教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

前川 真吾

マエガワ シンゴ

情報学研究科 知能情報学専攻脳認知科学講座 助教

前川 真吾
list
    Last Updated :2022/06/30

    基本情報

    学部兼担

    • 総合人間学部

    学位

    • 修士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
    • 博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)

    出身大学院・研究科等

    • 奈良先端科学技術大学院大学, バイオサイエンス研究科修士課程分子生物学専攻, 修了
    • 奈良先端科学技術大学院大学, バイオサイエンス研究科博士後期課程分子生物学専攻, 修了
    • 奈良先端科学技術大学院大学, バイオサイエンス研究科博士後期課程分子生物学専攻, 単位修得退学

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部水産学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪府立三国丘高校, みくにがおかこうこう

    経歴

    • 自 2008年, 至 2012年
      京都大学 大学院・情報学研究科, 助教

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ・ゼブラフィッシュをモデルとした視覚認知機構の解明
        ・ヒメイカをモデルとした獲物認知機構の解明

      研究キーワード

      • 体節形成
      • 胚発生
      • 胚葉形成
      • セロトニン
      • 原腸形成
      • 形態形成
      • 間欠的反応
      • 生理学
      • 変温動物
      • 進化
      • 体温調節
      • 脳・神経
      • 発振器
      • 発生・分化
      • 恒温動物

