教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

KWAK Minseok

カク ミンソク

人間・環境学研究科 人間・環境学専攻東アジア文明講座 講師

KWAK Minseok
list
    Last Updated :2024/04/01

    基本情報

    学部兼担

    • 総合人間学部

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      kwak.minseok.2ikyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 自 2022年04月, 至 現在
      比較思想学会
    • 自 2018年11月, 至 現在
      現代韓国朝鮮学会
    • 自 2018年08月, 至 現在
      日本哲学会
    • 自 2018年08月, 至 現在
      比較文明学会

    学位

    • 2023年03月23日
      京都大学博士(人間・環境学)
    • 2020年03月23日
      京都大学修士(人間・環境学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科修士課程共生文明学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科博士後期課程共生文明学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 高麗大学, 文学部中国語中国文学科, 卒業

    経歴

    • 自 2023年05月, 至 現在
      京都大学, 常勤講師
    • 自 2023年04月, 至 現在
      同志社女子大学, 非常勤講師
    • 自 2023年04月, 至 2023年05月
      日本学術振興会 特別研究員(PD)
    • 自 2022年04月, 至 2023年03月
      日本学術振興会, 特別研究員(DC2)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/04/01

      研究

      研究キーワード

      • 現代新儒家
      • 牟宗三
      • 日韓比較思想史
      • 東アジア哲学
      • 朴鍾鴻
      • 田辺元
      • 京都学派

      研究分野

      • 人文・社会, 思想史, 東アジア哲学、日韓比較思想史

      論文

      • The Time of Crisis and the Question of Ethnicity in Colonial Korea: Miki Kiyoshi and Pak Chong-hong
        Kwak Minseok
        MIKI KIYOSHI AND THE CRISIS OF THOUGHT, 2024年03月
      • The Adventure of Anxiety: Propagation of Anxiety And Questioning of Reality in Imperial Japan in the 1930s
        Minseok Kwak
        Cahiers Léon Chestov (The Lev Shestov Journal), 2023年10月, 招待有り
      • 横光利一における「朝鮮」の意味と李箱の対決意識
        カク ミンソク
        比較文明, 2023年11月, 査読有り
      • 朴鍾鴻「ウリ」の哲学における民族的自己認識――三木哲学受容を一つの軸として
        郭旻錫
        求真, 2023年08月, 査読有り
      • 昭和初期川端康成における「朝鮮」の意味と「「死」の存在論」
        カク ミンソク
        社会システム研究, 2023年03月, 査読有り
      • 否定性としての「天命之性」と民族的主体の模索――朴鍾鴻哲学の主体論
        郭旻錫
        自然と実学, 2022年11月, 査読有り
      • 帝国の不安、植民地の現実――一九三〇年代帝国日本における不安言説の越境について
        カク ミンソク
        比較文明, 2022年11月, 査読有り
      • 植民地朝鮮と田辺元――朴鍾鴻との比較を中心に
        郭旻錫
        『危機の時代と田辺哲学』(廖欽彬・河合一樹編、法政大学出版局), 2022年11月
      • 李箱における「東京」の意味――価値の零度
        カク ミンソク
        比較文明, 2022年07月, 査読有り
      • 田辺元の「種の論理」における帝国日本の民族的自己認識
        カク ミンソク
        哲学, 2022年04月, 査読有り
      • 1930年代保田與重郎における「朝鮮」と「日本」――「廃墟」から「血統」まで
        カク ミンソク
        社会システム研究, 2021年03月, 査読有り
      • 東アジアにおける規範の創造をめぐる挑戦――柄谷行人と李沢厚の「超越論的」(transzendental)の解釈
        カク ミンソク
        夜航, 2021年01月
      • 崔載瑞の批評における「個性滅却」の思想と皇道主義
        郭旻錫
        現代韓国朝鮮研究, 2020年12月, 査読有り
      • 運動する東アジア――「東亜協同体」における「媒介」を中心に
        カク ミンソク
        比較文明, 2019年11月, 査読有り
      • 『文明論之概略』における公の再編成と市民社会――福沢諭吉、ハーバーマス、ヘーゲル
        カク ミンソク
        社会システム研究, 2019年03月, 査読有り
      • 近代東アジアにおける進化の弁証法――「狂人日記」、『無情』を「アレゴリー」として読む
        カク ミンソク
        夜航, 2019年03月

