教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙田 正泰

タカダ マサヒロ

医学研究科 医学専攻外科学講座乳腺外科学 准教授

髙田 正泰
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • American Society of Clinical Oncology
    • 日本臨床腫瘍学会
    • 日本癌治療学会
    • 日本乳癌学会
    • 日本外科学会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身学校・専攻等

    • 北海道大学, 医学部医学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      北海道札幌南高等学校

    経歴

    • 自 2021年05月01日
      京都大学大学院医学研究科乳腺外科学, 准教授
    • 自 2014年11月01日
      京都大学医学部附属病院, 助教
    • 自 2012年10月01日
      京都大学医学部附属病院, 特定助教
    • 自 2012年04月01日
      京都大学医学部附属病院, 医員
    • 自 2010年04月01日
      日本学術振興会, 特別研究員
    • 自 2008年10月01日
      グローバルCOE, リサーチアシスタント
    • 自 2007年03月01日
      京都大学医学部附属病院乳腺外科, 医員
    • 自 2006年04月01日
      東京都立駒込病院, 外科医員
    • 自 2003年04月01日
      東京都立駒込病院, 専門臨床研修医
    • 自 2001年05月01日
      東京都立駒込病院, 臨床研修医

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        乳がんの新規診療アルゴリズムの構築に関する研究
      • 研究概要

        データマイニングを用いた予測モデルの開発や評価、コホート研究

      研究キーワード

      • バイオインフォマティクス
      • データベース
      • 乳癌
      • 乳腺外科学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学

