教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

角山 雄一

ツノヤマ ユウイチ

環境安全保健機構 放射線管理部門 助教

角山 雄一
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学内兼務

    • 人間・環境学研究科, 人間・環境学研究科

    所属学協会

    • 日本放射線安全管理学会
    • 日本保健物理学会

    学位

    • 修士(人間・環境学)(京都大学)
    • 博士(人間・環境学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科修士課程人間・環境学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科博士後期課程人間・環境学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東北大学, 理学部生物学科, Department of Biology, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      千葉県立千葉高等学校, ちばけんりつちばこうとうがっこう

    経歴

    • 自 1997年, 至 1998年
      科学技術振興事業団特別研究員

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        放射線生物影響、原子力災害被災地復興支援、放射線教育
      • 研究概要

        α線一細胞照射影響ライブイメージング装置の開発、低線量放射線被ばくの生体影響に関する研究、放射線学習教材・カリキュラムの開発など。

      研究キーワード

      • 光合成
      • 転写制御機構
      • 葉緑体遺伝子
      • 分子生物学
      • 放射線安全管理
      • 放射線学習プログラム開発
      • 放射線生物影響
      • 放射線影響数理モデル
      • 線量率効果

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • 人文・社会, 科学教育, 放射線教育
      • 環境・農学, 放射線影響

