教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

鴻池 菜保

コウノイケ ナホ

ヒト行動進化研究センター 特定助教

鴻池 菜保
list
    Last Updated :2022/08/09

    基本情報

    所属学協会

    • 日本内科学会
    • 日本神経科学学会
    • Society for Neuroscience

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程生物科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程生物科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 山形大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2015年05月, 至 2022年03月
      京都大学 霊長類研究所 高次脳機能分野, 特定助教
    • 自 2014年04月, 至 2015年04月
      日本学術振興会, 特別研究員(RPD)
    • 自 2012年11月, 至 2014年03月
      京都大学霊長類研究所, 研究員
    • 自 2012年10月, 至 2012年10月
      日本学術振興会, 特別研究員(PD)
    • 自 2010年04月, 至 2012年09月
      日本学術振興会, 特別研究員(DC2)
    • 自 2003年04月, 至 2006年03月
      東京都立墨東病院, 非常勤内科医
    • 自 2022年04月, 至 現在
      京都大学ヒト行動進化研究センター, 高次脳機能分野, 特定助教

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/09

      研究

      研究キーワード

      • 精神疾患
      • 音声情報処理
      • 情動
      • 麻酔
      • 霊長類
      • 脳波
      • MRI
      • 神経生理学

      研究分野

      • 人文・社会, 認知科学
      • 人文・社会, 実験心理学
      • ライフサイエンス, 神経科学一般

      論文

      • A novel “dip-in electrode” method for electrode application to record noninvasive scalp electroencephalograms and evoked potentials in an awake common marmoset
        Kosuke Itoh; Naho Konoike; Haruhiko Iwaoki; Hironaka Igarashi; Katsuki Nakamura
        Neuroimage: Reports, 2022年09月, 査読有り
      • Effect of dopamine receptor-related compounds on naive common marmosets for auditory steady state response.
        Yoshihiro Iwamura; Tatsuo Nakayama; Atsushi Matsumoto; Yuji Ogi; Masataka Yamaguchi; Atsushi Kobayashi; Kenji Matsumoto; Yasunori Katsura; Naho Konoike; Katsuki Nakamura; Kazuhito Ikeda
        Journal of neurophysiology, 2022年05月18日, 査読有り
      • Comparison of non-invasive, scalp-recorded auditory steady-state responses in humans, rhesus monkeys, and common marmosets
        Naho Konoike; Haruhiko Iwaoki; Miki Miwa; Honami Sakata; Kosuke Itoh; Katsuki Nakamura
        Scientific Reports, 2022年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Cerebral cortical processing time is elongated in human brain evolution
        Kosuke Itoh; Naho Konoike; Masafumi Nejime; Haruhiko Iwaoki; Hironaka Igarashi; Satoshi Hirata; Katsuki Nakamura
        Scientific Reports, 2022年01月, 査読有り
      • Noninvasive scalp recording of the middle latency responses and cortical auditory evoked potentials in the alert common marmoset.
        Kosuke Itoh; Haruhiko Iwaoki; Naho Konoike; Hironaka Igarashi; Katsuki Nakamura
        Hearing research, 2021年03月27日, 査読有り
      • Potent and Quick Responses to Conspecific Faces and Snakes in the Anterior Cingulate Cortex of Monkeys
        Naho Konoike; Haruhiko Iwaoki; Katsuki Nakamura
        Frontiers in Behavioral Neuroscience, 2020年09月29日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Cerebral Substrates for Controlling Rhythmic Movements
        Naho Konoike; Katsuki Nakamura
