教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

日本 典秀

ヒノモト ノリヒデ

農学研究科 地域環境科学専攻生産生態科学講座 教授

日本 典秀
list
    Last Updated :2022/08/15

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • International organisation for Biological Control
    • 関東東山病害虫研究会
    • 日本応用動物昆虫学会
    • 日本ダニ学会

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      東京都立日比谷高等学校

    経歴

    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都大学大学院, 農学研究科 地域環境科学専攻 生態情報開発学分野, 教授
    • 自 2016年04月, 至 2019年03月
      国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, 中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域, 上級研究員
    • 自 2015年04月, 至 2016年03月
      国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, 中央農業総合研究センター 病害虫研究領域, 主任研究員
    • 自 2011年04月, 至 2015年03月
      独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, 中央農業総合研究センター 病害虫研究領域, 主任研究員
    • 自 2006年04月, 至 2011年03月
      独立行政法人農業生物資源研究所, 昆虫科学研究領域 昆虫_昆虫・植物間相互作用研究ユニット, 主任研究員
    • 自 2002年04月, 至 2006年03月
      独立行政法人農業生物資源研究所, 昆虫適応遺伝研究グループ 天敵昆虫研究チーム, 主任研究員
    • 自 2001年04月, 至 2002年03月
      独立行政法人農業生物資源研究所, 昆虫適応遺伝研究グループ 天敵昆虫研究チーム, 研究員
    • 自 1994年10月, 至 2001年03月
      蚕糸・昆虫農業技術研究所, 遺伝育種部 天敵育種研究室, 研究員
    • 自 1993年10月, 至 1994年09月
      蚕糸・昆虫農業技術研究所, 遺伝育種部 遺伝素材研究室, 研究員
    • 自 1993年04月, 至 1993年09月
      蚕糸・昆虫農業技術研究所, 研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      野菜や果樹の害虫であるハダニ類、アザミウマ類、コナジラミ類などの薬剤抵抗性が発達した微小害虫類を天敵を用いて防除する(生物的防除)研究を行っています。主な研究対象は、ハダニ類の天敵であるカブリダニ類、アザミウマ類の天敵であるヒメハナカメムシ類やタバコカスミカメです。天敵の移動分散や系統識別、捕食−被食関係の推定などにDNAマーカーを活用しています。また、害虫の薬剤抵抗性管理に関する研究にも関わっています。

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/15

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        難防除微小農業害虫の生物的防除技術の開発、天敵昆虫・ダニ類の遺伝的・生態的特性の解明
      • 研究概要

        野菜や果樹の害虫であるハダニ類、アザミウマ類、コナジラミ類などの薬剤抵抗性が発達した微小害虫類を天敵を用いて防除する(生物的防除)研究を行っています。主な研究対象は、ハダニ類の天敵であるカブリダニ類、アザミウマ類の天敵であるヒメハナカメムシ類やタバコカスミカメです。天敵の移動分散や系統識別、捕食−被食関係の推定などにDNAマーカーを活用しています。また、害虫の薬剤抵抗性管理に関する研究にも関わっています。

      研究キーワード

      • 捕食性カメムシ
      • カブリダニ
      • 個体群構造
      • 分子系統
      • 分子マーカー
      • 天敵
      • 生物的防除