      論文

      • Switch maintenance endocrine therapy plus bevacizumab after bevacizumab plus paclitaxel in advanced or metastatic oestrogen receptor-positive, HER2-negative breast cancer (BOOSTER): a randomised, open-label, phase 2 trial.
        Shigehira Saji; Naruto Taira; Masahiro Kitada; Toshimi Takano; Masahiro Takada; Tohru Ohtake; Tatsuya Toyama; Yuichiro Kikawa; Yoshie Hasegawa; Tomomi Fujisawa; Masahiro Kashiwaba; Takanori Ishida; Rikiya Nakamura; Yutaka Yamamoto; Uhi Toh; Hiroji Iwata; Norikazu Masuda; Satoshi Morita; Shinji Ohno; Masakazu Toi
        The Lancet. Oncology, 2022年05月
      • Pyoderma Gangrenosum after Breast Cancer Resection: A Less-invasive and Early Treatment Using the Skin around Ulcers.
        Kotaro Hirai; Itaru Tsuge; Shunya Usui; Masahiro Takada; Hiroki Yamanaka; Motoki Katsube; Michiharu Sakamoto; Naoki Morimoto
        Plastic and reconstructive surgery. Global open, 2022年02月
      • 1995例の乳癌症例の生殖細胞系列の解析においてPTENの病的バリアントを認めた4例
        岩野 由季; 川口 展子; 仙田 典子; 稲垣 有希子; 高田 正泰; 鳥井 雅恵; 川島 雅央; 河口 浩介; 鈴木 栄治; 村上 裕美; 本田 明夏; 山田 崇弘; 吉田 健一; 高原 祥子; 岡村 隆仁; 小杉 眞司; 小川 誠司; 戸井 雅和; 京都癌研究ネットワーク
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2021年07月
      • BRCA2遺伝性乳癌における病的バリアントによる臨床的特徴の違い
        藤野 麻琴; 川口 展子; 仙田 典子; 稲垣 有希子; 何 佳曦; 樋上 明音; 中川 梨恵; 中村 有輝; 河口 浩介; 高田 正泰; 川島 雅央; 鈴木 栄治; 山田 崇弘; 小杉 眞司; 小川 誠司; 山神 和彦; 露木 茂; 岡村 隆仁; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2021年07月
      • 【Nuclear Medicine Today 2021 キーワードから展望する核医学の技術開発と臨床応用】乳房専用PETを用いた任意型検診の実際と将来展望
        片岡 正子; 三宅 可奈江; 松本 純明; 鳥井 雅恵; 石守 崇好; 八上 全弘; 高田 正泰; 戸井 雅和; 磯田 裕義; 中本 裕士
        INNERVISION, 2021年09月
      • 任意型乳房専用PET検診における点状集積の経過 消失・減弱する集積に関する検討
        片岡 正子; 三宅 可奈江; 石守 崇好; 松本 純明; 鳥井 雅恵; 高田 正泰; 八上 全弘; 磯田 裕義; 戸井 雅和; 中本 裕士
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2021年07月
      • 全身PET/CTによる乳癌腋窩リンパ節転移の自施設の診断成績
        北野 香雪; 三宅 可奈江; 石守 崇好; 片岡 正子; 弓削 瞬介; 河口 浩介; 高田 正泰; 戸井 雅和; 中本 裕士
        核医学, 2021年
      • 任意型乳房専用PET検診における点状集積の意義 経年変化からの考察
        片岡 正子; 三宅 可奈江; 石守 崇好; 松本 純明; 八上 全弘; 磯田 裕義; 鳥井 雅恵; 高田 正泰; 戸井 雅和; 中本 裕士
        核医学, 2021年
      • Predicting the efficacy of nivolumab combined with radiation therapy by longitudinal liquid biopsy with artificial intelligence for patients with metastatic breast cancer (translational research of the KBCRN-B-002 trial).
        Kosuke Kawaguchi; Masahiro Takada; Takeshi Kotake; Michio Yoshimura; Ryuji Uozumi; Masako Kataoka; Takahiko Koyama; Reitaro Tokumasu; Hironori Kato; Hiroshi Yoshibayashi; Hirofumi Suwa; Wakako Tsuji; Hiroyasu Yamashiro; Tatsuki R Kataoka; Hiroshi Ishiguro; Laxmi Parida; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        Journal of Clinical Oncology, 2020年05月20日
      • 【Nuclear Medicine Today 2021 キーワードから展望する核医学の技術開発と臨床応用】乳房専用PETを用いた任意型検診の実際と将来展望
        片岡 正子; 三宅 可奈江; 松本 純明; 鳥井 雅恵; 石守 崇好; 八上 全弘; 高田 正泰; 戸井 雅和; 磯田 裕義; 中本 裕士
        INNERVISION, 2021年09月
      • 任意型乳房専用PET検診における点状集積の経過 消失・減弱する集積に関する検討
        片岡 正子; 三宅 可奈江; 石守 崇好; 松本 純明; 鳥井 雅恵; 高田 正泰; 八上 全弘; 磯田 裕義; 戸井 雅和; 中本 裕士
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2021年07月
      • 1995例の乳癌症例の生殖細胞系列の解析においてPTENの病的バリアントを認めた4例
        岩野 由季; 川口 展子; 仙田 典子; 稲垣 有希子; 高田 正泰; 鳥井 雅恵; 川島 雅央; 河口 浩介; 鈴木 栄治; 村上 裕美; 本田 明夏; 山田 崇弘; 吉田 健一; 高原 祥子; 岡村 隆仁; 小杉 眞司; 小川 誠司; 戸井 雅和; 京都癌研究ネットワーク
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2021年07月
      • BRCA2遺伝性乳癌における病的バリアントによる臨床的特徴の違い
        藤野 麻琴; 川口 展子; 仙田 典子; 稲垣 有希子; 何 佳曦; 樋上 明音; 中川 梨恵; 中村 有輝; 河口 浩介; 高田 正泰; 川島 雅央; 鈴木 栄治; 山田 崇弘; 小杉 眞司; 小川 誠司; 山神 和彦; 露木 茂; 岡村 隆仁; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2021年07月
      • Long-Term Outcomes of a Randomized Study of Neoadjuvant Induction Dual HER2 Blockade with Trastuzumab and Lapatinib Followed by Weekly Paclitaxel Plus Dual HER2 Blockade for HER2-Positive Primary Breast Cancer (Neo-Lath Study).
        Eriko Tokunaga; Norikazu Masuda; Naohito Yamamoto; Hiroji Iwata; Hiroko Bando; Tomoyuki Aruga; Shoichiro Ohtani; Tomomi Fujisawa; Toshimi Takano; Kenichi Inoue; Nobuyasu Suganuma; Masahiro Takada; Kenjiro Aogi; Kenichi Sakurai; Hideo Shigematsu; Katsumasa Kuroi; Hironori Haga; Shinji Ohno; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        Cancers, 2021年08月09日
      • A Novel Real-time Navigation System for Lymphaticovenular Anastomosis Using Projection Mapping with Indocyanine Green Fluorescence.
        Itaru Tsuge; Hiroki Yamanaka; Satoru Seo; Masahiro Takada; Motoki Katsube; Michiharu Sakamoto; Masakazu Toi; Etsuro Hatano; Naoki Morimoto
        Plastic and reconstructive surgery. Global open, 2021年08月
      • A Proposed Dedicated Breast PET Lexicon: Standardization of Description and Reporting of Radiotracer Uptake in the Breast.
        Kanae K Miyake; Masako Kataoka; Takayoshi Ishimori; Yoshiaki Matsumoto; Masae Torii; Masahiro Takada; Yoko Satoh; Kazunori Kubota; Hiroko Satake; Masahiro Yakami; Hiroyoshi Isoda; Debra M Ikeda; Masakazu Toi; Yuji Nakamoto
        Diagnostics (Basel, Switzerland), 2021年07月15日
      • Correction to: The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for systemic treatment of breast cancer, 2018 edition.
        Tatsunori Shimoi; Shigenori E Nagai; Tetsuhiro Yoshinami; Masato Takahashi; Hitoshi Arioka; Mikiya Ishihara; Yuichiro Kikawa; Kei Koizumi; Naoto Kondo; Yasuaki Sagara; Masahiro Takada; Toshimi Takano; Junji Tsurutani; Yoichi Naito; Rikiya Nakamura; Masaya Hattori; Fimikata Hara; Naoki Hayashi; Toshiro Mizuno; Minoru Miyashita; Nami Yamashita; Takashi Yamanaka; Shigehira Saji; Hiroji Iwata; Tatsuya Toyama
        Breast cancer (Tokyo, Japan), 2021年07月
      • Optimization of prediction methods for risk assessment of pathogenic germline variants in the Japanese population
        Noriko Senda; Nobuko Kawaguchi‐Sakita; Masahiro Kawashima; Yukiko Inagaki‐Kawata; Kenichi Yoshida; Masahiro Takada; Masako Kataoka; Masae Torii; Tomomi Nishimura; Kosuke Kawaguchi; Eiji Suzuki; Yuki Kataoka; Yoshiaki Matsumoto; Hiroshi Yoshibayashi; Kazuhiko Yamagami; Shigeru Tsuyuki; Sachiko Takahara; Akira Yamauchi; Nobuhiko Shinkura; Hironori Kato; Yoshio Moriguchi; Ryuji Okamura; Norimichi Kan; Hirofumi Suwa; Shingo Sakata; Susumu Mashima; Fumiaki Yotsumoto; Tsuyoshi Tachibana; Mitsuru Tanaka; Kaori Togashi; Hironori Haga; Takahiro Yamada; Shinji Kosugi; Takashi Inamoto; Masahiro Sugimoto; Seishi Ogawa; Masakazu Toi
        Cancer Science, 2021年05月25日
      • Kinetic information from dynamic contrast-enhanced MRI enables prediction of residual cancer burden and prognosis in triple-negative breast cancer: a retrospective study.
        Ayane Yamaguchi; Maya Honda; Hiroshi Ishiguro; Masako Kataoka; Tatsuki R Kataoka; Hanako Shimizu; Masae Torii; Yukiko Mori; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Kentaro Ueno; Masahiro Kawashima; Masahiro Takada; Eiji Suzuki; Yuji Nakamoto; Kosuke Kawaguchi; Masakazu Toi
        Scientific reports, 2021年05月12日
      • Machine learning techniques for breast cancer diagnosis and treatment: a narrative review
        Masahiro Sugimoto; Shiori Hikichi; Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Annals of Breast Surgery, 2021年01月
      • Usefulness and Prospects of Sentinel Lymph Node Biopsy for Patients With Breast Cancer Using the Medical Imaging Projection System.
        Yuki Nakamura; Masahiro Takada; Michiko Imamura; Akane Higami; He Jiaxi; Makoto Fujino; Rie Nakagawa; Yukiko Inagaki; Yoshiaki Matsumoto; Kosuke Kawaguchi; Masahiro Kawashima; Eiji Suzuki; Masakazu Toi
        Frontiers in oncology, 2021年
      • Adjuvant S-1 plus endocrine therapy for oestrogen receptor-positive, HER2-negative, primary breast cancer: a multicentre, open-label, randomised, controlled, phase 3 trial
        Masakazu Toi; Shigeru Imoto; Takanori Ishida; Yoshinori Ito; Hiroji Iwata; Norikazu Masuda; Hirofumi Mukai; Shigehira Saji; Akira Shimizu; Takafumi Ikeda; Hironori Haga; Toshiaki Saeki; Kenjiro Aogi; Tomoharu Sugie; Takayuki Ueno; Takayuki Kinoshita; Yuichiro Kai; Masahiro Kitada; Yasuyuki Sato; Kenjiro Jimbo; Nobuaki Sato; Hiroshi Ishiguro; Masahiro Takada; Yasuo Ohashi; Shinji Ohno
        The Lancet Oncology, 2021年01月
      • [Ⅱ.POTENT, a Randomized Phase Ⅲ Trial].
        Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2020年12月
      • 【マネジメントに苦慮する疾患:Is it benign,malignant or insignificant?】DCISに対するマネジメントRisk-Stratified Screening
        片岡 正子; 高田 正泰; 片岡 竜貴; 戸井 雅和
        日独医報, 2020年12月
      • Genetic and clinical landscape of breast cancers with germline BRCA1/2 variants
        Yukiko Inagaki-Kawata; Kenichi Yoshida; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Masahiro Kawashima; Tomomi Nishimura; Noriko Senda; Yusuke Shiozawa; Yasuhide Takeuchi; Yoshikage Inoue; Aiko Sato-Otsubo; Yoichi Fujii; Yasuhito Nannya; Eiji Suzuki; Masahiro Takada; Hiroko Tanaka; Yuichi Shiraishi; Kenichi Chiba; Yuki Kataoka; Masae Torii; Hiroshi Yoshibayashi; Kazuhiko Yamagami; Ryuji Okamura; Yoshio Moriguchi; Hironori Kato; Shigeru Tsuyuki; Akira Yamauchi; Hirofumi Suwa; Takashi Inamoto; Satoru Miyano; Seishi Ogawa; Masakazu Toi
        Communications Biology, 2020年12月
      • 1995例の乳癌症例の生殖細胞系列の解析で診断されたTP53病的変異4例の臨床像
        松平 彩芳; 川口 展子; 仙田 典子; 川田 有希子; 高田 正泰; 鳥井 雅恵; 川島 雅央; 村上 裕美; 本田 明夏; 山田 崇弘; 吉田 健一; 諏訪 裕文; 小杉 眞司; 小川 誠司; 戸井 雅和
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2020年10月
      • CT Temporal Subtractionによる乳癌骨転移検索 FDGPET/CTとCT値の経時変化についての検討
        太田 理恵; 片岡 正子; 坂本 亮; 八上 全弘; 中本 裕士; 本田 茉也; 大橋 茜; 大野 文美; 飯間 麻美; 三宅 可奈江; 高田 正泰; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2020年10月
      • 乳癌肝転移の画像情報を用いた免疫療法の効果予測(KBCRN-B-002 TR)
        本田 茉也; 片岡 正子; 河口 浩介; 古武 剛; 高田 正泰; 樋本 祐紀; 飯間 麻美; 太田 理恵; 大野 文美; 大橋 茜; 鈴木 栄治; 川島 雅央; 松本 純明; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2020年10月
      • トリプルネガティブ乳癌の予後予測におけるResidual Cancer Burdenとダイナミック造影MRIの有用性
        山口 絢音; 河口 浩介; 本田 茉也; 片岡 正子; 片岡 竜貴; 川島 雅央; 高田 正泰; 鈴木 栄治; 石黒 洋; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2020年10月
      • Neoadjuvant treatment for HER2-positive breast cancer.
        Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Chinese clinical oncology, 2020年06月, 査読有り
      • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for systemic treatment of breast cancer, 2018 edition.
        Tatsunori Shimoi; Shigenori E Nagai; Tetsuhiro Yoshinami; Masato Takahashi; Hitoshi Arioka; Mikiya Ishihara; Yuichiro Kikawa; Kei Koizumi; Naoto Kondo; Yasuaki Sagara; Masahiro Takada; Toshimi Takano; Junji Tsurutani; Yoichi Naito; Rikiya Nakamura; Masaya Hattori; Fimikata Hara; Naoki Hayashi; Toshiro Mizuno; Minoru Miyashita; Nami Yamashita; Takashi Yamanaka; Shigehira Saji; Hiroji Iwata; Tatsuya Toyama
        Breast cancer (Tokyo, Japan), 2020年05月, 査読有り
      • Abstract P2-10-12: Relationship between predicted risks of carrying breast cancer susceptibility genes and the presence of germline variants in Japanese patients with primary breast cancer
        Noriko Senda; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Masahiro Kawashima; Yukiko Inagaki-Kawata; Kenichi Yoshida; Tomomi Nishimura; Masahiro Takada; Eiji Suzuki; Yuki Kataoka; Fumiaki Sato; Yoshiaki Matsumoto; Masae Torii; Hiroshi Yoshibayashi; Kazuhiro Yamagami; Shigeru Tsuyuki; Akira Yamauchi; Nobuhiko Shinkura; Hironori Kato; Yoshio Moriguchi; Ryuji Okamura; Norimichi Kan; Hirofumi Suwa; Shingo Sakata; Susumu Mashima; Fumiaki Yotsumoto; Tsuyoshi Tachibana; Mitsuru Tanaka; Takashi Inamoto; Masahiro Sugimoto; Seishi Ogawa; Masakazu Toi
        Poster Session Abstracts, 2020年02月15日, 査読有り
      • 任意型検診での乳房専用PET偽陽性病変 良性病変のMRI所見の検討
        片岡 正子; 鳥井 雅恵; 石守 崇好; 中本 裕士; 三宅 可奈江; 高田 正泰; 片岡 竜貴; 磯田 裕義; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        核医学, 2019年10月, 査読有り
      • The impact of age on the risk of ipsilateral breast tumor recurrence after breast-conserving therapy in breast cancer patients with a > 5 mm margin treated without boost irradiation.
        Yuka Ono; Michio Yoshimura; Kimiko Hirata; Chikako Yamauchi; Masakazu Toi; Eiji Suzuki; Masahiro Takada; Masahiro Hiraoka; Takashi Mizowaki
        Radiation oncology (London, England), 2019年07月10日, 査読有り
      • 乳房MRIカテゴリー4のサブカテゴリー導入による乳房病変の層別化
        本田 茉也; 片岡 正子; 尾仲 桜子; 宮川 哲; 川瀬 貫互; 金尾 昌太郎; 大西 奈都子; 三宅 可奈江; 片岡 竜貴; 桜井 孝規; 飯間 麻美; 大橋 茜; 大野 文美; 太田 理恵; 鈴木 栄治; 高田 正泰; 河口 浩介; 鳥井 雅恵; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月, 査読有り
      • 乳房専用PETの集積に対する造影MRI所見
        片岡 正子; 鳥井 雅恵; 石守 崇好; 中本 裕士; 高田 正泰; 金尾 昌太郎; 阪口 怜奈; 三宅 可奈江; 本田 茉也; 太田 理恵; 飯間 麻美; 片岡 竜貴; 桜井 孝規; 磯田 裕義; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月, 査読有り
      • 術前薬物療法後の乳房MRI pCR診断におけるDWI所見の有用性
        太田 理恵; 片岡 正子; 金尾 昌太郎; 本田 茉也; 飯間 麻美; 大野 文美; 大橋 茜; 三宅 可奈江; 桜井 孝規; 片岡 竜貴; 高田 正泰; 鈴木 栄治; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月, 査読有り
      • 乳房温存手術後寡分割同時ブースト全乳房照射の初期経験
        吉村 通央; 平田 希美子; 小野 幸果; 戸井 雅和; 鈴木 栄治; 高田 正泰
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月, 査読有り
      • Cryosurgery for primary breast cancers, its biological impact, and clinical outcomes.
        Masahiro Takada; Masakazu Toi
        International journal of clinical oncology, 2019年06月, 査読有り
      • Prediction of postoperative disease-free survival and brain metastasis for HER2-positive breast cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy plus trastuzumab using a machine learning algorithm.
        Masahiro Takada; Masahiro Sugimoto; Norikazu Masuda; Hiroji Iwata; Katsumasa Kuroi; Hiroyasu Yamashiro; Shinji Ohno; Hiroshi Ishiguro; Takashi Inamoto; Masakazu Toi
        Breast cancer research and treatment, 2018年12月, 査読有り
      • Real-time navigation system for sentinel lymph node biopsy in breast cancer patients using projection mapping with indocyanine green fluorescence.
        Masahiro Takada; Megumi Takeuchi; Eiji Suzuki; Fumiaki Sato; Yoshiaki Matsumoto; Masae Torii; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Hiroto Nishino; Satoru Seo; Etsuro Hatano; Masakazu Toi
        Breast cancer (Tokyo, Japan), 2018年11月, 査読有り
      • Visualising peripheral arterioles and venules through high-resolution and large-area photoacoustic imaging.
        Yoshiaki Matsumoto; Yasufumi Asao; Hiroyuki Sekiguchi; Aya Yoshikawa; Tomoko Ishii; Ken-Ichi Nagae; Shuichi Kobayashi; Itaru Tsuge; Susumu Saito; Masahiro Takada; Yoshihiro Ishida; Masako Kataoka; Takaki Sakurai; Takayuki Yagi; Kenji Kabashima; Shigehiko Suzuki; Kaori Togashi; Tsuyoshi Shiina; Masakazu Toi
        Scientific reports, 2018年10月08日, 査読有り
      • Effectiveness of neo-adjuvant systemic therapy with trastuzumab for basal HER2 type breast cancer: results from retrospective cohort study of Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)-C03.
        Yasuaki Sagara; Masahiro Takada; Yasuyo Ohi; Shoichiro Ohtani; Sasagu Kurozumi; Kenichi Inoue; Yoshimasa Kosaka; Masaya Hattori; Toshinari Yamashita; Shintaro Takao; Nobuaki Sato; Hiroji Iwata; Masafumi Kurosumi; Masakazu Toi
        Breast cancer research and treatment, 2018年10月, 査読有り
      • Vascular branching point counts using photoacoustic imaging in the superficial layer of the breast: A potential biomarker for breast cancer.
        Iku Yamaga; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Yasufumi Asao; Yoshiaki Matsumoto; Aya Yoshikawa; Toshifumi Fukui; Masahiro Takada; Masako Kataoka; Masahiro Kawashima; Elham Fakhrejahani; Shotaro Kanao; Yoshie Nakayama; Mariko Tokiwa; Masae Torii; Takayuki Yagi; Takaki Sakurai; Hironori Haga; Kaori Togashi; Tsuyoshi Shiina; Masakazu Toi
        Photoacoustics, 2018年09月, 査読有り
      • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 散発性及び家族性乳癌における遺伝性素因
        川田 有希子; 吉田 健一; 川口 展子; 川島 雅央; 西村 友美; 塩澤 裕介; 鈴木 栄治; 高田 正泰; 鳥井 雅恵; 清水 華子; 仙田 典子; 白石 友一; 千葉 健一; 宮野 悟; 戸井 雅和; 小川 誠司
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • 遺伝性腫瘍の診療体制の構築に向けて ネットワークにおけるバイオバンクを基盤とした遺伝性腫瘍の診療体制の構築に向けた取り組み
        川口 展子; 川田 有希子; 仙田 典子; 川島 雅央; 鈴木 栄治; 鳥井 雅恵; 高田 正泰; 山城 大泰; 山神 和彦; 芳林 浩史; 岡村 隆仁; 加藤 大典; 森口 喜生; 山内 清明; 稲本 俊; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • 悪性リンパ腫に重複した乳癌腋窩リンパ節転移の一例
        岡田 有紀; 鈴木 栄治; 小味 由里絵; 石井 慧; 波々伯部 絵里; 松本 純明; 川島 雅央; 鳥井 雅恵; 川口 展子; 高田 正泰; 竹内 恵; 佐藤 史顕; 戸井 雅和; 片岡 竜貴
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • ホルモン補充療法中のTurner症候群に発症した乳癌の一例
        波々伯部 絵理; 戸井 雅和; 竹内 恵; 鈴木 栄治; 高田 正泰; 佐藤 史顕; 鳥井 雅恵; 吉川 伊津美; 川口 展子; 松本 純明; 川島 雅央; 石井 慧; 小味 由里絵; 岡田 有紀
