教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

杉浦 秀樹

スギウラ ヒデキ

野生動物研究センター 保全生物学研究部門 准教授

杉浦 秀樹
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 学際生物科学講座, 准教授

    学内兼務

    • 理学研究科, 大学院理学研究科 生物科学専攻

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      sugiura.hideki.7skyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 自 2014年12月, 至 現在
      屋久島学ソサエティ
    • 日本哺乳類学会
    • 日本生態学会
    • 日本動物行動学会
    • 日本霊長類学会

    学位

    • 修士(理学)(東京大学)
    • 博士(理学)(東京大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京大学, 大学院理学系研究科修士課程人類学専攻, Department of Anthropology, 修了
    • 東京大学, 大学院理学系研究科博士課程人類学専攻, Department of Anthropology, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東京大学, 理学部生物学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 動物行動学
      • 霊長類学
      • 動物生態
      • ethology
      • primatology
      • animal ecology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 自然人類学
      • ライフサイエンス, 生態学、環境学

      論文

      • 捕獲圧のない地域におけるヤクシカ密度指標の18年間の増減:屋久島世界遺産地域・照葉樹林の事例
        揚妻直樹; 揚妻(柳原)芳美; 杉浦秀樹
        保全生態学研究, 2021年
      • Improving the standards for gut microbiome analysis of fecal samples: insights from the field biology of Japanese macaques on Yakushima Island
        Hayakawa, Takashi; Sawada, Akiko; Tanabe, Akifumi S.; Fukuda, Shinji; Kishida, Takushi; Kurihara, Yosuke; Matsushima, Kei; Liu, Jie; Akomo-Okoue, Etienne-Francois; Gravena, Waleska; Kashima, Makoto; Suzuki, Mariko; Kadowaki, Kohmei; Suzumura, Takafumi; Inoue, Eiji; Sugiura, Hideki; Hanya, Goro; Agata, Kiyokazu
        PRIMATES, 2018年09月, 査読有り
      • Japanese Macaques Depend not Only on Neighbours but also on More Distant Members for Group Cohesion
        Hideki Sugiura; Yukiko Shimooka; Yamato Tsuji
        ETHOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • Male replacement and stability of territorial boundary in a group of agile gibbons (Hylobates agilis agilis) in West Sumatra, Indonesia
        Hiroki Koda; Chisako Oyakawa; Santi Nurulkamilah; Rizaldi; Hideki Sugiura; Amsir Bakar; Nobuo Masataka
        PRIMATES, 2012年10月, 査読有り
      • Variation in Spatial Cohesiveness in a Group of Japanese Macaques (Macaca fuscata)
        Hideki Sugiura; Yukiko Shimooka; Yamato Tsuji
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2011年12月, 査読有り
      • 屋久島(<連載1>野外研究サイトから(19))
        辻野 亮; 矢原 徹一; 手塚 賢至; 杉浦 秀樹
        日本生態学会誌, 2011年11月30日, 査読有り
      • Effects of Proximity and Activity on Visual and Auditory Monitoring in Wild Japanese Macaques
        Mariko Suzuki; Hideki Sugiura
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2011年07月, 査読有り
      • [要修正] ヤクシマザルの長期研究
        杉浦秀樹
        「生き物たちのつづれ織り」5: 51 58., 2011年, 査読有り
      • [要修正] ゆっくりした波をみるには
        杉浦秀樹
        「屋久島ヒトメクリ」5 号:42., 2011年, 招待有り
      • The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments
        Koda H; Sugiura H
        In The Japanese Macaques (N. Nakagawa. et al. eds.) Springer, 2010年08月, 査読有り, 招待有り
      • The Japanese Macaques.
        Nakagawa N; Nakamichi M; Sugiura H
        Primatology Monographs. Tokyo: Springer. 402 pages., 2010年, 査読有り
      • 動物の音声を研究してみよう
        杉浦秀樹
        哺乳類科学, 2009年06月30日
      • 屋久島西部地域における5 年間のシカ個体群動態.
        揚妻直樹; 揚妻-柳原芳美; 杉浦秀樹; 辻野亮; 幸田良介
        (2009) 屋久島西部地域における5 年間のシカ個体群動態. 「屋久島世界遺産地域における自然環境の動態把握と保全管理手法に関する調査報告書」 (編集 財団法人日本自然保護協会): 環境省九州地方環境事務所, 2009年, 査読有り
      • Effects of Caller Activity and Habitat Visibility on Contact Call Rate of Wild Japanese Macaques (Macaca fuscata)
        Hiroki Koda; Yukiko Shimooka; Hideki Sugiura
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2008年11月, 査読有り
      • Effects of proximity and behavioral context on acoustic variation in the coo calls of Japanese Macaques
        Hideki Sugiura
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2007年12月, 査読有り
      • Acoustic features contributing to the individuality of wild agile gibbon (Hylobates agilis agilis) songs
        Chisako Oyakawa; Hiroki Koda; Hideki Sugiura
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2007年07月, 査読有り
      • A study on the social structure and dispersal patterns of hamadryas baboons living in a commensal group at Taif, Saudi Arabia
        Akio Mori; Akihiro Yamane; Hideki Sugiura; Takayoshi Shotake; Ahmed Boug; Toshitaka Iwamoto
        PRIMATES, 2007年07月, 査読有り
      • Seasonal variation in fecal testosterone levels in free-ranging male Japanese Macaques
        Yasuyuki Muroyama; Keiko Shimizu; Hideki Sugiura
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2007年06月, 査読有り
      • Adjustment of temporal call usage during vocal exchange of coo calls in Japanese macaques
        Hideki Sugiura
        ETHOLOGY, 2007年06月, 査読有り
      • [要修正] テナガザルにおける音声の変異性
        親川千紗子; 香田啓貴; 杉浦秀樹; 正高信男
        霊長類研究所共同利用研究会「アジア霊長類の生物多様性と進化」 (2007/03, 犬山), 2007年, 査読有り
      • [要修正] ニホンザルの“会話”
        杉浦秀樹
        京都大学霊長類研究所東京公開講座, 2007年, 査読有り
      • [要修正] 霊長類の群れのかたち
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子
        「霊長類進化の科学」 (京都大学霊長類研究所編) p.91-103 京都大学学術出版会., 2007年, 査読有り