      論文

      • The Reconsider Linear Non-Threshold (LNT) Hypothesis of Radiation Effect on Living Object
        Yuichiro Manabe; Issei Nakamura; Hiroo Nakajima; Yuichi Tsunoyama; Masako Bando
        Insights Concerning the Fukushima Daiichi Nuclear Accident Vol. 1, 2021年
      • WAM to SeeSaw model for cancer therapy - overcoming LQM difficulties.
        Masako Bando; Yuichi Tsunoyama; Kazuyo Suzuki; Hiroshi Toki
        International journal of radiation biology, 2021年, 査読有り
      • 遺伝的影響予測シミュレータ「WAMSIM」 ―動植物への低 LET 放射線照射実験における遺伝的影響を予測する WAM モデルシミュレータ―
        角山 雄一; 尾上 洋介; 鈴木 和代; 高西 康敬; 佐 藤 丈; 真鍋 勇一郎; 和田 隆宏; 土 岐 博; 坂東 昌子
        保健物理, 2020年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • The Importance of Mathematical Models for Understanding the Biological Effects of Radiation: Whack-A-Mole Model and Subsequent Developments
        Yuichiro Manabe; Tetsuhiro Kinugawa; Takahiro Wada; Satoshi Tanaka; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Hiroshi Toki; Masako Bando
        RADIOISOTOPES, 2020年07月15日
      • 低LET放射線による遺伝的影響を予測するWebシミュレータ「WAMSIM」
        角山 雄一; 尾上 洋介; 鈴木 和代; 土岐 博; 坂東 昌子
        日本保健物理学会研究発表会講演要旨集, 2020年06月
      • Selective Activation of Chloroplast psbD Light-Responsive Promoter and psaA/B Promoter in Transplastomic Tobacco Plants Overexpressing Arabidopsis Sigma Factor AtSIG5.
        Mikio Nozoe; Yuichi Tsunoyama; Yoko Ishizaki; Yoichi Nakahira; Takashi Shiina
        Protein and peptide letters, 2020年, 査読有り
      • Comparison of the LQ and WAM Models on the Fractionation Effect in Radiation Therapy and Animal Experiments
        Masako Bando; Yosuke Onoue; Yuichi Tsunoyama; Kazuyo Suzuki; Joe Sato; Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Hiroshi Toki
        J. Nucl. Med. Radiat. Ther., 2020年, 査読有り
      • Study of mutation from DNA to biological evolution.
        Masako Bando; Tetsuhiro Kinugawa; Yuichiro Manabe; Miwako Masugi; Hiroo Nakajima; Kazuyo Suzuki; Yuichi Tsunoyama; Takahiro Wada; Hiroshi Toki
        International journal of radiation biology, 2019年10月, 査読有り, 招待有り
      • Verification of a dose rate-responsive dynamic equilibrium model on radiation-induced mutation frequencies in mice.
        Yuichi Tsunoyama; Kazuyo Suzuki; Miwako Masugi-Tokita; Hiroo Nakajima; Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Masako Bando
        International journal of radiation biology, 2019年10月, 査読有り, 招待有り
      • 放射線に対するリスク感覚を養成する
        角山 雄一
        エネルギーレビュー, 2019年05月, 招待有り
      • HIGH BACKGROUND AREA FOR RADIATION EDUCATION
        N. Matsuda; N. Fukuda; M. Yamauchi; Y. Tsunoyama; S. Tomita; M. Kita
        Radiation Protection Dosimetry, 2019年04月, 査読有り
      • 被ばく影響の基準の根拠と健康影響に使われる解析法 放射線誘発変異発生頻度線量率応答モデルWAMモデルを用いたラッセルのマウス実験結果の再解析
        角山 雄一; 鈴木 和代; 馬杉 美和子; 中島 裕夫; 真鍋 勇一郎; 和田 隆宏; 坂東 昌子
        日本放射線安全管理学会誌, 2018年11月, 招待有り
      • 分析機器の正しい使い方 放射能分析
        戸崎 充男; 角山 雄一
        ぶんせき, 2017年, 招待有り
      • Structural and functional characterisation of the cyanobacterial PetC3 Rieske protein family.
        Sebastian Veit; Kazuki Takeda; Yuichi Tsunoyama; Frauke Baymann; Reinat Nevo; Ziv Reich; Matthias Rögner; Kunio Miki; Sascha Rexroth
        Biochimica et biophysica acta, 2016年12月, 査読有り
      • Dose and dose-rate dependence of mutation frequency under long-term exposure - a new look at DDREF from WAM model
        Takahiro Wada; Yuichiro Manabe; Issei Nakamura; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Masako Bando
        JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY, 2016年, 査読有り
      • Whack-A- Mole Model: Towards a Unified Description of Biological Effects Caused by Radiation Exposure
        Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Issei Nakamura; Masako Bando
        JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 2015年04月, 査読有り
      • 24aAR-10 放射線生体影響定量評価のための2成分理論モデル
        真鍋 勇一郎; 和田 隆宏; 角山 雄一; 中島 裕夫; 中村 一成; 坂東 昌子
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 放射線誘発突然変異頻度の線量・線量率応答への数理モデル~Whack-A-Mole モデル~の適用
        真鍋勇一郎; 和田隆宏; 中村一成; 角山雄一; 中島裕夫; 坂東昌子
        放射線生物研究, 2015年, 査読有り
      • LNT再考 放射線の生体影響を考える
        真鍋 勇一郎; 中村 一成; 中島 裕夫; 角山 雄一; 坂東 昌子
        日本原子力学会誌, 2014年
      • Structure of a thermophilic cyanobacterial b6f-type Rieske protein.
        Sebastian Veit; Kazuki Takeda; Yuichi Tsunoyama; Dorothea Rexroth; Matthias Rögner; Kunio Miki
        Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography, 2012年10月, 査読有り
