教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中山 健夫

ナカヤマ タケオ

医学研究科 社会健康医学系専攻健康管理学講座健康情報学 教授

中山 健夫
list
    Last Updated :2022/10/04

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 至 現在
      みんなの認知症情報学会
    • 日本禁煙科学会
    • 日本臨床知識学会
    • 日本ヘルスコミュニケーション学関連学会機構
    • 一般社団法人 日本薬剤疫学会
    • 日本産業衛生学会
    • 日本子ども健康科学会(子どもの心・体と環境を考える会)
    • 日本循環器管理研究協議会(現・日本循環器予防学会)
    • 日本公衆衛生学会
    • 日本行動医学会
    • 日本衛生学会
    • 日本疫学会

    学位

    • 博士(医学)(東京医科歯科大学)

    出身学校・専攻等

    • 東京医科歯科大学, 医学部, 卒業

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学, 副理事長(非常勤)
    • 自 2016年06月, 至 2019年05月
      京都大学, 大学院医学研究科, 副研究科長
    • 自 2016年06月, 至 2019年05月
      京都大学大学院医学研究科, 社会健康医学系専攻, 専攻長
    • 自 2010年06月, 至 2016年05月
      京都大学大学院医学研究科, 社会健康医学系専攻, 副専攻長
    • 自 1987年05月, 至 1989年03月
      東京厚生年金病院(現・独立行政法人地域医療機能推進機構〈JCHO〉東京新宿メディカルセンター), 内科, 研修医
    • 自 2006年05月, 至 現在
      京都大学大学院 医学研究科, 社会健康医学系専攻 健康情報学分野, 教授
    • 自 2000年09月, 至 2006年04月
      京都大学大学院 医学研究科, 社会健康医学系専攻 医療システム情報学(現・健康情報学)分野, 助教授
    • 自 1999年11月, 至 2000年08月
      国立がんセンター研究所, がん情報研究部, 室長
    • 自 1998年04月, 至 1999年09月
      米国・カリフォルニア大学ロサンゼルス校, 公衆衛生大学院, ポストドクトラル・フェロー
    • 自 1989年04月, 至 1999年10月
      東京医科歯科大学, 難治疾患研究所疫学部門, 助手

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/10/04

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        地域における先端医学研究とパブリックヘルスの連携モデルの提示:ながはま0次予防コホート事業、根拠に基づく医療(EBM)と診療ガイドラインを通した医療の社会的課題、ヘルスコミュニケーションとヘルスリテラシー
      • 研究概要

        本分野は健康・医療に関する問題解決を支援する情報の在り方を追求しています。情報は量と質の両方から成り、その統合です。私たちは情報を「つくる・つたえる・つかう」の視点で捉え、より望ましい環境の設備を推進する研究と実践に取り組んでいます。研究方法は疫学研究を中心に、必要に応じて質的研究を併用(混合研究)します。

      研究キーワード

      • インターネット
      • データベース
      • ヘルスリテラシー
      • Quality of Life(QOL)
      • 医療・福祉
      • 医療情報
      • 健康情報
      • メディア
      • 医療情報学
      • 医療制度
      • エネルギー必要量
      • 医療の質
      • 情報リテラシー
      • 心筋梗塞
      • 基礎代謝量
      • 障害者
      • マスメディア
      • ヘルス・コミュニケーション
      • 衛生
      • 社会医学
      • 栄養所要量
      • 最大酸素摂取量
      • 根拠に基づく医療
      • J医療の質
      • エネルギー代謝
      • 社会・疫学
      • 根拠に基づく医療(EBM)
      • エネルギー消費量
      • ガス希釈法
      • 疫学研究

      研究分野

      • 情報通信, 生命、健康、医療情報学
      • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
      • ライフサイエンス, 基礎看護学
      • 人文・社会, 臨床心理学