        Brain Sciences, 2020年08月03日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Evaluation of anaesthetic and cardiorespiratory effects after intramuscular administration of alfaxalone alone, alfaxalone‐ketamine and alfaxalone‐butorphanol‐medetomidine in common marmosets ( Callithrix jacchus )
        Takako Miyabe‐Nishiwaki; Miki Miwa; Naho Konoike; Akihisa Kaneko; Akiyo Ishigami; Takayoshi Natsume; Andrew J. J. MacIntosh; Katsuki Nakamura
        Journal of Medical Primatology, 2020年07月12日, 査読有り
      • Laminar Pattern of Projections Indicates the Hierarchical Organization of the Anterior Cingulate-Temporal Lobe Emotion System
        Honami Sakata; Yuri Kim; Masafumi Nejime; Naho Konoike; Shigehiro Miyachi; Katsuki Nakamura
        Frontiers in Neuroanatomy, 2019年07月31日, 査読有り
      • Evolutionary Elongation of the Time Window of Integration in Auditory Cortex: Macaque vs. Human Comparison of the Effects of Sound Duration on Auditory Evoked Potentials
        Kosuke Itoh; Masafumi Nejime; Naho Konoike; Katsuki Nakamura; Tsutomu Nakada
        Frontiers in Neuroscience, 2019年06月24日, 査読有り
      • Blockade of dopamine D₁ receptors, but not D₂ receptors, decreases motivation in a novel effort-discounting paradigm in common marmosets.
        Enomoto T; Konoike N; Takemoto A; Nakamura K; Ikeda K
        Behavioral neuroscience, 2018年10月, 査読有り
      • Afferent connections of the dorsal, perigenual, and subgenual anterior cingulate cortices of the monkey: Amygdalar inputs and intrinsic connections
        Yuri Kim; Honami Sakata; Masafumi Nejime; Naho Konoike; Shigehiro Miyachi; Katsuki Nakamura
        Neuroscience Letters, 2018年08月10日, 査読有り
      • An eye tracking system for monitoring face scanning patterns reveals the enhancing effect of oxytocin on eye contact in common marmosets
        Manato Kotani; Kohei Shimono; Toshihiro Yoneyama; Tomokazu Nakako; Kenji Matsumoto; Yuji Ogi; Naho Konoike; Katsuki Nakamura; Kazuhito Ikeda
        PSYCHONEUROENDOCRINOLOGY, 2017年09月, 査読有り
      • Hypoxemia after single-shot anesthesia in common marmosets
        Naho Konoike; Miki Miwa; Akiyo Ishigami; Katsuki Nakamura
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2017年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • FUNCTIONAL DIFFERENCES IN FACE PROCESSING BETWEEN THE AMYGDALA AND VENTROLATERAL PREFRONTAL CORTEX IN MONKEYS
        K. Kuraoka; N. Konoike; K. Nakamura
        NEUROSCIENCE, 2015年09月, 査読有り
      • Noninvasive scalp recording of cortical auditory evoked potentials in the alert macaque monkey
        Kosuke Itoh; Masafumi Nejime; Naho Konoike; Tsutomu Nakada; Katsuki Nakamura
        HEARING RESEARCH, 2015年09月, 査読有り
      • Temporal and Motor Representation of Rhythm in Fronto-Parietal Cortical Areas: An fMRI Study.
        Naho Konoike; Yuka Kotozaki; Hyeonjeong Jeong; Atsuko Miyazaki; Kohei Sakaki; Takamitsu Shinada; Motoaki Sugiura; Ryuta Kawashima; Katsuki Nakamura
        PloS one, 2015年, 査読有り, 筆頭著者
      • Effects of lurasidone on ketamine-induced joint visual attention dysfunction as a possible disease model of autism spectrum disorders in common marmosets
