教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

川上 浩司

カワカミ コウジ

医学研究科 社会健康医学系専攻健康解析学講座薬剤疫学 教授

川上 浩司
list
    Last Updated :2024/06/13

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学内兼務

    • 総合生存学館, 総合生存学専攻, 教授
    • 学際融合教育研究推進センター, 政策のための科学ユニット, ユニット長

    所属学協会

    • Drug Information Association
    • American Association for Cancer Research
    • Society for Immunotherapy of Cancer
    • International Society of Pharmacoepidemiology
    • International Society of Pharmaceutical Engineering (ISPE)
    • International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research
    • 日本ペプチド研究会
    • 日本遺伝子治療学会
    • 日本製薬医学医師連合会
    • がん分子標的治療研究会
    • 日本疫学会
    • 日本癌治療学会
    • 日本癌学会
    • 日本公衆衛生学会
    • 日本臨床疫学会(理事)
    • 地域包括ケア病棟協会(参与)
    • 日本セルフケア推進協議会(理事)
    • 国際腫瘍免疫療法学会(運営委員)
    • 臨床医学研究塾(理事)
    • ヘルスケア・データサイエンス研究所(理事)
    • 健康・医療・教育情報評価推進機構(常務理事)
    • 医療データベース協会(理事)
    • 国際医薬経済・アウトカム研究学会日本支部(評議員)
    • 日本薬剤疫学会(理事、評議員)
    • オミックス医療研究会(評議員)
    • 脳心血管抗加齢研究会(評議員)
    • 日本抗加齢医学会(評議員)
    • 日本臨床試験学会(理事)

    学位

    • 博士(医学)(横浜市立大学)

    経歴

    • 自 2004年12月, 至 2006年08月
      東京大学, 客員助教授
    • 自 2002年, 至 2004年
      米国食品医薬品庁, 臨床試験審査官、研究官
    • 自 1999年, 至 2001年
      国食品医薬品庁, 博士研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      1997年筑波大学医学専門学群卒(医師免許)、2001年横浜市立大学大学院医学研究科頭頸部外科学卒(医学博士)。米国連邦政府食品医薬品庁(FDA) 生物製剤評価研究センター(CBER)にて細胞遺伝子治療部 臨床試験(IND)審査官、研究官を歴任し、米国内の臨床試験の審査業務および行政指導に従事。東京大学大学院医学系研究科客員助教授を経て、2006年に33歳で京都大学教授(大学院医学研究科・薬剤疫学)。2010年-2014年京都大学理事補(研究担当)、2011年より京都大学学際融合教育研究推進センター・政策のための科学ユニット長。現在、慶應義塾大学医学部 客員教授などを兼務。原著論文は150報以上。日本臨床疫学会理事、日本薬剤疫学会理事、日本臨床試験学会理事、地域包括ケア病棟協会参与、医療データベース協会理事、健康・医療・教育情報評価推進機構常務理事、日本セルフケア推進協議会理事。

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/06/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        臨床疫学、薬剤疫学、医療データベース、リアルワールドデータ、ライフコースデータ、ヘルステクノロジーアセスメント
      • 研究概要

        私たちは、IT時代に対応して介入研究(臨床試験)の時代から観察研究(臨床疫学)の時代へと進化を続ける臨床研究に取り組む中で、とくに、各種医療データベースを用いた観察研究の可能性の模索と挑戦を続けています。具体的には、レジストリ系およびリアルワールドデータ(RWD)系それぞれの各種情報系を用い、とくにRWD系では、診療報酬請求(レセプト)情報(NDBおよび企業健保400万人)、DPC情報(2400万人)、調剤情報(5大企業由来3500万処方箋/年相当)、電子カルテ由来診療情報(1900万人)といった4種類のデータベースを駆使した研究を行っています。また、医療系以外にも、各種の健診情報(全国自治体の母子保健、学校健診)や、購買行動情報などを用いた疫学研究も開拓しています。上述のような各種の医療情報や健康情報を連接して縦断的に把握することで、いわば人生の健康の歴史を紡ぐ、「ライフコースデータ」として新たな医学研究を実施できるようになります。そのための基盤整備にも全力で取り組んでいます。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

