教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

岡本 宗裕

オカモト ムネヒロ

ヒト行動進化研究センター 教授

岡本 宗裕
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類学講座, 教授

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      okamoto.munehiro.6wkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本疾患モデル学会
    • 日本実験動物学会
    • 日本寄生虫学会
    • 日本獣医学会

    学位

    • 獣医学修士(北海道大学)
    • 博士(獣医学)(北海道大学)

    出身大学院・研究科等

    • 北海道大学, 大学院獣医学研究科形態機能学専攻博士後期課程, 退学
    • 北海道大学, 大学院獣医学研究科形態機能学専攻修士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 北海道大学, 獣医学部獣医学科, 卒業

    経歴

    • 自 1990年, 至 1999年
      大阪大学医学部 助手, Faculty of Medicine
    • 自 1990年, 至 1999年
      Osaka University, Research Associate
    • 自 1999年
      鳥取大学農学部 助教授, Faculty of Agriculture
    • 自 1999年
      鳥取大学
    • 自 1985年, 至 1990年
      北海道大学獣医学部 助手, School of Veterinary Medicine
    • 自 1985年, 至 1990年
      Hokkaido University, Research Associate
    • 鳥取大学 農学部 獣医学科(病態・予防獣医学学科目) 実験動物学教室, 助教授

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 寄生虫学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 実験動物学

