教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

須田 理行

スダ マサユキ

工学研究科 分子工学専攻応用反応化学講座 准教授

須田 理行
list
    Last Updated :2022/08/08

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    学位

    • 修士(理学)(慶應義塾大学)
    • 博士(理学)(慶應義塾大学)

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院工学研究科分子工学専攻, 准教授
    • 自 2019年10月, 至 現在
      科学技術振興機構, さきがけ研究者(兼任)
    • 自 2012年09月, 至 2020年03月
      分子科学研究所, 協奏分子システム研究センター・山本グループ, 助教
    • 自 2011年04月, 至 2012年08月
      独立行政法人理化学研究所, 加藤分子物性研究室, 基礎科学特別研究員
    • 自 2010年04月, 至 2011年03月
      独立行政法人理化学研究所, 加藤分子物性研究室, 特別研究員
    • 自 2009年04月, 至 2010年03月
      日本学術振興会, 特別研究員(PD)
    • 自 2008年04月, 至 2009年03月
      日本学術振興会, 特別研究員(DC2)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/08

      研究

      研究分野

      • ナノテク・材料, 機能物性化学
      • ナノテク・材料, 薄膜、表面界面物性
      • 自然科学一般, 磁性、超伝導、強相関系
      • ナノテク・材料, 複合材料、界面
      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 電子デバイス、電子機器