        Tomokazu Nakako; Takeshi Murai; Masaru Ikejiri; Takashi Hashimoto; Manato Kotani; Kenji Matsumoto; Shoji Manabe; Yuji Ogi; Naho Konoike; Katsuki Nakamura; Kazuhito Ikeda
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 2014年11月, 査読有り
      • Rhythm information represented in the fronto-parieto-cerebellar motor system.
        Naho Konoike; Yuka Kotozaki; Shigehiro Miyachi; Carlos Makoto Miyauchi; Yukihito Yomogida; Yoritaka Akimoto; Koji Kuraoka; Motoaki Sugiura; Ryuta Kawashima; Katsuki Nakamura
        NeuroImage, 2012年10月15日, 査読有り, 筆頭著者
      • The influence of tempo upon the rhythmic motor control in macaque monkeys
        Naho Konoike; Akichika Mikami; Shigehiro Miyachi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2012年09月, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 情動視覚刺激に対する内側前頭前野ニューロンの応答性
        戸塚 めぐみ; 岩沖 晴彦; 鴻池 菜保; 中村 克樹
        第45回日本神経科学大会/第65回日本神経化学会大会/第32回日本神経回路学会大会, 2022年07月02日, 査読有り
      • ヒト脳進化により大脳新皮質の感覚処理にかかる時間は延長した:霊長類4種における無侵襲の聴覚誘発電位計測による検討
        伊藤 浩介; 鴻池 菜保; 禰占 雅史; 岩沖 晴彦; 五十嵐 博中; 平田 聡; 中村 克樹
        第45回日本神経科学大会/第65回日本神経化学会大会/第32回日本神経回路学会大会, 2022年07月02日, 査読有り
      • 刺激間間隔が聴性定常反応の同期活動に与える影響
        鴻池 菜保; 岩沖 晴彦; 三輪 美樹; 伊藤 浩介; 中村 克樹
        第45回日本神経科学大会/第65回日本神経化学会大会/第32回日本神経回路学会大会, 2022年06月30日, 査読有り, 筆頭著者
      • マーモセットの個体識別・追跡を目的とした機械学習による標識タグの開発
        曾 彩華; 鴻池 菜保; 中村 克樹; 花沢 明俊
        第45回日本神経科学大会/第65回日本神経化学会大会/第32回日本神経回路学会大会, 2022年06月30日, 査読有り
      • Comparison of ASSRs (auditory steady-state responses) among humans, rhesus monkeys, and common marmosets
        Naho Konoike; Haruhiko Iwaoki; Miki Miwa; Honami Sakata; Kosuke Itoh; Katsuki Nakamura
        The 11th NIPS-PRI-BRINU Joint Symposium, 2022年02月, 筆頭著者
      • コモンマーモセット、アカゲザル、ヒトにおける非侵襲頭皮上脳波記録による聴性定常反応の比較
        鴻池 菜保; 岩沖 晴彦; 三輪 美樹; 酒多 穂波; 伊藤 浩介; 中村 克樹
        第44回 日本神経科学大会 第1回 CJK 国際会議, 2021年07月, 筆頭著者
      • マカク一次運動野上肢領域への同側および反対側前頭葉皮質からの神経入力
        宮地 重弘; 勝山 成美; 鴻池 菜保; 岩沖 晴彦
        第44回 日本神経科学大会 第1回 CJK 国際会議, 2021年07月
      • コモンマーモセットにおける体重・年齢・性別および脳の大きさの相関
        鴻池菜保; 三輪美樹; 濱嵜裕介; 眞下久美子; 中村克樹
        第9回日本マーモセット研究会, 2020年02月, 筆頭著者
      • コモンマーモセットのモチベーションに対するドパミン系化合物の作用
        榎本健史; 鴻池菜保; 中村克樹; 池田和仁
        第9回日本マーモセット研究会, 2020年02月
      • Potent and quick responses to conspecific faces and snakes in the anterior cingulate cortex of monkeys
        N. KONOIKE; H. IWAOKI; K. NAKAMURA
        The 49th annual meeting of Society for Neuroscience, 2019年10月, 筆頭著者
      • Monkey anterior cingulate cortex: Topography and laminar pattern of corticocortical connections indicate hierarchical organization
        H. SAKATA; Y. KIM; M. NEJIME; N. KONOIKE; S. MIYACHI; K. NAKAMURA
        The 49th annual meeting of Society for Neuroscience, 2019年10月
      • Measurement of response vigor in a progressive ratio task in common marmosets
        T. ENOMOTO; N. KONOIKE; K. NAKAMURA; K. IKEDA
        The 49th annual meeting of Society for Neuroscience, 2019年10月
