教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

岡田 幸典

オカダ ユキノリ

国際高等教育院 吉田カレッジオフィス 特定講師

岡田 幸典
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程高分子化学専攻, Department of Polymer Chemistry, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程高分子化学専攻, Department of Polymer Chemistry, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部工業化学科, Department of Industrial Chemisty, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      洛南高等学校, らくなんこうとうがっこう

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        水溶性高分子のゾル・ゲル転移と相分離現象
      • 研究概要

        水和と疎水性凝集に注目して理論的アプローチにより水溶性高分子のゾル・ゲル転移と相分離現象について、研究を行っている。

      論文

      • Pressure-controlled thermoreversible gelation
        Yukinori Okada; Fumihiko Tanaka
        MACROMOLECULES, 2006年11月, 査読有り
      • Impact of end-group association and main-chain hydration on the thermosensitive properties of hydrophobically modified telechelic poly(N-isopropylacrylamides) in water
        P Kujawa; F Segui; S Shaban; C Diab; Y Okada; F Tanaka; FM Winnik
        MACROMOLECULES, 2006年01月, 査読有り
      • Unified model of association-induced lower critical solution temperature phase separation and its application to solutions of telechelic poly(ethylene oxide) and of telechelic poly(N-isopropylacrylamide) in water
        Yukinori OKADA; Fumihiko TANAKA; Piotr KUJAWA; Francoise M. WINNIK
        J. Chem. Phys., 2006年, 査読有り
      • Cooperative hydration, chain collapse, and flat LCST behavior in aqueous poly(N-isopropylacrylamide) solutions
        Y Okada; F Tanaka
        MACROMOLECULES, 2005年05月, 査読有り

      MISC

      • 会合性高分子の相図理論 – II. ゲル化系
        田中文彦; 岡田幸典
        熱測定, 2005年, 査読有り, 招待有り
      • 会合性高分子の相図理論 – I. 非ゲル化系
        田中文彦; 岡田幸典
        熱測定, 2005年, 査読有り, 招待有り

      講演・口頭発表等

      • ゲル化誘起相分離現象の動的相図理論
        岡田幸典; 田中文彦
        第55回高分子討論会, 2006年09月21日
      • Hydration and Thermoreversible Gelation in Solutions of Telechelic Associating Polymers
        Yukinori OKADA; Fumihiko TANAKA
        Polymer Networks Group Conference, 2006年09月04日
      • 末端疎水化PNIPAM水溶液の協同水和と相分離・ゲル化
        岡田幸典; 田中文彦; Pitor. KUJAWA; Francoise. M. WINNIK
        第54回高分子討論会, 2005年09月21日
      • 疎水化された水溶性高分子のゾル・ゲル転移とLCSTの共存機構
        岡田幸典; 田中文彦
        第54回高分子学会年次大会, 2005年05月26日
      • ゾル・ゲル転移と連鎖性水和によるLCSTの共存機構~疎水化されたPEOとPNIPAMの比較~
        岡田幸典; 田中文彦
        高分子基礎研究会, 2005年01月29日
      • 水素結合による星型分子のネットワーク形成
        岡田幸典; 古賀毅; 田中文彦
        高分子計算機科学討論会, 2003年03月07日
      • 水素結合による剛直性分子のネットワーク形成
        岡田幸典; 古賀毅; 田中文彦
        第51回高分子討論会, 2002年10月03日
      • 水素結合超分子のゲル化と凝集形態の分類
        岡田幸典; 古賀毅; 田中文彦
        第50回高分子討論会, 2001年09月12日
      list
        Last Updated :2022/05/14

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2019年04月01日
          吉田カレッジオフィス運営会議 委員

        ページ上部へ戻る