教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

生形 貴男

ウブカタ タカオ

理学研究科 地球惑星科学専攻地球生物圏史講座 教授

生形 貴男
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 静岡県地学会
    • 日本地質学会
    • 米国貝類学会
    • 日本形の科学会
    • 日本貝類学会
    • 米国古生物学会
    • 日本進化学会
    • 日本地球惑星科学連合
    • 日本古生物学会
    • Geological Society of Japan
    • American Malacological Society
    • Society for Science for form, Japan
    • Malacological Society of Japan
    • Paleontological Society
    • Society of Evolutionary Studies, Japan
    • Palaeontological Society of Japan

    学位

    • 修士(理学)(東京大学)
    • 博士(理学)(東京大学)

    経歴

    • 自 2004年, 至 現在
      Associate professor at the Shizuoka University
    • 自 1997年, 至 2004年
      Assistant professor at the Shizuoka University,
    • 自 1996年, 至 1997年
      Research Fellow of the JSPS for Young Scientists,
    • 静岡大学 理学部 地球科学科 理学部, 准教授
    • 平成19年-現在 静岡大学理学部准教授
    • 平成16年4月-平成19年3月 静岡大学理学部助教授
    • 平成9年4月-平成16年3月 静岡大学理学部助手,
    • 平成8年4月-平成9年3月 学術振興会特別研究員,

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 進化 形態 貝類 形態形成 シミュレーション 形態空間 幾何学的形態測定学 生物測定学 多変量解析 硬組織 生体鉱物 貝類 二枚貝 貝殻 形態 進化 形態 貝類
      • evolution morphology molluscs morphogenesis simulation morphospace geometric morphometrics biometry multivariate analysis hard tissue biomineral Mollusca Mollusca shell morphology evolution morphology Mollusca