      • 学校高学年における放射線初等教育の試み
        角山 雄一; 梅下 博道
        日本放射線安全管理学会邦文誌, 2012年
      • 放射線安全管理の歴史 人類はどのように放射線のリスクと向き合ってきたのか
        角山 雄一
        海洋化学研究, 2012年
      • Multiple Rieske proteins enable short- and long-term light adaptation of Synechocystis sp. PCC 6803.
        Yuichi Tsunoyama; Gábor Bernát; Nina G Dyczmons; Dirk Schneider; Matthias Rögner
        The Journal of biological chemistry, 2009年10月09日, 査読有り
      • Two novel nuclear genes, OsSIG5 and OsSIG6, encoding potential plastid sigma factors of RNA polymerase in rice: tissue-specific and light-responsive gene expression.
        Yoshiki Kubota; Akio Miyao; Hirohiko Hirochika; Yuzuru Tozawa; Hiroyuki Yasuda; Yuichi Tsunoyama; Yasuo Niwa; Sousuke Imamura; Makoto Shirai; Munehiko Asayama
        Plant & cell physiology, 2007年01月, 査読有り
      • Two novel nuclear genes, SIG5 and SIG6, encoding potential plastid sigma factors of RNA polymerase in rice: tissue-specific and light-responsive transcription
        Kubota Y; Miyao A; Hirochika H; Tozawa Y; Yasuda H; Tsunoyama Y; Niwa Y; Imamura S; Shirai M; Asayama M
        Plant and Cell Physiology, 2007年, 査読有り
      • 光合成遺伝子の青色光に応答した発現制御
        角山 雄一
        Radioisotopes, 2006年01月15日, 査読有り
      • [Environmental signal-responsive transcription in chloroplasts: light-responsive promoter and SIG5].
        Yuichi Tsunoyama
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2005年11月
      • A nuclear-encoded sigma factor, Arabidopsis SIG6, recognizes sigma-70 type chloroplast promoters and regulates early chloroplast development in cotyledons.
        Yoko Ishizaki; Yuichi Tsunoyama; Kyoko Hatano; Kohei Ando; Ko Kato; Atsuhiko Shinmyo; Maki Kobori; Go Takeba; Yoichi Nakahira; Takashi Shiina
        The Plant journal : for cell and molecular biology, 2005年04月, 査読有り
      • Characterization of a plastid sigma factor AtSIG5 responsible for psbDlight-responsive transcription.
        Nozoe M; Ishizaki Y; Tsunoyama Y; Tsubokura Y; Kato K; Shinnmyo A; Nakahira Y; Shiina T
        "Photosynthesis: Fundamental Aspects to Global Perspectives ”A. van der Est, D. Bruce, eds., Kluwer Academic Publishers, Dordrecht., 2005年, 査読有り
      • 「二層膜オルガネラの遺伝学」
        角山雄一
        環境に応答した葉緑体転写制御 光応答プロモーターとSIG5 蛋白質核酸酵素 2005; 14: 857, 2005年, 査読有り
      • Plastid RNA polymerases, promoters, and transcription regulators in higher plants.
        Takashi Shiina; Yuichi Tsunoyama; Yoichi Nakahira; Muhammad S Khan
        International review of cytology, 2005年, 査読有り
      • Blue light-induced transcription of plastid-encoded psbD gene is mediated by a nuclear-encoded transcription initiation factor, AtSig5.
        Yuichi Tsunoyama; Yoko Ishizaki; Kazuya Morikawa; Maki Kobori; Yoichi Nakahira; Go Takeba; Yoshinori Toyoshima; Takashi Shiina
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2004年03月02日, 査読有り
      • Blue light specific and differential expression of a plastid sigma factor, Sig5 in Arabidopsis thaliana.
        Yuichi Tsunoyama; Kazuya Morikawa; Takashi Shiina; Yoshinori Toyoshima
        FEBS letters, 2002年04月10日, 査読有り
      • Transcriptional regulation of the plastid gene expression in higher plants.
        角山 雄一
        Endocytobiology,VIII, 2002年, 査読有り
      • 葉緑体のRNA合成酵素(Plastid RNA polymerases)
        角山 雄一
        Radioisotopes, 2000年02月15日, 査読有り
      • Circadian-regulated expression of a nuclear-encoded plastid sigma factor gene (sigA) in wheat seedlings
        K Morikawa; S Ito; Y Tsunoyama; Y Nakahira; T Shiina; Y Toyoshima
        FEBS LETTERS, 1999年05月, 査読有り
      • Developmental stage-specific multi-subunit plastid RNA polymerases (PEP) in wheat
        J Satoh; K Baba; Y Nakahira; Y Tsunoyama; T Shiina; Y Toyoshima
        PLANT JOURNAL, 1999年05月, 査読有り
      • Circadian-regulated expression of a nuclear-encoded plastid σ factor gene (sigA) in wheat seedlings
        Kazuya Morikawa; Shinji Ito; Yuichi Tsunoyama; Yoichi Nakahira; Takashi Shiina; Yoshinori Toyoshima
        FEBS Letters, 1999年05月28日, 査読有り
      • Coexistence of the plastidial sigma factor SigA and bacterial RNA polymerase activity in partially purified chloroplast sduble protein fruction.
        角山 雄一
        Rice genetics Neusletters,15/,176-178, 1998年, 査読有り
      • Cis and trans factor(s) of a light-responsive promoter psbD/C gene cluster in wheat plastids
        Y Tsunoyama; Y Nakahira; T Shiina; Y Toyoshima
        PHOTOSYNTHESIS: FROM LIGHT TO BIOSPHERE, VOL III, 1995年, 査読有り

