教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中西 悦郎

ナカニシ エツロウ

医学部附属病院 脳神経内科 助教

中西 悦郎
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 2022年01月24日
      京都大学博士(医学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        GBA1関連パーキンソン病の分子病態機序の解明と、神経疾患修飾役の探索
      • 研究概要

        主にGBA1変異メダカを用いて遺伝学的修飾因子の探索とその分子機序の解明、および、治療候補化合物の探索を行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経内科学

      論文

      • Diffuse Large B-cell Lymphoma: Unexpected Uptake Observed on Cardiac 123I-MIBG Scintigraphy
        Hiroki Sakurada; Sho Koyasu; Akihiko Sugimoto; Etsuro Nakanishi; Yuji Nakamoto
        Clinical Nuclear Medicine, 2021年05月26日, 査読有り
      • Impact of Gba2 on neuronopathic Gaucher’s disease and α-synuclein accumulation in medaka (Oryzias latipes)
        Etsuro Nakanishi; Norihito Uemura; Hisako Akiyama; Masato Kinoshita; Sawamura Masanori; Yosuke Taruno; Hodaka Yamakado; Shu-ichi Matsuzawa; Shunichi Takeda; Yoshio Hirabayashi; Ryosuke Takahashi
        Molecular Brain, 2021年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Glucocerebrosidases catalyze a transgalactosylation reaction that yields a newly-identified brain sterol metabolite, galactosylated cholesterol
        Hisako Akiyama; Mitsuko Ide; Yasuko Nagatsuka; Tomoko Sayano; Etsuro Nakanishi; Norihito Uemura; Kohei Yuyama; Yoshiki Yamaguchi; Hiroyuki Kamiguchi; Ryosuke Takahashi; Johannes M.F.G. Aerts; Peter Greimel; Yoshio Hirabayashi
        Journal of Biological Chemistry, 2020年04月, 査読有り
      • α-Synuclein BAC transgenic mice exhibit RBD-like behaviour and hyposmia: a prodromal Parkinson’s disease model
        Tomoyuki Taguchi; Masashi Ikuno; Mari Hondo; Laxmi Kumar Parajuli; Katsutoshi Taguchi; Jun Ueda; Masanori Sawamura; Shinya Okuda; Etsuro Nakanishi; Junko Hara; Norihito Uemura; Yusuke Hatanaka; Takashi Ayaki; Shuichi Matsuzawa; Masaki Tanaka; Omar M A El-Agnaf; Masato Koike; Masashi Yanagisawa; Maiko T Uemura; Hodaka Yamakado; Ryosuke Takahashi
        Brain, 2020年01月01日, 査読有り
      • Ubiquitin-specific protease USP36 knockdown impairs Parkin-dependent mitophagy via downregulation of Beclin-1-associated autophagy-related ATG14L
        Sven Geisler; Lea Jäger; Sonia Golombek; Etsuro Nakanishi; Friederike Hans; Nicolas Casadei; Anna Lechado Terradas; Caren Linnemann; Philipp J. Kahle
        Experimental Cell Research, 2019年11月, 査読有り
      • Human leukocyte antigen (HLA)-B54,Cw1を有し,脳生検により,神経好中球病がうたがわれた1例
        中西 悦郎
        臨床神経, 2015年01月, 査読有り

      MISC

      • 神経型ゴーシェ病モデルメダカの中枢神経におけるGBA2の役割
        中西悦郎; 上村紀仁; 秋山央子; 木下政人; 山門穂高; 武田俊一; 平林義雄; 高橋良輔
        パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 2016年10月

      講演・口頭発表等

      • Is the GBA2 a new modifier for Gauchers’s disease and GBA1-related Parkinson’s disease?
        中西 悦郎
        16thAOCN, 2018年11月11日

      書籍等出版物

      • パーキンソン病の創薬の展望.
        中西 悦郎, 共著
        医薬ジャーナル, 2018年07月, 査読無し
      • 病気と薬
        中西 悦郎, 共著, パーキンソン病
        南山堂, 2018年04月, 査読無し
      • 神経変性疾患ハンドブック
        中西 悦郎, 神経変性疾患の動物モデル
        2018年, 査読無し
      • GBA遺伝子変異とパーキンソン病
        中西 悦郎, 共著
        医歯薬出版, 2017年06月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • GBA1変異メダカを用いた、パーキンソン病疾患修飾治療薬の探索
        若手研究
        小区分52020:神経内科学関連
        京都大学
        中西 悦郎
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        GBA;Parkinson's disease;Gaucher's disease;Glucocerebrosidase;メダカ
      • ネクロトーシスの制御による新たなパーキンソン病治療の可能性
        若手研究
        小区分51030:病態神経科学関連
        京都大学
        中西 悦郎
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択

      ページ上部へ戻る