教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

齊藤 毅

サイトウ タケシ

複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 助教

齊藤 毅
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 化学専攻 生物化学講座放射線生命化学分科, 助教

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • 生命の起原および進化学会
    • 日本放射線影響学会

    学位

    • 修士(理学)(広島大学)
    • 博士(理学)(広島大学)

    経歴

    • 自 2007年04月01日
      京都大学複合原子力科学研究所(旧原子炉実験所), 助教
    • 自 2000年10月01日
      京都大学原子炉実験所, 助手
    • 自 1995年, 至 2000年
      広島大学アイソトープ総合センター助手

    プロフィール

    • プロフィール

      生物の種々の傷害性ストレスに対する防御機構の研究を行っている。

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        生物の傷害性ストレスに対する防御機構の研究。
      • 研究概要

        電離放射線を中心とした種々の傷害性ストレスに対する生体防御機構の研究を行っている。現在は特に傷害性ストレス耐性を有する細菌の生体防御機構の解明を中心に研究を進めている。

      研究キーワード

      • Extremophiles
      • 極限環境微生物
      • 電離放射線
      • 環境ストレス
      • 生体防御機構
      • ionizing radiation
      • Environmental stress
      • protective mechanism

      研究分野

      • 自然科学一般, 地球生命科学, 地球生命科学関連/極限生物学
      • 環境・農学, 化学物質影響
      • 環境・農学, 放射線影響
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • Gamma-irradiation-induced molecular-weight distribution and complexation affinity of humic acid with Cs+, Sr2+, and Eu3+
        Qi Zhao; Taishi Kobayashi; Takeshi Saito; Takayuki Sasaki
        Journal of Hazardous Materials, 2021年06月, 査読有り
      • Radiophotoluminescence of Cu-doped silica glass derived from phase-separated sodium borosilicate glass
        Yuya Takada; Keigo Yamamoto; Atsushi Kinomura; Takeshi Saito; Nobuyuki Ichinose; Arifumi Okada; Takashi Wakasugi; Kohei Kadono
        AIP Advances, 2021年03月01日, 査読有り
      • Fluorescence anisotropy study of radiation-induced DNA damage clustering based on FRET
        Ken Akamatsu; Naoya Shikazono; Takeshi Saito
        Analytical and Bioanalytical Chemistry, 2021年02月, 査読有り, 最終著者
      • Effect of gamma-irradiation on complexation of humic substances with divalent calcium ion
        Qi Zhao; Ryohei Goto; Takeshi Saito; Taishi Kobayashi; Takayuki Sasaki
        Chemosphere, 2020年10月, 査読有り
      • Radiophotoluminescence phenomenon in copper-doped aluminoborosilicate glass.
        R. Hashikawa; Y. Fujii; A. Kinomura; T. Saito; A. Okada; T. Wakasugi; K. Kadono
        Journal of the American Ceramic Society, 2019年02月, 査読有り
      • 生物物理学的手法を用いた納豆菌の研究-納豆菌が生産する生理活性物質と納豆菌の放射線耐性-
        茶竹俊行; 齊藤毅; 柳澤泰任
        放射線生物研究, 2018年10月, 査読有り
      • Gamma-ray irradiation impact of humic substances on apparent formation constants with Cu(II).
        T. Sasaki; R. Goto; T. Saito; T. Kobayashi; T. Ikuji; Y. Sugiyama
        J. Nucl. Sci Technol, 2018年08月, 査読有り
      • New method for estimating clustering of DNA lesions induced by physical/chemical mutagens using fluorescence anisotropy
        Ken Akamatsu; Naoya Shikazono; Takeshi Saito
        ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 2017年11月, 査読有り
      • ナットウキナーゼとメナキノン-7の構造研究
        柳澤泰任; 太田さくら; 足立達美; 内藤佐和; 須見洋行; 齊藤毅; 茶竹俊行
        テンペ研究会誌, 2017年03月, 査読有り
      • One-shot LC-MS/MS analysis of post-translational modifications including oxidation and deamidation of rat lens α- and β-crystallins induced by γ-irradiation.
        I. Kim; T. Saito; N. Fujii; T. Kanamoto; N. Fujii
        Amino Acids, 2016年12月, 査読有り
      • Site specific oxidation of amino acid residues in rat lens γ-crystallin induced by low-dose γ-irradiation.
        I. Kim; T. Saito; N. Fujii; T. Kanamoto; T. Chatake; N. Fujii
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2015年10月, 査読有り
      • Localization Estimation of Ionizing Radiation-Induced Abasic Sites in DNA in the Solid State Using Fluorescence Resonance Energy Transfer
        Ken Akamatsu; Naoya Shikazono; Takeshi Saito
        RADIATION RESEARCH, 2015年01月, 査読有り
      • Effects of carotenoids on damage of biological lipids induced by gamma irradiation