      • Long-term variation in fruiting and the food habits of wild Japanese macaques on Kinkazan Island, northern Japan
        Yamato Tsuji; Shiho Fujita; Hideki Sugiura; Chiemi Saito; Seiki Takatsuki
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2006年11月, 査読有り
      • Sound transmission in the habitats of Japanese macaques and its possible effect on population differences in coo calls
        Hideki Sugiura; Toshiaki Tanaka; Nobuo Masataka
        BEHAVIOUR, 2006年08月, 査読有り
      • Cross-sectional and longitudinal studies of the development of group differences in acoustic features of coo calls in two groups of Japanese macaques
        T Tanaka; H Sugiura; N Masataka
        ETHOLOGY, 2006年01月, 査読有り
      • [要修正] アジルテナガザルのデュエットにおける変異性
        親川千紗子; 香田啓貴; 田中俊明; 杉浦秀樹
        21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷)., 2005年, 査読有り
      • [要修正] 第6回屋久島フィールドワーク講座報告書
        杉浦秀樹
        編集および分担執筆, pp.66., 2005年, 査読有り
      • [要修正] 金華山のサル・群れオスの変動.
        杉浦秀樹
        宮城県のニホンザル 19: 11-22., 2005年, 査読有り
      • Hormone profiles and reproductive characteristics in wild female Japanese macaques (Macaca fuscata)
        S Fujita; H Sugiura; F Mitsunaga; K Shimizu
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2004年12月, 査読有り
      • Mass mortality of Japanese macaques in a western coastal forest of Yakushima
        G Hanya; M Matsubara; H Sugiura; S Hayakawa; S Goto; T Tanaka; J Soltis; N Noma
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2004年03月, 査読有り
      • Population density and group composition of Japanese sika deer (Cervus nippon yakushimae) in an evergreen broad-leaved forest in Yakushima, southern Japan
        N Agetsuma; H Sugiura; DA Hill; Y Agetsuma-Yanagihara; T Tanaka
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2003年09月, 査読有り
      • Troop extinction and female fusion in wild Japanese macaques in Yakushima
        H Sugiura; N Agetsuma; S Suzuki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2002年02月, 査読有り
      • Vocal exchange of coo calls in Japanese macaques.
        Sugiura H
        In: Primate Origin of Human Cognition and Behavior (ed. Matsuzawa, T.). Springer-Verlag, Tokyo, pp. 135-154., 2001年, 査読有り
      • Measurement of urinary and fecal steroid metabolites during the ovarian cycle in captive and wild Japanese Macaques, Macaca fuscata
        Shiho Fujita; Fusako Mitsunaga; Hideki Sugiura; Keiko Shimizu
        American Journal of Primatology, 2001年, 査読有り
      • Variation in intergroup encounters in two populations of Japanese macaques
        H Sugiura; C Saito; S Sato; N Agetsuma; H Takahashi; T Tanaka; T Furuichi; Y Takahata
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2000年06月, 査読有り
      • ニホンザルの生息地における音響伝搬とクーコールの集団差への影響
        杉浦秀樹; 田中俊明; 正高信男
        日本音響学会誌, 1999年
      • Reproduction of wild Japanese macaque females of Yakushima and Kinkazan islands: A preliminary report
        Y Takahata; S Suzuki; N Agetsuma; N Okayasu; H Sugiura; H Takahashi; J Yamagiwa; K Izawa; T Furuichi; DA Hill; T Maruhashi; C Saito; S Sato; DS Sprague
        PRIMATES, 1998年07月, 査読有り
      • Aggressive intergroup encounters in two populations of Japanese macaques (Macaca fuscata)
        C Saito; S Sato; S Suzuki; H Sugiura; N Agetsuma; Y Takahata; C Sasaki; H Takahashi; T Tanaka; J Yamagiwa
        PRIMATES, 1998年07月, 査読有り
      • Does troop size of wild Japanese macaques influence birth rate and infant mortality in the absence of predators?
        Y Takahata; S Suzuki; N Okayasu; H Sugiura; H Takahashi; J Yamagiwa; K Izawa; N Agetsuma; D Hill; C Saito; S Sato; T Tanaka; D Sprague
        PRIMATES, 1998年04月, 査読有り
      • Matching of acoustic features during the vocal exchange of coo calls by Japanese macaques
        H Sugiura
        ANIMAL BEHAVIOUR, 1998年03月, 査読有り
      • The distribution of wild Yakushima macaque (Macaca fuscata yakui) troops around the coast of Yakushima Island, Japan.
        Yoshihiro S; Furuichi T; Manda M; Ohkubo N; Kinoshita M; Agetsuma N; Azuma S; Matsubara H; Sugiura H; Hill D; Kido E; Kubo R; Matsushima K; Nakajima K; Maruhashi T; Oi T; Sprague D; Tanaka T; Tsukahara T; Takahata Y
        Primate Research 14 (3): 339-349., 1998年, 査読有り
      • 屋久島, 西部林道における野生ニホンザルの餌付き方の調査 : 1993年と1995年の比較
        杉浦 秀樹; 揚妻 直樹; 田中 俊明; 大谷 達也; 松原 幹; 小林 直子
        霊長類研究 = Primate research, 1997年05月01日, 査読有り
      • Temporal and acoustic flexibility in vocal exchanges of Coo calls in Japanese macaques (Macaca fuscata)
        H SUGIURA; N MASATAKA
        CURRENT TOPICS IN PRIMATE VOCAL COMMUNICATION, 1995年, 査読有り
      • 野生ニホンザルを取り巻く社会問題と餌付けに関する意識調査
        田中俊明; 揚妻直樹; 杉浦秀樹; 鈴木滋
        霊長類研究, 1995年, 査読有り
      • 屋久島の世界遺産地域を通過する西部林道が自然環境に与える影響
        揚妻直樹; 杉浦秀樹; 田中俊明
        霊長類研究, 1994年, 査読有り
      • TEMPORAL AND ACOUSTIC CORRELATES IN VOCAL EXCHANGE OF COO CALLS IN JAPANESE MACAQUES
        H SUGIURA
        BEHAVIOUR, 1993年03月, 査読有り
      • 屋久島における野生ニホンザルへの餌付け
        杉浦秀樹; 揚妻直樹; 田中俊明
        霊長類研究, 1993年, 査読有り
      • 福島第一原子力発電所事故後3年を経た野生ニホンザルの保護,管理,研究の現状と課題.
        河村正二; 竹ノ下祐二; 川本芳; 杉浦秀樹; 宇野壮春; 今野文治; 漆原佑介; 福本学; 近江俊徳; Steen Tomoko Y
        霊長類研究, 招待有り

