教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙井 淳

タカイ アツシ

医学部附属病院 消化器内科 助教

髙井 淳
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    所属学協会

    • 日本内科学会
    • 日本肝臓学会
    • 日本消化器病学会
    • 日本癌学会
    • 日本消化器内視鏡学会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2015年04月, 至 現在
      京都大学, 消化器内科, 助教
    • 自 2011年09月, 至 2015年03月
      National Cancer Institute, USA, Laboratory of Human Carcinogenesis, Postdoctoral fellow
    • 自 2010年04月, 至 2013年03月
      日本学術振興会, 特別研究員(PD)
    • 自 2003年04月, 至 2005年03月
      神戸市立中央市民病院, 消化器内科, 専攻医
    • 自 2001年04月, 至 2003年03月
      神戸市立中央市民病院, 内科, 初期研修医

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        肝癌発生メカニズムの解明

      研究キーワード

      • がんゲノム
      • 炎症性発癌
      • 消化器内科
      • 肝臓癌

      研究分野

      • ライフサイエンス, 腫瘍生物学
      • ライフサイエンス, 消化器内科学

      論文

      • Genetic Landscape of Multistep Hepatocarcinogenesis.
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Yuji Eso; Ken Takahashi; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Cancers, 2022年01月23日
      • Pretreatment Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio as a Predictive Marker of Response to Atezolizumab Plus Bevacizumab for Hepatocellular Carcinoma.
        Yuji Eso; Haruhiko Takeda; Kojiro Taura; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Current oncology (Toronto, Ont.), 2021年10月14日
      • Author Correction: DNA methyltransferase 3B plays a protective role against hepatocarcinogenesis caused by chronic inflammation via maintaining mitochondrial homeostasis.
        Eriko Iguchi; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Ken Kumagai; Soichi Arasawa; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Scientific reports, 2021年07月01日
      • A simplified method to quantitatively predict the effect of lenvatinib on hepatocellular carcinoma using contrast-enhanced ultrasound with perfluorobutane microbubbles
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Quantitative Imaging in Medicine and Surgery, 2021年06月, 査読有り
      • C型肝炎ウイルス診療の残された課題とSVR後諸問題 網羅的遺伝子発現解析によるSVR後肝発癌の分子基盤解明と発癌予測因子の探索
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 現在及びこれからの肝炎ウイルス研究のlandscape 一分子リアルタイム(SMRT)ロングリードシーケンス技術によって拓かれた肝炎ウイルスゲノム解析の新たなパラダイム
        荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳
        肝臓, 2021年04月
      • Lenvatinib治療経過バイオマーカーとしてのMac-2 binding glycosylation isomer
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 肝硬変に伴う皮膚そう痒症に対するナローバンドUVB療法の初期経験
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 有症状肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた穿刺吸引硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • ポリドカノールフォームを用いた超音波ガイド下肝嚢胞硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        超音波医学, 2021年04月
      • Genetic pathogenesis of inflammation-associated cancers in digestive organs
        Risa Nakanishi; Takahiro Shimizu; Ken Kumagai; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa
        Pathogens, 2021年04月, 査読有り
      • Mac-2 binding protein glycosylation isomer predicts tolerability and clinical outcome of lenvatinib therapy for hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Kojiro Taura; Hiroshi Seno
        Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 2021年03月31日
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • Oncogenic transcriptomic profile is sustained in the liver after the eradication of the hepatitis C virus.
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Eriko Iguchi; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Ken Kumagai; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Etsuro Hatano; Hiroko Iijima; Haruyo Aoyagi; Hideki Aizaki; Hiroyuki Marusawa; Takaji Wakita; Hiroshi Seno
        Carcinogenesis, 2021年02月22日
      • DNA methyltransferase 3B plays a protective role against hepatocarcinogenesis caused by chronic inflammation via maintaining mitochondrial homeostasis.
        Eriko Iguchi; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Ken Kumagai; Soichi Arasawa; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Scientific reports, 2020年12月04日
      • Hes1 Is Essential in Proliferating Ductal Cell-Mediated Development of Intrahepatic Cholangiocarcinoma.
        Tomoaki Matsumori; Yuzo Kodama; Atsushi Takai; Masahiro Shiokawa; Yoshihiro Nishikawa; Tomonori Matsumoto; Haruhiko Takeda; Saiko Marui; Hirokazu Okada; Tomonori Hirano; Takeshi Kuwada; Yuko Sogabe; Nobuyuki Kakiuchi; Teruko Tomono; Atsushi Mima; Toshihiro Morita; Tatsuki Ueda; Motoyuki Tsuda; Yuki Yamauchi; Katsutoshi Kuriyama; Yojiro Sakuma; Yuji Ota; Takahisa Maruno; Norimitsu Uza; Hiroyuki Marusawa; Ryoichiro Kageyama; Tsutomu Chiba; Hiroshi Seno
        Cancer research, 2020年12月01日