      論文

      • テラヘルツパルス励起によるκ型BEDT-TTF塩のモット絶縁体-金属転移の研究
        山川 大路; 鹿野田 一司; 岡本 博; 宮本 辰也; 寺重 翼; 森本 剛史; 貴田 徳明; 山本 浩史; 須田 理行; 加藤 礼三; 宮川 和也
        日本物理学会講演概要集, 2017年
      • テラヘルツパルス励起による有機モット絶縁体κ型BEDT-TTF塩の常誘電-強誘電転移の研究
        山川 大路; 山本 浩史; 岡本 博; 戸部 光; 宮本 辰也; 寺重 翼; 森本 剛史; 貴田 徳明; 宮川 和也; 鹿野田 一司; 須田 理行
        日本物理学会講演概要集, 2017年
      • テラヘルツパルス励起による有機モット絶縁体κ型BEDT-TTF塩の電子状態制御の研究
        山川 大路; 山本 浩史; 岡本 博; 戸部 光; 宮本 辰也; 寺重 翼; 森本 剛史; 貴田 徳明; 宮川 和也; 鹿野田 一司; 須田 理行
        日本物理学会講演概要集, 2017年
      • 19aBH-1 有機モット絶縁体κ型BEDT-TTF塩のテラヘルツ電場誘起金属化と光誘起金属化
        山川 大路; 須田 理行; 加藤 礼三; 宮川 和也; 鹿野田 一司; 岡本 博; 竹中 崇了; 井尻 吉洋; 宮本 辰也; 寺重 翼; 小野 貴晃; 矢田 祐之; 貴田 徳明; 山本 浩史
        日本物理学会講演概要集, 2016年
      • 18pPSA-59 高強度テラヘルツ波によるダイマーモット系κ型BEDT-TTF塩の電子状態制御の研究
        戸部 光; 加藤 礼三; 宮川 和也; 鹿野田 一司; 岡本 博; 山川 大路; 宮本 辰也; 寺重 翼; 井尻 吉洋; 小野 貴晃; 矢田 祐之; 山本 浩史; 須田 理行
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 19aCF-9 テラヘルツ波励起による電荷秩序系分子性結晶の超高速強誘電分極制御III
        山川 大路; 森 初果; 岡本 博; 宮本 辰也; 五月女 真人; 木下 雄斗; 矢田 祐之; 貴田 徳明; 須田 理行; 山本 浩史; 加藤 礼三
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 16aAH-8 分子性ディラック電子系へのキャリア注入効果
        田嶋 尚也; 林 頌也; 川椙 義高; 須田 理行; 山本 浩史; 加藤 礼三; 西尾 豊; 梶田 晃示
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 20pAS-2 分子性ディラック電子系におけるスピン分裂
        林 頌也; 須佐 直人; 田嶋 尚也; 川椙 義高; 須田 理行; 山本 浩史; 加藤 礼三; 西尾 豊; 梶田 晃示
        日本物理学会講演概要集, 2016年
      • 20pAS-1 分子性ディラック電子系へのキャリア注入効果II
        田嶋 尚也; 林 頌也; 川椙 義高; 須田 理行; 山本 浩史; 加藤 礼三; 西尾 豊; 梶田 晃示
        日本物理学会講演概要集, 2016年
      • 16aAH-9 分子性ディラック電子系の低温輸送現象
        林 頌也; 小澤 拓弥; 田嶋 尚也; 川椙 義高; 須田 理行; 山本 浩史; 加藤 礼三; 西尾 豊; 梶田 晃示
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • Optical Conductivity Spectra of Charge-Crystal and Charge-Glass States in a Series of θ-Type BEDT-TTF Compounds
        Kenichiro Hashimoto; Ryota Kobayashi; Satoshi Ohkura; Satoru Sasaki; Naoki Yoneyama; Masayuki Suda; Hiroshi M. Yamamoto; Takahiko Sasaki
        Crystals, 2022年06月12日, 査読有り
      • Hybrid Chiral MoS 2 Layers for Spin‐Polarized Charge Transport and Spin‐Dependent Electrocatalytic Applications
        Zhiyun Bian; Kenichi Kato; Tomoki Ogoshi; Zhou Cui; Baisheng Sa; Yusuke Tsutsui; Shu Seki; Masayuki Suda
        Advanced Science, 2022年04月28日, 最終著者, 責任著者
      • Ubiquitous organic molecule-based free-standing nanowires with ultra-high aspect ratios
        Koshi Kamiya; Kazuto Kayama; Masaki Nobuoka; Shugo Sakaguchi; Tsuneaki Sakurai; Minori Kawata; Yusuke Tsutsui; Masayuki Suda; Akira Idesaki; Hiroshi Koshikawa; Masaki Sugimoto; G. B. V. S. Lakshmi; D. K. Avasthi; Shu Seki
        Nature Communications, 2021年12月, 査読有り
      • Terahertz-field-induced polar charge order in electronic-type dielectrics
        H. Yamakawa; T. Miyamoto; T. Morimoto; N. Takamura; S. Liang; H. Yoshimochi; T. Terashige; N. Kida; M. Suda; H. M. Yamamoto; H. Mori; K. Miyagawa; K. Kanoda; H. Okamoto
        Nature Communications, 2021年12月, 査読有り
      • Bulk Grain-Boundary Materials from Nanocrystals
        Yasutaka Nagaoka; Masayuki Suda; Insun Yoon; Na Chen; Hanjun Yang; Yuzi Liu; Brendan A. Anzures; Stephen W. Parman; Zhongwu Wang; Michael Grünwald; Hiroshi M. Yamamoto; Ou Chen
        Chem (Cell press), 2021年01月, 査読有り
      • Quantum Phase Transition in Organic Massless Dirac Fermion System α-(BEDT-TTF)2I3 under Pressure
        Yoshinari Unozawa; Yoshitaka Kawasugi; Masayuki Suda; Hiroshi M. Yamamoto; Reizo Kato; Yutaka Nishio; Koji Kajita; Takao Morinari; Naoya Tajima
        Journal of the Physical Society of Japan, 2020年12月15日, 査読有り
      • Effect of thiophene/furan substitution on organic field effect transistor properties of arylthiadiazole based organic semiconductors
        Anna Pachariyangkun; Masayuki Suda; Sarinya Hadsadee; Siriporn Jungsuttiwong; Phattananawee Nalaoh; Pichaya Pattanasattayavong; Taweesak Sudyoadsuk; Hiroshi M. Yamamoto; Vinich Promarak
        Journal of Materials Chemistry C, 2020年11月, 査読有り
      • Chirality-Induced Spin-Polarized State of a Chiral Crystal CrNb3S6
        Akito Inui; Ryuya Aoki; Yuki Nishiue; Kohei Shiota; Yusuke Kousaka; Hiroaki Shishido; Daichi Hirobe; Masayuki Suda; Jun-ichiro Ohe; Jun-ichiro Kishine; Hiroshi M. Yamamoto; Yoshihiko Togawa
        PHYSICAL REVIEW LETTERS, 2020年04月, 査読有り
      • Light-driven molecular switch for reconfigurable spin filters
        Masayuki Suda; Yuranan Thathong; Vinich Promarak; Hirotaka Kojima; Masakazu Nakamura; Takafumi Shiraogawa; Masahiro Ehara; Hiroshi M. Yamamoto
        Nature Communications, 2019年12月, 査読有り
      • Electrolyte-Gating-Induced Metal-Like Conduction in Nonstoichiometric Organic Crystalline Semiconductors under Simultaneous Bandwidth Control