      研究分野

      • ライフサイエンス, 発生生物学
      • ライフサイエンス, 生物物理学

      論文

      • Aquatic invertebrate’s Carbohydrate-binding module assists environmental cellulase to immobilize in wetland sediments
        Wen Liu; Hiroshi Kamitakahara; Shingo Maegawa; Haruhiko Toyohara
        Plankton and Benthos Research, 2021年08月06日
      • Different effects of methylphenidate and atomoxetine on the behavior and brain transcriptome of zebrafish.
        Shiho Suzuki; Ryo Kimura; Shingo Maegawa; Masatoshi Nakata; Masatoshi Hagiwara
        Molecular brain, 2020年05月06日, 査読有り
      • Wetland environmental bioreactor system contributes to the decomposition of cellulose.
        Liu W; Tanimura A; Nagara Y; Watanabe T; Maegawa S; Toyohara H
        Ecology and evolution, 2019年07月, 査読有り
      • Toward more accurate prediction of caspase cleavage sites: a comprehensive review of current methods, tools and features.
        Yu Bao; Simone Marini; Takeyuki Tamura; Mayumi Kamada; Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Jiangning Song; Tatsuya Akutsu
        Briefings Bioinform., 2019年, 査読有り
      • In vivo targeted single-nucleotide editing in zebrafish.
        Tanaka S; Yoshioka S; Nishida K; Hosokawa H; Kakizuka A; Maegawa S
        Scientific reports, 2018年07月, 査読有り
      • Functional Charaterization of Zebrafish Transient Receptor Potential Melastatin 2
        Tran Ha Nam; Hederih Jure; Numata Tomohiro; Mori Masayuki X; Maegawa Shingo; Hosokawa Hiroshi; Mori Yasuo
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2018年02月02日, 査読有り
      • Highly sensitive avoidance plays a key role in sensory adaptation to deep-sea hydrothermal vent environments
        Tetsuya Ogino; Shingo Maegawa; Shuichi Shigeno; Katsunori Fujikura; Haruhiko Toyohara
        PLoS ONE, 2018年01月01日, 査読有り
      • Deficiency of Serotonin in Raphe Neurons and Altered Behavioral Responses in Tryptophan Hydroxylase 2-Knockout Medaka (Oryzias latipes)
        Satoshi Ansai; Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa; Kiyoshi Naruse; Youhei Washio; Kenji Sato; Masato Kinoshita
        ZEBRAFISH, 2017年12月, 査読有り
      • Chordin and dickkopf-1b are essential for the formation of head structures through activation of the FGF signaling pathway in zebrafish
        Shingo Tanaka; Hiroshi Hosokawa; Eric S. Weinberg; Shingo Maegawa
        DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2017年04月, 査読有り
      • FUNCTIONAL CHARATERIZATION OF ZEBRAFISH TRANSIENT RECEPTOR POTENTIAL MELASTATIN 2 IN HEK 293 CELL LINE
        Ha Nam Tran; Numata Tomohiro; Mori Masayuki X; Maegawa Shingo; Hosokawa Hiroshi; Tanaka Shingo; Mori Yasuo
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2017年03月, 査読有り
      • An accessibility-incorporated method for accurate prediction of RNA-RNA interactions from sequence data
        Yuki Kato; Tomoya Mori; Kengo Sato; Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Tatsuya Akutsu
        BIOINFORMATICS, 2017年01月, 査読有り
      • Generation of a transgenic medaka (Oryzias latipes) strain for visualization of nuclear dynamics in early developmental stages
        Takanobu Inoue; Atsuo Iida; Shingo Maegawa; Atsuko Sehara-Fujisawa; Masato Kinoshita
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2016年12月, 査読有り
      • Chronic fluoxetine treatment induces anxiolytic responses and altered social behaviors in medaka, Oryzias latipes
        Satoshi Ansai; Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa; Masato Kinoshita
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 2016年04月, 査読有り
      • Determining Associations between Human Diseases and non-coding RNAs with Critical Roles in Network Control
        Haruna Kagami; Tatsuya Akutsu; Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Jose C. Nacher
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年10月, 査読有り
      • A Novel Method for Rearing Zebrafish by Using Freshwater Rotifers (Brachionus calyciflorus)
