教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

喜田 昭子

キタ アキコ

複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 助教

喜田 昭子
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 物理学・宇宙物理学専攻 生体分子構造分科, 助教

    所属学協会

    • 日本生物物理学会
    • 日本蛋白質科学会
    • 日本結晶学会
    • 日本生化学会
    • 日本化学会
    • The Biophysical Society of Japan
    • Protein Science Society of Japan
    • The Crystallographic Society of Japan
    • The Japanese Biochemical Society
    • The Chemical Society of Japan

    学位

    • 修士(工学)(大阪大学)
    • 博士(理学)(東京工業大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京工業大学, 大学院総合理工学研究科博士後期課程電子化学専攻, 修了
    • 大阪大学, 大学院工学研究科博士前期課程応用精密化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 大阪大学, 工学部応用精密化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪府立高津高等学校, おおさかふりつこうづこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学, 複合原子力科学研究所, 助教
    • 自 2007年04月, 至 2018年03月
      京都大学, 原子炉実験所, 助教
    • 自 2006年04月, 至 2011年03月
      理化学研究所, 播磨研究所, 客員研究員
    • 自 2004年04月, 至 2007年03月
      京都大学, 原子炉実験所, 助手
    • 自 1999年10月, 至 2006年03月
      理化学研究所, 播磨研究所, 連携研究員
    • 自 2004年05月, 至 2004年09月
      京都大学, 大学院理学研究科, 助手(併任)
    • 自 1995年04月, 至 2003年03月
      京都大学, 大学院理学研究科, 助手
    • 自 1999年05月, 至 1999年09月
      理化学研究所, 播磨研究所, 客員研究員
    • 自 1992年04月, 至 1995年03月
      日本学術振興会特別研究員(DC1)
    • 自 1992年, 至 1994年
      Research Fellowship for Young Scientist (DC1)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        立体構造を基盤とした生体高分子の機能に関する研究

      研究キーワード

      • 構造生物化学
      • Structural Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 構造生物化学