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • 乳房温存手術後断端陰性例に対する腫瘍床ブースト照射の必要な対象について
        小野 幸果; 平田 希美子; 戸井 雅和; 佐藤 史顕; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 高田 正泰; 吉村 通央
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • The relationship between serum E2 levels and recurrence in premenopausal, ER-positive breast cancer patients: A retrospective study.
        Haruko Takuwa; Shigehira Saji; Masahiro Takada; Sachiko Takahara; Akira Yamauchi
        Breast disease, 2018年, 査読有り
      • 乳癌における乳房切除術後胸壁・所属リンパ節再発に対する放射線療法成績の遡及的検討
        平田 希美子; 小野 幸果; 戸井 雅和; 佐藤 史顕; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 高田 正泰; 吉村 通央
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2017年07月, 査読有り
      • Visualization of tumor-related blood vessels in human breast by photoacoustic imaging system with a hemispherical detector array
        M. Toi; Y. Asao; Y. Matsumoto; H. Sekiguchi; A. Yoshikawa; M. Takada; M. Kataoka; T. Endo; N. Kawaguchi-Sakita; M. Kawashima; E. Fakhrejahani; S. Kanao; I. Yamaga; Y. Nakayama; M. Tokiwa; M. Torii; T. Yagi; T. Sakurai; K. Togashi; T. Shiina
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年02月, 査読有り
      • Regional recurrence in breast cancer patients with one to three positive axillary lymph nodes treated with breast-conserving surgery and whole breast irradiation.
        Kimiko Hirata; Michio Yoshimura; Minoru Inoue; Chikako Yamauchi; Masakazu Ogura; Masakazu Toi; Eiji Suzuki; Megumi Takeuchi; Masahiro Takada; Masahiro Hiraoka
        Journal of radiation research, 2017年01月, 査読有り
      • Photoacoustic mammography capable of simultaneously acquiring photoacoustic and ultrasound images.
        Yasufumi Asao; Yohei Hashizume; Takahiro Suita; Ken-Ichi Nagae; Kazuhiko Fukutani; Yoshiaki Sudo; Toshikazu Matsushita; Shuichi Kobayashi; Mariko Tokiwa; Iku Yamaga; Elham Fakhrejahani; Masae Torii; Masahiro Kawashima; Masahiro Takada; Shotaro Kanao; Masako Kataoka; Tsuyoshi Shiina; Masakazu Toi
        Journal of biomedical optics, 2016年11月01日, 査読有り
      • Clinical benefit of nomogram for predicting positive resection margins in breast conserving surgery
        E. -S. Lee; W. Han; H. -C. Shin; M. Takada; H. S. Ryu; N. Cho; M. K. Kim; J. Kim; T. -k. Yoo; H. -G. Moon; M. Toi; W. K. Moon; I. -A. Park; D. -Y. Noh
        EJSO, 2016年08月, 査読有り
      • 光と超音波の融合によるイメージングモダリティの新展開 光超音波マンモグラフィを用いた乳腺腫瘍における光音響像の形態的特徴に関する検討
        高田 正泰; 山賀 郁; 片岡 正子; 金尾 昌太郎; 川島 雅央; 浅尾 恭史; 羽賀 博典; 椎名 毅; 富樫 かおり; 戸井 雅和
        超音波医学, 2016年04月, 査読有り
      • Data mining and mathematical model development
        Masahiro Sugimoto; Masahiro Takada
        Personalized Treatment of Breast Cancer, 2016年01月01日, 査読有り
      • A new concept for axillary treatment of primary breast cancer using indocyanine green fluorescence imaging
        Masahiro Takada; Masakazu Toi
        ICG Fluorescence Imaging and Navigation Surgery, 2016年01月01日, 査読有り
      • 乳腺 乳がんの手術療法・放射線療法 1-3個の腋窩リンパ節転移症例に対する乳房温存療法の治療成績
        平田 希美子; 吉村 通央; 井上 実; 山内 智香子; 小倉 昌和; 戸井 雅和; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 高田 正泰; 平岡 真寛
        日本癌治療学会誌, 2015年09月, 査読有り
      • Outcomes of trastuzumab therapy in HER2-positive early breast cancer patients.
        Hiroyasu Yamshiro; Hiroji Iwata; Norikazu Masuda; Naohito Yamamoto; Reiki Nishimura; Shoichiro Ohtani; Nobuaki Sato; Masato Takahashi; Takako Kamio; Kosuke Yamazaki; Tsuyoshi Saito; Makoto Kato; Tecchuu Lee; Shinji Ohno; Katsumasa Kuroi; Toshimi Takano; Masahiro Takada; Shinji Yasuno; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        International journal of clinical oncology, 2015年08月, 査読有り
      • 肺移植後ラパマイシンによる免疫抑制療法中のHER2陽性乳癌患者における免疫応答の検討 症例報告
        仁尾 万里華; 河口 浩介; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 中木村 朋美; 福井 由紀子; 前川 佳奈; 山口 絢音; 川島 雅央; 高田 正泰; 佐藤 史顕; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2015年07月, 査読有り
      • 1-3個の腋窩リンパ節転移症例に対する乳房温存療法の治療成績
        平田 希美子; 吉村 通央; 井上 実; 山内 智香子; 小倉 昌和; 戸井 雅和; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 高田 正泰; 平岡 真寛
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2015年07月, 査読有り
      • Evaluation of second-generation photoacoustic mammography in detecting the breast cancer vasculature and hypoxic status; a preliminary study
        Kawashima Masahiro; Yamaga Iku; Torii Masae; Tokiwa Mariko; Elham Fakhrejahani; Kataoka Masako; Kanao Shotaro; Takada Masahiro; Asao Yasufumi; Shiina Tsuyoshi; Toi Masakazu
        CANCER RESEARCH, 2015年05月01日, 査読有り
      • Clinical, anatomical and histological characteristics of breast lesions visualized by photoacoustic mammography; first clinical study in CK project
        Fakhrejahani Elham; Torii Masae; Asao Yasufumi; Yamaga Iku; Kitai Toshiyuki; Kataoka Masako; Kanao Shotaro; Takada Masahiro; Shiina Tsuyoshi; Toi Masakazu
        CANCER RESEARCH, 2015年05月01日, 査読有り
      • Clinical Report on the First Prototype of a Photoacoustic Tomography System with Dual Illumination for Breast Cancer Imaging.
        Elham Fakhrejahani; Masae Torii; Toshiyuki Kitai; Shotaro Kanao; Yasufumi Asao; Yohei Hashizume; Yoshiki Mikami; Iku Yamaga; Masako Kataoka; Tomoharu Sugie; Masahiro Takada; Hironori Haga; Kaori Togashi; Tsuyoshi Shiina; Masakazu Toi
        PloS one, 2015年, 査読有り
      • Development of Web tools to predict axillary lymph node metastasis and pathological response to neoadjuvant chemotherapy in breast cancer patients.
        Masahiro Sugimoto; Masahiro Takada; Masakazu Toi
        The International journal of biological markers, 2014年12月09日, 査読有り
      • Prevalence and risk factors of bone metastasis and skeletal related events in patients with primary breast cancer in Japan.
        Hiroyasu Yamashiro; Masahiro Takada; Eiji Nakatani; Shiro Imai; Akira Yamauchi; Shigeru Tsuyuki; Yasuo Matsutani; Shingo Sakata; Yasuo Wada; Ryuji Okamura; Tomika Harada; Fumie Tanaka; Yoshio Moriguchi; Hironori Kato; Shunichi Higashide; Norimichi Kan; Hiroshi Yoshibayashi; Hirofumi Suwa; Takashi Okino; Ichiro Nakayama; You Ichinose; Kazuhiko Yamagami; Takashi Hashimoto; Takashi Inamoto; Masakazu Toi
        International journal of clinical oncology, 2014年10月, 査読有り
      • A case of metaplastic breast cancer that showed a good response to platinum-based preoperative chemotherapy.
        Haruko Takuwa; Takayuki Ueno; Hiroshi Ishiguro; Yoshiki Mikami; Shotaro Kanao; Masahiro Takada; Tomoharu Sugie; Masakazu Toi
        Breast cancer (Tokyo, Japan), 2014年07月, 査読有り
      • Survival of HER2-positive primary breast cancer patients treated by neoadjuvant chemotherapy plus trastuzumab: a multicenter retrospective observational study (JBCRG-C03 study)
        M. Takada; H. Ishiguro; S. Nagai; S. Ohtani; H. Kawabata; Y. Yanagita; Y. Hozumi; C. Shimizu; S. Takao; N. Sato; Y. Kosaka; Y. Sagara; H. Iwata; S. Ohno; K. Kuroi; N. Masuda; H. Yamashiro; M. Sugimoto; M. Kondo; Y. Naito; H. Sasano; T. Inamoto; S. Morita; M. Toi
        BREAST CANCER RESEARCH AND TREATMENT, 2014年05月, 査読有り
      • Predictive factors for pathologic complete response and disease-free survival after neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab: A multicenter retrospective observational study in patients with HER2-positive primary breast cancer (JBCRG-C03 study)
        M. Takada; H. Ishiguro; S. Nagai; S. Ohtani; H. Kawabata; Y. Yanagita; Y. Hozumi; C. Shimizu; S. Takao; N. Sato; Y. Kosaka; Y. Sagara; H. Iwata; S. Ohno; K. Kuroi; N. Masuda; H. Yamashiro; M. Sugimoto; M. Kondo; Y. Naito; H. Sasano; T. Inamoto; S. Morita; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2013年12月, 査読有り
      • 京都大学関連乳腺グループにおけるバイオバンクの構築と運用
        川口 展子; 川島 雅央; 高田 正泰; 上野 貴之; 鈴木 栄治; 露木 茂; 山神 和彦; 新蔵 信彦; 眞島 奨; 森口 喜生; 田中 満; 山内 清明; 岡村 隆仁; 稲本 俊; 戸井 雅和
        日本癌治療学会誌, 2013年09月, 査読有り
      • Alterations of the genes involved in the PI3K and estrogen-receptor pathways influence outcome in human epidermal growth factor receptor 2-positive and hormone receptor-positive breast cancer patients treated with trastuzumab-containing neoadjuvant chemotherapy.
        Mamoru Takada; Toru Higuchi; Katsunori Tozuka; Hiroyuki Takei; Masayuki Haruta; Junko Watanabe; Fumio Kasai; Kenichi Inoue; Masafumi Kurosumi; Masaru Miyazaki; Aiko Sato-Otsubo; Seishi Ogawa; Yasuhiko Kaneko