        Takeshi Saito; Noriko Fujii
        RADIATION PHYSICS AND CHEMISTRY, 2014年05月, 査読有り
      • Specificity of DNA damage induced by neutron radiation
        H.Terato; T.Saito; T.Kinashi; Y.Sakurai; M.Suzuki
        KURRI Progress Report, 2014年
      • Simultaneous ultraviolet B-induced photo-oxidation of tryptophan/tyrosine and racemization of neighboring aspartyl residues in peptides
        Simin Cai; Norihiko Fujii; Takeshi Saito; Noriko Fujii
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2013年12月, 査読有り
      • Sensor and effector kinases in DNA damage checkpoint regulate capacity for homologous recombination repair of fission yeast in G2 phase
        Shinji Yasuhira; Takeshi Saito; Chihaya Maesawa; Tomoyuki Masuda
        DNA REPAIR, 2012年08月, 査読有り
      • Characterization of an antibody that recognizes peptides containing D-β-aspartyl residues.
        Aki K; Fujii N; Saito T; Fujii N
        Molecular vision, 2012年04月, 査読有り
      • Reaction pathway of tryptophanase-catalyzed L-tryptophan synthesis from D-serine
        Akihiko Shimada; Haruka Ozaki; Takeshi Saito; Noriko Fujii
        JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 2011年11月, 査読有り
      • Characterization and Radio-resistant Function of Manganese Superoxide Dismutase of Rubrobacter radiotolerans
        Hiroaki Terato; Katsuyuki Suzuki; Nobuhiro Nishioka; Atsushi Okamoto; Yuka Shimazaki-Tokuyama; Yuko Inoue; Takeshi Saito
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2011年11月, 査読有り
      • Genome-Wide Expression Changes in Saccharomyces cerevisiae in Response to High-LET Ionizing Radiation
        Satomi Mizukami-Murata; Hitoshi Iwahashi; Shinzou Kimura; Kumie Nojima; Yoshinori Sakurai; Takeshi Saitou; Noriko Fujii; Yoshinori Murata; Shinzi Suga; Kazuhide Kitagawa; Kenichi Tanaka; Satoru Endo; Masaharu Hoshi
        APPLIED BIOCHEMISTRY AND BIOTECHNOLOGY, 2010年10月, 査読有り
      • Protective Effects of Metallothionein I and II Against Metal- and Ultraviolet Radiation-Induced Damage in Cultured Lens Epithelial Cells
        Takeshi Saito; Tomoyuki Tezuka; Ryuichi Konno; Noriko Fujii
        JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • Oxidative Stress Induces the Formation of D-Aspartyl Residues in the Elastin Mimic Peptides
        Katsunori Kuge; Keiko Kitamura; Koichi Nakaoji; Kazuhiko Hamada; Norihiko Fujii; Takeshi Saito; Noriko Fujii
        CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2010年, 査読有り
      • Tryptophanase-Catalyzed L-Tryptophan Synthesis from D-Serine in the Presence of Diammonium Hydrogen Phosphate
        Akihiko Shimada; Haruka Ozaki; Takeshi Saito; Fujii Noriko
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 2009年06月, 査読有り
      • Localization of D-β-aspartyl residue-containing proteins in various tissues.
        Motoie R; Fujii N; Tsunoda S; Nagata K; Shimo-oka T; Kinouchi T; Fujii N; Saito T; Ono K
        International journal of molecular sciences, 2009年05月, 査読有り
      • Large Scale Preparation of Bio-Macromolecules with a Jar-Fermentor System to Deuterium Treatments
        T. Chatake; T. Saito; N. Fujii; Y. Morimoto
        KURRI Progress Report 2009, 2009年
      • Differential rate constants of racemization of aspartyl and asparaginyl residues in human alpha A-crystallin mutants.
        Nakamura T; Sakai M; Sadakane Y; Haga T; Goto Y; Kinouchi T; Saito T; Fujii N
        Biochimica et biophysica acta, 2008年09月, 査読有り
      • Differential rate constants of racemization of aspartyl and asparaginyl residues in human alpha A-crystallin mutants
        Tooru Nakamura; Miyo Sakai; Yutaka Sadakane; Tatsuya Haga; Yuji Goto; Tadatoshi Kinouchi; Takeshi Saito; Noriko Fujii
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 2008年09月, 査読有り
