教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

坂中 克行

サカナカ カツユキ

医学研究科 医学専攻放射線医学講座放射線腫瘍学・画像応用治療学 講師

坂中 克行
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        消化管癌に対する化学放射線療法
      • 研究概要

        新たな放射線治療技術、新薬を利用した消化管癌に対する化学放射線療法の臨床研究を単施設研究、多施設研究として行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学

      論文

      • Chemoradiotherapy for fistula-related perianal squamous cell carcinoma with Crohn’s disease
        Katsuyuki Sakanaka; Kota Fujii; Hideaki Hirashima; Nobutaka Mukumoto; Hiroyuki Inoo; Ryo Narukami; Yoshiharu Sakai; Takashi Mizowaki
        International Cancer Conference Journal, 2021年06月30日
      • Reducing variability among treatment machines using knowledge-based planning for head and neck, pancreatic, and rectal cancer.
        Hideaki Hirashima; Mitsuhiro Nakamura; Nobutaka Mukumoto; Ryo Ashida; Kota Fujii; Kiyonao Nakamura; Aya Nakajima; Katsuyuki Sakanaka; Michio Yoshimura; Takashi Mizowaki
        Journal of applied clinical medical physics, 2021年06月20日
      • Radiation Dose-escalated Chemoradiotherapy Using Simultaneous Integrated Boost Intensity-Modulated Radiotherapy for Locally Advanced Unresectable Thoracic Oesophageal Squamous Cell Carcinoma: A Single-institution Phase I Study.
        K Sakanaka; Y Ishida; K Fujii; Y Ishihara; M Nakamura; M Hiraoka; T Mizowaki
        Clinical oncology (Royal College of Radiologists (Great Britain)), 2021年03月
      • 脈絡膜血管腫に対する放射線療法と緑内障に対するチューブシャント手術を要したSturge-Weber症候群の1例
        赤木 忠道; 藤本 雅大; 坂中 克行; 辻川 明孝
        日本眼科学会雑誌, 2021年02月
      • Nonsurgical Management Following Local Resection for Early Rectal Cancer in Patients with High-risk Factors: A Single-institute Experience
        Daisuke Nishizaki; Nobuaki Hoshino; Koya Hida; Yoshitaka Nishikawa; Takahiro Horimatsu; Sachiko Minamiguchi; Katsuyuki Sakanaka; Yoshiharu Sakai
        JOURNAL OF THE ANUS RECTUM AND COLON, 2020年10月
      • Association of Chemoradiotherapy With Thoracic Vertebral Fractures in Patients With Esophageal Cancer.
        Kota Fujii; Katsuyuki Sakanaka; Ryuji Uozumi; Yuichi Ishida; Hiroyuki Inoo; Shigeru Tsunoda; Shin'ich Miyamoto; Manabu Muto; Takashi Mizowaki
        JAMA network open, 2020年09月01日
      • Qualitative and Quantitative Analysis of Posttreatment Strategy After Endoscopic Resection for Patients with T1 Colorectal Cancer at High Risk of Lymph Node Metastasis
        Yoshitaka Nishikawa; Takahiro Horimatsu; Daisuke Nishizaki; Ayako Kohno; Akira Yokoyama; Masahiro Yoshioka; Koya Hida; Katsuyuki Sakanaka; Sachiko Minamiguchi; Hiroshi Seno; Yoshiharu Sakai; Takeo Nakayama
        JOURNAL OF GASTROINTESTINAL CANCER, 2020年03月, 査読有り
      • A Case Report of a Solitary Pelvic Mass Proven to Be a Lymph Nodal Metastasis from Anal Cancer
        Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki
        CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 2020年01月, 査読有り
      • Adaptive radiotherapy in locally advanced esophageal cancer with atelectasis: a case report
        Katsuyuki Sakanaka; Kota Fujii; Takashi Mizowaki
        BMC CANCER, 2020年01月, 査読有り
      • Phase III study of tri-modality combination therapy with induction docetaxel plus cisplatin and 5-fluorouracil versus definitive chemoradiotherapy for locally advanced unresectable squamous-cell carcinoma of the thoracic esophagus (JCOG1510: TRIANgLE)
        Mitsumi Terada; Hiroki Hara; Hiroyuki Daiko; Junki Mizusawa; Tomohiro Kadota; Keisuke Hori; Hirofumi Ogawa; Takashi Ogata; Katsuyuki Sakanaka; Takeshi Sakamoto; Ken Kato; Yuko Kitagawa
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2019年11月, 査読有り
      • Intensity-modulated radiotherapy for cervical esophageal squamous cell carcinoma without hypopharyngeal invasion: dose distribution and clinical outcome.
