教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

桂 有加子

カツラ ユカコ

ヒト行動進化研究センター 助教

桂 有加子
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類・野生動物系, 助教

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      katsura.yukako.5ekyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本進化学会
    • 日本遺伝学会
    • Society for Molecular Biology and Evolution
    • Human Genome Organisation

    学位

    • 博士(理学)(総合研究大学院大学)

    出身大学院・研究科等

    • 総合研究大学院大学, 先導科学研究科生命共生体進化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 広島大学, 理学部生物科学科, 卒業

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究キーワード

      • 分子進化
      • 遺伝学
      • ゲノム
      • 性染色体
      • サイエンスコミュニケーション
      • 性決定

      研究分野

      • ライフサイエンス, 進化生物学, 進化生物学
      • ライフサイエンス, 医用システム, 医用システム

      論文

      • Genomic differentiation within East Asian Helicobacter pylori
        Yuanhai You; Kaisa Thorell; Lihua He; Koji Yahara; Yoshio Yamaoka; Jeong-Heon Cha; Kazunari Murakami; Yukako Katsura; Ichizo Kobayashi; Daniel Falush; Jianzhong Zhang
        bioRXiv, 2021年06月05日
      • Comparative genomics of Glandirana rugosa using unsupervised AI reveals a high CG frequency.
        Yukako Katsura; Toshimichi Ikemura; Rei Kajitani; Atsushi Toyoda; Takehiko Itoh; Mitsuaki Ogata; Ikuo Miura; Kennosuke Wada; Yoshiko Wada; Yoko Satta
        Life science alliance, 2021年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Complex intragene deletion leads to oculocutaneous albinism in tanuki (Japanese raccoon dog).
        Yuji Mae; Kenji Nagara; Manabu Miyazaki; Yukako Katsura; Yuki Enomoto; Akihiko Koga
        Genome, 2020年10月, 査読有り
      • The Reproducibility of an Inferred Tree and the Diploidization of Gene Segregation after Genome Duplication.
        Yukako Katsura; Masatoshi Nei
        Genome biology and evolution, 2020年02月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Heterogeneity of synonymous substitution rates in the Xenopus frog genome.
        Quintin Lau; Takeshi Igawa; Hajime Ogino; Yukako Katsura; Toshimichi Ikemura; Yoko Satta
        PloS one, 2020年, 査読有り
      • Evolutionary Medicine of Retroviruses in the Human Genome.
        Yukako Katsura; Satoshi Asai
        The American journal of the medical sciences, 2019年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The evolutionary process of mammalian sex determination genes focusing on marsupial SRYs.
        Yukako Katsura; Hiroko X Kondo; Janelle Ryan; Vincent Harley; Yoko Satta
        BMC evolutionary biology, 2018年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The Reliability and Stability of an Inferred Phylogenetic Tree from Empirical Data.
        Yukako Katsura; Craig E Stanley Jr; Sudhir Kumar; Masatoshi Nei
        Molecular biology and evolution, 2017年03月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • FGFR2 mutation in 46,XY sex reversal with craniosynostosis.
        Stefan Bagheri-Fam; Makoto Ono; Li Li; Liang Zhao; Janelle Ryan; Raymond Lai; Yukako Katsura; Fernando J Rossello; Peter Koopman; Gerd Scherer; Oliver Bartsch; Jacob V P Eswarakumar; Vincent R Harley
        Human molecular genetics, 2015年12月01日, 査読有り
      • In vivo function and evolution of the eutherian-specific pluripotency marker UTF1.
        Masazumi Nishimoto; Miyuki Katano; Toshiyuki Yamagishi; Tomoaki Hishida; Masayoshi Kamon; Ayumu Suzuki; Masataka Hirasaki; Yoko Nabeshima; Yo-ichi Nabeshima; Yukako Katsura; Yoko Satta; Janine E Deakin; Jennifer A Marshall Graves; Yoko Kuroki; Ryuichi Ono; Fumitoshi Ishino; Masatsugu Ema; Satoru Takahashi; Hidemasa Kato; Akihiko Okuda
        PloS one, 2013年, 査読有り
      • Evolution of genomic structures on Mammalian sex chromosomes.
        Yukako Katsura; Mineyo Iwase; Yoko Satta
        Current genomics, 2012年04月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Identification of an enhancer in the Ad4BP/SF-1 gene specific for fetal Leydig cells.
        Yuichi Shima; Kanako Miyabayashi; Takashi Baba; Hiroyuki Otake; Yukako Katsura; Sanae Oka; Mohamad Zubair; Ken-ichirou Morohashi
        Endocrinology, 2012年01月, 査読有り
      • Genomic structure and evolution of multigene families: "flowers" on the human genome.
        Hie Lim Kim; Mineyo Iwase; Takeshi Igawa; Tasuku Nishioka; Satoko Kaneko; Yukako Katsura; Naoyuki Takahata; Yoko Satta
        International journal of evolutionary biology, 2012年, 査読有り
      • No evidence for a second evolutionary stratum during the early evolution of mammalian sex chromosomes.
        Yukako Katsura; Yoko Satta
        PloS one, 2012年, 査読有り, 筆頭著者
      • Evolutionary history of the cancer immunity antigen MAGE gene family.
        Yukako Katsura; Yoko Satta
        PloS one, 2011年, 査読有り, 筆頭著者
      • Science Programs of TV and Science : A Case Study on“ WOMAN and MAN” of NHK
        Yukako Katsura; Koji Hirata
        Japanese Journal of Science Communication, 2010年, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • Identification of an Enhancer in the Ad4BP/SF-1 Gene Specific for Fetal Leydig Cells (vol 153, pg 417, 2012)
        Yuichi Shima; Kanako Miyabayashi; Takashi Baba; Hiroyuki Otake; Yukako Katsura; Sanae Oka; Mohamad Zubair; Ken-inchirou Morohashi
        ENDOCRINOLOGY, 2012年11月