      論文

      • Coffee drinking and colorectal cancer and its subsites: A pooled analysis of 8 cohort studies in Japan.
        Kashino I; Akter S; Mizoue T; Sawada N; Kotemori A; Matsuo K; Oze I; Ito H; Naito M; Nakayama T; Kitamura Y; Tamakoshi A; Tsuji I; Sugawara Y; Inoue M; Nagata C; Sadakane A; Tanaka K; Tsugane S; Shimazu T; Research Group for; the Development; Evaluation of Cancer; Prevention Strategies in Japan
        International journal of cancer, 2018年07月, 査読有り
      • Age-specific impact of diabetes mellitus on the risk of cardiovascular mortality: An overview from the evidence for Cardiovascular Prevention from Observational Cohorts in the Japan Research Group (EPOCH-JAPAN)
        Yoichiro Hirakawa; the Evidence for Cardiovascular Prevention From Observational Cohorts in Japan Research Group (EPOCH-JAPAN); Toshiharu Ninomiya; Yutaka Kiyohara; Yoshitaka Murakami; Shigeyuki Saitoh; Hideaki Nakagawa; Akira Okayama; Akiko Tamakoshi; Kiyomi Sakata; Katsuyuki Miura; Hirotsugu Ueshima; Tomonori Okamura; Yutaka Imai; Takayoshi Ohkubo; Fujiko Irie; Hiroyasu Iso; Akihiko Kitamura; Takeo Nakayama; Toshimi Sairenchi; Ichiro Tsuji; Michiko Yamada; Masahiko Kiyama; Yoshihiro Miyamoto; Shizukiyo Ishikawa; Hiroshi Yatsuya
        Journal of Epidemiology, 2017年, 査読有り
      • 育児中の女性の妊娠前、妊娠中、産後8年時点の身体活動量の傾向 エコチル調査の追加調査より
        土田 暁子; 金谷 久美子; 城川 美佳; 松村 健太; 浜崎 景; 中山 健夫; 稲寺 秀邦
        Journal of Epidemiology, 2022年01月
      • ビタミンD不足とアレルギー症状との関連
        金谷 久美子; 浜崎 景; 土田 暁子; 稲寺 秀邦; 黒沢 洋一; 平林 今日子; 足立 雄一; 中山 健夫
        日本衛生学雑誌, 2021年03月
      • 黄砂の乳幼児の目・鼻・呼吸器の症状への影響と、影響を低減する方法
        土田 暁子; 浜崎 景; 金谷 久美子; 稲寺 秀邦; 中山 健夫; 板澤 寿子; 大西 一成; 黒沢 洋一; 平林 今日子; 足立 雄一
        日本衛生学雑誌, 2021年03月
      • 妊婦のビタミンD不足とその要因
        金谷 久美子; 浜崎 景; 土田 暁子; 稲寺 秀邦; 黒沢 洋一; 平林 今日子; 足立 雄一; 中山 健夫
        日本衛生学雑誌, 2021年03月
      • Prospective association of air purifier use during pregnancy with the neurodevelopment of toddlers in the Japan Environment and Children’s Study
        Kenta Matsumura; Kei Hamazaki; Akiko Tsuchida; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Scientific Reports, 2021年12月, 査読有り
      • Multimodal telemonitoring for weight reduction in sleep apnea patients: A randomized controlled trial.
        Kimihiko Murase; Takuma Minami; Satoshi Hamada; David Gozal; Naomi Takahashi; Yoshinari Nakatsuka; Hirofumi Takeyama; Kiminobu Tanizawa; Daisuke Endo; Toshiki Akahoshi; Yasutaka Moritsuchi; Toru Tsuda; Yoshiro Toyama; Motoharu Ohi; Yasuhiro Tomita; Koji Narui; Naho Matsuyama; Tetsuro Ohdaira; Takatoshi Kasai; Tomomasa Tsuboi; Yasuhiro Gon; Yoshihiro Yamashiro; Shinichi Ando; Hiroyuki Yoshimine; Yoshifumi Takata; Akiomi Yoshihisa; Koichiro Tatsumi; Shin-Ichi Momomura; Tomohiro Kuroda; Satoshi Morita; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Kazuo Chin
        Chest, 2022年08月20日
      • Markers of cardiovascular disease risk in sleep-disordered breathing with or without comorbidities: the Nagahama study.
        Yoshinari Nakatsuka; Kimihiko Murase; Takeshi Matsumoto; Yasuharu Tabara; Isuzu Nakamoto; Takuma Minami; Naomi Takahashi; Hirofumi Takeyama; Osamu Kanai; Satoshi Hamada; Kiminobu Tanizawa; Tomohiro Handa; Tomoko Wakamura; Naoko Komenami; Satoshi Morita; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine, 2021年12月01日
      • 一般住民における自律神経機能とHbA1cとの関連 ながはまスタディ
        高橋 順美; 高橋 由光; 田原 康玄; 松本 健; 川口 喬久; 栗山 明; 上嶋 健治; 松田 文彦; 陳 和夫; 中山 健夫
        Journal of Epidemiology, 2022年01月
      • Relationships between pay-for-performance (PFP), work stressors, and depression in sales workers: a structural equation model analysis.
        Takashi Amagasa; Takeo Nakayama
        Journal of occupational and environmental medicine, 2022年07月26日
      • Mortality and morbidity of infants with trisomy 21, weighing 1500 grams or less, in Japan.
        Hidenori Kawasaki; Takahiro Yamada; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Takahito Wada; Shinji Kosugi
        Journal of human genetics, 2022年07月05日
      • Temporal Trend in an Initial Treatment, Survival, and Medical Costs Among Patients With Lung Cancer Between 2013 and 2018 in Kyoto City, Japan.
        Tomonari Shimamoto; Yukiko Tateyama; Daisuke Kobayashi; Keiichi Yamamoto; Yoshimitsu Takahashi; Hiroaki Ueshima; Kosuke Sasaki; Takeo Nakayama; Taku Iwami
        Value in health regional issues, 2022年06月28日
      • Japanese clinical practice guidelines for aspiration and pharyngeal residual assessment during eating and swallowing for nursing care
        Junko Sugama; Miyuki Ishibasi; Erika Ota; Yayoi Kamakura; Eiichi Saitoh; Hiromi Sanada; Takeo Nakayama; Takeshi Nomura; Masako Yamada; Gojiro Nakagami; Naoko Sato; Seiko Shibata; Takashi Hase; Junko Fukada; Tatsuto Miki; Mikiko Arita; Tamae Urai; Yohei Okawa; Aya Kitamura; Misako Dai; Toshiaki Takahashi; Nao Tamai; Itoko Tobita; Hiroshi Noguchi; Masaru Matsumoto; Yuka Miura; Kanae Mukai; Yuko Mugita; Mikako Yoshida; Masako Kurachi; Takako Shirasaka; Yukiko Yamane
        Japan Journal of Nursing Science, 2022年06月18日
      • Comparative Study of Circumferential Decompression and Posterior Decompression in Palliative Surgery for Metastatic Thoracic Spinal Tumors.
        Bungo Otsuki; Kunihiko Miyazaki; Kenichiro Kakutani; Shunsuke Fujibayashi; Takayoshi Shimizu; Koichi Murata; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Ryosuke Kuroda; Shuichi Matsuda
        Clinical spine surgery, 2022年05月09日
      • 多機関共同後ろ向き研究における研究デザインと人材育成 京都食道胃手術勉強会での取り組み
        藤田 悠介; 錦織 達人; 下池 典広; 村上 克宏; 門川 佳央; 伊丹 淳; 近藤 正人; 金谷 誠一郎; 川田 洋憲; 畑 啓昭; 山本 道宏; 金城 洋介; 田中 英治; 間中 大; 佐藤 誠二; 岡部 寛; 山下 好人; 姜 貴嗣; 後藤 禎人; 中山 健夫; 川上 浩司; 田中 司朗; 久森 重夫; 角田 茂; 肥田 侯矢; 小濱 和貴
        日本外科学会雑誌, 2022年05月
      • Effects of maternal exposure to lead on secondary sex ratio in Japan: The Japan Environment and Children's Study.
        Nozomi Tatsuta; Kunihiko Nakai; Shoji F Nakayama; Ayano Takeuchi; Takahiro Arima; Nobuo Yaegashi; Michihiro Kamijima; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        The Science of the total environment, 2022年04月15日
      • Prevalence of type 2 diabetes by age, sex and geographical area among two million public assistance recipients in Japan: a cross-sectional study using a nationally representative claims database.
        Tami Sengoku; Tatsuro Ishizaki; Yoshihito Goto; Tomohide Iwao; Shosuke Ohtera; Michi Sakai; Genta Kato; Takeo Nakayama; Yoshimitsu Takahashi
        Journal of epidemiology and community health, 2022年04月
      • Drug Treatment Algorithm and Recommendations from the 2020 update of the Japan College of Rheumatology Clinical Practice Guidelines for the Management of Rheumatoid Arthritis-Secondary Publication.
        Yutaka Kawahito; Akio Morinobu; Yuko Kaneko; Masataka Kohno; Shintaro Hirata; Mitsumasa Kishimoto; Yohei Seto; Takahiko Sugihara; Eiichi Tanaka; Hiromu Ito; Toshihisa Kojima; Isao Matsushita; Keiichiro Nishida; Masaaki Mori; Atsuko Murashima; Hisashi Yamanaka; Takeo Nakayama; Masayo Kojima; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2022年03月16日
      • Differences between subjective and objective sleep duration according to actual sleep duration and sleep-disordered breathing: the Nagahama Study.
        Naomi Takahashi; Takeshi Matsumoto; Yoshinari Nakatsuka; Kimihiko Murase; Yasuharu Tabara; Hirofumi Takeyama; Takuma Minami; Satoshi Hamada; Osamu Kanai; Kiminobu Tanizawa; Isuzu Nakamoto; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Takanobu Tsutsumi; Yoshimitsu Takahashi; Tomohiro Handa; Tomoko Wakamura; Naoko Komenami; Satoshi Morita; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Takeo Nakayama; Kazuo Chin
        Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine, 2022年03月01日
      • 脳卒中診療における尿道カテーテル適正使用プログラムの有効性と安全性
        池田 靖子; 久保 健児; 和田 幹生; 関 里恵子; 土方 保和; 吉岡 貴史; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2022年03月
      • Relationship between diverting stoma and adjuvant chemotherapy in patients with rectal cancer: a nationwide study using the National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan.
        Nobuaki Hoshino; Koya Hida; Yudai Fukui; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Kazutaka Obama
        International journal of clinical oncology, 2022年03月
      • Analysis of triptan use during pregnancy in Japan: A case series.
        Yuko Yamaguchi; Takahiro Yamada; Mikako Goto; Hidenori Kawasaki; Takahito Wada; Yasuko Ikeda-Sakai; Yoshiyuki Saito; Masahiro Hayashi; Shiro Tanaka; Ryosuke Takahashi; Takeo Nakayama; Atsuko Murashima; Shinji Kosugi
        Congenital anomalies, 2022年03月
      • Gender Differences in Smoking Initiation and Cessation Associated with the Intergenerational Transfer of Smoking across Three Generations: The Nagahama Study.
        Sachiko Nakagawa; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Shigeo Muro; Michiaki Mishima; Akihiro Sekine; Yasuharu Tabara; Fumihiko Matsuda; Shinji Kosugi
        International journal of environmental research and public health, 2022年01月28日
      • Association of Maternal Total Cholesterol With SGA or LGA Birth at Term: the Japan Environment and Children’s Study
        Kayo Kaneko; Yuki Ito; Takeshi Ebara; Sayaka Kato; Taro Matsuki; Hazuki Tamada; Hirotaka Sato; Shinji Saitoh; Mayumi Sugiura-Ogasawara; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh; Michihiro Kamijima
        The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 2022年01月01日
      • Emotional Experiences of Skin Markings Among Patients Undergoing Radiotherapy and Related Factors: A Questionnaire-Based Cross-Sectional Study.
        Hiromi Asada; Yoshimitsu Takahashi; Yuka Ono; Noriko Kishi; Yukinori Matsuo; Takashi Mizowaki; Takeo Nakayama
        Patient preference and adherence, 2022年
      • Correction to: The reliability and validity of the Japanese version of the daily record of severity of problems (J-DRSP) and development of a short-form version (J-DRSP (SF)) to assess symptoms of premenstrual syndrome among Japanese women.
        Yumie Ikeda; Miho Egawa; Kazuya Okamoto; Masaki Mandai; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        BioPsychoSocial medicine, 2021年12月31日
      • Gingival bleeding and pocket depth among smokers and the related changes after short-term smoking cessation.
        Swati Mittal; Maki Komiyama; Yuka Ozaki; Hajime Yamakage; Noriko Satoh-Asahara; Akihiro Yasoda; Hiromichi Wada; Masafumi Funamoto; Kana Shimizu; Yusuke Miyazaki; Yasufumi Katanasaka; Yoichi Sunagawa; Tatsuya Morimoto; Yuko Takahashi; Takeo Nakayama; Koji Hasegawa
        Acta odontologica Scandinavica, 2021年12月10日
      • Prediction of Lifetime Risk of Cardiovascular Disease Deaths Stratified by Sex in the Japanese Population
        Yukiko Imai; Sachiko Mizuno Tanaka; Michihiro Satoh; Takumi Hirata; Yoshitaka Murakami; Katsuyuki Miura; Takashi Waki; Aya Hirata; Toshimi Sairenchi; Fujiko Irie; Mizuki Sata; Toshiharu Ninomiya; Takayoshi Ohkubo; Shizukiyo Ishikawa; Yoshihiro Miyamoto; Hirofumi Ohnishi; Shigeyuki Saitoh; Akiko Tamakoshi; Michiko Yamada; Masahiko Kiyama; Hiroyasu Iso; Kiyomi Sakata; Hideaki Nakagawa; Akira Okayama; Hirotsugu Ueshima; Tomonori Okamura; Yutaka Imai; Akihiko Kitamura; Yutaka Kiyohara; Akiko Harada; Masaru Sakurai; Takeo Nakayama; Ichiro Tsuji; Yoshihiro Kokubo; Hiroshi Yatsuya; Tomonori Okamura
        Journal of the American Heart Association, 2021年12月07日
      • The association between the Moyamoya disease susceptible gene RNF213 variant and incident cardiovascular disease in a general population: the Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Hitomi Yamada; Kazuya Setoh; Manami Matsukawa; Meiko Takahashi; Takahisa Kawaguchi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Shinji Kosugi
        Journal of hypertension, 2021年12月01日
      • Knowledge and self-efficacy among healthcare providers towards novel tobacco products in Japan.
        Swati Mittal; Tomoe Uchida; Yoshitaka Nishikawa; Hiroshi Okada; Robert A Schnoll; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Yuko Takahashi
        Preventive medicine reports, 2021年12月
      • Those Who Have Continuing Radiation Anxiety Show High Psychological Distress in Cases of High Post-Traumatic Stress: The Fukushima Nuclear Disaster.
        Masatsugu Orui; Chihiro Nakayama; Nobuaki Moriyama; Masaharu Tsubokura; Kiyotaka Watanabe; Takeo Nakayama; Minoru Sugita; Seiji Yasumura
        International journal of environmental research and public health, 2021年11月17日
      • Associations between prenatal exposure to volatile organic compounds and neurodevelopment in 12-month-old children: The Japan Environment and Children's Study (JECS).
        Hiroko Nakaoka; Aya Hisada; Daisuke Matsuzawa; Midori Yamamoto; Chisato Mori; Michihiro Kamijima; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        The Science of the total environment, 2021年11月10日
      • 月経困難症に対する低用量ピル処方開始後の、労働生産性低下や日常活動障害の変化
        池田 裕美枝; 江川 美保; 高橋 由光; 万代 昌紀; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2021年11月
      • A nationwide survey on participation in cardiac rehabilitation among patients with coronary heart disease using health claims data in Japan.
        Shosuke Ohtera; Genta Kato; Hiroaki Ueshima; Yukiko Mori; Yuka Nakatani; Neiko Ozasa; Takeo Nakayama; Tomohiro Kuroda
        Scientific reports, 2021年10月11日
      • Effectiveness and safety of a program for appropriate urinary catheter use in stroke care: A multicenter prospective study.
        Yasuko Ikeda-Sakai; Kenji Kubo; Mikio Wada; Rieko Seki; Yasukazu Hijikata; Takashi Yoshioka; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        Journal of evaluation in clinical practice, 2021年10月10日
      • 8項目のPMS評価尺度である短縮版DRSPは、PMS症状による生活支障のスクリーニングに利用できる
        池田 裕美枝; 江川 美保; 大須賀 拓真; 高橋 由光; 中山 健夫; 万代 昌紀
        日本女性医学学会雑誌, 2021年10月
      • Medical costs according to the stages of colorectal cancer: an analysis of health insurance claims in Hachioji, Japan.
        Takahiro Utsumi; Takahiro Horimatsu; Yoshitaka Nishikawa; Nobuaki Hoshino; Yoshimitsu Takahashi; Rei Goto; Soichiro Kashihara; Jun Fukuyoshi; Takeo Nakayama; Hiroshi Seno
        Journal of gastroenterology, 2021年10月
      • Association between tooth loss and longitudinal changes in B-type natriuretic peptide over 5 years in postmenopausal women: the Nagahama Study.
        Shizuko Fukuhara; Keita Asai; Takehisa Fukuhara; Asumi Kakeno; Shigeki Yamanaka; Kazumasa Nakao; Takuma Watanabe; Katsu Takahashi; Toru Yamazaki; Chisa Umebachi; Marina Kashiwagi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Satoshi Morita; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Kazuwa Nakao; Kazuhisa Bessho
        Current problems in cardiology, 2021年09月25日
      • 主観的、客観的睡眠時間の差と睡眠呼吸障害、非回復性睡眠の関連 ながはまスタディ
        高橋 順美; 松本 健; 中塚 賀也; 村瀬 公彦; 田原 康玄; 武山 博文; 川口 喬久; 瀬藤 和也; 堤 孝信; 高橋 由光; 若村 智子; 松田 文彦; 平井 豊博; 中山 健夫; 陳 和夫
        日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2021年09月
      • Comprehensive risk analysis of postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis for the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Hiromu Ito; Koichi Murata; Yasumori Sobue; Toshihisa Kojima; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Yutaka Kawahito; Masayo Kojima; Shintaro Hirata; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Masaaki Mori; Akio Morinobu; Atsuko Murashima; Yohei Seto; Takahiko Sugihara; Eiichi Tanaka; Takeo Nakayama; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年08月31日
      • Association between serum alpha 1-antitrypsin levels and all-cause mortality in the general population: the Nagahama study
        Yasuharu Tabara; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        SCIENTIFIC REPORTS, 2021年08月
      • Differences Between Subarachnoid Hemorrhage Seen in Daily Practice and Aneurysms That Rupture During Follow-Up.
        Nakao Ota; Akio Morita; Shinjiro Tominari; Takeo Nakayama; Kazuhiko Nozaki; Teiji Tominaga; Kosumo Noda; Hiroyasu Kamiyama; Rokuya Tanikawa
        Stroke, 2021年08月
      • Physician-patient communication affects patient satisfaction in treatment decision-making: a structural equation modelling analysis of a web-based survey in patients with ulcerative colitis.
        Katsuyoshi Matsuoka; Hirono Ishikawa; Takeo Nakayama; Yusuke Honzawa; Atsuo Maemoto; Fumihito Hirai; Fumiaki Ueno; Noriko Sato; Yutaka Susuta; Toshifumi Hibi
        Journal of gastroenterology, 2021年07月27日
      • Relationship between delivery with anesthesia and postpartum depression: The Japan Environment and Children’s Study (JECS)
        Nobuhiro Suzumori; Takeshi Ebara; Hazuki Tamada; Taro Matsuki; Hirotaka Sato; Sayaka Kato; Shinji Saitoh; Michihiro Kamijima; Mayumi Sugiura-Ogasawara; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        BMC Pregnancy and Childbirth, 2021年07月23日
      • Brachial-ankle pulse wave velocity and cardio-ankle vascular index are associated with future cardiovascular events in a general population: The Nagahama study.
        Tabara Yasuharu; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.), 2021年05月26日
      • Systematic review for the treatment of older rheumatoid arthritis patients informing the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Takahiko Sugihara; Yutaka Kawahito; Akio Morinobu; Yuko Kaneko; Yohei Seto; Toshihisa Kojima; Hiromu Ito; Masataka Kohno; Takeo Nakayama; Yasumori Sobue; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Atsuko Murashima; Masaaki Mori; Eiichi Tanaka; Shintaro Hirata; Mitsumasa Kishimoto; Hisashi Yamanaka; Masayo Kojima; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年05月19日
      • Patients' perspectives of rheumatoid arthritis treatment: a questionnaire survey for the 2020 update of the Japan college of rheumatology clinical practice guidelines.
        Masayo Kojima; Mieko Hasegawa; Shintaro Hirata; Hiromu Ito; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Toshihisa Kojima; Isao Matsushita; Masaaki Mori; Akio Morinobu; Atsuko Murashima; Keiichiro Nishida; Yohei Seto; Yasumori Sobue; Takahiko Sugihara; Eiichi Tanaka; Takeo Nakayama; Yutaka Kawahito; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年05月19日
      • Systematic review for the treatment of older rheumatoid arthritis patients informing the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Takahiko Sugihara; Yutaka Kawahito; Akio Morinobu; Yuko Kaneko; Yohei Seto; Toshihisa Kojima; Hiromu Ito; Masataka Kohno; Takeo Nakayama; Yasumori Sobue; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Atsuko Murashima; Masaaki Mori; Eiichi Tanaka; Shintaro Hirata; Mitsumasa Kishimoto; Hisashi Yamanaka; Masayo Kojima; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年05月19日
      • Patients' perspectives of rheumatoid arthritis treatment: a questionnaire survey for the 2020 update of the Japan college of rheumatology clinical practice guidelines.
        Masayo Kojima; Mieko Hasegawa; Shintaro Hirata; Hiromu Ito; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Toshihisa Kojima; Isao Matsushita; Masaaki Mori; Akio Morinobu; Atsuko Murashima; Keiichiro Nishida; Yohei Seto; Yasumori Sobue; Takahiko Sugihara; Eiichi Tanaka; Takeo Nakayama; Yutaka Kawahito; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年05月19日
      • Evaluation of rapid drug safety communication materials for patients in Japan.
        Akiko Yaguchi-Saito; Ken Yamamoto; Tami Sengoku; Machi Suka; Tsugumichi Sato; Miwa Hinata; Toshiaki Nakamura; Takeo Nakayama; Michiko Yamamoto
        Drug discoveries & therapeutics, 2021年05月11日
      • Association of patient quality of life with the degree of agreement in the perceptions of patient disability within the stroke patient-rehabilitation therapist dyad: a cross-sectional study in postdischarge rehabilitation setting.
        Naoki Takashi; Michael J McCarthy; Rie Suzuki; Kakuya Ogahara; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        BMJ open, 2021年05月05日
      • Data resource profile: JMDC claims database sourced from health insurance societies.
        Katsuhiko Nagai; Takashi Tanaka; Norihisa Kodaira; Shinya Kimura; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        Journal of general and family medicine, 2021年05月
      • Comprehensive risk analysis of postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis for the 2020 update of the Japan college of rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Hiromu Ito; Koichi Murata; Yasumori Sobue; Toshihisa Kojima; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Yutaka Kawahito; Masayo Kojima; Shintaro Hirata; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Masaaki Mori; Akio Morinobu; Atsuko Murashima; Yohei Seto; Takahiko Sugihara; Eiichi Tanaka; Takeo Nakayama; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年04月15日
      • Translation and validation of the Japanese version of the measure of moral distress for healthcare professionals.
        Tomoko Fujii; Shinshu Katayama; Kikuko Miyazaki; Hiroshi Nashiki; Takehiro Niitsu; Tetsuhiro Takei; Akemi Utsunomiya; Peter Dodek; Ann Hamric; Takeo Nakayama
        Health and quality of life outcomes, 2021年04月13日
      • Systematic review and meta-analysis of biosimilar for the treatment of rheumatoid arthritis informing the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Eiichi Tanaka; Yutaka Kawahito; Masataka Kohno; Shintaro Hirata; Mitsumasa Kishimoto; Yuko Kaneko; Hiroya Tamai; Yohei Seto; Akio Morinobu; Takahiko Sugihara; Atsuko Murashima; Masayo Kojima; Masaaki Mori; Hiromu Ito; Toshihisa Kojima; Yasumori Sobue; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Takeo Nakayama; Hisashi Yamanaka; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年04月06日
      • Systematic review and meta-analysis of biosimilar for the treatment of rheumatoid arthritis informing the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Eiichi Tanaka; Yutaka Kawahito; Masataka Kohno; Shintaro Hirata; Mitsumasa Kishimoto; Yuko Kaneko; Hiroya Tamai; Yohei Seto; Akio Morinobu; Takahiko Sugihara; Atsuko Murashima; Masayo Kojima; Masaaki Mori; Hiromu Ito; Toshihisa Kojima; Yasumori Sobue; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Takeo Nakayama; Hisashi Yamanaka; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年04月06日
      • Myopia Prevalence and Ocular Biometry Features in a General Japanese Population
        Shin-ya Nakao; Masahiro Miyake; Yoshikatsu Hosoda; Eri Nakano; Yuki Mori; Ayako Takahashi; Sotaro Ooto; Hiroshi Tamura; Yasuharu Tabara; Kenji Yamashiro; Fumihiko Matsuda; Akitaka Tsujikawa; Takeo Nakayama; Akihiro Sekine; Shinji Kosugi
        Ophthalmology, 2021年04月
      • Association of Education and Depressive Symptoms with Tooth Loss
        S. Fukuhara; K. Asai; A. Kakeno; C. Umebachi; S. Yamanaka; T. Watanabe; T. Yamazaki; K. Nakao; K. Setoh; T. Kawaguchi; S. Morita; T. Nakayama; F. Matsuda; K. Bessho; Yasuharu Tabara; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        Journal of Dental Research, 2021年04月
      • Total energy expenditure among children with motor, intellectual, visual, and hearing disabilities: a doubly labeled water method.
        Hiroko Ohwada; Takeo Nakayama; Kazuko Ishikawa-Takata; Nobuaki Iwasaki; Yuki Kanaya; Shigeho Tanaka
        European journal of clinical nutrition, 2021年03月19日
      • The reliability and validity of the Japanese version of the Daily Record of Severity of Problems (J-DRSP) and Development of a Short-Form version (J-DRSP (SF)) to assess symptoms of premenstrual syndrome among Japanese women.
        Yumie Ikeda; Miho Egawa; Kazuya Okamoto; Masaki Mandai; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        BioPsychoSocial medicine, 2021年03月18日
      • Decreased Administration of Life-Sustaining Treatment just before Death among Older Inpatients in Japan: A Time-Trend Analysis from 2012 through 2014 Based on a Nationally Representative Sample.
        Michi Sakai; Shosuke Ohtera; Tomohide Iwao; Yukiko Neff; Tomoe Uchida; Yoshimitsu Takahashi; Genta Kato; Tomohiro Kuroda; Shuzo Nishimura; Takeo Nakayama; On Behalf Of BiDAME Big Data Analysis Of Medical Care For The Elderly In Kyoto
        International journal of environmental research and public health, 2021年03月18日
      • Patient satisfaction with total joint replacement surgery for rheumatoid arthritis: a questionnaire survey for the 2020 update of the Japan college of rheumatology clinical practice guidelines.
        Yasumori Sobue; Masayo Kojima; Toshihisa Kojima; Hiromu Ito; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Shintaro Hirata; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Atsuko Murashima; Akio Morinobu; Masaaki Mori; Takeo Nakayama; Takahiko Sugihara; Yohei Seto; Eiichi Tanaka; Mieko Hasegawa; Yutaka Kawahito; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年03月16日
      • Economic Evaluations of Gestational Diabetes Mellitus Screening: A Systematic Review.
        Xiuting Mo; Ruoyan Gai Tobe; Yoshimitsu Takahashi; Naoko Arata; Tippawan Liabsuetrakul; Takeo Nakayama; Rintaro Mori
        Journal of epidemiology, 2021年03月05日, 査読有り
      • Association of prenatal maternal blood lead levels with birth outcomes in the Japan Environment and Children's Study (JECS): a nationwide birth cohort study.
        Yoshihito Goto; Marie Mandai; Takeo Nakayama; Shin Yamazaki; Shoji F Nakayama; Tomohiko Isobe; Tosiya Sato; Hiroshi Nitta
        International journal of epidemiology, 2021年03月03日
      • 胸椎転移性腫瘍に対する前方腫瘍掻爬の必要性
        大槻 文悟; 宮崎 邦彦; 角谷 賢一朗; 藤林 俊介; 村田 浩一; 清水 孝彬; 高橋 由光; 中山 健夫; 松田 秀一
        Journal of Spine Research, 2021年03月
      • 病院のソーシャルワーク支援webツールKYOTO SOPEの取り組み紹介
        池田 裕美枝; 中野 慶子; 荒木 智子; 日吉 和子; 中山 健夫
        思春期学, 2021年03月
      • The short-term mortality and morbidity of very low birth weight infants with trisomy 18 or trisomy 13 in Japan.
        Hidenori Kawasaki; Takahiro Yamada; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Takahito Wada; Shinji Kosugi
        Journal of human genetics, 2021年03月
      • Does exercise therapy improve patient-reported outcomes in rheumatoid arthritis? A systematic review and meta-analysis for the update of the 2020 JCR guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Yasumori Sobue; Toshihisa Kojima; Hiromu Ito; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Takahiko Sugihara; Yohei Seto; Eiichi Tanaka; Takeo Nakayama; Shintaro Hirata; Atsuko Murashima; Akio Morinobu; Masaaki Mori; Masayo Kojima; Yutaka Kawahito; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年02月22日
      • Does exercise therapy improve patient-reported outcomes in rheumatoid arthritis? A systematic review and meta-analysis for the update of the 2020 JCR guidelines for the management of rheumatoid arthritis.
        Yasumori Sobue; Toshihisa Kojima; Hiromu Ito; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Masataka Kohno; Takahiko Sugihara; Yohei Seto; Eiichi Tanaka; Takeo Nakayama; Shintaro Hirata; Atsuko Murashima; Akio Morinobu; Masaaki Mori; Masayo Kojima; Yutaka Kawahito; Masayoshi Harigai
        Modern rheumatology, 2021年02月22日
      • Validation of Acute Myocardial Infarction and Heart Failure Diagnoses in Hospitalized Patients With the Nationwide Claim-Based JROAD-DPC Database.
        Michikazu Nakai; Yoshitaka Iwanaga; Yoko Sumita; Koshiro Kanaoka; Rika Kawakami; Masanobu Ishii; Keiji Uchida; Nobutaka Nagano; Takeo Nakayama; Kunihiro Nishimura; Kazufumi Tsuchihashi; Kazuo Kimura; Yoshihiro Saito; Kenichi Tsujita; Hisao Ogawa; Yoshihiro Miyamoto; Satoshi Yasuda
        Circulation reports, 2021年02月20日
      • Impact of sleep-disordered breathing on glucose metabolism among individuals with a family history of diabetes: the Nagahama study.
        Takuma Minami; Takeshi Matsumoto; Yasuharu Tabara; David Gozal; Dale Smith; Kimihiko Murase; Kiminobu Tanizawa; Naomi Takahashi; Yoshinari Nakatsuka; Satoshi Hamada; Tomohiro Handa; Hirofumi Takeyama; Toru Oga; Isuzu Nakamoto; Tomoko Wakamura; Naoko Komenami; Kazuya Setoh; Takanobu Tsutsumi; Takahisa Kawaguchi; Yoichiro Kamatani; Yoshimitsu Takahashi; Satoshi Morita; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine, 2021年02月01日
      • Predictors of New Dementia Diagnoses in Elderly Individuals: A Retrospective Cohort Study Based on Prefecture-Wide Claims Data in Japan.
        Yuriko Nakaoku; Yoshimitsu Takahashi; Shinjiro Tominari; Takeo Nakayama
        International journal of environmental research and public health, 2021年01月13日
      • Night-time frequency of urination as a manifestation of sleep-disordered breathing: the Nagahama study.
        Satoshi Hamada; Yasuharu Tabara; Kimihiko Murase; Takeshi Matsumoto; Kazuya Setoh; Tomoko Wakamura; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        Sleep medicine, 2021年01月
      • Guidelines for sedation in gastroenterological endoscopy (second edition).
        Takuji Gotoda; Takuji Akamatsu; Seiichiro Abe; Masaaki Shimatani; Yousuke Nakai; Waku Hatta; Naoki Hosoe; Yoshimasa Miura; Ryoji Miyahara; Daisuke Yamaguchi; Naohisa Yoshida; Yosuke Kawaguchi; Shinsaku Fukuda; Hajime Isomoto; Atsushi Irisawa; Yasushi Iwao; Toshio Uraoka; Miyuki Yokota; Takeo Nakayama; Kazuma Fujimoto; Haruhiro Inoue
        Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 2021年01月
      • Effect of reminder letters after health checkups on the consultation behavior of participants with possible hypertension, hyperglycemia, and dyslipidemia: A retrospective cohort study using administrative claims data in Japan.
        Nobuaki Hoshino; Mo Xiuting; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        Journal of occupational health, 2021年01月
      • Secular trends in longevity among people with Down syndrome in Japan, 1995-2016.
        Narumi Motegi; Naho Morisaki; Maiko Suto; Hiroshi Tamai; Rintaro Mori; Takeo Nakayama
        Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 2021年01月, 査読有り
      • Efficacy and safety of tacrolimus in patients with rheumatoid arthritis - A systematic review and meta-analysis.
        Yuko Kaneko; Yutaka Kawahito; Masayo Kojima; Takeo Nakayama; Shintaro Hirata; Mitsumasa Kishimoto; Hirahito Endo; Yohei Seto; Hiromu Ito; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Toshihisa Kojima; Naoyuki Kamatani; Kiichiro Tsutani; Ataru Igarashi; Mieko Hasegawa; Nobuyuki Miyasaka; Hisashi Yamanaka
        Modern rheumatology, 2021年01月, 査読有り
      • [Preparation, Confidence, and Attitude to Sell Emergency Contraceptive Pills at Pharmacies: A Web Survey of Japanese Community Pharmacists].
        Hiroshi Okada; Shota Suzuki; Asako Nishimura; Yumie Ikeda; Keiko Abe; Takeo Nakayama
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2021年
      • The prevalence and associated factors of adverse pregnancy outcomes among Afghan women in Iran; Findings from community-based survey.
        Omid Dadras; Takeo Nakayama; Masahiro Kihara; Masako Ono-Kihara; Seyedahmad Seyedalinaghi; Fateme Dadras
        PloS one, 2021年
      • Communication with non-Japanese residents at the pharmacies under the COVID-19 pandemic -Dissemination of information via the website and future prospects
        Shota Suzuki; Hiroshi Okada; Takeo Nakayama
        An Official Journal of the Japan Primary Care Association, 2020年12月20日
      • Current Psychological Distress, Post-traumatic Stress, and Radiation Health Anxiety Remain High for Those Who Have Rebuilt Permanent Homes Following the Fukushima Nuclear Disaster.
        Masatsugu Orui; Chihiro Nakayama; Nobuaki Moriyama; Masaharu Tsubokura; Kiyotaka Watanabe; Takeo Nakayama; Minoru Sugita; Seiji Yasumura
        International journal of environmental research and public health, 2020年12月19日
      • Inability to control gestational weight gain: an interpretive content analysis of pregnant Chinese women.
        Xiuting Mo; Jiangxia Cao; Hong Tang; Kikuko Miyazaki; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        BMJ open, 2020年12月10日
      • Keratoconus-susceptibility gene identification by corneal thickness genome-wide association study and artificial intelligence IBM Watson
        Yoshikatsu Hosoda; Masahiro Miyake; Akira Meguro; Yasuharu Tabara; Sachiko Iwai; Naoko Ueda-Arakawa; Eri Nakano; Yuki Mori; Munemitsu Yoshikawa; Hideo Nakanishi; Chiea Chuen Khor; Seang Mei Saw; Ryo Yamada; Fumihiko Matsuda; Ching Yu Cheng; Nobuhisa Mizuki; Akitaka Tsujikawa; Kenji Yamashiro; Yasuharu Tabara; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Fumihiko Matsuda; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi
        Communications Biology, 2020年12月01日
      • Associations of multimorbidity with breast, cervical, and colorectal cancer screening delivery: a cross-sectional study of a nationally representative Japanese sample.
        Hiromitsu Yamashita; Yoshimitsu Takahashi; Tatsuro Ishizaki; Haruki Imura; Takeo Nakayama
        Cancer epidemiology, 2020年12月
      • Associated factors related to participation in general health checkup and survey of the effect of low-dose radiation exposure on health of residents of Fukushima Prefecture after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident.
        Nobuaki Moriyama; Chihiro Nakayama; Masatsugu Orui; Yujiro Kuroda; Hajime Iwasa; Teruko Horiuchi; Takeo Nakayama; Minoru Sugita; Seiji Yasumura
        Preventive medicine reports, 2020年12月
      • Home device-monitored sleep blood pressure reflects large artery stiffness: the Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Tomoko Wakamura; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        Journal of hypertension, 2020年12月, 査読有り
      • Comparison of Two Evacuation Shelter Operating Policies and the Role of Public Health Nurses after the Great East Japan Earthquake: A Qualitative Study.
        Hiroko Mori; Shuichi P Obuchi; Yasuhiro Sugawara; Takeo Nakayama; Ryutaro Takahashi
        International journal of environmental research and public health, 2020年11月10日
      • Letter to the editor: Inspiratory muscle training did not improve exercise capacity and lung function in adult patients with Fontan circulation: A randomized controlled trial.
        Kosuke Sasaki; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        International journal of cardiology, 2020年11月01日
      • Allergy and immunology in young children of Japan: The JECS cohort
        Kiwako Yamamoto-Hanada; Kyongsun Pak; Mayako Saito-Abe; Limin Yang; Miori Sato; Makoto Irahara; Hidetoshi Mezawa; Hatoko Sasaki; Minaho Nishizato; Kazue Ishitsuka; Yukihiro Ohya; Michihiro Kamijima; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        World Allergy Organization Journal, 2020年11月
      • Data resource profile: JMDC claims databases sourced from Medical Institutions.
        Katsuhiko Nagai; Takashi Tanaka; Norihisa Kodaira; Shinya Kimura; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        Journal of general and family medicine, 2020年11月
      • Clinical practice guidelines for biliary atresia in Japan: A secondary publication of the abbreviated version translated into English
        Hisami Ando; Yukihiro Inomata; Tadashi Iwanaka; Tatsuo Kuroda; Masaki Nio; Akira Matsui; Masahiro Yoshida; Takashi Akiyama; Daiki Abukawa; Ayano Inui; Kosuke Ushijima; Masayuki Obatake; Mureo Kasahara; Yutaka Kanamori; Hiroaki Kitagawa; Toyoichiro Kudo; Masayuki Kubota; Minoru Kuroiwa; Miyuki Kono; Tsugumichi Koshinaga; Makoto Komura; Masato Shinkai; Tatsuya Suzuki; Tomoaki Taguchi; Tatsuro Tajiri; Miwako Nakano; Shunsuke Nosaka; Takashi Hashimoto; Yoshinori Hamada; Kosaku Maeda; Kouji Masumoto; Hiroshi Matsufuji; Koichi Mizuta; Toshihiro Muraji; Minoru Yagi; Atsuyuki Yamataka; Hideo Yoshida; Takashi Ishige; Reiko Ito; Tadao Okada; Mitsuru Kubota; Hideki Kumagai; Koji Komori; Hiroki Kondou; Takeshi Saito; Seisuke Sakamoto; Takashi Sasaki; Hideyuki Sasaki; Yukihiro Sanada; Tokio Sugiura; Mitsuyoshi Suzuki; Takahisa Tainaka; Hiromu Tanaka; Ken Tanikawa; Jun Fujishiro; Kazuhiko Bessho; Toshiharu Matsuura; Tatsuki Mizuochi; Jun Murakami; Tadahiro Yanagi; Akiko Yokoi; Koichi Takeuchi; Takeo Nakayama; Masahiro Fukuzawa; Yuichiro Yamashiro
        Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, 2020年10月04日
      • Medical and surgical complications in pregnancy and obstetric labour complications in the Japan Environment and Children's Study (JECS) cohort: a birth cohort study
        Limin Yang; Kiwako Yamamoto-Hanada; Kazue Ishitsuka; Tadayuki Ayabe; Hidetoshi Mezawa; Mizuho Konishi; Tetsuo Shoda; Haruhiko Sago; Hirohisa Saito; Yukihiro Ohya; Toshihiro Kawamoto; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY, 2020年10月
      • Prevalence and Risk Factors of Elevated Blood Pressure and Elevated Blood Glucose among Residents of Kajiado County, Kenya: A Population-Based Cross-Sectional Survey.
        Anita Nyaboke Ongosi; Calistus Wilunda; Patou Masika Musumari; Teeranee Techasrivichien; Chia-Wen Wang; Masako Ono-Kihara; Charlotte Serrem; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        International journal of environmental research and public health, 2020年09月23日
      • Descriptive epidemiology of high frequency component based on heart rate variability from 10-second ECG data and daily physical activity among community adult residents: the Nagahama Study.
        Naomi Takahashi; Yoshimitsu Takahashi; Yasuharu Tabara; Takahisa Kawaguchi; Akira Kuriyama; Kenji Ueshima; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Ryo Yamada; Fumihiko Matsuda; Takeo Nakayama
        Bioscience trends, 2020年09月21日, 査読有り
      • The Japanese registry for surgery of ischial pressure ulcers: STANDARDS-I.
        Hideyuki Yanagi; Hiroto Terashi; Yoshimitsu Takahashi; Katsuyuki Okabe; Katsumi Tanaka; Chu Kimura; Norihiko Ohura; Takahiro Goto; Ichiro Hashimoto; Madoka Noguchi; Junichi Sasayama; Kenichi Shimada; Ayumi Sugai; Mitsuko Tanba; Takeo Nakayama; Ryoji Tsuboi; Junko Sugama; Hiromi Sanada
        Journal of wound care, 2020年09月01日
      • Time course of metabolic status in pregnant women: The Japan Environment and Children’s Study
        Hatoko Sasaki; Naoko Arata; Ai Tomotaki; Kiwako Yamamoto‐Hanada; Hidetoshi Mezawa; Mizuho Konishi; Kazue Ishitsuka; Mayako Saito‐Abe; Miori Sato; Minaho Nishizato; Hirohisa Saito; Yukihiro Ohya; Michihiro Kamijima; Shin Yamazaki; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurosawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Journal of Diabetes Investigation, 2020年09月
      • Emergency surgery for gastrointestinal cancer: A nationwide study in Japan based on the National Clinical Database.
        Nobuaki Hoshino; Hideki Endo; Koya Hida; Nao Ichihara; Yoshimitsu Takahashi; Hiroshi Hasegawa; Toshimoto Kimura; Yuko Kitagawa; Yoshihiro Kakeji; Hiroaki Miyata; Takeo Nakayama; Yoshiharu Sakai
        Annals of gastroenterological surgery, 2020年09月
      • The burden of disease and the cost of illness attributable to child maltreatment in Japan: long-term health consequences largely matter.
        Xiuting Mo; Ruoyan Tobe Gai; Yoshiyuki Tachibana; Timothy Bolt; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        BMC public health, 2020年08月27日
      • 食道切除術のHospital volumeと周術期医療費との関連 食道癌患者5132例の分析
        坂本 享史; 錦織 達人; 後藤 励; 肥田 侯矢; 角田 茂; 川上 浩司; 中山 健夫; 小濱 和貴; 久森 重夫; 坂井 義治
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2020年08月
      • 若手外科医の夢を実現するためのデータサイエンス教育システム
        錦織 達人; 肥田 侯矢; 小濱 和貴; 角田 茂; 川上 浩司; 中山 健夫; 坂本 享史; 星野 伸晃; 松村 由美; 坂井 義治
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2020年08月
      • 特発性肺線維症における気管支肺胞洗浄液の予後予測に関する研究
        宮本 篤; 片岡 健介; 後藤 禎人; 江頭 玲子; 橋迫 美貴子; 近藤 康博; 中山 健夫; 穗積 宏尚; 藤澤 朋幸; 須田 隆文
        日本呼吸器学会誌, 2020年08月
      • Sleep disordered breathing and metabolic comorbidities across sex and menopausal status in East Asians: the Nagahama Study.
        Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Yasuharu Tabara; Takuma Minami; Osamu Kanai; Hirofumi Takeyama; Naomi Takahashi; Satoshi Hamada; Kiminobu Tanizawa; Tomoko Wakamura; Naoko Komenami; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Takanobu Tsutsumi; Satoshi Morita; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        The European respiratory journal, 2020年08月, 査読有り
      • Chemotherapy for patients with unresectable or metastatic small bowel adenocarcinoma: a systematic review.
        Yoshitaka Nishikawa; Nobuaki Hoshino; Takahiro Horimatsu; Taro Funakoshi; Koya Hida; Yoshiharu Sakai; Manabu Muto; Takeo Nakayama
        International journal of clinical oncology, 2020年08月, 査読有り
      • Barriers and associated factors for adequate antenatal care among Afghan women in Iran; findings from a community-based survey.
        Omid Dadras; Fateme Dadras; Ziba Taghizade; Seyedahmad Seyedalinaghi; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        BMC pregnancy and childbirth, 2020年07月28日, 査読有り
      • Applicability of care quality indicators for women with low-risk pregnancies planning hospital birth: a retrospective study of medical records.
        Kayo Ueda; Toshiyuki Sado; Yoshimitsu Takahashi; Toshiko Igarashi; Takeo Nakayama
        Scientific reports, 2020年07月27日, 査読有り
      • Epidemiology of Birth Defects in Very Low Birth Weight Infants in Japan.
        Hidenori Kawasaki; Takahiro Yamada; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Takahito Wada; Shinji Kosugi
        The Journal of pediatrics, 2020年07月05日, 査読有り
      • Changes in drug utilization after publication of clinical trials and drug-related scandals in Japan: an interrupted time series analysis, 2005-2017.
        Shingo Fukuma; Tatsuyoshi Ikenoue; Yukari Yamada; Yoshiyuki Saito; Joseph Green; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara
        Journal of epidemiology, 2020年07月04日, 査読有り
      • Comparison of diagnostic signi ficance of the initial versus revised diagnostic algorithm for sarcopenia from the Asian Working Group for Sarcopenia
        Yasuharu Tabara; Tome Ikezoe; Kazuya Setoh; Ken Sugimoto; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Noriaki Ichihashi; Tadao Tsuboyama; Fumihiko Matsuda
        ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS, 2020年07月, 査読有り
      • Outcome measures reported in abstracts of randomized controlled trials in leading clinical journals: A bibliometric study.
        Takeshi Seta; Yoshimitsu Takahashi; Yukitaka Yamashita; Masahiro Hiraoka; Takeo Nakayama
        Journal of general and family medicine, 2020年07月, 査読有り
      • Quality of Care in Chronic Kidney Disease and Incidence of End-stage Renal Disease in Older Patients: A Cohort Study.
        Shingo Fukuma; Tatsuyoshi Ikenoue; Sayaka Shimizu; Edward C Norton; Rajiv Saran; Motoko Yanagita; Genta Kato; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara
        Medical care, 2020年07月, 査読有り
      • The Association between Utilization of Media Information and Current Health Anxiety Among the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster Evacuees.
        Masatsugu Orui; Chihiro Nakayama; Yujiro Kuroda; Nobuaki Moriyama; Hajime Iwasa; Teruko Horiuchi; Takeo Nakayama; Minoru Sugita; Seiji Yasumura
        International journal of environmental research and public health, 2020年06月01日, 査読有り
      • 【高血圧学 上-高血圧制圧の現状と展望-】日本における高血圧の疫学と観察研究の最新知見 日本における観察研究と高血圧の疫学 ながはまコホート
        田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦
        日本臨床, 2020年06月
      • The impact of exposure to desert dust on infants' symptoms and countermeasures to reduce the effects.
        Toshiko Itazawa; Kumiko T Kanatani; Kei Hamazaki; Hidekuni Inadera; Akiko Tsuchida; Tomomi Tanaka; Takeo Nakayama; Tohshin Go; Kazunari Onishi; Yoichi Kurozawa; Yuichi Adachi
        Allergy, 2020年06月, 査読有り
      • Non-motor symptoms depending on motor severity in Japanese patients with Parkinson's disease: A multicenter cross-sectional study.
        Mayumi Toyama; Yasuyuki Okuma; Mitsutoshi Yamamoto; Kenichi Kashihara; Kazuto Yoshida; Hidemoto Saiki; Tetsuya Maeda; Yoshio Tsuboi; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        Journal of the neurological sciences, 2020年05月15日, 査読有り
      • "It is good, but I can't afford it …" potential barriers to adequate prenatal care among Afghan women in Iran: a qualitative study in South Tehran.
        Omid Dadras; Ziba Taghizade; Fateme Dadras; Leyla Alizade; Seyedahmad Seyedalinaghi; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        BMC pregnancy and childbirth, 2020年05月06日, 査読有り
      • 近畿北陸地区の検査受託会社における外来患者より分離された薬剤耐性菌の検出状況
        井村 春樹; 福田 修久; 藤田 拓司; 小野 保; 大橋 隆久; 高橋 由光; 中山 健夫
        感染症学雑誌, 2020年05月
      • Correlates of autonomic nervous system function in a general population with special reference to HbA1c: The Nagahama study.
        Naomi Takahashi; Yoshimitsu Takahashi; Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Takahisa Kawaguchi; Akira Kuriyama; Kenji Ueshima; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin; Takeo Nakayama
        Diabetes research and clinical practice, 2020年05月, 査読有り
      • Clinical pictures, treatments, and resource use of norovirus gastroenteritis in long-term care facilities: a survey with a chart review in Japan.
        Saori Fujiki; Tatsuro Ishizaki; Takeo Nakayama
        BMC geriatrics, 2020年04月21日, 査読有り
      • Publisher Correction: Inadequate Folic Acid Intake Among Women Taking Antiepileptic Drugs During Pregnancy in Japan: A Cross-Sectional Study.
        Yasuko Ikeda-Sakai; Yoshiyuki Saito; Taku Obara; Mikako Goto; Tami Sengoku; Yoshimitsu Takahashi; Hiromi Hamada; Takeo Nakayama; Atsuko Murashima
        Scientific reports, 2020年04月14日, 査読有り
      • Statin Intolerance Clinical Guide 2018.
        Kouji Kajinami; Kazuhisa Tsukamoto; Shinji Koba; Ikuo Inoue; Masashi Yamakawa; Shigeaki Suzuki; Tadanori Hamano; Hidetsugu Saito; Yoshiro Saito; Satohiro Masuda; Takeo Nakayama; Tomonori Okamura; Shizuya Yamashita; Tatehiro Kagawa; Junji Kaneyama; Akira Kuriyama; Rumi Tanaka; Aya Hirata
        Journal of atherosclerosis and thrombosis, 2020年04月01日, 査読有り
      • Trial of labor after cesarean delivery (TOLAC) in Japan: rates and complications.
        Aya Takeya; Emi Adachi; Yoshimitsu Takahashi; Eiji Kondoh; Masaki Mandai; Takeo Nakayama
        Archives of gynecology and obstetrics, 2020年04月, 査読有り
      • A register-based SAH study in Japan: high incidence rate and recent decline trend based on lifestyle.
        Fusao Ikawa; Akio Morita; Takeo Nakayama; Yoshihito Goto; Nobuyuki Sakai; Koji Iihara; Yoshiaki Shiokawa; Isao Date; Kazuhiko Nozaki; Hiroyuki Kinouchi; Kiyohiro Houkin; Nobuhito Saito; Teiji Tominaga; Michiyasu Suzuki; Susumu Miyamoto; Kaoru Kurisu; Hajime Arai
        Journal of neurosurgery, 2020年03月27日, 査読有り
      • Why girls get married early in Sarawak, Malaysia - an exploratory qualitative study.
        Ayako Kohno; Maznah Dahlui; Nik Daliana Nik Farid; Razitasham Safii; Takeo Nakayama
        BMC women's health, 2020年03月04日, 査読有り
      • Assisted reproductive technologies are slightly associated with maternal lack of affection toward the newborn: The Japan Environment and Children's Study
        Kouichi Yoshimasu; Naoko Miyauchi; Akiko Sato; Nobuo Yaegashi; Kunihiko Nakai; Hiromitsu Hattori; Takahiro Arima; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 2020年03月, 査読有り
      • 小児期発症疾患を有する患者の成人期への移行支援ツール 文献レビュー
        佐藤 優希; 落合 亮太; 盛一 享徳; 石崎 優子; 中山 健夫
        日本子ども健康科学会学術大会プログラム・抄録集, 2020年03月
      • A Randomized Controlled Trial of Telemedicine for Long-Term Sleep Apnea Continuous Positive Airway Pressure Management.
        Kimihiko Murase; Kiminobu Tanizawa; Takuma Minami; Takeshi Matsumoto; Ryo Tachikawa; Naomi Takahashi; Toru Tsuda; Yoshiro Toyama; Motoharu Ohi; Toshiki Akahoshi; Yasuhiro Tomita; Koji Narui; Hiroshi Nakamura; Tetsuro Ohdaira; Hiroyuki Yoshimine; Tomomasa Tsuboi; Yoshihiro Yamashiro; Shinichi Ando; Takatoshi Kasai; Hideo Kita; Koichiro Tatsumi; Naoto Burioka; Keisuke Tomii; Yasuhiro Kondoh; Hirofumi Takeyama; Tomohiro Handa; Satoshi Hamada; Toru Oga; Takeo Nakayama; Tetsuo Sakamaki; Satoshi Morita; Tomohiro Kuroda; Toyohiro Hirai; Kazuo Chin
        Annals of the American Thoracic Society, 2020年03月, 査読有り
      • Qualitative and Quantitative Analysis of Posttreatment Strategy After Endoscopic Resection for Patients with T1 Colorectal Cancer at High Risk of Lymph Node Metastasis.
        Yoshitaka Nishikawa; Takahiro Horimatsu; Daisuke Nishizaki; Ayako Kohno; Akira Yokoyama; Masahiro Yoshioka; Koya Hida; Katsuyuki Sakanaka; Sachiko Minamiguchi; Hiroshi Seno; Yoshiharu Sakai; Takeo Nakayama
        Journal of gastrointestinal cancer, 2020年03月, 査読有り
      • Impact of intention and feeling toward being pregnant on postpartum depression: the Japan Environment and Children’s Study (JECS)