      論文

      • Incidence, Prevalence, and Treatment of Moyamoya Disease in Japan: A Population-based Descriptive Study.
        Hao Liu; Toshiki Fukasawa; Takayuki Anno; Masato Takeuchi; Sho Shimazaki; Tao Yang; Koji Kawakami
        Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 2024年05月18日
      • Effectiveness of sublingual immunotherapy in pediatric cedar pollinosis: A real-world database study.
        Rie Matsushita; Sachiko Tanaka-Mizuno; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pediatric allergy and immunology : official publication of the European Society of Pediatric Allergy and Immunology, 2024年01月
      • 【リアルワールドデータを用いた臨床研究の進化】電子カルテ由来診療情報データベース
        竹内 正人; 川上 浩司
        医学のあゆみ, 2023年02月
      • 多発性硬化症患者におけるフマル酸ジメチルとフィンゴリモドの有効性、治療継続率、および服薬アドヒアランスの比較
        嶋崎 翔; 深澤 俊貴; 近藤 誉之; 竹内 正人; 大倉 敬之; 高橋 良輔; 川上 浩司
        薬剤疫学, 2022年11月
      • Hypothetical intervention of targeted systolic blood pressure control of < 120 mmHg on renal prognosis for persons with stage 3–4 chronic kidney disease: an application of parametric g-formula using health checkup data in Japan
        Masato Takeuchi; Kanna Shinkawa; Motoko Yanagita; Koji Kawakami
        Clinical and Experimental Nephrology, 2023年03月22日
      • レンボレキサントへの切り替えの実態 診療報酬請求データベースを用いた記述疫学研究
        田中 佐智子; 藤本 健一; 三島 和夫; 阪田 幸則; 深澤 俊貴; 水野 佳世子; 吉田 都美; 石井 美佳; 谷長 丈廣; 久保田 直樹; Moline Margaret; 川上 浩司
        日本睡眠学会定期学術集会・日本時間生物学会学術大会合同大会プログラム・抄録集, 2023年09月
      • Association Between Arterial Pulse Waveform Analysis and Mortality in Patients With Septic Shock: A Retrospective Cohort Study Using Japanese Diagnosis Procedure Combination Data.
        Koji Endo; Kayoko Mizuno; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        Journal of intensive care medicine, 2024年04月18日
      • Erratum to: Reoperation Rates of Microendoscopic Discectomy Compared With Conventional Open Lumbar Discectomy: A Large-database Study.
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Koichi Murata; Takayoshi Shimizu; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Clinical orthopaedics and related research, 2024年03月01日
      • Timing of Initiation of Xanthine Oxidase Inhibitors Based on Serum Uric Acid Level Does Not Predict Renoprognosis in Patients with Preserved Kidney Function
        Atsushi Takayama; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Metabolic Syndrome and Related Disorders, 2024年01月03日
      • Timing of Initiation of Xanthine Oxidase Inhibitors Based on Serum Uric Acid Level Does Not Predict Renoprognosis in Patients with Preserved Kidney Function.
        Atsushi Takayama; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Metabolic syndrome and related disorders, 2024年01月03日
      • Correction: Electronic Health Record-Nested Reminders for Serum Lithium Level Monitoring in Patients With Mood Disorder: Randomized Controlled Trial.
        Tomotsugu Seki; Morio Aki; Toshi A Furukawa; Hirotsugu Kawashima; Tomotaka Miki; Yujin Sawaki; Takaaki Ando; Kentaro Katsuragi; Takahiko Kawashima; Senkei Ueno; Takashi Miyagi; Shun'ichi Noma; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Journal of medical Internet research, 2024年01月03日
      • Clinical Characteristics and Outcomes of Patients With Venous Thromboembolism Receiving Edoxaban in the Real World
        Yugo Yamashita; Toshiki Fukasawa; Chikashi Takeda; Masato Takeuchi; Koh Ono; Koji Kawakami
        Circulation Journal, 2023年12月23日
      • The association between intraoperative anesthesia methods used during gastric cancer surgery and long-term mortality: A retrospective observational study using a Japanese claims database.
        Tomoko Kagawa; Kiyoyasu Kurahashi; Tomotsugu Seki; Yohei Kawasaki; Isao Nahara; Chikashi Takeda; Hiroshi Yonekura; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Journal of anesthesia, 2023年12月15日
      • レンボレキサントへの切り替えの実態 診療報酬請求データベースを用いた記述疫学研究
        田中 佐智子; 藤本 健一; 三島 和夫; 阪田 幸則; 深澤 俊貴; 水野 佳世子; 吉田 都美; 石井 美佳; 谷長 丈廣; 久保田 直樹; Moline Margaret; 川上 浩司
        日本睡眠学会定期学術集会・日本時間生物学会学術大会合同大会プログラム・抄録集, 2023年09月
      • Cardiovascular Safety of Atomoxetine and Methylphenidate in Patients With Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder in Japan: A Self-Controlled Case Series Study.
        Yunlong Zheng; Toshiki Fukasawa; Fumitaka Yamaguchi; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of attention disorders, 2023年12月12日
      • Features and prognosis of patients with lupus nephritis receiving glucocorticoid treatment: a descriptive study using a Japanese claims database.
        Kenichi Hiraga; Izumi Sato; Koji Kawakami
        Current medical research and opinion, 2023年11月14日
      • Risk Factors for Recurrence of Peritonsillar Abscess.
        Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Yo Kishimoto; Koichi Omori; Koji Kawakami
        The Laryngoscope, 2023年08月
      • Long-term vs short-term tocolysis with ritodrine hydrochloride: Propensity score-matched analysis.
        Akiko Okuda; Yoshihide Inayama; Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Koji Kawakami; Masaki Mandai; Toshihiro Higuchi
        European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology, 2023年03月
      • Impact of the COVID-19 pandemic on the incidence of healthcare facility-onset Clostridioides difficile infection in hospitalized patients with sepsis: Interrupted time series analysis using Japanese Diagnosis Procedure Combination data.
        Koji Endo; Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Anaerobe, 2023年02月
      • Anesthesia practice for Cesarean delivery in Japan: a retrospective cohort study
        Hiroshi Yonekura; Yusuke Mazda; Shohei Noguchi; Hironaka Tsunobuchi; Koji Kawakami
        Canadian Journal of Anesthesia/Journal canadien d'anesthésie, 2023年11月13日
      • Association between sedation during spinal anesthesia and mortality in older patients undergoing hip fracture surgery: A nationwide retrospective cohort study in Japan.
        Maki Nabatame; Masato Takeuchi; Chikashi Takeda; Koji Kawakami
        Journal of clinical anesthesia, 2024年02月
      • Frequency and determinants of serum calcium monitoring during eldecalcitol therapy in patients with osteoporosis.
        Kairi Ri; Toshiki Fukasawa; Soichiro Masuda; Shiro Tanaka; Masato Takeuchi; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        Journal of bone and mineral metabolism, 2023年10月28日
      • Prescribing Pattern and Efficacy of Oral Antibiotics for Pediatric Urinary Tract Infections in Japan: A Descriptive Study Using a Nationwide Claims Database
        Daichi Muramatsu; Takanori Yanai; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        Pediatric Infectious Disease Journal, 2023年10月11日
      • Pneumonia hospitalization after introduction of pneumococcal conjugate vaccine in Japan: Descriptive study using a nationwide claims database
        Takanori Yanai; Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Vaccine, 2023年06月
      • COVID-19の活動制限が小児の肥満に与えた影響 11万人の学校健診情報による検討
        吉田 都美; 矢内 貴憲; 竹内 正人; 川上 浩司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2022年09月
      • Reoperation Rates of Microendoscopic Discectomy Compared With Conventional Open Lumbar Discectomy: A Large-database Study
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Koichi Murata; Takayoshi Shimizu; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Clinical Orthopaedics & Related Research, 2022年07月15日, 査読有り
      • Real-world practice of estrogen and progestogen prescriptions in menopausal women in Japan: A descriptive study using a Japanese claims database.
        Yoshihide Inayama; Kayoko Mizuno; Miho Egawa; Ken Yamaguchi; Junzo Hamanishi; Masato Takeuchi; Masaki Mandai; Koji Kawakami
        The journal of obstetrics and gynaecology research, 2023年09月26日
      • Are Dental Procedures Associated With Pyogenic Vertebral Osteomyelitis?
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Korenori Arai; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Koichi Murata; Takayoshi Shimizu; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Clinical orthopaedics and related research, 2023年09月28日
      • Does nutritional guidance reduce cardiovascular events in patients with type 2 diabetes mellitus? A retrospective cohort study using a nationwide claims database.
        Misaki Nakahata; Sachiko Tanaka-Mizuno; Fumitaka Yamaguchi; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Acta diabetologica, 2023年07月08日
      • Association between dental procedures and periprosthetic joint infection: A case-crossover study
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Korenori Arai; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Journal of Orthopaedic Science, 2023年08月
      • 【腎疾患における臨床研究の進歩】国内データベースの活用 レセプトデータベース
        深澤 俊貴; 田中 佐智子; 川上 浩司
        腎と透析, 2022年09月
      • Imiquimod for Cervical and Vaginal Intraepithelial Neoplasia: A Systematic Review and Meta-analysis.
        Yoshihide Inayama; Shiro Takamatsu; Junzo Hamanishi; Kayoko Mizuno; Noboru Horinouchi; Koji Yamanoi; Mana Taki; Ryusuke Murakami; Ken Yamaguchi; Kenzo Kosaka; Orestis Efthimiou; Koji Kawakami; Toshiaki A Furukawa; Masaki Mandai
        Obstetrics and gynecology, 2023年08月01日
      • Risk of Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis associated with antibiotic use: a case-crossover study.
        Toshiki Fukasawa; Hisashi Urushihara; Hayato Takahashi; Takayuki Okura; Koji Kawakami
        The journal of allergy and clinical immunology. In practice, 2023年07月15日
      • Risk of Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis associated with antibiotic use: a case-crossover study
        Toshiki Fukasawa; Hisashi Urushihara; Hayato Takahashi; Takayuki Okura; Koji Kawakami
        The Journal of Allergy and Clinical Immunology: In Practice, 2023年07月
      • Incidence and factors associated with newly implemented do-not-attempt-resuscitation orders among deteriorating patients after rapid response system activation: A retrospective observational study using a Japanese multicenter database.
        Tatsuya Tsuji; Yoshiki Sento; Toshiyuki Nakanishi; Tetsuya Tamura; Eisuke Kako; Izumi Sato; Koji Kawakami; Tatsuya Kawasaki; Takaki Naito; Shigeki Fujitani; Kazuya Sobue
        Acute medicine & surgery, 2023年
      • Effectiveness of intraoperative nicorandil in patients with a history of ischemic heart disease undergoing high-risk noncardiac surgery: a retrospective cohort study.
        Kentaro Miyake; Satomi Yoshida; Tomotsugu Seki; Woo Jin Joo; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of anesthesia, 2023年06月01日
      • Electronic Health Record-Nested Reminders for Serum Lithium Level Monitoring in Patients With Mood Disorder: Randomized Controlled Trial.
        Tomotsugu Seki; Morio Aki; Toshi A Furukawa; Hirotsugu Kawashima; Tomotaka Miki; Yujin Sawaki; Takaaki Ando; Kentaro Katsuragi; Takahiko Kawashima; Senkei Ueno; Takashi Miyagi; Shun'ichi Noma; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Journal of medical Internet research, 2023年03月22日
      • Recent Trend of Using Computed Tomography to Diagnose Pediatric Appendicitis at the First Hospital Visit: A Descriptive Study Using a Medical Claims Database.
        Tetsuji Yoneyama; Izumi Sato; Masayuki Nakashima; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pediatric emergency care, 2023年04月01日
      • Validity of using Japanese administrative data to identify inpatients with acute pulmonary embolism: Referencing the COMMAND VTE registry.
        Aki Kuwauchi; Satomi Yoshida; Chikashi Takeda; Yugo Yamashita; Takeshi Kimura; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of epidemiology, 2023年04月22日
      • Hormone replacement therapy and cancer risks in perimenopausal women: A retrospective cohort study using a Japanese claims database.
        Yoshihide Inayama; Kayoko Mizuno; Ken Yamaguchi; Junzo Hamanishi; Masato Takeuchi; Miho Egawa; Masaki Mandai; Koji Kawakami
        The journal of obstetrics and gynaecology research, 2023年04月08日
      • Real-world practice of estrogen therapy after surgery for endometrial cancer: a descriptive study using a Japanese claims database.
        Yoshihide Inayama; Kayoko Mizuno; Ken Yamaguchi; Junzo Hamanishi; Masato Takeuchi; Miho Egawa; Masaki Mandai; Koji Kawakami
        International journal of clinical oncology, 2023年03月
      • Longitudinal association of working from home on work functioning impairment in desk workers during COVID-19 pandemic: A nationwide cohort study.
        Atsushi Takayama; Takashi Yoshioka; Tomohiro Ishimaru; Satomi Yoshida; Koji Kawakami; Takahiro Tabuchi
        Journal of occupational and environmental medicine, 2023年04月05日
      • Association between combined spinal-epidural analgesia and neurodevelopment at 3 years old: The Japan Environment and Children's Study.
        Masahiro Noda; Satomi Yoshida; Chihiro Kawakami; Masato Takeuchi; Koji Kawakami; Shuichi Ito
        The journal of obstetrics and gynaecology research, 2023年04月02日
      • Adherence to and persistence with lacosamide, perampanel, lamotrigine, and levetiracetam in adult patients with focal epilepsy in Japan: A descriptive cohort study using a claims database
        Siming Chen; Toshiki Fukasawa; Akio Ikeda; Masato Takeuchi; Akihiro Shimotake; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        Heliyon, 2023年03月
      • Survival in non-small cell lung cancer patients with versus without prior cancer
        Akira Sato; Toshitaka Morishima; Masato Takeuchi; Kayo Nakata; Koji Kawakami; Isao Miyashiro
        Scientific Reports, 2023年03月15日
      • Predictors of the Need for Surgery in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Retrospective Cohort Longitudinal Study Using a Claims-based Database.
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Koichi Murata; Takayoshi Shimizu; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Clinical spine surgery, 2023年02月28日
      • Predictors of the Need for Surgery in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Koichi Murata; Takayoshi Shimizu; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Clinical Spine Surgery: A Spine Publication, 2023年02月28日
      • Safety of sugammadex for myasthaenia gravis patients undergoing general anaesthesia: a retrospective database study
        Isao Nahara; Masato Takeuchi; Hiroshi Yonekura; Chikashi Takeda; Koji Kawakami
        BJA Open, 2022年12月
      • Incidence of surgical site infection following lateral lumbar interbody fusion compared with posterior/transforminal lumbar interbody fusion: A propensity score-weighted study
        Soichiro Masuda; Toshiki Fukasawa; Masato Takeuchi; Shunsuke Fujibayashi; Bungo Otsuki; Koichi Murata; Takayoshi Shimizu; Shuichi Matsuda; Koji Kawakami
        Spine, 2023年01月30日
      • Risk of parkinsonism and related movement disorders with gabapentinoids or tramadol: a case‐crossover study
        Kairi Ri; Toshiki Fukasawa; Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pharmacotherapy: The Journal of Human Pharmacology and Drug Therapy, 2023年01月12日
      • 地域包括ケア病棟におけるPoint of Careリハビリテーションの実施状況ならびに導入病院と非導入病院間における患者転帰の検討
        関 知嗣; 仲井 培雄; 上田 佳史; 川上 浩司; 西田 径; 中村 正樹; 田中 佐智子
        日本慢性期医療協会誌, 2021年08月
      • Hemodynamic monitoring using a pulmonary artery catheter versus the Vigileo/FloTrac system during elective cardiac surgery based on real-world data in Japan.
        Kuwauchi A; Yoshida S; Tanaka S; Tanaka S; Takeda C; Yonekura H; Nahara I; Kawakami K
        Ann Clin Epidemiol, 2022年
      • Local drug delivery to a human pancreatic tumor via a newly designed multiple injectable needle.
        Ohara K; Kohno M; Horibe T; Kawakami K
        Molecular and clinical oncology, 2013年03月, 査読有り
      • Clinical epidemiology and pharmacoepidemiology studies with real-world databases.
        Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Sachiko Tanaka-Mizuno; Kayoko Mizuno; Masayuki Nakashima; Toshiki Fukasawa; Koji Kawakami
        Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences, 2022年
      • The Association Between Hypouricemia and Cardiometabolic Diseases: Analyzing Nationwide Data From Medical Checkup and Health Insurance Records.
        Ruriko Koto; Izumi Sato; Masanari Kuwabara; Tomotsugu Seki; Koji Kawakami
        Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases, 2022年09月20日
      • Risk of pneumonitis in non-small cell lung cancer patients with preexisting interstitial lung diseases treated with immune checkpoint inhibitors: a nationwide retrospective cohort study.
        Kenji Sawa; Izumi Sato; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Cancer immunology, immunotherapy : CII, 2022年08月22日
      • 【腎疾患における臨床研究の進歩】国内データベースの活用 レセプトデータベース
        深澤 俊貴; 田中 佐智子; 川上 浩司
        腎と透析, 2022年09月
      • Incidence and Real-world Clinical Practice of Exudative Age-related Macular Degeneration: A Nationwide Population-Based Cohort Study
        Kido, Ai; Miyake, Masahiro; Tamura, Hiroshi; Hiragi, Shusuke; Kimura, Takeshi; Yoshida, Satomi; Takeuchi, Masato; Ohtera, Shosuke; Takahashi, Ayako; Ooto, Sotaro; Kawakami, Koji; Kuroda, Tomohiro; Tsujikawa, Akitaka
        Ophthalmology Science, 2022年06月, 査読有り
      • 【最近の疫学】医療データベースを用いた観察研究の可能性
        深澤 俊貴; 田中 佐智子; 川上 浩司
        ファルマシア, 2022年08月
      • [International comparison and regulatory issues of the molecular targeted therapy development].
        Masahiro Iwasaku; Koji Kawakami
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2015年08月
      • Association of prepregnancy physical activity with obesity in offspring: The Japan Environment and Children's Study.
        Masahiro Noda; Satomi Yoshida; Chihiro Kawakami; Masato Takeuchi; Koji Kawakami; Shuichi Ito
        Obesity (Silver Spring, Md.), 2022年08月04日
      • Intensive care unit versus high-dependency care unit admission on mortality in patients with septic shock: a retrospective cohort study using Japanese claims data
        Koji Endo; Kayoko Mizuno; Tomotsugu Seki; Woo Jin Joo; Chikashi Takeda; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of Intensive Care, 2022年12月
      • Comparative effectiveness and safety of edoxaban, rivaroxaban, and apixaban in patients with venous thromboembolism: a cohort study.
        Toshiki Fukasawa; Tomotsugu Seki; Masayuki Nakashima; Koji Kawakami
        Journal of thrombosis and haemostasis : JTH, 2022年06月24日
      • Comparative effectiveness and safety of edoxaban, rivaroxaban, and apixaban in patients with venous thromboembolism: a cohort study
        Toshiki Fukasawa; Tomotsugu Seki; Masayuki Nakashima; Koji Kawakami
        Journal of Thrombosis and Haemostasis, 2022年06月24日
      • Initiating SGLT2 inhibitor therapy to improve renal outcomes for persons with diabetes eligible for an intensified glucose-lowering regimen: hypothetical intervention using parametric g-formula modeling.
        Masato Takeuchi; Masahito Ogura; Nobuya Inagaki; Koji Kawakami
        BMJ open diabetes research & care, 2022年06月
      • Comparison of noninvasive follow-up testing in patients after percutaneous coronary intervention with drug-eluting stent implantation.
        Tomotsugu Seki; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of cardiology, 2022年05月21日
      • Trends and patterns in the practice of pediatric sedation for magnetic resonance imaging in Japan: A longitudinal descriptive study from 2012 to 2019.
        Tatsuya Tsuji; Izumi Sato; Yuji Kamimura; Haruko Ota; Chikashi Takeda; Kazuya Sobue; Koji Kawakami
        Paediatric anaesthesia, 2022年05月
      • Longitudinal study of body mass index and percentage of overweight in Japanese children grouped by maturity.
        Reiko Masubuchi; Masahiro Noda; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        Endocrine journal, 2022年04月28日
      • Appropriateness of Percutaneous Coronary Intervention Performed by Japanese Expert Operators in Patients With Chronic Total Occlusion.
        Tomotsugu Seki; Hironobu Tokumasu; Hiroyuki Tanaka; Harumi Katoh; Koji Kawakami
        Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 2022年04月25日
      • Association Between Baloxavir Marboxil Prescription for Children with Influenza B Infections and Short-Term Healthcare Consumption in Japan During the 2018-2019 Influenza Season.
        Kazuma Shinno; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of the Pediatric Infectious Diseases Society, 2022年04月13日
      • Complications associated with the use of enzyme-inducing and non-enzyme-inducing anti-seizure medications in the Japanese population: A retrospective cohort study.
        Jingwei Gao; Tomotsugu Seki; Kiyohide Usami; Di Fan; Akio Ikeda; Koji Kawakami
        Epilepsy & behavior : E&B, 2022年04月
      • Impact of workplace smoke-free policy on secondhand smoke exposure from cigarettes and exposure to secondhand heated tobacco product aerosol during COVID-19 pandemic in Japan: the JACSIS 2020 study.
        Koichiro Takenobu; Satomi Yoshida; Kota Katanoda; Koji Kawakami; Takahiro Tabuchi
        BMJ open, 2022年03月18日
      • Large-scale health insurance study showed that antibiotic use in infancy was associated with an increase in atopic dermatitis.
        Tetsuya Tsuchida; Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992), 2022年03月
      • Trends in Prescribing Antipsychotics for Children and Adolescents in Japan: A Descriptive Epidemiological Study Using a Large-Scale Pharmacy Dataset.
        Sayuri Nakane; Sachiko Tanaka-Mizuno; Chika Nishiyama; Kenji Kochi; Madoka Yamamoto-Sasaki; Masato Takeuchi; Yusuke Ogawa; Yuko Doi; Masaru Arai; Yosuke Fujii; Toshiyuki Matsunaga; Toshiaki A Furukawa; Koji Kawakami
        Child psychiatry and human development, 2022年02月24日
      • Association between antiulcer agents and Clostridioides difficile infection in patients receiving antibiotics: A retrospective cohort study using the diagnosis procedure combination database in Japan.
        Ryo Ishida; Tomotsugu Seki; Koji Kawakami
        Anaerobe, 2022年02月22日
      • Outcomes of Aspiration Prevention Surgery: A Retrospective Cohort Study Using a Japanese Claims Database.
        Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Yuji Kanazawa; Yo Kishimoto; Atsushi Suehiro; Ken Iwanaga; Koji Kawakami; Koichi Omori
        Dysphagia, 2022年02月16日
      • Incidence, clinical characteristics and long-term prognosis of postoperative symptomatic venous thromboembolism: a retrospective cohort study.
        Chikashi Takeda; Yugo Yamashita; Masato Takeuchi; Hiroshi Yonekura; Li Dong; Miho Hamada; Akiko Hirotsu; Koh Ono; Koji Kawakami; Kazuhiko Fukuda; Takeshi Morimoto; Takeshi Kimura; Toshiyuki Mizota
        BMJ open, 2022年02月16日
      • Comparison of laparoscopic and open inguinal hernia repair in adults: A retrospective cohort study using a medical claims database.
        Tetsuji Yoneyama; Masayuki Nakashima; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Asian journal of endoscopic surgery, 2022年02月09日
      • Temporal trends in the prevalence and characteristics of hypouricaemia: a descriptive study of medical check-up and administrative claims data.
        Ruriko Koto; Izumi Sato; Masanari Kuwabara; Tomotsugu Seki; Koji Kawakami
        Clinical rheumatology, 2022年01月24日
      • Association of maternal heavy metal exposure during pregnancy with isolated cleft lip and palate in offspring: Japan Environment and Children's Study (JECS) cohort study.
        Masato Takeuchi; Satomi Yoshida; Chihiro Kawakami; Koji Kawakami; Shuichi Ito
        PloS one, 2022年
      • [Association of prenatal maternal, prenatal secondhand, and postnatal secondhand smoking exposures with the incidence of asthma/atopic dermatitis in children: An epidemiological study using checkup data of mothers and children in Kobe city].
        Satomi Yoshida; Hiroki Mishina; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health, 2021年10月06日
      • Prevalence, recognition and management of chronic kidney disease in Japan: population-based estimate using a healthcare database with routine health checkup data.
        Masato Takeuchi; Kanna Shinkawa; Motoko Yanagita; Koji Kawakami
        Clinical kidney journal, 2021年10月
      • A prospective cohort study of the association between the Apgar score and developmental status at 3 years of age: the Japan Environment and Children's Study (JECS).
        Tetsuya Tsuchida; Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Chihiro Kawakami; Koji Kawakami; Shuichi Ito
        European journal of pediatrics, 2021年09月13日
      • Association between biopsies for anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis and prognosis: a retrospective cohort study.
        Hiroyuki Hashimoto; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Clinical rheumatology, 2021年09月09日
      • First-line antibiotic prescription patterns for acute otitis media in children: A descriptive study using Japanese claims data (2014–2018)
        Saori Yamaguchi; Keisuke Matsubayashi; Kayoko Mizuno; Masahiro Noda; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of Infection and Chemotherapy, 2021年09月, 査読有り
      • Association between topical β-blocker use and asthma attacks in glaucoma patients with asthma: a cohort study using a claims database
        Ai Kido; Masahiro Miyake; Tadamichi Akagi; Hanako Ohashi Ikeda; Takanori Kameda; Kenji Suda; Tomoko Hasegawa; Shusuke Hiragi; Satomi Yoshida; Akitaka Tsujikawa; Hiroshi Tamura; Koji Kawakami
        Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology, 2021年08月09日
      • Effectiveness of barrier agents for preventing postoperative bowel obstruction after laparoscopic surgery: a retrospective cohort study
        Masayuki Nakashima; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Surgery Today, 2021年08月
      • Incidence of central serous chorioretinopathy (2011-2018): a nationwide population-based cohort study of Japan.
        Ai Kido; Masahiro Miyake; Hiroshi Tamura; Shusuke Hiragi; Takeshi Kimura; Shosuke Ohtera; Ayako Takahashi; Sotaro Ooto; Koji Kawakami; Tomohiro Kuroda; Akitaka Tsujikawa
        The British journal of ophthalmology, 2021年07月14日
      • Trends and patterns in antibiotic prescribing for adult outpatients with acute upper respiratory tract infection in Japan, 2008–2018
        Lyu Ji; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        Journal of Infection and Chemotherapy, 2021年07月, 査読有り
      • Intergenerational comparison of 5-HT3RA in the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in gastric cancer patients receiving cisplatin-based chemotherapy: an observational study using a Japanese administrative claims database.
        Yuji Kunitomi; Masayuki Nakashima; Tomotsugu Seki; Kazuki Ide; Koji Kawakami
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2021年07月
      • Association of baloxavir marboxil prescription with subsequent medical resource utilization among school-aged children with influenza.
        Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pharmacoepidemiology and drug safety, 2021年06月
      • Clinical Outcomes of Acute Appendicitis During Pregnancy: Conservative Management and Appendectomy.
        Masayuki Nakashima; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        World journal of surgery, 2021年06月
      • Association between maternal hypertensive disorders of pregnancy and child neurodevelopment at 3 years of age: a retrospective cohort study.
        Masahiro Noda; Satomi Yoshida; Hiroki Mishina; Keisuke Matsubayashi; Koji Kawakami
        Journal of developmental origins of health and disease, 2021年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Comparison of adherence, persistence, and clinical outcome of generic and brand-name statin users: A retrospective cohort study using the Japanese claims database.
        Jingwei Gao; Tomotsugu Seki; Koji Kawakami
        Journal of cardiology, 2021年05月
      • Universal palivizumab prophylaxis for children with Down syndrome in Japan: analysis with interrupted time-series.
        Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Human vaccines & immunotherapeutics, 2021年04月03日
      • Increasing trends in the prevalence of prior cancer in newly diagnosed lung, stomach, colorectal, breast, cervical, and corpus uterine cancer patients: a population-based study
        Akira Sato; Keisuke Matsubayashi; Toshitaka Morishima; Kayo Nakata; Koji Kawakami; Isao Miyashiro
        BMC Cancer, 2021年03月, 査読有り
      • Corrigendum to "Effectiveness and safety of early enteral nutrition for patients who received targeted temperature management after out-of-hospital cardiac arrest" [Resuscitation 135 (2019) 191-196].
        Woo Jin Joo; Kazuki Ide; Yohei Kawasaki; Chikashi Takeda; Tomotsugu Seki; Tomoko Usui; Koji Kawakami
        Resuscitation, 2021年03月
      • Salvage Therapy After Regorafenib or Trifluridine/Tipiracil Treatment of Metastatic Colorectal Cancer: A Conditional Landmark Analysis.
        Masayuki Nakashima; Masato Takeuchi; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Anticancer research, 2021年02月
      • Indications and postoperative outcomes of surgery for laryngotracheal stenosis: A descriptive study.
        Kayoko Mizuno; Yuji Kanazawa; Masato Takeuchi; Yo Kishimoto; Koji Kawakami; Koichi Omori
        Auris, nasus, larynx, 2021年02月
      • Exploratory assessment of treatment-dependent random-effects distribution using gradient functions.
        Takumi Imai; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Statistics in medicine, 2021年01月30日
      • Eating and drinking habits and its association with obesity in Japanese healthy adults: retrospective longitudinal big data analysis using a health check-up database.
        Tomotsugu Seki; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        The British journal of nutrition, 2021年01月19日
      • Prescription patterns of antiepileptic drugs for adult patients with newly diagnosed focal epilepsy from 2006 to 2017 in Japan.
        Siming Chen; Satomi Yoshida; Riki Matsumoto; Akio Ikeda; Koji Kawakami
        Epilepsy research, 2021年01月
      • Cardiovascular Safety of Celecoxib after Cardiac Surgery with Cardiopulmonary Bypass: A Retrospective Cohort Study
        Isao Nahara; Masato Takeuchi; Shiro Tanaka; Hiroshi Yonekura; Chikashi Takeda; Koji Kawakami
        Annals of Clinical Epidemiology, 2021年
      • Survival Benefits of Outpatient Cardiac Rehabilitation after Acute Myocardial Infarction: Propensity Analysis Using Japanese Administrative Database
        Tomotsugu Seki; Masato Takeuchi; Shin Kawasoe; Kazufumi Takeuchi; Ryusuke Miki; Kenji Ueshima; Koji Kawakami
        Annals of Clinical Epidemiology, 2021年
      • 食道切除術のHospital volumeと地域別の病院分布 NDBによる全保険医療機関の分析
        錦織 達人; 坂本 享史; 角田 茂; 後藤 励; 肥田 侯矢; 川上 浩司; 中山 健夫; 小濱 和貴; 久森 重夫; 坂井 義治
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年12月
      • Association of short term exposure to Asian dust with increased blood pressure
        Masanobu Ishii; Tomotsugu Seki; Kenji Sakamoto; Koichi Kaikita; Yoshihiro Miyamoto; Kenichi Tsujita; Izuru Masuda; Koji Kawakami
        Scientific Reports, 2020年12月
      • Effectiveness and Safety of Regorafenib vs. Trifluridine/Tipiracil in Unresectable Colorectal Cancer: A Retrospective Cohort Study
        Masayuki Nakashima; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Clinical Colorectal Cancer, 2020年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Outcomes in patients diagnosed with tongue cancer before and after the age of 45 years
        Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Masahiro Kikuchi; Koichi Omori; Koji Kawakami
        Oral Oncology, 2020年11月
      • 乳児期の抗菌薬処方とアトピー性皮膚炎診断との関連 大規模レセプトデータによる検討
        土田 哲也; 吉田 都美; 竹内 正人; 川上 浩司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2020年10月
      • 公衆衛生学を学んで身近なギモンに答える〜麻酔科医が公衆衛生学を学んだら 危機の時代に立つこれからの麻酔科医
        米倉 寛; 川上 浩司
        日本臨床麻酔学会誌, 2020年10月
      • 心原性ショックを伴う急性心筋梗塞に対する治療実態の疫学研究 過去起点コホート研究
        武田 親宗; 董 理; 濱田 美帆; 川本 修司; 廣津 聡子; 溝田 敏幸; 関 知嗣; 竹内 正人; 川上 浩司
        Cardiovascular Anesthesia, 2020年09月
      • Assessment of asthma severity according to treatment steps in Japanese pediatric patients: a descriptive cross-sectional study using an administrative claims database
        Satomi Yoshida; Shiro Tanaka; Yuichi Adachi; Hajime Yoshisue; Masanari Kozawa; Koji Kawakami
        Journal of Asthma, 2020年09月
      • 食道切除術のHospital volumeと周術期医療費との関連 食道癌患者5132例の分析
        坂本 享史; 錦織 達人; 後藤 励; 肥田 侯矢; 角田 茂; 川上 浩司; 中山 健夫; 小濱 和貴; 久森 重夫; 坂井 義治
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2020年08月
      • 若手外科医の夢を実現するためのデータサイエンス教育システム
        錦織 達人; 肥田 侯矢; 小濱 和貴; 角田 茂; 川上 浩司; 中山 健夫; 坂本 享史; 星野 伸晃; 松村 由美; 坂井 義治
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2020年08月
      • 肺癌 基礎・疫学 がん罹患歴が肺癌予後に及ぼす影響 大阪府がん登録とがん診療拠点病院DPCデータを用いた多施設研究
        佐藤 亮; 森島 敏隆; 松林 恵介; 中田 佳世; 川上 浩司; 宮代 勲
        日本呼吸器学会誌, 2020年08月
      • Association between antidepressant use during pregnancy and congenital anomalies in children: A retrospective cohort study based on Japanese claims data.
        Madoka Yamamoto-Sasaki; Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Sachiko Tanaka-Mizuno; Koji Kawakami
        Congenital anomalies, 2020年07月16日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Risk factors of venous thromboembolism in patients with nephrotic syndrome: a retrospective cohort study.
        Kanna Shinkawa; Satomi Yoshida; Tomotsugu Seki; Motoko Yanagita; Koji Kawakami
        Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association, 2020年07月13日, 査読有り
      • Quality of Care in Chronic Kidney Disease and Incidence of End-stage Renal Disease in Older Patients A Cohort Study
        Shingo Fukuma; Tatsuyoshi Ikenoue; Sayaka Shimizu; Edward C. Norton; Rajiv Saran; Motoko Yanagita; Genta Kato; Takeo Nakayama; Shunichi Fukuhara; T. Funakoshi; Y. Goto; E. Goto; N. Hanaki; S. Hiragi; T. Iwao; K. Kawakami; N. Kondo; S. Kunisawa; Y. Mori; M. Nakatsui; Y. Neff; S. Ohtera; K. Okamoto; T. Otsubo; H. Saito; Y. Saito; M. Sakai; Sato, I; K. Seto; Y. Takahashi; K. Yamashita; S. Yoshida
        MEDICAL CARE, 2020年07月
      • Utilization and efficacy of palivizumab for children with Down syndrome
        Takeshi Kimura; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pediatrics International, 2020年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Oral administration of ferulic acid or ethyl ferulate attenuates retinal damage in sodium iodate-induced retinal degeneration mice.
        Masayuki Kohno; Kunihiro Musashi; Hanako Ohashi Ikeda; Tomohisa Horibe; Aki Matsumoto; Koji Kawakami
        Scientific reports, 2020年05月26日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Neuroleptic malignant syndrome in patients with cancer: a systematic review
        Izumi Sato; Hideki Onishi; Chiaki Kawanishi; Shuhei Yamada; Mayumi Ishida; Koji Kawakami
        BMJ Supportive & Palliative Care, 2020年05月15日, 査読有り
      • Association of maternal prepregnancy weight and early childhood weight with obesity in adolescence: A population-based longitudinal cohort study in Japan.
        Satomi Yoshida; Takeshi Kimura; Masahiro Noda; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pediatric obesity, 2020年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The Association Between Arterial Pulse Waveform Analysis Device and In-Hospital Mortalityin High-Risk Non-Cardiac Surgeries.
        Chikashi Takeda; Masato Takeuchi; Toshiyuki Mizota; Hiroshi Yonekura; Isao Nahara; Woo Jin Joo; Li Dong; Yohei Kawasaki; Koji Kawakami
        Acta anaesthesiologica Scandinavica, 2020年03月31日, 査読有り
      • Maternal multivitamin intake and orofacial clefts in offspring: Japan Environment and Children's Study (JECS) cohort study.
        Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Chihiro Kawakami; Koji Kawakami; Shuichi Ito
        BMJ open, 2020年03月30日, 査読有り
      • Syphilis testing among spouses of patients with syphilis in Japan: an epidemiological study using an administrative claims database
        Keisuke Matsubayashi; Koji Kawakami
        International Journal of STD & AIDS, 2020年03月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Factors influencing placebo responses in rheumatoid arthritis clinical trials: a meta-analysis of randomized, double-blind, placebo-controlled studies.
        Nagai K; Matsubayashi K; Ide K; Seto K; Kawasaki Y; Kawakami K
        Clin Drug Invest., 2020年03月, 査読有り
      • Characteristics and in-hospital mortality of patients with myocardial infarction in the absence of obstructive coronary artery disease in super-aging society.
        Masanobu Ishii; Koichi Kaikita; Kenji Sakamoto; Tomotsugu Seki; Koji Kawakami; Michikazu Nakai; Yoko Sumita; Kunihiro Nishimura; Yoshihiro Miyamoto; Teruo Noguchi; Satoshi Yasuda; Hiroyuki Tsutsui; Issei Komuro; Yoshihiko Saito; Hisao Ogawa; Kenichi Tsujita
        International journal of cardiology, 2020年02月15日, 査読有り
      • Association of short-term exposure to air pollution with myocardial infarction with and without obstructive coronary artery disease
        Masanobu Ishii; Tomotsugu Seki; Koichi Kaikita; Kenji Sakamoto; Michikazu Nakai; Yoko Sumita; Kunihiro Nishimura; Yoshihiro Miyamoto; Teruo Noguchi; Satoshi Yasuda; Koshiro Kanaoka; Satoshi Terasaki; Yoshihiko Saito; Hiroyuki Tsutsui; Issei Komuro; Hisao Ogawa; Kenichi Tsujita; Koji Kawakami