      論文

      • Characterization of a Conformation-Restricted Amyloid β Peptide and Immunoreactivity of Its Antibody in Human AD brain
        Yusuke Kageyama; Yumi Irie; Yuka Matsushima; Tatsuya Segawa; Jean-Pierre Bellier; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Daita Kaneda; Yoshio Hashizume; Hiroyasu Akatsu; Kunio Miki; Akiko Kita; Douglas G. Walker; Kazuhiro Irie; Ikuo Tooyama
        ACS Chemical Neuroscience, 2021年08月31日, 査読有り
      • Crystal structure of pantoate kinase from Thermococcus kodakarensis
        A. Kita; A. Kishimoto; T. Shimosaka; H. Tomita; Y. Yokooji; T. Imanaka; H. Atomi; K. Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2020年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Hydrogen/deuterium exchange behavior in tetragonal hen egg-white lysozyme crystals affected by solution state
        A. Kita; Y. Morimoto
        J. Appl. Cryst., 2020年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Crystal structure of octocoral lectin SLL-2 complexed with Forssman antigen tetrasaccharide
        A. Kita; M. Jimbo; R. Sakai; Y. Morimoto; R. Takeuchi; H. Tanaka; T. Takahashi; K. Miki
        Glycobiology, 2017年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Inhibitory effects of local anesthetics on the proteasome and their biological actions
        U. Bahrudin; M. Unno; K. Nishio; A. Kita; P. Li; M. Kato; M; Inoue; S. Tsujitani; T. Murakami; R. Sugiyama; Y. Saeki; Y. Obara; K. Tanaka; H. Yamaguchi; I. Sakane; Y. Kawata; T. Itoh; H. Ninomiya; I. Hisatome; Y. Morimoto
        Sci. Rep., 2017年07月, 査読有り
      • An Effective Deuterium Exchange Method for Neutron Crystal Structure Analysis with Unfolding-Refolding Processes.
        A. Kita; Y. Morimoto
        Mol. Biotechnol., 2016年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • In-situ and real-time growth observation of high-quality protein crystals under quasi-microgravity on earth
        A. Nakamura; J. Ohtsuka; T. Kashiwagi; N. Numoto; N. Hirota; T. Ode; H. Okada; K. Nagata; M. Kiyohara; E. Suzuki; A. Kita; H. Wada; M. Tanokura
        Sci. Rep., 2016年02月, 査読有り
      • Evaluation of molecular perturbation of a deuterated protein by temperature factor refinement in X-ray structural analysis of high-resolution diffraction data
        T. Uemura; A. Kita; Y. Morimoto
        J. Biotechnol. Biomater., 2016年, 査読有り
      • The catalytic mechanism of decarboxylative hydroxylation of salicylate hydroxylase revealed by crystal structure analysis at 2.5 Å resolution
        T. Uemura; A. Kita; Y. Watanabe; M. Adachi; R. Kuroki; Y. Morimoto
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2016年01月, 査読有り
      • Crystal structure of a symbiosis-related lectin from octocoral
        A. Kita; M. Jimbo; R. Sakai; Y. Morimoto; K. Miki
        Glycobiology, 2015年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Crystal structure of phosphopantothenate synthetase from Thermococcus kodakarensis
        A. Kishimoto; A. Kita; T. Ishibashi; H. Tomita; Y. Yokooji; T. Imanaka; H. Atomi; K. Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2014年09月, 査読有り
      • The Structure of a deoxygenated 400 kDa hemoglobin provides a more accurate description of the cooperative mechanism of giant hemoglobins
        N. Numoto; T. Nakagawa; R. Ohara; T. Hasegawa; A. Kita; T. Yoshida; T. Maruyama; K. Imai; Y. Fukumori; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 2014年07月01日, 査読有り
      • 1P036 巨大ヘモグロビン結晶内でのoxy 型からdeoxy 型への移行(蛋白質: 構造機能相関,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
        Nobutaka Numoto; Taro Nakagawa; Akiko Kita; Nobutoshi Ito; Yoshihiro Fukumori; Kunio Miki
        生物物理, 2014年
      • Observation of the orientation of membrane protein crystals grown in high magnetic force fields
        N. Numoto; K Shimizu; K. Matsumoto; K. Miki; A. Kita
        J. Cryst. Growth, 2013年03月, 査読有り, 責任著者
      • A detailed biochemical characterization of phosphopantothenate synthetase, a novel enzyme involved in coenzyme A biosynthesis in the Archaea
        T. Ishibashi; H. Tomita; Y. Yokooji; T. Morikita; B. Watanabe; J. Hiratake; A. Kishimoto; A. Kita; K. Miki; T. Imanaka; H. Atomi
        Extremophiles, 2012年11月, 査読有り
      • A P39R mutation at the N-terminal domain of human αB-crystallin regulate its oligomeric state and chaperone-like activity
        N. Numoto; A. Kita; N. Fujii; K. Miki
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2012年08月, 査読有り, 責任著者
      • Structural features of isomerizable aspartyl residues in human α-crystallins
        K. Shimizu; A. Kita; N. Fujii; K. Miki
        Mol. Vis., 2012年07月, 査読有り, 責任著者
      • Crystal structure of 3-hexulose-6-phosphate synthase, a member of the orotidine 5’-monophosphate decarboxylase suprafamily
        I. Orita; A. Kita; H. Yurimoto; N. Kato; Y. Sakai; K. Miki
        Proteins: Structure, Function and Bioinformatics, 2010年12月, 査読有り
      • Crystal structure of PH1733, an aspartate racemase homologue, from Pyrococcus horikoshii OT3
        A. Kita; S. Tasaki; M. Yohda; K. Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2009年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Structural Basis for the Heterotropic and Homotropic Interactions of Invertebrate Giant Hemoglobin
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Sasayama; Y. Fukumori; K. Miki
        Biochemistry, 2008年10月, 査読有り
      • Structure of the partially unliganded met state of 400 kDa hemoglobin: Insights into ligand-induced structural changes of giant hemoglobins
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Sasayama; Y. Fukumori; K. Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2008年10月, 査読有り
      • Crystal structure of the [2Fe-2S] oxidative-stress sensor SoxR bound to DNA
        S. Watanabe; A. Kita; K. Kobayashi; K. Miki
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2008年03月18日, 査読有り
      • Structure and molecular dynamics simulation of archaeal prefoldin: The molecular mechanism for binding and recognition of nonnative substrate proteins
        A. Ohtaki; H. Kida; Y. Miyata; N. Ide; A. Yonezawa; T. Arakawa; R. Iizuka; K. Noguchi; A. Kita; M. Odaka; K. Miki; M. Yohda
        J. Mol. Biol., 2008年02月, 査読有り
      • Crystallographic study on the interaction of l-lactate oxidase with pyruvate at 1.9 Å resolution
        S.J. Li; Y. Umena; K. Yorita; T. Matsuoka; A. Kita; K. Fukui; Y. Morimoto
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2007年07月, 査読有り
      • Crystal structure of uridine-diphospho-N-acetylglucosamine pyrophosphorylase from Candida albicans and catalytic reaction mechanism
        D. Maruyama; Y. Nishitani; T. Nonaka; A. Kita; T. A. Fukami; T. Mio; H. Yamada-Okabe; T. Yamada-Okabe; K. Miki
        J. Biol. Chem., 2007年06月, 査読有り
      • Crystal structure of TTHA1657 (AT-Rich DNA-binding protein; p25) from Thermus thermophilus HB8 at 2.16 A° resolution
        A. Nakamura; A. Sosa; H. Komori; A. Kita; K. Miki
        Proteins: Structure, Function and Genetics, 2007年02月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic studies of the oxidative-stress sensor SoxR and its complex with DNA
        S. Watanabe; A. Kita; K. Kobayashi; Y. Takahashi; K. Miki
        Acta Crystallogr. F, 2006年12月, 査読有り
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of UDP-N-acetylglucosamine pyrophosphorylase from Candida albicans
        D. Maruyama; Y. Nishitani; T. Nonaka; A. Kita; T. A. Fukami; T. Mio; H; Yamada-Okabe; T. Yamada-Okabe; K. Miki
        Acta Crystallogr. F, 2006年12月, 査読有り
      • The crystal structure of l-lactate oxidase from Aerococcus viridans at 2.1 Å resolution reveals the mechanism of strict substrate recognition
        Y. Umena; K. Yorita; T. Matsuoka; A. Kita; K. Fukui; Y. Morimoto
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2006年11月, 査読有り
      • Fate determination of the flavin photoreceptions in the cyanobacterial blue light receptor TePixD (T110078)
        K. Okajima; Y. Fukushima; H. Suzuki; A. Kita; Y. Ochiai; M. Katayama; Y. Shibata; K. Miki; T. Noguchi; S. Itoh; M. Ikeuchi
        J. Mol. Biol., 2006年10月, 査読有り
      • Crystal structures of N-acetylglucosamine-phosphate mutase, a member of the α-D-phosphohexomutase superfamily, and its substrate and product complexes
        Y. Nishitani; D. Maruyama; T. Nonaka; A. Kita; T.A. Fukami; T. Mio; H. Yamada-Okabe; T. Yamada-Okabe; K. Miki
        J. Biol. Chem., 2006年07月, 査読有り
