教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

成田 絵美

ナリタ エミ

工学研究科 原子核工学専攻量子物質工学講座 講師

成田 絵美
list
    Last Updated :2024/07/24

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      narita.emi.5skyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 自 2015年09月, 至 現在
      日本物理学会
    • 自 2010年12月, 至 現在
      プラズマ・核融合学会

    学位

    • 2012年03月22日
      大阪大学修士(工学)
    • 2015年03月25日
      大阪大学博士(工学)

    出身学校・専攻等

    • 大阪大学, 工学部環境・エネルギー工学科, 卒業

    経歴

    • 自 2023年06月, 至 現在
      京都大学, 大学院工学研究科 原子核工学専攻, 講師
    • 自 2021年07月, 至 2023年05月
      国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 主任研究員
    • 自 2019年04月, 至 2021年06月
      国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 研究員
    • 自 2018年04月, 至 2019年03月
      国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 任期付研究員
    • 自 2016年04月, 至 2018年03月
      国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 博士研究員
    • 自 2015年04月, 至 2016年03月
      国立研究開発法人日本原子力研究開発機構, 博士研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/07/24

      研究

      研究分野

      • エネルギー, 核融合学

      論文

      • Integrated code framework for operation scenario development with the global-optimizer-based iterative solver GOTRESS
        M. Honda; E. Narita; N. Hayashi
        46th EPS Conference on Plasma Physics, EPS 2019, 2019年
      • Prediction of kinetic profiles using a new transport solver based on global optimization techniques
        M. Honda; S. Ide; E. Narita; N. Hayashi
        45th EPS Conference on Plasma Physics, EPS 2018, 2018年
      • Spatio-temporal evolutions of ion heat flux and radial electric field during internal transport barrier formation on JT-60U
        F. Kin; K. Itoh; M. Yoshida; M. Honda; Y. Kamada; K. Kamiya; E. Narita; T. Bando
        Plasma Physics and Controlled Fusion, 2021年03月
      • Plasma physics and control studies planned in JT-60SA for ITER and DEMO operations and risk mitigation
        M Yoshida; G Giruzzi; N Aiba; JF Artaud; J Ayllon-Guerola; L Balbinot; O Beeke; E Belonohy; P Bettini; W Bin; A Bierwage; T Bolzonella; M Bonotto; C Boulbe; J Buermans; M Chernyshova; S Coda; R Coelho; S Davis; C Day; G De Tommasi; M Dibon; A Ejiri; G Falchetto; A Fassina; B Faugeras; L Figini; M Fukumoto; S Futatani; K Galazka; J Garcia; M Garcia-Munoz; L Garzotti; L Giacomelli; L Giudicotti; S Hall; N Hayashi; C Hoa; M Honda; K Hoshino; M Iafrati; A Iantchenko; S Ide; S Iio; R Imazawa; S Inoue; A Isayama; E Joffrin; K Kamiya; Y Ko; M Kobayashi; T Kobayashi; G Kocsis; A Kovacsik; T Kurki-Suonio; B Lacroix; P Lang; P Lauber; A Louzguiti; E de la Luna; G Marchiori; M Mattei; A Matsuyama; S Mazzi; A Mele; F Michel; Y Miyata; J Morales; P Moreau; A Moro; T Nakano; M Nakata; E Narita; R Neu; S Nicollet; M Nocente; S Nowak; FP Orsitto; V Ostuni; Y Ohtani; N Oyama; R Pasqualotto; B Pegourie; E Perelli; L Pigatto; C Piccinni; A Pironti; P Platania; B Ploeckl; D Ricci; P Roussel; G Rubino; R Sano; K Sarkimaki; K Shinohara; S Soare; C Sozzi; S Sumida; T Suzuki; Y Suzuki; T Szabolics; T Szepesi; Y Takase; M Takech; N Tamura; K Tanaka; H Tanaka; M Tardocchi; A Terakado; H Tojo; T Tokuzawa; A Torre; N Tsujii; H Tsutsui; Y Ueda; H Urano; M Valisa; M Vallar; J Vega; F Villone; T Wakatsuki; T Wauters; M Wischmeier; S Yamoto; L Zani
