教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

大日向 耕作

オオヒナタ コウサク

農学研究科 食品生物科学専攻食品健康科学講座 准教授

大日向 耕作
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本食品科学工学会
    • 日本栄養・食糧学会
    • 日本農芸化学会

    学位

    • 修士(農学)(東北大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2007年, 至 現在
      京都大学大学院農学研究科 准教授, Graduate School of Agriculture
    • 自 2007年
      - Kyoto Univ. Associate Professor
    • 自 2004年, 至 2006年
      京都大学大学院農学研究科 講師, Graduate School of Agriculture
    • 自 2004年, 至 2006年
      Kyoto Univ. Lecturer
    • 自 2003年, 至 2004年
      東北大学大学院農学研究科 助手, Graduate School of Agricultural Science
    • 自 2003年, 至 2004年
      Tohoku Univ. Assistant Professor

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        神経系調節作用を示す食品成分に関する研究
      • 研究概要

        これまで我々は食品成分の中に、例えばタンパク質の酵素分解によって生成するペプチドが、精神的ストレス緩和、食欲調節、記憶増強、血圧降下作用など様々な生理作用を示す場合があることを明らかにしてきました。特に、神経系に作用する食品成分に着目し、「食」と「こころ」の分子基盤を解明することによって生活習慣病予防やQuality of Life (QOL) 向上を目指します。

      研究キーワード

      • 学習促進
      • 精神的ストレス緩和
      • 食欲調節
      • learning
      • anxiolytic
      • food intake regulation
      • mineral
      • bioactive peptides