      研究分野

      • 環境・農学, 植物保護科学
      • 環境・農学, 昆虫科学

      論文

      • Genetic variation of two weevil pests of sweet potato, Cylas formicarius (Coleoptera: Brentidae) and Euscepes postfasciatus (Coleoptera: Curculionidae), in Japan based on mitochondrial DNA
        Hiraku Yoshitake; Makoto Arimoto; Norihide Hinomoto; Chi-Feng Lee; Sheng-Shan Lu; Sheryl A. Yap; Analyn A. Cabras
        Applied Entomology and Zoology, 2021年11月, 査読有り
      • カンザワハダニ種群のミトコンドリア,リボソーム,マイクロサテライトDNAの遺伝的変異
        西村 慎哉; 日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2007年11月25日
      • 東・東南アジアにおける2種ハダニの分布と休眠性の地理的変異
        高藤 晃雄; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2008年05月25日
      • マイクロサテライトの多型性を用いて明らかにされた,北海道北部におけるカンザワハダニ個体群の遺伝的構造
        西村 慎哉; 日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2007年05月25日
      • Tracking the movement of Nesidiocoris tenuis among banker plants and crops in a tomato greenhouse by DNA markers of host plants
        Ryohei Nakano; Norihide Hinomoto
        BIOCONTROL, 2021年03月
      • Integrating adverse effect analysis into environmental risk assessment for exotic generalist arthropod biological control agents: a three-tiered framework
        Debora P. Paula; David A. Andow; Barbara I. P. Barratt; Robert S. Pfannenstiel; Philippa J. Gerard; Jacqui H. Todd; Tania Zaviezo; Maria G. Luna; Claudia V. Cedola; Antoon J. M. Loomans; Andy G. Howe; Michael D. Day; Clark Ehlers; Chris Green; Salvatore Arpaia; Eizi Yano; Gabor L. Lovei; Norihide Hinomoto; Eliana M. G. Fontes; Carmen S. S. Pires; Pedro H. B. Togni; James R. Nechols; Micky D. Eubanks; Joop C. van Lenteren
        BIOCONTROL, 2021年02月
      • 施設ミニトマト有機JAS認証圃場における主要害虫の10年間の年次変動に基づいた管理対策
        長坂 幸吉; 杜 建明; 日本 典秀; 守屋 成一; 後藤 千枝; 櫻井 民人; 山内 智史; 澤田 守
        農研機構研究報告 = Journal of the NARO Research and Development, 2020年11月30日
      • Origin, selection, and spread of diamide insecticide resistance allele in field populations of diamondback moth in east and southeastAsia
        Ryuji Uesugi; Akiya Jouraku; Suprada Sukonthabhirom Na Pattalung; Norihide Hinomoto; Seigo Kuwazaki; Hiroyuki Kanamori; Yuichi Katayose; Shoji Sonoda
        PEST MANAGEMENT SCIENCE, 2020年08月, 査読有り
      • Life history traits of Nesidiocoris tenuis on Bemisia tabaci and Thrips palmi
        Eizi Yano; Miku Nakauchi; Takahito Watanabe; Hiroshi Watanabe; Shun Hosaka; Satsuki Nishimori; Saki Miura; Ikuo Kandori; Norihide Hinomoto
        BIOCONTROL, 2020年04月, 査読有り
      • Non-destructive DNA extraction method for identification of Bradysia odoriphaga (Diptera: Sciaridae), a pest of Welsh onion, carrot, and Chinese chive in Japan
        Makoto Arimoto; Norihide Hinomoto; Ryosuke Omata; Ryozaburo Iwase; Masahiro Sueyoshi; Shin-ichi Yoshimatsu
        Applied Entomology and Zoology, 2020年02月07日, 査読有り
      • 2種アブラバチ混合マミー製剤を利用したバンカー法による施設ピーマンおよび施設ナスのアブラムシ類防除効果
        伊藤 健司; 手塚 俊行; 小原 慎司; 長坂 幸吉; 日本 典秀; 光永 貴之
        関東東山病害虫研究会報 = Annual report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society, 2019年12月, 査読有り
      • An Efficient Method for Monitoring Predatory Minute Pirate Bugs Orius spp. (Hemiptera: Anthocoridae) Populations Using Blue-Colored Sticky Traps
        Furihata Shunsuke; Tabuchi Ken; Okudera Shigeru; Takahashi Akihiko; Hinomoto Norihide; Shimoda Masami; Yamaguchi Terumi
        ENVIRONMENTAL ENTOMOLOGY, 2019年04月, 査読有り
      • Moisturized sheltered sachets are potentially useful for the efficient release of selected predators in a wide range of humidity environments
        Shimoda Takeshi; Kagawa Yoshitake; Yoshizawa Hitoshi; Nakano Akio; Matsuhira Kunihiko; Yanagita Hirotsugu; Shimomoto Mitsuki; Adachi-Hagimori Tetsuya; Mori Kotaro; Hinomoto Norihide; Hiraoka Tadashi; Nakajima Tetsuo
        BIOCONTROL, 2019年02月, 査読有り
      • 次世代型バンカー資材キットによる施設ピーマンおよびナスでのアブラムシ類に対する防除効果
        長坂 幸吉; 日本 典秀; 光永 貴之; 上杉 龍士; 有本 誠; 手塚 俊行; 小原 慎司; 伊藤 健司
        関東東山病害虫研究会報 = Annual report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society, 2018年12月01日
      • 土耕栽培によるバーベナ’タピアン’に放飼したタバコカスミカメのトマト株上の分散
        日本典秀; 長坂幸吉; 植原健人; 中保一浩
        関東東山病害虫研究会報, 2018年12月, 査読有り
      • Species composition and arthropod pest feeding of phytoseiid mites in a Japanese pear greenhouse
        Ishii Hisato; Mikawa Yuya; Murase Yuko; Sonoda Shoji; Hinomoto Norihide; Kishimoto Hidenari; Toyoshima Shingo; Toyama Masatoshi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2018年11月, 査読有り
      • Molecular marker to identify the fungus gnat, Bradysia sp (Diptera: Sciaridae), a new pest of Welsh onion and carrot in Japan
        Arimoto Makoto; Uesugi Ryuji; Hinomoto Norihide; Sueyoshi Masahiro; Yoshimatsu Shin-ichi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2018年08月, 査読有り
      • Population structure of the phytoseiid mite, Neoseiulus womersleyi, in an experimental organic tea field
        日本 典秀
        IOBC-WPRS Bulletin, 2018年, 査読有り
      • スワルスキーカブリダニの放飼に天敵増殖性「バンカーシート®」およびホソバヒメガマ花粉処理を組み合わせた場合のサヤインゲンのタバココナジラミに対する防除効果
        松比良邦彦; 柿元一樹; 徳永太蔵; 尾松直志; 井上栄明; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎; 中島哲男; 平岡正; 蛯原直人
        九州病害虫研究会報, 2017年12月, 査読有り
      • A novel method for protecting slow-release sachets of predatory mites against environmental stresses and increasing predator release to crops
        Takeshi Shimoda; Yoshitake Kagawa; Kotaro Mori; Norihide Hinomoto; Tadashi Hiraoka; Tetsuo Nakajima
        BIOCONTROL, 2017年08月, 査読有り
      • Effectiveness against sweetpotato whitefly (Bemisia tabaci (Gennadius)) on kidney bean in greenhouse, of augmentative biological control with the predatory mite (Amblyseius swirskii Athias-Henriot) using sheltered slow-release sachet (Banker-Sheet) follow
        Matsuhira K; Kakimoto K; Tokunaga T; Omatsu N; Inoue H; Shimoda T; Hinomoto N; Mori K; Nakajima T; Hiraoka T; Ebihara N
        Kyushu Plant Protection Research, 2017年, 査読有り
      • Control of thrips in cucumber by Nesidiocoris tenuis-banker plant system
        Norihide Hinomoto; Junichiro Abe; Koukichi Nagasaka
        IOBC-WPRS Bulletin, 2017年, 査読有り
      • 視覚コントラストを付加した青色粘着トラップによるヒメハナカメムシ類捕獲数の増強
        田渕 研; 髙橋明彦; 日本典秀; 霜田政美
        北日本病害虫研究会報, 2017年, 査読有り
      • Gut-content analysis of predatory phytoseiid mites using fluorescent-labeled polymerase chain reaction: age of spider-mite eggs influences detection rates
        Norihide HINOMOTO
        Journal of the Acarological Society of Japan, 2017年, 査読有り
      • ナケルクロアブラバチとコレマンアブラバチの併用による2種アブラムシに対する防除効果
        長坂 幸吉; 日本 典秀; 上杉 龍士; 勾坂 晶; 光永 貴之
        関東東山病害虫研究会報, 2016年12月, 査読有り
      • 雨よけハウスにおけるハダニ接種インゲン株を用いたケナガカブリダニ簡易増殖法
        下田 武志; 日本 典秀
        関東東山病害虫研究会報, 2016年12月, 査読有り
      • Estimated time frame for successful PCR analysis of diamondback moths, Plutella xylostella (Lepidoptera: Plutellidae), collected from sticky traps in field conditions
        Ryuji Uesugi; Norihide Hinomoto; Chie Goto
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • A method of analyzing the gut contents of predators with a specific primer pair of Helicoverpa armigera (Lepidoptera: Noctuidae)