      講演・口頭発表等

      • 有袋類の新規LTRレトロトランスポゾンの進化的起源
        林咲良; 桂有加子; 古賀章彦
        日本遺伝学会第93回大会, 2021年09月
      • Comparative genomics of the Japanese wrinkled frog using unsupervised AI
        Yukako Katsura
        The 2nd AsiaEvo Conference, 2021年08月
      • Epigenome micro-evolution associated with DNA methyltransferases’ sequence-specificity changes in H. pylori
        Masaki Fukuyo; Hideo Yonezawa; Hirokazu Yano; Yukako Katsura; Koji Yahara; Mutsuko Konno; Tomoko Shibata; Shuji Shigenobu; Bahityar Rahmutulla; Ikuo Uchiyama; Yoshinori Hasegawa; Osamu Ohara; Atsushi Kaneda; Ichizo Kobayashi
        第43回分子生物学会, 2020年12月04日
      • DNA メチル化を考慮した塩基置換モデルによる、 メチロームの分子系統解析
        吉田 伸弥; 内山 郁夫; 福世 真樹; 矢原 耕史; 桂 有加子; 岸野 洋久; 小林 一三
        第 14 回日本ゲノム微生物学会年会, 2020年03月06日
      • ピロリ菌におけるDNAメチル化酵素の配列特異性変換に伴うエピゲノム・ミクロ進化
        福世 真樹; 米澤 英雄; 矢野 大和; 桂 有加子; 矢原 耕史; 今野 武津子; 柴田 朋子; 重信 秀治; バハテヤリ ラムヒトラ; 長谷川 嘉則; 内山 郁夫; 小原 收; 金田 篤志; 小林 一三
        ゲノム微生物学会2020, 2020年03月06日
      • H. pylori base-excision restriction enzyme: an oncoprotein?
        I. Kobayashi; K. Hanada; M. Fukuyo; K. Yahara; H. Yonezawa; Ceslovas Venclovas; Y. Katsura; H. Yano; N. Takahashi; A. Toyoda; S. Nishiumi; T. Azuma; M. Kato
        第78回日本癌学会学術総会, 2019年09月
      • H. pylori base-excision restriction enzyme: an oncoprotein?
        Ichizo Kobayashi; Katsuhiro Hanada; Masaki Fukuyo; Koji Yahara; Hideo Yonezawa; Česlovas Venclovas; Yukako Katsura; Atsushi Toyoda; Shin Nishiumi; Takeshi Azuma; Mototsugu Kato
        EHMSG2019: 32nd International Workshop of European Helicobacter and Micorbiota Study Group, 2019年09月
      • Adaptive evolution and functional differentiation of testis expression genes in Theria.
        Yukako Katsura
        ESEB2019, 2019年08月
      • Adaptive evolution and functional differentiation of testis expression genes in Theria
        桂 有加子
        木村資生記念進化学セミナー, 2019年08月05日, 招待有り
      • Adaptive evolution and functional differentiation of testis expression genes in Theria.
        Yukako Katsura
        SMBE2019, 2019年07月
      • ピロリ菌DNAメチル化酵素遺伝子の再編による配列特異性変換とエピゲノム・ミクロ進化
        福世真樹; 矢野大和; 矢原耕史; 桂有加子; 今野武津子; 柴田朋子; 重信秀治; 内山郁夫; 小林一三
        GSJ2018 日本遺伝学会第 90 回大会, 2018年09月
      • Genome-wide association study for resistant hypertension in a Japanese population
        Keiko Yamazaki; Yasuo Takahashi; Yukako Katsura; Yayoi Nishida; Yoichiro Kamatani; Michiaki Kubo; Satoshi Asai
        HUGO 2018, 2018年03月
      • Origin and Evolution of Mammalian Sex Determination Systems-Comparison of Marsupial and Eutherian SRY -
        Yukako Katsura
        The 7th SOKENDAI Student Seminar for Biological Science, 2010年11月
      • X染色体上のガン免疫抗原遺伝子群のゲノム構造と進化
        桂有加子; 颯田葉子
        第12回日本進化学会大会, 2010年09月
      • 哺乳類性染色体回文構造上の遺伝子の起源と進化
        颯田葉子; 岩瀬峰代; 桂有加子
        日本遺伝学会第82回大会, 2010年09月, 招待有り
      • 有袋類と有胎盤類のゲノム比較から性決定システムの起源を探る
        桂有加子; 颯田葉子
        日本遺伝学会第82回大会, 2010年09月
      • 有袋類ゲノムと性染色体の進化
        桂 有加子
        第4回生殖若手の会, 2010年08月, 招待有り
      • 男と女の秘密〜性決定システムの進化〜
        桂 有加子
        湘南国際フェスティバル2010サイエンスカフェ「科学を知る」, 2010年05月, 招待有り
      • ヒトX染色体上のゲノム構造とMAGE遺伝子ファミリーの進化
        桂有加子; 颯田葉子
        日本遺伝学会第81回大会, 2009年09月
      • ゲノム構造がヒトX染色体上の遺伝子の分子進化が及ぼす影響
        桂有加子; 颯田葉子
        第8回核ダイナミクス研究会, 2009年06月
      • Evolution of the Human Genome I: The Genome and Genes. Part I: Overview of the Human Genome
        Satta Y; Katsura Y; Iwase M, 共著, Chapter 9 Genes on X and Y chromosomes.
        Springer Japan, 2017年, 査読無し
      • ヒトゲノム辞典
        ヒトゲノム辞典編集委員会, 分担執筆, 第3章ヒトゲノムの全体像. 3.2性染色体.
        一色出版