        European Journal of Preventive Cardiology, 2020年02月11日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Comparative Effectiveness of Sodium-Glucose Cotransporter-2 Inhibitors Versus Other Classes of Glucose-Lowering Medications on Renal Outcome in Type 2 Diabetes.
        Masato Takeuchi; Masahito Ogura; Takaaki Minoura; Nobuya Inagaki; Koji Kawakami
        Mayo Clinic proceedings, 2020年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Correction to: Prophylactic sivelestat for esophagectomy and in-hospital mortality: a propensity score-matched analysis of claims database.
        Chikashi Takeda; Masato Takeuchi; Yohei Kawasaki; Hiroshi Yonekura; Isao Nahara; Aki Kuwauchi; Satomi Yoshida; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Journal of anesthesia, 2020年02月, 査読有り
      • Short-term exposure to desert dust and the risk of acute myocardial infarction in Japan: a time-stratified case-crossover study.
        Masanobu Ishii; Tomotsugu Seki; Koichi Kaikita; Kenji Sakamoto; Michikazu Nakai; Yoko Sumita; Kunihiro Nishimura; Yoshihiro Miyamoto; Teruo Noguchi; Satoshi Yasuda; Hiroyuki Tsutsui; Issei Komuro; Yoshihiko Saito; Hisao Ogawa; Kenichi Tsujita; Koji Kawakami
        European journal of epidemiology, 2020年01月16日, 査読有り
      • Prediction of the neurological outcome using regional cerebral oxygen saturation in patients with extracorporeal cardiopulmonary resuscitation after out-of-hospital cardiac arrest: A multicenter retrospective cohort study.
        Joo WJ; Ide K; Nishiyama K; Seki T; Tanaka H; Tsuchiya J; Ito N; Yoshida K; Kawakami K
        Acute Med Surg., 2020年01月, 査読有り
      • Treatment Patterns in Newly Diagnosed Multiple Myeloma Patients in Japan Using A Large-scale Claims Database: Retrospective Cohort Study
        Jia GUAN; Shiro TANAKA; Shuhei YAMADA; Izumi SATO; Koji KAWAKAMI
        Japanese Journal of Pharmacoepidemiology/Yakuzai ekigaku, 2020年, 査読有り
      • Prevalence, incidence, comorbidities, and treatment patterns among Japanese patients with acromegaly: a descriptive study using a nationwide claims database
        Keisuke Matsubayashi; Koji Kawakami
        Endocrine Journal, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The General Understanding and Perceptions of the Practical Use of School Health Records: A Questionnaire Survey of Parents from Seven Local Municipalities in Japan
        Kazuki Ide; Satomi Yoshida; Takeshi Kimura; Yasuko Oita; Koji Kawakami
        School Health, 2020年, 査読有り
      • Toxicity testing of epidermal growth factor receptor-targeted hybrid peptide for preclinical study.
        Seto K, Shimizu E, Gaowa A, Horibe T, Matsumoto A, Ito S, Kohno M, Kawakami K.
        International Journal of Clinical and Experimental Medicine, 2020年, 査読有り, 最終著者
      • Development of the Reading Cognitive Test Kyoto (ReaCT Kyoto) for Early Detection of Cognitive Decline in Patients with Hearing Loss.
        Takayuki Okano; Yosuke Yamamoto; Akira Kuzuya; Naohiro Egawa; Koji Kawakami; Ichiro Furuta; Kayoko Mizuno; Kiyohiro Fujino; Ken Kojima; Koichi Omori
        Journal of Alzheimer's disease : JAD, 2020年, 査読有り
      • Electronic health record nested pragmatic randomized controlled trial of a reminder system for serum lithium level monitoring in patients with mood disorder: KONOTORI study protocol.
        Tomotsugu Seki; Morio Aki; Hirotsugu Kawashima; Tomotaka Miki; Shiro Tanaka; Koji Kawakami; Toshi A Furukawa
        Trials, 2019年12月11日, 査読有り
      • Indications and outcomes of paediatric tracheotomy: a descriptive study using a Japanese claims database
        Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Yo Kishimoto; Koji Kawakami; Koichi Omori
        BMJ Open, 2019年12月, 査読有り
      • Laparoscopic versus open repair for inguinal hernia in children: a retrospective cohort study
        Masayuki Nakashima; Kazuki Ide; Koji Kawakami
        Surgery Today, 2019年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Estimating the cost-effectiveness of screening for hepatitis C in Japan
        K. Nagai; K. Ide; Y. Kawasaki; S. Tanaka; K. Seto; S. Iwane; Y. Eguchi; K. Kawakami
        Hepatology Research, 2019年12月, 査読有り
      • Use of preoperative haemostasis and ABO blood typing tests in children: a retrospective observational study using a nationwide claims database in Japan
        Hiroshi Yonekura; Kazuki Ide; Yuji Kanazawa; Chikashi Takeda; Yuki Nakamori; Yasunori Matsunari; Michihiro Sakai; Koji Kawakami; Masataka Kamei
        BMJ Open, 2019年11月, 査読有り
      • 血清リチウム濃度測定リマインドシステムを電子カルテに内蔵した実用的無作為化対照試験のプロトコル(Study protocol of electronic health record nested pragmatic randomized controlled trial of reminder system for serum lithium level monitoring)
        Aki Morio; Seki Tomotsugu; Kawashima Hirotsugu; Miki Tomotaka; Tanaka Shiro; Kawakami Koji; Furukawa Toshi A.
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2019年10月
      • 新規発症の成人部分てんかん患者に対する薬剤処方パターンに関する研究 ガイドラインの遵守率について(Prescription patterns of medications for newly diagnosed adult patients with partial epilepsy from 2006 to 2017: Degree of adherence to clinical guideline)
        陳 思銘; 吉田 都美; 松本 理器; 池田 昭夫; 川上 浩司
        てんかん研究, 2019年09月, 査読有り
      • 新規発症の成人部分てんかん患者に対する薬剤処方パターンに関する研究 ガイドラインの遵守率について(Prescription patterns of medications for newly diagnosed adult patients with partial epilepsy from 2006 to 2017: Degree of adherence to clinical guideline)
        陳 思銘; 吉田 都美; 松本 理器; 池田 昭夫; 川上 浩司
        てんかん研究, 2019年09月, 査読有り
      • Association of intensive care unit admission and mortality in patients with acute myocardial infarction.
        Ryusuke Miki; Masato Takeuchi; Takumi Imai; Tomotsugu Seki; Shiro Tanaka; Masaki Nakamura; Koji Kawakami
        Journal of cardiology, 2019年08月, 査読有り
      • Association of Low Birth Weight With Childhood Proteinuria at Age 3 Years: A Population-Based Retrospective Cohort Study.
        Maki Shinzawa; Shiro Tanaka; Hironobu Tokumasu; Daisuke Takada; Tatsuo Tsukamoto; Motoko Yanagita; Koji Kawakami
        American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation, 2019年07月, 査読有り
      • Real-world pharmacological treatment patterns of patients with young-onset Parkinson's disease: a medical claims database analysis
        S. Kasamo; M. Takeuchi; M. Ikuno; Y. Kawasaki; S. Tanaka; K. Kawakami
        Journal of Neurology, 2019年05月, 査読有り
      • ジェネリックスタチンと商標名メーカーのスタチンの治療を開始した患者の服薬遵守度と臨床転帰の比較(Comparisons of medication adherence and clinical outcome between patients who initiated generic and brand-name statins)
        Jingwei Gao; 関 知嗣; 川上 浩司
        日本循環器病予防学会誌, 2019年04月
      • A descriptive epidemiological study on the treatment options for head and neck cancer: Transition before and after approval of cetuximab.
        Shuhei Yamada; Izumi Sato; Koji Kawakami
        Pharmacoepidemiology and drug safety, 2019年03月, 査読有り
      • An analysis of factors associated with compliance and dropout of sublingual immunotherapy on Japanese cedar pollinosis patients
        T. Imanaka; I. Sato; Y. Kawasaki; Y. Kanazawa; K. Kawakami
        International Forum of Allergy & Rhinology, 2019年02月, 査読有り
      • Effectiveness and safety of early enteral nutrition for patients who received targeted temperature management after out-of-hospital cardiac arrest.
        Woo Jin Joo; Kazuki Ide; Yohei Kawasaki; Chikashi Takeda; Tomotsugu Seki; Tomoko Usui; Koji Kawakami
        Resuscitation, 2019年02月, 査読有り
      • Follow-up tests and outcomes for patients undergoing percutaneous coronary intervention: analysis of a Japanese administrative database.
        Tomotsugu Seki; Masato Takeuchi; Ryusuke Miki; Koji Kawakami
        Heart and vessels, 2019年01月, 査読有り
      • Distribution and characteristics of hypouricemia within the Japanese general population: A cross-sectional study.
        Shin Kawasoe; Kazuki Ide; Tomoko Usui; Takuro Kubozono; Shiro Yoshifuku; Hironori Miyahara; Shigeho Maenohara; Mitsuru Ohishi; Koji Kawakami
        Medicina, 2019年, 査読有り
      • Comparison of Zonisamide with non-levodopa, anti-Parkinson’s disease drugs in the incidence of Parkinson’s disease-relevant symptoms.
        Hirotaka Iwaki; Masaaki Tagawa; Kosuke Iwasaki; Koji Kawakami; Masahiro Nomoto
        Journal of Neurological Sciences, 2019年, 査読有り
      • Comparison of initiating regorafenib dose for colorectal cancer: A retrospective cohort study.
        Masayuki Nakashima; Kazuki Ide; Koji Kawakami
        Targeted Oncology, 2019年, 査読有り
      • Impact of underlying chronic adrenal insufficiency on clinical course of hospitalized patients with adrenal crisis: a nationwide cohort study.
        Masahiro Iwasaku; Maki Shinzawa; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        European Journal of Internal Medicine, 2019年, 査読有り
      • A novel interleukin-13 receptor alpha2-targeted hybrid peptide for effective glioblastoma therapy.
        Ryohsuke Kurihara; Tomohisa Horibe; Eiko Shimizu; Aya Torisawa; Arong Gaowa; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        Chem. Bio. Drug Ther., 2019年, 査読有り
      • Adherence and Concomitant Medication Use among Patients on Warfarin Therapy: Insight from a Large Pharmacy Dispensing Database in Japan.
        Masato Takeuchi; Sayuri Nakano; Sachiko Tanaka-Mizuno; Chika Nishiyama; Yuko Doi; Masaru Arai; Yosuke Fujii; Toshiyuki Matsunaga; Koji Kawakami
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2019年, 査読有り
      • Association between antidepressant use during pregnancy and autism spectrum disorder in children: a retrospective cohort study based on Japanese claims data.
        Madoka Yamamoto-Sasaki; Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Sachiko Tanaka-Mizuno; Yusuke Ogawa; Toshiaki A Furukawa; Koji Kawakami
        Maternal health, neonatology and perinatology, 2019年, 査読有り
      • Changes in Hemoglobin Concentrations Post-immunoglobulin Therapy in Patients with Kawasaki Disease: A Population-Based Study Using a Claims Database in Japan.
        Masato Takeuchi; Shuichi Ito; Masaki Nakamura; Koji Kawakami
        Paediatric drugs, 2018年12月, 査読有り
      • Timing and facilitation of advanced directives in Japan
        Miki, Ryusuke; Becker, Carl B.; Ide, Kazuki; Kawakami, Koji
        ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS, 2018年11月, 査読有り
      • レセプトデータを用いた梅毒患者の配偶者に対する梅毒検査の実施状況調査
        松林 恵介; 川上 浩司
        日本性感染症学会誌, 2018年10月
      • Potentially Inappropriate Medication Prescribing and Risk of Unplanned Hospitalization among the Elderly: A Self-Matched, Case-Crossover Study.
        Izumi Sato; Yosuke Yamamoto; Genta Kato; Koji Kawakami
        Drug safety, 2018年10月, 査読有り
      • Effects of Tea Catechins on Alzheimer’s Disease: Recent Updates and Perspectives
        Kazuki Ide; Norihiro Matsuoka; Hiroshi Yamada; Daisuke Furushima; Koji Kawakami
        Molecules, 2018年09月14日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Effect of Regular Exercise and Functional Beverages on Changes in Body Weight and Waist Circumference in Healthy Japanese Subjects.
        Kazuki Ide; Masato Takeuchi; Tomotsugu Seki; Koji Kawakami
        Medicina (Kaunas, Lithuania), 2018年09月04日, 査読有り
      • Cost-effectiveness of molar single-implant versus fixed dental prosthesis.
        Arai Korenori; Kawakami Koji; Teranishi Yuki; Tatsunori Murata; Tanaka-Mizuno Sachiko; Baba Shunsuke
        BMC oral health, 2018年08月20日, 査読有り
      • Prescription of Antidementia Drugs and Antipsychotics for Elderly Patients in Japan: A Descriptive Study Using Pharmacy Prescription Data.
        Takahisa Tsukada; Izumi Sato; Norihiro Matsuoka; Takumi Imai; Yuko Doi; Masaru Arai; Yosuke Fujii; Toshiyuki Matsunaga; Koji Kawakami
        Journal of geriatric psychiatry and neurology, 2018年07月, 査読有り
      • Correlation between dental conditions and comorbidities in an elderly Japanese population: A cross-sectional study.
        Kazuki Ide; Kahori Seto; Tomoko Usui; Sachiko Tanaka; Koji Kawakami
        Medicine, 2018年06月, 査読有り
      • Costs associated with febrile neutropenia in Japanese patients with primary breast cancer: post-hoc analysis of a randomized clinical trial.
        Miyake O; Murata K; Tanaka S; Ishiguro H; Toi M; Tamura K; Kawakami K
        Jpn J Clin Oncol, 2018年05月, 査読有り
      • Preoperative Blood Tests Conducted Before Low-Risk Surgery in Japan: A Retrospective Observational Study Using a Nationwide Insurance Claims Database.
        Hiroshi Yonekura; Kahori Seto; Kazuki Ide; Yohei Kawasaki; Shiro Tanaka; Isao Nahara; Chikashi Takeda; Koji Kawakami
        Anesthesia and analgesia, 2018年05月, 査読有り
      • Caesarean delivery and anaemia risk in children in 45 low- and middle-income countries.
        Wilunda C; Yoshida S; Blangiardo M; Betran AP; Tanaka S; Kawakami K
        Matern Child Nutr, 2018年04月, 査読有り
      • Perioperative Steroid Use for Tonsillectomy and Its Association With Reoperation for Posttonsillectomy Hemorrhage: A Retrospective Cohort Study.
        Yoshihisa Miyamoto; Maki Shinzawa; Shiro Tanaka; Sachiko Tanaka-Mizuno; Koji Kawakami
        Anesthesia and analgesia, 2018年03月, 査読有り
      • Preoperative pulmonary function tests before low-risk surgery in Japan: a retrospective cohort study using a claims database
        Hiroshi Yonekura; Kazuki Ide; Kahori Seto; Yohei Kawasaki; Shiro Tanaka; Isao Nahara; Chikashi Takeda; Koji Kawakami
        Journal of Anesthesia, 2018年02月01日, 査読有り
      • Prevalence and initial prescription of psychotropics in patients with common cancers in Japan, based on a nationwide health insurance claims database.
        Izumi Sato; Hideki Onishi; Shuhei Yamada; Koji Kawakami
        Psycho-oncology, 2018年02月, 査読有り
      • Effects of Bioactive Components of Green Tea on Alzheimer's Disease
        Kazuki Ide; Yohei Kawasaki; Koji Kawakami; Hiroshi Yamada
        Studies in Natural Products Chemistry, 2018年01月01日, 査読有り
      • Influence of comorbidities on the implementation of the fundus examination in patients with newly diagnosed type 2 diabetes.
        Taichi Kawamura; Izumi Sato; Hiroshi Tamura; Yoko M Nakao; Koji Kawakami
        Japanese journal of ophthalmology, 2018年01月, 査読有り
      • Pregabalin Prescription for Neuropathic Pain and Fibromyalgia: A Descriptive Study Using Administrative Database in Japan.
        Mikito Hirakata; Satomi Yoshida; Sachiko Tanaka-Mizuno; Aki Kuwauchi; Koji Kawakami
        Pain research & management, 2018年, 査読有り
      • Ecological association between hemoglobin and hemoglobin A1c: a data-driven analysis of health checkup data in Japan.
        Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of Clinical Medicine, 2018年, 査読有り
      • Persistence of and switches from teriparatide treatment among women and men with osteoporosis in the real world: A claims database analysis.
        Tomoko Usui; Masaru Funagoshi; Kahori Seto; Kazuki Ide; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Archives of Osteoporosis, 2018年, 査読有り
      • 臨床研究医を取り巻く状況:8年間の進展と残された課題―京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から―
        岡林 里枝; 池之上 辰義; 小川 雄右; 佐々木 典子; 竹内 正人; 渡辺 範雄; 高橋 由光; 山本 洋介; 石見 拓; 古川 壽亮; 川上 浩司; 今中 雄一; 中山 健夫; 川村 孝; 福原 俊一
        医学教育, 2018年, 査読有り
      • ライフコースデータとRWD:利活用のノウハウ
        井出 和希; 川上 浩司
        PharmStage, 2018年, 査読有り
      • Utilization of arterial pulse waveform analysis during non-cardiac surgery in Japan: A retrospective observational study using a nationwide claims database.
        Chikashi Takeda; Masato Takeuchi; Toshiyuki Mizota; Hiroshi Yonekura; Isao Nahara; Aki Kuwauchi; Woo Jin Joo; Yohei Kawasaki; Koji Kawakami
        Journal of Anesthesia, 2018年, 査読有り
      • Prophylactic sivelestat for esophagectomy and in-hospital mortality: a propensity score-matched analysis of claims database.
        Chikashi Takeda; Masato Takeuchi; Yohei Kawasaki; Hiroshi Yonekura; Isao Nahara; Aki Kuwauchi; Satomi Yoshida; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        Journal of Anesthesia, 2018年, 査読有り
      • Recurrent laryngeal nerve paralysis after thyroid cancer surgery and intraoperative nerve monitoring.
        Kayoko Mizuno; Masato Takeuchi; Yuji Kanazawa; Morimasa Kitamura; Kazuki Ide; Koichi Omori; Koji Kawakami
        Laryngoscope, 2018年, 査読有り
      • Recalls and premarket review systems for high-risk medical devices in Japan.
        Motoko Nakayama; Shiro Tanaka; Shota Hamada; Takahiro Uchida; Koji Kawakami
        Therapeutic Innovation & Regulatory Science, 2018年, 査読有り
      • Current status of late and recurrent intraocular lens dislocation: Analysis of real-world data in Japan.
        Sumihiro Kawano; Masato Takeuchi; Shiro Tanaka; Takehiro Yamashita; Taiji Sakamoto; Koji Kawakami
        Japanese Journal of Ophthalmology, 2018年, 査読有り
      • Preoperative echocardiography for patients with hip fractures undergoing surgery: a retrospective cohort study using a nationwide database.
        Hiroshi Yonekura; MD, MPH; Kazuki Ide, PhD; Yoshika Onishi, MD; Isao Nahara; MD, MPH; Chikashi Takeda; MD; Koji Kawakami
        Anesthesia & Analgesia, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Functional analysis of Protein disulfide isomerase P5 in glioblastoma cells as a novel anti-cancer target.
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Yohise Masuda; Koji Kawakami
        Oncology Reports, 2018年, 査読有り
      • Psychogenic non-epileptic seizures in Japan: Trends in prevalence, delay in diagnosis, and frequency of hospital visits
        Shinako Inaida; Kousuke Kanemoto; Shiro Tanaka; Yoko Gouji; Tomohiro Oshima; Riki Matsumoto; Akio Ikeda; Koji Kawakami
        Epilepsy and Seizure, 2018年, 査読有り
      • Prescription pattern and trend of oral contraceptives in Japan: a descriptive study based on pharmacy claim data (2006–2014).
        Takuya Kinoshita; Shiro Tanaka; Mieko Inagaki; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Sexual & Reproductive Healthcare, 2018年, 査読有り
      • Exposure to tobacco smoke prenatally and during infancy and risk of hearing impairment among children in Japan: a retrospective cohort study.
        Calistus Wilunda; Satomi Yoshida; Shiro Tanaka; Yuji Kanazawa; Takeshi Kimura; Koji Kawakami
        Paediatric and Perinatal Epidemiology, 2018年, 査読有り
      • Prenatal alcohol exposure and suspected hearing impairment among children: a population-based retrospective cohort study.
        Satomi Yoshida; Wilunda Calistus; Takeshi Kimura; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Alcohol and Alcoholism, 2018年, 査読有り
      • Prenatal and early-life antibiotic use and risk of childhood asthma: A retrospective cohort study.
        Satomi Yoshida; Kazuki Ide; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Pediatric Allergy and Immunology, 2018年, 査読有り
      • Insufficient sleep and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan: a population-based cohort study.
        Chen Hongyan; Shiro Tanaka; Korenori Arai; Satomi Yoshida; Koji Kawakami
        The Journal of Pediatrics, 2018年, 査読有り
      • Cost analysis with febrile neutropenia in Japanese patients with primary breast cancer: retrospective analysis of a randomized clinical trial.
        Osamu Miyake; Kyoko Murata; Shiro Tanaka; Hiroshi Ishiguro; Masakazu Toi; Kazuo Tamura; Koji Kawakami
        Japanese Journal of Clinical Oncology, 2018年, 査読有り
      • FKBP12 immumo-positve inclusions in patients with α-synucleinopathies.
        Yasuyuki Honjo; Takashi Ayaki; Tomohisa Horibe; Hidefumi Ito; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        Brain Research, 2018年, 査読有り
      • Practice patterns of medications for patients with malignant bowel obstruction using a nationwide claims database and the association between treatment outcomes and concomitant use of H2-blockers/proton pump inhibitors and corticosteroids with octreotide.
        Takaaki Minoura; Masato Takeuchi; Tatsuya Morita; Koji Kawakami
        Journal of Pain and Symptom Management, 2018年, 査読有り
      • Utilization of anticoagulant and antiplatelet agents among patients with atrial fibrillation undergoing percutaneous coronary intervention: Retrospective cohort study using a nationwide claims database in Japan
        Fumiko Ono; Shiro Tanaka; Yoko M. Nakao; Koji Kawakami
        Circulation Journal, 2018年, 査読有り
      • Evaluation of chemical chaperones based on the monitoring of Bip promoter activity and visualization of extracellular vesicles by real time bioluminescence imaging.
        Tomohisa Horibe; Nanako Okushima; Aya Torisawa; Ryutaro Akiyoshi; Yoko Hatta-Ohashi; Hirobumi Suzuki; Koji Kawakami
        Luminescence, 2018年, 査読有り
      • Short sleep and risk of proteinuria in 3-year-olds in Japan: a population-based cohort study
        Hongyan Chen; Maki Shinzawa; Hironobu Tokumasu; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        SLEEP MEDICINE, 2017年12月, 査読有り
      • Decreased levels of PDI and P5 in oligodendrocytes in Alzheimer’s disease.
        Yasuyuki Honjo; Ayaki Takashi; Takami Tomiyama; Tomohisa Horibe; Hidefumi Ito; Hiroshi Mori; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        Neuropathology, 2017年12月, 査読有り
      • 心房細動患者における経皮的冠動脈インターベンション後の抗凝固薬・抗血小板薬の使用実態調査 レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いた後ろ向きコホート研究
        田中 司朗; 小野 芙美子; 中尾 葉子; 川上 浩司
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2017年11月
      • Predictive factors for the placebo effect in clinical trials for dry eye: a pooled analysis of three clinical trials
        Takahiro Imanaka; Izumi Sato; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        BRITISH JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • International trends in antipsychotic use: A study in 16 countries, 2005-2014
        Oskar Halfdanarson; Helga Zoega; Lise Aagaard; Miquel Bernardo; Lena Brandt; Anna Coma Fuste; Kari Furu; Kristina Garuoliene; Falk Hoffmann; Krista F. Huybrechts; Luuk J. Kalverdijk; Koji Kawakami; Helle Kieler; Takuya Kinoshita; Melisa Litchfield; Soffy C. Lopez; Jorge E. Machado-Alba; Manuel E. Machado-Duque; Mufaddal Mahesri; Prasad S. Nishtala; Sallie-Anne Pearson; Johan Reutfors; Leena K. Saastamoinen; Izumi Sato; Catharina C. M. Schuiling-Veninga; Yu-Chiau Shyu; Svetlana Skurtveit; Helene Verdoux; Liang-Jen Wang; Corinne Zara Yahni; Christian J. Bachmann
        EUROPEAN NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 2017年10月, 査読有り
      • Clinical epidemiology of tracheal invasion from thyroid cancer in Japanese population: Functional outcomes and effect of aging
        Yuji Kanazawa; Masato Takeuchi; Ichiro Tateya; Koichi Omori; Koji Kawakami
        CANCER EPIDEMIOLOGY, 2017年10月, 査読有り
      • Clinical characteristics of adrenal crisis in adult population with and without predisposing chronic adrenal insufficiency: a retrospective cohort study
        Masahiro Iwasaku; Maki Shinzawa; Shiro Tanaka; Kimihiko Kimachi; Koji Kawakami
        BMC ENDOCRINE DISORDERS, 2017年09月, 査読有り
      • Impact of health insurance coverage for Helicobacter pylori gastritis on the trends in eradication therapy in Japan: retrospective observational study and simulation study based on realworld data
        Shinzo Hiroi; Kentaro Sugano; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        BMJ OPEN, 2017年07月, 査読有り
      • Prenatal anemia control and anemia in children aged 6-23months in sub-Saharan Africa
        Calistus Wilunda; Shiro Tanaka; Fabian Esamai; Koji Kawakami
        MATERNAL AND CHILD NUTRITION, 2017年07月, 査読有り
      • 自治体の持つ学校健診情報の可視化とその利用に向けての基盤構築.
        井出和希; 川上浩司
        SciREX Quarterly., 2017年07月, 招待有り
      • Diabetes mellitus and risk of early-onset Alzheimer’s disease: A population-based case-control study.
        Kimiko Kadohara; Izumi Sato; Koji Kawakami
        European Journal of Neurology, 2017年07月, 査読有り
      • International trends in clozapine use: A study in 17 countries, 2005–2014.
        Christian J. Bachmann; Lise Aagaard; Francisco J. de Abajo; Miquel Bernardo; Lena Brandt; Massimo Cartabia; Antonio Clavenna; Anna Coma Fusté; Kari Furu; Kristina Garuoliené; Falk Hoffmann; Samantha Hollingworth; Krista Huybrechts; Luuk J. Kalverdijk; Koji Kawakami; Helle Kieler; Takuya Kinoshita; Soffy C. López; Jorge E. Machado-Alba; Manuel E. Machado-Duque; Mufaddal Mahesri; Dolores Montero; Prasad Nishtala; Daniele Piovani; Johan Reutfors; Leena K. Saastamoinen; Izumi Sato; Catharina; C.M. Schuiling-Veninga; Yu-Chiau Shyu; Dan Siskind; Svetlana Skurtveit; Hélène Verdoux; Liang-Jen Wang; Corinne Zara Yahni; Helga Zoëga; David Taylor
        Acta Psychiatrica Scandinavica, 2017年07月, 査読有り
      • Health state utility values and patient-reported outcomes before and after vertebral and non-vertebral fractures in an osteoporosis clinical trial
        T. Imai; S. Tanaka; K. Kawakami; T. Miyazaki; H. Hagino; M. Shiraki; for the A-TOP (Adequate Treatment of Osteoporosis) Research Group
        Osteoporosis International, 2017年06月01日, 査読有り
      • Trends in antipsychotic prescriptions for Japanese outpatients during 2006–2012: a descriptive epidemiological study.
        Kenji Kochi; Izumi Sato; Chika Nishiyama; Sachiko Tanaka-Mizuno; Yuko Doi; Masaru Arai; Yosuke Fujii; Toshiyuki Matsunaga; Yusuke Ogawa; Toshi A. Furukawa; Koji Kawakami
        Pharmacoepidemiology and Drug Safety, 2017年06月, 査読有り
      • Impact of adjuvant chemotherapy on survival of women with T1N0M0, hormone receptor negative breast cancer
        Nanthini Thevi Bhoo-Pathy; Shinako Inaida; Shiro Tanaka; Nur Aishah Taib; Cheng-Har Yip; Marniza Saad; Koji Kawakami; Nirmala Bhoo-Pathy
        CANCER EPIDEMIOLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • Healthcare resource utilization and clinical outcomes associated with acute care and inpatient rehabilitation of stroke patients in Japan
        Kyoko Murata; Shiro Hinotsu; Nobutake Sadamasa; Kazumichi Yoshida; Sen Yamagata; Shoji Asari; Susumu Miyamoto; Koji Kawakami
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2017年02月, 査読有り
      • Maternal Smoking during Pregnancy, Household Smoking after the Child's Birth, and Childhood Proteinuria at Age 3 Years
        Maki Shinzawa; Shiro Tanaka; Hironobu Tokumasu; Daisuke Takada; Tatsuo Tsukamoto; Motoko Yanagita; Koji Kawakami
        CLINICAL JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 2017年02月, 査読有り
      • Analysis of the evidence-practice gap to facilitate proper medical care for the elderly: Investigation, using databases, of utilization measures for National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB)
        Takeo Nakayama; Yuichi Imanaka; Yasushi Okuno; Genta Kato; Tomohiro Kuroda; Rei Goto; Shiro Tanaka; Hiroshi Tamura; Shunichi Fukuhara; Shingo Fukuma; Manabu Muto; Motoko Yanagita; Yosuke Yamamoto; T. Funakoshi; Y. Goto; E. Goto; N. Hanaki; S. Hiragi; T. Ikenoue; T. Iwao; K. Kawakami; N. Kondo; S. Kunisawa; Y. Mori; M. Nakatsui; Y. Neff; S. Ohtera; K. Okamoto; T. Otsubo; H. Saito; Y. Saito; M. Sakai; I. Sato; K. Seto; S. Shimizu; Y. Takahashi; K. Yamashita; S. Yoshida
        Environmental Health and Preventive Medicine, 2017年
      • Influence of Institution-Based Factors on Preoperative Blood Testing Prior to Low-Risk Surgery: A Bayesian Generalized Linear Mixed Approach
        Kazuki Ide; Hiroshi Yonekura; Yohei Kawasaki; Koji Kawakami
        COMPUTATIONAL AND MATHEMATICAL METHODS IN MEDICINE, 2017年, 査読有り
      • 学校健診データの利活用に関する認識と理解:保護者を対象としたアンケート調査
        井出 和希; 吉田 都美; 尾板 靖子; 川上 浩司
        学校保健研究, 2017年, 査読有り
      • Bile acid as an effective absorption enhancer for oral delivery of EGFR-targeted hybrid peptide.
        Arong Gaowa; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        Journal of Pharmaceutical Sciences, 2017年, 査読有り
      • Association between eicosapentaenoic acid (EPA) medication intake and new onset of depression among patients with hyperlipidemia: a 3-year follow-up study.
        Lin Song; Satomi Yoshida; Sachiko Tanaka-Mizuno; Yusuke Ogawa; Toshiaki A. Furukawa; Koji Kawakami
        Journal of Nutrition & Intermediary Metabolism, 2017年, 査読有り
      • Population-based incidence of diabetic ketoacidosis in type 2 diabetes: medical claims data analysis in Japan.
        Masato Takeuchi; Taichi Kawamura; Izumi Sato; Koji Kawakami
        Pharmacoepidemiology and Drug Safety, 2017年, 査読有り
      • Large variety in antipsychotic utilisation in children, adults, and older adults in 16 countries worldwide.
        Óskar Hálfdánarson; Helga Zoëga; Lise Aagaard; Miquel Bernardo; Lena Brandt; Anna Coma Fusté; Kari Furu; Kristina Garuoliené; Falk Hoffmann; Krista F. Huybrechts; Luuk J. Kalverdijk; Koji Kawakami; Helle Kieler; Takuya Kinoshita; Melisa Litchfield; Soffy C. López; Jorge E. Machado-Alba; Manuel E. Machado-Duquw; Mufaddal Mahesri; Prasad S. Nishtala; Sallie Pearson; Johan Reutfors; Leena K. Saastamoinen; Izumi Sato; Catharina; C.M. Schuiling-Veninga; Yu-Chiau Shyu; Svetlana Skurtveit; Hélène Verdoux; Liang-Jen Wang; Corinne Zara Yahni; Christian J. Bachmann
        European Neuropsychopharmacology, 2017年, 査読有り
      • Neurodevelopment at 3 Years in Neonates Born by Vaginal Delivery versus Cesarean Section at < 26 Weeks of Gestation: Retrospective Analysis of a Nationwide Registry in Japan
        Takeshi Kimura; Masato Takeuchi; Takumi Iima; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        NEONATOLOGY, 2017年, 査読有り
      • Prescription of antibiotics to pre-school children from 2005 to 2014 in Japan: a retrospective claims database study.
        Satomi Yoshida; Masato Takeuchi; Koji Kawakami
        Journal of Public Health, 2017年, 査読有り
      • Trends and prescription patterns of anti-Alzheimer disease drugs used in Japan from 2010 to 2015.
        Kimiko Kadohara; Izumi Sato; Yuko Doi; Masaru Arai; Yosuke Fujii; Toshiyuki Matsunaga; Koji Kawakami
        Neurology and Therapy., 2017年, 査読有り
      • The Effect of False-Positive Results on Subsequent Participation in Chest X-ray Screening for Lung Cancer
        Akira Sato; Shota Hamada; Yuki Urashima; Shiro Tanaka; Hiroaki Okamoto; Koji Kawakami
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • 経口避妊薬の処方実態 日本における大規模調剤データを用いた記述疫学研究
        木下 琢也; 田中 司朗; 稲垣 美恵子; 川上 浩司
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2016年11月
      • Evaluation of a maternal health care project in South West Shoa Zone, Ethiopia: before-and-after comparison
        Calistus Wilunda; Shiro Tanaka; Giovanni Putoto; Ademe Tsegaye; Koji Kawakami
        REPRODUCTIVE HEALTH, 2016年08月, 査読有り
      • Anticonvulsants or Antidepressants in Combination Pharmacotherapy for Treatment of Neuropathic Pain in Cancer Patients: A Systematic Review and Meta-analysis
        Jia Guan; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        CLINICAL JOURNAL OF PAIN, 2016年08月, 査読有り
      • Impact of pre-eclampsia in extremely premature infants: Population-based study
        Hironobu Tokumasu; Satoko Tokumasu; Koji Kawakami
        PEDIATRICS INTERNATIONAL, 2016年07月, 査読有り
      • Factors Influencing the Placebo Effect in Patients with Primary Open-Angle Glaucoma or Ocular Hypertension: An Analysis of Two Randomized Clinical Trials
        Taichi Kawamura; Izumi Sato; Koji Kawakami
        PLOS ONE, 2016年06月, 査読有り
      • Safety and efficacy of sustained release of basic fibroblast growth factor using gelatin hydrogel in patients with critical limb ischemia.
        Kumagai M; Marui A; Tabata Y; Takeda T; Yamamoto M; Yonezawa A; Tanaka S; Yanagi S; Ito-Ihara T; Ikeda T; Murayama T; Teramukai S; Katsura T; Matsubara K; Kawakami K; Yokode M; Shimizu A; Sakata R
        Heart and vessels, 2016年05月, 査読有り
      • DPCデータベースを用いた、急性副腎不全発症患者の記述疫学
        岩破 將博; 耒海 公彦; 新沢 真紀; 田中 司朗; 川上 浩司
        日本内分泌学会雑誌, 2016年04月
      • 医療機器の臨床研究に関するアンケート調査と新指針対応の研究計画書定型書式の作成
        住谷 昌彦; 清水 公治; 伊藤 達也; 倉田 真由美; 戸田 聡一郎; 川上 浩司; 岩江 荘介; 大守 伊織; 戸高 浩司; 村山 敏典; 山本 晴子
        医療機器学, 2016年04月
      • Novel EGFR-targeted strategy with hybrid peptide against oesophageal squamous cell carcinoma
        Osamu Kikuchi; Shinya Ohashi; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Yukie Nakai; Shin'ichi Miyamoto; Tsutomu Chiba; Manabu Muto; Koji Kawakami
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年03月, 査読有り
      • 日本の小児における受動喫煙と乳歯虫歯との関連 集団ベース後ろ向きコホート研究
        新沢 真紀; 田中 司朗; 徳増 裕宣; 瀬戸 かほり; 田中 佐智子; 川上 浩司
        日本小児禁煙研究会雑誌, 2016年01月
      • Potent anti-tumor effects of EGFR-targeted hybrid peptide on mice bearing liver metastases
        Arong Gaowa; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Hiroshi Harada; Masahiro Hiraoka; Koji Kawakami
        CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS, 2016年01月, 査読有り
      • 国内外における医療機器開発の潮流
        川上 浩司
        日本気管食道科学会会報, 2016年
      • 医療機器を用いた臨床研究実施に関するアンケート調査結果
        清水 公治; 川上 浩司; 伊藤 達也; 岩江 荘介; 大守 伊織; 倉田 真由美; 住谷 昌彦; 戸高 浩司; 村山 敏典; 山本 晴子
        医療機器学, 2016年
      • Anti-influenza Virus Effects of Catechins: A Molecular and Clinical Review
        Kazuke Ide; Yohei Kawasaki; Koji Kawakami; Hiroshi Yamada
        CURRENT MEDICINAL CHEMISTRY, 2016年, 査読有り, 招待有り
      • The clinical application of medical science research: investment and duration.
        Nao Hanaki; Shintaro Sengoku; Yuichi Imanaka; Koji Kawakami
        Journal of Translational Science, 2016年, 査読有り
      • 学校健康診断情報の有効活用に向けた匿名データベース構築の取り組み.
        尾上 洋介; 中尾 彰宏; 粂 直人; 小山田 耕二; 川上 浩司
        医療情報学., 2016年, 査読有り
      • 行政健康資料の可視化とデータベース構築による予防医療にむけて
        川上 浩司
        ファルマシア(日本薬学会雑誌), 2016年, 査読有り
      • 不確実性に対処する-感度分析-
        河内 健治; 川上 浩司
        治療, 2016年, 査読有り
      • Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan: population based retrospective cohort study.
        Shiro Tanaka; Maki Shinzawa; Hironobu Tokumasu; Kahori Seto; Sachiko Tanaka; Koji Kawakami
        BMJ (Clinical research ed.), 2015年10月21日, 査読有り
      • Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan: population based retrospective cohort study
        Shiro Tanaka; Maki Shinzawa; Hironobu Tokumasu; Kahori Seto; Sachiko Tanaka; Koji Kawakami
        BMJ-BRITISH MEDICAL JOURNAL, 2015年10月, 査読有り
      • Cost-Effectiveness of Proton Pump Inhibitor Co-Therapy in Patients Taking Aspirin for Secondary Prevention of Ischemic Stroke
        Nobuyoshi Takabayashi; Kyoko Murata; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        PHARMACOECONOMICS, 2015年10月, 査読有り
      • Increased GADD34 in oligodendrocytes in Alzheimer’s disease
        Yasuyuki Honjo; Takashi Ayaki; Takami Tomiyama; Tomohisa Horibe; Hidefumi Ito; Hiroshi Mori; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        Neuroscience Letters, 2015年08月, 査読有り
      • Prescription patterns and trends in anti-rheumatic drug use based on a large-scale claims database in Japan
        Hirotaka Katada; Naoichiro Yukawa; Hisashi Urushihara; Shiro Tanaka; Tsuneyo Mimori; Koji Kawakami
        CLINICAL RHEUMATOLOGY, 2015年05月, 査読有り
      • Price difference as a predictor of the selection between brand name and generic statins in Japan
        Osamu Takizawa; Hisashi Urushihara; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        HEALTH POLICY, 2015年05月, 査読有り
      • Enhancement of anti-tumor activity of hybrid peptide in conjugation with carboxymethyl dextran via disulfide linkers
        Arong Gaowa; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Yasuhiko Tabata; Hiroshi Harada; Masahiro Hiraoka; Koji Kawakami
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS, 2015年05月, 査読有り
      • 妊娠時に喫煙をしていた母より生まれた子は3歳児健康診査時で尿蛋白陽性が多かった
        新沢 真紀; 田中 司朗; 徳増 裕宣; 高田 大輔; 塚本 達雄; 柳田 素子; 川上 浩司
        日本腎臓学会誌, 2015年04月
      • Methodological issues in observational studies and non-randomized controlled trials in oncology in the era of big data.
        Shiro Tanaka; Sachiko Tanaka; Koji Kawakami
        Japanese journal of clinical oncology, 2015年04月, 査読有り
      • Domperidone With ORT in the Treatment of Pediatric Acute Gastroenteritis in Japan: A Multicenter, Randomized Controlled Trial
        Fumiyo Kita; Shiro Hinotsu; Tohru Yorifuji; Hisashi Urushihara; Tetsuro Shimakawa; Kenji Kishida; Yoshihiro Wakazono; Eiko Yamauchi; Hiroshi Sasaki; Tatsutoshi Nakahata; Koji Kawakami
        ASIA-PACIFIC JOURNAL OF PUBLIC HEALTH, 2015年03月, 査読有り
      • 医療系リアルワールドデータを用いた新世代の臨床疫学、薬剤疫学研究: 薬物の安全性評価・予測にどう切り込むか
        川上 浩司
        日本毒性学会学術年会, 2015年
      • Asthma Controller Medications for Children in Japan: Analysis of an Administrative Claims Database.
        Shota Hamada; Hironobu Tokumasu; Akira Sato; Masahiro Iwasaku; Koji Kawakami
        Global pediatric health, 2015年, 査読有り
      • The changing patterns of dispensing branded and generic drugs for the treatment of gastroesophageal reflux disease between 2006 and 2011 in Japan: A retrospective cohort study
        Kyoko Murata; Shiro Hinotsu; Shota Hamada; Yasumasa Ezoe; Manabu Muto; Koji Kawakami
        BMC Health Services Research, 2015年, 査読有り
      • The Safety of Pegylated Interferon α-2a and α-2b Combined with Ribavirin in Patients with Chronic Hepatitis C Based on the Japanese Interferon Database
        I. Sato; Y. Kawasaki; T. Imai; S, Tanaka; H. Yamada; K. Kawakami; N. Masaki
        Pharmacoepidemiology and drug safety, 2015年, 査読有り
      • Utilization trends and management and prescription of oral anticancer medicines using nationwide pharmacy databases and a questionnaire survey of community pharmacies in Japan