        H. Ito; Y. Edagawa; J. Pu; H. Akutsu; M. Suda; H. M. Yamamoto; Y. Kawasugi; R. Haruki; R. Kumai; T. Takenobu
        Phys. Status Solidi, 2019年06月, 査読有り
      • Development of Highly Soluble Perylenetetracarboxylic Diimide Derivative for n-type Monolayer Field-effect-transistor
        Chooppawa T; Suda M; Uruichi M; Kunaseth M; Namuangruk S; Rashatasakhon P; Yamamoto HM
        Molecular Crystals and Liquid Crystals, 2019年05月, 査読有り
      • Photoinduced deformation and isomerization of azobenzene liquid-crystalline polymer films at cryogenic temperature
        Shunya Ogikubo; Gaku Hashimoto; Toru Ube; Masayuki Suda; Hiroshi Yamamoto; Tomiki Ikeda
        Molecular Crystals and Liquid Crystals, 2018年11月22日, 査読有り
      • An Ambipolar Superconducting Field‐Effect Transistor Operating above Liquid Helium Temperature
        Kawaguchi G; Bardin A. A; Suda M; Uruichi M; Yamamoto H. M
        Advanced Materials, 2018年11月, 査読有り
      • Size effects on supercooling phenomena in strongly correlated electron systems: IrTe2 and theta-(BEDT-TTF)(2)RbZn(SCN)(4)
        Oike, H.; Suda, M.; Kamitani, M.; Ueda, A.; Mori, H.; Tokura, Y.; Yamamoto, H. M.; Kagawa, F.
        Physical Review B, 2018年, 査読有り
      • Organic phase-transition transistor with strongly correlated electrons
        Yamamoto, H. M.; Suda, M.; Kawasugi, Y.
        Japanese Journal of Applied Physics, 2018年, 査読有り
      • Field-, strain- and light-induced superconductivity in organic strongly correlated electron systems
        Suda, M.; Yamamoto, H. M.
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年, 査読有り
      • A new photo-control method for organic inorganic interface dipoles and its application to photo-controllable molecular devices
        Masayuki Suda
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2018年, 査読有り
      • Mott transition by an impulsive dielectric breakdown
        H. Yamakawa; T. Miyamoto; T. Morimoto; T. Terashige; H. Yada; N. Kida; M. Suda; H. M. Yamamoto; R. Kato; K. Miyagawa; K. Kanoda; H. Okamoto
        NATURE MATERIALS, 2017年11月, 査読有り
      • Fabrication and Operation of Monolayer Mott FET at Room Temperature
        Fan Yang; Masayuki Suda; Hiroshi M. Yamamoto
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2017年11月, 査読有り
      • N-Type Superconductivity in an Organic Mott Insulator Induced by Light-Driven Electron-Doping
        Masayuki Suda; Naoto Takashina; Supawadee Namuangruk; Nawee Kungwan; Hidehiro Sakurai; Hiroshi M. Yamamoto
        ADVANCED MATERIALS, 2017年09月, 査読有り
      • Critical Behavior in Doping-Driven Metal-Insulator Transition on Single-Crystalline Organic Mott-FET
        Yoshiaki Sato; Yoshitaka Kawasugi; Masayuki Suda; Hiroshi M. Yamamoto; Reizo Kato
        NANO LETTERS, 2017年02月, 査読有り
      • Aperiodic quantum oscillations of particle-hole asymmetric Dirac cones
        Tisserond, E.; Fuchs, J. N.; Goerbig, M. O.; Auban-Senzier, P.; Meziere, C.; Batail, P.; Kawasugi, Y.; Suda, M.; Yamamoto, H. M.; Kato, R.; Tajima, N.; Monteverde, M.
        Epl, 2017年, 査読有り
      • 分子性2次元モット絶緑体におげるフィリング制御の新展開
        川椙 義高; 関 和弘; 須田 理行; 山本 浩史
        固体物理, 2016年12月
      • Novel electronic ferroelectricity in an organic charge-order insulator investigated with terahertz-pump optical-probe spectroscopy
        Hiroshi M. Yamamoto; Yamakawa, H.; Miyamoto, T.; Morimoto, T.; Yada, H.; Kinoshita, Y.; Sotome, M.; Kida, N.; Yamamoto, K.; Iwano, K.; Matsumoto, Y.; Watanabe, S.; Shimoi, Y.; Suda, M.; Yamamoto, H. M.; Mori, H.; Okamoto, H.
        Scientific Reports, 2016年, 査読有り
      • Light-induced superconductivity using a photoactive electric double layer
        Suda, Masayuki; Kato, Reizo; Yamamoto, Hiroshi M.
        Science, 2015年, 査読有り
      • Strain-Tunable Superconducting Field-Effect Transistor with an Organic Strongly-Correlated Electron System
        Masayuki Suda; Yoshitaka Kawasugi; Takeo Minari; Kazuhito Tsukagoshi; Reizo Kato; Hiroshi M. Yamamoto
        ADVANCED MATERIALS, 2014年06月, 査読有り
      • A strained organic field-effect transistor with a gate-tunable superconducting channel.
        Yamamoto HM; Nakano M; Suda M; Iwasa Y; Kawasaki M; Kato R
        Nature communications, 2013年, 査読有り
      • Quantum Hall effect in multilayered massless Dirac fermion systems with tilted cones
        Hiroshi M. Yamamoto; Tajima, Naoya; Yamauchi, Takahiro; Yamaguchi, Tatsuya; Suda, Masayuki; Kawasugi, Yoshitaka; Yamamoto, Hiroshi M.; Kato, Reizo; Nishio, Yutaka; Kajita, Koji
        Physical Review B, 2013年, 査読有り
      • Surface Modification of Ferromagnetic L1o FePt Nanoparticles Using Biotin-Avidin as Biomolecular Recognition Probes