        Yuta Aoyama; Natsumi Moriya; Shingo Tanaka; Tomoko Taniguchi; Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa
        ZEBRAFISH, 2015年08月, 査読有り
      • Distribution of gastropods in a tidal flat in association with digestive enzyme activities
        Wen Liu; Aya Tanimura; Tatsuro Imai; Gen Kanaya; Takatoshi Niiyama; Shingo Maegawa; Ayato Kohzu; Taeko Kimura; Haruhiko Toyohara
        Plankton and Benthos Research, 2014年, 査読有り
      • The zebrafish dorsal axis is apparent at the four-cell stage (vol 438, pg 1030, 2005)
        Gore Aniket V; Maegawa Shingo; Cheong Albert, Gilligan; Patrick C; Weinberg Eric S; Sampath Karuna
        NATURE, 2013年02月07日, 査読有り
      • Benthic animal contribution to cellulose breakdown in sediments of mangrove estuaries in the southwestern islands of Japan
        Kyohei Yamada; Shingo Maegawa; Haruhiko Toyohara
        Plankton and Benthos Research, 2013年, 査読有り
      • Immunological studies on transglutaminase in the process of water leaching
        Seigo Sakai; Mitsutoshi Kubota; Takayuki Ishida; Shingo Maegawa; Haruhiko Toyohara
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 2012年09月, 査読有り
      • A novel silk-like shell matrix gene is expressed in the mantle edge of the Pacific oyster prior to shell regeneration
        Jun Takahashi; Masaya Takagi; Yumiko Okihana; Kei Takeo; Takahisa Ueda; Ken Touhata; Shingo Maegawa; Haruhiko Toyohara
        GENE, 2012年05月, 査読有り
      • Correct anteroposterior patterning of the zebrafish neurectoderm in the absence of the early dorsal organizer
        Mate Varga; Shingo Maegawa; Eric S. Weinberg
        BMC DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2011年05月, 査読有り
      • Cooling-Sensitive TRPM8 Is Thermostat of Skin Temperature against Cooling
        Koji Tajino; Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa; Kiyoshi Matsumura; Ajay Dhaka; Shigeo Kobayashi
        PLOS ONE, 2011年03月, 査読有り
      • Single-Embryo Metabolomics and Systematic Prediction of Developmental Stage in Zebrafish
        Shunsuke Hayashi; Mako Yoshida; Toshinobu Fujiwara; Shingo Maegawa; Eiichiro Fukusaki
        ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION C-A JOURNAL OF BIOSCIENCES, 2011年03月, 査読有り
      • Zebrafish TRPV1 channel mediates heat-induced behaviors
        Hiroshi Hosokawa; Koji Tajino; Shingo Maegawa; Shigeo Kobayashi
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2010年, 査読有り
      • Energy-saving thermoregulation
        Shigeo Kobayashi; Koji Tajino; Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2010年, 査読有り
      • Expression of 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase in mice brain and the cerebrospinal fluid pathway
        Kiyoshi Matsumura; Ayako Suzuki; Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Shigeo Kobayashi
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2010年, 査読有り
      • A novel application of metabolomics in vertebrate development
        Shunsuke Hayashi; Shinichi Akiyama; Yutaka Tamaru; Yasuaki Takeda; Toshinobu Fujiwara; Kunio Inoue; Akio Kobayashi; Shingo Maegawa; Eiichiro Fukusaki
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2009年08月, 査読有り
      • INVOLVEMENT OF TRPM8 IN THERMOREGULATION INDUCED BY SKIN TEMPERATURE
        Hiroshi Hosokawa; Koji Tajino; Shingo Maegawa; Kiyoshi Matsumura; Shigeo Kobayashi
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2009年, 査読有り
      • ACTIVATION OF TRANSIENT RECEPTOR POTENTIAL ANKYRIN 1 (TRPA1) BY HYDROGEN PEROXIDE
        Hiroshi Hosokawa; Yosuke Sawada; Shingo Maegawa; Kiyoshi Matsumura; Shigeo Kobayashi
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2009年, 査読有り
      • ROLES OF TRYPTOPHAN HYDROXYLASE IN ZEBRAFISH EMBRYOGENESIS
        Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Eric S. Weinberg; Shigeo Kobayashi
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2009年, 査読有り
      • Molecular mechanism of pain induced by hydrogen peroxide
        Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa; Koji Tajino; Kiyoshi Matsumura; Shigeo Kobayashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年, 査読有り
      • INOR 822-Photoactivated antisense oligonucleotides for regulating gene expression in K562 cells and zebrafish embryos
        XinJing Tang; Julia L. Richards; Julianne C. Griepenburg; Shingo Maegawa; Jyo Swaminathan; Alan M. Gewirtz; Eric Weinberg; Ivan J. Dmochowski
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2008年08月, 査読有り
      • Regulating gene expression in zebrafish embryos using light-activated, negatively charged peptide nucleic acids
        XinJing Tang; Shingo Maegawa; Eric S. Weinberg; Ivan J. Dmochowski
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年09月, 査読有り
      • Chordin expression, mediated by Nodal and FGF signaling, is restricted by redundant function of two beta-catenins in the zebrafish embryo
        Mate Varga; Shingo Maegawa; Gianfranco Bellipanni; Eric S. Weinberg
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2007年09月, 査読有り
      • FGF signaling is required for beta-catenin-mediated induction of the zebrafish organizer
        Shingo Maegawa; Mate Varga; Eric S. Weinberg
        DEVELOPMENT, 2006年08月, 査読有り
      • Essential and opposing roles of zebrafish beta-catenins in the formation of dorsal axial structures and neurectoderm
        G Bellipanni; MT Varga; S Maegawa; Y Imai; C Kelly; AP Myers; F Chu; WS Talbot; ES Weinberg
        DEVELOPMENT, 2006年04月, 査読有り
      • Visualization of primordial germ cells in vivo using GFP-nos1 3 ' UTR mRNA
        Taiju Saito; Takafumi Fujimoto; Shingo Maegawa; Kunio Inoue; Minoru Tanaka; Katsutoshi Arai; Etsuro Yamaha
        INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2006年, 査読有り
      • The zebrafish dorsal axis is apparent at the four-cell stage
        AV Gore; S Maegawa; A Cheong; PC Gilligan; ES Weinberg; K Sampath
        NATURE, 2005年12月, 査読有り
      • Germ-line chimera produced by blastoderm transplantation in zebrafish
        T Nagai; S Otani; T Saito; S Maegawa; K Inoue; K Arai; E Yamaha
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 2005年01月, 査読有り
      • The formation of primordial germ cells from germline cells in spherical embryos derived from the blastodisc of 2-cell embryos in goldfish, Carassius auratus
        S Otani; T Kitauchi; T Saito; S Sakao; S Maegawa; K Inoue; K Arai; E Yamaha
        INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2005年, 査読有り
      • A role for MKP3 in axial patterning of the zebrafish embryo
        M Tsang; S Maegawa; A Kiang; R Habas; E Weinberg; IB Dawid
        DEVELOPMENT, 2004年06月, 査読有り
      • Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation
        Y Hashimoto; S Maegawa; T Nagai; E Yamaha; H Suzuki; K Yasuda; K Inoue
        DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2004年04月, 査読有り
      • A vertebrate RNA-binding protein Fox-1 regulates tissue-specific splicing via the pentanucleotide GCAUG
        Y Jin; H Suzuki; S Maegawa; H Endo; S Sugano; K Hashimoto; K Yasuda; K Inoue
        EMBO JOURNAL, 2003年02月, 査読有り
      • Zebrafish DAZ-like protein controls translation via the sequence 'GUUC'
        S Maegawa; M Yamashita; K Yasuda; K Inoue
        GENES TO CELLS, 2002年09月, 査読有り
      • The germ cell lineage identified by vas-mRNA during the embryogenesis in goldfish
        S Otani; S Maegawa; K Inoue; K Arai; E Yamaha
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2002年05月, 査読有り
      • Vegetal localization of the maternal mRNA encoding an EDEN-BP/Bruno-like protein in zebrafish
        H Suzuki; S Maegawa; T Nishibu; T Sugiyama; K Yasuda; K Inoue
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2000年05月, 査読有り
      • Maternal mRNA localization of zebrafish DAZ-like gene
        S Maegawa; K Yasuda; K Inoue
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 1999年03月, 査読有り