      • Photochemical reaction of dimethylarsinous iodide in aerated methanol: A contribution to arsenic radical chemistry
        Kenzo Yamanaka; Hiroshi Okimi; Hiroyuki Suzuki; Yusuke Tajima; Hirotaka Sonoki; Masahisa Osawa; Takashi Saito; Hirotomo Hase; Yoko Miyatake; Shoji Okada; Yoshio Miyazaki; Mikio Hoshino
        JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY, 2008年04月, 査読有り
      • Effects of UV Irradiation on ESR and Optical Properties of Cu(II) Ions in Organic Solid Solutions Containing CuCl at 77 K
        Y. M. Hase; Y. Nakano; T. Saito
        The Open Magnetic Res. J, 2008年, 査読有り
      • Differential susceptibility of alpha A- and alpha B-crystallin to gamma-ray irradiation.
        Fujii N; Nakamura T; Sadakane Y; Saito T; Fujii N
        Biochimica et biophysica acta, 2007年03月, 査読有り
      • Extremophile; The radioresistant mechanisms of the radioresistant bacteria.
        T. Saito
        Viva Origino, 2007年, 査読有り
      • Durability of Reagents for the Purification Plant of Radioactive Wastewater
        K. Inada; S. Nakashima; T. Saito; K. Iwatani; K. Shizuma
        Radiation Safety Management, 2006年, 査読有り
      • Differential susceptibility of alpha A- and alpha B-crystallin to gamma-irradiation
        T. Saito; N. Fujii; N. Fujii
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • Detect of the first intermediate in tryptophanase-catalyzed D-tryptophan degradation reaction processes.
        A. Shimada; N. Fujii; T. Saito
        KURRI Prog. Rep., 2005年
      • Structural Changes of Alpha A-Crystallin and Alpha B-Crystallin by Gamma Irradiation.
        T. Saito; N. Fujii; N. Fujii
        KURRI Prog. Rep., 2005年
      • The damaging effect of UV-C irradiation on lens alpha-crystallin
        N Fujii; H Uchida; T Saito
        MOLECULAR VISION, 2004年11月, 査読有り
      • Kinetic study of racemization of aspartyl residues in synthetic elastin peptides
        K Kuge; N Fujii; Y Miura; S Tajima; T Saito
        AMINO ACIDS, 2004年10月, 査読有り
      • Comparison of post-translational modifications of alpha A-crystallin from normal and hereditary cataract rats
        N Fujii; N Takeuchi; N Fujii; T Tezuka; K Kuge; T Takata; A Kamei; T Saito
        AMINO ACIDS, 2004年03月, 査読有り
      • Optical properties of gold atoms in γ-irradiated organic solid solutions at 77 K
        Y.M. Hase; T. Saito; Y. Tajima; M. Hoshino
        Journal of Physical Chemistry B, 2004年02月, 査読有り
      • Immunohistochemical study of chronological and photo-induced aging skins using the antibody raised against D-aspartyl residue-containing peptide
        Y Miura; N Fujimoto; T Komatsu; S Tajima; A Kawada; T Saito; N Fujii
        JOURNAL OF CUTANEOUS PATHOLOGY, 2004年01月, 査読有り
      • Tryptophanase Activity on D-Tryptophan. “Progress in Biochilarity”
        Shimada A; Fujii, N; Saito T; edited by Palyi
        Elsevier Science、 Amsterdam, 2004年
      • Homochirality and life
        N Fujii; T Saito
        CHEMICAL RECORD, 2004年, 査読有り
      • The oxidation of neutron irradiated alpha-crystallin more increases than that of gamma irradiation
        N. Fujii; N. Fujii; Y. Sakurai; T. Saito
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • Role of ammonium phosphates on tryptophanase activity on D-tryptophan
        A. Shimada; N. Fujii; T. Saito
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • The response of Saccharomyces Cerevisiae in the irradiation using KUR
        H. Iwahashi; S. Murata-Mizukami; S. Kimura; A. Maruhashi; N. Fujii; Y. Sakurai; T. Saito; K. Tanaka; S. Endo; M. Hoshi
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • Characterization of alpha A-crystallin from high molecular weight aggregates in the normal human lens
        N Fujii; M Awakura; L Takemoto; M Inomata; T Takata; N Fujii; T Saito