      MISC

      • 屋久島世界遺産地域におけるヤクシカの減少過程-Natural process regulationの可能性
        揚妻直樹; 揚妻(柳原)芳美; 杉浦秀樹
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2021年
      • 屋久島西部低地林における過去20年間の野生ニホンザルの個体数変動
        杉浦 秀樹; 田中 俊明; Macintosh Andrew; 清野 未恵子; 大谷 洋介; 室山 泰之; 西川 真理; 持田 浩治; 半沢 真帆; 澤田 晶子; Bonaventura Majolo; 早川 祥子; Hernandez Alexander D.; 原澤 牧子; 栗原 洋介; 香田 啓貴; 鈴木 真理子; 菅谷 和沙; 藤田 志歩; 田伏 良幸; 川添 達朗
        霊長類研究 Supplement, 2019年
      • Endocrinological characteristic of Yaku sika deer
        Kinoshita K; Agetsuma-Yanagihara Y; Agetsuma N; Sugiura H; Hanya G; Hayakawa T; Yanagawa Y
        The 7th International Seminar on Biodiversity and Evolution: Genetic and Hormonal Analyses on Wild Animals, 2017年11月
      • ヤクシカにおける糞中性ステロイドホルモン濃度の季節変化―エゾシカと比較して―
        木下こづえ; 揚妻‐柳原芳美; 揚妻直樹; 杉浦秀樹; 半谷吾郎; 早川卓志; 栁川洋二郎
        第23回野生動物医学会大会, 2017年09月, 査読有り
      • 屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察
        杉浦秀樹; 揚妻直樹; 揚妻(柳原; 芳美; 藤田志歩; 田中俊明; 鈴木真理子; 相場可奈; 香田啓貴; 原澤牧子; 室山泰之; 清水桃子; 川添達朗; 澤田晶子; 杉浦陽子; 浅井隆之; 早石周平; 久保律子; 五島渉
        霊長類研究, 2017年07月01日
      • 高橋明子,鈴村崇文,冠地富士男,山口直嗣,杉浦秀樹,伊谷原一 (2015)ニホンザルの生涯にわたる体重曲線と環境・順位との関係
        杉浦 秀樹
        第62回日本生態学会大会, 2015年03月
      • 屋久島の一次林と二次林における中・大型動物の生息密度の比較
        杉浦 秀樹
        第62回日本生態学会大会, 2015年03月
      • 屋久島西部地域の古い人工物と過去の土地利用
        杉浦 秀樹
        屋久島学ソサエティ第2回大会, 2014年12月
      • Long-term study of wild Japanese macaques
        杉浦 秀樹
        The 3rd International Workshop on Tropical Biodiversity and Conservation, 2014年09月
      • Polulation viability analysis in Koshima island, Japan.
        Takahashi A; Suzumura T; Arnaud C; Inoue-Murayama M; Kanchi F; Yamaguchi N; Sugiura H; Idani G
        The 25th Congress of the International Primatological Society, 2014年08月
      • カメラトラップを用いたヤクシマザルの密度推定
        杉浦 秀樹
        第30回日本霊長類学会大会, 2014年07月
      • 震災後の宮城県金華山島での調査活動
        杉浦 秀樹
        第30回日本霊長類学会大会・自由集会, 2014年07月, 招待有り
      • 幸島のニホンザルにおける個体群存続可能性解析―給餌制限による環境収容力の縮小の影響―
        高橋 明子; 鈴村 崇文; 冠地; 富士男; 山口 直嗣; 杉浦 秀樹; 伊谷 原一
        第61回日本生態学会大会, 2014年06月
      • 飼育下アジアゾウにおける採食に関した鼻を使う行動の左右差
        萩原慎太郎; 井亀徹; 藤井修; 菅里美; 原田昌治; 井上和彦; 森村成樹; 田中正之; 杉浦秀樹; 岡本智伸; 伊藤秀一
        日本家畜管理学会・応用動物行動学会2015年度春季合同研究発表会, 2014年03月
      • ニホンザルの鳴き声を調べる
        杉浦 秀樹
        屋久島学ソサエティ設立大会, 2013年12月
      • Behavioral study in wild Japanese monkeys
        杉浦 秀樹
        2nd International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation, 2013年09月
      • ニホンザルの育児投資-地形の違いと母子間距離の発達的変化-
        原澤 牧子; 杉浦 秀樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • 屋久島低標林におけるカメラトラップによる哺乳類の密度推定(予報)
        杉浦 秀樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • 次世代シークエンサーによる屋久島のニホンザル(Macaca fuscata yakui)の採食品目及び腸内細菌叢の網羅的探索
        杉浦 秀樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • Survey of Mammals and Field School in Yakushima Island
        杉浦 秀樹
        Kick-off symposium of Primatology, Wildlefe Science Leading Graduate School, 2013年03月
      • ニホンザルは何を手がかりにして、群れのまとまりを保っているか?
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        第60回日本生態学会, 2013年03月, 査読有り
      • 動物の行動観察から見えてくるもの
        杉浦秀樹
        哺乳類科学, 2013年
      • ヤクシマザル研究史を概観する
        杉浦 秀樹
        屋久島研究会~楽しく学ぼう屋久島のこと, 2012年12月, 招待有り
      • ニホンザル(Macaca fuscata)におけるマウンティングパタンの戦略的・戦術的相違.
        中川尚史; 杉浦秀樹; 松原幹; 早川祥子; 藤田志歩; 鈴木滋; 下岡ゆき子; 西川真理; 鈴木真理子
        日本哺乳類学会 2012 年度大会, 2012年09月
      • ニホンザルは群れのまとまりをどうやって保っているのか
        杉浦 秀樹
        日本哺乳類学会 2012 年度大会, 2012年09月, 招待有り
      • 野生ニホンザルにおけるなき交わし頻度の集団差:集団サイズ、凝集性、利用環境の影響
        鈴木真理子; 杉浦秀樹
        第28回日本霊長類学会, 2012年07月
      • クモザルのパーティ内の個体の広がりに見られるバリエーション
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; Link Andre's; Di Fiore Anthony
        第28回日本霊長類学会, 2012年07月
      • ニホンザルとクモザルのサブグルーピングの比較
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; Di Fiore A; 辻大和; Link A
        日本霊長類学会 (2012/07/06-08, 椙山女学園大学), 2012年07月, 査読有り
      • 火山が噴火した!幸島ニホンザルへの影響は?
        鈴村崇文; 冠地富士男; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        第14 回SAGA シンポジウム(2011/11,熊本), 2011年11月, 査読有り
      • ニホンザルは群れのまとまりを保つために、どのような動きをしているか
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        日本哺乳類学会2011年度大会, 2011年09月
      • 野生ニホンザルメスにおける発情の同調と交尾戦略
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 清水慶子
        日本哺乳類学会2011 年度大会(2011, 宮崎)., 2011年09月, 査読有り
      • ニホンザル野生群における群れの凝集性の維持機構
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        第27回日本霊長類学会大会, 2011年07月
      • 新燃岳噴火による幸島野生ニホンザルへの影響の報告
        鈴村崇文; 冠地富士男; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        Animal2011 :日本動物心理学会(第71 回)・日本動物行動学会( 第30 回)・応用動物行動学会/日本家畜管理学会(2011年度)合同大会. (2011/9, 東京) ., 2011年07月, 査読有り
      • 森林の視界環境がニホ ンザルの他個体モニタリング行動に与える影響
        鈴木真理子; 杉浦秀樹