      • コモンマーモセットにおける聴覚情報処理に関わる神経応答
        鴻池菜保; 三輪美樹; 伊藤浩介; 中村克樹
        第42回日本神経科学会大会, 2019年07月, 筆頭著者
      • コモンマーモセットにおける体重と脳の大きさの相関
        中村克樹; 三輪美樹; 鴻池菜保
        第35回日本霊長類学会, 2019年07月
      • Afferent connections of the dorsal, perigenual, and subgenual anterior cingulate cortices of the monkey : inputs from temporal pole and medial cortex
        Shigehiro Miyachi; Honami Sakata; Yuri Kim; Masafumi Nejime; Naho Konoike; Katsuki Nakamura
        第8回生理研-霊長研-脳研合同シンポジウム, 2019年03月
      • Retrograde gene transfer efficacy and inflammatory response of lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E vs. FuG-B2 glycoproteins in the striatal input system of primates and rodents.
        Tanabe S; Uezono S; Tsuge H; Fujiwara M; Nagaya K; Nagaya N; Sugawara M; Miwa M; Konoike N; Kato S; Nakamura K; Kobayashi K; Inoue K; Takada M
        第8回日本マーモセット研究会大会, 2019年02月
      • Effects of dopaminergic compounds on motivation in a marmoset novel effort discounting task
        T. Enomoto; N. Konoike; A. Takemoto; K. Nakamura; K. Ikeda
        The 48th annual meeting of Society for Neuroscience, 2018年11月
      • A three-dimensional behavioral monitoring system for small primates developed by using depth image sensors
        Akitoshi Hanazawa; Naho Konoike; Katsuki Nakamura
        The 41th annual meeting of Japan Neuroscience Society, 2018年07月
      • 聴覚機能の進化 ヒトとアカゲザルにおける無侵襲頭皮上聴覚誘発電位記録による検討
        伊藤 浩介; 禰占 雅史; 鴻池 菜保; 中村 克樹; 中田 力
        基礎心理学研究, 2018年03月
      • マーモセットを用いた新規労力価値割引き課題での意欲に対するドパミンD1受容体リガンドの作用
        榎本健史; 鴻池菜保; 竹本篤史; 中村克樹; 池田和仁
        第7回日本マーモセット研究会大会, 2018年01月
      • Musical chord change detection in the macaque monkey is hindered by insertion of silent gaps between chords: a scalp ERP study
        Kosuke Itoh; Masafumi Nejime; Naho Konoike; Katsuki Nakamura; Tsutomu Nakada
        The 47th annual meeting of Society for Neuroscience, 2017年11月
      • Differences in retrograde gene transfer efficiency and cytotoxicity between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in rodent and primate brains.
        Soshi Tanabe; Hitomi Tsuge; Shiori Uezono; Maki Fujiwara; Miki Miwa; Naho Konoike; Shigeki Kato; Katsuki Nakamura; Kazuto Kobayashi; Kenichi Inoue; Masahiko Takada
        The 47th annual meeting of Society for Neuroscience, 2017年11月
      • The lentiviral vector pseudotyped with FuG-E glycoprotien is more suitable, compared with FuG-B2, for retrograde gene transfer in the cortical input system of primate brains.
        Tsuge H; Uezono S; Tanabe S; Fujiwara M; Sugawara M; Miwa M; Konoike N; Kato S; Nakamura K; Kobayashi K; Inoue K; Takada M
        第6回マーモセット研究会 (2016/12/12-14, 東京), 2016年12月
      • タッチパネルを用いた客観的な意欲評価法の作製
        仲子 友和; 竹本 篤史; 小谷 真奈斗; 鴻池 菜保; 中村 克樹; 池田 和仁
        第6回日本マーモセット研究会大会, 2016年12月
      • マーモセットMRI撮像用保温ベスト
        中村克樹; 鴻池菜保; 三輪美樹; 本澤史章; 染谷成則
        第6回日本マーモセット研究会大会, 2016年12月
      • Evolutionary elongation of the time scale of auditory cortical processing: comparison of effects of stimulus time parameters on human and macaque scalp auditory evoked potentials.