        Yuichi Ishida; Katsuyuki Sakanaka; Kota Fujii; Satoshi Itasaka; Takashi Mizowaki
        Journal of radiation research, 2019年07月01日, 査読有り
      • A Case Report of Locally Advanced Anal Cancer with Solitary Cutaneous Nodular Metastasis in the Ipsilateral Labia Majora Treated with Definitive Chemoradiotherapy
        Katsuyuki Sakanaka; Yuichi Ishida; Takashi Mizowaki
        CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 2019年, 査読有り
      • Nutritional and clinical outcomes of chemoradiotherapy for clinical T1N0M0 esophageal carcinoma
        Katsuyuki Sakanaka; Kota Fujii; Yuichi Ishida; Shin'ichi Miyamoto; Takahiro Horimatsu; Manabu Muto; Takashi Mizowaki
        CANCER MANAGEMENT AND RESEARCH, 2019年, 査読有り
      • Five-year outcomes following hypofractionated stereotactic radiotherapy delivered in five fractions for acoustic neuromas: the mean cochlear dose may impact hearing preservation.
        Zhiping Chen; Keiichi Takehana; Takashi Mizowaki; Megumi Uto; Kengo Ogura; Katsuyuki Sakanaka; Yoshiki Arakawa; Yohei Mineharu; Yuki Miyabe; Nobutaka Mukumoto; Susumu Miyamoto; Masahiro Hiraoka
        International journal of clinical oncology, 2018年08月, 査読有り
      • Clinical evaluation of intensity-modulated radiotherapy for locally advanced pancreatic cancer.
        Yoko Goto; Akira Nakamura; Ryo Ashida; Katsuyuki Sakanaka; Satoshi Itasaka; Keiko Shibuya; Shigemi Matsumoto; Masashi Kanai; Hiroyoshi Isoda; Toshihiko Masui; Yuzo Kodama; Kyoichi Takaori; Masahiro Hiraoka; Takashi Mizowaki
        Radiation oncology (London, England), 2018年06月25日, 査読有り
      • Effect of long fasting on myocardial accumulation in 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography after chemoradiotherapy for esophageal carcinoma.
        Yuichi Ishida; Katsuyuki Sakanaka; Satoshi Itasaka; Yuji Nakamoto; Kaori Togashi; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        Journal of radiation research, 2018年03月01日, 査読有り
      • Long-term outcome of definitive radiotherapy for cervical esophageal squamous cell carcinoma
        Katsuyuki Sakanaka; Yuichi Ishida; Kota Fujii; Satoshi Itasaka; Shin'ichi Miyamoto; Takahiro Horimatsu; Manabu Muto; Takashi Mizowaki
        RADIATION ONCOLOGY, 2018年01月, 査読有り
      • A Case of Recurrent Esophageal Cancer Treated with Concurrent Chemoradiation Therapy in Pregnancy.
        Kaori Yamada; Yoshitsugu Chigusa; Motoo Nomura; Katsuyuki Sakanaka; Mitsuhiro Nakamura; Shinsuke Yano; Shigeru Tsunoda; Eiji Kondoh; Masaki Mandai
        Case reports in obstetrics and gynecology, 2018年, 査読有り
      • Dosimetric advantages and clinical outcomes of simultaneous integrated boost intensity-modulated radiotherapy for anal squamous cell carcinoma
        Katsuyuki Sakanaka; Satoshi Itasaka; Yuichi Ishida; Kota Fujii; Takahiro Horimatsu; Takashi Mizowaki; Yoshiharu Sakai; Masahiro Hiraoka
        RADIATION ONCOLOGY JOURNAL, 2017年12月, 査読有り
      • Dosimetric advantages and clinical outcomes of simultaneous integrated boost intensity-modulated radiotherapy for anal squamous cell carcinoma.
        Katsuyuki Sakanaka; Satoshi Itasaka; Yuichi Ishida; Kota Fujii; Takahiro Horimatsu; Takashi Mizowaki; Yoshiharu Sakai; Masahiro Hiraoka
        Radiation oncology journal, 2017年12月, 査読有り
      • Severe esophagitis associated with cytomegalovirus during concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer.
        Rihito Aizawa; Shigemi Matsumoto; Yu Uneno; Yoshitaka Nishikawa; Yoshinao Ozaki; Yukiko Mori; Masashi Kanai; Yuichi Ishida; Katsuyuki Sakanaka; Masahiro Hiraoka; Manabu Muto
        Japanese journal of clinical oncology, 2017年09月01日, 査読有り
      • Long-term complications of definitive chemoradiotherapy for esophageal cancer using the classical method.
        Hitoshi Ito; Satoshi Itasaka; Katsuyuki Sakanaka; Norio Araki; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        Journal of radiation research, 2017年01月, 査読有り
      • Identification of a predictive factor for distant metastasis in esophageal squamous cell carcinoma after definitive chemoradiotherapy
        Katsuyuki Sakanaka; Yuichi Ishida; Satoshi Itasaka; Yasumasa Ezoe; Ikuo Aoyama; Shinichi Miyamoto; Takahiro Horimatsu; Manabu Muto; Masahiro Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2016年10月, 査読有り
      • 【良性脳腫瘍】 頭蓋咽頭腫に対する通常分割高精度放射線外部照射療法の長期成績
        溝脇 尚志; 小倉 健吾; 坂中 克行; 宇藤 恵; 荒川 芳輝; 北条 雅人; 宮本 享; 平岡 真寛
        脳神経外科ジャーナル, 2016年
      • 【外科医が知っておきたい緩和ケア】 緩和放射線治療
        坂中 克行; 石田 祐一; 平岡 眞寛
        消化器外科, 2015年12月
      • Pretreatment Modified Glasgow Prognostic Score Predicts Clinical Outcomes After Stereotactic Body Radiation Therapy for Early-Stage Non-Small Cell Lung Cancer.