        日生態学会第58 回全国大会 (2011/03, 札幌)., 2011年03月, 査読有り
      • 屋久島におけるニホンザル行動域の長期的な移動
        杉浦秀樹
        日本生態学会第58 回全国大会(2011/03, 札幌), 2011年03月
      • ニホンザルの群れにおける個体間距離の変動と行動との関連
        Sugiura H; Shimooka Y; Tsuji Y
        XXIIIth International Primatological Congress (2010/09, Kyoto)., 2010年09月, 査読有り
      • クモザルの離合集散時における発声行動-ニホンザルとの比較
        Shimooka Y; Sugiura H; Link A; Di Fiore A
        International Primatological Society XXIIl Congress, 2010年09月, 査読有り
      • 野生ニホンザルにおける人口学的データ
        Suzumura T; Kanchi F; Sugiura H; Matsuzawa T; Idani G
        International Primatological Society XXIIl Congress (2010/09, Kyoto)., 2010年09月, 査読有り
      • 幸島野性ニホンザルにおける58年間の人口統計学的解析
        鈴村崇文; 冠地富士男; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        第13 回SAGAシンポジウム.(2010/11, 神奈川)., 2010年, 査読有り
      • ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異
        中川尚史; 杉浦秀樹; 松原幹; 早川祥子; 藤田志歩; 鈴木滋; 下岡ゆき子; 西川真理
        日本霊長類学会大会, 2009年07月
      • 幸島における餌付けニホンザルの体重変異..
        鈴村崇文; 冠地富士男; 山口直嗣; 森明雄; 渡邊邦夫; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        第25回日本霊長類学会大会 (2009/07/19/-20, 各務原)., 2009年, 査読有り
      • 屋久島におけるニホンザルの群れの消滅.
        杉浦秀樹; 早川祥子
        (2009) 第56回日本生態学会大会(2009/03, 盛岡)., 2009年, 査読有り
      • ニホンザルとクモザルにおける群れ内の個体の空間分布
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; LINK Andres; DI FIORE Anthony; RAMILEZ Monica A.
        霊長類研究, 2008年
      • Variation in spatial spread and behavioral correlates in a group of Japanese macaques.
        Sugiura H; Shimooka Y; Tsuji Y
        Symposium on Comparative Cognitive Science 2008 “Primate Origins of Human Mind” (2008/05, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • ニホンザルにおけるアカンボウ運搬行動に影響する要因
        原澤牧子; 杉浦秀樹
        第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京)., 2008年, 査読有り
      • ニホンザルの群れの空間的な広がりとその変化
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        日本生態学会第55回全国大会 (2008/03, 福岡), 2008年, 査読有り
      • 野生ニホンザルの交尾行動―メスの配偶者選択とオス間競合―
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 清水慶子
        日本生態学会第55回全国大会 (2008/03, 福岡), 2008年, 査読有り
      • アラビア半島のマントヒヒ集団における, Y 染色体上のSTR 遺伝子多型について.
        山根明弘; 庄武孝義; 森明雄; 杉浦秀樹; Boug Ahmed; 岩本俊孝
        (2008) 日本哺乳類学会2008 年度大会 (2008/09, 山口)., 2008年, 査読有り
      • ニホンザルの群れの大きさ.
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        (2008) 第24 回日本霊長類学会大会(2008/07, 東京)., 2008年, 査読有り
      • ニホンザルの音声コミュニケーション.
        杉浦秀樹
        (2008) 日本哺乳類学会 企画シンポジウム 「音声コミュニケーションからみる動物の社会」 (2008/09, 山口)., 2008年, 査読有り
      • ニホンザルとクモザルにおける群れ内の個体の空間分布の比較.
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; Link Andres; DiFiore Anthony; Ramilez Monica A
        (2008) 第24 回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京)., 2008年, 査読有り
      • 野生ニホンザルの個体数変動
        杉浦秀樹; 田中俊明; 揚妻直樹; 早川祥子; 香田啓貴; 早石周平; 柳原芳美; 半谷吾郎; 藤田志歩; 松原幹; 宇野壮春; 清野未恵子; 鈴木真理子; 西川真理; 室山泰之
        第54回日本生態学会大会 (2007年3月, 松山), 2007年03月
      • 行動に随伴した嫌悪刺激の呈示によるニホンザルの行動制御
        鈴木克哉; 川合伸幸; 杉浦秀樹; 柴崎全弘; 友永雅己; 室山泰之
        野生生物保護学会第13回大会 (2007/11, 流山), 2007年, 査読有り
      • ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性(第1報)
        中川尚史; 杉浦秀樹; 松原幹; 早川祥子; 藤田志歩; 鈴木滋; 下岡ゆき子; 西川真理
        第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根), 2007年, 査読有り
      • ニホンザルのグルーミング交渉における交渉相手選択の流れ―交渉直前のやり取りが交渉相手選択に与える影響について―
        神田恵; 室山泰之; 杉浦秀樹
        第26回日本動物行動学会大会 (2007, 京都), 2007年, 査読有り
      • 金華山島のニホンザルにおける,群れの広がりと発声の関連
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; 辻大和
        第54回日本生態学会大会 (2007年3月, 松山), 2007年, 査読有り
      • テナガザルの音声の変異性
        親川千紗子; 香田啓貴; 杉浦秀樹
        第143回日本動物心理学会例会 (2007年3月, 名古屋), 2007年, 査読有り
      • 野生ニホンザルの繁殖パラメータに影響を及ぼす要因
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 佐藤静枝; 高橋弘之; 辻大和; 風張喜子
        第53回日本生態学会大会 (2006年3月, 新潟)., 2006年, 査読有り
      • 金華山における野生ニホンザルメスの繁殖パラメータ:順位および個体数変動の影響
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 佐藤静枝; 高橋弘之; 辻大和; 風張喜子
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪) 霊長類研究 22 Suppl: S-15., 2006年, 査読有り
      • 屋久島におけるニホンザルの個体数変動
        杉浦 秀樹; 松原 幹; 宇野 壮春; 清野 未恵子; 鈴木 真理子; 西川 真理; 室山 泰之; 田中 俊明; 揚妻 直樹; 早川 祥子; 香田 啓貴; 早石 周平; 柳原 芳美; 半谷 吾郎; 藤田 志歩
        霊長類研究 Supplement, 2006年, 査読有り
      • 金華山のサル・交尾期における追随オスの頭数
        藤田志歩; 杉浦秀樹
        宮城県のニホンザル, 2005年
      • [要修正]
        Koda, H; Shimooka, Y; Sugiura, H
        IX International Mammalogical Congress (Aug. 2005, Sapporo, Japan)., 2005年, 査読有り
      • Hormonal profiles and mating strategy in wild female Japanese macaques.
        Fujita, S; Sugiura, H; Mitsunaga, F; Shimizu, K
        Satellite Symposium of IX International Mammalogical Congress (Aug. 2005, Otaru, Japan)., 2005年, 査読有り
      • Socio-ecological study on commensal hamadryas baboons in Saudi Arabia.
        Mori A; Yamane A; Sugiura H; Shotake T; Boug A; Iwamoto T