        Osamu Takizawa; Hisashi Urushihara; Shiro Tanaka; Yukiko Doi; Masaru Arai; Toshiyuki Matsunaga; Naomi Ogata; Koji Kawakami
        International Journal of Pharmacy and Pharmaceutical Research, 2015年, 査読有り
      • Monitoring of Bip promoter activation during cancer cell growth by bioluminescence imaging technique at single cell level
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Ryohsuke Kurihara; Ryutaro Akiyoshi; Yoko Hatta-Ohashi; Hirobumi Suzuki; Koji Kawakami
        Integrative Cancer Science and Therapeutics, 2015年, 査読有り
      • Patterns and trends in diagnostic tests use for detection of colorectal cancer after screening with the immunochemical fecal occult blood test in Japan
        Kahori Seto; Junta Yamamichi; Shiro Hinotsu; Koichi Nagata; Yasutoshi Kobayashi; Hisashi Urushihara; Koji Kawakami
        Open Journal of Clinical Diagnostics, 2015年, 査読有り
      • Blog posting after lung cancer notification: content analysis of blogs written by patients or their families
        Akira Sato; E Aramaki; Y Shimamoto; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        JMIR Cancer, 2015年, 査読有り
      • Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan - Results from the Kobe Offspring Study
        Shiro Tanaka; Maki Shinzawa; Hironobu Tokumasu; Kahori Seto; Sachiko Tanaka; Koji Kawakami
        British Medical Journal (BMJ), 2015年, 査読有り
      • 外科領域におけるHealth Technology Assessment
        錦織 達人; 川上 浩司; 後藤 励; 肥田 侯矢; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2015年, 査読有り
      • 医療等分野における番号制度導入への医師を対象にした意識調査
        高橋 由光; 田中 司朗; 川上 浩司; 中山 健夫; 瓜生原 葉子; 井上 真智子; 岡本 茂; 柏原 英則; 鬼頭 久美子; 篠原 圭子; 萬代 真理恵; 森岡 美帆
        日本公衆衛生雑誌, 2015年, 査読有り
      • The Membrane-Lytic Peptides K8L9 and Melittin Enter Cancer Cells via Receptor Endocytosis following Subcytotoxic Exposure
        Masayuki Kohno; Tomohisa Horibe; Koji Ohara; Shinji Ito; Koji Kawakami
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2014年11月, 査読有り
      • 処方データ解析からみる有効性・安全性 日本における糖尿病網膜症進展・非進展患者に対する薬物治療の実態に関する疫学研究
        河村 太一; 村田 京子; 田村 寛; 中尾 葉子; 川上 浩司
        日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 2014年10月
      • Antiemetic efficacy and safety of a combination of palonosetron, aprepitant, and dexamethasone in patients with testicular germ cell tumor receiving 5-day cisplatin-based combination chemotherapy
        Shota Hamada; Shiro Hinotsu; Koji Kawai; Shigeyuki Yamada; Shintaro Narita; Tomomi Kamba; Hiroyuki Nishiyama; Yoichi Arai; Tomonori Habuchi; Osamu Ogawa; Koji Kawakami
        SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2014年08月, 査読有り
      • Synergetic cytotoxic activity toward breast cancer cells enhanced by the combination of Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90 and Hsp70-targeted peptide
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        BMC CANCER, 2014年08月, 査読有り
      • Academic Clinical Trials and Drug Regulations in Japan: Impacts of Introducing the Investigational New Drug System
        Hisashi Urushihara; Koji Kawakami
        THERAPEUTIC INNOVATION & REGULATORY SCIENCE, 2014年07月, 査読有り
      • Discovery of Protein Disulfide Isomerase P5 Inhibitors that Reduce the Secretion of MICA from Cancer Cells
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Yukiko Okuno; Koji Kawakami
        CHEMBIOCHEM, 2014年07月, 査読有り
      • Inhibition of Neurite Outgrowth by a Neuropilin-1 Binding Peptide Derived from Semaphorin 3A
        Masayuki Kohno; Koji Ohara; Tomohisa Horibe; Koji Kawakami
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PEPTIDE RESEARCH AND THERAPEUTICS, 2014年06月, 査読有り
      • Transaction Cost Analysis of the New Drug Application Process: A Case Study of a Multinational Pharmaceutical Company in Japan
        Shota Hamada; Akiko Shibata; Hisashi Urushihara; Shintaro Sengoku; Chihiro Suematsu; Koji Kawakami
        THERAPEUTIC INNOVATION & REGULATORY SCIENCE, 2014年05月, 査読有り
      • Targeting interleukin-4 receptor alpha by hybrid Peptide for novel biliary tract cancer therapy.
        Seto, Kahori; Shoda, Junichi; Horibe, Tomohisa; Warabi, Eiji; Kohno, Masayuki; Yanagawa, Toru; Bukawa, Hiroki; Nakamuma, Yasuni; Kawakami, Koji
        Int J Hepatol., 2014年04月, 査読有り
      • Transfection efficiency of normal and cancer cell lines and monitoring of promoter activity by single-cell bioluminescence imaging
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Ryutaro Akiyoshi; Yoko Hatta-Ohashi; Hirobumi Suzuki; Koji Kawakami
        LUMINESCENCE, 2014年02月, 査読有り
      • Combination of hybrid peptide with biodegradable gelatin hydrogel for controlled release and enhancement of anti-tumor activity in vivo
        Arong Gaowa; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Keisuke Sato; Hiroshi Harada; Masahiro Hiraoka; Yasuhiko Tabata; Koji Kawakami
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2014年02月, 査読有り
      • Protein Disulfide Isomerase P5-Immunopositive Inclusions in Patients with Alzheimer's Disease
        Yasuyuki Honjo; Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Hidefumi Ito; Aki Nakanishi; Hiroshi Mori; Tohru Komiya; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE, 2014年, 査読有り
      • Pharmaceutical company perspectives on current safety risk communications in Japan.
        Hisashi Urushihara; Gen Kobashi; Hideaki Masuda; Setsuko Taneichi; Michiko Yamamoto; Takeo Nakayama; Koji Kawakami; Tsutomu Matsuda; Kaori Ohta; Hiroki Sugimori
        SpringerPlus, 2014年, 査読有り
      • Application of a self-controlled case series study to a database study in children
        Hanae Ueyama; Shiro Hinotsu; Shiro Tanaka; Hisashi Urushihara; Masaki Nakamura; Yuji Nakamura; Koji Kawakami
        Drug Safety, 2014年, 査読有り
      • Entry of a cationic lytic-type peptide into the cytoplasm via endocytosis-dependent and -independent pathways in human glioma U251 cells
        Koji Ohara; Masayuki Kohno; Tsutomu Hamada; Koji Kawakami
        PEPTIDES, 2013年12月, 査読有り
      • Does late morning waking-up affect sleep during the following night in patients with primary insomnia?
        Atsushi Ogawa; Shiro Hinotsu; Koji Kawakami
        BIOLOGICAL RHYTHM RESEARCH, 2013年12月, 査読有り
      • Safety and Efficacy of Sustained Release of Basic Fibroblast growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel in Patients With Critical Limb Ischemia
        Motoyuki Kumagai; Akira Marui; Yasuhiko Tabata; Takahide Takeda; Masaya Yamamoto; Atsushi Yonezawa; Shiro Tanaka; Shigeki Yanagi; Toshiko Ito-Ihara; Takafumi Ikeda; Toshinori Murayama; Satoshi Teramukai; Toshiya Katsura; Kazuo Matsubara; Koji Kawakami; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Ryuzo Sakata
        CIRCULATION, 2013年11月, 査読有り
      • Prescription patterns following first-line new generation antidepressants for depression in Japan: A naturalistic cohort study based on a large claims database
        Toshi A. Furukawa; Yoshie Onishi; Shiro Hinotsu; Aran Tajika; Nozomi Takeshima; Kiyomi Shinohara; Yusuke Ogawa; Yu Hayasaka; Koji Kawakami
        Journal of Affective Disorders, 2013年09月25日, 査読有り
      • Biased Safety Reporting in Blinded Randomized Clinical Trials: Meta-Analysis of Angiotensin Receptor Blocker Trials
        Nobuyoshi Takabayashi; Hisashi Urushihara; Koji Kawakami
        PLOS ONE, 2013年09月, 査読有り
      • Does late morning waking-up affect sleep during the following night in patients with primary insomnia?
        Atsushi Ogawa; Shiro Hinotsu; Koji Kawakami
        JOURNAL OF BIOLOGICAL EDUCATION, 2013年09月, 査読有り
      • Localization of the anti-cancer peptide EGFR-lytic hybrid peptide in human pancreatic cancer BxPC-3 cells by immunocytochemistry
        Koji Ohara; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2013年08月, 査読有り
      • Interleukin-4 receptor alpha-based hybrid peptide effectively induces antitumor activity in head and neck squamous cell carcinoma
        Kahori Seto; Junichi Shoda; Tomohisa Horibe; Eiji Warabi; Kazunori Ishige; Kenji Yamagata; Masayuki Kohno; Toru Yanagawa; Hiroki Bukawa; Koji Kawakami
        ONCOLOGY REPORTS, 2013年06月, 査読有り
      • Economic evaluation of pravastatin for primary prevention of coronary artery disease based on risk prediction from JALS-ECC in Japan
        Yoshie Onishi; Shiro Hinotsu; Yoko M. Nakao; Hisashi Urushihara; Koji Kawakami
        Value in Health Regional Issues, 2013年05月, 査読有り
      • HER2-Targeted Hybrid Peptide That Blocks HER2 Tyrosine Kinase Disintegrates Cancer Cell Membrane and Inhibits Tumor Growth In Vivo
        Megumi Kawamoto; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2013年04月, 査読有り
      • Immunogenicity and toxicity of transferrin receptor-targeted hybrid peptide as a potent anticancer agent
        Megumi Kawamoto; Masayuki Kohno; Tomohisa Horibe; Koji Kawakami
        CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 2013年03月, 査読有り
      • Predictive value of clinical chorioamnionitis in extremely premature infants
        Hironobu Tokumasu; Shiro Hinotsu; Fumiyo Kita; Koji Kawakami
        PEDIATRICS INTERNATIONAL, 2013年02月, 査読有り
      • A Multicenter, Phase III Evaluation of the Efficacy and Safety of a New Fixed-Dose Pioglitazone/Glimepiride Combination Tablet in Japanese Patients with Type 2 Diabetes
        Shinzo Hiroi; Kenkichi Sugiura; Kumi Matsuno; Masashi Hirayama; Kenji Kuriyama; Kohei Kaku; Koji Kawakami
        DIABETES TECHNOLOGY & THERAPEUTICS, 2013年02月, 査読有り
      • Cross-National Comparison of Medical Costs Shared by Payers and Patients: A Study of Postmenopausal Women with Early-Stage Breast Cancer Based on Assumption Case Scenarios and Reimbursement Fees
        Shota Hamada; Shiro Hinotsu; Hiroshi Ishiguro; Masakazu Toi; Koji Kawakami
        BREAST CARE, 2013年, 査読有り
      • Psychotropic Prescription Patterns Among Patients Diagnosed With Depressive Disorder Based on Claims Database in Japan
        Yoshie Onishi; Shiro Hinotsu; Toshiaki A. Furukawa; Koji Kawakami
        CLINICAL DRUG INVESTIGATION, 2013年, 査読有り
      • A survey of non-small cell lung cancer patients with meningeal carcinomatosis in Japan: Incidence and medical resource consumption.
        S.Ohno; S.Hinotsu; K.Murata; S.Tanaka; K.Kawakami
        Adv Pharmacoepidem Drug Safety, 2013年, 査読有り
      • Emergency Authorization of Medical Products: Regulatory Challenges from the 2009 H1N1 Influenza Pandemic in Japan
        Hisashi Urushihara; Sayako Matsui; Koji Kawakami
        BIOSECURITY AND BIOTERRORISM-BIODEFENSE STRATEGY PRACTICE AND SCIENCE, 2012年12月, 査読有り
      • Molecular mechanism of cytotoxicity induced by Hsp90-targeted Antp-TPR hybrid peptide in glioblastoma cells
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        MOLECULAR CANCER, 2012年08月, 査読有り
      • Derlin-1-immunopositive inclusions in patients with Alzheimer's disease
        Yasuyuki Honjo; Hidefumi Ito; Tomohisa Horibe; Hiroyuki Shimada; Aki Nakanishi; Hiroshi Mori; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        NEUROREPORT, 2012年07月, 査読有り
      • Cytotoxic activity to acute myeloid leukemia cells by Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90
        Tomohisa Horibe; Megumi Kawamoto; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2012年07月, 査読有り
      • The cost of antiemetic therapy for chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving platinum-containing regimens in daily practice in Japan: a retrospective study
        Shota Hamada; Shiro Hinotsu; Katsuhito Hori; Hiroshi Furuse; Takehiro Oikawa; Junichi Kawakami; Seiichiro Ozono; Hideyuki Akaza; Koji Kawakami
        SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2012年04月, 査読有り
      • Effects of renin-angiotensin system blockades on cardiovascular outcomes in patients with diabetes mellitus: A systematic review and meta-analysis
        Yoko M. Nakao; Satoshi Teramukai; Sachiko Tanaka; Shinji Yasuno; Akira Fujimoto; Masato Kasahara; Kenji Ueshima; Kazuhiro Nakao; Shiro Hinotsu; Kazuwa Nakao; Koji Kawakami
        DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE, 2012年04月, 査読有り
      • Orexin 2 receptor as a potential target for immunotoxin and antibody-drug conjugate cancer therapy
        Masato Kishida; Kazunori Ishige; Tomohisa Horibe; Noriko Tada; Nobutaka Koibuchi; Junichi Shoda; Kiyoshi Kita; Koji Kawakami
        ONCOLOGY LETTERS, 2012年03月, 査読有り
      • Effect of HMG-CoA reductase inhibitors on blood pressure in hypertensive patients treated with blood pressure-lowering agents: retrospective study using an anti-hypertensive drug database
        S. Hashimoto; H. Urushihara; S. Hinotsu; S. Kosugi; K. Kawakami
        EUROPEAN REVIEW FOR MEDICAL AND PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年02月, 査読有り
      • Targeting Interleukin-4 Receptor alpha with Hybrid Peptide for Effective Cancer Therapy
        Liying Yang; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Mari Haramoto; Koji Ohara; Raj K. Puri; Koji Kawakami
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2012年01月, 査読有り
      • Chromosomal variability of human mesenchymal stem cells cultured under hypoxic conditions
        Hanae Ueyama; Tomohisa Horibe; Shiro Hinotsu; Tomoaki Tanaka; Takeomi Inoue; Hisashi Urushihara; Akira Kitagawa; Koji Kawakami
        JOURNAL OF CELLULAR AND MOLECULAR MEDICINE, 2012年01月, 査読有り
      • Diagnostic performance of chromoendoscopy and narrow band imaging for colonic neoplasms: a meta-analysis
        Y. Kobayashi; Y. Hayashino; J. L. Jackson; N. Takagaki; S. Hinotsu; K. Kawakami
        COLORECTAL DISEASE, 2012年01月, 査読有り
      • 細胞医薬品の安全性評価と薬事対応
        川上 浩司
        日本毒性学会学術年会, 2012年
      • Personal experience in the Field of Clinical Trial
        K. Kawakami
        Japanese Pharmacology and Therapeutics, 2012年, 査読有り
      • Clinical research with unapproved medical device in Japan
        K. Kawakami
        Japanese Pharmacology and Therapeutics, 2012年, 査読有り
      • 薬剤疫学と薬理学
        川上 浩司
        日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica, 2012年, 査読有り
      • 京大病院における採血時フルネーム名乗らせ確認の遵守向上の取り組み
        長尾 雅能; 杉山 綾香; 足立 由起; 漆原 尚巳; 一山 智; 川上 浩司
        医療の質・安全学会誌(JJQSH), 2012年, 査読有り
      • Clinical usefulness of pit patterns for detecting colonic lesions requiring surgical treatment
        Yasutoshi Kobayashi; Shin-ei Kudo; Hideyuki Miyachi; Toshihisa Hosoya; Nobunao Ikehara; Kazuo Ohtsuka; Hiroshi Kashida; Shigeharu Hamatani; Shiro Hinotsu; Koji Kawakami
        INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 2011年12月, 査読有り
      • Oseltamivir Prescription and Regulatory Actions Vis-a-Vis Abnormal Behavior Risk in Japan: Drug Utilization Study Using a Nationwide Pharmacy Database
        Hisashi Urushihara; Yuko Doi; Masaru Arai; Toshiyuki Matsunaga; Yosuke Fujii; Naoko Iino; Takashi Kawamura; Koji Kawakami
        PLOS ONE, 2011年12月, 査読有り
      • Protein disulfide isomerase-immunopositive inclusions in patients with amyotrophic lateral sclerosis
        Yasuyuki Honjo; Satoshi Kaneko; Hidefumi Ito; Tomohisa Horibe; Masato Nagashima; Masataka Nakamura; Kengo Fujita; Ryosuke Takahashi; Hirofumi Kusaka; Koji Kawakami
        AMYOTROPHIC LATERAL SCLEROSIS, 2011年11月, 査読有り
      • Semaphorin 3A lytic hybrid peptide binding to neuropilin-1 as a novel anti-cancer agent in pancreatic cancer
        Hanae Ueyama; Tomohisa Horibe; Oumi Nakajima; Koji Ohara; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年10月, 査読有り
      • Protein Disulfide Isomerase Immunopositive Glial Cytoplasmic Inclusions in Patients With Multiple System Atrophy
        Yasuyuki Honjo; Hidefumi Ito; Tomohisa Horibe; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2011年10月, 査読有り
      • Risk of second cancer after initial treatment of breast cancer: An Osaka Cancer Registry Database study
        Yumi Kamigaki; Koji Kawakami
        ONCOLOGY LETTERS, 2011年09月, 査読有り
      • メタボリックシンドロームの診断項目の新規発症に関する内臓脂肪蓄積の意義 MERLOT研究
        中尾 葉子; 保野 慎治; 田中 司朗; 宮脇 尚志; 田中 佐智子; 中尾 一泰; 笠原 正登; 藤本 明; 桝田 出; 川上 浩司; 上嶋 健治; 中尾 一和
        肥満研究, 2011年09月
      • A novel transferrin receptor-targeted hybrid peptide disintegrates cancer cell membrane to induce rapid killing of cancer cells
        Megumi Kawamoto; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        BMC CANCER, 2011年08月, 査読有り
      • Characterization of antilytic peptide antibody: application for the detection of lytic-based hybrid peptide in serum samples
        Koji Ohara; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2011年07月, 査読有り
      • Night-to-night variability of sleep latency significantly predicts the magnitude of subsequent change in sleep latency during placebo administration
        Atsushi Ogawa; Shiro Hinotsu; Hisashi Urushihara; Koji Kawakami
        SLEEP MEDICINE, 2011年06月, 査読有り
      • The current status of umbilical cord blood collection in Japanese medical centers: Survey of obstetricians
        Noriko Tada; Shiro Hinotsu; Hisashi Urushihara; Fumiyo Kita; Shunro Kai; Tsuneo A. Takahashi; Shunichi Kato; Minoko Takanashi; Kiminari Ito; Hideaki Sawai; Taira Maekawa; Shinji Kosugi; Koji Kawakami
        TRANSFUSION AND APHERESIS SCIENCE, 2011年06月, 査読有り
      • A single replacement of histidine to arginine in EGFR-lytic hybrid peptide demonstrates the improved anticancer activity
        Noriko Tada; Tomohisa Horibe; Mari Haramoto; Koji Ohara; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年04月, 査読有り
      • Considering Selection Bias When Developing a Search Strategy
        Yoko M. Nakao; Kenji Ueshima; Satoshi Teramukai; Sachiko Tanaka; Shinji Yasuno; Akira Fujimoto; Koji Kawakami; Kazuwa Nakao
        ARCHIVES OF INTERNAL MEDICINE, 2011年03月, 査読有り
      • A novel hybrid peptide targeting EGFR-expressing cancers
        Masayuki Kohno; Tomohisa Horibe; Mari Haramoto; Yoshiaki Yano; Koji Ohara; Oumi Nakajima; Katsumi Matsuzaki; Koji Kawakami
        EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 2011年03月, 査読有り
      • Designed hybrid TPR peptide targeting Hsp90 as a novel anticancer agent
        Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Mari Haramoto; Koji Ohara; Koji Kawakami
        JOURNAL OF TRANSLATIONAL MEDICINE, 2011年01月, 査読有り
      • 日本版IND制度の導入に向けての国際動向調査研究-米国の研究開発事例をもとに-(平成22年度レギュラトリーサイエンス推進調査研究事業研究報告)
        川上 浩司
        医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 2011年, 査読有り
      • Medical device development in crisis: A movement for technology innovation in health and medicine in Japan
        Shinya Numata; Shinobu Oguchi; Yuji Yamamoto; Hiroo Imura; Koji Kawakami
        INNOVATION-MANAGEMENT POLICY & PRACTICE, 2010年12月, 査読有り
      • Protein disulfide isomerase-immunopositive inclusions in patients with Alzheimer disease
        Yasuyuki Honjo; Hidefumi Ito; Tomohisa Horibe; Ryosuke Takahashi; Koji Kawakami
        BRAIN RESEARCH, 2010年08月, 査読有り
      • Antedrug Budesonide by Intrapulmonary Treatment Attenuates Bleomycin-Induced Lung Injury in Rats with Minimal Systemic Adverse Effects
        Masayuki Kohno; Mari Haramoto; Oumi Nakajima; Liying Yang; Shiro Hinotsu; Masanao Yokohira; Katsumi Imaida; Koji Kawakami
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2010年07月, 査読有り
      • Familiarity and Prudence of the Japanese Public with Research into Induced Pluripotent Stem Cells, and Their Desire for its Proper Regulation
        Ryuma Shineha; Masahiro Kawakami; Koji Kawakami; Motohiko Nagata; Takashi Tada; Kazuto Kato
        STEM CELL REVIEWS AND REPORTS, 2010年03月, 査読有り
      • Pancreatic cancer therapy with a novel pump for controlled drug release
        Mari Haramoto; Masayuki Kohno; Oumi Nakajima; Tomohisa Horibe; Masanobu Kiyohara; Hirohide Fukazawa; Tsuyoshi Togawa; Koji Kawakami
        ONCOLOGY REPORTS, 2010年02月, 査読有り
      • Prescription trends for treatment of paediatric gastroenteritis at a Japanese hospital between 1997 and 2007
        F. Kita; Y. Shibata; T. Yorifuji; T. Nakahata; J. Kawakami; K. Kawakami
        JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 2010年02月, 査読有り
      • Development Safety Update Reports and Proposals for Effective and Efficient Risk Communication
        Hisashi Urushihara; Koji Kawakami
        DRUG SAFETY, 2010年, 査読有り
      • 臨床研究医の現状: 診療現場で臨床研究を実現するための課題-京都大学臨床研究者養成コース(MCRコース)の履修生の実態調査から見えてきたこと-.
        有村保次; 西田俊彦; 南麻弥; 横山葉子; 三品浩基; 山崎新; 石崎達郎; 川上浩司; 中山健夫; 今中雄一; 川村孝; 福原俊一
        医学教育, 2010年, 査読有り
      • Use of telomelysin (OBP-301) in mouse xenografts of human head and neck cancer
        Oumi Nakajima; Daiju Ichimaru; Yasuo Urata; Toshiyoshi Fujiwara; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        ONCOLOGY REPORTS, 2009年11月, 査読有り
      • Good Laboratory Practice (GLP) status of Asian countries and its implementation in non-clinical safety studies in pharmaceutical drug development
        Madoka Sasaki; Shiro Hinotsu; Koji Kawakami
        JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2009年10月, 査読有り
      • Direct Association of Thioredoxin-1 (TRX) with Macrophage Migration Inhibitory Factor (MIF): Regulatory Role of TRX on MIF Internalization and Signaling
        Aoi Son; Noriko Kato; Tomohisa Horibe; Yoshiyuki Matsuo; Michika Mochizuki; Akira Mitsui; Koji Kawakami; Hajime Nakamura; Junji Yodoi
        ANTIOXIDANTS & REDOX SIGNALING, 2009年10月, 査読有り
      • Sample size calculations for controlling the distribution of false discovery proportion in microarray experiments
        Tomonori Oura; Shigeyuki Matsui; Koji Kawakami
        BIOSTATISTICS, 2009年10月, 査読有り
      • Industry views of biosimilar development in Japan
        Hiroshi Horikawa; Mina Tsubouchi; Koji Kawakami
        HEALTH POLICY, 2009年07月, 査読有り
      • Telomerase-specific virotherapy in an animal model of human head and neck cancer
        Oumi Nakajima; Atsuko Matsunaga; Daiju Ichimaru; Yasuo Urata; Toshiyoshi Fujiwara; Koji Kawakami
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2009年01月, 査読有り
      • 臨床医を対象とした臨床研究への関心および教育のあり方についての調査
        三品 浩基; 横山 葉子; 川上 浩司; 福原 俊一
        医学教育, 2009年, 査読有り
      • Potent in vitro and in vivo antitumor activity of interleukin-4-conjugated Pseudomonas exotoxin against human biliary tract carcinoma
        Kazunori Ishige; Junichi Shoda; Toru Kawamoto; Sachiko Matsuda; Tetsuya Ueda; Ichinosuke Hyodo; Nobuhiro Ohkohchi; Raj K. Puri; Koji Kawakami
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 2008年12月, 査読有り
      • Interaction of human protein disulfide isomerase and human P5 with drug compounds: Analysis using biosensor technology
        Tomohisa Horibe; Masakazu Kikuchi; Koji Kawakami
        PROCESS BIOCHEMISTRY, 2008年12月, 査読有り
      • Overview of the clinical application of regenerative medicine products in Japan
        Mina Tsubouchi; Shigeyuki Matsui; Yoshiro Banno; Kiyoshi Kurokawa; Koji Kawakami
        HEALTH POLICY, 2008年10月, 査読有り
      • Safety assessment of biopharmaceuticals: Japanese perspective on ICHS6 guideline maintenance
        Takahiro Nakazawa; Misao Kurokawa; Kazuya Kimura; Akihiro Wakata; Shigeru Hisada; Tadashi Inoue; Fumio Sagami; Shawn M. Heidel; Koji Kawakami; Kazutoshi Shinoda; Hiroshi Onodera; Yuji Kumagai; Yasuo Ohno; Nobuyuki Kawamura; Tsuneyoshi Yamazaki; Tohru Inoue
        JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2008年08月, 査読有り
      • Critical issues for effective collaboration between academia and industry in the field of regenerative medicine in Japan
        Mina Tsubouchi; Ryuichi Moishita; Yasuhiko Tabata; Sbigeyuki Matsui; Koji Kawakami
        REGENERATIVE MEDICINE, 2008年07月, 査読有り
      • 橋渡し研究・治験とその課題 橋渡し研究からICRへ
        川上浩司; 沼田真也; 小口しのぶ; 山本雄士; 原田良信; 山川彰夫; 井村裕夫
        BIO Clinica, 2008年06月, 招待有り
      • Endogenous metalloprotease solubilizes IL-13 receptor alpha 2 in airway epithelial cells
        Mikiko Matsumura; Hiromasa Inoue; Takafumi Matsumoto; Takako Nakano; Satoru Fukuyama; Koichiro Matsumoto; Koichi Takayama; Makoto Saito; Koji Kawakami; Yoichi Nakanishi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年08月, 査読有り
      • TGF-beta receptor I conditional knockout mice develop spontaneous squamous cell carcinoma
        Yasuyuki Honjo; Yansong Bian; Koji Kawakami; Alfredo Molinolo; Glenn Longenecker; Ramanamurthy Boppana; Jonas Larsson; Stefan Karlsson; J. Silvio Gutkind; Raj K. Puri; Ashok B. Kulkarni
        CELL CYCLE, 2007年06月, 査読有り
      • Quantitative measurement of neurological deficit after mild (30 min) transient middle cerebral artery occlusion in rats
        Kouji Wakayama; Munehisa Shimamura; Masataka Sata; Naoyuki Sato; Koji Kawakami; Hirotsugu Fukuda; Takuji Tomimatsu; Toshio Ogihara; Ryuichi Morishita
        BRAIN RESEARCH, 2007年01月, 査読有り
      • Effective assessment of behavioral function after subcortical infarct induced by transient middle cerebral artery occlusion in rats
        Kouji Wakayama; Munehisa Shimamura; Masataka Sata; Koji Kawakami; Naoyuki Sato; Toshio Ogihara; Ryuichi Morishita
        JOURNAL OF HYPERTENSION, 2006年12月, 査読有り
      • Post-ischemic administration of fluvastatin improves cognitive dysfunction in the chronic stage of cerebral infarction in rat model
        Munehisa Shimamura; Naoyuki Sato; Maka Sata sata; Koji Kawakami; Takuya Hayashi; Hidehiro Iida; Toshio Ogihara; Ryuichi Morishita
        JOURNAL OF HYPERTENSION, 2006年12月, 査読有り
      • Intratumoral therapy with IL13-PE38 results in effective CTL-mediated suppression of IL-13R alpha 2-expressing contralateral tumors
        Koji Kawakami; Masaki Terabe; Mitornu Kioi; Jay A. Berzofsky; Raj K. Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2006年08月, 査読有り
      • Targeted anticancer immunotoxins and cytotoxic agents with direct killing moieties
        Koji Kawakami; Oumi Nakajima; Ryuichi Morishita; Ryozo Nagai
        THESCIENTIFICWORLDJOURNAL, 2006年07月, 査読有り
      • Characterization of a novel human tumor antigen interleukin-13 receptor alpha 2 chain
        K Kawakami; M Terabe; M Kawakami; JA Berzofsky; RK Puri
        CANCER RESEARCH, 2006年04月, 査読有り
      • IL-13 signaling through the IL-13 alpha 2 receptor is involved in induction of TGF-beta 1 production and fibrosis
        S Fichtner-Feigl; W Strober; K Kawakami; RK Puri; A Kitani
        NATURE MEDICINE, 2006年01月, 査読有り
      • 探索医療のあり方
        川上 浩司
        学術の動向, 2006年
      • FDAにおける人工酸素運搬体の研究開発に関するガイダンスの要点
        川上 浩司
        人工血液-日本血液代替物学会会誌, 2006年, 査読有り
      • Combined effects of radiation and interleukin-13 receptor-targeted cytotoxin on glioblastoma cell lines
        K Kawakami; M Kawakami; Q Liu; RK Puri
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2005年09月, 査読有り
      • Expression and targeting of interieukin-4 receptor for primary and advanced ovarian cancer therapy
        M Kioi; S Takahashi; M Kawakami; K Kawakami; RJ Kreitman; RK Puri
        CANCER RESEARCH, 2005年09月, 査読有り
      • Adenoviral vector-mediated gene transfer of IL-13R alpha 2 chain followed by IL-13 cytotoxin treatment offers potent targeted therapy for cytotoxin-resistant cancers
        M Saito; T Murata; K Watanabe; K Kawakami; M Suzuki; T Koji; RK Puri; K Kitazato; N Kobayashi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 2005年08月, 査読有り
      • Hodgkin lymphoma therapy with interlepkin-4 receptor-directed cytotoxin in an infiltrating animal model
        M Kawakami; K Kawakami; M Kioi; P Leland; RK Puri
        BLOOD, 2005年05月, 査読有り
      • Evidence that IL-13R alpha-2 chain in human glioma cells is responsible for the antitumor activity mediated by receptor-directed cytotoxin therapy
        K Kawakami; M Kioi; Q Liu; M Kawakami; RK Puri
        JOURNAL OF IMMUNOTHERAPY, 2005年05月, 査読有り
      • Cancer gene therapy utilizing interleukin-13 receptor alpha 2 chain
        K Kawakami
        CURRENT GENE THERAPY, 2005年04月, 査読有り
      • Distribution kinetics of targeted cytotoxin in glioma by bolus or convection-enhanced delivery in a murine model
        K Kawakami; M Kawakami; M Kioi; Husain, SR; RK Puri
        JOURNAL OF NEUROSURGERY, 2004年12月, 査読有り
      • Analysis of antitumor activity of an interleukin-13 (IL-13) receptor-targeted cytotoxin composed of IL-13 antagonist and Pseudomonas exotoxin
        M Kioi; K Kawakami; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2004年09月, 査読有り
      • Analysis of interleukin-13 receptor alpha 2 expression in human pediatric brain tumors
        M Kawakami; K Kawakami; S Takahashi; M Abe; RK Puri
        CANCER, 2004年09月, 査読有り
      • Nitric oxide accelerates interleukin-13 cytotoxin-mediated regression in head and neck cancer animal model
        K Kawakami; M Kawakami; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2004年08月, 査読有り
      • Mechanism of action of interleukin-13 antagonist (IL-13E13K) in cells expressing various types of IL-4R
        M Kioi; K Kawakami; RK Puri
        CELLULAR IMMUNOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Specifically targeted killing of interleukin-13 (IL-13) receptor-expressing breast cancer by IL-13 fusion cytotoxin in animal model of human disease
        K Kawakami; M Kawakami; RK Puri
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2004年02月, 査読有り
      • Regulatory expectations during product development for tumour vaccines.
        K. Kawakami; R.K. Puri
        Developments in biologicals, 2004年, 査読有り
      • Interleukin-13 receptor alpha 2 chain in human head and neck cancer serves as a unique diagnostic marker
        M Kawakami; K Kawakami; JL Kasperbauer; LL Hinkley; M Tsukuda; SE Strome; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2003年12月, 査読有り
      • Antitumor therapy with bacterial DNA and toxin: Complete regression of established tumor induced by liposomal CpG oligodeoxynucleotides plus interleukin-13 cytotoxin
        KJ Ishii; K Kawakami; Gursel, I; J Conover; BH Joshi; DM Klinman; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2003年12月, 査読有り
      • Interleukin-4-Pseudomonas exotoxin chimeric fusion protein for malignant glioma therapy
        M Kawakami; K Kawakami; RK Puri
        JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY, 2003年10月, 査読有り
      • MIP-T3 associates with IL-13R alpha 1 and suppresses STAT6 activation in response to IL-13 stimulation
        Y Niu; T Murata; K Watanabe; K Kawakami; A Yoshimura; J Inoue; RK Puri; N Kobayashi
        FEBS LETTERS, 2003年08月, 査読有り
      • Potent antitumor activity of IL-13 cytotoxin in human pancreatic tumors engineered to express IL-13 receptor alpha 2 chain in vivo
        K Kawakami; M Kawakami; Husain, SR; RK Puri
        GENE THERAPY, 2003年07月, 査読有り
      • Effect of interleukin (IL)-4 cytotoxin on breast tumor growth after in vivo gene transfer of IL-4 receptor alpha chain
        K Kawakami; M Kawakami; Husain, SR; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2003年05月, 査読有り
      • Interleukin-4 receptor-targeted cytotoxin therapy of androgen-dependent and -independent prostate carcinoma in xenograft models
        Husain, SR; K Kawakami; M Kawakami; RK Puri
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2003年03月, 査読有り
      • Tumor regression mechanisms by IL-13 receptor-targeted cancer therapy involve apoptotic pathways
        M Kawakami; K Kawakami; RK Puri
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 2003年01月, 査読有り
      • IL-13 receptor-targeted cytotoxin cancer therapy leads to complete eradication of tumors with the aid of phagocytic cells in nude mice model of human cancer
        K Kawakami; M Kawakami; RK Puri
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2002年12月, 査読有り
      • Interleukin 4 receptor on human lung cancer: A molecular target for cytotoxin therapy
        M Kawakami; K Kawakami; VA Stepensky; RA Maki; H Robin; W Muller; Husain, SR; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2002年11月, 査読有り
      • Intratumor administration of interleukin 13 receptor-targeted cytotoxin induces apoptotic glioma tumor xenografts
        M Kawakami; K Kawakami; RK Puri
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2002年10月, 査読有り
      • Improved anti-tumor activity and safety of interleukin-13 receptor targeted cytotoxin by systemic continuous administration in head and neck cancer xenograft model
        K Kawakami; Husain, SR; M Kawakami; RK Puri
        MOLECULAR MEDICINE, 2002年08月, 査読有り
      • Cytokine receptor as a sensitizer for targeted cancer therapy
        K Kawakami; M Kawakami; RK Puri
        ANTI-CANCER DRUGS, 2002年08月, 査読有り
      • Targeting interleukin-4 receptors for effective pancreatic cancer therapy
        K Kawakami; M Kawakami; Husain, SR; RK Puri
        CANCER RESEARCH, 2002年07月, 査読有り
      • Heterogeneity in interleukin-13 receptor expression and subunit structure in squamous cell carcinoma of head and neck: Differential sensitivity to chimeric fusion proteins comprised of interleukin-13 and a mutated form of Pseudomonas exotoxin
        BH Joshi; K Kawakami; P Leland; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2002年06月, 査読有り
      • Apoptotic pathways of cell death induced by an interleukin-13 receptor-targeted recombinant cytotoxin in head and neck cancer cells
        M Kawakami; K Kawakami; RJ Puri
        CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY, 2002年02月, 査読有り
      • Internalization property of interleukin-4 receptor a chain increases cytotoxic effect of interleukin-4 receptor-targeted cytotoxin in cancer cells
        K Kawakami; M Kawakami; P Leland; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2002年01月, 査読有り
      • Interleukin 4 receptor-directed cytotoxin therapy for human head and neck squamous cell carcinoma in animal models
        SE Strome; K Kawakami; D Alejandro; S Voss; JL Kasperbauer; D Salomao; LP Chen; RA Maki; RK Puri
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2002年01月, 査読有り
      • In vivo overexpression of IL-13 receptor alpha 2 chain inhibits tumorigenicity of human breast and pancreatic tumors in immunodeficient mice
        K Kawakami; M Kawakami; PJ Snoy; Husain, SR; RK Puri
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2001年12月, 査読有り
      • Gene transfer of interleukin 13 receptor alpha 2 chain dramatically enhances the antitumor effect of IL-13 receptor-targeted cytotoxin in human prostate cancer xenografts
        K Kawakami; Husain, SR; RK Bright; RK Puri
        CANCER GENE THERAPY, 2001年11月, 査読有り
      • Interleukin-13 receptor-targeted cancer therapy in an immunodeficient animal model of human head and neck cancer
        K Kawakami; M Kawakami; BH Joshi; RK Puri
        CANCER RESEARCH, 2001年08月, 査読有り
      • Identification of distinct roles for a dileucine and a tyrosine internalization motif in the interleukin (IL)-13 binding component IL-13 receptor alpha 2 chain
        K Kawakami; F Takeshita; RK Puri
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2001年07月, 査読有り
      • The interleukin-13 receptor alpha 2 chain: an essential component for binding and internalization but not for interleukin-13-induced signal transduction through the STAT6 pathway
        K Kawakami; J Taguchi; T Murata; RK Puri
        BLOOD, 2001年05月, 査読有り
      • Overexpressed cell surface interleukin-4 receptor molecules can be successfully targeted for antitumor cytotoxin therapy
        K Kawakami; M Kawakami; RK Puri
        CRITICAL REVIEWS IN IMMUNOLOGY, 2001年, 査読有り
      • Sensitization of cancer cells to interleukin 13-Pseudomonas exotoxin-induced cell death by gene transfer of interleukin 13 receptor alpha chain
        K Kawakami; BH Joshi; RK Puri
        HUMAN GENE THERAPY, 2000年09月, 査読有り
      • Structure, function, and targeting of interleukin 4 receptors on human head and neck cancer cells
        K Kawakami; P Leland; RK Puri
        CANCER RESEARCH, 2000年06月, 査読有り
      • Mutation and functional analysis of IL-13 receptors in human malignant glioma cells
        M. Kawakami; P. Leland; K. Kawakami; R.K. Puri
        Oncology Research, 2000年, 査読有り
      • An antioxidant, probucol, induces anti-angiogenesis and apoptosis in athymic nude mouse xenografted human head and neck squamous carcinoma cells
        G Nishimura; S Yanoma; H Mizuno; K Kawakami; M Tsukuda
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1999年11月, 査読有り
      • A selective cyclooxygenase-2 inhibitor suppresses tumor growth in nude mouse xenografted with human head and neck squamous carcinoma cells
        G Nishimura; S Yanoma; H Mizuno; K Kawakami; M Tsukuda
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1999年10月, 査読有り
      • Alteration of the Bcl-2/Bax status of head and neck cancer cell lines by chemotherapeutic agents
        K Kawakami; M Tsukuda; H Mizuno; G Nishimura; A Ishii; K Hamajima
        ANTICANCER RESEARCH, 1999年09月, 査読有り
      • Evaluation of cytokines and growth factors in supernatants of human head and neck squamous carcinoma cell lines
        G. Nishimura; M. Tsukuda; S. Yanoma; H. Mizuno; K. Kawakami; S. Kawai; H. Enomoto; N. Takahashi; T. Taguchi; M. Takahashi
        Biotherapy, 1999年, 査読有り
      • Thymidylate synthase expression in patients with hypopharyngeal carcinoma
        山岡 博之; 佃 守; 持松 いづみ; 長原 太郎; 榎本 弘幸; 加賀田 博子; 陰里 ゆうみ; 大長 さおり; 水野 晴美; 西村 剛志; 馬場 優; 川上 浩司
        癌と化学療法,, 1998年, 査読有り
      • Skin peripheral perfusion pressure (SPPP) in the leg using a technique of 133Xe clearance method
        H. Ito; S. Tanaka; T. Shimada; Y. Isogai; Y. Mori; K. Kawakami
        Kakuigaku, 1990年, 査読有り

