教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

大谷 真

オオタニ マコト

工学研究科 建築学専攻環境構成学講座 准教授

大谷 真
list
    Last Updated :2022/06/30

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    所属学協会

    • Audio Engineering Society
    • 日本建築学会
    • Acoustical Society of America
    • 電子情報通信学会
    • 日本バーチャルリアリティ学会
    • 日本音響学会

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程建築学専攻, Department of Architecture and Architectural Engineering, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程建築学専攻, Department of Architecture and Architectural Engineering, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部建築学科, Department of Architecture and Architectural Engineering, 卒業

    経歴

    • 自 2014年10月, 至 現在
      京都大学, 大学院工学研究科建築学専攻, 准教授
    • 自 2011年04月, 至 2014年09月
      信州大学, 工学部情報工学科, 准教授
    • 自 2012年10月, 至 2012年12月
      LIMSI-CNRS, 客員研究員
    • 自 2009年07月, 至 2011年03月
      信州大学, 工学部情報工学科, 助教
    • 自 2008年04月, 至 2009年06月
      東北大学, 大学院工学研究科/電気通信研究所, GCOEフェロー
    • 自 2006年04月, 至 2008年03月
      富山県立大学, 工学部, 研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      建築音響学,数値音響シミュレーション,聴覚バーチャルリアリティ,などに興味があります。
      1977年生まれ。大阪府出身。1999年京都大学工学部建築学科卒。2001年京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程了。2006年同博士課程了。博士(工学)。2006年より富山県立大学工学部 研究員。2008年より東北大学大学院工学研究科 GCOEフェロー(電気・情報系GCOE)。2009年7月より信州大学工学部情報工学科 助教,2011年4月より同 准教授,2014年10月より京都大学大学院工学研究科建築学専攻 准教授,現在に至る。日本建築学会・日本音響学会・Acoustical Society of America・日本バーチャルリアリティ学会・電子情報通信学会に所属。

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        建築における音場の空間的性質及び聴覚による空間知覚
      • 研究概要

        聴覚によって得られる空間情報は人々が日常生活を送る上で,特に,音声や音楽といった音を介したコミュニケーションのための建築空間において,非常に重要な役割を果たしています。建築におけるより良い音響空間の設計を目標として,建築内の音場の空間的側面とそれによって生じる聴覚空間知覚に関する研究を行っています。

      研究キーワード

      • 数値音響シミュレーション
      • 可聴化
      • 立体音響収録・再生
      • 聴覚空間知覚
      • 聴覚ディスプレイ
      • 音像定位
      • 境界要素法
      • バーチャルリアリティ
      • 仮想聴空間

      研究分野

      • 情報通信, 知覚情報処理
      • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築環境、建築設備, 建築音響学
      • 情報通信, ヒューマンインタフェース、インタラクション

