教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

檜作 洋平

ヒヅクリ ヨウヘイ

医生物学研究所 生命システム研究部門 助教

檜作 洋平
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 化学専攻 生体分子動態化学, 助教
    • 医学研究科, 医学専攻 腫瘍ウイルス生物学, 助教
    • 医学研究科, 医科学専攻 腫瘍ウイルス生物学, 助教

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本生化学会
    • 日本生物物理学会

    学位

    • 修士(理学)(名古屋大学)
    • 博士(理学)(名古屋大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        膜内切断プロテアーゼの構造・機能解析

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細菌学
      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学

      論文

      • Mechanistic insights into intramembrane proteolysis by E. coli site-2 protease homolog RseP
        Yuki Imaizumi; Kazunori Takanuki; Takuya Miyake; Mizuki Takemoto; Kunio Hirata; Mika Hirose; Rika Oi; Tatsuya Kobayashi; Kenichi Miyoshi; Rie Aruga; Tatsuhiko Yokoyama; Shizuka Katagiri; Hiroaki Matsuura; Kenji Iwasaki; Takayuki Kato; Mika K. Kaneko; Yukinari Kato; Michiko Tajiri; Satoko Akashi; Osamu Nureki; Yohei Hizukuri; Yoshinori Akiyama; Terukazu Nogi
        bioRxiv, 2022年01月31日, 責任著者
      • Moving toward generalizable NZ-1 labeling for 3D structure determination with optimized epitope-tag insertion.
        Risako Tamura-Sakaguchi; Rie Aruga; Mika Hirose; Toru Ekimoto; Takuya Miyake; Yohei Hizukuri; Rika Oi; Mika K Kaneko; Yukinari Kato; Yoshinori Akiyama; Mitsunori Ikeguchi; Kenji Iwasaki; Terukazu Nogi
        Acta crystallographica. Section D, Structural biology, 2021年05月01日, 査読有り
      • The Escherichia coli S2P intramembrane protease RseP regulates ferric citrate uptake by cleaving the sigma factor regulator FecR.
        Tatsuhiko Yokoyama; Tomoya Niinae; Kazuya Tsumagari; Koshi Imami; Yasushi Ishihama; Yohei Hizukuri; Yoshinori Akiyama
        The Journal of biological chemistry, 2021年04月15日, 査読有り, 責任著者
      • Escherichia coli S2P family intramembrane protease RseP is engaged in the regulated sequential cleavages of FecR in the ferric citrate signaling
        Tatsuhiko Yokoyama; Tomoya Niinae; Kazuya Tsumagari; Koshi Imami; Yasushi Ishihama; Yohei Hizukuri; Yoshinori Akiyama
        bioRxiv, 2021年02月04日, 責任著者
      • Involvement of a Membrane-Bound Amphiphilic Helix in Substrate Discrimination and Binding by an Escherichia coli S2P Peptidase RseP.
        Takuya Miyake; Yohei Hizukuri; Yoshinori Akiyama
        Frontiers in microbiology, 2020年11月27日, 査読有り, 責任著者
      • Reversible autoinhibitory regulation of Escherichia coli metallopeptidase BepA for selective β-barrel protein degradation.
        Yasushi Daimon; Shin-Ichiro Narita; Ryoji Miyazaki; Yohei Hizukuri; Hiroyuki Mori; Yoshiki Tanaka; Tomoya Tsukazaki; Yoshinori Akiyama
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2020年11月10日, 査読有り
      • An in vivo protease activity assay for investigating the functions of the Escherichia coli membrane protease HtpX.
        Yoshitani K; Hizukuri Y; Akiyama Y
        FEBS letters, 2019年04月, 査読有り
      • Endosomal rab cycles regulate parkin-mediated mitophagy
        Koji Yamano; Chunxin Wang; Shireen A. Sarraf; Christian Münch; Reika Kikuchi; Nobuo N. Noda; Yohei Hizukuri; Masato T. Kanemaki; Wade Harper; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda; Richard J. Youle
        eLife, 2018年01月23日, 査読有り
      • Involvement of a conserved GFG motif region in substrate binding by RseP, an Escherichia coli S2P protease
        Koichiro Akiyama; Yohei Hizukuri; Yoshinori Akiyama
        Molecular Microbiology, 2017年06月, 査読有り
      • Biochemical Characterization of Function and Structure of RseP, an Escherichia coli S2P Protease
        Y. Hizukuri; K. Akiyama; Y. Akiyama
        Methods in Enzymology, 2017年
      • Roles of the membrane-reentrant β-hairpin-like loop of RseP protease in selective substrate cleavage.
        Akiyama K; Mizuno S; Hizukuri Y; Mori H; Nogi T; Akiyama Y
        eLife, 2015年10月, 査読有り
      • A Structure-Based Model of Substrate Discrimination by a Noncanonical PDZ Tandem in the Intramembrane-Cleaving Protease RseP
        Yohei Hizukuri; Takashi Oda; Sanae Tabata; Keiko Tamura-Kawakami; Rika Oi; Mamoru Sato; Junichi Takagi; Yoshinori Akiyama; Terukazu Nogi
        Structure, 2014年02月, 査読有り
      • RseP Peptidase
        Yohei Hizukuri; Koreaki Ito; Yoshinori Akiyama
        Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd ed., 2013年, 査読有り
      • PDZ domains of RseP are not essential for sequential cleavage of RseA or stress-induced σ(E) activation in vivo.
        Hizukuri Y; Akiyama Y
        Molecular microbiology, 2012年12月, 査読有り
      • Post-liberation cleavage of signal peptides is catalyzed by the site-2 protease (S2P) in bacteria
        Akira Saito; Yohei Hizukuri; Ei-ichi Matsuo; Shinobu Chiba; Hiroyuki Mori; Osamu Nishimura; Koreaki Ito; Yoshinori Akiyama
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2011年08月, 査読有り
      • Disulphide cross-linking between the stator and the bearing components in the bacterial flagellar motor
        Yohei Hizukuri; Seiji Kojima; Michio Homma
        Journal of Biochemistry, 2010年09月, 査読有り
      • The peptidoglycan-binding (PGB) Domain of the Escherichia coli Pal Protein can also Function as the PGB Domain in E. coli Flagellar Motor Protein MotB
        Yohei Hizukuri; John Frederick Morton; Toshiharu Yakushi; Seiji Kojima; Michio Hommay
        Journal of Biochemistry, 2009年08月, 査読有り
      • Systematic Cys mutagenesis of FIgI, the flagellar P-ring component of Escherichia coli
        Yohei Hizukuri; Seiji Kojima; Toshiharu Yakushi; Ikuro Kawagishi; Michio Homma
        Microbiology, 2008年03月, 査読有り
      • Role of the intramolecular disulfide bond in FlgI, the flagellar P-ring component of Escherichia coli
        Y Hizukuri; T Yakushi; Kawagishi, I; M Homma
        Journal of Bacteriology, 2006年06月, 査読有り