      MISC

      • 大規模データベースの周術期疫学研究への活用
        米倉寛; 米倉寛; 武田親宗; 武田親宗; 川上浩司
        臨床麻酔(シービーアール), 2024年
      • COVID-19の活動制限が小児の肥満に与えた影響:11万人の学校健診情報による検討
        吉田都美; 矢内貴憲; 竹内正人; 川上浩司
        日本公衆衛生学会総会抄録集(CD-ROM), 2022年
      • Complications associated with the use of enzyme-inducing and non-enzyme-inducing antiepileptic drugs in the Japanese population: A retrospective cohort study
        Jingwei Gao; Tomotsugu Seki; Kiyohide Usami; Akio Ikeda; Di Fan; Koji Kawakami
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2021年08月
      • 緩和ケアと精神医療 最近のトピックス がん患者への精神科系薬剤の処方実態
        佐藤泉美; 川上浩司
        臨床精神医学, 2021年
      • 学校健診情報の可視化と利活用-自治体保有の情報活用に向けた基盤整備-
        祐野恵; 川上浩司; 森田朗; 平川秀幸; 吉田都美; 井出和希
        第2回政策のための科学オープンフォーラム~科学による政策課題解決への挑戦:たゆまぬ共創・協働~, 2020年01月15日
      • 帝王切開術における麻酔方法と術後重大合併症との関連:レセプトデータを用いた後ろ向きコホート研究
        松村佳織; 米倉寛; 米倉寛; 箕浦真奈美; 松成泰典; 川上浩司; 亀井政孝
        日本麻酔科学会学術集会(Web), 2020年
      • 帝王切開術における麻酔方法の年次推移:レセプトデータを用いた疫学研究
        箕浦真奈美; 米倉寛; 米倉寛; 松村佳織; 松成泰典; 川上浩司; 亀井政孝
        日本麻酔科学会学術集会(Web), 2020年
      • 危機の時代に立つこれからの麻酔科医
        米倉寛; 米倉寛; 川上浩司
        日本臨床麻酔学会誌, 2020年
      • 乳幼児や学童の健診情報や、医療機関の診療情報を健康長寿社会に生かす
        川上浩司
        鹿児島県医師会報, 2019年12月
      • 臨床研究医をとり巻く状況 8年間の進展と残された課題 京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から
        岡林 里枝; 池之上 辰義; 小川 雄右; 佐々木 典子; 竹内 正人; 渡辺 範雄; 高橋 由光; 山本 洋介; 石見 拓; 古川 壽亮; 川上 浩司; 今中 雄一; 中山 健夫; 川村 孝; 福原 俊一
        Gノート, 2019年12月
      • 健康情報の利活用・パーソナルヘルスレコードに対する認識と希望:全国47都道府県を対象とした質問紙調査.
        井出和希; 吉田都美; 尾板靖子; 川上浩司
        日本学校保健学会 第66回学術大会 講演集, 2019年11月30日
      • 母体喫煙と受動喫煙がアレルギー疾患に与える影響 神戸市母子保健情報による疫学研究
        吉田 都美; 三品 浩基; 松林 恵介; 竹内 正人; 川上 浩司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月, 査読有り
      • 母体喫煙と受動喫煙がアレルギー疾患に与える影響 神戸市母子保健情報による疫学研究
        吉田 都美; 三品 浩基; 松林 恵介; 竹内 正人; 川上 浩司
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月, 査読有り
      • レセプトデータベースを用いた本邦の気管支喘息患者におけるβ遮断薬点眼の処方実態
        木戸 愛; 赤木 忠道; 三宅 正裕; 田村 寛; 池田 華子; 亀田 隆範; 須田 謙史; 長谷川 智子; 吉田 都美; 川上 浩司; 辻川 明孝
        日本緑内障学会抄録集, 2019年09月, 査読有り
      • レセプトデータベースを用いた本邦の気管支喘息患者におけるβ遮断薬点眼の処方実態
        木戸 愛; 赤木 忠道; 三宅 正裕; 田村 寛; 池田 華子; 亀田 隆範; 須田 謙史; 長谷川 智子; 吉田 都美; 川上 浩司; 辻川 明孝
        日本緑内障学会抄録集, 2019年09月
      • 食道切除術のHospital volumeと周術期医療費との関連 ナショナルデータベースを利用した5134例の解析
        坂本 享史; 錦織 達人; 後藤 励; 肥田 侯矢; 角田 茂; 川上 浩司; 中山 健夫; 小濱 和貴; 久森 重夫; 坂井 義治
        日本消化器外科学会総会, 2019年07月, 査読有り
      • 予防医療のためのライフコースデータ (小谷和彦監修:ビッグデータによる地域医療コントロール)
        川上浩司
        Precision Medicine, 2019年07月, 筆頭著者
      • 医療ビッグデータを利活用するプラットフォームとしての人材育成
        錦織 達人; 肥田 侯矢; 小濱 和貴; 角田 茂; 岡部 寛; 星野 伸晃; 川上 浩司; 松村 由美; 坂井 義治
        日本消化器外科学会総会, 2019年07月, 査読有り
      • 甲状腺癌手術時の術中反回神経モニタリングの使用と術後反回神経麻痺についての検討
        水野 佳世子; 竹内 正人; 金沢 佑治; 北村 守正; 井出 和希; 川上 浩司; 大森 孝一
        日本耳鼻咽喉科学会会報, 2019年04月
      • 自治体が保有する健康情報の活用と政策立案
        祐野恵 ,川上浩司
        国際文化研修, 2019年
      • 循環器領域におけるデータベース研究の現状と可能性
        関 知嗣; 石井 正将; 川上 浩司
        実験医学, 2019年
      • 全国規模の診療報酬明細書データベースに基づくがん患者への精神科系薬剤の処方実態の研究
        佐藤 泉美; 川上 浩司
        精神科臨床Legato, 2019年
      • 第122回日本眼科学会総会評議員会指名講演I 生体イメージングと眼病理 画像解析への時間軸の導入を目指して:画像工学による網脈絡膜疾患の数量的解析
        園田 祥三; 坂本 泰二; 椎原 秀樹; 寺崎 寛人; 柿内奈保子; 内野 英輔; 川野 浩輝; 白澤 誠; 黒岩 宣宏; 吉永 就正; 山下 高明; 喜井 裕哉; 中尾久美子; 大久保明子; 斎藤 司朗; 山下 敏史; 有村 昇; 上笹貫太郎; 大塚 寛樹; 川野 純廣; 富田 将利; 篠原 祐樹; 迫口 智紀; 岩田 一大; 豊留貴久子; 上園 慧; 鈴木 敬久; 髙野 友香; 三田村佳典; 江川 麻理子; 宇野 敏彦; 木下 貴正; 緒方 奈保子; 西 智; 石田 晋; 加瀬 諭; 川上 浩司; 園田 康治; 園田 真也; 園田 恭志; 園田 康平
        日本老年学会雑誌, 2019年
      • ライフコースデータ基盤やリアルワールドデータを健康長寿政策に生かす
        川上浩司
        日本老年学会雑誌, 2019年, 筆頭著者
      • 傾向スコアを用いた腹部大動脈瘤人工血管置換術における波形解析機能付き動脈カテーテルの使用と予後の関係
        武田 親宗; 名原 功; 川本 修司; 清水 覚司; 深川 博志; 田中 具治; 米倉 寛; 川崎 洋平; 竹内 正人; 溝田 敏幸; 川上 浩司
        Cardiovascular Anesthesia, 2018年09月
      • 低リスク手術前の血液検査に影響を及ぼす患者・施設因子の比較: ベイズ流の統計学的手法によるアプローチ.
        井出和希; 米倉寛; 川﨑洋平; 川上浩司
        日本薬学会第138年会., 2018年03月
      • 労働者の性・年齢別の体重・腹囲変化と運動習慣、脂肪領域特定保健用食品飲料の飲用頻度の影響.
        碓井知子; 竹内正人; 井出和希; 川上浩司
        第21回日本病態栄養学会年次学術集会., 2018年01月
      • Is the use of proton-pump inhibitors a risk factor for Alzheimer’s disease?
        Kazuki Ide; Norihiro Matsuoka; Koji Kawakami
        Current Medicinal Chemistry, 2018年
      • How do you treat asthma with Chinese Herbs in your practice?
        Kazuki Ide; Koji Kawakami
        Clinical Pearls to Medical Acupuncture, 2018年
      • 臨床疫学における医療系データベース活用―ライフコースデータ構築も視野に―
        川上浩司
        医薬ジャーナル増刊「新春展望2018」, 2018年
      • 学校健診データベース構築による地域健康増進と新規ヘルスケアニーズの探索
        川上浩司
        近畿情報通信協議会誌KICC, 2018年
      • データベース研究で用いられるReal World Dataの種類と特徴
        川上浩司
        医学のあゆみ, 2018年
      • 妊娠期の母親の喫煙状況と子のアレルギー性鼻炎保有率との関連:防府市の母子保健情報と学校健診情報の連接による疫学研究.
        吉田都美; 井出和希; 尾板靖子; 川上浩司
        一般社団法人日本学校保健学会 第64回学術大会., 2017年11月
      • 学校健診レポートの有用性と情報の利活用に対する理解:連携7自治体の保護者を対象としたアンケート調査.
        井出和希; 吉田都美; 尾板靖子; 川上浩司
        一般社団法人日本学校保健学会 第64回学術大会., 2017年11月
      • 糖尿病臨床研究における臨床疫学の有用性
        竹内 正人; 箕浦 孝晃; 川上 浩司
        内分泌・糖尿病・代謝内科 = Endocrinology, diabetology & metabolism, 2017年10月
      • The overuse of preoperative pulmonary function tests before low‒risk surgery in Japan.
        Yonekura H; Ide K; Kawasaki Y; Tanaka S; Nahara I; Takeda C; Kawakami K
        The Society for Clinical Epidemiology: The 1st Annual Meeting., 2017年09月
      • 低リスク手術前の血液検査に影響を及ぼす因子の探索: ベイズ流の統計学的手法によるアプローチ.
        井出和希; 米倉寛; 川﨑洋平; 川上浩司
        The Society for Clinical Epidemiology: The 1st Annual Meeting., 2017年09月
      • How you treat upper respiratory infections in the elderly in your practice?
        Kazuki Ide; Koji Kawakami
        2017年
      • ライフコース・ヘルスケアの基盤整備のための学校健診情報、母子保健情報のデータベース構築
        川上浩司
        医薬ジャーナル, 2017年
      • Policy implementation for methicillin-resistant Staphylococcus aureus in seven European countries: a comparative analysis from 1999 to 2015.
        Takuya Kinoshita; Hironobu Tokumasu; Shiro Tanaka; Axel Kramer; Koji Kawakami
        Journal of market access & health policy, 2017年
      • ハイブリッドペプチドを用いた新たながん分子標的治療を目指して
        堀部 智久; 河野 雅之; 瀬戸 佳穂里; 阿栄高娃; 川上 浩司
        生化学, 2017年, 査読有り
      • EGFR-targeted hybrid peptide reduces tumor growth and prolongs survival of mice with metastatic liver cancer
        Gaowa Arong; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Hiroshi Harada; Masahiro Hiraoka; Koji Kawakami
        「第75回日本癌学会学術集会」 2016年10月6日―8日, 横浜, 2016年10月
      • Trends and Prescription Patterns of Anti-Alzheimer Drugs Used in Japan from 2010 to 2015: A Descriptive Study Based on Pharmacy Claims Databases
        Kimiko Kadohara; Izumi Sato; Yuko Doi; Masaru Arai; Yosuke Fujii; Toshiyuki Matsunaga; Koji Kawakami
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2016年08月
      • Psychotropic Medication Use in Patients with Eight Major Cancers in Japan: A Retrospective Descriptive Study Using a Health Insurance Claims Database
        Izumi Sato; Hideki Onishi; Koji Kawakami
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2016年08月
      • 高齢者精神疾患の地域社会での薬物治療実態 : リアルワールドデータを用いた疫学研究
        川上 浩司; 田中 司朗; 田中 佐智子; 河内 健治; 今井 匠; 中根 早百合
        豊かな高齢社会の探究 調査研究報告書, 2016年07月
      • 神戸市母子健診における低出生体重児と3歳児尿蛋白陽性リスクとの関連
        新沢 真紀; 田中 司朗; 徳増 裕宣; 高田 大輔; 塚本 達雄; 柳田 素子; 川上 浩司
        「第59回日本腎臓学会学術総会」 2016年6月17日, 横浜., 2016年06月
      • Short sleep and risk of proteinuria at 3 years of age: population-based cohort study
        Hongyan Chen; Maki Shinzawa; Hironobu Tokumasu; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        「第59回日本腎臓学会学術総会 」2016年6月17日, 横浜., 2016年06月
      • 2型糖尿病患者の眼底検査実施に対する影響因子の検討: 高血圧、脂質異常症の併存疾患が与える影響
        河村 太一; 佐藤 泉美; 田村 寛; 中尾 葉子; 村田 京子; 川上 浩司
        「第16回日本抗加齢医学会総会」 2016年6月10日―12日, 横浜, 2016年06月
      • LOW BIRTH WEIGHT AFFECTED CHILD'S URINARY PROTEIN AT 3 YEARS HEALTH CHECKUP: A POPULATION-BASED RETROSPECTIVE COHORT STUDY.
        Maki Shinzawa; Shiro Tanaka; Hironobu Tokumasu; Daisuke Takada; Tatsuo Tsukamoto; Motoko Yanagita; Koji Kawakami
        NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION, 2016年05月
      • 心臓手術における肺動脈カテーテルおよび低侵襲心拍出量測定(動脈圧波形解析)と予後に関する研究:DPCデータを用いた後方視的コホート研究
        桑内 亜紀; 吉田 都美; 田中 佐智子; 田中 司朗; 赤塚 正文; 川上 浩司
        「日本麻酔科学会」、2016年5月26日-28日,福岡, 2016年05月
      • Authors' reply to Yamana and colleagues
        Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        BMJ (Online), 2015年12月14日
      • SECONDHAND SMOKE AND CHILDREN'S ENAMEL Problems with study on secondhand smoke and children's tooth enamel Reply
        Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        BMJ-BRITISH MEDICAL JOURNAL, 2015年12月
      • Functional analysis of protein disulfide isomerase P5 as a potent anti-cancer target
        堀部 智久; 川上 浩司
        「第74回日本癌学会学術集会」 2015年10月8日―10日, 名古屋, 2015年10月
      • 神戸市母子健診における妊娠時喫煙と3歳児尿蛋白陽性リスクとの関連
        新沢 真紀; 田中 司朗; 徳増 裕宣; 高田 大輔; 塚本 達雄; 柳田 素子; 川上 浩司
        「第58回日本腎臓病学会」 2015年6月5日―7日, 愛知., 2015年06月
      • 日本の糖尿病網膜症発症・進展患者における年齢構成別の薬物治療実態に関する疫学研究
        河村 太一; 村田 京子; 田村 寛; 中尾 葉子; 佐藤 泉美; 川上 浩司
        「第15回日本抗加齢医学会総会」 2015年5月29日―31日, 福岡., 2015年05月
      • P5活性阻害剤のスクリーニングおよび癌細胞からのMICAの分泌に及ぼす影響
        堀部 智久; 鳥澤 亜矢; 川上 浩司
        「第62回日本生化学会近畿支部例会」 2015年5月16日, 滋賀, 2015年05月
      • The effect of screening influences subsequent participation in lung cancer screening using chest X-ray
        佐藤 亮; 浜田 将太; 浦島 有希; 下川 恒生; 田中 司朗; 岡本 浩明; 川上 浩司
        「第25回日本疫学会学術総会」 2015年1月21日- 23日, 愛知, 2015年01月
      • 心血管イベントの一次予防としてのスタチンの費用対効果研究と政策応用 (特集 医薬経済,費用対効果研究とヘルステクノロジーアセスメント(HTA))
        大西 佳恵; 川上 浩司
        医薬ジャーナル, 2014年11月
      • アルツハイマー病におけるGADD34局在の検討
        本城 靖之; 綾木 孝; 富山 貴美; 堀部 智久; 森 啓; 伊東 秀文; 高橋 良輔; 川上 浩司
        「第33回日本認知症学会学術大会」 2014年11月29日―12月1日, 横浜., 2014年11月
      • 肺がん検診における偽陽性結果が次回検診受診行動に及ぼす影響
        佐藤 亮; 浜田 将太; 浦島 有希; 下川 恒生; 田中 司朗; 岡本 浩明; 川上 浩司
        「第55回日本肺癌学会学術集会」 2014年11月14日-16日, 京都., 2014年11月
      • アルツハイマー型認知症剖検脳におけるGADD34局在の検討
        本城 靖之; 綾木 孝; 富山 貴美; 堀部 智久; 森 啓; 伊東 秀文; 高橋 良輔; 川上 浩司
        「第55回日本神経学会学術大会」 2014年11月8日―11日, 松本., 2014年11月
      • Anticonvulsants or Antidepressants in Combination Pharmacotherapy for the Treatment of Neuropathic Pain in Cancer Patients: A Meta-Analysis
        Jia Guan; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2014年10月
      • Utilization Trend and Management of Oral Anticancer Medicines Using Nationwide Pharmacy Database and Questionnaire Survey at Pharmacies in Japan
        Osamu Takizawa; Hisashi Urushihara; Shiro Tanaka; Koji Kawakami
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2014年10月
      • Trend in the Prescribing of Antipsychotics for Children and Adolescents in Japan: A Descriptive Epidemiological Study from the Large-Scale Pharmacy Database
        Sayuri Nakane; Chika Nishiyama; Kenji Kochi; Yusuke Ogawa; Toshiaki A. Furukawa; Koji Kawakami
        PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY, 2014年10月
      • 若年における抗精神病薬の処方実態に関する疫学研究.
        中根 早百合; 西山 知佳; 河内 健治; 田中 佐智子; 古川 壽亮; 小川 雄右; 川上 浩司
        「第20回日本薬剤疫学」 2014年10月11日, 愛媛., 2014年10月
      • 日本における糖尿病網膜症の発症、進展の実態に関する疫学研究
        河村 太一; 村田 京子; 田村 寛; 中尾 葉子; 川上 浩司
        「第20回日本薬剤疫学会」 2014年10月11日, 愛媛, 2014年10月
      • EGFR-lytic hybrid peptideの食道扁平上皮癌に対するin vitroでの有効性と安全性(Cytotoxicity and safety of EGFR-lytic hybrid peptide against esophageal squamous cell carcinoma in vitro)
        菊池 理; 大橋 真也; 堀部 智久; 河野 雅之; 武藤 学; 川上 浩司
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • Cytotoxicity and safety of EGFR-lytic hybrid peptide against esophageal squamous cell carcinoma in vitro (EGFR-lytic hybrid peptideの食道扁平上皮癌に対するin vitroでの有効性と安全性)
        Osamu Kikuchi; Shinya Ohashi; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Manabu Muto; Koji Kawakami
        「第73回日本癌学会学術集会」 2014年9月25日-27日, 横浜, 2014年09月
      • Screening and identification of protein disulfide isomerase P5 inhibitors which reduce the secretion of MICA (MICA分泌を減少させるP5の活性阻害剤のスクリーニングおよび同定)
        Tomohisa Horibe; Koji Kawakami
        「第73回日本癌学会学術集会」2014年9月25日-27日, 横浜., 2014年09月
      • レセプトデータを用いた先発薬・後発薬の選択に関する研究
        滝沢 治; 漆原 尚巳; 田中 司朗; 川上 浩司
        「第10回国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR)日本部会学術集会」 2014年8月29日, 東京, 2014年08月
      • チオール化カルボキシメチルデキストランとのS-S結合によるEGFR2R-lyticハイブリッドペプチドの抗腫瘍効果の増強
        阿栄 高娃; 堀部 智久; 河野 雅之; 田畑 泰彦; 原田 浩; 平岡 眞寛; 川上 浩司
        「第30回日本DDS学会学術集会」2014年7月30日-31日, 東京, 2014年07月
      • 肺がんを告知された患者・家族の本音~Webにおける闘病ブログからの情報抽出~
        荒牧 英治; 佐藤 亮; 島本 裕美子; 田中 司朗; 川上 浩司
        「第19回日本緩和医療学会学術大会」 2014年6月19日-21日, 神戸, 2014年06月
      • Pivotal Cytotoxic Activity of EGFR-Lytic Hybrid Peptide Against 5-Fluorouracil-Resistant Esophageal Squamous Cell Carcinoma In Vitro
        Osamu Kikuchi; Shinya Ohashi; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Manabu Muto; Koji Kawakami
        GASTROENTEROLOGY, 2014年05月
      • 分子標的薬・コンパニオン診断薬の医療技術評価の現状と課題 (AYUMI コンパニオン診断 : 診断薬開発から臨床応用へ)
        村田 京子; 川上 浩司
        医学のあゆみ, 2014年03月15日
      • 保険薬局における経口抗がん剤の適正使用状況に関する研究
        滝沢 治; 漆原 尚巳; 田中 司朗; 川上 浩司
        「日本臨床腫瘍薬学会学術大会」2014年3月21日-22日, 東京, 2014年03月
      • アルツハイマー病治療薬の第3相臨床試験の事例からみた患者組み入れの適格基準の設定についての検討
        新沢 真紀; 田中 司朗; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第5回学術集会総会」 2014年3月14日-15日, 東京., 2014年03月
      • 先制医療とバイオマーカー研究の意義 (特集 今後期待される新規バイオマーカー)
        川上 浩司; 新沢 真紀
        Anti-aging medicine, 2014年02月
      • Utilization of antipsychotic drugs in elderly patients with Alzheimer’s disease seen in ambulatory practice in Japan
        URUSHIHARA Hisashi; KOBAYASHI Shingo; HONJO Yasuyuki; KOSUGI Shinji; KAWAKAMI Koji
        Science Postprint (Web), 2014年02月
      • ゼラチンハイドロゲルを用いたbFGF徐放投与による血管新生療法の可能性
        熊谷基之; 丸井晃; 田畑泰彦; 吉川英治; 武田崇秀; 山本雅哉; 米澤淳; 池田隆文; 松原和夫; 川上浩司; 森田智視; 横出正之; 清水章; 坂田隆造
        再生医療, 2014年01月27日
      • "The Contribution of Pharmacological Agents in the History of Organ Transplantation,"
        Yoko Uryuhara; Koji Kawakami
        Pharmaceutica Analytica Acta, 2014年, 査読有り
      • アルツハイマー病における抗P5抗体による検討
        本城 靖之; 堀部 智久; 伊東 秀文; 中西 亜紀; 森 啓; 小宮 徹; 高橋 良輔; 川上 浩司
        臨床神経学, 2013年12月
      • TREATMENT DISPARITY AMONG PATIENTS DIAGNOSED WITH DEPRESSIVE DISORDER IN WORKING POPULATION BASED ON CLAIMS DATABASE IN JAPAN
        Y. Onishi; T. A. Furukawa; S. Hinotsu; K. Kawakami
        VALUE IN HEALTH, 2013年11月
      • 市販後安全性、有効性評価ツールとしてのComparative effectiveness research わが国の心血管イベント予防におけるスタチンの経済的評価
        大西 佳恵; 樋之津 史郎; 中尾 葉子; 川上 浩司
        臨床薬理, 2013年11月
      • 胃食道逆流症治療における先発及び後発医薬品の使用実態研究
        村田 京子; 樋之津 史郎; 浜田 将太; 江副 康正; 武藤 学; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第19回学術総会」 2013年11月16日-17日, 東京., 2013年11月
      • うつ病性障害と診断された患者におけるレセプトデータを用いた治療の相違に関する検討
        大西 佳恵; 古川 壽亮; 樋之津 史郎; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第19回学術総会」 2013年11月16日-17日, 東京., 2013年11月
      • シスプラチン5日間分割投与を含む化学療法時の制吐療法に関する臨床研究
        浜田 将太; 樋之津 史郎; 西山 博之; 荒井 陽一; 羽渕 友則; 小川 修; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第19回学術総会」 2013年11月16日-17日, 東京., 2013年11月
      • Novel Her2-targeted hybrid peptide that disintegrates cancer cell membrane and inhibits tumor growth in vivo.
        Megumi Kawamoto; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        「第72回日本癌学会学術集会」2013年10月3日-5日, 横浜, 2013年10月
      • 職務成果とやりがいの向上を目指したプロフェッショナリズムの醸成-チーム医療を牽引する人材の育成-
        瓜生原 葉子; 川上 浩司
        「第51回日本医療・病院管理学会学術集会」 2013年9月28日, 京都., 2013年09月
      • Confirmation of transfection efficiency for normal and cancer cell lines and monitoring of promotor activity by bioluminescence imagaing at single cell level
        Aya Torisawa; Tomohisa Horibe; Ryutaro Akiyoshi; Yoko Hatta-Ohashi; Hirobimi Suzuki; Koji Kawakami
        「第86回日本生化学会年会」 2013年9月11日-13日, 横浜., 2013年09月
      • Increase of cytotoxic activity by Antp-TPR hybrid peptide in the presence of Hsp70-targeted peptide to breast cancer cells
        Tomohisa Horibe; Aya Torisawa; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        「第86回日本生化学会年会」 2013年9月11日-13日, 横浜, 2013年09月
      • 国民に利益をもたらす医療レジストリの推進と成功のために
        錦織 達人; 川上 浩司; 後藤 励; 中山 健夫
        「政策のための科学SciREXサマーキャンプ」 2013年8月24日, つくば, 2013年08月
      • ゼラチンハイドロゲルを用いたEGFR2R-lyticハイブリッドペプチドの徐放性注射製剤の開発
        阿栄 高娃; 堀部 智久; 河野 雅之; 佐藤 圭祐; 田畑 泰彦; 原田 浩; 平岡 眞寛; 川上 浩司
        「第29回日本DDS学会」 2013年7月4日―5日, 京都, 2013年07月
      • データベース研究への誘い
        漆原 尚巳; 川上 浩司; 中山 健夫; 黒川 達夫; 小杉 眞司; 京都大学大学院医学研究科医の倫理委員会
        医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 2013年06月
      • 生態吸収性ゼラチンハイドロゲルを用いたEGFR2R-lyticハイブリッドペプチドの徐放化による体内動態の向上
        阿栄 高娃; 堀部 智久; 川上 浩司
        「第17回日本がん分子標的治療学会」2013年6月12日―14日, 京都., 2013年06月
      • Functional analysis of cytotoxic activity to glioblastoma cells by Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90
        Horibe Tomohisa; Koji Kawakami
        「 第17回日本がん分子標的治療学会」2013年6月12日―14日, 京都., 2013年06月
      • アルツハイマー型認知症における抗P5抗体による検討
        本城 靖之; 堀部 智久; 伊東 秀文; 中西 亜紀; 森 啓; 小宮 徹; 高橋 良輔; 川上 浩司
        「第54回日本神経学会学術大会」2013年5月29日―6月1日, 東京., 2013年05月
      • Functional Analysis of Cytotoxic Activity to Acute Myeloid Leukemia Cells by Antp-TPR Hybrid Peptide Targeting HSP90
        HORIBE Tomohisa; KAWAMOTO Megumi; KOHNO Masayuki; KAWAKAMI Koji
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2013年03月01日
      • 臨床試験と実臨床の差異からみたリネゾリドによる血小板減少および貧血の発現要因
        山内 由紀枝; 樋之津 史郎; 森川 純; 市場 泰全; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第4回学術集会総会」2013年2月7日-8日, 札幌., 2013年02月
      • 臨床研究を支援する人材の職場での育成
        村田 京子; 樋之津 史郎; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第4回学術集会総会」 2013年2月7日-8日, 札幌, 2013年02月
      • システマティックレビューに学ぶ、先行文献の網羅的な調べ方
        徳増 裕宣; 樋之津 史郎; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第4回学術集会総会」 2013年2月7日-8日, 札幌, 2013年02月
      • 公衆衛生大学院の研究者による多施設共同臨床研究の取り組み事例
        浜田 将太; 樋之津 史郎; 西山 博之; 小川 修; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第4回学術集会総会」2013年2月7日-8日, 札幌, 2013年02月
      • 先進医療制度下の臨床試験へのサンプリング施設訪問モニタリングの導入
        上山 華栄; 多田 春江; 榎本 佳代子; 池田 隆文; 杉江 知治; 戸井 雅和; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第4回学術集会総会」 2013年2月7日-8日, 札幌, 2013年02月
      • 医師主導治験における必須文書管理の一元化
        横橋 祐子; 多田 春江; 木下 明美; 上山 華栄; 榎本 佳代子; 伊藤 達也; 池田 隆文; 清水 章; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第4回学術集会総会」2013年2月7日-8日, 札幌, 2013年02月
      • Hsp90を標的としたAntp-TPRハイブリッドペプチドによるグリオーマ細胞死の分子メカニズム
        堀部 智久; 鳥澤 亜矢; 河野 雅之; 川上 浩司
        「第35回日本分子生物学会年会」2012年12月11日-14日, 福岡, 2012年12月
      • ANTIDEPRESSANT PRESCRIPTION PATTERNS AMONG PATIENTS WITH MAJOR DEPRESSION BASED ON CLAIMS DATABASE IN JAPAN
        Y. Onishi; S. Hinotsu; T. A. Furukawa; K. Kawakami
        VALUE IN HEALTH, 2012年11月
      • 医師主導治験における品質管理活動の分析
        多田 春江; 新美 三由紀; 榎本 佳代子; 森岡 久代; 木下 明美; 横橋 祐子; 山本 卓資; 東 未来; 吉田 真依; 伊藤 達也; 池田 隆文; 川上 浩司
        「第33回日本臨床薬理学会学術総会.」2012年11月29日-12月1日, 那覇, 2012年11月
      • 医師主導治験と高度医療評価制度下の臨床試験におけるモニタリング
        新美 三由紀; 多田 春江; 榎本 佳代子; 森岡 久代; 東 未来; 上山 華栄; 伊藤 達也; 池田 隆文; 川上 浩司
        「第33回日本臨床薬理学会学術総会」 2012年11月29日-12月1日, 那覇, 2012年11月
      • レセプトデータによる抗うつ薬の処方実態および多剤併用についての調査
        大西 佳恵; 樋之津 史郎; 古川 壽亮; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第18回学術総会」2012年11月10-11日, 東京., 2012年11月
      • 対照薬が開発医薬品の副作用報告に与えるバイアス
        高林 信能; 漆原 尚巳; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第18回学術総会」 2012年11月10-11日, 東京, 2012年11月
      • 医薬品の特例承認制度とパンデミック事例の日米比較
        漆原 尚巳; 松井 沙矢子; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第18回学術総会」 2012年11月10-11日, 東京, 2012年11月
      • 大規模データベースを用いたリウマチ治療薬の使用実態研究.
        片田 宏貴; 漆原 尚巳; 湯川 尚一郎; 三森 経世; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第18回学術総会」2012年11月10-11日, 東京., 2012年11月
      • Hsp90を標的としたAntp-TPRハイブリッドペプチドによる血液癌細胞株に対する殺細胞効果の機能解析
        堀部 智久; 川本 恵; 河野 雅之; 川上 浩司
        「日本ペプチド学会・第49回ペプチド討論会」2012年11月7日-9日, 鹿児島., 2012年11月
      • 治療 日本におけるオセルタミビルの処方と異常行動リスクに対する規制措置の影響 : 保険薬局データベースを用いた医薬品使用実態調査
        漆原 尚巳; 川上 浩司
        インフルエンザ, 2012年10月
      • アルツハイマー病における抗Derlin-1抗体による検討
        本城 靖之; 伊東 秀文; 堀部 智久; 嶋田裕之; 中西亜紀; 高橋 良輔; 森啓; 川上 浩司
        「第31回日本認知症学会学術集会」2012年10月26日-28日, つくば., 2012年10月
      • わが国の心血管イベント予防におけるスタチンの経済的評価
        大西 佳恵; 樋之津 史郎; 中尾 葉子; 川上 浩司
        日本医療・病院管理学会誌, 2012年09月
      • 適応外医薬品と医療機器の臨床試験における院内チーム 第11回関西がんチーム医療研究会
        新美 三由紀; 多田 春江; 山本 卓資; 吉村 健一; 池田 隆文; 古川 恵子; 水口 真由己; 江副 康正; 堀松 高博; 武藤 学; 川上 浩司
        「第11回関西がんチーム医療研究会」 2012年9月8日, 大阪, 2012年09月
      • アルツハイマー病における抗Derlin-1抗体陽性封入体
        本城 靖之; 伊東 秀文; 堀部 智久; 高橋 良輔; 川上 浩司
        「第53回日本神経学会学術大会」 2012年5月23日-25日, 東京, 2012年05月
      • Defining the critical hurdles in cancer immunotherapy
        Bernard A. Fox; Dolores J. Schendel; Lisa H. Butterfield; Steinar Aamdal; James P. Allison; Paolo Antonio Ascierto; Michael B. Atkins; Jirina Bartunkova; Lothar Bergmann; Neil Berinstein; Cristina C. Bonorino; Ernest Borden; Jonathan L. Bramson; Cedrik M. Britten; Xuetao Cao; William E. Carson; Alfred E. Chang; Dainius Characiejus; A. Raja Choudhury; George Coukos; Tanja de Gruijl; Robert O. Dillman; Harry Dolstra; Glenn Dranoff; Lindy G. Durrant; James H. Finke; Jerome Galon; Jared A. Gollob; Cécile Gouttefangeas; Fabio Grizzi; Michele Guida; Leif Håkansson; Kristen Hege; Ronald B. Herberman; F. Stephen Hodi; Axel Hoos; Christoph Huber; Patrick Hwu; Kohzoh Imai; Elizabeth M. Jaffee; Sylvia Janetzki; Carl H. June; Pawel Kalinski; Howard L. Kaufman; Koji Kawakami; Yutaka Kawakami; Ulrich Keilholtz; Samir N. Khleif; Rolf Kiessling; Beatrix Kotlan; Guido Kroemer; Rejean Lapointe; Hyam I. Levitsky; Michael T. Lotze; Cristina Maccalli; Michele Maio; Jens-Peter Marschner; Michael J. Mastrangelo; Giuseppe Masucci; Ignacio Melero; Cornelius Melief; William J. Murphy; Brad Nelson; Andrea Nicolini; Michael I. Nishimura; Kunle Odunsi; Pamela S. Ohashi; Jill O'Donnell-Tormey; Lloyd J. Old; Christian Ottensmeier; Michael Papamichail; Giorgio Parmiani; Graham Pawelec; Enrico Proietti; Shukui Qin; Robert Rees; Antoni Ribas; Ruggero Ridolfi; Gerd Ritter; Licia Rivoltini; Pedro J. Romero; Mohamed L. Salem; Rik J. Scheper; Barbara Seliger; Padmanee Sharma; Hiroshi Shiku; Harpreet Singh-Jasuja; Wenru Song; Per Thor Straten; Hideaki Tahara; Zhigang Tian; Sjoerd H. van der Burg; Paul von Hoegen; Ena Wang; Marij J.P. Welters; Hauke Winter; Tara Withington; Jedd D. Wolchok; Weihua Xiao; Laurence Zitvogel; Heinz Zwierzina; Francesco M. Marincola; Thomas F. Gajewski; Jon M. Wigginton; Mary L. Disis
        Journal of Translational Medicine, 2011年12月14日
      • 新薬および新規医療機器を用いた医師主導治験におけるマネジメントと品質管理活動の分析:モニタリング活動
        新美 三由紀; 伊藤 達也; 多田 春江; 東 未来; 笠井 宏委; 海老原 健; 森本 尚樹; 鈴木 茂彦; 清水 章; 川上 浩司
        「日本臨床薬理学会第32回年会」 2011年12月1日-3日, 浜松., 2011年12月
      • 新薬および新規医療機器を用いた医師主導治験におけるマネジメントと品質管理活動の分析:データ収集とバリデーション
        多田 春江; 木下 明美; 横橋 祐子; 山本 卓資; 豊岡 慎子; 三浦 和美; 野田 弘恵; 向井 久美; 新美 三由紀; 伊藤 達也; 横出 正之; 川上 浩司
        「日本臨床薬理学会第32回年会」 2011年12月1日-3日, 浜松, 2011年12月
      • 新薬および新規医療機器を用いた医師主導治験におけるマネジメントと品質管理活動の分析:プロジェクトマネジメント
        伊藤 達也; 笠井 宏委; 新美 三由紀; 多田 春江; 池田 隆文; 海老原 健; 森本 尚樹; 鈴木 茂彦; 樋口 修司; 川上 浩司; 清水 章
        「日本臨床薬理学会第32回年会」2011年12月1日-3日, 浜松., 2011年12月
      • ECONOMIC EVALUATION OF PRAVASTATIN FOR THE PREVENTION OF CORONARY ARTERY DISEASE IN JAPAN
        Y. Onishi; S. Hinotsu; Y. M. Nakao; H. Urushihara; K. Kawakami
        VALUE IN HEALTH, 2011年11月
      • 睡眠潜時のNight-to-night variabilityとプラセボ反応に関する研究
        小川 淳; 樋之津 史郎; 漆原 尚巳; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第17回学術総会」 2011年11月5-6日, 東京, 2011年11月
      • 白金系製剤を含む癌化学療法に伴う悪心・嘔吐に対する制吐療法の費用に関する後ろ向き調査研究
        浜田 将太; 樋之津 史郎; 堀 雄史; 古瀬 洋; 及川 剛宏; 川上 純一; 大園 誠一郎; 赤座 英之; 川上 浩司
        「日本薬剤疫学会第17回学術総会」 2011年11月5-6日, 東京, 2011年11月
      • 製薬企業各社を対象とした副作用リスクコミュニケーションに関するアンケート調査
        漆原 尚巳; 小橋 元; 中山 健夫; 種市 摂子; 増田 英明; 太田 薫里; 川上 浩司; 杉森 裕樹
        「日本薬剤疫学会第17回学術総会」 2011年11月5-6日, 東京., 2011年11月
      • アルツハイマー病における抗PDI抗体陽性封入体
        本城 靖之; 伊東 秀文; 堀部 智久; 高橋 良輔; 川上 浩司
        「第52回日本神経学会学術大会」 2011年5月18日-20日, 名古屋, 2011年11月
      • 臨床研究のススメ(7)未来の医学と臨床研究
        福原 俊一; 佐藤 裕史; 川上 浩司
        最新医学, 2011年10月
      • 【分子疫学コホートと新たな予防医学の展開】 薬剤疫学研究とゲノムコホート
        川上 浩司; 樋之津 史郎
        Medical Science Digest, 2011年10月
      • Anti-leukemic activity of Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90
        堀部 智久; 川本 恵; 河野 雅之; 川上 浩司
        「第84回日本生化学会大会」 2011年9月21-24日, 京都., 2011年09月
      • Mechanism of cancer cell death by Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90
        堀部 智久; 河野 雅之; 原本 真理; 大原 弘路; 川上 浩司
        「第84回日本生化学会大会.」2011年9月21-24日, 京都., 2011年09月
      • EGFR標的化膜崩壊型ハイブリッドペプチドの1アミノ酸置換による抗癌効果の増強
        多田 典子; 堀部 智久; 原本 真理; 大原 弘路; 河野 雅之; 川上 浩司
        2011年9月21-24日, 京都, 2011年09月
      • Antitumor effect of the EGFR-lytic hybrid peptide in animal model of human cancers with K-ras mutation
        OHARA Koji; KOHNO Masayuki; HORIBE Tomohisa; HARAMOTO Mari; KODAMA Kumi; TORISAWA Aya; KAWAKAMI Koji
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • Characterization of a novel Neuropilin-1 targeted hybrid peptide disintegrating cancer cell membrane
        UEYAMA Hanae; NAKAJIMA Oumi; KOHNO Masayuki; OHARA Koji; YANG Liying; HORIBE Tomohisa; KAWAKAMI Koji
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • A Novel Hybrid Peptide That Binds Transferrin Receptor and Induces Rapid Permeation of Cancer Cell Membrane
        KAWAMOTO Megumi; HORIBE Tomohisa; KOHNO Masayuki; KAWAKAMI Koji
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • Effective in vitro and in vivo Antitumor Activity of Hybrid IL4-lytic Peptide
        YANG Liying; HORIBE Tomohisa; KOHNO Masayuki; KAWAKAMI Koji
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • 高度医療評価制度下の臨床試験における中央モニタリング
        山本 卓資; 新美 三由紀; 多田 春江; 木下 明美; 横橋 祐子; 川上 浩司
        「日本臨床試験研究会第3回学術集会」 2011年2月23日―24日, 福岡., 2011年02月
      • わが国における高脂血症治療薬の適正使用にかかる経済的評価(2)
        川上 浩司; 樋之津 史郎; 漆原 尚巳; 大西 佳恵
        内閣府経済社会総合研究所ディスカッションペーパー, 2011年
      • わが国における高脂血症治療薬の適正使用にかかる経済的評価(1)
        川上 浩司; 樋之津 史郎; 漆原 尚巳; 大西 佳恵
        内閣府経済社会総合研究所ディスカッションペーパー, 2011年
      • 治療費の国際比較-乳癌患者におけるシミュレーション-
        川上 浩司; 樋之津 史郎; 浜田 将太
        内閣府経済社会総合研究所ディスカッションペーパー, 2011年, 査読有り
      • 日本の医薬品・医療機器開発へのInvestigational New Drug制度の導入による経済的影響の検討
        川上 浩司; 漆原 尚巳
        内閣府経済社会総合研究所ディスカッションペーパー, 2011年, 査読有り
      • 医薬品の開発及び承認申請における米国Investigational New Drug制度が適用された開発
        川上 浩司; 漆原 尚巳
        内閣府経済社会総合研究所ディスカッションペーパー, 2011年, 査読有り
      • 調剤薬局における調剤情報に基づくオセルタミビル適正使用に関する規制措置の検討
        漆原 尚巳; 土居 由有子; 新井 勝; 松永 敏幸; 藤井 洋介; 飯野 直子; 川村 孝; 川上 浩司
        「第20回日本医療薬学会年会.」2010年11月13日-14日, 千葉, 2010年11月
      • 高度医療評価制度の下でのベイズ流臨床試験デザインの応用とそのデザイン特性
        吉村 健一; 手良向 聡; 小林 博人; 田中 司朗; 池田 隆文; 清水 章
        「第48回日本癌治療学会総会」2010年10月28-30日, 京都, 2010年10月
      • IL-4Ralphaを標的とした新規ハイブリッドペプチド療法に関する研究
        楊 麗英; 堀部 智久; 河野 雅之; 川上 浩司
        「第69回日本癌学会学術総会」2010年9月22-24日, 大阪, 2010年09月
      • トランスフェリンリセプターを標的とした細胞膜崩壊型の抗癌ハイブリッドペプチドの発見と評価
        川本 恵; 堀部 智久; 河野 雅之; 川上 浩司
        「第69回日本癌学会学術総会.」2010年9月22-24日, 大阪., 2010年09月
      • A novel EGFR-targeted hybrid peptide can overcome the resistance of cancer cells to tyrosine kinase inhibitors
        河野 雅之; 堀部 智久; 矢野 良昭; 松崎 勝巳; 川上 浩司
        「第69回日本癌学会学術総会」 2010年9月22-24日, 大阪., 2010年09月
      • Binding mechanism of a novel TPR hybrid peptide to Hsp90 and its potency as an anticancer agent.
        堀部 智久; 河野 雅之; 原本 真理; 大原 弘路; 川上 浩司
        「第69回日本癌学会学術総会.」2010年9月22-24日, 大阪., 2010年09月
      • 【事例に学ぶ。実践、臨床応用研究の進め方】 臨床応用、医薬品やバイオ医薬研究開発の総論 非臨床試験を概括する
        漆原 尚巳; 樋之津 史郎; 川上 浩司
        遺伝子医学MOOK, 2010年05月
      • 多系統萎縮症における抗PDI抗体陽性封入体
        本城 靖之; 伊東 秀文; 堀部 智久; 高橋 良輔; 川上 浩司
        「第51回日本神経学会総会,」2010年5月20日-22日, 東京, 2010年05月
      • Targeted “Hybrid Peptide” that binds transferring receptor induces apoptosis and rapid killing cancer cells.
        川本 恵; 堀部 智久; 河野 雅之; 川上 浩司
        「第32回日本分子生物学会年会」 2009年12月9日-12日, 横浜., 2009年12月
      • iPS 細胞・再生医療研究に関する意識調査
        標葉隆馬; 川上雅弘; 川上浩司; 永田素彦; 多田高; 加藤和人
        「第 32 回日本分子生物学会年会」 2009年12月9日-12日 横浜, 2009年12月
      • Targeted "Hybrid Peptide" That Binds Transferrin Receptor and Disintegrates Cancer Cell Membrane
        Megum Kawahmoto; Tomohisa Horibe; Masayuki Kohno; Koji Kawakami
        JOURNAL OF IMMUNOTHERAPY, 2009年11月
      • トランスフェリン受容体標的化ハイブリッドペプチドの抗腫瘍効果と癌細胞死メカニズムの探索
        川本 恵; 堀部 智久; 河野 雅之; 川上 浩司
        「日本ペプチド学会・第46回ペプチド討論会」2009年11月4日、北九州., 2009年11月
      • 新規EGF受容体標的化ハイブリッドペプチドの発見と癌細胞死メカニズムの探索
        河野 雅之; 堀部 智久; 原本 真理; 矢野 義明; 中島 央美; 松崎 勝巳; 川上 浩司
        「第46回ペプチド討論会(日本ペプチド学会)」. 2009年11月5日、北九州., 2009年11月
      • テロメラーゼ特異的制限増殖型アデノウイルスTelomelysin (OBP-301)の頭頸部腫瘍担癌動物モデルにおける抗腫瘍効果の検討
        中島 央美; 松長 敦子; 一丸 大樹; 浦田 泰生; 川上 浩司
        「 第46回日本癌治療学会総会.」2008年10月30日、名古屋, 2008年10月
      • 医療機器の臨床応用推進のための提言
        川上 浩司
        「第53回日本透析医学会学術集会・総会 講演」 2008年6月20日, 神戸., 2008年06月
      • COLL 147-Assembly and evaluation of liposomes encapsulating methotrexate and conjugating epidermal growth factor
        Izumi Sato; Koji Kawakami; Shinji Takeoka
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2008年04月
      • 日本における再生医療の臨床応用・実用化に対する阻害要因に関する研究
        坪内 美樹; 松井 茂之; 坂野 嘉郎; 黒川 清; 川上 浩司
        「第7回日本再生医療学会総会.」2008年3月13日, 名古屋., 2008年03月
      • 胆道系悪性腫瘍に対する分子標的治療 -IL-4受容体標的サイトトキシンの有用性について
        石毛 和紀; 正田 純一; 川本 徹; 松田 祐子; 兵頭 一之介; Raj K. Puri; 川上 浩司
        「日本消化器病学会 第15回Japan Digestive Disease Week (DDW). 」2007年10月18日, 神戸., 2007年10月
      • メトトレキサート内包リポソームの調製及び物性評価
        佐藤 和泉; 貝山 京子; 武岡 真司; 川上 浩司
        「第28回日本バイオマテリアル学会総会」 2006年11月27日, 東京, 2006年11月
      • Interleukin-13 Pseudomonas exotoxin therapy in animal model of breast cancer
        K Kawakami; M Kawakami
        JOURNAL OF IMMUNOTHERAPY, 2003年11月