        Satoshi Kamikawa; Norihide Hinomoto; Isao Takenaka
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • Genetic structure of Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) populations under acaricide selection pressure assessed using microsatellite markers
        Hiroshi Hada; Norihide Hinomoto; Tetsuo Gotoh
        SYSTEMATIC AND APPLIED ACAROLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • A simple plant trap for collecting acariphagous insect predators and their parasitoids
        Takeshi Shimoda; Kazunori Matsuo; Kaori Yara; Norihide Hinomoto
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2016年05月, 査読有り
      • Mass fingerprint analysis of spider mites (Acari) by matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry for rapid discrimination
        Hideyuki Kajiwara; Norihide Hinomoto; Tetsuo Gotoh
        RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY, 2016年04月, 査読有り
      • タバコカスミカメによる施設キュウリのネギアザミウマ防除効果
        日本典秀; 長坂幸吉; 後藤千枝; 小原慎司; 手塚俊行
        関東東山病害虫研究会報, 2015年12月, 査読有り
      • Host species-dependent and size-dependent ecological characteristics of Ephedrus nacheri (Hymenoptera: Braconidae)
        Takayuki Mitsunaga; Seiichi Moriya; Koukichi Nagasaka; Norihide Hinomoto; Chie Goto
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2015年11月, 査読有り
      • A simple method of rearing insect natural enemies of spider mites
        Takeshi Shimoda; Youichi Kobori; Kaori Yara; Norihide Hinomoto
        BIOLOGICAL CONTROL, 2015年01月, 査読有り
      • Phylogenetic Analysis of the Spider Mite Sub-Family Tetranychinae (Acari: Tetranychidae) Based on the Mitochondrial COI Gene and the 18S and the 5′ End of the 28S rRNA Genes Indicates That Several Genera Are Polyphyletic
        Tomoko Matsuda; Maiko Morishita; Norihide Hinomoto; Tetsuo Gotoh
        PLoS ONE, 2014年10月, 査読有り
      • Population survey of phytoseiid mites and spider mites on peach leaves and wild plants in Japanese peach orchard
        David Wari; Jun Yamashita; Yoko Kataoka; Yoko Kohara; Norihide Hinomoto; Hidenari Kishimoto; Shingo Toyoshima; Shoji Sonoda
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2014年07月, 査読有り
      • Reproduction of Nesidiocoris tenuis reared on Ephestia kuehniella eggs and Bemisia tabaci nymphs
        Yano E; Nakauchi M; Watanabe H; Hosaka S; Hayashi Y; Hinomoto N
        IOBC-WPRS Bulletin, 2014年, 査読有り
      • 土着寄生蜂コナガサムライコマユバチの簡易捕獲法および遺伝子診断法
        屋良 佳緒利; 下田 武志; 日本 典秀; 長坂 幸吉; 守屋 成一
        関東東山病害虫研究会報, 2013年12月, 査読有り
      • Comparison of the host-handling behavior of Eretmocerus mundus on Bemisia tabaci B biotype, Q biotype and Trialeurodes vaporariorum
        Keitaro Sugiyama; Takashi Noda; Taro Maeda; Norihide Hinomoto
        BIOCONTROL, 2013年10月, 査読有り
      • DNA-Based Identification of Spider Mites: Molecular Evidence for Cryptic Species of the Genus Tetranychus (Acari: Tetranychidae)
        T. Matsuda; C. Fukumoto; N. Hinomoto; T. Gotoh
        JOURNAL OF ECONOMIC ENTOMOLOGY, 2013年02月, 査読有り
      • Isolation of novel microsatellite markers for the social parasitoid wasp, Copidosoma floridanum (Hymenoptera: Encyrtidae)
        Yudai Nishide; Kenta Watanabe; Hiroki Inoue; Hiromitsu Moriyama; Toshiyuki Satoh; Norihide Hinomoto; Kikuo Iwabuchi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2013年02月, 査読有り
      • Molecular-Based Identification and Phylogeny of Oligonychus Species (Acari: Tetranychidae)
        T. Matsuda; N. Hinomoto; R. N. Singh; T. Gotoh
        JOURNAL OF ECONOMIC ENTOMOLOGY, 2012年06月, 査読有り
      • Development and characterization of 21 polymorphic microsatellite loci in the aphidophagous gall midge, Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae)
        Norihide Hinomoto; Tomomi Higaki; Junichiro Abe; Masafumi Yamane; Eizi Yano
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2012年05月, 査読有り
      • Genetic diversity in mitochondrial cytochrome c oxidase subunit I sequences of the water mite Hygrobates fluviatilis (Acari: Hydrachnidia: Hygrobatidae)
        Mahdieh Asadi; Norihide Hinomoto; Alireza Saboori; Mohammad Javan-Nikkhah
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ACAROLOGY, 2012年, 査読有り
      • Phytoseiid mite species composition in Japanese peach orchards estimated using quantitative sequencing
        Shoji Sonoda; Yoko Kohara; Siqingerile; Shingo Toyoshima; Hidenari Kishimoto; Norihide Hinomoto
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • The genome sequence of pepper vein yellows virus (family Luteoviridae, genus Polerovirus)
        Ritsuko Murakami; Nobuhiko Nakashima; Norihide Hinomoto; Shinji Kawano; Tetsuya Toyosato
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 2011年05月, 査読有り
      • Population structure of the predatory mite Neoseiulus womersleyi in a tea field based on an analysis of microsatellite DNA markers
        Norihide Hinomoto; Yasuhiro Todokoro; Tomomi Higaki
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2011年01月, 査読有り
      • Species Discrimination of Three Commercially Available Whitefly Parasitoids, Encarsia formosa Gahan, Eretmocerus eremicus Rose and Zolnerowich and Er. mundus (Mercet) (Hymenoptera: Aphelinidae), by DNA Markers
        Keitaro Sugiyama; Norihide Hinomoto; Takeshi Ohya; Tomoaki Futamura
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2011年, 査読有り
      • Comparison of genetic diversity among three phytoseiid mite species in Japan by mitochondrial DNA sequence analysis
        N. Hinomoto; T. Shintaku; H. Amano
        Journal of Acarological Society of Japan 19:9-14., 2010年05月, 査読有り
      • Development of microsatellite markers for Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae) and analysis of spatio-temporal gene flow among populations on different host plants
        Shinya Nishimura; Norihide Hinomoto; Akio Takafuji
        TRENDS IN ACAROLOGY, 2010年, 査読有り
      • Development of microsatellite markers for the minute pirate bug Orius sauteri (Poppius), and their cross-species amplification in O-minutus (L.) and O-strigicollis (Poppius) (Heteroptera: Anthocoridae)
        Norihide Hinomoto; Tomomi Higaki; Takashi Noda
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2009年11月, 査読有り
      • Molecular Identification and Evaluation of Orius species (Heteroptera: Anthocoridae) as Biological Control Agents
        Norihide Hinomoto; Shigeyuki Nagamori; Kazuki Kakimoto; Toru Shimizu; Tomomi Higaki; Masahiko Muraji; Takashi Noda; Kenjiro Kawasaki
        JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY, 2009年10月, 査読有り
      • Isolation and characterization of polymorphic microsatellite loci from the water mite Hygrobates fluviatilis (Acari: Hydrachnidia: Hygrobatidae)
        M. Asadi; T. Higaki; N. Hinomoto; A. Saboori; M. R. Naghavi
        MOLECULAR ECOLOGY RESOURCES, 2009年05月, 査読有り
      • Development and evaluation of microsatellite markers in Tetranychus truncatus Ehara (Acari: Tetranychidae)