        PLASMA PHYSICS AND CONTROLLED FUSION, 2022年05月, 査読有り
      • A simplified model to estimate nonlinear turbulent transport by linear dynamics in plasma turbulence
        Tomonari Nakayama; Motoki Nakata; Mitsuru Honda; Emi Narita; Masanori Nunami; Seikichi Matsuoka
        Scientific Reports, 2023年03月16日
      • Multimodal convolutional neural networks for predicting evolution of gyrokinetic simulations
        Mitsuru Honda; Emi Narita; Shinya Maeyama; Tomo‐Hiko Watanabe
        Contributions to Plasma Physics, 2023年04月12日
      • Modification of a machine learning‐based semi‐empirical turbulent transport model for its versatility
        Emi Narita; Mitsuru Honda; Motoki Nakata; Nobuhiko Hayashi; Tomonari Nakayama; Maiko Yoshida
        Contributions to Plasma Physics, 2023年01月28日
      • Toward efficient runs of nonlinear gyrokinetic simulations assisted by a convolutional neural network model recognizing wavenumber-space images
        E. Narita; M. Honda; S. Maeyama; T.-H. Watanabe
        Nuclear Fusion, 2022年06月28日
      • Quasilinear turbulent particle and heat transport modelling with a neural-network-based approach founded on gyrokinetic calculations and experimental data
        E. Narita; M. Honda; M. Nakata; M. Yoshida; N. Hayashi
        Nuclear Fusion, 2021年10月07日
      • Development of a novel integrated model GOTRESS+ for predictions and assessment of JT-60SA operation scenarios including the pedestal
        M. Honda; N. Aiba; H. Seto; E. Narita; N. Hayashi
        Nuclear Fusion, 2021年10月04日
      • Application of transient transport analysis method for modulation experiment
        Y. Ohtani; M. Yoshida; M. Honda; E. Narita
        AIP Advances, 2021年08月01日
      • Review of hydrogen isotope effects on H-mode confinement in JT-60U
        H Urano; E Narita
        Plasma Physics and Controlled Fusion, 2021年06月17日
      • Prediction of a single Gaussian shape of spectral line measured with low-dispersion spectrometer by using machine learning
        F. Kin; T. Nakano; N. Oyama; A. Terakado; T. Wakatsuki; E. Narita
        Review of Scientific Instruments, 2021年05月01日
      • Development of a Surrogate Turbulent Transport Model and Its Usefulness in Transport Simulations
        Mitsuru HONDA; Emi NARITA
        Plasma and Fusion Research, 2021年02月10日
      • Dynamics of weak-magnetic-shear-sustained internal transport barrier during supersonic molecular-beam injection in JT-60U
        F. Kin; M. Yoshida; H. Takenaga; M. Honda; N. Tamura; E. Narita; K. Kamiya; T. Bando; T. Wakatsuki; A. Isayama
        Nuclear Fusion, 2021年01月13日
      • Scaling study for positive magnetic shear ELMy H-mode plasmas in JT-60U
