教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

梶 弘典

カジ ヒロノリ

化学研究所 環境物質化学研究系 教授

梶 弘典
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 工学研究科, 分子工学専攻 分子材料学講座, 教授

    所属学協会

    • 応用物理学会
    • 日本核磁気共鳴学会
    • 日本セラミックス協会
    • 高分子学会
    • 固体NMR・材料フォーラム
    • American Chemical Society (ACS)
    • 有機EL討論会
    • 日本レオロジー学会
    • 情報計算化学生物学会 (CBI学会)
    • 光化学協会
    • The Electrochemical Society (ECS)
    • SPIE - The International Society for Optical Engineering
    • Society for Information Display (SID)

    学位

    • 工学修士(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程工業化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程工業化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部工業化学科, 卒業

    経歴

    • 自 2009年, 至 現在
      京都大学, 化学研究所, 教授
    • 自 2003年, 至 2009年
      京都大学, 化学研究所, 准教授

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1) 有機ELに関する基礎的研究
        2) 高性能有機EL材料、デバイスのハイスループット開発
        3) 有機デバイスのマルチスケールシミュレーション
        4) 固体NMRおよびDNP-NMRによる微視的構造・運動解析
      • 研究概要

        有機・無機材料の機能を分子・原子のレベルから理解することを目的とし、有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)を中心に基礎研究を進めている。有機・無機合成により得た材料をプロセシングにより機能化させ、あるいは、デバイスを創製し、優れた光・電子特性を発現させるとともに、固体NMR・動的核偏極NMR(DNP-NMR)・量子化学計算による精密構造・ダイナミクス解析を行い、機能と構造の相関解明を行っている。

      研究キーワード

      • DNP-NMR
      • 有機合成
      • ハイスループットスクリーニング
      • マルチスケールシミュレーション
      • 量子化学計算
      • 有機EL
      • 固体NMR
      • 高分子材料化学

      研究分野

      • ナノテク・材料, 無機材料、物性
      • ナノテク・材料, 薄膜、表面界面物性
      • ナノテク・材料, 高分子材料
      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 電子デバイス、電子機器
      • ナノテク・材料, 高分子化学