        BMC cancer, 2013年05月16日, 査読有り
      • HPLC-method for deliberation of drug mammary transfer-evaluation of over-the-counter drugs (Loxonin(®)-S, Bufferin(®) A) in mother mice.
        Koji Komori; Ryohei Komae; Yuki Yamazaki; Shoko Nakano; Shinobu Mitamura; Tamami Miyazaki; Maho Kikuta; Masahiro Takada; Makoto Shuto; Yumiko Hane; Toshiko Yamamoto
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2013年, 査読有り
      • Development of web tools to predict pathological response to neoadjuvant chemotheraphy and axillary lymph node metastasis in breast cancer patients
        Sugimoto, M; Takada, M; Ohno, S; Kuroi, K; Sato, N; Bando, H; Masuda, N; Iwata, H; Kondo, M; Sasano, H; Inamoto, T; Naito, Y; Tomita, M; Toi, M
        European Jouranl of Cancer, 2013年, 査読有り
      • Lymphatic Mapping With Fluorescence Navigation Using Indocyanine Green and Axillary Surgery in Patients With Primary Breast Cancer
        Megumi Takeuchi; Tomoharu Sugie; Kassim Abdelazeem; Hironori Kato; Nobuhiko Shinkura; Masahiro Takada; Hiroyasu Yamashiro; Takayuki Ueno; Masakazu Toi
        BREAST JOURNAL, 2012年11月, 査読有り
      • [Multidisciplinary treatment of chemotherapy and surgical therapy].
        Yuko Mitsudo; Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2012年09月, 査読有り
      • Predictions of the pathological response to neoadjuvant chemotherapy in patients with primary breast cancer using a data mining technique
        M. Takada; M. Sugimoto; S. Ohno; K. Kuroi; N. Sato; H. Bando; N. Masuda; H. Iwata; M. Kondo; H. Sasano; L. W. C. Chow; T. Inamoto; Y. Naito; M. Tomita; M. Toi
        BREAST CANCER RESEARCH AND TREATMENT, 2012年07月, 査読有り
      • Prediction of axillary lymph node metastasis in primary breast cancer patients using a decision tree-based model.
        Masahiro Takada; Masahiro Sugimoto; Yasuhiro Naito; Hyeong-Gon Moon; Wonshik Han; Dong-Young Noh; Masahide Kondo; Katsumasa Kuroi; Hironobu Sasano; Takashi Inamoto; Masaru Tomita; Masakazu Toi
        BMC medical informatics and decision making, 2012年06月13日, 査読有り
      • Trastuzumabを介した抗体依存性細胞障害活性(ADCC)耐性乳癌細胞株の樹立
        鈴木 栄治; 佐藤 史顕; 鳥井 雅恵; 藤澤 憲良; 川島 雅央; 川口 展子; 高田 正泰; 辻 和香子; 竹内 恵; 上野 貴之; 杉江 知治; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2012年05月, 査読有り
      • Utility of a Prediction Model for Axillary Lymph Node Metastasis in Patients with Primary Breast Cancer using A Decision-tree Algorithm
        冨田 勝
        ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 2012年02月
      • Relationship between body mass index and preoperative treatment response to aromatase inhibitor exemestane in postmenopausal patients with primary breast cancer.
        Masahiro Takada; Shigehira Saji; Norikazu Masuda; Katsumasa Kuroi; Nobuaki Sato; Hiroyuki Takei; Yutaka Yamamoto; Shinji Ohno; Hiroko Yamashita; Kazufumi Hisamatsu; Kenjiro Aogi; Hiroji Iwata; Takayuki Ueno; Hironobu Sasano; Masakazu Toi
        Breast (Edinburgh, Scotland), 2012年02月, 査読有り
      • Development of a Prediction Model for Treatment Response to Neoadjuvant Chemotherapy in Patients with Primary Breast Cancer Using a Decision-tree Algorithm
        冨田 勝
        ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 2012年
      • Determining circulating endothelial cells using CellSearch system during preoperative systemic chemotherapy in breast cancer patients.
        Arwa M Ali; Takayuki Ueno; Sunao Tanaka; Masahiro Takada; Hiroshi Ishiguro; Ashraf Z Abdellah; Masakazu Toi
        European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 2011年10月, 査読有り
      • Ki67 index changes, pathological response and clinical benefits in primary breast cancer patients treated with 24 weeks of aromatase inhibition.
        Masakazu Toi; Shigehira Saji; Norikazu Masuda; Katsumasa Kuroi; Nobuaki Sato; Hiroyuki Takei; Yutaka Yamamoto; Shinji Ohno; Hiroko Yamashita; Kazufumi Hisamatsu; Kenjiro Aogi; Hiroji Iwata; Masahiro Takada; Takayuki Ueno; Shigetoyo Saji; Niramol Chanplakorn; Takashi Suzuki; Hironobu Sasano
        Cancer science, 2011年04月, 査読有り
      • [Surgery for breast cancer -- from radical mastectomy to breast-conserving surgery].
        Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2011年02月, 査読有り
      • Refractory lung metastasis from breast cancer treated with multidisciplinary therapy including an immunological approach.
        Masahiro Takada; Hiroshi Terunuma; Xuewen Deng; Md Zahidunnabi Dewan; Shigehira Saji; Katsumasa Kuroi; Naoki Yamamoto; Masakazu Toi
        Breast cancer (Tokyo, Japan), 2011年01月, 査読有り
      • A case of metaplastic breast cancer that showed a good response to platinum-based preoperative chemotherapy
        H. Takuwa; T. Ueno; H. Ishiguro; Y. Mikami; S. Kanao; M. Takada; T. Sugie; M. Toi
        Breast Cancer, 2011年, 査読有り
      • Economic evaluation of intensive chemotherapy with prophylactic granulocyte colony-stimulating factor for patients with high-risk early breast cancer in Japan.
        Hiroshi Ishiguro; Masahide Kondo; Shu-Ling Hoshi; Masahiro Takada; Seigo Nakamura; Satoshi Teramukai; Kazuhiro Yanagihara; Masakazu Toi
        Clinical therapeutics, 2010年02月, 査読有り
      • Natural killer activity of peripheral-blood mononuclear cells in breast cancer patients.
        Md Zahidunnabi Dewan; Masahiro Takada; Hiroshi Terunuma; Xuewen Deng; Sunjida Ahmed; Naoki Yamamoto; Masakazu Toi
        Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie, 2009年11月, 査読有り
      • バイオマーカーを導入した原発性乳癌の集学的治療アルゴリズムの構築と意思決定過程の定式化に関する研究 原発性乳癌の集学的治療における意思決定過程の定式化
        冨田勝; 内藤泰宏; 高田正泰; 杉本昌弘
        バイオマーカーを導入した原発性乳癌の集学的治療アルゴリズムの構築と意思決定過程の定式化に関する研究 平成20年度 総括研究報告書, 2009年
      • [A case of primary breast cancer who responded remarkably to the neoadjuvant chemotherapy with the combination of docetaxel and cyclophosphamide].
        Hiroshi Yoshibayashi; Hiroshi Ishiguro; Masahiro Takada; Megumi Takeuchi; Hiroyasu Yamashiro; Takayuki Ueno; Hironori Kato; Kiyotsugu Yoshikawa; Shotaro Kanao; Chikako Yamauchi; Yoshiki Mikami; Masakazu Toi
        Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2008年06月, 査読有り
      • Treatment for breast cancer and endocrine neoplasm
        M. Takada; H. Ishiguro; M. Toi
        Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2008年, 査読有り
      • [Primary systemic chemotherapy for breast cancer].
        Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2007年11月, 査読有り
      • Role of natural killer cells in hormone-independent rapid tumor formation and spontaneous metastasis of breast cancer cells in vivo.
        Md Zahidunnabi Dewan; Hiroshi Terunuma; Masahiro Takada; Yuetsu Tanaka; Hiroyuki Abe; Tetsutaro Sata; Masakazu Toi; Naoki Yamamoto
        Breast cancer research and treatment, 2007年09月, 査読有り
      • Natural killer cells in breast cancer cell growth and metastasis in SCID mice
        MZ Dewan; H Terunuma; S Ahmed; K Ohba; M Takada; Y Tanaka; M Toi; N Yamamoto
        BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY, 2005年10月, 査読有り
      • A close association between alteration in growth kinetics by neoadjuvant chemotherapy and survival outcome in primary breast cancer.
        Masahiro Takada; Akemi Kataoka; Masakazu Toi; Hiroko Bando; Kazumi Toyama; Shinichiro Horiguchi; Takayuki Ueno; Stig Linder; Shigehira Saji; Yukiko Hayashi; Nobuaki Funata; Junko Kinoshita; Sigeru Murakami; Shinji Ohono
        International journal of oncology, 2004年08月, 査読有り
      • Modulation of thymidine phosphorylase by neoadjuvant chemotherapy in primary breast cancer
        M Toi; H Bando; S Horiguchi; M Takada; A Kataoka; T Ueno; S Saji; M Muta; N Funata; S Ohno
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 2004年06月, 査読有り
      • Current status of antibody therapy for breast cancer.
        Masakazu Toi; Masahiro Takada; Hiroko Bando; Kazumi Toyama; Hiroyasu Yamashiro; Shinichiro Horiguchi; Shigehira Saji
        Breast cancer (Tokyo, Japan), 2004年, 査読有り
      • Label-free photoacoustic imaging of human palmar vessels: a structural morphological analysis.
        戸井 雅和
        Sci Rep, 査読有り