        Takahiro Kishi; Yukinori Matsuo; Nami Ueki; Yusuke Iizuka; Akira Nakamura; Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        International journal of radiation oncology, biology, physics, 2015年07月01日, 査読有り
      • 下垂体腺腫に対するノバリスを用いた通常分割定位放射線治療の成績
        村田大樹; 荒川芳輝; 藤本浩一; 溝脇尚志; 坂中克行; 小倉健吾; 北条雅人; 平岡眞寛; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2015年02月12日
      • FRACTIONATED STEREOTACTIC RADIOTHERAPY FOR PITUITARY ADENOMA WITH NOVALIS
        Arakawa Yoshiki; Mizowaki Takashi; Ogura Kengo; Sakanaka Katsuyuki; Hojo Masato; Hiraoka Masahiro; Miyamoto Susumu; Murata Daiki
        NEURO-ONCOLOGY, 2014年11月, 査読有り
      • Safety and effectiveness of stereotactic body radiotherapy for a clinically diagnosed primary stage I lung cancer without pathological confirmation
        Katsuyuki Sakanaka; Yukinori Matsuo; Yasushi Nagata; Sayo Maki; Keiko Shibuya; Yoshiki Norihisa; Masaru Narabayashi; Nami Ueki; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2014年10月, 査読有り
      • Pineal parenchymal tumor of intermediate differentiation: Treatment outcomes of five cases.
        Tsubasa Watanabe; Takashi Mizowaki; Yoshiki Arakawa; Yusuke Iizuka; Kengo Ogura; Katsuyuki Sakanaka; Susumu Miyamoto; Masahiro Hiraoka
        Molecular and clinical oncology, 2014年03月, 査読有り
      • Efficacy of salvage stereotactic radiotherapy for recurrent glioma: impact of tumor morphology and method of target delineation on local control
        Kengo Ogura; Takashi Mizowaki; Yoshiki Arakawa; Katsuyuki Sakanaka; Susumu Miyamoto; Masahiro Hiraoka
        CANCER MEDICINE, 2013年12月, 査読有り
      • 術後残存/再発頭蓋咽頭腫に対する通常分割定位放射線治療
        溝脇 尚志; 坂中 克行; 小倉 健吾; 荒川 芳輝; 北条 雅人; 宮本 享; 平岡 真寛
        定位的放射線治療, 2013年05月
      • Initial and cumulative recurrence patterns of glioblastoma after temozolomide-based chemoradiotherapy and salvage treatment: a retrospective cohort study in a single institution
        Kengo Ogura; Takashi Mizowaki; Yoshiki Arakawa; Masakazu Ogura; Katsuyuki Sakanaka; Susumu Miyamoto; Masahiro Hiraoka
        RADIATION ONCOLOGY, 2013年04月, 査読有り
      • Differences in the dose-volume metrics with heterogeneity correction status and its influence on local control in stereotactic body radiation therapy for lung cancer
        Nami Ueki; Yukinori Matsuo; Keiko Shibuya; Mitsuhiro Nakamura; Masaru Narabayashi; Katsuyuki Sakanaka; Yoshiki Norihisa; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2013年03月, 査読有り
      • Volumetric-modulated arc therapy vs conventional fixed-field intensity-modulated radiotherapy in a whole-ventricular irradiation: A planning comparison study
        Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki; Sayaka Sato; Kengo Ogura; Masahiro Hiraoka
        Medical Dosimetry, 2013年, 査読有り
      • Differences in dose-volumetric data between the analytical anisotropic algorithm and the x-ray voxel Monte Carlo algorithm in stereotactic body radiation therapy for lung cancer
        Wambaka Ange Mampuya; Yukinori Matsuo; Akira Nakamura; Mitsuhiro Nakamura; Nobutaka Mukumoto; Yuki Miyabe; Masaru Narabayashi; Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        Medical Dosimetry, 2013年, 査読有り
      • Detailed dosimetric evaluation of intensity-modulated radiation therapy plans created for stage C prostate cancer based on a planning protocol
        Yoshiki Norihisa; Takashi Mizowaki; Kenji Takayama; Yuki Miyabe; Kiyotomo Matsugi; Yukinori Matsuo; Masaru Narabayashi; Katsuyuki Sakanaka; Akira Nakamura; Yasushi Nagata; Masahiro Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2012年10月, 査読有り