      論文

      • 【2022-8】Near-infrared-red-orange thermally activated delayed fluorescence emitters using a strong tetracoordinated difluoroboronated acceptor
        Yongxia Ren; Hiromichi Nakagawa; Katsuaki Suzuki; Weizhe Hu; Hironori Kaji
        Japanese Journal of Applied Physics, 2022年08月, 査読有り
      • 【2022-7】A multifunctional hole-transporter for high-performance TADF OLEDs and clarification of factors governing the transport property by multiscale simulation
        Natsuo Nagamura; Hisahiro Sasabe; Hiroki Sato; Takahiro Kamata; Nozomi Ito; Suguru Araki; Shoki Abe; Yoshihito Sukegawa; Daisuke Yokoyama; Hironori Kaji; Junji Kido
        Journal of Materials Chemistry C, 2022年06月, 査読有り
      • 【2022-6】Imidazole Acceptor for Both Vacuum-Processable and Solution-Processable Efficient Blue Thermally Activated Delayed Fluorescence
        Yu Kusakabe; Yoshimasa Wada; Tomoya Misono; Katsuaki Suzuki; Katsuyuki Shizu; Hironori Kaji
        ACS Omega, 2022年05月17日
      • 【2022-5】Highly Efficient and Stable Blue Organic Light‐Emitting Diodes based on Thermally Activated Delayed Fluorophor with Donor‐Void‐Acceptor Motif
        Dongdong Zhang; Yoshimasa Wada; Qi Wang; Hengyi Dai; Tianjiao Fan; Guoyun Meng; Jinbei Wei; Yuewei Zhang; Katsuaki Suzuki; Guomeng Li; Lian Duan; Hironori Kaji
        Adv. Sci., 2022年04月25日, 査読有り
      • 【2022-4】Comprehensive understanding of multiple resonance thermally activated delayed fluorescence through quantum chemistry calculations
        Katsuyuki Shizu; Hironori Kaji
        Commun. Chem., 2022年04月, 査読有り
      • 【2022-3】Truxenone Triimide: Two‐Dimensional Molecular Arrangements of Triangular Molecules for Air Stable n‐Type Semiconductors
        Sharvan Kumar; Yun Hee Koo; Tomohiro Higashino; Wakana Matsuda; Samrat Ghosh; Yusuke Tsutsui; Masayuki Suda; Hiroshi Imahori; Katsuaki Suzuki; Hironori Kaji; Shu Seki
        Adv. Electron. Mater., 2022年02月, 査読有り
      • 【2022-2】Microstructure and Faraday effect of Tb2O3‐Al2O3‐SiO2‐B2O3 glasses for fiber‐based magneto‐optical applications
        Yeming Zhang; Shunsuke Murai; Ayaka Maeno; Hironori Kaji; Masahiro Shimizu; Yasuhiko Shimotsuma; Zhijun Ma; Jianrong Qiu; Katsuhisa Tanaka
        J. Am. Ceram. Soc., 2022年02月, 査読有り
      • 【2022-1】Band-like Transport of Charge Carriers in Oriented Two-Dimensional Conjugated Covalent Organic Frameworks
        Samrat Ghosh; Yusuke Tsutsui; Takahiro Kawaguchi; Wakana Matsuda; Shusaku Nagano; Katsuaki Suzuki; Hironori Kaji; Shu Seki
        Chem. Mater., 2022年01月25日, 査読有り
      • 【2021-16】Effect of a twin-emitter design strategy on a previously reported thermally activated delayed fluorescence organic light-emitting diode
        Ettore Crovini; Zhen Zhang; Yu Kusakabe; Yongxia Ren; Yoshimasa Wada; Bilal A Naqvi; Prakhar Sahay; Tomas Matulaitis; Stefan Diesing; Ifor D W Samuel; Wolfgang Brütting; Katsuaki Suzuki; Hironori Kaji; Stefan Bräse; Eli Zysman-Colman
        Beilstein J. Org. Chem., 2021年12月08日, 査読有り
      • 【2021-15】N-Adamantylphthalimide-based Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitter for Solution-processed Organic Light-emitting Diodes
        Masaya Shibano; Katsuaki Suzuki; Hironori Kaji; Toshiyuki Takano
        Chem. Lett., 2021年12月05日, 査読有り
      • 【2021-14】Near-Unity Singlet Fission on a Quantum Dot Initiated by Resonant Energy Transfer
        Jie Zhang; Hayato Sakai; Katsuaki Suzuki; Taku Hasobe; Nikolai V. Tkachenko; I-Ya Chang; Kim Hyeon-Deuk; Hironori Kaji; Toshiharu Teranishi; Masanori Sakamoto
        J. Am. Chem. Soc., 2021年10月27日, 査読有り
      • 【2021-13】Theoretical Determination of Rate Constants from Excited States: Application to Benzophenone
        Katsuyuki Shizu; Hironori Kaji
        J. Phys. Chem. A, 2021年10月, 査読有り
      • 【2021-12】Multichromophore Molecular Design for Efficient Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitters with Near-Unity Photoluminescence Quantum Yields
        Chen, D., Kusakabe, Y., Ren, Y., Sun, D., Rajamalli, P., Wada, Y., Suzuki, K., Kaji, H. and Zysman-Colman, E.
        J. Org. Chem., 2021年09月, 査読有り
      • 【2021-11】Exact Solution of Kinetic Analysis for Thermally Activated Delayed Fluorescence Materials
        Tsuchiya, Y; Diesing, S; Bencheikh, F; Wada, Y; dos Santos, PL; Kaji, H; Zysman-Colman, E; Samuel, IDW; Adachi, C
        J. Phys. Chem. A, 2021年09月, 査読有り
      • 【2021-9】Efficient blue thermally activated delayed fluorescence emitters showing very fast reverse intersystem crossing
        Ren, Y; Wada, Y; Suzuki, K; Kusakabe, Y; Geldsetzer, J; Kaji, H
        Appl. Phys. Express, 2021年07月01日, 査読有り
      • 【2021-10】Manipulation of ChargeTransfer States by Molecular Design: Perspective from “Dynamic Exciton”
        Hiroshi Imahori; Yasuhiro Kobori; Hironori Kaji
        Acc. Mater. Res., 2021年07月, 査読有り
      • 【2021-8】Molecular Vibration Accelerates Charge Transfer Emission in a Highly Twisted Blue Thermally Activated Delayed Fluorescence Material
        Wada, Y; Shizu, K; Kaji, H
        J. Phys. Chem. A, 2021年06月03日, 査読有り
      • 【2021-7】Acceleration of Reverse Intersystem Crossing using Different Types of Charge Transfer States
        Wada, Y., Nakagawa, H. and Kaji, H.
        Chem. Asian J., 2021年05月03日, 査読有り
      • 【2021-6】Efficient Direct Reverse Intersystem Crossing between Charge Transfer‐Type Singlet and Triplet States in a Purely Organic Molecule
        Wada, Y; Wakisaka, Y; Kaji, H
        ChemPhysChem, 2021年04月07日, 査読有り
      • 【2021-5】Comprehensive study on operational lifetime of organic light-emitting diodes: effects of molecular structure and energy transfer
        Ito, H; Shimizu, T; Wada, Y; Kaji, H; Fukagawa H
        Jpn. J. Appl. Phys., 2021年03月19日, 査読有り
      • 【2021-4】Exploring the capability of mayenite (12CaO·7Al2O3) as hydrogen storage material
        Visbal, H; Omura, T; Nagashima, K; Itoh, T; Ohwaki, T; Imai, H; Ishigaki, T; Maeno, A; Suzuki, K; Kaji H; Hirao K
        Sci. Rep., 2021年03月18日, 査読有り
      • 【2021-3】 Correlated Triplet Pair Formation Activated by Geometry Relaxation in Directly Linked Tetracene Dimer (5,5′-Bitetracene)
        Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        ACS Omega, 2021年02月02日, 査読有り
      • 【2021-2】Synthesis and Characterization of 5,5′-Bitetracene
        Mamada, M; Goushi, K; Nakamura, R; Kaji, H; Adachi C
        Chem. Lett., 2021年01月, 査読有り
      • 【2021-1】 Thiophene-Fused Naphthodiphospholes: Modulation of the Structural and Electronic Properties of Polycyclic Aromatics by Precise Fusion of Heteroles
        Ishida, K; Higashino, T; Wada, Y; Kaji H; Saeki A; Imahori, H
        ChemPlusChem, 2021年01月, 査読有り
      • 【2020-9】Tris(triazolo)triazine-based emitters for solution-processed blue thermally activated delayed fluorescence organic light-emitting diodes
        Fabian Hundemer; Ettore Crovini; Yoshimasa Wada; Hironori Kaji; Stefan Bräse; Eli Zysman-Colman
        Mater. Adv., 2020年10月, 査読有り
      • 【2020-8】Conformation Control of Iminodibenzyl-Based Thermally Activated Delayed Fluorescence Material by Tilted Face-to-Face Alignment With Optimal Distance (tFFO) Design
        Yu Kusakabe, Yoshimasa Wada, Hiromichi Nakagawa, Katsuyuki Shizu, Hironori Kaji
        Frontiers in Chemistry, 2020年08月14日, 査読有り
      • 【2020-7】Organic light emitters exhibiting very fast reverse intersystem crossing
        Yoshimasa Wada; Hiromichi Nakagawa; Soma Matsumoto; Yasuaki Wakisaka; Hironori Kaji
        Nat. Photon., 2020年08月, 査読有り
      • 【2020-6】Lamellar Structure in Alanine–Glycine Copolypeptides Studied by Solid-State NMR Spectroscopy: A Model for the Crystalline Domain of Bombyx mori Silk Fibroin in Silk II Form
        Tetsuo Asakura; Akihiro Aoki; Kohei Komatsu; Chie Ito; Ikue Suzuki; Akira Naito; Hironori Kaji
        Biomacromolecules, 2020年06月, 査読有り
      • 【2020-5】Visual Understanding of Vibronic Coupling and Quantitative Rate Expression for Singlet Fission in Molecular Aggregates
        Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        Bull. Chem. Soc. Jpn., 2020年06月, 査読有り
      • 【2020-4】Identification of Prime Factors to Maximize the Photocatalytic Hydrogen Evolution of Covalent Organic Frameworks
        Ghosh, S.; Nakada, A.; Springer, M.; Kawaguchi, T.; Suzuki, K.; Kaji, H.; Baburin, I.; Kuc,A.; Heine, T.; Suzuki, H.; Abe, R.; Seki, S.
        J. Am. Chem. Soc., 2020年04月, 査読有り
      • 【2020-3】Thermally Activated Delayed Fluorescence Benzyl Cellulose Derivatives for Nondoped Organic Light-Emitting Diodes
        Masaya Shibano; Hiroki Ochiai; Katsuaki Suzuki; Hiroshi Kamitakahara; Hironori Kaji; Toshiyuki Takano
        Macromolecules, 2020年04月, 査読有り
      • 【2020-2】Effect of Vibronic Coupling on Correlated Triplet Pair Formation in the Singlet Fission Process of Linked Tetracene Dimers
        Shizu, K.; Adachi, C.; Kaji, H.
        J. Phys. Chem. A, 2020年04月, 査読有り
      • 【2020-1】Improving NIR sensor detectivity of BODIPY/C-60 bulk heterojunction photodiode
        Fujioka, R.; Fukushima, T.; Oishi, N.; Koshiba, Y.; Takechi, C.; Horike, S.; Kaji, H.; Ishida, K.; Fujioka, R.,
        Jpn. J. Appl. Phys., 2020年04月, 査読有り
      • 【2019-7】Noise Reduction in Solid-State NMR Spectra Using Principal Component Analysis
        Kusaka, Y; Hasegawa, T; Kaji, H
        J. Phys. Chem. A, 2019年11月, 査読有り
      • 【2019-6】 Ambient-dried highly flexible copolymer aerogels and their nanocomposites with polypyrrole for thermal insulation, separation, and pressure sensing
        Zu,GQ; Kanamori,K; Maeno,A; Kaji,H; Nakanishi,K; Shen,J
        Polymer Chemistry, 2019年09月, 査読有り
      • 【2020-7】Molecular Design Realizing Very Fast Reverse Intersystem Crossing in Purely Organic Emitter
        yoshimasa wada; Hiromichi Nakagawa; Soma Matsumoto; Yasuaki Wakisaka; Hironori Kaji
        ChemRxiv, 2019年08月
      • 【2019-5】The effect of gas emission on the strength of composite products derived using alkali-activated municipal solid waste incineration fly ash/pyrophyllite-based systems
        Shiota, K; Toda, T; Oshita, K; Fujimori, T; Kaji, H; Maeno, A; Takaoka, M
        Chemosphere, 2019年08月, 査読有り
      • 【2019-4】Impact of the Position of Imine-Linker over Optoelectronic Performance of π-Conjugated Organic Frameworks
        Ghosh,S; Tsutsui, Y; Suzuki, K; Kaji, H; Honjo, K; Uemura, T; Seki, S
        Mol. Syst. Des. Eng., 2019年04月, 査読有り
      • 【2019-3】 Synthesis and characterization of cyclic P3HT as a donor polymer for organic solar cells
        Fukushima, T; Ishibashi, H; Suemasa, D; Nakamura, R; Yomogida, M; Isono, T; Satoh, T; Kaji, H
        J. Polym. Sci., PartB: Polym. Phys., 2019年03月, 査読有り
      • 【2019-2】Thermally Activated Delayed Fluorescent Materials Combining Intra- and Intermolecular Charge Transfers
        Zhang, DD; Suzuki, K; Song, XZ; Wada, Y; Kubo, S; Duan, LA; Kaji, H
        ACS Appl. Mater. Interfaces, 2019年02月, 査読有り
      • 【2019-1】Correction to Unveiling the Role of Langevin and Trap-Assisted Recombination in Long-Lifespan OLEDs Employing Thermally Activated Delayed Fluorophores
        Cai, M; Zhang, D; Xu, J; Hong, X; Zhao, C; Song, X; Qiu, Y; Kaji, H; Duan, L
        ACS Appl. Mater. Interfaces, 2019年02月, 査読有り
      • 【2019-1】Unveiling the Role of Langevin and Trap-Assisted Recombination in Long Lifespan OLEDs Employing Thermally Activated Delayed Fluorophore
        Cai, M; Zhang, D; Xu, J; Hong, X; Zhao, C; Song, X; Qiu, Y; Kaji, H; Duan, L
        ACS Appl. Mater. Interfaces, 2019年01月, 査読有り
      • 【2018-13】Dipole Moment in the Excited State: An Important Property for TADF Hosts
        Wada, Y; Kaji, H
        Chem, 2018年09月, 査読有り
      • 【2018-12】Parameter-Free Multiscale Simulation Realising Quantitative Prediction of Hole and Electron Mobilities in Organic Amorphous System with Multiple Frontier Orbitals
        Kubo, S; Kaji, H
        Sci. Rep., 2018年09月, 査読有り
      • 【2018-11】Carbazole and Benzophenone Based Twisted Donor–Acceptor Systems as Solution Processable Green Thermally Activated Delayed Fluorescence Organic Light Emitters
        Tani, K; Yashima T; Miyanaga K; Hori K; Goto K; Tani F; Habuka Y; Suzuki K; Shizu K; Kaji H
        Chem. Lett., 2018年09月, 査読有り
      • 【2018-9】Ultrahigh Power Efficiency Thermally Activated Delayed Fluorescent OLEDs by the Strategic Use of Electron‐Transport Materials
        Sasabe,H; Sato,R; Suzuki,K; Watanabe,Y; Adachi C; Kaji, H; Kido,J
        Adv. Optical Mater., 2018年09月, 査読有り
      • 【2018-10】Superflexible Multifunctional Polyvinylpolydimethylsiloxane-Based Aerogels as Efficient Absorbents, Thermal Superinsulators, and Strain Sensors
        Zu, GQ; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        Angew. Chem. Int. Ed. (Angew. Chem.), 2018年07月, 査読有り
      • 【2018-8】Superheated Melting Kinetics of Metastable Chain-Folded Polymer Crystals
        Toda, A; Taguchi, K; Nozaki, K; Fukushima, T; Kaji, H
        Cryst. Growth Des., 2018年06月, 査読有り
      • 【2018-7】Kinetics of "Melting" of Sucrose Crystals
        Toda, A; Yamamura, R; Taguchi, K; Fukushima, T; Kaji, H
        Cryst. Growth Des., 2018年04月, 査読有り
      • 【2018-6】Versatile Double-Cross-Linking Approach to Transparent, Machinable, Supercompressible, Highly Bendable Aerogel Thermal Superinsulators
        Zu, GQ; Kanamori, K; Shimizu, T; Zhu, Y; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K; Shen, J
        Chem. Mater., 2018年04月, 査読有り
      • 【2018-5】Observation of Spontaneous Orientation Polarization in Evaporated Films of Organic Light-Emitting Diode Materials
        Osada K; Goushi K; Kaji H; Adachi C; Ishii H; Noguchi Y
        Org. Electron., 2018年04月, 査読有り
      • 【2018-4】Effects of Structural and Energetic Disorders on Charge Transports in Crystal and Amorphous Organic Layers
        Suzuki, F; Kubo, S; Fukushima, T; Kaji, H
        Sci. Rep., 2018年03月, 査読有り
      • 【2018-3】Adamantyl Substitution Strategy for Realizing Solution-Processable Thermally Stable Deep-Blue Thermally Activated Delayed Fluorescence Materials
        Wada, Y; Kubo, S; Kaji, H
        Adv. Mater., 2018年02月, 査読有り
      • 【2018-2】Versatile Indolocarbazole-Isomer Derivatives as Highly Emissive Emitters and Ideal Hosts for Thermally Activated Delayed Fluorescent OLEDs with Alleviated Efficiency Roll-Off
        Zhang, DD; Song, XZ; Cai, MH; Kaji, H; Duan, L
        Adv. Mater., 2018年02月, 査読有り
      • 【2018-1】Transparent, Superflexible Doubly Cross-Linked Polyvinylpolymethylsiloxane Aerogel Superinsulators via Ambient Pressure Drying
        Zu, GQ; Shimizu, T; Kanamori, K; Zhu, Y; Maeno, A; Kaji, H; Shen, J; Nakanishi, K
        ACS Nano, 2018年01月, 査読有り
      • 【2017-15】Gram-Scale Syntheses and Conductivities of [10]Cycloparaphenylene and Its Tetraalkoxy Derivatives
        Kayahara, E; Sun, LS; Onishi, H; Suzuki, K; Fukushima, T; Sawada, A; Kaji, H; Yamago, S
        J. Am. Chem. Soc., 2017年12月, 査読有り
      • 【2017-14】Aerogels from Chloromethyltrimethoxysilane and Their Functionalizations
        Kimura, T; Shimizu, T; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        Langmuir, 2017年12月, 査読有り
      • 【2017-13】Analysis of Molecular Orientation in Organic Semiconducting Thin Films Using Static Dynamic Nuclear Polarization Enhanced Solid-State NMR Spectroscopy
        Suzuki, K; Kubo, S; Aussenac, F; Engelke, F; Fukushima, T; Kaji, H
        Suzuki, K., Kubo, S., Aussenac, F., Engelke, F., Fukushima, T. & Kaji, H., 2017年11月, 査読有り
      • 【2017-12】Solution-processable thermally activated delayed fluorescence emitters for application in organic light emitting diodes
        Suzuki, K; Adachi, C; Kaji, H
        J. Soc. Inf. Disp., 2017年08月, 査読有り
      • 【2017-11】Increasing the horizontal orientation of transition dipole moments in solution processed small molecular emitters
        Senes, A; Meskers, SCJ; Greiner, H; Suzuki, K; Kaji, H; Adachi, C; Wilson, JS; Janssen, RAJ
        J. Mater. Chem. C, 2017年07月, 査読有り
      • 【2017-10】Refined Crystal Structure of Samia cynthia ricini Silk Fibroin Revealed by Solid-State NMR Investigations
        Asakura, T; Nishimura, A; Kametani, S; Kawanishi, S; Aoki, A; Suzuki, F; Kaji, H; Naito, A
        Biomacromolecules, 2017年06月, 査読有り
      • 【2017-8】Fabrication of hydrophobic polymethylsilsesquioxane aerogels by a surfactant-free method using alkoxysilane with ionic group
        Hayase, G; Nagayama, S; Nonomura, K; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        J. Asian Ceram. Soc., 2017年06月, 査読有り
      • 【2017-3】Combined Inter- and Intramolecular Charge-Transfer Processes for Highly Efficient Fluorescent Organic Light-Emitting Diodes with Reduced Triplet Exciton Quenching
        Moon, C; Suzuki, K; Shizu, K; Adachi, C; Kaji, H; Kim, J
        Adv. Mater., 2017年05月, 査読有り
      • 【2017-7】Transparent Ethenylene-Bridged Polymethylsiloxane Aerogels: Mechanical Flexibility and Strength and Availability for Addition Reaction
        Shimizu, T; Kanamori, K; Maeno A; Kaji, H; Doherty; Cara M; Nakanishi, K
        Langmuir, 2017年05月, 査読有り
      • 【2017-6】"114"-Type Nitrides LnAl(Si4-xAlx)N7Oδ with Unusual [AlN6] Octahedral Coordination
        Huang, S; Huang, Z; Cao, P; Zujovic, Z; Price, J. R; Avdeev, M; Que, M; Suzuki, F; Kido, T; Ouyang, X; Kaji, H; Fang, M; Liu, Y; Gao, W; Sohnel, T
        Angew. Chem. Int. Ed./Angew. Chem., 2017年03月, 査読有り
      • 【2017-5】Blue organic light-emitting diodes realizing external quantum efficiency over 25% using thermally activated delayed fluorescence emitters
        Miwa, T; Kubo, S; Shizu, K; Komino, T; Adachi, C; Kaji, H
        Sci. Rep., 2017年03月, 査読有り
      • 【2017-4】Highly Flexible Hybrid Polymer Aerogels and Xerogels Based on Resorcinol-Formaldehyde with Enhanced Elastic Stiffness and Recoverability: Insights into the Origin of Their Mechanical Properties
        Hasegawa, G; Shimizu, T; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        Chem. Mater., 2017年03月, 査読有り
      • 【2017-2】Low-density, transparent aerogels and xerogels based on hexylene-bridged polysilsesquioxane with bendability
        Aoki, Y; Shimizu, T; Kanamori, K; Maeno A; Kaji, H; Nakanishi, K
        J. Sol-Gel. Sci. Technol., 2017年01月, 査読有り
      • 【2017-1】Grafted Polymethylhydrosiloxane on Hierarchically Porous Silica Monoliths: A New Path to Monolith-Supported Palladium Nanoparticles for Continuous Flow Catalysis Applications
        Pelisson, C; Nakanishi, T; Zhu, Y; Morisato, K; Kamei, T; Maeno, A; Kaji, H; Muroyama, S; Tafu, M; Kanamori, K; Shimada, T; Nakanishi, K
        ACS Appl. Mater. Interfaces, 2017年01月, 査読有り
      • 【2017-9】Thermally activated delayed fluorescence emitter with symmetric acceptor-donor-acceptor structure
        Shizu, K; Miwa, T; Wada, Y; Ogata., I; Kaji, H
        J. Photopolym. Sci. Technol., 2017年, 査読有り
      • 【2016-8】Transparent Ethylene-Bridged Polymethylsiloxane Aerogels and Xerogels with Improved Bending Flexibility
        Shimizu, T; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        Langmuir, 2016年12月, 査読有り
      • 【2016-7】Detailed Analysis of Charge Transport in Amorphous Organic Thin Layer by Multiscale Simulation without Any Adjustable Parameters
        Uratani, H; Kubo, S; Shizu, K; Suzuki, F; Fukushima, T; Kaji, H
        Sci. Rep., 2016年12月, 査読有り
      • 【2016-6】Transparent, Highly Insulating Polyethyl- and Polyvinylsilsesquioxane Aerogels: Mechanical Improvements by Vulcanization for Ambient Pressure Drying
        Shimizu, T; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Doherty, C. M; Falcaro, P; Nakanishi, K
        Chem. Mater., 2016年10月, 査読有り
      • 【2016-4】The Influence of Quasiplanar Structures of Partially Oxygen-Bridged Triphenylamine Dimers on the Properties of Their Bulk Films
        Nishimura, H; Fukushima, T; Wakamiya, A; Murata, Y; Kaji, H
        Bull. Chem. Soc. Jpn., 2016年06月, 査読有り
      • 【2016-3】Boehmite Nanofiber-Polymethylsilsesquioxane Core-Shell Porous Monoliths for a Thermal Insulator under Low Vacuum Conditions
        Hayase, G; Nonomura, K; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        Chem. Mater., 2016年05月, 査読有り
      • 【2016-2】Highly efficient solution-processed host-free organic light-emitting diodes showing an external quantum efficiency of nearly 18% with a thermally activated delayed fluorescence emitter
        Wada, Y; Shizu, K; Kubo, S; Fukushima, T; Miwa, T; Tanaka, H; Adachi, C; Kaji, H
        Appl. Phys. Express, 2016年03月, 査読有り
      • 【2016-1】Dynamic spring-back behavior in evaporative drying of polymethylsilsesquioxane monolithic gels for low-density transparent thermal superinsulators
        Hayase, G; Kanamori, K; Maeno, A; Kaji, H; Nakanishi, K
        J. Non-Cryst. Solids, 2016年02月, 査読有り
      • 【2016-5】Organic Electroluminescent Materials Realizing Efficient Conversion from Electricity to Light
        Shizu, K; Kaji, H
        J. Photopolym. Sci. Technol., 2016年, 査読有り
      • 【2015-19】Triarylboron-Based Fluorescent Organic Light-Emitting Diodes with External Quantum Efficiencies Exceeding 20 %
        Katsuaki Suzuki; Shosei Kubo; Katsuyuki Shizu; Tatsuya Fukushima; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        Angew. Chem. Int. Ed. , 2015年12月, 査読有り
      • 【2015-18】Highly efficient electroluminescence from a solution-processable thermally activated delayed fluorescence emitter
        Wada, Y; Shizu, K; Kubo, S; Suzuki, K; Tanaka, H; Adachi, C; Kaji, H
        Appl. Phys. Lett., 2015年11月, 査読有り
      • 【2015-17】Highly Efficient Blue Electroluminescence Using Delayed-Fluorescence Emitters with Large Overlap Density between Luminescent and Ground states
        Shizu, K; Noda, H; Tanaka, H; Taneda, M; Uejima, M; Sato, T; Tanaka, K; Kaji, H; Adachi, C
        J. Phys. Chem. C, 2015年11月, 査読有り
      • 【2015-16】Purely organic electroluminescent material realizing 100% conversion from electricity to light
        Kaji, H; Suzuki, H; Fukushima, T; Shizu, K; Suzuki, K; Kubo, S; Komino, T; Oiwa, H; Suzuki, F; Wakamiya, A; Murata, Y; Adachi, C
        Nat. Commun., 2015年10月, 査読有り
      • 【2015-15】Material degradation of liquid organic semiconductors analyzed by nuclear magnetic resonance spectroscopy
        T. Fukushima; J. Yamamoto; M. Fukuchi; S. Hirata; H. H. Jung; O. Hirata; Y. Shibano; C. Adachi; H. Kaji
        AIP Adv., 2015年08月, 査読有り
      • 【2015-14】Highly efficient electroluminescence from purely organic donor-acceptor systems
        K. Shizu; J. Lee; H. Tanaka; H. Nomura; T. Yasuda; H. Kaji; C. Adachi
        Pure. Appl. Chem., 2015年07月, 査読有り
      • 【2015-6】Distribution ratio of carbon black in polyisobutyrene/polyisoprene rubber blends using high-resolution solid-state C-13 NMR
        M. Kotani; H. Dohi; H. Kimura; K. Muraoka; H. Kaji
        Polym. J., 2015年06月, 査読有り
      • 【2015-12】Photocontrolled Organocatalyzed Living Radical Polymerization Feasible over a Wide Range of Wavelengths
        A. Ohtsuki; L. Lei; M. Tanishima; A. Goto; H. Kaji
        J. Am. Chem. Soc., 2015年04月, 査読有り
      • 【2015-11】Meta-linking Strategy for Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitters with a Small Singlet-Triplet Energy Gap
        Shizu, K; Sakai, Y; Tanaka, H; Hirata, S; Adachi, C; Kaji, H
        ITE Trans. on MTA, 2015年04月, 査読有り
      • 【2015-10】Highly Efficient Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitters with a Small Singlet-Triplet Energy Gap and Large Oscillator Strength
        Y. Sagara; K. Shizu; H. Tanaka; H. Miyazaki; K. Goushi; H. Kaji; C. Adachi
        Chem. Lett., 2015年03月, 査読有り
      • 【2015-9】Highly Efficient Blue Electroluminescence Based on Thermally Activated Delayed Fluorescence
        Hirata, S; Sakai, Y; Masui, K; Tanaka, H; Lee, S. Y; Nomura, H; Nakamura, N; Yasumatsu, M; Nakanotani, H; Zhang, Q; Shizu, K; Miyazaki, H; Adachi, C
        Nat. Mater., 2015年03月, 査読有り
      • 【2015-2】Effect of Atom Substitution in Chalcogenodiazole-Containing Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitters on Radiationless Transition
        Taneda, M; Shizu, K; Tanaka, H; Adachi, C
        J. Phys. Chem. C, 2015年02月, 査読有り
      • 【2015-5】Strategy for Designing Electron Donors for Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitters
        K. Shizu; H. Tanaka; M. Uejima; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        J. Phys. Chem. C, 2015年01月, 査読有り
      • 【2015-4】Intermolecular Packing in B. mori Silk Fibroin: Multinuclear NMR Study of the Model Peptide (Ala-Gly)(15) Defines a Heterogeneous Antiparallel Antipolar Mode of Assembly in the Silk II Form
        T. Asakura; T. Ohata; S. Kametani; K. Okushita; K. Yazawa; Y. Nishiyama; K. Nishimura; A. Aoki; F. Suzuki; H. Kaji; A. S. Ulrich; M. P. Williamson
        Macromolecules, 2015年01月, 査読有り
      • 【2015-3】Enhanced Electroluminescence from a Thermally Activated Delayed-Fluorescence Emitter by Suppressing Nonradiative Decay
        K. Shizu; M. Uejima; H. Nomura; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji; C. Adachi
        Phys. Rev. Appl., 2015年01月, 査読有り