        Anastasia W. Indrianingsih; Masayuki Suda; Yushi Heta; Koji Suzuki; Yasuaki Einaga
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2011年08月, 査読有り
      • Ferromagnetism of Pt nanoparticles induced by surface chemisorption
        Yasuhiro Sakamoto; Yojiro Oba; Hideyuki Maki; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga; Tetsuya Sato; Masaichiro Mizumaki; Naomi Kawamura; Motohiro Suzuki
        PHYSICAL REVIEW B, 2011年03月, 査読有り
      • N,N '-bis(2-hydroxy-3-methoxybenzylidene)-1,3-diaminopropane dimeric 4f and 3d-4f heterodinuclear complexes: Syntheses, crystal structures and magnetic properties
        Jing-Hua Wang; Peng-Fei Yan; Guang-Ming Li; Ju-Wen Zhang; Peng Chen; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga
        INORGANICA CHIMICA ACTA, 2010年11月
      • Room Temperature Ferromagnetism at the Interface between Nonmagnetic Semiconductors
        Yuka Yazaki; Masayuki Suda; Naoto Kameyama; Yasuaki Einaga
        CHEMISTRY LETTERS, 2010年06月, 査読有り
      • Correlations between structure and magnetism of three N,N '-ethylene-bis(3-methoxysalicylideneimine) gadolinium complexes
        Ting Gao; Peng-Fei Yan; Guang-Ming Li; Ju-Wen Zhang; Wen-Bin Sun; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga
        SOLID STATE SCIENCES, 2010年04月, 査読有り
      • One-dimensional salen-type heterospin trimetallic (3d-4f-3d′) chain-like coordination polymers
        Sun Wen Bin; Yan Peng Fei; Li Guang Ming; Zhang Ju Wen; Gao Ting; Suda Masayuki; Einaga Yasuaki
        Inorganic Chemistry Communications, 2010年01月
      • Two-Dimensional Lanthanide-Containing Coordination Frameworks: Structure, Magnetic and Luminescence Properties
        Ting Gao; Guang-Ming Li; Peng-Fei Yan; Ju-Wen Zhang; Wen-Bin Sun; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga
        ZEITSCHRIFT FUR ANORGANISCHE UND ALLGEMEINE CHEMIE, 2010年, 査読有り
      • Reversible Optical Manipulation of Superconductivity
        Aya Ikegami; Masayuki Suda; Takeshi Watanabe; Yasuaki Einaga
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2010年, 査読有り
      • Optical tuning of molecule-induced magnetism at non-magnetic semiconductor nanoparticles
        Naoto Kameyama; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga
        PHYSICA STATUS SOLIDI A-APPLICATIONS AND MATERIALS SCIENCE, 2009年12月, 査読有り
      • Synthesis, crystal structures, magnetic and luminescent properties of unique 1D p-ferrocenylbenzoate-bridged lanthanide complexes
        P. F. Yan; F. M. Zhang; G. M. Li; J. W. Zhang; W. B. Sun; M. Suda; Y. Einaga
        JOURNAL OF SOLID STATE CHEMISTRY, 2009年07月, 査読有り
      • Size-reduction induced ferromagnetism and photo-magnetic effects in azobenzene-thiol-passivated gold nanoparticles
        Masayuki Suda; Naoto Kameyama; Aya Ikegami; Motohiro Suzuki; Naomi Kawamura; Yasuaki Einaga
        POLYHEDRON, 2009年06月
      • Systematic investigation of an array of TCNQ lanthanide complexes: synthesis, structure and magnetic properties
        Juwen Zhang; Pengfei Yan; Guangming Li; Guangfeng Hou; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga
        DALTON TRANSACTIONS, 2009年, 査読有り
      • Sequential Assembly of Phototunable Ferromagnetic Ultrathin Films with Perpendicular Magnetic Anisotropy
        Masayuki Suda; Yasuaki Einaga
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2009年, 査読有り
      • Reversible Phototuning of the Large Anisotropic Magnetization at the Interface between a Self-Assembled Photochromic Monolayer and Gold
        Masayuki Suda; Naoto Kameyama; Aya Ikegami; Yasuaki Einaga
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年01月, 査読有り
      • Formation of epsilon-Fe2O3 nanocrystals through segregation in mesoporous silica particles
        Kazumi Mori; Yuya Oaki; Masayuki Suda; Yasuaki Einaga; Hiroaki Imai
        CHEMISTRY LETTERS, 2008年08月, 査読有り
      • Reversible phototuning of ferromagnetism at Au-S interfaces at room temperature
        Masayuki Suda; Naoto Kameyama; Motohiro Suzuki; Naomi Kawamura; Yasuaki Einaga
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2008年, 査読有り
      • Reversible photoswitching of ferromagnetic FePt nanoparticles at room temperature
        Masayuki Suda; Masaru Nakagawa; Tomokazu Iyoda; Yasuaki Einaga
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年05月, 査読有り
      • Photoswitchable magnetic layer-by-layer films consisting of azobenzene derivatives and iron oxide nanoparticles
        M Suda; Y Miyazaki; Y Hagiwara; O Sato; S Shiratori; Y Einaga
        CHEMISTRY LETTERS, 2005年07月, 査読有り