      • Outcomes of hypofractionated stereotactic radiotherapy for metastatic brain tumors with high risk factors
        Kengo Ogura; Takashi Mizowaki; Masakazu Ogura; Katsuyuki Sakanaka; Yoshiki Arakawa; Susumu Miyamoto; Masahiro Hiraoka
        JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY, 2012年09月, 査読有り
      • Dosimetric evaluation of the impacts of different heterogeneity correction algorithms on target doses in stereotactic body radiation therapy for lung tumors
        Masaru Narabayashi; Takashi Mizowaki; Yukinori Matsuo; Mitsuhiro Nakamura; Kenji Takayama; Yoshiki Norihisa; Katsuyuki Sakanaka; Masahiro Hiraoka
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2012年09月, 査読有り
      • Dose-Volume Metrics Associated With Radiation Pneumonitis After Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer
        Yukinori Matsuo; Keiko Shibuya; Mitsuhiro Nakamura; Masaru Narabayashi; Katsuyuki Sakanaka; Nami Ueki; Ken Miyagi; Yoshiki Norihisa; Takashi Mizowaki; Yasushi Nagata; Masahiro Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2012年07月, 査読有り
      • Preliminary Report of Late Recurrences, at 5 Years or More, after Stereotactic Body Radiation Therapy for Non-small Cell Lung Cancer
        Yukinori Matsuo; Keiko Shibuya; Yasushi Nagata; Yoshiki Norihisa; Masaru Narabayashi; Katsuyuki Sakanaka; Nami Ueki; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 2012年02月, 査読有り
      • Dosimetric advantage of intensity-modulated radiotherapy for whole ventricles in the treatment of localized intracranial germinoma
        Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki; Masahiro Hiraoka
        International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 2012年02月01日, 査読有り
      • PROGNOSTIC FACTORS IN STEREOTACTIC BODY RADIOTHERAPY FOR NON-SMALL-CELL LUNG CANCER
        Yukinori Matsuo; Keiko Shibuya; Yasushi Nagata; Kenji Takayama; Yoshiki Norihisa; Takashi Mizowaki; Masaru Narabayashi; Katsuyuki Sakanaka; Masahiro Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2011年03月, 査読有り
      • Hypofractionated stereotactic radiotherapy for acoustic neuromas: safety and effectiveness over 8 years of experience
        Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki; Yoshiki Arakawa; Norio Araki; Natsuo Oya; Jun A. Takahashi; Nobuhiro Mikuni; Susumu Miyamoto; Nobuo Hashimoto; Masahiro Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2011年02月, 査読有り
      • Volumetric-modulated arc therapy vs conventional fixed-field intensity-Modulated radiotherapy in a whole-ventricular irradiation: A planning comparison study
        Katsuyuki Sakanaka; Takashi Mizowaki; Sayaka Sato; Kengo Ogura; Masahiro Hiraoka
        MEDICAL DOSIMETRY, 1970年01月, 査読有り

      MISC

      • 臨床病期I期食道癌に対する根治化学放射線療法中の栄養指標変化
        坂中 克行; 藤井 康太; 石田 祐一; 溝脇 尚志
        学会誌JSPEN, 2020年11月
      • 根治化学放射線療法をうけた胸部食道癌患者における胸椎骨折発症リスクの検討
        藤井 康太; 坂中 克行; 魚住 龍史; 石田 祐一; 稲生 浩之; 角田 茂; 宮本 心一; 武藤 学; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2020年10月
      • 局所切除後T1直腸癌の追加治療においてSM1,000μm以深浸潤の重要性を再考する
        西崎 大輔; 肥田 侯矢; 星野 伸晃; 福井 雄大; 住井 敦彦; 坂本 享史; 後藤 沙織; 水野 礼; 板谷 喜朗; 稲本 将; 河田 健二; 西川 佳孝; 堀松 高博; 坂中 克行; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2020年07月
      • 局所進行切除不能胸部食道癌に対する強度変調放射線治療を利用した放射線線量増加試験
        坂中 克行; 石田 祐一; 藤井 康太; 石原 佳知; 中村 光宏; 平岡 真寛; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2019年10月
      • 食道癌に対する根治的CRTとNivolumab併用による医師主導治験 Trial in progress
        野村 基雄; 清水 充子; 大橋 真也; 三梨 桂子; 加藤 健; 小島 隆嗣; 坂中 克行; 武藤 学
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2019年10月