        Hinomoto N; Higaki T; Osakabe M; Takafuji A
        Journal of the Acarological Society of Japan, 2009年, 査読有り
      • Restriction fragment length polymorphism catalog for molecular identification of Japanese Tetranychus spider mites (Acari : Tetranychidae)
        Masahiro (MH.) Osakabe; Yu Kotsubo; Ryusen Tajima; Norihide Hinomoto
        JOURNAL OF ECONOMIC ENTOMOLOGY, 2008年08月, 査読有り
      • Ecological and morphological attributes of parthenogenetic Japanese Schwiebea species (Acari : Acaridae)
        Kimiko Okabe; Norihide Hinomoto; Barry M. OConnor
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2008年02月, 査読有り
      • Identification of spider mites (Acari : Tetranychidae) by DNA sequences: A case study in Northern Vietnam
        Norihide Hinomoto; Dinh Pha Tran; Anh Tuan Pham; Thi Bao Ngoc Le; Ryusen Tajima; Kazunori Ohashi; Masahiro Osakabe; Akio Takafuji
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ACAROLOGY, 2007年03月, 査読有り
      • DNA sequence variation in the Tetranychus kanzawai complex in northern Hokkaido, Japan
        Hinomoto N; Nishimura S; Takafuji A
        Journal of the Acarological Society of Japan, 2007年, 査読有り
      • Genetic diversity in field and commercial populations of Orius strigicollis (Poppius) (Heteroptera : Anthocoridae) measured by microsatellite markers
        Norihide Hinomoto; Tomomi Higaki; Takashi Noda
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2006年08月, 査読有り
      • Potential of Haplothrips brevitubus (Karny) (Thysanoptera : Phlaeothripidae) as a predator of mulberry thrips Pseudodendrothrips mori (Niwa) (Thysanoptera : Thripidae)
        K Kakimoto; H Inoue; N Hinomoto; T Noda; K Hirano; T Kashio; K Kusigemati; S Okajima
        BIOLOGICAL CONTROL, 2006年06月, 査読有り
      • Effects of laboratory rearing conditions on the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari : Phytoseiidae): I. Genetic diversity
        T Maeda; N Hinomoto
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ACAROLOGY, 2006年03月, 査読有り
      • Effects of laboratory rearing conditions on the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari : Phytoseiidae): II. Olfactory response
        T Maeda; N Hinomoto
        INTERNATIONAL JOURNAL OF ACAROLOGY, 2006年03月, 査読有り
      • Erratum: Isolation, characterization, inheritance and linkage of microsatellite markers in Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae) (Experimental and Applied Acarology (2003) 31: 1-2 (93-103))
        Shinya Nishimura; Norihide Hinomoto; Akio Takafuji
        Experimental and Applied Acarology, 2005年09月, 査読有り
      • Diapause characteristics of the Taiwanese populations of Tetranychus kanzawai Kishida and T. urticae Koch (Acari: Tetranychidae)
        Takafuji, A; N. Hinomoto; C.-I. T. Shih; T. Gotoh; C.-C. Ho; C.-C.Wang
        Plant Protection Bulletin, 2005年06月, 査読有り
      • Isolation of microsatellite markers in Neoseiulus womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae)
        N. Hinomoto; T. Maeda
        Journal of the Acarological Society of Japan, 2005年06月, 査読有り
      • Gene flow and spatio-temporal genetic variation among sympatric populations of Tetranychus kanzawai (Acari : Tetranychidae) occurring on different host plants, as estimated by microsatellite gene diversity
        S Nishimura; N Hinomoto; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2005年, 査読有り
      • Identification of five Orius species in Japan by multiplex polymerase chain reaction
        N Hinomoto; M Muraji; T Noda; T Shimizu; K Kawasaki
        BIOLOGICAL CONTROL, 2004年11月, 査読有り
      • Intraspecific variation of reproductive characteristics of Amblyseius californicus (McGregor) (Acari : Phytoseiidae)
        S Toyoshima; N Hinomoto
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2004年08月, 査読有り
      • Diapause characteristics of two species of tetranychid mites (Acari : Tetranychidae) in southern Japan and Taiwan
        A Takafuji; S Santoso; N Hinomoto; CIT Shih; CC Ho; T Gotoh
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • Variation of reproductive characteristics in local populations of Amblyseius womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae).
        Toyoshima Shingo; Hinomoto Norihide
        Journal of the Acarological Society of Japan, 2003年, 査読有り
      • Isolation, characterization, inheritance and linkage of microsatellite markers in Tetranychus kanzawai (Acari : Tetranychidae)
        S Nishimura; N Hinomoto; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2003年, 査読有り
      • Responses of three Orius species collected in Kagoshima to different rearing temperatures and photoperiods
        K Kakimoto; N Hinomoto; T Noda
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2003年, 査読有り
      • Phylogenetic analysis of green and red forms of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae Koch (Acari : Tetranychidae), in Japan, based on mitochondrial cytochrome oxidase subunit I sequences
        N Hinomoto; M Osakabe; T Gotoh; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2001年11月, 査読有り
      • Host-related differences in diapause characteristics of different geographical populations of the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai Kishida (Acari : Tetranychidae), in Japan
        A Takafuji; S Santoso; N Hinomoto
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2001年02月, 査読有り
      • Genetic diversity and phylogeny of the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai, in Japan
        N Hinomoto; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2001年, 査読有り
      • Molecular cloning and characterization of a microsatellite locus found in an RAPD marker of a spider mite, Panonychus citri (Acari : Tetranychidae)
        M Osakabe; N Hinomoto; S Toda; S Komazaki; K Goka
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2000年, 査読有り
      • The genetic structure of population of vinyl-house strawberries.
        Hinomoto N; Takafuji A
        Quatrieme Conference Internationale sur les Ravageurs en Agriculture, 6-7-8 janvier 1997, le Corum, Montpellier, France. Tome 2., 1997年, 査読有り
      • GENETIC CHANGES IN THE POPULATION-STRUCTURE OF THE 2-SPOTTED SPIDER-MITE, TETRANYCHUS-URTICAE KOCH (ACARI, TETRANYCHIDAE), ON VINYL-HOUSE STRAWBERRIES
        N HINOMOTO; A TAKAFUJI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1995年11月, 査読有り
      • STUDIES ON THE POPULATION-STRUCTURE OF THE 2-SPOTTED SPIDER-MITE, TETRANYCHUS-URTICAE KOCH, BY ALLOZYME VARIABILITY ANALYSIS
        N HINOMOTO; A TAKAFUJI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1994年05月, 査読有り
      • RFLP patterns detected by the transposons, MAG and K1.4, in silkworm races.
        Tamura T; Kanda T; Yukuhiro K; Yasukochi Y; Hinomoto N; Shimizu K; Kosegawa E; Okajima T
        Gamma Field Symposia, 1993年, 査読有り
      • Development of a banker plant method for Nesidiocoris tenuis to suppress whiteflies in tomato greenhouses.
        安部順一朗; 綱島健司; 日本典秀
        IOBC-WPRS Bulletins (in press), 査読有り

