教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

井上 善晴

イノウエ ヨシハル

農学研究科 応用生命科学専攻分子細胞科学講座 教授

井上 善晴
list
    Last Updated :2024/06/28

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/06/28

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        生物の環境ストレスならびに代謝シグナル伝達機構に関する分子細胞学的研究
      • 研究概要

        酵母をモデル生物として、エネルギー変換過程における種々の細胞ストレスについて の分子細胞学的研究を行っている。さらに、酵母で得られた知見の普遍性を、培養細 胞系を用いて検証を進めるとともに、代謝ストレスによる疾患との関係を、糖尿病と ジカルボニルストレスによるインスリン抵抗性の発現機序をモデルとして解析を進め ている。

      論文

      • Toxicity of dihydroxyacetone is exerted through formation of methylglyoxal in Saccharomyces cerevisiae : effects on actin polarity and nuclear division.
        Nomura W; Aoki M; Inoue Y
        The Biochemical journal, 2018年07月, 査読有り
      • Phosphatidylinositol 3,5-bisphosphate is involved in methylglyoxal-induced activation of the Mpk1 mitogen-activated protein kinase cascade in Saccharomyces cerevisiae
        Wataru Nomura; Kazuhiro Maeta; Yoshiharu Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2017年09月, 査読有り
      • Contribution of phosphatidylserine to Rho1- and Pkc1-related repolarization of the actin cytoskeleton under stressed conditions in Saccharomyces cerevisiae.
        Nomura W; Inoue Y
        Small GTPases, 2017年06月, 査読有り
      • Role of phosphatidylserine in the activation of Rho1-related Pkc1 signaling in Saccharomyces cerevisiae
        Wataru Nomura; Yusuke Ito; Yoshiharu Inoue
        CELLULAR SIGNALLING, 2017年02月, 査読有り
      • Methylglyoxal Activates the Target of Rapamycin Complex 2-Protein Kinase C Signaling Pathway in Saccharomyces cerevisiae
        Wataru Nomura; Yoshiharu Inoue
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2015年04月, 査読有り
      • Involvement of glutathione peroxidase 1 in growth and peroxisome formation in Saccharomyces cerevisiae in oleic acid medium
        Takumi Ohdate; Yoshiharu Inoue
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS, 2012年09月, 査読有り
      • Temperature dependent N-glycosylation of plasma membrane heat shock protein Hsp30p in Saccharomyces cerevisiae
        Ken'ichi Kamo; Akiko Takabatake; Yoshiharu Inoue; Shingo Izawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2012年03月, 査読有り
      • Reduction of Glucose Uptake through Inhibition of Hexose Transporters and Enhancement of Their Endocytosis by Methylglyoxal in Saccharomyces cerevisiae
        Aya Yoshida; Dandan Wei; Wataru Nomura; Shingo Izawa; Yoshiharu Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2012年01月, 査読有り
      • Whole-Genome Sequencing of Sake Yeast Saccharomyces cerevisiae Kyokai no. 7
        Takeshi Akao; Isao Yashiro; Akira Hosoyama; Hiroshi Kitagaki; Hiroshi Horikawa; Daisuke Watanabe; Rinji Akada; Yoshinori Ando; Satoshi Harashima; Toyohisa Inoue; Yoshiharu Inoue; Susumu Kajiwara; Katsuhiko Kitamoto; Noriyuki Kitamoto; Osamu Kobayashi; Satoru Kuhara; Takashi Masubuchi; Haruhiko Mizoguchi; Yoshihiro Nakao; Atsumi Nakazato; Masahiro Namise; Takahiro Oba; Tomoo Ogata; Akinori Ohta; Masahide Sato; Seiji Shibasaki; Yoshifumi Takatsume; Shota Tanimoto; Hirokazu Tsuboi; Akira Nishimura; Koji Yoda; Takeaki Ishikawa; Kazuhiro Iwashita; Nobuyuki Fujita; Hitoshi Shimoi
        DNA RESEARCH, 2011年12月, 査読有り
      • Glutathione peroxidase 2 in Saccharomyces cerevisiae is distributed in mitochondria and involved in sporulation
        Yuuta Ukai; Tomoyuki Kishimoto; Takumi Ohdate; Singo Izawa; Yoshiharu Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年08月, 査読有り
      • Glyoxalase system in yeasts: Structure, function, and physiology
        Yoshiharu Inoue; Kazuhiro Maeta; Wataru Nomura
        SEMINARS IN CELL & DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2011年05月, 査読有り
      • Modification of yeast characteristics by soy peptides: cultivation with soy peptides represses the formation of lipid bodies
        Kayo Ikeda; Sayuri Kitagawa; Takakiyo Tada; Haruyuki Iefuji; Yoshiharu Inoue; Shingo Izawa
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2011年03月, 査読有り
      • Acetate but not propionate induces oxidative stress in bakers' yeast Saccharomyces cerevisiae
        Halyna M. Semchyshyn; Oleksandra B. Abrat; Jacek Miedzobrodzki; Yoshiharu Inoue; Volodymyr I. Lushchak
        REDOX REPORT, 2011年01月, 査読有り
      • Kinetics and redox regulation of Gpx1, an atypical 2-Cys peroxiredoxin, in Saccharomyces cerevisiae
        Takumi Ohdate; Keiko Kita; Yoshiharu Inoue
        FEMS YEAST RESEARCH, 2010年09月, 査読有り
      • Vacuolar morphology of Saccharomyces cerevisiae during the process of wine making and Japanese sake brewing
        Shingo Izawa; Kayo Ikeda; Takeo Miki; Yoshinori Wakai; Yoshiharu Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • Regulatory Protein Yap1 Is Involved in Response of Yeast Saccharomyces cerevisiae to Nitrosative Stress
        O. V. Lushchak; Y. Inoue; V. I. Lushchak
        BIOCHEMISTRY-MOSCOW, 2010年05月, 査読有り
      • Methylglyoxal activates Gcn2 to phosphorylate eIF2α independently of the TOR pathway in Saccharomyces cerevisiae
        W. Nomura; K. Maeta; K. Kita; S. Izawa; Y. Inoue
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2010年05月, 査読有り
      • Calcineurin/Crz1 destabilizes Msn2 and Msn4 in the nucleus in response to Ca2+ in Saccharomyces cerevisiae
        Yoshifumi Takatsume; Takumi Ohdate; Kazuhiro Maeta; Wataru Nomura; Shingo Izawa; Yoshiharu Inoue
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2010年04月, 査読有り
      • Regulatory mechanism for expression of GPX1 in response to glucose starvation and Ca2+in Saccharomyces cerevisiae: involvement of Snf1 and Ras/cAMP pathway in Ca2+signaling
        Takumi Ohdate; Shingo Izawa; Keiko Kita; Yoshiharu Inoue
        GENES TO CELLS, 2010年01月, 査読有り
      • Post-transcriptional regulation of gene expression in yeast under ethanol stress
        Shingo Izawa; Yoshiharu Inoue
        BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY, 2009年06月, 査読有り
      • Inactivation of genes encoding superoxide dismutase modifies yeast response to S-nitrosoglutathione-induced stress
        O. V. Lushchak; N. Z. Nykorak; T. Ohdate; Y. Inoue; V. I. Lushchak
        BIOCHEMISTRY-MOSCOW, 2009年04月, 査読有り
      • Role of Gcn4 for adaptation to methylglyoxal in Saccharomyces cerevisiae: Methylglyoxal attenuates protein synthesis through phosphorylation of eIF2α