      論文

      • Current situation of human Taenia asiatica taeniosis in Japan
        Hiroshi Yamasaki; Yasuyuki Morishima; Hiromu Sugiyama; Munehiro Okamoto
        Parasitology International, 2021年08月, 査読有り
      • Origin of the pork tapeworm Taenia solium in Bali and Papua, Indonesia
        Tetsuya Yanagida; Kadek Swastika; Nyoman Sadra Dharmawan; Yasuhito Sako; Toni Wandra; Akira Ito; Munehiro Okamoto
        Parasitology International, 2021年08月, 査読有り, 責任著者
      • Physiological variation in Japanese macaques (Macaca fuscata) housed in different outdoor cages evaluated using the metabolic profile test
        Akihisa Kaneko; Masaki Takasu; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kotono Nakamura; Munehiro Okamoto
        Primates, 2021年07月, 査読有り
      • Correction to: Comparative analysis of sperm motility in liquid and seminal coagulum portions between Bornean orangutan (Pongo pygmaeus) and chimpanzee (Pan troglodytes).
        Kodzue Kinoshita; Yoriko Indo; Tomoyuki Tajima; Noko Kuze; Etsuko Miyakawa; Toshio Kobayashi; Tomoyuki Nakamura; Mitsuaki Ogata; Fumihiko Okumura; Takashi Hayakawa; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Munehiro Okamoto; Yasuhiko Ozaki; Satoshi Hirata
        Primates; journal of primatology, 2021年05月
      • Comparative analysis of sperm motility in liquid and seminal coagulum portions between Bornean orangutan (Pongo pygmaeus) and chimpanzee (Pan troglodytes)
        Kodzue Kinoshita; Yoriko Indo; Tomoyuki Tajima; Noko Kuze; Etsuko Miyakawa; Toshio Kobayashi; Tomoyuki Nakamura; Mitsuaki Ogata; Fumihiko Okumura; Takashi Hayakawa; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Munehiro Okamoto; Yasuhiko Ozaki; Satoshi Hirata
        Primates, 2021年05月, 査読有り
      • Parasite community structure in sympatric Bornean primates
        Liesbeth Frias; Hideo Hasegawa; Tock H. Chua; Symphorosa Sipangkui; Danica J. Stark; Milena Salgado-Lynn; Benoit Goossens; Kenneth Keuk; Munehiro Okamoto; Andrew J.J. MacIntosh
        International Journal for Parasitology, 2021年04月, 査読有り
      • Risk factors and prevalence of taeniasis among the Karen people of Tha Song Yang District, Tak Province, Thailand
        Teera Kusolsuk; Kittipong Chaisiri; Akkarin Poodeepiyasawad; Surapol Sa-Nguankiat; Nirundorn Homsuwan; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Dorn Watthanakulpanich; Jitra Waikagul; Paron Dekumyoy; Chalit Komalamisra; Akira Ito
        Parasite, 2021年, 査読有り
      • Phylogenetic analyses reveal that simian foamy virus isolated from Japanese Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui) is distinct from most of Japanese Hondo macaques (Macaca fuscata fuscata).
        Akira Hashimoto-Gotoh; Rokusuke Yoshikawa; So Nakagawa; Munehiro Okamoto; Takayuki Miyazawa
        Gene, 2020年01月21日, 査読有り
      • First description of male worms of Enterobius (Colobenterobius) serratus (Nematoda: Oxyuridae), the pinworm parasite of proboscis monkeys
        HIDEO HASEGAWA; LIESBETH FRIAS; SURDENSTEEVE PETER; NOOR HALIZA HASAN; DANICA J. STARK; MILENA SALGADO LYNN; SYMPHOROSA SIPANGKUI; BENOIT GOOSSENS; KEIKO MATSUURA; MUNEHIRO OKAMOTO; ANDREW J. J. MACINTOSH
        Zootaxa, 2020年01月14日, 査読有り
      • Co-occurrence of swine cysticercosis due to Taenia solium and Taenia hydatigena in ethnic minority villages at the Thai-Myanmar border
        K. Chaisiri; T. Kusolsuk; N. Homsuwan; S. Sanguankiat; P. Dekumyoy; G. Peunpipoom; S. Khiriphattharaphon; Y. Sako; T. Yanagida; M. Okamoto; A. Ito
        Journal of Helminthology, 2019年11月, 査読有り
      • Hematological and blood chemistry values in captive Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata).
        Miyabe-Nishiwaki T; MacIntosh AJJ; Kaneko A; Morimoto M; Suzuki J; Akari H; Okamoto M
        Journal of medical primatology, 2019年08月, 査読有り
      • A pinworm's tale: The evolutionary history of Lemuricola (Protenterobius) nycticebi
        Liesbeth Frias; Hideo Hasegawa; Danica J. Stark; Milena Salgado Lynn; Senthilvel KSS. Nathan; Tock H. Chua; Benoit Goossens; Munehiro Okamoto; Andrew J.J. MacIntosh
        International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife, 2019年04月, 査読有り
      • Molecular characterization of nodule worm in a community of Bornean primates
        Liesbeth Frias; Danica J. Stark; Milena Salgado Lynn; Senthilvel Nathan; Benoit Goossens; Munehiro Okamoto; Andrew J. J. MacIntosh
        Ecology and Evolution, 2019年04月, 査読有り
      • Towards a cysticercosis-free tropical resort island: A historical overview of taeniasis/cysticercosis in Bali
        Putu Sutisna; I. Nengah Kapti; Toni Wandra; Nyoman S. Dharmawan; Kadek Swastika; A.A. Raka Sudewi; Ni Made Susilawathi; I. Made Sudarmaja; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Takahiko Yoshida; Meritxell Donadeu; Marshall W. Lightowlers; Akira Ito
        Acta Tropica, 2019年02月, 査読有り
      • Experimental infection of Japanese macaques with simian retrovirus 5.
        Rie Koide; Rokusuke Yoshikawa; Munehiro Okamoto; Shoichi Sakaguchi; Juri Suzuki; Tadashi Isa; So Nakagawa; Hiromi Sakawaki; Tomoyuki Miura; Takayuki Miyazawa
        The Journal of general virology, 2019年02月, 査読有り
      • Identification of a previously unidentified endemic region for taeniasis in North Sumatra, Indonesia
        Umar Zein; Sahat Siregar; Indra Janis; Abdul Harris Pane; Jan Maurisdo Purba; Teguh Wahyu Sardjono; Toni Wandra; Kadek Swastika; Hadyanto Lim; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        Acta Tropica, 2019年01月, 査読有り
      • Evolutionary history of carabid ground beetles with special reference to morphological variations of the hind-wings
        Yûki IMURA; Osamu TOMINAGA; Zhi-Hui SU; Nobuo KASHIWAI; Munehiro OKAMOTO; Syozo OSAWA
        Proceedings of the Japan Academy, Series B, 2018年11月09日, 査読有り
      • Evaluating the origin and virulence of a Helicobacter pylori cagA-positive strain isolated from a non-human primate.
        Hashi K; Imai C; Yahara K; Tahmina K; Hayashi T; Azuma T; Miyabe-Nishiwaki T; Sato H; Matsuoka M; Niimi S; Okamoto M; Hatakeyama M
        Scientific Reports, 2018年10月, 査読有り
      • Taenia solium, Taenia saginata, Taenia asiatica, their hybrids and other helminthic infections occurring in a neglected tropical diseases' highly endemic area in Lao PDR
        Marcello Otake Sato; Megumi Sato; Tetsuya Yanagida; Jitra Waikagul; Tiengkham Pongvongsa; Yasuhito Sako; Surapol Sanguankiat; Tipparayat Yoonuan; Sengchanh Kounnavang; Satoru Kawai; Akira Ito; Munehiro Okamoto; Kazuhiko Moji
        PLoS Neglected Tropical Diseases, 2018年02月08日, 査読有り
      • Lurking in the dark: Cryptic Strongyloides in a Bornean slow loris.
        Liesbeth Frias; Danica J. Stark; Milena Salgado Lynn; Senthilvel KSS. Nathan; Benoit Goossensb; Munehiro Okamoto; Andrew J.J. MacIntosh
        International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife, 2018年, 査読有り
      • Gastrointestinal helminths and Taenia spp. in parenteral tissues of free-roaming pigs (Sus scrofa indicus) from hill-tribe village at the western border of Thailand
        K. Chaisiri; S. Aueawiboonsri; T. Kusolsuk; P. Dekumyoy; S. Sanguankiat; N. Homsuwan; G. Peunpipoom; M. Okamoto; T. Yanagida; Y. Sako; A. Ito
        TROPICAL BIOMEDICINE, 2017年06月, 査読有り
      • 福島市に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫保有状況-特に下北半島個体群との比較に注目して
        三觜 慶; 渡辺洋子; 石井奈穂美; 名切幸枝; 羽山伸一; 中西せつ子; 近江俊徳; 岡本宗裕; 浅川満彦
        青森自然誌研究, 2017年05月
      • Urinary sex steroid hormone and placental leucine aminopeptidase concentration differences between live births and stillbirth of Bornean orangutans (Pongo pygmaeus)
        Kodzue Kinoshita; Yusuke Sano; Akira Takai; Mika Shimizu; Toshio Kobayashi; Akihiro Ouchi; Noko Kuze; Miho Inoue-Murayama; Gen'ichi Idani; Munehiro Okamoto; Yasuhiko Ozaki
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2017年02月, 査読有り
      • Serological validation of an alveolar echincoccosis rat model with a single hepatic lesion
        Masamichi Yamashita; Tomohiro Imagawa; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Tetsuya Yanagida; Yoshiharu Okamoto; Takeshi Tsuka; Tomohiro Osaki; Akira Ito
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2017年02月, 査読有り
      • 輸入サル類の潜在的な寄生虫病-特に、医学用実験動物として利用されるカニクイザル Macaca fascicularis の検疫中に斃死した事例を参考に
        浅川満彦; 外平友佳理; 岡本宗裕
        エキゾチックペット研究会誌, 2017年, 査読有り
      • 京都大学霊長類研究所におけるニホンザル血小板減少症流行のその後
        宮沢孝幸; 岡本宗裕
        LABIO21, 2017年
      • Swine cysticercosis in the Karangasem district of Bali, Indonesia: An evaluation of serological screening methods
        Kadek Swastika; Nyoman Sadra Dharmawan; I. Ketut Suardita; I. Nengah Kepeng; Toni Wandra; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Tetsuya Yanagida; Mizuki Sasaki; Patrick Giraudoux; Minoru Nakao; Takahiko Yoshida; Luh Putu Eka Diarthini; I. Made Sudarmaja; Ivan Elisabeth Purba; Christine M. Budke; Akira Ito
        ACTA TROPICA, 2016年11月, 査読有り
      • Neurocysticercosis Diagnosed in a Patient with Taenia saginata Taeniasis after Administration of Praziquantel: A Case Study and Review of the Literature
        Toni Wandra; Raka Sudewi; Ni Made Susilawati; Kadek Swastika; I Made Sudarmaja; Luh Putu Eka Diarthini; Ivan Elisabeth Purba; 岡本 宗裕; Christine M Budke; 伊藤 亮
        Primary Healthcare, 2016年07月
      • Simple Identification of Human Taenia Species by Multiplex Loop-Mediated Isothermal Amplification in Combination with Dot Enzyme-Linked Immunosorbent Assay
        Agathe Nkouawa; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        AMERICAN JOURNAL OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE, 2016年06月, 査読有り
      • 青森県下北半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫保有状況
        渡辺洋子; 三觜 慶; 石井奈穂美; 名切幸枝; 羽山伸一; 中西せつ子; 近江俊徳; 岡本宗裕; 浅川満彦
        青森自然誌研究, 2016年03月, 査読有り
      • Epidemiological Surveillance of Lymphocryptovirus Infection in Wild Bonobos.
        Yoshida T; Takemoto H; Sakamaki T; Tokuyama N; Hart J; Hart T; Dupain J; Cobden A; Mulavwa M; Kawamoto Y; Kaneko A; Enomoto Y; Sato E; Kooriyama T; Miyabe-Nishiwaki T; Suzuki J; Saito A; Okamoto M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Furuichi T; Akari H
        Frontiers in microbiology, 2016年, 査読有り
      • Canine echinococcosis: genetic diversity of Echinococcus granulosus sensu stricto (s.s.) from definitive hosts
        B. Boufana; W. Lett; S. Lahmar; A. Griffiths; D. J. Jenkins; I. Buishi; S. A. Engliez; M. A. Alrefadi; A. A. Eljaki; F. M. Elmestiri; M. M. Reyes; S. Pointing; A. Al-Hindi; P. R. Torgerson; M. Okamoto; P. S. Craig
        JOURNAL OF HELMINTHOLOGY, 2015年11月, 査読有り
      • Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model.