      • 【2015-1】A light-emitting mechanism for organic light-emitting diodes: molecular design for inverted singlet-triplet structure and symmetry-controlled thermally activated delayed fluorescence
        T. Sato; M. Uejima; K. Tanaka; H. Kaji; C. Adachi
        J. Mater. Chem. C, 2015年, 査読有り
      • 【2015-7】High efficiency thermally activated delayed fluorescence based on 1,3,5-tris(4-(diphenylamino)phenyl)-2,4,6-tricyanobenzene
        Taneda, M; Shizu, K; Tanaka, H; Adachi, C
        Chem. Commun., 2015年, 査読有り
      • 【2015-8】Controlled emission colors and singlet-triplet energy gaps of dihydrophenazine-based thermally activated delayed fluorescence emitters
        J. Lee; K. Shizu; H. Tanaka; H. Nakanotani; T. Yasuda; H. Kaji; C. Adachi
        J. Mater. Chem. C, 2015年, 査読有り
      • 【2015-13】Multiscale simulation of charge transport in a host material, N,N '-dicarbazole-3,5-benzene (mCP), for organic light-emitting diodes
        Multiscale simulation of charge transport in a host; material, N; N '-dicarbazole; benzene (mCP; for organic light-emitting diodes
        J. Mater. Chem. C, 2015年, 査読有り
      • 【2014-13】Systematic Study on Alkyl Iodide Initiators in Living Radical Polymerization with Organic Catalysts
        L. Lei; M. Tanishima; A. Goto; H. Kaji; Y. Yamaguchi; H. Komatsu; T. Jitsukawa; M. Miyamoto
        Macromolecules, 2014年10月, 査読有り
      • 【2014-10】Polymethylsilsesquioxane-Cellulose Nanofiber Biocomposite Aerogels with High Thermal Insulation, Bendability, and Superhydrophobicity
        G. Hayase; K. Kanamori; K. Abe; H. Yano; A. Maeno; H. Kaji; K. Nakanishi
        ACS Appl. Mater. Inter., 2014年06月, 査読有り
      • 【2014-9】On-Top pi-Stacking of Quasiplanar Molecules in Hole-Transporting Materials: Inducing Anisotropic Carrier Mobility in Amorphous Films
        A. Wakamiya; H. Nishimura; T. Fukushima; F. Suzuki; A. Saeki; S. Seki; I. Osaka; T. Sasamori; M. Murata; Y. Murata; H. Kaji
        Angew. Chem. Int. Edit. / Angew. Chem., 2014年06月, 査読有り
      • 【2014-8】Clarification of isomeric structures and the effect of intermolecular interactions in blue-emitting aluminum complex Alq(3) using first-principles Al-27 NMR calculations
        F. Suzuki; Y. Nishiyama; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2014年06月, 査読有り
      • 【2014-6】A designed fluorescent anthracene derivative: Theory, calculation, synthesis, and characterization
        M. Uejima; T. Sato; M. Detani; A. Wakamiya; F. Suzuki; H. Suzuki; T. Fukushima; K. Tanaka; Y. Murata; C. Adachi; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2014年05月, 査読有り
      • 【2014-5】Living Radical Polymerization via Organic Superbase Catalysis
        L. Lei; M. Tanishima; A. Goto; H. Kaji
        Polymers, 2014年03月, 査読有り
      • 【2014-2】Macromolecular architectures designed by living radical polymerization with organic catalysts
        M. Tanishima; A. Goto; L. Lei; A. Ohtsuki; H. Kaji; A. Nomura; Y. Tsujii; Y. Yamaguchi; H. Komatsu; M. Miyamoto
        Polymers, 2014年02月, 査読有り
      • 【2014-4】Enhancement of fluorescence in anthracene by chlorination: Vibronic coupling and transition dipole moment density analysis
        M. Uejima; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Chem. Phys., 2014年02月, 査読有り
      • 【2014-3】Relationship between room temperature phosphorescence and deuteration position in a purely aromatic compound
        S. Hirata; K. Totani; T. Watanabe; H. Kaji; M. Vacha
        Chem. Phys. Lett., 2014年01月, 査読有り
      • 【2014-1】Difference in the structures of alanine tri- and tetra-peptides with antiparallel β-sheet assessed by X-ray diffraction, solid-state NMR and chemical shift calculations by GIPAW
        T. Asakura; K. Yazawa; K. Horiguchi; F. Suzuki; Y. Nishiyama; K. Nishimura; H. Kaji
        Biopolymers, 2014年01月, 査読有り
      • 【2013-11】π-extended planarized triphenylboranes with thiophene spacers
        A. Shuto; T. Kushida; T. Fukushima; H. Kaji; S. Yamaguchi
        Org. Lett., 2013年12月, 査読有り
      • 【2013-12】Vibronic couplings in C60 derivatives for organic photovoltaics
        N. Iwahara; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2013年12月, 査読有り
      • 【2013-10】A superamphiphobic macroporous silicone monolith with marshmallow-like flexibility
        G. Hayase; K. Kanamori; G. Hasegawa; A. Maeno; H. Kaji; K. Nakanishi
        Angew. Chem. Int. Edit. / Angew. Chem., 2013年10月, 査読有り
      • 【2013-9】Determination of accurate 1H positions of (Ala-Gly)n as a sequential peptide model of bombyx mori silk fibroin before spinning (Silk I)
        T. Asakura; Y. Suzuki; K. Yazawa; A. Aoki; Y. Nishiyama; K. Nishimura; F. Suzuki; H. Kaji
        Macromolecules, 2013年10月, 査読有り
      • 【2013-8】Refined structure determination of blue-emitting tris(8-hydroxyquinoline) aluminum(III) (Alq3) by the combined use of cross-polarization/magic- angle spinning 13C solid-state NMR and first-principles calculation
        F. Suzuki; T. Fukushima; M. Fukuchi; H. Kaji
        J. Phys. Chem. C, 2013年09月, 査読有り
      • 【2013-7】Reversible generation of a carbon-centered radical from alkyl iodide using organic salts and their application as organic catalysts in living radical polymerization
        A. Goto; A. Ohtsuki; H. Ohfuji; M. Tanishima; H. Kaji
        J. Am. Chem. Soc., 2013年07月, 査読有り
      • 【2013-6】Efficient persistent room temperature phosphorescence in organic amorphous materials under ambient conditions
        S. Hirata; K. Totani; J. Zhang; T. Yamashita; H. Kaji; S.R. Marder; T. Watanabe; C. Adachi
        Adv. Funct. Mater., 2013年07月, 査読有り
      • 【2013-5】Vibronic coupling density analysis for the chain-length dependence of reorganization energies in oligofluorenes: A comparative study with oligothiophenes
        M. Uejima; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Phys. Chem. Chem. Phys., 2013年06月, 査読有り
      • 【2013-4】Reversible thermal recording media using time-dependent persistent room temperature phosphorescence
        S. Hirata; K. Totani; H. Kaji; M. Vacha; T. Watanabe; C. Adachi
        Adv. Opt. Mater., 2013年06月, 査読有り
      • 【2013-2】Visible-light-induced reversible complexation mediated living radical polymerization of methacrylates with organic catalysts
        A. Ohtsuki; A. Goto; H. Kaji
        Macromolecules, 2013年01月, 査読有り
      • 【2013-1】Sensitivity boosting in solid-state NMR of thin organic semiconductors by a paramagnetic dopant of copper phthalocyanine
        Y. Nishiyama; T. Fukushima; M. Fukuchi; S. Fujimura; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2013年01月, 査読有り
      • 【2013-3】Facile synthesis of marshmallow-like macroporous gels usable under harsh conditions for the separation of oil and water
        G. Hayase; K. Kanamori; M. Fukuchi; H. Kaji; K. Nakanishi
        Angew. Chem. Int. Edit. / Angew. Chem., 2013年, 査読有り
      • 【2012-7】Green- and blue-emitting tris(8-hydroxyquinoline) aluminum(III) (Alq 3) crystalline polymorphs: Preparation and application to organic light-emitting diodes
        T. Fukushima; H. Kaji
        Org. Electron., 2012年12月, 査読有り
      • 【2012-3】Structure and crystallization of sub-elementary fibrils of bacterial cellulose isolated by using a fluorescent brightening agent
        S. Suzuki; F. Suzuki; Y. Kanie; K. Tsujitani; A. Hirai; H. Kaji; F. Horii
        Cellulose, 2012年06月, 査読有り
      • 【2012-2】Theoretical design for carrier-transporting molecules in view of vibronic couplings
        T. Sato; K. Shizu; K. Tanaka; H. Kaji
        J. Photon. Energy, 2012年, 査読有り
      • 【2012-4】Role of block copolymer surfactant on the pore formation in methylsilsesquioxane aerogel systems
        M. Kurahashi; K. Kanamori; K. Takeda; H. Kaji; K. Nakanishi
        RSC Adv., 2012年, 査読有り
      • 【2012-6】Determination of accurate 1H positions of an alanine tripeptide with anti-parallel and parallel β-sheet structures by high resolution 1H solid state NMR and GIPAW chemical shift calculation
        K. Yazawa; F. Suzuki; Y. Nishiyama; T. Ohata; A. Aoki; K. Nishimura; H. Kaji; T. Shimizu; T. Asakura
        Chem. Commun., 2012年, 査読有り
      • 【2011-9】Solid-state nuclear magnetic resonance analysis of phase separation behavior of regioregular poly(3-hexylthiophene) and [6,6]-phenyl-C 61-butyric acid methyl ester in bulk heterojunction organic solar cells
        T. Fukushima; H. Kimura; Y. Shimahara; H. Kaji
        Appl. Phys. Lett., 2011年11月, 査読有り
      • 【2011-10】Reversible complexation mediated living radical polymerization (RCMP) using organic catalysts
        A. Goto; T. Suzuki; H. Ohfuji; M. Tanishima; T. Fukuda; Y. Tsujii; H. Kaji
        Macromolecules, 2011年11月, 査読有り
      • 【2011-8】Enhanced hole injection in organic light-emitting diodes by optimized synthesis of self-assembled monolayer
        Y. Tokudome; T. Fukushima; A. Goto; H. Kaji
        Org. Electron., 2011年10月, 査読有り
      • 【2011-5】 Living Radical Polymerizations with Organic Catalysts (in Japanese)
        Goro, A; Tsujii, Y; Kaji, H
        Kobunshi Ronbunshu, 2011年05月, 査読有り
      • 【2011-4】Vibronic interactions in hole-transporting molecules: An interplay with electron-hole interactions
        T. Sato; K. Shizu; K. Uegaito; N. Iwahara; K. Tanaka; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2011年04月, 査読有り
      • 【2011-3】Local stoichiometry in amorphous supramolecular composites analyzed by solid-state C 13 nuclear magnetic resonance
        H. Kaji; H. Hayashi; T. Yamada; M. Fukuchi; S. Fujimura; M. Ueda; S. Kang; T. Umeyama; Y. Matano; H. Imahori
        Appl. Phys. Lett., 2011年03月, 査読有り
      • 【2011-1】Revealing bipolar charge-transport property of 4,4′-N,N′- dicarbazolylbiphenyl (CBP) by quantum chemical calculations
        T. Yamada; F. Suzuki; A. Goto; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Org. Electron., 2011年01月, 査読有り
      • 【2011-6】Theoretical design of a hole-transporting molecule: Hexaaza[1 6]parabiphenylophane
        K. Shizu; T. Sato; A. Ito; K. Tanaka; H. Kaji
        J. Mater. Chem., 2011年, 査読有り
      • 【2011-7】Fusion of phosphole and 1,1′-biacenaphthene: Phosphorus(V)-containing extended π-systems with high electron affinity and electron mobility
        Y. Matano; A. Saito; T. Fukushima; Y. Tokudome; F. Suzuki; D. Sakamaki; H. Kaji; A. Ito; K. Tanaka; H. Imahori
        Angew. Chem. Int. Edit. / Angew. Chem., 2011年, 査読有り
      • 【2010-9】A boron-containing molecule as an efficient electron-transporting material with low-power consumption
        K. Shizu; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Appl. Phys. Lett., 2010年10月, 査読有り
      • 【2010-11】Phenols and carbon compounds as efficient organic catalysts for reversible chain transfer catalyzed living radical polymerization (RTCP)
        A. Goto; N. Hirai; K. Nagasawa; Y. Tsujii; T. Fukuda; H. Kaji
        Macromolecules, 2010年10月, 査読有り
      • 【2010-8】Synthesis of high-silica and low-silica zeolite monoliths with trimodal pores
        Y. Tokudome; K. Nakanishi; S. Kosaka; A. Kariya; H. Kaji; T. Hanada
        Microporous Mesoporous Mater., 2010年08月, 査読有り
      • 【2010-7】Vibronic coupling density analysis of hole-transporting materials: Electron-density difference in DFT and HF methods
        K. Shizu; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Org. Electron., 2010年07月, 査読有り
      • 【2010-4】Percolation paths for charge transports in N,N′-diphenyl-N,N′-di(m-tolyl)benzidine (TPD)
        T. Yamada; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Org. Electron., 2010年02月, 査読有り
      • 【2010-2】Electron-vibration interactions in triphenylamine cation: Why are triphenylamine-based molecules good hole-transport materials?
        K. Shizu; T. Sato; K. Tanaka; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2010年02月, 査読有り
      • 【2010-1】Molecular dynamics and orientation of stretched rubber by solid-state 13C NMR
        H. Kimura; H. Dohi; M. Kotani; T. Matsunaga; K. Yamauchi; H. Kaji; H. Kurosu; T. Asakura
        Polym. J., 2010年01月, 査読有り
      • 【2009-2】Planarity of triphenylamine moieties of a typical hole-transport material for OLEDs, N,N′-diphenyl-N,N′-di(m-tolyl)benzidine (TPD), in the amorphous state
        T. Yamada; H. Kaji
        J. Mol. Struct., 2009年06月, 査読有り
      • 【2009-1】Characterization of local structures in amorphous and crystalline tris(8-hydroxyquinoline) aluminum(III) (Alq3) by solid-state 27Al MQMAS NMR spectroscopy
        Y. Nishiyama; T. Fukushima; K. Takami; Y. Kusaka; T. Yamazaki; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2009年03月, 査読有り
      • 【2009-3】Acenaphtho[1,2-c]phosphole p-oxide: a phosphole-naphthalene π-conjugated system with high electron mobility
        A. Saito; T. Miyajima; M. Nakashima; T. Fukushima; H. Kaji; Y. Matano; H. Imahori
        Chem. Eur. J., 2009年, 査読有り
      • 【2008-2】Electron-vibration interactions in carrier-transport material: Vibronic coupling density analysis in TPD
        T. Sato; K. Shizu; T. Kuga; K. Tanaka; H. Kaji
        Chem. Phys. Lett., 2008年06月, 査読有り
      • 【2008-1】 Relationship between resistivity and structure of photosensitive organic silsesquioxanes by impedance Spectroscopy and solid-state 29Si nuclear magnetic resonance
        Kusaka, Y; Nakamura, S; Azuma, K; Sasaki, T; Unate, T; Nakatani, Y; Nakasuga, A; Matsukawa, K; Watanabe, N; Naito, H; Kaji, H
        Jpn. J. Appl. Phys., 2008年02月, 査読有り
      • 【2008-3】Comparative study on the structural, optical, and electrochemical properties of bithiophene-fused benzo[c]phospholes
        Y. Matano; T. Miyajima; T. Fukushima; H. Kaji; Y. Kimura; H. Imahori
        Chem. Eur. J., 2008年, 査読有り
      • 【2007-5】Photoinduced formation of wrinkled microstructures with long-range order in thin oxide films
        M. Takahashi; T. Maeda; K. Uemura; J. Yao; Y. Tokuda; T. Yoko; H. Kaji; A. Marcelli; P. Innocenzi
        Adv. Mater., 2007年12月, 査読有り
      • 【2007-3】Characterization of carbon filler distribution ratio in polyisoprene/ polybutadiene rubber blends by high-resolution solid-state13C NMR
        M. Kotani; H. Dohi; H. Kimura; K. Muraoka; H. Kaji
        Macromolecules, 2007年12月, 査読有り
      • 【2007-2】Investigation of dynamics of poly(dimethylsilane) in the mesophase by solid-state29Si NMR: Evidence for rotator phase
        H. Kaji; F. Horii
        Macromolecules, 2007年07月, 査読有り
      • Origin of the different emission wavelengths in Alq(3) analyzed by solid-state NMR - art. no. 665504
        Hironori Kaji; Tatsuya Fukushima; Kousuke Takami; Yasunari Kusaka
        ORGANIC LIGHT EMITTING MATERIALS AND DEVICES XI, 2007年, 査読有り
      • 【2007-1】Characterization of molecular orientation of stretched natural rubber by solid-state13C NMR
        H. Dohi; H. Klmura; M. Kotani; T. Matsunaga; K. Yamauchi; H. Kaji; T. Asakura
        Polym. J., 2007年, 査読有り
      • 【2007-4】Effects of porphyrin substituents on film structure and photoelectrochemical properties of porphyrin/fullerene composite clusters electrophoretically deposited on nanostructured SnO2 electrodes
        H. Imahori; M. Ueda; S. Kang; H. Hayashi; S. Hayashi; H. Kaji; S. Seki; A. Saeki; S. Tagawa; T. Umeyama; Y. Matano; K. Yoshida; S. Isoda; M. Shiro; N.V. Tkachenko; H. Lemmetyinen
        Chem. Eur. J., 2007年, 査読有り
      • 【2006-3】CP/MAS 13C NMR characterization of the isomeric states and intermolecular packing in tris(8-hydroxyquinoline) aluminum(III) (Alq 3)
        H. Kaji; Y. Kusaka; G. Onoyama; F. Horii
        J. Am. Chem. Soc., 2006年04月, 査読有り
      • 【2006-2】Solid-state 13C NMR investigation of the structure and dynamics of highly drawn polyethylene - Detection of the oriented non-crystalline component
        N. Chaiyut; T. Amornsakchai; H. Kaji; F. Horii
        Polymer, 2006年03月, 査読有り
      • 【2006-1】Dynamics of monofunctional polybutadienyl lithium chains aggregated in benzene
        Y. Oishi; H. Watanabe; T. Kanaya; H. Kaji; F. Horii
        Polym. J., 2006年, 査読有り
      • 【2005-2】Relationships between light-emitting properties and different isomers in polymorphs of tris(8-hydroxyquinoline) aluminum(III) (Alq3) analyzed by solid-state27Al NMR and Density Functional Theory (DFT) calculations
        H. Kaji; Y. Kusaka; G. Onoyama; F. Horii
        Jpn. J. Appl. Phys., 2005年06月, 査読有り
      • 【2005-1】A combined experimental and theoretical study of the conformation of N,N '-diphenyl-N,N '-di(m-tolyl)benzidine using solid-state 15N NMR and DFT calculations
        H. Kaji; T. Yamada; N. Tsukamoto; F. Horii
        Chem. Phys. Lett., 2005年01月, 査読有り
      • 【2004-3】Patterning of hybrid titania film using photopolymerization
        H. Segawa; K. Tateishi; Y. Arai; K. Yoshida; H. Kaji
        Thin Solid Films, 2004年11月, 査読有り
      • 【2004-1】Solid-state 13CNMR studies of the structure and chain conformation of thermotropic liquid crystalline polyether crystallized from the liquid crystalline glassy phase
        M. Murakami; H. Ishida; H. Kaji; F. Horii
        Polym. J., 2004年, 査読有り
      • 【2004-2】Solid-state 13C NMR analysis of the crystalline-noncrystalline structure and chain conformation of thermotropic liquid crystalline polyester
        M. Murakami; H. Ishida; H. Kaji; F. Horii; M. Tokita; J. Watanabe
        Polym. J., 2004年, 査読有り
      • 【2003-6】Sine-modulated two-dimensional pure exchange solid-state NMR as a tool for characterizing dynamics in solids
        H. Kaji; F. Horii
        Chem. Phys. Lett., 2003年08月, 査読有り
      • 【2003-5】Rotational motions in atactic poly(acrylonitrile) studied by one- And two-dimensional 15N solid-state NMR and dielectric measurements
        H. Kaji; N. Miura; K. Schmidt-Rohr
        Macromolecules, 2003年08月, 査読有り
      • 【2003-4】Two-dimensional 13C magic angle turning NMR analyses of dynamics in poly(2-hydroxypropyl ether of bisphenol A)
        H. Kaji; K. Fuke; F. Horii
        Macromolecules, 2003年06月, 査読有り
      • 【2003-2】Solid-state 13C and 1H spin diffusion NMR analyses of the microfibril structure for bacterial cellulose
        K. Masuda; M. Adachi; A. Hirai; H. Yamamoto; H. Kaji; F. Horii
        Solid State Nucl. Magn. Reson., 2003年06月, 査読有り
      • 【2003-3】Studies of the phase transitions, structure, and dynamics for main-chain thermotropic liquid crystalline polyethers and polyurethanes with the same mesogen and spacer units
        M. Murakami; H. Ishida; M. Miyazaki; H. Kaji; F. Horii
        Macromolecules, 2003年06月, 査読有り
      • 【2003-1】Rheology of living bifunctional polybutadienyl dilithium chains in benzene:viscoelastic evaluation of aggregate lifetime
        H. Watanabe; Y. Oishi; T. Kanaya; H. Kaji; F. Horii
        Macromolecules, 2003年01月, 査読有り
      • 【2003-7】Formation of the Liquid Crystalline Glassy Phase and Cold Crystallization of a New Crystal Form from the Glassy Phase for Thermotropic Liquid Crystalline Polyether
        M. Murakami; H. Ishida; H. Kaji; F. Horii
        Polym. J., 2003年, 査読有り
      • 【2002-2】Selective observation and quantification of amorphous trans conformers in doubly 13C-labeled poly(ethylene terephthalate), PET, by zero-quantum magic-angle-spinning solid-state NMR
        H. Kaji; K. Schmidt-Rohr
        Macromolecules, 2002年10月, 査読有り
      • 【2002-1】Structure and Dynamics of PET in the Partially Crystalline and Glassy States as Studied by Solid-State 13C and 2H NMR Spectroscopy
        KAJI Hironori
        2002年04月
      • 【2001-5】Conformation and dynamics of atactic poly(acrylonitrile). 3. Characterization of local structure by two-dimensional 2H - 13C solid-state NMR
        H. Kaji; K. Schmidt-Rohr
        Macromolecules, 2001年10月, 査読有り
      • 【2001-4】Conformation and dynamics of atactic poly(acrylonitrile). 2. Torsion angle distributions in meso dyads from two-dimensional solid-state double-quantum 13C NMR
        H. Kaji; K. Schmidt-Rohr
        Macromolecules, 2001年10月, 査読有り
      • 【2001-3】One- and two-dimensional mas 13C NMR analyses of molecular motions in poly(2-hydroxypropyl ether of bisphenol-a)
        H. Kaji; T. Tai; F. Horii
        Macromolecules, 2001年08月, 査読有り
      • 【2001-1】Studies on different types of hydrogen bonds in poly(vinyl alcohol) films by 1H CRAMPS and solid-state two-dimensional 1H-13C heteronuclear correlation analyses
        K. Masuda; H. Kaji; F. Horii
        Polym. J., 2001年, 査読有り
      • 【2001-2】Solid-state 13C NMR and 1H CRAMPS investigations of the hydration process and hydrogen bonding for poly(vinyl alcohol) films
        K. Masuda; H. Kaji; F. Horii
        Polym. J., 2001年, 査読有り
      • 【2000-4】Crystalline-noncrystalline structure and chain diffusion associated with the 180° flip motion for polyethylene single crystals as revealed by solid-state 13C NMR analyses
        K. Kuwabara; H. Kaji; M. Tsuji; F. Horii
        Macromolecules, 2000年09月, 査読有り
      • 【2000-3】Conformation and dynamics of atactic poly(acrylonitrile). 1. Trans/gauche ratio from double-quantum solid-state 13C NMR of the methylene groups
        H. Kaji; K. Schmidt-Rohr
        Macromolecules, 2000年07月, 査読有り
      • 【2000-2】Solid-state 13C NMR analyses for the structure and molecular motion in the α relaxation temperature region for metallocene-catalyzed linear low-density polyethylene
        K. Kuwabara; H. Kaji; F. Horii
        Macromolecules, 2000年06月, 査読有り
      • 【2000-1】CP/MAS 13C NMR analyses of hydrogen bonding and the chain conformation in the crystalline and noncrystalline regions for poly(vinyl alcohol) films
        K. Masuda; H. Kaji; F. Horii
        J. Polym. Sci., Part B: Polym. Phys., 2000年01月, 査読有り
      • 【1999-1】An Exact Solution of a MAS FID in Two-Site Exchange Problem
        ShenY,KajiH,HoriiF
        Chin. J. Magn. Reson., 1999年01月, 査読有り
      • 【1999-2】1H CRAMPS measurements of different types of OH groups in poly(vinyl alcohol) films
        K. Masuda; H. Kaji; F. Horii
        Polym. J., 1999年, 査読有り
      • 【1998-3】Analyses of the local order in poly(ethylene terephthalate) in the glassy state by two-dimensional solid-state 13C spin diffusion nuclear magnetic resonance spectroscopy
        H. Kaji; F. Horii
        Journal of Chemical Physics, 1998年09月, 査読有り
      • 【1998-1】Solid-state NMR analyses of the structure and dynamics of polymers in the different states
        F. Horii; H. Kaji; H. Ishida; K. Kuwabara; K. Masuda; T. Tai
        Journal of Molecular Structure, 1998年01月, 査読有り
      • 【1998-2】An analytical expression of magic angle spinning nuclear magnetic resonance free induction decay in two-site exchange problem
        Y.-M. Shen; H. Kaji; F. Horii
        Chinese Phys. Lett., 1998年, 査読有り
      • 【1997-4】Solid-state 13C NMR analyses of the crystalline-noncrystalline structure for metallocene-catalyzed linear low-density polyethylene
        K. Kuwabara; H. Kaji; F. Horii; D.C. Bassett; R.H. Olley
        Macromolecules, 1997年12月, 査読有り
      • 【1997-3】Solid-state 13C NMR analyses of the structure and chain conformation of thermotropic liquid crystalline polyurethane crystallized from the melt through the liquid crystalline state
        H. Ishida; H. Kaji; F. Horii
        Macromolecules, 1997年09月, 査読有り
      • 【1997-2】One- and two-dimensional solid-state 13C NMR analyses of the solid structure and molecular motion of poly(∈-caprolactone) isothermally crystallized from the melt
        H. Kaji; F. Horii
        Macromolecules, 1997年09月, 査読有り
      • 【1997-1】CP/MAS 13C NMR spectra of frozen solutions of poly(vinyl alcohol) with different tacticities
        Fumitaka Horii; Kenji Masuda; Hironori Kaji
        Macromolecules, 1997年04月, 査読有り
      • 【1995-2】Formation of porous gel morphology by phase separation in gelling alkoxy-derived silica. Phenomenological study
        H. Kaji; K. Nakanishi; N. Soga
        J. Non-Cryst. Solids, 1995年05月, 査読有り
      • 【1995-1】Formation of porous gel morphology by phase separation in gelling alkoxy-derived silica. Affinity between silica polymers and solvent.
        H. Kaji; K. Nakanishi; N. Soga
        J. Non-Cryst. Solids, 1995年02月, 査読有り
      • 【1994-2】Phase separation kinetics in silica sol-gel system containing polyethylene oxide. I. Initial stage
        K. Nakanishi; Y. Yamasaki; H. Kaji; N. Soga; T. Inoue; N. Nemoto
        J. Sol-Gel Sci. Technol., 1994年01月, 査読有り
      • 【1994-1】In situ observation of phase separation processes in gelling alkoxy-derived silica system by light scattering method
        H. Kaji; K. Nakanishi; N. Soga; T. Inoue; N. Nemoto
        J. Sol-Gel Sci. Technol., 1994年01月, 査読有り
      • 【1993-1】Polymerization-induced phase separation in silica sol-gel systems containing formamide
        H. Kaji; K. Nakanishi; N. Soga
        J. Sol-Gel Sci. Technol., 1993年01月, 査読有り
      • MACROPORE STRUCTURE DESIGN OF SOL-GEL DERIVED SILICA BY SPINODAL DECOMPOSITION
        K NAKANISHI; H KAJI; N SOGA
        POROUS MATERIALS, 1993年, 査読有り
      • 【1992-1】Modification of nanometer range pores in silica gels with interconnected macropores by solvent exchange
        H. Kaji; K. Nakanishi; N. Soga; F. Horii
        J. Non-Cryst. Solids, 1992年08月, 査読有り