        W. Nomura; K. Maeta; K. Kita; S. Izawa; Y. Inoue
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2008年11月, 査読有り
      • 酵母のエタノールストレス応答と転写後遺伝子発現調節
        Izawa, S; Inoue, Y
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2008年10月01日
      • Heat shock and ethanol stress provoke distinctly different responses in 3′-processing and nuclear export of HSP mRNA in Saccharomyces cerevisiae
        S. Izawa; T. Kita; K. Ikeda; Y. Inoue
        Biochemical Journal, 2008年08月, 査読有り
      • Formation of cytoplasmic P-bodies in sake yeast during Japanese sake brewing and wine making
        Shingo Izawa; Takeorni Kita; Kayo Ikeda; Takeo Miki; Yoshiharu Inoue
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2007年11月, 査読有り
      • Modulation of Spc1 stress-activated protein kinase activity by methylglyoxal through inhibition of protein phosphatase in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe
        Yoshifumi Takatsume; Shingo Izawa; Yoshiharu Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年11月, 査読有り
      • Release of thioredoxin from Saccharomyces cerevisiae with environmental stimuli: solubilization of thioredoxin with ethanol
        Yoko Takeuchi; Wataru Nomura; Takumi Ohdate; Shogo Tamasu; Hiroshi Masutani; Kazuo Murata; Shingo Izawa; Junji Yodoi; Yoshiharu Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2007年07月, 査読有り
      • Improvement of tolerance to freeze-thaw stress of baker's yeast by cultivation with soy peptides
        Shingo Izawa; Kayo Ikeda; Nobuyuki Takahashi; Yoshiharu Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2007年06月, 査読有り
      • Efficient extraction of thioreodoxin from Saccharomyces cerevisiae by ethanol
        Yoshiharu Inoue; Wataru Nomura; Yoko Takeuchi; Takumi Ohdate; Shogo Tamasu; Atsushi Kitaoka; Yoshifumi Kiyokawa; Hiroshi Masutani; Kazuo Murata; Yoshinori Wakai; Shingo Izawa; Junji Yodoi
        APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 2007年03月, 査読有り
      • Green tea polyphenols function as prooxidants to activate oxidative-stress-responsive transcription factors in yeasts
        Kazuhiro Maeta; Wataru Nomura; Yoshifumi Takatsume; Shingo Izawa; Yoshiharu Inoue
        APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 2007年01月, 査読有り
      • Msn2p/Msn4p-activation is essential for the recovery from freezing stress in yeast
        Shingo Izawa; Kayo Ikeda; Takumi Ohdate; Yoshiharu Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年01月, 査読有り
      • Asr1, an alcohol-responsive factor of Saccharomyces cerevisiae, is dispensable for alcoholic fermentation
        Shingo Izawa; Kayo Ikeda; Takeomi Kita; Yoshiharu Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2006年09月, 査読有り
      • Methylglyoxal as a signal initiator for activation of the stress-activated protein kinase cascade in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe
        Y Takatsume; S Izawa; Y Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年04月, 査読有り
      • GPX2, encoding a phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase homologue, codes for an atypical 2-Cys peroxiredoxin in Saccharomyces cerevisiae
        T Tanaka; S Izawa; Y Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年12月, 査読有り
      • Characterization of Rat8 localization and mRNA export in Saccharomyces cerevisiae during the brewing of Japanese sake
        S Izawa; R Takemura; K Ikeda; K Fukuda; Y Wakai; Y Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2005年11月, 査読有り
      • The glycolytic metabolite methylglyoxal activates Pap1 and Sty1 stress responses in Schizosaccharomyces pombe
        A Zuin; AP Vivancos; M Sanso; Y Takatsume; J Ayte; Y Inoue; E Hidalgo
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年11月, 査読有り
      • Characterization of the export of bulk poly(A)(+) mRNA in Saccharomyces cerevisiae during the wine-making process
        S Izawa; R Takemura; T Miki; Y Inoue
        APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 2005年04月, 査読有り
      • Unique regulation of glyoxalase I activity during osmotic stress response in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe: neither the mRNA nor the protein level of glyoxalase I increase under conditions that enhance its activity
        Y Takatsume; S Izawa; Y Inoue
        ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 2005年03月, 査読有り
      • Diagnosis of cell death induced by methylglyoxal, a metabolite derived from glycolysis, in Saccharomyces cerevisiae
        K Maeta; K Mori; Y Takatsume; S Izawa; Y Inoue
        FEMS MICROBIOLOGY LETTERS, 2005年02月, 査読有り
      • Cytosolic proteins as principal copper buffer in an early response to copper by yeast cells
        WX Bi; Y Inai; N Shiraishi; K Maeta; Y Takatsume; Y Inoue; M Nishikimi
        JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION, 2005年, 査読有り
      • Methylglyoxal, a metabolite derived from glycolysis, functions as a signal initiator of the high osmolarity glycerol-mitogen-activated protein kinase cascade and Calcineurin/Crz1-mediated pathway in Saccharomyces cerevisiae
        K Maeta; S Izawa; Y Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年01月, 査読有り
      • Enrichment of yeast thioredoxin by green tea extract through activation of Yap1 transcription factor in Saccharomyces cerevisiae
        Y Takatsume; K Maeta; S Izawa; Y Inoue
        JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 2005年01月, 査読有り
      • Deficiency in the glycerol channel Fps1p confers increased freeze tolerance to yeast cells: Application of the fps1Δ mutant to frozen dough technology
        S. Izawa; K. Ikeda; K. Maeta; Y. Inoue
        Applied Microbiology and Biotechnology, 2004年12月, 査読有り
      • Intracellular glycerol influences resistance to freeze stress in Saccharomyces cerevisiae: analysis of a quadruple mutant in glycerol dehydrogenase genes and glycerol-enriched cells
        S Izawa; M Sato; K Yokoigawa; Y Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2004年11月, 査読有り
      • Activity of the Yap1 transcription factor in Saccharomyces cerevisiae is modulated by methylglyoxal, a metabolite derived from glycolysis
        K Maeta; S Izawa; S Okazaki; S Kuge; Y Inoue
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2004年10月, 査読有り