      • Branched-chain amino acid to tyrosine ratio is an essential pre-treatment factor for maintaining sufficient treatment intensity of lenvatinib in patients with hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 2020年12月, 査読有り
      • Multiregional whole‐genome sequencing of hepatocellular carcinoma with nodule‐in‐nodule appearance reveals stepwise cancer evolution
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Kumagai; Eriko Iguchi; Soichi Arasawa; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Shinji Uemoto; Ryuichi Kita; Hironori Haga; Hiroyuki Marusawa; Akihiro Fujimoto; Hiroshi Seno
        The Journal of Pathology, 2020年12月
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 肝発癌進展研究の最前線 全ゲノムシーケンスを用いた多段階肝発癌過程の包括的解析
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井 達基; 高井 淳; 村上 高志; 米田 真知; 松本 慎平; 中西 祐貴; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • B型肝炎ウイルスのゲノム構造異常クローンの長期的観察
        荒澤 壮一; 高井 淳; 中野 重治; 寺村 茉利; 熊谷 健; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • 1分子ロングリードシーケンサーによる変異解析はC型肝炎ウイルスクローンの動態解析に有用である
        中村 文保; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • Dose intensity/BSA ratio(DBR)によるLenvatinib治療強度評価とその活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • Recent Advances in Immunotherapy for Hepatocellular Carcinoma.
        Shigeharu Nakano; Yuji Eso; Hirokazu Okada; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Cancers, 2020年03月25日, 査読有り
      • Lenvatinib治療におけるRelative dose intensityの問題点と体表面積補正dose intensity(DI/BSA ratio;DBR)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年03月
      • Single-molecular real-time deep sequencing reveals the dynamics of multi-drug resistant haplotypes and structural variations in the hepatitis C virus genome.
        Taiki Yamashita; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Soichi Arasawa; Fumiyasu Nakamura; Yoichi Mashimo; Miyuki Hozan; Shigeru Ohtsuru; Hiroshi Seno; Yoshihide Ueda; Akihiro Sekine
        Scientific reports, 2020年02月14日, 査読有り
      • 外科的・内科的両面からのアプローチを必要とした上腸間膜動脈症候群の一例
        米田 真知; 中西 祐貴; 中山 大輔; 村上 高志; 平井 達基; 松本 慎平; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2020年02月, 査読有り
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井 達基; 高井 淳; 村上 高志; 米田 真知; 松本 慎平; 中西 祐貴; 本澤 有介; 宇座 徳光; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2020年02月, 査読有り
      • 肝細胞癌に対する分子標的薬LenvatinibのRelative Dose Intensityに着目した栄養管理の重要性
        恵荘 裕嗣; 中村 文保; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2020年01月
      • Microsatellite instability and immune checkpoint inhibitors: toward precision medicine against gastrointestinal and hepatobiliary cancers.
        Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa
        Journal of gastroenterology, 2020年01月, 査読有り, 招待有り
      • Hepatitis-associated Aplastic Anemia With Rapid Progression of Liver Fibrosis Due to Repeated Hepatitis.
        Sawada K; Takai A; Yamada T; Araki O; Yamauchi Y; Eso Y; Takahashi K; Shindo T; Sakurai T; Ueda Y; Seno H
        Internal Medicine, 2019年12月, 査読有り
      • Dose Intensity/Body Surface Area Ratio is a Novel Marker Useful for Predicting Response to Lenvatinib against Hepatocellular Carcinoma.
        Eso Y; Nakano S; Mishima M; Arasawa S; Iguchi E; Nakamura F; Takeda H; Takai A; Takahashi K; Taura K; Seno H
        Cancers, 2019年12月, 査読有り
      • 造影超音波による肝細胞癌に対する分子標的薬Lenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年11月
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        The Liver Cancer Journal, 2019年10月31日, 招待有り
      • 肝臓病理の臨床への貢献と次世代への飛躍を目指して 全ゲノムシーケンス解析を用いた結節内結節型肝癌の病理像とゲノム異常の比較解析
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年10月
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年10月
      • 腸上皮化生を伴う慢性胃炎粘膜を構成する一腺管あたりの遺伝子異常の解析(Genomic abnormality in single crypts of chronic inflamed gastric mucosa with intestinal metaplasia)
        熊谷 健; 清水 孝洋; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 宮本 心一; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 炎症性肝発癌過程におけるDNAメチル化酵素DNMT3Bの役割(The role of DNA methyltransferase(DNMT) 3B in regulating inflammation-associated hepatocarcinogenesis)
        井口 恵里子; 高井 淳; 熊谷 健; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 結節内結節型肝細胞癌の全ゲノムシーケンス解析(Multiregional whole-genome comprehensive analysis for hepatocellular carcinoma with nodule-in-nodule feature)
        竹田 治彦; 高井 淳; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 藤本 明洋; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • Comprehensive analysis of genetic aberrations linked to tumorigenesis in regenerative nodules of liver cirrhosis.