      研究分野

      • ライフサイエンス, 食品科学

      論文

      • Rap1 in the VMH regulates glucose homeostasis
        Kentaro Kaneko; Hsiao-Yun Lin; Yukiko Fu; Pradip K. Saha; Ana B. De la Puente-Gomez; Yong Xu; Kousaku Ohinata; Peter Chen; Alexei Morozov; Makoto Fukuda
        JCI Insight, 2021年05月11日, 査読有り
      • Wheat‐ghretropins: novel ghrelin‐releasing peptides derived from wheat protein
        Kana Tanikawa; Kentaro Kaneko; Shimon Abe; Jyunya Nakato; Yuki Tokuyama; Sayano Odaka; Hiroshi Iwakura; Masaru Sato; Atsushi Kurabayashi; Hideyuki Suzuki; Miki Makita; Hiroyuki Ikemoto; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        FEBS Open Bio, 2021年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Dipeptide tyrosyl-leucine exhibits antidepressant-like activity in mice.
        Takafumi Mizushige; Tomoki Uchida; Kousaku Ohinata
        Scientific reports, 2020年02月10日, 査読有り, 最終著者
      • A milk-derived pentapeptide reduces blood pressure in advanced hypertension in a CCK system-dependent manner
        Daiki Koyama; Masaki Sasai; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        Food & Function, 2020年, 査読有り, 責任著者
      • Orally administered milk-derived tripeptide improved cognitive decline in mice fed a high-fat diet.
        Akitoshi Nagai; Takafumi Mizushige; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2019年12月, 査読有り, 最終著者
      • Ser-Tyr and Asn-Ala, vasorelaxing dipeptides found by comprehensive screening, reduce blood pressure via different age-dependent mechanisms.
        Daiki Koyama; Xinghui Sun; Masaki Sasai; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        Aging, 2019年11月04日, 査読有り, 最終著者
      • Comprehensive analysis of a dipeptide library to identify ghrelin release-modulating peptides.
        Junya Nakato; Hayato Aoki; Yuki Tokuyama; Yuta Yamamoto; Hiroshi Iwakura; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        FEBS letters, 2019年09月, 査読有り, 最終著者
      • Vasorelaxant and Antihypertensive Effects That Are Dependent on the Endothelial NO System Exhibited by Rice Bran-Derived Tripeptide.
        Shobako N; Ishikado A; Ogawa Y; Sono Y; Kusakari T; Suwa M; Matsumoto M; Ohinata K
        Journal of agricultural and food chemistry, 2019年02月, 査読有り, 最終著者
      • Identification of Rubisco anxiolytic-like peptides (rALPs) by comprehensive analysis of spinach green leaf protein digest.
        Kimura S; Uchida T; Tokuyama Y; Hosokawa M; Nakato J; Kurabayashi A; Sato M; Suzuki H; Kanamoto R; Ohinata K
        Biochemical and biophysical research communications, 2018年11月, 査読有り, 最終著者
      • Enzymatic digest of whey protein and wheylin-1, a dipeptide released in the digest, increase insulin sensitivity in an Akt phosphorylation-dependent manner.
        Ogiwara M; Ota W; Mizushige T; Kanamoto R; Ohinata K
        Food & function, 2018年09月, 査読有り, 最終著者
      • Soy undecapeptide induces Drosophila hind leg grooming via dopamine receptor
        M. Rezaul Karim; Aya Yanagawa; Kousaku Ohinata
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2018年05月15日, 査読有り
      • オルニチンとリジンはTRPV1を介して消化管運動を促進する
        中戸 絢也; ホー・イーイン; 大前 諒; 水重 貴文; 内田 邦敏; 富永 真琴; キム・ミンジ; 後藤 剛; 高橋 信之; 河田 照雄; 秋月 さおり; 金本 龍平; 大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2018年03月
      • Characterization of soy-deprestatin, a novel orally active decapeptide that exerts antidepressant-like effects via gut-brain communication
        Yukiha Mori; Saho Asakura; Akane Yamamoto; Saori Odagiri; Daisuke Yamada; Masayuki Sekiguchi; Keiji Wada; Masaru Sato; Atsushi Kurabayashi; Hideyuki Suzuki; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        FASEB Journal, 2018年02月01日, 査読有り
      • A Novel Antihypertensive Peptide Identified in Thermolysin-Digested Rice Bran.
        Naohisa Shobako; Yutaro Ogawa; Atsushi Ishikado; Kayo Harada; Etsuko Kobayashi; Hirohisa Suido; Takashi Kusakari; Mariko Maeda; Makoto Suwa; Motonobu Matsumoto; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        Molecular nutrition & food research, 2018年02月, 査読有り, 最終著者
      • Orally active anti-hypertensive peptides found based on enteroendocrine cell responses to a dipeptide library
        Masaki Sasai; XingHui Sun; Chinatsu Okuda; Junya Nakato; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2018年, 査読有り
      • [Clarification of the Mechanism Involved in Orexigenic Action by Oral Zinc Ingestion].
        Komai M; Goto T; Ohinata K; Kambe T; Mayanagi Y; Shirakawa H
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2018年, 査読有り
      • L-Ornithine and L-lysine stimulate gastrointestinal motility via transient receptor potential vanilloid 1
        Junya Nakato; Yee Yin Ho; Ryo Omae; Takafumi Mizushige; Kunitoshi Uchida; Makoto Tominaga; Minji Kim; Tsuyoshi Goto; Nobuyuki Takahashi; Teruo Kawada; Saori Akiduki; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        MOLECULAR NUTRITION & FOOD RESEARCH, 2017年11月, 査読有り, 最終著者
      • Obesity-promoting and anti-thermogenic effects of neutrophil gelatinase-associated lipocalin in mice
        Akira Ishii; Goro Katsuura; Hirotaka Imamaki; Hiroyuki Kimura; Keita P. Mori; Takashige Kuwabara; Masato Kasahara; Hideki Yokoi; Kousaku Ohinata; Tomoko Kawanishi; Junichi Tsuchida; Yuji Nakamoto; Kazuwa Nakao; Motoko Yanagita; Masashi Mukoyama; Kiyoshi Mori
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年11月, 査読有り
      • Lacto-ghrestatin, a novel bovine milk-derived peptide, suppresses ghrelin secretion
        Hayato Aoki; Junya Nakato; Takafumi Mizushige; Hiroshi Iwakura; Masaru Sato; Hideyuki Suzuki; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        FEBS LETTERS, 2017年07月, 査読有り, 最終著者
      • L-Ornithine stimulates growth hormone release in a manner dependent on the ghrelin system
        Yee Yin Ho; Junya Nakato; Takafumi Mizushige; Ryuhei Kanamoto; Mamoru Tanida; Saori Akiduki; Kousaku Ohinata
        FOOD & FUNCTION, 2017年06月, 査読有り
      • Rational identification of a novel soy-derived anxiolytic-like undecapeptide acting via gut-brain axis after oral administration
        Ami Ota; Akane Yamamoto; Saeko Kimura; Yukiha Mori; Takafumi Mizushige; Yoshiki Nagashima; Masaru Sato; Hideyuki Suzuki; Saori Odagiri; Daisuke Yamada; Masayuki Sekiguchi; Keiji Wada; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 2017年05月, 査読有り
      • Rubimetide, humanin, and MMK1 exert anxiolytic-like activities via the formyl peptide receptor 2 in mice followed by the successive activation of DP1, A(2A), and GABA(A) receptors
        Hui Zhao; Soushi Sonada; Akihiro Yoshikawa; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2016年09月, 査読有り
      • Soy-ghretropin, a novel ghrelin-releasing peptide derived from soy protein
        Junya Nakato; Hayato Aoki; Hiroshi Iwakura; Hideyuki Suzuki; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        FEBS LETTERS, 2016年08月, 査読有り
      • Brain-specific natriuretic peptide receptor-B deletion attenuates high-fat diet-induced visceral and hepatic lipid deposition in mice
        Yui Yamashita; Nobuko Yamada-Goto; Goro Katsuura; Yukari Ochi; Yugo Kanai; Yuri Miyazaki; Koichiro Kuwahara; Naotetsu Kanamoto; Masako Miura; Akihiro Yasoda; Kousaku Ohinata; Nobuya Inagaki; Kazuwa Nakao
        PEPTIDES, 2016年07月, 査読有り
      • Antidepressant-like effect of food-derived pyroglutamyl peptides in mice
        Yukako Yamamoto; Takafumi Mizushige; Yukiha Mori; Yuki Shimmura; Ruuta Fukutomi; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        NEUROPEPTIDES, 2015年06月, 査読有り
      • A novel Alaska pollack-derived peptide, which increases glucose uptake in skeletal muscle cells, lowers the blood glucose level in diabetic mice
        Tatsuhiro Ayabe; Takafumi Mizushige; Wakana Ota; Fuminori Kawabata; Kohsuke Hayamizu; Li Han; Tomoko Tsuji; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        FOOD & FUNCTION, 2015年, 査読有り
      • A novel Alaska pollack-derived peptide, which increases glucose uptake in skeletal muscle cells, lowers the blood glucose level in diabetic mice
        Tatsuhiro Ayabe; Takafumi Mizushige; Wakana Ota; Fuminori Kawabata; Kohsuke Hayamizu; Li Han; Tomoko Tsuji; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        FOOD & FUNCTION, 2015年, 査読有り
      • Orally administered δ opioid agonist peptide rubiscolin-6 stimulates food intake in aged mice with ghrelin resistance.
        Miyazaki Y; Kaneko K; Iguchi S; Mizushige T; Kanamoto R; Yoshikawa M; Shimizu T; Ohinata K
        Molecular nutrition & food research, 2014年10月, 査読有り
      • 大豆たん白質由来の強力な動脈弛緩ペプチドの生成条件と生理作用解明
        大日向 耕作
        大豆たん白質研究, 2014年06月
      • Identification of novel β-lactoglobulin-derived peptides, wheylin-1 and -2, having anxiolytic-like activity in mice.
        Yamada A; Mizushige T; Kanamoto R; Ohinata K
        Molecular nutrition & food research, 2014年02月, 査読有り
      • Characterization of Ile-His-Arg-Phe, a novel rice-derived vasorelaxing peptide with hypotensive and anorexigenic activities
        Noriyasu Kontani; Ryo Omae; Tomomi Kagebayashi; Kentaro Kaneko; Yuko Yamada; Takafumi Mizushige; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        MOLECULAR NUTRITION & FOOD RESEARCH, 2014年02月, 査読有り
      • δ-Opioid receptor activation stimulates normal diet intake but conversely suppresses high-fat diet intake in mice.
        Kaneko K; Mizushige T; Miyazaki Y; Lazarus M; Urade Y; Yoshikawa M; Kanamoto R; Ohinata K
        American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 2014年02月, 査読有り
      • 新しい卵白アルブミン由来動脈弛緩ペプチドとその生理作用
        大前 諒; 紺谷 徳泰; 金子 賢太朗; 水重 貴文; 金本 龍平; 大日向 耕作
        肥満研究, 2013年09月
      • Characterization of Tyr-Leu-Gly, a novel anxiolytic-like peptide released from bovine αS-casein
        Takafumi Mizushige; Yurina Sawashi; Ayako Yamada; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        FASEB Journal, 2013年07月, 査読有り
      • Characterization of Tyr-Leu-Gly, a novel anxiolytic-like peptide released from bovine αS-casein.
        Mizushige T; Sawashi Y; Yamada A; Kanamoto R; Ohinata K
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2013年07月, 査読有り
      • The Vagotomy Alleviates the Anorectic Effect of an Excess Amount of Dietary Leucine on Rats Fed a Low-Protein Diet
        Ryoji Yoshimura; Yee Yin Ho; Takafumi Mizushige; Kousaku Ohinata; Ryuhei Kanamoto
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2013年07月, 査読有り
      • Aromatic amino acid-leucine dipeptides exhibit anxiolytic-like activity in young mice
        Takafumi Mizushige; Norimasa Kanegawa; Ayako Yamada; Ami Ota; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        Neuroscience Letters, 2013年05月24日, 査読有り
      • The Pharmacological Effects of Novokinin; a Designed Peptide Agonist of the Angiotensin AT(2) Receptor
        Masaaki Yoshikawa; Kousaku Ohinata; Yuko Yamada
        CURRENT PHARMACEUTICAL DESIGN, 2013年05月, 査読有り
      • アミノ酸の作用点としての消化管 : 成長ホルモン分泌および消化管運動について
        大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2013年
      • 消化管ホルモンを介する外因性ペプチドの多様な生理機能
        大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2013年
      • Novel orexigenic pathway prostaglandin D2-NPY system--involvement in orally active orexigenic δ opioid peptide.
        Kaneko K; Yoshikawa M; Ohinata K
        Neuropeptides, 2012年12月, 査読有り
      • くも膜プロスタグランジンD合成酵素を介した緑葉由来ペプチドの摂食促進機構
        金子 賢太朗; ラザルス・ミハエル; 宮本 知京; 吉川 正明; 大石 陽; 永田 奈々恵; 有竹 浩介; 裏出 良博; 金本 龍平; 大日向 耕作
        肥満研究, 2012年09月
      • CCK依存的な動脈弛緩ジペプチドRFは血圧降下および摂食抑制作用を併せ持つ
        紺谷 徳泰; 影林 皆美; 金子 賢太朗; 山田 優子; 水重 貴文; 金本 龍平; 大日向 耕作
        肥満研究, 2012年09月
      • Novel CCK-dependent vasorelaxing dipeptide, Arg-Phe, decreases blood pressure and food intake in rodents
        Tomomi Kagebayashi; Noriyasu Kontani; Yuko Yamada; Takafumi Mizushige; Toshinobu Arai; Kuniki Kino; Kousaku Ohinata
        MOLECULAR NUTRITION & FOOD RESEARCH, 2012年09月, 査読有り
      • Orally administered rubiscolin-6, a δ opioid peptide derived from Rubisco, stimulates food intake via leptomeningeal lipocallin-type prostaglandin D synthase in mice.
        Kaneko K; Lazarus M; Miyamoto C; Oishi Y; Nagata N; Yang S; Yoshikawa M; Aritake K; Furuyashiki T; Narumiya S; Urade Y; Ohinata K
        Molecular nutrition & food research, 2012年08月, 査読有り
      • Characterization of ovolin, an orally active tryptic peptide released from ovalbumin with anxiolytic-like activity
        Ayako Oda; Kentaro Kaneko; Takafumi Mizushige; Michael Lazarus; Yoshihiro Urade; Kousaku Ohinata
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2012年07月, 査読有り
      • Complement C5a exhibits anxiolytic-like activity via the prostaglandin D-2-DP1 receptor system coupled to adenosine A(2A) and GABA(A) receptors
        Chihiro Miyamoto; Mariko Yoshida; Masaaki Yoshikawa; Takafumi Mizushige; Kousaku Ohinata
        PROSTAGLANDINS & OTHER LIPID MEDIATORS, 2012年05月, 査読有り
      • Soymorphin-5, a soy-derived μ-opioid peptide, decreases glucose and triglyceride levels through activating adiponectin and PPARα systems in diabetic KKAy mice.
        Yamada Y; Muraki A; Oie M; Kanegawa N; Oda A; Sawashi Y; Kaneko K; Yoshikawa M; Goto T; Takahashi N; Kawada T; Ohinata K
        American journal of physiology. Endocrinology and metabolism, 2012年02月, 査読有り
      • 新しい血圧効果機構を有する穀類由来ペプチドの生理機能評価
        大日向 耕作
        年報, 2012年
      • Lupeol Supplementation Improves Blood Pressure and Lipid Metabolism Parameters in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats
        Ardiansyah; Eri Yamaguchi; Hitoshi Shirakawa; Keishi Hata; Kazuyuki Hiwatashi; Kousaku Ohinata; Tomoko Goto; Michio Komai
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2012年01月, 査読有り
      • β-Lactotensin derived from bovine β-lactoglobulin exhibits anxiolytic-like activity as an agonist for neurotensin NTS(2) receptor via activation of dopamine D(1) receptor in mice.
        Hou IC; Suzuki C; Kanegawa N; Oda A; Yamada A; Yoshikawa M; Yamada D; Sekiguchi M; Wada E; Wada K; Ohinata K