      MISC

      • 患側上腕への新型コロナワクチン接種歴と術前画像における腫大腋窩リンパ節の良悪診断:初期経験からの考察
        片岡正子; 飯間麻美; 飯間麻美; 三宅可奈江; 三宅可奈江; 太田理恵; 山口絢音; 川島雅央; 高田正泰; 竹内康英; 山田洋介; 戸井雅和; 中本裕士
        日本乳癌画像研究会プログラム・抄録集, 2022年
      • 抗HER2モノクローナル抗体(トラスツズマブ) (特集 抗体医療の最近の進歩) -- (REVIEW2:抗体療法の効果と問題点)
        高田 正泰; 戸井 雅和; 坂東 裕子
        モレキュラ-メディシン, 2003年10月
      • Triple negativeでの補助療法と今後の展望 (特集 St.Gallen2007に基づいた乳癌テーラーメイド補助療法)
        高田 正泰; 戸井 雅和
        臨床外科, 2008年08月
      • 乳癌の化学療法--最近の動向 (特集 変わってきた癌化学療法)
        高田 正泰; 戸井 雅和
        外科治療, 2006年12月
      • 術前化学療法と乳房温存術 (特集 術前薬物療法は乳癌手術を縮小させるか)
        高田 正泰; 戸井 雅和
        臨床外科, 2011年07月
      • P-3-393 原発不明癌の治療方針(腹水・その他,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)
        杉江 知治; 芳林 浩史; 石黒 洋; 高田 正泰; 竹内 恵; 山城 大泰; 上野 貴之; 戸井 雅和
        日本消化器外科学会雑誌, 2009年07月01日
      • Predicting the efficacy of nivolumab combined with radiation therapy by longitudinal liquid biopsy with artificial intelligence for patients with metastatic breast cancer (translational research of the KBCRN-B-002 trial).
        Kosuke Kawaguchi; Masahiro Takada; Takeshi Kotake; Michio Yoshimura; Ryuji Uozumi; Masako Kataoka; Takahiko Koyama; Reitaro Tokumasu; Hironori Kato; Hiroshi Yoshibayashi; Hirofumi Suwa; Wakako Tsuji; Hiroyasu Yamashiro; Tatsuki R. Kataoka; Hiroshi Ishiguro; Laxmi Parida; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2020年05月
      • Alteration of the tumor immune microenvironment signatures by nivolumab combined with radiation therapy for patients with metastatic breast cancer (Translational Research of the KBCRN-B-002 trial)
        Kosuke Kawaguchi; Masahiro Takada; Takeshi Kotake; Michio Yoshimura; Ryuji Uozumi; Masako Kataoka; Takahiko Koyama; Reitaro Tokumasu; Maya Honda; Rikiya Yamashita; Atsushi Yonezawa; Yuki Himoto; Natsuko Onishi; Hironori Kato; Hiroshi Yoshibayashi; Hirofumi Suwa; Wakako Tsuji; Hiroyasu Yamashiro; Tatsuki Kataoka; Hiroshi Ishiguro; Laxmi Parida; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        CANCER RESEARCH, 2020年02月
      • 最新ナビゲーション手術の実現と可能性 MIPS利用がもたらす臨床的有用性と今後の展望
        髙田 正泰; 戸井 雅和
        月刊新医療, 2017年05月
      • 経口FU剤のポジショニング (第5土曜特集 乳癌のすべて) -- (診断・治療の進歩)
        髙田 正泰; 戸井 雅和
        医学のあゆみ, 2017年04月29日
      • The long-lasting anti-tumor activity of cisplatin affecting the sustainable systemic immune alteration may improve distant-disease free survival of triple-negative breast cancer in patients with a substantial residual tumor following preoperative chemotherapy: A retrospective analysis with translational research.
        Ayane Yamaguchi; Kosuke Kawaguchi; Hiroshi Ishiguro; Tatsuki R. Kataoka; Masae Torii; Chenfeng He; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Masahiro Kawashima; Masahiro Takada; Eiji Suzuki; Masakazu Toi
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2020年05月
      • A multicenter phase Ib/II study for evaluating safety and efficacy of Nivolumab in combination with radiation therapy in patients with HER2-negative metastatic breast cancer (KBCRN-B-002 trial)
        Masahiro Takada; Michio Yoshimura; Kosuke Kawaguchi; Takeshi Kotake; Ryuji Uozumi; Masako Kataoka; Takahiko Koyama; Hironori Kato; Hiroshi Yoshibayashi; Hirofumi Suwa; Wakako Tsuji; Hiroyasu Yamashiro; Tatsuki Kataoka; Hiroshi Ishiguro; Reitaro Tokumasu; Maya Honda; Rikiya Yamashita; Atsushi Yonezawa; Yuki Himoto; Natsuko Onishi; Laxmi Parida; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        CANCER RESEARCH, 2020年02月
      • BRACAnalysisのコンパニオン診断とHER2陰性転移性乳癌に対するオラパリブ治療の臨床研究
        藤野麻琴; 藤野麻琴; 河口浩介; 高田正泰; 川島雅央; 林雪; 西村友美; 西江万梨子; 西江万梨子; 松本純明; 森由希子; 鈴木栄治; 戸井雅和
        日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 2020年
      • 実臨床における遺伝性乳癌の拾い上げ
        仙田 典子; 川田 有希子; 川口 展子; 川島 雅央; 高田 正泰; 本田 明夏; 鈴木 栄治; 村上 弘美; 山田 崇弘; 露木 茂; 山内 清明; 高原 祥子; 芳林 浩史; 山神 和彦; 岡村 隆仁; 加藤 大典; 眞島 奨; 小杉 眞司; 小川 誠司; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月
      • 乳房MRIカテゴリー4のサブカテゴリー導入による乳房病変の層別化
        本田 茉也; 片岡 正子; 尾仲 桜子; 宮川 哲; 川瀬 貫互; 金尾 昌太郎; 大西 奈都子; 三宅 可奈江; 片岡 竜貴; 桜井 孝規; 飯間 麻美; 大橋 茜; 大野 文美; 太田 理恵; 鈴木 栄治; 高田 正泰; 河口 浩介; 鳥井 雅恵; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月
      • 乳房専用PETの集積に対する造影MRI所見
        片岡 正子; 鳥井 雅恵; 石守 崇好; 中本 裕士; 高田 正泰; 金尾 昌太郎; 阪口 怜奈; 三宅 可奈江; 本田 茉也; 太田 理恵; 飯間 麻美; 片岡 竜貴; 桜井 孝規; 磯田 裕義; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月
      • 術前薬物療法後の乳房MRI pCR診断におけるDWI所見の有用性
        太田 理恵; 片岡 正子; 金尾 昌太郎; 本田 茉也; 飯間 麻美; 大野 文美; 大橋 茜; 三宅 可奈江; 桜井 孝規; 片岡 竜貴; 高田 正泰; 鈴木 栄治; 戸井 雅和; 富樫 かおり
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2019年07月
      • 【乳癌の診断から治療の最新アップデート2019】乳がん診療における光超音波イメージング
        松本 純明; 関口 博之; 浅尾 恭史; 高田 正泰; 片岡 正子; 櫻井 孝規; 八木 隆行; 椎名 毅; 富樫 かおり; 戸井 雅和
        Rad Fan, 2019年06月
      • 乳癌診療における光超音波イメージングの可能性
        松本純明; 関口博之; 浅尾恭史; 吉川彩; 石井智子; 高田正泰; 片岡正子; 櫻井孝規; 八木隆行; 椎名毅; 富樫かおり; 戸井雅和
        日本乳癌画像研究会プログラム・抄録集, 2019年
      • センチネルリンパ節生検の今後に向けた取り組み 蛍光色素法センチネルリンパ節生検におけるプロジェクションマッピングを用いたリアルタイムナビゲーション
        高田 正泰; 竹内 恵; 鈴木 栄治; 佐藤 史顕; 松本 純明; 鳥井 雅恵; 川口 展子; 西野 裕人; 瀬尾 智; 波多野 悦朗; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月
      • HER2陽性原発性乳癌の治療最適化 Trastuzumabを含む術前化学療法を施行されたHER2陽性原発性乳癌の予後予測数理モデルの開発
        杉本 昌弘; 高田 正泰; 増田 慎三; 岩田 広治; 黒井 克昌; 山城 大泰; 大野 真司; 石黒 洋; 稲本 俊; 戸井 雅和
        第26回日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • トリプルネガティブ乳がんにおけるシスプラチンを含む術前化学療法の治療効果と予後、その予測因子の探索
        清水 華子; 石黒 洋; 高田 正泰; 山口 絢音; 鳥井 雅恵; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 佐藤 史顕; 戸井 雅和
        第26回日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • アンスラサイクリン系薬剤に伴う口腔粘膜炎の口腔内冷却による予防の取り組み
        小味 由里絵; 川口 展子; 松本 純明; 川島 雅央; 鳥井 雅恵; 高田 正泰; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 佐藤 史顕; 石黒 洋; 戸井 雅和
        第26回日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月, 査読有り
      • 任意型検診における乳房専用PET集積の意義を問う マルチモダリティ画像の中での価値と臨床応用への課題
        鳥井 雅恵; 片岡 正子; 高田 正泰; 石守 崇好; 中本 裕士; 三宅 可奈江; 片岡 竜貴; 桜井 孝規; 磯田 裕義; 富樫 かおり; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月
      • HER2陽性原発性乳癌の治療最適化 ER陰性HER2陽性乳癌におけるbasal markerの有用性に関する研究
        服部 正也; 相良 安昭; 高田 正泰; 大井 恭代; 黒住 昌史; 大谷 彰一郎; 井上 賢一; 高尾 信太郎; 佐藤 信昭; 山下 年成; 小坂 愉賢; 黒住 献; 森田 智視; 岩田 広治; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月
      • HER2陽性原発性乳癌の治療最適化 ER陰性HER2陽性乳癌におけるbasal markerの有用性に関する研究
        服部 正也; 相良 安昭; 高田 正泰; 大井 恭代; 黒住 昌史; 大谷 彰一郎; 井上 賢一; 高尾 信太郎; 佐藤 信昭; 山下 年成; 小坂 愉賢; 黒住 献; 森田 智視; 岩田 広治; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2018年05月
      • 乳腺腫瘍を有する乳房内血流の光超音波酸素飽和度解析
        松本 純明; 関口 博之; 片岡 正子; 吉川 彩; 石井 智子; 高田 正泰; 浅尾 恭史; 八木 隆行; 桜井 孝規; 富樫 かおり; 椎名 毅; 戸井 雅和
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2018年04月
      • 新しい超音波装置 光超音波イメージングを用いた乳癌診断法の開発
        山賀 郁; 浅尾 恭史; 川口 展子; 松本 純明; 川島 雅央; 高田 正泰; 片岡 正子; 羽賀 博典; 富樫 かおり; 椎名 毅; 戸井 雅和
        乳腺甲状腺超音波医学, 2018年03月
      • Basal-like乳がん症例におけるシスプラチン含む術前化学療法の予後への影響に関する後向き解析
        山口 絢音; 石黒 洋; 鳥井 雅恵; 松本 純明; 川口 展子; 高田 正泰; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 佐藤 史顕; 戸井 雅和
        第25回日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2017年07月, 査読有り
      • Development of mathematical prediction models to identify disease-free survival events for HER2-positive primary breast cancer patients treated by neoadjuvant chemotherapy and trastuzumab
        M. Takada; M. Sugimoto; N. Masuda; H. Iwata; K. Kuroi; H. Yamashiro; S. Ohno; H. Ishiguro; T. Inamoto; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2017年02月
      • Development of photoacoustic vascular imaging system for breast cancer
        M. Toi; Y. Asao; M. Takada; M. Kataoka; T. Endo; M. Kawashima; I. Yamaga; Y. Nakayama; M. Tokiwa; E. Fakhrejahani; M. Torii; N. Kawaguchi-Sakita; S. Kanao; Y. Matsumoto; T. Yagi; T. Sakurai; K. Togashi; T. Shiina
        CANCER RESEARCH, 2017年02月
      • Cisplatin based preoperative chemotherapy regimens for basal-like breast cancer potentially improve prognosis even in patients without pCR: A retrospective analysis from a single-institution
        A. Yamaguchi; H. Ishiguro; M. Torii; M. Takada; E. Suzuki; M. Takeuchi; F. Sato; M. Toi
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2016年12月
      • 乳がんにおける免疫チェックポイント阻害剤 (特集 乳がんに対する新しい診断技術と治療戦略)
        古武 剛; 高田 正泰
        腫瘍内科 = Clinical oncology, 2016年09月
      • 乳腺間質肉腫の2例
        矢内 勢司; 松本 純弘; 古武 剛; 林 雪; 高田 正泰; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 石黒 洋; 佐藤 史顕; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回, 2016年06月
      • 日本人乳癌患者におけるオランザピン(アプレピタント非併用) の化学療法誘発性悪心嘔吐抑制効果
        西村 友美; 石黒 洋; 中木村 朋美; 福井 由紀子; 前川 佳奈; 仁尾 万里華; 山口 絢音; 中山 美恵; 林 雪; 古武 剛; 矢内 勢司; 松本 純明; 高田 正泰; 竹内 恵; 鈴木 栄治; 佐藤 史顕; 戸井 雅和
        第24回日本乳癌学会学術総会プログラム抄録集24回, 2016年06月
      • 第2世代光超音波マンモグラフィによる腫瘍血管の描出および組織学的対比
        山賀 郁; 高田 正泰; 浅尾 恭史; Fakhrejahani Elham; 常盤 麻里子; 鳥井 雅恵; 川島 雅央; 桜井 孝規; 金尾 昌太郎; 片岡 正子; 羽賀 博典; 椎名 毅; 富樫 かおり; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2016年06月
      • 乳癌術前薬物療法後の乳房温存手術の現状と問題点HER2陽性乳癌の術前療法後の局所療法個別化を目指した治療効果予測ツール開発と今後の課題
        高田 正泰; 杉本 昌弘; 増田 慎三; 岩田 広治; 黒井 克昌; 山城大泰; 大野 真司; 石黒 洋; 稲本 俊; 戸井 雅和
        日本外科学会定期学術集会妙録集116回, 2016年04月
      • 光と超音波の融合によるイメージングモダリティの新展開 光超音波マンモグラフィを用いた乳腺腫瘍における光音響像の形態的特徴に関する検討
