教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

下村 通誉

シモムラ ミチタカ

フィールド科学教育研究センター 海洋生態系部門 教授

下村 通誉
list
    Last Updated :2024/07/08

    基本情報

    学位

    • 修士(理学)(北海道大学)
    • 博士(理学)(北海道大学)

    出身大学院・研究科等

    • 北海道大学, 大学院理学研究科生物科学専攻博士前期課程, 修了
    • 北海道大学, 大学院理学研究科生物科学専攻博士後期課程, 修了

    経歴

    • 自 2024年04月, 至 現在
      京都大学 フィールド科学教育研究センター, 教授
    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学 フィールド科学教育研究センター, 瀬戸臨海実験所 所長 / 白浜水族館 館長
    • 自 2018年04月, 至 2024年03月
      京都大学 フィールド科学教育研究センター, 准教授

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/07/08

      研究

      研究キーワード

      • 地下水
      • アミヤドリムシ科
      • エビヤドリムシ上科
      • インゴルフィエラ目
      • ボクサ目
      • 展示
      • 博物館学
      • フクロエビ上目
      • 海底洞窟
      • カシラエビ
      • テルモスバエナ(コオイエビ)
      • 端脚目(ヨコエビ目)
      • 等脚目(ワラジムシ目)
      • アミ目
      • 等脚類
      • 甲殻類
      • 分類
      • 深海
      • 系統
      • 分類学
      • 系統学
      • ミズムシ亜目
      • 分類体系
      • 寄生生物
      • 寄生虫

      研究分野

      • 人文・社会, 博物館学
      • ライフサイエンス, 寄生虫学
      • ライフサイエンス, 生態学、環境学
      • ライフサイエンス, 形態、構造
      • ライフサイエンス, 多様性生物学、分類学