        Yoshiaki Ohtani; Maiko Yoshida; Mitsuru Honda; Emi Narita; Hajime Urano; Naoyuki Oyama; Hidenobu Takenaga
        Plasma Physics and Controlled Fusion, 2019年11月05日
      • Machine-learning assisted steady-state profile predictions using global optimization techniques
        M. Honda; E. Narita
        Physics of Plasmas, 2019年10月
      • Neural-network-based semi-empirical turbulent particle transport modelling founded on gyrokinetic analyses of JT-60U plasmas
        E. Narita; M. Honda; M. Nakata; M. Yoshida; N. Hayashi; H. Takenaga
        Nuclear Fusion, 2019年08月22日
      • Gyrokinetic modelling of the quasilinear particle flux for plasmas with neutral-beam fuelling
        E Narita; M Honda; M Nakata; M Yoshida; H Takenaga; N Hayashi
        Plasma Physics and Controlled Fusion, 2018年01月09日
      • Transport modelling of JT-60U and JET plasmas with internal transport barriers towards prediction of JT-60SA high-beta steady-state scenario
        N. Hayashi; J. Garcia; M. Honda; E. Narita; S. Ide; G. Giruzzi; Y. Sakamoto
        Nuclear Fusion, 2017年10月03日
      • Predictions of toroidal rotation and torque sources arising in non-axisymmetric perturbed magnetic fields in tokamaks
        M. Honda; S. Satake; Y. Suzuki; K. Shinohara; M. Yoshida; E. Narita; M. Nakata; N. Aiba; J. Shiraishi; N. Hayashi; G. Matsunaga; A. Matsuyama; S. Ide
        Nuclear Fusion, 2017年08月18日
      • Effects of toroidal rotation on electron heat transport via changes in inertial force and impurity density
        E Narita; M Honda; M Yoshida; N Hayashi; H Urano; S Ide
        Plasma Physics and Controlled Fusion, 2017年03月07日
      • Effects of toroidal rotation shear and magnetic shear on thermal and particle transport in plasmas with electron cyclotron heating on JT-60U
        M. Yoshida; M. Honda; E. Narita; N. Hayashi; H. Urano; M. Nakata; N. Miyato; H. Takenaga; S. Ide; Y. Kamada
        Nuclear Fusion, 2015年06月15日
      • Gyrokinetic Analyses of Core Heat Transport in JT-60U Plasmas with Different Toroidal Rotation Direction
        NARITA Emi; HONDA Mitsuru; HAYASHI Nobuhiko; URANO Hajime; IDE Shunsuke; FUKUDA Takeshi
        Plasma and Fusion Research, 2015年
      • Physics comparison and modelling of the JET and JT-60U core and edge: towards JT-60SA predictions
        J. Garcia; N. Hayashi; B. Baiocchi; G. Giruzzi; M. Honda; S. Ide; P. Maget; E. Narita; M. Schneider; H. Urano
        Nuclear Fusion, 2014年08月19日
      • Turbulence Analyses of Improved Electron Energy Confinement in H-Mode Plasmas with Gyrokinetic Calculations
        Emi NARITA; Mitsuru HONDA; Nobuhiko HAYASHI; Tomonori TAKIZUKA; Shunsuke IDE; Kiyoshi ITAMI; Akihiko ISAYAMA; Takeshi FUKUDA
        Plasma and Fusion Research, 2013年
      • Analysis of Te/Ti Effect on Confinement Properties
        Emi NARITA; Tomonori TAKIZUKA; Nobuhiko HAYASHI; Takaaki FUJITA; Shunsuke IDE; Mitsuru HONDA; Akihiko ISAYAMA; Kiyoshi ITAMI; Yutaka KAMADA; Yasuyuki TANAKA; Masaki IIDA; Takeshi FUKUDA
        Plasma and Fusion Research, 2012年

