Shoko Matsui; Tomoki Origuchi; Susumu Nishiyama; Kazunori Yamada; Mitsuhiro Kawano; Akira Hirabayashi; Keita Fujikawa; Tomoko Sugiura; Masanobu Horikoshi; Naoto Umeda; Hiroshi Minato; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Toshioki Sawaki; Takafumi Kawanami; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Katumi Eguchi; Susumu Sugai; Hisanori Umehara
        International Journal of Rheumatology, 2012, Peer-reviewed
      • Cellular Heat Acclimation Regulates Cell Growth, Cell Morphology, Mitogen-activated Protein Kinase Activation, and Expression of Aquaporins in Mouse Fibroblast Cells
        Naotoshi Sugimoto; Osamu Shido; Kentaro Matsuzaki; Takako Ohno-Shosaku; Yoshiaki Hitomi; Masao Tanaka; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Takanori Kawanami; Yasushi Masaki; Toshiro Okazaki; Hiroyuki Nakamura; Shoichi Koizumi; Akihiro Yachie; Hisanori Umehara
        CELLULAR PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2012, Peer-reviewed
      • Efficacy and Safety of Bortezomib plus Dexamethasone Therapy for Refractory or Relapsed Multiple Myeloma: Once-weekly Administration of Bortezomib may Reduce the Incidence of Gastrointestinal Adverse Events
        Toshihiro Fukushima; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomomi Sato; Tomoyuki Sakai; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Hideo Nakajima; Yoshiharu Motoo; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, Jun. 2011, Peer-reviewed
      • High-dose methotrexate with R-CHOP therapy for the treatment of patients with primary central nervous system lymphoma
        Yasufumi Masaki; Miyuki Miki; Yue Sun; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Nozomu Kurose; Tomoyuki Sakai; Zhe-Xiong Jin; Toshioki Sawaki; Takafumi Kawanami; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, Jun. 2011, Peer-reviewed
      • Iron Chelation Therapy with Deferasirox Induced Complete Remission in a Patient with Chemotherapy-resistant Acute Monocytic Leukemia
        Toshihiro Fukushima; Hiroshi Kawabata; Takuji Nakamura; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, May 2011, Peer-reviewed
      • Modulation of Innate and Adaptive Immune Responses by Tofacitinib (CP-690,550)
        Kamran Ghoreschi; Michael I. Jesson; Xiong Li; Jamie L. Lee; Sarbani Ghosh; Jason W. Alsup; James D. Warner; Masao Tanaka; Scott M. Steward-Tharp; Massimo Gadina; Craig J. Thomas; John C. Minnerly; Chad E. Storer; Timothy P. LaBranche; Zaher A. Radi; Martin E. Dowty; Richard D. Head; Debra M. Meyer; Nandini Kishore; John J. O'Shea
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, Apr. 2011, Peer-reviewed
      • DIP2 disco-interacting protein 2 homolog A (Drosophila) is a candidate receptor for follistatin-related protein/follistatin-like 1-analysis of their binding with TGF-beta superfamily proteins
        Masao Tanaka; Kosaku Murakami; Shoichi Ozaki; Yoshitaka Imura; Xiao-Peng Tong; Takuo Watanabe; Toshioki Sawaki; Takafumi Kawanami; Daisuke Kawabata; Takao Fujii; Takashi Usui; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Zhe-Xiong Jin; Hisanori Umehara; Tsuneyo Mimori
        FEBS JOURNAL, Oct. 2010, Peer-reviewed
      • Complete Response Obtained by Bortezomib plus Dexamethasone in a Patient with Relapsed Multiple Myeloma with Multiple Plasmacytomas
        Toshihiro Fukushima; Takuji Nakamura; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Haruka Iwao; Akio Nakajima; Toshioki Sawaki; Yoshimasa Fujita; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, Sep. 2010, Peer-reviewed
      • Cisplatin Augments FAS-mediated Apoptosis through Lipid Rafts
        Cheng-Ri Huang; Zhe-Xiong Jin; Lingli Dong; Xiao-Peng Tong; Sun Yue; Takafumi Kawanami; Toshioki Sawaki; Tomoyuki Sakai; Miyuki Miki; Haruka Iwaoi; Akio Nakajima; Yasufumi Masaki; Yoshihiko Fukushima; Masao Tanaka; Yoshimasa Fujita; Hideo Nakajima; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, Jun. 2010, Peer-reviewed
      • Primary neurolymphomatosis of the cervical nerve root
        M.miki; Y.Masaki; T.Nakamura; H.Iwao; A.Nakajima; T.Sakai; T.Sawaki; T.Kawanami; M.Kaito; N.Kurose; Y.Fujita; M.Tanaka; T.Fukushima; Y.Hirose; H.Umehara
        Jpn. J. Clin. Hematol., 2010
      • 自己抗体研究の新たな新展開 ELISAによる抗FRP抗体測定と関節リウマチにおける病態指標の検討
        村上 孝作; 廣瀬 正和; 田中 真生; 湯川 尚一郎; 川端 大介; 大村 浩一郎; 野島 崇樹; 藤井 隆夫; 臼井 崇; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Oct. 2009
      • Vaccination with autoreactive CD4(+)Th1 clones in lupus-prone MRL/Mp-Faslpr/lpr mice
        Takao Fujii; Masato Okada; Yoshimasa Fujita; Takeshi Sato; Masao Tanaka; Takashi Usui; Hisanori Umehara; Tsuneyo Mimori
        JOURNAL OF AUTOIMMUNITY, Sep. 2009, Peer-reviewed
      • MRSA-pyomyositis in a Patient with Acute Myelogenous Leukemia after Intensive Chemotherapy
        Toshihiro Fukushima; Haruka Iwao; Akio Nakazima; Miyuki Miki; Tomoyuki Sakai; Toshioki Sawaki; Masao Tanaka; Yasufumi Masaki; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        ANTICANCER RESEARCH, Aug. 2009, Peer-reviewed
      • Proposal for a new clinical entity, IgG(4)-positive multiorgan lymphoproliferative syndrome: analysis of 64 cases of IgG(4)-related disorders
        Y. Masaki; L. Dong; N. Kurose; K. Kitagawa; Y. Morikawa; M. Yamamoto; H. Takahashi; Y. Shinomura; K. Imai; T. Saeki; A. Azumi; S. Nakada; E. Sugiyama; S. Matsui; T. Origuchi; S. Nishiyama; I. Nishimori; T. Nojima; K. Yamada; M. Kawano; Y. Zen; M. Kaneko; K. Miyazaki; K. Tsubota; K. Eguchi; K. Tomoda; T. Sawaki; T. Kawanami; M. Tanaka; T. Fukushima; S. Sugai; H. Umehara
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Aug. 2009, Peer-reviewed
      • Intravascular large B cell lymphoma: proposed of the strategy for early diagnosis and treatment of patients with rapid deteriorating condition
        Yasufumi Masaki; Lingli Dong; Akio Nakajima; Haruka Iwao; Miyuki Miki; Nozomu Kurose; Eriko Kinoshita; Takayuki Nojima; Toshioki Sawaki; Takafumi Kawanami; Masao Tanaka; Kumiko Shimoyama; Changi Kim; Masaaki Fukutoku; Hiroshi Kawabata; Toshihiro Fukushima; Yuko Hirose; Tomoo Takiguchi; Susumu Konda; Susumu Sugai; Hisanori Umehara
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, Jun. 2009, Peer-reviewed
      • 短期のBortezomib+Dexamethasone療法にてVery Good Partial Responseと長期のTime to Progressionを得た再発・難治性多発性骨髄腫
        福島俊洋; 岩男 悠; 中島章夫; 三木美由貴; 坂井知之; 澤木俊興; 田中真生; 正木康史; 廣瀬優子; 梅原久範
        癌と化療, 2009
      • Impaired TCR signaling through dysfunction of lipid rafts in sphingomyelin synthase 1 (SMS1)-knockdown T cells
        Zhe-Xiong Jin; Cheng-Ri Huang; Lingli Dong; Seiji Goda; Takafumi Kawanami; Toshioki Sawaki; Tomoyuki Sakai; Xiao-Peng Tong; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori; Hiromasa Tojo; Eda T. Bloom; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, Nov. 2008, Peer-reviewed
      • ヒト唾液腺培養細胞からの唾液腺前駆/幹細胞の分離法検討
        河南 崇典; 松崎 有未; 澤木 俊興; 坂井 知之; 金 哲雄; 田中 真生; 正木 康史; 福島 俊洋; 梅原 久範
        Inflammation and Regeneration, Jul. 2008
      • Aseptic meningitis in mixed connective tissue disease: cytokine and anti-U1RNP antibodies in cerebrospinal fluids from two different cases
        Yoshimasa Fujita; Takao Fujii; Ran Nakashima; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori
        MODERN RHEUMATOLOGY, Apr. 2008, Peer-reviewed
      • Successful treatment of amegakaryocytic thrombocytopenia with anti-CD20 antibody (rituximab) in a patient with systemic lupus erythematosus
        T. Fukushima; L. Dong; T. Sakai; T. Sawaki; M. Miki; M. Tanaka; Y. Masaki; Y. Hirose; M. Kuwana; H. Umehara
        LUPUS, 2008, Peer-reviewed
      • Severe subcutaneous generalized edema in a patient with dermatomyositis
        Yoshinaga Ito; Daisuke Kawabata; Naoichiro Yukawa; Hajime Yoshifuji; Takashi Usui; Masao Tanaka; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori
        Modern Rheumatology, Apr. 2007, Peer-reviewed
      • Cloning and expression of two human recombinant monoclonal Fab fragments specific for EBV viral capsid antigen
        Lingli Dong; Yasufumi Masaki; Tsutomu Takegami; Takafumi Kawanami; Kunihiko Itoh; Zhe-Xiong Jin; Cheng-Ri Huang; Xiao-Peng Tong; Toshihiro Fukushima; Masao Tanaka; Toshioki Sawaki; Tomoyuki Sakai; Susumu Sugai; Toshiro Okazaki; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, Mar. 2007, Peer-reviewed
      • Analysis of clinical significance of anti-cyclic citrullinated peptide antibody (anti-CCP antibody) in rheumatoid arthritis (RA)
        Kumiko Shimoyama; Noriyoshi Ogawa; Tomoyuki Sakai; Toshioki Sawaki; Kawanami Takafumi; Hiromi Karasawa; Masaki Yasufumi; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        Japanese Journal of Clinical Immunology, 2007
      • Successful treatment of primary Sjogren's syndrome with chronic natural killer lymphocytosis by high-dose prednisolone and indomethacin farnesil
        Yoshimasa Fujita; Takao Fujii; Naho Takeda; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori
        INTERNAL MEDICINE, 2007, Peer-reviewed
      • Successful treatment of a patient with refractory adult Still’s disease by tacrolimus.
        Kosaku Murakami; Takao Fujii; Naoichiro Yukawa; Hajime Yoshifuji; Daisuke Kawabata; Masao Tanaka; Takashi Usui; Tsuneyo Mimori
        Mod. Rheumatol., 2007, Peer-reviewed
      • Anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibodies in clinical course prediction of interstitial lung disease complicated with idiopathic inflammatory myopathies
        H Yoshifuji; T Fujii; S Kobayashi; Y Imura; Y Fujita; D Kawabata; T Usui; M Tanaka; S Nagai; H Umehara; T Mimori
        AUTOIMMUNITY, May 2006, Peer-reviewed
      • Amelioration of experimental arthritis by a calpain-inhibitory compound: regulation of cytokine production by E-64-d in vivo and in vitro
        H Yoshifuji; H Umehara; H Maruyama; M Itoh; M Tanaka; D Kawabata; T Fujii; T Mimori
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, Oct. 2005, Peer-reviewed
      • Ameliorative effects of follistatin-related protein/TSC-36/FSTL1 on joint inflammation in a mouse model of arthritis
        D Kawabata; M Tanaka; T Fujii; H Umehara; Y Fujita; H Yoshifuji; T Mimori; S Ozaki
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Feb. 2004, Peer-reviewed
      • Potential preventive effects of follistatin-related protein/TSC-36 on joint destruction and antagonistic modulation of its autoantibodies in rheumatoid arthritis
        M Tanaka; S Ozaki; D Kawabata; M Kishimura; F Osakada; M Okubo; M Murakami; K Nakao; T Mimori
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, Jan. 2003, Peer-reviewed
      • Leptin inhibits stress-induced apoptosis of T lymphocytes
        Y Fujita; M Murakami; Y Ogawa; H Masuzaki; M Tanaka; S Ozaki; K Nakao; T Mimori
        CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, Apr. 2002, Peer-reviewed
      • Fractalkineによる血管内皮細胞傷害
        梅原 久範; 今井 俊夫; 田中 真生; 藤井 隆夫; 三森 恒世
        リウマチ, Mar. 2002
      • Antigen-specific T(h)1 cells as direct effecters of Propionibacterium acnes-primed lipopolysaccharide-induced hepatic injury
        T Okazaki; S Ozaki; T Nagaoka; M Kozuki; S Sumita; M Tanaka; F Osakada; N Kishimura; T Kakutani; K Nakao
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, May 2001, Peer-reviewed
      • Cloning of novel soluble gp130 and detection of its neutralizing autoantibodies in rheumatoid arthritis
        M Tanaka; M Kishimura; S Ozaki; F Osakada; H Hashimoto; M Okubo; M Murakami; K Nakao
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, Jul. 2000, Peer-reviewed
      • Detection of anti-neutrophil cytoplasmic antibodies in MRL/Mp-lpr/lpr mice and analysis of their target antigens
        W Ma; S Ozaki; J Sobajima; H Uesugi; M Murakami; M Tanaka; M Kozuki; H Hashimoto; Y Fujita; D Kawabata; F Osakada; H Shirakawa; M Yoshida; M Hayami; K Nakao
        AUTOIMMUNITY, 2000, Peer-reviewed
      • Cloning of follistatin-related protein as a novel autoantigen in systemic rheumatic diseases
        M Tanaka; S Ozaki; F Osakada; K Mori; M Okubo; K Nakao
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, Sep. 1998, Peer-reviewed
      • Idiopathic hypertrophic cranial pachymeningitis associated with hydrocephalus and myocarditis: Remarkable steroid-induced remission of hypertrophic dura mater
        M Tanaka; M Suda; Y Ishikawa; J Fujitake; H Fujii; Y Tatsuoka
        NEUROLOGY, Feb. 1996, Peer-reviewed
      • 3 CASES OF PRIMARY HYPERPARATHYROIDISM ASSOCIATED WITH NONMEDULLARY THYROID-CARCINOMA
        M TANAKA; YC KIM; K TAKASU; T KOH; H KOSHIYAMA
        INTERNAL MEDICINE, May 1995, Peer-reviewed
      • 2 CASES OF ASYMPTOMATIC ADRENOCORTICAL INSUFFICIENCY WITH AUTOIMMUNE THYROID-DISEASE
        H KOSHIYAMA; M ITO; N YOSHINAMI; M MASAKI; S YORITA; M TANAKA; S MIZUNOYA; T KOH
        ENDOCRINE JOURNAL, Aug. 1994, Peer-reviewed

