教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

信末 俊平

ノブスエ シュンペイ

エネルギー理工学研究所 エネルギー利用過程研究部門 助教

信末 俊平
list
    Last Updated :2022/08/05

    基本情報

    協力講座

    • エネルギー科学研究科, エネルギー基礎科学専攻 エネルギー物質科学講座, 助教

    所属学協会

    • 日本液晶学会
    • 高分子学会
    • 基礎有機化学会
    • 応用物理学会
    • 日本化学会

    学位

    • 修士(工学)(大阪大学)
    • 博士(工学)(大阪大学)

    経歴

    • 自 2018年06月, 至 現在
      京都大学, エネルギー理工学研究所, 助教
    • 自 2018年04月, 至 2018年05月
      大阪大学, 工学研究科, 特任助教
    • 自 2015年12月, 至 2018年03月
      大阪大学, 大学院基礎工学研究科, 特任助教
    • 自 2015年11月, 至 2015年11月
      大阪大学, 大学院基礎工学研究科, 特任研究員
    • 自 2013年04月, 至 2015年10月
      名古屋大学, 大学院理学研究科, 博士研究員

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/05

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ナノ炭素材料の創出と機能性材料への応用
      • 研究概要

        有機合成化学や表面化学的な手法を用いてグラフェンナノリボンをはじめとするナノ炭素材料の創出と機能性材料としての応用を目指して研究を行っている。グラフェンナノリボンは1次元状シート構造を有する炭素材用で、そのエッジ構造を修飾することにより強磁性や強誘電性といった物性を示すことができるため、その合成と物性・機能評価に取り組んでいる。

      研究分野

      • ナノテク・材料, ナノ構造化学

      論文

      • Bridging pico-to-nanonewtons with a ratiometric force probe for monitoring nanoscale polymer physics before damage.
        Ryota Kotani; Soichi Yokoyama; Shunpei Nobusue; Shigehiro Yamaguchi; Atsuhiro Osuka; Hiroshi Yabu; Shohei Saito
        Nature communications, 2022年01月13日
      • Preparation of perovskite-derived one dimensional single crystals based on edge-shared octahedrons with pyridine derivatives
        Thi-Mai Huong Duong; Shunpei Nobusue; Hirokazu Tada
        Journal of Crystal Growth, 2020年05月
      • Face-shared structures of one-dimensional organic-inorganic lead iodide perovskites
        T.-M. Huong Duong; S. Nobusue; H. Tada
        Appl. Phys. Express, 2018年10月, 査読有り
      • Skeletal Rearrangement of Twisted Polycyclic Aromatic Hydrocarbons under Scholl Reaction Conditions
        Shunpei Nobusue; Kazuya Fujita; Yoshito Tobe
        ORGANIC LETTERS, 2017年06月, 査読有り
      • Twisted Polycyclic Aromatic Hydrocarbon with a Cyclooctatetraene Core via Formal [4+4] Dimerization of Indenofluorene
        Shunpei Nobusue; Yoshito Tobe
        SYNLETT, 2016年09月, 査読有り
      • Light-melt adhesive based on dynamic carbon frameworks in a columnar liquid-crystal phase
        Shohei Saito; Shunpei Nobusue; Eri Tsuzaka; Chunxue Yuan; Chigusa Mori; Mitsuo Hara; Takahiro Seki; Cristopher Camacho; Stephan Irle; Shigehiro Yamaguchi
        NATURE COMMUNICATIONS, 2016年07月, 査読有り
      • Tetracyclopenta[def,jkl,pqr,vwx]tetraphenylene: A Potential Tetraradicaloid Hydrocarbon
        Shunpei Nobusue; Hirokazu Miyoshi; Akihiro Shimizu; Ichiro Hisaki; Kotaro Fukuda; Masayoshi Nakano; Yoshito Tobe
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2015年02月, 査読有り
      • Highly Bent Crystals Formed by Restrained π-Stacked Columns Connected via Alkylene Linkers with Varied Conformations
        C.-M. Chou; S. Nobusue; S. Saito; D. Inoue; D. Hashizume; S. Yamaguchi
        Chem. Sci., 2015年, 査読有り
      • Non-alternant non-benzenoid kekulenes: the birth of a new kekulene family
        Hirokazu Miyoshi; Shunpei Nobusue; Akihiro Shimizu; Yoshito Tobe
        CHEMICAL SOCIETY REVIEWS, 2015年, 査読有り
      • Transformation of octadehydrodibenzo[12]annulene to benzonaphthopentalene by successive nucleophilic and electrophilic transannular cyclizations
        Shunpei Nobusue; Ayumi Yoshizaki; Masahito Miki; Hirokazu Miyoshi; Akihiro Shimizu; Yoshito Tobe
        TETRAHEDRON, 2014年11月, 査読有り
      • Electrophilic Tandem Transannular Cyclization of Octadehydrotribenzo[14]annulene to Benzodiindenocyclooctatetraenes
        Shunpei Nobusue; Yoshito Tobe
        CHEMISTRY LETTERS, 2014年08月, 査読有り
      • Indenofluorene congeners: Biradicaloids and beyond
        Akihiro Shimizu; Shunpei Nobusue; Hirokazu Miyoshi; Yoshito Tobe
        PURE AND APPLIED CHEMISTRY, 2014年04月, 査読有り
      • [4.2](2,2’)(2,2’)Biphenylophanetriyne: A Twisted Biphenylophane with a Highly Distorted Diacetylene Bridge
        S. Nobusue; H. Yamane; H. Miyoshi; Y. Tobe
        Org. Lett., 2014年04月, 査読有り
      • Benz[c] indeno[2,1-a] fluorene: a 2,3-naphthoquinodimethane incorporated into an indenofluorene frame
        Hirokazu Miyoshi; Shunpei Nobusue; Akihiro Shimizu; Ichiro Hisaki; Mikiji Miyata; Yoshito Tobe
        CHEMICAL SCIENCE, 2014年, 査読有り
      • Oxidative Cyclodimerization After Tandem Cyclization of Dehydrobenzo[14]annulenes Induced by Alkyllithium
        Shunpei Nobusue; Akihiro Shimizu; Kenji Hori; Ichiro Hisaki; Mikiji Miyata; Yoshito Tobe
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2013年, 査読有り
      • Molecular Propellers that Consist of Dehydrobenzo[14]annulene Blades
        Shunpei Nobusue; Yuichi Mukai; Yo Fukumoto; Rui Umeda; Kazukuni Tahara; Motohiro Sonoda; Yoshito Tobe
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2012年10月, 査読有り
      • Electron-Accepting 6,12-Diethynylindeno[1,2-b]fluorenes: Synthesis, Crystal Structures, and Photophysical Properties
        Daniel T. Chase; Aaron G. Fix; Bradley D. Rose; Christopher D. Weber; Shunpei Nobusue; Chelsea E. Stockwell; Lev N. Zakharov; Mark C. Lonergan; Michael M. Haley
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2011年, 査読有り