        Soo Ki Kim; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Tomonori Matsumoto; Nobuyuki Kakiuchi; Akira Yokoyama; Kenichi Yoshida; Toshimi Kaido; Shinji Uemoto; Sachiko Minamiguchi; Hironori Haga; Yuichi Shiraishi; Satoru Miyano; Hiroshi Seno; Seishi Ogawa; Hiroyuki Marusawa
        Journal of gastroenterology, 2019年07月, 査読有り
      • 【C型肝炎の治療-最終章を迎えて】肝移植例での治療
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        消化器・肝臓内科, 2019年06月28日
      • B型肝炎の新たな展開―進化を続ける基礎と臨床―HBV再活性化 HBV関連肝移植と再活性化対策
        上田佳秀; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2019年06月28日
      • Utility of ultrasound-guided liver tumor biopsy for next-generation sequencing-based clinical sequencing.
        Yuji Eso; Tadayuki Kou; Hiroki Nagai; Young Hak Kim; Masashi Kanai; Shigemi Matsumoto; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Fumiyasu Nakamura; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Manabu Muto; Hiroshi Seno
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2019年05月, 査読有り
      • Genome-wide RNAi Screen identifies PMPCB as a therapeutic vulnerability in EpCAM+ hepatocellular carcinoma.
        Takai A; Dang H; Oishi N; Khatib S; Martin SP; Dominguez DA; Luo J; Bagni R; Wu X; Powell K; Ye QH; Jia H; Qin LX; Chen J; Mitchell GA; Luo X; Thorgeirsson SS; Wang XW
        Cancer Research, 2019年05月, 査読有り
      • がんゲノム医療における肝生検の役割
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年04月
      • Post SVR時代のC型肝炎診療 Special Populationに対するDAA治療 肝移植後症例に対する治療成績
        上田佳秀; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2019年04月, 査読有り
      • Combination of Mac-2 Binding Protein Glycosylation Isomer and Up-To-Seven Criteria as a Useful Predictor for Child-Pugh Grade Deterioration after Transarterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Cancers, 2019年03月22日, 査読有り
      • 消化器がんにおけるゲノム医療の現状と未来 肝硬変再生結節に潜在する遺伝子異常が裏付ける肝発癌ポテンシャル
        竹田 治彦; 高井 淳; 丸澤 宏之
        日本消化器病学会雑誌, 2019年03月
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化リスク予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2019年01月
      • Accelerated progression of hepatocellular carcinoma during immunosuppressive therapy with abatacept for rheumatoid arthritis.
        Yoshiji S; Takahashi K; Sawada K; Mishima M; Eso Y; Morita M; Takai A; Marusawa H; Ueda Y; Mimori T; Seno H
        Internal Medicine, 2019年01月, 査読有り
      • Ultrasound-guided microfoam sclerotherapy with polidocanol for symptomatic giant hepatic cyst – Initial experience.
        Eso Y; Furuta A; Takai A; Takahashi K; Ueda Y; Marusawa H; Seno H
        Hepatology Research, 2018年11月, 査読有り
      • Genetic features of multicentric/multifocal intramucosal gastric carcinoma.
        Aya Mizuguchi; Atsushi Takai; Takahiro Shimizu; Tomonori Matsumoto; Ken Kumagai; Shin'ichi Miyamoto; Hiroshi Seno; Hiroyuki Marusawa
        International journal of cancer, 2018年10月15日, 査読有り
      • The Oncogenic Potential of Regenerative Nodules in Cirrhotic Liver Confirmed By Total Transcriptome Analysis.
        Takeda Haruhiko; Takai Atsushi; Kim Soo-Ki; Eso Yuji; Ohtsuru Shigeru; Takahashi Ken; Ueda Yoshihide; Marusawa Hiroyuki; Seno Hiroshi
        HEPATOLOGY, 2018年10月, 査読有り
      • トランスクリプトーム解析を用いた肝硬変再生結節の発癌ポテンシャルの評価(The oncogenic potential of regenerative nodules in cirrhotic liver confirmed by total transcriptome analysis)
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • B型肝炎線維化非進行例からの肝発癌とゲノム異常の特徴(Genetic features of hepatocellular carcinoma developed in non-cirrhotic liver infected with hepatitis B virus)
        荒澤 壮一; 竹田 治彦; 井口 恵里子; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 上田 佳秀; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • Sulfatase 2-TGFβ1-SMADシグナル伝達によるPeriostinの誘導が肝細胞癌において血管新生に寄与する(Induction of Periostin by Sulfatase 2-TGFβ1-SMAD Signaling Axis Mediates Tumor Angiogenesis in Hepatocellular Carcinoma)
        井口 恵里子; 高井 淳; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • Association of Mac-2-binding protein glycosylation isomer level with nutritional status in chronic liver disease.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Kojiro Taura; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Journal of gastroenterology and hepatology, 2018年02月22日, 査読有り
      • Proliferating EpCAM-Positive Ductal Cells in the Inflamed Liver Give Rise to Hepatocellular Carcinoma
        Tomonori Matsumoto; Atsushi Takai; Yuji Eso; Kazuo Kinoshita; Toshiaki Manabe; Hiroshi Seno; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        CANCER RESEARCH, 2017年11月, 査読有り
      • C型肝炎ウイルス排除後に発生する肝細胞癌の遺伝子異常
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 垣内 伸之; 妹尾 浩; 小川 誠司; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2017年09月
      • 起源細胞の違いに基づいた肝癌の腫瘍特性の同定
