教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中村 美知夫

ナカムラ ミチオ

理学研究科 生物科学専攻人類学講座 准教授

中村 美知夫
list
    Last Updated :2024/05/11

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 学際生物科学講座, 准教授

    学部兼担

    • 理学部

    学内兼務

    • 東南アジア地域研究研究所, 学内研究担当教員
    • 理学研究科, 大学院理学研究科 生物科学専攻

    所属学協会

    • 生態人類学会
    • 日本人類学会
    • 日本アフリカ学会
    • 日本霊長類学会
    • Society for Ecological Anthropology
    • The Anthropological Society of Nippon
    • Japan Association for African Studies
    • Primate Society of Japan

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程生物科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程動物学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      熊本県立熊本高等学校

    経歴

    • 自 2016年06月, 至 現在
      京都大学大学院理学研究科 准教授, Graduate School of Science
    • 自 2016年, 至 現在
      Associate Professor, Graduate School of Science, Kyoto University
    • 自 2008年, 至 2016年
      京都大学野生動物研究センター 准教授, Kyoto University
    • 自 2008年, 至 2016年
      Associate Professor, Wildlife Research Center, Kyoto University
    • 自 2007年, 至 2008年
      京都大学大学院理学研究科 助教, Graduate School of Science
    • 自 2004年, 至 2008年
      Assistant Professor, Graduate School of Science, Kyoto University
    • 自 2004年, 至 2007年
      京都大学大学院理学研究科 助手, Graduate School of Science
    • 自 1999年, 至 2004年
      日本モンキーセンター リサーチフェロー
    • 自 1999年, 至 2004年
      Research Fellow, Japan Monkey Centre

    プロフィール

    • プロフィール

      詳しくは以下をご覧ください。

      http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/nakamura/

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/05/11

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        野生チンパンジーの社会・行動の研究

      研究キーワード

      • チンパンジー
      • 人類学
      • Anthropology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 自然人類学