      Misc.

      • 関節リウマチ患者におけるサルコペニアの新規発症リスク要因:KURAMAコホート研究
        鳥井美江; 板谷崇央; 谷河杏介; 浦井祐希; 木下彩栄; 任和子; 渡辺龍; 村田浩一; 村田浩一; 村上孝作; 田中真生; 伊藤宣; 伊藤宣; 松田秀一; 森信暁雄; 荒井秀典; 橋本求
        日本サルコペニア・フレイル学会誌, 2021
      • 関節リウマチ患者において習慣的な魚の摂取はフレイルの有病率低下と相関する~KURAMAコホートデータベースを用いた検討~
        南野寛人; 南野寛人; 藤田義人; 鳥井美江; 池田香織; 勝島將夫; 橋本求; 村上孝作; 村田浩一; 西谷江平; 田中真生; 伊藤宣; 大村浩一郎; 荒井秀典; 稲垣暢也
        日本サルコペニア・フレイル学会誌, 2020
      • Maintenance Therapy for anti-MDA5-Positive Dermatomyositis Patients with Interstitial Lung Disease: Can They Achieve Drug-Free Remission?
        Tsuneo Sasai; Ran Nanashima; Tsuneyo Mimori; Hideaki Tsuji; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura
        ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, Oct. 2019
      • リウマチ性疾患の超音波検査 乾癬患者の関節エコーによる無症候性乾癬性関節炎所見の検出頻度とその臨床的意義の考察
        田淵 裕也; 橋本 求; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 村上 孝作; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 西谷 江平; 村田 浩一; 伊藤 宣; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • SLE(臨床)-3 全身性エリテマトーデスにおける各臓器病変と臨床症状、検査所見の相関についての網羅的解析から考えるその病態
        岩崎 毅; 土井 啓史; 田淵 裕也; 橋本 求; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 山本 渉; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • SLE(臨床)-6 SLEのACR/EULAR新分類基準案と1997ACR及び2012SLICC分類基準案の比較
        土井 啓史; 岩崎 毅; 田淵 裕也; 秋月 修治; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 山本 渉; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 関節リウマチ(RA)のT細胞におけるFormyl Peptide Receptor 2(FPR2)の機能解析
        村上 功; 村上 孝作; 吉田 亜希子; 臼井 崇; 秋月 修治; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 抗MDA5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎患者における免疫抑制薬多剤併用療法の有用に関する多施設共同前向き研究
        辻 英輝; 中嶋 蘭; 細野 祐司; 井村 嘉孝; 八木田 正人; 吉藤 元; 平田 信太郎; 野島 崇樹; 杉山 英二; 八田 和大; 田口 義夫; 片山 昌紀; 谷澤 公伸; 半田 知宏; 久保 武; 秋月 修治; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 右肺動脈の完全閉塞を呈した血管型ベーチェット病の一例
        田中 望美; 吉藤 元; 中嶋 蘭; 秋月 修治; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2019
      • 多発動静脈血栓症を合併した結節性多発動脈炎の一例
        世利 佳滉; 重見 麻友; 角南 志保; 住永 圭一郎; 田中 望美; 村上 功; 秋月 修治; 笹井 蘭; 村上 孝作; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, Nov. 2018
      • Efficacy and Safety of Combined Immunosuppressive Therapy with High-Dose Glucocorticoid, Tacrolimus, and Cyclophosphamide in Interstitial Lung Disease Accompanied By Anti-MDA5-Positive Dermatomyositis -a Multicenter Prospective Study -
        Hideaki Tsuji; Ran Nakashima; Yoshitaka Imura; Masato Yagita; Hajime Yoshifuji; Shintaro Hirata; Takaki Nojima; Eiji Sugiyama; Kazuhiro Hatta; Yoshio Taguchi; Masaki Katayama; Shuji Akizuki; Kosaku Murakami; Motomu Hashimoto; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, Sep. 2018
      • 2剤目の生物学的製剤は,アバタセプト/トシリズマブの方がTNF阻害薬よりも継続率が高い―関西多施設共同研究ANSWERコホートを用いた検討―
        日和良介; 橋本求; 村田浩一; 山本渉; 山本渉; 村上孝作; 村上孝作; 片山昌紀; 孫瑛洙; 安室秀樹; 吉田周造; 永井孝治; 大西輝; 明石健吾; 原良太; 平野亨; 蛯名耕介; 西谷江平; 田中真生; 伊藤宣; 大村浩一郎; 三森経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 20 Mar. 2018
      • 1剤目のTNF阻害薬の種類が,2剤目の生物学的製剤の治療反応性に与える影響―関西多施設共同研究ANSWERコホートを用いた検討―
        日和良介; 橋本求; 村田浩一; 山本渉; 山本渉; 村上孝作; 片山昌紀; 孫瑛洙; 安室秀樹; 吉田周造; 永井孝治; 大西輝; 明石健吾; 原良太; 平野亨; 蛯名耕介; 西谷江平; 田中真生; 伊藤宣; 大村浩一郎; 三森経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 20 Mar. 2018
      • 発症3年以内の関節リウマチにおいて臨床的寛解達成に影響する臓器合併症―関西多施設ANSWERコホートを用いた検討―
        村上孝作; 橋本求; 村田浩一; 山本渉; 山本渉; 原良太; 片山昌紀; 大西輝; 明石健吾; 吉田周造; 永井孝治; 孫瑛洙; 安室秀樹; 平野亨; 蛯名耕介; 西谷江平; 田中真生; 伊藤宣; 大村浩一郎; 三森経世; 三森経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 20 Mar. 2018
      • 関節リウマチ患者の腰椎骨密度変化率の予測
        富澤 琢也; 伊藤 宣; 布留 守敏; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2018
      • 関節リウマチ患者における3軸加速度センサーを用いた歩行障害因子の検索
        森田 侑吾; 伊藤 宣; 布留 守敏; 鳥井 美江; 橋本 求; 田中 真生; 小豆澤 勝幸; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2018
      • 関節リウマチにおける下肢大関節破壊を規定するものはなにか KURAMAコホートにおける4年間の縦断解析より
        土井 浩平; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 村上 孝作; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2018
      • 関節リウマチの発症年齢は病初期の疾患活動性や薬剤の反応性に影響する
        村田 浩一; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2018
      • 関節リウマチの病因・病態2 関節リウマチの発症年齢は病初期の疾患活動性やTNF阻害剤の反応性に影響する
        村田 浩一; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • リウマチ性疾患の疫学2 リウマチ患者の肘関節破壊に対する因子解析
        富澤 琢也; 伊藤 宣; 小豆澤 勝幸; 村田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 村上 孝作; 中坊 周一郎; 中島 俊樹; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 看護 関節リウマチ患者において服薬、坐薬使用、自己注射の困難さに寄与する因子はなにか KURAMAコホート研究より
        村瀬 綾; 山本 理瑚; 本城 千春; 竹内 千裕; 永田 早津紀; 山脇 陽子; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 村田 浩一; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 関節リウマチ患者における膝関節機能障害に関与する因子の検討
        小豆澤 勝幸; 伊藤 宣; 西谷 江平; 村田 浩一; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 服薬における困難さに薬剤による違いはあるか KURAMAコホート研究より
        本城 千春; 村瀬 綾; 山本 理瑚; 竹内 千裕; 永田 早津紀; 山脇 陽子; 伊藤 宣; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 村田 浩一; 西谷 江平; 村上 孝作; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • RA診療におけるpatient-reported outcomes(PRO)としてのvalued life activities scale(VLA)の臨床的有用性
        田中 望美; 村上 功; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 伊藤 宣; 村田 浩一; 西谷 江平; 中嶋 蘭; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • ELISA、CLEIA、RIAによる抗DNA抗体価測定とSLEの疾患活動性との相関
        笹井 恒雄; 村上 孝作; 秋月 修治; 蔵本 伸生; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 神経ベーチェット病と傍腫瘍性小脳変性症の合併が疑われた一例
        山木 妙夏; 日和 良介; 中嶋 蘭; 秋月 修治; 藏本 伸生; 村上 孝作; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2018
      • 抗ARS抗体陽性皮膚筋炎・多発性筋炎の治療方針の検討
        谷口 雅司; 中嶋 蘭; 蔵本 伸生; 村上 孝作; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本内科学会雑誌, Feb. 2018
      • 関節リウマチにおいてPREE-Jに最も寄与する因子はなにか
        伊藤 宣; 富澤 琢也; 関田 浩一; 西谷 江平; 橋本 求; 田中 真生; 松田 秀一
        日本肘関節学会雑誌, Jan. 2018
      • Protein Carbamylation Is Induced By Activated Neutrophil: Ex Vivo Analysis
        Shuichiro Nakabo; Koichiro Ohmura; Shuji Akizuki; Nobuo Kuramoto; Kosaku Murakami; Ran Nakashima; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, Oct. 2017
