教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

鈴木 実

スズキ ミノル

複合原子力科学研究所 附属粒子線腫瘍学研究センター 教授

鈴木 実
list
    Last Updated :2022/05/25

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 粒子線腫瘍学, 教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 粒子線腫瘍学, 教授

    学内兼務

    • 東南アジア地域研究研究所, 学内研究担当教員

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程生理系専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    使用言語

    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/25

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ホウ素中性子捕捉療法の適応拡大にむけての基礎研究、臨床研究
      • 研究概要

        ホウ素中性子捕捉療法(Boron neutron capture therapy, 以下BNCT)は主として悪性脳腫瘍と悪性黒色腫を中心に臨床研究が実施されてきた。BNCTの特長である癌細胞選択放射線治療を利用して、放射線感受性の高い肝臓、肺に多発、びまん性に広がる腫瘍への適応拡大研究に従事し、多発肝腫瘍、悪性胸膜中皮腫に対する臨床応用を実施している。

      研究キーワード

      • 硼素中性子捕捉療法
      • 放射線腫瘍学
      • Boron Neutron Capture Therapy
      • Radiation Oncology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 放射線科学

      論文

      • The mutual relationship between the host immune system and radiotherapy: stimulating the action of immune cells by irradiation.
        Tsubasa Watanabe; Genki Edward Sato; Michio Yoshimura; Minoru Suzuki; Takashi Mizowaki
        International journal of clinical oncology, 2022年05月12日
      • Extracellular Release of HMGB1 as an Early Potential Biomarker for the Therapeutic Response in a Xenograft Model of Boron Neutron Capture Therapy
        Shoji Imamichi; Lichao Chen; Tasuku Ito; Ying Tong; Takae Onodera; Yuka Sasaki; Satoshi Nakamura; PierLuigi Mauri; Yu Sanada; Hiroshi Igaki; Yasufumi Murakami; Minoru Suzuki; Jun Itami; Shinichiro Masunaga; Mitsuko Masutani
        Biology, 2022年03月10日, 査読有り
      • Design, Synthesis and Biological Evaluation of Boron‐Containing Macrocyclic Polyamine Dimers and Their Zinc(II) Complexes for Boron Neutron Capture Therapy
        Hiroki Ueda; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Tomohiro Tanaka; Shin Aoki
        European Journal of Inorganic Chemistry, 2022年02月16日, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy and add-on bevacizumab in patients with recurrent malignant glioma.
        Motomasa Furuse; Shinji Kawabata; Masahiko Wanibuchi; Hiroyuki Shiba; Koji Takeuchi; Natsuko Kondo; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shin-Ichi Miyatake
        Japanese journal of clinical oncology, 2022年01月26日
      • A Novel Boron Lipid to Modify Liposomal Surfaces for Boron Neutron Capture Therapy
        Makoto Shirakawa; Alexander Zaboronok; Kei Nakai; Yuhki Sato; Sho Kayaki; Tomonori Sakai; Takao Tsurubuchi; Fumiyo Yoshida; Takashi Nishiyama; Minoru Suzuki; Hisao Tomida; Akira Matsumura
        Cells, 2021年12月05日
      • Efficacy of Boron Neutron Capture Therapy in Primary Central Nervous System Lymphoma: In Vitro and In Vivo Evaluation
        Kohei Yoshimura; Shinji Kawabata; Hideki Kashiwagi; Yusuke Fukuo; Koji Takeuchi; Gen Futamura; Ryo Hiramatsu; Takushi Takata; Hiroki Tanaka; Tsubasa Watanabe; Minoru Suzuki; Naonori Hu; Shin-Ichi Miyatake; Masahiko Wanibuchi
        Cells, 2021年12月02日, 査読有り
      • Development of an irradiation method for superficial tumours using a hydrogel bolus in an accelerator-based BNCT
        Akinori Sasaki; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Yuki Tamari; Tsubasa Watanabe; Naonori Hu; Shinji Kawabata; Yoshihiro Kudo; Toshinori Mitsumoto; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki
        Biomedical Physics & Engineering Express, 2021年11月25日, 査読有り, 最終著者
      • Carboxyboranylamino ethanol: unprecedented discovery of boron agents for neutron capture therapy in cancer treatment
        Yinghuai Zhu; Jianghong Cai; Narayan S. Hosmane; Minoru Suzuki; Kazuko Uno; Yingjun Zhang; Mao Takagaki
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2021年10月
      • Conjugation of Phenylboronic Acid Moiety through Multistep Organic Transformations on Nanodiamond Surface for an Anticancer Nanodrug for Boron Neutron Capture Therapy
        Masahiro Nishikawa; Heon Gyu Kang; Yajuan Zou; Hidekazu Takeuchi; Naoyoshi Matsuno; Minoru Suzuki; Naoki Komatsu
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2021年09月15日, 査読有り
      • HIF-1α affects sensitivity of murine squamous cell carcinoma to boron neutron capture therapy with BPA.
        Yu Sanada; Takushi Takata; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Tsubasa Watanabe; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga
        International journal of radiation biology, 2021年07月26日
      • Enhancement of Cancer Cell-Killing Effects of Boron Neutron Capture Therapy by Manipulating the Expression of L-Type Amino Acid Transporter 1.
        Ken Ohnishi; Masaki Misawa; Naoto Sikano; Kei Nakai; Minoru Suzuki
        Radiation research, 2021年07月01日
      • Tumor-targeting hyaluronic acid/fluorescent carborane complex for boron neutron capture therapy.
        Keita Yamana; Riku Kawasaki; Yu Sanada; Anri Tabata; Kaori Bando; Kouhei Yoshikawa; Hideki Azuma; Yoshinori Sakurai; Shin-Ichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Kouta Sugikawa; Takeshi Nagasaki; Atsushi Ikeda
        Biochemical and biophysical research communications, 2021年06月25日
      • Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Boron-Containing Macrocyclic Polyamines and Their Zinc(II) Complexes for Boron Neutron Capture Therapy.
        Hiroki Ueda; Minoru Suzuki; Reiko Kuroda; Tomohiro Tanaka; Shin Aoki
        Journal of medicinal chemistry, 2021年06月24日
      • ポリビニルアルコールを利用したボロノフェニルアラニンの中性子捕捉療法における治療効果向上
        野本 貴大; 小成田 翔; 鈴木 実; 松井 誠; 西山 伸宏
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2021年06月
      • 滑膜肉腫に対するL型アミノ酸トランスポータ1(LAT1)の発現およびホウ素中性子捕捉療法(BNCT)適応の検討
        藤本 卓也; 鈴木 実; 倉都 滋之; 藤田 郁夫; 森下 雅之; 須藤 保; 佐久間 淑子; 安藤 徹; 瀧上 俊作; 河本 旭哉; 原 仁美; 竹森 俊幸; 藤原 周一; 北山 和道; 八尋 俊輔; 宮本 智弘; 市川 秀喜; 秋末 敏宏; 黒田 良祐; 廣瀬 隆則
        日本整形外科学会雑誌, 2021年06月
      • Reactor-based boron neutron capture therapy for 44 cases of recurrent and refractory high-grade meningiomas with long-term follow-up.
        Satoshi Takai; Masahiko Wanibuchi; Shinji Kawabata; Koji Takeuchi; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shin-Ichi Miyatake
        Neuro-oncology, 2021年05月13日
      • Fluorescent boron carbide quantum dots synthesized with a low-temperature solvothermal approach for boron neutron capture therapy
        Paviter Singh; Manjot Kaur; Kulwinder Singh; Ramovatar Meena; Manjeet Kumar; Ju-Hyung Yun; Anup Thakur; Fumiko Nakagawa; Minoru Suzuki; Hiroyuki Nakamura; Akshay Kumar
        Physica E: Low-dimensional Systems and Nanostructures, 2021年04月
      • Quantitative autoradiography in boron neutron capture therapy considering the particle ranges in the samples.
        Satoshi Takeno; Hiroki Tanaka; Tsubasa Watanabe; Takashi Mizowaki; Minoru Suzuki
        Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB), 2021年03月12日
      • Improving the spatial resolution of a pixelated LaBr3(Ce) scintillator coupled with a multi-pixel photon counter array for boron neutron capture therapy
        Keita Okazaki; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Naonori Hu; Tetsuya Mukawa; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki
        Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, 2021年03月
      • Construction of Boronophenylalanine-Loaded Biodegradable Periodic Mesoporous Organosilica Nanoparticles for BNCT Cancer Therapy.
        Fuyuhiko Tamanoi; Shanmugavel Chinnathambi; Mathilde Laird; Aoi Komatsu; Albane Birault; Takushi Takata; Tan Le-Hoang Doan; Ngoc Xuan Dat Mai; Arthur Raitano; Kendall Morrison; Minoru Suzuki; Kotaro Matsumoto
        International journal of molecular sciences, 2021年02月24日
      • Fructose-functionalized polymers to enhance therapeutic potential of p-boronophenylalanine for neutron capture therapy.
        Takahiro Nomoto; Ying Yao; Yukiya Inoue; Minoru Suzuki; Kaito Kanamori; Hiroyasu Takemoto; Makoto Matsui; Keishiro Tomoda; Nobuhiro Nishiyama
        Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society, 2021年02月24日
      • Correction to: Tumor vasculature-targeted 10B delivery by an Annexin A1-binding peptide boosts effects of boron neutron capture therapy.
        Tohru Yoneyama; Shingo Hatakeyama; Mihoko Sutoh Yoneyama; Taku Yoshiya; Tsuyoshi Uemura; Takehiro Ishizu; Minoru Suzuki; Shingo Hachinohe; Shintaro Ishiyama; Motohiro Nonaka; Michiko N Fukuda; Chikara Ohyama
        BMC cancer, 2021年01月29日
      • Tumor vasculature-targeted 10B delivery by an Annexin A1-binding peptide boosts effects of boron neutron capture therapy.
        Tohru Yoneyama; Shingo Hatakeyama; Mihoko Sutoh-Yoneyama; Taku Yoshiya; Tsuyoshi Uemura; Takehiro Ishizu; Minoru Suzuki; Shingo Hachinohe; Shintaro Ishiyama; Motohiro Nonaka; Michiko N Fukuda; Chikara Ohyama
        BMC cancer, 2021年01月15日
      • Suppression of Tumor Growth in a Rabbit Hepatic Cancer Model by Boron Neutron Capture Therapy With Liposomal Boron Delivery Systems
        HIRONOBU YANAGIE; MASASHI YANAGAWA; YASUYUKI MORISHITA; ATSUKO SHINOHARA; NOVRIANA DEWI; YASUMASA NONAKA; YOSHITAKA FURUYA; RYOUJI MIZUMACHI; YUUJI MURATA; HIROYUKI NAKAMURA; MINORU SUZUKI; YOSHINORI SAKURAI; HIROKI TANAKA; SHINICHIRO MASUNAGA; KOJI ONO; TAKUMICHI SUGIHARA; MASAYUKI NASHIMOTO; HARUO YAMAUCHI; MINORU ONO; JUN NAKAJIMA; HIROYUKI TAKAHASHI
        In Vivo, 2021年, 査読有り
      • Accelerator-based BNCT for patients with recurrent glioblastoma: a multicenter phase II study
        Shinji Kawabata; Minoru Suzuki; Katsumi Hirose; Hiroki Tanaka; Takahiro Kato; Hiromi Goto; Yoshitaka Narita; Shin-Ichi Miyatake
        Neuro-Oncology Advances, 2021年01月01日
      • Development of real-time neutron detectors with different sensitivities to thermal, epithermal, and fast neutrons in BNCT
        Nishiki Matsubayashi; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Keita Okazaki; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki
        Radiation Measurements, 2021年01月
      • BNCT for primary synovial sarcoma.
        Takuya Fujimoto; Minoru Suzuki; Shigeyuki Kuratsu; Ikuo Fujita; Masayuki Morishita; Tamotsu Sudo; Toshiko Sakuma; Yuta Nakamatsu; Yoshinori Sakurai; Takushi Takata; Yuki Tamari; Hiroki Tanaka; Shin-Ichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Natsuko Kondo; Shunsuke Sakakibara; Hiroshi Igaki; Tooru Andoh; Setsu Sakamoto; Teruya Kawamoto; Tadashi Watabe; Hitomi Hara; Naomasa Fukase; Yohei Kawakami; Tomoyuki Matsumoto; Toshihiro Akisue; Koji Ono; Hideki Ichikawa; Ryosuke Kuroda; Takanori Hirose
        Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine, 2020年12月29日
      • Characteristic evaluation of the thermal neutron irradiation field using a 30 MeV cyclotron accelerator for basic research on neutron capture therapy
        H. Tanaka; T. Takata; T. Watanabe; M. Suzuki; T. Mitsumoto; S. Kawabata; S. Masunaga; Y. Kinashi; Y. Sakurai; A. Maruhashi; K. Ono
        Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, 2020年12月
      • The Therapeutic Effects of Dodecaborate Containing Boronophenylalanine for Boron Neutron Capture Therapy in a Rat Brain Tumor Model.
        Yusuke Fukuo; Yoshihide Hattori; Shinji Kawabata; Hideki Kashiwagi; Takuya Kanemitsu; Koji Takeuchi; Gen Futamura; Ryo Hiramatsu; Tsubasa Watanabe; Naonori Hu; Takushi Takata; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Shin-Ichi Miyatake; Mitsunori Kirihata; Masahiko Wanibuchi
        Biology, 2020年12月01日
      • Non-isotope enriched phenylboronic acid-decorated dual-functional nano-assembles for an actively targeting BNCT drug.
        Ahram Kim; Minoru Suzuki; Yoshitaka Matsumoto; Nobuyoshi Fukumitsu; Yukio Nagasaki
        Biomaterials, 2020年11月24日
      • Glioma Stem-Like Cells Can Be Targeted in Boron Neutron Capture Therapy with Boronophenylalanine.
        Natsuko Kondo; Masaki Hikida; Mitsutoshi Nakada; Yoshinori Sakurai; Eishu Hirata; Satoshi Takeno; Minoru Suzuki
        Cancers, 2020年10月19日, 査読有り
      • 良好なアブスコパル効果を認めた転移性悪性黒色腫患者の末梢血免疫反応の解析
        渡邉 翼; 吉村 通央; 溝脇 尚志; 鈴木 実; Niedermann Gabriele
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2020年10月
      • ガドリニウム陽荷電複合体の中性子捕捉療法における腫瘍増殖抑制効果の検討
        柳衛 佳輝; 柳衛 宏宣; 侯 鉉; 柳川 将志; 石川 達矢; ノブリアナ・デヴィ; 森下 保幸; 松川 岳久; 久保田 章乃; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 桜井 良憲; 田中 浩基; 長崎 健; 高橋 浩之
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2020年10月
      • Influence of the particle size of gadolinium-loaded chitosan nanoparticles on their tumor-killing effect in neutron capture therapy in vitro.
        Tooru Andoh; Yugo Nakatani; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Takuya Fujimoto; Hideki Ichikawa
        Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine, 2020年10月, 査読有り
      • Long-term outcome of cutaneous melanoma patients treated with boron neutron capture therapy (BNCT).
        Junichi Hiratsuka; Nobuhiko Kamitani; Ryo Tanaka; Ryoji Tokiya; Eisaku Yoden; Yosinori Sakurai; Minoru Suzuki
        Journal of radiation research, 2020年09月29日, 査読有り
      • Single-dose toxicity study by intra-arterial injection of 10BSH entrapped water-in-oil-in-water emulsion for boron neutron capture therapy to hepatocellular carcinoma.
        Hironobu Yanagie; Masashi Yanagawa; Tsuyoshi Higuchi; Ryouji Mizumachi; Mitsuteru Fujihara; Yasuyuki Morishita; Yuriko Sakurai; Kikue Mouri; Novriana Dewi; Yasumasa Nonaka; Atsuko Shinohara; Takehisa Matsukawa; Ayano Kubota; Kazuhito Yokoyama; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga; Yohinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Koji Ono; Haruo Yamauchi; Minoru Ono; Jun Nakajima; Shushi Higashi; Hiroyuki Takahashi
        Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine, 2020年09月, 査読有り
      • Cyclic RGD-Functionalized closo-Dodecaborate Albumin Conjugates as Integrin Targeting Boron Carriers for Neutron Capture Therapy.
        Kazuki Kawai; Kai Nishimura; Satoshi Okada; Shinichi Sato; Minoru Suzuki; Takushi Takata; Hiroyuki Nakamura
        Molecular pharmaceutics, 2020年08月26日, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy for clear cell sarcoma.
        Takuya Fujimoto; Minoru Suzuki; Tamotsu Sudo; Ikuo Fujita; Toshiko Sakuma; Yoshinori Sakurai; Takanori Hirose; Masayuki Morishita; Takushi Takata; Yuki Tamari; Hiroki Tanaka; Tooru Andoh; Teruya Kawamoto; Hitomi Hara; Naomasa Fukase; Yohei Kawakami; Rika Shigemoto; Tomoyuki Matsumoto; Hideki Ichikawa; Koji Ono; Ryosuke Kuroda; Toshihiro Akisue
        Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine, 2020年08月03日, 査読有り
      • Preclinical study of boron neutron capture therapy for bone metastasis using human breast cancer cell lines.
        Tooru Andoh; Takuya Fujimoto; Ryoichi Satani; Minoru Suzuki; Keijiro Wada; Tamotsu Sudo; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Hideki Ichikawa
        Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine, 2020年07月06日, 査読有り
      • Simulation for improved collimation system of gamma-ray telescope system for boron neutron capture therapy at Kyoto University Reactor
        Y. Sakurai; T. Tanaka; H. Tanaka; M. Suzuki
        Applied Radiation and Isotopes, 2020年07月, 査読有り
      • Evaluation of PHITS for microdosimetry in BNCT to support radiobiological research
        N. Hu; H. Tanaka; T. Takata; S. Endo; S. Masunaga; M. Suzuki; Y. Sakurai
        Applied Radiation and Isotopes, 2020年07月, 査読有り
      • An attempt to improve the therapeutic effect of boron neutron capture therapy using commonly employed 10B-carriers based on analytical studies on the correlation among quiescent tumor cell characteristics, tumor heterogeneity and cancer stemness.
        Shin-Ichiro Masunaga; Yu Sanada; Keizo Tano; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Minoru Suzuki; Koji Ono
        Journal of radiation research, 2020年06月30日, 査読有り
      • Evaluation of a Novel Boron-Containing α-D-Mannopyranoside for BNCT.
        Takao Tsurubuchi; Makoto Shirakawa; Wataru Kurosawa; Kayo Matsumoto; Risa Ubagai; Hiroshi Umishio; Yasuyo Suga; Junko Yamazaki; Akihiro Arakawa; Yutaka Maruyama; Takuya Seki; Yusuke Shibui; Fumiyo Yoshida; Alexander Zaboronok; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Kei Nakai; Eiichi Ishikawa; Akira Matsumura
        Cells, 2020年05月21日, 査読有り
      • Reevaluation of CBE value of BPA for hepatocytes.
        Koji Ono; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki
        Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine, 2020年04月02日, 査読有り
      • LM8骨腫瘍マウスモデルにおけるGd-EDTMP中性子捕捉療法による効果の検討
        松川 岳久; 鈴木 実; 久保田 章乃; 篠原 厚子; 横山 和仁
        日本衛生学雑誌, 2020年03月
      • LM8骨腫瘍マウスモデルにおけるGd-EDTMP中性子捕捉療法による効果の検討
        松川 岳久; 鈴木 実; 久保田 章乃; 篠原 厚子; 横山 和仁
        日本衛生学雑誌, 2020年03月
      • Enhanced MRI-Guided Gadolinium (III) Neutron Capture Therapy by Polymeric Nanocarriers Promoting Tumor Accumulation and Intracellular Delivery
        Changyuan Qin; Xuan Hou; Thahomina Khan; Nobuhiro Nitta; Masashi Yanagawa; Yuriko Sakurai; Minoru Suzuki; Shin Ichiro Masunaga; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Hiroyuki Takahashi; Ichio Aoki; Hironobu Yanagie; Horacio Cabral
        ChemNanoMat, 2020年03月01日, 査読有り
      • Boron nitride (10BN) a prospective material for treatment of cancer by boron neutron capture therapy (BNCT)
        Manjot Kaur; Paviter Singh; Kulwinder Singh; Usha Singh Gaharwar; Ramovatar Meena; Manjeet Kumar; Fumiko Nakagawa; Shangze Wu; Minoru Suzuki; Hiroyuki Nakamura; Akshay Kumar
        Materials Letters, 2020年01月15日, 査読有り
      • Poly(vinyl alcohol) boosting therapeutic potential of p-boronophenylalanine in neutron capture therapy by modulating metabolism.
        Takahiro Nomoto; Yukiya Inoue; Ying Yao; Minoru Suzuki; Kaito Kanamori; Hiroyasu Takemoto; Makoto Matsui; Keishiro Tomoda; Nobuhiro Nishiyama
        Science advances, 2020年01月, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy (BNCT): a unique role in radiotherapy with a view to entering the accelerator-based BNCT era.
        Minoru Suzuki
        International journal of clinical oncology, 2020年01月, 査読有り
      • Usefulness of combination with both continuous administration of hypoxic cytotoxin and mild temperature hyperthermia in boron neutron capture therapy in terms of local tumor response and lung metastatic potential.
        Shin-Ichiro Masunaga; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Minoru Suzuki; Yu Sanada; Keizo Tano; Akira Maruhashi; Koji Ono
        International journal of radiation biology, 2019年12月, 査読有り
      • 生体適合性高分子とボロノフェニルアラニンから構成される中性子捕捉療法用代謝制御型ホウ素送達システム
        野本 貴大; 井上 透矢; Yao Ying; 鈴木 実; 金盛 開人; 武元 宏泰; 松井 誠; 西山 伸宏
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2019年11月
      • Development of a real-time neutron detector for measurement at whole body position in BNCT
        H. Tanaka; T. Takata; M. Sato; N. Matsubayashi; K. Okazaki; N. Hu; S. Kawabata; Y. Sakurai; S. Masunaga; M. Suzuki
        2019 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, NSS/MIC 2019, 2019年10月
      • ボロン酸エステルを利用したホウ素薬物送達キャリアの開発
        金盛 開人; 野本 貴大; 鈴木 実; 武元 宏泰; 松井 誠; 西山 伸宏
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2019年06月
      • Effects of p53 Status of Tumor Cells and Combined Treatment With Mild Hyperthermia, Wortmannin or Caffeine on Recovery From Radiation-Induced Damage.
        Shin-Ichiro Masunaga; Keizo Tano; Yu Sanada; Minoru Suzuki; Akihisa Takahashi; Ken Ohnishi; Koji Ono
        World journal of oncology, 2019年06月, 査読有り
      • Effect of a change in reactor power on response of murine solid tumors in vivo, referring to impact on quiescent tumor cell population.
        Shin-Ichiro Masunaga; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Minoru Suzuki; Yu Sanada; Keizo Tano; Akira Maruhashi; Koji Ono
        International journal of radiation biology, 2019年05月, 査読有り
      • Development of proton beam irradiation system for small animals using FFAG accelerator
        H. Tanaka; T. Takata; Y. Ishi; T. Uesugi; Y. Kuriyama; T. Watanabe; Y. Sakurai; S. Kawabata; S. I. Masunaga; M. Suzuki
        Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, 2019年04月, 査読有り
      • Metabolism-controlled boron delivery systems composed of biocompatible polymers and boronophenylalanine for neutron capture therapy
        Nomoto Takahiro; Inoue Yukiya; Yao Ying; Suzuki Minoru; Kanamori Kaito; Takemoto Hiroyasu; Matsui Makoto; Tomoda Keishiro; Nishiyama Nobuhiro
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2019年03月31日, 査読有り
      • Folate receptor-targeted novel boron compound for boron neutron capture therapy on F98 glioma-bearing rats.
        Takuya Kanemitsu; Shinji Kawabata; Masao Fukumura; Gen Futamura; Ryo Hiramatsu; Naosuke Nonoguchi; Fumiko Nakagawa; Takushi Takata; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga; Koji Ono; Shin-Ichi Miyatake; Hiroyuki Nakamura; Toshihiko Kuroiwa
        Radiation and environmental biophysics, 2019年03月, 査読有り
      • Proposal for determining absolute biological effectiveness of boron neutron capture therapy-the effect of 10B(n,α)7Li dose can be predicted from the nucleocytoplasmic ratio or the cell size.
        Ono K; Tanaka H; Tamari Y; Watanabe T; Suzuki M; Masunaga SI
        Journal of radiation research, 2019年01月01日, 査読有り
      • Boron Neutron Capture Therapy Combined with Early Successive Bevacizumab Treatments for Recurrent Malignant Gliomas - A Pilot Study.
        Hiroyuki Shiba; Koji Takeuchi; Ryo Hiramatsu; Motomasa Furuse; Naosuke Nonoguchi; Shinji Kawabata; Toshihiko Kuroiwa; Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shiro Oue; Eiichi Ishikawa; Hiroyuki Michiue; Shin-Ichi Miyatake
        Neurologia medico-chirurgica, 2018年12月15日, 査読有り
      • RTHP-38. BNCT COMBINED WITH EARLY SUCCESSIVE BEVACIZUMAB TREATMENTS FOR RECURRENT MALIGNANT GLIOMAS
        Shin-Ichi Miyatake; Hiroyuki Shiba; Shinji Kawabata; Toshihiko Kuroiwa; Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono
        Neuro-Oncology, 2018年11月, 査読有り
      • The Effect of p53 Status on Radio-Sensitivity of Quiescent Tumor Cell Population Irradiated With γ-Rays at Various Dose Rates.
        Masunaga SI; Kobayashi J; Tano K; Sanada Y; Suzuki M; Ono K
        Journal of clinical medicine research, 2018年11月, 査読有り
      • Development of real-time thermal neutron monitor array for boron neutron capture therapy
        Tanaka H; Takata T; Sakurai Y; Kawabata S; Suzuki M; Masunaga S; Ono K
        Ther Radiol Oncol, 2018年10月, 査読有り
      • Boron Neutron Capture Therapy for High-Grade Skull-Base Meningioma.
        Koji Takeuchi; Shinji Kawabata; Ryo Hiramatsu; Yoko Matsushita; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shin-Ichi Miyatake; Toshihiko Kuroiwa
        Journal of neurological surgery. Part B, Skull base, 2018年10月, 査読有り
      • Evaluation of Boron Neutron Capture Therapy Using Tumor Model Rats or Mice
        KANEMITSU T; KAWABATA S; FUKUMURA M; HIRAMATSU R; NONOGUCHI N; SUZUKI M; MASUNAGA S; ONO K; KUROIWA T; MIYATAKE S; NAKAMURA H
        KURRI Progress Report (Web), 2018年08月
      • Boron neutron capture therapy for vulvar melanoma and genital extramammary Paget's disease with curative responses.
        Hiratsuka J; Kamitani N; Tanaka R; Yoden E; Tokiya R; Suzuki M; Barth RF; Ono K
        Cancer communications (London, England), 2018年06月, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy using reactor epithermal neutron beams could effectively control in-transit and lymph node metastases originating from a cutaneous malignant melanoma
        Mamiko Omori; Susumu Fujiwara; Hideki Shimizu; Tetsuya Ikeda; Toshinori Bito; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga; Koji Ono; Chikako Nishigori
        Journal of Dermatology, 2018年04月01日, 査読有り
      • Proposal of absolute biologic effectiveness (ABE) dose for boron neutron capture therapy (BNCT) -The effect of 10B(n,a)7Li dose can be predicted by nucleo-cytoplasmic ratio or cell size-
        Koji Ono; Hiroki Tanaka; Yuki Tamari; Tsubasa Watanabe; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga
        Jounal of radiation research, 2018年, 査読有り
      • Boron Neutron Capture Therapy of Malignant Gliomas.
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Ryo Hiramatsu; Toshihiko Kuroiwa; Minoru Suzuki; Koji Ono
        Progress in neurological surgery, 2018年, 査読有り
      • Identification of -amino acid-containing peptides in human serum
        Seongmin Ha; Ingu Kim; Takumi Takata; Tadatoshi Kinouchi; Masaharu Isoyama; Minoru Suzuki; Noriko Fujii
        PLoS ONE, 2017年12月01日, 査読有り
      • ELUCIDATION OF PHOSPHOLIPID ALTERATION IN BRAIN AFTER IRRADIATION USING BRAIN RADIATION NECROSIS MOUSE MODEL
        Natsuko Kondo; Kenji Nakayama; Yoshinori Sakurai; Takushi Takata; Kyo Kume; Shin-Ichi Miyatake; Osamu Ogawa; Minoru Suzuki
        NEURO-ONCOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • BORON NEUTRON CAPTURE THERAPY WITH THE COMBINATION OF SUCCESSIVE BEVACIZUMAB TREATMENTS FOR RECURRENT MALIGNANT GLIOMAS
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Motomasa Furuse; Naosuke Nonoguchi; Toshihiko Kuroiwa; Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono
        NEURO-ONCOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF A MULTIMODAL MONTE CARLO BASED TREATMENT PLANNING SYSTEM
        Kumada, Hiroaki; Takada, Kenta; Sakurai, Yoshinori; Suzuki, Minoru; Takata, Takushi; Sakurai, Hideyuki; Matsumura, Akira; Sakae, Takeji
        Radiation protection dosimetry, 2017年10月
      • Reactor-based Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) for the patients with recurrent malignant glioma
        S. Kawabata; R. Hiramatsu; Y. Matsushita; G. Futamura; T. Kanemitsu; H. Shiba; K. Takeuchi; N. Nonoguchi; T. Kuroiwa; H. Tanaka; Y. Sakurai; K. Akita; M. Suzuki; K. Ono; S.I. Miyatake
        Journal of the Neurological Sciences, 2017年10月, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF A MULTIMODAL MONTE CARLO BASED TREATMENT PLANNING SYSTEM.
        Kumada H; Takada K; Sakurai Y; Suzuki M; Takata T; Sakurai H; Matsumura A; Sakae T
        Radiation protection dosimetry, 2017年10月, 査読有り
      • Effect of Tirapazamine, Metformin or Mild Hyperthermia on Recovery From Radiation-Induced Damage in Pimonidazole-Unlabeled Quiescent Tumor Cells.
        Masunaga SI; Tano K; Sanada Y; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Watanabe T; Takata T; Maruhashi A; Ono K
        World journal of oncology, 2017年10月, 査読有り
      • Selective boron delivery by intra-arterial injection of BSH-WOW emulsion in hepatic cancer model for neutron capture therapy.
        Hironobu Yanagie; Novriana Dewi; Syushi Higashi; Ichiro Ikushima; Koji Seguchi; Ryoji Mizumachi; Yuji Murata; Yasuyuki Morishita; Atsuko Shinohara; Shoji Mikado; Nakahiro Yasuda; Mitsuteru Fujihara; Yuriko Sakurai; Kikue Mouri; Masashi Yanagawa; Tomoya Iizuka; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Shin-Ichiro Masunaga; Hiroki Tanaka; Takehisa Matsukawa; Kazuhito Yokoyama; Takashi Fujino; Koichi Ogura; Yasumasa Nonaka; Hirotaka Sugiyama; Tetsuya Kajiyama; Sho Yui; Ryohei Nishimura; Koji Ono; Sinichi Takamoto; Jun Nakajima; Minoru Ono; Masazumi Eriguchi; Kenichiro Hasumi; Hiroyuki Takahashi
        The British journal of radiology, 2017年06月, 査読有り
      • Development of real-time epithermal neutron detector for boron neutron capture therapy
        H. Tanaka; Y. Sakurai; T. Takata; T. Watanabe; S. Kawabata; M. Suzuki; S. -I. Masunaga; K. Taki; K. Akabori; K. Watanabe; K. Ono
        REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 2017年05月, 査読有り
      • Block copolymer-boron cluster conjugate for effective boron neutron capture therapy of solid tumors
        Peng Mi; Hironobu Yanagie; Novriana Dewi; Hung-Chi Yen; Xueying Liu; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Koji Ono; Hiroyuki Takahashi; Horacio Cabral; Kazunori Kataoka; Nobuhiro Nishiyama
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2017年05月, 査読有り
      • Cerebrospinal fluid dissemination of high-grade gliomas following boron neutron capture therapy occurs more frequently in the small cell subtype of IDH1R132H mutation-negative glioblastoma.
        Natsuko Kondo; Rolf F Barth; Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Minoru Suzuki; Koji Ono; Norman L Lehman
        Journal of neuro-oncology, 2017年05月, 査読有り
      • 頭頚部癌に対するホウ素中性子捕捉療法 -当施設での歩み-
        栗飯原輝人; 平塚純一; 森田倫正; 神谷伸彦; 鈴木 実; 小野公二; 熊田博明; 原田 保
        耳鼻咽喉科臨床, 2017年03月, 査読有り
      • 頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法 当施設での歩み
        粟飯原 輝人; 平塚 純一; 森田 倫正; 神谷 伸彦; 鈴木 実; 小野 公二; 熊田 博明; 原田 保
        耳鼻咽喉科臨床 補冊, 2017年03月
      • BNCT for head and neck cancer-history at our institution
        Teruhito Aihara; Jyunichi Hiratsuka; Norimasa Morita; Nobuhiko Kamitani; Tamotsu Harada; Minoru Suzuki; Koji Ono; Hiroaki Kumada
        Practica Otologica, Supplement, 2017年, 査読有り
      • Boron Neutron Capture Therapy for Malignant Brain Tumors
        S.-I. Miyatake; S. Kawabata; R. Hiramatsu; T. Kuroiwa; M. Suzuki; N. Kondo; H. Tanaka; K. Ono
        WFNOS Magazine, 2017年, 査読有り
      • Comparison of the pharmacokinetics between L-BPA and L-FBPA using the same administration dose and protocol: a validation study for the theranostic approach using [18F]-L-FBPA positron emission tomography in boron neutron capture therapy.
        Tsubasa Watanabe; Yoshihide Hattori; Youichiro Ohta; Miki Ishimura; Yosuke Nakagawa; Yu Sanada; Hiroki Tanaka; Satoshi Fukutani; Shin-Ichiro Masunaga; Masahiro Hiraoka; Koji Ono; Minoru Suzuki; Mitsunori Kirihata
        BMC cancer, 2016年11月08日, 査読有り
      • Evaluation of Fluoride-18-Labeled Boronophenylalanine-Positron Emission Tomography Imaging for the Assessment of Boron Neutron Capture Therapy in Patients with Recurrent Head and Neck Squamous Cell Carcinoma.
        T.Aihara; J.Hiratsuka; N Fukumitsu; H Ishikawa; N.Morita; H.Kumada; N.Kamitani; K Ohnishi; M Suzuki; H Sakurai; T.Harada
        Otolaryngology : Open Access, Nobember 10, 2016年11月, 査読有り
      • 【Radiotherapy Today 2016 放射線治療最前線 新しい高精度放射線治療の現状と展望】 放射線治療の最新動向 ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の最新動向
        鈴木 実
        INNERVISION, 2016年10月
      • Use of boron cluster-containing redox nanoparticles with ROS scavenging ability in boron neutron capture therapy to achieve high therapeutic efficiency and low adverse effects
        Zhenyu Gao; Yukichi Horiguchi; Kei Nakai; Akira Matsumura; Minoru Suzuki; Koji Ono; Yukio Nagasaki
        BIOMATERIALS, 2016年10月, 査読有り
      • 研究奨励賞受賞論文 新規ホウ素化クロリン(Tetrakis(ρ-Carboranylthio-Tetrafluorophenyl)Chlorin(TPFC))を用いた光線力学的療法およびホウ素中性子捕捉療法の有用性
        平松 亮; 川端 信司; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 小野 公二; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦; HAO ERHONG; MGH VICENTE
        大阪医科大学雑誌, 2016年09月
      • 臓器温存治療を目指して 治療生物学的および放射線治療医的視点から見た中性子捕捉療法の特性
        増永 慎一郎; 鈴木 実; 田野 恵三; 真田 悠生; 小野 公二
        日本口腔腫瘍学会誌, 2016年09月
      • Maleimide-functionalized closo-dodecaborate albumin conjugates (MID-AC): Unique ligation at cysteine and lysine residues enables efficient boron delivery to tumor for neutron capture therapy
        Shunsuke Kikuchi; Daisuke Kanoh; Shinichi Sato; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Hiroyuki Nakamura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2016年09月, 査読有り
      • 【悪性骨腫瘍の診断と治療の最前線】 原発性悪性骨腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 藤本 卓也
        整形・災害外科, 2016年07月
      • In vivo evaluation of neutron capture therapy effectivity using calcium phosphate-based nanoparticles as Gd-DTPA delivery agent.
        Novriana Dewi; Peng Mi; Hironobu Yanagie; Yuriko Sakurai; Yasuyuki Morishita; Masashi Yanagawa; Takayuki Nakagawa; Atsuko Shinohara; Takehisa Matsukawa; Kazuhito Yokoyama; Horacio Cabral; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Koji Ono; Nobuhiro Nishiyama; Kazunori Kataoka; Hiroyuki Takahashi
        Journal of cancer research and clinical oncology, 2016年04月, 査読有り
      • Effect of oxygen pressure during incubation with a B-10-carrier on B-10 uptake capacity of cultured p53 wild-type and mutated tumor cells: dependency on p53 status of tumor cells and types of B-10-carriers
        Shin-ichiro Masunaga; Hitoshi Tatebe; Yasumasa Nishimura; Keizo Tano; Yu Sanada; Takahiro Moriwaki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Akira Maruhashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION BIOLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • DNA damage induced by boron neutron capture therapy is partially repaired by DNA ligase IV
        Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Yuki Hirota; Hiroki Tanaka; Tsubasa Watanabe; Yosuke Nakagawa; Masaru Narabayashi; Yuko Kinashi; Shin-ichi Miyatake; Masatoshi Hasegawa; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Takeo Ohnishi; Koji Ono
        RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS, 2016年03月, 査読有り
      • Detection of γH2AX foci in mouse normal brain and brain tumor after boron neutron capture therapy.
        Kondo N; Michiue H; Sakurai Y; Tanaka H; Nakagawa Y; Watanabe T; Narabayashi M; Kinashi Y; Suzuki M; Masunaga S; Ono K
        Reports of practical oncology and radiotherapy : journal of Greatpoland Cancer Center in Poznan and Polish Society of Radiation Oncology, 2016年03月01日, 査読有り
      • Novel Hyaluronan Formulation Enhances the Efficacy of Boron Neutron Capture Therapy for Murine Mesothelioma
        Masao Sasai; Hiroyuki Nakamura; Nagako Sougawa; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Chun Man Lee
        ANTICANCER RESEARCH, 2016年03月, 査読有り
      • L-Phenylalanine preloading reduces the (10)B(n, α)(7)Li dose to the normal brain by inhibiting the uptake of boronophenylalanine in boron neutron capture therapy for brain tumours.
        Watanabe T; Tanaka H; Fukutani S; Suzuki M; Hiraoka M; Ono K
        Cancer letters, 2016年01月01日, 査読有り
      • Boron Neutron Capture Therapy for Malignant Brain Tumors
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Ryo Hiramatsu; Toshihiko Kuroiwa; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Koji Ono
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2016年, 査読有り
      • Insufficient Lymph Drainage Causes Abnormal Lipid Accumulation and Vein Wall Degeneration.
        Tanaka H; Yamamoto N; Suzuki M; Mano Y; Sano M; Zaima N; Sasaki T; Setou M; Unno N
        Annals of vascular diseases, 2016年, 査読有り
      • Fatal carotid blowout syndrome after BNCT for head and neck cancers
        T. Aihara; J. Hiratsuka; H. Ishikawa; H. Kumada; K. Ohnishi; N. Kamitani; M. Suzuki; H. Sakurai; T. Harada
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • Improvement of depth dose distribution using multiple-field irradiation in boron neutron capture therapy
        N. Fujimoto; H. Tanaka; Y. Sakurai; T. Takata; N. Kondo; M. Narabayashi; Y. Nakagawa; T. Watanabe; Y. Kinashi; S. Masunaga; A. Maruhashi; K. Ono; M. Suzuki
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • Potential of boron neutron capture therapy (BNCT) for malignant peripheral nerve sheath tumors (MPNST)
        Takuya Fujimoto; Tooru Andoh; Tamotsu Sudo; Ikuo Fujita; Naomasa Fukase; Tamotsu Takeuchi; Hiroshi Sonobe; Masayoshi Inoue; Tkanori Hirose; Toshiko Sakuma; Hiroshi Moritake; Tohru Sugimoto; Teruya Kawamoto; Yoshinobu Fukumori; Satomi Yamamoto; Shinji Atagi; Yoshinori Sakurai; Masahiro Kurosaka; Koji Ono; Hideki Ichikawa; Minoru Suzuki
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • Proteomic analysis of cellular response induced by boron neutron capture reaction in human squamous cell carcinoma SAS cells
        Akira Sato; Tasuku Itoh; Shoji Imamichi; Sota Kikuhara; Hiroaki Fujimori; Takahisa Hirai; Soichiro Saito; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Hiroyuki Nakamura; Minoru Suzuki; Yasufumi Murakami; Diaz Baiseitov; Kulzhan Berikkhanova; Zhaxybay Zhumadilov; Yoshio Imahori; Jun Itami; Koji Ono; Shinichiro Masunaga; Mitsuko Masutani
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • Boron neutron Capture therapy (BNCT) as a new approach for clear cell sarcoma (CCS) treatment: Trial using a lung metastasis model of CCS
        Tooru Andoh; Takuya Fujimoto; Minoru Suzuki; Tamotsu Sudo; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Ikuo Fujita; Naomasa Fukase; Hiroshi Moritake; Tohru Sugimoto; Toshiko Sakuma; Hiroshi Sasai; Teruya Kawamoto; Mitsunori Kirihata; Yoshinobu Fukumori; Toshihiro Akisue; Koji Ono; Hideki Ichikawa
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • Localized radiation necrosis model in mouse brain using proton ion beams
        Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Takushi Takata; Nobuhiko Takai; Yosuke Nakagawa; Hiroki Tanaka; Tsubasa Watanabe; Kyo Kume; Taichiro Toho; Shin-ichi Miyatake; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Koji Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • Localized dose delivering by ion beam irradiation for experimental trial of establishing brain necrosis model (Reprinted)
        Takushi Takata; Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takashi Hasegawa; Kyo Kume; Minoru Suzuki
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年12月, 査読有り
      • P-223 Overview of the BNCT clinical studies at the University of Tsukuba
        Teruhito,Aihara; Hitoshi,Ishikawa; Kayoko,Ohnishi; Hideaki,Kumada; Nobuyoshi,Fukumitsu; Toshiyuki,Okumura; Masashi,Mizumoto; Haruko,Numajiri; Keiichi,Tanaka; Minoru,Suzuki; Hideyuki,Sakurai
        日本放射線腫瘍学会第28回学術大会報文集, 2015年11月, 査読有り
      • Localized dose delivering by ion beam irradiation for experimental trial of establishing brain necrosis model
        Takushi Takata; Natsuko Kondo; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takashi Hasegawa; Kyo Kume; Minoru Suzuki
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2015年11月, 査読有り
      • Development of a dual phantom technique for measuring the fast neutron component of dose in boron neutron capture therapy
        Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Natsuko Kondo; Yuko Kinashi; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Koji Ono; Akira Maruhashi
        MEDICAL PHYSICS, 2015年11月, 査読有り
      • 陽子線・ヘリウム線による脳壊死モデル作成技術の確立―放射線脳壊死のメカニズム解明と治療法開発を目指して―
        近藤夏子; 櫻井良憲; 高田卓志; 田中浩基; 渡邉翼; 鈴木実; 前田宗利; 伊東富由美; 久米恭
        若狭湾エネルギー研究センター研究年報, 2015年10月
      • 2014年にBNCTを行った再発頭頸部癌4症例の経過報告
        粟飯原,輝人; 石川仁; 大西かよ子; 福光延吉; 中井啓; 山本哲哉; 長谷川正午; 和田哲郎; 硲田猛真; 奥村敏之; 鈴木実; 松村明; 櫻井英幸
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月, 査読有り
      • The Anti-Proliferative Effect of Boron Neutron Capture Therapy in a Prostate Cancer Xenograft Model
        Kiyoshi Takahara; Koichiro Minami; Yuki Yoshikawa; Tomoaki Takai; Naokazu Ibuki; Hajime Hirano; Hayahito Nomi; Shinji Kawabata; Satoshi Kiyama; Shin-Ichi Miyatake; Toshihiko Kuroiwa; Minoru Suzuki; Mitsunori Kirihata; Haruhito Azuma
        PLOS ONE, 2015年09月, 査読有り
      • The Effect of p53 Status of Tumor Cells on Radiosensitivity of Irradiated Tumors With Carbon-Ion Beams Compared With γ-Rays or Reactor Neutron Beams.
        Masunaga SI; Uzawa A; Hirayama R; Matsumoto Y; Sakurai Y; Tanaka H; Tano K; Sanada Y; Suzuki M; Maruhashi A; Ono K
        World journal of oncology, 2015年08月, 査読有り
      • Advances in Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) at Kyoto University - From Reactor-based BNCT to Accelerator-based BNCT
        Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Nozomi Fujimoto; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Yosuke Nakagawa; Tsubasa Watanabe; Koji Ono; Akira Maruhashi
        JOURNAL OF THE KOREAN PHYSICAL SOCIETY, 2015年07月, 査読有り
      • 悪性骨・軟部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 藤本 卓也; 安藤 徹; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2015年07月
      • Hybrid Calcium Phosphate-Polymeric Micelles Incorporating Gadolinium Chelates for Imaging-Guided Gadolinium Neutron Capture Tumor Therapy
        Peng Mi; Novriana Dewi; Hironobu Yanagie; Daisuke Kokuryo; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Yanmin Li; Ichio Aoki; Koji Ono; Hiroyuki Takahashi; Horacio Cabral; Nobuhiro Nishiyama; Kazunori Kataoka
        ACS NANO, 2015年06月, 査読有り
      • Tetrakis(p-Carboranylthio-Tetrafluorophenyl)Chlorin (TPFC): Application for Photodynamic Therapy and Boron Neutron Capture Therapy
        Ryo Hiramatsu; Shinji Kawabata; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shin-Ichi Miyatake; Toshihiko Kuroiwa; Erhong Hao; M. Graca H. Vicente
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2015年03月, 査読有り
      • Tetrakis(p-Carboranylthio-Tetrafluorophenyl)Chlorin (TPFC): Application for Photodynamic Therapy and Boron Neutron Capture Therapy
        Ryo Hiramatsu; Shinji Kawabata; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shin-Ichi Miyatake; Toshihiko Kuroiwa; Erhong Hao; M. Graca H. Vicente
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2015年03月, 査読有り
      • Preliminary study of MAGAT polymer gel dosimetry for boron-neutron capture therapy
        Shin-ichiro Hayashi; Yoshinori Sakurai; Ryohei Uchida; Minoru Suzuki; Shuji Usui; Takahiro Tominaga
        8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON 3D RADIATION DOSIMETRY (IC3DDOSE), 2015年, 査読有り
      • 【ホウ素中性子捕捉療法:BNCT】 BNCTの適応拡大
        鈴木 実
        Radioisotopes, 2015年01月
      • Antitumor effect of boron nitride nanotubes in combination with thermal neutron irradiation on BNCT
        Hiroyuki Nakamura; Hayato Koganei; Tatsuro Miyoshi; Yoshinori Sakurai; Koji Ono; Minoru Suzuki
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2015年01月, 査読有り
      • Synthesis and in vitro evaluation of thiododecaborated α, α- cycloalkylamino acids for the treatment of malignant brain tumors by boron neutron capture therapy.
        Hattori Y; Kusaka S; Mukumoto M; Ishimura M; Ohta Y; Takenaka H; Uehara K; Asano T; Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Tanimori S; Kirihata M
        Amino acids, 2014年12月, 査読有り
      • A case of radiation-induced osteosarcoma treated effectively by boron neutron capture therapy
        Gen Futamura; Shinji Kawabata; Hiroyuki Siba; Toshihiko Kuroiwa; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Koji Ono; Yoshinori Sakurai; Minoru Tanaka; Tomoki Todo; Shin-Ichi Miyatake
        RADIATION ONCOLOGY, 2014年11月, 査読有り
      • Spermidinium closo-dodecaborate-encapsulating liposomes as efficient boron delivery vehicles for neutron capture therapy
        Shoji Tachikawa; Tatsuro Miyoshi; Hayato Koganei; Mohamed E. El-Zaria; Clara Vinas; Minoru Suzuki; Koji Ono; Hiroyuki Nakamura
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2014年10月, 査読有り
      • Spermidinium closo-dodecaborate-encapsulating liposomes as efficient boron delivery vehicles for neutron capture therapy
        Shoji Tachikawa; Tatsuro Miyoshi; Hayato Koganei; Mohamed E. El-Zaria; Clara Vinas; Minoru Suzuki; Koji Ono; Hiroyuki Nakamura
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2014年10月, 査読有り
      • Significance of Administering Bevacizumab Combined With Boron Neutron Capture Therapy in Terms of Local Tumor Control and Lung Metastatic Potential
        S. Masunaga; Y. Sakurai; K. Tano; H. Tanaka; M. Suzuki; N. Kondo; M. Narabayashi; T. Watanabe; Y. Nakagawa; A. Maruhashi; K. Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2014年09月, 査読有り
      • Significance of Fractionated Administration of Thalidomide Combined With γ-Ray Irradiation in Terms of Local Tumor Response and Lung Metastasis.
        Masunaga SI; Sanada Y; Moriwaki T; Tano K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Watanabe T; Nakagawa Y; Maruhashi A; Ono K
        World journal of oncology, 2014年08月, 査読有り
      • Dose estimation for internal organs during boron neutron capture therapy for body-trunk tumors
        Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; S. Masunaga; Y. Kinashi; N. Kondo; K. Ono; A. Maruhashi
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2014年06月, 査読有り
      • Evaluation of thermal neutron irradiation field using a cyclotron-based neutron source for alpha autoradiography
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; S. Masunaga; T. Mitsumoto; Y. Kinashi; N. Kondo; M. Narabayashi; Y. Nakagawa; T. Watanabe; N. Fujimoto; A. Maruhashi; K. Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2014年06月, 査読有り
      • Boron carbide particle as a boron compound for boron neutron capture therapy
        Iwagami T; Ishikawa Y; Koshizaki N; Yamamoto N; Tanaka H; Masunaga S; Sakurai Y; Kato I; Iwai S; Suzuki M; Yura Y
        J Nucl Med Radiat Ther, 2014年06月, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy as new treatment for clear cell sarcoma: Trial on different animal model
        Tooru Andoh; Takuya Fujimoto; Tamotsu Sudo; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Toshiko Sakuma; Hiroshi Moritake; Tohru Sugimoto; Tamotsu Takeuchi; Hiroshi Sonobe; Alan L. Epstein; Yoshinobu Fukumori; Koji Ono; Hideki Ichikawa
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2014年06月, 査読有り
      • Gadolinium-loaded chitosan nanoparticles for neutron-capture therapy: Influence of micrometric properties of the nanoparticles on tumor-killing effect