      論文

      • Marine macroinvertebrate fauna of the shallow coastal waters of the Shiretoko Peninsula, a World Natural Heritage at Hokkaido, Japan
        Takeshi Sonoda; Susumu Chiba; Tomoyasu Yamazaki; Takahiro Nobetsu; Hideaki Fujiya; Tomoyuki Komai; Noboru Nunomura; Michitaka Shimomura; Ko Tomikawa; Keiichi Kakui; Takashi Hosono; Atsushi Ito; Toshihiko Fujita; Itaru Kobayashi; Seiji Goshima
        Plankton and Benthos Research, 2024年02月28日
      • Living together in dead coral rocks: macrosymbiotic communities associated with Bonellia echiuran worms (Annelida: Thalassematidae: Bonelliinae), involving new commensal bivalve and amphipod species
        Ryutaro Goto; Isao Hirabayashi; Koji Seike; Momo Yamashita; Michitaka Shimomura
        Zoological Journal of the Linnean Society, 2023年10月11日, 査読有り
      • Morphology of the gastric mill teeth in dotillid crabs (Crustacea: Brachyura: Dotillidae) from Indonesia
        Dewi C. Murniati; Akira Asakura; Tomoyuki Nakano; Michitaka Shimomura
        Journal of Morphology, 2023年06月03日, 査読有り
      • Redescription and molecular characterization of Mothocya parvostis Bruce, 1986 (Crustacea: Isopoda: Cymothoidae) parasitic on Japanese halfbeak, Hyporhamphus sajori (Temminck & Schlegel, 1846) (Hemiramphidae) with Mothocya sajori Bruce, 1986 placed into synonymy
        HIROKI FUJITA; PANAKKOOL THAMBAN ANEESH; KENTARO KAWAI; SHIN-ICHI KITAMURA; MICHITAKA SHIMOMURA; TETSUYA UMINO; SUSUMU OHTSUKA
        Zootaxa, 2023年05月02日, 査読有り
      • First report of Hyssuridae (Isopoda: Anthuroidea) from Japan, with the description of a new Kupellonura species
        Shoki Shiraki; Michitaka Shimomura; Keiichi Kakui
        Nauplius, 2022年
      • The First Bopyrid Isopod from Hydrothermal Vents: Pleurocryptella shinkai sp. nov. (Isopoda: Epicaridea) Parasitizing Shinkaia crosnieri (Decapoda: Anomura)
        Noeru Kato; Chong Chen; Hiromi Kayama Watanabe; Masahiro Yamamoto; Michitaka Shimomura
        Zoological Science, 2022年04月05日, 査読有り
      • A new neotenous genus and species, Deltanthura palpus gen. et sp. nov. (Isopoda, Anthuroidea, Paranthuridae) from Japan, with a revised key to the genera in Paranthuridae
        Shoki Shiraki; Michitaka Shimomura; Keiichi Kakui
        Zoosystematics and Evolution, 2022年03月31日, 査読有り
      • Parasitism-Induced Intersexuality in a Sexually Dimorphic Varunid Crab, Ptychognathus ishii (Decapoda: Varunidae)
        Naoto Inui; Kohei Oguchi; Junpei Shinji; Masanori Okanishi; Michitaka Shimomura; Toru Miura
        Zoological Science, 2021年09月02日, 査読有り
      • 自然史系展示における壁状集合展示が生物に対する観覧者の知覚や 興味関心に与える効果について
        真鍋 徹; 蓑島悠介; 上田恭一郎; 下村通誉
        北九州自然史・歴史博物館研究報告A類(自然史), 2021年03月, 査読有り
      • The intertidal macrobenthic fauna of the Hatakejima Experimental Field, Wakayama Prefecture, Japan, in 2019
        NAKANO, TOMOYUKI; KAWAMURA, MARIKO; KOBAYASHI, GENKI; KOIZUMI, KEISUKE; NAKAYAMA, RYO; SUGIYAMA; TAKAHIRO; SHIMOMURA; MICHITAKA; ASAKURA, AKIRA
        Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 2021年, 査読有り
      • A new species of Expanathura (Crustacea: Isopoda: Anthuroidea) from Iriomote Island, Japan, with a note on male polymorphism
        SHOKI SHIRAKI; MICHITAKA SHIMOMURA; KEIICHI KAKUI
        Zootaxa, 2021年09月30日, 査読有り
      • Seborgia cavernicola sp. nov. from a submarine cave on Okinawa Island, Ryukyu Islands, southwestern Japan (Crustacea, Amphipoda, Seborgiidae)
        Shimomura, M.; Fujita, Y.
        Zootaxa, 2021年02月11日, 査読有り, 筆頭著者
      • Heteromysoides taramensis, a new species of mysid (Mysida: Mysidae) from an anchialine cave on Tarama Island, Ryukyu Islands, southwestern Japan
        Shimomura, M; Fujita, Y
        Zootaxa, 2020年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • A new species of the genus Heteromysoides Băcescu, 1968 (Mysida, Mysidae) from a submarine cave on Kumejima Island, Ryukyu Islands, southwestern Japan.
        Shimomura, M; Fujita, Y
        Proceedings of the Biological Society of Washington., 2020年07月, 査読有り
      • 南大東島におけるダイトウコオイエビHalosbaena daitoensis Shimomura and Fujita, 2009(甲殻亜門: フクロエビ上目: テルモスバエナ目)の生息状況
        下村通誉; 藤田喜久; 東 和明
        沖縄生物学会誌, 2020年06月, 査読有り
      • A new species of Janirella Bonnier, 1896 (Isopoda: Asellota: Janirellidae) from western Japan Trench.
        Ohta, M; Kojima, S; Shimomura, M
        Crustacean Reaearch, 2020年06月, 査読有り
      • 塗り絵を利用した子供向けアンケート手法の有効性
        蓑島 悠介, 真鍋 徹, 下村 通誉, 上田 恭一郎
        北九市立自然史・歴史博物館研究報告A類(自然史), 2020年03月, 査読有り
      • Colour variation of the intertidal hermit crab Clibanarius virescens considering growth stage, geographic area in the Indo–West Pacific Ocean, and molecular phylogeny
        Yoshikawa, A; Ikeo, K; Imoto, J; Jaingam, W; Putri, L; S, E; Mardiansyah; Nakano, T; Shimomura, M; Asakura, A
        Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 2020年, 査読有り
      • 寄生性等脚目サクラノエボシHolophryxus fusiformis Shiino, 1937 (アミヤドリムシ科)の新宿主ヒロハサクラエビSergia laminata (Burkenroad, 1940)(サクラエビ科)の記録
        下村通誉; 大塚 攻; 剣持瑛行; 見﨑日向子; 西川 淳
        Cancer, 2020年, 査読有り, 筆頭著者
      • 褐藻類アカモクの着生状態と流れ藻の間の動物群集の比較
        近藤 裕介, 村井 太軌, 平野 勝士, 富川 光, 下村 通誉, 岩崎 貞治, 大塚 攻
        広島大学総合博物館研究報告, 2019年12月, 査読有り
      • A new species of the mesopelagic isopod genus Xenuraega Tattersall, 1909 (Crustacea: Isopoda: Aegidae) from Japan, the second species in the genus.
        Shimomura, M; Bruce, N. L
        Zootaxa, 2019年10月, 査読有り
      • 浮遊性および遊泳性甲殻類に寄生するアミヤドリムシ科等脚類
        下村 通誉; 大塚 攻; 西川 淳
        海洋と生物, 2019年08月, 招待有り
      • Topotype-based DNA Barcode of the Parasitic Isopod Pseudione nephropsi (Bopyridae), with a Supplementary Morphological Description
        Kakui, K; Shimomura; M. Kimura, S; Kimura, T
        Species Diversity, 2019年05月, 査読有り
      • 琉球列島の海底洞窟とアンキアライン洞窟のフクロエビ上目甲殻類
        下村 通誉
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2019年, 招待有り
      • A new genus and species of deep-water marine cirolanid isopod (Crustacea: Isopoda: Cirolanidae) from the Philippines.
        Bruce, N. L; Shimomura, M
        Raffles Bulletin of Zoology, 2019年01月, 査読有り
      • First record of Holophryxus fusiformis Shiino, 1937 (Crustacea, Isopoda, Dajidae) from the sakura shrimp, Lucensosergia lucens, in Taiwan.
        Huang, M.-C; Saito, N; Shimomura, M
        Crustacean Research, 2018年, 査読有り
      • 節足動物の特殊環境への適応と進化を探る.
        島野 智之; 下村 通誉
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2018年, 招待有り
      • Halosbaena okinawaensis, a new species of Thermosbaenacea (Crustacea) from submarine cave on Okinawa Island, Ryukyu Islands, southwestern Japan
        Michitaka Sihmomura; Yoshihisa Fujita
        ZOOTAXA, 2017年09月, 査読有り
      • First description of the female of Heteromysoides simplex Hanamura & Kase, 2001 (Mysidacea: Mysidae) collected from a submarine cave on Ie-jima Island, Ryukyu Islands, southwestern Japan
        Michitaka Shimomura; Yoshihisa Fujita
        PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 2017年08月, 査読有り
      • Investigating the effects of disturbed beaches on crustacean biota in Okinawa, Japan
        Arezoo Mottaghi; Michitaka Shimomura; Hin Boo Wee; James Davis Reimer
        REGIONAL STUDIES IN MARINE SCIENCE, 2017年02月, 査読有り
      • Seasonal Abundance of Sphaeromatidae (Crustacea: Isopoda) from Sandy Beaches in Okinawa-jima Island, Japan.
        Mottaghi, A; Shimomura, M; Reimer, J. D
        South Pacific Studies, 2017年, 査読有り
      • 近年国内から発見された希少甲殻類(端脚目,等脚目,十脚目)についての話題
        藤田 喜久; 下村 通誉; 多留 聖典; 有山 啓之; 逸見 泰久
        Cancer, 2017年
      • 伊豆大島のアミヤドリムシ科等脚類の一種Aspidophryxus izuensis Shimomura, 2017の野外観察記録
        下村 通誉; 星野 修
        Cancer, 2017年