      • Stress response in yeast mRNA export factor: reversible changes in Rat8p localization are caused by ethanol stress but not heat shock
        R Takemura; Y Inoue; S Izawa
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2004年08月, 査読有り
      • Gle2p is essential to induce adaptation of the export of bulk poly(A)(+) mRNA to heat shock in Saccharomyces cerevisiae
        S Izawa; R Takemura; Y Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年08月, 査読有り
      • Distinct regulatory mechanism of yeast GPX2 encoding phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase by oxidative stress and a calcineurin/Crz1-mediated Ca2+ signaling pathway
        D Tsuzi; K Maeta; Y Takatsume; S Izawa; Y Inoue
        FEBS LETTERS, 2004年07月, 査読有り
      • A screening system for antioxidants using thioredoxin-deficient yeast: discovery of thermostable antioxidant activity from Agaricus blazei Murill
        S Izawa; Y Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Identification of thermostable glyoxalase I in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe
        Y Takatsume; S Izawa; Y Inoue
        ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Regulation of the yeast phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase GPX2 by oxidative stress is mediated by Yap1 and Skn7
        D Tsuzi; K Maeta; Y Takatsume; S Izawa; Y Inoue
        FEBS LETTERS, 2004年05月, 査読有り
      • Nuclear thioredoxin peroxidase Dot5 in Saccharomyces cerevisiae: roles in oxidative stress response and disruption of telomeric silencing
        S Izawa; N Kuroki; Y Inoue
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2004年03月, 査読有り
      • Regulation of the yeast Yap1p nuclear export signal is mediated by redox signal-induced reversible disulfide bond formation
        S Kuge; M Arita; A Murayama; K Maeta; S Izawa; Y Inoue; A Nomoto
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2001年09月, 査読有り
      • The Zrc1 is involved in zinc transport system between vacuole and cytosol in Saccharomyces cerevisiae
        S Miyabe; S Izawa; Y Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年03月, 査読有り
      • Role of glutathione in heat-shock-induced cell death of Saccharomyces cerevisiae
        K Sugiyama; A Kawamura; S Izawa; Y Inoue
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2000年11月, 査読有り
      • Expression of ZRC1 coding for suppressor of zinc toxicity is induced by zinc-starvation stress in Zap1-dependent fashion in Saccharomyces cerevisiae
        S Miyabe; S Izawa; Y Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年10月, 査読有り
      • Cooperative regulation of DOG2, encoding 2-deoxyglucose-6-phosphate phosphatase, by Snf1 kinase and the high-osmolarity glycerol-mitogen-activated protein kinase cascade in stress responses of Saccharomyces cerevisiae
        Y Tsujimoto; S Izawa; Y Inoue
        JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 2000年09月, 査読有り
      • Purification and characterization of isoamyl acetate-hydrolyzing esterase encoded by the IAH1 gene of Saccharomyces cerevisiae from a recombinant Escherichia coli
        K Fukuda; Y Kiyokawa; T Yanagiuchi; Y Wakai; K Kitamoto; Y Inoue; A Kimura
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 2000年05月, 査読有り
      • The Yap1p-dependent induction of glutathione synthesis in heat shock response of Saccharomyces cerevisiae
        K Sugiyama; S Izawa; Y Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年05月, 査読有り
      • Genetical and biochemical studies on glutathione metabolism in stress response of Saccharomyces cerevisiae
        Y Inoue
        NIPPON NOGEIKAGAKU KAISHI-JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND AGROCHEMISTRY, 1999年10月, 査読有り
      • Thioredoxin deficiency causes the constitutive activation of Yap1, an AP-1-like transcription factor in Saccharomyces cerevisiae
        S Izawa; K Maeda; K Sugiyama; J Mano; Y Inoue; A Kimura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年10月, 査読有り
      • Genetic analysis of glutathione peroxidase in oxidative stress response of Saccharomyces cerevisiae
        Y Inoue; T Matsuda; K Sugiyama; S Izawa; A Kimura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年09月, 査読有り
      • Production of S-lactoylglutathione by high activity whole cell biocatalysts prepared by permeabilization of recombinant Saccharomyces cerevisiae with alcohols
        Y Liu; H Hama; Y Fujita; A Kondo; Y Inoue; A Kimura; H Fukuda
        BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING, 1999年07月, 査読有り
      • Mechanism of stress response and gene expression of glyoxalase I in yeast
        Y Inoue
        SEIKAGAKU, 1998年10月, 査読有り
      • Balance of activities of alcohol acetyltransferase and esterase in Saccharomyces cerevisiae is important for production of isoamyl acetate
        K Fukuda; N Yamamoto; Y Kiyokawa; T Yanagiuchi; Y Wakai; K Kitamoto; Y Inoue; A Kimura
        APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 1998年10月, 査読有り
      • Molecular identification of glutathione synthetase (GSH2) gene from Saccharomyces cerevisiae
        Y Inoue; K Sugiyama; S Izawa; A Kimura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION, 1998年02月, 査読有り
      • Expression of the glyoxalase I gene of Saccharomyces cerevisiae is regulated by high osmolarity glycerol mitogen-activated protein kinase pathway in osmotic stress response
        Y Inoue; Y Tsujimoto; A Kimura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年01月, 査読有り
      • Brewing properties of sake yeast whose EST2 gene encoding isoamyl acetate-hydrolyzing esterase was disrupted
        K Fukuda; N Yamamoto; Y Kiyokawa; T Yanagiuchi; Y Wakai; K Kitamoto; Y Inoue; A Kimura
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1998年, 査読有り
      • Roles of esterase and alcohol acetyltransferase on production of isoamyl acetate in Hansenula mrakii
        Y Inoue; S Trevanichi; K Fukuda; S Izawa; Y Wakai; A Kimura
        JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 1997年03月, 査読有り
      • Size effect on systemic and mucosal immune responses induced by oral administration of biodegradable microspheres
        Y Tabata; Y Inoue; Y Ikada
        VACCINE, 1996年12月, 査読有り
      • Modification of Escherichia coli B glutathione synthetase with polyethylene glycol for clinical application to enzyme replacement therapy for glutathione deficiency