        Journal of neurochemistry, 2011年11月, 査読有り
      • Antihypertensive activity of transgenic rice seed containing an 18-repeat novokinin peptide localized in the nucleolus of endosperm cells
        Yuhya Wakasa; Hui Zhao; Sakiko Hirose; Daiki Yamauchi; Yuko Yamada; Lijun Yang; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa; Fumio Takaiwa
        PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, 2011年09月, 査読有り
      • Zinc as an appetite stimulator - The possible role of zinc in the progression of diseases such as cachexia and sarcopenia
        Hajime Suzuki; Akihiro Asakawa; Jiang B. Li; Minglun Tsai; Haruka Amitani; Kousaku Ohinata; Michio Komai; Akio Inui
        Recent Patents on Food, Nutrition and Agriculture, 2011年09月, 査読有り
      • Central PGE(2) exhibits anxiolytic-like activity via EP1 and EP4 receptors in a manner dependent on serotonin 5-HT1A, dopamine D-1 and GABA(A) receptors
        Chihiro Suzuki; Chihiro Miyamoto; Tomoyuki Furuyashiki; Shuh Narumiya; Kousaku Ohinata
        FEBS LETTERS, 2011年07月, 査読有り
      • Rapakinin, Arg-Ile-Tyr, derived from rapeseed napin, shows anti-opioid activity via the prostaglandin IP receptor followed by the cholecystokinin CCK2 receptor in mice
        Yuko Yamada; Kousaku Ohinata; Andrzej W. Lipkowski; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2011年02月, 査読有り
      • 卵タンパク質由来ペプチドの精神的ストレス緩和作用
        大日向 耕作
        日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 2011年
      • 精神的ストレス抑制作用を有する大豆たん白質由来の低分子ペプチドの探索とその応用
        大日向 耕作; 村木 彩; 尾家 麻里子
        大豆たん白質研究, 2010年12月
      • 食品タンパク質由来ペプチドの多様な神経調節作用
        大日向 耕作; 吉川 正明
        化学と生物, 2010年11月01日
      • Orally administered soymorphins, soy-derived opioid peptides, suppress feeding and intestinal transit via gut mu(1)-receptor coupled to 5-HT1A, D-2, and GABA(B) systems
        Kentaro Kaneko; Masashi Iwasaki; Masaaki Yoshikawa; Kousaku Ohinata
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • C-Type Natriuretic Peptide as a New Regulator of Food Intake and Energy Expenditure
        Megumi Inuzuka; Naohisa Tamura; Nobuko Yamada; Goro Katsuura; Naofumi Oyamada; Daisuke Taura; Takuhiro Sonoyama; Yasutomo Fukunaga; Kousaku Ohinata; Masakatsu Sone; Kazuwa Nakao
        ENDOCRINOLOGY, 2010年08月, 査読有り
      • Rapakinin, an anti-hypertensive peptide derived from rapeseed protein, dilates mesenteric artery of spontaneously hypertensive rats via the prostaglandin IP receptor followed by CCK1 receptor
        Yuko Yamada; Masashi Iwasaki; Hachiro Usui; Kousaku Ohinata; Ewa D. Marczak; Andrzej W. Lipkowski; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2010年05月, 査読有り
      • 味覚機能への亜鉛酵素「炭酸脱水酵素」の寄与
        駒井 三千夫; 後藤 知子; 大日向 耕作; 白川 仁
        Biomedical research on trace elements, 2010年04月01日
      • Dipeptide Tyr-Leu (YL) exhibits anxiolytic-like activity after oral administration via activating serotonin 5-HT1A, dopamine D-1 and GABA(A) receptors in mice
        Norimasa Kanegawa; Chihiro Suzuki; Kousaku Ohinata
        FEBS LETTERS, 2010年02月, 査読有り
      • コメ由来ペプチドの動脈弛緩および血圧降下作用に関する研究
        大日向 耕作
        年報, 2010年
      • 高齢者食品の開発を目指した経口投与で有効な食欲促進ペプチドに関する研究
        大日向 耕作; 金子 賢太朗
        食に関する助成研究調査報告書, 2010年
      • beta-Lactotensin derived from bovine beta-lactoglobulin suppresses food intake via the CRF system followed by the CGRP system in mice
        I-Ching Hou; Masaaki Yoshikawa; Kousaku Ohinata
        PEPTIDES, 2009年12月, 査読有り
      • Complement C5a stimulates food intake via a prostaglandin D-2- and neuropeptide Y-dependent mechanism in mice
        Kousaku Ohinata; Kuniko Takagi; Kyoko Biyajima; Kentaro Kaneko; Chihiro Miyamoto; Akihiro Asakawa; Naomi Eguchi; Yoshihiro Urade; Akio Inui; Masaaki Yoshikawa
        PROSTAGLANDINS & OTHER LIPID MEDIATORS, 2009年12月, 査読有り
      • Orally administered novokinin, an angiotensin AT(2) receptor agonist, suppresses food intake via prostaglandin E-2-dependent mechanism in mice
        Kousaku Ohinata; Yoko Fujiwata; Fukumoto Shingo; Iwai Masaru; Horiuchi Masatsugu; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2009年06月, 査読有り
      • Central prostaglandin D-2 exhibits anxiolytic-like activity via the DP1 receptor in mice
        Hui Zhao; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PROSTAGLANDINS & OTHER LIPID MEDIATORS, 2009年04月, 査読有り
      • Angiotensin AT(2) receptor agonists act as anti-opioids via EP(3) receptor in mice
        Yuko Yamada; Kousaku Ohinata; Andrzej W. Lipkowski; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2009年04月, 査読有り
      • Orally Administered Zinc Increases Food Intake via Vagal Stimulation in Rats
        Kousaku Ohinata; Masami Takemoto; Makoto Kawanago; Shuya Fushimi; Hitoshi Shirakawa; Tomoko Goto; Akihiro Asakawa; Michio Komai
        JOURNAL OF NUTRITION, 2009年03月, 査読有り
      • Enterostatin reduces serum cholesterol levels by way of a CCK1 receptor-dependent mechanism
        Yasuyuki Takenaka; Tomoko Shimano; Takaaki Mori; I-ching Hou; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2008年12月, 査読有り
      • Accumulation of the Bioactive Peptides, Novokinin, LPYPR and Rubiscolin, in Seeds of Genetically Modified Soybean
        Keito Nishizawa; Akiko Kita; Chieko Doi; Yuko Yamada; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa; Masao Ishimoto
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2008年12月, 査読有り
      • 生活習慣予防作用を有する大豆たん白質由来の新規ペプチドの探索
        大日向 耕作; 岩崎 将志; 金子 賢太朗
        大豆たん白質研究, 2008年10月
      • Central prostaglandins in food intake regulation
        Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        NUTRITION, 2008年09月, 査読有り
      • Antihypertensive effect of biotin in stroke-prone spontaneously hypertensive rats
        Mari Watanabe-Kamiyama; Shin Kamiyama; Kimiko Horiuchi; Kousaku Ohinata; Hitoshi Shirakawa; Yuji Furukawa; Michio Komai
        BRITISH JOURNAL OF NUTRITION, 2008年04月, 査読有り
      • Rubimetide (Met-Arg-Trp) derived from Rubisco exhibits anxiolytic-like activity via the DP1 receptor in male ddY mice
        Hui Zhao; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2008年04月, 査読有り
      • Enterostatin (APGPR) suppresses the analgesic activity of morphine by a CCK-dependent mechanism
        Yasuyuki Takenaka; Tomoko Shimano; Yuko Yamada; Mariko Yoshida; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2008年04月, 査読有り
      • [Effect of biotin ingestion on the improvement of hypertension in SHRSP].
        Michio Komai; Mari Watanabe-Kamiyama; Shin Kamiyama; Kousaku Ohinata; Kimiko Horiuchi; Yuji Furukawa; Hitoshi Shirakawa
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2008年04月, 査読有り
      • Met-Arg-Trp derived from Rubisco lowers blood pressure via prostaglandin D-2-dependent vasorelaxation in spontaneously hypertensive rats
        Hui Zhao; Hachiro Usui; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2008年03月, 査読有り
      • Hypotensive activity of novokinin, a potent analogue of ovokinin(2-7), is mediated by angiotensin AT(2) receptor and prostaglandin IP receptor
        Yuko Yamada; Daiki Yamauchi; Hachiro Usui; Hui Zhao; Megumi Yokoo; Kousaku Ohinata; Masaru Iwai; Masatsugu Horiuchi; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2008年03月, 査読有り
      • Central prostaglandin D-2 stimulates food intake via the neuropeptide Y system in mice
        Kousaku Ohinata; Kuniko Takagi; Kyoko Biyajima; Yoko Fujiwara; Shingo Fukumoto; Naomi Eguchi; Yoshihiro Urade; Akihiro Asakawa; Mineko Fujimiya; Akio Inui; Masaaki Yoshikawa
        FEBS LETTERS, 2008年03月, 査読有り
      • Angiotensin II and III suppress food intake via angiotensin AT(2) receptor and prostaglandin EP(4) receptor in mice
        Kousaku Ohinata; Yoko Fujiwara; Shingo Fukumoto; Masaru Iwai; Masatsugu Horiuchi; Masaaki Yoshikawa
        FEBS LETTERS, 2008年03月, 査読有り
      • Elongation of anti-hypertensive effect of tea catechin by co-administration with milk protein in spontaneously hypertensive rats.
        Ohinata.K; Hui.Z; Fujita.H; Yamagami.T; Nakagawa.K; Miyazawa.T; Yoshikawa.M
        J. Clin. Biochem. Nutr., 2008年, 査読有り
      • A potent hypotensive peptide, novokinin, induces relaxation by AT(2)- and IP-receptor-dependent mechanism in the mesenteric artery from SHRs
        Yuko Yamada; Daiki Yamauchi; Megurni Yokoo; Kousaku Ohinata; Hachiro Usui; Masaaki Yoshikawa
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2008年01月, 査読有り
      • Food Intake Regulation by Central Complement System
        Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        CURRENT TOPICS IN COMPLEMENT II, 2008年, 査読有り
      • 中枢神経系と消化器系におけるアドレノメジュリンの多彩な生理作用
        大日向 耕作
        医学のあゆみ, 2007年11月
      • Rubiscolin-6, a delta opioid peptide derived from spinach Rubisco, has anxiolytic effect via activating sigma(1), and dopamine D-1 receptors
        Hajime Hirata; Soushi Sonoda; Shun Aqui; Mariko Yoshida; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2007年10月, 査読有り
      • Soymorphins, novel mu opioid peptides derived from soy beta-conglycinin beta-subunit, have anxiolytic activities
        Kousaku Ohinata; Shun Agui; Masaaki Yoshikawa
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2007年10月, 査読有り
      • beta-Lactotensin, a neurotensin agonist peptide derived from bovine beta-lactoglobulin, enhances memory consolidation in mice
        Kousaku Ohinata; Soushi Sonoda; Natsumi Inoue; Rena YamauChi; Keiji Wada; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2007年07月, 査読有り
      • Enterostatin (APGPR) enhances memory consolidation in mice
        Kousaku Ohinata; Soushi Sonoda; Tomoko Shimano; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2007年03月, 査読有り
      • Suppression of food intake by a complement C3a agonist [Trp(5)]-oryzatensin(5-9)
        Kousaku Ohinata; Kentaro Suetsugu; Yoko Fujiwara; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2007年03月, 査読有り
      • Vitamin K deficiency reduces testosterone production in the testis through down-regulation of the Cyp11a a cholesterol side chain cleavage enzyme in rats
        Hitoshi Shirakawa; Yusuke Ohsaki; Yoshihiko Minegishi; Naofumi Takumi; Kousaku Ohinata; Yuji Furukawa; Takeo Mizutani; Michio Komai
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2006年10月, 査読有り
      • Vitamin K deficiency reduces testosterone production in the testis through down-regulation of the Cyp11a a cholesterol side chain cleavage enzyme in rats.
        Shirakawa H; Ohsaki Y; Minegishi Y; Takumi N; Ohinata K; Furukawa Y; Mizutani T; Komai M
        Biochimica et biophysica acta, 2006年10月, 査読有り
      • Activation of prostaglandin E receptor EP4 subtype suppresses food intake in mice
        Kousaku Ohinata; Kentaro Suetsugu; Yoko Fujiwara; Masaaki Yoshikawa
        PROSTAGLANDINS & OTHER LIPID MEDIATORS, 2006年10月, 査読有り
      • Arg-Ile-Tyr (RIY) derived from rapeseed protein decreases food intake and gastric emptying after oral administration in mice
        Ewa D. Marczak; Kousaku Ohinata; Andrzej W. Lipkowski; Masaaki Yoshikawa
        PEPTIDES, 2006年09月, 査読有り
      • [Trp(3), Arg(5)]-ghrelin(1-5) stimulates growth hormone secretion and food intake via growth hormone secretagogue (GHS) receptor
        K Ohinata; K Kobayashi; M Yoshikawa
        PEPTIDES, 2006年07月, 査読有り
      • 脱脂粉乳と緑葉タンパク質との組み合わせによる健康増進機能を高めた新しい食品の設計
        吉川 正明; 大日向 耕作
        畜産の情報 国内編, 2006年03月
      • Rice bran fractions improve blood pressure, lipid profile, and glucose metabolism in stroke-prone spontaneously hypertensive rats
        Ardiansyah; H Shirakawa; T Koseki; K Ohinata; K Hashizume; M Komai
        JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 2006年03月, 査読有り
      • The anorectic effect of neurotensin is mediated via a histamine H-1 receptor in mice
        K Ohinata; T Shimano; R Yamauchi; S Sakurada; K Yanai; M Yoshikawa
        PEPTIDES, 2004年12月, 査読有り
      • beta-Lactotensin and neurotensin rapidly reduce serum cholesterol via NT2 receptor
        R Yamauchi; K Ohinata; M Yoshikawa
        PEPTIDES, 2003年12月, 査読有り
      • EM574, a motilide, has an orexigenic activity with affinity for growth-hormone secretagogue receptor
        A Asakawa; A Inui; K Ohinata; M Fujimiya; MM Meguid; M Yoshikawa
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 2003年07月, 査読有り
      • 補体C3aとC5aは神経系にも作用する : 抗鎮痛・抗健忘や摂食調節作用が明らかに
        大日向 耕作; ジンスマ ユンデン; 吉川 正明
        化学と生物, 2003年01月25日
      • Anorexia in space and possible etiologies: an overview
        MS Da Silva; PM Zimmerman; MM Meguid; J Nandi; K Ohinata; Y Xu; C Chen; T Tada; A Inui
        NUTRITION, 2002年10月, 査読有り
      • Gastric bypass model in the obese rat to study metabolic mechanisms of weight loss
        Y Xu; K Ohinata; MM Meguid; W Marx; T Tada; C Chen; R Quinn; A Inui
        JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH, 2002年09月, 査読有り
      • Albutensin A and complement C3a decrease food intake in mice
        K Ohinata; A Inui; A Asakawa; K Wada; E Wada; M Yoshikawa
        PEPTIDES, 2002年01月, 査読有り
      • Novel actions of proadrenomedullin N-terminal 20 peptide (PAMP)
        K Ohinata; A Inui; A Asakawa; M Yoshikawa
        PEPTIDES, 2001年11月, 査読有り
      • Proadrenomedullin N-terminal 20 peptide (PAMP) inhibits food intake and gastric emptying in mice
        K Ohinata; A Inui; A Asakawa; K Wada; E Wada; M Yoshikawa
        PEPTIDES, 2001年04月, 査読有り
      • Proadrenomedullin N-terminal 20 peptide (PAMP) elevates blood glucose levels via bombesin receptor in mice
        K Ohinata; A Inui; A Asakawa; K Wada; E Wada; M Yoshikawa
        FEBS LETTERS, 2000年05月, 査読有り
      • BIOCHEMICAL CONSEQUENCES OF BIOTIN DEFICIENCY IN OSTEOGENIC DISORDER SHIONOGI RATS
        Y FURUKAWA; T NUMAZAWA; H FUKAZAWA; M IKAI; K OHINATA; M MAEBASHI; DH KIM; M ITO; M KOMAI; S KIMURA
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR VITAMIN AND NUTRITION RESEARCH, 1993年, 査読有り