      MISC

      • テラヘルツ電場パルスが誘起するκ型ET塩のモット絶縁体-電荷秩序転移とモット絶縁体-金属転移
        LIANG S.; 高村直幹; 宮川和也; 鹿野田一司; 山本浩史; 須田理行; 森初果; 宮本辰也; 岡本博; 岡本博
        日本物理学会講演概要集(CD-ROM), 2021年
      • 中赤外光パルス励起によるサブサイクル分光測定系の開発と応用
        山川貴士; 園直樹; 北尾貴之; 清水祐樹; 森本剛史; 宮本辰也; 宮川和也; 鹿野田一司; 須田理行; 山本浩史; 岡本博; 岡本博
        日本物理学会講演概要集(CD-ROM), 2020年
      • テラヘルツパルスによるκ型ET塩のモット絶縁体-電荷秩序転移と金属化
        LIANG S.; 高村直幹; 吉持遥人; 須田理行; 山本浩史; 宮川和也; 鹿野田一司; 森初果; 宮本辰也; 岡本博; 岡本博
        日本物理学会講演概要集(CD-ROM), 2020年
      • テラヘルツパルスによるκ型ET塩のモット絶縁体-電荷秩序転移と金属化 II
        LIANG S.; 高村直幹; 吉持遥人; 須田理行; 山本浩史; 宮川和也; 鹿野田一司; 森初果; 宮本辰也; 岡本博; 岡本博
        日本物理学会講演概要集(CD-ROM), 2020年
      • 電荷秩序相転移近傍における分子性導体α-(ET)2I3のテラヘルツ電場応答の研究
        山川大路; 大瀧貴史; 宮本辰也; 寺重翼; 森本剛史; 浅田和規; 高村直幹; 貴田徳明; 須田理行; 山本浩史; 森初果; 岡本博; 岡本博
        日本物理学会講演概要集(CD-ROM), 2018年
      • テラヘルツ波励起による電荷秩序系有機強誘電体の分極変調ダイナミクスの研究
        山川大路; 宮本辰也; 五月女真人; 木下雄斗; 矢田祐之; 貴田徳明; 須田理行; 山本浩史; 加藤礼三; 森初果; 岡本博
        日本物理学会講演概要集, 2014年
      • テラヘルツ波励起による電荷秩序系有機強誘電体の超高速分極制御の研究 II
        山川大路; 宮本辰也; 五月女真人; 矢田祐之; 貴田徳明; 須田理行; 山本浩史; 加藤礼三; 森初果; 岡本博
        日本物理学会講演概要集, 2014年
      • 電荷秩序型有機強誘電体からのTHz波発生と強誘電ドメインの可視化
        五月女真人; 貴田徳明; 山川大路; 宮本辰也; 矢田祐之; 須田理行; 山本浩史; 山本浩史; 森初果; 加藤礼三; 岡本博
        日本物理学会講演概要集, 2013年
      • 歪み制御型電界効果トランジスタを用いた分子性導体における超伝導の探索
        川椙義高; 須田理行; 山本浩史
        高圧力の科学と技術, 2022年05月, 査読有り, 招待有り
      • 光誘起電気二重層を用いた有機モット絶縁体における光誘起超伝導
        須田理行
        京都大学物性科学センター誌, 2021年12月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • キラル分子モーターによるスピン偏極電流の生成と外場制御
        須田理行; 山本浩史
        まぐね, 2021年03月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 分子モーターを用いた再構成可能スピン偏極デバイス
        須田理行; 山本浩史
        応用物理, 2020年04月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 光で制御する超伝導~光応答性電気二重層トランジスタ~
        須田理行; 山本浩史
        日本物理学会誌, 2018年03月05日
      • 強相関電子系分子性導体を用いた新奇相転移型デバイスの開発
        須田理行
        Molecular Science (Web), 2017年
      • 分子性2次元モット絶縁体におけるフィリング制御の新展開
        川椙義高; 関和弘; 須田理行; 山本浩史
        固体物理, 2016年12月15日
      • 光でオン・オフ可能な超伝導スイッチの開発
        須田理行; 山本浩史
        自動車技術, 2015年09月01日
      • 世界初の有機超伝導トランジスター
        山本浩史; 須田理行
        パリティ, 2015年01月01日
      • 界面化学制御による室温にて光制御できる磁性微粒子・薄膜の創製
        栄長泰明; 須田理行
        まぐね, 2013年06月01日
      • モンモリロナイトを組み込んだ光応答性ハイブリッド体の創製
        山本崇史; 梅村泰史; 佐相直紀; 須田理行; 栄長泰明
        粘土科学, 2008年08月12日
      • 光制御可能な磁性集積膜の創製
        山本崇史; 須田理行; 田口実; 栄長泰明
        化学工業, 2007年03月
      • 光制御可能な磁性集積膜の創製
        山本崇史; 須田理行; 田口実; 栄長泰明
        化学工業, 2007年03月01日