      MISC

      • 富岡町に放射線の自警団を~帰還を目指す住民と実施する放射線安全管理学習会~
        角山 雄一; 堀江 正信; 垣下 典永; 宮武 秀男; 五十棲 泰人; 戸崎 充男
        日本放射線安全管理学会第16回学術大会, 2017年06月
      • 京都大学における新たな放射線取扱者個人管理システム導入事例
        角山 雄一; 石塚 史彦; 谷口 哲也; 江指 正洋; 加藤 大典; 伊藤 大毅; 吉田 岳史; 戸崎 充男
        日本放射線安全管理学会第16回学術大会, 2017年06月
      • Po-210マイクロα線源を用いたシングルセルHeイオン照射系
        角山 雄一; 戸崎 充男; 五十棲 泰人
        日本放射線安全管理学会第15回学術大会, 2016年11月
      • Mathematical model which can estimate the mutation frequency induced by radiation, considering dose rate explicitly
        Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Masako Bando
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2015年12月
      • 7aAM-2 Radiation Exposed Theoryとスケーリング則(7aAM 生物物理一般,領域12(ソフトマター物理・化学物理・生物物理))
        真鍋 勇一郎; 中村 一成; 角山 雄一; 中島 裕夫; 坂東 昌子
        日本物理学会講演概要集, 2014年08月22日
      • 「Po-210 マイクロα線源を用いた一細胞照射影響観察系の開発」
        角山雄一; 笹健太郎; 加藤晃弘; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会第11 回学術大会 平成24 年12 月4 日(大阪), 2012年, 査読有り
      • Micron-size Po-210 He-ion Source Optimized for Single Cell Scale Irradiation and Live Imaging.
        Y. Tsunoyama
        Microbeam Probes of Cellular Radiation Response 10th International Workshop, 2012年, 招待有り
      • An Arabidopsis double mutant sig2sig6 exhibits albino phenotype.
        Y Ishizaki; K Ozono; C Takenaka; Y Tsunoyama; Y Nakahira; K Tanaka; K Kanamaru; M Hanaoka; T Shiina
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • Involvement of a chloroplast-localized protein CAS in the external Ca2+-induced stomatal closure.
        H Nomura; M Kobori; Y Tsunoyama; E Iwagishi; Y Nakahira; T Shiina
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • Characterization of a specific plastid sigma factor AtSIG5 using chloroplast transformation
        M Nozoe; Y Ishizaki; Y Tsunoyama; Y Tsubokura; Y Nakahira; T Shiina
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2005年
      • Proteome analysis of plastid RNA polymerase PEP fraction in wheat
        Y Tsunoyama; T Shimaoka; K Tomizawa; T Shiina
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2005年
      • Arabidopsis Sig6 is a general sigma factor in chloroplasts, important for transcription of photosynthesis-related genes at an early stage of seedling growth
        Y Ishizaki; Y Tsunoyama; K Hatano; M Kobori; G Takeba; Y Nakahira; T Shiina
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2004年
      • Identification of blue-light receptors involved in transcription of sig5 in Arabidopsis thaliana
        T Mochizuki; Y Onda; Y Tsunoyama; A Ohba; T Shiina; M Wada; Y Toyoshima
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2003年
      • Expression analysis of plastid sigma factor Sig5 of PEP in rice
        Y Tsunoyama; H Yasuda; T Shiina
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2003年
      • Plastid sigma factor sig5 is expressed under the control of blue light to activate the pshD blue-light-responsive promoter in Arabidopsis thaliana
        Y Tsunoyama; T Shiina; Y Toyoshima
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2002年
      • Light-induced switching of promoter recognition specificity of chloroplast polymerase.
        T Shiina; K Baba; Y Tsunoyama; Y Nakahira; A Yoneda; K Morikawa; Y Toyoshima
        PLANT PHYSIOLOGY, 1997年07月
      • SEARCHING OF REGULATORY COMPONENTS OF THE LIGHT-INDUCED TRANSCRIPTION IN WHEAT PSBD/C GENE-CLUSTER
        T SHIINA; T WADA; Y TSUNOYAMA; Y TOYOSHIMA
        PHOTOSYNTHESIS RESEARCH, 1992年10月