      • T4食道癌に対する化学放射線療法後に食道気管支瘻を来した9例の臨床経過について
        齋藤 伴樹; 野村 基雄; 坂中 克行; 藤井 康太; 角田 茂; 久森 重夫; 小濱 和貴; 武藤 学
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2019年10月
      • 局所進行切除不能胸部食道癌に対する強度変調放射線治療を利用した放射線線量増加試験
        坂中 克行; 石田 祐一; 藤井 康太; 石原 佳知; 中村 光宏; 平岡 真寛; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2019年10月
      • 食道癌に対する根治的CRTとNivolumab併用による医師主導治験 Trial in progress
        野村 基雄; 清水 充子; 大橋 真也; 三梨 桂子; 加藤 健; 小島 隆嗣; 坂中 克行; 武藤 学
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2019年10月
      • T4食道癌に対する化学放射線療法後に食道気管支瘻を来した9例の臨床経過について
        齋藤 伴樹; 野村 基雄; 坂中 克行; 藤井 康太; 角田 茂; 久森 重夫; 小濱 和貴; 武藤 学
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2019年10月
      • Nivolumabで治療効果を認めた再発頸部食道癌の2例
        野村 基雄; 玉置 将司; 藤井 康太; 坂中 克行; 角田 茂; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2019年06月
      • 食道癌に対するnivolumabと化学放射線療法(NOBEL) 治験進行中(NivOlumaB and chemoradiotherapy for EsophageaL cancer(NOBEL)(Trial in progress))
        野村 基雄; 清水 充子; 大橋 真也; 三梨 桂子; 加藤 健; 小島 隆嗣; 坂中 克行; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2019年06月
      • 進行食道癌治療経過中に生じた食道気管支瘻に対し食道離断術を施行した1例
        齋藤 伴樹; 野村 基雄; 角田 茂; 久森 重夫; 小濱 和貴; 坂中 克行; 藤井 康太; 玉置 将司; 土井 恵太郎; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2019年06月
      • JCOG0909副次的解析 原発巣部位別の有効性と安全性の検討
        小森 梓; 廣中 秀一; 町田 龍之介; 伊藤 芳紀; 竹内 裕也; 加藤 健; 藤田 武郎; 石 志紘; 坂中 克行; 北川 雄光
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2019年06月
      • 「個別化」の視点から内視鏡的切除後のT1直腸癌に対する追加切除の条件を再検する
        西崎 大輔; 肥田 侯矢; 福井 雄大; 住井 敦彦; 多代 尚広; 渡邉 武志; 稲本 将; 吉冨 摩美; 河田 健二; 西川 佳孝; 堀松 高博; 坂中 克行; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2019年05月
      • T1直腸癌に対する局所切除後の追加治療を最適化するために
        西崎 大輔; 肥田 侯矢; 星野 伸晃; 福井 雄大; 住井 敦彦; 坂本 享史; 後藤 沙織; 和田 聡朗; 水野 礼; 板谷 喜朗; 稲本 将; 河田 健二; 西川 佳孝; 堀松 高博; 坂中 克行; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2019年05月
      • 直腸癌術後骨盤内再発に対する放射線治療成績
        稲生 浩之; 坂中 克行; 藤井 康太; 石田 祐一; 溝脇 尚志
        Japanese Journal of Radiology, 2019年02月
      • 当院における高齢者局所進行膵癌に対する化学放射線療法の検討
        岩井 貴寛; 後藤 容子; 芦田 良; 坂中 克行; 吉村 通央; 溝脇 尚志
        Japanese Journal of Radiology, 2019年02月
      • EBV陽性の孤発性髄外形質細胞腫の1例
        河原 宏紀; 藤田 晴之; 菱澤 方勝; 山下 浩平; 高折 晃史; 坂中 克行
        臨床血液, 2019年01月
      • 局所進行直腸癌に対しIMRTを利用した術前化学放射線療法のPilot臨床試験
        坂中 克行; 藤井 康太; 肥田 侯矢; 後藤 沙織; 堀松 高博; 中村 光宏; 河田 健二; 坂井 義治; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2018年10月
      • 進行食道癌に対し、3次治療としてS1+オキサリプラチン(SOX)療法を施行した1例
        野村 基雄; 玉置 将司; 天沼 裕介; 藤井 康太; 坂中 克行; 角田 茂; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年06月
      • 食道癌術後妊娠中に発生した吻合部再発に対し化学放射線療法を施行し生児を得た1例
        野村 基雄; 佐藤 千尋; 玉置 将司; 松原 淳一; 藤井 康太; 坂中 克行; 角田 茂; 山田 香; 千草 義継; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年06月
      • 下咽頭浸潤を伴わない頸部食道癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績
        石田 祐一; 坂中 克行; 藤井 康太; 溝脇 尚志
        Japanese Journal of Radiology, 2018年02月
      • Analysis of the Relation between Pretreatment ADC Value and Prognosis in Patients Treated With Concurrent Chemoradiation Therapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer
        R. Ashida; Y. Goto; T. Kishi; T. Katagiri; A. Nakamura; K. Sakanaka; S. Itasaka; K. Shibuya; S. Arizono; H. Isoda; T. Mizowaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2017年10月
      • 局所進行直腸癌に対しIMRTを利用した術前化学放射線療法のPilot臨床試験
        坂中 克行; 肥田 侯矢; 石田 祐一; 藤井 康太; 後藤 沙織; 堀松 高博; 中村 光宏; 石原 佳知; 村上 克宏; 河田 健二; 坂井 義治; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 下咽頭浸潤のない頸部食道扁平上皮癌に対する強度変調放射線治療による化学放射線療法
        石田 祐一; 坂中 克行; 藤井 康太; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 局所進行直腸癌に対しIMRTを利用した術前化学放射線療法のPilot臨床試験