      MISC

      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの新奇生理機能:FecRの切断を介した鉄取り込みに関わる遺伝子群の転写活性化
        横山達彦; 新苗智也; 津曲和哉; 今見考志; 石濱泰; 檜作洋平; 秋山芳展
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • バクテリアの表層構造の構築と機能 大腸菌内膜で働く膜内切断プロテアーゼRsePの新規切断基質探索 パーシスター化制御への関与
        檜作 洋平; 横山 達彦; 秋山 芳展
        日本細菌学雑誌, 2020年01月, 査読有り
      • 大腸菌S2PファミリープロテアーゼRsePの基質探索:鉄取り込みに関与する転写制御因子の切断とその生理的意義
        横山達彦; 新苗智也; 津曲和哉; 今見考志; 石濱泰; 檜作洋平; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • FRET蛍光ペプチドを用いた大腸菌S2Pファミリー膜内切断プロテアーゼのリアルタイム切断kinetics計測系の構築
        檜作 洋平; 秋山 芳展
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月, 査読有り
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの新規基質切断とその生理的意義 低分子膜タンパク質HokBの切断を介したパーシスター形成制御
        横山 達彦; 檜作 洋平; 秋山 芳展
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月, 査読有り
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの基質切断と構造維持に重要な膜表在・両親媒性ヘリックスの解析
        三宅 拓也; 檜作 洋平; 秋山 芳展
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月, 査読有り
      • 大腸菌表層ストレス応答:インプットとアウトプットに働くプロテアーゼの機能
        秋山芳展; 秋山光市郎; 岩間(舛井)千草; 大門康志; 檜作洋平; 水野慎也; 宮崎亮次; 森博幸; 禾晃和; 塩田拓也; LITHGOW Trevor; 鈴木健裕; 堂前直; 岩木薫大; 桜田洋人; SHAHRIZAL Mohammad; 田中良樹; 塚崎智也; 中山慎太郎; 成田新一郎; 上久保裕生; 林有吾
        Institute for Fermentation, Osaka. Research Communications, 2019年
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの構造維持と機能調節に関わる新規ドメインの解析
        三宅拓也; 檜作洋平; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • 細菌べん毛III型分泌装置構成因子の翻訳後多段階プロセシング
        檜作洋平; 鈴木健裕; 照島功祐; 堂前直; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • 超高親和性タグを内部に挿入した複数回膜貫通型タンパク質の精製法の検討
        高貫一徳; 大井里香; 有森貴夫; 三宅拓也; 檜作洋平; 秋山芳展; 加藤幸成; 高木淳一; 禾晃和
        日本生化学会大会(Web), 2017年
      • 細菌RhomboidファミリープロテアーゼGlpGはべん毛III型分泌装置の構成因子の分解に関与する
        檜作洋平; 照島功祐; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2017年
      • 細菌の表層ストレス応答に関わる膜内切断プロテアーゼRsePの新規機能調節領域の解析
        三宅拓也; 檜作洋平; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2017年
      • 細菌RhomboidプロテアーゼGlpGの生理的切断基質の探索及びべん毛III型分泌装置との関係
        檜作洋平; 照島功祐; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2016年
      • 細菌表層ストレス応答を制御するS2Pファミリー膜内切断プロテアーゼの細胞内イメージング解析
        檜作洋平; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • S2Pファミリー膜内切断プロテアーゼRsePの膜内挿入ループ領域を介した基質選別
        秋山光市郎; 水野慎也; 檜作洋平; 森博幸; 禾晃和; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • 細菌表層ストレス応答スシテムの新機能の解明
        秋山芳展; 檜作洋平; 禾晃和; 小田隆士; 佐藤衛; 高木淳; 田畑早苗; 川上(田村)恵; 成田新一郎; 舛井千草; 堂前直; 鈴木健裕
        Inst Ferment Osaka Res Commun, 2014年12月20日
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの保存された膜内挿入ループ領域の機能解析
        秋山光市郎; 水野慎也; 檜作洋平; 禾晃和; 森博幸; 秋山芳展
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2014年05月26日