      MISC

      • ゲノム研究と天敵利用 (特集 ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方--昆虫ゲノム情報とIPM)
        日本 典秀
        植物防疫, 2009年08月
      • カブリダニが食べたハダニ種の識別(一般講演,第16回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2008年05月25日
      • 第38回ハダニ談話会「ハダニにおけるホストレース-寄主植物と種分化-」(第38回ハダニ談話会報告,あかりノート)
        日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2008年05月25日
      • マイクロサテライトマーカーを用いた,北海道北部におけるカンザワハダニ個体群の遺伝的構造の解析(一般講演,第16回日本ダニ学会大会講演要旨)
        西村 慎哉; 日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2008年05月25日
      • 分子・生態情報に基づく東南・東アジアにおける2種ハダニの分布拡大プロセスの解析(一般講演,第16回日本ダニ学会大会講演要旨)
        高藤 晃雄; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2008年05月25日
      • A304 ブースター天敵による果菜類アザミウマの生物的防除技術の確立 : 4)タイリクヒメハナカメムシの捕食選好性
        日本 典秀; 野田 隆志; 柿元 一樹; 福田 健; 井上 栄明
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年03月01日
      • F209 ムンダスツヤコバチEretmocerus mundusのコナジラミ類幼虫に対する産卵行動
        杉山 恵太郎; 田上 陽介; 前田 太郎; 日本 典秀; 野田 隆志
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年03月01日
      • G222 リボゾームDNA塩基配列によるによるカブリダニの系統関係の推定について(一般講演)
        日本 典秀; 岸本 英成; 豊島 真吾
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年03月01日
      • H210 1)タイリクヒメハナカメムシに対するアカメガシワクダアザミウマの餌としての適合性(ブースター天敵による果菜類アザミウマの生物的防除技術の確立,一般講演)
        野田 隆志; 日本 典秀; 柿元 一樹; 井上 栄明
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年03月01日
      • E322 東・東南アジアにおける2種ハダニの分布拡大と休眠特性(一般講演)
        高藤 晃雄; 田島 隆宣; 日本 典秀; 後藤 哲雄
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2005年03月01日
      • D218 コナガサムライコマユバチの休眠性に見られる地理的変異(一般講演)
        野田 隆志; 日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2005年03月01日
      • E309 タイリクヒメハナカメムシ近隣個体群間の遺伝的交流(一般講演)
        日本 典秀; 檜垣 智美; 野田 隆志
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2005年03月01日
      • 北海道北部におけるカンザワハダニの分子系統地理学的解析(一般講演,第15回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 西村 慎哉; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2007年05月25日
      • ナミハダニとカンザワハダニの分布特性(一般講演,第15回日本ダニ学会大会講演要旨)
        高藤 晃雄; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2007年05月25日
      • CO1塩基配列からみたベトナムのハダニ相(一般講演,第14回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 田島 隆宣; 大橋 和典; 刑部 正博; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2006年05月25日
      • カンザワハダニのマイクロサテライトマーカーの遺伝様式(一般講演)(第11回日本ダニ学会大会講演要旨(福井大会))
        西村 慎哉; 日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2003年05月25日
      • リボソームDNA領域のカブリダニ種間比較とその利用について(一般講演)(第11回日本ダニ学会大会講演要旨(福井大会))
        日本 典秀; 豊島 真吾
        日本ダニ学会誌, 2003年05月25日
      • 日本産Tetranychus属ハダニ類11種の核リボゾームDNA-ITS領域の比較とRFLPパターンのカタログ化(一般講演)(第11回日本ダニ学会大会講演要旨(福井大会))
        刑部 正博; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2003年05月25日
      • ミトコンドリアCOI遺伝子の塩基配列に基づく日本産ナミハダニ二型の分子系統学的解析
        日本 典秀; 刑部 正博; 後藤 哲雄; 高藤 晃雄
        日本応用動物昆虫学会誌, 2001年11月25日
      • 日本産カンザワハダニの休眠特性 : 寄主植物による違い
        高藤 晃雄; Santoso Sugeng; 日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会誌, 2001年02月25日
      • E304 分子系統樹を用いたカンザワハダニの種内変異の解析(ダニ)
        日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1999年04月02日
      • D103 ミカンハダニのマイクロサテライト遺伝子の検出とその塩基配列(ダニ・クモ)
        刑部 正博; 日本 典秀; 土田 聡; 駒崎 進吉
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1998年03月31日
      • D104 Panonychus属ハダニ4種における種間、および個体群間の遺伝的距離の推定(ダニ・クモ)
        土田 聡; 刑部 正博; 日本 典秀; 駒崎 進吉
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1998年03月31日
      • E219 ナミハダニ、カンザワハダニのミトコンドリアDNAシークエンスの比較(ダニ)
        日本 典秀; 川崎 建次郎
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1997年04月01日
      • G105 カンザワハダニの遺伝的多型の検出(ダニ)
        日本 典秀; 川崎 建次郎; 高藤 晃雄
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1995年08月25日
      • 第35回ハダニ談話会 : 果樹園のハダニをとりまく天敵たち(あかりノート)
        後藤 哲雄; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2005年05月25日
      • ケナガカブリダニにおけるマイクロサテライトマーカーの開発(第13回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 前田 太郎
        日本ダニ学会誌, 2005年05月25日
      • ケナガカブリダニの行動形質および生活史形質の個体群内変異の解析(第13回日本ダニ学会大会講演要旨)
        前田 太郎; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2005年05月25日
      • 天敵カブリダニの行動変異を利用した生物的防除に向けて(一般講演)(第12回日本ダニ学会大会講演要旨)
        前田 太郎; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2004年05月25日
      • 最近発見されたTetranychusハダニ類の分布(一般講演)(第12回日本ダニ学会大会講演要旨)
        高藤 光雄; 大橋 和典; 刑部 正博; 後藤 哲雄; 日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2004年05月25日
      • ケナガカブリダニ地理的系統のDNAによる識別と利用法について(一般講演)(第12回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 豊島 真吾; 前田 太郎
        日本ダニ学会誌, 2004年05月25日
      • C306 DNAマーカーによる天敵資材(タイリクヒメハナカメムシ)の効果実証(寄生・捕食 生物的防除)
        日本 典秀; 長森 茂之; 檜垣 智美; 野田 隆志
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2004年03月01日
      • G202 Amblyseius属カブリダニ4種のDNA変異(生態学)
        新宅 俊之; 日本 典秀; 天野 洋
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2003年03月01日
      • E307 タイリクヒメハナカメムシのマイクロサテライト遺伝子頻度の地理的変異(生活史・分布)
        日本 典秀; 野田 隆志; 檜垣 智美
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2003年03月01日
      • 休眠性と DNA sequence からみた日本-台湾のカンザワハダニおよびナミハダニの遺伝的分化(第 10 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        高藤 晃雄; Santoso Sugeng; 日本 典秀; 後藤 哲雄
        日本ダニ学会誌, 2002年05月25日
      • カンザワハダニのマイクロサテライトマーカー(第 10 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        西村 慎哉; 日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 2002年05月25日
      • RAPD によるケナガカブリダニの有用形質マーカーの探索(第 10 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 豊島 真吾