        坂中 克行; 肥田 侯矢; 石田 祐一; 藤井 康太; 後藤 沙織; 堀松 高博; 中村 光宏; 石原 佳知; 村上 克宏; 河田 健二; 坂井 義治; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 下咽頭浸潤のない頸部食道扁平上皮癌に対する強度変調放射線治療による化学放射線療法
        石田 祐一; 坂中 克行; 藤井 康太; 溝脇 尚志
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 高齢者食道癌の治療方針 高齢者の切除可能食道扁平上皮癌に対する治療選択と予後因子
        野村 基雄; 坂中 克行; 角田 茂; 天沼 裕介; 宮本 心一; 藤井 康太; 石田 祐一; 久森 重夫; 小濱 和貴; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • リンパ節転移による隣接臓器浸潤(T4LN)食道癌についての検討
        野村 基雄; 坂中 克行; 角田 茂; 天沼 裕介; 尾崎 由直; 大橋 真也; 宮本 心一; 藤井 康太; 石田 祐一; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • 高齢者食道癌の治療方針 高齢者の切除可能食道扁平上皮癌に対する治療選択と予後因子
        野村 基雄; 坂中 克行; 角田 茂; 天沼 裕介; 宮本 心一; 藤井 康太; 石田 祐一; 久森 重夫; 小濱 和貴; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • リンパ節転移による隣接臓器浸潤(T4LN)食道癌についての検討
        野村 基雄; 坂中 克行; 角田 茂; 天沼 裕介; 尾崎 由直; 大橋 真也; 宮本 心一; 藤井 康太; 石田 祐一; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • FDG-PETによる食道癌CRT後の心筋障害の検討
        石田 祐一; 坂中 克行; 平岡 眞寛; 板坂 聡; 中本 裕士; 富樫 かおり
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 胃癌術後リンパ節再発に対する放射線治療成績
        岸 徳子; 坂中 克行; 石田 祐一; 溝脇 尚志; 平岡 眞寛
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 膵臓 局所進行膵がんに対する治療戦略 局所進行膵癌に対する化学放射線治療 IMRTの有用性の検討
        後藤 容子; 中村 晶; 岸 高宏; 坂中 克行; 板坂 聡; 澁谷 景子; 松本 繁巳; 児玉 裕三; 高折 恭一; 溝脇 尚志; 平岡 眞寛
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 大腸 直腸がん・肛門管がんに対する放射線療法の進化 肛門管扁平上皮癌に対して、強度変調放射線治療を利用した化学放射線療法の治療成績
        坂中 克行; 板坂 聡; 石田 祐一; 堀松 高博; 溝脇 尚志; 坂井 義治; 平岡 眞寛
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 膵臓 局所進行膵がんに対する治療戦略 局所進行膵癌に対する化学放射線治療 IMRTの有用性の検討
        後藤 容子; 中村 晶; 岸 高宏; 坂中 克行; 板坂 聡; 澁谷 景子; 松本 繁巳; 児玉 裕三; 高折 恭一; 溝脇 尚志; 平岡 眞寛
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 大腸 直腸がん・肛門管がんに対する放射線療法の進化 肛門管扁平上皮癌に対して、強度変調放射線治療を利用した化学放射線療法の治療成績
        坂中 克行; 板坂 聡; 石田 祐一; 堀松 高博; 溝脇 尚志; 坂井 義治; 平岡 眞寛
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 膵臓 耐容性の低い患者に対する包括的がん治療 局所進行膵癌に対する化学放射線療法におけるサルコペニアの予後因子としての有用性
        岸 高宏; 松尾 幸憲; 中村 晶; 板坂 聡; 澁谷 景子; 後藤 容子; 坂中 克行; 溝脇 尚志; 平岡 眞寛
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 膵臓 耐容性の低い患者に対する包括的がん治療 局所進行膵癌に対する化学放射線療法におけるサルコペニアの予後因子としての有用性
        岸 高宏; 松尾 幸憲; 中村 晶; 板坂 聡; 澁谷 景子; 後藤 容子; 坂中 克行; 溝脇 尚志; 平岡 眞寛
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 食道癌取扱い規約第10版vs.第11版の予後予測能についての検討
        野村 基雄; 釆野 優; 石田 祐一; 坂中 克行; 角田 茂; 篠原 尚; 天沼 裕介; 尾崎 由直; 宮本 心一; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2016年07月
      • Clinical evaluation of intensity-modulated radiotherapy for locally advanced pancreatic cancer
        Y. Goto; A. Nakamura; T. Kishi; K. Sakanaka; S. Itasaka; K. Shibuya; S. Matsumoto; Y. Kodama; K. Takaori; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2016年06月
      • 切除困難な下垂体腺腫に対するノバリスを用いた通常分割定位放射線治療の成績
        寺田行範; 荒川芳輝; 溝脇尚志; 村田大樹; 坂中克行; 小倉健吾; 藤本浩一; 福井伸行; 丹治正大; 峰晴陽平; 平岡眞寛; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2016年01月29日
      • 下部食道癌に対するVMATにおいて呼吸性移動が線量分布に与える影響
        石田祐一; 坂中克行; 石原佳知; 中村光宏; 平岡眞寛
        日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会学術大会プログラム・抄録集, 2016年
      • 聴神経腫瘍に対する定位放射線治療後に一過性増大を来した1例
        遠山幸果; 溝脇尚志; 小倉健吾; 中村太祐; 坂中克行; 平岡眞寛
        Jpn J Radiol, 2015年02月25日
      • 聴神経腫瘍に対する定位放射線治療後に一過性増大を来した1例
        遠山 幸果; 溝脇 尚志; 小倉 健吾; 中村 太祐; 坂中 克行; 平岡 眞寛
        Japanese Journal of Radiology, 2015年02月
      • 当院における肛門管癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の初期治療経験
        石田 祐一; 板坂 聡; 坂中 克行; 堀松 高博; 坂井 義治; 平岡 真寛
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • 食道癌に対する化学放射線療法の新しい展開 頸部食道癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の初期成績
        板坂 聡; 伊藤 仁; 坂中 克行; 溝脇 尚志; 平岡 真寛