        高田 正泰; 山賀 郁; 片岡 正子; 金尾 昌太郎; 川島 雅央; 浅尾 恭史; 羽賀 博典; 椎名 毅; 富樫 かおり; 戸井 雅和
        超音波医学, 2016年04月
      • Detection of the tumor vasculature and the hypoxic status of breast lesions using second-generation photoacoustic mammography: An exploratory study
        M. Takada; M. Kawashima; M. Kataoka; S. Kanao; I. Yamaga; M. Torii; M. Tokiwa; E. Fakhrejahani; T. Sakurai; Y. Asao; H. Haga; T. Shiina; K. Togashi; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2016年02月
      • 可視光術野投影装置を用いた乳癌蛍光色素法センチネルリンパ節生検に関する探索的試験
        高田正泰; 竹内恵; 鈴木栄治; 松本純明; 佐藤史顕; 中山美恵; 奥田智子; 西野裕人; 瀬尾智; 波多野悦朗; 波多野悦朗; 戸井雅和
        日本癌治療学会学術集会(Web), 2016年
      • Predictions of pathological response after preoperative chemotherapy plus trastuzumab in HER2-positive breast cancer
        Masahiro Takada; Masahiro Sugimoto; Norikazu Masuda; Hiroji Iwata; Katsumasa Kuroi; Hiroyasu Yamashiro; Shinji Ohno; Hiroshi Ishiguro; Takashi Inamoto; Masakazu Toi
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2015年11月
      • Erratum to: Outcomes of trastuzumab therapy in HER2‑positive early breast cancer patients.
        Hiroyasu Yamshiro; Hiroji Iwata; Norikazu Masuda; Naohito Yamamoto; Reiki Nishimura; Shoichiro Ohtani; Nobuaki Sato; Masato Takahashi; Takako Kamio; Kosuke Yamazaki; Tsuyoshi Saito; Makoto Kato; Tecchuu Lee; Shinji Ohno; Katsumasa Kuroi; Toshimi Takano; Masahiro Takada; Shinji Yasuno; Satoshi Morita; Masakazu Toi
        International journal of clinical oncology, 2015年08月, 査読有り
      • データマイニング手法により開発した新規予測モデルの実臨床における精度評価
        高田 正泰; 杉本 昌弘; 佐藤 信昭; 露木 茂; 坂東 裕子; 森口 喜生; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2015年07月
      • HER2陽性乳癌における術前トラスツマブ+抗癌薬併用療法後の治療効果を予測する数理モデルの開発
        高田 正泰; 杉本 昌弘; 増田 慎三; 岩田 広浩; 黒井 克昌; 山城 大泰; 大野 真司; 石黒 洋; 稲本 俊; 戸井 雅和
        日本臨床腫瘍学会プログラム抄録集13回, 2015年07月
      • 化学療法抵抗性trinple negative 乳癌患者におけるシスプラチン併用時のエリブリン投与量斬新的漸増法の検討
        山口 絢音; 石黒 洋; 高田 正泰; 川島 雅央; 鳥井 雅恵; 戸井 雅和
        日本臨床腫瘍学会プログラム抄録集13回, 2015年07月
      • 腫瘍浸潤EGFR陽性免疫細胞とトリプルネガティブ乳癌の組織グレードとの関連性
        山口 絢音; 鈴木 栄治; 川島 雅央; 高田 正泰; 竹内 恵; 石黒 洋; 佐藤 史顕; 戸井 雅和
        日本乳癌学会学術総会プログラム抄録集23回, 2015年07月
      • 第二世代光超音波マンモグラフィーにより向上した腫瘍血管・酸素飽和度の描出能
        川島雅央; 山賀郁; 鳥井雅恵; 常盤麻里子; 片岡正子; 金尾昌太郎; 高田正泰; 浅尾恭史; 浅尾恭史; 椎名毅; 戸井雅和
        超音波医学, 2015年04月15日
      • Photoacoustic imaging of breast cancer and histological markers of angiogenesis
        E. Fakhrejahani; M. Torii; I. Yamaga; Y. Asao; T. Kitai; M. Kataoka; S. Kanao; M. Takada; T. Shiina; M. Toi
        BREAST, 2015年03月
      • 光超音波マンモグラフィを用いた腫瘍内酸素飽和度の初期評価
        常盤麻里子; 高田正泰; 鳥井雅恵; 山賀郁; 金尾昌太郎; 片岡正子; 三上芳喜; 椎名毅; 浅尾恭史; 戸井雅和
        日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 2014年07月
      • 光超音波を用いた乳房血管イメージングの報告
        鳥井雅恵; 浅尾恭史; 山賀郁; FAKHREJAHANI Elham; 高田正泰; 鍛利幸; 杉江知治; 金尾昌太郎; 片岡正子; 三上芳喜; 椎名毅; 戸井雅和
        超音波医学, 2014年05月15日
      • Tissue hemoglobin oxygen saturation measured by photoacoustic mammography correlates with microvasculature properties assessed by histological image analysis, a preliminary study
        E. Fakhrejahani; M. Torii; I. Yamaga; Y. Asao; T. Kitai; M. Kataoka; S. Kanao; M. Takada; T. Shiina; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2013年12月
      • 基底様(basal-like)乳癌における術前化学療法の検討
        鳥井 雅恵; 石黒 洋; 高田 正泰; 杉江 知治; 鈴木 栄治; 竹内 恵; 上野 貴之; 金尾 昌太郎; 三上 芳喜; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集21回 P226, 2013年06月
      • 光超音波マンモグラフィとCD31およびCA9との対比
        山賀郁; 鳥井雅恵; 高田正泰; 鍛利幸; 金尾昌太郎; 片岡正子; 杉江知治; 三上秀喜; 椎名毅; 戸井雅和; FAKREJAHANI Elham; 浅尾恭史
        日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • EVALUATION OF BREAST TISSUE MICROVASCULATURE WITH DIGITAL PATHOLOGY AND IMAGE ANALYSIS BRINGS NEW INSIGHTS INTO TUMOUR ANGIOGENESIS ASSESSMENT
        E. Fakhrejahani; Y. Asao; I. Yamaga; M. Torii; M. Takada; T. Kitai; T. Sugie; M. Toi
        EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 2013年03月
      • 光超音波マンモグラフィを用いた乳癌診断法の開発
        山賀 郁; 浅尾 恭史; 鳥井 雅恵; Elham Fakhrejahani; 高田 正泰; 鍛 利幸; 金尾 昌太郎; 片岡 正子; 三上 芳喜; 杉江 知治; 椎名 毅; 戸井 雅和
        日本レーザー医学会誌, 2013年
      • Comparison of robustness against missing values of alternative decision tree and multiple logistic regression for predicting clinical data in primary breast cancer.
        Masahiro Sugimoto; Masahiro Takada; Masakazu Toi
        Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference, 2013年, 査読有り
      • Skeletal related Events and Bone Metastasis Patients with Breast Cancer in Japan. A Retrospective Study
        H. Yamashiro; M. Takada; S. Imai; A. Yamauch; S. Tsuyuki; T. Inamoto; Y. Matsutani; S. Sakata; Y. Wada; R. Okamura; T. Harada; F. Tanaka; Y. Moriguchi; H. Kato; S. Higashide; N. Kan; H. Yoshibayashi; H. Suwa; T. Okino; I. Nakayama; Y. Ichinose; K. Yamagami; T. Hashimoto; E. Nakatani; Y. Nagata; Y. Kudo; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2012年12月
      • Increase of serum androgen and its metabolites in postmenopausal primary breast cancer patients with disease progression during neo-adjuvant exemestane treatment; JFMC 34-0601 TR
        M. Takada; S. Saji; N. Honma; N. Masuda; Y. Yamamoto; K. Kuroi; H. Yamashita; S. Ohno; K. Aogi; T. Ueno; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2012年12月
      • SERUM CONCENTRATION OF ESTRONE (E1), NOT ESTRADIOL (E2), IS THE INDEPENDENT PREDICTIVE FACTOR OF RESPONSE TO NEO-ADJUVANT EXEMESTANE TREATMENT IN POSTMENOPAUSAL BREAST CANCER PATIENTS: JFMC 34-0601 TR
        S. Saji; M. Takada; N. Honma; N. Masuda; Y. Yamamoto; K. Kuroi; H. Yamashita; S. Ohno; T. Ueno; M. Toi
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2012年09月
      • データマイニングを用いた新しい術前化学療法の治療効果予測モデルの開発
        高田 正泰; 杉本 昌弘; 大野 真司; 黒井 克昌; 佐藤 信昭; 坂東 裕子; 増田 慎三; 岩田 広治; 近藤 正英; 笹野 公伸; 稲本 俊; 内藤 泰宏; 冨田 勝; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2012年05月
      • 分子標的療法の現状と展望 治療に対する腫瘍細胞と生体の反応
        戸井 雅和; 高田 正泰; 石黒 洋; 上野 貴之
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集20回, 2012年05月
      • Relationship between Body Mass Index and Preoperative Treatment Response to Aromatase Inhibitor Exemestane in Postmenopausal Patients with Primary Breast Cancer.
        M. Takada; S. Saji; N. Masuda; K. Kuroi; N. Sato; H. Takei; Y. Yamamoto; S. Ohno; H. Yamashita; K. Hisamatsu; K. Aogi; H. Iwata; T. Ueno; H. Sasano; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2011年12月
      • Sentinel Lymph Node Navigation Surgery With Indocyanine Green Fluorescence in Early Breast Cancer
        K. Kassim; T. Sugie; M. Takada; T. Ueno; H. Yamashiro; W. Tsuji; M. Takeuchi; M. Toi
        EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 2011年09月
      • 乳癌患者における末梢循環内皮細胞数の臨床病理学的検討
        高田 正泰; 上野 貴之; 田中 直; Ali Arwa M; 石黒 洋; Abdellah Ashraf Z; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2011年09月
      • Predicting Risk of Axillary Lymph Node Metastasis: A Novel, Decision Tree-Based Approach That Can Handle Incomplete Datasets
        M. Takada; M. Sugimoto; Y. Naito; M. Kondo; K. Kuroi; T. Inamoto; M. Tomita; M. Toi
        CANCER RESEARCH, 2010年12月
      • STUDY ON HETEROGENEITY OF HORMONE RECEPTOR-POSITIVE BREAST CANCER
        Takayuki Ueno; Tomoharu Sugie; Hiroyashu Yamashiro; Megumi Takeuchi; Wakako Tsuji; Hiroshi Yoshibayashi; Masahiro Takada; Hiroshi Ishiguro; Masakazu Toi
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月
      • NECESSITY OF PREPARATION FOR TERMINAL CARE IN OUTPATIENTS WITH LUNG CANCER RECEIVING CHEMOTHERAPY AT UNIVERSITY HOSPITAL
        Kazuhiro Yanagihara; Takafumi Nishimura; Hiroshi Ishiguro; Shigemi Matsumoto; Toshiyuki Kitano; Masashi Kanai; Megumi Hazama; Yukiko Mori; Hiroki Nagai; Masahiro Takada; Tsutomu Chiba
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月
      • アロマターゼ阻害剤の薬力学的因子と臨床的有効性との関連
        常盤 麻里子; 石黒 洋; 宍戸 順一; 松村 有希子; 仙田 典子; 崎田 展子; 藤澤 憲良; 高田 正泰; 辻 和香子; 竹内 恵; 山城 大泰; 上野 貴之; 杉江 知治; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集18回, 2010年05月
      • 高リスク乳癌患者に対する予防的G-CSF併用第3世代化学療法レジメンの医療経済学的評価に関する研究
        高田 正泰; 石黒 洋; 近藤 正英; 星 淑玲; 中村 清吾; 手良向 聡; 柳原 一広; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2010年05月
      • 乳癌の遠隔転移診断 決定木を用いた原発性乳癌における腋窩リンパ節転移予測と予測因子の探索
        高田 正泰; 杉本 昌弘; 内藤 泰宏; 黒井 克昌; 冨田 勝; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2009年06月
      • 原発性乳癌症例における循環血液中腫瘍細胞(CTC)の検討
        上野 貴之; 杉江 知治; 山城 大泰; 芳林 浩史; 高田 正泰; 竹内 恵; 辻 和香子; 石黒 洋; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集17回, 2009年06月
      • バイオマーカーを導入した原発性乳癌の集学的治療アルゴリズムの構築と意思決定過程の定式化に関する研究 原発性乳癌の治療に関連するバイオマーカーの探索
        戸井雅和; 黒井克昌; 石濱泰; 佐治重衡; 有賀智之; 高田正泰; 関根進; 関根勝枝; 廣瀬真紀子
        バイオマーカーを導入した原発性乳癌の集学的治療アルゴリズムの構築と意思決定過程の定式化に関する研究 平成18-20年度 総合研究報告書, 2009年
      • 術前化学療法の現状と展望 乳腺 抗腫瘍効果の予測、モニタリングについて
        戸井 雅和; 高田 正泰; 金尾 昌太郎; 芳林 浩史; 竹内 恵; 山城 大泰; 上野 貴之; 石黒 洋; 三上 芳喜; 杉江 知治; 富樫 かおり
        第46回日本癌治療学会総会抄録号「日本癌治療学会誌」, 2008年10月
      • 乳癌の脳転移における治療戦略への考察
        竹内 恵; 高田 正泰; 芳林 浩史; 山城 大泰; 上野 貴之; 杉江 知治; 戸井 雅和; 山内 智香子; 光森 通英; 石黒 洋
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集16回, 2008年09月
      • 分子標的治療の現状と展望 抗HER療法とその効果予測
        上野 貴之; 杉江 知治; 山城 大泰; 芳林 浩史; 高田 正泰; 竹内 恵; 石黒 洋; 吉川 清次; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集16回, 2008年09月