      • Prognostic Factors in Polymyositis/Dermatomyositis Patients with Anti-Synthetase Antibodies
        Masashi Taniguchi; Ran Nakashima; Nobuo Kuramoto; Kosaku Murakami; Motomu Hashimoto; Hajime Yoshifuji; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, Oct. 2017
      • 下肢大関節破壊に影響を与える因子 KURAMAコホートから
        伊藤 宣; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 村田 浩一; 西谷 江平; 三森 経世; 松田 秀一
        日本関節病学会誌, Oct. 2017
      • 関節リウマチにおいて下肢人工関節置換術は歩行能力を維持・改善させるか
        伊藤 宣; 森田 侑吾; 小豆澤 勝幸; 布留 守敏; 橋本 求; 田中 真生; 村田 浩一; 西谷 江平; 三森 経世; 松田 秀一
        関節の外科, Jul. 2017
      • PREDICTING FACTORS FOR DISAPPEARANCE OF ANTI-MUTATED CITRULLINATED VIMENTIN ANTIBODIES IN SERA FROM PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS
        N. Ishigooka; T. Fujii; S. Kondo-Ishikawa; M. Hashimoto; M. Furu; M. Tanaka; H. Ito; R. Nakashima; K. Murakami; Y. Imura; H. Yoshifuji; K. Ohmura; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jun. 2017
      • CLINICAL REMISSION IN TOCILIZUMAB-USING RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS CAN BE OVERESTIMATED: A CROSS SECTIONAL STUDY USING ULTRASOUND SONOGRAPHY
        S. Nakabo; Y. Tsuji; M. Inagaki; H. Tsuji; T. Nakajima; M. Hashimoto; M. Furu; M. Tanaka; H. Ito; T. Fujii; Y. Fujii; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jun. 2017
      • HIGH CONSUMPTION OF SEAFOODS OR VEGETABLES NEGATIVELY CORRELATES WITH DISEASE ACTIVITY OF RHEUMATOID ARTHRITIS
        I. Murakami; K. Murakami; M. Hashimoto; M. Torii; K. Ikeda; A. Kuwabara; K. Tanaka; A. Yoshida; T. Usui; N. Kuramoto; R. Nakashima; Y. Imura; H. Yoshifuji; M. Tanaka; K. Ohmura; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jun. 2017
      • 日常臨床におけるバイオフリー寛解の維持に相関する因子―関西多施設ANSWERコホートを用いた解析―
        橋本求; 布留守敏; 布留守敏; 山本渉; 山本渉; 藤村貴則; 原良太; 片山昌紀; 大西輝; 明石健吾; 吉田周造; 永井孝治; 孫瑛洙; 安室秀樹; 平野亨; 蛯名耕介; 田中真生; 伊藤宣; 伊藤宣; 藤井隆夫; 大村浩一郎; 三森経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 18 Mar. 2017
      • リハビリテーション 関節リウマチにおける後足部固定術は歩行能力を低下させるか 大規模コホートを用いた横断研究より
        伊藤 宣; 布留 守敏; 橋本 求; 田中 真生; 小豆澤 勝幸; 今村 愛生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチにおける足部の患者立脚型評価の解析 KURAMAコホート研究より
        布留 守敏; 橋本 求; 伊藤 宣; 田中 真生; 中坊 周一郎; 辻 英輝; 中島 俊樹; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 隆夫; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチの治療 社会生活とQOL 関節リウマチ患者における疾患修飾性抗リウマチ薬が就労と労働生産性に及ぼす影響 KURAMAコホート解析
        布留 守敏; 橋本 求; 伊藤 宣; 田中 真生; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 隆夫; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチの足部における患者立脚型評価と超音波による残存滑膜炎の比較 KURAMAコホート解析
        布留 守敏; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 中坊 周一郎; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2017
      • 関節リウマチにおいて人工関節置換術は歩行能力を維持・改善させるか
        今村 愛生; 伊藤 宣; 布留 守敏; 小豆澤 勝幸; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2017
      • 関節リウマチにおける後足部固定術は歩行能力を低下させるのか 大規模コホートを用いた横断研究より
        伊藤 宣; 布留 守敏; 小豆澤 勝幸; 富澤 琢也; 今村 愛生; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2017
      • 関節リウマチの足部における患者立脚型評価と超音波による残存滑膜炎の比較 KURAMAコホート解析
        布留 守敏; 伊藤 宣; 橋本 求; 田中 真生; 中坊 周一郎; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2017
      • リハビリテーション 関節リウマチにおける後足部固定術は歩行能力を低下させるか 大規模コホートを用いた横断研究より
        伊藤 宣; 布留 守敏; 橋本 求; 田中 真生; 小豆澤 勝幸; 今村 愛生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチにおける足部の患者立脚型評価の解析 KURAMAコホート研究より
        布留 守敏; 橋本 求; 伊藤 宣; 田中 真生; 中坊 周一郎; 辻 英輝; 中島 俊樹; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 隆夫; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチの治療 社会生活とQOL 関節リウマチ患者における疾患修飾性抗リウマチ薬が就労と労働生産性に及ぼす影響 KURAMAコホート解析
        布留 守敏; 橋本 求; 伊藤 宣; 田中 真生; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 隆夫; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチにおいて人工関節置換術は歩行能力を維持・改善させるか
        今村 愛生; 伊藤 宣; 布留 守敏; 小豆澤 勝幸; 富澤 琢也; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2017
      • 関節リウマチにおける後足部固定術は歩行能力を低下させるのか 大規模コホートを用いた横断研究より
        伊藤 宣; 布留 守敏; 小豆澤 勝幸; 富澤 琢也; 今村 愛生; 橋本 求; 田中 真生; 三森 経世; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, Mar. 2017
      • 多発性筋炎・皮膚筋炎 多剤併用免疫抑制療法に抵抗性の抗MDA5抗体陽性急性間質性肺炎合併皮膚筋炎における血漿交換の有効性と治療適応の検討
        白柏 魅怜; 中嶋 蘭; 細野 祐司; 村上 孝作; 橋本 求; 湯川 尚一郎; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 自己抗体/リウマチ性疾患の臨床検査 無細胞タンパク質合成系を用いたハイスループットタンパク合成とAlphaScreenを組み合わせた、関節リウマチにおける新規自己抗体の網羅的検索
        中坊 周一郎; 大村 浩一郎; 蔵本 伸生; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 田中 真生; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • KRAS遺伝子変異を認めた単球増多症を伴う全身性エリテマトーデス(SLE)の一例
        秋月 修治; 井村 嘉孝; 権 淳英; 蔵本 伸生; 村上 孝作; 中嶋 蘭; 橋本 求; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • 関節リウマチ治療中に出血性ショックをきたしたEBウイルス腸炎の1例
        田淵 裕也; 森 将人; 橋本 求; 蔵本 伸生; 中嶋 蘭; 村上 孝作; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 田中 真生; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2017
      • Severe Complications and Immunosuppressive Treatments in 33 Patients with Relapsing Polychondritis
        Toshiki Nakajima; Hajime Yoshifuji; Chikashi Terao; Kosaku Murakami; Nobuo Kuramoto; Ran Nakashima; Yoshitaka Imura; Masao Tanaka; Koichiro Ohmura; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, Oct. 2016
      • 難治性感覚神経障害と自律神経障害を呈した混合性結合組織病の一例
        蔵本伸生; 曽我部愛由子; 夜久愛; 村上孝作; 中嶋蘭; 橋本求; 井村嘉孝; 吉藤元; 田中真生; 大村浩一郎; 楠進; 樋口理; 中根俊成; 岡伸幸; 三森経世
        日本臨床免疫学会会誌, 20 Aug. 2016
      • ASSOCIATION OF IL-12P40 AND IL-12P70 WITH PATHOPHYSIOLOGY OF TAKAYASU ARTERITIS
        T. Nakajima; H. Yoshifuji; C. Terao; K. Kitagori; K. Murakami; R. Nakashima; Y. Imura; M. Tanaka; K. Ohmura; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jun. 2016
      • リウマチ性疾患の疫学 関節リウマチ患者における食習慣とその臨床的意義
        村上 功; 塩見 葵; 村上 孝作; 臼井 崇; 鳥井 美江; 寺尾 知可史; 山本 渉; 布留 守敏; 橋本 求; 中嶋 蘭; 井村 嘉孝; 湯川 尚一郎; 吉藤 元; 伊藤 宣; 田中 真生; 大村 浩一郎; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2016
      • 関節リウマチの関節外病変 間質性肺炎合併の有無による関節リウマチの2年間の臨床的経過の検討