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの保存された膜内挿入ループ領域の機能解析
        秋山光市郎; 水野慎也; 檜作洋平; 禾晃和; 森博幸; 秋山芳展
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2014年05月26日
      • 細菌表層ストレス応答制御に関わる膜内切断プロテアーゼRsePのタンデムPDZドメインによる切断基質選別機構の解析
        檜作洋平; 小田隆; 田畑早苗; 川上(田村)恵子; 大井里香; 佐藤衛; 高木淳一; 禾晃和; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2014年
      • 3P032 表層ストレス応答を制御する膜内切断プロテアーゼRsePのタンデムPDZドメインによる基質選別機構(01B.蛋白質:構造機能相関,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        Hizukuri Yohei; Oda Takashi; Tabata Sanae; Tamura-Kawakami Keiko; Sato Mamoru; Takagi Junichi; Nogi Terukazu; Akiyama Yoshinori
        生物物理, 2013年
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePの基質認識におけるPDZドメインの役割
        檜作洋平; 禾晃和; 小田隆; 田畑早苗; 川上(田村)恵子; 佐藤衛; 高木淳一; 秋山芳展
        日本生化学会大会(Web), 2013年
      • 立体構造解析に基づく大腸菌膜内切断プロテアーゼRsePのタンデムPDZドメインによる切断基質選別機構モデル
        檜作洋平; 小田隆; 田畑早苗; 川上(田村)恵子; 佐藤衛; 高木淳一; 禾晃和; 秋山芳展
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • 膜内切断プロテアーゼRsePの基質取り込み制御におけるPDZタンデムの役割
        禾晃和; 檜作洋平; 田畑早苗; 川上(田村)恵子; 小田隆; 佐藤衛; 高木淳一; 秋山芳展
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2012年05月31日
      • 3PT122 表層ストレス応答における、PDZドメインによるRsePプロテアーゼ機能制御機構の解析(日本生物物理学会第50回年会(2012年度))
        Hizukuri Yohei; Akiyama Yoshinori
        生物物理, 2012年
      • Analysis of a regulatory mechanism of the proteolytic function of RseP by the PDZ domains in extracytoplasmic stress response.
        檜作洋平; 秋山芳展
        日本生物物理学会第50 回年会、名古屋、2012 年9 月 22日-24日, 2012年, 査読有り
      • 大腸菌RIPプロテアーゼRseP のタンデムPDZ ドメインによる新たな機能制御メカニズム
        檜作洋平; 禾 晃和; 田畑早苗; 川上-田村恵子; 小田 隆; 佐藤 衛; 高木淳一; 秋山芳展
        第85 回日本生化学会大会、福岡、2012年12月14 日-16 日, 2012年, 査読有り
      • 大腸菌表層ストレス応答に関与する膜内切断プロテアーゼRseP のPDZ ドメイ ンによる新たな機能制御メカニズム
        檜作洋平; 禾 晃和; 田畑早苗; 川上-田村恵子; 小田 隆; 佐藤 衛; 高木淳一; 秋山芳展
        第6 回細菌学若手コロッセウム、八王子、2 012 年8月8日-10日, 2012年, 査読有り
      • Function and regulation of RseP, the S2P family intramembrane protease of E. coli.
        Akiyama Y; Hizukuri Y
        International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Symposium "Bacterial Stress responses", Sapporo, Japan, September 6-10, 2011, 2011年, 査読有り
      • 大腸菌表層ストレス応答に関与する膜内切断プロテアーゼRseP の生理的PDZ リガンドの探索
        檜作洋平; 秋山芳展
        第84 回日本生化学会大会, 京都 2011 年9 月21 日-24 日, 2011年, 査読有り
      • 異常外膜タンパク質蓄積ストレスに応答する表層ストレス応答因子σEの未知の活性化経路の可能性
        檜作洋平; 秋山芳展
        第8 回21世紀大腸菌研究会, 南木曽,2011 年 5 月18 日-19 日, 2011年, 査読有り
      • Roles of the two PDZ domains of RseP, the S2P family intramembrane protease of Escherichia coli, in regulation of its protease function.
        Hizukuri, Y; Akiyama, Y
        The 3rd International Symposium on Protein Community, Nara,, 2010年
      • 大腸菌表層ストレス応答に関わるS2P 膜内プロテアーゼRseP のPDZ ドメイン機能の解析