        Sato K; Kobayashi T; Misawa N; Yoshikawa R; Takeuchi JS; Miura T; Okamoto M; Yasunaga J; Matsuoka M; Ito M; Miyazawa T; Koyanagi Y
        Scientific reports, 2015年09月, 査読有り
      • Simian retrovirus 4 induces lethal acute thrombocytopenia in Japanese macaques.
        Rokusuke Yoshikawa; Munehiro Okamoto; Shoichi Sakaguchi; So Nakagawa; Tomoyuki Miura; Hirohisa Hirai; Takayuki Miyazawa
        Journal of virology, 2015年04月, 査読有り
      • The present situation and towards the prevention and control of neurocysticercosis on the tropical island, Bali, Indonesia
        Toni Wandra; Kadek Swastika; Nyoman S. Dharmawan; Ivan Elisabeth Purba; I. Made Sudarmaja; Takahiko Yoshida; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Ni Luh Putu Eka Diarthini; Dewa Ayu Agus Sri Laksemi; Tetsuya Yanagida; Minoru Nakao; Akira Ito
        PARASITES & VECTORS, 2015年03月, 査読有り
      • Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host
        Munehiro Okamoto; Takayuki Miyazawa; Shigeru Morikawa; Fumiko Ono; Shota Nakamura; Eiji Sato; Tomoyuki Yoshida; Rokusuke Yoshikawa; Kouji Sakai; Tetsuya Mizutani; Noriyo Nagata; Jun-ichiro Takano; Sachi Okabayashi; Masataka Hamano; Koji Fujimoto; Takaaki Nakaya; Tetsuya Iida; Toshihiro Horii; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akino Watanabe; Akihisa Kaneko; Akatsuki Saito; Atsushi Matsui; Toshiyuki Hayakawa; Juri Suzuki; Hirofumi Akari; Tetsuro Matsuzawa; Hirohisa Hirai
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年03月, 査読有り
      • The present situation of human taeniases and cysticercosis in Asia
        Akira Ito; Toni Wandra; Tiaoying Li; Paron Dekumyoy; Agathe Nkouawa; Munehiro Okamoto; Christine M. Budke
        Recent Patents on Anti-Infective Drug Discovery, 2015年, 査読有り
      • Construction of an infectious clone of simian foamy virus of Japanese macaque (SFVjm) and phylogenetic analyses of SFVjm isolates
        Rokusuke Yoshikawa; S. Nakagawa; Munehiro Okamoto; Takayuki Miyazawa
        GENE, 2014年09月, 査読有り
      • Molecular identification of species of Taenia causing bovine cysticercosis in Ethiopia
        Z. Hailemariam; M. Nakao; S. Menkir; A. Lavikainen; T. Iwaki; T. Yanagida; M. Okamoto; A. Ito
        JOURNAL OF HELMINTHOLOGY, 2014年09月, 査読有り
      • Phylogenetic characterisation of Taenia tapeworms in spotted hyenas and reconsideration of the “Out of Africa” hypothesis of Taenia in humans.
        Terefe Y; Zerihun Hailemariam Z; Menkir S; Nakao M; Lavikainen A; Haukisalmi V; Iwaki T; Okamoto M; Ito A
        International Journal for Parasitology, 2014年07月, 査読有り
      • 実験動物感染症の現状 サルレトロウイルス,その後
        岡本 宗裕
        実験動物ニュース, 2014年01月
      • Simple and reliable preparation of immunodiagnostic antigens for Taenia solium cysticercosis
        Yasuhito Sako; Sonoyo Itoh; Munehiro Okamoto; Kazuhiro Nakaya; Akira Ito
        PARASITOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • Taeniases and cysticercosis in Indonesia: past and present situations
        Toni Wandra; Akira Ito; Kadek Swastika; Nyoman S. Dharmawan; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto
        PARASITOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • Detection of human taeniases in Tibetan endemic areas, China
        Tiaoying Li; Xingwang Chen; Tetsuya Yanagida; Hao Wang; Changping Long; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Yunfei Wu; Patrick Giraudoux; Francis Raoul; Agathe Nkouawa; Minoru Nakao; Philip S. Craig; Akira Ito
        PARASITOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • Genotypic relationships between taenia saginata, taenia asiatica and their hybrids
        Kanako Yamane; Tetsuya Yanagida; Tiaoying Li; Xingwang Chen; Paron Dekumyoy; Jitra Waikagul; Agathe Nkouawa; Minoru Nakao; Yasuhito Sako; Akira Ito; Hiroshi Sato; Munehiro Okamoto
        Parasitology, 2013年11月, 査読有り
      • Advances in diagnosis and spatial analysis of cysticercosis and taeniasis
        Francis Raoul; Tiaoying Li; Yasuhito Sako; Xingwang Chen; Changping Long; Tetsuya Yanagida; Yunfei Wu; Minoru Nakao; Munehiro Okamoto; Philip S. Craig; Patrick Giraudoux; Akira Ito
        PARASITOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • Echinococcus multilocularis: Single hepatic lesion experimentally established without metastasis in rats
        Masamichi Yamashita; Tomohiro Imagawa; Kazuhiro Nakaya; Yasuhito Sako; Yoshiharu Okamoto; Takeshi Tsuka; Tomohiro Osaki; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        EXPERIMENTAL PARASITOLOGY, 2013年10月, 査読有り
      • 多包虫症モデルラットの病変切除治療時における血清学的変化
        山下 真路; 東 和夫; 柄 武志; 大崎 智弘; 岡本 芳晴; 岡本 宗裕; 迫 康仁; 中谷 和宏; 伊藤 亮; 今川 智敬
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2013年08月
      • Mini review on chemotherapy of taeniasis and cysticercosis due to Taenia solium in Asia, and a case report with 20 tapeworms in China
        A. Ito; T. Li; X. Chen; C. Long; T. Yanagida; M. Nakao; Y. Sako; M. Okamoto; Y. Wu; F. Raoul; P. Giraudoux; P. S. Craig
        TROPICAL BIOMEDICINE, 2013年06月, 査読有り
      • Molecular phylogeny of the genus Taenia (Cestoda: Taeniidae): Proposals for the resurrection of Hydatigera Lamarck, 1816 and the creation of a new genus Versteria
        Minoru Nakao; Antti Lavikainen; Takashi Iwaki; Voitto Haukisalmi; Sergey Konyaev; Yuzaburo Oku; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 2013年05月, 査読有り
      • Comprehensive In Vitro Analysis of Simian Retrovirus Type 4 Susceptibility to Antiretroviral Agents
        Hiroaki Togami; Kazuya Shimura; Munehiro Okamoto; Rokusuke Yoshikawa; Takayuki Miyazawa; Masao Matsuoka
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2013年04月, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captive chimpanzees.
        Kooriyama T; Okamoto M; Yoshida T; Nishida T; Tsubota T; Saito A; Tomonaga M; Matsuzawa T; Akari H; Nishimura H; Miyabe-Nishiwaki T
        Primates; journal of primatology, 2013年01月, 査読有り
      • A loop-mediated isothermal amplification method for a differential identification of Taenia tapeworms from human: Application to a field survey
        Agathe Nkouawa; Yasuhito Sako; Tiaoying Li; Xingwang Chen; Minoru Nakao; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Patrick Giraudoux; Francis Raoul; Kazuhiro Nakaya; Ning Xiao; Jiamin Qiu; Dongchuan Qiu; Philip S. Craig; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2012年12月, 査読有り
      • Genetic polymorphisms of Echinococcus granulosus sensu stricto in the Middle East
        Tetsuya Yanagida; Tahereh Mohammadzadeh; Shaden Kamhawi; Minoru Nakao; Seyed Mahmoud Sadjjadi; Nawal Hijjawi; Sami K. Abdel-Hafez; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2012年12月, 査読有り
      • Usefulness of pumpkin seeds combined with areca nut extract in community-based treatment of human taeniasis in northwest Sichuan Province, China
        Tiaoying Li; Akira Ito; Xingwang Chen; Changping Long; Munehiro Okamoto; Francis Raoul; Patrick Giraudoux; Tetsuya Yanagida; Minoru Nakao; Yasuhito Sako; Ning Xiao; Philip S. Craig
        ACTA TROPICA, 2012年11月, 査読有り
      • An ocular cysticercosis in Bali, Indonesia caused by Taenia solium Asian genotype
        Kadek Swastika; Cokorda I. Dewiyani; Tetsuya Yanagida; Yasuhiko Sako; Made Sudarmaja; Putu Sutisna; Toni Wandra; Nyoman S. Dharmawan; Kazuhiro Nakaya; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2012年06月, 査読有り
      • Molecular identification of unilocular hydatid cysts from domestic ungulates in Ethiopia: Implications for human infections
        Zerihun Hailemariam; Minoru Nakao; Sissay Menkir; Antti Lavikainen; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2012年06月, 査読有り
      • Recent hybridization between Taenia asiatica and Taenia saginata
        Kanako Yamane; Yumi Suzuki; Eiko Tachi; Tiaoying Li; Xingwang Chen; Minoru Nakao; Agathe Nkouawa; Testuya Yanagida; Yasuhito Sako; Akira Ito; Hiroshi Sato; Munehiro Okamoto
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2012年06月, 査読有り
      • SRV-5 の関与が疑われる血小板減少症.―生理学研究所ニホンザルにおける事例―
        稲垣晴久; 山根 到; 浜井美弥; 伊佐 正; 岡本宗裕
        オベリスク, 2012年, 査読有り
      • RV-4の関与が疑われるニホンザルの血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        オベリスク, 2012年
      • Phylogenetic relationships within Echinococcus and Taenia tapeworms (Cestoda: Taeniidae): An inference from nuclear protein-coding genes
        Jenny Knapp; Minoru Nakao; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Urmas Saarma; Antti Lavikainen; Akira Ito
        MOLECULAR PHYLOGENETICS AND EVOLUTION, 2011年12月, 査読有り
      • 実験動物感染症の現状 サルレトロウイルス4型(SRV-4)
        喜多 正和; 岡本 宗裕
        実験動物ニュース, 2011年07月
      • TAENIASIS/CYSTICERCOSIS IN BALI, INDONESIA
        Toni Wandra; A. A. Raka Sudewi; I. Kadek Swastika; Putu Sutisna; Nyoman S. Dharmawan; Hemma Yulfi; Dewi Masyithah Darlan; I. Nengah Kapti; Gina Samaan; Marcello Otake Sato; Munehiro Okamoto; Yasuhito Sako; Akira Ito
        SOUTHEAST ASIAN JOURNAL OF TROPICAL MEDICINE AND PUBLIC HEALTH, 2011年07月, 査読有り
      • The first workshop towards the control of cestode zoonoses in Asia and Africa
        Akira Ito; Munehiro Okamoto; Tiaoying Li; Toni Wandra; Nyoman S. Dharmawan; Kadek I. Swastika; Paron Dekumyoy; Teera Kusolsuk; Abmed Davvajav; Anu Davaasuren; Temuulen Dorjsuren; Sissay M. Mekonnen; Zerihun H. Negasi; Tetsuya Yanagida; Yasuhito Sako; Minoru Nakao; Kazuhiro Nakaya; Antti J. Lavikainen; Agathe Nkouawa; Tahereh Mohammadzadeh
        PARASITES & VECTORS, 2011年06月, 査読有り
      • 忘れ去られた病気「ニホンザル血小板減少症」
        岡本 宗裕
        生き物たちのつづれ織り, 2011年
      • ニホンザル血小板減少症の原因究明について
        岡本 宗裕
        実験動物医学, 2011年
      • 京都大学霊長類研究所で発生したニホンザル血小板減少症とその病因
        岡本宗裕
        関西実験動物研究会会報, 2011年
      • Molecular and serological survey on taeniasis and cysticercosis in Kanchanaburi Province, Thailand
        Malinee T. Anantaphruti; Munehiro Okamoto; Tippayarat Yoonuan; Surapol Saguankiat; Teera Kusolsuk; Megumi Sato; Marcello O. Sato; Yasuhito Sako; Jitra Waikagul; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2010年09月, 査読有り
      • State-of-the-art Echinococcus and Taenia: Phylogenetic taxonomy of human-pathogenic tapeworms and its application to molecular diagnosis
        Minoru Nakao; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto; Jenny Knapp; Agathe Nkouawa; Yasuhito Sako; Akira Ito
        INFECTION GENETICS AND EVOLUTION, 2010年05月, 査読有り
      • Evidence of hybridization between Taenia saginata and Taenia asiatica
        Munehiro Okamoto; Minoru Nakao; David Blair; Malinee T. Anantaphruti; Jitra Waikagul; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2010年03月, 査読有り
      • Geographic pattern of genetic variation in the fox tapeworm Echinococcus multilocularis