        日本ダニ学会誌, 2002年05月25日
      • ミヤコカブリダニ系統間の DNA 配列の比較(第 10 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        新宅 俊之; 日本 典秀; 天野 洋
        日本ダニ学会誌, 2002年05月25日
      • G302 休眠性とDNA sequenceからみた日本と台湾のカンザワハダニの遺伝的類似性(ダニ・クモ)
        高藤 晃雄; Santoso Sugeng; 日本 典秀; 後藤 哲雄
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2002年03月10日
      • F312 タイリクヒメハナカメムシのマイクロサテライトマーカーの遺伝子頻度(捕食・寄生・生物的防除)
        日本 典秀; 野田 隆志
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2002年03月10日
      • F201 ヒメハナカメムシ類成虫の植物種による分布の違いについて(捕食・寄生・生物的防除)
        野田 隆志; 日本 典秀; 清水 徹; 柿元 一樹
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2002年03月10日
      • ケナガカブリダニのマイクロサテライト(第 9 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 2001年05月25日
      • G222 ヒメハナカメムシ類3種の発育零点と発育有効積算温度(寄生・補食・生物的防除)
        柿元 一樹; 野田 隆志; 日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2001年03月31日
      • G315 タイリクヒメハナカメムシの休眠性の遺伝について(寄生・補食・生物的防除)
        野田 隆志; 日本 典秀; 川崎 建次郎; 清水 徹
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2001年03月31日
      • ケナガカブリダニの種内 DNA マーカー(第 8 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 豊島 真吾
        日本ダニ学会誌, 2000年05月25日
      • ケナガカブリダニ地方個体群の特性比較(第 8 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        豊島 真吾; 日本 典秀; 天野 洋
        日本ダニ学会誌, 2000年05月25日
      • G221 ケナガカブリダニにおける偽産雄単為生殖の遺伝学的証明(畜産・衛生・貯穀害虫,自然・環境保護,ダニ・クモ)
        豊島 真吾; 日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2000年03月29日
      • G307 カンザワハダニの休眠性の変異とその選択圧(ダニ・クモ)
        高藤 晃雄; スゲン サントソ; 日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2000年03月29日
      • マイクロサテライト領域を利用したハダニの DNA マーカー作成(第 7 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 1999年05月25日
      • カブリダニの DNA 分析(第 6 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 豊島 真吾; 川崎 建次郎
        日本ダニ学会誌, 1998年05月25日
      • DNA 分析によるササラダニ類の種間比較(第 5 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        島野 智之; 高橋 道佳; 刑部 正博; 日本 典秀; 青木 淳一
        日本ダニ学会誌, 1997年05月25日
      • 塩基配列にもとづくナミハダニの系統解析(第 5 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 1997年05月25日
      • ハウスイチゴに導入したナミハダニ個体群の遺伝的構造の変化(第 3 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀; 高藤 晃雄
        日本ダニ学会誌, 1995年05月25日
      • アロザイム分析によるナミハダニ Tetranychus urticae の個体群構造の研究(第 1 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        日本 典秀
        日本ダニ学会誌, 1993年05月25日
      • ハダニ類の個体群構造と系統関係の解析に関する研究(2004年度日本応用動物昆虫学会奨励賞受賞記念講演要旨)
        日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会誌, 2004年08月25日
      • タイリクヒメハナカメムシの分布北限について(半翅目 : ハナカメムシ科)
        清水 徹; 川崎 建次郎; 日本 典秀
        昆蟲. ニューシリーズ, 2001年12月25日
      • コナガのジアミド系殺虫剤の抵抗性遺伝子の起源と抵抗性リスクレベル
        上杉龍士; 上樂明也; PATTALUNG Suprada Sukonthabhirom na; 日本典秀; 桑崎誠剛; 金森裕之; 片寄裕一; 園田昌司
        農研機構東北農業研究センター成果情報(Web), 2020年
      • DNAマーカーによるネギネクロバネキノコバエの近縁他種からの識別法
        有本誠; 上杉龍士; 日本典秀; 長坂幸吉; 吉松慎一; 末吉昌宏
        農研機構中央農業研究センター成果情報(Web), 2018年
      • 施設野菜類の主要アブラムシを防除するための2種アブラバチ混合製剤
        長坂幸吉; 日本典秀; 光永貴之; 上杉龍士; 有本誠; 手塚俊行; 小原慎司; 伊藤健司
        農研機構中央農業研究センター成果情報(Web), 2018年
      • 野外の粘着トラップに捕殺されたコナガ成虫は8日以内までPCRに利用できる
        上杉龍士; 日本典秀; 後藤千枝
        農研機構中央農業研究センター成果情報(Web), 2016年
      • 野外に設置した黄色粘着板上のネギネクロバネキノコバエ成虫の放置期間と種特異的プライマーを用いたPCR成功率との関係
        有本誠; 日本典秀; 日本典秀; 長坂幸吉; 小俣良介; 小俣良介; 岩瀬亮三郎
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2021年
      • 施設ピーマン・ナスでの主要アブラムシ類に対する次世代型バンカー資材キットによる防除効果
        長坂幸吉; 日本典秀; 光永貴之; 有本誠; 手塚俊行; 小原慎司; 伊藤健司
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2019年
      • 農研機構研究機関からの成果報告(18)施設園芸におけるバンカー植物を用いた捕食性天敵タバコカスミカメ利用技術
        日本 典秀; 安部 順一朗
        農村と都市をむすぶ, 2017年01月
      • 施設ミニトマト有機栽培圃場における10年間の主要害虫の年次変動と管理対策
        長坂幸吉; 杜建明; 日本典秀; 日本典秀; 守屋成一; 後藤千枝; 櫻井民人; 山内智史; 澤田守
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2020年
      • 施設ミニトマト有機JAS認証圃場における主要害虫の10年間の年次変動に基づいた管理対策
        長坂幸吉; DU Jianming; 日本典秀; 日本典秀; 守屋成一; 後藤千枝; 櫻井民人; 山内智史; 澤田守
        農研機構研究報告, 2020年
      • 同所的に発生するクロバネキノコバエ科多数頭からのネギネクロバネキノコバエの検出
        有本誠; 日本典秀; 日本典秀; 小俣良介; 岩瀬亮三郎
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2020年
      • 野外に設置した黄色粘着板上のネギネクロバネキノコバエ成虫の放置期間と種特異的プライマーを用いたPCR成功率との関係
        有本誠; 日本典秀; 日本典秀; 長坂幸吉; 小俣良介; 小俣良介; 岩瀬亮三郎
        関東東山病害虫研究会報, 2020年
      • 次世代型バンカー資材キットによるキュウリ・ナスでのアブラムシ類に対する防除効果
        長坂幸吉; 日本典秀; 日本典秀; 光永貴之; 有本誠; 手塚俊行; 小原慎司; 伊藤健司
        関東東山病害虫研究会報, 2020年
      • 日本産トマト3品種に対するタバコカスミカメの加害
        中野亮平; 中野亮平; 守田大樹; 岡本雄太; 藤原彩夏; 安達鉄矢; 土井誠; 石川隆輔; 片山晴喜; 日本典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2020年
      • 土耕長期越冬作型におけるタバコカスミカメを中心とした害虫防除体系
        日本典秀; 岩本健太郎
        植物防疫, 2020年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 植物工場トマトにおけるタバコカスミカメを利用した害虫防除の試み
        日本典秀; 安居拓恵; 辻井直; 安田哲也; 前田太郎; 趙鉄軍; 中野明正
        植物防疫, 2020年01月, 査読有り
      • 化学合成殺虫剤を半減する新たなトマト地上部病害虫防除体系マニュアル
        農研機構
        2019年03月
      • 天敵保護装置により低湿度環境下でもパック製剤から多数の天敵カブリダニを放出できる
        下田武志; 日本典秀; 後藤千枝; 平岡正; 森光太郎; 香川理威; 吉澤仁志; 中野昭雄; 松比良邦彦; 柳田裕紹; 下元満喜; 安達鉄矢; 中島哲男; 関康洋
        農研機構中央農業研究センター成果情報(Web), 2019年
      • バーベナ‘タピアン’の植栽がタバコカスミカメのトマト上への定着へ及ぼす影響
        日本典秀; 長坂幸吉; 植原健人; 中保一浩
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2018年03月10日
      • DNAマーカーによるネギネクロバネキノコバエの識別技術の開発
        有本誠; 上杉龍士; 日本典秀; 末吉昌宏; 吉松慎一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2018年03月10日
      • イチゴ育苗期におけるバンカーシートを利用したナミハダニ防除効果の検証