      MISC

      • 【227】量子化学計算による多重共鳴 TADF メカニズムの解明
        志津 功將; 梶 弘典
        有機EL討論会 第34回例会, Online, 2022年07月01日
      • 【226】マルチスケールシミュレーションによるドープ系有機 EL 発光層の電荷輸送解析
        佐藤 弘毅; 森脇 千騎; 上田 駿; 久保 勝誠; 梶 弘典
        有機EL討論会 第34回例会, Online, 2022年06月30日
      • 【225】Structural Analysis of Organic;Semiconducting Materials By Solid;State NMR
        K. Suzuki; H. Kaji
        241st ECS Meeting, Vancouver Convention Center, 2022年06月30日, 招待有り
      • 【224】 効率的な材料スクリーニングのための電子遷移速度定数計算手法の開発とベンゾフェノンの光励起状態への応用
        志津 功將; 梶 弘典
        日本化学会第102春季年会, Online, 2022年03月24日
      • 【223】時間分解EPR法による熱活性化遅延蛍光分子の励起状態の解析
        勝平 譲治; 日下部 悠; 和田 啓幹; 菅野 奈都子; Yongxia Ren; 梶 弘典; 小堀 康博
        日本化学会第102春季年会, Online, 2022年03月23日
      • 【222】材料スクリーニングのための⾼速かつ定量的な電⼦遷移速度定数計算⼿法の開発とベンゾフェノンの光励起状態への応⽤
        志津 功将; 梶 弘典
        2022年応⽤物理学会春季講演会, 青山学院大学 相模原キャンパス∔オンライン, 2022年03月22日
      • 【221】マルチスケールシミュレーションによるドープ系有機EL発光層の電荷輸送解析
        佐藤 弘毅; 森脇 千騎; 上田 駿; 久保 勝誠; 梶 弘典
        2022年応⽤物理学会春季講演会, 青山学院大学, 相模原キャンパス+オンライン, 2022年03月22日
      • 【220】高性能有機EL材料・デバイスの探索と実現
        Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        Pacifichem 2021, Online, 2021年12月16日
      • 【219】Achieving very fast reverse intersystem crossing by heavy atom effect
        Yongxia Ren; Yoshimasa Wada; Katsuaki Suzuki; Yu Kusakabe; Jan Geldsetzer; Hironori Kaji
        The 6th International TADF Workshop, Online, 2021年12月10日
      • 【218】ドナー・アクセプター直交型TADF分子における高効率発光メカニズム解析
        和田 啓幹; 脇坂 安晃; 志津 功將; 梶 弘典
        「有機EL討論会」第33回例会・15周年記念公開シンポジウム, Online, 2021年11月19日
      • 【217】Thioxanthone-based efficient blue thermally activated delayed fluorescence emitter showing very fast reverse intersystem crossing
        Yongxia Ren; Yoshimasa Wada; Katsuaki Suzuki; Yu Kusakabe; Jan Geldsetzer; Hironori Kaji
        「有機EL討論会」第33回例会・15周年記念公開シンポジウム,Online, 2021年11月19日
      • 【216】高速かつ定量的な電子遷移速度定数計算手法の開発とベンゾフェノンの光励起状態への応用
        志津 功將; 梶 弘典
        「有機EL討論会」第33回例会・15周年記念公開シンポジウム, Online, 2021年11月19日
      • 【215】Solid-state NMR analysis of materials in organic semiconductors
        katsuaki Suzuki; Hironori kaji
        The 11th International Conference on Flexible and Printed Electronics (ICFPE 2021), Online, 2021年10月01日, 招待有り
      • 【214】時間分解 EPR 法による熱活性化遅延蛍光分子の 励起状態の解析
        勝平 譲治; 日下部 悠; 和田 啓幹; 菅野 奈都子; Ren; YONGXIA; 梶 弘典; 小堀 康博
        2021年光化学討論会, Online, 2021年09月16日
      • 【213】固体 NMR を用いた有機半導体材料の分子配向解析
        鈴木 克明; 梶 弘典
        2021年光化学討論会, Online, 2021年09月14日, 招待有り
      • 【212】⾼性能TADF 型有機 EL を実現する多機能性ホール輸送材料とマ ルチスケールシミュレーションによる定量的解析
        長村 夏生; 笹部 久宏; 佐藤 弘毅; 伊藤 望; 鎌田 嵩弘; 荒木 卓; 阿部 翔希; 鮏川 慶仁; 横山 大輔; 梶 弘典; 城戶 淳二
        2021年応⽤物理学会秋季講演会, Online, 2021年09月13日
      • 【211】主成分分析を用いた固体NMRアレイスペクトルのノイ ズ低減による構造解析
        日下 康成; 長谷川 健; 梶 弘典
        第70回高分子討論会, Online, 2021年09月06日
      • 【210】A Molecular Design Achieving Very Fast Reverse Intersystem Crossing
        Yongxia Ren; Yoshimasa Wada; Katsuaki Suzuki; Yu Kusakabe; Jan Geldsetzer; Hironori Kaji
        The 13th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE2021), Online, 2021年09月03日
      • 【209】A New Molecular Design Realizing Very Fast Reverse Intersystem Crossing
        Yu Kusakabe; Yoshimasa Wada; Hiromichi Nakagawa; Katsuyuki Shizu; Hironori Kaji
        The 13th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE2021), Online, 2021年09月03日
      • 【208】Low-Cost and Quantitative Prediction of Rate Constants: Application to Decay Mechanism of Benzophenone
        Katsuyuki Shizu; Hironori Kaji
        The 13th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE2021), Online, 2021年09月03日
      • 【207】Quantitative Prediction of Internal Conversion Rate Constant for the Screening of Singlet Fission Materials
        Katsuyuki Shizua; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        The 13th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE2021), Online, 2021年09月03日
      • 【206】一重項励起子分裂速度の定量的予測
        志津 功將; 安達 千波矢; 梶 弘典
        日本コンピュータ化学会 2021春季年会, Online, 2021年06月06日
      • 【205】Structural Analysis of Organic Semiconducting Materials Using Solid-State NMR
        katsuaki Suzuki, Hironori kaji
        239th ECS Meeting, Online, 2021年06月04日, 招待有り
      • 【204】一重項励起子分裂速度の定量的予測と分子設計
        志津 功將; 安達 千波矢; 梶 弘典
        日本化学会春期年会, Online, 2021年03月20日
      • 【203】Tilted face-to-face alignment with optimal distance (tFFO)設計指針に基づいたイミノ ジベンジル骨格含有熱活性化遅延蛍光材料の立体配座制御
        日下部 悠; 和田 啓幹; 中川 博道; 志津 功將; 梶 弘典
        「有機EL討論会」第31回例会, Online, 2020年12月16日
      • 【202】Multiscale simulation of charge transport in host-guest-based emission layer of OLEDs
        Kazuki Moriwaki,Shosei Kubo ,Hironori Kaji
        The 5th International TADF Workshop, Online, 2020年12月08日
      • 【201】 Enhanced TADF characteristics by conformation control based on tilted face-to-face alignment with optimal distance (tFFO) design
        Yu Kusakabe; Yoshimasa Wada; Hiromichi Nakagawa; Katsuyuki Shizu; Hironori Kaji
        The 5th International TADF Workshop、Online, 2020年12月08日
      • 【200】Theoretical Investigation of Singlet Fission Process of Tetracene-Based Molecules
        Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        The 5th International TADF Workshop, Online, 2020年12月08日
      • 【199】Robust molecular design for ultrafast reverse intersystem crossing
        Yoshimasa Wada, Hiromichi Nakagawa, Soma Matsumoto, Yasuaki Wakisaka, Hironori Kaji
        The 5th International TADF Workshop, Online, 2020年12月08日
      • 【198】一重項励起子分裂における振電相互作用の可視化手法の開発
        志津 功將; 安達 千波矢; 梶 弘典
        日本化学会第100春季年会2020, 東京理科大学 野田キャンパス, 2020年03月25日
      • 【197】超高速な逆項間交差を示す純有機発光材料の実現とデバイス化
        和田 啓幹; 中川 博道; 松本 壮馬; 脇坂 安晃; 梶 弘典
        第67回応用物理学会春季学術講演会, 上智大学四谷キャンパス, 2020年03月12日
      • 【196】熱活性化遅延蛍光材料を用いた発光電気化学セルの電荷状態のオペランドESR分光研究
        河村 佳歩; 祐本 晋太郎; 勝俣 潤哉; 和田 啓幹; 鈴木 克明; 梶 弘典; 丸本 一弘
        第67回応用物理学会春季学術講演会, 上智大学四谷キャンパス, 2020年03月12日
      • 【195】 構造制御に基づいた超高速逆項間交差 TADF 材料の設計と kRISC > 107 s−1 の実現
        和田 啓幹; 中川 博道; 松本 壮馬; 脇坂 安晃; 梶 弘典
        「有機EL討論会」第29回例会, 自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター, 2019年11月21日
      • 【194】各種機能性材料に対するDNP-NMRの適応
        鈴木克明; 梶 弘典
        文部科学省最先端研究基盤共用促進事業 NMR共用プラットフォームシンポジウム2019 グランフロント大阪北館タワーB, 2019年10月17日
      • 【193】多階層計算によるホスト–ゲスト非晶系の電荷輸送特性解析
        森脇 千騎; 梶 弘典
        有機EL討論会 第28回例会, 東京国際交流館プラザ平成3階 国際交流会議場, 2019年06月14日
      • 【192】熱活性化遅延蛍光発光ダイ オードの電荷状態のオペラ ンドESR分光研究
        祐本 晋太郎; 勝俣 潤哉; 大澤 文也; 和田 啓幹; 鈴木 克明; 梶 弘典; 丸本 一弘
        第66回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 2019年03月11日
      • 【191】環状P3HTの合成と 有機薄膜太陽電池への応用
        福島 達也; 石橋 寛隆; 末政 大地; 中村 亮介; 蓬田 昌伸; 磯野 拓也; 佐藤 敏文; 梶 弘典
        第66回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 2019年03月11日
      • 【190】多階層計算によるシクロパラフェニレン非晶薄膜の凝集構造および電荷輸送解析
        澤田 彩日; 久保 勝誠; 茅原 栄一; 山子 茂; 梶 弘典
        第66回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 2019年03月11日
      • 【189】多階層計算によるホスト-ゲスト系有機EL発光層の電荷輸送解析
        森脇 千騎; 久保 勝誠; 梶 弘典
        第66回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 2019年03月11日
      • 【188】熱活性化遅延蛍光材料における 電荷・ 励起子状態のESR分光研究
        祐本 晋太郎; 勝俣 潤哉; 大澤 文也; 和田 啓幹; 鈴木 克明; 梶 弘典; 丸本 一弘
        第57回電子スピンサイエンス 学会, 北海道大学 学術交流会館, 2018年11月
      • 【187】幅広い極性を有するホスト中において高効率発光を示すTADF材料の光物性評価および素子特性評価
        脇坂 安晃; 和田 啓幹; 梶 弘典
        有機EL討論会 第27回例会, イーグレひめじ3階 あいめっせホール, 2018年11月
      • 【186】アダマンタン置換:高効率・高耐熱・塗布型・深青色TADF材料の実現
        和田 啓幹; 久保 勝誠; 梶 弘典
        「有機EL討論会」第26回例会, 日本科学未来館, 2018年06月
      • 【185】超低消費電力緑色熱活性化遅延蛍光有機EL素子の開発
        梶 弘典; 佐藤 瞭; 笹部 久宏; 鈴木 克明; 安達 千波矢; 梶 弘典; 城戸 淳二
        第65回応用物理学会 春季学術講演会, ベルサール高田馬場(+早稲田大学西早稲田キャンパス), 2018年03月18日
      • 【183】有機半導体材料の自 発的配向分極現象と 分子間相互作用の相関
        梶 弘典; 長田 航平; 合志 憲一; 安達 千波矢; 石井 久夫; 野口 裕
        第65回応用物理学会 春季学術講演会, ベルサール高田馬場(+早稲田大学西早稲田キャンパス), 2018年03月17日
      • 【184】アダマンタ ン置換に基づく 深青色塗布型TADF低分子材料の開発
        和田 啓幹; 久保 勝誠; 梶 弘典
        第65回応用物理学会 春季学術講演会, ベルサール高田馬場(+早稲田大学西早稲田キャンパス), 2018年03月17日
      • 【182】In Silico Material Design for Highly Efficient OLEDs and Multiscale Charge Transport Simulations
        K. Suzuki; H. Kaji
        The 4th International Conference on Advanced Electromaterials (ICAE 2017) , Ramada Plaza Jeju, 2017年11月23日, 招待有り
      • 【181】塗布成膜可能な青色およ び緑色熱活性型遅延蛍光材料の光物性およ び有機EL特性
        羽深 夢; 矢嶋 徹; 谷 敬太; 鈴木 克明; 志津 功將; 梶 弘典
        第66回高分子討論会, 愛媛大学 城北キャンパス, 2017年09月21日
      • 【180】対称的なアク セプタ ー・ ドナー・ アク セプタ ー型構造 をも つ高効率熱活性化型遅延蛍光材料の開発
        志津 功將, 尾形 勇武, 三輪 卓也,和田 啓幹, 梶 弘典
        The 34th International Conference of Photopolymer Science and Technology, 幕張メッセ, 2017年07月29日
      • 【179】Recently-developed vacuum- and solution-processed TADF OLEDs
        katsuaki Suzuki; Hironori kaji
        International Workshop on Organic Composite Optoelectronic Materials and Devices (IWOCOMD 2016), Kunshan, China, 2016年07月25日
      • 【177】三配位ホウ素骨格に基づいた熱活性化遅延蛍光材料の開発
        志津 功將; 鈴木克明; 久保 勝誠; 若宮淳志; 村田靖次郎; 安達千波矢; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月22日
      • 【178】炭素・水素・窒素のみからなる新規緑色発光材料を用いた外部量子効率40%を超える有機ELデバイス
        福島達也; 志津 功將; 鈴木克明; 久保 勝誠; 鈴木不律; 小簔剛; 安達千波矢; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月22日
      • 【176】Refractive index Control of Glass Substrate for Enhanced light Out-coupling of Organic Light-Emitting Diodes
        shosei Kubo; Katsuaki Suzuki; Tatsuya Fukushima; Hironori Kaji
        Institute for Chemical Research International Symposium 2016, 京都大学化学研究所(京都), 2016年03月08日
      • 【167】Molecular design for highly efficient delayed fluorescence emitters by visualizing radiative and nonradiative decays
        Katsuyuki Shizu; Motoyuki Uejima; Tohru Sato; Kazuyoshi Tanaka; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        日本化学会第96春季年会, 同志社大学(京都), 2016年03月
      • 【168】Triarylboron-based Fluorescent Organic Light-emitting Diodes with External Quantum Efficiencies Exceeding 20%
        Katsuaki Suzuki; Shosei Kubo; Katsuyuki Shizu; Tatsuya Fukushima; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        Institute for Chemical Research International Symposium 2016, Institute for Chemical Research, Kyoto University, Kyoto, Japan, 2016年03月
      • 【170】Monte Carlo シミュレーションによる非晶質有機膜内の電荷輸送解析
        浦谷 浩輝; 志津 功將; 鈴木 不律; 福島 達也; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月
      • 【171】アクリダンおよびトリアジン骨格を有するTADF材料を用いた高効率塗布型OLEDおよび高効率塗布型ホストフリーOLEDの開発
        和田 啓幹; 志津 功將; 久保 勝誠; 福島 達也; 鈴木 克明; 三輪 卓也; 田中 啓之; 安達 千波矢; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月
      • 【172】三配位ホウ素骨格に基づいた熱活性化遅延蛍光材料の開発
        鈴木 克明; 久保 勝誠; 志津 功將; 福島 達也; 若宮 淳志; 村田 靖次郎; 安達 千波矢; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月
      • 【173】理論化学、計算化学に基づいた有機デバイス材料開発
        志津 功將; 鈴木 不律; 安達 千波矢; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月
      • 【174】炭素・水素・窒素のみからなる新規緑色発光材料を用いた外部量子効率40%を超える有機ELデバイス
        福島 達也; 志津 功將; 鈴木 克明; 久保 勝誠; 鈴木 不律; 小簑 剛; 安達 千波矢; 梶 弘典
        第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学(東京), 2016年03月
      • 【166】Enhancement of light out -coupling efficeiency for organic light-emitting diodes
        shosei Kubo; Katsuaki Suzuki; Tatsuya Fukushima; Hironori Kaji
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawai(米国), 2015年12月17日
      • 【161】Highly efficient solution-processed organic light-emitting diodes using thermally activated delayed fluorescence
        Yoshimasa Wada; Katsuyuki Shizu; Katsuaki Suzuki; Shosei Kubo; Hiroyuki Tanaka; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii, US, 2015年12月
      • 【162】Enhancement of light out-coupling efficiency for organic light-emitting diodes
        Shosei Kubo; Katsuaki Suzuki; Tatsuya Fukushima; Hironori Kaji
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii, US, 2015年12月
      • 【163】Materials design based on the concept of coupling density
        Katsuyuki Shizu; Motoyuki Uejima; Hiroyuki Tanaka; Tohru Sato; Kazuyoshi Tanaka; Hironori Kaji; Chihaya Adachi
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii, US, 2015年12月
      • 【164】Highly efficient organic light emitting diodes using donor-acceptor type triaryl-boron compounds showing thermally activated delayed fluorescence
        Katsuaki Suzuki; Shosei Kubo; Katsuyuki Shizu; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Yasujiro Murata; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii, US, 2015年12月
      • 【165】Organic light-emitting diodes exploiting thermally activated delayed fluorescence: Development of a new emitter material and the analysis
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Tatsuya Fukushima; Katsuyuki Shizu; Katsuaki Suzuki; Shosei Kubo; Takeshi Komino; Hajime Oiwa; Furitsu Suzuki; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata; Chihaya Adachi
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii, US, 2015年12月
      • 【175】Trarilboron -based Fluorescent Organic Light -emitting Diodes with External Quantum Efficiencies Exceeding 20%
        Katsuaki Suzuki; Shosei Kubo; Katsuyuki Shizu; Tatsuya Fukushima; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        Institute for Chemical Research International Symposium 2016, 京都大学化学研究所(京都), 2015年12月
      • 【160】逆項間交差を利用した新規高効率緑色,青色,および塗布型有機EL材料の設計と素子化
        梶 弘典; 志津 功將; 福島 達也; 鈴木 克明; 和田 啓幹; 久保 勝誠; 鈴木 不律; 小簑 剛; 安達 千波矢
        有機EL討論会 第21回例会, 九州大学(福岡), 2015年11月
      • 【159】触媒移動型重合を介したポリ(3−ヘキシルチオフェン)の定量的末端官能基本化
        高島 象一; 中村 亮介; 蓬田 昌伸; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        第5回CSJ化学フェスタ, タワーホール船橋(千葉), 2015年10月14日
      • 【158】大環状ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の合成と特性評価
        高島 象一; 蓬田 昌伸; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        第5回CSJ化学フェスタ, タワーホール船橋(千葉), 2015年10月13日
      • 【156】触媒移動型縮合重合を介したポリ (3-ヘキシルチオフェン) の定量的末端官能基化
        高島 象一; 中村 亮介; 蓬田 昌伸; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        第5回CSJ化学フェスタ, タワーホール船堀, 東京, 2015年10月
      • 【157】大環状ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の合成と特性評価
        蓬田 昌伸; 高島 象一; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        第5回CSJ化学フェスタ, タワーホール船堀、東京, 2015年10月
      • 【155】ポリフルオレンを一成分とするミクトアームスターポリマーの精密合成とミクロ相分離
        磯野 拓也; Wen-Chang Chen; 佐藤 敏文
        第64回高分子討論会, 東北大学 川内キャンパス(宮城), 2015年09月17日
      • 【154】スリットコート法を用いた有機薄膜太陽電池の塗布プロセス検討と特性評価
        福島 達也; 黒田 梨紗子; 梶 弘典
        第64回高分子討論会, 東北大学(宮城), 2015年09月15日
      • 【153】Synthesis of highly pure ethy end -flunctionalized poly(3-hexylthiophene)via Kumada catalyst transfer polycondensation
        Shoichi Takashima; Ryosuke Nakanura; Masanobu Yomogida; Takuya Isono; Kenji Tajima; Hironori Kaji; Toshifumi Satoh
        Japan Taiwan Bilateral Polymer Symposium, 北海道大学(北海道), 2015年09月03日
      • 【150】Synthesis of highly pure ethynyl end-functionalized poly(3-hexylthiophene) via Kumada catalyst transfer polycondensation
        Shoichi Takashima; Ryosuke Nakanura; Masanobu Yomogida; Takuya Isono; Kenji Tajima; Hironori Kaji; Toshifumi Satoh
        Japan Taiwan Bilateral Polymer Symposium, Hokkaido University, Sapporo, Japan, 2015年09月
      • 【151】スリットコート法を用いた有機薄膜太陽電池の塗布プロセス検討と特性評価
        福島 達也; 黒田 梨紗子; 梶 弘典
        第64回高分子討論会, 東北大学(宮城), 2015年09月
      • 【152】アクリダンおよびトリアジンからなる新規TADF材料を用いた塗布型OLEDの開発
        和田 啓幹; 志津 功將; 久保 勝誠; 鈴木 克明; 田中 啓之; 安達 千波矢; 梶 弘典
        第64回高分子討論会, 東北大学(宮城), 2015年09月
      • 【149】ポリ(3−ヘキシルチオフェン)(P3HT)の定量的末端エチニル化
        高島 象一; 中村 亮介; 蓬田 昌伸; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        2015年度北海道高分子若手研究会, 定山渓グランドホテル(北海道), 2015年08月29日
      • 【148-4】ポリ (3-ヘキシルチオフェン) (P3HT) の定量的末端エチニル化
        高島 象一; 中村 亮介; 蓬田 昌伸; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        2015年度 北海道高分子若手研究会, 定山渓グランドホテル瑞苑, 札幌, 2015年08月
      • 【148-3】Distribution ratio of carbon black in polyisobutyrene/polyisoprene rubber blends using high-resolution solid-state C-13 NMR (vol 47, pg 422, 2015)
        Marina Kotani; Hidehiko Dohi; Hideaki Kimura; Kiyoshige Muraoka; Hironori Kaji
        POLYMER JOURNAL, 2015年06月
      • 【148-2】分子内薗頭カップリングによる大環状ポリ(3‐ヘキシルチオフェン)の合成
        蓬田昌伸; 中村亮介; 磯野拓也; 田島健次; 梶弘典; 佐藤敏文
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2015年05月12日
      • 【148-1】Molecular design for high efficiency thermally activated delayed fluorescence aimed for OLED application
        Katsuyuki Shizu; Qisheng Zhang; Shuping Huang; Hironori Kaji; Chihaya Adachi
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2015年03月
      • 【144】分子内菌頭反応による大環状ポリ(3−ヘキシルチオフェン)の合成
        蓬田 昌伸; 中村 亮介; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        2014年度高分子学会北海道支部研究発表会, 北海道大学学術交流会館(北海道), 2015年01月26日
      • 【145】ロジウム触媒を用いた末端エチニル化ポリ(3−ヘキシルチオフェン)のグラフト重合
        高島 象一; 中村 亮介; 磯野 拓也; 田島 健次; 佐藤 敏文
        2014年度高分子学会北海道支部研究発表会, 北海道大学学術交流会館(北海道), 2015年01月26日
      • 【146】Living Radical Polymerizations Using Sodium Iodide and Potassium Iodide as Catalysts
        Goto A; Tanishima M; Nakajima Y; Ohtsuki A; Lei L; Kaji H
        ACS Symposium Series, American-Chemical-Society Symposium on Controlled Radical Polymerization-CONTROLLED RADICAL POLYMERIZATION, VOL 1: MECHANISMS, San Francisco, CA, 2015年
      • 【147】Organic Light-Emitting Diodes: Multiscale Charge Transport Simulation and Fabrication of New Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF) Materials
        Kaji H; Shizu K; Suzuki F; Fukushima T; Suzuki K; Adachi C
        Proceedings of SPIE-Conference on Organic Light Emitting Materials and Devices XIX, AUG 09-11, 2015, San Diego, CA, USA, 2015年
      • 【143】Precise synthesis of cyclic-and star-shaped poly(3-hexylthiophene)s
        Ryosuke Nakamura; Daich Suemasa; Takuya Isono; Kenji Tajima; Hironori kaji; Toshifumi Satoh
        The Ist Innovation Forum of Engineering Education(SPACC), Kogakuin University(Tokyo), 2014年10月31日
      • 【141】触媒移動型連鎖重縮合による末端エチニル化ポリチオフェンの精密合成
        蓬田 昌伸; 末政 大地; 中村 亮介; 磯野 拓也; 田島 健次; 梶 弘典; 佐藤 敏文
        2014年度北海道高分子若手研究会, 定山渓ビューホテル(北海道), 2014年08月28日
      • 【140】有機EL研究の最近の動向 (特集 ルミネッセンス化学の最前線)
        福島 達也; 梶 弘典
        化學工業, 2014年05月
      • 【138】高耐久性有機ELを目指して : 溶液NMRによる劣化解析 (特集 有機ELの開発最前線)
        鈴木 創; 福島 達也; 梶 弘典
        化学と工業 = Chemistry & chemical industry, 2014年04月
      • 【137】Solid-Staite NMR Studies On Aggregated Structures in Organic Devices
        Tatuya Fukushima; Subaru Fujimura; Hironori Kaji
        TADF International Workshop, アクロス福岡(福岡), 2014年03月14日
      • 【136】Synthesis and Characteristics of cyclic-and star-shaped Poly(3-hexylthiophene)
        Toshifumi Satoh; Daichi Duemasa; Ryosuke; Nakamura; Hirotaka; Ishibashi, Tatsuya
        Institute for Chemical Research International Symposium 2014, 京都大学化学研究所(京都), 2014年03月12日
      • 【135】大環状ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の精密合成
        末政 大地; 斎藤 憲吾; 中村 亮介; 田島 健次; 梶 弘典; 斎藤 敏文
        化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会, 北海道大学学術交流会館(北海道), 2014年01月29日
      • 【134】有機デバイスの基礎科学と高機能化
        梶 弘典
        京都大学化学研究所スーパーコンピュータシステム研究成果報告書, 2014年
      • 【142】Degradation of Blue Phosphorescent Organic LEDs Analyzed by Solution NMR spectroscopy
        T. Fukushima; H. Suzuki; H. Ito; S. Ootsu; K. Hiyama; H. Kita; H. Kaji
        Organic Light Emitting Materials and Devices XVIII, 2014年
      • 【133】Relationships between Power Conversion Efficiencies and Phase Separation Structures in Organic Solar Cells Studied by Solid-State NMR
        Hironori Kaji; Subaru Fujimura
        2013 ESPCI-KIPS Workshop, 2013年11月
      • 【132】有機太陽電池におけるポリチオフェン/フラーレン混合膜の固体NMR 解析
        福島達也; 藤村昴; 梶 弘典
        第62回高分子討論会, 金沢大学(金沢), 2013年09月13日
      • 【131】Solid-state NMR and GIPAW Analysis of Donor/Acceptor Structures in Organic Solar Cells
        Tatuya Fukushima; Subaru Fujimura; Hironori Kaji
        The 11th China-Japan Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena, Changchun(China), 2013年09月03日, 招待有り
      • 【130】量子化学計算による有機EL電荷輸送材料の解析 (特集 市場本格化に向けた有機EL最新技術)
        梶 弘典; 鈴木 不律; 若宮 淳志
        ディスプレイ, 2013年09月
      • 【129】末端エチニル化ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の精密合成
        末政大地; 斎藤憲吾; 中村亮介; 田島健次; 斎藤敏文
        2013年度北海道高分子若手研究会, 札幌市アイヌ文化交流センター(北海道), 2013年08月31日
      • 【128】溶液NMRによる有機ELの劣化解析
        鈴木創; 福島達也; 伊藤博人; 大津信也; 檜山邦雅; 北弘志; 梶弘典
        有機EL討論会 第16回例会, 東京, 2013年06月
      • 【127】講演会大分類12における中分類再編のとりくみについて(その1)
        中村 雅一; 福田 隆史; 八瀬 清志; 臼井 博明; 石田 謙司; 古川 一暁; 梶 弘典; 増尾 貞弘; 久保野 敦史; 多田 和也; 梶川 浩太郎; 梶井 博武; 間中 孝彰; 増原 陽人
        Molecular electronics and bioelectronics, 2013年05月30日
      • 【125】有機EL、有機太陽電池の創製と解析(薄膜(Si,化合物,有機,フレキシブル)機能デバイス・バイオテクノロジー・材料・評価技術及び一般)
        梶 弘典
        電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス, 2013年04月18日
      • 【126】有機EL、有機太陽電池の創製と解析(薄膜(Si,化合物,有機,フレキシブル)機能デバイス・バイオテクノロジー・材料・評価技術及び一般)
        梶 弘典
        電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス, 2013年04月18日
      • 【122】Solid-state NMR and GIPAW Approach for Organic LEDs and Organic Solar Cells
        Hironori KAJI; Tatuya FUKUSHIMA; Masashi, Fukuchi; Furitu, Suzuki
        2013 Spring National ACS meeting, New Orleans(米国), 2013年04月11日, 招待有り
      • 【123】Solid-state NMR and GIPAW approach for organic LEDs and organic solar cells
        Hironori Kaji
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年04月
      • 【121】Probing intermolecular structures of biomolecules in solid state: High resolution H-1 solid state NMR analysis under ultra high speed MAS
        K. Yazawa; Y. Nishiyama; K. Nichimura; H. Kaji; T. Asakura
        Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 245th ACS National Meeting and Exposition, New Orleans, Louisiana, April 7-11, 2013, 2013年04月
      • 【120】Living Radical Polymerizations with Organic Catalysts
        Goto A; Tsujii Y; Kaji H
        Fundamentals of Controlled/Living Radical Polymerization, 2013年, 査読有り
      • 【119】有機デバイスの基礎科学と高機能化
        梶 弘典
        京都大学化学研究所スーパーコンピュータシステム研究成果報告書, 2013年
      • 【118】Living Radical Polymerization with Organic Catalyst Induced by Photo-Irradiation
        Akimichi Ohtsuki; Atsushi Goto; Hironori Kaji
        The 9th SPSJ International Polymer Conference, 神戸国際会議場(神戸市), 2012年12月12日
      • 【117】ナノ窒化炭素の固体高分解能NMR
        河村幸代; 福地将志; 松井英雄; 梶弘典; 財部健一
        炭素材料学会年会要旨集, 2012年11月27日
      • 【116】有機触媒を用いた光誘起型リビングラジカル重合
        大朏 彰道; 後藤 淳; 梶 弘典
        第61回高分子学会討論会, 名古屋工業大学(名古屋市), 2012年09月20日
      • 【115-3】マシュマロ状柔軟多孔性ゲルの作製とその応用
        早瀬元; 金森主祥; 福地将志; 梶弘典; 中西和樹
        日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 2012年09月12日
      • 【115-2】準平面型酸素架橋トリアリールアミン骨格を用いた電荷輸送性材料の開発
        西村秀隆; 福島達也; 若宮淳志; 村田靖次郎; 梶弘典
        基礎有機化学討論会要旨集, 2012年09月05日
      • 【115-1】Blue-shifted luminescence from Alq3 isolated in silica matrix: Analysis by solid-state NMR
        Tokudome, Y; Fukuchi, M; Suzki, F; Takahashi,M; Kaji, H
        9th International Conference on Electroluminescence &Organic Optoelectronics , ザ・ ルイガンズ福岡(福岡市), 2012年09月04日
      • 【114-11】Investigation of donor-acceptor interaction in polythiophene:fullerence blends by solid-state NMR
        Subaru Fujimura; Tatsuya Fukushima; Junichi Yamamoto; Masashi Fukuchi; Hironori Kaji
        International Conference on Electroluminescence & Organic Optoelectronics, Fukuoka, Japan, 2012年09月, 査読有り
      • 【114-10】Degradation of liquid organic semiconductors analyzed by nuclear magnetic resonance
        Junichi Yamamoto; Masashi Fukuchi; ○Tatsuya Fukushima; Shuzo Hirata; Heo Hyo Jung; Osamu Hirata; Yuki Shibano; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        International Conference on Electroluminescence & Organic Optoelectronics, Fukuoka, Japan, 2012年09月, 査読有り