      論文

      • Spatial auditory presentation of a partner’s presence induces the social Simon effect
        Arina Kiridoshi; Makoto Otani; Wataru Teramoto
        Scientific Reports, 2022年04月04日, 査読有り, 責任著者
      • Experimental study on sound absorption of hollow glass beads with inner closed cavities under low-frequency vertical vibration
        Takumasa Tsuruha; Makoto Otani; Yasushi Takano
        JASA Express Letters, 2022年02月, 査読有り
      • Precedence effect and related phenomena in the median plane for short time delay
        Yuki Takada; Makoto Otani
        Acoustical Science and Technology, 2022年01月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Binaural-centered mode-matching method for enhanced reproduction accuracy at listener's both ears in sound field reproduction
        Ryo Matsuda; Makoto Otani
        The Journal of the Acoustical Society of America, 2021年11月, 査読有り, 最終著者
      • Approximating an isotropic sound field as a composition of plane waves
        Tatsuhiro Tanaka; Makoto Otani
        Acoustical Science and Technology, 2021年09月01日, 査読有り, 最終著者
      • Effect of acoustically-induced elastic softening on sound absorption coefficient of hollow glass beads with inner closed cavities
        Takumasa Tsuruha; Makoto Otani; Yasushi Takano
        The Journal of the Acoustical Society of America, 2021年08月, 査読有り
      • Origin of frequency dependence of interaural time difference
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara; Daisuke Morikawa
        Acoustical Science and Technology, 2021年07月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Relation between Direction-of-Arrival distribution of reflected sounds in late reverberation and room characteristics: Geometrical acoustics investigation
        Yuto Izumi; Makoto Otani
        Applied Acoustics, 2021年05月01日, 査読有り, 最終著者
      • Numerical investigation of sweet spot size in a sound field reconstruction system based on inverse filtering
        Hiraku Okumura; Makoto Otani
        Acoustical Science and Technology, 2021年03月01日, 査読有り, 最終著者
      • Impacts of direction of arrival of direct sound and late reverberation on listening difficulty ratings of speech signals
        Tatsuhiro Tanaka; Makoto Otani
        Acoustical Science and Technology, 2021年01月01日, 査読有り, 最終著者
      • Effect of casing on sound absorption characteristics of fine spherical granular material
        Takumasa Tsuruha; Yoshinari Yamada; Makoto Otani; Yasushi Takano
        The Journal of the Acoustical Society of America, 2020年05月, 査読有り
      • Binaural Ambisonics: Its optimization and applications for auralization
        Makoto Otani; Haruki Shigetani; Masataka Mitsuishi; Ryo Matsuda
        Acoustical Science and Technology, 2020年01月01日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Direction-of-arrival distribution analysis of late reverberation using spherical microphone array
        Yuto Izumi; Makoto Otani
        Proc. International Symposium on Room Acoustics, 2019年09月, 査読有り
      • Experimental study on effect of retaining by wall on sound absorbing characteristic of granular materials
        Takumasa Tsuruha; Yoshinari Yamada; Makoto Otani; Yasushi Takano
        Proc. International Congress on Acoustics, 2019年09月, 査読有り
      • Investigation of sweet spot radius of sound reconstruction system based on inverse filtering
        Hiraku Okumura; Makoto Otani
        Proc. EAA Spatial Audio Signal Processing Symposium, 2019年09月, 査読有り
      • Accuracy of binaural signal in Higher-Order Ambisonics reproduction with different decoding approaches
        Haruki Shigetani; Makoto Otani
        Acoustical Science and Technology, 2019年03月, 査読有り
      • Reproduction accuracy of Higher-Order Ambisonics with Max-rE and/or least norm solution in decoding
        Makoto Otani; Haruki Shigetani
        Acoustical Science and Technology, 2019年01月, 査読有り
      • Evaluation of robustness of dynamic crosstalk cancellation for binaural reproduction
        Ryo Matsuda; Makoto Otani; Hiraku Okumura
        Proc. Audio Engineering Society International Conference, 2018年08月, 査読有り
      • Optimum loudspeaker arrangement of dynamic crosstalk cancellation system for two listeners
        Ryo Matsuda; Makoto Otani; Hiraku Okumura
        Proc. International Congress on Sound and Vibration, 2018年07月, 査読有り, 招待有り
      • A real-time sound field rendering processor,
        YiYu Tan; Yasushi Inoguchi; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya
        Applied Sciences, 2018年01月, 査読有り
      • Dynamic crosstalk cancellation for spatial audio reproduction
        Makoto Otani; Ryo Matsuda
        Proc. INTERNOISE 2017, 2017年08月, 査読有り, 招待有り
      • Largeness and shape of sound images captured by sketch-drawing experiments: Effects of bandwidth and center frequency of broadband noise
        Makoto Otani; Kouhei Yamazaki; Masahiro Toyoda; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        Acoustical Science and Technology, 2017年, 査読有り
      • Effects of spatial aliasing in sound field reproduction: Reproducibility of binaural signals
        Makoto Otani; Hikaru Watabe; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
        Acoustical Science and Technology, 2017年, 査読有り
      • Relation between frequency bandwidth of broadband noise and largeness of sound image
        Makoto Otani; Kouhei Yamazaki; Masahiro Toyoda; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        Acoustical Science and Technology, 2017年, 査読有り
      • Design of a real-time sound field rendering processor
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya
        Proc. RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016, 2016年03月, 査読有り
      • 聴触覚相互作用が音像の距離弁別精度に与える影響
        近藤雄治; 寺本渉; 小林まおり; 大谷真
        日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 2016年03月, 査読有り
      • Micro-Hole Diameter Inspection Using Audible Sound
        Yoshinori Nagasu; Noboru Nakayama; Makoto Otani; Kazunori Itoh; Keigo Oguchi; Kakumasa Eguchi
        Key Engineering Materials, 2015年07月, 査読有り
      • Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact-explicit finite-difference time-domain method
        Osamu Yamashita; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya; Makoto Otani; Yasushi Inoguchi
        Japanese Journal of Applied Physics, 2015年06月, 査読有り
      • Near-field sound control using a planar loudspeaker
        Sungyoung Kim; Hiraku Okumura; Makoto Otani
        Journal of Audio Engineering Society, 2015年02月, 査読有り
      • Virtual auditory display on a smartphone for high-resolution acoustic space by remote rendering
        Yukio Iwaya; Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Junfeng Li
        2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT INFORMATION HIDING AND MULTIMEDIA SIGNAL PROCESSING (IIH-MSP), 2015年, 査読有り
      • Future 3D Audio Technologies for Consumer Use
        Makoto Otani