        Sachiko Baba; Takashi Kimura; Satoyo Ikehara; Kaori Honjo; Ehab S. Eshak; Takuyo Sato; Hiroyasu Iso; Toshihiko Kawamoto; Hirohisa Saito; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Archives of Women's Mental Health, 2020年02月01日
      • Determinants of Alcohol Consumption in Women Before and After Awareness of Conception
        Kazue Ishitsuka; Kiwako Hanada-Yamamoto; Hidetoshi Mezawa; Mayako Saito-Abe; Mizuho Konishi; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        MATERNAL AND CHILD HEALTH JOURNAL, 2020年02月
      • Influence of parity and mode of delivery on mother-infant bonding: The Japan Environment and Children's Study
        Taketoshi Yoshida; Kenta Matsumura; Akiko Tsuchida; Kei Hamazaki; Hidekuni Inadera; Toshihiro Kawamoto; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 2020年02月
      • Conceptualization of a good end-of-life experience with dementia in Japan: a qualitative study.
        Mayumi Nishimura; Ayako Kohno; Jenny T van der Steen; Toru Naganuma; Takeo Nakayama
        International psychogeriatrics, 2020年02月, 査読有り
      • Validation of the Japanese Transition Readiness Assessment Questionnaire.
        Yuki Sato; Ryota Ochiai; Yuko Ishizaki; Toshihiko Nishida; Kenichiro Miura; Atsuko Taki; Yumi Tani; Mariko Naito; Yoshimitsu Takahashi; Akiko Yaguchi-Saito; Motoshi Hattori; Takeo Nakayama
        Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 2020年02月, 査読有り
      • Negative recollections regarding doctor-patient interactions among men receiving a prostate cancer diagnosis: a qualitative study of patient experiences in Japan.
        Masako Torishima; Michiko Urao; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi
        BMJ open, 2020年01月20日, 査読有り
      • Investigation of the key factors that influence the girls to enter into child marriage: A meta-synthesis of qualitative evidence.
        Ayako Kohno; Teeranee Techasrivichien; S Pilar Suguimoto; Maznah Dahlui; Nik Daliana Nik Farid; Takeo Nakayama
        PloS one, 2020年, 査読有り
      • Development of a Japanese Version of the Daily Record of Severity of Problems for Diagnosing Premenstrual Syndrome.
        Yumie Ikeda; Miho Egawa; Kazuko Hiyoshi; Tsukasa Ueno; Keita Ueda; Carl B Becker; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Masaki Mandai
        Women's health reports (New Rochelle, N.Y.), 2020年, 査読有り
      • Advanced Glycation End Product Accumulation is Associated with Lower Cognitive Performance in an Older General Population: The Nagahama Study.
        Yasuharu Tabara; Mikihiro Yamanaka; Kazuya Setoh; Hiroaki Segawa; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        Journal of Alzheimer's disease : JAD, 2020年, 査読有り
      • Updates to and quality of clinical practice guidelines for high-priority diseases in Japan.
        Sho Sasaki; Haruki Imura; Kyoko Sakai; Yoshihito Goto; Kyoko Kitazawa; Yukiko Neff; Shuhei Fujimoto; Junji Kaneyama; Akiko Okumura; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        International journal for quality in health care : journal of the International Society for Quality in Health Care, 2019年12月31日, 査読有り
      • Overlap of traditional bullying and cyberbullying and correlates of bullying among Taiwanese adolescents: a cross-sectional study.
        Chia-Wen Wang; Patou Masika Musumari; Teeranee Techasrivichien; S Pilar Suguimoto; Yukiko Tateyama; Chang-Chuan Chan; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        BMC public health, 2019年12月30日, 査読有り
      • Association of cleft lip and palate on mother-to-infant bonding: A cross-sectional study in the Japan Environment and Children's Study (JECS)
        Shinobu Tsuchiya; Masahiro Tsuchiya; Haruki Momma; Takeyoshi Koseki; Kaoru Igarashi; Ryoichi Nagatomi; Takahiro Arima; Nobuo Yaegashi; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        BMC Pediatrics, 2019年12月20日
      • Education level and risk of postpartum depression: results from the Japan Environment and Children's Study (JECS)
        Kenta Matsumura; Kei Hamazaki; Akiko Tsuchida; Haruka Kasamatsu; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Shin Yamazaki; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Youichi Kurozawa; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        BMC PSYCHIATRY, 2019年12月
      • Economic Evaluation of Pharmacists Tackling the Burden of Hypertension in Japan.
        Hiroshi Okada; Karissa Johnston; Takeo Nakayama; Carlo Marra; Ross T Tsuyuki
        Hypertension (Dallas, Tex. : 1979), 2019年12月, 査読有り
      • Frequent nocturnal urination in older men is associated with arterial stiffness: The Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shunsuke Nagashima; Shinji Kosugi; Toyohiro Hirai; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 2019年12月, 査読有り
      • The change in pharmacists' attitude, confidence and job satisfaction following participation in a novel hypertension support service.
        Masaki Shoji; Mitsuko Onda; Hiroshi Okada; Naoki Sakane; Takeo Nakayama
        The International journal of pharmacy practice, 2019年12月, 査読有り
      • Relationship of low muscle mass and obesity with physical function in community dwelling older adults: Results from the Nagahama study.
        Masayo Tanaka; Tome Ikezoe; Noriaki Ichihashi; Yasuharu Tabara; Takeo Nakayama; Yoshimitsu Takahashi; Fumihiko Matsuda; Tadao Tsuboyama
        Archives of gerontology and geriatrics, 2019年11月26日, 査読有り
      • Validation of claims data to identify death among aged persons utilizing enrollment data from health insurance unions.
        M Sakai; S Ohtera; T Iwao; Y Neff; G Kato; Y Takahashi; T Nakayama
        Environmental health and preventive medicine, 2019年11月23日, 査読有り
      • Epidemiological characteristics of rheumatoid arthritis in Japan: Prevalence estimates using a nationwide population-based questionnaire survey.
        Masayo Kojima; Takeo Nakayama; Kiichiro Tsutani; Ataru Igarashi; Toshihisa Kojima; Sadao Suzuki; Nobuyuki Miyasaka; Hisashi Yamanaka
        Modern rheumatology, 2019年11月14日, 査読有り
      • Association between maternal alcohol consumption during pregnancy and risk of preterm delivery: the Japan Environment and Children's Study
        S Ikehara; T Kimura; A Kakigano; T Sato; H Iso; Hirohisa Saito; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        BJOG: An International Journal of Obstetrics & Gynaecology, 2019年11月
      • Efficacy of daikenchuto, a traditional Japanese Kampo medicine, for postoperative intestinal dysfunction in patients with gastrointestinal cancers: meta-analysis.
        Masayoshi Hosaka; Ichiro Arai; Yoshihisa Ishiura; Tomohiro Ito; Yoshinobu Seki; Tateaki Naito; Yuko Masuzawa; Takeo Nakayama; Yoshiharu Motoo
        International journal of clinical oncology, 2019年11月, 査読有り
      • Lifestyle habits associated with nocturnal urination frequency: The Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shunsuke Nagashima; Satoshi Funada; Shinji Kosugi; Toyohiro Hirai; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        Neurourology and urodynamics, 2019年11月, 査読有り
      • ナショナルデータベース(NDB)データ分析における病名決定ロジック作成のための研究 大腸がん
        高橋 由光; 内海 貴裕; 西川 佳孝; 星野 伸晃; 堀松 高博; 佐藤 淳平; 合田 和生; 喜連川 優; 石川 智基; 満武 巨裕; 中山 健夫
        日本医療・病院管理学会誌, 2019年10月
      • NDBを活用した大腸がんにおける患者数・医療費の将来推計の試み
        石川 智基; 満武 巨裕; 佐藤 淳平; 高橋 由光; 中山 健夫; 内海 貴裕; 西川 佳孝; 星野 伸晃; 堀松 高博; 合田 和生; 喜連川 優
        日本医療・病院管理学会誌, 2019年10月
      • Association of weak hip abduction strength with nocturia in older women: The Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Tome Ikezoe; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Satoshi Funada; Takahisa Kawaguchi; Shunsuke Nagashima; Shinji Kosugi; Toyohiro Hirai; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Kazuo Chin; Noriaki Ichihashi; Tadao Tsuboyama; Fumihiko Matsuda
        Geriatrics & gerontology international, 2019年10月, 査読有り
      • Association of the spot urine sodium-to-potassium ratio with blood pressure is independent of urinary Na and K levels: The Nagahama study.
        Yukiko Higo; Shunsuke Nagashima; Yasuharu Tabara; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Tomoko Wakamura
        Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 2019年10月, 査読有り
      • Inadequate Folic Acid Intake Among Women Taking Antiepileptic Drugs During Pregnancy in Japan: A Cross-Sectional Study.
        Yasuko Ikeda-Sakai; Yoshiyuki Saito; Taku Obara; Mikako Goto; Tami Sengoku; Yoshimitsu Takahashi; Hiromi Hamada; Takeo Nakayama; Atsuko Murashima
        Scientific reports, 2019年09月18日, 査読有り
      • In-depth examination of issues surrounding the reasons for child marriage in Kelantan, Malaysia: a qualitative study.
        Ayako Kohno; Maznah Dahlui; Nik Daliana Nik Farid; Siti Hawa Ali; Takeo Nakayama
        BMJ open, 2019年09月03日, 査読有り
      • Association between sleep disturbance and nocturnal blood pressure profiles by a linear mixed model analysis: the Nagahama study.
        Takeshi Matsumoto; Yasuharu Tabara; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shunsuke Nagashima; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        Sleep medicine, 2019年09月, 査読有り
      • Advanced Glycation End Product Accumulation Is Associated With Low Skeletal Muscle Mass, Weak Muscle Strength, and Reduced Bone Density: The Nagahama Study.
        Yasuharu Tabara; Tome Ikezoe; Mikihiro Yamanaka; Kazuya Setoh; Hiroaki Segawa; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Noriaki Ichihashi; Tadao Tsuboyama; Fumihiko Matsuda
        The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences, 2019年08月16日, 査読有り
      • Mindset modification of community pharmacists in a collaborative relationship between a major hospital and neighboring community pharmacies: a qualitative study.
        Miwa Hinata; Kikuko Miyazaki; Hiroshi Okada; Takeo Nakayama
        BMC health services research, 2019年07月15日, 査読有り
      • Preconception folic acid supplementation use and the occurrence of neural tube defects in Japan: A nationwide birth cohort study of the Japan Environment and Children's Study
        Hidekazu Nishigori; Taku Obara; Toshie Nishigori; Mami Ishikuro; Kasumi Sakurai; Tetsuro Hoshiai; Masatoshi Saito; Ikuma Fujiwara; Takahiro Arima; Kunihiko Nakai; Shinichi Kuriyama; Nariyasu Mano; Hirohito Metoki; Nobuo Yaegashi; Toshihiro Kawamoto; Hirohisa Saito; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Congenital Anomalies, 2019年07月
      • Impact of age on the discriminative ability of an emergency triage system: A cohort study.
        Akira Kuriyama; Tetsunori Ikegami; Takeo Nakayama
        Acta anaesthesiologica Scandinavica, 2019年07月, 査読有り
      • Coronary heart disease and stroke disease burden attributable to fruit and vegetable intake in Japan: projected DALYS to 2060.
        Xiuting Mo; Ruoyan Tobe Gai; Kimi Sawada; Yoshimutsu Takahashi; Sharon E Cox; Takeo Nakayama; Rintaro Mori
        BMC public health, 2019年06月07日, 査読有り
      • Alcohol drinking and bladder cancer risk from a pooled analysis of ten cohort studies in Japan.
        Masaoka H; Matsuo K; Oze I; Ito H; Naito M; Wada K; Nagata C; Nakayama T; Kitamura Y; Sadakane A; Tamakoshi A; Tsuji I; Sugawara Y; Sawada N; Mizoue T; Inoue M; Tanaka K; Tsugane S; Shimazu T
        Journal of epidemiology, 2019年06月, 査読有り
      • 健康医療情報ウェブサイトの構築におけるリンク先の評価
        竹田 茉帆; 齋藤 充生; 山本 健; 渡部 太朗; 大室 弘美; 梶 有貴; 北澤 京子; 中山 健夫; 佐藤 嗣道; 山本 美智子
        日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 2019年06月
      • "I felt angry, but I couldn't do anything about it": a qualitative study of cyberbullying among Taiwanese high school students.
        Chia-Wen Wang; Patou Masika Musumari; Teeranee Techasrivichien; S Pilar Suguimoto; Chang-Chuan Chan; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        BMC public health, 2019年05月28日, 査読有り
      • Stable Iodine Distribution Among Children After the 2011 Fukushima Nuclear Disaster in Japan: An Observational Study.
        Yoshitaka Nishikawa; Ayako Kohno; Yoshimitsu Takahashi; Chiaki Suzuki; Hirokatsu Kinoshita; Takeo Nakayama; Masaharu Tsubokura
        The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 2019年05月01日, 査読有り
      • Dose‐dependent associations between prenatal caffeine consumption and small for gestational age, preterm birth, and reduced birthweight in the Japan Environment and Children's Study
        Sumitaka Kobayashi; Fumihiro Sata; Katsuyuki Murata; Yasuaki Saijo; Atsuko Araki; Chihiro Miyashita; Sachiko Itoh; Machiko Minatoya; Keiko Yamazaki; Yu Ait Bamai; Reiko Kishi; Toshihiro Kawamoto; Hirohisa Saito; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Itoh; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Paediatric and Perinatal Epidemiology, 2019年05月
      • Association between blood manganese level during pregnancy and birth size: The Japan environment and children's study (JECS)
        Midori Yamamoto; Kenichi Sakurai; Akifumi Eguchi; Shin Yamazaki; Shoji F. Nakayama; Tomohiko Isobe; Ayano Takeuchi; Tosiya Sato; Akira Hata; Chisato Mori; Hiroshi Nitta; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato E. Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        ENVIRONMENTAL RESEARCH, 2019年05月
      • 終末糖化産物の蓄積は骨格筋量・筋力の低下および骨密度低下と関連する ながはまスタディ
        田原 康玄; 池添 冬芽; 山中 幹宏; 瀬藤 和也; 瀬川 裕明; 中山 健夫; 市橋 則明; 坪山 直生; 松田 文彦
        日本老年医学会雑誌, 2019年05月, 査読有り
      • 股関節外転筋力の低下は夜間頻尿のリスク因子である ながはまスタディ
        田原 康玄; 池添 冬芽; 瀬藤 和也; 中山 健夫; 市橋 則明; 坪山 直生; 松田 文彦
        日本老年医学会雑誌, 2019年05月, 査読有り
      • 地域在住において四肢骨格筋の減少と肺機能の低下は動脈硬化のリスク因子となる ながはまスタディ
        田原 康玄; 村瀬 公彦; 松本 健; 瀬藤 和也; 中山 健夫; 陳 和夫; 松田 文彦
        日本老年医学会雑誌, 2019年05月, 査読有り
      • 夜間頻尿は睡眠時血圧の上昇を介して動脈硬化のリスク因子となる ながはまスタディ
        田原 康玄; 村瀬 公彦; 松本 健; 瀬藤 和也; 中山 健夫; 陳 和夫; 松田 文彦
        日本老年医学会雑誌, 2019年05月, 査読有り
      • 夜間頻尿は睡眠時血圧の上昇を介して動脈硬化のリスク因子となる ながはまスタディ
        田原 康玄; 村瀬 公彦; 松本 健; 瀬藤 和也; 中山 健夫; 陳 和夫; 松田 文彦
        日本老年医学会雑誌, 2019年05月, 査読有り
      • Inclusion of rehabilitation approach in Japanese clinical practice guidelines: a descriptive analysis.
        Shuhei Fujimoto; Motohide Kobayashi; Shizuka Fujimoto; Kanako Komukai; Takeo Nakayama
        Journal of physical therapy science, 2019年05月, 査読有り
      • Low back pain precedes the development of new knee pain in the elderly population; a novel predictive score from a longitudinal cohort study.
        Hiromu Ito; Shinjiro Tominari; Yasuharu Tabara; Takeo Nakayama; Moritoshi Furu; Tomotoshi Kawata; Masayuki Azukizawa; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Fumihiko Matsuda; Shuichi Matsuda
        Arthritis research & therapy, 2019年04月15日, 査読有り
      • 【産業ストレスと少子化対策】少子化対策の国際動向と先進国の取り組み 女性のリプロダクティブ・ライツの視点より
        千葉 陽子; 中山 健夫
        産業ストレス研究, 2019年04月
      • Sleep status varies by age among Japanese women during preconception and pregnancy in a nationwide birth cohort study [the Japan Environment and Children’s Study (JECS)]
        Mizuho Konishi; Ai Tomotaki; Kiwako Yamamoto-Hanada; Hidetoshi Mezawa; Tadayuki Ayabe; Kazue Ishitsuka; Mayako Saito; Hirohisa Saito; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Sleep and Biological Rhythms, 2019年04月, 査読有り
      • Association of blood mercury levels during pregnancy with infant birth size by blood selenium levels in the Japan Environment and Children's Study: A prospective birth cohort
        Sumitaka Kobayashi; Reiko Kishi; Yasuaki Saijo; Yoshiya Ito; Koji Oba; Atsuko Araki; Chihiro Miyashita; Sachiko Itoh; Machiko Minatoya; Keiko Yamazaki; Yu Ait Bamai; Tosiya Sato; Shin Yamazaki; Shoji F. Nakayama; Tomohiko Isobe; Hiroshi Nitta; Toshihiro Kawamoto; Hirohisa Saito; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Itoh; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        ENVIRONMENT INTERNATIONAL, 2019年04月
      • Risky Health Behaviors of Teenage Mothers and Infant Outcomes in the Japan Environment and Children's Study: A Nationwide Cohort Study
        Kazue Ishitsuka; Kiwako Yamamoto-Hanada; Tadayuki Ayabe; Hidetoshi Mezawa; Mizuho Konishi; Mayako Saito-Abe; Yukihiro Ohya; Toshihiro Kawamoto; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Journal of Pediatric and Adolescent Gynecology, 2019年04月
      • 随時尿ナトリウム・カリウム排泄量、ナトカリ比と血圧との関連
        田原 康玄; 肥後 有貴子; 長島 俊輔; 瀬藤 和也; 川口 喬久; 高橋 由光; 小杉 眞司; 中山 健夫; 若村 智子; 松田 文彦
        日本循環器病予防学会誌, 2019年04月, 査読有り
      • Changes in the association between postpartum depression and mother-infant bonding by parity: Longitudinal results from the Japan Environment and Children's Study
        Akiko Tsuchida; Kei Hamazaki; Kenta Matsumura; Kayoko Miura; Haruka Kasamatsu; Hidekuni Inadera; Toshihiro Kawamoto; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        Journal of Psychiatric Research, 2019年03月, 査読有り
      • 喫煙割合と子宮頸癌死亡率:出生コホートによる年齢階級別経年変化の比較
        榊原 敦子; 中山 健夫; 伊藤 ゆり; 内田 博之; 小田切 陽一; 小西 郁生; 片山 俊郎; 松井 邦彦; 宮崎 貴久子; 樋口 壽宏; 寺川 耕市
        JACR Monograph, 2019年03月
      • 腰痛の存在は膝痛発生のリスク因子か 5年の縦断調査結果を用いたながはまスタディより
        伊藤 宣; 富成 伸次郎; 中山 健夫; 布留 守敏; 川田 交俊; 小豆澤 勝幸; 田原 康玄; 松田 文彦; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, 2019年03月, 査読有り
      • Factors related to cervical cancer screening among women of childrearing age: a cross-sectional study of a nationally representative sample in Japan.
        Kaso M; Takahashi Y; Nakayama T
        International journal of clinical oncology, 2019年03月, 査読有り
      • Updating quality indicators for low-risk labour care in Japan using current clinical practice guidelines: a modified Delphi method.
        Kayo Ueda; Misato Kaso; Shosuke Ohtera; Takeo Nakayama
        BMJ open, 2019年02月27日, 査読有り
      • Change of access to emergency care in a repopulated village after the 2011 Fukushima nuclear disaster: a retrospective observational study.
        Yoshitaka Nishikawa; Masaharu Tsubokura; Yoshimitsu Takahashi; Shuhei Nomura; Akihiko Ozaki; Yuko Kimura; Tomohiro Morita; Toyoaki Sawano; Tomoyoshi Oikawa; Takeo Nakayama
        BMJ open, 2019年02月09日, 査読有り
      • Association between maternal blood cadmium and lead concentrations and gestational diabetes mellitus in the Japan Environment and Children’s Study
        Oguri T; Ebara T; Nakayama SF; Sugiura-Ogasawara M; Kamijima M; Japan Environment; Children’s Study Group
        Int Arch Occup Environ Health, 2019年02月03日, 査読有り
      • 大規模コホートの繰り返し測定値を用いた大気汚染物質の影響研究 ながはまスタディー
        田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦
        日本衛生学雑誌, 2019年02月, 査読有り
      • Effect of combination of pre- and postoperative pulmonary rehabilitation on onset of postoperative pneumonia: a retrospective cohort study based on data from the diagnosis procedure combination database in Japan.
        Fujimoto S; Nakayama T
        International journal of clinical oncology, 2019年02月, 査読有り
      • Perspectives on End-of-Life Treatment among Patients with COPD: A Multicenter, Cross-sectional Study in Japan.
        Yoshinori Fuseya; Shigeo Muro; Susumu Sato; Atsuyasu Sato; Kazuya Tanimura; Koichi Hasegawa; Kiyoshi Uemasu; Yoko Hamakawa; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Naoki Sakai; Motonari Fukui; Hideo Kita; Tadashi Mio; Michiaki Mishima; Toyohiro Hirai
        COPD, 2019年02月, 査読有り
      • Rupture risk of small unruptured cerebral aneurysms.
        Fusao Ikawa; Akio Morita; Shinjiro Tominari; Takeo Nakayama; Yoshiaki Shiokawa; Isao Date; Kazuhiko Nozaki; Susumu Miyamoto; Takamasa Kayama; Hajime Arai
        Journal of neurosurgery, 2019年01月25日, 査読有り
      • Trends in descriptions of palliative care in the cancer clinical practice guidelines before and after enactment of the Cancer Control Act (2007): content analysis.
        Miwa Hinata; Kikuko Miyazaki; Natsuko Kanazawa; Kumiko Kito; Sachiko Kiyoto; Manako Konda; Akira Kuriyama; Hiroko Mori; Sachiko Nakaoka; Akiko Okumura; Hironobu Tokumasu; Takeo Nakayama
        BMC palliative care, 2019年01月12日, 査読有り
      • Small Degree of Lumbar Lordosis as an Overlooked Determinant for Orthostatic Increases in Blood Pressure in the Elderly: The Nagahama Study.
        Yasuharu Tabara; Mitsuhiro Masaki; Tome Ikezoe; Kazuya Setoh; Takehiro Kato; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Noriaki Ichihashi; Tadao Tsuboyama; Fumihiko Matsuda
        American journal of hypertension, 2019年01月01日, 査読有り
      • Systematic review and meta-analysis for 2017 clinical practice guidelines of the Japan research committee of the ministry of health, labour, and welfare for intractable vasculitis for the management of ANCA-associated vasculitis.
        Kenji Nagasaka; Masayoshi Harigai; Noboru Hagino; Akinori Hara; Tetsuya Horita; Taichi Hayashi; Mitsuyo Itabashi; Satoshi Ito; Yasuhiro Katsumata; Soko Kawashima; Taio Naniwa; Ken-Ei Sada; Eishu Nango; Takeo Nakayama; Michi Tsutsumino; Kunihiro Yamagata; Sakae Homma; Yoshihiro Arimura
        Modern rheumatology, 2019年01月, 査読有り
      • 2017 Clinical practice guidelines of the Japan Research Committee of the Ministry of Health, Labour, and Welfare for Intractable Vasculitis for the management of ANCA-associated vasculitis.
        Harigai M; Nagasaka K; Amano K; Bando M; Dobashi H; Kawakami T; Kishibe K; Murakawa Y; Usui J; Wada T; Tanaka E; Nango E; Nakayama T; Tsutsumino M; Yamagata K; Homma S; Arimua Y
        Modern rheumatology, 2019年01月, 査読有り
      • Status of use of protease inhibitors for the prevention and treatment of pancreatitis after endoscopic retrograde cholangiopancreatography: An epidemiologic analysis of the evidence-practice gap using a health insurance claims database.
        Takeshi Seta; Yoshimitsu Takahashi; Yukitaka Yamashita; Takeo Nakayama
        Drug discoveries & therapeutics, 2019年, 査読有り
      • High frequency of vitamin D deficiency in current pregnant Japanese women associated with UV avoidance and hypo-vitamin D diet.
        Kumiko T Kanatani; Takeo Nakayama; Yuichi Adachi; Kei Hamazaki; Kazunari Onishi; Yukuo Konishi; Yasuyuki Kawanishi; Tohshin Go; Keiko Sato; Youichi Kurozawa; Hidekuni Inadera; Ikuo Konishi; Satoshi Sasaki; Hiroshi Oyama
        PloS one, 2019年, 査読有り
      • Association between vitamin D deficiency and allergic symptom in pregnant women.
        Kumiko T Kanatani; Yuichi Adachi; Kei Hamazaki; Kazunari Onishi; Tohshin Go; Kyoko Hirabayashi; Motonobu Watanabe; Keiko Sato; Youichi Kurozawa; Hidekuni Inadera; Hiroshi Oyama; Takeo Nakayama
        PloS one, 2019年, 査読有り
      • Lingering health-related anxiety about radiation among Fukushima residents as correlated with media information following the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.
        Chihiro Nakayama; Osamu Sato; Minoru Sugita; Takeo Nakayama; Yujiro Kuroda; Masatsugu Orui; Hajime Iwasa; Seiji Yasumura; Rima E Rudd
        PloS one, 2019年, 査読有り
      • Association between time-related work factors and dietary behaviors: Results from the Japan Environment and Children's Study (JECS)
        Rie Tanaka; Mayumi Tsuji; Koichi Kusuhara; Toshihiro Kawamoto; Hirohisa Saito; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Takahiko Katoh
        Environmental Health and Preventive Medicine, 2018年12月14日, 査読有り
      • Association between cesarean section and constipation in infants: The Japan Environment and Children's Study (JECS)
        Taketoshi Yoshida; Kenta Matsumura; Akiko Tsuchida; Kei Hamazaki; Hidekuni Inadera; Yukihiro Ohya; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Chisato Mori; Zentaro Yamagata; Takeo Nakayama; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Koichi Kusuhara; Takahiko Katoh
        BMC Research Notes, 2018年12月12日, 査読有り
      • CCDC102B confers risk of low vision and blindness in high myopia
        Yoshikatsu Hosoda; Munemitsu Yoshikawa; Masahiro Miyake; Yasuharu Tabara; Noriaki Shimada; Wanting Zhao; Akio Oishi; Hideo Nakanishi; Masayuki Hata; Tadamichi Akagi; Sotaro Ooto; Natsuko Nagaoka; Yuxin Fang; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Kyoko Ohno-Matsui; Ching Yu Cheng; Seang Mei Saw; Ryo Yamada; Fumihiko Matsuda; Akitaka Tsujikawa; Kenji Yamashiro
        Nature Communications, 2018年12月01日
      • Accuracy of non-invasive scoring systems for diagnosing non-alcoholic steatohepatitis-related fibrosis: Multicenter validation study.
        Itoh Y; Seko Y; Shima T; Nakajima T; Mizuno K; Kawamura Y; Akuta N; Ito K; Kawanaka M; Hiramatsu A; Sakamoto M; Harada K; Goto Y; Nakayama T; Kumada H; Okanoue T
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2018年12月, 査読有り
      • Day-to-Day Home Blood Pressure Variability and Orthostatic Hypotension: The Nagahama Study.
        Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shunsuke Nagashima; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Toyohiro Hirai; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        American journal of hypertension, 2018年11月13日, 査読有り
      • Nocturia and increase in nocturnal blood pressure: the Nagahama study.
        Takeshi Matsumoto; Yasuharu Tabara; Kimihiko Murase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shunsuke Nagashima; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        Journal of hypertension, 2018年11月, 査読有り
      • Association between socioeconomic factors and urinary sodium-to-potassium ratio: the Nagahama Study.
        Makoto Yamashita; Yasuharu Tabara; Yukiko Higo; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Tomoko Wakamura
        Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 2018年11月, 査読有り
      • Pooled analysis of the associations between body mass index, total cholesterol, and liver cancer-related mortality in Japan
        Ukawa S; Tamakoshi A; Murakami Y; Kiyohara Y; Yamada M; Nagai M; Satoh A; Miura K; Ueshima H; Okamura T; Imai Y; Ohkubo T; Irie F; Iso H; Kitamura A; Ninomiya T; Nakagawa H; Nakayama T; Okayama A; Sairenchi T; Saitoh S; Sakata K; Tsuji I; Kiyama M; Miyamoto Y; Ishikawa S; Yatsuya H
        Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 2018年08月01日
      • Fish intake and risk of mortality due to aortic dissection and aneurysm: A pooled analysis of the Japan cohort consortium.
        Yamagishi K; Iso H; Shimazu T; Tamakoshi A; Sawada N; Matsuo K; Ito H; Wakai K; Nakayama T; Kitamura Y; Sado J; Tsuji I; Sugawara Y; Mizoue T; Inoue M; Nagata C; Sadakane A; Tanaka K; Tsugane S; Sasazuki S; Research Group for; the Development; Evaluation of Cancer; Prevention Strategies in Japan
        Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland), 2018年08月, 査読有り
      • Loneliness among mothers raising children under the age of 3 years and predictors with special reference to the use of SNS: a community-based cross-sectional study.
        Mandai M; Kaso M; Takahashi Y; Nakayama T
        BMC women's health, 2018年08月, 査読有り
      • Impact of sleep characteristics and obesity on diabetes and hypertension across genders and menopausal status: the Nagahama study.
        Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Yasuharu Tabara; David Gozal; Dale Smith; Takuma Minami; Ryo Tachikawa; Kiminobu Tanizawa; Toru Oga; Shunsuke Nagashima; Tomoko Wakamura; Naoko Komenami; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Takanobu Tsutsumi; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        Sleep, 2018年07月01日, 査読有り
      • Dietary habits associated with reduced insulin resistance: The Nagahama study.
        Kaori Ikeda; Tosiya Sato; Takeo Nakayama; Daisuke Tanaka; Kazuaki Nagashima; Fumika Mano; Erina Joo; Shimpei Fujimoto; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Yasuharu Tabara; Fumihiko Matsuda; Nobuya Inagaki
        Diabetes research and clinical practice, 2018年07月, 査読有り
      • Japanese guideline for the treatment of idiopathic pulmonary fibrosis.
        Sakae Homma; Masashi Bando; Arata Azuma; Susumu Sakamoto; Keishi Sugino; Yoshiki Ishii; Shinyu Izumi; Naohiko Inase; Yoshikazu Inoue; Masahito Ebina; Takashi Ogura; Kazuma Kishi; Tomoo Kishaba; Takashi Kido; Akihiko Gemma; Yoshihito Goto; Shinichi Sasaki; Takeshi Johkoh; Takafumi Suda; Kazuhisa Takahashi; Hiroki Takahashi; Yoshio Taguchi; Hiroshi Date; Hiroyuki Taniguchi; Takeo Nakayama; Yasuhiko Nishioka; Yoshinori Hasegawa; Noboru Hattori; Junya Fukuoka; Atsushi Miyamoto; Hiroshi Mukae; Akihito Yokoyama; Ichiro Yoshino; Kentaro Watanabe
        Respiratory investigation, 2018年07月, 査読有り
      • Validity of the Japan Acuity and Triage Scale in adults: a cohort study.
        Kuriyama A; Ikegami T; Kaihara T; Fukuoka T; Nakayama T
        Emergency medicine journal : EMJ, 2018年06月, 査読有り
      • Occupation-based differences in shared perceptions of older resident needs within multidisciplinary care teams: a cross-sectional study of care workers, nurses, and therapists linked to older residents.
        Ohura T; Higashi T; Ishizaki T; Nakayama T
        Journal of physical therapy science, 2018年06月, 査読有り
      • Dietary differences in male workers among smaller occupational groups within large occupational categories: Findings from the Japan environment and children’s study (JECS)
        Rie Tanaka; Mayumi Tsuji; Ayako Senju; Ayako Senju; Koichi Kusuhara; Koichi Kusuhara; Koichi Kusuhara; Toshihiro Kawamoto; Hirohisa Saito; Reiko Kishi; Nobuo Yaegashi; Koichi Hashimoto; Chisato Mori; Shuichi Ito; Zentaro Yamagata; Hidekuni Inadera; Michihiro Kamijima; Takeo Nakayama; Hiroyasu Iso; Masayuki Shima; Yasuaki Hirooka; Narufumi Suganuma; Takahiko Katoh
        International Journal of Environmental Research and Public Health, 2018年05月11日
      • Effect of target temperature management at 32-34 °C in cardiac arrest patients considering assessment by regional cerebral oxygen saturation: A multicenter retrospective cohort study.
        Nakatani Y; Nakayama T; Nishiyama K; Takahashi Y
        Resuscitation, 2018年05月01日, 査読有り
      • Body-Mass Index and Pancreatic Cancer Incidence: A Pooled Analysis of Nine Population-Based Cohort Studies With More Than 340,000 Japanese Subjects
        Koyanagi YN; Matsuo K; Ito H; Tamakoshi A; Sugawara Y; Hidaka A; Wada K; Oze I; Kitamura Y; Liu R; Mizoue T; Sawada N; Nagata C; Wakai K; Nakayama T; Sadakane A; Tanaka K; Inoue M; Tsugane S; Sasazuki S
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2018年05月, 査読有り
      • QUALITY OF CARE AND INCIDENCE OF END-STAGE RENAL DISEASE IN THE ELDERLY CHRONIC KIDNEY DISEASE PATIENTS: COHORT STUDY FROM THE NATIONAL DATABASE OF HEALTH INSURANCE CLAIMS OF JAPAN
        Shingo Fukuma; Tatsuyoshi Ikenoue; Sayaka Shimizu; Edward Norton; Rajiv Saran; Motoko Yanagita; Genta Kato; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara
        NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION, 2018年05月, 査読有り
      • Clinical significance of an elevated ankle-brachial index differs depending on the amount of appendicular muscle mass: the J-SHIPP and Nagahama studies.
        Yasuharu Tabara; Michiya Igase; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Yoko Okada; Maya Ohara; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Yasumasa Ohyagi; Tetsuro Miki; Takeo Nakayama; Katsuhiko Kohara; Fumihiko Matsuda
        Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 2018年05月, 査読有り
      • Factors affecting longitudinal changes in cardio-ankle vascular index in a large general population: the Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        Journal of hypertension, 2018年05月, 査読有り
      • Data on the effect of target temperature management at 32-34 °C in cardiac arrest patients considering assessment by regional cerebral oxygen saturation: A multicenter retrospective cohort study.
        Nakatani Y; Nakayama T; Nishiyama K; Takahashi Y
        Data in brief, 2018年04月01日, 査読有り
      • Lymphocytic focus score is positively related to airway and interstitial lung diseases in primary Sjögren's syndrome.
        Kakugawa T; Sakamoto N; Ishimoto H; Shimizu T; Nakamura H; Nawata A; Ito C; Sato S; Hanaka T; Oda K; Kido T; Miyamura T; Nakashima S; Aoki T; Nakamichi S; Obase Y; Saito K; Yatera K; Ishimatsu Y; Nakayama T; Korogi Y; Kawakami A; Tanaka Y; Mukae H
        Respiratory medicine, 2018年04月, 査読有り
      • Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome after Lenvatinib Therapy in a Patient with Anaplastic Thyroid Carcinoma.
        Osawa Y; Gozawa R; Koyama K; Nakayama T; Sagoh T; Sunaga H
        Internal medicine (Tokyo, Japan), 2018年04月, 査読有り
      • The Japanese registry for surgery of ischial pressure ulcers: STANDARDS-I
        Hideyuki Yanagi; Hiroto Terashi; Yoshimitsu Takahashi; Katsuyuki Okabe; Katsumi Tanaka; Chu Kimura; Norihiko Ohura; Takahiro Goto; Ichiro Hashimoto; Madoka Noguchi; Junichi Sasayama; Kenichi Shimada; Ayumi Sugai; Mitsuko Tanba; Takeo Nakayama; Ryoji Tsuboi; Junko Sugama; Hiromi Sanada
        Journal of Wound Care, 2018年03月01日, 査読有り
      • Cross-Sectional Epidemiological Analysis of the Nagahama Study for Correlates of Overactive Bladder: Genetic and Environmental Considerations.
        Satoshi Funada; Takahisa Kawaguchi; Naoki Terada; Hiromitsu Negoro; Yasuharu Tabara; Shinji Kosugi; Ryo Yamada; Takeo Nakayama; Shusuke Akamatsu; Koji Yoshimura; Fumihiko Matsuda; Osamu Ogawa
        The Journal of urology, 2018年03月, 査読有り
      • Association of retinal vessel calibers and longitudinal changes in arterial stiffness: the Nagahama study.
        Kyoko Kawashima-Kumagai; Yasuharu Tabara; Kenji Yamashiro; Kazuya Setoh; Munemitsu Yoshikawa; Takahisa Kawaguchi; Masahiro Miyake; Hideo Nakanishi; Yuki Muraoka; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Nagahisa Yoshimura; Fumihiko Matsuda; Akitaka Tsujikawa
        Journal of hypertension, 2018年03月, 査読有り
      • Seasonal variation in nocturnal home blood pressure fall: the Nagahama study.
        Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Shunsuke Nagashima; Toyohiro Hirai; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 2018年03月, 査読有り
      • 共有意思決定における患者参加の促進因子と阻害因子に対する認識 理学療法士・作業療法士を対象としたフォーカスグループインタビュー
        藤本 修平; 尾川 達也; 藤本 静香; 中山 健夫
        理学療法科学, 2018年02月
      • 千葉県の理学療法士における診療ガイドラインの利用および重要性の認識に関連する因子:質問紙調査法を用いた横断研究
        藤本修平; 大高洋平; 高杉潤; 小向佳奈子; 中山健夫
        理学療法学, 2018年02月, 査読有り
      • A qualitative study on coping behaviors and influencing factors among mothers in Japan raising children under three years old while experiencing physical and mental subjective symptoms
        Misato Kaso; Kikuko Miyazaki; Takeo Nakayama
        BMC Women's Health, 2018年01月10日, 査読有り
      • Miso soup intake is associated with reduced gastroesophageal reflux disease symptoms in the general population: The Nagahama Study
        Mano F; Ikeda K; Sato T; Nakayama T; Tanaka D; Joo E; Takahashi Y; Kosugi S; Sekine A; Tabara Y; Matsuda F; Inagaki N
        Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 2018年, 査読有り
      • 臨床研究医を取り巻く状況:8年間の進展と残された課題―京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から―
        岡林 里枝; 池之上 辰義; 小川 雄右; 佐々木 典子; 竹内 正人; 渡辺 範雄; 高橋 由光; 山本 洋介; 石見 拓; 古川 壽亮; 川上 浩司; 今中 雄一; 中山 健夫; 川村 孝; 福原 俊一
        医学教育, 2018年, 査読有り
      • New development of the risk benefit communication - For safety information to be communicated and understood sufficiently
        Michiko Yamamoto; Takeo Nakayama
        Yakugaku Zasshi, 2018年, 査読有り
      • Evidence-based risk and benefit communication for shared decision making
        Takeo Nakayama
        Yakugaku Zasshi, 2018年, 査読有り
      • [Status of Evidence-based Medicine Education in Undergraduate Pharmacy Curricula].
        Sasaki J; Kitazawa K; Nakayama T
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2018年, 査読有り
      • Characteristics of the japanese diet described in epidemiologic publications: A qualitative systematic review
        Nozomu Suzuki; Yoshihito Goto; Haruka Ota; Kumiko Kito; Fumika Mano; Erina Joo; Kaori Ikeda; Nobuya Inagaki; Takeo Nakayama
        Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 2018年, 査読有り
      • Reduction in Gastroesophageal Reflux Disease Symptoms Is Associated with Miso Soup Intake in a Population-Based Cross-Sectional Study: The Nagahama Study.
        Fumika Mano; Kaori Ikeda; Tosiya Sato; Takeo Nakayama; Daisuke Tanaka; Erina Joo; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Yasuharu Tabara; Fumihiko Matsuda; Nobuya Inagaki
        Journal of nutritional science and vitaminology, 2018年, 査読有り
      • [The Japanese legal system and the applicability of laws and regulations on private information protection and research ethics relating to medical research].
        Araki K; Masuzawa Y; Takahashi Y; Nakayama T
        [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health, 2018年, 査読有り
      • How Evacuees Obtained Health Care Information after the Great East Japan Earthquake: A Qualitative Interview Study
        Haruka Ota; Kikuko Miyazaki; Takeo Nakayama
        Disaster Medicine and Public Health Preparedness, 2017年12月01日, 査読有り
      • Dual expression of constitutively active Gαs-protein-coupled receptors differentially establishes the resting activity of the cAMP-gated HCN2 channel in a single compartment.
        Nakashima N; Nakashima K; Nakayama T; Takaku A; Kanamori R
        Biochemical and biophysical research communications, 2017年12月, 査読有り
      • Variations in status of preparation of personal protective equipment for preventing norovirus gastroenteritis in long-term care facilities for the elderly
        Saori Fujiki; Tatsuro Ishizaki; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2017年12月, 査読有り
      • Five-level emergency triage systems: variation in assessment of validity
        Akira Kuriyama; Seigo Urushidani; Takeo Nakayama
        EMERGENCY MEDICINE JOURNAL, 2017年11月, 査読有り
      • Subjective social status and trajectories of self-rated health status: a comparative analysis of Japan and the United States.
        Takahashi Y; Fujiwara T; Nakayama T; Kawachi I
        Journal of public health (Oxford, England), 2017年11月, 査読有り
      • Self-reported quality of sleep is associated with physical strength among community-dwelling young-old adults
        Katarzyna B. Malinowska; Tome Ikezoe; Noriaki Ichihashi; Hidenori Arai; Kimihiko Murase; Kazuo Chin; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Tadao Tsuboyama
        GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 2017年11月, 査読有り
      • Clinical practice guidelines for the diagnosis and management of otitis media with effusion (OME) in children in Japan, 2015
        Makoto Ito; Haruo Takahashi; Yukiko Iino; Hiromi Kojima; Sho Hashimoto; Yosuke Kamide; Fumiyo Kudo; Hitome Kobayashi; Haruo Kuroki; Atsuko Nakano; Hiroshi Hidaka; Goro Takahashi; Haruo Yoshida; Takeo Nakayama
        AURIS NASUS LARYNX, 2017年10月, 査読有り
      • Underuse of Cardiac Rehabilitation in Workers With Coronary Artery Disease - Claims Database Survey in Japan
        Natsuko Kanazawa; Kenji Ueshima; Shinjiro Tominari; Takeo Nakayama
        CIRCULATION JOURNAL, 2017年10月, 査読有り
      • Development of quality indicators for low-risk labor care provided by midwives using a RAND-modified Delphi method
        Kayo Ueda; Shosuke Ohtera; Misato Kaso; Takeo Nakayama
        BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH, 2017年09月, 査読有り
      • The Effect of Dual-Hemisphere Transcranial Direct Current Stimulation Over the Parietal Operculum on Tactile Orientation Discrimination
        Shuhei Fujimoto; Satoshi Tanaka; Ilkka Laakso; Tomofumi Yamaguchi; Noriko Kon; Takeo Nakayama; Kunitsugu Kondo; Ryo Kitada
        FRONTIERS IN BEHAVIORAL NEUROSCIENCE, 2017年09月, 査読有り
      • Superiority of laparoscopic proximal gastrectomy with hand-sewn esophagogastrostomy over total gastrectomy in improving postoperative body weight loss and quality of life
        Tatsuto Nishigori; Hiroshi Okabe; Shigeru Tsunoda; Hisashi Shinohara; Kazutaka Obama; Hisahiro Hosogi; Shigeo Hisamori; Kikuko Miyazaki; Takeo Nakayama; Yoshiharu Sakai
        SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 2017年09月, 査読有り
      • Prognostic Significance of Spot Urine Na/K for Longitudinal Changes in Blood Pressure and Renal Function: The Nagahama Study
        Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION, 2017年09月, 査読有り
      • Validity of spectral analysis based on heart rate variability from 1-minute or less ECG recordings
        Naomi Takahashi; Akira Kuriyama; Hoshinori Kanazawa; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY, 2017年09月, 査読有り
      • Effectiveness of Helicobacter pylori eradication in the prevention of primary gastric cancer in healthy asymptomatic people: A systematic review and meta-analysis comparing risk ratio with risk difference
        Takeshi Seta; Yoshimitsu Takahashi; Yoshinori Noguchi; Satoru Shikata; Tatsuya Sakai; Kyoko Sakai; Yukitaka Yamashita; Takeo Nakayama
        PLOS ONE, 2017年08月, 査読有り
      • Validity and reliability of a performance evaluation tool based on the modified Barthel Index for stroke patients
        Tomoko Ohura; Kimitaka Hase; Yoshie Nakajima; Takeo Nakayama
        BMC MEDICAL RESEARCH METHODOLOGY, 2017年08月, 査読有り
      • Cluster randomised controlled trial showed that maternal and child health handbook was effective for child cognitive development in Mongolia
        Amarjargal Dagvadorj; Takeo Nakayama; Eisuke Inoue; Narantuya Sumya; Rintaro Mori
        ACTA PAEDIATRICA, 2017年08月, 査読有り
      • The clinical practice guideline for the management of ARDS in Japan
        Satoru Hashimoto; Masamitsu Sanui; Moritoki Egi; Shinichiro Ohshimo; Junji Shiotsuka; Ryutaro Seo; Ryoma Tanaka; Yu Tanaka; Yasuhiro Norisue; Yoshiro Hayashi; Eishu Nango; Hideto Yasuda; Yoshitaka Aoki; Kohkichi Andoh; Yusuke Iizuka; Hitoshi Imaizumi; Satoshi Okamori; Motoshi Kainuma; Jun Kataoka; Tetsuro Kamo; Atsushi Kawaguchi; Junji Kumasawa; Kiyoyasu Kurahashi; Kunihiko Kooguchi; Yutaka Kondo; Masaaki Sakuraya; Akira Shimoyama; So Suzuki; Hiroyuki Suzuki; Motohiro Sekino; Mikio Nakajima; Tetsuro Nishimura; Tatsuma Fukuda; Jun Makino; Ryoichi Miyashita; Ryutaro Moriwaki; Shigenori Yoshitake; Yumi Yamashita; Yoshiko Nakagawa; Takaaki Suzuki; Toshiyuki Aokage; Kimitaka Tajimi; Hidemichi Yuasa; Hideaki Imanaka; Kazuya Ichikado; Ayumu Nozaki; Ryo Kozu; Takeshi Unoki; Yoshinori Takahashi; Akimichi Serita; Eriko Takezawa; Toshio Fukuoka; Taku Yabuki; Morio Aihara; Takeo Nakayama
        Journal of Intensive Care, 2017年07月25日
      • Cost-effectiveness analysis of different types of human papillomavirus vaccination combined with a cervical cancer screening program in mainland China
        Xiuting Mo; Ruoyan Gai Tobe; Lijie Wang; Xianchen Liu; Bin Wu; Huiwen Luo; Chie Nagata; Rintaro Mori; Takeo Nakayama
        BMC INFECTIOUS DISEASES, 2017年07月, 査読有り
      • A comparison of the results of prospective and retrospective cohort studies in the field of digestive surgery
        Tomohiko Ukai; Satoru Shikata; Takeo Nakayama; Yousuke C. Takemura
        SURGERY TODAY, 2017年07月, 査読有り
      • Causes of death in Japanese patients with diabetes based on the results of a survey of 45,708 cases during 2001–2010: report of Committee on Causes of Death in Diabetes Mellitus
        Jiro Nakamura; Hideki Kamiya; Masakazu Haneda; Nobuya Inagaki; Yukio Tanizawa; Eiichi Araki; Kohjiro Ueki; Takeo Nakayama
        Diabetology International, 2017年06月01日, 査読有り
      • Analysis of the evidence‐practice gap to facilitate proper medical care for the elderly: investigation, using databases, of utilization measures for National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB)
        NAKAYAMA Takeo; IMANAKA Yuichi; OKUNO Yasushi; KATO Genta; KURODA Tomohiro; GOTO Rei; GOTO Rei; TANAKA Shiro; TAMURA Hiroshi; FUKUHARA Shunichi; FUKUMA Shingo; MUTO Manabu; YANAGITA Motoko; YAMAMOTO Yosuke
        Environmental Health and Preventive Medicine (Web), 2017年06月, 査読有り
      • Association of SIX1/SIX6 locus polymorphisms with regional circumpapillary retinal nerve fibre layer thickness: The Nagahama study
        Munemitsu Yoshikawa; Kenji Yamashiro; Hideo Nakanishi; Manabu Miyata; Masahiro Miyake; Yoshikatsu Hosoda; Yasuharu Tabara; Fumihiko Matsuda; Nagahisa Yoshimura; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Yoshimitsu Takahashi; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年06月, 査読有り
      • Assessing archetypes of organizational culture based on the Competing Values Framework: the experimental use of the framework in Japanese neonatal intensive care units
        Hatoko Sasaki; Naohiro Yonemoto; Rintaro Mori; Toshihiko Nishida; Satoshi Kusuda; Takeo Nakayama
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2017年06月, 査読有り
      • Causes of death in Japanese patients with diabetes based on the results of a survey of 45,708 cases during 2001–2010: Report of the Committee on Causes of Death in Diabetes Mellitus
        Jiro Nakamura; Hideki Kamiya; Masakazu Haneda; Nobuya Inagaki; Yukio Tanizawa; Eiichi Araki; Kohjiro Ueki; Takeo Nakayama
        Journal of Diabetes Investigation, 2017年05月01日, 査読有り
      • Causes of death in Japanese patients with diabetes based on the results of a survey of 45,708 cases during 2001-2010: Report of the Committee on Causes of Death in Diabetes Mellitus
        Jiro Nakamura; Hideki Kamiya; Masakazu Haneda; Nobuya Inagaki; Yukio Tanizawa; Eiichi Araki; Kohjiro Ueki; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION, 2017年05月, 査読有り
      • Risks and Cough-Aggravating Factors in Prolonged Cough Epidemiological Observations from the Nagahama Cohort Study
        Hisako Matsumoto; Yumi Izuhara; Akio Niimi; Yasuharu Tabara; Tadao Nagasaki; Yoshihiro Kanemitsu; Kimihiko Murase; Tsuyoshi Oguma; Isao Ito; Shigeo Muro; Akihiro Sekine; Fumihiko Matsuda; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Kazuo Chin; Michiaki Mishima
        ANNALS OF THE AMERICAN THORACIC SOCIETY, 2017年05月, 査読有り
      • Risks and Cough-Aggravating Factors in Prolonged Cough. Epidemiological Observations from the Nagahama Cohort Study.
        Matsumoto H; Izuhara Y; Niimi A; Tabara Y; Nagasaki T; Kanemitsu Y; Murase K; Oguma T; Ito I; Muro S; Sekine A; Matsuda F; Kosugi S; Nakayama T; Chin K; Mishima M; Nagahama Study Collaboration Group
        Annals of the American Thoracic Society, 2017年05月, 査読有り
      • Different inverse association of large high-density lipoprotein subclasses with exacerbation of insulin resistance and incidence of type 2 diabetes: The Nagahama study
        Yasuharu Tabara; Hidenori Arai; Yuhko Hirao; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Yasuki Ito; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE, 2017年05月, 査読有り
      • Are there different factors affecting walking speed and gait cycle variability between men and women in community-dwelling older adults?
        Wakako Inoue; Tome Ikezoe; Tadao Tsuboyama; Ikuya Sato; Katarzyna Bronislawa Malinowska; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Noriaki Ichihashi
        AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 2017年04月, 査読有り
      • Effect of Genetic Information Regarding Salt-Sensitive Hypertension on the Intent to Maintain a Reduced Salt Diet: Implications for Health Communication in Japan
        Keiko Miyamoto; Miho Iwakuma; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF CLINICAL HYPERTENSION, 2017年03月, 査読有り
      • An evaluation of laparoscopic hysterectomy alone versus in combination with laparoscopic myomectomy for patients with uterine fibroids
        Fumiaki Taniguchi; Natsuki Koike; Tadayuki Kikukawa; Maki Yabuta; Masami Yamaguchi; Emi Adachi; Takeo Nakayama
        EUROPEAN JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNECOLOGY AND REPRODUCTIVE BIOLOGY, 2017年03月, 査読有り
      • Combined association of clinical and lifestyle factors with non-restorative sleep: The Nagahama Study
        Takeshi Matsumoto; Yasuharu Tabara; Kimihiko Murase; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shigeo Muro; Hiroshi Kadotani; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Ryo Yamada; Takeo Nakayama; Michiaki Mishima; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        PLOS ONE, 2017年03月, 査読有り
      • Surveillance rates for hepatocellular carcinoma among patients with cirrhosis, chronic hepatitis B, and chronic hepatitis C based on Japanese claims database
        Aya Hirata; Takumi Hirata; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        HEPATOLOGY RESEARCH, 2017年03月, 査読有り
      • Attitudes, knowledge and behavior of Japanese physical therapists with regard to evidence-based practice and clinical practice guidelines: A cross-sectional mail survey
        Shuhei Fujimoto; Noriko Kon; Jun Takasugi; Takeo Nakayama
        Journal of Physical Therapy Science, 2017年02月01日, 査読有り
      • The causal effects of alcohol on lipoprotein subfraction and triglyceride levels using a Mendelian randomization analysis: The Nagahama study