      MISC

      • A novel orally active rice-derived peptides controlling appetite
        Kentaro Kaneko; Yuki Tokuyama; Shimon Abe; Masaru Sato; Atsushi Kurabayashi; Hideyuki Suzuki; Akira Ito; Yuki Higuchi; Ryoko Nakayama; Hajime Takahashi; Kousaku Ohinata
        第44回日本神経科学大会/第1回 CJK 国際会議, 2021年07月29日, 最終著者, 責任著者
      • Oral administered vitamin D improves cognitive function in mice
        Kousaku Ohinata; Taichi Furukawa; Kentaro Kaneko; Kazuo Inoue
        第44回日本神経科学大会/第1回 CJK 国際会議, 2021年07月29日, 筆頭著者
      • A novel peptide derived from rice bran improved cognitive decline in mice
        Maiko Shobako; Naohisa Shobako; Kentaro Kaneko; Yutaro Ogawa; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        第44回日本神経科学大会/第1回 CJK 国際会議, 2021年07月29日, 最終著者, 責任著者
      • 【脳と栄養】現代病としての認知症 食による認知機能改善の可能性
        大日向 耕作; 綾部 達宏
        栄養, 2021年03月
      • 経口投与で強力な抗不安様作用を示す新規ペプチドの発見
        西田 尚史; 木村 彩映子; 松村 成暢; 井上 和生; 大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2020年08月
      • 米タンパク質由来の新規グレリン分泌促進ペプチド
        阿部 志門; 徳山 雄基; 中戸 絢也; 岩倉 浩; 佐藤 大; 倉林 篤史; 鈴木 秀幸; 伊藤 彰; 樋口 裕樹; 松村 成暢; 井上 和生; 大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2020年08月
      • 高脂肪食摂取による認知機能低下に対する牛乳由来ペプチドの改善機構
        古川 太一; 永井 研迅; 水重 貴文; 松村 成暢; 井上 和生; 大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2020年08月, 最終著者
      • 米タンパク質由来の新しい抗うつ様ペプチドの発見
        徐 宸東; 朝倉 佐保; 佐藤 大; 倉林 篤史; 鈴木 秀幸; 伊藤 彰; 樋口 裕樹; 松村 成暢; 井上 和生; 大日向 耕作
        アミノ酸研究, 2020年08月
      • A novel rice protein-derived peptide exhibits anti-depressant-like effect after oral administration
        Kentaro Kaneko; Saho Asakura; Shintou Jo; Masaru Sato; Atsushi Kurabayashi; Hideyuki Suzuki; Akira Ito; Yuki Higuchi; Sigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        第43回日本神経科学大会, 2020年07月, 最終著者
      • 血圧調節における老化の実体解明と加齢ラットで有効な新規血圧降下ペプチド
        大日向 耕作
        日本醸造協会誌, 2020年05月
      • Antidepressant-like peptide derived from Rubisco, a major protein from green leaves
        Hikaru Fujii; Takashi Nishida; Saeko Kimura; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        第97回日本生理学会大会, 2020年03月, 最終著者
      • 【脳の活性化と認知症・MCI対策】食による新しい脳機能改善戦略
        大日向 耕作
        FOOD Style 21, 2020年02月
      • Novel ghrelin-releasing peptide derived from wheat protein
        Kana Tanikawa; Shimon Abe; Hiroshi Iwakura; Masaru Sato; Atsushi Kurabayashi; Hideyuki Suzuki; Miki Makita; Hiroyuki Ikemoto; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Kousaku Ohinata
        ICoFF2019, 2019年12月, 最終著者
      • 加齢ラットで強力な血圧降下作用を示す新しい血圧降下ペプチド
        小山大貴; 笹井雅樹; 松村成暢; 井上和生; 大日向 耕作
        第58回日本栄養・食糧学会 近畿支部大会, 2019年11月
      • 包括的ペプチド利用による動脈弛緩反応の加齢による変容の解明
        小山大貴; 孫 星恵; 松村成暢; 井上和生; 大日向耕作
        日本農芸化学会2019年度大会, 2019年03月, 最終著者
      • Ghrelin sensitivity decreases in both aged and young mice a fed protein-free diet.
        Yukihiro Takekuma; Shin Iguchi; Nakato Junya; Ohinata Kousaku
        APNNO;BIENNIAL CONFERENCE, 2018年12月, 最終著者
      • Mechanism of soy-deprestatin, an orally active decapeptide acting via gut-brain communication
        Asakura Saho; Mori Yukiha; Nakato Junya; Ohinata Kousaku
        APNNO2018 BIENNIAL CONFERENCE, 2018年12月, 最終著者
      • A green leaf-derived peptide suppresses ghrelin secretion
        Junya Nakato; Yuki Tokuyama; Hiroshi Iwakura; Atsushi Kurabayashi; Masaru Sato; Hideyuki Suzuki; Kousaku Ohinata
        10th International Peptide Symposium, 2018年12月, 最終著者
      • Comprehensive screening of dipeptide libraries for vasorelaxing peptides in aging-dependent low- responsive blood vessel
        Daiki Koyama; Xinghui Sun; Masaki Sasai; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        Third International Symposium on Rice Science in Global Health, 2018年11月, 最終著者
      • 高脂肪食摂取による認知機能低下に対する牛乳由来ペプチドの改善作用
        永井研迅; 水重貴文; 松村成暢; 井上和生; 大日向耕作
        日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集, 2018年10月20日, 最終著者
      • 米糠タンパクから同定した新規の動脈弛緩・血圧降下ペプチド
        正箱尚久; 正箱尚久; 石角篤; 曽野陽子; 小川雄太郎; 小林惠津子; 草刈剛; 諏訪淳; 松本元伸; 大日向耕作
        日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 2018年09月14日
      • 〔農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の研究成果―基盤技術編―〕次世代の高齢者対応食品開発と中分子ペプチドによる腸‐脳連関
        大日向耕作
        JATAFFジャーナル, 2018年05月01日
      • 食品と神経系の新しい相互作用と腸‐脳連関~経口投与で有効なストレス緩和および意欲向上作用を示す中分子ペプチドの発見~
        大日向耕作
        Bio Industry, 2018年04月12日
      • 緑葉タンパク質由来の新規グレリン分泌抑制ペプチドの発見
        徳山 雄基; 中戸 絢也; 倉林 篤史; 佐藤 大; 鈴木 秀幸; 金本 龍平; 大日向 耕作
        日本農芸化学会大会公演要旨集(WEB), 2018年03月
      • 無タンパク質食飼育マウスと老齢マウスに共通するグレリン感受性低下と視床下部遺伝子発現変化
        竹隈 幸洋; 井口 慎; 中戸 絢也; 金本 龍平; 大日向 耕作
        日本農芸化学会大会公演要旨集(WEB), 2018年03月
      • 牛乳由来ペプチドは高脂肪食摂取に伴う認知機能低下を改善する
        永井 研迅; 水重 貴文; 金本 龍平; 大日向 耕作
        日本農芸化学会大会公演要旨集(WEB), 2018年03月
      • 腸―脳連関により抗うつ様作用を示す大豆ペプチドsoy-deprestatinの作用機構
        朝倉 佐保; 中戸 絢也; 森 薫葉; 金本 龍平; 大日向 耕作
        日本農芸化学会大会公演要旨集(WEB), 2018年03月
      • Asn-Ala, a new vasorelaxing dipeptide exhibiting hypotensive activity
        Xinghui Sun; Masaki Sasai; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        The 54th Japanese Peptide Symposium, 2017年11月
      • A novel orally active hypotensive peptide found based on the enteroendocrine cell response to a dipeptide library
        Masaki Sasai; Xinghui Sun; Chinatsu Okuda; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        The 54th Japanese Peptide Symposium, 2017年11月
      • Wheylin-1, a bioactive peptide isolated from bovine milk, increases insulin sensitivity in Akt phosphorylation-dependent manner
        Maiko Ogiwara; Wakana Ota; Takafumi Mizushige; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        The 54th Japanese Peptide Symposium, 2017年11月
      • 加齢による筋肉遊離アミノ酸の変化
        沈礼信; 大日向耕作; 佐藤健司; 江島晃佳; 金本龍平
        日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 2017年11月01日
      • オルニチンとリジンはTRPV1を介して消化管運動を促進する
        中戸絢也; ホー イーイン; 大前諒; 水重貴文; 水重貴文; 内田邦敏; 富永真琴; キム ミンジ; 後藤剛; 高橋信之; 河田照雄; 秋月さおり; 金本龍平; 大日向耕作
        日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集, 2017年09月30日
      • 成長期ラットの各種臓器におけるアミノ酸パターンの特徴
        沈礼信; 大日向耕作; 佐藤健司; 江島晃佳; 金本龍平
        日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集, 2017年09月30日
      • 牛乳β‐lactogloblin由来の抗不安様ペプチドwheylin‐1によるインスリン感受性増強作用
        荻原麻衣子; 大田和香奈; 水重貴文; 水重貴文; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2017年04月28日
      • アミノ酸代謝に及ぼす低糖質食摂取の影―各種臓器におけるアミノ酸濃度の変化とAS,PHGDH及び肝臓SDHの発現―
        SHIM Yeshin; 大日向耕作; 佐藤健司; 江島晃佳; 金本龍平
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2017年04月28日
      • Lacto‐ghrestatin:牛乳β‐ラクトグロブリン由来の新規グレリン分泌抑制ペプチド
        中戸絢也; 青木隼人; 岩倉浩; 鈴木秀幸; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2017年04月28日
      • 米糠酵素消化物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドの発見
        正箱尚久; 正箱尚久; 小川雄太郎; 石角篤; 原田佳代; 小林恵津子; 草刈剛; 水道裕久; 前田真理子; 諏訪淳; 松本元伸; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2017年04月28日
      • 腸内分泌細胞応答性を指標に発見した経口投与で有効な新しい血圧降下ペプチド
        笹井雅樹; SUN Xinghui; 奥田知夏; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2017年04月28日
      • 緑葉タンパク質の酵素消化物の一斉分析により発見した新しい抗不安様ペプチド
        木村彩映子; 山本あかね; 倉林篤史; 佐藤大; 鈴木秀幸; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年03月05日
      • 大豆由来の新規グレリン分泌促進ペプチドsoy‐ghretropinのキャラクタリゼーション
        中戸絢也; 青木隼人; 岩倉浩; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年03月05日
      • 親水性クロマトグラフィーと高分解能質量分析によるジペプチドの網羅解析
        佐藤大; 倉林篤史; 大日向耕作; 鈴木秀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年03月05日
      • 高分解能質量分析と親水性クロマトグラフィーによるジペプチドライブラリーの一斉分析
        佐藤大; 倉林篤史; 大日向耕作; 鈴木秀幸
        日本食品科学工学会大会講演集, 2016年08月25日
      • 大豆たん白質から生成する多機能性ペプチドのin vivoにおける生理作用 (第18回研究報告会記録)
        大日向 耕作
        大豆たん白質研究, 2016年06月
      • 構造‐活性相関を基盤とする食品由来の情動調節ペプチドの探索と脳腸相関
        大日向耕作
        臨床栄養, 2016年05月25日
      • 糖尿病によるラット各種臓器における可欠アミノ酸代謝酵素(AS,PHGDH,SDH)の発現変動
        SHIM Yeshin; 大日向耕作; 金本龍平