        松本 知訓; 高井 淳; 恵荘 裕嗣; 木下 和生; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2017年09月
      • Hepatobiliary and Pancreatic: Granulomatous hepatitis due to disseminated bacillus Calmette-Guérin disease.
        Eso Y; Takai A; Arasawa S; Ueda Y; Seno H
        Journal of Gastroenterology and Hepatology, 2017年09月, 査読有り
      • Oncogenic Activation of the RNA Binding Protein NELFE and MYC Signaling in Hepatocellular Carcinoma
        Hien Dang; Atsushi Takai; Marshonna Forgues; Yotsowat Pomyen; Haiwei Mou; Wen Xue; Debashish Ray; Kevin C. H. Ha; Quaid D. Morris; Timothy R. Hughes; Xin Wei Wang
        CANCER CELL, 2017年07月, 査読有り
      • 播種性bacillus Calmette-Guérin(BCG)症に随伴したgranulomatous hepatitisの2例
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        肝臓, 2017年, 査読有り
      • Hepatitis C Treatment with Sofosbuvir and Ledipasvir Accompanied by Immediate Improvement in Hemoglobin A1c
        Atsuyuki Ikeda; Kaori Ikeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Horoshi Seno; Nobuya Inagaki; Hiroyuki Kokuryu
        DIGESTION, 2017年, 査読有り
      • Genetic basis of hepatitis virus-associated hepatocellular carcinoma: linkage between infection, inflammation, and tumorigenesis
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Tadashi Inuzuka; Hiroyuki Marusawa
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 2017年01月, 査読有り, 招待有り
      • Sonazoid-enhanced ultrasonography guidance improves the quality of pathological diagnosis in the biopsy of focal hepatic lesions
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Tomonori Matsumoto; Minami Lee; Tadashi Inuzuka; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • Follicular lymphoma of the caecum resected endoscopically
        Yuji Eso; Yoshitaka Nishikawa; Atsushi Takai
        ARAB JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 2016年09月, 査読有り
      • MSH2 Dysregulation Is Triggered by Proinflammatory Cytokine Stimulation and Is Associated with Liver Cancer Development
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Tomonori Matsumoto; Tadashi Inuzuka; Takahiro Horie; Koh Ono; Shinji Uemoto; Kyeryoung Lee; Winfried Edelmann; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        CANCER RESEARCH, 2016年08月, 査読有り
      • Three-dimensional Organotypic Culture Models of Human Hepatocellular Carcinoma
        Atsushi Takai; Valerie Fako; Hien Dang; Marshonna Forgues; Zhipeng Yu; Anuradha Budhu; Xin Wei Wang
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年02月, 査読有り
      • Integrative genomics identifies YY1AP1 as an oncogenic driver in EpCAM(+) AFP(+) hepatocellular carcinoma
        X. Zhao; S. Parpart; A. Takai; S. Roessler; A. Budhu; Z. Yu; M. Blank; Y. E. Zhang; H-L Jia; Q-H Ye; L-X Qin; Z-Y Tang; S. S. Thorgeirsson; X. W. Wang
        ONCOGENE, 2015年09月, 査読有り
      • Hepatic stellate cell and monocyte interaction contributes to poor prognosis in hepatocellular carcinoma
        Juling Ji; Tobias Eggert; Anuradha Budhu; Marshonna Forgues; Atsushi Takai; Hien Dang; Qinghai Ye; Ju-Seog Lee; Ji Hoon Kim; Tim F. Greten; Xin Wei Wang
        HEPATOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • Exploring the Mechanisms of Gastrointestinal Cancer Development Using Deep Sequencing Analysis
        Tomonori Matsumoto; Takahiro Shimizu; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa
        CANCERS, 2015年06月, 査読有り, 招待有り
      • Molecular mechanisms of inflammation-associated carcinogenesis.
        Takai A; Marusawa H; Chiba T
        Intestine, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • Comprehensive characterization of hepatitis B virus-associated multifocal hepatocellular carcinoma using a multi-omics strategy
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa
        Annals of Translational Medicine, 2015年01月01日, 査読有り, 招待有り
      • Aberrant AID Expression by Pathogen Infection
        Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa; Tsutomu Chiba
        Molecular Biology of B Cells: Second Edition, 2014年12月15日, 査読有り
      • Modulation of miR-29 Expression by Alpha-Fetoprotein Is Linked to the Hepatocellular Carcinoma Epigenome
        Sonya Parpart; Stephanie Roessler; Fei Dong; Vinay Rao; Atsushi Takai; Junfang Ji; Lun-Xiu Qin; Qing-Hai Ye; Hu-Liang Jia; Zhao-You Tang; Xin Wei Wang
        HEPATOLOGY, 2014年09月, 査読有り
      • Identification of Drivers from Cancer Genome Diversity in Hepatocellular Carcinoma
        Atsushi Takai; Hien T. Dang; Xin W. Wang
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 2014年06月, 査読有り, 招待有り
      • MicroRNA-301b promotes cell invasiveness through targeting TP63 in pancreatic carcinoma cells
        Naotake Funamizu; Curtis Ray Lacy; Sonya T. Parpart; Atsushi Takai; Yukiharu Hiyoshi; Katsuhiko Yanaga