        Minoru Nakao; Ning Xiao; Munehiro Okamoto; Tetsuya Yanagida; Yasuhito Sako; Akira Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2009年12月, 査読有り
      • Phylogenetic relationships of rodent pinworms (genus Syphacia) in Japan inferred from 28S rDNA sequences
        Munehiro Okamoto; Hayato Urushima; Hideo Hasegawa
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2009年12月, 査読有り
      • Urogonimus macrostomus (Digenea: Leucochloridiidae) from the rustic bunting, Emberiza rustica, in Japan
        Takashi Iwaki; Munehiro Okamoto; Jyunya Nakamori
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2009年09月, 査読有り
      • Paragonimiasis in Cameroon: molecular identification, serodiagnosis and clinical manifestations
        Agathe Nkouawa; Munehiro Okamoto; Alida Kouojip Mabou; Eulodie Edinga; Hiroshi Yarnasaki; Yasuhito Sako; Minoru Nakao; Kazuhiro Nakaya; David Blair; Takeshi Agatsuma; Peter Enyong; Toshiyuki Shibahara; Roger Moyou-Somo; Akira Itoa
        TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE, 2009年03月, 査読有り
      • Sympatric occurrence of Taenia solium, T-saginata, and T-asiatica, Thailand
        Malinee T. Anantaphruti; Hiroshi Yamasaki; Minoru Nakao; Jitra Waikagul; Dorn Watthanakulpanich; Supaporn Nuamtanong; Wanna Maipanich; Somchit Pubampen; Surapol Sanguankiat; Chatree Muennoo; Kazuhiro Nakaya; Marcello O. Sato; Yasuhito Sako; Munehiro Okamoto; Akira Ito
        EMERGING INFECTIOUS DISEASES, 2007年09月, 査読有り
      • Intraspecific variation of Spirometra erinaceieuropaei and phylogenetic relationship between Spirometra and Diphyllobothrium inferred from mitochondrial CO1 gene sequences
        M. Okamoto; C. Iseto; T. Shibahara; M. O. Sato; T. Wandra; P. S. Craig; A. Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2007年09月, 査読有り
      • Phylogenetic relationships of rodent pinworms (genus Syphacia) in Japan inferred from mitochondrial CO1 gene sequences
        Munehiro Okamoto; Hayato Urushima; Masahiro Iwasa; Hideo Hasegawa
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2007年05月, 査読有り
      • Genetic uniformity of Echinococcus multilocularis collected from different intermediate host species in Hokkaido, Japan
        Munehiro Okamoto; Yuzaburo Oku; Tsutomu Kurosawa; Masao Kamiya
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2007年02月, 査読有り
      • Current Situation of Taeniasis and Cysticercosis in Indonesia
        Toni Wandra; Sri S. Margono; Made S. Gafar; John M Saragih; Putu Sutisna; A.A. Raka Sudewi; A.A. Depary; Hemma Yulfi; Dewi Masyithah Darla; Munehiro Okamoto; Marcello Otake Sato; Yasuhito Sako; Minoru Nakao; Kazuhiro Nakaya; Philip; S. Craig; Akira Ito
        Trop.Med.Health, 2007年, 査読有り
      • Mitochondrial cytochrome c oxidase subunit 1 gene and nuclear rDNA regions of Enterobius vermicularis parasitic in captive chimpanzees with special reference to its relationship with pinworms in humans
        Tadao Nakano; Munehiro Okamoto; Yatsukaho Ikeda; Hideo Hasegawa
        PARASITOLOGY RESEARCH, 2006年12月, 査読有り
      • Expression of lactate dehydrogenase-A and -B messenger ribonucleic acids in chick glycogen body
        T. Imagawa; E. Yamamoto; M. Sawada; M. Okamoto; M. Uehara
        POULTRY SCIENCE, 2006年07月, 査読有り
      • Towards the international collaboration for detection, surveillance and control of taeniasis/ cysticercosis and echinococcosis in Asia and the Pacific.
        A. Ito; T. Wandra; M.O. Sato; W. Mamuti; N. Xiao; Y. Sako; M. Nakao; H. Yamasaki; K. Nakaya; M. Okamoto; P.S. Craig
        The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health, 2006年, 査読有り
      • Taeniasis and cysticercosis in Bali and North Sumatra, Indonesia
        T Wandra; AA Depary; P Sutisna; SS Margono; T Suroso; M Okamoto; PS Craig; A Ito
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2006年, 査読有り
      • Taeniasis and cysticercosis in Asia and the Pacific: present state of knowledge and perspectives.
        A. Ito; M. Nakao; T. Wandra; T. Suroso; M. Okamoto; H. Yamasaki; Y. Sako; K. Nakaya
        The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health., 2005年, 査読有り
      • Fundamental study of expression-library immunization against Taenia taeniaeformis in rats.
        M. Okamoto; K. Matsumoto; A. Shibui; T. Shibahara; A. Ito
        The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health., 2005年, 査読有り
      • Pattern of phylogenetic diversification of the Cychrini ground beetles in the world as deduced mainly from sequence comparisons of the mitochondrial genes
        ZH Su; Y Imura; M Okamoto; S Osawa
        GENE, 2004年02月, 査読有り
      • Phylogeny and evolution of Digitulati ground beetles (Coleoptera, Carabidae) inferred from mitochondrial ND5 gene sequences
        ZH Su; Y Imura; M Okamoto; CG Kim; HZ Zhou; JC Paik; S Osawa
        MOLECULAR PHYLOGENETICS AND EVOLUTION, 2004年01月, 査読有り
      • Multiple genotypes of Taenia solium - ramifications for diagnosis, treatment and control
        A Ito; H Yamasaki; M Nakao; Y Sako; M Okamoto; MO Sato; K Nakaya; SS Margono; T Ikejima; AA Kassuku; SMS Afonso; WB Ortiz; A Plancarte; A Zoli; S Geerts; PS Craig
        ACTA TROPICA, 2003年06月, 査読有り
      • Identification of Endotrypanum species from a sloth, a squirrel and Lutzomyia sandflies in Ecuador by PCR amplification and sequencing of the mini-exon gene
        K Katakura; T Mimori; M Furuya; H Uezato; S Nonaka; M Okamoto; EA Gomez; Y Hashiguchi
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2003年05月, 査読有り
      • Taenia solium taeniasis/cysticercosis in Papua, Indonesia in 2001: detection of human worm carriers
        SS Margono; A Ito; MO Sato; M Okamoto; R Subahar; H Yamasaki; A Hamid; T Wandra; WH Purba; K Nakaya; M Ito; PS Craig; T Suroso
        JOURNAL OF HELMINTHOLOGY, 2003年03月, 査読有り
      • Phylogenetic relationships in the division Lipastromorphi (Coleoptera, Carabidae) of the world as deduced from mitochondrial ND5 gene sequences
        ZH Su; Y Imura; CG Kim; M Okamoto; S Osawa
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2003年02月, 査読有り
      • Mode of morphological differentiation in the Latitarsi-ground beetles (Coleoptera, Carabidae) of the world inferred from a phylogenetic tree of mitochondrial ND5 gene sequences
        ZH Su; Y Imura; HZ Zhou; M Okamoto; S Osawa
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2003年02月, 査読有り
      • Dogs as alternative intermediate hosts of Taenia solium in Papua (Irian Jaya), Indonesia confirmed by highly specific ELISA and immunoblot using native and recombinant antigens and mitochondrial DNA analysis
        A Ito; MI Putra; R Subahar; MO Sato; M Okamoto; Y Sako; M Nakao; H Yamasaki; K Nakaya; PS Craig; SS Margono
        JOURNAL OF HELMINTHOLOGY, 2002年12月, 査読有り
      • DNA differential diagnosis of human taeniid cestodes by base excision sequence scanning thymine-base reader analysis with mitochondrial genes
        H Yamasaki; M Nakao; Y Sako; K Nakaya; MO Sato; W Mamuti; M Okamoto; A Ito
        JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY, 2002年10月, 査読有り
      • A phylogenetic hypothesis for the distribution of two genotypes of the pig tapeworm Taenia solium worldwide
        M Nakao; M Okamoto; Y Sako; H Yamasaki; K Nakaya; A Ito
        PARASITOLOGY, 2002年06月, 査読有り
      • Taeniasis/cysticercosis in Papua (Irian Jaya), Indonesia
        A Ito; SS Margono; R Subahar; A Hamid; T Wandra; T Suroso; MO Sato; H Yamasaki; M Nakao; Y Sako; K Nakaya; M Okamoto; PS Craig
        PROCEEDINGS OF THE 10TH INTERNATIONAL CONGRESS OF PARASITOLOGY-ICOPA X: SYMPOSIA, WORKSHOPS AND CONTRIBUTED PAPERS, 2002年, 査読有り
      • DNA differential diagnosis of human taeniid cestodes using restriction fragment length polymorphism and base excision sequence scanning T-base system
        H Yamasaki; M Nakao; Y Sako; K Nakaya; MO Sato; W Mamuti; N Xiao; M Okamoto; A Ito
        PROCEEDINGS OF THE 10TH INTERNATIONAL CONGRESS OF PARASITOLOGY-ICOPA X: SYMPOSIA, WORKSHOPS AND CONTRIBUTED PAPERS, 2002年, 査読有り
      • Recent advances in basic and applied science for the control of taeniasis/cysticercosis in Asia.
        A. Ito; T. Wandra; R. Subahar; A. Hamid; H. Yamasaki; Y. Sako; W. Mamuti; M. Okamoto; K. Nakaya; M. Nakao; Y. Ishikawa; T. Suroso; P.S. Craig; S.S. Margono
        The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health, 2002年, 査読有り
      • Linkage mapping of the mouse nephrosis (nep) gene to chromosome 15
        M Okamoto; N Yokoi; T Serikawa; M Tajima; T Kurosawa
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2001年12月, 査読有り
      • Sympatric convergence of the color pattern in the Chilean Ceroglossus ground beetles inferred from sequence comparisons of the mitochondrial ND5 gene
        M Okamoto; N Kashiwai; ZH Su; S Osawa
        JOURNAL OF MOLECULAR EVOLUTION, 2001年10月, 査読有り
      • Phylogenetic identification of Sparganum proliferum as a pseudophyllidean cestode by the sequence analyses on mitochondrial COI and nuclear sdhB genes
        H Miyadera; A Kokaze; T Kuramochi; K Kita; R Machinami; O Noya; BA de Noya; M Okamoto; S Kojima
        PARASITOLOGY INTERNATIONAL, 2001年07月, 査読有り
      • Molecular variation of Taenia solium in the world
        Munehiro Okamoto; Minoru Nakao; Yasuhito Sako; Akira Ito
        Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health, 2001年, 査読有り
      • Formation of the Japanese carabina fauna inferred from a phylogenetic tree of mitochondrial ND5 gene sequences (Coleoptera, Carabidae)
        O Tominaga; ZH Su; CG Kim; M Okamoto; Y Imura; S Osawa
        JOURNAL OF MOLECULAR EVOLUTION, 2000年06月, 査読有り
      • Chromosomal differentiation of the Schistosoma japonicum complex
        H Hirai; T Taguchi; Y Saitoh; M Kawanaka; H Sugiyama; S Habe; M Okamoto; M Hirata; M Shimada; WU Tiu; K Lai; ES Upatham; T Agatsuma
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Resurgence of cases of epileptic seizures and burns associated with cysticercosis in Assologaima, Jayawijaya, Irian Jaya, Indonesia, 1991-95
        T Wandra; R Subahar; GM Simanjuntak; SS Margono; T Suroso; M Okamoto; M Nakano; Y Sako; K Nakaya; PM Schantz; A Ito
        TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE, 2000年01月, 査読有り
      • A new nematode, Ansiruptodera scapteromi sp nov (Nematoda : Aspidoderidae), recovered from the Argentinean water rat Scapteromys tumidis (Waterhouse, 1837) in Uruguay
        S Ganzorig; Y Oku; M Okamoto; R Malgor; M Kamiya
        PARASITOLOGY RESEARCH, 1999年07月, 査読有り
      • Nephrotic mice (ICGN strain): A model of diffuse mesangial sclerosis in infantile nephrotic syndrome