        Yasuharu Tabara; Hidenori Arai; Yuhko Hirao; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shinji Kosugi; Yasuki Ito; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        ATHEROSCLEROSIS, 2017年02月, 査読有り
      • Serum albumin levels and their correlates among individuals with motor disorders at five institutions in Japan
        Hiroko Ohwada; Takeo Nakayama; Yuki Kanayal; Yuki Tanaka
        NUTRITION RESEARCH AND PRACTICE, 2017年02月, 査読有り
      • Experiences and attitudes of residents regarding a community-based genome cohort study in Japan: a population-based, cross-sectional study (vol 9, 14, 2016)
        Keiko Miyamoto; Miho Iwakuma; Takeo Nakayama
        BMC MEDICAL GENOMICS, 2017年01月, 査読有り
      • Reporting of critical care trial abstracts: a comparison before and after the announcement of CONSORT guideline for abstracts
        Akira Kuriyama; Naomi Takahashi; Takeo Nakayama
        Trials, 2017年01月, 査読有り
      • Proposal of quality indicators for cardiac rehabilitation after acute coronary syndrome in Japan: a modified Delphi method and practice test
        Shosuke Ohtera; Natsuko Kanazawa; Neiko Ozasa; Kenji Ueshima; Takeo Nakayama
        BMJ OPEN, 2017年01月, 査読有り
      • 全国6年制薬学部・薬科大学におけるEvidence-Based Medicine(EBM)教育に関する質問紙調査
        北澤 京子; 佐々木 順一; 中山 健夫
        薬学教育, 2017年
      • Analysis of the evidence-practice gap to facilitate proper medical care for the elderly: investigation, using databases, of utilization measures for National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB)
        Takeo Nakayama; Yuichi Imanaka; Yasushi Okuno; Genta Kato; Tomohiro Kuroda; Rei Goto; Shiro Tanaka; Hiroshi Tamura; Shunichi Fukuhara; Shingo Fukuma; Manabu Muto; Motoko Yanagita; Yosuke Yamamoto
        ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE, 2017年, 査読有り
      • Effects of lifestyle advice provided by pharmacists on blood pressure: The COMmunity Pharmacists ASSist for Blood Pressure (COMPASS-BP) randomized trial
        Hiroshi Okada; Mitsuko Onda; Masaki Shoji; Naoki Sakane; Yasushi Nakagawa; Takashi Sozu; Yui Kitajima; Ross T. Tsuyuki; Takeo Nakayama
        BioScience Trends, 2017年, 査読有り
      • Integrating patients' perceptions into clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis in Japan
        Masayo Kojima; Takeo Nakayama; Takashi Otani; Mieko Hasegawa; Yutaka Kawahito; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Shintaro Hirata; Yohei Seto; Hirahito Endo; Hiromu Ito; Toshihisa Kojima; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Kiichiro Tsutani; Ataru Igarashi; Naoyuki Kamatani; Nobuyuki Miyasaka; Hisashi Yamanaka
        MODERN RHEUMATOLOGY, 2017年, 査読有り
      • Adaptation of the European Commission-recommended user testing method to patient medication information leaflets in Japan.
        Michiko Yamamoto; Hirohisa Doi; Ken Yamamoto; Kazuhiro Watanabe; Tsugumichi Sato; Machi Suka; Takeo Nakayama; Hiroki Sugimori
        Drug, healthcare and patient safety, 2017年, 査読有り
      • Systematic review of motor evoked potentials monitoring during thoracic and thoracoabdominal aortic aneurysm open repair surgery: a diagnostic meta-analysis
        Yuu Tanaka; Masahiko Kawaguchi; Yoshinori Noguchi; Kenji Yoshitani; Mikito Kawamata; Kenichi Masui; Takeo Nakayama; Yoshitugu Yamada
        JOURNAL OF ANESTHESIA, 2016年12月, 査読有り
      • 地域在住高齢者におけるロコモティブシンドローム悪化と関連する運動機能についての大規模縦断研究
        磯野 凌; 池添 冬芽; 井上 和郁子; 正木 光裕; 佐藤 郁弥; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 坪山 直生; 市橋 則明
        理学療法学, 2016年10月, 査読有り
      • Vertebral Endplate Cyst as a Predictor of Nonunion After Lumbar Interbody Fusion Comparison of Titanium and Polyetheretherketone Cages
        Shimei Tanida; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Kazutaka Masamoto; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Shuichi Matsuda
        SPINE, 2016年10月, 査読有り
      • Mouth breathing, another risk factor for asthma: the Nagahama Study
        Y. Izuhara; H. Matsumoto; T. Nagasaki; Y. Kanemitsu; K. Murase; I. Ito; T. Oguma; S. Muro; K. Asai; Y. Tabara; K. Takahashi; K. Bessho; A. Sekine; S. Kosugi; R. Yamada; T. Nakayama; F. Matsuda; A. Niimi; K. Chin; M. Mishima
        ALLERGY, 2016年07月, 査読有り
      • Cultural immersion through international experiences among Japanese nurses: Present status, future intentions, and perceived barriers
        Yoko Chiba; Takeo Nakayama
        JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 2016年07月, 査読有り
      • Effect of desert dust exposure on allergic symptoms A natural experiment in Japan
        Kumiko T. Kanatani; Kei Hamazaki; Hidekuni Inadera; Nobuo Sugimoto; Atsushi Shimizu; Hisashi Noma; Kazunari Onishi; Yoshimitsu Takahashi; Toshiko Itazawa; Miho Egawa; Keiko Sato; Tohshin Go; Isao Ito; Youichi Kurozawa; Ikuo Konishi; Yuichi Adachi; Takeo Nakayama
        ANNALS OF ALLERGY ASTHMA & IMMUNOLOGY, 2016年05月, 査読有り
      • Issues in healthcare services in Malaysia as experienced by Japanese retirees
        Ayako Kohno; Ghazali Musa; Nik Daliana Nik Farid; Norlaili Abdul Aziz; Takeo Nakayama; Maznah Dahlui
        BMC HEALTH SERVICES RESEARCH, 2016年05月, 査読有り
      • Evaluating the Quality of Website Information of Private-Practice Clinics Offering Cell Therapies in Japan.
        Kashihara H; Nakayama T; Hatta T; Takahashi N; Fujita M
        Interactive journal of medical research, 2016年05月, 査読有り
      • 糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満症の日米欧ガイドラインにおける食事推奨内容の比較
        真能 芙美香; 池田 香織; 城尾 恵里奈; 小栗 靖生; 村田 由貴; 鬼頭 久美子; 鈴木 望; 太田 はるか; 中山 健夫; 稲垣 暢也
        日本病態栄養学会誌, 2016年04月
      • シタグリプチンおよびグリメピリドの52週間単剤治療後のinsulinogenic indexの比較検討
        近藤 八重子; 原田 範雄; 浜崎 暁洋; 中山 健夫; 稲垣 暢也
        糖尿病, 2016年04月
      • Effects of Lumbar Stiffness After Lumbar Fusion Surgery on Activities of Daily Living
        Hiroaki Kimura; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Shuichi Matsuda
        SPINE, 2016年04月, 査読有り
      • Relationship Among Chlamydia and Mycoplasma Pneumoniae Seropositivity, IKZF1 Genotype and Chronic Obstructive Pulmonary Disease in A General Japanese Population The Nagahama Study
        Shigeo Muro; Yasuharu Tabara; Hisako Matsumoto; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Meiko Takahashi; Isao Ito; Yutaka Ito; Kimihiko Murase; Chikashi Terao; Shinji Kosugi; Ryo Yamada; Akihiro Sekine; Takeo Nakayama; Kazuo Chin; Michiaki Mishima; Fumihiko Matsuda
        MEDICINE, 2016年04月, 査読有り
      • Hospitalization risk factors for children's lower respiratory tract infection: A population-based, cross-sectional study in Mongolia
        Amarjargal Dagvadorj; Erika Ota; Sadequa Shahrook; Purevdorj Baljinnyam Olkhanud; Kenji Takehara; Naoko Hikita; Bayasgalantai Bavuusuren; Rintaro Mori; Takeo Nakayama
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年04月, 査読有り
      • Transcranial direct current stimulation over the primary and secondary somatosensory cortices transiently improves tactile spatial discrimination in stroke patients
        Shuhei Fujimoto; Noriko Kon; Yohei Otaka; Tomofumi Yamaguchi; Takeo Nakayama; Kunitsugu Kondo; Patrick Ragert; Satoshi Tanaka
        Frontiers in Neuroscience, 2016年03月31日, 査読有り
      • 口呼吸とアレルギー性鼻炎、喘息との関係 ながはま0次予防コホート事業より
        出原 裕美; 松本 久子; 長崎 忠雄; 金光 禎寛; 伊藤 功朗; 小熊 毅; 室 繁郎; 別所 和久; 田原 康玄; 松田 文彦; 中山 健夫; 新実 彰男; 陳 和夫; 三嶋 理晃
        日本呼吸器学会誌, 2016年03月, 査読有り
      • Transcranial Direct Current Stimulation Over the Primary and Secondary Somatosensory Cortices Transiently Improves Tactile Spatial Discrimination in Stroke Patients
        Shuhei Fujimoto; Noriko Kon; Yohei Otaka; Tomofumi Yamaguchi; Takeo Nakayama; Kunitsugu Kondo; Patrick Ragert; Satoshi Tanaka
        FRONTIERS IN NEUROSCIENCE, 2016年03月, 査読有り
      • Social network analysis of duplicative prescriptions: One-month analysis of medical facilities in Japan
        Yoshimitsu Takahashi; Tatsuro Ishizaki; Takeo Nakayama; Ichiro Kawachi
        HEALTH POLICY, 2016年03月, 査読有り
      • Evidence of surgical outcomes fluctuates over time: results from a cumulative meta-analysis of laparoscopic versus open appendectomy for acute appendicitis
        Tomohiko Ukai; Satoru Shikata; Hiromu Takeda; Lauren Dawes; Yoshinori Noguchi; Takeo Nakayama; Yousuke C. Takemura
        BMC GASTROENTEROLOGY, 2016年03月, 査読有り
      • Experiences and attitudes of residents regarding a community-based genome cohort study in Japan: a population-based, cross-sectional study
        Keiko Miyamoto; Miho Iwakuma; Takeo Nakayama
        BMC MEDICAL GENOMICS, 2016年03月, 査読有り
      • Effectiveness of Home Visits in Pregnancy as a Public Health Measure to Improve Birth Outcomes (vol 10, e0137307, 2015)
        Kayoko Ichikawa; Takeo Fujiwara; Takeo Nakayama
        PLOS ONE, 2016年03月, 査読有り
      • Calibration between the estimated probability of the risk assessment chart of Japan atherosclerosis society and actual mortality using external population
        Nakai Michikazu; Miyamoto Yoshihiro; Higashiyama Aya; Murakami Yoshitaka; Nishimura Kunihiro; Yatsuya Hiroshi; Saitoh Shigeyuki; Sakata Kiyomi; Iso Hiroyasu; Miura Katsuyuki; Ueshima Hirotsugu; Okamura Tomonori; The EPOCH-JAPAN Research Group; EPOCH-JAPAN Research Group; Ueshima Hirotsugu; Okamura Tomonori; Ueshima Hirotsugu; Imai Yutaka; Ohkubo Takayoshi; Irie Fujiko; Iso Hiroyasu; Kitamura Akihiko; Kiyohara Yutaka; Miura Katsuyuki; Murakami Yoshitaka; Nakagawa Hideaki; Nakayama Takeo; Okayama Akira; Sairenchi Toshimi; Saitoh Shigeyuki; Sakata Kiyomi; Tamakoshi Akiko; Tsuji Ichiro; Yamada Michiko; Kiyama Masahiko; Miyamoto Yoshihiro; Ishikawa Shizukiyo; Yatsuya Hiroshi; Okamura Tomonori
        Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2016年02月01日, 査読有り
      • 診療データベースを用いた日本人2型糖尿病患者に対する経口血糖降下薬処方動向の調査
        近藤 八重子; 原田 範雄; 長嶋 一昭; 中山 健夫; 稲垣 暢也
        日本内科学会雑誌, 2016年02月
      • Development and validation of the Japanese version of Primary Care Assessment Tool
        Takuya Aoki; Machiko Inoue; Takeo Nakayama
        FAMILY PRACTICE, 2016年02月, 査読有り
      • Guiding principles of sublingual immunotherapy for allergic rhinitis in Japanese patients
        Keisuke Masuyama; Minoru Goto; Sachio Takeno; Nobuo Ohta; Mitsuhiro Okano; Atsushi Kamijo; Motohiko Suzuki; Tetsuya Terada; Daiju Sakurai; Shigetoshi Horiguchi; Kohei Honda; Shoji Matsune; Takechiyo Yamada; Masafumi Sakashita; Atsushi Yuta; Takashi Fuchiwaki; Ikuyo Miyanohara; Takeo Nakayama; Yoshitaka Okamoto; Shigeharu Fujieda
        AURIS NASUS LARYNX, 2016年02月, 査読有り
      • Sitagliptin monotherapy has better effect on insulinogenic index than glimepiride monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: a 52-week, multicenter, parallel-group randomized controlled trial
        Yaeko Kondo; Norio Harada; Akihiro Hamasaki; Shizuka Kaneko; Koichiro Yasuda; Eiichi Ogawa; Shin-ichi Harashima; Hiroko Yoneda; Yoshihito Fujita; Norikazu Kitano; Yoshio Nakamura; Fujio Matsuo; Megumi Shinji; Shiro Hinotsu; Takeo Nakayama; Nobuya Inagaki
        DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME, 2016年02月, 査読有り
      • Gaps between the subjective needs of older facility residents and how care workers understand them: A pairwise cross-sectional study Health Services Research
        Tomoko Ohura; Takahiro Higashi; Tatsuro Ishizaki; Takeo Nakayama
        BMC Research Notes, 2016年01月28日, 査読有り
      • The essence of the Japan Radiological Society/Japanese College of Radiology Imaging Guideline
        Yasuyuki Yamashita; Sadayuki Murayama; Masahiro Okada; Yoshiyuki Watanabe; Masako Kataoka; Yasushi Kaji; Keiko Imamura; Yasuo Takehara; Hiromitsu Hayashi; Kazuko Ohno; Kazuo Awai; Toshinori Hirai; Kazuyuki Kojima; Shuji Sakai; Naofumi Matsunaga; Takamichi Murakami; Kengo Yoshimitsu; Toshifumi Gabata; Kenji Matsuzaki; Eriko Tohno; Yasuhiro Kawahara; Takeo Nakayama; Shuichi Monzawa; Satoru Takahashi
        JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 2016年01月, 査読有り
      • Synergistic association of elevated serum free fatty acid and glucose levels with large arterial stiffness in a general population: The Nagahama Study
        Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Norimoto Gotoh; Chikashi Terao; Ryo Yamada; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL, 2016年01月, 査読有り
      • Serum uric acid and mortality form cardiovascular disease
        Zhang Wen; Iso Hiroyasu; Murakami Yoshitaka; Miura Katsuyuki; Nagai Masato; Sugiyama Daisuke; Ueshima Hirotsugu; Okamura Tomonori; Ueshima Hirotsugu; Imai Yutaka; Ohkubo Takayoshi; Irie Fujiko; Kitamura Akihiko; Kiyohara Yutaka; Nakagawa Hideaki; Nakayama Takeo; Okayama Akira; Sairenchi Toshimi; Saitoh Shigeyuki; Sakata Kiyomi; Tamakoshi Akiko; Tsuji Ichiro; Yamada Michiko; Kiyama Masahiko; Miyamoto Yoshihiro; Ishikawa Shizukiyo; Yatsuya Hiroshi
        Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2016年
      • Serum γ-glutamyltransferase and mortality due to cardiovascular disease in Japanese men and women
        Li Yuanying; Iso Hiroyasu; Cui Renzhe; Murakami Yoshitaka; Yatsuya Hiroshi; Miura Katsuyuki; Nagasawa Shin Ya; Ueshima Hirotsugu; Okamura Tomonori; Imai Yutaka; Ohkubo Takayoshi; Irie Fujiko; Kitamura Akihiko; Kiyohara Yutaka; Nakagawa Hideaki; Nakayama Takeo; Okayama Akira; Sairenchi Toshimi; Saitoh Shigeyuki; Sakata Kiyomi; Tamakoshi Akiko; Tsuji Ichiro; Yamada Michiko; Kiyama Masahiko; Miyamoto Yoshihiro; Ishikawa Shizukiyo
        Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2016年
      • 理学療法士における診療ガイドラインへの意識・態度の状況および関連する要因の検討
        藤本 修平; 今 法子; 高杉 潤; 中山 健夫
        理学療法学Supplement, 2016年
      • Effects of Lifestyle Intervention Performed by Community Pharmacists on Glycemic Control in Patients with Type 2 Diabetes: The Community Pharmacists Assist (Compass) Project, a Pragmatic Cluster Randomized Trial
        Okada H; Onda M; Shoji M; Kotani K; Nakayama T; Nakagawa Y; Sakane N
        Pharmacology & Pharmacy, 2016年, 査読有り
      • The process of collecting and evaluating evidences for the development of Guidelines for the management of rheumatoid arthritis, Japan College of Rheumatology 2014: Utilization of GRADE approach
        Masayo Kojima; Takeo Nakayama; Yutaka Kawahito; Yuko Kaneko; Mitsumasa Kishimoto; Shintaro Hirata; Yohei Seto; Hirahito Endo; Hiromu Ito; Toshihisa Kojima; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Kiichiro Tsutani; Ataru Igarashi; Naoyuki Kamatani; Mieko Hasegawa; Nobuyuki Miyasaka; Hisashi Yamanaka
        MODERN RHEUMATOLOGY, 2016年, 査読有り
      • Factors affecting Japanese retirees' healthcare service utilisation in Malaysia: a qualitative study
        Ayako Kohno; Nik Daliana Nik Farid; Ghazali Musa; Norlaili Abdul Aziz; Takeo Nakayama; Maznah Dahlui
        BMJ OPEN, 2016年, 査読有り
      • Use of the ICU Nurse-Physician Questionnaire (ICU N-P-Q): testing reliability and validity in neonatal intensive care units in Japan
        Hatoko Sasaki; Naohiro Yonemoto; Rintaro Mori; Toshihiko Nishida; Satoshi Kusuda; Takeo Nakayama
        BMJ OPEN, 2016年, 査読有り
      • Descriptive epidemiology of spot urine sodium-to-potassium ratio clarified close relationship with blood pressure level: the Nagahama study
        Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Kyoko Kumagai; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Meiko Takahashi; Yuki Muraoka; Akitaka Tsujikawa; Norimoto Gotoh; Chikashi Terao; Ryo Yamada; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Nagahisa Yoshimura; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        JOURNAL OF HYPERTENSION, 2015年12月, 査読有り
      • Differences in understanding and subjective effects of home-visit rehabilitation between user families and rehabilitation providers
        Tomoko Ohura; Tsutomu Tsuyama; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 2015年12月, 査読有り
      • Social capital and health: implication for health promotion by lay citizens in Japan
        Keiko Miyamoto; Miho Iwakuma; Takeo Nakayama
        GLOBAL HEALTH PROMOTION, 2015年12月, 査読有り
      • Risk of rupture of unruptured cerebral aneurysms in elderly patients
        Tomohito Hishikawa; Isao Date; Koji Tokunaga; Shinjiro Tominari; Kazuhiko Nozaki; Yoshiaki Shiokawa; Kiyohiro Houkin; Yuichi Murayama; Toshihiro Ishibashi; Hiroyuki Takao; Toshikazu Kimura; Takeo Nakayama; Akio Morita
        NEUROLOGY, 2015年11月, 査読有り
      • Residents' awareness and attitudes about an ongoing community-based genome cohort study in Nagahama, Japan
        Keiko Miyamoto; Miho Iwakuma; Takeo Nakayama
        PUBLIC UNDERSTANDING OF SCIENCE, 2015年11月, 査読有り
      • Knee Pain and Low Back Pain Additively Disturb Sleep in the General Population: A Cross-Sectional Analysis of the Nagahama Study
        Kimihiko Murase; Yasuharu Tabara; Hiromu Ito; Masahiko Kobayashi; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Shigeo Muro; Hiroshi Kadotani; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Ryo Yamada; Takeo Nakayama; Michiaki Mishima; Shuichi Matsuda; Fumihiko Matsuda; Kazuo Chin
        PLOS ONE, 2015年10月, 査読有り
      • Effectiveness of Home Visits in Pregnancy as a Public Health Measure to Improve Birth Outcomes
        Kayoko Ichikawa; Takeo Fujiwara; Takeo Nakayama
        PLOS ONE, 2015年09月, 査読有り
      • Patterns in the collaboration of practitioners and researchers in the use of electrical stimulation to treat stroke patients: a literature review
        Shuhei Fujimoto; Noriko Kon; Naoki Takashi; Yohei Otaka; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 2015年09月, 査読有り
      • Predicting failure to follow-up screened high blood pressure in Japan: a cohort study
        Akira Kuriyama; Yoshimitsu Takahashi; Yuka Tsujimura; Kikuko Miyazaki; Toshihiko Satoh; Shunya Ikeda; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF PUBLIC HEALTH, 2015年09月, 査読有り
      • Three missense variants of metabolic syndrome-related genes are associated with alpha-1 antitrypsin levels
        Kazuya Setoh; Chikashi Terao; Shigeo Muro; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Meiko Takahashi; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Ryo Yamada; Michiaki Mishima; Fumihiko Matsuda
        NATURE COMMUNICATIONS, 2015年07月, 査読有り
      • Prediction model for 3-year rupture risk of unruptured cerebral aneurysms in Japanese patients
        Shinjiro Tominari; Unruptured Cerebral Aneurysm Study Japan Investigators; Akio Morita; Toshihiro Ishibashi; Tomosato Yamazaki; Hiroyuki Takao; Yuichi Murayama; Makoto Sonobe; Masahiro Yonekura; Nobuhito Saito; Yoshiaki Shiokawa; Isao Date; Teiji Tominaga; Kazuhiko Nozaki; Kiyohiro Houkin; Susumu Miyamoto; Takaaki Kirino; Kazuo Hashi; Takeo Nakayama
        Annals of Neurology, 2015年06月01日, 査読有り
      • Prediction model for 3-year rupture risk of unruptured cerebral aneurysms in Japanese patients
        Shinjiro Tominari; Akio Morita; Toshihiro Ishibashi; Tomosato Yamazaki; Hiroyuki Takao; Yuichi Murayama; Makoto Sonobe; Masahiro Yonekura; Nobuhito Saito; Yoshiaki Shiokawa; Isao Date; Teiji Tominaga; Kazuhiko Nozaki; Kiyohiro Houkin; Susumu Miyamoto; Takaaki Kirino; Kazuo Hashi; Takeo Nakayama
        ANNALS OF NEUROLOGY, 2015年06月, 査読有り
      • Differences between home-visit rehabilitation users and providers in their understanding of the content and subjective effects of rehabilitation practices
        Tomoko Ohura; Tsutomu Tsuyama; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 2015年06月, 査読有り
      • Relationship between health literacy, health information access, health behavior, and health status in Japanese people
        Machi Suka; Takeshi Odajima; Masako Okamoto; Masahiko Sumitani; Ataru Igarashi; Hirono Ishikawa; Makiko Kusama; Michiko Yamamoto; Takeo Nakayama; Hiroki Sugimori
        PATIENT EDUCATION AND COUNSELING, 2015年05月, 査読有り
      • Significant association of periodontal disease with anti-citrullinated peptide antibody in a Japanese healthy population - The Nagahama study
        Chikashi Terao; Keita Asai; Motomu Hashimoto; Toru Yamazaki; Koichiro Ohmura; Akihiko Yamaguchi; Katsu Takahashi; Noriko Takei; Takanori Ishii; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Meiko Takahashi; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Takao Fujii; Ryo Yamada; Tsuneyo Mimori; Fumihiko Matsuda; Kazuhisa Bessho
        JOURNAL OF AUTOIMMUNITY, 2015年05月, 査読有り
      • Significant association of periodontal disease with anti-citrullinated peptide antibody in a Japanese healthy population - The Nagahama study
        Chikashi Terao; Keita Asai; Motomu Hashimoto; Toru Yamazaki; Koichiro Ohmura; Akihiko Yamaguchi; Katsu Takahashi; Noriko Takei; Takanori Ishii; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Meiko Takahashi; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Takao Fujii; Ryo Yamada; Tsuneyo Mimori; Fumihiko Matsuda; Kazuhisa Bessho
        JOURNAL OF AUTOIMMUNITY, 2015年05月, 査読有り
      • Relationship between health literacy, health information access, health behavior, and health status in Japanese people
        Machi Suka; Takeshi Odajima; Masako Okamoto; Masahiko Sumitani; Ataru Igarashi; Hirono Ishikawa; Makiko Kusama; Michiko Yamamoto; Takeo Nakayama; Hiroki Sugimori
        PATIENT EDUCATION AND COUNSELING, 2015年05月, 査読有り
      • 地域在住高齢者における単純課題および二重課題条件下での歩行速度および歩行周期変動と生活空間との関連
        井上 和郁子; 池添 冬芽; 佐藤 郁弥; Malinowska Katarzyna; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 坪山 直生; 市橋 則明
        理学療法学, 2015年04月, 査読有り
      • 高齢女性における立位脊柱アライメントと動作能力の関連 年代別での検討
        佐藤 郁弥; 池添 冬芽; 正木 光裕; 田中 真砂世; 井上 和郁子; Malinowska Katarzyna; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 坪山 直生; 市橋 則明
        理学療法学, 2015年04月, 査読有り
      • Clinical Practice Guidelines for the diagnosis and management of acute otitis media (AOM) in children in Japan-2013 update
        Ken Kitamura; Yukiko Iino; Yosuke Kamide; Fumiyo Kudo; Takeo Nakayama; Kenji Suzuki; Hidenobu Taiji; Haruo Takahashi; Noboru Yamanaka; Yoshifumi Uno
        AURIS NASUS LARYNX, 2015年04月, 査読有り
      • Association of cerebral white matter lesions with cognitive function and mood in Japanese elderly people: A population-based study
        Mika Yamawaki; Kenji Wada-Isoe; Mikie Yamamoto; Satoko Nakashita; Yusuke Uemura; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Kenji Nakashima
        Brain and Behavior, 2015年03月01日, 査読有り
      • Association of cerebral white matter lesions with cognitive function and mood in Japanese elderly people: a population-based study
        Mika Yamawaki; Kenji Wada-Isoe; Mikie Yamamoto; Satoko Nakashita; Yusuke Uemura; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Kenji Nakashima
        BRAIN AND BEHAVIOR, 2015年03月, 査読有り
      • Central blood pressure relatesmore strongly to retinal arteriolar narrowing than brachial blood pressure: the Nagahama Study
        Kyoko Kumagai; Yasuharu Tabara; Kenji Yamashiro; Masahiro Miyake; Yumiko Akagi-Kurashige; Maho Oishi; Munemitsu Yoshikawa; Yugo Kimura; Akitaka Tsujikawa; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Chikashi Terao; Ryo Yamada; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Nagahisa Yoshimura
        JOURNAL OF HYPERTENSION, 2015年02月, 査読有り
      • Eradication of Helicobacter pylori for iron deficiency
        Kyoko Sakai; Koichi Fujita; Takashi Sozu; Takeo Nakayama; Toshi A. Furukawa
        Cochrane Database of Systematic Reviews, 2015年01月22日, 査読有り
      • Testing the Validity and Reliability of a Newly Developed Instrument to Assess the Subjective Needs of Institutionalized Elderly
        Tomoko Ohura; Takahiro Higashi; Tatsuro Ishizaki; Takeo Nakayama
        Clinical Gerontologist, 2015年01月01日, 査読有り
      • 高齢女性における立位脊柱アライメントと動作能力の関連:―年代別での検討―
        佐藤 郁弥; 松田 文彦; 坪山 直生; 市橋 則明; 池添 冬芽; 正木 光裕; 田中 真砂世; 井上 和郁子; Malinowska Katarzyna; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫
        理学療法学Supplement, 2015年
      • 地域在住高齢者における単純課題および二重課題条件下での歩行速度および歩行周期変動と生活空間との関連
        井上 和郁子; 市橋 則明; 池添 冬芽; 佐藤 郁弥; Malinowska Katarzyna; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 坪山 直生
        理学療法学Supplement, 2015年
      • The KSS 2011 Reflects Symptoms, Physical Activities, and Radiographic Grades in a Japanese Population
        Naoya Taniguchi; Shuichi Matsuda; Takahisa Kawaguchi; Yasuharu Tabara; Tome Ikezoe; Tadao Tsuboyama; Noriaki Ichihashi; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda; Hiromu Ito
        Clinical Orthopaedics and Related Research, 2015年, 査読有り
      • Assessing doctors' competencies using multisource feedback: validating a Japanese version of the Sheffield Peer Review Assessment Tool (SPRAT)
        Hatoko Sasaki; Julian Archer; Naohiro Yonemoto; Rintaro Mori; Toshihiko Nishida; Satoshi Kusuda; Takeo Nakayama
        BMJ OPEN, 2015年, 査読有り
      • Lidocaine for preventing postoperative sore throat
        Yuu Tanaka; Takeo Nakayama; Mina Nishimori; Yuka Tsujimura; Masahiko Kawaguchi; Yuki Sato
        COCHRANE DATABASE OF SYSTEMATIC REVIEWS, 2015年, 査読有り
      • 医療等分野における番号制度導入への医師を対象にした意識調査
        高橋 由光; 田中 司朗; 川上 浩司; 中山 健夫; 瓜生原 葉子; 井上 真智子; 岡本 茂; 柏原 英則; 鬼頭 久美子; 篠原 圭子; 萬代 真理恵; 森岡 美帆
        日本公衆衛生雑誌, 2015年, 査読有り
      • Postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis using a biological agent - A systematic review and meta-analysis
        Hiromu Ito; Masayo Kojima; Keiichiro Nishida; Isao Matsushita; Toshihisa Kojima; Takeo Nakayama; Hirahito Endo; Shintaro Hirata; Yuko Kaneko; Yutaka Kawahito; Mitsumasa Kishimoto; Yohei Seto; Naoyuki Kamatani; Kiichiro Tsutani; Ataru Igarashi; Mieko Hasegawa; Nobuyuki Miyasaka; Hisashi Yamanaka
        MODERN RHEUMATOLOGY, 2015年, 査読有り
      • Association of Serum-Free Fatty Acid Level With Reduced Reflection Pressure Wave Magnitude and Central Blood Pressure The Nagahama Study
        Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Chikashi Terao; Ryo Yamada; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        HYPERTENSION, 2014年12月, 査読有り
      • Association Between Antinuclear Antibodies and the HLA Class II Locus and Heterogeneous Characteristics of Staining Patterns The Nagahama Study
        Chikashi Terao; Koichiro Ohmura; Ryo Yamada; Takahisa Kawaguchi; Masakazu Shimizu; Yasuharu Tabara; Meiko Takahashi; Kazuya Setoh; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Fumihiko Matsuda; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 2014年12月, 査読有り
      • Effects of Smoking and Shared Epitope on the Production of Anti-Citrullinated Peptide Antibody in a Japanese Adult Population
        Chikashi Terao; Koichiro Ohmura; Katsunori Ikari; Takahisa Kawaguchi; Meiko Takahashi; Kazuya Setoh; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Yasuharu Tabara; Atsuo Taniguchi; Shigeki Momohara; Hisashi Yamanaka; Ryo Yamada; Fumihiko Matsuda; Tsuneyo Mimori
        ARTHRITIS CARE & RESEARCH, 2014年12月, 査読有り
      • Diagnostic accuracy of FDG-PET cancer screening in asymptomatic individuals: use of record linkage from the Osaka Cancer Registry
        Tami Sengoku; Kaname Matsumura; Masahisa Usami; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2014年12月, 査読有り
      • Gastroesophageal Reflux Disease Symptoms and Dietary Behaviors are Significant Correlates of Short Sleep Duration in the General Population: The Nagahama Study
        Kimihiko Murase; Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Shigeo Muro; Ryo Yamada; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Hiroshi Kadotani; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Takeo Nakayama; Michiaki Mishima; Tsutomu Chiba; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        SLEEP, 2014年11月, 査読有り
      • Patients' Narratives Regarding the Presence of an Accompanying Person at Their Breast/Prostate Cancer Notification
        Masako Torishima; Michiko Urao; Takeo Nakayama
        Annals of Oncology, 2014年10月
      • Predictors of hyperglycaemic individuals who do not follow up with physicians after screening in Japan: A cohort study
        Yuka Tsujimura; Yoshimitsu Takahashi; Tatsuro Ishizaki; Akira Kuriyama; Kikuko Miyazaki; Toshihiko Satoh; Shunya Ikeda; Shinya Kimura; Takeo Nakayama
        DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE, 2014年08月, 査読有り
      • Birth environment facilitation by midwives assisting in non-hospital births: A qualitative interview study
        Toshiko Igarashi; Mariko Wakita; Kikuko Miyazaki; Takeo Nakayama
        MIDWIFERY, 2014年07月, 査読有り
      • Reading comprehension of health checkup reports and health literacy in Japanese people.
        Machi Suka; Takeshi Odajima; Masako Okamoto; Masahiko Sumitani; Takeo Nakayama; Hiroki Sugimori
        Environmental health and preventive medicine, 2014年07月, 査読有り
      • Prescribing Pattern of Anti-Parkinson Drugs in Japan: A Trend Analysis from 2005 to 2010
        Sachiko Nakaoka; Tatsuro Ishizaki; Hisashi Urushihara; Toshihiko Satoh; Shunya Ikeda; Mitsutoshi Yamamoto; Takeo Nakayama
        PLOS ONE, 2014年06月, 査読有り
      • 医療情報のデータベース等を用いた医薬品の安全性評価における薬剤疫学研究の実施に関するガイドライン(1)
        赤沢 学; 岡田 美保子; 久保田 潔; 小出 大介; 杉森 裕樹; 中山 健夫; 林 邦彦; 山口 拓洋; 独立行政法人医薬品医療機器総合機構; 薬剤疫学研究の実施に関するガイドライン作成検討会
        薬事新報, 2014年05月
      • The increase in prescriptions of bisphosphonates and the incidence proportion of osteonecrosis of the jaw after risk communication activities in Japan: a hospital - based cohort study
        Eriko Sumi; Toru Yamazaki; Shiro Tanaka; Keiichi Yamamoto; Takeo Nakayama; Kazuhisa Bessho; Masayuki Yokode
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2014年04月, 査読有り
      • Care Goal Setting and Associated Factors: Semistructured Interviews with Multidisciplinary Care Providers in Facilities for Elderly People
        Tomoko Ohura; Akemi Takada; Takeo Nakayama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF GERONTOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • Guiding principles of subcutaneous immunotherapy for allergic rhinitis in Japan
        Okamoto Yoshitaka; Ohta Nobuo; Okano Mitsuhiro; Kamijo Atsushi; Gotoh Minoru; Suzuki Motohiko; Takeno Sachio; Terada Tetsuya; Hanazawa Toyoyuki; Horiguchi Shigetoshi; Honda Kohei; Matsune Shoji; Yamada Takechiyo; Yuta Atsushi; Nakayama Takeo; Fujieda Shigeharu
        AURIS NASUS LARYNX, 2014年02月, 査読有り
      • Development of the PHASES score for prediction of risk of rupture of intracranial aneurysms: a pooled analysis of six prospective cohort studies.
        Greving Jacoba P; Wermer Marieke J H; Brown Robert D; Morita Akio; Juvela Seppo; Yonekura Masahiro; Ishibashi Toshihiro; Torner James C; Nakayama Takeo; Rinkel Gabriël J E; Algra Ale
        The Lancet. Neurology, 2014年01月
      • Airflow limitation in smokers is associated with arterial stiffness: The Nagahama Study
        Yasuharu Tabara; Shigeo Muro; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Chikashi Terao; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Ryo Yamada; Takeo Nakayama; Michiaki Mishima; Fumihiko Matsuda
        ATHEROSCLEROSIS, 2014年01月, 査読有り
      • Indoor particle counts during Asian dust events under everyday conditions at an apartment in Japan
        Kumiko T. Kanatani; Motonori Okumura; Susumu Tohno; Yuichi Adachi; Keiko Sato; Takeo Nakayama
        ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE, 2014年01月, 査読有り
      • Development of the PHASES score for prediction of risk of rupture of intracranial aneurysms: a pooled analysis of six prospective cohort studies
        Jacoba P. Greving; Marieke J. H. Wermer; Robert D. Brown; Akio Morita; Seppo Juvela; Masahiro Yonekura; Toshihiro Ishibashi; James C. Torner; Takeo Nakayama; Gabriel J. E. Rinke; Ale Algra
        LANCET NEUROLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • 人間ドックにおける基本検査項目等のデルファイ法による社会経済的研究
        学術委員会 基準検査検討小委員会; 田倉 智之; 杉森 裕樹; 佐藤 敏彦; 中山 健夫; 高谷 典秀; 渡辺 清明; 山門 實
        人間ドック (Ningen Dock), 2014年
      • Pharmaceutical company perspectives on current safety risk communications in Japan.
        Hisashi Urushihara; Gen Kobashi; Hideaki Masuda; Setsuko Taneichi; Michiko Yamamoto; Takeo Nakayama; Koji Kawakami; Tsutomu Matsuda; Kaori Ohta; Hiroki Sugimori
        SpringerPlus, 2014年, 査読有り
      • One-year period prevalence of oral aphthous ulcers and oral health-related quality of life in patients with Behcet's disease.
        Naito M; Suzukamo Y; Wakai K; Azechi M; Kaneko F; Nakayama T; Hamajima N; Fukuhara S
        Genet Res Int, 2014年
      • Cardiovascular risk with and without antihypertensive drug treatment in the japanese general population: Participant-level meta-analysis
        Kei Asayama; Michihiro Satoh; Yoshitaka Murakami; Takayoshi Ohkubo; Sin-Ya Nagasawa; Ichiro Tsuji; Takeo Nakayama; Akira Okayama; Katsuyuki Miura; Yutaka Imai; Hirotsugu Ueshima; Tomonori Okamura
        Hypertension, 2014年, 査読有り
      • Assessment of the validity and internal consistency of a performance evaluation tool based on the japanese version of the modified barthel index for elderly people living at home
        Tomoko Ohura; Takahiro Higashi; Tatsuro Ishizaki; Takeo Nakayama
        Journal of Physical Therapy Science, 2014年, 査読有り
      • Development of Structured Clinical Process Model of Dementia
        Satoko Tsuru; Maiko Mizuki; Fumiko Wako; Miho Omori; Takeo Nakayama
        Studies in Health Technology and Informatics, 2014年, 査読有り
      • Birth cohort study on the effects of desert dust exposure on children's health: protocol of an adjunct study of the Japan Environment & Children's Study
        Kumiko T. Kanatani; Yuichi Adachi; Nobuo Sugimoto; Hisashi Noma; Kazunari Onishi; Kei Hamazaki; Yoshimitsu Takahashi; Isao Ito; Miho Egawa; Keiko Sato; Tohshin Go; Youichi Kurozawa; Hidekuni Inadera; Ikuo Konishi; Takeo Nakayama
        BMJ OPEN, 2014年, 査読有り
      • Risk Factors and Indices of Osteomyelitis of the Jaw in Osteoporosis Patients: Results from a Hospital-Based Cohort Study in Japan
        Toru Yamazaki; Masashi Yamori; Shiro Tanaka; Keiichi Yamamoto; Eriko Sumi; Megumi Nishimoto-Sano; Keita Asai; Katsu Takahashi; Takeo Nakayama; Kazuhisa Bessho
        PLOS ONE, 2013年11月, 査読有り
      • TEACCH-based group social skills training for children with high-functioning autism: A pilot randomized controlled trial
        Kayoko Ichikawa; Yoshimitsu Takahashi; Masahiko Ando; Tokie Anme; Tatsuro Ishizaki; Hinako Yamaguchi; Takeo Nakayama
        BioPsychoSocial Medicine, 2013年10月01日, 査読有り
      • Increased aortic wave reflection and smaller pulse pressure amplification in smokers and passive smokers confirmed by urinary cotinine levels: The Nagahama Study
        Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Kazuya Setoh; Shigeo Muro; Takahisa Kawaguchi; Chikashi Terao; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Ryo Yamada; Michiaki Mishima; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 2013年10月, 査読有り
      • The 14-item health literacy scale for Japanese adults (HLS-14)
        Machi Suka; Takeshi Odajima; Masayuki Kasai; Ataru Igarashi; Hirono Ishikawa; Makiko Kusama; Takeo Nakayama; Masahiko Sumitani; Hiroki Sugimori
        ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE, 2013年09月, 査読有り
      • Prevalence of postmicturition urinary incontinence in Japanese men: Comparison with other types of incontinence
        Koji Yoshimura; Takeo Nakayama; Akihiro Sekine; Fumihiko Matsuda; Shinji Kosugi; Yoshio Sugino; Kenichi Yoshimura; Osamu Ogawa
        INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 2013年09月, 査読有り
      • Relationship Between Long Working Hours and Depression A 3-Year Longitudinal Study of Clerical Workers
        Takashi Amagasa; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 2013年08月, 査読有り
      • Association of Longer QT Interval With Arterial Waveform and Lower Pulse Pressure Amplification: The Nagahama Study
        Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takahashi; Katsuhiko Kohara; Kazuya Setoh; Takahisa Kawaguchi; Chikashi Terao; Michiya Igase; Ryo Yamada; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Tetsuro Miki; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION, 2013年08月, 査読有り
      • Implementation of Mental Health Service Has an Impact on Retention in HIV Care: A Nested Case-Control Study in a Japanese HIV Care Facility
        Shinjiro Tominari; Takahiro Nakakura; Toshihiko Yasuo; Kyoko Yamanaka; Yoshimitsu Takahashi; Takuma Shirasaka; Takeo Nakayama
        PLOS ONE, 2013年07月, 査読有り
      • 患者の語り(ナラティブ)から何を学ぶか 健康と病いの語りデータベース(DIPEx-Japan)の教育的活用
        森田 夏実; 新幡 智子; 射場 典子; 小平 朋江; 後藤 惠子; 佐藤 正美; 佐藤 幹代; 澤田 明子; 中山 健夫; 別府 宏國
        日本看護学教育学会誌, 2013年07月
      • Mastication and Risk for Diabetes in a Japanese Population: A Cross-Sectional Study
        Toru Yamazaki; Masashi Yamori; Keita Asai; Ikuko Nakano-Araki; Akihiko Yamaguchi; Katsu Takahashi; Akihiro Sekine; Fumihiko Matsuda; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Nobuya Inagaki; Kazuhisa Bessho
        PLOS ONE, 2013年06月, 査読有り
      • Revision of the training curriculum of Japan Society of Gastroenterology: Gastroenterologist's role and professionalism
        Yasumasa Niwa; Ryukichi Kumashiro; Toshiro Sugiyama; Ichinosuke Hyodo; Junichirou Nasu; Bunzo Matsuura; Koji Yamaguchi; Takeo Nakayama; Toshio Morizane; Masayoshi Kage; Masumi Kadoya
        Journal of Japanese Society of Gastroenterology, 2013年05月, 査読有り
      • Academic Impact of Qualitative Studies in Healthcare: Bibliometric Analysis
        Hiroko Mori; Takeo Nakayama
        PLoS ONE, 2013年03月13日, 査読有り
      • 医薬品情報に関するアンケート調査 インターネット上の医薬品情報の利用者のヘルスリテラシーについて
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 折井 孝男; 土居 由有子; 中山 健夫; 山本 美智子; 杉森 裕樹
        日本医事新報, 2013年03月
      • Evaluation of Newspaper Articles for Coverage of Public Reporting Data: A Case Study of Unadjusted Cancer Survival Data
        Takahiro Higashi; Fumiaki Nakamura; Nobuhiro Saruki; Misa Takegami; Takayo Hosokawa; Shunichi Fukuhara; Takeo Nakayama; Tomotaka Sobue
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Predictors, including blood, urine, anthropometry, and nutritional indices, of all-cause mortality among institutionalized individuals with intellectual disability
        Hiroko Ohwada; Takeo Nakayama; Yuji Tomono; Keiko Yamanaka
        RESEARCH IN DEVELOPMENTAL DISABILITIES, 2013年01月, 査読有り
      • Translation and linguistic validation of the allergy-Control-SCORE™ for use in Japan
        Kumiko Tsuji Kanatani; Brian Taylor Slingsby; Kumiko Mukaida; Hanako Kitano; Yuichi Adachi; Dietrich Haefner; Takeo Nakayama
        Allergology International, 2013年, 査読有り
      • Diabetes prevention information in Japanese magazines with the largest print runs Content analysis using clinical guidelines as a standard
        (UETA) NODA Emi; MIFUNE Taka; NAKAYAMA Takeo
        日本公衆衛生雑誌, 2013年
      • ユーザーテストに基づく望ましい健診結果票のあり方
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 杉森 裕樹; 中山 健夫
        総合健診, 2013年
      • Practice patterns for lower respiratory tract infections in hospital patients with particular focus on bacteriological examinations and injection antibiotics use
        Mikio Wada; Takeo Nakayama; Tatsuro Ishizaki; Toshihiko Satoh; Shunya Ikeda
        International Journal of General Medicine, 2013年, 査読有り
      • Inadequate Communication Between Patients With Unruptured Cerebral Aneurysms and Neurosurgeons
        Makoto Saito; Yoshimitsu Takahashi; Yayoi Yoshimura; Ayako Shima; Akio Morita; Kiyohiro Houkin; Takeo Nakayama; Kazuhiko Nozaki
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2012年12月, 査読有り
      • B-type natriuretic peptide as an independent correlate of nocturnal voiding in Japanese women
        Koji Yoshimura; Takeo Nakayama; Akihiro Sekine; Fumihiko Matsuda; Shinji Kosugi; Ryo Yamada; Yosuke Shimizu; Akihiro Kanematsu; Kenichi Yoshimura; Osamu Ogawa
        NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 2012年11月, 査読有り
      • Increased incidence of osteonecrosis of the jaw after tooth extraction in patients treated with bisphosphonates: a cohort study
        T. Yamazaki; M. Yamori; T. Ishizaki; K. Asai; K. Goto; K. Takahashi; T. Nakayama; K. Bessho
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 2012年11月, 査読有り
      • Risk of osteomyelitis of the jaw induced by oral bisphosphonates in patients taking medications for osteoporosis: A hospital-based cohort study in Japan
        Toru Yamazaki; Masashi Yamori; Keiichi Yamamoto; Kazuyuki Saito; Keita Asai; Eriko Sumi; Kazuhisa Goto; Katsu Takahashi; Takeo Nakayama; Kazuhisa Bessho
        BONE, 2012年11月, 査読有り
      • Does the Formation of Vertebral Endplate Cysts Predict Nonunion After Lumbar Interbody Fusion?
        Shunsuke Fujibayashi; Mitsuru Takemoto; Masanori Izeki; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Masashi Neo
        SPINE, 2012年09月, 査読有り
      • Relationship Between Long Working Hours and Depression in Two Working Populations A Structural Equation Model Approach
        Takashi Amagasa; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 2012年07月, 査読有り
      • Predictive validity of weekly monitoring of wound status using DESIGN-R score change for pressure ulcer healing: A multicenter prospective cohort study
        Shinji Iizaka; Hiromi Sanada; Yuko Matsui; Masutaka Furue; Takao Tachibana; Takeo Nakayama; Junko Sugama; Katsunori Furuta; Masahiro Tachi; Keiko Tokunaga; Yoshiki Miyachi
        WOUND REPAIR AND REGENERATION, 2012年07月, 査読有り
      • The natural course of unruptured cerebral aneurysms in a Japanese cohort
        Akio Morita; Takaaki Kirino; Kazuo Hashi; Noriaki Aoki; Shunichi Fukuhara; Nobuo Hashimoto; Takeo Nakayama; Michi Sakai; Akira Teramoto; Shinjiro Tominari; Takashi Yoshimoto
        New England Journal of Medicine, 2012年06月28日, 査読有り
      • 褥瘡予防・管理ガイドライン(第3版)
        坪井 良治; 田中 マキ子; 門野 岳史; 永井 弥生; 古田 勝経; 野田 康弘; 関根 祐介; 貝谷 敏子; 片岡 ひとみ; 中川 ひろみ; 岩本 拓; 栗田 昌和; 木下 幹雄; 倉繁 祐太; 仲上 豪二朗; 柿崎 祥子; 日高 正巳; 廣瀬 秀行; 杉元 雅晴; 宮嶋 正子; 野口 まどか; 大桑 麻由美; 石澤 美保子; 木下 幸子; 祖父江 正代; 室岡 陽子; 松井 優子; 大浦 智子; 紺家 千津子; 市岡 滋; 須釜 淳子; 田中 秀子; 足立 香代子; 中山 健夫; 宮地 良樹; 日本褥瘡学会学術教育委員会ガイドライン改訂委員会
        日本褥瘡学会誌, 2012年06月
      • Characteristics of caregiver perceptions of end-of-life caregiving experiences in cancer survivorship: in-depth interview study
        Hiroko Mori; Risa Fukuda; Akitoshi Hayashi; Kazunari Yamamoto; Chizuru Misago; Takeo Nakayama
        PSYCHO-ONCOLOGY, 2012年06月, 査読有り
      • Quantitative and qualitative verification of data quality in the childbirth registers of two rural district hospitals in Western Kenya
        Yoko Chiba; Monica A. Oguttu; Takeo Nakayama
        MIDWIFERY, 2012年06月, 査読有り
      • Approaching "Evidence-Practice Gap" for Pharmaceutical Risk Management: From the View of Analysis of Healthcare Claim Data
        Takeo Nakayama
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2012年05月, 査読有り
      • Opinion of Japanese rheumatology physicians on methods of assessing the quality of rheumatoid arthritis care
        Takahiro Higashi; Shunichi Fukuhara; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2012年04月, 査読有り
      • 予防医学におけるエビデンスの国際的動向
        中山 健夫
        人間ドック = Ningen dock : official journal of the Japanese Society of Human Dry Dock, 2012年03月31日
      • Verification of the psychometric properties of the Japanese version of the European Organization for Research and Treatment of Cancer Quality of Life Questionnaire Core 15 palliative (EORTCQLQ-C15-PAL)
        Kikuko Miyazaki; Yoshimi Suzukamo; Kojiro Shimozuma; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2012年03月, 査読有り
      • A Randomized Control Trail of Stepwise Treatment with Fluticasone Propionate Nasal Spray and Fexofenadine Hydrochloride Tablet for Seasonal Allergic Rhinitis
        Goro Takahashi; Zensei Matsuzaki; Atsushi Okamoto; Eiko Ito; Tomokazu Matsuoka; Takeo Nakayama; Keisuke Masuyama
        ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 2012年03月, 査読有り
      • [Series: For attending physicians; professionalism; next step of evidence-based medicine: health literacy and communication].
        T. Nakayama
        Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 2012年, 査読有り
      • The relation between self-reported body weight and health-related quality of life: a cross-sectional study in Japan
        Yoshimitsu Takahashi; Michi Sakai; Yasuharu Tokuda; Osamu Takahashi; Sachiko Ohde; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara; Tsuguya Fukui; Takuro Shimbo
        JOURNAL OF PUBLIC HEALTH, 2011年12月, 査読有り
      • Serum albumin level is a limited nutritional marker for predicting wound healing in patients with pressure ulcer: Two multicenter prospective cohort studies
        Shinji Iizaka; Hiromi Sanada; Yuko Matsui; Masutaka Furue; Takao Tachibana; Takeo Nakayama; Junko Sugama; Katsunori Furuta; Masahiro Tachi; Keiko Tokunaga; Yoshiki Miyachi
        CLINICAL NUTRITION, 2011年12月, 査読有り
      • Long-term effects of earlier initiated continuous Kangaroo Mother Care (KMC) for low-birth-weight (LBW) infants in Madagascar
        Shuko Nagai; Naohiro Yonemoto; Norotiana Rabesandratana; Diavolana Andrianarimanana; Takeo Nakayama; Rintaro Mori
        ACTA PAEDIATRICA, 2011年12月, 査読有り
      • Internet use for health-related information via personal computers and cell phones in Japan: a cross-sectional population-based survey.
        Takahashi Y; Ohura T; Ishizaki T; Okamoto S; Miki K; Naito M; Akamatsu R; Sugimori H; Yoshiike N; Miyaki K; Shimbo T; Nakayama T
        Journal of medical Internet research, 2011年12月, 査読有り
      • Breastfeeding Information in Midwifery Textbooks in Japan: Content Analysis With Evaluation Standards Based on Delphi Method
        Misato Kaso; Keiko Miyamoto; Emi Koyama; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF HUMAN LACTATION, 2011年11月, 査読有り
      • 医薬品情報に関するアンケート調査 : 医薬品情報に対する意識と情報収集の実態について
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 折井 孝男; 土居 由有子; 中山 健夫; 山本 美智子; 杉森 裕樹
        日本医療・病院管理学会誌 = Journal of the Japan Society for Healthcare administration, 2011年10月01日
      • Internet Use for Health-Related Information via Personal Computers and Cell Phones in Japan: A Cross-Sectional Population-Based Survey
        Yoshimitsu Takahashi; Tomoko Ohura; Tatsuro Ishizaki; Shigeru Okamoto; Kenji Miki; Mariko Naito; Rie Akamatsu; Hiroki Sugimori; Nobuo Yoshiike; Koichi Miyaki; Takuro Shimbo; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF MEDICAL INTERNET RESEARCH, 2011年10月, 査読有り
      • Clinical wound assessment using DESIGN-R total score can predict pressure ulcer healing: Pooled analysis from two multicenter cohort studies
        Hiromi Sanada; Shinji Iizaka; Yuko Matsui; Masutaka Furue; Takao Tachibana; Takeo Nakayama; Junko Sugama; Katsunori Furuta; Masahiro Tachi; Keiko Tokunaga; Yoshiki Miyachi
        WOUND REPAIR AND REGENERATION, 2011年09月, 査読有り
      • Clinical wound assessment using DESIGN-R total score can predict pressure ulcer healing: Pooled analysis from two multicenter cohort studies
        Hiromi Sanada; Shinji Iizaka; Yuko Matsui; Masutaka Furue; Takao Tachibana; Takeo Nakayama; Junko Sugama; Katsunori Furuta; Masahiro Tachi; Keiko Tokunaga; Yoshiki Miyachi
        WOUND REPAIR AND REGENERATION, 2011年09月, 査読有り
      • Scientific study of society and health through public health (9). "Development of health information science"
        Nakayama T
        [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health, 2011年08月, 査読有り
      • Development of the DESIGN-R with an observational study: An absolute evaluation tool for monitoring pressure ulcer wound healing
        Yuko Matsui; Masutaka Furue; Hiromi Sanada; Takao Tachibana; Takeo Nakayama; Junko Sugama; Katsunori Furuta; Masahiro Tachi; Keiko Tokunaga; Yoshiki Miyachi
        WOUND REPAIR AND REGENERATION, 2011年05月, 査読有り
      • Impact of the O-C2 Angle on the Oropharyngeal Space in Normal Patients
        Masato Ota; Masashi Neo; Tomoki Aoyama; Tatsuro Ishizaki; Shunsuke Fujibayashi; Mitsuru Takemoto; Takeo Nakayama; Takashi Nakamura
        SPINE, 2011年05月, 査読有り
      • 喘息におけるBDP-HFA(B)とFP-DPI(F)の中枢・末梢気道病変に対する有効性の比較検討
        竹田 知史; 新実 彰男; 松本 久子; 伊藤 功朗; 山口 将史; 松岡 弘典; 陣内 牧子; 大塚 浩二郎; 小熊 毅; 中治 仁志; 井上 英樹; 田尻 智子; 岩田 敏之; 三嶋 理晃; 宮木 幸一; 中山 健夫; 久保 武; 富樫 かおり
        日本呼吸器学会雑誌, 2011年03月
      • Post-discharge depressive symptoms can predict quality of life in AMI survivors: A prospective cohort study in Japan
        Michi Sakai; Takeo Nakayama; Takuro Shimbo; Kenji Ueshima; Noboru Kobayashi; Toru Izumi; Naoki Sato; Minoru Yoshiyama; Akira Yamashina; Shunichi Fukuhara
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 2011年02月, 査読有り
      • O60-7 黄砂飛来時の,窓の開け閉めによる室内粒子カウント数変化(O60 環境因子,口演,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
        金谷 久美子; 大西 一成; 中山 健夫
        アレルギー, 2011年