      研究分野

      • 自然科学一般, 地球生命科学

      論文

      • 古生物学的データの偏りと古生物多様性の補正:分類群豊富度から形態的異質性まで
        生形 貴男
        化石, 2016年09月, 査読有り
      • Late Cretaceous record of large soft-bodied coleoids based on lower jaw remains from Hokkaido, Japan
        Kazushige Tanabe; Akihiro Misaki; Takao Ubukata
        ACTA PALAEONTOLOGICA POLONICA, 2015年03月, 査読有り
      • 古生物多様性の評価に関する諸問題
        生形 貴男
        JGL, 2014年
      • Wavelet analysis of ammonoid sutures
        UBUKATA Takao; TANABE Kazushige; SHIGETA Yasunari; MAEDA Haruyoshi; MAPES Royal H
        Paleontologica Electronica, 2014年, 査読有り
      • 古生物異質性変動の復元に向けて:地球生命史研究の新展開
        生形 貴男
        月刊海洋, 2012年
      • Constraint of morphological variation in gastropod snails
        NOSHITA Koji; ASAMI Takahiro; UBUKATA Takao
        Paleobiology, 2012年, 査読有り
      • Age and growth of Glossocardia obesa, a “large” bivalve in a submarine cave within coral reef, as revealed by oxygen isotope analysis
        Akihisa Kitamura; Keigo Tada; Saburo Sakai; Nagisa Yamamoto; Takao Ubukata; Tsuzumi Miyaji; Tomoki Kase
        The Veliger, 2011年05月, 査読有り
      • 化石表面形状の3次元形態測定学:イノセラムスの殻形態を例として
        生形 貴男
        化石, 2011年, 査読有り
      • 生物のかたちの測定と比較
        生形 貴男
        化石, 2011年, 査読有り
      • Enantiomorphs differ in shape in opposite directions between populations
        Y. Nakadera; C. Sutcharit; T. Ubukata; K. Seki; H. Utsuno; S. Panha; T. Asami
        JOURNAL OF EVOLUTIONARY BIOLOGY, 2010年11月, 査読有り
      • Eigenshape analysis of ammonoid sutures
        Takao Ubukata; Kazushige Tanabe; Yasunari Shigeta; Haruyoshi Maeda; Royal H. Mapes
        LETHAIA, 2010年06月, 査読有り
      • A 5000-YEAR FOSSIL RECORD OF LARVAL SHELL MORPHOLOGY OF SUBMARINE CAVE MICROSHELLS
        Takao Ubukata; Akihisa Kitamura; Mayumi Hiramoto; Tomoki Kase
        EVOLUTION, 2009年01月, 査読有り
      • 貝殻の形の多様性
        生形 貴男
        Re, 2008年
      • EATPAN:オイラー角-トレンド・プランジ変換プログラム
        生形貴男; 杉野智子
        静岡大学地球科学研究報告, 2008年
      • Piggyback whorls: a new theoretical morphologic model reveals constructional linkages among morphological characters in ammonoids
        UBUKATA Takao; TANABE Kazushige; SHIGETA Yasunari; MAEDA Haruyoshi; MAPES Royal H
        ACTA PALAEONTOLOGICA POLONICA, 2008年, 査読有り
      • 進化学・夏の学校4,古生物学
        生形 貴男
        遺伝別冊, 2007年
      • 閉曲線形状解析プログラムOpenCurve
        生形貴男
        静岡大学地球科学研究報告, 2007年
      • 沖縄県西表島の海産貝類
        佐々木猛智; 生形貴男; 棚部一成
        ちりぼたん, 2006年
      • Theoretical morphology of bivalve shell sculptures
        Takao Ubukata
        Paleobiology, 2005年09月, 査読有り
      • 現代形態測定学:化石,人骨,石器等のかたちの定量・比較ツール
        生形 貴男
        第四紀研究, 2005年, 査読有り
      • 形態空間解析による生物の形態的多様性の研究
        生形 貴男
        化石, 2004年, 査読有り
      • マルチヴューアースタンドを利用した三角測量法による3次元形態測定
        生形貴男
        静岡大学地球科学研究報告, 2004年
      • Phylogenetic constraints and adaptive modification in shell outline of the Pectinidae (Bivalvia): an elliptic Fourier analysis
        UBUKATA Takao
        VENUS, 2004年, 査読有り
      • The sequence of local recolonization of warm-water marine molluscan species during a deglacial warming climate phase: a case study from the early Pleistocene of the Sea of Japan
        A Kitamura; T Ubukata
        PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY, 2003年10月, 査読有り
      • Morphogenesis and Pattern Formation in Biological Systems: Experiments and Models
        UBUKATA Takao
        Springer, 2003年, 査読有り
      • A morphometric study on morphological plasticity of shell form in some crevice-dwelling Pterioida (Bivalve)
        UBUKATA Takao
        BIOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY, 2003年, 査読有り
      • Pattern of growth rate around aperture and shell form in Bivalvia: A theoretical morphological study
        Takao Ubukata
        Paleobiology, 2003年, 査読有り
      • A theoretical morphologic analysis of bivalve ligaments
        Takao Ubukata
        Paleobiology, 2003年, 査読有り
      • Morphological significance of the orientation of shell coiling and the outline of "the aperture" in bivalve molluscs
        T Ubukata
        NEUES JAHRBUCH FUR GEOLOGIE UND PALAONTOLOGIE-ABHANDLUNGEN, 2001年08月, 査読有り
      • Nucleation and growth of crystals and formation of cellular pattern of prismatic shell microstructure in bivalve molluscs
        Ubukata Takao
        FORMA, 2001年, 査読有り
      • Geometric pattern and growth rate of prismatic shell structures in Bivalvia
        TAKAO UBUKATA
        PALEONTOLOGICAL RESEARCH, 2001年, 査読有り
      • Stacking increments: A new model and morphospace for the analysis of bivalve shell growth