        S Mizuno; Y Mizuno-Horikawa; BF Yue; M Okamoto; T Kurosawa
        AMERICAN JOURNAL OF NEPHROLOGY, 1999年01月, 査読有り
      • Evolution of the carabid ground beetles
        S Osawa; ZH Su; CG Kim; M Okamoto; O Tominaga; Y Imura
        ADVANCES IN BIOPHYSICS, VOL 36, 1999, 1999年, 査読有り
      • Origin and diversification of hindwingless Damaster ground beetles within the Japanese islands as deduced from mitochondrial ND5 gene sequences (Coleoptera, Carabidae)
        ZH Su; O Tominaga; M Okamoto; S Osawa
        MOLECULAR BIOLOGY AND EVOLUTION, 1998年08月, 査読有り
      • Sevoflurane face mask anesthesia in rabbits - A comparison of 3 % sevoflurane with 3 % halothane
        T Kurosawa; Y Matsuda; M Okamoto; S Mizuno
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL ANIMAL SCIENCE, 1998年08月, 査読有り
      • Invention of a forced-air-ventilated micro-isolation cage and rack system - Environment within cages: temperature and ammonia concentration
        T Ishii; K Yoshida; M Hasegawa; S Mizuno; M Okamoto; M Tajima; T Kurosawa
        APPLIED ANIMAL BEHAVIOUR SCIENCE, 1998年08月, 査読有り
      • Angiotensin-converting enzyme inhibitor suppresses tubular expression of platelet-derived growth factor and attenuates progression of tubulo-interstitial fibrosis in a nephrotic mouse model
        S Mizuno; Y Mizuno-Horikawa; M Okamoto; T Kurosawa
        NEPHRON, 1998年08月, 査読有り
      • Short report: An imported case of cystic echinococcosis in Japan diagnosed by imaging and serology with confirmation of Echinococcus granulosus-speclfic DNA sequences
        A Ito; M Okamoto; T Ishiguro; L Ma; H Suzuki; A Yasui; H Shigeta; T Matsuura; T Hosokawa; JJ Chai
        AMERICAN JOURNAL OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE, 1998年06月, 査読有り
      • Hepatocyte growth factor prevents renal fibrosis and dysfunction in a mouse model of chronic renal disease
        S Mizuno; T Kurosawa; K Matsumoto; Y Mizuno-Horikawa; M Okamoto; T Nakamura
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 1998年05月, 査読有り
      • Preventive effect of ACE inhibitor on interstitial myofibroblast formation and matrix deposition in a nephrotic model
        S Mizuno; Y Horikawa; M Okamoto; T Kurosawa
        RENAL FAILURE, 1998年, 査読有り
      • Phylogenetic relationships of three hymenolepidid species inferred from nuclear ribosomal and mitochondrial DNA sequences
        M Okamoto; T Agatsuma; T Kurosawa; A Ito
        PARASITOLOGY, 1997年12月, 査読有り
      • Diffuse glomerulosclerosis without tubular injury does not directly manifest renal dysfunction in nephrotic mice (ICGN strain)
        S Mizuno; BF Yue; M Okamoto; Y Horikawa; T Kurosawa
        EXPERIMENTAL NEPHROLOGY, 1997年11月, 査読有り
      • Geographical genetic structure within the human lung fluke, Paragonimus westermani, detected from DNA sequences
        D Blair; T Agatsuma; T Watanobe; M Okamoto; A Ito
        PARASITOLOGY, 1997年10月, 査読有り
      • Taeniasis/cysticercosis in Indonesia as an emerging disease
        GM Simanjuntak; SS Margono; M Okamoto; A Ito
        PARASITOLOGY TODAY, 1997年09月, 査読有り
      • Antibody responses against EM18 and EM16 serodiagnostic markers in alveolar and cystic echinococcosis patients from northwest China
        A Ito; H Wen; PS Craig; LA Ma; M Nakao; T Horii; XL Pang; M Okamoto; M Itoh; Y Osawa; XG Wang; YH Liu
        JAPANESE JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE & BIOLOGY, 1997年02月, 査読有り
      • Phylogenetic identification of Sparganum proliferum as a pseudophyllidean cestode.
        Akatsuki Kokaze; Hiroko Miyadera; Kiyoshi Kita; Rikuo Machinami; Oscar Noya; Belkisyolé Akarcón de Noya; Munehiro Okamoto; Toshiaki Horii; Somei Kojima
        Parasitol. Int., 1997年, 査読有り
      • Immunodiagnosis of alveolar echinococcosis by enzyme-linked immunosorbent assay using a partially purified Em18/16 enriched fraction
        A Ito; L Ma; M Itoh; SY Cho; Y Kong; SY Kang; T Horii; XL Pang; M Okamoto; T Yamashita; MW Lightowlers; XG Wang; YH Liu
        CLINICAL AND DIAGNOSTIC LABORATORY IMMUNOLOGY, 1997年01月, 査読有り
      • Human Taenia eggs develop into cysticerci in scid mice
        A Ito; WC Chung; CC Chen; M Ito; S Endo; M Okamoto; PC Fan
        PARASITOLOGY, 1997年01月, 査読有り
      • Antibody responses against Echinococcus multilocularis antigens in naturally infected Rattus norvegicus
        A Ito; M Okamoto; H Kariwa; T Ishiguro; A Hashimoto; M Nakao
        JOURNAL OF HELMINTHOLOGY, 1996年12月, 査読有り
      • Production of recombinant SERA proteins of Plasmodium falciparum in Escherichia coli by using synthetic genes
        T Sugiyama; K Suzue; M Okamoto; J Inselburg; K Tai; T Horii
        VACCINE, 1996年08月, 査読有り
      • Em18 and Em16, new serologic marker epitopes for alveolar echinococcosis in Western blot analysis, are the only two epitopes recognized by commercially available weak positive (cut off) sera for Em2(plus)-ELISA
        A Ito; Y Osawa; M Nakao; T Horii; M Okamoto; M Itoh; T Yamashita
        JOURNAL OF HELMINTHOLOGY, 1995年12月, 査読有り
      • Moloney murine leukemia virus infection accelerates lymphomagenesis in Eμ-bcl-2 transgenic mice
        Y. Shinto; M. Morimoto; M. Katsumata; A. Uchida; K. Aozasa; M. Okamoto; T. Kurosawa; T. Ochi; M.I. Greene; Y. Tsujimoto
        Oncogene, 1995年11月, 査読有り
      • INVENTION OF A FORCED-AIR-VENTILATED MICRO-ISOLATION CAGE AND RACK SYSTEM - ENVIRONMENT WITHIN CAGES - TEMPERATURE AND AMMONIA CONCENTRATION
        K YOSHIDA; M OKAMOTO; M TAJIMA; T KUROSAWA
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1995年10月, 査読有り
      • PHYLOGENETIC-RELATIONSHIPS WITHIN TAENIA-TAENIAEFORMIS VARIANTS AND OTHER TAENIID CESTODES INFERRED FROM THE NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF THE CYTOCHROME-C-OXIDASE SUBUNIT-I GENE
        M OKAMOTO; Y BESSHO; M KAMIYA; T KUROSAWA; T HORII
        PARASITOLOGY RESEARCH, 1995年07月, 査読有り
      • APPLICATION OF DNA-FINGERPRINTING WITH DIGOXIGENATED OLIGONUCLEOTIDE PROBE (CAC)(5) TO ANALYSIS OF THE GENETIC-VARIATION WITHIN TAENIA-TAENIAEFORMIS
        M OKAMOTO; H UEDA; M HAYASHI; Y OKU; T KUROSAWA; M KAMIYA
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 1995年04月, 査読有り
      • INTRASPECIFIC VARIATION OF ISOENZYMES IN TAENIA-TAENIAEFORMIS
        M OKAMOTO; A ITO; T KUROSAWA; Y OKU; M KAMIYA; T AGATSUMA
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 1995年02月, 査読有り
      • Morphological studies on the kidney of the spontaneous nephrotic (ICGN) mice in the late stage.
        H. Tatsumi; S. Satoh; M. Okamoto; M. Nakamura; T. Asano; T. Kurosawa
        Kaibogaku zasshi. Journal of anatomy, 1995年, 査読有り
      • INTRASPECIFIC VARIATION OF TAENIA-TAENIAEFORMIS AS DETERMINED BY VARIOUS CRITERIA
        H AZUMA; M OKAMOTO; Y OKU; M KAMIYA
        PARASITOLOGY RESEARCH, 1995年01月, 査読有り
      • PATHOGENESIS OF SPONTANEOUS NEPHROSIS IN MICE - URINARY PROTEIN IN NEPHROTIC MICE
        K YAMADA; T KUROSAWA; M OKAMOTO; BF YUE; S MIZUNO; M NAIKI
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1994年10月, 査読有り
      • INFECTIVITIES OF 4 ISOLATES OF TAENIA-TAENIAEFORMIS TO VARIOUS RODENTS
        N NONAKA; T IWAKI; M OKAMOTO; HK OOI; Y OKU; M OHBAYASHI; M KAMIYA
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 1994年06月, 査読有り
      • DEVELOPMENTAL AND MORPHOLOGICAL-CHARACTERISTICS OF TAENIA-TAENIAEFORMIS (BATSCH, 1786) IN CLETHRIONOMYS-RUFOCANUS-BEDFORDIAE AND RATTUS-NORVEGICUS FROM DIFFERENT GEOGRAPHICAL LOCATIONS
        T IWAKI; N NONAKA; M OKAMOTO; Y OKU; M KAMIYA
        JOURNAL OF PARASITOLOGY, 1994年06月, 査読有り
      • INVENTION OF AN AIR FORCED VENTILATED MICROISOLATION CAGE AND RACK SYSTEM - ENVIRONMENT WITHIN THE CAGES - VENTILATION, AIR-FLOW
        T KUROSAWA; K YOSHIDA; M OKAMOTO; M TAJIMA
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1993年10月, 査読有り
      • FAILURE OF TREATMENT WITH ALPHA-DIFLUOROMETHYLORNITHINE AGAINST SECONDARY MULTILOCULAR ECHINOCOCCOSIS IN MICE
        S MIYAJI; K KATAKURA; S MATSUFUJI; Y MURAKAMI; S HAYASHI; Y OKU; M OKAMOTO; M KAMIYA
        PARASITOLOGY RESEARCH, 1993年01月, 査読有り
      • NATURAL ECHINOCOCCUS-MULTILOCULARIS INFECTION IN A NORWAY RAT, RATTUS-NORVEGICUS, IN SOUTHERN HOKKAIDO, JAPAN
        M OKAMOTO; O FUJITA; J ARIKAWA; T KUROSAWA; Y OKU; M KAMIYA
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 1992年08月, 査読有り
      • EARLY DEVELOPMENT OF LARVAL-TAENIA-POLYACANTHA IN EXPERIMENTAL INTERMEDIATE HOSTS
        O FUJITA; Y OKU; M OKAMOTO; H SATO; HK OOI; M KAMIYA; RL RAUSCH
        JOURNAL OF THE HELMINTHOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 1991年01月, 査読有り
      • DEVELOPMENT AND SEXUAL-MATURATION OF TAENIA-CRASSICEPS (CESTODA) IN THE GOLDEN-HAMSTER
        M KITAOKA; Y OKU; M OKAMOTO; M KAMIYA
        JOURNAL OF PARASITOLOGY, 1990年06月, 査読有り
      • 本邦で初めてみられたドブネズミRattus norvegicusにおける多包虫の自然感染例について
        岡本宗裕; 藤田修; 奥祐三郎; 神谷正男; 有川二郎
        寄生虫学雑誌, 1990年04月
      • GROWTH OF A JAPANESE ISOLATE OF TAENIA-CRASSICEPS IN INTERMEDIATE AND DEFINITIVE HOSTS
        S MIYAJI; Y OKU; M KAMIYA; M OKAMOTO; M OHBAYASHI; A UCHIDA; RL RAUSCH
        PARASITOLOGY RESEARCH, 1990年, 査読有り
      • HELMINTH-PARASITES OF THE JAPANESE MONKEY, MACACA-FUSCATA-FUSCATA IN EHIME PREFECTURE, JAPAN
        K ITOH; Y OKU; M OKAMOTO; M OHBAYASHI; Y KITAMURA; T SHIBAHARA
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 1988年10月, 査読有り
      • SUSCEPTIBILITY OF LABORATORY-REARED AFGHAN PIKA, OCHOTONA-RUFESCENS RUFESCENS (LAGOMORPHA, OCHOTONIDAE), TO GASTROINTESTINAL NEMATODES OF RUMINANTS
        M OKAMOTO; M KAMIYA; Y OKU; M OHBAYASHI; T MATSUZAKI
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY SCIENCE, 1988年08月, 査読有り
      • COSMOCEPHALUS-OBVELATUS (CREPLIN, 1825) (NEMATODA, ACUARIIDAE) COLLECTED FROM THE ESOPHAGUS OF ROCKHOPPER PENGUIN, EUDYPTES-CRESTATUS
        H AZUMA; M OKAMOTO; M OHBAYASHI; Y NISHINE; T MUKAI
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 1988年01月, 査読有り
      • A NEW CESTODE, RAILLIETINA (RAILLIETINA) OLIGOCAPSULATA N-SP, AND R (R) DEMERARIENSIS (DANIELS, 1895) FROM VENEZUELAN MAMMALS
        H SATO; M OKAMOTO; M OHBAYASHI; MG BASANEZ
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 1988年01月, 査読有り
      • A SURVEY OF ABOMASAL AND DUODENAL NEMATODES IN CATTLE IN HOKKAIDO, JAPAN
        Y OKU; M NAKAZAWA; S HATAKEYAMA; S MIYAJI; T KITAGUCHI; CA CABRERALOPEZ; M OKAMOTO; M KAMIYA; M OHBAYASHI; HK OOI
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 1987年04月, 査読有り
      • ISOLATION OF ECHINOCOCCUS-MULTILOCULARIS FROM THE LIVER OF SWINE IN HOKKAIDO, JAPAN
        M KAMIYA; HK OOI; Y OKU; M OKAMOTO; M OHBAYASHI; N SEKI
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 1987年04月, 査読有り