        MOLECULAR VISION, 2003年07月, 査読有り
      • Immunological detection of D-beta-aspartate-containing protein in lens-derived cell lines
        DW Yang; N Fujii; T Takata; T Shimo-Oka; S Tajima; Y Tanaka; T Saito
        MOLECULAR VISION, 2003年05月, 査読有り
      • The effect of UV C irradiation on alpha-crystallin from bovine lens
        N. Fujii; H. Uchida; Y. Sakurai; T. Saito
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • Induction and protective effect of metallothionein I and II in lens epithelial culture cells
        T. Saito; T. Tezuka; N. Fujii
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • Study on the dose estimation for the radiation effect estimation on proteins (II)
        Y. Sakurai; N. Fujii; N. Fujii; T. Saito
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • ESR and optical properties of copper atoms in γ-irradiated organic solutions at 77 K
        Y. Miyatake; H. Hase; T. Saito; M. Onishi; Y. Tajima; M. Hoshino
        Journal of Physical Chemistry A, 2001年06月, 査読有り
      • Radicals induced by argon arc plasma in some aqueous and organic solutions: direct observation by ESR at 77 K.
        H. Hase; T. Saito; K. Harada
        Viva Origino, 2001年, 査読有り
      • Purification and characterization of a novel DNA repair enzyme from the extremely radioresistant bacterium Rubrobacter radiotolerans
        E Asgarani; H Terato; K Asagoshi; HR Shahmohammadi; Y Ohyama; T Saito; O Yamamoto; H Ide
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2000年03月, 査読有り
      • DNA protection ability of intracellular highly concentrated salts on Halobacterium salinarium, an extremely halophilic bacterium
        H Terato; E Asgarani; HR Shahmohammadi; H Funamizu; T Saito; H Ide
        8TH WORLD SALT SYMPOSIUM, VOLS 1 AND 2, 2000年, 査読有り
      • Mechanisms of DNA protection in Halobacterium salinarium, an extremely halophilic bacterium
        E Asgarani; H Funamizu; T Saito; H Terato; Y Ohyama; O Yamamoto; H Ide
        MICROBIOLOGICAL RESEARCH, 1999年09月, 査読有り
      • Protective roles of bacterioruberin and intracellular KCl in the resistance of Halobacterium salinarium against DNA-damaging agents
        HR Shahmohammadi; E Asgarani; H Terato; T Saito; Y Ohyama; K Gekko; O Yamamoto; H Ide
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 1998年12月, 査読有り
      • A carotenoid pigment of the radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans
        T Saito; Y Ohyama; H Ide; S Ohta; O Yamamoto
        MICROBIOS, 1998年, 査読有り
      • Hydroxyl radical scavenging ability of bacterioruberin
        T Saito; Y Miyabe; H Ide; O Yamamoto
        RADIATION PHYSICS AND CHEMISTRY, 1997年09月, 査読有り
      • Structure of the major pigment of Deinococcus radiodurans
        T. Saito; O. Yamamoto; H. Ide
        Journal of Radiation Research,37/4,346, 1996年, 査読有り
      • ORAL-ADMINISTRATION OF TRITIATED-WATER (HTO) IN MOUSE .2. TUMOR-DEVELOPMENT
        O YAMAMOTO; T SEYAMA; T JO; H TERATO; T SAITO; A KINOMURA
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION BIOLOGY, 1995年07月, 査読有り
      • PIGMENTS OF RUBROBACTER-RADIOTOLERANS
        T SAITO; H TERATO; O YAMAMOTO
        ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 1994年12月, 査読有り
      • Sorption of Cs+ and Eu3+ ions onto sedimentary rock in the presence of gamma-irradiated humic acid
        Qi Zhao; Takeshi Saito; Kazuya Miyakawa; Hiroshi Sasamoto; Taishi Kobayashi; Takayuki Sasaki
        Journal of Hazardous Materials, 2022年04月, 査読有り
      • Electron and hole capture processes in Cu-doped glass exhibiting radiophotoluminescence
        Ryo Hashikawa; Yuya Takada; Yusaku Nishi; Atsushi Kinomura; Takeshi Saito; Arifumi Okada; Takashi Wakasugi; Kohei Kadono
        Journal of Physics: Condensed Matter, 2022年01月12日, 査読有り