        Itoh K; Nejime M; Konoike N; Nakamura K; Nakada T
        The 5th Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016年11月, 査読有り
      • アカゲザルにおける聴覚誘発電位長潜時成分:記録法と成分同定
        伊藤浩介; 禰占雅史; 鴻池菜保; 中田力; 中村克樹
        第46回日本臨床神経生理学会学術大会, 2016年10月, 査読有り
      • 無麻酔アカゲザルにおける頭皮上聴覚誘発電位の長潜時成分 記録法と成分同定
        伊藤 浩介; 禰占 雅史; 鴻池 菜保; 中田 力; 中村 克樹
        臨床神経生理学, 2016年10月
      • Evaluation of anesthetic and cardiorespiratory effects after intramuscular administration of alfaxalone alone, alfaxalone-ketamine or alfaxalone- butorphanol -medetomidine in common marmosets (Callithrix jacchus)
        T. Miyabe-Nishiwaki; M. Miwa; N. Konoike; A. Kaneko; A. Ishigami; T. Natsume; K. Nakamura
        Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists, 2016年08月
      • Comparison of efficiency of retrograde gene transfer between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains: Cortical input system
        Hitomi Tsuge; Shiori Uezono; Soshi Tanabe; Maki Fujiwara; Kiyomi,Nagaya; Masateru Sugawara; Miki Miwa; Naho Konoike; Shigeki Kato; Katsuki Nakamura; Kazuto Kobayashi; Ken-ichi Inoue; Masahiko Takada
        The 39th annual meeting of the Japan Neuroscience Society, 2016年07月
      • Comparison of the efficiency of retrograde gene transfer between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains: Striatal input system.
        Soshi Tanabe; Shiori Uezono; Hitomi Tsuge; Maki Fujiwara; Kiyomi Nagaya; Masateru Sugawara; Miki Miwa; Naho Konoike; Shigeki Kato; Katsuki Nakamura; Kazuto Kobayashi; Ken-ichi Inoue; Masahiko Takada
        The 39th annual meeting of the Japan Neuroscience Society, 2016年07月
      • Hypoxemia after single-shot anesthesia in common marmosets
        Naho Konoike; Miki Miwa; Akiyo Ishigami; Katsuki Nakamura
        The 39th annual meeting of the Japan Neuroscience Society, 2016年07月, 筆頭著者
      • マーモセットにおけるアルファキサロンの麻酔効果
        宮部貴子; 三輪美樹; 鴻池菜保; 兼子明久; 石上暁代; 夏目尊好; 中村克樹
        第4回日本マーモセット研究会大会, 2015年01月
      • Neural substrates representing temporal and motor sequences of rhythm
        Konoike N; Kotozaki Y; Jeong H; Miyazaki A; Sakaki K; Shinada T; Sugiura M; Kawashima R; Nakamura K
        The 44th annual meeting of Society for Neuroscience, 2014年11月
      • Projections from the amygdala to subregions of the anterior cingulate cortex in macaque monkeys
        Yuri Kim; Honami Sakata; Naho Konoike; Shigehiro Miyachi; Katsuki Nakamura
        The 44th annual meeting of Society for Neuroscience, 2014年11月
      • Projections from the temporal cortical areas to the subgenual portion of the anterior cingulate cortex in macaque monkeys
        Honami Sakata; Yuri Kim; Naho Konoike; Shigehiro Miyachi; Katsuki Nakamura
        The 44th annual meeting of Society for Neuroscience, 2014年11月
      • Neurons responsive to faces in the perigenual portion of the anterior cingulate cortex of monkeys
        Naho Konoike; Katsuki Nakamura
        第37回日本神経科学大会, 2014年09月