      論文

      • Greetings among female chimpanzees in Mahale, Tanzania
        Michio Nakamura
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2022年07月
      • Longitudinal changes in the targets of chimpanzee (Pan troglodytes) hunts at Mahale Mountains National Park: how and why did they begin to intensively hunt red colobus (Piliocolobus rufomitratus) in the 1980s?
        Kazuhiko Hosaka; Michio Nakamura; Yukio Takahata
        Primates; journal of primatology, 2020年02月24日, 査読有り
      • A five-year-old chimpanzee ranged alone: Reconsidering independence in ranging
        Nakamura M; Nishie H
        Pan Africa News, 2019年06月, 査読有り
      • Wild chimpanzees deprived a leopard of its kill: Implications for the origin of hominin confrontational scavenging.
        Nakamura M; Hosaka K; Itoh N; Matsumoto T; Matsusaka T; Nakazawa N; Nishie H; Sakamaki T; Shimada M; Takahata Y; Yamagami M; Zamma K
        Journal of human evolution, 2019年06月, 査読有り
      • A newborn infant chimpanzee snatched and cannibalized immediately after birth: Implications for “maternity leave” in wild chimpanzee
        Hitonaru Nishie; Michio Nakamura
        American Journal of Physical Anthropology, 2018年01月01日, 査読有り
      • Tongwe Names of Mammals: Special Reference to Mammals Inhabiting The Kasoje Area, Mahale Mountains, Western Tanzania
        NAKAMURA Michio; NAKAZAWA Nobuko; NYUNDO Butati R.; ITOH Noriko
        African Study Monographs, 2017年12月, 査読有り
      • What volume of seeds can a chimpanzee carry in its body?
        Michio Nakamura; Tetsuya Sakamaki; Koichiro Zamma
        PRIMATES, 2017年01月, 査読有り
      • An annular solar eclipse at Mahale: Did chimpanzees exhibit any response?
        Nakamura M; Nishie H
        Pan Africa News, 2016年12月, 査読有り
      • 「サル学」の視座 : 人間以外の社会を理解するとは (特集 霊長類学の最前線)
        中村 美知夫
        現代思想, 2016年12月
      • An observation of a severely disabled infant chimpanzee in the wild and her interactions with her mother
        Takuya Matsumoto; Noriko Itoh; Sana Inoue; Michio Nakamura
        PRIMATES, 2016年01月, 査読有り
      • AppendixⅡ Dietary list
        Itoh N; Zamma K; Matsumoto T; Nishie H; Nakamura M
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, Cambridge University Press, Cambridge, 2015年09月, 査読有り, 招待有り
      • Larger chimpanzee-dispersed seeds are elongated at Mahale, Tanzania: possible consequence of plant-disperser interaction?
        Michio Nakamura; Noriko Itoh
        JOURNAL OF TROPICAL ECOLOGY, 2015年03月, 査読有り
      • Home range
        Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Male-male relationships
        Kazuhiko Hosaka; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Research history
        Michio Nakamura; Kazuhiko Hosaka; Yukio Takahata
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Demography of the M group
        Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Culture
        Hitonaru Nishie; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Female-female relationships
        Noriko Itoh; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Social system: Features and variations
        Noriko Itoh; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Overview of the field site: Mahale mountains and their surroundings
        Michio Nakamura; Noriko Itoh
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Seeds from feces: Implications for seed dispersal and fecal analyses
        Michio Nakamura; Noriko Itoh
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Diet and feeding behavior
        Noriko Itoh; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Mahale flora: Its historical background and long-term changes
        Noriko Itoh; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Conspecific killings
        Michio Nakamura; Noriko Itoh
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Grooming: Its hygienic and social aspects
        Koichiro Zamma; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Orphans and allomothering
        Michio Nakamura; Kazuhiko Hosaka
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Introduction
        Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Conservation and the future
        Kazuhiko Hosaka; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Current status of tourism
        Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Culture and subsistence ecology of the Tongwe, and their significance in chimpanzee research
        Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Diversity of play
        Takahisa Matsusaka; Masaki Shimada; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日
      • Intergroup relationships
        Tetsuya Sakamaki; Michio Nakamura
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日, 査読有り
      • Hidden Risk of Arboreality?: An Arboreal Death of an Infant Chimpanzee at Mahale
        Nakamura Michio; Ramadhani Abdala
        Pan Africa News, 2014年12月
      • Lethal aggression in Pan is better explained by adaptive strategies than human impacts
        Michael L. Wilson; Christophe Boesch; Barbara Fruth; Takeshi Furuichi; Ian C. Gilby; Chie Hashimoto; Catherine L. Hobaiter; Gottfried Hohmann; Noriko Itoh; Kathelijne Koops; Julia N. Lloyd; Tetsuro Matsuzawa; John C. Mitani; Deus C. Mjungu; David Morgan; Martin N. Muller; Roger Mundry; Michio Nakamura; Jill Pruetz; Anne E. Pusey; Julia Riedel; Crickette Sanz; Anne M. Schel; Nicole Simmons; Michel Waller; David P. Watts; Frances White; Roman M. Wittig; Klaus Zuberbuehler; Richard W. Wrangham
        NATURE, 2014年09月, 査読有り
      • Discriminating Saba and Landolphia Seeds in Chimpanzee Feces at Mahale
        Nakamura Michio; Itoh Noriko
        Pan Africa News, 2014年06月
      • Experimental primate archaeology: detecting stone handling by Japanese macaques (Macaca fuscata)
        McGrew W.C; Matsumoto T; Nakamura M; Phillips, C.A; Stewart F.A
        Lithic Technology, 2014年06月, 査読有り