        Hideki Ichikawa; Takeshi Uneme; Tooru Andoh; Yuya Arita; Takuya Fujimoto; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Hiroyuki Shinto; Tomonori Fukasawa; Fumihiko Fujii; Yoshinobu Fukumori
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2014年06月, 査読有り
      • Pilot clinical study of boron neutron capture therapy for recurrent hepatic cancer involving the intra-arterial injection of a (BSH)-B-10-containing WOW emulsion
        Hironobu Yanagie; Syushi Higashi; Koji Seguchi; Ichiro Ikushima; Mituteru Fujihara; Yasumasa Nonaka; Kazuyuki Oyama; Syoji Maruyama; Ryo Hatae; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Tomoko Kinashi; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Tetsuya Kajiyama; Akira Maruhashi; Koji Ono; Jun Nakajima; Minoru Ono; Hiroyuki Takahashi; Masazumi Eriguchi
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2014年06月, 査読有り
      • Development of a simple and rapid method of precisely identifying the position of B-10 atoms in tissue: an improvement in standard alpha autoradiography
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Koichi Takamiya; Akira Maruhashi; Koji Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2014年03月, 査読有り
      • The dependency of compound biological effectiveness factors on the type and the concentration of administered neutron capture agents in boron neutron capture therapy
        Shin-ichiro Masunaga; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Keizo Tano; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Yosuke Nakagawa; Tsubasa Watanabe; Akira Maruhashi; Koji Ono
        SPRINGERPLUS, 2014年03月, 査読有り
      • Feasible evaluation of WOW emulsion as intra-arterial boron delivery carrier for neutron capture therapy to hepatocellular carcinoma
        H.Yanagie; T.Kajiyama; M.Fijiwara; R.Mizumachi; Y.Murata; Y.Sakurai; K.Mouri; A.Shinohara; T.Matsukawa; Y.Oomori; Y.Morishita; N.Dewi; M.Yanagawa; S.Higashi; I.Ikushima; K.Seguchi; K.Yokoyama; T.Iizuka; Y.Nonaka; H.Sugiyama; Y.Furuya; Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; K.Oyama; T.Nakagawa; R.Nishimura; K.Ono; M.Ono; J.Nakajima; M.Eriguchi; H.Takahashi
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Systematic enhancements of switching rate in intrinsic Josephson junctions
        Y. Nomura; T. Mizuno; H. Kambara; Y. Nakagawa; T. Watanabe; I. Kakeya; M. Suzuki
        Journal of Physics: Conference Series, 2014年, 査読有り
      • BNCTのためのポリマーゲル線量計の基礎特性
        林 慎一郎; 櫻井良憲; 内田良平; 鈴木 実; 前山拓哉; 石川顕一; 笛吹修治; 富永孝宏
        第3回3Dゲル線量計研究会要旨集, 2014年
      • Experimental trial of establishing brain necrosis mouse model using proton beam
        N.Kondo; Y.Sakurai; T.Takata; H.Tanaka; N.Takai; K.Kume; T.Watanabe; T.Toho; S.Miyatake; M.Suzuki; S.Masunaga; K.Ono
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Three in one: a multifunctional antitumor sensitizer for photodynamic, boron neutron capture and proton therapies
        N.Miyoshi; S.K.Kundu; H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; A.V.Zaitsev; V.A.Ol’shevskaya; G.N.Rychkov; K.Ono; V.N.Kalinin; A.A.Shtil
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Clinical results of Boron neutron capture therapy for the patients with malignant meningioma
        S.Kawabata; S.Miyatake; G.Futamura; R.Hiramatsu; Y.Matsushita; M.Furuse; Y.Tamura; T.Kuroiwa; H.Tanaka; Y.Sakurai; S.Masunaga; M.Suzuki; K.Ono
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Study on the accelerator-based neutron source using Be(p,n) reaction with proton energy of lower than 30 MeV
        H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; S.Masunaga; N.Fujimoto; Y.Kinashi; N.Kondo; T.Takata; T.Watanabe; M.Narabayashi; A.Maruhashi; K.Ono
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • A study of effective dose for tumor in BNCT
        Y.Sakurai; H.Tanaka; N.Fujimoto; N.Kondo; M.Narabayashi; Y.Nakagawa; T.Watanabe; Y.Kinashi; M.Suzuki; S.Masunaga; A.Maruhashi; K.Ono
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Study on the improvement of depth dose distribution using multiple-field irradiation in boron neutron capture therapy
        N.Fujimoto; H.Tanaka; Y.Sakurai; N.Kondo; M.Narabayashi; Y.Nakagawa; T.Watanabe; Y.Kinashi; S.Masunaga; A.Maruhashi; K.Ono; M.Suzuki
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Potential of boron neutron capture therapy for malignant peripheral nerve sheath tumor
        T.Fujimoto; T.Andoh; Y.Tokunaga; T.Sudo; I.Fujita; N.Fukase; T.Takeuchi; H.Sonobe; M.Inoue; T.Hirose; T.Sakuma; S.Yamamoto; S.Atagi; Y.Sakurai; H.Ichikawa; K.Ono; M.Suzuki
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Boron neutron capture therapy as new treatment for clear cell sarcoma: trial on a lung metastasis model of clear cell sarcoma
        T.Andoh; T.Fujimoto; M.Suzuki; T.Sudo; Y.Sakurai; H.Tanaka; I.Fujita; N.Fukase; H.Moritake; T.Sugimoto; T.Sakuma; H.Sasai; T.Akisue; M.Kirihata; Y.Fukumori; K.Ono; H.Ichikawa
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Clinical experiences of boron neutron capture therapy to recurrenced rectal cancers
        H.Yanagie; K.Oyama; R.Hatae; S.Maruyama; Y.Ohno; S.Kurokawa; Y.Nonaka; H.Sugiyama; Y.Furuya; K.Taniike; M.Suzuki; S.Masunaga; T.Kinashi; Y.Sakurai; N.Kondo; M.Narabayashi; H.Tanaka; A.Maruhashi; K.Ono; J.Nakajima; M.Ono; H.Takahashi; M.Eriguchi
        Book of Abstracts for 16th International Congress on Neutron Capture Therapy, Cancer Society of Finland, 2014年
      • Neutron dose estimation & evaluation on neutron capture therapy for hepatocellular carcinoma using intra-arterial administration of boron-entrapped water-in-oil-in-water emulsion
        H.Yanagie; S.Higashi; T.Nakamura; H.Kumada; I.Ikushima; F.Mitsuteru; M.Suzuki; Y.Sakurai; K.Ono; M.Eriguchi; H.Takahash
        KURRI Progress Report, 2014年
      • Cancer therapy of C6 glial tumor model by BNCT and PDT sensitized by a boron-10 rich porphyrin derivative (compound-10B)
        N.Miyoshi; S.K.Kundu; H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; K.Ono; A.A.Shtil; V.Ol'shevskaya; V.N.Kalinin; A.V.Zaitsev; G.N.Rychkov
        KURRI Progress Report, 2014年
      • To conquer the clinically relevant radioresistant cell tumors targeting tumor endothelial cells
        Y.Kuwahara; M.Fukumoto; Y.Sakurai; M.Suzuki; K.Ono; M.Fukumoto
        KURRI Progress Report, 2014年
      • Boron neutron capture therapy for lung metastasis and biodistribution of p-borono-L-phenylalanine in lung of human clear cell sarcoma (CCS)-bearing animal model
        T.Fujimato; T.Andoh; Y.Sakurai; M.Suzuki; H.Ichikawa
        KURRI Progress Report, 2014年
      • Specificity of DNA damage induced by neutron radiation
        H.Terato; T.Saito; T.Kinashi; Y.Sakurai; M.Suzuki
        KURRI Progress Report, 2014年
      • BNCTによる頭頸部治療と頸動脈破裂症候群-BNCTを安全に行うために-
        粟飯原輝人; 森田倫正; 神谷伸彦; 熊田博明; 大西かよ子; 鈴木実; 平塚純一; 原田保; 櫻井,英幸
        耳鼻臨床 補139, 2014年, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy outcomes for advanced or recurrent head and neck cancer
        Minoru Suzuki; Ituro Kato; Teruhito Aihara; Junichi Hiratsuka; Kenichi Yoshimura; Miyuki Niimi; Yoshihiro Kimura; Yasunori Ariyoshi; Shin-ichi Haginomori; Yoshinori Sakurai; Yuko Kinashi; Shin-ichiro Masunaga; Masanori Fukushima; Koji Ono; Akira Maruhashi
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2014年01月, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy with bevacizumab may prolong the survival of recurrent malignant glioma patients: four cases
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Ryo Hiramatsu; Motomasa Furuse; Toshihiko Kuroiwa; Minoru Suzuki
        RADIATION ONCOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • Effect of bevacizumab combined with boron neutron capture therapy on local tumor response and lung metastasis
        Shin-Ichiro Masunaga; Yoshinori Sakurai; Keizo Tano; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Tsubasa Watanabe; Yosuke Nakagawa; Akira Maruhashi; Koji Ono
        Experimental and Therapeutic Medicine, 2014年, 査読有り
      • Human papillomavirus DNA and p16 expression in Japanese patients with oropharyngeal squamous cell carcinoma
        Hisato Kawakami; Isamu Okamoto; Kyoichi Terao; Kazuko Sakai; Minoru Suzuki; Shinya Ueda; Kaoru Tanaka; Kiyoko Kuwata; Yume Morita; Koji Ono; Kazuto Nishio; Yasumasa Nishimura; Katsumi Doi; Kazuhiko Nakagawa
        CANCER MEDICINE, 2013年12月, 査読有り
      • To Conquer the Clinically Relevant Radioresistant Cell Tumors Targeting Tumor Endohtelial Cells.
        Yoshikazu Kuwahara; Motoi Fukumoto; Yoshinori Sakurai; Koji Ono; Minoru Suzuki; Manabu Fukumoto
        KURRI Progress Report., 2013年10月
      • Effect of tirapazamine and mild temperature hyperthermia on the recovery from radiation-induced damage in pimonidazole-unlabeled quiescent tumor cell population
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Tano K; Maruhashi A; Ono K
        J. Canc. Ther., 2013年04月, 査読有り
      • Wortmannin efficiently suppresses the recovery from radiation-induced damage in pimonidazole-unlabeled quiescent tumor cell population
        Shin-ichiro Masunaga; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Akira Maruhashi; Koji Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2013年03月, 査読有り
      • Effect of bevacizumab treatment on p-boronophenylalanine distribution in murine tumor
        Yong Liu; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Yi-Wei Chen; Genro Kashino; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Mitsunori Kirihata; Koji Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2013年03月, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy (BNCT) selectively destroys human clear cell sarcoma in mouse model
        Takuya Fujimoto; Tooru Andoh; Tamotsu Sudo; Ikuo Fujita; Hiroshi Moritake; Tohru Sugimoto; Toshiko Sakuma; Toshihiro Akisue; Shinji Kawabata; Mitsunori Kirihata; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Koji Ono; Yoshinobu Fukumori; Masahiro Kurosaka; Hideki Ichikawa
        Applied Radiation and Isotopes, 2013年03月, 査読有り
      • Usefulness of Daily Fractionated Administration of Wortmannin Combined With γ-Ray Irradiation in Terms of Local Tumor Response and Lung Metastasis.
        Masunaga SI; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Tano K; Maruhashi A; Ono K
        World journal of oncology, 2013年02月, 査読有り
      • Radiosensitivity of pimonidazole-unlabelled intratumour quiescent cell population to γ-rays, accelerated carbon ion beams and boron neutron capture reaction
        Shin-Ichiro Masunaga; Y. Sakurai; H. Tanaka; R. Hirayama; Y. Matsumoto; A. Uzawa; M. Suzuki; N. Kondo; M. Narabayashi; A. Maruhashi; K. Ono
        British Journal of Radiology, 2013年01月01日, 査読有り
      • 硼素中性子捕捉療法がゲル線量計に望むこと
        櫻井良憲; 楢林正流; 林 慎一郎; 藤本 望; 田中浩基; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 小野公二
        第2回3Dゲル線量計研究会予稿集, 2013年
      • The dependency of compound biological effectiveness factors on the type and concentration of administered neutron capture agents in BNCT
        S.Masunaga; K.Tano; Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; N.Kondo; M.Narabayashi; T.Watanabe; A.Maruhashi; K.Ono
        Book of Abstracts for 7th Young Researchers’ Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2013年
      • Detection of gamma H2AX foci in mouse brain tissue after neutron capture therapy
        N.Kondo; M.Narabayashi; T.Watanabe; H.Tanaka; Y.Sakurai; Y.Kinashi; M.Suzuki; S.Masunaga; K.Ono
        Book of Abstracts for 7th Young Researchers’ Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2013年
      • Study on the evaluation of 10B concentration using proton-induced prompt gamma ray analysis for BNCT
        H.Tanaka; Y.Sakurai; R.Uchida; T.Kawamura; H.Tsuchida; M.Suzuki; S.Masunaga; N.Kondo; M.Narabayashi; K.Ono; A.Marunashi
        Book of Abstracts for 7th Young Researchers’ Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2013年
      • A study of boron-dose estimation using boron concentration in plasma
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; M.Narabayashi; N.Fujimoto; A.Maruhashi; K.Ono
        Book of Abstracts for 7th Young Researchers’ Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2013年
      • Boron neutron capture therapy (BNCT) as a new therapeutic approach for treatment of clear cell sarcoma (CCS): Basic study on a lung metastasis model of CCS for BNCT
        T.Andoh; T.Fujimoto; M.Suzuki; T.Sudo; I.Fujita; H.Moritake; T.Sugimoto; T.Sakuma; Y.Sakurai; H.Sasai; M.Kirihata; T.Akisue; Y.Fukumori; K.Ono; H.Ichikawa
        Book of Abstracts for 7th Young Researchers’ Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2013年
      • Boron-neutron capture therapy for newly diagnosed head and neck cancer in initial treatment
        T.Aihara; N.Morita; N.Kamitani; H.Kumada; N.Fukumitu; Y.Sakurai; K.Onishi; M.Suzuki; J.Hiratsuka; H.Sakurai
        Book of Abstracts for 7th Young Researchers’ Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2013年
      • Study on epithermal neutron source using Be(p,n) reaction with proton energy of 16 MeV
        H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; S.Masunaga; M.Narabayashi; Y.Kinashi; N.Kondo; A.Maruhashi; K.Ono
        Book of Abstracts for 20th International Conference on Medical Physics (ICMP2013), 2013年
      • Long-term result of BNCT for different types of human clear cell sarcoma in mouse model
        T.Fujimato; T.Andoh; Y.Sakurai; M.Suzuki; H.Ichikawa; K.Ono
        KURRI Progress Report, 2013年
      • Development of High Boron Content Liposomes and Their Promising Antitumor Effect for Neutron Capture Therapy of Cancers
        Hayato Koganei; Manabu Ueno; Shoji Tachikawa; Lisa Tasaki; Hyun Seung Ban; Minoru Suzuki; Kouichi Shiraishi; Kumi Kawano; Masayuki Yokoyama; Yoshie Maitani; Koji Ono; Hiroyuki Nakamura
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2013年01月, 査読有り
      • Reirradiation for locally recurrent lung cancer in the chest wall with boron neutron capture therapy (BNCT): A case report.
        Suzuki M; Suzuki O; Sakurai Y; Tanaka H; Kondo N; Kinashi Y; Masunaga S; Maruhashi A; Ono K
        Int Cancer Conference J, 2012年09月, 査読有り
      • Biological Evaluation of Dodecaborate-Containing L-Amino Acids for Boron Neutron Capture Therapy
        Yoshihide Hattori; Shintaro Kusaka; Mari Mukumoto; Kouki Uehara; Tomoyuki Asano; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Koji Ono; Shinji Tanimori; Mitsunori Kirihata
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2012年08月, 査読有り
      • Current status of boron neutron capture therapy of high grade gliomas and recurrent head and neck cancer
        Rolf F. Barth; M. Graca H. Vicente; Otto K. Harling; W. S. Kiger; Kent J. Riley; Peter J. Binns; Franz M. Wagner; Minoru Suzuki; Teruhito Aihara; Itsuro Kato; Shinji Kawabata
        RADIATION ONCOLOGY, 2012年08月, 査読有り
      • Evaluating the Usefulness of a Novel 10B-Carrier Conjugated With Cyclic RGD Peptide in Boron Neutron Capture Therapy.
        Masunaga SI; Kimura S; Harada T; Okuda K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Maruhashi A; Nagasawa H; Ono K
        World journal of oncology, 2012年06月, 査読有り
      • Pharmacokinetics of core-polymerized, boron-conjugated micelles designed for boron neutron capture therapy for cancer
        Shogo Sumitani; Motoi Oishi; Tatsuya Yaguchi; Hiroki Murotani; Yukichi Horiguchi; Minoru Suzuki; Koji Ono; Hironobu Yanagie; Yukio Nagasaki
        BIOMATERIALS, 2012年05月, 査読有り
      • Effects of employing a B-10-carrier and manipulating intratumour hypoxia on local tumour response and lung metastatic potential in boron neutron capture therapy
        S. Masunaga; Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; Y. Liu; N. Kondo; A. Maruhashi; Y. Kinashi; K. Ono
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2012年03月, 査読有り
      • Impact of employing 10B-carriers and manipulating intratumor hypoxia on local tumor response and lung metastatic potential in boron neutron capture therapy
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Maruhashi A; Ono K
        Radiother Oncol, 2012年02月, 査読有り
      • The tumor control effect by the sonoporartion in BNCT.
        Yamamoto N; Yura Y; Kato I; Fujita Y; Okamoto M; Ono K; Maruhashi A; Suzuki M; Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Reducing intratumnor acute hypoxia through bevacizumab treatment、 referring to distant metastatic potential.
        Masunaga S; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Maruhashi A; Ono K
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Pilot application of gadrinium-platinum nanomicelles to Gd- neutron capture therapy.
        Yanagie H; Dewi N; Iyomoto N; Sakurai Y; Umano M; ryuda T; Nagasaki T; Suzuki M; Sakurai Y; Masunaga S; Ono K
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Development of novel boron compounds for BNCT.
        Kirihata M; Hattori Y; Mukumoto M; Ueda S; Murakami H; Suzuki M; Masunaga; Ono K
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Clinical studies on BNCT for 4 cases of head and neck cancer.
        Kato I; Yamamoto N; Fujita Y; Ohmae M; Suzuki M; Masunaga S; Nakazawa M; Iwai S; Maruhashi A; Imahori Y; Kirihata M; Ono K
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Boron neutron capture therapy for malignant pleuritis.
        Ono K; Suzuki M; Masunaga S; Kondo N; Narabayashi M; Sakurai Y; Tanaka H; Kinashi Y; Maruhashi A
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Boron neutron capture therapy for malignant brain tumors using epithermal neutron.
        Miyatake S; Kawabata S; Hiramatsu R; Hirota Y; Kuroiwa T; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Suzuki M; Kondo N; Masunaga S; Kinashi Y; Ono K
        KURRI Progress Report, 2012年
      • BNCT case report of malignant brain tumor 2011.
        Tchizawa T; Takagaki M; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Maruhashi A; Kondo N; Masunaga; Ono K
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Basic investigation of BNCT with novel boron compound for malignant pleural methothelioma cells.
        Lee CM; Sougawa N; Sasai M; Suzuki M; Masunaga S; Sakurai Y
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Usefulness of combined treatment with continuous administration of tirapazamine and mild temperature hyperthermia in gamma-ray irradiation in terms of local tumour response and lung metastatic potential
        Shin-Ichiro Masunaga; Yong Liu; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Akira Maruhashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HYPERTHERMIA, 2012年, 査読有り
      • Development of two dimensional thermal neutron flux monitor using multi-wire proportional counter for boron neutron capture therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga; Masahiro Hino; Yuko Kinashi; Koji Ono; Akira Maruhashi
        IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, 2012年, 査読有り
      • Short-term outcome of BNCT for human clear cell sarcoma in mouse model
        T.Fujimato; T.Andoh; Y.Sakurai; M.Suzuki; H.Ichikawa; K.Ono
        KURRI Progress Report, 2012年
      • Pharmakokinetic Study and In Vivo Cancer Neutron Capture Therapy Based on Core Polymerized and Boron-conjugated Polymer Micelles
        Shogo, Sumitani; Motoi, Oishi; Tatsuya, Yaguchi; Horiki, Murotani; Yukichi, Horiguchi; Minoru, Suzuki; Koji, Ono; Horonobu, Yanagie; Yukio, Nagasaki
        Biomaterials, 2012年01月, 査読有り
      • Investigation of irradiation conditions for recurrent breast cancer in JRR-4
        H. Horiguchi; T. Nakamura; H. Kumada; H. Yanagie; M. Suzuki; H. Sagawa
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2011年12月, 査読有り
      • Reducing intratumour acute hypoxia through bevacizumab treatment, referring to the response of quiescent tumour cells and metastatic potential
        S. Masunaga; Y. Liu; H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; N. Kondo; A. Maruhashi; K. Ono
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2011年12月, 査読有り
      • Experimental verification of beam characteristics for cyclotron-based epithermal neutron source (C-BENS)
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; S. Masunaga; T. Mitsumoto; K. Fujita; G. Kashino; Y. Kinashi; Y. Liu; M. Takada; K. Ono; A. Maruhashi
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2011年12月, 査読有り
      • Current Status of Cyclotron-Based Epithermal Neutron Source for BNCT
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Kondo N; Mitsumoto T; Maruhashi A; Ono K
        6th Young Researchers Boron Neutron Capture Therapy Meeting, 2011年12月, 査読有り
      • Feasibility evaluation of neutron capture therapy for hepatocellular carcinoma using selective enhancement of boron accumulation in tumour with intra-arterial administration of boron-entrapped water-in-oil-in-water emulsion
        Hironobu Yanagie; Hiroaki Kumada; Takemi Nakamura; Syushi Higashi; Ichiro Ikushima; Yasuyuki Morishita; Atsuko Shinohara; Mitsuteru Fijihara; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Hirotaka Sugiyama; Tetsuya Kajiyama; Ryohei Nishimura; Koji Ono; Jun Nakajima; Minoru Ono; Masazumi Eriguchi; Hiroyuki Takahashi
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2011年12月, 査読有り
      • DNA double-strand break induction in Ku80-deficient CHO cells following Boron Neutron Capture Reaction
        Yuko Kinashi; Sentaro Takahashi; Genro Kashino; Ryuichi Okayasu; Shinichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Koji Ono
        RADIATION ONCOLOGY, 2011年09月, 査読有り
      • FANCD1/BRCA2 Plays Predominant Role in the Repair of DNA Damage Induced by ACNU or TMZ
        Natsuko Kondo; Akihisa Takahashi; Eiichiro Mori; Taichi Noda; Malgorzata Z. Zdzienicka; Larry H. Thompson; Thomas Helleday; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Shinichiro Masunaga; Koji Ono; Masatoshi Hasegawa; Takeo Ohnishi
        PLOS ONE, 2011年05月, 査読有り
      • 【基礎と臨床の対話】寡分割照射の基礎と臨床 休止期腫瘍細胞の挙動から見た分割照射
        増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 菓子野 元郎; 鈴木 実; 田中 浩基; 劉 勇; 近藤 夏子; 木梨 友子; 平山 亮一; 松本 孔貴; 鵜澤 玲子; 小池 幸子; 安藤 興一; 丸橋 晃; 小野 公二
        癌の臨床, 2011年04月, 査読有り
      • Radiosensitivity and capacity to recover from radiation-induced damage in pimonidazole-unlabeled intratumor quiescent cells depend on p53 status
        Masunaga S; Liu Y; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Kondo N; Maruhashi A; Ono K
        World J Oncol, 2011年02月, 査読有り
      • 頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実
        頭頸部癌 = Head and neck cancer, 2011年
      • 中性子捕捉療法、「これだけは知っておきたい!放射線療法 Q&A -基本知識と最前線-」
        小野公二; 鈴木 実; 増永慎一郎
        がん治療レクチャー, 2011年
      • Boron neutron capture therapy (BNCT) for head and neck tumor
        M. Suzuki
        Japanese Journal of Head and Neck Cancer, 2011年, 査読有り
      • Tumor growth suppression by gadolinium neutron capture therapy with arterial administration of gadoteridol-entrapped water-in-oil-in-water emulsion as novel gadolinium carrier in VX-2 rabbit hepatic cancer model
        H.Yanagie; S.Higashi; I.Ikushima; R.Mizumachi; Y.Murata; Y.Morishita; A.Shinohara; K.Yokoyama; M.Fujiwara; N.Iyomoto; D.Novriana; Y.Sakurai; K.Mouri; H.Sugiyama; R.Nishimura; M.Yanagawa; T.Iizuka; Y.Sakurai; M.Suzuki; K.Ono; J.Nakajima; M.Ono; M.Eriguchi; H.Takahashi
        KURRI Progress Report, 2011年
      • Clinical study of boron neutron capture therapy for oral cancer
        Y.Ariyoshi; M.Shimahara; Y.Kimura; Y.Ito; T.Shimahara; S.Miyatake; K.Ono; M.Suzuki; A.Maruhashi; Y.Sakurai; H.Tanaka
        KURRI Progress Report, 2011年
      • Development of BNCT for clear cell sarcoma
        T.Fujimato; T.Andoh; Y.Sakurai; S.Kawabata; M.Suzuki; H.Ichikawa; K.Ono
        KURRI Progress Report, 2011年
      • Boron neutron capture therapy with novel boron compounds for pleural mesothelioma
        C.M.Lee; M.Sasai; M.Suzuki; Y.Sakurai
        KURRI Progress Report, 2011年
      • The Effect of Boron Neutron Capturetreatment Targeting Tumor Endohtelial Cells of Clinically Relevant Radioresistant Tumors.
        Yoshikazu Kuwahara; Motoi Fukumoto; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Manabu Fukumoto
        KURRI Progress Report., 2011年
      • ホウ素中性子捕獲反応の利用が拓く基礎放射線腫瘍学研究の新局面.
        小野 公二; Liu Yong; 鈴木 実; 福本 学; 桑原 義和; 澁谷 景子; 中村 浩之
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集., 2011年01月
      • Cationized gelatin-HVJ envelope with sodium borocaptate improved the BNCT efficacy for liver tumors in vivo
        Hitoshi Fujii; Akifumi Matsuyama; Hiroshi Komoda; Masao Sasai; Minoru Suzuki; Tomoyuki Asano; Yuichiro Doki; Mitsunori Kirihata; Koji Ono; Yasuhiko Tabata; Yasufumi Kaneda; Yoshiki Sawa; Chun Man Lee
        RADIATION ONCOLOGY, 2011年01月, 査読有り
      • Clinical Effectiveness of Boron Neutron Capture Therapy for a Recurrent Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumor in the Mediastinum
        Masayoshi Inoue; Chun Man Lee; Koji Ono; Minoru Suzuki; Toshiteru Tokunaga; Yoshiki Sawa; Meinoshin Okumura
        JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 2010年12月, 査読有り
      • An Alternative Mechanism for Radioprotection by Dimethyl Sulfoxide, Possible Facilitation of DNA Double-strand Break Repair
        Genro Kashino; Yong Liu; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Koji Ono; Keizo Tano; Masami Watanabe
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2010年11月, 査読有り
      • Evaluation of the Radiosensitivity of the Oxygenated Tumor Cell Fractions in Quiescent Cell Populations within Solid Tumors
        Shin-ichiro Masunaga; Hideko Nagasawa; Yong Liu; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Genro Kashino; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Koji Ono
        RADIATION RESEARCH, 2010年10月, 査読有り
      • A study on QA-phantom for Boron Neutron Capture Therapy
        Sakurai Y; Fujii T; Tanaka H; Suzuki M; Liu Y; Kashino G; Kinashi Y; Masunaga S; Ono K; Maruhashi A
        the 14th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2010年10月, 査読有り
      • A new procedure of accelerator-based BNCT at Kyoto University Research Reactor Institute (KURRI)
        Suzuki M; Tanaka H; Sakurai Y; Masunaga S; Kinashi Y; Liu Y; Maruhashi A; Ono K
        the 14th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2010年10月, 査読有り
      • Significance of manipulating tumour hypoxia and radiation dose rate in terms of local tumour response and lung metastatic potential, referring to the response of quiescent cell populations
        S. Masunaga; Y. Matsumoto; G. Kashino; R. Hirayama; Y. Liu; H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; Y. Kinashi; A. Maruhashi; K. Ono
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • The Response of Quiescent Tumor Cells to Fractionated Irradiation
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 菓子野元郎; 鈴木実; 田中浩基; LIU Y; 近藤夏子; 木梨友子; 平山亮一; 松本孔貴; 鵜澤玲子; 小池幸子; 安藤興一; 丸橋晃; 小野公二
        癌の臨床, 2010年06月
      • Influence of manipulating hypoxia in solid tumors on the radiation dose-rate effect in vivo, with reference to that in the quiescent cell population
        Shin-ichiro Masunaga; Ryoichi Hirayama; Akiko Uzawa; Genro Kashino; Takushi Takata; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Yong Liu; Sachiko Koike; Koichi Ando; Koji Ono
        JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 2010年02月, 査読有り
      • 休止期腫瘍細胞の挙動をも加味した腫瘍内酸素化状況の操作が及ぼす放射線照射後の肺転移への影響
        増永 慎一郎; 松本 孔貴; 平山 亮一; 菓子野 元郎; 田中 浩基; 鈴木 実; 木梨 友子; 劉 勇; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2010年02月, 査読有り
      • Usefulness of Hexamethylenetetramine as an Adjuvant to Radiation and Cisplatin in the Treatment of Solid Tumors: its Independency of p53 Status
        Shin-ichiro Masunaga; Keizo Tano; Jun Nakamura; Masami Watanabe; Genro Kashino; Akihisa Takahashi; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Ken Ohnishi; Yuko Kinashi; Yong Liu; Takeo Ohnishi; Koji Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2010年01月, 査読有り
      • Usefulness of Hexamethylenetetramine as an Adjuvant to Radiotherrpy and Cisplatin Treatment for Solid Tumors: its Independency of p53 Status.
        asunaga S; Tano K; Nakamura J; Watanabe M; Kashino G; Takahashi A; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Ohnishi K; Kinashi Y; Liu Y; Ohnishi T; Ono K
        KURRRI Progress Report 2009, 2010年
      • Performance Test of a Neutron Detector Using Side-Lighting Optical Fiber.
        Tanaka H; Sakurai Y; Horri J; Misawa T; Yagi T; Kawabata Y; Suzuki M; Masunaga S; Maruhashi A; Ono K
        KURRRI Progress Report 2009, 2010年
      • Manipulating Hypoxia in Solid Tumors Has the Potential to Influence Lung Metastases in vivo.
        Masunaga S; Matsumoto Y; Hirayama R; Kashino G; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kinashi Y; Liu Y; Ando K; Ono K
        KURRRI Progress Report 2009, 2010年
      • Influence of Manipulating Hypoxia in Solid Tumorrs on Radiation Dose-Rate Effect in vivo、 with Reference to That in Quiescent Tumor Cell Populatio
        S; Hirayama R; Uzawa A; Kashino G; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kinashi Y; Liu Y; Koike S; Ando K; Ono K
        KURRRI Progress Report 2009, 2010年
      • 加速器中性子源によるホウ素中性子捕捉療法の展望
        小野公二; 鈴木 実; 増永慎一郎; 劉 勇; 近藤夏子; 木梨友子; 菓子野元郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 丸橋 晃
        映像情報メディカル, 2010年
      • Influence of manipulating tumor hypoxia and radiation dose rate on lung metastasis in radiotherapy、 referring to the response of quiescent cell populations.
        Masunaga S; Matsumoto Y; Kashino G; Hirayama R; Liu Y; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Kinashi Y; Maruhashi A; Ono K
        Br J Radiol, 2010年, 査読有り
      • Adverse effect of mild temperature hyperthermia combined with hexamethylenetetramine compared to its effect combined with tirapazamine in the treatment of solid tumors
        Shin-Ichiro Masunaga; Keizo Tano; Jun Nakamura; Masami Watanabe; Genro Kashino; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Koji Ono
        EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 2010年01月, 査読有り
      • Ascorbic acid 2-glucocide reduces micronucleus induction in distant splenic T lymphocytes following head irradiation
        Yuko Kinashi; Hiroki Tanaka; Shinichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Genro Kashino; Liu Yong; Sentaro Takahashi; Koji Ono
        MUTATION RESEARCH-GENETIC TOXICOLOGY AND ENVIRONMENTAL MUTAGENESIS, 2010年01月, 査読有り
      • Development of a neutron flux monitor using a small scintillator coupled with quartz fiber for a Cyclotron-Based Boron Neutron Capture Therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Toshinori Mitsumoto; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Yong Liu; Yuji Kawabata; Takahiro Yagi; Tsuyoshi Misawa; Koji Ono; Akira Maruhashi
        IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, 2010年, 査読有り
      • Role of p53 mutation in the effect of boron neutron capture therapy on oral squamous cell carcinoma
        Yusei Fujita; Itsuro Kato; Soichi Iwai; Koji Ono; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Ken Ohnishi; Takeo Ohnishi; Yoshiaki Yura
        RADIATION ONCOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • gamma-ray Irradiation Enhanced Boron-10 Compound Accumulation in Murine Tumors
        Yong Liu; Kenji Nagata; Shin-ichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Akira Maruhashi; Koji Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2009年11月, 査読有り
      • Significance of manipulating intratumor hypoxia in the effect on lung metastases in radiotherapy, with reference to its effect on the sensitivity of intratumor quiescent cells
        Shin-ichiro Masunaga; Yoshitaka Matsumoto; Ryoichi Hirayama; Genro Kashino; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Yong Liu; Koichi Ando; Koji Ono
        CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS, 2009年10月, 査読有り
      • The effect of post-irradiation tumor oxygenation status on recovery from radiation-induced damage in vivo: with reference to that in quiescent cell populations
        Shin-ichiro Masunaga; Ryoichi Hirayama; Akiko Uzawa; Genro Kashino; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Yong Liu; Sachiko Koike; Koichi Ando; Koji Ono
        JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 2009年08月, 査読有り
      • Inhibition of Insulin-Like Growth Factor 1 Receptor by CP-751,871 Radiosensitizes Non-Small Cell Lung Cancer Cells
        Tsutomu Iwasa; Isamu Okamoto; Minoru Suzuki; Erina Hatashita; Yuki Yamada; Masahiro Fukuoka; Koji Ono; Kazuhiko Nakagawa
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2009年08月, 査読有り
      • 放射線治療の治療効果向上と副作用軽減を目指して 1.新しい放射線増感剤の基礎と臨床 放射線障害からの回復と腫瘍内の低酸素状況との関連性分析に基づく放射線増感の可能性について‐休止期腫瘍細胞に対する効果からの分析‐
        増永慎一郎; 菓子野元郎; 鈴木実; LIU Yong; 木梨友子; 永田憲司; 小野公二
        癌の臨床, 2009年07月10日, 査読有り
      • A feasibility study of the post-irradiation dose estimation with SPECT technique for BNCT
        Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; Y. Kinashi; S. Masunaga; A. Maruhashi; K. Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy for recurrent oral cancer and metastasis of cervical lymph node
        Y. Kimura; Y. Ariyoshi; M. Shimahara; S. Miyatake; S. Kawabata; K. Ono; M. Suzuki; A. Maruhashi
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • Improvement of dose distribution in phantom by using epithermal neutron source based on the Be(p,n) reaction using a 30 MeV proton cyclotron accelerator
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; T. Takata; S. Masunaga; Y. Kinashi; G. Kashino; Y. Liu; T. Mitsumoto; S. Yajima; H. Tsutsui; M. Takada; A. Maruhashi; K. Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • Impact of accelerator-based boron neutron capture therapy (AB-BNCT) on the treatment of multiple liver tumors and malignant pleural mesothelioma
        Minoru Suzuki; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Genro Kashino; Liu Yong; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Toshinori Mitsumoto; Satoru Yajima; Hiroshi Tsutsui; Takemi Sato; Akira Maruhashi; Koji Ono
        RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 2009年07月, 査読有り
      • Bystander effect-induced mutagenicity in HPRT locus of CHO cells following BNCT neutron irradiation: Characteristics of point mutations by sequence analysis
        Yuko Kinashi; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Koji Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • Survival benefit of boron neutron capture therapy for recurrent malignant gliomas
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Kunio Yokoyama; Toshihiko Kuroiwa; Hiroyuki Michiue; Yoshinori Sakurai; Hiroaki Kumada; Minoru Suzuki; Akira Maruhashi; Mitsunori Kirihata; Koji Onoc
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • Survival benefit from boron neutron capture therapy for the newly diagnosed glioblastoma patients
        Shinji Kawabata; Shin-Ichi Miyatake; Naosuke Nonoguchi; Ry. Hiramatsu; Kyoko Iida; Shiro Miyata; Kunio Yokoyama; Atsushi Doi; Yuzo Kuroda; Toshihiko Kuroiwa; Hiroyuki Michiue; Hiroaki Kumada; Mitsunori Kirihata; Yoshio Imahori; Akira Maruhashi; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga; Koji Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • Effectiveness of boron neutron capture therapy for recurrent head and neck malignancies
        Itsuro Kato; Yusei Fujita; Akira Maruhashi; Hiroaki Kumada; Masatoshi Ohmae; Mitsunori Kirihata; Yoshio Imahori; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakrai; Tetsuro Sumi; Soichi Iwai; Mitsuhiro Nakazawa; Isao Murata; Hiroyuki Miyamaru; Koji Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2009年07月, 査読有り
      • A Simple and Rapid Method for Measurement of B-10-para-Boronophenylalanine in the Blood for Boron Neutron Capture Therapy Using Fluorescence Spectrophotometry
        Genro Kashino; Satoshi Fukutani; Minoru Suzuki; Yong Liu; Kenji Nagata; Shin-Ichiro Masunaga; Akira Maruhashi; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Yuko Kinashi; Noriko Fujii; Kohi Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2009年07月, 査読有り
      • Characteristics comparison between a cyclotron-based neutron source and KUR-HWNIF for boron neutron capture therapy
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; S. Masunaga; Y. Kinashi; G. Kashino; Y. Liu; T. Mitsumoto; S. Yajima; H. Tsutsui; A. Maruhashi; K. Ono
        NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 2009年06月, 査読有り
      • 【重粒子線治療生物学の進展】休止期腫瘍細胞への効果も考慮するγ線照射と比べた重イオン線照射後の感受性及び回復現象の解析
        増永 慎一郎; 平山 亮一; 鵜澤 玲子; 小池 幸子; 松本 孔貴; 菓子野 元郎; 劉 勇; 鈴木 実; 木梨 友子; 安藤 興一; 古澤 佳也; 小野 公二
        放射線生物研究, 2009年06月
      • INDUCTION OF DNA DOUBLE-STRAND BREAKS AND CELLULAR MIGRATION THROUGH BYSTANDER EFFECTS IN CELLS IRRADIATED WITH THE SLIT-TYPE MICROPLANAR BEAM OF THE SPRING-8 SYNCHROTRON
        Genro Kashino; Takeshi Kondoh; Nobuteru Nariyama; Keiji Umetani; Takuji Ohigashi; Kunio Shinohara; Ai Kurihara; Manabu Fukumoto; Hiroki Tanaka; Akira Maruhashi; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Yong Liu; Shin-Ichiro Masunaga; Masami Watanabe; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2009年05月, 査読有り
      • Usefulness of hexamethylenetetramine in combination with chemotherapy using free and pegylated liposomal doxorubicin in vivo, referring to the effect on quiescent cells
        Shin-Ichiro Masunaga; Kenji Kono; Jun Nakamura; Keizo Tano; Hiroyuki Yoshida; Masami Watanabe; Genro Kashino; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Yong Liu; Koji Ono
        ONCOLOGY REPORTS, 2009年05月, 査読有り
      • Evaluation of the potential of hexamethylenetetramine, compared with tirapazamine, as a combined agent with gamma-irradiation and cisplatin treatment in vivo
        S. Masunaga; K. Tano; M. Watanabe; G. Kashino; M. Suzuki; Y. Kinashi; K. Ono; J. Nakamura
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2009年05月, 査読有り
      • INDUCTION OF DNA DOUBLE-STRAND BREAKS AND CELLULAR MIGRATION THROUGH BYSTANDER EFFECTS IN CELLS IRRADIATED WITH THE SLIT-TYPE MICROPLANAR BEAM OF THE SPRING-8 SYNCHROTRON
        Genro Kashino; Takeshi Kondoh; Nobuteru Nariyama; Keiji Umetani; Takuji Ohigashi; Kunio Shinohara; Ai Kurihara; Manabu Fukumoto; Hiroki Tanaka; Akira Maruhashi; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Yong Liu; Shin-Ichiro Masunaga; Masami Watanabe; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2009年05月, 査読有り
      • The effect of post-irradiation tumor oxygenation status on recovery from radiation-induced damage in vivo、 referring to that in quiescent cell population.
        Masunaga S; Hirayama R; Uzawa A; Kashino G; Suzuki M; Kinashi Y; Liu Y; Koike S; Ando K; Ono K
        KURRRI Progress Report 2008, 2009年
      • Hexamethylenetetramine as a combined agent with g-ray irradiation and cisplatin treatment in vivo、 compared with tirapazamine.
        Masunaga S; Tano K; Watanabe M; Kashino G; Suzuki M; Kinashi Y; Nakamura J; Ono K
        KURRRI Progress Report 2008, 2009年
      • A feasibility study on multi prompt-gamma-ray telescope system for BNCT.
        Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kashino G; Liu Y; Kinashi Y; Masunaga S; Ono K; Maruhashi A
        KURRRI Progress Report 2008, 2009年
      • The Usefulness of Hexamethylenetetramine in Combination with γ-ray Irradiation or Chemotherapeutic Agents.
        S.Masunaga; K.Tano; J. Nakamura; K.Kohno; M. Watanabe; M. Suzuki; G. Kashino; Y. Kinashi; Y. Liu; K. Ono
        Radiat Biol.Res.Commun, 2009年
      • Analysis of Radiosensitivity and Recovery from Radiation-induced Damage Following Heavy-ion Beam Irradiation Compared with γ-ray Irradiation.
        S.Masunaga; R. Hirayama; A. Uzawa; S. Koike; Y. Matsumoto; G. Kashino; Y. Liu; M.Suzuki; Y. Kinashi; K. Ando; Y. Furusawa; K. Ono
        Radiat Biol.Res.Commun, 2009年
      • BNCT: neutron dose evaluation using a Monte Carlo code
        F. Rossi; K. Ono; M. Suzuki; H. Tanaka; M. P. Morigi
        RADIATION EFFECTS AND DEFECTS IN SOLIDS, 2009年, 査読有り
      • Measurement of the thermal neutron distribution in a water phantom using a cyclotron based neutron source for boron neutron capture therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Toshinori Mitsumoto; Satoru Yajima; Hiroshi Tsutsui; Takemi Sato; Tomoyuki Asano; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Yong Liu; Koji Ono; Akira Maruhashi
        IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, 2009年, 査読有り
      • Survival benefit of Boron neutron capture therapy for recurrent malignant gliomas
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Kunio Yokoyama; Toshihiko Kuroiwa; Hiroyuki Michiue; Yoshinori Sakurai; Hiroaki Kumada; Minoru Suzuki; Akira Maruhashi; Mitsunori Kirihata; Koji Ono
        JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY, 2009年01月, 査読有り
      • Radiosensitizing Effect of YM155, a Novel Small-Molecule Survivin Suppressant, in Non-Small Cell Lung Cancer Cell Lines
        Tsutomu Iwasa; Isamu Okamoto; Minoru Suzuki; Takahito Nakahara; Kentaro Yamanaka; Erina Hatashita; Yuki Yamada; Masahiro Fukuoka; Koji Ono; Kazuhiko Nakagawa
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2008年10月, 査読有り
      • Treatment results of boron neutron capture therapy using intraarterial administration of boron compounds for recurrent head and neck cancer
        N. Fuwa; M. Suzuki; Y. Sakurai; K. Nagata; Y. Kinashi; S. Masunaga; A. Maruhashi; Y. Imahori; T. Kodaira; H. Tachibana; T. Nakamura; K. Ono
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2008年09月, 査読有り
      • A novel concept of treatment of diffuse or multiple pleural tumors by boron neutron capture therapy (BNCT)
        Minoru Suzuki; Kazuo Endo; Hiroaki Satoh; Yoshinori Sakurai; Hiroaki Kumada; Hiroyuki Kimura; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Kenji Nagata; Akira Maruhashi; Koji Ono
        RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 2008年08月, 査読有り
      • Effect of neutron capture therapy on the cell cycle of human squamous cell carcinoma cells
        Akitoshi Kamida; Yusei Fujita; Itsuro Kato; Soichi Iwai; Koji Ono; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakura; Yoshiaki Yura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION BIOLOGY, 2008年03月, 査読有り
      • Enhancement of the antitumor activity of ionising radiation by nimotuzumab, a humanised monoclonal antibody to the epidermal growth factor receptor, in non-small cell lung cancer cell lines of differing epidermal growth factor receptor status
        Y. Akashi; I. Okamoto; T. Iwasa; T. Yoshida; M. Suzuki; E. Hatashita; Y. Yamada; T. Satoh; M. Fukuoka; K. Ono; K. Nakagawa
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 2008年02月, 査読有り
      • Treatment outcomes and dose-volume histogram analysis of simultaneous integrated boost method for malignant gliomas using intensity-modulated radiotherapy
        Kiyoshi Nakamatsu; Minoru Suzuki; Yasumasa Nishimura; Shuichi Kanamori; Ryuta Koike; Toru Shibata; Naoya Shintani; Masahiko Okumura; Kaoru Okajima; Fumiharu Akai
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2008年02月, 査読有り
      • The response of intratumor quiescent cell populations in vivo to accelerated carbon ion beams compared with gamma-rays and reactor neutron beams.
        Masunaga S; Ando K; Uzawa A; Hirayama R; Furusawa Y; Koike S; Sakurai Y; Nagata K; Suzuki M; Kashino G; Kinashi Y; Tanaka H; Maruhashi A; Ono K
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • L-ascorbic acid 2-glicoside protected apoptosis induction of mouse splenocytes following total body irradiation.
        Kinashi Y; Tanaka H; Masunaga S; Suzuki M; Kashino G; Maruhashi A; Ono K
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • Estimation of activation for target volume in BNCT.
        Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kinashi Y; Masunaga S; Maruhashi A; Ono K
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • Dependency of repair of radiation-induced damage on p53 status and efficient inhibition of the repair with wortmannin treatment in vivo.
        Masunaga S; Takahashi A; Ohnishi K; Nagata K; Suzuki M; Kashino G; Kinashi Y; Ohnishi T; Ono K
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • Clinical studies on boron neutron capture therapy for recurrent head and neck malignancies.
        Kato I; Fujita Y; Ariyoshi Y; Hiratsuka J; Kumada H; Ohmae M; Nagata K; Suzuki M; Masunaga S; Nakazawa M; Iwai S; Maruhashi A; Imahori Y; Kirihata M; Ono K
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • ホウ素中性子捕捉療法後の抹消血リンパ球におけるマイクロヌクレウスの出現頻度の評価
        木梨友子; 櫻井良憲; 増永慎一郎; 鈴木 実; 永田憲司; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会誌, 2008年, 査読有り
      • Radiobiologic significance of response of intratumor quiescent cells in vivo to accelerated carbon ion beams compared with gamma-rays and reactor neutron beams
        Shin-Ichiro Masunaga; Koichi Ando; Akiko Uzawa; Ryoichi Hirayama; Yoshiya Furusawa; Sachiko Koike; Yoshinori Sakurai; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Hiroki Tanaka; Akira Maruhashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2008年01月, 査読有り
