教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

加藤 真理子

カトウ マリコ

化学研究所 生体機能化学研究系 助教

加藤 真理子
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 生体分子情報学講座, 助教

    所属学協会

    • 日本植物生理学会

    学位

    • 博士(農学)(名古屋大学)

    経歴

    • 自 2014年04月, 至 現在
      京都大学, 化学研究所, 助教
    • 自 2012年02月, 至 2014年03月
      京都大学, 化学研究所, 非常勤研究員
    • 自 2011年04月, 至 2012年01月
      名古屋大学, グローバルCOE研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      論文

      • CFI 25 Subunit of Cleavage Factor I is Important for Maintaining the Diversity of 3MODIFIER LETTER PRIME UTR Lengths in Arabidopsis thaliana (L.) Heynh.
        Xiaojuan Zhang; Mika Nomoto; Marta Garcia-Leon; Naoki Takahashi; Mariko Kato; Kei Yura; Masaaki Umeda; Vicente Rubio; Yasuomi Tada; Tsuyoshi Furumoto; Takashi Aoyama; Tomohiko Tsuge
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2022年03月
      • Author Correction: PtdIns(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis.
        Tomoko Hirano; Hiroki Konno; Seiji Takeda; Liam Dolan; Mariko Kato; Takashi Aoyama; Takumi Higaki; Hisako Takigawa-Imamura; Masa H Sato
        Nature plants, 2019年04月
      • Functional Differentiation among the Arabidopsis Phosphatidylinositol 4-Phosphate 5-Kinase Genes PIP5K1, PIP5K2 and PIP5K3
        Machiko Watari; Mariko Kato; Romain Blanc-Mathieu; Tomohiko Tsuge; Hiroyuki Ogata; Takashi Aoyama
        Plant and Cell Physiology, 2022年05月16日
      • Arabidopsis PLDζ1 and PLDζ2 localize to post-Golgi membrane compartments in a partially overlapping manner
        Ryota Shimamura; Yohei Ohashi; Yukimi Yamamoto Taniguchi; Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama
        Plant Molecular Biology, 2021年10月02日
      • Arabidopsis phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase genes PIP5K7, PIP5K8, and PIP5K9 are redundantly involved in root growth adaptation to osmotic stress
        Ryo Kuroda; Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Takashi Aoyama
        The Plant Journal, 2021年, 査読有り
      • Arabidopsis PCaP2 Modulates the Phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate Signal on the Plasma Membrane and Attenuates Root Hair Elongation
        Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Masayoshi Maeshima; Takashi Aoyama
        The Plant Journal, 2019年, 査読有り
      • PtdIns(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis.
        Tomoko Hirano; Hiroki Konno; Seiji Takeda; Liam Dolan; Mariko Kato; Takashi Aoyama; Takumi Higaki; Hisako Takigawa-Imamura; Masa H Sato
        Nature plants, 2018年11月, 査読有り
      • A novel-type phosphatidylinositol phosphate-interactive, Ca-binding protein PCaP1 in Arabidopsis thaliana: stable association with plasma membrane and partial involvement in stomata closure
        Chisako Nagata; Chika Miwa; Natsuki Tanaka; Mariko Kato; Momoe Suito; Ayako Tsuchihira; Yori Sato; Shoji Segami; Masayoshi Maeshima
        Journal of Plant Research, 2016年05月, 査読有り
      • GLABRA2 Directly Suppresses Basic Helix-Loop-Helix Transcription Factor Genes with Diverse Functions in Root Hair Development
        Qing Lin; Yohei Ohashi; Mariko Kato; Tomohiko Tsuge; Hongya Gu; Li-Jia Qu; Takashi Aoyama
        Plant Cell, 2015年10月, 査読有り
      • Phosphoinositide Signaling in Root Hair Tip Growth
        Hiroaki Kusano; Rumi Tominaga; Takuji Wada; Mariko Kato; Takashi Aoyama
        Plant Cell Wall Patterning and Cell Shape, 2014年12月03日
      • Characteristics of a root hair-less line of Arabidopsis thaliana under physiological stresses
        Natsuki Tanaka; Mariko Kato; Rie Tomioka; Rie Kurata; Yoichiro Fukao; Takashi Aoyama; Masayoshi Maeshima
        Journal of Experimental Botany, 2014年04月, 査読有り
      • Rapid Structural Changes and Acidification of Guard Cell Vacuoles during Stomatal Closure Require Phosphatidylinositol 3,5-Bisphosphate
        Gwangbae Bak; Eun-Jung Lee; Yuree Lee; Mariko Kato; Shoji Segami; Heven Sze; Masayoshi Maeshima; Jae-Ung Hwang; Youngsook Lee
        Plant Cell, 2013年06月, 査読有り
      • The Ca2+-binding protein PCaP2 located on the plasma membrane is involved in root hair development as a possible signal transducer
        Mariko Kato; Takashi Aoyama; Masayoshi Maeshima
        The Plant Journal, 2013年05月, 査読有り
      • Application of radioisotope in biochemical analysis: Metal binding proteins and metal transporters.
        Kawachi, M; Nagasaki-Takeuchi, N; Kato, M; Maeshima, M
        In “Radioisotopes-Applications in Bio-Medical Science”, 2011年
      • An Arabidopsis Hydrophilic Ca-2-Binding Protein with a PEVK-Rich Domain, PCaP2, is Associated with the Plasma Membrane and Interacts with Calmodulin and Phosphatidylinositol Phosphates
        Mariko Kato; Nahoko Nagasaki-Takeuchi; Yuki Ide; Masayoshi Maeshima
        Plant and Cell Physiology, 2010年03月, 査読有り
      • PCaPs, possible regulators of PtdInsP signals on plasma membrane
        Mariko Kato; Nahoko Nagasaki-Takeuchi; Yuki Ide; Rie Tomioka; Masayoshi Maeshima
        Plant Signaling and Behavior, 2010年
      • Carboxyl-terminal hydrophilic tail of a NhaP type Na+/H+ antiporter from cyanobacteria is involved in the apparent affinity for Na+ and pH sensitivity
        R Waditee; T Buaboocha; M Kato; T Hibino; S Suzuki; T Nakamura; T Takabe
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2006年06月, 査読有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 花粉の発芽に関わるホスホイノシチドの研究
        基盤研究(C)
        小区分38030:応用生物化学関連
        京都大学
        加藤 真理子
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        植物;細胞形態形成;ホスホイノシチド
      • 植物の根毛伸長を支えるリン脂質シグナルの解明
        若手研究(B)
        京都大学
        加藤 真理子
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        植物細胞形態形成;ホスホイノシチド;シグナル伝達;リン脂質シグナル;細胞形態形成;脂質;植物
      • 根毛形態形成における細胞内局所的なカルシウムーリン脂質シグナル変換機構と分子基盤
        研究活動スタート支援
        京都大学
        加藤 真理子
        自 2014年08月29日, 至 2016年03月31日, 完了
        植物細胞形態形成;細胞内シグナル伝達;植物;シグナル伝達;脂質
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIB
          9090, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIA
          9089, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          9094, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          9093, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIID
          9096, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールID
          9092, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIC
          9091, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学特論B
          9012, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          9095, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          遺伝子の分子生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子情報学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学特論B
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所講演委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所講演委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所広報委員会委員

          ページ上部へ戻る