      MISC

      • ミズクラゲのストロビレーションのチオウレアによる阻害機構
        山守瑠奈; 前川真吾; 豊原治彦
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2016年
      • 熱水噴出域の極限環境適応種から探る化学センシングとその分子基盤
        荻野哲也; 前川真吾; 滋野修一; 藤倉克則; 小倉淳; 豊原治彦
        マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 2015年05月30日
      • 熱水噴出孔適応動物から探る新規バイオセンサー
        荻野哲也; 滋野修一; 前川真吾; 西村大希; 小倉淳; 藤倉克則; 豊原治彦
        マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 2015年05月30日
      • 熱水噴出孔最近傍に生息するマリアナイトエラゴカイの化学刺激感知機構に関する研究
        荻野哲也; 前川真吾; 滋野修一; 藤倉克則; 豊原治彦
        ブルーアース要旨集, 2015年
      • Evaluating Effectiveness of Accessibility to Infer RNA-RNA Interactions
        Yuki Kato; Tomoya Mori; Kengo Sato; Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Tatsuya Akutsu
        研究報告バイオ情報学(BIO), 2013年09月12日
      • 熱水適応種における環境センシング―網羅的RNAseq解析と生体センサ素子の提供―
        滋野修一; 小倉淳; 森司; 豊原治彦; 前川真吾; 細井公富; 吉田真明; 植松勝之; 多米晃裕; 土田真二; 平岡礼鳥; 鶴若祐介; 吉田尊雄; 藤倉克則
        ブルーアース要旨集, 2013年
      • 干潟底泥バイオリアクター説の検証―ヤマトシジミセルラーゼのCellulose Binding Domain(CBD)のアンカー機能の検討
        劉文; 豊原治彦; 前川真吾
        日本水産学会大会講演要旨集, 2012年09月14日
      • 南西諸島マングローブ湿地帯のセルロース分解に対する底生生物の寄与
        豊原治彦; 山田京平; 前川真吾
        日本水産学会大会講演要旨集, 2012年09月14日
      • 水晒し工程におけるトランスグルタミナーゼの挙動に関する免疫学的研究
        酒井 清悟; 久保田 光俊; 石田 貴之; 前川 真吾; 豊原 治彦
        日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries, 2012年09月
      • ゼブラフィッシュ生殖顆粒構成因子Granulitoタンパク質の機能解析
        稲川陽介; 金村節子; 三嶋雄一郎; 前川真吾; 坂本博; 井上邦夫
        日本RNA学会年会要旨集, 2012年07月18日
      • MAGI-1 modulates anxiety-like behavior in mice
        Sachi Tsujikawa; Yukio Taniguchi; Keizo Takao; Tsuyoshi Miyakawa; Shingo Maegawa; Shigeo Kobayashi; Haruaki Ninomiya; Tomoh Masaki; Akira Kakizuka; Hiroshi Hosokawa
        BMB2010, 2010年12月07日, 査読有り
      • Serotonin is involved in embryogenesis in zebrafish
        Yudai Tokumasu; Shingo Maegawa; Weiyi Wang; Eric S. Weinberg; Shigeo Kobayashi
        American Society for Cell Biology, the 50th annual meeting, Philadelphia, USA, 2010年12月
      • Visualization of serotonergic neurons in living zebrafish
        Shunji Fujioka; Shingo Maegawa; Shigeo Kobayashi
        American Society for Cell Biology, the 50th annual meeting, Philadelphia, USA, 2010年12月
      • Induction and patterning of trunk and tail neural ectoderm by the homeobox gene eve1 in zebrafish embryos
        Carlos Cruz; Shingo Maegawa; Eric S. Weinberg; Stephen W. Wilson; Igor B. Dawid; Tetsuhiro Kudoh
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2010年02月, 査読有り
      • MAGI‐1は不安様行動を調節する
        辻川幸; 谷口幸雄; 高雄啓三; 宮川剛; 前川真吾; 小林茂夫; 二宮治明; 眞崎知生; 垣塚彰; 細川浩
        生化学, 2010年
      • Roles of Tryptophan hydroxylase in early development
        Shingo Maegawa; Hiroshi Hosokawa; Eric S. Weinberg; Shigeo Kobayashi
        American Society for Cell Biology, the 48th annual meeting, San Francisco, USA, 2008年
      • 体温とTRPチャネル
        細川浩; 前川真吾; 澤田洋介; 田地野浩二; 辻川幸; 松村潔; 小林茂夫
        日本香辛料研究会講演要旨集, 2008年
      • The zebrafish dorsal axis is specified by maternally localized Squint
        A. Gore; S. Maegawa; A. Cheong; P. Gilligan; E. Weinberg; K. Sampath