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of N-acetylglucosaminephosphate mutase from Candida albicans
        Y Nishitani; D Maruyama; T Nonaka; A Kita; TA Fukami; T Mio; H Yamada-Okabe; T Yamada-Okabe; K Miki
        Acta Crystallogr. F, 2006年04月, 査読有り
      • Crystal structure of the C2 domain of class II phosphatidylinositide 3-kinase C2α
        L. Liu; X. Song; D. He; C. Komma; A. Kita; J. V. Virbasius; G. Huang; H.D. Bellamy; K. Miki; M. P. Czech; G. W. Zhou
        J. Biol. Chem., 2006年02月, 査読有り
      • 新規青色光受容体タンパク質の結晶構造
        喜田昭子
        日本結晶学会誌, 2006年
      • Crystal structure of putative N-Acetyl-γ-glutamyl-phosphate reductase (AK071544) from rice (Oryza sativa)
        T. Nonaka; A. Kita; J. Miura-Ohnuina; E. Katoh; N. Inagaki; T. Yamazaki; K. Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2005年12月, 査読有り
      • Improved expression, purification and crystallization of a putative N-acetyl-γ-glutamyl-phosphate reductase from rice (Oryza sativa)
        J. Miura-Ohnuma; T. Nonaka; S. Katoh; K. Murata; A. Kita; K. Miki; E. Katoh
        Acta Cryst. F, 2005年12月, 査読有り
      • Crystal structure of atypical cytoplasmic ABC-ATPase SufC from Thermus thermophilus HB8
        S. Watanabe; A. Kita; K. Miki
        J. Mol. Biol., 2005年11月, 査読有り
      • Crystal structure of stilbene synthase from Arachis hypogaea
        Y Shomura; Torayama, I; DY Suh; T Xiang; A Kita; U Sankawa; K Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2005年09月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of extracellular giant hemoglobin from pogonophoran Oligobrachia mashikoi
        N Numoto; T Nakagawa; A Kita; Y Sasayama; Y Fukumori; K Miki
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 2005年06月, 査読有り
      • Structure of a cyanobacterial BLUF protein, Tll0078, containing a novel FAD-binding blue light sensor domain
        A. Kita; K. Okajima; Y. Morimoto; M. Ikeuchi; K. Miki
        J. Mol. Biol., 2005年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystal structure of decameric peroxiredoxin (AhpC) from Amphibacillus xylanus
        K Kitano; A Kita; T Hakoshima; Y Niimura; K Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2005年05月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray diffraction study of L-lactate oxidase (LOX), R181M mutant, from Aerococcus viridans
        Y Umena; K Yorita; T Matsuoka; M Abe; A Kita; K Fukui; T Tsukihara; Y Morimoto
        Acta Crystallogr. F, 2005年04月, 査読有り
      • Crystal structure of the co-chaperonin cpn10 from Thermus thermophilus HB8
        N Numoto; A Kita; K Miki
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2005年02月, 査読有り
      • The crystal structure of an oxidatively stable subtilisin-like alkaline serine protease, KP-43, with a C-terminal β-barrel domain
        T. Nonaka; M. Fugihashi; A. Kita; K. Saeki; S. Ito; K. Horikoshi; K. Miki
        J. Biol. Chem., 2004年11月, 査読有り
      • Structure of the C subunit of V-type ATPase from Thermus thermophilus at 1.85 Å resolution
        N. Numoto; A. Kita; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 2004年05月, 査読有り
      • The N-terminal domain of the replication initiator protein RepE is a dimerization domain forming a stable dimer
        A. Nakamura; H. Komori; G. Kobayashi; A. Kita; C. Wada; K. Miki
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2004年02月, 査読有り
      • Crystal structure of the complex between calyculin A and the catalytic subunit of protein phosphatase 1.
        A. Kita
        Jpn. J. Physol., 2004年, 筆頭著者, 責任著者
      • Crystal Structure of Calcium-free α-Amylase from Bacillus sp. Strain KSM-K38 (AmyK38) and Its Sodium Ion Binding Sites
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; H. Hagihara; K. Ozaki; S. Ito; K. Miki
        J. Biol. Chem., 2003年07月, 査読有り
      • X-ray crystallographic characterization and phasing of a fucose-specific lectin from Aleuria aurantia
        M. Fujihashi; D.H.Peapus; E. Nakajima; T. Yamada; J. Saito; A. Kita; Y. Higuchi; Y. Sugawara; A. Ando; N, Kamiya; Y. Nagata; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 2003年02月, 査読有り
      • A novel interacting mechanism between mammalian protein phosphatase 1 and its inhibitor calyculin A
        A. Kita; K. Miki
        Photon Fcatory Activity Report 2002 PartA, 2003年, 筆頭著者
      • 酵素タンパク質反応の分子機構に関する結晶学的研究
        喜田昭子
        日本結晶学会誌, 2003年, 筆頭著者, 責任著者
      • セリン/トレオニンホスファターゼ1−カリクリンA複合体の結晶構造
        喜田昭子; 三木邦夫
        生物物理, 2003年, 筆頭著者
      • Structure and reaction mechanism of catechol 2,3-dioxygenase (metapyrocatechase)
        T. Ishida; A. Kita; K. Miki; M. Nozaki; K. Horiike
        In Oxygen and life, Elsevier Science B. V., 2003年, 査読有り
      • Crystal structure of the complex between calyculin A and the catalytic subunit of protein phosphatase 1
        A Kita; S Matsunaga; A Takai; H Kataiwa; T Wakimoto; N Fusetani; M Isobe; K Miki
        Structure, 2002年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystal structure of aspartate racemase from Pyrococcus horikoshii OT3 and its implications for molecular mechanism of PLP-independent racemization
        L. Liu; K. Iwata; Y. Kawarabayasi; H. Kikuchi; A. Kita; M. Yohda; K. Miki
        J. Mol. Biol., 2002年, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray analysis of aspartate racemase from Pyrococcus horikoshii OT3
        L. Liu; K. Iwata; Y. Kawarabayasi; H. Kikuchi; A. Kita; M. Yohda; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 2001年11月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of a novel alkaline serine protease (KP-43) from alkaliphilic Bacillus sp strain KSM-KP43
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; K. Saeki; S. Ito; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 2001年05月, 査読有り
      • カテコール2,3-ジオキシゲナーゼ(メタピロカテカーゼ)の結晶構造
        喜田昭子; 三木邦夫
        日本結晶学会誌, 2000年
      • Crystal structure of chitosanase from Bacillus circulans MH-K1 at 1.6-Å resolution and its substrate recognition mechanism
        J. Saito; A. Kita; Y. Higuchi; Y. Nagata; A. Ando; K. Miki
        J. Biol. Chem., 1999年10月, 査読有り
      • An archetypical extradiol-cleaving catecholic dioxygenase: the crystal structure of catechol 2,3-dioxygenase (metapyrocatechase) from Pseudomonas putida mt-2
        A. Kita; S. Kita; I. Fujisawa; K. Inaka; T. Ishida; H. Horiike; M. Nozaki; K. Miki
        Structure, 1999年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystallization and preliminary X-ray diffraction study of lactonohydrolase from Fusarium oxysporum
        M. Kataoka; K. Yamamoto; S. Shimizu; M. Ohta; A. Kita; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 1998年11月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of expressed Pseudomonas putida catechol 2,3-dioxygenase
        A. Kita; S. Kita; K. Inaka; T. Ishida; H. Horiike; M. Nozaki; K. Miki
        J. Biochem., 1997年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystallization and preliminary X-ray diffraction study of aldehyde reductase from a red yeast, Sporobolomyces salmonicolor
        M. Kataoka; K. Yamamoto; S. Shimizu; K. Kita; T. Hashimoto; H. Yanase; A. Kita; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 1996年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • Structure of flavoprotein FP390 from a luminescent bacterium Photobacterium phosphoreum refined at 2.7 Å resolution
        A. Kita; S. Kasai; M. Miyata; K. Miki
        Acta Cryst. D, 1996年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • CRYSTALLIZATION AND PRELIMINARY-X-RAY CRYSTALLOGRAPHIC ANALYSIS OF CHITOSANASE FROM BACILLUS-CIRCULANS MH-K1
        J.-I. Saito; Y. Nagata; A. Ando; A. Kita; K. Miki
        Acta Crystallogr. D, 1995年09月, 査読有り
      • CRYSTAL-STRUCTURE DETERMINATION OF A FLAVOPROTEIN FP390 FROM A LUMINESCENT BACTERIUM, PHOTOBACTERIUM-PHOSPHOREUM
        A. Kita; S. Kasai; K. Miki
        J. Biochem., 1995年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • タンパク質の分類ファミリーは1000種?
        三木邦夫; 喜田昭子
        日本結晶学会誌, 1993年
      • CRYSTALLIZATION AND PRELIMINARY-X-RAY DIFFRACTION STUDIES OF A FLAVOPROTEIN, FP390, FROM A LUMINESCENT BACTERIUM, PHOTOBACTERIUM-PHOSPHOREUM
        A.Kita; N. Kasai; S. Kasai; T. Nakaya; K. Miki
        J. Biochem., 1991年11月, 査読有り, 筆頭著者
      • Hydrogen/Deuterium Exchange Behavior During Denaturing/Refolding Processes Determined in Tetragonal Hen Egg-White Lysozyme Crystals
        A. Kita; Y. Morimoto
        Mol Biotechnol., 2022年01月, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 変性/再生部位を重水素ラベルしたタンパク質の中性子線結晶構造解析