        檜作洋平; 秋山芳展
        第33 回日本分子生物学会年会・第83 回日本生化学会大会合同大会, 神戸,2010 年12 月7 日-10日, 2010年, 査読有り
      • 表層ストレス応答に関わる膜内プロテアーゼRseP のPDZ ドメイン による活性制御機構解析
        檜作洋平; 秋山芳展
        第7 回21 世紀大腸菌研究会, 熊本,2010 年6 月3 日 -4 日, 2010年, 査読有り
      • Attempt to purify a whole-set of the bacterial flagellar motor with the disulfide-cross-linked stator.
        Hizukuri Y; Kojima S; Homma M
        International Symposium ‘Innovative Nanoscience of Supermolecular Motor Proteins Working in Biomembranes', Kyoto, Japan, September 8-10, 2009, 2009年, 査読有り
      • 細菌べん毛モーターの再構成に向けた固定子と軸受け間 のジスルフィド架橋
        檜作洋平; 小嶋誠司; 本間道夫
        第82 回日本生化学会大会、神戸、2009 年10 月21 日 -24 日, 2009年, 査読有り
      • 完全な状態での大腸菌べん毛モーターの単離を視野に入 れた固定子と軸受け間のジスルフィド架橋
        檜作洋平; 小嶋誠司; 本間道夫
        第6 回21 世紀大腸菌研究会, 熱海,2009 年6 月11 日-12 日, 2009年, 査読有り
      • 外膜リポタンパク質Pal のペプチドグリカン結合(PGB) ドメインは大腸菌べん毛モータータンパク質MotB のPGB ドメインとしても機能する
        檜作洋平; John Frederick Morton; 薬師寿治; 小嶋誠司; 本間道夫
        日本生化学会中部支部例会・シンポジウム, 名古屋2009 年5 月23 日, 2009年, 査読有り
      • べん毛モーターの固定子と軸受けは相互作用しているか?
        檜作洋平; John Frederick Morton; 薬師寿治; 川岸郁朗; 小嶋誠司; 本間道夫
        第15 回べん毛研究交流会, 仙台, 2009 年3月9日― 11日, 2009年, 査読有り
      • Structure and function of the peptidoglycan-binding (PGB) domain of bacterial flagellar motor component MotB using systematic mutagenesis and chimeric protein with Pal
        Yohei Hizukuri; John Frederick Morton; Toshiharu Yakushi; Seiji Kojima; Michio Homma
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2008年12月
      • 2P-215 系統的変異導入とPalとのキメラタンパク質を用いた大腸菌べん毛固定子タンパク質MotBのPGB(ペプチドグリカン結合)ドメインの解析(細胞生物学的課題(2),第46回日本生物物理学会年会)
        Hizukuri Yohei; Morton John Frederick; Yakushi Toshiharu; Kojima Seiji; Homma Michio
        生物物理, 2008年
      • Systematic Cys mutagenesis of P-ring component in flagellar motor of E.coli
        Yohei Hizukuri; Kojima Seiji; Toshiharu Yakushi; Ikuro Kawagishi; Michio Homma
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2007年12月
      • 2P193 大腸菌べん毛モーターPリングタンパク質FlgIと固定子タンパク質MotB間の架橋(細胞生物学的課題(接着・運動・骨格・伝達・膜),口頭発表,第45回日本生物物理学会年会)
        檜作 洋平; 小嶋 誠司; 薬師 寿治; 川岸 郁朗; 本間 道夫
        生物物理, 2007年
      • 1P256 Characterization of the Cys-introduced P-ring component FlgI and the stator component MotB in the flagellar motor of Escherichia coli(9. Molecular motor (I),Poster Session,Abstract,Meeting Program of EABS & BSJ 2006)
        Hizukuri Yohei; Kojima Seiji; Kawagishi Ikuro; Homma Michio
        生物物理, 2006年
      • 2P206 大腸菌べん毛モーターPリングタンパク質FlgI : 分子内ジスルフィド結合とリング形成の解析(細胞生物的課題(接着・運動・骨格・伝達・膜)))
        檜作 洋平; 薬師 寿治; 川岸 郁朗; 本間 道夫
        生物物理, 2005年
      • 3P205 大腸菌べん毛モーターP-リングタンパク質FlgIに形成される分子内ジスルフィド結合の解析(分子モーター)
        檜作 洋平; 薬師 寿治; 川岸 郁朗; 本間 道夫
        生物物理, 2004年