      • 河川伏流水に生息する地下水生生物の生息実態とその環境因子に関する研究
        松本 健作; 森 勝伸; 下村 通誉; 小野寺 光二; 南雲 洋平
        土木学会論文集B1(水工学), 2017年, 査読有り
      • A new species of Aspidophryxus (Isopoda, Dajidae), ectoparasitic on Mysidella hoshinoi (Mysidae) in Japan
        Michitaka Shimomura
        ZOOKEYS, 2017年, 査読有り
      • DNA barcoding and morphological analyses revealed validity of Diadema clarki Ikeda, 1939 (Echinodermata, Echinoidea, Diadematidae)
        Seinen Chow; Kooichi Konishi; Miyuki Mekuchi; Yasuji Tamaki; Kenji Nohara; Motohiro Takagi; Kentaro Niwa; Wataru Teramoto; Hisaya Manabe; Hiroaki Kurogi; Shigenori Suzuki; Daisuke Ando; Tadao Jinbo; Masato Kiyomoto; Mamiko Hirose; Michitaka Shimomura; Akira Kurashima; Tatsuya Ishikawa; Setuo Kiyomoto
        ZOOKEYS, 2016年, 査読有り
      • Heterophryxus pacificus, a new species of dajid isopod from the central North Pacific
        Ariyama, H; Saito, N; Shimomura, M
        Crustacean Research, 2016年, 査読有り
      • 日本産ミズムシ亜目の分類
        下村 通誉
        Cancer, 2016年
      • Epimeria abyssalis sp n. from the Kuril-Kamchatka Trench (Crustacea, Amphipoda, Epimeriidae)
        Michitaka Shimomura; Ko Tomikawa
        ZOOKEYS, 2016年, 査読有り
      • Mysidella hoshinoi, a new species from Izu-Oshima Island, Japan (Crustacea, Mysidae, Mysidellinae)
        Michitaka Shimomura
        ZOOKEYS, 2016年, 査読有り
      • JAMBIO Coastal Organism Joint Surveys reveals undiscovered biodiversity around Sagami Bay
        Hiroaki Nakano; Keiichi Kakui; Hiroshi Kajihara; Michitaka Shimomura; Naoto Jimi; Shinri Tomioka; Hayate Tanaka; Hiroshi Yamasaki; Masaatsu Tanaka; Takato Izumi; Masanori Okanishi; Yutaro Yamada; Hideo Shinagawa; Toshihiko Sato; Yasutaka Tsuchiya; Akihito Omori; Mamoru Sekifuji; Hisanori Kohtsuka
        REGIONAL STUDIES IN MARINE SCIENCE, 2015年11月, 査読有り
      • Landscape versus local factors shaping butterfly communities in fragmented landscapes: Does host plant diversity matter?
        Masashi Soga; Takayuki Kawahara; Kenji Fukuyama; Katsuhiko Sayama; Tetsuya Kato; Michitaka Shimomura; Tetsuya Itoh; Takao Yoshida; Kenichi Ozaki
        JOURNAL OF INSECT CONSERVATION, 2015年08月, 査読有り
      • A new abdominally parasitizing bopyrid, Anisarthrus okunoi sp. nov. (Crustacea: Isopoda), infesting the hinge-beak shrimp Rhynchocinetes uritai Kubo, 1942 (Crustacea: Decapoda: Rhynchocinetidae).
        Saito, N; Shimomura, M
        Species Diversity, 2015年, 査読有り
      • Two new species of Asellota (Crustacea, Isopoda) from coral reefs on Iriomote Island, Okinawa, Japan
        Michitaka Shimomura; Tohru Naruse
        ZOOKEYS, 2015年, 査読有り
      • 水圏の隠蔽環境に生息する小型甲殻類の分類学的研究.
        下村 通誉
        環境管理, 2014年, 招待有り
      • Paralytic toxin profiles of xanthid crab Atergatis floridus collected on reefs of Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, Japan and Camotes Island, Cebu Province, Philippines.
        Asakawa, M; Tsuruda, S; Ishimoto, Y; Shimomura, M; Kishimoto, K; Shida, Y; Barte-Quilantang, M; Gomez-Delan, G
        Science Journal of Clinical Medicine, 2014年, 査読有り
      • First record of the genus Thetispelecaris Gutu & Iliffe, 1998 (Crustacea: Peracarida: Bochusacea) from a submarine cave in the Pacific Ocean
        Michitaka Shimomura; Yoshihisa Fujita; Tohru Naruse
        ZOOTAXA, 2012年07月, 査読有り
      • A new combination of genus name and specific epithet for Arcturus lytocarpicola (Isopoda: Valvifera).
        Nunomura, N; Shimomura, M
        Bulletin of the Toyama Science Museum, 2012年
      • A new species of Enterognathus (Copepoda, Cyclopoida, Enterognathidae) collected from the Seto Inland Sea, western Japan
        Susumu Ohtsuka; Michitaka Shimomura; Kota Kitazawa
        ZOOKEYS, 2012年, 査読有り
      • New distribution and host record of penaeid ectoparasitic isopod, Minicopenaeon intermedium intermedium Bourdon, 1981 (Crustacea: Bopyridae).
        Shimomura, M; Ohtsuka, S; Hashimoto, J
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A (Natural History), 2012年, 査読有り
      • A new species of the Stegidotea Poore, 1985 (Isopoda: Chaetiliidae) from Japan.
        Shimomura, M; Kakui, K
        Crustaceana Monographs, 2012年, 査読有り
      • A new species of Halacarsantia Wolff, 1989 (Crustacea, Isopoda, Asellota, Santiidae) from Wistari Reef, southern Great Barrier Reef, Australia
        Michitaka Shimomura; Niel L. Bruce
        ZOOKEYS, 2012年, 査読有り
      • A NEW SPECIES OF THE GENUS INGOLFIELLA HANSEN, 1903 (PERACARIDA, AMPHIPODA) FROM THE OGASAWARA ISLANDS, SOUTHERN JAPAN
        Michitaka Shimomura; Keiichi Kakui
        CRUSTACEANA, 2011年05月, 査読有り
      • Asellote isopods (Crustacea: Isopoda) from soil habitat in southern Japan.
        Yamaki, A; Shimomura, M; Watanabe, H; Karube, H; Kishimoto, T
        Proceedings of 8th International Symposium of Terrestrial Isopod Biology, ISTIB 2011, Bled, Slovenia, 2011年
      • Symbiosis of planktonic copepods and mysids with epibionts and parasites in the north Pacific: diversity and interactions.
        Ohtsuka, S; Horiguchi, T; Hanamura, Y; Yamaguchi A; Shimomura, M; Suzaki, T; Ishiguro, K; Hanaoka; H. Yamada, K; Ohtani, S
        Crustaceana Monographs, 2011年, 査読有り
      • Two new species of ectoparasitic isopods (Isopoda, Dajidae) from mysids in Japan.
        Shimomura, M; Ohtsuka, S
        Crustaceana Monographs, 2011年, 査読有り
      • A new paramunnid isopod of the genus Heterosigum Gamô, 1976 (Crustacea: Asellota) from central Japan.
        Shimomura, M
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Series A (Natural History), 2011年, 査読有り
      • 海底洞窟と近底層における甲殻類の多様性と進化.
        大塚 攻; 藤田 喜久; 下村 通誉
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2010年, 査読有り, 招待有り
      • New record of an ectoparasitic isopod, Zonophryxus retrodens Richardson, 1903 from Japan.
        Shimomura, M; Ohtsuka, S; Hashimoto, J
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A, 2010年, 査読有り
      • In-situ Observations of symbionts on medusae occurring in Japan, Thailand, Indonesia and Malaysia.
        Ohtsuka, S; Kondo, Y; Sakai, Y; Shimazu, T; Shimomura, M; Komai, T; Yanagi, K; Fujita, T; Nishikawa, J; Miyake, H; Venmathi Maran; B. A; Go, A; Nagaguchi, K; Yamaguchi, S; Dechsakulwatana, C; Srinui, K; Putchakarn, S; Mulyadi; Mujiono, N; Sumoto; Yusoff, F. M
        Bulletin of the Hiroshima University Museum, 2010年, 査読有り
      • Toxicity assessment of the xanthid crab demania cultripes from Cebu Island, Philippines
        Manabu Asakawa; Gloria Gomez-Delan; Shintaro Tsuruda; Michitaka Shimomura; Yasuo Shida; Shigeto Taniyama; Mercy Barte-Quilantang; Jo Shindo
        Journal of Toxicology, 2010年, 査読有り
      • Symbiosis in planktonic crustaceans: diversity and interaction
        OHTSUKA Susumu; HANAMURA Yukio; HORIGUCHI Takeo; YAMAGUCHI Atsushi; SHIMOMURA Michitaka; SUZAKI Toshinobu
        日本甲殻類学会大会講演要旨集, 2009年
      • 日本産海産ミズムシ亜目甲殻類の分類学.
        下村 通誉
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2009年, 招待有り
      • Tanaidacea (Crustacea: Peracarida) from Japan. V. A new species of Chauliopleona from Nagasaki, Kyushu.
        Larsen, K; Shimomura, M
        Species Diversity, 2009年, 査読有り
      • First record of the thermosbaenacean genus Halosbaena from Asia: H. daitoensis sp nov (Peracarida: Thermosbaenacea: Halosbaenidae) from an anchialine cave of Minamidaito-jima Is., in Okinawa, southern Japan
        Michitaka Shimomura; Yoshihisa Fujita
        ZOOTAXA, 2009年01月, 査読有り
      • Ten new species of paramunnid isopods (Peracarida: Asellota: Paramunnidae) from Kyushu, southern Japan.
        Shimomura, M
        Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology), Supplement, 2009年, 査読有り