      MISC

      • 機械学習による輸送モデリング -JT-60Uにおける実践例-
        成田絵美; 本多充
        プラズマ・核融合学会誌, 2021年02月
      • 統合コード開発の今後の展望
        本多 充; 成田 絵美; 林 伸彦; 矢木 雅敏; 福山 淳; 村上 定義; 横山 雅之; 藤田 隆明
        プラズマ・核融合学会誌, 2019年09月

      講演・口頭発表等

      • 機械学習を利用した半経験乱流輸送モデルの拡張と汎用性の検証
        成田絵美; 本多充; 仲田資季; 吉田麻衣子; 林伸彦; 中山智成
        第39回プラズマ・核融合学会年会, 2023年11月24日
      • Updates on DeKANIS to include hydrogen isotope effects
        E. Narita; M. Honda; M. Nakata; T. Nakayama; N. Hayashi
        30th Transport and Confinement Topical Group Meeting, 2023年04月27日
      • 水素同位体効果を考慮した準線形乱流輸送モデリングと温度・密度分布予測
        成田絵美; 本多充; 仲田資季; 中山智成; 林伸彦
        日本物理学会2023年春季大会, 2023年03月22日
      • 磁場閉じ込め核融合プラズマのデータ駆動型研究の進展
        成田絵美
        第70回応用物理学会春季学術講演会, 2023年03月16日, 招待有り
      • 乱流熱流束の時間発展を予測するマルチモーダルニューラルネットワークモデルの開発
        成田絵美; 本多充; 前山伸也; 渡邉智彦
        成果創出加速プログラム研究交流会「富岳百景」, 2023年03月07日
      • Modification of a machine learning based semi-empirical turbulent transport model for its versatility
        E. Narita; M. Honda; M. Nakata; M. Yoshida; N. Hayashi; T. Nakayama
        JA-KO Workshop on Modeling and Simulation of Magnetic Fusion Plasma, 2022年11月18日
      • Machine-learning assistance with nonlinear gyrokinetic simulations by recognizing wavenumber-space images
        E. Narita; M. Honda; S. Maeyama; T.-H. Watanabe
        International Conference on Numerical Simulation of Plasmas (ICNSP) 2022, 2022年09月02日, 招待有り

      受賞

      • 2022年11月25日
        第39回年会 若手学会発表賞正会員部門(プラズマ・核融合学会)
      • 2022年09月26日
        令和4年度第27回学術奨励賞(伊藤早苗特別賞)(プラズマ・核融合学会)
      • 2022年11月25日
        第39回プラズマ・核融合学会年会 若手学会発表賞
      • 2019年11月08日
        3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics Poster Prize(アジア太平洋物理学会
      • 2016年07月15日
        若手優秀発表賞
      • 2017年06月08日
        Young Research Award

      メディア報道

      • 量子科学技術でつくる未来 核融合発電(16) AIで高速・高精度化
        日刊工業新聞, 2021年09月16日, 新聞・雑誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • 核融合実験プラズマの乱流輸送モデリングによる分布形成過程の予測研究
        基盤研究(C)
        小区分14020:核融合学関連
        国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
        成田 絵美
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        プラズマ乱流;ジャイロ運動論;機械学習モデリング;プラズマ・核融合;統合型輸送コード
      • 第一原理乱流計算と機械学習モデリングによる核融合プラズマの分布形成過程の研究
        若手研究
        小区分14020:核融合学関連
        国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
        成田 絵美
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        核融合;乱流輸送;準線形乱流輸送モデル;帯状流;ジャイロ運動論コード;機械学習;ニューラルネットワークモデル;統合シミュレーション;ニューラルネットワーク;分布硬直性;統合輸送シミュレーション;プラズマ乱流;ジャイロ運動論;機械学習モデリング;統合型輸送コード;プラズマ・核融合
      • データ同化による核融合プラズマ予測制御手法の開発
        基盤研究(B)
        小区分14020:核融合学関連
        京都大学
        村上 定義
        自 2024年04月01日, 至 2028年03月31日, 交付
        核融合プラズマ;データ同化;予測制御;統合シミュレーション
      list
        Last Updated :2024/07/24

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          計算機数学
          5003, 前期, 工学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物理工学総論B
          5111, 前期, 工学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          基礎電磁流体力学
          C076, 前期, 工学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物理工学演習2
          5055, 後期, 工学部, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物理工学演習1
          5054, 前期, 工学部, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          原子核工学実験2
          5160, 後期, 工学部, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          原子核工学実験1
          5158, 前期, 工学部, 3
        list
          Last Updated :2024/07/24

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2020年10月, 至 現在
            専門委員, 核融合エネルギーフォーラム
          • 自 2020年03月, 至 現在
            輸送・閉じ込めトピカルグループ日本委員, 国際トカマク物理活動

          ページ上部へ戻る