      • 【114-9】ホスフィンオキシド系材料の固体NMR解析
        福地将志; 福島達也; 梶弘典
        NMR研究会,京都, 2012年06月, 査読有り
      • 【114-8】P3HT:C60混合膜におけるドナー/アクセプター相互作用の固体NMR解析
        藤村昴; 福島達也; 山本順一; 福地将志; 梶弘典
        NMR研究会,京都, 2012年06月, 査読有り
      • 【114-7】有機ELにおける非晶凝集構造とデバイス特性
        梶弘典; 福島達也; 福地将志; 小簑剛; 安達千波矢
        日本化学会講演予稿集, 2012年03月09日
      • 【114-6】準平面型トリフェニルアミン誘導体の固体物性
        西村秀隆; 若宮淳志; 村田靖次郎; 福島達也; 梶弘典
        日本化学会講演予稿集, 2012年03月09日
      • 【114-5】Solid-state Properties of Triphenylamine Derivatives with Quasi-planar Structure
        Hidetaka Nishimura; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata; Tatsuya Fukushima; Hironori Kaji
        International Conference on Heteroatom Chemistry, Uji, Kyoto, Japan, 2012年03月, 査読有り
      • 【114-4】窒化炭素の固体高分解能NMR
        河村幸代; 福地将志; 松井英雄; 梶弘典; 財部健一
        応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 2012年02月29日
      • 【114-3】準平面構造をもつ正孔輸送性材料の開発
        若宮淳志; 西村秀隆; 村田靖次郎; 福島達也; 梶弘典
        応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 2012年02月29日
      • 【114-2】酸素架橋型トリアリールアミン骨格を用いた電荷輸送性材料の開発
        西村秀隆; 福島達也; 若宮淳志; 村田靖次郎; 梶弘典
        薄膜太陽電池セミナー, 2012年
      • 【112】有機太陽電池の寿命研究 ?バルクへテロ接合ポリマー:フラーレン薄膜の構造解析とキャリア移動特性評価?
        佐川 尚; 梶 弘典; 辻井 敬亘
        国際シンポジウム「生存基盤の寿命」,京都大学宇治おうばくプラザ,2012.10.27, 2012年, 査読有り
      • 【113】Reversible Complexation Mediated Polymerization (RCMP) of Methyl Methacrylate
        A. Goto; Y. Tsujii; H. Kaji
        ACS Symposium Series: Progress in Controlled Radical Polymerization: Mechanisms and Techniques, 2012年, 査読有り
      • 【114-1】Investigation of aggregated structures in organic light-emitting diodes: Approach from solid-state NMR
        H. Kaji; T. Fukushima; M. Fukuchi; T. Komino; C. Adachi
        Proceedings of SPIE - Conference on Organic Light Emitting Materials and Devices Xvi, AUG 12-15, 2012, San Diego, CA, USA, 2012年, 査読有り
      • 【111】陽極への有機シラン固定化条件の最適化によるデバイス特性の向上
        徳留靖明; 福島達也; 後藤淳; 梶弘典
        有機EL討論会 第13回例会,大阪, 2011年11月, 査読有り
      • 【110-13】液体有機半導体における材料劣化のNMR解析
        山本順一; 福地将志; 福島達也; 平田修造; ホ ヒョジョン; 平田修; 柴野佑紀; 安達千波矢; 梶弘典
        有機EL討論会 第13回例会,大阪, 2011年11月, 査読有り
      • 【110-12】Material degradations in liquid organic semiconductors analyzed by solution NMR
        Junichi Yamamoto; Masashi Fukuchi; Tatsuya Fukushima; Shuzo Hirata; Heo Hyo Jung; Osamu Hirata; Yuki Shibano; Chihaya Adachi; Hironori Kaji
        Asian Conference on Organic Electronics, Taipei, Taiwan, 2011年11月, 査読有り
      • 【110-11】Investigation of donor-acceptor interaction in P3HT:C60 blends by solid-state NMR
        Subaru Fujimura; Tatsuya Fukushima; Junichi Yamamoto; Masashi Fukuchi; Hironori Kaji
        Asian Conference on Organic Electronics, Taipei, Taiwan, 2011年11月, 査読有り
      • 【110-10】準平面型トリアリールアミンを基本骨格にもつ機能性材料開発
        若宮淳志; 西村秀隆; 村田靖次郎; 福島達也; 梶弘典
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2011年09月13日
      • 【110-9】準平面構造をもつトリアリールアミン誘導体の合成と特性
        西村秀隆; 若宮淳志; 村田靖次郎; 福島達也; 梶弘典
        基礎有機化学討論会要旨集, 2011年09月07日
      • 【110-8】アミン等を触媒とするリビングラジカル重合
        後藤 淳; 鈴木 智弘; 大藤 晴樹; 辻井 敬亘; 梶弘典
        第60回高分子討論会 2011/9/29 岡山, 2011年09月
      • 【110-7】有機EL素子特性の作製条件依存性―その起源を探る
        梶弘典; 福島達也; 福地将志; 安達千波矢
        応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 2011年08月16日
      • 【110-6】Living radical polymerizations with organic catalysts
        Atsushi Goto; Hironori Kaji; Yoshinobu Tsujii; Takeshi Fukuda
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年08月
      • 【110-5】有機ELにおける蒸着速度依存性-その特性変化と分子配向
        福島達也; 福地将志; 梶弘典
        有機EL討論会 第12回例会,東京, 2011年06月, 査読有り
      • 【110-4】NMRによる有機EL分子の配向および劣化解析
        梶弘典; 福島達也; 福地将志; 山本順一; 藤村昴; 八尋正幸; 平田修造; HEO Hyo Jung; 平田修; 柴野佑紀; 安達千波矢
        日本化学会講演予稿集, 2011年03月11日
      • 【110-3】P3AT‐C60系におけるドナー・アクセプター相互作用に関する固体NMR解析
        藤村昴; 福島達也; 山本順一; 福地将志; 梶弘典
        応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 2011年03月09日
      • 【110-2】CT固体NMR法による光触媒表面へのアセトアルデヒドの吸着状態解析
        村田亜紀代; 塚本直樹; 岡伸人; 福地将志; 福島達也; 梶弘典; 重里有三
        応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 2011年03月09日
      • 【110-1】NMRによる液体有機半導体の劣化解析
        山本順一; 福島達也; 福地将志; 平田修造; HEO Hyo Jung; 平田修; 柴野佑紀; 安達千波矢; 梶弘典
        応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 2011年03月09日
      • 【109】準平面構造をもつトリフェニルアミン二量体の合成と物性
        若宮 淳志; 西村 秀隆; 村田 靖次郎; 福島 達也; 川口 久文; 梶 弘典
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会 神奈川工科大学 2011/3/25, 2011年03月
      • 【107】振電相互作用密度による電子輸送材料の分子設計
        佐藤 徹; 志津 功將; 田中 一義; 梶 弘典
        情報化学討論会講演要旨集, 2011年
      • 【108】特集号「有機デバイスのための高分子」の発刊にあたって
        竹内 大介; 大山 俊幸; 梶 弘典
        高分子論文集, 2011年01月
      • 【106】Living radical polymerizations with organic catalysts
        A. Goto; H. Kaji; Y. Tsujii; T. Fukuda
        Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 2011年
      • 【105-4】Solid-state NMR analysis of local structures in electron transport materials for organic light emitting diodes
        Tatsuya Fukushima; Hironori Kaji
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawai, USA, 2010年12月, 査読有り
      • 【105-3】Solid-state NMR analysis of a molecular orientation in poly(9,9-di-n-octyl-2,7-fluorene) thin films
        Masashi Fukuchi; Tatsuya Fukushima; Yurie Shimahara; Atsushi Goto; Hironori Kaji
        International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawai, USA, 2010年12月, 査読有り
      • 【105-2】Organic Light-Emitting Diodes Prepared from Tris(8-hydroxyquinoline) Aluminium (III) (Alq3) in Different Crystalline Polymorphs
        Hironori Kaji; Tatsuya Fukushima; Kousuke Takami
        International Conference on Optical Optoelectronic and Photonic Materials and Applications, Budapest, Hungary, 2010年08月, 査読有り
      • 【105-1】Analysis of Phase Separation Behavior between P3HT and PCBM by Solid-state NMR
        Tatsuya Fukushima; Hironobu Kimura; Yurie Shimahara; Hironori Kaji
        International Conference on Optical Optoelectronic and Photonic Materials and Applications, Budapest, Hungary, 2010年08月, 査読有り
      • 【104】真のデバイス,真の過程の測定をめざして 発展し続ける固体NMRの世界
        Grey Clare P; Tycko Robert; 梶 弘典
        パリティ, 2010年08月
      • 【103】Optimization of Synthetic Conditions of Self-Assembled Monolayer for Enhanced Hole Injection in Organic Light-Emitting Diodes
        Yasuaki Tokudome; Tatsuya Fukushima; Atushi Goto; Hironori Kaji
        International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics, Sendai, Miyagi, Japan, 2010年03月, 査読有り
      • 【102】Effect of the Thickness of Hole Transporting Layer and Active Layer in Polythiophene : Fullerene Solar Cells,
        Y.T. Tsai; K. Goto; O. Yoshikawa; S. Mori; T. Fukushima; H. Kaji; T. Sagawa; S. Yoshikawa
        The 3rd International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2010), Toyama International Conference Center, Toyama, 2010.6.22-25, 2010年, 査読有り
      • 【101】固体NMRによるポリフルオレンの精密構造・ダイナミクス解析
        福島 達也; 島原 由利江; 木内 洋平; 梶 弘典
        2009KIPS若手高分子シンポジウム「次代を拓く高分子科学」?研究者としての原点,現在,そして未来? ,京都大学桂キャンパス, 2009年12月11日, 査読有り
      • 【95】Marcus理論に基づくCBPおよびTPDのcharge transfer integralと電荷輸送経路の解析
        鈴木 不律; 山田知典; 佐藤徹; 田中一義; 梶弘典
        有機EL討論会 第9回例会 ,京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ, 2009年11月12日, 査読有り
      • 【96】常温有機蓄光体の開発とデバイスへの応用展開
        平田 修造; 戸谷 健朗; Junzhang Zhang; 山下 俊; 渡辺 敏行; Seth Richard Marder; 梶 弘典; 安達 千波矢
        有機EL討論会 第9回例会 ,京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ, 2009年11月12日, 査読有り
      • 【97】ポリフルオレンの構造・ダイナミクスに関する固体 NMR 解析
        島原 由利江; 福島 達也; 木内 洋平; 梶 弘典
        有機EL討論会 第9回例会 ,京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ, 2009年11月12日, 査読有り
      • 【98】正孔輸送材料TPDにおける電荷移動度の計算と電荷輸送過程の解析
        川口 久文; 山田 知典; 梶 弘典
        有機EL討論会 第9回例会 ,京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ, 2009年11月12日, 査読有り
      • 【99】振電相互作用密度解析による電子輸送材料の分子設計
        志津 功将; 佐藤 徹; 田中 一義; 梶 弘典
        有機EL討論会 第9回例会 ,京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ, 2009年11月12日, 査読有り
      • 【100】金属錯体Alq3の構造-発光特性相関の解明
        高見 浩介; 日下 康成; 久我 香子; 梶 弘典
        有機EL討論会 第9回例会 ,京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ, 2009年11月12日, 査読有り
      • 【89】バイポーラ性有機 EL材料 CBPの電荷輸送特性
        鈴木 不律; 山田 知典; 佐藤 徹; 田中 一義; 梶 弘典
        第 58 回高分子討論会 ,熊本大学工学部 黒髪キャンパス, 2009年09月16日, 査読有り
      • 【90】ホヤセルロースナノクリスタル懸濁液の液晶形成と磁場配向
        平井 諒子; 野村 晃敬; 辻井 敬亘; 辻 正樹; 梶 弘典
        第 58 回高分子討論会 ,熊本大学工学部 黒髪キャンパス, 2009年09月16日, 査読有り
      • 【91】二次元二量子固体 NMR によるポリフルオレンの主鎖コンホメーション精密解析
        福島 達也; 島原 由利江; 木内 洋平; 梶 弘典
        第 58 回高分子討論会 ,熊本大学工学部 黒髪キャンパス, 2009年09月16日, 査読有り
      • 【92】固体 NMR 法によるポリフルオレン薄膜の分子配向解析
        島原 由利江; 福島 達也; 木内 洋平; 梶 弘典
        第 58 回高分子討論会 ,熊本大学工学部 黒髪キャンパス, 2009年09月16日, 査読有り
      • 【93】有機 EL 正孔輸送材料 TPD の電荷輸送シミュレーション
        川口 久文; 山田 知典; 梶 弘典
        第 58 回高分子討論会 ,熊本大学工学部 黒髪キャンパス, 2009年09月16日, 査読有り
      • 【94】有機 EL 正孔輸送材料 TPD におけるトランスファー積分と電荷輸送経路
        山田 知典; 佐藤 徹; 田中 一義; 梶 弘典
        第 58 回高分子討論会 ,熊本大学工学部 黒髪キャンパス, 2009年09月16日, 査読有り
      • 【85】固体NMRによるP3HT:PCBM混合系の相分離状態の解析
        福島達也; 木村公信; 島原由利江; 梶 弘典
        2009年秋季 第70回応用物理学会学術講演会 ,富山大学, 2009年09月08日, 査読有り
      • 【86】リン含有電子輸送材料の合成と有機ELへの応用
        福島達也; 梶 弘典
        2009年秋季 第70回応用物理学会学術講演会 ,富山大学, 2009年09月08日, 査読有り
      • 【87】正孔輸送材料TPDにおける電荷輸送シミュレーション
        川口久文; 山田知典; 梶 弘典
        2009年秋季 第70回応用物理学会学術講演会 ,富山大学, 2009年09月08日, 査読有り
      • 【88】Marcus理論によるTPD、CBPの電荷輸送解析
        山田知典; 鈴木不律; 佐藤 徹; 田中一義; 梶 弘典
        2009年秋季 第70回応用物理学会学術講演会 ,富山大学, 2009年09月08日, 査読有り
      • 【82】リン含有電子輸送性材料の合成と有機ELへの応用
        福島達也; 梶 弘典
        有機EL討論会 第8回例会 ,日本科学未来館 みらいCANホール, 2009年06月19日, 査読有り
      • 【83】芳香族アミンにおける振電相互作用と電子-ホール相互作用
        佐藤 徹; 志津 功将; 上垣内 啓介; 岩原 直也; 田中 一義; 梶 弘典
        有機EL討論会 第8回例会 ,日本科学未来館 みらいCANホール, 2009年06月19日, 査読有り
      • 【84】表面開始リビングラジカル重合を用いた有機EL素子の作製
        梶 弘典; 福島 達也; 山田 知典; 山根 宏明; 後藤 淳; 辻井 敬亘
        有機EL討論会 第8回例会 ,日本科学未来館 みらいCANホール, 2009年06月19日, 査読有り
      • 【78】13Cラベルしたポリフルオレンの合成と固体NMRによる主鎖コンホメーションの精密解析
        福島 達也; 木内 洋平; 島原 由利江; 瀬々井 厳士
        第58回高分子学会年次大会 ,神戸国際会議場・神戸国際展示場, 2009年05月27日, 査読有り
      • 【79】二次元二量子固体 NMR 法による有機 EL 正孔輸送材料TPD のコンホメーション解析
        島原 由利江; 五十嵐 祐葵; 高見 浩介; 山田 知典; 梶 弘典
        第58回高分子学会年次大会 ,神戸国際会議場・神戸国際展示場, 2009年05月27日, 査読有り
      • 【80】有機 EL 正孔輸送材料 TPD における電荷輸送経路の解析
        川口 久文; 山田 知典; 鈴木 不律; 梶 弘典
        第58回高分子学会年次大会 ,神戸国際会議場・神戸国際展示場, 2009年05月27日, 査読有り
      • 【81】二次元二量子固体 NMR 測定による有機 EL 正孔輸送材料N,N’-diphenyl-N,N’-di(m-tolyl)benzidine (TPD) の分子間パッキング解析
        高見 浩介; 山田 知典; 梶 弘典
        第58回高分子学会年次大会 ,神戸国際会議場・神戸国際展示場, 2009年05月27日, 査読有り
      • 【77】ナフタレン縮環ホスホールの合成、構造、および物性
        齋藤 有弘; 宮島 徹; 俣野 善博; 福島 達也; 梶 弘典; 今堀 博
        基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), 2009年
      • 【75】Alq3における振電相互作用とJahn-Teller効果
        佐藤徹; 志津功将; 岩原 直也; 田中一義; 梶弘典
        有機EL討論会 第7回例会 ,金沢, 2008年11月20日, 査読有り
      • 【74】Structual Investigation on Amorphous and Crystal Alq3 by Solid-state 27Al MQMAS NMR Spectroscopy
        西山裕介; 福島達也; 高見浩介; 日下康成; 山崎俊夫; 梶弘典
        第47回NMR討論会 ,つくば, 2008年11月12日, 査読有り
      • 【73】Organic light-emitting diodes fabricated from Alq3 in different crystalline polymorphs
        梶 弘典
        Proceedings of International Meeting on Information Display, 2008年10月, 査読有り
      • 【71】結晶形の異なるAlq3から作製した有機EL素子の特性
        福島 達也; 高見 浩介; 梶 弘典
        第 57 回高分子討論会 ,大阪, 2008年09月25日, 査読有り
      • 【70】ポリフルオレンの固体構造と発光特性
        木内 洋平; 瀬々井 巌士; 平井 諒子; 梶 弘典
        第 57 回高分子討論会 ,大阪, 2008年09月24日, 査読有り
      • 【68】Structural Investigation on Amorphous and Crystal Alq3 by Solid-State 27Al MQMAS NMR Spectroscopy
        Nishiyama Y; Fukushima T; Takami K; Kusaka Y; Yamazaki T; Kaji H
        EUROMAR 2008 ,Saint Petersburg, Russia, 2008年07月07日, 査読有り
      • 【67】熱による有機化合物の凝集変化を利用した蛍光や蓄光情報の可逆的なOn-Off 記録特性
        平田修造; 渡辺敏行; 梶弘典
        繊維学会 平成20年度年次大会 ,東京, 2008年06月20日, 査読有り
      • 【66】有機EL 正孔輸送材料TPD における分子構造とHOMOの相関
        山田知典; 梶 弘典
        第57回高分子学会年次大会 ,横浜, 2008年05月29日, 査読有り
      • 【65】ホール輸送材料における振電相互作用と材料設計
        佐藤徹; 志津功将; 久我香子; 田中一義; 梶弘典
        日本コンピュータ化学会2008春季年会 ,東京, 2008年05月22日, 査読有り
      • 【64】Reversible thermoresponsive on-off recording of strong long lived room temperature phosphorescence in organic materials under atmosphere
        Hirata S; Sesei T; Kaji H; Yamashita T; Watanabe T
        International Conference on Organic Photonics and Electronics 2008 (ICOPE2008) ,Santa Fe, New Mexico, USA, 2008年05月18日, 査読有り
      • 【55】Homo-nuclear cross polarization and its application to 1D assignments of solid-state NMR spectra
        Q. Luo; Y. Shimoikeda; H. Kaji; F. Horii
        American Chemical Society, Polymer Preprints, Division of Polymer Chemistry, 2008年04月
      • 【61】POLY 455-Homo-nuclear cross polarization and its application to 1-D assignments of solid-state NMR spectra
        Q. Luo; Y. Shimoikeda; H. Kaji; F. Horii
        Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 2008年04月
      • 【62】POLY 384-Characterization of molecular behavior of stretched rubber by solid-state NMR
        H. Kimura; H. Dohi; M. Kotani; H. Kurosu; H. Kaji; K. Yamauchi; T. Asakura
        Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 2008年04月
      • 【63】POLY 585-Structure of materials in organic light-emitting diodes studied by solid state NMR
        H. Kaji
        Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 2008年04月
      • 【60】固体NMRおよび量子化学計算によるTPDの分子構造、電子状態解析
        山田知典; 梶 弘典
        2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会 ,千葉, 2008年03月29日, 査読有り
      • 【59】感熱記録による有機材料の常温蓄光機能および蛍光機能のOn-Off制御
        平田修造; 瀬々井巌士; 梶弘典; 山下隆志; 渡辺敏行
        日本化学会第88回春季年会 アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) シンポジウム ,東京, 2008年03月27日, 査読有り
      • 【43】A Study on Relationship between Resistivity and Structures of Photosensitive Organic Silsesquioxanes by Impedance Spectroscopy and Solid-State 29Si NMR
        Kusaka Y; Nakamura S; Azuma K; Sasaki T; Unate T; Nakatani Y; Nakasuga A; Matsukawa K; Watanabe N; Naito H; Kaji H
        Fourth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE4) ,Tokyo, 2008年02月, 査読有り
      • 【53】Structures of materials in organic light-emitting diodes studied by solid-state NMR
        H. Kaji
        American Chemical Society, Polymer Preprints, Division of Polymer Chemistry, 2008年
      • 【56】Characterization of molecular behavior of stretched rubber by solid-state NMR
        H. Kimura; H. Dohi; M. Kotani; H. Kurosu; H. Kaji; K. Yamauchi; T. Asakura
        American Chemical Society, Polymer Preprints, Division of Polymer Chemistry, 2008年
      • 【57】Analysis of Carrier Transport in Organic LEDs by Solid-State NMR and Quantum Chemical Calculations
        H Kaji; T Yamada; K Takami
        Chemical Industry, 59, 46-51 (710-715), 2008年
      • 【58】ビチオフェン縮環ベンゾ[c]ホスホールの合成、構造、および電気化学特性
        俣野 善博; 宮島 徹; 福島 達也; 梶 弘典; 今堀 博
        基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), 2008年
      • 【69】Geometric and electronic structures of a hole-transport material, TPD, and related materials studied by DFT calculations and solid-state NMR
        H. Kaji; T. Yamada
        Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering/ Organic Light Emitting Materials and Devices XII, 2008年, 査読有り
      • 【52】クライオプローブを用いたNMR測定による有機EL材料の劣化解析
        梶弘典; 池田剛; 木下慶紀; 村田英幸; Waelchli M
        有機EL討論会 第5回例会 ,福岡, 2007年11月16日, 査読有り
      • 【50】ラマン分光によるAlq3のmer/fac幾何異性と固体構造に関する研究
        椙山卓郎; 古川行夫; 福島達也; 高見浩介; 梶弘典
        有機EL討論会 第5回例会 ,福岡, 2007年11月15日, 査読有り
      • 【51】TPDにおける非弾性電流に関する理論的研究
        佐藤徹; 志津功将; 久我香子; 田中一義; 梶弘典
        有機EL討論会 第5回例会 ,福岡, 2007年11月15日, 査読有り
      • 【49】核磁気共鳴測定は、有機エレクトロニクスにいかに役立つか?
        梶 弘典
        Molecular electronics and bioelectronics, 2007年06月19日
      • 【46】Molecular and Electronic Structure Analyses of N,N’-diphenyl-N,N’-di(m-tolyl)benzidine by Solid-State NMR and Quantum Chemical Calculations
        Yamada T; Kaji H; Horii F
        The International Symposium Organized by Institute for Chemical Research, Kyoto University (ICRIS'07) ,Kyoto, 33-36, 2007年06月, 査読有り
      • 【47】Solid-State NMR Characterization of Structure and Hydrogen Bonding of Polymer Materials
        Luo Q; Suzuki S; Kanie Y; Kaji H; Horii F; Shimizu T; Tansho M; Takegoshi K; Nemoto T; Mizuno T
        The International Symposium Organized by Institute for Chemical Research, Kyoto University (ICRIS'07) ,Kyoto, 143-146, 2007年06月, 査読有り
      • 【48】Solid-State 29Si NMR Characterization of Poly(dimethylsilane) in the Mesophase
        Kaji H; Mino A; Yamada T; Horii F
        The International Symposium Organized by Institute for Chemical Research, Kyoto University (ICRIS'07) ,Kyoto, 151-152, 2007年06月, 査読有り
      • 【45】有機EL正孔輸送材料TPDにおけるコンホメーション-電子状態の相関
        山田知典; 梶 弘典; 堀井文敬
        第56回高分子学会年次大会 ,京都, 2007年05月29日, 査読有り
      • 【44】ポルフィリン・フラーレン複合体の固体NMR測定
        林宏暢; 上田真広; KANG Soonchul; 梅山有和; 俣野善博; 梶弘典; 今堀博
        日本化学会講演予稿集, 2007年03月12日
      • 【42】固体NMR法による有機EL材料の精密解析
        梶 弘典
        Molecular electronics and bioelectronics, 2007年02月23日
      • 【40】Origin of the different emission wavelengths in Alq3 analyzed by solid-state NMR
        H. Kaji; T. Fukushima; K. Takami; Y. Kusaka
        Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering/ Organic Light Emitting Materials and Devices XI, 2007年, 査読有り
      • 【41】Polymer Science in Future
        Kaji H
        Kobunshi, 56, 35, 2007年
      • 【39】固体NMR法による高分子材料の精密解析
        三好 利一; 梶 弘典
        高分子, 2006年09月01日
      • 【32】Solid-state 1H and 13C- 1H correlation NMR analyses of hydrogen bonding in native cellulose
        Q. Luo; Y. Kanie; H. Kaji; F. Horii; T. Shimizu; M. Tansho; T. Nemoto
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 【33】Study on structure and dynamics of13C-enriched sub-elementary fibrils of bacterial cellulose by solid-state13C NMR
        Y. Kanie; F. Suzuki; Q. Luo; A. Hirai; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 【34】Clarification of the relationship between structures and light-emitting properties of Alq3
        H. Kaji; Y. Kusaka; T. Kuga; G. Onoyama; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 【35】Observations of the homonuclear cross polarization through dipolar coupling or J coupling: A potential way of rapid assignments of resonance lines
        Q. Luo; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 【36】Theoretical study of chemical shift changes by cationization of TPD, a hole transport material in organic LEDs
        T. Yamada; N. Tsukamoto; Y. Kusaka; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 【37】Solid-state 2H NMR detection of N,N\\'-diphenyl-N,N\\'-di(m-tolyl) benzidine thin films, a hole-transport material in organic LEDs
        T. Sesei; A. Mino; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 【25】Analyses of structure and dynamics in TPD and Alq3 by solid-state NMR
        H. Kaji; T. Yamada; J. Shimada; N. Tsukamoto; Y. Kusaka; G. Onoyama; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【26】Dynamics analysis of a hole-transport material for organic light-emitting devices, TPD, by solid-state13C NMR spectroscopy
        J. Shimada; N. Tsukamoto; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【27】Conformational analysis of TPD by two-dimensional solid-state double-quantum NMR spectroscopy and quantum chemical calculations
        T. Yamada; N. Tsukamoto; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【28】Some trials to develop new solid-state NMR methods using soft pulses for the assignment of the resonance lines - A solid-state selective homonuclear cross polarization method
        Q. Luo; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【29】Analysis of amorphous structures of polymeric and monomeric materials by two-dimensional double-quantum solid-state NMR spectroscopy
        J. Shimada; N. Tsukamoto; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【30】One-dimensional solid-state NMR methods using selective soft pulses to detect the through-space13C-13C correlation: Homonuclear cross polarization
        Q. Luo; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【31】Investigations of electron structure changes of an organic EL material by solid-state NMR and quantum chemical calculations
        T. Yamada; N. Tsukamoto; Y. Kusaka; H. Kaji; F. Horii
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • 【24】電荷輸送および発光材料の構造とダイナミックス : 固体NMR法による非晶状態の精密解析
        梶 弘典
        Molecular electronics and bioelectronics, 2004年02月25日
      • 【23】化学シフト異方性を利用した非晶性高分子の局所構造・ダイナミックス解析 (proceedings)
        梶 弘典
        固体NMR・材料研究会報告, 33, 41279, 2003年05月
      • 【22-3】二次元固体13C MAT法による液晶性高分子のダイナミックス解析
        村上美和; 石田宏之; 梶弘典; 堀井文敬
        NMR討論会講演要旨集, 2002年10月20日
      • 【22-2】同一のメソゲンとスペーサーユニットから成る液晶性ポリウレタンおよびポリエーテルの相転移,構造並びにダイナミックスに関する研究
        村上美和; 石田宏之; 梶弘典; 堀井文敬
        高分子学会予稿集, 2002年09月18日
      • 【22-1】Determination of Ca Chemical Shift Tensor Orientation in Peptides by Dipolar-Modulated Chemical Shift Recoupling NMR Spectroscopy
        梶 弘典
        Kobunshi, High Polymers, Japan, 51, 452, 2002年03月
      • 【19】Structure and Dynamics of PET in the Partially Crystalline and Glassy States as Studied by Solid-State 13C and 2H NMR Spectroscopy
        Kaji H; Horii F
        Handbook of Thermoplastic Polyesters, ed. Fakirov S, Wiley-VCH: Weinheim, 1, 253-288, 2002年, 査読有り
      • 【20】Characterization of Specific Interactions in Polymers by an MAS NMR Method Without Irradiating Passive Spins
        Kaji H; Horii F
        Proceedings of the Sixth International Symposium Organized by ICR,The Science and Technology of Polymer Assembly: The Global Strategy in 21st Century, , 123-126, 2002年, 査読有り
      • 【21】双極子変調化学シフトリカップリングNMR法によるペプチドCa炭素の化学シフトテンソル方向の決定
        梶 弘典
        高分子 , 51, 452, 2002年, 査読有り
      • 【17】Host-Guest Complex Structure and Dynamics of a Molecular Tweezer: Synthesis, Solid-State NMR, and Quantum-Chemical Calculations (Review)
        Kaji H
        Kobunshi, 50, 147, 2001年, 査読有り
      • 【18】Conformational Analysis of Glassy Polystyrene by Two-Dimensional Solid-State 2H/13C-13C HMQC NMR Method (Review)
        Kaji H
        Kobunshi, 50, 730-731, 2001年, 査読有り
      • 【16-2】Crystalline-noncrystalline structure and chain diffusion associated with the 180 degrees flip motion for polyethylene single crystals as revealed by solid-state C-13 NMR analyses. (vol 33, pg 7093, 2000)
        K Kuwabara; H Kaji; M Tsuji; F Horii
        MACROMOLECULES, 2000年10月
      • 【16-1】Segmental structure and motion in poly(ethylene terephthalate) studied by solid-state NMR
        M.G.Dunbar; H.Kaji; E.R.de Azevedo; T.J.Bonagamba; K.Schmidt-Rohr
        Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 1999年08月
      • 【12】1H CRAMPS and CP/MAS 13C NMR Studies of Hydrogen Bonding of Polymers in the Different States (proceedings)
        MasudaK,KajiH,HoriiF
        40th Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conferences, , 166, 1999年, 査読有り
      • 【13】Homonuclear Double-Quantum NMR Investigations of Polymer Packing (proceedings)
        Kaji H; Dunbar M G; Harris D J; Rupp J; Zimmermann H; Schmidt-RohrK
        40th Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conferences, , 98, 1999年, 査読有り
      • 【14】Double-Quantum and Exchange NMR Studies of Structure and Dynamics of Atactic Poly(acrylonitrile) (proceedings)
        KajiH, Schmidt-RohrK
        International Symposium, NMR Spectroscopy of Polymers, , 34, 1999年, 査読有り