      • New record of a euphausiid ectoparasitic isopod, Heterophryxus appendiculatus G. O. Sars, 1885 (Crustacea: Dajidae) from Japan
        Michitaka Shimomura; Susumu Ohtsuka
        PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 2008年10月, 査読有り
      • A NEW SPECIES OF THAUMASTOGNATHIA MONOD, 1926 FROM JAPAN (ISOPODA, GNATHIIDAE)
        Michitaka Shimomura; Katsuhiko Tanaka
        CRUSTACEANA, 2008年10月, 査読有り
      • Description of a new species of Cephalocarida, Sandersiella kikuchii, and redescription of S. acuminata Shiino based upon the type material
        Michitaka Shimomura; Tadashi Akiyama
        JOURNAL OF CRUSTACEAN BIOLOGY, 2008年08月, 査読有り
      • A new species of Symmius Richardson (Crustacea : Isopoda : Chaetiliidae) from Japan
        Michitaka Shimomura
        ZOOTAXA, 2008年03月, 査読有り
      • 阿嘉島浅海域の砂底におけるタナイス目(甲殻綱:フクロエビ上目)の群集の再形成.
        Larsen, K; 下村 通誉; Arvedlund, M
        みどりいし, 2008年
      • 深海性小型節足動物の採集 : 機器,用具および船上でのサンプル処理
        秋山 貞; 下村 通誉; 中村 光一郎
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2008年, 査読有り
      • Tanaidacea (Crustacea : Peracarida) from Japan. IV. Shallow-water species from Akajima with notes on the recolonization potential of tanaids
        Kim Larsen; Michitaka Shimomura
        ZOOTAXA, 2008年01月, 査読有り
      • Bathygnathia from Japan (Isopoda, Gnathiidae) with description of a new species
        Michitaka Shimomura; Suguru Ohta; Katsuhiko Tanaka
        CRUSTACEANA, 2008年, 査読有り
      • A new record of paramunnid isopod Paramunna koreana Malyutina & Ushakova from Japan.
        Shimomura, M; Horii, T; Otani, M
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A, 2008年, 査読有り
      • A new asellote isopod of the genus Microjanira Schiecke & Fresi, 1970 (Asellota: Janiridae) from Japan.
        Shimomura, M; Ariyama, H
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A, 2008年, 査読有り
      • Bathycopea (Isopoda : Sphaeromatidea : Ancinidae) from Japan, with descriptions of two new species and redescription of B. parallela Birstein
        Michitaka Shimomura
        ZOOTAXA, 2008年01月, 査読有り
      • Tanaidacea (Crustacea : Peracarida) from Japan III. The deep trenches; the Kurile-Kamchatka Trench and Japan Trench - Foreword
        Kim Larsen; Michitaka Shimomura
        ZOOTAXA, 2007年09月, 査読有り
      • Tanaidacea (Crustacea : Peracarida) from Japan. II. Tanaidomorpha from the East China Sea, the West Pacific Ocean and the Nansei Islands
        Kim Larsen; Michitaka Shimomura
        ZOOTAXA, 2007年05月, 査読有り
      • Preliminary report on the nemertean fauna (phylum Nemertea) in the Philippines.
        Kajihara, H; Olympia, M; Yap, E. S; Gomez-Delan, G; Quilantang, M. B; Shimomura, M; Taniyama, S; Asakawa, M
        UPV Journal of Natural Science, 2007年, 査読有り
      • Temporal partitioning: dynamics of alternating occupancy of a host microhabitat by two different crustacean parasites
        Susumu Ohtsuka; Shinsuke Harada; Michitaka Shimomura; Geoffrey A. Boxshall; Reiko Yoshizaki; Daisuke Ueno; Yusuke Nitta; Sadaharu Iwasaki; Hiroko Okawachi; Tadashi Sakakihara
        MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 2007年, 査読有り
      • A new species of the deep-sea isopod genus Katianira Hansen, 1916 (Crustacea : Asellota : Katianiridae) from the Kumano Basin, Japan
        Michitaka Shimomura; Tadashi Akiyama
        PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 2006年12月, 査読有り
      • Tanaidacea (Crustacea : Peracarida) from Japan. I. Apseudomorpha from the East China Sea, Seto Inland Sea, and Nansei Islands
        Kim Larsen; Michitaka Shimomura
        ZOOTAXA, 2006年10月, 査読有り
      • Ingolfiella inermis n. sp., a new interstitial ingolfiellid amphipod from Okinawa, southern Japan (Peracarida, Amphipoda)
        Michitaka Shimomura; Susumu Ohtsuka; Ko Tomikawa
        CRUSTACEANA, 2006年10月, 査読有り
      • アミ類の寄生生物に関する最近の研究
        大塚 攻; 花村 幸生; 原田 真介; 下村 通誉
        日本プランクトン学会報, 2006年, 査読有り
      • Two bopyrid isopods infesting caridean shrimp Hippolyte sp. in the Seto Inland Sea, western Japan (Crustacea: Peracarida).
        Shimomura, M; Ohtsuka, S; Sakakihara, T
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A, 2006年, 査読有り
      • Asellote isopods (Crustacea: Peracarida) of Sagami Bay, central Japan.
        Shimomura, M
        Memoirs of the National Science Museum, 2006年
      • 海産ミズムシ亜目等脚類 : その分類と多様な形態.
        下村 通誉
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2005年
      • Three new species of deep-sea Hyperbenthic aetideid copepods (Crustacea) collected from Nansei Islands, southwestern Japan.
        Ohtsuka, S; Boxshall, G. A; Shimomura, M
        National Science Museum Monographs, 2005年, 査読有り
      • Deep-sea asellote isopods (Crustacea: Peracarida) of Nansei Islands, southwestern Japan.
        Shimomura, M; Ohtsuka, S
        National Science Museum Monographs, 2005年, 査読有り
      • Prodajus curviabdominalis n. sp (Isopoda : Epicaridea : Dajidae), an ectoparasite of mysids, with notes on morphological changes, behaviour and life-cycle
        M Shimomura; S Ohtsuka; K Naito
        SYSTEMATIC PARASITOLOGY, 2005年01月, 査読有り
      • Microjaera morii, a new interstitial isopod from Japan (Crustacea: Asellota: Janiridae).
        Shimomura, M
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A, 2005年, 査読有り
      • 日本産ミズムシ類の分類とその現状
        下村 通誉
        水産無脊椎動物研究所:うみうし通信, 2004年
      • 北海道中央部における森林とオープンランドの蝶類群集の比較にもとづく蝶類各種の生息環境分類
        尾崎 研一; 福山 研二; 佐山 勝彦; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 伊藤 哲也; 吉田 尚生
        日本林學會誌, 2004年, 査読有り
      • Two new species of Halacarsantia Wolff, 1989 (Crustacea: Isopoda: Asellota: Santiidae) from Japan.
        Shimomura, M; Ariyama, H
        Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Ser. A, 2004年, 査読有り
      • 利尻島潮間帯の多毛類
        加藤 哲哉; 伊藤 哲也; 下村 通誉
        利尻研究, 2003年
      • 利尻島沿岸からえられたウオビル科(環形動物:ヒル綱)の報告.
        伊藤 哲也; 加藤 哲哉; 下村 通誉
        利尻研究, 2003年
      • 利尻島のミズムシ類(甲殻綱:等脚目)
        下村 通誉; 加藤 哲哉; 伊藤 哲也
        利尻研究, 2003年
      • A revision of Heterosignum (Asellota, Isopoda, Paramunnidae) with descriptions of three new species
        M Shimomura; SF Mawatari
        JOURNAL OF NATURAL HISTORY, 2002年12月, 査読有り
      • A new asellote isopod of the genus Santia Sivertsen & Holthuis, 1980 (Crustacea : Isopoda : Asellota : Santiidae) from Japan
        M Shimomura; SF Mawatari
        PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 2001年12月, 査読有り
      • Records of some marine invertebrates (nemerteans, asellotes and phyllodocids) from the coast around Otsuchi Bay.
        Shimomura, M; Kato, T; Kajihara, H
        Otsuchi Marine Science, 2001年, 査読有り
      • Pleurogonium (Crustacea: Isopoda: Asellota: Paramunnidae) from Hokkaido, northern Japan, with descriptions of two new species.
        Shimomura, M; Mawatari; S. F
        Species Diversity, 2001年, 査読有り
      • Munnidae from Japan (Crustacea: Isopoda: Asellota)
        Shimomura, M; Mawatari; S. F
        Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 2001年, 査読有り
      • Santia katoi sp. nov., a new isopod crustacean from Shirahama, Japan (Asellota: Santiidae).
        Shimomura, M; Mawatari; S. F
        Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 2000年, 査読有り
      • Two new species of Munnogonium (Isopoda: Asellota: Paramunnidae) form Japan.
        Shimomura, M; Mawatari; S. F
        Species Diversity, 2000年, 査読有り
      • Paramunna rhipis, a new species of asellote isopod (Paramunnidae) from Japan.
        Shimomura, M; Mawatari; S. F
        Crustacean Research, 1999年, 査読有り