        Takao Ubukata
        Historical Biology, 2001年, 査読有り
      • Modelling various sculptures in the Cretaceous bivalve Inoceramus hobetsensis
        T Ubukata; Y Nakagawa
        LETHAIA, 2000年12月, 査読有り
      • 理論形態を用いた軟体動物の構成形態学的研究
        生形 貴男
        月刊海洋号外, 2000年
      • Theoretical morphology of composite prismatic, fibrous prismatic and foliated microstructures in bivalves
        UBUKATA Takao
        VENUS, 2000年, 査読有り
      • Theoretical morphology of hinge and shell form in Bivalvia: Geometric constraints derived from space conflict between umbones
        T. Ubukata
        Paleobiology, 2000年, 査読有り
      • 白亜紀二枚貝Sphenoceramus(イノセラムス科)の殻彫刻の変異
        松田昌之; 生形貴男
        静岡大学地球科学研究報告, 1999年
      • 北海道小平町達布地域における白亜紀二枚貝Inoceramus hobetsensisのサイズ分布と産状
        生形貴男
        静岡大学地球科学研究報告, 1998年
      • Microscopic growth of bivalve shells and its computer simulation
        T Ubukata
        VELIGER, 1997年04月, 査読有り
      • Mantle kinematics and formation of commarginal shell sculpture in Bivalvia
        UBUKATA Takao
        PALEONTOLOGICAL RESEARCH, 1997年, 査読有り
      • 理論形態学の方法
        生形 貴男
        千葉県立中央博物館1996年度特別展論説集, 1996年
      • ARCHITECTURAL CONSTRAINTS ON THE MORPHOGENESIS OF PRISMATIC STRUCTURE IN BIVALVIA
        T UBUKATA
        PALAEONTOLOGY, 1994年07月, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • オウムガイ類の殻形態の多様性は比表面積に制約される
        生形 貴男
        日本古生物学会2018年年会, 2018年06月
      • アンモノイドにおける形態的異質性と分類学的多様性の関係の変遷
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月
      • アンモノイドにおける静水力学的・流体力学的形状特性と分類群生息期間との関係
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月
      • 地質時代毎の古生物の形態的多様性をいかに評価するか
        生形 貴男
        日本生態学会第65回大会, 2018年01月
      • アンモノイドの静水力学的形状特性と流体力学的形状特性の変遷
        生形 貴男
        日本古生物学会第167会例会, 2018年01月
      • 比重から見たアンモノイドの形態的多様性の制約
        生形 貴男
        日本地質学会第123年学術大会, 2017年09月
      • 古生物の形態的多様性変動史をいかにして復元するか:アンモノイドの例
        生形 貴男
        日本進化学会2017年大会, 2017年08月
      • Assessment of amount of morphospace occupation based on coverage-based morphological rarefaction
        生形 貴男
        5th International Symposium on Biological Shape Analysis, 2017年07月
      • Morphological turnover of ammonoids across mass extinction events
        生形 貴男
        IGCP630 Annual Meeting in Sendai,Japan 2017, 2017年06月
      • アンモノイドの体房部の体積比と外殻の比表面積の関係
        生形 貴男
        日本古生物学会2017年年会, 2017年06月
      • アンモノイドにおける殻形態と殻の厚さの関係
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2017年大会, 2017年05月
      • アンモノイドの外殻の比表面積の変遷
        生形 貴男
        日本古生物学会第166会例会, 2017年01月
      • 被覆率に基づく異質性の基準化
        生形 貴男
        日本地質学会第122年学術大会, 2016年06月
      • 古生物学試料における分類群網羅率の頑健性
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月
      • 化石記録の完全性の評価における分類群網羅率の適用範囲
        生形 貴男
        日本古生物学会第165会例会, 2016年01月
      • 分類学的組成の入れ替わりから見たアンモノイドの多様性変動
        生形 貴男
        日本地質学会第121年学術大会, 2015年09月
      • 大量絶滅事変における分類学的・形態学的入れ替わりの尺度
        生形 貴男
        日本進化学会2015年大会, 2015年08月
      • 統計的モデル選択による大量絶滅・回復様式の評価
        生形 貴男
        日本古生物学会2014年年会, 2015年06月
      • 地質年代境界における形態的回転の評価法
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月
      • 形態空間分布パターンと種‐個体数関係に基づく絶滅・回復イベントの様式の評価方法
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月
      • 異質性変動解析における形態的回転率の尺度
        生形 貴男
        日本古生物学会第164会例会, 2015年01月
      • Great ontogenetic variation in shell form with minimum modification of aperture map in ammonoids
        生形 貴男
        4th International Palaeontological Congress, 2014年10月
      • 採集者バイアスが標本レベルの多様性評価に及ぼす影響
        生形貴男; 山下修平
        日本地質学会第120年学術大会, 2014年09月
      • Relationship between ontogenetic change in shell shape and aperture map in ammonoids
        生形 貴男
        9th International Symposium on Cephalopods: Present and Past, 2014年09月
      • 北太平洋域の上部白亜系産鞘形類顎器化石とその進化学的意義
        棚部一成; 御前明洋; 疋田吉識; 伊庭靖弘; 生形貴男
        日本古生物学会2014年年会, 2014年06月
      • 形態空間における分布の偏りの尺度
        生形貴男; 道林克禎
        日本古生物学会2014年年会, 2014年06月
      • 貝殻真珠構造の結晶方位解析
        生形 貴男
        第16回マリンバイオテクノロジー学会大会, 2014年06月, 招待有り
      • 静岡県静岡平野における砂粒子形態の定量解析に基づくウォッシュオーバー堆積物の認定
        北村晃寿; 小倉一輝; 生形貴男
        日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月
      • 種毎の産出個体数に基づく多様性変動の評価:白亜系蝦夷層群産アンモノイドの例
        山下修平; 生形貴男
        日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月
      • 古生物多様性評価に対する地質年代単元の長さの影響
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月
      • 形態的非類似度と形態的豊富度の比較
        生形 貴男
        日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月, 招待有り