      MISC

      • 老化、放射線による水晶体タンパク質中のアミノ酸一残基ごとの翻訳後修飾の解析
        藤井紀子; 金仁求; 齊藤毅; 高田匠
        放射線生物研究, 2017年, 招待有り
      • 1 γ線照射によるγ-クリスタリン中のアミノ酸残基の酸化(一般講演,第39回学術講演会講演要旨集)
        金 仁求; 高田 匠; 齊藤 剛; 藤井 智彦; 金本 尚志; 藤井 紀子
        Viva origino, 2014年
      • 04 放射線照射による生体脂質損傷に対するカロテノイドの影響(初期進化と熱水系,一般講演,第38回学術講演会講演要旨集)
        齊藤 剛; 藤井 紀子
        Viva origino, 2013年
      • 生体試料解析のための重水素化手法の確立
        森本幸生; 杉山正明; 茶竹俊行; 藤井紀子; 斎藤毅; 藤原悟; 日高雄二
        京都大学原子炉実験所第46回学術講演会, 2012年
      • Substrate Specificity and Properties of Mammalian D-Aspartyl Endopeptidase.
        Kinouchi T; Saito T; Fujii N
        1st International Conference of D-Amino Acid, 2009年
      • ヒトαB-クリスタリン変異体中のAsp36およびAsp62残基のラセミ化反応速度の解析と構造活性相関
        中村徹; 酒井美世; 定金豊; 芳賀達也; 後藤祐児; 木野内忠稔; 齊藤毅; 藤井紀子
        第3回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2007年
      • 放射線照射による水晶体中のα-クリスタリンへの影響
        藤井 智彦; 齊藤 剛; 桜井 良憲; 藤井 紀子
        Viva origino, 2003年03月30日