      MISC

      • TAXONOMIC RE-EVALUATION OF THE GENUS BATHYCOPEA (CRUSTACEA: ISOPODA: SPHAEROMATIDEA)(Taxonomy and Systematics,Abstracts of papers presented at the 75^ Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Shimomura Michitaka
        Zoological science, 2004年
      • KATIANIRIDAE (CRUSTACEA: ISOPODA) FROM THE DEEP-SEA TRENCHES OF THE WEST PACIFIC(Taxonomy and Systematics,Abstracts of papers presented at the 74^ Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Shimomura Michitaka
        Zoological science, 2003年
      • 2. 平成11年度第8次豊潮丸調査航海における等脚目ミズムシ類の報告(日本動物分類学会第36回大会講演抄録)
        下村 通誉; 馬渡 峻輔
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2000年08月20日
      • PARAMUNNIDAE (CRUSTACEA; ASELLOTA) FROM OTSUCHI BAY, JAPAN(Taxonomy and Systematics)(Proceedings of the Seventieth Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Shimomura M.; Mawatari S. F.
        Zoological science, 1999年
      • MUNNIDAE (CRUSTACEA; ASELLOTA) FROM JAPAN(Taxonomy and Systematics)(Proceedings of the Sixty-Ninth Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Shimomura M.; Mawatari S. F.
        Zoological science, 1998年
      • 駿河湾から採集されたトゲトゲオナシグソクムシ(等脚目: ウオノエ亜目:オナシグソクムシ科)
        下村通誉; 杉村誠; 福地順
        Cancer, 2022年08月, 筆頭著者
      • DEEP-SEA ASELLOTE ISOPODS FROM NANSEI ISLANDS, SOUTHWESTERN JAPAN(Taxonomy and Systematics,Abstracts of papers presented at the 76^ Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Shimomura Michitaka
        Zoological science, 2005年
      • 3. 千島・カムチャツカ海溝から採集されたウオビル科Piscicolidaeのヒルについて(日本動物分類学会第38会大会講演抄録)
        伊藤 哲也; 下村 通誉; 太田 秀
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2002年08月20日
      • 13. 瀬戸内海産寄生性等脚類アミヤドリムシ科の1未記載種の成体および幼生について(日本動物分類学会第37会大会講演抄録)
        下村 通誉; 大塚 攻; 内藤 和典
        タクサ : 日本動物分類学会誌, 2001年08月20日
      • C220 ランドスケープレベルの蝶類多様性におよぼす食草分布の影響(病理学・微生物的防除・自然・環境保護・その他)
        尾崎 研一; 佐山 勝彦; 河原 孝行; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 伊藤 哲也
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2002年03月10日
      • B207 森林の蝶類多様性におよぼす景観構造の影響(自然・環境保護)
        尾崎 研一; 福山 研二; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 伊藤 哲也; 吉田 尚生
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2001年03月31日
      • AN UNDESCRIBED SPECIES OF EUMIDA (PHYLLODOCIDAE: POLYCHAETA) WITH A PARASITIC COPEPOD PHYLLODICOLA SP(PHYLLODICOLIDAE)(Taxonomy and Systematics)(Proceedings of the Sixty-Ninth Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Kato T.; Shimomura M.; Mawatari S. F.
        Zoological science, 1998年
      • JAPANESE SPECIMENS OF POLYCHAETA, ISOPODA AND BRYOZOA COLLECTED BY DR DOERLEIN(Taxonomy and Systematics)(Proceedings of the Sixty-Ninth Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :
        Mawatari S. F.; Kato T.; Shimomura M.; Shirakawa S.
        Zoological science, 1998年
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(33)ミズムシ亜目 サンゴミズムシ科(1)サンゴミズムシ属
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2015年06月
      • イノチヅナアミヤドリ(甲殻亜門:等脚目:アミヤドリムシ科)の 寄生過程と産卵サイクル
        星野 修; 下村通誉
        うみうし通信, 2021年09月
      • 南大東島の洞窟地下水域に生息するダイトウコオイエビの 生息状況と生態に関する研究
        藤田喜久; 下村通誉; 東 和明
        自然保護助成基金助成成果報告書, 2021年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(69)ウオノエ亜目(15)ウオノエ上科(10)ウオノエ科 (4)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2021年06月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(68)ウオノエ亜目(14)ウオノエ上科(9)ウオノエ科 (3)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2021年04月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(67)ウオノエ亜目(13)ウオノエ上科(8)ウオノエ科 (2)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2021年02月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(66)ウオノエ亜目(12)ウオノエ上科(7)ウオノエ科 (1)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2020年12月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(65)ウオノエ亜目(11)ウオノエ上科(6)グソクムシ科 (4)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2020年10月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(64)ウオノエ亜目(10)ウオノエ上科(5)グソクムシ科 (3)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2020年08月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(63)ウオノエ亜目(9)ウオノエ上科(4)グソクムシ科 (2)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2020年06月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(62)ウオノエ亜目(8)ウオノエ上科(3)グソクムシ科 (1)
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2020年04月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(61)ウオノエ亜目(7)ウオノエ上科(2)ニセウオノエ科
        布村 昇,下村 通誉
        海洋と生物, 2020年02月, 招待有り
      • 令和元年度 知床半島における浅海域生物相調査及び貝類定量調査報告書 III.無脊椎動物
        園田 武, 千葉 晋, 髙橋 潤, 山崎 友資, 富川 光, 下村 通誉, 細野 隆史, 駒井 智幸, 藤田 敏彦, 小林 格, 五嶋 聖治, 野別 貴博
        環境省北海道地方環境事務所提出報告書, 2020年01月
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(60)ウオノエ亜目(6)ウオノエ上科(1)スナホリムシダマシ科
        布村 昇,下村 通誉
        海洋と生物, 2019年12月, 招待有り
      • 紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相(第2報)
        木村 妙子; 木村 昭一; 角井 敬知; 波々伯部 夏美; 倉持 利明; 藤田 敏彦; 小川 晟人; 小林 格; 自見 直人; 岡西 政典; 山口 悠; 広瀬 雅人; 吉川 晟弘; 福地 順; 下村 通誉; 柏尾 翔; 上野 大輔; 藤原 恭司; 成瀬 貫; 櫛田 優花; 喜瀬 浩輝; 前川 陽一; 中村 亨; 奥村 順哉; 田中 香月; Kimura Taeko; Kimura Shoichi; Kakui Keiichi; Hookabe Natsumi; Kuramochi Toshiaki; Fujita Toshihiko; Ogawa Akito; Kobayashi Itaru; Jimi Naoto; Okanishi Masanori; Yamaguchi Haruka; Hirose Masato; Yoshikawa Akihiro; Fukuchi Jun; Shimomura Michitaka; Kashio Sho; Uyeno Daisuke; Fujiwara Kyoji; Naruse Tohru; Kushida Yuka; Kise Hiroki; Maekawa Yoichi; Nakamura Toru; Okumura Junya; Tanaka Kazuki
        三重大学フィールド研究・技術年報 = Annals of Field Research and Technology Mie University, 2019年11月
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(59)ウオノエ亜目(5)スナホリムシ上科 スナホリムシ科(5)ナギサスナホリムシ属
        布村 昇,下村 通誉
        海洋と生物, 2019年10月, 招待有り
      • かいれいKR18‐15航海により南西諸島周辺から得られた深海生物
        角井敬知; 自見直人; 大矢佑基; 藤原義弘; 矢吹彬憲; 下村通誉; 柳研介; 上野大輔; 広瀬雅人; 田中隼人; 藤本心太; 小川晟人; 岡本章玄; 久野光輝
        ブルーアースサイエンス・テク要旨集, 2019年
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(58).ウオノエ亜目④.スナホリムシ上科,スナホリムシ科④,ヒメスナホリムシ属およびスナホリムシモドキ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2019年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(57).ウオノエ亜目③.スナホリムシ上科,スナホリムシ科③,オオグソクムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2019年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(56).ウオノエ亜目②.スナホリムシ上科,スナホリムシ科②,スナホリムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2019年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(55).ウオノエ亜目①.スナホリムシ上科,スナホリムシ科①,モモブトスナホリムシ属,ナガスナホリムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2019年, 招待有り
      • 実物資料に内包された知覚効果を引き出す展示手法の開発 〜昆虫の多様性の知覚化に向けて
        蓑島悠介, 下村通誉, 真鍋徹, 上田恭一郎
        全科協ニュース, 2018年07月
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(50). ワラジムシ亜目. ヒゲナガワラジムシ科②, ヒゲナガワラジムシ属②.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2018年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(49). ワラジムシ亜目. ヒゲナガワラジムシ科①, ヒゲナガワラジムシ属①.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2018年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(54).ワラジムシ亜目.ウシオワラジムシ科,ハマダンゴムシ科,ワラジムシ科,オカダンゴムシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2018年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(53).ワラジムシ亜目.タマワラジムシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2018年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(52).ワラジムシ亜目.シオサイワラジムシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2018年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(51).ワラジムシ亜目.ウミベワラジムシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2018年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(48). ワラジムシ亜目. フナムシ科②, フナムシ属②.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2017年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(43). コツブムシ亜目. コツブムシ科,イソコツブムシ属(3).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2017年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(44). コツブムシ亜目. コツブムシ科,ヒダナシウミセミ亜科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2017年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(45). コツブムシ亜目. ハリオウミセミ科.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2017年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(46). コツブムシ亜目. シオムシ科およびコツブムシ科補遺.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2017年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(47). ワラジムシ亜目.フナムシ科,フナムシ属(1).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2017年, 招待有り
      • 深海をぎょぶる ミズムシ
        下村 通誉
        北九州・魚部:ぎょぶる, 2016年11月
      • 深海をぎょぶる
        下村 通誉
        北九州・魚部:ぎょぶる, 2016年02月
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(37). コツブムシ亜目. コツブムシ科,カナエウミセミ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2016年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(38). コツブムシ亜目. コツブムシ科,ニホンコツブムシ属,オナガコツブムシ属,フカミゾコツブムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2016年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(39). コツブムシ亜目. コツブムシ科,コツブムシ亜科,シリケンウミセミ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2016年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(40). コツブムシ亜目. コツブムシ科,コツブムシ亜科,コツブムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2016年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(41). コツブムシ亜目. コツブムシ科,イソコツブムシ属(1).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2016年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(42). コツブムシ亜目. コツブムシ科,イソコツブムシ属(2).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2016年, 招待有り
      • 魚と共に生きる寄生虫
        下村 通誉
        北九州・魚部:ぎょぶる, 2015年06月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(31).ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.ムネトゲヒメミズムシ属(2).
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2015年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(32).ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.キタヒメミズムシ属,カギヅメヒメミズムシ属.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2015年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(33).ミズムシ亜目.サンゴミズムシ科サンゴミズムシ属.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2015年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(34).ミズムシ亜目.サンゴミズムシ科.カクレサンゴミズムシ属.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2015年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(35). コツブムシ亜目.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2015年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(36). コツブムシ亜目. コツブムシ科,チビウミセミ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2015年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(25)ミズムシ亜目 ミジンミズムシ科
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2014年02月
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(26) . ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.メナシヒメミズムシ.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2014年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(27) . ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.メナシヒメミズムシ属,ナガトゲヒメミズムシ属.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2014年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(28) . ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.ヒラタヒメミズムシ属,ツノトゲヒメミズムシ属,フチドリヒメミズム属.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2014年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(29).ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.アシトゲヒメミズムシ属,ギザヒメミズムシ属,ヒメミズムシ属.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2014年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(30).ミズムシ亜目.ヒメミズムシ科.ムネトゲヒメミズムシ属(1).
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2014年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(19) . ウミクワガタ科②.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(20) . ウミクワガタ科③.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(21) . ウミクワガタ科④.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(22). ミズムシ亜目概説.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(23). ミズムシ亜目. 科の概説①.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(24). ミズムシ亜目. 科の概説②.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(25) . ミズムシ亜目.ミジンミズムシ科.
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2013年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(13). ウオノエ亜目. ウミナナフシ上科①.オビロウミナナフシ科,ホソウミナナフシ科ワタゾコウミナナフシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2012年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(15). ウオノエ亜目. ウミナナフシ上科. スナウミナナフシ科(1).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2012年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(16). ウオノエ亜目. ウミナナフシ上. スナウミナナフシ科(2).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2012年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(17) . キクイムシ目.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2012年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(18) . ウミクワガタ科①.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2012年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(10)ヘラムシ亜目ホソヘラムシ科
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2011年08月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(7). ヘラムシ亜目. ヘラムシ科. ワラジヘラムシ属(2).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2011年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(8). ヘラムシ亜目.ヘラムシ科. ヘラムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2011年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(9). ヘラムシ亜目. ヘラムシ科. ミスジヘラムシ属・ミナミヘラムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2011年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(11). ヘラムシ亜目. オニナナフシ科. オニナナフシ属・ヒロムネヒメナナフシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2011年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(12). ヘラムシ亜目. オニナナフシ科. ヒメナナフシ属,ツメナシヒメナナフシ属およびカンカイオニナナフシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2011年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(2)
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2010年04月, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(1)
        下村 通誉; 布村 昇
        海洋と生物, 2010年02月, 招待有り
      • 節足動物門甲殻綱等脚目について.
        田中 克彦; 下村 通誉
        第7回自然環境保全基礎調査浅海域生態系調査(藻場調査)報告書, 2010年
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(3). ヘラムシ亜目概説とトガリヘラムシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2010年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(4). ヘラムシ亜目. トガリヘラムシ科. ヤリボヘラムシ属.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2010年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(5). ヘラムシ亜目. ヘラムシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2010年, 招待有り
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(6). ヘラムシ亜目. ヘラムシ科. ワラジヘラムシ属(1).
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 2010年, 招待有り
      • 久保遺跡出土動物遺体について.
        熊代 昌之; 下村 通誉; 岡崎 美彦
        久留米市文化財調査報告書, 2006年
      • 日本産等脚目甲殻類の分類(14). ウオノエ亜目. ウミナナフシ上科. ウミナナフシ科.
        布村 昇; 下村 通誉
        海洋と生物, 招待有り