      講演・口頭発表等

      • 海外の放射線施設の放射線事故に係る最新知見の収集WG
        角山雄一
        日本放射線安全管理学会6月シンポジウム, 2021年06月25日, 招待有り
      • 一細胞照射用マイクロα線源の開発
        角山雄一
        日本放射線安全管理学会第19回学術大会, 2020年12月11日
      • 市販型ドローンを用いた放射線モニタリング教育
        角山雄一
        日本放射線安全管理学会第19回学術大会, 2020年12月11日
      • 海外の放射線施設の放射線事故に係る最新知見の収集
        角山雄一
        日本放射線安全管理学会第19回学術大会, 2020年12月11日, 招待有り
      • 低LET放射線による遺伝的影響を予測するWeb シミュレータ「WAMSIM」
        角山雄一
        第53回日本保健物理学会研究発表会, 2020年06月29日
      • 遺伝的影響線量率応答モデルシミュレータ WAMSIM
        角山雄一
        第2回日本放射線安全管理学会・日本保健物理学会合同大会, 2019年12月06日
      • Po 210 微小線源を用いた局所照射系の評価
        角山雄一
        第2回日本放射線安全管理学会・日本保健物理学会合同大会, 2019年12月06日
      • 「放射線事故の初動対応を考える」事例から学ぶこと・火災
        角山雄一
        令和元年度放射線安全取扱部会年次大会, 2019年10月24日, 招待有り
      • WAM モデルを用いた長期低線量率被ばく影響および分割照射影響の推測
        角山雄一
        第56回放射線影響懇話会, 2019年07月26日, 招待有り
      • 動的平衡を考慮した線量率応答モデルWAMmodelによる遺伝的影響予測
        角山 雄一
        基研研究会 放射線の生体影響解明への分野横断による挑戦, 2019年04月24日, 招待有り
      • α線一細胞照射影響を解析するシステムの開発について
        角山雄一
        名古屋大学アイソトープ総合センターセミナー, 2019年04月01日, 招待有り
      • 放射線施設の火災時における放射線主任者の対応について
        角山雄一
        名古屋大学アイソトープ総合センターセミナー, 2019年04月01日, 招待有り
      • 低線量被ばく影響における直線仮説の再検証
        角山雄一
        核融合科学研究所放射線業務従事者更新講習会, 2019年03月06日, 招待有り
      • 管区区域火災事故報告
        角山雄一
        核融合科学研究所放射線業務従事者更新講習会, 2019年03月06日, 招待有り
      • He2+イオン三次元細胞照射系の検討
        角山雄一
        日本放射線安全管理学会第17回学術大会, 2018年12月06日
      • ディベートを主体とした高校生スペシャルセッション
        角山雄一
        日本放射線安全管理学会第17回学術大会, 2018年12月06日
      • 放射線ってなんだろう?
        角山雄一
        平成30年度原子力防災訓練, 2018年11月04日, 招待有り
      • DNA損傷量と等価線量率の関係について考える~低線量・低線量率放 射線影響の統一的・定量的理解のために~
        真鍋勇一郎; 和田隆宏; 衣川哲弘; 角山雄一; 中島裕夫; 坂東昌子
        第61回日本放射線影響学会, 2018年11月, 招待有り
      • Proposal of WAM model -Is LNT suitable to describe low-dose/dose rate biological effects caused by radiation?
        Masako Bando; Takahiro Wada; Yuichiro Manabe; Yuichi Tsunoyama
        Applicability of radiation-response models to low dose protection standard, 2018年10月03日
      • Reconsideration of the concept "DDREF" based on LNT
        Masako Bando; Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Yuuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima
        2018 Radiation research society annual meeting, 2018年09月
      • 体験として学ぶ放射線
        角山雄一
        2018年07月21日, 招待有り
      • 管理区域火災時の対応 -事故報告-
        角山雄一
        2018年製薬放射線研修会, 2018年06月14日, 招待有り
      • 放射線誘発変異発生頻度の線量率応答に関する数理モデル ~メガマウス実験データとの比較検証〜
        角山 雄一
        日本放射線安全管理学会6月シンポジウム, 2018年05月, 招待有り
      • ケーススタディ:管理区域内での火災事故
        角山雄一
        放射線業務従事者登録者教育訓練, 2018年04月16日, 招待有り
      • WAM model - a dynamic equilibrium model for the dose - rate effect.
        Yuichi TSUNOYAMA
        International Workshop on the Biological Effects of Radiation, 2018年03月, 招待有り
      • 管理区域火災時の対応-事故報告-
        角山 雄一
        日本放射線安全管理学会12月シンポジウム, 2017年11月, 招待有り
      • Ethics vs science - Lessons from Fukushima crisis
        Masako Bando; Takahiro Wada; Yuichiro Manabe; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Toshihiro Higuchi