        Y Inoue; K Sugiyama; H Ueminami; S Izawa; A Kimura
        CLINICAL AND DIAGNOSTIC LABORATORY IMMUNOLOGY, 1996年11月, 査読有り
      • Importance of catalase in the adaptive response to hydrogen peroxide: Analysis of acatalasaemic Saccharomyces cerevisiae
        S Izawa; Y Inoue; A Kimura
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 1996年11月, 査読有り
      • Identification of the structural gene for glyoxalase I from Saccharomyces cerevisiae
        Y Inoue; A Kimura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1996年10月, 査読有り
      • Size effect on the antibody production induced by biodegradable microspheres containing antigen
        R Nakaoka; Y Inoue; Y Tabata; Y Ikada
        VACCINE, 1996年09月, 査読有り
      • Evaluation of catechin and its derivatives as antioxidant: Recovery of growth arrest of Escherichia coli under oxidative conditions
        Y Inoue; S Trevanich; Y Tsujimoto; T Miki; S Miyabe; K Sugiyama; S Izawa; A Kimura
        JOURNAL OF THE SCIENCE OF FOOD AND AGRICULTURE, 1996年07月, 査読有り
      • Oxidative stress response in yeast: Purification and some properties of oxidative stress-inducible glucose-6-phosphate dehydrogenase from Hansenula mrakii
        T Miki; Y Tsujimoto; S Miyabe; K Sugiyama; S Izawa; Y Inoue; A Kimura
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1996年06月, 査読有り
      • Correlation of the OSR/ZRCI gene product and the intracellular glutathione levels in Saccharomyces cerevisiae
        S Kobayashi; S Miyabe; S Izawa; Y Inoue; A Kimura
        BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY, 1996年02月, 査読有り
      • Molecular cloning and nucleotide sequence of the isoamyl acetate-hydrolyzing esterase gene (EST2) from Saccharomyces cerevisiae
        K Fukuda; O Kuwahata; Y Kiyokawa; T Yanagiuchi; Y Wakai; K Kitamoto; Y Inoue; A Kimura
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1996年, 査読有り
      • Oxidative stress response in yeast: Glutathione peroxidase of Hansenula mrakii is bound to the membrane of both mitochondria and cytoplasm
        Y Inoue; LT Tran; M Kamakura; S Izawa; T Miki; Y Tsujimoto; A Kimura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1995年12月, 査読有り
      • MOLECULAR-CLONING AND NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF PURINE NUCLEOSIDE PHOSPHORYLASE AND URIDINE PHOSPHORYLASE GENES FROM KLEBSIELLA SP
        M TAKEHARA; F LING; S IZAWA; Y INOUE; A KIMURA
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1995年10月, 査読有り
      • OXIDATIVE STRESS-RESPONSE IN YEAST - EFFECT OF GLUTATHIONE ON ADAPTATION TO HYDROGEN-PEROXIDE STRESS IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        S IZAWA; Y INOUE; A KIMURA
        FEBS LETTERS, 1995年07月, 査読有り
      • Methylglyoxal and regulation of its metabolism in microorganisms
        Y. Inoue; A. Kimura
        Advances in Microbial Physiology, 1995年, 査読有り
      • Oxidative stress response in yeast: Induction of glucose-6-phosphate dehydrogenase by lipid hydroperoxide in Hansenula mrakii
        LT Tran; T Miki; M Kamakura; S Izawa; Y Tsujimoto; S Miyabe; Y Inoue; A Kimura
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1995年, 査読有り
      • Methylglyoxal and lipid hydroxperoxide as endogenous cytotoxic molecular species: Detoxification and regulation of gene expression in yeasts
        Yoshiharu Inoue
        Biotechnology and Genetic Engineering Reviews, 1994年, 査読有り
      • PURIFICATION AND SOME PROPERTIES OF NAD(P)H DEHYDROGENASE FROM SACCHAROMYCES-CEREVISIAE - CONTRIBUTION TO GLYCOLYTIC METHYLGLYOXAL PATHWAY
        Y INOUE; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1994年, 査読有り
      • CONTINUOUS PRODUCTION OF S-LACTOYLGLUTATHIONE BY IMMOBILIZED HANSENULA-MRAKII CELLS
        Y INOUE; H TSUCHIYAMA; A KIMURA
        PROCESS BIOCHEMISTRY, 1994年, 査読有り
      • INDUCTION, PURIFICATION AND UTILIZATION OF PURINE NUCLEOSIDE PHOSPHORYLASE AND URIDINE PHOSPHORYLASE FROM KLEBSIELLA SP
        F LING; Y INOUE; A KIMURA
        PROCESS BIOCHEMISTRY, 1994年, 査読有り
      • ESTER FORMATION BY A YEAST HANSENULA-MRAKII IFO-0895 - CONTRIBUTION OF ESTERASE FOR ISO-AMYL ACETATE PRODUCTION IN SAKE BREWING
        Y INOUE; K FUKUDA; Y WAKAI; T SUDSAI; A KIMURA
        FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-LEBENSMITTEL-WISSENSCHAFT & TECHNOLOGIE, 1994年, 査読有り
      • OXIDATIVE STRESS-RESPONSE IN YEAST - PURIFICATION AND SOME PROPERTIES OF A MEMBRANE-BOUND GLUTATHIONE-PEROXIDASE FROM HANSENULA-MRAKII
        LT TRAN; Y INOUE; A KIMURA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1993年07月, 査読有り
      • GLYOXALASE-I IN MICROORGANISMS - MOLECULAR CHARACTERISTICS, GENETICS AND BIOCHEMICAL REGULATION
        A KIMURA; Y INOUE
        BIOCHEMICAL SOCIETY TRANSACTIONS, 1993年05月, 査読有り
      • Functional analysis of the γ-glutamylcysteine synthetase of Escherichia coli B: effect of substitution of His-150 to Ala
        Y. Inoue; Y. Iba; H. Yano; K. Murata; A. Kimura
        Applied Microbiology and Biotechnology, 1993年01月, 査読有り
      • Lipid hydroperoxide-resistance gene in Saccharomyces cerevisiae: utilization as a selectable marker gene for yeast transformation.
        Y. Inoue; S. Kobayashi; K. Yoshikawa; L.T. Tran; A. Kimura
        Biotechnology and applied biochemistry, 1993年, 査読有り
      • EFFECTS OF CELL-CELL INTERACTION ON THE MESSENGER-RNA LEVEL OF GLYOXALASE-I GENE IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        Y INOUE; H YANO; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1993年, 査読有り
      • ROLE OF GLUTATHIONE-PEROXIDASE AGAINST OXIDATIVE STRESS IN YEAST - PHENOTYPIC CHARACTER OF LIPID HYDROPEROXIDE-SENSITIVE MUTANTS DERIVED FROM HANSENULA-MRAKII
        Y INOUE; LT TRAN; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1993年, 査読有り
      • POLYPHOSPHATE-PHOSPHATASE - INDUCTION, LOCALIZATION AND PURIFICATION FROM KLEBSIELLA SP LF-1202
        F LING; Y INOUE; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1993年, 査読有り
      • INDUCTION OF GLUTATHIONE-PEROXIDASE BY REACTIVE OXYGEN IN THE YEAST HANSENULA-MRAKII
        LT TRAN; Y INOUE; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1993年, 査読有り
      • CLONING AND PHENOTYPIC CHARACTERIZATION OF A GENE ENHANCING RESISTANCE AGAINST OXIDATIVE STRESS IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        Y INOUE; S KOBAYASHI; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1993年, 査読有り