        柳田裕紹; 桐明紗織; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎; 中島哲男; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • バンカーシートの天敵放出性に及ぼす湿度の影響について
        下田武志; 日本典秀; 香川理威; 森光太郎; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • 抑制栽培キュウリにおける天敵維持装置「バンカーシート」の効果的利用法の検討
        吉澤仁志; 長浜ゆり; 谷口高大; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • 天敵増殖資材「バンカーシート」利用を基幹としたサヤインゲンの害虫防除体系
        松比良邦彦; 柿元一樹; 尾松直志; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎; 中島哲男; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • バンカー植物上での害虫アブラムシ類の増殖率と寄主植物選好性について
        光永貴之; 日本典秀; 上杉龍士; 守屋成一; 長坂幸吉
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • ナケルクロアブラバチとコレマンアブラバチ混合マミー製剤によるイチゴでの2種アブラムシに対する防除効果
        長坂幸吉; 日本典秀; 上杉龍士; 勾坂晶; 勾坂晶; 光永貴之
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • タバコカスミカメの生物農薬的利用による微小害虫防除について
        日本典秀; 長坂幸吉; 小原慎司; 手塚俊行
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年03月10日
      • 施設野菜類の微小害虫防除に役立つバンカーシートと利用マニュアル
        下田武志; 日本典秀; 後藤千枝; 平岡正; 森光太郎; 香川理威; 吉澤仁志; 中野昭雄; 松比良邦彦; 柳田裕紹; 下元満喜; 安達鉄矢; 中島哲男; 関康洋
        農研機構中央農業研究センター成果情報(Web), 2017年
      • 数種の害虫特異的プライマーを用いたタバコカスミカメ体内からの被食者DNA検出
        中野亮平; 土井誠; 石川隆輔; 日本典秀; 神川諭
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2017年
      • 質量分析を用いたハダニの同定
        梶原英之; 日本典秀; 後藤哲雄
        植物防疫, 2017年, 招待有り
      • 施設栽培ダリアにおけるスワルスキーカブリダニの放飼方法の検討
        安達鉄矢; 下元満喜; 渋谷淳平; 野町敦志; 福原宏; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年03月10日
      • 促成栽培キュウリにおける天敵増殖資材「バンカーシート」を利用したスワルスキーカブリダニの定着性向上の検討
        吉澤仁志; 長浜ゆり; 櫻井まさみ; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎; 中島哲男; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年03月10日
      • 天敵カブリダニ類を保護・増殖するためのバンカーシートの改良
        下田武志; 日本典秀; 香川理威; 森光太郎; 大朝真喜子; 今井修; 吉田潔充; 中島哲男; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年03月10日
      • 3種のマイナーアブラムシを寄主とした際のナケルクロアブラバチの生態的パラメータの違いについて
        光永貴之; 長坂幸吉; 後藤千枝; 日本典秀; 上杉龍士; 守屋成一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年03月10日
      • 露地でのヒメハナカメムシ類,ヒラタアブ類の有効利用に向けた天敵温存植物4草種の比較
        安部順一朗; 日本典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年
      • ジアミド系殺虫剤抵抗性遺伝子RyR G4946Eの拡散からみる日本におけるコナガの移動分散実態
        上杉龍士; 日本典秀; 後藤千枝
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年
      • 施設キュウリとトマトにおけるIPMのためのタバコカスミカメ利用技術マニュアル(2015年版)
        日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年12月
      • 天敵カブリダニ類の新規増殖資材「いつでも天敵」の開発と利用
        下田武志; 日本典秀; 香川理威; 伊藤勇弥; 森光太郎; 大朝真喜子; 今井修; 吉田潔充; 中島哲男; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年03月10日
      • イチゴにおける天敵増殖資材「バンカーシート」を利用したミヤコカブリダニの個体数維持効果の検討
        柳田裕紹; 桐明紗織; 下田武志; 日本典秀; 森光太郎; 中島哲男; 平岡正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年03月10日
      • 捕食性カメムシ類のRNA sequencingによるトランスクリプトーム解析
        内山博允; 石毛太一郎; 矢嶋俊介; 野田隆志; 村路雅彦; 前田太郎; 日本典秀; 上樂明也; 霜田政美
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年03月10日
      • 施設キュウリにおけるタバコカスミカメによるネギアザミウマ防除効果
        日本典秀; 長坂幸吉; 後藤千枝; 安部順一朗; 綱島健司; 飛川光治; 西優輔; 小原慎司; 手塚俊行
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年
      • 粘着トラップに付着したコナガはどれぐらいの期間PCRに利用可能か?
        上杉龍士; 日本典秀; 後藤千枝
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年
      • ハダニの天敵昆虫類を対象とした簡易採集法および室内増殖法
        下田武志; 日本典秀; 屋良佳緒利; 小堀陽一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2014年
      • 土着カブリダニ類の識別技術の現状と今後の展開
        豊島真吾; 日本典秀; 岸本英成; 天野 洋
        第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学藤沢キャンパス)、講演要旨集, 2013年03月
      • ショクガタマバエ地域個体群間の個体群構造
        日本典秀; 安部順一朗; 山根雅史; 矢野栄二
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2012年
      • マイクロサテライトDNAマーカーを利用した天敵評価.
        日本典秀; 檜垣智美; 前田太郎; 長森茂之; 富所康広
        植物防疫, 2010年
      • Isolation, characterization, inheritance and linkage of microsatellite markers in Tetranychus kanzawai (Acari : Tetranychidae) (vol 36, pg 347, 2005)
        S Nishimura; N Hinomoto; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2005年09月
      • 天敵利用におけるDNAマーカーの活用と将来展望
        日本典秀
        天敵利用におけるDNAマーカーの活用と将来展望, 2005年
      • A304 タイリクヒメハナカメムシの休眠性の遺伝様式(寄生・捕食・生物的防除)
        野田 隆志; 日本 典秀; 村路 雅彦
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2003年03月01日
      • G316 ヒメハナカメムシ類のDNAマーカーの開発(寄生・補食・生物的防除)
        日本 典秀; 村路 雅彦; 川崎 建次郎; 野田 隆志; 清水 徹
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2001年03月31日
      • C114 PCR-RFLPによる種の識別に基づくヒメハナカメムシ類の野外休眠状況の比較(寄生・捕食・生物的防除)
        川崎 建次郎; 清水 徹; 村路 雅彦; 日本 典秀
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1998年03月31日
      • D102 カブリダニDNA塩基配列の種間・系統間比較(ダニ・クモ)
        日本 典秀; 根本 久; 豊島 真吾; 村路 雅彦; 川崎 建次郎
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1998年03月31日
      • Studies on the Population Structure of the Two-Spotted Spider Mite, Tetranychus urticae Koch, by Allozyme Variability Analysis
        Norihide Hinomoto; Akio Takafuji; Norihide Hinomoto
        Applied Entomology and Zoology, 1994年
      • ハダニの個体群構造と天敵利用による防除への期待
        (1996) 蚕糸技術, 152: 56-59
      • The Genetic Structure of Tetranychus urticae Population on Vinyl-house Strawberries
        A. Takafuji (1997) ANPP 4th International Conference on Pests in Agriculture. Montpellier, France
      • ナミハダニ個体群―遺伝的構造の時空間的変動―アロザイムをマーカーとして
        (1997)アニテックス, 9: 333-336
      • The Genetic Structure of Tetranychus urticae Population on Vinyl-house Strawberries
        A. Takafuji (1997) ANPP 4th International Conference on Pests in Agriculture. Montpellier, France