      • Brief Communication: Orphaned Male Chimpanzees Die Young Even After Weaning
        Michio Nakamura; Hitoshige Hayaki; Kazuhiko Hosaka; Noriko Itoh; Koichiro Zamma
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • A leopard ate a chimpanzee: First evidence from East Africa
        Nobuko Nakazawa; Shunkichi Hanamura; Eiji Inoue; Masato Nakatsukasa; Michio Nakamura
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2013年09月, 査読有り
      • Ranging behavior of Mahale chimpanzees: a 16 year study
        Michio Nakamura; Nadia Corp; Mariko Fujimoto; Shiho Fujita; Shunkichi Hanamura; Hitoshige Hayaki; Kazuhiko Hosaka; Michael A. Huffman; Agumi Inaba; Eiji Inoue; Noriko Itoh; Nobuyuki Kutsukake; Mieko Kiyono-Fuse; Takanori Kooriyama; Linda F. Marchant; Akiko Matsumoto-Oda; Takahisa Matsusaka; William C. McGrew; John C. Mitani; Hitonaru Nishie; Koshi Norikoshi; Tetsuya Sakamaki; Masaki Shimada; Linda A. Turner; James V. Wakibara; Koichiro Zamma
        PRIMATES, 2013年04月, 査読有り
      • Ontogeny of a Social Custom in Wild Chimpanzees: Age Changes in Grooming Hand-Clasp at Mahale
        Michio Nakamura; Toshisada Nishida
        American Journal of Primatology, 2013年02月, 査読有り
      • Death of the oldest female at Mahale and some notes about longevity of wild chimpanzees
        Nakamura M; Nishie H
        Pan Africa News, 2012年12月, 査読有り
      • Long-term field studies of chimpanzees at Mahale Mountains national park, Tanzania
        Michio Nakamura
        Long-Term Field Studies of Primates, 2012年07月01日, 査読有り
      • Playing with His Leg: A Case of Imaginary Social Play by an Adolescent Male Chimpanzee at Bossou?
        Nakamura Michio
        Pan Africa News, 2012年06月
      • Obituary: Toshisada Nishida (March 3, 1941-June 7, 2011)
        John C. Mitani; Frans B. M. de Waal; Kazuhiko Hosaka; William C. McGrew; Michio Nakamura; Akisato Nishimura; Richard W. Wrangham; Juichi Yamigiwa
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2012年02月, 査読有り
      • Tool use by Mahale chimpanzees.
        Nakamura M
        Primate Archaeology: An Evolutionary Context for the Emergence of Technology (2012/3, Oxford), 2012年, 査読有り
      • Long-term field studies of chimpanzees at Mahaie Mountains National Park, Tanzania. In: Long-Term Field Studies of Primates.
        Nakamura M; Nishida T
        Kappeler PM, Watts DP (eds), Springer, Heidelberg, pp. 33^356., 2012年, 査読有り
      • マハレ山塊国立公園(タンザニア)(<連載1>野外研究サイトから(20))
        伊藤 詞子; 中村 美知夫; 座馬 耕一郎; 五百部 裕; 保坂 和彦
        日本生態学会誌, 2012年
      • Rates of lethal aggression in chimpanzees depend on the number of adult males rather than measures of human disturbance
        Michael L. Wilson; Christophe Boesch; Takeshi Furuichi; Ian C. Gilby; Chie Hashimoto; Gottfried Hohmann; Noriko Itoh; Tetsuro Matsuzawa; John Mitani; Deus C. Mjungu; David Morgan; Michio Nakamura; Jill Pruetz; Anne E. Pusey; Crickette Sanz; Nicole Simmons; Frances White; David P. Watts; Klaus Zuberbuhler; Richard W. Wrangham
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2012年, 査読有り
      • Immigration of a Large Number of Adolescent Female Chimpanzees into the Mahale M Group
        Hayakawa Takashi; Nakashima Mai; Nakamura Michio
        Pan Africa News, 2011年06月, 査読有り
      • Habitat use of bush hyrax in the miombo woodland, Ugalla, Tanzania.
        Iida E. Idani; G; Nakamura M
        VIth European COngress of Mammalogy (2011/7, Paris), 2011年, 査読有り
      • Comparison of social behaviors. In: The Chimpanzees of Bossou and Nimba
        Nakamura M
        Matsuzawa T, Humle T, Sugiyama Y (eds), Springer, Tokyo, pp.251-263, 2011年, 査読有り
      • Long-term changes in the social and natural environments surrounding the chimpanzees of the mahale mountains national park
        N. Itoh; M. Nakamura; H. Ihobe; S. Uehara; K. Zamma; L. Pintea; A. Seimon; T. Nishida
        The Ecological Impact of Long-Term Changes in Africa\\'s Rift Valley, 2011年, 査読有り
      • 社会の学としての霊長類学:『他者』としての他個体と『社会的な複雑さ』社会が複雑であるとはどういうことか?―社会の個体の関わりについての問題提起―
        中村美知夫
        霊長類研究, 2010年12月20日
      • コメントに対するリプライ
        中村 美知夫; 小川 秀司; 花村 俊吉
        霊長類研究 = Primate research, 2010年12月20日
      • 社会が複雑であるとはどういうことか? : 社会と個体の関わりについての問題提起
        中村 美知夫
        霊長類研究 = Primate research, 2010年12月20日
      • リプライ--全体性と歴史性と分からなさ (特集 社会の学としての霊長類学--『他者』としての他個体と『社会的な複雑さ』) -- (コメントに対するリプライ)
        中村 美知夫
        霊長類研究, 2010年12月
      • インタラクションの境界と接続 -サル・人・会話研究から
        木村大治; 中村美知夫; 高梨克也
        445pp. 昭和堂, 2010年, 査読有り
      • How adult male chimpanzees of Mahale acquire the alpha status?
        Nishida T; Inaba A; Itoh N; Kooriyama T; Nakamura M; Nishie H; Sakamaki T; Zamma K
        International Primatological Society XXIII Congress (2010/09, Kyoto)., 2010年, 査読有り
      • Ubiquity of culture and possible social inheritance of sociality among wild chimpan-zees. In: The Mind of the Chimpanzee: Ecological and Experimental Perspectives
        Nakamura M
        Lonsdorf EV, Ross SR, Matsuzawa T (eds), University of Chicago Press, pp. 156–167., 2010年, 査読有り
      • 読解:ほかのやり方.
        中村美知夫
        「インタラクショ ンの境界と接続―サル・人・会話研究から」 木村大 治, 中村美知夫, 高梨克也 (編), 昭和堂, pp. 252-253., 2010年, 査読有り
      • 霊長類学におけるインタラクション 研究―その独自性と可能性.
        中村美知夫
        「インタラクションの境 界と接続―霊長類とヒトの事例から」 木村大治, 中 村美知夫, 高梨克也 (編), 昭和堂, pp. 19-26., 2010年, 査読有り
      • リプライ―全体性と歴史性と分からなさ.
        中村美知夫
        「霊長類研究」 26: 205–209., 2010年, 査読有り
      • 「接触」という相互行為―原初的対称性から考える社会性の進化
        中村美知夫
        「人間文化」 27:8–12., 2010年, 査読有り
      • 「接触」という相互行為--原初的対称性から考える社会性の進化 (小特集 霊長類学と人類学の架橋--『伊谷純一郎著作集』完結を記念して)
        中村 美知夫
        人間文化, 2010年
      • Aesthete in the Forest? A Female Chimpanzee at Mahale Collected and Carried Guineafowl Feathers
        Nakamura Michio
        Pan Africa News, 2009年12月
      • Prevalence of muzzle-rubbing and hand-rubbing behavior in wild chimpanzees in Mahale Mountains National Park, Tanzania