        ICRP-ERPW 2017(4th International Symposium on the System of radiological Protection and the 2nd European Radiation Protection Research Week), 2017年10月
      • 体験を通して学ぶ放射線
        角山 雄一
        京都私立小学校連合会研修会, 2017年08月23日, 招待有り
      • CR-39積層マイクログリッドガラスを用いたヘリウムイオンヒット検出系
        角山 雄一; 堀江 正信; 五十棲 泰人; 戸崎 充男
        日本放射線安全管理学会第16回学術大会, 2017年06月
      • 放射線施設による緊急モニタリングプラットホームの構築
        松田 尚樹; 山内 基弘; 西 弘大; 久下 裕司; 久保 直樹; 渡部 浩司; 桧垣 正吾; 柴 和弘; 柴田 理尋; 川本 卓男; 戸崎 充男; 角山 雄一; 小野 俊朗; 花房 直志; 中島 覚; 稲田 晋宣; 松嶋 亮人; 杉原 真司
        日本放射線安全管理学会第15回学術大会, 2016年12月
      • 低線量放射線のヒトへの影響~物理学知見からの提案~
        真鍋 勇一郎; 和田 隆宏; 角山 雄一; 中島 裕夫; 坂東 昌子
        保物セミナー2016, 2016年11月, 招待有り
      • 住民が主体的に取り組む放射線安全管理体制の整備 ~富岡町での挑戦~
        角山 雄一
        日本放射線安全管理学会第15回学術大会, 2016年11月
      • 子どもたちが楽しみながら学べる放射線基礎学習カードゲームの開発
        角山 雄一
        日本放射線安全管理学会第15回学術大会, 2016年11月, 招待有り
      • 低線量放射線生体影響研究における数理モデルの有用性
        真鍋 勇一郎; 和田 隆宏; 角山 雄一; 中島 裕夫; 中村 一成; 坂東 昌子
        日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月
      • The Role of Scientists - What we learned after Fukushima
        Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Masako Bando
        Radiation Protection Week 2016, 2016年09月22日
      • もぐらたたきモデルによる発がん率の評価
        真鍋勇一郎; 和田隆宏; 角山雄一; 中島裕夫; 中村一成; 坂東昌子
        日本物理学会2016年秋季大会, 2016年09月15日
      • 「日本のエネルギー環境教育を考える」大学から教育に関わっている実践者の視点から
        角山 雄一
        日本エネルギー環境教育学会2016 札幌大会, 2016年08月, 招待有り
      • 自然突然変異と生命の進化速度
        坂東昌子; 真鍋勇一郎; 和田隆宏; 角山雄一; 中島裕夫
        日本物理学会第71回年次大会, 2016年03月19日
      • A new model for biological effects of radiation and the driven force of molecular evolution
        Takahiro Wada; Yuichiro Manabe; Hiroo Nakajima; Yuichi Tsunoyama; Masako Bando
        APS(American Physical Society) March Meeting 2016, 2016年03月15日
      • 放射線生体影響の数理モデルの解説およびパラメータの意味
        真鍋勇一郎; 和田隆宏; 中村一成; 角山雄一; 中島裕夫; 坂東昌子
        社会物理プログラム 統数研共同研究集会「経済物理とその周辺」, 2016年01月19日
      • 放射線誘発突然変異頻度を定量評価可能な線量率をあらわに取り入れた数理モデル:集団遺伝学との関連性を探る
        真鍋勇一郎; 和田隆宏; 中村一成; 角山雄一; 中島裕夫; 坂東昌子
        第2回ゲノム多様性解析ワークショップ, 2015年12月
      • Whack-A-Mole Model: Towards a Unified Description of Biological Effects Caused by Radiation Exposure
        Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Masako Bando
        SEVENTH MELODI Workshop "Next Generation Radiation Protection Research", 2015年11月10日
      • Challenge to use the Concept, Dose Rate instead of Total Dose
        Masako Bando; Yuichiro Manabe; Takahiro Wada; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima
        SEVENTH MELODI Workshop "Next Generation Radiation Protection Research", 2015年11月10日
      • Study of biological effects of long-term exposure to low dose-rate radiation with Whack-A-Mole model
        Takahiro Wada; Yuichiro Manabe; Issei Nakamura; Yuichi Tsunoyama; Hiroo Nakajima; Masako Bando
        SEVENTH MELODI Workshop "Next Generation Radiation Protection Research", 2015年11月10日
      • だれかに伝えたくなる放射線のお話し
        角山 雄一
        滋賀県原子力防災訓練, 2015年10月, 招待有り
      • 分割照射放射線の生体影響へのもぐらたたきモデルの適用
        真鍋勇一郎; 和田隆宏; 中島裕夫; 角山雄一; 坂東昌子
        日本原子力学会2015年秋の大会, 2015年09月09日