        喜田昭子; 森本幸生
        京都大学複合原子力科学研究所第55回学術講演会, 2021年02月, 筆頭著者
      • ニワトリ卵白リゾチームを使った,重水内変性/再生試料の中性子線結晶構造解析
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会令和2年(2020年)度年会, 2020年11月, 筆頭著者
      • 溶液状態を反映した,重水素化タンパク質の中性子線結晶構造解析
        喜田昭子; 森本幸生
        第54回京都大学複合原子力科学研究所学術講演会, 2020年02月, 筆頭著者
      • Structural analysis of ligand binding mechanism of L-lactate oxidase from Aerococcus viridans by use of ligand soaking crystals
        Y. Morimoto; N. Furubayashi; M. Kamo; Y. Umena; A. Kita; T. Matsuoka; K. Inaka
        16th Conference of the Asian Crystallographic Association (AsCA2019), 2019年12月
      • Hydrogen/deuterium exchange behavior in tetragonal hen egg-white lysozyme crystals
        A. Kita; Y. Morimoto
        16th Conference of the Asian Crystallographic Association (AsCA2019), 2019年12月, 筆頭著者
      • 重水内変性/再生試料に対するコントロールとしての,ニワトリ卵白リゾチームの中性子線結晶構造
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会令和元年(2019年)度年会および総会, 2019年11月, 筆頭著者
      • Hydrogen/deuterium exchange behavior in tetragonal hen egg-white lysozyme crystals analyzed by the neutron diffraction methods
        A. Kita; Y. Morimoto
        International Symposium on Diffraction Structural Biology 2019, 2019年10月, 筆頭著者
      • 中性子線結晶解析の手法を使ったタンパク質変性研究
        喜田昭子; 森本幸生
        第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会合同年次大会, 2019年06月, 筆頭著者
      • 重水素化を利用したタンパク質の変性に関する研究
        喜田昭子
        京都大学複合原子力科学研究所第53回学術講演会, 2019年02月, 招待有り
      • The neutron structure analysis of the protein crystal deuterated with unfolding-refolding processes
        A. Kita; Y. Morimoto
        AsCA2018/CRYSTAL32, 2018年12月
      • 様々な変性状態を利用した重水素化タンパク質結晶の中性子線回折実験
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会2018年度年会, 2018年11月
      • アーキアの補酵素A生合成経路に固有のキナーゼの結晶構造解析
        喜田昭子; 岸本麻子; 下坂天洋; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路裕介; 今中忠行; 跡見晴幸; 三木邦夫
        第18回日本蛋白質科学会年会, 2018年06月
      • 超高熱性アーキアの補酵素A生合成経路に固有の酵素群の構造解析
        喜田昭子; 岸本麻子; 下坂天洋; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路裕介; 今中忠行; 跡見晴幸; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第52回学術講演会, 2018年01月
      • 有機水銀分解酵素の中性子解析のための最小培地試料作成と構造解析
        森本幸生; 喜田昭子
        京都大学原子炉実験所第52回学術講演会, 2018年01月
      • 変性重水素化リゾチームの中性子結晶構造解析
        喜田昭子; 森本幸生
        平成29年度日本中性子科学会第17回年会, 2017年12月
      • 変性状態を利用した重水素化タンパク質結晶の中性子線回折実験の試み
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会年会, 2017年10月
      • アーキアの補酵素A生合成経路に固有の酵素群の構造解析
        喜田昭子; 岸本麻子; 下坂天洋; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路裕介; 今中忠行; 跡見晴幸; 三木邦夫
        第17回日本蛋白質科学会年会, 2017年06月
      • サンゴ由来レクチン4糖複合体の結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 酒井隆一; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第51回学術講演会, 2017年01月
      • Crystal structure of symbiosis related lectin SLL-2 in complex with tetrasaccharides.
        A. Kita; M. Jimbo; R. Sakai; Y. Morimoto; R. Takeuchi; H. Tanaka; T. Takahashi; K. Miki
        14th conference of Asian Crystallographic Association, 2016年12月
      • 共生に関与する珊瑚由来レクチンの4糖糖鎖結合様式
        喜田昭子; 神保充; 酒井隆一; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        平成28年度日本結晶学会年会, 2016年11月
      • Crystallographic studies of two enzymes required for the distinct CoA production pathway in archaea.
        A. Kita; A. Kishimoto; T. Shimosaka; T. Ishibashi; H. Tomita; Y. Yokooji; T. Imanaka; H. Atomi; K. Miki
        Extremophiles 2016, 2016年09月
      • カテコール産生における脱炭酸・水酸基付加反応の考察-サリチル酸水酸化酵素の結晶構造解析から-
        上村拓也; 喜田昭子; 足立基泰; 黒木良太; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第50回学術講演会, 2016年01月
      • 結晶解析のための、効率的なタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第50回学術講演会, 2016年01月
      • 変性状態を利用したタンパク質の重水素化変性状態を利用したタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会年会, 2015年10月
      • 有機水銀分解酵素の中性子構造解析のための試料調製および結晶化
        森本幸生; 上村拓也; 喜田昭子; 三木邦夫
        日本結晶学会年会, 2015年10月
      • サリチル酸水酸化酵素・基質複合体の結晶構造解析
        上村拓也; 喜田昭子; 安達基泰; 黒木良太; 森本幸生
        第15回日本蛋白質科学会年会, 2015年06月
      • 蛋白質分子内のプロトン・プロトン化の直接観察
        森本幸生; 山口宏; 細川桂一; 村上琢人; 喜田昭子; 海野昌喜; 久留一郎; 茶竹俊行; 柳澤泰任; 藤原悟; 田中伊知朗; 日高雄二; 島本茂; 藤原充俊; 中西健祥
        KURRI-KR, 2015年
      • 結晶解析のためのタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第49回学術講演会, 2015年01月
      • 牛肝臓カタラーゼの重水調整結晶による構造解析
        上村拓也; 喜田昭子; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第49回学術講演会, 2015年01月
      • 巨大ヘモグロビン結晶中での酸素解離に伴う構造変化
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 伊藤暢聡; 福森義宏; 三木邦夫
        日本結晶学会平成26年度年会, 2014年11月
      • Transition from oxy to deoxy state in crystalline giant hemoglobin
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; N. Ito; Y. Fukumoti; K. Miki
        The 52th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan, 2014年09月
      • Weak interaction of an inhibitor in the 20S proteasome.
        T. Murakami; H. Yamaguchi; U. Bahrudin; A. Kita; U. Hisatome; Y. Saeki; K. Tanaka; M. Unno; Y. Morimoto
        The 23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography, 2014年08月
      • Partial oxygen-dissociation of crystalline giant hemoglobin.
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; N. Ito; Y. Fukumori; K. Miki
        The 23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography, 2014年08月
      • Crystal structure of archaeal phosphopantothenate synthetase.
        A. Kita; A. Kishimoto; T. Ishibashi; H. Yomita; Y. Yokooji; T. Imanaka; H. Atomi; K. Miki
        The 23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography, 2014年08月
      • 巨大ヘモグロビン結晶内における酸素解離過程
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 伊藤暢聡; 福森義宏; 三木邦夫
        第14回日本蛋白質科学会年会, 2014年06月
      • 共生に関与するサンゴ由来レクチンの結晶構造
        喜田昭子; 神保 充; 酒井隆一; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        第48回京都大学原子炉実験所学術講演会, 2014年01月
      • キノン型補酵素を持つ酵素の補酵素生成機構の解明
        喜田昭子; 牟礼美苗; 三木邦夫
        SPring-8/SACLA 利用研究成果集, 2014年, 査読有り, 筆頭著者
      • 中性子結晶構造解析取り組みについて
        喜田昭子; 森本幸生
        大阪大学タンパク研セミナー, 2013年12月, 招待有り
      • 巨大ヘモグロビン結晶中での酸素結合状態の操作
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 伊藤暢聡; 福森義宏; 三木邦夫
        平成25年度日本結晶学会年会, 2013年10月
      • Thermococcus kodakarensis由来ホスホパントテン酸合成酵素の基質複合体の結晶構造解析
        岸本麻子; 喜田昭子; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路裕介; 跡見晴幸; 三木邦夫
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月
      • Observations of the protein crystal growth in high magnetic forces fields.
        A. Kita; N. Numoto; K. Shimizu; K. Matsumoto; K. Miki
        Structural Life Science International Conference on Structural Genomics 2013 (ICSG2013), 2013年08月
      • 膜タンパク質結晶化における強磁気力場の効果
        沼本修孝; 喜田昭子
        第13回日本蛋白質科学会年会, 2013年06月
      • 超好熱性アーキア由来ホスホパントテン酸合成酵素基質複合体のX線結晶構造解析
        岸本麻子; 喜田昭子; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路祐介; 跡見晴幸; 三木邦夫
        第13回日本蛋白質科学会年会, 2013年06月
      • 軟サンゴ由来レクチンと直鎖多糖の複合体の結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 竹内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        第13回日本蛋白質科学会年会, 2013年06月
      • 高品質結晶生成を目指した、磁気力場中でのタンパク質結晶化
        沼本修孝; 喜田昭子
        第47回京都大学原子炉実験所学術講演会, 2013年01月
      • 超伝導マグネットを用いた高効率・高品位タンパク質結晶生成システムの開発と産業用酵素への適用
        柏木立己; 高橋一敏; 山本麻以; 石川弘紀; 鈴木基孝; 横山敬一; 田口精一; 鈴木榮一郎; 田之倉優; 中村顕; 大塚淳; 澤野頼子; 清原元輔; 大出孝博; 喜田昭子; 廣田憲之; 和田仁
        平成23年度日本結晶学会年会, 2012年11月
      • サツマハオリムシ400 kDaヘモグロビンのoxy型とdeoxy型構造の比較
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 福森義宏; 三木邦夫
        平成23年度日本結晶学会年会, 2012年11月
      • Development of the system for high throughput high quality protein crystal growth using high magnetic forces.
        N. Hirota; H. Wada; M. Kiyohara; M. Tanokura; A. Kita; E. Suzuki; H. Okada; T. Ode; A. Nakamura; J. Ohtsuka; N. Numoto; T. Kashiwagi
        International Conference of the Asian Union of Magnetics Societies, 2012年10月
      • 超好熱性アーキア由来ホスホパントテン酸合成酵素の結晶構造解析
        岸本麻子; 喜田昭子; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路祐介; 跡見晴幸; 三木邦夫
        平成24年度日本結晶学会年会, 2012年10月
      • 強磁気力場を利用したタンパク質結晶化とその影響
        沼本修孝; 喜田昭子
        平成24年度日本結晶学会年会, 2012年10月
      • Crystallization behaviors of protein molecules in high magnetic forces fields
        N. Numoto; A. Kita
        The 27 th European Crystallographic Meeting (ECM27), 2012年08月
      • ヒトαBクリスタリンP39R変異体の会合状態および凝集抑制活性に与える効果
        沼本修孝; 喜田昭子; 藤井紀子
        第12回日本蛋白質科学会年会, 2012年06月
      • 超好熱性アーキアのホスホパントテン酸合成酵素の結晶構造
        岸本麻子; 喜田昭子; 石橋拓也; 冨田宏矢; 横大路裕介; 跡見晴幸; 三木邦夫
        第12回日本蛋白質科学会年会, 2012年06月
      • 磁気力場のタンパク質結晶化への影響
        喜田昭子; 沼本修孝