      講演・口頭発表等

      • 医療現場から発生するデジタルデータの活用と医学研究
        川上 浩司
        第27回日本心不全学会学術集会 教育講演, 2023年10月06日, 招待有り
      • 医療データや地域の健康データを活用した医学研究の展望
        川上 浩司
        学生団体GEIL勉強会, 2023年02月10日, 招待有り
      • 学校健診情報の活用基盤の構築と医学研究
        川上 浩司
        川崎市医師会学校医部会研修会, 2023年02月10日, 招待有り
      • 医療現場や地域由来の医療データを活用した医学研究の展開
        川上 浩司
        筑波大学附属病院, 2022年12月13日, 招待有り
      • 医療現場や地域の健康データを活用した医学研究の展望
        川上 浩司
        日本地域医療学会第1回学術集会, 2022年12月03日, 招待有り
      • 未来の医療に貢献する医学研究は、医療現場における電子カルテ情報から発信される
        川上 浩司
        日本医師事務作業補助者協会第11回全国学術集会, 2022年11月20日
      • 医療現場のデータを活用した医学研究の展望
        川上 浩司
        第44回茨城医学会総会, 2022年10月16日
      • 医療や健康のデータベースの構築と解析の最前線(仮)
        川上 浩司
        京都大学経営管理大学院 情報学ビジネス実践講座, 2022年10月21日
      • 全国自治体由来の学校健診情報データベース構築の歴史と最新状況
        川上 浩司
        日本小児循環器学会不整脈研究会 シンポジウム:学校検診のデータベース化でなにができるか, 2022年07月21日
      • 大規模診療情報・健診情報データベースの構築における、個人情報保護やセキュリティ管理の運用事例
        川上 浩司
        第106次日本法医学会学術全国集会 シンポジウム:デジタル技術活用による法医学実務・研究の活性化, 2022年06月10日
      • 医療リアルワールドデータを用いた臨床疫学研究の現状
        川上 浩司; 中嶌 雅之
        日本ヘルニア学会学術集会, 2022年06月04日
      • 電子カルテ由来の診療情報データベースの活用:レセプトデータやDPCとどう違い、強み弱みは何か
        川上 浩司
        日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 第3回医療データ活用シンポジウム, 2022年03月23日
      • ライフコースデータにおける母子保健や学童の健康診断情報由来のデータベースの構築と活用
        川上 浩司
        第80回日本公衆衛生学会総会 シンポジウム:健康危機で明らかになった地域保健上の課題:一人一人の健康を守り高める公衆衛生を目指して, 2021年12月21日
      • リアルワールドデータ(RWD)の活用からエビデンス(RWE)へ
        川上 浩司
        第2回DIAメディカル・アフェアーズフォーラム2021, 2021年11月26日, 招待有り
      • 幼少期からはじまる健診情報由来のデジタルコホート基盤の構築と予防医学研究に向けて
        川上 浩司
        第4回日本臨床疫学会年次学術大会 シンポジウム: 地域医療:データを活用した地域住民の健康、医療の向上に向けて, 2021年10月30日
      • リアルワールドデータの将来に向けた課題と利活用
        川上 浩司
        医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 講演, 2021年07月14日
      • 臨床疫学研究推進にむけたリアルワールドデータの活用
        川上 浩司
        第57回日本循環器病予防学会, 2021年06月06日
      • 母子保健や学童の健診情報由来のデータベースを用いた疫学研究の基盤と未来
        川上 浩司
        第7回母子栄養懇話会学術集会, 2021年06月05日, 招待有り
      • デジタルxヘルスケア―医療と大規模データの活用
        川上 浩司
        京都大学サロンLHS研究会, 2021年03月26日
      • 医療リアルワールドデータベースの構築と臨床疫学研究の実際
        川上 浩司
        日本肺癌学会 シンポジウム講演, 2020年11月12日
      • 医療・健康系データベースを用いた新しい医学研究
        川上 浩司
        一橋大学IMPPコース 講義, 2020年11月04日
      • RWDの活用による健康アウトカムの向上に向けて
        川上 浩司
        シードプランニング第5回HOTフォーラム, 2020年10月22日
      • ヘルスケアxデジタルと医学研究
        川上 浩司
        国際高等教育研究所 ヘルスリテラシー向上研究会, 2020年09月28日
      • 幼少期からの健康の歴史を紡ぐ、デジタル時代に対応したライフコースデータ基盤構築の現況
        川上 浩司
        日本小児科学会 モーニングセミナー講演, 2020年08月23日
      • 大規模医療データベースを活用した臨床疫学研究による医療や薬剤の評価
        川上 浩司
        第93回日本薬理学会年会 年会企画シンポジウム(日本臨床疫学会共催シンポジウム), 2020年03月17日
      • 診療情報由来リアルワールドデータと、自治体の健診情報由来のデジタルコホートの活用基盤
        川上 浩司
        千葉大学医学部附属病院 臨床研究応用講義, 2020年02月26日
      • 医療リアルワールドデータの最前線
        川上 浩司
        日本病院薬剤師会近畿学術大会, 2020年02月16日
      • リアルワールドエビデンス構築と研究推進
        川上 浩司
        岡山大学病院臨床研究講習会特別セミナー, 2019年12月25日
      • RWE from medical databases in Japan: Overview and future opportunities
        Koji Kawakami
        Danish-Japanese regulatory science symposium, 2019年11月30日
      • 日本最大の診療情報リアルワールドデータベースの構築と活用
        川上 浩司
        第52回北陸診療情報管理研究会, 2019年11月16日
      • The largest clinical RWD database development in Japan: Overview and future opportunities
        Koji Kawakami
        16th DIA Annual Meeting, 2019年11月12日
      • 日本における医療リアルワールドデータの基盤整備と展望
        川上 浩司
        第34回日本糖尿病合併症学会・第25回日本糖尿病眼学会総会, 2019年09月27日
      • 国内最大の診療情報リアルワールドデータベースの構築とその活用
        川上 浩司
        日本製薬医学会第10回年次大会, 2019年09月21日
      • 日本における医療リアルワールドデータの種類と活用事例、そして今後
        川上 浩司
        サイニクス疫学セミナー, 2019年09月19日
      • リアルワールドデータの薬剤疫学による分析をマーケティングなどに生かす
        川上 浩司
        ファルマビジネスアカデミー, 2019年09月09日
      • 医療リアルワールドデータベース構築への挑戦とその応用
        川上 浩司
        RWE Scientific Exchange Meeting, 2019年08月31日
      • 三つ子の魂百まで:乳幼児健診や学校健診情報の活用による、一生を通じた健康増進とライフコースデータの実現に向けて
        川上 浩司
        西多摩地域広域行政圏協議会, 2019年08月30日
      • 母子保健からはじまる、ライフコースデータの構築とその活用に向けて
        川上 浩司
        第3回日本産前産後ケア・子育て支援学会, 2019年08月18日
      • 三つ子の魂百まで:乳幼児健診や学校健診情報の活用による、一生を通じた健康増進とライフコースデータの実現に向けて
        川上 浩司
        東北ITBook設立記念, 2019年08月02日
      • 三つ子の魂百まで:学校健診情報の活用による一生を通じた健康増進とライフコースデータの実現に向けて
        川上 浩司
        令和元年度東京都市教育長会研修会, 2019年07月22日, 招待有り
      • 大規模医療データベースやライフコースデータの基盤構築と活用
        川上 浩司
        秋田中小企業懇話会, 2019年07月08日
      • 医療リアルワールドデータとデジタルコホートの基盤構築
        川上 浩司
        第1回ファーマラボEXPO, 2019年07月03日
      • データベース疫学研究の見地からみた暴露が生体に与える影響:エコチル研究及びライフコースデータ構築の取組の観点から
        川上 浩司
        第46回日本毒性学会学術年会シンポジウム, 2019年06月28日
      • ライフコースデータの実現に向けて:学校健診情報、母子保健情報の分析と地域や個人への還元
        川上 浩司
        両備システムズ社会保障ソリューション説明会, 2019年06月25日
      • 医療リアルワールドデータの選択と活用
        川上 浩司
        eyeforpharma2019 Japan, 東京, 2019年05月23日
      • 情けに報いた、医療リアルワールドデータと健康ライフコースデータの基盤整備の展望
        川上 浩司
        日本医療薬学会 医療薬学教育セミナー, 2019年04月21日
      • 日本最大の医療リアルワールドデータベース構築への挑戦
        川上 浩司
        ファーマIT&デジタルEXPO2019, 東京, 2019年03月20日
      • 臨床疫学とマスデータ
        川上 浩司
        リウマチ・膠原病ウインターセミナー, 東京, 2019年03月16日
      • 医療情報を実臨床に生かすには
        川上 浩司
        DSメディカルMeeting for PCI, 札幌, 2019年03月05日
      • がん診療におけるリアルワールドデータの活用と展望
        川上 浩司
        神戸Meet The Expertセミナー, 2019年02月21日
      • 医療情報やデジタルコホートの基盤整備
        川上 浩司
        秋田県情報産業協会, 秋田, 2019年02月18日
      • 自治体保健情報のデータベース化とその活用
        川上 浩司
        九州大学第7回STI政策シンポジウム シンポジスト, 博多, 2019年02月04日
      • 学校健診や母子保健情報のデータベース化とその活用
        川上 浩司
        第50回和歌山県学校医研修会, 和歌山, 2019年01月27日
      • 学校健診、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        福祉自治体ユニット首長連絡会, 東京, 2018年12月26日
      • 情けに報いる:診療情報の活用とライフコースデータ
        川上 浩司
        枚方公済病院, 枚方, 2018年12月20日
      • 医療リアルワールドデータや健康ライフコースデータを用いた新たな健康社会にむけて
        川上 浩司
        日本若手精神科医会(JYPO) , 京都, 2018年12月09日
      • 地域住民の幼少期からの歴史を紡ぐデジタルコホート:学校健診、母子保健情報の活用
        川上 浩司
        仙北インパクトチャレンジ , 仙北, 2018年11月28日
      • 学校健診・母子保健情報のデータベース化と活用
        川上 浩司
        新潟県医師会・学校保健研修会(柏崎地区), 柏崎, 2018年11月26日
      • 地域住民の健康の歴史を紡ぐデジタルコホート
        川上 浩司
        神戸市民公開講座 第21回ひと・健康・未来シンポジウム, 神戸, 2018年11月25日
      • 医療リアルワールドデータ、健康ライフコースデータの整備と臨床研究
        川上 浩司
        全国自治体病院協議会 薬剤管理研修会 講演,, 2018年11月16日
      • 学校健診や母子保健情報の活用による生涯を通じた健康づくりや自治体政策に向けて
        川上 浩司
        香川県大川地区学校保健研究大会兼大川地区園・小・中学校保健主事・養護教諭等研修会 講話, 香川, 2018年11月15日
      • HTAの実施に向けたRWD基盤の整備
        川上 浩司
        DIA総会 座長, 東京, 2018年11月13日
      • 医療リアルワールドデータと健康ライフコースデータ
        川上 浩司
        生命科学インスティチュート, 東京, 2018年11月12日
      • 医療リアルワールドデータ、健康ライフコースデータの整備と臨床研究
        川上 浩司
        第55回日本臨床生理学会総会, 福岡, 2018年11月03日
      • 自治体での母子保健・学校健診、医療現場の情報の可視化と疫学への応用
        川上 浩司
        第77回日本公衆衛生学会総会シンポジウム, 郡山, 2018年10月26日
      • 医療現場の情報統合による臨床研究、地域住民の健康の歴史を紡ぐデジタルコホートの取組
        川上 浩司
        国立医薬品食品衛生研究所, 川崎, 2018年10月04日
      • 自治体の所管する学校健診情報、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        福井県・創生福井首長の会研修会 , 福井, 2018年09月27日
      • 自治体の所管する学校健診情報、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        埼玉県町村会, 埼玉, 2018年09月25日
      • SHINKAを続けるビッグデータ-リアルワールドデータ活用による臨床研究の未来と人類への貢献-
        川上 浩司
        第18回臨床試験とCRCのあり方を考える会議2018 , 富山, 2018年09月16日
      • リアルワールドデータやデジタルコホートを活用した薬剤疫学、臨床疫学研究
        川上 浩司
        ファルマビジネスアカデミー, 東京, 2018年09月10日
      • 医療リアルワールドデータの基盤と活用状況
        川上 浩司
        動脈硬化Update2018, 東京, 2018年09月01日
      • 臨床研究の潮流:臨床試験からデータベース研究へ
        川上 浩司
        臨床研究サテライトセミナー@広島2018, 広島, 2018年08月25日
      • 学校健診・母子保健情報のデータベース化と活用
        川上 浩司
        岩手県市長会 講演, 二戸, 2018年08月07日
      • リアルワールドデータとデジタルコホートを活用した臨床疫学研究
        川上 浩司
        虎の門病院臨床研究セミナー 講演, 札幌, 2018年08月06日
      • 地域住民の健康、医療の歴史を繋げていくデジタルコホートの取組
        川上 浩司
        第4回地域包括ケア病棟協会研究大会 特別講演, 札幌, 2018年07月15日
      • 健康情報や医療情報の利活用:ライフコースデータ、リアルワールドデータの基盤構築
        川上 浩司
        国際医療福祉大学乃木坂スクール講義, 東京, 2018年06月18日
      • 健康情報や医療情報の利活用
        川上 浩司
        三菱ケミカルホールディングスバックキャスト研究会講演, 東京, 2018年06月07日
      • 母子保健や学校健診、診療情報のデータベース構築と利活用の取組
        川上 浩司
        久留米大学小児科グランドラウンズ, 久留米, 2018年05月25日
      • 医療リアルワールドデータ、ライフコースデータの基盤構築の最新状況
        川上 浩司
        第26回日本乳癌学会学術総会, 京都, 2018年05月17日
      • 自治体の所管する学校健診情報、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        茨城県市長会, 水戸, 2018年05月08日
      • 医療リアルワールドデータと健康ライフコースデータの整備と今後
        川上 浩司
        国立病院機構関東信越ブロック病院長会議, 東京, 2018年04月20日
      • 医療リアルワールドデータの活用基盤
        川上 浩司
        Kanazawa Pharmaceutical Care, 金沢, 2018年02月18日
      • 健康ライフコースデータの基盤構築と臨床研究
        川上 浩司
        京都大学CLiP extension, 横浜, 2018年02月10日
      • Medical databases in Japan: Overview and future possibilities
        川上 浩司
        IAL seminar, Tokyo, 2018年02月01日
      • 医療リアルワールドデータと健康ライフコースデータ
        川上 浩司
        ヒューマンサイエンス振興財団規制動向WG, 東京, 2018年01月30日
      • 医療リアルワールドデータによる臨床研究基盤の整備
        川上 浩司
        Adalimumab Congress, 東京, 2018年01月13日
      • 医療リアルワールドデータ、健康ライフコースデータの基盤整備
        川上 浩司
        東京医科歯科大学データサイエンスシリーズ講演, 東京, 2018年01月12日
      • 医療リアルワールドデータの基盤整備の状況と薬剤疫学研究
        川上 浩司
        くすりの適正使用協議会 薬剤疫学実践セミナー 講演, 横浜, 2017年12月01日
      • 自治体の所管する学校健診情報、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        第76回日本公衆衛生学会総会市民公開シンポジウム基調講演, 鹿児島., 2017年11月02日
      • 医療リアルワールドデータ基盤と臨床研究への応用
        川上 浩司
        第71回日本臨床眼科学会共催イブニングセミナー The 23rd VISION TIMES SEMINAR 講演, 東京., 2017年10月13日
      • 生涯を通じた健康づくりについて
        川上 浩司
        WHO神戸センターと市民の健康を考えるシンポジウム. 神戸市主催, 神戸, 2017年09月23日
      • 医療、健診データの利活用について
        川上 浩司
        大阪府議会議員大阪維新の会派, 2017年09月05日
      • 医療ビッグデータ基盤の現状と臨床研究への応用. リアルワールドデータとライフコースデータ.
        川上 浩司
        Retina Deep Dive研究会, 東京, 2017年08月19日
      • 薬剤疫学研究による医療リアルワールドデータの解析とその基盤整備
        川上 浩司
        PBA医薬アカデミー, 東京, 2017年08月10日
      • 医療リアルワールドデータとライフコースデータ
        川上 浩司
        第44回日本毒性学会学術年会, 横浜, 2017年07月12日
      • 臨床研究基盤のための医療データベースの整備
        川上 浩司
        全国都市立病院薬局長協議会, 大阪, 2017年07月07日
      • 自治体の所管する学校健診情報、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        全国青年市長会研修会, 東京, 2017年06月06日
      • 自治体の所管する学校健診情報、母子保健情報のデータベース化とその利活用
        川上 浩司
        埼玉県市長会, 埼玉, 2017年04月20日
      • 医療リアルワールドデータ基盤による新しい臨床研究と医療現場への還元
        川上 浩司
        川崎市立病院学術講演会, 川崎, 2017年04月20日
      • リアルワールドデータ、ライフコースデータの基盤整備と医療技術評価
        川上 浩司
        デロイトトーマツHTAセミナー, 東京, 2017年03月17日
      • リアルワールドデータ(RWD)を用いた臨床評価の基盤整備
        川上 浩司
        日本製薬工業協会臨床評価委員会, 東京, 2017年02月22日
      • 医療リアルワールドデータと健康ライフコースデータの基盤構築
        川上 浩司
        メディカルジャパン2017, 大阪, 2017年02月17日
      • 未来の臨床研究のための医療データベース基盤構築
        川上 浩司
        京都大学CLiP extension, 横浜, 2017年02月11日
      • 医療リアルワールドデータによる臨床研究
        川上 浩司
        リウマチ疾患EFFORTコンソ―シアム, 東京, 2017年02月11日
      • 乳幼児健診、学校健診情報の可視化とライフコースデータの活用状況
        川上 浩司
        神戸市地域保健事業関連研修会, 神戸, 2017年01月26日
      • 安全性評価から臨床評価、健康福祉社会へと展開するリアルワールドデータと薬剤疫学
        川上 浩司
        大阪医薬品協会安全性委員会, 大阪, 2017年01月20日
      • リアルワールドデータおよびライフコースデータによる新しい臨床研究
        川上 浩司
        日本臨床疫学会設立記念講演会, 東京, 2016年12月18日
      • Medical Databases in Japan Real World Data and Life Course Data.
        川上 浩司
        Pharma Delegates, 静岡, 2016年11月25日
      • 医療、社会の変化に対応して、リアルワールドデータが切り拓く新たな薬剤疫学
        川上 浩司
        第22回日本薬剤疫学会学術総会会長講演, 京都, 2016年11月18日
      • Development of the school health check-up and maternal/infant health check-up database
        川上 浩司
        13th DIA JAPAN Annual Meeting, 東京, 2016年11月14日
      • 薬剤疫学における医療リアルワールドデータ、健康ライフコースデータ
        川上 浩司
        PBA医薬アカデミー, 東京, 2016年08月18日
      • 医療リアルワールドデータ、健康ライフコースデータと臨床研究
        川上 浩司
        iHF心不全フォーラム, 東京, 2016年08月06日
      • 医療リアルワールドデータによる臨床研究の大転換
        川上 浩司
        鹿児島大学病院, 2016年08月03日
      • 電子カルテ由来の診療情報および自治体健診情報の利活用の取組
        川上 浩司
        国際モダンホスピタルショウ2016, 東京, 2016年07月13日
      • 医療・健康系リアルワールドデータの整備と臨床研究の動向
        川上 浩司
        日本薬学会 医療薬学フォーラム,滋賀, 2016年06月26日
      • 医療リアルワールドデータの勃興による臨床研究の大転換
        川上 浩司
        Research Planet研究会,東京, 2016年05月29日
      • 臨床研究と医療データベース
        川上 浩司
        鉄蕉会亀田総合病院,千葉, 2016年05月21日
      • 医療や健康のリアルワールドデータの集積と利活用の取組
        川上 浩司
        東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター, 2016年03月24日
      • 医療リアルワールドデータと臨床研究の現状
        川上 浩司
        京都コモンズ講演,, 2016年03月23日
      • 医療・健康系リアルワールドデータを用いた臨床研究の現状と展望
        川上 浩司
        生命分子機能研究会セミナー,滋賀, 2016年03月18日
      • リアルワールドエビデンスの潮流
        川上 浩司
        CreativCeuticai-CMIC HTAセミナー.東京, 2016年03月17日
      • 臨床研究の基盤整備とリアルワールドデータの活用
        川上 浩司
        熊本大学生命科学研究部臨床研究支援センター・病院総合臨床研究部合同シンポジウム,, 2016年02月23日
      • 医療・健康系リアルワールドデータと先制医療、医療の評価
        川上 浩司
        生命科学フォーラム,東京, 2016年02月08日
      • 自治体のもつ貴重な行政健康資料を可視化して、次世代の政策、産業や健康社会へ役立てる
        川上 浩司
        東京都特別区長会,東京, 2016年01月15日
      • 薬剤疫学におけるデータベース研究の実例と今後
        川上 浩司
        くすりの適正使用協議会 薬剤疫学実践セミナー 講演,横浜, 2015年11月27日
      • 国内外における医療機器開発の潮流と評価
        川上 浩司
        第67回日本気管食道学会総会特別講演.福島, 2015年11月19日
      • 医療データベースの用いたアウトカム研究や市販後安全性評価への活用の展望
        川上 浩司
        第21回日本薬剤疫学会学術集会ランチョンセミナー講演.大宮, 2015年11月08日
      • 医療ビッグデータを解析した薬剤評価研究と薬学生への期待
        川上 浩司
        静岡県立大学薬学部特別講義,静岡, 2015年10月30日
      • 医療機器開発における臨床研究とビッグデータによる評価の展望
        川上 浩司
        信州大学AMED国産医療機器創出促進基盤整備事業・医療機器開発全般セミナー, 松本, 2015年10月09日
      • 薬剤疫学と企業戦略
        川上 浩司
        PBA医薬アカデミーセミナー 講演.東京, 2015年08月20日
      • 医療情報の解析の経験を活かして、高齢者情報を用いた解析による健康社会創出へ
        川上 浩司
        兵庫県西播磨ブロック老人福祉施設連盟大会講演,姫路, 2015年08月03日
      • Medical real world data and clinical research
        川上 浩司
        第21回日本遺伝子治療学会学術集会教育講演,大阪, 2015年07月24日
      • 医学生のキャリアパス:医療リアルワールドデータと臨床研究
        川上 浩司
        横浜市立大学医学部特別講義,横浜, 2015年07月08日
      • 医療系リアルワールドデータを用いた新世代の臨床疫学、薬剤疫学研究:薬物の安全性評価、予測にどう切り込むか
        川上 浩司
        第42回日本毒性学会学術年会特別講演,金沢, 2015年06月30日
      • 医療系リアルワールドデータを用いた疫学研究の新しい展開
        川上 浩司
        関西製薬ライセンシング連合(KPLA)講演,大阪, 2015年05月22日
      • 医療系リアルワールドデータを用いた研究は、医学や社会をどのように変えていくか
        川上 浩司
        日本慢性期医療協会役員会講演, 東京, 2015年05月21日
      • 医療や薬剤のリアルワールドデータを用いた臨床研究は医学や社会をどのように変えていくか
        川上 浩司
        安全性評価研究会2015年春のセミナー 講演,大阪, 2015年04月18日
      • 医療や社会に寄与するリアルワールドデータを用いた臨床研究
        川上 浩司
        京阪神3大学連携レギュラトリーサイエンスシンポジウム講演,京都, 2015年03月17日
      • 臨床研究の新しい展開-臨床試験からリアルワールドデータを活用した臨床疫学へ-
        川上 浩司
        日本検査血液学会静岡支部学術集会 講演, 静岡, 2015年03月14日
      • 医療系データベースの疫学研究で臨床現場がどう変わるか-ここでしか聞けないビッグデータを知って一歩抜きんでた薬剤師へ-
        川上 浩司
        日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015,京都, 2015年03月14日
      • 医療系データベースをもちいた薬剤疫学研究の学術、産業への活用
        川上 浩司
        日本製薬団体連合会薬制委員会講演,大阪, 2015年03月12日
      • 医療・健康系データベースを用いた医学研究の状況と今後の社会へのインパクトで
        川上 浩司
        東京青年医会早朝勉強会講演,東京, 2015年02月06日
      • 臨床研究の新しい展開-臨床試験から、リアルワールドデータを活用した臨床疫学へ-
        川上 浩司
        公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院 臨床研究セミナー講演,倉敷, 2015年01月08日
      • 医療系リアルワールドデータを用いた臨床疫学、薬剤疫学、費用対効果研究
        川上 浩司
        日本機械学会連続講座(NEDO共催)「法と経済で読み解く技術のリスクと安全」,東京, 2014年12月19日
      • リアルワールドデータの利活用
        川上 浩司
        第4回JMDC経営戦略セミナー 世話人、座長. 東京, 2014年11月21日
      • 医療データベースが拓く新しい臨床研究
        川上 浩司
        日本大腸肛門学会学術集会,横浜, 2014年11月07日
      • リアルワールドデータの意義と価値
        川上 浩司
        ヘルスケア・データサイエンス研究所設立記念講演会 基調講演,東京, 2014年10月30日
      • 医療系データベースを活用した薬剤疫学、臨床疫学研究と医療への展開
        川上 浩司
        第24回日本医療薬学会シンポジウム、名古屋, 2014年09月28日
      • PMDAへの期待と提案
        川上 浩司
        医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 第166回レギュラトリーサイエンスエキスパート研修会「PMDAの第3期中期計画への期待」,東京, 2014年09月19日
      • 臨床研究の動向: 開発型臨床試験と医療データベースをもちいた臨床疫学・薬剤疫学研究
        川上 浩司
        九州消化器癌化学療法研究会,福岡, 2014年09月13日
      • リアルワールドデータに基づいた臨床疫学、薬剤疫学研究の最前線
        川上 浩司
        第16回知創薬コンソーシアム 講演,東京, 2014年08月28日
      • データベースを用いた臨床疫学、薬剤疫学研究の最前線
        川上 浩司
        第2回Physician Scientist Seminer 特別講演,福岡, 2014年08月25日
      • 医療系データベースによる臨床/薬剤疫学、費用対効果研究
        川上 浩司
        第32回精神医学講座担当者会議 特別講演,大阪, 2014年08月22日
      • 特区への期待―京都大学の取組と未来の医学研究―
        川上 浩司
        関西圏(神戸医療産業都市)国家戦略特区指定記念セミナー パネリスト,神戸, 2014年07月23日
      • 特区への期待―京都大学の取組と未来の医学研究―
        川上 浩司
        関西圏(大阪)国家戦略特区指定記念フォーラム パネリスト, 大阪, 2014年06月30日
      • 医学の進歩と臨床疫学、薬剤疫学
        川上 浩司
        第9回日本薬局管理学研究会 招待講演.東京, 2014年06月22日
      • データベース研究と臨床疫学・薬剤疫学
        川上 浩司
        第51回薬剤学懇談会研究討論会 招待講演.沖縄, 2014年06月20日
      • 医学の発展に寄与するデータベースを用いた臨床疫学、薬剤疫学研究
        川上 浩司
        第21回Human Animal Bridging研究機構 講演.東京, 2014年05月16日
      • 薬剤疫学と企業戦略
        川上 浩司
        PBA医薬アカデミーセミナー 講演.東京, 2014年05月12日
      • 臨床研究を実施する医師の要請
        川上 浩司
        関西地域イノベーション事業シンポジウム 講演. 大阪, 2014年04月22日
      • 臨床疫学、薬剤疫学の発展による医療技術評価の現状と実践
        川上 浩司
        第86回胃癌学会総会 教育講演.東京, 2014年03月21日
      • 臨床研究とデータベース研究
        川上 浩司
        熊本大学臨床研究支援センターキックオフシンポジウム講演.熊本, 2014年03月10日
      • アカデミアにおける臨床試験の信頼性確保へ向けて
        川上 浩司
        レギュラトリーサイエンスエキスパート研修会講演.東京, 2014年01月28日
      • 医学の発展と臨床疫学・薬剤疫学
        川上 浩司
        第10回Cardiovascular Translational Research Conference学術集会 招待講演.博多, 2014年01月11日
      • 市販後安全性, 有効性評価ツールとしてのComparative Effectiveness Research
        川上 浩司
        第34回日本臨床薬理学会学術集会 座長・講演.東京, 2013年12月05日
      • 臨床研究と医療の進歩, そして今後
        川上 浩司
        神戸大学医学部附属病院臨床研究推進セミナー 講演, 神戸, 2013年12月03日
      • 国の医療政策と医療情報を用いた臨床評価
        川上 浩司
        第8回医療の質・安全学会学術集会 講演,東京, 2013年11月23日
      • 薬剤疫学・臨床疫学におけるデータベース研究の実例と今後
        川上 浩司
        くすりの適正使用協議会 薬剤疫学実践セミナー 講演, 横浜, 2013年11月22日
      • 薬剤疫学・臨床疫学におけるデータベース研究の実例と今後
        川上 浩司
        日本薬剤疫学会第19回学術集会 ランチョンセミナー講演,東京, 2013年11月16日
      • Japan Open Innovation
        川上 浩司
        through acceleration of external collaboration - Sanofi社主催.東京, 2013年09月27日
      • 臨床疫学の潮流と医学の発展
        川上 浩司
        第21回日本血管生物学会学術集会 イブニングセミナー講演,大阪, 2013年09月27日
      • ビッグデータと疫学が切り拓く新しい医療の展開
        川上 浩司
        大阪市都市型産業センター新産業創造推進ライフイノベーションセミナー 講演,大阪, 2013年09月26日
      • 臨床研究、疫学研究の動向と医療技術・経済評価
        川上 浩司
        第18回日本糖尿病教育・看護学会学術集会 教育講演, 横浜, 2013年09月23日
      • 医療技術評価と薬剤疫学の最前線
        川上 浩司
        日本病院薬剤師会・病院薬局協議会学術フォーラム 特別講演,仙台, 2013年09月20日
      • ビッグデータと臨床疫学、薬剤疫学研究
        川上 浩司
        東京大学府附属病院耳鼻咽喉科医局セミナー 講演,東京, 2013年09月05日
      • 医療技術と薬剤の評価の国際動向と実例
        川上 浩司
        第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 シンポジウム講演,仙台, 2013年08月31日
      • ビッグデータを用いた臨床疫学の進歩の潮流
        川上 浩司
        国立がん研究センター研究所 講演,東京, 2013年08月22日
      • Clinical research environment and clinical/pharmacoepidemiology
        川上 浩司
        第19回日本遺伝子治療学会学術集会 教育講演.岡山, 2013年07月06日
      • がんの患者中心研究の最前線
        川上 浩司
        第17回日本がん分子標的治療学会学術集会市民公開講座座長, 講演,京都, 2013年06月15日
      • 医療機器開発環境と臨床研究
        川上 浩司
        第88回日本医療機器学会 シンポジウム講演,横浜, 2013年06月08日
      • 臨床疫学とビッグデータが拓く、新しい医学研究の潮流と健康社会
        川上 浩司
        京都クオリアAGORA 講演,京都, 2013年05月23日
      • 医学生のキャリアパスの新展開
        川上 浩司
        日本医学会総会学生フォーラム 特別講演,東京, 2013年05月11日
      • 臨床面、経済面から見た抗がん剤医療評価の現状
        川上 浩司
        日本消化器病学会関東地方会 ランチョンセミナー講演,東京, 2013年04月20日
      • 臨床研究と医療技術評価の現状と未来
        川上 浩司
        ファルマビジネスアカデミー講義,東京, 2013年03月14日
      • 臨床研究の潮流と望まれる人材
        川上 浩司
        文部科学省関西ライフイノベーション戦略プロジェクト・医療におけるエビデンスユーザーからエビデンス創出者へ 講演,神戸, 2013年02月22日
      • 医療機器の開発動向と規制
        川上 浩司
        医工連携人材セミナー 講演,京都, 2013年01月26日
      • 医療におけるアウトカムと経済評価
        川上 浩司
        日本糖尿病教育・看護協会 平成24年度研修会 特別講演,京都, 2013年01月26日
      • FDAにおける薬事審査について
        川上 浩司
        文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム・久留米リサーチパーク薬事セミナー 講演,福岡, 2013年01月19日
      • 臨床研究評価における費用対効果
        川上 浩司
        財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 平成24年度研修会 講演,東京, 2012年12月11日
      • デバイスラグの現状と課題
        川上 浩司
        第26回日本泌尿器内視鏡学会総会講演,仙台, 2012年11月23日
      • 高額医療にどう対応するか
        川上 浩司
        第50回日本癌治療学会学術集会 司会・講演,横浜, 2012年10月27日
      • 医薬品産業と行政・経済の動向
        川上 浩司
        Pharma Delegates 50周年記念特別企画講演,軽井沢, 2012年10月26日
      • データベースを用いた研究と医療、政策
        川上 浩司
        第2回ICTエデュケーションフォーラム 講演,神戸, 2012年07月21日
      • 再生医療とその安全性評価
        川上 浩司
        第39回日本毒性学会学術年会 講演,仙台, 2012年07月17日
      • 医療機器開発の現状
        川上 浩司
        臨床研究専門職連盟・日本臨床試験研究会合同セミナー 座長・講演,東京, 2012年06月28日
      • 医薬品開発の国際潮流と障壁をのりこえるために
        川上 浩司
        第25回インターフェックスジャパン 特別講演,東京, 2012年06月28日
      • 臨床研究にかかるエビデンス評価や社会経済要請の最近の国際潮流
        川上 浩司
        北海道大学病院 臨床研究講演会 講演,札幌, 2012年04月19日
      • 医療・医薬の評価の潮流
        川上 浩司
        第111回日本耳鼻咽喉科学会福島県地方部会学術講演会 講演,福島, 2012年04月01日
      • 先制医療の実現に向けて
        川上 浩司
        神戸医療産業都市推進協議会発足記念セミナー 講演, 神戸, 2012年03月26日
      • 京都大学における開発型臨床試験と環境整備
        川上 浩司
        慶應義塾大学シンポジウム(創薬/創医療機器 なぜ私は海外に活路を求めるのか、なぜ私は日本に活路を見いだすのか)講演, 東京, 2012年03月22日
      • 薬剤データベース研究が明らかにする医薬品行政
        川上 浩司
        マーケティング戦略、開発戦略、薬価の根拠. JMDC経営戦略セミナー「医薬品研究開発ROIの最大化で事業革新」 世話人、講演.東京, 2012年01月13日
      • 医療分野におけるレギュラトリーサイエンスの動向
        川上 浩司
        日本バイオマテリアル学会 講演,京都, 2011年11月21日
      • 医薬品産業を日本のイノベーション産業にしていくためには
        川上 浩司
        日本実験動物学会維持会員懇談会 講演,東京, 2011年11月21日
      • 医療・製薬分野における薬剤疫学研究の位置づけ
        川上 浩司
        くすりの適正使用協議会・薬剤疫学セミナーインテンシブコース 特別講演,横浜, 2011年11月11日
      • Pharmaceutical development and cancer treatment in Asia
        川上 浩司
        第49回日本癌治療学会・8th Asian Cancer Forum 講演,名古屋, 2011年10月29日
      • 医療機器の臨床試験
        川上 浩司
        レギュラトリーサイエンス学会 医療機器シンポジウム講演,東京, 2011年09月03日
      • No Success without Ambition
        川上 浩司
        自治医科大学シンポジウム 特別講演,栃木, 2011年07月12日
      • 医薬品経済とイノベーション評価
        川上 浩司
        第38回日本トキシコロジー学会学術年会 講演,横浜, 2011年07月12日
      • PDT臨床適応拡大に向けて
        川上 浩司
        第21回日本光線力学学会 シンポジウム講演,大阪, 2011年07月02日
      • 健康長寿へのアプローチ
        川上 浩司
        第11回日本抗加齢医学会総会 会長特別企画 座長,京都, 2011年05月29日
      • 医薬品産業の国際動向
        川上 浩司
        関西製薬企業開発研究会 講演,大阪, 2011年05月10日
      • 医療機器臨床試験の国際動向
        川上 浩司
        第50回日本生体医工学会 講演,東京, 2011年04月29日
      • 再生医療とレギュラトリーサイエンス
        川上 浩司
        安全性評価研究会春のセミナー 講演,大阪, 2011年04月23日
      • がんのトランスレーショナルリサーチ
        川上 浩司
        第28回日本医学会総会(ウェブ開催) パネリスト,東京, 2011年04月09日
      • 臨床試験にかかる政策の国際動向
        川上 浩司
        埼玉医科大学 卒後教育セミナー 講演.埼玉, 2011年03月02日
      • 未承認医療機器を用いた臨床研究のてびき
        川上 浩司
        日本学術会議・生体医工学フォーラム2011 講演,東京, 2011年03月02日
      • 京都大学次世代研究者育成ユニット
        川上 浩司
        第5回日本型テニュアトラックシンポジウム 講演,東京, 2011年03月01日
      • 医薬品開発の現状と未来:日本の医学研究が進むべき道
        川上 浩司
        第2回つくばCancer Research Arena 特別講演,筑波, 2011年02月25日
      • 我々は技術革新を医療・医薬品としてどのように受け入れるべきか
        川上 浩司
        内閣府経済社会総合研究所 2011ESRIシンポジウム 総合司会および研究発表,東京, 2011年02月23日
      • 薬剤疫学とデータベース研究の今後
        川上 浩司
        日本アルトマーク50周年記念式典 特別講演,東京, 2011年02月10日
      • 臨床試験にかかわるキャリアパス
        川上 浩司
        第2回日本臨床試験研究会学術集会 会長講演,大阪, 2011年02月05日
      • 臨床研究の国際動向
        川上 浩司
        大阪医科大学附属病院臨床研究教育研修会 講演, 大阪, 2011年01月24日