      • Dependency of repair of radiation-induced damage on p53 status and efficient inhibition of the repair with wortmannin treatment in vivo, with reference to the effect on intratumor quiescent cell population
        Shin-ichiro Masunaga; Akihisa Takahashi; Ken Ohnishi; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Takeo Ohnishi; Koji Ono
        ONCOLOGY REPORTS, 2007年12月, 査読有り
      • 癌放射線治療の新たなパラダイム : 硼素中性子捕捉療法(癌細胞選択的放射線治療)の現状と将来
        小野 公二; 鈴木 実; 菓子野 元郎; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 丸橋 晃; 櫻井 良憲; 宮武 伸一; 川端 信司; 平塚 純一; 粟飯原 輝人; 加藤 逸郎
        病院設備, 2007年11月20日
      • 【放射線治療 画像誘導放射線治療 IGRTを中心に】 硼素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy;BNCT)の現状と将来展望 癌細胞選択照射がもたらすWhole Organ Radiotherapyの可能性
        鈴木 実; 菓子野 元郎; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 丸橋 晃; 小野 公二
        映像情報Medical, 2007年11月
      • Inhibition of repair of radiation-induced damage by mild temperature hyperthermia, referring to the effect on quiescent cell populations
        Shin-Ichiro Masunaga; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Koji Ono
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 2007年10月, 査読有り
      • Boron neuron capture therapy using epithermal neutrons for recurrent cancer in the oral cavity and cervical lymph node metastasis
        Yasunori Ariyoshi; Shin-Ichi Miyatake; Yoshihiro Kimura; Takeshi Shimahara; Shinji Kawabata; Kenji Nagata; Minoru Suzukv; Akira Maruhash; Koji On; Masashi Shimahara
        ONCOLOGY REPORTS, 2007年10月, 査読有り
      • Effective suppression of bystander effects by DMSO treatment of irradiated CHO cells
        Genro Kashino; Kevin M. Prise; Keiji Suzuki; Naoki Matsuda; Seiji Kodama; Minoru Suzuki; Kenji Nagata; Yuko Kinashi; Shin-Ichiro Masunaga; Koji Ono; Masami Watanabe
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2007年07月, 査読有り
      • A bystander effect observed in boron neutron capture therapy: A study of the induction of mutations in the HPRT locus
        Yuko Kinashi; Shinichiro Masunaga; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Sentaro Takahashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2007年06月, 査読有り
      • The novel microtubule-interfering agent TZT-1027 enhances the anticancer effect of radiation in vitro and in vivo
        Y. Akashi; I. Okamoto; M. Suzuki; K. Tamura; T. Iwasa; S. Hisada; T. Satoh; K. Nakagawa; K. Ono; M. Fukuoka
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 2007年05月, 査読有り
      • Evaluation of micronucleus induction in lymphocytes of patients following boron-neutron-capture-therapy: A comparison with thyroid cancer patients treated with radioiodine
        Yuko Kinashi; Yoshinori Sakurai; Shinichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Kenji Nagata; Koji Ono
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2007年05月, 査読有り
      • First attempt of boron neutron capture therapy (BNCT) for hepatocellular carcinoma
        Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Satoru Hagiwara; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Kenji Nagata; Akira Maruhashi; Masatoshi Kudo; Koji Ono
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2007年05月, 査読有り
      • A preliminary experimental study of boron neutron capture therapy for malignant tumors spreading in thoracic cavity
        Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Kenji Nagata; Akira Maruhashi; Koji Ono
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2007年04月, 査読有り
      • Antiangiogenesis therapy using a novel angiogenesis inhibitor, anginex, following radiation causes tumor growth delay
        Morikazu Amano; Minoru Suzuki; Satoshi Andoh; Hajime Monzen; Kaoru Terai; Brent Williams; Chang W. Song; Kevin H. Mayo; Takeo Hasegawa; Ruud P. M. Dings; Robert J. Griffin
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2007年02月, 査読有り
      • The usefulness of mild temperature hyperthermai combined with continuous tirapazamine administration uder reduced dose-rate irradiation with gamma-rays
        Shin-Ichiro Masunaga; Hideko Nagasawa; Yoshihiro Uto; Hitoshi Hori; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HYPERTHERMIA, 2007年02月, 査読有り
      • Dependency of the effect of a vascular disrupting agent on sensitivity to tirapazamine and gamma-ray irradiation upon the timing of its administration and tumor size, with reference to the effect on intratumor quiescent cells
        Shin-ichiro Masunaga; Hideko Nagasawa; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Yoshihiro Uto; Hitoshi Hori; Yuko Kinashi; Koji Ono
        JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 2007年01月, 査読有り
      • Clinical study of boron neutron capture therapy.
        Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Nagata K; Maruhashi A; Sakurai Y; Fuwa N; Nakazawa M; Kato I; Fujita H; Araki M
        KURRI Progress Report 2006, 2007年
      • 硼素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy; BNCT)の現状と将来展望-癌細胞選択照射がもたらすWhole Organ Radiotherapyの可能性-
        鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 丸橋 晃; 小野公二
        映像情報Medical(A monthly Journal of Medical Imaging and Information), 2007年
      • 京大原子炉における加速器ベース中性子捕捉療法について
        田中浩基; 高田卓志; 鈴木実; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 櫻井良憲; 丸橋晃
        医学物理, 2007年
      • Current Status and Future of Boron Neutron Capture Therapy –;; Selective Irradiation to Cancer Cells and Possibility of Whole Organ Radiotherapy –;;
        M. Suzuki; G. Kashino; Y. Kinashi; S. Masunaga; Y. Sakurai; H. Tanaka; A. Maruhashi; K. Ono
        A Monthly Journal of Medical Imaging and Information, 2007年, 査読有り
      • Accelerator Based Neutron Capture Therapy at KURRI
        H. Tanaka; T. Takata; M. Suzuki; G. Kashino; Y. Kinashi; S. Masunaga; K. Ono; Y. Sakurai; A. Maruhashi
        Jap. J. Medical Physics, 2007年, 査読有り
      • Dose Estimation in Neutron Capture Therapy for Liver Tumors
        Y. Sakurai; M. Suzuki; A. Maruhashi; K. Nagata; S. Masunaga; Y. Kinashi; K. Ono
        WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6, 2007年, 査読有り
      • Analysis of inflammatory response to ionizing radiation in rat liver.
        Taisuke Baba; Yoshikazu Kuwahara; Minoru Suzuki; Manabu Fukumoto; Koji Ono
        KURRI Progress Report., 2007年
      • Early effects of boron neutron capture therapy on rat glioma models
        Nobuhiro Nakagawa; Fumiharu Akai; Norihito Fukawa; Yoshihiko Fujita; Minoru Suzuki; Koji Ono; Mamoru Taneda
        BRAIN TUMOR PATHOLOGY, 2007年, 査読有り
      • The usefulness of a continuous administration of tirapazamine combined with reduced dose-rate irradiation using gamma-rays or reactor thermal neutrons
        S. Masunaga; Y. Sakurai; K. Nagata; M. Suzuki; A. Maruhashi; Y. Kinashi; H. Nagasawa; Y. Uto; H. Hori; K. Ono
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2006年12月, 査読有り
      • The usefulness of a continuous administration of tirapazamine combined with reduced dose-rate irradiation using gamma-rays or reactor thermal neutrons
        S. Masunaga; Y. Sakurai; K. Nagata; M. Suzuki; A. Maruhashi; Y. Kinashi; H. Nagasawa; Y. Uto; H. Hori; K. Ono
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2006年12月, 査読有り
      • 新規抗がん剤TZT-1027の細胞周期に与える影響および放射線増感性についての検討
        明石雄策; 岡本勇; 鈴木実; 田村研治; 佐藤太郎; 中川和彦; 小野公二; 福岡正博
        近畿大学医学雑誌, 2006年12月, 査読有り
      • Feasibility of boron neutron capture therapy (BNCT) for malignant pleural mesothelioma from a viewpoint of dose distribution analysis
        Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Kenji Nagata; Akira Maruhashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2006年12月, 査読有り
      • Impact of intra-arterial administration of boron compounds on dose-volume histograms in boron neutron capture therapy for recurrent head-and-neck tumors
        Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Kenji Nagata; Yuko Kinashi; Shinichiro Masunaga; Koji Ono; Akira Maruhashi; Ituro Kato; Nobukazu Fuwa; Junichi Hiratsuka; Yoshio Imahori
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2006年12月, 査読有り
      • The potential of transferrin-pendant-type polyethyleneglycol liposomes encapsulating decahydrodecaborate-B-10 (GB-10) as B-10-carriers for boron neutron capture therapy
        Shin-Ichiro Masunaga; Satoshi Kasaoka; Kazuo Maruyama; David Nigg; Yoshinori Sakurai; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Akira Maruhashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2006年12月, 査読有り
      • The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with a newly developed hypoxia-oriented B-10 conjugate compound, TX-2100, for boron neutron capture therapy
        SI Masunaga; H Nagasawa; Y Sakurai; Y Uto; H Hori; K Nagata; M Suzuki; A Maruhashi; Y Kinashi; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HYPERTHERMIA, 2006年06月, 査読有り
      • Synergistic effects of radiation and β-lapachone in DU-145 human prostate cancer cells in vitro
        Minoru Suzuki; Morikazu Amano; Jihyung Choi; Heon Joo Park; Brent W. Williams; Koji Ono; Chang W. Song
        Radiation Research, 2006年05月, 査読有り
      • Analysis of interfractional set-up errors and intrafractional organ motions during IMRT for head and neck tumors to define an appropriate planning target volume (PTV)- and planning organs at risk volume (PRV)-margins
        M Suzuki; Y Nishimura; K Nakamatsu; M Okumura; H Hashiba; R Koike; S Kanamori; T Shibata
        RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 2006年03月, 査読有り
      • Evaluation of hypoxic cell radio-sensitizers in terms of radio-sensitizing and repair-inhibiting potential. dependency on p53 status of tumor cells and the effects on intratumor quiescent cells
        SI Masunaga; Y Uto; H Nagasawa; H Hori; K Nagata; M Suzuki; Y Kinashi; K Ono
        ANTICANCER RESEARCH, 2006年03月, 査読有り
      • Evaluation of hypoxia-specific cytotoxic bioreductive agent-sodium borocaptate- 10B conjugates as 10B-carriers in boron neutron capture therapy
        Shin-Ichiro Masunaga; Hideko Nagasawa; Keiko Gotoh; Yoshinori Sakurai; Yoshihiro Uto; Hitoshi Hori; Kenji Nagata; Minoru Suzuki; Akira Maruhashi; Yuko Kinashi; Koji Ono
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 2006年02月, 査読有り
      • The usefulness of continuous administration of hypoxic cytotoxin combined with mild temperature hyperthermia.
        Masunaga S; Nagasawa H; Uto Y; Hori H; Nagata K; Suzuki M; Kinashi Y; Ono K
        KURRI Progress Report 2005, 2006年
      • Studies on vascular damages generated by selective irradiation through 10B(n、a)7Li reaction.
        Ono K; Nagata K; Suzuki M; Kinashi Y; Masunaga S; Mariyama K; Kasaoka S
        KURRI Progress Report 2005, 2006年
      • Evaluation of total body radiation dose for cancer patients in BNCT.
        Kinashi Y; Sakurai Y; Masunaga S; Suzuki M; Nagata K; Ono K
        KURRI Progress Report 2005, 2006年
      • Dose estimation with gamma-ray telescope in BNCT for body-part tumors.
        Sakurai Y; Suzuki M; Maruhashi A; Nagata K; Masunaga S; Kinashi Y; Ono K
        KURRI Progress Report 2005, 2006年
      • Effect of the P53 gene status on the sensitivity of oral squamous cell carcinoma cells to boron neutron capture therapy
        Y. Fujita; A. Kamida; I. Kato; K. Ono; M. Suzuki; Y. Sakurai; S. Masunaga; Y. Yura
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • Ascorbic acid protected the mutation induction by the bystander effect of BNCT
        Y. Kinashi; Y. Sakurai; S. Masunaga; M. Suzuki; G. Kashino; A. Maruhashi; K. Ono
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • Boron Neutron Capture Therapy for Malignant Brain Tumors.
        S. Miyatake; K. Yokoyama; A. Doi; K. Iida; S. Miyata; S. Kawabata; Y. Kajimoto; T. Kuroiwa; T. Asano; M. Kirihata; Y. Sakurai; M. Suzuki; A. Maruhashi; K. Ono
        Stereotactic Radiation Treatement, 2006年, 査読有り
      • Effects of boron neutron capture therapy on human oral squamous cell carcinoma in a nude mouse model
        A Kamida; S Obayashi; Kato, I; K Ono; M Suzuki; K Nagata; Y Sakurai; Y Yura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION BIOLOGY, 2006年01月, 査読有り
      • Increase in tumor oxygenation and potentiation of radiation effects using pentoxifylline, vinpocetine and ticlopidine hydrochloride
        M Amano; H Monzen; M Suzuki; K Terai; S Andoh; A Tsumuraya; T Hasegawa
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2005年12月, 査読有り
      • Hyperfine fields of Sr and Y in ferromagnetic hosts, and magnetic moment of 93Y
        K. Nishimura; S. Ohya; T. Ohtsubo; T. Izumikawa; M. Sasaki; I. Sato; M. Suzuki; J. Goto; M. Tanigaki; A. Taniguchi; Y. Ohkubo; Y. Kawase; S. Muto
        Hyperfine Interactions, 2005年12月, 査読有り
      • Combination of the antivascular agent ZD6126 with hypoxic cytotoxin treatment, with reference to the effect on quiescent tumor cells and the dependency on p53 status of tumor cells
        SI Masunaga; H Nagasawa; Y Uto; H Hori; K Ohnishi; A Takahashi; T Ohnishi; M Suzuki; K Nagata; Y Kinashi; K Ono
        ONCOLOGY REPORTS, 2005年08月, 査読有り
      • Importance of the initial volume of parotid glands in xerostomia for patients with head and neck cancers treated with IMRT
        Y Nishimura; K Nakamatsu; T Shibata; S Kanamori; R Koike; M Okumura; M Suzuki
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2005年07月, 査読有り
      • The usefulness of continuous administration of hypoxic cytotoxin combined with mild temperature hyperthermia, with reference to effects on quiescent tumour cell populations
        S Masunaga; H Nagasawa; Y Uto; H Hori; M Suzuki; K Nagata; Y Kinashi; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HYPERTHERMIA, 2005年06月, 査読有り
      • 【第34回放射線による制癌シンポジウム 基礎と臨床との対話 我々は如何にしてClean Radiotherapyを確立するか】 腫瘍細胞選択的な線量(生物)の投与はどこまで可能か 細胞選択的照射を目指す硼素中性子捕捉療法とその問題点
        小野 公二; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 鈴木 実; 永田 憲司; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 宮武 伸一; 加藤 逸郎; 今堀 良男; 切畑 光統
        癌の臨床, 2005年06月
      • NK105, a paclitaxel-incorporating micellar nanoparticle formulation, can extend in vivo antitumour activity and reduce the neurotoxicity of paclitaxel
        T. Hamaguchi; Y. Matsumura; M. Suzuki; K. Shimizu; R. Goda; I. Nakamura; I. Nakatomi; M. Yokoyama; K. Kataoka; T. Kakizoe
        British Journal of Cancer, 2005年04月11日, 査読有り
      • Hypoxia-specific cytotoxic bioreductive agent-sodium borocaptate-10B conjugates as 10B-carriers for boron neutron capture therapy
        Masunaga S; Nagasawa H; Sakurai Y; Uto Y; Hori H; Nagata K; Suzuki M; Maruhashi A; Kinashi Y; Ono K
        KURRI Progress Report 2005, 2005年
      • Effects of boron neutron capture therapy on human oral squamous cell carcinoma in a nude mouse model: a histological study.
        Kamida A; Obayashi S; Kato I; Ono K; Suzuki M; Nagata K; Masunaga S; Sakurai Y; Maruhashi A; Yura Y
        KURRI Progress Report 2004, 2005年
      • Combination of the vascular targeting agent ZD6126 with boron neutron capture therapy、 referring to the effects on quiescent tumor cells.
        Masunaga S; Sakurai Y; Suzuki M; Nagata K; Maruhashi A; Kinashi Y; Ono K
        KURRI Progress Report 2004, 2005年
      • Are There Dose-Rate Effects on Cell Killing Following Irradiation by Intensity Modulated Radiotherapy (IMRT)
        M. Suzuki; K. Nakamatsu; S. Kanamori; Y. Nishimura
        Austral-Asian J. Cancer, 2005年
      • Are There Dose-Rate Effects on Cell Killing Following Irradiation by Intensity Modulated Radiotherapy (IMRT) ? Are There Dose-Rate Effects on Cell Killing Following Irradiation by Intensity Modulated Radiotherapy (IMRT) ?
        Suzuki M; Nakamatsu K; Kanamori S; Nishimura Y
        Austral-Asian Jouranl of Cancer;4(3):153-156, 2005年, 査読有り
      • Mitochondrial DNA deletions caused by different qualities of radiation.
        Manabu Fukumoto; Lu Wang; Yoshikazu Kuwahara; Taisuke Baba; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono
        KURRI Progress Report., 2005年
      • Comparison of outcomes between overlapping structure-based and non-overlapping structure-based optimization for simultaneous integrated boost IMRT for malignant gliomas
        Minoru Suzuki; Kiyoshi Nakamatsu; Shuichi Kanamori; Kaoru Okajima; Masahiko Okumura; Yasumasa Nishimura
        International Journal of Clinical Oncology, 2004年12月, 査読有り
      • Heavy charged particles produce a bystander effect via cell-cell junctions.
        Suzuki M; Tsuruoka C
        Uchu Seibutsu Kagaku, 2004年12月, 査読有り
      • Combination of the vascular targeting agent ZD6126 with boron neutron capture therapy
        SI Masunaga; Y Sakurai; M Suzuki; K Nagata; A Maruhashi; Y Kinash; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2004年11月, 査読有り
      • The usefulness of 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-B-10 conjugates as B-10-carriers in boron neutron capture therapy
        S Masunaga; H Nagasawa; M Hiraoka; Y Sakurai; Y Uto; H Hori; K Nagata; M Suzuki; A Maruhashi; Y Kinashi; K Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2004年11月, 査読有り
      • Ascorbic acid reduced mutagenicity at the HPRT locus in CHO cells against thermal neutron radiation
        Y Kinashi; Y Sakurai; S Masunaga; M Suzuki; K Nagata; K Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2004年11月, 査読有り
      • Biodistribution of B-10 in a rat liver tumor model following intra-arterial administration of sodium borocaptate (BSH) degradable starch microspheres (DSM) emulsion
        M Suzuki; K Nagata; S Masunaga; Y Kinashi; Y Sakurai; A Maruhashi; K Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2004年11月, 査読有り
      • Combination of the vascular targeting agent ZD6126 with boron neutron capture therapy
        SI Masunaga; Y Sakurai; M Suzuki; K Nagata; A Maruhashi; Y Kinash; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2004年11月, 査読有り
      • Effects of mild temperature hyperthermia and p53 status on the size of hypoxic fractions in solid tumors, with reference to the effect in intratumor quiescent cell populations
        SI Masunaga; A Takahashi; K Ohnishi; T Ohnishi; K Nagata; M Suzuki; Y Kinashi; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2004年10月, 査読有り
      • Hyperfine Anomaly Study by NMR-ON Method
        T. Ohtsubo; S. Ohya; M. Sasaki; K. Nishimura; I. Sato; M. Suzuki; T. Izumikawa; J. Goto; M. Tanigaki; A. Taniguchi; Y. Ohkubo; Y. Kawase; S. Muto
        KURRI Progress Report, 2004年09月
      • Applicability of the 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-B-10 conjugate, TX-2060, as a B-10-carrier in boron neutron capture therapy
        SI Masunaga; H Nagasawa; M Hiraoka; Y Sakurai; Y Uto; H Hori; K Nagata; M Suzuki; A Maruhashi; Y Kinashi; K Ono
        ANTICANCER RESEARCH, 2004年09月, 査読有り
      • Delivery of (10)boron to oral squamous cell carcinoma using boronophenylalanine and borocaptate sodium for boron neutron capture therapy
        S Obayashi; Kato, I; K Ono; SI Masunaga; M Suzuki; K Nagata; Y Sakurai; Y Yura
        ORAL ONCOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Intra-arterial administration of sodium borocaptate (BSH)/lipiodol emulsion delivers B-10 to liver tumors highly selectively for boron neutron capture therapy: Experimental studies in the rat liver model
        M Suzuki; S Masunaga; Y Kinashi; K Nagata; Y Sakurai; K Nakamatsu; Y Nishimura; A Maruhashi; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2004年05月, 査読有り
      • Dosimetric study of boron neutron capture therapy with borocaptate sodium (BSH)/lipiodol emulsion (BSH/lipiodol-BNCT) for treatment of multiple liver tumors
        M Suzuki; Y Sakurai; S Masunaga; Y Kinashi; K Nagata; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2004年03月, 査読有り
      • Effects of mild temperature hyperthermia and p53 status on the size of hypoxic fractions in solid tumors、 referring to the effect on quiescent cells.
        Masunaga S; Takahashi A; Ohnishi T; Ohnishi K; Nagata K; Suzuki M; Kinashi Y; Ono K
        KURRI Progress Report 2003, 2004年
      • \nHyperfine Anomaly Study by NMR-ON Method
        T. Ohtsubo; S. Ohya; M. Sasaki; K. Nishimura; I. Sato; M. Suzuki; T. Izumikawa; J. Goto; M. Tanigaki; A. Taniguchi; Y. Ohkubo; Y. Kawase; S. Muto
        KURRI Prog. Rep. 2003, 2004年
      • Ascorbic acid reduced mutagenicity at the HPRT locus in CHO cells against thermal neutron radiation\n\n\nAscorbic acid reduced mutagenicity at the HPRT locus in CHO cells against thermal neutron radiation
        Y. Kinashi; S. Masunaga; M. Suzuki; K. Nagata; K. Ono
        KURRI Progress Report, 2004年
      • Applicability of 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-10B conjugate、 TX-2041、 as a 10B-carier in boron neutron capture therapy
        S. Masunaga; H. Nagasawa; M. Hiraoka; Y. Sakurai; Y. Uto; H. Hori; K. Nagata; M. Suzuki; A. Maruhashi; Y. Kinashi; K. Ono
        KURRI Progress Report, 2004年
      • Erythropoietin/Erythropoietin-receptor system as an angiogenic factor in chemically induced murine hepatic tumors
        K. Nakamatsu; Y. Nishimura; M. Suzuki; S. Kanamori; O. Maenishi; Y. Yasuda
        International Journal of Clinical Oncology, 2004年, 査読有り
      • Analysis of down-regulated gene expressions in the mouse liver after exposure to different quality of radiation
        M. Fukumoto; L. Li; T. Baba; Y. Kuwahara; Y. Sakurai; M. Suzuki; K. Ono
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • Treatment of H & N cancers by BNCT combined with intra-arterial infusion of BPA
        K. Ono; N. Fuwa; S. Masunaga; K. Nagata; M. Suzuki; Y. Kinashi; M. Ikeda; Y. Sakurai; A. Maruhashi; Y. Imahori
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • Dual gamma-ray telescope system for neutron capture therapy
        Y. Sakurai; M. Suzuki; A. Maruhashi; K. Nagata; S. Masunaga; K. Ono
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • Hyperfine Interact
        K. Nishimura; S. Ohya; T. Ohtsubo; T. Izumikawa; M. Sasaki; I. Sato; M. Suzuki; J. Goto; M. Tanigaki
        Hyperfine Interact, 2004年
      • Simultaneous Integrated Boost (SIB) 法を用いた悪性神経膠腫に対するIMRT
        中松 清志; 西村 恭昌; 鈴木 実
        癌の臨床, 2004年
      • 【第32回放射線による制癌シンポジウム 新しい放射線治療戦略に向けて 近未来の臨床放射線生物学の展望】 領域選択的照射から細胞選択的照射へ 硼素中性子捕捉療法(BNCT)による挑戦
        小野 公二; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 鈴木 実; 永田 憲司; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 宮武 伸一; 加藤 逸郎; 今堀 良男; 切畑 光統
        癌の臨床, 2004年01月
      • 熱中性子照射におけるDNA-PKcs阻害剤の生物学的効果
        木梨 友子; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 永田 憲司; 小野 公二; キナシ ユウコ; マスナガ シンイチロウ; スズキ ミノル; ナガタ ケンジ; オノ コウジ; Kinashi Yuko; Masunaga Shinichiro; Suzuki Minoru; Nagata Kenji; Ono Koji
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年09月25日, 査読有り
      • The biological effect of the phosphatidylinositol 3-kinase wortmannin following thermal neutron irradiation
        Kinashi Yuko; Masunaga Shinichiro; Suzuki Minoru; Nagata And Kenji; Ono Koji
        Nippon Acta Radiologica, 2003年08月25日, 査読有り
      • Concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-FU and cisplatin for postoperative recurrent or residual esophageal cancer
        Y Nishimura; R Koike; K Nakamatsu; S Kanamori; M Suzuki; H Shigeoka; H Shiozaki
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2003年07月, 査読有り
      • Phase I study of weekly docetaxel infusion and concurrent radiation therapy for head and neck cancer
        M Suzuki; Y Nishimura; K Nakamatsu; S Kanamori; R Koike; M Kawamoto; K Mori
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2003年06月, 査読有り
      • Feasibility study of the simultaneous integrated boost (SIB) method for malignant gliomas using intensity-modulated radiotherapy (IMRT)
        M Suzuki; K Nakamatsu; S Kanamori; M Okumra; T Uchiyama; F Akai; Y Nishimura
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2003年06月, 査読有り
      • Additive effects of radiation and docetaxel on murine SCCVII tumors in vivo: Special reference to changes in the cell cycle
        M Suzuki; K Nakamatsu; S Kanamori; SI Masunaga; Y Nishimura
        RADIATION RESEARCH, 2003年06月, 査読有り
      • Radiological Findings in Total Colon Aganglionosis and Allied Disorders
        Katsumi Hayakawa; Yasuyo Hamanaka; Minoru Suzuki; Masashi Nakatsu; Kazumasa Nishimura; Mitsuru Tanaka; Eiji Yamamoto; Sumio Mukaihara; Makoto Hojo; Tsugiko Shimizu; Kosho Takasu; Takashi Shimotake
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 2003年05月, 査読有り
      • Effects of p53 Status and Wortmannin Treatment on Potentially Lethal Damage Repair, with Emphasis on the Response of Intratumor Quiescent Cells
        Shin-Ichiro Masunaga; Akihisa Takahashi; Ken Ohnishi; Takeo Ohnishi; Minoru Suzuki; Kenji Nagata; Yuko Kinashi; Koji Ono
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 2003年05月, 査読有り
      • Usefulness of combined treatment with mild temperature hyperthermia and/or tirapazamine in the treatment of solid tumors: its independence of p53 status
        S Masunaga; K Ono; A Takahashi; K Ohnishi; T Ohnishi; M Suzuki; K Nagata; Y Kinashi; H Nagasawa; Y Uto; H Hori
        CANCER SCIENCE, 2003年01月, 査読有り
      • Selective Irradiation to the Blood Vessels−Second Report−
        K. Ono; Y Sakurai; S Masunaga; Y Kinashi; M Suzuki; K Nagata; A Maruhashi; S Kasaoka; K Maruyama
        KURRI Progress Report, 2003年
      • Biological dose estimation of cancer patients in BNCT by lymphocyte assay
        Y. Kinashi; S. Masunaga; M. Suzuki; K. Nagata; K. Ono
        KUR-Progress Report 2002, 2003年
      • 木梨友子、増永慎一郎、鈴木 実、永田憲司。小野公二
        木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 永田憲司; 小野公二
        日本医学放射線学会誌\n, 2003年
      • 領域選択的照射から細胞選択的照射へー硼素中性子捕捉療法(BNCT)による挑戦?
        小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 鈴木実; 永田憲司; 櫻井良憲; 丸橋晃; 宮武伸一; 加藤逸郎; 今堀良夫; 切畑光統
        癌の臨床\n, 2003年
      • 癌のホウ素中性子捕捉療法?捕獲反応α粒子による細胞選択的放射線治療?
        小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 鈴木実; 永田憲司; 櫻井良憲; 丸橋晃; 宮武伸一; 加藤逸郎; 今堀良夫; 切畑光統
        遺伝子医学\n, 2003年
      • Microarray analysis of radiation-induced gene expressions in the mouse liver
        M. Fukumoto; D. Ogino; K.L. Li; T. Shimizu; Y. Sakurai; M. Suzuki; K. Ono
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • Clinical experience of boron neutron capture therapy for fibrosarcoma
        K. Ono; S. Masunaga; K. Nagata; M. Suzuki; Y. Kinashi; M. Ikeda; Y. Sakurai; A. Maruhashi; Y. Imahori
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • Quality assurance in IMRT (intensity modulated radiation therapy) at Kinki University
        M. Okumura; Y. Nishimura; H. Hashiba; M. Suzuki; M. Sumita; Y. Murano
        Journal of JASTRO, 2003年, 査読有り
      • Usefulness of combined treatment with mild hyperthermia and/or tirapazamine in the treatment of solid tumors consisting of mutated p53 status cells
        Masunaga S; Ono K; Takahashi A; Ohnishi K; Ohnishi T; Suzuki M; Nagata K; Kinashi Y; Nagasawa H; Uto Y; Hori H
        Int J Radiat Oncol Biol Phys\n, 2003年, 査読有り
      • From Regionally Selective Radiotherapy to Cellular Selective Radiotherapy - Challenge by Boron Neutron Capture Therapy
        K. Ono; S. Masunaga; Y. Kinashi; M. Suzuki; K. Nagata; Y. Sakurai; A. Maruhashi; S. Miyatake; I. Kato; Y. Imahori; M. Kirihata
        Jpn. J. Cancer Clin.、, 2003年
      • Effects of inhomogeneity correction algorithms on monitor units calculation: Analysis of clinical cases of lung cancer
        M. Suzuki; M. Okumura; K. Nakamatsu; S. Kanamori; Y. Nishimura
        Journal of JASTRO, 2003年, 査読有り
      • IMRT(intensity modulated radiation therapy)の理想と現状
        西村 恭昌; 鈴木 実; 中松 清志; 奥村 雅彦
        Radiology Frontier Radiology Frontier, 2003年01月
      • Potential of alpha-amino alcohol p-boronophenylalaninol as a boron carrier in boron neutron capture therapy, regarding its enantiomers
        S Masunaga; K Ono; M Kirihata; M Takagaki; Y Sakurai; Y Kinashi; T Kobayashi; M Suzuki; K Nagata; H Nagasawa; Y Uto; H Hori
        JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 2003年01月, 査読有り
      • Prospective trial of concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-fluorouracil and cisplatin for T4 esophageal cancer with or without fistula
        Y Nishimura; M Suzuki; K Nakamatsu; S Kanamori; Y Yagyu; H Shigeoka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2002年05月, 査読有り
      • Radiobiological significance of apoptosis and micronucleation in intratumor quiescent cells following gamma-ray irradiatio
        Masunaga S; Ono K; Suzuki M; Kinashi Y; Takagaki M
        KURRI Progress Report 2001, 2002年
      • Apoptosis and micronucleation induced by reactor neutron beams in total and quiescent cell populations within solid tumors.
        Masunaga S; Ono K; Sakurai Y; Takagaki M; Kobayashi T; Kinashi Y; Suzuki M
        KURRI Progress Report 2001, 2002年
      • Evaluation of apoptosis and micronucleation induced by reactor neutron beams with two different cadmium ratios in total and quiescent cell populations within solid tumors
        S Masunaga; K Ono; Y Sakurai; M Takagaki; T Kobayashi; Y Kinashi; M Suzuki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2001年11月, 査読有り
      • Radiosensitization effect by combination with paclitaxel in vivo, including the effect on intratumor quiescent cells
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Nishimura; Y Kinashi; M Takagaki; H Hori; H Nagasawa; Y Uto; Tsuchiya, I; S Sadahiro; C Murayama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2001年07月, 査読有り
      • Radiobiologic significance of apoptosis and micronucleation in quiescent cells within solid tumors following gamma-ray irradiation
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2001年04月, 査読有り
      • Development of Polished Glassy Carbon Mirror for VCN Extraction
        Y.Kawabata; M.Hino; H.Unesaki; S.Tasaki; M.Suzuki; A.Wakata
        Activity report on Neutron scattering research、 NSL-ISSP Univ. of Tokyo、, 2001年
      • Behaviors of cells in different proliferative states within solid tumors in boron and gadolinium neutron capture therapy when irradiated with two different cadmium ratio neutrons
        S Masunaga; K Ono; Y Sakurai; M Suzuki; M Takagaki; T Kobayashi; Y Kinashi; M Akaboshi
        FRONTIERS IN NEUTRON CAPTURE THERAPY, VOLS 1 AND 2, 2001年, 査読有り
      • 多分割照射法にて長期生存が得られた術後局所再発癌の一例
        中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌; 原 聡; 鈴木 実
        肺癌の臨床, 2001年
      • The effects of boron neutron capture therapy on liver tumors and normal hepatocytes in mice
        M Suzuki; S Masunaga; Y Kinashi; M Takagaki; Y Sakurai; T Kobayashi; K Ono
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 2000年10月, 査読有り
      • Change in oxygenation status in intratumour total and quiescent cells following gamma-ray irradiation, tirapazamine administration, cisplatin injection and bleomycin treatment
        S Masunaga; K Ono; H Hori; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; S Kasai; H Nagasawa; Y Uto
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2000年09月, 査読有り
      • Molecular structural analysis of HPRT mutations induced by thermal and epithermal neutrons in Chinese hamster ovary cells
        Y Kinashi; Y Sakurai; S Masunaga; M Suzuki; M Takagaki; M Akaboshi; K Ono
        RADIATION RESEARCH, 2000年09月, 査読有り
      • The combined effect of electroporation and borocaptate in boron neutron capture therapy for murine solid tumors
        K Ono; Y Kinashi; M Suzuki; M Takagaki; S Masunaga
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 2000年08月, 査読有り
      • Dimethyl sulfoxide protects against thermal and epithermal neutron-induced cell death and mutagenesis of Chinese hamster ovary (CHO) cells
        Y Kinashi; Y Sakurai; S Masunaga; M Suzuki; M Akaboshi; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2000年07月, 査読有り
      • Changes in the sensitivity of intratumor cells during fractionated tirapazamine administration
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; S Kasai; H Nagasawa; Y Uto; H Hori
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 2000年07月, 査読有り
      • Combined effects of tirapazamine and mild hyperthermia on anti-angiogenic agent (TNP-470) treated tumors - Reference to the effect on intratumor quiescent cells
        S Masunaga; K Ono; Y Nishimura; S Kanamori; T Saga; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; S Kasal; D Eng; H Nagasawa; Y Uto; H Hori
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2000年06月, 査読有り
      • Usefulness of tirapazamine as a combined agent in chemoradiation and thermo-chemoradiation therapy at mild temperatures: Reference to the effect on intratumor quiescent cells
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; H Hori; S Kasai; H Nagasawa; Y Uto
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 2000年05月, 査読有り
      • 【第29回放射線による制癌シンポジウム 21世紀に向けての放射線治療:基礎に望むもの,臨床に期待するもの】 重粒子線治療に望むもの 中性子線治療
        小野 公二; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 高垣 政雄; 鈴木 実
        癌の臨床, 2000年04月
      • Alteration of sensitivity of intratumor quiescent and total cells to gamma-rays following thermal neutron irradiation with or without B-10-compound
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Sakurai; T Kobayashi; M Takagaki; Y Kinashi; M Akaboshi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2000年02月, 査読有り
      • Development of Carbon Mirror Used in High Irradiation Field
        Y.Kawabata; M.Hino; H.Unesaki; M.Suzuki; A.Wakata
        KURRI Progress Report, 2000年
      • Repair of potentially lethal damage by total and quiescent cells in solid tumors following a neutron capture reaction
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Sakurai; M Takagaki; T Kobayashi; Y Kinashi; M Akaboshi
        JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Reoxygenation in quiescent and total intratumor cells following thermal neutron irradiation with or without 10B-compound - Compared with that after γ-ray irradiation
        Shin-Ichiro Masunaga; Koji Ono; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Tooru Kobayashi; Masao Takagaki; Yuko Kinashi; Mitsuhiko Akaboshi
        International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 1999年05月, 査読有り
      • BNCTによる悪性神経膠腫の治療成績
        小野 公二; 増永 慎一郎; 高垣 政雄; 木梨 友子; 鈴木 実
        臨床放射線, 1999年02月
      • Intussusception: The role of general anesthesia during hydrostatic barium reduction
        M. Suzuki; K. Hayakawa; K. Nishimura; M. Koide; S. Tateishi; E. Yamamoto; S. Mukaihara; S. Morikawa
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 1999年, 査読有り
      • The combined effect of boronophenylalanine and borocaptate in boron neutron capture therapy for SCCVII tumors in mice
        K Ono; S Masunaga; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; M Akaboshi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 1999年01月, 査読有り
      • Modification of tirapazamine-induced cytotoxicity in combination with mild hyperthermia and/or nicotinamide: reference to effect on quiescent tumour cells
        S Masunaga; K Ono; H Hori; Y Kinashi; M Suzuki; M Takagaki; S Kasai; H Nagasawa; Y Uto
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HYPERTHERMIA, 1999年01月, 査読有り
      • Reoxygenation in Intratumor Quiescent and Total Cells Following Thermal Neutron Irradiation with or without 10B-Compound.
        Masunaga S; Ono K; Suzuki M; Sakurai Y; Kobayashi T; Takagaki M; Kinashi Y; Akaboshi M
        KURRI Progress Report 1999, 1999年
      • Potentially Lethal Damage Repair by Total and Quiescent Tumor Cells Following Gamma-rays、 Ciaplatin or Tirapazamine Treatment.
        Masunaga S; Ono K; Hori H; Suzuki M; Kinashi Y; Takagaki M; Kasai S; Nagasawa H; Uto Y
        KURRI Progress Report 1999, 1999年
      • Production and neutron reflectivity of replica supermirrors
        Y.Kawabata; M.Suzuki; S.Tasaki; K.Somemiya
        Activity report on Neutron scattering research、 NSL-ISSP Univ. of Tokyo, 1999年
      • Potentially lethal damage repair by total and quiescent tumor cells following various DNA-damaging treatments
        S. I. Masunaga; K. Ono; H. Hori; M. Suzuki; Y. Kinashi; M. Takagaki; S. Kasai; H. Nagasawa; Y. Uto
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 1999年, 査読有り
      • Effect of electroporation on cell killing by boron neutron capture therapy using borocaptate sodium (B-10-BSH)
        K Ono; Y Kinashi; S Masunaga; M Suzuki; M Takagaki
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1998年12月, 査読有り
      • Electroporation increases the effect of borocaptate (10B-BSH) in neutron capture therapy
        Koji Ono; Yuko Kinashi; Shin-Ichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Masao Takagaki
        International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 1998年11月01日, 査読有り
      • Response of quiescent and total tumor cells in solid tumors to neutrons with various cadmium ratios
        S Masunaga; K Ono; Y Sakurai; M Takagaki; T Kobayashi; M Suzuki; Y Kinashi; M Akaboshi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 1998年07月, 査読有り
      • Applicability of combination with tirapazamine in boron neutron capture therapy
        S Masunaga; K Ono; Y Sakurai; H Hori; T Kobayashi; M Takagaki; M Suzuki; Y Kinashi; M Akaboshi
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1998年07月, 査読有り
      • Hyperthermia enhances thermal-neutron-induced cell death of human glioblastoma cell lines at low concentrations of B-10
        Y Kinashi; SI Masunaga; M Suzuki; K Ono; T Ohnishi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 1998年03月, 査読有り
      • Effects of boron neutron capture therapy using borocaptate sodium in combination with a tumor-selective vasoactive agent in mice
        K Ono; S Masunaga; Y Kinashi; M Takagaki; M Akaboshi; M Suzuki; H Baba
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1998年03月, 査読有り
      • 195mPt‐CDDPを用いた癌遺伝子導入SHOK細胞のシスプラチン耐性の解析
        木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木実; 小野公二; 赤星光彦; 渡辺正巳
        癌の臨床, 1998年02月
      • 【放射線制癌における基礎的・前臨床的研究の寄与と展望】 癌放射線治療における正常組織反応 正常肝細胞におけるBSHとBPAの硼素中性子捕足反応の差異について
        鈴木 実; 増永 慎一郎; 木梨 友子
        癌の臨床, 1998年02月
      • Protective effect of dimethyl sulfoxide on cell killing and mutation in CHO irradiated by thermal and epi-thermal neitrons.
        Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M; Masunaga S; Ono K
        KURRI Progress Report 1998, 1998年
      • Modification of cytotoxicity by tirapazamine in combination with mild hyperthermia and/or nicotinamide.
        Masunaga S; Ono K; Hori H; Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M; Kasai S; Nagasawa H
        KURRI Progress Report 1998, 1998年
      • Enhancement of cisplatin sensitivity of quiescent cells in solid tumors by combined treatment with tirapazamine and low-temperature hyperthermia
        S. I. Masunaga; K. Ono; H. Hori; M. Akaboshi; K. I. Kawai; M. Suzuki; Y. Kinashi; S. Kasai; H. Nagasawa; Y. Uto
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 1998年, 査読有り
      • 2回分割X線照射による固形腫瘍内静止期細胞の放射線感受性の 変化より推定された腫瘍内Recruitmentの存在
        増永慎一郎; 小野公二; 木梨友子; 鈴木実; 赤星光彦
        癌の臨床, 1998年
      • Responses of total and quiescent cell populations in solid tumors to boron and gadolinium neutron capture reaction using neutrons with two different energy spectra
        S Masunaga; K Ono; Y Sakurai; M Suzuki; M Takagaki; T Kobayashi; Y Kinashi; M Akaboshi
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1998年01月, 査読有り
      • Effects of bioreductive agents, tirapazamine and mitomycin C, on quiescent cell populations in solid tumors, evaluated by micronucleus assay
        S Masunaga; K Ono; H Hori; T Shibata; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; M Akaboshi
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1997年09月, 査読有り
      • Augmentation in chemosensitivity of intratumor quiescent cells by combined treatment with nicotinamide and mild hyperthermia
        S Masunaga; K Ono; M Akaboshi; K Kawai; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1997年08月, 査読有り
      • Alteration in the hypoxic fraction of quiescent cell populations by hyperthermia at mild temperatures
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; M Akaboshi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HYPERTHERMIA, 1997年07月, 査読有り
      • Modification of the response of a quiescent cell population within a murine solid tumour to boron neutron capture irradiation: Studies with nicotinamide and hyperthermia
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; M Takagaki; Y Sakurai; T Kobayashi; K Akuta; M Akaboshi; Y Kinashi; M Abe
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 1997年04月, 査読有り
      • Various manifestations of early and minimally advanced gastric cancer in gastrointestinal series (GIS)
        H. Saitoh; Y. Okuno; M. Suzuki; K. Takasu; Y. C. Kim; S. Mukaihara; M. Kataoka; K. Hayakawa; K. Nishimura
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 1997年, 査読有り
      • The combined effect of electroporation and borocaptate in boron neutron capture therapy for murine solid tumors.
        Ono K; Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M; Masunaga S
        KURRI Progress Report 1997, 1997年
      • Sensitivity of intratumor total and quiescent cells to boron and gadolinium neutron capture reaction using neutrons with two different energy spectra.
        Masunaga S; Ono K; Sakurai Y; Suzuki M; Takagaki M; Kobayashi T; Kinashi Y; Akaboshi M
        KURRI Progress Report 1997, 1997年
      • Determination and drug modification assessed by micronucleus frequency assay of potentially lethal damage repair in quiescent cell populations within murine solid tumors
        S. I. Masunaga; K. Ono; M. Akaboshi; M. Takagaki; Y. Kinashi; M. Suzuki; M. Abe
        Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology, 1997年, 査読有り
      • Reduction of hypoxic cells in solid tumours induced by mild hyperthermia: Special reference to differences in changes in the hypoxic fraction between total and quiescent cell populations
        S Masunaga; K Ono; M Akaboshi; Y Nishimura; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki; M Hiraoka; M Abe
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 1997年, 査読有り
      • Evaluation and modification of response of quiescent cell population within murine solid tumors to thermal neutrons
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; M Takagaki; Y Sakurai; T Kobayashi; K Akuta; M Akaboshi; Y Kinashi; M Abe
        ADVANCES IN NEUTRON CAPTURE THERAPY, VOLS I AND II, 1997年, 査読有り
      • Borotrimethylglycylphenylalanine as a potential boron carrier for boron neutron capture therapy on malignant brain tumors: a study on human glioma cell line
        M Takagaki; K Ono; S Masunaga; Y Kinashi; M Suzuki; W Powell; A Sood; BF Spielvogel
        ADVANCES IN NEUTRON CAPTURE THERAPY, VOLS I AND II, 1997年, 査読有り
      • Evaluation of damage of hepatocytes in mice following experimental BNCT by micronucleus assay
        M Suzuki; K Ono; S Masunaga; Y Kinashi; M Takagaki; T Kobayashi
        ADVANCES IN NEUTRON CAPTURE THERAPY, VOLS I AND II, 1997年, 査読有り
      • マイクロコンピューター支援による高精度コロニーアッセイ法を用いたSCCVII腫瘍に対する低酸素細胞増感剤の効果の検討
        小野 公二; 芥田 敬三; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 鈴木 実
        日本醫學放射線學會雜誌, 1996年12月01日, 査読有り
      • An attempt to enhance chemosensitivity of quiescent cell populations in solid tumors by combined treatment with nicotinamide and carbogen
        S Masunaga; K Ono; M Akaboshi; K Kawai; K Akuta; M Takagaki; M Suzuki; Y Kinashi; M Abe
        JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 1996年09月, 査読有り
      • Time-course changes in the hypoxic fractions of total and quiescent cells in solid tumors after modest temperature hyperthermia.
        Masunaga S; Ono K; Nishimura Y; Suzuki M; Kinashi Y; Takagaki M; Akaboshi M
        KURRI Progress Report 1996, 1996年
      • Mutagenic effects at HPRT locus induced in Chinese hamster ovary (CHO) cells.
        Kinashi Y; Masunaga S; Suzuki M; Ono K
        KURRI Progress Report 1996, 1996年
      • Effect of bioreductive agent、 SR 4233、 on quiescent cells in solid tumors、 using micronucleus frequency assay.
        Masunaga S; Ono K; Hori H; Shibata T; Suzuki M; Kinashi Y; Takagaki M; Akaboshi M
        KURRI Progress Report 1996, 1996年
      • Biological characteristic of neutron beam from remodeled heavy water facility.
        Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M; Sakurai Y; Kobayashi T; Miyatake S; Oda H
        KURRI Progress Report 1996, 1996年
      • The Radiosensitizing Effects of Hypoxic Cell Sensitizer on SCCVII Tumors in Mice Evaluated by Highly Accurate Colony Formation Assay Assisted by Microcomputer
        K. Ono; K. Akuta; S.-I. Masunaga; Y. Kinashi; M. Suzuki
        Nippon Acta Radiologica, 1996年, 査読有り
      • Modification of the response of a quiescent cell population within a solid tumor to thermal neutrons
        Masunaga S; Ono K; Suzuki M; Takagaki M; Kinashi Y; Sakurai Y; Kobayashi T; Akaboshi M
        KURRI Progress Report 1995, 1995年
      • Improvement of spatial resolution of elemental imaging using laser ablation-ICP-mass spectrometry
        Eisei Tanaka; Takehisa Matsukawa; Yasuo Kuroki; Minoru Suzuki; Kazuhito Yokoyama; Takafumi Hirata
        Analytical Sciences, 2022年03月08日, 査読有り