        (2005)21c COE International Symposium, Recent Perspectives on Diversity and Evolution of Primates (Mar. 2005, Inuyama, Japan)., 2005年, 査読有り
      • 野生ニホンザルにおける発声頻度の地域差
        香田啓貴; 下岡ゆき子; 杉浦秀樹
        京都大学21世紀COEプログラム「生物多様性研究の統合のための拠点形成」研究成果発表会 (2005年2月, 京都), 2005年, 査読有り
      • ニホンザルの群れの広がりII:近接の維持とコミュニケーション
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; 辻大和
        第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Supplement), 2005年, 査読有り
      • サウジアラビアのマントヒヒ共生群の社会構造:地域集団
        森明雄; 山根明宏; 岩本俊孝; 杉浦秀樹; 庄武孝義; ブーク・アフメド
        第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Supplement)., 2005年, 査読有り
      • 金華山島のニホンザルにおけるサブグルーピングについて
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹
        霊長類研究, 2004年
      • オスニホンザルの糞中テストステロンの季節変動
        室山泰之; 清水慶子; 杉浦秀樹
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Suppl): 5., 2004年, 査読有り
      • マントヒヒのグルーピングパターンと集団構成
        杉浦秀樹
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(supplement): 7., 2004年, 査読有り
      • 西部林道のサル(とサル研究者
        杉浦秀樹
        第5回屋久島フィールドワーク公開講座(2003年8月, 上屋久町)., 2003年, 査読有り
      • 屋久島における野生ニホンザルの個体数・出産率の変動
        杉浦秀樹; 田中俊明; 松原幹; 半谷吾郎; 早石周平; 早川祥子; 香田啓貴; 室山泰之; 揚妻直樹; 相場可奈; 小山陽子; 柳原芳美
        日本哺乳類学会2002年度大会 (2002年10月, 富山) プログラム・講演要旨集 : 136., 2002年, 査読有り
      • ニホンザルにおける群れの広がりの推定
        杉浦秀樹; 藤田志歩; 斉藤千映美
        第48回日本生態学会 (2001年3月,熊本).講演要旨集 p. 179., 2001年, 査読有り
      • GPSを用いた野生ニホンザルの群れの広がりの推定
        杉浦秀樹; 斉藤千映美; 藤田志歩
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月,名古屋).霊長類研究16 (3) : 268., 2000年, 査読有り
      • ニホンザルの方言と生息地における音響伝搬
        杉浦 秀樹; 正高 信男
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 1999年09月01日
      • 群れの出会いの頻度と群間競合:ニホンザル二地域集団の比較
        杉浦秀樹; 斉藤千映美; 佐藤静枝; 揚妻直樹; 高畑由起夫; 高橋弘之; 古市剛史
        第46回日本生態学会大会 (1999年3月, 松本). 要旨集 p. 155., 1999年, 査読有り
      • ニホンザルの交尾期における近接関係と敵対的交渉
        杉浦秀樹; 斉藤千映美; 藤田志歩
        第45回日本生態学会大会 (1998年3月, 京都)。 予稿集 p. 140, 1998年, 査読有り
      • 屋久島の野生ニホンザルにおける餌付き方の変化
        杉浦秀樹; 松原幹; 揚妻直樹; 小山陽子; 佐々木ちさと; 清地香織; 田中俊明; 大谷達也; 小林直子
        第14回日本霊長類学会大会 (1998年6月, 岡山). 霊長類研究 14 (3): 257., 1998年, 査読有り
      • ニホンザルのクー・コールの音響的特徴の変異と個体間距離の対応
        杉浦秀樹
        第17回日本動物行動学会大会 (1998年11月, 東京). 要旨集 p. 50., 1998年, 査読有り
      • 野生ニホンザルの糞便中ステロイドホルモン測定法の検討
        松室三重; 竹ノ下祐二; 室山泰之; 杉浦秀樹; 山海直; 吉田高志
        第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌)。霊長類研究 13 (3):281., 1997年, 査読有り
      • 金華山の野生ニホンザルにおける交尾期の近接関係
        杉浦秀樹; 斉藤千映美
        第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌)。 霊長類研究 13 (3): 257, 1997年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 屋久島世界遺産地域におけるヤクシカの減少過程-Natural process regulationの可能性
        揚妻直樹; 揚妻(柳原)芳美; 杉浦秀樹
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2021年
      • ヤクシマザルへの餌付けを考える
        杉浦秀樹
        屋久島学ソサエティ第7回大会, 2019年12月07日
      • 屋久島西部低地林における過去20年間の野生ニホンザルの個体数変動
        杉浦 秀樹; 田中 俊明; Macintosh Andrew; 清野 未恵子; 大谷 洋介; 室山 泰之; 西川 真理; 持田 浩治; 半沢 真帆; 澤田 晶子; Bonaventura Majolo; 早川 祥子; Hernandez Alexander D.; 原澤 牧子; 栗原 洋介; 香田 啓貴; 鈴木 真理子; 菅谷 和沙; 藤田 志歩; 田伏 良幸; 川添 達朗
        霊長類研究 Supplement, 2019年, 日本霊長類学会
      • 屋久島・西部林道のニホンザル調査
        杉浦秀樹
        屋久島学ソサエティ第6回大会, 2018年12月16日, 招待有り
      • 屋久島西部地域には、クスノキがどれくらい植えられているか?無人航空機と地上調査による推定
        杉浦秀樹
        屋久島学ソサエティ第5回大会, 2017年12月09日
      • 屋久島西部地域での自動撮影カメラを用いたシカの密度推定
        杉浦秀樹
        屋久島学ソサエティ第5回大会, 2017年12月09日
      • Endocrinological characteristic of Yaku sika deer
        Kinoshita K; Agetsuma-Yanagihara Y; Agetsuma N; Sugiura H; Hanya G; Hayakawa T; Yanagawa Y
        The 7th International Seminar on Biodiversity and Evolution: Genetic and Hormonal Analyses on Wild Animals, 2017年11月
      • ヤクシカにおける糞中性ステロイドホルモン濃度の季節変化―エゾシカと比較して―
        木下こづえ; 揚妻‐柳原芳美; 揚妻直樹; 杉浦秀樹; 半谷吾郎; 早川卓志; 栁川洋二郎
        第23回野生動物医学会大会, 2017年09月
      • 屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察
        杉浦秀樹; 揚妻直樹; 揚妻(柳原; 芳美; 藤田志歩; 田中俊明; 鈴木真理子; 相場可奈; 香田啓貴; 原澤牧子; 室山泰之; 清水桃子; 川添達朗; 澤田晶子; 杉浦陽子; 浅井隆之; 早石周平; 久保律子; 五島渉
        霊長類研究, 2017年07月01日
      • 屋久島の一次林と二次林における中・大型動物の生息密度の比較
        杉浦 秀樹
        第62回日本生態学会大会, 2015年03月
      • 高橋明子,鈴村崇文,冠地富士男,山口直嗣,杉浦秀樹,伊谷原一 (2015)ニホンザルの生涯にわたる体重曲線と環境・順位との関係
        杉浦 秀樹
        第62回日本生態学会大会, 2015年03月
      • 屋久島西部地域の古い人工物と過去の土地利用
        杉浦 秀樹
        屋久島学ソサエティ第2回大会, 2014年12月
      • Long-term study of wild Japanese macaques
        杉浦 秀樹
        The 3rd International Workshop on Tropical Biodiversity and Conservation, 2014年09月
      • Polulation viability analysis in Koshima island, Japan.
        Takahashi A; Suzumura T; Arnaud C; Inoue-Murayama M; Kanchi F; Yamaguchi N; Sugiura H; Idani G
        The 25th Congress of the International Primatological Society, 2014年08月
      • 震災後の宮城県金華山島での調査活動
        杉浦 秀樹