        第12回日本蛋白質科学会年会, 2012年06月
      • Development of he device for high throughput high quality protein crystal growth using high magnetic forces with the aid of optical microscope
        N. Hirota; H. Wada; M. Kiyohara; M. Tanokura; A. Kita; E. Suzuki; H. Okada; T. Ode; A. Nakamura; J. Ohtsuka; N. Numoto; T. Kashiwagi
        5th International Workshop on Material Analysis and Proceeding in Magnetic Fields, 2012年05月
      • αクリスタリンにおける異性化アスパラギン酸残基の分子内環境
        清水健一; 喜田昭子; 藤井紀子; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第46回学術講演会, 2012年02月
      • αBクリスタリンの構造生物学的研究
        沼本修孝; 喜田昭子; 藤井紀子; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第46回学術講演会, 2012年02月
      • LL Application of High-Field Superconducting Magnet to Protein Crystallization
        Hitoshi Wada; Noriyuki Hirota; Shinji Matsumoto; Hidehiko Okada; Motosuke Kiyohara; Takahiro Ode; Masaru Tanokura; Akira Nakamura; Jun Ohtsuka; Akiko Kita; Nobutaka Numoto; Tatsuki Kashiwagi; Ei-ichiro Suzuki
        SUPERCONDUCTIVITY CENTENNIAL CONFERENCE 2011, 2012年
      • Crystal structure and nucleotide bound states of V1-ATPase.
        N. Numoto; T. Kuranaga; Y. Nagamatsu; Y. Hasegawa; A. Kita; K. Takeda; K. Miki
        XXII Congress of the International Union of Crystallography, 2011年08月
      • Crystal structures of symbiosis related lectin and its saccharide bound form
        A. Kita; M. Jimbo; Y. Morimoto; R. Sakai; H. Kamiya; K. Miki
        XXII Congress of the International Union of Crystallography, 2011年08月
      • Elucidation of the reaction mechanisms of novel enzymes necessary\nfor CoA biosynthesis in archaea.
        A. Kita; A. Kishimoto; K. Miki
        SPring-8 User Experiment Report, 2011年
      • 磁気力場中でのタンパク質結晶化
        沼本修孝; 喜田昭子
        日本磁気科学会第6回年会, 2011年
      • αBクリスタリンN末端ドメインの構造とシャペロン活性および会合状態
        沼本修孝; 喜田昭子; 藤井紀子; 三木邦夫
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • 磁気力浮揚を利用したタンパク質結晶化
        沼本修孝; 喜田昭子
        日本磁気科学会第5回年会, 2010年10月21日
      • High-throughput protein crystals formation using high magnetic forces.
        H. Wada; N. Hirota; M. Kiyohara; M. Tanokura; A. Kita; E. Suzuki
        ASIAN-EPM 2010, 2010年10月
      • Structure transition between oxy and deoxy states of V2 hemoglobin from Lamellibrachia Satsuma
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Fukumori; K. Miki
        The 48th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2010年09月
      • Crystal structures of 400 kDa V2 hemoglobin from a tube worm Lamellibrachia Satsuma in oxy and deoxy forms.
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Fukumori; K. Miki
        O2BiP XVIth conference, 2010年08月
      • 軟サンゴ由来レクチンの2Å分解能の結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2010年05月15日
      • Development of the device for high throughput high quality protein crystal growth using high magnetic forces.
        N. Hirota; H. Wada; M. Kiyohara; M. Tanokura; A. Kita; E. Suzuki
        4th International Workshop on Materials Analysis and processing in Magnetic field (MAP4), 2010年05月
      • 軟珊瑚由来レクチンSLL‐2の糖鎖結合状態
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2010年
      • 軟サンゴ由来レクチンの結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        PFシンポジウム要旨集, 2010年
      • 環形動物巨大ヘモグロビンのoxy型とdeoxy型の立体構造
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 福森義宏; 三木邦夫
        第33回分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会(BMB2010), 2010年
      • 共生に関与する軟サンゴ由来レクチンの結晶構造解析
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 神谷久男; 酒井隆一; 三木邦夫
        第26回PFシンポジウム, 2009年03月
      • 青色光受容体BLUFタンパク質の構造生物学的研究
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第43回学術講演会, 2009年01月
      • 環形動物巨大ヘモグロビンの酸素協同性
        福森義宏; 沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 笹山雄一; 三木邦夫
        生体超分子構造第5回公開シンポジウム, 2008年12月18日
      • Ligand-induced structural changes of giant hemoglobin.
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Sasayama; Y. Fukumori; K. Miki
        XXI Congress of the International Union of Crystallography, 2008年08月
      • Crystal structure of the [2Fe-2S]transcriptional activator SoxR bound to DNA
        K. Miki; S. Watanabe; A. Kita; K. Kobayashi
        XXI Congress of the International Union of Crystallography, 2008年08月
      • Crystal Structure of a Lectin from the Octocoral
        A. Kita; M. Jimbo; Y. Morimoto; R. Sakai; H. Kamiya; K. Miki
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年08月
      • 軟サンゴ由来SLL‐2レクチンの結晶構造解析
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        生化学, 2008年
      • Crystal structure analysis of BluF protein, PixD.
        A. Kita; K. Miki
        Photon factory Activity Report, 2008年
      • 酸化ストレス応答転写因子SoxRの結晶構造解析
        渡部 聡; 喜田昭子; 小林一雄; 三木邦夫
        第21回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2008年
      • 無脊椎動物巨大ヘモグロビンの高分解能結晶構造
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 笹山雄一; 福森義宏; 三木邦夫
        第21回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2008年
      • 酸化ストレス応答転写因子SoxRの結晶構造
        渡部 聡; 喜田昭子; 小林一雄; 三木邦夫
        第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会BMB2008, 2008年
      • シゲミカタトサカレクチン SLL-2の糖結合性と結晶構造
        神保充; 喜田昭子; 小池一彦; 亀井麻直; 中村(鶴田)祥子; 平林淳; 三木邦夫; 酒井隆一; 神谷久男
        日本サンゴ礁学会第11回大会, 2008年
      • Crystal structure of N-acetylglucosamine-phosphate mutase, a member of the alpha-D-Phosphohexomutase superfamily.
        Y. Nishitani; D. Maruyama; T. Nonaka; A. Kita; T. Fukami; T. Mio; H. Yamada-Okabe; T. Yamada-Okabe; K. Miki
        The 8th Conference of the Asian Crystallographic Association, 2007年11月
      • Crystallographic studies of a lectin from the octocoral.
        A. Kita; M. Jimbo; Y. Morimoto; R. Sakai; H. Kamiya; K. Miki
        The 8th Conference of the Asian Crystallographic association, 2007年11月
      • ホルムアルデヒド固定酵素3-hexulose-6-phosphate synthaseのX線結晶構造解析
        折田和泉; 喜田昭子; 由里本博也; 加藤暢夫; 阪井康能; 三木邦夫
        日本農芸化学会2007年度大会, 2007年
      • Crystal structure of Extracellular Giant Hemoglobin of Pogonophoran Oligobrachia mashikoi
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Sasayama; Y. Fukumori; K. Miki
        Joint Conference of Asian Crystallographic Association and the Crystallographyc Society of Japan, 2006年11月20日
      • Light-induced dissociation of SyPixD (cyanobacterial BLUF type photoreceptor) from SyPixE (response regulator).
        K. Okajima; S. Sato; Y. Fukushima; A. Kita; Y. Ochiai; M. Katayama; S. Itoh; S. Tabata; M. Ikeuchi
        Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan., 2006年11月12日
      • ”Substrate recognition mechanism of L-lactate oxidase from Aerococcus viridans at 2.0Å resolution”
        Y. Umena; K. Yorita; T. Matsuoka; M. Abe; A. Kita; K. Fukui; T. Tsukihara; Y. Morimoto
        Joint Conference of Asian Crystallographic Association and the Crystallographic Society of Japan, 2006年11月
      • Crystallographic Studies of FAD Bound Form of Ssalicylate Hydroxylase from Pseudomonas Putida S-1
        Y. Watanabe; A. Kita; K. Ohinishi; K. Suzuki; K. Miki; Y. Morimoto
        Joint Conference of Asian Crystallographic Association and the Crystallographic Society of Japan, 2006年11月
      • 生体高分子の構造生物学的研究
        喜田昭子
        大学婦人教会守田科学研究奨励賞受賞講演, 2006年05月, 招待有り
      • 種結晶を使ったタンパク質の結晶化
        喜田昭子
        大阪大学タンパク研セミナー, 2006年03月, 招待有り
      • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of extracellular giant hemoglobin from pogonophoran Oligobrachia mashikoi (vol 1750, pg 173, 2005)
        N Numoto; T Nakagawa; A Kita; Y Sasayama; Y Fukumori; K Miki
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 2006年02月
      • Preliminary X-ray Studies of L-lactate oxidase R181M mutant products complex.
        Y. Umena; K. Yorita; A. Kita; Y. Morimoto
        SPring-8 User Experiment Rep, 2006年
      • Analysis of crystal structure of 3-hexulose-6-phosphate synthase、 a member of orotidine monophosphate decarboxylase suprafamily.
        I. Orita; A. Kita; H. Yurimoto; N. Kato; Y. Sakai; K. Miki
        20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006年
      • 巨大ヘモグロビンの構造的組織化と機能
        福森義宏; 沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 笹山雄一; 三木邦夫
        第6回蛋白質科学会年会, 2006年
      • 2P012 フェニル酢酸の異化に関わるPaaタンパク質群の結晶学的研究(蛋白質 A) 構造))
        木田 宗志; 飯野 均; 中川 紀子; 久野 玉雄; 藤橋 雅宏; 喜田 昭子; 三木 邦夫
        生物物理, 2005年10月19日
      • Structure of an extracellular giant hemoglobin of the gutless beard worm Oligobrachia mashikoi