        Nadia Corp; Hitoshige Hayaki; Takahisa Matsusaka; Shiho Fujita; Kazuhiko Hosaka; Nobuyuki Kutsukake; Michio Nakamura; Miho Nakamura; Hitonaru Nishie; Masaki Shimada; Koichiro Zamma; William Wallauer; Toshisada Nishida
        PRIMATES, 2009年04月, 査読有り
      • Interaction studies in Japanese primatology: their scope, uniqueness, and the future
        Michio Nakamura
        PRIMATES, 2009年04月, 査読有り
      • Chimpanzee tourism in relation to the viewing regulations at the Mahale Mountains National Park, Tanzania
        Michio Nakamura; Toshisada Nishida
        Primate Conservation, 2009年03月, 査読有り
      • Long-term field studies of chimpanzees at Mahale Mountains National Park, Tanzania.
        Nakamura M
        Göttingen Freilandtage: Long-Term Field Studies of Primates (2009/12, Göttingen)., 2009年, 査読有り
      • 「チンパンジー―ことばのない彼らが語ること」
        中村美知夫
        中公新書.(2009), 2009年, 査読有り
      • チンパンジーの暮らす森.
        中村美知夫
        「森発 見」 15: 15., 2009年, 査読有り
      • 霊長類の文化
        中村 美知夫
        霊長類研究, 2009年
      • 社会の学としての霊長類学 : 特集の趣旨説明
        中村 美知夫; 田代 靖子; 伊藤 詞子
        霊長類研究 = Primate research, 2008年12月20日, 査読有り
      • Descriptive epidemiology of fatal respiratory outbreaks and detection of a human-related metapneumovirus in wild chimpanzees (Pan troglodytes) at Mahale Mountains National Park, western Tanzania
        Taranjit Kaur; Jatinder Singh; Suxiang Tong; Charles Humphrey; Donna Clevenger; Wendy Tan; Brian Szekely; Yuhan Wang; Yan Li; Epaphras Aux Muse; Mieko Kiyono; Shunkichi Hanamura; Eiji Inoue; Michio Nakamura; Michael A. Huffman; Baoming Jiang; Toshisada Nishida
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2008年08月, 査読有り
      • Long-term research and conservation in the Mahale Mountains, Tanzania
        Toshisada Nishida; Michio Nakamura
        SCIENCE AND CONSERVATION IN AFRICAN FORESTS: THE BENEFITS OF LONG-TERM RESEARCH, 2008年, 査読有り
      • 自由集会4:社会の学としての霊長類学―順位・権力・平等性.
        西江仁徳; 中村美知夫; 伊藤詞子
        (2008) 「霊長類研究」24(2): 159‒160., 2008年, 査読有り
      • 社会の学としての霊長類学:あとがき.
        田代靖子; 中村美知夫; 伊藤詞子
        (2008) 「霊長類研究」 24(2):151., 2008年, 査読有り
      • Chimpanzee deaths at Mahale caused by a flu-like disease
        Shunkichi Hanamura; Mieko Kiyono; Magdalena Lukasik-Braum; Titus Mlengeya; Mariko Fujimoto; Michio Nakamura; Toshisada Nishida
        PRIMATES, 2008年01月, 査読有り
      • Evidence for cultural differences in diet between two neighboring unit groups of chimpanzees in the Mahale Mountains National Park, Tanzania.
        Sakamaki T; Nakamura M; Nishida T
        Pan Africa News, 2007年, 査読有り
      • 霊長類学と生態人類学--「進化」は二つを繋ぐのか (特集 変貌するアフリカ・変貌する諸学との対話へむけて--21世紀のアフリカ研究と生態人類学)
        中村 美知夫
        アフリカ研究, 2006年12月
      • Tool-use for drinking water by immature chimpanzees of Mahale: prevalence of an unessential behavior
        T Matsusaka; H Nishie; M Shimada; N Kutsukake; K Zamma; M Nakamura; T Nishida
        PRIMATES, 2006年04月, 査読有り
      • Subtle behavioral variation in wild chimpanzees, with special reference to Imanishi's concept of kaluchua
        M Nakamura; T Nishida
        PRIMATES, 2006年01月, 査読有り
      • 言語のない社会を記述するとはどういうことか (私にとっての「伊谷学」--その継承と展開)
        中村 美知夫
        人間文化, 2006年
      • 野生チンパンジー研究の現状-2000年から2004年までに学術誌に発表された論文の傾向から
        中村 美知夫
        霊長類研究 = Primate research, 2005年07月20日
      • Survey of the southern part of the Mahale Mountains
        Nakamura M; Nishie H; Mwinuka C
        Pan Africa News, 2005年06月, 査読有り
      • マハレにおけるチンパンジーとその棲息地の保護の現状
        中村 美知夫; 西田 利貞
        霊長類研究 = Primate research, 2004年06月30日
      • 野生霊長類の遺体, 特にその骨や歯からの個体識別について : タンザニア, マハレ山塊国立公園における野生チンパンジーの事例から
        中井 將嗣; 伊藤 詞子; 中村 美知夫; HUFFMAN Michael A.; 西田 利貞
        霊長類研究 = Primate research, 2004年06月30日
      • Proximate factors of different types of grooming hand-clasp in mahale chimpanzees: Implications for chimpanzee social customs
        M Nakamura; S Uehara
        CURRENT ANTHROPOLOGY, 2004年02月, 査読有り
      • マハレでのチンパンジー長期研究と保護
        中村 美知夫
        国立科学博物館ニュース,424/ , 10-11, 2004年, 査読有り
      • 霊長類の毛づくろいと言語の起源 (特集 言語と人類の起源)
        中村 美知夫
        大航海, 2004年
      • Demography, female life history, and reproductive profiles among the chimpanzees of Mahale
        T Nishida; N Corp; M Hamai; T Hasegawa; M Hiraiwa-Hasegawa; K Hosaka; KD Hunt; N Itoh; K Kawanaka; A Matsumoto-Oda; JC Mitani; M Nakamura; K Norikoshi; T Sakamaki; L Turner; S Uehara; K Zamma
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2003年03月, 査読有り
      • 'Gatherings' of social grooming among wild chimpanzees: implications for evolution of sociality
        M Nakamura
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2003年01月, 査読有り
      • チンパンジー文化研究を問う (特集2 文化と社会性の起源--進化の隣人に探る--私たち現代人が見失った何かが見つかるかもしれない)
        中村 美知夫
        エコソフィア, 2003年
      • Sharing of Wild Fruits among Male Chimpanzees: Two Cases from Mahale, Tanzania
        Nakamura Michio; Itoh Noriko
        Pan Africa News, 2001年12月
      • Social Scratch : Another Custom in Wild Chimpanzees?
        Nakamura Michio; McGrew William C.; Nishida Toshisada; NISHIDA TOSHISADA
        Primates : journal of primatology, 2000年07月31日
      • Is human conversation more efficient than chimpanzee grooming? Comparison of clique sizes
        M Nakamura
        HUMAN NATURE-AN INTERDISCIPLINARY BIOSOCIAL PERSPECTIVE, 2000年, 査読有り
      • 調査地紹介 : マハレ山塊国立公園(タンザニア連合共和国)
        中村 美知夫; 伊藤 詞子; 坂巻 哲也
        霊長類研究 = Primate research, 1999年10月01日
      • Ethogram and ethnography of Mahale chimpanzees
        T Nishida; T Kano; J Goodall; WC McGrew; M Nakamura
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 1999年04月, 査読有り
      • コミュニケ-ションとしての毛づくろい?--チンパンジ-の毛づくろいの諸特徴から (特集 類人猿の行動と文化の多様性--ヒト化への手がかりを探る/山極寿一企画)
        中村 美知夫
        遺伝, 1999年01月
      • First Observed Case of Chimpanzee Predation on Yellow Baboons (Papio cynocephalus) at the Mahale Mountains National Park.
        Nakamura Michio
        Pan Africa News, 1997年12月