      MISC

      • 放射線医学 頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法の現状
        鈴木 実
        医学のあゆみ, 2021年04月
      • 加速器BNCTにおける表在性腫瘍に対する最適照射方法に関する研究
        笹木彬礼; 高田卓志; 玉利勇樹; 渡邉翼; HU Naonori; HU Naonori; 川端信司; 工藤佳宏; 密本俊典; 松林錦; 櫻井良憲; 鈴木実; 田中浩基
        KURNS-EKR (Web), 2021年
      • 【本格化するBNCTの最前線 研究開発から臨床応用までの最新動向と将来展望】BNCT実施施設からの報告 施設概要から治療の実際まで 京都大学複合原子力科学研究所におけるBNCT生物照射研究の展望
        鈴木 実
        INNERVISION, 2021年01月
      • 腫瘍血管内皮を標的にした新規ホウ素中性子捕捉療法による膀胱癌治療法の開発
        畠山 真吾; 米山 徹; 米山 美穂子; 山本 勇人; 米山 高弘; 橋本 安弘; 石山 新太郎; 鈴木 実; 大山 力
        日本泌尿器科学会総会, 2020年12月
      • ACCELERATOR-BASED BNCT IN RESCUE TREATMENT OF PATIENTS WITH RECURRENT GBM: A MULTICENTER PHASE II STUDY
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Hiromi Goto; Yoshitaka Narita; Minoru Suzuki; Katsumi Hirose; Yoshihiro Takai; Koji Ono; Takanori Ohnishi; Hiroki Tanaka; Takahiro Kato
        NEURO-ONCOLOGY, 2020年11月
      • 【放射線治療の現状と将来】ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の現状と将来展望
        鈴木 実
        Medical Science Digest, 2020年11月
      • サイクロトロン加速器を用いたホウ素中性子捕捉療法システムの現状
        田中 浩基; 鈴木 実; 小野 公二
        Medical Science Digest, 2020年07月
      • 再発進行頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法の開発と位置づけ
        太田 一郎; 上村 裕和; 鈴木 実; 西村 在; 金澤 成典; 桝井 貴史; 西川 大祐; 山中 敏彰; 長谷川 正俊; 北原 糺
        頭頸部癌, 2020年07月
      • Accelerator-based BNCT in rescue treatment of patients with recurrent GBM: A multicenter phase II study.
        Shin-Ichi Miyatake; Shinji Kawabata; Hiromi Goto; Yoshitaka Narita; Minoru Suzuki; Katsumi Hirose; Yoshihiro Takai; Koji Ono; Takanori Ohnishi; Hiroki Tanaka; Takahiro Kato
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2020年05月
      • p-borono-L-phenylalanine(L-BPA)ナノサスペンションの粒子径が与えるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の抗腫瘍効果への影響
        安藤 徹; 藤本 卓也; 鈴木 実; 市川 秀喜
        日本薬剤学会年会講演要旨集, 2020年05月
      • 【α線治療とDDS】悪性軟部腫瘍への新たな治療オプションとしての中性子捕捉療法の現状と可能性
        安藤 徹; 市川 秀喜; 藤本 卓也; 鈴木 実
        Drug Delivery System, 2020年03月
      • γ線およびBPA存在下での中性子線照射後のHMGB1遺伝子の転写プロファイル
        TONG Ying; 今道祥二; 今道祥二; 今道祥二; CHEN Lichao; 小野寺貴恵; 佐々木由香; 真田悠生; 鈴木実; 増永慎一郎; 益谷美都子; 益谷美都子; 益谷美都子
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • BNCTによるがん細胞から放出されるHMGB1の亢進とその放射線応答としての機能
        今道祥二; 今道祥二; 今道祥二; 今道祥二; CHEN Lichao; YING Tong; 佐々木由香; 佐々木由香; 小野寺貴恵; 小野寺貴恵; 鈴木実; 増永慎一郎; 益谷美都子; 益谷美都子
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • 再発悪性神経膠腫に対する加速器中性子源を用いたホウ素中性子捕捉療法の第2相試験
        川端信司; 後藤博美; 成田善孝; 鈴木実; 田中浩基; 廣瀬勝己; 高井良尋; 宮武伸一; 宮武伸一
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2020年
      • 高悪性度再発髄膜腫44例の原子炉BNCTでの治療成績と加速器BNCTを用いた治験への展開
        宮武伸一; 宮武伸一; 川端信司; 鰐渕昌彦; 鰐渕昌彦; 高井聡; 竹内孝治; 小野公二; 呼尚徳; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2020年
      • 良好なアブスコパル効果を認めた転移性悪性黒色腫患者の末梢血免疫反応の解析
        渡邉翼; 渡邉翼; 吉村通央; 溝脇尚志; 鈴木実; NIEDERMANN Gabriele
        日本癌治療学会学術集会(Web), 2020年
      • 硼素中性子捕捉療法用10B化合物投与時における低温度温熱処置と連続的低酸素細胞毒投与との同時併用の意義
        増永慎一郎; 真田悠生; 櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 鈴木実; 渡邉翼; 丸橋晃; 小野公二
        Thermal Medicine, 2020年
      • ボロン酸エステルを利用したホウ素薬物送達キャリアの開発
        金盛開人; 金盛開人; 野本貴大; 鈴木実; 武元宏泰; 松井誠; 西山伸宏; 西山伸宏
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2019年06月15日
      • ホウ素中性子捕捉療法を志向したBSH含有グルコサミン誘導体の設計、合成及び機能評価
        水野 皓介; 伊藤 太基; 上田 大貴; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 青木 伸
        日本薬学会年会要旨集, 2019年03月
      • BNCTにおけるintra-fractional set-up errorの検討
        玉利勇樹; 高田卓志; 栗原孝太; 石川正純; LEE Sutherland Kenneth; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実
        日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会学術大会プログラム・抄録集, 2019年
      • 再発頭頸部・口腔がんに対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤逸郎; 藤田祐生; 大前政利; 岩上隆紀; 村田勲; 中澤光博; 墨哲郎; 岩井聡一; 鈴木実; 小野公二; 鵜澤成一
        日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 2019年
      • 悪性骨・軟部腫瘍,多発肺転移に対するホウ素中性子捕捉療法適応に向けての戦略
        鈴木実; 藤本卓也; 安藤徹
        日本整形外科学会雑誌, 2018年10月25日
      • 教育研修講座 悪性骨・軟部腫瘍,多発肺転移に対するホウ素中性子捕捉療法適応に向けての戦略
        鈴木 実; 藤本 卓也; 安藤 徹
        日本整形外科学会雑誌, 2018年10月
      • 初発膠芽腫に対するホウ素中性子捕捉療法の第II相臨床試験~副次評価項目を中心に~
        川端信司; 宮武伸一; 宮武伸一; 平松亮; 古瀬元雅; 黒岩敏彦; 道上宏之; 鈴木実; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2018年10月
      • PET用サイクロトロンとベリリウムターゲットを用いたBNCT基礎研究用熱中性子照射場の開発
        田中浩基; 高田卓志; 櫻井良憲; 宇根崎博信; 伊藤秀彦; 廣瀬勝己; 高井良尋; 増永慎一郎; 鈴木実
        応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 2018年09月05日
      • Boron Neutron Capture Therapy for High-Grade Skull-Base Meningioma
        Koji Takeuchi; Shinji Kawabata; Ryo Hiramatsu; Yoko Matsushita; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Koji Ono; Shin Ichi Miyatake; Toshihiko Kuroiwa
        Journal of Neurological Surgery, Part B: Skull Base, 2018年07月03日
      • 転移性骨腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の検討
        藤本 卓也; 安藤 徹; 須藤 保; 市川 秀喜; 鈴木 実; 藤田 郁夫; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 高田 卓志; 佐久間 淑子; 森下 雅之; 八尋 俊輔; 河本 旭哉; 秋末 敏宏; 廣瀬 隆則; 黒田 良祐
        日本整形外科学会雑誌, 2018年06月
      • Tumor-targeted delivery of BPA using functional polymers for boron neutron capture therapy(和訳中)
        Ying Yao; 野本 貴大; 井上 透矢; 鈴木 実; 松井 誠; 武元 宏泰; 友田 敬士郎; 西山 伸宏
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2018年05月
      • ホウ素中性子捕捉療法のための機能的ポリマーを用いたBPAの腫瘍標的化送達法(Tumor-targeted delivery of BPA using functional polymers for boron neutron capture therapy)
        Ying Yao; 野本 貴大; 井上 透矢; 鈴木 実; 松井 誠; 武元 宏泰; 友田 敬士郎; 西山 伸宏
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2018年05月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた肉腫治療
        藤本卓也; 鈴木実; 安藤徹; 須藤保; 佐久間淑子; 市川秀喜; 藤田郁夫; 河本旭哉; 秋末敏宏; 小野公二; 黒田良祐
        日本整形外科学会雑誌, 2018年03月07日
      • サイクロトロンベース中性子源を用いた細胞・小動物用照射場の開発
        田中浩基; 高田卓志; 櫻井良憲; 密本俊典; 増永慎一郎; 鈴木実
        応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 2018年03月05日
      • 絶対生物効果線量の提案-10B(n,α)7Liの効果は核細胞質比または細胞サイズで予測できる
        小野公二; 田中浩基; 玉利勇樹; 渡邉翼; 鈴木実; 木梨友子; 増永慎一郎
        日本放射線影響学会大会抄録(Web), 2018年
      • BNCTに内在する異次元の科学性
        小野公二; 小野公二; 田中浩基; 玉利勇樹; 渡邉翼; 鈴木実; 増永慎一郎
        核医学(Web), 2018年
      • がん中性子捕捉療法用Gd含有キトサンナノ粒子の開発:異なる粒子径を持つナノ粒子を用いた抗腫瘍効果の増強に関する検討
        安藤徹; 中谷有吾; 鈴木実; 櫻井良憲; 高田卓志; 藤本卓也; 須藤保; 市川秀喜
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2018年
      • 脳腫瘍幹細胞のBNCT(硼素中性子捕捉療法)薬剤の取り込み不均一性の解明
        近藤夏子; 疋田正喜; 中田光俊; 鈴木実
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2018年
      • Radio-Sensitivity of Pimonidazole -Unlabeled Intratumor Quiescent Cells to γ-Rays, Accelerated Carbon Ion Beams and Boron Neutron Capture Reaction (BNCR)
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Hirayama R; Matsumoto Y; Uzawa A; Tano K; Sanada Y; Suzuki M; Kondo N; Takata T; Watanabe T; Tamari Y; Maruhashi A; Ono K
        9th Young Researchers' BNCT Meeting, 2017年11月
      • 「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 その他の腫瘍 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法 加速器を用いた第一相試験の結果より
        川端 信司; 平松 亮; 鈴木 実; 田中 浩基; 黒岩 敏彦; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法 当施設での歩み
        粟飯原 輝人; 平塚 純一; 石川 仁; 神谷 伸彦; 福光 延吉; 大西 かよ子; 鈴木 実; 小野 公二; 熊田 博明; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 治療法のない再発頭頸部がん患者45例に対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 村田 勲; 墨 哲郎; 岩井 聡一; 中澤 光博; 鈴木 実; 小野 公二
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 悪性骨・軟部腫瘍・多発肺転移に対するホウ素中性子捕捉療法適応に向けての戦略
        鈴木 実; 藤本 卓也
        日本整形外科学会雑誌, 2017年06月
      • 平滑筋肉腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の適応についての検討
        藤本 卓也; 神谷 信彦; 粟飯原 輝人; 佐久間 淑子; 宇野 雅子; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 北山 和道; 河本 旭哉; 平塚 純一; 秋末 敏宏; 黒田 良祐; 小野 公二; 鈴木 実; 廣瀬 隆則
        日本整形外科学会雑誌, 2017年06月
      • 悪性トライトン腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の適応についての検討
        藤本 卓也; 佐久間 淑子; 須藤 保; 牛尾 伊佐子; 安藤 徹; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 北山 和道; 河本 旭哉; 秋末 敏宏; 黒田 良祐; 鈴木 実; 市川 秀喜; 廣瀬 隆則
        日本整形外科学会雑誌, 2017年06月
      • BNCT FOR THE TREATMENT OF MALIGNANT BRAIN TUMORS, FROM REACTOR TO ACCELERATOR
        S. Miyatake; S. Kawabata; T. Kuroiwa; M. Suzuki; Y. Sakurai; K. Ono
        NEURO-ONCOLOGY, 2017年05月
      • LIPID ALTERATION FOLLOWING PROTON BEAM IRRADIATION IN MOUSE BRAIN OF RADIATION NECROSIS MODEL
        N. Kondo; K. Nakayama; Y. Sakurai; T. Takata; K. Kume; S. Miyatake; T. Inoue; O. Ogawa; M. Suzuki
        NEURO-ONCOLOGY, 2017年05月
      • 頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法 当施設での歩み
        粟飯原 輝人; 平塚 純一; 石川 仁; 神谷 伸彦; 福光 延吉; 鈴木 実; 熊田 博明; 櫻井 英幸; 原田 保
        頭頸部癌, 2017年05月
      • 治療生物学的および放射線腫瘍学的視点から見たホウ素中性子捕捉療法の特性
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 鈴木実; 田中浩基; 田野恵三; 近藤夏子; 渡邉翼; 真田悠生; 高田卓志; 玉利勇樹; 丸橋晃; 小野公二
        第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017年02月
      • BNCTが有用であった放射線誘発がんと考えられる鼻腔癌の1例
        福田 浩平; 横川 正樹; 建部 仁志; 西村 恭昌; 櫻井 良憲; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 小野 公二
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 京都大学原子炉実験所におけるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の臨床研究の現状と計画
        鈴木 実; 近藤 夏子; 楢林 正流; 藤本 望; 仲川 洋介; 渡邉 翼; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 高田 卓志; 木梨 友子; 増永 慎一郎
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 骨軟部悪性腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 近藤 夏子; 楢林 正流; 藤本 望; 仲川 洋介; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 高田 卓志; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 藤本 卓也; 市川 秀喜; 安藤 徹
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • BNCTによる全頭皮照射の基礎的検討
        鈴木 実; 藤本 望; 田中 浩基; 高田 卓志; 櫻井 良憲
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 細胞選択的粒子線治療,ホウ素中性子捕捉療法
        宮武伸一; 川端信司; 黒岩敏彦; 鈴木実; 小野公二; 櫻井良憲
        日本放射線外科学会, 2017年
      • 初発膠芽腫に対するホウ素中性子捕捉療法を用いる多施設共同第二相試験の結果
        川端信司; 宮武伸一; 黒岩敏彦; 鈴木実; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2017年
      • BNCT実用化に向けた橋渡し研究
        鈴木実; 高垣雅緒; 宮武伸一; 平塚純一; 櫻井英幸; 柳衛宏宣; 東治人; 中村浩之; 谷森紳治; 安藤徹; 藤本卓也; 長崎幸夫; 石川善恵; 山川延宏; 小松直樹; 田中憲一; 石川正純; 中村哲志; 林慎一郎
        KURRI-EKR (Web), 2016年12月
      • Radiosensitivity and Capacity to Recover from Radiation-Induced Damage in Pimonidazole-Unlabeled Oxygenated Intratumor Quiescent Cells Depend on p53 Status of Tumor Cells
        S. I. Masunaga; K. Tano; Y. Sanada; Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; A. Maruhashi; K. Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2016年10月
      • Boron neutron capture therapy for multiple liver metastasis: A case report
        鈴木実; 渡邉翼; 近藤夏子; 楢林勇; 木梨友子; 増永慎一郎; 高田卓志; 藤本望; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 小野公二
        The 17th International Congress on Neutoron Capture Therapy, 2016年10月
      • CBE factors for boron compounds to the tumor varies depending on their 10B levels-radiobiological consideration about its significance-
        小野公二; 増永慎一郎; 渡邉翼; 鈴木実; 近藤夏子; 木梨 友子
        The 17th International Congress on Neutron Caputure Therapy, 2016年10月
      • ホウ素中性子捕捉療法による再発悪性神経膠腫に対する臨床試験
        川端 信司; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • 新規ホウ素化ポルフィリン(BNH2-PpIX)の有用性
        平松 亮; 竹内 孝治; 川端 信司; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • 頭頸・口腔 頭頸部がんに対する新規放射線治療の展望 治療法のない難治性頭頸部非扁平上皮がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 墨 哲郎; 中澤 光博; 村田 勲; 櫻井 良憲; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 小野 公二; 鈴木 実
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 総合 診断・予測 小児、思春期若年成人の固形がんに対するFBPA PET画像とBNCT
        安井 直子; 河本 博; 鈴木 実; 栗原 宏明; 伊丹 純
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 多発肝転移腫瘍に対してホウ素中性子捕捉療法を施行した1例
        鈴木 実; 渡邉 翼; 近藤 夏子; 楢林 正流; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 高田 卓志; 藤本 望; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 再発口腔がんに対しホウ素中性子捕捉療法を施行した1例
        関野 雄太; 粟飯原 輝人; 長谷川 正午; 大西 かよ子; 熊田 博明; 福光 延吉; 奥村 敏之; 水本 斉志; 沼尻 晴子; 中井 啓; 山本 哲哉; 松村 明; 鈴木 実; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 抗腫瘍効果から見た中性子捕捉療法の治療生物学的解釈
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 鈴木 実; 田中浩基; 丸橋 晃; 田野恵三; 真田悠生; 近藤夏子; 渡邉 翼; 高田卓志; 小野公二
        第45回放射線による制癌シンポジウム, 2016年07月, 招待有り
      • Boron neutron capture therapy in non-SCC patients with intractable head and neck malignancies who have no other treatment options.
        Itsuro Kato; Yusei Fujita; Naofumi Yamamoto; Masatoshi Ohmae; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Isao Murata; Mitsuhiro Nakazawa; Koji Ono
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2016年05月
      • 前立腺癌に対する硼素中性子捕捉療法(BNCT)の制癌効果 脂肪幹細胞ナノDDS技術を駆使した新規テーラーメイド療法を目指して
        高原 健; 稲元 輝生; 南 幸一郎; 吉川 勇希; 高井 朋聡; 平野 一; 能見 勇人; 木山 賢; 鈴木 実; 切畑 光統; 東 治人
        日本泌尿器科学会総会, 2016年04月
      • The effect of fractionated administration of thalidomide at γ-ray irradiation on tumor response and lung metastasis
        S. Masunaga; K. Tano; Y. Sanada; Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; N. Kondo; M. Narabayashi; T. Watanabe; Y. Nakagawa; A. Maruhashi; K. Ono
        the International Conference on Translational Research in Radiation Oncology-Physics for Health in Europe 2016, 2016年02月, 査読有り
      • 悪性胸膜中皮腫に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 櫻井 良憲; 仲川 洋介; 楢林 正流; 近藤 夏子; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 渡邉 翼; 藤本 望; 田中 浩基; 丸橋 晃; 山本 由佳; 吉永 尚生; 岡本 賢一; 栗原 孝太; 小野 公二
        Japanese Journal of Radiology, 2016年02月
      • 再発悪性神経膠腫に対するBNCT 原子炉から加速器へ
        宮武伸一; 川端信司; 黒岩敏彦; 鈴木実; 近藤夏子; 小野公二; 成田善孝; 後藤博美; 廣瀬勝己; 高井良尋
        日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2016年
      • BNCTによる悪性グリオーマの局所制御の結果顕在化した脳脊髄液播種の病理解析
        近藤夏子; BARTH Rolf F; 宮武伸一; 宮武伸一; 川端信司; 鈴木実; 小野公二; LEHMAN Norman L
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2016年
      • 再発膠芽腫に対する加速器BNCTによる第二相臨床試験(治験)の紹介
        宮武伸一; 川端信司; 黒岩敏彦; 成田善孝; 後藤博美; 廣瀬勝己; 鈴木実
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2016年
      • 再発悪性神経膠腫に対する加速器BNCT第一相試験の結果
        川端信司; 鈴木実; 田中浩基; 平松亮; 上原幸樹; 佐藤岳実; 黒岩敏彦; 小野公二; 宮武伸一
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2016年
      • 脳腫瘍BNCTのための生物学的基礎研究―脳壊死モデル作成と腫瘍幹細胞に関する研究―
        近藤夏子; 櫻井良憲; 高田卓志; 鈴木実; 仲川洋介; 田中浩基; 藤本望; 渡邊翼; 増永慎一郎; 小野公二; 久米恭; 宮武伸一; 川端信司; 高井伸彦; 木村寛之; BARTH Rolf; LEHMAN Norm; 中野伊知郎
        KURRI-EKR (Web), 2016年01月
      • 中性子捕捉療法における低投与量化及び副作用抑制を目指したホウ素含有ナノ粒子の開発
        高 振宇; 堀口 諭吉; 中井 啓; 松村 明; 鈴木 実; 小野 公二; 長崎 幸夫
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2015年11月
      • ボーラスを用いた髄膜腫BNCTにおける線量分布改善に関する一考察
        櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 藤本望; 近藤夏子; 仲川洋介; 楢林正流; 渡邉翼; 木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木実; 川端信司; 宮武伸一; 小野公二; 丸橋晃
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 再発乳癌への中性子捕捉療法の応用に向けた熱中性子線ドジメトリーの検討
        柳衛宏宣; 中村剛実; 堀口洋徳; 熊田博明; 鈴木実; 櫻井良憲; 田中浩基; 増永慎一郎; 丸橋晃; 小野公二; 武田泰隆; 小山和行; 江里口正純; 高橋浩之
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 患者の位置ずれによる線量分布変化に関する検討
        高田卓志; 藤本望; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 鈴木実
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 乳癌の腋窩リンパ節転移症例に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        藤本卓也; 前川陽子; 高尾信太朗; 堀篤史; 安藤徹; 藤田郁夫; 藤本望; 櫻井良憲; 増永慎一郎; 田中浩基; 堀信一; 小野公二; 市川秀喜; 鈴木実
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 南東北BNCT研究センターの整備状況
        加藤貴弘; 新井一弘; 本柳智章; 井川和代; 菊池泰裕; 晴山雅人; 深谷保男; 瀬戸 一; 菊地雄司; 密本俊典; 矢島暁; 田中浩基; 鈴木実; 丸橋晃; 小野公二
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 原発性肝臓癌に対する中性子捕捉療法に応用するWOWエマルションについての検討
        柳衛宏宣; 東秀史; 生島一朗; 藤原光輝; 柳川将志; 森下保幸; 篠原厚子; 由井翔; 田中浩基; 櫻井良憲; 増永慎一郎; 鈴木実; 小野公二; 江里口正純; 高橋浩之
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • ホウ素中性子捕捉療法における均一な熱中性子場形成に関する研究
        藤本望; 田中浩基; 櫻井良憲; 高田卓志; 近藤夏子; 楢林正流; 仲川洋介; 渡邉翼; 木梨 友子; 増永慎一郎; 丸橋晃; 小野公二; 鈴木実
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 加速器BNCT用治療計画システムの開発
        武川哲也; 山口喬; 青木康; 密本俊典; 矢島暁; 鈴木実; 田中浩基; 丸橋晃; 小野公二
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 悪性胸膜中皮腫に対する第1相ホウ素中性子捕捉療法の新プロトコールに関する考案
        鈴木実; 櫻井良憲; 小野公二; 渡邉翼; 仲川洋介; 近藤夏子; 藤本望; 高田卓志; 田中浩基; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋晃
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 頭蓋底悪性髄膜腫に対するホウ素中性子捕捉療法の治療経験
        竹内孝治; 川端信司; 二村元; 平松亮; 野々口直助; 古瀬元雅; 黒岩敏彦; 松下葉子; 田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 小野公二; 宮武伸一
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 新規ホウ素化クロリンを用いたPDTおよびBNCTの効果
        平松亮; 川端信司; 田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 小野公二; 宮武伸一; 黒岩敏彦; Hao Erhong、Vicente MGH
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • 即発ガンマ線を用いたリアルタイムホウ素濃度モニターの開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 高田卓志; 藤本望; 渡邉翼; 滝和也; 鈴木実; 増永慎一郎; 丸橋晃; 小野公二
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • In vivo evaluation of gadolinium neutron capture therapy effectivity with multiple injections of calcium phosphate-based nanoparticles incorporating Gd-DTPA
        Novriana Dewi; Mi Peng; Yanagie Hironobu; Sakurai Yuriko; Cabral Horacio; Suzuki Minoru; Sakurai Yoshinori; Tanaka Hiroki; Ono Koji; Nishiyama Nobuhiro; Kataoka Kazunori; Takahashi Hiroyuki
        第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2015年09月
      • Study on the extended collimator for Cyclotron-Based Epithermal Neutron Source (C-BENS)
        H. Tanaka; Y. Sakurai; T. Takata; N. Fujimoto; M. Suzuki; S. Masunaga; T. Mitsumoto; A. Maruhashi; K. Ono
        8th Young Researchers BNCT Meeting, 2015年09月
      • Radiation necrosis model in mouse brain following dose escalation
        N. Kondo; Y. Sakurai; T. Takata; Y. Nakagawa; H. Tanaka; T. Watanabe; K. Kume; N. Takai; S. Miyatake; S. Masunaga; M. Suzuki; K. Ono
        8th Young Researchers BNCT Meeting, 2015年09月
      • Estimation method for influence of patient position error in BNCT irradiation: a conceptual study
        T. Takata; N. Fujimoto; H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki
        8th Young Researchers BNCT Meeting, 2015年09月
      • A study on improvement of dose distribution using bolus in BNCT for head and neck tumors
        Y. Sakurai; H. Tanaka; T. Takata; N. Fujimoto; N. Kondo; Y. Nakagawa; T. Watanabe; M. Narabayashi; Y. Kinashi; S. Masunaga; M. Suzuki; K. Ono; A. Maruhashi
        8th Young Researchers BNCT Meeting, 2015年09月
      • 若手医師のためのがん放射線治療学講座 最新情報Update 進行癌治療に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の役割
        鈴木 実
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 頭頸・口腔 頭頸部がんに対する新規治療開発 筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
        粟飯原 輝人; 石川 仁; 和田 哲郎; 福光 延吉; 大西 かよ子; 中井 啓; 長谷川 正午; 硲田 猛真; 鈴木 実; 原 晃; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 頭頸・口腔 頭頸部がんに対する新規治療開発 治療法のない再発頭頸部がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 村田 勲; 岩井 聡一; 墨 哲郎; 中澤 光博; 小野 公二; 鈴木 実; 由良 義明
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 脳神経 脳腫瘍治療の最新情報 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法の臨床試験
        川端 信司; 宮武 伸一; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 小野 公二
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • A study on improvement method of dose distribution using bolus in boron neutron capture therapy for head and neck tumors
        Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Nozomi Fujimoto; Natsuko Kondo; Yosuke Nakagawa; Tsubasa Watanabe; Masaru Narabayashi; Yuko Kinashi; Shinichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Koji Ono; Akira Maruhashi
        2015 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, 2015年06月
      • Development of a boron distribution monitor using prompt gamma-rays for boron neutron capture therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Takushi Takata; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Akira Maruhashi; Koji Ono
        2015 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, 2015年06月
      • ホウ素高集積化リポソームを指向した内封ホウ素薬剤開発
        中村 浩之; 立川 将士; Vinas Clara; 鈴木 実; 小野 公二
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2015年06月
      • リンパ節転移に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の可能性 乳癌の腋窩リンパ節転移症例からの検討
        藤本 卓也; 前川 陽子; 高尾 信太郎; 堀 篤史; 須藤 保; 佐久間 淑子; 安藤 徹; 深瀬 直政; 藤田 郁夫; 藤本 望; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 市川 秀喜; 堀 信一; 小野 公二; 鈴木 実
        日本整形外科学会雑誌, 2015年06月
      • The Effect of Oxygen Pressure during Incubation with a 10B-carrier on 10B Uptake Capacity of Cultured p53 Wild-type and Mutated Tumor Cells
        Shinichiro Masunaga; Hitoshi Tatebe; Yasumasa Nishimura; Keizo Tano; Yu Sanada; Takahito Moriwaki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Akira Maruhashi; Koji Ono
        15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月
      • Experiences of Tumour Growth Suppression with Boron Delivery Systems in Rabbit Hepatic Cancer Model for Neutron Capture Therapy
        Hironobu Yanagie; Syushi Higashi; Hiroyuki Nakamura; Yasuyuki Morishita; Atsuko Shinohara; Mitsuteru Fujihara; Masashi Yanagawa; Sho Yui; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Shinichiro Masunaga; Novriana Dewi; Koji Ono; Masazumi Eriguchi; Hiroyuki Takahashi
        15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月
      • Evaluation of Relative Biological Effectiveness in SCID Mice Following Thermal Neutron Irradiation for Boron Neutron Capture Therapy
        Yuko Kinashi; Sentaro Takahashi; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Koji Ono
        15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月
      • 筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
        粟飯原 輝人; 石川 仁; 和田 哲郎; 福光 延吉; 大西 かよ子; 中井 啓; 長谷川 正午; 硲田 猛真; 中山 雅博; 田渕 経司; 奥村 敏之; 鈴木 実; 原 晃; 櫻井 英幸
        頭頸部癌, 2015年05月
      • Significance of fractionated administrations of thalidomide combined with gamma-ray irradiation from the viewpoint of local tumor response and lung metastasis
        Masunaga S; Sanada Y; Moriwaki T; Tano K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Narabayashi M; Watanabe T; Ono K
        2016 Annual Meeting of the American Roentgen Ray Society, 2015年04月, 査読有り
      • 局所腫瘍効果と肺転移抑制能から見たγ線照射時における分割サリドマイド投与併用の意義
        増永慎一郎; 真田悠生; 森脇隆宏; 田野恵三; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 楢林正流; 渡邉 翼; 小野公二
        第74回日本医学放射線学会総会, 2015年04月, 査読有り
      • 筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
        粟飯原 輝人; 石川 仁; 和田 哲郎; 福光 延吉; 大西 かよ子; 中井 啓; 長谷川 正午; 硲田 猛真; 中山 雅博; 田淵 経司; 奥村 敏之; 鈴木 実; 原 晃; 櫻井 英幸
        日本耳鼻咽喉科学会会報, 2015年04月
      • Significance of Fractionated Thalidomide Administration Combined with y-Ray Irradiation from the Viewpoint of Local Tumor Response and Lung Metastasis
        Masunaga S; Sanada Y; Moriwaki T; Tano K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Watanabe T; Nakagawa Y; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2014, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2015年
      • Boron Neutron Capture Therapy for Radiation-induced Osteosarcoma from the Skull
        Miyatake S; Kawabata S; Hiramatsu R; Futamura G; Kuroiwa T; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Suzuki M; Kondo N; Masunaga S; Kinashi Y; Ono K
        Progress Report 2014, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2015年
      • Boron Carbide Particle as a Boron Compound for BNCT in vivo
        Tada S; Iwagami T; lshikawa Y; Koshizaki N; Tanaka H; Masunaga S; Sakurai Y; Kato I; Ono K; Suzuki M; Yura Y
        Progress Report 2014, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2015年
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)による再発悪性神経膠腫の治療~現状と展望
        川端信司; 宮武伸一; 竹内孝治; 平松亮; 松下葉子; 野々口直助; 古瀬元雅; 鈴木実; 小野公二; 黒岩敏彦
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2015年
      • 悪性神経膠腫の治療におけるベバシズマブの功罪
        宮武伸一; 野々口直助; 古瀬元雅; 川端信司; 黒岩敏彦; 近藤夏子; 鈴木実; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2015年
      • 再発悪性脳腫瘍に対するほう素中性子捕捉療法の臨床研究
        宮武伸一; 川端信司; 平松亮; 黒岩敏彦; 鈴木実; 小野公二
        KURRI-KR, 2015年01月
      • The dependency of CBE factors on the concentration of administered neutron capture agents in BNCT
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Tano K; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Watanabe T; Nakagawa Y; Maruhashi A; Ono K
        The 2nd KURRI International Workshop on BNCT, 2014年12月
      • Development of real time neutron monitors for BNCT
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Taki K; Fujii T; Fujimoto N; Takata T; Watanabe T; Nakagawa Y; Narabayashi M; Kondo N; Maruhashi A; Ono K
        The 2nd KURRI International Workshop on BNCT, 2014年12月
      • 硼素中性子捕捉療法に組み合わされたベバシズマブ投与併用の意義
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 田野恵三; 鈴木 実; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉 翼; 仲川洋介; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会 第27回学術大会 O-318 (2014.12.11-13) 横浜, 2014年12月
      • The past, present, and future of the reactor-based neutron source at Kyoto University Reactor
        Y.Sakurai; H.Tanaka; T.Takata; N.Fujimoto; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; M.Narabayashi; Y.Nakagawa; T.Watanabe; K.Ono; A.Maruhashi
        The 2nd International Workshop on BNCT, (2014.12.09-10) Kyoto, 2014年12月
      • 硼素中性子捕捉療法による治療症例 悪性胸膜中皮腫に対して硼素中性子捕捉療法が有効であった症例
        鈴木 実; 川端 信司
        PET Journal, 2014年12月
      • A remodeling study of the reactor-based irradiation facility for boron neutron capture therapy at Kyoto University Research Reactort Institute
        Sakurai Y; Takata T; Tanaka H; Fujimoto N; Kondo N; Nakagawa Y; Watanabe T; Narabayashi M; Kinashi Y; Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Maruhashi A
        14th Asia-Oceania Congress of Medical Physics & 12th South East Asia Congress of Medical Physics (AOCMP/SEACOMP 2014), 2014年10月, 査読有り
      • Development of a real-time dosimeter for boron neutron capture therapy
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Takata T; Fujimoto N; Taki K; Maruhashi A; Ono K
        the 7th Korea-Japan Joint Meeting on Medical Physics, 2014年09月, 査読有り
      • ラット脳腫瘍モデルを用いたアミノ酸付加BSHのBNCTにおける有効性の検討(Study of the effectiveness of BNCT in the amino acid addition BSH using rat brain tumor model)
        二村 元; 川端 信司; 藤城 高広; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦; 切畑 光統; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • ホウ素中性子捕捉療法による悪性髄膜腫の臨床研究(Clinical study on Boron neutron capture therapy for malignant meningioma)
        川端 信司; 平松 亮; 古瀬 元雅; 松下 葉子; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • 粒子線治療生物学の進展をめざして 治療生物学的解析から見た硼素中性子捕捉療法(BNCT)の特性
        増永 慎一郎; 田野 恵三; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 鈴木 実; 近藤 夏子; 真田 悠生; 森脇 隆仁; 楢林 正流; 渡邉 翼; 仲川 洋介; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2014年09月
      • Tumor growth suppression by neutron capture therapy using Gd-DTPA-incorporated calcium phosphate nanoparticles as gadolinium drug agent
        N.Dewi; P.Mi; H.Yanagie; Y.Sakurai; M.Sakuramoto; T.Nagasaki; H.Cabral; N.Nishiyama; M.Suzuki; Y.Sakurai; S.Masunaga; K.Ono; K.Kataoka; H.Takahashi
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題56 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 炭化ホウ素のホウ素中性子捕捉療法への応用
        岩上隆紀; 石川善恵; 越崎直人; 山本直典; 加藤逸郎; 多田晋也; 田中浩基; 櫻井良憲; 増永慎一郎; 鈴木 実; 由良義明
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題52 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • ホウ素中性子捕捉療法によるヒト口腔扁平上皮癌の細胞死形態に関する検討
        由良義明; 藤田祐生; 加藤逸郎; 岩上隆紀; 多田晋也; 岩井聡一; 中澤光博; 増永慎一郎; 櫻井良憲; 小野公二; 鈴木 実
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題50 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 微小シンチレータと石英ファイバーを用いた中性子モニターのBNCT照射場への適応
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 高田卓志; 藤本 望; 渡邉 翼; 仲川洋介; 近藤夏子; 滝 和也; 木梨友子; 楢林正流; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題38 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 生体高分子をキャリアとしたホウ素デリバリーシステム:マレイミドドデカボレート(MID)の開発と生物活性評価
        中村浩之; 加納大輔; 立川将士; 佐藤伸一; 近藤夏子; 鈴木 実; 櫻井良憲; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題30 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • ボーラスを用いた頭頸部BNCTにおける線量分布改善手法に関する一検討
        櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 藤本 望; 近藤夏子; 仲川洋介; 渡邉 翼; 楢林正流; 木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 小野公二; 丸橋 晃
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題19 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 皮膚悪性黒色腫BNCTの治療成績
        平塚純一; 神谷伸彦; 笹岡俊輔; 櫻井良憲; 鈴木 実
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題18 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 乳房外Paget病に対するBNCTの経験
        神谷伸彦; 笹岡俊輔; 櫻井良憲; 鈴木 実; 平塚純一
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題17 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)に対する臨床例および担がん動物モデルを用いたホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の検討
        藤本卓也; 安藤 徹; 佐久間淑子; 藤田郁夫; 深瀬直政; 竹内 保; 園部 宏; 廣瀬?則; 井上匡美; 山本聡美; 安宅信二; 櫻井良憲; 小野公二; 鈴木 実; 市川秀喜
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題16 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 有効な治療法のない再発頭頸部癌患者に対するホウ素中性子捕捉療法の有用性
        加藤逸郎; 多田晋也; 岩上隆紀; 山本直典; 藤田祐生; 大前政利; 櫻井良憲; 墨 哲郎; 中澤光博; 今井智章; 岩井聡一; 村田 勲; 鈴木 実; 由良義明
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題11 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • BNCTによる脱毛
        鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 藤本 望; 高田卓志
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題06 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法の臨床成績
        川端信司; 二村 元; 平松 亮; 松下葉子; 古瀬元雅; 野々口直助; 黒岩敏彦; 田中浩基; 櫻井良憲; 近藤夏子; 鈴木 実; 小野公二; 宮武伸一
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 一般演題01 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 悪性胸膜中皮腫に対するBNCTから考察する物理的線量パラメーターの重要性
        鈴木 実; 櫻井良憲
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 WS3-4 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • 一般外科領域における中性子捕捉療法の臨床経験と今後の展望
        柳衛宏宣; 野中泰政; 波多江 亮; 丸山正二; 黒山信一; 大野烈士; 小山和行; 東 秀史; 瀬口浩司; 生嶋一朗; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 櫻井良憲; 田中浩基; 近藤夏子; 楢林正流; 丸橋 晃; 小野公二; 高橋浩之; 江里口正純
        日本中性子捕捉療法学会 第11回学術大会 WS3-3 (2014.07.05-06) 吹田, 2014年07月
      • ホウ素中性子捕捉療法に対する高性能ボロン含有ナノ粒子の開発と評価
        高 振宇; 堀口 諭吉; 中井 啓; 松村 明; 鈴木 実; 小野 公二; 長崎 幸夫
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2014年07月
      • Experiences of BNCT and start of world first clinical trial by small cyclotron neutron irradiation system in KURRI
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Takushi Takata; Nozomi Fujimoto; Tsubasa Wawatanabe; Yosuke Nakagawa; Akira Maruhashi; Koji Ono
        Annual National Conference on Prospect of Science and Technology Accelerator for Health, Industry and Environment, 2014年06月, 招待有り
      • Significance of Combined Treatment with Bevacizumab in Boron Neutron Capture Therapy in Terms of Local Tumor Response and Lung Metastasis
        Masunaga S; Sakurai Y; Tano K; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; NarabayashiM; Watanabe T; Nakagawa Y; Maruhashi A; Ono K
        the 16th International Congress of Neutron Capture Theray, 2014年06月, 査読有り
      • BNCTによる頭頸部癌治療と頸動脈破裂症候群 BNCTを安全に行うために
        粟飯原 輝人; 森田 倫正; 神谷 伸彦; 熊田 博明; 大西 かよ子; 鈴木 実; 平塚 純一; 櫻井 英幸; 原田 保
        耳鼻咽喉科臨床 補冊, 2014年06月
      • 悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた新たな治療方法
        藤本 卓也; 安藤 徹; 須藤 保; 佐久間 淑子; 藤田 郁夫; 深瀬 直政; 竹内 保; 園部 宏; 秋末 敏宏; 廣瀬 隆則; 井上 匡美; 山本 聡美; 安宅 信二; 小野 公二; 黒坂 昌弘; 市川 秀喜; 鈴木 実
        日本整形外科学会雑誌, 2014年06月
      • 骨・軟部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 藤本 卓也; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2014年06月
      • PET検査と悪性髄膜腫に対するホウ素中性子捕捉療法の適応拡大
        川端 信司; 二村 元; 平松 亮; 松下 葉子; 野々口 直助; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌治療学会誌, 2014年06月
      • 頭頸部がんに対するホウ素中性子捕捉療法の現状