      書籍等出版物

      • 生物学辞典
        生形 貴男, 分担執筆, 機能形態学, 進化古生物学
        岩波書店, 2013年, 査読無し
      • 東大古生物学:化石から見る生命史
        生形 貴男, 分担執筆, 理論形態学,イノセラムス
        東海大学出版会, 2013年, 査読無し
      • 進化学事典
        生形 貴男, 分担執筆, 化石, 古生物学, 古生物学と現生生物学
        共立出版, 2012年, 査読無し
      • 古生物学事典第2版
        生形 貴男, 分担執筆, 化石記録の不完全性, 機能形態学, 形態測定学, 構成形態学, 靭帯, 進化古生物学, 進化速度, 生存曲線, 生物統計学, スペクトル解析, 層序形態系列, 層序レンジの信頼区間推定, 相対成長, 多変量解析, 断続平衡説, ブートストラップ, 理論形態学
        朝倉書店, 2010年, 査読無し
      • Morphogenesis and Pattern Formation in Biological Systems: Experiments and Models
        生形 貴男, 分担執筆, Computer modeling of microscopic features of molluscan shells
        Springer-Verlag, 2003年, 査読無し
      • 生物の形の多様性と進化-遺伝子から生態系まで-
        生形 貴男, 分担執筆, 理論形態を用いた生物のかたちの解析-古生物学と形態形成理論の接点-
        裳華房, 2003年, 査読無し
      • 古生物の科学2 古生物の形態と解析
        生形 貴男, 分担執筆, 成長の規則とかたちの形成,構成形態学
        朝倉書店, 1996年, 査読無し