      講演・口頭発表等

      • 日本産サメハダホシムシ属(環形動物:ホシムシ類サメハダホシムシ科)の種多様性
        四ノ宮千遥; 山守瑠奈; 杉山高大; 柁原宏; 自見直人; 小林元樹; 朝倉彰; 下村通誉; 後藤龍太郎
        日本動物分類学会第59回大会鳥取県立博物館, 2024年06月16日
      • 日本産ヒメスナホリムシ属Excirolana(等脚目:スナホリムシ科)の分類学的研究
        福地順; 吉田隆太; 中野智之; 朝倉彰; 下村通誉
        日本動物分類学会第59回大会鳥取県立博物館, 2024年06月15日
      • ヤドカリ類に寄生するヤドカリノハラヤドリAthelges takanoshimensis Ishii, 1914の遺伝的多様性
        篠田晏希; 藤田大樹; 中野智之; 下村通誉
        日本動物分類学会第59回大会鳥取県立博物館, 2024年06月15日
      • 琉球列島の海底洞窟における甲殻類群集構造
        藤田喜久; 水山克; 木村颯; 菅浩伸; 井口亮; 下村通誉; 斉藤知己; 岡西政典; 角井敬知
        日本甲殻類学会大61回大会、東京海洋大学品川キャンパス, 2023年10月15日
      • 宿主の採餌行動を利用した魚類寄生性等脚類サヨリヤドリムシの寄生戦略
        藤田大樹; 下村通誉; 河合賢太郎; 海野徹也
        日本甲殻類学会大61回大会、東京海洋大学品川キャンパス, 2023年10月14日
      • 超大型環形動物オニイソメEunice cf. aphroditoisの体表に寄生する小型カイアシ類
        四ノ宮千遥; 後藤龍太郎; 幸塚久典; 山守瑠奈; 杉山高大; 上野大輔; 下村通誉
        日本動物分類学会第58回大会 豊橋大会, 2023年06月04日
      • 奄美大島近海から得られた間隙棲のヤワコケムシ上科 (苔虫動物門:櫛口目) の 一未記載種について
        広瀬雅人; 田中隼人; 下村通誉; 大塚攻
        日本動物分類学会第57回大会, 2022年06月04日
      • 奄美大島および西表島で採集されたトウヨウヒゲナガスナホリムシ近縁種Eurydice aff. orientalis Hansen, 1890 sensu Bruce, 1986 (Crusctacea: Isopoda: Cirolanidae)
        福地順; 下村通誉; 中野智之; 朝倉彰
        日本動物分類学会第57回大会, 2022年06月04日
      • 瀬戸臨海実験所と海産無脊椎動物の自然史学的研究
        下村通誉
        第7回 京都大学・日本財団 森里海シンポジウム「変わりゆく森里海 -フィールドからの報告とメッセージ-」, 2022年03月19日
      • 北西太平洋の深海底生生物相:小型甲殻類
        下村通誉
        東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会, 2022年03月22日, 招待有り
      • 深海熱水域に生息する甲殻類間の寄生関係
        加藤之愛留; 下村通誉; 渡部裕美; CHEN Chong; 木元克典; 山本正浩
        極限環境生物学会2021年度(第22回), 2021年11月20日
      • 種子島で採集されたナギサスナホリムシ属(甲殻亜門:等脚目:スナホリムシ科)の1未記載種
        福地 順; 下村 通誉; 中野 智之; 朝倉 彰
        日本動物分類学会第56回大会, 2021年06月05日
      • 深海熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビに寄生するエビヤド リムシ類(甲殻亜門:等脚目:エビヤドリムシ科)の1種
        加藤 之愛留; 下村 通誉; 渡部 裕美; Chen Chong; 木元 克典; 山本 正浩
        日本動物分類学会第56回大会, 2021年06月05日
      • 死サンゴ礫内部の共生関係:ボネリムシの巣穴に特異的に共生する生物群集について
        後藤 龍太郎; 平林 勲; 下村 通誉
        日本プランクトン・ベントス学会合同大会2020, 2020年09月19日
      • Species richness of the deep-sea Asellota isopods (Arthropoda: Crustacea) off Tohoku, Japan
        Ota, Mizuki; Shimomura, Michitaka; Kojima, Shigeaki
        The 4th Asian Marine Biology Symposium, Taipei, Taiwan, 2019年11月
      • 琉球列島の海底洞窟から得られた端脚目(フクロエビ上目)
        下村 通誉,藤田喜久
        日本甲殻類学会第57回大会(東京都,東京海洋大学), 2019年10月
      • 日本産ナギサスナホリムシ属(等脚目:スナホリムシ科)の分類学的再検討
        福地 順,中野 智之,下村 通誉,朝倉 彰
        日本甲殻類学会第57回大会(東京都,東京海洋大学), 2019年10月
      • 東北沖に生息する深海性ミズムシ類(等脚類)の種多様性
        太田 瑞希,下村 通誉,小島 茂明
        2019年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会(静岡県,静岡市産学交流センター), 2019年09月
      • 日本産Gigantocypris属の出現記録と種同定の報告
        近藤 裕介,田中 隼人,富川 光,佐野 雅美,下村 通誉,大塚 攻
        2019年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会(静岡県,静岡市産学交流センター), 2019年09月
      • 日本産フクロエビ上目甲殻類の分類学的研究‐特に深海・隠蔽環境・寄生性種について‐
        下村 通誉
        第289回三崎談話会(東京大学三崎臨海実験所), 2019年02月20日, 招待有り
      • かいれいKR18-15航海により南西諸島周辺から得られた深海生物
        角井 敬知; 自見 直人; 大矢 佑基; 藤原 義弘; 矢吹 彬憲; 下村 通誉; 柳 研介; 上野 大輔; 広瀬 雅人; 田中 隼人; 藤本 心太; 小川 晟人; 岡本 章玄; 久野 光輝
        ブルーアースサイエンス・テク2019(横浜市横浜港大さん橋ホール), 2019年02月20日
      • 琉球列島の海底洞窟における動物相と洞内における生態分布
        藤田 喜久; 岡西 政典; 水山 克; 下村 通誉; 伊勢 優史; 井口 亮
        日本サンゴ礁学会第21回大会(琉球大学理学部), 2018年11月22日
      • 琉球列島の海底洞窟の小型甲殻類の分類学的研究
        下村 通誉
        日本動物学会第89回大会日本動物分類学会シンポジウム(札幌コンベンションセンター), 2018年09月13日, 招待有り
      • 南西諸島の海底洞窟より採集されたアミ目(フクロエビ上目)
        下村 通誉; 藤田 喜久
        日本動物分類学会第54回大会(鹿児島大学郡元キャンパス), 2018年06月09日
      • 節足動物の特殊環境への適応と進化を探る.-旅する分類学者フィールドワーク危機一髪ー
        島野 智之; 下村 通誉
        日本動物学会第53回大会日本動物分類学会シンポジウム(富山県民会館), 2017年09月21日
      • 寄生性等脚類イノチヅナアミヤドリAspidophryxus izuensisの分類と生活史
        下村 通誉; 星野 修
        日本動物学会第53回大会(富山県民会館), 2017年09月21日
      • 北九州市曽根干潟から得られたユビナガホンヤドカリPagurus minutus Hess, 1865に寄生するParathelges enoshimensis Shiino, 1950(甲殻亜門:等脚目)
        下村 通誉
        日本動物分類学会第50回大会(海洋研究開発機構), 2017年06月14日
      • 沖縄島宜名真海底鍾乳洞 (通称:辺戸ドーム) で採集された甲殻類
        藤田 喜久; 伊勢 優史; 水山 克; 下村 通誉
        沖縄生物学会第54回大会(沖縄県立芸術大学), 2017年05月20日
      • 実物資料に内包された知覚効果を引き出す展示手法の開発 ~昆虫の多様性の知覚化に向けて
        蓑島 悠介; 下村 通誉; 真鍋 徹; 上田 恭一郎
        全国科学博物館協議会第25回研究発表大会(福岡市科学館), 2017年
      • Three species of parasitic isopods from the Ryukyu Islands, southwestern Japan.
        Shimomura, M; Higashiji, T
        The 87th Annual Meeting of the Zoological Society of Japan, Okinawa Convention Center, 2016年11月17日
      • 伊豆大島から得られたアミ類Mysidellaに寄生するアミヤドリムシ科等脚類Aspidophryxusの1種.
        下村 通誉; 星野 修
        日本甲殻類学会第54回大会, 2016年
      • 伊豆大島から得られたアミヤドリムシ科等脚類の1種.
        下村 通誉; 星野 修
        日本動物分類学会第52回大会(北海道大学), 2016年
      • みんなの知らない海のへんないきもの~深海・洞窟性生物・寄生虫
        下村 通誉
        ぎょぶる創刊特別講演会(ジュンク堂書店福岡店), 2015年07月26日
      • アミ類Rhopalophthalmusに寄生するアミヤドリムシ科等脚類の1種.
        下村 通誉; 大塚 攻
        日本動物分類学会第50回大会(広島大学), 2015年
      • 相模湾産等脚目甲殻類の分類学的研究と等脚類の多様な生態・形態.
        下村 通誉
        日本動物学会第86回大会シンポジウム(朱鷺メッセ), 2015年, 招待有り
      • 日本産ミズムシ亜目の多様性と分類.
        下村 通誉
        日本甲殻類学会第53回大会自由集会(東京海洋大学), 2015年, 招待有り
      • いのちのたび博物館ユニバーサルミュージアム化事業について
        下村 通誉
        福祉のまちづくり大都市連絡会議(北九州市), 2014年11月07日
      • 局所・景観スケールでの環境改変に対するチョウ類の応答 ─種・機能群・群集レベルでの解析─.
        曽我 昌史; 尾崎 研一; 山浦 悠一; 河原 孝行; 福山 研二; 佐山 勝彦; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 伊藤 哲也; 吉田 尚生
        第126回日本森林学会大会(北海道大学), 2014年
      • 西表島より得られたミズムシ亜目等脚類の2未記載種.
        下村 通誉; 成瀬 貫
        日本動物分類学会第50回大会(国立科学博物館), 2014年
      • 深海のへんな生き物~奇妙な形の甲殻類の調査と研究~
        下村 通誉
        豊田ホタルの里ミュージアム第16回特別講演会, 2013年10月06日
      • 鹿児島県甑島列島沖より得られたトガリヘラムシ科(甲殻亜門:等脚目:ヘラムシ亜目)の1未記載種.
        下村 通誉; 角井 敬知
        日本動物分類学会第48回大会(東邦大学習志野キャンパス), 2012年
      • 隠れて暮らす微小甲殻類の分類学?いかに見つけて,いかに研究するか.
        下村 通誉
        日本動物学会第83回大会シンポジウム(大阪大学), 2012年, 招待有り
      • サラサエビの腹部から得られたエビヤドリムシ科の1未記載種(等脚目).
        齋藤 暢宏; 下村 通誉; 奥野 淳兒
        日本甲殻類学会第48回大会(東京海洋大学), 2011年
      • 小笠原諸島より得られたインゴルフィエラ亜目(甲殻亜門:端脚目)の1未記載種.
        下村 通誉; 角井 敬知
        日本動物分類学会第47回大会(琉球大学千原キャンパス), 2011年
      • 沖縄のイシサンゴ類に穿孔するルリツボムシに寄生するカクレヤドリムシ類の一種.
        下村 通誉; 広瀬 慎美子
        日本動物学会第82回大会(北海道旭川市大雪クリスタルホール), 2011年
      • ゴエモンコシオリエビから発見された寄生性等脚類エビヤドリムシ科の分類学的検討.
        徐 美恵; 小島 茂明; 下村 通誉; 渡部 裕美; 藤倉 克則
        BLUE EARTH 2010(東京海洋大学), 2010年
      • オーストラリア産サンティア科ミズムシ亜目等脚類(甲殻亜門:フクロエビ上目)の分類学的研究.
        下村 通誉; Bruce, N
        日本動物分類学会第46回大会(国立科学博物館新宿分館), 2010年
      • 海産等脚目甲殻類の性的二型.
        下村 通誉
        共同利用シンポジウム「水生生物の性的二型 適応と進化」(東京大学大気海洋研究所), 2010年, 招待有り
      • 久米島の海底洞窟から発見されたミクトカリス目の1未記載種.
        下村 通誉; 藤田 喜久; 成瀬 貫
        日本甲殻類学会第47回大会(琉球大学千原キャンパス), 2010年
      • 深海の多様な小型甲殻類
        下村 通誉
        JAMSTEC第4回海と地球の研究セミナー, 2009年03月01日
      • 日本における海洋生物の多様性 - Census of Marine Life -.
        倉克
        日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会(北海道大学水産学部), 2009年
      • 日本動物学会第80回大会(静岡グランシップ)
        大塚 攻; 藤田 喜久; 下村 通誉
        日本動物学会第80回大会日本動物分類学会関連集会(静岡グランシップ), 2009年, 招待有り
      • ムネトゲヒメミズムシ属Heterosignum(甲殻亜門:等脚目)の分類学的研究.
        下村 通誉
        日本動物学会第80回大会(静岡グランシップ), 2009年
      • 海洋生物のセンサスCensus of Marine Lifeの活動と日本の海洋生物の多様性.
        倉克
        日本動物分類学会大45回大会(名古屋港水族館), 2009年
      • 小型甲殻類を採集して記載する-特に等脚目の分類学的研究-.
        下村 通誉
        日本動物分類学会第45回大会奨励賞受賞記念講演(名古屋港水族館), 2009年, 招待有り