      • PHENOTYPIC CHARACTER OF THE LIPID HYDROPEROXIDE-RESISTANT MUTANT - POSITIVE RELATIONSHIP BETWEEN FLOCCULATION AND RESISTANCE AGAINST LIPID HYDROPEROXIDE IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        Y INOUE; LT TRAN; K YOSHIKAWA; A KIMURA
        WORLD JOURNAL OF MICROBIOLOGY & BIOTECHNOLOGY, 1992年05月, 査読有り
      • OCCURRENCE OF A NADH-DEPENDENT METHYLGLYOXAL REDUCING SYSTEM - CONVERSION OF METHYLGLYOXAL TO ACETOL BY ALDEHYDE REDUCTASE FROM HANSENULA-MRAKII
        Y INOUE; S IKEMOTO; K KITAMURA; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1992年, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF GLYOXALASE-II FROM HANSENULA-MRAKII
        Y INOUE; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1992年, 査読有り
      • PRODUCTION OF S-LACTOYLGLUTATHIONE BY ORGANIC-SOLVENT-EXTRACTED GLYOXALASE-I FROM HANSENULA-MRAKII
        Y INOUE; H TSUCHIYAMA; N KOSUGI; A KIMURA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1992年01月, 査読有り
      • CONTINUOUS PRODUCTION OF S-LACTOYLGLUTATHIONE BY IMMOBILIZED GLYOXALASE-I FROM HANSENULA-MRAKII
        Y INOUE; H TSUCHIYAMA; LT TRAN; N KOSUGI; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1992年, 査読有り
      • POSITIVE EFFECT OF GAC GENE-PRODUCT ON THE MESSENGER-RNA LEVEL OF GLYOXALASE-I GENE IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        Y INOUE; H YANO; H GINYA; H TSUCHIYAMA; K MURATA; A KIMURA
        BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY, 1991年12月, 査読有り
      • Purification and characterization of glyoxalase I from Hansenula mrakii
        Y. Inoue; L.-T. Tran; K. Yoshikawa; K. Murata; A. Kimura
        Journal of Fermentation and Bioengineering, 1991年, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF ADENOSINE-DEAMINASE FROM KLEBSIELLA SP LF-1202
        F LING; Y INOUE; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1991年, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF METHYLGLYOXAL REDUCTASE FROM HANSENULA-MRAKII
        Y INOUE; LT TRAN; K YOSHIKAWA; K MURATA; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1991年, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF A NOVEL NUCLEOSIDE PHOSPHORYLASE FROM A KLEBSIELLA SP AND ITS USE IN THE ENZYMATIC PRODUCTION OF ADENINE-ARABINOSIDE
        F LING; Y INOUE; A KIMURA
        APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 1990年12月, 査読有り
      • SEXUAL-RESPONSE OF SACCHAROMYCES-CEREVISIAE - PHOSPHORYLATION OF YEAST GLYOXALASE-I BY A CELL EXTRACT OF MATING FACTOR TREATED-CELLS
        Y INOUE; BY CHOI; K MURATA; A KIMURA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1990年07月, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF A GENE WHICH ENHANCES THE ACTIVITY OF GLYOXALASE-I IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        Y INOUE; L FENG; C BONGYOUNG; H GINYA; K MURATA; A KIMURA
        BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY, 1990年06月, 査読有り
      • Application of gene recombination for cell breeding
        Y. Inoue; A. Kimura
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1990年, 査読有り
      • SEXUAL-RESPONSE IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE - ALTERATION OF ENZYME-ACTIVITY IN THE GLYOXALASE SYSTEM BY MATING FACTOR
        Y INOUE; BY CHOI; K MURATA; A KIMURA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1989年12月, 査読有り
      • PURIFICATION AND SOME PROPERTIES OF GLUTATHIONE S-TRANSFERASE FROM ESCHERICHIA-COLI-B
        M IIZUKA; Y INOUE; K MURATA; A KIMURA
        JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 1989年11月, 査読有り
      • 2-OXOALDEHYDE METABOLISM IN MICROORGANISMS
        K MURATA; Y INOUE; HI RHEE; A KIMURA
        CANADIAN JOURNAL OF MICROBIOLOGY, 1989年04月, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF RECOMBINANT TUNA GROWTH-HORMONE PRODUCED IN ESCHERICHIA-COLI
        N SATO; KAWAZOE, I; T TAMAI; Y INOUE; K MURATA; S KIMURA; M NONAKA; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1989年, 査読有り
      • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF CARBOXYLESTERASE FROM VINYL ACETATE-ASSIMILATING BACTERIUM ISOLATED FROM SOIL
        Y HATANAKA; Y INOUE; K MURATA; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 1989年, 査読有り
      • MOLECULAR-CLONING OF A GENE ENHANCING YEAST GLYOXALASE-I ACTIVITY AND ITS EFFECT ON YEAST-CELL SIZE
        K MURATA; T SAIKUSA; Y INOUE; A KIMURA
        JOURNAL OF FERMENTATION TECHNOLOGY, 1988年10月, 査読有り
      • L-LEUCINE AND ITS ANALOG - SPECIFIC INHIBITORS FOR S-BENZYL-L-CYSTEINE-PARA-NITROANILIDE-HYDROLYZING ENZYME IN ESCHERICHIA-COLI-B
        K MURATA; Y IBA; Y INOUE; A KIMURA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1988年06月, 査読有り
      • PRODUCTION OF S-LACTOYLGLUTATHIONE BY GLYCEROL-ADAPTED SACCHAROMYCES-CEREVISIAE AND GENETICALLY ENGINEERED ESCHERICHIA-COLI-CELLS
        N KOSUGI; Y INOUE; HI RHEE; K MURATA; A KIMURA
        APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1988年05月, 査読有り
      • Metabolism of 2-oxoaldehyde in mold. Purification and characterization of two methylglyoxal reductases from Aspergillus niger.
        Y. Inoue; H. Rhee; K. Watanabe; K. Murata; A. Kimura
        European Journal of Biochemistry, 1988年, 査読有り
      • METABOLISM OF 2-OXOALDEHYDES IN YEASTS - POSSIBLE ROLE OF GLYCOLYTIC BYPATH AS A DETOXIFICATION SYSTEM IN L-THREONINE CATABOLISM BY SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        K MURATA; T SAIKUSA; Y FUKUDA; K WATANABE; Y INOUE; M SHIMOSAKA; A KIMURA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1986年06月, 査読有り
      • Metabolism of α-ketoaldehydes in yeasts: Inducible formation of methyglyoxal reductase and its relation to growth arrest of Saccharomyces cerevisiae
        K. Murata; Y. Inoue; T. Saikusa; K. Watanabe; Y. Fukuda; S. Makoto; A. Kimura
        Journal of Fermentation Technology, 1986年, 査読有り
      • METABOLISM OF 2-OXOALDEHYDES IN YEASTS - PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF LACTALDEHYDE DEHYDROGENASE FROM SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        Y INOUE; K WATANABE; M SHIMOSAKA; T SAIKUSA; Y FUKUDA; K MURATA; A KIMURA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1985年, 査読有り