      MISC

      • Book Review: Chimpanzee Culture Wars: Rethinking Human Nature alongside Japanese, European, and American Cultural Primatologists.
        中村 美知夫
        Pan Afr News, 2020年, 査読有り
      • 野生チンパンジーの長期研究
        中村 美知夫
        弘報, 2019年
      • 肉食獣と私たちの祖先との関係は?
        中村 美知夫
        モンキー, 2019年
      • チンパンジーのメス同士の「挨拶」
        中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2019年
      • チンパンジーがヒョウから獲物を奪う
        中村 美知夫; 山上 昌紘
        霊長類研究 Supplement, 2017年
      • どこまでが「人間」?どこまでが「もの」?――動物からの問い
        中村美知夫; ナカムラ ミチオ; NAKAMURA Michio
        Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編], 2016年01月20日
      • Mahale 50 Book Coming Soon
        Nakamura Michio; Hosaka Kazuhiko; Itoh Noriko; Zamma Koichiro
        Pan Africa News, 2015年06月
      • Preface
        Michio Nakamura; Kazuhiko Hosaka; Noriko Itoh; Koichiro Zamma
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日
      • Mahale chimpanzees: 50 years of research
        Michio Nakamura; Kazuhiko Hosaka; Noriko Itoh; Koichiro Zamma
        Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research, 2015年01月01日
      • 野生チンパンジー研究の50年―長期研究の重要性と今後の展望
        中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • マハレのチンパンジーの果実採食の季節性と年変動―とくにSaba comorensisの重要性に着目して
        中村 美知夫; 伊藤 詞子
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • マハレ山塊国立公園のチンパンジーM集団内における手のひら型対角毛づくろいの伝播
        島田 将喜; 西江 仁徳; 中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • 小大連携による環境教育プログラムとマルチメディア教材の実践的開発[成果報告]
        保坂 和彦; 早石 周平; 中島 朋紀; 土門 容子; 清水 貴史; 中村 美知夫
        鎌倉女子大学学術研究所報 = The journal of the Institute for Humanistic Studies, Kamakura Women's University, 2014年03月31日
      • 小大連携による環境教育プログラムとマルチメディア教材の実践的開発[平成24年度中間報告]
        保坂 和彦; 早石 周平; 中島 朋紀; 土門 容子; 清水 貴史; 中村 美知夫
        鎌倉女子大学学術研究所報 = The journal of the Institute for Humanistic Studies, Kamakura Women's University, 2013年03月31日
      • リーフクリッピングは "求愛誇示"ではない:タンザニア・マハレM 集団のチンパンジーのリーフクリッピング高度の記述から
        西江 仁徳; 井上 英治; 松阪 崇久; 中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2013年
      • チンパンジーのフィールドで「描く」
        中村 美知夫; ナカムラ ミチオ; NAKAMURA Michio
        Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編], 2012年07月10日
      • 身体障害のある野生チンパンジーのアカンボウの症例と周辺個体の対応
        中村 美知夫; 井上 紗奈; 伊藤 詞子
        霊長類研究 Supplement, 2012年
      • 西田さんとの最後の日
        中村 美知夫
        Pan Africa News, 2011年09月
      • マハレのチンパンジーの遊動域―16年間のデータから
        中村 美知夫; 井上 英治; 伊藤 詞子; 川中 健二; 沓掛 展之; 清野(布施) 未恵子; 郡山 尚紀; マーシャント リンダ F; 松本 晶子; 松阪 崇久; マックグルー ウィリアム C; コープ ナディア; ミタニ ジョン C; 西江 仁徳; 乗越 皓司; 坂巻 哲也; 島田 将喜; ターナー リンダ A; 上原 重男; ワキバラ ジェームズ V; 座馬 耕一郎; 西田 利貞; 藤本 麻里子; 藤田 志歩; 花村 俊吉; 早木 仁成; 保坂 和彦; ハフマン マイケル A; 稲葉 あぐみ
        霊長類研究 Supplement, 2011年
      • マハレのチンプ( ん?)紹介一第17回 ダーウィン.
        中村美知夫
        「マハレ珍聞」17: 9., 2011年, 査読有り
      • マハレの森の動物たち
        中村美知夫
        「生き物たちのつづれ織り」5:128-132., 2011年, 査読有り
      • Habitat use of bush hyraxes in Mahale
        Iida E; Nakamura M; Idani G
        International Symposium “Hope-GM Lectures on Primate Mind and Society” (2010/03, Kyoto)., 2010年, 査読有り
      • マハレ山塊国立公園におけるエコツーリズムがチンパンジーの健康状態に及ぼす影響
        藤田 志歩; 伊藤 詞子; 松阪 崇久; 西田 利貞; 座馬 耕一郎; 花村 俊吉; 中村 美知夫; 清野(布施) 未恵子; 坂巻 哲也; 郡山 尚紀; 島田 将喜; 稲葉 あぐみ
        霊長類研究 Supplement, 2009年
      • 日本大使がマハレを訪問.
        中村美知夫
        「マハレ 珍聞」 14: 1., 2009年
      • Long-term changes in the social and natural environments surrounding the chimpanzees of the Mahale Mts. National Park
        Itoh N; Nakamura M; Ihobe H; Nishida T
        Conference on Long Term Changes in Protected Areas of the Albertine Rift (2009/01, Kampala), 2009年, 査読有り
      • チンパンジーってどんな生き物?
        中村美知夫
        タンザニア日本人補習校特別講師 (2009/05, ダル エスサラーム), 2009年, 招待有り
      • 社会の学としての霊長類学 : 特集の趣旨説明
        中村 美知夫; 田代 靖子; 伊藤 詞子
        霊長類研究 = Primate research, 2008年12月20日
      • あとがき
        田代 靖子; 中村 美知夫; 伊藤 詞子
        霊長類研究 = Primate research, 2008年12月20日
      • Developmental process of grooming hand-clasp by chimpanzees of the Mahale Mountains, Tanzania.
        Nakamura M; Nishida T
        The XXII Congress of The International Primatological Society. (2008/08, Edinburgh)., 2008年, 査読有り
      • Behavioral differences between neighboring groups of chimpanzees at Mahale.
        Nakamura M
        On Human Nature: Symposium of Comparative Cognitive Science. (2008/05, Kyoto), 2008年, 査読有り
      • 書評:「人類が消えた世界」アラン・ワイズマン著, 鬼沢忍訳.
        中村美知夫
        (2008) 書評:「人類が消えた世界」アラン・ワイズマン著, 鬼沢忍訳. 「共同通信の配信する地方紙」 5 月11 日版または5 月18 日版., 2008年, 査読有り
      • 社会の学としての霊長類学-順位・権力・平等性
        西江 仁徳; 中村 美知夫; 伊藤 詞子
        霊長類研究 Supplement, 2008年
      • 夜のカンシアナ.
        中村美知夫
        (2008)「マハレ珍聞」12:5‒6., 2008年, 査読有り
      • 人付け過程におけるチンパンジーの人への反応:タンザニア、マハレ山塊国立公園
        坂巻 哲也; 中村 美知夫; 伊藤 詞子; 座馬 耕一郎
        霊長類研究 Supplement, 2007年
      • マハレのチンパンジーにおける病気の流行について
        西田 利貞; 西江 仁徳; 坂巻 哲也; 島田 将喜; 座馬 耕一郎; 藤本 麻里子; 藤田 志歩; 花村 俊吉; 井上 英治; 伊藤 詞子; 清野 未恵子; 松阪 崇久; 中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2007年
      • 社会の学としての霊長類学
        中村 美知夫; 田代 靖子; 伊藤 詞子
        霊長類研究 Supplement, 2007年
      • A New Code of Observation Employed at Mahale: Prevention against a Flu-like Disease
        Hanamura Shunkichi; Kiyono Mieko; Nakamura Michio; Sakamaki Tetsuya; Itoh Noriko; Zamma Koichiro; Kitopeni Rashidi; Matumula Moshi; Nishida Toshisada
        Pan Africa News, 2006年12月
      • 講演1 「他者」としての霊長類,「他者」としてのアフリカ:一人のチンパンジー研究者にとっての生態人類学 (学会通信 日本アフリカ学会第42回学術大会記念シンポジウム報告 変貌するアフリカ・変貌する諸学との対話--生態人類学,47年後の意味)
        中村 美知夫
        アフリカ研究, 2006年03月
      • マハレのチンパンジー、Miyako集団(Y集団)の予備調査報告:隣接するM集団との行動比較
        坂巻 哲也; 中村 美知夫; 伊藤 詞子; 松谷 光絵; 西田 利貞
        霊長類研究 Supplement, 2006年
      • 日本アフリカ学会第42回学術大会記念シンポジウム報告:変貌するアフリカ・変貌する諸学との対話―生態入類学、47年後の意昧
        中村 美知夫; 木村 大治; 池谷 和信; 今村 薫; 曽我 亨; 河合 香吏; 真島 一郎
        アフリカ研究, 2006年
      • GRASP-Japan:日本人による大型類人猿の研究と保全活動
        西田 利貞; 伊谷 原一; 山極 寿一; 竹ノ下 祐二; 中村 美知夫; 橋本 千絵; 山越 言; 鈴木 晃
        霊長類研究 Supplement, 2005年
      • Book Reviews: Dorothy M. Fragaszy and Susan Perry (eds): The biology of traditions: models and evidence, Cambridge University Press, Cambridge
        Nakamura Michio
        Primates, 2004年10月
      • 自分の足と遊ぶ:-チンパンジーのワカモノ雄による想像的な遊び-
        中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2004年
      • マハレの未成熟チンパンジーに広がる、道具を用いた水飲み行動
        松阪 崇久; 島田 将喜; 座馬 耕一郎; 中村 美知夫; 西田 利貞
        霊長類研究 Supplement, 2004年
      • 「感情の猿=人」 菅原和孝 著
        中村 美知夫
        霊長類研究, 2003年
      • Plant food sharing among wild chimpanzees: Two cases from Mahale, Tanzania.
        M Nakamura; N Itoh
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • What does diversity in cultural behaviour of chimpanzees tell us with respect to their conservation?
        Uehara S; Nakamura M
        3rd TAWIRI (Tanzania Wildlife Research Institute) Annual Scientific Conference: Application of Research Results in the Conservation of Wildlife Resources. (Dec. 2002, Arusha, Tanzania) Abstracts : 36., 2002年, 査読有り
      • Local customs in wild chimpanzees: The grooming hand-clasp in the Mahale Mountains, Tanzania.
        WC McGrew; LF Marchant; M Nakamura; T Nishida
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2001年
      • 「動物の『食』に学ぶ」西田利貞 著
        中村 美知夫
        霊長類研究, 2001年