      講演・口頭発表等

      • キラリティ誘起スピン選択性を利用した新奇スピン偏極材料の創出
        須田理行
        第80回スピントロニクス専門研究会「化学を使ったスピン材料と物性」, 2021年09月30日, 招待有り
      • キラリティ誘起スピン選択制を利用した新奇スピン偏極材料の創出と電気化学応用
        須田理行
        日本学術振興会181委員会第37回研究会「先端電子材料」, 2021年07月28日, 招待有り
      • 界面双極子制御に基づく新奇光キャリア注入法の開発と光誘起二次元超伝導相の創出
        須田理行
        第18回 ”光”機到来!Qコロキウム, 2021年07月13日, 招待有り
      • キラリティ誘起スピン選択性がもたらすキラル物性研究の新展開
        須田理行
        第302回 分子工学コロキウム, 2021年05月10日
      • 分子キラリティによる電流/スピン流変換機能の創出
        須田理行
        第8回慶應有機化学若手シンポジウム, 2021年05月08日, 招待有り
      • Charge-to-Spin Current Conversion by Chiral Molecules
        Masasyuki Suda
        日本化学会第101春季年会・アジア国際シンポジウム, 2021年03月22日, 招待有り
      • テラヘルツ電場パルスが誘起するκ型ET塩のモット絶縁体-電荷秩序転移とモット絶縁体-金属転移
        梁生平; 高村直幹; 宮川和也; 鹿野田一司; 山本浩史; 須田理行; 森初果; 宮本辰也; 岡本博
        日本物理学会 第76回年次大会, 2021年03月12日
      • 有機ディラック電子系における量子輸送現象の圧力効果
        鵜野澤佳成; 須田理行; 山本浩史; 加藤礼三; 川椙義高; 西尾豊; 梶田晃示; 田嶋尚也
        日本物理学会 2020年秋季大会, 2020年09月09日
      • テラヘルツパルスによるκ型ET塩のモット絶縁体-電荷秩序転移と金属化Ⅱ
        梁生平; 高村直幹; 吉持遥人; 須田理行; 山本浩史; 宮川和也; 鹿野田一司; 森初果; 宮本辰也; 岡本博
        日本物理学会 2020年秋季大会, 2020年09月08日
      • 分子キラリティによる電流/スピン流変換機能の創出
        須田理行
        第943回分子研コロキウム, 2020年07月22日, 招待有り
      • Generation and Manipulation of Spin-polarized Current by Chiral Molecules
        Masayuki Suda
        日本化学会第100春季年会・アジア国際シンポジウム, 2020年03月24日, 招待有り
      • 中赤外光パルス励起によるサブサイクル分光測定系の開発と応用
        山川貴士; 園直樹; 北尾貴之; 清水祐樹; 森本剛史; 宮本辰也; 宮川和也; 鹿野田一司; 須田理行; 山本浩史; 岡本博
        日本物理学会 第75回年次大会, 2020年03月19日
      • 有機ディラック電子系における量子輸送現象の圧力効果
        鵜野澤佳成; 川椙義高; 須田理行; 山本浩史; 加藤礼三; 西尾豊; 梶田晃示; 田嶋尚也
        日本物理学会 第75回年次大会, 2020年03月16日
      • テラヘルツパルスによるκ型ET塩のモット絶縁体−電荷秩序転移と金属化
        梁生平; 高村直幹A; 吉持遥人; 須田理行; 山本浩史; 宮川和也; 鹿野田一司; 森初果; 宮本辰也; 岡本博
        日本物理学会 第75回年次大会, 2020年03月16日
      • 分子キラリティ制御によるスピン偏極電流の生成と制御
        須田理行
        有機固体若手の会 2019冬の学校, 2019年12月05日
      • 機能性有機単分子膜を利用した固体物性の外場制御
        須田理行
        分子アーキテクトニクス研究会第10回研究会, 2019年11月07日, 招待有り
      • Light-driven Molecular Switch for Reconfigurable Spin Filters
        M. Suda; Y. Thathong; V. Promarak; H. Kojima; M. Nakamura; T. Shiraogawa; M. Ehara; H. M. Yamamoto
        13th Internaitonal Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Magnets (ISCOM 2019)), 2019年09月27日
      • キラル分子モーターによるスピン偏極電流の生成と外場制御
        須田 理行; Thathong Yuranan; Promarak Vinich; 小島 広孝; 中村 雅一; 白男川 貴史; 江原 正博; 山本 浩史
        第13回分子科学討論会2019, 2019年09月19日
      • テラヘルツパルス励起による有機モット絶縁体κ型BEDT−TTF塩の常誘電-強誘電転移の研究III
        宮本辰也; 山川大路; 森本剛史; 貴田徳明; 宮川和也; 鹿野田一司; 森初果; 須田理行; 山本浩史; 岡本博
        日本物理学会 2019年秋季大会, 2019年09月11日
      • 有機ディラック電子系の高磁場下輸送現象
        鵜野澤佳成; 川椙義高; 須田理行; 山本浩史; 加藤礼三; 木俣基; 西尾豊; 梶田晃示; 田嶋尚也
        日本物理学会 2019年秋季大会, 2019年09月10日
      • Photo-control of Solid-state Electronic Properties by Interface Molecular Engineering
        Masayuki Suda
        RIKEN Symposium on Advanced Molecular Materials and their Applications, 2019年07月11日, 招待有り
      • Light-driven Molecular Switch for Reconfigurable Spin Filters
        Masayuki Suda; Hiroshi M. Yamamoto
        The 80th Okazaki Conference: "Chirality-induced spin selectivity and its related phenomena", 2019年05月16日, 招待有り
      • キラリティ制御によるスピン偏極電流の⽣成と制御
        須田理行
        「物質階層原理研究」&「ヘテロ界⾯研究」 合同春合宿, 2019年05月10日
      • 分子キラリティ制御に基づくスピン偏極電流の生成と外場制御
        須田理行
        WIAS Top Runners’ Lecture Collection : 「物質の構造と対称性がもたらす電磁交差応答の最前線:マルチフェロイクスとスピントロニクス」, 2019年04月26日, 招待有り