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2016年04月25日
      • 大豆タンパク質由来の新しいグレリン分泌促進ペプチド
        中戸絢也; 青木隼人; 水重貴文; 水重貴文; 岩倉浩; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2016年04月25日
      • 食品タンパク質由来のグレリン分泌促進ペプチドの発見
        中戸絢也; 青木隼人; 水重貴文; 水重貴文; 岩倉浩; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日
      • 牛乳β‐ラクトグロブリン由来の新規グレリン分泌抑制ペプチド
        青木隼人; 中戸絢也; 水重貴文; 水重貴文; 岩倉浩; 鈴木秀幸; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日
      • 経口投与で抗うつ薬様作用を示す大豆由来ペプチドの腸‐脳相関
        森薫葉; 山本あかね; 小田桐紗織; 山田大輔; 関口正幸; 和田圭司; 鈴木秀幸; 柴田大輔; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日
      • 消化管亜鉛シグナルによる食欲亢進作用のメカニズム
        駒井三千夫; 後藤知子; 大日向耕作; 神戸大朋; 真柳祐希; 白川仁
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2016年
      • 経口投与により抗うつ薬様作用を示す大豆由来ペプチドは迷走神経依存的に脳神経活動を変化させる
        小田桐紗織; 森薫葉; 山本あかね; 山田大輔; 和田圭司; 大日向耕作; 関口正幸
        日本生物学的精神医学会(Web), 2016年
      • An orally active soy-derived undecapeptide that exerts an anxiolytic-like effect via the gut-brain axis
        Akane Yamamoto; Ami Ota; Yukiha Mori; Daisuke Yamada; Saori Odagiri; Masayuki Sekiguchi; Keiji Wada; Hideyuki Suzuki; Daisuke Shibata; Ryuhei Kanamoto; Kousaku Ohinata
        The 52th Japanese Peptide Symposium, 2015年11月
      • スフィンゴ脂質によるグルカゴン様ペプチド‐1(GLP‐1)分泌促進効果
        旗野翠; 真鍋祐樹; 大日向耕作; 菅原達也
        日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 2015年09月01日
      • タンパク質消化物のペプチド網羅解析を利用した酵素消化特性解析プログラムの開発
        佐藤大; 倉林篤史; 大日向耕作; 鈴木秀幸
        日本食品科学工学会大会講演集, 2015年08月27日
      • ヒトラクトフェリンから生成する新しい抗不安ペプチド
        大和礼奈; 山本あかね; 金本龍平; 大日向耕作
        日本食品科学工学会大会講演集, 2015年08月27日
      • スフィンゴ脂質のグルカゴン様ペプチド‐1(GLP‐1)分泌促進作用
        旗野翠; 若山智慧; 長谷川詩歩; 大日向耕作; 菅原達也
        日本食品科学工学会大会講演集, 2015年08月27日
      • 大豆由来の情動調節ペプチド 1―大豆タンパク質酵素消化物の抗うつ薬様作用
        森薫葉; 山本あかね; 金本龍平; 鈴木秀幸; 柴田大輔; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • リジンとオルニチンは消化管運動を促進するが,逆にアルギニンは抑制する
        中戸絢也; HO Yee Yin; 金子賢太朗; 水重貴文; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • 大豆由来の情動調節ペプチド 2―酵素消化により生成する新しい抗うつペプチド
        森薫葉; 山本あかね; 金本龍平; 鈴木秀幸; 柴田大輔; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月
      • Release of vasorelaxing peptides derived from soy beta-conglycinin and their long-lasting hypotensive effects after oral administration
        OKUDA Chinatsu; OMAE Ryo; KONTANI Noriyasu; MIZUSHIGE Takafumi; KANAMOTO Ryuhei; OHINATA Kousaku
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2015年
      • Young mice fed protein-free diet exhibits ghrelin resistance, mimicking aged mice
        IGUCHI Shin; OHINATA Kousaku; MIYAZAKI Yuri; NAKATO Junya; KANAMOTO Ryuhei
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2015年
      • Identification of novel fish-derived peptides lowering blood glucose in mice
        AYABE Tatsuhiro; OTA Wakana; MIZUSHIGE Takafumi; HAYAMIZU Kohsuke; YOKOI Kaori; HAN Li; TSUJI Tomoko; KANAMOTO Ryuhei; OHINATA Kousaku
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2015年
      • 中枢CNP/NPR‐Bシグナルの肥満および脂肪肝形成における役割の検討
        山下唯; 後藤伸子; 勝浦五郎; 宮崎由理; 今吉格; 金本巨哲; 三浦晶子; 八十田明宏; 大日向耕作; 影山龍一郎; 稲垣暢也; 中尾一和
        日本内分泌学会雑誌, 2014年09月
      • 情動調節におけるBMP経路の新しい役割
        水重貴文; 石田祐己; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2014年04月
      • 大豆由来動脈弛緩ペプチドのN末端修飾と血圧降下作用の持続化
        奥田知夏; 大前諒; 紺谷徳泰; 水重貴文; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2014年04月
      • 卵白由来の動脈弛緩ペプチドVVRFは血圧降下作用および摂食抑制作用を併せ持つ
        大前諒; 奥田知夏; 紺谷徳泰; 金子賢太朗; 水重貴文; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2014年04月
      • 魚肉タンパク質由来ペプチドの糖代謝改善作用およびその作用機構
        綾部達宏; 水重貴文; 速水耕介; 辻智子; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2014年04月
      • 脂肪肝病態形成における中枢CNP/GC‐Bシグナルの役割―高脂肪食負荷脳特異的GC‐B欠損マウスによる検討
        山下唯; 後藤伸子; 勝浦五郎; 宮崎由理; 今吉格; 金本巨哲; 三浦晶子; 八十田明宏; 大日向耕作; 影山龍一郎; 稲垣暢也; 中尾一和
        日本内分泌学会雑誌, 2014年04月
      • 大豆由来の新規ペプチドは経口投与により迷走神経を介して抗不安作用を示す
        太田愛美; 水重貴文; 金本龍平; 鈴木秀幸; 柴田大輔; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月
      • 海馬神経新生を誘導する抗うつジペプチドTyr‐Leuの標的受容体同定
        水重貴文; 石田祐己; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月
      • 牛乳由来ペプチドTyr‐Leu‐Glyの海馬神経新生作用および抗うつ作用
        内田朋希; 水重貴文; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月
      • 迷走神経を介したロイシンの摂食抑制作用
        吉村亮二; ホー イーイン; 水重貴文; 大日向耕作; 亀井康富; 金本龍平
        日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集, 2013年11月
      • 食餌メチオニンによるラット肝臓中のアスパラギン合成酵素と3‐ホスホグリセリン酸脱水素酵素の発現制御
        生木裕也; 吉村亮二; 佐伯徹; 亀井康富; 水重貴文; 大日向耕作; 金本龍平
        日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集, 2013年11月
      • 魚肉タンパク質由来の新しい糖代謝改善ペプチド
        綾部達宏; 水重貴文; 速水耕介; 横井香里; 辻智子; 金本龍平; 大日向耕作
        日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集, 2013年11月
      • A Novel Bioactive Peptide Derived from Soy Beta-conglycinin Exhibits Anxiolytic-like Activity in Mice
        OTA Ami; MIZUSHIGE Takafumi; KANAMOTO Ryuhei; SUZUKI Hideyuki; SHIBATA Daisuke; OHINATA Kousaku
        ペプチド討論会講演要旨集, 2013年10月
      • タンパク質栄養の認識とアスパラギン合成酵素および3‐ホスホグリセリン酸脱水素酵素の発現制御
        生木裕也; 二川みどり; 中瀬純平; 佐伯徹; 亀井康富; 水重貴文; 大日向耕作; 金本龍平
        日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 2013年10月
      • 脳特異的NPR-B欠損マウスにおける内臓脂肪蓄積および脂肪肝進展抑制効果
        山下 唯; 後藤 伸子; 勝浦 五郎; 宮崎 由理; 今吉 格; 金本 巨哲; 三浦 晶子; 八十田 明宏; 荒井 宏司; 細田 公則; 大日向 耕作; 影山 龍一郎; 中尾 一和
        肥満研究, 2013年09月
      • 脳特異的NPR‐B欠損マウスの肝臓および内臓脂肪への脂質蓄積抑制効果
        山下唯; 後藤伸子; 勝浦五郎; 宮崎由理; 今吉格; 金本巨哲; 三浦晶子; 八十田明宏; 荒井宏司; 細田公則; 大日向耕作; 影山龍一郎; 中尾一和
        日本内分泌学会雑誌, 2013年09月
      • 食品タンパク質由来の新しい抗ストレスペプチドの発見 (特集 ストレス社会に負けない"ムードフード"を探る)
        大日向 耕作; 水重 貴文; 金本 龍平
        Food style 21, 2013年08月
      • ジペプチドTyr‐Leuの抗うつメカニズム―海馬神経新生に及ぼす影響―
        水重貴文; 山本裕佳子; 澤岻有里菜; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2013年04月
      • 牛乳由来のYL関連ペプチドの酵素的生成条件とその抗不安作用
        澤岻有里菜; 水重貴文; 山田絢子; 金本龍平; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2013年04月
      • 食餌のメチオニンはラット肝臓におけるアスパラギン合成酵素と3‐ホスホグリセリン酸脱水素酵素の遺伝子発現を制御する
        生木裕也; 津崎洋平; 吉村亮二; 佐伯徹; 亀井康富; 水重貴文; 大日向耕作; 金本龍平
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2013年04月
      • CCK-dependent vasorelaxing Arg-Phe decreases blood pressure and food intake
        KONTANI Noriyasu; OMAE Ryo; KAGEBAYASHI Tomomi; KANEKO Kentaro; YAMADA Yuko; MIZUSHIGE Takafumi; KANEMOTO Ryuhei; OHINATA Kousaku
        Cornell University-Kyoto University Joint Symposium on Bioactive Food Components, 2013年03月
      • Ovolin, a new orally active peptide derived from egg white albumin with anxiolytic activity
        ODA Ayako; KANEKO Kentaro; MIZUSHIGE Takafumi; OHINATA Kousaku
        Cornell University-Kyoto University Joint Symposium on Bioactive Food Components, 2013年03月
      • コムギ由来ペプチドの新しい機能性
        山本裕佳子; 水重貴文; 金本龍平; 新村由記; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月
      • 不可欠アミノ酸代謝酵素の発現に与えるロイシンの特異的影響
        吉村亮二; 今村渉; 加藤久典; 水重貴文; 大日向耕作; 金本龍平
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月
      • 老齢マウスにおける摂食量低下のメカニズム
        宮崎由理; 金子賢太朗; 水重貴文; 金本龍平; 清水孝彦; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月
      • 牛乳αs‐caseinの消化管酵素分解により新しい抗不安トリペプチドTyr‐Leu‐Glyが生成する
        水重貴文; 澤岻有里菜; 金本龍平; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月
      • ジペプチドYLによる抗うつ作用
        大日向耕作; 水重貴文; 金本龍平
        アミノ酸研究, 2013年02月
      • DIETARY METHIONINE REGULATES THE EXPRESSION OF ASPARAGINE SYNTHETASE AND 3-PHOSPHOGLYCERATE DEHYDROGENASE IN RAT LIVER
        H. Namaki; R. Yoshimura; T. Saeki; T. Mizushige; K. Ohinata; R. Kanamoto
        ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM, 2013年
      • NOVEL ANXIOLYTIC-LIKE PEPTIDE RELEASED FROM ALPHA-S-CASEIN BY GASTROINTESTINAL PROTEASES
        T. Mizushige; Y. Sawashi; A. Yamada; R. Kanamoto; K. Ohinata
        ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM, 2013年
      • 分岐鎖アミノ酸過剰摂取が可欠アミノ酸代謝酵素の遺伝子発現に及ぼす影響
        吉村亮二; 水重貴文; 大日向耕作; 金本龍平
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2013年
      • 抗うつジペプチドYLの神経新生亢進およびストレス応答抑制作用
        内田朋希; 水重貴文; 山本裕佳子; 澤祇有里菜; 金本龍平; 大日向耕作