        2015 IEEE 4TH GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (GCCE), 2015年, 査読有り, 招待有り
      • IMPACT OF DISCRETIZATION SPACING ON REPRODUCTION ACCURACY IN WAVE FIELD SYNTHESIS
        Makoto Otani; Hikaru Watabe; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
        PROCEEDINGS OF THE 22ND INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • PERCEPTION OF ACOUSTICAL SPATIAL ATTRIBUTES AND IMPRESSION IN VIRTUALLY RENDERED SOUND FIELD
        Yukio Iwaya; Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Yasushi Inoguchi
        PROCEEDINGS OF THE 22ND INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • Development of dynamic crosstalk cancellation system for multiple-listener binaural reproduction
        Hiroaki Kurabayashi; Makoto Otani; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        Acoustical Science and Technology, 2015年, 査読有り
      • Numerical examination of effects of discretization spacing on accuracy of sound field reproduction
        Makoto Otani; Hikaru Watabe; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
        Acoustical Science and Technology, 2015年, 査読有り
      • Adaptive Amplitude and Delay Control for Stereophonic Reproduction that Is Robust against Listener Position Variations
        Tomohiro Momose; Makoto Otani; Masan Hashimoto; Mizue Kayama; Kazunori Itoh
        JOURNAL OF THE AUDIO ENGINEERING SOCIETY, 2015年01月, 査読有り
      • Algorithmic thinking learning support system in block programming paradigm
        Mizue Kayama; Hisayoshi Kunimune; Masaaki Niimura; Masami Hashimoto; Makoto Otani
        Proc. 22nd International Conference on Computers in Education, 2014年12月, 査読有り
      • 低周波音響信号利用による微細穴検査技術 -検査に使用する周波数と検査分解能の関係-
        長洲慶典; 中山 昇; 伊東一典; 大谷 真; 江口穫正
        精密工学会誌, 2014年11月, 査読有り
      • Micro-hole inspection system using low-frequency sound
        Yoshinori Nagasu; Kakumasa Eguchi; Kazunori Itoh; Makoto Otani; Noboru Nakayama
        Journal of Japanese Society for Experimental Mechanics, 2014年09月, 査読有り
      • Sound Image Localization Using Dynamic Transaural Reproduction with Non-contact Head Tracking
        Hiroaki Kurabayashi; Makoto Otani; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2014年09月, 査読有り
      • A real-time sound rendering system based on the finite-difference time-domain algorithm
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2014年07月, 査読有り
      • Sound localization in surrounding loudspeaker array with spatial aliasing
        Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya; Makoto Otani
        Proc. Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014), 2014年05月, 査読有り
      • Binaural synthesis of virtual acoustic field by numerous-channel reproduction
        Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
        Proc. Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014), 2014年05月, 査読有り
      • Estimation of the low-frequency components of the head-related transfer functions of animals from photographs
        Marc Rebillat; Victor Benichoux; Makoto Otani; Renaud Keriven; Romain Brette
        JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA, 2014年05月, 査読有り
      • Design and implementation of a two-dimensional sound field solver based on the Digital-Huygens’ Model
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya
        Microprocessors and Microsystems, 2014年05月, 査読有り
      • Algorithmic thinking learning support system based on student-problem score table analysis
        Mizue Kayama; Makoto Satoh; Kei Kobayashi; Hisayoshi Kunimune; Masami Hashimoto; Makoto Otani
        Internationall Journal of Computer and Communication Engineering, 2014年03月, 査読有り
      • Algorithmic thinking learning support system based on student-problem score table analysis
        Mizue Kayama; Makoto Satoh; Kei Kobayashi; Hisayoshi Kunimune; Masami Hashimoto; Makoto Otani
        Proc. 3rd International Conference on Information Computer Application, 2014年02月, 査読有り
      • Algorithmic Thinking Learning Support System with eAssesment Function
        Mizue Kayama; Makoto Satoh; Hisayoshi Kunimune; Masaaki Niimura; Masami Hashimoto; Makoto Otani
        2014 14TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED LEARNING TECHNOLOGIES (ICALT), 2014年, 査読有り
      • A Practical Conceptual Modeling Teaching Method based on Quantitative Error Analyses for Novices Learning to Create Error-free Simple Class Diagrams
        Mizue Kayama; Shinpei Ogata; Kento Masumoto; Masami Hashimoto; Makoto Otani
        2014 IIAI 3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED APPLIED INFORMATICS (IIAI-AAI 2014), 2014年, 査読有り
      • Virtual Auditory Display by Remote Rendering Via Computer Network
        Yukio Iwaya; Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Junfeng Li
        2014 TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT INFORMATION HIDING AND MULTIMEDIA SIGNAL PROCESSING (IIH-MSP 2014), 2014年, 査読有り
      • A Hardware-Oriented Finite-Difference Time-Domain Algorithm for Sound Field Rendering
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2013年07月, 査読有り
      • Comparison of sound field measurements and predictions in coupled volumes between numerical methods and scale model measurements
        Paul Luizard; Makoto Otani; Jonathan Botts; Lauri Savioja; Brian FG Katz
        Proc. International Congress on Acoustics 2013 (ICA), 2013年06月, 査読有り
      • A chorus learning support system using the chorus leader's expertise
        Mizue Kayama; Kazunori Itoh; Kazushi Asanuma; Masami Hashimoto; Makoto Otani
        Science Innovation, 2013年02月, 査読有り
      • Large-scale sound field rendering with graphics processing unit cluster for three-dimensional audio with loudspeaker array
        Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya; Makoto Otani
        Proceedings of Meetings on Acoustics, 2013年, 査読有り
      • Effect of distant-variant/invariant head-related transfer functions on perception of a proximal sound source in virtual auditory space
        Makoto Otani; Fuminari Hirata; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        Proceedings of Meetings on Acoustics, 2013年, 査読有り
      • Preliminary Design of a Network Protocol Learning Tool Based on the Comprehension of High School Students: Design by an Empirical Study Using a Simple Mind Map
        Makoto Satoh; Ryo Muramatsu; Mizue Kayama; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Makoto Otani; Michio Shimizu; Masahiko Sugimoto
        Communications in Computer and Information Science, 2013年, 査読有り
      • Development of dynamic transaural reproduction system using non-contact head tracking
        Hiroaki Kurabayashi; Makoto Otani; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        2013 IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2013, 2013年, 査読有り
      • Micro-hole inspection using audible sound
        Yoshinori Nagasu; Kakumasa Eguchi; Takeshi Kazama; Seiichi Kudo; Kazunori Itoh; Makoto Otani; Noboru Nakayama; Eimatsu Sakagami; Tsuyoshi Mukaiyama