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • [Chronic inflammation and gastric cancer development].
        Chiba T; Marusawa H; Matsumoto Y; Takai A
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2012年10月, 査読有り
      • Targeting activation-induced cytidine deaminase prevents colon cancer development despite persistent colonic inflammation
        A. Takai; H. Marusawa; Y. Minaki; T. Watanabe; H. Nakase; K. Kinoshita; G. Tsujimoto; T. Chiba
        ONCOGENE, 2012年03月, 査読有り
      • Excessive activity of apolipoprotein B mRNA editing enzyme catalytic polypeptide 2 (APOBEC2) contributes to liver and lung tumorigenesis
        Shunsuke Okuyama; Hiroyuki Marusawa; Tomonori Matsumoto; Yoshihide Ueda; Yuko Matsumoto; Yoko Endo; Atsushi Takai; Tsutomu Chiba
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 2012年03月, 査読有り
      • [Genetic alterations leading to the development of colitis-associated colorectal cancers].
        Marusawa H; Takai A; Chiba T
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2012年02月, 査読有り
      • Molecular mechanism of colitis-associated colorectal carcinogenesis.
        Marusawa H; Endo Y; Takai A; Chiba T
        Inflammation and Regeneration, 2012年, 査読有り, 招待有り
      • [The cutting-edge of medicine; inflammation and development of gastrointestinal cancers].
        Chiba T; Marusawa H; Matsumoto Y; Takai A
        Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 2011年08月, 査読有り
      • Acquisition of genetic aberrations by activation-induced cytidine deaminase (AID) during inflammation-associated carcinogenesis
        Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa; Tsutomu Chiba
        Cancers, 2011年06月, 査読有り, 招待有り
      • Role of Activation-Induced Cytidine Deaminase in Inflammation-Associated Cancer Development
        Hiroyuki Marusawa; Atsushi Takai; Tsutomu Chiba
        ADVANCES IN IMMUNOLOGY, VOL 111, 2011年, 査読有り, 招待有り
      • Pancreatic somatostatinoma with von Recklinghausen’s disease.
        Takai A; Setoyama T; Miyamoto S
        Clinical Gastroenterology and Hepatology, 2009年05月, 査読有り
      • A novel mouse model of hepatocarcinogenesis triggered by AID causing deleterious p53 mutations
        A. Takai; T. Toyoshima; M. Uemura; Y. Kitawaki; H. Marusawa; H. Hiai; S. Yamada; I. M. Okazaki; T. Honjo; T. Chiba; K. Kinoshita
        ONCOGENE, 2009年01月, 査読有り
      • 遺伝子編集酵素AIDを用いた新しい肝発癌マウスモデルの作成(A novel mouse model of hepatocarcinogenesis triggered by activation-induced cytidine deaminase (AID))
        高井 淳; 丸澤 宏之; 日合 弘; 千葉 勉; 木下 和生
        日本癌学会総会記事, 2008年09月
      • A case of ruptured gastroduodenal arterial pseudoaneurysm with penetration to the duodenum, successfully treated with transcatheter arterial embolization
        Atsushi Takai; Yoshihiro Okabe; Nobuhiro Aoki; Mariko Takada; Shuji Yamamoto; Naoya Kimoto; Mikio Fujita; Akihiko Okada; Chiharu Kawanami; Yukinobu Takimoto; Akio Orino
        Japanese Journal of Gastroenterology, 2007年, 査読有り
      • 粘膜下腫瘍様の形態を呈した胃結核の一例
        山本 修司; 大嶋 野歩; 織野 彬雄; 滝本 行延; 岡部 純弘; 河南 智晴; 岡田 明彦; 藤田 幹夫; 木本 直哉; 高井 淳; 塩見 真理子; 青木 信裕; 白根 博文
        日本消化器病学会雑誌, 2006年09月
      • 膵内副脾に発生したepidermoid cystの2例
        高井 淳; 山本 修司; 青木 信裕; 塩見 真理子; 木本 直哉; 藤田 幹夫; 岡田 明彦; 河南 智晴; 岡部 純弘; 滝本 行延; 織野 彬雄; 大嶋 野歩; 小倉 靖弘; 梶原 建熈; 今井 幸弘
        Gastroenterological Endoscopy, 2006年04月
      • 線毛性前腸性肝嚢胞の一例
        塩見 真理子; 岡部 純弘; 青木 信裕; 高井 淳; 山本 修司; 木本 直哉; 藤田 幹夫; 岡田 明彦; 河南 智晴; 滝本 行延; 織野 彬雄; 大嶋 野歩; 寺嶋 宏明; 梶原 建熈; 今井 幸弘
        日本消化器病学会雑誌, 2006年03月
      • 胃原発follicular lymphomaの一例
        塩見 真理子; 山本 修司; 青木 信裕; 高井 淳; 白倉 永理; 和田 将弥; 上嶋 一臣; 木本 直哉; 岡田 明彦; 河南 智晴; 岡部 純弘; 滝本 行延; 織野 彬雄; 今井 幸弘
        Gastroenterological Endoscopy, 2005年04月
      • 進行肝細胞癌に対するリザーバー動注化学療法の検討
        上嶋 一臣; 青木 信裕; 塩見 真理子; 高井 淳; 白倉 永理; 山本 修司; 木本 直哉; 岡田 明彦; 河南 智晴; 岡部 純弘; 滝本 行延; 織野 彬雄; 和田 将弥
        日本消化器病学会雑誌, 2005年03月
      • 再発性多発性軟骨炎を合併した潰瘍性大腸炎の一例
        山本 修司; 青木 信裕; 塩見 真理子; 高井 淳; 白倉 永理; 和田 将弥; 上嶋 一臣; 木本 直哉; 岡田 明彦; 河南 智春; 岡部 純弘; 滝本 行延; 織野 彬雄
        日本消化器病学会雑誌, 2005年03月
      • 内科的保存療法にて軽快した門脈ガス血栓症の一例
        青木 信裕; 木本 直哉; 塩見 真理子; 高井 淳; 白倉 永理; 和田 将弥; 山本 修司; 上嶋 一臣; 岡田 明彦; 河南 智晴; 岡部 純弘; 滝本 行延; 織野 彬雄; 本郷 俊樹
        日本消化器病学会雑誌, 2005年03月
      • 膵仮性嚢胞に対する内視鏡的ドレナージ術の検討
        岡部 純弘; 上嶋 一臣; 木本 直哉; 高井 淳; 白倉 永理; 山口 裕; 和田 将弥; 山本 修司; 岡田 明彦; 河南 智晴; 滝本 行延; 織野 彬雄
        Gastroenterological Endoscopy, 2004年04月
      • 当院における進行肝細胞癌に対するリザーバー動注化学療法の検討
        上嶋 一臣; 岡部 純弘; 木本 直哉; 高井 淳; 白倉 永理; 和田 将弥; 山本 修司; 岡田 明彦; 河南 智晴; 滝本 行延; 織野 彬雄
        日本消化器病学会雑誌, 2004年03月
      • ダカルバジンによる全身化学療法が著効した悪性膵内分泌腫瘍の一例
        和田 将弥; 岡部 純弘; 高井 淳; 白倉 永理; 山口 裕; 山本 修司; 上嶋 一臣; 木本 直哉; 岡田 明彦; 河南 智晴; 滝本 行延; 織野 彬雄
        日本消化器病学会雑誌, 2004年03月