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • 牛乳β‐lactoglobulin由来の精神的ストレス緩和ジペプチドMet‐His
        山田絢子; 水重貴文; 大日向耕作; 金本龍平
        日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 2012年10月
      • 消化管運動におけるμオピオイドのコレシストキニン系の活性化
        金子賢太朗; 尾家麻里子; 影林皆美; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2012年04月
      • 牛乳α‐casozepineとその分子内に存在するジペプチドTyr‐Leuの抗不安機構の比較
        水重貴文; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2012年04月
      • 新しいダイズ由来動脈弛緩ペプチドとその酵素的生成条件
        紺谷徳泰; 影林皆美; 水重貴文; 山田優子; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2012年04月
      • 新しい抗うつペプチドTyr‐Leu
        水重貴文; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月
      • くも膜リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素はδオピオイドペプチドrubiscolin‐6の経口投与による摂食促進作用を仲介する
        金子賢太朗; LAZARUS Michael; 宮本知京; 大石陽; 永田奈々恵; 吉川正明; 有竹浩介; 裏出良博; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月
      • CCK依存的動脈弛緩ジペプチドArg‐Pheの摂食および消化管運動抑制作用
        影林皆美; 紺谷徳泰; 山田優子; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月
      • 牛乳β‐lactoglobulin由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチド
        山田絢子; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月
      • 中枢神経系におけるプロスタグランジンE2の抗不安機構
        宮本知京; 鈴木千尋; 古屋敷智之; 成宮周; 大日向耕作
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2011年10月
      • δオピオイド受容体アゴニストは高脂肪食摂取を抑制する
        金子賢太朗; ラザルス ミハエル; 尾家麻里子; 有竹浩介; 裏出良博; 大日向耕作
        肥満研究, 2011年09月
      • コメ由来ペプチドの動脈弛緩機構および持続的血圧降下作用
        紺谷徳泰; 影林皆美; 山田優子; 大日向耕作
        日本食品科学工学会大会講演集, 2011年09月
      • 卵白アルブミン由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチドの作用機構と酵素的生成条件
        小田亜矢子; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2011年04月
      • 食品タンパク質由来の新しい動脈弛緩ペプチドとその血圧降下作用
        紺谷徳泰; 影林皆実; 山田優子; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2011年04月
      • エタノールの精神的ストレス緩和機構
        太田愛美; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2011年04月
      • Soymorphin-5, a soy-derived μ opioid peptide, improves glucose and lipid metabolism in diabetic KK-Ay mice
        OIE Mariko; MURAKI Aya; YAMADA Yuko; YOSHIKAWA Masaaki; GOTO Tsuyoshi; TAKAHASHI Nobuyuki; KAWADA Teruo; OHINATA Kousaku
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • Novel orally active peptides with anxiolytic-like activity
        OHINATA Kousaku; KANEGAWA Norimasa; ODA Ayako
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • Vasorelaxing and anti-hypertensive effect of dipeptide Arg-(aromatic amino acid)
        KAGEBAYASHI Tomomi; KONTANI Noriyasu; YAMADA Yuko; OHINATA Kousaku
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2011年03月01日
      • 緑葉タンパク質由来δオピオイドペプチドrubiscolin‐6の高脂肪食摂取抑制機構
        金子賢太朗; LAZARUS Michael; 吉川正明; 有竹浩介; 裏出良博; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 新しい動脈弛緩ジペプチドとその血圧降下作用
        影林皆美; 紺谷徳泰; 山田優子; 新井利信; 木野邦器; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 大豆由来の精神的ストレス緩和ペプチドsoymorphin‐5の糖・脂質代謝改善作用
        尾家麻里子; 村木彩; 小田亜矢子; 山田優子; 吉川正明; 金英一; 後藤剛; 高橋信之; 河田照雄; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 補体C3aの精神的ストレス緩和作用
        宮本知京; 鈴木千尋; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 牛乳κ‐casein由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチド
        鈴木千尋; 石田祐己; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • Opioid and anti-opioid peptides derived from plant proteins
        Masaaki Yoshikawa; Soushi Sonoda; Yuko Yamada; Kousaku Ohinata; Andrzej W. Lipkowski
        PHARMACOLOGICAL REPORTS, 2011年01月
      • Novel orally active peptide Val-Tyr-Leu-Pro-Arg derived from egg white albumin with anxiolytic-like activity
        Kousaku Ohinata; Ayako Oda
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • PGE2はEP1/EP4受容体を介して抗不安作用を示す
        宮本知京; 鈴木千尋; 古屋敷智之; 成宮周; 大日向耕作
        生化学, 2011年
      • 味覚などの多くの生理機能に重要な亜鉛 -炭酸水の刺激味を感ずる際に必要な亜鉛酵素:炭酸脱水酵素や食餌亜鉛シグナルの話-
        駒井三千夫; 後藤知子; 大日向耕作; 白川 仁
        ソフト・ドリンク技術資料, 2010年08月31日
      • C-Type Natriuretic Peptide as a New Regulator of Food Intake and Energy Expenditure.
        Megumi Inuzuka; Naohisa Tamura; Nobuko Yamada; Goro Katsuura; Naofumi Oyamada; Kousaku Ohinata; Masakatsu Sone; Yasutomo Fukunaga; Daisuke Taura; Takuhiro Sonoyama; Katsutoshi Kojima; Kyoko Honda; Yudai Takeuchi; Eri Kondo; Toshihiro Fujii; Takuo Nambu; Misa Saijo; Masako Miura; Naotetsu Kanamoto; Akihiro Yasoda; Hiroshi Arai; Kazuwa Nakao
        ENDOCRINE REVIEWS, 2010年06月
      • 卵白アルブミン由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチド
        小田亜矢子; 金川典正; 鈴木千尋; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2010年05月
      • 緑葉タンパク質由来δオピオイドペプチドrubiscolin‐6は普通食摂取を促進するが高脂肪食摂取を抑制する
        金子賢太朗; 宮本知京; 吉川正明; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2010年05月
      • ダイズタンパク質由来μオピオイドペプチドsoymorphinの摂食抑制および消化管運動抑制機構
        金子賢太朗; 尾家麻里子; 吉川正明; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2010年05月
      • Dipeptide Tyr-Leu Exhibits Anxiolytic-like Activity after Oral Administration via Activating Serotonin 5-HT1A, Dopamine D1 and GABAA Receptors
        KANEGAWA Norimasa; SUZUKI Chihiro; OHINATA Kousaku
        Pept Sci, 2010年03月
      • novokinin導入米の血圧降下作用
        ZHAO Hui; 山田優子; 大日向耕作; 若佐雄也; 高岩文雄; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • Angiotensin IIの動脈収縮および弛緩作用はprostaglandin E2およびI2を介している
        山田優子; 山内大器; 臼井八郎; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 中枢神経系における補体C5aのプロスタグランジン(PG)D2を介した精神的ストレス緩和機構
        宮本知京; 吉田真理子; 吉川正明; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 強力な精神的ストレス緩和作用を有するジペプチドYLの構造‐活性相関
        金川典正; 鈴木千尋; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 緑葉タンパク質由来δオピオイドペプチドrubiscolin‐6の経口投与による摂食促進機構
        金子賢太朗; 宮本知京; 吉川正明; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 牛乳β‐1actoglobulin由来β‐1actotensinの精神的ストレス緩和作用
        鈴木千尋; 小田亜矢子; 侯依静; 吉川正明; 和田恵津子; 和田圭司; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • C型ナトリウム利尿ペプチドの糖・脂質代謝における意義の検討
        犬塚恵; 田村尚久; 勝浦五郎; 山田伸子; 大日向耕作; 曽根正勝; 福永康智; 田浦大輔; 園山拓洋; 小嶋勝利; 本田恭子; 三浦晶子; 金本巨哲; 八十田明宏; 荒井宏司; 中尾一和
        日本内分泌学会雑誌, 2010年03月
      • 『味覚機能への亜鉛酵素「炭酸脱水酵素」の寄与』
        駒井 三千夫; 後藤 知子; 大日向 耕作; 白川 仁
        Biomedical Research on Trace Elements, 2010年
      • δオピオイド受容体アゴニストの普通食摂取促進および高脂肪食摂取抑制機構
        金子賢太朗; LAZARUS Michael; 宮本知京; 吉川正明; 有竹浩介; 裏出良博; 大日向耕作
        生化学, 2010年
      • VASO-CONSTRICTING AND RELAXING ACTIVITIES OF ANGIOTENSIN II ARE MEDIATED BY PROSTAGLANDIN E2 AND I2
        YAMADA Yuko; YAMAUCHI Daiki; USUI Hachiro; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        ペプチド討論会講演要旨集, 2009年10月
      • DIPEPTIDE TYR-LEU EXHIBITS ANXIOLYTIC-LIKE ACTIVITY AFTER ORAL ADMINISTRATION VIA ACTIVATING SEROTONIN 5-HT1A, DOPAMINE D1 AND GABAA RECEPTORS
        KANEGAWA Norimasa; SUZUKI Chihiro; OHINATA Kousaku
        ペプチド討論会講演要旨集, 2009年10月
      • [Trp5]-ORYZATENSIN(5-9), AN AGONIST PEPTIDE FOR COMPLEMENT C3a RECEPTOR, EXHIBITS ANXIOLYTIC-LIKE EFFECT MEDIATED BY PROSTAGLANDIN E2
        SUZUKI Chihiro; YOSHIKAWA Masaaki; OHINATA Kousaku
        ペプチド討論会講演要旨集, 2009年10月
      • RUBISCOLIN-6, A .DELTA. OPIOID AGONIST PEPTIDE DERIVED FROM RUBISCO, STIMULATES FOOD INTAKE AFTER ORAL ADMINISTRATION VIA CENTRAL PROSTAGLANDIN D2 AND NEUROPEPTIDE Y SYSTEM
        KANEKO Kentaro; MIYAMOTO Chihiro; YOSHIKAWA Masaaki; OHINATA Kousaku
        ペプチド討論会講演要旨集, 2009年10月
      • ダイズタンパク質由来のμオピオイドペプチドsoymorphinによる摂食抑制作用および消化管運動抑制作用 (日本農芸化学会2009年度大会 一般講演トピックス(3))
        金子 賢太郎; 吉川 正明; 大日向 耕作
        食品工業, 2009年09月30日
      • C型ナトリウム利尿ペプチドのエネルギー代謝における意義の検討
        犬塚恵; 田村尚久; 勝浦五郎; 大日向耕作; 山田伸子; 田浦大輔; 園山拓洋; 福永康智; 曽根正勝; 中尾一和
        日本内分泌学会雑誌, 2009年09月
      • 補体C3aアゴニストペプチドWPLPRの抗不安作用およびその作用機構
        鈴木千尋; 吉川正明; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2009年05月
      • 緑葉タンパク質Rubisco由来のδオピオイドペプチドrubiscolinの摂食促進作用とその作用機構
        金子賢太朗; 吉川正明; 大日向耕作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2009年05月