        N Numoto; T Nakagawa; A Kita; Y Sasayama; Y Fukumori; K Miki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2005年10月
      • Crystal structure of atypical cytoplasmic ABC-ATPase SufC.
        S. Watanabe; A. Kita; K. Miki
        XX congress of the International Union of Crystallography, Congress and General Assembly, 2005年08月
      • The crystal structure of a novel subtilisin-like alkaline serine protease, KP-43.
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; K. Saeki; S. Ito; K. Hirikoshi; K. Miki
        XX congress of the International Union of Crystallography, Congress and General Assembly, 2005年08月
      • Structures of Arg-181 mutant and wild type of L-lactate oxidase from Aerococcus viridans
        Y. Umena; K. Yorita; T. Matsuoka; A. Kita; K. Fukui; T. Tsukihara; Y. Morimoto
        XX congress of the International Union of Crystallography, Congress and General Assembly, 2005年08月
      • Crystal structure of acyanobacterial BLUF Protein, Tll0078.
        A. Kita; K. Okajima; Y. Morimoto; M. Ikeuchi; K. Miki
        XX congress of the International Union of Crystallography, Congress and General Assembly, 2005年08月
      • Crystal Structures of Wild-type and R181M L-Lactate Oxidase from Aerococcus viridans
        K. Yorita; Y. Umena; T. Matsuoka; D.P. Ballou; M. Abe; A. Kita; T. Tsukihara; Y. Morimoto; K. Fukui
        15th International Symposium on Flavins and Flavoprotein, 2005年04月
      • 巨大ヘモグロビンの分子会合機構
        沼本修孝; 中川太郎; 喜田昭子; 笹山雄一; 福森義宏
        第43回日本生物物理学会年会, 2005年
      • L-乳酸酸化酵素の野生型および2種類の変位型(R181MとR268M)の結晶構造
        頼田和子; 梅名泰史; 松岡 毅; 喜田昭子; 森本幸生; 福井 清
        第78回日本生化学大会年会, 2005年
      • 好熱性シアノバクテリアのフラビン結合光受容体PixD (BLUFタンパク質)の結晶構造解析
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        日本植物学会第69回大会, 2005年
      • 好熱性シアノバクテリアのPixDの変異導入による光受容機構の解析
        岡島公司; 喜田昭子; 福島佳優; 落合有里子; 柴田 穣; 片山光徳; 森本幸生; 伊藤 繁; 三木邦夫; 池内昌彦
        日本植物学会第69回大会, 2005年
      • 鉄硫黄クラスター生合成関連 ABC ATPase SufCの結晶構造
        渡部 聡; 喜田昭子; 三木邦夫
        理研シンポジウム・高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト第4回連携研究会, 2005年
      • 好熱性シアノバクテリアの走光性の光受容体PixD(BLUFタンパク質)の光受容機構の変異導入による解析
        岡島公司; 喜田昭子; 福島佳優; 落合有里子; 柴田 穣; 片山光徳; 森本幸生; 渡辺正勝; 伊藤 繁; 三木邦夫; 池内昌彦
        第12回日本光生物学協会年会, 2005年
      • 青色光受容体タンパク質Tll0078の結晶学的研究
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        第5回蛋白質科学会年会, 2005年
      • 新規短鎖青色光受容体タンパク質PixDの結晶構造
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        第12回日本光生物学協会年会(京都テルサ・京大院総人)2005/8/5-6, 2005年
      • Crystal structure of the complex between calyculin A and the catalytic subunit of protein phosphatase 1
        喜田昭子
        第81回日本生理学会大会, 2004年06月, 招待有り
      • Development of a protein crystallization observation support system.
        S. Fukusawa; K. Umano; A. Kita; K. Miki
        10th International Conference on the Crystallization of Biological Macromolecules (ICCBM10), 2004年05月
      • Crystal structure of ABC-ATPase SufC.
        S. Watanabe; A. Kita; K. Miki
        The 1st Pasific-Rim International Conference on Protein Science and the 4th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan, 2004年04月
      • Crystal structures of alkaline α-Amylase, Amyk38 and its complexes with oligosaccharides.
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; H. Hagihara; K. Ozaki; S. Ito; K. Miki
        The 1st Pasific-Rim International Conference on Protein Science and the 4th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan, 2004年04月
      • Crystallographic Study of Multi Hemoglobin System from Oligobarachia mashikoi.
        N. Numoto; T. Nakagawa; A. Kita; Y. Fukumori; K. Miki
        The 1st Pasific-Rim International Conference on Protein Science and the 4th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan, 2004年04月
      • Crystal structures of alkaline α-Amylase, AMYK38 and its complexes with oligosaccharides.
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; H. Hagihara; K. Ozaki; S. Ito; K. Miki
        Japanese-German Biochemistry Meeting, 2003年09月
      • Functional and Structural Analysis of a Novel Flavoprotein in Cyanobacteria
        K. Okajima; S. Yoshihara; X. Geng; M. Katayama; Y. Fukushima; Y. Shibata; S. Itoh; A. Kita; K. Miki; M. Ikeuchi
        The 11th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes, 2003年08月
      • Crystal structure of the complex between protein phosphatase 1 catalytic subunit and calyculin A.
        A. Kita; S. Matsunaga; A. Takai; H. Kataiwa; T. Wakimoto; N. Fusetani; M. Isobe; K. Miki
        International Symposium on Diffraction Structural Biology 2003, 2003年05月
      • Structural biology developed by the neutron and synchrotron radiation facilities
        Y. Morimoto; A. Kita
        KURRI Progress Report, 2003年
      • X-ray crystallographic analysis of Aspartate racemase
        L. Liu; K. Iwata; A. Kita; Y. Kawarabayasi; M. Yohda; K. Miki
        Photon Fcatory Activity Report 2002 PartB, 2003年
      • Crystallographic study of oxydative response regulation system
        A. Kita; S. Watanabe; K. Miki
        Photon Fcatory Activity Report 2002 PartB, 2003年
      • シアノバクテリア由来新規フラビンタンパク質の結晶学的研究
        喜田昭子; 岡島公司; 池内昌彦; 三木邦夫
        日本結晶学会2003(平成15)年度年会, 2003年
      • 酵素タンパク質反応の分子機構に関する結晶学的研究
        喜田昭子
        日本結晶学会平成14年度年会, 2002年12月, 招待有り
      • Crystal Structure of a Calcium-free α-Amylase AMYK38
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; H. Hagihara; K. Ozaki; S. Ito; K. Miki
        XIXth Congress and General Assembly, International Union of Crystallography, 2002年08月
      • セリン・トレオニンフォスファターゼ1ーカリクリンA複合体の結晶構造
        喜田昭子
        理研シンポジウム 構造生物学(VII), 2002年03月, 招待有り
      • X-ray crystal structure analysis of a novel type of a-amylase
        T. Nonaka; M. Fujihashi; A. Kita; K. Miki
        SPring-8 User Experimental Report No.8 (2001B), 2002年
      • X-ray crystal structure analysis of aldehyde reductase
        A. Kita; K. Miki
        SPring-8 User Experimental Report No.7 (2001A), 2002年
      • Structure and reaction mechanism of catechol 2,3-dioxygenase (metapyrocatechase)
        Ishida; A. Kita; K. Miki; M. Nozaki; K. Horiike
        3rd International Conference on oxygenases: Oxygen and Life, 2001年11月
      • Crystal structure of Aspartate Racemase from Pyrococcus horikosii
        L. Liu; K. Iwata; A. Kita; Y. Kawarabayasi; M. Yohda; K. Miki
        2001 Annual Meeting of American Crystallographic Association, 2001年07月
      • プロテインフォスファターゼ1?カリクリンA複合体の結晶構造解析
        喜田昭子; 松永茂樹; 高井 章; 片岩裕貴; 脇本敏幸; 伏谷伸宏; 磯部 稔; 三木邦夫
        第15回放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2001年
      • Crystal structure of aldehyde reductase from Sporobolomyces salmonicolor
        A. Kita; M. Kataoka; K. Tanimizu; H. Kawabata; S. Shimizu; K. Miki
        19th European Crystallographic Meeting, 2000年08月
      • X-ray crystallographic studies of catechol 2、3-dioxygenase、 metapyrocatechase
        A. Kita; Y. Maegawa; S. Kita; K. Inaka, T; Ishida; H. Tanaka; K. Horiike; M. Nozaki; K. Miki
        Photon Fcatory Activity Report 2000 PartB, 2000年
      • X-ray crystallographic analysis of lactonohydrolase
        K. Sobajima; M. Ohta; Y. Higuchi; K. Kitadokoro; T. Fukumoto; A. Kita; K. Yamamoto; S. Aibara; M. Kataoka; S. Shimizu; K. Miki
        Photon Fcatory Activity Report 2000 PartB, 2000年
      • 赤色酵母由来アルデヒド還元酵素の結晶構造
        喜田昭子; 谷水一昭; 片岡道彦; 川端 潤; 清水 昌; 三木邦夫
        生物マシナリー・公開ワークショップ, 2000年
      • Crystal structure of catechol 2,3-dioxygenase (metapyrocatechase) from Pseudomonas putida mt-2.
        A. Kita; S. Kita; I. Fujisawa; K. Inaka; T. Ishida; K. Horiike; M. Nozaki; K. Miki
        XVIIIth International Union of Crystallography, 1999年08月
      • Preliminary crystallographic studies of phycobiliproteins from red alga, Porphyra tenera.
        A. Kita; K. Miki
        XIth International Congress on Photosynthesis, 1998年08月
      • X-ray crystallographic studies of microbial chitosanases.
        J. Saito; A. Kita; Y. Higuchi; Y. Nagata; A. Ando; K. Miki
        7 th International Conference on Chitin and Chitosan, 1997年09月
      • X-RAY STRUCTURE ANALYSIS OF ALDEHYDE REDUCTASE FROM A RED YEAST
        A. Kita; M. Kataoka; K. Yamamoto; S. Shimizu; K. Kita; T. Hashimoto; H. Yamane; K. Miki
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES, 1996年
      • 重水内で変性/再生操作を行ったリゾチームの重水素置換位置よりわかったこと
        喜田昭子; 森本幸生
        京都大学複合原子力科学研究所第56回学術講演会, 2022年02月, 筆頭著者
      • 重水内で変性/再生操作を行ったニワトリ卵白リゾチームの水素/重水素置換部位
        喜田昭子; 森本幸生
        令和3年(2021年)度日本結晶学会年会, 2021年11月, 筆頭著者