        Acoustical Science and Technology, 2013年, 査読有り
      • Numerical examination of directional loudspeaker array system with densely located control points
        Daiki Takeuchi; Yosuke Tanifuji; Makoto Otani; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        Acoustical Science and Technology, 2013年, 査読有り
      • 情報通信ネットワークに対する高校生の認識実態 -簡易マインドマップに基づく分析より-
        香山瑞恵; 村松 竜; 伊東一典; 橋本昌巳; 大谷 真
        日本情報科教育学会論文誌, 2012年12月, 査読有り
      • Consideration of effective acoustic rendering of spatialized ambient sound
        Yukio Iwaya; Takeru Chiba; Makoto Otani; Satoshi Yairi; Maori Kobayashi; Yoiti Suzuki
        Interdisciplinary Information Sciences, 2012年12月, 査読有り
      • 3D spatial sound systems compatible with human's active listening to realize rich high-level kansei information
        Yoiti Suzuki; Takuma Okamoto; Jorge Trevino; Zheng Lie Cui; Yukio Iwaya; Shuichi Sakamoto; Makoto Otani
        Interdisciplinary Information Sciences, 2012年12月, 査読有り
      • Analysis of sound field distribution for room acoustics: From the point of view of hardware implementation
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        Proc. 15th International Conference on Digital Audio Effects (DAFx-12), 2012年09月, 査読有り
      • Effective rendering of ambient sounds in virtual auditory display
        Yukio Iwaya; Makoto Otani; Yôiti Suzuki
        Proc. Inter-Noise 2012, 2012年08月, 査読有り, 招待有り
      • Evaluation of realism of dynamic sound space using a virtual auditory display
        Yukio Iwaya; Masahi Toyoda; Makoto Otani; Yôiti Suzuki
        Proceedings - 13th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking, and Parallel/Distributed Computing, SNPD 2012, 2012年, 査読有り
      • Design of a FPGA-based timing sharing architecture for sound rendering applications
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        Proceedings of the 9th International Conference on Information Technology, ITNG 2012, 2012年, 査読有り
      • Perception of proximal sound sources in virtual auditory space by distance-variable head-related transfer functions
        Makoto Otani; Fuminari Hirata; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        Acoustical Science and Technology, 2012年, 査読有り
      • Systematic behavior of resonance mode in pinna cavity
        Makoto Otani; Yukio Iwaya; Yôiti Suzuki; Kazunori Itoh
        Proc. Inter-Noise 2011, 2011年09月, 査読有り, 招待有り
      • DHM and FDTD based hardware sound field simulation acceleration
        Yasushi Inoguchi; Tan Yiyu; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        Proc. 14th Int. Conference on Digital Audio Effects (DAFx-11), 2011年09月, 査読有り
      • Fundamental research for development of P300-type Brain Computer Interface using air conduction sound stimulation that localizes the sound image
        Makoto Chishima; Atsushi Nara; Makoto Otani; Mizue Kayama; Masami Hashimoto; Kazunori Itoh; Yoshiaki Arai
        Proc. 5th International Brain-Computer Interface Conference, 2011年09月, 査読有り
      • Numerical Simulation of Air Flow through Glottis during Very Weak Whisper Sound Production
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2011年09月, 査読有り
      • A real-time sound field renderer based on digital Huygens' model
        Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Eiko Sugawara; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Yukinori Sato; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 2011年08月, 査読有り
      • Effects of head movement in head-related transfer function measurement
        T. Hirahara; D. Morikawa; M. Otani
        Principles and Applications of Spatial Hearing, 2011年01月01日, 査読有り
      • Development of virtual auditory display software responsive to head movement and a consideration of spatialised ambient sound to improve realism of perceived sound space
        Y. Iwaya; Y. Suzuki; M. Otani
        Principles and Applications of Spatial Hearing, 2011年01月01日, 査読有り
      • Instructional expertise for phrase singing and its application for a chorus learning support system
        Mizue Kayama; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Makoto Otani; Kazushi Asanuma
        Proceedings of the 2011 11th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, ICALT 2011, 2011年, 査読有り
      • Three-dimensional acoustic sensing and display systems realizing high sense-of-presence
        Yôiti Suzuki; Yukio Iwaya; Shuichi Sakamoto; Takuma Okamoto; Makoto Otani
        Proc. 12th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium, 2010年11月, 査読有り, 招待有り
      • Sound localization in a medium plane using an avatar robot “TeleHead” with synchronization of a listener’s horizontal head rotation
        Yukio Iwaya; Yusuke Masuyama; Makoto Otani; Yôiti Suzuki
        Proc. International Congress on Acoustics 2010 (ICA), 2010年08月, 査読有り
      • Interpolation method of head-related transfer functions in the z-plane domain using a common-pole-zero model
        Yukio Iwaya; Wataru Sato; Takuma Okamoto; Makoto Otani; Yôiti Suzuki
        Proc. International Congress on Acoustics 2010 (ICA), 2010年08月, 査読有り
      • Numerical analysis of HRTFs spectral feature based on sound pressures on pinna surface
        Makoto Otani; Yukio Iwaya; Yôiti Suzuki; Kazunori Itoh
        Proc. International Congress on Acoustics 2010 (ICA), 2010年08月, 査読有り
      • Silent-speech enhancement using body-conducted vocal-tract resonance signals
        Tatsuya Hirahara; Makoto Otani; Shota Shimizu; Tomoki Toda; Keigo Nakamura; Yoshitaka Nakajima; Kiyohiro Shikano
        SPEECH COMMUNICATION, 2010年04月, 査読有り
      • Head movement during head-related transfer function measurements
        Tatsuya Hirahara; Hiroyuki Sagara; Iwaki Toshima; Makoto Otani
        Acoustical Science and Technology, 2010年, 査読有り
      • イヤホンの音響特性とIEC60711カップラの問題点
        平原 達也; 青山 裕樹; 大谷 真
        日本音響学会誌, 2010年, 査読有り
      • A Real-Time Network Board Game System Using Tactile and Auditory Senses for the Visually Impaired
        Daisuke Nagasaka; Naoki Kaneda; Kazunori Itoh; Makoto Otani; Michio Shimizu; Masahiko Sugimoto; Masami Hashimoto; Mizue Kayama
        COMPUTERS HELPING PEOPLE WITH SPECIAL NEEDS, PROCEEDINGS, PT 1, 2010年, 査読有り
      • A chorus learning support system based on the tutoring knowledge of the chorus leader
        Mizue Kayama; Kazunori Itoh; Masami Hashimoto; Makoto Otani; Kazushi Asanuma
        Proceedings - 10th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, ICALT 2010, 2010年, 査読有り
      • Physics of body-conducted silent speech – production, propagation and representation of non-audible murmur
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        Proc. of INTERSPEECH 2010, 2010年, 査読有り
      • Sound-field lattice gas cellular automaton for real-time acoustic rendering
        Makoto Otani; Tomoharu Takeuchi; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Yôiti Suzuki