        粟飯原 輝人; 熊田 博明; 石川 仁; 福光 延吉; 奥村 敏之; 大西 かよ子; 水本 斉志; 沼尻 晴子; 田中 圭一; 和田 哲郎; 原 晃; 硲田 猛真; 鈴木 実; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会誌, 2014年06月
      • 治療法のない再発頭頸部がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法の有効性
        加藤 逸郎; 多田 晋也; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 千足 浩久; 墨 哲郎; 中澤 光博; 岩井 聡一; 由良 義明; 小野 公二; 鈴木 実
        日本癌治療学会誌, 2014年06月
      • Boron neutron capture therapy in patients with recurrent head and neck cancers who have no other treatment options
        Itsuro Kato; Yusei Fujita; Masatoshi Ohmae; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Isao Murata; Tetsuro Sumi; Mitsuhiro Nakazawa; Koji Ono
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2014年05月
      • 筑波大学におけるBNCT臨床研究再開計画について
        田中 圭一; 粟飯原 輝人; 熊田 博明; 福光 延吉; 奥村 敏之; 石川 仁; 大西 かよ子; 水本 斉志; 沼尻 晴子; 和田 哲郎; 原 晃; 硲田 猛真; 鈴木 実; 櫻井 英幸
        頭頸部癌, 2014年05月
      • Development of radiation-quality -evaluation phantom for BNCT
        Y.Sakurai; H.Tanaka; N.Fujimoto; N.Kondo; Y.Nakagawa; T.Watanabe; M.Suzuki; K.Ono; A.Maruhashi
        日本医学物理学会 第107回学術大会O-170 (2014.04.10-13) 横浜, 2014年04月
      • A feasibility study of GdNCT for liver tumor
        Y.Sakurai; H.Tanaka; N.Fujimoto; A.Maruhashi; M.Suzuki; K.Ono
        1st KURRI International Workshop on Neutron Capture Therapy, (2014.03.28-29) Izumisano, 2014年03月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた転移性肺腫瘍に対する新たな治療方法の開発 明細胞肉腫の単発性肺転移モデルを用いた検討
        藤本 卓也; 安藤 徹; 鈴木 実; 須藤 保; 深瀬 直政; 藤田 郁夫; 秋末 敏宏; 佐久間 淑子; 福森 義信; 黒坂 昌弘; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2014年03月
      • アンモニオドデカボレートのアシル化反応を利用したドデカボレート含有アミノ酸誘導体の合成と評価
        服部 能英; 上田 さおり; 椋本 麻里; 石村 美紀; 大田 洋一郎; 竹中 宏誌; 上原 幸樹; 浅野 智之; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 切畑 光統
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • 明細胞肉腫の肺転移動物モデルに対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の検討
        安藤 徹; 藤本 卓也; 鈴木 実; 須藤 保; 盛武 浩; 杉本 徹; 佐久間 淑子; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 佐々井 浩志; 切畑 光統; 秋末 敏宏; 福森 義信; 小野 公二; 市川 秀喜
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • 加速器中性子源BNCTを見据えてのBNCT橋渡し研究
        鈴木 実; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 2014年02月
      • Application of B4C particle to Boron Neutron Capture Therapy
        Iwagami T; Ishikawa Y; Koshizaki N; Yamamoto N; Kato I; Tada S; Tanaka H; Sakurai Y; Masunaga S; Suzuki M; Yura Y
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • Application of Gd-DTP A-Incorporated Calcium Phosphate Nanoparticles as Neutron Capture Therapy Agent
        Dewi N; Mi P; Yanagie H; Sakurai Y; Nagasaki T; Cabral H; Nishiyama N; Kataoka K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Takahashi H
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • Clinical Study on Boron Neutron Capture Therapy (BNCT)
        Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Kondo N; Narabayashi M; Kinashi Y; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Ishikawa M
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • A Case Report: Current Status of GBM 33Mo after BNCT
        Takagaki M; Tachizawa T; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Maruhashi A; Kondo N; Masunaga S; Ono K
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • Investigation of Intracellular Boron Distribution by High Position Resolution Alpha Autoradiography
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Takamiya K; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • Boron Neutron Capture Therapy with Bevacizumab May Prolong the Survival of Recurrent Malignant Glioma Patients
        Miyatake S; Kawabata S; Hiramatsu R; Futamura G; Kuroiwa T; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Suzuki M; Kondo N; Masunaga S; Kinashi Y; Ono K
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • Dependency of Compound Biological Effectiveness (CBE) Factors on the Type and Concentration of Administered Neutron Capture Agents in BNCT
        MASUNAGA Shin-ichiroMasunaga S; Tano K; Sanada Y; Moriwaki T; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Nakagawa Y; Watanabe T; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • ホウ素中性子捕捉療法のための加速器中性子源
        田中浩基; 樫井良憲; 藤本望; 鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 渡遺翼; 近藤夏子; 楢林正流; 仲川洋介; 丸橋晃; 小野公二
        京都大学原子炉実験所第48回学術講演会報文集, 2014年01月
      • 再発悪性神経膠腫に対するBNCTとbevacizumabの同時併用療法は新規治療法になるか?
        宮武伸一; 川端信司; 野々口直助; 古瀬元雅; 二村元; 黒岩敏彦; 近藤夏子; 鈴木実; 道上宏之; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2014年
      • 新規ホウ素投薬プロトコールによる再発悪性神経膠腫に対するBNCTの臨床試験
        川端信司; 宮武伸一; 平松亮; 二村元; 松下葉子; 野々口直助; 古瀬元雅; 黒岩敏彦; 田中浩基; 櫻井良憲; 近藤夏子; 鈴木実; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2014年
      • 悪性神経膠腫の放射線治療後再発例に対するホウ素中性子捕捉療法の成績
        川端 信司; 平松 亮; 古瀬 元雅; 松下 葉子; 二村 元; 大西 宏之; 黒岩 敏彦; 近藤 夏子; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 小野 公二; 宮武 伸一
        定位的放射線治療, 2014年01月
      • THE UTILITY OF BORON NEUTRON CAPTURE THERAPY USING REACTOR NEUTRON FOR IRRADIATED PATIENTS WITH RECURRENT MALIGNANT GLIOMA
        Ryo Hiramatsu; Shinji Kawabata; Motomasa Furuse; Shin-Ichi Niyatake; Toshihiko Kuroiwa; Minoru Suzuki; Koji Ono
        NEURO-ONCOLOGY, 2013年11月
      • 液中レーザー溶融法による炭化ホウ素球状粒子の合成とホウ素中性子捕捉療法用薬剤への応用
        石川 善恵; 越崎 直人; 辻 琢磨; 臼倉 治郎; 鈴木 実; 大矢根 綾子; 中村 真紀
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2013年11月
      • 進行頭頸部癌に対する初期治療としての硼素中性子捕捉療法の有効性と問題点
        粟飯原輝人; 森田倫正; 神谷伸彦; 櫻井良憲; 熊田博明; 石川 仁; 福光延吉; 奥村敏之; 鈴木 実; 平塚純一; 櫻井英幸
        日本放射線腫瘍学会 第26回学術大会 O-036 (2013.10.18-20) 青森, 2013年10月
      • 局所腫瘍効果と肺転移能抑制能から見た分割ウォルトマニン投与併用γ線照射の有用性
        増永慎一郎; 田野恵三; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉翼; 丸橋晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月, 査読有り
      • ピモニダゾール非標識酸素化休止期腫瘍細胞分画における放射線損傷からの回復をウォルトマニンは効率よく抑制する
        増永慎一郎; 田野恵三; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉翼; 木梨友子; 丸橋晃; 小野公二
        日本放射線影響学会第56回大会, 2013年10月, 査読有り
      • 悪性脳腫瘍克服へ向けたホウ素中性子捕捉療法の試み(Boron neutron capture therapy as a treatment modality for malignant brain tumors)
        川端 信司; 平松 亮; 古瀬 元雅; 松下 葉子; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 近藤 夏子; 小野 公二
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • ホウ素中性子線捕捉反応後のヒトがん細胞株における細胞死応答のtranscriptome解析(Transcriptome analysis of cell-death response after boron neutron capture reaction in human cancer cells)
        伊藤 祐; 佐藤 聡; 齋藤 総一郎; 藤森 浩彰; 平井 崇久; 新井 康仁; 村上 康文; 今堀 良夫; 伊丹 純; 鈴木 実; 小野 公二; 増永 慎一郎; 益谷 美都子
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • 加速器BNCTのための陽子線による即発ガンマ線を用いたホウ素濃度測定に関する研究
        田中浩基; 櫻井良憲; 内田良平; 川村徳寛; 土田秀次; 鈴木 実; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋 晃
        日本医学物理学会 第106回学術大会O-035 (2013.09.16-18) 吹田, 2013年09月
      • 直腸癌骨盤内再発腫瘍に対する中性子捕捉療法の臨床経験
        柳衛宏宣; 野中泰政; 波多江 亮; 丸山正二; 大野烈士; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 櫻井良憲; 田中浩基; 近藤夏子; 楢林正流; 丸橋 晃; 小野公二; 江里口正純
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題45 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • 無色素性悪性黒色腫頸部リンパ節転移に対するBNCTの2年経過報告
        神谷伸彦; 森田倫正; 粟飯原輝人; 櫻井良憲; 鈴木 実; 小野公二; 平塚純一
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題43 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • 安全かつ効果的なBNCTへの取り組み看護師による治療前オリエンテーションの導入と成果
        山本由佳; 鈴木 実; 小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 楢林正流; 丸橋 晃; 櫻井良憲; 田中浩基; 吉永尚生; 岡本賢一; 栗原孝太; 藤本 望; 渡邉 翼
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題40 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • 新規診断悪性神経膠腫に対するBNCTの治療成績と多施設共同研究の近況報告
        川端信司; 平松 亮; 二村 元; 弘田祐己; 古瀬元雅; 松下葉子; 黒岩敏彦; 近藤夏子; 鈴木 実; 小野公二; 田中浩基; 櫻井良憲; 切畑光統; 宮武伸一
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題24 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • ホウ素中性子捕捉反応に対するがん細胞の応答機構のプロテオーム解析
        佐藤 聡; 伊藤 祐; 齋藤総一郎; 藤森浩彰; 平井崇久; 今堀良夫; 村上康文; 伊丹 純; 中村浩之; 鈴木 実; 小野公二; 増永慎一郎; 益谷美都子; 櫻井良憲; 田中浩基
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題20 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • 口腔がん細胞株SASにおけるホウ素中性子捕捉反応後の遺伝子発現解析
        伊藤 祐; 佐藤 聡; 齋藤総一郎; 藤森浩彰; 平井崇久; 新井康仁; 今堀良夫; 村上康文; 伊丹 純; 中村浩之; 鈴木 実; 小野公二; 増永慎一郎; 益谷美都子; 櫻井良憲; 田中浩基
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題19 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • 炭化ホウ素粒を用いたホウ素中性子捕捉療法に対するソノポレーションの有用性
        岩上隆紀; 山本直典; 加藤逸郎; 石川善恵; 越崎直人; 田中浩基; 櫻井良憲; 増永慎一郎; 鈴木 実; 小野公二; 由良義明
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題14 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • 硼素線量評価に関する一考察
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 楢林正流; 藤本 望; 渡邉 翼; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題08 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • ホウ素中性子捕捉療法における多門照射による線量分布改善に関する研究
        藤本 望; 田中浩基; 櫻井良憲; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉 翼; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋 晃; 小野公二; 鈴木 実
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題07 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • BNCTのための陽子線による即発ガンマ線分析法を用いたホウ素濃度測定に関する研究
        田中浩基; 櫻井良憲; 内田良平; 川村徳寛; 鈴木 実; 増永慎一郎; 土田秀次; 木梨友子; 近藤夏子; 楢林正流; 藤本 望; 渡邉 翼; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題06 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • BNCT橋渡し研究の加速的推進―BNCT Translational Research加速ネットワークの構築―
        鈴木 実; 渡邉 翼; 楢林正流; 近藤夏子; 藤本 望; 田中浩基; 木梨友子; 増永慎一郎; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第10回学術大会 一般演題S2-2 (2013.09.07-08) 岡山, 2013年09月
      • Significance of daily fractionated administration of wortmannin combined with gamma-ray irradiation in terms of local tumor response and lung metastatic potential
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Maruhashi A; Ono K
        International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 2013年09月, 査読有り
      • 悪性脳腫瘍に対する原子炉中性子源によるBNCTの治療成績
        川端 信司; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • 治療法がない再発頭頸部がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法の有用性
        加藤 逸郎; 山本 直典; 藤田 祐生; 岩上 隆紀; 大前 政利; 千足 浩久; 墨 哲郎; 中澤 光博; 岩井 聡一; 鈴木 実; 小野 公二; 由良 義明
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • 頭頸部進行がんに対する初期治療としての硼素中性子捕捉療法
        粟飯原 輝人; 森田 倫正; 神谷 伸彦; 熊田 博明; 福光 延吉; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 平塚 純一; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • ピモニダゾール非標識酸素化休止期腫瘍細胞分画における放射線損傷からの回復に対するティラパザミン処置,低温度温熱処置の影響
        増永慎一郎; 田野恵三; 鈴木実; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉翼; 小野公二
        日本ハイパーサーミア学会第30回大会, 2013年08月, 査読有り
      • 中性子捕捉療法における加速器中性子源の現状・展望回放射線による制癌シンポジウム
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 楢林正流; 密本俊典; 丸橋 晃; 小野公二
        第42回放射線による制癌シンポジウム, 2013年07月, 招待有り
      • 中性子捕捉療法における加速器中性子源の現状・展望
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 楢林正流; 密本俊典; 丸橋 晃; 小野公二
        第42回放射線による制癌シンポジウム,(2013.07.05) 仙台, 2013年07月
      • ホウ素中性子捕捉療法 (Boron Neutron Capture Therapy, BNCT) の過去・現在と近未来
        小野公二; 鈴木 実; 近藤夏子; 楢林正流; 増永慎一郎; 木梨友子; 藤本 望; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 渡邉 翼; 宮武伸一; 平塚純一; 切畑光統
        第42回放射線による制癌シンポジウム,(2013.07.05) 仙台, 2013年07月
      • 中性子捕捉療法(BNCT)における腫瘍内低酸素の意義
        増永慎一郎; 田野恵三; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉 翼; 丸橋 晃; 小野公二
        第42回放射線による制癌シンポジウム,(2013.07.05) 仙台, 2013年07月
      • 粘液線維肉腫へのホウ素中性子捕捉療法(BNCT)適用についての検討
        藤本 卓也; 藤田 郁夫; 鈴木 実; 須藤 保; 角田 雅也; 安藤 徹; 深瀬 直政; 佐久間 淑子; 櫻井 良憲; 秋末 敏宏; 福森 義信; 市川 秀喜; 黒坂 昌弘; 小野 公二
        日本整形外科学会雑誌, 2013年06月
      • Development of a neutron dosimeter using LiCaAlF6 scintillator coupled with quartz optical fiber
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Kentaro Fukuda; Yuko Kinashi; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Akira Maruhashi; Koji Ono
        The 3rd Asian Congress of Radiation Research, 2013年05月
      • 再発進行頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法の経験
        太田 一郎; 鈴木 実; 近藤 夏子; 伊藤 妙子; 三上 慎司; 岡本 英之; 山中 敏彰; 櫻井 良憲; 楢林 正流; 田中 浩基; 丸橋 晃; 増永 慎一郎; 長谷川 正俊; 小野 公二; 細井 裕司
        頭頸部癌, 2013年05月
      • 局所腫瘍制御と肺転移抑制能から見た低酸素細胞毒連続投与と低温度温熱処置併用放射線照射の意義
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 近藤夏子; 楢林正流; 丸橋 晃; 小野公二
        日本医学放射線学会 第72回総会C206 (2013.04.11-14) 横浜, 2013年04月
      • 【基礎と臨床の対話】放射線治療に資する転移研究 通常放射線照射および中性子捕捉療法後の局所腫瘍効果と肺転移抑制効果における腫瘍内酸素状況修飾処置併用の意義
        増永 慎一郎; 松本 孔貴; 平山 亮一; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 鵜澤 玲子; 鈴木 実; 近藤 夏子; 楢林 正流; 丸橋 晃; 小野 公二
        癌の臨床, 2013年04月
      • Synthesis and Evaluation of Thiododecaborated α, α-Cycloalkyl Amino Acids for Boron Neutron Capture Therapy
        HATTORI Yoshihide; KUSAKA Shintarou; MUKUMOTO Mari; OHTA Yoichirou; TAKENAKA Hiroshi; UEHARA Kouki; ASANO Tomoyuki; SUZUKI Minoru; MASUNAGA Shin-ichiro; ONO Koji; TANIMORI Shinji; KIRIHATA Mitsunori
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2013年03月01日
      • 整形外科領域におけるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        藤本 卓也; 鈴木 実; 藤田 郁夫; 秋末 敏宏; 井上 匡美; 加藤 逸郎; 平塚 純一; 粟飯原 輝人; 上田 和光; 黒坂 昌弘; 小野 公二
        日本整形外科学会雑誌, 2013年03月
      • 明細胞肉腫(CCS)に対する新たな治療法としてのホウ素中性子捕捉療法(BNCT) 深部への浸潤を想定したCCS担がんモデルに対するBNCTの検討
        安藤 徹; 藤本 卓也; 須藤 保; 藤田 郁夫; 盛武 浩; 杉本 徹; 竹内 保; 園部 宏; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 福森 義信; 小野 公二; 市川 秀喜
        日本薬学会年会要旨集, 2013年03月
      • 負イオン性ホウ素クラスター含有α、α-シクロアルキルアミノ酸のBNCT用ホウ素薬剤としての評価
        服部 能英; 日下 慎太郎; 椋本 麻里; 大田 洋一郎; 竹中 宏志; 上原 幸樹; 浅野 智之; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 切畑 光統
        日本薬学会年会要旨集, 2013年03月
      • 悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法とPETのかかわり
        川端 信司; 黒岩 敏彦; 松下 葉子; 宮田 至朗; 平松 亮; 切畑 光統; 鈴木 実; 小野 公二; 宮武 伸一
        CI研究, 2013年03月
      • 放射線治療後再発肺癌症例に対する硼素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 近藤 夏子; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二; 今村 文生; 鈴木 修; 西山 謹司
        Japanese Journal of Radiology, 2013年02月
      • ホウ素中性子捕捉療法における中性子照射によるDNAクラスター損傷
        木梨 友子; 鈴木 実; 桜井 良憲; 田中 浩基; 高橋 千太郎; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2013年02月
      • 胸膜播種および胸膜多発腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 増永 慎一郎; 楢林 正流; 近藤 夏子; 木梨 友子; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2013年02月
      • 中性子捕獲反応後組織に生じるDNA二本鎖切断のγH2AXによる検出
        近藤夏子; 道上宏之; 渡邊翼; 楢林正流; 田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 増永慎一郎; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2013年
      • 局所腫瘍制御と肺転移抑制能から見た低酸素細胞毒(Tirapazamine)の連続投与と低温度温熱処置を併用する放射線照射の有用性について
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 楢林正流; 丸橋晃; 小野公二
        第15回癌治療増感研究シンポジウム, 2013年
      • Effect of Tirapazamine and Mild Temperature Hyperthermia on the Recovery from Radiation-Induced Damage in Pimonidazole-Unlabeled Quiesent Tumor Cells
        Masunaga S; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Tano K; Kondo N; Narabayashi M; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • B4C Particle as a Boron Compound for BNCT
        Iwagami T; Kato I; Yamamoto N; Ishikawa Y; Koshizaki N; Tanaka H; Sakurai Y; Masunaga S; Suzuki M; Maruhashi A Ono K; Yura Y
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • Clinical Studies on BNCT for 5 Cases of Head and Neck Cancer
        Kato I; Yamamoto N; Fujita Y; Ohmae M; Suzuki M; Masunaga S; Nakazawa M; Sumi T; Maruhashi A; Imahori Y; Kirihata M; Ono K
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • Development of Boronated Liposome for Boron Neutron Capture Therapy
        Shirakawa M; Nakai K; Yamamoto Y; Yoshida F; Yamamoto T; Matsumura A; Tanaka H; Suzuki M; Masunaga S
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, 2013年
      • Pilot Clinical Study of Boron Neutron Capture Therapy for Recurreced Hepatic Cancer
        Yanagie H; Higashi S; Seguchi K; Ikushima I; Oyama K; Nonaka Y; Maruyama S; Hatae R; Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Ono K; Nakajima J; Ono M; Eriguchi M; Takahashi H
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • Pilot Biodistribution Study of Poly-ion Complex Mediated Gadlinium Delivery System to Cancer Model In vivo
        Yanagie H; Dewi N; Sakurai Y; Yanagawa M; Iizuka T; Nagasaki T; Suzuki M; Sakurai Y; Masunaga S; Ono K; Takahashi H
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • Study on the Semiconductor Device error Irradiated with Thermal Neutrons
        Tanaka H; Sakurai Y; Hori J; Suzuki M; Masunaga S; Kondo N; Narabayashi M; Kinashi Y; Ono K; Maruhashi A
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • High Boron Content Liposomesand Their Promising Antitumor Effect for BNCT
        Kogaei H; Tachikawa S; Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Nakamura H
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • Combined Tretament with Continuous Administration of Tirapazamine and Mild Temperature Hyperthermia in γ-Ray Irradiation in Terms of Local Tumor Response and Lung Metastatic Potential
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Tano K; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2012, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2013年
      • ホウ素中性子捕捉療法による悪性神経膠腫の予後不良因子打開の可能性
        川端信司; 平松亮; 古瀬元雅; 黒岩敏彦; 近藤夏子; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 小野公二; 宮武伸一
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2013年
      • 悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法の現状と未来
        宮武伸一; 川端信司; 平松亮; 古瀬元雅; 黒岩敏彦; 鈴木実; 小野公二
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2013年
      • 放射線治療後の再発悪性神経膠腫に対する原子炉中性子源ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の治療成績~そして加速器BNCT治療へ
        平松亮; 川端信司; 古瀬元雅; 黒岩敏彦; 近藤夏子; 鈴木実; 小野公二; 宮武伸一
        日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2013年
      • Significance of manipulating intratumor hypoxia in terms of local tumor control and pulmonary metastatic potential in boron neutron capture therapy.
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Kinashi Y; Maruhashi A; Ono K
        Presented at the 2013 Annual Meeting of the American Roentgen Ray Society, 2013年
      • Study on the dose evaluation using glass rod dosimeter for boron neutron capture therapy
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; S. Masunaga; Y. Kinashi; A. Marunashi; K. Ono
        IFMBE Proceedings, 2013年, 査読有り
      • 肺癌胸膜播種病変に対する硼素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 楢林正流; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 井上俊彦; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会 P-078 (2012.11.23-25) 東京, 2012年11月
      • 加速器BNCT照射システムにおけるファントムを用いた中性子量の検証
        楢林正流; 鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 岡本賢一; 近藤夏子; 増永慎一郎; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会 O-240 (2012.11.23-25) 東京, 2012年11月
      • γ線、加速炭素イオン線、中性子捕捉反応に対する酸素化休止期腫瘍細胞の感受性解析
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 平山亮一; 松本孔貴; 鵜澤玲子; 鈴木 実; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会 O-157 (2012.11.23-25) 東京, 2012年11月
      • Radio-sensitivity Of Pimonidazole-unlabeled Intratumor Quiescent Cells To Gamma-rays, Accelerated Carbon Ion Beams And Boron Neutron Capture Reaction.
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Hirayama R; Matsumoto Y; Uzawa A; Suzuki M; Kondo N; Maruhashi A; Ono K
        Presented at the 54th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (ASTRO), 2012年10月28日
      • 悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法10年の経験と近未来像
        川端 信司; 宮武 伸一; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 切畑 光統; 小野 公二
        日本癌治療学会誌, 2012年10月
      • Assessment of application of BNCT to myxofibrosarcoma
        T.Fujimoto; M.Suzuki; M.Tsunoda; T.Ando; I.Fujita; N.Fukase; T.Sakuma; Y.Sakurai; H.Ichikawa; Y.Fukumori; K.Ono
        15th International Congress on Neutron Capture Therapy, Poster Viewing 2C-20 (2012.09.10-14) Tsukuba, 2012年09月
      • Significance of employing boron-10 carriers and manipulating intratumor oxygenation status in terms of local tumor response and lung metastatic potential in boron neutron capture therapy
        S.Masunaga; Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; N.Kondo; M.Narabayashi; A.Maruhashi; K.Ono
        15th International Congress on Neutron Capture Therapy, Oral Session 4B Biology 05 (2012.09.10-14) Tsukuba, 2012年09月
      • Boron neutron capture therapy (BNCT) as a new therapeutic approach for treatment of clear cell sarcoma (CCS): BNCT trail for different type of CCS-bearing animal model
        T.Ando; T.Fujimoto; I.Fujita; M.Kirihata; M.Suzuki; Y.Sakurai; T.Akisue; Y.Fukumori; K.Ono; H.Ichikawa
        15th International Congress on Neutron Capture Therapy, Oral Session 3B Biology 03 (2012.09.10-14) Tsukuba, 2012年09月
      • Development of gadolinium-loaded chitosan nanoparticles for neutron-capture therapy: Influence of particle size of the nanoparticles on tumor-killing effect
        Y.Arita; T.Ando; T.Uneme; T.Fujimoto; M.Suzuki; Y.Sakurai; Y.Fukumori; H.Ichikawa
        15th International Congress on Neutron Capture Therapy, Poster Viewing 1E-27 (2012.09.10-14) Tsukuba, 2012年09月
      • Background and trial design of the phase I, open label, dose escalation study for safety and tolerability of boron neutron capture therapy (BNCT) using boronophenylalanine (SPM-011)/ accelerator BNCT system (BNCT30) for the patients with recurrent malign
        S.Kawabata; M.Suzuki; S.Miyatake; H.Tanaka; Y.Sakurai; K.Uehara; T.Hayashi; T.Mitsumoto; Y.Kikuchi; K.Ono
        15th International Congress on Neutron Capture Therapy, Plenary Clinical 1-03 (2012.09.10-14) Tsukuba, 2012年09月
      • 中性子捕捉療法のためのマルチワイヤ検出器を用いた二次元中性子検出器の開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 日野正裕; 木梨友子; 小野公二; 丸橋 晃
        日本原子力学会2012年秋の大会, 2012年09月
      • 中性子捕獲反応後組織に生じるDNA二本鎖切断のγH2AXによる検出
        近藤 夏子; 楢林 正流; 鈴木 実; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 大西 武雄; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2012年09月
      • γ線、加速炭素イオン線、中性子捕捉反応に対する酸素化休止期腫瘍細胞の放射線感受性
        増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 平山 亮一; 松本 孔貴; 鵜澤 玲子; 鈴木 実; 近藤 夏子; 楢林 正流; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2012年09月
      • がんのガドリニウム中性子捕捉療法のための局所注入用ガドペンテト酸含有キトサンナノ粒子の特性評価
        市川秀喜; 片山洋介; 三谷真也; 安藤徹; 藤本卓也; 鈴木実; 櫻井良憲; 福森義信
        キチン・キトサン研究, 2012年07月01日
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)が有効であった悪性黒色腫の1例
        米澤 理雄; 林 雄二郎; 鈴木 実
        臨床皮膚科, 2012年07月
      • ガドリニウム(Gd)中性子捕捉療法(Gd‐NCT)用Gd含有ナノ粒子の腫瘍内直接投与による腫瘍制御の可能性
        藤本卓也; 安藤徹; 鈴木実; 櫻井良憲; 藤田郁夫; 今堀正也; 秋末敏宏; 黒坂昌弘; 福森義信; 市川秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2012年06月25日
      • Present status of medical physics and engineering for reactor-based BNCT in KURRI 2012
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; H.Yoshinaga; K.Okamoto; Y.Yamamoto; K.Ono; A.Maruhashi
        3rd BNCT Trilateral Meeting (2012.6.1-2) Kumatori, 2012年06月
      • 中性子捕捉療法のためのホウ素コレステロールの開発 リポソーム化と細胞内イメージング
        中村 浩之; 三好 達郎; 立川 将士; 小金井 逸人; 鈴木 実; 小野 公二
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2012年06月
      • Present status and future plans of boron neutron capture therapy at Kyoto University Research Reactor Institute
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; K.Ono; A.Maruhashi
        World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012), TH.01/08.1-1 (2012.05.26-31) Beijing, 2012年05月
      • 局所腫瘍制御と肺転移能抑制の点から見た中性子捕捉療法における腫瘍内酸素化状況修飾の意義
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本医学放射線学会 第71回総会C218 (2012.04.12-15) 横浜, 2012年04月
      • 放射線治療 ホウ素中性子捕捉療法
        小野 公二; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 近藤 夏子; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 木梨 友子; 丸橋 晃
        Radioisotopes, 2012年04月
      • 【硼素中性子捕捉療法の最先端】 BNCTによる悪性胸膜中皮腫と肝悪性腫瘍の治療
        鈴木 実
        PET Journal, 2012年03月
      • 明細胞肉腫に対する新たな治療法としてのホウ素中性子捕捉療法
        安藤 徹; 藤本 卓也; 須藤 保; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 佐久間 淑子; 盛武 浩; 切畑 光統; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 福森 義信; 小野 公二; 市川 秀喜
        日本薬学会年会要旨集, 2012年03月
      • ホウ素脂質リポソームの中性子照射における抗腫瘍効果
        小金井 逸人; 立川 将士; 三好 達郎; 鈴木 実; 小野 公二; 中村 浩之
        日本薬学会年会要旨集, 2012年03月
      • BNCTのための石英ファイバーを用いた熱中性子モニタアレイによる二次元検出器の開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 増永慎一郎; 三澤毅; 八木貴宏; 川端祐司; 丸橋晃; 小野公二
        応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 2012年02月29日
      • 放射線治療後再発肺癌に対する硼素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 近藤 夏子; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 鈴木 修; 西山 謹司; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2012年02月
      • 燃料低濃縮化後のKUR重水中性子照射設備の照射特性
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 小野公二; 丸橋 晃
        京都大学原子炉実験所第46回学術講演会報文集, 2012年01月
      • Fluorescence-labeled closo-dodecanorate lipid: Symthesis and its liposome formation for in vivo imaging targeting to tumor on BNCT
        Nakamura H; Ueda N; Ban HS; Ueno M; Tachikawa S; Suzuki M; Masunaga S; Ono K
        Progress Report 2011, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2012年
      • Radiosensistivity and capacity to recover from radiation-induced damage in oxygenated intratumor quiescent cell population depend on p53 status
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2011, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2012年
      • Tumor growth suppression with intra-arterial administration of BSH entrapped transferring binding PEG liposome as selectiveboron carrier in VX-2 rabbit hepatic cancer model for neutron capture therapy.
        Yanagie H; Suzuki M; Sakurai Y; Inomata R; Yanagawa M; Iizuka T; Shinohara A; Mizumachi R; Murata Y; Morishita Y; Sakurai Y; Mouri K; Masunaga S; Yokoyama K; Iyomoto N; Dewi N; Sugiyama H; Nishimura R; Nakajima J; Ono M; Nakamura H; Ono K; Takahashi H
        Presented at the 15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2012年
      • Reirradiation for locally recurrent lung cancer in the chest wall with boron neutron capture therapy (BNCT): A case report.
        Suzuki M; Suzuki O; Sakurai Y; Tanaka H; Kondo N; Kinashi Y; Masunaga S; Maruhashi A; Ono K
        Presented at the 15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2012年
      • Pilot clinical studyof boron neutron capture therapy for recurrent hepatic cancer and gastric cancer.
        Yanagie H; Higashi S; Seguchi K; Ikushima I; Oyama K; Nonaka Y; Maruyama S; Hatae R; Sairenji T; Takahashi S; Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Ono K; Nakajima J; Ono M; Takahashi H; Eriguchi M
        Presented at the 15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2012年
      • Evaluation of thermal neutron irradiation field using cyclotron based neutron source for alpha autoradiography.
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Mitsumoto T; Kinashi Y; Maruhashi A; Ono K
        Presented at the 15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2012年
      • Dose estimation for internal organs in body-trunk BNCT.
        Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Masunaga S; Kinasi Y; Kondo N; Ono K; Maruhashi A
        Presented at the 15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2012年
      • Acylation of ammonioundecahydro-closo-dodecaborate(1-) with activated esters for the preparation of boron carrier.
        Hattori Y; Ueda S; Ohta Y; Mukumoto M; Uehara K; Asano T; Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Kirihata M
        Presented at the 15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2012年
      • Usefulness of combined treatment with continuous tirapazamine administration and mild temperature hyperthermia in gamma-ray irradiation, referring to lung metastatic potential.
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Maruhashi A; Ono K
        Presented at The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology (ICHO)\n& The 29th Japanese Congress of Thermal Medicine (JCTM), 2012年
      • Study on the dose evaluation at irradiation room using cyclotron based epithermal neutron source for boron neutron capture therapy
        H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; T.Mitsumoto; A.Maruhashi; K.Ono
        12th International Conference on Radiation Shielding (ICRS-12), 2012年
      • Development of two dimensional thermal neutron flux monitor using multi-wire proportional counter for boron neutron capture therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shin-ichiro Masunaga; Masahiro Hino; Yuko Kinashi; Koji Ono; Akira Maruhashi
        2012 IEEE NUCLEAR SCIENCE SYMPOSIUM AND MEDICAL IMAGING CONFERENCE RECORD (NSS/MIC), 2012年, 査読有り
      • Development of thermal neutron flux monitor using small scintillator array coupled with quartz fibers for Boron Neutron Capture Therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Yuko Kinashi; Natsuko Kondo; Yuji Kawabata; Takahiro Yagi; Tsuyoshi Misawa; Koji Ono; Akira Maruhashi
        IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, 2012年, 査読有り
      • 放射線療法の進歩と将来展望 頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実
        頭頸部癌, 2011年12月
      • 硼素中性子捕捉療法のための即発γ線測定法による硼素濃度評価下限の改善
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 小野公二; 丸橋 晃
        日本医学物理学会 第103回学術大会O-114 (2012.04.12-15) 横浜, 2011年11月
      • 中性子捕捉療法によって誘導されるDNAligaseIVによって修復されないDNA損傷
        近藤夏子; 増永慎一郎; 高橋昭久; 鈴木実; 木梨友子; 櫻井良憲; 森英一朗; 長谷川正俊; 大西武雄; 小野公二
        日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月
      • ナノ粒子アシスト型ホウ素中性子補足療法 腫瘍集積性向上のためのホウ素内包ナノ粒子の安定化と評価
        角谷 省吾; 矢口 達也; 堀口 諭吉; 鈴木 実; 小野 公二; 柳衛 宏宣; 長崎 幸夫
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2011年11月
      • 低酸素バイオロジー研究に基づく放射線生物学・放射線腫瘍学の新展開 局所腫瘍内低酸素領域の修飾が及ぼす遠隔肺転移能への影響 局所腫瘍制御と遠隔転移能抑制の同時達成に向けて
        増永 慎一郎; 松本 孔貴; 平山 亮一; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 鈴木 実; 近藤 夏子; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2011年11月
      • 原子炉熱外中性子線ビーム照射中のBNCT施行患者血中硼素-10濃度に影響し得る因子の予備的解析
        増永慎一郎; 鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 近藤夏子; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題35 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • 中性子捕捉療法によって生じるDNA二本鎖切断(DSB)はDSB修復経路の因子DNA ligase IVによって修復されない
        近藤夏子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 木梨友子; 櫻井良憲; 高橋昭久; 森 英一朗; 長谷川正俊; 大西武雄; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題28 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • 京大炉BNCT照射設備の照射特性再評価および改造検討
        櫻井良憲; 田中浩基; 吉永尚生; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 岡本賢一; 小野公二; 丸橋 晃
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題27 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • 中性子捕捉療法におけるガラス線量計を用いた線量評価の基礎的検討
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 近藤夏子; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題16 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • がん中性子捕捉療法用Gd含有キトサンナノ粒子の開発:微細化粒子を用いた抗腫瘍効果の増強に関する検討
        安藤 徹; 釆女武史; 藤本卓也; 鈴木 実; 櫻井良憲; 福森義信; 市川秀喜
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題09 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • KUR−BNCT臨床試験の重要性 ―「1日でも早い加速器の臨床的実用化に向けて」―」
        鈴木 実; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 吉永尚生; 山本由香; 岡本賢一; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題07 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • 明細胞肉腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の効果
        藤本卓也; 安藤 徹; 藤田郁夫; 今堀正也; 切畑光統; 鈴木 実; 櫻井良憲; 福森義信; 小野公二; 黒坂昌弘; 市川秀喜
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会 一般演題03 (2011.09.16-17) 徳島, 2011年09月
      • 京大原子炉実験所におけるBNCT用サイクロトロンを用いた熱外中性子源の概要
        田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 鈴木 実; 増永慎一郎; 近藤夏子; 木梨友子; 小野公二; 密本俊典