      講演・口頭発表等

      • チンパンジーがヒョウから獲物を奪う
        中村美知夫; 山上昌紘
        霊長類研究, 2017年07月01日
      • タンザニアにおけるヒョウの長距離音声利用
        大谷ミア; 仲澤伸子; 中村美知夫
        日本動物行動学会大会発表要旨集, 2015年11月
      • マハレ山塊国立公園のチンパンジーM集団内における手のひら型対角毛づくろいの伝播
        島田将喜; 西江仁徳; 中村美知夫
        霊長類研究, 2015年06月20日
      • マハレのチンパンジーの果実採食の季節性と年変動―とくにSaba comorensisの重要性に着目して
        中村美知夫; 伊藤詞子
        霊長類研究, 2015年06月20日
      • 野生チンパンジー研究の50年―長期研究の重要性と今後の展望
        中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • マハレのチンパンジーの果実採食の季節性と年変動―とくにSaba comorensisの重要性に着目して
        中村 美知夫; 伊藤 詞子
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • リーフクリッピングは“求愛誇示”ではない:タンザニア・マハレM集団のチンパンジーのリーフクリッピング行動の記述から
        西江仁徳; 井上英治; 松阪崇久; 中村美知夫
        霊長類研究, 2013年09月06日
      • リーフクリッピングは "求愛誇示"ではない:タンザニア・マハレM 集団のチンパンジーのリーフクリッピング高度の記述から
        西江 仁徳; 井上 英治; 松阪 崇久; 中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2013年
      • 身体障害のある野生チンパンジーのアカンボウの症例と周辺個体の対応
        中村美知夫; 井上紗奈; 伊藤詞子
        霊長類研究, 2012年07月01日
      • Rates of lethal aggression in chimpanzees depend on the number of adult males rather than measures of human disturbance
        Wilson Michael L; Boesch Christophe; Furuichi Takeshi; Gilby Ian C; Hashimoto Chie; Hohmann Gottfried; Itoh Noriko; Matsuzawa Tetsuro; Mitani John; Mjungu Deus C; Morgan David; Nakamura Michio; Pruetz Jill; Pusey Anne E; Sanz Crickette; Simmons Nicole; White Frances; Watts David P; Zuberbuhler Klaus; Wrangham Richard W
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2012年
      • マハレのチンパンジーの遊動域―16年間のデータから
        中村美知夫; CORP Nadia; 藤本麻里子; 藤田志歩; 花村俊吉; 早木仁成; 保坂和彦; HUFFMAN Michael A; 稲葉あぐみ; 井上英治; 伊藤詞子; 川中健二; 沓掛展之; 清野(布施; 未恵子; 郡山尚紀; MARCHANT Linda F; 松本晶子; 松阪崇久; MCGREW William C; MITANI John C; 西江仁徳; 乗越皓司; 坂巻哲也; 島田将喜; TURNER Linda A; 上原重男; WAKIBARA James; 座馬耕一郎; 西田利貞
        霊長類研究, 2011年07月01日
      • 構築されるチンパンジーのドミナンス―まばらな交渉マトリクスから導かれるチンパンジーのメスのドミナンス順位の検討
        中村美知夫
        「ヒトを含む霊長類における社会的インタラクションの研究」研究会.(2011/01, 山梨)., 2011年
      • マハレ山塊国立公園の野生チンパンジーを取り巻く環境の長期的変動
        伊藤詞子; 中村美知夫; 五百部裕; 上原重男; 座馬耕一郎; Seimon A; Pintea L; 西田利貞
        SAGA13. (2010/11, 神奈川)., 2010年
      • 継承されるシステムの一つとしての制度―動物から制度を考える
        中村美知夫
        2010年度第2 回「人類社会の進化史的基盤研究(2)」研究会. (2010/07,東京), 2010年
      • マハレ山塊国立公園におけるエコツーリズムがチンパンジーの健康状態に及ぼす影響
        藤田志歩; 座馬耕一郎; 花村俊吉; 稲葉あぐみ; 中村 美知夫; 清野(布施; 未恵子; 坂巻哲也; 郡山尚紀; 島田将喜; 伊藤詞子; 松阪崇久; 西田利貞
        第25 回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原), 2009年07月01日
      • チンパンジーにおける複数個体間の相互行為.
        中村美知夫
        (2009) コミュニケーションの自然誌研究会(2009/02, 京都)., 2009年
      • 社会が複雑であるとはどういうことか?―社会と個体の関わりについての問題提起.
        中村美知夫
        (2009) 第25 回日本霊長類学会大会 自由集会「社会の学とし ての霊長類学―「他者」としての他個体と「社会的な 複雑さ」 (2009/07, 各務原)., 2009年
      • 趣旨説明
        中村美知夫
        第24 回日本霊長類学会大会 自由集会「社会の学としての霊長類学―順位・権力・平等性―」 (東京)., 2008年
      • チンパンジーの社会行動の文化的変異.
        中村美知夫
        (2008) 第24 回日本霊長類学会大会 自由集会「ニホンザルにおける社会行動の文化的変異:情報収集のためのネットワーク作り」 (2008/07, 東京)., 2008年
      • チンパンジーのメスの社会性. 人類社会進化論の再構築─霊長類と人間社会の構造論的架橋.
        中村美知夫
        (2008) 2008 年度第2回共同研究会 (2008/10,神戸)., 2008年
      • チンパンジーは本当に暴力的か?―競争原理と霊長類の社会―.
        中村美知夫
        (2008) 日本人類学会・進化人類学分科会第21 回シンポジウム「霊長類の暴力とその解決法の進化」 (2008/06, 京都)., 2008年
      • 人付け過程におけるチンパンジーの人への反応:タンザニア,マハレ山塊国立公園
        坂巻哲也; 中村美知夫; 伊藤詞子; 座馬耕一郎
        霊長類研究, 2007年07月01日
      • マハレのチンパンジーにおける病気の流行について
        西田利貞; 藤本麻里子; 藤田志歩; 花村俊吉; 井上英治; 伊藤詞子; 清野未恵子; 松阪崇久; 中村美知夫; 西江仁徳; 坂巻哲也; 島田将喜; 座馬耕一郎
        霊長類研究, 2007年07月01日
      • マハレのチンパンジー,Miyako集団(Y集団)の予備調査報告:隣接するM集団との行動比較
        坂巻哲也; 中村美知夫; 伊藤詞子; 松谷光絵; 西田利貞
        霊長類研究, 2006年07月01日
      • 講演1 「他者」としての霊長類,「他者」としてのアフリカ:一人のチンパンジー研究者にとっての生態人類学 (学会通信 日本アフリカ学会第42回学術大会記念シンポジウム報告 変貌するアフリカ・変貌する諸学との対話--生態人類学,47年後の意味)
        中村 美知夫
        アフリカ研究, 2006年03月
      • GRASP-Japan:日本人による大型類人猿の研究と保全活動
        西田 利貞; 伊谷 原一; 山極 寿一; 竹ノ下 祐二; 中村 美知夫; 橋本 千絵; 山越 言; 鈴木 晃
        霊長類研究 Supplement, 2005年
      • 自分の足と遊ぶ:-チンパンジーのワカモノ雄による想像的な遊び-
        中村 美知夫
        霊長類研究 Supplement, 2004年
      • マハレの未成熟チンパンジーに広がる道具を用いた水飲み行動
        松阪崇久; 島田将喜; 座馬耕一郎; 中村美知夫; 西田利貞
        第20回日本霊長類学会 (2004年7月, 犬山). \n松阪崇久, 島田将喜(京都大・理・人類進化論)座馬耕一郎(京都大・霊長研),中村美知夫,西田利貞(日本モンキーセンター) (2004), 2004年
      • 動物園を利用した教員研修会-SAGAを利用した教育活動への協力の事例
        山中敦子; 友永雅己; 上野吉一; 木村直人; 中村美知夫
        (2003年11月, 日野). プログラム : 37, 2003年
      • マハレのチンパンジーの対角毛づくろいにおける組み手
        上原重男; 中村美知夫
        日本アフリカ学会第39回学術大会 (2002年5月, 仙台) 研究発表要旨 : 78, 2002年
      • 奈良県、和歌山県における猿害の実態とニホンザルの分布
        小田亮; 松本晶子; 中村美知夫; 春成学; 五百部裕
        第14回日本霊長類学会大会 (1998年6月, 岡山). 霊長類研究 14 (3): 258., 1998年
      • 発話の権利
        定延, 利之; 中村, 美知夫; 園田, 浩司; 木村, 大治; 細馬, 宏通; 串田, 秀也; 村田, 和代; 高梨, 克也
        ひつじ書房, 2020年12月
      • 他者 : 人類社会の進化
        河合 香吏; 黒田 末寿; 中村 美知夫; 曽我 亨; 北村 光二; 早木 仁成; 西江 仁徳; 伊藤 詞子; 花村 俊吉; 大村 敬一; 杉山 祐子; 西井 凉子; 田中 雅一; 内堀 基光; 山越 言; 足立 薫; 竹ノ下 祐二; 床呂 郁哉; 船曳 建夫
        京都大学学術出版会, 2016年, 査読無し
      • 霊長類学の最前線
        山極 寿一; 古市 剛史; 中川 尚史; 中村 美知夫; 久保 明教
        青土社, 2016年, 査読無し
      • Mahale chimpanzees : 50 years of research
        中村 美知夫; 保坂 和彦; 伊藤 詞子; Zamma Koichiro
        Cambridge University Press, 2015年, 査読無し
      • 「サル学」の系譜 : 人とチンパンジーの50年
        中村 美知夫
        中央公論新社, 2015年, 査読無し
      • インタラクションの境界と接続 : サル・人・会話研究から
        木村 大治; 中村 美知夫; 高梨 克也
        昭和堂, 2010年, 査読無し
      • 「チンパンジー―ことばのない彼ら が語ること」
        中村美知夫, 単著
        中公新書., 2009年, 査読無し
      • 同時に「する」毛づくろい―チンパンジーの相行為からみる社会と文化―
        中村 美知夫
        人間性と起源と進化(昭和堂),264-292, 2003年, 査読無し
      • Grooming-hand-clasp in Mahale M group chimpanzees : implication for culture in social behaviours.
        中村 美知夫
        Behavioural Diversity in Chimpanzees and Bonobos (Cambridge University Press),71-83, 2002年, 査読無し
      • 集まりとなる毛づくろい
        中村 美知夫
        マハレのチンパンジー≪パンスロポロジー≫の37年―(京都大学学術出版会),345-367, 2002年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 野生チンパンジーの調査
      • Field study of wild chimpanzees.