      講演・口頭発表等

      • 細菌RhomboidファミリープロテアーゼGlpGはべん毛III型分泌装置の構成因子の分解に関与する
        檜作 洋平; 照島 功祐; 秋山 芳展
        ConBio2017, 2017年12月09日
      • 細菌RhomboidファミリープロテアーゼGlpGはべん毛III型分泌装置の構成因子の分解に関与する
        檜作 洋平; 照島 功祐; 秋山 芳展
        ConBio2017, 2017年12月08日
      • A component of the flagellar type III secretion system receives proteolytic cleavage by rhomboid protease GlpG inside the membrane
        Yohei Hizukuri; Kosuke Terushima; Yoshinori Akiyama
        日本生物物理学会第55回年会, 2017年09月21日
      • A Component of the Bacterial Flagellar Type III Secretion System Receives Proteolysis by a Rhomboid Family Protease in the Membrane
        Yohei Hizukuri; Takehiro Suzuki; Kosuke Terushima; Naoshi Dohmae; Yoshinori Akiyama
        International Symposium ‘Harmonized supramolecular motility machinery and its diversity’, 2017年09月13日
      • Screening of physiological substrates of E. coli rhomboid protease GlpG: possible involvement of GlpG in the flagellar function
        Yohei Hizukuri; Kosuke Terushima; Yoshinori Akiyama
        第54回日本生物物理学会年会, 2016年11月27日
      • 細菌膜内切断プロテアーゼの総合的理解に向けて: ~機能制御機構を中心に~
        檜作 洋平
        ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点セミナー, 2016年11月24日
      • 細菌RhomboidプロテアーゼGlpGの生理的切断基質の探索及びべん毛III型分泌装置との関係
        檜作 洋平; 照島 功祐; 秋山 芳展
        第89回日本生化学会大会(口頭・ポスター), 2016年09月27日
      • 大腸菌RhomboidプロテアーゼGlpGの生理的切断基質の探索及び基質候補の解析
        檜作 洋平; 照島 功祐; 秋山 芳展
        21世紀大腸菌研究会, 2016年06月02日
      • 細菌表層ストレス応答を制御するS2Pファミリー膜内切断プロテアーゼの細胞内イメージング解析
        檜作 洋平; 秋山 芳展
        BMB2015, 2015年12月04日
      • 細菌表層ストレス応答を制御するS2Pファミリー膜内切断プロテアーゼの細胞内イメージング解析
        檜作 洋平; 秋山 芳展
        BMB2015, 2015年12月03日
      • Live-cell imaging of a proteolytic event by an intramembrane protease RseP that regulates extracytoplasmic stress response
        Yohei Hizukuri; Yoshinori Akiyama
        第53回日本生物物理学会年会, 2015年09月15日
      • 細菌表層ストレス応答の制御機構と生体イメージング解析
        檜作 洋平
        第2回生命理学研究会, 2015年08月29日
      • 表層ストレス応答制御に関与するRsePプロテアーゼの基質切断反応の細胞内蛍光イメージングに向けた取り組み
        檜作 洋平; 秋山 芳展
        第12回 21世紀大腸菌研究会, 2015年06月04日