        日本原子力学会2011年秋の大会, 2011年09月
      • Overview of cyclotron-based epithermal neutron source for boron neutron capture therapy
        H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; Maruhashi, K.Ono; T.Mitsumoto
        14th International Congress of Radiation Research (ICRR-14), POS09-15 (2011.08.28-09.01) Warsaw, 2011年08月
      • Characteristic estimation for BNCT irradiation fields ? from the viewpoint of energy transfer to biological tissues
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; K.Ono; A.Maruhashi
        14th International Congress of Radiation Research (ICRR-14), POS09-12 (2011.08.28-09.01) Warsaw, 2011年08月
      • 境界領域 知っておきたい 悪性骨・軟部腫瘍におけるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        藤本 卓也; 鈴木 実; 市川 秀喜
        臨床整形外科, 2011年06月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた明細胞肉腫に対する新しい治療方法
        藤本 卓也; 安藤 徹; 須藤 保; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 盛武 浩; 杉本 徹; 佐久間 淑子; 秋末 敏宏; 切畑 光統; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 福森 義信; 小野 公二; 黒坂 昌弘; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2011年06月
      • 固形腫瘍へのアバスチン(Bevacizumab) 処理による急性低酸素細胞分画の低下と肺転移抑制効果
        増永慎一郎; 劉 勇; 田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本医学放射線学会 第70回総会C198 (2011.05.09-20) Web, 2011年05月
      • 燃料低濃縮化後の京大炉BNCT設備の照射特性(II)
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 劉 勇; 近藤夏子; ChenYi-Wei; 小野公二; 丸橋 晃
        日本医学物理学会 第101回学術大会O-090 (2011.05.09-20) Web, 2011年05月
      • ホウ素クラスター修飾ポリアミンナノ粒子の中性子捕捉療法薬剤としての評価
        長崎 健; 朱 宇翔; 馬野 正幸; 柳衛 宏宣; 切畑 光統; 櫻井 良憲; 劉 勇; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 小野 公二
        Drug Delivery System, 2011年05月
      • がん中性子捕捉療法のための高集積ホウ素ナノデバイスの開発
        立川 将士; 猪俣 竜; 三好 達郎; 潘 鉉承; 李 千萬; 柳衛 宏宣; 鈴木 実; 小田 雄介; 丸山 一雄; 中村 浩之
        Drug Delivery System, 2011年05月
      • 放射線治療の進歩と将来展望 頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実
        頭頸部癌, 2011年05月
      • ホウ素ナノデバイス型中性子捕捉治療
        中村 浩之; 松村 明; 李 千萬; 鈴木 実; 丸山 一雄; 柳衛 宏宣
        新しい医療機器研究, 2011年03月
      • 硼素中性子捕捉療法を施行した放射線治療後パンコースト腫瘍の1例
        鈴木 実; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 近藤 夏子; 劉 勇; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2011年02月
      • 悪性黒色腫に対しホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を施行した1症例
        林 雄二郎; 米澤 理雄; 鈴木 実
        皮膚の科学, 2011年02月
      • 中性子捕捉療法によって誘導されるDNAリガーゼIV修復不能なDNA損傷
        近藤夏子; 増永慎一郎; 高橋昭久; 鈴木実; 森英一朗; 仲川洋介; 小野公二; 長谷川正俊; 大西武雄
        第70回日本癌学会学術総会, 2011年
      • 二本鎖切断(DSB)修復経路を分子標的とする中性子捕捉療法の増感の検討
        近藤夏子; 増永慎一郎; 高橋昭久; 森英一朗; 鈴木実; 木梨友子; 劉勇; 長谷川正俊; 大西武雄; 小野公二
        第13回癌治療増感研究シンポジウム, 2011年
      • 中性子捕捉療法における低温度温熱処置など腫瘍内酸素化状況修飾の意義について
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 丸橋晃; 小野公二
        日本ハイパーサーミア学会第28回大会(シンポジウム6-5), 2011年
      • アバスチン処理による固形腫瘍内急性低酸素細胞分画の低下と肺転移抑制効果について
        増永慎一郎; 劉 勇; 田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        第13回癌治療増感研究シンポジウム, 2011年
      • Significance of Using a 10B-Carrier and Manipulating Intratumor Hypoxia in terms Of Local Tumor Response and Lung Metastatic Potential in Boron Neutron Capture Therapy
        S. Masunaga; Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; N. Kondo; A. Maruhashi; K. Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2011年, 査読有り
      • BSH修飾ポリアミンのホウ素中性子捕捉療法用キャリアーとしての評価
        馬野正幸; 瓜生田貴聡; 村山さゆり; 長崎健; 切畑光統; 柳衛宏宣; 櫻井良憲; 劉 勇; 増永慎一郎; 鈴木実; 小野公二
        京都大学原子炉実験所第45回学術講演会報文集, 2011年01月
      • カルボラン修復麹散/シクロデキストリン包接錯体のBNCTキャリアとしての評価
        瓜生田貴聡; 馬野正幸; 相澤結; 長崎健; 劉 勇; 櫻井良憲; 鈴木実; 増永慎一郎; 小野公二
        京都大学原子炉実験所第45回学術講演会報文集, 2011年01月
      • 二本鎖切断(DSB)修復経路を分子標的とする中性子捕捉反応効果の増感
        近藤夏子; 増永慎一郎; 鈴木実; 木梨友子; 劉 勇; ChenYi-Wei; 小野公二; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 高橋昭久; 森英一郎; 長谷川正俊; 大西武雄
        京都大学原子炉実験所第45回学術講演会報文集, 2011年01月
      • A Trial to Detect the Radio-Sensitivity of Oxygenated Tumor Cell Fractions in Quiescent Cell Populations within Solid Tumors
        Masunaga S; Nagasawa H; Liu Y; Sakurai Y; Tanaka H; Kashino G; Suzuki M; Kinashi Y; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Development of New Boron Carriers for Boron Neutron Capture Therapy (BNCT)
        Hattori Y; Mukumoto M; Ohta Y; Mizushima Y; Katsuda Y; Ueda Si; Ueda Sa; Suzuki M; Masunaga S; Ono K; Kirihata M
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Development of Dodecaborate Lipid Liposomes as Nwe Boron Vehicles for Neutron Capture Therapy
        Nakamura H; Tachikawa S; Inomata R; Miyoshi T; Ban HS; Suzuki M; Masunaga S; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Serious Radiation Necrosis after BNCT on Grade III Glioma of von Recklinghausen’s Disease – Case Report
        Ohyama K; Moritake K; Shimizu Y; Takagaki M; Tachizawa T; Tanaka H; Sakurai Y; Kinashi Y; Suzuki M; Maruhashi A; Kondo N; Masunaga S; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Boron Neutron Capture Therapy for Malibnant Brain Tumors Using Epithermal Neutrons
        Miyatake S; Kawabata S; Hiramatsu R; Hirota Y; Kuroiwa T; Sakurai Y; Tanaka H; Maruhashi A; Suzuki M; Kondo N; Masunaga S; Kinashi Y; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Boron Neutron Capture Therapy for Malignant Pleural Mesothelioma
        Suzuki M; Kondo N; Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Kinashi Y; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Influence of the Sonoporation to the Boron Neutron Capture Therapy in Oral Squamous Cell Carcinoma
        Yamamoto N; Yura Y; Kato I; Fujita Y; Okamoto M; Ono K; Maruhashi A; Suzuki M; Masunaga S; Sakurai Y
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Clinical Studies on BNCT for 2 Cases of Recurrent Head and Neck Cancer
        Kato I; Fujita Y; Yamamoto N; Ohmae M; Suzuki M; Masunaga S; Nakazawa M; Iwai S; Maruhashi A; Imahori Y; Kirihata M; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Significance of Manipulating Tumor Hypoxia and Radiation Dose Rate in Terms of Local Tumor Response and Lung Metastatic Potential
        Masunaga S; Matsumoto Y; Kashino G; Hirayama R; Liu Y; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2010, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2011年
      • Updated irradiation characteristics of the BNCT facility in Kyoto University Reactor after the fuel low-enrichment
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; K.Ono; A.Maruhashi
        6th Young Researchers Boron Neutron Capture Therapy Meeting,, 2011年
      • The characteristics of 10B distribution in solid tumors in vivo following BSH or BPA administration, referring to the responses of intratumor total and quiescent cell populations and the impact on pulmonary metastatic potential
        S.Masunaga; Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; N.Kondo; A.Maruhashi; K.Ono
        6th Young Researchers Boron Neutron Capture Therapy Meeting,, 2011年
      • Irreparable damage for DNA ligase IV induced by BNCT
        N.Kondo; S.Masunaga; A.Takahashi; Y.Sakurai; M.Suzuki; Y.Kinashi; E.Mori; K.Ono; M.Hasegawa; T.Ohnishi
        6th Young Researchers Boron Neutron Capture Therapy Meeting,, 2011年
      • Development of cyclotron-based epithermal neutron source for boron neutron capture therapyPhysics, 2011, P-7.
        H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; S.Masunaga; T.Mitsumoto; Y.Kinashi; N.Kondo; A.Maruhashi; K.Ono
        6th Japan-Korean Joint Meeting on Medical Physics, 2011年
      • Study on thermal neutron detection method using imaging plate and activation
        H.Tanaka; Y.Sakurai; M.Suzuki; S.Masunaga; A.Maruhashi; K.Ono
        18th International Conference on Medical Physics, 2011年
      • Present status of boron neutron capture therapy at Kyoto University Research Reactor Institute
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; S.Masunaga; Y.Kinashi; N.Kondo; K.Ono; A.Maruhashi
        18th International Conference on Medical Physics, 2011年
      • 【放射線治療の臨床応用】 加速器中性子源によるホウ素中性子捕捉療法の展望
        小野 公二; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 劉 勇; 近藤 夏子; 木梨 友子; 菓子野 元郎; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 丸橋 晃
        映像情報Medical, 2010年11月
      • The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with a new hypoxia-oriented 10B compund、 TX-2100 for BNCT.
        Masunaga S; Nagasawa H; Sakurai Y; Nagata K; Suzuki M; Maruhashi A; Kinashi Y; Kashino G; Tanaka H; Liu Y; Ono K
        The 14th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2010年10月25日
      • Experimental demonstration of beam Characteristics for cyclon-based epithermal neutron source (C-BENS).
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Mitsumoto T; Fujita K; Kashino G; Kinashi Y; Liu Y; Takada M; Ono K; Maruhashi A
        The 14th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2010年10月25日
      • 固形腫瘍内の酸素化休止期腫瘍細胞分画の放射線感受性及び回復能検出の試み
        増永慎一郎; 永澤秀子; 劉 勇; 櫻井良憲; 田中浩基; 菓子野元郎; 鈴木 実; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月
      • マウス悪性腫瘍組織内の血流及び硼素化合物分布における血管新生抑制剤(Avastin)の影響
        劉 勇; 鈴木 実; 菓子野 元郎; 増永 慎一郎; Chen Yi-Wei; 木梨 友子; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 近藤 夏子; 切畑 光統; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2010年10月
      • 石英ファイバーとシンチレータを用いた中性子捕捉療法用中性子モニタの開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 三澤毅; 八木貴宏; 鈴木実; 増永慎一郎; 川端祐司; 丸橋晃; 小野公二
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2010年08月27日
      • BNCTの現状と将来
        小野 公二; 鈴木 実
        日本医事新報, 2010年05月
      • 中性子捕捉療法の現状と将来
        小野 公二; 鈴木 実
        放射線生物研究, 2010年03月
      • 膀胱上皮内癌に対するホウ素中性子補捉療法による新規治療法の開発
        鈴木 実
        医科学応用研究財団研究報告, 2010年02月
      • 休止期腫瘍細胞の挙動から見た分割照射
        増永慎一郎; 鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 安藤興一; 小野公二
        第40回放射線による制癌シンポジウム, 2010年
      • ホウ素化合物の腫瘍内の分布におけるアバスチンの影響
        劉 勇; 鈴木 実; 増永慎一郎; Chen Yi-Wei; 菓子野元郎; 木梨友子; 田中浩基; 櫻井良憲; 切畑光統; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第23回学術大会, 2010年
      • アバスチン処理後の血管正常化腫瘍における急性低酸素細胞分画の解除と肺転移抑制効果
        増永慎一郎; 劉 勇; 櫻井良憲; 田中浩基; 菓子野元郎; 鈴木 実; 木梨友子; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第23回学術大会, 2010年
      • サイクロトロンベース熱外中性子源のマイクロドジメトリを用いた線量評価
        田中浩基; 櫻井良憲; 藤本望; 佐藤達彦; 鬼塚昌彦; 馬場大海; 鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 菓子野元郎; 劉 勇; 密本俊典; 丸橋晃; 小野公二
        第7回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2010年
      • 中性子捕捉療法を受けた脳腫瘍患者の酸化ストレスレベルと、被爆・治療線量、腫瘍効果および有害事象などとの関連性解析
        近藤夏子; 増永慎一郎; 鈴木実; 劉 勇; 陳 一; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 木梨友子; 宮武伸一; 小野公二
        第7回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2010年
      • マウス悪性腫瘍組織内のホウ素化合物の分布に関するγ線前照射の影響
        劉勇; 永田憲司; 増永慎一郎; 鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 小野公二
        京都大学原子炉実験所第44回学術講演会報文集, 2010年01月
      • 休止期腫瘍細胞の反応性をも加味した腫瘍内酸素化状態の操作が及ぼすγ線照射後の肺転移への影響の解析
        増永慎一郎; 松本孔貴; 平山亮一; 菓子野元郎; 田中浩基; 鈴木 実; 木梨友子; 劉 勇; 安藤興一; 小野公二
        京都大学原子炉実験所第44回学術講演会報文集, 2010年01月
      • BNCTのための多重即発γ線テレスコープシステムの可能性検討
        増永 慎一郎櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 菓子野元郎; 劉 勇; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋 晃; 小野公二
        京都大学原子炉実験所第44回学術講演会報文集, 2010年01月
      • 休止期腫瘍細胞における酸素化腫瘍細胞分画の放射線感受性の評価
        増永慎一郎; 劉 勇; 田中浩基; 櫻井良憲; 菓子野元郎; 鈴木実; 木梨友子; 小野公二; 永澤秀子
        京都大学原子炉実験所第45回学術講演会報文集, 2010年01月
      • Selective irradiation of the blood vessels differentially suppress tumor growth.
        Ono K; Masunaga S; Kianshi Y; Suzuki M; Liu Y; Tanaka H; Sakurai Y; Maruhashi A
        The 56th Annual Meeting of Radiation Research Society, 2010年
      • Effect of ?-irradiation and angiogenesis inhibitor avastin treatment on distribution of blood flow and accumulation of boron compounds in murine tumors.
        Liu Y; Nagata K; Suzuki M; Chen YW; Kashino G; Masunaga S; Kinashi Y; Tanaka H; Sakurai Y; Kirihata M; Ono K
        The 56th Annual Meeting of Radiation Research Society, 2010年
      • Detection of the radio-sensitivity of oxygenated cell fractions in quiescent cell populations within solid tumors.
        Masunaga S; Nagasawa H; Liu Y; Sakurai Y; Tanaka H; Kashino G; Suzuki M; Kinashi Y; Ono K
        The 56th Annual Meeting of Radiation Research Society, 2010年
      • Influence of manipulating tumor hypoxia including mild hyperthermia and radiation dose rate on local control and lung metastasis in radiotherapy.
        Masunaga S; Matsumoto Y; Kashino G; Hirayama R; Liu Y; Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Kinashi Y; Maruhashi A; Ono K
        The 5th Asian Congress of Hyperthermic Oncology/The 27th Japanese Congress of Thermal Medicine, 2010年
      • Significance of Employing a 10B-Carrier and Manipulating Intratumor Hypoxia in terms of Local Tumor Response and Lung Metastatic Potential in Boron Neutron Capture Therapy.
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Maruhashi A; Ono K
        The 14th International Congress of Radiation Research (ICRR), 2010年
      • Influence of manipulating intratumor oxygenation status on radiation dose-rate effect in vivo、 referring to that in quiescent tumor cell population.
        Masunaga S; Hirayama R; Uzawa A; Takata T; Tanaka H; Kashino G; Matsumoto Y; Sakurai Y; Suzuki M; Kinashi Y; Liu Y; Koike S; Maruhashi A; Ando K; Ono K
        The 49th Annual Meeting of the Particle Therapy Co-Operative Group., 2010年
      • Beam property of intense epithermal source besed on Be(p、n) reaction using cyclotron accelerrator for borron neutron capture therapy.
        Tanaka H; Sakurai Y; Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Kashino G; Liu Y; Kawabata Y; Mitsumoto T; Yajima S; Tsutsui H; Ogasawara T; Fujita K; Ono K; Maruhashi A
        The 49th Annual Meeting of the Particle Therapy Co-Operative Group., 2010年
      • Development of a Neutron Flux Monitor Using a Small Scintillator Coupled with Quartz Fiber for a Cyclotron-Based Boron Neutron Capture Therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Toshinori Mitsumoto; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Yong Liu; Yuji Kawabata; Takahiro Yagi; Tsuyoshi Misawa; Koji Ono; Akira Maruhashi
        2010 IEEE NUCLEAR SCIENCE SYMPOSIUM CONFERENCE RECORD (NSS/MIC), 2010年, 査読有り
      • 休止期腫瘍細胞の感受性をも加味した腫瘍内酸素化状態の操作処置が及ぼす放射線照射後の肺転移への影響の解析
        増永 慎一郎; 松本 孔貴; 平山 亮一; 菓子野 元郎; 田中 浩基; 鈴木 実; 木梨 友子; 劉 勇; 安藤 興一; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2009年11月
      • 頭頸部腫瘍 気管・食道浸潤への対応 広範囲に進展する頭頸部がんに対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 藤田 祐生; 大前 政利; 墨 哲郎; 岩井 聡一; 中澤 光博; 櫻井 良憲; 熊田 博明; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 丸橋 晃; 今堀 良夫; 切畑 光統; 小野 公二
        日本癌治療学会誌, 2009年09月
      • CP-751,871によるインスリン様成長因子-1受容体の抑制は非小細胞肺癌細胞の放射線感受性を増大させる(Inhibition of insulin-like growth factor-1 receptor by CP-751,871 radiosensitizes non-small cell lung cancer cells)
        岩朝 勤; 岡本 勇; 鈴木 実; 畑下 恵理奈; 山田 友紀; 福岡 正博; 小野 公二; 中川 和彦
        日本癌学会総会記事, 2009年08月
      • 京大原子炉における加速器ベース中性子捕捉療法について(III)
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 高田卓志; 増永慎一郎; 木梨友子; 密本俊典; 矢島暁; 丸橋晃; 小野公二
        医学物理 Supplement, 2009年04月
      • 頭頸部再発癌に対するBNCTの長期治療成績
        不破 信和; 古平 毅; 立花 弘之; 中村 達也; 佐藤 義高; 中原 理絵; 供田 卓也; 鈴木 実; 小野 公二
        Japanese Journal of Radiology, 2009年04月
      • 30MeV陽子Be(p,n)反応による硼素中性子捕捉療法用熱外中性子源の開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 高田卓志; 増永慎一郎; 菓子野元郎; LIU Yong; 木梨友子; 丸橋晃; 小野公二; 密本俊典; 矢島暁; 筒井裕士
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2009年03月
      • 加速器中性子源導入による硼素中性子捕捉療法(BNCT)の臨床的品質保証体制
        鈴木 実; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 劉 勇; 菓子野 元郎; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2009年02月
      • Hypoxia Manipulation in Solid Tumors has the Potential to Influence Lung Metastases In Vivo
        S. Masunaga; Y. Matumoto; R. Hirayama; G. Kashino; M. Suzuki; Y. Kinashi; Y. Liu; K. Ando; K. Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2009年
      • γ線又は加速重イオン線照射後の腫瘍の酸素化状態が及ぼす放射線損傷からの回復現象への影響
        増永慎一郎; 平山亮一; 鵜澤玲子; 安藤興一; 小池幸子; 菓子野元郎; 鈴木 実; 木梨友子; 劉 勇; 小野公二
        日本医学放射線学会第68回総会, 2009年
      • 分泌性因子を介したバイスタンダー効果による突然変異誘発機構
        菓子野元郎; 熊谷純; 劉 勇; 鈴木実; 木梨友子; 増永慎一郎; 渡邉正己; 小野公二
        日本放射線影響学会第52回大会, 2009年
      • Ku80欠損細胞におけるH2AX2フォーカス計測によるγ線照射後のDNA損傷の評価
        木梨友子; 菓子野元郎; 劉 勇; 鈴木実; 増永慎一郎; 高橋千太郎; 小野公二; 岡安隆一
        日本放射線影響学会第52回大会, 2009年
      • サイクロトロン加速器を用いたNCT用熱外中性子源の開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 高田卓志; 増永慎一郎; 菓子野元郎; LIU Yong; 木梨友子; 密本俊典; 矢島暁; 筒井裕士; 丸橋晃; 小野公二
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2009年01月
      • Spring-8放射光のスリット状照射による細胞への影響
        菓子野元郎; 鈴木雅雄; 近藤威; 梅谷啓二; 成山展照; 福本学; 劉 勇; 鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 田中浩基; 丸橋晃; 渡邉正巳; 小野公二
        第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2009年
      • 癌治療生物学における休止期腫瘍細胞の特性と中性子捕捉療法との関係について
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 菓子野元郎; 鈴木 実; 永田憲司; 高垣政雄; 木梨友子; 劉 勇; 田中浩基; 丸橋 晃; 小野公二
        若手放射線生物学研究会主催、平成21年度京都大学原子炉実験所専門研究会、放射線がん治療の向上に資する生物学的研究、局所制御から生存率の制御・生存の質の向上へ, 2009年
      • がんの治療生物学から見た中性子捕捉療法の特徴
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 菓子野元郎; 鈴木 実; 永田憲司; 木梨友子; 劉 勇; 田中浩基; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第22回学術大会, 2009年
      • 遠隔制御も加味した局所腫瘍制御のための中性子捕捉療法の可能性について
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 鈴木 実; 菓子野元郎; 田中浩基; 木梨友子; 劉 勇; 丸橋 晃; 小野公二
        第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2009年
      • 生体組織へのエネルギー付与の観点からのBNCT照射場の特性比較
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 劉 勇; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋 晃
        第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2009年
      • 加速器中性子源による硼素中性子捕捉療法(BNCT)の治療手順(案)
        鈴木 実; 田中浩基; 櫻井良憲; 劉 勇; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋 晃
        第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2009年
      • 京大原子炉実験所におけるサイクロトロンベース熱外中性子源の中性子発生に関する実験的検証
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 菓子野元郎; 劉 勇; 藤井孝明; 密本俊典; 矢島 暁; 筒井裕士; 佐藤岳実; 浅野智之; 丸橋 晃; 小野公二; 丸橋 晃
        第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2009年
      • 中性子捕捉療法における正常組織の生物効果の特性
        木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 劉 勇; 菓子野元郎; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第22回学術大会, 2009年
      • マウス扁平上皮癌内のホウ素化合物の分布におけるガンマ線前照射の影響
        劉 勇; 永田憲司; 増永慎一郎; 鈴木実; 菓子野元郎; 木梨友子; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 小野公二
        第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2009年
      • 放射線照射による分泌性因子を介した突然変異誘発機構
        菓子野元郎; 熊谷 純; 劉 勇; 鈴木実; 木梨友子; 増永慎一郎; 渡邉正己; 小野公二
        若手放射線生物学研究会主催、平成21年度京都大学原子炉実験所専門研究会、放射線がん治療の向上に資する生物学的研究、局所制御から生存率の制御・生存の質の向上へ, 2009年
      • Oxygenation status in irradiated tumors can produce an effect on recovery from radiation-induced damage in vivo.
        Masunaga S; Hirayama R; Ando K; Uzawa A; Koike S; Kashino G; Suzuki M; Kinashi Y; Liu Y; Ono K
        The Fourth International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Radio-Oncology., 2009年
      • Oxygenation Status in Irradiated Tumors Can Produce an Effect on Recovery from Radiation-induced Damage in vivo
        S. Masunaga; R. Hirayama; K. Ando; A. Uzawa; S. Koike; G. Kashino; M. Suzuki; Y. Kinashi; Y. Liu; K. Ono
        Radiother. Oncol.、 90、 Suppl 3, 2009年
      • Measurement of the Thermal Neutron Distribution in a Water Phantom Using a Cyclotron Based Neutron Source for Boron Neutron Capture Therapy
        Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Minoru Suzuki; Shinichiro Masunaga; Toshinori Mitsumoto; Satoru Yajima; Hiroshi Tsutsui; Takemi Sato; Tomoyuki Asano; Genro Kashino; Yuko Kinashi; Yong Liu; Koji Ono; Akira Maruhashi
        2009 IEEE NUCLEAR SCIENCE SYMPOSIUM CONFERENCE RECORD, VOLS 1-5, 2009年, 査読有り
      • A feasibility study on multi prompt-gamma-ray telescope system for boron neutron capture therapy
        Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; G. Kashino; Y. Kinashi; S. Masunaga; K. Ono; A. Maruhashi
        IFMBE Proceedings, 2009年, 査読有り
      • 放射線照射やシスプラチン投与時の併用薬剤としてのヘキサメチレンテトラミンの有用性
        増永慎一郎; 田野恵三; 渡邉正己; 菓子野元郎; 鈴木実; 小野公二; 木梨友子; 中村純
        日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年11月, 査読有り
      • 免疫蛍光染色法によるホウ素-10化合物分布の検索
        劉 勇; 鈴木 実; 菓子野 元郎; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 切畑 光統; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2008年11月
      • 硼素中性子捕捉療法は再発悪性グリオーマの生命予後改善に貢献しているか?
        宮武 伸一; 川端 信司; 横山 邦生; 黒岩 敏彦; 道上 宏之; 桜井 良憲; 鈴木 実; 丸橋 晃; 切畑 光統; 小野 公二
        日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 2008年10月
      • BNCTのための30MeV陽子Be(p,n)反応を用いた熱外中性子源
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 高田卓志; 菓子野元郎; 小野公二; 丸橋晃
        応用物理学会学術講演会講演予稿集, 2008年09月
      • Optimization of epithermal neutron beam using cyclotron-based neutron source for boron neutron capture therapy
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; T. Takata; S. Masunaga; G. Kashino; Y. Liu; Y. Kinashi; T. Mitsumoto; S. Yajima; H. Tsutsui; A. Maruhashi; K. Ono
        Proc. of 5th Korea-Japan Joint Meeting on Med. Phys.,PS1-ROOM3-3(2008), 2008年09月
      • A Feasibility Study for Post-Irradiation Dose Estimation in Boron Neutron Capture Therapy
        Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Yuko Kinashi; Shin-ichiro Masunaga; Akira Maruhashi; Koji Ono
        Proc. of 5th Korea-Japan Joint Meeting on Med. Phys.,PS1-ROOM3-2(2008), 2008年09月
      • 肺癌細胞株におけるYM155の放射線感受性増強作用の検討(Radiosensitizing effect of YM155, a novel small molecule survivin suppressant, in non small cell lung cancer cell lines)
        岩朝 勤; 岡本 勇; 鈴木 実; 中原 崇人; 山中 堅太郎; 畑下 恵理菜; 山田 友紀; 福岡 正博; 小野 公二; 中川 和彦
        日本癌学会総会記事, 2008年09月
      • 癌の粒子線治療・各療法の特徴とその将来を展望する IGRT時代における硼素中性子捕捉療法(BNCT)の役割(Particle Beam Therapies for Cancer: Advantage of each Treatment and their Future Role of boron neutron capture therapy (BNCT) in IGRT era)
        鈴木 実; 菓子野 元郎; 劉 勇; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本癌学会総会記事, 2008年09月
      • 京大原子炉実験所における硼素中性子捕捉療法システムの高度化―原子炉ベースシステムと加速器ベースシステムの共存―
        櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 鈴木実; LIU Yong; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋晃
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2008年08月
      • 当院における子宮頸癌に対する根治的放射線治療
        中松清志; 鈴木実; 廣井啓二; 小池竜太; 大久保充; 西川龍之; 金森修一; 柴田徹; 西村恭昌; 松本賢治; 新谷直也; 奥村雅彦
        日本放射線腫よう学会誌, 2008年06月25日
      • ホウ素中性子捕捉療法が口腔扁平上皮癌の細胞周期に及ぼす影響 p53が野生型と変異型で治療効果に及ぼす影響
        藤田 祐生; 神田 哲聡; 加藤 逸郎; 中澤 光博; 小野 公二; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 大西 武雄; 大西 健; 由良 義明
        頭頸部癌, 2008年05月
      • ホウ素中性子捕捉療法後の末梢血リンパ球におけるマイクロヌクレウスの出現頻度の評価
        木梨 友子; 櫻井 良憲; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 永田 憲司; 小野 公二
        日本放射線腫瘍学会誌, 2008年03月
      • 加速器中性子源が硼素中性子捕捉療法に与えるimpact 悪性胸膜中皮腫症例を中心に
        鈴木 実; 田中 浩基; 菓子野 元郎; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2008年02月
      • 微小平板ビーム療法における殺細胞効果の解析
        菓子野元郎; 近藤 威; 栗原 愛; 福本 学; 劉 勇; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年
      • 低温度温熱処置による固形腫瘍特に休止期腫瘍細胞における放射線損傷からの回復の効率的抑制効果について
        増永慎一郎; 永田憲司; 鈴木実; 菓子野元郎; 木梨友子; 小野公二
        日本ハイパーサーミア学会第25回大会, 2008年
      • 硼素中性子捕捉療法専用加速器導入のためのコミッショニング試験
        櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 鈴木 実; 劉 勇; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋 晃
        日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年
      • 悪性胸膜中皮腫に対する硼素中性子捕捉療法(BNCT):加速器BNCTと原子炉BNCTの比較
        鈴木 実; 田中浩基; 櫻井良憲; 劉 勇; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年
      • 京都大学原子炉実験所におけるBNCTのためのQAプログラムの整備
        櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 鈴木実; 劉 勇; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋 晃
        第5回中性子捕捉療法学会学術大会, 2008年
      • 京大原子炉におけるNCT用サイクロトロンベース熱外中性子源の中性子ビーム性能について
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木実; 高田卓志; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 密本俊典; 矢島 暁; 筒井祐士; 丸橋 晃; 小野公二
        第5回中性子捕捉療法学会学術大会, 2008年
      • A feasibility study of dose estimation with SPECT technique after BNCT irradiation
        Y.Sakurai; H.Tanaka; M.Suzuki; Y.Kinashi; S.Masunaga; A.Maruhashi; K.Ono
        Proceedings of the 13th International Congress on Neutron Capture Therapy, Italian National Agency for New Technologies, Energy and the Environment (ENEA), pp. 700-703., 2008年, 査読有り
      • DMSOによる放射線防護効果はDNA-PK依存的修復に依存する
        菓子野元郎; 漆原あゆみ; 児玉清司; 小林純也; 劉 勇; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線影響学会第51回大会, 2008年
      • 頭部照射時にマウス脾細胞に認められたバイスタンダー効果
        木梨友子; 田中浩基; 鈴木 実; 菓子野元郎; 劉 勇; 増永慎一郎; 小野公二; 高橋千太郎
        日本放射線影響学会第51回大会, 2008年
      • IMRT、 IGRT eraにおけるBNCT
        鈴木実; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二
        第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年
      • The Potential of Transferrin-polyethyleneglycol Liposomes Encapsulating GB-10 as 10B-carriers for Boron Neutron Capture Therapy
        S. Masunaga; S. Kasaoka; K. Maruyama; D. Nigg; Y. Sakurai; K. Nagata; M. Suzuki; G. Kashino; Y. Kinashi; H. Tanaka; A. Maruhashi; K. Ono
        Proc. 13th Int. Congress on Neutron Capture Therapy、 ”A New Opinion against Cancer”, 2008年
      • The Accelerator Based BNCT Project in Kyoto University Reactor Institute.
        Ono K; Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Kashino G; Tanaka H; Sakurai Y; Maruhashi A; Miyatake S; Kawabata S; Kato I; Hiratsuka J; Aihara T; Kirihata M; Asano T; Suzuki T; Mitsumoto T; Yajima S; Sato T
        the 13th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2008年
      • Measurement of BPA in the Blood by Fluorometry
        K. Ono; G. Kashino; M. Suzuki; S. Masunaga; Y. Kinashi; N. Fujii
        13th Int. Congress on Neutron Capture Therapy、 ”A New Opinion against Cancer”, 2008年
      • Epithermal Neutron Generator Based on Be(p、n) Reaction Using 30 MeV Proton Cyclotron Accelerator at KURRI
        H. Tanaka; Y. Sakurai; M. Suzuki; S. Masunaga; Y. Kinashi; T. Takata; G. Kashino; T. Mitsumoto; S. Yajima; H. Tsutsui; A. Maruhashi; K. Ono
        13th Int. Congress on Neutron Capture Therapy、 ”A New Opinion against Cancer”, 2008年
      • Bystander Effect Induced Mutagenicity in HPRT Locus of CHO Cells Followed BNCT Neutron Irradiation
        Y. Kinashi; M. Suzuki; S. Masunaga; K. Ono
        13th Int. Congress on Neutron Capture Therapy、 ”A New Opinion against Cancer”, 2008年
      • Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) for Diffuse or Multiple Pleural Tumors: Case Reports of Two Cases
        M. Suzuki; K. Endo; H. Sato; Y. Sakurai; H. Kumada; H. Kimura; S. Masunaga; Y. Kinashi; K. Nagata; A. Maruhashi; K. Ono
        13th Int. Congress on Neutron Capture Therapy、 ”A New Opinion against Cancer”, 2008年
      • ラットグリオーマにおける硼素中性子捕捉療法(BNCT)の早期効果 活性型マクロファージの抑制
        中川 修宏; 赤井 文治; 布川 知史; 鈴木 実; 小野 公二; 加藤 天美
        日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 2007年10月
      • 硼素中性子捕捉療法の体幹部腫瘍への適応拡大
        鈴木 実; 永田 憲司; 木梨 友子; 菓子野 元郎; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 丸橋 晃; 小野 公二; 櫻井 良憲
        日本癌治療学会誌, 2007年09月
      • 承認医療としての確立を目指した加速器中性子源による中性子捕捉療法の治験計画
        小野 公二; 丸橋 晃; 鈴木 実; 増永慎一郎; 田中浩基; 木梨友子; 佐藤岳実; 密本俊典; 浅野智之
        第4回中性子捕捉療法学会学術大会, 2007年08月
      • 新規抗癌剤TZT-1027の放射線増感性について(The novel microtubule-interfering agent TZT-1027 enhances the anticancer effect of radiation in vitro and in vivo)
        明石 雄策; 岡本 勇; 鈴木 実; 田村 研治; 岩朝 勤; 佐藤 太郎; 福岡 正博; 小野 公二; 中川 和彦
        日本癌学会総会記事, 2007年08月
      • 肝腫瘍ならびに悪性胸膜中皮腫に対するPolymer結合型HVJ-envelope製剤を用いたBNCTの基礎的検討(Basic Investigation of BNCT with HVJ-envelope for Liver metastasis and Malignant Pleural Mesothelioma)
        李 千萬; 金田 安史; 藤井 仁; 北川 透; 西田 俊朗; 中井 啓; 松村 明; 鈴木 実; 小野 公二; 田畑 泰彦; 澤 芳樹
        日本癌学会総会記事, 2007年08月
      • p53変異型口腔扁平上皮癌細胞に対するBNCTの効果に関する検討
        藤田 祐生; 神田 哲聡; 加藤 逸郎; 中澤 光博; 小野 公二; 鈴木 実; 大西 武雄; 大西 健; 由良 義明
        日本癌学会総会記事, 2007年08月
      • Stage III乳癌の温存乳腺に対する放射線治療
        金森修一; 中松清志; 大久保充; 小池竜太; 廣井啓二; 柴田徹; 増永慎一郎; 鈴木実; 西村恭昌
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2007年02月28日
      • 硼素化合物封入イムノリポソームを用いた硼素中性子捕捉療法の基礎的検討
        永田 憲司; 鈴木 実; 笠岡 敏; 菓子野 元郎; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 福本 学; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2007年02月
      • 硼素中性子捕捉療法を施行した肺肉腫の1例
        鈴木 実; 熊田 博明; 櫻井 良憲; 永田 憲司; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2007年02月
      • 低減線量率γ線照射下における連続的Tirapazamine投与時に併用された低温度温熱処置の有用性
        増永慎一郎; 永澤秀子; 宇都義浩; 堀 均; 永田憲司; 鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 小野公二
        日本ハイパーサーミア学会第24回大会, 2007年
      • 硼素中性子捕捉療法による悪性胸膜中皮腫に対する基礎的検討
        鈴木実; 菓子野元郎; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二
        第13回癌治療増感研究会, 2007年
      • 休止期細胞反応も加味した加速炭素イオン線高線量率照射の抗腫瘍効果
        増永慎一郎; 鵜澤玲子; 平山亮一; 安藤興一; 古澤佳也; 永田憲司; 鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第20回学術大会, 2007年
      • γ線及び原子炉中性子線照射と比較した休止期腫瘍細胞反応を加味した加速炭素イオン線照射の抗腫瘍効果解析
        増永慎一郎; 安藤興一; 鵜澤玲子; 平山亮一; 古澤桂也; 櫻井良憲; 永田憲司; 鈴木実; 菓子野元郎; 木梨友子; 丸橋晃; 小野公二
        日本放射線影響学会第50回大会, 2007年
      • 中性子捕捉療法におけるバイスタンダー効果により誘発された突然変異に対する防護剤の効果
        木梨友子; 鈴木実; 菓子野元郎; 増永慎一郎; 小野公二
        第4回中性子捕捉療法学会学術大会, 2007年
      • 悪性胸膜中皮腫に対する硼素中性子捕捉療法のPhase I studyプロトコールの検討
        鈴木実; 田中浩基; 菓子野元郎; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第20回学術大会, 2007年
      • 京大炉とJRR4における照射場の線量評価の比較について
        田中浩基; 高田卓志; 丸橋 晃; 鈴木 実; 菓子野元郎; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 櫻井良憲; 熊田博明
        平成18年度京都大学原子炉実験所専門研究会, 2007年
      • 京大グループのJRR4におけるBNCT症例(その他)
        鈴木 実; 菓子野元郎; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 田中浩基; 丸橋 晃; 井上匡美; 李 千萬; 佐藤浩明; 木村吉宏; 有吉靖則; 熊田博明; 櫻井良憲
        平成18年度京都大学原子炉実験所専門研究会, 2007年
      • GB-10封入トランスフェリンPEGリポソームの有用性について
        増永慎一郎; 笠岡 敏; 丸山一雄; David Nigg; 櫻井良憲; 永田憲司; 鈴木 実; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        平成18年度京都大学原子炉実験所専門研究会, 2007年
      • 膀胱上皮内癌に対する硼素中性子捕捉療法の提案
        鈴木 実; 田中浩基; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 小野公二
        第4回中性子捕捉療法学会学術大会, 2007年
      • サイクロトロン加速器を用いたBe(p、n) 中性子源とKURとの線量分布の比較検討
        田中浩基; 高田卓志; 鈴木実; 菓子野元郎; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 櫻井良憲; 丸橋晃
        第4回中性子捕捉療法学会学術大会, 2007年
      • γ線及び加速炭素イオン線照射と比較した休止期腫瘍細胞反応を加味した原子炉中性子線照射の抗腫瘍効果解析
        増永慎一郎; 安藤興一; 鵜澤玲子; 平山亮一; 櫻井良憲; 鈴木実; 小野公二
        第4回中性子捕捉療法学会学術大会, 2007年
      • KURで行われた症例での患者の照射体位と動き・ずれについての評価
        櫻井良憲; 鈴木実; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 丸橋晃; 永田憲司
        第4回中性子捕捉療法学会学術大会, 2007年
      • DMSOによる放射線防護効果の機構
        菓子野元郎; 鈴木 実; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 渡邉正巳
        日本放射線影響学会第50回大会, 2007年
      • ビタミンC配糖体負荷によるマウス脾細胞における放射線照射後のアポトーシス抑制効果と抗酸化酵素活性の変化
        木梨友子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 菓子野元郎; 小野公二
        日本放射線影響学会第50回大会, 2007年
      • 悪性胸膜中皮腫に対するDDS 製剤を用いたホウ素中性子療法(BNCT)の 開発に関する基礎的検討
        李千萬; 北川透; 藤井仁; 中井啓; 塩野裕之; 奥村明之進; 西田俊朗; 鈴木実; 田畑泰彦; 小野公二; 松村明; 金田安史; 澤芳樹
        第107 回日本外科学会定期学術集会パネルディスカッション(2007.4.13.大 阪), 2007年, 査読有り
      • Boron neutron capture therapy suppressed growth of orthotopic experimental malignant plural mesothelioma tumor.
        Suzuki M; Nagata K; Masunaga S; Kinashi Y; Kashino G; Ono K
        The 100th Anniversary of Tohoku University\nThe 5th Japan-US Cancer Therapy Symposium and The 5th S.Takahashi Memorial International Joint Symposium, 2007年
      • Research of boron neutron capture therapy (BNCT) for cancer at Kyoto University Reactor (KUR).