        吉田 亜希子; 村上 孝作; 松尾 崇史; 橋本 求; 田中 真生; 藤井 隆夫; 布留 守敏; 伊藤 宣; 山本 渉; 中嶋 蘭; 井村 嘉孝; 湯川 尚一郎; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2016
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経ループス Neuropsychiatric SLEにおける血液脳関門の透過性と脳脊髄液中の炎症性メディエーターとの関係
        石郷岡 望; 近藤 聖子; 藤井 隆夫; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 井村 嘉孝; 湯川 尚一郎; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2016
      • リウマチ性疾患の画像 関節リウマチ患者の中足部後足部超音波による残存滑膜炎の存在
        布留 守敏; 中坊 周一郎; 辻 英輝; 中島 俊樹; 橋本 求; 伊藤 宣; 藤井 隆夫; 田中 真生; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2016
      • リウマチ性疾患の疫学 関節リウマチ患者の服薬アドヒアランスと関連する因子 KURAMAコホートを用いた検討
        中石 真由美; 中川 俊作; 橋本 求; 布留 守敏; 伊藤 宣; 藤井 隆夫; 田中 真生; 山本 渉; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2016
      • 関節リウマチの病因・病態 関節リウマチ患者の加速度センサーによる歩行解析
        布留 守敏; 鳥井 美江; 橋本 求; 伊藤 宣; 藤井 隆夫; 田中 真生; 寺尾 知可史; 山本 渉; 宇多 雅; 任 和子; 荒井 秀典; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2016
      • 進行期関節リウマチでは患者全般評価以外の指標がBoolean寛解基準を満たしても、関節エコーで多くの活動性滑膜炎が認められる KURAMAコホートからの検討
        中坊 周一郎; 辻 英輝; 中島 俊樹; 橋本 求; 布留 守敏; 伊藤 宣; 田中 真生; 藤井 隆夫; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 康友; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2016
      • リウマチ性疾患の画像 関節リウマチ患者の中足部後足部超音波による残存滑膜炎の存在
        布留 守敏; 中坊 周一郎; 辻 英輝; 中島 俊樹; 橋本 求; 伊藤 宣; 藤井 隆夫; 田中 真生; 寺尾 知可史; 山本 渉; 藤井 康友; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2016
      • 関節リウマチの病因・病態 関節リウマチ患者の加速度センサーによる歩行解析
        布留 守敏; 鳥井 美江; 橋本 求; 伊藤 宣; 藤井 隆夫; 田中 真生; 寺尾 知可史; 山本 渉; 宇多 雅; 任 和子; 荒井 秀典; 三森 経世; 松田 秀一
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2016
      • 関節リウマチの関節外病変 間質性肺炎合併の有無による関節リウマチの2年間の臨床的経過の検討
        吉田 亜希子; 村上 孝作; 松尾 崇史; 橋本 求; 田中 真生; 藤井 隆夫; 布留 守敏; 伊藤 宣; 山本 渉; 中嶋 蘭; 井村 嘉孝; 湯川 尚一郎; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2016
      • SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経ループス Neuropsychiatric SLEにおける血液脳関門の透過性と脳脊髄液中の炎症性メディエーターとの関係
        石郷岡 望; 近藤 聖子; 藤井 隆夫; 村上 孝作; 橋本 求; 田中 真生; 井村 嘉孝; 湯川 尚一郎; 吉藤 元; 大村 浩一郎; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Mar. 2016
      • バイオナイーブ関節リウマチ患者に対するアバタセプトの有用性と48週寛解達成予測因子の検討(ABROAD試験)
        SEKIGUCHI MASAHIRO; SEKIGUCHI MASAHIRO; FUJII TAKAO; KITANO MASAYASU; KITANO MASAYASU; MATSUI KIYOSHI; MATSUI KIYOSHI; HASHIMOTO HIDEO; YOKOTA AKIRA; MIKI KENJI; YAMAMOTO AIHIRO; FUJIMOTO TAKASHI; HIDAKA TOSHIHIKO; SHINMYO NAOKI; MAEDA KEIJI; NAKAHARA EIKO; KUROIWA TAKANORI; YOSHII ICHIRO; IRIMAJIRI SHIGEO; OZAKI YOSHIRO; TAKEUCHI TAKAO; HASHIMOTO MOTOMU; TANAKA MASAO; NOZAKI YUJI; HINOUE KENSHI; MURAKAMI KOSAKU; OMURA KOICHIRO; KAWAHITO YUTAKA; NISHIMOTO NORIHIRO; MIMORI TSUNEYO; SANO HAJIME; SANO HAJIME
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 20 Mar. 2015
      • ホリスタチン関連タンパク質はCD14とToll様受容体4を介して自然免疫反応を惹起する
        村上 孝作; 田中 真生; 臼井 崇; 川端 大介; 塩見 葵; 井口 美季子; 清水 正和; 吉藤 元; 湯川 尚一郎; 大村 浩一郎; 藤井 隆夫; 梅原 久範; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2012
      • インターフェロンγ
        梅原久範; 田中真生; 藤田義正
        日本臨床増刊号 関節リウマチ-成因研究から治療の新時代へ-, 2010
      • Very Good Partial Response and Long Time to Progression by Short-Term Bortezomib Plus Dexamethasone Therapy for a Patient with Relapsed and Refractory Multiple Myeloma―A Case Report
        福島俊洋; 岩男 悠; 中島章夫; 三木美由貴; 坂井知之; 澤木俊興; 田中真生; 正木康史; 廣瀬優子; 梅原久範
        Cancer & chemotherapy, 2009
      • 節外性リンパ腫
        正木康史; 澤木俊興; 田中真生; 福島俊洋; 梅原久範
        内科, 2008
      • Sjögren's syndrome and lymphoma development
        Lingli Dong; Yasufumi Masaki; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        Current Immunology Reviews, Nov. 2007
      • Sjögren's syndrome and lymphoma development
        Lingli Dong; Yasufumi Masaki; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Toshiro Okazaki; Hisanori Umehara
        Current Immunology Reviews, Nov. 2007
      • [Diagnosis and therapy for systemic sclerosis].
        Umehara H; Tanaka M; Masaki Y; Fukushima T
        Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, Oct. 2007
      • ATLL and HTLV-1 infection in Ishikawa, Japan
        Yasufumi Masaki; Tomoyuki Sakai; Toshioki Sawaki; Takafumi Kawanami; Masao Tanaka; Toshihiro Fukushima; Yuko Hirose; Hisanori Umehara
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, Apr. 2007
      • ヒト口唇小唾液腺培養細胞からの唾液腺幹細胞の同定
        河南崇典; 松崎有未; 澤木俊興; 坂井知之; 金 哲雄; 正木康史; 福島俊洋; 田中真生; 梅原久範
        日臨免疫会誌, 2007
      • シェーグレン症候群
        梅原久範; 田中真生; 正木康史
        綜合臨, 2007
      • 強皮症(全身性硬化症)
        梅原久範; 田中真生; 正木康史; 福島俊洋
        日内会誌, 2007
      • Identification of human salivary stem cells from cultured labial minor salivary cells
        Takafumi Kawanami; Yumi Matsuzaki; Toshioki Sawaki; Tomoyuki Sakai; Zhe-Xiong Jin; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Masao Tanaka; Hisanori Umehara
        Japanese Journal of Clinical Immunology, 2007
      • Newly identification of autoantibodies against human pulmonary artery endothelial cells in sera from patients with anti-U1RNP antibodies.
        Takao Fujii; Guo Shengyu; Tong Xiaopeng; Takeshi Sato; Daisuke Kawabata; Masao Tanaka; Takashi Usui; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2006
      • NEFA recognized by anti-Wa antibodies is a transfer RNA-Associated autoantigen involved in secretion.
        Imura Yoshitaka; Masao Tanaka; Hajime Yoshifuji; Daisuke Kawabata; Koichiro Ohmura; Takashi Usui; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2006
      • Cloning and analysis of the receptor molecule for a novel arthritis-modifying factor, follistatin-related Protein(FRP)/TSC-36/FSTL1.
        Masao Tanaka; Shoichi Ozaki; Xiao-Peng Tong; Kosaku Murakami; Daisuke Kawabata; Takashi Usui; Takao Fujii; Hisanori Umehara; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2006
      • Clinical manifestation of patients with anti Ku antibodies.
        Kosaku Murakami; Hajime Yoshifuji; Shio Kobayashi; Daisuke Kawabata; Masao Tanaka; Takashi Usui; Takao Fujii; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2006