      MISC

      • On-surface synthesis of graphene clusters from a quaterphenylbranched Z-bar-linkage precursor
        Z. Xu; Z. Pei; K. Kaushik; T. Kojima; S. Nobusue; H. Sakaguchi
        日本化学会第99春季年会2019, 2019年
      • Preparation of Interchain-linked 2D Graphene Nanoribbons with Dibenzo[g,p]chrysene by Two-Zone Chemical Vapor Deposition
        Z. Pei; Z. Xu; K. Kaushik; S. Nobusue; T. Kojima; H. Sakaguchi
        日本化学会第99春季年会2019, 2019年
      • Nature-inspired on-surface synthesis of graphene nanoribbons
        S. Nobusue; H. Sakaguchi
        Energy Materials and Nanotechnology (EMN AUCKLAND MEETING 2018), 2018年
      • Efficient, gram scale synthesis tof 5,11-substituted indeno[1,2-b]fluorenes
        Chelsea E. Stockwell; Daniel T. Chase; Shunpei Nobusue; Michael M. Haley
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年03月
      • Indenofluorenes - stable anti-aromatic alternatives to pentacene?
        Daniel T. Chase; Shunpei Nobusue; Bradley D. Rose; Chelsea E. Stockwell; Michael M. Haley
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年03月

      講演・口頭発表等

      • Nature-inspired on-surface synthesis of graphene nanoribbons
        信末 俊平; 小島 崇寛; 坂口 浩司
        2018 Energy Materials and Nanotechnology (EMN) Auckland Meeting, 2018年12月17日, 招待有り

      受賞

      • 2017年02月17日
        文部科学省, 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム平成28年度「秀でた利用6大成果}
      • 2018年09月05日
        日本液晶学会, 日本液晶学会2018年度論文賞A部門c分野
      • 2008年10月05日
        基礎有機化学会, 第19回基礎有機化学討論会ポスター賞
      • 2011年11月10日
        The 7th International Symposium on Integrated Synthesis, Best Poster Prize
      • 2012年09月21日
        基礎有機化学会, 第23回基礎有機化学討論会ポスター賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • グラフェンナノリボンの構造的特徴を活かした有機強誘電体の開発
        基盤研究(C)
        小区分33010:構造有機化学および物理有機化学関連
        京都大学
        信末 俊平
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        グラフェンナノリボン;強誘電性;パイ共役分子;エッジ構造;ナノ炭素
      • 機能性材料への応用を志向した非対称グラフェンナノリボンの創出
        若手研究
        小区分33010:構造有機化学および物理有機化学関連
        京都大学
        信末 俊平
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        グラフェンナノリボン;ナノ炭素材料;非対称構造;機能性材料;エッジ構造;骨格柔軟性;π共役系;環化脱水素反応
      • 柔軟なパイ電子化合物にもとづく機能性ソフトマテリアルの創出
        若手研究(B)
        大阪大学
        信末 俊平
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        パイ共役系;構造変化;外部刺激;有機材料;ソフトマテリアル;構造有機化学;機能有機化学;熱伝導度;動的変化;熱伝導;有機エレクトロニクス;機能材料化学;パイ電子系化学
      list
        Last Updated :2022/08/05

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2018年06月01日
          エネルギー理工学研究所安全衛生委員会委員
        • 自 2018年06月01日
          エネルギー理工学研究所将来構想検討委員会委員

        ページ上部へ戻る