      講演・口頭発表等

      • Molecular size distribution of gamma-ray irradiated humic acid complexed with metal ions
        チョウ キ; 小林 大志; 佐々木 隆之; 齊藤 毅
        日本原子力学会(春の年会), 2020年03月16日
      • 60Co - γ線照射ポルサイトの構造とセシウムイオン溶出挙動
        高久遼介; 高瀬つぎ子; 齊藤毅; 大橋弘範
        第55回X線分析討論会, 2019年10月30日
      • γ線を選択圧とした適応進化による放射線耐性大腸菌の作出
        齊藤 毅
        生命の起原および進化学会 第44回学術講演会, 2019年03月18日
      • Cu含有シリカガラスにおけるラジオフォトルミネセンス
        高田雄矢; 橋川 凌; 木野村 淳; 齊藤 毅; 若杉 隆; 角野 広平
        第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月09日
      • ガンマ線照射による酸化物ガラス中のCuイオンの価数変化挙動
        橋川 凌; 木野村 淳; 齊藤 毅; 岡田 有史; 若杉 隆; 角野 広平
        第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月19日
      • Cuドープガラスにおけるラジオフォトルミネッセンスの線量応答性とそのメカニズム
        橋川 凌; 藤井 康浩; 木野村 淳; 齊藤 毅; 岡田 有史; 若杉 隆; 角野 広平
        第65回応用物理学会学術講演会, 2018年03月20日
      • Cuドープ酸化物ガラスにおけるラジオフォトルミネッセンス
        橋川 凌; 藤井 康浩; 木野村 淳; 齊藤 毅; 藪内 敦; 岡田 有史; 若杉 隆; 角野 広平
        第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 2017年11月02日
      • Diamond dose rate detector testing at KURRI- A joint UK-Japan research project – 17126
        Liam Payne; Chris Hutson; Yoshiyuki Takahashi; Koichi Takamiya; Takeshi Saito; Jun-Ichi Hori; Hironobu Unesaki
        WM2017 Conference, 2017年03月07日
      • γ線照射によるラット水晶体のクリスタリン中のアミノ酸残基の脱アミド化
        藤井 紀子; 金 仁求; 齊藤 毅; 藤井 智彦; 金本 尚志
        第59回日本放射線影響学会, 2016年10月26日
      • γ線照射によるα-, β- およびγ- クリスタリン中のアミノ酸残基の酸化
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井 智彦; 金本 尚志; 藤井 紀子
        第59回日本放射線影響学会, 2016年10月26日
      • γ線照射によるラット水晶体α-およびβ-クリスタリンの酸化、脱アミド化および異性化等の翻訳後修飾の一斉分析
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井 智彦; 金本 尚志; 藤井 紀子
        第89回 日本生化学会, 2016年09月27日
      • フミン物質の錯生成能へのガンマ線照射影響
        後藤 涼平; 齊藤 毅; 小林 大志; 佐々木 隆之
        日本原子力学会, 2016年09月08日
      • γ線照射によるラット水晶体α‐、β‐クリスタリン中の翻訳後修飾の一斉分析
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井 智彦; 金本 尚志; 藤井 紀子
        第55回日本白内障学会・第42回水晶体研究会, 2016年07月29日
      • LC-MS/MSによるγ線照射後のラット水晶体α-、β-クリスタリンの翻訳後修飾の一斉分析
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井 智彦; 金本 尚志; 藤井 紀子
        第16回 日本蛋白質学会, 2016年06月08日
      • γ線照射によるラット水晶体α-およびβ-クリスタリンの酸化、脱アミド化および異性化等の翻訳後修飾の迅速LC-MS/MS分析
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井智彦; 金本尚志; 茶竹俊行; 藤井紀子
        生命の起原および進化学会 第41回学術講演会, 2016年03月16日
      • ラット水晶体タンパク質に対するγ線照射の影響研究
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井智彦; 金本尚志; 茶竹俊行; 藤井紀子
        第88回 日本生化学会, 2015年12月01日
      • ラット水晶体タンパク質に対するγ線照射の影響解析
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井智彦; 金本尚志; 茶竹俊行; 藤井紀子
        第54回 日本白内障学会 第41回 水晶体研究会, 2015年09月19日
      • Influence of gamma-radiation on the chemical property of natural organic matter
        Ryohei GOTO; Takayuki SASAKI; Taishi KOBAYASHI; Takeshi SAITO; Masayuki SAIMURA; Masato KATAHIRA
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science, 2015年09月01日
      • Effects of Carotenoids on Damage of Biological Lipids Induced by Ionizing Radiation
        Takeshi Saito; Noriko Fujii
        The 15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月28日
      • Clustered and Isolated Oxidative DNA Damages Induced by Atomic Reactor Neutron Radiations