      • The history of radiation induced mutagenesis in plants and WAM model.
        Yuichi Tsunoyama
        Biological & Medical Science based on Physics: Radiation and phyiscs, Physics on medical science, Modeling for biological system, 2015年, 招待有り
      • コミュニティの参画した新しい放射線教育のための放射線指導パッケージの開発
        松田尚樹; 鈴木啓司; 高村昇; 福田直子; 藤本登; 熊谷敦史; 菓子野元郎; 小野孝二; 北実; 福徳康雄; 角山雄一; 島崎達也; 小野俊郎; 三好弘一
        日本放射線安全管理学会第14回学術大会, 2015年
      • 小学生を対象とした放射線学習教材と放射線教育プログラムの開発
        角山 雄一
        日本放射線安全管理学会第14回学術大会, 2015年
      • 時間経過に伴う修復効果を考慮した突然変異率推定WAMモデル
        角山 雄一; 和田 隆宏; 真鍋 勇一郎; 中島 裕夫; 坂東 昌子
        日本放射線安全管理学会第14回学術大会, 2015年
      • 低放射線の健康への影響と食の重要性
        角山 雄一; 宇野賀津子; 坂東昌子
        2014年05月, 招待有り
      • 福島復興支援活動と連携した放射線教育プログラム
        角山雄一; 鳥居寛之; 宇野賀津子; 坂東昌子
        日本放射線安全管理学会第13回学術大会, 2014年
      • 放射線入門教育における出前授業の効果の検証
        角山雄一; 戸崎充男; 京都放射線教育研究会
        第50回アイソトープ・放射線研究発表会, 2013年
      • 玄米高速スクリーニング検査装置用「大容量標準物質」の開発
        角山雄一; 井上芳浩; 五十棲泰人; 戸崎充男
        日本放射線安全管理学会 第12回学術大会, 2013年
      • Po-210 マイクロα線源を用いた一細胞照射影響観察系の開発
        角山雄一; 笹健太郎; 加藤晃弘; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会第11 回学術大会 平成24 年12 月4 日(大阪), 2012年
      • 「初めて学ぶ放射線」小学校における放射線教育の取り組み
        角山雄一; 梅下博道
        第49回アイソトープ・放射線研究発表会, 2012年
      • Po-210マイクロ線源を用いた一細胞ライブイメージングシステムの開発
        角山 雄一
        フォーラム21「イオンビームを用いた物理とその応用」, 2012年01月, 招待有り
      • Development of Single Cell Irradiation and Live Imaging System Using Po-210 Micro He-Ion Source.
        Yuichi TSUNOYAMA
        第12回「イオンビームによる表面・界面解析」特別研究会, 2011年12月, 招待有り
      • α線銃を用いた一細胞ライブイメージングシステムの開発
        角山雄一; 加藤晃弘; 村上順一; 笹健太郎; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会 第10回学術大会, 2011年
      • Po-210α線を用いた細胞照射影響観察システムの開発
        角山雄一; 村上順一; 川本卓男; 戸崎充男; 五十棲泰人
        第48回アイソトープ・放射線研究発表会, 2011年
      • 細胞レベルの放射線影響を調べるためのα線銃の開発
        角山雄一; 川本卓男; 村上順一; 大迫清子; 戸崎充男; 五十棲泰人
        日本放射線安全管理学会 第9回学術大会, 2010年
      • 宇宙飛行士の染色体異常とWAMモデル
        角山雄一; 土岐博; 坂東昌子
        第3回日本放射線姉全管理学会・日本保健物理学会合同大会, 2021年12月02日
      • A Proposal for the Application of Mathematical Models That Accurately Approximate Measured Data to Radiation Protection
        Yuichi Tsunoyama
        the Future of Radiological Protection Digital Workshop - ICRP, 2021年10月19日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 原子力のいまと明日
        日本原子力学会, 共著, 確定的影響と確率的影響、低線量をめぐる問題
        丸善出版, 2019年03月, 査読無し
      • 密封線源の基礎
        飯本武志; 上蓑義朋; 杉山和幸; 角山雄一; 三家本隆宏; 山田崇裕, 共著, 放射線の生物影響
        日本アイソトープ協会(丸善出版), 2019年03月, 査読無し
      • よくわかる放射線・アイソトープの安全取扱い
        日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会教育訓練テキスト改訂ワーキンググループ, 共著, 人体への影響
        日本アイソトープ協会(丸善出版), 2018年03月, 査読無し
      • 放射線 必須データ32 被ばく影響の根拠
        田中司朗; 角山 雄一; 中島 裕夫; 坂東 昌子, 編著
        創元社, 2016年03月, 査読無し
      • 環境学 21世紀の教養
        京都大学で環境学を考える研究者たち編, 分担執筆, 放射線とリスク ―放射線に関するリテラシー―
        朝倉書店, 2014年04月, 査読無し
      • 環境に応答した葉緑体転写制御 光応答プロモーターとSIG5
        角山 雄一
        蛋白質核酸酵素「二層膜オルガネラの遺伝学」,14, 1857, 2005年, 査読無し
      • 図解 放射性同位元素等取扱者必携(共著)
        角山 雄一
        オーム社,, 査読無し
      • スタートアップ生化学 -わかる“生命”のしくみ-(共著)
        角山 雄一
        化学同人社,, 査読無し