      • Neuronal responses to faces in the anterior cingulate cortex of monkeys
        Naho Konoike; Katsuki Nakamura
        The 43rd annual meeting of Society for Neuroscience, 2013年11月
      • マカクサルの運動リズム制御におけるテンポの効果
        宮地 重弘; 鴻池 菜保; 三上 章允
        日本生理学雑誌, 2013年07月
      • リズム情報処理に関わる前頭葉―頭頂葉―小脳システム
        鴻池菜保
        平成24 年度生理学研究所研究会・グローバルネットワークによる脳情報処理, 2013年01月
      • Neural substrates for maintenance of rhythm information
        Konoike N; Kotozaki Y; Miyachi S; Miyauchi CM; Yomogida Y; Akimoto Y; Kuraoka K; Sugiura M; Kawashima R; Nakamura K
        第35回日本神経科学大会, 2012年09月
      • Working memory of rhythm information in the front-parieto-cerebellar motor system
        Nakamura K; Konoike N; Kotozaki Y; Miyachi S; Miyachi CM; Yomogida Y; Akimoto Y; Kuraoka K. Sugiura; Kawashima R
        Dynamic Brain Forum 2012 (2012/09/03-06, Carmona, Seville, Spain)., 2012年, 査読有り
      • Different contributions of frontal, parietal and temporal cortices to working memory of rhythm
        Konoike N; Kotozaki Y; Miyachi S; Miyauchi CM; Yomogida Y; Akimoto Y; Kuraoka K; Sugiura M; Kawashima R; Nakamura K
        The 41st annual meeting of Society for Neuroscience, 2011年11月
      • サルにおけるリズム制御機構
        鴻池菜保
        第3回Motor Control 研究会, 2009年05月
      • Effect of the short-term and long-term learning on rhythmic movements
        Naho Konoike; Shigehiro Miyachi; Akichika Miakami
        The 38th annual meeting of Society for Neuroscience,, 2008年11月
      • HIV関連ニューロパチーにおける臨床・病理学的検討
        鎌田智幸; 佐藤望; 鴻池菜保; 大西健児; 加藤康幸
        東京都病院経営本部臨床研究報告書, 2008年01月
      • Learning of motor rhythms in the monkey
        Shigehiro Miyachi; Naho Konoike; Akichika Mikami
        The 37th annual meeting of Society for Neuroscience, 2007年11月
      • Rhythm learning in the monkey
        Naho Konoike; Shigehiro Miyachi; Akichika Mikami
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • Hemichorea 6例についての臨床・放射線学的検討
        鎌田 智幸; 佐藤 望; 三井 慶子; 鴻池 菜保
        臨床神経学, 2006年12月
      • HIV感染者におけるクリオグロブリン陽性 ニューロパチーの臨床病理学的検討
        鎌田 智幸; 鴻池 奈保; 佐藤 望; 横手 裕明; 加藤 康幸; 大西 健二; 石原 正一郎
        東京都福祉保健医療学会誌, 2006年10月
      • クリオグロブリン陽性HIV感染者にみられたニューロパチー2症例の臨床病理学的検討
        鴻池 奈保; 鎌田 智幸; 佐藤 望; 横手 裕明; 加藤 康幸; 大西 健二; 石原 正一郎
        NEUROINFECTION, 2005年09月
      • CT検査にて出血が判明した十二指腸Dieulafoy潰瘍出血の1例
        榎並 延太; 真栄城 剛; 岩崎 功明; 大村 健史; 鴻池 菜保; 濱邊 祐一
        Gastroenterological Endoscopy, 2005年09月
      • 発熱,意識障害,四肢弛緩性麻痺で発症し,髄液中ADAが高値を示したneuromyelitis optica(NMO)の一男性例
        佐藤 望; 鴻池 菜保; 鎌田 智幸
        臨床神経学, 2005年07月
      • 腓腹神経生検で血管周囲への著明な細胞浸潤を認めステロイド治療が奏効したHIV関連ポリニューロパチーの一例
        鴻池 菜保; 佐藤 望; 鎌田 智幸; 横手 裕明; 石原 正一郎
        臨床神経学, 2005年03月
      • 乾癬の経過中に両側顔面神経麻痺で発症したサルコイドーシスの1例
        鴻池 菜保; 佐藤 望; 鎌田 智幸; 沢田 泰之
        日本内科学会関東地方会, 2004年10月
      • 眼内腫瘍を呈し大量MTX療法が奏効した悪性リンパ腫の1例
        鴻池 菜保; 秋山 暢; 黒澤 彩子; 大和田 啓; 高山 直也; 富山 順治
        日本内科学会関東地方会, 2004年07月
      • C型慢性肝炎に対するIFN治療終了後に発症した自己免疫性肝炎の1例
        鴻池 菜保; 大木 史郎; 坂本 琢; 村山 巌一; 伊藤 ゆみ; 鈴木 伸治; 佐崎 なほ子; 藤木 和彦; 忠願寺 義通; 富山 順治
        日本内科学会関東地方会, 2004年05月