      • Symbiosis in planktonic crustaceans: diversity and interaction.
        Ohtsuka, S; Hanamura, Y; Horiguchi, T; Yamaguchi, A; Shimomura, M; Suzaki, T
        The Crustacean Society Summer Meeting, Tokyo, Tokyo University of Marine Science & Technology, 2009年
      • Asellote isopod (Crustacea: Isopoda) from soil habitats.
        Yamaki, A; Shimomura, M; Karube, H; Kikuchi, T
        The Crustacean Society Summer Meeting, Tokyo, Tokyo University of Marine Science & Technology, 2009年
      • Two undescribed species of the family Dajidae (Isopoda: Cymothoida) from Japan.
        Shimomura, M; Ohtsuka, S
        The Crustacean Society Summer Meeting, Tokyo, Tokyo University of Marine Science & Technology, 2009年
      • 北九州市立自然史・歴史博物館における収蔵品管理とデータベース化の現状と課題
        下村 通誉
        第11回自然史標本データ整備事業による標本情報の発信に関する研究会, 2008年06月30日
      • フィリピン産オウギガニ科カニDemania cultripesの毒性と毒性分について.
        鶴田 慎太郎; 菊池 太佑; Gloria Delan; 下村 通誉; 谷山 茂人; 浅川
        日本水産学会(東海大学), 2008年
      • 2007年6月に田倉崎から採集されたウミミズムシ科等脚類の未記載種.
        下村 通誉; 有山 啓之
        関西海洋生物談話会(大阪市立自然史博物館), 2008年
      • 相模湾海底の鯨骨より得られたMunna属の未記載種(甲殻亜門:等脚目:ミズムシ亜目).
        下村 通誉; 藤原 義弘
        日本動物分類学会第44回大会(横浜国立大学), 2008年
      • 南大東島の洞穴地下水域から発見されたテルモスバエナ目の一新種.
        藤田 喜久; 下村 通誉
        沖縄生物学会第45回大会(琉球大学), 2008年
      • 南大東島から得られたテルモスバエナ目の一未記載種.
        下村 通誉; 藤田 喜久
        日本甲殻類学会第46回大会(鹿児島大学), 2008年
      • セブ島産オウギガニ科Demania属カニの毒性について.
        鶴田 慎太郎; 菊池 太佑; Gloria Delan; 下村 通誉; 谷山 茂人; 浅川 学
        日本水産学会(北海道大学水産学部), 2007年
      • ナガレモエビの一種(Hippolyte sp.)に寄生する2種の等脚類の寄生状況.
        榊原 唯志; 大塚 攻; 下村 通誉
        日本ベントス・日本プランクトン学会合同大会(横浜市立大学金沢八景キャンパス), 2007年
      • 南日本産深海棲小型甲殻類ミズムシ亜目の分類学的研究.
        下村 通誉
        日本動物学会第78回大会(弘前大学), 2007年
      • Occurrence of food poisoning due to ingestion of grapsid crab Metopograpsus latifrons in the Philippines.
        Asakawa, M; Quilangtang, M. B; Matsuda; S. Shimomura, M; Taniyama, S; Miyazawa, K
        International forum on coastal environment and utilization of fisheries resources (Iloilo, Philippines), 2006年
      • Preliminary study on the molecular phylogeny of poisonous crabs from the coasts of Panay and Negros Is., Philippines.
        Yap, E. S; Shimomura, M; Taniyama, S; Asakawa, M
        International forum on coastal environment and utilization of fisheries resources (Iloilo, Philippines), 2006年
      • Preliminary report on some isopods and poisonous crabs.
        Shimomura, M; Yap, E. S; Taniyama, S; Asakawa, M
        International forum on coastal environment and utilization of fisheries resources (Iloilo, Philippines)., 2006年
      • 沖縄産インゴルフィエラIngolfiellaの1種(フクロエビ上目:端脚目).
        下村 通誉; 大塚 攻; 富川 光
        日本動物分類学会第42回大会(東京海洋大学), 2006年
      • カシラエビ綱の1未記載種の報告及び Sandersiella acuminata Shiino, 1965のホロタイプの再記載.
        下村 通誉; 秋山 貞
        日本甲殻類学会第44回大会(北海道大学水産学部), 2006年
      • 南西諸島の深海棲ミズムシ亜目等脚類の分類.
        下村 通誉
        日本動物学会第76回大会(つくば国際会議場), 2005年
      • Occurrrence of food poisoning due to ingestion of grapsid crab Metopograpsus latifrons in the Philippines.
        Asakawa, M; Quilangtang, M. B; Shimomura, M; Matsuda, S; Pangatt, E. B; Olympia, M. SD; Taniyama, S; Miyazawa, K
        Seventh asia-pacific congress on animal, plant and microbial toxins (Cebu, Philippines), 2005年
      • 相模灘産ミズムシ亜目等脚類の分類学的研究.
        下村 通誉
        日本動物分類学会41回大会(徳島県立博物館), 2005年
      • フィリピンで発生したカニの喫食による食中毒について(I).
        浅川 学; M.B.Quilantang; 下村 通誉; 松田 周平; 谷山 茂人; 宮澤 啓輔
        日本水産学会(東京海洋大学), 2005年
      • ポンテラ科カイアシ類の系統分類学的研究.
        阿部 香; 大塚 攻; 下村 通誉; H.Y. Soh; S.-I. Eyun
        日本ベントス・プランクトン学会合同大会(愛媛大学), 2004年
      • 数種フィリピン産カニの毒性.
        浅川 学; 伊藤 克敏; マーシー・キランタン; 進藤 穣; 下村 通誉; 宮澤 啓輔
        日本水産学会(鹿児島大学), 2004年
      • ミズムシ亜目等脚目甲殻類―その分類と多様な形態.
        下村 通誉
        日本動物学会第75回大会日本動物分類学会関連集会シンポジウム(甲南大学), 2004年, 招待有り
      • Bathycopea属(甲殻綱:等脚目:Sphaeromatidea)の分類学的再評価.
        下村 通誉
        日本動物学会第75回大会(甲南大学), 2004年
      • 西太平洋海溝部から得られたKatianiridaeミズムシ類(甲殻綱:等脚目)の分類.
        下村 通誉
        日本動物学会第74回大会(函館大学), 2003年
      • カムチャツカ海溝から採集されたウオビル科Piscicolidaeのヒルについて.
        伊藤 哲也; 下村 通誉; 太田 秀
        日本動物分類学会第38回大会(ミュージアムパーク茨城自然博物館), 2002年
      • 日本海溝および千島海溝の深海性等脚類.
        下村 通誉; 太田 秀
        日本動物分類学会第38回大会(ミュージアムパーク茨城自然博物館), 2002年
      • ランドスケープレベルの蝶類多様性におよぼす食草分布の影響.
        尾崎 研一; 佐山 勝彦; 河原 孝行; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 伊藤 哲也
        日本応用動物昆虫学会46回大会(東京農業大学), 2002年
      • 日本産ミズムシ類Janiroideaの分類.
        下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物学会第71回大会(九州工業大学), 2001年
      • ゴミムシ類の生息場所選択とそれに基づくゴミムシ相の評価.
        磯野 昌弘; 尾崎 研一; 福山 研二; 下村 通誉
        日本昆虫学会第61回大会(東北大学), 2001年
      • 日本産寄生性等脚類アミヤドリムシ科の分類.
        下村 通誉; 馬渡 駿介; 内藤 和典; 大塚 攻
        日本動物学会北海道支部第48回大会(大沼国際交流セミナーハウス), 2001年
      • 瀬戸内海産寄生性等脚類アミヤドリムシ科の1未記載種の成体および幼生について.
        下村 通誉; 大塚 攻; 内藤 和典
        日本動物分類学会第31回大会(北海道大学), 2001年
      • 森林の蝶類多様性におよぼす景観構造の影響.
        尾崎 研一; 福山 研二; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 伊藤 哲也; 吉田 尚生
        日本応用動物昆虫学会第45回大会(鳥取大学), 2001年
      • 日本産パラムンナ科等脚類Heterosignumの分類.
        下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物学会第71回大会(東京大学), 2000年
      • 平成11年度第8次豊潮丸調査における等脚目ミズムシ類の報告.
        下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物分類学会第30回大会(国立科学博物館), 2000年
      • 日本産パラムンナ科等脚類の分類.
        下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物学会第70回大会(山形大学), 1999年
      • 厚岸産パラムンナ科等脚類Pleurogoniumの分類.
        下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物学会北海道支部第46回大会(北海道教育大学釧路校), 1999年
      • デーデルラインが収集した日本産無脊椎動物標本の調査.
        馬渡 駿介; 加藤 哲哉; 下村 通誉; 白川 彩弓
        日本動物学会第69回大会(広島大学), 1998年
      • .サシバゴカイ科Eumida属の未記載種とそれに寄生する橈脚類Phyllodicola sp.
        加藤 哲哉; 下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物学会第69回大会(広島大学), 1998年
      • 日本産ムンナ科等脚類の分類.
        下村 通誉; 馬渡 駿介
        日本動物学会第69回大会(広島大学), 1998年
      • 死にまねをする昆虫としない昆虫.
        下村 通誉; 酒井 正樹
        日本動物学会中四国支部第49回大会(愛媛大学), 1997年
      • コツブムシなどのなかま:In: 山崎博史;仲村 康秀;田中 隼人(指導・執筆)プランクトン: クラゲ・ミジンコ・小さな水の生物 (小学館の図鑑NEO POCKET)
        下村通誉, 分担執筆
        小学館, 2024年06月25日
      • 海産無脊椎動物多様性学 : 100年の歴史とフロンティア
        京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所; 京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所創立100周年記念出版編集委員会, 単著, 下村通誉 第1部 等脚目の多様性研究―日本沿岸のミズムシとアミヤドリムシ. p.143-152
        京都大学学術出版会, 2022年11月
      • 海産無脊椎動物多様性学 : 100年の歴史とフロンティア
        京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所; 京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所創立100周年記念出版編集委員会, 共著, 下村通誉・朝倉彰 第1部 総論 海産無脊椎動物の多様性解明の最前線.p.3-11.
        京都大学学術出版会, 2022年11月
      • キタフナムシ、ニホンタマワラジムシ、ハマダンゴムシ、ナナツバコツブムシ、サッパノギンカ:近藤裕介;大塚攻;佐藤正典(編) ハチの干潟の生きものたち
        下村通誉, 分担執筆
        2022年04月
      • クモ形類等. 福岡県のレッドデータブック2014. 福岡県の希少野生生物
        井原 庸; 逸見 泰久; 下村 通誉, 分担執筆
        福岡県, 2014年, 査読無し
      • 甲殻類その他. 福岡県のレッドデータブック2014. 福岡県の希少野生生物
        逸見 泰久; 下村 通誉; 井原 庸, 分担執筆
        福岡県, 2014年, 査読無し
      • 「ヒガタスナホリムシ,ヒゲナガスナウミナナフシ,ヒメコツブムシ」,干潟の絶滅危惧動物図鑑. 日本ベントス学会編
        下村 通誉; 布村 昇, 分担執筆
        東海大学出版会, 2012年, 査読無し
      • 「カシラエビ」,干潟の絶滅危惧動物図鑑. 日本ベントス学会編
        下村 通誉, 分担執筆
        東海大学出版会, 2012年, 査読無し