      受賞

      • 2003年
        日本霊長類学会高島賞Takashima Prize

      外部資金:科学研究費補助金

      • 大型類人猿と大型食肉目―人類進化において肉食動物はどのような役割を果たしたのか
        基盤研究(B)
        小区分45050:自然人類学関連
        京都大学
        中村 美知夫
        自 2023年04月01日, 至 2028年03月31日, 交付
        大型類人猿;大型食肉目
      • 料理がヒトの食性の進化に与えた影響の解明
        基盤研究(B)
        小区分45050:自然人類学関連
        京都大学
        半谷 吾郎
        自 2023年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        料理;食性;二次代謝物質;採食生態学;霊長類
      • オラリティの進化史的基盤―対面状況での類人猿の共在機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        中村 美知夫
        自 2017年07月18日, 至 2023年03月31日, 完了
        相互行為
      • 言語の創発過程の人類学的研究
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        東京大学
        井原 泰雄
        自 2017年06月30日, 至 2022年03月31日, 完了
        人類学;考古学;霊長類学;進化理論;比較認知科学
      • 老いの姿はなぜさまざまなのか―進化の隣人チンパンジーの多様な加齢プロセスに探る
        基盤研究(B)
        京都大学
        中村 美穂
        自 2016年07月19日, 至 2020年03月31日, 完了
        老齢学;老化;チンパンジー;人類進化
      • 「老いの文化」の形成と機能に関する比較に基づく人類学的研究
        基盤研究(B)
        放送大学
        内堀 基光
        自 2015年07月10日, 至 2019年03月31日, 完了
        老年学;生涯学;高齢者ケア;ライフコース;異世代間関係;老人学;老年ケア;生涯コース;小規模人口学;マレーシア先住民社会;フィンランド;チンパンジー社会;高齢社会;老人文化;生涯;異世代間インタラクション;ジェロントロジー;老年;世代間インタラクション;ケア;沖縄;アメリカ合衆国;マレーシア;チンパンジー
      • 血縁を越えた協力の進化
        基盤研究(B)
        京都大学
        中村 美知夫
        自 2015年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        チンパンジー;協力の進化;霊長類;人類学
      • ホモルーデンスの誕生-遊びとネットワークを通してみるコドモ社会の種間比較
        基盤研究(B)
        帝京科学大学
        島田 将喜
        自 2014年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        社会ネットワーク分析;ホモルーデンス;子ども;トングウェ;チンパンジー;ニホンザル;認知心理学実験;遊び;子ども社会;人類進化論;社会的ネットワーク分析;社会ネットワーク;社会的ネットワーク
      • 野生チンパンジーの隣接二集団間の文化比較
        若手研究(B)
        京都大学
        中村 美知夫
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        社会;文化;チンパンジー
      • 希少野生動物のDNA Zooと遺伝子解析による行動予測システムの構築
        基盤研究(B)
        京都大学
        村山 美穂
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        遺伝資源保全;野生動物;血縁解析;遺伝子多様性;行動解析
      • 人類社会進化論の再構築-霊長類と人間社会の構造論的架橋
        基盤研究(C)
        神戸学院大学
        寺嶋 秀明
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        社会進化;文化人類学;生態人類学;霊長類学;社会構造;コミュニケーション;制度;互酬性;相互行為;人類社会;人類学;人類進化;ホミニゼーション(ヒト化)
      • 野生チンパンジーにおける文化的行動の発達と新奇行動の流行現象
        基盤研究(A)
        財団法人日本モンキーセンター
        西田 利貞
        自 2007年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        文化;流行;学習;発達;新奇行動;遊び;チンパンジ-;マハレ山塊国立公園;文化的行動;社会的学習;社会的遊び;映像エソグラム;行動の地域間比較;チンパンジー;イノベーション;DNA父子判定;エソグラム;行動目録;道具;狩猟;DNA解析;毛づくろい
      • 資源利用と闘争回避に関する進化人類学的研究
        基盤研究(S)
        京都大学
        山極 壽一
        自 2007年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        霊長類学;生態人類学;先史人類学;資源利用;葛藤;闘争回避;進化;繁殖戦略;性的二型;補助食物;所有;攻撃性;性;優劣順位;会話
      • 野生チンパンジーの社会交渉における身ぶり連関の規則性
        若手研究(B)
        京都大学
        中村 美知夫
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        チンパンジー;毛づくろい行動;人類進化;社会交渉;規則性;身ぶり;言語の起源;恣意的行動
      • 野生チンパンジーにおける新奇行動の展開と文化的行動の発達過程
        基盤研究(A)
        (財)日本モンキーセンター
        西田 利貞
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        チンパンジー;マハレ;文化;新奇行動;発達;学習;覗き込み行動;Y染色体遺伝子多型;父性解析;マイクロサテライト遺伝子;毛づくろい行動;腸内細菌;オオアリ釣り;毛づくろい;生殖関連ホルモン, chimpanzee;Mahale;culture;innovative behavior;development;learning;peering behavior;Y chromosome polymorphism
      • ユネスコ「世界遺産種」の提案と大型類人猿の保護
        基盤研究(C)
        京都大学
        西田 利貞
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        世界遺産種;大型類人猿;ユネスコ;絶滅;国際連合環境計画;GRASP
      • 霊長類における毛づくろい行動の種間比較
        奨励研究(A)
        (財)日本モンキーセンター
        中村 美知夫
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        毛づくろい;霊長類;社会行動;チンパンジー
      • 野生チンパンジーの行動の地域変異と文化的行動の獲得過程
        基盤研究(A)
        京都大学
        西田 利貞
        自 2000年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        チンパンジー;マハレ;文化的行動;行動発達;伝統;新奇行動;モールディング;DNA父子分析;文化;社会的学習;模倣;地域間比較;行動の発達;マハレ山塊;Culture;Tradition;Social learning;Chimpanzee;Grooming;Courtship;Agonistic display;Feeding Behavior;求愛誇示;道具使用;遊び;威嚇誇示;教育;マハレ山塊国立公園;リーフグルーミング;ワイピング;対角毛づくろい, Chimpanzee;Mahale;cultural behavior;behavioral development;tradition;innovation;molding;DNA paternity analysis
      • 霊長類学史を初期霊長類学者資料に探る
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分1:思想、芸術およびその関連分野
        京都大学
        半谷 吾郎
        自 2023年06月30日, 至 2025年03月31日, 交付
        霊長類学;科学史;生態人類学;アーカイブ
      • 大型類人猿と大型食肉目―人類進化において肉食動物はどのような役割を果たしたのか
        基盤研究(B)
        小区分45050:自然人類学関連
        京都大学
        中村 美知夫
        自 2024年02月28日, 至 2028年03月31日, 採択