      Works(作品等)

      • 植物の物質生産プロセス制御基盤研究開発
        自 2004年

      受賞

      • 2010年
        日本放射線安全管理学会, 第9回学術大会 優秀プレゼンテーション賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 放射線教育のSTEAM化によるEBPM支援プログラムの開発
        基盤研究(B)
        小区分09080:科学教育関連
        長崎大学
        松田 尚樹
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        放射線教育
      • Po-210線源によるα線マイクロ照射制御検出システムの開発とその応用
        基盤研究(C)
        小区分29030:応用物理一般関連
        京都大学
        戸崎 充男
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        Po-210;マイクロα線源;シングルイオン;裏面照射型CMOS;2次元位置検出;照射制御;細胞照射;エネルギー測定;半導体撮像素子;照射2次元位置測定
      • 一細胞α線照射ライブイメージングによる体内局所被ばく影響評価
        基盤研究(C)
        小区分63020:放射線影響関連
        京都大学
        角山 雄一
        自 2018年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        細胞照射;α線;高LET放射線;DNA二本鎖切断;CR-39;バイスタンダー効果;PHITS;放射線影響;アルファ線
      • 放射線生体影響に関する物理学、疫学、生物学の認識文化の比較分析
        基盤研究(B)
        大阪大学
        坂東 昌子
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        分野横断;放射線影響;科学者組織;科学と社会;認識文化;トランスサイエンス;放射線防護;TEPCO;WAM;LNT;mutation;radiation risk;megamous;mathematical model;dose rate;total dose;歴史;解析;アンケート調査;比較文化;アンケート分析;社会学;放射線;生物物理
      • ロバスト性の高い放射線科学文化の創造 - 放射線ラーニングの新展開
        基盤研究(B)
        長崎大学
        松田 尚樹
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        放射線教育;放射線影響;環境放射能;被ばく線量評価;原子力防災;放射線ラーニング;放射線コミュニケーション;フィールドモニタリング;科学文化;放射線影響解析;環境放射能解析;放射線健康リスク;フィールドセミナー;科学教育;分子イメージング;科学と社会・文化;教育・コミュニケーション技術
      • 放射線照射制御検出のための赤外線発光シンチレーター素子の開発とその応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        戸崎 充男
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        赤外線発光シンチレーター;マイクロα線源;Po-210;細胞照射;シングルイオン照射制御;XY-ステージ;パルスモータ制御;XYステージ
      • コミュニティの参画した新しい放射線教育のための放射線指導パッケージの開発
        基盤研究(B)
        長崎大学
        松田 尚樹
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        科学教育;放射線教育;リスクコミュニケーション
      • シングルイオン卓上顕微照射装置の開発とその利用による放射線生物影響の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        川本 卓男
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        α線;放射線生物影響;照射装置;DNA 修復;飛程;DNA修復
      • マイハギにおける微弱な接触刺激「音」に対する応答機構の解明
        萌芽研究
        京都大学
        角山 雄一
        完了
        マイハギ;音;接触刺激;托葉
      • 葉緑体遺伝子発現を制御する核因子群の同定と機能解析
        特定領域研究
        生物系
        京都府立大学
        椎名 隆
        完了
        葉緑体;シグマ因子;転写;Ca2+シグナル;GTPase;リボソーム;PEP;シロイヌナズナ;核様体;Obg;気孔;カルシウム
      • 葉緑体形質転換によるプラスチド転写因子の機能解析
        基盤研究(C)
        京都府立大学
        椎名 隆
        完了
        PEP;NEP;転写;シグマ因子;プロモーター;RNAポリメラー;葉緑体;シロイヌナズナ;SIG1;SIG5;SIBI;葉緑体形質転換;大量発現;タバコ;RNAポリメラーゼ;光;転写因子;転写制御;プロモータ, PEP;NEP;transcription;sigma factor;promoter;RNA polvmeraze;chloroplast;Arabidopsis
      • 転写制御における核と葉緑体間のシグナル伝達機構
        特定領域研究(A)
        京都大学
        豊島 喜則
        完了
        PEP;葉緑体;転写;シグマ因子;psbD;Sig5;SibI;stromule
      • 転写制御における核と葉緑体間のシグナル伝達機構
        特定領域研究(A)
        京都大学
        豊島 喜則
        完了
        葉緑体;転写;転写因子;形質転換;シグマ因子;RNAポリメラーゼ;シグナル伝達

      外部資金:その他

      • 高速・高感度の食品放射能検査装置と大容量標準線源の実用化開発
        科学技術振興機構(JST) 【重点開発領域「放射線計測領域」】実用化タイプ(短期開発型)
        自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
        戸崎充男
      • 市民と科学者を結ぶ放射線コミュニケーションのネットワーク基盤構築
        科学技術振興機構(JST)「科学技術コミュニケーション推進事業ネットワーク形成型」
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日
        坂東昌子
      • 地域住民が主体となって取り組む放射線安全管理体制の整備と実践
        環境省原子力災害影響調査等事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        角山雄一
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • ・放射線ゼミナール
        • ・放射線概論
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          環境学 II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          環境学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          環境学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          放射線ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          環境学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:放射線入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          環境学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:放射線入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          放射線概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境学
          前期, 全学共通科目

        非常勤講師

        • 生命の科学
          前期・後期, 同志社女子大学
        • 放射線生物学、放射化学
          後期, 立命館大学
        • 放射線影響評価論
          後期, 神戸大学
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • ・放射線障害予防小委員会委員
          • ・放射線取扱主任者試験勉強会 講師
          • 自 2008年04月01日
            放射線障害予防小委員会 委員

          ページ上部へ戻る