教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙取 伸光

タカトリ ノブミツ

工学研究科 建築学専攻建築環境計画学講座 助教

髙取 伸光
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    所属学協会

    • 日本文化財科学会
    • 日本建築学会

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程建築学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程建築学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部建築学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      学校法人滝学園 滝高等学校

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        文化財の保存・公開のための環境制御方法,塩類風化など水分に由来する多孔質材料の劣化現象
      • 研究概要

        建造物や屋外文化財の多くはその材料内部に微細な空隙構造を有する多孔質材料である.その空隙内は空気や水,塩などの物質が自由に移動できるため、周辺環境に応じて乾燥したり湿潤したりする。この乾湿の繰り返しにより材料の空隙構造が破壊される現象を乾湿風化と呼び、乾燥化に伴い析出した塩に由来する現象を塩類風化と呼ぶ。これらの風化現象を抑制するための基礎的研究として、多孔質材料中における水や塩の移動現象および材料の破壊メカニズムについて検討を行っている。

      研究キーワード

      • 保存科学
      • 建築環境工学

      論文

      • 電荷を有する多孔質材料中の熱水分塩同時移動と浸透現象
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2020年06月
      • Environment in stone chamber of an unexcavated tumulus and preservation of buried relics: Part 1. Environmental monitoring for simulated tumulus
        Huarong Xie; Daisuke Ogura; Hiroyuki Yasui; Nobumitsu Takatori; Shuichi Hokoi; Soichiro Wakiya; Akinobu Yanagida; Yohsei Kohdzuma
        JOURNAL OF BUILDING PHYSICS, 2020年03月, 査読有り
      • 覆屋の改修が石仏の塩類風化に与える影響の熱水分移動解析による評価 -元町石仏の保存に関する研究 その2-
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        日本建築学会環境系論文集, 2020年02月, 査読有り
      • 模擬古墳から検討した埋蔵環境下における遺物保存に関する研究 (その6)石室及び周辺地盤内酸素、二酸化炭素濃度変動の把握と数値解析
        謝 華栄; 小椋 大輔; 高取 伸光; 鉾井 修一; 脇谷 草一郎; 柳田 明進
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2019年06月
      • 浸透現象の物理的メカニズムと建築材料中の溶液移動に及ぼす影響に関する考察
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2019年06月
      • 覆屋内温湿度変動が磨崖仏の塩類風化に及ぼす影響の数値解析 -元町石仏の保存に関する研究 その1-
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        日本建築学会環境系論文集, 2017年03月, 査読有り
      • Investigation of the preservation of salt damage about the Buddha statue carved into the cliff by controlling the room temperature and humidity in the shelter
        Nobumitsu Takatori; Daisuke Ogura; Soichiro Wakiya; Masaru Abuku; Kyoko Kiriyama; Yohsei Kohdzuma
        Fourth International Conference on Salt Weathering on Buildings and Stone Sculptures, 2017年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Investigation of salt crystallization in the stone Buddha carved into the cliff with the shelter by numerical analysis of heat and moisture behavior in the cliff
        Nobumitsu Takatori; Daisuke Ogura; Soichiro Wakiya; Masaru Abuku; Kyoko Kiriyama; Yohsei Kohdzuma
        13th International Congress on the Deterioration and Conservation of Stone, 2016年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Salt Damage of the stone Buddha carved into the cliff
        Nobumitsu Takatori; Daisuke Ogura; Soichiro Wakiya; Masaru Abuku; Kyoko Kiriyama; Yohsei Kohdzuma
        CENTRAL EUROPEAN SYMPOSIUM ON BUILDING PHISICS 2016, 2016年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者