      • κ-(BEDT-TTF)2Cu(NCS)2における歪み誘起モット転移と両極性超伝導転移
        川口玄太; 須田理行; 山本浩史
        日本物理学会 第74回年次大会, 2019年03月17日
      • 界面光異性化分子を用いた電子物性の光制御
        須田理行
        日本物理学会 第74回年次大会, 2019年03月16日, 招待有り
      • DSC測定によるθ-(BEDT-TTF)2RbZn(SCN)4の電荷結晶化・ガラス化ダイナミクスに対する乱れの効果の研究
        橋本顕一郎; 齋藤嘉彦; Jing Jiang; 和田武; 加藤秀実; 須田理行; 山本浩史; 佐々木孝彦
        日本物理学会 第74回年次大会, 2019年03月16日
      • BEDT-TTF分子系電荷秩序絶縁体の電荷ガラス形成能に与える乱れ効果
        佐々木孝彦; 大藏聖; 橋本顕一郎; 小林亮太; 唐金雄也; 池本夕佳; 森脇太郎; 須田理行; 山本浩史
        日本物理学会 第74回年次大会, 2019年03月14日
      • "歪み"で誘起するπ電子系相転移
        須田理行
        第8回CSJ化学フェスタ, 2018年10月24日, 招待有り
      • 「分子」で実現する超伝導エレクトロニクス
        須田理行
        大学共同利用機関シンポジウム2018 ~最先端研究大集合~, 2018年10月14日
      • 電荷秩序相転移近傍における分子性導体α-(ET)2I3のテラヘルツ電場応答の研究
        山川大路; 大瀧貴史; 宮本辰也; 寺重翼; 森本剛史; 浅田和規; 高村直幹; 貴田徳明; 須田理行; 山本浩史; 森初果; 岡本博
        日本物理学会2018年秋季大会, 2018年09月09日
      • 6 fs単一サイクル光強電場による有機超伝導体の非線形電荷振動II
        川上洋平; 天野辰哉; 米山雄登; 赤嶺勇人; 伊藤弘毅; 川口玄太; 山本浩史; 岸田英夫; 伊藤桂介; 佐々木孝彦; 石原純夫; 田中康寛; 米満賢治; 岩井伸一郎
        日本物理学会2018年秋季大会, 2018年09月09日
      • 有機ディラック電子系における層間磁気抵抗効果:スピン vs バレー分裂
        田嶋尚也; 川椙義高; 須田理行; 山本浩史; 加藤礼三; 西尾豊; 梶田晃示
        日本物理学会2018年秋季大会, 2018年09月09日
      • Field, Strain and Light-Induced Superconductivity in Quasi-Two-Dimensional Molecular Conductors
        Masayuki Suda
        KEIO International Symposium on 2D Materials, 2018年08月22日, 招待有り
      • Superconducting FETs Based on Organic Strongly Correlated Materials
        Masayuki Suda
        Gordon Research Conference: Conductivity and Magnetism in Molecular Materials, 2018年08月14日, 招待有り
      • Organic superconducting FET near Mott boundary
        Genta Kawaguchi; Masayuki Suda; Hiroshi M. Yamamoto
        International Conference on Coordination Chemistry 2018, 2018年08月01日
      • Development of Photo-tunable Organic Spin-filters based on Overcrowded Alkenes
        Masayuki Suda; Yuranan Thathong; Vinich Promarakd; Hiroshi M. Yamamoto
        International Conference on Coordination Chemistry 2018, 2018年08月01日
      • Electrostatic Doping for Superconductivity in Organic Conductors
        Hiroshi M. Yamamoto; Masayuki Suda; Yoshitaka Kawasugi; Reizo Kato
        The International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2018, 2018年07月05日, 招待有り
      • True Chiralityとキラリティ誘起スピン選択性
        須田理行
        RIKEN Seminar, 2022年03月10日, 招待有り
      • Novel Hybrid Chiral Materials for Spin-polarized Charge Transport and Spin-dependent Electrocatalytic Applications
        Masayuki Suda
        CEMS Topical Meeting Online: Interplay between Chirality and Magnetism, 2022年03月10日, 招待有り
      • 高密度共役キラル分子集積体における 高効率電流‒スピン流変換
        須田理行
        学術変革領域(A) 高密度共役の科学 第2回公開シンポジウム, 2022年01月29日
      • 分子キラリティを利用した新奇スピン偏極材料の創製
        須田理行
        日本化学会第 102春季年会 「高密度共役物質の未来~新しい電子共役から生み出される機能~ 」, 2022年03月23日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 先端有機半導体デバイス : 基礎からデバイス物性まで
        須田理行, 分担執筆, 第4章6 「光制御型分子デバイス」
        オーム社, 2015年, 査読無し
      • New frontiers in photochromism
        Masayuki Suda; Yasuaki Einaga, 分担執筆, Chapter7 "Photo-control of Magnetic Materials Utilizing Photochromic Compounds"
        Springer, 2013年, 査読無し
      • フォトクロミズムの新展開と光メカニカル機能材料 = New frontiers in photochromism and photomechanical materials
        須田理行; 栄長泰明, 分担執筆, 第3章6「フォトクロミック分子による有機―無機界面物性の光制御」
        シーエムシー出版, 2011年, 査読無し