      • 抗Wa抗体の対応抗原であるNEFAはtRNAと結合し蛋白分泌に関与する
        井村 嘉孝; 田中 真生; 吉藤 元; 川端 大介; 大村 浩一郎; 臼井 崇; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2006
      • メトトレキサートとタクロリムス併用療法が有効であった難治性成人スティル病の一例
        村上 孝作; 湯川 尚一郎; 藤井 隆夫; 吉藤 元; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2006
      • Clinical significance of anti-U1NP antibodies in cerebrospinal fluid derived from patients with neuropsychiatric lupus
        T. Sato; T. Fujii; Y. Fujita; M. Hashimoto; M. Hashimoto; Y. Imura; H. Yoshifuji; D. Kawabata; M. Tanaka; T. Usui; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jul. 2006
      • Double filtration plasmapheresis and cycloluphosphamide combination therapy on advanced refractory scleroderma
        H. Yoshifuji; H. Umehara; T. Fujii; M. Tanaka; T. Usui; Y. Imura; D. Kawabata; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jul. 2006
      • Clinical significance of anti-SRP autoantibodies in polymyositis and dermatomyositis
        Y. Ito; H. Yoshifuji; S. Kobayashi; Y. Imura; T. Fujii; D. Kawabata; T. Usui; M. Tanaka; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jul. 2006
      • Clinical significance of anti-U1RNP antibodies in cerebrospinal fluid derived from patients with neuropsychiatric lupus
        T. Sato; T. Fujii; Y. Fujita; M. Hashimoto; Y. Imura; H. Yoshifuji; D. Kawabata; M. Tanaka; T. Usui; T. Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jul. 2006
      • 全身性エリテマトーデスの臨床 SLEの難治性病態に対する抗CD20抗体投与3症例の臨床的検討
        川端 大介; 藤井 隆夫; 湯川 尚一郎; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 野島 崇樹; 臼井 崇; 田中 真生; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2006
      • 自己抗体 精神神経症状を呈した膠原病患者の血清と髄液中における抗U1RNP抗体測定の意義
        佐藤 毅; 藤井 隆夫; 藤田 義正; 小林 志緒; 橋本 美季子; 橋本 求; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 湯川 尚一郎; 野島 崇樹; 池田 高治; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2006
      • 自己抗体 抗Ku抗体の臨床的意義の検討
        村上 孝作; 吉藤 元; 小林 志緒; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2006
      • 動物モデルでの関節炎の解析 コラーゲン誘導関節炎特異的な治療法の試み(続報) 活性型TGF-β発現レトロウイルスを抗原特異的T細胞に導入すると多量のIL-10を産生する抗原特異的Tr1細胞となる
        小林 志穂; 臼井 崇; 橋本 美季子; 吉藤 元; 田中 真生; 藤井 隆夫; 川端 大介; 井村 嘉孝; 佐藤 毅; 橋本 求; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2006
      • 多発性筋炎/皮膚筋炎の臨床 抗シグナル認識粒子(SRP)当体陽性多発性筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)の臨床経過の解析
        伊藤 能永; 吉藤 元; 小林 志緒; 井村 嘉孝; 藤井 隆夫; 川端 大介; 臼井 崇; 田中 真生; 藤田 義正; 梅原 久範; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2006
      • びまん性肺胞出血(DAH)に対し二重膜濾過血漿交換療法(DFPP)が有効であったSLEの2症例
        中嶋 蘭; 川端 大介; 伊藤 能永; 野島 崇樹; 橋本 美季子; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 田中 真生; 臼井 崇; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2006
      • Fractalkine in rheumatoid arthritis and allied conditions
        Hisanori Umehara; Masao Tanaka; Toshioki Sawaki; Zhe-Xiong Jin; Cheng-Ri Huang; Lingli Dong; Takafumi Kawanami; Hiromi Karasawa; Yasufumi Masaki; Toshihiro Fukushima; Yuko Hirose; Toshirou Okazaki
        Modern Rheumatology, Mar. 2006
      • 抗CCP抗体による関節リウマチの早期診断と臨床経過予測に関する研究
        井村 嘉孝; 田中 真生; 橋本 求; 佐藤 毅; 橋本 美季子; 吉藤 元; 川端 大介; 臼井 崇; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本内科学会雑誌, Feb. 2006
      • ケモカインと細胞接着分子
        梅原久範; 澤木俊興; 田中真生
        Medicina, 2006
      • カルパイン特異的阻害剤であるカルパスタチン過剰発現によるTおよび線維芽細胞機能修飾効果の解析
        橋本 美季子; 臼井 崇; 吉藤 元; 小林 志緒; 佐藤 毅; 橋本 求; 井村 嘉孝; 川端 大介; 田中 真生; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本免疫学会総会・学術集会記録, Nov. 2005
      • 活性型TGF-βを発現する2型コラーゲン特異的CD4陽性T細胞移入によるコラーゲン誘発関節炎特異的な免疫制御法の可能性
        小林 志緒; 臼井 崇; 橋本 美季子; 吉藤 元; 田中 真生; 藤井 隆夫; 川端 大介; 井村 嘉孝; 佐藤 毅; 橋本 求; 三森 経世
        日本免疫学会総会・学術集会記録, Nov. 2005
      • Anti-synthetase antibodies in clinical course prediction of interstitial lung disease complicated with idiopathic inflammatory myopathies
        H Yoshifuji; T Fujii; S Kobayashi; H Umehara; Y Fujita; D Kawabata; M Tanaka; T Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2005
      • レフルノミド投与中止後に血球減少をきたした関節リウマチの2例
        佐藤 毅; 橋本 美季子; 藤井 隆夫; 有馬 俊裕; 吉藤 元; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 三森 経世; 梅原 久範
        臨床リウマチ, Sep. 2005
      • 抗Ku抗体陽性例における臨床像の検討
        村上 孝作; 吉藤 元; 小林 志緒; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2005
      • 活性型TGF-βを発現する2型コラーゲン特異的CD4陽性T細胞移入によるコラーゲン誘発関節炎特異的な免疫制御法の可能性
        小林 志緒; 臼井 崇; 橋本 美季子; 吉藤 元; 田中 真生; 藤井 隆夫; 川端 大介; 井村 嘉孝; 佐藤 毅; 橋本 求; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2005
      • びまん性肺胞出血に対してDFPP(二重膜濾過血漿交換療法)が著効したSLEの一例
        中嶋 蘭; 川端 大介; 橋本 美季子; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 田中 真生; 臼井 崇; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2005
      • 抗シグナル認識粒子(SRP)抗体陽性多発性筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)の臨床経過の解析
        伊藤 能永; 吉藤 元; 小林 志緒; 井村 嘉孝; 藤井 隆夫; 川端 大介; 臼井 崇; 田中 真生; 藤田 義正; 梅原 久範; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2005
      • ステロイド精神病に対して通電療法(ECT:Electroconvulsive therapy)が著効した多発性筋炎の一例
        橋本 美季子; 川端 大介; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 臼井 崇; 田中 真生; 藤井 隆夫; 須賀 英道; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2005
      • [RA-related autoantibodies (anti-calpastatin, anti-gp130-RAPS, and anti-FRP antibodies)].
        Tanaka M
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, Jul. 2005
      • 膠原病研究の新たな展開 分子病態と制御モデル 活性型TGF-β発現レトロウイルスと抗原特異的T細胞移入を用いたコラーゲン誘導関節炎特異的な治療法の試み
        小林 志緒; 臼井 崇; 田中 真生; 藤井 隆夫; 川端 大介; 吉藤 元; 井村 嘉孝; 橋本 美季子; 橋本 求; 佐藤 毅
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Apr. 2005
      • 抗アミノアシルtRNA合成酵素(ARS)抗体と多発性筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)の筋・肺病変の臨床経過との相関
        吉藤 元; 藤井 隆夫; 小林 志穂; 田中 真生; 川端 大介; 井村 嘉孝; 臼井 崇; 梅原 久範; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Apr. 2005
      • 慢性水腎症を呈したループス膀胱炎に対してシクロホスファミドパルス療法が奏功したSLEの一例
        川端 大介; 藤井 隆夫; 井村 嘉孝; 橋本 美季子; 橋本 求; 佐藤 毅; 吉藤 元; 臼井 崇; 田中 真生; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Apr. 2005