      MISC

      • Facial Expressions of Acute Pain in Japanese Macaques: development of an assessment tool
        Vanessa Gris; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kanako Muta; Nelson Broshe Jr; Lauren Finka; Akihisa Kaneko; Munehiro Okamoto; Michael A. Huffman; Juri Suzuki; Ryohei Nishimura; Daniel Mills
        The 14th International Conference on Environmental Enrichment (Kyoto), 2019年06月
      • わが国の研究用サルにおけるBartonella quintana保有状況と分離株の遺伝子性状
        佐藤真伍; 壁谷英則; 福留祐香; 西岡絵夢; 渡邊明音; 山海直; 高野淳一朗; 岡本宗裕; 丸山総一
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2018年08月21日
      • アフリカのオナガザル3種はおなじ昆虫を食べているか
        峠明杜; 早川卓志; 岡本宗裕; 橋本千絵; 湯本貴和
        第64回日本生態学会, 2018年03月
      • ニホンザルも寒いのは嫌!-代謝プロファイルテストを利用した飼養管理-
        兼子明久; 高須正規; 前田典彦; 森本真弓; 橋本直子; 石上暁代; 山中淳史; 愛洲星太郎; 夏目尊好; 井戸みゆき; 岡本宗裕
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2018年
      • サル類における基盤的発生工学技術と凍結保存技術について
        外丸祐介; 信清麻子; 岡本宗裕
        第7回日本マーモセット研究会大会, 2018年01月
      • 行動観察と糞虫DNA分析から探る森林棲オナガザル属3種の昆虫食
        峠明杜; 早川卓志; 岡本宗裕; 橋本千絵; 湯本貴和
        プリマーテス研究会, 2018年01月
      • 次世代シークエンサーを用いたヤクザル捕食昆虫の解析と屋久島の昆虫DNAデータベース作成
        新美幸; 早川卓志; 岸田拓士; 阿形清和; 岡本宗裕; 屋久島フィールド; ゲノム実習プロジェクト
        第5回屋久島学ソサイエティー, 2017年12月
      • ヤクシカの寄生虫相 ー他地域のニホンジカの寄生虫相との比較ー(予報)
        岡本宗裕; 新美幸; 澤田晶子; 野中成晃; 早川卓志; 屋久島フィールド; ゲノム実習プロジェクト
        第5回屋久島学ソサイエティー, 2017年12月
      • サル類の体外培養系受精卵の作製について
        外丸祐介; 信清麻子; 岡本宗裕
        第35回動物生殖工学研究会, 2017年12月
      • ペレット法により凍結したニホンザル精液に対する融解法の違いが精子性状に与える影響
        栁川洋二郎; 菅野智裕; 兼子明久; 印藤頼子; 佐藤容; 木下こづえ; 今井啓雄; 平井啓久; 片桐成二; 永野昌志; 岡本宗裕
        Cryopreservation conference 2017, 2017年11月
      • ニホンザルにおける排卵誘起処理を伴う単回人工授精プログラムの検討
        栁川洋二郎; 菅野智裕; 南晶子; 兼子明久; 印藤頼子; 佐藤容; 木下こづえ; 岡本宗裕; 片桐成二; 永野昌志
        第160回日本獣医学会学術集会, 2017年09月
      • DNA metabarcodingreveals diet overlapamong sympatric three species offorest guenons (Cercopithecus spp.)
        oge A; Hayakawa T; Okamoto M; Hashimoto C; Yumoto T
        12th International Mammalogical Congress, 2017年08月
      • 東日本におけるニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫相(概要)
        浅川満彦; 羽山伸一; 岡本宗裕
        第33回日本霊長類学会大会, 2017年07月
      • ニホンザル(Macaca fuscata)における寄生蠕虫相の概要-特に、最近の東日本における調査から判明した地理的分布域に関して
        浅川満彦; 羽山伸一; 岡本宗裕
        第72回日本生物地理学会年次大会, 2017年04月
      • カリンズ森林に同所的に棲息するグエノン3種の食性比較 ~昆虫食に注目して~.
        峠明杜; 早川卓志; 岡本宗裕; 橋本千絵; 湯本貴和
        プリマーテス研究会, 2017年02月
      • Infection Patterns of Simian Foamy Virus in Macaques
        Julie Dubosc; Munehiro Okamoto; Andrew MacIntosh
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2017年
      • 霊長類における受精卵と精子の凍結保存.
        外丸祐介; 信清麻子; 吉岡みゆき; 畠山照彦; 印藤頼子; 兼子明久; 岡本宗裕; 今井啓雄; 平井啓久
        Cryopreservation Conference 2016, 2016年11月
      • Pylogenetic analyses of simian foamy viruses from Yakushima macaques Macaca fuscata yakui.
        Miyazawa T; Yoshikawa R; Hashimoto-Gotoh A; Nakagawa S; Okamoto M
        The 64th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology, 2016年10月
      • サルレトロウイルス5型感染によるニホンザル血小板減少症
        吉川禄助; 坂口翔一; 中川 草; 中村 紳一朗; 阪脇廣美; 兼子明久; 三浦智行; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮沢 孝幸
        第159回日本獣医学会学術集会, 2016年09月
      • サルレトロウイルス5型(SRV-5)のニホンザルへの感染実験.
        岡本宗裕; 吉川禄助; 阪脇廣美; 鈴木樹理; 坂口翔一; 兼子明久; 中村紳一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第32回日本霊長類学会大会, 2016年07月
      • 定期的な超音波検査がニホンザル(Macaca fuscata)の性周期に与える影響.
        印藤頼子; 南晶子; 兼子明久; 佐藤容; 木下こづえ; 柳川洋二郎; 永野昌志; 岡本宗裕
        第32回日本霊長類学会大会, 2016年07月
      • 室内個別ケージ飼育下における雌ニホンザル(Macaca fuscata)の尿中性ステロイドホルモン濃度について.
        佐藤容; 印藤頼子; 木下こづえ; 柳川洋二郎; 外丸祐介; 岡本宗裕
        第32回日本霊長類学会大会, 2016年07月
      • チンパンジー(Pan troglodytes)における精子運動率の時間変化に関する基礎的研究
        印藤頼子; 奥村文彦; 早川卓志; 伊谷原一; 岡本宗裕; 木下こづえ
        第60回プリマーテス研究会, 2016年01月
      • 凍結前精液の一時保存方法および冷却方法が融解後のマカク属精子の性状に与える影響
        栁川洋二郎; 杉本幸介; 菅野智裕; 高江州昇; 印藤頼子; 兼子明久; 木下こづえ; 今井啓雄; 岡本宗裕; 片桐成二; 永野昌志
        Cryopreservation Conference 2014, 2015年10月
      • 霊長類受精卵のガラス化保存
        外丸祐介; 信清麻子; 吉岡みゆき; 畠山照彦; 印藤頼子; 兼子明久; 岡本宗裕; 岡原純子; 佐々木えりか
        Cryopreservation Conference 2014, 2015年10月
      • アルファキサロン単回急速投与ニホンザルにおける睡眠効果と薬物動態
        T. Miyabe-Nishiwaki; A. Kaneko; N. Suda-Hashimoto; Y. Indo; A. Ishigami; S. Aisu; A. Yamanaka; K. Nakamura; H. Akari; M. Okamoto; T. Fukui; K. Masui
        12th World Congress of Veterinary Anaesthesiology, 2015年09月
      • 2013 年に実施されたモンゴル国の野生イヌ科動物の寄生蠕虫相調査
        高野結衣; Gantigmaa Chuluunbaatar; Battulga Sumiya; Abmed Davaajav; Anu Davaasuren; 岡本宗裕; 柳田哲矢; 伊藤 亮; 浅川満彦
        第21回日本野生動物医学会大会, 2015年07月
      • Two Cases of Dead-Infant Carrying Followed by Mother-Infant Cannibalism in Captive Socially Housed Japanese Macaques
        Claire F. I. Watson; Naoko Hashimoto; Natsume Takayoshi; Munehiro Okamoto; Tetsuro Matsuzawa
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2015年
      • 希少霊長類遺伝資源の保存方法の確立
        今井啓雄; 岡本宗裕; 印藤頼子; 外丸祐介; 信清麻子; 神田暁史; 伊佐正; 永野昌志; 柳川洋二郎; 高江洲昇; 北島龍之介; 今村公紀; 平井啓久
        Cryopreservation Conference 2014, 2014年10月
      • ニホンザル卵子のガラス化保存
        印藤頼子; 外丸祐介; 信清麻子; 畠山照彦; 吉岡みゆき; 兼子明久; 岡本宗裕
        Cryopreservation Conference 2014, 2014年10月
      • ニホンザル凍結保存精子の体外受精能
        外丸祐介; 信清麻子; 畠山照彦; 吉岡みゆき; 神田暁史; 印藤頼子; 兼子明久; 永野昌志; 柳川洋二郎; 高江洲昇; 岡本宗裕
        Cryopreservation Conference 2014, 2014年10月
      • サルレトロウイルス4型プロウイルス陽性非発症ニホンザルの解析
        佐藤英次; 兼子明久; 齊藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2014年08月11日
      • アジア条虫(Taenia asiatica)と無鉤条虫(Taenia saginata)の遺伝的関係
        岡本宗裕; 山根香菜子; 中尾聡; 柳田哲也; 迫康仁; 伊藤亮
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2014年08月11日
      • ラットにおける多包虫感染初期から切除後までの血清学的変化
        山下真路; 東和夫; 伊藤亮; 大崎智弘; 岡本宗裕; 岡本芳晴; 迫康仁; 柄武志; 村端悠介; 今川智敬
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2014年08月
      • Chaotic situation of taeniases and cysticercosis as neglected tropical or zoonotic diseases in Asia.
        Akira Ito; Munehiro Okamoto; the working; group in Asia
        6th ASEAN Congress of Tropical Medicine and Parasitology, 2014年05月
      • ニホンザルにおける卵巣刺激処置の効果について
        信清麻子; 印藤頼子; 兼子明久; 石上暁代; 山中淳史; 畠山照彦; 吉岡みゆき; 岡本宗裕; 外丸祐介
        日本実験動物学会総会講演要旨集, 2014年05月01日
      • ニホンザルにおける体外培養系受精卵の作製
        外丸祐介; 信清麻子; 畠山照彦; 吉岡みゆき; 印藤頼子; 兼子明久; 高江洲昇; 柳川洋二郎; 永野昌志; 岡本宗裕
        日本実験動物学会総会講演要旨集, 2014年05月01日
      • 福島県に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫保有状況
        三觜慶; 石井奈穂美; 名切幸枝; 羽山伸一; 岡本宗裕; 浅川満彦
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2014年
      • ニホンザル(Macaca fuscata)の周排卵期における卵巣およびホルモン動態
        南晶子; 柳川洋二郎; 印藤頼子; 兼子明久; 岡本宗裕; 永野昌志
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2014年
      • サルレトロウイルス4型持続感染ニホンザルにおける免疫学的役割の解明
        佐藤英次; 兼子明久; 齊藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 齊藤波子; 牧野瀬恵美子; 道家由美子; 塩澤裕子; 安江美雪; 森本真弓; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • 飼育下ニホンザルMacaca fuscata fuscataにおける死児運搬および死児食い行動の2事例
        橋本直子; CLAIRE F I W; 夏目尊好; 岡本宗裕; 松沢哲郎
        霊長類研究, 2013年09月06日
      • ニホンザルにおけるサルレトロウイルス4型の臓器特異性の調査
        佐藤英次; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 兼子明久; 吉川禄助; 吉田友教; 山中淳史; 齋藤暁; 斉藤波子; 坂口翔一; 明里宏文; 宮沢孝幸; 岡本宗裕
        第156回日本獣医学会学術集会, 2013年09月
      • 感染性分子クローン由来サルレトロウイルス4型実験感染ニホンザルにおけるウイルスの体内動態
        坂口翔一; 吉川禄助; 岡本宗裕; 明星宏文; 齊藤暁; 佐藤英次; 安永純一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2013年08月30日
      • Lethal cestode zoonoses, cysticercosis and echinococcoses in Asia and the World
        A. Ito; Y. Sako; T. Yanagida; M. Nakao; M. Okamoto
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 2013年06月
      • SRV-4
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 森本真弓; 宮沢孝幸; 吉川禄助
        サル疾病ワークショップ, 2013年, 査読有り
      • 感染性分子クローン由来ウイルスを用いたニホンザル血小板減少症の病態解析
        坂口翔一; 吉川禄助; 岡本宗裕; 明里宏文; 齊藤暁; 佐藤英次; 安永純一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2013年
      • 尿道カテーテル法を応用したニホンザルの精液採取
        高江洲昇; 柳川洋二郎; 永野昌志; 兼子明久; 今井啓雄; 岡本宗裕; 下鶴倫人; 坪田敏男
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2013年
      • 京都大学霊長類研究所サル施設でサルレトロウイルス4型に感染したニホンザル由来感染性分子クローンを用いた感染実験
        坂口翔一; 吉川禄助; 岡本宗裕; 明里宏文; 齊藤暁; 佐藤英次; 安永純一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第19回日本野生動物学会大会, 2013年, 査読有り
      • ゲノムの網羅的種間比較と情感関連遺伝子の探索
        平井啓久; 岡本宗裕; 今井啓雄; 郷康広
        平成24年度京都大学霊長類研究所 共同利用研究会 行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明(2013/03, 犬山, 愛知)., 2013年
      • モンゴル産イヌ科野生動物の消化管寄生性蠕虫検査(技術移転事例)
        浅川満彦; 紀俊明; Chuluunbaarar G; Sumiya B; Davaajav, Davaasuren; 岡本宗裕; 柳田哲矢; 伊藤亮
        第82回日本寄生虫学会大会(2013/03, 東京), 2013年
      • 大型類人猿における糞便サンプルを用いた人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹本博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 斎藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第28回日本霊長類学会 (2012/7 名古屋), 2012年
      • アフリカ野生大型類人猿におけるIgA抗体スクリーニングによる人獣共通感染症の実態調査
        吉田友教; 竹本博幸; 佐藤英次; 坂巻哲也; 宮部貴子; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 明里宏文; 古市剛史
        第59回日本実験動物学会総会 (2012/5/24-26 別府), 2012年
      • Epidemiological study of zoonotic pathogens by screening of IgA antibodies in wild great apes in Africa.
        Yoshida T; Takemoto H; Sato E; Sakamaki T; Miyabe-Nishiwaki T; Ikoma T; Watanabe A; Kaneko A; Watanabe S; Hayakawa T; Suzuki J; Okamoto M; Matsuzawa T; Akari H; Furuichi T
        International Primatological Society XXIV Congress (2012/08, Cancun, Mexico)., 2012年, 査読有り
      • 血小板減少症を呈したニホンザルからのサルレトロウイルス5 型の分離と感染性クローンの作製第154 回日本獣医学会学術集会
        吉川禄助; 岡本宗裕; 宮沢孝幸
        日本獣医学会学術集会、岩手、 2012 年9 月14-16 日, 2012年, 査読有り
      • 霊長研のマカク類に見られる変異・行動異常とモデル系統の作製
        岡本宗裕
        平成23年度京都大学霊長類研究所 共同利用研究会 行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明 (2012/03, 犬山,愛知), 2012年, 査読有り
      • Thrombocytopenia caused by SRV-4 in Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Suzuki J; Akari H; Okamoto M; Yoshida T; Okabayashi S
        Satellite Symposium of the 5th Annual Meeting of the ASZWM(2012/10/14, Chiang Mai)., 2012年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 明里宏文; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日, 2012年, 査読有り
      • SRV-4感染ザルにおけるウイルス核酸の定量
        佐藤英次; 吉川禄助; 宮沢孝幸; 吉田友教; 岡本宗裕
        第1回ニホンザル血小板減少症シンポジウム (2012/02/16, 吉田泉殿, 京都), 2012年, 査読有り
      • アジアにおける人獣共通寄生虫病、嚢虫症対策に向けた国際共同研究
        伊藤亮; 岡本宗裕; 迫康仁; 柳田哲矢; 中尾稔; 中谷和宏
        81回日本寄生虫学会大会 (2012/03, 西宮,兵庫), 2012年, 査読有り
      • ヤクシマザルに寄生する消化管内寄生性蠕虫 Strongyloides fuelleborni, Oesophagostomum aculeatum の分子系統学的研究
        江島俊; MacIntosh AJ; 古市剛史; 岡本宗裕
        第 28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市)., 2012年, 査読有り
      • 大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹元博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 齊藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会(2012/05/24-26, 別府), 2012年, 査読有り
      • ラットを用いた肝多包虫症病態モデルの作製?その1
        今川智敬; 山下真路; 柄武志; 大崎智弘; 南三郎; 岡本芳晴; 岡本宗裕; 迫康仁; 中谷和宏; 伊藤亮
        第154回日本獣医学会学術集会(2012/09, 盛岡, 岩手), 2012年, 査読有り
      • Usefulness of pumpkin seeds combining areca nuts in treatment of community-based screened taeniasis carreiers, China.
        Li T; Long C; Nakao M; Chen X; Okamoto M; Giraudoux P; Craig PS; Xiao N; Huang L; Ito A
        Joint International Tropical Medicine Meeting 2011, Bangkok, Thailand, 2011年12月, 査読有り
      • Taenia and Taeniasis: Epidemiological survey and molecular identification in Tha Song Yang district, Tak Province, Thailand.
        Kusolsuk T; Dekumyoy P; Chaisiri K; Sanguankiat S; Okamoto M; Yanagida T; Sako Y; Komalanisra C; Ito A
        Joint International Tropical Medicine Meeting 2011, Bangkok, Thailand), 2011年12月, 査読有り
      • Current situation of taeniasis and cysticercosis in Bali, Indonesia.
        Swastica K; Wandra T; Sudarmaja M; Dharmawan NS; Sako Y; Yanagida T; Okamoto M; Sutisna P; Ito A
        Joint International Tropical Medicine Meeting 2011, Bangkok, Thailand, 2011年12月, 査読有り
      • Development and application of a loop-mediated isothermal amplification method for a rapid identification and differentiation of Taenia species from humans
        A. Nkouawa; Y. Sako; T. Li; X. Chen; T. Wandra; I. Kadek Swastika; M. Nakao; T. Yanagida; M. Okamoto; P. Giraudoux
        TROPICAL MEDICINE & INTERNATIONAL HEALTH, 2011年10月
      • ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの同定
        岡本 宗裕; 小野 文子; 藤本 浩二; 高野 淳一朗; 濱野 正敬; 森川 茂; 永田 典代; 水谷 哲也; 酒井 宏治; 堀井 俊宏; 中屋 隆明; 中村 昇太; 宮沢 孝幸; 松井 淳
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2011年08月
      • SRV-4の関与が疑われる血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        第20回サル疾病ワークショップ (2011/07/02, 麻布大学(神奈川県)), 2011年07月02日, 査読有り
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(1):概要報告
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 熊崎清則; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第58回日本実験動物学会(2011/5 東京), 2011年
      • Simian retrovirus-4-associated infectious thrombocytopenia in Japanese macaques.
        Yoshida T; Okamoto M; Akari H; Suzuki J; Miyabe-Nishiwaki T; Hayakawa T; Imai H; Matsui A; Watanebe A; Kaneko A; Hirai H
        The Unlimited World Microbes International Union of Microbiological Societies 2011 Congress XV International Congress of Virology. (2011/09, Sapporo, Japan)., 2011年, 査読有り
      • Introduction of Management in Open Enclosure and Case Reports in Group Cage Enrichment for Captive Japanese Macaques.
        Suda-Hashimoto N; Kaneko A; Kamanaka Y; Okamoto M
        10th International Conference of Environmental Enrichment (2011/08/20, Portland US)., 2011年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症発症ザルからのサルレトロウイルス4型の分離
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 宮沢孝幸
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年, 査読有り
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査
        吉田友教; 岡本宗裕; 明里宏文; 今井啓雄; 松井淳; 早川敏之; 生駒智子; 伯川美穂; 齋藤波子; 渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 平井啓久
        第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京), 2011年, 査読有り
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(2)
        岡本宗裕; 小野文子; 藤本浩二; 高野淳一郎; 濱野正敬; 森川茂; 永田典代; 水谷哲也; 酒井宏治; 堀井俊宏; 中屋隆明; 中村昇太; 宮沢孝幸; 吉川禄助
        原因ウイルスの同定と解析. 第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京), 2011年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年, 査読有り
      • 血小板減少症ニホンザルとサルレトロウイルス4 型との関係性に関する解析
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 宮沢孝幸
        第17 回日本野生動物医学会大会、東京、2011 年9 月29 日―10 月2 日, 2011年, 査読有り
      • The present knowledge on Taenia asiatica and Taenia saginata: Evidence of hybrids.
        Munehiro Okamoto
        2010年12月03日, 査読有り
      • Establishment of hybrid-derived offspring populations in the Ohomopterus ground beetles through unidirectional hybridization
        Zhi-Hui Su; Munehiro Okamoto; Osamu Tominaga; Katsumi Akita; Noboru Kashiwai; Yuki Imura; Tooru Ojika; Yoshiyuki Nagahata; Syozo Osawa
        PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES, 2006年09月, 査読有り
      • エキノコックス症の血清学的鑑別診断法としてのPP‐Em18/16‐ELISAとEm2plus‐ELISAとの比較
        伊藤亮; 伊藤誠; 堀井俊宏; 岡本宗裕; 山下照夫; LIU Y‐H; CHO S‐Y; KONG Y; LIGHTOWLERS M
        Clin Parasitol, 1996年12月
      • Survey on larval Echinococcus multilocularis in Hokkaido, Japan from 1985 to 1992 (共著)
        Takashi IWAKI; Shigeki HATAKEYAMA; Nariaki NONAKA; Suguru MIYAJI; Yasushi YOKOHATA; Munehiro OKAMOTO; Hong-Kean OOI; Yuzaburo OKU; Masao KAMIYA
        Japanese Journal of Parasitology, 1993年
      • LOW SUSCEPTIBILITY OF THE LABORATORY-REARED AFGHAN PIKA, OCHOTONA-RUFESCENS-RUFESCENS TO HAEMONCHUS-CONTORTUS
        M OKAMOTO; M KAMIYA; Y OKU; M OHBAYASHI; T MATSUZAKI
        JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY SCIENCE, 1990年10月