        第30回日本霊長類学会大会・自由集会, 2014年07月, 招待有り
      • カメラトラップを用いたヤクシマザルの密度推定
        杉浦 秀樹
        第30回日本霊長類学会大会, 2014年07月
      • 幸島のニホンザルにおける個体群存続可能性解析―給餌制限による環境収容力の縮小の影響―
        高橋 明子; 鈴村 崇文; 冠地; 富士男; 山口 直嗣; 杉浦 秀樹; 伊谷 原一
        第61回日本生態学会大会, 2014年06月
      • ニホンザルの鳴き声を調べる
        杉浦 秀樹
        屋久島学ソサエティ設立大会, 2013年12月
      • 次世代シークエンサーによる屋久島のニホンザル(Macaca fuscata yakui)の採食品目及び腸内細菌叢の網羅的探索
        杉浦 秀樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • 屋久島低標林におけるカメラトラップによる哺乳類の密度推定(予報)
        杉浦 秀樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • ニホンザルの育児投資-地形の違いと母子間距離の発達的変化-
        原澤 牧子; 杉浦 秀樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • Behavioral study in wild Japanese monkeys
        杉浦 秀樹
        2nd International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation, 2013年09月
      • ニホンザルは何を手がかりにして、群れのまとまりを保っているか?
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        第60回日本生態学会, 2013年03月
      • Survey of Mammals and Field School in Yakushima Island
        杉浦 秀樹
        Kick-off symposium of Primatology, Wildlefe Science Leading Graduate School, 2013年03月
      • 動物の行動観察から見えてくるもの
        杉浦秀樹
        哺乳類科学, 2013年
      • ヤクシマザル研究史を概観する
        杉浦 秀樹
        屋久島研究会~楽しく学ぼう屋久島のこと, 2012年12月, 招待有り
      • ニホンザルは群れのまとまりをどうやって保っているのか
        杉浦 秀樹
        日本哺乳類学会 2012 年度大会, 2012年09月, 招待有り
      • ニホンザル(Macaca fuscata)におけるマウンティングパタンの戦略的・戦術的相違.
        中川尚史; 杉浦秀樹; 松原幹; 早川祥子; 藤田志歩; 鈴木滋; 下岡ゆき子; 西川真理; 鈴木真理子
        日本哺乳類学会 2012 年度大会, 2012年09月
      • ニホンザルとクモザルのサブグルーピングの比較
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; Di Fiore A; 辻大和; Link A
        日本霊長類学会 (2012/07/06-08, 椙山女学園大学), 2012年07月
      • クモザルのパーティ内の個体の広がりに見られるバリエーション
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; Link Andre's; Di Fiore Anthony
        第28回日本霊長類学会, 2012年07月
      • 野生ニホンザルにおけるなき交わし頻度の集団差:集団サイズ、凝集性、利用環境の影響
        鈴木真理子; 杉浦秀樹
        第28回日本霊長類学会, 2012年07月
      • 火山が噴火した!幸島ニホンザルへの影響は?
        鈴村崇文; 冠地富士男; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        第14 回SAGA シンポジウム(2011/11,熊本), 2011年11月
      • 野生ニホンザルメスにおける発情の同調と交尾戦略
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 清水慶子
        日本哺乳類学会2011 年度大会(2011, 宮崎)., 2011年09月
      • ニホンザルは群れのまとまりを保つために、どのような動きをしているか
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        日本哺乳類学会2011年度大会, 2011年09月
      • 新燃岳噴火による幸島野生ニホンザルへの影響の報告
        鈴村崇文; 冠地富士男; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        Animal2011 :日本動物心理学会(第71 回)・日本動物行動学会( 第30 回)・応用動物行動学会/日本家畜管理学会(2011年度)合同大会. (2011/9, 東京) ., 2011年07月
      • ニホンザル野生群における群れの凝集性の維持機構
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        第27回日本霊長類学会大会, 2011年07月
      • 屋久島におけるニホンザル行動域の長期的な移動
        杉浦秀樹
        日本生態学会第58 回全国大会(2011/03, 札幌), 2011年03月
      • 森林の視界環境がニホ ンザルの他個体モニタリング行動に与える影響
        鈴木真理子; 杉浦秀樹
        日生態学会第58 回全国大会 (2011/03, 札幌)., 2011年03月
      • 野生ニホンザルにおける人口学的データ
        Suzumura T; Kanchi F; Sugiura H; Matsuzawa T; Idani G
        International Primatological Society XXIIl Congress (2010/09, Kyoto)., 2010年09月
      • クモザルの離合集散時における発声行動-ニホンザルとの比較
        Shimooka Y; Sugiura H; Link A; Di Fiore A
        International Primatological Society XXIIl Congress, 2010年09月
      • ニホンザルの群れにおける個体間距離の変動と行動との関連
        Sugiura H; Shimooka Y; Tsuji Y
        XXIIIth International Primatological Congress (2010/09, Kyoto)., 2010年09月
      • 幸島野性ニホンザルにおける58年間の人口統計学的解析
        鈴村崇文; 冠地富士男; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        第13 回SAGAシンポジウム.(2010/11, 神奈川)., 2010年
      • ニホンザルについてもっと知ろう―その生態と行動の不思議
        東山動植物園 動物講演会, 2009年11月, 東山動植物園
      • ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異
        中川尚史; 杉浦秀樹; 松原幹; 早川祥子; 藤田志歩; 鈴木滋; 下岡ゆき子; 西川真理
        日本霊長類学会大会, 2009年07月
      • 屋久島におけるニホンザルの群れの消滅.
        杉浦秀樹; 早川祥子
        (2009) 第56回日本生態学会大会(2009/03, 盛岡)., 2009年
      • 幸島における餌付けニホンザルの体重変異..
        鈴村崇文; 冠地富士男; 山口直嗣; 森明雄; 渡邊邦夫; 杉浦秀樹; 松沢哲郎; 伊谷原一
        第25回日本霊長類学会大会 (2009/07/19/-20, 各務原)., 2009年
      • ニホンザルとクモザルにおける群れ内の個体の空間分布の比較.
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; Link Andres; DiFiore Anthony; Ramilez Monica A
        (2008) 第24 回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京)., 2008年
      • ニホンザルの音声コミュニケーション.
        杉浦秀樹
        (2008) 日本哺乳類学会 企画シンポジウム 「音声コミュニケーションからみる動物の社会」 (2008/09, 山口)., 2008年
      • ニホンザルの群れの大きさ.
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        (2008) 第24 回日本霊長類学会大会(2008/07, 東京)., 2008年
      • アラビア半島のマントヒヒ集団における, Y 染色体上のSTR 遺伝子多型について.
        山根明弘; 庄武孝義; 森明雄; 杉浦秀樹; Boug Ahmed; 岩本俊孝
        (2008) 日本哺乳類学会2008 年度大会 (2008/09, 山口)., 2008年
      • 野生ニホンザルの交尾行動―メスの配偶者選択とオス間競合―
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 清水慶子
        日本生態学会第55回全国大会 (2008/03, 福岡), 2008年