      • 中枢神経症状を呈した患者の脳脊髄液中における抗U1RNP抗体測定の意義
        佐藤 毅; 藤井 隆夫; 藤田 義正; 橋本 美季子; 橋本 求; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Apr. 2005
      • SLEにおける感染症の危険因子に関する研究
        川端 大介; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 臼井 崇; 田中 真生; 藤井 隆夫; 梅原 久範; 三森 経世
        日本内科学会雑誌, Feb. 2005
      • [Autoimmune abnormality].
        Tanaka M
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, Jan. 2005
      • [Interferon-gamma in pathogenesis of rheumatoid arthritis].
        Umehara H; Tanaka M; Mimori T
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, Jan. 2005
      • [Immunological and serological tests for diagnosis of rheumatoid arthritis--introduction].
        Tanaka M
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, Jan. 2005
      • 免疫制御性遺伝子を導入したtype IIコラーゲン特異的CD4 T細胞移入によるCIA特異的な免疫制御法の可能性
        小林 志緒; 臼井 崇; 田中 真生; 藤井 隆夫; 有馬 俊裕; 吉藤 元; 川端 大介; 井村 嘉孝; 梅原 久範; 三森 経世
        日本免疫学会総会・学術集会記録, Nov. 2004
      • SLE患者末梢単核球におけるLipid Raft発現の解析
        山口 拓郎; 梅原 久範; 宮地 理彦; 金 哲夫; 吉藤 元; 井村 嘉孝; 川端 大介; 臼井 崇; 田中 真生; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本免疫学会総会・学術集会記録, Nov. 2004
      • 強皮症の皮膚症状進行例への二重膜濾過血漿交換(DFPP)・シクロホスファミド(CPA)併用療法の効果
        吉藤 元; 梅原 久範; 藤井 隆夫; 田中 真生; 臼井 崇; 井村 嘉孝; 川端 大介; 三森 経世
        日本免疫学会総会・学術集会記録, Nov. 2004
      • Cloning of the molecules interacting with a novel anti-arthritic factor, follistatin-related protein/FSTL1
        M Tanaka; S Ozaki; T Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2004
      • SLE患者末梢単核球におけるリピッドラフト発現の解析
        山口 拓郎; 梅原 久範; 金 哲雄; 吉藤 元; 井村 嘉孝; 川端 大介; 有馬 俊裕; 藤田 義正; 臼井 崇; 田中 真生; 藤井 隆夫; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2004
      • Rituximab(抗CD20モノクローナル抗体)が著効した治療抵抗性CNSループスの一例
        川端 大介; 井村 嘉孝; 藤井 隆夫; 田中 真生; 臼井 崇; 有馬 俊裕; 吉藤 元; 橋本 求; 橋本 美季子; 佐藤 毅; 梅原 久範; 三森 経世
        日本臨床免疫学会会誌, Aug. 2004
      • Significance of anti-synthetase antibodies in PM/DM patients with interstitial pneumonitis
        H Yoshifuji; T Fujii; S Kobayashi; H Umehara; M Tanaka; Y Fujita; D Kawabata; Y Imura; T Usui; T Mimori
        ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, Jul. 2004
      • 間質性肺炎(IP)が先行発症するPM/DM例における抗アミノアシルtRNA合成酵素(ARS)抗体の有用性
        吉藤 元; 藤井 隆夫; 梅原 久範; 田中 真生; 藤田 義正; 川端 大介; 井村 嘉孝; 有馬 俊裕; 臼井 崇; 三森 経世
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, Mar. 2004
      • 膠原病患者におけるU1RNP構成各蛋白に対する抗体のIgGサブクラスに関する研究
        藤田 義正; 藤井 隆夫; 有馬 俊裕; 井村 嘉孝; 吉藤 元; 川端 大介; 田中 真生; 臼井 崇; 梅原 久範; 三森 経世
        日本内科学会雑誌, Feb. 2004
      • The regulation of cytokine production in human synovial cells and the amelioration of murine experimental arthritis by calpain inhibitor.
        H Yoshifuji; H Umehara; D Kawabata; T Fujii; M Tanaka; Y Fujita; T Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2003
      • The genesis of reguratory antibodies against T cell receptors by vaccination with autoreactive CD4(+)Th1 clones in lupus-prone mice
        T Fujii; Y Fujita; K Kameyama; M Okada; M Tanaka; H Umehara; M Hirakata; T Mimori
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2003
      • ヒト滑膜細胞サイトカイン産生及びマウス実験的関節炎のカルパイン阻害による制御
        吉藤 元; 梅原 久範; 川端 大介; 藤井 隆夫; 田中 真生; 藤田 義正; 三森 経世
        リウマチ, Mar. 2003
      • FractalkineによるNK細胞のIFN-γ産生とTh1反応
        梅原 久範; 今井 俊夫; 吉藤 元; 川端 大介; 井村 嘉孝; 藤田 義正; 田中 真生; 藤井 隆夫; 三森 経世
        リウマチ, Mar. 2003
      • ホリスタチン関連蛋白によるマウスコラーゲン抗体誘導関節炎軽減作用
        川端 大介; 田中 真生; 藤井 隆夫; 梅原 久範; 藤田 義正; 吉藤 元; 三森 経世; 尾崎 承一
        リウマチ, Mar. 2003
      • 高度の多関節機能障害を呈した糖尿病性関節拘縮の一例
        井村 嘉孝; 藤田 義正; 藤井 隆夫; 吉藤 元; 川端 大介; 田中 真生; 梅原 久範; 三森 経世
        リウマチ, Mar. 2003
      • 多発性筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)における自己抗体と治療反応性・臨床経過の検討
        吉藤 元; 藤井 隆夫; 小林 志緒; 川端 大介; 田中 真生; 藤田 義正; 井村 嘉孝; 梅原 久範; 三森 経世
        日本内科学会雑誌, Feb. 2003
      • [Novel autoantibodies and their target antigens in rheumatoid arthritis].
        Mimori T; Tanaka M
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, Dec. 2002, Peer-reviewed
      • Ameliorative effects of follistatin-related protein on joint inflammation in arthritis model mice.
        D Kawabata; M Tanaka; T Fujii; H Umehara; T Mimori; S Ozaki
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2002
      • Cloning of a novel RBP1-like protein as a new autoantigen in rheumatoid arthritis.
        M Tanaka; T Fujii; H Umehara; T Mimori; S Ozaki
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2002
      • 多彩な消化器症状(腸炎,膵炎,肝障害)を呈し抗カルボニックアンヒドラーゼ(CA)-II抗体陽性であったSLEの1例
        吉藤 元; 村上 雅朗; 川端 大介; 藤田 義正; 藤井 隆夫; 田中 真生; 梅原 久範; 三森 経世
        リウマチ, Mar. 2002
      • Potential preventive effects of follistatin-related protein on joint destruction in rheumatoid arthritis.
        M Tanaka; S Ozaki; D Kawabata; M Okubo; M Murakami; K Nakao
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 2000
      • Cloning of novel soluble GP130 and detection of its neutralizing autoantibodies in rheumatoid arthritis.
        M Tanaka; S Ozaki; M Kishimura; F Osakada; H Hashimoto; M Okubo; M Murakami; K Nakao
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 1999
      • A novel molecular biological screening method revealed an epitope within cathepsin D could bind to both HLA DR B1*0401 molecule and TCR V beta 3 expanded in arthritis lesions.
        M Okubo; R Kasukawa; M Tanaka; S Ozaki; K Nakao; M Kurokawa; K Yamamoto; K Nishioka
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 1998
      • Follistatin-related protein (FRP): Its elevated expression in rheumatoid synovium and significance of antibody response in rheumatoid arthritis.
        M Tanaka; S Ozaki; M Kishimura; M Okubo; M Murakami; K Nakao
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 1998
      • Follistatin-related protein (FRP) as a cloned novel autoantigen in rheumatoid arthritis
        M Tanaka; S Ozaki; F Osakada; K Mori; K Nakao
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, Sep. 1996