      • 【15】Segmental Structure of Atactic Polystyrene and Poly(ethylene terephthalate) Studied by Double-Quantum NMR (proceedings)
        DunbarM G; Schmidt-RohrK; KajiH; SandstromD
        International Symposium, NMR Spectroscopy of Polymers, , 28, 1999年, 査読有り
      • 【11】固体NMRでみるガラス状高分子の非晶構造と緩和
        梶 弘典; 田井 利弘; 堀井 文敬
        高分子, 1998年05月01日, 査読有り
      • 【8】Short-Range Order in Noncrystalline 13C-Labeled Poly(ethylene terephthalate) Studied by 2D Spin Diffusion NMR under Ultra-Slow MAS
        H. Kaji; F. Horii
        39th Rocky Mountain Conference on Analytical Chemistry ,Denver, CO, USA, 1997年08月04日, 査読有り
      • 【6】Analyses of Conformation and Local Structure of Polymers by Solid-State Two-Dimensional NMR Method (Review)
        KajiH
        Kaigai Kobunshi Kenkyu, 43, 107-108, 1997年, 査読有り
      • 【7】Two-Dimensional solid-state NMR Analyses of Medium-range Molecular Motion of Polymers (proceedings)
        KajiH,TaiT; Horii F
        Proceedings of Society of Solid-State NMR and Materials, 21, 35-39, 1997年, 査読有り
      • 【5】高分子の種々の状態における構造及びダイナミクスに関する固体NMR解析
        梶 弘典
        Proceedings of Society of Solid-State NMR and Materials, 1996年10月
      • 【2】Solid-State NMR Analyses of the Molecular Motion of Polymers in the Glassy State (proceedings)
        Tai T; Kaji H; Horii F
        Proceedings of the Society of Solid-State NMR and Materials, Special Issue of the 10 Year-Anniversary Symposium, 20, 98-99, 1996年
      • 【3】Solid State 13C NMR Analyses of the Medium-Frequency Molecular Motion of Solid Polymers (proceedings)
        Kaji H; Shen Y; Tai T; Horii F
        Proceedings of the First International Symposium Organized by ICR, Controlled Organization and Molecular Dynamics of Polymers, , 124-127, 1996年, 査読有り
      • 【4】Structure and Dynamics of Polymers in the different States as Studied by Solid State NMR Spectroscopy (proceedings)
        HoriiF; Kaji H; Ishida H; Kuwabara K; Masuda K
        Proceedings of the First International Symposium Organized by ICR, Controlled Organization and Molecular Dynamics of Polymers, , 118-123, 1996年, 査読有り
      • 【1】Preparation of Porous Silica Gels with Micrometer-Range Interconnected Structures from Trifunctional and Tetrafunctional Silanes (proceedings)
        Kaji H; Nakanishi K; Soga NA
        Proceedings of the International Conference on Science and Technology of New Glasses, 21, 93-98, 1991年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 【217】量子化学計算・マルチスケールシミュレーションによる高性能有機EL材料の開発と電荷輸送解析
        梶 弘典
        2022年光化学討論会, 2022年09月13日, 京都大学桂キャンパス, 招待有り
      • 【216】量子化学計算に基づく精密分子設計とマルチスケールシミュレーションによる電荷輸送解析
        梶 弘典
        第71回高分子討論会 特定テーマ S12.有機オプトエレクトロニクスの新展開, 2022年09月05日, 北海道大学 札幌キャンパス, 招待有り
      • 【209】高性能有機EL実現のための分子デザインと精密解析
        梶 弘典
        日本化学会第102春季年会, Online, 2022年03月25日, 招待有り
      • 【215】Detailed Computational and Experimental Analyses of Highly-Efficient TADF Mechanism in OLEDs
        Hironori Kaji
        ICSM 2022, 2022年07月20日, University of Glasgow, 招待有り
      • 【214】Material design and precise analysis to realize excellent organic light-emitting diodes
        Hironori Kaji
        IC3EM2022, 2022年07月03日, TRYP Lisboa Caparica Mar Hotel, 招待有り
      • 【213】Some strategies to realize highly-efficient emission in organic light-emitting diodes
        Hironori kaji
        CSC CCCE 2022, 2022年06月15日, Calgary TELUS Convention Centre, 招待有り
      • 【212】Molecular design, theoretical calculation, multiscale simulation and NMR analysis to realize highly-efficient organic light-emitting diodes
        Hironori Kaji
        University of Alberta CCIS Seminar, 2022年06月10日, University of Alberta, 招待有り
      • 【211】Detailed Analysis of Highly-Efficient Emission in Organic Light-Emitting Diodes: The Dynamic Exciton Effect
        H. Kaji
        241st ECS Meeting, 2022年05月30日, Vancouver Convention Center, 招待有り
      • 【210】Realization and Analysis of Highly-Efficient OLEDs: Material Design, Multiscale Simulation, and NMR
        H. Kaji
        The 1st International Symposium on Dynamic Exciton (ISDyEx), 2022年05月27日, The University of British Columbia, Vancouver, BC, Canada, 招待有り
      • 【208】高性能有機EL材料・デバイスの探索と実現
        梶 弘典
        第15回 物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 2021年11月26日, Online, 招待有り
      • 【207】計算科学に基づく分子・デバイスデザイン:高性能有機 EL の探索と実現
        梶 弘典
        Frontier Chemistry Center講演会, 2021年11月11日, 北海道大学 工学部 材料化学系棟 MC030
      • 【206】エキシトンの動的効果による有機EL特性の向上
        梶 弘典
        近畿化学協会 専門部会講演会 機能性色素部会第104回例会, 2021年11月09日, Online, 招待有り
      • 【205】有機発光材料の分子設計と有機ELデバイスの精密解析
        梶 弘典
        有機エレクトロニクス材料研究会 JOEMアカデミー 2021, 2021年10月21日, Online, 招待有り
      • 【204】Design and realization of excellent emitters in OLEDs: the dynamic effect
        Hironori Kaji
        The 11th International Conference on Flexible and Printed Electronics (ICFPE 2021), 2021年10月01日, Online, 招待有り
      • 【203】高性能 TADF 材料の開発と有機 EL デバイス創製
        梶 弘典
        2021年光化学討論会, 2021年09月14日, Online, 招待有り
      • 【202】Material Design Realizing Ultrafast Reverse Intersystem Crossing in Purely Organic Emitter and Quantitative Prediction of Rate Constants for All Types of Electronic Transitions
        Hironori Kaji
        The 13th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE2021), 2021年09月02日, Online, 招待有り
      • 【201】計算科学に基づく分子・デバイスデザイン:高特性有機EL材料・デバイスの探索と実現
        梶 弘典
        第52回構造有機化学若手の会夏の学校, 2021年08月06日, Online, 招待有り
      • 【200】In Silico Material Design and Multiscale Charge Transport Simulation for OLEDs
        Hironori Kaji
        SPIE Optics+Photonics Conference2021, 2021年08月01日, Online, 招待有り
      • 【199】有機EL素子の高効率化に資するマルチスケール電荷輸送シミュレーションとin silico材料設計
        梶 弘典
        映像情報メディア学会 研究会, 2021年07月30日, Online, 招待有り
      • 【197】In silico Material Design and Realization of Highly-Efficient Organic Light-Emitting Diodes
        Hironori Kaji
        239th ECS Meeting, 2021年06月04日, Online, 招待有り
      • 【196】Multiscale Charge Transport Simulation and in Silico Material Design for Highly-Efficient OLEDs
        Hironori Kaji
        Society for Information Display (SID) Virtual Display Week International Symposium 2021, Online, 2021年05月18日, Online, 招待有り
      • 【195】有機ELのイノベーション:材料開発・デバイス基礎科学とDNPをはじめとするNMRのこれからの貢献
        梶 弘典
        高分子学会20-1NMR研究会, 2020年12月22日, 積水化学工業株式会社/Online Hybrid, 招待有り
      • 【194】物理シミュレーションと機械学習を用いた有機EL材料の探索とデバイス化
        梶 弘典
        高分子学会20-1有機エレクトロニクス研究会 テーマ:AI LOVE Yield OUtstanding –有機エレクトロニクス分野でAIを活用する!, 2020年12月18日, 龍谷大学 響都ホール, 招待有り
      • 【193】電荷輸送マルチスケールシュミレーション・量子化学を用いた有機EL発光材料のハイスループット検索
        梶 弘典
        一般社団法人近畿化学協会 コンピュータ化学部会第108回例会 テーマ:有機電子材料の開発と計算化学, 2020年11月25日, Online, 招待有り
      • 【192】In silico material design and DNP-NMR analysis of highly-efficient organic light-emitting diodes.
        Hironori Kaji
        4th International Caparica Conference on Chromogenic and Emissive Materials (IC3EM2020), 2020年11月18日, Onsite(Aldeia dos Capuchos, Caparica, Portugal) / Online, 招待有り
      • 【191】Material design realizing very fast reverse intersystem crossing in purely organic emitter
        HIronori Kaji
        The 12th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE 2020), 2020年11月10日, Onsite (Park Hyatt Busan, Kore) / Online, 招待有り
      • 【189】TADF: High-throughput computational screening of highly efficient emitters for OLEDs
        Hironori Kaji
        Indian Institute of Science (IISc) OLED Webinar, 2020年09月25日, Online, 招待有り
      • 【188】有機EL発光材料における逆項間交差の高速化に向けて
        梶 弘典
        第69回高分子討論会, 2020年09月16日, Online, 招待有り
      • 【187】有機発光材料の分子設計と有機ELデバイスの精密解析
        梶 弘典
        有機エレクトロニクス材料研究会 JOEMアカデミー 2020第1回, 2020年09月03日, Online, 招待有り
      • 【186】In silico material design for OLEDs realizing very fast reverse intersystem crossing
        Hironori Kaji
        SPIE Optics+Photonics Conference2020, 2020年08月24日, Online, 招待有り
      • 【185】Realization of organic light-emitting diodes with very fast reverse intersystem crossing
        Hironori Kaji
        The Second International Conference of Polymeric and Organic Materials in Yamagata University (IPOMY), 2019年12月19日, 伝国の杜(山形県米沢市), 招待有り
      • 【184】Effective use of locally excited triplet states in TADF systems
        Hironori Kaji
        International Conference on Electronic Materials Leading the Future (ICE-MLF2019), 2019年11月14日, Orbis Hall, Kyung Hee University,South Korea, 招待有り
      • 【183】In silico material design for organic light-emitting diodes
        Hironori Kaji
        第35回京都賞先端技術部門 受賞記念ワークショップ, 2019年11月13日, 九州大学稲盛財団記念館, 招待有り
      • 【182】A new material design realizing energy matching of 1CT, 3CT, and 3LE states in TADF systems
        Hironori Kaji
        The 11th Asian Conference on Organic Electronics 2019 (A-COE 2019), 2019年11月07日, New Taipei City,Taiwan, 招待有り
      • 【181】A new material design for TADF and TADF-assisted-fluorescence OLEDs
        Hironori Kaji
        第13回日中合同シンポジウム「有機固体の伝導・光伝導とその関連現象」, 2019年10月21日, 華東理工大学(East China University of Science and Technology), 招待有り
      • 【180】有機発光材料の分子設計と有機 EL デバイスの精密解析
        梶 弘典
        有機エレクトロニクス材料研究会 JOEM アカデミー2019 第3回, 2019年10月10日, 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)02 会議室, 招待有り
      • 【179】動的核偏極(DNP)法による超高感度 NMR 測定と材 料への応用
        梶 弘典
        第68回高分子討論会, 2019年09月26日, 福井大学 文京キャンパス, 招待有り
      • 【178】計算科学を用いた有機 EL 材料のハイスループット 探索とマルチスケールシミュレーション
        梶 弘典
        第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 福井大学 文京キャンパス, 招待有り
      • 【177】1. Thermally activated delayed fluorescence, TADF / 2. Multiscale charge transport simulation
        Hironori Kaji
        XXIVth International Krutyn Summer School 2019(IKSS2019), 2019年09月03日, The Conference Centre "MAZUR-SYRENKA" Krutyn, Masurian Lake District, Poland,, 招待有り
      • 【176】Development of excellent materials and multiscale charge transport simulation for organic light-emitting diodes
        Hironori Kaji
        SPIE Optics + Photonics 2019, 2019年08月11日, San Diego Convention Center, 招待有り
      • 【175】In silico Discovery of Emitters and Charge Transporters for Organic Light-Emitting Diodes
        Hironori Kaji
        OSA Optical Devices and Materials for Solar Energy and Solid-state Lighting, 2019年07月29日, Hyatt Regency San Francisco Airport
      • 【174】High-Throughput Computational Screening for Excellent Organic Light-Emitting Materials, Multiscale Charge Transport Simulation, and DNP-NMR Analysis
        Hironori Kaji
        OIST沖縄科学技術大学院大学 機器分析セクション講演会, 2019年07月19日, 沖縄科学技術大学院大学 メインキャンパス第一研究棟D階015, 招待有り
      • 【173】High-Throughput Computational Screening for Excellent Organic Light-Emitting Materials and Multiscale Charge Transport Simulation
        Hironori Kaji
        10th International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2019), 2019年06月24日, Sands Expo & Convention Centre, 招待有り
      • 【171】TADF, Multiscale Simulation, and DNP-NMR
        Hironori Kaji
        The 3rd Frontires of Organic Semicondoctor Laser(3FOSLs), 2019年01月24日, The University of Queensland, Brisbane, Australia., 招待有り
      • 【170】Development of TADF-OLEDs and Multiscale Charge Transport Simulations
        Hironori Kaji
        The 10th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE 2018), 2018年12月07日, City University of Hong Kong, 招待有り
      • 【169】In silico discovery of emitters and charge transporters for organic LEDs
        Hironori Kaji
        The 12th SPSJ International Polymer Conference(IPC2018), 2018年12月05日, International Congress Center Hiroshima, 招待有り
      • 【168】In silico design of TADF, multiscale charge transport simulation, and DNP-NMR
        Hironori Kaji
        EPSRC-JSPS Core to Core Grant Symposium on Frontier in Organic Optoelectronics, 2018年11月20日, School of Physics and Astronomy , Lecture Theatre C University of St. Andrews, 招待有り
      • 【167】非晶質有機薄膜中での電荷輸送解析
        梶 弘典
        電子情報通信学会 シリコン材料・デバイス研究会(SDM 研究会), 2018年11月09日, 機械振興会館, 招待有り
      • 【166】有機発光材料の分子設計と有機ELデバイスの精密解析
        梶 弘典
        有機エレクトロニクス材料研究会 JOEMアカデミー2018第3回, 2018年10月24日, 京都大学 化学研究所, 招待有り
      • 【165】TADF Materials, multiscale simulations, and dynamic nuclear polarization NMR for OLEDs
        Hironori Kaji
        12th International Conference on Electroluminescence and Optoelectronic Devices (ICEL2018), 2018年10月16日, Booyoung Hotel & Resort Jeju, Jeju, Korea, 招待有り
      • 【164】動的核偏極(DNP)法によるNMRの超高感度化と材料への展開
        梶 弘典
        第67回高分子討論会, 2018年09月14日, 北海道大学 札幌キャンパス, 招待有り
      • 【163】計算科学による分子・デバイスデザイン:高特性有機EL材料およびデバ イスのハイスループット開発
        梶 弘典
        日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム S4.セラミックス材料・ハイブリッド材料のボトムアッププロセスの新展開, 2018年09月06日, 名古屋工業大学, 招待有り
      • 【162】「高効率深青色 TADF 有機 EL の実現に向けて」
        梶 弘典
        2018年光化学討論会 シンポジウム II: 熱活性化遅延蛍光(TADF)で切り拓く次世代有機EL発光材(OLED), 2018年09月05日, 関西学院大学・上ケ原キャンパス, 招待有り
      • 【161】有機EL材料・デバイスのハイスループット開発
        梶 弘典
        日本学術会議 化学委員会 材料化学分科会(第24期・第3回), 2018年07月23日, 日本学術会議6階 6-A(1)(2)会議室, 招待有り
      • 【160】Highly-Efficient Wet-Processable and Stable TADF Materials For Deep-Blue OLEDs
        Hironori Kaji
        The 3rd International TADF Workshop, 2018年07月20日, The LUIGANS SPA&RESORT, 招待有り
      • 【158】有機ELデバイス解析とNMR
        梶 弘典
        第12回「分析技術セミナー」先進材料とNMR分析, 2018年06月13日, 東京国際フォーラム ホールD5, 招待有り
      • 【157】In silico material design, multiscale simulation, and DNP‐NMR for OLEDs
        H. Kaji
        France-Japan Workshop on OptoElectronics&Photonics, 2018年05月31日, Charpak amphitheatre(the Jussieu campus of Sorbonne Univertite ), 招待有り
      • 【156】TADF-OLEDs, Multiscale simulation, and DNP-NMR
        H. Kaji
        Organic Optoelectronics: Lighting Up the Future A Scotland-Japan Symposium Jointly Organised by RSE and JSPS, 2018年05月03日, The Royal Society of Edinburgh, 招待有り
      • 【155】Organic light-emitting diodes (OLEDs) : Design-synthesisfabrication, multiscale simulation, and DNP-NMR
        H. Kaji
        255th ACS National Meeting and Exposition, 2018年03月19日, New Orleans Marriott Hotel on Canal Street , New Orleans Convention Center, 招待有り
      • 【154-2】有機EL:特に深い青色発光に向けて
        梶 弘典
        京大テックフォーラム(京都アカデミアフォーラムin丸の内):有機EL/有機太陽電池など機能性有機材料の新展開, 2018年01月17日, 新丸の内ビルディング, 招待有り
      • 【154-1】有機ELデバイス −基礎科学と高機能化−
        梶 弘典
        応用物理学会関西支部セミナー「光機能の新展開」〜有機ELデバイスの新展開〜, 2018年01月06日, 大阪市立大学 学術情報総合センター, 招待有り
      • 【153-10】高性能有機EL材料のハイスループット開発・マルチスケール電荷輸送シミュレーション・DNP-NMR
        梶 弘典
        超超プロジェクトDNR-NMRワークショップ, 2017年12月08日, 産総研つくば第5事業所第2本館, 招待有り
      • 【153-9】In Silico Material Design for Highly Efficient OLEDs and Multiscale Charge Transport Simulations
        梶 弘典; 鈴木 克明
        2017年11月23日, Ramada Plaza Jeju, 招待有り
      • 【153-8】実験および計算による分子配向解析:TADF材料を中心に
        梶 弘典
        第25回 有機EL討論会 S2 特別セッション, 2017年11月16日, 北海道大学 クラーク会館, 招待有り
      • 【153-7】Computer-assisted research of TADF emitters and charge transporters for OLEDs
        Hironori Kaji
        Materials Horizons Symposium: Electronic and Photonic Materials, 2017年11月15日, Kyoto University, Yoshida Campus, 招待有り
      • 【153-6】The introduction of DNP-NMR and toward the future developments (DNP-NMR の導入と今後の展開に向けて)
        梶 弘典
        ICRIS-NMR '17: DNP-NMR Workshop, 2017年11月10日, Kyoto University, Uji Campus, 招待有り
      • 【153-5】Computer-Assisted Material Design toward Highly Efficient TADF Materials, Multiscale Charge Transport Simulations, and DNP-NMR
        Hironori Kaji
        The 9th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE 2017), 2017年10月27日, KAIST (Daejeon, Rep. of Korea)
      • 【153-4】Organic Light-Emitting Diodes: Design-Synthesis-Fabrication, Multiscale Simulation, and DNP-NMR
        梶 弘典
        Seoul National University MSE Seminar, 2017年10月24日, Seoul National University, 招待有り
      • 【153-3】有機発光材料の分子設計と有機ELデバイスの精密解析
        梶 弘典
        有機エレクトロニクス材料研究会 JOEMアカデミー2017第3回, 2017年10月19日, 京都大学 宇治キャンパス, 招待有り
      • 【153-2】有機発光材料の分子設計と有機ELデバイスの精密解析固体NMRからDNP-NMRへ - 飛躍的感度向上の実現 -
        梶 弘典
        第34回 Brukerユーザーズミーティング, 2017年10月04日, [4日:コングレコンベンションセンター (大阪)/ 5日:東京コンファレンスセンター品川 (東京)], 招待有り
      • 【153-1】計算科学を用いた分子デザイン:高特性 TADF 材料・電荷輸送材料のハイスループット探索
        梶 弘典
        第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 愛媛大学 城北キャンパス, 招待有り
      • 【152】Computer-Assisted Material Design Toward Highly Efficient Dry and Wet Processed OLEDs and Multiscale Charge Transport Simulations
        H. Kaji
        The 17th International Meeting on Information Display (IMID2017), 2017年08月29日, Convention Hall, BEXCO, 招待有り
      • 【151】NMR for material Science and toward the introduction of DNP-NMR
        H. Kaji
        大阪大学蛋白質研究所セミナー「高分極核スピンが拓く未来動的核分極(DNP)法の最前線―」, 2017年08月24日, 大阪大学 蛋白質研究所, 招待有り
      • 【150】Multiscale hopping-type charge transport simulation: the prediction and molecular-level analysis
        H. Kaji
        SPIE Optics+photonics conference2017, 2017年08月07日, San Diego Convention Center, 招待有り
      • 【149-2】固体NMR・GIPAW・DNP-NMR:有機デバイスの本質的理解に向けて
        梶 弘典
        NMR共用プラットフォームシンポジウム -高磁場NMRを核としたプラットフォームの新たな展開-, 2017年08月02日, 理化学研究所 横浜キャンパス, 招待有り
      • 【149-1】In silico discovery of highly efficient dry and wet processable TADF materials for blue-to-green OLEDs
        H. Kaji
        The 2nd International TADF Workshop, 2017年07月19日, 九州大学伊都キャンパス, 招待有り
      • 【148】有機デバイス -有機エレクトロニクス材料-高特性材料の設計からその実現まで-
        梶 弘典
        平成28年度 第32回新材料・新技術利用研究会, 2017年02月03日, 生産開発科学研究所(京都), 招待有り
      • 【147】Recently-Developed Highly Efficient Organic LEDs: Molecular Design and Analysis of Devices
        H. Kaji
        12th International Conference on Nano-Molecular Electronics (ICNME2016), 2016年12月16日, KOBE INTERNATIONAL CONFERENCE CENTER, 招待有り
      • 【146】Design of Emitters and Charge Transporters for Highly Efficient Organic LEDs
        H. Kaji
        IDW/AD'16 有機ELセッション トピックス招待講演, 2016年12月08日, 福岡国際会議場, 招待有り
      • 【145】In silico material discovery toward highly efficient dry and wet processed OLEDs
        Hironori Kaji
        国際会議 A-COE2016 京都, 2016年12月06日, 京都大学 化学研究所, 招待有り
      • 【144】Design of Materials for Organic Light-Emitting Diodes
        Kaji Hironori
        The 12th Japan China Joint Symposium Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena, 2016年10月18日, 東京(早稲田大学), 招待有り
      • 【143】有機発光材料の分子設計と有機ELデバイスの精密解析
        梶 弘典
        有機エレクトロニクス材料研究会 JOEMアカデミー2016 第3回, 2016年10月11日, 大阪(大阪大学吹田キャンパス), 招待有り
      • 【142】Design of Materials for Organic LEDs
        Kaji Hironori
        2016 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2016), 2016年09月29日, Tsukuba, Japan
      • 【141】有機 EL 素子内で何が起こっているのか、その基礎的理解を目指して
        梶 弘典
        応用物理学会 2016年(平成28年)秋季講演会, 2016年09月13日, 新潟(朱雀メッセ), 招待有り
      • 【140】Design, Synthesis, and Fabrication of Highly Efficient TADF-based OLEDs
        Kaji Hironori
        SPIE Photonic Devices + Applications 2016, 2016年08月28日, San Diego, US, 招待有り
      • 【139】TADF材料の開発とデバイス応用:蒸着系および塗布系への展開
        梶 弘典
        第148回 OPERA研究交流セミナー, 第139回 ISIT有機光エレクトロニクス研究特別室セミナー, 第206回 未来化学創造センターセミナー, 2016年08月02日, 福岡(九州大学 伊都キャンパス), 招待有り
      • 【138-2】Recently-developed vacuum- and solution-processed TADF OLEDs
        Hironori Kaji; Katsuaki Suzuki
        IWOCOMD 2016, 2016年07月24日, Kunshan, China, 招待有り
      • 【137】有機ELおよび有機太陽電池の高特性化:材料設計からデバイス創製まで
        梶 弘典
        防衛大学校 課外講演, 2016年06月01日, 防衛大学校 応用科学科(横須賀), 招待有り
      • 【136】Organic light-emitting diodes and solar cells: design, synthesis, and fabrication
        Kaji Hironori
        The University of Auckland Seminar, 2016年05月23日, The University of Auckland, New Zealand, 招待有り
      • 【135】計算科学による有機EL素子の分子論的理解:特に電荷輸送を中心に
        梶 弘典
        JACI先端化学・材料技術部会 コンピュータケミストリ分科会次世代CCWG講演会, 2016年05月13日, 公益社団法人 新化学技術推進協会(JACI) 東京(JACI会議室), 招待有り
      • 【134】有機EL発光材料および電荷輸送解析の最近の動向
        梶 弘典
        一般社団法人近畿化学協会専門部会講演会 機能性色素部会第91回例会, 2016年04月26日, 大阪(大阪化学技術センター), 招待有り
      • 【132】Organic Light-emitting Diodes Exploiting Thermally Activated Delayed Fluorescence: Development of a New Emitter Material and The Analysis
        Kaji Hironori
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), 2015年12月17日, Hawaii Convention Center (Honolulu, US)
      • 【133】Organic Light-emitting Diodes and Organic Solar Cells: NMR Analysis Toward Higher Performance
        Kaji Hironori
        Pacifichem 2015, 2015年12月17日, Honolulu, US, 招待有り
      • 【131】逆項間交差を利用した新規高効率緑色,青色,および塗布型有機EL材料の設計と素子化
        梶 弘典
        有機EL討論会第21回例会, 2015年11月13日, 福岡(九大), 招待有り
      • 【130】NMR CASTEPによる有機デバイス材料の構造解析・精密化
        梶 弘典
        MS FGM Materials Studio BIOVIAフォーカスグループミーティング「進化した材料シミュレーション・パッケージMaterials Studio 2016 〜実践的物性値予測と応用事例〜」, 2015年11月10日, 東京(東京コンフェレンスセンター品川), 招待有り
      • 【129】有機デバイス:有機ELにおける電荷輸送シミュレーションを中心に
        梶 弘典
        分子システムデバイスコース 九州大学大学院 博士課程教育リーディングプログラム Advanced Graduate Course on Molecular Systems for Devices 第81回 分子システム デバイスセミナー, 2015年10月23日, 福岡(九大伊都キャンパス), 招待有り
      • 【128】有機ELおよび有機太陽電池の創製と解析:計算、合成、固体NMR解析
        梶 弘典
        高分子同友会, 2015年10月20日, 大阪(薬業年金会館), 招待有り
      • 【127】有機ELにおける電荷輸送解析:多階層シミュレーションによる取り組み
        梶 弘典
        第64回高分子討論会, 2015年09月15日, 仙台(東北大), 招待有り
      • 【126】Organic Light-emitting Diodes: Multiscale Charge Transport Simulation and Fabrication of New Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF) Materials
        Kaji Hironori
        SPIE Optics and Photonics: SPIE Photonic Devices and Applications 2015, 2015年08月09日, San Diego Convention Center, US, 招待有り
      • 【125】有機デバイスの本質的理解を目指して:計算および解析の観点から
        梶 弘典
        日本化薬講演会, 2015年07月21日, 東京(日本化薬研究開発本部イノベーション創出研究センター), 招待有り
      • 【123】Highly Efficient Blue Electroluminescence Based on Thermally Activated Delayed Fluorescence
        Kaji Hironori
        2015 MRS Spring Meeting & Exhibit, 2015年04月09日, Moscone West (San Francisco, CA, US), 招待有り
      • 【122-2】有機EL・有機太陽電池 特性向上と基礎的知見の構築を目指して
        梶 弘典
        北海道大学 Ambitious Leader's Program: Ambitious 物質科学セミナー, 2015年01月29日, 北海道大学(北海道), 招待有り
      • 【122-1】有機EL分子・デバイスの設計:計算科学による取り組み
        梶 弘典
        第19回 有機EL討論会 S2 特別セッション, 2014年11月27日, 沖縄県市町村自治会館, 招待有り
      • 【121-3】NMR of Organic Semiconductors
        H. Kaji
        ICRIS-NMR’:Technological Frontiers in Solid-State NMR-A French-Japanese Workshop, 2014年10月05日, Institute for Chemical Research (Kyoto University, Uji Campus), 招待有り
      • 【121-2】量子化学計算を用いた有機エレクトロニクス材料の理論的研究(業績賞受賞記念講演)
        梶 弘典
        第18回 有機EL討論会, 2014年07月18日, 千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館, 招待有り
      • 【121-1】計算化学による有機半導体材料の設計
        梶 弘典
        日経エレクトロニクスセミナー:有機エレクトロニクスの次の方向性を考える 機器や社会の変革を起こすコア技術, 2014年07月11日, UDX カンファレンス
      • 【120】Solid-state Analysis of Organic LEDs and Organic Solar Cells
        H. Kaji
        ESPCI-KiPS 2013 Meeting, 2013年11月30日, ESPCI, Paris(France), 招待有り
      • 【119】Solid-state Analysis of Organic LEDs and Organic Solar Cells
        H. Kaji
        Swiss-Kyoto Symposuim 2013, 2013年11月22日, ZURICH(Switzerland), 招待有り
      • 【118】NMRおよびGIPAW計算を用いた有機EL、有機太陽電池の解析
        梶 弘典
        第52回NMR討論会チュートリアルコース, 2013年11月11日, 石川県立音楽堂(金沢), 招待有り
      • 【117-4】固体NMRの基礎
        梶 弘典
        第25回 高分子学会 NMR講座, 2013年10月25日, 京都大学 宇治キャンパス, 招待有り
      • 【117-3】新規有機デバイスの創製・固体NMR解析・量子化学計算
        梶 弘典
        分子工学第238回コロキウム, 2013年05月24日, 京都大学 桂キャンパス
      • 【117-2】有機EL、有機太陽電池の創製と解析
        梶 弘典
        電子情報通信学会OME・SDM(シリコン材料デバイス/有機エレクトロニクス研究会, 2013年04月26日, 屋久島環境文化村センター(鹿児島), 招待有り
      • 【117-1】Solid-state NMR and GIPAW Approach for Organic LEDs and Organic Solar Cells Understanding Complex Macromolecular and Supramolecular Systems using Innovative Magnetic Resonance Strategies