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2005年09月
      • ゼブラフィッシュのはい盤移植による生殖系列キメラの誘導
        長井輝美; 大谷哲; 斎藤大樹; 前川真吾; 井上邦夫; 荒井克俊; 山羽悦郎
        日本水産学会誌, 2005年01月
      • ゼブラフィッシュを用いたDaZ遺伝子の機能解析
        三嶋雄一郎; 前川真吾; 坂本博; 井上邦夫
        日本発生生物学会大会発表要旨集, 2004年05月10日
      • ゼブラフィッシュPGC形成過程におけるzDazlの機能解析
        三嶋雄一郎; 前川真吾; 藤原俊伸; 坂本博; 井上邦夫
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2003年11月25日
      • Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation
        Y Hashimoto; S Maegawa; K Yasuda; K Inoue
        DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2003年07月
      • 異時的に移植されたゼブラフィッシュ始原生殖細胞(PGCs)の移動および分化
        長井輝美; 斎藤大樹; 吉川智仁; 大谷哲; 前川真吾; 井上邦夫; 荒井克俊; 山羽悦郎
        日本水産学会大会講演要旨集, 2003年04月01日
      • GFP‐nos1‐3′ UTR mRNAによる始原生殖細胞(PGCs)の顕在化とそれを利用した魚類の異種間生殖系列キメラ作出の試み
        斎藤大樹; 吉川智仁; 長井輝美; 大谷哲; 藤本貴史; 相田貴紀; 井上邦夫; 前川真吾; 山羽悦郎
        日本水産学会大会講演要旨集, 2003年04月01日
      • ゼブラフィッシュ生殖細胞形成に関与する母性mRNAの転写後制御機構の解析
        三嶋雄一郎; 前川真吾; 安田国雄; 井上邦夫
        日本発生生物学会大会発表要旨集, 2002年
      • ゼブラフィッシュにおける新規心臓特異的RRM型RNA結合タンパク質の同定とその標的RNA配列の解析
        山本晋也; 神唯; 前川真吾; 鈴木仁; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 2001年08月01日
      • Fox‐1は筋肉系列特異的なスプライシングを制御する
        神唯; 鈴木仁; 前川真吾; 遠藤仁司; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 2001年08月01日
      • ゼブラフィッシュにおける局在化母性mRNAを介した生殖細胞形成機構の解析
        橋本祥子; 前川真吾; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 2001年08月01日
      • キンギョにおいてvasa遺伝子の発現維持は背腹軸形成,中はい葉誘導とは無関係である
        大谷哲; 前川真吾; 井上邦夫; 荒井克俊; 山羽悦郎
        日本動物学会大会予稿集, 2000年09月
      • ゼブラフィッシュDAZ‐likeタンパク質は翻訳活性化因子である
        前川真吾; 鈴木仁; 山下正兼; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 2000年07月31日
      • ゼブラフィッシュにおける組織特異的スプライシング制御因子の同定とその機能解析
        神唯; 前川真吾; 遠藤仁司; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 2000年07月31日
      • ゼブラフィッシュ卵において植物極に局在化するbruno‐likeの解析
        鈴木仁; 前川真吾; 安田国雄; 井上邦夫
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1999年11月22日
      • ゼブラフィッシュのPGCsは中期胞はい期のはい盤下部に位置する
        長井輝美; 大谷哲; 前川真吾; 井上邦夫; 荒井克俊; 山羽悦郎
        日本動物学会大会予稿集, 1999年09月27日
      • ゼブラフィッシュ生殖細胞形成過程におけるDAZ‐like遺伝子の役割
        前川真吾; 人羅俊実; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 1999年08月03日
      • ゼブラフィッシュbruno‐like遺伝子の解析
        鈴木仁; 前川真吾; 安田国雄; 井上邦夫
        RNAミーティング, 1999年08月03日
      • ゼブラフィッシュにおける生殖細胞形成機構の解析
        前川 真吾; 安田 國雄; 井上 邦夫
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • ゼブラフィッシュ母性RNA結合性蛋白質ZOR-1の機能解析
        鈴木 仁; 前川 真吾; 安川 國雄; 井上 邦夫
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • Elav型RNA結合性蛋白質をコードするゼブラフィッシュetr遺伝子の同定と機能解析
        西部隆宏; 杉山智康; 鈴木仁; 前川真吾; 寺島和宏; 坂下英司; 坂本博; 安田国雄; 井上邦夫
        日本発生生物学会大会発表要旨集, 1998年
      • ゼブラフィッシュ生殖細胞系列で発現するvasa相同遺伝子の同定
        前川真吾; 安田国雄; 井上邦夫
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1997年12月
      • メダカにおけるHSE様配列をもつプロモーターの構造と機能解析
        横山芳博; 豊原治彦; 橋本寿史; 前川真吾; 木下政人; 坂口守彦; 河合文雄; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年03月
      • 魚類はいにおけるhsp70発現のストレス応答性
        前川真吾; 橋本寿史; 木下政人; 竹内壱明; 横山芳博; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年03月