      Books and Other Publications

      • Rheumatology
        Masao Tanaka, Contributor, Macrophage can drive chronic active arthritis without T cell involvement
        KAGAKU-HYORONSHA Co. Ltd., Jul. 2019
      • Analysis of molecular mechanism of epithelial mesenchymal transition of rheumatoid synovial membrane of rheumatoid arthritis and its application to novel treatment
        Masao Tanaka, Single work
        Impact, Feb. 2019
      • Rheumatology
        Masao Tanaka, Contributor, An updated prevalence of arthritis is higher than previous ones in United States
        KAGAKU-HYORONSHA Co. Ltd., Jan. 2019
      • シェーグレン症候群診療ガイドライン
        厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業自己免疫疾患に関する調査研究班; 住田, 孝之, Contributor, クリニカルクエスチョン17~19
        診断と治療社, 2017
      • Kensa to Gijutsu
        Masao Tanaka; Hisanori Umehara, Contributor, 病気のはなし: シェーグレン症候群
        Igaku-Shoin Ltd., Apr. 2014
      • Rheumatology
        Masao Tanaka; Hisanori Umehara, Contributor, シェーグレン症候群の新しいACR分類基準
        KAGAKU-HYORONSHA Co. Ltd., Apr. 2013
      • 疾患・症状別今日の治療と看護
        田中真生; 梅原久範, Contributor, シェーグレン症候群
        南江堂, 2013
      • 診療ガイドダイジェスト
        田中真生, Contributor, リウマチ/膠原病: シェーグレン症候群
        南山堂, Apr. 2008
      • 433・免疫抑制の薬理学(日本語訳), ハーバード大学テキスト 病態生理に基づく臨床薬理学
        メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 2006, Not refereed
      • 関節リウマチの成因と病態生理, 日本臨床
        日本臨床社, 2005, Not refereed
      • 関節リウマチの検査・診断, 日本臨床
        日本臨床社, 2005, Not refereed
      • 広範囲血液尿科学検査-RA関連抗体, 日本臨床
        日本臨床社, 2005, Not refereed
      • 高ガンマグロブリン血症, リウマチ・膠原病診療チェックリスト
        文光堂, 2004, Not refereed
      • 関節リウマチと関連する新たな自己抗体, リウマチ科
        科学評論社, 2003, Not refereed
      • 慢性関節リウマチの新しい自己抗体, 炎症と免疫
        先端医学社, 2002, Not refereed
      • 関節リウマチの新しい自己抗体と対応抗原, 日本臨床
        日本臨床社, 2002, Not refereed
      • 可溶型gp130と慢性関節リウマチ, 免疫・Immunology Frontier
        メディカルレビュー社, 2001, Not refereed
      • 慢性関節リウマチの新規自己抗原のクローニング, 組織培養工学
        ニューサイエンス社, 2001, Not refereed
      • 慢性関節リウマチにおける免疫異常, 治療学
        ライフサイエンス出版, 1999, Not refereed
      • 発現クローニング法, 細胞工学 脱アイソトープ実戦プロトコール2
        秀潤社, 1998, Not refereed

      Works

      • 新規リウマチ関節炎抑制因子FRPのシグナル伝達と免疫システムに対する作用の解析
        From 2006
      • 新規リウマチ関節炎抑制因子:FRPのリガンドのクローニングとその機能の解析
        From 2004
      • 新規リウマチ関節炎抑制因子であるホリスタチン関連蛋白(FRP/FSTL1)の受容体のクローニングとそのシグナル伝達の解析
        From 2004
      • 関節リウマチにおける新たな自己抗体の対応抗原:その抗原抗体相互作用による疾患増悪への修飾の可能性
        From 2002
      • 慢性関節リウマチにおける新たな生物製剤の開発:リコンビナントホリスタチン関連蛋白(FRP)および可溶型gp130の臨床応用への試み
        From 2001
      • 慢性関節リウマチにおける新規自己抗原:RBP1類似蛋白質の機能解析
        From 2001
      • 慢性関節リウマチにおける新たな生物製剤の開発
        From 2001
      • 慢性関節リウマチにおける新たな自己抗原エピトープをもつ新規な可溶型gp130のクローニング
        From 2000
      • 全身性自己免疫疾患における血清デオキシリボ核酸分解酵素Ⅰ(DNase Ⅰ)に関する研究
      • 新規リウマチ関節炎制御因子FRP/FSTL1の機能解析