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • ノバリスを用いた下垂体腺腫に対する通常分割定位放射線治療
        村田大樹; 荒川芳輝; 藤本浩一; 溝脇尚志; 坂中克行; 小倉健吾; 北条雅人; 平岡眞寛; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2013年03月01日
      • 難治性ラトケ嚢胞に対する放射線治療の試み
        小野功朗; 荒川芳輝; 溝脇尚志; 坂中克行; 村田大樹; 國枝武治; 北条雅人; 高橋淳; 高木康志; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2013年03月01日
      • 切除困難な頭蓋咽頭腫に対するノバリスを用いた通常分割定位放射線治療
        荒川芳輝; 溝脇尚志; 坂中克行; 小倉健吾; 北条雅人; 平岡真寛; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2013年03月01日
      • 中間型松果体実質腫瘍に対し術後化学放射線療法を行った5例の検討
        渡邉 翼; 飯塚 裕介; 小倉 健吾; 坂中 克行; 溝脇 尚志; 平岡 眞寛; 荒川 芳輝; 宮本 享
        Japanese Journal of Radiology, 2013年02月
      • 頭蓋咽頭腫に対するノバリスを用いた通常分割定位放射線治療
        服部悦子; 荒川芳輝; 溝脇尚志; 坂中克行; 小倉健吾; 平岡真寛; 宮本享
        日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2013年
      • Radiation Therapy for Stage IA Esophageal Squamous Cancer
        H. Ito; S. Itasaka; K. Sakanaka; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2012年11月
      • Recurrence Patterns of Glioblastoma in the Era of Temozolomide
        K. Ogura; T. Mizowaki; Y. Arakawa; M. Ogura; K. Sakanaka; S. Miyamoto; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2012年11月
      • Impact of Overall Treatment Time on Local Control After Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer
        Y. Matsuo; N. Ueki; K. Miyagi; M. Yoshimura; K. Sakanaka; Y. Norihisa; T. Mizowaki; K. Shibuya; Y. Nagata; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2012年11月, 査読有り
      • 小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療の初期経験
        平田 希美子; 松尾 幸憲; 植木 奈美; 澁谷 景子; 坂中 克行; 楢林 正流; 溝脇 尚志; 平岡 真寛
        Japanese Journal of Radiology, 2012年02月
      • 治療困難な下垂体腺腫に対するNovalisを用いた通常分割定位放射線治療
        荒川芳輝; 村田大樹; 溝脇尚志; 坂中克行; 北条雅人; 國枝武治; 高木康志; 高橋淳; 平岡眞寛; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2012年01月27日
      • T4食道癌の根治的放射線治療の成績向上を目指して
        板坂 聡; 中島 良太; 中村 晶; 楢林 正流; 坂中 克行; 溝脇 尚志; 光森 通英; 平岡 眞寛
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2011年09月
      • Pulmonary Function Change after Stereotactic Body Radiotherapy for Primary Lung Cancer
        N. Ueki; Y. Matsuo; K. Shibuya; A. Nakamura; K. Sakanaka; M. Narabayashi; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2011年
      • Abdominal Compression And Respiratory Motion As Predictors Of Local Recurrence In Patients Treated With Stereotactic Body Radiation Therapy For Primary Lung Cancer
        M. A. Wambaka; Y. Matsuo; K. Shibuya; N. Ueki; M. Nakamura; N. Mukumoto; A. Nakamura; K. Sakanaka; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2011年
      • Outcomes of Hypofractionated Stereotactic Radiotherapy for Metastatic Brain Tumors
        K. Ogura; T. Mizowaki; K. Sakanaka; M. Ogura; K. Takayama; Y. Arakawa; S. Miyamoto; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2011年
      • Safety and Effectiveness of Stereotactic Body Radiotherapy for Clinically Diagnosed Primary Lung Cancers
        K. Sakanaka; Y. Matsuo; Y. Nagata; S. Maki; K. Shibuya; K. Takayama; Y. Norihisa; M. Narabayashi; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2011年
      • 限局型胚腫に対する全脳室強度変調放射線治療
        坂中 克行; 溝脇 尚志; 高山 賢二; 平岡 真寛
        Japanese Journal of Radiology, 2011年01月
      • Evaluation of Dose-Volume Metrics Associated With Local Recurrence After Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer
        Y. Matsuo; K. Shibuya; M. Nakamura; M. Narabayashi; K. Sakanaka; N. Ueki; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 2010年12月, 査読有り
      • Stereotactic Body Radiotherapy for Non-Small Cell Lung Cancer: Kyoto University Experience.