        2010 4th International Universal Communication Symposium, IUCS 2010 - Proceedings, 2010年, 査読有り
      • A FPGA implementation of the two-dimensional digital Huygens’ model
        Tan Yiyu; Yukinori Sato; Eiko Sugawara; Yasushi Inoguchi; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
        Technical Co-sponsored by IEEE, the 2010 International Conference on Field-Programmable Technology (FPT10), 2010年, 査読有り
      • Development of virtual auditory display as middleware with high accuracy
        Tatsuya Hirahara; Daisuke Morikawa; Makoto Otani
        Proc. 1st International Workshop on Principles and Applications of Spatial Hearing (IWPASH2009), 2009年11月, 査読有り
      • Spatial distribution of low-frequency HRTF spectral notch and its effect on sound localization
        Makoto Otani; Yukio Iwaya; Tetsu Magariyachi; Yôiti Suzuki
        Proc. 1st International Workshop on Principles and Applications of Spatial Hearing (IWPASH2009), 2009年11月, 査読有り
      • Auditory Orientation Training System for the Blind by using PC-Based Wide-Range 3-D Sound Technology
        Yoshikazu Seki; Yukio Iwaya; Takeru Chiba; Satoshi Yairi; Makoto Otani; Makoto Oh-uchi; Tetsuya Munekata; Kazutaka Mitobe; Akio Honda
        Proc. 1st International Workshop on Principles and Applications of Spatial Hearing (IWPASH2009), 2009年11月, 査読有り
      • Hybrid auralization of concert-hall acoustics based on scale model measurement and geometric acoustics simulation
        Makoto Otani; Yukio Iwaya; Fumitaka Saito; Yôiti Suzuki; Yoshinari Yamada; Takayuki Hidaka
        Proc. European Acoustics Association Symposium on Auralization, 2009年09月, 査読有り
      • Effect of low-frequency spectral notch on sound image localization
        Yukio Iwaya; Makoto Otani; Tetsu Magariyachi; Yôiti Suzuki
        Proc. 10th Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC X 2009), 2009年09月, 査読有り, 招待有り
      • Numerical study on source-distance dependency of head-related transfer functions
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara; Shiro Ise
        JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA, 2009年05月, 査読有り
      • Auditory orientation training system for the blind by using wide-range 3-D sound
        Yoshikazu Seki; Yukio Iwaya; Takeru Chiba; Satoshi Yairi; Makoto Otani; Makoto Oh-uchi; Tetsuya Munekata; Kazutaka Mitobe; Akio Honda
        Proc. Conference and Workshop on Assistive Technology for People with Vision and Hearing Impairments 2009 (CVHI 2009), 2009年04月, 査読有り
      • Numerical simulation of transfer and attenuation characteristics of soft-tissue conducted sound originating from vocal tract
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara; Shota Shimizu; Seiji Adachi
        APPLIED ACOUSTICS, 2009年03月, 査読有り
      • 頭部伝達関数の計測とバイノーラル再生にかかわる諸問題
        平原 達也; 大谷 真; 戸嶋 巌樹
        電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2009年
      • Frequency characteristics of several non-audible murmur (NAM) microphones
        Shota Shimizu; Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        Acoustical Science and Technology, 2009年, 査読有り
      • Numerical study on source-distance dependency of head-related transfer functions
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara; Shiro Ise
        Journal of the Acoustical Society of America, 2009年, 査読有り
      • The effects of ambient sounds on the quality of 3D virtual sound space
        Satoshi Yairi; Yukio Iwaya; Maori Kobayashi; Makoto Otani; Yôiti Suzuki; Takeru Chiba
        IIH-MSP 2009 - 2009 5th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, 2009年, 査読有り
      • Simulated head related transfer function of the phyllostomid bat Phyllostomus discolor
        F. De Mey; J. Reijniers; H. Peremans; M. Otani; U. Firzlaff
        JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA, 2008年10月, 査読有り
      • Auditory artifacts due to switching head-related transfer functions of a dynamic virtual auditory display
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2008年06月, 査読有り
      • Vocal tract shapes of non-audible murmur production
        Makoto Otani; Shota Shimizu; Tatsuya Hirahara
        Acoustical Science and Technology, 2008年, 査読有り
      • 凡空間型動的聴覚ディスプレイ
        大谷 真; 平原 達也; 伊勢 史郎
        日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 2007年12月, 査読有り
      • 水平面上の頭部伝達関数の距離依存性の数値的検討
        大谷真; 平原達也; 伊勢史郎
        日本音響学会誌, 2007年11月, 査読有り
      • Numerical Simulation of Attenuation Characteristics of Soft-tissue Conducted Sound Originated From Vocal Tract
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara; Seiji Adachi
        Proc. 19th International Congress on Acoustics (ICA), 2007年09月, 査読有り
      • Sound localization with scaled dummy-heads on a Telehead
        Tatsuya Hirahara; Hiroyuki Sagara; Makoto Otani
        Proc.19th International Congress on Acoustics (ICA), 2007年09月, 査読有り
      • The Head Related Transfer Function Simulation by FEM/IEM and Reciprocal Theorem
        Hiroshi Muraoka; Yuta Takahashi; Tubagus Haedar; Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        Proc. 14th International Congress on Sound and Vibration (ICSV), 2007年07月, 査読有り
      • A Dynamic Auditory Display: Its Design, Performance, and Problems in HRTF Switching
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        Proc. Japan-China Joint Conference of Acoustics 2007, 2007年06月, 査読有り, 招待有り
      • Acoustic Characteristics of Non-Audible Murmur
        Tatsuya Hirahara; Shota Shimizu; Makoto Otani
        Proc. Japan-China Joint Conference of Acoustics 2007, 2007年06月, 査読有り
      • 反射音を含む音場の可聴化に適した両耳信号の数値解析手法
        大谷真; 伊勢史郎
        日本音響学会誌, 2006年06月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Fast calculation system specialized for head-related transfer function based on boundary element method
        M Otani; S Ise
        JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA, 2006年05月, 査読有り
      • Learning of sound source search by voluntary action in a virtual acoustic space
        Shiro Ise; Kanako Ueno; Makoto Otani
        Proc. Forum Acusticum Budapest 2005 Official Publication, 2005年08月, 査読有り
      • A fast calculation system specialized for the HRTF based on the BEM
        Makoto Otani; Shiro Ise
        Proc. 18th International Congress on Acoustics (ICA), 2004年04月, 査読有り
      • A fast calculation method of the head-related transfer functions for multiple source points based on the boundary element method
        Makoto Otani; Shiro Ise
        Acoustical Science and Technology, 2003年, 査読有り
      • Real Time Calculation of The Head Related Transfer Function Based on The Boundary Element Method
        Shiro Ise; Makoto Otani
        Proc. 8th International Conference on Auditory Display (ICAD), 2002年07月, 査読有り
      • Numerical Calculation of The Head Related Transfer Functions by Using The Boundary Element Method
        Makoto Otani; Shiro Ise
        Proc. 7th Western Pacific Regional Acoustics Conference (WESTPRAC VII), 2000年10月, 査読有り