      • Characteristics of caregiver perceptions of end-of-life caregiving experiences in cancer survivorship: in-depth interview study.
        Mori H; Nakayama T; Misago C
        Psycho-oncology. 2011 Mar 23. doi: 10.1002/pon.1964. [Epub ahead of print], 2011年, 査読有り
      • Reliability and validity tests of an evaluation tool based on the modified Barthel Index
        Tomoko Ohura; Tatsuro Ishizaki; Takahiro Higashi; Kentaro Konishi; Rika Ishiguro; Kosuke Nakanishi; Surya Shah; Takeo Nakayama
        International Journal of Therapy and Rehabilitation, 2011年, 査読有り
      • Management and Treatment of Osteoporosis in Patients Receiving Long-term Glucocorticoid Treatment: Current Status of Adherence to Clinical Guidelines and Related Factors
        Daijun Kirigaya; Takeo Nakayama; Tatsuro Ishizaki; Shunya Ikeda; Toshihiko Satoh
        INTERNAL MEDICINE, 2011年, 査読有り
      • Echocardiography for the Detection of Valvulopathy Associated with the Use of Ergot-Derived Dopamine Agonists in Patients with Parkinson's Disease
        Sachiko Nakaoka; Tatsuro Ishizaki; Hisashi Urushihara; Toshihiko Satoh; Shunya Ikeda; Kaoru Morikawa; Takeo Nakayama
        INTERNAL MEDICINE, 2011年, 査読有り
      • Application of healthcare database to pharmacoeconomic research
        Shunya Ikeda; Hiroji Kitazato; Mitsuhiko Noda; Takeo Nakayama; Toshihiko Satoh
        Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2010年11月, 査読有り
      • Development of a Database of Health Insurance Claims: Standardization of Disease Classifications and Anonymous Record Linkage
        Shinya Kimura; Toshihiko Sato; Shunya Ikeda; Mitsuhiko Noda; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • EVIDENCE: CREATE, COMMUNICATE AND UTILIZE
        Takeo Nakayama
        JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 2010年06月, 査読有り
      • Earlier versus later continuous Kangaroo Mother Care (KMC) for stable low-birth-weight infants: a randomized controlled trial
        Shuko Nagai; Diavolana Andrianarimanana; Norotiana H. Rabesandratana; Naohiro Yonemoto; Takeo Nakayama; Rintaro Mori
        ACTA PAEDIATRICA, 2010年06月, 査読有り
      • Opinions of Japanese rheumatology physicians regarding clinical practice guidelines
        Takahiro Higashi; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara; Hisashi Yamanaka; Tsuneyo Mimori; Junnosuke Ryu; Kazuo Yonenobu; Norikazu Murata; Hiroaki Matsuno; Hajime Ishikawa; Takahiro Ochi
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2010年04月, 査読有り
      • Meta-analysis of physiological effects of skin-to-skin contact for newborns and mothers
        Rintaro Mori; Rajesh Khanna; Debbie Pledge; Takeo Nakayama
        PEDIATRICS INTERNATIONAL, 2010年04月, 査読有り
      • Association between number of comorbid conditions, depression, and sleep quality using the Pittsburgh Sleep Quality Index: Results from a population-based survey
        Yasuaki Hayashino; Shin Yamazaki; Misa Takegami; Takeo Nakayama; Shigeru Sokejima; Shunichi Fukuhara
        SLEEP MEDICINE, 2010年04月, 査読有り
      • 臨床研究から診療ガイドラインへ : 根拠に基づく医療 (EBM) の原点から
        中山 健夫
        日本耳鼻咽喉科學會會報, 2010年03月20日
      • [From clinical research to treatment guideline: from the starting point of evidence-based medicine].
        Nakayama T
        Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho, 2010年03月, 査読有り
      • The value of palliative surgery for metastatic spinal disease: satisfaction of patients and their families
        Shunsuke Fujibayashi; Masashi Neo; Koichi Miyaki; Takeo Nakayama; Takashi Nakamura
        SPINE JOURNAL, 2010年01月, 査読有り
      • Cutting-edge information for the management of acute pancreatitis
        Tadahiro Takada; Koichi Hirata; Toshihiko Mayumi; Masahiro Yoshida; Miho Sekimoto; Masahiko Hirota; Yasutoshi Kimura; Kazunori Takeda; Shuji Isaji; Keita Wada; Hodaka Amano; Toshifumi Gabata; Shinjyu Arata; Morihisa Hirota; Masamichi Yokoe; Seiki Kiriyama; Takeo Nakayama; Kuni Otomo; Masao Tanaka; Tooru Shimosegawa
        JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES, 2010年01月, 査読有り
      • Pancreatitis bundles
        Toshihiko Mayumi; Tadahiro Takada; Koichi Hirata; Masahiro Yoshida; Miho Sekimoto; Masahiko Hirota; Yasutoshi Kimura; Kazunori Takeda; Hodaka Amano; Keita Wada; Toshifumi Gabata; Shinjyu Arata; Morihisa Hirota; Masamichi Yokoe; Seiki Kiriyama; Satoru Shikata; Kunihiro Shirai; Takeo Nakayama; Kuni Ohtomo; Masao Tanaka; Tooru Shimosegawa
        JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES, 2010年01月, 査読有り
      • Computer-assisted spinal osteotomy: A technical note and report of four Cases
        S. Fujibayashi; M. Neo; M. Takemoto; M. Ota; T. Nakayama; J. Toguchida; T. Nakamura
        Spine, 2010年, 査読有り
      • Oral Health on the Quality of Life of Dental Patients: a cross-sectional survey among dental patients attending private practices in Japan.
        Naito T; Naito M; Miyaki K; Sugiyama S; Fujiki S; Habu S; Yoneda M; Suzuki N; Hirofuji T; Nakayama T
        J Fukuoka Dent Coll, 2010年
      • The Association Between Socioeconomic Status and Prevalence of Diabetes Mellitus in Rural Japan
        Yasuaki Hayashino; Shin Yamazaki; Takeo Nakayama; Shigeru Sokejima; Shunich Fukuhara
        ARCHIVES OF ENVIRONMENTAL & OCCUPATIONAL HEALTH, 2010年, 査読有り
      • 医薬品に関するリスクコミュニケーション―米国FDAリスクコミュニケーション戦略計画を中心に―
        山本 美智子; 堀木 稚子; 杉森 裕樹; 中山 健夫
        薬剤疫学, 2010年
      • 未破裂脳動脈瘤の治療選択における意思決定支援ツールの開発と評価
        横山葉子; 野崎和彦; 中山健夫; 福原俊一
        脳卒中の外科, 2010年, 査読有り
      • 臨床研究医の現状: 診療現場で臨床研究を実現するための課題-京都大学臨床研究者養成コース(MCRコース)の履修生の実態調査から見えてきたこと-.
        有村保次; 西田俊彦; 南麻弥; 横山葉子; 三品浩基; 山崎新; 石崎達郎; 川上浩司; 中山健夫; 今中雄一; 川村孝; 福原俊一
        医学教育, 2010年, 査読有り
      • 社会医学実習での疫学調査と疫学調査を行なう際の倫理に関する教育の実態—衛生学公衆衛生学教育協議会加入講座の教育担当者へのアンケート調査より—.
        鷲尾昌一; 尾島俊之; 玉腰暁子; 酒井未知; 武藤香織; 小橋元; 石川鎮清; 大神英一; 太田薫里; 佐藤恵子; 鈴木美香; 杉森裕樹; 内藤真理子; 中山健夫; 丸山英二; 山縣然太朗
        臨床と研究, 2010年
      • がん患者の語りデータベース構築の試み
        和田 恵美子; 中山 健夫; 朝倉 隆司; 射場 典子; 澤田 明子; 佐藤 りか[佐久間]
        医療情報学連合大会論文集, 2009年11月
      • Manufacturers Affect Clinical Results of THA with Zirconia Heads: A Systematic Review
        Hiroyuki Yoshitomi; Satoru Shikata; Hiromu Ito; Takeo Nakayama; Takashi Nakamura
        CLINICAL ORTHOPAEDICS AND RELATED RESEARCH, 2009年09月, 査読有り
      • Body-Mass Index and Cause-Specific Mortality In 900,000 Adults: Collaborative Analyses of 57 Prospective Studies Prospective Studies Collaboration COMMENT
        Prospective Studies Collaboration
        OBSTETRICAL & GYNECOLOGICAL SURVEY, 2009年09月, 査読有り
      • Computed radiography-based mammography with 50-microm pixel size: intra-individual comparison with film-screen mammography for diagnosis of breast cancers.
        Onishi H; Masuda N; Takechi K; Nakayama T; Tatsuta M; Mihara N; Takamura M; Inoue Y; Kuriyama K; Kotsuma Y; Furukawa H; Murakami T; Nakamura H
        Academic radiology, 2009年07月, 査読有り
      • Potential Benefits and Harms of a Peer Support Social Network Service on the Internet for People With Depressive Tendencies: Qualitative Content Analysis and Social Network Analysis
        Yoshimitsu Takahashi; Chiyoko Uchida; Koichi Miyaki; Michi Sakai; Takuro Shimbo; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF MEDICAL INTERNET RESEARCH, 2009年07月, 査読有り
      • More appropriate, practical outcome measures in clinical trials for rehabilitation: A survey of medical literature from 1996-2005.
        Ohura T; Nishiyama C; Nakayama T
        Asian J Occup Ther, 2009年06月, 査読有り
      • Association between a Polymorphism of Aminolevulinate Dehydrogenase (ALAD) Gene and Blood Lead Levels in Japanese Subjects
        Koichi Miyaki; Htay Lwin; Katsunori Masaki; Yixuan Song; Yoshimitsu Takahashi; Masaaki Muramatsu; Takeo Nakayama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH, 2009年03月, 査読有り
      • Parental Smoking and Smoking Status of Japanese Dental Hygiene Students: A Pilot Survey at a Dental Hygiene School in Japan
        Toru Naito; Koichi Miyaki; Mariko Naito; Masahiro Yoneda; Nao Suzuki; Takao Hirofuji; Takeo Nakayama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH, 2009年01月, 査読有り
      • 臨床医にとっての医薬品安全性情報::医師は副作用に関心がないのか?
        小池 竜司; 中山 健夫
        薬剤疫学, 2009年
      • 外来患者の薬物治療への参加意識と事故回避行動への認識 : 大阪府高槻市における質問紙調査
        中村(中岡) 祥子; 漆原 尚巳; 宮崎 貴久子; 中山 健夫
        医療薬学, 2009年
      • Post-discharge depressive symptoms can predict quality of life in AMI survivors: A prospective cohort study in Japan.
        Sakai M; Nakayama T; Shimbo T; Ueshima K; Kobayashi N; Izumi T; Sato N; Yoshiyama M; Yamashina A; Fukuhara S
        International Journal of Cardiology. 2009 Aug 26. [Epub ahead of print], 2009年, 査読有り
      • Guides to clinical epidemiology
        T. Nakayama
        Japanese Journal of Allergology, 2009年, 査読有り
      • Lidocaine for preventing postoperative sore throat
        Yuu Tanaka; Takeo Nakayama; Mina Nishimori; Yuki Sato; Hitoshi Furuya
        Cochrane Database of Systematic Reviews, 2009年, 査読有り
      • Lidocaine for preventing postoperative sore throat (Review)
        Y. Tanaka; T. Nakayama; M. Nishimori; Y. Sato; H. Furuya
        COCHRANE DATABASE OF SYSTEMATIC REVIEWS, 2009年, 査読有り
      • Quality of Reports on Randomized Controlled Trials Conducted in Japan: Evaluation of Adherence to the CONSORT Statement
        Kae Uetani; Takeo Nakayama; Hiroshi Ikai; Naohiro Yonemoto; David Moher
        INTERNAL MEDICINE, 2009年, 査読有り
      • Guides to clinical epidemiology
        Takeo Nakayama
        Japanese Journal of Allergology, 2009年, 査読有り
      • Characteristics of reporting diabetes mellitus research results in Japanese newspapers
        Rie Akamatsu; Mariko Naito; Takeo Nakayama
        BIOSCIENCE TRENDS, 2009年, 査読有り
      • A decision analysis of the effectiveness of the pediatric telephone triage program in Japan
        Kenji Maeda; Shigeru Okamoto; Hiroki Mishina; Takeo Nakayama
        BIOSCIENCE TRENDS, 2009年, 査読有り
      • Characteristics of qualitative studies in influential journals of general medicine: a critical review
        Hiroshi Yamazaki; Brian Taylor Slingsby; Miyako Takahashi; Yoko Hayashi; Hiroki Sugimori; Takeo Nakayama
        BIOSCIENCE TRENDS, 2009年, 査読有り
      • The Japanese guideline for prostate cancer screening
        Chisato Hamashima; Tomio Nakayama; Motoyasu Sagawa; Hiroshi Saito; Tomotaka Sobue
        Japanese Journal of Clinical Oncology, 2009年
      • The distributions and correlates of serum albumin levels in institutionalised individuals with intellectual and/or motor disabilities
        Hiroko Ohwada; Takeo Nakayama
        BRITISH JOURNAL OF NUTRITION, 2008年12月, 査読有り
      • Increasing the Number of SNP loci does not Necessarily Improve Prediction Power at Least in the Comparison of MTHFR SNP and Haplotypes
        Koichi Miyaki; Yoshimitsu Takahashi; Yixuan Song; Ling Zhang; Masaaki Muramatsu; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2008年11月, 査読有り
      • Multimedia Presentations on the Human Genome IMPLEMENTATION AND ASSESSMENT OF A TEACHING PROGRAM FOR THE INTRODUCTION TO GENOME SCIENCE USING A POSTER AND ANIMATIONS
        Kei Kano; Saiko Yahata; Kaori Muro; Masahiro Kawakami; Mari Tomoda; Koichi Miyaki; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Kazuto Kato
        BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY EDUCATION, 2008年11月, 査読有り
      • [HCV-RNA test in hepatitis C virus infection--a systematic review].
        Takedai M; Takatani A; Funato T; Ino K; Nakayama T; Nomura F; Miyachi H; Noboru T; Ueda K
        Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology, 2008年10月, 査読有り
      • 【Multiple problemsの治療戦略】Multiple problemsにどう対応するか Multiple problems 患者参加型治療戦略の考え方
        野村 英樹; 中山 健夫
        Medicina, 2008年09月
      • Is rheumatoid arthritis a risk factor for a high-riding vertebral artery?
        Masahiko Miyata; Masashi Neo; Hiromu Ito; Makoto Yoshida; Koichi Miyaki; Shunsuke Fujibayashi; Takeo Nakayama; Takashi Nakamura
        SPINE, 2008年08月, 査読有り
      • Level, distribution and correlates of platelet-derived microparticles in healthy individuals with special reference to the metabolic syndrome.
        Tetsuya Ueba; Takane Haze; Masaki Sugiyama; Mami Higuchi; Hitoshi Asayama; Yoshihiro Karitani; Tomofumi Nishikawa; Kohsuke Yamashita; Shuhei Nagami; Takeo Nakayama; Kazushi Kanatani; Shosaku Nomura
        Thrombosis and haemostasis, 2008年08月, 査読有り
      • Barriers to vaccination among Japanese medical students: Focus group interviews
        Shigeru Okamoto; Brian Taylor Slingsby; Takeo Nakayama; Kanae Nakamura; Risa Fukuda; Harumi Gomi-Yano; Hiroshi Ohno; Tadashi Matsumura
        PEDIATRICS INTERNATIONAL, 2008年06月, 査読有り
      • ガイドライン第1版と第2版の基本的異同
        四方 哲; 中山 健夫
        日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine, 2008年05月31日
      • The frequency of cardiac valvular regurgitation in Parkinson's disease
        Kazuo Yamashiro; Miki Komine-Kobayashi; Taku Hatano; Takao Urabe; Hideki Mochizuki; Nobutaka Hattori; Yoshitaka Iwama; Hiroyuki Daida; Michi Sakai; Takeo Nakayama; Yoshikuni Mizuno
        MOVEMENT DISORDERS, 2008年05月, 査読有り
      • Quality of surgical randomized controlled trials for acute cholecystitis: assessment based on CONSORT and additional check items
        Satoru Shikata; Takeo Nakayama; Hisakazu Yamagishi
        JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SURGERY, 2008年05月, 査読有り
      • The frequency of cardiac valvular regurgitation in Parkinson's disease
        Kazuo Yamashiro; Miki Komine-Kobayashi; Taku Hatano; Takao Urabe; Hideki Mochizuki; Nobutaka Hattori; Yoshitaka Iwama; Hiroyuki Daida; Michi Sakai; Takeo Nakayama; Yoshikuni Mizuno
        MOVEMENT DISORDERS, 2008年05月, 査読有り
      • Effect of a 4-year workplace-based physical activity intervention program on the blood lipid profiles of participating employees: The high-risk and population strategy for occupational health promotion (HIPOP-OHP) study
        Mariko Naito; Takeo Nakayama; Tomonori Okamura; Katsuyuki Miura; Masahiko Yanagita; Yoshiharu Fujieda; Fujihisa Kinoshita; Yoshihiko Naito; Hideaki Nakagawa; Taichiro Tanaka; Hirotsugu Ueshima
        ATHEROSCLEROSIS, 2008年04月, 査読有り
      • Cell death-inducing DNA fragmentation factor alpha-like effector A (CIDEA) gene V115F (G -> T) polymorphism is associated with phenotypes of metabolic syndrome in Japanese men
        Ling Zhang; Koichi Miyaki; Takeo Nakayama; Masaaki Muramatsu
        METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL, 2008年04月, 査読有り
      • Painless self-monitoring of blood glucose at finger sites
        T. Nakayama; H. Kudo; S. Sakamoto; A. Tanaka; Y. Mano
        EXPERIMENTAL AND CLINICAL ENDOCRINOLOGY & DIABETES, 2008年04月, 査読有り
      • The standardized development method of the Japanese guidelines for cancer screening
        Chisato Hamashima; Hiroshi Saito; Tornio Nakayama; Takeo Nakayama; Tomotaka Sobue
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • Relationship between diabetes mellitus and excessive sleepiness during driving
        Y. Hayashino; S. Yamazaki; T. Nakayama; S. Sokejima; S. Fukuhara
        EXPERIMENTAL AND CLINICAL ENDOCRINOLOGY & DIABETES, 2008年01月, 査読有り
      • A one-year follow-up study on predictors of temporary leaves and drop-outs among students at a women's junior college
        Hideko Murai; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2008年01月, 査読有り
      • 医薬品の安全性に関するリスクコミュニケーション:― FDAガイダンス2007から ―
        山本 美智子; 中岡 祥子; 中山 健夫
        薬剤疫学, 2008年
      • A Comparative Study of the Communication of Drug Safety Information by Governmental Agencies in Japan and Western Countries: The Case of Asthma Medications
        Michiko Yamamoto; Takeo Nakayama
        DRUG INFORMATION JOURNAL, 2008年, 査読有り
      • Relation of blood pressure and all-cause mortality in 180,000 Japanese participants: pooled analysis of 13 cohort studies.
        Murakami Y; Hozawa A; Okamura T; Ueshima H; Evidence for Cardiovascular; Prevention From Observational Cohorts in Japan; Research Group; EPOCH-JAPAN; Ueshima H; Murakami Y; Ueshima H; Imai Y; Iso H; Kiyohara Y; Kodama K; Nakagawa H; Nakayama T; Okamura T; Okayama A; Saitoh S; Tamakoshi A; Tsuji I; Izumi Y
        Hypertension. 2008;51(6):1483-91., 2008年, 査読有り
      • Influence of CYP1B2 Gene Polymorphism on the Prevalence of Hypertension and the Blood Pressure in Japanese Men: Interaction with Dietary Salt Intake
        Yixuan Song; Koichi Miyaki; Jungo Araki; Ling Zhang; Yoshimitsu Takahashi; Takeo Nakayama; Masaaki Muramatsu
        JOURNAL OF NUTRIGENETICS AND NUTRIGENOMICS, 2008年, 査読有り
      • Patterns of drug prescription for Japanese cedar pollinosis using a clinical vignette questionnaire
        Goro Takahashi; Zensei Matsuzaki; Takeo Nakayama; Keisuke Masuyama
        Allergology International, 2008年, 査読有り
      • Educational lecture 3. Methods of clinical research: Toward development and use of evidence
        T. Nakayama
        Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2008年, 査読有り
      • 欧米における患者と医薬品情報―患者からの副作用報告―:―患者からの副作用報告―
        山本 美智子; 中山 健夫
        薬学図書館, 2008年
      • Examination of the effectiveness of DVD decision support tools for patients with unruptured cerebral aneurysms
        Kazuhiko Nozaki; Chie Okubo; Yoko Yokoyama; Akio Morita; Rie Akamatsu; Takeo Nakayama; Shun-Ichi Fukuhara; Nobuo Hashimoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2007年12月, 査読有り
      • 健診・保健指導の有効性に関する考察
        中山 健夫
        日本循環器病予防学会誌 = Japanese journal of cardiovascular disease prevention, 2007年11月30日
      • Survey on the implementation of blood and urine examinations at Japanese institutions and schools for individuals with intellectual disabilities and/or motor disabilities in 1998
        Hiroko Ohwada; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 2007年10月, 査読有り
      • Awareness and treatment of hypertension and hypercholesterolemia in Japanese workers: The High-Risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) study
        Taichiro Tanaka; Tomonori Okamura; Zentaro Yamagata; Toru Takebayashi; Unai Tamura; Yukinori Kusaka; Sumio Urano; Yuji Miyoshi; Akira Okayama; Hirotsugu Ueshima; Kiyomi Sakata; Keiko Tsuji; Katsushi Yoshita; Yuriko Kikuchi; Hideaki Nakagawa; Katsuyuki Miura; Hiroshi Yamato; Nagako Chiba; Masahiko Yanagita; Kazunori Kodama; Fumiyoshi Kasagi; Nobuo Nishi; Shigeyuki Saitoh; Hideo Tanaka; Masakazu Nakamura; Yoshihiko Naito; Yasuyuki Nakamura; Makoto Watanabe; Yoshikazu Nakamura; Akira Babazono; Zentaro Yamagata; Sumio Urano; Fujihisa Kinoshita; Isao Saitoh; Shinichi Tanihara; Junko Tamaki; Osamu Tochikubo; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara; Yoshiharu Fujieda; Mariko Naito; Shunsaku Mizushima; Yuji Miyoshi; Takayo Tada; Takashi Kadowaki; Toshimi Yoshida; Mami Ide
        Hypertension Research, 2007年10月, 査読有り
      • What are "clinical practice, guidelines"?
        Takeo Nakayama
        JOURNAL OF NEUROLOGY, 2007年09月, 査読有り
      • Association between vitamin D receptor gene haplotypes and chronic periodontitis among Japanese men
        Mariko Naito; Koichi Miyaki; Toru Naito; Ling Zhang; Keika Hoshi; Asako Hara; Katsunori Masaki; Shugo Tohyama; Masaaki Muramatsu; Nobuyuki Hamajima; Takeo Nakayama
        International Journal of Medical Sciences, 2007年08月22日, 査読有り
      • Measuring Japanese mothers' perception of child abuse: Development of a Japanese version of the child abuse blame scale - Physical abuse (CABS-PA-J)
        Masaki Fujimoto; Taiko Hirose; Takeo Nakayama; Hiroji Okawa; Itsurou Takigawa
        BioPsychoSocial Medicine, 2007年07月10日, 査読有り
      • Dissemination of evidence-based clinical practice guidelines for hepatocellular carcinoma among Japanese hepatologists, liver surgeons and primary care physicians
        Norihiro Kokudo; Yo Sasaki; Takeo Nakayama; Masatoshi Makuuchi
        GUT, 2007年07月, 査読有り
      • The japan multi-institutional collaborative cohort study (JMICC study) to detect gene-environment interactions for cancer
        Nobuyuki Hamajima; Kenji Wakai; Mariko Naito; Kazuko Nishio; Yoshiko Ishida; Rieko Okada; Kaori Masui; Emi Morita; Tetsuo Kuroishi; Haruo Mikami; Miki Ohira; Shuichi Fujimoto; Kimiko Takayama; Yatami Asai; Masurni Suzuki; Hiroko Fukada; Akiko Tomoda; Yasoko Misu; Shiro Katase; Satoru Tokumasu; Yoko Kato; Murakami Yoichi; Koyama Atsushi; Kazuo Tajima; Kaoru Hirose; Akio Hiraki; Keitaro Matsuo; Takeshi Suzuki; Kiyonori Kuriki; Toshiko Saito; Miki Watanabe; Sadao Suzuki; Shinkan Tokudome; Akihiro Hosono; Kazuyuki Arakawa; Nami Hattori; Ryosuke Ando; Tsutomu Tanaka; Yukiko Kitabayashi; Hirotsugu Ueshima; Yoshikuni Kita; Yasuyuki Nakamura; Kenji Matsui; Takako Yamamoto; Turin Tanvir Chowdhury; Hideki Sugihara; Yutaka Morita; Nobuyoshi Tomioka; Yoshiyuki Watanabe; Kotarc Ozasa; Mariko Yuge; Kyohei Hayashi; Masako Shigeta; Satoko Mitani; Etsuko Ozaki; Daisuke Matsui; Tomio sakazaki; Hirokazu Uemura; Mineyoshi Hiyoshi; Yasunobu Sagara; Suminori Kono; Guang Yin; Jun Nagano; Tetsuya Mizoue; Ryoichi Takayanagi; Keizo Ohnaka; Hisaya Kawate; Masahiro Adachi; Malcolm A. Moore; Kengo Toyomura; Kayoko Isomura; Tomoko Hagiwara; Jin Fukumoto; Akiko Nanri; Taiki Yamaji; Daigo Yoshida; Makiko Morita; Naoyuki Ueda; Takako Maki; Mizuko Ikeda; Keitaro Tanaka; Koichi Shinchi; Yasuki Higaki; Megumi Hara; Tatsuhiko Sakamoto; Takeshi Imaizumi; Naoto Taguchi; Mikako Horita; Toshiro Takezaki; Hideshi Niimura; Kazuyo Hirasada; Masaya Tatebou; Tsunematsu Noriko; Ken Kusano; Eiji Maruyama; Yuka Orii; Keiko Sato; Toru Masui; Akiko Tamakoshi; Shuji Hashimoto; Kei Nakachi; Kazue Imai; Hidetaka Eguchi; Takashi Takahashi; Akira Okayama; Yoichi Kurosawa; Takeo Nakayama; Kaori Muto; Zentaro Yamagata
        ASIAN PACIFIC JOURNAL OF CANCER PREVENTION, 2007年04月, 査読有り
      • Analysis of news of the Japanese asbestos panic: a supposedly resolved issue that turned out to be a time bomb
        Yoshimitsu Takahashi; Koichi Miyaki; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF PUBLIC HEALTH, 2007年03月, 査読有り
      • u-SHARE: Web-based Decision Support/Risk Communication Tool for Healthcare Consumers with Unruptured Intracranial Aneurysms
        N. Aoki; M. Sakai; T. Nakayama; S. Fukuhara; S. Ohta; N. Kikuchi; M. Oishi; T. Kiuchi; K. Nozaki; N. Hashimoto
        MEDINFO 2007: PROCEEDINGS OF THE 12TH WORLD CONGRESS ON HEALTH (MEDICAL) INFORMATICS, PTS 1 AND 2, 2007年, 査読有り
      • 「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン」に関する日本肝癌研究会会員を対象としたアンケート調査報告
        國土 典宏; 幕内 雅敏; 中山 健夫; 有井 滋樹; 小俣 政男; 工藤 正俊; 神代 正道; 坂元 亨宇; 高安 賢一; 林 紀夫; 門田 守人
        肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 2007年, 査読有り
      • Health literacy education for children: acceptability of a school-based program in oral health
        Naito Mariko; Nakayama Takeo; Hamajima Nobuyuki
        Journal of Oral Science, 2007年, 査読有り
      • Development of a Japanese version of the Oral Impacts on Daily Performance (OIDP) scale: a pilot study
        Naito Mariko; Suzukamo Yoshimi; Ito Hiro-O; Nakayama Takeo
        Journal of Oral Science, 2007年, 査読有り
      • The relation between nicotinamide N-methyltransferase gene polymorphism and plasma homocysteine concentration in healthy Japanese men
        Ling Zhang; Koichi Miyaki; Jungo Araki; Takeo Nakayama; Masaaki Muramatsu
        THROMBOSIS RESEARCH, 2007年, 査読有り
      • Promoting measles vaccination in attendees not yet immunized at day-care centers in Kyoto City
        Takayo Matsumura; Takeo Nakayama; Naoko Hamagashira
        PEDIATRICS INTERNATIONAL, 2006年12月, 査読有り
      • Effectiveness and safety of ritodrine hydrochloride for the treatment of preterm labour: a systematic review
        Yukari Yaju; Takeo Nakayama
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2006年11月, 査読有り
      • Comparison of effects in randomized controlled trials with observational studies in digestive surgery
        Satoru Shikata; Takeo Nakayama; Yoshinori Noguchi; Yoshinori Taji; Hisakazu Yamagishi
        ANNALS OF SURGERY, 2006年11月, 査読有り
      • Dopamine agonists and cardiac valvulopathy in Parkinson disease - A case-control study
        Mitsutoshi Yamamoto; Tadahisa Uesugi; Takeo Nakayama
        NEUROLOGY, 2006年10月, 査読有り
      • Psychological process from hospitalization to death among uninformed terminal liver cancer patients in Japan
        Yuko Maeda; Akihito Hagihara; Eiko Kobori; Takeo Nakayama
        BMC Palliative Care, 2006年09月04日, 査読有り
      • Linguistic adaptation and validation of the General Oral Health Assessment Index (GOHAI) in an elderly Japanese population
        Mariko Naito; Yoshimi Suzukamo; Takeo Nakayama; Nobuyuki Hamajima; Shunichi Fukuhara
        Journal of Public Health Dentistry, 2006年09月, 査読有り
      • Periodontal disease and atherosclerosis from the viewpoint of the relationship between community periodontal index of treatment needs and brachial-ankle pulse wave velocity
        Koichi Miyaki; Katsunori Masaki; Mariko Naito; Toru Naito; Keika Hoshi; Asako Hara; Shugo Tohyama; Takeo Nakayama
        BMC PUBLIC HEALTH, 2006年05月, 査読有り
      • Evidence-based healthcare and health informatics: Derivations and extension of epidemiology
        T Nakayama
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2006年05月, 査読有り
      • An epidemiological study on anemia among institutionalized people with intellectual and/or motor disability with special reference to its frequency, severity and predictors
        Hiroko Ohwada; Takeo Nakayama; Nobuo Nara; Yuji Tomono; Keiko Yamanaka
        BMC PUBLIC HEALTH, 2006年04月, 査読有り
      • Gender differences in effects of physical activity on quality of life and resource utilization
        T Morimoto; Y Oguma; S Yamazaki; S Sokejima; T Nakayama; S Fukuhara
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2006年04月, 査読有り
      • Gender differences in effects of physical activity on quality of life and resource utilization
        T Morimoto; Y Oguma; S Yamazaki; S Sokejima; T Nakayama; S Fukuhara
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2006年04月, 査読有り
      • Two new criteria of the metabolic syndrome: Prevalence and the association with brachial-ankle pulse wave velocity in Japanese male workers
        K Miyaki; A Hara; M Naito; T Naito; T Nakayama
        JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH, 2006年03月, 査読有り
      • Preferred Information Media for Providing Clinical Practice Guidelines to Physicians in Japan: A Needs Assessment Study by the Medical Information Network Distribution Service(Minds)
        Sato Y; Nakayama T; Satoh T; Hoshi K; Kojimahara N; Miyaki K; Eguchi N; Okamoto T; Hayashi Y; Yamaguchi N
        General Medicine, 2006年, 査読有り
      • Oral health status and health-related quality of life: a systematic review
        Naito Mariko; Yuasa Hidemichi; Nomura Yoshiaki; Nakayama Takeo; Hamajima Nobuyuki; Hanada Nobuhiro
        Journal of Oral Science, 2006年, 査読有り
      • The Japanese healthcare system.
        Nomura H; Nakayama T
        BMJ (Clinical research ed.), 2005年09月, 査読有り
      • Japan's ethical guidelines for epidemiologic research: A history of their development
        T Nakayama; M Sakai; BT Slingsby
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2005年07月, 査読有り
      • Measles vaccine coverage and factors related to uncompleted vaccination among 18-month-old and 36-month-old children in Kyoto, Japan
        T Matsumura; T Nakayama; S Okamoto; H Ito
        BMC PUBLIC HEALTH, 2005年06月, 査読有り
      • Assessment of tailor-made prevention of atherosclerosis with folic acid supplementation: randomized, double-blind, placebo-controlled trials in each MTHFR C677T genotype
        K Miyaki; M Murata; H Kikuchi; Takei, I; T Nakayama; K Watanabe; K Omae
        JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 2005年05月, 査読有り
      • Assessment of tailor-made prevention of atherosclerosis with folic acid supplementation: randomized, double-blind, placebo-controlled trials in each MTHFR C677T genotype
        Koichi Miyaki; Mitsuru Murata; Haruhito Kikuchi; Izumi Takei; Takeo Nakayama; Kiyoaki Watanabe; Kazuyuki Omae
        Journal of Human Genetics, 2005年05月, 査読有り
      • Energy expenditure in males with mental retardation
        H Ohwada; T Nakayama; Y Suzuki; T Yokoyama; M Ishimaru
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 2005年04月, 査読有り
      • Adoption of structured abstracts by general medical journals and format for a structured abstract
        T Nakayama; N Hirai; S Yamazaki; M Naito
        JOURNAL OF THE MEDICAL LIBRARY ASSOCIATION, 2005年04月, 査読有り
      • Role of NAD-dependent deacetylases SIRT1 and SIRT2 in radiation and cisplatin-induced cell death in vertebrate cells
        N Matsushita; Y Takami; M Kimura; S Tachiiri; M Ishiai; T Nakayama; M Takata
        GENES TO CELLS, 2005年04月, 査読有り
      • Karojisatsu in Japan: Characteristics of 22 cases of work-related suicide
        T Amagasa; T Nakayama; Y Takahashi
        JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH, 2005年03月, 査読有り
      • Living close to automobile traffic and quality of life in Japan: A population-based survey
        S Yamazaki; S Sokejima; H Nitta; T Nakayama; S Fukuhara
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL HEALTH RESEARCH, 2005年02月, 査読有り
      • [An estimation of the prevalence of excessive daytime sleepiness based on age and sex distribution of epworth sleepiness scale scores: a population based survey].
        Takegami M; Sokejima S; Yamazaki S; Nakayama T; Fukuhara S
        [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health, 2005年02月, 査読有り
      • EBMの手法を用いた診療ガイドライン:日本における取り組み・課題と展望
        中山 健夫
        日本補完代替医療学会誌, 2005年
      • The Japanese healthcare system
        H. Nomura; T. Nakayama
        British Medical Journal, 2005年, 査読有り
      • The utility of anthropometric assessment at institutions and schools for individuals with intellectual disabilities and/or motor disabilities: A nation-wide survey in Japan
        H Ohwada; T Nakayama
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 2004年10月, 査読有り
      • Creating a brochure to promote understanding of epidemiologic research.
        Mariko Naito; Takeo Nakayama; Toshiyuki Ojima; Gen Kobashi; Kaori Muto; Masakazu Washio; Shizukiyo Ishikawa; Eiji Maruyama; Michi Sakai; Keiko Sato; Hiroki Sugimori; Mika Suzuki; Futoshi Takahashi; Zentaro Yamagata; Akiko Tamakoshi
        Journal of epidemiology, 2004年09月, 査読有り
      • Quality of life assessment and reporting in randomized controlled trials: A study of literature published from Japan
        Mariko Naito; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara
        Health and Quality of Life Outcomes, 2004年07月25日, 査読有り
      • Special reference to employee knowledge about depression and suicide: baseline results of a workplace-based mental health support program
        T Nakayama; T Amagasa
        PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 2004年06月, 査読有り
      • Physicians' Awareness Regarding Evidence-based Medicine,Practice Guidelines and Clinical Information Resources in Japan
        Satoh T; Nakayama T; Sato Y; Hoshi K; Miyaki K; Kojimahara N; Eguchi N; Okamoto T; Hayashi Y; Yamaguchi N
        The Japanese Society of General Medicine, 2004年, 査読有り
      • 口腔関連QOL尺度開発に関する予備的検討—General Oral Health Assessment Index (GOHAI) 日本語版の作成—.
        内藤真理子; 鈴鴨よしみ; 中山健夫; 福原俊一
        日口腔衛生誌, 2004年
      • Percentages of Reports of Clinical Trials, Written in Seven Non-English Languages, that have Structured Abstracts
        NAKAYAMA Takeo; YAMAZAKI Shigeaki
        General medicine, 2003年12月01日, 査読有り
      • Contributions of Clinical Epidemiologists and Medical Librarians to Developing Evidence-Based Clinical Practice Guidelines in Japan : A Case of the Treatment of Rheumatoid Arthritis
        NAKAYAMA Takeo; FUKUHARA Shunichi; KODANAKA Tetsuya
        General medicine, 2003年12月, 査読有り
      • Clinical practice guidelines in Japan: Toward their appropriate use and diffusion
        Takeo Nakayama
        Clinical Neurology, 2003年11月, 査読有り
      • Smoking patterns of university woman students in Miyagi, Japan: The Miyagaku Study
        HI Ohwada; T Nakayama
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2003年11月, 査読有り
      • Comparison between Impact Factors and Citations in Evidence-Based Practice Guidelines [4]
        T. Nakayama; T. Fukui; S. Fukuhara; K. Tsutani; S. Yamazaki
        Journal of the American Medical Association, 2003年08月13日, 査読有り
      • Confusion about the concept of clinical practice guidelines in Japan: on the way to a social consensus
        T Nakayama; B Budgell; K Tsutani
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2003年08月, 査読有り
      • 研究協力者報告 Evidence-based medicineに立脚した医学鑑定のあり方と,その可能性及び限界に関する研究
        関本 美穂; 野村 英樹; 稲葉 一人; 中山 健夫
        厚生労働科学研究医療技術評価総合研究事業 EBMを指向した「診療ガイドライン」と医学データベースに利用される「構造化抄録」作成の方法論の開発とそれらの受容性に関する研究, 2003年04月
      • Assessment of exposure to magnetic fields in occupational settings
        H Sakurazawa; A Iwasaki; T Higashi; T Nakayama; Y Kusaka
        JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH, 2003年03月, 査読有り
      • 診療ガイドラインに対する態度はgeneralistとspecialistで異なるか
        武田 裕子; 中山 健夫; 田坂 佳千; 大滝 純司; 大西 弘高; 崎原 永作; 武田 多一; 高良 剛; 福原 俊一
        日本総合診療医学会会誌, 2003年02月
      • 非英語圏の臨床試験文献抄録はどこまで構造化されているか
        山崎 茂明; 中山 健夫
        情報管理, 2003年
      • Ethics in questionnaire-based research.
        Asai A; Nakayama T; Naito M
        Eubios Journal of Asian and International Bioethics.,13(4): 147-52, 2003年, 査読有り
      • EBMを支える人材の系統的な養成に関する調査研究
        緒方裕光; 津谷喜一郎; 名郷直樹; 中山健夫; 野添篤毅; 河合富士美; 山口直比古; 磯野威
        EBMを支える人材の系統的な養成に関する調査研究 平成14年度 総括研究報告書, 2003年
      • 医学系大学院でのEBMワークショップ:図書館員の参加とその効果
        小田中徹也; 中山健夫; 福原俊一
        医学図書館, 2003年, 査読有り
      • Age-specific relevance of usual blood pressure to vascular mortality: a meta-analysis of individual data for one million adults in 61 prospective studies
        S Lewington; R Clarke; N Qizilbash; R Peto; R Collins
        LANCET, 2002年12月, 査読有り
      • エビデンスを創る 論文を学術誌に投稿する際に 生物医学雑誌への統一投稿規程(Uniform Requirements for Manuscripts Submitted to Biomedical Journals)改訂版の要点
        中山 健夫; 野村 英樹
        EBMジャーナル, 2002年08月
      • The Cochrane Collaboration: the present and the future
        T. Nakayama; K. Tsutani
        Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2001年, 査読有り
      • 診療ガイドライン作成におけるメソドロジストと病院図書館員とのワーキンググループ活動
        小田中徹也; 首藤佳子; 松本純子; 大橋真紀子; 須井麻由美; 吉岡陽子; 中山健夫; 福原 俊一
        医学図書館, 2001年, 査読有り
      • Population attributable fraction of stroke incidence in middle-aged and elderly people: Contributions of hypertension, smoking and atrial fibrillation
        T Nakayama; T Yokoyama; N Yoshiike; MM Zaman; C Date; H Tanaka; R Detels
        NEUROEPIDEMIOLOGY, 2000年07月, 査読有り
      • Under-reporting of attributable risk and reporting of the risk ratio in epidemiologic literature
        T Nakayama
        EPIDEMIOLOGY, 2000年05月, 査読有り
      • Validity, reliability and acceptability of the Japanese version of the General Well-Being Schedule (GWBS)
        T Nakayama; H Toyoda; K Ohno; N Yoshiike; T Futagami
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2000年, 査読有り
      • Collaborative overview ('Meta-Analysis') of Prospective Observational Studies of the Associations of Usual Blood Pressure and Usual Cholesterol Levels with Common Causes of Death: Protocol for the Second Cycle of the Prospective Studies Collaboration
        H. Iso; Prospective Studies Collaboration; H. Sato; L. Chambless; G. De Backer; D. De Bacquer; M. Kornitzer; S. Ebrahim; P. Whincup; G. Wannamethee; N. Wald; J. Morris; M. Knuimann; P. Sweetnam; P. Elwood; R. Kronmal; D. Kromhout; S. Sutherland; J. Keil; P. Schnohr; G. Jensen.; D. Grobbee; J. Witteman; C. Hames; A. Aromaa; P. Knekt; A. Reunanen; J. Tuomilehto; P. Jousilahti; E. Vartiainen; D. Levy; R. D'Agostino; H. Silbershatz; I. Thomsen; C. Bengtsson; D. Sharp; A. Benetos; L. Guize; U. Goldbourt; S. Yaari; T. Murayama; M. Tomita; M. Nishimoto; J. Staessen; M. Criqui; C. Davies; D. Jacobs; H. Blackburn; R. Luepker; J. Neaten; C. Cox; M. Ofstedal; S. Weiss; P. Cassano; D. Sparrow; P. Vokonas; A. Tverdal; R. Selmer; I. Meade; K. Garrow; J. Cooper; A. Menotti; A. Spagnolo; I. Tsuji; Y. Irnai; L. Ohkubo; S. Hisamichi; L. Haheim; I. Holme; I. Hjermann; P. Leren; P. Ducirnetierc; J. Richard; K. Jamrozik; R. Broadhurst; G. Assmann; H. Schulte; R. Clarke; R. Collins; A. Donald; S. Duffy; S. Lewington; S. MacMahon; R. Peto; N. Qizilbash; A. Rodgers; P. Sherliker; W. Zhang; P. Sorlie; M. Garcia Palmeri; E. Barrett-Conner; R. Langer; C. Gillis; D. Hole; K. Nakachi; X. Fang; S. Li; R. Buzina; P. Kivinen; A. Nissinen; C. Aravanis; A. Dontas; H. Toshirna; H. Adachi; L. Imaizumi; S. Nedelijkovic; N. Vojvodic; M. Ostojic; Z. Chen; H. Tunstall-Pedoe; T. Nakayama; J. Keller; K. Bonaa; E. Arnesen; E. Rimm; E. Speizer; M. Stampfer; C. Hennekens; J. Buring; S. Tornberg; J. Carstensen; M. Shipley; D. Leon; M. Marmot
        European Journal of Preventive Cardiology, 1999年10月13日, 査読有り
      • Collaborative overview ('meta-analysis') of prospective observational studies of the associations of usual blood pressure and usual cholesterol levels with common causes of death: protocol for the second cycle of the Prospective Studios Collaboration
        H Iso; H Sato; L Chambless; G De Backer; D de Bacquer; M Kornitzer; S Ebrahim; P Whincup; G Wannamethee; N Wald; J Morris; M Knuimann; P Sweetnam; P Elwood; R Kronmal; D Kromhout; S Sutherland; J Keil; P Schnohr; G Jensen; D Grobbee; J Witteman; C Hames; A Aromaa; P Knekt; A Reunanen; J Tuomilehto; P Jousilahti; E Vartiainen; D Levy; R D'Agostino; H Silbershatz; T Thomsen; C Bengtsson; D Sharp; A Benetos; L Guize; U Goldbourt; S Yaari; T Murayama; M Tomita; M Nishimoto; J Staessen; M Criqui; C Davies; D Jacobs; H Blackburn; R Luepker; J Neaton; C Cox; M Ofstedal; S Weiss; P Cassano; D Sparrow; P Vokonas; A Tverdal; R Selmer; T Meade; K Garrow; J Cooper; A Menotti; A Spagnolo; Tsuji, I; Y Imai; T Ohkubo; S Hisamichi; L Haheim; Holme, I; Hjermann, I; P Leren; P Ducimetiere; J Richard; K Jamrozik; R Broadhurst; G Assmann; H Schulte; R Clarke; R Collins; A Donald; S Duffy; S Lewington; S MacMahon; R Peto; N Qizilbash; A Rodgers; P Sherliker; W Zhang; P Sorlie; M Garcia-Palmeri; E Barrett-Conner; R Langer; C Gillis; D Hole; K Nakachi; Fang, X; S Li; R Buzina; P Kivinen; A Nissinen; C Aravanis; A Dontas; H Toshima; H Adachi; T Imaizumi; D Kromhout; S Nedelijkovic; N Vojvodic; M Ostojic; D Jacobs; H Blackburn; Z Chen; H Tunstall-Pedoe; T Nakayama; J Keller; K Bonaa; E Arnesen; E Rimm; F Speizer; M Stampfer; C Hennekens; J Buring; S Tornberg; J Carstensen; C Gillis; M Shipley; D Leon; M Marmot
        JOURNAL OF CARDIOVASCULAR RISK, 1999年10月, 査読有り
      • Awareness and motivation of Japanese donors of blood for research
        T Nakayama; K Muto; N Yoshiike; T Yokoyama
        AMERICAN JOURNAL OF PUBLIC HEALTH, 1999年09月, 査読有り
      • Risk modification in lung cancer by a dietary intake of preserved foods and soyfoods: findings from a case-control study in Okinawa, Japan
        K Wakai; Y Ohno; K Genka; K Ohmine; T Kawamura; A Tamakoshi; YS Lin; T Nakayama; K Aoki; S Fukuma
        LUNG CANCER, 1999年09月, 査読有り
      • Association Between Health-Related Knowledge and the Awareness of Blood Pressure Readings
        TANIHARA Shinichi; OJIMA Toshiyuki; NAKAMURA Yoshikazu; YANAGAWA Hiroshi; YOSHIIKE Nobuo; NAKAYAMA Takeo; TANAKA Heizo; SAITO Shigeyuki; NISHIMURA Akio; SATO Hiroshi; KUSHIRO Toshio; SUDA Machiko; ANNO Takafumi; KAWAMURA Tsuyoshi; NAKAMURA Masakazu; DATE Chigusa; NOSE Takayuki; KAGEURA Shigeko; TAKEMOTO Taiichiro
        Journal of epidemiology, 1999年08月, 査読有り
      • The effect of health-related knowledge on the recognition ofblood pressure readings
        Tanihara S; Ojima T; Nakamura Y; Yanagawa H; Yoshiike N; Nakayama T; Tanaka H; The Japan Lifestyle Monitoring; Study Group
        Journal of Epidemiology, 1999年
      • Behavioral Factors Predicting Serum Cotinine Concentrations of Male Smokers in a Japanese Community
        NAKAYAMA Takeo; YOKOYAMA Tetsuji; YOSHIIKE Nobuo; ICHIMURA Takayoshi; YAMAMOTO Akio; TANAKA Heizo
        Journal of epidemiology, 1999年, 査読有り
      • 疫学研究のインフォームド・コンセント:日本と諸外国の現状調査
        玉腰 暁子; 石川 鎮清; 尾島 俊之; 菊地 正悟; 小橋 元; 斎藤 有紀子; 杉森 裕樹; 中村 好一; 中山 健夫; 武藤 香織; 山縣 然太朗; 鷲尾 昌一
        医療と社会, 1999年
      • Association of rheumatic fever with serum albumin concentration and body iron stores in Bangladeshi children: case-control study
        MM Zaman; N Yoshiike; MA Rouf; S Haque; AH Chowdhury; T Nakayama; H Tanaka
        BRITISH MEDICAL JOURNAL, 1998年11月, 査読有り
      • Determination of percent body fat by the newly developed sulfur hexafluoride dilution method and air displacement plethysmography
        H Iwaoka; T Yokoyama; T Nakayama; Y Matsumura; Y Yoshitake; T Fuchi; N Yoshiike; H Tanaka
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 1998年08月, 査読有り
      • Factors affecting mandibular complications in low dose rate brachytherapy for oral tongue carcinoma with special reference to spacer
        M Miura; M Takeda; T Sasaki; T Inoue; T Nakayama; H Fukuda; A Hoshi; M Hoshina; H Shibuya
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 1998年07月, 査読有り
      • Nutritional factors associated with rheumatic fever
        MM Zaman; N Yoshiike; AH Chowdhury; T Nakayama; T Yokoyama; GM Faruque; MA Rouf; S Haque; H Tanaka
        JOURNAL OF TROPICAL PEDIATRICS, 1998年06月, 査読有り
      • Reporting of attributable and relative risks, 1966-97
        T Nakayama; MM Zaman; H Tanaka
        LANCET, 1998年04月, 査読有り
      • Characteristics of energy metabolism in males with mental retardation
        H Iwaoka; T Yokoyama; S Masayasu; T Fuchi; T Nakayama; H Tanaka
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 1998年02月, 査読有り
      • An optimal cutoff point of expired-air carbon monoxide for detecting current smokers where smoking percentage is over sixty percent
        Nakayama T; Yamamoto A; Ichimura T; Yoshiike N; Date C; Fujimoto EK; Tanaka H
        Journal of Epidemiology, 1998年
      • An optimal cutoff point of expired-air carbon monoxide levels for detecting current smoking: in the case of a japanese male population whose smoking prevalence was sixty percent
        Takeo Nakayama; Akio Yamamoto; Takayoshi Ichimura; Nobuo Yoshiike; Tetsuji Yokoyama; Edward K. Fujimoto; Heizo Tanaka
        Journal of Epidemiology, 1998年, 査読有り
      • Association of angiotensin converting enzyme (ACE) gene polymorphism with hypertension in a Bangladeshi population.
        A.H. Chowdhury; M.M. Zaman; K.M. Haque; M.A. Rouf; A.T. Shah; T. Nakayama; T. Yokoyama; N. Yoshiike; H. Tanaka
        Bangladesh Medical Research Council Bulletin, 1998年, 査読有り
      • Quality control for blood pressure measurement in population studies: Shibata Children's Heart Study
        N Yoshiike; T Nakayama; T Yokoyama; H Tanaka; DR Labarthe
        JOURNAL OF CLINICAL EPIDEMIOLOGY, 1997年10月, 査読有り
      • Dietary lipids and incidence of cerebral infarction in a Japanese rural community
        F Seino; C Date; T Nakayama; N Yoshiike; T Yokoyama; M Yamaguchi; H Tanaka
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 1997年02月, 査読有り
      • A 15.5-year follow-up study of stroke in a Japanese provincial city - The Shibata study
        T Nakayama; C Date; T Yokoyama; N Yoshiike; M Yamaguchi; H Tanaka
        STROKE, 1997年01月, 査読有り
      • Epidemiology and prevention of stroke in Japan; Changes in occurrence and its risk factors with lifestyle westernization
        H Tanaka; T Nakayama; T Yokoyama; N Yoshiike; M Iwaya; C Date; M Yamaguchi; TD Kwon
        NEUROLOGY AND PUBLIC HEALTH IN JAPAN, 1997年, 査読有り
      • Secular Trends in Death Rates from Ischemic Heart Diseases and Cerebrovascular Diseases in Selected Countries
        NAKAYAMA Takeo; YOKOYAMA Tetsuji; YOSHIIKE Nobuo; IWAOKA Hiroko; ZAMAN Mohammad Mostafa; CHOWDHURY Anisul Haque; FEI Hu Long; MATSUMURA Yasuhiro; SUGIYAMA Michiko; IWAYA Masako; YAMAGUCHI Momoko; YANAGI Motokazu; DATE Chigusa; FUJIMOTO Edward K.; TANAKA Heizo
        Journal of epidemiology, 1996年11月
      • Prognostic significance of Ki-67 labeling indices obtained using MIB-1 monoclonal antibody in patients with supratentorial astrocytomas
        H Wakimoto; M Aoyagi; T Nakayama; G Nagashima; S Yamamoto; M Tamaki; K Hirakawa
        CANCER, 1996年01月, 査読有り
      • Research Activities of Epidemiology in Japan Cardiovascular Disease A Brief Review of Epidemiological Studies on Ischemic Heart Disease in Japan
        Heizo Tanaka; Hao Chen; Takeo Nakayama; Tetsuji Yokoyama; Hiroko lwaoka; Mohannnnad Mostafa Zanman; Takayoshi lchimura; Wakako Kushiro; Anisui Haque Chowdhury; Chigusa Date; Nobuo Yoshiike; Masako Iwaya; Momoko Yamaguchi; Yasuhiro Matsumura; Mlichiko Sugiyama; Wakako Kushiro; Ariko Noji; In Sook Kim; Tae Bong Kwan; Byung Mann Cho
        Journal of Epidemiology, 1996年, 査読有り
      • A 15.5-year cohort study on risk factors for possible myocardial infarction and sudden death within 24 hours in a rural Japanese community
        Makoto Shimozato; Takeo Nakayama; Tetsuji Yokoyama; Nobuo Yoshi-ike; Momoko Yamaguchi; Chigusa Date
        Journal of Epidemiology, 1996年, 査読有り
      • ACUTE BACTERIAL MYOSITIS DUE TO STAPHYLOCOCCUS-AUREUS SEPTICEMIA
        K SATO; T KAMATA; T NAKAYAMA; M KOTERA; H AKABANE
        NEUROLOGY, 1995年02月, 査読有り
      • 地域における高脂血症者に対する栄養教育 教育プログラムの評価にかかわる問題点について:教育プログラムの評価にかかわる問題点について
        吉池 信男; 中山 健夫; 横山 徹爾; 清野 富久江; 陳 浩; 岩谷 昌子; 松村 康弘; 山口 百子; 伊達 ちぐさ; 田中 平三
        日本循環器管理研究協議会雑誌, 1995年
      • Relative Contributions of Selected Genetic and Lifestyle Factors to Inter-Individual Variations in Serum Lipid and Apolipoprotein Levels
        Hao Chen; Takeo Nakayama; Heizo Tanaka; Chigusa Date; Nobuo Yoshiike; Momoko Yamaguchi
        Journal of Epidemiology, 1995年, 査読有り
      • Allele Frequency of Apolipoprotein Gene Polymorphisms and Association between Genotype and Serum Lipid and Apolipoprotein Levels
        Hao Chen; Takeo Nakayama; Tetsuji Yokoyama; Fukue Seino; Mohammad Mostafa Zaman; Hiroko Iwaokai; Heizo Tanaka; Chigusa Date; Shinji Ikemoto; Hiroshige Itakuras; Nobuo Yoshiike; Yasuhiro Matsumura; Masako Iwaya; Michiko Sugiyama; Momoko Yamaguchi; Mitsuru Tsuchidas
        Journal of Epidemiology, 1995年, 査読有り
      • 日本人の栄養所要量―ナトリウム(食塩)目標摂取量
        田中平三; 中山健夫; 伊達ちぐさ; 島田豊治; 山口百子; 吉池信男
        臨床栄養, 1994年08月
      • 成人型循環器疾患の予防と対策 医療各分野からの包括的アプローチ 保健婦の立場から
        平岡 千恵子; 中野 典子; 堂田 正美; 石垣 早苗; 山本 昭夫; 清水 昌好; 伊達 ちぐさ; 山口 百子; 岩谷 昌子; 吉池 信男; 中山 健夫; 山本 卓; 田中 平三
        日本循環器管理研究協議会雑誌, 1994年
      • 高血圧・脳卒中とたんぱく質
        田中平三; 伊達ちぐさ; 山本卓; 山口百子; 中山健夫; 吉池信男; 松村康弘; 岩谷昌子; 柳元和
        臨床栄養, 1992年05月
      • Economic evaluation of hypertension control program
        H. Tanaka; T. Nakayama; T. Yamamoto; H. Tanaka; N. Yoshi-ike; M. Yamaguchi
        Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 1992年, 査読有り
      • Nutrition and cardiovascular disease--a brief review of epidemiological studies in Japan.
        H. Tanaka; M. Yamaguchi; C. Date; T. Nakayama; T. Yamamoto; N. Yoshi-Ike; M. Iwaya; Y. Matsumura; T. Yokoyama; A. Noji
        Nutrition and health (Berkhamsted, Hertfordshire), 1992年, 査読有り
      • Simple and Partial Correlationships of Nutritional Factors to Serum High-Density Lipoprotein Cholesterol Levels in a Japanese Rural Population
        Takeo Nakayama; Takashi Yamamoto; Edward K. Fujimoto; Tetsuji Yokoyama; Fukue Seino; Hao Chen; Wakako Kushiro; Chigusa Date; Momoko Yamaguchi; Masako Iwaya; Nobuo Yoshi-ike; Yasuhiro Matsumura; Heizo Tanaka; Ariko Noji; Byung Mann Cho
        Journal of Epidemiology, 1992年, 査読有り
      • Relationship of Dietary intalce to Subsequent incidence of Stroice and isciiemic Heart Disease
        Chigusa Date; Motokazu Yanagi; Momoko Yamaguchi; Nobuo Yoshiike; Masako Iwaya; Yasuhiro Matsumura; Heizo Tanaka; Takashi Yamamoto; Takeo Nakayama; Masayuki Hayashi
        Journal of Epidemiology, 1992年, 査読有り
      • ナトリウム,カリウム,カルシウム,リン,マグネシウム,亜鉛の摂取量と糞中,尿中排せつ量または血清中濃度との関係について
        土田 満; 伊達 ちぐさ; 中山 健夫; 山本 卓; 井上 真奈美; 山口 百子; 岩谷 昌子; 陳 浩; 田中 平三
        栄養学雑誌, 1991年
      • Delayed finger opening caused by a midbrain lesion
        Y. Saito; Y. Wada; T. Nakayama; T. Furukawa; H. Tsukagoshi
        Brain and Nerve, 1991年, 査読有り
      • 公衆栄養活動と行動科学
        中山 健夫; 山本 卓; 井上 真奈美; 土田 満; 山口 百子; 岩谷 昌子; 伊達 ちぐさ; 田中 平三
        栄養学雑誌, 1990年
      • 卒直後臨床研修の現状をどう改革すべきか:臨床研修病院の場合-研修医の立場から
        中山 健夫
        医学教育, 1988年
      • Studies on insulin allergy (III). Comparison of the antigenicity of insulin components and immunogenetic analysis of IgE antibodies
        S. Ito; T. Nakayama; T. Nagaoka
        Journal of the Japan Diabetes Society, 1981年, 査読有り