      受賞

      • 1998年01月
        日本古生物学会, 論文賞
      • 2005年04月
        日本貝類学会, 論文賞
      • 2005年07月
        日本古生物学会, 学術賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 外殻性頭足類の個体発生軌道の進化形態学
        基盤研究(C)
        小区分17050:地球生命科学関連
        京都大学
        生形 貴男
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        機能形態空間;個体発生軌道;外殻性頭足類;静水力学特性;流体力学特性;進化形態学;頭足類
      • アンモノイドのジレンマ:軽量化と殻強度のトレードオフによる殻形態の多様性の制約
        基盤研究(C)
        京都大学
        生形 貴男
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        アンモナイト;外殻性頭足類;機能形態;静水力学;流体力学;殻強度;トレードオフ;形態空間;アンモノイド;姿勢の安定性;搖動;オウムガイ;パレート最適;比表面積
      • 多尺度異質性変動パターンの比較による大量絶滅様式の評価:アンモノイドの例
        基盤研究(C)
        京都大学
        生形 貴男
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        異質性;形態的豊富度;形態空間;アンモノイド;大量絶滅;多様性変動;大量絶滅と回復
      • 巻貝左右性の生態機能と長期動態
        基盤研究(A)
        信州大学
        浅見 崇比呂
        自 2012年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        left-right asymmetry;左右性
      • 貝殻形態の異質性にかかるバイアスの評価と不偏な形態空間の探索
        基盤研究(C)
        静岡大学
        生形 貴男
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        異質性;形態空間;形態測定学;理論形態学;多様性;サンプリングバイアス
      • 洞窟性微小二枚貝の同位体比と微量元素分析に基づく生活史戦略の進化と気候変動の解明
        基盤研究(C)
        静岡大学
        北村 晃寿
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        海底洞窟;微小二枚貝;酸素同位体;沖縄;生活史;気候変動;完新世;温暖化;浅海;生活史戦略
      • 殻成長率パターンから見た貝殻形態の潜在的多様性と実際の多様性
        基盤研究(C)
        静岡大学
        生形 貴男
        完了
        殻成長率勾配;理論形態モデル;理論形態空間;形態測定学;結晶方位;殻成長率勾配パターン;貝殻形態;形態空間
      • 現生・化石貝類の微細成長縞を用いた生物-環境相互作用の高時間精度復元
        基盤研究(B)
        東京大学
        棚部 一成
        完了
        貝類;微細成長縞;生物-環境相互作用;生物地球化学;完新世;気候変動;生活史;高時間精度復元;生物一環境相互作用
      • 二枚貝殻体における結晶成長の異方性が微細構造形成や殻成長に及ぼす影響
        若手研究(B)
        静岡大学
        生形 貴男
        完了
        貝殻微細構造;真珠構造;結晶方位;SEM-EBSD;幾何学的選別作用;殻微細彫刻;イノセラムス;蝶番構造
      • 貝殻全体の成長と部分の成長パターンとの関係から見た貝殻の形態的多様性と進化
        若手研究(B)
        静岡大学
        生形 貴男
        完了
        殻口マップ;理論形態;二枚貝;貝殻成長;形態形成;発生的制約;殻成長;個体発生変異;形態的多様性;形態進化
      • 「生きいてる化石」貝形中類(甲殻類)の祖先形質および系統分類に関する研究
        基盤研究(B)
        静岡大学
        塚越 哲
        完了
        貝形虫;甲殻類;生きている化石;進化;体節;分類学;多様性;遺存種;祖先形質;原始性;分類, Ostracoda;Crustacea;living fossil;evolution;body segment;Taxonomy;diversity;relict species
      • 貝殻微細構造の解析による化石二枚貝類の成長履歴の推定
        若手研究(B)
        静岡大学
        生形 貴男
        完了
        二枚貝;貝殻微細構造;稜柱構造;結晶成長;理論形態;コンピューターシミュレーション;ボロノイ分割;核形成
      • 白亜紀二枚貝イノセラムス類の構成形態学的研究
        奨励研究(A)
        静岡大学
        生形 貴男
        完了
        イノセラムス;二枚貝;殻彫刻;構成形態学;白亜紀;蝦夷層群;層序分岐学;理論形態;判別分析
      • 生物硬組織の石灰化速度に関する研究:微細構造,形成環境,生物生態からのアプローチ
        基盤研究(A)
        静岡大学
        池谷 仙之
        完了
        生物硬組織;飼育実験法;石灰化;結晶成長;有孔虫類;介形虫類;軟体動物;殻微細構造;硬組織;飼育実験;貝類;有孔忠類;殻構造;有孔虫;介形虫, organic hard tissue;culture method;calcification;crystal growth;foraminifers;ostracodes;mollusks;micro shell structure
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          古生物学特論A
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          古生物学特論B
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          タフォノミー
          通年, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地球生物圏史セミナーIA
          通年, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地球生物圏史セミナーIB
          通年, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化石産地踏査
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          タフォノミー
          通年, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地史学実験
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地球惑星科学課題演習E2
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地球生物圏史セミナーIA
          通年, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地球生物圏史セミナーIB
          通年, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地質科学野外巡検II
          後期集中, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地質調査・分析法II
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          探究型地球科学課題演習
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          タフォノミーA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          タフォノミーB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地史学実験
          後期集中, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球惑星科学課題演習E2
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球生物圏史セミナーII B
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球生物圏史セミナーIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球生物圏史セミナーIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球生物圏史セミナーIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          実験古生物学
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          タフォノミーA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          タフォノミーB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地史学実験
          後期集中, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球惑星科学課題演習E2
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球生物圏史セミナーII B
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球生物圏史セミナーIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球生物圏史セミナーIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球生物圏史セミナーIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球科学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地質科学野外巡検IA
          前期集中, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地質科学野外巡検II
          後期集中, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験古生物学
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          タフォノミーA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          タフォノミーB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地史学実験
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球惑星史基礎論
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球生物圏史セミナーⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球生物圏史セミナーⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球生物圏史セミナーⅠⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球生物圏史セミナーⅠⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球の誕生と進化