      講演・口頭発表等

      • ニワトリ卵白リゾチームを使った,重水内変性/再生試料の 中性子線結晶構造解析
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会令和2年(2020年)度年会, 2020年11月
      • 重水素化を利用したタンパク質の変性に関する研究
        喜田 昭子
        第53回京都大学複合原子力科学研究所学術講演会, 2019年02月05日, 招待有り
      • 変性状態を利用した重水素化タンパク質結晶の中性子線回折実験の試み
        喜田昭子; 森本幸生
        平成29年度日本結晶学会年会, 2017年11月23日
      • 変性状態を利用したタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        平成27年度日本結晶学会年会, 2015年10月18日
      • 中性子線結晶構造解析のためのタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        第15回日本蛋白質科学会年会, 2015年06月24日, 招待有り
      • 中性子結晶構造解析の取り組みについて-蛋白質の重水素化の評価と重水素化結晶の調整にむけて-
        喜田昭子; 森本幸生
        大阪大学タンパク研セミナー, 2013年12月17日, 招待有り
      • Development of the system for high throughput high quality protein crystal growth using high magnetic forces
        N. Hirota; H. Wada; M. Kiyohara; M. Tanokura; A. Kita; E. Suzuki; H. Okada; T. Ode; A. Nakamura; J. Ohtsuka; N. Numoto; T. Kashiwagi
        International Conference of the Asian Union of Magnetics Societies, 2012年10月05日
      • Development of the device for high throughput high quality protein crystal growth using high magnetic forces with the aid of optical microscope
        N. Hirota; H. Wada; M. Tanokura; A. Kita; E. Suzuki; H. Okada; T. Ode; A. Nakamura; J. Ohtsuka; N. Numoto; T. Kashiwagi
        5th International Workshop on materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2012年05月13日
      • Application of High-Field Superconducting Magnet to Protein Crystallization
        H. Wada; S. Matsumoto; M. Tanokura; N. Hirota; E. Suzuki; A. Kita; K. Kiyohara
        Superconductivity Centennial Conference 2011, 2011年09月18日
      • サツマハオリムシ400 kDaヘモグロビンのoxy型とdeoxy型構造の比較
        日本結晶学会2011年度年会, 2011年
      • 種結晶を使ったタンパク質の結晶化
        喜田昭子
        大阪大学タンパク研セミナー, 2006年, 招待有り
      • Crystal structure of the complex between calyculin A and the catalytic subunit of protein phosphatase 1
        喜田昭子
        第81回日本生理学会大会, 2004年06月02日, 招待有り
      • 酵素タンパク質反応の分子機構に関する結晶学的研究
        喜田昭子
        結晶学会平成14年度年会, 2002年12月02日, 招待有り
      • 磁場中タンパク質結晶生成装置のハイスループット化
        2010年秋季低温工学・超電導学会
      • 生体高分子の構造生物学的研究
        大学婦人教会守田科学研究奨励賞受賞講演, 招待有り
      • カルシウムを含まないαーアミラーゼ,AmyK38とそのオリゴ糖との複合体構造
        第29回糖質科学懇話会Applied Glycoscience Forum

      書籍等出版物

      • 日本の結晶学II
        喜田 昭子, 分担執筆, 第5章タンパク質結晶学,「serine/threonine protein phosphatase 1触媒サブユニット(PP1C)-阻害剤複合体」
        日本結晶学会, 2014年07月, 査読無し
      • 私が研究者になるまで
        喜田昭子
        学術の動向4月号, pp.72-73, 2007年04月, 査読無し
      • 実験化学講座11 物質の構造III 回折 5生体高分子の結晶構造ー5.2結晶化とX線回折実験ー5.2.1結晶化法
        喜田昭子, 分担執筆
        日本化学会編, 2006年, 査読無し
      • ゲノミクス・プロテオミクスの新展開〜生物情報の解析と応用 第2章第2節・X線結晶構造解析「タンパク質の結晶化」,今中忠行監修,pp. 596-600
        喜田昭子, 分担執筆
        エヌ・ティー・エス, 2004年, 査読無し