      受賞

      • 2009年
        日本動物分類学会, 日本動物分類学会第6回奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 寄生性等脚類の寄生場所の選択と形態適応に関する研究
        基盤研究(C)
        小区分45030:多様性生物学および分類学関連
        京都大学
        下村 通誉
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        寄生虫;等脚類;寄生適応;ホスト;宿主;エビヤドリムシ;等脚目;寄生;アミヤドリムシ科;寄生性;形態;分類
      • 琉球列島の洞窟水圏環境における生物多様性の解明
        基盤研究(B)
        小区分45030:多様性生物学および分類学関連
        沖縄県立芸術大学
        藤田 喜久
        自 2020年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        洞窟水圏;海底洞窟;生物多様性;琉球列島;生物相;洞窟水圏環境;アンキアライン環境;保護・保全
      • 北西太平洋の海溝域に生息する深海底生動物の多様性と進化機構の網羅的解明
        基盤研究(A)
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        東京大学
        小島 茂明
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        海溝;海山沈み込み;底生生物;遺伝的分化;種分化
      • 実物資料を活用した自然史の新たな展示手法および展示理論の構築
        基盤研究(B)
        北九州市立自然史・歴史博物館
        上田 恭一郎
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        博物館;自然史;展示;実物;資料;自然史博物館;博物館学;標本;自然史資料;実物資料
      • 宿主によって形を変える寄生虫は存在するか?
        挑戦的萌芽研究
        北九州市立自然史・歴史博物館
        下村 通誉
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        寄生虫;甲殻類;等脚目;寄生性;等脚類;ヤドリムシ類;アミヤドリムシ類;寄生性等脚類
      • 超寄生性生物カクレヤドリムシ類の起源と進化に関する研究
        若手研究(B)
        北九州市立自然史・歴史博物館
        下村 通誉
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        超寄生;重寄生;等脚類;分類;カクレヤドリムシ;寄生虫;寄生生物
      • 等脚目甲殻類の形態変化を伴う寄生生活への適応に関する系統学的研究
        若手研究(B)
        北九州市立自然史・歴史博物館
        下村 通誉
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        寄生生物;等脚目;寄生虫;甲殻類;等脚類;分類;系統
      • 水族寄生生物の生活史、特に感染期の宿主特異性に関する研究
        基盤研究(B)
        広島大学
        大塚 攻
        自 2008年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        カイアシ類;ウオジラミ類;単生類;吸虫類;隔口類;生活史;感染期;発生段階;「国際情報交換」(連合王国);繊毛虫;等脚類;感染;共生;カリグス類;隔口類繊毛虫;プランクトン;phoront(休止期);trophont(摂食期);tomite(感染期);寄生生物;生理生態;カリグス科;鉢クラゲ類;渦鞭毛藻類;マダイ;宿主転換;メタケルカリア;ミズクラゲ;トラフグ;宿主特異性;成長段階
      • 寄生性甲殻類ヤドリムシ亜目の分類及び系統学的研究
        若手研究(B)
        北九州市立自然史・歴史博物館
        下村 通誉
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        分類体系;寄生生物;甲殻類;等脚類;分類学;系統学
      • 深海性小型甲殻類ミズムシ亜目の分類・系統に関する研究
        若手研究(B)
        北九州市立自然史・歴史博物館
        下村 通誉
        自 2003年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        深海;甲殻類;等脚類;分類;ミズムシ亜目
      • 琉球列島の洞窟水圏環境における生物多様性の解明
        基盤研究(B)
        小区分45030:多様性生物学および分類学関連
        沖縄県立芸術大学
        藤田 喜久
        自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        洞窟水圏;海底洞窟;生物多様性;琉球列島;生物相

      外部資金:その他

      • 南大東島の洞窟地下水域に生息するダイトウコオイエビの生息状況と生態に関する研究
        公益財団法人自然保護助成基金, 第30期(2019年度)プロ・ナトゥーラ・ファンド助成
        自 2019年10月01日, 至 2020年09月30日
        藤田喜久
        副代表
      • 寄生虫に寄生するカクレヤドリムシの分類学的研究
        財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団学術助成
        自 2012年, 至 2013年
        下村通誉
      • 日本産洞窟性甲殻類の系統進化学的研究
        公益信託成茂動物科学振興基金
        自 2011年, 至 2012年
        下村通誉
      • 海産無脊椎動物の新たな展示手法の確立
        笹川科学研究助成
        自 2011年, 至 2012年
        下村通誉
      • 日本沿岸の海産等脚目ミズムシIaniropsisの分類・系統と海洋生物地理
        笹川科学研究助成
        自 2007年, 至 2008年
        下村通誉
      • 日本近海の等脚目ミズムシ類の分類学的研究
        笹川科学研究助成
        自 2001年, 至 2002年
        下村通誉
      • 利尻島沿岸の動物相の調査
        利尻島研究助成
        自 2001年, 至 2001年
        下村通誉
      • 日本沿岸の砂粒間隙性等脚類の分類学的研究
        財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団学術助成
        自 2001年, 至 2002年
        下村通誉
      • 日本南部の浅海域に生息する陸棚性等脚類の分類学的研究
        財団法人昭和聖徳記念財団学術研究奨励
        自 2002年, 至 2003年
        下村通誉
      • 日本沿岸のウミミズムシ類(Ianiropsis)の分類学的研究
        財団法人水産無脊椎動物研究所個別研究助成
        自 2003年, 至 2004年
        下村通誉
      list
        Last Updated :2024/07/08

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          森里海連環学実習IV
          Y306, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          森里海連環学I
          Y301, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          博物館実習(館園実務)
          W307, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          臨海実習第1部
          4734, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物学セミナーB
          4732, 後期, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          無脊椎動物学
          2708, 後期, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          海洋生物学
          8732, 前期, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          臨海実習第4部
          4737, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          臨海実習第2部
          4735, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          海洋生物学ゼミナールA
          8133, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          機能形態・系統特論B
          8132, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          機能形態・系統特論A
          8131, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          海洋生物学ゼミナールD
          8136, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          海洋生物学ゼミナールC
          8135, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          海洋生物学ゼミナールB
          8134, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          海洋生物学特論
          8040, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          森里海統合管理学
          3304, 前期, 地球環境学舎, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          森里海連環学実習IV
          Y306, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          森里海連環学I
          Y301, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          博物館実習(館園実務)
          W307, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          海洋生物学ゼミナールD
          8136, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          海洋生物学ゼミナールC
          8135, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          海洋生物学ゼミナールB
          8134, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          海洋生物学特論
          8040, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          海洋生物学ゼミナールA
          8133, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          動物系統解析特論B
          8130, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          動物系統解析特論A
          8129, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物学セミナーB
          4732, 後期, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          無脊椎動物学
          2708, 後期, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨海実習第4部
          4737, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨海実習第2部
          4735, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨海実習第1部
          4734, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          海洋生物学
          8732, 前期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          海洋生物学ゼミナールD
          8136, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森里海連環学実習IV
          Y306, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          機能形態・系統特論B
          8132, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨海実習第4部
          4737, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森里海連環学I
          Y301, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          海洋生物学ゼミナールB
          8134, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          海洋生物学ゼミナールA
          8133, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          海洋生物学
          8732, 前期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨海実習第1部
          4734, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物学セミナーB
          4732, 後期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          海洋生物学特論
          8040, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          海洋生物学ゼミナールC
          8135, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          機能形態・系統特論A
          8131, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          博物館実習(館園実務)
          W307, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨海実習第2部
          4735, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          無脊椎動物学
          2708, 後期, 理学部, 2
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物系統解析特論A
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物系統解析特論B
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森里海連環学実習IV
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物学
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物学特論
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          無脊椎動物学
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨海実習第1部
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨海実習第2部
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨海実習第4部
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:フィールド実習“森は海の恋人”
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          形態機能系統特論A
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          形態機能系統特論B
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森里海連環学実習IV:沿岸域生態系に与える陸・川・人の …
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物学
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物学特論
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          無脊椎動物学
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学セミナ-B (10)
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨海実習第1部
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨海実習第2部
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨海実習第4部
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:フィールド実習“森は海の恋人”
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物系統解析特論A
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物系統解析特論B
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          博物館実習(館園実務)
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森里海連環学I:森・里・海と人のつながり
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森里海連環学実習IV:沿岸域生態系に与える陸・川・人の …
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物学
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物学特論
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          無脊椎動物学
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学セミナ-B (10)
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨海実習第1部
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨海実習第2部
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨海実習第4部
          前期集中, 理学部

        博士学位審査

        • Diversity, systematics and phylogeny of dotillid crabs (Crustacea: Brachyura: Ocypodoidea: Dotillidae) in the Indonesian Archipelago(インドネシア列島における コメツキガニ科のカニ類 (甲殻亜門: 短尾亜目: スナガニ上科) の多様性とその系統分類学的研究)
          DEWI CITRA MURNIATI, 理学研究科, 副査
          2023年09月25日
        list
          Last Updated :2024/07/08

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年09月01日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2022年04月01日
            教育研究組織改革検討WG 委員
          • 自 2019年04月01日
            瀬戸臨海実験所教育関係共同利用拠点運営委員会 委員
          • 自 2021年04月01日
            労働安全衛生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日
            瀬戸臨海実験所長

          ページ上部へ戻る