      • 再生医療分野における米国規制
        川上 浩司
        京都リサーチパーク再生医療解説講座 講演,京都, 2011年01月21日
      • 新成長戦略と製薬産業
        川上 浩司
        第22回日本製薬工業協会政策セミナー 基調講演,東京, 2011年01月20日
      • 京都大学SPHにおける臨床研究教育の取組
        川上 浩司
        第3回立命館大学・関西医科大学FD/SD研修 講演,滋賀, 2011年01月15日
      • 医薬品・医療機器の開発と適正使用の未来
        川上 浩司
        第331回関西眼疾患研究会 特別講演,京都, 2011年01月05日
      • 日本におけるトランスレーショナルリサーチの制度と戦略
        川上 浩司
        第18回日本血管生物医学会シンポジウム 座長、講演,大阪, 2010年12月03日
      • 医療・製薬分野における薬剤疫学研究の位置づけ
        川上 浩司
        くすりの適正使用協議会・薬剤疫学セミナーインテンシブコース 特別講演,横浜, 2010年11月12日
      • 再生医療開発にかかる政策の国際動向
        川上 浩司
        京都再生医療材料研究会 講演, 京都, 2010年10月28日
      • 抗癌分子標的ハイブリッドペプチドの発見
        川上 浩司
        臨床BRM研究会 講演,京都, 2010年10月28日
      • タンパク質性医薬品の審査
        川上 浩司
        日本薬物動態学会フォーラム2010 講演, 大宮, 2010年10月09日
      • どうすれば遺伝子治療
        川上 浩司
        細胞治療の臨床開発を加速できるのか. BioJapan2010 ワークショップ講演,横浜, 2010年09月30日
      • 臨床研究の歴史と関連する制度について
        川上 浩司
        沖縄県立南部医療センター・豊見城中央病院 講演,那覇, 2010年09月29日
      • 開発型臨床研究に関する最近の国際動向
        川上 浩司
        第28回東日本免疫療法研究会 講演,東京, 2010年09月18日
      • わが国の医薬品審査システムの将来像を考える
        川上 浩司
        文部科学省橋渡し研究支援推進プログラム・第3回知的財産セミナー 講演,福岡, 2010年09月17日
      • PMDAへの期待
        川上 浩司
        (独)医薬品医療機器総合機構 レギュラトリーサイエンス特別研修 講演,東京, 2010年09月16日
      • 治験と臨床研究の制度的統合は可能か
        川上 浩司
        千葉大学・京都大学・慶應義塾大学合同シンポジウム 主催、講演,東京, 2010年09月07日
      • 未来の医薬品開発像からみたトランスレーショナル研究のあり方
        川上 浩司
        安全性評価研究会八ヶ岳フォーラム 講演, 八ヶ岳, 2010年09月05日
      • 研究成果を医薬品としていくための戦略と関連政策の動向
        川上 浩司
        生化学若い研究者の会・第50回生命科学夏の学校ミニシンポジウム 講演,箱根, 2010年09月04日
      • 医療機器の臨床研究の課題と提言
        川上 浩司
        日本公定書協会 薬事エキスパート研修会 講演,東京, 2010年09月03日
      • 医療機器開発のニーズと社会受容
        川上 浩司
        神戸市・大阪商工会議所 医工連携フォーラム 講演,神戸, 2010年09月02日
      • 国際的な医薬品開発において我が国が果たすべき役割と責任
        川上 浩司
        日本公定書協会 薬事エキスパート研修会 講演,東京, 2010年08月26日
      • 医療機器開発とレギュラトリーサイエンス
        川上 浩司
        神戸国際医療交流財団・消化器健康医療サポート 講演,神戸, 2010年08月07日
      • 開発型の臨床研究をめぐる制度と戦略
        川上 浩司
        第3回Vascular Medicine研究会 講演,東京, 2010年07月30日
      • くすりの2010年問題は何故起こったか?
        川上 浩司
        くすりと医療の未来を考える研究会 講演,東京, 2010年07月29日
      • 医薬品開発と臨床研究
        川上 浩司
        レギュラトリーサイエンスの現状と展望. 第310回日本消化器病学会関東支部会 講演,東京, 2010年07月10日
      • 日本版FDAへの道のり
        川上 浩司
        Thomson-Reuter社レギュラトリーサイエンスシンポジウム 座長・講演,東京, 2010年07月01日
      • 和文化と最先端技術
        川上 浩司; 下出; 祐太郎
        大阪・北ヤード ナレッジキャピタル・トライアル2010 ミニ・アゴラフォーラム 講演,大阪, 2010年06月11日
      • 臨床研究概論
        川上 浩司
        国立循環器病研究センター 臨床研究セミナー 講演,大阪, 2010年06月09日
      • 近未来における医薬品開発の変貌予測
        川上 浩司
        第24回日本薬物動態学会ワークショップ 講演,東京, 2010年04月23日
      • これからの先端的な医薬品開発のための薬事制度環境と開発のあり方
        川上 浩司
        第2回消化器がんプロジェクト会議 講演, 東京, 2010年04月22日
      • 医薬品政策と臨床研究の将来
        川上 浩司
        第2回消化器がんプロジェクト会議 講演, 東京, 2010年03月20日
      • 医療機器、バイオ医薬品の開発にかかる諸課題とレギュラトリーサイエンス
        川上 浩司
        日本学術会議・生体医工学フォーラム2010 講演,東京, 2010年03月03日
      • 医工学の臨床応用に向けた基盤整備
        川上 浩司
        医工学フォーラム2009年特別学術講演会 特別講演,京都, 2010年02月24日
      • 先端医療機器の応用開発-再生医療とデバイスラグの影響-
        川上 浩司
        第27回国際医療機器セミナー 講演,東京, 2010年02月22日
      • タンパク質性医薬品の将来の方向性と可能性
        川上 浩司
        第12回ヒューマンサイエンス総合研究ワークショップ 講演,東京, 2010年01月20日
      • 海外行政経験の立場からみた我が国の治験実施体制の評価
        川上 浩司
        東京臨床薬理研究会 講演,東京, 2009年12月18日
      • わが国の新薬承認審査への期待と提言
        川上 浩司
        日本公定書協会 薬事エキスパート研修会 講演,東京, 2009年11月27日
      • 医薬品開発とレギュラトリーサイエンスの動向
        川上 浩司
        医薬品産業情報研究会 講演,東京, 2009年11月24日
      • 先端医療とその成果を一日も早く第一線に
        川上 浩司
        日本製薬産業連合会メディアフォーラム 講演,東京, 2009年11月19日
      • 転換期を迎える先端医薬・医療開発のあり方と日本のとるべき道
        川上 浩司
        千葉大学大学院GP「世界規模の治験・臨床研究を担う医療人養成」シンポジウム 講演,千葉, 2009年09月07日
      • 我が国の創薬開発への提言:スーパー特区
        川上 浩司
        第2回京都大学スーパー特区連携シンポジウム 講演,東京, 2009年07月13日
      • 医療機器の開発薬事戦略と行政動向
        川上 浩司
        第10回Cardiovascular Clinical & Basic Forum 講演, 大阪, 2009年05月29日
      • 日本における臨床研究の位置づけと今後の展望
        川上 浩司
        滋賀医科大学医学部附属病院 講演, 滋賀, 2009年05月28日
      • グローバルな視点からみた臨床試験
        川上 浩司
        第97回日本泌尿器科学会総会 特別シンポジウム 講演,岡山, 2009年04月17日
      • 医薬品開発と行政
        川上 浩司
        ヒューマンサイエンス振興財団研修会 講演,東京, 2009年04月14日
      • トランスレーショナル研究の最前線
        川上 浩司
        オミックス医療研究会 国際トランスレーショナルインフォマティクスシンポジウム 講演,東京, 2009年03月25日
      • 遺伝子治療の展望
        川上 浩司
        日本遺伝子治療学会 第3回遺伝子治療推進産学懇話会 講演, 東京, 2009年03月19日
      • 医療・ライフサイエンス行政と社会
        川上 浩司
        横浜市立大学医学会 第2回医学部有識者会議 基調講演,横浜, 2009年02月28日
      • わが国におけるバイオテクノロジー医薬品の臨床開発
        川上 浩司
        政策研究大学院 International Conference on Biotech Medicines Innovations in Developing Countries. 講演,東京, 2009年02月19日
      • パンデミックに対するワクチン・治療薬対応の実際
        川上 浩司
        時事通信社・自治体実務セミナー 新型インフルエンザ・パンデミック対策 緊急セミナー 講演,東京, 2009年01月28日
      • タンパク質性医薬品の将来の方向性と可能性
        川上 浩司
        第12回ヒューマンサイエンス総合研究ワークショップ 講演,東京, 2009年01月20日
      • 臨床研究の倫理指針と今後の方向性
        川上 浩司
        NPO法人日本臨床研究支援ユニット 教育講演,東京, 2008年12月25日
      • 医薬品・医療機器開発とオーダーメイド医療
        川上 浩司
        かずさDNA研究所 講演,千葉, 2008年11月10日
      • わが国の医薬品行政と開発基盤の整備
        川上 浩司
        第13回医薬品開発基礎研究会 学術集会 特別講演,東京, 2008年11月07日
      • 再生医療や医薬品業界の将来
        川上 浩司
        名城大学薬学部学園祭 講演,名古屋, 2008年11月03日
      • ワクチン臨床開発の動向と展望
        川上 浩司
        DIA Japan 2008 講演, 東京, 2008年10月16日
      • ワクチン開発の規制と動向
        川上 浩司
        ヒューマンサイエンス振興財団規制委員会 勉強会 講師,京都, 2008年10月10日
      • 医薬品開発とオーダーメイド医療
        川上 浩司
        Prous Thomson Scientific Forum 2008,大阪・東京(2008年2月26日・28日), 2008年09月16日
      • 医薬品開発とファーマコゲノミクス
        川上 浩司
        第18回遺伝医学セミナー 講演,大阪, 2008年09月06日
      • 岐路に立つ医薬品許認可の趨勢
        川上 浩司
        Thomson-Reuter社薬事研究会 座長・講演.東京, 2008年09月05日
      • 日本における新薬承認に関する問題点と解決策
        川上 浩司
        The 18th Bayer Symposium Advance in Urology 特別講演.東京, 2008年08月30日
      • 医薬品の現状と未来
        川上 浩司
        第45回薬剤学懇談会研究討論会 特別講演,静岡, 2008年06月18日
      • 医薬品の研究開発と安全性評価の現状と展望
        川上 浩司
        第26回徳島大学薬学部卒後教育公開講座 講演,徳島, 2008年06月07日
      • 日本の医薬品・医療機器開発の諸問題と解決策
        川上 浩司
        民主党・医薬産業政策研究会 講演,東京, 2008年05月22日
      • 臨床研究・健康開発研究司令塔について
        川上 浩司
        自由民主党本部・科学技術創造立国調査会 健康研究推進プロジェクトチーム会議 講演,東京, 2008年04月23日
      • 医薬品行政と臨床開発の動向
        川上 浩司
        薬物動態談話会 特別講演,大阪, 2008年04月09日
      • 日本の医薬品・医療機器開発への提言
        川上 浩司
        自由民主党本部・第42回ライフサイエンス推進議員連盟総会・第6回治験体制改革特別委員会合同会議 講演,東京, 2008年04月04日
      • 医薬品・生物製剤の開発と評価
        川上 浩司
        第4回日本製薬医学医師連合会(JAPhMED) 講演,神戸, 2008年03月16日
      • 再生医療の産業化・実用化
        川上 浩司
        第7回日本再生医療学会総会 シンポジウム座長,大阪, 2008年03月13日
      • 日本の医薬品・医療機器開発の現状
        川上 浩司
        自由民主党国家戦略本部・第8回安心できる社会保障プロジェクトチーム会議 講演,東京, 2008年03月12日
      • 日本の医薬開発における諸問題と沖縄型医療・健康産業イニシアティブ
        川上 浩司
        内閣府沖縄総合事務局経済産業部・琉球医療ルネッサンス研究会 講演, 那覇, 2008年03月05日
      • 本当に患者のためになる医療と科学の未来
        川上 浩司
        第30回日本造血細胞移植学会総会 市民公開フォーラム 司会・講演,大阪, 2008年03月01日
      • バイオテクノロジー医薬品・医療機器の実用化にかかる臨床研究推進の諸課題と取組
        川上 浩司
        第4回ナノバイオExpo・ナノバイオシンポジウム 基調講演,東京, 2008年02月14日
      • 日本の臨床研究・治験の今後を考える(京都大学大学院における教育活動について)
        川上 浩司
        Japan Center of Pharmaceutical Medicine 第1回シンポジウム 講演,東京, 2008年01月19日
      • バイオテロリズムと医薬品審査・許認可行政
        川上 浩司
        第2回医学・バイオディフェンス研究とバイオテロリズムワークショップ 講演,東京, 2007年12月19日
      • 日本の医薬品産業の展望
        川上 浩司
        彩都・医薬基盤研究所連携フォーラム 基調講演,大阪, 2007年12月14日
      • バイオ医薬の臨床試験、成功の秘訣
        川上 浩司
        日経BP社主催「医薬品R&D価値最大化の戦略」 講演, 東京, 2007年12月14日
      • 先端医療と医薬品行政の日本のチャレンジ
        川上 浩司
        第6回静岡中部血液疾患研究会 特別講演,浜松, 2007年12月08日
      • 米国における医薬品審査行政と市販後臨床試験の動向
        川上 浩司
        大阪医薬品協会 治験推進研究会総会 講演,大阪, 2007年12月07日
      • 細胞製剤とcGTP規制(バイオマテリアルとしての細胞を考える)
        川上 浩司
        第29回日本バイオマテリアル学会 シンポジウム,大阪, 2007年11月26日
      • 抗体医薬の現状と課題―ターゲット探索から承認まで―
        川上 浩司
        平成19年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究推進事業 第10回ヒューマンサイエンス総合研究ワークショップ 講演・パネルディスカッション座長,東京, 2007年11月05日
      • 医学・医療技術のイノベーションに関わる諸問題
        川上 浩司
        日本化学技術戦略推進機構・日本バイオマテリアル学会合同シンポジウム 講演,東京, 2007年10月19日
      • 日本における医薬品創出の現状と未来
        川上 浩司
        第22回サイエンス・クロスロード 日本科学未来館 講演,東京, 2007年10月17日
      • he current development of biotechnology therapeutics. Diploma Course on Research and Development of Products to Meet Public Health Needs
        川上 浩司
        世界保健ニーズに応える医薬品研究開発ディプロマコース:長崎大学主催、WHO・日本薬学会後援 特別講義,長崎, 2007年10月16日
      • 医薬品・医療機器等の評価と審査認可行政
        川上 浩司
        第4回次世代バイオ・ナノ研究会 講演,高松, 2007年09月28日
      • 抗体医薬品をはじめとした生物製剤のCMC臨床試験申請と審査
        川上 浩司
        技術情報協会セミナー 講演,東京, 2007年09月26日
      • 医薬品開発とレギュラトリーサイエンス
        川上 浩司
        京都大学社会健康医学シンポジウム 講演,京都, 2007年09月20日
      • 我が国における医学研究の臨床応用に関する課題と挑戦
        川上 浩司
        バイオジャパン2007 講演,横浜, 2007年09月20日
      • 新しいバイオロジクスの安全性評価:核酸医薬品、遺伝子治療、細胞療法、がんワクチンのCMCについて
        川上 浩司
        日本薬学会 第1回医薬品評価フォーラム 講演,東京, 2007年08月10日
      • 日本の臨床試験の課題と将来へのチャレンジ
        川上 浩司
        首都圏バイオ・ゲノムベンチャーネットワーク研修会 基調講演,東京, 2007年07月13日
      • 日米の医薬品承認システム比較
        川上 浩司
        文部科学省 科学技術政策研究所 所内講演会,東京, 2007年06月06日
      • 癌ワクチンの行政審査の現状と展望
        川上 浩司
        第22回東日本癌免疫療法研究会 講演,東京, 2007年05月19日
      • 先端医薬品の創出と開発の道筋
        川上 浩司
        宮城県立がんセンター研究所セミナー 講演,仙台, 2007年05月11日
      • 医学・医療技術のイノベーションに関わる諸問題
        川上 浩司
        日本化学技術戦略推進機構・日本バイオマテリアル学会合同シンポジウム 講演,神戸, 2007年04月27日
      • 医薬品開発と行政審査:米国の実例と日本の臨床試験の展望
        川上 浩司
        大阪大学・ハーバード大学エグゼクティブMOTIプログラム 特別講義,大阪, 2007年04月14日
      • 先端創薬の国際動向と開発の迅速化
        川上 浩司
        彩都バイオサイエンスセミナー 基調講演,大阪, 2007年03月22日
      • 医科学研究の応用に向けて
        川上 浩司
        政策研究大学院公開シンポジウム パネリスト,東京, 2007年03月01日
      • トランスレーショナルリサーチの結実と未来像
        川上 浩司
        信州大学医学部付属病院第2回先端医療セミナー 招待講演,松本, 2007年02月10日
      • 再生医療と規制の国際動向
        川上 浩司
        第6回ヒューマンサイエンス研究資源バンク技術講習会 講演,東京, 2007年02月07日
      • 医薬品審査・認可体制と創薬力
        川上 浩司
        日本薬学会関西支部新春講演会 講演,京都, 2007年01月12日
      • トランスレーショナル研究の推進に必要な人材育成とその達成目標とは
        川上 浩司
        文部科学省大学院イニシアティブ 臨床治験推進リーダー養成プログラム(横浜市立大学)シンポジウム 講演,横浜, 2006年12月21日
      • 日本における臨床研究のブレークスルーに必要な行政・社会基盤整備
        川上 浩司
        第4回Cardiac Translational Research Conference 講演,大阪, 2006年12月16日
      • 先端医療・創薬の現状と人材育成
        川上 浩司
        宮崎大学医学系研究科大学院セミナー 講演.宮崎, 2006年12月15日
      • 国際化イノベーション-日本のバイオ創薬向上に向けて-
        川上 浩司
        大阪大学医学部附属病院 第5回未来医療交流会 講演,大阪, 2006年12月06日
      • 創薬共同開発における長期大型の産学連携戦略
        川上 浩司
        京都大学国際フォーラム・ワークショップ モデレーター,京都, 2006年11月27日
      • 核酸医薬品の臨床開発と審査・認可行政の動向
        川上 浩司
        第16回アンチセンスシンポジウム 招待講演,京都, 2006年11月16日
      • 再生医療・バイオ医薬品の国際開発と認可行政の現状
        川上 浩司
        民主党衆議院議員勉強会,東京, 2006年11月02日
      • 医薬品・バイオ製剤の開発と認可行政を考える
        川上 浩司
        日本医療政策機構朝食会 講演,東京, 2006年11月02日
      • 再生医療の臨床応用を議論する
        川上 浩司
        独立行政法人 科学技術振興機構 再生医療戦略ワークショップ モデレーター,京都, 2006年11月01日
      • 抗癌イムノトキシン療法の現状と展望
        川上 浩司
        第44回日本癌治療学会総会 教育講演,東京, 2006年10月20日
      • 新薬審査体制・臨床研究体制の日米比較と今後のあり方
        川上 浩司
        日本バイオ産業人会議(JABEX) 医療・臨床研究改革推進委員会ワーキンググループ 講演,東京, 2006年10月19日
      • 生物製剤・先端医療分野におけるアメリカの認可行政の現状
        川上 浩司
        第44回日本癌治療学会総会 シンポジウム講演,東京, 2006年10月18日
      • The current development of biotechnology therapeutics. Diploma Course on Research and Development of Products to Meet Public Health Needs
        川上 浩司
        世界保健ニーズに応える医薬品研究開発ディプロマコース:長崎大学主催、WHO・日本薬学会後援 特別講義,長崎, 2006年10月17日
      • 新規医療機器開発促進、新規参入促進につながる薬事制度のあり方
        川上 浩司
        日本化学技術戦略推進機構 (JCII) 医療専門部会 パネリスト講演,東京, 2006年10月13日
      • Scientific review and clinical development of the advanced therapeutics and biologics(先端医薬・生物製剤における科学的審査と臨床開発について)
        川上 浩司
        第3回DIA総合ワークショップ マルティトラックセッション 講演,東京, 2006年10月06日
      • 日本におけるトランスレーショナルリサーチの展望
        川上 浩司
        オミックス医療が開く未来2006:第4回ゲノム医療情報シンポジウム 講演,横浜, 2006年10月04日
      • オーダーメイド診断・治療法の開発とその方向性
        川上 浩司
        京都大学社会健康医学シンポジウム 講演,京都, 2006年09月30日
      • 米国の細胞治療ガイドラインとその考え方
        川上 浩司
        平成18年度第2回組織工学ワーキンググループ検討会 講演,京都, 2006年09月25日
      • トランスレーショナルリサーチの国際展望
        川上 浩司
        信州大学医学部付属病院先端医療セミナー 招待講演,松本, 2006年09月19日
      • 医薬品の認可行政システムのあり方と開発戦略
        川上 浩司
        関東製薬企業臨床開発懇談会(高翔会) 講演,東京, 2006年09月15日
      • 海外における再生医療の開発戦略状況
        川上 浩司
        バイオジャパン大阪2006神戸ブース 講演,大阪, 2006年09月12日
      • 大学発医薬品シーズの臨床開発の迅速化について
        川上 浩司
        京都大学医学領域 産学連携シンポジウム 講演,京都, 2006年09月12日
      • 技術移転と臨床応用
        川上 浩司
        政策研究大学院国際セミナー コメンテーター,東京, 2006年09月11日
      • 再生誘導治療の産業化に向けた課題
        川上 浩司
        第9回日本組織工学会 パネルディスカッション講演,京都, 2006年09月07日
      • 新規医薬品の基礎研究から開発までを俯瞰する
        川上 浩司
        独立行政法人 医薬基盤研究所セミナー 講演,大阪, 2006年09月01日
      • 創薬力の差を生む日米における審査体制の相違と米国申請時の注意点
        川上 浩司
        関西製薬企業研究開発懇談会(同生会) 講演,大阪, 2006年08月30日
      • アメリカ合衆国における先端医療と再生医療
        川上 浩司
        厚生労働省・ヒューマンサイエンス振興財団 平成18年度先端医学研究等普及啓発セミナー 講演,大阪, 2006年08月03日
      • 日本型バイオ創薬・トランスレーショナル研究の開発薬事人材養成
        川上 浩司
        第2回京都大学薬剤疫学シンポジウム 講演,京都, 2006年07月10日
      • 米国における医薬品の審査・認可行政の現況
        川上 浩司
        第9回日本医薬品情報学会総会 教育講演,京都, 2006年07月09日
      • ライフサイエンス・バイオメディカル分野研究者のキャリアパスの現在と未来
        川上 浩司
        第20回国際生化学・分子生物学会議 キャリアフェア 講演,京都, 2006年06月19日
      • 先端遺伝子工学を応用したバイオ創薬の現状および国際比較
        川上 浩司
        第33回日本耳鼻咽喉科学会 神奈川県地方部会定時総会 講演,横浜, 2006年06月15日
      • がんトランスレーショナルリサーチ・創薬促進インフラ整備の諸課題
        川上 浩司
        第5回がんトランスレーショナルリサーチワークショップ パネリスト,東京, 2006年06月01日
      • バイオ創薬の現状・未来と認可行政システム
        川上 浩司
        京都大学再生医科学研究所セミナー 講演,京都, 2006年05月27日
      • 治験体制の改革と健康維持システムの創設
        川上 浩司
        第6回ライフサイエンスサミット パネリスト,東京, 2006年04月24日
      • 先端バイオ創薬とトランスレーショナル研究の発展からみた認可行政システムのあり方
        川上 浩司
        第4回興和Cutting Edge Forum 講演,大阪, 2006年04月19日
      • 日本における創薬バイオメディカル産業の現状と未来
        川上 浩司
        東京医科大学大学院セミナー 講演,東京, 2006年04月10日
      • 日本医療政策機構における細胞再生医療シンポジウムの総括報告
        川上 浩司
        第5回日本再生医療学会総会 再生医療ビジネス研究会 講演,岡山, 2006年03月08日
      • FDAにおける医薬品・バイオ製剤IND審査の要点
        川上 浩司
        財団法人 先端医療振興財団 第4回トランスレーショナルリサーチ研修会 講演,神戸, 2006年03月03日
      • 新世代がん免疫療法への期待
        川上 浩司
        株式会社グリーンペプタイド セミナー 講演,福岡, 2006年02月08日
      • バイオ創薬および先端医療分野における研究開発と行政対応
        川上 浩司
        聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター大学院セミナー 講演,川崎, 2006年01月23日
      • バイオ創薬・トランスレーショナルリサーチの未来と認可行政システム論
        川上 浩司
        横浜市立大学大学院国際総合科学研究科 特別講義,横浜, 2006年01月17日
      • RNAiの新医薬品開発への応用~現状と今後の展望~
        川上 浩司
        財団法人バイオインダストリー協会 第13回JBAバイオベンチャーフォーラム 基調講演,東京, 2005年12月15日
      • 医薬品・生物製剤の審査の考え方:日米における比較
        川上 浩司
        日本化薬株式会社 講演,東京, 2005年12月06日
      • 先端医療・創薬バイオテクノロジーと行政システムの現状と未来
        川上 浩司
        石川県医師会 日本医師会生涯教育講座 講演,金沢, 2005年12月04日
      • 創薬バイオベンチャーと認可行政システム
        川上 浩司
        第22回よこはまバイオナウセミナー 講演,横浜, 2005年11月18日
      • 日本のバイオテクノロジー業界の今後とキャリアパス
        川上 浩司
        RDサポート第2回ドクター・ポスドクセミナー 講演,東京, 2005年11月11日
      • 日米におけるトランスレーショナルリサーチの現状と課題
        川上 浩司
        理化学研究所・研究プライオリティー会議調査研究会 講演, 東京, 2005年11月04日
      • 医療機器認可行政の問題点と日本版FDA構想
        川上 浩司
        日本化学技術戦略推進機構 (JCII) 社会基盤分科会 講演,東京, 2005年09月29日
      • 日米の医薬品・先端医療の認可行政の比較および今後の課題
        川上 浩司
        京都大学大学院医学研究科セミナー 講演,京都, 2005年09月28日
      • 先端創薬、臨床治験の遂行と認可行政
        川上 浩司
        日本医師会治験促進センター 治験促進啓発シンポジウム 講演,長野, 2005年09月09日
      • 米国における医師主導臨床試験とFDAの役割
        川上 浩司
        第2回京都大学トランスレーショナルリサーチシンポジウム 講演,京都, 2005年08月26日
      • 日本におけるトランスレーショナル研究の現状および先端創薬の課題
        川上 浩司
        文部科学省ライフサイエンス課セミナー 講演,東京, 2005年08月24日
      • アメリカにおける細胞再生医療の審査
        川上 浩司
        日本医療政策機構 細胞再生医療シンポジウム:臨床への道筋 講演,東京, 2005年08月18日
      • Regulatory and policy issues for gene therapy products in the United States
        川上 浩司
        第11回日本遺伝子治療学会 ランチョンセミナー 講演,東京, 2005年07月29日
      • 創薬バイオ産業と認可システム論
        川上 浩司
        第8回バイオメディカルベンチャー研究会 講演,東京, 2005年07月28日
      • 米国における血液代替物の製造・非臨床の考え方
        川上 浩司
        国立感染症研究所 学友会セミナー 講演,東京, 2005年07月27日
      • 米国FDAの現状と日本の新薬審査の課題
        川上 浩司
        第2回バイオ産業の未来を考える会 講演, 東京, 2005年07月19日
      • FDAにおける先端医療の審査
        川上 浩司
        東京大学シンポジウム「医薬品・医療機器開発と臨床試験」講演,東京, 2005年07月19日
      • 米国における血液代替物ガイドラインについて
        川上 浩司
        第12回日本血液代替物学会 講演,東京, 2005年06月06日
      • ライフサイエンス研究者のキャリアパス:日米の比較
        川上 浩司
        東京大学先端科学技術研究センターバイオベンチャー分科会 講演,東京, 2005年05月21日
      • Development of biologicals in the United States
        川上 浩司
        慶応大学医学部リサーチパークセミナー,東京, 2005年04月26日
      • アメリカ合衆国における臨床試験審査システム
        川上 浩司
        久留米大学医学部21世紀COEセミナー, 福岡, 2005年04月13日
      • IL-13Rをターゲットとした癌の分子標的治療の現況
        川上 浩司
        早稲田大学理工学部 特別講演, 東京, 2005年03月18日
      • FDAにおける細胞遺伝子治療INDの認可プロセス
        川上 浩司
        第1回血管再生療法コンセンサス会議 講演, 横浜, 2005年03月18日
      • アメリカ合衆国における遺伝子治療認可行政の実際
        川上 浩司
        第9回遺伝子医療研究会 講演,大阪, 2005年03月12日
      • インターロイキン13受容体の構造、機能および癌治療への応用
        川上 浩司
        慶応義塾大学理工学部 特別講演,横浜, 2005年03月09日
      • 米国遺伝子治療の現況
        川上 浩司
        第4回日本再生医療学会総会 講演,大阪, 2005年03月02日
      • アメリカ合衆国における再生医療認可行政の現況
        川上 浩司
        第4回再生心臓血管外科治療研究会 講演,浜松, 2005年02月23日
      • FDAの組織概要および臨床試験審査の仕組み
        川上 浩司
        日本製薬医学医師連合会 講演,東京, 2005年01月09日
      • インターロイキン13 受容体を利用した病態治療モデル
        川上 浩司
        東京大学大学院農学生命科学研究科セミナー,東京, 2003年04月10日
      • Interleukin-13 receptor の構造、機能解析ならびにIL-13R immunotoxinによる癌治療タ-ゲティングの最先端
        川上 浩司
        NIH耳鼻科医会,Bethesda, MD, 2001年01月21日
      • 頭頸部癌細胞におけるインターロイキン4 受容体の構造、機能の解析および治療へのタ-ゲティングについての検討
        川上 浩司
        国立がんセンター研究所セミナー, 東京, 2000年09月21日
      • 医薬品開発の諸課題とレギュラトリーサイエンスへの期待
        川上 浩司
        日本臨床試験研究会総会・ワークショップ 座長・講演,東京
      • 医療、医薬品産業振興のための提言
        川上 浩司
        医薬品企業法務研究会 特別講演,2009年11月25日, 東京・2010年2月16日, 大阪.
      • 学校保健の動向
        日本学校保健会, 分担執筆, pp1-5「PHR(パーソナルヘルスレコード)と学校健診 -乳幼児や児童生徒の健診情報を予防医学に活用する-.」特集:学校保健におけるDX (Digital Transformation)
        日本学校保健会,丸善出版 (発売), 2023年10月
      • DOHaD先制医療への展開
        日本DOHaD学会; 佐田, 文宏; 福岡, 秀興, 分担執筆, pp24-29 「生涯健康データベース構築化構想」
        金原出版, 2023年05月
      • リアルワールドデータと薬剤疫学
        Ali, Ayad K.; Hartzema, Abraham G.; 川上, 浩司; 漆原, 尚巳; 佐藤, 泉美
        大修館書店, 2022年08月
      • ビッグデータの収集、調査、分析と活用事例
        川上浩司, 分担執筆, 「医療分野における疫学研究によるビッグデータ解析事例」 pp245-248
        技術情報協会, 2014年
      • 医療のグランドデザイン2030
        日本医師会総合政策研究機構, 分担執筆, pp132-140「ライフコースデータにおける母子保健、学校健診情報のデータベース化、方法とベネフィット」
        日本医師会総合政策研究機構, 2019年, 査読無し
      • ストロムの薬剤疫学
        監修; 川上浩司; 漆原尚巳; 田中司朗; 監訳; 井出和希; 古閑晃, 監修
        南山堂, 2019年, 査読無し
      • 新技術活用のための法工学:リスク対応と安全確保の法律
        近藤恵嗣; 編著, 分担執筆, 「医療系リアルワールドデータを用いた臨床疫学、薬剤疫学、費用対効果研究」pp320-343
        医療レジエンス:医学アカデミアの社会的責任(近藤恵嗣・編著). 民事法研究会, 2016年, 査読無し
      • 医療レジエンス:医学アカデミアの社会的責任
        編集代表; 福原俊一, 分担執筆, 「医療技術評価(世界医学サミット(WHS)京都会合2015のトピックス)」pp82-89
        医学書院, 2015年, 査読無し
      • 臨床研究のススメ
        井村裕夫, 分担執筆, 「薬剤疫学の課題と展望」pp141-146, 「比較有効性研究」pp185-192
        最新医学社, 2014年, 査読無し
      • 医薬品/医療機器の承認申請書の上手な書き方・まとめ方-審査に不可欠なデータ・情報の取得の仕方
        川上 浩司, 分担執筆, 「製品種別ごとのデータ・情報の取得とまとめ方のポイント:核酸医薬, 遺伝子治療薬, 細胞治療薬における留意点」pp346-348
        技術情報協会, 2014年, 査読無し
      • 幹細胞医療の実用化技術と産業展望
        江上美芽; 水谷学 監修, 分担執筆, 「薬事から見た再生医療周辺技術とバイオマテリアル」pp11-15
        シーエムシー出版, 2013年, 査読無し
      • 欧米中の薬事申請と関連書類事例.
        川上 浩司, 分担執筆, 「薬事申請を成功させるポイント:FDA編」pp260-266
        技術情報協会, 2013年, 査読無し
      • 再生医療における臨床研究と製品開発.
        天願ルイス 企画編集, 分担執筆, 「アメリカにおける薬事規制の動向」pp311-314
        技術情報協会,, 2013年, 査読無し
      • 新機能抗体開発ハンドブック(次世代抗体創製から産業への展開まで)
        浜窪隆雄; 津本浩平, 分担執筆, 「バイオ医薬品の薬事申請とレギュラトリーサイエンス」pp561-567
        エヌ・ティー・エス, 2012年, 査読無し
      • 日本の未来を拓く医療.
        井村裕夫編集, 分担執筆, 「医療政策、医療技術評価、リテラシー:先制医療の視点から.」pp107-115
        診断と治療社, 2012年, 査読無し
      • ワクチンの開発の市場動向と開発・製造実務集.
        安保公介; 企画編集, 分担執筆, 「米国における感染症関連行政とワクチン開発の動向」pp115-121
        技術情報協会, 2012年, 査読無し
      • 稀少疾患・難病の診断治療技術と製品開発.
        安保公介; 矢内雅人; 水野朝子企画編集, 分担執筆, 「癌ワクチンの関連規制: FDAの動向」pp350-354
        技術情報協会, 2012年, 査読無し
      • 医薬品・医療機器FDA申請・査察対応集.
        情報機構, 分担執筆, 「FDAの概要」pp3-8
        情報機構, 2011年, 査読無し
      • 超高齢社会における先制医療の推進
        井村 裕夫; 川上 浩司; 山本 雄士; 小口 しのぶ; 辻 真博; 中村 亮二, 共著
        独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター 戦略イニシアティブCRDS-FY2010-SP-09, 2011年, 査読無し
      • バイオ医薬品CMC申請のための品質評価と申請書作成実学集
        佐藤章弘; 企画編集, 分担執筆, 「バイオ医薬品CMC開発におけるグローバル対応とFDA要求事項の展望」pp.145-165
        技術情報協会, 2011年, 査読無し
      • バイオシミラー・バイオベターの開発・事業化支援マニュアル
        山脇良平, 分担執筆, 「バイオシミラーをめぐる状況と今後」pp291
        技術情報協会, 2011年, 査読無し
      • 医療の俯瞰報告書-がん(主に乳がん、肺がん、胃がん、膵がん)について- 戦略プロポーザルCRDS-FY2009-WR-10
        井村 裕夫; 川上 浩司; 小口 しのぶ; 山本 雄士; 辻 真博; 稲田 麻未, 共著
        独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2010年, 査読無し
      • 次世代ワクチンの産業応用技術
        神谷齊 監修, 分担執筆, 「米国における感染症対策とワクチン行政の方針」pp35-40
        シーエムシー出版, 2010年, 査読無し
      • 三極に対応したCMC薬事業務マニュアル集
        山脇良平; 企画編集, 分担執筆, 「当局への申請書作成の留意点(CMC part)」pp35-40
        技術情報協会, 2010年, 査読無し
      • 遺伝子医学MOOK17号 実例に学ぶ。実践、臨床応用研究の進め方
        川上 浩司, 編者(編著者), 単独執筆「臨床研究と医薬品開発」pp 20-26, 漆原 尚巳, 樋之津 史郎と共同執筆「非臨床試験を概括する」pp 38-43, 堀部 智久, 河野 雅之, 一丸 大樹と共同執筆「癌分子標的療法:抗癌ハイブリッドペプチド」pp 103-108
        メディカルドゥ社, 2010年, 査読無し
      • 遺伝子医学MOOK別冊 はじめての臨床応用研究
        川上 浩司, 編者(編著者), 単独執筆「アカデミアにおける医薬品開発の戦略」pp10-16、「もしもアメリカで臨床開発をおこなうならば:IND制度の利用」pp44-50、漆原 尚巳と共同執筆「Post-Marketing Surveillance制度の基礎的知識」pp 139-147
        メディカルドゥ社, 2010年, 査読無し
      • 健康研究司令塔のあるべき姿についての提言 戦略プロポーザルCRDS-FY2008-SP-05
        井村 裕夫; 川上 浩司; 山本 雄士; 沼田 真也, 共著
        独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2009年, 査読無し
      • 医療の俯瞰報告書-2型糖尿病について- 戦略プロポーザルCRDS-FY2009-WR-01
        井村 裕夫; 川上 浩司; 沼田 真也; 山本 雄士; 小口 しのぶ; 中村 亮二; 辻 真博, 共著
        独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2009年, 査読無し
      • 科学技術・研究開発の国際比較 2009年版 CRDS-FY2009-IC-05
        吉松賢太郎; 松森浩士; 杉山雄一; 栗原千絵子; 日吉和彦; 佐久間一郎; 岡野光夫; 大和雅之; 田中紘一; 小澤敬也; 富樫かおり; 菅野巌; 川上浩司, 分担執筆, 「臨床医学:規制分野」
        独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2009年, 査読無し
      • 抗体医薬品における規格試験法・製造と承認申請
        勝村 泰彦; 福澤 時秀; 今野 由信; 内田 和久; 阿部 聡; 岡村 元義; 村上 聖; 難波 勝; 稲川 淳一; 川崎 ナナ; 石井 明子; 山口 照英; 荒戸 照世; 川上 浩司, 共著, 「FDAにおける抗体医薬品等生物製剤の評価の考え方と実際」pp143-151
        サイエンス&テクノロジー社, 2009年, 査読無し
      • 遺伝子医学MOOK別冊 進みつづける細胞移植治療の実際
        田畑泰彦編著, 分担執筆, 「細胞移植のための周辺環境:細胞医薬の日米の考え方の違い」pp255-261
        メディカルドゥ社, 2009年, 査読無し
      • Encyclopedia of Cancer, 2nd edition
        Kawakami K
        Springer-Verlag GmbH, Germany, 2008年01月01日, 査読無し
      • マイクロドーズ臨床試験:理論と実践
        杉山雄一; 栗原千絵子編著, 分担執筆, 「米国FDAのドラフトガイダンスの背景とその意味」pp274-284
        じほう, 2007年, 査読無し
      • ソリューションガイド2007:創薬方法論
        神沼二眞編著, 分担執筆, 「我が国の医薬品審査行政の課題と将来像」
        情報計算化学生物(CBI)学会, 2007年, 査読無し
      • 日本医療政策機構政策提言シリーズ volume 4「再生医療:臨床応用への道筋」
        黒川 清; 西川 伸一; 川上 浩司; 坂野 嘉郎; 藤田 卓仙; 記村 貴之, 共著
        日本医療政策機構, 2006年, 査読無し
      • 日本の医療のグランドデザイン2030
        日本医師会総合政策研究機構, 分担執筆, pp132-140「ライフコースデータにおける母子保健、学校健診情報のデータベース化、方法とベ ネフィット」
        日本医師会総合政策研究機構, 査読無し