      講演・口頭発表等

      • リズム情報処理に関わる前頭葉―頭頂葉―小脳システム
        鴻池菜保
        平成24 年度生理学研究所研究会・グローバルネットワークによる脳情報処理, 2013年01月

      書籍等出版物

      • 学会印象記 Neuroscience 2014(2014年11月15〜19日,ワシントンDC)
        鴻池菜保
        BRAIN and NERVE 67巻2号, 2015年02月
      • 視覚の神経科学 顔・表情
        鴻池菜保; 中村克樹, p. 902-905
        Clinical Neuroscience 30巻 8号, 2012年08月
      • 病気のはなし 細菌性赤痢
        鴻池菜保; 大西健児, p.100-104
        検査と技術 33巻 2号, 2005年02月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 神経炎症に起因する統合失調症霊長類モデルの妥当性評価および画像マーカーの確立
        若手研究
        小区分51020:認知脳科学関連
        京都大学
        鴻池 菜保
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        聴性定常反応;脳波;サル;種間比較;動物モデル;統合失調症;疾患モデル;行動定量;マーモセット;アカゲザル;MRI
      • 非ヒト霊長類を用いた時間干渉による低侵襲脳局所刺激法の開発とその神経基盤の解明
        基盤研究(C)
        小区分90030:認知科学関連
        京都大学
        鴻池 菜保
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        脳刺激法;コモンマーモセット;マカクサル;神経活動記録;霊長類
      • 神経同期活動を軸にした統合失調症の橋渡し研究:病態解明と新規治療法開発にむけて
        基盤研究(B)
        小区分52030:精神神経科学関連
        九州大学
        平野 羊嗣
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        統合失調症;ガンマオシレーション;E/Iバランス障害;トランスレーショナルリサーチ;バイオマーカー

      外部資金:その他

      • 有機デバイスを用いた脳外部刺激による神経変調が知覚学習に与える影響の解明
        京都大学 「知の越境」融合チーム研究プログラム
        自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
        鴻池菜保
      • 統合失調症霊長類モデルの確立
        アステラス病態代謝研究会 平成29年度研究助成金
        自 2017年12月01日, 至 2018年11月30日
        代表
      list
        Last Updated :2022/08/09

        学術・社会貢献

        社会貢献活動

        • 犬山市子育てステップアップ講座 「脳のはたらきから考える 親と子のかかわり」
          講師
          自 2022年07月06日
        • Neuroscientists go wireless
          情報提供
          Nature Methods, 自 2021年09月27日
        • Sneak Peek into a life of a Neuroscientist
          寄稿
          Sri Venkateswara College, University of Delhi, 年刊誌「VERDURE」, 自 2021年05月
        • 「そと」と「なか」の新しいかかわり
          寄稿
          芸術批評誌「リア」45号 特集=「コロナ禍の文化と生活」, 自 2020年10月
        • 第41回原ゆっくりサロン(犬山市)「サルの脳からわかること」
          講師
          自 2019年08月28日

        ページ上部へ戻る