      MISC

      • 酵母の冷凍ストレス応答におけるTORC1とVps34の関与
        井上善晴
        第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同大会, 2010年, 査読有り
      • ホスホリパーゼCとTORC2を介したPKC制御機構の解析
        井上善晴
        第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同大会, 2010年, 査読有り
      • メチルグリオキサールによる酵母グルコース輸送体のエンドサイトーシスにおけるRsp5とPlc1の役割
        井上善晴
        第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同大会, 2010年, 査読有り
      • Ca2+による転写因子Msn2/Msn4のカルシニューリン/Crz1依存的な核内分解
        井上善晴
        第43回酵母遺伝学フォーラム, 2010年, 査読有り
      • 出芽酵母Gpx1のペルオキシダーゼ活性
        井上善晴
        日本農芸化学会2010年度大会, 2010年, 査読有り
      • Role of TORC2 in activation of MAPK in yeast
        Yoshiharu Inoue
        第32回日本分子生物学会年会, 2009年, 査読有り
      • Plc1を介したPkc1-Mpk1シグナル伝達系の活性化機構
        井上善晴
        第42回酵母遺伝学フォーラム, 2009年, 査読有り
      • 出芽酵母GPxのペルオキシソームにおける役割
        井上善晴
        第42回酵母遺伝学フォーラム, 2009年, 査読有り
      • 出芽酵母におけるホスホリパーゼC を介したPkc1-Mpk1経路の新奇活性化機構
        井上善晴
        第61回日本細胞生物学会合同大会, 2009年, 査読有り
      • エタノールストレス条件下における酵母のmRNA flux
        井上善晴
        日本農芸化学会2009年度大会, 2009年, 査読有り
      • 酵母の新奇なカルシウム応答:Snf1キナーゼの活性化とプロテインキナーゼAの抑制
        井上善晴
        日本農芸化学会2009年度大会, 2009年, 査読有り
      • 酵母の新奇なカルシウム応答:Crz1はMsn2の核内分解に関与する
        井上善晴
        日本農芸化学会2009年度大会, 2009年, 査読有り
      • 解糖系代謝物メチルグリオキサールによるjellybeans型の核形態変化
        井上善晴
        日本農芸化学会2009年度大会, 2009年, 査読有り
      • 大豆ペプチドによる酵母リピッドボディ形成抑制効果の解析
        井上善晴
        日本農芸化学会2009年度大会, 2009年, 査読有り
      • 大豆ペプチドを用いた培養による酵母脂質代謝の解析
        井沢真吾; 池田佳代; 井上善晴
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年07月11日, 査読有り
      • 酵母GPx1がペルオキシソーム形態に及ぼす影響
        井上善晴
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年, 査読有り
      • メチルグリオキサールによる酵母ヘキソーストランスポーターのエンドサイトーシス
        井上善晴
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年, 査読有り
      • スピンドル極体の配向形成におけるPtdIns(3,5)P2の役割
        井上善晴
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年, 査読有り
      • メチルグリオキサールが引き起こすグルコースの取り込み阻害
        井上善晴
        第18回日本メイラード学会学術集会, 2008年, 査読有り
      • メチルグリオキサールが引き起こすヘキソース輸送体のエンドサイトーシス
        井上善晴
        第41回酵母遺伝学フォーラム, 2008年, 査読有り
      • Lipid particleの形成におよぼす大豆ペプチドの影響
        井上善晴
        第41回酵母遺伝学フォーラム, 2008年, 査読有り
      • メチルグリオキサールによるKar9のSPBへの非対称分布の崩壊
        井上善晴
        第41回酵母遺伝学フォーラム, 2008年, 査読有り
      • 出芽酵母のエタノールストレス応答機構の解析
        井上善晴
        第41回酵母遺伝学フォーラム, 2008年, 査読有り
      • 醸造過程の酵母にける液胞およびlipid particleの形態変化
        井上善晴
        日本農芸化学会2008年度大会, 2008年, 査読有り
      • オレイン酸に応答した出芽酵母GPX1遺伝子の誘導
        井上善晴
        日本農芸化学会2008年度大会, 2008年, 査読有り
      • 制限酵素の認識配列識別における2価金属イオンの役割
        井上善晴
        日本農芸化学会2008年度大会, 2008年, 査読有り
      • 解糖系代謝物メチルグリオキサールによるスピンドル極体の極性消失
        井上善晴
        日本農芸化学会2008年度大会, 2008年, 査読有り
      • Glycolytic-methylglyoxal pathway - Molecular evolution and stress response of glyoxalase I in Saccharomyces cerevisiae
        Y Inoue; A Kimura
        PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES, 1999年06月, 査読有り
      • レドックスとストレスの予防医学
        Yodoi, J; Kato, N; Inoue, Y; Masutani, H
        栄養学研究の最前線、pp.9-21, 2008年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 核はなぜ球なのか?:細胞核形態のダイナミズムと生理機能の合目的性の探索
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分38:農芸化学およびその関連分野
        京都大学
        井上 善晴
        自 2021年07月09日, 至 2024年03月31日, 交付
        酵母;核分裂;核形態;Cdc28;DNA損傷チェックポイント;メチルグリオキサール
      • 細胞膜と細胞外構造体の協調的相互作用によるTORC2シグナルの活性制御モデル
        基盤研究(B)
        小区分38020:応用微生物学関連
        京都大学
        井上 善晴
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        酵母;TORC2;CWI経路;Eisosome;含硫アミノ酸;Pkc1;Plc1;メチルグリオキサール;シグナル伝達;細胞膜脂質ドメイン
      • 細胞膜脂質成分と低分子量Gタンパク質によるTORC2の活性化機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分38060:応用分子細胞生物学関連
        京都大学
        井上 善晴
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        酵母;TORC2;メチルグリオキサール;エデルフォシン;エルゴステロール;Pkc1;ホスファチジルセリン;Cdc42;低分子量Gタンパク質;リン脂質
      • 核形態チェックポイント:核形態異常によりもたらされる核分配停止機構の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        井上 善晴
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        メチルグリオキサール;酵母;核分裂;ホスファチジルイノシトール3.5-ビスリン酸;核形態;液胞;DNA損傷チェックポイント;Saccharomyces cerevisiae;チェックポイントキナーゼ;セキュリン;セパラーゼ;コヒーシン;ホスファチジルイノシトール
      • メタボリックシグナリング:解糖系代謝物によるTORC2活性化の分子機序とその意義
        基盤研究(B)
        京都大学
        井上 善晴
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        TORC2;メチルグリオキサール;酵母;Pkc1;Akt;インスリンシグナル;Plc1;脂肪細胞;インスリンシグナル伝達;IRS-1;シグナル伝達
      • メタボリックストレスによる細胞極性の破綻と増殖停止の分子機序
        基盤研究(B)
        京都大学
        井上 善晴
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        酵母;代謝;ストレス;細胞分裂;極性成長;ホスファチジルイノシトール;ボスファチジルイノシトール
      • メタボリックシグナリング:解糖系代謝中間体によるシグナル伝達の意義とメカニズム
        基盤研究(B)
        京都大学
        井上 善晴