        Ono K; Masunaga S; Suzuki M; Nagata K; Kinashi Y; Maruhashi A; Sakurai Y; Miyatake S; Hiratsuka J; Kato I
        the 13th International Congress of Radiation Research, 2007年
      • Inhibition of repair of radiation-induced damage by mild hyperthermia with reference to the effect on quiescent cells in solid tumors.
        Masunaga S; Nagata K; Suzuki M; Kashino G; Kinashi Y; Ono K
        the 13th International Congress of Radiation Research, 2007年
      • The PCC assay can be used to predict radiosensitivity in biopsy cultures irradiated with different types of radiation
        Masao Suzuki; Chizuru Tsuruoka; Takashi Nakano; Tatsuya Ohno; Yoshiya Furusawa; Ryuichi Okayasu
        Oncology Reports, 2006年12月
      • 体幹部定位放射線治療ガイドライン
        芦野 靖夫; 池田 恢; 伊藤 彬; 内田 信恵; 遠藤 真広; 奥村 雅彦; 金井 達明; 国枝 悦夫; 白土 博樹; 高橋 豊; 西尾 禎治; 保科 正夫; 蓑原 伸一; 柳川 繁雄; 平岡 眞寛; 白〓 博樹; 大西 洋; 五味 光太郎; 小久保 雅樹; 永田 靖; 高山 賢二; 鈴木 実; 羽生 裕二; 高井 良尋; 唐澤 克之; 石倉 聡; 木村 智樹; 青山 裕一; 佐々木 潤一; 池田 剛; 遠山 尚紀; 遠藤 裕二; 矢野 慎輔; 橋本 竹雄; 河野 良介; 森 慎一郎; 橘 昌幸; 山下 幹子; 館岡 邦彦; 佐野 尚樹; 大山 正哉; 藤田 勝久; 成田 雄一郎; 川守田 龍; 西尾 禎治; 黒岡 将彦; 荒木 不次男; 水野 秀之; 高橋 豊; 南部 秀和; 吉浦 隆雄; 後藤 紳一; 渡辺 良晴; 小宮山 貴史
        The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌, 2006年03月31日
      • Evaluation of bioreductive agent-sodium borocaptate-10B hybrid compounds, as 10B-carriers in boron neutron capture therapy
        S Masunaga; H Nagasawa; K Gotoh; Y Uto; Y Sakurai; H Hori; K Nagata; M Suzuki; A Maruhashi; Y Kinashi; K Ono
        RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 2006年03月
      • 悪性脳腫瘍に対する硼素中性子捕捉療法[細胞生物学targeting可能な唯一の放射線治療法]
        宮武 伸一; 横山 邦生; 土居 温; 飯田 恭子; 宮田 至朗; 川端 信司; 梶本 宜永; 黒岩 敏彦; 浅野 智之; 切畑 光統; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 丸橋 晃; 小野 公二
        定位的放射線治療, 2006年02月
      • 18FBPA-PETを用いた,頭頸部腫瘍に対する中性子捕捉療法時の腫瘍内硼素濃度の算出について
        永田 憲司; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 平塚 純一; 今堀 良夫; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2006年02月
      • 悪性胸膜中皮腫に対する硼素中性子捕捉療法の基礎的検討
        鈴木 実; 櫻井 良憲; 永田 憲司; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2006年02月
      • 体幹部腫瘍に対する中性子捕捉療法におけるγ線テレスコープを用いた線量評価 (第40回京都大学原子炉実験所学術講演会)
        櫻井 良憲; 鈴木 実; 丸橋 晃
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2006年01月
      • 悪性胸膜中皮腫に対する硼素中性子捕捉療法の適応拡大に向けての基礎的検討 (第40回京都大学原子炉実験所学術講演会)
        鈴木 実; 櫻井 良憲; 永田 憲司
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2006年01月
      • Feasibility of Boron Neutron Capture Therapy for Malignant Pleural Mesothelioma from a Viewpoint of Dose Distribution Analysis
        M. Suzuki; Y. Sakurai; S. Masunaga; Y. Kinashi; K. Nagata; A. Maruhashi; K. Ono
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • Estimation of Intratumor Boron Concentration of Boron Neutron Capture Therapy for Head and Neck Tumors Using 18FBPA-PET Image
        K. Nagata; Y. Sakurai; M. Suzuki; Y. Kinashi; S. Masunaga; N. Morita; T. Aihara; J. Hitratsuka; Y. Imahori; A. Maruhashi; K. Ono
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • Tirapazamine投与及びγ線照射感受性に対する血管標的物質ZD6126投与による影響は投与後の経過時間と腫瘍の大きさに依存する
        増永慎一郎; 永澤秀子; 永田憲司; 鈴木実; 宇都義浩; 堀 均; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第19回学術大会, 2006年
      • 悪性胸膜中皮腫に対する新規治療法としての硼素中性子捕捉療法の可能性
        鈴木 実; 櫻井良憲; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋 晃; 小野公二
        第3回日本粒子線治療臨床研究会, 2006年
      • 胸膜中皮腫に対する硼素中性子捕捉療法と18FBPA-PETの有用性についての初期経験
        永田憲司; 鈴木 実; 櫻井良憲; 木梨友子; 増永慎一郎; 木村弘之; 奥村節子; 遠藤和夫; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第19回学術大会, 2006年
      • 低?中線量率γ線又は原子炉熱中性子線照射時における低酸素細胞毒投与併用の意義
        増永慎一郎; 永澤秀子; 宇都義浩; 櫻井良憲; 堀 均; 永田憲司; 鈴木実; 丸橋晃; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線影響学会第49回大会, 2006年
      • The Usefulness of Tirapazamine Combined with Reduced Dose Rate Irradiation Using Gamma-rays or Reactor Neutrons、 Referring to the Effects on Intratumor Quiescent Tumor Cells
        S. Masunaga; Y. Sakurai; K. Nagata; M. Suzuki; A. Maruhashi; Y. Kinashi; H. Nagasawa; Y. Uto; H. Hori; K. Ono
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • Neutron Irradiation under Continuous BPA Injection for Solving the Problem of Heterogeneous Distribution of BPA
        K. Ono; S. Masunaga; Y. Kinashi; K. Nagata; M. Suzuki; Y. Sakurai; A. Maruhashi; I. Kato; M. Nakazawa; Y. Ariyoshi; Y. Kimura
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • Effect of the P53 Gene Status on the Sensitivity Oral Squamous Cell Carcinoma Cells to Boron Neutron Capture Therapy
        Y. Fujita; A. Kamida; I. Kato; K. Ono; M. Suzuki; Y. Sakurai; T. Ohnishi; K. Ohnishi; Y. Yura
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • Dose Estimation with Gamma-ray Telescope System in Neutron Capture Therapy for Liver Tumors
        Y. Sakurai; M. Suzuki; A. Maruhashi; K. Nagata; S. Masunaga; Y. Kinasjhi; K. Ono
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 20th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • Clinical Results of BNCT for Malignant Gliomas Using BSH and BPA Simultaneously
        S. Miyatake; S. Kawabata; Y. Kajimoto; K. Yokoyama; A. Doi; K. Iida; T. Kuroiwa; Y. Imahori; M. Kirihata; Y. Sakurai; A. Maruhashi; S. Masunaga; K. Nagata; M. Suzuki; K. Ono
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • 2-O-alpha-D-Glucopytanosyl L-ascorbic Acid reduced Mutagenicity at HPRT Locus of Mouse Splenocytes Following BNCT
        Y. Kinashi; S. Masunaga; M. Suzuki; K. Nagata; K. Ono
        Advances in Neutron Capture Therapy 2006 (Proc. 12th International Conference on Neutron Capture Therapy), 2006年
      • The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with a newly-developed hypoxia-oriented 10B-carrier、 TX-2100、 for boron neutron capture therapy.
        Masunaga S; Nagasawa H; Sakurai Y; Uto Y; Hori H; Nagata K; Suzuki M; Ono K
        the 4th Asian Congress of Hyperthermic Oncology (ACHO), 2006年
      • BNCT for liver tumors.
        Suzuki M; Masunaga S; Kinashi Y; Nagata K; Sakurai Y; Maruhashi A; Ono K
        the First Asian Congress of Radiation Research, 2005年11月16日
      • 放射線治療効果の向上を目指した新手法開発とその臨床応用 肝悪性腫瘍に対する硼素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 永田 憲司; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2005年11月
      • The usefulness of continuous administration of hypoxic cytotoxin combined with mild temperature hyperthermia, with reference to the effects on quiescent cell populations in solid tumors
        S. Masunaga; H. Nagasawa; Y. Uto; H. Hori; M. Suzuki; K. Nagata; Y. Kinashi; K. Ono
        EJC SUPPLEMENTS, 2005年10月
      • Patterns of local-regional recurrence in patients with head and neck cancer treated by parotid-sparing IMRT
        Y. Nishimura; K. Nakamatsu; T. Shibata; S. Kanamori; R. Koike; M. Suzuki; K. Mori
        EJC SUPPLEMENTS, 2005年10月
      • A clinical study of intensity modulated radiotherapy (IMRT) using the simultaneous integrated boost method for malignant gliomas
        K. Nakamatsu; Y. Nishimura; M. Suzuki; K. Okajima; F. Akai
        EJC SUPPLEMENTS, 2005年10月
      • Sodium Borocaptate(BSH)/Lipiodol emulsionの肝動注は,ホウ素中性子捕捉療法において高い選択性をもってB-10を肝腫瘍へ運搬する ラット肝モデルにおける実験的研究(Intra-arterial Administration of Sodium Borocaptate (BSH)/ Lipiodol Emulsion Delivers B-10 to Liver Tumors Highly Selectively for Boron Neutron Capture Th
        鈴木 実; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 永田 憲司; 櫻井 良憲; 中松 清志; 西村 恭昌; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線腫瘍学会誌, 2005年10月
      • 多発肝細胞癌に硼素中性子捕捉療法(BNCT)を施行した1例
        鈴木 実; 永田 憲司; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線腫瘍学会誌, 2005年10月
      • 粒子線,IMRTのあたらしい放射線治療 頭頚部腫ように対するIMRT:再発形式の検討
        西村恭昌; 中松清志; 金森修一; 柴田徹; 小池竜太; 鈴木実
        日本癌治療学会誌, 2005年09月22日
      • T4乳癌に対する乳切後胸壁照射の初期成績
        金森修一; 柴田徹; 中松清志; 小池竜太; 増永慎一郎; 鈴木実; 西村恭昌
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2005年02月25日
      • 頭頚部腫ように対するIMRT:唾液腺障害と再発形式の検討
        西村恭昌; 中松清志; 柴田徹; 金森修一; 小池竜太; 鈴木実
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2005年02月25日
      • IV期食道癌に対する化学放射線療法
        小池竜太; 西村恭昌; 中松清志; 金森修一; 柴田徹; 鈴木実
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2005年02月25日
      • 中性子捕捉療法における低酸素細胞指向性硼素-10化合物の有用性について
        増永 慎一郎; 永澤 秀子; 櫻井 良憲; 宇都 義浩; 堀 均; 永田 憲司; 鈴木 実; 丸橋 晃; 木梨 友子; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2005年02月
      • 硼素中性子捕捉療法症例のDose volume histogram(DVH)解析
        鈴木 実; 櫻井 良憲; 永田 憲司; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2005年02月
      • Analysis of interfractional set-up errors and intrafractional organ motions during IMRT for head and neck cancers to define an appropriate PTV-margin
        M Suzuki; Y Nishimura; K Nakamatsu; M Okumura; H Hashiba; R Koike; S Kanamori; T Shibata
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2005年
      • 低酸素細胞毒(Tirapazamine、 TX402)投与における血管標的物質ZD612併用の意義
        増永慎一郎; 永澤秀子; 堀 均; 宇都義浩; 永田憲司; 鈴木 実; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第18回学術大会, 2005年
      • 中性子捕捉療法時の全身被ばく線量測定と急性期放射線副作用\n\n中性子捕捉療法時の全身被ばく線量測定と急性期放射線副作用
        木梨友子; 鈴木実; 永田憲司; 増永慎一郎; 小野公二
        第64回日本医学放射線学会学術集会, 2005年
      • 悪性腫瘍に対する動脈塞栓術を利用した硼素中性子捕捉療法の基礎的検討
        鈴木 実; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 櫻井良憲; 丸橋 晃
        第11回癌治療増感研究会, 2005年
      • KURでの多発肝腫瘍BNCTにおける線量評価
        櫻井良憲; 鈴木 実; 永田憲司; 増永慎一郎; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二; 工藤正俊
        第2回日本中性子捕捉療法研究会, 2005年
      • 硼素中性子捕捉療法のDose Volume Histogram (DVH) 解析
        鈴木 実; 櫻井良憲; 永田憲司; 増永慎一郎; 木梨友子; 小野公二; 丸橋 晃
        日本医学放射線学会第64回学術発表会, 2005年
      • 頭頚部癌に対するタキソテールと放射線治療の同時併用療法の第I,II相臨床試験
        鈴木実; 小池竜太; 中松清志; 金森修一; 柴田徹; 西村恭昌
        日本放射線腫よう学会誌, 2004年11月
      • SIB法を用いた悪性神経こう腫に対するIMRT
        中松清志; 金森修一; 小池竜太; 柴田徹; 鈴木実; 岡島馨; 西村恭昌
        日本放射線腫よう学会誌, 2004年11月
      • Biodistribution of B-10 in a rat liver tumor model following intra-arterial administration of sodium borocaptate (BSH) degradable starch microspheres (DSM) emulsion
        M Suzuki; K Nagata; S Masunaga; Y Kinashi; Y Sakurai; A Maruhashi; K Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2004年11月
      • Ascorbic acid reduced mutagenicity at the HPRT locus in CHO cells against thermal neutron radiation
        Y Kinashi; Y Sakurai; S Masunaga; M Suzuki; K Nagata; K Ono
        APPLIED RADIATION AND ISOTOPES, 2004年11月
      • The usefulness of 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-10B conjugates as 10B-carriers in boron neutron capture therapy.
        Masunaga S; Nagasawa H; Hiraoka M; Sakurai Y; Uto Y; Hori H; Nagata K; Suzuki M; Maruhashi A; Kinashi Y; Ono K
        the 11th International Congress on Neutron Capture Therapy, 2004年10月11日
      • BPA-中性子捕捉療法後における腫瘍内BSH濃度の影響 腫瘍体積による違いについて
        永田 憲司; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線腫瘍学会誌, 2004年10月
      • 頭頚部癌に対する治療の新展開 頭頚部腫よう:強度変調放射線治療による唾液腺障害の軽減
        西村恭昌; 中松清志; 金森修一; 鈴木実
        日本癌治療学会誌, 2004年09月29日
      • 悪性神経膠腫のホウ素中性子捕捉療法(BNCT)における腫瘍制御線量の解析
        小野 公二; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 永田 憲司; 木梨 友子; 宮武 伸一; 今堀 良夫
        日本癌学会総会記事, 2004年09月
      • 喉頭癌T2症例に対する根治的放射線療法 異なる線量分割法での治療成績
        任 誠雲; 西村 恭昌; 中松 清志; 金森 修一; 小池 竜太; 有田 繁広; 鈴木 実
        頭頸部腫瘍, 2004年05月
      • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績
        中松 清志; 西村 恭昌; 鈴木 実; 金森 修一; 小池 竜太
        日本医学放射線学会雑誌, 2004年03月
      • 中性子捕捉療法時の血中B-10濃度による至適BSH投与量の検討
        永田 憲司; 鈴木 実; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 宮武 伸一; 加藤 逸郎; 赤井 文治; 河 相吉; 小野 公二
        日本医学放射線学会雑誌, 2004年02月
      • 術後再発食道癌に対する同時化学放射線療法
        小池竜太; 中松清志; 金森修一; 鈴木実; 任誠雲; 上杉桂明; 西村恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2004年01月25日
      • Applicability of combination with the vascular targeting agent ZD6126 in boron neutron capture therapy
        S Masunaga; Y Sakurai; K Nagata; M Suzuki; Y Kinashi; K Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2004年
      • 低温度温処置による腫瘍内低酸素細胞分の大きさの変化とp53 statusの関係
        増永慎一郎; 鈴木 実; 永田憲司; 木梨友子; 小野公二
        日本医学放射線学会第63回学術発表会, 2004年
      • 硼素中性子捕捉療法の多発肝腫瘍に対する適応拡大
        鈴木 実; 永田憲司; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 櫻井良憲; 丸橋 晃
        第1回日本粒子線治療臨床研究会, 2004年
      • 中性子捕捉療法における管標的物質ZD6126併用の意義
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 永田憲司; 鈴木 実; 丸橋 晃; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第17回学術大会, 2004年
      • Irradiation of gamma ray increases the accumulation of sodium borocaptate (BSH) into the tumor: Implications of boron neutron capture therapy.
        Nagata K; Suzuki M; Sakurai Y; Kinashi Y; Masunaga S
        the 89th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America, 2003年11月30日
      • Effects of p53 status and wortmannin treatment on potentially lethal damage repair、 referring to the response of intratumor quiescent cells.
        Masunaga S; Takahashi A; Ohnishi T; Suzuki M; Nagata K; Ono K
        the 89th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America, 2003年11月30日
      • Biodistribution of 10-boron and 157-gadolinium in the rat liver tumor following intra-arterial administration of sodium borocaptate (BSH) and Gd-DTPA with lipiodol.
        Suzuki M; Nagata K; Sakurai Y; Kinashi Y; Masunaga S; Ono K
        the 89th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America, 2003年11月30日
      • 高齢者の非小細胞肺癌に対する放射線治療成績
        中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 小池 竜太; 任 誠雲; 西村 恭昌
        日本放射線腫瘍学会誌, 2003年10月
      • 喉頭癌T2症例に対する放射線治療成績
        任 誠雲; 西村 恭昌; 中松 清志; 金森 修一; 小池 竜太; 有田 重広; 鈴木 実
        日本放射線腫瘍学会誌, 2003年10月
      • 照射前或いは照射中に瘻孔を形成した進行食道癌に対する放射線治療の検討
        小池 竜太; 中松 清志; 金森 修一; 任 誠雲; 西村 恭昌; 鈴木 実
        日本放射線腫瘍学会誌, 2003年10月
      • 放射線照射による硼素化合物の腫瘍内取込み濃度への影響 γ線と中性子線との比較
        永田 憲司; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 小野 公二
        日本放射線腫瘍学会誌, 2003年10月
      • 血管系に対する選択的照射・第二報(効果)
        小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 鈴木実; 永田憲司; 桜井良憲; 笠岡敏; 丸山一雄
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年05月25日
      • 頭頸部腫瘍に対するIMRT Intrafraction organ motion(IOM)の検討
        中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 小池 竜太; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年02月
      • 近畿大学における乳房温存療法について
        金森 修一; 中松 清志; 小池 竜太; 西村 恭昌; 鈴木 実; 増永 慎一朗
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年02月
      • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:Intrafraction organ motionの検討
        中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 小池 竜太; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年02月
      • 術後再発食道癌に対する同時併用少量持続化学放射線療法の検討
        小池 竜太; 中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年02月
      • 再発頭頸部腫瘍に対する硼素中性子捕捉療法の初期経験
        鈴木 実; 永田 憲司; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 桜井 良憲; 小野 公二; 加藤 逸郎; 由良 義明
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年02月
      • ガンマ線照射による移植腫瘍内硼素取込み濃度の変化と中性子捕捉療法への影響について
        永田 憲司; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 小野 公二
        日本医学放射線学会雑誌, 2003年02月
      • p53 Status及びWortmannin処置が及ぼす潜在的致死的障害からの回復に関する効果
        増永慎一郎; 木梨友子; 鈴木実; 永田憲司; 小野公二
        第62回日本医学放射線学会学術発表会, 2003年
      • 領域選択的照射から細胞選択的照射へ
        小野公二; 増永慎一郎; 鈴木実; 永田憲司; 木梨友子; 櫻井良憲; 丸橋晃
        日本放射線影響学会第46回大会, 2003年
      • Dosimetric study of boron neutroin capture therpapy (BNCT) for multiple liver tumors: dose-volume histogram analysis using the simulation environment for radiotherpy applications (SERA) treatment plannning system.
        Suzuki M; Sakuari Y; Masunaga S; Kinashi Y; Nagata K; Ono K
        the 12th European Cancer Conference (ECCO 12), 2003年, 査読有り
      • Biological Dose Estimation of Cancer Patients in BNCT by Lymphocyte Assay\nBearing Human Oral Squamous Cell Carcinoma
        Y. Kinashi; S Masunaga; M Suzuki; K nagata; K Ono
        KURRI Progress Report, 2003年
      • 乳癌画像診断の新しいアプローチ Multidetector CT(MDCT)による乳腺腫瘍の検討
        井上 正昭; 中松 清志; 金森 修一; 鈴木 実; 西村 恭昌; 上田 和毅; 綿谷 正弘
        癌治療と宿主, 2003年01月
      • Selective irradiation of the blood vessels by using boron neutron capture reaction -- development and its ulization.
        Ono K; Kinashi Y; Suzuki M; Nagata K; Sakurai Y; Masunaga S; Kasaoka S; Mariyama K
        the 12th International Congress of Radiation Research, 2003年
      • Pre-irradiation of gamma-ray increases the accumulation of BSH into the tumor: implications for boron neutron capture therapy.
        Nagata K; Suzuki M; Kinashi Y; Ono K; Sakurai Y; Masunaga S
        the 12th International Congress of Radiation Research, 2003年
      • X-ray-induced alteration of chromatin structure may cause phosphorylation of histone H2AX
        M. Suzuki; K. Suzuki; S. Kodama; M.Watanabe
        Proceeding of 12th International Congress of Radiation Research\n, 2003年
      • Intra-fraction organ motion during IMRT for head and neck cancer
        K Nakamatsu; Y Nishimura; M Suzuki; S Kanamori; K Okajima; M Okumura
        RADIOLOGY, 2002年11月
      • 非小細胞肺癌に対する放射線単独多分割照射法での治療成績
        中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 小池 竜太; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2002年10月
      • 茶粥と食道癌の関連性に関する検討
        小池 竜太; 中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2002年10月
      • 硼素中性子捕捉反応による抗腫瘍効果に対するp53 statusの関与の可能性
        増永 慎一郎; 小野 公二; 鈴木 実; 永田 憲司; 高橋 昭久; 大西 武雄
        日本癌学会総会記事, 2002年10月
      • BSH・リピオドール動注による肝腫瘍に対する硼素中性子捕捉療法の基礎的検討
        鈴木 実; 永田 憲司; 増永 慎一郎; 小野 公二; 西村 恭昌
        日本癌学会総会記事, 2002年10月
      • 頭頸部腫瘍・脳腫瘍に対するIMRTの初期臨床効果
        西村 恭昌; 中松 清志; 金森 修一; 鈴木 実
        日本癌治療学会誌, 2002年09月
      • III-1-1.T4食道癌に対する化学放射線療法(第55回日本食道疾患研究会)
        西村 恭昌; 鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 柳生 行伸; 重岡 宏典
        日本消化器外科学会雑誌, 2002年09月01日
      • 血管系に対する選択的照射法の開発
        小野公二; 増永慎一郎; 鈴木実; 永田憲司; 丸山一雄
        日本癌学会総会記事, 2002年08月25日
      • 血管系に対する選択的照射法の開発
        小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 鈴木実; 永田憲司; 桜井良憲; 笠岡敏; 丸山一雄
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2002年08月23日
      • 頭頸部癌に対するタキソテールと放射線治療の同時併用療法の第I相臨床試験
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌; 楠 威志; 石川 雅洋; 森 一功
        頭頸部腫瘍, 2002年05月
      • IMRTによるSimultaneous integrated boost(SIB)法の治療計画
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2002年03月
      • 低温度温熱処置、Tirapazamine投与併用によるDNA損傷処置増感作用に与えるp53の影響
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木 実; 永田憲司; 木梨友子
        日本放射線腫瘍学会第15回大会, 2002年
      • 熱外中性子を用いた試験的非開創BNCT
        小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 鈴木 実; 永田憲司; 櫻井良憲
        日本放射線腫瘍学会第15回学術大会, 2002年
      • Pharmacokinetic study of BSH or BSH/lipiodol emulsion infused via the hepatic artery of rats with hepatic tumor
        M Suzuki; K Ono; Y Sakurai; Y Nishimura
        RESEARCH AND DEVELOPMENT IN NEUTRON CAPTURE THERAPY, 2002年
      • Possible role of ATM-dependent pathway in phosphorylation of p53 in senescent normal human diploid cells
        M Suzuki; K Suzuki; S Kodama; M Watanabe
        RADIATION AND HOMEOSTASIS, PROCEEDINGS, 2002年
      • 深部加温におけるサブトラップ回路の活用法
        金森 修一; 鈴木 実; 中松 清志; 西村 恭昌; 堀井 直敏
        日本ハイパーサーミア学会誌, 2001年12月
      • Radiobiological significance of apoptosis and micronucleation in intratumor quiescent cells after gamma-ray irradiation
        S Masunaga; K Ono; M Suzuki; Y Kinashi; M Takagaki
        RADIOLOGY, 2001年11月
      • 乳房温存療法のマルチスライスCTによる三次元治療計画
        金森 修一; 鈴木 実; 中松 清志; 西村 恭昌
        癌治療と宿主, 2001年10月
      • IMRTにおけるInverse Planning 各種パラメータの検討
        西村 恭昌; 鈴木 実; 金森 修一; 中松 清志; 奥村 雅彦
        日本放射線腫瘍学会誌, 2001年10月
      • 肺癌放射線治療において線量計算アルゴリズムが線量分布に及ぼす影響
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌; 橋場 久幸; 奥村 雅彦
        日本放射線腫瘍学会誌, 2001年10月
      • 全病院フィルムレスシステムの運用 放射線治療における効果
        岡嶋 馨; 南部 秀和; 中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本放射線腫瘍学会誌, 2001年10月
      • 放射線治療の新展開 IMRT(Intensity modulated radiation therapy)のQA及び治療計画
        西村 恭昌; 鈴木 実; 金森 修一; 中松 清志
        日本癌治療学会誌, 2001年10月
      • 悪性神経膠腫に対するIMRTによるSimultaneous Integrated Boost(SIB)法
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本癌治療学会誌, 2001年10月
      • 46℃加温がラット正常肝細胞とラット腫瘍細胞に与える影響:apoptosisの発現率について
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本ハイパーサーミア学会誌, 2001年09月
      • 拡張型サブトラップ回路を使用した深部加温についての基礎的検討
        金森 修一; 鈴木 実; 中松 清志; 堀井 直敏; 西村 恭昌
        日本ハイパーサーミア学会誌, 2001年09月
      • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoietinの関与について
        中松 清志; 鈴木 実; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本癌学会総会記事, 2001年09月
      • Docetaxelによる細胞周期,増殖分画の変動がマウス実験腫瘍に対する放射線照射に及ぼす影響
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本癌学会総会記事, 2001年09月
      • 肺癌の放射線治療における線量計算アルゴリズムの検討
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌; 橋場 久幸; 奥村 雅彦
        日本医学放射線学会雑誌, 2001年07月
      • Development of the polymer micelle carrier system for doxorubicin
        T Nakanishi; S Fukushima; K Okamoto; M Suzuki; Y Matsumura; M Yokoyama; T Okano; Y Sakurai; K Kataoka
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2001年07月
      • 頭頸部癌に対する新しい放射線治療IMRT Intensity modulated radiation therapy
        西村 恭昌; 鈴木 実; 金森 修一; 中松 清志
        頭頸部腫瘍, 2001年05月
      • 頭頸部癌に対する少量カルボプラチン併用化学放射線療法の検討
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌; 石川 雅洋; 森 一功
        頭頸部腫瘍, 2001年05月
      • Docetaxelによるマウス実験腫瘍に対する放射線増感効果の検討
        鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2001年02月
      • 進行食道癌に対する少量持続5FU,シスプラチン併用放射線療法
        西村 恭昌; 鈴木 実; 中松 清志; 金森 修一; 柳生 行伸
        日本医学放射線学会雑誌, 2001年02月
      • Multislice CTによる三次元乳房温存療法
        金森 修一; 鈴木 実; 中松 清志; 西村 恭昌
        日本医学放射線学会雑誌, 2001年02月
      • 抗休止期細胞効果も加味したPaclitaxel併用による放射線増感効果
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木 実; 木梨友子
        第60回日本医学放射線学会学術発表会, 2001年
      • Intratumor heterogeneous distrubution of boron-10 compound for neutron capture therapy、 based on radiobiological finfdings from in vivo mouse studies.
        Masunaga S; Ono K; Sakurai Y; Takagaki M; Suzuki M; Kobayashi T; Kinashi Y
        the 5th International Symposium on Predictive Oncology and Therapy. Impact of Biotechnology on Cancer., 2000年10月28日
      • 【放射線療法とIVR:癌治療における新しい可能性】 T4食道癌に対する化学放射線療法 ステント併用に関する検討
        西村 恭昌; 鈴木 実; 金森 修一; 中松 清志; 柳生 行伸
        日本癌治療学会誌, 2000年09月
      • <一般演題抄録>14.原発性肺癌に対する放射線化学療法における放射線肺炎の検討
        中松 清志; 吉増 隆之; 鈴木 実; 熊野 町子; 西村 恭昌; 福岡 正博
        近畿大学医学雑誌, 2000年06月25日
      • Alteration of sensitivity of intratumor quiescent and total cells to γ- rays following thermal neutron irradiation with or without 10B-compound
        Shin-Ichiro Masunaga; Koji Ono; Minoru Suzuki; Yoshinori Sakurai; Tooru Kobayashi; Masao Takagaki; Yuko Kinashi; Mitsuhiko Akaboshi
        International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 2000年02月01日
      • 種々のマウス固形腫瘍に対するin vivoガンマ線照射下での全腫瘍細胞ならびに静止期腫瘍細胞における微小核およびアポトーシス出現頻度の意義
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木実; 木梨友子; 高垣政雄
        日本放射線腫瘍学会第13回大会, 2000年
      • 化学放射線療法における低温度温熱処置併用並びに併用薬剤としてのTirapazamineの意義についての考察
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木実; 木梨友子; 高垣政雄; 堀 均; 永澤秀子; 宇都義浩; 葛西宗江
        日本ハイパーサーミア学会第17回大会, 2000年
      • ガンマ線照射後と比較した熱中性子線照射後の固形腫瘍内細胞の再分布 (Recruitment) 現象の解析
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木 実; 古林 徹; 木梨友子
        第59回日本医学放射線学会学術発表会, 2000年
      • Significance of the characteristics of combined agents in chemoradiotherapy and thermo-chemoradiotherapy at mild temperatures.
        Masunaga S; Ono K; Suzuki M; Kinashi Y; Takagaki M; Hori H; Kasai S; Nagasawa H; Uto Y
        the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2000年
      • Neutron Mirror Development for VCN/UCN Sources
        Y.Kawabata; S.Tasaki; M.Hino; M.Suzuki; K.Somemiya; A.Wakata; M.Nakayama
        15th International Collaboration on Advanced Neutron Sources, 2000年
      • マウス腫瘍(SCCVII)に対するelectroporation(EP)併用BSH-NCT効果の増強
        小野 公二; 増永 慎一郎; 木梨 友子; 鈴木 実
        日本医学放射線学会雑誌, 1999年12月
      • 熱中性子線照射後の固形腫瘍内全腫瘍細胞分画及び静止期細胞分画における再酸素化現象-ガンマ線照射後との比較
        増永慎一郎; 鈴木 実; 小野公二; 古林 徹; 木梨友子
        第58回日本医学放射線学会学術発表会, 1999年
      • 様々なDNA損傷処置または低温度温熱処置後の腫瘍内全腫瘍細胞ならびに休止期細胞分画における経時的な酸素化状態の変化
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木 実; 櫻井良憲; 古林 徹; 高垣政雄; 木梨友子; 葛西宗江; 永澤秀子; 堀 均
        日本放射線腫瘍学会第12回学術大会, 1999年
      • 固形腫瘍内全腫瘍細胞分画及び休止期細胞分画における様々なDNA損傷処置後の潜在的致死的障害からの修復についての考察
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木 実; 古林 徹; 櫻井良憲; 木梨友子; 高垣政雄; 堀 均; 葛西宗江
        日本医学放射線学会第38回生物部会学術大会, 1999年
      • Reduction of hypoxic cells in solid tumours induced by mild hyperthermia: special reference to differences in changes in the hypoxic fraction between total and quiescent cell populations. 日本医学放射線学会第11回優秀論文賞受賞講演
        増永慎一郎; 小野公二; 赤星光彦; 西村恭昌; 鈴木 実; 木梨友子; 高垣政雄; 平岡真寛; 阿部光幸
        第58回日本医学放射線学会学術発表会, 1999年
      • Potentially lethal damage repair by total and quiescent cells in solid tumors following various DNA-damaging treatments.
        Masunaga S; Suzuki M; Hori H; Kobayashi T; Sakurai Y; Kinashi Y; Takagaki M; Akaboshi M; Kasai S; Nagasawa H; Uto Y; Ono K
        11th International Congress of Radiation Research, 1999年
      • Neutron capture therapy by BSH and electroporation in murine tumor model.
        Ono K; Ono S; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M
        11th International Congress of Radiation Research, 1999年
      • 3種類のカドミ比を有する中性子線を用いた硼素中性子捕捉反応に対する腫瘍内全腫瘍及び静止期細胞の反応
        増永 慎一郎; 小野 公二; 古林 徹; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 木梨 友子
        日本医学放射線学会雑誌, 1998年09月
      • ガンマ線照射、Tirapazamine投与、並びにシスプラチン投与後の固形腫瘍内全腫瘍細胞分画及び静止期細胞分画における酸素化状態の変動についての考察
        増永慎一郎; 小野公二; 堀 均; 鈴木実; 木梨友子; 高垣政雄
        日本放射線影響学会第41回大会, 1998年
      • マウス正常肝細胞へのBSHの分布に関する検討-In vitro肝細胞micronucleus assayを用いて-
        鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第11回学術大会, 1998年
      • 原子炉からの2種類のカドミ比を有する中性子線を用いた硼素もしくはガドリニウム中性子捕捉反応に対する腫瘍内の全腫瘍及び休止期細胞の反応の検出
        増永慎一郎; 小野公二; 古林徹; 鈴木実; 木梨友子
        第57回日本医学放射線学会学術発表会, 1998年
      • シスプラチンを用いた化学療法における血管作動性物質ニコチンアミドの投与及び低温度温熱処置併用の有用性に関する検討
        増永慎一郎; 小野公二; 赤星光彦; 河合健一; 鈴木実; 木梨友子; 高垣政雄
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 1998年01月
      • Enhancement of cisplatin-sensitivity of intratumor quiescent cells by combined treatment with tirapazamine and mild hyperthermia.
        Masunaga S; Ono K; Hori H; Akaboshi M; Kawai K; Kinashi Y; Suzuki M
        the 8th Asian and Oseanian Congress of Radiology in Kobe, 1998年
      • Mutagenic effect at HPRT locus in Chinese hamster ovary (CHO) cells induced by epithermal and thermal neutrons.
        Kinashi Y; Masunaga S; Suzuki M; Takagaki M; Ono K
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Intracarotid infusion of bradykinin; selective opening of blood-tumor barrier in C6 rat barin tumor for increase of BSH-uptake.
        Takagaki M; Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Oda Y; Sakurai Y; Kobayashi T; Kanda K
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Increase in the effect of 10B-BSH based neutron capture therapy by electroporation.
        Ono K; Kinashi Y; Masunaga S; Suzuki M; Takagaki M
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Experimental BNCT effect of hydrophilic carboranyl azulene derivative.
        Takagaki M; Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Sakurai Y; Kobayashi T; Kanda K; Oda Y; Nakamura H; Sekido M; Yamamoto Y
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Clinical outcome of BNCT on malignant brain tumors; 5-year survival
        Oda Y; Takagaki M; Miyatake S; Hashimoto N; Nishihara T; Handa H; Nakao T; Yamagami T; Furuya K; Osawa M; Mori K; Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Kobayashi T; Sakurai Y; Kanda K
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Boron neutron capture irradiation of the mouse liver.
        Suzuki M; Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Takagaki M; Sakurai Y; Kobayashi T
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Applicability of combination with tirapazamine in boron neutron capture therapy: concerning effectiveness on quiescent tumor cell populations within solid tumors.
        Masunaga S; Ono K; Sakurai Y; Hori H; Takagaki M; Kobayashi T; Suzuki M; Kinashi Y; Akaboshi M
        8th International Symposium on Neutron Capture Therapy for Cancer, 1998年
      • Enhancement of tirapazamine-indiced cytotoxicity in combination with low temperature hyperthermia: marked effect on quiescent cell populations in solid tumors.
        Masunaga S; Ono K; Hori H; Akaboshi M; Kawai K; Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M
        the 10th International Conference on Chemical Modifiers of Cancer Treatment, 1998年
      • Electroporation increases the effect of 10B-BSH (borocaptate) in neutron capture therapy.
        Ono K; Kinashi Y; Masunaga S; Suzuki M; Takagaki M
        the 10th International Conference on Chemical Modifiers of Cancer Treatment, 1998年
      • Multistage UCN Turbine and Replica Spermirror for Very Low Energy Neutron Generation and Transportation
        Y.Kawabata; M.Suzuki
        6th Meeting of the International Group on Research Reactors, 1998年
      • 肝細胞に対する硼素中性子捕捉反応の効果におけるBSH,BPAの差異について(第2報)
        鈴木 実
        日本医学放射線学会雑誌, 1997年02月
      • 微小核出現率による生体還元物質SR4233とMitomycin-Cの腫瘍内静止期細胞分画に対する効果の検出
        増永慎一郎; 小野公二; 鈴木実; 木梨友子; 柴田徹; 阿部光幸
        第56回日本医学放射線学会学術発表会, 1997年
      • Marked decrease in the hypoxic fraction of quiescent cell population in solid tumors by mild hyperthermia.
        Masunaga S; Ono K; Suzuki M; Nishimura Y; Hiraoka M; Kinashi Y; Takagaki M; Akaboshi M
        the International Congress of Radiation Oncology、 ICRO ’97, 1997年
      • Physical and biological characteristics of the neutron beam from remodeled heavy water facility of Kyoto University Research Reactor.
        Ono K; Masunaga S; Kinashi Y; Suzuki M; Takagaki M; Sakurai Y; Kobayashi T
        the International Congress of Radiation Oncology、 ICRO ’97, 1997年
      • 肝細胞に対する硼素中性子捕捉反応の効果におけるBSH, BPAの差異について
        鈴木 実
        日本医学放射線学会雑誌, 1996年02月
      • 肝細胞に対する硼素中性子捕捉反応の効果
        鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第9回学術大会, 1996年
      • 低温度温熱処置による腫瘍内の静止期細胞分画及び全腫瘍細胞の酸素化現象\nに関する考察
        増永慎一郎; 小野公二; 木梨友子; 鈴木実; 高垣政雄; 赤星光彦
        日本放射線腫瘍学会第9回学術大会, 1996年
      • 微小核出現率による熱中性子捕捉療法時の温熱処理とニコチンアミド投与による前処置の有用性についての検討
        増永慎一郎; 鈴木実; 古林徹; 小野公二; 木梨友子
        第55回日本医学放射線学会学術発表会, 1996年
      • Usefulness of heat and nicotinamide administration as an adjunctive treatment in boron neutron capture therapy.
        Masunaga S; Ono K; Suzuki M; Sakurai Y; Kobayashi T; Kinashi Y; Takagaki M; Akaboshi M; Akuta K
        7th International Congress on Hyperthermic Oncology, 1996年
      • 京大原子炉における悪性神経膠腫に対する硼素中性子捕捉療法
        小野公二; 増永慎一郎; 木梨友子; 高垣政雄; 鈴木実; 古林徹
        日本放射線腫瘍学会第8回学術大会, 1995年
      • CHARACTERISTICS OF NEUTRON GUIDE TUBES IN UPGRADED JRR-3
        Y KAWABATA; M SUZUKI; H KIKUCHI; M SANO
        JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY, 1993年10月
      • CONSTRUCTION OF NEUTRON GUIDE TUBES IN UPGRADED JRR-3
        Y KAWABATA; M SUZUKI; H TAKAHASHI; N ONISHI; A SHIMANUKI; Y SUGAWA; N NIINO; T KASAI; K FUNASHO; S HAYAKAWA; K OKUHATA
        JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY, 1990年12月
      • TRANSMISSION EFFICIENCY OF NEUTRON GUIDE TUBE WITH ALIGNMENT ERRORS
        Y KAWABATA; M SUZUKI; M SAKAMOTO; T HARAMI; H TAKAHASHI; N ONISHI
        JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY, 1990年05月