      受賞

      • 2002年12月
        日本結晶学会進歩賞The Young Crystallographer Awards
      • 2006年05月
        守田科学研究奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • アミロイドβの毒性オリゴマー特異抗体による超早期のアルツハイマー病診断
        基盤研究(A)
        中区分37:生体分子化学およびその関連分野
        京都大学
        入江 一浩
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        脳神経疾患;アルツハイマー病;アミロイドβ;抗体;毒性オリゴマー;有機化学;ジスルフィド架橋
      • アミロイドβの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の新しい予防戦略
        基盤研究(S)
        京都大学
        入江 一浩
        自 2014年05月30日, 至 2019年03月31日, 完了
        アルツハイマー病;アミロイドβ;毒性ターン;凝集;抗体;脳脊髄液;診断;フラボノイド;脳神経疾患;有機化学;核酸アプタマー;ノックインマウス;毒性オリゴマー;アルツハイマー;オリゴマー;神経細胞毒性
      • 短鎖青色光受容体タンパク質の光受容と構造変化
        基盤研究(C)
        京都大学
        喜田 昭子
        完了
        短鎖青色光受容体;BLUF;PixD;FAD;構造変化;X線結晶構造解析;ラン色細菌;結晶構造
      • 短鎖青色光受容体タンパク質のX線結晶構造解析
        若手研究(B)
        京都大学
        喜田 昭子
        完了
        BLUF;青色光受容体;PixD;T110078;結晶構造解析;結晶化;FAD;結晶構造;BLUFタンパク質;Tll0078;X線結晶構造解析
      • 細胞内酸化物ストレス応答システムの構造生物学的研究
        若手研究(B)
        京都大学
        喜田 昭子
        完了
        SoxRタンパク質;酸化物ストレス応答;転写因子;X線結晶構造解析;結晶化;鉄硫黄クラスター;DNA結合タンパク質;DNA結合蛋白質
      • 高エネルギーX線によるXe,Csを用いた多波長異常分散(MAD)法
        萌芽研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        高エネルギーX線;多波長異常分散法;ニワトリ卵白リゾチーム;Cs;I;K吸収端;SPring-8;Xe
      • DAN修復酵素とその相同タンパク質の構造と機能
        基盤研究(A)
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        光回復酵素;クリプトクロム;青色光受容体;結晶化;X線結晶構造解析;BLUFドメイン;FAD;DNA修復;Cryptochrome;体内時計;CRY;X線回折実験;DNAグリコシラーゼ;塩基除去修復;Neil1;X線回析実験, Photolyase;Cryptochrome;Blue-Light Receptor;Crystallization;X-ray Crystallography;BLUE Domain;FAD;DNA Repair
      • 環境汚染物質やシグナル伝達物質を分解する酸素添加酵素の設計原理解明と指向進化
        特定領域研究
        理工系
        滋賀医科大学
        堀池 喜八郎
        完了
        酸素添加酵素;酵素反応機構;非ヘム鉄;カテコール2,3-ジオキシゲナーゼ;カテコール;酸素活性化;置換基効果;ホモプロトカテク酸;結晶構造;2,3-ジヒドロキシビフェニール;電荷移動錯体;ニトロフェノール;酵素添加酵素;カテコール2,3-ジオキゲナーゼ;酸素分子, oxygenase;reaction mechanism;non-heme iron;catechol 2,3-dioxygenase;catechol;oxygen activation;substituent effect;homoprotocatechuic acid
      • 生体内不斉反応を触媒するアルデヒド還元酵素の構造生物学的研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        喜田 昭子
        完了
        アルデヒド還元酵素;結晶化;X線結晶解析;NADPH依存型酵素;アポ型アルデヒド還元酵素;ホロ型アルデヒド還元酵素;X線結晶構造解析;紅色酵母
      • 次世代大型放射光SPring-8での超分子タンパク質結晶学研究の確立
        萌芽的研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        次世代大型放射光;SPring-8;タンパク質結晶解析;BL41XUビームライン;超分子タンパク質;極低温結晶凍結
      • 次世代大型放射光SPring-8タンパク質結晶解析ビームラインの性能評価
        萌芽的研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        次世代大型放射光;SPring-8;タンパク質結晶解析;BL41XUビームライン;性能評価;極低温結晶凍結
      • タンパク質結晶学による二原子酸素添加酵素の分子機構に関する構造化学的研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        喜田 昭子
        完了
        二原子酸素添加酵素;カテコール2,3-酸化酵素;メタピロカテカーゼ;X線血漿構造解析;結晶化;メタピロカテカ-ゼ;X線結晶構造解析
      • 膜輸送タンパク質テトラサイクリン/プロトンアンチトランスポータの構造化学的研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        喜田 昭子
        完了
        膜輸送タンパク質;テトラサイクリン;アンチポ-タ;結晶化;X線結晶構造解析;タンパク質結晶学
      • 光回復酵素によるDNA修復の分子機構に関する結晶学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        光回復酵素;DNA修復;立体構造;X線結晶解析;構造生物学;立体構想, Photolyase;DNA Repair;3D-Structure;X-ray Crystallography;Structural Biology
      • テトラサイクリン/プロトンアンチポ-タの結晶化とX線構造解析
        重点領域研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        細胞膜輸送;アンチポ-タ;テトラサイクリン;結晶化;X線構造解析;タンパク質結晶学
      • タンパク質の立体構造に基づく超分子形成の分子機構の解明
        重点領域研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        X線結晶解析;立体構造;抗腫瘍抗生物質;DNA切断;エンジイン型クロモフォア
      • テトラサイクリン/プロトンアンチポ-タの結晶化とX線構造解析
        重点領域研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        細胞膜輸送;アンチポ-タ;テトラサイクリン;結晶化;X線構造解析;タンパク質結晶学
      • タンパク質の立体構造に基づく超分子形成の分子機構の解明
        重点領域研究
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        X線結晶解析;立体構造;抗腫瘍抗生物質;DNA切断;エンジイン型クロモフォア
      • X線結晶学による生物発光の分子機構に関する研究
        一般研究(B)
        京都大学
        三木 邦夫
        完了
        生物発光;ルシフェラーゼ;FP_<390>;X線結晶解析;タンパク質立体構造;フラビン;FP390, Bioluminescence;Luciferase;EP390;X-ray Crystal Structure;Three-dimensional Structure;Flavin

      外部資金:その他

      • エキストラジオール型二原子酸素添加酵素の構造化学的研究
        京都大学学術研究奨励金
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日
        喜田昭子
      • タンパク質結晶学による二原子酸素添加酵素の反応機構に関する構造化学的研究
        公益信託林女性自然科学者研究助成
        自 1996年04月01日, 至 1998年03月31日
        喜田昭子
      • 二原子酸素添加酵素の反応機構に関する構造化学的研究
        財団法人倉田記念科学技術振興会奨励金
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日
        喜田昭子
      • 酸化ストレス応答タンパク質SoxRの構造生物学的研究
        財団法人長瀬科学技術振興財団研究助成金
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日
        喜田昭子
      • 新規青色光受容体の構造生物学的研究
        財団法人旭硝子財団自然科学系研究助成
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日
        喜田昭子
      • クリスタリンタンパク質の構造の解明
        公益財団法人旭硝子財団継続型研究助成「若手継続グラント」
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
        喜田昭子
      • アーキアにおける補酵素A生合成経路の新規キナーゼの構造生物学的研究
        一般財団法人フォーデイズ自立支援協会研究助成
        自 2017年06月13日, 至 2018年06月13日
        喜田昭子
      • 結晶解析の手法によるタンパク質の変性起点の同定と,抗変性分子の作製
        京都大学リサーチデヴェロップメントプログラム「いしずえ」
        自 2017年06月15日, 至 2018年03月31日
        喜田昭子
      • 熱に強い食品用酵素作製を目指した,タンパク質の熱変性過程の解明
        一般財団法人東和食品研究振興会 学術奨励金
        自 2018年07月09日, 至 2019年03月31日
        喜田昭子
      • 変性操作を利用した重水素化タンパク質結晶の中性子線結晶構造解析
        京都大学研究連携基盤次世代研究者支援
        自 2018年11月30日, 至 2018年12月06日
        喜田昭子
      • タンパク質変性における開裂部位の構造基盤の解明
        京都大学教育研究振興財団
        自 2020年06月, 至 2021年03月31日
        喜田昭子
      • 高効率・高品位タンパク質結晶生成システムの開発
        JST先端計測分析技術・機器開発事業
        自 2009年10月01日, 至 2013年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2009年04月, 至 2010年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2009年04月, 至 2010年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2009年04月, 至 2010年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2009年04月, 至 2010年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2010年04月, 至 2011年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2010年04月, 至 2011年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2010年04月, 至 2011年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2010年04月, 至 2011年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          後期, 理学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2021年04月, 至 2021年11月
            日本結晶学会令和3年(2021年)度年会プログラム委員, 日本結晶学会
          • 自 2019年07月, 至 2019年10月
            実行委員, ISDSB2019
          • 自 2005年06月, 至 2006年05月
            年会実行委員, 第6回蛋白質科学会
          • 自 2000年04月, 至 2002年03月
            編集委員, 日本結晶学会

          ページ上部へ戻る