      MISC

      • 肝移植内科医育成のための現状と課題
        蔵満 薫; 小木曽 智美; 伊藤 玲子; 高井 淳; 吉丸 洋子; 石上 雅敏; ちょ 柏松; 高木 章乃夫; 成田 翔平; 渡邊 俊司; 柿坂 啓介; 山田 友春; 前阪 和城; 小川 浩司; 江川 裕人
        肝臓, 2021年12月
      • C型肝炎ウイルス診療の残された課題とSVR後諸問題 網羅的遺伝子発現解析によるSVR後肝発癌の分子基盤解明と発癌予測因子の探索
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 現在及びこれからの肝炎ウイルス研究のlandscape 一分子リアルタイム(SMRT)ロングリードシーケンス技術によって拓かれた肝炎ウイルスゲノム解析の新たなパラダイム
        荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳
        肝臓, 2021年04月
      • 急性膵炎と血球貪食症候群を合併した急性肝不全昏睡型の1例
        萬川 和; 高井 淳; 濱田 健輔; 桑田 威; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • Lenvatinib治療経過バイオマーカーとしてのMac-2 binding glycosylation isomer
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 肝硬変に伴う皮膚そう痒症に対するナローバンドUVB療法の初期経験
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 有症状肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた穿刺吸引硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 肝予備能の評価法:検体検査と画像検査 肝予備能評価およびLenvatinib治療経過予測におけるM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 体表面積補正Dose intensity(DBR;DI/BSA ratio)に着目した肝細胞癌に対するレンバチニブ導入の最適化
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        Pharma Medica, 2021年02月
      • 【肝・胆道系症候群(第3版)-その他の肝・胆道系疾患を含めて-肝臓編(下)】肝腫瘍 肝肉芽腫
        高井 淳
        日本臨床, 2021年02月
      • 肝細胞癌診療の最前線 治療前M2BPGi値によるLenvatinib治療適否予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年02月
      • 慢性C型肝炎に対するDAAs治療で治癒後に再燃した一例
        福井 由美; 梅田 誠; 岡本 隆司; 北浦 真珠; 藤本 裕大; 戸田 潤; 徳田 浩亮; 迫 健太郎; 西岡 靖幸; 水越 健太; 菱谷 英里子; 出田 雅子; 南 尚希; 山内 雄揮; 松村 毅; 木村 利幸; 丸澤 宏之; 竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年02月
      • 急性膵炎と血球貪食症候群を合併した急性肝不全昏睡型の1例
        萬川 和; 高井 淳; 山本 萌美; 濱田 健輔; 桑田 威; 清水 孝洋; 本澤 有介; 杉本 暁彦; 羽賀 博典; 宮本 心一; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年02月
      • C型肝炎ウイルス排除後の発癌と諸問題 SVR後肝癌の分子基盤と発癌予測
        竹田治彦; 高井淳; 妹尾浩
        月刊消化器・肝臓内科, 2021年
      • ポリドカノールフォームを用いた超音波ガイド下肝嚢胞硬化療法の長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵理子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        超音波医学 Supplement, 2021年
      • 慢性萎縮性胃炎粘膜を構成する腸上皮化生腺管のゲノム異常の網羅的解析
        熊谷健; 清水孝洋; 高井淳
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2021年
      • Atezolizumab+Bevacizumab奏効後根治的にTACEを追加した一例
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • 多段階発癌におけるミスマッチ修復異常関連体細胞変異シグネチャーの抽出
        竹田治彦; 高井淳; 恵荘裕嗣; 高橋健; 田浦康二朗; 波多野悦朗; 喜多竜一; 丸澤宏之; 藤本明洋; 妹尾浩
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の初期治療成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • レンバチニブ治療による肝切除を目指したconversion therapyの可能性の検証
        西尾太宏; 小山幸法; 小木曾聡; 楊知明; 福光剣; 石井隆道; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 瀬尾智; 田浦康二朗; 妹尾浩; 波多野悦朗
        日本肝がん分子標的治療研究会プログラム・抄録集, 2021年
      • 全トランスクリプトーム解析に基づいたSVR後肝発癌の発癌予測バイオマーカーの探索
        竹田治彦; 高井淳; 妹尾浩
        肝臓, 2021年
      • 肝硬変に伴う難治性皮膚掻痒症に対するナローバンドUVB療法
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        肝臓, 2021年
      • Atezolizumab+Bevacizumab併用療法の治療成績と既存治療とのCombination
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        肝臓, 2021年
      • 胃粘膜における腺管単位でのゲノム解析による,胃癌ハイリスク腺管の検討
        熊谷健; 清水孝洋; 高井淳
        肝臓, 2021年
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2021年
      • 肝予備能評価およびLenvatinib治療経過予測におけるM2BPGiの有用性
        恵荘裕嗣; 高井淳; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2021年
      • (Session 1-3)結節内結節型肝癌の全ゲノムシーケンス解析を用いた新規標的分子同定の試み
        竹田 治彦; 高井 淳; 藤本 明洋; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 田浦 康二朗; 上本 伸二; 喜多 竜一; 大崎 往夫; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        Pharma Medica, 2020年12月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        超音波医学, 2020年11月
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年09月
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年09月
      • 【2020年のC型肝炎-Total CureとPost SVR-】肝発癌 SVR後肝発癌の分子基盤解明にむけた網羅的遺伝子発現解析
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝胆膵, 2020年07月
      • B型肝炎治療の進歩と現時点での問題点 1分子ロングリードシーケンサーを用いたB型肝炎持続感染例のウイルスゲノム解析
        荒澤 壮一; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • C型肝炎治療-全例治癒のために残された課題- 1分子シーケンサーを用いた肝移植後症例におけるC型肝炎ウイルスクローン動態の解析
        中村 文保; 高井 淳; 上田 佳秀
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • C型肝炎SVR後の諸問題とその対策 SVR後肝発癌の分子基盤解明にむけた網羅的遺伝子発現解析
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 臨床応用に向けた肝癌の病態解明 炎症性肝発癌過程におけるDNAメチル化酵素DNMT3Bの役割
        井口 恵里子; 高井 淳; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 【2020年のC型肝炎-Total CureとPost SVR-】肝発癌 SVR後肝発癌の分子基盤解明にむけた網羅的遺伝子発現解析
        竹田 治彦; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝胆膵, 2020年07月
      • ストレス応答と肝疾患進展 DNAメチル化酵素DNMT3Bの欠損は酸化ストレスを介し炎症性肝発癌を促進する
        井口 恵里子; 高井 淳; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井 達基; 高井 淳; 村上 高志; 米田 真知; 松本 慎平; 中西 祐貴; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • B型肝炎ウイルスのゲノム構造異常クローンの長期的観察
        荒澤 壮一; 高井 淳; 中野 重治; 寺村 茉利; 熊谷 健; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • Dose intensity/BSA ratio(DBR)によるLenvatinib治療強度評価とその活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • 1分子ロングリードシーケンサーによる変異解析はC型肝炎ウイルスクローンの動態解析に有用である
        中村 文保; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘裕嗣; 中野重治; 荒澤壮一; 井口恵理子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        超音波医学 Supplement, 2020年
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年10月
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年10月
      • 腸上皮化生を伴う慢性胃炎粘膜を構成する一腺管あたりの遺伝子異常の解析(Genomic abnormality in single crypts of chronic inflamed gastric mucosa with intestinal metaplasia)
        熊谷 健; 清水 孝洋; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 宮本 心一; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 炎症性肝発癌過程におけるDNAメチル化酵素DNMT3Bの役割(The role of DNA methyltransferase(DNMT) 3B in regulating inflammation-associated hepatocarcinogenesis)