        Hiroaki Terato; Kenichi Kudo; Kanae Mori; Yuka Tokuyama; Hiroki Tanaka; Takeshi Saito
        The 15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月27日
      • ラット水晶体タンパク質に対するγ線照射の影響
        金 仁求; 齊藤 毅; 藤井智彦; 金本尚志; 藤井紀子
        生命の起原および進化学会 第40回学術講演会, 2015年03月16日
      • Mass spectrometric analysis for oxidative DNA damages induced by high LET ionizing radiations
        Ken-ichi Kudo; Kanae Mori; Yuka Tokuyama; Takeshi Saito; Hiroki Tanaka; Hiroaki Terato
        The 41st International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2014年11月06日
      • 放射線照射によるγ-クリスタリン中のアミノ酸残基の酸化
        金 仁求; 高田 匠; 齊藤 毅; 藤井智彦; 藤井紀子
        第87回 日本生化学会, 2014年10月16日
      • Oxidation and racemization of rat lens crystallins by gamma irradiation
        Ingu Kim; Takeshi Saito; Noriko Fujii
        The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research, 2014年09月02日
      • γ線照射によるγ-クリスタリン中のアミノ酸残基の酸化
        金 仁求; 高田 匠; 齊藤 毅; 藤井智彦; 金本尚志; 藤井紀子
        生命の起原および進化学会 第39回学術講演会, 2014年03月13日
      • 放射線照射による生体脂質損傷に対するカロテノイドの影響
        齊藤 毅; 藤井紀子
        生命の起原および進化学会 第38回学術講演会, 2013年03月14日
      • カロテノイド生産性植物乳酸菌の放射線及び過酸化水素に対する耐性
        小田康祐; 窪野佑輔; 齊藤 毅; 野田正文; 的場康幸; 熊谷孝則; 杉山政則
        日本乳酸菌学会2012年度大会, 2012年07月12日
      • 放射線耐性細菌におけるカロテノイド色素による放射線防護機構
        齊藤 毅
        京都大学原子炉実験所 第46回学術講演会, 2012年02月02日, 招待有り
      • 放射線照射による酸化的脂質損傷に対するカロテノイド色素の影響
        齊藤毅; 藤井紀子
        2011年03月17日
      • 抗D-β-Asp含有ペプチド抗体の性質
        安岐健三; 齊藤毅; 藤井智彦; 藤井紀子
        生命の起原および進化学会 第36回学術講演会, 2011年03月16日
      • 放射線耐性細菌の含有赤色色素とその放射線耐性機構
        齊藤 毅
        京都大学原子炉実験所専門研究会「ヒト以外の生物への放射線影響」, 2010年02月02日, 招待有り
      • Substrate specificity and properties of mammalian D-aspartyl endopeptidase
        T. Kinouchi; T. Saito; N. Fujii
        The 1st International Conference of D-Amino Acid Research, 2009年02月01日
      • Oxidative stress induces the formation of D-aspartyl residues in the elastin mimic peptides
        K. Kuge; K. Kitamura; K. Nakaoji; K. Hamada; N. Fujii; T. Saito; N. Fujii
        The 1st International Conference of D-Amino Acid Research, 2009年02月01日
      • Environmental Radiation in Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University
        K. Inada; A. Matsushima; S. Nakashima; Y. Takahashi; T. Saito; K. Iwatani; K. Shizuma
        Seventh Workshop on Environmental Radioactivity, 2006年03月07日
      • PROTECTION EFFECTS BY METALLOTHIONEIN IN MOUSE LENS EPITHELIAL CELL.
        Takeshi Saito; Tomoyuki Tezuka; Ryuichi Konno; Noriko Fujii
        International Symposium on Origins of Life and Astrobiology30th SSOEL-JAPAN MEETING ISOLAB’05, 2005年06月27日
      • Protection effects by metallothionein in mouse lens.
        T. Saito; T. Tezuka; R. Konno; N. Fujii
        XVI International Congress of Eye Research, 2004年08月29日
      • Characterization of alpha A- crystallin from high moleculr weight aggregates present in the normal Human Lens.
        N. Fujii; L. Takemoto; M. Awakura; T. Saito
        XV International Congress of Eye Research, 2002年10月08日
      • 放射線の生物に対する影響と生体防護機構−細菌の放射線耐性を中心に−
        齊藤 毅
        第63回分析化学討論会, 2002年05月25日, 招待有り
      • γ線を選択圧とした適応進化によって獲得される放射線耐性機構
        齊藤 毅
        日本放射線影響学会第64回大会, 2021年09月22日