      MISC

      • A-5-12 ネットワーク聴覚ディスプレイシステムに基づくバーチャルコンサートシステムの開発(A-5.応用音響,一般セッション)
        伊藤 修平; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 土屋 隆生
        電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集, 2016年03月01日
      • 波面合成における境界離散化間隔が室内音場の合成精度に与える影響の検討 (応用音響)
        渡部 光; 大谷 真; 土屋 隆生
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年12月11日
      • 初学者向けの状態遷移図による振舞に関する概念モデリング教育へのモデル駆動開発方法論に基づく学習環境導入の効果
        香山 瑞恵; 小形 真平; 永井 孝; 横田 寛明; 増元 健人; 橋本 昌巳; 大谷 真
        組込みシステムシンポジウム2014論文集, 2014年10月15日
      • 2次元画像に基づいた頭部・耳介モデルのモーフィングと数値解析による個人頭部伝達関数の算出
        糸川 雄紀; 大谷 真; 橋本 昌巳
        日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編, 2014年
      • 動的モデルとしての振舞いモデリングに際する初学者の誤り分析 - プログラミング未習群と既習群とによる比較 -
        増元 健人; 香山 瑞恵; 小形 真平; 伊東 一典; 橋本 昌巳; 大谷 真
        情報教育シンポジウム2013論文集, 2013年08月11日
      • ネットワーク型聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価 (応用音響)
        伊藤 修平; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 土屋 隆生
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016年03月28日
      • 空間的折り返し歪み発生の上限周波数の異なる合成音場の弁別 (信号処理)
        鎗水 翔也; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 土屋 隆生
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016年03月28日
      • 招待講演 音場の可聴化 : 課題と展望 (応用音響)
        大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年12月12日
      • クライアント音源の遠隔空間レンダリング遅延解析 (応用音響)
        庄子 拓也; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 土屋 隆生; Li Junfeng
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年12月12日
      • スピーカ密度の異なる仮想音場の主観評価 (応用音響)
        鎗水 翔也; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 土屋 隆夫
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年12月12日
      • 波面合成方式における離散化間隔が合成精度に与える影響 (応用音響)
        渡部 光; 大谷 真; 土屋 隆生; 岩谷 幸雄
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年12月12日
      • 3P2-2 CE-FDTD法における任意形状の反射境界(ポスターセッション)
        山下 脩; 土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 井口 寧
        超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2014年12月03日
      • データリンク層での通信の同期を対象とした学習教材の有効性に関する基礎的検討 (教育工学)
        箕浦 航; 香山 瑞恵; 不破 泰; 橋本 昌巳; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年10月18日
      • アルゴリズム学習における補助課題作成に関する基礎的検討 (教育工学)
        不破 みのり; 香山 瑞恵; 國宗 永佳; 橋本 昌巳; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年10月18日
      • ロボット動作設計を対象にした状態遷移図による概念モデリング教育へのモデル駆動開発方法論導入の効果
        横田 寛明; 香山 瑞恵; 小形 真平; 橋本 昌巳; 大谷 真
        研究報告コンピュータと教育(CE), 2014年10月04日
      • 随意性瞬目と自発性瞬目の判別とユーザインタフェースへの応用 (MEとバイオサイバネティックス)
        小林 勇輝; 橋本 昌巳; 香山 瑞恵; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年09月12日
      • AI-1-2 実時間動的信号処理によるスポットレス立体音響再生(AI-1.空間音響信号処理と実用化,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画)
        大谷 真; 百瀬 友博; 倉林 宏明; 橋本 昌巳; 香山 瑞恵
        電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2014年09月09日
      • AI-1-4 音空間レンダリングとその今後(AI-1.空間音響信号処理と実用化,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画)
        土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真
        電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2014年09月09日
      • 合成音声刺激を用いた聴覚刺激BCIの改善(ポスター講演,ME,バイオメトリクス,一般)
        出來田 竜也; 橋本 昌巳; 香山 瑞恵; 大谷 真; 伊東 一典
        電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 2014年09月05日
      • A-10-1 多チャンネル音場再現のバイノーラル合成による模擬(A-10.応用音響,一般セッション)
        大谷 真; 内田 涼; 土屋 隆生; 岩谷 幸雄
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014年03月04日
      • A-10-2 クラウド型聴覚ディスプレイの遅延解析(A-10.応用音響,一般セッション)
        岩谷 幸雄; 庄子 拓也; 川崎 誉洋; 土屋 隆生; 大谷 真
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014年03月04日
      • モデル駆動開発方法論を用いた状態遷移図記述によるロボット動作設計の評価―大学1年生と2年生の比較より―
        横田 寛明; 香山 瑞恵; 小形 真平; 橋本 昌巳; 大谷 真
        研究報告コンピュータと教育(CE), 2014年02月01日
      • CE-FDTD法の境界条件について : 密度変化の取り扱い (超音波 音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)
        丸田 直樹; 山下 脩; 土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年01月27日
      • CE-FDTD法の境界条件について : 密度変化の取り扱い (応用音響 音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)
        丸田 直樹; 山下 脩; 土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年01月27日
      • 遠隔レンダリング型聴覚ディスプレイの試作 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)
        岩谷 幸雄; 庄子 拓也; 川崎 誉洋; 千葉 順子; 大谷 真; 土屋 隆生
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年01月27日
      • 聴覚ディスプレイによる視覚障碍者のための携帯端末ナビゲーション
        井上 裕翔; 西澤 達夫; 大谷 真
        日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編, 2014年
      • 歌声の習熟度と周波数特性との関係に関する考察 (応用音響)
        佐久間 雄輝; 香山 瑞恵; 池田 京子; 大谷 真; 橋本 昌巳; 伊東 一典
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2013年12月13日
      • 頭部伝達関数算出のための2次元画像に基づいた3次元頭部モデルモーフィングの検討 (応用音響)
        糸川 雄紀; 大谷 真; 橋本 昌己; 香山 瑞恵; 伊東 一典
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2013年12月13日
      • 動的パニングによる音像方向の制御 (応用音響)
        百瀬 友博; 大谷 真; 橋本 昌己; 香山 瑞恵; 伊東 一典
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2013年12月13日
      • 2P2-14 FDTDアルゴリズムに基づく実時間音響レンダリングシステム(ポスターセッション)
        Yiyu Tan; Inoguchi Yasushi; Sato Yukinori; Otani Makoto; Iwaya Yukio; Matsuoka Hiroshi; Tsuchiya Takao
        超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2013年11月20日
      • 包囲型マイクロホン・スピーカアレイによる音空間レンダリングの試み
        土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真
        聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting, 2013年08月09日
      • 動的トランスオーラル再生による音像定位 (応用音響)
        大谷 真; 倉林 宏明; 伊東 一典; 橋本 昌巳; 香山 瑞恵
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2013年08月09日
      • 包囲型マイクロホン・スピーカアレイによる音空間レンダリングの試み (応用音響)
        土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 井口 寧
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2013年08月09日
      • 頭部伝達関数の境界要素解析の実践
        大谷 真
        日本音響学会誌, 2013年02月01日
      • 音空間レンダリング技術の開発:シリコンコンサートホールの実現に向けて(招待講演,音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)
        土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 井口 寧
        電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波, 2013年01月17日
      • 音空間レンダリング技術の開発 : シリコンコンサートホールの実現に向けて(招待講演,音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)
        土屋 隆生; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 井口 寧
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2013年01月17日
      • 状態遷移図作成に際する初学者の誤り分析とそれに基づく教育方法の検討
        香山 瑞恵; 小形 真平; 増元 健人; 伊東 一典; 橋本 昌巳; 大谷 真
        情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告, 2012年12月01日
      • 3Pa2-2 音空間レンダリングのためのハードウエア指向FDTDアルゴリズム(ポスターセッション)
        Yiyu Tan; Inoguchi Yasushi; Sato Yukinori; Otani Makoto; Iwaya Yukio; Matsuoka Hiroshi; Tsuchiya Takao
        超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2012年11月13日