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地質科学野外巡検IA
          前期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地質科学野外巡検II
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          タフォノミーA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          タフォノミーB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地史学実験
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星史基礎論
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球生物圏史セミナーⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球生物圏史セミナーⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球生物圏史セミナーⅠⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球生物圏史セミナーⅠⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球の誕生と進化
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地質科学野外巡検IA
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          タフォノミーA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          タフォノミーB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地史学実験
          後期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星史基礎論
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学展望
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球生物圏史セミナーII B
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球生物圏史セミナーIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球生物圏史セミナーIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球生物圏史セミナーIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球の誕生と進化
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地質科学野外巡検IA
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          タフォノミーA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          タフォノミーB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          古生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          古生物学I
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          古生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          古生物学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地史学実験
          後期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地層フィールド科学
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星史基礎論
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学展望
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学課題演習E1
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学課題研究T14
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球生物圏史セミナーII B
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球生物圏史セミナーIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球生物圏史セミナーIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球生物圏史セミナーIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球の誕生と進化
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地質科学野外巡検IA
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地質調査・分析法I
          前期, 理学部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            理学部・教育委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            理学部・教育委員会 少人数担任委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            理学研究科植物園運営委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            理学部・教育委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            理学部・教育委員会 少人数担任委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            理学研究科国際・社会交流委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            理学研究科国際・社会交流委員会 OpenCampus委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            理学研究科相談室運営委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            理学研究科植物園運営委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科国際・社会交流委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科国際・社会交流委員会 OpenCampus委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科相談室運営委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科植物園運営委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科サイエンス倶楽部運営委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科地球惑星科学専攻副専攻長
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科将来計画委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科自己点検・評価委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科人権擁護委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科植物園運営委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科研究科会議構成員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科専攻長会議構成員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科将来計画委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科大学院教育常任委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科大学院教育教務委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科植物園運営委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科研究科会議構成員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科将来計画委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科自己点検・評価委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学部・教育委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学部・教育委員会 少人数担任委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科大学院教育常任委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科大学院教育教務委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科地球熱学研究施設運営協議会議員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科研究科会議構成員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科将来計画委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学部・教育委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学部・教育委員会 少人数担任委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科大学院教育常任委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科大学院教育教務委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学研究科サイエンス連携探索センター(SACRA)運営協議会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学研究科植物園運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科研究科会議構成員
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2009年, 至 2009年
              法人化整備委員, 日本地球惑星科学連合
            • 自 2005年
              評議員・常務委員, 日本古生物学会
            • 自 2003年
              編集委員, 静岡県地学会

            ページ上部へ戻る