      講演・口頭発表等

      • コモンマーモセットの感染症の総論と京大霊長研での事例
        岡本宗裕
        第64回日本実験動物学会, 2017年05月27日
      • The species problem of Taenia asiatica and differentiation of three human taeniid species.
        OKAMOTO Munehiro
        Joint International Tropical Medicine Meeting 2014, 2014年12月03日, 招待有り
      • サルレトロウイルスによるニホンザル血小板減少症
        岡本 宗裕
        第124回関西実権動物研究会, 2014年11月05日, 招待有り
      • Genetic relationship between Taenia asiatica and Taenia saginata.
        OKAMOTO Munehiro
        Strengthening of Prevention and Control Program of Taeniasis/Neurocysticercosis (T/NCC) in Bali, Indonesia., 2014年09月22日, 招待有り
      • ニホンザル血小板減少症について
        岡本 宗裕
        第156回日本獣医学会学術集会, 2013年09月20日
      • Outbreak of Taenia asiatica infection in Japan
        Yamasaki H; Muto M; Morishima Y; Sugiyama H; Okamoto M
        International Symposium of Cestode Zoonoses Control (2012/10, Shanghai, China)., 2012年, 招待有り
      • Taeniasis / cysticercosis in farmer communities of Western Sichuan
        Raoul F; Giraudoux P; Li T; Yanagida T; Lon C; Chen X; Okamoto M; Nakao M; Sako Y; Ito A
        China: a spatial study. International Symposium of Cestode Zoonoses Control (2012/10, Shanghai, China), 2012年, 招待有り
      • Pig cysticercosis in Karagasem, Bali, Indonesia
        Dharmawan NS; Swastica K; Suardita IK; Kepeng IN; Sako Y; Okamoto M; Yanagida T; Wandra T; Ito A
        International Symposium of Cestode Zoonoses Control (2012/10, Shanghai, China), 2012年, 招待有り
      • Taeniasis and Cysticercosis on the Thai-Myanmer border: an update
        Dekumyoy P; Kusolsuk T; Sa-nguankiat S; Chaisiri K; Homsuwan N; Yanagida T; Sako Y; Nakao M; Okamoto M; Ito A
        International Symposium of Cestode Zoonoses Control (2012/10, Shanghai, China), 2012年, 招待有り
      • 共同利用・共同研究拠点としての京都大学霊長類研究所
        岡本宗裕
        第 21 回サル疾病ワークショップ, 相模原、神奈川, 2012年
      • What is Taenia asiatica? International Symposium of Cestode Zoonoses Control
        Okamoto M; Li T; Chen X; Anantaphruti MT; Waikagul J; Yanagida T; Nakao M; Sako Y; Ito A
        (2012/10, Shanghai, China)., 2012年, 招待有り
      • ニホンザル血小板減少症の全体像
        岡本宗裕
        第1回 ニホンザル血小板減少症シンポジウム(2012/02, 京都), 2012年
      • 寄生虫って本当に怖いの?
        岡本宗裕
        愛知サマーセミナー2012, 名古屋, 愛知, 2012年
      • ニホンザル血小板減少症
        岡本宗裕
        第 59 回日本実験動物学会, シンポジウム I, 別府, 大分, 2012年
      • 昆虫(ムシ)から寄生虫(ムシ)、そしてサルへ
        岡本宗裕
        ノバルティスファーマ株式会社・サイエンティフィックアフェアーズ(SCA), 東京., 2012年, 招待有り
      • Hybridization between Taenia asiatica and Taenia saginata and taxonomici status of T. asiatica.
        Okamoto M
        Joint International Tropical Medicine Meeting 2011, Bangkok, Thailand, 2011年12月, 招待有り
      • ニホンザル血小板減少症の病態とその病因
        第4回サルシンポジウム, 2011年12月, 滋賀医科大学
      • SRV感染症対策について−報告とこれからの課題
        第8回公開シンポジウム「ニホンザルバイオリソースプロジェクト−第2期の成果と将来展望−」, 2011年12月, ニホンザルバイオリソースプロジェクト
      • サルの寄生虫とヒトの寄生虫:共進化と宿主転換
        犬山公開講座 「霊長類学の愉しみ」., 2011年07月, 京都大学霊長類研究所
      • Why and how to quarantine the nonhuman primates.
        Munehiro Okamoto
        Healthy Management for Non-human Primeates., 2011年05月, Chulalongkorn University, 招待有り
      • Bidirectional disease transmission between humans and monkeys and the prevention.
        Munehiro Okamoto
        Healthy Management for Non-human Primeates., 2011年05月, Healthy Management for Non-human Primeates., 招待有り
      • RV感染症対策についての報告とこれからの課題
        岡本宗裕
        第8回公開シンポジウム「ニホンザルバイオリソースプロジェクト第2期の成果と将来展望」, 2011年
      • 京都大学霊長類研究所で発生したニホンザル血小板減少症とその病因
        第108回関西実験動物研究会, 2010年12月10日, 関西実験動物研究会, 招待有り

      書籍等出版物

      • Molecular Detection of Human Parasitic Pathogens, Section III Platyhelminthes: Cestoda, Chapter 27, Taenia
        Okamoto M; Ito A, 共著, pp297-307
        CRC Press, 2012年, 査読無し
      • Handbook of Nucleic Acid Purification, Chapter 13. Purification of nucleic acids from helminthes, pp271-291
        Okamoto M; Ito A
        Taylor & Francis Group. London., 2009年, 査読無し
      • 現代実験動物学、6.3 主な感染症 3)寄生虫病、pp92-94
        岡本宗裕
        朝倉書店、東京., 2009年, 査読無し
      • Molecular Detection of Foodborne Pathogens, Chapter 62. Taenia, pp827-838
        Akira Ito; Minoru Nakao; Yasuhito Sako; Kazuhiro Nakaya; Tetsuya Yanagida; Munehiro Okamoto
        Taylor & Francis Group, London., 2009年, 査読無し

      Works(作品等)

      • テニア科条虫に対するDNAワクチンの開発
        自 2000年
      • Development of the DNA Vaccine against for the taeniid cestodes
        自 2000年
      • 日本産オサムシの起源の解明
        自 1997年
      • Studies on the origins of Japanese Carahidae
        自 1997年
      • オサムシの分子進化学的研究
        自 1996年
      • Molecular phylogenetic study of the carabid ground beetles
        自 1996年
      • アジアにおける日本住血吸虫類の種分化に関する研究 (フィリピン)
        自 1995年
      • Studies on speciation of Asian Schistosomes
        自 1995年
      • 寄生虫の分子進化学的研究
        自 1994年
      • Molecular phylogenetic study of parasite
        自 1994年
      • 寄生虫・エキノコックスの環境適応性ならびにその防除手査に関する研究(ウルグアイ)
        自 1993年
      • Studies on the environmental adaptation on Echinococcus(Cyclophyllidea : Taeniidae)and its control. (Uruguay)
        自 1993年
      • 北方圏に分布する寄生虫・エキノコックスの防除(アラスカ・セントローレンス島)
        自 1989年
      • Control of Echimococcosis in the Northern Regions
        自 1989年
      • 南米型および中米型オンコセル力症とその伝搬機構の比較研究(ベネズエラ・アマゾナス州)
        自 1986年
      • A Comparative study on Onohocerciasis between south and central AMERICAS.
        自 1986年