      講演・口頭発表等

      • 熱帯魚ゼブラフィッシュからひもとく体の作り方 -- 受精に始まるいのちの物語 --
        京都大学大学院情報学研究科平成22年度公開講座 DNAの情報が作る人の体, 2010年08月, 京都大学大学院情報学研究科
      • ゼブラフィッシュ胚からひもとく頭の作り方
        NAIST遺伝子ー奈良先端バイオの研究人材育成力, 2007年12月, 奈良先端科学技術大学院大学
      • FGF signaling is required for beta-catenin-dependent organizer formation.
        奈良先端科学技術大学院大学サマーカンファレンス, 2005年09月, 奈良先端科学技術大学院大学

      外部資金:科学研究費補助金

      • ディスカス保育因子の特定とその種苗生産への応用
        挑戦的研究(萌芽)
        摂南大学;京都大学
        豊原 治彦
        自 2017年06月30日, 至 2020年03月31日, 完了
        哺育因子;ディスカス;ディスカスミルク;免疫グロブリン;保育因子
      • 新規ファンコニ貧血遺伝子のハンティングと機能解析
        基盤研究(A)
        京都大学
        高田 穣
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ファンコニ貧血;FA経路;RFWD3;ユビキチン化;原因遺伝子;DNA損傷修復;相同組換え;ゼブラフィッシュ;ゲノムシーケンス;DNA修復;モノユビキチン化;次世代シーケンサー;アレイCGH;先天性骨髄不全
      • 離散的手法と統計的手法の融合による構造設計法
        基盤研究(A)
        京都大学
        阿久津 達也
        自 2014年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        ケモインフォマティクス;構造列挙;グラフアルゴリズム;カーネル法;生物情報ネットワーク;化学構造;特徴ベクトル;ヶモインフォマティクス;グラフ列挙
      • 二枚貝晶稈体を構成する新規タンパク質を活用したバイオリアクターシステム等の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        豊原 治彦
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        晶桿体;アサリ;酵素;晶稈体;ヤマトシジミ;セルロース;セルラーゼ;バイオリアクター;軟体動物;二枚貝;クリスタルタンパク質
      • 透明ディスプレイへの応用を目指したイカ色素胞制御機構の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        前川 真吾
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        色素胞制御;神経基盤;色素胞;モデル化;バイオミメティクス
      • セロトニンの体軸形成過程における役割
        若手研究(A)
        京都大学
        前川 真吾
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        形成体;セロトニン;オーガナイザー;形態形成;胚発生
      • サカナのふるえ-恒温動物のふるえの原型か
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        小林 茂夫
        完了
        生理学;脳・神経;発生・分化;体温調節;進化;ふるえ;恒温動物;変温動物;発振器;間欠的反応
      • セロトニン合成酵素Tphd2の体軸形成における役割
        若手研究(スタートアップ)
        京都大学
        前川 真吾
        完了
        胚葉形成;原腸形成;体節形成;胚発生;セロトニン;形態形成

      外部資金:その他

      • うつ病様症状を引き起こす分子機構の解明
        昭和報公会学術研究助成金
        自 2010年
        前川真吾
      • 干潟での陸起源有機物の分解に対するヤマトシジミの役割
        旭硝子財団 研究奨励
        自 2012年06月12日, 至 2013年03月31日
        前川真吾
      • イカに学ぶ次世代型透明ディスプレイの開発
        カシオ科学振興財団 研究助成
        自 2012年12月01日, 至 2013年11月30日
        前川真吾
      • 人為的A→C点突然変異導入法の開発 (平成29年度分)
        京都発革新的医療技術研究開発助成事業
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        前川 真吾
      list
        Last Updated :2022/06/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          神経機能論実験B
          8344, 前期, 総合人間学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命情報学基礎論
          3159, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命科学基礎ゼミ
          8289, 前期, 総合人間学部, 2
        • 生体情報処理演習、生命科学の基礎ゼミ、生体情報論基礎ゼミ、情報学実習、神経機能論実験
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体情報処理演習
          前期, 情報学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物学実習III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体情報処理演習
          前期, 情報学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物学実習III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体情報処理演習
          前期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物学実習III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体情報処理演習
          前期, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体情報処理演習
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命情報学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命情報学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          神経機能論実験B
          前期, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命情報学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          神経機能論実験B
          前期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命情報学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          神経機能論実験B
          前期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命情報学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          神経機能論実験B
          前期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命情報学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命科学基礎ゼミ
          前期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          神経機能論実験B
          前期, 総合人間学部
        list
          Last Updated :2022/06/30

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            広報WG委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            広報WG委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            情報セキュリティWG
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            システム運用WG
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            情報セキュリティWG
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            システム運用WG

          ページ上部へ戻る