        井口 恵里子; 高井 淳; 熊谷 健; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 【B型肝炎の新たな展開-進化を続ける基礎と臨床-】HBV再活性化 HBV関連肝移植と再活性化対策
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝・胆・膵, 2019年06月, 査読有り
      • 【C型肝炎の治療-最終章を迎えて】肝移植例での治療
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        消化器・肝臓内科, 2019年06月, 査読有り
      • がんゲノム医療における肝生検の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        肝臓, 2019年04月20日
      • 肝幹/前駆細胞を起源とした肝発癌メカニズムの解明
        高井淳; 恵荘裕嗣; 丸澤宏之
        肝臓, 2019年04月20日
      • Sonazoid造影超音波による肝細胞癌に対するLenvatinibの早期治療効果予測の試み
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        超音波医学, 2019年04月15日
      • がんゲノム医療における肝腫瘍生検の意義
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本内科学会雑誌, 2019年02月28日
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化リスク予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2019年01月
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣; 古田 昭寛; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年10月
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣; 古田 昭寛; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年10月
      • トランスクリプトーム解析を用いた肝硬変再生結節の発癌ポテンシャルの評価(The oncogenic potential of regenerative nodules in cirrhotic liver confirmed by total transcriptome analysis)
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • B型肝炎線維化非進行例からの肝発癌とゲノム異常の特徴(Genetic features of hepatocellular carcinoma developed in non-cirrhotic liver infected with hepatitis B virus)
        荒澤 壮一; 竹田 治彦; 井口 恵里子; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 上田 佳秀; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(Oncoprime)の現況とSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年09月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年04月20日
      • 肝腫瘍生検による癌関連遺伝子変異解析におけるSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        超音波医学, 2018年04月15日
      • 糖鎖マーカーMac‐2‐binding protein glycosylation isomer(M2BPGi)による肝疾患患者の低栄養リスク評価
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        日本内科学会雑誌, 2018年02月20日
      • Characterization of hepatocellular carcinoma based on cellular origins
        Matsumoto Tomonori; Takai Atsushi; Eso Yuji; Kinoshita Kazuo; Chiba Tsutomu; Seno Hiroshi; Marusawa Hiroyuki
        CANCER SCIENCE, 2018年01月, 査読有り
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールフォームを用いた泡状硬化療法
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 澤田賢治; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年11月05日
      • ピロリ菌感染を背景に発生する早期胃癌の腫瘍ゲノム多様性
        水口 綾; 高井 淳; 宮本 心一; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2017年09月
      • 起源細胞の違いに基づいた肝癌の腫瘍特性の同定
        松本 知訓; 高井 淳; 恵荘 裕嗣; 木下 和生; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2017年09月
      • 播種性bacillus Calmette-Guerin(BCG)症に随伴したgranulomatous hepatitisの2例
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        肝臓, 2017年07月
      • 肝生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘裕嗣; 荒澤壮一; 中村文保; 竹田治彦; 松本知訓; 李宗南; 犬塚義; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年04月20日
      • 肝腫瘤生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 松本知訓; LEE Minami; 船越真木子; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        超音波医学, 2017年04月15日
      • EpCAM-positive hepatic stem/progenitor cells give origin to hepatocellular carcinomas
        Matsumoto Tomonori; Takai Atsushi; Eso Yuji; Chiba Tsutomu; Seno Hiroshi; Marusawa Hiroyuki
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 2016年11月, 査読有り
      • 肝炎症発癌におけるDNAミスマッチ修復遺伝子MSH2の発現低下と変異パターンの関連性
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • EpCAM陽性肝幹/前駆細胞は肝細胞癌の起源となる
        松本 知訓; 高井 淳; 恵荘 裕嗣; 千葉 勉; 妹尾 浩; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • 炎症によるmicroRNA‐21発現誘導を介したゲノム不安定性と肝発癌
        恵荘裕嗣; 高井淳; 丸澤宏之
        日本消化器がん検診学会雑誌, 2016年09月15日
      • マイクロRNAと消化器疾患 炎症によるmicroRNA-21発現誘導を介したゲノム不安定性と肝発癌
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 丸澤 宏之
        日本消化器病学会雑誌, 2016年09月
      • Oncogenic activation of RNA binding proteins and c-Myc signaling in hepatocellular carcinoma
        Dang T. Hien; Atsushi Takai; Marshonna Forgues; Xin Wei Wang
        CANCER RESEARCH, 2016年07月
      • Low Abundant Pre-Existing Drug Resistant Variants in Genotype 1b HCV Patients Treated With Daclatasvir and Asunaprevir Dual Therapy
        Haruhiko Takeda; Yoshihide Ueda; Tadashi Inuzuka; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroyuki Marusawa
        GASTROENTEROLOGY, 2016年04月
      • Profiling of Acquired Immune Response Against Hepatitis B Virus Infection Determined By Direct Digital Counting System
        Tomonori Matsumoto; Atsushi Takai; Tadashi Inuzuka; Hiroyuki Marusawa
        GASTROENTEROLOGY, 2016年04月
      • 肝癌の病態解明を見据えた新戦略 慢性炎症からの肝癌発生の分子機構 DNAミスマッチ修復遺伝子の発現異常
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 丸澤 宏之
        日本消化器病学会雑誌, 2016年03月
      • 食道扁平上皮癌の染色体コピー数異常における予後関連因子の検討
        後藤 知之; 嶋田 裕; 金 秀基; 清水 孝洋; 高井 淳; 千葉 勉; 丸澤 宏之
        日本癌学会総会記事, 2015年10月
      • 【下部消化管:炎症からの発癌】 炎症発癌の基礎研究 炎症発癌の分子機構
        高井 淳; 丸澤 宏之; 千葉 勉
        Intestine, 2015年07月
      • 【胃癌の予防と治療-予防策と早期診断・治療-】 胃癌基礎研究の進歩 慢性炎症と胃癌
        千葉 勉; 丸澤 宏之; 松本 裕子; 高井 淳
        日本臨床, 2012年10月
      • 【炎症性腸疾患-病因解明と診断・治療の最新知見-】 特論 炎症性腸疾患の発癌過程とゲノム異常
        丸澤 宏之; 高井 淳; 千葉 勉
        日本臨床, 2012年02月
      • 医学と医療の最前線 炎症と消化器発癌
        千葉 勉; 丸澤 宏之; 松本 裕子; 高井 淳
        日本内科学会雑誌, 2011年08月
      • 動脈塞栓術が有効であった胃十二指腸仮性動脈瘤十二指腸内穿破の1例
        高井 淳; 岡部 純弘; 青木 信裕; 高田 真理子; 山本 修司; 木本 直哉; 藤田 幹夫; 岡田 明彦; 河南 智晴; 滝本 行延; 織野 彬雄
        日本消化器病学会雑誌, 2007年10月