        自 2005年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        代謝ストレス;酵母;シグナル伝達;メチルグリオキサール;MAPキナーゼ;チロシンホスファターゼ;PI3キナーゼ;メンブレントラフィック;メチルグリキオサール, Metabolic stress;Yeast;Signal transduction;Methylglyoxal;MAP kinase;Tyrosine phosphatase
      • 酵母転写因子Yap1の翻訳後修飾による活性化の分子機序
        基盤研究(B)
        京都大学
        井上 善晴
        自 2001年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        Yap1;Saccharomyces cerevisiae;グリオキサラーゼI;ジスルフィド結合;グルタチオン;酸化的ストレス;転写因子;チオレドキシン, Yap1;Saccharomyces cerevisiae;glyoxalase I;disulfide bond;glutathione;oxdative stress;transcription factor
      • 多様なバイオマスからの生分解性高分子材料の開発とそれらの生分解過程での安全性解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        吉岡 まり子
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        澱粉;セルロースジアセテート;グラフト共重合;リアクティブプロセシング;生分解性;ふすま;ポリウレタンフォーム;生分解中間体;液化;4,4-ジフェニルメタンジイソシアネート;微生物;閉鎖系酸素消費量;バイオマス;アセチル化;二軸エクストルーダー;発ガン性;内分泌攪乱作用, Starch;cellulose deacetat;graft copolymerization;reactive processing;biodegradability;bran;polyurethane foam;biodegraded intermedeate
      • 酵母のHOG-MAPキナーゼカスケードによる細胞周期調節機構の解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        井上 善晴
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        酵母;MAPキナーゼ;細胞周期;カルシウム;ストレス;Snf1キナーゼ;MAP-キナーゼ;情報伝達;浸透圧
      • 酵母のストレス応答における転写因子の細胞内ダイナミズムとシグナルクロストーク
        基盤研究(B)
        京都大学
        木村 光
        自 1998年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        Yap1;グルタチオンペルオキダーゼ;チオレドキシン;チオレドキシンペルオキシダーゼ;熱ショックストレス;グルタチオンペルオキシダーゼ;Zap1;Msn2;Osr1;Saccharomyces cerevisiae, Yap1;glutathione peroxidase;thioredoxin;thioredoxin peroxidase;heat shock stress
      • 酵母のグリオキサラーゼI遺伝子の分子進化とストレス応答機構の解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        井上 善晴;井上 喜晴
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        Saccharomyces cerevisiae;グリオキサラーゼI;分子進化;ストレス応答;MAPキナーゼ;ストレス;浸透圧;two-component system
      • Snyder libraryによる酵母の環境ストレス応答性遺伝子の単離と機能解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        井上 善晴
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        Saccharomyces cerevisiae;ストレス;過酸化脂質;活性酵素;環境
      • 酵母の活性酸素ストレス適応機構における分子進化
        基盤研究(B)
        京都大学
        木村 光
        自 1996年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        Saccharomyces cerevisiae;Hansenula mra kii;OSR1;DOG2;GSH2;GPX;Catalase;Glutathione;Hansenula mrakii;catalase;yAP-1, Saccharomyces cerevisiae;Hansenula mrakii;glutathione;glutathione peroxidase;glutathione reductase;glutathione synthetase;catalase;MAP kinase
      • 酵母と老化と活性酸素によるミトコンドリアDNAの損傷に及ぼすグルタチオンの影響
        奨励研究(A)
        京都大学
        井上 善晴
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        Saccharomyces cerevisiae;酸化的ストレス;グルタチオン;ミトコンドリア;カタラーゼ;チトクローム c ペルオキシダーゼ;呼吸欠損変異;過酸化水素
      • Hansenula属酵母によるエネルギー非依存的清酒香気成分の生産技術の設計
        基盤研究(B)
        京都大学
        木村 光
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        Hanseiwla mrakii;清酒;酢酸イソアミル;吟醸酒;Saccharomyces cerevisiae;清酒酵母;Hansenula mrakii;アルコールアセチルトランスフェラーゼ;エステラーゼ, Hansenula mrakii;sake;isoamyl acetate;ginjo-sake;Saccharomyces cerevisiae;sake yeast
      • 酵母の活性酸素ストレス防御機構に関する生理特性の解析
        一般研究(B)
        京都大学
        木村 光
        自 1994年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        活性酸素;酵母;Hansenula mvakii;Saccharomyces cerevisiae;グルタチオン;グルタチオンペルオキシダーゼ;OSR;ジーンターゲッテイング;Hansenula mrakii;酸化的ストレス;過酸化脂質;グルタチオン ペルオキシダーゼ;グルコース-6ーリン酸脱水素酵素;活性酸素ストレス;ストレス耐性;セHansenula mrakii;PCR;発現ベクター, Reactive oxygen;Yeast;Hansenula mrakii;Saccharomyces cerevisiae;Glutathione;Glutathione peroxidase;OSR;Gene targeting
      • 新しいグルタチオンペルオキシダーゼによるリン脂質やコレステロール過酸化物の検出法
        試験研究(B)
        京都大学
        木村 光
        自 1993年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        グルタチオンペルオキシダーゼ;酵母;グルタチオン;リン脂質;コレステロール;過酸化脂質;活性酸素ストレス;Hansenula mrakii;固定化菌体;老化;細胞膜;活性酸素, glutahione peroxidase;yeast;glutathione;phospholipid;cholesterol;lipid hydroperoxide;reactiev oxygen stress;Hansenula mrakii
      • 新規なヌクレオシドホスホリラーゼを用いるヌクレオシドアナログの設計とその作用機構
        一般研究(C)
        京都大学
        木村 光
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        プリンヌクレオシドホスホリラーゼ;ウリジンホスホリラーゼ;プロモーター;塩基配列;ヌクレオシドアナログ;Klebsiella
      • 微生物のC-P結合解裂反応の酵素化学的・遺伝学的解析
        一般研究(C)
        京都大学
        村田 幸作
        自 1991年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        C-P結合;C-P結合解裂酵素;C-P結合加水分解酵素;C-Pリアーゼ;CーP結合;CーP結合解裂酵素;CーP結合加水分解酵素;CーPリア-ゼ, C-P bond;C-P bond cleavage enzyme;C-P hydrolase;C-P lyase
      • 脂資過酸化物耐性酵母の活性酵素消去系の解析
        一般研究(C)
        京都大学
        木村 光
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        グルタチオンペルオキシダ-ゼ;脂質過酸化物;Hansenula mrakii;活性酸素
      • 細菌のC-P結合開裂酵素の活性発現および反応機構の解析とその応用
        一般研究(C)
        京都大学
        村田 幸作
        自 1989年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        炭素-燐酸結合;炭素-燐酸結合開裂酵素
      list
        Last Updated :2024/06/28