      MISC

      • 高機能自閉症児に対するソーシャルスキルプログラムの効果に関するランダム化比較試験:パイロットスタディ
        市川佳世子; 市川佳世子; 佐竹順子; 平井美希; 土井原訓子; 金澤忠博; 中山健夫
        日本児童青年精神医学会総会抄録集, 2011年
      • 高機能自閉症児に対するソーシャルスキルプログラムの効果に関するランダム化比較試験:パイロットスタディ
        市川佳世子; 高橋由光; 安梅勅江; 安藤昌彦; 石崎達郎; 中山健夫
        日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集, 2014年
      • ビタミンD不足とアレルギー症状との関連
        金谷久美子; 浜崎景; 土田暁子; 稲寺秀邦; 黒沢洋一; 平林今日子; 足立雄一; 中山健夫
        日本衛生学雑誌(Web), 2021年
      • 妊婦のビタミンD不足とその要因
        金谷久美子; 浜崎景; 土田暁子; 稲寺秀邦; 黒沢洋一; 平林今日子; 足立雄一; 中山健夫
        日本衛生学雑誌(Web), 2021年
      • 黄砂の乳幼児の目・鼻・呼吸器の症状への影響と,影響を低減する方法
        土田暁子; 浜崎景; 金谷久美子; 稲寺秀邦; 中山健夫; 板澤寿子; 大西一成; 黒沢洋一; 平林今日子; 足立雄一
        日本衛生学雑誌(Web), 2021年
      • 胸椎転移性腫瘍に対する前方腫瘍掻爬の必要性
        大槻 文悟; 宮崎 邦彦; 角谷 賢一朗; 藤林 俊介; 村田 浩一; 清水 孝彬; 高橋 由光; 中山 健夫; 松田 秀一
        Journal of Spine Research, 2021年03月
      • 患者・一般向けの信頼性を担保した医薬品等情報提供のアプローチ-持続可能でエビデンスに基づく公的な医薬品等情報の包括的な提供基盤の現状と展開- 一般向けの医療・健康情報提供のあり方を考える
        中山 健夫
        薬学雑誌, 2021年03月
      • 【Personal Health Recordの利活用】PHRによる医療のパラダイムシフト
        中山 健夫
        Precision Medicine, 2021年03月
      • 主観的,客観的睡眠時間の差と睡眠呼吸障害,非回復性睡眠の関連:ながはまスタディ
        高橋順美; 松本健; 中塚賀也; 村瀬公彦; 田原康玄; 武山博文; 川口喬久; 瀬藤和也; 堤孝信; 高橋由光; 若村智子; 松田文彦; 平井豊博; 中山健夫; 陳和夫
        日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2021年
      • 患者・一般向けの信頼性を担保した医薬品等情報提供のアプローチ―持続可能でエビデンスに基づく公的な医薬品等情報の包括的な提供基盤の現状と展開―
        山本 美智子; 中山 健夫; 入江 徹美
        薬学雑誌, 2021年
      • 食道切除術のHospital volumeと地域別の病院分布 NDBによる全保険医療機関の分析
        錦織 達人; 坂本 享史; 角田 茂; 後藤 励; 肥田 侯矢; 川上 浩司; 中山 健夫; 小濱 和貴; 久森 重夫; 坂井 義治
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年12月
      • 薬局での新型コロナウイルス感染症対策活動と動画配信での情報共有
        黒田 泰司; 鈴木 渉太; 岡田 浩; 中山 健夫
        医療の質・安全学会誌, 2020年11月
      • 薬局におけるWithコロナ時代の外国人対応 COVID-19対策支援プロジェクトでの検討と情報発信
        鈴木 渉太; 岡田 浩; 五十嵐 惠美子; 中山 健夫
        医療の質・安全学会誌, 2020年11月
      • 日本語版Daily Records of Severity of Problems(DRSP)の信頼性・妥当性
        池田 裕美枝; 江川 美保; 高橋 由光; 中山 健夫; 万代 昌紀
        日本女性医学学会雑誌, 2020年10月
      • 日本国内の生活者を対象とした健康増進・疾病予防に関わる介入の実態 医中誌webを用いたシステマティックレビュー
        佐藤 克彦; 戒田 信賢; 大浦 智子; 太田 はるか; 中山 寛子; 森岡 美帆; 甲斐 千晴; 小柳 仁; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌, 2020年10月
      • EBMと診療ガイドライン 最近の考え方
        中山 健夫
        関東連合産科婦人科学会誌, 2020年10月
      • 診療ガイドラインの作成から構造を学ぶ:がん診療の質向上を目指して、評価委員会からのメッセージ 診療ガイドラインの作成と評価 Mindsよりのメッセージ
        中山 健夫
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2020年10月
      • 公衆衛生における診療ガイドラインの意義・役割
        中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2020年10月
      • Changes in the difference between subjective and objective sleep duration according to sleep duration or sleep disordered breathing: The Nagahama Study
        Naomi Takahashi; Takeshi Matsumoto; Yoshinari Nakatsuka; Kimihiko Murase; Yasuharu Tabara; Hirofumi Takeyama; Takuma Minami; Satoshi Hamada; Osamu Kanai; Kiminobu Tanizawa; Isuzu Nakamoto; Takahisa Kawaguchi; Kazuya Setoh; Takanobu Tsutsumi; Yoshimitsu Takahashi; Tomohiro Handa; Tomoko Wakamura; Naoko Komenami; Toyohiro Hirai; Fumihiko Matsuda; Takeo Nakayama; Kazuo Chin
        EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL, 2020年09月
      • 内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン(第2版)
        後藤田 卓志; 赤松 拓司; 阿部 清一郎; 島谷 昌明; 中井 陽介; 八田 和久; 細江 直樹; 三浦 義正; 宮原 良二; 山口 太輔; 吉田 直久; 川口 洋佑; 福田 眞作; 磯本 一; 入澤 篤志; 岩男 泰; 浦岡 俊夫; 横田 美幸; 中山 健夫; 藤本 一眞; 井上 晴洋; 日本消化器内視鏡学会内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン委員会, 日本消化器内視鏡学会, 日本麻酔科学会
        Gastroenterological Endoscopy, 2020年09月
      • 観察研究論文の結果報告の作法 STROBE声明の解説
        中山 健夫
        日本骨粗鬆症学会雑誌, 2020年09月
      • 社会的孤立女性に対する効果的ソーシャルワークチームのコンピテンシーに関する質的分析
        中野 慶子; 池田 裕美枝; 森下 真理子; 日吉 和子; 荒木 智子; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年09月
      • 健康情報の読み解き方に関するeラーニング教材を用いた一般市民の学習効果 ランダム化比較試験
        北澤 京子; 岡林 里枝; 高橋 由光; 石見 拓; 川村 孝; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年09月
      • KYOTO SCOPEの活動報告 社会的孤立女性を支援するソーシャルワークへの支援
        日吉 和子; 池田 裕美枝; 荒木 智子; 中野 慶子; 周藤 由美子; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年09月
      • GRADEシステムによる診療ガイドライン
        佐々木 祥; 中山 健夫
        腫瘍内科, 2020年09月
      • 動脈硬化リスク因子が睡眠時無呼吸症候群と動脈硬化の関連性に及ぼす影響についての検討 ながはまスタディ
        中塚 賀也; 村瀬 公彦; 濱田 哲; 武山 博文; 松本 健; 高橋 順美; 谷澤 公伸; 半田 知宏; 田原 康玄; 平井 豊博; 森田 智視; 中山 健夫; 松田 文彦; 陳 和夫
        日本呼吸器学会誌, 2020年08月
      • 特発性肺線維症における気管支肺胞洗浄液の予後予測に関する研究
        宮本 篤; 片岡 健介; 後藤 禎人; 江頭 玲子; 橋迫 美貴子; 近藤 康博; 中山 健夫; 穗積 宏尚; 藤澤 朋幸; 須田 隆文
        日本呼吸器学会誌, 2020年08月
      • Choosing Wisely 持続可能な医療をめざして
        中山 健夫
        ジェネラリスト教育コンソーシアム, 2020年07月
      • 近畿北陸地区の検査受託会社における外来患者より分離された薬剤耐性菌の検出状況
        井村 春樹; 福田 修久; 藤田 拓司; 小野 保; 大橋 隆久; 高橋 由光; 中山 健夫
        感染症学雑誌, 2020年05月
      • 【整形外科臨床研究の手引き-適切に行い,正しく読み解くために】臨床研究に関する法律・規制 研究公正
        中山 健夫
        整形外科, 2020年05月
      • 臨床経験 たばこと子宮頸がんの密接な関連 出生コホートによる比較
        榊原 敦子; 中山 健夫; 上田 豊; 伊藤 ゆり; 内田 博之; 小田切 陽一; 片山 俊郎; 樋口 壽宏; 小西 郁生
        産婦人科の実際, 2020年04月
      • 「医療の質指標」(QI)を用いたケア改善の取り組み 低リスク出産の事例から 低リスク妊婦を対象にした「医療の質指標」を用いたケア改善の取り組み 医療の質指標を使って評価することの大切さを考える
        上田 佳世; 五十嵐 稔子; 中山 健夫
        助産雑誌, 2020年03月
      • 診療ガイドラインの作成方法と活用方法(Vol.11) 診療ガイドラインとは何か EBM、診療ガイドラインの歴史と定義、未来展望
        中山 健夫
        医学のあゆみ, 2020年02月
      • 【看護研究における報告ガイドライン1】序 報告ガイドラインの意義
        中山 健夫
        看護研究, 2020年02月
      • 患者さんの権利について 医療基本法とシェアード・ディシジョンメイキング
        中山 健夫; 小林 洋二
        あとはとき, 2020年02月
      • 診療ガイドラインとShared Decision Making
        中山 健夫
        あとはとき, 2020年02月
      • "人-地域-社会"を結ぶトラウマインフォームドケアの実践
        大岡 由佳; 池田 裕美枝; 大江 美佐里; 周藤 由美子; 田口 奈緒; 中山 健夫; 主田 英之; 毎原 敏郎; 矢野 阿壽加
        精神保健福祉, 2020年01月
      • 臨床知識学会のスコープと構造モデル整理 エクセレントサービスと共創環境の構築に向けて
        水流 聡子; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2020年01月
      • 抗てんかん薬使用中妊婦の葉酸不適正摂取:妊娠と薬相談症例データベースを用いた横断研究
        池田靖子; 齋籐良行; 小原拓; 小原拓; 小原拓; 後藤美賀子; 仙石多美; 高橋由光; 濱田洋実; 中山健夫; 村島温子; 村島温子
        日本疫学会学術総会講演集(Web), 2020年
      • レセプトデータにおける併存疾患の定義準備と適応-KDB解析:静岡スタディ-
        加藤円; 中谷英仁; 田原康玄; 田原康玄; 岩崎佳実; 木苗あゆみ; 望月亜希子; 佐藤洋子; 佐藤洋子; 森寛子; 佐藤康仁; 佐藤康仁; 栗山長門; 栗山長門; 森潔; 小島原典子; 小島原典子; 長谷川敏彦; 長谷川敏彦; 中山健夫
        日本疫学会学術総会講演集(Web), 2020年
      • 主観的睡眠時間によって変化する主観的睡眠時間と客観的睡眠時間の差:ながはまスタディ
        高橋順美; 松本健; 田原康玄; 村瀬公彦; 武山博文; 中塚賀也; 川口喬久; 瀬藤和也; 堤孝信; 高橋由光; 若村智子; 松田文彦; 平井豊博; 中山健夫; 陳和夫
        日本疫学会学術総会講演集(Web), 2020年
      • 動脈硬化リスク因子が睡眠時無呼吸症候群と動脈硬化の関連性に及ぼす影響についての検討~ながはまスタディ~
        中塚賀也; 村瀬公彦; 濱田哲; 武山博文; 松本健; 高橋順美; 谷澤公伸; 半田知宏; 田原康玄; 平井豊博; 森田智視; 中山健夫; 松田文彦; 陳和夫
        日本呼吸器学会誌(Web), 2020年
      • 日本における生活保護受給者の生活習慣病実態調査
        仙石多美; 中山健夫; 石崎達郎; 加藤源太; 大寺祥佑; 岩尾友秀; 酒井未知; 後藤禎人; 高橋由光
        日本疫学会学術総会講演集(Web), 2020年
      • 臨床研究医をとり巻く状況 8年間の進展と残された課題 京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から
        岡林 里枝; 池之上 辰義; 小川 雄右; 佐々木 典子; 竹内 正人; 渡辺 範雄; 高橋 由光; 山本 洋介; 石見 拓; 古川 壽亮; 川上 浩司; 今中 雄一; 中山 健夫; 川村 孝; 福原 俊一
        Gノート, 2019年12月
      • 【病院と患者の関係-informed consentを越えて】新しい患者-病院関係 shared decision making
        中山 健夫
        病院, 2019年11月
      • これからの医療におけるSDMの意義
        中山 健夫
        医療の質・安全学会誌, 2019年11月
      • 繰り返す人工妊娠中絶、社会的ハイリスク妊婦、被虐待、虐待加害は病院で認識・対応されているか<病院職員対象の質問紙調査>
        池田 裕美枝; 日吉 和子; 荒木 智子; 中野 慶子; 森下 真理子; 矢野 阿壽加; 中山 健夫
        日本女性医学学会雑誌, 2019年10月
      • 子宮頸がん検診要精査者に対する当院の診療状況 記述研究
        竹谷 朱; 安達 絵美; 小玉 優子; 高橋 由光; 中山 健夫; 古谷 幸子
        日本女性医学学会雑誌, 2019年10月
      • 社会的孤立状態にある女性に対する病院ソーシャルワーカーの実践と課題
        池田 裕美枝; 中野 慶子; 荒木 智子; 日吉 和子; 森下 真理子; 上山崎 悦代; 中山 健夫
        日本女性医学学会雑誌, 2019年10月
      • 高齢関節リウマチ患者の疫学的特徴
        小嶋 雅代; 中山 健夫; 鈴木 貞夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月
      • 「e-ヘルスネット」におけるアクセスログ・検索語の解析結果
        星 佳芳; 水島 洋; 上野 悟; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月
      • EBMに関する一般市民向けeラーニング教材の学習効果 ランダム化比較試験の計画
        岡林 里枝; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月
      • 和歌山県の医療機能評価(第1報) 「地域性を考慮した定量的な基準」の導入にむけて
        小野 美樹; 後藤 悦; 野尻 孝子; 中山 健夫; 今中 雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月
      • 和歌山県の医療機能評価(第2報) 「県独自の基準」の作成
        後藤 悦; 小野 美樹; 野尻 孝子; 中山 健夫; 今中 雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月
      • EBMに関する一般市民向けeラーニング教材の学習効果 ランダム化比較試験の計画
        岡林 里枝; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月
      • 食道切除術のHospital volumeと周術期医療費との関連 ナショナルデータベースを利用した5134例の解析
        坂本 享史; 錦織 達人; 後藤 励; 肥田 侯矢; 角田 茂; 川上 浩司; 中山 健夫; 小濱 和貴; 久森 重夫; 坂井 義治
        日本消化器外科学会総会, 2019年07月
      • システマティックレビューを通してのエビデンス探索の成果と課題
        中山 健夫
        日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 2019年07月
      • 一般地域住民で検出された低ホスファターゼ症原因遺伝子のバリアントと骨形質との関連 ながはまスタディ
        永田 美保; 山田 崇弘; 和田 敬仁; 川崎 秀徳; 澤井 英明; 瀬藤 和也; 川口 喬久; 日笠 幸一郎; 田原 康玄; 松田 文彦; 中山 健夫; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2019年07月
      • 関節リウマチ患者と医学生の合同グループワークで得られた患者と医学生の声 今後の医学教育に必要なこと
        大浦 智子; 小嶋 雅代; 荘子 万能; 西 明博; 橋本 里穂; 石橋 茉実; 山中 寿; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌, 2019年06月
      • 出生コホートによる日本人女性の喫煙割合と子宮頸がん死亡・罹患率の動向と変遷
        榊原 敦子; 中山 健夫; 伊藤 ゆり; 内田 博之; 小田切 陽一; 小西 郁生; 片山 俊郎; 松井 邦彦; 宮崎 貴久子; 樋口 壽宏; 寺川 耕市; 上田 豊
        日本婦人科腫瘍学会雑誌, 2019年06月
      • 日本の子宮頸がん死亡・罹患率の年次変動と将来予測 ベイズ型Age-Period-Cohort(APC)分析
        榊原 敦子; 中山 健夫; 内田 博之; 小田切 陽一; 伊藤 ゆり; 小西 郁生; 片山 俊郎; 松井 邦彦; 宮崎 貴久子; 樋口 壽宏; 寺川 耕市; 上田 豊
        日本婦人科腫瘍学会雑誌, 2019年06月
      • 随時尿ナトリウム・カリウム排泄量、ナトカリ比と血圧との関連
        田原 康玄; 肥後 有貴子; 長島 俊輔; 瀬藤 和也; 川口 喬久; 高橋 由光; 小杉 眞司; 中山 健夫; 若村 智子; 松田 文彦
        日本循環器病予防学会誌, 2019年04月
      • 病院ジェネラリスト育成プログラム 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻(SPH)と京都保健会の取り組み
        後藤 禎人; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 低リスク出産に関する医療の質指標(QI:Quality Indicator)の実用可能性 医療スタッフを対象にした個別インタビュー
        上田 佳世; 竹下 舞; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レジストリーデータから臨床知識へ J-POPレジストリ活用の事例
        中谷 友香; 西山 慶; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レセプトデータベースを用いたエビデンス診療ギャップの検討 ERCPにおける蛋白分解酵素阻害剤使用の経年変化
        瀬田 剛史; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レセプトデータ解析に使用する医薬品マスターデータの作成例
        仙石 多美; 中山 健夫; 高橋 由光
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 臨床知識とImplementation science
        竹谷 朱; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 院内感染対策サーベイランス事業データベース調査から判明したわが国の薬剤耐性菌検査の現状と課題
        井村 春樹; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)における試行利用期間中の取り組みについて
        大寺 祥佑; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 腰痛の存在は膝痛発生のリスク因子か 5年の縦断調査結果を用いたながはまスタディより
        伊藤 宣; 富成 伸次郎; 中山 健夫; 布留 守敏; 川田 交俊; 小豆澤 勝幸; 田原 康玄; 松田 文彦; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, 2019年03月
      • EBMの実践におけるShared Decision Making(SDM)の重要性
        中山 健夫; 金子 祐子; 林 綾野
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年03月
      • 重症心身障害児に対して、どの病気をどこまで治療するか〜SDM(Shared Decision Making)と臨床倫理〜 倫理と法として 「治療する・治療しない」の方針決定におけるSDMの重要性
        中山 健夫
        臨床倫理, 2019年03月
      • 「臨床知識学」のめざすもの
        中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 患者の「ナラティブ」から「臨床知識」へ DIPExの語りデータを用いた前立腺がん患者のがん告知を巡る記憶
        鳥嶋 雅子; 浦尾 充子; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 病院ジェネラリスト育成プログラム 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻(SPH)と京都保健会の取り組み
        後藤 禎人; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 低リスク出産に関する医療の質指標(QI:Quality Indicator)の実用可能性 医療スタッフを対象にした個別インタビュー
        上田 佳世; 竹下 舞; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)における試行利用期間中の取り組みについて
        大寺 祥佑; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レジストリーデータから臨床知識へ J-POPレジストリ活用の事例
        中谷 友香; 西山 慶; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レセプトデータベースを用いたエビデンス診療ギャップの検討 ERCPにおける蛋白分解酵素阻害剤使用の経年変化
        瀬田 剛史; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • レセプトデータ解析に使用する医薬品マスターデータの作成例
        仙石 多美; 中山 健夫; 高橋 由光
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 臨床知識とImplementation science
        竹谷 朱; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 統合医療エビデンスに関する臨床知識の構造化
        保坂 政嘉; 新井 一郎; 中山 健夫; 元雄 良治
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • がん終末期における倦怠感治療の標準化 臨床試験からエビデンス総体へ向けた研究経過報告
        宮崎 貴久子; 鈴鴨 よしみ; 堀松 高博; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 薬剤師にとっての「臨床知識」を考える 薬局におけるクラスターランダム化比較試験"COMPASS"研究の経験から
        岡田 浩; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 院内感染対策サーベイランス事業データベース調査から判明したわが国の薬剤耐性菌検査の現状と課題
        井村 春樹; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 知識から実践へつなげる栄養教育の在り方 栄養ケア・マネジメントから栄養ケアプロセスへの展開
        森岡 美帆; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • リアルワールドデータを用いた臨床知識の創出 DPCデータから見た肺がん術前後の呼吸器リハビリテーションの有効性と実施状況
        藤本 修平; 中山 健夫
        日本臨床知識学会学術集会, 2019年03月
      • 大規模コホートの繰り返し測定値を用いた大気汚染物質の影響研究 ながはまスタディー
        田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦
        日本衛生学雑誌, 2019年02月
      • 我が国の集中治療領域におけるmoral distressの現状 ICUの医師、看護師の抱える倫理的苦悩、バーンアウトとストレス対処(2018年全国調査より)
        藤井 智子; 方山 真朱; 梨木 洋; 新津 健裕; 武居 哲洋; 宇都宮 明美; 宮崎 貴久子; Dodek Peter; Hamric Ann; 中山 健夫
        日本集中治療医学会雑誌, 2019年02月
      • 患者が思う「多剤」とは? 服薬や多剤に関する意識調査
        大江 千恵子; 後藤 洋嘉; 齊藤 良行; 五十嵐 中; 中山 健夫
        産業衛生学雑誌, 2019年01月
      • 大規模コホートの繰り返し測定値を用いた大気汚染物質の影響研究:ながはまスタディー
        田原康玄; 中山健夫; 松田文彦
        日本衛生学雑誌(Web), 2019年
      • 難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究 糖尿病と高血圧に対する性別や閉経を加味した睡眠因子と肥満の影響:ながはまスタディ
        陳和夫; 松本健; 村瀬公彦; 田原康玄; GOZAL David; SMITH Dale; 南卓馬; 立川良; 谷澤公伸; 小賀徹; 長島俊輔; 若村智子; 米浪直子; 瀬藤和也; 川口喬久; 堤孝信; 高橋由光; 中山健夫; 平井豊博; 松田文彦
        難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究 平成30年度 総括・分担研究報告書(Web), 2019年
      • 持続陽圧(CPAP,ASV)治療管理開始時からの治療状況確認と自己学習を含めた患者・医療機関相互方向の遠隔医療の試み 持続気道陽圧(CPAP)療法中の睡眠時無呼吸患者の肥満に対する遠隔モニタリングシステムを利用した減量指導の検証
        巽浩一郎; 平井豊博; 森田智視; 大平徹郎; 坪井知正; 富井啓介; 葛西隆敏; 千葉伸太郎; 黒田知宏; 中山健夫; 吉嶺裕之; 權寧博; 吉川雅則; 小川浩正; 小川浩正; 百村伸一; 小賀徹; 陳和夫
        持続陽圧(CPAP、ASV)治療管理開始時からの治療状況確認と自己学習を含めた患者・医療機関相互方向の遠隔医療の試み 平成30年度 研究報告書(Web), 2019年
      • 大学生の食行動に影響する要因探索研究:インタビュー調査による質的研究
        太田はるか; 高橋由光; 中山健夫
        日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集, 2018年12月08日
      • 【習慣化されたケアをエビデンスから検証する】 根拠に基づく医療(EBM)や診療ガイドラインとの上手な付き合い方
        上田 佳世; 五十嵐 稔子; 中山 健夫
        助産雑誌, 2018年12月
      • 医学研究に関する個人情報保護・研究倫理関係法令等の体系、適用関係および適用除外についての調査研究
        荒木 和夫; 増澤 祐子; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本公衆衛生雑誌, 2018年12月
      • 他診療科との連携の際、必要なエビデンス診療ギャップの理解 薬剤性高プロラクチン血症の一例から
        竹谷 朱; 中山 健夫; 中谷 幸子
        日本女性医学学会雑誌, 2018年10月
      • 平成28年度国民生活基礎調査に基づくわが国の関節リウマチ患者の疫学像
        小嶋 雅代; 中山 健夫; 鈴木 貞夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2018年10月
      • COST-EFFECTIVENESS OF COMMUNITY PHARMACISTS’ SUPPORT OF LIFESTYLE HABIT IMPROVEMENTS PREVENTION OF DIABETIC NEPHROPATHY IN TYPE 2 DIABETES
        Iida Y; Shoji M; Onda M; Okada H; Nakayama T; Sakane N
        Value in Health, 2018年09月
      • EFFECT OF SUPPORT OFFERED BY COMMUNITY PHARMACISTS' FOR LIFESTYLE MODIFICATION IN TYPE II DIABETES ON MEDICAL COSTS ASSOCIATED WITH DIABETIC FOOT ULCERS
        Wada S; Shoji M; Onda M; Okada H; Sakane N; Nakayama T
        Value in Health, 2018年09月, 査読有り
      • その根拠は、なんだろう? "伝える人"のための情報見極め術
        薄井 由枝; 中山 健夫
        歯科衛生士, 2018年09月
      • 福島第1原子力発電所事故後の避難者における放射線による健康不安とメディア利用との関連
        大類 真嗣; 中山 千尋; 黒田 佑次郎; 森山 信彰; 岩佐 一; 堀内 輝子; 中山 健夫; 杉田 稔; 安村 誠司
        福島県保健衛生雑誌, 2018年09月
      • 診療ガイドラインの再評価 今後の方向性 基調講演 わが国のガイドラインの現状と問題点、今後の展望
        中山 健夫
        日本外科学会雑誌, 2018年09月
      • 産学連携によるヘルスコミュニケーション創発共同研究プロジェクト 健康DesignStudioの立ち上げと今後について
        戒田 信賢; 比留間 雅人; 瀧口 友香; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年09月
      • 企業参画によるコミュニティを起点とした地域の健康づくりに係る研究
        佐藤 克彦; 戒田 信賢; 比留間 雅人; 瀧口 友香; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年09月
      • 医薬品のリスクコミュニケーションのための患者向け資材の有用性評価指針の検討 (第1報) 有用性評価
        矢口 明子; 仙石 多美; 須賀 万智; 日向 美羽; 山本 健; 佐藤 嗣道; 中村 敏明; 齋藤 真由; 中山 健夫; 山本 美智子
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年09月
      • 医薬品のリスクコミュニケーションのための患者向け資材の有用性評価指針の検討 (第2報) 作成要綱と指標の提案
        仙石 多美; 矢口 明子; 須賀 万智; 日向 美羽; 山本 健; 佐藤 嗣道; 中村 敏明; 齋藤 真由; 中山 健夫; 山本 美智子
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年09月
      • 薬剤師がデータを正しく活用するために ビッグデータ・AI時代の課題と期待
        中山 健夫
        日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 2018年09月
      • 黄砂の乳幼児の症状への影響
        板澤 寿子; 金谷 久美子; 浜崎 景; 稲寺 秀邦; 大西 一成; 黒沢 洋一; 中山 健夫; 足立 雄一
        日本職業・環境アレルギー学会雑誌, 2018年07月
      • Effect of age on muscle strength of lower limbs: a cross-sectional study.
        Ikezoe T; Sato S; Ichihashi N; Tabara Y; Nakayama T; Matsuda F; Tsuboyama T
        The 23nd Annual Congress of the European College of Sport Science., 2018年07月, 査読有り
      • 診療ガイドライン 近年の考え方
        中山 健夫
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • 世界的な高血圧管理改善のための推奨される治療プロトコル(Recommended Treatment Protocols for Improving Management of Hypertension Globally)
        平和 伸仁; 中山 健夫; B.A. ムルガナサン
        ACP(米国内科学会)日本支部年次総会プログラム集, 2018年06月
      • 子宮頸癌治療後女性の性生活に関する情報探索行動 質的研究
        前田 紗江; 太田 はるか; 高橋 由光; 中山 健夫; 馬場 長; 万代 昌紀
        産婦人科の進歩, 2018年05月
      • 【小児診療ガイドラインの読み解き方-ガイドラインの背景、使い方を中心に】 診療ガイドラインQ&A 診療ガイドラインとは? 診療ガイドラインの目的は何ですか?
        中山 健夫
        小児内科, 2018年05月
      • 網膜細血管の狭小化は大動脈壁硬化の進展と関連する ながはまスタディー
        田原 康玄; 川島 京子; 山城 健児; 瀬藤 和也; 三宅 正裕; 中山 健夫; 吉村 長久; 辻川 明孝; 松田 文彦
        日本循環器病予防学会誌, 2018年05月
      • 【IPF治療ガイドラインの実践活用法】 「特発性肺線維症の治療ガイドライン2017」の基本理念と活用法
        内田 智絵; 後藤 禎人; 中山 健夫
        呼吸器内科, 2018年05月
      • 論文執筆のガイドラインの世界的動向 ICMJE RecommendationsからEQUATOR Networkへ
        中山 健夫
        日本東洋医学雑誌, 2018年05月
      • 地域在住中高齢女性における筋量減少と肥満・低栄養との併存が筋力・歩行能力に及ぼす影響 ながはまスタディ
        池添 冬芽; 市橋 則明; 田中 真砂世; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 坪山 直生
        日本老年医学会雑誌, 2018年05月
      • Transition Readiness Assessment Questionnaire(TRAQ:移行準備状況評価アンケート)日本語版の開発と妥当性・信頼性の検討
        佐藤 優希; 落合 亮太; 西田 俊彦; 三浦 健一郎; 滝 敦子; 谷 諭美; 内藤 真理子; 高橋 由光; 服部 元史; 中山 健夫
        日本小児腎臓病学会雑誌, 2018年05月
      • 薬学生・薬剤師に実践的なEBM教育を進めていこう! 薬学部におけるEBM教育の現状
        佐々木 順一; 北澤 京子; 中山 健夫
        薬学雑誌, 2018年05月
      • 高齢慢性腎臓病患者における診療の質と末期腎不全発生の関連
        福間 真悟; 池之上 辰義; 清水 さやか; 柳田 素子; 加藤 源太; 中山 健夫; 福原 俊一
        日本腎臓学会誌, 2018年04月
      • 【所得格差時代の薬物治療"経済的負担を軽減したい"患者の訴えにいかに応えるか】 臨床の場で「患者の意向・希望」にどう応えるか? Shared decision making(SDM)の視点から
        中山 健夫
        薬局, 2018年04月
      • 診療ガイドラインの再評価-今後の方向性- わが国のガイドラインの現状と問題点、今後の展望
        中山 健夫
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2018年04月
      • ヘリコバクター・ピロリ菌除菌治療による原発性胃癌の予防効果 システマティックレビューとメタ分析
        瀬田 剛史; 山下 幸孝; 中山 健夫
        日本消化器病学会雑誌, 2018年04月
      • 高齢慢性腎臓病患者における診療の質と末期腎不全発生の関連
        福間 真悟; 池之上 辰義; 清水 さやか; 柳田 素子; 加藤 源太; 中山 健夫; 福原 俊一
        日本腎臓学会誌, 2018年04月
      • Prevalence of posterior staphyloma and factors associated with its shape in the Japanese population
        Numa Shogo; Yamashiro Kenji; Wakazono Tomotaka; Yoshikawa Munemitsu; Miyake Masahiro; Nakanishi Hideo; Oishi Akio; Kawaguchi Takahisa; Setoh Kazuya; Takahashi Yoshimitsu; Kosugi Shinji; Nakayama Takeo; Tabara Yasuharu; Matsuda Fumihiko; Yoshimura Nagahisa; Tsujikawa Akitaka
        Scientific Reports, 2018年03月15日
      • 看護実践におけるCPG(Clinical Practice Guidelines)の開発と位置づけ : 2017キックオフ国際シンポジウム「診療ガイドラインの軌跡と未来形」
        野地 有子; 野崎 章子; 近藤 麻理; 飯島 佐知子; 小寺 さやか; 溝部 昌子; 金 一東; 中山 健夫; 宮坂 勝之; 菅原 浩幸; 山口 直人
        千葉大学大学院看護学研究科紀要 = Journal of Graduate School of Nursing, Chiba University, 2018年03月
      • リスク・ベネフィットコミュニケーションの新たな展開-安全性情報が十分に伝達され理解されるために- エビデンスに基づくリスク・ベネフィットのコミュニケーション SDM<共有意思決定に向けて>
        中山 健夫
        薬学雑誌, 2018年03月
      • 東京電力の福島第一原子力発電所過酷事故後のメディア報道 「県民健康調査」の価値劣化報道に対する批判
        杉田 稔; 中山 千尋; 佐藤 理; 黒田 佑次郎; 大類 真嗣; 中山 健夫; 安村 誠司
        健康開発, 2018年03月
      • 請求および病院情報システムデータに基づく心不全入院患者データベースの設計および検証(Design and Validation of Heart Failure Inpatient Database Based on Claims and Hospital Information System Data)
        兒玉 和久; 坂本 知浩; 久保田 徹; 滝村 英幸; 本郷 玄; 近島 博道; 柴崎 佳幸; 矢田 徹; 中尾 浩一; 中山 健夫
        日本循環器学会学術集会抄録集, 2018年03月
      • 随時尿コチニン量で評価した受動喫煙と白血球数 ながはまスタディー
        田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; ながはまスタディーグループ
        日本衛生学雑誌, 2018年03月
      • メンデルランダム化解析によるリポ蛋白亜分画コレステロール濃度に対する飲酒の影響:ながはまスタディー
        田原康玄; 荒井秀典; 平尾裕子; 高橋由光; 瀬藤和也; 川口喬久; 小杉眞司; 伊藤康樹; 中山健夫; 松田文彦
        日本疫学会学術総会講演集(Web), 2018年02月01日
      • 【DPC・NDBデータなどを活用した臨床研究の現状と展望】 レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いた研究の動向 NDBデータを用いた臨床研究
        加藤 源太; 中山 健夫
        Progress in Medicine, 2018年02月
      • 随時尿コチニン量で評価した受動喫煙と白血球数:ながはまスタディー
        田原康玄; 中山健夫; 松田文彦
        日本衛生学雑誌(Web), 2018年
      • 一般地域住民における低ホスファターゼ症の未診断罹患者および非発症キャリアの研究:ながはまスタディ
        永田美保; 山田崇弘; 山田崇弘; 十川麗美; 馬場遥香; 川崎秀徳; 川崎秀徳; 和田敬仁; 和田敬仁; 澤井英明; 澤井英明; 瀬藤和也; 川口喬久; 日笠幸一郎; 中山健夫; 田原康玄; 松田文彦; 小杉眞司; 小杉眞司
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2018年
      • 難治性血管炎に関する研究 中・小型血管炎に関する調査研究
        要伸也; 天野宏一; 伊藤聡; 勝又康弘; 駒形嘉紀; 佐田憲映; 高橋啓; 田村直人; 土橋浩章; 長坂憲治; 長坂憲治; 中山健夫; 南木敏宏; 原渕保明; 本間栄; 和田隆志; 渥美達也; 鮎沢衛; 池谷紀子; 板橋美津世; 伊藤秀一; 井上永介; 遠藤知美; 奥健志; 加藤将; 金子修三; 唐澤一徳; 川上純; 川嶋聡子; 神田祥一郎; 神田隆; 岸部幹; 栗原泰之; 黒崎敦子; 小寺雅也; 小寺雅也; 小林徹; 小林正樹; 小川法良; 小松田敦; 鈴木啓之; 鈴木美紀; 田中良哉; 関谷潔史; 中野直子; 中屋来哉; 南郷栄秀; 難波大夫; 萩野昇; 服部元史; 林太智; 原章規; 坂東政司; 坂野章吾; 堀場恵; 本間則行; 三浦健一郎; 宮前多佳子; 武曾恵理; 村川洋子; 山村昌弘
        難治性血管炎に関する調査研究 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web), 2018年
      • 保健医療介護現場の課題に即したビッグデータ解析を実践するための臨床疫学・統計・医療情報技術を磨く高度人材育成プログラムの開発と検証に関する研究 NDBデータ研究の実践と人材育成プログラム開発・検証
        中山健夫; 加藤源太
        保健医療介護現場の課題に即したビッグデータ解析を実践するための臨床疫学・統計・医療情報技術を磨く高度人材育成プログラムの開発と検証に関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web), 2018年
      • 共有意思決定における患者参加の促進因子と阻害因子に対する認識 理学療法士・作業療法士を対象としたフォーカスグループインタビュー
        藤本 修平; 尾川 達也; 藤本 静香; 中山 健夫
        理学療法科学, 2018年
      • PDB32 Cost-effectiveness of community pharmacists' intervention for patients with diabetes in prevention of diabetic retinopathy. ISPOR 20th Annual European Congress
        Masaki S; Mitsuko O; Hiroshi O; Naoki S; Takeo N
        Value in Health, 2017年11月
      • EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール PRISMA-IPD メタアナリシスおよびシステマティックレビューの手法の展開に対応するためのルール(PRISMA拡張版)
        瀬田 剛史; 中山 健夫
        薬理と治療, 2017年11月
      • 作成手順から考える診療ガイドライン
        中山 健夫
        臨床薬理, 2017年11月
      • 燃焼性大気汚染物質の、黄砂の健康影響への修飾
        金谷 久美子; 浜崎 景; 稲寺 秀邦; 黒沢 洋一; 大西 一成; 増本 年男; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2017年10月
      • 黄砂・PM2.5の乳幼児の目/鼻/呼吸器症状への影響 エコチル追加調査より
        浜崎 景; 金谷 久美子; 稲寺 秀邦; 増本 年男; 黒沢 洋一; 大西 一成; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2017年10月
      • 福島第一原子力発電所事故後の放射線健康不安に対する情報の影響
        中山 千尋; 杉田 稔; 中山 健夫; 黒田 佑次郎; 大類 真嗣; 堀内 輝子; 岩佐 一; 安村 誠司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2017年10月
      • 「それぞれの生」意思決定、就労、緩和の支援とは Shared decision making(SDM)の視点から
        中山 健夫
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • Seasonal Variation and Day-by-day Variability in Nocturnal Blood Pressure Fall: The Nagahama Study.
        Yasuharu Tabara; Takeshi Matsumoto; Kimihiko Murase; Shunsuke Nagashima; Toyohiro Hirai; Shinji Kosugi; Takeo Nakayama; Tomoko Wakamura; Kazuo Chin; Fumihiko Matsuda
        HYPERTENSION, 2017年09月
      • 医療過誤におけるコミュニケーション ハーバード『真実説明・謝罪マニュアル』に基づく事例検討
        酒井 恭子; 寺岡 雅恵; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 関節リウマチ患者と医学生の面接によって得られた「患者の声」
        大浦 智子; 小嶋 雅代; 山中 寿; 荘子 万能; 西 明博; 橋本 里穂; 石橋 茉実; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 関節リウマチ患者と医学生の合同グループワークの経験から 患者さんの感じたこと・医学生の学んだこと
        大浦 智子; 小嶋 雅代; 山中 寿; 荘子 万能; 西 明博; 橋本 里穂; 石橋 茉実; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 前立腺がん患者と乳がん患者のがん告知時の語りの違い DIPExデータ・シェアリングによる質的研究
        鳥嶋 雅子; 浦尾 充子; 小杉 眞司; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 福島第一原子力発電所事故後の放射線健康不安に対する情報の影響
        中山 千尋; 杉田 稔; 中山 健夫; 黒田 佑次郎; 大類 真嗣; 堀内 輝子; 岩佐 一; 安村 誠司
        福島県保健衛生雑誌, 2017年09月
      • SMALL DENSE LDL CHOLESTEROL AFFECTS ARTERIAL STIFFNESS IN JAPANESE: THE NAGAHAMA STUDY
        Hidenori Arai; Yasuharu Tabara; Yoshimitsu Takah; Kazuya Setoh; Takahisac Kawagu; Takeo Nakayama; Fumihiko Matsuda
        ATHEROSCLEROSIS, 2017年08月
      • Development of an e-learning program on evidence-based-medicine for lay adult persons with interest in health.
        Satoe Okabayashi; Kyoko Kitazawa; Takeo Nakayama; Takashi Kawamura
        The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology, 2017年08月, 査読有り
      • 鳥取県米子市に飛来した粗大粒子及びPM2.5の成分比較と発生源解析による検討
        大西 一成; 奥田 知明; 福池 晃; 金谷 久美子; 野島 正寛; 足立 雄一; 浜崎 景; 増本 年男; 中山 健夫; 黒沢 洋一; 山縣 然太朗
        大気環境学会年会講演要旨集, 2017年08月
      • 燃焼性大気汚染物質の、黄砂の健康影響への修飾 エコチル調査追加調査『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 亀田 貴之; 大久保 綾乃; 森 育子; 増本 年男; 黒沢 洋一; 大西 一成; 奥田 知明; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2017年08月
      • 黄砂・PM2.5の健康乳幼児の目・鼻・呼吸器症状への影響 エコチル調査追加調査『黄砂と子どもの健康調査(パート2)』より
        金谷 久美子; 浜崎 景; 足立 雄一; 稲寺 秀邦; 増本 年男; 黒沢 洋一; 大西 一成; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2017年08月
      • Association between the locomotive syndrome and physical function in community-dwelling older adults: A longitudinal study.
        Ikezoe T; Isono R; Ichihashi N; Tabara Y; Nakayama T; Matsuda F; Tsuboyama T
        The 22nd Annual Congress of the European College of Sport Science, 2017年07月
      • 睡眠呼吸障害と客観的睡眠時間との関連 ながはまスタディ
        松本 健; 村瀬 公彦; 田原 康玄; 南 卓馬; 立川 良; 谷澤 公伸; 井内 盛遠; 小賀 徹; 長島 俊輔; 若村 智子; 高橋 由光; 中山 健夫; 平井 豊博; 松田 文彦; 陳 和夫
        日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • 患者不安をとる 医療現場におけるヘルスコミュニケーション 共有意思決定(shared decision making)とは何か
        中山 健夫
        循環plus, 2017年06月
      • 臨床研究と疫学研究の今後の組み立て方
        中山 健夫
        リウマチ科, 2017年06月
      • 日本版薬局内組織風土質問票の開発
        庄司 雅紀; 恩田 光子; 岡田 浩; 中川 康司; 坂根 直樹; 中山 健夫
        日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 2017年06月
      • 薬局薬剤師の高血圧患者療養支援研究(COMPASS-BP)への参加による「やりがい」の変化
        野田 瑠実; 庄司 雅紀; 恩田 光子; 岡田 浩; 中川 康司; 坂根 直樹; 中山 健夫
        日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 2017年06月
      • 睡眠呼吸障害と客観的睡眠時間との関連 ながはまスタディ
        松本 健; 村瀬 公彦; 田原 康玄; 南 卓馬; 立川 良; 谷澤 公伸; 井内 盛遠; 小賀 徹; 長島 俊輔; 若村 智子; 高橋 由光; 中山 健夫; 平井 豊博; 松田 文彦; 陳 和夫
        日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • ANALYSIS OF STATIN PRESCRIPTION FOR DYSLIPIDEMIA WITH THE NATIONWIDE HEALTH INSURANCE CLAIMS DATA IN JAPAN: A REPEATED CROSS-SECTIONAL STUDY
        S. Ohtera; M. Sakai; T. Iwao; Y. Neff; Y. Takahashi; G. Kato; T. Nakayama
        VALUE IN HEALTH, 2017年05月
      • EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール RECORD声明 日常的に収集されるヘルスデータを用いた観察研究の報告(STROBE拡張版)
        高橋 由光; 酒井 未知; 大寺 祥佑; 中山 健夫
        薬理と治療, 2017年05月
      • 修正デルファイ法を用いた心臓リハビリテーション診療の質指標(クオリティ・インディケーター)の開発
        大寺 祥佑; 金沢 奈津子; 小笹 寧子; 上嶋 健治; 中山 健夫
        日本循環器病予防学会誌, 2017年05月
      • 若年男性勤務者集団の日常的な身体活動によるBMI増加への影響 健診データベースを用いたコホート研究
        誉田 真子; 高橋 由光; 桑原 佳宏; 保野 慎治; 佐藤 恵子; 中山 健夫; 上嶋 健治
        日本循環器病予防学会誌, 2017年05月
      • 一般地域住民の遺伝リテラシーと家族の遺伝情報がもたらす不安感についての横断研究 ながはまスタディ
        高嶺 恵理子; 稲葉 慧; 松川 愛未; 米井 歩; 瀬藤 和也; 川口 喬久; 高橋 由光; 田原 康玄; 和田 敬仁; 中山 健夫; 松田 文彦; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2017年05月
      • 地域在住中高齢者における下肢筋力およびバランス機能がロコモティブシンドロームに及ぼす影響 ながはまスタディ
        池添 冬芽; 市橋 則明; 磯野 凌; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 坪山 直生
        日本老年医学会雑誌, 2017年05月
      • 理学療法士における診療ガイドラインの利用と関連するEvidence-based practiceへの意識・態度および環境要因の検討 質問紙調査を用いた横断研究
        藤本 修平; 今 法子; 中山 健夫
        理学療法学, 2017年04月
      • 自治体の特定保健指導における特定健康診査質問票の活用状況
        杉田 由加里; 井出 成美; 石川 麻衣; 池崎 澄江; 中山 健夫
        千葉大学大学院看護学研究科紀要, 2017年03月, 査読有り
      • PM2.5の喘息児への影響(中間解析結果)
        浜崎 景; 金谷 久美子; 大西 一成; 黒沢 洋一; 稲寺 秀邦; 中山 健夫; 足立 雄一
        日本衛生学雑誌, 2017年03月
      • 自治体の特定保健指導における特定健康診査質問票の活用状況
        杉田 由加里; 井出 成美; 石川 麻衣; 池崎 澄江; 中山 健夫
        千葉大学大学院看護学研究科紀要, 2017年03月
      • 膠原病・リウマチ性疾患の診療ガイドライン 関節リウマチ診療ガイドライン JCR2014に基づく一般医向け診療ガイドラインの作成
        山中 寿; 伊藤 宣; 遠藤 平仁; 金子 祐子; 川人 豊; 岸本 暢将; 小嶋 俊久; 小嶋 雅代; 瀬戸 洋平; 中山 健夫; 西田 圭一郎; 平田 信太郎; 松下 功; 宮坂 信之
        日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2017年03月
      • 薬学生・薬剤師に実践的なEBM教育を進めていこう! 薬学部におけるEBM教育の現状
        佐々木 順一; 北澤 京子; 中山 健夫
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • リスク・ベネフィットコミュニケーションの新たな展開 安全性情報が十分に伝達され理解されるために Shared Decision Making(SDM)の実現に向けて エビデンスに基づくリスク・ベネフィットのコミュニケーション
        中山 健夫
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • 専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 本邦における未破裂脳動脈瘤の3年間の破裂リスク予測スコア
        富成 伸次郎; 森田 明夫; 中山 健夫
        脳神経外科速報, 2017年01月
      • ARDS診療ガイドライン2016