      Works(作品等)

      • エコバック
        桂 有加子
        自 2010年

      受賞

      • 2012年
        総合研究大学院大学, 研究賞
      • 2010年
        総合研究大学院大学, 学長賞
      • 2020年
        京都大学 世界視力を備えた次世代トップ研究者育成プログラム(L-insight), L-insightフェロー
      • 2011年
        日本学生支援機構, 第一種奨学金「特に優れた業績による返還免除」
      • 2021年
        京都大学 世界視力を備えた次世代トップ研究者育成プログラム(L-insight), L-insightフェロー

      外部資金:科学研究費補助金

      • 野生由来マカク類のサルマラリアの網羅的解析と宿主特異性を規程する宿主因子の探索
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分49:病理病態学、感染・免疫学およびその関連分野
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2019年10月07日, 至 2023年03月31日, 交付
        サルマラリア;カニクイザル;野生由来;タイ国立霊長類センター;ナノポアシーケンサー;媒介蚊;アカゲザル;ナノポアシーケンシング
      • 性染色体ターンオーバーの集団遺伝学モデルの構築とその分子進化機構の解明
        若手研究
        小区分45020:進化生物学関連
        京都大学;日本大学
        桂 有加子
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ゲノム比較;ゲノム解析;無尾両生類;分子進化;AI;精巣発現遺伝子;トランスクリプトーム;性染色体;ツチガエル;トランスポゾン;精巣;適応進化;ゲノム;ターンオーバー;集団遺伝;機能的制約
      • 哺乳類の柔軟な性決定機構の進化ー有袋類のオスはどのように遺伝的に決められるのかー
        若手研究(B)
        総合研究大学院大学;大学共同利用機関法人情報・システム研究機構(新領域融合研究センター及びライフサイ
        桂 有加子
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        性決定;有袋類;国際情報交換
      • XY/ZW染色体が頻繁に入れ替わる両生類の性染色体から迫る性の消滅回避機構
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        桂 有加子
        自 2022年05月20日, 至 2025年03月31日, 交付
        性染色体;両生類;ターンオーバー
      • 性染色体サイクル:性染色体の入れ替わりを基軸として解明する性の消滅回避機構
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        東京都立大学
        野澤 昌文
        自 2022年05月20日, 至 2025年03月31日, 交付
        性染色体サイクル;ショウジョウバエ;カエル;ヒト;ヒロハノマンテマ

      外部資金:その他

      • 哺乳類の性決定機構の起源と進化—有袋類のオスは遺伝的にどのように決められるのかー
        山田科学振興財団・長期間派遣援助
        自 2013年04月01日, 至 2013年09月30日
        桂有加子
      • 有袋類の性決定機構の解明―有袋類のオスは遺伝的にどのようにして決められているか?
        日本科学協会・笹川科学研究助成
        自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
        桂有加子
      • 日本学術振興会 海外特別研究員
        自 2013年10月01日, 至 2015年09月30日
        桂 有加子
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          9643, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ゲノム細胞学実習
          9657, 後期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類細胞生理学特論
          9646, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          9686, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          9688, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          9689, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          9687, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科

        ページ上部へ戻る