      • Novokinin, a designed hypotensive peptide mode of action and production in genetically modified crops
        Yuko Yamada; Kousaku Ohinata; Masaaki Yoshikawa
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年03月
      • Antidiabetic Activity of Novokinin (RPLKPW) after Oral Administration in KK-A^y Mice
        MURAKI Aya; FUJIWARA Yoko; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2009年03月01日
      • ナタネタンパク質由来ペプチドRIYの抗鎮痛作用とその作用機構
        山田優子; 吉川正明; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • ダイズタンパク質由来のμオピオイドペプチドsoymorphinによる摂食抑制作用および消化管運動抑制作用
        金子賢太朗; 吉川正明; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • ジペプチドTyr‐Leuの抗不安作用とその作用機構
        金川典正; 吉川正明; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • novokininの血圧降下作用に対する卵黄エマルション化の効果
        ZHAO Hui; 山内大器; 山田優子; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • プロスタグランジン(PG)E2はEP1およびEP4受容体を介して抗不安作用を示す
        鈴木千尋; 吉川正明; 大日向耕作
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • ヒトラクトフェリン由来の補体C5aアゴニストペプチドFKDCHLARの抗不安作用
        大日向耕作; 吉田真理子; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • BIOTIN LOWERS BLOOD PRESSURE AND BLOOD GLUCOSE IN STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RAT
        Shin Kamiyama; Mari W. Kamiyama; Kimiko Horiuchi; Kousaku Ohinata; Hitoshi Shirakawa; Yuji Furukawa; Michio Komai
        ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM, 2009年
      • Role of Dietary Zinc Signal in Food Intake Regulation of the Rats
        Michio Komai; Masami Takemoto; Kousaku Ohinata; Makoto Kawanago; Akihiro Asakawa; Tomoko Goto; Hitoshi Shirakawa
        CHEMICAL SENSES, 2008年10月
      • Tyr-Pro-Ile-Glu-His-Gly (YPIEHG) DERIVED FROM ACTIN EXHIBITS ANXIOLYTIC-LIKE EFFECT IN MICE.
        YOSHIDA Mariko; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        ペプチド討論会講演要旨集, 2008年10月
      • ANTIDIABETIC ACTIVITY OF NOVOKININ (RPLKPW) AFTER ORAL ADMINISTRATION IN KK-Ay MICE
        MURAKI Aya; FUJIWARA Yoko; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        ペプチド討論会講演要旨集, 2008年10月
      • .BETA.-LACTOTENSIN (His-Ile-Arg-Leu) DERIVED FROM BOVINE .BETA.-LACTOGLOBULIN SUPPRESSES FOOD INTAKE AFTER ORAL ADMINISTRATION IN MICE
        HOU I‐ching; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        ペプチド討論会講演要旨集, 2008年10月
      • ナタネ由来の多機能性ペプチドArg‐Ile‐Tyrの血圧降下機構
        大日向耕作; 岩崎将志; 臼井八郎; 山田優子; 吉川正明
        日本食品科学工学会大会講演集, 2008年09月
      • レプチン由来の捕体C3aアゴニストペプチドによる摂食抑制作用
        大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2008年09月
      • ビオチンの薬理量摂取による高血圧上昇抑制効果の解析
        駒井 三千夫; 神山 渡部 麻里; 神山 伸; 大日向 耕作; 堀内 貴美子; 古川 勇次; 白川 仁
        日本薬理学雑誌, 2008年04月01日
      • 新しい血圧降下ペプチドnovokininの設計,作用機構および遺伝子改変大豆における生産
        山田優子; 大日向耕作; 吉川正明
        食品加工技術, 2008年
      • Soymorphins, Novel μ Opioid Peptides Derived from Soy β-Conglycinin β-Subunit, Have Anxiolytic Activities
        Ohinata Kousaku; Agui Shun; Yoshikawa Masaaki
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2007年10月
      • Mechanism for Suppression of Food Intake by AT_2 Rreceptor Agonists
        FUJIWARA Yoko; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2007年03月01日
      • Involvment of σ_1 and Dopamine D_1 Receptors in Anxiolytic Effect of Rubiscolin-6, a δ Opioid Peptide Derived from Spinach Rubisco
        HIRATA Hajime; SONODA Soushi; AGUI Shun; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2007年03月01日
      • Novokininの血圧降下機構はプロスタグランジンI2を介している
        山内大器; 山田優子; 臼井八郎; 趙慧; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • 牛乳β‐1 actoglobulin由来のNT2アゴニストペプチドβ‐1 actotensinによる記憶増強機構
        井上なつみ; 平田創; 園田壮司; 山内玲奈; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • 短期間の亜鉛欠乏による食欲調節異常の発症機構
        竹本雅美; 川中子誠; 大日向耕作; 浅川明弘; 白川仁; 駒井三千夫
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • 生理活性ペプチドを導入した改変型種子貯蔵タンパク質を蓄積する遺伝子組換えダイズの開発
        西澤けいと; 喜多洋一; 土井千恵子; 大日向耕作; 喜多村啓介; 吉川正明; 石本政男
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • ナタネタンパク質由来の多機能性ペプチドArg‐Ile‐Tyr(RIY)類縁体の摂食調節作用
        岩崎将志; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • 各種タンパク質中に存在する補体C3a配列の摂食抑制作用
        末次建太朗; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • Novokinin(RPLKPW)の抗糖尿病作用
        藤原容子; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • Novokininの中枢作用
        山田優子; 大日向耕作; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • 亜鉛欠乏食シグナルが食欲調節に及ぼす影響
        竹本雅美; 川中子誠; 大日向耕作; 浅川明弘; 後藤知子; 白川仁; 駒井三千夫
        日本農芸化学会東北支部大会プログラム・講演要旨集, 2007年
      • Erratum: Rice bran fractions improve blood pressure, lipid profile, and glucose metabolism in stroke-prone spontaneously hypertensive rats (Journal of Agricultural and Food Chemistry (2006) 54, (1914) DOI: 10.1021/jf068016h)
        Ardiansyah; Hitoshi Shirakawa; Takuya Koseki; Kousaku Ohinata; Katsumi Hashizume; Michio Komai
        Journal of Agricultural and Food Chemistry, 2006年11月29日
      • Rice bran fractions improve blood pressure, lipid profile, and glucose metabolism in stroke-prone spontaneously hypertensive rats (vol 54, pg 1914, 2006)
        Ardiansyah; Hitoshi Shirakawa; Takuya Koseki; Kousaku Ohinata; Katsumi Hashizume; Michio Komai
        JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 2006年11月
      • 乳タンパク質との複合体形成による茶カテキンの血圧降下作用の持続化機構
        大日向耕作; 趙慧; 八原雅子; 吉川正明
        日本食品科学工学会大会講演集, 2006年08月
      • 乳タンパク質との複合体形成による茶ポリフェノールの血圧降下作用の持続性
        大日向耕作; 八原雅子; 吉川正明
        日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 2006年04月
      • Isolation and Characterization of a New Opioid Peptide Soymorphin Derived from Soy β-Conglycinin
        AGUI Shun; OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2006年03月01日
      • 大豆Glycininから派生するPhagocytosis促進ペプチドの促理作用
        渡邊航太郎; 大日向耕作; 釣木隆弘; 高橋正和; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月
      • Novokinin, an angiotensin AT2 agonist peptide, decreases food intake in mice
        K. Ohinata; Y. Fujiwara; M. Yoshikawa
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2006年
      • 2005年度日本農芸化学会大会(2)
        大日向 耕作; 島 元啓; 士反 伸和; 木岡 紀幸; 藤田 清貴; 鈴木 伸昭
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2005年07月01日
      • Human Enterostatin (APGPR) Stimulates Learning Performance
        OHINATA Kousaku; SHIMANO Tomoko; SONODA Soushi; TAKENAKA Yasuyuki; YOSHIKAWA Masaaki
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2005年03月01日
      • 1-III-2 ビオチンによる高血圧およびインスリン抵抗性の改善作用(第56回大会一般研究発表)
        渡部 麻里; 大日向 耕作; 白川 仁; 駒井 三千夫
        ビタミン, 2004年04月25日
      • 3.ビオチンの血圧上昇抑制作用に関する研究(第395回ビタミンB研究委員会研究発表要旨)
        駒井 三千夫; 渡部 麻里; 大日向 耕作; 白川 仁
        ビタミン, 2004年
      • 強力な血圧降下ペプチドRPLKPWの作用機序
        大西邦彦; 臼井八郎; 大日向耕作; MARCZAK E; 吉川正明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003年03月
      • プロスタグランジンD2の摂食促進作用
        高木恭仁子; 大日向耕作; 乾明夫; 浅川明弘; 吉川正明
        生化学, 2002年08月
      • 補体C5aおよびプロスタグランジンD2の摂食調節作用に関する研究
        高木恭仁子; 大日向耕作; JINSMAA Y; 吉川正明
        日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 2002年06月
      • 補体C5aの中枢作用
        吉川正明; 大日向耕作; 高木恭仁子; JINSMAA YUNDEN
        日本神経科学大会プログラム・抄録集, 2001年09月
      • ヒト血清アルブミン由来のalbutensin Aの摂食抑制作用
        大日向耕作; 乾明夫; 浅川明弘; 吉川正明
        日本農芸化学会誌, 2001年03月
      • ヒト腸管由来Fusobacterium varium CP-1102のビオチン産生能と単独投与ノートバイオートマウスのビオチン濃度
        佐藤 まりも; 挾間 昌子; 大日向 耕作; 木村 修一
        無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology, 1997年12月01日
      • 1-II-12 ノートバイオートマウスにおけるヒト由来Fusobacterium variumのビオチン産生能 : 第49回大会一般研究発表要旨
        佐藤 まりも; 挾間 昌子; 木村 修一; 大日向 耕作
        ビタミン, 1997年
      • 1-II-12 インスリン分泌に及ぼすビオチン欠乏の影響 : 第45回大会研究発表要旨
        大日向 耕作; 猪飼 利圭; 古川 勇次; 木村 修一
        ビタミン, 1993年
      • 1-II-13 無菌マウスにおける真性のビオチン欠乏と胎仔発育について : 第45回大会研究発表要旨
        猪飼 利圭; 大日向 耕作; 深澤 洋; 駒井 三千夫; 古川 勇次; 木村 修一
        ビタミン, 1993年
      • 2-I-15ODSラットを用いたビオチン欠乏におけるアスコルビン酸の関与について : 第43回大会研究発表要旨
        大日向 耕作; 沼沢 俊哉; 伊藤 道子; 古川 勇次; 木村 修一
        ビタミン, 1991年