      講演・口頭発表等

      • Treatment for HER2-positive MBC
        Takada M
        Best of San Antonio Breast Cancer Symposium Kyoto, 2021年
      • Prediction tools to identify high-risk individuals
        Takada M
        Kyoto Breast Cancer Consensus Conference 2021, 2021年
      • Absolute Benefit of S-1 Postoperative Therapy for ER-positive, HER2-negative Breast Cancer: Exploratory Analysis of the phase 3 POTENT trial
        Takada M; Imoto S; Ishida T; Ito Y; Iwata H; Masuda N; Mukai H; Saji S; Ikeda T; Haga H; Saeki T; Aogi K; Sugie T; Ueno T; Ohno S; Ishiguro H; Kanbayashi C; Miyamoto T; Ohashi Y; Toi M
        ASCO Annual Meeting, 2020年
      • Oligometastatic Breast Cancer –Role of Locoregional Methods
        Takada M
        III EAFO Breast Cancer Forum, 2020年
      • 乳癌センチネルリンパ節生検におけるリアルタイムナビゲーション〜MIPSの実臨床での有用性
        髙田正泰
        第28回日本乳癌学会学術総会, 2020年
      • A multicenter phase Ib/II study for evaluating safety and efficacy of Nivolumab in combination with radiation therapy in patients with HER2-negative metastatic breast cancer (KBCRN-B-002 trial)
        Takada M; Yoshimura M; Kawaguchi K; Kotake T; Uozumi R; Kataoka M; Koyama T; Kato H; Yoshibayashi H; Suwa H; Tsuji W; Yamashiro H; Kataoka T; Ishiguro H; Tokumasu R; Honda M; Yamashita R; Yonezawa A; Himoto Y; Onishi N; Parida L; Morita S; Toi M
        The 2019 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2019年
      • Surgery for Lobular Carcinoma in Situ: To Do or Not to Do?
        Takada M
        Global Breast Cancer Conference 2019, 2019年
      • HER2陽性EBCをめぐる、ドイツ、日本のガイドラインを読み解く
        髙田正泰
        第27回回日本乳癌学会学術総会, 2019年
      • HER2陽性早期乳がん 〜治療の現状と再発リスクについて考える〜
        髙田正泰
        第 20 回乳癌最新情報カンファランス, 2019年
      • 進行・再発乳がんのバイオロジーと化学療法の位置付け〜臨床データから〜
        髙田正泰
        第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年
      • ER陽性HER2陰性MBC内分泌療法抵抗性の1例 化学療法 vs 内分泌療法±分子標的治療
        髙田正泰
        第27回回日本乳癌学会学術総会, 2019年
      • HBOC(遺伝性乳癌卵巣癌症候群) 乳癌リスク評価モデルについて
        髙田正泰
        第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年
      • 蛍光色素法センチネルリンパ節生検におけるプロジェクションマッピングを用いたリアルタイムナビゲーション
        髙田正泰; 竹内恵; 鈴木栄治; 佐藤史顕; 松本純明; 鳥井雅恵; 川口展子; 西野裕人; 瀬尾智; 波多野悦朗; 戸井雅和
        第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年
      • A pilot study of the fluorescence ICG method sentinel lymph node biopsy in breast cancer patients using the medical imaging projection system
        Takada M
        Global Breast Cancer Symposium, 2017年
      • Real-time navigation for sentinel lymph node biopsy in breast cancer patients using projection mapping with indocyanine green fluorescence
        髙田 正泰
        The 2017 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2017年
      • Development of mathematical prediction models to identify disease-free survival events for HER2-positive primary breast cancer patients treated by neoadjuvant chemotherapy and trastuzumab
        髙田 正泰
        The 2016 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2016年
      • 乳癌術前薬物療法後の乳房温存手術の現状と問題点 HER2陽性乳癌の術前療法後の局所療法個別化を目指した治療効果予測ツール開発と今後の課題
        髙田 正泰
        第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年
      • センチネルリンパ節 可視光術野投影装置を用いた乳癌蛍光色素法センチネルリンパ節生検に関する探索的試験
        髙田 正泰
        第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年
      • 光超音波マンモグラフィを用いた乳腺腫瘍における光音響像の形態的特徴に関する検討
        髙田 正泰
        日本超音波医学会第89回学術集会, 2016年
      • Detection of the tumor vasculature and the hypoxic status of breast lesions using second-generation photoacoustic mammography: an exploratory study
        Takada M
        The 2015 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2015年
      • データマイニング手法により開発した新規予測モデルの実臨床における精度評価
        髙田 正泰
        第23回日本乳癌学会学術総会, 2015年
      • Predictive factors for pathologic complete response and disease-free survival after neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab: a multicenter retrospective observational study in patients with HER2-positive primary breast cancer (JBCRG-C03 study)
        髙田 正泰
        The 2013 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2013年
      • Utility of a prediction model for axillary lymph node metastasis in patients with primary breast cancer using a decision-tree algorithm
        Takada M
        Society of Surgical Oncology, 65th Annual Cancer Symposium, 2012年
      • 乳癌の臨床アウトカムを予測する数理モデル開発におけるデータマイニング手法の有用性の検討
        髙田正泰
        第10回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2012年
      • データマイニングを用いた 新しい術前化学療法の 治療効果予測モデルの開発
        髙田 正泰
        第20回日本乳癌学会学術総会, 2012年
      • Preoperative endocrine therapy combined with metronomic chemotherapy for luminal-type breast cancer – retrospective analysis at single institution.
        髙田 正泰
        The 14th Milan Breast Cancer Conference, 2012年
      • Increase of serum androgen and its metabolites in postmenopausal primary breast cancer patients with disease progression during neo-adjuvant exemestane treatment; JFMC 34-0601 TR
        髙田 正泰
        The 2012 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2012年
      • Relationship between body mass index and preoperative treatment response to aromatase inhibitor exemestane in postmenopausal patients with primary breast cancer
        Takada M
        The 2011 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium, 2011年
      • Development of a clinical prediction model for axillary lymph node metastasis in primary breast cancer patients: a validation study and a literature review
        Takada M
        Global Breast Cancer Conference 2011, 2011年
      • Development of a novel prediction model to predict axillary lymph node metastasis in patients with primary breast cancer
        Takada M
        Kyoto Breast Cancer Consensus Conference, International Convention 2011, 2011年
      • 乳癌患者における末梢循環内皮細胞数の臨床病理学的検討
        髙田正泰; 上野貴之; 田中直; Ali Arwa M; 石黒洋; Abdellah Ashraf Z; 戸井雅和
        第19回日本乳癌学会学術総会, 2011年
      • 高リスク乳癌患者に対する予防的G-CSF併用 第3世代化学療法レジメンの医療経済学的評価 に関する研究
        髙田正泰; 石黒洋; 近藤正英; 星淑玲; 中村清吾; 手良向聡; 柳原一広; 戸井雅和
        第18回日本乳癌学会学術総会, 2010年
      • 決定木を用いた原発性乳癌における腋窩リンパ節転移予測と予測因子の探索
        髙田正泰; 杉本昌弘; 内藤泰宏; 黒井克昌; 冨田勝; 戸井雅和
        第17回日本乳癌学会学術総会, 2009年
      • 乳癌術前化学療法による腫瘍動態の変化と治療予後との関係
        高田正泰; 坂東裕子; 堀口慎一郎; 片岡明美; 大野真司; 佐治重衡; 船田信顕; 上野貴之; 戸井雅和
        第41回日本癌治療学会学術総会, 2003年
      • 新しいアポトーシスマーカーM30を用いた乳癌術前化学療法の効果のモニタリング
        高田正泰; 坂東裕子; 堀口慎一郎; 片岡明美; 大野真司; 佐治重衡; 船田信顕; 上野貴之; 戸井雅和
        第61回日本癌学会学術総会, 2002年

      産業財産権

      • 特許第5603639号, 特開2011-227838, 特願2010-099327, 予測装置の学習装置及びそのコンピュータプログラム
        戸井 雅和; 杉本 昌弘; 高▼田 正泰; 内藤 泰宏
      • 特開2011-227838, 特願2010-099327, 予測装置及びその学習装置並びにそれらのコンピュータプログラム
        戸井 雅和; 杉本 昌弘; 高▼田 正泰; 内藤 泰宏
      • 特願2010-09932, 予測装置及びその学習装置並びにそれらのコンピュータプログラム
        髙田 正泰
      • 特願2018-072647, 画像投影装置
        髙田 正泰
      • 特許6462142, 特願2017-542752, 癌罹患危険度評価装置、プログラム、及び癌罹患危険度評価方法
        髙田 正泰

      受賞

      • 2010年09月01日
        がんプロフェッショナル養成プラン, がんプロフェッショナル養成プラン海外研修受賞
      • 2011年01月01日
        グローバルCOE, グローバルCOEインターンシッププログラム受賞
      • 2015年10月01日
        日本乳癌学会, 乳癌学会International Fellowship Grant受賞
      • 2020年01月27日
        経済産業省, ものづくり日本大賞 経済産業省大臣賞
      • 2010年09月01日
        がんプロフェッショナル養成プラン, がんプロフェッショナル養成プラン海外研修受賞
      • 2011年01月01日
        グローバルCOE, グローバルCOEインターンシッププログラム受賞
      • 2015年10月01日
        日本乳癌学会, 乳癌学会International Fellowship Grant受賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 患者テキストを臨床に活かす医療言語処理基盤の構築
        基盤研究(B)
        小区分62010:生命、健康および医療情報学関連
        奈良先端科学技術大学院大学
        荒牧 英治
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        自然言語処理;医療情報学;臨床医学;患者コミュニケーション
      • 新規概念によるNMR測定を用いた乳がん血清診断法の開発
        基盤研究(B)
        小区分55010:外科学一般および小児外科学関連
        京都大学
        戸井 雅和
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        NMR;乳癌;診断
      • 乳癌診療情報と基礎解析の統合データベースを用いた診療支援ツール開発に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        高田 正泰
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        乳腺外科学;乳癌;データベース;バイオバンク;予測モデル;遺伝子変異;予後予測;治療効果予測;バイオインフォマティクス
      • 血清を用いた新たな乳がん検出法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        竹内 恵
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        乳がん;NMR測定;核磁気共鳴法;パターン認識;スクリーニング

      外部資金:その他

      • 乳癌の診療ビッグデータを活用した個別化診療支援ソフトの開発
        研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ探索タイプ
        自 2015年01月01日, 至 2015年12月31日
        代表
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論G
          3229, 前期後半, 医学部, 1
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生殖科学II
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論G
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        list
          Last Updated :2022/08/06

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2020年, 至 現在
            専門委員, 京都地方裁判所
          • 自 2018年, 至 現在
            診療ガイドライン委員会薬物療法小委員会委員, 日本乳癌学会
          • 自 2018年, 至 現在
            評議員, 日本乳癌学会

          学術貢献活動

          • 第30回日本乳癌学会学術総会
            査読
            自 2022年
          • 第29回日本乳癌学会学術総会
            査読
            自 2021年
          • 第28回日本乳癌学会学術総会
            査読
            自 2020年
          • 第26回日本乳癌学会学術総会
            企画立案・運営等
            自 2018年
          • 事務局
            その他
            第24回京都乳癌コンセンサス会議, 自 2016年04月23日, 至 2016年04月23日
          • 事務局
            その他
            Seoul-Kyoto Breast Cancer Education Seminar, 自 2016年03月06日, 至 2016年03月06日
          • 事務局
            その他
            京都乳癌コンセンサス会議2016国際大会, 自 2016年03月03日, 至 2016年03月06日
          • 事務局
            その他
            第23回京都乳癌コンセンサス会議, 自 2015年09月26日, 至 2015年09月26日
          • 事務局
            その他
            第22回京都乳癌コンセンサス会議, 自 2015年04月04日, 至 2015年04月04日
          • 事務局
            その他
            Seoul-Kyoto Breast Cancer Education Seminar, 自 2014年11月16日, 至 2014年11月16日
          • 事務局
            その他
            第21回京都乳癌コンセンサス会議, 自 2014年11月08日, 至 2014年11月08日

          社会貢献活動

          • 乳癌の治療について
            その他
            ピア患者会特別講演, 自 2013年11月29日, 至 2013年11月29日

          ページ上部へ戻る