      Awards

      • 06 Apr. 2000
        The Japanese Society of Internal Medicine, The 13th Young Investigator’s Award of the Japanese Society of Internal Medicine

      External funds: Kakenhi

      • Analysis of DIP2C as a novel regulator for epithelial-mesenchymal transition of rheumatoid arthritis synovium and a potential therapeutic target
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Basic Section 54020:Connective tissue disease and allergy-related
        Kyoto University
        田中 真生
        From 01 Apr. 2019, To 31 Mar. 2022, Granted
        DIP2;FSTL1;上皮間葉転移;関節滑膜;関節リウマチ;滑膜細胞;難治性病態;滑膜;上皮間葉移行;DIP2;SNAI
      • Molecular analysis aiming therapeutic application of epithelial-mesenchymal transition in rheumatoid arthritis synovium
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        MASAO TANAKA
        From 01 Apr. 2015, To 31 Mar. 2018, Project Closed
        上皮間葉移行;関節滑膜細胞;関節リウマチ;DIP2A;SNAIL1;EMT;DMAP結合ドメイン
      • Metabolomic analysis in IgG4-related disease
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kanazawa Medical University
        Haruka IWAO
        From 01 Apr. 2012, To 31 Mar. 2015, Project Closed
        IgG4関連疾患;メタボロミクス;脂質メディエーター;IgG4関連疾患診断基準
      • Analysis of pathogenicity and development of novel therapy byinflammation-regulating proteins in systemic autoimmune diseases
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kyoto University
        Tsuneyo MIMORI
        From 01 Apr. 2010, To 31 Mar. 2013, Project Closed
        カルパイン;カルパスタチン;FRP;Th17 細胞;自己抗体;関節リウマチ;自己免疫疾患;フォリスタチン関連蛋白;炎症性サイトカイン;T細胞分化;サイトカイン;破骨細胞
      • Development of the new immuno-suppresant based on the regulation of lipid rafts.
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kanazawa Medical University
        Hisanori UMEHARA
        Project Closed
        膠原病学;スフィンゴミエリン;リピッドラフト;T細胞レセプター;LAT;ZAP-70;シグナル伝達
      • 新規抗癌剤開発のためのリピッドラフト解析
        Grant-in-Aid for Exploratory Research
        Kanazawa Medical University
        梅原 久範
        Project Closed
        リピッドラフト;アポトーシス;スフィンゴミエリン
      • ANALYSES OF THE SIGNAL TRANSDUCTION OF NOVEL ANTI-ARTHRITIC FACTOR, FRP, AND ITS EFFECTS ON IMMUNE SYSTEM
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kanazawa Medical University
        Masao TANAKA
        Project Closed
        関節リウマチ;ホリスタチン関連蛋白;two-hybrid法;クローニング;BIACORE;TGF-β;アクチビン, Rheumatoid arthritis;Follistatin-related protein;Two-hybrid method;Cloning;BIACORE;TGF-beta;Activin
      • Analysis of pathophysiology and novel therapeutic approach for rheumatic diseases by arthritis-regulated proteins
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kyoto University
        Tsuneyo MIMORI
        Project Closed
        関節リウマチ;自己抗体;カルパイン;カルパスタチン;FRP;コラーゲン誘発関節炎;フォリスタチン関連蛋白;IL-6;CD4陽性T細胞;ホリスタチン関連蛋白;Th1;Th2バランス
      • Vaccination With Autoreactive CD4^+Th1 Clones in Lupus-Prone MRL/Mp - Fas^ Mice
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        Takao FUJII
        Project Closed
        ループス;自己反応性T細胞;T細胞ワクチネーション;T細胞レセプター;全身性エリテマトーデス;抗U1RNP抗体;MRL;1prマウス;ワクチネーション;イディオタイプ抗体;抗核抗体;ハイブリドーマ, svstemic lupus erytematosus;autoreactive T cells;T cell vaccination;T cell receptor
      • 新規リウマチ関節炎抑制因子:FSTL1のリガンドのクローニングとその機能の解析
        Grant-in-Aid for Exploratory Research
        Kyoto University
        田中 真生
        Project Closed
        関節リウマチ;ホリスタチン関連蛋白;two-hybrid法;クローニング
      • Analysis of pathogenesis and control of arthritis in rheumatoid arthritis by calpain-calpastatin system
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kyoto University
        Tsuneyo MIMORI
        Project Closed
        カルパスタチン;カルパイン;カルパイン阻害薬;関節リウマチ;IL-6;自己抗体;Th1;Th2バランス;滑膜細胞;T細胞;IL-1;マウス関節炎モデル, calpastatin;calpain;calpain inhibitor;rheumatoid arthritis;IL-6;autoantibody;Th1;Th2 balance;synoviocyte
      • 自己抗体が認識する新規tRNA結合蛋白(Wa抗原/NEFA/Nucb-2)の解析
        Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas
        Biological Sciences
        Kyoto University
        三森 経世
        Project Closed
        Wa抗原;NEFA;Nucleobindin-2;トランスファーRNA;自己抗体;自己免疫疾患;強皮症;RT-PCR
      • 慢性関節リウマチにおける新規自己抗原:RBP1類似蛋白質の機能解析
        Grant-in-Aid for Young Scientists (B)
        Kyoto University
        田中 真生
        Project Closed
        関節リウマチ;自己抗原;RB;RBP1;クローニング;慢性関節リウマチ
      • Suppressive autoantibodies in rheumatoid arthritis : construction of gene-modified animals and analysis of their arthrapathy
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        St.Marianna University School of Medicine
        Shoichi OZAKI
        Project Closed
        慢性関節リウマチ;ホリスタチン関連蛋白;FRP;gp130-RAPS;コラーゲン誘導関節炎;DBA;1マウス;トランスジェニックマウス;ノックアウトマウス, folistatin-related protein;FRP;transgenic mouse;synovial cells;TGF-beta;MMP1;anti-type II collagen antibody;c-fos

      External funds: others

      • 新規リウマチ関節炎抑制因子であるホリスタチン関連蛋白(FRP/FSTL1)の受容体のクローニングとそのシグナル伝達の解析
        武田科学振興財団医学系研究奨励金
        From 01 Apr. 2004, To 31 Mar. 2005
        田中 真生
      • 関節リウマチにおける新たな自己抗体の対応抗原:その抗原抗体相互作用による疾患増悪への修飾の可能性
        内藤記念特定研究助成金
        From 01 Apr. 2002, To 31 Mar. 2003
        田中 真生
      • 慢性関節リウマチにおける新たな生物製剤の開発
        興和生命科学振興財団研究助成金
        From 01 Apr. 2001, To 31 Mar. 2002
        田中 真生
      • 慢性関節リウマチにおける新たな生物製剤の開発:リコンビナントホリスタチン関連蛋白(FRP)および可溶型gp130の臨床応用への試み
        日本リウマチ財団リウマチ性疾患調査・研究助成金
        From 01 Apr. 2001, To 31 Mar. 2002
        田中 真生
      • 慢性関節リウマチにおける新たな自己抗原エピトープをもつ新規な可溶型gp130のクローニング
        東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団短期研究助成金
        From 01 Apr. 1996, To 31 Mar. 1997
        田中 真生
      • (2019年度分)
        免疫・アレルギー疾患政策研究事業
        From 01 Apr. 2019, To 31 Mar. 2020
        分担
      • (2020度分)
        免疫・アレルギー疾患政策研究事業
        From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2021
        分担
      • (平成27年度分)
        難治性疾患等政策研究事業
        From 01 Apr. 2015, To 31 Mar. 2016
        分担
      • 我が国の関節リウマチ診療の標準化に関する臨床疫学研究
        難治性疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患政策研究分野))
        From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2021
        分担
      • (平成28年度分)
        難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
        From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2017
        分担
      list
        Last Updated :2022/07/02

        Academic, Social Contribution

        Committee Memberships

        • From 2004
          評議員、専門医、指導医, 日本リウマチ学会
        • From 2000
          学会員, アメリカリウマチ学会
        • 学会員, 日本免疫学会
        • 認定内科医、指導医, 日本内科学会
        • 評議員、認定医、専門医, 日本リウマチ学会

        ページ上部へ戻る