      書籍等出版物

      • 環境と微生物の事典
        齊藤 毅, 分担執筆, 「放射線と微生物」
        朝倉書店, 2014年07月, 査読無し
      • Progress in Biochilarity
        Shimada A; Fujii, N; Saito T; edited by Palyi, 分担執筆, Tryptophanase Activity on D-Tryptophan.
        Elsevier Science, 2004年, 査読無し

      産業財産権

      • 蛍光ガラス線量計用ガラス及びそれを備えた蛍光ガラス線量計
        角野 広平; 橋川 凌; 藤井 康浩; 若杉 隆; 岡田 有史; 木野村 淳; 齊藤 毅

      外部資金:科学研究費補助金

      • 乾燥を選択圧とした適応進化実験による放射線耐性細菌の放射線耐性能の進化機構の解明
        基盤研究(C)
        小区分63020:放射線影響関連
        京都大学
        齊藤 毅
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        放射線耐性細菌;放射線耐性機構;生体防御機構;γ線;電離放射線;大腸菌;進化
      • 放射線耐性細菌含有カロテノイドによる生体脂質構造の防護を介した生体防御機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        齊藤 毅
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        放射線耐性細菌;放射線耐性機構;生体防御機構;適応進化;遺伝子発現;電離放射線;放射線耐性;生体分子損傷
      • 線虫の採餌本能を利用したカロテノイド産生菌からの強力な抗酸化物質の探索法の確立
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        齊藤 毅;斎藤 毅
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        カロテノイド;酸化ストレス;電離放射線;酸化的脂質損傷;抗酸化活性;生体防御活性;生体防御機構;生体防護機構;脂質損傷
      • 蛋白質異常凝集過程の解明とその修復機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        藤井 紀子
        自 2008年04月08日, 至 2013年03月31日, 完了
        蛋白質の異常凝集;D-アミノ酸;白内障;老化;ラセミ化;紫外線;加齢性疾患;皮膚の光老化;蛋白質異常凝集;光学異性体分析;紫外線影響;プロテオミクス
      • 水晶体培養細胞中のD-アミノ酸含有タンパク質及びストレス誘導タンパク質の解析
        萌芽研究
        京都大学
        藤井 紀子
        完了
        水晶体培養細胞;D-アスパラギン酸;ラセミ化;異性化;D-アミノ酸;水晶体
      • 放射線耐性細菌におけるラジカル除去剤による生体防御機構の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        齋藤 毅;齊藤 毅
        完了
        放射線;ストレス;生体防御;メタロチオネイン;紫外線;光増感;ラジカル除去;水晶体;重金属;放射線耐性細菌;放射線影響;生体分子;アミノ酸;ラジカル反応;化学進化
      • 紫外線照射と老化によって生じる皮膚のD-アミノ酸含有タンパク質の性質
        基盤研究(B)
        京都大学
        藤井 紀子
        完了
        老化;紫外線;太陽光;D-アミノ酸;ラセミ化;異性化;皮膚;翻訳後修飾, Aging;UV irradiation;sun-damage;D-amino acid;Racemization;Isomerization;skin;Posttranslational modification
      • 放射線耐性細菌の酸化ストレスに対する防護機構の解明とその応用
        奨励研究(A)
        京都大学;広島大学
        齊藤 毅
        完了
        放射線耐性細菌;酸化ストレス;生体防御;凝縮相;放射線物理化学;銅;ESR;近紫外吸収スペクトル;電離放射線;Rubrobacter radiotolerans;DNA修復;チミングリコール;APリアーゼ
      • 放射線耐性細菌の酸化ストレスに対する防御機構の解明
        奨励研究(A)
        広島大学
        齊藤 毅;齋藤 毅
        完了
        放射線耐性細菌;酸化ストレス;r-線;紫外線;好塩性古細菌;Halobacterium salinarium;DNA;KCI;γ-線;Deinococcus radiodurans;Rubrobacter radiotolerans;Halobacterium salinaruium;カロテノイド
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科

        ページ上部へ戻る