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学 V
          CA06, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          Applied Microbiology for Human Life
          CA28, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          エネルギー変換細胞学講義
          CA14, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          CF10, 後期, 農学研究科, 1.5
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          CF10, 前期, 農学研究科, 1.5
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          CG10, 後期, 農学研究科, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          CG10, 前期, 農学研究科, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          微生物分子遺伝学
          5642, 前期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学入門III
          5605, 後期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学概論
          5801, 前期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          応用生命科学 V
          CA06, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          Applied Microbiology for Human Life
          CA28, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          エネルギー変換細胞学講義
          CA14, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          CB28, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          CB27, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          CC28, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          CC27, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          応用生命科学入門III
          5605, 後期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          微生物分子遺伝学
          5642, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          CC27, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          CB27, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          CB28, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Applied Microbiology for Human Life
          CA28, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          CC28, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用微生物学II
          5641, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学 V
          CA06, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学入門III
          5605, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー変換細胞学講義
          CA14, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基礎情報処理演習
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用微生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用微生物学III
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学実験
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Applied Microbiology for Human Life
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用微生物学II
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用微生物学IV
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学V
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学 V
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学入門II
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学実験
          通年集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Applied Microbiology for Human Life
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          エネルギー変換細胞学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          エネルギー変換細胞学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          エネルギー変換細胞学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用微生物学II
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生命科学 V
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部

        博士学位審査

        • Breeding of useful bacterial strains in food industry based on the analysis of metabolic systems and phage susceptibilities(代謝経路とバクテリオファージ感受性の解析に基づく食品産業において有用な菌株の育種)
          脇中 琢良, 農学研究科, 副査
          2024年03月25日
        • Studies on astragaloside IV metabolism in lactic acid bacteria and bifidobacteria(乳酸菌およびビフィズス菌におけるアストラガロシドIVの代謝に関する研究)
          Takeuchi Daniel Makoto, 農学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Molecular mechanism of concentration-regulated methanol induction and its signaling pathway in methylotrophic yeasts(メチロトロフ酵母における濃度応答性メタノール誘導とシグナル伝達の分子機構)
          井上 紘一, 農学研究科, 副査
          2023年03月23日
        list
          Last Updated :2024/06/28

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2014年01月01日, 至 2014年12月31日
            宇治キャンパス公開2014実行委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            障害者入試委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2020年04月01日, 至 2026年03月31日
            研究活動推進委員会 委員

          ページ上部へ戻る