      講演・口頭発表等

      • 肝幹/前駆細胞を起源とした肝発癌メカニズムの解明
        第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月30日
      • Identification of novel cancer driver genes in hepatocellular carcinoma cells by RNAi screening method.
        髙井 淳
        APASL Single Topic Conference on HCC 2018, 2018年05月
      • 肝幹/前駆細胞を起源とした肝発癌メカニズムの解明
        髙井 淳
        Kansai Liver Club 2018, 2018年04月
      • Characterization of hepatocellular carcinoma based on cellular origins.
        髙井 淳
        第76回日本癌学会学術総会, 2017年10月
      • Identification of novel cancer driver genes in hepatocellular carcinoma cells by RNAi screening method.
        髙井 淳
        AACR Annual Meeting 2017, 2017年04月
      • Global RNAi スクリーニング法を用いた肝細胞癌における新規癌関連遺伝子の同定及び機能解析
        髙井 淳
        第11回Biomedical Frontier TOKAI, 2016年07月
      • Identification of novel cancer driver genes in hepatocellular carcinoma cells by RNAi screening method.
        髙井 淳
        第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月
      • A Novel Mouse Model of Hepatocarcinogenesis Triggered by Activation-induced Cytidine Deaminase
        髙井 淳
        The 3rd JCA-AACR Joint Conference, 2011年03月
      • The role of somatic mutations accumulated in hepatic stem/progenitor cells in the development of hepatocellular carcinoma.
        髙井 淳
        The 1st JSGE International Topic Conference, 2010年09月
      • Deficiency of activation-induced cytidine deaminase prevents colitis-associated colon cancer development.
        髙井 淳
        第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月
      • 肝前駆細胞における遺伝子異常の蓄積が肝発癌に果たす役割
        髙井 淳
        第19回日本癌病態治療研究会, 2010年06月
      • 肝幹/前駆細胞への遺伝子異常蓄積からの肝発癌機序
        髙井 淳
        JDDW2009(第51回日本消化器病学会大会・第13回日本肝臓学会大会.合同), 2009年10月
      • AIDによる遺伝子変異導入活性を介した発癌機序の解明
        髙井 淳
        国際科学振興財団フォーラム第16回浜名湖シンポジウム, 2008年12月
      • A novel mouse of hepatocarcinogenesis triggered by activation-induced cytidine deaminase.
        髙井 淳
        第67回日本癌学会学術総会, 2008年10月
      • 肝前駆細胞における遺伝子変異の蓄積が肝発癌に果たす役割
        髙井 淳
        JDDW2008 (第12回日本肝臓学会大会), 2008年10月
      • A new mouse model of hepatocarcinogenesis triggered by activation-induced cytidine deaminase.
        髙井 淳
        AACR Annual Meeting 2008, 2008年04月
      • The AID-transgenic mouse: a nevel model for inflammatory-associated carcinogenesis in various orgns.
        髙井 淳
        2007年度がん特定若手研究者ワークショップ, 2007年08月
      • 膵内副脾に発生したepidermoid cystの2例
        髙井 淳
        第71回日本消化器内視鏡学会総会, 2006年05月
      • 術前診断に苦慮した、膵内副脾に発生したepidermoid cystの一例
        髙井 淳
        第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会, 2005年10月
      • 肝原発類上皮血管内皮腫の一例
        髙井 淳
        第41回日本肝癌研究会, 2005年06月
      • 総胆管結石嵌頓に対して経皮経肝胆道鏡下電気水圧衝撃波結石破砕法が奏功した一例
        髙井 淳
        第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会, 2004年09月
      • 胃十二指腸動脈仮性動脈瘤の十二指腸内穿破に対し血管内コイル塞栓術が有効であった一例
        髙井 淳
        第81回日本消化器病学会近畿支部例会, 2004年09月
      • 当院における上部消化管潰瘍出血に対する緊急内視鏡的止血術の検討
        髙井 淳
        第72回日本消化器内視鏡学会近畿地方会, 2004年02月
      • リバビリン・IFN併用療法施行中に1型糖尿病および甲状腺機能低下症を発症したC型慢性肝炎の1例
        髙井 淳
        第80回日本消化器病学会近畿支部例会, 2004年02月
      • G-CSF産生肝細胞癌の1例
        髙井 淳
        第79回日本消化器病学会近畿支部例会, 2003年09月
      • 剖検にて正常心筋細胞が確認できなかった劇症型心筋炎の一例
        髙井 淳
        第168回日本内科学会近畿地方会, 2002年09月
      • 血栓溶解剤動注療法後に特異な経過を示した急性上腸間膜動脈閉塞症の一例
        髙井 淳
        第76回日本消化器病学会近畿支部例会, 2002年02月

      書籍等出版物

      • ゲノム・エピゲノム異常の視点から
        髙井 淳; 丸澤宏之, 分担執筆, 慢性炎症から肝胆膵癌にいたるランドスケープ
        肝胆膵, 2018年09月, 査読無し
      • Aberrant AID expression by pathogen infection.
        Atsushi Takai; Hiroyuki Marusawa; Tsutomu Chiba, 分担執筆, Chapter 21: 389-397
        Molecular Biology of B cells 2nd Edition, 2014年, 査読無し
      • AIDを介した炎症からの発癌機序
        髙井 淳; 丸澤宏之; 千葉勉, 分担執筆
        Annual Review 消化器 2010, 2010年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 全ゲノム解析とオルガノイド培養を用いた多段階肝発癌分子メカニズムの解明
        基盤研究(C)
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        高井 淳
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        肝細胞癌;全ゲノム解析;全ゲノムシーケンス;ゲノム解析;オルガノイド培養
      • RNAiスクリーニング法にて同定された肝癌における新規癌関連遺伝子の機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        高井 淳
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        肝癌;癌幹細胞;EpCAM;PMPCB;肝細胞癌;RNAiスクリーニング;肝癌抑制
      • RNAiスクリーニング法を用いた肝細胞癌における新規癌関連遺伝子の同定
        研究活動スタート支援
        京都大学
        高井 淳
        自 2015年08月28日, 至 2016年03月31日, 完了
        肝細胞癌
      • 炎症性肝発癌過程におけるDNA脱メチル化酵素の機能的役割と分子機序の解明
        基盤研究(C)
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        高井 淳
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択
      list
        Last Updated :2022/05/13

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2020年01月, 至 現在
          近畿支部評議員, 日本消化器病学会
        • 自 2017年11月, 至 現在
          西支部評議員, 日本肝臓学会

        ページ上部へ戻る