      外部資金:科学研究費補助金

      • マラリア原虫・肝臓内休眠体ステージの解析を目的とした可視化原虫株の開発
        基盤研究(C)
        小区分49040:寄生虫学関連
        獨協医科大学
        川合 覚
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        三日熱マラリア原虫;Plasmodium vivax;サルマラリア原虫;Plasmodium cynomolgi;肝臓内休眠体;可視化;GFP;ルシフェラーゼ;マラリア;肝臓休眠体;アカゲザル
      • Testing dilution versus amplification effects of primate biodiversity on parasite biodiversity
        基盤研究(B)
        小区分45050:自然人類学関連
        京都大学
        MacIntosh Andrew
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        Primatology;Parasitology;Epidemiology;Conservation;Biodiversity;Conservatioon;Macroecology
      • 新規GPIアンカー型タンパク質からわかる精子の機能分化
        基盤研究(B)
        小区分42030:動物生命科学関連
        京都大学
        近藤 玄
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        精子機能;GPIアンカー型タンパク質;受精;精子;マウス;サル
      • 野生由来マカク類のサルマラリアの網羅的解析と宿主特異性を規程する宿主因子の探索
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分49:病理病態学、感染・免疫学およびその関連分野
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2019年10月07日, 至 2023年03月31日, 交付
        サルマラリア;カニクイザル;野生由来;タイ国立霊長類センター;ナノポアシーケンサー;媒介蚊;アカゲザル;ナノポアシーケンシング
      • エキノコックス幼虫の持続寄生における寄生虫プロテアーゼの役割解明と阻害剤の探索
        基盤研究(C)
        旭川医科大学
        迫 康仁
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        エキノコックス幼虫;システインプロテアーゼ;マトリックスメタロプロテアーゼ;宿主分子;分解活性;プロテアーゼ;カテプシン様プロテアーゼ;組換え酵素;性状解析;多包虫;カテプシン様システインプロテアーゼ;マトリックスメタロプロテアーゼ様プロテアーゼ;エキノコックス;組換え体
      • 有鉤条虫の撲滅を目指した流行調査と土壌伝播蠕虫の網羅的検出法の開発
        基盤研究(B)
        旭川医科大学
        迫 康仁
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        テニア条虫;有鉤嚢虫;血清検査;DNA検査;中間宿主;疫学調査;有鉤条虫;細頸嚢虫;蠕虫;検査法開発;流行調査;無鉤条虫;血清抗体検査;DNA検出検査;インドネシア;タイ
      • 無鉤条虫・アジア条虫感染家畜の迅速検査法の開発と宿主特異性規定因子の探索
        基盤研究(B)
        山口大学
        柳田 哲矢
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        嚢虫症;テニア症;無鉤条虫;アジア条虫;血清検査;宿主特異性;人獣共通感染症;条虫;感染症;寄生虫;疫学調査
      • ニホンザル血小板減少症の発症・非発症機序の解明とマカク類のリスク評価法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;SRV-5;感染実験;発症機序;カニクイザル;診断法;サリレトロウイルス;サルレトロウイルス
      • 高次脳機能研究モデルとしての一卵性多子ニホンザルの作成
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        一卵性多子;ニホンザル;高次脳機能;授精卵クローン;受精卵分割;受精卵クローン
      • 食の安全のためのアジア条虫と無鉤条虫の迅速診断法の開発と宿主特異性遺伝子の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        テニア条虫;交雑;無鉤条虫;アジア条虫;中間宿主;家畜;テニア状虫
      • レトロウイルス関連ニホンザル血小板減少症の発症機序と感染持続メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;発症機序;感染実験;SRV-5;感染持続
      • 世界におけるエキノコックス、テニア条虫の種分化、分子共進化に関する総括研究
        基盤研究(A)
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        寄生虫;遺伝子進化;エキノコックス条虫;有鉤条虫;無鉤条虫;アジア条虫;人獣共通寄生虫症;テニア症;嚢虫症;エキノコックス症;条虫の生殖戦略;遺伝子によるテニア科条虫の再分類;遺伝子診断;血清診断;国際研究者交流;多国籍;感染症;遺伝子;バイオテクノロジー;進化
      • アジア霊長類と病原体の宿主寄生体関係史の探索
        基盤研究(A)
        京都大学
        平井 啓久
        自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        アジア霊長類;病原体;サルレトロウイルス;ヘリコバクター;マラリア;DNA;遺伝子;染色体;国際研究者交流;宿主寄生体関係;寄生病原体;マレーシア;タイ;ベトナム
      • 多包条虫に関する非開腹的治療法への挑戦と評価法の開発
        挑戦的萌芽研究
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        完了
        蠕虫;肝多包虫症;温熱療法;光線力学療法;肝切除;抗体応答;実験感染モデル;エキノコックス症;多包虫症;画像診断;病理学的解析;新しい肝病巣作製法
      • 日本の野生鳥類の寄生虫相に関する調査と寄生虫相データベースの構築
        基盤研究(C)
        財団法人目黒寄生虫館
        巖城 隆
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        自然史;寄生生物;動物;鳥類;寄生虫相;生物多様性
      • テニア科条虫感染家畜個体の識別に有用な新しい技術開発トリスク評価への応用
        基盤研究(B)
        京都大学;鳥取大学
        岡本 宗裕
        完了
        嚢虫症;テニア症;中間宿主;家畜;個体識別;リスク評価;分子疫学調査
      • 世界におけるエキノコックス、テニア条虫の種分化、分子共進化研究
        基盤研究(A)
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        完了
        感染症;遺伝子;エキノコックス条虫;テニア条虫;遺伝子分類;ミトコンドリア遺伝子;核遺伝子;地理拡散;進化
      • テニア症・嚢虫症感染源対策のための中間宿主家畜における分子疫学調査とリスク評価
        基盤研究(B)
        鳥取大学
        岡本 宗裕
        完了
        テニア症;〓虫症;中間宿主;家畜;分子疫学調査;リスク評価;嚢虫症;ネコ条虫;ライブラリーワクチン;ラット;防御抗原遺伝子;テニア科条虫;Nod-Scid
      • アジアにおけるエキノコックス、テニア条虫の種分化、病原性分化、分子進化調査研究
        基盤研究(A)
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        完了
        地球規模寄生虫感染症;人獣共通寄生虫疾患;エキノコックス症;脳嚢虫症;エキノコックス条虫;多包条虫;単包条虫;テニア条虫;有鉤条虫;無鉤条虫;遺伝子多型;分子分類学;ミトコンドリアDNA;分子共進化;アジア;alveolar echinococcosis;cystic echinococcosis;neurocysticercosis;molecular epidemiology;sero-epidemiology;mitochondrial DNA;microsatellite DNA;molecular evolution
      • 中国山地のザトウムシ類に協調的に起こる外部形態分化・核型分化と分子系統地理学
        基盤研究(C)
        鳥取大学
        鶴崎 展巨
        完了
        種分化;生物地理;中国地方;染色体;交雑帯;地理的変異;B染色体;ザトウムシ目;核型分化;生物地理学;クライン;隠岐諸島, chromosomal hybrid zones;geographic variation;Hardy-Weinberg equilibrium;Chugoku Mountains;biogeography;Opiliones;B-chromosomes;karyotype differentiation
      • NOD-scidマウスを用いた嚢虫症ワクチン候補遺伝子のスクリーニング系の確立
        基盤研究(C)
        鳥取大学
        岡本 宗裕
        完了
        ネコ条虫;ライブラリーワクチン;防御抗原遺伝子;感染防御;Taenia科条虫;Nod-Scidマウス;ラット;テニア科条虫;Nod-Scid, Taenia taeniaerormis;Library Vaccine;Protective Antigen;immunity;Taeniid Cestode;Nod-Scid mouse;rat
      • アジアにおけるエキノコックス症、嚢虫症流行拡大に関する免疫・分子疫学調査
        基盤研究(A)
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        完了
        alveolar echinococcosis;cystic echinococcosis;neurocysticercosis;molecular epidemiology;sero-epidemiology;mitochondrial DNA;microsatellite DNA;molecular evolution;copro-DNA, alveolar echinococcosis;cystic echinococcosis;neurocysticercosis;molecular epidemiology;sero-epidemiology;mitochondrial DNA;microsatellite DNA;molecular evolution
      • オサムシの進化における形態多様化の不連続性とタイプスイッチングの検証
        基盤研究(B)
        鳥取大学
        岡本 宗裕
        完了
        オサムシ;分子系統進化;形態多様化;タイプスイッチング;カブリモドキ;ミトコンドリア;ロシア;中国;韓国, Carabid Ground Beetle;molecular phylogeny;diversity;type-switching;Coptolabrus;mitchondorion;Russia
      • ラットモデル系へのライブラリーワクチン投与法による嚢虫感染防御抗原遺伝子の探索
        基盤研究(C)
        鳥取大学
        岡本 宗裕
        完了
        ネコ条虫;ライブラリーワクチン;ラット;防御抗原遺伝子;感染防御;Taenia科条虫;テニア科条虫;ネコ系虫;防御、抗原遺伝子, Taenia taeniaeformis;Library Vaccine;rat;Protective Antigen;immunity;Taeniid Cestode
      • 霊長類とギョウチュウ類の共進化の研究
        基盤研究(C)
        大分医科大学
        長谷川 英男
        完了
        霊長類;ギョウチュウ類;共進化;DNA;種分化;Enterobius;Lemuricola;Trypanoxyuris;系統学;分子系統学;染色体;系統分類, Primates;Pinworms;Coevolution;DNA;Speciation;Enterobius;Lemuricola;Trypanoxyuris
      • アジアにおける難治性寄生虫病(エキノコックス症等)に関する免疫・分子疫学研究
        基盤研究(A)
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        完了
        新興・再興感染症;エキノコックス症;多包虫症;単包虫症;有鉤嚢虫症;術前鑑別血清診断法;ミトコンドリアDNA;遺伝子診断法;有鉤襄虫症;鑑別血清診断法;分子疫学, Emerging and Re-emerging Infectious Disease;echinococcosis;alveolar echinococcosis;cystic echinococcosis;neurocysticercosis;differential serodiagnosis;mitochondrial DNA;molecular diagnosis
      • 新興・再興感染症として重要な包虫症・嚢虫症に関する遺伝子・免疫迅速診断法の研究
        基盤研究(B)
        旭川医科大学
        伊藤 亮
        完了
        新興・再興感染症;エキノコックス症;多包虫症;単包虫症;有鉤嚢虫症;鑑別血清診断法;ミトコンドリアDNA;遺伝子診断法;有鉤襄虫症;単包虫;血清診断;遺伝子診断, emerging;re-emerging infectious diseases;echinococcosis;alveolar echinococcosis;cystic echinococcosis;neurocysticercosis;differential serodiagnosis;mitochondrial DNA;molecular diagnosis
      • 日本住血吸虫の種分化とその起原に関する研究
        基盤研究(A)
        高知医科大学;帯広畜産大学
        吾妻 健
        完了
        住血吸虫;種分化;分子系統;CO1;ITS2;塩基配列;S.indicum グループ;遺伝的多様性;日本住吸血虫;Schistosoma;リボソームRNA遺伝子;COI;分子系統樹;日本住血吸虫;ナザーレ住血吸虫;スピンダーレ住血吸虫;PCR, Schistosoma;speciation;molecular phylogeny;CO1;ITS2;nucleotide sequence;S.indicum group;genetic diversity
      • ネフローゼマウスへの低タンパク飼料給餌による血中アルブミンの尿中濾出機序の解析
        奨励研究(A)
        大阪大学
        岡本 宗裕
        完了
        自然発症ネフローゼモデルマウス;ICGNマウス;ネフローゼ;尿タンパク;低タンパク食;腎糸球体基底膜;遺伝子発現;RT-PCR;低タンパク質
      • アジアにおける難治性寄生虫病(エキノコックス症等)に関する免疫診断、疫学研究
        国際学術研究
        旭川医科大学;岐阜大学
        伊藤 亮
        完了
        多包虫症;単包虫症;嚢虫症;血清学的鑑別診断;遺伝子診断;疫学研究;人畜共通寄生虫病;新興・再興感染症;エキノコックス症;有鉤嚢虫症;血清診断, Alveolar echinococcosis;Cystic echinococcosis;Neurocysticercosis;Differential serodiagnosis;DNA diagnosis;Epidemiology;Parasitic Zoonoses;Emerging, Re-emerging diseases
      • 日本産モグラの遺伝的分化とその内部寄生線虫の共進化に関する研究
        重点領域研究
        大阪大学
        岡本 宗裕
        完了
        モグラ;系統進化;分子進化;MOgera属;ミトコンドリアDNA;線虫;Ascarops mogera;共進化
      • 病理標本中の寄生虫体同定法としてのCO1遺伝子の塩基配列の応用
        基盤研究(C)
        香川医科大学
        村主 節雄
        完了
        寄生虫体;同定法;CO1遺伝子;塩基配列, Parasite;identification;CO1 Gene;Nucleotide Sequence
      • モグラ類における絶滅危惧個体群の維持および衰退機構の研究
        基盤研究(C)
        北海道大学
        阿部 永
        完了
        モグラ;絶滅危惧個体群;mtDNA;CO1;土壌環境;COI, Moles;Endangered relict population;mtDNA;CO1
      • 集約的酪農地帯における終宿主駆虫法によるエキノコックス症防除対策の確立
        基盤研究(A)
        北海道大学
        奥 祐三郎
        完了
        多包条虫;キツネ;酪農地帯;北海道;糞便内抗原;駆虫薬;人獣共通感染症;防除対策;プラジクアンテル;コントロール;イヌ;糞便抗原;プラジカルテル;人畜共通感染症;プラジカンテル, Echinococcus multilocularis;Foxes;Rural Area;Hokkaido;Coproantigen;Praziquantel;Zoonoses;Control
      • 難治性寄生虫病(エキノコックス症、嚢虫症)の分子・免疫生物学的研究
        国際学術研究
        岐阜大学
        伊藤 亮
        完了
        難治性寄生虫病;新興感染症;エキノコックス症;嚢虫症;血清診断;遺伝子診断;遺伝子組換え抗原;疫学研究;寄生虫病;襄虫症;遺伝子, Chronic parasitic diseases;Intractable parasitic diseases;Emerging parasitic diseases;Echinococcosis;Cysticercosis;Serodiagnosis;Recombinant antigen;Epidemiological study
      • アジアにおける日本住血吸虫類の種分化に関する研究
        国際学術研究
        帯広畜産大学
        吾妻 健
        完了
        日本住血吸虫;メコン住血吸虫;マレー住血吸虫;COI;ITS2;PCR;種分化;分子系統樹;ミトコンドリアDNA;染色体C-バンド;キアズマ;染色体核型, S.japonicum;S.mekongi;S.malaynsis;S.sinensium;PCR;COI;ITS2;speciation;phylogenetic tree
      • RT-PCR法によるネフローゼ自然発症マウス腎糸球体内の遺伝子発現の解析
        奨励研究(A)
        大阪大学
        岡本 宗裕
        完了
        自然発症腎炎モデルマウス;ネフローゼ;マウス;ICGN;RT-PCR;遺伝子発現;腎糸球体
      • 条虫類の宿主転換(野生動物⇔家畜⇔ヒト)と適応放散
        一般研究(B)
        北海道大学
        神谷 正男
        完了
        適応放散;条虫;共進化;宿主転換;エキノコックス;分子進化;Echinococcus multilocularis;Taenia taeniaeformis, Adaptive radiation;Cestode;Coevolution;Host exchange;Echinococcus;Molecular evolution;Echinococcus multilocularis;Taenia taeniaeformis
      • チトクロームC系蛋白ならびに宿主の遺残的な行動を指標にしたエキノコックスの起源
        重点領域研究
        北海道大学
        神谷 正男
        完了
        寄生虫;分子進化;エキノコックス;チトクロームC;テニア科条虫;蠕虫;齧歯類;宿主転換
      • エキノコックス症、嚢虫症の血清学的鑑別診断法に関する研究
        国際学術研究
        岐阜大学
        伊藤 亮
        完了
        寄生虫病;エキノコックス症;嚢虫症;血清診断, Parasitic diseases;Echinococcosis;Cysticercosis;Serodiagnosis
      • 南米の単包条虫の環境適応
        国際学術研究
        北海道大学
        奥 祐三郎
        完了
        単包条虫;ウルグアイ共和国;種内変異;糞便抗原;家畜;代替宿主;疫学;環境適応;南米;感染圧, Ecinococcus granulosus;Uruguay;Genetic variation;Coproantigen;Live stock;Alternativa hosts;Epidemiology;Environmental adaptation
      • ネフローゼ症候群モデルマウスを用いた腎糸球体における蛋白透過機序の解析
        奨励研究(A)
        大阪大学
        岡本 宗裕
        完了
        自然発症腎炎モデルマウス;ネフローゼ;マウス;ICGN;尿タンパク;charge barrier;size barrier;腎糸球体基底膜
      • モグラ類の地理的変異の要因解析と種内変異の分子進化学的研究
        一般研究(B)
        北海道大学
        阿部 永
        完了
        モグラ;地理的変異;分子進化;mtDNA;COI;アイソザイム, Moles;Geographivc variation;Molecular evolution;mtDNA;CO1;Isozyme
      • 寄生虫・エキノコックスの環境適応性ならびにその防除に関する研究
        国際学術研究
        北海道大学
        神谷 正男
        完了
        エキノコックス;多包条虫;単包条虫;有鈎条虫;Perognathus;環境適応性;代替終宿主;糞便内抗原;有鉤条虫;コレステロール;Echinococcus;Taenia;種内変異;DNAフインガ-プリント;猫条虫;RFLP比較;クラスタ-分析, Echinococcus;Alveolar echinoccosis;Hydatid disease;Taeniid;Perognathus;Environmental adaptability;Alternative definitive host;Coproantigen
      • テニア科条虫の成虫に対する腸管粘膜応答を主体とした排除機構の解析
        一般研究(B)
        北海道大学
        神谷 正男
        完了
        Taenia(テニア属);Echinococcus(エキノコックス);golden hamster(ゴ-ルデンハムスタ-);worm-expulision(虫体排除);prednisolone(プレドニゾロン);alternative(代替動物);Cricetidae(キヌゲネズミ科);Heterromydae(ポケットマウス科);worm-expulsion(虫体排除);Heteromydae(ポケットマウス科);免疫;消化管粘膜;寄生虫;テニア科条虫;エキノコックス;代替動物;ゴールデンハムスター;スナネズミ, Taenia;Echinococcus;Golden hamster;Worm-expulsion;Prednisolone;Alternative;Cricetidae;Heteromydae
      • 北方圏に分布する寄生虫・エキノコックスの防除
        国際学術研究
        北海道大学
        神谷 正男
        完了
        エキノコックス;アラスカ;代替終宿主;糞便抗体;テニア科条虫;ハムスタ-;多包虫症;スナネズミ, Echinococcus multilocularis;Alaska;Alternative definitive host;Coproーantigen;Taenia;Hamster;jird;Hydatidosis
      • エキノコックス競合寄生種導入のための感受性エゾヤチネズミの作出と応用
        試験研究
        北海道大学
        神谷 正男
        完了
        エキノコックス;多包条虫;エゾヤチネズミ;実験動物化;種間競合;生物 防除;免疫;Taenia;寄生虫;テニア科条虫;猫条虫;生物防除;局所免疫;生物的防除, Echinococcus;Clethrionomys;vole;laboratory animal;antagonistic competition;biological control;immunity
      • 円葉条虫類の幼虫感染に対する防御機構の解析
        一般研究(C)
        北海道大学
        奥 祐三郎
        完了
        テニア科条虫;生活史;先天的抵抗性;Echinococcus multilocularis;Taenia taeniaeformis;Taenia hydatigena;Taenia crassiceps;肥満細胞;円葉条虫, Life cycle;Innate resistance;Echinococcus multilocularis;Taenia hydatigena;Taenia taeniaeformis

      外部資金:その他

      • 難治性寄生虫病に関する遺伝子診断法の開発
        科学技術戦略推進費
        自 2010年
        岡本宗裕
      • ヒトを終宿主とする有鉤条虫と近縁種の進化ならびにその分子遺伝学的評価 (平成26年度分)
        論文博士号取得希望者に対する支援事業
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日
        岡本 宗裕
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類学のすすめ
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          フィールド科学実習A
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野外生物学実習A
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野外生物学実習 B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2012年10月01日, 至 2014年09月30日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2015年10月01日, 至 2017年09月30日
            人類進化モデル研究センター長
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員長
          • 自 2016年10月01日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            京都大学動物実験委員会 副委員長
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            京都大学動物実験委員会 副委員長

          部局運営(役職等)

          • 自 2011年10月01日, 至 2013年09月30日
            霊長類研究所附属人類進化モデル研究センター長

          ページ上部へ戻る