        Matsuo Y; Shibuya K; Nagata Y; Narabayashi M; Sakanaka K; Mizowaki T; Hiraoka M
        9th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society., 2010年08月25日, 査読有り
      • 聴神経鞘腫に対する定位放射線治療の長期治療成績
        坂中 克行; 溝脇 尚志; 蓮池 史画; 平岡 真寛; 荒川 芳輝; 岸 陽
        Japanese Journal of Radiology, 2010年07月
      • Dosimetric Advantages of Intensity Modulated Radiotherapy for Whole Ventricles: Improvement in Target Coverage and Dose Reduction to Organs at Risk
        K. Sakanaka; T. Mizowaki; S. Sato; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2010年
      • Analysis of Dose-Volume Metrics Associated with Radiation Pneumonitis after Stereotactic Body Radiotherapy for Lung Cancer
        Y. Matsuo; K. Shibuya; M. Narabayashi; K. Sakanaka; M. Nakamura; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2010年
      • Differences in Dose-volumetric Data between the Anisotropic Analytical Algorithm and the X-ray Voxel Monte Carlo in Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer
        M. A. Wambaka; Y. Matsuo; A. Nakamura; Y. Miyabe; M. Narabayashi; K. Sakanaka; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2010年
      • Initial clinical experiences using a newly developed image-guided radiotherapy system
        M. Kokubo; K. Takayama; K. Nagano; N. Ueki; K. Sakanaka; M. Yamashita; H. Tanabe; H. Furukawa; T. Mizowaki; M. Hiraoka
        EJC SUPPLEMENTS, 2009年09月
      • 当院における頭頸部IMRTの初期治療成績
        堀井 直敏; 松尾 幸憲; 則久 佳毅; 楢林 正流; 坂中 克行; 溝脇 尚志; 平岡 真寛; 永田 靖; 坂本 隆吏; 青木 徹哉
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2009年02月
      • 原発性肺癌に対する定位放射線治療における予後因子の検討
        松尾 幸憲; 澁谷 景子; 永田 靖; 楢林 正流; 溝脇 尚志; 高山 賢二; 則久 佳毅; 堀井 直敏; 坂中 克行; 平岡 真寛
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2009年02月
      • 三菱重工製IGRTシステムMHI-TM2000による初期臨床報告
        高山 賢二; 小久保 雅樹; 溝脇 尚志; 永野 一男; 山下 幹子; 田邊 裕朗; 古川 宗; 成田 雄一郎; 坂中 克行; 平岡 真寛
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2009年02月
      • Dosimetric Evaluation of the Impacts of Different Heterogeneity Correction Methods on Target Doses in Stereotactic Body Radiation Therapy for the Lung
        M. Narabayashi; Y. Matsuo; T. Mizowaki; Y. Narita; S. Sato; M. Nakamura; K. Takayama; Y. Norihisa; K. Sakanaka; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2009年
      • Initial Clinical Experiences of a Newly Developed Image-guided Radiotherapy (IGRT) System "MHI-TM2000"
        K. Takayama; M. Kokubo; T. Mizowaki; K. Nagano; Y. Narita; M. Yamashita; H. Tanabe; K. Sakanaka; Y. Miyabe; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2009年
      • Long-term Outcomes of Hypofractionated Stereotactic Radiotherapy for Acoustic Neuromas
        K. Sakanaka; T. Mizowaki; Y. Kishi; Y. Arakawa; N. Araki; N. Oya; J. A. Takahashi; M. Hiraoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2009年
      • 転移性脳腫瘍の治療における定位放射線療法の役割―北野病院でのハイパーナイフの使用経験―
        古瀬元雅; 青木友和; 高木雄久; 坂中克行; 野島邦治; 石川正恒
        日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2006年

      講演・口頭発表等

      • 食道がん患者さんに放射線治療ができること
        坂中 克行
        日本食道学会 第一回市民公開講座, 2022年04月09日, 招待有り
      • 主題ⅠT1直腸癌に対する治療選択と治療成績
        坂中 克行
        第90回大腸癌研究会, 2019年01月25日, 招待有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 強度変調放射線治療を利用した胸部食道癌の新規治療開発
        若手研究(B)
        京都大学
        坂中 克行
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        強度変調放射線治療;高精度放射線治療;食道癌;化学放射線療法;トランスレーショナルリサーチ;放射線;癌

      外部資金:その他

      • 一般財団法人 藤原記念財団 少壮研究者奨励金
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        代表
      • 難治性食道がんの治療方針決定に資する技術開発に関する研究
        日本医療研究開発研究機構研究費(革新的がん医療実用化研究事業)
        自 2014年04月01日, 至 2020年03月30日
        分担
      • 日独放射線医学交流計画交換留学制度
        自 2011年03月01日, 至 2011年05月31日
        代表

      ページ上部へ戻る