      産業財産権

      • 特願2021-083466, スピン偏極電流を生成する導電性構造体、それを用いた電極及び方法
        須田理行; 山本浩史
      • 特開2008-260724, 特願2007-105415, 有機分子固定化強磁性ナノ粒子並びにその製造方法及び分離方法
        栄長 泰明; 須田 理行; 山本 佑樹
      • 特開2006-235570, 特願2005-263022, 光磁性材
        栄長 泰明; 高橋 翼; 三上 理恵; 須田 理行

      外部資金:科学研究費補助金

      • 分子キラリティ導入によるスピン三重項超伝導体の創製
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分29:応用物理物性およびその関連分野
        京都大学
        須田 理行
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        キラリティ;スピン三重項超伝導;CISS効果;ナノ粒子;キラル分子
      • キタエフ量子スピン液体物質におけるトポロジカル量子数の決定と新奇電子相の探索
        基盤研究(B)
        小区分29010:応用物性関連
        東京大学
        橋本 顕一郎
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        キタエフスピン液体;マヨラナ粒子;トポロジカル物性;磁場角度回転比熱;キャリアドーピング
      • 高密度共役キラル分子集積体における高効率電流-スピン流変換
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        須田 理行
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        キラリティ;スピン偏極電流;CISS効果;スピントロニクス;高密度共役;キラル分子
      • 高密度共役の科学:電子共役概念の変革と電子物性をつなぐ
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        関 修平
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        電子共役;高密度構造;伝導;スピン;ゆらぎ;熱ゆらぎ
      • 表面修飾ダイヤモンドにおける電界誘起超伝導の実現
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分29:応用物理物性およびその関連分野
        京都大学;分子科学研究所
        須田 理行
        自 2019年06月28日, 至 2021年03月31日, 完了
        ダイヤモンド;超伝導;表面修飾;電気二重層トランジスタ;電界効果;キャリアドーピング
      • キラル配位子修飾金属ナノ粒子ネットワークに基づく新奇スピントロニクス素子の創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学;分子科学研究所
        須田 理行
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 中途終了
        スピントロニクス;スピン偏極電流;ナノ粒子;キラリティ;自己組織化
      • 有機結晶表面への光キャリア注入と光誘起二次元超伝導の創出
        基盤研究(B)
        小区分29010:応用物性関連
        京都大学;分子科学研究所
        須田 理行
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        二次元超伝導;モット絶縁体;フォトクロミズム;キャリアドーピング;光誘起相転移;光キャリア注入;フォトクロミック分子;相転移
      • 相対論的電子を有する有機導体を用いた量子エンタングルメント開拓
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分13:物性物理学およびその関連分野
        東邦大学
        田嶋 尚也
        自 2018年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        有機ディラック電子系;エンタングルメント;ランダウ準位交差;アクシオン;量子エンタングルメント;ランダウ準位準位交差;カイラル量子異常;ランダウ準位;準位交差
      • π電子系単分子膜FETにおける歪み誘起相転移現象の探索
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        分子科学研究所
        須田 理行
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        スピントロニクス;分子モーター;分子デバイス;外場制御;スピン偏極電流;電界効果;歪み効果;自己組織化単分子膜;モット絶縁体;相転移;有機単分子膜;電界効果トランジスタ;電荷移動錯体
      • 光誘起電気二重層を利用した新奇超伝導トランジスタの開発
        若手研究(A)
        分子科学研究所
        須田 理行
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        モット絶縁体;超伝導;電界効果トランジスタ;相転移;光キャリア注入;フォトクロミズム;自己組織化単分子膜;電界効果;有機エレクトロニクス;光誘起相転移
      • π電子系強相関物質を用いた歪み制御型相転移デバイスの開発
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        分子科学研究所
        須田 理行
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        歪み効果;電界効果;超伝導;モット絶縁体;相転移;電界効果トランジスタ;強相関電子系
      • 有機単分子膜モットFETの開発
        若手研究(B)
        分子科学研究所
        須田 理行
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        電界効果トランジスタ;自己組織化単分子膜;モット絶縁体;電荷移動錯体;モット転移;有機電荷移動錯体
      • 相対論的電子を有する有機導体へのキャリア注入と量子伝導現象
        基盤研究(B)
        東邦大学
        田嶋 尚也
        自 2013年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        有機導体;ディラック電子;量子ホール効果;ランダウ準位;ディラック電子系;量子輸送現象;キャリア注入;分子性ディラック電子系;接触帯電法;キャリアドープ;電界効果
      • 空間反転対称の破れた物質群の開発による新奇キラル物性の開拓
        基盤研究(B)
        小区分29010:応用物性関連
        京都大学
        須田 理行
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        キラリティ;遷移金属ダイカルコゲナイド;スピン三重項超伝導;キラリティ誘起スピン選択制;インターカレーション
      • Anti-Wallach則への挑戦:分子の対称性と電子物性の特異点を探る
        基盤研究(A)
        中区分32:物理化学、機能物性化学およびその関連分野
        京都大学
        関 修平
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        Wallach則;分子対称性;電子物性;TRDLS;電子状態密度
      list
        Last Updated :2022/08/08

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学数学I(先端化学)
          7412, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物性物理化学
          H423, 後期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学統計力学(先端化学)
          7421, 前期, 工学部, 2
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子分光学
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学統計力学(先端化学)
          前期, 工学部

        ページ上部へ戻る