        橋本 悟; 讃井 將満; 江木 盛時; 大下 慎一郎; 塩塚 潤二; 瀬尾 龍太郎; 田中 竜馬; 田中 優; 則末 泰博; 林 淑朗; 南郷 栄秀; 青木 善孝; 安藤 幸吉; 飯塚 悠祐; 今泉 均; 岡森 慧; 貝沼 関志; 片岡 惇; 加茂 徹郎; 川口 敦; 熊澤 淳史; 倉橋 清泰; 小尾口 邦彦; 近藤 豊; 櫻谷 正明; 下山 哲; 鈴木 聡; 鈴木 裕之; 関野 元裕; 中島 幹男; 西村 哲郎; 福田 龍将; 牧野 淳; 宮下 亮一; 森脇 龍太郎; 安田 英人; 吉武 重徳; 山下 ユミ; 中川 好子; 鈴木 孝明; 今中 秀光; 一門 和哉; 野崎 歩; 神津 玲; 卯野木 健; 高橋 由典; 芹田 晃道; 武澤 恵理子; 青景 聡之; 多治見 公高; 湯浅 秀道; 福岡 敏雄; 矢吹 拓; 相原 守夫; 中山 健夫; 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会
        日本集中治療医学会雑誌, 2017年01月
      • 系統的レビューとコホート研究に基づく特定健診質問票の開発
        中山健夫; 田原康玄
        系統的レビューとコホート研究に基づく特定健診質問票の開発 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web), 2017年
      • 難治性血管炎に関する調査研究 中小型血管炎臨床分科会活動報告
        針谷正祥; 天野宏一; 伊藤聡; 勝又康弘; 駒形嘉紀; 佐田憲映; 土橋浩章; 中山健夫; 堀田哲也; 本間栄; 和田隆志; 板橋美津世; 臼井丈一; 遠藤知美; 小川法良; 川上純; 川口鎮司; 川嶋聡子; 神田隆; 岸部幹; 栗原泰之; 黒崎敦子; 小松田敦; 高瀬博; 竹田慎一; 田中良哉; 谷口正実; 冨田誠; 中野正明; 中屋来哉; 長坂憲治; 難波大夫; 南郷栄秀; 萩野昇; 林太智; 原章規; 坂東政司; 坂野章吾; 本間則行; 村川洋子; 山村昌弘; 武曾恵理; 川上民裕
        難治性血管炎に関する調査研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web), 2017年
      • REPORTING QUALITY OF CRITICAL CARE TRIAL ABSTRACTS NEEDS IMPROVEMENT: A MESSAGE FOR INVESTIGATORS
        Akira Kuriyama; Naomi Takahashi; Takeo Nakayama
        CRITICAL CARE MEDICINE, 2016年12月
      • たかがガイドライン、されどガイドライン 診療ガイドラインを使いこなすために 診療ガイドラインの今・これから
        中山 健夫
        外来小児科, 2016年12月
      • レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)の試行的利用に基づく今後の活用可能性に関する検証
        酒井未知; 大寺祥佑; 岩尾友秀; 岡本和也; 加藤源太; 中山健夫; 黒田知宏
        医療情報学, 2016年11月01日
      • ビッグデータの医療利用について
        高橋 由光; 中山 健夫
        日本薬剤師会雑誌, 2016年11月
      • 【ファーマコビジランスと病院薬剤師】 未知の副作用探知への医療ビッグデータの活用
        中山 健夫
        日本病院薬剤師会雑誌, 2016年11月
      • 医療系リアルワールドデータの利活用の実例 厚生労働省・戦略研究の取り組みから レセプトデータのバリデーションとNDB活用の実際
        中山 健夫
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2016年11月
      • 職域保険加入者における多量投薬、潜在的不適切処方の実態調査 横断研究
        齋藤 良行; 竹歳 彩; 大江 千恵子; 五十嵐 中; 中山 健夫
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2016年11月
      • エビデンスに基づく産業衛生を考える
        中山 健夫
        産業ストレス研究, 2016年11月
      • ARDS診療ガイドライン2016
        橋本 悟; 讃井 將満; 江木 盛時; 大下 慎一郎; 塩塚 潤二; 瀬尾 龍太郎; 田中 竜馬; 田中 優; 則末 泰博; 林 淑朗; 南郷 栄秀; 青木 善孝; 安藤 幸吉; 飯塚 悠祐; 今泉 均; 岡森 慧; 貝沼 関志; 片岡 惇; 加茂 徹郎; 川口 敦; 熊澤 淳史; 倉橋 清泰; 小尾口 邦彦; 近藤 豊; 櫻谷 正明; 下山 哲; 鈴木 聡; 鈴木 裕之; 関野 元裕; 中島 幹男; 西村 哲郎; 福田 龍将; 牧野 淳; 宮下 亮一; 森脇 龍太郎; 安田 英人; 吉武 重徳; 山下 ユミ; 中川 好子; 鈴木 孝明; 今中 秀光; 一門 和哉; 野崎 歩; 神津 玲; 卯野木 健; 高橋 由典; 芹田 晃道; 武澤 恵理子; 青景 聡之; 多治見 公高; 湯浅 秀道; 福岡 敏雄; 矢吹 拓; 相原 守夫; 中山 健夫; 一般社団法人日本呼吸療法医学会, ARDS診療ガイドライン作成委員会
        人工呼吸, 2016年11月
      • レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおける、今後の第三者提供の方向性について レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)の試行的利用に基づく今後の活用可能性に関する検証
        酒井 未知; 大寺 祥佑; 岩尾 友秀; 岡本 和也; 加藤 源太; 中山 健夫; 黒田 知宏
        医療情報学連合大会論文集, 2016年11月
      • 乳幼児育児世代の子宮がん検診受診に影響を与える要因:国民生活基礎調査の一次利用
        家曽美里; 高橋由光; 中山健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月15日
      • Descriptions of quality of life and patient preference in Japanese cancer clinical practice guidelines: a content analysis
        Kikuko Miyazaki; Miwa Hinata; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2016年10月
      • 共有意思決定とは何か? インフォームドコンセントとの相違
        藤本 修平; 今 法子; 中山 健夫
        日本医事新報, 2016年10月
      • トランスレーショナルリサーチへの誘い(第6回) 診療ガイドライン作成のHow To
        中山 健夫
        尿酸と血糖, 2016年10月
      • 診療ガイドラインUpdate ガイドラインとの付き合い方
        中山 健夫
        日本耳鼻咽喉科学会会報, 2016年10月
      • がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン2016
        柏原 直樹; 大家 基嗣; 岡田 浩一; 南学 正臣; 武藤 智; 福田 喜美子; 織田 美佐緒; 多田 千春; 西澤 展美; 堀江 重郎; 安田 宜成; 小松 康宏; 柳田 素子; 北川 雄光; 桑野 博行; 西山 博之; 石岡 千加史; 高石 官均; 下平 秀樹; 茂木 晃; 安藤 雄一; 松本 光史; 門脇 大介; 福井 次矢; 中山 健夫; 杉浦 正一郎; 高畑 創平; 長谷川 正宇; 近藤 尚哉; 水野 隆一; 塚本 達雄; 松原 雄; 比良野 圭太; 河合 弘二; 酒井 真; 染谷 健次; 浜本 康夫; 足立 雅之; 堀部 昌靖; 川崎 健太; 松岡 歩; 加藤 有紀子; 猿渡 淳二; 日本腎臓学会, 日本癌治療学会, 日本臨床腫瘍学会, 日本腎臓病薬物療法学会
        日本腎臓学会誌, 2016年10月
      • 医療ビッグデータの現状と展望
        中山 健夫
        日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 2016年10月
      • 地域自殺対策の推進に向けた公衆衛生人材の育成 公衆衛生大学院における多様な人材育成
        中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 特定健診・特定保健指導の今後 第三期に向けて 改めて「標準的」な質問票を考える 系統的レビューと総意形成を通して
        中山 健夫; 田原 康玄; 高橋 由光; 陳 和夫; 磯 博康; 三浦 克之; 岡村 智教; 小坂 健; 松尾 恵太郎; 神田 秀幸; 杉田 由加里; 立石 清一郎; 宮地 元彦; 武見 ゆかり
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 乳幼児育児世代の子宮がん検診受診に影響を与える要因 国民生活基礎調査の二次利用
        家曽 美里; 高橋 由光; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 妊婦における大気浮遊粒子状物質に対するマスク着用の予防効果
        大西 一成; 中山 健夫; 黒沢 洋一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 自治体における特定保健指導の問診の実態調査(第1報) 特定健診質問票の活用状況
        杉田 由加里; 井出 成美; 石川 麻衣; 池崎 澄江; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 自治体における特定保健指導の問診の実態調査(第2報) 質問票項目の設定と使用
        井出 成美; 杉田 由加里; 石川 麻衣; 池崎 澄江; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 自治体における特定保健指導の問診の実態調査(第3報) 保健行動を把握する上での困難
        石川 麻衣; 杉田 由加里; 井出 成美; 池崎 澄江; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 黄砂・PM2.5情報の提供のあり方についてのニーズ調査
        太田 はるか; 家曽 美里; 平林 今日子; 金谷 久美子; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月
      • 黄砂のアレルギー症状への影響は、燃焼性大気汚染物質によりどの程度修飾されているか
        金谷 久美子; 足立 雄一; 浜崎 景; 稲寺 秀邦; 亀田 貴之; 東野 達; 中山 健夫
        日本小児呼吸器学会雑誌, 2016年09月
      • 糖尿病の死因に関する委員会報告 アンケート調査による日本人糖尿病の死因 2001〜2010年の10年間、45,708名での検討
        中村 二郎; 神谷 英紀; 羽田 勝計; 稲垣 暢也; 谷澤 幸生; 荒木 栄一; 植木 浩二郎; 中山 健夫
        糖尿病, 2016年09月
      • がん告知時の医師の態度・言葉と患者の受け取り 前立腺がん患者の語りを対象とした質的分析
        鳥嶋 雅子; 浦尾 充子; 小杉 眞司; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2016年09月
      • 医学生は、患者視点をどのように学ぶことができるのか リウマチ患者へのインタビューを通じて
        荘子 万能; 西 明博; 橋本 里穂; 石橋 茉実; 小嶋 雅代; 大浦 智子; 山中 寿; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2016年09月
      • 東京電力の福島原子力発電所過酷事故後のメディア報道
        杉田 稔; 中山 千尋; 佐藤 理; 黒田 佑次郎; 大類 真嗣; 堀内 輝子; 中山 健夫; 安村 誠司
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2016年09月
      • 研究法入門 疫学研究を中心に
        中山 健夫
        子どもの健康科学, 2016年09月
      • 診療ガイドライン作成に患者・支援者が参画するための提案 PIGL2016の骨子について
        栗山 真理子; 北澤 京子; 中山 健夫
        日本医事新報, 2016年08月
      • 黄砂・PM2.5の乳幼児への影響評価の進捗報告 エコチル追加調査『黄砂と子どもの健康調査(パート2)』より
        金谷 久美子; 浜崎 景; 大西 一成; 杉本 伸夫; 清水 厚; 亀田 貴之; 足立 雄一; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2016年08月
      • がん薬物療法を行った大腸がんサバイバーの面接調査 病勢コントロールができた症例の質的内容分析
        宮崎 貴久子; 堀松 高博; 松本 繁巳; 仁科 智裕; 中山 健夫
        Palliative Care Research, 2016年06月
      • 脳卒中患者を対象としたModified Barthel Indexの信頼性
        大浦 智子; 長谷 公隆; 中島 美恵; 中山 健夫
        The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2016年06月
      • Topics for Health Care ビッグデータの現状と展望
        中山 健夫
        Up-to-date子どもの感染症, 2016年06月
      • 一般消費者に対する医薬品情報の利活用に関する現状調査
        山本 健; 宮田 滉平; 鈴木 榛華; 黒澤 光; 岡崎 光洋; 浅田 和弘; 須賀 万智; 佐藤 嗣道; 中村 敏明; 古川 綾; 折井 孝男; 高橋 英孝; 杉森 裕樹; 中山 健夫; 山本 美智子
        日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 2016年05月
      • ながはま0次予防コホートにおける食習慣とHOMA指数の関係
        池田香織; 佐藤俊哉; 長嶋一昭; 田中大祐; 真能芙美香; 城尾恵里奈; 中山健夫; 田原康玄; 松田文彦; 稲垣暢也
        第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月
      • 【医療ビッグデータと外科】 医療ビッグデータ総論 医療におけるビッグデータ総論
        中山 健夫
        外科, 2016年05月
      • 【栄養管理に活かせるか?医療におけるICT化・デバイス活用の新たな展開】 医療・健康のビッグデータの活用に向けて 現状と可能性
        中山 健夫
        臨床栄養, 2016年05月
      • EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール STARD 診断の精度に関する研究報告のためのルール
        酒井 恭子; 中山 健夫
        薬理と治療, 2016年05月
      • Relationship among Chlamydia and Mycoplasma Pneumoniae Seropositivity, IKZF1 Genotype and Chronic Obstructive Pulmonary Disease in A General Japanese Population
        Muro Shigeo; Tabara Yasuharu; Matsumoto Hisako; Setoh Kazuya; Kawaguchi Takahisa; Takahashi Meiko; Ito Isao; Ito Yutaka; Murase Kimihiko; Terao Chikashi; Kosugi Shinji; Yamada Ryo; Sekine Akihiro; Nakayama Takeo; Chin Kazuo; Mishima Michiaki; Matsuda Fumihiko
        Medicine (United States), 2016年04月01日
      • リハビリテーションにおける 患者と医療者の合意形成に関する文献的検討 -Shared Decision Makingの要素を用いた:Informed Consentの内容分析-
        今法子; 藤本修平; 中山健夫
        行動医学研究, 2016年04月, 査読有り
      • 日本のEHRを展望する 人間を守る「医学研究」を進めるために 医療情報"B2R"
        中山 健夫
        日本医療マネジメント学会雑誌, 2016年04月
      • 臨床の複雑性に挑む EBMと診療ガイドラインの視点から
        中山 健夫
        日本医療マネジメント学会雑誌, 2016年04月
      • 【医療ビッグデータをめぐる現状と課題】 民間医療データベースによる疫学研究の成果と課題
        中山 健夫
        医療と社会, 2016年04月
      • 糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満症の日米欧ガイドラインにおける食事推奨内容の比較
        真能 芙美香; 池田 香織; 城尾 恵里奈; 小栗 靖生; 村田 由貴; 鬼頭 久美子; 鈴木 望; 太田 はるか; 中山 健夫; 稲垣 暢也
        日本病態栄養学会誌, 2016年04月
      • 患者向け医薬品情報及び患者向医薬品ガイドに関する実態調査
        山本 健; 宮田 滉平; 鈴木 榛華; 黒澤 光; 岡崎 光洋; 浅田 和弘; 須賀 万智; 佐藤 嗣道; 中村 敏明; 古川 綾; 折井 孝男; 高橋 英孝; 杉森 裕樹; 中山 健夫; 山本 美智子
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • エビデンス診療ギャップとは?
        中山 健夫
        循環器内科, 2016年03月
      • 口呼吸とアレルギー性鼻炎、喘息との関係 ながはま0次予防コホート事業より
        出原 裕美; 松本 久子; 長崎 忠雄; 金光 禎寛; 伊藤 功朗; 小熊 毅; 室 繁郎; 別所 和久; 田原 康玄; 松田 文彦; 中山 健夫; 新実 彰男; 陳 和夫; 三嶋 理晃
        日本呼吸器学会誌, 2016年03月
      • 腰椎固定術後の腰の硬さが日常生活動作に与える影響
        木村 浩明; 藤林 俊介; 大槻 文悟; 高橋 由光; 中山 健夫; 松田 秀一
        日本整形外科学会雑誌, 2016年03月
      • 臨床研究と疫学研究の組み立て方
        中山 健夫
        日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 2016年03月
      • 腰椎固定術後の腰の硬さが日常生活動作に与える影響 独自に作成した日常生活基本動作質問票とSF-36を用いて
        木村 浩明; 藤林 俊介; 大槻 文悟; 高橋 由光; 中山 健夫; 松田 秀一
        Journal of Spine Research, 2016年03月
      • 患者向け医薬品情報及び患者向医薬品ガイドに関する実態調査
        山本 健; 宮田 滉平; 鈴木 榛華; 黒澤 光; 岡崎 光洋; 浅田 和弘; 須賀 万智; 佐藤 嗣道; 中村 敏明; 古川 綾; 折井 孝男; 高橋 英孝; 杉森 裕樹; 中山 健夫; 山本 美智子
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • 地域住民コホートにおけるHOMA指標の分布
        池田香織; 佐藤俊哉; 長嶋一昭; 田中大祐; 原島伸一; 中山健夫; 松田文彦; 稲垣暢也
        日本内科学会雑誌, 2016年02月20日
      • 地域住民コホートにおけるHOMA指標の分布
        池田 香織; 佐藤 俊哉; 長嶋 一昭; 田中 大祐; 原島 伸一; 中山 健夫; 松田 文彦; 稲垣 暢也
        日本内科学会雑誌, 2016年02月
      • 診療データベースを用いた日本人2型糖尿病患者に対する経口血糖降下薬処方動向の調査
        近藤 八重子; 原田 範雄; 長嶋 一昭; 中山 健夫; 稲垣 暢也
        日本内科学会雑誌, 2016年02月
      • 国民生活基礎調査から見たわが国における関節リウマチ患者の現状
        小嶋雅代; 中山健夫; 津谷喜一郎; 五十嵐中; 小嶋俊久; 鈴木貞夫; 早野順一郎
        Journal of Epidemiology (Web), 2016年01月21日
      • 医界展望2016 医療ビッグデータがもたらす未来 個人情報の認識を「守り、持ち寄り、活用する」方向へ
        中山 健夫
        Clinic Magazine, 2016年01月
      • 国民生活基礎調査から見たわが国における関節リウマチ患者の現状
        小嶋雅代; 中山健夫; 津谷喜一郎; 五十嵐中; 小嶋俊久; 鈴木貞夫; 早野順一郎
        Journal of Epidemiology (Web), 2016年
      • 難治性血管炎に関する調査研究 中小型血管炎臨床分科会活動報告
        針谷正祥; 天野宏一; 伊藤聡; 勝又康弘; 駒形嘉紀; 佐田憲映; 土橋浩章; 中山健夫; 堀田哲也; 本間栄; 和田隆志; 板橋美津世; 臼井丈一; 遠藤知美; 小川法良; 川上純; 川口鎮司; 川嶋聡子; 神田隆; 岸部幹; 栗原泰之; 黒崎敦子; 小松田敦; 高瀬博; 竹田慎一; 田中良哉; 谷口正実; 冨田誠; 中野正明; 中屋来哉; 長坂憲治; 難波大夫; 南郷栄秀; 萩野昇; 林太智; 原章規; 原渕保明; 坂東政司; 坂野章吾; 本間栄; 本間則行; 武曾恵理; 村川洋子; 山村昌弘
        難治性血管炎に関する調査研究 平成27年度 総括・分担研究報告書, 2016年
      • COPD PATIENTS' VIEW OF END OF LIFE IN JAPAN
        Yoshinori Fuseya; Shigeo Muro; Michiaki Mishima; Takeo Nakayama
        RESPIROLOGY, 2015年12月
      • 健康情報学への招待
        中山 健夫
        呼吸と循環, 2015年12月
      • ガイドラインの研究・評価用チェックリストAGREEIIによる理学療法診療ガイドライン第1版の質評価
        大寺 祥佑; 金沢 星慶; 金沢 奈津子; 木内 隆裕; 中山 健夫
        理学療法学, 2015年12月
      • 糖尿病・脂質異常症・高血圧・肥満症の日米欧ガイドラインにおける食事推奨内容の比較
        真能 芙美香; 池田 香織; 城尾 恵里奈; 小栗 靖生; 村田 由貴; 鬼頭 久美子; 鈴木 望; 太田 はるか; 中山 健夫; 稲垣 暢也
        日本病態栄養学会誌, 2015年12月
      • Outcome-based Education教育ガイドラインの課題 診療ガイドライン作成の経験から
        中山 健夫
        理学療法学, 2015年12月
      • 【臨床研究と出版の倫理-消化器内視鏡領域における現状と課題】 (第2章)臨床研究登録がなぜ今必要か 新たになったヘルシンキ宣言
        中山 健夫
        臨床消化器内科, 2015年11月
      • EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール MOOSE 観察研究のメタ解析報告のためのルール
        安達 絵美; 中山 健夫
        薬理と治療, 2015年11月
      • ビッグデータの医療利用と臨床薬理学
        中山 健夫
        臨床薬理, 2015年11月
      • PCV142 Effect Of Intervention By Community Pharmacists On Awareness Of Continuing Treatment Among Patients With Hypertension. ISPOR 18th Annual European Congress
        Masaki S; Hiroshi O; Mitsuko O; Naoki S; Takeo N
        Value Health, 2015年10月
      • 食品の新たな機能性表示制度は、健康寿命の延伸に寄与するか 健康情報リテラシーの視点から食品の新たな機能性表示制度を考える
        中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2015年10月
      • セルフケアを行う成人を対象とする疫学・EBMに関する教材の検討
        岡林 里枝; 北澤 京子; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2015年10月
      • 訪問リハビリテーション内容と効果に対する利用者家族と提供者の捉え方の相違
        大浦 智子; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2015年10月
      • 主観的社会階層と主観的健康感の変化 日米比較研究
        高橋 由光; 藤原 武男; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2015年10月
      • 妊婦のビタミンD充足状況とアレルギー様症状との関連
        金谷 久美子; 浜崎 景; 稲寺 秀邦; 森 育子; 足立 雄一; 大西 一成; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2015年10月
      • 共創とコミュニケーションのチカラで健康課題を解決する 子ども虐待予防×映像のアクションリサーチ
        戒田 信賢; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2015年09月
      • 補完代替医療とエビデンス(Vol.14) 補完代替医療に関するコミュニケーションのコツ
        湯川 慶子; 鶴岡 浩樹; 中山 健夫
        医学のあゆみ, 2015年09月
      • 黄砂・PM2.5の乳幼児への影響評価の計画 エコチル追加調査『黄砂と子どもの健康調査(パート2)』
        金谷 久美子; 亀田 貴之; 森 育子; 浜崎 景; 大西 一成; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2015年09月
      • Tooth loss and atherosclerosis: the Nagahama Study (vol 94, pg 52S, 2015)
        K. Asai; M. Yamori; T. Yamazaki; A. Yamaguchi; K. Takahashi; A. Sekine; S. Kosugi; F. Matsuda; T. Nakayama; K. Bessho
        JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 2015年07月
      • Relationship of lower-limb muscle strength and standing ability to walking speed and gait cycle variability in community-dwelling older people
        Inoue W; Ikezoe T; Sato I; Mlinowska KB; Kawaguchi T; Tabara Y; Nakayama T; Matsuda F; Tsuboyama T; Ichihashi N
        The 25th Congress of the International Society of Biomechanics., 2015年07月, 査読有り
      • 臨床系大学院教育を再考する 新しい臨床系大学院のモデル構築に向けて 臨床研究遠隔学習プログラム
        中山 健夫
        医学教育, 2015年07月
      • 映像・音声・テキストで利用可能な患者の語り(DIPEx-Japanウェブサイト)の教育的活用
        射場 典子; 新幡 智子; 別府 宏圀; 中山 健夫
        医学教育, 2015年07月
      • 膝関節痛および腰痛は相加的に睡眠障害のリスクを上昇させる ながはまコホート研究
        村瀬 公彦; 田原 康玄; 伊藤 宣; 小林 雅彦; 高橋 由光; 角谷 寛; 小杉 眞司; 関根 明博; 山田 亮; 中山 健夫; 三嶋 理晃; 松田 秀一; 松田 文彦; 陳 和夫
        日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2015年07月
      • 内の目外の目(第154回) 医療ビッグデータがもたらす社会変革(2)
        中山 健夫
        日本歯科医師会雑誌, 2015年06月
      • いまさら他人には聞けないEBMの話
        中山 健夫
        耳鼻咽喉科臨床 補冊, 2015年06月
      • 薬剤師におけるコンコーダンス及びコミュニケーション関連用語の認知度と理解度
        野村 香織; 栗原 理; 三橋 能弘; 程島 直子; 岸野 淳二; 工藤 香代子; 宮武 昌也; 板野 祥明; 後藤 惠子; 中山 健夫
        日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 2015年06月
      • 緩和ケア患者の生存期間とQuality of Lifeの関係 多施設共同前向き横断研究
        宮崎 貴久子; 鈴鴨 よしみ; 大住 省三; 池永 昌之; 下妻 晃二郎; 中山 健夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年06月
      • リハビリテーションにおける患者の治療決定手段の検討 系統的レビュー
        今 法子; 藤本 修平; 中山 健夫
        日本作業療法学会抄録集, 2015年06月
      • 補完代替医療とエビデンス(Vol.3) 補完代替医療におけるEBMの考え方 とくに診療ガイドラインの視点から
        中山 健夫
        医学のあゆみ, 2015年05月
      • 内の目外の目(第153回) 医療ビッグデータがもたらす社会変革(1)
        中山 健夫
        日本歯科医師会雑誌, 2015年05月
      • EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール PRISMA システマティック・レビュー報告のためのツール
        大浦 智子; 中山 健夫
        薬理と治療, 2015年05月
      • 日本の理学療法士における診療ガイドラインの利用に関する実態調査
        藤本 修平; 今 法子; 高杉 潤; 近藤 国嗣; 大高 洋平; 中山 健夫
        The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2015年05月
      • 理学療法診療ガイドラインに関する調査研究 評価用チェックリストAGREE IIを用いたガイドラインの質の評価
        木内 隆裕; 大寺 祥佑; 金澤 星慶; 法田 奈津子; 中山 健夫
        理学療法学, 2015年04月
      • 理学療法診療ガイドラインに関する調査研究 評価用チェックリストAGREE IIを用いたガイドラインの質の評価
        木内 隆裕; 大寺 祥佑; 金澤 星慶; 法田 奈津子; 中山 健夫
        理学療法学, 2015年04月
      • 診療ガイドラインの作成と利用する際のポイント
        中山 健夫
        リウマチ科, 2015年04月
      • 京都大学公衆衛生大学院(SPH)におけるコミュニケーション教育の現在
        岩隈 美穂; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌, 2015年04月
      • 臨床研究と出版の倫理 内視鏡学会はどうあるべきか 臨床研究登録がなぜ今必要か 新たになったヘルシンキ宣言
        中山 健夫
        Gastroenterological Endoscopy, 2015年04月
      • 診療ガイドラインと漢方 日本の診療ガイドラインの現状
        中山 健夫
        日本東洋医学雑誌, 2015年04月
      • アレルギー診療の均てん化に向けて ガイドライン 専門医にとって、実地医家にとって、患者にとって
        中山 健夫
        アレルギー, 2015年04月
      • Tooth loss and atherosclerosis: The Nagahama study
        K. Asai; Nagahama Study Group; M. Yamori; T. Yamazaki; A. Yamaguchi; K. Takahashi; A. Sekine; S. Kosugi; F. Matsuda; T. Nakayama; K. Bessho
        Journal of Dental Research, 2015年03月25日
      • 高血圧・糖尿病の可能性を指摘され「医師受診」勧奨を受けた健診受診者の受診の有無とその予測因子 健診とレセプトデータベースの突合による疫学的検討
        辻村 友香; 栗山 明; 中山 健夫; 木村 真也
        産業衛生学雑誌, 2015年03月
      • ヘルスリテラシーと健康情報入手、健康関連行動、健康状態の関係
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 岡本 雅子; 住谷 昌彦; 五十嵐 中; 石川 ひろの; 草間 真紀子; 山本 美智子; 中山 健夫; 杉森 裕樹
        日本衛生学雑誌, 2015年03月
      • 気管支喘息の病因と病態 遷延性咳嗽と咳嗽誘発・増悪因子についての疫学調査 ながはま0次予防コホート事業
        松本 久子; 出原 裕美; 新実 彰男; 長崎 忠雄; 金光 禎寛; 小熊 毅; 伊藤 功朗; 室 繁郎; 田原 康玄; 松田 文彦; 中山 健夫; 三嶋 理晃
        日本呼吸器学会誌, 2015年03月
      • COPD増悪経験が患者の終末期医療観に与える影響
        伏屋 芳紀; 室 繁郎; 佐藤 晋; 佐藤 篤靖; 平井 豊博; 中山 健夫; 三嶋 理晃
        日本呼吸器学会誌, 2015年03月
      • イヌ、ネコへの乳児期曝露が壮年期以降のアレルギー疾患に与える影響 ながまはコホート事業から
        出原 裕美; 松本 久子; 長崎 忠雄; 金光 禎寛; 小熊 毅; 伊藤 功朗; 室 繁郎; 新実 彰男; 田原 康玄; 松田 文彦; 中山 健夫; 三嶋 理晃
        日本呼吸器学会誌, 2015年03月
      • COPD患者の終末期医療観についての検討
        伏屋 芳紀; 室 繁郎; 佐藤 篤靖; 佐藤 晋; 谷村 和哉; 長谷川 浩一; 上桝 潔; 平井 豊博; 中山 健夫; 三嶋 理晃
        日本内科学会雑誌, 2015年02月
      • 院内助産の低リスク出産に関する医療の質指標(Quality Indicator)開発 ガイドラインに基づくエビデンス・レビューと修正デルファイ法を用いて
        上田 佳世; 大寺 祥佑; 家曽 美里; 中山 健夫
        日本助産学会誌, 2015年02月
      • エビデンスとナラティブ これからの医療と看護を考える
        中山 健夫
        聖路加看護学会誌, 2015年01月
      • 患者の語りが医療を変える 英国と日本におけるDIPExの取り組み
        佐藤 りか; 佐久間; 中山 健夫
        8020: はち・まる・にい・まる, 2015年01月
      • 歯周疾患と腎臓病との関係に関する疫学研究 ながはま0次予防コホート事業
        浅井 啓太; 園部 純也; 山崎 亨; 家森 正志; 山口 昭彦; 高橋 克; 別所 和久; 中山 健夫
        8020: はち・まる・にい・まる, 2015年01月
      • Health Literacy, Health Numeracy, and Understanding Health Information in Japanese Adults.
        M. Suka; T. Odajima; H. Sugimori; T. Nakayama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2015年
      • 難治性血管炎に関する調査研究 中小型血管炎分科会活動報告
        針谷正祥; 天野宏一; 伊藤聡; 勝又康弘; 駒形嘉紀; 佐田憲映; 土橋浩章; 中山健夫; 堀田哲也; 本間栄; 和田隆志; 板橋美津世; 臼井丈一; 小川法良; 川上純; 川口鎮司; 川嶋聡子; 栗原泰之; 黒崎敦子; 小松田敦; 竹田慎一; 田中良哉; 中野正明; 中屋来哉; 長坂憲治; 難波大夫; 南郷栄秀; 萩野昇; 林太智; 原章規; 坂東政司; 坂野章吾; 本間則行; 武曾恵理; 村川洋子; 山村昌弘
        難治性血管炎に関する調査研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015年
      • 呼吸不全に関する調査研究 逆流性食道炎の症状および食事関連行動が睡眠時間に及ぼす影響:ながはまコホート研究
        陳和夫; 村瀬公彦; 田原康玄; 高橋由光; 室繁郎; 山田亮; 瀬藤和也; 川口喬久; 角谷寛; 小杉眞司; 関根明博; 中山健夫; 三嶋理晃; 千葉勉; 松田文彦
        呼吸不全に関する調査研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015年
      • 日本におけるプライマリ・ケア質評価尺度の開発
        青木拓也; 井上真智子; 中山健夫
        日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 2015年
      • 理学療法診療ガイドラインに関する調査研究
        木内 隆裕; 大寺 祥佑; 金澤 星慶; 法田 奈津子; 中山 健夫
        理学療法学Supplement, 2015年
      • 医学部教育における行動科学カリキュラムの提案
        網谷 真理恵; 中尾 睦宏; 中山 健夫; 端詰 勝敬; 吉内 一浩; 石川 善樹; 乾 明夫; 井上 茂; 島津 明人; 諏訪 茂樹; 津田 彰; 堤 明純; 坪井 康次
        医学教育, 2015年
      • 医療等分野における番号制度導入への医師を対象にした意識調査
        高橋 由光; 田中 司朗; 川上 浩司; 中山 健夫; 瓜生原 葉子; 井上 真智子; 岡本 茂; 柏原 英則; 鬼頭 久美子; 篠原 圭子; 萬代 真理恵; 森岡 美帆
        日本公衆衛生雑誌, 2015年
      • ロコモティブシンドロームと運動機能との関連
        池添 冬芽; 佐久間 香; 正木 光裕; 小林 拓也; 田中 真砂世; 坪山 直生; 市橋 則明; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦
        体力科学, 2014年12月
      • 黄砂のアレルギー様症状への影響 『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 高橋 由光; 呉 東進; 中山 健夫
        日本子ども健康科学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年12月
      • 新生児聴覚スクリーニングの有効性評価 分析的枠組み(Analytic Framework)に基づく文献的検討
        渡辺 智子; 小杉 眞司; 沼部 博直; 中山 健夫
        日本子ども健康科学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年12月
      • 幼児・児童における保育園・幼稚園・小学校を基盤とした手洗い教育介入の効果 系統的レビューとメタ分析 パイロットスタディ
        渡邉 敦子; 後藤 禎人; 上田 佳世; 山根 弓奈; 宮崎 貴久子; 中山 健夫
        日本子ども健康科学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年12月
      • 近年のヘルスリテラシー概念に関する一考察 「ヘルスリテラシーは生涯に渡っての'asset'」の視点から
        篠原 圭子; 中山 健夫
        日本子ども健康科学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年12月
      • アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の指針
        増山 敬祐; 藤枝 重治; 太田 伸男; 岡野 光博; 上條 篤; 後藤 穣; 鈴木 元彦; 竹野 幸夫; 寺田 哲也; 櫻井 大樹; 堀口 茂俊; 本田 耕平; 松根 彰志; 山田 武千代; 湯田 厚司; 淵脇 貴史; 宮之原 郁代; 中山 健夫; アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の指針作成委員会; 日本鼻科学会
        日本鼻科学会会誌, 2014年12月
      • EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール STROBE 疫学における観察研究報告のためのルール
        上岡 洋晴; 中山 健夫; 津谷 喜一郎
        薬理と治療, 2014年11月
      • 診断精度研究のバイアスリスク評価ツールQUADAS-2:a Revised Tool for the Quality Assessment of Diagnostic Accuracy Studies 2の活用
        小島原 典子; 森實 敏夫; 中山 健夫; 福岡 敏雄; 河合 富士美; 佐藤 康仁; 吉田 雅博; 山口 直人
        薬理と治療, 2014年11月
      • PRO/QOL-related articles by clinical specialty
        Kikuko Miyazaki; Miwa Hinata; Toshimitsu Ikeuchi; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2014年10月
      • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置に関する診療ガイドライン(日本において睡眠医療を担当する医師、歯科医師向け)
        菊池 哲; 榊原 博樹; 清水 徹男; 杉崎 正志; 外木 守雄; 佐藤 一道; 奥野 健太郎; 有坂 岳大; 後藤 基宏; 佐々生 康宏; 田賀 仁; 濱田 傑; 細濱 教子; 山本 知由; 入江 道文; 恵森 登; 柏崎 潤; 角谷 寛; 佐藤 光生; 鈴木 雅明; 日暮 尚樹; 中山 健夫; 湯浅 秀道; NPO法人日本睡眠歯科学会診療ガイドライン作成委員会; 口腔内装置診療ガイドライン推進選定部会委員会; 口腔内装置診療ガイドライン推進ワーキンググループ
        睡眠口腔医学, 2014年10月
      • 医学部卒業時に求められる行動科学に関するコンピテンシー デルファイ法による調査結果
        堤 明純; 石川 善樹; 乾 明夫; 井上 茂; 島津 明人; 諏訪 茂樹; 津田 彰; 坪井 康次; 中尾 睦宏; 中山 健夫; 端詰 勝敬; 吉内 一浩; 行動医学コアカリキュラム作成ワーキンググループ
        行動医学研究, 2014年10月
      • 血中遊離脂肪酸濃度は相対的な中心血圧低値と関連する 長浜研究
        田原 康玄; 高橋 由光; 川口 喬久; 瀬藤 和也; 寺尾 知可史; 山田 亮; 小杉 眞司; 関根 章博; 中山 健夫; 松田 文彦
        日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 2014年10月
      • 傾向スコアマッチングを用いたハイリスク妊婦に対する家庭訪問の早産予防効果について
        市川 佳世子; 藤原 武男; 有本 晃子; 関口 敏彦; 本多 由起子; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2014年10月
      • ヘルスリテラシーのモデルに関する最近の考え方 EUのSystematic Review 2012を通して
        篠原 圭子; 杉森 裕樹; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2014年10月
      • 安全のために病院・医療者が伝えたいことを市民・地域に発信できていますか? 患者・市民とのパートナーシップを築く広報活動 病院の「パブリック・リレーション」を考える ヘルスコミュニケーションの視点から
        中山 健夫
        医療の質・安全学会誌, 2014年10月
      • K大学病院と保険調剤薬局の病診薬連携の現状分析 インタビュー調査 中間報告
        日向 美羽; 宮崎 貴久子; 岡田 浩; 中山 健夫
        日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集, 2014年09月
      • エビデンスとナラティブ これからの医療と看護を考える
        中山 健夫
        聖路加看護学会学術大会講演集, 2014年09月
      • 急性鼻副鼻腔炎診療ガイドラインの発刊に際して
        山中 昇; 飯野 ゆき子; 宇野 芳史; 工藤 典代; 黒野 祐一; 洲崎 春海; 春名 眞一; 保富 宗城; 堀口 茂俊; 間島 雄一; 松原 茂規; 中山 健夫; 岡本 美孝; 平川 勝洋; 日本鼻科学会; 急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン作成委員会
        日本鼻科学会会誌, 2014年09月
      • 黄砂の、妊婦のアレルギー様症状への影響 『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 浜崎 景; 大西 一成; 杉本 伸夫; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2014年08月
      • PM2.5の、妊婦のアレルギー症状への影響 『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 浜崎 景; 奥村 智憲; 東野 達; 大西 一成; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2014年08月
      • 黄砂と共存する多環芳香族化合物と妊婦のアレルギー症状との関連
        大久保 綾乃; 金谷 久美子; 亀田 貴之; 足立 雄一; 浜崎 景; 東野 達; 中山 健夫
        大気環境学会年会講演要旨集, 2014年08月
      • 我が国の一般人における2011年版Knee Society Score ながはまコホートより
        伊藤 宣; 谷口 直矢; 川口 喬久; 田原 康玄; 池添 冬芽; 坪山 直生; 市橋 則明; 中山 健夫; 松田 文彦; 松田 秀一
        JOSKAS, 2014年07月
      • 逆流性食道炎の症状および食事関連行動が睡眠時間に及ぼす影響 ながはまコホート研究
        村瀬 公彦; 田原 康玄; 高橋 由光; 室 繁郎; 山田 亮; 瀬藤 和也; 川口 喬久; 角谷 寛; 小杉 眞司; 関根 章博; 中山 健夫; 三嶋 理晃; 千葉 勉; 陳 和夫; 松田 文彦
        日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2014年07月
      • 患者の語り(ナラティブ)から何を学ぶか(Part 2) 健康と病いの語りデータベース(DIPEx-Japan)の教育的活用
        森田 夏実; 別府 宏國; 中村 千賀子; 射場 典子; 和田 恵美子; 新幡 智子; 後藤 恵子; 佐藤 幹代; 澤田 明子; 仙波 美幸; 中山 健夫
        日本看護学教育学会誌, 2014年07月
      • 黄砂のアレルギー様症状への影響『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 浜崎 景; 板澤 寿子; 稲寺 秀邦; 大西 一成; 黒沢 洋一; 中山 健夫
        日本職業・環境アレルギー学会雑誌, 2014年06月
      • Noninvasive regional cerebral oxygen saturation for neurological prognostication of patients with out-of-hospital cardiac arrest: A prospective multicenter observational study
        Noritoshi Ito; Kei Nishiyama; Clifton W. Callaway; Tomohiko Orita; Kei Hayashida; Hideki Arimoto; Mitsuru Abe; Tomoyuki Endo; Akira Murai; Ken Ishikura; Noriaki Yamada; Masahiro Mizobuchi; Hideki Anan; Kazuo Okuchi; Hideto Yasuda; Toshiaki Mochizuki; Yuka Tsujimura; Takeo Nakayama; Tetsuo Hatanaka; Ken Nagao
        RESUSCITATION, 2014年06月
      • 緩和医療におけるガイドラインの考え方と活用のポイント 診療ガイドライン 国内外の動向
        中山 健夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年06月
      • 緩和ケア研究に関する日本発の文献レビュー
        宮崎 貴久子; 日向 美羽; 中山 健夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年06月
      • エビデンス、ガイドライン、そしてコミュニケーション
        中山 健夫
        日本健康・栄養システム学会誌, 2014年06月
      • 訪問リハビリテーションの内容・主観的効果に対する在宅要介護高齢者の自覚と提供者の認識の相違
        大浦 智子; 津山 努; 中山 健夫
        日本作業療法学会抄録集, 2014年06月
      • Treatment of acute pancreatitis with protease inhibitors administered through intravenous infusion: an updated systematic review and meta-analysis
        Takeshi Seta; Yoshinori Noguchi; Satoru Shikata; Takeo Nakayama
        BMC GASTROENTEROLOGY, 2014年05月
      • 歩行時に腰痛を有する高齢者における歩行特性、立位姿勢アライメントおよび下肢筋力
        正木 光裕; 池添 冬芽; 小林 拓也; 佐久間 香; 塚越 累; 沖田 祐介; 田中 真砂世; 坪山 直生; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 市橋 則明
        理学療法学, 2014年05月
      • PM2.5のアレルギー様症状への影響『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 浜崎 景; 稲寺 秀邦; 奥村 智憲; 大西 一成; 黒沢 洋一; 中山 健夫
        日本衛生学雑誌, 2014年05月
      • 黄砂のアレルギー様症状への影響『黄砂と子どもの健康調査』より
        浜崎 景; 足立 雄一; 金谷 久美子; 大西 一成; 稲寺 秀邦; 黒沢 洋一; 中山 健夫
        日本衛生学雑誌, 2014年05月
      • ヘルスリテラシーの測定ツールの比較 健康情報の入手状況との関係
        須賀 万智; 岡本 雅子; 住谷 昌彦; 石川 ひろの; 小田嶋 剛; 杉森 裕樹; 中山 健夫
        日本衛生学雑誌, 2014年05月
      • Minds診療ガイドライン作成の手引き2014 そのポイントと今後の課題
        山口 直人; 福井 次矢; 中山 健夫; 吉田 雅博
        日本医事新報, 2014年04月
      • 咳嗽の評価と管理 本邦における遷延性咳嗽についての疫学調査 ながはま0次予防コホート研究より
        出原 裕美; 松本 久子; 長崎 忠雄; 金光 禎寛; 田尻 智子; 小熊 毅; 伊藤 功朗; 室 繁郎; 新実 彰男; 田原 康玄; 中山 健夫; 小杉 眞司; 関根 章博; 松田 文彦; 三嶋 理晃
        アレルギー, 2014年04月
      • アレルギー発症と環境因子 PM2.5のアレルギー様症状への影響『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 板澤 寿子; 大西 一成; 伊藤 功朗; 中山 健夫
        アレルギー, 2014年04月
      • 黄砂のアレルギー様症状への影響『黄砂と子どもの健康調査』より
        金谷 久美子; 足立 雄一; 板澤 寿子; 大西 一成; 中山 健夫
        アレルギー, 2014年04月
      • 診療ガイドライン : 国内外の動向と展望 (特集 画像診断ガイドライン : 知っておきたいポイント)
        中山 健夫
        臨床放射線, 2014年03月
      • Expects for Academic Detailing from the Standpoints of Evidence-based Medicine (EBM)
        Takeo Nakayama
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2014年03月
      • 患者及び医療関係者との医薬品等安全対策情報のリスクコミュニケーションに関する研究
        池田俊也; 折井孝男; 漆原尚巳; 小橋元; 須賀万智; 高橋英孝; 田倉智之; 中山健夫; 松田勉; 山本美智子; 赤沢学; 浅田和広; 藤原昭雄; 大神英一; 小田嶋剛; 門田佳子; 川上浩司; 北澤京子; 栗山真理子; 栞原健; 小島正美; 佐々木敏雄; 佐藤嗣道; 佐藤匡昭; 高安令子; 丹波泰子; 土居由有子; 新野直明; 古川綾; 増田英明; 松田偉太郎; 三橋能弘; 保田明夫
        平成25年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)総括報告書, 2014年03月
      • Dr中山の いまさら聞けないEBMの道(第36回)(最終回) 「患者の価値観」と「共有決定」
        中山 健夫
        メディカル朝日, 2014年03月
      • Dr中山の いまさら聞けないEBMの道(第35回) ビッグデータ時代のエビデンス(2)
        中山 健夫
        メディカル朝日, 2014年02月
      • 喫煙および受動喫煙は中心血圧高値の独立したリスク因子である:長浜スタディ
        田原康玄; 高橋由光; 瀬藤和也; 室繁郎; 川口喬久; 寺尾知可史; 小杉眞司; 関根章博; 山田亮; 三嶋理晃; 中山健夫; 松田文彦
        Journal of Epidemiology, 2014年01月23日
      • 高血糖未治療者の特性:健診とレセプト情報を用いた疫学的検討
        辻村友香; 高橋由光; 石崎達郎; 栗山明; 宮崎貴久子; 佐藤敏彦; 池田俊也; 木村真也; 中山健夫
        産業衛生学雑誌, 2014年01月20日
      • 商用医療データベースJMDCによる疫学研究の成果と課題 (医研シンポジウム2013講演録 医療関連データベースの充実と活用 : エビデンスに基づく我が国医療の更なる発展に向けて) -- (パネリスト発表)
        中山 健夫
        医療と社会 = Journal of health care and society, 2014年01月
      • ユーザーテストに基づく望ましい健診結果票のあり方 健康情報の理解と活用に関するアンケート調査より
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 杉森 裕樹; 中山 健夫
        総合健診, 2014年01月
      • Dr中山の いまさら聞けないEBMの道(第34回) ビッグデータ時代のエビデンス(1)
        中山 健夫
        メディカル朝日, 2014年01月
      • 口腔に関連するQuality of Life(口腔関連QOL)に関与する因子の検討
        浅井 啓太; 高橋 克; 山崎 亨; 家森 正志; 別所 和久; 中山 健夫
        8020: はち・まる・にい・まる, 2014年01月
      • 介護期の患者-介護者の関係性変化と死別後に介護者が抱く看取り評価:quasi-quantitative analysis
        森寛子; 福田里砂; 林章敏; 三砂ちづる; 中山健夫
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2014年
      • A genome-wide association study of serum levels of prostate-specific antigen in the Japanese population
        Chikashi Terao; Naoki Terada; Keitaro Matsuo; Takahisa Kawaguchi; Koji Yoshimura; Norio Hayashi; Masakazu Shimizu; Norihito Soga; Meiko Takahashi; Takeo Nakayama; Shinji Kosugi; Akihiro Sekine; Yasuharu Tabara; Yoshihiko Kotoura; Ryo Yamada; Osamu Ogawa; Fumihiko Matsuda
        Journal of Medical Genetics, 2014年
      • MS3-1 本邦における遷延性咳漱についての疫学調査 : ながはま0次予防コホート研究より(MS3 咳漱の評価と管理,ミニシンポジウム,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会)
        出原 裕美; 田原 康玄; 中山 健夫; 小杉 眞司; 関根 章博; 松田 文彦; 三嶋 理晃; 松本 久子; 長崎 忠雄; 金光 禎寛; 田尻 智子; 小熊 毅; 伊藤 功朗; 室 繁郎; 新実 彰男
        アレルギー, 2014年
      • 我が国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究 RA診療ガイドライン作成分科会 平成25年度ガイドライン作成経緯に関する報告書
        山中寿; 伊藤宣; 遠藤平仁; 金子祐子; 鎌谷直之; 川人豊; 岸本暢将; 小嶋俊久; 小嶋雅代; 瀬戸洋平; 中山健夫; 西田圭一郎; 平田信太郎; 松下功; 長谷川三枝子; 津谷喜一郎; 五十嵐中
        我が国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 2014年
      • 我が国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究 関節リウマチ診療ガイドライン作成