      外部資金:その他

      • 野生チンパンジーの社会の研究
      • マレーシア・サバ州の自然保護区における野生動物研究研修
        (AS-HOPE)AS-23-MA03
        自 2011年06月17日, 至 2011年07月01日
      • タンザニア野生動物 研究所・マハレ山塊 公園 (タンザニア) 野生動物研究資料収集
        自 2009年05月26日, 至 1995年19月91日
      list
        Last Updated :2024/05/11

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          個体と集団の基礎生物学
          N485, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          自然人類学I
          N429, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物科学課題研究5
          8708, 通年集中, 理学部, 12
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物学セミナーA
          4730, 後期, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物学実習A
          3762, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          個体の基礎生物学実験
          2733, 前期, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人類進化論ゼミナールA
          8067, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人類進化研究特論IIB
          8027, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人類進化研究特論IIA
          8026, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人類進化論ゼミナールD
          8070, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人類進化論ゼミナールC
          8069, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          人類進化論ゼミナールB
          8068, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類進化研究特論IA
          8024, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学特別講義3
          7742, 通年集中, 理学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          自然人類学I
          N429, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物学実習A
          3762, 前期集中, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物学セミナーA
          4730, 後期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          個体と集団の基礎生物学
          N485, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類進化論ゼミナールA
          8067, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学課題研究5
          8708, 通年集中, 理学部, 12
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          個体の基礎生物学実験
          2733, 前期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類進化論ゼミナールD
          8070, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類進化論ゼミナールC
          8069, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類進化論ゼミナールB
          8068, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類進化研究特論IB
          8025, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学特殊講義1
          9905, 通年集中, 理学研究科, 1
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物と動物園科学(A群)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物と動物園科学(B群)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ I(A群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ I(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ II(A群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ II(B群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          野生動物研究のすすめ I(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          野生動物研究のすすめ II(B群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          野生動物研究のすすめI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          野生動物研究のすすめII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物研究のすすめI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物研究のすすめII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物研究のすすめI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類進化研究特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類進化研究特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類進化論ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類進化論ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類進化論ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類進化論ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          個体と集団の基礎生物学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学セミナ-A
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学課題研究5
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          自然人類学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類進化研究特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類進化研究特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類進化論ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類進化論ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類進化論ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類進化論ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          個体と集団の基礎生物学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎生物学実験I
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学セミナ-A
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学実習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物科学課題研究5
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          自然人類学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類進化研究特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類進化研究特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類進化論ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類進化論ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類進化論ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類進化論ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          個体と集団の基礎生物学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生物学実験I
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学セミナ-A
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学実習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学課題研究5
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          自然人類学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類進化研究特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類進化研究特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類進化論ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類進化論ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類進化論ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類進化論ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          個体の基礎生物学実験
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          個体と集団の基礎生物学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学セミナ-A (6)
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学実習A (3)
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学課題研究5
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          自然人類学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類進化研究特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類進化研究特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類進化論ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類進化論ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類進化論ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類進化論ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          個体の基礎生物学実験
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          個体と集団の基礎生物学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学セミナ-A (6)
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学実習A (3)
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学課題研究5
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          自然人類学I
          前期, 全学共通科目

        博士学位審査

        • Do kinship with the silverback matter? Group formation, social relationship, and behavior acquisition in wild western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla)(シルバーバックとの血縁は重要か?野生ニシローランドゴリラ (Gorilla gorilla gorilla) における群れ形成、社会関係、行動獲得)
          田村 大也, 理学研究科, 副査
          2022年05月23日
        list
          Last Updated :2024/05/11

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            理学部・教育委員会委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            理学部・教育委員会 教務委員会委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学部・教育委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学部・教育委員会 教務委員会委員
          • 自 2009年06月08日
            広報委員会 委員長
          • 自 2009年06月08日
            国際交流委員会 委員長
          • 自 2009年06月08日
            共同利用・共同研究計画委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            研究倫理委員会 委員
          • 自 2012年04月01日
            予算委員会 委員
          • 自 2015年04月01日
            将来構想委員会 委員
          • 自 2009年06月08日
            自己点検・評価委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科広報委員会 広報小委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科国際・社会交流・広報委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科国際・社会交流・広報委員会 広報小委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科情報セキュリティ委員会 ネットワーク小委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            霊長類研究所共同利用・共​同研究拠点専門委員会委員
          list
            Last Updated :2024/05/11

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 至 2022年
              理事, 日本アフリカ学会
            • 至 2021年
              理事, 日本霊長類学会
            • 至 2017年
              理事, 生態人類学会
            • 代議員, 日本霊長類学会

            ページ上部へ戻る