      受賞

      • 2020年
        川野小児医学奨学財団, 川野小児医学奨学財団研究助成(一般枠)
      • 2019年
        公益財団法人大樹生命厚生財団, 公益財団法人大樹生命厚生財団  医学研究助成
      • 2018年
        ひまわりの会, ひまわり褒章
      • 2016年
        平成28年度公益財団 喫煙科学研究財団研究助成
      • 2016年
        平成27年度公益財団法人 小児医学研究振興財団研究助成金
      • 2016年
        一般財団法人藤原記念財団, 一般財団法人藤原記念財団平成28年度特別奨励金
      • 2016年
        一般財団法人藤原記念財団, 特別奨励賞
      • 2015年
        ファイザーヘルスリサーチ振興財団, ファイザーヘルスリサーチ振興財団2015(平成27)年度研究助成(国際共同研究)
      • 2014年
        公益財団法人ユニベール財団研究助成
      • 2014年
        大阪ガスグループ福祉財団平成25年度調査・研究助成
      • 2012年
        持田記念財団, 第30回持田記念研究助成
      • 2011年
        かなえ医薬振興財団, 第40回かなえ医薬振興財団研究助成
      • 2011年
        佐川がん研究振興財団, 平成23年度佐川がん研究助成
      • 2011年
        医療経済研究・社会保険福祉協会, 2011年度医療経済研究・社会保険福祉協会研究助成
      • 2010年
        2010年 第10回バイオビジネスコンペJAPAN優秀賞 受賞
      • 2009年
        2009年 平成21年度ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究助成
      • 2009年
        2009年 平成21年度稲盛財団研究助成
      • 2007年
        2007年 第35回かなえ医薬振興財団研究助成
      • 2005年
        ファイザーヘルスリサーチ振興財団, 平成17年度ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究助成

      外部資金:科学研究費補助金

      • 胎内から学童期までの健診情報の利活用とその効果測定についての研究
        基盤研究(A)
        中区分58:社会医学、看護学およびその関連分野
        京都大学
        川上 浩司
        自 2021年04月05日, 至 2026年03月31日, 交付
        母子保健;公衆衛生;PHR;疫学;乳幼児健診;疫学研究;学校健診;学校保健;社会疫学
      • 母子保健情報と学校健診情報の連接による、児の15年を紡ぐデジタルコホート疫学研究
        挑戦的研究(開拓)
        中区分58:社会医学、看護学およびその関連分野
        京都大学
        川上 浩司
        自 2020年07月30日, 至 2024年03月31日, 交付
        母子保健;学校保健;乳幼児健診;疫学研究;公衆衛生;学校健診;電子カルテ;PHR;ビッグデータ
      • 特定健診の有効性:Target Trialアプローチを用いた検証
        基盤研究(B)
        小区分58030:衛生学および公衆衛生学分野関連:実験系を含まない
        京都大学
        竹内 正人
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        特定健診;大規模医療データベース;Target Trial Emulation;因果推論;医療データベース;一次予防;大規模データベース
      • 精神科および循環器内科領域における電子カルテにネストされた実践的臨床試験
        基盤研究(C)
        小区分58010:医療管理学および医療系社会学関連
        京都府立医科大学;京都大学
        関 知嗣
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        ランダム化比較試験;臨床疫学;冠動脈疾患;心臓リハビリテーション;経皮的冠動脈インターベンション
      • 電子カルテにネストされた実践的臨床試験:システム開発から実証臨床試験実施の研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        古川 壽亮
        自 2017年04月01日, 至 2022年03月31日, 完了
        電子カルテ;臨床試験;リチウム血中濃度;無作為割り付け比較試験;リチウム血中濃度測定;気分障害;臨床疫学
      • 幼少期の健診情報基盤の構築と疫学研究によるエビデンスに基づく予防医学の基盤創成
        基盤研究(B)
        小区分58030:衛生学および公衆衛生学分野関連:実験系を含まない
        京都大学
        川上 浩司
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        学校健診;母子保健;乳幼児健診;デジタルトランスフォーメーション;ライフコースデータ;公衆衛生;疫学;ビッグデータ;疫学研究;学校保健;健康診断
      • 悪性脳腫瘍に対する新規抗癌標的化ハイブリッドペプチド療法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        川上 浩司
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        分子標的治療;ペプチド創薬;ハイブリッドペプチド;難治性癌
      • 口腔癌の腫瘍表面分子を標的とするキメラペプチドによる新しいバイオ療法の研究開発
        基盤研究(B)
        筑波大学
        武川 寛樹
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        キメラペプチド;IL-4R;口腔がん;臨床腫瘍学
      • 転写因子賦活による骨格筋の代謝および運動機能の向上と肥満関連肝疾患の発症予防
        挑戦的萌芽研究
        筑波大学
        石毛 和紀
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        肥満性肝疾患;骨格筋;転写因子;代謝機能;運動機能;肥満関連肝疾患
      • 治療抵抗性を示す難治性癌に対する抗癌標的化ハイブリッドペプチド療法の研究
        若手研究(A)
        京都大学
        川上 浩司
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        分子標的治療;ペプチド創薬;ハイブリッドペプチド;難治性癌;治療抵抗性
      • 肝内胆管癌を標的とするハイブリッドペプチドによる新しいバイオ療法の研究開発
        基盤研究(B)
        筑波大学
        石毛 和紀
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        胆道系悪性腫瘍;分子標的治療;ハイブリッドペプチド;サイトカイン;受容体
      • 悪性黒色腫を標的とするハイブリッドペプチドによる新しいバイオ療法の研究開発
        挑戦的萌芽研究
        筑波大学
        関堂 充
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        悪性黒色腫;サイトカイン;受容体;標的治療;バイオ療法
      • 医薬品の研究開発インセンティブと効能:安全性(質)の基準
        基盤研究(B)
        帝京大学;政策研究大学院大学
        山根 裕子
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        特許存続期間延長制度;薬剤疫学;研究者主導臨床試験;ドラッグ・ラグ;薬剤の適正使用;ヘルステクノロジーアセスメント(HTA);新薬開発の価格インセンティブ;リサーチ・ツール特許;治験と臨床研究の制度的一元化;レギュラトリー・サイエンス;臨床デザイン;顧みられぬ疾病治療薬
      • 胆道系悪性腫瘍の腫瘍表面分子を標的とする新しいイムノトキシン療法の開発
        基盤研究(B)
        筑波大学
        正田 純一
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        胆道系悪性腫瘍;サイトトキシン;インターロイキン-4;緑膿菌毒素;分子標的治療;肝内胆管癌;胆道癌;陽イオン抗菌ペプチド;ハイブリッドペプチド
      • HER2導入マウスによる胆道発癌、癌進展因子の探索と新規イムノトキシン療法の開発
        萌芽研究
        国際医療福祉大学;筑波大学
        山本 達生
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        胆嚢癌;癌遺伝子;実験動物モデル;発癌機構;分子表的治療;イムノトキシン療法;IL-4 receptor;粘液形質
      • 受容体を標的にしたリガンドートキシン産生細胞をマイクロカプセル化した新規抗癌治療
        基盤研究(B)
        筑波大学
        小田 竜也
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        膵臓外科学;マイクロカプセル;癌治療;c-Met;ドラッグデリバリー
      • Deprescribing(医療判断による減処方)調整加算制度の実態と効果の検証
        基盤研究(C)
        小区分58030:衛生学および公衆衛生学分野関連:実験系を含まない
        静岡社会健康医学大学院大学
        竹内 正人
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        ポリファーマシー;Deprescribing;大規模医療データ;薬剤総合評価調整加算;Target trial emulation

      外部資金:その他

      • 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」基盤的研究・人材育成拠点整備事業 (2023年度分)
        文部科学省, 政策立案人材育成等拠点形成事業費補助金
        自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
        代表
      • 経済シミュレーションに関する研究
        一般社団法人 興和健康科学協議会, 興和健康科学協議会研究助成
        自 2024年04月01日, 至 2024年12月31日
        川上浩司
      • 循環器系IoTデータを活用した疫学研究
        オムロン株式会社との共同研究(令和5-8年度分)
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日
        川上浩司
      • 電子カルテデータを活用した精神疾患の効果的な治療アプローチの探索
        凸版印刷株式会社との共同研究(令和5-7年度分)
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日
        川上浩司
      • 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」基盤的研究・人材育成拠点整備事業
        文部科学省, 政策立案人材育成等拠点形成事業費補助金
        自 2012年02月01日, 至 2025年03月31日
        川上浩司
      • 母子健康手帳のグローバルな視点を加味した再評価と切れ目のない母子保健サービスに係る研究
        厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 (令和3-4年度分)
        自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
        中村安秀
      • 各種デジタルデータを用いた新たな予防医療、行動変容、医療の分析評価に関する研究
        デジタルヘルス学産学共同講座 (令和2-7年度分)
        川上浩司
      • 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」基盤的研究・人材育成拠点整備事業 (2022年度分)
        文部科学省, 政策立案人材育成等拠点形成事業費補助金
        自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
        代表
      • 難治性てんかんにおけるカンナビノイド(大麻抽出成分)由来医薬品の治験に向けた課題把握および今後の方策に向けた研究
        厚生労働行政推進調査事業費補助金 厚生労働科学特別研究事業(令和2年度)
        自 2020年06月26日, 至 2021年03月31日
        太田一朗
      • 代謝性疾患及び精神神経疾患の薬剤の有効性・安全性や使用実態に関する医療情報データベースを用いた疫学研究
        大日本住友製薬株式会社との共同研究 (令和元年-3年度分)
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日
        川上浩司
      • 咽頭・喉頭・気管狭窄症診療ガイドライン作成を目指したエビデンス創出研究
        日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業(平成30-令和2年度分)
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月
        大森 孝一
      • 計算表現型解析における新規統計手法の開発と実装
        国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) , 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 CREST(平成27-32年度分)
        自 2015年04月01日, 至 2021年03月31日
        大浪 修一
      • ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発 課題D 地域・社会課題解決のための異分野ソーシャル・ビッグデータの横断的利活用による近未来予測技術に関する研究開発:「行政が持つ健康情報と医療情報のデータベース構築と解析研究開発」
        国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)  受託研究(平成28-30年度分)
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日
        川上浩司
      • 学校健診データベース構築による地域健康増進と新規ヘルスケアニーズの探索
        総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)(平成26~28年度)
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月
        川上浩司
      • 培養ヒト角膜内皮細胞移植による角膜内皮再生医療の実現化
        厚生労働科学研究費補助金 再生医療実用化研究事業
        自 2013年10月, 至 2016年03月
        木下茂
      • 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業(難病・医薬品)
        厚生労働省 医薬品等審査迅速化事業補助金(平成24-28年度)
        自 2012年, 至 2016年
        萩原正敏
      • 気管・喉頭再生治療法の実用化推進研究
        厚生労働科学研究費補助金 医療機器開発推進研究事業(平成24-26年度)
        自 2012年04月, 至 2015年03月
        大森孝一
      • レーザー消化管内視鏡治療装置の開発
        厚生労働科学研究費補助金 医療機器開発(ナノテクノロジー等)総合推進研究事業(平成24-26年度)
        自 2012年04月, 至 2015年03月
        東健
      • 臨床症状を伴う前頭縫合早期癒合症の病因・病態と診断・治療に関する研究
        厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業(平成24-26年度)
        自 2012年04月, 至 2014年03月
        宮嶋雅一
      • アルツハイマー病の根本治療を目指した新規治療法の研究開発
        平成21-22年度独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日
        中尾一和
      • 「再生医療材料の安全性の確立と規格化及び臨床研究への応用」
        独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発・レギュラトリーサイエンス支援のための実証研究(平成19-20年度)
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日
        川上浩司
      • 「間質性肺炎に対する徐放型ウルトラネブライザーを用いた新規治療法の開発」
        独立行政法人 医薬基盤研究所 保健医療分野における基礎研究推進事業(平成19-21年度)
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日
        川上浩司
      • 「再生医療の研究振興のシステム構築および実施普及に向けた社会受容の在り方に関する研究」
        厚生労働科学研究費補助金 再生医療等研究事業(平成20-22年度)
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日
        川上浩司
      list
        Last Updated :2024/06/13

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          臨床研究計画法 I
          K026, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬政策・行政
          H109, 後期前半, 医学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬品の開発と評価
          H079, 後期集中, 医学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          Z081, 前期集中, 医学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          現代社会と科学技術A (政策)
          Z069, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          臨床研究計画法 II
          K027, 後期, 医学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬政策・行政
          M402, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬品の開発と評価
          M401, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬品の開発と評価
          3012, 後期, 総合生存学館, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬政策・行政
          3031, 後期, 総合生存学館, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          現代社会と科学技術B (政策)
          Z068, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          Z063, 前期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          社会健康医学と健康政策
          H127, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          H099, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          科学技術コミュニケーション演習 (政策)
          Z067, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          政策のための研究方法論 (政策)
          Z065, 前期不定, 医学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          研究プロジェクト(政策)
          Z064, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬政策・行政
          H109, 後期前半, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬品の開発と評価
          H079, 後期集中, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          現代社会と科学技術A (政策)
          Z069, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨床研究計画法 II
          K027, 後期, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          臨床研究計画法 I
          K026, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          Z081, 前期集中, 医学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬品の開発と評価
          3012, 後期, 総合生存学館, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬政策・行政
          3031, 後期, 総合生存学館, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬政策・行政
          M402, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬品の開発と評価
          M401, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          科学技術コミュニケーション演習 (政策)
          Z067, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          政策のための研究方法論 (政策)
          Z065, 前期不定, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          研究プロジェクト(政策)
          Z064, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          現代社会と科学技術B (政策)
          Z068, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          Z063, 前期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          社会健康医学と健康政策
          H127, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          H099, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬政策・行政
          3031, 後期, 総合生存学館, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          Z081, 前期集中, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学技術コミュニケーション演習 (政策)
          Z067, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床研究計画法 I
          K026, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究プロジェクト(政策)
          Z064, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          「医療政策のELSI」 [ELSIイシュー科目群] (政策)
          Z066, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          H099, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬政策・行政
          M402, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬品の開発と評価
          M401, 後期集中, 国際高等教育院, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬政策・行政
          H109, 後期前半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬品の開発と評価
          H079, 後期集中, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬品の開発と評価
          3012, 後期, 総合生存学館, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床研究計画法 II
          K027, 後期, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          現代社会と科学技術B (政策)
          Z068, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          Z063, 前期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          現代社会と科学技術A (政策)
          Z069, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          社会健康医学と健康政策
          H127, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          政策のための研究方法論 (政策)
          Z065, 前期不定, 医学研究科, 2
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          B13 社会・環境・予防医学
          前期, 医学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:医学、医薬ビジネスや政策のための統計学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          「医療政策のELSI」 (政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬政策・行政
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬政策・行政 【領域4】
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          政策のための研究方法論 (政策)
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          現代社会と科学技術A(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          現代社会と科学技術B(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会健康医学と健康政策 【領域4】
          前期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会医学 (B13 社会・環境・予防医学)
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          科学技術コミュニケーション演習(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:医学、医薬ビジネスや政策のための統計学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          「医療政策のELSI」 (政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬政策・行政
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬政策・行政 【領域4】
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          政策のための研究方法論 (政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          現代社会と科学技術A(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          現代社会と科学技術B(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会健康医学と健康政策 【領域4】
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会医学 (B13 社会・環境・予防医学)
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          科学技術コミュニケーション演習(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          「医療政策のELSI」 [ELSIイシュー科目群] (政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬政策・行政
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          政策のための研究方法論 (政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          現代社会と科学技術A (政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          現代社会と科学技術B (政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          科学技術コミュニケーション演習 (政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          「医療政策のELSI」 [ELSIイシュー科目群] (政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬政策・行政
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          政策のための研究方法論 (政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          数理とデザイン
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          現代社会と科学技術入門(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          現代社会と科学技術(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          科学技術コミュニケーション演習 (政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          「医療政策のELSI」 [ELSIイシュー科目群] (政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医薬品政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医薬政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          政策のための研究方法論 (政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          現代社会と科学技術入門(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          現代社会と科学技術(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬品政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          現代社会と科学技術入門(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          現代社会と科学技術(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法演習 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法演習 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医学、医薬ビジネスや政策のための統計学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医学基礎 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医学基礎 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療の質と経済・制度
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬品政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          現代社会と科学技術入門(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          現代社会と科学技術(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          社会健康医学課外実習
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床医学概論
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法演習 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法演習 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医学基礎 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          臨床医学概論
          後期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬品の開発と評価
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          現代社会と科学技術(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          現代社会と科学技術入門(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          総合生存学概論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬品政策・行政
          後期, 総合生存学館
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 総合生存学館
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療の質と経済・制度
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医学、医薬ビジネスや政策のための統計学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          社会医学 (G 社会・環境・予防医学)
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医薬品政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医薬品の開発と評価
          後期後半, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          現代社会と科学技術(政策)
          後期, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          科学技術イノベーション政策特別演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          現代社会と科学技術入門(政策)
          前期, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          科学技術イノベーション政策総合演習(政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          研究プロジェクト(政策)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医薬品政策・行政
          後期前半, 公共政策教育部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療の質と経済・制度
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療の質と経済・制度(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医薬品・医療機器の開発計画、薬事と審査
          後期, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医薬品政策・行政
          後期前半, 公共政策教育部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医薬品政策・行政
          後期前半, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医薬品の開発と評価
          後期, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          社会医学 (G 社会・環境・予防医学)
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          臨床研究コーディネータ実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          社会医学 (G 社会・環境・予防医学)
          前期不定, 医学研究科