      • 聴覚ディスプレイによる視覚障害者のタッチパネル操作性改善
        西澤 達夫; 井上 裕翔; 大谷 真; 橋本 昌巳; 香山 瑞恵; 伊東 一典
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2012年10月20日
      • 歌声の心理的印象と音響特徴量との対応付けによる歌唱の習熟度評価に関する基礎的検討
        山辺 大貴; 池田 京子; 香山 瑞恵; 大谷 真; 橋本 昌巳; 伊東 一典; 山下 泰樹; 浅沼 和志
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2012年10月20日
      • アルゴリズム的思考法の学習における課題の適切性に関する検討(教育・学習支援プラットフォーム/一般)
        佐藤 亮; 香山 瑞恵; 國宗 永佳; 伊東 一典; 橋本 昌巳; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学, 2012年10月20日
      • P300型BCIのための注視位置と事象関連電位に関する一考察
        坂井 優亮; 青木 洋康; 田口 拓弥; 橋本 昌巳; 千島 亮; 伊東 一典; 香山 瑞恵; 大谷 真; 荒井 善昭
        電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 2012年09月20日
      • GPUクラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化(音響信号処理,聴覚,一般)
        土屋 隆生; 石井 琢人; 岩谷 幸雄; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2012年07月25日
      • 数値計算を用いた音像の距離感に関連する物理パラメータの検討
        奥村 啓; 金 成英; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2012年06月01日
      • 精細多点制御による指向性スピーカアレイシステムの制御点配置に関する検討
        竹内 大貴; 谷藤 陽介; 大谷 真; 伊東 一典; 橋本 昌巳; 香山 瑞恵
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2011年10月21日
      • 4〜8kHz帯域のレベル変化が広帯域音の正中面音像定位に与える影響
        曲谷地 哲; 岩谷 幸雄; 大谷 真
        聴覚研究会資料, 2011年10月01日
      • 頭部運動感応型ダミーヘッド収音聴取における同期の様式が正中面音像定位に与える影響
        池田 善敬; 大谷 真; 岩谷 幸雄
        聴覚研究会資料, 2010年10月16日
      • 耳介部位充填が正中面音像定位およびHRTFに与える影響
        山羽 亮輔; 岩田 詠史; 大谷 真; 伊東 一典; 香山 瑞恵; 橋本 昌巳
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2010年10月14日
      • 頭部伝達関数における耳介表面音庄の影響
        大谷 真; 岩谷 幸雄; 鈴木 陽一; 伊東 一典
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2010年10月14日
      • P300型BCIシステム開発のための音像定位する音刺激の検討
        小口 弘貴; 千島 亮; 岩松 康太; 香山 瑞恵; 橋本 昌巳; 伊東 一典; 大谷 真; 荒井 善昭
        電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 2010年09月21日
      • 外乱負荷時の重心計測と表面筋電図によるバランス能力評価に関する一考察
        杉本 大典; 橋本 昌巳; 伊東 一典; 香山 瑞恵; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 2010年09月21日
      • 歌唱評価のための体表面局部領域における計測手法の検討
        浅沼 和志; 岡崎 智史; 伊東 一典; 香山 瑞恵; 橋本 昌己; 大谷 真
        電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 2010年09月21日
      • A-10-4 音響格子ガスオートマトン法による音場解析の考察(A-10.応用音響,一般セッション)
        竹内 智晴; 岩谷 幸雄; 大谷 真; 鈴木 陽一; 松岡 浩
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年03月02日
      • イヤホンの音響特性とIEC60711カプラの問題点
        平原 達也; 青山 裕樹; 大谷 真
        日本音響学会誌, 2010年02月01日
      • 広範囲電子的測位による3次元音響を用いた視覚障害者の聴覚空間認知訓練の可能性(第4報)-β版配布開始-
        関喜一; 岩谷幸雄; 大内誠; 矢入聡; 大谷真; 棟方哲弥; 水戸部一孝; 本多明生; 稲永潔文
        感覚代行シンポジウム, 2010年
      • 3次元音響を用いた聴覚空間認知訓練システムβ版
        関 喜一; 岩谷 幸雄; 千葉 武尊; 矢入 聡; 大谷 真; 大内 誠; 棟方 哲弥; 水戸部 一孝; 本多 明生
        視覚障害リハビリテーション研究発表大会プログラム・抄録集, 2010年
      • 0733 聴覚ディスプレイと歩行トレーニング(S38-1:感覚ディスプレイとQOLテクノロジー1)
        関 喜一; 岩谷 幸雄; 千葉 武尊; 矢入 聡; 大谷 真; 大内 誠; 棟方 哲弥; 水戸部 一孝; 本多 明生
        バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2010年
      • 体位および耳介形状が正中面下方の音像定位に与える影響
        山羽 亮輔; 岩田 詠史; 胡 月; 大谷 真; 伊東 一典; 香山 瑞恵; 橋本 昌巳; 為末 隆弘
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2009年10月15日
      • K-039 背景音が仮想音響空間に与える聴感上の影響(教育工学・福祉工学・マルチメディア応用,一般論文)
        大谷 真; 岩谷 幸雄; 千葉 武尊; 鈴木 陽一
        情報科学技術フォーラム講演論文集, 2009年08月20日
      • 背景音が3次元仮想音空間に与える聴感的影響
        大谷 真; 岩谷 幸雄; 小林 まおり
        聴覚研究会資料, 2009年08月03日
      • 背景音が3次元仮想音空間に与える聴感的影響(音響信号処理,一般)
        大谷 真; 岩谷 幸雄; 小林 まおり; 矢入 聡; 鈴木 陽一; 千葉 武尊
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2009年07月27日
      • ヒューマノイドロボットにおける音響シミュレーションの検討
        山本 潔; 浅野 太; 松坂 要佐; 原 功; 麻生 英樹; 大谷 真; 岩谷 幸雄
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2009年06月18日
      • バイノーラル技術の基礎と応用
        大谷真; 岩谷 幸雄; 矢入聡
        騒音制御, 2009年
      • 頭部伝達関数の計測とバイノーラル再生にかかわる諸問題
        平原達也; 大谷真; 戸嶋巌樹
        Fundamentals Review, 2009年
      • Frequency characteristics of several non-audible murmur (NAM) microphones
        Shota Shimizu; Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        Acoustical Science and Technology, 2009年
      • 被験者の聴感度特性と5.1ch方式による再生音の臨場感の関係
        森川大輔; 平原達也; 大谷真
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2008年10月16日
      • 体導音を検出する小型センサの構造と感度特性
        清水奨太; 平原達也; 大谷真
        電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2008年10月16日
      • Auditory artifacts due to switching head-related transfer functions of a dynamic virtual auditory display
        Makoto Otani; Tatsuya Hirahara
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2008年06月
      • 頭部伝達関数論考
        平原 達也; 大谷 真; 矢入 聡
        聴覚研究会資料, 2008年01月23日
      • 数値計算による擬似頭の頭部伝達関数と実測値の比較
        大谷 真; 平原 達也; 伊勢 史郎
        聴覚研究会資料, 2008年01月23日
      • Vocal tract shapes of non-audible murmur production
        Makoto Otani; Shota Shimizu; Tatsuya Hirahara
        Acoustical Science and Technology, 2008年
      • 凡空間型動的聴覚ディスプレイ(「バーチャルVR〜VR技術の応用・転用・新展開」特集)
        大谷 真; 平原 達也; 伊勢 史郎
        日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 2007年12月31日
      • 聴覚実験用イヤホンの諸特性
        青山 裕樹; 大谷 真; 平原 達也
        聴覚研究会資料, 2007年07月26日
      • 非可聴つぶやき声の音響的特徴とNAMマイクの応答特性
        清水 奬太; 大谷 真; 平原 達也
        聴覚研究会資料, 2007年07月26日
      • 聴覚実験用イヤホンの諸特性(聴覚・音声/一般)
        青山裕樹; 大谷真; 平原達也
        電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 2007年07月19日
      • 非可聴つぶやき声の音響的特徴とNAMマイクの応答特性(聴覚・音声/一般)
        清水奨太; 大谷真; 平原達也
        電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 2007年07月19日
      • 頭部伝達関数の数値解析とその応用(<小特集>バイノーラル技術による立体音響再生の動向)
        大谷 真; 伊勢 史郎
        日本音響学会誌, 2005年07月01日
      • 仮想聴空間における音像定位の学習効果とその定量的評価の試み
        大谷 真; 伊勢 史郎
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 2005年03月08日
      • 頭部伝達関数の数値解析とその応用
        大谷真; 伊勢史郎
        日本音響学会誌, 2005年
      • HRTFを用いたバーチャル鬼ごっこシステム
        水田 真人; 角田 哲也; 大谷 真; 伊勢 史郎
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 2003年03月18日
      • A fast calculation method of the head-related transfer functions for multiple source points based on the boundary element method
        Makoto Otani; Shiro Ise
        Acoustical Science and Technology, 2003年
      • 境界要素法により求めた頭部伝達関数の聴感実験による検討
        大谷 真; 伊勢 史郎
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 2001年10月01日
      • 境界要素法を用いた頭部伝達関数の予測
        大谷 真; 伊勢 史郎
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 2000年03月01日
      • マルチユーザトランスオーラルシステムにおける制御点配置の数値的検討
        倉林 宏明; 大谷 真; 橋本 昌巳
        日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編, 2014年
      • 動的トランスオーラル再生による音像定位
        大谷 真; 倉林 宏明; 伊東 一典
        聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting, 2013年08月09日
      • 音像定位させた骨伝導音によるP300型意思伝達支援機器の検討
        千島亮; 原田裕也; 山鹿隆義; 大谷真; 香山瑞恵; 橋本昌巳; 伊東一典; 荒井善昭
        計測自動制御学会中部支部シンポジウム講演論文集, 2012年