      • ニホンザルの群れの空間的な広がりとその変化
        杉浦秀樹; 下岡ゆき子; 辻大和
        日本生態学会第55回全国大会 (2008/03, 福岡), 2008年
      • ニホンザルにおけるアカンボウ運搬行動に影響する要因
        原澤牧子; 杉浦秀樹
        第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京)., 2008年
      • Variation in spatial spread and behavioral correlates in a group of Japanese macaques.
        Sugiura H; Shimooka Y; Tsuji Y
        Symposium on Comparative Cognitive Science 2008 “Primate Origins of Human Mind” (2008/05, Kyoto)., 2008年
      • ニホンザルとクモザルにおける群れ内の個体の空間分布
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; LINK Andres; DI FIORE Anthony; RAMILEZ Monica A.
        霊長類研究, 2008年
      • 野生ニホンザルの個体数変動
        杉浦秀樹; 田中俊明; 揚妻直樹; 早川祥子; 香田啓貴; 早石周平; 柳原芳美; 半谷吾郎; 藤田志歩; 松原幹; 宇野壮春; 清野未恵子; 鈴木真理子; 西川真理; 室山泰之
        第54回日本生態学会大会 (2007年3月, 松山), 2007年03月
      • テナガザルの音声の変異性
        親川千紗子; 香田啓貴; 杉浦秀樹
        第143回日本動物心理学会例会 (2007年3月, 名古屋), 2007年
      • 金華山島のニホンザルにおける,群れの広がりと発声の関連
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; 辻大和
        第54回日本生態学会大会 (2007年3月, 松山), 2007年
      • ニホンザルのグルーミング交渉における交渉相手選択の流れ―交渉直前のやり取りが交渉相手選択に与える影響について―
        神田恵; 室山泰之; 杉浦秀樹
        第26回日本動物行動学会大会 (2007, 京都), 2007年
      • ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性(第1報)
        中川尚史; 杉浦秀樹; 松原幹; 早川祥子; 藤田志歩; 鈴木滋; 下岡ゆき子; 西川真理
        第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根), 2007年
      • 行動に随伴した嫌悪刺激の呈示によるニホンザルの行動制御
        鈴木克哉; 川合伸幸; 杉浦秀樹; 柴崎全弘; 友永雅己; 室山泰之
        野生生物保護学会第13回大会 (2007/11, 流山), 2007年
      • 屋久島におけるニホンザルの個体数変動
        杉浦 秀樹; 松原 幹; 宇野 壮春; 清野 未恵子; 鈴木 真理子; 西川 真理; 室山 泰之; 田中 俊明; 揚妻 直樹; 早川 祥子; 香田 啓貴; 早石 周平; 柳原 芳美; 半谷 吾郎; 藤田 志歩
        霊長類研究 Supplement, 2006年, 日本霊長類学会
      • 金華山における野生ニホンザルメスの繁殖パラメータ:順位および個体数変動の影響
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 佐藤静枝; 高橋弘之; 辻大和; 風張喜子
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪) 霊長類研究 22 Suppl: S-15., 2006年
      • 野生ニホンザルの繁殖パラメータに影響を及ぼす要因
        藤田志歩; 杉浦秀樹; 佐藤静枝; 高橋弘之; 辻大和; 風張喜子
        第53回日本生態学会大会 (2006年3月, 新潟)., 2006年
      • サウジアラビアのマントヒヒ共生群の社会構造:地域集団
        森明雄; 山根明宏; 岩本俊孝; 杉浦秀樹; 庄武孝義; ブーク・アフメド
        第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Supplement)., 2005年
      • ニホンザルの群れの広がりII:近接の維持とコミュニケーション
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹; 辻大和
        第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Supplement), 2005年
      • 野生ニホンザルにおける発声頻度の地域差
        香田啓貴; 下岡ゆき子; 杉浦秀樹
        京都大学21世紀COEプログラム「生物多様性研究の統合のための拠点形成」研究成果発表会 (2005年2月, 京都), 2005年
      • Socio-ecological study on commensal hamadryas baboons in Saudi Arabia.
        Mori A; Yamane A; Sugiura H; Shotake T; Boug A; Iwamoto T
        (2005)21c COE International Symposium, Recent Perspectives on Diversity and Evolution of Primates (Mar. 2005, Inuyama, Japan)., 2005年
      • Hormonal profiles and mating strategy in wild female Japanese macaques.
        Fujita, S; Sugiura, H; Mitsunaga, F; Shimizu, K
        Satellite Symposium of IX International Mammalogical Congress (Aug. 2005, Otaru, Japan)., 2005年
      • 金華山のサル・交尾期における追随オスの頭数
        藤田志歩; 杉浦秀樹
        宮城県のニホンザル, 2005年
      • マントヒヒのグルーピングパターンと集団構成
        杉浦秀樹
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(supplement): 7., 2004年
      • オスニホンザルの糞中テストステロンの季節変動
        室山泰之; 清水慶子; 杉浦秀樹
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Suppl): 5., 2004年
      • 金華山島のニホンザルにおけるサブグルーピングについて
        下岡ゆき子; 杉浦秀樹
        霊長類研究, 2004年
      • 西部林道のサル(とサル研究者)
        杉浦秀樹
        第5回屋久島フィールドワーク公開講座(2003年8月, 上屋久町)., 2003年
      • 屋久島における野生ニホンザルの個体数・出産率の変動
        杉浦秀樹; 田中俊明; 松原幹; 半谷吾郎; 早石周平; 早川祥子; 香田啓貴; 室山泰之; 揚妻直樹; 相場可奈; 小山陽子; 柳原芳美
        日本哺乳類学会2002年度大会 (2002年10月, 富山) プログラム・講演要旨集 : 136., 2002年
      • ニホンザルにおける群れの広がりの推定
        杉浦秀樹; 藤田志歩; 斉藤千映美
        第48回日本生態学会 (2001年3月,熊本).講演要旨集 p. 179., 2001年
      • GPSを用いた野生ニホンザルの群れの広がりの推定
        杉浦秀樹; 斉藤千映美; 藤田志歩
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月,名古屋).霊長類研究16 (3) : 268., 2000年
      • 群れの出会いの頻度と群間競合:ニホンザル二地域集団の比較
        杉浦秀樹; 斉藤千映美; 佐藤静枝; 揚妻直樹; 高畑由起夫; 高橋弘之; 古市剛史
        第46回日本生態学会大会 (1999年3月, 松本). 要旨集 p. 155., 1999年
      • ニホンザルのクー・コールの音響的特徴の変異と個体間距離の対応
        杉浦秀樹
        第17回日本動物行動学会大会 (1998年11月, 東京). 要旨集 p. 50., 1998年
      • 屋久島の野生ニホンザルにおける餌付き方の変化
        杉浦秀樹; 松原幹; 揚妻直樹; 小山陽子; 佐々木ちさと; 清地香織; 田中俊明; 大谷達也; 小林直子
        第14回日本霊長類学会大会 (1998年6月, 岡山). 霊長類研究 14 (3): 257., 1998年
      • ニホンザルの交尾期における近接関係と敵対的交渉
        杉浦秀樹; 斉藤千映美; 藤田志歩
        第45回日本生態学会大会 (1998年3月, 京都)。 予稿集 p. 140, 1998年
      • 金華山の野生ニホンザルにおける交尾期の近接関係
        杉浦秀樹; 斉藤千映美
        第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌)。 霊長類研究 13 (3): 257, 1997年
      • 野生ニホンザルの糞便中ステロイドホルモン測定法の検討
        松室三重; 竹ノ下祐二; 室山泰之; 杉浦秀樹; 山海直; 吉田高志
        第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌)。霊長類研究 13 (3):281., 1997年