      講演・口頭発表等

      • ペプチドハンティング~多彩な機能性を示す食品由来ペプチドの発見とそのメカニズム~
        大日向耕作
        2019年度 第3回 生活習慣病予防のための機能性食品開発に関する研究会, 2019年11月19日, 招待有り
      • 神経系と食品成分の相互作用~食品由来の新しい情動調節ペプチド~
        大日向耕作
        第2回 日本食品科学工学会 関西支部大会, 2019年10月26日, 招待有り
      • 消化管を標的とする食品由来の新規血圧降下分子に関する研究
        大日向耕作
        ソルトサイエンス助成研究発表会, 2019年07月25日, 招待有り
      • 抗老化を目指した大豆たん白質由来ペプチドのグレリンシグナル制御に関する研究
        大日向耕作
        不二たん白質研究財団 研究報告会, 2019年05月27日, 招待有り
      • 末梢-中枢相互作用の解明による新しい脳機能改善戦略
        大日向 耕作
        日本農芸化学会2019年度大会, 2019年03月24日, 招待有り
      • 超高齢社会に挑む食の生理化学 ー新しい記憶低下改善および 動脈弛緩ペプチドの発見ー
        大日向 耕作
        生理化学ユニット第8回シンポジウム Chemistryで紐解くPhysiology, 2018年12月21日, 招待有り
      • 末梢からのシグナルに着目した脳機能調節ペプチドの探索と作用機構
        大日向 耕作
        ヒト介入試験を活用した食による健康長寿の増進に関するプラットフォーム合同研究会, 2018年11月22日, 招待有り
      • Gut-brain communication by food-derived bioactive molecules
        大日向 耕作
        第41回 日本神経科学会, 2018年07月29日, 招待有り
      • 神経系に作用する牛乳由来成分の生理作用に関する研究
        大日向 耕作
        平成30年度糧食研究会特定委託研究成果報告会, 2018年07月04日, 招待有り
      • 食品由来の中分子ペプチドによる腸-脳連関
        大日向 耕作
        第53回機能性食品用ペプチド研究会, 2018年06月12日, 招待有り
      • 新規機能性ペプチドの探索と腸-脳関連
        大日向 耕作
        千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議 平成30年度事例報告会, 2018年06月07日, 招待有り
      • 食品タンパク質由来の機能性ペプチドと腸-脳連関
        大日向 耕作
        第3回食品・バイオ技術セミナー, 2018年01月19日, 招待有り
      • 食品タンパク質に潜在する生理活性ペプチドと腸-脳連関
        大日向 耕作
        第2回黒潮カンファレンス, 2017年10月28日, 招待有り
      • 消化管を標的とした中分子の生理活性ペプチド
        大日向 耕作
        「京都アカデミアフォーラム」 in 丸の内 京大テックフォーラム, 2017年10月26日, 招待有り
      • Novel orally active peptides via gut-brain communication
        大日向 耕作
        Tohoku Forum for Creativity, 2017年08月08日, 招待有り
      • 消化管を標的とする中鎖ペプチドによる情動および食欲調節作用
        大日向 耕作
        平成28年度生理研研究会 情動研究会, 2016年10月18日, 招待有り
      • 経口投与で有効な食品由来の情動調節ペプチドと腸‐脳連関
        大日向耕作
        日本生物学的精神医学会(Web), 2016年09月08日, 招待有り
      • Characterization of novel orally active soy-derived decapeptide that exerts antidepressant-like effect via the gut–brain axis
        大日向 耕作
        第39回 日本神経科学会 Neuroscience2016, 2016年07月22日, 招待有り
      • 大豆たん白質から生成する多機能性ペプチドのin vivoにおける生理作用 (第18回研究報告会記録)
        大日向 耕作
        大豆たん白質研究, 2016年06月, 招待有り
      • 構造―活性相関情報に基づいた食品タンパク質由来ペプチドの機能性予測とその実際
        大日向 耕作
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月29日, 招待有り
      • 摂食・ストレス・情動に関わる神経系Update
        大日向 耕作
        第92回 日本生理学会大会, 2015年03月23日, 招待有り
      • 構造―活性相関情報を基盤とした食品由来の生理活性ペプチド探索
        大日向 耕作
        第20回 ペプチドフォーラム, 2015年03月13日, 招待有り
      • 鶏卵タンパク由来の機能性ペプチド―特に精神的ストレス緩和作用について―
        大日向耕作
        日本食品科学工学会大会講演集, 2010年09月, 招待有り
      • 食品由来の食欲調節成分とその作用機構
        大日向耕作; 吉川正明
        日本食品科学工学会大会講演集, 2009年09月, 招待有り
      • 精神的ストレス抑制作用を有する食品タンパク質由来の機能性ペプチド
        大日向耕作; 吉川正明
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2009年05月

      書籍等出版物

      • Current Topics in Complement II (Advances in Experimental Medicine and Biology) (Volume 632)
        OHINATA Kousaku; YOSHIKAWA Masaaki; John D. Lambris
        Springer, 2010年12月, 査読無し
      • 機能性タンパク質・ペプチドと生体利用
        大日向 耕作; 吉川 正明, 分担執筆, 食品タンパク質由来の生理活性ペプチドによる多彩な神経調節作用
        建帛社, 2010年05月, 査読無し
      • 機能性ペプチドの最新応用技術ー食品・化粧品・ペットフードへの展開ー
        大日向耕作; 吉川正明, 分担執筆, 神経調節ペプチド
        シーエムシー出版, 2009年08月, 査読無し
      • 食品機能性の科学
        大日向 耕作; 吉川 正明, 分担執筆, 動物性タンパク質関連
        産業技術サービスセンター, 2008年04月, 査読無し
      • タンパク質精製と取扱いのコツ 実験医学別冊
        大日向 耕作; 吉川 正明, 分担執筆, ペプチドの精製
        羊土社, 2007年09月, 査読無し
      • 検出と定量のコツ 実験医学別冊
        大日向 耕作; 吉川 正明, 分担執筆, ペプチドの検出・定量法
        羊土社, 2005年06月, 査読無し

      受賞

      • 2016年03月
        日本農芸化学会, 日本農芸化学会2016年度大会 トピックス賞

      外部資金:その他

      • 脳発達を支える母子間バイオコミュニケーション
        JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
        自 2005年, 至 2010年
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 食品基礎生化学Ⅰ、食品生理機能学、食品・栄養化学実験及び実験法、食品生物科学特論
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品生理機能学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品基礎生化学II
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品生理機能学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品生理機能学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品生理機能学特論
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品基礎生化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品基礎生化学Ⅰ
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品生理機能学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品基礎生化学Ⅰ
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品基礎生化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品生理機能学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品生理機能学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品生理機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品基礎生化学Ⅰ
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品基礎生化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品生理機能学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品生理機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品基礎生化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品基礎生化学Ⅰ
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生理機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生理機能学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生理機能学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品生理機能学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          栄養生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          栄養生理学特論 I
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品生理機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品生理機能学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          栄養生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          栄養生理学特論 II
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生理化学概論
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品生理機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品生理機能学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          栄養生理学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          栄養・食品科学演習
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品機能学
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品生理機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品生理機能学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          栄養生理学実験及び実験法
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          栄養生理学特論 II
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          栄養・食品科学演習
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品機能学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品生理機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品生理機能学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎生化学I
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          栄養生理学実験及び実験法
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          栄養・食品科学演習
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品機能学
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生理機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生理機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生理機能学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生理機能学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2005年04月01日, 至 2023年03月31日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年09月30日
            動物実験委員会 委員長

          ページ上部へ戻る