      書籍等出版物

      • トマト100トンどりの新技術と理論 : 低投入多収をめざして
        Heuvelink, Ep; 中野, 明正; 東出, 忠桐; 松田, 怜, 共訳, 第7章 作物保護―病虫害管理
        農山漁村文化協会, 2020年03月
      • 分子昆虫学 ―ポストゲノムの昆虫研究―
        神村 学; 日本 典秀; 葛西 真治; 竹内 秀明; 畠山 正統; 石橋 純; 神村 学; 日本 典秀; 葛西 真治; 竹内 秀明; 畠山 正統; 石橋 純, 共編者(共編著者)
        共立出版, 2009年08月, 査読無し
      • ダニの生物学
        青木 淳一, 共著, 第9章 DNA分析
        東京大学出版会, 2001年12月, 査読無し

      産業財産権

      • 特許6566656, 特開2015-166344, 特願2015-29054, 微生物農薬、並びに植物の虫害抵抗性付与及び品質低下抑制方法
        田中 福代; 大脇 良成; 日本 典秀; 塔野岡 純子

      受賞

      • 2004年03月25日
        日本応用動物昆虫学会 , 奨励賞
      • 2019年03月25日
        一般社団法人日本応用動物昆虫学会, 学会賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 異なる環境下でのカブリダニ個体群構造の違いから考える土着天敵保護利用
        基盤研究(C)
        国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
        日本 典秀
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        カブリダニ;個体群構造;マイクロサテライト;移動分散;土着天敵;保全的生物的防除;ケナガカブリダニ;露地キク;生物的防除;天敵利用;果樹;ミヤコカブリダニ;リボゾームDNA;種識別マーカー
      • 導入種コレマンアブラバチにおいて夏季に世代継続を阻害する要因の解明
        基盤研究(B)
        国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
        長坂 幸吉
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        天敵;コレマンアブラバチ;アブラバチ類;アブラムシ;二次寄生蜂;競争;高次寄生蜂;内的自然増加率;高次寄生;アブラバチ;生活史;群集
      • "土着"天敵とは何か?遺伝子交流からのアプローチ
        基盤研究(B)
        独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構;独立行政法人農業生物資源研究所
        日本 典秀
        完了
        生物的防除;天敵昆虫類;DNAマーカー;マイクロサテライト;個体群構造;昆虫;環境;遺伝;天敵;ショクガタマバエ;土着天敵;遺伝的多様性;マイクロサテライトマーカー;遺伝子交流;ミトコンドリアDNA;移動分散
      • マイクロサテライトマーカーを用いたヒメハナカメムシ個体群間の遺伝子交流の解明
        若手研究(B)
        独立行政法人農業生物資源研究所
        日本 典秀
        完了
        天敵昆虫;マイクロサテライト;遺伝的多様性;DNAマーカー;移動分散;ヒメハナカメムシ;個体群構造;生物農薬
      • 分子・生態情報に基づく東南・東アジアにおけるハダニ類の分布拡大プロセスの解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        高藤 晃雄
        完了
        ハダニ;休眠性;COI塩基配列;ナミハダニ;カンザワハダニ;系統分化;分布拡大;COI;塩基配列;分子系統樹;DNAバーコード;遺伝的分化;DNA;アジア;地理的変異, Spider mites;Diapause;COI sequences;Tetranychus urticae;Tetranychus kanzawai;Phylogenetic relationship;Distribution expansion
      list
        Last Updated :2022/08/15

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態情報開発学専攻実験2
          EC33, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態学
          5121, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態制御学
          5227, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態情報開発学演習2
          EB42, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態情報開発学演習1
          EB41, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態制御学特論
          EA16, 後期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          害虫管理学
          5312, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          資源生物科学概論B
          5116, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生態情報開発学専攻実験1
          EC32, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生産生態科学演習
          5307, 通年, 農学部, 2
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態情報開発学
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態情報開発学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態情報開発学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態情報開発学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態情報開発学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態情報開発学特論
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学専門外書講義II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態情報開発学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態情報開発学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態情報開発学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態情報開発学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態情報開発学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          害虫管理学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態情報開発学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態情報開発学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態情報開発学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態情報開発学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態情報開発学特論
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部

        博士学位審査

        • Studies on the formation and elongation of the delimiting membrane in Bipolaris maydis (トウモロコシごま葉枯病菌における前胞子膜の形成および伸長に関する研究)
          ■ 健也, 農学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Genetic study on acaricide resistance in the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae)  (ナミハダニの殺ダニ剤抵抗性に関する遺伝学的研究)
          杉本 直也, 農学研究科, 主査
          2022年01月24日
        list
          Last Updated :2022/08/15

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            総合博物館運営委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2020年04月01日, 至 2024年06月30日
            比較農業論講座運営協議員会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地域環境科学専攻長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            評価委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            防火・防災委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/08/15

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2019年01月, 至 2021年12月
              評議員、電子情報委員、大会運営委員会事務局長, 日本ダニ学会
            • 自 2019年04月, 至 2021年03月
              監事, (一社)日本応用動物昆虫学会

            ページ上部へ戻る