      MISC

      • 【翻訳】島嶼を巡る――レーヴィット、洪耀勳、牟宗三とハイデガー哲学
        林鎮国; 郭旻錫; 河合一樹
        求真, 2023年08月

      講演・口頭発表等

      • 東亞哲學如何可能? ⽥邊元、牟宗三與朴鍾鴻哲學中的「知」與「⾏」
        KWAK Minseok
        International Workshop East Asian Ethics: Knowledge and Action(國際學術⼯作坊 東亞倫理學:知與⾏), 2024年02月23日, 招待有り
      • 朴鍾鴻哲学における創造的人間観
        カク ミンソク
        学術変革領域(A)「尊厳学の確立:尊厳概念に基づく社会統合の学際的パラダイムの構築に向けて」A03班 第2回研究会, 2023年12月10日
      • Being as a Diversifying Process: A Metaphysical Inquiry into the Possibility of Diversification through Tanabe's Philosophy
        Minseok KWAK
        Asia Pacific Conference 2023, 2023年12月03日
      • 親鸞的悲哀與喜悅
        郭旻錫
        「禮、情與倫理:國際視野下的日本哲學」國際學術研討會(主辦單位:國立臺灣大學哲學系、臺大哲學系亞洲哲學與分析哲學研究中心), 2023年11月05日
      • 自己否定する主体、東アジア哲学の挑戦――田辺元、牟宗三、朴鍾鴻
        郭旻錫
        京大人文研共同研究会「中日の近代哲学・思想の交差とその実践」第一回共同研究会, 2023年08月
      • 植民地朝鮮と三木清――朴鍾鴻との関係を中心に
        KWAK MINSEOK
        国際ワークショップ「三木清:歴史と構想力」(the Everydayness Research Group’s research project/ 京都大学日本哲学史専修), 2022年04月
      • Two Ways of Overcoming Hegel: The Dialectical Logic of Tanabe Hajime and Park Chonghong
        KWAK Minseok
        3rd Conference of the International Society of East Asian Philosophy, 2023年09月
      • Re/Decontextualizing Miki Kiyoshi's Philosophy
        Minseok KWAK; Norihito NAKAMURA; Nobuyuki MATSUI
        7th Annual Conference of the European Network of Japanese Philosophy, 2023年09月
      • 日韓における戦後的主体の創出ーー田辺元の「懺悔の主体」と朴鍾鴻の「創造の主体」
        郭旻錫
        比較思想学会50周年記念大会, 2023年07月02日
      • 否定性としての「天命之性」と「創造的主体」の模索――朴鍾鴻哲学の主体論
        郭旻錫
        日本東アジア実学研究会国内大会, 2022年07月23日
      • 植民地朝鮮と田辺元――朴鍾鴻と尾高朝雄を媒介にして
        郭旻錫
        田辺元没後六十周年記念シンポジウム[第22回 求真会], 2021年09月, 招待有り
      • 懺悔する日本、創造する韓国
        カク ミンソク
        〈霊性〉と〈平和〉研究会例会, 2021年01月, 招待有り
      • パラダイムとしての文化――トーマス・クーンの『科学革命の構造』から考える比較文化論
        カク ミンソク
        第38回比較文明学会大会, 2020年11月
      • 李箱における「東京」の意味
        郭旻錫
        現代韓国朝鮮学会第21回研究大会, 2020年11月
      • 昭和初期川端康成の「死」の存在論
        カク ミンソク
        日本社会文学会2020年オンライン研究集会, 2020年11月
      • 日韓関係の思想的研究の方法論的提案――「東亜協同体」における思想的媒介を事例に
        カク ミンソク
        京都コリア学コンソーシアム第63回研究会, 2020年07月, 招待有り
      • 1930 年代東アジアにおける思想の媒介――「無」・「危機」・「実体」
        カク ミンソク
        比較文明学会第37回大会, 2019年11月
      • 田辺元の「種」と朴鍾鴻の「ウリ」の比較考察――日韓政治思想の源流
        郭旻錫
        現代韓国朝鮮学会第24回定例研究会, 2019年05月
      • 「嫌悪」と「苦」に基づく相互理解――日韓の場合
        カク ミンソク
        東アジア和解と平和の声日本支部研究会, 2019年03月
      • MIKI KIYOSHI AND THE CRISIS OF THOUGHT
        Kwak Minseok, 分担執筆, The Time of Crisis and the Question of Ethnicity in Colonial Korea: Miki Kiyoshi and Pak Chong-hong
        Chisokudō Publications, 2024年03月
      • 自己否定する主体――一九三〇年代「日本」と「朝鮮」の思想的媒介
        郭旻錫, 単著
        京都大学学術出版会, 2024年03月
      • 危機の時代と田辺哲学――田辺元没後60周年記念論集
        郭旻錫, 分担執筆, 植民地朝鮮と田辺元
        法政大学出版局, 2022年11月
      list
        Last Updated :2024/04/01

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2023年11月, 至 現在
          編集委員, 比較文明学会
        • 自 2023年09月, 至 現在
          編集委員, 求真会

        社会貢献活動

        • 京都大学と愛知県立時習館高等学校の高大連携授業参加
          助言・指導
          自 2020年12月14日, 至 2020年12月14日

        ページ上部へ戻る