        Hironori Kaji
        2013 Spring National ACS meeting in New Orleans, 2013年04月08日, Hilton Riverside (New Orleans), 招待有り
      • 【116-3】有機ELにおけるキャリア移動の理論的側面:分子レベルからの解析
        梶 弘典
        CEREBA有機E(エレクトロニクス)講習会, 2013年01月15日, 産総研つくば中央第5事業所, 招待有り
      • 【116-2】Solid-state NMR Analysis of Donor-Acceptor Structures in Organic Solar Cells
        梶 弘典
        The 4th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE 2012), 2012年12月20日, Yamagata University, Yonezawa Cumpus, 招待有り
      • 【116-1】有機 EL および有機太陽電池における分子凝集構造とデバイス特性
        梶 弘典
        日本真空学会 第53回真空に関する連合講演会, 2012年11月15日, 甲南大学(神戸市)ポートアイランドキャンパス, 招待有り
      • 【115-3】有機ELの電荷移動シミュレーション
        梶 弘典
        2012年度有機エレクトロニクスシンポジウム, 2012年10月31日, パシフィコ横浜会議センター, 招待有り
      • 【115-2】固体NMR・ GIPAW計算による構造−特性相関解析 〜有機EL・ 有機太陽電池のさらなる高性能化をめざして〜
        梶 弘典
        第29回 Brukerユーザーズミーティング, 2012年10月03日, 千里ライフサイエンスセンター(豊中市), 招待有り
      • 【115-1】溶液および固体NMRによる有機材料の解析:有機デバイス材料を中心として 計算化学による有機デバイス材料の移動度 シミュレーション
        梶 弘典
        新日鐵化学講演会, 2012年09月20日, 新日鐵化学, 招待有り
      • 【114】Investigation of aggregated structures in organic light-emitting diodes: approach from solid-state NMR
        Kaji Hironori
        SPIE Optics+Photonics Conference 2012, 2012年08月12日, San Diego, CA, US
      • 【113-2】固体NMRによるバルクヘテロ系有機太陽電池の相分離構造解析
        梶 弘典
        CREST有機太陽電池シンポジウム -高効率化と実用化への道-, 2012年07月13日, 京都大学 宇治キャンパス, 招待有り
      • 【113-1】有機EL、 有機太陽電池における膜内構造とデバイス特性
        梶 弘典
        有機デバイス院生研究会 第7回セミナー, 2012年06月28日, 京都大学 吉田キャンパス, 招待有り
      • 【112】Theoretical investigation of non-radiative decay in thermally activated delayed fluorescence
        Katsuyuki Shizu; Kei Sakanoue; Chihaya Adachi; Tohru Sato; Hironori Kaji
        SPIE EPE12 ? SPIE Photonics Europe 2012, 2012年04月18日, Brussels, Belgium
      • 【111】有機ELにおける非晶凝集構造とデバイス特性
        梶 弘典
        日本化学会第92回春季年会 アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) シンポジウム 「ATP T2. 先端エレクトロニクス材料 (A. OLED)」, 2012年03月27日, 慶応大学, 横浜, 招待有り
      • 【108】Solid-State NMR Analysis of Aggregated Structures in Organic Devices
        Kaji Hironori
        The Asian Conference on Organic Electronics (A-COE 2011), 2011年12月06日, National Taiwan University, Taipei, Taiwan, 招待有り
      • 【110】有機非晶デバイスにおける分子凝集構造解析
        梶 弘典
        分子アンサンブル2011, 2011年11月12日, 理化学研究所 (和光、埼玉), 招待有り
      • 【109】Optimized Formation of Silane Layer for Improved Hole Injection in Organic Light Emitting Diodes
        Y. Tokudome; T. Fukushima; M. Takahashi; H. Kaji
        15th International Conference on Thin Films, 2011, 2011年11月08日, Kyoto
      • 【107】準平面型トリアリールアミンを基本骨格にもつ機能性材料開発
        若宮淳志; 西村秀隆; 村田靖次郎; 福島達也; 弘典
        第60回高分子討論会, 2011年09月29日, 岡山, 招待有り
      • 【106】固体NMRと量子化学計算による有機デバイス解析への試み
        梶 弘典
        最先端研究開発支援プログラム−低炭素社会に資する有機系太陽電池の開発, 2011年09月22日, 京都, 招待有り
      • 【104】Oxygen-Bridged Triphenylamine Derivatives with Quasi-Planar Structure
        Wakamiya, A; Nishimura H; Murata Y; Fukushima T; Kawaguchi H; Kaji H
        The 14th Asian Chemical Congress (14ACC), 2011年09月08日, Bangkok, Thailand
      • 【105】Solid-State NMR Analysis of Phosphine Oxide Materials for OLEDs
        Kaji Hironori
        The 14th Asian Chemical Congress (14ACC), 2011年09月08日, Bankok, Tailand, 招待有り
      • 【103】有機EL素子特性の作製条件依存性-その起源を探る
        梶 弘典
        2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会, 2011年08月29日, 山形, 招待有り
      • 【102】Enhanced Hole Injection in Organic Light-Emitting Diodes by Optimization of Synthetic Conditions of Self-Assembled Monolayer
        Y. Tokudome; T. Fukushima; A. Goto; H. Kaji
        16th International Sol-Gel Conference, 2011年08月28日, China
      • 【101】Theoretical Design for Carrier-Transporting Molecules in View of Vibronic Couplings
        Tohru Sato; Katsuyuki Shizu; Kazuyoshi Tanaka; Hironori Kaji
        SPIE, 2011年08月21日, San Diego, 招待有り
      • 【100】ポリチオフェンーフラーレン系有機太陽電池における 分子レベルでのドナー/アクセプター構造
        梶 弘典
        CREST 有機太陽電池シンポジウム, 2011年07月16日, 京都, 招待有り
      • 【99】有機ELにおける蒸着速度依存性-その特性変化と分子配向
        福島達也; 福地将志; 梶弘典
        有機EL討論会第12回例会, 2011年07月01日, 東京
      • 【98】NMRによる有機EL分子の配向および劣化解析
        梶 弘典
        日本化学会第91回春季年会 アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) シンポジウム, 2011年03月29日, 神奈川大学横浜キャンパス, 招待有り
      • 【95】液体半導体を発光層に有する有機EL素子の発光特性の改善
        平田修造; 久保田是史; ヒョジョン ホ; 山本順一; 柴野佑紀; 平田 修; 合志憲一; 八尋正幸; 梶弘典; 安達千波矢
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会, 2011年03月26日, 神奈川工科大学
      • 【96】NMRによる液体有機半導体の劣化解析
        山本順一; 福島達也; 福地将志; 平田修造; ヒョジョン ホ; 平田 修; 柴野佑紀; 安達千波矢; 梶弘典
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会, 2011年03月26日, 神奈川工科大学
      • 【97】振電相互作用密度に基づく高性能電荷輸送材料の理論設計
        志津功将; 佐藤 徹; 伊藤彰浩; 田中一義; 梶 弘典
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会, 2011年03月26日, 神奈川工科大学
      • 【93】準平面構造をもつトリフェニルアミン二量体の合成と物性
        若宮淳志; 西村秀隆; 村田靖次郎; 福島達也; 川口久文; 梶弘典
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会, 2011年03月25日, 神奈川工科大学
      • 【94】CT固体NMR法による光触媒表面へのアセトアルデヒドの吸着状態解析
        村田亜紀代; 塚本直樹; 岡伸人; 福地将志; 福島達也; 梶弘典; 重里有三
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会, 2011年03月25日, 神奈川工科大学
      • 【92】P3AT-C60系におけるドナー・アクセプター相互作用に関する固体NMR解析
        藤村 昴; 福島達也; 山本順一; 福地将志; 梶弘典
        2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会, 2011年03月24日, 神奈川工科大学
      • 【89】Optimization of Synthetic Conditions of Self-Assembled Monolayer for Enhanced Hole Injection in Organic Light-Emitting Diodes
        Yasuaki Tokudome; Tatsuya Fukushima; Atushi Goto; Hironori Kaji
        Sixth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE6), 2011年03月18日, Sendai International Center, Miyagi, Japan
      • 【90】Solid-state NMR analysis of phase separation behavior between P3HT and PCBM in organic solar cells
        Tatsuya Fukushima; Hironobu Kimura; Yurie Shimahara; Hironori Kaji
        Sixth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE6), 2011年03月18日, Sendai International Center, Miyagi, Japan
      • 【91】固体NMRによる有機EL材料の精密解析−素子特性向上に向けて
        梶 弘典
        第1回最先端有機光エレクトロニクスシンポジウム「スーパー有機ELデバイスとその革新的材料への挑戦」, 2011年03月18日, コクヨホール(東京), 招待有り
      • 【88】Photocatalytic TiO2 film depositied by rf reactive sputtering
        Kazuya Kanemoto; Akiyo Murata; Naoki Tsukamoto; Nobuto Oka; Masashi Fukuchi; Tatsuya Fukushima; Hironori Kaji; Yuzo Shigesato
        7th International Symposium on Transparent Oxide Thin Films for Electronics and Optics (TOEO-7), 2011年03月14日, Waseda University,Tokyo, Japan
      • 【87-2】NMR・量子化学計算による有機EL精密解析とデバイス創製 -バルクから薄膜へ-
        梶 弘典
        セイコーエプソン講演会, 2011年02月16日, セイコーエプソン 富士見事業所, 招待有り
      • 【87-1】有機ELの中身を探る:NMR・量子化学計算からのアプローチとデバイス創製
        梶 弘典
        第4回 岡山理科大学グリーン元素科学シンポジウム, 2011年02月04日, 岡山理科大学十学舎, 招待有り
      • 【86】"革新的有機ELデバイス実現を目指した分子凝集状態解析および新規ウエットプロセスの構築 "
        梶 弘典
        FIRST第3回研究会議(九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター 第三回OPERA研究会議), 2011年01月18日, 九州大学伊都キャンパス
      • 【84】Living radical polymerization with organic redox (pseudo-redox) catalysts.
        A. Goto; Y. Tsujii; T. Fukuda; H. Kaji
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) NMR Spectroscopy of Polymers (#12), Area 3 - Macromolecular, 2010年12月18日, Honolulu U.S., 招待有り
      • 【85】Elucidation of the backbone conformation in polyfluorene in different phases by solid-state NMR.
        H. Kaji; T. Fukushima; Y. Kiuchi; A. Goto
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) NMR Spectroscopy of Polymers (#12), Area 3 - Macromolecular, 2010年12月18日, Honolulu, U.S., 招待有り
      • 【83】有機EL材料(高輝度・高寿命有機ELデバイスの創製):NMR・量子化学計算を用いた有機デバイスの解析と新たなデバイス創製への取り組み
        梶 弘典
        新材料新技術利用研究会, 2010年12月07日, 財団法人 生産開発科学研究所 京都, 招待有り
      • 【82】Gauge-Including Projector Augmented-Wave (GIPAW) 法を用いた有機分子の凝集構造精密解析
        梶 弘典
        理研シンポジウム「第11回 分析・解析技術と化学の最先端」プログラム, 2010年12月02日, 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール, 埼玉県和光市, 招待有り
      • 【81】量子化学計算による有機EL材料の電荷輸送解析
        梶 弘典
        高分子学会 印刷・情報記録・表示研究会 および10-2 光反応・電子用材料研究会 合同研究会, 2010年11月19日, 三菱電機? 先端技術総合研究所, 尼崎, 招待有り
      • 【80】固体NMR法およびgauge-including projector augmented-wave (GIPAW)法による有機凝集構造の解析と構造精密化
        鈴木 不律; 梶 弘典
        第49回NMR討論会, 2010年11月15日, 東京
      • 【79】Alq3の励起状態における振電相互作用密度解析:構造異性と振電相互作用
        上島 基之; 佐藤 徹; 田中 一義; 梶 弘典
        有機EL討論会 第11回例会11th Organic EL Symposium, 2010年11月02日, 名古屋
      • 【78】NMRを用いた有機デバイスの解析と新たなデバイス創製への取り組み
        梶 弘典
        第31回マイクロ化学懇話会, 2010年10月29日, 京都大学ベンチャービジネスラボラトリー・セミナー室, 京都
      • 【77】固体NMRによるP3HT/PCBM系有機太陽電池の相分離構造解析
        梶 弘典
        吉川先生NEDO第2回研究推進委員会, 2010年10月26日, 京大宇治キャンパス, 京都
      • 【76】Marcus理論に基づく有機EL材料の電荷輸送解析
        梶 弘典
        高分子学会 2010年度有機EL講習会, 2010年10月15日, 発明会館ホール, 東京, 招待有り
      • 【75】革新的有機ELデバイス実現を目指した分子凝集状態解析および新規ウエットプロセスの構築 −高次構造・劣化解析−
        梶 弘典
        "FIRST第2回研究会議 (九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター 第二回OPERA研究会議)", 2010年10月09日, 九州大学伊都キャンパス, 福岡
      • 【74】固体NMR法による非晶質材料の評価
        梶 弘典; 福島 達也; 鈴木 不律; 後藤 淳
        2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会, 2010年09月17日, 長崎大学, 招待有り
      • 【73】Organic Light-Emitting Diodes Prepared from Tris(8-hydroquinoline) Aluminum(III) (Alq3) in Different Crystalline Polymorphs
        Hironori Kaji; T. Fukushima; K. Takami
        Fourth International Conference on Optical, Optoelectronic and Photonic Materials and Applications (ICOOPMA 2010), 2010年08月19日, Budapest, Hungary, 招待有り
      • 【72】Charge-transfer rate constants and the transfer paths for hole- and bipolar transport organic materials (TPD and CBP) studied by quantum chemical calculations
        Hironori Kaji
        SPIE Optics+Photonics Conference 2010, 2010年08月04日, San Diego Convention Center, 招待有り
      • 【71-3】固体NMRによるrrP3HT/PCBM系有機太陽電池の相分離構造解析
        梶 弘典
        第6回 CREST 有機太陽電池シンポジウム -光・ナノ・バイオ技術から光電変換機能への展開-, 2010年07月16日, 京都大学 宇治キャンパス, 招待有り
      • 【71-2】固体NMRによる有機非晶質材料の精密解析
        梶 弘典
        東京農工大学講演会, 2010年03月18日, 東京農工大学 小金井キャンパス, 招待有り
      • 【71-1】Solid-State NMR Analysis of Amorphous Materials and its Application for Organic Light-Emitting Diodes
        Kaji Hironori
        2009 Asian Symposium on Organic Materials for Electronics and Photonics (ASOMP 2009), The 7th International OLED and PLED Materials Workshop, 2009年12月15日, National Taiwan University, Taipei
      • 【70-3】固体NMRによる非晶構造解析とその有機EL材料への応用 (特別講演)
        梶 弘典
        有機EL討論会 第9回例会, 2009年11月12日, 京都大学 宇治キャンパス おうばくプラザ
      • 【70-2】固体NMRによる有機EL材料の精密解析
        梶 弘典
        高分子学会 09-1高分子表面研究会 「有機デバイスの界面・表面」, 2009年10月30日, 東京理科大学 森戸記念館, 招待有り
      • 【70-1】固体NMRの基礎
        梶 弘典
        第21回高分子学会NMR講座, 基礎と応用コース, 2009年10月09日, 神戸商工貿易センタービル
      • 【69】固体 NMR による高分子 EL 材料の精密構造・ダイナミクス解析
        梶 弘典
        第 58 回高分子討論会, 2009年09月16日, 熊本大学工学部 黒髪キャンパス
      • 【68】有機ELデバイスの基礎科学と高機能化
        梶 弘典
        第37回生物医工学サロン, 2009年08月03日, 京都大学再生医科学研究所
      • 【67】共有結合性界面を有した高分子系有機EL素子の創製
        梶 弘典
        高分子学会 09-1有機EL研究会, 主題=最先端有機EL材料とデバイス化, 2009年07月17日, 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール
      • 【66】NMRによる有機デバイス材料の評価
        梶 弘典
        応用物理学会 薄膜・表面物理分科会 第37回薄膜表面物理セミナー, 有機機能性材料・デバイスの薄膜・表面分析, 2009年06月26日, 東京工業大学大岡山キャンパス百年記念館 フェライト会議室(東京都目黒区), 招待有り
      • 【65】有機デバイスの中を探る ?NMR・計算からのアプローチとデバイス創製?
        梶 弘典
        千葉大第3回G-COEワークショップ, 有機エレクトロニクスのブラックボックスに光を当てる?, 2009年06月25日, 千葉大学西千葉キャンパス
      • 【63】有機ELの電荷輸送解析
        梶 弘典
        日本化学会第89回春季年会, アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) シンポジウム, 「ATP T2 ディスプレイ用材料の開発最前線 B. OLED」, 2009年03月28日, 日本大学理工学部船橋キャンパス, 招待有り
      • 【62】Solid-state NMR analysis of materials for organic light-emitting diodes and organic solar cells
        Kaji Hironori
        IMR Workshop on Organic Light Emitting Devices, 2009年01月23日, Institute for Materials Research, Tohoku University, Sendai, Japan, 招待有り
      • 【61】固体NMRの基礎と有機デバイス材料への応用
        梶 弘典
        NEDO光集積講座(京都大学) 第9回 分析・評価技術公開セミナー, 2008年12月04日, 京都大学桂キャンパス(京都府京都市), 招待有り
      • 【60】Organic Light-Emitting Diodes Fabricated from Alq3 in Different Crystalline Polymorphs
        Kaji Hironori
        The 8th International Meeting on Information Display (iMiD 2008), 2008年10月15日, Korea International Exhibition Center (KINTEX), Ilsan, Gyeonggi, Korea, 招待有り
      • 【59】Geometric and Electronic Structures of a Hole-Transport Material, TPD, Studied by DFT Calculations and Solid-State NMR
        Kaji Hironori
        SPIE Symposium on Photonic Devices + Applications, "Organic Light-Emitting Materials and Devices XII", 2008年08月10日, San Diego, CA, USA, 招待有り
      • 【58】二次元二量子遷移固体NMR測定による有機光電変換材料の分子間凝集構造解析−“NMR crystallography” を目指して−
        梶 弘典
        第4回有機太陽電池シンポジウム 主題:「ハイブリッドソーラーセルへの展開」, 2008年07月17日, 京大会館(京都府京都市), 招待有り
      • 【57】固体NMRと量子化学計算による有機EL材料の解析
        梶 弘典
        (社)近畿化学協会 コンピュータ化学部会第72回例会, 2008年06月03日, 大阪科学技術センター, 招待有り
      • 【56】Structure of materials in organic light-emitting diodes studied by solid state NMR
        Kaji Hironori
        235th New Orleans Spring 2008 ACS meeting, 2008年04月09日, New Orleans, LA, USA, 招待有り
      • 【55】有機・分子エレクトロニクスの将来ビジョン・ロードマップ
        梶 弘典
        2008年(平成20年)春季第55回応用物理学関係連合講演会 応用物理学会 特別企画シンポジウム「応用物理学の将来ビジョン−2040年に向けたアカデミックロードマップ−」, 2008年03月28日, 日本大学理工学部船橋校舎(千葉県船橋市), 招待有り
      • 【54】有機半導体材料の固体NMR解析とデバイス応用への展開
        梶 弘典
        分子研ナノフォーラム「有機半導体の基礎科学とデバイス応用に関する研究会」, 2008年03月13日, 分子科学研究所 明大寺地区(愛知県岡崎市), 招待有り
      • 【53】有機ELおよび有機太陽電池材料の固体NMR解析
        梶 弘典
        富士フィルム講演会, 2008年03月06日, 富士フィルム株式会社神奈川工場足柄サイト(神奈川県南足柄市), 招待有り
      • 【52】有機光電変換材料の固体NMR解析
        梶 弘典
        NEDO有機太陽電池研究会, 2007年12月21日, 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市), 招待有り
      • 【51】有機光電変換材料の固体NMR解析
        梶 弘典
        科学技術交流財団 ナノ有機分子エレクトロニクス創成研究会, 2007年12月19日, 名古屋大学野依記念物質科学研究館・物質科学国際研究センター(愛知県名古屋市), 招待有り
      • 【50】応用物理学会における有機エレクトロニクスへの取り組みー基礎科学の構築とこれからの領域融合的展開
        梶 弘典
        SEMICOM JAPAN 2007, 2007年12月06日, 幕張メッセ特設イノベーションホール(千葉県千葉市), 招待有り
      • 【49】有機光電変換材料の固体NMRおよびDFT解析
        梶 弘典
        文部科学省 科学研究費補助金 特定領域研究 実在系の分子理論 A01班勉強会 複合電子系へのアプローチ:理論化学の新発展を求めて, 2007年11月24日, 九州大学医学部百年講堂(福岡県福岡市), 招待有り
      • 【48】クライオプローブを用いたNMR測定による有機EL材料の劣化解析
        梶弘典; 池田剛; 木下慶紀; 村田英幸; Waelchli
        有機EL討論会 第6回例会, 2007年11月16日, 福岡
      • 【47】TPDにおける非弾性電流に関する理論的研究
        佐藤徹; 志津功将; 久我香子; 田中一義; 梶弘典
        有機EL討論会 第5回例会, 2007年11月15日, 福岡
      • 【46】有機ELの基礎科学-分子レベルの構造からEL特性を紐解く-
        梶 弘典
        早稲田大学 理工学部/大学院理工学研究科 講演会, 2007年10月19日, 早稲田大学大久保キャンパス(東京都新宿区), 招待有り
      • 【45】Origin of the Different Emission Wavelengths in Alq3 Analyzed by Solid-State NMR
        Kaji Hironori; Fukushima T; Takami K; Kusaka Y
        SPIE Symposium on Photonic Devices + Applications, "Organic Light-Emitting Materials and Devices XI", 2007年08月26日, San Diego Convention Center in San Diego, CA, USA, 招待有り
      • 【44】有機光電変換材料の固体NMR 解析
        梶 弘典
        有機太陽電池研究会 第3回有機太陽電池シンポジウム「有機薄膜太陽電池?−新材料、新素子構造、理論−」, 2007年07月16日, 京大会館(京都府京都市), 招待有り
      • 【43】核磁気共鳴測定は、有機エレクトロニクスにいかに役立つか?
        梶 弘典
        応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会研究会「学際的融合に向けた有機分子・バイオエレクトロニクスの新たな展開」, 2007年06月30日, 上山市市民会館(山形)
      • 【42】有機EL材料の固体NMR解析
        梶 弘典
        実環境計測・診断システム協議会 平成19年度第一回表面・界面技術研究会主催講演会, 2007年05月25日, 産総研九州センター(佐賀県鳥栖市), 招待有り
      • 【41】有機・分子エレクトロニクス、バイオエレクトロニクスの将来ビジョン・ロードマップ
        梶 弘典; 染谷隆夫; 中嶋健; 藤井彰彦; 佐々高史; 工藤一浩; 小野田光宣; 岩本光正; 松田直樹
        応用物理学会 学会特別企画シンポジウム「応用物理学会の将来ビジョン」, 2007年03月29日, 青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市), 招待有り
      • 【40】溶液および固体NMRによる有機EL材料の劣化および構造解析
        梶 弘典
        日本化学会第87回春季年会 アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) シンポジウム「ATP T2 ディスプレイ材料の開発最前線」, 2007年03月26日, 関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市), 招待有り
      • 【39】固体NMRによる有機EL材料の精密解析
        梶 弘典
        応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 有機EL研究会「 有機 EL素子−これからの新展開 」, 2007年03月06日, 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市), 招待有り
      • 【38】固体NMR:その有機ELへの応用
        梶 弘典
        第10回 九州大学未来化学創造センターセミナー, 2007年01月20日, 九州大学伊都キャンパス(福岡県福岡市), 招待有り
      • 【37】有機非晶質材料の基礎科学の確立を目指してー有機EL材料の固体NMR解析を中心にー
        梶 弘典
        文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト九州大学拠点「ナノ物質合成・解析支援拠点(第9回)」「ナノマテリアル開発のための超顕微解析支援拠点」合同講習・研究会, 2007年01月19日, 九州大学箱崎理系キャンパス(福岡県福岡市), 招待有り
      • 【36】From Simple to Advanced Solid-State NMR: the Analysis of Structure and Dynamics of Materials in Organic Devices
        Kaji Hironori
        The 45th Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2006年11月22日, The Clock Tower Centennial Hall, Kyoto University, Kyoto, 招待有り
      • 【35】有機EL素子における電荷輸送材料、発光材料の固体NMR解析」
        梶 弘典
        20周年記念 第40回 固体NMR・材料研究会 / 第5回固体NMRフォーラム合同研究会「材料解析のための超高磁場固体NMR」, 2006年10月16日, 京都ガーデンパレス(京都府京都市), 招待有り
      • 【34】「金属錯体Alq3の構造-発光特性相関の解明」
        梶 弘典
        第 55 回高分子討論会, 2006年09月20日, 富山大学五福キャンパス(富山県富山市), 招待有り
      • 【33】有機EL材料の構造と発光・電荷輸送特性
        梶 弘典
        京都大学国際イノベーション機構 - 京大IIOフェア, 2006年09月13日, 東京国際フォーラム (東京都千代田区), 招待有り
      • 【32】固体NMRで有機EL材料の何がわかるのか?ラベル試料を用いた解析を中心として
        梶 弘典
        住友化学(株)筑波研究所 講演会, 2006年08月09日, 住友化学(株)筑波研究所(茨城県つくば市), 招待有り
      • 【31】Solid-State NMR Investigations of Materials in Organic Light-Emitting Diodes
        Kaji Hironori
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005), 2005年12月18日, Honolulu, Hawaii, USA, 招待有り
      • 【30】固体NMR法による非晶TPDの構造とダイナミクス
        梶 弘典
        第3回東北大学共同プロジェクト研究会「有機半導体デバイスの 基礎と応用」, 2005年12月12日, 東北大学電気通信研究所(宮城県仙台市), 招待有り
      • 【29】有機EL材料の精密解析:静的・動的非晶構造が固体NMRでどこまでわかるか
        梶 弘典
        平成17年度 第1回日本材料学会・ナノ材料部門委員講演会, 2005年07月13日, 京都大学桂キャンパス(京都府京都市), 招待有り
      • 【28】有機EL材料の固体NMR解析
        梶 弘典
        高分子学会 05-1 NMR研究会エレクトロニクス&フォトニクス材料開発に貢献するNMR解析技術, 2005年05月24日, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 招待有り
      • 【27】Solid-State NMR Investigations of facial and meridional Alq3 in Different Polymorphs
        Kaji Hironori
        21COE Workshop on OSE & OEL (Mark Tompson Symposium), 2004年10月30日, Kyoto University, Uji Campus, Kyoto, 招待有り
      • 【26】固体NMRによる有機EL材料の凝集構造解析
        梶 弘典
        平成16年度 日本化学会東北支部主催 高分子コロキウム「有機半導体の化学と物理」, 2004年10月12日, 山形大学工学部(山形県米沢市), 招待有り
      • 【25】固体NMRを用いた高分子・金属錯体発光材料の精密構造解析と光特性制御
        梶 弘典
        第54回錯体化学討論会 シンポジウムS6「新しい手法、特異反応場での錯体化学」, 2004年09月23日, 熊本大学黒髪キャンパス(熊本県熊本市), 招待有り
      • 【24】Solid-State NMR Investigations of Alq3 in Different Polymorphs
        Kaji Hironori
        International Discussion Meeting on Tris(8-hydroxyquinoline)aluminum(III): Basic Properties and Secrets of Alq3 as an EL material, Sponsered by Creative Basic Research Project, "Elucidation and Control of Interfaces Related to Electronic Devices", 24-25, 2004年09月22日, Okouchi Hall, RIKEN Institute, Wako, Japan, 招待有り
      • 【23】固体NMR : 測定法の基礎から高分子・有機EL材料への応用まで
        梶 弘典
        東レリサーチセンター NMR技術連絡会, 2004年07月15日, 東レリサーチセンター(滋賀県大津市), 招待有り
      • 【22】固体NMRからみた有機EL材料の基礎科学
        梶 弘典
        日本セラミックス協会第38回基礎科学部会セミナー「21世紀を支えるフォトニクスガラス・セラミックス材料の基礎科学」, 2004年07月09日, 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市), 招待有り
      • 【21】固体NMR法による有機EL材料の凝集構造解析
        梶 弘典
        高効率有機デバイス推進機構 補完研究講演会, 2004年05月20日, 財団法人光産業技術振興協会 (東京都文京区), 招待有り
      • 【20】有機材料解析用の開発とその利用
        梶 弘典
        第35回 固体NMR・材料研究会「材料解析のための超高磁場固体NMR」,35,19-22, 2004年05月11日, 京都平安会館(京都府京都市), 招待有り
      • 【19】電荷輸送および発光材料の構造とダイナミックス: 固体NMR法による非晶状態の精密解析
        梶 弘典
        応用物理学会 有機分子バイオエレクトロニクス分科会 有機EL研究会「有機EL素子の基礎物性−高性能化、耐久性向上のための基盤技術」, 2004年03月09日, 機械振興会館(東京都港区), 招待有り
      • 【18】有機材料の固体NMRー何がどこまでわかるのか
        梶 弘典
        日本電子第 17 回NMRユーザーズミーティング, 2003年12月17日, 広島インテルスビル(広島県広島市), 招待有り
      • 【17】固体NMRの基礎
        梶 弘典
        第15回高分子学会NMR研究会講座, 2003年11月14日, 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市), 招待有り
      • 【16】固体高分子の局所構造に関する多次元多量子NMR解析
        梶 弘典
        第52回高分子学会年次大会, 2003年05月28日, 名古屋国際会議場(愛知県名古屋市), 招待有り
      • 【15】化学シフト異方性を利用した非晶性高分子の局所構造・ダイナミックス解析
        梶 弘典
        第33回固体NMR・材料研究会, 2003年05月09日, 京都平安会館(京都府京都市), 招待有り
      • 【14】高分子のランダムネスの定量的評価
        梶 弘典
        第3回東京工業大学国際高分子基礎研究センターシンポジウム−高分子のナノスケール構造はどこまで解析できるか−, 2002年12月29日, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 招待有り
      • 【13】Quantitative Analysis of Randomness in Polymers
        Kaji Hironori
        The 3rd Symposium of International Research Center of Macromolecular Science (ICMS), 2002年12月19日, Ookayama, Japan
      • 【12】非晶質高分子の構造とダイナミクス -固体NMRによるdisorderの定量的解析-
        梶 弘典
        日本セラミックス協会ガラス部会第34回夏季若手セミナー「21世紀を支える夢のガラス」, 2002年07月27日, いこいの村大和高原(奈良県山辺郡), 招待有り
      • 【11】先端固体NMR法による高分子の局所構造解析
        梶 弘典
        微生物高分子セミナー, 2002年07月26日, 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市), 招待有り
      • 【10】固体高分子のランダムネスをどこまで定量的に解析できるか?
        梶 弘典
        東京工業大学国際高分子基礎研究センター講演会, 2002年07月04日, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 招待有り
      • 【9】乱れた構造をもつ高分子固体の構造とダイナミックス −多量子NMR法による解析−
        梶 弘典
        Tecmagセミナー, 2002年05月07日, 京都パークホテル(京都府京都市), 招待有り
      • 【8】二次元二量子固体NMR法によるポリアクリロニトリルの精密構造解析
        梶 弘典
        繊維学会年次大会, 2001年06月06日, アクトシティ浜松・コングレスセンター(静岡県浜松市), 招待有り
      • 【7】Multidimensional Double-Quantum NMR Studies of Local Structure in Disordered Polymers
        Kaji Hironori
        The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2000年12月14日, Hololulu, Hawaii, USA, 招待有り
      • 【6】多次元固体NMR法で高分子の構造解析はどこまで可能か? -Klaus Schmidt-Rohr研究室
        梶 弘典
        高分子学会北海道高分子若手研究会 北海道支部若手の会 海外で学んだ高分子科学, 2000年09月09日, 北海道石狩郡新しのつ温泉たっぷの湯(北海道石狩郡), 招待有り
      • 【5】多次元・多量子固体NMR法による高分子のコンホメーションおよびパッキング解析
        梶 弘典
        第26回 固体NMR・材料研究会, 1999年11月11日, 富士写真フイルム(株) 足柄研究所(神奈川県南足柄市), 招待有り
      • 【4】Homonuclear Double-Quantum NMR Studies of Conformation and Packing in Disordered Polymers
        Kaji Hironori
        41st Rocky Mountain Conference on Analytical Chemistry, 1999年08月02日, The Hyatt Regency Denver, CO, USA, 招待有り
      • 【3】Double-Quantum and Exchange NMR Studies of Structure and Dynamics of Atactic Poly(acrylonitrile)
        Kaji Hironori
        International Symposium, NMR Spectroscopy of Polymers, 1999年01月26日, Breckenridge, Colorado, USA
      • 【2】Local Order in Noncrystalline Poly(ethylene terephthalate) Studied by Two-Dimensional 13C Spin Diffusion NMR Method
        Kaji Hironori
        6th SPSJ International Polymer Conference (IPC97), 1997年11月01日, Kusatsu, Japan
      • 【1】One and Two Dimensional Solid State 13C NMR Analyses of the Molecular Motion in the Crystalline Region for Polymers
        Kaji Hironori
        The 1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 1995年12月18日, Hololulu, Hawaii, USA
      • 有機デバイスの基礎科学と高機能化 / 京都大学化学研究所スーパーコンピュータシステム研究成果報告書2015
        梶 弘典
        京都大学, 2015年, 査読無し
      • Living Radical Polymerizations with Organic Catalysts
        Goto, A; Tsujii, Y; Kaji, H, 共著, Chapter 7 of "Fundamentals of Controlled/Living Radical Polymerization"
        The Royal Society of Chemistry, 2013年04月, 査読無し
      • Precise Analysis Techniques for Organic LED Materials and the Examples - from X-ray Diffraction to Solid-State NMR
        Kaji H
        Developments of Organic Electronics, , 64-77, 2007年, 査読無し
      • Polymer LEDs - The feature of Materials and the Potential
        Kaji H
        Cutting-Edge Technology of Polymer Materials, , 137-143, 2007年, 査読無し
      • Detection of organic materials in OLEDs and trial of the analysis of device degradation by solution NMR with cryogenic probes
        Kaji H; Murata H
        Device Physics, Material Chemistry, and Device Application of Organic Light Emittinjg Diodes, ,45-52, 2007年, 査読無し