      書籍等出版物

      • The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments. (The Japanese Macaques)
        Koda H; Sugiura H, 分担執筆
        (ed. Nakagawa N, Nakamich M, Sugiura H) p.165-190 Springer., 2010年, 査読無し
      • The Japanese macaques
        中川, 尚史; 中道, 正之; 杉浦, 秀樹(理学)
        Springer, 2010年
      • 屋久島フィールドワーク講座報告書
        杉浦, 秀樹(理学); 金子, 陽子
        [出版者不明], 2000年03月
      • オランウータンとともに : 失われゆくエデンの園から
        Galdikas, Biruté Marija Filomena; 杉浦, 秀樹(理学); 斉藤, 千映美; 長谷川, 寿一
        新曜社, 1999年06月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 屋久島の低地一次林と二次林における中・大型動物の生息密度調査と植生へ影響の評価
        基盤研究(C)
        京都大学
        杉浦 秀樹
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        原生林;二次林;一次林;ニホンジカ;ニホンザル;自動撮影カメラ;密度推定;生態系保全
      • ニホンザルの社会的慣習:インテンシヴ&エクステンシヴ・アプローチ
        基盤研究(B)
        京都大学
        中川 尚史
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        抱擁行動;文化;個体群間変異;社会行動;映像資料;抱擁;代替;個体群内変異;代替行動;発達;個体発生;文化人類学;民俗学;行動学;動物;霊長類
      • 過去の植生改変は、現在のニホンザル個体群を不安定にしているか?
        基盤研究(C)
        京都大学
        杉浦 秀樹
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ニホンザル;人為的改変;二次林;個体群;個体密度;屋久島;密度;人為的攪乱;一次林;ニホンジカ;環境改変;生息密度
      • 野生動物保全のためのゲノム・細胞バンクの構築と活用
        基盤研究(B)
        京都大学
        村山 美穂
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        遺伝子;ゲノム;細胞;野生動物;データベース;動物;細胞・組織
      • 霊長類における群れの凝集性の調節に関する比較研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        杉浦 秀樹
        自 2010年10月20日, 至 2013年03月31日, 完了
        凝集性;社会構造;GPS;季節性;ニホンザル;個体間距離;クモザル;群れの凝集性;二個体同時追跡;種間比較
      • 希少野生動物のDNA Zooと遺伝子解析による行動予測システムの構築
        基盤研究(B)
        京都大学
        村山 美穂
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        遺伝資源保全;野生動物;血縁解析;遺伝子多様性;行動解析
      • ニホンザルにおける個体群動態:密度効果と群間・群内競合の検討
        若手研究(B)
        京都大学
        杉浦 秀樹
        完了
        ニホンザル;個体群動態;密度効果;群間競合;群内競合
      • 群れの空間構造:個体の行動から群れ全体の構造を探る
        若手研究(B)
        京都大学
        杉浦 秀樹
        完了
        GPS;空間構造;ニホンザル;個体間距離;サブグルーピング
      • 重層社会を作るヒヒ類の社会生態学的、集団遺伝学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        森 明雄
        完了
        マントヒヒ;遺伝的変異性;ミトコンドリアDNA;ヒヒ類の種分化;重層社会;ワン・メイル・ユニット;父親の確認;父系, hamadryas baboons;genetic variability;Mt DNA;baboon speciation;multi-level social structure;one male unit;paternity;male philopatry
      • 野生ニホンザル・母系社会のオスの生活史
        基盤研究(B)
        宮城教育大学
        伊沢 紘生;伊澤 紘生
        完了
        ニホンザル;オスの生活史;群れ外オス;追随オス;非追随オス;ハナレオス;オスグループ;群れ離脱;金華山ニホンザル個体群;群れオスと群れ外オス;追随オスと非追随オス;群れ外オスの分布様式;群れ外オスの社会交渉;オス・グループの離合集散;群れ社会の変動;群れオスの変動;群れの遊動域拡張と群れ外オスの関係;群れ外オスの日周活動;群れ外オスの分布と頭数;オスグループの離合集散の実態;群れ外オス同士の社会交渉;群れオスと群れの関係;アカンボウの性比;オスの出自群離脱年齢;オスの履歴, Japanese monkey;Life history of the male;non-troop male;troop-following male;non-following male;solitary male;male-group;emigration from the troop
      • ヒトを含む霊長類における音声情報の認知発達:言語と音楽を用いた比較認知研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        正高 信男
        完了
        音声;音楽;言語;霊長類;分節化;文節化, vocalization;music;language;nonhuman primate;seqmentation

      外部資金:その他

      • ニホンザルの社会行動
      • ニホンザルの個体群動態
        自 1991年
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物基礎論Ⅲ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物基礎論Ⅵ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物と動物園科学(A群)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物と動物園科学(B群)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ I(A群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ I(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ II(A群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物研究のすすめ II(B群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          野生動物研究のすすめ I(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          野生動物研究のすすめ II(B群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          野生動物研究のすすめI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          野生動物研究のすすめII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物ゼミナール IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          フィールド科学実習A
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物研究のすすめI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物研究のすすめII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          フィールド科学実習A
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物ゼミナール IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物研究のすすめII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          保全生物学
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          フィールド科学実習B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          フィールド科学実習B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          保全生物学
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野外生物学実習 B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野外生物学実習 B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          保全生物学
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野外生物学実習 B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          保全生物学
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野外生物学実習A
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野外生物学実習 B
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物概論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物特論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物・行動生態基礎論
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          野生動物・行動生態野外実習
          前期集中, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            学生生活委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            学生生活委員会第三小委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2012年04月01日
            予算委員会 委員
          • 自 2015年04月01日
            将来構想委員会 委員
          • 自 2009年06月08日
            自己点検・評価委員会 委員長
          • 自 2009年06月08日
            共同利用・共同研究計画委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日
            研究倫理委員会 委員
          • 自 2012年04月01日
            情報セキュリティ委員会 委員長
          • 自 2012年04月01日
            情報セキュリティ技術責任者 委員長
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2021年01月, 至 現在
              Associate Editor, Primates
            • 自 2014年12月, 至 現在
              理事, 屋久島学ソサエティ
            • 自 2009年01月, 至 2020年12月
              Primates, Advisory Board
            • 自 2015年04月, 至 2017年03月
              会計監査, 日本霊長類学会
            • 自 2005年04月, 至 2008年03月
              自然保護幹事, 日本霊長類学会
            • 英文誌 編集委員, 日本哺乳類学会

            ページ上部へ戻る