        山中寿; 伊藤宣; 遠藤平仁; 金子祐子; 鎌谷直之; 川人豊; 岸本暢将; 小嶋俊久; 小嶋雅代; 瀬戸洋平; 中山健夫; 西田圭一郎; 平田信太郎; 松下功; 長谷川三枝子; 津谷喜一郎; 五十嵐中
        我が国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究 平成23-25年度 総合研究報告書, 2014年
      • P-232 健診者における血清IgE値に対する喫煙歴と年齢の影響 : ながはま0次予防コホート事業(アレルギー疾患疫学,口演33,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会)
        長崎 忠雄; 関根 章博; 小杉 眞司; 松田 文彦; 中山 健夫; 三嶋 理晃; 松本 久子; 出原 裕美; 金光 禎寛; 田尻 智子; 小熊 毅; 伊藤 功朗; 室 繁郎; 田原 康玄
        アレルギー, 2014年
      • 運動機能、呼吸機能および心機能の加齢変化
        佐久間 香; 池添 冬芽; 小林 拓也; 坪山 直生; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 市橋 則明
        体力科学, 2013年12月, 査読有り
      • 加速期歩行速度、定常期歩行速度及び歩行特性の加齢変化
        小林 拓也; 池添 冬芽; 佐久間 香; 坪山 直生; 川口 喬久; 田原 康玄; 中山 健夫; 松田 文彦; 市橋 則明
        体力科学, 2013年12月, 査読有り
      • Using structural equation modeling to detect response shift and true change in quality of life score of palliative care patients
        Yoshimi Suzukamo; Kikuko Miyazaki; Kojiro Shimozuma; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2013年10月
      • モンゴル/ロシア発生森林火災の鳥取妊婦への影響 エコチル追加調査とリクルート数
        大西 一成; 中山 健夫; 大谷 眞二; 穆 浩生; 細田 武伸; 徳島 靖子; 浜崎 景; 黒沢 洋一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2013年10月
      • ウェブ調査の質向上:インターネットのe 調査結果報告のためのチェックリスト(CHERRIES)日本語版
        Eysenbach Gunther; 高橋 由光; 中山 健夫
        2013年08月29日
      • 国民に利益をもたらす医療レジストリの推進と成功のために
        錦織 達人; 川上 浩司; 後藤 励; 中山 健夫
        「政策のための科学SciREXサマーキャンプ」 2013年8月24日, つくば, 2013年08月
      • データベース研究への誘い
        漆原 尚巳; 川上 浩司; 中山 健夫; 黒川 達夫; 小杉 眞司; 京都大学大学院医学研究科医の倫理委員会
        医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 2013年06月
      • 新生児聴覚スクリーニングの有効性評価 分析的枠組み(Analytic Framework)に基づく文献的検討
        渡辺 智子; 中山 健夫; 沼部 博直; 北尻 真一郎; 柴田 有花; 土屋 実央; 中國 正祥; 黄瀬 恵美子; 袴田 しのぶ; 鳥嶋 雅子; 村上 裕美; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2013年05月
      • 一般市民のヘルスリテラシー 男女の特徴
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 中山 健夫; 笠井 雅之; 杉森 裕樹
        日本衛生学雑誌, 2013年03月
      • システマティックレビューとメタアナリシスの動向とMindsにおけるEBM普及啓発の取り組み
        畠山洋輔; 森實敏夫; 吉田雅博; 菊田健太郎; 奥村晃子; 高橋奈津子; 古島大資; 清原康介; 佐藤康仁; 小島原典子; 河合富士美; 福岡敏雄; 中山健夫; 山口直人
        J Epidemiol, 2013年01月24日
      • 周産期医療の質と安全の向上のための研究 組織・医療スタッフに関する研究報告書
        佐々木八十子; 楠田聡; 森臨太郎; 豊島勝昭; 米本直裕; 西田俊彦; 三ツ橋偉子; 内山温; 中山健夫
        周産期医療の質と安全の向上のための研究 平成24年度 総括・分担研究報告書, 2013年
      • 高機能自閉症児に対するソーシャルスキルプログラムの効果に関するランダム化比較試験―パイロットスタディ―
        市川佳世子; 佐竹順子; 岩田和彦; 金澤忠博; 安梅勅江; 安藤昌彦; 高橋由光; 石崎達郎; 中山健夫
        明治安田こころの健康財団研究助成論文集, 2012年10月01日
      • Minimally important difference (MID) in scores on the European organization for research and treatment of cancer (EORTC) Quality of Life Questionnaire Core 15 for Palliative (QLQ-C15-PAL)
        Kikuko Miyazaki; Yoshimi Suzukamo; Kojiro Shimozuma; Shozo Ohsumi; Mari Saito; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2012年10月
      • Assessment of effects of response shift in palliative care patients using the structural equation modeling approach
        Yoshimi Suzukamo; Kikuko Miyazaki; Kojiro Shimozuma; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2012年10月
      • 球状粒子状物質と小児喘息入院リスク上昇の関連
        金谷 久美子; 足立 雄一; 板澤 寿子; 伊藤 功朗; 伊藤 靖典; 新実 彰男; 中山 健夫
        アレルギー, 2012年10月
      • 医薬品情報の入手先別にみたヘルスリテラシー 医薬品情報に関するアンケート調査より
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 折井 孝男; 土居 由有子; 中山 健夫; 山本 美智子; 杉森 裕樹
        日本医療・病院管理学会誌, 2012年09月
      • アレルギー性鼻炎に対する免疫療法の指針2011年版
        岡本 美孝; 藤枝 重治; 太田 伸男; 岡野 光博; 上條 篤; 後藤 穣; 鈴木 元彦; 竹野 幸夫; 寺田 哲也; 花澤 豊行; 堀口 茂俊; 本田 耕平; 松根 彰志; 山田 武千代; 湯田 厚司; 中山 健夫; 日本鼻科学会
        日本鼻科学会会誌, 2012年07月
      • 8020運動開始20年! 近年の8020達成者と非達成者の違い
        浅井 啓太; 家森 正志; 山崎 亨; 高橋 克; 中山 健夫; 別所 和久
        口腔衛生学会雑誌, 2012年04月
      • 健常人の分析によるOC2アライメントと口咽頭気道径との関連性
        太田 雅人; 根尾 昌志; 青山 朋樹; 石崎 達郎; 藤林 俊介; 竹本 充; 中山 健夫; 中村 孝志
        Journal of Spine Research, 2012年03月
      • 国民および医療関係者との副作用情報にかかるリスクコミュニケーション方策に関する調査研究:副作用の効果的な情報伝達手法の検討
        杉森裕樹; 漆原尚巳; 折井孝男; 小橋元; 須賀万智; 高橋英孝; 田倉智之; 山本美智子; 赤沢学; 飯野直子; 五十嵐崇子; 海老原格; 大神英一; 小田嶋剛; 川上浩司; 北澤京子; 栗山真理子; 小嶋修一; 小島正美; 佐々木敏雄; 佐藤嗣道; 種市摂子; 丹波泰子; 手取屋岳夫; 土居由有子; 中岡祥子; 中山健夫; 新野直明; 古川綾; 増田英明; 松田偉太郎; 松田勉; 三原修一; 保田明夫
        平成21年度~23年度厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合事業報告書 「国民および医療関係者との副作用情報にかかるリスクコミュニケーション方策に関する調査研究:副作用の効果的な情報伝達手法の検討」, 2012年03月
      • 健康医療政策とコミュニケーションの研究と実践の現状
        高山智子; 中山健夫; 秋山美紀; 杉森裕樹; 渡邊清高
        日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌(Web), 2012年02月15日
      • EBM普及啓発プロジェクトの実践:一般市民を対象としたMindsの取り組み
        畠山洋輔; 吉田雅博; 奥村晃子; 高橋奈津子; 菊田健太郎; 長門静; 佐藤康仁; 小島原典子; 河合富士美; 福岡敏雄; 中山健夫; 森實敏夫; 山口直人
        J Epidemiol, 2012年01月26日
      • 地域コホートにおいて測定された中心血圧の再現性にかかる検証:ながはま0次予防コホート事業
        徳本史郎; 高橋由光; 石崎達郎; 宮木幸一; 中山健夫
        J Epidemiol, 2012年01月26日
      • 地域基盤型ゲノム・コホート研究に対する一般市民の参加意思とその背景:ながはま0次予防コホート事業
        宮本圭子; 辻井信昭; 明石圭子; 高橋由光; 岩隈美穂; 中山健夫
        J Epidemiol, 2012年01月26日
      • 子宮筋腫の頻度と関連要因の横断的検討:ながはま0次予防コホート事業
        市川佳世子; 高橋由光; 石崎達郎; 中山健夫
        J Epidemiol, 2012年01月26日
      • 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル)追加調査『黄砂と子どもの健康調査』の計画
        金谷久美子; 足立雄一; 大西一成; 浜崎景; 高橋由光; 板澤寿子; 稲寺秀邦; 黒沢洋一; 中山健夫
        J Epidemiol, 2012年01月26日
      • ながはま0次予防コホート事業:背景と概要
        高橋由光; 石崎達郎; 中西さやか; 関根章博; 水澤精穂; 小杉眞司; 松田文彦; 中山健夫
        Journal of Epidemiology, 2012年01月26日
      • Current Issues in QOL Assessments of Dendritic Cell Therapy: A Literature Review (FR)
        Kikuko Miyazaki; Emi Saito; Kanae Shimamura; Naoko Iino; Takefumi Ishidao; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2012年01月
      • 終末期の患者-介護者の関係性と介護経験に関する概念構造:死別後1年経過した主介護者への質的研究
        森寛子; 福田里砂; 林章敏; 山本一成; 三砂ちづる; 中山健夫
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2012年
      • ビスフォスフォネート製剤関連顎骨壊死・顎骨骨髄炎の発生の経時的変化と,安全性情報提供の影響に関する調査
        角栄里子; 山本景一; 山崎亨; 田中司朗; 中山健夫; 別所和久; 横出正之
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2012年
      • 日本人健常人においてHLAの多型が抗核抗体価に関連する
        寺尾知可史; 大村浩一郎; 川口喬久; 中山健夫; 関根章博; 小杉眞司; 山田亮; 三森経世; 松田文彦
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2012年
      • 製薬企業各社を対象とした副作用リスクコミュニケーションに関するアンケート調査
        漆原 尚巳; 小橋 元; 中山 健夫; 種市 摂子; 増田 英明; 太田 薫里; 川上 浩司; 杉森 裕樹
        「日本薬剤疫学会第17回学術総会」 2011年11月5-6日, 東京., 2011年11月
      • 地域住民における中心血圧の分布に基づく基準値の検討:ながはま0次予防コホート事業ベースライン調査
        徳本史郎; 高橋由光; 宮木幸一; 中山健夫
        日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 2011年10月20日
      • 健康情報学の展開
        中山 健夫
        日本公衆衛生雑誌, 2011年08月15日
      • HOW DOES THE AGE INFLUENCE ON THE RELATIONSHIP BETWEEN CENTRAL BLOOD PRESSURE AND CARDIOVASCULAR RISK FACTORS? CROSS-SECTIONAL ANALYSIS OF NAGAHAMA ZERO-JI PREVENTIVE COHORT PROJECT IN JAPAN
        S. Tokumoto; Y. Takahashi; T. Ishizaki; K. Miyaki; T. Nakayama
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY AND COMMUNITY HEALTH, 2011年08月
      • THE CHARACTERISTICS OF PEOPLE WHO HAD BEEN SCREENED TO BE HYPERGLYCAEMIC BUT DID NOT VISIT CLINICS: A RETROSPECTIVE COHORT STUDY
        Y. Tsujimura; T. Nakayama; T. Ishizaki; Y. Takahashi; K. Miyazaki; T. Satoh; S. Ikeda; S. Kimura
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY AND COMMUNITY HEALTH, 2011年08月
      • 一般市民に対する医薬品情報提供のあり方 医薬品情報に関するアンケート調査より
        須賀 万智; 小田嶋 剛; 折井 孝男; 土居 由有子; 中山 健夫; 山本 美智子; 杉森 裕樹
        日本医療・病院管理学会誌, 2011年07月
      • OC2アライメントが口咽頭気道径に及ぼす影響 健常被検者における分析
        太田 雅人; 根尾 昌志; 青山 朋樹; 石崎 達郎; 藤林 俊介; 竹本 充; 中山 健夫; 中村 孝志
        日本整形外科学会雑誌, 2011年03月
      • 健常人の分析によるOC2アライメントと口咽頭気道径との関連性
        太田 雅人; 根尾 昌志; 青山 朋樹; 石崎 達郎; 藤林 俊介; 竹本 充; 中山 健夫; 中村 孝志
        Journal of Spine Research, 2011年03月
      • 健診「要治療群」の健診後通院状況の違いによる,脳血管疾患・心臓疾患への影響
        小沼梨沙; 木村真也; 辻村友香; 大浦智子; 仙石多美; 宮崎貴久子; 高橋由光; 石崎達郎; 中山健夫
        J Epidemiol, 2011年01月21日
      • ガイドラインの定義 (特集 現場で活かすガイドライン--より有効なケアをめざして)
        福田 里砂; 中山 健夫
        イー・ビー・ナーシング, 2011年
      • 特集 現場で活かすガイドライン--より有効なケアをめざして
        福田 里砂; 中山 健夫
        イー・ビー・ナーシング, 2011年
      • ガイドラインの使用法と注意点 (特集 現場で活かすガイドライン--より有効なケアをめざして)
        福田 里砂; 中山 健夫
        イー・ビー・ナーシング, 2011年
      • ガイドラインの入手方法 (特集 現場で活かすガイドライン--より有効なケアをめざして)
        福田 里砂; 中山 健夫
        イー・ビー・ナーシング, 2011年
      • ガイドラインの活用例 (特集 現場で活かすガイドライン--より有効なケアをめざして)
        福田 里砂; 中山 健夫
        イー・ビー・ナーシング, 2011年
      • 健保組合レセプトデータベースを用いた特定検診・保健指導の評価の可能性と課題
        佐藤 敏彦; 中山 健夫; 池田 俊也; 星 佳芳
        平成22年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)総括・分担研究報告書, 2011年
      • 闘病記とエビデンス (特集 闘病記研究会シンポジウム)
        中山 健夫
        薬学図書館, 2011年
      • 各種検診データとレセプトデータ等による保健事業の評価に関する研究
        水嶋 春朔; 大重 賢治; 佐藤 敏彦; 島 健二; 島袋 充生; 横山 徹爾; 赤嶺 亮; 飯野 直子; 池田 俊也; 伊集 京美; 井上 優子; 小野 香奈子; 喜屋武 康史; 具志堅 志保; 新里 成美; 田中 徹; 中山 健夫; 藤井 仁; 藤川 哲也; 星 佳芳; 真謝 雅代; 松本 秀子; 森川 希; 吉見 逸郎; 与那覇 恵
        平成20〜22年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)総合研究報告書, 2011年
      • UCAS IIにおける未破裂脳動脈瘤治療成績:中間報告 : 日本における未破裂脳動脈瘤治療の現況とスタンダードの追求(<特集>未破裂脳動脈瘤治療の展望)
        森田 明夫; UCAS II研究者グループ; 福原 俊一; 宝金 清博; 野崎 和彦; 池田 俊也; 中山 健夫; 片岡 大治; 西村 雅樹; 長嶺 義秀; 木村 俊運; 徳永 浩司; 秋山 幸功; 北川 直毅; 林 健太郎; 栗田 浩樹; 丸山 啓介
        脳神経外科ジャーナル, 2011年
      • Nationwide survey of awareness and understanding of quality of life in Japan: A comparison of surveys in 2004 and 2010
        Kikuko Miyazaki; Yoshimi Suzukamo; Kojiro Shimozuma; Fumi Hayashi; Mari Saito; Takeo Nakayama
        QUALITY OF LIFE RESEARCH, 2010年10月
      • 医薬品安全性情報提供の意識調査 薬剤師のリスクコミュニケーション
        種市 摂子; 土井 由有子; 小田嶋 剛; 折野 孝男; 高橋 英孝; 須加 万智; 漆原 尚巳; 小橋 元; 保田 明夫; 山本 美智子; 大神 英一; 田倉 智之; 中山 健夫; 丹波 泰子; 杉森 裕樹
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2010年10月
      • バイオバンク(ゲノム疫学研究基盤)と運用ルール(ながはまルール)
        明石 圭子; 三家 秀和; 中山 健夫; 小杉 眞司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2010年10月
      • 滋賀県長浜市と京都大学大学院医学研究科が取り組むゲノム疫学研究の地域づくり活用
        三家 秀和; 明石 圭子; 中山 健夫; 小杉 眞司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2010年10月
      • 診療ガイドラインの新たな法的課題
        長澤 道行; 中山 健夫; 津谷 喜一郎
        日本医事新報, 2010年08月
      • 新しい○○情報学 : 6.健康情報学
        中山 健夫
        情報処理, 2010年06月15日
      • 急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン 2010年版
        山中 昇; 飯野 ゆき子; 宇野 芳史; 工藤 典代; 黒野 祐一; 洲崎 春海; 春名 眞一; 保富 宗城; 堀口 茂俊; 間島 雄一; 松原 茂規; 中山 健夫; 岡本 美孝; 平川 勝洋; 急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン作成委員会
        日本鼻科学会会誌, 2010年06月
      • 健保組合レセプトデータベースにおける疾患名の出現頻度
        佐藤敏彦; 中山健夫; 星佳芳
        平成21年度厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患等生活習慣病総合研究事業「各種健診データとレセプトデータ等による保健事業の評価に関する研究(H20-循環器等(生習)-一般-014)」総括・分担研究報告書, 2010年
      • 新型インフルエンザ発生前後における電話医療相談のテキストマイニング
        杉森 裕樹; 保田 明夫; 高橋 敏子; 田辺 則子; 栗山 真理子; 生崎 実; 中山 健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2009年10月
      • Evidence-Based Medicine (EBM)--疑問点の抽出から文献検索まで (特集 臨床研究論文を読む・書くための基礎知識) -- (EBM)
        中山 健夫
        小児科診療, 2009年04月
      • 出生後早期から開始する継続的カンガルーケアの有効性に関する研究
        永井周子; 中山健夫; 森臨太郎; 米本直裕
        日本小児科学会雑誌, 2009年02月01日
      • Odds ratio curveを用いたデータマイニング:血管内皮型NO合成酵素遺伝子多型別のナトリウム摂取量と高血圧の関連
        高橋由光; 宮木幸一; 宮木幸一; 宮木幸一; 宋毅シュアン; テイ ルウィン; テイ ルウィン; 青木則明; 中山健夫; 村松正明; 星野晴彦; 鈴木則宏; 新保卓郎
        J Epidemiol, 2009年01月24日
      • 外科医のための臨床研究講座(第9回)なぜ診療ガイドラインが必要なのか?--外科医による診療ガイドラインの活用
        四方 哲; 中山 健夫
        外科, 2009年01月
      • 診療ガイドライン : 適切な作成・利用・普及に向けて
        中山 健夫
        日本がん検診・診断学会誌, 2009年01月
      • アウトカム報告バイアス (特集 実践! 私のEBM) -- (私はだまされない--新しく生まれつつあるバイアス)
        中山 健夫
        EBMジャ-ナル, 2008年11月
      • 子どもたちのための健康情報リテラシー (第9回子どもの心・体と環境を考える会学術大会記録) -- (特集 グローバル化する競争社会に生きる子ども達の健やかな発達のために)
        中山 健夫
        子どもの健康科学, 2008年11月
      • 健康・医療に関する情報取得におけるインターネットの利用状況
        高橋由光; 大浦智子; 三木健二; 杉森裕樹; 吉池信男; 内藤真理子; 赤松利恵; 宮木幸一; 新保卓郎; 中山健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月15日
      • EBMと診療ガイドライン : 現状と課題, これからの可能性
        中山 健夫
        日本整形外科學會雜誌, 2008年09月25日
      • 21G-09 外来患者の薬物治療への参加意識と事故回避行動への認識大阪府高槻市における質問紙調査(リスクマネジメント,来るべき時代への道を拓く)
        中村 祥子; 漆原 尚巳; 宮崎 貴久子; 中山 健夫
        日本医療薬学会年会講演要旨集, 2008年09月01日
      • 喫煙の健康影響に関する疫学的知見 (あゆみ 禁煙科学の新展開)
        中山 健夫
        医学のあゆみ, 2008年08月16日
      • たばこの健康への影響(1)能動喫煙 (特集 禁煙を科学する)
        中山 健夫
        綜合臨床, 2008年08月
      • 職域における口腔健康指導による口臭の変化 : 電動ブラシを使用したランダム化比較試験の概要
        内藤 徹; 鈴木 奈央; 宮木 幸一; 長谷川 尚子; 大浦 智子; 米田 雅裕; 岩元 知之; 中山 健夫; 廣藤 卓雄
        日本歯科保存学雑誌, 2008年05月07日
      • ゲノム・コホート研究参加への認識と関連要因の評価 地域住民を対象とした質問票調査
        友田 茉莉; 宮木 幸一; 浦尾 充子; 長谷川 尚子; 西山 深雪; 小野 晶子; 村上 裕美; 北川 尚子; 村島 京子; 澤井 英明; 沼部 博直; 富和 清隆; 中山 健夫; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2008年04月
      • 羊水検査の遺伝カウンセリングにおける質問票を用いた妊婦の理解・知識把握の試み
        西山 深雪; 澤井 英明; 宮木 幸一; 浦尾 充子; 霞 弘之; 小森 慎二; 沼部 博直; 小野 晶子; 友田 茉莉; 北川 尚子; 村上 裕美; 村島 京子; 富和 清隆; 中山 健夫; 香山 浩二; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2008年04月
      • Living alone is an independent predictor of prehospital delay in patients with acute ischemic stroke in Japanese aged society
        Fumiaki Katada; Susumu Sato; Hidehiro Shibayama; Toshio Fukutake; Yasuaki Hayashino; Syunichi Fukuhara; Takeo Nakayama
        NEUROLOGY, 2008年03月
      • 日本人男性におけるCYP11B2遺伝子多型と高血圧との関連性および塩分摂取量との交互作用
        宋毅シュアン; 宮木幸一; 宮木幸一; 荒木淳吾; 張玲; 高橋由光; 中山健夫; 村松正明
        J Epidemiol, 2008年01月25日
      • HapMapデータベースにより構築したMTHFR遺伝子多型ハプロタイプを用いたランダム化比較試験による葉酸投与時のホモシステイン低下量の差異の検討
        宮木幸一; 宮木幸一; 高橋由光; 高橋由光; 長谷川尚子; 宋毅シュアン, 張玲; 村松正明; 中山健夫
        J Epidemiol, 2008年01月25日
      • 看護におけるガイドラインの展開(8・最終回)ガイドラインの将来:看護への期待
        中山 健夫; 岡本 茂; 三船 多香
        イー・ビー・ナーシング, 2008年
      • ヒトゲノムに関するマルチメディアプレゼンテーション“ポスターとアニメーションを用いたゲノム科学への導入のための教育プログラムの実施とその評価
        加納圭; 八幡彩子; 室井かおり; 川上雅弘; 友田茉莉; 宮木幸一; 中山健夫; 小杉眞司; 加藤和人; 加藤和人
        生物教育, 2008年
      • 遺伝学的知識の程度とゲノム・コホート研究同意率および危惧の程度の関係-地域住民を対象とした質問票調査-
        友田茉莉; 宮木幸一; 西山深雪; 長谷川尚子; 浦尾充子; 小野晶子; 北川尚子; 村上裕美; 村島京子; 佐藤恵子; 澤井英明; 沼部博直; 富和清隆; 中山健夫; 小杉眞司
        Journal of Epidemiology, 2008年
      • 個人のヘルスリテラシーにおける問題点や課題について (特集 健康・医療情報と図書館)
        内藤 真理子; 中山 健夫
        リスン, 2007年11月
      • オーダーメイド医療のための根拠に基づく遺伝子検査(EBGT)のシステム開発に関する研究
        舩渡忠男; 登勉; 野村文夫; 宮地勇人; 上田國寛; 中山健夫
        臨床病理, 2007年10月31日
      • 心の病に関するSNS(Social Networking site)のピアサポートツールとしての可能性
        高橋由光; 高橋由光; 内田千代子; 新保卓郎; 宮木幸一; 中山健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2007年10月15日
      • 特集 鼎談 医療の未来を探る(第3回)臨床研究は医師のキャリアパスの新しい選択肢になりえるか
        福原 俊一; 河原 和夫; 中山 健夫
        ドクターズマガジン, 2007年10月
      • 家族の死 : 悲嘆のケアワーク : 患者療養中から死別後までの調査報告(セッションS-7(MK202) 特別セッション 生と死の行動計量)
        宮崎 貴久子; 中山 健夫; 林 文
        日本行動計量学会大会発表論文抄録集, 2007年09月02日
      • EBMの方法を用いたガイドライン--その方法と可能性 (特集 ここまでわかった褥瘡のエビデンス--確実な予防と適切な治療のために) -- (治療のエビデンス)
        中山 健夫
        EBMジャ-ナル, 2007年09月
      • CPIと喪失歯数から見た口腔状態とQOLの関連 職域を対象とした横断研究
        内藤 真理子; 内藤 徹; 星 佳芳; 中山 健夫
        口腔衛生学会雑誌, 2007年08月
      • ネットワーク分析を用いたテキスト・マイニング : アスベスト問題の新聞報道について
        高橋 由光; 宮木 幸一; 新保 卓郎; 中山 健夫
        医療情報学 = Japan journal of medical informatics, 2007年05月30日
      • 高校生に対する、自記式質問票を用いたゲノム医療・研究およびそのコミュニケーションに関する意識調査
        友田 茉莉; 宮木 幸一; 西山 深雪; 加納 圭; 上田 英未; 小野 晶子; 松田 尚子; 村上 裕美; 村島 京子; 浦尾 充子; 澤井 英明; 沼部 博直; 富和 清隆; 加藤 和人; 中山 健夫; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2007年04月
      • 羊水検査を考慮しているクライエントに適した遺伝カウンセリング実現への取り組み 妊婦の意思決定を支援するための問診票の開発と説明文書の作成
        西山 深雪; 澤井 英明; 浦尾 充子; 宮木 幸一; 霞 弘之; 小森 慎二; 沼部 博直; 小野 晶子; 友田 茉莉; 松田 尚子; 村上 裕美; 村島 京子; 富和 清隆; 中山 健夫; 香山 浩二; 小杉 眞司
        日本遺伝カウンセリング学会誌, 2007年04月
      • これからの歯科医療に望まれる形は何か : 患者さんからより高い信頼を得るために
        中山 健夫; 辻本 好子; 加藤 元彦; 高津 茂樹; 長谷川 紘司
        日本歯科医学会誌 = Journal of the Japanese Association for Dental Science : JJDS, 2007年03月31日
      • 検診ガイドラインとリスクコミュニケーション (特集 検診--エビデンスと論争点) -- (ガイドラインの現状)
        本荘 哲; 中山 健夫
        EBMジャ-ナル, 2007年03月
      • 看護におけるガイドラインの展開(1)根拠に基づく診療ガイドラインの現状
        中山 健夫
        イー・ビー・ナーシング, 2007年
      • スギ花粉症に対する医師の薬剤処方パターンに関する質問票調査
        高橋 吾郎; 森山 元大; 水越 昭仁; 松崎 全成; 中山 健夫; 増山 敬祐
        耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 2007年
      • 発達障害ハイリスク児の親への育児支援に関する研究
        大久保 千惠; 沼部 博直; 中山 健夫
        研究助成論文集, 2007年
      • 塩分感受性高血圧SNPs情報提供が高校生の減塩行動に及ぼす影響の評価-自記式質問票によるパイロット調査-
        宮木幸一; 友田茉莉; 西山深雪; 加納圭; 上田英未; 張玲; 加藤和人; 加藤和人; 小杉眞司; 中山健夫
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2007年
      • 出生前診断を希望する妊婦の羊水検査や胎児先天異常についての認識調査
        西山深雪; 澤井英明; 浦尾充子; 宮木幸一; 霞弘之; 小森慎二; 沼部博直; 小野晶子; 北川尚子; 友田茉莉; 村上裕美; 村島京子; 富和清隆; 中山健夫; 香山浩二; 小杉眞司
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2007年
      • 地域住民を対象としたゲノム研究への態度と寄与因子を評価するための質問票調査
        友田茉莉; 宮木幸一; 西山深雪; 長谷川尚子; 浦尾充子; 小野晶子; 北川尚子; 村上裕美; 村島京子; 佐藤恵子; 澤井英明; 沼部博直; 富和清隆; 中山健夫; 小杉眞司
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2007年
      • 高校生に対する,自記式質問票を用いた発症前診断への考え方とその背景に関する意識調査
        友田茉莉; 宮木幸一; 西山深雪; 加納圭; 上田英未; 小野晶子; 北川尚子; 村上裕美; 村島京子; 浦尾充子; 佐藤恵子; 澤井英明; 沼部博直; 富和清隆; 加藤和人; 加藤和人; 中山健夫; 小杉眞司
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2007年
      • A Case of Bucillamine-induced Interstitial Pneumonia with Positive Lymphocute Stimulation Test for Bucillamine using Bronchoalveolar Lavage Lymphocyte
        Y Saito; T Nei; S Abe; J Usuki; A Azuma; T Nakayama; Y Fukuda; S Kudo
        Inter Med, 2007年
      • 青壮年者の生活習慣病予防のための長期介入研究(第23報) 4年間の身体活動の推移
        柳田 昌彦; 三浦 克之; 藤枝 賢晴; 木下 藤寿; 中山 健夫; 内藤 真理子; 田中 太一郎; 岡村 智教; 内藤 義彦; 中川 秀昭; 上島 弘嗣
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2006年10月
      • 緩和ケアへの移行時期の検討 : QOL継続調査(QOL研究の新しい方向)
        宮崎 貴久子; 中山 健夫; 斎藤 真理; 林 文
        日本行動計量学会大会発表論文抄録集, 2006年08月
      • 国際的な総合医学誌に掲載された質的研究のレビュー研究
        山崎浩司; Slingsby BT; 高橋都; 林葉子; 杉森裕樹; 中山健夫
        平成17年度 総括・ 分担報告書 厚生労働科学研究費補助金 医療技術評価総合研究事業「根拠に基づく 診療ガイドライン」の適切な作成・利用・普及に向けた基盤整備に関する研究: 患者・医療消費者の参加推進に向けて, 2006年04月
      • 外科領域におけるEBMに基づく診療ガイドラインの現状と問題点
        中山健夫
        日本外科学会雑誌, 2006年
      • 特別企画 IT時代のヘルスリテラシー、 (杉森裕樹・中山健夫編)、ヘルスリテラシーの重要性
        杉森裕樹; 中山健夫
        からだの科学号, 2006年
      • 疫学研究における労働時間の測定方法に関する系統的レビュー
        米本直裕; 天笠崇; 中山健夫
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2005年08月15日
      • 消化器外科にランダム化比較試験は必要か? : ランダム化比較試験と観察研究の結果比較(消化器外科におけるガイドライン-問題点と今後の展望, 第60回日本消化器外科学会総会)
        四方 哲; 中山 健夫; 田路 佳範; 野口 善令; 福井 次矢; 山岸 久一
        日本消化器外科学会雑誌, 2005年07月01日
      • 京都大学社会健康医学系専攻における臨床研究者養成コース(MCR)の概要
        中山 健夫; 福原 俊一; 今中 雄一; 白川 太郎; 小杉 眞司; 川村 孝; 石崎 達郎; 森田 智視; 東 尚弘; 安藤 昌彦
        医学教育, 2005年07月
      • 有効性評価に基づくがん検診ガイドライン作成手順(普及版)
        祖父江 友孝; 濱島 ちさと; 齋藤 博; 中山 健夫; がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究; 班ガイドライン作成手順検討委員会
        癌と化学療法, 2005年06月
      • 国際的な総合医学誌に掲載された質的研究のレビュー研究
        山崎浩司; Slingsby BT; 高橋都; 林葉子; 杉森裕樹; 中山健夫
        平成16年度 総括・ 分担報告書 厚生労働科学研究費補助金 医療技術評価総合研究事業「根拠に基づく 診療ガイドライン」の適切な作成・利用・普及に向けた基盤整備に関する研究: 患者・医療消費者の参加推進に向けて, 2005年04月
      • What's EBM? 15 : EBMから診療ガイドラインへ (その1)
        中山 健夫
        病院図書館, 2005年02月28日
      • 特定疾患のアウトカム研究:QOL,介護負担,経済評価班
        福原俊一; 下妻晃二郎; 浅井篤; 萱間真美; 陳和夫; 中山健夫
        特定疾患のアウトカム研究:QOL、介護負担、経済評価班 平成14-16年度 総合研究報告書, 2005年
      • マスメディアの健康情報に関する量的・質的検討 : 新聞に掲載された歯周病および糖尿病関連情報の比較
        内藤 真理子; 武 ユカリ; 赤松 利恵; 三木 健二; 中山 健夫
        口腔衛生学会雑誌 = JOURNAL OF DENTAL HEALTH, 2004年08月30日
      • 今日の予防医学 : 根拠に基づく医療(EBM)の視点から
        中山 健夫
        日本臨床皮膚科医学会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists, 2004年04月15日
      • 特別記事 座談会 日本の疫学と公衆衛生の未来を考える(1)「疫学の未来を語る若手の集い」の足跡を辿る
        水嶋 春朔; 中山 健夫; 小橋 元
        公衆衛生, 2004年04月
      • くすりとエビデンス エビデンスをつたえる エビデンス伝達フェーズにおける構造化抄録の有用性と日本医療機能評価機構Minds事業における取り組み
        宮木 幸一; 星 佳芳; 中山 健夫
        EBMジャーナル, 2004年04月
      • 研究方法立案ベーシック--疫学を中心とする研究のデザインと倫理 (子どもの心・体と環境を考える会・第2回テーマ別研究会記録)
        中山 健夫
        子どもの健康科学, 2004年03月
      • 総合診療かぜ研究 かぜ診療アウトカム調査(案)
        新保 卓郎; 福井 次矢; 小山 弘; 福原 俊一; 中山 健夫; 川村 孝; 小泉 順二; 三ツ浪 健一; 千田 彰一; 福本 陽平; 小泉 俊三; 松井 邦彦; 木川 和彦
        日本総合診療医学会会誌, 2004年02月
      • メディア報道における健康情報の基礎的検討--単語出現頻度による新聞記事の比較
        赤松 利恵; 中山 健夫; 内藤 真理子
        日本保健医療行動科学会年報, 2004年
      • コクラン共同計画のストラテジック・プラン (翻訳)
        中山 健夫; 津谷 喜一郎
        薬剤疫学, 2003年12月
      • What's EBM? 11 : 「バイアス」勢ぞろい
        中山 健夫
        病院図書館, 2003年08月31日
      • 口腔関連 QOL 尺度開発に関する検討 : General Oral Health Assessment Index (GOHAI)日本語版の作成
        内藤 真理子; 鈴鴨 よしみ; 磯和 均; 畔地 美紀; 小伏 寛枝; 小嶋 典子; 中山 健夫; 福原 俊一
        口腔衛生学会雑誌, 2003年08月30日
      • What's EBM? 10 : 「代表的な意見」とは何か? : 「237万人」と「2万人」
        中山 健夫
        病院図書館, 2003年05月31日
      • EBMを指向した「診療ガイドライン」と医学データベースに利用される「構造化抄録」作成の方法論の開発とそれらの受容性に関する研究 総括研究報告概要
        中山 健夫; 津谷 喜一郎; 木内 貴弘; 福井 次矢; 山崎 茂明; 野村 英樹; 稲葉 一人; 平位 信子
        厚生労働科学研究医療技術評価総合研究事業 EBMを指向した「診療ガイドライン」と医学データベースに利用される「構造化抄録」作成の方法論の開発とそれらの受容性に関する研究, 2003年04月
      • An evaluation of chest X-ray screening for lung cancer in Gunma prefecture, Japan : a population-based case-control study
        NAKAYAMA T
        Eur J Cancer, 2003年
      • 394.青壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第4報) : 身体活動状況における1年間の推移(生活・健康)
        柳田 昌彦; 三浦 克之; 中山 健夫; 内藤 真理子; 木下 藤寿; 内藤 義彦; 岡村 智教; 田中 太一郎; 藤枝 賢晴; 中川 秀昭; 上島 弘嗣
        体力科學, 2002年12月
      • 399.青壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第1報) : 対象集団のベースライン特性とリスク評価(生活・健康)
        岡村 智教; 三浦 克之; 柳田 昌彦; 内藤 義彦; 中山 健夫; 木下 藤寿; 内藤 真理子; 藤枝 賢晴; 田中 太一郎; 中川 秀昭; 上島 弘嗣
        体力科學, 2002年12月
      • 400.青壮年を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第5報) : ベースラインにおける身体活動・運動項目の回答結果と冠危険因子(生活・健康)
        藤枝 賢晴; 三浦 克之; 柳田 昌彦; 木下 藤寿; 内藤 義彦; 中山 健夫; 岡村 智教; 田中 太一郎; 内藤 真理子; 中川 秀昭; 上島 弘嗣
        体力科學, 2002年12月
      • 401.青壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第2報) : 身体活動量増加のための全体介入方法(生活・健康)
        三浦 克之; 柳田 昌彦; 藤枝 賢晴; 木下 藤寿; 内藤 義彦; 中山 健夫; 岡村 智教; 田中 太一郎; 内藤 真理子; 中川 秀昭; 上島 弘嗣
        体力科學, 2002年12月
      • 402.青壮年を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第3報) : ベースラインでのランダムサンプリング歩数調査結果(生活・健康)
        木下 藤寿; 三浦 克之; 柳田 昌彦; 藤枝 賢晴; 内藤 義彦; 中山 健夫; 岡村 智教; 田中 太一郎; 内藤 真理子; 中川 秀昭; 上島 弘嗣
        体力科學, 2002年12月
      • EBMにおけるエビデンスとは? (特集2 EBMとライブラリアン)
        中山 健夫
        病院図書館, 2002年11月30日
      • 小児科診療におけるEBMの重要性と問題点 (特集/気管支喘息--EBMに基づく診療ガイドラインをめざして)
        中山 健夫
        小児科診療, 2002年08月
      • 2000年に日本で報告されたRCTの内容
        金子 善博; 津谷 喜一郎; 中山 健夫; 宇山 久美子; 宮野 昌明; 山崎 茂明; 兼岩 健二; 細谷 敬子; 根本 恵; 八重 ゆかり
        臨床薬理, 2002年03月
      • 日本では毎月約70編のRCTが報告されている
        津谷 喜一郎; 金子 善博; 中山 健夫; 宇山 久美子; 宮野 昌明; 山崎 茂明; 兼岩 健二; 細谷 敬子; 根本 恵; 八重 ゆかり
        臨床薬理, 2002年03月
      • 業務起因性自殺 : いわゆる「過労自殺」-21事例の症例シリーズ研究
        天笠 崇; 中山 健夫
        Journal of epidemiology, 2002年01月01日
      • 「診療ガイドライン」作成において疫学者に期待される役割 : 厚生科学「慢性関節リウマチ」研究班での経験から
        中山 健夫; 福井 次矢; 福原 俊一; 越智 隆弘
        Journal of epidemiology, 2002年01月01日
      • EBMのとらえ方
        中山 健夫
        日本薬剤師会雑誌, 2002年01月
      • 【メディカルリスクマネジメントシステムとしての薬剤師業務】EMBとリスクマネジメント EBMを鑑みた医薬品情報提供とは
        中山 健夫; 津谷 喜一郎
        薬局, 2002年01月
      • 心ある医療に役立つ研究とは (第2回学術大会 子どもの心・体と環境を考える会) -- (シンポジウム2 医療と心)
        中山 健夫
        子どもの健康科学, 2001年03月
      • コクラン共同計画の現状と展開
        中山 健夫; 津谷 喜一郎
        日本臨床, 2001年02月
      • 寄稿 京都大学大学院医学研究科とのEBM情報システム・ワーキンググループ活動--「慢性関節リウマチ」診療ガイドライン策定研究班への病院図書館員の協力
        大橋 真紀子; 小田中 徹也; 首藤 佳子; 松本 純子; 須井 麻由美; 吉岡 陽子; 中山 健夫; 福原 俊一; 越智 隆弘
        病院図書館, 2001年
      • 日本のRCT論文をThe Cochrane Library/CENTRALに収載するには
        津谷 喜一郎; 廣瀬 美智代; 栗原 千絵子; 平田 智子; 金子 善博; 山崎 茂明; 兼岩 健二; 中山 健夫; 松島 尭
        医学図書館, 2000年03月
      • 【公衆衛生と個人情報保護】疫学研究におけるインフォームド・コンセントと倫理.
        玉腰暁子; 石川鎮静; 掛江直子; 小橋 元; 中山健夫; 丸山英二; 杉森裕樹)ほか
        公衆衛生, 2000年
      • コクラン共同計画 その展開と今後の展望
        津谷 喜一郎; 中山 健夫; 柳 元和; 金子 善博
        薬剤疫学, 1999年12月
      • 日本のRCT論文をThe Cochrane Libray/CENTRALに収載するには
        津谷 喜一郎; 廣瀬 美智代; 栗原 千絵子; 平田 智子; 金子 善博; 山崎 茂明; 兼岩 健二; 中山 健夫
        薬剤疫学, 1999年10月
      • Clinicians and epidemiologists view crude death rates differently
        T Nakayama; N Yoshiike; T Yokoyama
        BRITISH MEDICAL JOURNAL, 1999年02月
      • 日本にRCTはいくつあるか?
        津谷 喜一郎; 山崎 茂明; 兼岩 健二; 中山 健夫
        臨床薬理, 1999年01月
      • 卒前医学教育におけるコミュニケーション技法の体験学習が卒後の臨床活動に及ぼす影響
        卒前教育のコミュニケーション技能に関する教育研究会; 石崎 達郎; 今中 雄一; 岡本 章寛; 奥山 尚; 釜野 安昭; 木内 貴弘; 後藤 敏; 谷川 武; 中山 健夫; 本荘 哲; 水嶋 春朔; 村上 典子
        医学教育, 1998年12月25日
      • 高齢者の血圧と生命予後 19.5年追跡コホート研究
        横山 徹爾; 久代 和加子; 中山 健夫; 小久保 喜弘; 高嶋 隆行; 斎藤 京子; 佐々木 夏枝; 吉池 信男; 松村 康弘; 岩谷 昌子; 杉山 みち子; 伊達 ちぐさ; 田中 平三
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1998年10月
      • ライフスタイルと高血圧 (特集 ライフスタイルと疾病--1次予防の有効性と患者指導の実際)
        田中 平三; 中山 健夫; 横山 徹爾
        日本医師会雑誌, 1998年04月01日
      • 節酒のコンプライアンス : 適正飲酒維持のために
        中山 健夫; 柳 元和; 吉池 信男; 横山 徹爾; 松村 康弘; 岩谷 昌子; 杉山 みち子; 山口 百子; 伊達 ちぐさ; 田中 平三
        日本循環器管理研究協議会雑誌 = Journal of the Japanese Association for Cerebro-cardiovascular Disease Control, 1997年04月30日
      • 血清ビタミンC濃度と脳卒中発生・死亡との負の関連 : 新発田15.5年追跡研究
        横山 徹爾; 中山 健夫; 岩岡 浩子; ザマン M. M.; 田中 平三; 吉池 信男; 松村 康弘; 岩谷 昌子; 杉山 みち子; 山口 百子; 伊達 ちぐさ
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1996年10月15日
      • 宍粟郡5町における余暇および労働別身体活動度の特徴
        堂田 正美; 平岡 千恵子; 中野 典子; 栗山 早苗; 谷林 真寿美; 平尾 真弓; 今井 由美; 山田 美香代; 名畑 節子; 吉田 真貴子; 保杉 弘美; 坂口 美佐; 広畑 元美; 亀井 京子; 大西 治巳; 金森 照代; 吉池 信男; 山本 昭夫; 伊達 ちぐさ; 柳 元和; 岩谷 昌子; 松村 康弘; 山口 百子; 岩岡 浩子; 横山 徹爾; 中山 健夫; 田中 平三
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1996年10月15日
      • 体脂肪測定方法の比較検討
        松村 康弘; 吉池 信男; 岩谷 昌子; 杉山 みち子; 山口 百子; 淵 時雄; 武山 英麿; 岩岡 浩子; 横山 徹爾; 中山 健夫; 田中 平三
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1996年10月15日
      • Cholesterol, diastolic blood pressure, and stroke: 13000 strokes in 450000 people in 45 prospective cohorts
        N Qizilbash; S Lewington; S Duffy; R Peto; T Smith; D Spiegelhalter; H Iso; T Shimamoto; Y Komachi; M Iida; J Doyle; D Strogatz; S Ebrahim; G Wannamethee; P Whincup; Burke, V; K Cullen; M Knuiman; T Welborn; D Bainton; Baker, I; P Elwood; P Sweetnam; J Yarnell; J Keil; S Sutherland; C Hames; H Tyroler; R DAgostino; W Kannel; P Wolf; A Aromaa; P Knekt; J Maatela; A Reunanen; P Puska; C Sarti; M Tamminen; J Tuomilehto; E Vartiainen; C Bengtsson; C Bjorkelund; L Lissner; K Kodama; Y Shimizu; A Kagan; J Popper; D Reed; K Yano; U Goldbourt; J Medalie; S Yaari; M Criqui; C Davis; H Blackburn; D Jacobs; R Leupker; T Harris; J Madans; M Ofstedal; K Bjartveit; Stensvold, I; A Tverdal; K Garrow; T Meade; Ruddock, V; L Haheim; Hjermann, I; Holme, I; P Leren; F Cambien; P Ducimetiere; J Richard; G Assmann; E BarrettConnor; R Langer; C Gillis; C Hart; Hawthorne, V; D Hole; C Isles; A Lever; GD Smith; C Aravanis; H Blackburn; R Buzina; A Dontas; F Fidanza; S Giampaoli; M Karvonen; A Keys; D Kromhout; M Lanti; A Menotti; Mohacek, I; S Nedeljkovic; A Nissinen; S Punsar; F Seccareccia; H Toshima; Z Chen; R Collins; W Li; J Lu; C Date; T Nakayama; H Tanaka; T Yokoyama; N Yoshiike; C Brown; H TunstallPedoe; M Higgins; J Keller; J Carstensen; S Tornberg; M Marmot; M Shipley
        LANCET, 1995年12月
      • ミネラルの食事性摂取量と循環器疾患に関するコホート研究
        伊達 ちぐさ; 横山 徹爾; 福井 充; 下里 誠; 中山 健夫; 吉池 信男; 柳 元和; 岩谷 昌子; 松村 康弘; 山口 百子; 白田 久美子; 山本 博司; 門奈 丈之; 清野 富久江; 陳 浩; 岩岡 浩子; ZAMAN Mohammad M.; 杉山 みち子; 田中 平三
        日本循環器管理研究協議会雑誌 = Journal of the Japanese Association for Cerebro-cardiovascular Disease Control, 1995年10月20日
      • 地域住民の健康意識と保健行動 ; 喫煙 : 第1回新発田市保健行動調査から
        市野瀬 節子; 高橋 悦子; 加藤 豊子; 市村 隆佳; 中山 健夫; 陳 浩; 横山 徹爾; 清野 富久江; 岩岡 浩子; ザマン M.; 大河内 由香; 田中 平三; 吉池 信男; 松村 康弘; 杉山 みち子; 岩谷 昌子; 山口 百子; 伊達 ちぐさ
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1995年10月15日
      • 食物摂取頻度調査法の妥当性 : 長期間の食事記録法と生化学的指標による検討
        伊達 ちぐさ; 柳 元和; 門奈 丈之; 福井 充; 島田 豊治; 藤井 千鶴子; 岩谷 昌子; 吉池 信男; 松村 康弘; 杉山 みち子; 山口 百子; 中山 健夫; 横山 徹爾; 清野 富久江; 岩岡 浩子; 田中 平三
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1995年10月15日
      • わが国における「QOL研究」の動向 : 文献的レビュー
        中山 健夫; 野地 有子; 横山 徹爾; 陳 浩; 清野 富久江; 岩岡 浩子; ザマン M.; 大河内 由香; 田中 平三; 吉池 信男; 松村 康弘; 杉山 みち子; 岩谷 昌子; 山口 百子; 伊達 ちぐさ
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1995年10月15日
      • 肥満の一指標としての肝の脂肪化に関する横断的研究-生化学的指標との関連
        柳 元和; 伊達 ちぐさ; 島田 豊治; 山本 博司; 田中 隆; 門奈 丈之; 平岡 千恵子; 中野 典子; 堂田 正美; 山本 昭夫; 中山 健夫; 横山 徹爾; 田中 平三
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 1995年10月15日
      • 地域における高脂血症者に対する食事指導
        吉池 信男; 岩谷 昌子; 松村 康弘; 山口 百子; 田中 平三; 山本 卓; 中山 健夫; 横山 徹爾; 清野 富久江; 陳 浩; 伊達 ちぐさ
        日本循環器管理研究協議会雑誌 = Journal of the Japanese Association for Cerebro-cardiovascular Disease Control, 1994年05月01日
      • ナトリウム等電解質の摂取量と循環器疾患に関するコホート研究
        伊達 ちぐさ; 柳 元和; 福井 充; 田中 平三; 中山 健夫; 横山 徹爾; 清野 富久江; 陳 浩; 下里 誠; 山口 百子; 岩谷 昌子; 松村 康弘; 吉池 信男
        日本循環器管理研究協議会雑誌 = Journal of the Japanese Association for Cerebro-cardiovascular Disease Control, 1994年05月01日
      • BETWEEN-PERSON AND WITHIN-PERSON VARIATIONS IN NUTRIENT INTAKE AMONG JAPANESE COLLEGE-STUDENTS AND SCHOOL-CHILDREN
        C DATE; M FUKUI; T SHIMADA; M YANAGI; M YAMAGUCHI; M IWAYA; N YOSHIIKE; H TANAKA; T NAKAYAMA; T YAMAMOTO
        AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION, 1994年01月