      書籍等出版物

      • 膜内切断プロテアーゼの基質認識・切断機構
        檜作 洋平, 分担執筆, 生物物理 vol.59 no.2 pp.079-083
        一般社団法人日本生物物理学会, 2019年04月, 査読無し
      • Chapter One - Biochemical Characterization of Function and Structure of RseP, an Escherichia coli S2P Protease. in Methods in Enzymology
        Y. Hizukuri; K. Akiyama; Y. Akiyama, 分担執筆, pp.1-33
        Elsevier Inc., 2017年, 査読無し
      • 「膜内部での蛋白質分解とストレス応答制御」 別冊・医学のあゆみ「レドックスUPDATE ―ストレス制御の臨床医学・健康医学」(監修:平家 俊男,淀井 淳司)
        檜作 洋平; 秋山 芳展, 分担執筆, pp.69-74
        医歯薬出版株式会社, 2015年, 査読無し
      • RseP peptidase. in Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd ed. (ed. Rawlings, N. D. and Salvesen, G.)
        Hizukuri, Y; Ito, K; Akiyama, Y, 分担執筆, pp.1546-1550
        Elsevier Ltd., 2013年01月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 新規構造・基質に基づく細菌S2P膜内切断プロテアーゼの切断制御機構の酵素学的理解
        基盤研究(C)
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        檜作 洋平
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        大腸菌;RseP;X線結晶構造;kinetics;small membrane protein
      • 細菌Ⅲ型分泌装置構成因子が受ける新奇な翻訳後多段階プロセシングの分子機構
        基盤研究(C)
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        檜作 洋平
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        大腸菌;べん毛;III型分泌装置;Rhomboid;膜内切断プロテアーゼ;基質認識機構;ジスルフィド架橋;タンパク質間相互作用;in vivo光架橋法;kinetics解析;FRET;ロンボイド;アシル化
      • 大腸菌膜内切断プロテアーゼ RsePの生理機能と特異的基質切断機構
        基盤研究(B)
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        秋山 芳展
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        膜内切断プロテアーゼ;大腸菌;切断基質;膜内部でのタンパク質切断;S2Pプロテアーゼ;Fecオペロン;鉄取り込み;蛍光ペプチド;速度論的解析;小分子膜タンパク質;RseP;Toxin-antitoxin;HokB;Persister;small membrane protein;FRET;生体膜;プロテアーゼ;膜内切断;蛍光基質
      • 細菌ロンボイドプロテアーゼGlpGによるべん毛Ⅲ型分泌装置の機能制御機構の解析
        若手研究(B)
        京都大学
        檜作 洋平
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        膜タンパク質;膜内切断プロテアーゼ;Rhomboid;べん毛;III型分泌装置;翻訳後修飾;アシル化;品質管理;kinetics解析;大腸菌;基質認識;質量分析;ロンボイド;Ⅲ型分泌装置;タンパク質分解
      • 膜内タンパク質切断に着目した表層ストレス応答システムの細胞内可視化と新規機能探索
        若手研究(B)
        京都大学
        檜作 洋平
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        大腸菌;プロテアーゼ;表層ストレス応答;S2P;蛍光イメージング;GFP;生化学;生物物理学;small membrane protein;膜内切断プロテアーゼ;サルモネラ菌;酸性ストレス応答;一細胞リアルタイム観察
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学演習IIA
          7196, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学演習IIC
          7198, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学ゼミナールIID
          7095, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学ゼミナールIIA
          7092, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学演習IID
          7199, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学ゼミナールIIC
          7094, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学ゼミナールIIB
          7093, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学演習IIB
          7197, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学演習IID
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2016年10月01日
            化学物質管理委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            (旧ウイルス研)共同利用機器等委員会 委員

          ページ上部へ戻る