      受賞

      • 2022年03月10日
        日本音響学会, 日本音響学会論文賞古井賞
        日本国, 国内外の国際的学術賞
      • 2009年03月18日
        日本音響学会, 粟屋潔学術奨励賞
      • 2011年09月02日
        教育システム情報学会, 第36回全国大会優秀賞
      • 2011年12月23日
        日本情報科教育学会, 第4回全国大会優秀研究
      • 2014年11月05日
        日本情報科教育学会, 第7回全国大会優秀研究賞
      • 2014年12月04日
        The 22nd International Conference on Computers in Education, Best Technical Design Paper Award
      • 2013年09月18日
        電子情報通信学会, 貢献賞
      • 2014年03月11日
        日本音響学会, 学会活動貢献賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 高精度音場可聴化プラットホームの構築 -後期残響音モデルと発音者による音場評価-
        基盤研究(B)
        小区分61020:ヒューマンインタフェースおよびインタラクション関連
        京都大学
        大谷 真
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        可聴化;音場再現
      • 人と場の相互作用を考慮した知的感性活動を支える聴空間創出基盤技術の確立
        基盤研究(B)
        小区分61020:ヒューマンインタフェースおよびインタラクション関連
        東北大学
        坂本 修一
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        バーチャルリアリティ;聴空間センシング;3次元音空間再生;臨場感通信;遠隔協働
      • テレワーク環境における共在性を考慮した音情報伝達システムに関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        大谷 真
        自 2017年07月18日, 至 2020年03月31日, 完了
        テレワーク;共在性;聴覚空間情報;頭部位置センシング;バイノーラル再生
      • 包括的な音場可聴化システムの構築
        基盤研究(B)
        京都大学
        大谷 真
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        臨場感コミュニケーション;バーチャルリアリティ;音響設計;可聴化;自発音;環境音;バイノーラル再生
      • 声の見える化技法を応用した教師支援ツールの開発とその指導法の構築
        基盤研究(C)
        信州大学
        池田 京子
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        声楽;歌声;歌唱指導;Singer's formant;可視化;歌声評価;指導法;ヴォイストレーナー;Q値;SFR;プロ歌手;歌唱;発声指導;シンガーズフォルマント;見える化
      • アクティブリスニング知覚過程理解に基づく音空間提示システム
        基盤研究(B)
        東北学院大学
        岩谷 幸雄
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        聴覚ディスプレイ;音空間知覚;アクティブリスニング;頭部運動;3次元音空間;マルチモーダル感覚情報処理;音像定位
      • 他者の存在を知覚するメカニズムの解明ー聴覚と触覚のインタラクションー
        挑戦的萌芽研究
        明治大学
        小林 まおり
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        バーチャルリアリティ;オーディオディスプレイ;臨場感;実在感;聴触覚相互作用;聴覚ディスプレイ;聴触覚統合;気配
      • 数値解析と模型測定による頭部伝達関数の生成メカニズムの解明
        若手研究(B)
        信州大学
        大谷 真
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        聴覚ディスプレイ;頭部伝達関数;音像定位;数値解析;バーチャルリアリティ
      • 数値解析による頭部周辺の音場解析と個人性要因の解明
        若手研究(B)
        信州大学
        大谷 真
        完了
        バーチャルリアリティ;頭部伝達関数;音像定位;仮想聴覚ディスプレイ
      • マルチモーダル感覚情報の時空間統合
        特別推進研究
        理工系
        東北大学
        鈴木 陽一
        完了
        マルチモーダル感覚情報;マルチモーダル情報通信技術;迫真性・臨場感・自然性;3次元ディスプレイ;時空間統合処理;3次元聴覚ディスプレイ;3Wマーキング;感性情報処理;臨場感・迫真性・自然性;3次元視聴覚ディスプレイ;3W マーキング
      • 人間の適応能力を考慮した頭部伝達関数の適用限界に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        伊勢 史郎
        完了
        バーチャルリアリティ;頭部伝達関数;テレヘッド;仮想聴空間;能動性;境界要素法;音源探索;音源定位;音像定位
      • 人間の選択的情報処理に基づく聴空間共有型コミュニケーションプラットホームの実現
        基盤研究(A)
        中区分61:人間情報学およびその関連分野
        東北大学
        坂本 修一
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        バーチャルリアリティ;聴空間センシング;3次元音空間再生;臨場感通信;遠隔協働
      list
        Last Updated :2022/06/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          音響空間設計論
          B259, 後期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築光・音環境学
          4032, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          静粛環境工学
          B100, 前期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築設備計画法
          4073, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築応用数学
          4054, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築環境工学演習
          4023, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          工業数学C
          2102, 後期, 工学部, 2
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生活空間再生学ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          自然現象と数学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築応用数学
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築技術者倫理
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築環境工学II
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          自然現象と数学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築応用数学
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築技術者倫理
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築環境工学II
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          静粛環境工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築応用数学
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築環境工学II
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          静粛環境工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築応用数学
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          静粛環境工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築光・音環境学
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築応用数学
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築設備計画法
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          静粛環境工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          音響空間設計論
          後期, 工学研究科

        指導学生の業績:受賞

        • 優秀修士論文賞
          泉 悠斗, 京大建築会, 2021年08月28日
        • 吉田卒業研究・論文賞
          松田 遼, 京都大学大学院工学研究科, 2017年06月09日
        • 優秀卒業研究賞
          松田 遼, 京都大学工学部建築学科, 2017年03月24日
        • 粟屋潔学術奨励賞
          靏羽 琢元, 日本音響学会, 2021年03月11日
        • 学生研究奨励賞
          川﨑 悠季, 日本音響学会 電気音響研究会, 2021年11月16日
        • 学生優秀発表賞
          田中 達宏, 日本音響学会, 2022年03月10日
        • 優秀発表賞
          泉 悠斗, 日本建築学会近畿支部, 2018年08月07日
        • 学生優秀発表賞
          松田 遼, 日本音響学会, 2019年09月05日

        ページ上部へ戻る