      産業財産権

      • 6263524, WO2014/133121, 特願2015-503044 PCT/JP2014/055005, 【4110】化合物、発光材料および有機発光素子
        梶弘典; 鈴木創; 鈴木克明; 大岩元; 若宮淳志; 福島達也; 鈴木不律; 村田靖次郎; 志津功將; 安達千波矢
      • US9818955B2, US2016020402 (A1), US201414771520, 【4110US】Compound, light emitting material, and organic light emitting device
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Katsuaki Suzuki; Hajime Oiwa; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Furitsu Suzuki; Yasujiro Murata; Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi
      • 特願2017-214686, 【5804】分子設計方法、プログラム、ホスト材料、発行分子および有機発光素子
        佐藤徹; 伊藤彰浩; 梶弘典; 鈴木克明; 上辺将士
      • 6175736, WO2016/098845, 特願2015-564900, 【4881】測定システムおよびNMRスペクトルのノイズ低減方法
        日下康成; 梶 弘典; 長谷川 健
      • 2017-092244 PTC/JP2018/017704, 【5769】化合物、発光材料および有機発光素子
        梶弘典; 和田啓幹; 久保勝誠
      • 5995848, WO2013/027419, 特願2013-529906, 【3478】リビングラジカル重合触媒および重合方法
        後藤淳; 梶弘典
      • 特開2016-113574, 特願2014-254823, 【4616】組成物およびそれを用いた有機半導体素子
        梶弘典; 福島達也; 石橋寛隆; 吉村研; 上谷保則
      • 5892510, 特開2013-203887, 特願2012-74712, 【3708】顔料着色剤組成物、カラーフィルター用着色剤、高分子分散剤及び該高分子分散剤の製造方法
        村上賀一; 嶋中博之; 田儀陽一; 後藤淳; 梶弘典
      • 特開2015-225937, 特願2014-109558, 【4584】半導体材料、有機太陽電池、環状共役高分子化合物およびその製造方法
        梶 弘典; 石橋 寛隆; 福島 達也; 佐藤 敏文
      • CNZL201280052857.7, CN103906770, CN201280052857.7, 【3478CN】Catalyst for living radical Polymerization and polymerization method
        Kaji Hironori; Goto Atsushi
      • KR10-1558723, KR20130135344 (A), KR20137026889, 【3256KR】Emulsion binder, aqueous pigment ink for inkjet containing same, and method for producing emulsion binder
        Hiroyuki Shimanaka; Yoshikazu Murakami; Shinichiro Aoyagi; Atsushi Goto; Hironori Kaji
      • US9102777, US20130338273 A1, US 14/001,824, 【3256US】Emulsion binder, aqueous pigment ink for inkjet containing same, and method for producing emulsion binder
        Hiroyuki Shimanaka; Yoshikazu Murakami; Shinichiro Aoyagi; Atsushi Goto; Hironori Kaji
      • ZL201180069281.0, CN103443218 A, CN 201180069281, 【3256CN】Emulsion binder, aqueous pigment ink for inkjet containing same, and method for producing emulsion binder
        Hiroyuki Shimanaka; Yoshikazu Murakami; Shinichiro Aoyagi; Atsushi Goto; Hironori Kaji
      • US9018325, US2014303334 (A1), US201214240607, 【3478US】Catalyst for living radical Polymerization and polymerization method
        Kaji Hironori; Goto Atsushi
      • 5717134, 特開2012-193249, 特願2011-057040, 【3256】エマルジョンバインダー及びそれを含有するインクジェット用水性顔料インク、並びにエマルジョンバインダーの製造方法
        嶋中博之; 村上賀一; 青柳真一郎; 後藤淳; 梶弘典
      • I472591, TW201243008, TW101108433, 【3256TW】Emulsion binder, aqueous pigment ink for inkjet containing same, and method for producing emulsion binder
        Hiroyuki Shimanaka; Yoshikazu Murakami; Shinichiro Aoyagi; Atsushi Goto; Hironori Kaji
      • TW201504241(A), TW20140116921, 【4110TW】Compound, light-emitting material and organic electroluminescence device
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Katsuaki Suzuki; Hajime Oiwa; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Furitsu Suzuki; Yasujiro Murata; Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi
      • 5652961, 特開2013-32441, 特願2011-169130, 【3404】スルホン酸基含有ブロックコポリマーおよびその製造方法、顔料分散剤、顔料着色剤組成物、樹脂処理顔料組成物およびその製造方法ならびにカラーフィルター用顔料着色剤組成物
        嶋中博之; 村上賀一; 関広貴; 後藤淳; 梶弘典
      • WO2014185408, PCT/JP2014/062705, 【4111】化合物、発光材料及び有機発光素子
        佐藤徹; 鈴木克明; 若宮淳志; 上島基之; 出谷昌裕; 福島達也; 鈴木不律; 鈴木創; 村田靖次郎; 田中一義; 梶弘典; 安達千波矢
      • TW201443041, TW20140106934, 【4110TW】Compound, light emitting material, and organic light emitting device
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Katsuaki Suzuki; Hajime Oiwa; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Furitsu Suzuki; Yasujiro Murata; Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi
      • 5599076, 特開2013-75795, 特願2011-217230, 【3470】ナノカーボン水系分散液及びナノカーボン分散樹脂組成物
        今井貴宏; 嶋中博之; 村上賀一; 後藤淳; 梶弘典
      • 5591996, WO2012/118164, 特願2013-502407 PCT/JP2012/055287, 【3248】新規化合物、電荷輸送材料および有機デバイス
        若宮淳志; 西村秀隆; 村田靖次郎; 福島達也; 梶弘典
      • CN201480010316, 【4110CN】Compound, light emitting material, and organic light emitting device
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Katsuaki Suzuki; Hajime Oiwa; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Furitsu Suzuki; Yasujiro Murata; Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi
      • EP20140757587, 【4110EP】Compound, light emitting material, and organic light emitting device
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Katsuaki Suzuki; Hajime Oiwa; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Furitsu Suzuki; Yasujiro Murata; Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi
      • KR20140013001 (A), KR20137025416, 【4110KR】Compound, light emitting material, and organic light emitting device
        Hironori Kaji; Hajime Suzuki; Katsuaki Suzuki; Hajime Oiwa; Atsushi Wakamiya; Tatsuya Fukushima; Furitsu Suzuki; Yasujiro Murata; Katsuyuki Shizu; Chihaya Adachi
      • 特開2012-184200, 特願2011-048725, 【3267】新規な環状化合物、電子輸送材料および有機エレクトロルミネッセンス素子
        佐藤徹; 志津功将; 俣野善博; 田中一義; 梶弘典
      • 特開2010-218984, 特願2009-67019, 【2474】有機EL素子及びその製造方法
        辻井敬亘; 後藤淳; 梶弘典; 福島達也; 山田知典; 山根宏明

      受賞

      • 1998年
        高分子学会, 平成10年度高分子研究奨励賞
      • 2016年12月22日
        23rd International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2016 (IDW/AD '16), IDW/AD '16 Best Paper Award Winners
      • 2014年07月18日
        有機EL討論会, 有機EL討論会 第7回業績賞
      • 2019年06月28日
        BIOVIA and DASSAULT SYSTEMES, Hackathon Award: For the most creative and overall innovative solution in the chemistry challenge at the 2019 pipeline pilot hackathon

      外部資金:科学研究費補助金

      • 動的エキシトン解析に基づく材料設計とその応用
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        梶 弘典
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        動的エキシトン;分子設計;逆項間交差;スピン軌道相互作用;フェルミの黄金律;一重項分裂
      • 動的エキシトンの学理構築と機能開拓
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        今堀 博
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        エキシトン;電荷移動;電荷分離;有機太陽電池;有機発光素子;電荷分離状態
      • 精密構造解析・理論化学計算による有機デバイスの基礎科学構築
        基盤研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        有機デバイス;有機EL;熱活性遅延蛍光材料;電荷輸送;マルチスケールシミュレーション;非晶;固体NMR;動的核偏極NMR;太陽電池;NMR;理論計算;分子配向;TADF
      • 曲面状π共役分子の新しい有機化学と材料科学
        基盤研究(S)
        京都大学
        山子 茂
        自 2016年05月31日, 至 2021年03月31日, 完了
        環状π共役分子;シクロパラフェニレン;ナノカーボン;有機デバイス材料;芳香族性;メビウス分子;トポロジー;ジラジカル;CPP;デバイス;曲面状π共役分子;有機合成;環状共役分子;曲面状共役分子;ボトムアップ合成;有機デバイス;ラジカルイオン;ジカチオン;時間分解測定;曲面π共役分子;ホストゲスト化学;超分子化学
      • 熱活性型遅延蛍光現象の解明と次世代有機ELへの応用を目指した分子設計
        基盤研究(C)
        京都大学
        佐藤 徹
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        有機EL;発光分子;振電相互作用;振電相互作用密度;輻射遷移;無輻射遷移;熱活性型遅延蛍光;内部転換;分子設計
      • 有機薄膜太陽電池の構造と機能-特殊形状を有する高分子とその階層構造解析-
        基盤研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        有機太陽電池;有機デバイス;固体NMR;特殊形状高分子;階層構造解析;有機薄膜太陽電池
      • ドナー-アクセプター超分子構造解析のための固体NMR法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        梶 弘典
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        超分子;固体NMR;ドナー-アクセプター;太陽電池
      • 共有結合性界面を有した高性能高分子系有機EL素子の創製
        基盤研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        有機EL;高分子EL;表面グラフト;リビングラジカル;界面
      • 量子化学計算と核磁気共鳴による有機光電変換系の電子状態解析
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        梶 弘典
        自 2007年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        量子化学計算;核磁気共鳴;有機EL;有機太陽電池;分子性固体
      • 昇華NMR法の開発
        萌芽研究
        京都大学
        梶 弘典
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        有機EL;核磁気共鳴;解析・評価;超精密計測
      • 有機非晶質材料の科学と機能-静的・動的精密構造解析からのアプローチ-
        基盤研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 2005年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        有機EL;核磁気共鳴;非晶質材料;分子性固体, Organic LEDs;Nuclear Magnetic Resonanc;Molecular Solids;Amorphous Materials
      • 高分子機能材料の非晶性組織化構造・ダイナミックスに関する精密固体NMR解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        堀井 文敬
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        非晶構造;固体NMR;ダイナミックス;局所構造;精密構造解析;共鳴線帰属;ヨウ素錯体;バクテリアセルロース;固体NMR精密解析;相関距離;有機発光デバイス;有機高分子薄膜;分子運動;有機太陽電池, Noncrystalline structure;Solid-state NMR;Dynamics;Local structure;Precise structure analyses;Resonance-line assignments;Iodine complexes;Bacterial cellulose
      • 先端固体NMR法によるpolyamorphous構造およびダイナミクスの精密解析
        若手研究(B)
        京都大学
        梶 弘典
        自 2001年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        ガラス状高分子;ポリエチレンテレフタレート;ポリアクリロニトリル;コンホメーション;ダイナミクス;固体NMR;二次元NMR;多量子NMR;ポリエチレンナフタレート;フェノキシ樹脂;物理エージング;OH_<-π>相互作用
      • 主鎖型液晶性高分子の構造形成過程における動的因子および水素結合の影響の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        堀井 文敬
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        液晶性高分子;ポレウレタン;ポリエーテル;水素結合;分子集合体;液晶化;結晶化;固体NMR;ポリウレタン, liquid crystalline polymers;polyurethane;polyether;hydrogen bonding;molecular assembly;liquid crystallization;crystallization;Aclid-state NMR
      • ガラス状高分子の局所構造に関する二次元・二量子遷移固体NMR解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        ガラス状高分子;ポリエチレンナフタレート;ポリ(エチレンナフタレン-2,6-ジカルボキシレート);二次元固体NMR法;二量子遷移固体NMR法;コンホメーション;局所構造;化学シフト異方性;ポリエチレンテレフタレート;非晶構造
      • 固体二次元^<13>C NMRによる液晶性高分子の構造と分子運動に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        ポリウレタン;液晶性高分子;コンホメーション;r-gauche効果;固体^<13>C NMR;化学シフト異方性;分子運動
      • 先端固体NMR法による高分子の低速分子運動の精密解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        堀井 文敬
        自 1996年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        固体NMR;ガラス状高分子;分子運動;化学シフトの異方性;二次元NMR;緩和過程;定速分子運動;フェノキシ樹脂;ポリ(4-メチルペンテン-1);多次元固体NMR;双極子スペクトル;Switching Angle Sample Spinning法;超低速Magic Angle Spinning法, Solid-State NMR;Glassy polymera;Molecular Motion;Two-Dimensional NMR;Chemical Shift Anisotropy;Relaxation Processes
      • 固体二次元NMRによる高分子の低速分子運動に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        梶 弘典
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        ポリエチレン単結晶;ポリ-ε-カプロラクトン;ポリテトラメチレンオキシド;分子運動;化学シフト異方性;固体^<13>CNMR;固体二次元NMR

      外部資金:その他

      • 多次元固体NMRによる高分子の固体構造と分子運動に関する研究
      • 有機ELに関する基礎研究
      • 日本学術振興会 最先端研究開発支援プログラム
        自 2010年, 至 2013年
        梶 弘典
      • オリゴシラン系新規液晶性高分子の合成と液晶特性に関する研究
        財団法人 泉科学技術振興財団研究助成
        自 1999年04月01日, 至 2000年03月31日
        代表
      • 高分子発光材料の高次構造と光特性
        科学技術振興事業団 戦略的創造研究推進事業 (さきがけプログラム) 「秩序と物性」領域
        自 2002年04月01日, 至 2006年03月31日
        代表
      • 新規有機EL材料の合成とデバイスへの応用
        科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム シーズ発掘試験A(発掘型)
        自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
        代表
      • 固体二次元スピン拡散NMR法による高分子ガラスの短・中距離構造の解明
        京都大学学術研究奨励金
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日
        代表
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          高分子化学概論II(先端化学)
          7420, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分析化学II(先端化学)
          7431, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子機能と複合・集積機能
          H404, 前期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子機能と複合・集積機能
          前期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子機能と複合・集積機能
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子工学特論第七
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分析化学II(工業基礎化学)
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分析化学II(工業基礎化学)
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分析化学II(工業基礎化学)
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子機能と複合・集積機能
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分析化学II(工業基礎化学)
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          高分子化学概論II(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子材料科学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子機能と複合・集積機能
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分析化学II(先端化学)
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          工業化学概論[工化1]
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          工業化学概論[工化2]
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          工業化学概論[工化3]
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          工業化学概論[工化4]
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          高分子化学概論II(先端化学)
          後期, 工学部

        博士学位審査

        • Development of Phosphole- and Thiophene-Hybrid Molecules for Organic Functional Materials (有機機能性材料を指向したホスホール/チオフェンハイプリッド型分子の開発)
          石田 圭一, 工学研究科, 副査
          2022年03月23日

        非常勤講師

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分析化学Ⅱ(先端化学)、高分子化学概論Ⅱ(先端化学)、特別研究
          前期8時間、後期8時間、通年52時間, 工学部
        • 自 2021年01月01日, 至 2021年02月28日
          物質科学特論C
          期間中1回、1回 6時間, 奈良先端科学技術大学院大学
        • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
          分析化学Ⅱ(工業基礎化学)、高分子化学概論Ⅱ(工業基礎化学)、特別研究
          工学部
        • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
          分析化学Ⅱ(工業基礎化学)、高分子化学概論Ⅱ(工業基礎化学)、特別研究
          前期8時間、後期8時間、通年52時間,  工学部
        • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
          分析化学Ⅱ(先端化学)、高分子化学概論Ⅱ(先端化学)、特別研究
          前期8時間、後期8時間、通年52時間, 工学部
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2005年07月01日, 至 2007年06月30日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            設備整備ワーキンググループ 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            大学入試センター試験実施委員会 委員(代理委員)
          • 自 2018年04月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治地区4研究所共通的経費検討委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            宇治地区インキュベーション支援室運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所財務委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所財務委員会委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所設備運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            化学研究所副所長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所副所長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所財務委員会委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所設備運営委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所講演委員会 委員長
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治事業所省エネルギー推進委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 副委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所財務委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所設備運営委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所建物管理委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所副所長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            宇治地区4研究所共通的経費検討委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治地区4研究所共通的経費検討委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所副所長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所財務委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所設備運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所建物管理委員会委員
          list
            Last Updated :2022/11/23

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2007年10月, 至 現在
              Committee member, Research Group on Electrical and Electronic Properties of Polymer and Organics / The Society of Polymer Science, Japan
            • 自 2007年10月, 至 現在
              運営委員, 高分子学会 有機エレクトロニクス研究会
            • 自 2000年04月, 至 現在
              Committee member, Research Group on Nuclear Magnetic Resonance / The Society of Polymer Science, Japan
            • 自 2000年04月, 至 現在
              運営委員, 公益社団法人 高分子学会 NMR研究会
            • 自 1994年04月, 至 現在
              Committee member, Society of Solid-State NMR and Materials
            • 自 1994年04月, 至 現在
              運営委員, 固体NMR・材料フォーラム
            • 自 2016年04月, 至 2018年03月
              Vice-Chairperson of the committee, Research Group on Electrical and Electronic Properties of Polymer and Organics / The Society of Polymer Science, Japan
            • 自 2016年04月, 至 2018年03月
              Council member, The Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan
            • 自 2016年04月, 至 2018年03月
              運営副委員長, 高分子学会 有機エレクトロニクス研究会
            • 自 2016年04月, 至 2018年03月
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2014年04月, 至 2016年03月
              Chairperson of the committee, Research Group on Nuclear Magnetic Resonance / The Society of Polymer Science, Japan
            • 自 2014年04月, 至 2016年03月
              運営委員長, 公益社団法人 高分子学会 NMR研究会
            • 自 2008年, 至 2013年
              Council member, The Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan
            • 自 2008年, 至 2013年
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2022年04月, 至 2024年03月
              研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム企業主体評価委員会 専門委員, 国立研究開発法人科学技術振興機構
            • 自 2020年04月, 至 2021年03月
              産学共同実用化開発事業評価委員会, 国立研究開発法人科学技術振興機構
            • 自 2020年04月, 至 2021年03月
              研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 企業主体 評価委員会, 国立研究開発法人科学技術振興機構

            ページ上部へ戻る