      MISC

      • 41034 元町石仏における脱塩を用いた塩類風化抑制手法に関する研究 セロファンで遮られたNaCl溶液の半透性と浸透圧の測定
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        環境工学II, 2019年07月20日
      • 41036 模擬古墳から検討した埋蔵環境下における遺物保存に関する研究 (その6)石室及び周辺地盤内酸素、二酸化炭素濃度変動の把握と数値解析
        謝 華栄; 小椋 大輔; 高取 伸光; 鉾井 修一; 脇谷 草一郎; 柳田 明進
        環境工学II, 2019年07月20日
      • 41059 蒸発法を用いた凝灰岩の水分物性測定
        安福 勝; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 高取 伸光
        環境工学II, 2018年07月20日
      • 41061 脱塩技術の定量的評価を目的とした材料内水分・塩移動モデルの開発 既存の熱水分塩同時移動解析モデルによる浸透圧を考慮した脱塩実験の再現性の検討
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        環境工学II, 2018年07月20日
      • 41084 大分市高瀬石仏の保存環境に関する研究 その3 2次元熱・水分移動の数値解析
        平沼 柊哉; 安福 勝; 脇谷 草一郎; 小椋 大輔; 桐山 京子; 高取 伸光; 奥田 吏司
        環境工学II, 2018年07月20日
      • 41086 模擬古墳から検討した埋蔵環境下における遺物保存に関する研究 その5 4年間の測定結果による石室内環境の把握と数値解析による石室内温湿度の再現
        謝 華栄; 小椋 大輔; 高取 伸光; 鉾井 修一; 脇谷 草一郎; 柳田 明進
        環境工学II, 2018年07月20日
      • 脱塩技術の定量的評価を目的とした材料内水分・塩移動モデルの開発 その1 既存モデルによる脱塩実験の再現性の検討
        高取 伸光; 小椋 大輔
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2018年06月23日
      • 模擬古墳から検討した埋蔵環境下における遺物保存に関する研究 (その5)4年間の測定結果による石室内環境の把握と数値解析による石室内温湿度の再現
        謝 華栄; 小椋 大輔; 高取 伸光; 鉾井 修一; 脇谷 草一郎; 柳田 明進
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2018年06月23日
      • 大分市高瀬石仏の保存環境分析と対策の評価 その2)防水工事の影響を考慮した2次元熱・水分移動の数値解析
        平沼 柊哉; 安福 勝; 脇谷 草一郎; 小椋 大輔; 桐山 京子; 高取 伸光; 奥田 吏司
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2018年06月23日
      • 41100 大分市高瀬石仏の保存環境に関する研究 その1)実測に基づく現状分析
        奥田 吏司; 安福 勝; 脇谷 草一郎; 小椋 大輔; 桐山 京子; 高取 伸光
        環境工学II, 2017年07月20日
      • 41101 大分市高瀬石仏の保存環境に関する研究 その2)数値解析に基づく現状分析
        安福 勝; 奥田 吏司; 脇谷 草一郎; 小椋 大輔; 桐山 京子; 高取 伸光
        環境工学II, 2017年07月20日
      • 41102 元町石仏における覆屋内温湿度調整による塩類風化抑制に関する研究 数値解析による覆屋の塩類風化抑制効果の評価
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        環境工学II, 2017年07月20日
      • 元町石仏における覆屋内環境調整による塩類風化抑制に関する研究 ‐壁体構成が石仏の塩類風化に与える影響の検討‐
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2017年06月24日
      • 大分市高瀬石仏の保存環境分析と対策の評価 その1)実測と数値解析に基づく現状分析
        奥田 吏司; 安福 勝; 脇谷 草一郎; 小椋 大輔; 桐山 京子; 高取 伸光
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2017年06月24日
      • 元町石仏の保存に関する研究 部位形状の違いが塩類風化の進行に与える影響
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        環境工学II, 2016年08月24日
      • 模擬古墳から検討した埋蔵環境下における遺物保存に関する研究 その4 石室内の温度、水分状態が金属製遺物の腐食過程に及ぼす影響
        柳田 明進; 脇谷 草一郎; 芥子 円香; 高取 伸光; 小椋 大輔; 鉾井 修一
        環境工学II, 2016年08月24日
      • 元町石仏の保存に関する研究 -周辺温湿度環境の変化に伴う塩類風化の進行-
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2016年06月25日
      • 41135 元町石仏における磨崖仏の保存に関する研究 : 覆屋内環境が塩類風化に与える影響の検討(文化財保存(2),環境工学II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        環境工学II, 2015年09月04日
      • 元町石仏における磨崖仏の保存に関する研究 -覆屋内環境が塩類風化に与える影響の検討-
        高取 伸光; 小椋 大輔; 脇谷 草一郎; 安福 勝; 桐山 京子
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2015年06月27日

      講演・口頭発表等

      • Investigation of the preservation of salt damage about the Buddha statue carved into the cliff by controlling the room temperature and humidity in the shelter
        Nobumitsu Takatori; Daisuke Ogura; Soichiro Wakiya; Masaru Abuku; Kyoko Kiriyama; Yohsei Kohdzuma
        Fourth International Conference on Salt Weathering on Buildings and Stone Sculptures, 2017年09月20日
      • Salt Damage of the stone Buddha carved into the cliff
        Nobumitsu Takatori; Daisuke Ogura; Soichiro Wakiya; Masaru Abuku; Kyoko Kiriyama; Yohsei Kohdzuma
        CENTRAL EUROPEAN SYMPOSIUM ON BUILDING PHISICS 2016, 2016年09月15日
      • Investigation of salt crystallization in the stone Buddha carved into the cliff with the shelter by numerical analysis of heat and moisture behavior in the cliff
        Nobumitsu Takatori; Daisuke Ogura; Soichiro Wakiya; Masaru Abuku; Kyoko Kiriyama; Yohsei Kohdzuma
        13th International Congress on the Deterioration and Conservation of Stone, 2016年09月06日

      書籍等出版物

      • 塩類風化抑制のための磨崖仏の覆屋環境と塩溶液移動に関する基礎的研究
        髙取 伸光
        京都大学博士論文, 2020年03月

      受賞

      • 2019年11月07日
        一般社団法人日本建築学会 環境工学委員会, 2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会環境工学委員会若手優秀発表者賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 乾湿繰り返し時における多孔質材料内圧力の定量的予測に関する研究
        若手研究
        小区分23020:建築環境および建築設備関連
        京都大学
        高取 伸光
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        多孔質材料;塩類風化;乾湿風化;内圧;数値解析
      • 文化財建造物の障壁画の保存公開における環境調整に関する研究
        基盤研究(B)
        小区分23020:建築環境および建築設備関連
        京都大学
        小椋 大輔
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        障壁画;文化財保存;実測調査;曝露試験;シミュレーション;暴露試験
      • 多孔質材料の塩類風化および材料中の塩溶液移動の駆動力に関する研究
        研究活動スタート支援
        0304:建築学およびその関連分野
        京都大学
        高取 伸光
        自 2020年09月11日, 至 2022年03月31日, 交付
        非平衡熱力学;塩類風化;毛細管現象;凝灰岩;透水性;塩溶液;電気二重層;駆動力;塩移動;多孔質材料
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築環境工学演習
          4023, 前期, 工学部, 2
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築環境工学演習
          前期, 工学部

        ページ上部へ戻る