      講演・口頭発表等

      • 骨・軟部腫瘍治療における新しい医療技術の応用 ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた肉腫治療
        藤本 卓也; 鈴木 実; 安藤 徹; 須藤 保; 佐久間 淑子; 市川 秀喜; 藤田 郁夫; 河本 旭哉; 秋末 敏宏; 小野 公二; 黒田 良祐
        日本整形外科学会雑誌, 2018年03月
      • Comparison of the BPA-BNCT for unresectable liver metastases at KUR between at Triga Mark II
        鈴木 実
        3rd Annual Academic Conference of Taiwan Society of Neutron Capture Therapy, 2018年01月27日, 招待有り
      • 「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 その他の腫瘍 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法 加速器を用いた第一相試験の結果より
        川端 信司; 平松 亮; 鈴木 実; 田中 浩基; 黒岩 敏彦; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法 当施設での歩み
        粟飯原 輝人; 平塚 純一; 石川 仁; 神谷 伸彦; 福光 延吉; 大西 かよ子; 鈴木 実; 小野 公二; 熊田 博明; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 治療法のない再発頭頸部がん患者45例に対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 村田 勲; 墨 哲郎; 岩井 聡一; 中澤 光博; 鈴木 実; 小野 公二
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2017年10月
      • 悪性骨・軟部腫瘍・多発肺転移に対するホウ素中性子捕捉療法適応に向けての戦略
        鈴木 実; 藤本 卓也
        日本整形外科学会雑誌, 2017年06月, 招待有り
      • 平滑筋肉腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の適応についての検討
        藤本 卓也; 神谷 信彦; 粟飯原 輝人; 佐久間 淑子; 宇野 雅子; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 北山 和道; 河本 旭哉; 平塚 純一; 秋末 敏宏; 黒田 良祐; 小野 公二; 鈴木 実; 廣瀬 隆則
        日本整形外科学会雑誌, 2017年06月
      • 悪性トライトン腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の適応についての検討
        藤本 卓也; 佐久間 淑子; 須藤 保; 牛尾 伊佐子; 安藤 徹; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 北山 和道; 河本 旭哉; 秋末 敏宏; 黒田 良祐; 鈴木 実; 市川 秀喜; 廣瀬 隆則
        日本整形外科学会雑誌, 2017年06月
      • 頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法 当施設での歩み
        粟飯原 輝人; 平塚 純一; 石川 仁; 神谷 伸彦; 福光 延吉; 鈴木 実; 熊田 博明; 櫻井 英幸; 原田 保
        頭頸部癌, 2017年05月
      • ホウ素中性子捕捉療法の 放射線治療学的考察 と難治性がんへの取り組み
        鈴木 実
        明治薬科大学 がん先端治療学・アルファ粒子線・免疫治療学講座シンポジウム2017, 2017年02月09日, 招待有り
      • BNCTが有用であった放射線誘発がんと考えられる鼻腔癌の1例
        福田 浩平; 横川 正樹; 建部 仁志; 西村 恭昌; 櫻井 良憲; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 小野 公二
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 京都大学原子炉実験所におけるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の臨床研究の現状と計画
        鈴木 実; 近藤 夏子; 楢林 正流; 藤本 望; 仲川 洋介; 渡邉 翼; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 高田 卓志; 木梨 友子; 増永 慎一郎
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • 骨軟部悪性腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 近藤 夏子; 楢林 正流; 藤本 望; 仲川 洋介; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 高田 卓志; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 藤本 卓也; 市川 秀喜; 安藤 徹
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • BNCTによる全頭皮照射の基礎的検討
        鈴木 実; 藤本 望; 田中 浩基; 高田 卓志; 櫻井 良憲
        Japanese Journal of Radiology, 2017年02月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の将来展望と課題
        鈴木 実
        プラズマ分光分析研究会 第98回講演会, 2016年10月07日, 招待有り
      • ホウ素中性子捕捉療法による再発悪性神経膠腫に対する臨床試験
        川端 信司; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • 新規ホウ素化ポルフィリン(BNH2-PpIX)の有用性
        平松 亮; 竹内 孝治; 川端 信司; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • 頭頸・口腔 頭頸部がんに対する新規放射線治療の展望 治療法のない難治性頭頸部非扁平上皮がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 墨 哲郎; 中澤 光博; 村田 勲; 櫻井 良憲; 増永 慎一郎; 丸橋 晃; 小野 公二; 鈴木 実
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 総合 診断・予測 小児、思春期若年成人の固形がんに対するFBPA PET画像とBNCT
        安井 直子; 河本 博; 鈴木 実; 栗原 宏明; 伊丹 純
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 多発肝転移腫瘍に対してホウ素中性子捕捉療法を施行した1例
        鈴木 実; 渡邉 翼; 近藤 夏子; 楢林 正流; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 高田 卓志; 藤本 望; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 再発口腔がんに対しホウ素中性子捕捉療法を施行した1例
        関野 雄太; 粟飯原 輝人; 長谷川 正午; 大西 かよ子; 熊田 博明; 福光 延吉; 奥村 敏之; 水本 斉志; 沼尻 晴子; 中井 啓; 山本 哲哉; 松村 明; 鈴木 実; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 前立腺癌に対する硼素中性子捕捉療法(BNCT)の制癌効果 脂肪幹細胞ナノDDS技術を駆使した新規テーラーメイド療法を目指して
        高原 健; 稲元 輝生; 南 幸一郎; 吉川 勇希; 高井 朋聡; 平野 一; 能見 勇人; 木山 賢; 鈴木 実; 切畑 光統; 東 治人
        日本泌尿器科学会総会, 2016年04月
      • 悪性胸膜中皮腫に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 櫻井 良憲; 仲川 洋介; 楢林 正流; 近藤 夏子; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 渡邉 翼; 藤本 望; 田中 浩基; 丸橋 晃; 山本 由佳; 吉永 尚生; 岡本 賢一; 栗原 孝太; 小野 公二
        Japanese Journal of Radiology, 2016年02月
      • BNCT for malignant thoraci tumors
        鈴木 実
        1st academic meeting for Taiwan's Society of Neutron Capture Therapy, 2015年12月05日, 招待有り
      • 京都大学原子炉実験所におけるBNCT研究の方向性
        鈴木 実
        第15回りんくうアトム講話会, 2015年11月28日, 招待有り
      • 中性子捕捉療法における低投与量化及び副作用抑制を目指したホウ素含有ナノ粒子の開発
        高 振宇; 堀口 諭吉; 中井 啓; 松村 明; 鈴木 実; 小野 公二; 長崎 幸夫
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2015年11月
      • 進行癌治療に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の役割
        鈴木 実
        第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月30日, 招待有り
      • BNCTによる全頭皮照射の基礎的検討
        鈴木 実; 藤本 望; 田中浩基; 高田卓司; 櫻井良憲
        第311回公益社団法人日本医学放射線学会関西地方会, 2015年10月
      • 若手医師のためのがん放射線治療学講座 最新情報Update 進行癌治療に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の役割
        鈴木 実
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 頭頸・口腔 頭頸部がんに対する新規治療開発 筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
        粟飯原 輝人; 石川 仁; 和田 哲郎; 福光 延吉; 大西 かよ子; 中井 啓; 長谷川 正午; 硲田 猛真; 鈴木 実; 原 晃; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 頭頸・口腔 頭頸部がんに対する新規治療開発 治療法のない再発頭頸部がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法
        加藤 逸郎; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 村田 勲; 岩井 聡一; 墨 哲郎; 中澤 光博; 小野 公二; 鈴木 実; 由良 義明
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 脳神経 脳腫瘍治療の最新情報 再発悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法の臨床試験
        川端 信司; 宮武 伸一; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 小野 公二
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 悪性胸膜中皮腫に対する第1相ホウ素中性子捕捉療法の新プロトコールに関する考案
        鈴木 実; 櫻井良憲; 小野公二; 渡邉 翼; 仲川洋介; 近藤夏子; 藤本 望; 高田卓志; 田中浩基; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋 晃
        日本中性子捕捉療法学会第12回学術大会, 2015年09月
      • 頭頸部癌に対する加速器BNCTの展望
        鈴木 実; 藤本 望; 田中浩基; 櫻井良憲; 渡邉 翼; 仲川洋介; 楢林正流; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 高田卓志; 小野公二; 丸橋 晃
        第40回京都放射線腫瘍研究会, 2015年09月
      • 加速器BNCT時代を見据えて、臨床的見地からBoron Delivery Systemを考える
        鈴木 実
        日本中性子捕捉療法学会第12回学術大会, 2015年09月
      • 骨・軟部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法の可能性
        鈴木 実
        第24回多摩骨軟部腫瘍研究会, 2015年08月
      • BNCTの基礎と臨床
        鈴木 実
        第25回癌プロ学内講義(近畿大学医学部), 2015年07月
      • ホウ素高集積化リポソームを指向した内封ホウ素薬剤開発
        中村 浩之; 立川 将士; Vinas Clara; 鈴木 実; 小野 公二
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2015年06月
      • リンパ節転移に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の可能性 乳癌の腋窩リンパ節転移症例からの検討
        藤本 卓也; 前川 陽子; 高尾 信太郎; 堀 篤史; 須藤 保; 佐久間 淑子; 安藤 徹; 深瀬 直政; 藤田 郁夫; 藤本 望; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 市川 秀喜; 堀 信一; 小野 公二; 鈴木 実
        日本整形外科学会雑誌, 2015年06月
      • 骨・軟部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 近藤夏子; 楢林正流; 藤本 望; 仲川洋介; 櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 木梨友子; 増永慎一郎; 藤本卓也; 安藤 徹; 市川秀喜
        第310回日本医学放射線学会関西地方会, 2015年06月
      • 筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
        粟飯原 輝人; 石川 仁; 和田 哲郎; 福光 延吉; 大西 かよ子; 中井 啓; 長谷川 正午; 硲田 猛真; 中山 雅博; 田渕 経司; 奥村 敏之; 鈴木 実; 原 晃; 櫻井 英幸
        頭頸部癌, 2015年05月
      • BNCT for malignant thoracic tumors
        鈴木 実
        15th International Congress of Radiation Research (ICRR 2015), 2015年05月
      • BNCT for body trunk tumors
        鈴木 実
        OIST mini symposium "New Medical Imaging and Advanced Cancer Therapy (BNCT) Instrumentation", 2015年05月
      • 筑波大学における頭頸部BNCT臨床研究経過報告
        粟飯原 輝人; 石川 仁; 和田 哲郎; 福光 延吉; 大西 かよ子; 中井 啓; 長谷川 正午; 硲田 猛真; 中山 雅博; 田淵 経司; 奥村 敏之; 鈴木 実; 原 晃; 櫻井 英幸
        日本耳鼻咽喉科学会会報, 2015年04月
      • 中性子捕捉療法のための新規ホウ素ナノデバイスの開発
        鈴木 実
        第5回物質・デバイス領域共同研究拠点・活動報告会, 2015年04月
      • Clinical radiation biology on normal tissues
        鈴木 実
        第74回日本医学放射線学会総会, 2015年04月, 招待有り
      • 京都大学原子炉実験所におけるBNCTの臨床研究
        鈴木 実; 楢林正流; 近藤夏子; 仲川洋介; 藤本 望; 渡邉 翼; 櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二
        第39回京都放射線腫瘍研究会, 2015年03月
      • 京都大学原子炉実験所におけるホウ素中性子捕捉両方(BNCT)の臨床研究の現状と計画
        鈴木 実; 近藤夏子; 楢林正流; 藤本 望; 仲川洋介; 渡邉 翼; 櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 木梨友子; 増永慎一郎
        第309回日本医学放射線学会関西地方会, 2015年02月
      • ホウ素中性子捕捉療法の将来展望 -加速器BNCTが切り拓く癌治療-
        鈴木 実
        第23回放射線利用総合シンポジウム, 2015年01月
      • 悪性胸膜中皮腫に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 櫻井良憲; 仲川洋介; 楢林正流; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 渡邉 翼; 藤本 望; 田中浩基; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第27回学術大会, 2014年12月
      • BNCT for malignant pleural mesothelioma
        鈴木 実
        7th Trilateral Meeting on BNCT Research among KURRI, Taipei VGH and Tsing Hua University, 2014年12月
      • ラット脳腫瘍モデルを用いたアミノ酸付加BSHのBNCTにおける有効性の検討(Study of the effectiveness of BNCT in the amino acid addition BSH using rat brain tumor model)
        二村 元; 川端 信司; 藤城 高広; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦; 切畑 光統; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • ホウ素中性子捕捉療法による悪性髄膜腫の臨床研究(Clinical study on Boron neutron capture therapy for malignant meningioma)
        川端 信司; 平松 亮; 古瀬 元雅; 松下 葉子; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • 粒子線治療生物学の進展をめざして 治療生物学的解析から見た硼素中性子捕捉療法(BNCT)の特性
        増永 慎一郎; 田野 恵三; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 鈴木 実; 近藤 夏子; 真田 悠生; 森脇 隆仁; 楢林 正流; 渡邉 翼; 仲川 洋介; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2014年09月
      • 頭頸部癌に対するBNCTと加速器BNCTの治験の紹介
        鈴木 実
        第4回がんセンター研修会(BNCT勉強会), 2014年09月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)による難治性がんへの挑戦
        鈴木 実
        SCJ近畿地区講演会, 2014年08月
      • ホウ素中性子捕捉療法に対する高性能ボロン含有ナノ粒子の開発と評価
        高 振宇; 堀口 諭吉; 中井 啓; 松村 明; 鈴木 実; 小野 公二; 長崎 幸夫
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2014年07月
      • 悪性胸膜中皮腫に対するBNCTから考察する物理的線量パラメーターの重要性
        鈴木 実; 櫻井良憲
        日本中性子捕捉学会第11回学術大会, 2014年07月
      • BNCTによる脱毛
        鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 藤本 望; 高田卓志
        日本中性子捕捉学会第11回学術大会, 2014年07月
      • 骨・軟部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 藤本卓也; 安藤 徹; 市川秀喜
        第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術大会, 2014年07月
      • 悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた新たな治療方法
        藤本 卓也; 安藤 徹; 須藤 保; 佐久間 淑子; 藤田 郁夫; 深瀬 直政; 竹内 保; 園部 宏; 秋末 敏宏; 廣瀬 隆則; 井上 匡美; 山本 聡美; 安宅 信二; 小野 公二; 黒坂 昌弘; 市川 秀喜; 鈴木 実
        日本整形外科学会雑誌, 2014年06月
      • 骨・軟部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 藤本 卓也; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2014年06月
      • PET検査と悪性髄膜腫に対するホウ素中性子捕捉療法の適応拡大
        川端 信司; 二村 元; 平松 亮; 松下 葉子; 野々口 直助; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌治療学会誌, 2014年06月
      • 頭頸部がんに対するホウ素中性子捕捉療法の現状
        粟飯原 輝人; 熊田 博明; 石川 仁; 福光 延吉; 奥村 敏之; 大西 かよ子; 水本 斉志; 沼尻 晴子; 田中 圭一; 和田 哲郎; 原 晃; 硲田 猛真; 鈴木 実; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会誌, 2014年06月
      • 治療法のない再発頭頸部がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法の有効性
        加藤 逸郎; 多田 晋也; 岩上 隆紀; 山本 直典; 藤田 祐生; 大前 政利; 千足 浩久; 墨 哲郎; 中澤 光博; 岩井 聡一; 由良 義明; 小野 公二; 鈴木 実
        日本癌治療学会誌, 2014年06月
      • 悪性胸膜中皮腫に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 櫻井良憲; 仲川洋介; 楢林正流; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 渡邉 翼; 藤本 望; 田中浩基; 丸橋 晃; 山本由佳; 吉永尚生; 岡本賢一; 栗原孝太; 小野公二
        第307回日本医学放射線学会関西地方会, 2014年06月
      • 筑波大学におけるBNCT臨床研究再開計画について
        田中 圭一; 粟飯原 輝人; 熊田 博明; 福光 延吉; 奥村 敏之; 石川 仁; 大西 かよ子; 水本 斉志; 沼尻 晴子; 和田 哲郎; 原 晃; 硲田 猛真; 鈴木 実; 櫻井 英幸
        頭頸部癌, 2014年05月
      • 加速器中性子源BNCTを見据えてのBNCT橋渡し研究
        鈴木 実
        第70回日本放射線技術学会総会学術大会, 2014年04月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた転移性肺腫瘍に対する新たな治療方法の開発 明細胞肉腫の単発性肺転移モデルを用いた検討
        藤本 卓也; 安藤 徹; 鈴木 実; 須藤 保; 深瀬 直政; 藤田 郁夫; 秋末 敏宏; 佐久間 淑子; 福森 義信; 黒坂 昌弘; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2014年03月
      • アンモニオドデカボレートのアシル化反応を利用したドデカボレート含有アミノ酸誘導体の合成と評価
        服部 能英; 上田 さおり; 椋本 麻里; 石村 美紀; 大田 洋一郎; 竹中 宏誌; 上原 幸樹; 浅野 智之; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 切畑 光統
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • 明細胞肉腫の肺転移動物モデルに対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の検討
        安藤 徹; 藤本 卓也; 鈴木 実; 須藤 保; 盛武 浩; 杉本 徹; 佐久間 淑子; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 佐々井 浩志; 切畑 光統; 秋末 敏宏; 福森 義信; 小野 公二; 市川 秀喜
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • BNCT後著効したが根治しきれなかったBowen癌症例
        渡邉 翼; 加藤逸郎; 大前政利; 櫻井良憲; 田中浩基; 近藤夏子; 中川洋介; 楢林正流; 藤本 望; 木梨友子; 増永慎一郎; 小野公二; 鈴木 実
        第37回京都放射線腫瘍研究会, 2014年03月
      • BNCT for malignant pleural mesothelioma
        鈴木 実
        International Workshop on Neutron Capture Therapy 2014 at KURRI, 2014年03月
      • 加速器中性子源BNCTを見据えてのBNCT橋渡し研究
        鈴木 実; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 2014年02月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT) と癌治療増感の接点
        鈴木 実
        第16回癌増感研究会シンポジウム, 2014年02月
      • Case reports of interest for new application of BNCT
        鈴木 実
        6th Trilateral Meeting on BNCT Research among KURRI, Taipei VGH and Tsing Hua University, 2013年12月
      • 液中レーザー溶融法による炭化ホウ素球状粒子の合成とホウ素中性子捕捉療法用薬剤への応用
        石川 善恵; 越崎 直人; 辻 琢磨; 臼倉 治郎; 鈴木 実; 大矢根 綾子; 中村 真紀
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2013年11月
      • 加速器BNCT時代を見据えての基礎・臨床研究の展開
        鈴木 実
        第8回サルコーマセミナー, 2013年11月
      • 悪性脳腫瘍克服へ向けたホウ素中性子捕捉療法の試み(Boron neutron capture therapy as a treatment modality for malignant brain tumors)
        川端 信司; 平松 亮; 古瀬 元雅; 松下 葉子; 宮武 伸一; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 近藤 夏子; 小野 公二
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • ホウ素中性子線捕捉反応後のヒトがん細胞株における細胞死応答のtranscriptome解析(Transcriptome analysis of cell-death response after boron neutron capture reaction in human cancer cells)
        伊藤 祐; 佐藤 聡; 齋藤 総一郎; 藤森 浩彰; 平井 崇久; 新井 康仁; 村上 康文; 今堀 良夫; 伊丹 純; 鈴木 実; 小野 公二; 増永 慎一郎; 益谷 美都子
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • 頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 加藤逸郎; 粟飯原輝人; 平塚純一; 吉村健一; 新見美由紀; 櫻井良憲; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月
      • 難治性「がん」への挑戦 - ホウ素中性子捕捉療法-
        鈴木 実
        京都大学原子炉実験所アトムサイエンスフェア講演会2013, 2013年10月
      • 悪性脳腫瘍に対する原子炉中性子源によるBNCTの治療成績
        川端 信司; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 小野 公二; 宮武 伸一
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • 治療法がない再発頭頸部がん患者に対するホウ素中性子捕捉療法の有用性
        加藤 逸郎; 山本 直典; 藤田 祐生; 岩上 隆紀; 大前 政利; 千足 浩久; 墨 哲郎; 中澤 光博; 岩井 聡一; 鈴木 実; 小野 公二; 由良 義明
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • 頭頸部進行がんに対する初期治療としての硼素中性子捕捉療法
        粟飯原 輝人; 森田 倫正; 神谷 伸彦; 熊田 博明; 福光 延吉; 櫻井 良憲; 鈴木 実; 平塚 純一; 櫻井 英幸
        日本癌治療学会誌, 2013年09月
      • BNCT橋渡し研究の加速的推進 -BNCT Translational Research 加速ネットワークの構築
        鈴木 実
        第10回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2013年09月
      • 加速器BNCT時代を見据えての基礎・臨床研究の展開
        鈴木 実
        第56回放射線化学討論会, 2013年09月
      • 炭化ホウ素ナノ粒子のホウ素中性子捕捉療法における新規ホウ素化合物としての可能性
        鈴木 実; 田中浩基; 石川善恵; 越崎直人
        第51回日本放射線腫瘍学生物部会学術大会, 2013年07月
      • 粘液線維肉腫へのホウ素中性子捕捉療法(BNCT)適用についての検討
        藤本 卓也; 藤田 郁夫; 鈴木 実; 須藤 保; 角田 雅也; 安藤 徹; 深瀬 直政; 佐久間 淑子; 櫻井 良憲; 秋末 敏宏; 福森 義信; 市川 秀喜; 黒坂 昌弘; 小野 公二
        日本整形外科学会雑誌, 2013年06月
      • 再発進行頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法の経験
        太田 一郎; 鈴木 実; 近藤 夏子; 伊藤 妙子; 三上 慎司; 岡本 英之; 山中 敏彰; 櫻井 良憲; 楢林 正流; 田中 浩基; 丸橋 晃; 増永 慎一郎; 長谷川 正俊; 小野 公二; 細井 裕司
        頭頸部癌, 2013年05月
      • 胸膜播種および胸膜多発病変に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 増永慎一郎; 楢林正流; 近藤夏子; 木梨友子; 櫻井良憲; 田中浩基; 丸橋 晃; 小野公二
        第72回日本医学放射線学会総会, 2013年04月
      • Boron neutron capture therapy for disseminated or multiple pleural lesions
        鈴木 実
        5th Trilateral Meeting on BNCT Research among KURRI, Taipei VGH and Tsing Hua University, 2013年04月
      • 整形外科領域におけるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        藤本 卓也; 鈴木 実; 藤田 郁夫; 秋末 敏宏; 井上 匡美; 加藤 逸郎; 平塚 純一; 粟飯原 輝人; 上田 和光; 黒坂 昌弘; 小野 公二
        日本整形外科学会雑誌, 2013年03月
      • 明細胞肉腫(CCS)に対する新たな治療法としてのホウ素中性子捕捉療法(BNCT) 深部への浸潤を想定したCCS担がんモデルに対するBNCTの検討
        安藤 徹; 藤本 卓也; 須藤 保; 藤田 郁夫; 盛武 浩; 杉本 徹; 竹内 保; 園部 宏; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 福森 義信; 小野 公二; 市川 秀喜
        日本薬学会年会要旨集, 2013年03月
      • 負イオン性ホウ素クラスター含有α、α-シクロアルキルアミノ酸のBNCT用ホウ素薬剤としての評価
        服部 能英; 日下 慎太郎; 椋本 麻里; 大田 洋一郎; 竹中 宏志; 上原 幸樹; 浅野 智之; 鈴木 実; 増永 慎一郎; 小野 公二; 切畑 光統
        日本薬学会年会要旨集, 2013年03月
      • 放射線治療後再発乳癌に対するホウ素中性子捕捉療法の第1相臨床試験
        鈴木 実
        第35回京都放射線腫瘍研究会, 2013年03月
      • 胸膜播種および胸膜多発腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 増永 慎一郎; 楢林 正流; 近藤 夏子; 木梨 友子; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 丸橋 晃; 小野 公二
        第72回日本医学放射線学会総会, 2013年02月
      • 放射線治療後再発肺癌症例に対する硼素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実; 近藤 夏子; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 小野 公二; 今村 文生; 鈴木 修; 西山 謹司
        Japanese Journal of Radiology, 2013年02月
      • ホウ素中性子捕捉療法における中性子照射によるDNAクラスター損傷
        木梨 友子; 鈴木 実; 桜井 良憲; 田中 浩基; 高橋 千太郎; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2013年02月
      • ホウ素中性子捕捉療法からみた癌増感のターゲット
        鈴木 実
        第15回癌増感研究会シンポジウム, 2013年02月
      • 中性子捕捉療法の展望
        鈴木 実
        第1回放射線療法講演会、放射線治療の将来, 2013年02月
      • 局所腫瘍制御と肺転移抑制能から見た低酸素細胞毒(Tirapazamine)の連続投与と低温度温熱処置を併用する放射線照射の有用性について
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 楢林正流; 丸橋晃; 小野公二
        第15回癌治療増感研究シンポジウム, 2013年
      • ピモニダゾール非標識酸素化休止期腫瘍細胞分画における放射線損傷からの回復に対するティラパザミン処置,低温度温熱処置の影響
        増永慎一郎; 田野恵三; 鈴木実; 近藤夏子; 楢林正流; 渡邉翼; 小野公二
        日本ハイパーサーミア学会第30回大会, 2013年
      • 悪性脳腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法10年の経験と近未来像
        川端 信司; 宮武 伸一; 平松 亮; 松下 葉子; 古瀬 元雅; 黒岩 敏彦; 鈴木 実; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 切畑 光統; 小野 公二
        日本癌治療学会誌, 2012年10月
      • 中性子捕獲反応後組織に生じるDNA二本鎖切断のγH2AXによる検出
        近藤夏子; 楢林正流; 鈴木 実; 木梨友子; 増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 大西武雄; 小野公二
        日本放射線影響学会 第55回大会, 2012年09月
      • γ線、加速炭素イオン線、中性子捕捉反応に対する酸素化休止期腫瘍細胞の放射線感受性
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 平山亮一; 松本孔貴; 鵜澤玲子; 鈴木実; 近藤夏; 楢林正流; 小野公二
        日本放射線影響学会第55回大会, 2012年09月
      • ガドリニウム(Gd)中性子捕捉療法(Gd-NCT)用Gd含有ナノ粒子の腫瘍内直接投与による腫瘍制御の可能性
        藤本 卓也; 安藤 徹; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 秋末 敏宏; 黒坂 昌弘; 福森 義信; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2012年06月
      • 中性子捕捉療法のためのホウ素コレステロールの開発 リポソーム化と細胞内イメージング
        中村 浩之; 三好 達郎; 立川 将士; 小金井 逸人; 鈴木 実; 小野 公二
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2012年06月
      • 明細胞肉腫に対する新たな治療法としてのホウ素中性子捕捉療法
        安藤 徹; 藤本 卓也; 須藤 保; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 佐久間 淑子; 盛武 浩; 切畑 光統; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 福森 義信; 小野 公二; 市川 秀喜
        日本薬学会年会要旨集, 2012年03月
      • ホウ素脂質リポソームの中性子照射における抗腫瘍効果
        小金井 逸人; 立川 将士; 三好 達郎; 鈴木 実; 小野 公二; 中村 浩之
        日本薬学会年会要旨集, 2012年03月
      • 放射線治療後再発肺癌に対する硼素中性子捕捉療法
        鈴木 実; 近藤 夏子; 木梨 友子; 増永 慎一郎; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 鈴木 修; 西山 謹司; 小野 公二
        日本医学放射線学会 第71回総会, 2012年02月
      • 局所腫瘍制御と肺転移能抑制の点から見た中性子捕捉療法における腫瘍内酸素化状況修飾の意義
        増永 慎一郎; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 鈴木 実; 近藤 夏子; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本医学放射線学会 第71回総会, 2012年02月
      • 放射線治療後再発肺癌症例に対する硼素中性子捕捉療法
        鈴木実; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋晃; 鈴木修; 西山謹司; 小野公二
        第71回日本医学放射線学会総会, 2012年
      • 局所腫瘍制御と肺転移能抑制の点からみた中性子捕捉療法における腫瘍内酸素化状況修飾の意義
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 丸橋晃; 小野公二
        第71回日本医学放射線学会総会, 2012年
      • 肺癌胸膜播種病変に対する硼素中性子捕捉療法
        鈴木実; 櫻井良憲; 田中浩基; 楢林正流; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 井上俊彦; 丸橋晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年
      • 加速器BNCT照射システムにおけるファントムを用いた中性子量の検証
        楢林正流; 鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 岡本賢一; 近藤夏子; 増永慎一郎; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会, 2012年
      • 中性子捕捉療法のためのマルチワイヤ検出器を用いた二次元中性子検出器の開発
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 日野正裕; 木梨友子; 小野公二; 丸橋 晃
        日本原子力学会2012年秋の大会, 2012年
      • 通常放射線照射および中性子捕捉療法後の局所腫瘍効果と肺転移抑制効果における腫瘍内酸素状況修飾処置併用の意義
        増永慎一郎; 松本孔貴; 平山亮一; 櫻井良憲; 田中浩基; 鵜澤玲子; 鈴木実; 近藤夏子; 丸橋晃; 小野公二
        第41 回 放射線による制癌シンポジウム?基礎と臨床の対話-, 2012年
      • 硼素中性子捕捉療法のための即発γ線測定法による硼素濃度評価下限の改善
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 小野公二; 丸橋 晃
        日本医学物理学会 第103回学術大会, 2012年
      • ナノ粒子アシスト型ホウ素中性子補足療法 腫瘍集積性向上のためのホウ素内包ナノ粒子の安定化と評価
        角谷 省吾; 矢口 達也; 堀口 諭吉; 鈴木 実; 小野 公二; 柳衛 宏宣; 長崎 幸夫
        日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 2011年11月
      • 低酸素バイオロジー研究に基づく放射線生物学・放射線腫瘍学の新展開 局所腫瘍内低酸素領域の修飾が及ぼす遠隔肺転移能への影響 局所腫瘍制御と遠隔転移能抑制の同時達成に向けて
        増永 慎一郎; 松本 孔貴; 平山 亮一; 櫻井 良憲; 田中 浩基; 鈴木 実; 近藤 夏子; 丸橋 晃; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2011年11月
      • 中性子捕捉療法によって誘導されるDNA ligase IVによって修復されないDNA損傷
        近藤 夏子; 増永 慎一郎; 高橋 昭久; 鈴木 実; 木梨 友子; 櫻井 良憲; 森 英一朗; 長谷川 正俊; 大西 武雄; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2011年11月
      • 中性子補足療法によって誘導されるDNAリガーゼIV修復不能なDNA損傷(Irreparable DNA damage for DNA ligase IV induced by Boron Neuron Capture Therapy)
        近藤 夏子; 増永 慎一郎; 高橋 昭久; 鈴木 実; 森 英一朗; 仲川 洋介; 小野 公二; 長谷川 正俊; 大西 武雄
        日本癌学会総会記事, 2011年09月
      • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を用いた明細胞肉腫に対する新しい治療方法
        藤本 卓也; 安藤 徹; 須藤 保; 藤田 郁夫; 今堀 正也; 盛武 浩; 杉本 徹; 佐久間 淑子; 秋末 敏宏; 切畑 光統; 鈴木 実; 櫻井 良憲; 福森 義信; 小野 公二; 黒坂 昌弘; 市川 秀喜
        日本整形外科学会雑誌, 2011年06月
      • ホウ素クラスター修飾ポリアミンナノ粒子の中性子捕捉療法薬剤としての評価
        長崎 健; 朱 宇翔; 馬野 正幸; 柳衛 宏宣; 切畑 光統; 櫻井 良憲; 劉 勇; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 小野 公二
        Drug Delivery System, 2011年05月
      • がん中性子捕捉療法のための高集積ホウ素ナノデバイスの開発
        立川 将士; 猪俣 竜; 三好 達郎; 潘 鉉承; 李 千萬; 柳衛 宏宣; 鈴木 実; 小田 雄介; 丸山 一雄; 中村 浩之
        Drug Delivery System, 2011年05月
      • 放射線治療の進歩と将来展望 頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
        鈴木 実
        頭頸部癌, 2011年05月
      • 二本鎖切断(DSB)修復経路を分子標的とする中性子捕捉反応効果の増感
        近藤 夏子; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 木梨 友子; 劉 勇; 高橋 昭久; 森 英一朗; 長谷川 正俊; 大西 武雄; 小野 公二
        日本医学放射線学会学術集会抄録集, 2011年02月
      • 硼素中性子捕捉療法を施行した放射線治療後パンコースト腫瘍の1例
        鈴木実; 櫻井良憲; 田中浩基; 近藤夏子; 劉 勇; 木梨友子; 増永慎一郎; 丸橋晃; 小野公二
        第70回日本医学放射線学会総会, 2011年02月
      • 中性子捕捉療法によって誘導されるDNAリガーゼIV修復不能なDNA損傷
        近藤夏子; 増永慎一郎; 高橋昭久; 鈴木実; 森英一朗; 仲川洋介; 小野公二; 長谷川正俊; 大西武雄
        第70回日本癌学会学術総会, 2011年
      • アバスチン処理による固形腫瘍内急性低酸素細胞分画の低下と肺転移抑制効果について
        増永慎一郎; 劉 勇; 田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        第13回癌治療増感研究シンポジウム, 2011年
      • 二本鎖切断(DSB)修復経路を分子標的とする中性子捕捉療法の増感の検討
        近藤夏子; 増永慎一郎; 高橋昭久; 森英一朗; 鈴木実; 木梨友子; 劉勇; 長谷川正俊; 大西武雄; 小野公二
        第13回癌治療増感研究シンポジウム, 2011年
      • 局所腫瘍内低酸素領域の修復が及ぼす遠隔肺転移能への影響—局所腫瘍制御と遠隔転移能抑制の同時達成に向けて—
        増永慎一郎; 松本孔貴; 平山亮一; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線影響学会 第54回大会, 2011年
      • 京大原子炉実験所におけるBNCT用サイクロトロンを用いた熱外中性子源の概要
        田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 鈴木 実; 増永慎一郎; 近藤夏子; 木梨友子; 小野公二; 密本俊典
        日本原子力学会2011年秋の大会, 2011年
      • 原子炉熱外中性子線ビーム照射中のBNCT施行患者血中硼素-10濃度に影響し得る因子の予備的解析
        増永慎一郎; 鈴木 実; 櫻井良憲; 田中浩基; 近藤夏子; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • KUR−BNCT臨床試験の重要性 —「1日でも早い加速器の臨床的実用化に向けて」—
        鈴木 実; 近藤夏子; 木梨友子; 増永慎一郎; 吉永尚生; 山本由香; 岡本賢一; 田中浩基; 櫻井良憲; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • 明細胞肉腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の効果
        藤本卓也; 安藤 徹; 藤田郁夫; 今堀正也; 切畑光統; 鈴木 実; 櫻井良憲; 福森義信; 小野公二; 黒坂昌弘; 市川秀喜
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • 京大炉BNCT照射設備の照射特性再評価および改造検討
        櫻井良憲; 田中浩基; 吉永尚生; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 近藤夏子; 岡本賢一; 小野公二; 丸橋 晃
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • 中性子捕捉療法におけるガラス線量計を用いた線量評価の基礎的検討
        田中浩基; 櫻井良憲; 鈴木 実; 増永慎一郎; 近藤夏子; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • がん中性子捕捉療法用Gd含有キトサンナノ粒子の開発:微細化粒子を用いた抗腫瘍効果の増強に関する検討
        安藤 徹; 釆女武史; 藤本卓也; 鈴木 実; 櫻井良憲; 福森義信; 市川秀喜
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • 中性子捕捉療法によって生じるDNA二本鎖切断(DSB)はDSB修復経路の因子DNA ligase IVによって修復されない
        近藤夏子; 増永慎一郎; 鈴木 実; 木梨友子; 櫻井良憲; 高橋昭久; 森 英一朗; 長谷川正俊; 大西武雄; 小野公二
        日本中性子捕捉療法学会 第8回学術大会, 2011年
      • 中性子捕捉療法における低温度温熱処置など腫瘍内酸素化状況修飾の意義について
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 丸橋晃; 小野公二
        日本ハイパーサーミア学会第28回大会(シンポジウム6-5), 2011年
      • 燃料低濃縮化後の京大炉BNCT設備の照射特性(II)
        櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 増永慎一郎; 木梨友子; 劉 勇; 近藤夏子; ChenYi-Wei; 小野公二; 丸橋 晃
        日本医学物理学会 第101回学術大会, 2011年
      • マウス悪性腫瘍組織内の血流及び硼素化合物分布における血管新生抑制剤(Avastin)の影響
        劉 勇; 鈴木 実; 菓子野 元郎; 増永 慎一郎; Chen Yi-Wei; 木梨 友子; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃; 近藤 夏子; 切畑 光統; 小野 公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2010年10月
      • サイクロトロン加速器中性子捕捉療法における正常細胞・組織の生物効果の特性
        木梨 友子; 増永 慎一郎; 鈴木 実; 小野 公二; 劉 勇; 菓子野 元郎; 田中 浩基; 櫻井 良憲; 丸橋 晃
        日本医学放射線学会第69回総会, 2010年02月
      • 膀胱上皮内癌に対するホウ素中性子補捉療法による新規治療法の開発
        鈴木 実
        医科学応用研究財団研究報告, 2010年02月
      • 休止期腫瘍細胞の挙動から見た分割照射
        増永慎一郎; 鈴木 実; 菓子野元郎; 木梨友子; 安藤興一; 小野公二
        第40回放射線による制癌シンポジウム, 2010年
      • ホウ素化合物の腫瘍内の分布におけるアバスチンの影響
        劉 勇; 鈴木 実; 増永慎一郎; Chen Yi-Wei; 菓子野元郎; 木梨友子; 田中浩基; 櫻井良憲; 切畑光統; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第23回学術大会, 2010年
      • アバスチン処理後の血管正常化腫瘍における急性低酸素細胞分画の解除と肺転移抑制効果
        増永慎一郎; 劉 勇; 櫻井良憲; 田中浩基; 菓子野元郎; 鈴木 実; 木梨友子; 近藤夏子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線腫瘍学会第23回学術大会, 2010年
      • 固形腫瘍内の酸素化休止期腫瘍細胞分画の放射線感受性及び回復能検出の試み
        増永慎一郎; 永澤秀子; 劉 勇; 櫻井良憲; 田中浩基; 菓子野元郎; 鈴木 実; 木梨友子; 丸橋 晃; 小野公二
        日本放射線影響学会第53回大会, 2010年
      • サイクロトロンベース熱外中性子源のマイクロドジメトリを用いた線量評価
        田中浩基; 櫻井良憲; 藤本望; 佐藤達彦; 鬼塚昌彦; 馬場大海; 鈴木実; 増永慎一郎; 木梨友子; 菓子野元郎; 劉 勇; 密本俊典; 丸橋晃; 小野公二
        第7回日本中性子捕捉療法学会学術大